おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/05/11(金)
2287 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 09:32:32 ID:9Il2cq9s
10時まで延長みたいだし、平日のあんまりはよから投下しても人いないだろうし、それまで戦車してます


2288 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 09:45:33 ID:9Il2cq9s
ちなみにこの案件の落とし所は。
貴方の情報の有用性が91だったので、どれに行ってもいい結果にはなります。


1~3.相手方の貴族の家が行う牧場経営と馬の増産に一枚噛む代わりに、ベティとセイバーリリィの婚約を
     認めさせる落とし所を探ろうとしたらアンジャッシュ。
4~6.相手方の貴族の家が行う牧場経営と馬の増産には直接噛まず、その流通面を握る。
     また、ノウハウの抽出含め互いに利益を見出した上でベティとセイバーリリィの婚約を認めさせる
     落とし所を探ろうとしたらアンジャッシュ。
7~9.セイバーリリィの家も乗馬に熱心な家であり、商会を通じて合同での大規模牧場の経営、並びに
     システムの整理等を行う事に決定。
     その上でベティとセイバーリリィの婚約を認めさせる落とし所を探ろうとしたらアンジャッシュ。
10.色々あって馬にしか興奮できない男と馬の結婚が認められる。

【安価 ↓5】
1D10

2293 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 09:48:31 ID:7y2CN2Gr
【1D10:3】



2296 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 09:49:57 ID:9Il2cq9s
1~3.相手方の貴族の家が行う牧場経営と馬の増産に一枚噛む代わりに、ベティとセイバーリリィの婚約を
     認めさせる落とし所を探ろうとしたらアンジャッシュ。

まぁ、一番軽い所ですな。

2311 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:30:38 ID:9Il2cq9s
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――さて、その後の顛末は。

 用意された資料を元に、どう立ち回ることが商会の利益になるかを那須、貴方、関城が相談。
 その上でベティヴィエールとセイバーリリィの婚姻を成立させるという、中々にか細い道を探す事になった。

 利益、愛情、それらを天秤に載せ、どちらも取り零さずに選ぶというその作業は困難を極めた。
 数時間に及ぶ激論の末―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

▼疲労度

【安価 ↓~】
貴方、関城、那須

1D100

2312 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:31:02 ID:AVVxoY6C
【1D100:15】

2314 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:31:44 ID:NHXAMhr1
【1D100:87】

2315 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:31:59 ID:yl3Ng0eq
【1D100:55】


2317 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:32:29 ID:Ul1lnfWJ
実にそれっぽいw



2318 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:32:46 ID:9Il2cq9s
貴方:余裕綽々
関城:瀕死
那須:疲労

2319 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:34:48 ID:9Il2cq9s
これは―――

▼貴方:【1D10:9】

1~3.議論慣れしており、体力や気力のペース配分が適切。
4~6.脊椎反射で意見出すから頭疲れない! 素敵!
7~9.単純に体力がある。
10.熱烈歓迎

▼関城:【1D10:9】

1~3.意気込みがそのまま消耗に繋がった。
4~6.ベティの為にと熟考に熟考を重ねて、隅々まで資料を読み込んだ結果。
7~9.単純に体力が無い
10.熱烈歓迎

2320 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:35:00 ID:9Il2cq9s
体力差ァ!!

2321 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:35:31 ID:GiVfXulj
全裸に鍛えられたフィジカル!

2323 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:37:15 ID:fsu4kgug
身体は資本だからね仕方ないね



2324 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:38:30 ID:9Il2cq9s



           , . . . . .,
          / .!. . . ./\       ___
          '.|. . .|. . ./. . /.ヽ ___ /´ . . ` 、__
.        /. .|. . .|. . {. . / イ. . . . . . \. . . . . . \\
       {. . ヘ. . ', ./´/. . . . . . . . .ノヽ. . . . . . \\
       ヘ . . ゝ/ヽ./. . . . . . . . ./   \ . . . . . .ヽ \
       ゝ/. . . . | . . . /. . ./      \. . . . . . . . .\
.      /´/. .\ . . | . . / . . ' ``  、,     \ . . . . . . . . ヽ
.     /ニニ∧. . . \ |. . .|. . /       `     ∨ . . . . . |ヽ.}
    〈ニニ=/|. .\ . . .│ . |. /___         -‐‐. . . . . .!  }
.    \,/=|ヽ. ._\ . |. . .|/  fうミ x、       V . . . . | │
.     /=/|. ./ r、`ヽ|. . .|   乂ソ  ヽ         V. . . . | │  「多分これでイケると思う、けど―――。
.      {ニ{│.{ {  〉! .|. . .|            ィfう¨¨} . . . | │
.     ゞ,〉ヘ ゝ ´ │ . | U          ,   ゞソ   |. . .│ |    貴方、全然余裕綽々ね」
          \.`ト..,_|. . .|                    |\.│ |
           \. . .ヘ . !                     | . ヘ.!
         , イ\. lヘ.|、         __        /. . .!リ
       //  / | | \        ¨¨      /|. . . |
.       /. '    / | |   `  ,        /  .|. . . |
      {/    {  j      `  ,   ,  ´    .|. . . |
        >─‐< ̄`~、       / ヽ¨         |. . . |
     /        \    \   .{   ',       .|. . . |
.    /  ./´  ̄ ̄ \   ` =┤r、 }       .|. . . |
   /  /        ∧ 、    .| {. \         | . . j
    | /             ∧ \   .! ヽ  \-、     |. . .j
    |./             .∧   \│ レ'\ \\, │ ./
    |'             ∧   {`〔二〕__ \ノ }、 !. {
    |               ∧   |  |. .\.\   \ゞ{

