おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/07/14(土)
1592 : ◆jPhj0E6dTg :2018/07/04(水) 19:56:07 ID:7dKexAfh

     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::       \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【1】
「ひ、ヒィイイイ!?」

 そんな情けない悲鳴が裏路地に響き渡る。
 これが女子供のそれであればよく有るとリッドの1シーンであろうが、しかしその悲鳴の発信源は残念ながら、
黒のスーツに身を包み、必死にスクーターを運転する中年のおっさんであった。

 しかし、彼を情けないというのは(悲鳴自体は情けない声であったが)少々酷であろう。
 なにせ、彼の背後からは武装した数名の男が追いかけてきているし、時折銃弾が身を掠めるのだ。
 むしろ、彼は戦闘員でもスマグラーでもないというのによくやっていると言えるだろう。
必死にアクセルを全開にしながらも、狭い路地裏で積極的に脇道へ脇道へと入っているのだ。
無論クラッシュの危険はあるし、実際に壁に身や車体を擦らせている。
しかし、もし何も考えずに直線で逃げていた場合、とっくに地味なおっさんからハチの巣へとジョブチェンジしていただろう。


そして数時間にも感じられた短い逃避行を乗り越え、彼はなんとか人気の多い大通りへとたどり着いた。

「くそっどこへ行きやがった」「よせ、人目が多い」
「おい、顔はその目で撮ってたんだろ?探せば……」
「いや、顔も服も地味過ぎる。写真と人伝で探そうにも手間だ」

そんな言い争いをしながら、男達は路地裏へと帰っていった。


「ふぅ、はぁはぁ……し、死ぬかと思った……」

 追手を見送ってゆっくり3分数えて、ようやくほっと一息。
 未だ動機は激しいが、いずれ落ち着くであろう。

「しかし、まさかあの子が殺されているなんて……残念ですね……」

 目を瞑り、黙祷を行いながら、「よく有ることだ」と自分に言い聞かせる。
 潜入力と機動力に長けた、諜報員兼運び屋に成れたであろう将来有望な少年だったのだ。それをすぐに割り切るには、彼もまだ経験が浅い。
 ひと仕事、ちょっとした情報収集を頼んだ少年との待ち合わせ、その場所があの路地裏であり、
そこで情報と報酬の交換、そして、首尾良く達成していればさらなる仕事を頼もうと、考えていた。
 ただそれだけのはずだったのに、そこに居たのは依頼相手である少年の死体と、先程の男達であった。

