おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/06/25(月)
8704 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:03:30 ID:D4bXKxHO
ふむ、以前作ったジャック・オーさんは没案かな。
ポジション的にマイと被る


8705 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:04:42 ID:D4bXKxHO
なにげにマイ、魔王芸人辺りで400カルマ勢である。

前者がアデプト、後者がミスティックアデプト。魔力3でもやれるよ勢。
750カルマ=400BP環境では見ないタイプ。

8706 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:08:05 ID:D4bXKxHO
問題はどっちも近接キャラって事さ!!

8707 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:09:49 ID:D4bXKxHO
両者ともに「遠距離攻撃手段は一応あるが、近付いてぶっ叩いたほうが必殺の一撃になる」というバランスである

8708 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:10:36 ID:D4bXKxHO
なお、両者ともに耐久はそこそこ。
防具がほぼ被ってるのは完全に私の手癖

8710 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:36:31 ID:D4bXKxHO
▼ざっくり大船島勢力図▼

とりあえず登場までして確定で居るキャラ。
抜けがあったらメンゴ。


▼北区画(ホライゾン系列。最大勢力)

頭領:リボンズ・アルマーク(ハッカー)

ヒラ警備員:ハッシュ(サムライ)
いつの間にか居着いた:狂三(バーンナウトアデプト)
実働戦闘員:ねらう緒(これでもエルフ。サムライ)
実働戦闘員:茶茶丸(サムライ/フェイス)
調査・探知型魔法使い:関城(メイジ)

等々


▼西区画(ミツハマ系列。北に次ぐ勢力)

頭領:シンドバッド(???)
ブラックマーケットのそこそこの立場:折木奉太郎

警備兵の隊長格:花酒蕨(サムライ/フェイス/工作員?)
貴重なアデプト:ショー・疾風(ブーメランアデプト)
警備員:できない夫
諜報員兼娼婦:アルビレオ
貴重な呪文使い:田島賢久
結局本名は何だ:カルヴァドスくん

等々


▼南区画(勢力乱立)。フリーランス多し

中二病:やる夫(アデプト)
警備員:オッサム(警備員)
バウンサー:嵐(サムライもどき)
ストリートドク:ジンニキ
実は北所属:祥乃(忍者)
嵐事鈴駆運送の大黒柱:祥乃の同僚(器用万能/器用貧乏)
萌えないガリーちゃん:ガリー・ゴダン(サムライもどき)
嵐事鈴駆運送社長:アルフレッド(魅力とエッジはありそうな無能)
商店主:村雨
商店の看板娘’s(?):暁型四姉妹
事業立ち上げ計画中:エルフィ・フォン・ブラウン

等々


▼東区画(ヒューマニス武闘派の拠点あり。ヒューマニスト完全別系列で反目/敵対しているギャングもいるよ!)

ヒューマニス幹部:イモータン・ジョー(特に過激)
ヒューマニス幹部:パンタローネ(まだ穏便?)

ギャングリーダー:バリー・ザ・チョッパー(オークのサムライ)
ギャング構成員:マイ・ナツメ(投擲・近接アデプト)

等々


▼住居・所属不明

スイミングアデプト:ジョー・東
SURGE発症者:ツェッド・オブライエン
人斬り包丁:沖田さん
TSメス堕ちエルフBLT依存症:高野
ヌきたいからやる:ヴァレリー
島に居たり居なかったりするバランサー:塞
荒事屋:ガガガガンマン

等々

▼アレキサンドリア大陸

ケイネス先生

8711 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 09:38:14 ID:FRlUZby8
ケイネス先生だけ文字通り立ち位置が違うんだよなぁ…w

8712 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 09:39:33 ID:KFQomQxs
ブーメランアデプトって単語の圧力がすごいw

8715 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 09:42:02 ID:a4CfVCRA
島も随分広くなり申した



8716 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:42:23 ID:D4bXKxHO
▼ざっくり大船島勢力図▼

とりあえず登場までして確定で居るキャラ。
抜けがあったらメンゴ。


▼北区画(ホライゾン系列。最大勢力)

頭領:リボンズ・アルマーク(ハッカー)

ヒラ警備員:ハッシュ(サムライ)
いつの間にか居着いた:狂三(バーンナウトアデプト)
実働戦闘員:ねらう緒(これでもエルフ。サムライ)
実働戦闘員:茶茶丸(サムライ/フェイス)
調査・探知型魔法使い:関城(メイジ)

等々


▼西区画(ミツハマ系列。北に次ぐ勢力)

頭領:シンドバッド(???)
ブラックマーケットのそこそこの立場:折木奉太郎

警備兵の隊長格:花酒蕨(サムライ/フェイス/工作員?)
貴重なアデプト:ショー・疾風(ブーメランアデプト)
警備員:できない夫
諜報員兼娼婦:アルビレオ
貴重な呪文使い:田島賢久
結局本名は何だ:カルヴァドスくん

等々


▼南区画(勢力乱立)。フリーランス多し

中二病:やる夫(アデプト)
警備員:オッサム(警備員)
バウンサー:嵐(サムライもどき)
ストリートドク:ジンニキ
実は北所属:祥乃(忍者)
嵐事鈴駆運送の大黒柱:祥乃の同僚(器用万能/器用貧乏)
萌えないガリーちゃん:ガリー・ゴダン(サムライもどき)
嵐事鈴駆運送社長:アルフレッド(魅力とエッジはありそうな無能)
商店主:村雨
商店の看板娘’s(?):暁型四姉妹
事業立ち上げ計画中:エルフィ・フォン・ブラウン
荒事屋:ガガガガンマン

等々


▼東区画(ヒューマニス武闘派の拠点あり。ヒューマニスト完全別系列で反目/敵対しているギャングもいるよ!)

ヒューマニス幹部:イモータン・ジョー(特に過激)
ヒューマニス幹部:パンタローネ(まだ穏便?)

ギャングリーダー:バリー・ザ・チョッパー(オークのサムライ)
ギャング構成員:マイ・ナツメ(投擲・近接アデプト)

等々


▼住居・所属不明

スイミングアデプト:ジョー・東
SURGE発症者:ツェッド・オブライエン
人斬り包丁:沖田さん
TSメス堕ちエルフBLT依存症:高野
ヌきたいからやる:ヴァレリー
島に居たり居なかったりするバランサー:塞
島の妖精:クラバウターマン

等々

▼アレキサンドライト大陸

ケイネス先生(エッジ特化ウェポンスペシャリスト、アストラル見えるだけ風味)

8717 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:42:33 ID:D4bXKxHO
こうかな?

8718 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 09:42:41 ID:RHQwp0oO
一部の呼称がひどすぎませんかwwwww



8719 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 09:42:55 ID:D4bXKxHO
投げていただいたキャラは、明確に登場まで行った人だけ、とりあえず数えてる感じで

8724 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 10:03:42 ID:D4bXKxHO
そういやケイネス先生も沖田さんと同じ非覚醒・非サイバーかと思ったが、ケイネス先生しっかり覚醒してるし
アストラル見えて魔剣持ってるわ

8726 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 10:06:39 ID:gOsHpOro
ケイネス先生はケイネス先生だから…

8727 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 10:07:01 ID:ufCPasOx
ほんとテクスチャおかしいだけなんだなぁ



8728 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 10:08:37 ID:D4bXKxHO
あと先生はエッジが7あるんで、そう簡単には倒れない(確信)

8731 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 10:11:30 ID:D4bXKxHO
では一旦おちー

沖田さんと祥乃の分のED含めてまた後で。
……機能は魔王芸人が最後に持っていってしまった

8828 :計算機:2018/06/24(日) 12:34:15 ID:cLhVRjhx
ttp://www.fallenmoon.shop/middle_grail_resource.html

中聖杯リソース計算機でけたぞー
例によってなんか不具合とかあったら教えてもらえると有難い

さてご近所で中聖杯やってるとこにも配ってくるかな……

8832 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 12:46:10 ID:MTZneLB5
>>8828
中聖杯計算機乙です! 

8833 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 12:47:13 ID:sN8CS8EN
>>8828
お疲れ様です



8851 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 13:44:07 ID:D4bXKxHO
>>8828
ありがとうございますー!!
貴方が神か……

8852 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 13:44:23 ID:D4bXKxHO
戻ってきたらすごいもん目にしてしまったwwww









8891 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 14:42:43 ID:D4bXKxHO
さて、軽く戦車したら沖田さんと祥乃のEDいきましょー

8953 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 15:29:41 ID:D4bXKxHO
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・





         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         | | ┼            |
         | レ c!、あ っ …     |
         \_______/

                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            | | ┼            |
                            | レ c!、あ っ …     |
                            \_______/


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 | | ┼            |
                 | レ c!、あ っ …     |
                 \_______/

                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                              | | ┼            |
                              | レ c!、あ っ …     |
                              \_______/




.

8963 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 15:35:09 ID:D4bXKxHO



                                               /:.:.:.:
             _                               、 /::.:.:.:
           /:::: :::::\            __                 |:.:.:..:.    \
                ::::::ヽ         /   \ヽ       _        ヽ;.;..:.:    ..:.:)
                    ::ノ          -‐‐-、j/ ....,  __ノ-)         て:.:.:__/
               ‐<       ,  ´ ,     、    ` 、-=_-_-_-_ ァ       ヽ
                        / / /      ヽ       ヽ-_-_-/  (:.:.::::
                          / /  /{  ゝ、|    ',    j  ',_-_/ \
                     レ'  /ィ{ i  `    }!   /  }i-_=- _ \       ,ゝ、
                        _, ゝ 、_ ,  ',     }_彡'    ハ-_-_-\ `ー-...、  |はi
           ,ゝ、           }   "⌒'っ ',     j     / l\_-/  `丶  )  i っ.|
           |はi          ノ :、   :.:.:.:.:.:.:ゝ-   ,ソ   /   乂 `     j/  ゝ‐'
           i っ.|.   _,,..: ´  ゝ( ヽ  u j    {-‐ ´    `、 ミ=-
           ゝ‐'.  / / /-‐…''ハ '__  ,ハ ! ハ      \`、
                  /  ′.      /    `ヽ ', | /' i. \ー-   ',`ヽ、_
                      ,   ι        |. ` ーj从jヽ
               ,ゝ、     ,               ',          ,ゝ、
               |はi...   ,   i      i      ',         |はi
               i ぁ.|     i   i         }      ` 、       i ぁ.|
               ゝ‐'     ,   ハ       /         ヽ      ゝ‐'
                    ,  / .j          /    ',
                   ,  ′          ゚ 。 {      i
                     /  {             ',  ,:  }        「|
                     , 。゚   ゝ                /  从       | l r n
                     /    ′       /      ,  /         | l |_| l
                   ,ィ   /        .′     /  ,          l ヽ└'
               /    /   ι    /      /             | lヽ \
                  /   > ´       /      /  '           | l  ヽノ
              / > ´         /      .'  /            |_j
            > ´                 /  ./            _「l「L. _
          ,  ´     ι                  {  /            └‐┐i r‐┘
         /             ',           , /                L| |
       ,                !           ',                └‐'
        /                          ,                 n
      '                        ゚ 。     ,                 U
     i                   /            ',                0
     {               /             ',                O
          。 ゚           ノ!                i
     i         _  .ィ  ',              }
     |           / `ー -ト                !
                 ,      i             ,
      !          ./      |         ι   ,
      i        /       ,           ,
.       |       /        ',           /


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 虚弱な身体では、一度抱かれるだけで死にかけるような思いを味わう事になる。

 しかしブリスの与えてくれる偽りの安らぎと浮遊感が、どこか心地よさすら伴って、客観的にその死にかけの自分を
眺める余裕すら与えてくれた。

 微睡むように思い出すのは、先日あった束の間の“休日”。鮮烈な体験だったが、同時に白昼夢のようだったとも
頭の中でぼんやりと考える。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8966 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:42:57 ID:CPpGozTV
めっちゃ美少女なのに普通に抱いてるだけで死にかけていく
一部の性癖持ちにすごくリピーターがいそう…

8967 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:44:19 ID:dEw2Nz1D
大船島の切符はどこに売ってるの?いきたい



8968 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 15:45:41 ID:D4bXKxHO

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ストリートの中でも最下層。そういう場所に生まれ育ったからには、命の安さは知っている。

 しかしそれでも、死にたくないと明確に思い、告げたのは。
 そして、明確に遥か格上のサムライにすら、振るった一刀が届いたのは。
 
 何か大きな事情に巻き込まれて、わけも分からず流されるままの中での事だったが、鮮烈に覚えている。
 アデプトにも、サムライにも、トロールにも決して勝てないだろうただの棒振り。しかしあの瞬間だけは、確かに
届いたのだ。