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 関城が疲労困憊しながら資料を纏め上げる頃には、とっぷりと日が暮れていた。

 なお、貴方は全然余裕だった。体力が違う。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2325 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:40:17 ID:9Il2cq9s
▼貴方から関城へ

←気遣い 【1D100:84】 どうして覚醒しないんだ?→

2326 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:40:42 ID:fL7SZ+E9
邪竜おじさんwww

2327 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:41:37 ID:AVVxoY6C
よくよく考えるとミーくん、普通に武官だったという(今更

2329 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:42:28 ID:43B8SAWy
単騎ではないにしても砦ひとつ落とせる武人(元)と商家の娘一緒にすんなしw

2330 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:42:44 ID:yl3Ng0eq
あれか、徹夜は何回かやれば慣れるよ的なw



2331 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:46:10 ID:9Il2cq9s

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 どうしてもっと体力を付けないんだと、逆に揶揄するように言う貴方に、関城は小馬鹿にしたように肩をすくめる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


              __
              /. . . . .\
           /. . . .r‐ < ̄`\ ̄ !
             j/´ .{ . . . . \. . .\ノ
          / . . . . ',. . . . . . .\. . .!',
            / /. . . . . ∧. . . . . . . .\| }ヽ
.           {./. . . . . /  \ \. . . . . \ |
         /. . . . . /     \{\ノ. . . .',!
.        ∧. . . . /、        /\ . . . !
.          { ヘ. . . { ` ̄     ィニニヽ . .|ヽ
.          |  ヘ. . ',ゞニニ           |. .|. |     _     __
        ゝ  ヘ. . ',     '     /|. .|. |  / /― '' ¨ ノ
                \.\  ャニフ ,ィ ノ.イ! j  /     , - ''
                 ゝート -=   イ / ' ノイ   {   /´
              {  ノ‐\ ____j\     }  {     「身体を鍛える暇があれば、頭を鍛えてるのよ。
           /、 ̄ ̄/ | \   |  \ ̄` |` ̄ ̄´│
.          /  ',  ,/ .!   \ / ノ ̄\  !       |    私、インドア派で頭脳派だもの。
         /      /  .レ´ヽーf=f  |  ヽ.|      |     それじゃ、姉さん、ベティ。この案で」
.        /     〈      | ヽ マムヽ,|  / .!       |
       /      \   ノ、: ', マムム \  |      |
.      /       /{   `/  ',: :', ゝノノヽ ヽ !       |
     /       / !  /   │: ', | / : : ', }、     j
.    /       /  l   \   .!: : :∨: : : : } | \    /
    { ,.. -‐= }   |    ',   |\: : : : / ! l .! ヽー '
    ∧     V   !    ', .|: : \/ : : ! l .!
.     ∧       ∨ .|      ヽ_| : : : :ヽ: : : |ノ .|
      ∧      V |       |: : : : : :| : : |  |
.       ∧      y         !: : : : : :! : : !   ヽ
        ∧     {         |: : : : : :| : : |   |
.         ∧    ゝ、       |: : : : : :| : : |   | 、
          }     /〉    .|: : : : : :| : : |   | \
          人   /イ       j: : : : : j: : :│   |   \
            7´ー ''      ./: : : : : / 、:ヘ         \
         /   |       /: : : : : / |  \:\         \



                            _________________________
                          __∠______________________    ∠_
                       /                                    /  /  /  /7 |`! |] |]
                     /                                    ∠_∠  /.  / / ||
                   /                                    ∠__∠∠_  く_/  L,l
                 /                                    ∠      ∠∠__ _l´l_l´l_
               /                                    ∠∠_   /∠_  / └┐r‐┐r‐┘
.                /                                    /   /  //  //     └'  ||
.              /                                    /   /  //  //       ノノ [| [|┌i
.             /                                    /   /  //  //                 _ノ /
         /                                     /   /  //  //             `ー'"
.          /                                    /   /  //  //
.        /                                    /   /  //  //
.      /                                    /   /  //  //    γY⌒ヽ
.    /                                    /   /  //  //    ー (   ノ )
.  /                                    /   /  //  //       ゝ、_ノ
./                                    /   /  //  //
                                       /   /  //  //
                                      /   /  //  //
                                /   /  //  //



