おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/05/27(金)
2241 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:40:14 ID:TX5MiPoW


           _,、-‐ーー- 、、,,.__
         ,、-'´    _,、、、,_  、`ヽ,
      ,、-'´、、,,,...、-‐'"´,`ソミゞi; ,i ! i|
      ,r'´,、-‐,ァ‐''" ゙̄二ニゝ-、ヾjl/,イ j
    / ,ィイ"´ ,!    '"´   `ヽ,`ー''"Y´
   ,!,、--‐ィイi    -ーー- 、 `ー-‐ |
    i´、_,、-‐゙7  ,、-ー―-、 ` 丶、 .|
   }、_,ィ彡,/    、_,ィrニン   ,ィ'=-、|
   ir'⌒ゞ;!         __,ィ'′ |`゙` l
   l il r'}.`゙ ヽ、        ,ィ 、 ,r{、  |
   `ゝ、ミ`       ,、-‐'´`ー''yr'   /
     | `ー、   u / -、    ゝ  i′
     |   \  ′  `二ニニ´ ,/  
     |     \  `、       、 l
     |     `ゝ、       |
    「`ー- 、 _ `、 `ー-、_,__/
    │    ``ー- 、_   l ,!-、
   _,」         ,}ー-'ry'ri l
-‐'"´ `丶、       |   | i l | |
       `丶、    ,!   | i | | |、_

ワッケイン、怒りの面談

1.的はずれな解決策を提示してしまった。パッパ、呆れる。
2~3.適切な解決策を提示できた。
4~6.同席した誠が適切な解決策を出してくれた。
7.同席した華扇が適切な(?)解決策を出してくれた。
8~9.何も出てこない。ワッケイン、必死にソロで頭を悩ませる羽目に。
10.間違った解決策を提示。パッパ、ジャブローに来るには来る。怒鳴りこみに。


【安価 下2】
1D10


2242 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:40:28 ID:f1+HS3Re
【1D10:9】

2243 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:40:44 ID:nmUsNi8S
【1D10:5】


2245 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:40:51 ID:cpSf5Z86
【1D10:10】



2247 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:41:05 ID:TX5MiPoW
おっと、ここで久々に誠者が動く

2248 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:41:17 ID:TX5MiPoW
上と下は地獄だったwwwwwww

2249 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:41:26 ID:TX5MiPoW
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――ジャブロー内 高級将校オフィス(別区画)

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


  |└──┘|┌────┬────┐
─┘┌┐┌┐||┌──┐|┌──┐|
─┐|||||||    |||    ||
  |||||||└──┘|└──┘|
─┴┴┴┴┴┘└────┴────┘
___________| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________|  |                     |  |
___________|  |                   .     |  |
___________|  |                  .      |  |
___________|  |                ΛグΛ  / ̄ ̄|
  ∧キ∧ .|  |              (´д` ) / ..  |
_( ゚Д゚)..|_|________(_______)/___|
_(|   |)_|                        |
__|   |__|                        |.   / ̄ ̄|
__し..`J__|                        |  /  .   |
___________|______________________|___/_____|
                                     |
                                     |
                                     |





                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.        ,r'´   い ,′
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′   「良く来てくれた、アシュレイ・ブフ少尉!
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ      それと伊藤中尉と茨木少尉だね。
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!       
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ       ささ、かけてくれたまえ。私が取り寄せている最高の紅茶だ」
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、

2260 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:45:22 ID:TX5MiPoW


                    , -― - 、    , - ――  --   、   _ _ 
               , '´         ,>. :´: : : : : : : : : : : : : : : : `゙丶   `丶
            /         , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶    `ヽ
          , '         /: : : : : :│ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ     丶
         /         ./ : : : : : : : : ゙、: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : :ヽ     丶
        ./         , ': : : : : : : : : : : :`、 : : : : : : : : : : 、: : : : : : `、 : : ヽ     丶   「は、はい……。
       ,'        , ' : : : : : : : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : : 丶 : : : : : : ヽ: : : :゙、     ゙,
       l       / : : : : ,: : : : : : : : : :/: : ゙ 、: : : : : : : : : :.゙、 : : : : : : ヾ : : `、     l    その、本日はお招きに預かり……。
       i       / : : : : /: :   : :/: : / : : : : `、 : : : : : : : : .ヽ : : : : : : .`、: : `、    l    私達まで宜しいのですか?」
       `、   .,' : : : : /: :   : :/l : :,' ゙、 : : │` : : : : : : : : : : ト : : : : : : │: :  ,   丿
         \ _│ : : .∥ : :._.,'_.l: :,'  ゙、 : : lヽ、: : : : : : : :│ ゙iヽ : : : : .│: : │ ,,/
          l/ l: : : :/ ゙、 ´: ::/ 「 l ` ` 卜: : ゙、ヽ : : , - ―l:¬丶 ̄ `.│ : : l` `` 丶 、  
        ./'l │ : : ,': : : : : :/ │l  -- 、ヽ : :`、\. : :, -‐‐l、::l \ : :│ : : :l :`、l、 、 ``/
      ., ' ./││: : │:: :│ ,'   l_-,;;=;;-__、 \: :.ヽ `ヽ,,_-,=,‐、、. ゙i.、l : : : : : : 丶、' 、゙ ‐
     / / │ │:: :│:: :│ l ,,'' ,,-;;‐;、`ヽ   \:゙ヽ ''´ ,,-;;;;;,、゙ヽ .│゙l  : : : : : : : :ヽ `、 
    / ./  l  .》: : │││ l彳 i;;;;;;i;i:''゙l `    ``‐`- r''''i;i'''`i  .ト l ノ `、 : : : : : : : :`: :`,
  ∠_. /  │ /i : : │:│: l:│ヽ ゛、´゙ .l             .`、` ノ .ノ  '、: : `゙ ‐ -: : : : : : : :
         /: : ゙、│:│: l │ `--゙-‐-              `゙   ̄ ´ i l│ : : : : : :__: : :、: :
      /: : : : : :l │ ゙、 ゙、l゙、             `             l/,,i' : : : : : : : : : : : : : : : :
   / ノl:.: : : : : : : : : :゙ 、゙ヽ,゙.、                      u   ン´: : : : : : : : : : : :: : : : : :::
  / / │ : : : : : : │ : : \ 、ゞ、_ .,,ノ                 /、 l: : : : `ヽ、 : : :  : : : : :
 /: /   l: : : l: : : : : :゙、: : : :ヽl~l、‐ ‐' ´     ,-―-_、       / : :` 、 : : : : : :`゙ ‐ - , - ' ´
/: /     ゙、: :l : : : : : :ヽ: : : : . :\i\        ̄         ,人_ : : : :` ゙ ‐ -< " ´
. /       ゙、l ゞ、 : : : : ヘ、 : : : : ヽ:::丶、           ,,// : : ___ : : : : : : : _ _ \
/         ソ   `ゝ、__゙,,゙ヽ、:   :ヽ::::::`ヽ 、  ,, ' "´ /\:::::`ヽ`─ '' ´    ̄
                        >、 : :丶:::::::::::::::::_゙∠ , -´_ ノ、_::::::::: ヽ_
                     /:::::::::::ヽ: : ゙,, く ̄ _ ,,-‐,´    \` `´
               ,,_ /::::::::::::::::::::::丶i::::::::: ̄:::::::::,/     -= ゙―-、       _, --  、
      ,,.  -‐ '″´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::::::::: ,/     /:/        ` ` y ´       ゙
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ     /:::::/           ,,∥
    / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,, -‐‐- 、´::::::::::: `丶、     /::::l , 、
   ノ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,r-‐‐ y ´″       `゙丶´`\:::::丶/:´::::::::::::´:::::`゙:ヽ





           _,、-‐ーー- 、、,,.__
         ,、-'´    _,、、、,_  、`ヽ,
      ,、-'´、、,,,...、-‐'"´,`ソミゞi; ,i ! i|
      ,r'´,、-‐,ァ‐''" ゙̄二ニゝ-、ヾjl/,イ j
    / ,ィイ"´ ,!    '"´   `ヽ,`ー''"Y´
   ,!,、--‐ィイi    -ーー- 、 `ー-‐ |
    i´、_,、-‐゙7  ,、-ー―-、 ` 丶、 .|
   }、_,ィ彡,/    、_,ィrニン   ,ィ'=-、|   「何を言っているのかね!
   ir'⌒ゞ;!         __,ィ'′ |`゙` l
   l il r'}.`゙ ヽ、        ,ィ 、 ,r{、  |    黒い三連星を撃退した試作機を設計したエンジニアであり、
   `ゝ、ミ`       ,、-‐'´`ー''yr'   /     アシュレイ・ブフ少尉の同僚である君を呼ばないのは不義理だろう?
     | `ー、     / -、    ゝ  i′
     |   \  ′  `二ニニ´ ,/       無論、彼の進退に係る話である以上、彼の直属の上司である
     |     \  `、       、 l        伊藤中尉を呼ばないのもあり得ない!
     |     `ゝ、       |
    「`ー- 、 _ `、 `ー-、_,__/        だから修羅の血族が怒りそうになったら宥めて下さい!」
    │    ``ー- 、_   l ,!-、
   _,」         ,}ー-'ry'ri l
-‐'"´ `丶、       |   | i l | |
       `丶、    ,!   | i | | |、_

2261 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:46:06 ID:wl63PgPa
おいもう本音駄々漏れだぞこの人ww

2267 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:48:14 ID:B/j5CKWf
ない夫のストッパーかよwww



2269 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:48:58 ID:TX5MiPoW



                     ,.-''"  ̄ "''‐、
                   /   ...........   ヽ
                 ′ u::::::::::::::::::..  i
                ′  :::::::::::::::::::::   |
               ′二ニ_-::::::::::__,,.イ !
                   ′ 、__ゝ'_`:::::::'´_0_j '     「は、はぁ。
           ___/: ′ ´{   :::::::::::ヽ '
        /: : : : /: : 「i.   ヽ-<::::>-' ′      ……あー、えーと、ワイアット閣下。
.     ,イ: : : : : /: : : | |    、__ , u ∧        その反応、もしかして―――父が、何か?」
    f´__l: : : : : : : : : | ._,.-―-、     /: : ヽ_
.   /|: |: :\: : : : : : __/:__: :\-‐'‐-..,,_/: : : : ヽ:ヽ
  _/:/: |: : : :.\ : : /: : : : :! : : \ )__ ノ : : : : : : : i、
.  l//: : : : : : :ヽ/: : : : : : : : : : :l  .}|: : : : : :/ : l: !
./ー: : :_:_:_:_: : __/: : : : : : : : : : : :l  i´;|: : : : :/: :./: :ヽ
.〉: : : : : : : : : !:/: : : : : : : : : / : : : l_ノ;;;;;|: : : : : /: :ヽ: i






                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!    「その、だね。君のお父上を批判するわけではないのだが……。
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ
            ',い     ,.::;{  :;、   u イ:) }    北京攻略完了後、こちらの呼び出しに応じず、ジャブローへ
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ     来るのを拒否して北京に留まっていて、ね。
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!       盟友の負傷はわかるが、そのライヤー大佐……いや、准将の分も
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ        彼に勲章を大々的に授与し、それを持ってライヤー准将の待つ
              .:;;{: :ヽ、      /  !          北京に凱旋してもらいたかったのだが………梨の礫で」
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓





       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)   「閣下、それ批判していいです」
.     |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l

2270 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:49:41 ID:cpSf5Z86
ない夫、渾身のマジレス!

2273 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:51:10 ID:QEv67gdV
これ閣下悪くねえよなwwwwwwwwwww



2274 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:51:19 ID:TX5MiPoW



         ,,..-‐‐-..、
        /     .ヽ
         l u     ',   「長く続くと……あんまり良くないですよね、それ。軍隊的に考えて」
          | ___ノ L___.|
        .| {::::::::: :::::::.{
         .|  r''´   ヽ.|
          ', ヽ-‐'ヽ--'|
           ',        /
           ',     |
            ト''" ゙̄''イ
        _,/|ヽ  | |\
       // .|     |、ヽ\
     / ./  |     .', .〉.ヽ
    /  ヽ  |゙''-,,__//|.〈 .∧
    ∧  /  |`゙'''‐‐''" | ヽ ∧
   ∧   ∨ .|      .| |  ∧
   ∧    ∨.|        | .|   .∧
  ∧     ヽ|      | |   .∧





                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉    「う、ん。
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.  U     ,r'´   い ,′      負傷や疲労は勘案するが、参謀本部からの命令だ。
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′       理由も無く長く続けると抗命罪という話も出てくるし、
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ         痛くもない腹を疑うものも出てくるだろう。
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ          まぁ恐らく―――彼は拗ねているのだろうがね」
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、

2279 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:53:39 ID:TX5MiPoW



                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ   「良い敵手だと思っていた敵将が、後ろから撃たれて死んだ。
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!     彼からすれば、最高の美酒の最後の一口を肥溜めにぶちまけられた
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ     ような気分なのだろうさ。
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ u レ'ノ    ……が、それはね、その。
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´     抗命の理由にしちゃダメだと思うんだよ、私は」
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ
              .:;;{: :ヽ、      /  !
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓





         ,,..-‐‐-..、
        /     .ヽ
         l u     ',
          | ___ノ L___.|
        .| {::::::::: :::::::.{
         .|  r''´   ヽ.|   「自分本位な父で申し訳ありません」
          ', ヽ-‐'ヽ--'|
           ',        /
           ',     |
            ト''" ゙̄''イ
        _,/|ヽ  | |\
       // .|     |、ヽ\
     / ./  |     .', .〉.ヽ
    /  ヽ  |゙''-,,__//|.〈 .∧
    ∧  /  |`゙'''‐‐''" | ヽ ∧
   ∧   ∨ .|      .| |  ∧
   ∧    ∨.|        | .|   .∧
  ∧     ヽ|      | |   .∧

