おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2019/06/16(日)
1719 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/06/11(火) 02:16:39.67 ID:JAN9h3hz
寝る前に書き溜め分だけひっそりTOUKA
2019/05/18(土)
1688 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/05/14(火) 18:08:54.84 ID:a/bpMF+P
夕食の支度をしながらのんびり投下します。
2019/05/18(土)
1624 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/05/08(水) 00:15:39.55 ID:7AJyHypQ

【スレ構築力維持の為の書き溜め小話】【3D10:24(10+7+7)】
①:シュテル&ニャル子「大人になりたい子供」
②:ジャック&さやか「おかあさんの歌」
③:レン&やる夫「未来に向けて」
④:サイト&アルトリア「勇者の自覚」
済:チキ&スズカ「愛が足りないの」
⑥:めぐみん&わたしさん「神様とは何ぞや?」
済:オプーナ王「今はいない君へ」
⑧:まどか&ほむら「大人になりたくない子供」
⑨:魔王組「退屈しのぎの悪戯」
⑩:【熱烈歓迎】

同じのが出たら1d10の2個目、3個目を採用。
全部同じのが出たら熱烈大歓迎枠。 今直ぐ投下するかは未定。
2019/05/18(土)
1604 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/05/05(日) 01:03:08.19 ID:/uiSxkoU
【スレ構築力維持の為の書き溜め小話】【2D10:11(7+4)】
①:シュテル&ニャル子「大人になりたい子供」
②:ジャック&さやか「おかあさんの歌」
③:レン&やる夫「未来に向けて」
④:サイト&アルトリア「勇者の自覚」
済:チキ&スズカ「愛が足りないの」
⑥:めぐみん&わたしさん「神様とは何ぞや?」
⑦:オプーナ王「今はいない君へ」
⑧:まどか&ほむら「大人になりたくない子供」
⑨:魔王組「退屈しのぎの悪戯」
⑩:【熱烈歓迎】

※:5が出たら2回目の1d10.万が一2回とも5が出たら熱烈判定。
  今すぐは投下せず、仕事後に投下予定。
2019/05/18(土)
1579 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/05/04(土) 00:17:55.77 ID:VuN7ZBNw

【スレ構築力維持の為の書き溜め小話】【1D10:5】
①:シュテル&ニャル子「大人になりたい子供」
②:ジャック&さやか「おかあさんの歌」
③:レン&やる夫「未来に向けて」
④:サイト&アルトリア「勇者の自覚」
⑤:チキ&スズカ「愛が足りないの」
⑥:めぐみん&わたしさん「神様とは何ぞや?」
⑦:オプーナ王「今はいない君へ」
⑧:まどか&ほむら「大人になりたくない子供」
⑨:魔王組「退屈しのぎの悪戯」
⑩:【熱烈歓迎】
2019/03/05(火)
1541 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/03/04(月) 22:50:08.03 ID:SauRQj5e


                               ∧ _ ィ__               ♪
                        ト ィニ/  ヽ_/| \        、_rr-/j
                       /}    o    {    ヽ   .rニニ{`^´lニ-'='ニニニニ!
                     /   ー───一    }  ゚ゝ    > /ヽ「 ヽ
           .            .′  〃 ' /^`ヽ )  !ノ  } `ヽ- '´,.イ ト、_ヽ j  ♪
         /77          { ! { ┼ {    }⌒ 从  ヾヽ、.__/      ̄
         ///          ゚, { 八 、!___   y=气    !
       . ///- 、_, - 、_, - 、 _, - У   イ廴メ   ゝ イ { | 八  .、  .               【どのパーティの様子を見ますか?】【1D10:6】
      ,r/ぅと ,u、_,;─_,;─'_,;_イ  | }}"" 、, ""|八!  \} \/j ̄ ヽ        ①:やる夫達の熱対策の様子。
      〈/〈j「¨´           .ノ 八: : ヾ>==< : く ヾ ゝ   / /⌒ヽ ゝ))      ②:サイト達の石板攻略の様子。
      ///            /   ノ: :{///| |///} : : : l  | `ヽ  ゝ  |  l         .③:ニャル子達待機組の様子。
   .   /// グツグツ      ./ / ノ: : : :7//| |//「: : : : | ⌒、 |l    ソ  / /         .④:レミリア達の精霊探索の様子。
     ///            / イ .イ: : :_厂ゞ// ̄ ̄ ̄ ̄\  ⌒っ ̄ ̄// ̄ ̄       .⑤:魔王組が行う悪戯の様子。
.  /⌒    ⌒ヽ       〃    》イ:./:./         `ー-|\__し "  トントントン   ...⑥:やる夫達の熱対策の様子。
┌「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|┐     {{   {   /:.:.:./:/        l|  <ヾ,) \_ )=三=          .⑦:サイト達の石板攻略の様子。
. `|         |´    / ゝ    777:.:./             \| |l             ⑧:ニャル子達待機組の様子。
  |         |        て.  人  /0/:.:.:l二二二二二二二二二二二二二二二二     .⑨:レミリア達が行う精霊探索の様子。
  |         |        /  (( ///:.:.:.:.:│                           ⑩:【本日の熱烈枠】
  、_______/   /⌒≧=- r=イ0イ:.:.:.:.:.:.│
 / r‐――┐   `ヽ   ⌒ ー‐.ノ/0//{l:.:.:.: : :. !
./  」      |____j    ⊂´///厶イ ー─_: !
                     《アザトース/げんま?》
2019/02/27(水)
1507 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/02/25(月) 22:24:43.42 ID:CyUPt5rN