                     /           \  \
                / /         _ト ⌒ \
                   /           '" ̄   `ヽ、 ヽ
                /  /       /          \  、
              ∥       /  /  / /  /  } l  ヽ  Y
                  { / /  /  /   / /  / / /  }  l   }
           _ ノ/ /       //ー-く/ / /} ∥  } ハ
          / /   /      ∥__,,_,,ノ /  / / /} //  /}}
         / /  //       Y'fj妁'''く`"゙  / /⌒メ// / lj
         {( /     /    /  ∥ `''"       ィ笏Yイ   / jj
         { /   /   /  //          { ゙''゙ / /  ∥
           人{ / / //  // ι        ノ   /''~ {   /
          八// イ{ /  //. \   ‐= __.    /| } /
             {     / .//   \       /    /
                  /イ从/         __ ィ''"/   / /   「ええ、わかったわ。
           --rャ-‐气'" u     / /{/ /__/ノ/
        /\      lー-い_       {⌒从({(          ……ところでこっちの案件を優先するとして、
           /        | |   ̄ヽ   \              貴方の見合い話はお父様達にどう報告しましょうか?
     /    {      }L | |      ⌒  \__
   /       、     /{ {:::| |              ||\          ベティヴィエールの件は正直に話した上で、
   /      /   / 人ヘ |:::::......          ||  \         商会の利益になるように持っていくとして―――
        /  /     `<::::::::::::::ヽ   _,,,,,ィ廴 .} }
      '" ̄}/ __      ̄''冖ミ}__/;;;;;;;斗宀{/ ;         貴方もそろそろ適齢期だけど?」
  /    ノ/イl ̄ \  ̄ミx,,  ( )  ∥::\:::/:::{ /
      /.∧  l    ̄ ̄ ̄\    {{|::BORDER∨
    / /  i  l         }i  人\::::::|:::::/ノl
   /  /   l  l           }}     \ミニ彡'⌒}
  ./  /    l  l       /     /     ノ
 /  /     l  l      ∥      /
   /       l  }        ||()     j{    /
  __     } j       j|    ()}     /
    /⌒:::::::....... j      ∥      jj    j
   ∥::::::::::::::::::::::::::::::.......   ∥()     ∥_  |
   {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-‐''" ̄:::::::::::::::`ー--、
   乂;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::\:::\:::`マヽ::::、
    / / ̄ ̄ ̄ ̄个ー----<ヽ::}ヽ:::ヾ}::::} 〉:::〉




               >┬‐t:、
              /;;|:::::|::::: |::∨
             叭;人::::::>‐≠'' ' ー=、__
           ,ャェx.>;;;≧゙:::::::::::::::::::::::::::::::::¨''=-、
            ̄¨,炒゙ l:::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::\\
            ,炸/ヨ::l:::::::::::::/::::::://,r"∨:::::::ハ ∨
            妣/;ヨ :l::γ''Y:/::::/:/. ヘ, .∨:::::::::} ∨
            〃|三l:l:::( ./////  \.l_ ∨ :::::l  ノ
             ハ三l:l:::::ヽ !.//f  .\タ  _l::::::::l
             .゙寺三奓 l::/ .| u `'`'  、ァ!:::::l
            ,ィ㌻"`Y゙:::::从 '       〉l ::::,'
           ィチ".  ,ィ1r、::::::::、    ‐-、 ,イ:l::::/
        ,、-‐ 、   ,I./ ∧::::::::,、.    イ /::/
       /    寸' "   ∧/ >eィ´  /::/
      ,イ      ⅵ、    .f、       /:/
.     ,イ           ⅵ `-、  Ⅵ‐-=、  /:/
   ,イ.      ,ィ  ⅵ    '´Ⅵ   l ノ (゙
  /      ,.ィ'    ⅵ.      Ⅵ ,  !
/     ,ィ;|:::::',.    _ⅵ.,__、_,Ⅵ  l
     / ハ:::::::',ィ´¨::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ
- 、  ,イ.  仏ハィ彡 ャ'.ニヽ,::::[>ロ<]:::::::Ⅴ
  ×   ∧::::::/ -<_ .`┘: (_∧_)::::::::::::Y
    `-、  | ::/  ー `'' ‐ 、::::::ノ::::::::::::::::/
,_     `' ヶ"    ̄  三う':::´::::::::::::::::/
. `' -e,_     . ,イ  ̄::::::::::::::::::::::::::::::イ
     フ=‐ ~ '"::::::::::::::,r ':::::::::::::::::/!
_,、>='":::::::::::::::::, -':::::,r" ::::::::::::::::/  \
::::::::::::::::::::::::::::- ':::::::,r":::::::::::::::::/\   \

1~3.まだ良いです
4~6.恋愛結婚が良いです
7.白馬の王子様的な運命の人を探しています(恋に恋する感)
8.いざとなったらコレに貰ってもらいます(足を踏みながら、貴方に話を合わせろとアイコンタクト)
9.いざとなったらエレナ・ブラヴァツキーと一緒にルームシェアして暮らします
10.熱烈歓迎

【安価 ↓5】
1D10

2336 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:47:55 ID:FvL5iLwE
【1D10:8】



2339 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:50:24 ID:9Il2cq9s




              __
              /. . . . .\
           /. . . .r‐ < ̄`\ ̄ !
             j/´ .{ . . . . \. . .\ノ
          / . . . . ',. . . . . . .\. . .!',
            / /. . . . . ∧. . . . . . . .\| }ヽ
.           {./. . . . . /  \ \. . . . . \ |
         /. . . . . /     \{\ノ. . . .',!    「………まぁ、いざとなったらコレに貰って貰うわ」
.        ∧. . . . /、        /\ . . . !
.          { ヘ. . . { ` ̄     ィニニヽ . .|ヽ
.          |  ヘ. . ',ゞニニ           |. .|. |     _     __
        ゝ  ヘ. . ',     '     /|. .|. |  / /― '' ¨ ノ
                \.\  ャニフ ,ィ ノ.イ! j  /     , - ''
                 ゝート -=   イ / ' ノイ   {   /´
              {  ノ‐\ ____j\     }  {
           /、 ̄ ̄/ | \   |  \ ̄` |` ̄ ̄´│
.          /  ',  ,/ .!   \ / ノ ̄\  !       |
         /      /  .レ´ヽーf=f  |  ヽ.|      |
.        /     〈      | ヽ マムヽ,|  / .!       |
       /      \   ノ、: ', マムム \  |      |
.      /       /{   `/  ',: :', ゝノノヽ ヽ !       |
     /       / !  /   │: ', | / : : ', }、     j
.    /       /  l   \   .!: : :∨: : : : } | \    /
    { ,.. -‐= }   |    ',   |\: : : : / ! l .! ヽー '
    ∧     V   !    ', .|: : \/ : : ! l .!
.     ∧       ∨ .|      ヽ_| : : : :ヽ: : : |ノ .|
      ∧      V |       |: : : : : :| : : |  |
.       ∧      y         !: : : : : :! : : !   ヽ
        ∧     {         |: : : : : :| : : |   |
.         ∧    ゝ、       |: : : : : :| : : |   | 、
          }     /〉    .|: : : : : :| : : |   | \
          人   /イ       j: : : : : j: : :│   |   \
            7´ー ''      ./: : : : : / 、:ヘ         \
         /   |       /: : : : : / |  \:\         \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 貴方の足を踏みながら、関城はアイコンタクトを送ってくる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