2280 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:54:15 ID:PEnVGnTw
せやなwww

2283 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:54:42 ID:QEv67gdV
紳士ボイスが脳内再生されて笑いが止まらないよぉwwwww



2285 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:57:18 ID:TX5MiPoW



                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.        ,r'´   い ,′   (……あれ? こいつ案外理性的じゃね?
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′     あの狂戦士の息子で、あのド脳筋の弟? マジで?)
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ       「―――あー。
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「         もう少し腹を割って言うと、だ。
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L          私はここで、英雄であるアシュレイ・ブフ“少将”に
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_    泥を被せようと思っているわけじゃない。むしろ逆だ」
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





           _,、-‐ーー- 、、,,.__
         ,、-'´    _,、、、,_  、`ヽ,
      ,、-'´、、,,,...、-‐'"´,`ソミゞi; ,i ! i|
      ,r'´,、-‐,ァ‐''" ゙̄二ニゝ-、ヾjl/,イ j
    / ,ィイ"´ ,!    '"´   `ヽ,`ー''"Y´
   ,!,、--‐ィイi    -ーー- 、 `ー-‐ |
    i´、_,、-‐゙7  ,、-ー―-、 ` 丶、 .|
   }、_,ィ彡,/    、_,ィrニン   ,ィ'=-、|    「むしろその逆でね。
   ir'⌒ゞ;!         __,ィ'′ |`゙` l     なんとかこの状況を良い方向に動かしたいと思っているんだ。
   l il r'}.`゙ ヽ、        ,ィ 、 ,r{、  |
   `ゝ、ミ`       ,、-‐'´`ー''yr'   /     君への褒章の話もあるが、今回はむしろそっちの話がメインで―――
     | `ー、 u   / -、    ゝ  i′     ああ、君にも、話を聞かされる茨木少尉、伊藤中尉にも申し訳ないと思うが
     |   \  ′  `二ニニ´ ,/        知恵を貸して欲しいんだよ。
     |     \  `、       、 l
     |     `ゝ、       |         どうかな?」
    「`ー- 、 _ `、 `ー-、_,__/
    │    ``ー- 、_   l ,!-、
   _,」         ,}ー-'ry'ri l
-‐'"´ `丶、       |   | i l | |
       `丶、    ,!   | i | | |、_

2289 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 12:58:31 ID:TX5MiPoW



                        ─‐-
                  __ /       ヽ
        _    _,,..-‐'': : : : : : : :`'ー-、     i
      /   `ヽ ´: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ    |
     /      / : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : \  /
     ,'    /: : : : : : : |: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : X
     !    /.: : : : : : : :ハ: : : : : : :.|、: : : : : : : :i: : : : ヾ、
    丶   ': : : : : !: : : :| |: : : : : : :|`\__: :|: : : : : |\、
     >┤: : : : :|l: : : :!人: : : : : :|   \: : : |: : : : : | ヽヽ
   //  .: : : : : : |乂: :|  |: : : : : l  ィ七示、:|: : : : : |:、  l::|
  /::;イ|  ,': : : :  ̄| 辷| ∧: : : : :∨ち::::ソ ハ:|: : : : :ハ、\!::|
/::/ |:| /: : : : : : :rfてう示 \: : : |  ー'‐" l|: : : : : :| \レ
::/   |:| /: : : : :i : :ヾ弋::::ソノ  ヽ、/  """ |!: : : i: : :ヽ
'   │/: : : : : :|: : ∧´ ̄      ′     /l: : : :ヽ: : : ':,    「あんたのお父さんなんなの?」
    ,' : : : | : : |: : : ハ """        ι//: : : : : | : : : :.
    .: :/: : :|: : :ハ: : : : ヽ、     ´_`   //: : : : : : | : : : :}
    |: l: : : |: : : : ヽ: : :∨/>   _    /|//: : : : :|: /ヽ: : /
    |: |: : : |!: : : : :| \: :\///l   ̄   人|: : : : :∧|  |: /
    j/ヽ: :ハ: : : : |!: : :\: :\::[三三ニ斗!|: : : :/ _  |/
      乂: :ト、: :从/ ̄`ヾ、ヽ|    _ム: : :|´   ヽ
       }∧ ヾ / ̄ ̄\ ∨!__//ヽ\、リ    i
       /   ヽ | __ \∧斗'ヾ(てゝ\ 〉ヽ   ,'
              ∨ _   ̄∧ゝ < 〉( 〉/ /) |i  ′
            ∨ _二_} ヽ >─辷 / /ヾ、 |
           __  ∨    _| ゝ-r─<ニ"  / \
         /\\∧ /斗⌒! |ミ|   ||    / / ∨二>
       ,r三>-ー三'/ __l! |ミ|   ll  //    lヾ、
      //  ̄フ/∧/   |  |ミ|   ヾ /    │  ヽ
     //    /´ /´i|   /|  |ミ|__ ノ ヽ      /   i|
    ヽ '       !    ∧ / │ /ミj      〉  /





          ,,..-‐‐-..、
        / 、_    ヽ
       ./  ┬    ヽ   「生まれる時代を間違った修羅」
       lィ   、    l
      (__,、_ノ    ,'
      ヽ       /
         |     _|  l、
       .ヽ-ィ''"´./  .〉ヽ.._
        _,,-|  /  ./:::::::ヽ`ヽ、
     _,,-''//ヽ   ./::::::::::::::ヽ、ヽ
     /:::::>::/、_,,..-'/<´`"''‐-,,_ヽ::::\
   ,、/::::::|::/    .//:::::::::::::::::::::::::::::::|
  .ヽヽ、::|/_,,..-/ ̄:r''"ヽy::::::::::::::::::::::|
  |三_,,-''":::/::::::::::/  /:::::::::::::::::::::/

2293 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 12:59:49 ID:SuqzEK6J
ある意味この時代に生まれたのが幸運なんだろうなぁ…
平和な時代に生まれてもって感じで…

2298 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 13:00:31 ID:IubQ46sr
息子からの辛辣な評価(なお残当)



2299 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:00:32 ID:TX5MiPoW



          ___
          /       `ヽ
       /           ',
       |  |l        ',
        |  U    ノ  |    「―――しかしどうすっかなぁ。
         |     -┰  /      こうなった親父を動かすとなると……」
     .__|         ヽ
_..,,..-./r-/  l    (   ,、_)
::::::/:::::|/    |.    ` ̄ 丿
/:::::::::::|    ヽ、       l´__
::::::::::::::::|     `''-..,,_ノ:::::::l
―‐-、:ト、    /|:::::::::::\::::/
:::::::::::::::|  \  / |:::::<´ ̄:::/〉






              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、   「―――痛くない腹なら、探らせりゃいいんだよ」
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

2301 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 13:01:10 ID:4VbvL68s
キャー誠さーん!

2308 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 13:02:28 ID:U78+wF/F
俺達の誠さんだ!



2309 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:03:17 ID:TX5MiPoW


                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !   「やらない夫から聞いてた話が確かなら、
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|    アシュレイ・ブフ“少将”は完全な前線指揮官だ。
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |      閣下、閣下以外の派閥から軍政家―――兵站が
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_      やれる人材を北京に派遣してもらう事は可能ですか?」
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l





                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }    「ん……そう、だね。
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ     北京攻略は今の連邦における最大のニュースだ。
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!       一枚噛みたい者は多かろう。
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ       後方支援や事後処理の手伝いで、さも頑張りましたのように
              .:;;{: :ヽ、      /  !        振る舞って名声を上げたい者も居るだろうね」
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓

2317 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:06:13 ID:TX5MiPoW



              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
          二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',      「よし、それで一手。まず他派閥からの妙な疑いを持たれるのは
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',       防げるし、ライヤー准将が抜けた間の部隊の取り纏めはOKだろ。
      i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',     
      l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、     実際に痛くない腹なら、腹ん中に疑ってる奴の手駒を招き入れりゃ良い。
      l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\   向こうにとってもアシュレイ・ブフ少将にとってもWIN-WINだ」
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \
.     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
        \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
         ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、  
          _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   !  ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/    |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ





     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !   「で、次。
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V     やらない夫、お前お父さんの談話をぶち上げろ」
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´





           ,-、              ___               r‐、
      ,.、 / / _,,-''ヽ         / _j L_`ヽ          {`ヽ、\\ .r.、
     ./ .| | .| .| /´  ,.、       / ;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;,,ヽ       r 、 `ヽ .| / / | |
     .\\| .ヽ| .|,,.-'´/      .,' / ̄   ,、  ̄.ヽ .l        \\__| |/ ///
      .∧   '´ /         | ヽ__,-''" .゙''-、丿 |           ヽ ヽ    ./|
       \',    .ヽ        .| ヽ |::::::::::::::::::::| /|        ./     /./    「―――はぁ!?」
        \     ',        .| | |:::::::::::::::::::::| .| |          ./     /'´
      __|    ./        |  |::::::::::::::::::::::|  |        ',       { _
      /:::::::::::`ヽ、/        |.  |,.-――‐-、| |        `ヽ ,,-''"´:::::::∧
     ./::::::::::::::::::::::\          .|            |           /:::::::::::::::::::::∧
    /::::::::::::::::::::::::::::/           ',_,,..-―――-.、/          〈:::::::::::::::::::::::::::::∧
   ./::::::::::::::::::::::::::::/             | :::::::::::::::::::::::::: |            ∨:::::::::::::::::::::::::::∧
  ../::::::::::::::::::::::::::::/ ._         __|  :::::::::::::::::: |__          ___ .∨:::::::::::::::::::::::::::∧
  ./::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::`''-..,,_,..-/:::|       ::::::  |:::: ̄ヽ_,,..-''´::::::\∨::::::::::::::::::::::::::∧
 /::::::::::::::::::::::::::::/'´|:::::::::::::::::::::::::/:::::::,|     .:::::   |、::::::::::\::::::::::::::::::::|ヽ∨::::::::::::::::::::::::::∧
./::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::::::::::/:::::::: /:|     ::    |:ヽ::::::::::::::\:::::::::::::::|:::::\::::::::::::::::::::::::::::∧

2321 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:09:02 ID:TX5MiPoW


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|   「お前略式とはいえ勲章受けるの確定してんだろ。
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ .|:/  V: |.: : : | V    黒い三連星撃破に―――ああ、補助って形に話を
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |     でっち上げるんだっけ?
  <:: |. 小{                   レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、       {ハ/ V       まぁなんでも良いや。
      \_!      _ '     !            その時、インタビュー程度の場をブチ上げられますか? 閣下」
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、





                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \   「ああ、ゴップが打診しているものか。
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄   最終的に少尉次第だが、受けるのであればその程度は可能だ。
             `ト、(::.   `;:           |   〉       架空の英雄をぶち上げるにしろ、その英雄の戦いをインタビュー
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/        するとかいう名目で、アシュレイ・ブフ少尉にコメントを求める 
              j!  `'.        ,r'´   い ,′         のは不自然ではないだろう」
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、

2323 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:14:44 ID:TX5MiPoW


     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|   「よーしよし! じゃあついでに父について聞いても不自然じゃない! その時、
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V    『父は恐らく、負傷した盟友や散っていった仲間に背を向け、
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |      自分だけがジャブローに残されるのではないかということを懸念している』
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )  とかなんとか涙ながらに語ってやれ!」
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´






                ̄  .、
            ´          \
     /                 ヽ     「意味が分かりません、中尉!」
      /                ノヾ
    '             ー ´  ヽ
    l                  ヽ
.   l                 l l|lll||l|ll/  l__
.    l              u l|ll||l|/    l´
   l                    l ミミく     ー
   l                    ヽ \    (
   l               U リ_i   /´
   !                   ヽ.
   ,'                 ___ノ
 ̄ `ー -               //
        `  、         .//
:.:.:.:.:.:...        、       弋
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ._ ´._ノ
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./






                    、
                   _ヽ ,. -―‐-:::、
                /´`v'::::::::::::::::::::::`ヽ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ハ    「何の釈明もなしに抗命されたら上も責めざるを得ないだろうが、
              /:::::/::/:::/l:::::::ヽ::::\::ヘ:::;ハ    世論を味方につけた上で、“そういう事なら致し方無い”という空気を作れば
              ,':::::/::/:::/,_l::ヽ:::::トヘ::::\::ヽ:}    上にも譲歩の流れは出来るだろ。
              ,'::/l:::/:::/セ=',:::iヽ::|ヤミ::ヘ::::::::l__
              l/ .|/l::rY弋i} ヽl `ヽ{iソ` YヾΣ  実際、お前のパパン前線希望みたいだし、“上のメンツを潰す”んじゃなく、
             |! ヾ{、`ー  ,  `゙´ ./ゾ`    “英雄である少将に配慮した出来る上層部”みたいな形に持っていけば
                ハ   _ _   ,イ/       上にもメリットの有る形だ。
                ` 、   ,/ |
                  ノ `ー _,,='´\__      その上で腹の中が痛くない、ただ前線に居座りたいだけの脳筋だって分かれば
                   _// /`ヘ   / ∧`ヽ     閣下以外の上層部も放し飼いの方向で意見が纏まるだろ」
             , r'/  {∨l__,∧_,/  ∧   > 、
           r'"´::〈  /| /ソ | ∧     〉    ,>、
          /     マ' | i / |,/  \ /    Y   .',
            {i       > |/   /    .マ     /     .}
           |l    /   .|  ./    /  i  ノ     |
            |ヽ|  \   .| ./   /     ', i'       |
         ノ  |    \ ∨ ./      ヽl        |
           |   ',      マi',/        !|       .|
           |   ゙     リ´            |!        |
         リ   i      {lr=ミ          il  ,r     |
          |  ヽl'     |i.゙ー'          .Yレ' /     |
           |r=‐-、|     `            }ノ/ =-、  |
          〈    人    ,       _,,,,..=-‐{|        |