 ―――刃とは。原初、斬れるかどうか分からないものがあるから存在している。
 であれば、斬れないと思っていたものが斬れた自分は、思っていたよりは鈍刀ではなかったという事だろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
             ハ/| 八''''  ′   '''''' j  ¦ i   l!彡  )/
                   |: 个:..  、   ιイ  ハ人ハ|   ´
               jハ  从:>- <   ! i /'  y  ―-
                   \|/ι /f / }  jル/ /,'::      ヽ
                    {  , | {::: ι/ , ': {::      ¦
                      , y  l ',:: , ' /  {!::       i
                   !/   l 〃 /´   ',::ヾ     :、        n.  .    ___  
                    ′   /  , '     乂 ',    ι ヽ-、     | !   _n_  ア∠、 
                    {     / /        \、     } Y     ヽニフ !ゆ).└(ヌ.ノ 
                     八   j! j           / ヽ  __ ノ ¦\
                     ヽ i{ {        ノ   }i:l Y:i:::::|j i   \
                  f >乂',:::..    ´ ..:::/ Y//ム::j{ j  ',   、
                      }!     >- _ . : : /_彡j/////〉{ ,    !  ::.
                      }l  i i ∨//////////!//// { !      乂      n.  .    ___  
                    }y  | |  }//////////ム/  j{ |          \    | !   _n_  ア∠、 
                    ∥   ! !  〕iト、///////     j{ |   i       ',    ヽニフ !ゆ).└(ヌ.ノ 
                  ∥ |     メ、   ̄ ̄' - 、_彡j{ l   :|         ',
                 ∥ |     f´ \_彡´       j{ |  |       ヽ
                      ∥  |   ノ    :/ /         i{ |   l         ハ
                 ,:   l γ´     :/ /       i{ l   ',             `、
                j!:   ¦ \    , ,'        i{ ',   ',        i   `、
                   j!    i  ,′`ヽ / :/        八 、   ',       l    ',
                j!     !  i    ゝー-  _,,..... -- 、___ヽヽ  ',         l     }i
                   j!    |  {            / :{    ヘj   i        l     }i
                j{     ¦ ι       ,.′ ;     `、  |        l     }i
                  j{      从         /   ',       `、 !        i    }i
               j{       |:乂         イ!     :、      Ⅴ           }!
                   j{         {:i:i:i:i:ー--‐:i´:i:i:ij    |:i:、_      }            }i
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 人というより刃に自身を例える思考と共に、ゆるゆると、微睡みながら身を清め、服を着る。次の客だと急かされる前に。

 ―――そう。
 鈍刀ではないと、少しだけ評価を改めても。自身の日常は何も変わらない。

 自分を巻き込んだ自称忍者の女性から、連絡先だの後日詫びだのと色々と言われたが、結局は世は全て事もなく。
 棺桶のようなカプセルホテルで、時間幾らで身を売る日々。

 こうして続けて、いつか線香が燃え尽きるように静かに終わるのが自分の人生、刃の朽ちる先だろう。
 どこか諦観混じりに思った所で、扉が叩かれる。次の客の合図だ。

 準備は出来ていると答えると、すぐに扉が開き―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8970 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 15:48:52 ID:D4bXKxHO


            ____    /′ ___
           /i:i:i:i:ニ=‐〈(__/_(\ _
          《`¨¨¨. : ´ 乂( _ノ  〕h、i:i:i:i:〕iト
           〉i/      丶 ---ミ \_______)
          (:.    /         ヽ ∨i:i:/
            ./  /   ′       ヽ    V/
          /  /    /    .i|     V
        //      /     i|     V  l
       .:i:i:∥  ′  /{      ハ      '.  |、
       /i:i:i:′ |  /‐----   j| 人   l    |∧   「はい、どーも、沖田さんですよーっ
       〈i:i:i:i:|  l r===ミ 、  从` ̄⌒ |  j| .|i:∧
      ⌒ア|    杙乂ツ \(ハィう示ミ | 从 |i:i:∧
       〃 |   圦"""   ,丶 ゞ ´イノ/   .|i:i:i:i:》   ニューローズホテルは一切30分で10新円になります。
      ((..__|   {: : .       """ ´    | ⌒¨´
     / 从  .{  \ `  ´  .ィ( ./  i| l |
    〈     ヽ .从(   .> _ -チ  .}}/   .i|,ノ、ノ      短い時間ですけれど、どうぞ楽しんで行ってくださいねっ」
      V  /  \(⌒  '.    /  .}}   从  '.
      V ./      \    /    }}_ ィ(   l
      \ '.   ___         }}  /
      l L`、 ´   ヽ     .  -‐‐}}  /   .′
      |  }.∧      .::/     .}} Y     /
      |ヽ/ ∧     ..′    .八 }    /
      |i::.   ∧    l      /   }_____/
      |i人   ∧              }.:i:i/
      .:i:i:i:ヽ   ∧__ ノ.   /    ノi:i:/
       vi:i:i:i:\〈.人: : : : /    ィ(i:i:i/__            . xヘ ◎   _,n_   n  
       .:i:i:i:i廴_____>< ‐=ニ/i:i:i:i:i:i:i/⌒ヽ           く/\\   7/,ニ、. /厶__ 
       li:i:i:i:i:i:i:{ニニニニニニニ./i:i:i:i:i:i:i/ノ:: }  \             ゛┘  〈/r三ュ └'^ー┘
       |=====.{ニニニニ/〉〉/i:乂____/___ノ
       |i:i:i:i:i:i:i:{乂________/i:i:i:i:i:i:i:/      _ノ'.
          '.i:i:i:i:i:i:{   }|  .:i:i:i:i:i:i:i:/  ___> ´    /
        .:i:i:i:i:i:{   }| ∥i:i:i:i:i:i:/ ノ /      V(_
       ノ ',i:i:i:i:i{__/「.∥i:i:i:i:i:///        W
      く⌒ ',i:i:i:i{   }∥i:i:i:i:.  /  _____       }⌒ヽ
         ′ ____ハ  /____/ ィ(/:: :: :: :: : : .     }::) }
       l   }i:i:i:∧ 〈i:i:i:i:i{\{{. : :: :: :: :: :: :: :: \   .::乂ノ
       |  /i:i:i:i:i:/\}i:i:i:i{: :...{:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `、八:::{
       | .:i:i:i:i:i:/ ___ \__{:: :::'.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : 7::::∨ヽ
        //  ̄/ ⌒ヽ 〉{:: :: :l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /_____} }
        〈〈 //:::::::::::::} }しノ:: :: :|:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.    .′
         `し":: :: :: :..しノ:: :: :: .l:: :: :: :: :: :: :: :: :: /_ノノノノノ
         V :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 八:: :: :: :: :: :: :: ::/ ̄ ̄
         寸 :: :: :: :: :: :: :: :: :/:: :: :: :: :: :: :: :: :/
          \:: :: :: :: :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: :.
             ______ ィ(乂:: :: :: :: :: ::/
                     ‐--‐

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 反射的に、いつもの調子で媚びた笑顔を浮かべた先には―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


\三三三三三二二二       | || |           二二二三三三三/
. .\三三三三二二          | || |         二二二三三三三/
...   \三三三三二二       .|.||.|         二二二三三三/
      \三三三三二二     .o.o         二二三三三/
      /\三三三三二二    |.|.|     ..二二二三三三/
.     /   \三三三二二二   !.!.!     .二二三三三/
    /     \三二二二二   .。。   二二二二三/
   ../        \三二二    .!!!    .二二三/         , -'"
 >/             \二           二/        , -'"
 ||  >         /                 __...|      , -'"        _,.
. .||       >      / . 7\          ./|  |   , -'"      _,..-'''"
. .||_       > /   /            |  |, -'"    _,..-'''" || |_゚_|.|_゚_|
. .||   ̄  ― --  |   >           } \_,..-'''"   |凵 i_ || |i .||i .|
. .||.. ∞∞丨!i!i!i!i!i!i..|                   }  | |[]|[][][]§「」「」...|| |l .||l .|
. .|| ∞∞ 丨!i!i!i!i!i!i!i..|                 | |[]|[][][]§i匚i匚.|| |l .||l .|
. .||     丨!i!i!i!i!i!i!i |                 | |[]|[][][] !ミi≡i . || !==.!!==!
. .||  ̄`一¬..!j!j!j!jjjj.|                 |  ̄ ̄ ̄...--― ̄|| |i .||i .|
. .||、、、、,,,,,,,,,,,,,,,。;;;;;;;;;;.|                 |..--――ニニ ̄ ̄|| |l .||l .|
 ̄| ̄ ̄二二ニニニ.|                 |ニニ二二二 ̄ ̄..|| |l .||l .|
  | ̄ ̄          |                 | i         ̄ ̄|| !==.!!==!
  |              |                 | i            ||   ,,.。。.
  |              |. ___|/              \|....| i            ||  /
  |              |                 | i            || /
  |              |                 | i            ||ー- _
  |           /                  \            ||
  |        ./                        \.         ||
  |      /                             \      ||
  |.   /                            \    .||
  |  ./                                   \ . . . ||






              _,....-======-....、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
          ,.:::::::::::::::::/::::::::::::::',:::::::::::::::ヽ
           /:/:::::!::::::/!::|::i!::ト,::::!:::::::::::::::∧
         ':::':::::::|::::/ !/|:ハ:',マ:}_、ハ::::::i::::::',
            ':::{::::::::!:/⌒! i!  マ,i::! /ヽ::::::!::::::i
         {:!::::、::::レT:::T ′ ヽT::T''}::::リ::::!::}
            i{、:丶:::',.ゝ '     ゝ ' !::/:::.:::リ   「……さて、なんとコメントして良いのやら。
          !マ::::\',    '      /イ:::∥/    同性としては些か困りますね」
          } Ⅶ:::ム丶  ,ヘ  u イ!:::ア/
             '} ヽ:::丶     , イ//'/
             }!丶:::〕>t<_〔イ{'
            ' r≦f __!_{__}_マ≧、
           斗-≦7 。}y'Y゚.。. マニニ\=- 、
         ,r≦ニ/ニニ/!/゚/ ::.. -ヽ マニニアニニニ}、
      .ハニニニ>"ニ}'ニァ{、`ー:r-、-<}ニ<ニニニ:/ニ
      !ニニ、rニニニニ! 7 / 丶,,_ニニ∨ニニニ>、ニニト,
      /ニニニトニニニニム!_`r.∨_ <7ニニニニニアニニニニ}!
     ,ニニニニ| 丶ニニニム {::>i!ゝ.、リ.ニニニニ/!ニニニニニ}!
    ,ニニニ、ニ!ニニ、ニニニムY、|!レ/ニニニニ'ニニi!ニニニニニニ、
    !ニニニニニ|ニニニ\ニニム'' !i /ニニニアニニニi!ニニニニニニム




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――白昼夢の続きが、無表情の中に少しだけ困惑を滲ませながら立っていた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8971 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:49:23 ID:2d9F9W3Z
……まさかそっちのケが!(違

8972 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:49:26 ID:/HShtSgW
気まずいwww

8976 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:52:30 ID:6V1S32lo
つまり・・・30分10新円でソードスペシャリストを雇えるということだな・・・!(違う)

8977 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:53:11 ID:K7LFqurk
経済的な忍者もご満足なお値段!



