おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/07/24(火)
1031 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/23(月) 23:56:02.60 ID:Zb24J4kl

                              ____,
                           ////
         __        -──-    /////
.       ___⌒\  . ´           ` {///<´  ̄ `ヽ
        >-=ミ}〉'       ヽ      ヽ/{ _ -‐==ミ、 }
      '        '      }、_,,_,,       V///\   }/
.     /    ′  /  ′    }''""゙゙㍉,     丶///∧
    /  '  :   {  i {   ナ ‐-   ミ     .<//∧
.   厶イ  i  .斗-ォ {   x笊ぅミ、   ミ⌒Y   ‘,  ̄`
.     |i  l ´ 从 ハ八 /  ,_)/沁   }}'^ }. . . . . .
.     |l  |   |〃沁 )′ 乂rツ  〈{_,ノ. . . . . . . .         とりあえず、今後はフォロッドとの連携を行っていく必要があるね。
     从  ト、  Ⅳ Vリ      ' '  /{. . . . . . . . . . .゚。
       丶{ \{杁 , , '   ,     イ_,Lx====ミ、. . . . \      で、現状エスタードの入手している対魔王情報をまとめると。
            个: . `    .イ=ニニニニニニ{. . . . . . 丶
               }. ̄. .r≦ニニ= ´==ミ、ニ∧. . .ヽ 、. . .    ①:魔王の復活場所となる場所へ続く石板(ホロさん入手済み)
               }. . .r'=- ´: : : : : : :_:_:_Vニ/. . . . ゚。\. .
                /. . _ノ: : : :': : { ̄二  |: V. . . . . . .  丶.   ②:魔王を倒す決定的なカードとなる勇者アルトリアさん。
              {. . /{{ : {: :.i: : :V {//} |: : 。. . . . . . .   ‘,
               八 ,: }} : :V :{: : : V丶' /: : : }. . . . . . .}     }i  この2つが重要かな?
                 /: :{{: : : :V{: : : : >´: : : : i. . . . . . .(   ノ'
.                / : : }} : : : ‘,: :.、: : : : : : : :{. . . . . . . .、     ただ、魔王は人間がいる限り何度でも復活するって情報もあるけど、
             ,: : : :ノ': : : : : :V: : :\ : : : : ∧. . . . . . . .)
               /: : :〃 r 、: : : :∨: : : :`: : : : :∧. . . . . ./     レミリアさん達の様に復活前に定期的に討伐していけば何とかなると。
            イ: : : :{{ /丶\: : : :V: : : : : :>: :_∧. . /
.            /: : : : 〈ノ {  \}: : : :∨: : : : : : : : : : V


    ,、 //\
   /:.V:.:.:.:.:.:ヽ,. -‐ ''''"´ `  - 、
  __V:.:.\:.:.:.:.:.:l   __    `ヽ
  //:.ll:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.V:.// ̄`ヽ=-、__ l
 {ll:.:.:.:}ll`ヽ、/_   /: : : :/ ー- '´ `ヽ、
 l:ll:.:.:.:/´ .V: : :/: : : /、:_イ: : :l: : :l: :\ /
 ヽ:.:.:.} ̄ヽ_ノ: :./: : : {ィュ-、`l: :.!: : |: : :ト、ー,
   /__/: :/: : {: : {:ム弋)ソ` ヽ}__:リ: : : : l、/_     エスタードが勇者を確保済みだったのは驚いたわ。
   ヽ_/: :イ: : : :、: ム、      、 fj,:'イ: : :.ト, /
   ,/: イ:.{: : : : :`ト: :\  -  /:/:イ: / リ´      .こちらも情報を追っていたけど、封印された宝玉がどのようなものかわからなくて、
    {:/}: :/l:ヽ、: : :|  ̄ ヽ _ , イ:イ/:/
   {' リイl:,.、-' ヾ:j\ 、 |-、: :{: :l: :{          手当たり次第に曰く付きの宝石とかを集めていたけど、まったく手がかりが無かったのよね。
     }人フ、\    \  | Vフ`ヾ!
     / .`}ニ\\  / >'-、 lトフ、          .まあ、勇者と魔王の封印場所が分かっているなら話は早いわ。
    ;'   ヾ、_\`´ / o \!ヒ}\
    /      `ヒフ´         ',  ,}     _    .何時復活するかわかったもんじゃないし、準備が整い次第、強襲して倒してしまいましょう。
    !        l     o   l ,/    ,..:.:.ヽ_
   ヽ __,.-、  ,イ        , {、 _,r-:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
     }:.{}:.:{77} !_    /  / >:.:.:.:./:.:.:.:.:.:., - ´  ̄`ヽ、_,..ィ
    /ヒ人フ{>_ヽ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ソァ ̄ ̄ ̄´          /
      |   | ヒフ/ オ、ー 、ォァ、ゝ/
      |   | / `ー ' `¨´ー' ´


1032 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 00:04:50.52 ID:aevwoUkb

                  __
           、___     /⌒\
            V/\  . -=ミ}〉o。_ . -─‐     .
                 V//       ´             ` .
          . < 7   ,   /            ヽ    丶      _,
         /  . -/  /   ' ,   '          }          //
            ′/ /   '   / /   /           }、_      ',///
         i {  ′/   ′   ' i           /''゙゙㍉    V///
         | /} i /l     i.斗 ‐┼‐-     _  '   ミ  -=ニ}//__         問題は、魔王討伐隊のメンバーに若干の不安かな。
         |′ }' | :  i  {,ハ ,八        /`メ、    ミ -=ニ}/{ _    `ヽ
              | i   l 从ィ示笊㍉   ,ィ /}/   \   ミ _, 彡}/\`ヽ   }    単純火力だけなら相当なものですが、半数が子供です。
              | l   {  Ⅳ _ノ/沁  / j/x芋ミ、   ,,ミ _/ }//∧ }
              |八 j{   { i  乂rツ ヽ(    _ノ/沁   /^Y_/,:\/'∧ }ィ /   ..選抜するならアルトリアさん、サイト、チキ、さやかかなぁ?
               )八  { ト、_ , ,         乂rツ  ′/. . . {  \∧ノ'
                 丶杁⌒     '      , ,   /}/. . . . {     ヾ      ヒーラーとしてシュテル、できれば私も参戦したいけど。
                  '. . .〈{丶    _        .イ´}〉. . . . . .
                 /. . . . .}〉.个:.   `    .イ ハ/. . . . . . . ',           強さ以前に、強敵と相対しただけで怖くて動けなくなるからなぁ……
                   , . . . . . /  }. .} ≧=‐  / /:≧ァ'⌒´).. . . . .
               (⌒)=r‐‐/  , ¨´_ /ノ´)/ /::::{ / _ (´ {. . . . . .\       .シュテルを除くと回復手段がさやかのホイミくらいだし、
                /.,(_r、ヽ厶イ{ Y^///),彡'{:::::{' (⌒'\V. . . . . .丶
             /./.: 〈r=ミ{::::::{/ ',///)-=´{:::::{,.rv' ,  ^>o。. . . . . .     魔王の火力によっては削り負けることも普通にありそう。
                /./´  ` _)::::/   ´ ' /ー ⌒`):::{' .: /.: i 丶  〉. . . . . .\



