おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/07/16(月)
662 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 02:39:34.41 ID:r0BaWCZE

                   - ――― -
              , :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : \
               /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
           ':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
            ':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :`、
         /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :``丶、:. :. :. :. :. .
    ―― 、 :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : |:. :. :. :. :. :. :. :. : : \:. :. :. :.|
/:. :. :. :. :. :. :.>:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : |:. : : : : : \:. :. :. :. :. \ : : |
 ___:. :/:. :. : /:. :. :. :. :. : : : : : |:. :. :. :. :.|:. :\:. :. :. :. :. \: :.
        /:. :. :. :./:. :. : : : | | : | :. :. |:. :. :. :. :.| |:. :. \:. :. :. :. |:.\:.                 【寝室のシュテル】【1D10:4】
      ':. :. :. :. :. :. :. :. :. :| | : | :. :. |:. :. :. : 斗匕:. ̄ ̄:. :. :.:.|:. :. :. .             ①:スヤァ(反応せず)
     /:. :. :. :. :.|:. :. :.|:. :. | | : | :. :. |:. :. :. :. :.|: : : | : i :. |:、:. :.|:. :. :. :. 、             .②:スヤァ(反応せず)
-――=ミ __:|:. :. :.| : 斗匕:|:. : : |:.\:. :. :.| \:l 斗ァ|:. \|:. :. :. |:. :\           .③:目が覚めた(うっさい……)
              >、|:. :. | \:.| 、: {\:. :. x彡"   |:. :.|:.|:. :. :. |  ̄ \        ④:目が覚めた(お手洗い)
―――v――…=≦     |\:.|  > \ `¨⌒ ///:. : |:.|:. :. :. |              ⑤:【1D4:1】
                  从 x≠彡'´          イ _|:./: |\:. :.|              ⑥:スヤァ(反応せず)
               |:込 //        / '  / ==----、              .⑦:スヤァ(反応せず)
               |:. :. ≧=-------  <  / /-=ニニニ \              ⑧:目が覚めた(チキアタック)
               ∧:. :. |-=ニ\\------ / '-=ニ|-=ニニニ= -――---┐、.  ⑨:ジョバァ
                 /-=\:.|-=ニヽ \\ __ /イ-=ニz|-=ニニニニi       }|  ⑩:【熱烈歓迎】
             イ-=ニニヽ-=〈-ニ|-=≧==≦z-=ニ∨|-=ニニニニ|         |
              / ∧-=ニニニニ\|-= r― ⌒ ⌒)=ニ|-=ニニニニ |         |



                ,  ー 、
                 , '::.:,..-‐   ̄ミxk``:.:.:....、
             /:.:.:.:゙/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ
         :.::.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.。=-ijr'=-.、..,_.、:.:\
.        ':.:.:.:.゙イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:゙<  ./:ィ==n,<ヾイ:. :.:.ミk;_
.       /:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:/: { / ト佳圭l.ヽヽ`ヽ :.:.:ミk;__彡
       ':.:.:.:.:.:.:l/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/:.:.:/:゙__l {: :乂圭ツ: l >.:.:.:.∧
.      ':.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.|:.:. ∠-ヘ ヽ : : | |: / /l:.....:.:.:.:.∧
.     ':.:.:.:..:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:|:.: |: ゝ \|  l/ィ〔;.. :.|_.:.:.∧
    ':.:.:.:.゙___ :.:.:.:.:/|:.:|:.:.:.:.:|:.:斗匕「.....ム¬  l:.゙:./レ`<ィ:.:.:.:|:.ハ
    ′:.:.゙ヽ 、--ニミヽ.:.:l:.:.:.:.:|:./リ ヽ{ ヽヘ:.:ヽ/: :./圻ヾk|:.:.:.:l:.ハヽ
.    ′:.:.:.::.:ヽ\ _〉 l:.:.',:.:.:.:l//   ___- \):.:イノり∥/:.:.:/:.|  ヾ=--      【寝室のチキ】【1D10:1】
   i:.:.:.:.::.:.:.:. \>-- l:.:.:ヽ:.:.V.-=㌃ ̄``  }/ ゞ'-....:/:.:.:/{:.:|           .①:スヤァ(反応せず)
   |:.:.:.:.:.:.::.:.:. /:.:/:.:.:.:l:.:.:.:.:\:.`、///::    、 -=彡_イ l:.:ト 、        ②:スヤァ(反応せず)
   |:.:i.:.:..:.:.:. /:.:/ V:.:.:l:.:ト:.:.:.:.:.:.ミ=-      __ryァ斗へ)_ヽ(  ヾ.:.、      ③:寝相が悪くてベッドから落ちた(目が覚めた)
   |Λ:.:.:.:../:.:/  リ乂ハ:!/\:.:.:.:.:.\   Yフ' ̄ :: :: :: :: :: iリ ヽ  ヽ:.i    ....④:シュテルに起こされた。(イラァ)
   | ‘:.:.:./:.:.:l  /  ヽイ   >--:.:.:rァ′:: :: :: :: :: :: :: :: :「〉     Υ    ..⑤:【1D4:2】
      /:.:.:.:|      { / ̄``ヽ_riフ:: :: :: :: :: :: :: :::rx/>'::/__   ,.イ       ⑥:スヤァ(反応せず)
       {:.:.:.:.:!      /      ト/ :: :: :: :: :: :: ryフ'" ::,::/_  ヽ/:./       .⑦:スヤァ(反応せず)
      ',:.:.:.:.ヽ     ヽ       {ゝfヽx_ ::_ rァ′ :: :: //// > {:.:.:./        ⑧:寝相が悪くてベッドから落ちた(目が覚めた)
       ヽ:.:.:.:.:>-==xヘ     \ :: ̄冖'" :: :: ::)__/ ヽ/,レ:/          ⑨:悪夢。
         ̄      〉ハ       ヽ :: ::__ ノ/   / }′        ⑩:【熱烈歓迎】
                 /:.:.ハ',     -ゝ___/     /__/} __
                  // } ハ     / / /     /  /´ :: :: :>‐、
             /   /   ヽ           /  // :: :/>:: ::}>
                    〉‐┬‐\       >''"  / :: :: ∠> :: :/)


664 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 02:44:32.83 ID:r0BaWCZE

 《南エスタード開拓島拠点/ニャル子の部屋》

           /\_.:.:.:.:.:.:| ⌒ニ=-  _                    _ -=ニ⌒   |
 ̄⌒ニ=-  _/      ̄ニシ=-  _   ⌒ニ=-  _         _ -=ニ⌒   _ ニ=- ┐|
    : : : : : : : ||      .イ:|i:|二___   |'´| ̄  ─=二 ̄二ニ=--=ニ二二ニ=-    ̄   | ||
.    _     || ,.へ,,ノ´ |::|i:|    ̄| | |. . . . . . . . ... ̄~|二ニi|:::|二三_| . . . . . . . . . _、-┬'|
|¨.|⌒| |¨|─ー-||‐'゙  γ´ ̄¨|i:|`丶  :| ||^.|^.l丁|:|─- ____| ̄| i|:丁¨ ̄..|_、-‐T''~|| ̄|| |. | ..|  レ'´
|....|. . | |. |. .|i :||   [|::::_____|i:|_: |   | ||. .|. .| | |:|  i|. .|....|   | i|:::||    ||....|.|.|_||_||_|. | ..レ'゙γ´
| . |. . | |. |. .|i :||    |:::| ̄¨|i:|¨丁|   | ||...|....|..| |:|  i|. .|. .|  | i|:::||    ||....|.|.|_||_||_|..<_彡'
|. ..|. . | |. |. .|i : ||    |:::|   :|i:|: ::|::|   | ||. |....l. | |:|  i|. .|. .|  | i|:::||_____ |. .| l.|_||_||_|..|..|| ̄= ̄
|.....|. . | |. |. .|i ||    |:::|   :|i:|: ::|::|   | |l. |....|. |_|:|_il. .|. .l   :| i|:::||| ̄ ||..|.l | ̄|| ̄|||| || ̄= ̄
|. . |. . | |. |. .|i ||    |:::| . : :|i:|: ::|::|   | ||..|....|...|_|:|_i|...| . |  | i|:::|||__| |....|.| |  ||  |||| ||─__─
|. ...|. . | |. |. .|i:::||    |:::|. . . |i:|: ::|::|   | ||..|....|...| |:|  i|...| ...|__|_i|:::||__|... |.| | ̄|| ̄||丁| ||____
|......|. . | |. |. .|i:::|| ̄ ̄ 〕└ー‐|i:|‐┘〔 ̄~~|..|. .l. .| |:|  i|. | . .|__|:::|__,|.....川|─||─||┤| || ̄= ̄
|. . .|. . | |. |. .|i: ||¨¨¨¨¨|| ̄``|i:| ̄¨¨¨..||¨| |. .|. .|_|:|_i|. | ....|_rzzzzュ__,|. ..| | |_||_||,,|.....||___
|......|......| |. |. .|i::||___立___|i:|______立_| |. .|. .|三三i|. | . |||::::::| |  |. ..|ニニ厂厂::77|. ..|| ̄= ̄
|. ...|. . .| |...|. .|l ||::| ̄r⊆⊇ニ|i:l二二⊆⊇l |. .|. .| ̄ ̄i|〕=-┴┴…┴-=ミj.....|  .|::〈〉:://...| . || ̄= ̄
|. . |.. . | |. .| ..|l ||::| :::| ̄~|__,|i:|___,,| | |. .|. .| ̄ ̄i|`i''T=--rrrr-=T''゙|. ..|``゙|::::|:: | |ー|....||__
|. . |_」⊥ -┴⊥|_:::|:::::: |i| ̄|i:|'´ `ヽ ̄:| | |....|. .|::::::::::i|. |. .| |ZZ|::|ZZi|]_」L⊥-┴⊥_| |  |. .|'7i||`¨
 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:≧s。|/⌒|i:|¨¨ ̄|::|^| |..|. .|....|¨¨ ̄|_」i⊥||¨/|::|二ii| | |ニ=-zzzzzz| |  |.〔:〔.i||::::
__  --─    ̄ ̄   `'弌ii|===|::|¨| |⊥_|__」_ -─  ̄||//7ヽ\| | |_`i|:|二\| l ̄L_〕:|_| ̄
            _   ノ弌二⊥|‐|_|''"´         └' |:| ̄ \|_| |===l|:|====| |=- [_|─-
     _,,.. -─  ̄ : :ノ: \i:i|:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ノノ  . :└   l|:| ̄ ̄|_|   ⌒ニ=-
''' ""~ : : : / : : : /: : ∧|::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : ̄ : : :. .  └        : : :
  .: : : : ′: : :/ : : : : |::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :
 . :/ : : :,; : : :/ : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : :. .
. : / : : ,:' : : / : : : : : :|.:.:.:.:.:.:: : : : : :  : . .