2324 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 13:15:06 ID:IUW9GIE6
おーこういう風に話がつながっていくのか

2327 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 13:16:57 ID:PHUi8oVr
手出したら色々アカン枠だしなw
娘含めてw

2330 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 13:19:36 ID:ZJ4BkCDE
うーん誠さん有能ww



2331 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:20:00 ID:TX5MiPoW


                _,,..-‐‐‐-..,,_
               /          ヽ
              .,'             ',
              l   __丿!|!|ヽ._.l
              |  -。==  .-。=
              |  ≡≡=    ヽ≡|
              |     (   ノヽ.__ノ |   「……ああ、それでジャブローに呼びつけるのではなく、
              | u   `¨´|   |   |     ジャブローから勲章を北京に送るみたいな形に
              |.       |  .|   .|      上層部に曲げてもらうと。
              |        .|   |  |
               ,.-r/.       └―┘ .l     ……甘やかしたら調子に乗りますよ? 親父」
            _,,-| |  \     ‐--- ..ノ
       ,,-''´   | .',   `"''   __,,..-''´
    ,,-''´     l   ヽ、        /|ヽ`''-、
  _/         ',   \    / .|  '.,   `''-,,
 ./             ',    `7____,|   .l      ヽ
. ,'        .l    ',    /|     |\. |      .|
. |          .|     .ヽ./  \   |. ヽl .|    |
. |          |         Oヽ ./    .|     |





         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     「じゃあなんかいい方法あんのかよ?
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ     やらない夫」
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\






                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ    「いや……その辺りはライヤー准将が長けている部分だ。
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!      彼は本来、ジャブローへの栄転を強く志向する官僚型の
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ      人物だったからね。
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ      ただ、アジア戦線での獅子奮迅ぶりを見るに、
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´       根は随分と熱い男だったようだが―――ともあれ、
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!        根がどうあれ世事に長けた人物ではある。
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ
              .:;;{: :ヽ、      /  !        彼が負傷から復帰すれば、アシュレイ・ブフ少将への
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐     抑えにもなるだろう。無論、私からライヤー准将に
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L      頭を下げて頼む形になるだろうが、まぁそこは私の仕事だね」
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓

2333 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:20:44 ID:TX5MiPoW


           _,、-‐ーー- 、、,,.__
         ,、-'´    _,、、、,_  、`ヽ,
      ,、-'´、、,,,...、-‐'"´,`ソミゞi; ,i ! i|
      ,r'´,、-‐,ァ‐''" ゙̄二ニゝ-、ヾjl/,イ j
    / ,ィイ"´ ,!    '"´   `ヽ,`ー''"Y´
   ,!,、--‐ィイi    -ーー- 、 `ー-‐ |
    i´、_,、-‐゙7  ,、-ー―-、 ` 丶、 .|
   }、_,ィ彡,/    、_,ィrニン   ,ィ'=-、|
   ir'⌒ゞ;!         __,ィ'′ |`゙` l
   l il r'}.`゙ ヽ、        ,ィ 、 ,r{、  |
   `ゝ、ミ`       ,、-‐'´`ー''yr'   /   「―――うん、よし!
     | `ー、     / -、    ゝ  i′    実に有意義な話し合いだった……!
     |   \  ′  `二ニニ´ ,/
     |     \  `、       、 l      ああ、茶菓子はどうかね? これも私が取り寄せた―――」
     |     `ゝ、       |
    「`ー- 、 _ `、 `ー-、_,__/
    │    ``ー- 、_   l ,!-、
   _,」         ,}ー-'ry'ri l
-‐'"´ `丶、       |   | i l | |
       `丶、    ,!   | i | | |、_



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2335 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 13:21:14 ID:TX5MiPoW
という感じで、一旦ここまでで再出撃ー

ここにきて輝き出す誠さんであった














2722 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:05:37 ID:TX5MiPoW
さて、どーすっかなー

2799 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:40:20 ID:TX5MiPoW

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/    「そういえば君達の今後だが。
              j!  `'.        ,r'´   い ,′     
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′     何かしら腹案はあるのかね?
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ       多少ならば融通を効かせることも出来るといえば出来るが」
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     「融通効かせてもらった場合はどうなるんですか?」
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/

2825 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:56:01 ID:TX5MiPoW



                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!    「うむ、まぁその場合は私から手を回して、
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ     諸君らの実験部隊の任を切ることになる。
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ     そこはティアンム提督の管轄の部隊だからね。
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´       そこに居る限り、諸君の任地については私は関与できない」
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ
              .:;;{: :ヽ、      /  !
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓





                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.        ,r'´   い ,′
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′   「―――逆に。
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!       今のままの実験部隊で続けたい場合は、
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ        私から出来る事は大分少なくなるな。
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L          せいぜい―――」
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、




1~3.……武運を祈るくらい?
4~6.永続的とは言わないが、兵站について優先的に手を回す程度は。紅茶も贈ろう。
7~9.なんとか良いMSを配備してもらえるように頼んでみよう。
10.V計画回収任務とか興味ない?


【安価 下5】
1D10

2830 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 22:56:31 ID:fh3qUTC7
【1D10:10】



2837 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:56:40 ID:TX5MiPoW
カッフォ

2839 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 22:56:45 ID:fh3qUTC7
……あっ

2845 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 22:56:51 ID:vWRzB/so
んん……?

2863 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 22:57:59 ID:5HTXF9Jb
ぶ、Vが何の略かまだわからんし(震え声



2874 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:58:52 ID:TX5MiPoW


                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/   「―――そうだ!
              j!  `'.        ,r'´   い ,′
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′    レビルも今は忙しいが、ガイアを撃破したアシュレイ・ブフ少尉への
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ      覚えはめでたいだろう。
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ        私から推薦して、V計画の中枢に関わってもらう事も可能だ!」
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





                 / ̄ ̄\
                /   _,ノ `ヽ
                |    ( ●)(●)
               |    (___人__)
                   |        ノ       (……なんだろう。核地雷に突き刺さった気がしないでもない)
                |        |
                人         |
              _,,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノゝ
           _, -'":::l:::::::\,、ー―‐ヽノ:::::'
          /:::::::::::::::|::::::::::ヽ、     ヽ:::',.、_
          { :::::::::::.:::::|::.:::/:::`、    .{ヽ|:....`ヽ
          | :::::::::::.:::::|/:.::::::::::`、    .i.::リ:::::::::ヽ
             | ::::::::::::::::::::::::::::i_.::::::|     i::::::::::ヽ::ゝ
           ト、:::/ / ̄`` ハ.:::::::|     i::::::::::::!::::.ヽ
             `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ.:::::::|     i::::::::::::|:_,rー'、
           }:,∨ :::::::::::::::::: ト、.::::|     i:.>< ̄\.\
            .}:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム::ヽ
             l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::ヽ}
            {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::ノ

2877 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:59:11 ID:TX5MiPoW
さて、ではどうしようか(笑顔)

2886 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 22:59:53 ID:TX5MiPoW
やらない夫が行くなら華扇も行く。

やらない夫が行かないなら華扇も行かない。


これは確定でいいとして。

2897 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:00:36 ID:TX5MiPoW



    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/


この人は……ひょっとしたらここでやらない夫と分かれて別側面から一年戦争を戦ってもらう、
第二の主人公となる案も今でてる

2904 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:01:14 ID:rWq16vGI
原作ブレイクには興味あるんだよなぁ



2910 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:01:32 ID:TX5MiPoW
では、やらない夫の今後を決めようか!!(笑顔)

2914 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:01:56 ID:TX5MiPoW
>>2904
安心しろよ。最終的にはダイスだが、もう大分ブレイクしてる

2919 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:02:33 ID:TX5MiPoW
多数決で「V計画回収任務」を目指すかどうかを決定しますー

2949 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:05:30 ID:TX5MiPoW

1.V作戦回収計画に乗る

2.回収計画には不参加だが、V作戦の実験機を受領したい
  (ガンダム系列以外の機体が回ってくるが、地上任務)

3.行かない。今のまま実験部隊。



こうだな!

2969 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:07:08 ID:TX5MiPoW
2の場合はダイスで何が飛んで来るか選びます(笑顔)

ジャブローで陸ガン作ってるならプロトガンダムの余剰パーツはあるわけだし……。
あ、これ陸ガン貰えるわ。

2979 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:08:01 ID:TX5MiPoW
まぁ詳しくない人の為にざっくり解説するよー

2999 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:10:28 ID:TX5MiPoW

1.史実改変ルート
 1stガンダムの歴史の中心軸にガッツリ食い込んでいくルート。
 何がどうなるか全く不明。歴史の中心でタップダンスを踊りたい場合はこちら。

2.RX計画別路線ルート
 ガンキャノン、ガンタンク、或いは陸ガンなどの高性能機を受領し、地上で戦うルート。
 メカニックとしての改修技能を活かしつつ泥臭くやりたいならこちら。

3.通常実験部隊ルート
 2より更に泥臭く、量産機をガリガリにチューンしながら地上を転戦するルート。
 最低野郎(ボトムズ)路線ならこちら。

3012 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:11:59 ID:QE34M3b4
ホワイトベースに難民が乗り込む自体になったら
よっぽどパイロットが余ってないかぎりいずれガンキャノンくらいには乗りそうだけど



3020 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:12:24 ID:TX5MiPoW
誠の去就:どのルートを選んでもダイスで決定。

宗介の去就:1の場合はおわかれ。2~3の場合は同行。

3031 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:13:11 ID:TX5MiPoW
>3012
せやねぇ。2の長所は潤沢な補給を受けて自分で機体を改造できる点だと考えてくれれば。
1はひょっとしたらワンチャンガンダムがあり会える

3032 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:13:35 ID:krdqoIzu
あ、そうかあれか
1行くと場合によってはやるガルシャアとかち合う可能性があるのか



3042 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:14:07 ID:TX5MiPoW
>>3032
奴らの動きも原作通りになるかわからんから、それは他でも一緒だwwww

3048 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:14:37 ID:f1+HS3Re
一番メカ弄りできてニヤニヤできるルートって理解であってます?w<2



3064 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:15:27 ID:TX5MiPoW
>>3048
高級量産機を好きにできるルートだなぁ

泥臭く好き勝手やるのは3。ここが一番自由に機体を弄れる

3067 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:15:39 ID:TX5MiPoW
でーはいっくよー

3072 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:16:07 ID:TX5MiPoW

【安価 下1~10】
1~3を数字で

3073 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:08 ID:sDQ7XZ/z
1

3074 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:09 ID:TmK9WiZj


3075 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:10 ID:0OkofVdh


3076 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:10 ID:EgYOHybE
1

3077 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:10 ID:h4LS0re8


3078 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:10 ID:DFne6d1I


3079 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:11 ID:rWq16vGI


3080 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:11 ID:+Bk4CwE9


3081 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:11 ID:4VbvL68s


3082 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:11 ID:tPAvgQLB



3109 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:16:30 ID:TX5MiPoW
うっそだろオイ………

3113 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:41 ID:jJfs5iF7
地雷原でタップダンスだ…!(震え声)

3116 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:16:48 ID:rWq16vGI
さらに原作ブレイク行くべー!!



3119 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:16:55 ID:TX5MiPoW
んー………ごめん、ちょっとまってね
これなら華扇が分かれる路線でいい?

3129 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:17:18 ID:sDQ7XZ/z
え?

3130 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:17:18 ID:h4LS0re8
え?



3131 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:17:20 ID:TX5MiPoW
1に行くと華扇がやれることが極端に減る

3142 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:17:47 ID:jRnR+Mjj
ふむ、改造ではなく回収重点だからかな

3158 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:18:41 ID:8/UgzMpc
さっきは華扇ちゃんどのルートでもついてくるって言ってたじゃないですかやだー

3159 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:18:44 ID:krdqoIzu
華扇ちゃん離れるなら別ルートって人結構いそうなんですが



3162 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:18:46 ID:TX5MiPoW
うん、流石にガンダム、プロトガンダムは改造できんし

3203 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:24:34 ID:TX5MiPoW
ん、うむ

もうすこし正確にやり直そう

3209 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:24:56 ID:GnvWoBZ5
後でやっぱなしは如何でしょう



3219 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:25:55 ID:TX5MiPoW


1.史実改変ルート
 1stガンダムの歴史の中心軸にガッツリ食い込んでいくルート。
 何がどうなるか全く不明。歴史の中心でタップダンスを踊りたい場合はこちら。
 華扇同行率:30% 誠同行率:80%

2.RX計画別路線ルート
 ガンキャノン、ガンタンク、或いは陸ガンなどの高性能機を受領し、地上で戦うルート。
 メカニックとしての改修技能を活かしつつ泥臭くやりたいならこちら。
 華扇同行率:90% 誠同行率:50%

3.通常実験部隊ルート
 2より更に泥臭く、量産機をガリガリにチューンしながら地上を転戦するルート。
 最低野郎(ボトムズ)路線ならこちら。
 華扇同行率:100% 誠同行率:80%

3222 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:26:30 ID:TX5MiPoW
>>3209
ん……じゃあ、華扇と別れてこのまま行く?

3229 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:27:05 ID:TX5MiPoW
正直、3のメリットが見えない現状だったんで、ルート間のバランスの意味でもこうしたほうが良いかなと……

3260 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:28:44 ID:TX5MiPoW
うん、極端なダイスに目を疑って安価の対応が悪かった私に問題が有ります

次は明確にメリット/デメリットをシミュレートした上で公開してからやるので許せ!