   ト     ,.イ::|
   |::\  //:::::{         _  --- 、_
   |:::||`\}、::::::::|       ,  ´          、_
   |:::||::::::::\:::::::::. / ´ ̄/         ,..  ´ /{ 、
   |:::||::::::::::::::\:::/           / /  /  ヽヽ
   |:::||:r-=、_ ̄ ̄` | ̄ ̄  \__,イ=_/   '     |/
   |:::||:::.    \   {       , |  \     |     / ̄ ̄>、
    マム::::,    {   \   /__|_,---、___/---、 /   , ´  |
    |::}}::::〉,  / \__//: : : ://: :/:/|: /: : :|: : |: :\_/  /
    |_||::/__〉´  . ': :.,: : :|: :|: : : | |-/-、 j/: : : :|: : |: : :|: : :\<
      \_/: :, : |: : :|: :|: : : | }'_|/ / |: : :/|:-,'、:.:.:|: :、: :、\}   ..此方が魔王討伐に出せる戦力は4名ね。
        ,.':/: /: :.:|: : :|:八 : : {てi::示ミ {: :/ }/イ|: : |: :.|}: :|- '
        /:/: /: : : |: : :|:、{: 、: :|弋zソ  ∨ イ示;.|: :/: / |:/      私(魔法戦士)、咲夜(盗賊)、パチュリー(魔法使い)、フラン(バトルマスター)
          {/|: :|: : : :.|: : :|: ,: : \i      , 弋ソ/:|:/:|}'r、/
         '八: ! 、: : {、 : |: ∨: : :}、   ,.,   人/ : |とニ 、      .残念ながらこちらもヒーラーとしての能力は不足してるわ。
            \ \:| \}、:.}: : : | `      イ: :{: : /{、r-- :.
              r-、 ∨>:.|、  `¨l、:_:/|: :j: :/ { r'ニ ヽ!     仮に死んでもほぼノーリスクで復活できるから玉砕覚悟。
             r//|`Y', / `> 、`ヽl |:/--、 |   ' ∧
             |/ ∧⌒}:.      // r=ミ ヽ__l∧_ イ` /     それで倒せればよし、倒せなければ別のやり方を考えるわ。
              _/,:    |_\    /∧:{{:::::} |乂\_Y_,イ
        ,ィ、/´     匸_,.∧   //  |乂ノ!、 }__」 }:::::::|-ァ_   ただ、勇者という失えないカードがある以上、リスクは極限まで下げたい。
        {:{ /}      |{_ \//  j:::::::::::{\}_)/`¨¨\__}
        |:∨::::,        }' |  /'   /:::::::::::::\l∨{_/_^∨   .復活場所が分かっているなら、私達が威力偵察してきましょうか?
        /:Y-::/      /.  \_{   /:::::|:::,.-\:::\イ{    :.
       「 ̄、:/¨¨≧-==〈  ,     /、__/=':::::_}::://}. :.    ',  大丈夫よ、“死んでも情報は持ち帰れるから”遠慮なく送り出して。
        乂_/{\_|_}、  /\:.     〈___:::::::/  ∨/::::::.     |

1034 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 00:21:16.48 ID:aevwoUkb


                   |//\                           _____,
                   {////\      ________           。o<//////
                 V/////} . ´            ` .    /////////
                V////                   \/////////
              .  ¨¨  ̄ 丶                         ヽ////∠ --
           /   ,                  ーヘ          V//{      `ヽ
           / ,ィ  /  '  / /               i           /v//>、^⌒\   .
          ' // /  / /  ′             }      _/ /∧//∧    ',
.         // /  ′ /  ′      /       }、_,,__,,_  ⌒´ / '∧///゚。     }
       /'  ,.ィ      '   :   i    '          }'''""゙゙゙㍉   ' /  v///∧  }  ,
.         //|  :      i   l   ィ         }     ミ / /   ハ////゚。 ノィ
        ///|  i  :  l   |  / |         }      ミ   '   / }V///}
.       ////|i : l  i  _j,. 斗 -ォ ┼'^      `ー‐ァ─--   ミ    /. . .{ v//|
      ////|l : {  l  {   } / } {      ィ   /        ミ'⌒Y. . . . .   v/,     うーん、でもなぁ……。
      '⌒´  N i {  {  {  Ⅳ } 八    / } ィ         }}'^v }. . . . . .  }/
            }ハ {   {  {  i¨示乏沁、 /  j/ ¨芹芋示ア¨  }} / , ト、. . . . .        こちらがそういう手段を取ってること、相手も想定してそうなんですよね。
           从 j{  {  l:. 込__rツ ヽ(       込__rツ   〈{_/ } \ . . .
               )八  ト、 {∧              |i|il|li / }〉  }   }. . . .      .ところで、レミリアさん……魔王が進めてるかもしれない計画ってご存知ですか?
                  丶{⌒>‐ハ     '         i    ' /   ,  /^V. . ',
                   }. /   込、   r ‐‐'^>   し' ィ〔 〈{  /./   } . . . .     .人類を幼女化計画っていう、頭のおかしい計画なのですけど……。
                   }/    { ≧s。. ` ¨¨´   イ }   \ '    丶{ . . . . .
                   /{____ 八    { ≧=- r     ィ }   /   __  \. . . . .   .詳細と魔王にとっての有効性は(過去ログ/まとめ等参照)な感じですが。
                    /. .V////>、 ヽ  ト 二> _ <   ,  ' _ ,. <////>、 /. . . . .゚。



      ,..:,.ィ ̄:ヽ  ,..  ´  ̄ ̄ `  ー-- 、
      {//:::::::::: | /      _ __,.--ィ^}__>-、
      \:::::::::::}' __,..- 、 ´_}/: : ̄: :-- 、/ ,イ
       _,.`-rイノ/⌒\__/,. . ': : /: : : : ,: :ヽ:\}__,
    ..:::´::::::::::::/__r {/: : :/: :/: : /-_,...イ: : : |: |: .´
   /:::::::::::::::::://⌒/: : :/:/:/: :./イ__  }: : /:|: |: ::.
   イ}==== / {_/: : :/:':{/: {: : { 赱jオ/: ,イ: :.}:∧: }      ……字面で見るとおかしいけど、効率的ではあるわね。
     ` ̄´ /_イ: : :./{: /|: :从:.|   /´ ヽ: :/': :,}:/
             /: : /: j/:.:|: : :.Ⅳ   _  イ: :} ∨ '      .何度も倒されてる以上、魔王も単純な力押しよりからめ手を使いそうだし、
          {: :,イ:/{: /从:/、> 、_..イ:j: : }
        /´ / /i/   /  `> 、 /:イ         .こちらを殺さず無力化して幽閉とかは普通にやってきそうね。
              ,..'/____,..イ    ヽ
            /  {    ,      ',          で、そのふざけた計画の心当たりなんだけど……。
           _,.」   |     {         ,
         {       :.    |         ヽ        数年前からそれっぽことが起こってるのよね。
        ∧      ,   {         __,}
        /{::::\____,.}    {_  /:::::`Y}:::∧
        {/、`ー'乂'  ヽ   {匸乂__ノ ∨ }
            ヽ    ヽ  {-::/ ̄::`ヽ{__ノ¨´∨
             \  ∨}__/:::::::}:::::::}八    ヽ
             ヽ{::::/::::::::::::/:::::イ  \    ',
                /::::{::::::::::::/:/       ヽ    ,


【フォロッドへの幼女化計画影響】【1D10:9】
①:3~4歳程度で肉体的な成長がほぼ停止。(精神はやや低下するも学習自体は可能)
②:肉体が10歳以上に成長しない。(精神はやや低下するも学習は可能)
③:全体的に出生率が落ち込んでいる。 生まれた子供は【1D2:2】
④:割と深刻なレベル、被害自体はまだ少ない。
⑤:【1D4:4】
⑥:3~4歳程度で肉体的な成長がほぼ停止。(精神はやや低下するも学習自体は可能)
⑦:肉体が10歳以上に成長しない。(精神はやや低下するも学習は可能)
⑧:全体的に出生率が落ち込んでいる。 生まれた子供は【1D2:2】
⑨:割と深刻なレベル、被害自体はまだ少ない。
⑩:【熱烈歓迎】

1035 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 00:27:50.49 ID:aevwoUkb

