おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2019/06/12(水)
9471 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/11(火) 13:45:04 ID:cHf8vBgX
帰宅じゃオラァ!!
2019/06/12(水)

9069 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/10(月) 20:24:35 ID:ehHklnjV

    ◆ これもKUMOさんとこの公開シナリオの改変だからPLとして遊びたい人は適宜自衛をお願いします ◆




                    _________________
                    |                            |
                    |      原型は一応あるので       |
                    |_________________|
                   .          |::|  -─-       |::|
                         r‐ |::|´       \‐x.|::|
                        /乂_|::|ソ  ___∧ __ ∨i|::ト,
                      ,ノイ  |::| |\/  ∨ VⅥ_|::|.|
                        |   ,|::|小. ┃  ┃ | |_|::N
                        |/∨|::| | ' '  _  ' '〉| |::|
                   .       | |::N{≧‐┴┴r≦‐ミ|::|_
                   .       |(___)   〈__〉   ! (___)
                        ノム|::| |      |   |::ト、〉
                         |├|::|ノ|      ├<二ノ
                         |八`゙/ミ      ノ⌒ヽⅣ
                          /           \
2019/06/12(水)
8952 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/10(月) 18:17:20 ID:ehHklnjV
さて、18:30くらいからやっていきましょう。
2019/06/09(日)
8227 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/09(日) 09:19:24 ID:OmcpcVi9
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・
2019/06/09(日)
7418 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/08(土) 11:33:51 ID:QP2xYhJ7

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――ゴブリンスレイヤーTRPG プレイレポ6-1

 ~死霊の館~

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


 !| !| ゛ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ: ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノ | ! l
| ! ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ    ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞヾ;; !|
! ! ヾ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:    ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ; l |
 | !|   ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ; ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ !
! !  | !| ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ !|
| ! ! | ! |!l ゞヾゞ___\\ ゞ ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,; ゞヾゞ___// ;ゞゞゞ;ゞゞヾゞ;  | !|
 |! !  | !|  !l ;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞヾ    ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ゞヾゞ__;::/ ゞヾゞ;ゞヾ;ゞ  |!  !| !|!
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| lゞヾゞ;ゞ ヽ;iiiiii;;;;::::: :|;:/   ヾ;ゞゞ;ゞ ヾゞ ! | ! |!l |!l |!  l|!
 ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! !ヾ;ゞゞヾゞゞ\|iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ  ! | ! |!l |!l |! !| !| ! ! |  !
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;; ; :::|/! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! ! |
! !  | !|  ! l    _/__/_ //   !   | | |i;iii;; ;; :::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l   |! ! |  l
| ! ! | ! |!l |!    / /       ー―――――――――――   ! | !|  !l  |!  !| !|! l|!
 |! !  | !|   !l    /   l|! !| ! | !l | |i;iii;;;;; ::::|! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! !   |
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| ! !|i;iii;;;;; ::::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;;;; ::::| |! !  | !|   !l |!  !| ! !l|! !| ! | !l
| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |!.|i;iiiii;;;;; ;:::|!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| !
 l ! | !  ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;) l | ! ! | !|  !l  |i;iillii;;;; ::: |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| ((;;;ゝ);;)
、,,;;;ゝ;l))ゝ|;;ゝ))ゝ;;;ミ,,l,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、l,;; |i;illiiii;;;; :: |、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、
ゞ((;;ゝヾ;ヾ⌒; ;) ! !ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)| ; ;ゝ;|i;iiillii;;;; ::: |((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)、, ;;ゝ
! !;;ゝヾ;ヽ ! !)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;( ! !;ゝ))ゝヾ;.|i;i〈ii;;;;; :::: |ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;ゝ))ゝヾ;
"",,!l |! ,^^""",",,^^^^""""''",,,"^^" ",,""''""'|i;iiiiiii;;;; :::: |"",,^^""",,""''"",,^^""",,""'' バシャバシャ
!l 、|!, ""    ""   ""  ""        ~~"""~~~""  ""     ""    ""   バシャバシャ
,,.., .,、!|,;;:, ..,.. ::;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ,,.., .,,, .;;;;:, ..,.. ::;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,..,. :;;, ::;.,,
 、li, 、!|,  .,     .    .    '  :    .      .,     .      .    '  :  、|!, !
  、!|,  、!,                                             、!|,  、!,
 、il,   、!   、!,    .,     .      .    '  :    .      .,     .  、!,   |,.
   、i,  、!,  |,    、!   、i,   、!|,  |,    、!     、i,  、!,  |,    、!|,  |, 、!|,
:;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,:;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,:;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;


  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――さて。

 前回のシナリオから馬車で2日。あと1日で見習騎士の故郷というところで、一党らは不意の豪雨に見舞われる。
 そして豪雨の中で灯りのついた屋敷を見つけ、そこに雨宿りさせてもらおうと向かったのだが―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2019/06/09(日)
7113 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/07(金) 06:32:44 ID:jy+5k7De
今日の昼頃からなんかやる流れなので準備するなど
2019/06/09(日)
6238 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/06(木) 08:56:50 ID:HdwLj1Rv
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ゴブリンスレイヤーTRPG プレイレポ 5-2