  《グランエスタード城》
  エスタードを収める王族達が住む城
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            __ ,。t r‐‐- 。  _
              __ ,。-‐ -。. __       !Ll   Ll    Ll `tュ             _.ィzハュ、 x
              「 Ll    Ll  ゙゚¨ i  | _.. 。 - ― - 。 .._ 〔」          z杉イハミ八ハヾz
              |_.. 。 - ― - 。 .._   |  Ⅵ> ¨´ ̄ ̄`¨<Ⅵト          '了彡ハッγシハハ
             V¨´ ̄ ̄ ̄`¨V|「 トュ | fl     fl  =|  |   ____rュ  ィッ彡森本木辷ハハ
               | i^i     i^i  =|| ≠=| l;l  ,ハ.  l;l    | ̄ ̄ ̄|>≠≦ 川杉ハソ≧森林杉z
               | Ll     Ll:iニLlニLlニ|     Ll     ー|    「 ̄ ̄ 彡シイィッ≠彡林森森
               |=        l         |=             |    | ⅱⅱ〃メソ気シミγ木林森森
               |-  _     ├―――‐┤‐         =| {田} | ⅱⅱ7シイッハ杉巛人ハ八
 火            |,/ヘ   /ハ└L「L「L「Lll:   ィ代     -l_________|_ ,イ川ヮツノX≦谷辷彡林巛
 彡(           ||土|  |土| |!l V リ |ハ  LL|      =|    |゙____   イソノ彡森林杉ヾレ
 ハ彡          ||土|  |土| l       lLl           =l iYi  :| | | | | ,ィ彡レ盃幵卅ハYミ辷
 林杉  二∠二∠二∠二∠二ヾド┼――‐┼===¬冖¬==┤ 山 ::| |_|_l ,.イシ彡ッィハ八ハハv林杉
 木炎彡 TL「lTL「lTL「lTL「lTL「l  |  ,.へ. |=          ー|    |  〃ソジ彡木ミ木ハうY林杉
 杉火彡゙ィ   二王二三二王二三二l〃 /'ヾ|‐            | _. :| (川ハ人ツ林ハ八ッハ林ミ
 非杉彡火ッ゙人  三二王二三二王|l   l  :l|=  ハ      ハ  | 山 ::| 〃ハvゥハレハハ本盆本木森
 くシ杉木ハ辷ミメッt   二王二三二|===== L!     Ll :=|__ ,lレ ハくくィヾ癶火っ㌍進≠z辷ミ
 火杉彡'バ林ミ巛彡狩 ハパバヘミハミミヾミ、 二ニ======㍉v/´ イ彡不ミ刈_斗<   ,, ' ̄
 木パバ彡森杉ミ彡林 ハヾパミYミメ彡彡杉林;;;;皿皿皿皿,,,,;;;>''´. . . イ彡巛 〃`  ィハミ二並炎ミ彡
 火彡辻彡イハ木杉ミミ狩 ハ彡杉森㌢ッッ ッッ ャャ ッッ_,.>'´. . . . . . ハバヾ杉. イハ杉辷林森森林
 森杉ツ爻乂彡イ 爻乂ミッメ、 森㌢. . . 。o彡ф彡'¨ ̄. . . . . . . . . . . .ィ川く. . . . .彡ハ木杉'フハ本林森
 森森爻林爻ミ彡 杉ハミ三仆宀 。o8ミ%8 ゚. . . . . . . . . . . . . . . . . . ¨´. . . . . . . 7ハバ’`¨ '¨¨彡イ¨ヾ
 ヾ乂ノハ乂杉森広 ¨. . . . . _ピ‰£ミ彡イ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 彡イ乂爻爻㌢. . . . . . . . . .,パ9花88ミ刈(. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 乂少ミ´. . . . . . . . . . . . . . ポ※%ピ@6彡く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2019/02/22(金)
1463 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/02/18(月) 21:38:18.95 ID:9R4DrIoC