8978 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 15:54:33 ID:D4bXKxHO

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 その白昼夢の続きは、どうしようもなく“浮いて”いた。
 場末も場末の娼婦宿に、燕尾服を着た男装の女性が一人。

 何かのプレイかという空気ではなく、燕尾服が普段着のように身体に馴染んでいるのが雰囲気で分かる。
 ついでに、少しでも目敏い者ならば、反りの少ない片刃の短剣を彼女が腰に下げているのに気付くだろう。
 更に目が利けば、燕尾服の各所に仕込まれた隠し武器にも。

 端的に言って、澱んだ甘ったるい空気が漂う娼婦宿に居るには、立ち振舞い含めて隙が無さ過ぎて逆に目立つのだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


       /  /   -―――-  .,
         {  {  >ー --   .,   `ヽ、
     / ヽ   /   \   \    \  __
    / /   /        \   丶    ∨ニニニニ-_
.   / /   /            丶       ∨ニニニニ/
.    /   /               |  / /}ニニニニ/
.     /    /|      |         |   / ニニニ=/
.         / .|       /Λ     |   |   /  ニニニΛ   「………………」
  |   -‐ ⌒ヽ     ー--  .,   | / ./二ニ/ `、
  |     |    |    |   l |  |   |   // ニ=/   `、
  |  |   ,x=ミ、   | _l__八 |   |  /  「,/      \_
  |  |  | )/J| 八  |'⌒万て广 八|イ    |Λ\    「⌒
  |  |Λ/ 乂ソ   \|  ∨_ソ |  |  ノ    | Λ ∨  八
  |八 | /从 '''  丶     ,,,  |  |イ     |ニニ}  }  /
.    l   ヽ           u   |  | |   |  |⌒  Λ/
.    ||   |: : .  ヽ    イ  |  |八从 八从_
.    |八   |: :.八7=-=≦ヘ    |  |   /    ⌒\
.         \|/    / /   / ,八|          `、
.          /     / 〈  ./ /              `、
               ∨Λ / /               }
.         |       ∨ ∨ /                  Λ
.       | /       / /        ∨      /  〉、
       |/       / /          ∨        /  \
.        /       / /            ∨          \
         {       / /              ∨            \
              / /                ∨              /^\
.         \  / /                __∨            /   \
         〈ニニ=-_               __-ニ∨        /      へ
          {ニニ}ニニニ=- _    ___-二二二∨
           ∨ニニニニニニニニニニニニニニ}


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 その姿に困惑し。

 見つめ合って、数秒。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8979 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 15:56:33 ID:D4bXKxHO


                    γ=‐_-_ ___     __ __ _
                      j-_-‐=… ・・・…ー ミ-_-_-_=_-__ 、
              , -‐- _  '´  /            \_-_-_-_-_-_}!
             /  / \、  '´               ヽ-_-_-_-_/
            /  /    ヾ!                 '、_-_-_/
                 /    /           \          ',_-_f
             /    /         ヽ    \     ハ-_{
                '     |!        |    ヘ     ヽ    '  _-}!
              {       ハ      ト、    ハ      ハ   /   !-_}!
            !     、 ',     | '、    ',      ', / ' |_-',
            ',      { ヽ、    ¦_ ,メ、   i     '/ /   |_-_-!
           八    芹ミx\  ‐'| --  `ーミ__    }/  /|-_-_}
              ヽ    } vソ   \ | 芹示≠ミ |     }ヽ  |-_-}
              \|', j       `` 乂ぅ  ¦     } }  ¦-_-}
               |Ⅴ /////////// |    :}_/   |-‐彡   「…………こっちのケが?」
               |人  ///////  ¦    j     |
               |  ヽ    (_          |    ,'_   i  |
                    l   个.、 ゝ       '|    /l \ |\|
                    |   |: : \__,, 、      |   / ,、丶`ィi: ヽ
               八   |: : : : : : : :| :',     |  //: : : : : : }i
                ヽ |! : : : : : : j{ j }    j从!':´: : : : : : : : :乂
                    ,: :i∨: : : : : : :j{ j{    /: : : : : : : : :,、丶`: : : \
                j: :|: :/ : : : : : j{ j{ヽ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                  j: :l!/ : : : : : : j{ j{/: : : : : : : /: : : : : : : ; : : : : : : : :`、
               j: , ' : : : : : : : j{/: : : : : : :/: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : }
              /| /: : : : : : : /: : : : : : :/ : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : :j!
              /: : 〃: : : : : /: : : : : : :,: ´ : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : :j}
             / : : : j' : : : : /: : : : : : : , ′ : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : ∥
              {: : : : {: : : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : /



                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !  「頭にきました」
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 出した質問への返答は、頭頂部をひっぱたく平手だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

8981 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:57:30 ID:WDYdA70f
wwwwwww

8982 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 15:58:04 ID:KciZkXc0
wwwwww

8984 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:00:21 ID:vBSyCmW9
ここで肯定されたらどうするつもりだったんだろう…w



8985 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:00:47 ID:D4bXKxHO



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――結局。

 何切か分の代金を払ったらしい彼女を連れて―――何やら話がしたかったらしいが、あちこちから盛った声がする
ホテル内では落ち着かないらしいので―――私は外に出た。

 外と言っても古い船を改装して作ったカプセルホテルの屋上だ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                /⌒
            r‐\、=- .____ _
            {::>'``    _ `丶、 __
             /         ` 、  ヽ:::::`丶,
            // / /         、 ヽ  ∨:::::/
          ,. 'イ  /  /         '.   }:::/
       /´ / ./ __/|    /!   i  i  i´゙、
.          /イ .{イ ./ .{{`  / 」V_  .}  |  |::ヾ、
.           |  :,ィf斧ミ、  {  __∨`/ハ j  :|::::::〉 .、
           /∨/  ヒシ \、{ 笊芯、 ∨  :!'"´   }
        / ./" ハ ー  ,     ヒシ }  j   .:} }、 :}ノ
.        /' /!  込   、 __     /  /  }ハ / .}/
       {/ .{ ./、:::\    _ イ'イ  /:} ./j、´
           i∨八::::::::≧≦:::::::::::::::! ./'"}/ .:i
           |、/  ヽ::::::::::::::::::::::::/}/ .}  i::!
.           ,|/    ≧=--‐ '"´    !__/::!::l          .。s
         /:{    ∥           .'::::::::|:::|      .。s≦二二
.         /::∧   ∥          ./:::::::: {:::|  .。s≦二二二二二
.      ,..':::::{::::≧.、 _{{__、      ./_}:::::::::i ::!、´二二二二二二二
     /:::::::::l::::::::::}ヽ._::::::::::≧=---イ _〉:::::::|:::::::'.二二二二二二二
.     /::::::::::::|:::::::::'"´ ≧=-- '"´ ̄ ̄  丶::!:::::::::ヽ二二二二二二
.   /::::::::::::::::!:::::::j!   ゙、          ``~ 、:::\二二二二二
   /::::::::(ヽ、rj::::::/|    ゙、             ./:::::::::〉二二二二二
.  /:.。s ___`,:::::::::/=〉     ゙ 、           /::::::/二二二二二
≦二二`=--`-‐'ニ〈       \           /:::/二二二二二二
.ニ二二二二二二二\       ./  ̄.¨ ¬=- ' i´二二二二二二二
-‐- 、二二二二二ニ.∧≧=- .__/   '.       !二二二二二二,、丶
   .i二二二二二二.∧        '.       i二二二ニ,、丶`二二
─  ノ二二二二二二二゙、      ___'._ -‐- 、|二,、丶`二二二二
ー"´二二二二二二二ニニ\ .。s≦:::::::::::∧::::::::::::i"´二二二二二二
二二二二二二二二二二ニニヽ:::::::::::::::::::::∧:::::::::::!二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二\::::::::::::::::::::}::::::::::j二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二'"´}::::::::::::::::::l::::::::/二二二二二二二




                        ///|
                      /∨/ i|
                    /\/_/ .i|
                  xく \ /_/ .i|                                                   「」>
.                /\\/_/   i|                                                        |:||
.               /ヽ ̄ヽ/∥   i|                                                     l|:||
     .,,;;;;;::::::      /ヽ  \ /_∥    i|                                                  l.|:||
.     |::|    __ /  \__/__∥` 丶、i|    ,、                      |                       l |:||
.     |::|    | | |`'弌is。.,/__メ.。    .i|,.。o≦ ≧s。.,、丶``丶、    。o。       /|                       i! .|:||
\.   │| ト。  | | |TTニニニニニ7`'弌is。.,i|`'弌s。.,: : ::::::| : :xヘ、: : : `' <: : : :≧s。.,   / .|                       l! .|:||:.
  \   _|::|_|:|:|トミl レ'Y||==|=|==| ̄| ̄⊆⊇/~:| |≧s。,.|イ>'^弌s。.: : : :|: : : : : : :::|l  / .|       弋ニニニフ          il .|:||'v,
 ̄| |_|lニl|:|:|:|:|::l トィi|:||==|=|==|_|/ /ヽ_,| | l l:|二| |:|:|:|:|:|:|:::::| : : ::|: : : : : : :::||ニ/ニ:::|、癶二二二ヽ_/爪              i{ .|:|| 'v:,
ー:/\ ̄`'|:|:|:|:|::| |S|:||==|=|==|_|___〔_〕_|_|_l_l:|_|_|:|:|:|:|:|:|:::::|,,rrr弋フ_rtュ ,||∧ ̄ |¨\ |::::::::|::::::|::://-|i,   _____j{___|:||_,,|:|i,
 ̄ |〈\ヒニニ|:|:|:|:|::|_「」|:||==|=|==|==|────ー─ ┤__,|≧=- 二_|_|:::::::::::|::| | | /|| ̄|ニニニニTニニニT_//‐‐爪 ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::j{::::::|:||::::|:|i:,ハ
__|┴----===ァ.弋二二二二二二二ニlーーーーーーーーーー‐|        ̄¨¨|::| |_|'(__) ̄\||─────=≦ ̄ ̄ ̄ ̄__ ̄ ̄j{ ̄ |:|ト、|/,ハ
::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : ::| _____  二二ニニ=======ヲ : : : : : : : : /{_``''弌TTTTTノxく__/ .}
: : : : : : : : : : : : : : : : : :, :, :, :, :, :, :, :, : : : : : : : : : : {´::::::::::::::::::::::::::: ̄二二ニニ=====≦ : : : : : : : : : {´{::、 ``丶、`¨¨¨/> ̄  /
: : : : : : : : :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, : : : : : : : :_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ≧s。.,_______/
: : : : : : : : :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,γ⌒ヽ::`ヽ :, :, :, :, :. :. : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . -=ニ=---:, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : : :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,{___V::ハ :, :, :, : : : : : : . . .                    -=ニ =- ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,; ,:
: : : : : : :, :, ::, ::, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,:::::::::::::::::::::´´:, : : : : . . . . .                         . . . . . . ,: ,: ,: ,:
: : : : : : : : : :, :, :, :, :, :. :, :. :, :::::::::::::::::::::::::: : : . . . .                          ., ., ., ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,:
: : : : : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : : . . . .                                    . . . : :
: : : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : : . . . . .                               . . : : : : : ,.。o≦_‐_‐
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . .                 .,      ..    . . . . : : : : : : ,.。o≦_‐_‐_‐_‐_‐
: : : : : : : : : : : : : . . . . . . . .                    ..                  .   _,.。o≦_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 しかし同時に、TVの空きチャンネルに合わせた空の色と、青く濁った海が見える。

 お気に入りの場所だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8988 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:05:44 ID:D4bXKxHO


                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !  「貴方については、色々と
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |    調べさせて頂きました。
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|     まさか本当に、ただの娼婦とは……」
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 困惑しきりと言った様子の燕尾服―――藤林祥乃に対し、私は内心で首を傾げる。
 そこまで困惑される事だろうか、と。

 何か疑念でも抱かれるような真似をしていたかと聞くと、頭痛を堪えるように祥乃は頭に手をやった。

「使います?」

 と、差し出した鎮痛剤系のドラッグであるブリスは、手を叩かれるようにして拒絶された。
 ごく少量ならば、本当に鎮痛剤になるのだが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


              _,....-======-....、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
          ,.:::::::::::::::::/::::::::::::::',:::::::::::::::ヽ
           /:/:::::!::::::/!::|::i!::ト,::::!:::::::::::::::∧
         ':::':::::::|::::/ !/|:ハ:',マ:}_、ハ::::::i::::::',
            ':::{::::::::!:/⌒! i!  マ,i::! /ヽ::::::!::::::i
         {:!::::、::::レT:::T ′ ヽT::T''}::::リ::::!::}
            i{、:丶:::',.ゝ '     ゝ ' !::/:::.:::リ  「―――私が何者なのかについて、察しはついていますか?」
          !マ::::\',    '      /イ:::∥/
          } Ⅶ:::ム丶  ,ヘ   イ!:::ア/
             '} ヽ:::丶     , イ//'/
             }!丶:::〕>t<_〔イ{'
            ' r≦f __!_{__}_マ≧、
           斗-≦7 。}y'Y゚.。. マニニ\=- 、
         ,r≦ニ/ニニ/!/゚/ ::.. -ヽ マニニアニニニ}、
      .ハニニニ>"ニ}'ニァ{、`ー:r-、-<}ニ<ニニニ:/ニ
      !ニニ、rニニニニ! 7 / 丶,,_ニニ∨ニニニ>、ニニト,
      /ニニニトニニニニム!_`r.∨_ <7ニニニニニアニニニニ}!
     ,ニニニニ| 丶ニニニム {::>i!ゝ.、リ.ニニニニ/!ニニニニニ}!
    ,ニニニ、ニ!ニニ、ニニニムY、|!レ/ニニニニ'ニニi!ニニニニニニ、
    !ニニニニニ|ニニニ\ニニム'' !i /ニニニアニニニi!ニニニニニニム



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 隣に座って海を眺めながらの質問に、私は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


1~3.……忍者?
4~6.どこかのエージェントさんでは?
7~9.嵐事鈴駆運送の人で、荒事担当の人?
10.熱烈歓迎

【安価 ↓3】
1D10

8991 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:06:23 ID:2xW+x8bC
【1D10:1】


8993 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:06:55 ID:l2uG4Bor
ご名答

8994 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:07:14 ID:UlzqNb9M
自分でそう言ってましたもんね!!



