おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/08/04(土)
1109 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/03(金) 23:48:17 ID:crYYIjGM
壁l・ワ・)大きいレンちゃんが居るんだ……(驚愕

1110 :名無しさん@狐板:2018/08/03(金) 23:54:49 ID:eU8SK5Mm
閃の軌跡4に成長したレンが出るんですが、発売前にAA作ってる人がいましてね



1111 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/03(金) 23:59:56 ID:crYYIjGM
壁l・ワ・)パネェっすわ

壁l・ワ・)さて、投下を見る準備は出来たか?

壁l・ワ・)わたしはできている(寝ててもええんやで


1112 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:00:54 ID:h14A33ff












          ―――― やる夫は外典と呼ばれているようです
















                              -‐…‐-
                           / / /      \
                          /      \
                            /  /            ,
                        /  /       |     ′
                   /            |
                     / /   |   |       |   |   \
                       / イ / |   |       |   |    \     
                   / /    |  |   |   |    \⌒
                 /彡}  ノ      ノ |    |\  \⌒  えぇ―― ご武運を。   
                     ノ/ | | /  ノ人  八 \{
                       j__ノ}/ j/   ノ\   \
                _// ̄ ̄/    ノ{      ノ\{ ̄
            __ /    /   //  ―<___/ニ\_
.        /   /   _/    ̄ ̄\        ノニjニニニ\
        /     {/    \  __>――‐<ニニjニニニニニ\
         {    ノ\     ノ二二二二二二二二二jニニニニニニ∨
     /⌒\/   厂/ ̄ ̄二二二二二\ニニニニ{ニニニニニニ }
      {   {__/ √二二二二二二二二\二二{ニニニニ√ニ√_
      {    \  }_√ニニニニニニニニニニ.|ニニ{ニニニニ√ニ√ /
.     \    ∨   \ニニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄\|ニニ{ニニニニ√ニ√ \
         ̄{ ̄   ̄\ }――く_/\       \ニ{ニニニ√ニ/ / ̄
            \___ />ー― \  ̄\/\| ̄ ̄ニニニニ厂 \|
              {      /   ̄\  ̄\/ ̄\__{     /ニ}    )\
                \__/\ _/⌒   ̄ >'⌒   \ \ /二二}/(_ノ  }
                  {二二二二\__/\__/\   }二二二}__    ノ
                 厂 ̄ ̄ ̄ | ̄\ニニニニニニニ厂\二二ノ    ∠/}
                    /        /   }¨¨¨¨¨¨¨¨¨\ /ニニニ厂 ̄       /
                /        /   /        〈ニニニΛ       <








|! .∧ マム<=Y:i:i:i:i ∥ . /_/;i:i:i:i:i:iY=}r'./ イ' ./
|!/`∧ マ.ヽ⌒、i:i:i:i:i: |.../ ̄ {i:i:i:i:i:iリ⌒}/ノ ./__ノ
/ \.〉 .ゝ   == '..!/ _}:::i.`==´  .../ イ' /
  .|  ∧         {::::リ      ./イ /=!{ !
 . | ./| ∧.   ゝ-- --- ---.‐.‐ァ' .  , ∥(ニ)     そこは “ 食運 ” を、だろ?
 . |/ .| 〉∧    .` < _ > ´ . . . ,イ.∥|\.!
..   |'∧ !\      --     ./,' ∥ !     晩飯が豪勢になるぐらいだからな。 
    。s≦  !\         /  :≧s。
    iニ≧s。リ  \       /  _ 。s≦}}        
    iニニニニニ≧s。_>--< 。s≦ニニニニi!
                        

1113 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:01:40 ID:h14A33ff














      、__ .  '  /  /            \ <
       ー-   __彡{ / /  /         ヽ  `ヽ
       `フ  /  八'  ,   '   !  {   |  ヽ   ;ヽ \
     /   '     /{  ;  '  l 八  |   ',  |  ',
      -‐彡    /イ: {  |  l   ヽ.|   '  :|  '
       /, /〃`Y  ,八 | 、|i     ト、   : :;   :
     /, / { ⌒i 八 \|‐-八   |     l∨   :i        んじゃ、行ってくる。
       / ハ 」i  | \ー-=ミ\  |    ;|∧  . /   
       ,  ;  }  ':. |  \弋:ツヽ\ト;  /ノ-‐; : /     ……何も起こらねぇとは思うが、
.      イ  ; 人__八 |     ヾ__, --.、_」 /ィ:テイ /|: /
      | ./i|  .: | ! ヽ      T::::::::::厂イ⌒Y|/ .|/       物事に絶対は無いからな。    
      |/ | ;i八l :.          ` ー '  {、::ノ         わんこ
     `丶、 l八 ヽ::ヘ                乂     .最悪、下 僕 を囮に全力で聖剣技ぶちかませ。
     ::::::::::\    :::.、    -―‐- /
     :::::::::::::::.\   :::.\    - /                         きゅっ、きゅーんっ(抗議の声)>          
      :::::::::::::::::::.\    :::::>、   , '::`ヽ_
       :::::::::::::::::::::::::.\ /   ` ーく\::::::i:::::::\‐-..      美味い部位食わせてやるから我慢しろ。
      ::::::::::::::::::::::○:::.\\::::::::::(○:::::>::l\ :::::.\:::::
                                     ……それで大体なんとかなる。





┌────────────────────────── ─ -‐‐
└────────────────────────────── ─ -‐‐

┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐

1114 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:02:26 ID:h14A33ff



       . . . . : : : . . . . .
  . . : : : : : : : : :ヽ 、 : :\ 、: :,_ : : .         . . . . . . . . . .
: : : _ : : : : : : : :_,\ ミx  ヾヽl} \: : : .  . . : : : :  ____ : : . .
: : : :` ミ  ̄ヾ  ヽ ヾ `  ミ ∧ : :\ : : ,, <////∧////////////> ,,
,_ =三 ≧ ミ   、    \  ヘ} _ ヾミ∨//////∧//////////////////ミ=x
, ィ ミ  ヾ ー-  \ ヾ、 `  |: : : : : :\ゞ -、=-ミ/////////////////ィ彡゙
  ヽ     ヾ     ミ=x > ,, `ヽ: : : : : : |},: :\: : : :ミ、/ 三三三ミ=x 、
ミx ヘ  ヾ、 ,、 _ _   `ミ ̄:: : : : : :¨; : :ヽ,: :_ .\ 三三三三三三\
_ヾ     ` ミミミ  ミ   ミミ     \ : :: : : : : :ヾ; : : {廻ミx ヽ{´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨ヾ゙
//ヽ  ミ   ミミミ.},ヾ三三 ィ彡 ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : ヾ: : _¨,, ̄`: :ミx、
///∧ |}ヽ  `ミ  ミミx  彡 ̄ミ=vvっ : : : : : : : : ヤ、ソゝ、: : : : `''‐r:、
/////}, Ⅳ/ィ,   ¨ミ ヾ/:::::{|::::::/::::/>=-w、;: : : : :ヘ;;;;`^Yゞ : : : : 彡'  ← 儚い生だったなーと、竜生を思い返してる
/////ヽ}////l} ,,ヾミ,.イ:::::::::::li:::::{i::::::: ̄/::::::::::::ゝ、:: : : :;ヾム;;;;;;`へ- ''
⌒Yゞ=/,|////i }∧/:::::ヽ::::::::ノ::::::;ゞ::::::::{|ィ ¨¨゙゙ ミx ̄\: ::\ヾ;;}
: : :i}: : |: : ヾ//イ//,};::::::::i}:::::::{ト;:::::{!:::::/¨       `⌒ヽ; : : : ヽ、  きゅーん……
: :  ̄ヾ}: : : : ヾ.///|::::::::::ヾ;::::::i|:::::|::/             ヾ: : : :ミx
ミ=x : : `: ,' : : ヘ//,{ ,、;::::::::l::::::|::::'/,、                  ̄ ``
   ヽ : :i; : : : :∨//,}:}::::::::ヾ;::ヽ;{/7
    i} : : : : : : ∨//i ::'::,::::::::`::::|/,}