        ___
     _ . .´: : : : : : : `  ‐- _
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.` 、
. /: : :./:.: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\   , .-―- 、
/: : : :./: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : `Y: :-=ニ⌒
: : : :./: : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
: : : :′: : :./: : : :/: : /| : : : : : : :.ハ : : : : : : \: : : : ',
: : :.|: : : : :.l: : :.,イ: : / .!: : : : : : |: : !: : ハ: : : :.:l\: : : :
: : :.|: : : : z!-/./_.,イ  |: : : : : /|: : l |: : !: : : : !: :ヽ: : |
: : :.|: : : :.:Tア从7´ ̄.|: : : : /`トミ,イl! : |: : : : l: : :.|: : |
: : :.|: : : : l下ア抃 .   |: : / _l/`ト「ゝ/: : |! | : : |\|
: : :.|: : : :.l弋_zソ    |/ ァfカアノノ :::/ル'|/∨
: : :.|: : : :lゞ           込zソ ./'イイル'       ふわぁ……眠いです……。
: : :.!: : : :! """     、 ,,.,,.,, /: : : :|
: : :.l: : : :|\            /l : : i :|         でも、お手洗いもいきたいです、誰かを起こしてついてきてもらわないと……。、
',: : lヽ:.:.:|ヾ{\    ̄ `   .イ: li : ル'
:!\|lノ\ト、`ー`-ー―<´|!|/l: ノレ'           一人で廊下に出るのは、怖いですし。
/ :::::::::::|:::\:::::::{二二}:::::iヾ从|
::::::::::::::::::|::::::::\|\/\/l::::ヽ:!:::`ヽ
::::::::::::::::::|::::::::::::: ヽ====l :::::`i::::::::ハ
::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::l:::::::::l:::::::::::}

665 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 02:51:55.76 ID:r0BaWCZE

                __
              ´       ` 、, -――-  _
          /           ` ∠二 ̄__
                           、_ \
          /           /       ヽ `ヾ,
        ′           //   i! :i| ヽハ   l!
          i          //     /  リ  li .l  i   【限界まで】【1D100:69】 - 【1D100:56】
          //     ./      i/-i / / ./ ' i |/
       イ/       i /     {´ !:レ゙イ//  /ノi/
     / ! .i |  iハ    i |ヽi i////i_,イ.  '       あ、でもやる夫もニャル子さんもいないですね……
         | ハ  !  |ヽ  l |..| | u  ./i !
         i'  ヽト _トi!_\ l | i!| |__ノ}ハj         仕方ないのでチキを起こしますか……(ゆさゆさ)
                 '|三三≧}i ヽ' r:'777ー、
              「三三三三ミ、 {//////ハ        .……起きて、起きて、私もいつまでも我慢できるわけじゃないんですよ。
            ∠ニ=-――-=ニミ、.ゝ-―-、/j
         ∠三/三三三三=.Y´三三三.ヽ



         _ ∠ __: : : : : \
      >  : : : : : : : : :.`:.、 : : :\
     / : : : : : } ̄> : : : \\: : : ∨/
    / ∠ヽ(●)ノ _>∧: : :}: : : ヽ:∨: :∨/
    /: : : {:7ィ / : /_ヽ: |: : : : ',: }: : : }′     【眠りの深さ】【1D100:95】 - 【1D100:77】
.  /_ ノ ∧: :∨: :/    `}!: : : : }_|__ : l
.  ´ /: :{// ヽ: : :/ __  }: : : :.|ァ´: :|       ……夜は寝るものだよ……。
   /イ {   _, ヽ′  ̄ ̄xx.l : : : {´: : : |
    }: { _,z'"          /: : : /: : : : l        夜更かしする子は悪い子だよ……?
   {} ハ~xx  、_,、_ ノ   /: : :イ : : _:Ⅳ
   /.:l : |ヽ...___,,,..... イ r⌒}j、: :/∧
.  /.:.:.l: :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{/}  .|、 </_
__/.:.:.:.:ヽ:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.アノノ `ヽ、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ./:.:./_,A }\//
`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__,:.:.:.:.:/ ./:.:.:{ニニニ.}/--- 、
    ̄ ̄ ̄弋_ヨ、:.r‐'   }:.:.:./ r'/ '  __)
           ~ゝ-- <.:.:.:.:,) ̄`¨¨¨
               `¨

667 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:01:09.92 ID:r0BaWCZE

           ,,.: :. '":. :. :. :./:. :\:. :. :. :. :. :.``丶、
         /:. :. :. :. :. :. /:. :. :. :. :.\:. :. :. :. :. :. :. :.\
        /: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
      .: :. /:. :. :. :. :. :. :.i:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .
       /:. :':. :. :. :. :. :. :. :.:.:|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |:. :. :. :. :.
     ':./:. /:. :. :. :. :. :. :. : |:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |:. :. :. :. : .        【限界まで】13
    /:. :. :. :. :. :.|: : |:.:|:. |:. |:.:.:.|:. :. :. :. :. :.:|:. |:. : : |:. :.::..|:. :. :. :. :. :
    ,':.:|:. :. |:. :. : |: : |斗-|-:|-:.j|:. :. :.i:. :. :. |‐:|― 十 、:. |:. :. :. :. :. :i
   .: :.:|:. :. |:. :. : {/| j|:. |:. |:. 八:. :.:.l\:. :.|:. |\:. |:. :.\:. :. :./:. :. |
   |: : |:. :. |:. :. :. ',:. |从垰≠ミ、 \:.|  \|x=≠ミk:. : /:. :. :. :. :.ノ:|       うぐぐぐ、そろそろ起きてくれそう(@15)なんですが……。
   |:/ |:. :. |:. \:. :ィf㌻f ⌒ハ    ヽ   f ⌒ハ ヾ/:./:. :./:. :|
   |  |:. :. |:. :. :. :. :.《 v し刈       h し 刈 从:. :.:./:. :. :.:|       冗談抜きで限界が近いですし、ここはどうするべきか……。
      :. : |:. :. :|:. : ∧ rっ _ソ //// 乂__ rっ-=彡イ: |:. :. /:.|
       ',:. :|:. :. :|:. : /∧ //// '///// /:. :. :/:.:|:. :/:. :|
       ',: |:. :. :|:.:.|∨:∧      ―――     ,.: :. :.:/:. :.|:./:. :. |i
       ヽ:. : 人:.|:. :. :个   {:::::::::::::::::::::::} ,, イニ|:.:.,:. :. ノ:':. :. :.从  -
        // --- _:./ニ=-    ̄ ̄ イ|-ニニ|:./=/=------ 、/
       //-=ニニ|ニ| |-=ニ|  `¨´   ノ-=ニj/=/-=ニニニニi―
\      /-=ニニニ人/八-=ニv ------v -=====/ /-=ニニニ |///
___   /-=ニニニ /―<=\-=∨ ̄ ̄ /-=ニ --<-=/-=ニ/ )///
/ {  ∨ /-=ニニニノi/i/i/И> _、_____/_>'"i/i/i/i/∨-=ニ / 人//
/∧  ∨-======〈i/i/i/i/i/i/i/i/i:::::::::::/i/i/i/i/i/i/i/i/ 〉-=ニ∧//// ̄
//∧___ノ-=ニニニ \i/i/i/i/i/i/ |::::::::::{i/i/i/i/i/i/i/i/∧-=ニ 八////

【カラータイマー点滅中】【1D10:6】
①:このまま何とか起こす。 【シュテル】 【1D20:17】 【チキ】【1D20:6】
②:誰か(ニャル子)が来て助けてくれる。
③:怖いのを我慢して部屋を飛び出す。
④:間に合わん模様、現実は非常である。
⑤:【1D4:4】
⑥:このまま何とか起こす。 【シュテル】 【1D20:19】 【チキ】【1D20:10】
⑦:誰か(ニャル子)が来て助けてくれる。
⑧:怖いのを我慢して部屋を飛び出す。
⑨:間に合わん模様、現実は非常である。
⑩:【熱烈歓迎】