9000 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:10:21 ID:D4bXKxHO


                        __
                        /´⌒
                     {
                _______\
                   {>''"゚~ ̄/⌒``丶、、_____________
                 /  /   /    \ \二二二ニ|
                         ,       \ \ニニ ノ
                  ,       ′  |         \/
          ,:     ′         |       |
             ′     |    |    |  |   | =‐-/|
                    |    |    |  |   |   //|\
        __ ノ|   _|_,.ノ    イ⌒\._ |   | //|二\   「……………忍者?」
        ⌒  ||  |从_」_   |从_」从_ ||   |_/  |ニニン
            || |====x    |y=====ミ |   |     「 ̄ \
            |八 人 L::::ノ\ 从 L::::ノ ノノ   八  |   \  \
            /  \}    '     ||Π/   /|  |   |\{\  丶
        /     从         /     /_..ノ   | ||      ̄)ノ
          厶||   仝  ┌ っ ⌒   /|||| |人
.           人   |八\__ /       ノ ||| |
              \トN _,厶 |/    /_,,..イ  ノリNノ
                  / /⌒7/   _ ,.彡く
            ⌒¨¨´   /              、
.         /       /                 ⌒ヽ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 あの“白昼夢”の中でも、この人の出鱈目な体術は印象に残っている。
 「斬れ」と言われれば、相当に骨が要るだろう。

 加えて恐らく、各種の身体強化系サイバーウェア、バイオウェア。
 たまに店に来るそこいらのごろつきが身につけているような二束三文ではない。より効率的で先鋭的なものだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 そしてその回答に、彼女は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


←不満 【1D100:65】 満足→

50くらいでまぁ、妥協というか納得

9003 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:16:24 ID:D4bXKxHO



              _,....-======-....、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
          ,.:::::::::::::::::/::::::::::::::',:::::::::::::::ヽ
           /:/:::::!::::::/!::|::i!::ト,::::!:::::::::::::::∧
         ':::':::::::|::::/ !/|:ハ:',マ:}_、ハ::::::i::::::',
            ':::{::::::::!:/⌒! i!  マ,i::! /ヽ::::::!::::::i
         {:!::::、::::レT:::T ′ ヽT::T''}::::リ::::!::}  「―――まぁ、そんなところで良いでしょう。
            i{、:丶:::',.ゝ '     ゝ ' !::/:::.:::リ   私としても、ある意味それがアイデンティティですので。
          !マ::::\',    '      /イ:::∥/
          } Ⅶ:::ム丶  ,ヘ   イ!:::ア/     まぁ、今どき鎖帷子、草鞋履きとはいきませんが」
             '} ヽ:::丶     , イ//'/
             }!丶:::〕>t<_〔イ{'
            ' r≦f __!_{__}_マ≧、
           斗-≦7 。}y'Y゚.。. マニニ\=- 、
         ,r≦ニ/ニニ/!/゚/ ::.. -ヽ マニニアニニニ}、
      .ハニニニ>"ニ}'ニァ{、`ー:r-、-<}ニ<ニニニ:/ニ
      !ニニ、rニニニニ! 7 / 丶,,_ニニ∨ニニニ>、ニニト,
      /ニニニトニニニニム!_`r.∨_ <7ニニニニニアニニニニ}!
     ,ニニニニ| 丶ニニニム {::>i!ゝ.、リ.ニニニニ/!ニニニニニ}!
    ,ニニニ、ニ!ニニ、ニニニムY、|!レ/ニニニニ'ニニi!ニニニニニニ、
    !ニニニニニ|ニニニ\ニニム'' !i /ニニニアニニニi!ニニニニニニム

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「どこの忍びかは言えませんが」

 と、無表情ながらも忍者と呼ばれたことに僅かな満足感を滲ませて。
 言われた言葉に私が首を傾げると、日本の古い歌ですと教えてくれた。
 ちなみにその歌では忍者刀は背中に背負うらしいが、咄嗟に抜き辛いので腰に下げる事にしたらしい。

 ―――袖にもう一本隠しているのは、気付かなかった事にする。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !   「ともあれ、仕事柄。
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |    色々と動くことがありますし、
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !    先日のような荒事をこなす機会も
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |     あるわけです。
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|      ―――それで、お聞きしますが」
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,

9004 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:17:23 ID:GRh/51/M
第六世界だとあの手のゼリードリンクどうなったんだろう(ゼラチンの原料は主に家畜の骨)>10秒チャージ

9007 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:19:09 ID:lrk82x9t
でも間違いなく愉快で経済的な忍者でござるよ沖田氏

9008 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:20:33 ID:zDUc9ZYu
>>9007
ニンニン

9009 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:21:59 ID:rgAORc+e
忘れ物は無事届けられたんだろうか。つーか潜入・戦闘中も持ってたのか?



9010 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:22:10 ID:D4bXKxHO


              _,....-======-....、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
          ,.:::::::::::::::::/::::::::::::::',:::::::::::::::ヽ
           /:/:::::!::::::/!::|::i!::ト,::::!:::::::::::::::∧
         ':::':::::::|::::/ !/|:ハ:',マ:}_、ハ::::::i::::::',
            ':::{::::::::!:/⌒! i!  マ,i::! /ヽ::::::!::::::i
         {:!::::、::::レT:::T ′ ヽT::T''}::::リ::::!::}
            i{、:丶:::',.ゝ '     ゝ ' !::/:::.:::リ
          !マ::::\',    '      /イ:::∥/  「一切、10新円という話でしたね。
          } Ⅶ:::ム丶  ,ヘ   イ!:::ア/    人斬りは幾らで引き受けてくれますか?」
             '} ヽ:::丶     , イ//'/
             }!丶:::〕>t<_〔イ{'
            ' r≦f __!_{__}_マ≧、
           斗-≦7 。}y'Y゚.。. マニニ\=- 、
         ,r≦ニ/ニニ/!/゚/ ::.. -ヽ マニニアニニニ}、
      .ハニニニ>"ニ}'ニァ{、`ー:r-、-<}ニ<ニニニ:/ニ
      !ニニ、rニニニニ! 7 / 丶,,_ニニ∨ニニニ>、ニニト,
      /ニニニトニニニニム!_`r.∨_ <7ニニニニニアニニニニ}!
     ,ニニニニ| 丶ニニニム {::>i!ゝ.、リ.ニニニニ/!ニニニニニ}!
    ,ニニニ、ニ!ニニ、ニニニムY、|!レ/ニニニニ'ニニi!ニニニニニニ、
    !ニニニニニ|ニニニ\ニニム'' !i /ニニニアニニニi!ニニニニニニム



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 意外な質問に目をパチクリする。
 これだけ上等なサイバーウェアを入れられる人間だ。恐らく、どこかしっかりした所属の出だろうと当たりをつけるが、
彼女は小さく首を振った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |   「私―――忍者ですので。
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !    あまり本来の所属に、増援を
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |     要請したりは出来ないのですよ。
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|      ですが、私、荒事担当としては
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /          些か問題がありまして」
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 内緒ですよ? と、言いながら祥乃さんは小さく耳打ちをしてきた。
 曰く、

「俊敏性と反射速度に特化した調整をしたせいで、神経が過敏で痛覚も過剰」

 とのことで。
 好奇心から、ちょっと首筋をひと撫ですると、

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9011 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:23:24 ID:/HShtSgW
●REC

9012 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:23:45 ID:2d9F9W3Z
●REC

9014 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:24:20 ID:5HeIYaLh
好奇心でやるなやw

9015 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:24:22 ID:dEw2Nz1D
わっふるわっふる



9016 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:24:47 ID:D4bXKxHO








                               |\人_人
                             <  ┐┌  >
                               )  Lノ  (
                             <   や   >
                               )   /   (
                             <  /`し  >
                               )  つ  (
                             <       >
                              '⌒Y⌒Y⌒







━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 想像以上に敏感な反応と、彼女のイメージらしからぬ甲高い声に驚く私の前で。
 相変わらずの鉄面皮で―――ただし耳まで真っ赤にした祥乃さんが、頬をギリギリと引っ張ってきた。
 千切れるかと思った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9018 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:25:41 ID:NcIlwvbD
まあ過敏(わくわく)

9019 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:26:36 ID:/HShtSgW
キマッ

9020 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:26:48 ID:4f2Gko4e
今タワー建った?

9026 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:30:35 ID:l2uG4Bor
沖田さん本能で生きてるよね



9027 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:31:33 ID:D4bXKxHO


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 結局、筋力で勝る祥乃さんに終始圧倒されながらの屋上キャットファイトで、頬が先程の祥乃さんとは別の意味で
赤くなった頃。
 ようやっと私は開放された。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
              _,....-======-....、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
          ,.:::::::::::::::::/::::::::::::::',:::::::::::::::ヽ
           /:/:::::!::::::/!::|::i!::ト,::::!:::::::::::::::∧
         ':::':::::::|::::/ !/|:ハ:',マ:}_、ハ::::::i::::::',
            ':::{::::::::!:/⌒! i!  マ,i::! /ヽ::::::!::::::i
         {:!::::、::::レT:::T ′ ヽT::T''}::::リ::::!::}  「今度やったら無警告で錆釘捩じ込みますよ。
            i{、:丶:::',.ゝ '     ゝ ' !::/:::.:::リ
          !マ::::\',    '      /イ:::∥/   ……で、先程の話ですが」
          } Ⅶ:::ム丶  ,ヘ   イ!:::ア/
             '} ヽ:::丶     , イ//'/
             }!丶:::〕>t<_〔イ{'
            ' r≦f __!_{__}_マ≧、
           斗-≦7 。}y'Y゚.。. マニニ\=- 、
         ,r≦ニ/ニニ/!/゚/ ::.. -ヽ マニニアニニニ}、
      .ハニニニ>"ニ}'ニァ{、`ー:r-、-<}ニ<ニニニ:/ニ
      !ニニ、rニニニニ! 7 / 丶,,_ニニ∨ニニニ>、ニニト,
      /ニニニトニニニニム!_`r.∨_ <7ニニニニニアニニニニ}!
     ,ニニニニ| 丶ニニニム {::>i!ゝ.、リ.ニニニニ/!ニニニニニ}!
    ,ニニニ、ニ!ニニ、ニニニムY、|!レ/ニニニニ'ニニi!ニニニニニニ、
    !ニニニニニ|ニニニ\ニニム'' !i /ニニニアニニニi!ニニニニニニム



                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |   「私は、私の判断で雇える、
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !    腕が立ってどこにも繋がりの無い
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |     前衛が欲しいのです。
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|      ―――如何でしょう?」
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「成果を上げれば、この場所からの脱出含め、雇用について雇い主に色々掛け合ってもいい」

 祥乃さんのこの言葉については、濁しておいた。この場所に愛着があるとか、そういうわけではない。
 お友達も居るし、住み慣れてはいるが、棺桶は棺桶だ。

 ―――実感が沸かないのだ。

 白昼夢。夢の続き。祥乃さんの存在まで含めて、まるでブリスを使用した時のような浮遊感で。
 実感が沸かず、ここを出た私の姿など想像もつかない。

 ただ―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9028 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:32:23 ID:D4bXKxHO



                          〃ニニヽ
                          i:.<>.:i
                          |:.<>.:!
                          |:.<>.:!
                          |:.<>.:!
                          |:.<>.:!
                          |:.<>.:!
                          |:.<>.:!
                          |:.<>.:!
                          i:.<>.:i
                          i:.<>.:i
                          i:.<>.:i
                          !:.<>.:i
                          !:.<>.:|     
                          !:.<>.:|      ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ___,!ニニニニ゙!__                    カタナ
                     r=、ーァ=‐=======‐‐‐'    ――――私にあるのは、これだけだ。
                     マ}/{〃 i!:. :==.゚:;::|
                      {マ}}/=、iト‐‐‐‐‐-!_     ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      _、ァ'彳ヾ=-‐─--{
                      {ニ彡へi!‐ミ,,_____/
                      `}____ゝ:.:\':i:i:i:i:|
                       j_,,../7 、__.>‐、:j
                      /ニニy.:.:ノ≧=--}
                     /7:i:ト、彡'____.}
                     {:!!:.{{、 !:.゚:._:._:,:.i
                      !iヽ='' !::._:;:゙::゚_:.:i
                      ij   i:.::_,_'_。:!
                         i:゚:.:r;:゙:: .::.i
                         i:_:/ii{:_,:.i
                        i:_:゙='':._:_:.!
                        !:. :.゚.::..゙::::!
                        i:.:‐==‐:.::i
                        i.::_:_,:::.::.i
                        i:. :.:゚;;:.:.:,!