            _____
        ィi〔     ≧=-
      ィi〔ィi〔 { ィi〔=ミ     \
    / :/ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ム  \       ナデナデ
    j{.:/‐r‐v‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ム        ∨ /
    i{ {:‐:| /}‐ ‐ /⌒Y‐ ‐ム v:    ∨ /
   ∥iシ:!′‐ ‐:{_/_,ハ‐ ‐ ‐}: W   v∨
 ‐=∥,イ/ i∨‐ ァ'77zj}:‐ ‐/: :|ム   (: ヽ   よしよし……大丈夫ですよ。
  ⌒j}:| : :!`ィ'゛  乂シ〕Ii<,'  :|  \  {
    j}:レハ 、    //  i:\_j :! :{\!    貴方のご主人様はとっても強い人ですから。
      ':/ム   ´  j{:j /{⌒ミ⌒i  {\{
      ⌒ ` -=≦i{ノイミ}〉 /\{i\{:v     「やっぱり尻尾振っておいてよかったー」
         r‐≦i:i{:i:i:i:i:i〕iト⌒`'<:〉 v
        /‐ }i:i:i: {::\:i:i:i:i:iハ   \}\   って思えるぐらいには。
       /≧≦i:i:i:i:i{:::::::\:i:i:i:i〕iト 〕iトi、 ヽ
    ./:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i: {:::::::: : \:i:i:i:i:i:i:\ \:}
   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i:{:::::::::::::::: \:i:i:i:i:i:i:ヽ: \⌒ヽ
   W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::}ハ:i:i:i{:::::::::::::::::::::::`'<:i:i/≧=‐: :、  \´ ̄ `'< __
    V:i:i:i:i:i :i / : j}:ハi: {::\::::::::{\:_:_:_>‐ヽ{     ̄ ̄≧=‐-  >o。___>、 ‐- 、
    `'<:i:i:/:::::/:i:i:iハ:i}:::::(\:ノ==={彡⌒≧ミ  _ ィi〔__ ィi〔ア゛    _,.>、  ヽ

1115 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:03:01 ID:h14A33ff





                     /{ メ 、
                |/i ∨/\
                l ∧ ∨/∧
                     !/∧  ∨/∧
                 ,、∨/∧ ∨/∧、
              /彡ヽ∨∧ Ⅳ//∧
               i    ミ=λ_,}'////∧
               Y'viァィ,_ ィa7ーx∨∧    オォウンッ!!
                  `^^};;iイ≧=x. ∨/∧
                     i;;;;;;}三三} ー-- ,,ミ=x :  ( そうだよね! )
                 , イvvノ-Y⌒Y、::::::::::::::::>'_
                  l^レ'ゞ゙Y¨¨⌒ イ: : : : ヘ==-‐´   ヾ=-'
              /  ̄' : : : : :_ _,ャキメ゙ ゞ   ゙   .ミ=ー
            ∠==v-v'¨¨⌒ナ'  ヾ'トイ}_      ゞ  ミー- 、
                   ,イ       ,∧  ヾ   ヾ    丶,
                      / マ     /  Ⅵ  ヽ  、   ゞ ヾー'ゝ-,
                  ,Ⅵ ヽ__/    Ⅴ Y  ヾ     ヽ / : : /
                    i{: :∨       / Ⅶ  ゞ ヘ   / : : /ー-- 、_
                 {ヾ; : ∨ヽ   , イ   Ⅴ  ヾ : ; / : : /       `ヽ、
                   i  マ : :∨  ̄      / Ⅷ 丶  ; / : : /            }、
                  /  マ : :マミ=x  x=≦   Ⅵ ;ヾ / : : /    ,         i ヽ.
               /i    ヽ; : Ⅶ.  ̄      ヾ、  / : : /   /;;       |: : }、
               ,': {    ヾ: :ヽ          トイ : : /   /;;        }: ; : :ヽ




                    __z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::x、
                  ,:x::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t_
                _テ::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヾ
              テ::::::::::::::::>'´ヾイ´      ` t、:::::::::::::::::∨
              ヾ:::::::::::/,._     '´¨¨ `ヾヘ ヽ:::::::::::::::∨
               ミ::::::::j,〃´       ,x===x. `'  V::::::::::::::.
                  キ::::i' ,〃 ̄ヽ       r-x ヾ   キ::::::::::::::.  ( 良く懐いてるなー…… )
                    t:::i    Y心.,     弋ソ      |:::::::,::、::::i
                Ⅵ    ゞ-':i     、__ノ   ,j::/_ ∨   
                ∧  `ー:ノ    -、      V イ j i  じゃあ、ボクは着替えて下拵え
                { !   ( r-  ⌒ ノ    U  j:_ノ '
                i {:|                  ´  /  してますから、何かあったら――
                ヽ,i   t_______,.ィ    t__,.イ
                   ∧    ヘ___ .>'´     ./::::リ
                       ヽ   、__,.     , イ{イ
                         \        ,....< |-、
                        >ー : .:<::::    ノ:i:i:i:v──── 、
                       _/:|:::::::    /7:i:i:i:,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    ,.イ:i:7:i:i}::     /:i:i:i:i:i:i:7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:、:i:i:i:i:i:i:ヘ
                 x<:i:i:i:i:i7:i:i:i{ニニ7:r-、:i:i:i:i:i:7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:ハ
               /:i:i:/:i:i:i:i:i7:i/ヾ{--/:/:i:i:i:ヽ:i:i:7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i∧
              /:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:八{:i:i:i:i:j::::::}/:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:i:i:i:i:i:i:i:i∧

1116 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:03:40 ID:h14A33ff




                       ___
                ィ≠ミ" ̄`、l| ̄ミ`x 、
              / (⌒) 廴_彡" (⌒) \ヽ、
               ,,'                ヽ、\
                / &",;ヘ、,.勹I㌃ ___彡ヘ、ο .ム  ゙;、
              ;. ム. / ,' .;i} J劜 {! ,、冫l}   ,! |  }
                | Jリ l ; ;. 〈 \/ 〉 ,; ,; l| ,ィf'′| ;.|
                |ο | ;ハkrヘ. 〈〉 /)ノlrヘハ!l|〈{ッ}〉|,; |   それなら、お仕事ぶりを見学させて
                { {l}   z==ミ,゙ l / .z==x /  ./,; , |
               |\,ハ {{  }}`゙'"  {{  }} \/ノjノソ /   貰っても良いですかっ!?
               リ刎|リ. ゞ=="     ゞ==" |il||竓} /|i´
               刈乢ハ * 、_人_,  * ルリ蕀! /ノリ、   邪魔は致しませんからっ!!
                 ノリヽ}゙ミx、       ///ハ冫┌_、
                   ,;´フ/ ≧====≦、/′ー―-..、∠ニー、
              /i:i:i:i:i:i:i:i:|| `゙v"´ l|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミx、爻ニ、`、      あ、どうぞどうぞ >
                {i:i:i:i:i:i:i:∮゙ー==キ"i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘ夊,tッ {
                /|i:i:i:i:i:i∮i:i:i:i|iI|i:i:i:i:№i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ {イ }
             /;;;|i:i:i:i:i∮i:i:i:i:i|iI|i:i:i:i:i:i:№i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::∧ Vハヾ  言ってみるものですね、楽しみですっ
             /;;;;;|i:i:i:i∮i:i | ̄ ャ_ ̄l|i:i:i:№i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij;;;;} 廴_j   
             /;;;;;;;|i:i:i:i:i゜∽| ゃノ"  l|oo∽゜:i:i:i:i:i:i:i:i:i:リ;;;;|  {{{}}}
             它ト,|i:i:i:i:i:i:i:i:i:ゞ==彡'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/;;;;;| .キ,ハ!
───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────