3289 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:30:02 ID:TX5MiPoW
なおもう少し正確に1のメリット/デメリットの話をすると、
WBの搭載数の問題もあって、仮にガンダム/プロトガンダム両方確保出来ても、
華扇の仕事がカスタマイズ出来ない整備兵というモッブになるという問題からだ!

或いはやらない夫が整備兵になって華扇がパイロットやるか。

3296 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:31:00 ID:TX5MiPoW
安価スレの中でも特にダイスでザラザラやるタイプなんで、即興で細いルートにあたった場合、
想定が甘い事がままあるのはホント申し訳ない

3297 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:31:08 ID:1RW/aRK3
原作設定という世知辛い理由だったか

3299 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:31:23 ID:f1+HS3Re
>>3289
えーと、正規パイロットが他にいるから、ってことですか?
正規の軍人であるない夫や華仙ちゃんさしおいてアムロがガンダムに乗るってのは考えにくいですし



3301 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:31:32 ID:TX5MiPoW
>>3297
うん……載せられるMSの問題がね……

3306 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:31:49 ID:h4LS0re8
1にいくと展開はどうあれ
原作WBクルーは全員来ることになるということかな?>機体が足りない



3314 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:32:33 ID:TX5MiPoW
>>3299
そういえば素でアムロがガンダム乗る前提で考えてたけど、
アムロが関わってこないなら華扇とやらない夫で1号機2号機もありなのか

3303 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:31:39 ID:S+NK875F
あれ、ホワイトベースってそんなに搭載数少なかったっけ

3327 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:33:29 ID:h7uuO0fS
>>3303
搭載数:モビルスーツ×6または9, 12, 15他
     航空航宙機×10
     宇宙艇×不明

byWiki
ぶっちゃけ上限15機にすれば十分足りる気が



3345 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:34:18 ID:TX5MiPoW
>>3306
WBに載せられる機体数の問題やねー

原作だと3機

3391 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:38:35 ID:TX5MiPoW
あー……はい。
そうね、そういえば原作で3機のMSしか積んでなかったのは「あれだけしか積めなかった」というより、
他に積んでくもの(避難民)があるんで積めなかったのか

はい、私の設定把握ミスです

3393 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:39:35 ID:TX5MiPoW
ならば華扇、誠、やらない夫の全員が行っても、パイロットとしてなら活躍の機会はあると判断します

ただし、誰が何に乗るかなどについては必ずしも差配出来るものではないのはご了承下さい

3396 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:40:00 ID:TX5MiPoW
また、恐らく改造に関しては出来る機会が少ないだろうこともご了承下さい

3419 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:41:07 ID:TX5MiPoW
1.史実改変ルート
 1stガンダムの歴史の中心軸にガッツリ食い込んでいくルート。
 何がどうなるか全く不明。歴史の中心でタップダンスを踊りたい場合はこちら。
 ただし、改造関係の技能の出番はなく、どれだけRX計画の機体を持ち帰れるかは未知数。
 華扇同行率:70% 誠同行率:80%

2.RX計画別路線ルート
 ガンキャノン、ガンタンク、或いは陸ガンなどの高性能機を受領し、地上で戦うルート。
 メカニックとしての改修技能を活かしつつ泥臭くやりたいならこちら。
 どの機体を受領できるかはダイス。
 華扇同行率:90% 誠同行率:50%

3.通常実験部隊ルート
 2より更に泥臭く、量産機をガリガリにチューンしながら地上を転戦するルート。
 最低野郎(ボトムズ)路線ならこちら。
 どの機体を受領できるかはダイスだが、改造チャンスは多めに設定。
 華扇同行率:100% 誠同行率:80%




その上でメリット・デメリットをこう改めて定義します

3429 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:42:17 ID:QzUg07CM
搭載数ならジオンの系譜準拠で
6機にすれば?って思った。
まあ今の論点はそこじゃないけど。

安価なら2
造したい、そして、鹵獲した機体とかも現場判断で扱えそうだしw

3445 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:43:06 ID:h4LS0re8
ええと、答えられるならでいいのですが、2だけ誠の同行率が低い理由ってなんでしょうか?
今答えるべきでないというなら取り下げますがちょっと気になったので



3449 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:43:16 ID:TX5MiPoW
>3429
【どの媒体の情報を採用するかはGMの専権事項です】

いやほんと媒体ごとに差があるから、これは私に任せてくれないとどうしようもないんですが

3461 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:44:29 ID:TX5MiPoW
>>3445
そこが一番誠が同行する理由が薄いと判断しました

3469 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:45:07 ID:TX5MiPoW

【安価 下1~10】
今度こそこれで決めましょう。

3471 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:11 ID:Db5EQNqN
1

3472 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:11 ID:dSAWIze0
3

3473 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:12 ID:xkOcV4fv


3474 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:12 ID:GuqlWcO3


3475 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:13 ID:TmK9WiZj


3476 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:14 ID:XKyC+TM1
3

3477 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:14 ID:DFne6d1I


3478 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:14 ID:8/UgzMpc
3

3479 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:45:14 ID:tPAvgQLB



3524 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:45:47 ID:TX5MiPoW
フー……(震え声)

3543 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:46:35 ID:TX5MiPoW
雑談除けば3:3:3で完全同数なんですがそれは

3570 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:48:39 ID:TX5MiPoW
よし

3572 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:48:47 ID:TX5MiPoW
再安価!

3584 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:49:12 ID:TX5MiPoW

【安価 下1~】
先取3票!!

3586 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:49:15 ID:85UijISi


3587 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:49:15 ID:h4LS0re8
1!

3588 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:49:16 ID:rMQtdzYH
3

3589 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:49:16 ID:Db5EQNqN
1



3625 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:49:37 ID:TX5MiPoW
1か……うん、分かった。私も覚悟を決める

3645 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:50:08 ID:TX5MiPoW
【2D100:128(88+40)】

3648 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:50:18 ID:TX5MiPoW
あ、華扇ちゃんとはお別れのようです

3652 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:50:23 ID:xKHHs8eR
ガッツリいくか架空戦記のロマンw

3653 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:50:29 ID:DFne6d1I
またねー

3666 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:50:54 ID:wcy4kCmE
さらばカセンちゃん

3712 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:54:17 ID:T7V5yz7z
再開した時には戦死してない事を祈るわ・・・



3721 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:55:16 ID:TX5MiPoW
>.3712
祈れ。割と私もどうしていいかわからん

3725 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:56:11 ID:TX5MiPoW
よし

3726 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:56:15 ID:TX5MiPoW
どうするか………

3735 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:56:59 ID:TX5MiPoW
華扇ちゃんの行き先

1.ルナツー
2.アジア戦線
3.ヨーロッパ戦線(CAUTION)
4.アフリカ戦線(CAUTION)
5.ジャブロー

【1D5:4】

3738 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:57:06 ID:TX5MiPoW
アッ

3739 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:57:21 ID:fh3qUTC7
ぴいいいいいいい

3749 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:57:41 ID:xkOcV4fv
アフリカにいっちゃうかー
…大丈夫かな本気で…



3754 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/05(木) 23:57:55 ID:TX5MiPoW
皆様、彼女の覚醒か―――ご冥福をお祈りください(震え声)

3756 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:58:06 ID:SuqzEK6J
アフリカ、誰がいたっけ?

3761 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:58:24 ID:5sGAKK4Z
ジオン軍が優勢でドズル任命のユーリが固めている場所でドムとタップダンスw

3775 :梱包済みのやる夫:2015/11/05(木) 23:59:22 ID:S+NK875F
なぜに優秀なメカニックをアフリカに送ったしwww
頑張れ華扇ちゃん!君ならできる

3790 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:00:34 ID:AwOw2INM
>>3775
実はアフリカに何か因縁があった、とか…?



3791 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:00:58 ID:bvKmidWn


                 / ̄ ̄\
                /   _,ノ `ヽ
                |    ( ●)(●)
               |    (___人__)   「V作戦……連邦のMS開発計画の最も重要な部分でしたか。
                   |        ノ     わかりました。関わらせて頂けるならば、是非」
                |        |
                人         |
              _,,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノゝ
           _, -'":::l:::::::\,、ー―‐ヽノ:::::'
          /:::::::::::::::|::::::::::ヽ、     ヽ:::',.、_
          { :::::::::::.:::::|::.:::/:::`、    .{ヽ|:....`ヽ
          | :::::::::::.:::::|/:.::::::::::`、    .i.::リ:::::::::ヽ
             | ::::::::::::::::::::::::::::i_.::::::|     i::::::::::ヽ::ゝ
           ト、:::/ / ̄`` ハ.:::::::|     i::::::::::::!::::.ヽ
             `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ.:::::::|     i::::::::::::|:_,rー'、
           }:,∨ :::::::::::::::::: ト、.::::|     i:.>< ̄\.\
            .}:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム::ヽ
             l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::ヽ}
            {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::ノ





                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉   「そうか。では私から推しておこう」
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.        ,r'´   い ,′
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ     「指揮経験がある士官の需要は有りますか? そこ」
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/

3800 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:03:09 ID:bvKmidWn
いや、割りとマジで高確率でやべぇな……どうすんべ

3810 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:03:56 ID:bvKmidWn
ちょ、ちょっと生死結果をダイスで先に振らせてもらって良い?

3830 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:05:01 ID:bvKmidWn



                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!    「回収部隊の指揮を執るパオロ中佐に伺ってみるよ。
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ     そちらで話が出れば、だね」
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ
              .:;;{: :ヽ、      /  !
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓







                        ─‐-
                  __ /       ヽ
        _    _,,..-‐'': : : : : : : :`'ー-、     i
      /   `ヽ ´: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ    |
     /      / : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : \  /
     ,'    /: : : : : : : |: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : X
     !    /.: : : : : : : :ハ: : : : : : :.|、: : : : : : : :i: : : : ヾ、
    丶   ': : : : : !: : : :| |: : : : : : :|`\__: :|: : : : : |\、
     >┤: : : : :|l: : : :!人: : : : : :|   \: : : |: : : : : | ヽヽ
   //  .: : : : : : |乂: :|  |: : : : : l  ィ七示、:|: : : : : |:、  l::|   「あの―――メカニックの枠はそちらにありますか?」
  /::;イ|  ,': : : :  ̄| 辷| ∧: : : : :∨ち::::ソ ハ:|: : : : :ハ、\!::|
/::/ |:| /: : : : : : :rfてう示 \: : : |  ー'‐" l|: : : : : :| \レ
::/   |:| /: : : : :i : :ヾ弋::::ソノ  ヽ、/  """ |!: : : i: : :ヽ
'   │/: : : : : :|: : ∧´ ̄      ′     /l: : : :ヽ: : : ':,
    ,' : : : | : : |: : : ハ """        ι//: : : : : | : : : :.
    .: :/: : :|: : :ハ: : : : ヽ、     ´_`   //: : : : : : | : : : :}
    |: l: : : |: : : : ヽ: : :∨/>   _    /|//: : : : :|: /ヽ: : /
    |: |: : : |!: : : : :| \: :\///l   ̄   人|: : : : :∧|  |: /
    j/ヽ: :ハ: : : : |!: : :\: :\::[三三ニ斗!|: : : :/ _  |/
      乂: :ト、: :从/ ̄`ヾ、ヽ|    _ム: : :|´   ヽ
       }∧ ヾ / ̄ ̄\ ∨!__//ヽ\、リ    i
       /   ヽ | __ \∧斗'ヾ(てゝ\ 〉ヽ   ,'
              ∨ _   ̄∧ゝ < 〉( 〉/ /) |i  ′
            ∨ _二_} ヽ >─辷 / /ヾ、 |
           __  ∨    _| ゝ-r─<ニ"  / \
         /\\∧ /斗⌒! |ミ|   ||    / / ∨二>
       ,r三>-ー三'/ __l! |ミ|   ll  //    lヾ、
      //  ̄フ/∧/   |  |ミ|   ヾ /    │  ヽ
     //    /´ /´i|   /|  |ミ|__ ノ ヽ      /   i|
    ヽ '       !    ∧ / │ /ミj      〉  /

3847 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:07:15 ID:bvKmidWn


1~5.生還
6~9.死亡
10.ミンチよりひでぇや……

◆yTtWZw3Z1/Pb

【安価 下5】
1~10

3852 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:07:24 ID:ZeyIwSKR
3



3866 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:07:35 ID:bvKmidWn
アッ

3870 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:07:50 ID:NtDoavxN
あかんか…!?

3871 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:07:51 ID:DfK8BZvQ
さよならカセンチャン

3885 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:08:30 ID:Qmwhv1Df
半分以上の確率で死亡かー・・・折角満を持しての採用なのにカセンチャンハードだな・・・!