                            _
                             ,..イ7:!
            ______      /:::::| |:|      .■────────────────────■
         ,..  ´         `   、/:::::::::::| |:|      .│深刻なレベルで、人間の成長が遅いようです。 │
        , ´                 ヽ、::::::::::| |:{      .■────────────────────■
     /                    }::::::::::} }:|
      {                _, _'- 、::://::}
    r-≧、_    、     ,.ィ/__/⌒ヽ、ノイ/::/
   〈 ̄   \_三三三ニニ三r、ニ{  /__,.ノ--'
    \_r ´-、  ⌒ヽ_r イ  _\ /: ヽ
      /: ,: : : \_/___,.\{: :ー': :}: : ::.          新規に生まれた子供の何人かが"ほとんど育たない"のよね。
      /: イ: : : : /: :|/: : : : : :}: : |: : : : : ハ: |
.     {: :人: : : :{: : :!: : l: : : :.|: /: : : : : :} }'           健康状態や栄養状態も問題ないのだけど、肉体が幼児期の段階で停止するわ。
      j/ }: :.|: : ,: : : : :|: : : :j:/: : : /}: /
     / /ハ:|,: : ヽ: : :,: : : : /: /: / j:/            .学習・習熟は問題ないけど、情緒が不安定になることが多くて一人で仕事はさせられない。
   r--/:::::{/イヽ: :/}: ∧:{: : : :/{:〈- 、 _
   匸 {:::::::|   }/ /  }'\: :{ /:::/- 〈           そういう状況になる子供は50人中【5D10:31(8+6+6+5+6)】人くらいね。
   / 匸{:::::ヽ        \::::/ /⌒}
  ,イ   匸、:::::\      /:::/_,「    ヽ
  {      匸ヽ::::` ̄ ̄´:::::/__/      }
  」ミ、    }匸`乂乂乂´乂_,ノ {       /
 / {_/ヽ、_/            |    イ、




           、__
            ∨\    ____
.             ∨/\ /⌒^<\
              ∨///> ´  ̄ ヽ^   ̄ ̄ ¨   .,         ___,
                V/              ,へ ` .   .。o≦///
          /  ¨¨ア /  '                 }   \//////
.        '    __ /  ′ /   /   '          }、__   V//
        /  /  ′ i   ′ '   / /      }''゙゙㍉   Ⅵ¨¨ \
.        ' /:i   i   l  :  i    /  '       ,   ミ  /iハ- 、   ',
       { ' : :  /| i |  i  {  `メ、_/__j_,.    / /    ミ / }∧ }\ }
.      ,八i: : :{ //| l |  l  八,ィチ≠ミ、{   ィ /^ー‐‐- ミ  '//∧j: : :V
.        \:{//И |  |  〃 ん/ハ 八  / }/ィチ≠ミ、 ミ ' V//∧: : :}
           ヽ   }八 { Ⅳ  {/iJ/}  )′  ん/ハ }} ミ/{  \/∧:/
              |. . )八 从  乂_ツ .::::::::::::::::.{/U/} メ ^Y |  ノ\∧
              |. . . . i{ Y      .::::::::::::,::::::::.ゞ_ツ 〈{ } |  ⌒)ィ `    既に養殖場のテストケースになりかけてる!?
              |. . . . |、圦 u            /}〉. .|
              j. . . . |  丶     (::::::y     イ/ . . |         .ということは、持久戦はこちらが不利になるだけだし、
            , . . . . |    介: .        . イ. . . . . .|
               /. . . . .八    V }  ≧=- f〔   | . . . . . |         石板世界の攻略よりも、魔王退治を優先したほうが良いのかな……。
            '.ィ ¨¨ 〕iト∧   Ⅵ     { {   V . . . . |
            //^\    ハ   ',       Ⅵ   ∨. . . .|         でも、大陸一つを滅ぼすかもしれない災厄を放置するわけにもいかないし……。
         / ′  丶   /  ',  }- 、   , --Ⅵ   V. . . |

1036 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/24(火) 00:31:21.70 ID:DqijfRgq
幼女化計画って具体的にどこだったっけ?
クッパのはモシャスの偶然の産物だしほむほむのはほむほむのやらかしだし

1038 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/24(火) 00:34:49.10 ID:NJW0rg3o
技術化は成功したとみていいか



1039 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 00:36:51.27 ID:aevwoUkb

            __         ------         __,
         /⌒^>  ´             ` .   ////
        /  /          ーヘ        \///
     、 ___ '   /              }、__,,__  ̄ ニ=- v〈⌒\
.     V//   '     ′i      }''""゙゙㍉     V>、-、 ',
        V   /  /  /  {       }    ミ       ハ/∧ Vi
.          /   '  ィ i   {   ' /ー─ - ミ    / }V/} ノ'
      i  '    ,斗匕 {  /} /      ミ   ′ { Ⅵ
      | イ    i   ハ  八 / j/¨¨示芋ア ミ _/. . . .
        Ⅳ |    { ィ  V  )'     }::/(  }}⌒Y. . . . .       .>>1036
.        |   八 { ===        ヒrツ 〃 〉 }. . . . . .      ほむらさんがやらかした失敗を見てた魔物(メディルの使い)が魔王に報告。
        从 /アハ{ , ,   ,        ' ' 〈{_ ,ノ i . . . . . .
         )' / 圦           u  }〉  } . . . . . . .     その結果、魔王が『作戦の一つとしてあり』と認めてしまった。(その情報は現代のクッパより)
           ′  介: .      c-っ   ィ/  _人. . . . . . .',
.              f   }≧s。   __  <  イ ,<  ̄ \. . . . . . .   過去の時間軸だと、まだテストケースやってるみたいだけど、
.           /    |   |. . . . .{  r=〉- ´ } / ヽ   \_.. . . . .
           ′   |   | . . ィi{  / ∧ ____レ'         }ハ. .',. . . 現在の時間軸だと、多分この計画がメインとして進められてるんじゃないかなぁ。
                | _ ィi〔   八(//{ }////      } }ニ}. .ハ. . . . .
        i    v' {    \ }//介///         /__,}ニ}V ∧. . . . .
        {     /  ',     _∧/∨/〈__      /二二/.:V. ハ. . . . . .
               、。o≦ 〈///∧//7 〕iト 、 _/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V. 丶. . . . . 、
.          `ー‐‐<   |. . . . . . .}>、.:.:.:.:./    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}. . . .\. . . ..\



           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |     魔王の能力は世界の人口数に比例する感じですので、
  {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 、__,..  ∨ 、_,. /  /  |     魔王としては自分の力となる人間を減らしたくはないのですよね。
    `\_     |从_从〉  ̄   ,    ̄ /,.イ/   :.
          /   | T 、         u /イ}     .    .しかし人数が増えるほど勇者やら反抗勢力が生まれてしまうので、
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.   人間の絶対数を増やしつつ、人間を無力化する計画を画策し、
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、  その結果が『人類を幼女化して管理する』という事になったようです。
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

1041 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 00:48:18.51 ID:aevwoUkb