668 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:08:35.29 ID:r0BaWCZE


              \:.、_    - ―‐ -   _
           __):. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.__:. :. :.-
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/:. :. :. :. :. :. :. :. :. \
         '⌒フ:. :. :. : : /:. :. :. :. :/:. :. :. :. :. :. :. :. :.\:. :. ヽ
       /:. :. :. :. :. /:. :. :. :. :.':. :. :. :. . :. .: .: :. .: .: :. ヽ:. :. :.
       ':. :. :. :. :. :. /:. :. :. /:. :.i:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
     /:. :. :. /:. :. ::. :. :. :/:. :. :|:. :. :. |:. :. :. : : |:. .: :. :. :. :.i:. :. :.
      :. :. :. :./ :. :. :. i:. :. :./:. :. : : : : : : |:. :. :. : : |:. :. :. :. :. :.| :. :. :.   【限界まで:-6】
.    :. :. :. /:. : |:. :. |:.u/ ̄:. : : i:. :. : |:|j:. :.  ̄|\:. :.し: : |:. :. :. :
    i:. :. :/ |:. :.|:. :. |:. :. :| |\:. : |j:.u. :|从:. :. :. |:.从:. :. : :/:. :. :.: :
    |:. :./ : |:. :.|:. :. |、:.,斗f≦ミ:.从:. :.:|   斥芋≧、: : /|:. :. :. :.:i     チキ、起きて、起きて、起きてっ!……(ぶるるっ)
    |: ∧:. :|:. :.|:. :. |: 《  爪 刈   \|   Ⅳし:'ハ 》へ|j:. :. : : |
    |/   、:. :.:.|:. :. |ヽ  乂;';'ソ      乂;':'ソ / ) 从:. :. :. |     あっ…………はぁぁぁ……ぁ……ぁぅ。
    '    \:.|:. :. | ハ u//////////__ ノ:/:. :. :. :.|
           \: 个 込 u      '      u ,イ:. :. :/:. :. :. :. :|     うう……温かい……また……やってしまいました……。
          |:.\:. :. 个     ~~~   个|:. : /:. :. : / :. |
          |:. :. :. :. :.|:. :.i :. ≧  ,,_,, ≦:. :.:.|:リ:. ∧:. :. /:. :.:.|
          |:.人: ル从:. :|\: 人    人:. :. /: ノ ヽ:./\: 人



           ∠..-―ァ  l: :寺ツ:/  \.: :.ヽ\.: : : :. :.\
           /.:/: /:...//ヘ丶--' ノ\ ヽ: : :ヽ ヽ.: : : :. :.ヽ
.          |: |: :{: /l:/ | : :}  /ヽ': : : : 丶 〉: : :∧∨.: : : :. :
           V|: :ハ{ j'-‐v:. } / : : : : ハ|: | |: : : : :l |.: : : :. :. :.l
.          八:| __ V: |' : : /:/ `jノー !: :|: : :l |.: : : :. :. :.l. 【眠りの深さ:@5】
             人 ̄ ̄  \: : |/ __. ,: :/: :/j:|.: : : :. :. :.|
.          // ' '    ' \|  ̄ ̄`/.://_」リ.: : : :. :. :.|
         /  {           ー-=' イく 〃.: : :. :. :. :.|    もー、うるさいよぉ……。
          |  ヽ           ' ' u/ |//.: : : : : :. :. :.|
             \  ト--- 、      /: |フ´.: : : : : :. :. :. :.|    まだ眠いんだし……朝まで起こさないでよぉ……
                  >`二二´ -‐/: :/l : : : : : : : : : : : : |
                 /: /,-}   /: :/! : |: : : : : : : : : : : : :|    シュテルん、お手洗いくらい一人で行って……
              ,-/ (    /: :/ ノヽ : : : : : : : : : : : : : |
                 | /ゞ ゝ- /: :/'__ノ 、: : : : : : : : : : : : :|
                {'´  ̄`/: /_// ̄\ : : : : : : : : : 人

669 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:13:26.63 ID:r0BaWCZE

                      _
              -=ニ:. . `ヽ、     ____
                . -‐`ヽ:. :. Y:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 、
             . ィ:´:. :. ィ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.`ヽ
          /:. :. :.:/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. '.,
         /:. :. :.ィ:. :. :./:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :.`ヽ :. :. :. :',
.         /:. :. /,.':. :. :/:. /:. :.:/:. :. :/:. :. :. :. :. :∨:. :. :. :. :.ヽ :. :. :.',
       /:. / /:. :. :./:. /:. :.:,':. :. :/:. :. :. :. !:. :. :∨:. :∨:. :. :', :. :. : :
        /ィ   /:. :. :.,':. :.,:. ::斗―:/!ー:. :. :.:┼:―:‐:-:-:ミ:. :. : ',:. :. : }
          'イ:. :. :,:. :. !:. :. :.|:. :/ |:|:. :. :. :.:Ⅳヘ:. :.∨:. :∨:. :. ', :. :.,
          i:. :. :.!:. :.:!:. :. :,イ:/ 从:. :. :. :.| 从:\:.∨:. ∨:. :. i:. :.:|
          |:. :. ,{:. :. {:. :./x====圦:. :. :. | ィ=====ミ:. :.ト:. :.: |:. :.!
          |:. :/ !:. :. !:.:/{《 {::r i:|  \:. :| {:::r i:::} 》:/!:. :. リ:. :|      うう……これ、どうしたらいいんでしょうか……。
              !:/  ',:. :.:Ⅵハ 弋゛':ノ   ヾl 弋:゛'::ソ }/:.:|:. :/:. : i
              '    ∨:. |:. :.}//////////////////リ:. :.:!:/:. :. :.!       恥ずかしいけど、またニャル子さんに片づけて貰わないと……。
                /イⅥ:!:.从       '        ,.イ:. :. }':. :. :. |
                / {:.:ヘ{:. :.|ゝ、    △   u/i:i:|:. :./:. :イ:.:.:|       ……お願いですから早く帰ってきてください……。
                  ',:.:∧:. !i:i:i:> .      イi:i:i:i:i |:.:イ:. / |:. /
                   ヾ ',:.{〃 斗〈( `゛´   ソ:::〕ミ|/ルイ' レ'
                   ,_-ヾ≠仁7!:`>ー<´:::::::{7ニニ≧、
                 ,ィ≦ニニ{ニ||ニ二{ト:::マ二二ア:::/二二∥〉ー 、
           ∠二二ニニ{ニi|ニ二{:,へ::::::へ::/ニ二二∥7ニニニヽ
          ∠二二二二∧ヘ',ニニトニニ`´ニ,イニ二二ニ∥7ニ二二ニ\
                               _____________________________
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 、__,..  ∨ 、_,. /  /  |     やる夫さーん、そろそろ足から手を離してくれませんか?
    `\_     |从_从〉  ̄   ,    ̄ /,.イ/   :.
          /   | T 、         u /イ}     .     私はいなくなったりしませんし、目の届くところにいますから~
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.    不安なのはわかりますけど、お湯沸かしたいので、危ないですよー。
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

670 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:16:40.16 ID:r0BaWCZE

                -―─―-     |::::.:.:.:.
          ,  ´           `ヽ |:::::.:.:.:.
         /                  |:::::::.:.:.:.
. 、___     /              `ヽ     .|::::::::.:.:.:.
  \`::.、  /    /            i_    .|::::::.:.:.:.
   \::ヽ.′  '    |   イ   | `ー- .|:::::.:.:.:.        【○○○の精神状態】【1D10:3】
    ,-ー‐|    |  | | .! .! |  | 斗─- .!:::::::.:.:.:.         ①:まだ弱ってる。
.    l/:::Ⅵ    |  | |,.ト,斗.|  | ./ ,ィfチミ |::::::::.:.:.:.        .②:正気に戻りつつあるが、羞恥心で死にそう。
..  /::/l |   从  | ,ィfチミ.N .|/ ´r:'::::::}.|:::::.:.:.:.        ③:ある程度冷静さが戻ってきた。
.   '´|l  l |   | \{´r:'::::::}::::ヽ|:::::::::之:ソ.|::.【ニャル子脚】  ④:もっとダメになりつつある。
.    |l  l |   |  lⅣ 之:ソ::::::::::::::::::::,,,  |:::::.:.:.:.         ⑤:【1D4:3】
    从lリ.从  Ⅳ l|圦 ,,,    丶     ,|::::::::.:.:.:.        .⑥:まだ弱ってる。
          \| ヾ{_ゝ、__.   -‐  /.|:::::::.:.:.:.        ⑦:正気に戻りつつあるが、羞恥心で死にそう。
            | /´ `ーi`ヽ.`ヽー―r::'   .|:::::::::.:.:.:.        ⑧:ある程度冷静さが戻ってきた。
            | {     ヾi l  ハヽ     .|:::::::.:.:.:.        ⑨:もっとダメになりつつある。
            | ハ      ∨ l! Ldrryrv!::::::::.:.:.:.      ..⑩:【熱烈歓迎】
.         | ∧     V l!.ト、| |' | |||:::::::::.:.:.:.
            | ∧       V {lリ \ | |||::; -- 、:::.:.:.:...
            |.  ∧     .Vゝ   \!l|/ / ┴ 、.:.:.:..::::::::::::