        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    水のアミュレットという、便利というには神がかったお守りができたが、
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    .性能が良すぎるので、これを誰に持たせるかという問題が発生したお。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |    .耐精神防御性能だけを見ると、一番脆いシュテルに持たせたいところだけど……。
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



             ,...-..、 \
          ,..<::::::::::::::::>、ミ\
        イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ
     /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒',
     ∧/:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::ヽ::;
     /::/;::::/.:::::::::::::;::::::;:イ::::::::::::〉:::::::ハi
    ;...,'.;'::/:::::::::://.::;'_ノ|::::::::::/_';V|::::::l|
     i:;::l':::l∨:::|::;ィニテミ,'.::::/イテミi:::l::;':/
     |'l::::::|::∨:l〈 l ヒリ//  .ヒリリ::;:;:'
      .|ハ::从∨!ハ      ,  ./ィ/'        体力や疲労回復効果を考えると、ニャル子やめぐみんの方が良いよな。
     _.リ..∨./〉:|〉i.         ノ
    /:..:..:..:∨ヽヽ l、.  ⊂⊃ ./:ミ、        休憩は取ってると言ってても、平均と比較するとハードワークなのは変わらんし、
 , <¨`ヽ、:..:..\   `>-イ:..:..::/ ≧  、
./-、       \:.__〉ー  lr<:..:..:./     /l    どちらも.国の屋台骨の一つである以上、人事負傷になるのは不味いよな。
l:..:..:ヽ      /\  .,'||:..:..:./  l    /.::|
|:..:..:..:.∨.:|   ,'\ \/ ヽ:イl   :;:..  /.:.:.:|
l:..:..:..:.:.:ヽ:!  ,:.:.:.::\ \/〉:!|     ∨'/.:.:.:.:;|
|彡:.:.:.:.:.:::|  ノ.:.:.:.:.:.:.:`:―/ ||.    Y:.:.:.:.:/|
|:.:.:.:.:.:.:.:.:l| /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/| ゞ'    ;'::.:.:.:.:.:.l
|:..:..:..:..:.:/レ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'.:l|     ._,'.:.:.:.:.:.:.:.|
2019/02/15(金)
1409 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/02/11(月) 22:19:29.87 ID:xKu2783i


         ___
       /      \               火精霊探索への出発前に、現在の状況を整理しておくお。
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \          ①:魔王は創造主の権限を最低25%以上保持している。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /    .②:魔王と戦うためには同値以上の権限を持つ必要がある。
    (⌒      /     /     /        .その為、51%の権限を魔王が取得すると此方の敗北が決定。
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)     .③:精霊は1人につき約7%の創造主権限を保持している。
    |   ヽ_ノ    |                .また、特異な才や技を持つ人間も僅かな権限を有している場合がある。



                         ー-、
                 /ヽ ,ィ、      )
                  /:⌒:)   i/  ゞス. . .  /
            . : /⌒ヽ  j>:": : : : ::`": :‐-.
             /: (   ∨/: : : : : : : : : : : : : : : :`
             /: : ゝイ^ /: : :./: ;イ_: : :/: : :}: : : : : :\    )      特異な才の例として上げられたのは、王子の『ビルダー』
             /:.ィ: 从_ /: : : ' :7 ̄i:`:/i: : ;: :! : : i :、: : : ニ=ー'
             /:/ {: : : >{: : : :{: :! ィチ示、: :{´リ⌒リ: :} : : :\         シュテルちゃんの『転職の力』 サイトさんやアルトリアさんの『勇者の力』ですね。
          : :'  : : / ゝ: : : : ! ヒ::ツ  v:ノxfかz: :从 : : :\
          i: ;   v;  }: : :从:ゝ,,,,    、  ヒ::ソ{: : : :!)ノ^⌒ ゝ      .他にも、創造主権限を持つ人がいれば、彼らの力も加えられそうですが……。
          : :i  〈 {   {!: : : :.ゝ       ,,,, 人: :リ        _
          {: ;  ゝ_ >: !: : :ト。 tニ゜ ーへイ: : : {     _ ≦   ̄ テ厂 ≧...
          :.、    ノ: : :j: :リ_fペ - 〈〈<  ヽ: : >≦:: ̄    ゞ="     》
            \ === イレ /::i Y^yとニゝ_  ∨ ⌒ヽ
           -= r- ≦_ ̄ _>..r-- _ソ‐ 厂::7 ヽ  、   {: :\    。.. ‐ ~
       -=  /⌒   >.:::::::::::ゝ_入^У::::::{  ; ∧  `、 ‐<: : : . .
     ≪   _/     ..:::::::::::::::::::;゚::::::::::.::::::::::::、 从       ミ: : : :ミ=ー
    《    〈      {::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::人,'{   ∧   \ 〉  ヾ: :ト:、
     ヾ  /ヾ、   八:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::小           V    }: :| )
          ゝー⌒个:::::::-‐:::::゚^::::::::::<::/:/。.ゝ ‐-\    j     ,: :
     〈    ヾ   〃 }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ゚ ::...    ー    ノノ
2019/01/15(火)
1381 :◆aUZCFZ140Q ★:2019/01/08(火) 21:09:00.71 ID:9qziu+68
                                           ノ¶ー_,―一
                                  /¶、    7 ̄ ̄     /
                                 ナ__|ト_,―一 ノ        /|
                               ノ ̄ ̄     | (        ( |
                              (        | ヽ        ヽ|
                            _人__,     (、又ヽ__     ヽ|
                       _― ̄  ノ /(__ _( 乂  √    匸ー`\
 /\ー―、_           <二二_ ̄ー――、/__l| |__/ヽ√     _/|>7~~>
<   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___ー=`ー、      __ __ _二 ,― ̄)/ ̄ _   / /
 \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll' ̄'l「| |~| l' ̄'l| || ||   // /7__//~//\)/ /
   ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `' | |∩|| ∥ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
    ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || '' | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二',-:ニ/ / / メ /  |
    ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二'L_/(__/ | / /\|
    <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'   `―``―、__ノ|/  /
     ヽ∠― ̄           ===  =====          \/
                             ヽヽ   / | | | |
        ド ラ ゴ ン ク エ ス ト VII  ヽヽ  /  | | | |  種 泥 棒 と は 言 わ せ な い
                        ヽヽ /  | | | |
                              ヽヽ/   | | | |
                               V   ====
2018/11/23(金)
1339 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/11/13(火) 01:05:38.14 ID:TAYi9PYa