3896 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:09:34 ID:HTixUFq/
死亡するにしてもせめて遺体は残ってほしいなあ



3897 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:09:36 ID:bvKmidWn



                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.        ,r'´   い ,′    「―――すまんが。
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ       そちらについては専属の開発者も居るんだ。
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!        私が押し込める範疇を超えてしまっている……」
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





                        ─‐-
                  __ /       ヽ
        _    _,,..-‐'': : : : : : : :`'ー-、     i
      /   `ヽ ´: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ    |
     /      / : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : \  /
     ,'    /: : : : : : : |: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : X
     !    /.: : : : : : : :ハ: : : : : : :.|、: : : : : : : :i: : : : ヾ、
    丶   ': : : : : !: : : :| |: : : : : : :|`\__: :|: : : : : |\、
     >┤: : : : :|l: : : :!人: : : : : :|   \: : : |: : : : : | ヽヽ   「そう―――ですか」
   //  .: : : : : : |乂: :|  |: : : : : l  ィ七示、:|: : : : : |:、  l::|
  /::;イ|  ,': : : :  ̄| 辷| ∧: : : : :∨ち::::ソ ハ:|: : : : :ハ、\!::|
/::/ |:| /: : : : : : :rfてう示 \: : : |  ー'‐" l|: : : : : :| \レ
::/   |:| /: : : : :i : :ヾ弋::::ソノ  ヽ、/  """ |!: : : i: : :ヽ
'   │/: : : : : :|: : ∧´ ̄      ′     /l: : : :ヽ: : : ':,
    ,' : : : | : : |: : : ハ """        ι//: : : : : | : : : :.
    .: :/: : :|: : :ハ: : : : ヽ、     ´_`   //: : : : : : | : : : :}
    |: l: : : |: : : : ヽ: : :∨/>   _    /|//: : : : :|: /ヽ: : /
    |: |: : : |!: : : : :| \: :\///l   ̄   人|: : : : :∧|  |: /
    j/ヽ: :ハ: : : : |!: : :\: :\::[三三ニ斗!|: : : :/ _  |/
      乂: :ト、: :从/ ̄`ヾ、ヽ|    _ム: : :|´   ヽ
       }∧ ヾ / ̄ ̄\ ∨!__//ヽ\、リ    i
       /   ヽ | __ \∧斗'ヾ(てゝ\ 〉ヽ   ,'
              ∨ _   ̄∧ゝ < 〉( 〉/ /) |i  ′
            ∨ _二_} ヽ >─辷 / /ヾ、 |
           __  ∨    _| ゝ-r─<ニ"  / \
         /\\∧ /斗⌒! |ミ|   ||    / / ∨二>
       ,r三>-ー三'/ __l! |ミ|   ll  //    lヾ、
      //  ̄フ/∧/   |  |ミ|   ヾ /    │  ヽ
     //    /´ /´i|   /|  |ミ|__ ノ ヽ      /   i|
    ヽ '       !    ∧ / │ /ミj      〉  /

3956 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:16:25 ID:bvKmidWn



       /    ヽ  //厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ . ィ  ̄\
      ./      }/rイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ .i.   \
_. ---ー匕__ イミイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.ヾ    ヽ
. -‐  ̄ ヱ_ア.イ_.ノ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:ハ     i
  _.  二. ィ_ ノ:.:i:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.廴   .|-==
イ> '´   7 :.:.:.:. |: /:.:.:.:.:.:.X:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:{    {'´ ̄
     /:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:/__]>< /イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  }:.:.:.:.:.:.:.:|、_r'´__
    イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:イ.匀⌒テ芯、7/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∠_∠_.ル':.i :.:.:. |:.:Vー---
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:Vハ   {:::nゞテ/:.:.:.:.:.:.:.>'´ z===tミ、 }: /:.:.:.:.:ノ:.:.i
./:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´:.:.:.:.ヽ}  .ゝ.::ツ .}:.:.:.>'´   テ:n::::V ヾiイ:.:.:.:.:/:. 八
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ 、、、  .|/      V::.ツ  /:.!:.:.:.:/:.:/:.:.:.\    「やらない夫、絶対に無茶はしないでよ?
:.:.:.:.:.:.:.:>イ:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:ヽ u           ¨¨”  /:.:/:.:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\    ―――絶対に、絶対だからね。
:.:.:.:.:/   .|:.:> '´ ̄ ーr-z\       '    ```  /:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:/    V: : : : : : : :.} /:::::::\   r~ 、       イ/´:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   機体は壊しても良いから―――戻ってきてよ」
/     ./: : : : : : : ://::::::::::::::::> .{  ノ   _.  イ:.:.:>  7:.:i:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:
!      イ: : : : : : i: //:::::::::::::::r-<::>--<:/`'</  /:.:人:.:.:.:.:{\:.:.:.:.:.
   /: :}: : : : : : .}//::::,∠ヱ=-、_ヽ:::-=≠::::::::::::/   ム:/  }:.:.:./   ヽ:.:.:.
  /: : : : : : : : : /'´::/ { / r~、  ヽ\:::::::::::::::::/  /|.: : :ー </    }:.:/
 .i: : : : : : : : : : .':::::::::::{  LL>~⌒ 「`丶::::::::::::/   /! !: : : : : : : :ヽ    .|/
  i: : : : : : : : :./::::::::::::七ー{_r、_ .ハ.  ヽ::::/  /::| |-一 : : : : : i   /
\ヽ: : : : : : :./::::::::::::::::⌒Y  ヽ__ハ   V^  ム'¨V: : : : : : : :ヾ
≧=ミ、: : : : .i:::::::::::::、::::::::::::ー--:'⌒-:::7    i   /   .ハ: : : : : : : : :\   /
 >⌒ヾ、: :八::::::::::::::::ー-:::_::::::::::::::::::::::'    { /  / ヽ: : : : : : : : : \/::::
イ: : : : : : :>-ヘ::::::::::::::::---::二_ー-:::: i     ソ  .イ   >ミ: : : : : : : : : :.}::::/
: : : : : : : : : ィ'´ 丶.._:::::::::::::::::::::::::⌒:::::ハ    {  /  /   }: : : : : : : : //
_: : : : : : :/    ヽ:::::::::::::::::⌒ヽ::::::::::}    }ヽ!  ./  _ノ /: i : : : : :/´





            ,  ´ ̄ ̄ ̄`  、
.        /            \
         /    し'            ヽ
       ' `"'''zx_,       _,,....ィ‘,
       '           ` ̄´    .!
        l (  ○ )     .(.  ○  )!
        |                 |   「いや、それはお前が決めていいの?
        |                 |
       '. U    ,          、   |    まぁ―――」
.      ‘.    {    .,、    }   '
.       ‘    `ー‐‐ ´ `ー‐ ´  /
.       ‘,   u            /
        r.、 : . .             /
.    , 。イ  〕i 、: . : . : . : . : . : .T¨´、
   {         〕i 、: . : . : . : . :.y }~`ヽ
  ,..介 、        〕i 、: . : . / /   〉
 ィ   \二ニ=-   zz_-   〕i 、〈 / _ ィ∠~\
   、    ̄二ニ=-----==ー个ー‐ ´     \
    \ 、           , ,     ヽヽ       \
     メ}        //         } }        ヽ

3962 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:17:38 ID:bvKmidWn



                      /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
                          /             \
                         /                  '.,
                         |  , ´ ̄` 、  ,´ ̄` 、  |
                         |                    |
                         | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
                         |  .´"''",.     "''"´   |    「―――また、会おうな」
                         |. "⌒(    j    )⌒゙ l
                         |     `ー-‐´`ー-‐′   /
                    .丶     ` ⌒ ´      /
                    ヽ               /
                     ヽ           /
                       /! ゝ    _   / \
                       /  {               !  \
               _,. ‐7′  l             !     `ト-  .._
          ,. -‐  ̄   /      l               ,'     ヽ    ̄ ‐- 、
          /        /      l ̄`丶    '´ ̄/    _  \      \
       , '  i        / _,. -─-ヘ        /-‐  ̄   ̄``          ヽ
        /   |:.      ̄         ヘ         /  . ..:/            .:i    ',
.      /     !:. .            丶.   ヘ       /  ..:;. ′         ..::|    、
     /      !::.:..,'  .       :、:. ヘ.    / o            ',  ..:.::!     丶
.    /      !::.:!   :         :. ヽ:...ヘ. ,': ./     .:  .       i ..:.::'      ヽ
   /        '、:!___,;_,..  --─-:. ¬ニ Y::../─---‐::¬‐::─:-‐-:- l..:.::;'       `、
.  /         :!  ::    : :    : : :   ∨ o    .:  .:  .:    :. !:.:/        ',
  /          |  ::       .   . . :    {.       :  :     :  !:'            i
 {           |   :                |          .       :  j              〉
  `ヽ          |  :                |                    |            /



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――その、会話が。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

3976 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:19:05 ID:bvKmidWn

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――やらない夫・ジャーディ・ドルク・メレイオス・アシュレイ・ブフと茨木華扇が、
 最後に交わした会話となった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                             _____
                           /  ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        _/           \_
                        |i                  i|
                        |i                  i|
                        |i {{_rく(______)ハ_}} i|
                        |i (、_乂) ̄ ̄ ̄(乂_イ i|
                        |i 廴/            ∨ケ i|
                        |i {{ト-------------イ.}} i|
                        |iゝ=(_rzり〈    〉ハrz_)=メ!
                        |i\\__乂.{込u斧}乂__//i|
                        |i  >   `ヽ薔イ   <  i|
                      _|i彡ハムハム`ヽ  .イ!ハムハムミi|_
                     ///,L ___________ 」//∧
                 .    //////////////////////////////∧
                    |///////////////////////////////,|
                    |///////////////////////////////,|
               ゛`'´゙゛゙゛``'``''´゙゛'´゙``''´゙゛゛``''´``''´゙゛゙゛``'``''´゙゛'´゙゛"゙"
                 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               .: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: ::: ::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
              . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
              : : : : : : : : : : : : : : : : : :

4043 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:23:14 ID:bvKmidWn



         j/    二二i   / \\    /                             \
       { __   二二二i /    \\_/                            }
         `'マ二二二二i,/       )__≧==、==     __
        ∠二二二二ア!      /         \_、       ̄ミ  、           /.
        ;i二二二二ア i     /      ____,)v 〉\__  )      丶\__    //      /
        |           ¦ /         ̄ ̄`^⌒‘'<___ __  __ ノ)vへ, __//      '
        |        ___j/.    / /  ///  ○  /   `辷!__彡'  }__}`7       ;
       }__ ___、<二二ア.       / ////     /         ^v~'^マ} ;       i
        \{   .≧=-‐ァ.     〈 { /////  -= ´      /    . i    ∨        i
          | 、 \__/..  ____〉=ミ ̄ ̄ ‐==  ___   ̄_/  i    {,          !
          l   \__/ . ∧{/// (⌒ `ー                    !     }        |
         !         /∧/{ /           ー──‐=ミ    .A,    丨         |
                  ヽ'`ー                人       ¦    |        .   {\   ,
          ,         .{      /             V⌒ヽ       .|    |         \  \) /,
         ′ .       V     |              //^ 、'.       i    }             ヽ、__,//
            ,         ;..    ヽ           ノノ  ハ}         j__ ___/           .>/
           ′     !i    人      ___ノV\/::::|      . ∠ __ア             / __/
             ,      i!   ノ 二 r‐=彡 ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:|   ∠ __ア ̄ ̄\       , ____/
            ′      !i_ ____〉...、/ ̄.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄\.:.:| .∠二ア     へ、\    〈 二.ア
               ,     〉}三三厶 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     /.:.∠二ア    く  \\   .  厶二ア
              ′   // ̄ ̄ ̄}〉、 :/レ'         ∠二ア´      \  \\ ∨三三{__
                 .  j {三三三三厶__ _ ______∠二ア´           \__ _〕} }三三三
                  \{ {[三三三三三三三三三三二ア´                `二∠二二二
               i`'マア'¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!`マニ_彡'               ∠二二二二二
               | i|   ,____  |i^i ̄               ∠二二二二二二
               ! i|   i「 ̄ ̄{   |||                    ∠二二二二二二二



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 これを切っ掛けとしてジオンへ牙を剥く、“白い悪魔”や。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




:::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l:
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/:
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/,"::::::::::"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    // ヾ\:::::::/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/:
//'., ' , ∨     /  u::::::::゜ミメ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ       ::::::::::::::::::::::::::::/::/i //:::/ /:/   /:
     ヘ     U      /´   ',///´:
                     '、
             ij       _ゝ:
、               _ _ / ´
;;',   /` 、        ´ , ̄′:
;;;;', /     `` 、   , ":
;;;;;ヾi           `´:
;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;;;;∧ \



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 重傷を負ったパウロ中佐に代わり、ホワイトベースの指揮官としてた高い抜く“烈将”が目覚める事に
 なった―――“かもしれない”。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

4048 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:23:39 ID:sIpWKzbM
ん?

4052 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:23:45 ID:z3Pnu625
オールドタイプ版白い悪魔!?

4059 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:23:51 ID:EzXy+1ro
烈将wwwww



4060 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:23:52 ID:bvKmidWn






























━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

               ―――これは、そんな“If”の話―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




































.

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ロードさせて下さい(震え声)
―――――――――――――――――――――――――――――――

4067 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:24:16 ID:3IA9JJGZ
ん?

4071 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:24:19 ID:z3Pnu625
おや?

4087 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:24:32 ID:H4pRJqvh
むしろこちらからお願いします(土下座)

4088 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:24:34 ID:RropSYht
ああ、確かに白い悪魔だな……見た目が(白長いマッチョ)



4143 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:26:48 ID:bvKmidWn
えー………。


V作戦回収希望の皆様には謹んでお詫び申し上げます

4156 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:27:32 ID:uX6vH/R/
でもこれ、1ルート押してた人からしたら、
なんでやねんってなると思うけど。
あっちの方が人数多かったんだし。



4161 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:27:45 ID:bvKmidWn
平たく申し上げますと平行してどれだけ頭ン中でこね回しても、
上手く回るルートが構築できませんでした(震え声)

そしてダイスでお茶をにごしている間に腰据えて考えようと思ったら
華扇ちゃんが良い勢いで死にました(震え声)

4166 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:28:00 ID:HCqIwAZa
あ、その辺からやり直しっすか

4178 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:28:28 ID:RropSYht
ヒロインから目を離すと死ぬ
ちぃ覚えた



4186 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:28:51 ID:bvKmidWn
>>4156
ええ、それは重々承知しています

これに関しては私の無計画さが原因です

4193 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:29:05 ID:8HeMez60
・・・見てて思ったけど、「ルートレベルで処理できない」ネタは向いて無い気がするの・・・

其処まで本家真似んでもいいやろ。さすがに。



4205 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:29:59 ID:bvKmidWn
>>4193
ええ、なので今回は明確に私の失敗です
申し訳ないです

4232 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:31:19 ID:bvKmidWn
そもそもWB回収ルートの話をしてから、

「あ、これ地上でV作戦の実験機を回してもらうルートも有りか?」

と気付いたのですが、引くに引けなくなった私の処理ミスです。
本当に申し訳ありません。

4244 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:32:21 ID:npoO0+Es
今まで選択肢自体はV作戦何度かあったんだっけ?
もしかして男爵さん、そのたびに「これ来たらやべえな」だったんだろうかw



4259 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:33:18 ID:bvKmidWn
ということで


>>1がミスって処理できないルートを安価に入れてしまった後、
それが取られてから処理できないことに気付いて時間稼ぎして今後の展開を考えようとしたら
物凄い勢いでヒロインが最大の地雷任地に行って即死したんでやり直させて下さい!!