 冒険者一党の事件簿 ~水晶の森亭の殺人事件~

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――同室だった剣闘士の少女。
 彼女が故郷へと帰る間の護衛を引き受けた冒険者達。

 しかし、かつて高名な自由騎士がその地で起きた恐るべき殺人事件を解決したという、「水晶の森亭」へと道中で
一泊する事となった一党を待ち受けていたのは、かつての悲劇をなぞるような恐るべき殺人事件。

 これはかつての殺人事件をなぞる模倣犯の仕業なのか? 否―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


                 BGM:

       | |
       | |
ニニニニニニニ{
        | |!
____|_|ト、
三三三i = }|                        ____
rfzrfzrく=くj::{                         }/////{
ルルル{リイ!|                     _///////\
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}三三三三く
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ|      |!  : : :.
        | | {玄!                    }文{イ  !       |!  : : : :.
        | | {rfi{      "水晶の森"亭     }fマ{  |      |!  : : : : :.
        | | {セi_____________忙リ   ゞ===彡  . : : : :
====<| | {り>≦i{     __ ノノ    : : : : . . .       . . : : : : : .
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
        | | {k八K{   //            . . . . . . . . . . . . . .
        | | {=彡ゞ=彡゙
        | | |i
====<| | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 この時、彼らは言いようのない不安を覚えていた……。
 それは「かつての悲劇をなぞる殺人事件」というだけでは収まらない、もっと澱んだ何かを。
 この事件に感じ取っていたのかもしれない……。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2019/06/09(日)
5889 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/04(火) 22:40:24 ID:vXeaP+yv

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ゴブリンスレイヤーTRPG プレイレポ 5-1

 冒険者一党の事件簿 ~水晶の森亭の殺人事件~

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


;:;:;:;:;:;: ̄ ‐ _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;‐‐|二::::::::|::|::::::::::::::::\:::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ] |:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─二|二::::::::|::|::::::::::::::::::::::\:::\|_,,...、、、 --‐:T 「 :|:::::::::|
:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::: ̄ ‐ __:::::::::::::::::ー‐‐二二三二|二::::::::|::|z┬…¬冖 ¨¨ ̄::::::::::::::::::::::::::::::|:::|  |:::::::::|
:::::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::::::::::::丁二ニ=-‐¬冖¨   .|二::::::::|::|i:i:|:::::::::::::::::_三二ニ=‐…¬冖T |:::|  |:::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            |二::::::::|::|i:i:|f   ̄    |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|
::::::::::::::::::::::::: . .             |            |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|
:::: . .                ¦            |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|
:. .                      :              |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|/
                   ’               |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|/
                                |二::::::::|::|i:i:||_____,,,,....⊥|⊥.  ---─|:i|:::|/|:::::::::|
                                |二::::::::|::|i:i:||---ー…¬冖|T'"   ¨¨~ ̄|:i|:::|/|:::::::::|
--‐‐… .   ___          ¦            |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|
─┬rー: :|厂: : . .   '.      ¦            |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|
  |::|: : :| |::::-─-::. . j-‐…‐.  :               |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|
ー…¬ニi| |/::::::::::::::.:`.'′_  =-i  i             |二::::::::|::|i:i:||       |::|::|       |:i|:::|  |:::::::::|/
""丁| ̄:| |{:::::::::::::.:.:.:.| ̄. .  ¦-‐…‐-   __      |二::::::::|::|i:i:||_     ||::|       |:i|:::|  |:::::::::|
: :.: |::|: : :| |乂_:::::::::: : |::.:.:... . . ┤              …|二::::::::|::|」_|_ ̄ ̄~¨¨¨::::|┗…─----::::|:::|/|:::::::::|/
_... :|::|-‐:| |¨|_| ̄ ┬|‐  ̄                 |二::::::::|::|:::::   ̄   ''::::::::…─--=ニ二 /::::::|:::::::::|:::::
_,. ⊥L..._| |‐ ‐ ー  ┘                        |二::::::::|::|::::::       :::::::         | ̄ ̄/|:::::::::|:::::
_,.-=ニ二」 ‐ ‐ ..                       |二::::::::|::|:::::::      .::::::       |:::::/:::: |:::::::::|:::::
ニ=‐'``: : : . . . .                         |二::::::::|::|::::::::     .::::::        /:::::::::::|:::::::::|:::::
: : : : : . . . . . . . .                 _    |二::::::::|::|:::::::::     .::::::::        |::::::::::::::::|:::::::::|/
: : : : : : : : : : : . . . . . . . .  .  .     /:::::::::⌒ニ=-   _:::::|::|::::::::..    .::::::::::.         └─| ̄::|:::::::::|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄⌒ニ=-  _...:::::::::::::....         ̄ ̄ ̄ ̄
.: : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄⌒ニ=-  _      ::::::::::::::::::::::