                                           ノ¶ー_,―一
                                  /¶、    7 ̄ ̄     /
                                 ナ__|ト_,―一 ノ        /|
                               ノ ̄ ̄     | (        ( |
                              (        | ヽ        ヽ|
                            _人__,     (、又ヽ__     ヽ|
                       _― ̄  ノ /(__ _( 乂  √    匸ー`\
 /\ー―、_           <二二_ ̄ー――、/__l| |__/ヽ√     _/|>7~~>
<   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___ー=`ー、      __ __ _二 ,― ̄)/ ̄ _   / /
 \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll' ̄'l「| |~| l' ̄'l| || ||   // /7__//~//\)/ /
   ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `' | |∩|| ∥ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
    ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || '' | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二',-:ニ/ / / メ /  |
    ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二'L_/(__/ | / /\|
    <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'   `―``―、__ノ|/  /
     ヽ∠― ̄           ===  =====          \/
                             ヽヽ   / | | | |
        ド ラ ゴ ン ク エ ス ト VII  ヽヽ  /  | | | |  種 泥 棒 と は 言 わ せ な い
                        ヽヽ /  | | | |
                              ヽヽ/   | | | |
                               V   ====
2018/09/28(金)
1290 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/09/27(木) 23:56:28.23 ID:2SlCzCLc
◆24時半という深夜にひっそりと投下予定。
2018/08/31(金)
1267 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/08/31(金) 05:43:57.27 ID:I7S0N+nk


                   ト、     /|
                    i  ':, /  i
                   | ,i Y ,  /
             _,,.. --─-' .!,_ | / /- 、
          ,. :'"´         `''<7  ':,
          , '´   /´       、   ´`ヾ. ,i,.. -‐ァ
        /   ,:'   ,:' /     i   !   Y-___/
         ,'    /  、/  ! /!   /!  ,'    ', i
       i   .,:'  / !,ゝ、,」'_ ! / ! /! ,ハ   i |>
        i  ∠_ ,'  イ ト、 'i`レ'  ァ;'ーr'、!/i / i
   ,   ',  ヽ、iハ  !ハ '、_ノ    i, リ !i レ' i |      精神と肉体を分離されるとは思いませんでしたが……。
   /i   .!   /'! レヘ  ー        `''_ノ ! ハ. ! !
  / |i.   |   ,' i  ',""           ,!/|  ! |      .相手の攻撃手段の一つが分かっただけでも大きな収穫です。
 ,' |.!   !   i  ',  ト.、,    ´     ,. イ ',   ! |/!
 i  ',',  ,'  ハ  ヽ. ! i_`i` ーrァ'"´i ! | ,ハ |' i     .問題は……私の体が精神を無視して勝手に動いていることと、
 |  ':', .i  ,/i ',  /V>く´\_ i`7'、 !/ヽ,i / ', !. !
 ',   \,レ'  |ヘレ'ァ'´ `ヽ;::\_/ムン:::i ヽ.  ,:レ'| /i/ ,'     分離した私が無事に肉体に戻れるのかという点ですが……。
  ヽ. 、,__)'`ヽ.  /     ';::::::/ iハ::',. Y/ レ'  /
   `' 、.,   `k' 、  ,   ,Y/ _」 i::::i  i'   /
       `'' ー '^'ヘ-'^ー-r'::::7´ _`ii´`ヽン-‐ '"
           ハ    ':,::イ   -{)´  i
          /::::':,  -'‐'   ,.ィ^'ァ-r'