三行まとめ!


4266 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:33:46 ID:bvKmidWn
>>4244
ちゃうねん。取られてからシミュレートしたらどう考えても無理ってなったねん

4312 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:35:31 ID:bvKmidWn
すまんね! 完全に私のミスです。


とりあえず1400レスほど遡ります

4327 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:36:57 ID:bvKmidWn


                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/   「―――そうだ!
              j!  `'.        ,r'´   い ,′
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′    レビルも今は忙しいが、ガイアを撃破したアシュレイ・ブフ少尉への
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ      覚えはめでたいだろう。
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ        私から推薦して、V計画に関わってもらう事も可能だ!」
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





                 / ̄ ̄\
                /   _,ノ `ヽ
                |    ( ●)(●)
               |    (___人__)
                   |        ノ       「V作戦―――ですか」
                |        |
                人         |
              _,,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノゝ
           _, -'":::l:::::::\,、ー―‐ヽノ:::::'
          /:::::::::::::::|::::::::::ヽ、     ヽ:::',.、_
          { :::::::::::.:::::|::.:::/:::`、    .{ヽ|:....`ヽ
          | :::::::::::.:::::|/:.::::::::::`、    .i.::リ:::::::::ヽ
             | ::::::::::::::::::::::::::::i_.::::::|     i::::::::::ヽ::ゝ
           ト、:::/ / ̄`` ハ.:::::::|     i::::::::::::!::::.ヽ
             `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ.:::::::|     i::::::::::::|:_,rー'、
           }:,∨ :::::::::::::::::: ト、.::::|     i:.>< ̄\.\
            .}:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム::ヽ
             l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::ヽ}
            {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::ノ

4377 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:40:47 ID:bvKmidWn


                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ     「正確には、その計画の過程で生まれた機体を
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!       融通して貰うことが出来る―――だがね。
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }      私から頼んで得られそうなのは―――」
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ
              .:;;{: :ヽ、      /  !
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓

4396 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:42:09 ID:bvKmidWn
さて。

ミスのお詫びもあるから、得られる機体を複数回振りにしよう。

改めまして私の処理ミス、並びにその後のリカバリミスでした。
が、いつまでも引きずり続けてもしょうがないとも思うので、この複数回振りでお詫びに替えさせて頂き、
改めて投下の進行に専念したいと思います。

宜しいでしょうか?

4439 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:44:04 ID:bvKmidWn


1~2.こあふぁいたー☆
3~5.ガンタンク
6~7.ガンキャノン
8~9.陸戦型ガンダム
10.8~9の―――組む前のパーツ群。あとはわかるな?

【安価 下10~12】
1D10

4450 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:44:14 ID:f7w+Ieci
【1D10:10】

4451 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:44:14 ID:GB8sy1tj
【1D10:2】

4452 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:44:15 ID:YqTq54S3
【1D10:1】


4474 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:44:49 ID:bvKmidWn
10.8~9の―――組む前のパーツ群。あとはわかるな?



あっ(察)

4487 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:45:08 ID:NtDoavxN
ヒャッハー!!自主制作だー!!wwwwwwwwwww

4492 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:45:18 ID:rHYBkzv/
10、2、1って実質1択じゃんwww



4546 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:48:31 ID:bvKmidWn



                 ,.‐'"´               ゙i
               ,.'´     ,.        ,.ィ:::::.、   ゙i
             /     ,r'´,. - ‐─一 '7‐=氷‐〉.  |
            /    ,.‐'"´         〈.::トVノノ   /
           (    _/    ,rr_ ‐ ─ ===z..、、 レ'´
            ``T´     rOく.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
                レイィ彡ラ'´,.z=ヾ、.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヽ \
             〈レ⌒ヾiイ .    ,rtテテミヽ、::::::::::::.:.:.:.:.ヽ \
             i い〉l」 ;.     ´ ̄ -‐'´.: 下‐'{  ̄ ̄
             `ト、(::.   `;:           |   〉
               l∧            ,.ィ´,,._ 」、/
              j!  `'.        ,r'´   い ,′
              _」    ',      /  -‐ ーく ,′   「RX-78……技術試験用に最新技術を
             「::.丶、  `ヽ  !  ´ ̄ ̄ リ      つぎ込むだけつぎ込んだMSなんだが、
             |:.:.:.:.:.::.丶、j::;;ト、       j!       機体パーツの要求基準があまりにも高くてね。
               _」:::::::::::::::::::.:.:丶、ゝ、   __ノ
          _ノ^``ヾ:::::::::::::::::::::::::l ̄``i1「 |::「         規格に満たない、しかし通常のMSとして考えると十分以上の
     ,、、-‐''¨´. :. :. :.:::::.:.`ヾ:::::::::::::::::|   ll| |:::L          性能のものとなるパーツ群がある」
-…"´      .:. :. :. :. :. ::::::::::: :.``ヾ:::::L   jl|_」ノ ¨`ー- 、、_
            .: .:. :. :. :. :. ::::::. :. 、_ 二ニ子‐'       ` ¨ー- 、、_ _
                       ー-{〈               `くヽ`ヽ
                         li |                 \\\
    ヽニニニ二二 ̄ ̄`ヽ           li |     rt== ┴==ュ、     ``Y^ヽ
             ̄ ̄           li |     「━━ ╋╋┻`ヽ   . i ::|  ゙;、





                    _ _
               ,. '"´    ``丶、
              /    /人:ヽ    `ヽ、
            /    〈-=〈〉=‐〉     `ヽ、
           /    ,. -‐\ Yノ/´ ̄ `丶、:.   \
          /   , ´    `¨´      \: .  }
            /    /   ,. -‐───‐-...、   }: : . :j
         〈 . : : :| , . ::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ={_:_.ノ
         `丶、: :K::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., イミ}
           iミ{:.:.`丶、::::::::::::::::::,.:.:ィィェ‐:''`jミソ
           {ミミ};;:;:;-゙ー '='゙不: :.、`゙ニ゙:.´.:.:.:iミ!
            i:い   ゙゙゙´ .:::i::::::. .: ゙゙´   リハ   「それを用いて陸戦用の高性能MSを作る計画が進行中でね。
            ',い     ,.::;{  :;、     イ:) }    今月中には第一ロットが出るから、それを―――」
             ヽ j   ,r'´ヾ; ,_ノ `ヽ   レ'ノ
              `}  i __,,. _.,, ァ- }!  i´
              ;;;,  ト、 `ニニニ゙゙ ´ ノ  /!
              ;:;;ト、   `゙゙゙゙"´    / リ
              .:;;{: :ヽ、      /  !
              「`ー--ゝ、___ イ ,r‐‐┴:.┐
              |: : : 「「ニニニT ニニヽ: : : : : : L
             _」: : : :i |:::::::::i | |:::::::::::l: : : : : ノ `ヽ、
          _,.rくく ヽ: : l L:::::::l | |:::::::::::L: : /     `` ー-- 、、___
  _ _  -‐ "´  . :. :. :` ¨¨  ``Yノ´  ̄
               .: .: .:.:`ーー孑j- '´
                 . :. :. :j i }゙´       <<≡三≡≡>>
                   .:. :i l |      「┴━┼┤┼┼━┏┓





                               ィ
                                 / {
                               ,  . :j
                           / . :/
                             /. :/         ,. -‐…‐
                     ___     __/∠.,_    r‐‐y'゙        \
              ´´ ̄ ̄ ヽ(⌒ヾ>ー‐「 {⌒```   ‐-ゝ_λ            }、
        /         jン''´    |          \ノ        '  ;
.         /         ___/        |  、       :¦  \            }
        /        __,ア゙ /      八  \       | |   `、        ;
.       /       /⌒7  //     ;   \  \   、  |  :,.  `、: . ;  . . :/
.      {       ノ  /   /    / } i     \(⌒ /      .'.: .  V: : : : : /
.      {: .   . :人__//       / /{ i      \// 、ノ   \ ':,: .  ‘,: : :∧    「パーツのままください」
...    八: : : :,: : : : 7/ :′   \/ ',         ,/ /\       ';.: .  ‘,ン´⌒ヽ
       \/{: : : :,′ ..;.      厶ー 、       / /,..ニ..,_\、{    :,: .   ,ヾ。:*:。ノ                    「えっ」>ワイアット
      r=今ァ-ァ゙;:   ..;    イ_,..ニミ `、  i  / ィ''¨芯 `ヽハ    }: .   ;___)ノ*´゙*。   「ください」
       人,.*゚,.*゚ j   ..;    y'゙ 芯¨ ヾ\ト /   __)ハ  }}   ハ: . Г「  ゚*,  ゙*。
      ,.*゚,.*゚、____小   .:,  {{ __)ハ           ヒ^ツ  灯  ,:. : :}: . ノ :,    ゚*,  ゙*。
    ,*゚ ,*゚   ¨7:从   .:}:、 代 V^ツ     ,:.     .;.;.;~´ 厶イ: . iノイ:.   ′    ゚*,   ゙*
   *゚ ,*゚     / . :ハ   .:沁、 \`~;.;.;     ′       ;  }: . i:.  : .  ;      ゚*
   *゚         . .:ハ .:|i:i:. i``ヽ                   爪リ  从:.  \ :{
            . .:ハ .:|i:.:. |ーヘ      f⌒ヽ      厶V , :イハ:.    \
          i:..  :i:. ハ{:.  |:.:i公、        ノ    .イ: : /イi: :   }:.  i:   \
          |:.  .;{:.   `、 |: :  :i:i≧s。 .,_     ..:セ升i:i.: :  :i : .  ’  从  ト., \
          人. .:ハ:.   `、{\: . :i:i:く ̄ ̄”千 厂`ヾiト :    , / ,/ハ\{  ``ヽ
            \{⌒\:.   `、 \: .:i:i:}┼┼ュ } {r┼<:i| )i.: .//イi:. /  }:. ノ
                  \:.  .:}ニニミy'゙゚┼┼ }} {「~7⌒7¬t_'′¦′ 八(
                ハ:.. ノ: : : : : `ヽ`マT- 廴八rく{  { (ひハ
                  / ノイ: : : : : : :{: . \寸‐  「 八  込と⌒ノヽ
                  ノ   . . : .   . :{: .   \寸八   ヽノ``~⌒人
             (: .          V: .;   \寸\___ノー‐‐ ⌒フ、
               }>: : : .        'y'     ハ V‐ ⌒``~ー<ハ\
.              /  . : : .``  . : : :}       } }‐             V⌒ヽ
           /          `゙'く: .    . :} }┼: : : .        -     \
            (                 ヽ: . . . . :} }┼‐‐‐: : : .     -}: . . . : )
            \: .      . . :,.-っ: . . :ノ: : : : : :} }┼‐‐: : : : : : : :.‐‐/.: : : : 、`
            ヽ:. : : . . : :/___,.: : :=く``: .ー=ニ} }┼‐: : : : : : : ‐┼:゙: : : :/
                  ーr彡'゙~ ̄     {: : : . . : :} }┼: : : : : : : : ‐┼i__,/
                }          \     } }┼: : : : : : : : ‐┼|厂ヽ

4560 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:49:19 ID:Bg0+B/Fv
ナイスだカセン隊員!!!