           , . . . . .,
          / .!. . . ./\       ___
          '.|. . .|. . ./. . /.ヽ ___ /´ . . ` 、__
.        /. .|. . .|. . {. . / イ. . . . . . \. . . . . . \\
       {. . ヘ. . ', ./´/. . . . . . . . .ノヽ. . . . . . \\
       ヘ . . ゝ/ヽ./. . . . . . . . ./   \ . . . . . .ヽ \
       ゝ/. . . . | . . . /. . ./      \. . . . . . . . .\
.      /´/. .\ . . | . . / . . ' ``  、,     \ . . . . . . . . ヽ
.     /ニニ∧. . . \ |. . .|. . /       `     ∨ . . . . . |ヽ.}
    〈ニニ=/|. .\ . . .│ . |. /___         -‐‐. . . . . .!  }
.    \,/=|ヽ. ._\ . |. . .|/  fうミ x、       V . . . . | │
.     /=/|. ./ r、`ヽ|. . .|   乂ソ  ヽ         V. . . . | │
.      {ニ{│.{ {  〉! .|. . .|            ィfう¨¨} . . . | │  (適当に話を合わせて!
.     ゞ,〉ヘ ゝ ´ │ . | U          ,   ゞソ   |. . .│ |    出来るわね!?)
          \.`ト..,_|. . .|                    |\.│ |
           \. . .ヘ . !                     | . ヘ.!
         , イ\. lヘ.|、         __        /. . .!リ
       //  / | | \        ¨¨      /|. . . |
.       /. '    / | |   `  ,        /  .|. . . |
      {/    {  j      `  ,   ,  ´    .|. . . |
        >─‐< ̄`~、       / ヽ¨         |. . . |
     /        \    \   .{   ',       .|. . . |
.    /  ./´  ̄ ̄ \   ` =┤r、 }       .|. . . |
   /  /        ∧ 、    .| {. \         | . . j
    | /             ∧ \   .! ヽ  \-、     |. . .j
    |./             .∧   \│ レ'\ \\, │ ./
    |'             ∧   {`〔二〕__ \ノ }、 !. {
    |               ∧   |  |. .\.\   \ゞ{

▼貴方は―――:【1D2:1】

1.出来る
2.出来ない

2340 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:51:25 ID:43B8SAWy
恋は生えそうにないのに縁談が生えかねない

2342 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:53:41 ID:FvL5iLwE
よかった、俺も断然ネギ塩派とか言い出すみーくんはいなかった

2343 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:53:45 ID:CeFinZV4
兄袋「ミーくんは俺が育てた(キリッ」



2344 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:55:15 ID:9Il2cq9s


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 デカい貸しだぞ、と目で語ると、関城が渋面で頷きを返してくる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

              _      , . -‐ミ
        ,.  ァ{. . . .`\`~.、. . . .ヽ
        / /. .|. . . . . . .\. . .\. . ノ_
.       / / . . . |. . . . . . . . .', . . , ヽム、≧x
.        /. . ./ヘ. . . . . . . . . ./ . ∧ム``´
       /. . /、   ',. . . . . . . !. . /. . }マム
        i. . / ヽ  ', / . . . !/. . /j マム
        | i..i==    ゝ_.i. . . .|. . /. ./ }ノ
        | | | , ,     ==|=. . .|´} . . . '
        | |ノ',       , ,|. . . .|ノ /
        ゞ! 丶 r ,  イ. . . l/、    (そのうち、なんでも奢るわよ。
            ,f つ¨´  ! . . .!   ヽ    何が良いか考えておいて)
         / -‐〕、 ノ!. . .i!、
.        {  フ 〕〈 !. . i! |`~、
          ゝ ,ィ/} |ヘ!. .i! |     ヽ
         j ̄ ,j〈,/|_j/}ノ ,/  /´¨ }
.        /   /ヽ=イ/_ ,/ ,/    |
       /   /|  / ヽ    l    l
.      /   /: レ''    〉_  l     !
      '    .!ヘノ!  /¨¨ /     l
     ィ|     l: l: :| /     / _  /
    {ミゝ__/: :|__|__|_,. - ''     ./
     ` ー- /´               /
      | iゝ ______ /
      | |: : : :|: : |       |
      | |: : : :|: : |      V
      | |: : : :|: : |         V
      | |: : : :|ヽ !        V
      | |\_/ `!        V
      | | |   | V         \
      | | |   |  V          \
      | | |   |   V           \