【精神分離による影響】【2D10:10(1+9)】
①:精神体の行動が肉体に影響する。
②:心が体(3歳)に大きく引っ張られる。
③:精神体は物理的干渉能力に乏しい。
④:精神体は幽霊状態で認識されない。
⑤:能力が大幅に低下している(融合すれば戻る)
⑥:精神体の行動が肉体に影響する。
⑦:心が体(3歳)に大きく引っ張られる。
⑧:精神体は物理的干渉能力に乏しい。
⑨:精神体は幽霊状態で認識されない。
⑩:熱烈歓迎。
2018/08/25(土)
1162 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/31(火) 04:58:21.86 ID:PcZTGyhS

《エスタード城、会議室》
                                               __
    .___                                      ./;;;;;;;;;;;;;;`"'<
   ./;;;;;;;;;;;;;;\                                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"'<
  イ、、、;;;;;;;;;;シ、;;∨                         _______/;;;;;/;;;`"'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,〈ヽ;;;〉──────i    ┌──────、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ.{;;;;;;;;;;;;;;/´`"'<;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;∨}i________.|    .ヽヽ:.:.:.:.:.≦ニニ≧ ヽ,.}i───────`'<;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
;;;;─<;;;;;;ノ。;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}i .    |ヽヽ:.:.:.:.`"""´:.:.:.:.:.:.:ヽ,;;;;;;,。=============`'<;;;;;;;;;;{;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;ヽi{;;;;;}i;;;;;;;ゝ───────┐ ....|:::i.、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''<;;;;;;
ゝ、;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;}_________.ノ ̄ ̄::::i. ヽヽ_________ヽ;;;;;;ヽ,。================`''
;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii ......|::マ ̄ゝェェィ────‐iiェェ‐┘\;;{;;`ヽ,;;;;;;;;;;,ィ==========
;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;;;;}i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii ..└ .マ:::::||::::|:::::::::::::\  ii:::::|ヽ;;;;;;;;;ゞ、;;;;;;;`ヽ,ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

   ト     ,.イ::|
   |::\  //:::::{         _  --- 、_
   |:::||`\}、::::::::|       ,  ´          、_
   |:::||::::::::\:::::::::. / ´ ̄/         ,..  ´ /{ 、
   |:::||::::::::::::::\:::/           / /  /  ヽヽ
   |:::||:r-=、_ ̄ ̄` | ̄ ̄  \__,イ=_/   '     |/
   |:::||:::.    \   {       , |  \     |     / ̄ ̄>、
    マム::::,    {   \   /__|_,---、___/---、 /   , ´  |
    |::}}::::〉,  / \__//: : : ://: :/:/|: /: : :|: : |: :\_/  /
    |_||::/__〉´  . ': :.,: : :|: :|: : : | |-/-、 j/: : : :|: : |: : :|: : :\<
      \_/: :, : |: : :|: :|: : : | }'_|/ / |: : :/|:-,'、:.:.:|: :、: :、\}
        ,.':/: /: :.:|: : :|:八 : : {てi::示ミ {: :/ }/イ|: : |: :.|}: :|- '
        /:/: /: : : |: : :|:、{: 、: :|弋zソ  ∨ イ示;.|: :/: / |:/     あら、やる夫元に戻ったのね。
          {/|: :|: : : :.|: : :|: ,: : \i      , 弋ソ/:|:/:|}'r、/
         '八: ! 、: : {、 : |: ∨: : :}、   ,.,   人/ : |とニ 、      厄介な呪いだけど、血のつながりがある相手には預けることができると……。
            \ \:| \}、:.}: : : | `      イ: :{: : /{、r-- :.
              r-、 ∨>:.|、  `¨l、:_:/|: :j: :/ { r'ニ ヽ!     .……なるほど、私も万が一があれば一時的にフランに預ってもらおうかしら。
             r//|`Y', / `> 、`ヽl |:/--、 |   ' ∧
             |/ ∧⌒}:.      // r=ミ ヽ__l∧_ イ` /    .
              _/,:    |_\    /∧:{{:::::} |乂\_Y_,イ
        ,ィ、/´     匸_,.∧   //  |乂ノ!、 }__」 }:::::::|-ァ_
        {:{ /}      |{_ \//  j:::::::::::{\}_)/`¨¨\__}
        |:∨::::,        }' |  /'   /:::::::::::::\l∨{_/_^∨
2018/07/27(金)
1089 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/26(木) 22:08:58.07 ID:2yMxFsgl