                  ,..、
                    //`ヾ、,,..=ミ、
             ,,.. -:ァ,ア¨:¨:7/`マx}
            /: : :〃: : : : :〈/: ; ; ;ヾ).、
          . '" '' //. '" : :ji: : : :j: :.}:'.! 'ヽ
            , ' : : : :j/; : : /: ;リ: : :,イ: :.j: i}: :}: ヽ
.           l: : :_彡イ: :,ィ: /」!:._:/ !: ;イ:.リ: :}: : :}
         l: : : :イ/:.イ/ィ_,kzミ、`j:/ !/j: :ノ:! :リ
        リ: : Y {: :.!: : :.{゙弋zテ  y=x刈:/:ノ
.          /: j:八_|: :l: : :八     せf´く´    これに対抗する為の手段として、AS(機械兵器)が考えられていた。
.       _彡イ:.|: : :{:L>-‐ `      ' {: :}:.}
..   -=彡イ: :.|:. :.从: 〕 、    -  ,.イ;ノリ    .だけど肉体が幼児化するだけじゃなくて、精神弱化が入るとなると不安要素でしかない。
.       /: : :.{: : : 从≧x > . _ .イ、′´
.      从:./´`ヽ:.:弋エニ二Уo、:}: i}:.ヽ       恐怖でパニック状態になったのがただの子供なら良いけど、
       7   ..:マ¨マエ二7: : :ヾ:.iト、:j
.      /     :V:. マエニ}: :.i: :.ハ=ミ        その子達が動かす鋼の巨人に後ろからぶん殴られたら、サイトとかでもただじゃすまないもの。
.       /       :Ⅴ: マニ!: :.l:_: :ハ: ゚,
.       〈 _ -=ニ≦x:j:. . マエゝzf. `Z}:..ハ       これを実践兵器としてぶち込むなら、完全AI制御にするしかないわね。
       /{vト、 `-ヲ:. .  Ⅶニニ! . Ⅶ}:..ハ
..    〈_{介}ノ   :{:/:.   Ⅶニ7r、-Ⅶ}. .:〉     .当初のAIは移動、待機、単純作業の反復といった簡単な命令が音声で可能だったけど、
      j 「!.|    :}/:/:.  Ⅶ='「. . ..Ⅶ}'´
      l.」.!」:7  .:j///:   Ⅶ' ゝr . Ⅳ       今はこんな感じよ。
.       ,′:/'   :ト///:   Ⅴ .f´-=..j|
.       j .:/.   :レ:/:.     :L. . _._.Y
.      }:/     :|:/:     :γ'. . . . ゞ、
【現在のASに搭載されているAI技術】【1D10:4】
①:予算と人手が欲しい(研究中ではあるが進んでいない)
②:戦闘や操縦の補助がメイン(姿勢制御や武器のリロード等がオート)
③:作業用としての技術は完成している(人間と会話できる)が戦闘用AIはまだ手付かず。
④:当初の予定は乳幼児のお世話ロボだったからそっち方面に。
⑤:【1D4:1】
⑥:予算と人手が欲しい(研究中ではあるが進んでいない)
⑦:戦闘や操縦の補助がメイン(姿勢制御や武器のリロード等がオート)
⑧:作業用としての技術は完成している(人間と会話できる)が戦闘用AIはまだ手付かず。
⑨:当初の予定は乳幼児のお世話ロボだったからそっち方面に。
⑩:【熱烈歓迎】

1042 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/24(火) 00:50:41.30 ID:DqijfRgq
バッドイベントが積み重なったり他に影響したりするのがなー
三月精のイベントのせいで幼女化はメンタル駄目になることになって
そっから余計なことして幼女化、メンタル駄目になったせいでチキがやらかしてこの始末

1043 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/24(火) 00:57:58.85 ID:Q3jEh02n
そうかasもレンによる謎進化の果てだったか



1044 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 00:58:59.82 ID:aevwoUkb

            \:::::/                 L_        ヽ:::::::::::::>´
.           .  ´,イ  /      ,  / i       !" ""゙゙ヾ     。>´_
         / / /  /    ,'  / ,/  |    ,  |      ゙ミ -‐ }::}__  ヽ
        〃  '   '  '    斗 /‐/‐-/|   ,/  .} -─‐-  ゙ミ -‐ |:::\ ヽ ゚。
       !  |  ,/|l  i     '  / /  / !   / / '       ミ   ,|::::::∧ }  }
        |  { /:::|l  |   | ,ィf乏芋ミ | ,/ イ ,/ 乏斧ミx   ミ/, Ⅳ::::::| | /
       ゝ=-/:::::|l  |   | 《  ん:::::(_ | / / |/  ん:::::(_ 》 .ミ/ | \:::| ノイ
.         /:::::::从 |   l ト トイ:::::イ}j/j/ ,ノ'  トイ:::::イ}   ミ__  ,|  ヾ
.          ´ ̄   ヽ|ヽ   l | 乂zzソ      乂zzソ  〃 } ,|     お世話ロボット?
                 |\ト、|                   ,_'^ ノ. .,|
                 |. .|. .|ハ ""     '       "" , _/. . . |     .ああ、そうか、人手不足で大量の子供を抱えてたから……。
                 |. .|. .|圦       _     u. /)〉. .|. . . |
                 |. .|. .|. /丶     └―`     /ヽヾ. |. . . |     .家事や作業の補助となるような機械を目指してたんだっけ。
                 |. .|. .|/. . /. >ュ.      .z≦. |. . l. .\. . .|
                    ,|. .|. .{. . . '. .|:.:.:.:|   ¨   |.:.:|. . |. . l. . ./. . .|     あの後色々あったけど、なんとかなったから白紙になったと思ってたよ。
                 /. . .|. .|. . .l. . |-‐ '      ` |. . l. . }. . |.. . ..|
             / . -‐.´从. .、. .!  ‐-    -‐ ノ. ., . .人. .|.. . ..|
             '/  ヽ  ヽ. . .、ヽ  __  /. . . イ/` ̄`.|
               /      ‘,  ` ̄〈二ニ{^}ニ二〉´ ̄ /.:      ヽ
           ,        .      /∧\    /.:       \


                , -‐- 、
       r‐‐-- 、, -‐//⌒ヽヽ_
       { r'">=ニ{_7/三ニニンニュ`. 、
       { {/彡´/   `ヽ>: : : ヾ,: :.ヽ
        〉,イ__/: : : : : : : : : : ,: ヽ:`ヽ:.ヾ: ヽ
      〃 : ; : : : : :ri;ヘ: :‘,ヽ: :.ム: : ‘,:i: :‘,
       ′:./: : :./: : !  マ.:..:!: ';: : :ム: : '; : !: : :,
..     {: : ;': :.:.;イ:..: :.{   マ: :|;斗-=∧: :.}:..:} : : :,
.       {: :.|: : :j斗-=ミ  }.;イ: /z} /ュl: /:イリ:.ヽ:.‘,      途中まで進めてたのを放置するわけないでしょ?
        {: :.l: : :ト;ノ V ヽ  j/ }/f示テアレノV| }: ヽ:.‘:,
       从 :ゝ λf示テァ     ゝ-'´7: : ハノ:ヽ: :ヽ:ヽ    ある程度形になってたから、合間合間に少しずつ作業。
     ./:.:入:\:ゝ弋ツ       厶イ: : :}: : ‘,:.ハヾ、
    ./: :/: /:.7 ∧    '      /: : :λ}: : ト、: :|.ノ:}   .人型にするのが難しかったけど、にとりさんの協力で試作型は完成させたわ。
 -=ニイ:./:.l:.f: :l:.:j' :入    ー ‐'   /厶イ:.リ: }: }:.!: : :.リ
   , ':/!: :!:从f´:Ⅵ:!:.l:>ュ.、 __ イ: :/: : ノ: ノ: :j: :!: }:,/   .【試作型お世話ロボの外見】【1D10:3】
.   {:.:' !: :マ:.入゙.:Ⅵェ=ニニュ、   {=ュ、´; イ: : /ノ:./´      ①:青狸
    ゝ`、ヽ:ー: : ;.イニニニニニニユュ、_ .マz≧x、/´j/       ②:薔薇乙女。
    `ー-`¨゙,イ三f : : `マニニニニニ=!⌒ヾニム           ③:ボイロ勢。
       ,イニ三!: :   マニニニニニ!l:::ゝ:`<ュ、         .④:青狸
      ,イ:三三!: :   { マニニニニ:j乂::ヽ:::\:::::>:...、  ....⑤:薔薇乙女。
     ,ィ三三三| i    .}: マニニニニニ|l:::::\::::::::\:::::::::::::.>...⑥:ボイロ勢。
                                        ⑦:青狸
                                        ⑧:薔薇乙女。
                                        ⑨:ボイロ勢。
                                        ⑩:【全部】

1046 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 01:11:26.19 ID:aevwoUkb

