おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/06/26(火)
1512 : ◆jPhj0E6dTg :2018/06/18(月) 20:44:56 ID:MpE4Z/vV

 やべぇ、やべえやべえと警鐘がジョーの頭に響き渡る。
 当然だ、実際のところジョーは強くはない。戦闘と潜入を出来る?器用貧乏などなにも出来ないと同義だ。
 水泳が人並み外れている?ここは船上だ。
 チンピラの一人程度なら不意を打てばまず勝てる、二人なら少し危うい、それ以上なら……。
 それがジョーが自分で認識している己の実力だ。

 そして、目の前には3人居る。しかも内2名はアストラルの輝きからして覚醒者だ。
 その事実に、足取りが鈍りかけ……、


「嵐に飛び込むもの(ストームダイバー)君、僕は女の子の味方だよ。なにせヌキたいから来たんだからね」

 という言葉とともに片方の覚醒者からもう片方へと魔力が流れ込んだ。

「ウラァァァ!!!」

 そして、ジョーは撃たれた覚醒者へと走り出した。
 迷いを振り切るかのように叫び声を上げ、一歩、また一歩と近づいていく。
 しかし、相手もさるものであり、扉から背にした壁からと2重に奇襲を受けてなお、闖入者の足が鈍りかけたという事実を、より重いものへと変えんと動き出す。

「黙れこのメタ野郎がァ!!」
「ぐああああっ!!」

 バチッと瞬く間に稲光が走り、避ける間もなくジョーを貫いた。
 ”雷撃”の魔法は過負荷行使を避けてなお人一人を無力化するに充分な威力を発揮する。

「へっ、てめぇら楽には殺さんぞ!!」

 防具による保護を半減し、確実に相手を弱らせ、捕えることを容易にする”雷撃”。
 それは魔法使いの彼に取ってヒューマニスとしても、元警備員としても有効な昔ながらの得意魔法であり、絶対の自身を持つ魔法の一つであった。
 装備の厚さから見て気絶まで充分行けるだろう、と思い、アストラルで侵入してきたメイジに向き直ろうとし、

「てめぇ、いつまでも調子に乗ってんじゃ……ねえぇえええ!!!」

 ”雷撃”を耐えきり、走り寄ってきたジョーの拳が突き刺さった。
 
 魔法使いの男は、狼狽えていた。
 な、無傷……じゃ、ねえ!?。確かにふらついてるし効いている。……だがなぜこうまで効果が薄い!?
 手応えからして、充分な魔法行使を出来たはずなのだ。なのに、どうして?と。

「おう、バカが!戦う海の男が、雷への対策をしないわけがねえだろうがよっ! 」

 そんな答えとともに繰り出された拳により、がくりと力尽きた。






「はーはっはは!!俺が一番だァァァァ!!!」

 勝鬨をあげるジョーを尻目に、アストラル体で応援に来たメイジが誘拐されたドワーフの娼婦の様子を見ていた。

「うん、素人目だけど無事そうだ。この体格からして彼女は……そう、南区の”妖精たちの囁き”というお店の娘だよ」
「おう……テメェ詳しいな。なんだ?依頼人から聞いてたのか?」

 メイジの彼はふっと笑いながら「このくらいはたしなみだとも」とジョーへと娼婦を差し出した。

「僕は今アストラルだからね、この娘のエスコートはお任せするよ。……ところで君はコムリンクはどうしたんだい?
 君と連絡が付けば、あんな風に君の突入に合わせて、慌てて突入するなんてしなくて済んだのに。」

 話を聞けば、どうやら誘拐犯に魔法使いが混じっていると聞いた仲介屋の男が、メイジの彼へと連絡をつけ
突入するジョーのバックアップへとしようとしていたらしい。

 しかし、ジョーがコムリンクの電源を切っていたために仲介屋との連絡が付かず、仕方なしにジョーのおおよその居場所を聞いて突入する事になったそうな。

 そんな事情を聞いたジョーは、頭を掻きながら、「はーはっはは、ワリぃな!どうせ使わねぇって思って切ってたんだよ」
 と悪びれなさそうに詫びを入れた。





 行きと比べて、帰りは楽……というほどでもなかった。
 なにせ、大荷物(ドワーフとは言え人)を抱えているのだ。更にはここまでの移動と戦闘によって疲労も蓄積されている。
 うっかりのミスが増えてきたジョーをアストラルから補助しながら(女の子を落としそうでヒヤヒヤしていた)船を抜け出し、
 ジョーの秘密のポイントに辿り着き、気絶していた娼婦に咥えさせていたレギュレーターを外す頃にはもう空は赤くなっていた。
 