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――さて。

 最終日に全滅敗北を喫した冒険者一党は、没収試合で減額された報酬(銀貨300枚)を見て、『アレこれ全勝分ある?』
などと言ってみたり。
 魔法武具は貰えませんでしたが、残念賞で付けて貰った解毒薬×3をポッケナイナイしたり。

 そんな事をしながら、闘技場に併設された観客向けの宿に2日ほど逗留しておりました。
 その間に起きたことはというと―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2019/06/09(日)
5639 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/04(火) 18:24:14 ID:vXeaP+yv
メインパーティーの物だと、4話分。
サブでやった単発が3話分ある。

メインパは

1.ガントレット・ドクペ味
2.盗賊退治(斥候剣士ちゃんデッドボールに目覚める)
3.商人護衛からの逆境無頼
4.俺式火吹き山の闘技場
5.もはや原形が消え失せた水晶の森亭の殺人事件簿~じっちゃんは全て解けた!!~
2019/06/09(日)
4880 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/02(日) 22:28:30 ID:TjAlmZM+
あかんヤバい

4881 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/02(日) 22:28:38 ID:TjAlmZM+
外部ゴブスレにて―――
2019/06/03(月)
3998 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/01(土) 19:46:10 ID:VPXPqukj
今日明日はセッションあんまやれないので、その間にレポを追いつかせたいマン。
2019/06/03(月)
3514 : ◆o2mcPg4qxU :2019/06/01(土) 09:08:37 ID:VPXPqukj
さて、前回ラストは>>2124か


前回


2019/06/03(月)
2660 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/30(木) 13:36:39 ID:DwptP99X
実は、有給休暇の消化に忙しい妹弟子と、元々空き時間の多い私と後輩で、さっきから第二回チャレンジしてんだが
割とヒデェことになりつつある…………

2701 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/30(木) 14:58:33 ID:DwptP99X

.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.      |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  Ⅹ t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ Ⅹ   .Ⅶ  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <
.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` .<
                      || |イ         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` <
                     ムソi> .         , イ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                    //ノ`<i i i ≧==≦ i iソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                   `≦    ヾミー=二二=彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>        ` <

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ゴブリンスレイヤーTRPGウェブ公開シナリオ

                        「RE:水晶の森亭の殺人」

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

▼レギュレーション

 相変わらずのPC2人体制。今回、2回めチャレンジという事でトリックや背景その他全く分かっていないが、
ボスが人狼ということはPLは分かっているので4人用シナリオだが半NPCキャラ1名を加えた3人でチャレンジ。
 つまり、メインパと同じ構成。

 なお―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2019/06/03(月)
2661 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/30(木) 13:37:19 ID:DwptP99X

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・
2019/06/03(月)
2432 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 21:17:16 ID:nJOYSOQZ
なお、このシナリオのテストプレイのプレイレポの続きもやってくでよー。

テスト版なので、要所要所が違うのはご愛嬌。

2433 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 21:17:28 ID:nJOYSOQZ
前回ラスト:>>1353
2019/05/30(木)
2370 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 19:56:03 ID:nJOYSOQZ
さてさって。

2372 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 19:58:44 ID:nJOYSOQZ
以下、シナリオ公開を開始します。

トリップに【シナリオ男爵】と付けますので、抽出やNGワード化しての自衛にご利用下さい。
基本的にはGMやPLに初心者が混ざったことを想定した上での低難易度シナリオであり、通常セッション或いは
コンベなどでサンプルキャラでそのまま挑む場合でも、特に問題なく攻略可能な難易度になっているはずです。

逆に、慣れた人やガチ構成のキャラクターでは、若干物足りなさを感じる難易度になっています。
サンプルシナリオ1より難易度的に低く、世界観説明や雰囲気の体験を主目的としたものです。
2019/05/30(木)
2239 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 16:38:01 ID:nJOYSOQZ
KUMOさんに土下座するべきかもしれない(真顔)

2240 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 16:38:11 ID:nJOYSOQZ
でも誰かに聞いて欲しいこのジレンマ

2243 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/29(水) 16:41:36 ID:nJOYSOQZ
私がプレイレポの投下やってる時に、こないだKUMOさんが公開してた「水晶の森亭の殺人」というシナリオを
(PL人数に合わせて調整して)やった結果、大事故が発生したそうで……(顔を覆う)
2019/05/30(木)
1925 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/28(火) 19:01:43 ID:KqzrgFHZ
のそのそ

1926 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/28(火) 19:01:59 ID:KqzrgFHZ
なにげに悪魔犬の登場を予言したレスがあって草
2019/05/30(木)
1480 : ◆o2mcPg4qxU :2019/05/27(月) 16:42:18 ID:EAfiZsJt
シナリオの文面整理とトラブルシューティング、道中部分まで完成。

後は村の部分をGMからの情報を元に文面整理して調整相談しながら書き上げれば出せる。