 その光景を思い出し、しかし抜け出せたことに安堵し、そして――

「――っ!?」

 鞄を落としてきたことと、その中身を思い出し、心臓が凍り付く。
 危機はまだ去っていないのだ。

 彼――田中一郎という真っ赤な偽名を持つ仲介屋――はスクーターを走らせながらもコムリンクで通話を始めた。
 その相手は……。

1593 : ◆jPhj0E6dTg :2018/07/04(水) 19:56:27 ID:7dKexAfh

                >―…・・・・=ミハ,___                 、         \    __
            ー=ァ ´             \               `  ===  ¨ ̄ ー´‐-  , `
             ´     /          \_                /            \
         ___,ノ                    ヽ              ,        \     , , \_
         /  : /       / / /        :,            /  ′  '|  | | ヽ   } ',  ヽ¨¨
         / : : : : :/       /: :/ イ | {   :|      ′          〃 '  { / ハ  | } 斗ミ l  |   , ,
        ´フ: : : : : : : / .: :/ //: :!∠/,__|: :.  :|i  |   \         l! ,′  γ=ミ| '|/ _ | ,  |  } ∨
       / {: : : : : : / : : : :{::/____/ヽ. |: : {  八  |  { ̄         { { ' l イr=ミ!/ |/ ´⌒`/! ハ  , レ
          /: : ::イ: : : : : : /リ  丶与 人:.: r{\}    |            , {  ! {    '    / ,//}∨
        八: / リ 八: : :ハ      `   \{tテ、}/  /│            ' ゝ ,∧   r  ¨ フ 〃¨   |\
          リ、 __ ` ′          〉 ` /: : / 从             ゞ \ / / `¨¨´  /| /   | \二ニ=一
           }\___,.           ′  : : :.{               -=彡   ヾ ,_/  /   .| , `
           } : |  {       _, -- 、   /ノ八ノ                 ィ      }      /    }、 \_ `   ,_
           }:|         ´ ̄ ̄ヾ                 \二二 / /   /     / '  。:::::>....,  ̄ ̄
            小   \     ⌒  /                  ,..../ /    '__    __{ /  /|::::::::::::::::::::::>...,
            _____j       \    /                  /´:::::{ '   /|/  `¨ ´ 从 .。/:::::::::::::::::,:::::::::::}
         / { ノ        ー‐                     '!:::::::::!八  {::l!______/∨::::::::::::::::::::::/::::::::::::::i!
          / ∧         / ヽ                    {:|:::::::::::|¨:\|:j!         /:::: ̄::7:::::::::::::/::::::::::::::::j{
      -‐  |   ∧        // |、                    |:|:::::::::::|:::::::::j!         /:::::::::::/:::::::::{:::‘ :::::::::::::::::j{
 ̄ ̄     |   __‘      {/ │\                   |:{:::::::::::|:::::::j!        ,::::::::::::/::::::::::::,':::::::::::::::::::::j{
         /   / }|     /  1  丶 __             |::,::::::::!:::::j!         ,.:::::::::::/:::::::::::::::,::::::::::::::::::::::j{
         / //│    / /ヽ |         `ヽ          |:::,:::::::!::::j!         '::::::::::/::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::j{
       {/ 〈   |ヽ  イ/   ’1           |         |::::,:::::‘:::j!      ':::::::::/::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::j{
          \│__/│    リ          / |         |:::::,:::::‘:j!       '::::::::/::::::: ,:::::::::::, イ:::::::::::::::::::::j{
               \:.:./ {                 / j         |::::::i::::::::::,{        '::::,'::::::::::::::\:::::/ {:::::::::::::::::::::::l|
\ |               ∨ /            / /   |   .       丿:::::!::::::::::,!     ,./::::::::::::::::::::::::ゝ.,   ):::::::::::::::::::::l!
 }            / /              //    |        {::::::::j!::::γヽ       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i {::::::::::::::::::::::j!
…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【2】

「おう、仕事はねえか?」
「今だけの特別限定価格だ。ライバルに差をつけるチャンスだぞ?」
「おう、手持ちはこんなんだ」

 その言葉と提示された金額を見て、マーケットの店主折木奉太郎は嫌な顔をした。
スマイルも有料、仕事をねだって来た文無し――田島賢久――のような相手にはもったいないと言わんばかりであった。

「バカに付ける薬はないし、金のないやつは客じゃないし、仕事は今はない。少なくともお混に任せられる物はな」
「そうかよ、ならどうっすかなァ」
「ほら、特別にタダで昨日喰った缶詰の余りをくれてやる。それを置いて立ってれば……」
「あまりってそれ空き缶じゃねえか」

 と、その時奉太郎のコムリンクからコール音が鳴った。賢久を手で制しながらワンコールでとると、

「はい、ああ田中さんじゃないか、今日はどんな要件……はいお買い上げありがとうございまぁぁぁす!!」

 先程までのおざなりな態度ではなく――音声のみの通話であるためか、顔はそのままであるが――完璧な接客用の声色であった。
 賢久は嫌な顔をした。
 自分に愛想よくされたい、というわけではなく、単に奉太郎の態度が気持ち悪かっただけである。

「ああ、はい、なるほどそうか、そうなると……いや残念だが……」

 そんな顔を見ていても仕方がないと、店内を眺めていた賢久はふと、奉太郎の視線を感じ振り向いた。
 そこには不良在庫と、それを買い取ってくれる上客を見る顔をした奉太郎がいた。

「と、言いたいところだが、今だけの特別ご奉仕価格で紹介しよう。
なんと、希少な魔法使いのランナーだ!実戦経験も豊富でメガコーポに仕掛けて生き延びたという実績もあるぞ」
「それ詐欺じゃね? アレはどっちかって言うと仕掛けたよりしでかしたってレベルだと……」

 誇大広告も良いところである。
 魔法使いであることは確かだ。しかし、アストラル投射は出来ず、極めて偏った魔法しか使えないミスティック・アデプトであるし、
メガコーポに仕掛けたのは確かだが、どちらかと言えばなにも出来なかったやつが覚醒者だったのでお情けをかけられた。が正しいだろう。

 そんなツッコミどころ満載の奉太郎のセールストークを半笑いを作る賢久であったが、仕事にありつけるなら否はない。
無論、あまりに実力に見合わない仕事や、ミツハマに敵対するような仕事であれば困るが――。

「お買い上げ、ありがとうございまぁぁぁす!! それでどうする? 取次でも構わんし、直が良いならセッティングも請け負うぞ。別料金で……
む、そうか、なら待っているぞ。延長と遅延料金は……」