9029 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:33:41 ID:fwiVEn3h
感度の高い忍者が娼館にやってきた……
これはもしかして退魔忍では?

9030 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:37:20 ID:QIG5yKrC
>>9029
感度3000倍にしなきゃ…



9031 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:37:42 ID:D4bXKxHO

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 夢現、白昼夢、デイドリーム。呼び方はどうでも良い。
 ブリスに浮かされた娼婦としての生き方も、今提示された別の生き方も、どこか現実感が希薄なふわふわとした
夢幻のように感じる中で。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                                               _
                                            _.. ‐.:,:
                                      _.. ‐.:.、:.:.::゚:: 。:
                  >====<             _.. ‐.:.;.::r=ニニA:.:.゙,:.:
                   /‐‐‐‐‐‐‐‐‐ `        _.. ‐ 。`ヽ:.:゚,;:.マA ̄ ∨/.:.:
                  /‐/⌒ヽ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ \_.. ‐.、:.。゙,:゚:.:.;:.:゚∨',::∨ー-=A]_;;::
              ,'‐/_/    '.,‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐\゚゙,ヽ:.:.:゚.:,:。∨',マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i
              !‐{={     〉_〈//`ヽ`ヽ‐‐ ヽ。゚,ヘ:.:。;:.゙.:.:i!:.:゚. ∨‐‐-==
              !‐‐、\ _///,`ヽ \ニ'.,;:;:\=∨/,'}!:.,:.:.:.:.!:.,:. :マニ=‐''
              ';‐{={><:⌒ヽ///,∧ .,!、='.,゚,:.ヽ∨/,}!:.:.:.:゚;.;:!:.:::゙゚.::::,! ‐
                 _>‐.、: :.\: : ∨//∧ .,.\',゚:.:.,∧∨,}!:.゚:‘,:,!_.. ‐ ¨
               _. ‐.\: : .\: : '; : :∨//∧ !\\゚‘, }!}}!,゚:. _. ‐
           _. ‐、: :\: : :ヽ: : : ヽ ト : :.∨//,i! }==\\_}_:i!‐
        _. ‐ 、: : : \: :ヽ: : i\: : } !i:|: : ∨//! }==};:;:;ヽ、}_:.i!
    _. ‐: \: : \: : :iト、: :\!:i:i:ヾ'. !、! : : |//,i! }=‐''´ ヽ'=:_!
  _. ‐. : \: : :.ヽ : : ';. :|:i:i:\: ヘi:i;'. : !: :〉:_/-‐ニ彳     }=:_!
‐、: : \. : : \: ヘ\: i: :!(ii):/:ヽ: ';. : :i,〃'‐‐‐‐ 、=\    .ノ=./
: : : : : : }、: : : : ヽ}〉:i:i!: :iト、/. : :|:./‐  \‐‐‐‐‐ \=>彡'.,:'
: : : .\ : }:\: : : 丶/. : i : 〉,. ‐      >‐‐‐‐‐ >''../
:}i:\: : ';. }⌒ヽ: ヽ: }! :_.!‐               ̄ ̄
:}i:i:〃ヽ.: :∧/. : :._. ‐
`ヽゝ//.: /∧: ‐
、: : ヽ' : _. ‐
: }! _. ‐
.‐



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 元は誰のものかも分からない刀だけが、掌に馴染み、その中で強く存在感を持って現実感を主張してくる。

 そしてこれを振るう時は、相手が誰かとか、何でとか、正々堂々とか、そういうことを気にしたりはしない。
 刃はそういうもので相手を計らない。

 原初、刃というのは―――斬れるかどうか分からないものがあるからこそ、存在しているのだから。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9032 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:45:53 ID:D4bXKxHO

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 夢と現と生と死の境も曖昧に感じる世界の中で、境界を引くようにモノを斬る現実感。
 その為の道具が手の中にあり、一生勝てやしないと思っていたサムライに、この道具が届いたならば。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                       / ⌒j
                     -‐  ー.-_
                   /__  /ニニト
                     ;' ヾニニ「」ニニ:7 ハ__,
                      }: 乂人ニ乂_ニ二ニ_彡_, 一- 、
                 /;:::. \ 乂_ニニ二{ ハ <__ ̄ヽ
                ノ j ir、::::. \::\:.   \ 乂ー-、\
                  { | ト、\: \ー-- 、\Yヽ
                  乂从j\从、 \ー- 、ヽ} ′
                    _ /: : : : ヽ}: -. 、 )/
                  /ヽ: : : ‐-、: イ : : : : ヽ
                 /: : : :ハ : : : : : : : : : : : : : :.
                     : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
                     |.: : ;: : : i : : : : : i : : : : : |: : : : \
                    ノ: :/: : : :ヘ: : : : : |: : : : : | : : : : : : \
              /: :/: : : : : : ヽ: : : :!: : : : :j|: : : : : : : : : \
                   ): : : : : : : : : : :|、: :_ノ: : 八 : : : : /: : : : : \         _  . . . -一. . =: : : ; :ーァ
               f: : : 、: : : : : : : :ト--‐;';'´;/  \: :/ : : ; ‐-:- : `. : ´ : : : ̄ : : : : : : : , - ァ: : : : : : > /
                 丿: : : :``~;、、:ヽ、;';';';';';';{    }: : : : : :> , <: j\ : : : : : : : : _: イ : /: : : : /  /
             f: -、:. : : : : : : : : : : : :.ー-.\ _乂: > イ: : : : :7: : : : ー-‐: :´: : : :/: : : : : /  /
 γ=、         {: : : : : : : : : _,、‐: : : : : : : : : : : : : //: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : /: : : : : : :/ /
  \ニ\       /: \: : : : ̄: : : : : : : : : : : : : : ://: : : : : : : :/: : : _:_:_: : : :_彡: : : : : : : : : 7/
   \ニ\      ノ\: : ヽ: : : : : : : : : : : : : : >' <: : _: : ,、丶`-‐= ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃
     \ニ\ ∠三三彡、_: _: 彡-- ‐一= <;; -一;';';\   \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
      \//≧x/_-_ハ /;'i;';';';ゝ=-一' ´;';';l;';';';ヘ;';';';ヘ;';';ヽ、   ``~;、: : : : : : : : : : : : : : : /
         くく_| ノ/-_-丿/;'; |;';';';';';'|;';';';';';';';';';|;';';';'ヘ;';';';'ヘ;';';';';``~;、、 \: : : : _彡´ ̄ ̄
         / -_-<\' /;';';';|;';';';';';';|;';';';';';';';';' |;';';';';ヘ;';';';';ヘ;';';';';';';';';';';'\    ̄
        乂-ノ\  \;';';|;';';';';';';'|;';';';';';';';';';'|;';';';';';ヘ;';';';';ヘ;';';';';';';';';';';';';\


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 もしかしたら―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


1~3.これまで見えていなかった世界が見えるかも知れない。(まだあやふやなまま)
4~6.もっと疾く、もっと鋭く。研ぎ澄ませば、或いはアデプトやトロールも斬れるかもしれない。(ナチュラル剣鬼)
7~9.この閉塞した夢現の日常が大きく変わるかもしれない。(ここを出たい)
10.熱烈歓迎

【安価 ↓3】
1D10

9035 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:46:13 ID:KFQomQxs
【1D10:8】


9036 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:46:29 ID:eWslCHGW
【1D10:10】

9037 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:46:44 ID:fwiVEn3h
チュイン

9038 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:46:45 ID:KciZkXc0
チュイン

9039 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 16:46:46 ID:lrk82x9t
うーん、この至近弾



9041 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:47:15 ID:D4bXKxHO
チュインッ!

9044 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:51:59 ID:D4bXKxHO

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 閉塞し、夢現の中。

 ここで生まれて、お客を待って、頭を下げて、かしずいて。
 
 組み伏されて、貫かれて、死んで、息を吹き返して、そして死ぬ。

 それだけの日々が変わる可能性があるならば―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                               .∨-_- /         `ー-
                         γ_-=-_-_-‐)-_:/      ´        \ \、
                          / -_-_-_彡∠-/   /         i ヽ   ヽ
                          >/ ..::::::/  ,、丶`   -- 、/  j   '   }
                        //_二フ´ ー=-:ァ     __//`  _  l!  /
                           / // _,,./: _:/  ,.   /丈シヽ /j/ |` :/!
                         (´     / /'/  / /    // /赱ヽ / !`  「ニューローズホテルは一切30分で10新円になります。
                             l/ /::{://:/::::ヘ        ′ /|/ | l    短い時間ですけれど、どうぞ楽しんで行ってくださいね」
                                   j/ /j/::,、イ:::l! 、  ` =‐ .イ:j 人!
                                     //==ミx }  >  イ:::/ /  `    ―――クスッ
                                    ´, ┴ 、: : : :\   //_/_
                               /:./ :\`~;.、:.\⌒ ||!: : |l:.ヽ
 _                              {: .{: : : : ヽ: : : :\: :\ ||!: : | ヽ}! _、‐゛ヽ     / ヽ
´ . -一. ==--. .  _         _    , -一. 、  ',: :',: : /: : :\:. : :.\ : \ : |: : \_: : : : : \   ////
: : : : : : : : : : : : : : : : : : `~;、、 _彡: : : : ``~;、、 : : ヘ  '、: /: : : : : :ヽ : : : \: : \: : : Y Y: _:x='''ー- 、
,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::: : : : : : : : : : :`~;、:ヘ /´: : : : : : : : : ヘ: : : : :.ヽ: : ヾ!: : l// γ-=rヽ一
∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::: : : : : : : : : : : : : \乂: : : : : : :\: : ゝ: :_:_:_:|_:_:_:|!,、__f三≧xf Yヽ :} }
 ∧: : : : : : : : : : ::. : : : : : : : : : : : : : :::::::..: : : : : _: : : : : :\Y: ゝ、_: : , -、ヘ;';';';';';';';'ノ、,_ <三>ニヽ乂ノノ
  ∧: : : : : : : : : : : ::::. : : : : : : : : : : : : : : : : <: : : : : : : : :.|: :\ : : /: : : : : :.丶;';'/ _-_┘三 \三)∨: ヘ
  ∧: : : : : : : : : : : : :::::::.\: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : ハ: : : /: : : : : : : , -‐ァ  _ ノ三/-‐'ヘ  ヘ : : }
    ヽ: : : : : : : : : : : : : :::::.:ゝ: :_: : : : : : : : : : : ``~;、、 :/: : : : : : : :/ : f/| ノ三三/;';';'): : : | /: : /
     ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :/: : : : :j!/三三/ヘゝ彡\‐-、: : :/
     ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :/三三//;';';';ト、;';'\; _;';'\'
      \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : : : : : : : : :/三三/j;'/;';';';';|∧;';';';\;';';';'ヘ
\         \: : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : :, イ: : : : : : : : : : : : : : : : : /三三/;';'7;〈;';';';'; |;'∧;';';';';';\;';';ヘ
;';';'\       \: : : : ー-: -: : 一 : : ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : /三三//;';';'7;';';'\;';'|;';';';'\;';';'彡;';';';ヘ




                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |   「素敵なサービスが出来たなら、
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !    当然チップも約束しますよ。
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |     ―――では」
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 冗談めかして言った言葉に、にこりともせずに祥乃さんが手を差し出してくる。

 当然のように握った手には、これまで無かった現実感が少しだけある気がした。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9046 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:55:00 ID:D4bXKxHO











    _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
\      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
: : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
: : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
: : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄
: : : : : : : : ',               ', (











━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 もしかしたら、これは悪魔の契約なのかもしれない。

 夢現の世界が、悪夢に変わるのかも知れない。それでも、私は―――この閉塞した日常に、きっと飽いていたのだ。
 だから私は、躊躇いなく悪魔の手を取った。

 燕尾服で敏感肌で、無表情で、でも意外と感情豊かな悪魔の手を。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9048 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:56:10 ID:D4bXKxHO