 「女の子が攫われて一も二も無く飛び込んだ君には敬意を表するよ」「それはそれとしてその子によろしくと伝えておいてくれ」
 という言葉を残し、メイジの彼は去っていった。
 ジョーは彼の言葉に「あったりまえだ!」と返し、見送りながら呟いた。

「ああ、あれが最近界隈で有名な……」

 もし、この場に誰かが居たら、こう言っていただろう。

「”殺りたいから殺る”バリー・ザ・チョッパーか……」

 グリッチド(なんてこった)と。


1513 : ◆jPhj0E6dTg :2018/06/18(月) 20:52:06 ID:MpE4Z/vV

 といった具合で、今回の騒動は幕を閉じた。
 ターゲットの座標を把握していた理由など私は知らないし、
彼女に謎のインプラントがあって、それがどんな情報をどこに送信してたかなんてことも私は知らない。
当然、あのチンピラ……の振りをした、ヒューマニス・ポリクラブの過激派――しかも最近台頭してきた魔法使いの――が、
そこから何の情報を得てどうしようとしていたかなんてことも知らない。
 知らないったら知らない。当然だ。
 そういう事にしておかないと余計な面倒が増えるに決まっているし、最悪私が目標にされかねない。

 ああまったく、バランサーなんて面倒ばかりだ。止めたいと思ったことがないと言えば嘘になる。
 どうせ、私一人が止めたところでこの大船島に大した影響は出ないだろう。
 今なら本土への伝手もある。蓄えもあるんだ、どうにかなるだろう。

 ……と、現実逃避をしたところで、ふと正気に戻る。
 まったく、少し疲れているな。私がここ離れる理由など無いというのに。
 いや、違うな。ここを離れたくなど無いというのに、だな。

 北と西の代表者も、私の同志だと聞く。
 願わくば、私の仕事が彼らの一助とならんことを。それともう少し平穏をください。



 さて、次の仕事をあのバカに持っていくか。この前こっそり忍ばせた発信機はそのままでいいだろう。
 あいつも少しは交渉を覚えればもう少し楽ができるだろうに……。
 その光景を想像し、ふっ、と少し口が歪む。
 あいつが交渉を覚えるなど、「ハッシュ君が字を覚える」ようなものだ。
 まあ、今のままのほうがやりやすいのは確かだ。私に損はない。

 なにより、彼は”嵐に飛び込むもの”なのだ。
 良くも悪くも無謀で無ければ、嵐になんて飛び込めないだろう。少なくとも私には出来ない。

 そして私はクローゼットの中の数十着のスーツから一つを選び、家を出た。



 おや、お久しぶりですねジョーさん。
 おお、そうだちょうどいい……あ、いえ失礼なんでもありません。

「あ?なんだよ、気になるじゃねえか」

 いえいえ、ジョーさんには関係のないお話です。なんと言っても今私が抱えている、
 今度のランは少しばかり難度が高いのですから。さて、以前のお詫びに奢らさせてもらいま……

「できらぁ!!」


【ジョー・東のシャドウラン 完】

1514 : ◆jPhj0E6dTg :2018/06/18(月) 21:03:08 ID:MpE4Z/vV
データ修正版

               .,イ
             /:::i 。sz--<::フ
         ,、 /:::::::::::::::::::::::::::::::/
        /:::`´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/___
        ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        i:::::::>-´ ̄i>ニ、<:::::::::::::::/
       i>< ,________ミZz  r<::/
      /| 6 y´   < 闘≧><,,i,,
     ./  ト、    .ハ、 ̄  ̄.::ぐ
    /  / |   />ニニz、ーz::i
    /  / __>、 / 、  つ__)アノ
    ir・´ ̄ -->、\--ニニイ/`-r-r-r-r-´ ̄ニ⊃
   /   -i 、   >、__,イ---、_{_{s--i、 t_))
   /   ノ、 ヽ--´    ノ__
  /   < >----‥r---i:::i
  マ .>ヘi:::::::::::::::::::`---´/
   `マ/ノi ̄t  ̄ ̄ ̄¨:.ム
     `イr'ニ ソ:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:ム
      ト-イ:.:.:.:.:.:.:.:iノ:.:.:.:.:.ム
       iニニニニミz:::i::::彡ニ三]
      マi   ム--r ´ i
       ノ  /   }_____/
      トミzzzzi    ト---i
     .ノ:.:.:./    V:.:.:.:i
    /--V      iマ:.:.:. -z__
   `ー---'      ー------´

ジョー・東は覚醒者である!そして海人である!!
数年前、彼はいつものように漁に出たところ、クリッターの様な災害に遭い漂流してしまう!!
しかし、彼は死んでいなかった!そう、死に瀕た彼は魔力に覚醒したのである!!
そうして得た魔力によってアデプト(達人)となった彼は自力て帰宅したのである。そう……泳いで!!