 と、賢久が考えているうちに話はついたようだ。どうやら件の田中さんとやらはこちらに来るらしい。

「よろこべ魔王(笑)。お望みの仕事だぞ」

 まあ、どうにかなるだろう。とはまだ思わない。
 情報の大切さは身に沁みている。最悪、奉太郎に金を払ってでも知っておくべきことは知っておこう。
 賢久はそんなことを考えながら……。

 とりあえずツケで打ち上げ用の酒を買えないか聞き、秒で断られた。

 彼の以前の仕事を知っているものが居ればこう思っただろう。
 おい、装備の点検しろよ。と……。

1594 :梱包済みのやる夫:2018/07/04(水) 23:07:09 ID:EVNfm0Ul
SSに挿し絵がついてるw

1595 :梱包済みのやる夫:2018/07/05(木) 13:17:42 ID:fOBpl7BB
この見せ方、いいな
しかしすげえわくわくしてきたぞこれ……!

1596 :梱包済みのやる夫:2018/07/05(木) 16:01:59 ID:roA023tZ
もうすこし挿絵率高くてもいいかなと個人の好みで思う



1597 : ◆jPhj0E6dTg :2018/07/05(木) 18:48:04 ID:i+m7g3Ze

               ''^~/::. ̄ ̄~゚^''
             /::.::.::.: /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: \
           ::.::.::.::.::.::. |::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\::.::.::\
.        /::.::.::.::.::. |::.|::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.:: \::.::.:::
       / ::.::.::.::.::.: |::.|::.::|::.|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        ::.::.::.::|::.::.|::. |::.|::.::|::.|::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        ::.::.::.::.:|::.::.|::八 |::.::|::.|::.::.:|::.::.|::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::
      ::.::.::|::.::|: ィi⌒ |::.::|::.|::.::.:|::.::.|::.::.|::.::.::.::.::.::.::.::
       |::.::.:|::.::|::.::.|   |::.::|八::.::.|::.::.|::.;;,|_|::.::.::.::.::.::.::|
       |::.::.:|::.::|::.Y巧テテミ   \|::ィ´.:.:.:ノ::}::.::.| ::.::.: |
       |::.::.:|::.::|::人乂;;;;;ソ    |::.::.|'''":|::.::.::. | ::.::.: |
       |::.::.:|::.::|::.::.:|;;;;;;    丶 ⌒\::.:|::.::.: /::.::.::.::|
       | ::.::.::.::.::.::.人    _______   |::.::./::.::.::ノ::.|
       | ::.::.::.::.::.: |::个ト |       | イ|::.::.::.::/::.::ノ
.     乂::.::. \: |::.:|::/⌒\ 交   /⌒\;;;∠::.::/\
        }≧=-{〈厄/ Λ__}換 { ̄   |厄}「 ̄}ニニ\
       {ニニ/Υ    _}日 { ̄  八~´ /ニニニニ|
       {ニ〈  Λ   _ }記 { ̄  /|ニ|\/\ ニニ|
       {ニ-∨ |\   ∨   ∨ _|_|ニL/⌒`ニニ|
.       {ニニ〈Λ|ニ|⌒\|__  _|/ニニ|::.::.::\ニニニ|
.        /ニ/::.: /|ニニニニニニ|__ \ニニニニノ\::.::.::.\ニ/
       {./::.::.::.// \ニニニニニ/___>ニニニニニ\::.::.::.\
      /::.::.:: //ニニニニ\ニ/ニニニ|ニニニニニニニニ| .::.::.::. \
.   /::.::.::.::.:/ニ|ニニニニニニ∨ニニニニ\ニニニニニニ| :.::.::.::.::. \