       \-=ニニニニ\                           >''i}             ∨h。,
        /-=ニニニニノ                    -===ニ≧、__/,,,,,_i}_,,,,,、        ∨-=≧s。
        ./-=ニニニニ/                     Ⅵィヾ)イ==--ノ )h。。i{_        ∨-=ニニニ}is。
       {-=ニニニイ                 __     // ノ) (\ 、二ニ=-イノ、       )-=ニニニニニニ}h、
       ∨-=ニニ∧              。s≦-=)h、   // ∥、ゝ-=ニ彡イ__ノ:.:.:.:.≧=‐、  -=ニニニニニニニニニ〕!
        ヽ-=ニニ=-_,,,,,。。。。。。。。。。。s≦=‐∨-=ニ=-∨ /イi 〈i{、 ヾ、ゝ=-,,ィヽ''<:.:.ヾ-=ニ)h、   `''<-=ニニニニ}i
          -=ニ二二二二二二ニ=-     ∨-=ニ=-{  |i.',ヽ从乂、)h、笂リノ:.:.\ヾ、 )-=ニニ》     \-=ニニニヽ
            -=======-          ∨-=ニニ\从ヽ、ヾ筏 、   ハヾ、、) ヾ!/-=ニニ/       )-=ニニニ.》
                             \-=ニニニヾゝ==-`  - '_ノ-=ニニニ{ /-=ニニ/       /-=ニニニア
                               ~''<_ノ /-=ニニヾ)~~´二二二二ニニニニ/       /-=ニニア
                               __ ノ ~''<-=ニ二二二二二二ニ===─  。。,,,_ノ-=ニニア
                       -=ニ=-    }  /    / -=ニニ二二ニ=-  \-=ニ二二二二二二ア
            、==-      /       \ノ>'~ /   /   } \、》''~ノ〈 \(  .∨-=ニ=‐ ''~~´´ ̄
             \   二ニ===───=ニニイ´ ノ  ,'  ,イ   ∥ /ヾイ、 ∨ ∨  .\
              \∥´  -──ァ    >''~   ,  /     ∥//´  ヾ,、 ',  i    .\
                {i     /   /          /    ∥イ     Ⅵ}  !  i   .\
                {i    /_  /       , )'    ノ´≧==-- 。,,_Ⅵ! .i:::  i     ≧=─--、、__
                ∨     /./         /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、__,,,,、ヾ,::i:::: i      }     \、 \
                     ∨    ──}        /   /i{-=ニニニニニ/ノⅥ':i:{.))∨::i     .リ     _〕''ヽ .}
                   ∨     /___     ./  /:.:.:.人:i:i:i:i:i:i:i:iヽイ:i:iヾ:i:i{イ ノ::ノ     /      i``  i!
                      \       ∥    >''~-=ニ∥ニ=- ̄ ̄ ̄ ̄`''<Ⅵ、/      /    |~''<  ∥
                   /~}is。.   ∥_  /     /    |i \:.:.:.ノ:./::/ ヾ ∨    ,  |~''<|     /
                _ ノ{ゞ''´7λv   ̄~7,イ      /  ::\.マ, \  ノ:./  :.:', ∨  |~"''~i!        /
                (//\7ノ  .∨   ./'      ∥    .:.`マ,:.:. ヽ :./   :.:.:, ∨、_i|    _    /
                /\//)    .\_/         ∥    :.:.:.:マ、  .:./   :.:.:., }i ``  イ//( ̄ ̄
               /イ/                    ∥-==- _:.:. :.:ヾ>:.:/     :.:., \__  ノ!\/_〕
               /イ/                   {     `~"''i===-- '''' .-=ニ}   {/∧ {\ヽ
          /イ/                     ,       :.:.i ,':.:.      ∥      ヽⅦム'
          /イ/                       ,   _  :.:.,' i:.:.      ,'          .Ⅶム
      ./イ/                            ハ。s≦二二ミ{ i!:.:      ,         Ⅶム
     ./イ/                           {-=ニ二二ニ! }h、_    __,.'           .Ⅶム
   /イ/                             W-=ニ二二i| |二二二二7              ゞ'´
  /イ/                                 ∨-=ニ二ニi| !二二二ニ/

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――これが。

 私が、娼婦との二足草鞋ながらも、影の世界に足を踏み入れた顛末だった―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9049 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:56:22 ID:D4bXKxHO
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・











                                __ __
                              .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                            ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                            {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                            >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
          ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
         {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
          `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
          、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|

   「No man ever wetted clay and then left it, as if there would be bricks by chance and fortune.」

   “運さえよければ土に水を混ぜて放っておくだけでレンガができあがる。なんて考える者はいまい”

                                                         - プルタコス












                                        ―――つまり、何かを変えるには行動が必要なのだ。


.

9051 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 16:59:39 ID:D4bXKxHO
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9052 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:00:18 ID:D4bXKxHO
こんな感じで! お疲れ様でした、そしてありがとうございましたァァァァァ!

私は好き勝手やった! 謝らない! ただありがとう!

9053 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:00:58 ID:eWslCHGW
乙。

9054 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:01:04 ID:AqkDiZUh
乙!

9055 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:01:33 ID:aFMym9jj
乙です~!

9056 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:01:34 ID:M7IiZmwT
そういえばふと思ったけどアストラル体の顕現による無駄に高度な露出徘徊プレイって可能なのだろうか

9058 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:02:10 ID:WPqEJpkY
乙でしたー

「沖田さん今夜はお休みか……(´・ω・`)」みたいなことを呟く底辺マンもおろうが
沖田さんの踏み出した先に幸あれ

9061 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:03:00 ID:lrk82x9t
ちょうたのしかった!!!!!!!!!!!!!!!!
もっと好きにしていいのよ



9062 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:03:02 ID:D4bXKxHO
割と沖田さんのOPというか、KUMOさんとこで使われてた紹介の述懐をパク、リスペクトしてのEDでした。
その上で、どういう理由で沖田さんが動くかはダイス!

9066 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:04:39 ID:D4bXKxHO
>>9061
私、他の人のシャドウランネタの投げ合いみたいに掌編のキャッチボールせず、
短編一本ゴリっと回してダイスも振りまくるスタイルですが、それで宜しければ!

9068 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:06:54 ID:D4bXKxHO
沖田さんもそうだけど、魔王芸人も「鳥のない里の蝙蝠」だからねぇ。
閉所での接近遭遇からの戦闘が多く、相手の火力も限定されやすい大船島だからこそ戦えてると思う。

本土で近接キャラは死ぬ。死んだ。

9069 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:08:29 ID:WPqEJpkY
なんかある意味、戒厳聖都だよなあ大船島
武芸者が生きるために銃火器の消えた国



9070 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:08:39 ID:D4bXKxHO
そして祥乃さんは

「生体ストレス過剰」
「苦痛に弱い」
「過敏な神経構造」

で、ダメージを受けやすく、回復が遅く、負傷ペナルティが重いという不利な特徴コンボ組んでるのだ。
結果が敏感肌

9073 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:09:43 ID:D4bXKxHO
>>9069
まぁ大船島の場合、基本構造が船の集まりで、しかも互いに互いを複雑に係留してるから、
うっかり船沈めるクラスの火力を無制限で持ち込ませたらマッハで沈むという物理的限界があるからね!

9074 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:10:04 ID:fwiVEn3h
本土では到底生き残れない特異な連中の楽園と書くと
大船島はガラパゴス諸島的な何かのように思える

9075 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:10:12 ID:a4CfVCRA
本土で生きている近接キャラもいるだろうが、当然ながら不利であるため
近接キャラが必要とされるゆえんは用意しておこう

9077 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:12:38 ID:vG1NVQzB
実際そんな感じで剣客のエデンやってるところもあるんだっけな



9078 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:12:42 ID:D4bXKxHO
どうだろうねぇ。

外に出たら外で生きていけそうな人もいる。
そうではないだろう人もいる。

人次第かな。

9082 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:18:11 ID:YkuI1XbM
島でしか生きていけないやつ、島の外でも生きていけるやつ、島だから生きていけるやつ、いろいろいるよね!

9083 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:18:44 ID:jun7jb7W
そういう人もいるでしょうがそうでない人もいるでしょう

9084 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:19:16 ID:GRh/51/M
リボンズみたいに本土でやってける実力あるけど「海上秘密基地楽っしいぃ!」で住み着いてるのもいるだろうし
ゆうかりんの様に大切な誰かの作った場所だから棲んでる人もきっといるのだ



9085 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:19:22 ID:D4bXKxHO
誤解を恐れず言うと、メタ的には

・あんま本土で活躍しづらいタイプのキャラにも陽の光を!

的な考えは確かにある。
その一方で、

・だからと言ってゲテモノの廃棄場にされても困る

という感覚もあるw

9087 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:20:39 ID:YkuI1XbM
確かにブーメランアデプトとかアストラル視覚覚醒者とか船だからこそってのもあるかもですしね

9088 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:22:25 ID:bvD+8aSR
テイザーサムライやブーメランアデプトなんかは大船島だと輝くけど本土でもそれなりに使える状況はありそうだよね。



9107 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:39:39 ID:D4bXKxHO
というかアストラル見える投擲アデプトって、実はガチガチのガチだしね。
だからデータ作成段階で手加減すらされてる。

9108 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:40:38 ID:D4bXKxHO
さて、では風呂。
その後………どーすっかなー。
やりたいことが多すぎる。申し訳ない、気分で!!

9110 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:42:20 ID:D4bXKxHO
まぁさっき言った、

「陽の目を見ないキャラにも~」
「でもゲテモノの廃棄場じゃねぇ!」

ってのは、要はあれよ。説得力とさじ加減の話。
バランスバランス。

9111 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:43:49 ID:D4bXKxHO
確か一番最初は、

「高魔力の魔力覚醒者ってメチャクソ希少な筈なのにPCに多すぎィ!
 魔力3くらいで動くのがデフォの環境とかねーかなぁ」

だった気がする。
なんというか、その世界のトップクラスとかより、端っこでチマチマやるのが好き系男爵。

中聖杯然り。

9112 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 17:44:04 ID:D4bXKxHO
でもたまーに、ドカンと派手なのもやりたいから難しいところだけどね。

9113 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:44:37 ID:YkuI1XbM
用はゲテモノであっても説得力があればいいし、まともなキャラでも説得力がなければダメってことですね
最高にゲテモノでも最高に説得力があればいいって話ですよね

この船だからこそのキャラってわけで

9114 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:45:13 ID:j0vaQd1w
まあ派手なのは本土でやればいいのでは?

9116 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 17:46:09 ID:YkuI1XbM
PL「ゲテモノPCを作ったぞ!」
GM「でもそのPC、大船島で使う必要ないよね。本土でもいいのでは?」



9134 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:28:08 ID:D4bXKxHO
大船島、とてもどうでもいい話ー

9135 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:28:40 ID:D4bXKxHO
▼大船島だけで様々なキャラが結構出てますが

▼この中で一番「筋力」の高いキャラは

▼実は祥乃さん

9137 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:29:07 ID:YkuI1XbM
……なん、だと……!?

9139 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:29:41 ID:+Iv+TLMs
忍者がパワータイプ!

9140 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:30:07 ID:KUcf/XQM
パワー型忍者だっただと!すごい娘だ……



9141 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:30:33 ID:D4bXKxHO
▼超甲状腺、筋肉強化、アドレナリンポンプで戦闘時のデフォルト数値は7。

▼更にカミカゼを併用すれば、普通の人間の限界値である9まで上げることが可能。

▼その状態になれば忍者刀、投げナイフ共に洒落にならん威力になる。

9142 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:30:54 ID:SOUPMeMb
STR特化型ファイターのことを「沖田総司」と呼ぶ時代もあったなー

9143 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:31:27 ID:dEw2Nz1D
つまり敏感でありつつもアスリートで筋肉質なふとももや二の腕・・・・・・ありだな!

9144 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:31:29 ID:ESFI06YT
パワータイプの忍者……バング殿……?