  ―――― やる夫が選んだ料理人がどれほどのモノなのか、知りたいという気持ちもあったが。
                 コックコート       シェフ
         それ以上に、仕事着に着替えた小松の雰囲気にジャンヌは圧倒されていた。






    ヽヾl     (     )    lノ;'/
     ゝl    `  ´   / ' ` 、
   /  ヽ  ´ ̄ ̄ ̄   イ      ヽ
  / ― 、  ` 、  ̄  //     l  ヽ
 /     \ ` 、二 /     l l /  `i、
 l 、     ヘ   /     ( ).l l /     `、    包丁を握った瞬間から、空気が冴え渡る。
 、   `  ヽ ヘ/´         l,l/ _ - /   h
  ヽ ` ー - _ 二ヽ         l、 ̄ / /  / ヽ    表情は穏やかなのに、眼は真剣そのものだ。
   l\     /  _ヽ、     ( ) l ヽ / /  、 〉、
   .l ヽ― イ  /  メl      l   `l /  / ' /〉     料理に必要な付け合せの食材に彼が触れると、
   l 'ー-l /  /  `ー――'- _  ヽ /      ヘ
    l   `ヽ  /            ̄ `      /ヽ
   , l  ` 、ト \                _  -    l
  /      l\ `ー- ___  -― ' ´  .l     l
   ヽ、    / ( )  二   /ヽ        ヽ     l
   l´ 、\ / _ /―- ― '/  l         ヽ     l
   /   \   ――‐ /    ヽ         ヽ     l

1117 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:05:38 ID:h14A33ff





    
                   /    ,..-'"._,,,.. --‐ニニニニニ¬'―ー- ..,,,_,                     / i′
                  /   .../,..-'',゙..-‐''" ̄      ゙゙̄"''ー ..,,.  .`゙'''ー ..,、            /  l
                 /   / 'ン'"                 `''-、,    `''-、         /  .,!
                   /  ./ /                      `'-、    `'-、     /   /
                / ./ ./                          \          /   /
               / ./ ./                  __,,_               ヽ          /   ./
               / / ./               , / "゛     `゙'''ー ..、        ヽ     /    ./    .i'
                  !./ ./           /             ゙''-、       ヽ  ./    /゛   /
              〃 /             /                   \      .l,./    /    ./
                ′ l           l゙                      l、     .l     ./    /
               │             l、                   !ヽ    !   /   . /
                |           !                       l.㍉   ′./   /  .,.
                |           |                    │ l    ,./   ./ . /
               │          l                    │ ′ /   .‐゛ /
                !              l、                   ! .,ァ'´   ,..-'゛
                   l           l,                   l./   _..-'"
                    l           ヽ                       -'"
                    ゙L    l       ヽ   'i,
                      |i    ヽ       !t,  'ト、
               'h   .l   ゙|i    ヽ       .ヽ  lヽ
             リ、  .l.l、  .ヽ    .ヽ       .゙゙li、 l,\   戦いの経験が無いとは思えないほどの包丁さばき。
             ゙リ、 .!.゙.l、  .ヽ    .ヽ       `.l、,ヽ ヽ,
                 ゙.l、 .l. `.ヽ  ヽ     \       "\㍉\  正確無比に皮が剥かれ、実が切り落とされていく。
               l.l,.ヽ  ヽ  ヽ     .`'、              \
                ゙㍉ヽ  ヽ  ヽ      .\       . 、   .\
                 ゙㍉ヽ. .l  ヽ.   ヽ  .\       `'-、  . \
                  !心.ヽ l. ヽ .ヽ   ヽ  .\      -,. \   `'-、
                     ヽヽ.\.l .\ \   .\   .\      `'-,.`''-、  : ゙''-、
                    ヽヽ `ゝ \ ヽ,   ヽ.   ..\       \ .`'-、  `'-、


        

1118 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:06:13 ID:h14A33ff


______________l           l ‐″________,/  /______././________
                       l,        l                ./   ./           / /   .___,,,,,,,,.......... --
              _..-'″ ヽ       .ヽ        ____./   /.....---一ー''''' / /゙゙゙゙,゙二...... --......ィ;;;;'''''''"
              _ /     .,, ,,ヽ       .ヽ'''''''"゙゙゙ ̄ ̄  /   | _,,,,,,.... -;;x-゙‐'''"´             `゙''
........... --――''''フ'"     /   .ヽ       .ヽ ._,,,,,.... --一.!    l ._.. -''"゛    ._,,.. -ー'''''""゙゙゙´^゙゙"''''ー
       _/゛     . / __,,,,,....、\       \      l  _..-'"゛    _.. ‐'/゛        . _,,, ー''"゛
    . /       ./ ゙ ̄゛      .ヽ.       ヽ,   ._._..-'"     ., / / ./    _,,, ー'''"゛   _.. -
'''''゙゙゙ン´         /            \       `、ン'"      .,/゛ `'''/ .i!_. -‐''"゛    ._,, -''"゛
. /        ./        _,,,.. -ー''''" .\    _/゛      /-、   /  /  ⌒゙"''''¬ー'┴――――ー
゛        / . _,,,.. -ー'''''"´            \ /       .,∠-‐''" `゙'ー│ .!         ___,,,,,,.... --ー
       / .`                     /        .,/'-,      !  .l゙" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡‐ .,..-'´  ,..‐
      /                     /        ,/   . \ ._,, - !  !     ._..-'" ,..-'"  ._,, ┴″
     ./                   _,,.. /           ,,<      `'-、 │ │  ,..-'"゛ .,..-'" _.. -'''" .,.. -'"゛
     l          _,, -''''"゛./           /._.. へ、       `'-、 .| -'"゛ _..-彡-'''" ._.. -'"´   ,.
     .|     _,, ー'''"゛    /         /'"゛    `'-、.       ゙''-、,, -!'"´ ._.. -''"゛     . /
     ! . -‐''"゛           /         /          `'-、,       .`''</'"       .,/
     .ヽ          /            /         _,.ir=゙‐''"´゙'‐、           `''ー、,,,   /    ./
      `'-,,.      ./             /   ._,,,.. -‐'''"´   ._.. -.''|゛ `''ー、、        `''ー ,,_ ,/
            `''ー . /           / .‘゙´         _..yr''"゛   !    .l.`゙'ー 、_            `゙'''ー
             /              /      ,,, ‐'彡'"     ._..!     .ヽ   .フ'ー ..,,、
           /            / _,, ー'''". _..-'"     ,/゛ │     \ /     ,.~゙'''ー ..,,,_
             /               / ゛   ._..-'´     . ,..‐″    .|       . \    ./   _..-''  ´"
            /             /   _ /       ,..‐″       .!            `''''―ーー''"゛   .,/
.  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄´ /                / ,,-'"       /            l                    /
      . /                 / ゛      ,/゛            _- ヽ               ,..-'./
     /                 /      ._/゛             /    \        ._,, -'″ /
    /               /    .,/゛                ,/      ,,'"゙''''ー''''''"゛   /


   村中の人間がお腹いっぱい食べられるようにと、用意された食材は凄まじい数なのに。

   たった一人で淀み無く、終わりが何時来るかも分からない仕事に、彼は躊躇なく包丁を奮っていく。

 