672 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:21:19.70 ID:r0BaWCZE


      、___                        ___,
      \///>、                  ////
       \////-==ミ、, -‐  ¨  ̄ ¨  ‐-v///// _
, -─  ¨  ̄/´      `        _    ` ./{     `ヽ
  .   ─ォ'                   ´   ヽ   丶\ ̄ 丶  :.
/   ,ィ/    /   /                      V/\  ‘, }
   //'    /  '                 }    ∨/∧  }ノ
 ///′  .:′   ′              }、_,,     ://'∧
  ̄ ̄{       i  :  i                 '""゙㍉  i  ̄ ̄
     |i  l:   l  l  l .:'  l _,ィ    、 /    ミ  |
     |l  |i   |  { _ l厶 斗 / {     `メ、 ___  ミ . . |
.     从  |l   |  { ハ /_,}ハ {   ,ィ / __    ミ^Y.|
.       ヽⅣ  | 从 ィぅ示芋x八  / j/x芋示ぅ  }},〉}.::
.       八  ト   Ⅳ{ んィハ  ヽ(    んィハ Ⅵ _ノ i      ………ごめんね、危ないから離れるね。
.         }ヽ{i \{ ハ 乂rツ      乂rツ メ/´. . :
.         |. . .{ 〈{i杁 , ,           , , 〈{'. . . . .i      でも、暫くは傍にいていい? ……今は誰かと一緒にいたいの。
.         |. . .Ⅳ }〉 {ィ: 、     '      イ }〉 . . . l
.         |_. -‐V/ ハ/{ >.   ^^    イ  ハ‐- . _|
         ,イ.............〉、 }/{: : : :.}> ‐ <{: :{   '/゚。.........ヽ
.         / ヽ.........///)イ/{、: :‐- ノ⌒_>、_{  ///∧.........ハ
      ,.........‘,//////ハニ≧=`7'´_丶 Vハ{////∧....,...i
        ............../////厶=x}`77r'マ   `   }/{厶==v/V.....}
.      .............. ̄ 、 ̄.......`}//∧       !//{.....、.... ̄......



.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |      はいはい、それくらいなら大丈夫ですよ。
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |      .しっかし、また今日は随分と可愛らしいことになってますね。
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |      チキちゃんとくっついていた時より、幼いというかなんというか。
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`      やっぱ、外見が変わると多少なりとも影響でるんですか?
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \
         /  {   \_:::|    |:::/::::|___L::}::::]__」_::\|   l |:::::::::::{    }         \
        /   人   __〕|    |::{::「__」:::::L/⌒|:::」__」:::|   l |::::{ ̄ / 八
      /   / ∧ {_::::|    |人「::::] ̄/l   「_」__」:::|   l |:::::::)/   ∧ \       }

673 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:28:53.80 ID:r0BaWCZE

                             ____
         |\     _  . -──- .     /:::::/
         |::::::\_/  `´         `丶 /:::::/
         }:_:_:/                 V:::/
.         / 、/        ヽ         ハく-――- 、
     / //    /l   |  Lz≦wz_  イ}::\⌒\ \
.    / ,′ ' / _/_l|___,イ |l 、| ______  ヾ ∧::::::\  ヽ i
    {  | /,イ  /  { / i l|  !    ` }彡 ハミ::::::{   | |    間違いなく出てる……んじゃないかなぁ……。
     乂 {./´_|  〃  ∩ 从八| ∩   l「`i. 川`ヾ}  ! |
.      `∠::::! /| |l ∪       ∪   l|ソ   !.    }ノ     ちょっと、今、頭の中ぐちゃぐちゃで、うまく考えられないけど、
         |N{ |⊂⊃      ⊂⊃ |     |
             | |人    ´  `    ,イ     :|           ……少しだけ落ち着いてきたし、ちょっと話をしてもいい?
             |   `≧=‐----‐=≦く      :|
             |   / i:::`{>=<}´::i   !     :!           こういうこと、あんまり言わない方がいいと思うんだけど……、大事な話だから。
             |  ./____}::::::i人i:::::::{____ }     :|
             |   | |l|::::::::::::::::::::|l| |      :|
             |   | ||l:::::::::::::::::: |l| |      :|


             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨      私とやる夫さんの仲なんですから、気にせず話してください。
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':       もうすこしでお茶が入りますから、深夜のお茶会でもやりましょうか。
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':      明日の朝がちょっと辛くなるかもですけど、話せる時に話すのが一番ですよ。
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )

674 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:33:21.18 ID:r0BaWCZE

              /
              ({     __
             -‐ゝv ´         ` .
            /          ヽ     丶  __
            '                    V//ハ
        /  .:  / ′        }        :.//イ
          {  /  ′i  ィ ,{     }zwz,   -‐ }__,ハ
          | イ  i  { -/匕{   ,ィ 、/    ミ    }ヽ  :.
          |' |l  { 从x=ミ八 / } /`ー-  ミ / ,i }  i       .【何処まで話せますか?】【1D10:1】
            八 j{  {{ トィ沁 )' ノ'     ミ / イ i  }      ..①:自分の我儘(冒険に出る事)についての是非。
           )八  i 込rツ    x=ミっ}}^Y/.{  }  }       ②:①+不安に感じていること。
                ヽ{ ' '   '   , , r_二 ヽ.ノ. . .i ノイ '        ③:②+自分が理由をつけて避けている部分。
                込、  r__,    / x= V. . .:  j/         .④:夢の内容含めて弱いところ全部。
                 | . }>  _   イ VL,ァ }、. .゚。          .⑤:【1D4:1】
                 iイ} / {〉// /=〉、 , ‘,. .           .⑥:自分の我儘(冒険に出る事)についての是非。
               '//{ {  /^∨  'ニ{  }/   ハ. . .          ⑦:①+不安に感じていること。
               {/八 ∨iニ∧ iニ乂/  ,イ/∧. .        ⑧:②+自分が理由をつけて避けている部分。
               i///}ヽ{o|ニニニヽ{ニニヽ_////∧. .        ⑨:夢の内容含めて弱いところ全部。
                  :{///'ニニ{ニニニニニ=ニV/////゚。.‘,    ....⑩:【熱烈歓迎】
                  N//八ニニo、ニニニニ=ニニV/////ハ. .\
                  |. ∨/∧ニニVニニニ=ニニヽ/////ノ . . 丶
              /i. . ∨//ハニニニ=ニニ=ニニニ{ `¨¨´. . . . . . .
            /. .} . . ∨///。ニニニニ=ニニニ丶. . . . . . . . . }
               ,. . .i. . . . V///}ニニニニ=ニニニニ゚。. . . . . . . 八
                {. . .l . . . . ∨/'{ニニニニ=ニニニ}ニニ\. . . . /
                乂. }. . . . . .∨ノニニニニ=ニニニ}ニニニ丶. /

676 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:41:07.46 ID:r0BaWCZE
|´                 ∨
|.         ´ ヽ     \       /
|           ゚。      \    /
|             。      /    /、
| i            。彡≧z_ //\/:::::\
| l     /       。      `ヾ ∨::::::::::::丶
|. l|   イ  '     } 、      } ハ::::::::::::::::::::\
|. l|   ' |  {      ハ  `≧=- i}  。 ̄ ̄ ̄ ̄
|. lハ / |  レ'    ' }      ,彡 |
|. ll ∧,.匕´N   ′' 乏芹ミ、.l  |
|ムイ,ィfテ示笊 /j/   ん:::ハ }} |  |
| | 〃 イ示ミ、 ∨    {r'::::::}  }  |
| | {{ ん_,ノ:ハ         込zソ 〈( .|     ……その、冒険に出る事……止めたほうがいいかな?
| |l  い::::::::}              | ヽ|
|从  乂込ソ        '   ""  l  |)〉   .さやかやレンを誘って、私が最初に言い出した事だけど……。
|ヽ`≧          _,. i     .ム | \
|  圦  ""    /::::ヽ|   . ゚   |     色々と皆に迷惑をかけてるし……。
|  ∧ 丶     、:::::::ノ /,/ヽ  |
|、 ∧   `≧     / ヽ//,}  |
|∧  ヽ     / ̄´}、   Ⅵ  .ト、
|//.  ∧      / ∧∨    |   ! \
|///。   }__    ′ /,∧从|`ヽ}      \
|////,。  |      /,//∧///∧   丶    \
l////从 |----‐ ´,////∧///∧    \   丶


           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 、__,..  ∨ 、_,. /  /  |     ありゃ、まだ随分と弱気な発言ですね……。
    `\_     |从_从〉  ̄   ,    ̄ /,.イ/   :.
          /   | T 、         u /イ}     .     まあ、私としては【1D10:8】ですかね。
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.    お腹の子供のこともありますし、可能であるならば、ですけど。
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ

【ニャル子の冒険に対する意見】
①:ストレス解消の手段としては可だが、推奨はしない。
②:危険な所にはなるべく行かせたくない。
③:少なくとも、その姿であるうちは行かせない。
④:はっきり言ってもいいなら、止めてほしい。
⑤:【1D4:2】
⑥:ストレス解消の手段としては可だが、推奨はしない。
⑦:危険な所にはなるべく行かせたくない。
⑧:少なくとも、その姿であるうちは行かせない。
⑨:はっきり言ってもいいなら、止めてほしい。
⑩:【熱烈歓迎】