9145 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:32:14 ID:SOUPMeMb
>>9144
すごい漢だ・・・

9148 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:39:42 ID:5HeIYaLh
ビキビキと腕の筋肉が張り詰めながら投擲するのか……



9149 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:40:42 ID:D4bXKxHO
▼筋力、反応力、敏捷力といった能力を、サイバーウェアやバイオウェア、ドラッグで増強し

▼「基礎能力」を限界まで高めていくスタイル。

▼弱点は前述の通り、「苦痛に弱い」などの耐久面と、あと交渉力。

9151 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:42:55 ID:D4bXKxHO
何が言いたいかと言うと

多分祥乃、沖田さんくらいの華奢な相手ならお姫様抱っこして楽に運べる

9152 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:44:37 ID:jWtlCUFX
なお、トロールの最低筋力は5である



9153 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:45:51 ID:D4bXKxHO
そしてトロールの最高筋力は15である

9154 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:45:55 ID:njWUZ8Ux
燕尾服でお姫様抱っこ……

9155 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:47:03 ID:y7svLEC7
つまりキマシタワーが加速する形になるな



9163 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 18:56:15 ID:D4bXKxHO
設定に合わせて祥乃さん微調整したいところではある

9164 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:56:43 ID:mvvxHXB2
筋力15ってどんな感じなんだろう(ご近所とggって分かる範囲の知識しかない
車ぶん投げたりとかできるレベル?

9165 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:57:50 ID:y7svLEC7
このスレでトロールって見ると可哀想なリュークさんばっかり思い出しちゃうの

9166 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:59:33 ID:KFQomQxs
女の敵リュークさん……(熱い風評被害)

9167 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 18:59:33 ID:MTZneLB5
やめろーやめろー!

9170 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:00:22 ID:MTZneLB5
リュークって聞いてレン君に芸術的令呪使用で殺された方思い出した。

9171 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:00:33 ID:hO1dexNw
かわいそうな印象しかないリュークさんですが、『ゼーダークルップ支社長子飼いの重サムライトロール』
という割ととんでもねえレベルの兵隊です。
多分実際にシャドウランのルールで判定させたら偉いことになるキャラよ。



9172 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:02:09 ID:D4bXKxHO
なお、フェロ畜によって多人数により重火器によってクロスファイア食らう場所におびき出されたり、
風評被害食らったり、割とやりたい放題やられてちんだ模様

ルール通り判定しても、相手が重火力持って人数居たら死ぬよねという

9176 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:10:56 ID:D4bXKxHO
とりあえずフェロ畜はアサルトライフル持ちのサムライなんで、フッツゥーに強い

9185 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:26:34 ID:D4bXKxHO

                   /       /    /  /  /     |   |    |  |   |   ',
                 /      /    /  /   /|     |   |     |  |   |   ',
              /    |   /    /    /  /|    ト、  |\   |  |    ト   ',
              /     |   ′  /   // / | ,   | ∧ |   ',   |  |   } ',   ',
                /     |  |   /_/ / /′ } ∧ |  ∧ !  ',   |  |  |  |
           /     :|   |   || / ̄/// ̄¨'/ / l| | -==|___|  |   |  |  |   |
            |     |   !   l/  //    //   ', !   リ    ! ̄||  |  | |
            |     |    |  |___ {l__ {{′  ', |       | / |  |  ,|  |    |
            |     ',    | '| |::::::::::::::¨T\      リ  ,,,___ |/__! |   |  | .  !
            | i      ',   | | { : : : : : : }          /|::::::::::::::::::::l||/   ′  |   |
            | |         ∨ \    /           | : : : : : : /|/   /   ′|   !
            | ||       ',  ',   `¨¨´          \__,,ノ /  /′  / |   |
            | | |       |\ ',            、          /  ,/    / /  |
            | | |       | \',                 / //   / /  ,|
            V { ∨     ト、 \                / /´ /   / /
             ∨ ∨\    | \         __       '"    ,,′  / //  /
             ∨ \ \  \  \      (  )        ,/|   /′//  /
             ∨  \ \   \.  \     /⌒ l      ,/ /   /  ,/ |  /
              ',   \ \  \  |\   |   |    ,.イ'  /  /  / | /
                       \ \_ \ |   、._|   {, - ' ´  ! /,,// /   |/′
                          >、、\|     |   {       |/´  //    {′
                         ,,,ィ劣三`Y^``ー、 |   |  _,,..- ゙{三≧ュ。
                      ,ィ佳三三三|     |}   |´´   {三三三心、
                     寸三三三/\__  |_]   |   _,,.'ヘ、三三三/
                 ,,,ィ劣三三三{⌒く ,`―ミ]___  \''"´  ∨三三≧ュ。,
                   ,,ィ劣三三三三/}   /       `¨  \    }三三三三≧ュ。,

== 情報 ==
ストリート・ネーム: 藤林・祥乃
名前: 藤林・祥乃
移動: 10/25, 水泳: 5
カルマ: 0
ストリートの評判: 0
悪名: 0
公共認知度: 0
ヒューマン 女 年齢 22
身長 170cm 体重 忍具込みで良いですか?
冷静: 4
意図をはかる: 5
持ち上げ/運搬: 10 (90 kg/60 kg)
記憶: 8
新円: 400

== 能力値 ==
強靭力: 3 (4)
敏捷力: 4 (7)
反応力: 3 (8)
筋 力: 3 (6)
魅 力: 1
直観力: 4
論理力: 3 (5)
意志力: 3
エッジ: 4

== 特殊能力値 ==
エッセンス:                     0.160
イニシアティブ:                   7 (12)
イニシアティブ・パス:                1 (2)
マトリックス・イニシアティブ:            7
マトリックス・イニシアティブ・パス:         2
身体ダメージトラック:                10
精神ダメージトラック:                10

== 能動技能 ==
コンピュータ                     : 0                      プール: 4
サイバー戦闘                     : 0                      プール: 4
サバイバル                      : 0                      プール: 2
データ検索                      : 0                      プール: 4
トラッキング                     : 0                      プール: 3
ハードウェア                     : 1 [マグロック]              プール: 6 (8)
パーミング                      : 2                      プール: 10
ハッキング                      : 0                      プール: 4
パラシュート                     : 0                      プール: 3
ピストル                       : 0                      プール: 6
ランニング                      : 2 [短距離]                プール: 13 (15)
応急処置                       : 1                      プール: 6
回避                         : 0                      プール: 7
偽造                         : 0                      プール: 6
弓術                         : 0                      プール: 6
工芸                         : 0                      プール: 3
航法                         : 0                      プール: 3
自動火器                       : 0                      プール: 6
重火器                        : 0                      プール: 6
錠前                         : 1                      プール: 8
水泳                         : 1                      プール: 11
潜水                         : 0                      プール: 3
潜入                         : 2                      プール: 10
船舶操縦                       : 0                      プール: 7
素手戦闘                       : 0                      プール: 6
体術                         : 5 [跳躍]                 プール: 18 (20)
脱出                         : 0                      プール: 6
知覚                         : 3 [聴覚]                 プール: 10 (12)
地上機操縦                      : 0                      プール: 7
長銃                         : 0                      プール: 6
登攀                         : 1                      プール: 11
刀剣                         : 3 [サバイバル・ナイフ]          プール: 10 (12)
投擲武器                       : 3 [投げナイフ]              プール: 10 (12)
爆破                         : 0                      プール: 4
飛行                         : 0                      プール: 5
尾行                         : 2                      プール: 6
武器整備                       : 0                      プール: 4
変装                         : 2                      プール: 6
砲術                         : 0                      プール: 6
棍棒                         : 0                      プール: 6

== 知識技能 ==
経済                         : 2                      プール: 7
警備手順                       : 2                      プール: 7
地域知識: 大船島                  : 2 [南区画]                プール: 6 (8)
日本語                        : N                      プール: 0

== コンタクト ==
アルフレッド・フォン・ランズベルク (1, 3)
リボンズ・アルマーク (4, 3)
沖田さん (1, 3)

== 資質 ==
過敏な神経構造
規制対象品(レーティング 1)
苦痛に弱い
生体ストレス過剰
昼の仕事(20時間/週)
天性のアスリート

== ライフスタイル ==
飾り気の無いアパートメント  1 ヶ月
   快適設備:      下流
   娯楽: 不法居住
   生活必需品:   下流
   周辺環境:  下流
   セキュリティ:      中流
   資質:     プライバシー保護、アストラル (レーティング 1) [1LP]
                  プライバシー保護、マトリックス (レーティング 1) [1LP]
                  プライバシー保護、物理 (レーティング 1) [1LP]
                  企業が所有 [-3LP]

== サイバー/バイオウェア ==
アドレナリン・ポンプ レーティング 1
サイバーイア レーティング 1
   +録音ユニット
   +音声リンク
   +平衡強化
スキンリンク
データジャック
ムーブ・バイ・ワイア・システム レーティング 1
関節強化
筋肉強化 レーティング 2
筋肉調律 レーティング 2
合成心筋 レーティング 3
大脳強化 レーティング 2
注意力コプロセッサ レーティング 3
超甲状腺
反応力強化 (リアクション・エンハンサー) レーティング 2
反射記録器(技能) (Gymnastics)

== 防具 ==
カメレオン・スーツ                 6/4
   +化学防護 6
   +自動注射器
フォームフィッティング・ハーフボディ・スーツ    4/1
   +絶縁 6

== 武器 ==
サバイバル・ナイフ
   +カスタム・グリップ, 近接武器
   +カメレオン・コーティング
   プール: 11 (13)   ダメージ値: 5P   装甲貫通修正: -1   反動補正: 1
スローイング・ナイフ
   プール: 10   ダメージ値: 4P   装甲貫通修正: -   反動補正: 1
セラミック・ナイフ
   +カスタム・グリップ, 近接武器
   +カメレオン・コーティング
   プール: 11   ダメージ値: 5P   装甲貫通修正: -   反動補正: 1
手榴弾: インク手榴弾
   プール: 10   ダメージ値: 0   装甲貫通修正: -   反動補正: 1
手榴弾: 閃光手榴弾
   プール: 10   ダメージ値: 6S (10m 半径)   装甲貫通修正: -3   反動補正: 1
手榴弾: 熱煙幕弾
   プール: 10   ダメージ値: (10m 半径)   装甲貫通修正: -   反動補正: 1
素手
   プール: 6   ダメージ値: 3S   装甲貫通修正: -   反動補正: 1

== 格闘技 ==
アルニス・デ・マーノ
   ++1 DV on Blades attacks
忍術
   +体術回避にダイス+1
とどめの一撃
居合術
無視界戦闘

== コムリンク ==
ノヴァテック・エアウェア (3, 3, 3, 3)
   +アイリス・オーブ [プログラム・スイート: 基本+]
   +標準シム・モジュール
   +AR グローブ

== 装備 ==
イヤホン レーティング 2
   +聴力強化 レーティング 3
   +音源探知
   +スキンリンク
オートピッカー レーティング 6
カミカゼ x2
キーカード複製機 レーティング 6
グラップル・ガン
   +ステルス・ロープ(100m)
ゲッコー・テープ・グローブ
コンタクトレンズ レーティング 3
   +映像リンク
   +低光量補正
   +映像拡大
   +スキンリンク
ジャズ x5
スローイング・ナイフ x20
タグ・イレーサー
データチップ x10
ホワイトノイズ・ジェネレーター レーティング 6 x3
マグロック・シーケンサー レーティング 4
ラペリング・グローブ
医療キット レーティング 6
   +医療キット補充用品
覚醒パッチ レーティング 4 x2
偽造 SIN (藤林・祥乃) レーティング 3
偽造免許 (筋肉強化) レーティング 3
偽造免許 (筋肉調律) レーティング 3
偽造免許 (反応力強化 (リアクション・エンハンサー)) レーティング 3
偽造免許 (ムーブ・バイ・ワイア・システム) レーティング 3
偽造免許 (カメレオン・スーツ) レーティング 3
偽造免許 (カメレオン・コーティング) レーティング 3
偽造免許 (グラップル・ガン) レーティング 3
偽造免許 (ジャズ) レーティング 3
偽造免許 (電波信号スキャナー) レーティング 3
偽造免許 (オートピッカー) レーティング 3
偽造免許 (錠前セット) レーティング 3
偽造免許 (カミカゼ) レーティング 3
偽造免許 (手榴弾: 閃光手榴弾) レーティング 3
偽造免許 (手榴弾: 熱煙幕弾) レーティング 3
携帯センサー
   +電波信号スキャナー レーティング 6
   +指向性マイク
   +動体センサー
   +スキンリンク
使い捨てジャマー, 全方位 レーティング 4 x6
手榴弾: インク手榴弾 x3
   +C-スクエア レーティング 6
手榴弾: 閃光手榴弾 x3
手榴弾: 熱煙幕弾 x3
消臭タバコ x5
錠前セット
蘇生パッチ
登攀具
変装用ナノペースト(小容器)

== カルマ消費 ==

== 新円消費 ==
2018/06/24 19:24:10       400          Starting Nuyen

9186 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:28:43 ID:D4bXKxHO
というわけで、一回動かした設定に基づいて再調整した祥乃さん。
武装がクーガー・ファインブレード・ロングナイフから、ダメージが1低いが隠匿性が桁違いに高いサバイバルナイフに変更。

外見上は短めの忍者刀である。

9187 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:31:12 ID:D4bXKxHO
こうしてみると得意分野が

「走る」「跳ねる」

が2強な辺り、本当に機動型。
跳躍に関してはサイバーイアに平衡器官追加してるんで、バランスを取る関係の判定ならまだ上がる。

が、変装や尾行のDPは6。
装備などで補正しづらい技能だが、あまり他人になりすましたり、尾行したりは得意じゃない様子である。

9188 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:32:53 ID:cLhVRjhx
ニンジャらしいのからしくないのかw

9189 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:36:49 ID:3ifebiy1
性癖のメガコーポくんはレギュ的には大船島これんのかな

9191 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:38:23 ID:cLhVRjhx
かっちゃんはアサルトライフル持ってなかったっけ?