1119 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:07:32 ID:h14A33ff





             l               メ
          /`ー _____  -‐ ´、::::ト
          ;::::::::/  '=、     /´" ゙i::::;
          ゙i::::::i'  /‐ヾ.、  // ̄ヽ. i::-.     彼は一言も苦を漏らさない。
           ゝ、:l  l  , 、    ' ,;、 l  i:'l'l
             l l、,   、;;;j    l ヾシ  lシ/      表情からも、包丁を奮う腕からも。
             、ヾi     ̄,   `ヽ ̄  l,/
              ヽ-l    ゙ ‐   ‐'     l         露程にも音を上げること無く、
            /  ̄ ヽ   -‐― ―   /` 、
        /     /l \     ̄   イi    ` ヽ      やる夫から預けられた信頼と
       / l      l 、 (.) ‐- ‐ ' (.),イ        ヽ     
      /l l        ‐- _ -‐  /     /  ゙ ,     期待に応えるであろう一流の料理人。
        l  、 ゙l    _― ̄           /    ゙,
     /  、  l   l                /     ゙,     
    /    ヽ l   l              l  l     、゙i
   /     ヽl  .l  ( )           l  l      ヽ
   /      ヽ l   l          ( )   ヽ l  l     ゙i
  / -‐ニ=-、/l  l                ヽ  l     ヽ
  .i /   _ ヾ l   l                 \/      \
  l  /   ヾ/ l  l ( )         l      li   _-ニ‐  ヽ
  ヽ l     ヽl /           ( ) ゙、    l ゝ-"    \  ゙
   ゙ーヽ     ゙ ー             ヽ  _ ,l'‐ ´ ̄ ヽ  ゙.: ,
      ヽ      `ヽ          /´ ィ  i   ヽ    l  l_
       l      i 、 l    _、-― 、 _ ,l l .l゙、 ヽ ヽ ィ,l

1120 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:08:15 ID:h14A33ff




                。o≦  ̄ ≧o。
                 /     :/  ⌒ 〕iト
               /       ./ v
            ,    /  .:/ / v    }  ハ
            /   : /  {:/ /|‐-v  /   ハ
       -=≦ /  /}/ |  :Y笊卞 ハ /‐}/ ,  }
          ⌒:ァ  /   !   : 乂:シ    v笊  /
           / /j/}  !   {: : :   〈シ j{y′、 {
         /  { j} / :.   {ト  _  : : ノ }  /ヾ   ジャンヌが彼の後ろに立ちながら、
             {/〈{:.:.∧  {ト、   .ィi〔 /レ′ \
             {: : : {ノi冖ヽ:i{=:`i:´ : ノ/y        シェフの食技に暫し見惚れていると――
            ∧:. :.{:ノ、  ヾ{:_:_ヽ}≧=- 、
             {>''" ‐=-\ /<:i:i:i:ハ \    v
           /      ∨ `  ⌒:i:i\:.\、 }
          ,{         v    . : :マ:iム  `'<
            〈.:!     :  |      マ:i:ム    \
         /ヽ:.    j:{ :|        :マ:i:iム      v
           {  ハ    v: ;        マ:i:i:iム    }
         ィiイ  .:    { v:       人i:i:i:i:}   人
       /  :リ ノ }   v/≧=‐: : :‐≦: : :.\/-r:≦
        人 :(イ __ハ   ::ヽ: : :/⌒   〉: :/   !!
     /゛ ハ:ノ≦:/ ハ   :{ハ:'    /  :{   !!

1121 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:08:46 ID:h14A33ff












                    γ  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    |  あの人、凄いですよね    |
                     乂___________ ..ノ






               ――― 唐突に、そんな言葉を投げかけられた。








...

1122 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:09:39 ID:h14A33ff




                   _.. -=…‐- .._
                  ,  ゙´         `゙ミ 、
             /        ` 、      ヽ,
.             /   /         ` 、     ゙;,
             /   /     ,'      ヾ      i}
            ./   /  ,;'"  ;                l|
.          i   ,'  冫ノリ !     ハ  ;、         !
.          |    _/_;_ i{{    | リハ! \、 l|    ハ
.          !     ソ ,ハ! ``}〉  ‐㌃  ̄ `l| l!    ヘ   ―― ハッ!? えっ?
           _〉 ;,  イ≠气ミ リハ .|ァ≠气ミ| !    ,、`、 
          ´7 '、 !、赱オ   |,ハ! 斧:リノ | ;l! l!  | ` 、゙    げ、“ 外典 ” の事ですか?   
        _ノ  .ヾ | `¨¨´     `¨¨´ .ノ'/ /   !   `゙ー
        . ´フ    メゝ````  ′  ```` /  /   |
        ノ'゙i     |八   __      uノ/    ,ハ!
          厶イ   !  \  i/´ ヽ  ,彳´ :; l|ルハ
            .|ハ八j゙ミ __|゙::..` ー '.≠./=-,x、!,ハ! 冫
.             .レー ' ̄/ Y´    j/ ー チ´ ヽ
               _ r=〈./ . ヽ   .イ : : : : /
            <   ,': : :.∧.  .ヽ..l/: : : : : :7       l
         ,'     j!: : : : :.   .:λ.    .',: :7       !
            .:/ : :   .〉-.!._ z -  .ヘ7        リ
       l    .:/ ー   .l::::::l       : :l!       /!.!
.        !   .:/      .l:::::::!         .:|      ,' ,
          ',  .:/      l::::::::l         .|     ,' ,..







         l                   l
        l、                  l
        l_  ̄ ―  __  ― 'l
       /:;:≧ー- ____ -‐;l、
      イ:;:;:;:;:;:/ _-―ヽ   ―ヽ、 l'
       l:;:;:;:;:;i l "_ ―、    /ヽ l
      "l⌒i:;l  / ,; ,     ィi  l l
         l.、i〈、   ! ヾツ   l ゛''‐ l     えぇ。やる夫さんの事です。
       ヽ`_    ̄ ( _   _ )  l
         ;,',            , l      ボクがあの人が “ 外典 ” だって知ったの、
          r,l 、  `   ̄ ̄ /
         , -l ` - _    イ         王都から出立しようとする寸前でしたから。
       /  \ ( )   ̄ ()l \
     /     ` -, _ -     \
    /       /           ヽ
   /       /              ゙
   l   l  l  l               l .l ゙
  .l   l  l  .l  ( )       ( )  .l l  ゙
  l    l l  l              l.l  ゙    ―― 止め処なく腕を動かしながら、
  l     l l l .l                  l  l ゙
  .l       ヽ/ l              l  l  ゙     小松シェフは言葉を紡いでいく ――
  l      ヽl  ( )       ( ) .l  l   ゙
 .l       ヽ                  l  l    ヽ
 l         〉         /  il  _ -―‐

1123 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:10:39 ID:h14A33ff





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   最初は一人のお客さんとしてお店に来てて、
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \








               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \   雑用でもなんでもするから、見学させて欲しいって
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /   ボクの仕事ぶりを間近で見たいって言い出して、
          /              \



...

1124 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:11:58 ID:h14A33ff







            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
        /            ヽ ヽ、
     ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、
    / `゙`'''゙゙゚    、_,,.-''     ':'"    ヽ、
   i 、         .。- = ナ '´        ヽ
   ./ マ=t7心。 、 '´{イt_ァ 7´,ィ          ヽ
  / .  弋 モ_无     `¨¨´                i   それが終わったのかな? って思ったら
  /     `¨´ ノ    \                  l
 ,'        ,'       ヽ                l   今回の仕事を振られたんですよ。
 i        (   i     )               /
 ',        `゚''` `゚''ー' ´              /    話すことも仕事で扱う食材とか、大まかな人数とか、
  ヽ、                            /
   ヽ                         /      必要な経費とか、報酬とか、仕事内容ばっかりで、
      `¨i                     ヽ
       /                      ヽ
      /                     ヽ