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――仕方がなく、頷き返す。
 まぁお互い、あと数年して相手が居なければと叩いた軽口に、関城が「非常手段よね!」と笑って返す。

 当人たちからすればお芝居なやり取りだが、それを見た那須は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



  /                                 ヽ
      /               /               ヽ      、
  {   /           /             l     l      l
    {         /  ∥            }  }  ヽ  l       }
  、   ∥     /            }   j  ハ     }   }  ;
  ∨  j   /    l j  }    ∥  ∥ /  l    ハ    /
    V  {{  /      { {      /;  /} /  .}  }斗― / /
    ト、八 j      l l /   //  / j /   从ノjノ  } / イ(    「―――そう」
    }     {       八 l/j-‐/ / ̄/ ノ     /,,,jx=气T   人\
   ノ             l l/j/-‐j_ノ         イ::::}  l       ヽ
  ./             l  ,,xャ芒~~ヽ       `''"  ;     ト Y
  /             |∥{;;;;;ノ         {      ハ Y   l l }
 ∥{ {    l    l      l                /   }   } }丿
 {{ い   { {     l    l l              /   /   ハ  } //
   、   { い   l    } }          __,,,   / l   / } /
    \ト{、 `、|  l   l ||ト.._     ー-一'" /い  l / ノ/
        人 }\l\ 乂  } ハ}   ::::......_    /从ト{\ト{
             ヽ} ⌒ノ丿        >-< ̄`"" ̄`ヽ、
            ノ             /     \     } ヽ
           /            {       /\    `、 、
           /⌒\               /   ヽ   } }

▼那須の反応:【1D10:10】

1~3.お似合いねと言ってくる。(※芝居力:【1D100:11】 那須眼力:【1D100:70】)
     果たして見破った上で言ってくるのか、ただのポンコツとなるか。
4~6.積極賛成。外堀を埋めにかかる。(※芝居力:【1D100:83】 那須眼力:【1D100:14】)
     果たして見破った上で言ってくるのか、ただのポンコツとなるか。
7~9.否定的。(※芝居力:【1D100:23】 那須眼力:【1D100:3】)
     果たして見破った上で言ってくるのか、ただのポンコツとなるか。
10.熱烈歓迎

2345 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:55:35 ID:9Il2cq9s
クソァ! ここでの熱烈ってなんだ!!w

2346 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:55:48 ID:FvL5iLwE
ちゃくだーん

2347 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 10:56:12 ID:bg7s3AkI
1d100の目もなかなか面白くて草
だが熱烈だ



2349 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 10:58:14 ID:9Il2cq9s


               -― -
             ´      μ  `ヽ
          , '                ヽ
        /                ゙、
         r' ,;  ゚  /          ヽ u  ハ
       Y′   /  l ∪ 、 、l  `、 ,  ゙,
          l lj´ .,'  l l゙、   ll ハ. _l     !
          !    l ナォ弋゙、  !l/、≦、 l  l  ヾ、
       l   l l´_ニ=、  ヽ,、ノ' ,=ニ、 ! l  l、゙,
       ! l  l lっ゚.:::) ` ....`′"(゚:::)っ! ノ !l l! ).)
       ,'! l  lゞ、"""  :::::::::   """"lく l ! ル"   
      i l   } ヾ、ソ     `     / l  !' ヽ
      V! イリ  ハjノ  ヽ、   ノ ij,イ. ノ  !,ィ´
        ゞヽィ  v'` 、   ̄ ´ イ´/ u  ハゝ、
        イ>ル'イイ、ノゞ ‐ ij´ {レハ(   ノ´ `ヽ
          ,' r 、- 、   ゚     /  ,'  ,-,‐ 、 u ヽ
         !f´‐ ` l ヽ    '  / .r‐' イ   }   !
         l{     ハ   `ヽ   ι .r'      }   '
        lヽ、   i、ー _ ー _ノ      j  ,'
       以  ヽ、   ヽ ゙::..ィ ラ′   , -‐ ´  ,'
       \l   `l 、 u  > ´     /}!    ,
           !   ハ ヽ, ィ´  τ /.=ヲ    ,
          !ι   `´       /`ゝイ    l
          |, υ       /     ν  リ`ゝ _
         lハ         / ヽ    ι    / _ィ´

▼どうする! 那須ランラップ!

1~3.手早く、2人の縁談の席を整えてくる。(※芝居力:【1D100:59】 眼力:【1D100:87】)
4~6.それくらいならいっそ、自分と関城の間の妹との縁談とかどうかと、貴方に薦めてくる。
7~9.川上水を飲ませて、両者の本音チェックの時間です!
     あ、那須さんのベティも飲むよ?
10.熱烈歓迎 更に倍

【安価 ↓4】
1D10

2353 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:01:30 ID:6nsLHrUX
【1D10:4】