 《エスタード城/スズカの私室》

|..|. . ........| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|丁厂”| || 。s≦「|:|-=ニニ| |
|..|.............| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        。s1.|..| . ...| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|........... |                       |     _。s≦=- | |..|.......| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|...........j{                      |。s≦=- ̄    | |..|... ..| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|...... . j{¨¨丁¨¨丁¨¨¨¨¨¨ア¨¨¨~:|          | ̄|  ´"'' ー _| |..| . ..| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|..........j{ ̄└─┘ ̄ ̄ ̄|_____,|┌ー─‐┐:|  | |二二二二:| |..|......| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|.. .....j{二二二二二√| ̄|]¨|~~|||||  ̄ | |:|  | |.......√¨{. .. | |..|... .| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|.......∥l ̄ ̄|:| ̄¨ |..i ||||||_l_|___l||||___| |:|  | |......j{__{......| |..|. . | ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|..|.. / ノ |ー─|:|ーー|...i| ̄|_l_|~~|||└ー─‐┘:|  | |. . 厂 ̄乂..| |..|.....| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
丁 ̄~Y_|_|___,○_____,|....||||||]¨|__{|||       :|  | |ニノ___匕| |..|... | ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
了丁T{¨| |h_ ̄|:| ̄ ̄|=:| ̄|]-|Ti|||       :|  | |...i| ̄ ̄ |i.....}¨ ̄ | ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
| |. .| |_|_|_|_|]丕弋ア_|. .||||||_|」L |||       :|  | |...i|___|i....√√゙| ||  ̄ ̄o゙|:| ̄ ̄~  |
|..|. .| |¨「二二二」」ニ| | ̄ ̄ ̄  |          |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. .| |...| ||├¨ニニ|:|¨¨ニニ| |
_|. ..|. .| |i~||¨i}¨ {i¨~|| || ̄|        |          |  |  _ - 二| | l. .| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
゙|. . |. .| || ||ニ||ニ||ニ|| ||  |        |          |  |∠_  ノ´  |. .| |. .| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
.|......|. .| |ヤ| ̄ ̄~|| || ||  |        |          |  ||  ´′>‐.|. .| |....| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
|.......|....| | Ⅶ ̄ ̄|| || || ̄~"''  .,,_|_____|─i|    ノ´   |.. | | . | ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
........|. ..| |. .|    └______二二二二_-┴‐⊥ _    |. .| | ...| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
. .....|. . | |. .|     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、   `丶、 |. .| |.....| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
. .....|.. ..| |. .|i      〉,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____>      `| ||...| ||├=ニニ|:|-=ニニ| |
. . ..|.. ..| |. ..|i     ⅧT'''''弋''''Π¨¨¨¨ ̄ ̄ : |:|:::|ヽ        | ||...| ||└=ニニ|:|-=ニニ| |
.......|. ...| |  |i     Ⅷ:::::: : \|:|:::::::::::::::::::::::::::|:| ̄::::\      ⌒└‐∟|ト  ⌒ |:|-=ニニ| |
... |.. ..| |_|」     ゝ___⊥二二ニニ==─┬:‐┛        : : : : :⌒〕iト`` ⊥⌒ -=ニ| |
''''``⌒ ̄         |i:i|: : : : : : : : : : : : : : : : : ::|i:i|           : : : : : :⌒〕iト ``丶、  |
: : : : :       : : |i:i|: : : : : : : : : : : : : : : : : └: : .           : : : : : : : : :⌒≧s。``