    ___
 __,-';;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
. ミ;;/二 ̄ .二ヽ;;;i
 リ‐‐ヽ三.ノ―、.};;}
. {  ・ } { ・ } };}
 >i-‐ '」 u`‐‐" ij,Y
. { }| {-、  ,- ) u | i }     最後はボクも乗り気になっちゃって、契約書を取り交わして、
 ヽ| | .r -‐、 | r '
  | u | ̄;;;;| u |       じゃあ日取りはいついつで、じゃあ明日――って所でようやくですよ?
  {  |;;;;;;;;;;| i u }
  ∧i.|;-- 、| | ,〈       頭下げてまで仕事をして欲しい、熱心な人なんだなーって思ってたら
    |.|   |.レ /i~~~>、_
    |.|:.:.:.:.:.:||人|.」 {{:.:.:.:.`ヽ 実は “ 外典 ” 継承した人だなんて、びっくりしましたよ。
    L三三'.ハ'ノ〉:.:ミ.シ>':.:.:.:.}
      ,..ノ/´:.:.:,-uuu、/  
    uニ、 〉-'=‐ Yム-‐'
   __,..レ'‐'~ } ,=ニ´.{
   {:.:.:.:.:.:.:.:二」:.:.:.:.:.:}
  人:.:.~゙|´  {:.:.:.:.:.:.ヽ、

1125 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:12:40 ID:h14A33ff





                       -──- .
                  > ´         .、  く
                /            \  \
               /                    \  ヽ
            /  ′    ∧      ∨   \ ',      そこまでしてたんですか……
               ′  l     ハ        ∨     ≧=-
             .   {    |   | ∧}  l   ',   マ=─ ´     村の皆さんの為に……
              |   | \  lヽト {   刈   .|≧=- ´∨    、
              l    八 \{  f笊芯ア.l     |       ∨     \
              | {   {芹、   乂z少 }.   |      ∨ 、    ヽ
              l人  ハ乂}     .:.:.:.:.U八ィ ∧     l  ∨ \ ̄   ジブンガ ハズカシイデス
               l ≧=-:.:.:′    ム ´ | /|     .|\ }   ヽ
               |   八   r 、   /ノ´| { ∧ l  >─ ´
               } l {  > `    イ    | ∧.′ヾ
               l 人 | ヘ \ノ 爪 、    .Y l.ィ 、     \
                    /   /       .|    \     ‘,
               /     / ヽ , -‐   .| , -‐─‐     ∨







         l                   l
        l、                  l
        l_  ̄ ―  __  ― 'l
       /:;:≧ー- ____ -‐;l、
      イ:;:;:;:;:;:/ _-―ヽ   ―ヽ、 l'
       l:;:;:;:;:;i l "_ ―、    /ヽ l
      "l⌒i:;l  / ,; ,     ィi  l l
         l.、i〈、   ! ヾツ   l ゛''‐ l
       ヽ`_    ̄ ( _   _ )  l    それもあるんでしょうけど……
         ;,',            , l
          r,l 、  `   ̄ ̄ /     ボクが最終的にこの仕事を受ける気にさせられたのは
         , -l ` - _    イ
       /  \ ( )   ̄ ()l \     やる夫さんが口にした “ ある言葉 ” だったんですよ?
     /     ` -, _ -     \
    /       /           ヽ
   /       /              ゙
   l   l  l  l               l .l ゙
  .l   l  l  .l  ( )       ( )  .l l  ゙
  l    l l  l              l.l  ゙
  l     l l l .l                  l  l ゙   トトトトトトトトトトトン
  .l       ヽ/ l              l  l  ゙
  l      ヽl  ( )       ( ) .l  l   ゙
 .l       ヽ                  l  l    ヽ)))))
 l         〉         /  il  _ -―‐

1126 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:13:22 ID:h14A33ff







                       ____
                         /´   \
                        / /         \   \
                  __ ノ /      |  |  \   \
                  ⌒7   |Λ   ||  | |
                   /   イ⌒  |||⌒ト |
                     /   _芹㍉\リノ斤テ㍉ |  |   |
                 /  | ド ヒソ     ヒツノ|  |  | |人
                  ̄| 八| ;; ;;  〈ノ    ;; ;; |  |   \  \   ある、言葉……ですか?
                   |イ `ト|            /|  | \_,.>| ̄
                  |l |人   、    厶|    |   \
                  |人   \      <八   |  |人/ ̄ ̄
                    \Λ人 ̄|     |  \{\{  }
                         /_|__ -r‐Τ}\     ノ\
                            { { {  {  }人 \__{    }
                      / ̄/ ノ ノ   ̄//⌒\\  ノ\
                        / // / / /::/ / ̄\/\    }
                      ,....:::::/ / / / /::///   ∨     Λ






   l―  -               ‐l
    l_                     l
   イ:::::::::::::::,' ――  ――  ― ―l、
   /::::::::::::::::/ /三 ミ     "二ヾ. l:::ト
   /::/‐、ヽ/  /´ ィ、ヽ    /,ァ; ヽ .l:,'
   ''i:l  ゝ   l  ゙ー'       ー'  i l i
   l:、 ヽ     ー‐     、 ‐‐  l/                 ヤルオ サン
    " l 、`ヽ      /     ヽ    l     王女様……貴方と “ 外典 ” 殿は
    lイ:::::::ト     ゙ `   .´'   /
      ゙ヽ::::l 、    ―――‐   /     出会って日が浅く、思い入れも特に無いと
       ゙i  \      ̄   /
       l ー _` 、     イ      聞き及んでいますが……間違いありませんか?
     , ‐、 ( )     ` ´( )-、
_― ̄   \‐- _ __ /  ` ‐ _
         _―

1127 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:13:55 ID:h14A33ff





                 ___
.            /       \
           /  |  | \\
.          /   | |  || | | \
         /   | 人 ノ|人 |人  \
.      /   | |竺竺|竺竺| | ̄
       ⌒/ | | | ⌒       | | \
.         ⌒Τ |人  r ┐U人| ⌒   そこまでハッキリ言われてしまうと
.           人  | |>  <⌒
           〈\〈 ̄∨ ̄〉        個人的に悲しいんですけど……
            〈//  ̄ 只  ̄∨ \
         /  {   |:::|   | |    いえ……はい、仰る通りです。
          |  /   .|:::|   ∨ |__
          | ./    |:::|.    ∨.| 〉
          ||    |:::|    ||V 〉
          | \   |:::|   / | V 〉















 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 | “ 聖典 ” としての仕事も、初めてだと  |
  乂________________ノ










                              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧
                               l  ……はい。初めてです  .(__;)
                               ヽ、___________,ノ







...

1128 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:14:55 ID:h14A33ff















               ―――― 彼、こう言ってたんですよ。














                  |i゙、    ト、
                  || ヽ  i! !.`、     ,i
         __     ヽ:、 |.|  \i| ! |i `、 !  / |
         \`'''‐- 、, `、ヽ! !   ヽ.リ|   V!| / i
           \   `ヾ、`i l    ! i   l ノ/ /,イ
           、,\                /''/_,. ‐''/
       _,,.. ─`=ヽr''"´   , i        、ニ  /
       `ヽ、、__  / ,. /   //   ヽ '、  、 `、 ∠,ィ
         ``''z / / /   / /  }  | i、.`:,、ヽ i ‐ニ__
        、-‐''"/ / /  / //ィ /!  ,'l| l il i ヾ,.\ ,./
         `ニ=| :/ i  / / / i / l  /i ハi| | ヾ`''、‐-   初めてだからと言って気は抜くつもりはネェし、
          ``|/! /| ///,たレ'ニ|. ///  i|l i、ヾ ゙、_~,>
            ! | ir:|/_'r:::、'ェヮ‐,;:'/=/'i| /!|/`i `、 !ヽ    手も抜かねぇ。厳しいこともガンガン言うだろうよ。
             '゙ ンl``、;;;;:}:='''" / il /r' '/i i `,|ヽi
              ヽ,..          ソ、ri'/ .| |/',! '    でも、それで終わっちまったら……つまらねぇだろ?
              `;ー--'       /:: |d || |i/ |
               ';``      ./:: @|| /リ
                l    ,. ‐'":::::::   ll/  iフi
                    `ー-‐''7:、::::::/ ::  ,,.. -''"/l
                  ,. :i. ,,i::::::',. -‐',"-‐'"   ソ''''‐;
                  / / {ノ,r'"o i"~    ,. ‐'"   `''‐、