678 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:45:35.48 ID:r0BaWCZE

.      //       /     /   /      \      \
.        /       /     /     /                  \
    / /       (,_____   /  l        ______}  ,
     /      /  // ̄   / , |             ̄\      l
    l |        /  _/   /  //  1  |       | |     l \____l
    | |     _.√ /   /  / 」 斗匕 l|     lト |l..」_| |       |
    | |       |l  l  l|  l { l| l| l  l|     从 八 | |  ;  .     |
    | |       |l  |  l|  l {ハ_,メ冬ミ八    价 /lィ冬ミx/     | |
    | |       |l  |  l|  l 爪 {_)i::l..}^' \/  j/^{_)i:::l.} )〉  |l  | |    まあ、その姿であるうちは行かせません。絶対に。
    | |     八 |  l|  lハ  乂..ツ     ´  乂..ツ/   八 l |
    | |       )人  l|l ぃ {  `¨´   ;     `¨^ フイ. イ  }/  |    近衛の大ちゃん達もそうですけど、精神弱化が著しいです。
.   八 、    /  \|l  \\"""   '    """∠ ;リ 八    |
      ` ミニ=-     八|\{ミト-ー    .,_     _彡イ´| l\  |    図太い鋼鉄メンタルで、堂々と我儘を言うやる夫さんに戻るまで、
                  |    |个:..    {_}    イ    | l ,__\  ,
.                r'⌒|    |\___〕ト .    <}:::|   l |/⌒¨L.....`    当面は冒険禁止ですね、はい。
.                |:::::::|    |::::::::/:::::::::{`ニ´  /:::::|   l |::::::::::::::::::::::::} \
             人:::::|    |:::::::{::::::::::::\__/:::::::::::|   l |::::::::::::::::::::::::},_   \
              /{::::::::::|    |:::::::{::::::/}⌒⌒{\:::::::|   l |::::::::::::/⌒V:::::}   \
.            // {::::::::::|    |:::::::{∠:::::「`i⌒iトミ:\]  l |:::::::::::i¨⌒¨`V     \
         /  {   \_:::|    |:::/::::|___L::}::::]__」_::\|   l |:::::::::::{    }         \
        /   人   __〕|    |::{::「__」:::::L/⌒|:::」__」:::|   l |::::{ ̄ / 八
      /   / ∧ {_::::|    |人「::::] ̄/l   「_」__」:::|   l |:::::::)/   ∧ \       }


                                    __,
                                  ///
                    -─ … ─-      ////
       、___       -=ミv ´           ` .{//イ ─  .
.        V/\ /            ヽ       V{ -=‐  \
          V//                ‘,_,,_,,    ∨//∧  ヽ .
         V′   '   /    i        :''""゙゙㍉   \//∧  } }
.          /  '  /   ′ i  l{ i     __j__    ミ  . . :\/} ,ノイ
.         ′   ′  /   |  l{ l   ´ }  `   ミ. . . ∧
          i  i     _.斗‐┼{    ィ 芹示ミ  ミ-、/. ∧
       { l  l    ! ´ ハ { 八  /j/ ,_)/沁  }}⌒Y . . .       私、そんなにわがまま言ってた?
       | ィi  |:   l   N ィ斥笊xヽ(   トイ/r'} 〃 ^〉} . . . .
       |' |l  |i   |:  | 〃 _)/ハ       乂rツ 〈{ __,ノi. . . .‘,      結構我慢してると思ってたんだけど……。
          从  |l   |i  | iハ 乂/リ   ,    , , U }〉}  }. . . . . .
            丶ト   ト  | |ハ , ,      _,   /{/}  ト、. . . . .丶
              \{ N ハ. .ト、     `      イ |'  ///}. . . . . . \
                   |. . . i. .i . 〕≧=-  _,.イ  /  ' ¨´イL. . . . . . . .ヽ
                   |. . . |. .l///////ィ}   厶イx≦ ̄ `ヽ. . . . . . . .
                   |. . . |. / ̄ ヽ//'´ '   _}  /      ‘,. . . . . .}
                   |. . . レ′    V{     /{ ,:         }. . . . . .八

680 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 03:52:56.90 ID:r0BaWCZE
            //            l |
            //            //
           //               //
          / /          _ //―-  .
       / /        . ´    ⌒ヽ.     ` `  .
.      / /        /   / //  ハ\      \ \
     / /     /  / ,′ l |             \
     .' /          /   |   | |   |   \       '.
      ||     /   /  / |  l |   | \   '.    '.
      ||     .' /      ∧l 从   l.斗ヤT ヘ. |  |    |
     l|    /|     l ヤT|、  \ハノ, |斗=kⅥ   |  ||
.      ' |     |||     |/kr=k\ / 〃{ ノ:::ハ 》| .'|ハ||    んー、一般的な我儘のイメージとはちょっと違います。
.      从   |l 从   |《 { ノ:ハ゛ ′  乂zン  ' / ハ lノ|
       \  イ|||\ ∨乂ン  ,      ::::: // /l |   |    王子は基本的に自分で『これだ』と決めたことに対して意見を曲げませんよね。
            人| | >.ゝ::::         < _ . イノ|   |
                 | / 八    (`ヽ.     ̄ /  |   |   |    最近は進言を聞いてくださることもそこそこ増えましたが、少し前までは割とひどかったですよ?
              从/ 个 .   ー   .  /|   |  |   |
               __/__ |   | >┌ <  ||   |     '
            /::::::>、:::l   |_ ノ:::ヽ..._  ,⊥|   |       '.    ちょっと冷静に考えれば『そりゃダメでしょ』ってこと何度もやってますからね。
         /::::::::/  }::::'.  '\::::::::::::::/Υ〉::::|   |>‐V´) ヘ
.         /::::::::/  ,ノ::::∧  ∨,>七コYTYエコ ,-. V::::/ /:|     特に『危険だけどできるかもしれない』事に自分の命をチップにして乗せてることが多いです。
        |:::::::::l   (:::::::::::∧  〈┼┼┼「|フ┼N | ∨ /:::ヽ
       /、_)::::|   ` ー 、:::::〉  └┼┼厂Vl‐リ ⊥ノ. 〈:::::::::|    \    結果的に致命傷にはなりませんでしたが、結構な大惨事になってますよね。
.       /  |::::::::/ |   _,ノ::〈┼'.  '┼‐/| 「∨/-―  }:::::ノ       \
      /  ,':::::/  '.  |:::::::::::::\‐  ├/‐L..|‐|//,二  /::::::ヽ       ハ  冒険に出る云々よりも"そういった無謀をやめてください"
.    /  / ∨    \;:::::::::::::::::ハ|  |/┼|::::|‐|〈/| / |::::::::|          '
   /  /  \     V⌒ヽ:/ |  |‐┼|::::|‐|   /  |:::::ノ\



                             ____
         |\     _  . -──- .     /:::::/
         |::::::\_/  `´         `丶 /:::::/
         }:_:_:/                 V:::/
.         / 、/        ヽ         ハく-――- 、
     / //    /l   |  Lz≦wz_  イ}::\⌒\ \
.    / ,′ ' / _/_l|___,イ |l 、| ______  ヾ ∧::::::\  ヽ i
    {  | /,イ  /  { / i l|  !    ` }彡 ハミ::::::{   | |
     乂 {./´_|  〃  ∩ 从八| ∩   l「`i. 川`ヾ}  ! |    う ぐ っ ……じゃあ、誰に任せればいいの?
.      `∠::::! /| |l ∪       ∪   l|ソ   !.    }ノ
         |N{ |⊂⊃      ⊂⊃ |     |           私が"やって"って言えば、やってくれる人はいると思うよ?
             | |人    ´  `    ,イ     :|
             |   `≧=‐----‐=≦く      :|           でも、本当はやりたくなかったり、怖いって思ってるかもしれないよね?
             |   / i:::`{>=<}´::i   !     :!
             |  ./____}::::::i人i:::::::{____ }     :|            だったら、私が我慢するとか、覚悟するとか、そうやってやればいいって……。
             |   | |l|::::::::::::::::::::|l| |      :|
             |   | ||l:::::::::::::::::: |l| |      :|

681 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 03:58:02.17 ID:mNg2ocVk
誰かに任せるのも誰に任せるのか決めるのも上に立つものの責務じゃないかな
少なくともタイムマシンの実験にやる夫自らはないわ

683 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 04:03:10.28 ID:LNr7tSSG
王族なんだから配下に任せて良し悪しに関わらず結果を享受するんだよ



684 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:05:25.80 ID:r0BaWCZE

           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !    ..王子が死ぬとか行方不明になったら、"やって"と任せて犠牲になる一人よりも多くの人が不幸になります。
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.      .というか、兵はある意味死ぬことも任務の一つですし、本人達もそれは覚悟しています。
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.    .護衛についていた近衛の方々も、やる夫さんの為に命を捧げる覚悟で同行しています。
          /   | T 、         u /イ}     .
            /   {  | >  v―っ  <{  ∧   i    やる夫さんはそれを理屈で理解していても、心で理解することを拒否していますよね?
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、   ...一言で言うなら、やる夫さんは覚悟が出来ていないんです。 人の命を背負う覚悟。
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \  或いは、自分の判断を他人に委ねるという覚悟ですかねぇ……。
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ


      、___                        ___,
      \///>、                  ////
       \////-==ミ、, -‐  ¨  ̄ ¨  ‐-v///// _
, -─  ¨  ̄/´      `        _    ` ./{     `ヽ
  .   ─ォ'                   ´   ヽ   丶\ ̄ 丶  :.
/   ,ィ/    /   /                      V/\  ‘, }
   //'    /  '                 }    ∨/∧  }ノ
 ///′  .:′   ′              }、_,,     ://'∧
  ̄ ̄{       i  :  i                 '""゙㍉  i  ̄ ̄
     |i  l:   l  l  l .:'  l _,ィ    、 /    ミ  |
     |l  |i   |  { _ l厶 斗 / {     `メ、 ___  ミ . . |
.     从  |l   |  { ハ /_,}ハ {   ,ィ / __    ミ^Y.|
.       ヽⅣ  | 从 ィぅ示芋x八  / j/x芋示ぅ  }},〉}.::
.       八  ト   Ⅳ{ んィハ  ヽ(    んィハ Ⅵ _ノ i      うう……。
.         }ヽ{i \{ ハ 乂rツ      乂rツ メ/´. . :
.         |. . .{ 〈{i杁 , ,           , , 〈{'. . . . .i      .だって、私がその場にいたら何とかできるかもしれないじゃない?
.         |. . .Ⅳ }〉 {ィ: 、     '      イ }〉 . . . l
.         |_. -‐V/ ハ/{ >.   ^^    イ  ハ‐- . _|      手が届くかもしれないのに、その場にいなかったら届かないよね?
         ,イ.............〉、 }/{: : : :.}> ‐ <{: :{   '/゚。.........ヽ
.         / ヽ.........///)イ/{、: :‐- ノ⌒_>、_{  ///∧.........ハ
      ,.........‘,//////ハニ≧=`7'´_丶 Vハ{////∧....,...i
        ............../////厶=x}`77r'マ   `   }/{厶==v/V.....}
.      .............. ̄ 、 ̄.......`}//∧       !//{.....、.... ̄......
.       .......................}i.............}///ハ     ト、/{........V...........l
.       i......................}i.............}/////゚。    イ...V.........}'...........|

687 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:14:17.88 ID:r0BaWCZE

                      , - ─── ─  -、
                    /´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ\
                       / '              `ヾ、
                _,...... l/....... _
             ,. : : ,: : : : : : : : :、: : `ヽ、             \
            ,. :´: : :/: : : : : : : : : : ',: : : : : ヽ             ',
          ,. ´: : : : /: : : : : : l: : : : : :,: :,: : :,: : :、            |
            /   / /      |    l  ,    ヽ               !
        /  |: l  i      |    |  l  l   、             !
        ,   , ! .l   l     ':,     |  ,      ,            /
        ,  / | 、   、 ',    、   ,  l ,   l l   _    /
        | i   !: : 、: 、: : ヽ:_:、: : : 、: : :,: : //: : : : ,. l  /,´ ,  ̄ ´
        | | :人,: lヾ、ヽ! \`: 、: l: :/: ://: :.,´: :, /  ` ー'
        | | (__。) l . 下ー-‐' `ヽ、://-‐个!: :/ イ
        | | :ハ: :ヽ:、.        `´    ,/: /: /|       まあ、やる夫さんがそうなった原因はなんとなーくわかるんですよね。
        | | ゝ',: : ヾ、 、__ ,ッ      、_ッl: イ:./. |
        | |   、: ,: : ,ゝ  ̄    '   ̄ /イl:/: : ',       幼い時に経験した、キャラバンでの旅の話ですけど。
          ,. | : : : ,: : :∧、    ,.._  , イ: : :   ,       .
       /  , . : : : ,: : : :l: :> . _  ,. <l: |: : :    ,       その旅の中で、"何人くらいの人を目の前で死なせました"か?
        /  / _:_r-、: ',: : : l/∧、   T、: : : |: |‐-,_    ,
.       /  / _{/イ //∧: : :∨//\- l∧77.|: |////>   ,
      /  / {/,ハ////∧: : ∨///`ーl//l,/.|: |////         ……多分ですけど、それがやる夫さんの最大のトラウマです。
.    /  / /  ヽ,///∧: : ∨/  }、  ヽ|: |///>、    、
   /  / /    {_////∧: : l/  /| ヽ. ,|: |///  ヽ   ,
   /  /  {      ヽ,//∧: lー- 7 !  、´|: |∧、   /    ,



                               /{
                             '/∧      ,イ
                               {//∧    //{
                               {///∧  ///{
                   _ . -─… マ///ム ////'
.      ト、     |\   . ´: : '´: : : : : : : : : :V///}{///'
      V/\   {/// :_: : ′: : : : :_: : : : : : ∨//j!/イ_ヽ
.       \//ヽ_.ム': :¨”: :´: : : : : /;;_ ;; _;.. - ゝ/,k-‐=ニ =- .
         マ´: : : : : : : : : : : : : /''"゙"'彡^㍉ -={//ヽ.. _. . .ミ、   ヽ
.         ': : : : : /: :/: : : : : : :i::::::::::..  -‐ ミ /ミ=イ. . . . 丶     .
.        /,: : : : : ' 、:′: : ji: :i:. {::-‐::::..   ミ /∧. . . : V∧ \
.         /イ: : :′{: :i:「”:¨´{l: :l:. {:::::::::::::_. . . 〃 '. . .V/ . . V/.
.       ハ: :{:  |: :|:ト:vハ从: ト、{:xf斥笊斧ミ{{,.ィ⌒ヽV/. . . V{   } j }    …………【1D100:13】×50人くらいかな……。
       {: Ⅵl: : |: :|:{ィ竓斧x{::::::::抓_ノ/沁  }} /  } V/. . . N   ノイリ
       {: : 从: :ト、Ⅳハ杁沁::::::::::::::乂zツ  {{ 〉' ' . .V/. . . . \   ′    もしかするともっと多いかもしれないけど、
.        从: :ト_ヽ{  {^ハ:::::Vリ:::::::::::::::::::=-‐" }〉_.イ. . V∧. . . . . . . .
.           ヽ{⌒   V} }::‐-    ̄ __     〃_. .i. . . . V∧. . . . . . . .      大人も、子供も、たくさん、たくさん死なせちゃったよ。
                   ji个: . _   ´¨´ イ〈{  }≧x. . . .V∧. . . . . . .゚。
                 }: :「了: :.フ/ / /: : -=- . . ∨/\. . . . . .     薬があったり、お医者さんがいたり、
                    ,}: :| } イ_/_..ィ /: /   _{. . .丶. . . 、 . . . }
                   ノ}: :{ //{_}///,トv: ://  ´ :. . . . . \. . . . . .     食べ物があったら、助けられたかもしれない人をね。
                    从:〈//介///{: : :'       V/∧. .} ヽ}ハ /
                   /ムイ }∧{¨: : :{         V/. }/   }′

688 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 04:24:25.27 ID:LNr7tSSG
エスタード島の人口を考えると中々多いな



689 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:28:10.00 ID:r0BaWCZE
           、__
            ∨\    ____
.             ∨/\ /⌒^<\
              ∨///> ´  ̄ ヽ^   ̄ ̄ ¨   .,         ___,
                V/              ,へ ` .   .。o≦///
          /  ¨¨ア /  '                 }   \//////
.        '    __ /  ′ /   /   '          }、__   V//
        /  /  ′ i   ′ '   / /      }''゙゙㍉   Ⅵ¨¨ \
.        ' /:i   i   l  :  i    /  '       ,   ミ  /iハ- 、   ',
       { ' : :  /| i |  i  {  `メ、_/__j_,.    / /    ミ / }∧ }\ }
.      ,八i: : :{ //| l |  l  八,ィチ≠ミ、{   ィ /^ー‐‐- ミ  '//∧j: : :V
.        \:{//И |  |  〃 ん/ハ 八  / }/ィチ≠ミ、 ミ ' V//∧: : :}
           ヽ   }八 { Ⅳ  {/iJ/}  )′  ん/ハ }} ミ/{  \/∧:/   でも、それは私が駄目だったから……。
              |. . )八 从  乂_ツ .::::::::::::::::.{/U/} メ ^Y |  ノ\∧
              |. . . . i{ Y      .::::::::::::,::::::::.ゞ_ツ 〈{ } |  ⌒)ィ `    もっとしっかり準備をして、編成を練って、
              |. . . . |、圦 u            /}〉. .|
              j. . . . |  丶     (::::::y     イ/ . . |         .そういうことが起こると予想して頑張れば助けることができた筈。
            , . . . . |    介: .        . イ. . . . . .|
               /. . . . .八    V }  ≧=- f〔   | . . . . . |         目の前で、手が届く場所なら、手は届く筈だよね?
            '.ィ ¨¨ 〕iト∧   Ⅵ     { {   V . . . . |
            //^\    ハ   ',       Ⅵ   ∨. . . .|
         / ′  丶   /  ',  }- 、   , --Ⅵ   V. . . |



             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨      いいえ、目の前だとしても届かない手もあります。
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':       人間の手は2本、体にくっついている以上、届く範囲は限られています。
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':      まあ、手が届かない範囲の人間も助けることはできるんですけど、
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \    今のやる夫さんにはそれは無理な話ですね。
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     

690 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 04:32:21.21 ID:pEMt+mU1
王族なんだからそこの線引きが上手にできないといろんないみでみんな死ぬぞ

691 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 04:38:52.12 ID:LNr7tSSG
王族として仕事をした方がもっと多くの臣民を救えるだろうに



692 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:39:18.63 ID:r0BaWCZE

           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !         今のやる夫さんは"自分の手で助けよう"として、他の人の手を借りませんから。
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !      それだと全員を助けようと考えているうちに、全員手遅れになってしまいますよ?
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳi リ    ∨ / / /  }/  / :.     一番良いのは、"助けられる誰か"を助けて、その人に救助を手伝ってもらう事です。
   マ、    { 从 {  ム ,ィ=ミ  ∨ ,ィ=ミ /  /  |
    `\_     |从_从〉      ,      /,.イ/   :.     .手伝う人が増えていけば、届く手もそれだけ増えるので、とても効率的です。
          /   | T 、   ___,    /イ}     .
            /   {  | >  ゝ- '  .<{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.    では、この例を冒険やエスタードに合わせて考えてみましょう。
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、     ……やる夫さんは既に、助けられる誰かを助けていませんか?
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \   そしてその方達は救助を始めていませんか?
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ



                  __
           、___     /⌒\
            V/\  . -=ミ}〉o。_ . -─‐     .
                 V//       ´             ` .
          . < 7   ,   /            ヽ    丶      _,
         /  . -/  /   ' ,   '          }          //
            ′/ /   '   / /   /           }、_      ',///
         i {  ′/   ′   ' i           /''゙゙㍉    V///
         | /} i /l     i.斗 ‐┼‐-     _  '   ミ  -=ニ}//__
         |′ }' | :  i  {,ハ ,八        /`メ、    ミ -=ニ}/{ _    `ヽ
              | i   l 从ィ示笊㍉   ,ィ /}/   \   ミ _, 彡}/\`ヽ   }   ……始めてるね。
              | l   {  Ⅳ _ノ/沁  / j/x芋ミ、   ,,ミ _/ }//∧ }
              |八 j{   { i  乂rツ ヽ(    _ノ/沁   /^Y_/,:\/'∧ }ィ /    ルーナさん、サイト、めぐみんちゃんにホロさん。
               )八  { ト、_ , ,         乂rツ  ′/. . . {  \∧ノ'
                 丶杁⌒     '      , ,   /}/. . . . {     ヾ      "わたし"さん、にとりさん、ほむらさん達。
                  '. . .〈{丶    _        .イ´}〉. . . . . .
                 /. . . . .}〉.个:.   `    .イ ハ/. . . . . . . ',          スズカも、開拓島でお仕事をしてくれる人も、
                   , . . . . . /  }. .} ≧=‐  / /:≧ァ'⌒´).. . . . .
               (⌒)=r‐‐/  , ¨´_ /ノ´)/ /::::{ / _ (´ {. . . . . .\        英雄であるアルトリアさんも、手がつながる先にいたね。
                /.,(_r、ヽ厶イ{ Y^///),彡'{:::::{' (⌒'\V. . . . . .丶
             /./.: 〈r=ミ{::::::{/ ',///)-=´{:::::{,.rv' ,  ^>o。. . . . . .
                /./´  ` _)::::/   ´ ' /ー ⌒`):::{' .: /.: i 丶  〉. . . . . .\

693 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:46:51.63 ID:r0BaWCZE


             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨         はい、その通りです、大変よくできました!
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧      ..もう伸ばした手が広がる輪はとても大きくなっているんですよ。
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |       .やる夫さんは手元だけを見て、大きくなった輪に気が付かなかったんです。
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':     .でも、今、こうして大きくなった輪を見ることができましたよね?
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \   その輪を崩さないようにするのが最初に手を伸ばしたやる夫さんの役目です。
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \     新しく手をつなごうとするのでなく、周りが手をつないだ輪を整えるのです。
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \  それが、王としての仕事になるんですよ。わかりましたか?
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )


           、__
            ∨\    ____
.             ∨/\ /⌒^<\
              ∨///> ´  ̄ ヽ^   ̄ ̄ ¨   .,         ___,
                V/              ,へ ` .   .。o≦///
          /  ¨¨ア /  '                 }   \//////
.        '    __ /  ′ /   /   '          }、__   V//
        /  /  ′ i   ′ '   / /      }''゙゙㍉   Ⅵ¨¨ \
.        ' /:i   i   l  :  i    /  '       ,   ミ  /iハ- 、   ',
       { ' : :  /| i |  i  {  `メ、_/__j_,.    / /    ミ / }∧ }\ }
.      ,八i: : :{ //| l |  l  八,ィチ≠ミ、{   ィ /^ー‐‐- ミ  '//∧j: : :V
.        \:{//И |  |  〃 ん/ハ 八  / }/ィチ≠ミ、 ミ ' V//∧: : :}
           ヽ   }八 { Ⅳ  {/iJ/}  )′  ん/ハ }} ミ/{  \/∧:/
              |. . )八 从  乂_ツ       {/U/} メ ^Y |  ノ\∧      うん……わかった。
              |. . . . i{ Y         ,   ゞ_ツ 〈{ } |  ⌒)ィ `
              |. . . . |、圦 u            /}〉. .|            でも、私はどうしたらいいんだろう……。
              j. . . . |  丶     (::::::y     イ/ . . |
            , . . . . |    介: .        . イ. . . . . .|             大きくなった輪を整えるとか、そういう事、できるのかな……。
               /. . . . .八    V }  ≧=- f〔   | . . . . . |
            '.ィ ¨¨ 〕iト∧   Ⅵ     { {   V . . . . |
            //^\    ハ   ',       Ⅵ   ∨. . . .|
         / ′  丶   /  ',  }- 、   , --Ⅵ   V. . . |

694 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:52:06.60 ID:r0BaWCZE

           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |     その輪を整えるのも、一人でやるわけじゃありませんって。
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .     理解して、視野が広がって、戸惑うこともあるでしょう。
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.    そういうときこそ、周りに頼るなり、我儘を言うなりしていいんですよ。
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、   不安があったら言ってください、私はいつでも相談に乗りますからね。
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \     ……さて、そろそろお茶も無くなりますし、お茶会はお開きにしましょうか。
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ



            \:::::/                 L_        ヽ:::::::::::::>´
.           .  ´,イ  /      ,  / i       !" ""゙゙ヾ     。>´_
         / / /  /    ,'  / ,/  |    ,  |      ゙ミ -‐ }::}__  ヽ
        〃  '   '  '    斗 /‐/‐-/|   ,/  .} -─‐-  ゙ミ -‐ |:::\ ヽ ゚。
       !  |  ,/|l  i     '  / /  / !   / / '       ミ   ,|::::::∧ }  }
        |  { /:::|l  |   | ,ィf乏芋ミ | ,/ イ ,/ 乏斧ミx   ミ/, Ⅳ::::::| | /
       ゝ=-/:::::|l  |   | 《  ん:::::(_ | / / |/  ん:::::(_ 》 .ミ/ | \:::| ノイ
.         /:::::::从 |   l ト トイ:::::イ}j/j/ ,ノ'  トイ:::::イ}   ミ__  ,|  ヾ
.          ´ ̄   ヽ|ヽ   l | 乂zzソ      乂zzソ  〃 } ,|     うわっ……もう、明るくなり始めてる。
                 |\ト、|                   ,_'^ ノ. .,|
                 |. .|. .|ハ ""     '       "" , _/. . . |      目が覚めたときは暗かったのに、いつの間にこんなに時間が……
                 |. .|. .|圦       _     u. /)〉. .|. . . |
                 |. .|. .|. /丶     └―`     /ヽヾ. |. . . |
                 |. .|. .|/. . /. >ュ.      .z≦. |. . l. .\. . .|
                    ,|. .|. .{. . . '. .|:.:.:.:|   ¨   |.:.:|. . |. . l. . ./. . .|
                 /. . .|. .|. . .l. . |-‐ '      ` |. . l. . }. . |.. . ..|
             / . -‐.´从. .、. .!  ‐-    -‐ ノ. ., . .人. .|.. . ..|
             '/  ヽ  ヽ. . .、ヽ  __  /. . . イ/` ̄`.|
               /      ‘,  ` ̄〈二ニ{^}ニ二〉´ ̄ /.:      ヽ
           ,        .      /∧\    /.:       \

695 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 04:56:35.39 ID:r0BaWCZE

                 ___
                   ´/⌒\
               //       ヽ
              //         __}},,.. -―-
                   </^⌒  `丶  \
          / /    /⌒ /::/∧ヽ  \ \ \
            / /    /   //|:::|:|::: ハ
             /          /  ::|:|::::  ::| ヽ │
                    i    l/|/|i∨:::::::jイヘ::::| :::| |:  |  時間が立つのは早いですからね。
          |│      | :| │ |⌒仏:\∨ レ__V|::/|: ハ  |
          |│      | :|:::八l Y{:::::ハ\/ 〃⌒ |/::|/|ノ: |  やる夫さんも落ち着いて、いつもの調子が戻ってきているようですし、
          |│      |八:::::::l八乂ソ ,   _⊂⊃::/:::|::  |
          |     r(\\:::_⊂⊃ 、__(ノ ∠イ|:::::|::: 八  お布団に戻って、ゆっくり休んで、しっかりリフレッシュしましょうね。
              \ヽ\{:个 ._     /」:|:::::|V⌒⌒7
           \        V\∨≧=r</ リ:::/ん'⌒ーく⌒)     一緒に寝てあげますから、ね?
           \      \    }ヘ_,ノY⌒\/:::/(_     ∨\
                  /}   //∧]土|::L./:::/ 丿      |_} \
                  /{/   ////∧ハ」::|/:::/ (        |{_    \