しかし、帰ってきた彼に待っていたのは死亡扱いとされ、失ったSINと家族もおらぬ家であった。
彼にはもはや、自分の身以外の全てを失ってしまったであった。

そんな彼の耳にある日、こんな噂が届く。
「大船島というところに行けば、SINが買える。SINを買うための仕事も沢山ある」と……。

その噂を信じ、彼は旅立つのであった。目指すは大船島。現在地は海上。

――そして数年後、そこには大船島で働く彼の姿が!
「もうちょっと良いSINが欲しいぜ!」
彼は笑ってそう言い、より高いレーティングのSINを求め、今日も元気に大船島を泳ぎ回っている……。


え、水質汚染?許せねえ!
== 情報 ==
ストリート・ネーム: ”嵐に飛び込むもの(ストームダイバー)”ジョー
名前: 東 丈
移動: 10/25, 水泳: 6
カルマ: 0
ストリートの評判: 0
悪名: 1
公共認知度: 0
エルフ 男 Age 22
身長 180cm 体重 72kg
冷静: 5
意図をはかる: 5
持ち上げ/運搬: 6 (30 kg/20 kg)
記憶: 3
新円: 0

== 能力値 ==
強靭力: 4
敏捷力: 4
反応力: 3
筋 力: 2
魅 力: 3
直観力: 1
論理力: 2
意志力: 2
エッジ: 2
魔 力: 4

== 特殊能力値 ==
エッセンス:                     6
イニシアティブ:                   5
イニシアティブ・パス:                1
アストラル・イニシアティブ:             4
アストラル・イニシアティブ・パス:          3
マトリックス・イニシアティブ:            3
マトリックス・イニシアティブ・パス:         1
身体ダメージトラック:                10
精神ダメージトラック:                9

== Active Skills ==
Flight : 0 Pool: 1
エチケット : 1 [漁師] Pool: 4 (6)
サバイバル : 1 [水辺] Pool: 3 (5)
トラッキング : 0 Pool: 1
パーミング : 1 [装備を隠す] Pool: 5 (7)
パラシュート : 0 Pool: 3
ピストル : 2 [ライトピストル] Pool: 6 (8)
ランニング : 1 [短距離] Pool: 3 (5)
回避 : 3 [射撃戦闘] Pool: 6 (8)
偽造 : 0 Pool: 3
弓術 : 0 Pool: 3
虚言 : 0 Pool: 2
脅迫 : 1 Pool: 4
工芸 : 1 [海産物の細工] Pool: 3 (5)
航法 : 0 Pool: 1
指導 : 0 Pool: 2
自動火器 : 0 Pool: 3
重火器 : 0 Pool: 3
錠前 : 0 Pool: 3
水泳 : 6 [長距離] Pool: 15 (17)
潜水 : 3 Pool: 7
潜入 : 3 [水場] Pool: 7 (9)
船舶操縦 : 0 Pool: 2
素手戦闘 : 4 [水中格闘] Pool: 8 (10)
体術 : 1 Pool: 5
脱出 : 0 Pool: 3
知覚 : 3 Pool: 7
地上機操縦 : 0 Pool: 2
長銃 : 0 Pool: 3
登攀 : 0 Pool: 1
刀剣 : 0 Pool: 3
投擲武器 : 0 Pool: 3
統率 : 0 Pool: 2
尾行 : 0 Pool: 1
変装 : 0 Pool: 1
砲術 : 0 Pool: 3
霊視 : 1 Pool: 5
棍棒 : 0 Pool: 3

== Knowledge Skills ==
化学 : 1 [水質汚染] Pool: 2 (4)
漁 : 3 Pool: 4
船の構造 : 2 Pool: 4
日本語 : N Pool: 0

== Contacts ==
フェイス (3, 2)
海の家 (1, 2)

== Qualities ==
昼の仕事(20 時間/週)
低光量視野
自制心不足 (大言癖)
水の精霊
アデプト
苦手 (交渉)
導師精霊 (海r)
病原体や毒素に対する抵抗力
免疫過敏