      、__ .  '  /  /            \ <
       ー-   __彡{ / /  /         ヽ  `ヽ
       `フ  /  八'  ,   '   !  {   |  ヽ   ;ヽ \
     /   '     /{  ;  '  l 八  |   ',  |  ',
      -‐彡    /イ: {  |  l   ヽ.|   '  :|  '
       /, /〃`Y  ,八 | 、|i     ト、   : :;   :
     /, / { ⌒i 八 \|‐-八   |     l∨   :i
       / ハ 」i  | \ー-=ミ\  |    ;|∧  . /
       ,  ;  }  ':. |  \弋:ツヽ\ト;  /ノ-‐; : /                 .シゴト
.      イ  ; 人__八 |     ヾ__, --.、_」 /ィ:テイ /|: / アイツにとって、初めての任務なんだ。
      | ./i|  .: | ! ヽ      T::::::::::厂イ⌒Y|/ .|/                 .クビキ
      |/ | ;i八l :.          ` ー '  {、::ノ   ノ  手酷い結果で終わらせても 軛 にはなる……
     `丶、 l八 ヽ::ヘ                乂
     ::::::::::\    :::.、    -―‐- /       失敗は幾らしても良い。挽回出来る範囲ならな。
     :::::::::::::::.\   :::.\    - /
      :::::::::::::::::::.\    :::::>、   , '::`ヽ_
       :::::::::::::::::::::::::.\ /   ` ーく\::::::i:::::::\‐-...、          ただ――――
      ::::::::::::::::::::::○:::.\\::::::::::(○:::::>::l\ :::::.\:::::

1129 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:15:27 ID:h14A33ff



















                 初めてみんなでワイワイやることぐらい、成功させてやりてぇ。














...

1130 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:17:05 ID:h14A33ff






      、__ .  '  /  /            \ <
       ー-   __彡{ / /  /         ヽ  `ヽ
       `フ  /  八'  ,   '   !  {   |  ヽ   ;ヽ \
     /   '     /{  ;  '  l 八  |   ',  |  ',
      -‐彡    /イ: {  |  l   ヽ.|   '  :|  '
       /, /〃`Y  ,八 | 、|i     ト、   : :;   :
     /, / { ⌒i 八 \|‐-八   |     l∨   :i
       / ハ 」i  | \ー-=ミ\  |    ;|∧  . /
       ,  ;  }  ':. |  \弋:ツヽ\ト;  /ノ-‐; : /
.      イ  ; 人__八 |     ヾ__, --.、_」 /ィ:テイ /|: /  何時か辛いことがあって、全部放り出したくなる時……
      | ./i|  .: | ! ヽ      T::::::::::厂イ⌒Y|/ .|/
      |/ | ;i八l :.          ` ー '  {、::ノ   ノ   心の何処かで、最初の思い出を手繰り寄せた時
     `丶、 l八 ヽ::ヘ                乂
     ::::::::::\    :::.、    -―‐- /        笑顔があったのなら、踏ん張れると思ってよ。
     :::::::::::::::.\   :::.\    - /
      :::::::::::::::::::.\    :::::>、   , '::`ヽ_
       :::::::::::::::::::::::::.\ /   ` ーく\::::::i:::::::\‐-...、
      ::::::::::::::::::::::○:::.\\::::::::::(○:::::>::l\ :::::.\:::::







                            /  i|  ',|  i| ∧       -― 、 u |   |  |、
                           ,/ ⌒|  |i\|、  、     v___ノ /i|   |  |
                               ∧  |l  ヾ \(>  ..__   /  .ハ ∧
                         .       ∧ i|l  、\ ヾ(    丁   / ∨
                …………っ!!     小八 \|\ \ iト、___/i|__/   i{  '⌒
                                i/  } ∧ `⌒` _ア´ /i∧   f⌒V
                              /   }, ′   _,.  ,イ ./⌒`ヘ   ∧ /
                                  / ,.   ⌒¨ア j/|__  ,∧/{ ∨ /
                                   /    /   厂「∨   乂 ∨
                                 ′ r―く    ./   i|/ {⌒∨  /
                                 i|  __| 、__) _  /  ./   ji  ∨/
                                 l| {  \′,_`丶、/    乂___.j/
                                 l|, r=ミsr' ̄   `  \      厂 ∨
                                / jL _ `、r一'"      \   i{   ∨
                               ′ { _ ヽ |  ァ'"´       、 `ト i|
                               i{  :, 廴.人人く ┬z、       丶.乂
                         .     ∧ .∧   厂| `¨¨´| 丶、__     丶、
                         .     /  `7    /  |     |    `\

1131 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:19:40 ID:h14A33ff





         l                   l
        l、                  l
        l_  ̄ ―  __  ― 'l
       /:;:≧ー- ____ -‐;l、
      イ:;:;:;:;:;:/ _-―ヽ   ―ヽ、 l'
       l:;:;:;:;:;i l "_ ―、    /ヽ l
      "l⌒i:;l  / ,; ,     ィi  l l
         l.、i〈、   ! ヾツ   l ゛''‐ l
       ヽ`_    ̄ ( _   _ )  l     知り合いと言い張るにも薄い縁なのに
         ;,',            , l
          r,l 、  `   ̄ ̄         立場とか関係なく、誰かの為に
         , -l ` - _    イ
       /  \ ( )   ̄ ()l \       頭を下げられる人、凄いと思いますよ。
     /     ` -, _ -     \
    /       /           ヽ
   /       /              ゙    それと、こうも仰ってましたね――
   l   l  l  l               l .l ゙
  .l   l  l  .l  ( )       ( )  .l l  ゙
  l    l l  l              l.l  ゙
  l     l l l .l                  l  l ゙
  .l       ヽ/ l              l  l  ゙
  l      ヽl  ( )       ( ) .l  l   ゙
 .l       ヽ                  l  l    ヽ
 l         〉         /  il  _ -―‐








    やってみせ 


              言って聞かせて 


                          させてみて 


                                    誉めてやらねば


                                                  人は動かじ








           ――― 山本五十六っていう、良いこと言うおっさんの言葉だ。









...,,,,,.. - '´ ,...                  ノ
'''i  ! ::':、_,,'、:l    ヽ==r '''''ヽ」::/r'''ティ ./|::::/
. | /| .:,i i  lヽ!.       {:::::::::ノフ'゙'i´`}、l/ l:/
. l/ |::;'',:l ::',        `''''´   {;;ノ'゙   ノ'
`ヽ、 l::', '、 ::::'、     、    __,,.V      出来るかどうかは知らねぇが、
;;;;;;;;;\'、   ::::ヽ     ――- /
;;;;;;;;;;;;;;;\   :::::\    ''''´/          諦めていたら届かねぇよな  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 :::::::::>、   , ';;;ヽ,,.....、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::::/  ` -、' \;;;;;l;;;;;;;;;ヽ-‐;;;;;;,、  だから手を差し伸べてやる
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(;;);;;\ ヽ::::::::(;;(;;);;ヽ;;l;;;ヽ;;;;;\;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::/ /:::::::::/;;;;;/;;;;;l;;;;;;ヽ;;;;;ヽ;;;;;;;;














                俺もそんな風に―― 師匠達に育てて貰ったからな。










                                                                    │\
                      ┌┐                          ┌┐                    ┌┐│  \
┌┐┌┐┌─┐┌─┌┐───││──────────────┌┐└┘──────────││┘    \
│││││  │|┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│        \
│││││  │|└┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │          \
│││││  │|  │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐\
│││││  │|  └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘  \
└┘└┘└─┘└──────────────────────────────────────────────

壁l・ワ・)なに続きが短い? 心眼だ! こころの眼で見るのだ!!