2355 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:05:10 ID:9Il2cq9s


                   __
              -‐< ̄ヽ )'" ̄`丶、
              '" -―  / ̄ ̄  ー-ミ \
         /       ,,,ノ              \
        /      ┴ <            ヽ
      /      '"        \         \    、
      /  /            ヽ           l
         /       |  |               l
     ;      j   | | |   {   l              }
     {  { | /{ l / | l | l  |   }    人   }
        |-l―-い { l -l―‐-|L__l     ト、  j /
      八  从┘ `┴ `'''^ `''' └-!      }ノ ノ}イ
        トj从 y芸ト、    >=芸トx,,,j   j     {
        }  |└┘     └┘'"ノ    {     八   「ふぅ、ん。それくらいの本気さなら、貴方。
       ノ        ノ            l   l  ヽ 、   いっそ私と沙和子の間の妹と縁談でもしてみないかしら?
     /   / 八   \         /  /  }   l  } }
     {  /{   ト、  .  __,   j       ; }  } /}ノ    有能な人材だし、推挙する事も出来るわよ」
    八 { い  } \        {  { { /ノノ ノ/
       \ ヽ  /}ノノ个 __ ィ'"人,,_いl/'" ̄
           }ソ        |         |
                -‐-、j       l__
              /...:::j/        \}..:::`ー、
       r- ''"...:::... .l           / l...:::... ..> __
      /{..:::... ...:{:.. l\       / j ...:::... ...:::... ー-、
     /..:::..、...:::... l.:::...l  \---‐‐彡  ;::.../ ...:::... ...:::.. \
   /...:::... ...:::... ...::゙、..::l     O| ̄   ./::/...:::... ...:::... ...::/..}
  ./::... ...:::... ゙、 ...:::...゙、 |     } |    //.::... ...:::... ...:::... ...l
 / ...:::... ...:::..ヽ...:::... ...|    j j   /...:::... ...:::... ...:::... ...:::..l
 、...:::... ...:::... ...:::\.:::... l    l j   /..:::... ...:::... ...:::... ...:::... l
  }.. ...:::... ...:::... ...:::... ...:l    ∧ /:... ...:::... ...:::... ...:::... ...:::..l
  l...:::... ...:::... ...:::... ...:::... l  / ∧ / ...:::... ...:::... ...:::... ...:::... ..|
  |:... ...:::... ...:::... ...:::... ...:l / / ∨...:::... ...:::... ...::/...:::... ...:::... .l
  |ヽ..:::... ..:::...`、.::... ...:::... ..|/   ./::... ...:::... ...:::.../:::... ...:::... ...:::..|
  |:::... ...:::... ...:::... ...:::... ...:l  /.. ...:::... ...:::... ...:::... ...:::... ...:::... l
  |::.. \.:::... ...:::...\...:::... ..l / ...:::... ...:::... /:... ...:::... ...:::... ...::}
 ノ...:::... .\:::... ...:::... \..:::... V.:::... ...:::... //..:::... ...:::... ...:::... /
/...:::... ...:::... \...:::... ...:::..\::/...:::... ...:::.//...:::... ...:::... ...:::... ...:{


▼沙和子反応

←面白くない 【1D100:73】 指さして爆笑→

▼貴方は―――

1.とんでもない! オラさこの島で生きるだ! ダダこねて辞退。
2.……まぁ会ってみるだけなら。
3.関城の足を逆に踏んで、ここで切り込まれたくないんで話を合わせろとアイコンタクト。
4.いえ、私は沙和子お嬢様にお熱ですのでと全力で辞退。

【安価 ↓~】
先取2票。

2356 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:05:27 ID:xRkhz+i9
3

2357 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:05:31 ID:lV1Ok75T
2

2358 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:06:12 ID:Vi88n0Qd
2



2360 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:09:01 ID:9Il2cq9s



              __
              /. . . . .\
           /. . . .r‐ < ̄`\ ̄ !
             j/´ .{ . . . . \. . .\ノ
          / . . . . ',. . . . . . .\. . .!',
            / /. . . . . ∧. . . . . . . .\| }ヽ
.           {./. . . . . /  \ \. . . . . \ |   「あっははははは! それで私の縁談が遠のくなら
         /. . . . . /     \{\ノ. . . .',!     それはそれで笑えるて良いネタだけど!」
.        ∧. . . . /、        /\ . . . !
.          { ヘ. . . { ` ̄     ィニニヽ . .|ヽ
.          |  ヘ. . ',ゞニニ           |. .|. |     _     __
        ゝ  ヘ. . ',     '     /|. .|. |  / /― '' ¨ ノ
                \.\  ャニフ ,ィ ノ.イ! j  /     , - ''
                 ゝート -=   イ / ' ノイ   {   /´
              {  ノ‐\ ____j\     }  {
           /、 ̄ ̄/ | \   |  \ ̄` |` ̄ ̄´│
.          /  ',  ,/ .!   \ / ノ ̄\  !       |
         /      /  .レ´ヽーf=f  |  ヽ.|      |
.        /     〈      | ヽ マムヽ,|  / .!       |
       /      \   ノ、: ', マムム \  |      |
.      /       /{   `/  ',: :', ゝノノヽ ヽ !       |
     /       / !  /   │: ', | / : : ', }、     j
.    /       /  l   \   .!: : :∨: : : : } | \    /
    { ,.. -‐= }   |    ',   |\: : : : / ! l .! ヽー '
    ∧     V   !    ', .|: : \/ : : ! l .!
.     ∧       ∨ .|      ヽ_| : : : :ヽ: : : |ノ .|
      ∧      V |       |: : : : : :| : : |  |
.       ∧      y         !: : : : : :! : : !   ヽ
        ∧     {         |: : : : : :| : : |   |
.         ∧    ゝ、       |: : : : : :| : : |   | 、
          }     /〉    .|: : : : : :| : : |   | \
          人   /イ       j: : : : : j: : :│   |   \
            7´ー ''      ./: : : : : / 、:ヘ         \
         /   |       /: : : : : / |  \:\         \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ……まぁ、会ってみるだけなら。
 そう言った貴方に対し、関城は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