4562 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:49:21 ID:YmN7GutD
陸戦型ガンダムの第一ロットの部品とかやべぇな

4586 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:51:53 ID:TjyCru6a
ガノタ少女華扇ちゃん



4587 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:51:55 ID:bvKmidWn


          _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
           / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ   「あとやらない夫。貴方コリニー閣下から
          /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |    特別休暇の許可貰ってたわよね? ゴップ閣下からの提案を
       rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"     受ける代わりに私の分も休み取らせてもらう事できない?」
     r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人        |\
      ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\     |::::::\
      <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\   l::::::::::::ヽ
        〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ    ,':::::::::::::::::',
       // /j: : : : リ: :ヽ∧""    '  "l : : lり     )   /:::::::::::::::::::::.
   _ //厶/: : : : : :i: : : : :ヽ       イ: : 人   /   /::::::::::::::::::::::::::
.   / //_/イヽ: : :从: :ヽ: ヽ >`_´.イ: :!: :リ    /  /::::::::::::::::::::::::::::::',
  / //:::::::::::::::: >‐ヾ|⌒ヽ: \\ /: :从: ト、/     /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::|
/ /:::::::::::::::::::/::::::::`ヽ:::::::\ヽ-、イ |/: :.∨     /:::::〃::::/::::::::::/|:::::/
 /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::丶:::/ _ニ、フ|!:::::\::\   l:::::/:::::::/::::::::::/ /:::/
./:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::: ー´:∨::: _r┬ 、_/   /:::/
_____::/:::/::::::::::::::::::::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从::::::::::::::rY / ! / i }   /:::/
:::::::::::::::::::/:::/::::::/::/ムイ \__イ .||:::::::::::/::::::::::::::::::∨∧_| ハ//  /:::/
::::::::::::::::::::::/::::::/::::/:::/ | !\  イ| ||__;;/ヽ\::::::::::::::}`     / ./:::/
:::::::::::::::::::::l::::::〃:::::::/\_>イ二二 ̄ イ}フ::::::\\::::::::!   _. イ/::::::/
:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::! ̄   /  ̄ ̄ .〈 ※>::::::::::::\\:{  ̄ /::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ll ̄ \/ヾ::::::::::::::::::::::::l─/::::::::::::::/
:::::::::::::::::::八::::::::::::::::! /:::::::::::::::::ヾ\:::::::::::::\:::::::::::::::::|/:::::::::::/
──-:::::::::::::::::::::::::::レ::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ:::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::/:ヽ\
::::::::::::::::::`ヽ:_::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::',、 \:::::::!::::::::::ー‐::::<::::::::::::\\
:::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l \ \|!:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::\\




         ,,..-‐‐-..、
        /     .ヽ
         l u     ',   「た、頼んでみる。
          | ___ノ L___.|
        .| {::::::::: :::::::.{     ……えーと、華扇さん?」
         .|  r''´   ヽ.|
          ', ヽ-‐'ヽ--'|
           ',        /
           ',     |
            ト''" ゙̄''イ
        _,/|ヽ  | |\
       // .|     |、ヽ\
     / ./  |     .', .〉.ヽ
    /  ヽ  |゙''-,,__//|.〈 .∧
    ∧  /  |`゙'''‐‐''" | ヽ ∧
   ∧   ∨ .|      .| |  ∧
   ∧    ∨.|        | .|   .∧
  ∧     ヽ|      | |   .∧

4620 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:55:48 ID:bvKmidWn



        /       /´: : : : :`ヽ,: -'": : : :`"'''- 、/ヽ‐-、
      /  .:     〃: : : : :/: : : : : : : : : : : :`ヽ: :/ ヽ/  ̄  ` 丶
.     / ..:    Y  ν´ : : 丨: `ヽ: : : : : : : : : : : : : :ヘ ,イ        .
    /!  / ヽ辷' : : : : : :∧: :'; : : : : : : : : : : : : : : _ム〈:|         .
    ,'  .::ゝ //: : i: : : : : : :\\ : : : : : : : : : : : /  ¦             「そんなに良い材料があるなら図面引いて、
__ヽ_/ ./:/: : : :/!: : : : : : : : :\ヽ : : : : : : : : : :⌒iヽ_|!:....          i     一からやらない夫用のマシンにすれば―――。
 ̄ ̄¨7⌒//: : /: :/: |: : : : : : : : : : :.\: : : : : : : :ヽ: : :L l|:::::::::::::..   : : :..|
   〃Zイ/: : /: :/: : |: : : :i: : : : : : : : : \: : : : : : : ';: :)  、::::.......     / .:::/      次は絶対に、あんなギリギリの勝負なんか
_/´ イ: : :/: :/: : :│ : : | : i: : : : : : : : : \ : i: : : ヘ`√l`ヾ、  ..::::/斗<        させないためにも―――よし!」
 ̄ /: /: : /: :/: : : :/!: : :i:| : |: : : : : :i: : : : : : : ! : : : l|: : :つ 7⌒l ̄ト、__ム____ノ!
 イ: :/i: : :l: : | `ヽ/,_|: : :l:| : |: : : : : :|: : : : : :./|: : : /:i: |: :ヽ_ム_ト、__ゞ\ー────'
 ̄ ̄l: :/: : :|: : !: : /、__ヽ、:|:!: :ヘ.: : : : :|ヽ: : : :/ .l: : / /: :l: : : : : : |: : : : : \\
    l ハ: : : ! 从 : |rfて心从ヽ : \: :_|x‐\7 ̄l :/:./: : :!.: : : : : :l: : : : : : : :\\     i!
    |:| !: : ハ: : ヽ|! {!/:::ハ  \: :\!,rfてうミX: :/: : :∧: : : : : :!: : : : : : : : : :\〉   /j
    |:l ヽ: : : ヽ: :ハ ヽ::::ン     ̄7∨、:::::::/;;;;》|! : /: :ヽ.: : : : |ヽ: : : : : : : : : : :><<
  ノイ  \: : :\:l `          ゞ.  ン",イ: :/ヽ: : : \ :¦: \──‐<⌒ヽ  ヽ
  ____  ヽ: : ハ ""   ,            //i  )、: : : ヽ:!: : : : >─ 、   ソ   !
 ̄`ヽ   \ ';、 ハ           """  リ: :l斗.' : :\: : : \ ̄ヽ: : : : :ヽ    ノ
    ',    lヽム:\::\   ァ ‐,、         ,イ| : |: :ヾ: : : : \ : : ヘ : : '; : : : : :',
    ヽ   |/ ハ: :lヽ::::>′/ヽ\ _,,. < l八ヽ: \: :`ヽ: : < ̄ノイヽノ`ヽ: : /
   \ i  //:三|! |三ミ/ / 丁\\__   |三/:;イ⌒ヽ ̄ ¨⌒゙ヽ       !:/
_,、   ∨ //:三エj;人_ ./ /ィ/   ⌒ ̄`ヾx彡r=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ j'
 / ̄7ー‐'-'、三彡イ\/ /二二二二二ニィ'三ミノ三}     ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヾ
,/ // / /  ̄ 7‐<./ヽ三三三三三/三少´三ミ:、          ノ
l! ¦i // _,. イ′ /⌒゙<ヽ三三三/三<ミ__三三ミ>-、
ム_ り、イ! /  /   イ /  / ̄又 ̄l ̄l ̄l! ̄ ノ 三//⌒ヽ
彳三>、i  /  // /  / /ヾ、弋==‐─チ三//  ̄`  \_
三ミム-‐>-L  //    /´ゞ〃´\_ >、三三//         ヽ
三三三/イ! |!下二>- r   |\/  ヽ /ヽミ//          /   l
三三三三} L|! ヾ  ⌒>、/  !三ヽ  ゙v〉 ソ´ /     /    │





          /  /|    |\    ,  \ /、       .'  !
         i   / !|    |  \./    V  〉、     /\ノ三三ニ
         |   7 ハ   .!  /`>_、   `〈  .〉-ー .´ 〉´  ̄\
         \/ .'  \   ヘ  .ィ行ホヾ、._   \_ノー―‐'  \.   \  「閣下! 要求規格を満たしていないパーツと
         /   ト .  \  '.´ ! ) .| | `ヽ<      . ― ,'\__     言ってもその中で上下はある筈ですよね!
      .斗/    .| _`_   \ 、乂ゞツ     ヘ   ̄ ̄  /  \`.
    ///      ノ !,ィi'ハ`    ヾ!         \__ /     \   出来るだけ良いパーツを探したいので
   // .'     .イ  '.伐ノ         ////     ン             私はどこに行けばいいですか!?」
 / ´   |   / |  ヘ          _          /    ______
      '  (   |   .i////  /  \         /|     \
         \ \.八  .八    〈    ノ     / ノ! |\   \
         `ー、‐―――.-   丶         / / \!  \ ___`.-
        /.ィ ` ̄、 ̄  `   ._     . ィ /'    `ー/.´ ̄ `、
        "         \   \\  ̄  >=. "     /ノノ ! !       ー
                `ー―‐`   ̄ 7         // .| |
                 .斗七 、  / _ _    /'   | |
                /  >、´`!´   /  _  '., - 、   ! !
                /ヽ´   >´ヽ /-y' _>.ノ   !    | |
                !   <  .イ / / .,ィ-、 \_.ノ     ヾ.、
                  . ´ ヽ、    ノ |  ト ._!包.i  ハ ヽ    ヽ.、
            /    | ー―-|  <\ ゝイ. ´ .! ノ     \
           '.    /ヽー-―!   弋`_ ノ― ´         / `i
            \ / \   /                 /ヽ .!
             / !    ̄/                  .'  '. |
            /  丶_ / |                  |   V






           _,、-‐ーー- 、、,,.__
         ,、-'´    _,、、、,_  、`ヽ,
      ,、-'´、、,,,...、-‐'"´,`ソミゞi; ,i ! i|
      ,r'´,、-‐,ァ‐''" ゙̄二ニゝ-、ヾjl/,イ j
    / ,ィイ"´ ,!    '"´   `ヽ,`ー''"Y´
   ,!,、--‐ィイi    -ーー- 、 `ー-‐ |
    i´、_,、-‐゙7  ,、-ー―-、 ` 丶、 .|
   }、_,ィ彡,/    、_,ィrニン   ,ィ'=-、|
   ir'⌒ゞ;!         __,ィ'′ |`゙` l
   l il r'}.`゙ ヽ、u      ,ィ 、 ,r{、  |   「落ち着こう。落ち着け」
   `ゝ、ミ`       ,、-‐'´`ー''yr'   /
     | `ー、     / -、    ゝ  i′
     |   \  ′  `二ニニ´ ,/
     |     \  `、       、 l
     |     `ゝ、       |
    「`ー- 、 _ `、 `ー-、_,__/
    │    ``ー- 、_   l ,!-、
   _,」         ,}ー-'ry'ri l
-‐'"´ `丶、       |   | i l | |
       `丶、    ,!   | i | | |、_

4638 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 00:57:44 ID:9UnR0uYR
脳メカ(脳みそまでメカニック魂)



4639 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:57:52 ID:bvKmidWn


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/    |:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/三三三|::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/       |:∧ |:/ ′
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ    「よーしそれじゃあゴップ閣下の提案は受ける方向で、
:::::::::::::::::∧               \     華扇とやらない夫は新型の作成な。
:::::::∧:::/ `ー             /
:::::/ ∨           ∠二 7 /       俺は―――」
/ヘ                  , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \

4653 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 00:58:56 ID:bvKmidWn
さって。

誠さんの方は幾つかルート想定が有ります。
今度こそはちゃんと“動かせる”ルートにしますので、誠さんの去就ダイスを振ってよろしいか

4686 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:02:35 ID:bvKmidWn

1~3.やら華扇を待つ。実験部隊ルート続行。
4~5.実戦部隊としてアジアへ。パッパ合流ルート
6~7.実戦部隊としてヨーロッパへ。やる夫・シャアルート
8~9.宇宙へ。WB隊補佐ルート。
10.英雄コース。


【安価 下5】
1D10

4691 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:02:40 ID:c1O4SIWj
【1D10:10】


4709 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:03:04 ID:NhMFSy2u
AUコース?

4710 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:03:06 ID:oGZ0NzJc
ちょwwww



4716 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:03:12 ID:bvKmidWn
おぉっと

4723 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:03:36 ID:EPu+TFOI
ダイスはサイコフレームで作ったのかな?(錯乱)

4734 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:03:54 ID:NhMFSy2u
どんなコースなのかちょっと想像つかない

4757 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:05:13 ID:NtDoavxN
今作ダイス荒ぶりすぎじゃないですかねェ…?wwwwwwwww



4758 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:05:21 ID:bvKmidWn


    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   「んで、やらない夫。
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ    ―――ゴップ閣下の言っていた架空英雄計画だが。
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-   俺も噛ませろ。いや、つーか―――」
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/




                                ヾヽ
                         _,.-‐'´ ̄ ̄ヽノノ-、
                          /:::イ::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::/::::::::_;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                         /::::;:':::::::,イ-/:::::,ィ:/:::::::::::i:::::::::ハ
                      /::::/::; イ ,_,≠_///:::::::/ハ:::::i:::::ヘ
                  _,ノ::://j:/ 乂:::7 ` /:::イ/イ`ヽ:::::|、i、:i
                  >、::::::∧,′   `  彳´ 7心、 ',:::从|   「―――その功績、俺に回せ」
                   ̄ム::;_::::i        冫 ヽソ〃i/:::|
                    ´ ',:::〉   ヽ-  _     /!:::::::j
                         j′、   `‐-、ソ   /:ハ::::7
                    _,-、ィ、   ヽ       ...イ::〃 j:::/
                 _,.ィ´\::::\ `ヽ、 `:y‐ ´ j:::::/  i/
              ,ィ´、:::::::::::::::ヽ::::::ヽ  y<',   iイ
              i/::::::::\::::::::::::::ヘ::::::ヘ人:::::iヽ、             _
                 j::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::フ:ヘ j::ハ i::::\            jニ,)
             /::::::::::::::::::::::',::i:::::く::::::::::ハ!::::',ヘ:::<:ヽ        i .i,-、_
               /:::::::::::::::::::::::::::ij!::::::::ヘ:::::::::::',:::::', i::::ヘ:::ヽ       j_i_ i ヘ、
           i´:::::::::::::::::::::::::::7ノ:::::::::::ヘ::::::::::',:::::',.i::::::|:::ハ     i´ ,r-< _/ノ!
           |::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::ヘ:::::::::i:::::i.|:::::i::::::i:',      ヽ、,.. 、___ノ
              j::::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::i::::i!::::j:::::::|:i      7 ,'  j
             7i::::::::::::::::::::::::7:::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::i::::!:::i::::::::|::',    _/i7 ,'  7
             7:::i:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::i:::|::j::::::::|::::',  /:/ヘ   7ヽ
          .7:::::`::::::::::::::::::::7::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::i:i:j:::::::::|::::::', ./::::i  `ーイ/!