1132 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 00:20:29 ID:h14A33ff
壁l・ワ・)ねりゅ!

1135 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:07:42 ID:h14A33ff
壁l・ワ・)あ、幼馴染は アイズ・ヴァレンシュタイン さんに決定しました

壁l・ワ・)他の候補もめっちゃ良くて、悩んだ(小並感..

1136 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:19:22 ID:h14A33ff
                               ____                        //
                             , .: . . .  二ニ=─  _      '’    //
                              //  ̄ ニ=-: . . .=- _ \: .           / /
                     __r─へ ____/ ___     ⌒\: .\ }: . 、      / /
                  --=ニニVi:}::}ニニニニニニニ]__rへ   }: . }/. : .}  // /
              // /__ー-- {i//:i:i:i:i:i:i:i:i:>--<:i:i:V } __ ,. .  /. : . / /   //
                 └〈_/(/(⌒ー /二  ̄ -=ニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〈__/: /  . . . . ./   //
                   /ニニニVニ{=- __    r^7⌒-=:/: /  . . ://   /
                     ' /. .  . .└ヘ\: . .=-/ /:i:i:i:i:i://  . : : : : /   /
                  // {: . . }: .  八V: V〉: / V:i:i:i:i:i:/ __ -=: : / / /
              {/ 八: . .}: { /ィ芯}: . V/-=ニ}:i:i:i:i:/ . . : : : ./ /
               /ィ i | V八乂  _ノ: . .}=- //^V ---= :/ /
                | | |八莎、  ⌒}: 八_/ {: . . '  . . ./ /
              /| | | 込  r >八( ---ミ: . {: .// /
            /. : | { {: { 个: . //     }: . .V⌒/ /                       /
.             . : : ./ |八八{ |: . くニニ'  . : : : :人/ / /                         /
.          /. ./. : |: . \乂: . . . >人 : : : // / /                    // /
         /{: . .   八: . .ニ=-⌒/ニ=- `</    /                ////.: :. /
          { 乂: .彡 ⌒ ¨¨    'ニ=-___ /    /             ///.: .://.: .: /
         ⌒¨´            {/{ . :./                 ///.: .: .: //.: .: /
                    八 /                   ///.: .: .: /.: .: :-=//
                       //                ///.: .: .: .: .:/: --=ニ//
                     ///          /  //:i:{└.: .: .: ://.: .: .: .: //
               /  /           /  // ¨}:i:i:\ 、 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .}
      '’       /              ////:i  /〉i:{:i:i:i\\.: .: .: .: .: .: .: : /
            //          /////:. : } ' :{:i:八:i:i:i:i:\ __ニ=-=ァ=-V
            //          /// ̄} Vi} . :/ __/i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::::}
       /              //¨  ////L__}八  __}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:':::::::/
     //           /{//〉 _//////// //ニニ=-:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::::/
   //           // :// / ///r く ̄  /}:i:i:i:i:i:i:i:i:iニ=--:i:i:/::::::::::{
//            /   :  //  / /////\\_/ ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V::::/⌒
               /     //  . :.////////\ 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}/   † 全剣技使用可 †
           /  '     //  i: '/////////└y \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
        //         //    | {//////// <.:.{    ̄ ニ=--/       † 剣術師範 †
       /            //    | {/ ̄ V//   V:.\        /
     /           //    〈_/ ─ L/‐=ニ/{.: .: .:\ ____/〉          † 天然 †
   /              //               〈//〉.: .: .: .: .: .: :/
  /           //                  V/.: .: .: .: .: .: .:,     † その身疾きこと風の如し †
//            //                }.: .: .: .: .: .: .:/    
/               //                j.: .: .: .: .: .:.∧.      † 不壊剣 : デスペレート †
             //                     〈\.: .: .: .: /.: :〉
__________________________________________

 【 幼馴染 : アイズ・ヴァレンシュタイン 】

    やる夫のご同輩、幼馴染にして修行仲間。

    初代 “外典” である “ 剣聖 ” の系譜。つまりオルランドゥ公の子孫である。


    今代の “ 外典 ” 最有力候補であったが、実力がほぼ伯仲し、

    且つ孤児であったやる夫に譲る形で “ 外典 ” の選出から外された。

    ……のだが、当人は別段気にしておらず “ 外典 ” 養成の里、その剣術師範として剣を奮っている。

1137 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:32:07 ID:h14A33ff
                       ___ -----  __
                    . ._「\-=ニニニニニニ=- _
                      . :__ノニ=--/  ̄ ̄ ̄  -=ニニ\
                  /〈ニニニ=- {  . /. : .  . .  ̄ \ニ',
                '   Vニ/\=-{ . ://. : : ': .   \ \〉
               /: . . /ニ〉  \〉: .'  /: . {: .      、  \
                  ′: . /ニ/:  i: .  { i: /: /{: .  i  : . :.  丶
              : . . . 〈ニニ{.:i  |: .  { {//⌒{: .  }: . : . ::.
               : . . .  vニ{.:|  |: .  { {示笊㍉: . 八: -i-. :}: .   }
              i: : ,   V{.:|  |: .  { 乂ツ  \(  \{: . 八: . 八
              |: /    { | |  |: .  {八 `    ヽィぅ示V: . .\(
              |/   八| |  : . . 八: .\     ヒツ ノ  . . :.\
              /: .      | |   . . . \: .\    〉 .: : .     . : \
             ': . .   /   |八  . .\: . .\⌒    .: :、 . . .\(⌒\\
            //   ,   |⌒\  . .\( ⌒ -    イ:i: }\. .   :.   \
.          //    /         \ 「ニニ=- _  /: | |: }⌒\: .  .     丶
       / イ     /        . . . : /ニ=-/  ̄ ̄ \| }八   、 八
      /// /   /     . . . . . : {/ ̄〈 / ̄ ̄\〉、      }/
     // //   '     /. . . . /. . {=-/}/    -=ニ∧ __  /
__  //   ,     /      /. . . ./. :/ L/  /=-     -=ニ∧=-- : : . . _
⌒7: '   /    /     /. . . ./. :/ : |  〈ニ=-     -=ニ',   ̄ ニ=-- . . .
 ' /   '       '      , . .  . .  /. i: :|  ::. Vニ=-      -=ニ∧、         ̄ ニ=-. .
/:/ / /  /     . . .      /. : |: :|  、:..Vニ=-      -=ニ∧\         ̄ \. .
: '/ /  /    /. .     '. : /|: .|   \ 、ニ=-     -=ニ〉: .\           \. .
. : /   /    /. . .       /. : ' |: .|     ::{\ __ __    __/ 、: .  \ __             . .
:./   /     /. .        /. ::/  |: .|     V:i:i:i:i:\ニ=- ⌒L: .\: . .   . .\       }:
   /     / /        ,. : /{   |:八      v:i:i:i:i:i:「/  -=ニ\: \ニ=- _ . . \      ,.:
 /     / /       /. :/:八::.八: ..\     Vi:i:i:i:{ニ=-   -=ニ}: . . \ ⌒\ : \  /. .{
__________________________________________

 【 剣術師範 : アイズ・ヴァレンシュタイン 】


   王国最強の暗黒剣士が “ 外典 ” なら、最も完成された剣士は里の “ 師範 ” だ。

   “ 外典 ” はその特異性から里の全ての技術は教えてもらえず、

   やる夫も “ 武装を纏わずとも剣技が使用可能になる ” “ 虚刀流 ” と、

   “ 概要は知っているが、統治機構との兼ね合いで使ってはならない ” “ 聖剣技 ” は習得していない。


   ―― しかし、“ 外典 ” を養育する立場にある “ 師範 ” のみ、里の全ての技術を習得出来る事を許される。

   古今東西、あらゆる剣技を使うことが出来たと言われる “ 剣聖 ” に最も近いのが彼女である。 

   なお “ 師範 ” の選出は “ 外典 ” と同じく、権力や名声にまるで興味を示さない人間だけが就任出来る。

..