9192 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:38:34 ID:D4bXKxHO
原作では「足音を消しすぎてターゲットに変装がバレる」などのミスをしているので、ある意味納得。
あと、前もネタにしたけど原作祥乃さんは装備が一人だけホント手加減なし。

作中大半の人間が非殺傷武器、特に竹刀などを使っている中、

「仕込みブレード付きの靴」
「飛びクナイ(黒塗りのものを混ぜて視認を難しくするオマケ付き)」
「忍者刀(真剣)×2」
「最新式ボディアーマー」
「煙玉、ワイヤー、その他小道具沢山」

である。

9193 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:39:46 ID:D4bXKxHO
>>9189
知らん。
レギュ云々(BP、カルマ等)は目安で、あくまで来る理由があるかどうかが重要だからね。
まぁ重火器の不所持等、絶対必要なラインはあるんだけど。

9194 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:43:17 ID:D4bXKxHO
明確に真剣を使っているのは、祥乃含めて作中2名。
1人はラスボスの娘である。

ラスボスの持ってる刀が真剣かどうか謎というのを考えると、ガチっぷりがひどい。
刃物というなら、一応鎌使いは居る。

9195 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:43:21 ID:lrk82x9t
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1412438008/1603

首筋撫でられ「ひゃうん!?」するまであと5秒

9196 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:43:42 ID:4PuQDEmb
>>9195
支援乙!

9199 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:44:24 ID:fwiVEn3h
>>9195
支援おつ
キマシ塔建設不可避



9200 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:44:39 ID:D4bXKxHO
敢えて言うなら、来る予定のないキャラが「このキャラいけますか?」と聞かれたら、大半は「知らん」としか答えようがない。

9201 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:45:20 ID:D4bXKxHO
>>9197
知らん。分からん。

9202 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:46:04 ID:D4bXKxHO

                                 ´
                              /         ,イ⌒     \
                         へ ___ __    /     `
                           /  / ,:'    ̄ / .:..      :..    `
                       //´/ー/¬…‥  …\:..…        ヽ
                        /  / /   :ii        \:..        ,
        __      -―― -  ;′ ;'  {   :|l   il    \ \ー
      /::::\/}/    >   ̄ :' l  | |「Tッ、 .:il   .:|l   .:ト、 \ \i       .i
.      {::::::::::,     /.       | l  | i .:乂_}ヽ{   .:lト、-‐{‐…¬)¬       |
.      {:::::::/       /..    ! l  | j .:《圷弌 、 .:|、_\L\_\.:  |      l
.   /}:::;    /   .′       | ll  Ⅵ ∧弋少 \|ィf芹茫テ⌒≫ f⌒Y、   /
.  / ノ:::{ミx  .:    i    /.... | ll  .:lⅣjへ`¨^    辷zツ_, '´|:. l\〉l}__〉/
.. /  八:::| \ ミ| |  .{ -/}ノ| 乂\ 人 .:从  /       ̄^´ _」:. ルィ/_≫ヽ〉ニニニミt、
..′  /.∧|  ミ }/|.   z===ミ乂 ノ}\\ \(.:\`、_ _,   ,ィ≪_j: 厶イニニ7=ニニ二二ニニミt、
.{  /ノ:::::|    ミ|   |     )' ミレ゙ }\\(\( ` 、   r 《 《 ><_ニニニニカ=ニニ二二ニニニニミtx、
.∨/::::::::::|  i    |   |..:.:.:.:.:.  ゝ`ヾムイ:.\l`,《/ニ弌ー=ニ| ト》' / 〉_ニニニ{l=ニニ二二二ニニニ>¬へ
. ゙⌒ヽ/:::/|  |    l i  !.   r‐-,  从:!:/ }},《\ニニ≫≪ |__|「 / // 〉ニニ{l=ニニニ二二二>´ <二ニニへ
     V 从_{__{__|_{__  ー'  イ/ )' ノ  \\ \_ム「_j「ミ>〈/ /ニニニ{l=ニニニ二>´, <二ニニニニニニ〉
      _{ニニ彡イニニアニニニニ __ /.:/   _____ 〕>ィ      弌∧'vニニニ{l=ニニ>´,. <二ニニニニニニニ/`弋ュ___
     fニニニ ̄ニニニ/.. ̄  ´⌒YL.:ノヱ_f{二7ニニミT7/       .∧/ Vニニ{l=ニ/ x仁ニニニニニニニニニニ/:::::::::;《/ 廴
    -‐=ニニニニ/     .: : : : 」{‐--く f「二lニニニⅣ         .∧》, V/7ニ7 x仁ニニニニニニニニニニニ〈:::::::::;《/ /L〉ヽ__
=ニ二二二ニニ..゙/          ..'⌒(\   }f{二lニ==,イ            .}:.:》,yVニ7x仁ニニニニニニニニニニ≫‐へ:::,《/ /L7ニ] [y
゙二二二二/.゙{           ./   `'≪弋彡/           }:.:.:.》〈ニ7ニニニニニニニニニニニ≫‐…‐-<《/ /L7ニニ] [y
゙ニニ二/.  ゝ、             ィイ´⌒´               カ..:..:..》,\、‐-=ニニ≫''"´  ̄`丶、    ` ' ‐=ニニ二] [y
二二/.    x、_ ..: : :..: : : .. .. .      ノ^                ア..:.:..:...::::》, 〉)>''"´           \          ̄  ‐-=
ニ/        弋:.≫   ...: : : : :. .. .             :  ..:   ..イ:::::::::::::::::>'"               \
´           卞t‐-ォ-‐ッ≪⌒≫.. . .    . .. .. .: : :_:x匕¨´ 人:::>'"´          fヘ rヘ       \
.             トト、{ r'´y'⌒::《/.x、_   ..__x≪⌒F=‐-‐>'"´           r‐| } | }          \
              弋::::`ート、.{::::::::::::::.,ィf .≫..T弌:::::::气ニ=ヒLrア´              f´| | | | |           \‐-   -‐=ニ
                `ー≪:::::|:::::f孑.f孑  ´    ム斗气⌒ア/                 |│ | |ム斗x'             -=ニ二二二
                     ̄  ̄ Vアi:        ..;::::::::「l::ア |                  |ム斗t<「::::::人      -‐=ニ二二二二三
                       {i:i:           ;:::」 v' |                 人::::ヽ:::ヽ::::::::::\ /ー-=ニニ二二二三三
                        ∨i:i:        vヘ V弋             /  \::::::::_____/ー-=ニニ二二二三三三
                      {i:i:i:    ./    .vヘ V \        /   /;'`Tー===彡ー-=ニニ二二二三三三
                     V:i:i   /        .::::〉〉>、 `丶、___ /_____,ィ' /‐-=ニニ二二二二二二二三三三
                     Vi:i:i           ..〈(:::::::ミt、___________彡'‐-=ニニ二二二二二二二三三三
                      {i:i:i:i             .|}::::::::::::::::::::::::::::::::::::;, <二ニニ=‐-=ニ二二二二二二三三三
                          Vi:i:i             |ト、:::::::::::::::::::::::,,<二ニニ=‐-=ニ二二二二二二二二三三三
                         Vi:i:i:.         入 `¨¨¨¨¨¨´-‐=ニ二二二二二二二二二二二二二三三三
                          Vi:i:i:.         .,   ≧=‐-=ニ二二二二二二二二二二二二二二二三三三




ここから首筋撫でられて「ひゃうん!?」か……。
うむ、良い……。ありがとうございます!

9205 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:49:18 ID:D4bXKxHO
沖田さん的には、さて。
この出会いはどういう意味があり、どう彼女の今後が変わっていくのか。
そして待ち合わせをスッポかされた変装の人は結局大丈夫だったのか。
祥乃さん後で怒られなかったのか。

疑問は尽きない。

9206 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:49:49 ID:2d9F9W3Z
せやなww  >本来のバディ

9207 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:49:57 ID:vG1NVQzB
むしろエンディングでそこら辺なにか言われるかとちょっと期待してた>すっぽかされた人

9208 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:49:58 ID:pglAm4oJ
待ち合わせの誤認というとジンニキを思い出すな・・・



9210 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:51:53 ID:D4bXKxHO
ジンニキはこの島では元気にストリート・ドクをしているよ……。

9209 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:51:42 ID:lrk82x9t
>>9205
沖田さんの今後は好きにしてくれて良いのだけれど
基本的に沖田さん虚弱体質のせいで「持ってない肉体技能は判定すらできない」ので
フィジカルエリートな祥乃さんが組んでくれて抱っこして跳び回ってくれるのは
データ面ではとても理想的な状況である



9213 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 19:57:32 ID:D4bXKxHO
>>9209
謎の噛み合い方………!

9214 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 19:59:12 ID:Sp3VL2PR
神は言っている、キマシの塔を建てよと

まあいつバベルよろしく崩れ去るかわからないのがシャドウランなんだけど

9215 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:00:01 ID:JgBEji+2
キマシの塔に汚れたバベルの塔が違法建築されるだって?

9219 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:04:32 ID:lrk82x9t
変装の達人さん目線では、バディ組むはずだった祥乃さんが娼婦ナンパして走り出したようにしか見えない可能性



9222 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 20:06:49 ID:D4bXKxHO
>>9219
草生えた

9226 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 20:08:55 ID:D4bXKxHO
しかしこう言っちゃ失礼かもだけど。

沖田さん、意外と戦えた。

9228 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:09:49 ID:2d9F9W3Z
初手から攻撃可能な距離だったのも大きいかな?

9230 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:10:29 ID:vG1NVQzB
普通だとレンジの問題とあと不意打ち気味で早めに頭数減らせたのがよかったのかな
あと戦犯

9231 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:10:36 ID:RHQwp0oO
そして外堀りから埋められていくんです
あ~、たまりませんね

9232 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:10:49 ID:dEw2Nz1D
男装してるから中性的なイケメンとチャンネーがいちゃ付いて見えるかも もげろ案件?

9233 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:11:37 ID:50+OtI5Z
見返すと あなた何?→娼婦です→行きましょう だからね



9235 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 20:12:29 ID:D4bXKxHO
>>9232
原作では男装が多かったから、ドレス姿に衣装替えした時には後輩に

「今日は女の人みたいに見えますね!」

とか言われて股間蹴り上げて

「いつも女だ」

と言ってたりする。オマケ4コマで

9239 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 20:24:20 ID:D4bXKxHO
ちなみに原作では、好きなものは

「お嬢様」「高い所」

である。

9240 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:24:56 ID:/HShtSgW
何の意味もなく腕組みして給水塔の上とかに立つ絵が頭を過ぎった

9242 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:26:44 ID:SOUPMeMb
>>9240
仮面ライダーV3じゃないんだから。

9243 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:28:50 ID:nS1mtVzQ
確かに電柱の上に立ってるイメージが強い>高いところ

9246 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:31:13 ID:l2uG4Bor
確かに意味ありげに電柱の上とかから影を背負いつつ主人公たちを見てそうである
強敵を倒した主人公たちの戦闘力を確認してからフッ…って消えたり



9247 : ◆o2mcPg4qxU :2018/06/24(日) 20:32:44 ID:D4bXKxHO
>>9246
確認して、お嬢様に電話で報告してるシーンあった気がするwwww

9250 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:36:01 ID:a4CfVCRA
つまりちょっと外でと言われて屋上に案内されたのは内心嬉しかったんだな
沖田さん大勝利~

9252 :梱包済みのやる夫:2018/06/24(日) 20:36:14 ID:l2uG4Bor
似合うなあと思ったら本当にやってたのかよww

関連記事
| 影走中シリーズ【シャドウラン】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する