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
           о
          。

                 / } /   /ー― '' ´    /
                   /   ´               /、、 _ イ
         、、     ,/                       /
       \ ̄ ̄´                   \ '´
          `フ                          ヽ
        _ > '                  /            !
       ` フ                /           {
       /     ,   ィ    ≦ -‐ァ ' / /      ',
     ー< _ ィ //' ,//  /  _,ノ´ ノイ {  ∧ ト \
.          / ,´ /イ ノ イ /   ``フ  , イ、 { i  ゝ{ ⌒
         {/',        / / ´ ̄  / .} ゝ{、 !
           /´ヘ       ノイ       /  }  {\{
         / { . . .}                 ∧  /\ ', `
     _,/{ ::‘,ノ            }/ ., ゝ'   /\〉
    /´.{: : {、: : \フ_, ィ   ,ィーz イ´   { u  '
  /. . . .∨∧ 、 : : \  ´¨¨´          ',  /
/. . . . . . .∨∧.\: : : \   ,   /、、   、 /
. . . . . . . . . .∨∧、\: : : \  { ,-''    ` ヽー'
. . . . . . . . . . .\: :\. .\ : : ヽ { }ヽ   ,/ /\
. . . . . . . . . . . . .\: :\. .\: :} ヽ  ', ,/ / . . . . \
. . . . . . . . . . . . . . .\: :\. .ヽ!  ',  ∨ ./. . . . , ‐-、〉
. . . . . . . . . . . . . . . . .\: :\│  ',  } /ヽ. . . /
. . ___. . . . . . . . . . .\: :人   } .!'  ヽ./|
´. . . . . . . . . ` .<. . . . . . . . . }:ヽ .| .!    / .|
. . . . . . . . . . . . . . .\. . . . . . /::::::',| .!.   / . .|
…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
【3】
 ハッシュは決意した。必ず、この試練を乗り越えて見せようと。
 ハッシュは字が読めぬ。ハッシュは非識字である。音声入力と雰囲気で乗り切ってきた。
 だが、相棒である狂三のことには人一倍に敏感であった。
 その狂三が――今時珍しい紙の――交換日記を熱心な目で見ていたのだ。
 ハッシュは戦慄した。これは彼の代表、リボンズ・アルマークの謀略であると気づいたのだ。
 ハッシュ・ミディは決意した。必ず、この誘惑を捌き切り、文字を覚えずに済ませようと――。

「もげろハッシュ」「ハッシュ君、字覚えよう?」「もげろ」「もッシュ」「もッシュ!?」
「いや、だって……仕事増えるじゃないですか」

 大船島が北区に位置する港、ここは最も安全に大船島へと島入り出来る場所である。
ここから入る、即ちそれは一定の力かはたまた金かを持つ者だと言うことだ。
それ故に警備は厳重であり、客人は護身用ですら武器の携行が認められていない。
 字を覚えることともげることを強いられている彼、ハッシュ・ミディはそんな北区の、名物警備員であった。

「大体アレっすよ、明らかに罠っすよねこれ」
「貴殿の首は柱に飾られるのが似合いだ」「罠と分かっていてもかかるのが男だろう?だから字覚えよ?」
「むしろなんで俺にはそういう罠が来ないん??」「やはり字か。壁はどこだ?私は記憶を無くそう」「モテた院」
「……記憶喪失でも普通字は覚えてるからな?」「なん…だと…?」

 ワイワイガヤガヤと通信も込みで騒がしいが、そこはそれ、仕事中ではなく休憩中だからである。
ノリは普段とそう変わらないが、流石に彼らとて職務中に大勢でだべっていたりはしない。

 そうやって、ハッシュ君のはっしゅくんをもぐことと、字を覚えさせる算段を立てていた時、通信機から声が飛び込んできた。

「休憩中すみませんハッシュさん。ちょっと不審な方が居まして……申し訳ありませんが来て頂けませんか?」
「あいよ、今から行く。という訳でこの話はここまでということで……」
「ああ、続きは帰ってからだな」「任せろ、議事録は取ってある。だからハッシュ君、字覚えよ?」
「やはり出来る男か。サイバーのカタログはどこだ?私も入れよう」「サムラ院」
「あいつはサイバーの適性もあるのに対し、お前は免疫過敏だから半分も入れられねえぞ」「なん…だと…?」

 少々嫉妬の混じった視線と、囃し声に見送られ、ハッシュは要請を送ってきた新人の元へと駆け足で向かう。
 一応不審者だという通報だ。これが新人故の過敏さによる誤報であればそれで良いが、
最悪、どこぞの電脳中毒者(ケイネス先生にあらず)の襲撃という可能性もある。
そうなれば新人が対応するというのには色んな意味で酷だ。

ハッシュは走った。仕事意識と仲間意識、その両方に背を押され、走り出した。

1598 : ◆jPhj0E6dTg :2018/07/05(木) 18:48:44 ID:i+m7g3Ze
あっぶね、職場にこれ書いたメモ帳忘れてくるところだった……。

1599 :梱包済みのやる夫:2018/07/05(木) 18:49:48 ID:mPiN+xAZ
【速報】職場の仲間がやる夫スレ作者だった件【職場で明日支援AA渡すお^^】

はよ。スレ立てはよ。



1600 : ◆jPhj0E6dTg :2018/07/05(木) 18:53:02 ID:i+m7g3Ze
挿AAはなーあんまり入れると1レスが長くなるのと、正直な話探すのめんどいのじゃ。
あくまで時間ないから変わりにSSぶん投げてるわけじゃからなー

こんだけ書いても1時間かからないくらいだけど、スレだとどんだけかかるか……。
まあやる夫スレにはやる夫スレの楽しさがあるからやってるんだけどね!!
関連記事
| シャドウラン【jPhj0E6dTg】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する