▼関城反応:【1D10:7】

1~3.愕然(【1D3:1】 1.正気か!? 2.まさか乗るとは思ってなかった 3.ちょっとおもしろくない)
4~6.かーなーりー大爆笑
7~9.面白がってニヤニヤ
10.熱烈歓迎

2361 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:09:49 ID:+3i6VHOU
おおう、面白がられているw

2362 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:10:11 ID:rDdLW7Jw
まさかの乗り気



2363 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:12:46 ID:9Il2cq9s


              __
              /. . . . .\
           /. . . .r‐ < ̄`\ ̄ !
             j/´ .{ . . . . \. . .\ノ
          / . . . . ',. . . . . . .\. . .!',
            / /. . . . . ∧. . . . . . . .\| }ヽ   「へぇー。
.           {./. . . . . /  \ \. . . . . \ |    ま、良いんじゃない? 上手く行ってもお義兄様とは
         /. . . . . /     \{\ノ. . . .',!     呼ばないけどね。なんか怖気走るし。あとは、そうね」
.        ∧. . . . /、        /\ . . . !
.          { ヘ. . . { ` ̄     ィニニヽ . .|ヽ
.          |  ヘ. . ',ゞニニ           |. .|. |     _     __
        ゝ  ヘ. . ',     '     /|. .|. |  / /― '' ¨ ノ
                \.\  ャニフ ,ィ ノ.イ! j  /     , - ''
                 ゝート -=   イ / ' ノイ   {   /´
              {  ノ‐\ ____j\     }  {
           /、 ̄ ̄/ | \   |  \ ̄` |` ̄ ̄´│
.          /  ',  ,/ .!   \ / ノ ̄\  !       |
         /      /  .レ´ヽーf=f  |  ヽ.|      |
.        /     〈      | ヽ マムヽ,|  / .!       |
       /      \   ノ、: ', マムム \  |      |
.      /       /{   `/  ',: :', ゝノノヽ ヽ !       |
     /       / !  /   │: ', | / : : ', }、     j
.    /       /  l   \   .!: : :∨: : : : } | \    /
    { ,.. -‐= }   |    ',   |\: : : : / ! l .! ヽー '
    ∧     V   !    ', .|: : \/ : : ! l .!
.     ∧       ∨ .|      ヽ_| : : : :ヽ: : : |ノ .|
      ∧      V |       |: : : : : :| : : |  |
.       ∧      y         !: : : : : :! : : !   ヽ
        ∧     {         |: : : : : :| : : |   |
.         ∧    ゝ、       |: : : : : :| : : |   | 、
          }     /〉    .|: : : : : :| : : |   | \
          人   /イ       j: : : : : j: : :│   |   \
            7´ー ''      ./: : : : : / 、:ヘ         \
         /   |       /: : : : : / |  \:\         \





              _      , . -‐ミ
        ,.  ァ{. . . .`\`~.、. . . .ヽ
        / /. .|. . . . . . .\. . .\. . ノ_
.       / / . . . |. . . . . . . . .', . . , ヽム、≧x
.        /. . ./ヘ. . . . . . . . . ./ . ∧ム``´
       /. . /、   ',. . . . . . . !. . /. . }マム
        i. . / ヽ  ', / . . . !/. . /j マム
        | i..i==    ゝ_.i. . . .|. . /. ./ }ノ
        | | | , ,     ==|=. . .|´} . . . '
        | |ノ',       , ,|. . . .|ノ /   「いざ会ってみた後で小姉さんより私が良いって言い出したら、
        ゞ! 丶 r ,  イ. . . l/、      一発蹴った上で指さして爆笑してやるわ!!」
            ,f つ¨´  ! . . .!   ヽ
         / -‐〕、 ノ!. . .i!、
.        {  フ 〕〈 !. . i! |`~、
          ゝ ,ィ/} |ヘ!. .i! |     ヽ
         j ̄ ,j〈,/|_j/}ノ ,/  /´¨ }
.        /   /ヽ=イ/_ ,/ ,/    |
       /   /|  / ヽ    l    l
.      /   /: レ''    〉_  l     !
      '    .!ヘノ!  /¨¨ /     l
     ィ|     l: l: :| /     / _  /
    {ミゝ__/: :|__|__|_,. - ''     ./
     ` ー- /´               /
      | iゝ ______ /
      | |: : : :|: : |       |
      | |: : : :|: : |      V
      | |: : : :|: : |         V
      | |: : : :|ヽ !        V
      | |\_/ `!        V
      | | |   | V         \
      | | |   |  V          \
      | | |   |   V           \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――心底楽しんでいる様子。

 そんな悪友に、貴方は小さく笑い返し、上手く行ったら是非とも義兄として、義兄さんの胸に飛び込んでこいと
言ってやると言ったら、何がツボだったのか関城が更に腹を抱えて大爆笑したのが印象的だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2364 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:14:32 ID:xRkhz+i9
あなた……義兄……うっ、頭が……



2365 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:15:14 ID:9Il2cq9s
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 さて、ここからは貴方にも関城にもあまり関係の無い―――というより、貴方達の手を離れた顛末となる。

 話を取り纏めて、ベティヴィエールを伴ってセイバーリリィの元を訪れ、三人で一緒にリリィの父上に話を持って
行った那須は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