            、_
          V\       .  -─…─-   .          ___,
          V/'\ . ´               ` .   ///
           / V/  '               ヽ   丶////
          '   / '   /  /           :    V//__
        {  {/  ′ :  i          }、   ∨  `ヽ
        { ,.ィ :  i l  !   N       ,  /゙㍉,   }⌒ヽ  :.
.       <///{ i  l } 斗 ナ{‐-    ' /  '   ミ  :、  V }
           ̄| l  | j{ ハ/ 八     / '}`メ    ミ  }∧  } /
.           Иハ | 八ィぅ笊芋㍉ /} / j/   ヽ ミ  }/∧ ノ'
          { . Ⅳl Ⅳ ,_)/ハ  )/ ノ' x芋ミ、  〃 /\∧
          {. . .从 ト、_乂rツ '     ,_ノ/ハ  /Y /   ヾ
          {. . . . .ヽ{⌒, ,     ,  乂rツ / / '
             }. . . ./.圦          , ,  '//     うん……ありがと、ニャル子。
         /}. . .〈{ . . 丶   `  ‐    イ. ./
          / '. . . ., ハ ._._. > .     . イ〈{ /       リフレッシュしすぎて寝坊しちゃうかもしれないけど……
         ' /. . . /〃´-=≧x    7f ´ i. . { }〉
        /. , . . . ///     V、 〈 从. .l. .j{ /{         もうすこしだけ、一緒に寝てもらっていい?
.    /. . /. . . // ′   ` 、 }_∧ \ヽⅣハ∧
   . . . . . .'. . . .'. { i       ヽ }^ヽ  Vヘ≧V ',
 . . . . . ./. . . /. . V 、       \ V/}    V∧

696 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 05:07:40.86 ID:r0BaWCZE

             //     /     / ´ ヽ\    \
        ─‐、  //    /    /⌒' /    \    \
.       //⌒ヽ i  /      ,   /   i i|      丶    ヽ
     ―'/   i | | |   / /   / '   | i|   | ヽ   ∨
   //⌒    リ | |    /     / │| i|   | '|⌒:.  |  | │
    i |       {{ | |  i |  | :i | ィ'l⌒|:.   |八_.._∨:!  ∧
.            / | |  | |  | i| |\l_.._八:. ∨〃⌒r∨ j/  ∨     ええ、勿論ですよ。
     \、______〉〉  | 人|:.│ i| i∨〃⌒ \/  :::::::', ∨{\ |
      ────  /∨ 八ハ.八 Y゙} :::::       厶. \ / ':      それじゃ、あったかいベッドに戻りましょうか。
                ∨ /\ /\{_  r‐   7  /   ∧  ':
                / /   /\ `<_ ` ー   ´  /    ':
                      xー=个 ..,_ `_ト- イ{  イ¨¨⌒Y\ \
             /    /:::::::::::::::: __}/ 入 人\__ト、:::::::::}  \ \
             /      /|::::::::::::::::::{_/:::/Vl:::::\__} :::::::|       \
            /   /   .|::::\ ::::::「::::8:::::〔_{}_〕::::::::::8::|:::::::::|    \  \
.         /   /   / /| :|:::::::ー=|:::::::::::ノV|V::::::::::::::::l/:::八      \  \
           /      |八 :::::::::::〉:::::::::::::}|{::::::::::::::〈 :::::/  \        \
.       /   /        / ∧::::\::::「 :::::::::::::ノ |人::::::::::::::〉:/    \     )
                               _____________________________
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             _
          ⌒>:. :. \___
        ,. .: '":. :. :. ヽ:. :. :. :. :. :. :. :.``丶、
      //:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
     //:. :.':. :. :./:. :. :/:. :. :. :. :. :.`、:. :.`、:. :. :ヽ
      ':. :./:. :. :. /:. :. :/:. :. :ハ:. :. :. :. :. :. :. :.:. :. :. :.
     / ' : /:. :. :. /:._:/| :. :. i - ――‐i-:. : }:. i:. :. :.
     i:./ :. | :. ハ:. :/_从:. :.l__\:. :. | : : ,:. :.|:. :. :.i
     {八:. .|:. :{斗 '"ハ  \| {   ̄} ̄》/:. :.:|:. :. :.|     い、いつになったら戻ってくるんですか……。
       ヽ|:.八 乂 ノ     _乂_,.ノ ,, }:. :. :.|:. :. :.|
        /:. :. }//      // ,:. :. : ハ :. : |
         /:. :. ,     /::\      /:/:. : 'ノ:. :. :;
       ,イ:. :八     {:::::::::i     /イ:. : /:. :. : :/    ...【ひたすら待ってたシュテルん】【1D10:6】
        / |i: ':. 个 ..      ̄U     ィ:. :/:. :. :.ハ{       ①:チキにばれる。
.       八:. :. |:. :. > _     r'"ハ:|:.:/:. :. :/ '     ..②:風邪を引く。
           \ |へ:. :. :r'ハ'"  ̄ ̄ ̄\:':. : ,           .③:世界地図拡大中。
             \ハ/_::::::---:::〈:i:./           ④:廊下で局地的豪雨
              ノ::::::::/:::::::::::ヽ:::∨            .⑤:【1D4:1】
             /::::::::::/:::::::::::::::::::Vハ              ⑥:チキにばれる。
                                    ⑦:風邪を引く。
                                    ⑧:世界地図拡大中。
                                    ⑨:廊下で局地的豪雨
                                    ⑩:【熱烈歓迎】

697 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 05:11:57.33 ID:r0BaWCZE

                 ,.-'⌒\\ヽ
                   /: : : : : :>: :/: :ヽ
              /: : : : : : :/: :/_: : : l_
                /: : : -‐¬冖: :  ̄: : : : \⌒ヽ
          ///: : : : -= ̄/: :__: : :ト: : : \
            .: : 〃/: :∠..-―ァ  l: :寺ツ:/ \: : : 丶
        /: :〃∥:/ : : : : //\丶--' ノ\ ヽ:``: :≧=-
        /: ://: :|/: : : '´ ̄/ l: : : V : /_ゝ: : 丶〉: : Vヾ
         /: ://:_l/: :/l/ ⌒ l: : : : : / /ヾ: : |: : :l: :l
.       /: :// \ 乂/l_,斧芋ミl: :/l/レ ヽ l : ||: : :l: リ
       l: :/ l: : : : >: :l :::::::::::: l/ 、  斧ミx l: :||: :/_ヽ
        l / l: : : :/: : :人   ,v-  、 ::::::ヾ-Vl:/ /    あーあーあー、またやっちゃってるね……。
       ∥  l: : : ll: : : ://丶  ヽ _ノ   ノ: : : l-‐'′
      ∥  l: : :.ll : : /⌒\ノ ≧=- r<|:|: : : : }        私が駄目でもニャル子さんとか、おとうさんを起こせばよかったのに。
     {{    l: : :ll : / \_ ̄ ¨¨  ̄ Y: : : :/
            ヽ: :|: //\    ̄ =-   /!: : :/         いなかったなら仕方が無いし、いい加減諦めて対策しよ? ね?
         /Vl//  /\    ̄ ̄  /l : /\
        / / 乂 / ', \__/ /∨/\ \
    _ / /    /   ', / ∥   /  ∨ / \ \
   /   /     ./    ∨  /  /    ∨      \
  ./ _/  ./ /∧     V     /    /\       \
 /  _,/ /   ∧    ∨_,/    /   \     \

             _
          ⌒>:. :. \___
        ,. .: '":. :. :. ヽ:. :. :. :. :. :. :. :.``丶、
      //:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
     //:. :.':. :. :./:. :. :/:. :. :. :. :. :.`、:. :.`、:. :. :ヽ
      ':. :./:. :. :. /:. :. :/:. :. :ハ:. :. :. :. :. :. :. :.:. :. :. :.
     / ' : /:. :. :. /:._:/| :. :. i - ――‐i-:. : }:. i:. :. :.
     i:./ :. | :. ハ:. :/_从:. :.l__\:. :. | : : ,:. :.|:. :. :.i
     {八:. .|:. :{斗 '"ハ::::::\| {   ̄} ̄》/:. :.:|:. :. :.|
       ヽ|:.八 乂 ノ:::::::::::::::_乂_,.ノ ,, }:. :. :.|:. :. :.|     ちゃんと目が覚めて起こそうとしましたよ……
        /:. :. }//      // ,:. :. : ハ :. : |
         /:. :. ,     /::\      /:/:. : 'ノ:. :. :;      何故かチキ以外誰もいなくて、手遅れになりましたけどね……
       ,イ:. :八     {:::::::::i     /イ:. : /:. :. : :/
        / |i: ':. 个 ..      ̄U     ィ:. :/:. :. :.ハ{        兎に角、二人が戻る前に、これを片付けるのを手伝ってください……
.       八:. :. |:. :. > _     r'"ハ:|:.:/:. :. :/ '
           \ |へ:. :. :r'ハ'"  ̄ ̄ ̄\:':. : ,
             \ハ/_::::::---:::〈:i:./
              ノ::::::::/:::::::::::ヽ:::∨
             /::::::::::/:::::::::::::::::::Vハ

698 :◆aUZCFZ140Q ★:2018/07/16(月) 05:14:49.22 ID:r0BaWCZE
◆太陽が昇り始めたので今日はここまでに致します。

言いたかったことは合いの手入れてくださる方々がだいたい言ってくださったのでナニモイウコトハナイです。
面倒くさい人ほど好きですが、シリアスを続けるのは無理なので、適度にシュテルんやチキで中和しております。

699 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 07:31:33.50 ID:LNr7tSSG
朝まで乙でした
やる夫に戻ってもニャル子の教えを発展解消していけるとイイネ

身重の嫁に負担をかけずにオプーナに先に話をしておくべきったな
ただでさえ旦那が幼女になってストレスが酷いだろうに更に追い打ちをかけるなし

701 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 07:55:28.31 ID:eSrm2jDS

シュテルンがざばる体質になったばかりにそんな役目をw

704 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 09:35:54.14 ID:dd5t0jO3
チキがどんどん性格悪くなってるな

705 :名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください:2018/07/16(月) 10:13:19.13 ID:idSS1BL3
だいたいマスドラが悪い

関連記事
| ◇ドラクエVII 種泥棒とは言わせない | コメント:0 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する