                             /ア⌒
                 ,,、、-====-、、,,/::ア
.              >''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=-
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄   ―、:::::::::ヽ::::::::ヽ
           /::::::::::::/_____.      ',::::::::::::',:::::::::::、
        ,:::::::::::::,':::::|::::::|l::::::::: |::::: |:ニ=-',::::::::::::',:::::::: ヘ
         l::::|:::::: | __」_|l:::|::::: |:::::_|_:::::::: l:::|::::::::l::::::::::::ヘ
          |::::|:::::: |::::::|:::: |l:::|::::: |::::: |:: ̄::::|:::|::::::: |::::::へ::::',
          |::::|:::::: ,イi笊¨ヾハ::::::|/,斗zミ、::|:::|::::::: |:::,'  ヽ:',
          |::::|::::::::ヾ乂rソ  ヽ{ {!:し:心::|:::|::::::: |V
          |::::|::::::从//   '   ゞ-'' 八::|:::::ハ|      お待ちしておりましたわ、兄さま。
          |::::|:::::: h、    ァ.―┐ //イ:::::::ハ/
          |::::|:::::: |::ヘ.   乂:.:ノ    .イ::::::/|           .お茶とお茶菓子の用意をしてきますので、
          |:::ハ:::::::',‐'^)h、. __  , イ:/:::::::/::',
          /::::/ヽ:::::ヘ  V////// /:::::::/::::::ヘ        兄様は座って、待っていてくださいね。
.         /::::::,  ヽ:::/ヽ-∨////_./:::::: / ∨::::ヘ
        /::::::::{.   ∨/ / ァ气. /ヽヽ∨/   }::::::::ヘ
.       /::::::::::::l   {     }ノ〈.ヽ `  〉  ,:::::::::::::ヘ
.     /::::::::::::::::l   \    }ハ{   /   '::::::::::::::::::\
   (:::::::::::::::::::::::', / /心,,_ノ}八  /.   ,:::::::::::::::::::::::::)
.    ):::::::::::::::::::: }/  ハ/////} {777ム  ,'::::::::::::::::::::::(
2018/07/26(木)
1063 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/26(木) 03:54:16.05 ID:2yMxFsgl
i!i!i!i!i!|____________________________/
i!i!i!i!i!|                                        |
i!i!i!i!i!|                                       |
i!i!i!i!i!|                                      |
i!i!i!i!i!|                                           |
i!i!i!i!i!|                                          |
i!i!i!i!i!|                           r─---  .....___  |
i!i!i!i!i!|        Vヘ                | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
i!i!i!i!i!|           .Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.⌒>「三ニ/: : :/ | | |
i!i!i!i!i!|         Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : ./ ..| | |
i!i!i!i!i!|          |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   ..| | |
i!i!i!i!i!|          K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| | |
i!i!i!i!i!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_| ̄
''''''''''''             | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |      ヽ
             | |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |        ヽ
              |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                                  :.:.:.:....Ll

      、___                        ___,
      \///>、                  ////
       \////-==ミ、, -‐  ¨  ̄ ¨  ‐-v///// _
, -─  ¨  ̄/´      `        _    ` ./{     `ヽ
  .   ─ォ'                   ´   ヽ   丶\ ̄ 丶  :.
/   ,ィ/    /   /                      V/\  ‘, }
   //'    /  '                 }    ∨/∧  }ノ
 ///′  .:′   ′              }、_,,     ://'∧
  ̄ ̄{       i  :  i                 '""゙㍉  i  ̄ ̄
     |i  l:   l  l  l .:'  l _,ィ    、 /    ミ  |
     |l  |i   |  { _ l厶 斗 / {     `メ、 ___  ミ . . |
.     从  |l   |  { ハ /_,}ハ {   ,ィ / __    ミ^Y.|
.       ヽⅣ  | 从 ィぅ示芋x八  / j/x芋示ぅ  }},〉}.::      ……というわけで、危険な任務だけど、お願いしてもいいかな?
.       八  ト   Ⅳ{ んィハ  ヽ(    んィハ Ⅵ _ノ i
.         }ヽ{i \{ ハ 乂rツ      乂rツ メ/´. . :      この国の人員で、最も隠密能力、調査能力があるのがこの5人。
.         |. . .{ 〈{i杁 , ,           , , 〈{'. . . . .i
.         |. . .Ⅳ }〉 {ィ: 、     '      イ }〉 . . . l      .スズカはそれに加えてサイトともある程度戦えるだけの力量がある。
.         |_. -‐V/ ハ/{ >.   ^^    イ  ハ‐- . _|
         ,イ.............〉、 }/{: : : :.}> ‐ <{: :{   '/゚。.........ヽ     .魔王の住処への侵入となると、命の保証は無い。
.         / ヽ.........///)イ/{、: :‐- ノ⌒_>、_{  ///∧.........ハ
      ,.........‘,//////ハニ≧=`7'´_丶 Vハ{////∧....,...i    .できないというなら、また別の案を考えるから、断ってもいいよ?
        ............../////厶=x}`77r'マ   `   }/{厶==v/V.....}
.      .............. ̄ 、 ̄.......`}//∧       !//{.....、.... ̄......
.       .......................}i.............}///ハ     ト、/{........V...........l
.       i......................}i.............}/////゚。    イ...V.........}'...........|
2018/07/24(火)
1031 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/23(月) 23:56:02.60 ID:Zb24J4kl