             ___
.           ィ≦ニニニニ=≧s。
        /:.:.|ニニニニニニニニ≧s、}、
        '.|: : : |ニニニニニニニニニニ} |
       /ニ|: : : |ニニニ=>: : ̄\三__,ノ: !i
.      /ニ=|: : : |ニ>. : : : : : : : : : : : __彡'=|:.
     /ニ==|: : : |': : : |i : : |i: : : : : l:i: : : \ニ:|: :,
.    /ニニ ,. : : :从: :.:|i : : |i: : : : : l:i: :|i : :.:ヽ|:.∧
   .ニニ=:/: : : :i: .x竓ミ: :.|i : : : : 从 :|i : : |i.:|/ ∧
   iニニ:/: : : : :|ハ_) }ヽ八: : x竓ミ |i : : |i.:|: / ∧        ドーモ、やる夫=サン。
   |ニ=/: : : : :.:.|: :乂zソ   ´ _)下}!: :.:.:|iイ: : / ∧
.   \/: : : : : :.:.|: :_:_}      乂ソイ: : : : : |: : : / ∧      レン工房製アンドロイド試作型、ユカリです。
    /: : : : : : : :|=个。   _    {: : : : :.:.:.|{: : : :/ ∧
.   /: : : : : : : : :|彡\ ≧=---=≦人ミx:_/ ∨:./: / ∧   .  当機体の主目的は主に育児や家事を目的とした家事作業の補助です、
  /: : : : : : : : :从: : : :iゝ= |_r=ミ: /: : :.Y´    ∨:./: / ∧
. /: : : : : : : : :/=八: : :|ニ/===Vハ: : :.:.:|     ∨:./: / ∧    ヘルスケアだけでなくメンタルケアも行えるように会話能力を備えており、
../: : : : : : : : :/ニニ7、/,/: : : : : i|=|i: : :.人     ∨:./: / ∧
乂: : : : : : :イニニ/ニニ}==〔_〕=i|ニヽ彡'         ヽ: :/: / ∧  試作型である私は例外として【1D10:5】ができます。
     ̄  /ニニ/ニニ/' ̄}ハ{¨i|ニ=\         --=彡

【プロトタイプ特権】
①:開発等の機械工学補助(にとりの要望)
②:ASとリンクして複数を操縦できる(作業用として)
③:②+戦闘も砲台としての運用ならは可能。
④:白 兵 戦 (サイトに仕込まれた)レベルは【5D10:33(8+1+9+6+9)】程度。
⑤:【1D4:1】
⑥:開発等の機械工学補助(にとりの要望)
⑦:ASとリンクして複数を操縦できる(作業用として)
⑧:②+戦闘も砲台としての運用ならは可能。
⑨:飲食ができ、材料があれば子供を産める(レンの想定外/あかん)
⑩:【熱烈歓迎】

1047 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/24(火) 01:14:35.59 ID:NJW0rg3o
ちょくちょく混ざるアカン選択肢ぇ…www

1048 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 01:22:02.16 ID:aevwoUkb

         ,⌒7
        乂 { ,.  '^~  ̄ ̄ ~^' ,. -=ミ
            /   /       , -{:::f'^ヽ::7
       /    '   {  Y::r Y::::ー:'::人
       /      ,{    {  乂竺クー く ∧
     ∠      / {    {l        ∨,∧
       ’    /  ', ,  ,{\  ,.   }   | ,∧
     | ∧   ,'  ̄ 乂、 { ̄乂   八 :|  , \
     |/ ∧ /苹苹ミ{^\{ 苹苹苹「 \|  :|l ̄
       / ヽハ乂_ソ     乂_ソ '       :|乂   本来の目的の育児とは反していますが、技師としても活動できます。
      '    ,          ""'      |ー‐
     '    人   ーr―,  U/       |     .共同開発者であるニトリさんと同程度の技術をプログラミングされており、
     乂入   ノ≧=--  -=≦ {    ノ_ ノ
     「二二二7:::「 /_{__ノ 7 「二二二 7     機械類の開発やメンテナンスを行うことも可能です。
      ー――ァ'::::::| '__∠ ヽ__/ノ::L ___ ノ
      '   }::::\l T T - }r'": : /   |       私としては、子供の面倒を見る方が好みですので複雑な気分です。
      |  l ,:::/:::::| |  | | }::::::::l:.{  l '
     从  | ,::/::::::ノ_j_|__j__,:::::::::从  , /
      ヽ {^;::::::::{ 7r 芥 j^,::::::::::::',::.、{^:.、
      /:::丶;::::::::{ |7八^{ ,::::::::::::::',::::丶::::.
      ,::::::::::::{:::::::{ ,  }  { !:::::::::::::::',::::::::::::::.



: :r:、: : : : : : : :_:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ 二ニ=-、
: :l: :}: : : :_:_:j´ : : : : : : >'"´ ̄ ヽ ̄ ̄ ̄`¨ ミ<  \\
、:_:_: : : : : : : : : :.>rく         !        \ \ー─ヽ
(::::::) ‐---<! ,,斗-‐      | -‐-   、     \ \
  「         !  .′ i  i     ! |\   |ヽ     V ヽ
  |       | /  l ,ハ   ノ>‐-ミ ! !      i   ‘
  |       l >─-ミ ! ./ ん/ハ `Y └┬─ ┘   |
    i     Y ん/ハ   l/   {////}  j{   ヽ      |   一番必要だった時期に作れなかったから、別の使い道を考えるのは普通さ。
. /  |       ! {////}      乂うツ  ⊂⊃  V    ∨
∧  |    八乂うツ               〉   ‘.  ,ハ!   試作型としては色々な機能を盛り込みたいし、君自身が君の兄弟を作れるようになれば、
、!  ∧   ⊂⊃       、_ ノ      . イ   i、 }j/
∧   \    > . __  _ ...<ノ`ヽ_ .ノ j丿      量産化もいずれ視野に入れることができるだろう?
  Vト、_{\ _ \>f′ `ヾ! `ヽ<_
      >:.´:.:7` .〈__ /--ミrf7´ ̄ ヽ            (まあ、他に【1D10:1】って理由があるんだけど)
       j:.[:.:.:.]:.:{  ̄i\  {    ヘ{     ‘.
    /r─┬;∧ ̄  ヾ^ヽ、   Y    i
   /:.:./:─┘:i:.∧、__/      }`    ノ
. イ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:}∧          ノ─‐<
:.:.:.:.:.:.:.{_:.:.:.:.:.:> ´  \_,,...<     \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                      \

【機械工学を学ばせた理由】
①:その方が楽しそうだったから。

②:何れ自分の後を継いでもらう。10年先か20年先かは分からんが。
③:電子機器の普及に対してメンテナンス要員が足らん、猫の手も欲しいんだよ!
④:私の子供みたいなもんだし、同じ道を歩ませたい。
⑤:【1D4:1】
⑥:その方が楽しそうだったから。
⑦:何れ自分の後を継いでもらう。10年先か20年先かは分からんが。
⑧:電子機器の普及に対してメンテナンス要員が足らん、猫の手も欲しいんだよ!
⑨:私の子供みたいなもんだし、同じ道を歩ませたい。
⑩:【熱烈歓迎】

1049 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 01:27:21.59 ID:aevwoUkb