1138 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:44:48 ID:h14A33ff
                    / } /  ヾ.>'゚  / .,.'^   ,       1 ヾ:、
                    / //     / j/     /   ,r    .l.   Yl
                    / / '    ./ /  ,   ,/  ./     1 .}   l1
                   .' / .j    /  ' / >くj_  /    j i'   |イ
                  .'  ヽ.!   /  jイ:-'´  l `ヾ    ,/ /    i.|
                  ∥ /r!    j   T^7=x、_ | /    ./_ /   .゚ }
                 ∥  { ゙|    l   l^ {゚Fノ`ミi, j!  ,  /' /ト/  . '
               .'   V{   .i   l  `"   ヾ.i / /jノ_ j/ / ./ '
               /    //!   j   ! .:::.     `jノf゚p;)ヾ7r' ,イ/ .゙
                 /   ∥r{   1  |        j   ゙' ’ /_ノ j/.V
                  /'   / /^!   | i !       '    .:::. /'^i ∥ 7
               // r-v',_/ 1.!  .! ! .l     __        /j .' /' .'   やる夫、帰ってこないかな……
             /./  {. . . . `丶l1i. l iト.l、    `    , ' .イ    , .'
      _ __,.. ノ / ,r1. . . . . . . 1ヘ N ヾ\  _,... ‐'./ /.'    / ′   やる夫が作ってくれた、ジャガ丸くんが食べたい……
  ,.r:'^´       V∠.. L、. . . . . . V1 1|. . . . `^'-=.,_ /' //! /  ./i/
/ . . . . . . . . . . . . . ヘ::_::_:;>!. . . . . . .ヽ l:、i: . . . . . . . =.`7  /.{/i ./ ノ     
. . . . . . . . . . . . . . . . . \ . . ヽ. . . . . . .Y ヽ{. . . . . . . . .'./  / V! /
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . }. . . .ヘ-、,..:'´ . . `. . . . . . . . /  /   jノ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . ..j. . . . r'^._,。-‐ァ. . . . . . . . . .く:ヽノ.:'ヽ、
. . . . . . . . . . . . . . . . . . /!. . . .  ̄\/. . ,:= '゙ ̄\. . . ヾミ:::1. .:^丶、_   < ぐぅ~……
. . . . . . . . . . . . . . . . . /.j: . . . . . . .(_,.。<´  `  '^ \ .'k,\{ . . . . . . 1
____________________________________________

  【 アイズ・ヴァレンシュタイン 】


    彼女がやる夫と出会ったのは、やる夫が緋村師匠に引き取られてから2年経った時の事。

    心壊れず、ただ一心不乱に剣を振るい、剣理を追い続けるやる夫の顔には笑みがあった。

    「何がそんなに楽しいんだろう」 と興味を持ったのが、二人の邂逅。

                           バ ト
    気づいた時には互いに剣を振るい、打ち合っていた。

    そこには色恋など遥か遠く、剣しかなかったから。


    かたや剣理を追うのに夢中になって、忘我の内に別の理を追い求めるように。

    かたや打ち合う度に気付かされる意思の硬さ、返ってくる鋼の音色に惹かれていくように。

    名前を尋ねるよりもずっとずっと先に、「明日もまたやろう」 と約束を交わしていた。

..

1139 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:53:28 ID:h14A33ff
    /      /    /     |   \      \         /
       /   /    /     : |    \  :、    丶   ヽー‐
   |            /    : ト     丶  \    \  ::.
   |   |  |     ′    :_l___\     :   \    \ ::.
   |   |  |    ;      イ丿   \   : |   : |:\    \}
        |  |    .′  : : / .斗-==ミヽ i |   : |  \    \
   / /1 │'⌒/   : :/  〃 _)jハ } {リ   : |⌒ヽ. }`¨¨ヽ⌒
-=彡 '゙  }   {  厶=ミ‐'"      乂rッ/ | :   ::}.........}.′、:.:.:.\   ※ 数年前のやる夫。フィルターOFF
      l  人./{ _)ハ             | :    ::}'⌒ /、:.:.:.ーr―‐`
      |  /ハ  Vリj           | :    :j  .イ :.}:.:.:.:.:}
      l/ヽ  :,  〈            、:  : :厂i:.:|:.:.} 、/
         }  }              \ : :{ ノイ/
         |   、   、___ ノ     --―‐…………‐- 、
         |  /\     ,. . :: :´: : : : : : : : : : : : -- : : : : :{
         l/     、/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :\: }
                  く: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ〉
                 ヽ: : :/:_:_:_:_:_:_: ---……………-- 、
                 -=ニニニニ=- : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : \
              r=ニニ二二二二ニニ=- : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :
____________________________________________


    二人の間には楽しかった記憶しかない。

    挫けそうになっても、一人さびしく泣いていても、剣とは何かを考えて答えが出なくても。

    明日になれば 「 おはよう 」 と言ってくれる、まるでもう一人の自分が居た。


    ―――― 何時かなんて考えない、永遠性がそこにあった。


    けれど時が流れ、選別の時が来る。

    やる夫は “ 外典 ” となり、アイズは “ 師範 ” となった。

    そんな二人の道が交わるのは、もう少しだけ先の事になるだろう。


    日を追うごとに、話したいことが増えていく。

    夕方になる度に、アイズはジャガ丸くんの味を思い出していく。

    お腹を空かせたアイズに、一緒に食べようと言ってくれた、あの笑顔が忘れられない。

..

1140 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:55:44 ID:h14A33ff
      X     '    +    +  ,
  +      ゚   . . -──- . .   ゚   +
      ゚   _/-=ニニニニニ=-ヘ   。   x
    X    /-=ニニ=- ──  -=ニ\   '
 '    +  /{-=ニ{: /:,. :/   . :} }-=ニ} *  X
 x      .: ∧___/:/}/}/{: .  ': 八 \_/
       i: {: .  {/:/⌒八: . /:/⌒V . } x    ゚
       : 八: . .{ Y⌒Y )/}/ Y⌒Y: :八
       i: . .|\乂、__ノ     、__ノ〈/:.|
       {/ | ::{ Xxx       xxX}. : |
.        /  :|.:込          八. :}
       / , : | | |≧=-r __ r‐=≦:|: .  ,
.      / . : .八 {八/〈_{ニ}_〉:i:V: |: /:/  ―― やる夫はきっと、また此処に戻ってくる。
      ': . . Vi:i/-=/=-   Viハノ/}/}
       i: .   {:Y⌒Yニ=-  Y⌒YV. :} 
    i {: .   {::.、 ィ  ̄ \___、 ィ } . :}      そう願い、そう信じ、アイズは今日も剣を振る ――
    | 八: .  人__ /       └r‐': . ,
    |'⌒\: . ./  ,       、 V:/}/
          y  /           }/
         { 〈         }

1141 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/08/04(土) 06:56:10 ID:h14A33ff
壁l・ワ・)なんや、この乙女……! カイシャ イテクルー

1142 :名無しさん@狐板:2018/08/04(土) 07:35:12 ID:27oQ+ZaW
乙です
行ってらっしゃいませー

1143 :名無しさん@狐板:2018/08/04(土) 11:00:12 ID:wCDxcGZ3

ジャンヌは勝ち目ないじゃんw

1144 :名無しさん@狐板:2018/08/04(土) 12:00:49 ID:c6/Tj41+
ベルくんがこんな姿になっちゃったのかw

関連記事
| ◇やる夫は水銀の蛇の弟子になるようです | コメント:0 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する