                              ____,
                           ////
         __        -──-    /////
.       ___⌒\  . ´           ` {///<´  ̄ `ヽ
        >-=ミ}〉'       ヽ      ヽ/{ _ -‐==ミ、 }
      '        '      }、_,,_,,       V///\   }/
.     /    ′  /  ′    }''""゙゙㍉,     丶///∧
    /  '  :   {  i {   ナ ‐-   ミ     .<//∧
.   厶イ  i  .斗-ォ {   x笊ぅミ、   ミ⌒Y   ‘,  ̄`
.     |i  l ´ 从 ハ八 /  ,_)/沁   }}'^ }. . . . . .
.     |l  |   |〃沁 )′ 乂rツ  〈{_,ノ. . . . . . . .         とりあえず、今後はフォロッドとの連携を行っていく必要があるね。
     从  ト、  Ⅳ Vリ      ' '  /{. . . . . . . . . . .゚。
       丶{ \{杁 , , '   ,     イ_,Lx====ミ、. . . . \      で、現状エスタードの入手している対魔王情報をまとめると。
            个: . `    .イ=ニニニニニニ{. . . . . . 丶
               }. ̄. .r≦ニニ= ´==ミ、ニ∧. . .ヽ 、. . .    ①:魔王の復活場所となる場所へ続く石板(ホロさん入手済み)
               }. . .r'=- ´: : : : : : :_:_:_Vニ/. . . . ゚。\. .
                /. . _ノ: : : :': : { ̄二  |: V. . . . . . .  丶.   ②:魔王を倒す決定的なカードとなる勇者アルトリアさん。
              {. . /{{ : {: :.i: : :V {//} |: : 。. . . . . . .   ‘,
               八 ,: }} : :V :{: : : V丶' /: : : }. . . . . . .}     }i  この2つが重要かな?
                 /: :{{: : : :V{: : : : >´: : : : i. . . . . . .(   ノ'
.                / : : }} : : : ‘,: :.、: : : : : : : :{. . . . . . . .、     ただ、魔王は人間がいる限り何度でも復活するって情報もあるけど、
             ,: : : :ノ': : : : : :V: : :\ : : : : ∧. . . . . . . .)
               /: : :〃 r 、: : : :∨: : : :`: : : : :∧. . . . . ./     レミリアさん達の様に復活前に定期的に討伐していけば何とかなると。
            イ: : : :{{ /丶\: : : :V: : : : : :>: :_∧. . /
.            /: : : : 〈ノ {  \}: : : :∨: : : : : : : : : : V


    ,、 //\
   /:.V:.:.:.:.:.:ヽ,. -‐ ''''"´ `  - 、
  __V:.:.\:.:.:.:.:.:l   __    `ヽ
  //:.ll:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.V:.// ̄`ヽ=-、__ l
 {ll:.:.:.:}ll`ヽ、/_   /: : : :/ ー- '´ `ヽ、
 l:ll:.:.:.:/´ .V: : :/: : : /、:_イ: : :l: : :l: :\ /
 ヽ:.:.:.} ̄ヽ_ノ: :./: : : {ィュ-、`l: :.!: : |: : :ト、ー,
   /__/: :/: : {: : {:ム弋)ソ` ヽ}__:リ: : : : l、/_     エスタードが勇者を確保済みだったのは驚いたわ。
   ヽ_/: :イ: : : :、: ム、      、 fj,:'イ: : :.ト, /
   ,/: イ:.{: : : : :`ト: :\  -  /:/:イ: / リ´      .こちらも情報を追っていたけど、封印された宝玉がどのようなものかわからなくて、
    {:/}: :/l:ヽ、: : :|  ̄ ヽ _ , イ:イ/:/
   {' リイl:,.、-' ヾ:j\ 、 |-、: :{: :l: :{          手当たり次第に曰く付きの宝石とかを集めていたけど、まったく手がかりが無かったのよね。
     }人フ、\    \  | Vフ`ヾ!
     / .`}ニ\\  / >'-、 lトフ、          .まあ、勇者と魔王の封印場所が分かっているなら話は早いわ。
    ;'   ヾ、_\`´ / o \!ヒ}\
    /      `ヒフ´         ',  ,}     _    .何時復活するかわかったもんじゃないし、準備が整い次第、強襲して倒してしまいましょう。
    !        l     o   l ,/    ,..:.:.ヽ_
   ヽ __,.-、  ,イ        , {、 _,r-:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
     }:.{}:.:{77} !_    /  / >:.:.:.:./:.:.:.:.:.:., - ´  ̄`ヽ、_,..ィ
    /ヒ人フ{>_ヽ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ソァ ̄ ̄ ̄´          /
      |   | ヒフ/ オ、ー 、ォァ、ゝ/
      |   | / `ー ' `¨´ー' ´
2018/07/23(月)
916 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/22(日) 13:35:04.36 ID:aI/pNZjI
◆本日夜21時頃より投下予定です。
本来の出番がまだの方がフライングで奇襲。
それも安価ですが、理由を後付けしていくと、
だいたい酷いことになるので、ある程度はプロットにあります。