                _,,..-‐‐‐-..,,_
               /          ヽ
              .,'             ',
              l   __丿!|!|ヽ._.l
              |  -。==  .-。=
              |  ≡≡=    ヽ≡|    「―――――――――――――――は?」
              |     (   ノヽ.__ノ |
              | u   `¨´|   |   |
              |.       |  .|   .|
              |        .|   |  |
               ,.-r/.       └―┘ .l
            _,,-| |  \     ‐--- ..ノ
       ,,-''´   | .',   `"''   __,,..-''´
    ,,-''´     l   ヽ、        /|ヽ`''-、
  _/         ',   \    / .|  '.,   `''-,,
 ./             ',    `7____,|   .l      ヽ
. ,'        .l    ',    /|     |\. |      .|
. |          .|     .ヽ./  \   |. ヽl .|    |
. |          |         Oヽ ./    .|     |

4763 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:05:38 ID:rHYBkzv/
ああ、そういうことかww

4778 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:06:07 ID:auAzCuGb
何を企んでるんだ?w



4780 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:06:10 ID:bvKmidWn


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――7月半ば。

 黒い三連星のリーダーであるガイアを撃破した試作機のパイロットとして、連邦軍は実験部隊の
 伊藤誠中尉であると発表。

 彼とその補佐を行った新兵に勲章を与え、大々的に表彰した。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                         ___
                           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
                       _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
                         j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            _       /::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            | |.        i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
            | |       |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
            | |.      、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
        ,-〈`ヽJ |       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
.       /´⊂´ ̄ヽ |    ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl
.      ヽ_弋 入 ` }         j、八i  ´  j〉   爪i
       / /    /            jヽ、  t_ア .ィ
       | {    /          __//| ヽ __// |\
       ヽ    _丶      ,---゛:::::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_
       |_,..-´ /::}    /::::i:::::::::/:::::::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
      ,zi_,..-´:::::::|    |::::/::::∠:::::/::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
      |。|::::::::::::::::::|  /:::::|:::::::/:::::::::|   |_/.   |―ー<::::::::::::::::::::|::::i
      |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::|:::::|:::::::::::.|    |;;|.     |:::::::::::::::/:::::::::::::::::::|::::|
.       |。|::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|..  |;:;;|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::.i
       |::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::|:::::|:::::::::::|.   |;;:::|.    |:::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::}
.       |::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::|::::.|::::::::::i   |;:;;;|     |:::::::::/``゜ ̄|::/:::::::::::::.}
       |::::::::::::::::::::::::::ゝ::::::::::|::::::|:::::::.|    |;:;:;:;:|    |::::::://Yヽ:::::|::|:::::::|:::::::::!
.        |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::∧::::::|::::::|    |;:;:;:;:|    |:::::/::|::||:::|:::::|::|::::/:::::::::::I
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::|::::|     |;;:;:;:;|.   |::::/l:::::::::::::::/|::::/::::::::::::丿
        \::::::::::::::::::::::/.  |:::::::::::|.     |;:;:;:;:;|.    |:/:::::::\/:::::/\::::::::::::::::\
          \__/.  |::::::::::::|.    |;:;:;:;:;|.    |::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::::/

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 容貌涼やかな好青年であり、弁舌巧みな伊藤中尉。

 決して無駄に敵意を煽る事はなく、しかし我々には戦う力があるのだと鼓舞する事で大きく連邦の
 士気を上げる事に成功する。

 また、その横でアシュレイ・ブフ准将の息子であるという伊藤中尉の部下が、父であるアシュレイ・ブフ准将の
 心境について、インタビューの際に“思わず”といった様子で漏らすことになる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

4819 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:12:10 ID:AT1frB5n
誠「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」

4827 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:13:34 ID:2uIk/aGq
>>4819
ガイア@療養中 「おう、次会ったらキラッキラの花火にしてやんよ」

4833 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:14:24 ID:afeEiQ+V
>>4827
ガイア「お礼参り」
マッシュ「楽しみに」
オルテガ「しててくんな!」

4837 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:15:11 ID:tn9CX1bZ
>>4833
割とオデッサ作戦で再戦する可能性ありそうなんだよなぁw

4841 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:15:54 ID:IFfTvfbb
>>4837
そして誠さんと交戦したガイアが「こいつじゃない!?」ってなるんですね



4842 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:16:01 ID:bvKmidWn


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 これを受け、ゴップ准将は常に前線に立ち続けたいという英雄の心意気に応じるために、
 ジャブローへの召喚ではなく、勲章を英雄の居る北京へ贈るという形にするとその場で表明。

 また、負傷したライヤー“准将”が復帰するまで、アシュレイ・ブフ“少将”の部隊運営を補助するための
 人材と、大きな補給を約束する。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


              ,.,=ニ二ニ= 、
             /'    _ ヽ',
               .ii  ヘ ` ̄_   ',i
            /),、 fヽ  ̄~ i ` ̄ヽ ' ヽ
         / /ノ .{Y   ´Y´` ヽ .rノ
          / ' ∠ ‐, i  (―ニ― } ) j]
       〈r ' , _ニ ̄ァrヽ_ ヽ.._rー,
        ,''   _.イ _F i  ̄| ̄  | ニl,、_
      ,r'7i    i´ i ヽー‐jj/-‐ ‐'"/   ̄¨"ア。゚>‐、
   ,r' ,/    }    `ー/- ‐ '____    ./ ̄   ヽ
  r' ,f  ヽ  ,.イ     /   L___i    ,'     ',
// i   \ ヽ‐i   .,'  .r‐―――i  i  ,'       i
.'     ヽ     〉    ,'  'ー "  ̄  〈 ,'      ヽ
     ヽ  /  _/_          \`、 ´ , _ニ  ゙、
      /   ̄  /    ̄" ー    _, ヽ > /     `、
     /      ,'          ̄   _Y .‐"''‐- 、 `、
   /        ,'       ,.-''"´`ヾ ̄          `、
ー' i         ,'      ,.=ヽ     ヽ          .〉
  i         i     /    ヽ     ',        /



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 これはアシュレイ・ブフに翻意や野心が無いことの確認の為の査察であると同時に、連邦軍が誇る
 英雄に対して上層部がしっかりと報いているというアピールでもあった。

 無論、アシュレイ・ブフ少将としても翻意も野心も無く前線で良い戦ができればそれでいいので、
 部隊の運営を任されていたライヤー復帰までの間、それが出来る人材&戦力の補充というのは
 プラスに働く話であった。

 伊藤誠の睨んだ通り、ここに全方位WIN-WINな戦後処理が成立する。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

4849 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:17:02 ID:rHYBkzv/
誠が影響を与えまくっているwww

4861 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:19:00 ID:Zi9FGoze
パッパへの援護射撃にもなったかな
そうだと嬉しい



4864 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:20:30 ID:bvKmidWn




                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・




          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!    (―――ここまでは良い。
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!     架空英雄を作ると言っても、そいつが顔も見せずに
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨      やらない夫だけがインタビューに出たりしてたら、
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/          まぁ、目ざとい奴は気づく可能性がある。
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ                誰か実体のある人間が“架空英雄”になるのが
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、               一番、やらない夫のリスクが減る)
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_






          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.        /:::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/ : ::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
.      /:::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::| :::::::::::::::::|三\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.       /:::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|三三\:::::::::::::::::::::::::::::::≧z   (俺自身のリスクは上がるが―――。
      i::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::|三三三ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::>
      |:::::::::/::::::::::/::::::l:::::::::::::/  ∨::::::::::::l三三三r=ヽ::::::::::::::::::::::Y      この架空英雄化の取引で、
      |:::: /|::::::::::/,.ィ´i:::::::::::/ `≧、∨::::::::i三三∠_ニヽ:::::::ヽ::::::弋      それなりに発言力は手に入る。
      |:::/ .|:::::::/:::::,r-l:::::::::/r云:::フソ\:::::i≦'弋z::フ㍉、ニヽ:::::ト:::::::::>
      |/  i:: /l:::::::/ |:::::::/ ^ゝ辷ノ^  \{三ト≧≠イニニ∧:::i::::::/     あとは俺の頭と腕次第。
      {   .|/...|::::∧ |:::::/.       }三丶三三三三三∧/::::リ`ヽ     ……やってやろうじゃねぇか)
        |  |::/. ヽイ::∧..        |ニ/   ミニ三三三i:::/::::::て
           |/.   レ' ヘ..         |/     ミ三三ニ/::/:::::_/
           ′      lヘ     __  , 三三,,//´ ̄`ヾ
                    i ..\   `'―― ' ニ三/少、
               .r:;ヘ.   \.  ヾ   三/.三三ニ\
           _,..-―¬i ∧    ヽ   ,ィ..三三三三三≧、
         /::::::::::::::::::::i  ∧     ̄     / ニ三三三\
    ,..―7:::::::::::::::::::::::::::::::::i    \       /   i三三三ニ`'‐.、
   ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     \   /     .|:::三三三三三三



【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ―――誠はゴップ大将との取引により、戦力を集めて自分の取れる手筋を広くしようとしているようです。
―――――――――――――――――――――――――――――――

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

4869 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:20:55 ID:1Cr9F7yT
誠の政治力、華扇ちゃんの技術力、やらない夫の筋力、みんな違ってみんな良い

4872 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:21:24 ID:B1ZxAwiU
誠さんテラ優秀

4873 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:21:26 ID:0FvTJSFS
それぞれの道になってきたな

4883 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:22:54 ID:TJ2gnmhK
野心的だな、そしてそれに足るだけの有能さもある
ただ単なる架空英雄の受け皿ではなく、正しい意味で英雄の器じゃないかな?



4885 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:23:29 ID:bvKmidWn
誠さんはやらない夫達とは少し離れて、“英雄”となって戦うルートを選ぶっぽいぽい

4901 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:25:42 ID:bvKmidWn
というところで、7月前半は終了かな。

では7月後半に入っていきます。
大きな動きは誠さんの方とやる夫らくらいで、
やらない夫らは新型作成だろうけどな!

4931 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:32:29 ID:bvKmidWn
あ、そうだ。

プリスケン中尉の行き先もついでに決めよう

4937 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:34:08 ID:bvKmidWn
1~4.誠んとこ
5~7.パッパんとこ
8~9.まさかのルナツー
10.やらない夫んとこ

【安価 下5】
1D10

4942 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:34:16 ID:GB8sy1tj
【1D10:3】


4953 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:35:13 ID:2uIk/aGq
おー、誠ん所に引っ張られてったか。

4954 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:35:14 ID:DrNsDv4m
英雄フフフ怖い

4956 :梱包済みのやる夫:2015/11/06(金) 01:35:20 ID:5zOKTeke
やらない夫達にフフフ怖いするのに疲れたんだなって



4957 : ◆o2mcPg4qxU :2015/11/06(金) 01:35:21 ID:bvKmidWn



                                  ___  、
                              __,-ー: : : : : ヾ: ヽ
                            _,-´: /: : : : : : : : : : : ヾ
                          ,,/: : : : : /: : : : : : : : : : : : ヽ
                   _,-ー 、_/: : : : : : ,,_: : :ヘ: :ヘ: /: : :: 丶: : ::i
                  ,/,二: : : : : : : /: : : :/: : : : /: : : ヾ: : :丶: : :: i    「フフフ……デッドエンドシュート!」
              ーヽ ,, ´ i: : : :/: /: : : :/ : : i: : :i;: :/:/´`ii`ヾ/: : ヾ: : :ヽ
        __  ,-―二: 丶_`/: : /: : : : : : : : : ソ: :ンノァャfャ 、.i: : : : : : : i: :i:ヽ
  ,-‐、_ィ-'' ´ ,\ ´´ ̄ヽ、: : : : : : i :ヾ: : : : : : ノ´:.:ソ :::ゞ‐' '   /:f⌒`i: : :|: :i: i
  |  レ|   r⌒ニ''゙   ,-ー: : :ヾ : :,,ノ: : : : : : ヽ__: ノ         ´ ||r-'/::/: : /
/:|  V'  | ( \  ´ ̄ ̄/: : :/  ̄ : : : : ハ/ `__,,      ./〉-''゙: :/ : : :ヽ
〉 レへ  \_ノ  l     l..: : : : ヽ: : : : : : : :.ハ  `ニ''゙   _ / : : : ソ: : : /: : :ヽ
、\| !ヘヽ      /     ヽ: : : :: : \ : : : : : : ヽ  ~   ,ヽ`` ‐-- 、,: /: ):丶:`i
\i ||   ヽ     l       ヽ: : : : : i: : : : : ィ'' .ヘ ___,,.ィ  _||     .:7: : ソ`ヽ: i
  \l|   ヽ   ノ        i: : : :/: : <´  .:::::::::|‐‐'''''''''||   .:::∠-──-、:i
   V    \=〈       /: : /: : : ::/\  .:::::::::| ; ;; ;;;ノ 彡-‐´_ -‐─‐-、;;\
     |      \    /: : : :/: :/ __):::::::::ノ ; ;/ィr/ /;; ::    :: ;;;ミ、;;;ヽ
     \   /   \ /: ,./ィ-‐‐--‐  ̄フ《_ュ/´ _/ァ/;;;;;/-‐──、.: :: :::::::::l;ヘ;;;|
      \        \< /// //  '--' //ノ/´-‐-、 ̄) ノ:::::::::::::::::|;;|;;;;|


どうやら割りと野心家なこの人。
“英雄”伊藤誠に便乗するルートに人生をBETするようです。
関連記事
| ガンダム戦記 | コメント:3 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
このルートはアニメ版で
ifルートはきっと小説版だって思ってる
2019/01/12(土) 13:17 | URL | #SmD5F9mI[ 編集]
本人謝ってるのに死体蹴りを反撃受けないとこでする子ってどんな教育受けたんだろ
2018/01/15(月) 23:27 | URL | #-[ 編集]
即興でやっているとはいえ>1がひどすぎる。
そもそも廻せない選択肢なら最初から入れるな
2016/09/27(火) 17:05 | URL | #zQHIT1rU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する