              .   ´       ー 、
          __/    (⌒Y         \
.        //´ 7       ー入 ノ       \
.      /. : 乂ム> '´  ̄  ̄  ̄ `マへ    /⌒ヽ
     .'. : : /              X. \  乂_.ノ⌒ヽ
     l: :.:.:`7T r : : ─ ┬ ─:: ‐::‐<: :.:\ \Y⌒X: : : :.:ヽ
     |: :!:.|: :.:|: !: : :: : : :.l :: :l: :: ∨ハ: : : : :.\ \_ノ: : : : :ハ
.     ノ斗七:.:|:.l: : : ::.l: : !:: l:| :: :::∨ハ.: : : : :.:.Y´: : : : : :./: :.i
    /: : /: : :.:|:.|:.\.:|:!:.l:|:.:.|:|:/.::ハ ::::|: : : : : : i: : : : : : /:.: :.:|
.   . '. : :/. : : :.:|:.|: :x=从从 ノノx≦王Y.:|.: :.:|: : : |: : : : : /: : : :.|    我々が作ったメカがメカを作るというのは浪漫だろう?
  /. : ::/:|: : : : :Lj〃ハ    ´i「 ルテ k:」: : :|: : :リ: : : : :.ハ: : : : !
  /. : :/. :j: : : : :i:.:| 匕!     辷ェソ l: : :.:|: :/. : : : :/: :j: : : :.!    神々が人間を作り、その人間が人間を産むように、
 . : : /. :从: : l: :l:.:|""" '     """  |: : : l:〈: : : : :.〈: :人: : :.j
 !: : :i: /: :ハ. :j:.:.l:.:ト、   r ‐=≠┐   |: : :.:リ: \: : : :.\: :\リ    メカがメカの手によってメカを産むことができるようになれば、
.人: : i〈: : {: Ⅵ: :l: j: :\  乂  ノ  /リ: : :/: : : /\: : : :.\: :ヽ
  \: :ヽ. : }ハ:N|: : :ノ〕ト ._   ´ /: :/: : /  .〉: : : : : 〉: :.〉   我々は創造主の領域に手をだしたということになるじゃないか!
.    \: V: : :}. 入X:.:.⊥斗} て  /:/}: :/、  /. : : :./: /
      )リ: :.メ⌒}K7   /  /⌒  .レ'/  X片(. : : :(: : :(     ……とか妄想して、ノリと勢いで教えてみた。 楽しかったし。
     (:ア´/. : :八/    / /     / /⌒「: : ` Y ):.:ハ



              x====z‐"X"≧=ニソ
              \\/// }\ ヽ: :ヾ
            /: : : X/: ./ ,': : :`  \: :\
           /: : : : :// : : / /: : : : : ` __ゝ: : :ヽ
            /: : : : //: : : /__/ : : : : : : : : : 、: : : ヽ
            ,: : : : ; ,'' : : : : : : : : :,' :人人: : : : 、: :ヾゝ
         |: : : : : : : / : :イ: ,': :,': :j   i: i: i `: : : :ヾ
         | : :|: i: : : :| : : | :i: : |:: :|    j: |: l: }: : : :リ
         |: : Y: 、: ;l: : : |;:l: :千.八   州ャァイ: : ,イ
         | !/ :ゝ: :ヽ: : :不,ィセテミ`   "ij;;i 》{/;;
           j: }: : : :{ `{: :ゝ、《{ し::;j     `" {":ゞ    つまり100%趣味ってことね。
         j: ;j: : : :λ_l: : ゝ}   `'"    、  l : :l
        ノ: j: : : : : l: `: : :`ト 、         ,': :イ    まあ、作業員が足らなかったし、有意義ではあるんだけど、
         イ: : : : : {: : :ヽ: :\     "゜ /: :/
          イ: : : : : : : : :、: :ヾ: : > __   ./: : ::イト     ノリと勢いで動くと大抵おかしなことになるから、自重しなさいよ?
          {: : : ∧: : : ヽ: 、: 丶 "   ,'": : : : /: l
        、: λ: ヽ: : : : : \: : ヘ  /_ニゝ: : : :j
         ` ゝ \: \: ヾ: : ヾ: : }   ,. lニ\ヾゞ
             /ニニニニニニニ\-., ' lニニゞ
         /ニニニニニニニニニ \ jニニリ `ヽ

1050 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 01:41:40.62 ID:aevwoUkb

                         .  -─-  .
                    , ´` <        >
                 /                 ヽ
                     '         , i  ./ /      。
                     l |.   |  / l|  / /|: !  }:    ゚
                     | |l   l. -/‐-| ./ ムl-十 '    。
                   Ⅵl  |Ⅳィ示|/j/ 示x | ハ.     i    ……って感じで、一応AIの技術はあるけど
                      从  |ハ{ r'リ '  r':リ ムイソ  !   |
                        \{圦 ¨ '   ¨  ./||:.  |  |    戦闘に使えるような代物でもないし、量産化もできてない。
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|。   イ )〉  r‐ 、|
          |               「i ´  _|/〈(  ′ ハ    あくまでも、可愛いお手伝いさん程度の機能しかないから実戦投入は無理かな。
          |.    ___          |~´/ / /'//   i
          |    |l /。 .__  。      |`´ /イ  /.:     l    時間をかければ進歩があるかもしれないけど。
.      カタカタ |    ||/ l ||/ l O   | .:'  从∧_______/
          |                    |        /   /.:|
          |                    l厂厂ヽ./   /! ! カタカタ
          |                    |しし'¨ー   /  ! |
  ─────‐|ニニニニニニニニニニニニニニニニ|厂厂厂∨l─‐┴┴─
  :::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::


         _____
、    ,...  ´            `ヽ、
:::\ /´                     ヽ
:::::::::\__     _    __    :.
::::::::::::::}/==}_ / ̄ \  / ̄ ̄ ̄\=}
:::::::::/ / \_   ! 〈    _,.-/  ̄ \
::::::/  /___∨:\|_> ̄: : :∨\  /
:::/、- ': :/: :|: : : |: /、: / /: /: :,.イ: :;: : |∨ ̄}
、_/: : ': ::::|: : :下≧ミ、_, ': :,ィ斥ミ: /: : |: }_/
  /: :/: : : :|: : : {瓧)ソ //瓧ソ/:イ : /: /
 ,': :/: : : : :!: : : |     ´  ,   ムイ}::/       フォロッドのプランとしては、【魔王になるべく時間を与えたくはない】よ。
 { イ: : : : 八 : 从 、   っ   イ: /: :∨
  八: 、: : : ∧: : } >r-=≦; :/:/}: :}、|        次の時代の役に立つかもしれないけど、今日を乗り越えないと明日は無いの。
   \}、:/ ̄从l \ {\}:_/:/:イ j: / }
    〈∨乂\   \   }ト、__,/イ          ……まあ、明日はあるかもしれないけど。
     /   `乂_、   \ |!〈-〈       _
   ,:       乂\  /_)、 }乂       「7_\   箱庭の中で管理され、恐怖に怯える日々を明日と私は呼びたくない。
  _ {       ヽ乂∨ (_) ヽ/}_    r-ミヽ` }
  }:\r-、,.- ァ   }  }'      ∨:}    `7 ` /   永劫に続く戦いでも、勝ち続けて、自分の手で明日を掴みたいのよ。
  |:::/^\:::{_、  /          }イ  「::Y、__ ,:'
  <{_/_、⌒>        |  /{、:::Y/:ァ
   /::|    ,、_   r==;  = ∧ ´   /}/イ
___{::::::{    {:::::::::::::::::::::::::::::::::,::_」  /
::::::::::\:|    |、::::::::::::::::::::::::::::::{  . '
::::::::::::::::,   {   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「ー ´
:::::::::::::::l     |          \

1051 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 01:51:44.83 ID:aevwoUkb