== Powers ==
アストラル知覚
感覚強化 (方向感覚)
感覚強化 (味覚強化)
技能強化 (非戦闘系) (水泳) Rating: 3
強打 Rating: 4
知覚強化 Rating: 2
能力値ブースト (反応力) Rating: 1

== Lifestyles ==
下流 3 months

== Armor ==
カメレオン・スーツ 6/4
+化学防護 4
+絶縁 4
カモフラージュ・スーツ ("町中用") 8/6
+化学防護 2
+絶縁 2
ヘルメット 1/2
衣服 ("「海人」Tシャツ+海パン") 0/0

== Weapons ==
フィチェッティ・セキュリティ600
+ガスベント2・システム
+クイックドローホルスター
+ストック
+内蔵スマートガン・システム
+レーザーサイト
Pool: 9 (11) DV: 4P AP: - RC: 3
モノフィラメント・チェーンソー Rating 2
+ダイスプール修正
Pool: -2 DV: 5P AP: -2 RC: 0
ヤマハ・サクラフブキ
+ガスベント2・システム
+クイックドローホルスター
+ストック
+内蔵スマートガン・システム
Pool: 8 (10) DV: 4P AP: - RC: 3
手榴弾: フラッシュパック
Pool: 3 DV: 特殊 AP: - RC: 0
手榴弾: 熱煙幕弾
Pool: 3 DV: (10m 半径) AP: - RC: 0
素手
Pool: 8 DV: 5S AP: - RC: 0

== Commlink ==
ソニー・エンペラー (2, 2, 2, 3)
+レンラク・イチ
+プログラム・スイート: 基本ユーザー [検索 2, 分析 2, 編集 2, 命令 1]

== Gear ==
オートピッカー Rating 4
グラップル・ガン
+一般的なロープ(100m)
ゴーグル Rating 1
ゴーグル Rating 3
+映像リンク
+スマートリンク
+視覚強化 Rating 3
タグ・イレーサー x2
ヘッドホン Rating 2
+音源探知
+聴力強化 Rating 3
ホワイトノイズ・ジェネレーター Rating 3
マグロック・パスキー Rating 2
モノフィラメント・チェーンソー
ラペリング・グローブ
ワイアカッター
医療キット Rating 3 x2
覚醒パッチ Rating 2 x2
偽造 SIN Rating 2
偽造免許 (カメレオン・スーツ) Rating 2
偽造免許 (ヤマハ・サクラフブキ) Rating 2
偽造免許 (内蔵スマートガン・システム) Rating 2
偽造免許 (ガスベント2・システム) Rating 2
偽造免許 (フィチェッティ・セキュリティ600) Rating 2
偽造免許 (スマートリンク) Rating 2
偽造免許 (オートピッカー) Rating 2
偽造免許 (ジャズ) Rating 2
偽造免許 (熱煙幕弾) Rating 2
偽造免許 (通常弾) Rating 2
偽造免許 (グラップル・ガン) Rating 2
拘束具, プラスティック製 x50
使い捨て注射器 x7
+ジャズ
手榴弾: フラッシュパック x3
手榴弾: 熱煙幕弾 x5
潜水具
全方位ジャマー Rating 2
通常弾 (ライトピストル) x190

1515 : ◆jPhj0E6dTg :2018/06/18(月) 21:15:59 ID:MpE4Z/vV
おや、すみ

カメオ出演にびっくりしたので書き上げました

1516 :梱包済みのやる夫:2018/06/18(月) 21:23:10 ID:3hg3Zj0v
乙でしたー!よくぞダイスの試練をくぐり抜けた
バリーと間違う要素はあったっけか?w



1517 : ◆jPhj0E6dTg :2018/06/18(月) 21:24:13 ID:MpE4Z/vV
割と有利な場面で戦わせたけど、基本的の弱いなジョー!
まあ水泳関係に全カルマ中の約20%注いでるから仕方ないけどさ!

逆に言うと水中VS水中ならまず負けない。

1518 :梱包済みのやる夫:2018/06/18(月) 21:24:25 ID:6dOrHXMR
乙ー
そいつヴァレニキです(Info顔)



1519 : ◆jPhj0E6dTg :2018/06/18(月) 21:25:14 ID:MpE4Z/vV
>>1516
ヴァレリーじゃろ?
バリー。実質1文字違いじゃ。

記憶テストにグリッチ(大失敗)したから仕方ないよね!って
関連記事
| シャドウラン【jPhj0E6dTg】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する