      、___                        ___,
      \///>、                  ////
       \////-==ミ、, -‐  ¨  ̄ ¨  ‐-v///// _
, -─  ¨  ̄/´      `        _    ` ./{     `ヽ
  .   ─ォ'                   ´   ヽ   丶\ ̄ 丶  :.
/   ,ィ/    /   /                      V/\  ‘, }
   //'    /  '                 }    ∨/∧  }ノ
 ///′  .:′   ′              }、_,,     ://'∧
  ̄ ̄{       i  :  i                 '""゙㍉  i  ̄ ̄
     |i  l:   l  l  l .:'  l _,ィ    、 /    ミ  |
     |l  |i   |  { _ l厶 斗 / {     `メ、 ___  ミ . . |
.     从  |l   |  { ハ /_,}ハ {   ,ィ / __    ミ^Y.|
.       ヽⅣ  | 从 ィぅ示芋x八  / j/x芋示ぅ  }},〉}.::
.       八  ト   Ⅳ{ んィハ  ヽ(    んィハ Ⅵ _ノ i       確かに時間を与えたくはない。
.         }ヽ{i \{ ハ 乂rツ      乂rツ メ/´. . :
.         |. . .{ 〈{i杁 , ,           , , 〈{'. . . . .i       私が今進めてる過去を攻略する作戦も、魔王の時間稼ぎかもしれないし、
.         |. . .Ⅳ }〉 {ィ: 、     '      イ }〉 . . . l
.         |_. -‐V/ ハ/{ >.   ^^    イ  ハ‐- . _|       私が迷うことを考えて、人命に多大な影響があることをやっているとしたら……
         ,イ.............〉、 }/{: : : :.}> ‐ <{: :{   '/゚。.........ヽ
.         / ヽ.........///)イ/{、: :‐- ノ⌒_>、_{  ///∧.........ハ      .ハーメリア地方の救助をしている時間が、致命傷になるかもしれない。
      ,.........‘,//////ハニ≧=`7'´_丶 Vハ{////∧....,...i
        ............../////厶=x}`77r'マ   `   }/{厶==v/V.....}
.      .............. ̄ 、 ̄.......`}//∧       !//{.....、.... ̄......
.       .......................}i.............}///ハ     ト、/{........V...........l
.       i......................}i.............}/////゚。    イ...V.........}'...........|

【だとすると、エスタードが動くプランとしては】【1D10:1】
①:威力偵察でなく“完全な偵察”に切り替えて魔王を探る。

②:ここで作戦を決めるのはまだ早い、話を詰める間、ハーメリアを攻略させよう。
③:持久戦を良しとする為に、幼児化に対する対抗手段を探る。
④:希望をしているし、レミリアさんに威力偵察を任せる(あかんかもしれない)
⑤:【1D4:4】
⑥:威力偵察でなく“完全な偵察”に切り替えて魔王を探る。
⑦:ここで作戦を決めるのはまだ早い、話を詰める間、ハーメリアを攻略させよう。
⑧:持久戦を良しとする為に、幼児化に対する対抗手段を探る。
⑨:決戦の時だ、全員で魔王に挑もう!(あかんかもしれない)
⑩:【熱烈歓迎】

1053 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 01:58:27.91 ID:aevwoUkb

       、____
          \//>o。             -──‐-                 _____
           \////>o。 _ ,. ´              ` .       。o<///> ⌒
        .   ¨  ̄ ⌒> ¨¨ `                      \ 。o<////> ´
    /      /                       丶////> -- .
    '   -‐─=ァ ,    / ′/     ′           __V/<     丶
   {   '     / /   / / /     /      ーヘ     ̄ ∨/>、 ̄ `ヽ .
   ,从 {    ,イ  '   / /  ′   ′        }、_,,_  /  v//∧   } }
     ^⌒ //|    ′ '  :    ィ         :  }'''゙゙゙㍉ ' /  }///∧ ,ノィ
.      ///| :        i   / {         i  }    ミ '  / }\//∧
        ´ ̄ | : :  i  : ┼ ‐ ァ‐┼'^    `^ー ォ ‐ァ─- ミ / /{  \/∧
         | i :  l  i  {  /  八     ィ / } /     ミ ' /. i   ^⌒
         | l i  {  l ハ,ィぅ示芋㍉   / j/ x芹示ぅ、  ミ^Y. . .l
           Иハ l  {  { Ⅳ ,_)/ :::r{  ヽ(     ,_)/ :::r{ Ⅵ{^〉} . . l      .……猶予が分からない以上、早期の決戦は私も賛成です。
            }' 从 {  { 从 乂__rツ         乂__rツ  '/ /. . . :
               )八 ト、ハ , ,      ,     , ,   /r‐'}〉. . . .      .ただ、威力偵察の結果、レミリアさん達が未帰還になることを考えると、
.               }. ヽ{⌒込、                  イ }.〈{. . . . .゚。
.               }. . ._ . ィ〈{个o。   ´   `    イ  /_._.\. . . . .    .可能な限りの戦闘を避けて、出来る限りの情報を持ち帰りたい。
.               }./   {   .'< }> _ <{ >{   '   ` .. . . . .、
.              /     从 />、\ ___ ___ / 从 /      ',. . . \  此方の国にも情報収集能力に長けた人員はいますし、
            { __   /  )'  /´ _ノ(__ \   )'  ',    } . . . . . 丶
.            / >、(__  ′   '  -< 介 _> -\    v   ィ . . . . . . . . .     ……不安要素はありますが、できないことは無いと思います。
           / / ^⌒ヽ{   /  `ヽ }〈∧{ '¨,   ',  }^¨´ { . . . . . . . . . . \



        「|lヽ、    _,,. - ''"´ ̄ ̄"'' ー 、,
        |::|l:::::::>'"´             `ヽ.
      r‐ァ'、ヘ,'"             i     ',
      ./::/::::ヽi   `rー-、r'"二、へ、__ノ,.へ.,_  !-‐'7
     |:::|l::::::::::'、 _,,..-ゝr-'" ̄  `ー-'^ー-へ `ヾ、!ー'-‐ァ
     /::/::::::::::r'"ヽ-ァ'"   !    i _/,.イ´|  iヽ、__ノ、__ノ
     !::|l:::::::::_L_,,..イ´!、,__,.ハ.  ト、!,'-ァ=-'、レi   i |
    └─''i´ /  'i !,r'!='、ハ ! ' i `ー'iゝ|  ノV !         その作戦で行くならうちは咲夜を出すけど、
       ノ`Y   レ'!,! i.`ハ V   '、_>' !イ  ! ト、
      く::::ノ! .ノ i  ヽ, ゝ '  ,     ⊂⊃!    ', `' ー-‐ァ    そっちからは誰を出すのかしら?
       ``''!へ,ハ  ハ⊃          ハ  ハ  `ー'"`ヾ.
          ノ  )ノ 人    '´`   /i | / i    r-、ノ     不安要素があるってことは、諜報活動は不得意とか?
  _,,..-‐ァ   /´  ,' / /`7ァ- .、.,_,. イ ,!イ /`r' ハ  r,.'"''ー-'、
''"´::::/(   レ^ヽ!/レ'´ ̄`ヽ、!、    /.! レ'ヽ、!/_,.!-/ ./ / , ヽ. /!
::::::::/:::::::ヽ、    /        Yゝr-ァ'」/   /! !_,..し'i / /_ノi/::;!
::::::;':::::::::::::::ヽ、 /          iヘ__rハ」 ∵/」ヽ! `ヽ`'^'-'、  i::::/::|
:::::i::::::::::::::::::::::::Y           !ハ/´i_」ヽ.,ヘ」   ',   ``'i__,,..イヽ:::::|
:::::!:::::::::::::::::::::::::ゝ、r' 、   ,   ,.イ / ,'__,,.. -‐-'、 ハ   、「´--‐''" i:::::!
::::|::::::::::::::::::::::::::::ヽ7ーヽ.,_/_,,..- ' Y    _,,.. -< i_rヽ rノ、_,.-、_,.イ:::::|

1054 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 02:03:39.84 ID:aevwoUkb
            、_
            }/\
            }///> ¨¨ ミ、 -‐   ̄ ̄ ¨ ‐-
            }. ´                  ` .
          /     / /  ,      ーヘ        \      ______
         ィ  /  /  '   /        }、__      ', ,. <////> ´
.         //  '   '   /  ィ i         }''゙゙㍉   丶 V///////
      / ァ ィ      / _ , 斗 匕     \ ' /   ミ ニ=- \v//<__
.     '/i /|:    i   '   / 八 {      /`メ、 __  ミ   ̄ {/{ __   \     いえ、隠密性や情報収集能力はトップクラスです。
.      {  | / |i    l    /,ィ示ミ{    ィ ハ/      ミ _ / V/\ `ヽ  .
       l'/|l    {   〃,_)//ハ  / j/ィ笊示ぅ   ミ   /ハ}///゚。   ', }   .ただ……幼女化の影響で心が弱っているので、
.        < /Ⅳi  {   Ⅳ トイ/}  )'    ,_)//ハ Ⅵ }}/ // { \/∧  }/
         ̄ 从  l{   ト、 Vrリ     トイ//r} }} 〃'Y ィ. . .{  \∧       .それが原因で致命傷になるんじゃないかと思ってまして
             )八  i {⌒    ,    ゞ - '   〈{^>} '. . . .    ⌒
                 丶{圦     _            ' _}〉ノ /. . . . . .          それと、実戦経験はそこまで高くはありませんが、
                    }. 丶    `      ィ. / \ '. . . . . . . .
                    }. . . i>       ィ   {/  /}〉 . . . . . . .         .極めて優秀で回復魔法も使える隠密がいます。
                    }. . . | . /  ̄ハ    '  ∠. ./ . . . . . . . . .
                    l. ._斗<{  /、 }   __/  ィ:::::::>、__. . . . . . . .゚。        ……私の妹(肉体的には今は姉)なんですけどね。
                  _ノ<_/ \} /  `  ´ { //:::::厶斗 \. . . . . . .、
                7⌒>、  \       V /::::/ __ }/⌒V . . . . . . .\
                /    \  `  ─‐‐ /:::://⌒V   V. . . . . . . . . .



                `ヽ、    ,    \
                    ̄ ̄      ヽ
                             |
                                  〉
                      /       /
                     /     <_
二二二二二二二二二二二二二二二二ニ7    /
                 / _____ \   /
          \      {´  /    \/  /
\__r──、___>──、__>´       ̄ヽ
.   /   /     :::,イ:::::  /   |        .|
  /  ,イ  /|  /:::|:::::::/    !   /  .|
  / / / />、/:::::::::|:/::\  ./|   /    |
. //  //     :::: /::::::ー- |斗´l/ /   /
〈´   三三三三  ::  ::::::::三三三 //   /        うーん……。
 \   ヽ ヽ ヽ      :::::::::ヽ ヽ ヽ/´   .イ
ト、_≧            :: :::::     l      .|         流石に友好国とはいえ、王族を借りたいとは言いにくいわね。
ト、\ U           ::::   /       |
. \_>             / /|  /   l         不安要素があるけど優秀な子か、安定性がありそうだけど、立場がヤバイ子か。
\  ー-    r──‐、 ....-‐´ / .|  /|  /
  `  ‐-、 ̄ T  ̄  ハ、  |/  !/ j/          どっちの人員を借りようかしら。
        / ̄ 77    _ハ\_
     /  / 〈  ./,、 ヾ L_ `ー─、
    /  /|  〉// \\ _L_    \            【レミリアが希望する人員】【1D3:3】
  /  //,二、/    \\ L_    \          ①:優秀な方(妖精さん達ハードモード)
. /  / / /: : : }}       `ヽ  }       \        .②:安定がある妹さん。
                                       ③:いっそ両方。

1056 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 02:13:04.50 ID:aevwoUkb

       ,.ィ7  _  ,
       }//,ィ///|,ィ |' ´ ̄ ̄ `ヽ
   _   // {///|////|        `丶、
  //\_{//////{////,..===- 、__     \
  \/--- 、////> ,-―-、   ` ̄`,.ィ 、  ヽ
  _{^}/!//⌒ヽ   \_∧    /  } `ヽ、}
  {/{!/\∧  /\__〉: :/:\_/!:\/_,..ィ`ヽ
   \////,イ:/:/: : :_:_: ' /: : : : : :}: : |:ヽ: :ヽ_/
     </: : /: :/: : : : : `/ト: : : : :,ム斗: }: : :从' \
       /:,: ':/: : ': : : /:イ ',: : : : / }:イ|:!: :!: : :\_/
     {/{: :{: : /: :イ下芹圷 \:イィォァ}: |: :|: : 、: :}
      从,: :|:从:/: : :.| 込ソ   ` {ソ j:/: /: /: }:/      ……できるなら、両方とも借りられないかしら?
        /: :乂: { : : 八        '   八:':{:.人: {
        {: /: : :\:.イ: : }、   っ   イ: |:从: : :`ゝ       命を落とす危険がある部分は可能な限り取り返しがつく咲夜にやらせるけど、
        从: { /:/ `|: :/:| > r: :.:´: |: :|': : :\〉
         \}'从-.、 ̄\  |`ヽ 从:イ\〉`         .捕縛されて未帰還になる危険を考えると、情報を持ち帰る伝達役は多い方が良い。
      /   /^{⌒} 〉、_ \  } ∨_ノヽ
   ,.ィ/  / ,  ヽ!ヽ_〉、 \|  }lイ}  \         だから、やる夫、貴方の家族と部下を貸してちょうだい。
 ///   {  /   } ∧ ̄`ヽ ` |!⌒〉   }     \
'////  ,.イ     |  \___\ /辷}   ;`ヽ   l\  必ずとは言えないけど、なるべく無事な状態で返せるように努力はするから。
// /   {   /  `ヽ   \_{リハ`ヾ /  }    }//\
/ /    \__/_ ,_ィ//}        // ∧ } _,イ/}  |////\
/ {     {////介///〈     //// ∧ |_}///|  ////// ∧
//|     ∧///イ^ヽ、/    {/////// \/_\ /イ/////////}


                                     ______
                                  , </////>´
                        -‐   ̄ ̄  ‐- .  //////>´
          _____  . -=ミ´    ´ ヽ       ` {//>´-=ミ
          <///////              :.、_,,_,       {/{__ _ _   ヽ
         `<//   '         }''""゙゙㍉,,  _/V///> ヽ  ゚。
            '   /   i          }      ミ  /∨////\ ', }
               ′  l :{    斗 ‐ナ ‐    ミ _/ `<///∧ }イ
            i       斗 {    ,} x =ミ    ミ _/ /{` </∧
            |    :   ハ 八  /j〃ん/ハ     ミ    / :{    ̄
            |    i  Ⅳィ示ヽ(   トィ:::/}   〃⌒Y . . {
              Ⅳ   {  :i { ん}      込rツ     {{ 〉 }. . . .       ……分かりました。
            |l  {   j{从Vリ ,     , ,      ヾ _,イ. . . .
               从 ∧ ハV{ , ,             /¨「 }〉:}. . . . .      .スズカと部下をよろしくお願いします。
              )'  V  込、  v ¬     .イ{. .}/  }. . . . . .
                    个: . ` ‐ '   イ _{_/   }. . . . . . .
                    〈{ i. . ` r=≦ 。o ´/    _ノ._._._. . . . .
                   /' |._._/ /^V   /____x≦/´ ̄ ヽ. . .
                        / 从 { _ ∨≦////::::'      V. ハ
                        '   。o≦「 }///////:::/ ,       }. . . .
                  ∧ 〈/////L{//////{::::{/        }. . . 丶
                  / ∨}////{ }//≧≠:::/       ィ. . . . . . \
                     /   V////V////∧::〈      /::{. . . . . . . . .ヽ

1057 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/24(火) 02:14:34.79 ID:aevwoUkb
◆2時を回ってしまったので本日はここまでとなります。

次回、潜入任務。
発見されたり、潜入中にメンタルブレイクするとあかんことになるでしょう。
関連記事
| ◇ドラクエVII 種泥棒とは言わせない | コメント:0 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する