              -――-
           '" ̄ \⌒ `ヽ、
      /         ヽ    \
     /         '" ̄ ̄~`<   ヽ
              /         \  、
    j      /      l   l   Y l
     {       {     }    }   }  l } }
    }       } -―- / l  -―-   l    「…………え? 馬の縁談?」
    λノイ    l人 メ///_/}__/-}_/lイl {
    /      } l l  _,_,       _,_, | l
   {   l  j l l (:::::::)      (::::::) | 、
   人 l {  ノ  l   ̄        ̄  j  }
     \ l { l j       __)     ノl  /
        `~乂ト丿   _  ┘  イ从l/
                   ̄ ̄

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 鳩が豆ザンバスター食らったような顔で、しばし放心したという。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2366 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:16:07 ID:FvL5iLwE
せやろなwww

2367 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:17:08 ID:43B8SAWy
メガザルは鳩相手でも全力……

2369 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:19:43 ID:AVVxoY6C
待ってたぜぇ! この“瞬間”をよぉ!?



2370 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:20:08 ID:9Il2cq9s

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 しかし、持っていった話―――相手方の家の牧場経営計画、並びにその家への牧草の輸出、それらに商会が
携わり調整するシステム自体は有用であり、そこから先はトントン拍子。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


     __       _   / /  ___
      lハ}    {:::::::::::\V{--´-- 、 `ヽ____
      |:::|    }::> ´       `ヽ、:::---::::::::}
      |:::|, --、 {:/   /       \  \:::::::::::ノ   「良かった、父上と話し合い(物理)する必要は無かったんですね!」
      |:::|    ∨    /       \  ∧_-={
      |:::{    | / /  /    、   \ ハ\:}
     _|::ハ    V   l∧ |    ∧ 、   \}:::::`ー- 、_
    { / }     { l| ||-从、  | } ∧ \   \::::::::::::::>__ ̄ ̄\  /}
    ノ {V/    V| {ィ=ミ\  | ---\ ∨   ∨:::/\   ̄\  \/
      V::〈 /    || 从vツ  \ イ笊ミ, ハ V   V::)、 ` ___>、  }
      |:/V    ||、  \       ゞ' / ノ}l }    }'    ̄\ ̄ ̄ } /
      / / |   ||ノ  「⌒_ ´     ム'::::|∧   |   \   ` ー-<
  ,..-<{V{ 八   lリ } 从   `  イ ` ̄/ }  /-- \ \-、     \
< , --、〈}}、   ,   /|ハ l}>-=≦   ` ̄\ | /- <⌒\ }   ̄\   }
_/   |V乂___/ | }/ ̄V  ̄}、___    / ̄ ̄ \  /     } /
      | VV | }  :  | \ ∧   /  /¨ ヽ、            /イ
      | i| |! | |  .::  | r--'----'-,  /    '.
      | i| |! |人 /  V      |、/
      | i| |! |  }/ ,< `---rr-- ' >、  l'   |
      | i| |! | / /     ll|     \'.
      | i| |! | {-{     /⌒\       ハ   l ̄\
      | i| |! | | }ー-- /    ∧-----'| }---'- ' ノ  _
      | i| |! | 人 |   |    :  |    / |----- 〈  /::}
      | i| |! |  、 、 〈      〉   , ノ     ∨-く
      | i| |! |   }\   \   /   /7 |      ∨⌒
      | i| |! |  /  \  /` ー '、_,/ ,' |  l / :::.. ノ
      | i| |! | r-{   |:|`´     |:|   j 乂 : /   \   _      / ̄ ̄\
-- 、  | i| |! |/V    |:|       |:|   |、   V   / ̄ \´    `> ´       \
   \ | i| |!/\\_,|:|       |:|_/ノ\ 乂 /       |  _/            \_
     >-/|  `ー /〉、_____〈∨- ´  }-- 、{_/ ̄>´     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ イ
   / /   \   // ` ----- VV   /    |  ` l´  `Y----- 、       /
  /  |    \ {{>  ___, <VV /   /     |   ⌒ヽ     ` --<__
、/    }      V/::::/       VV}イ     /     ,     ノ              /
/    |   / ̄´:::::/         V\、   /    /   ̄ ̄\           /
|   , -=≦::::::::::::::::::/\          \:\__/____/          }         /    /
|__/  /::::::::::::: ∨  \      / }:::::::::::::| ̄ ̄ ̄\     / ----=≦----  ´
   /'::::::::::::::::::::::|\     、   /  |:::::::::::::| \    \__,/-----------、__
  / / ::::::::::::::::::::: |   、     /    |:::::::::::/::::::::::::、     /
イ / ⌒\:::::::::::::: |   \__/       |::::::::/::::|:::::::::/\    {
イ      \___:|        /       |:::::::::::/⌒´ \\__|
       / /         /      |_/         \\            //
       { {         /  ____            \\         //
    \  | |__    {  ∧   Vム  \         \\      //
      \| |  |l| \__∨ / '.    Vム    \          V∧    /::::/
         \|  |l|    }  V   '.    Vム   __,.\         V∧  /:/
         ヽ、 |l|___,ノ      V^^ -Vム^^'''    \_____,..}' | /:/
-----r、      \   {        ∨            |        | /:::/
     V\_____}-- |       ∨             |       〈/イ


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 お転婆なリリィを【1D2:1】(1.可愛がって 2.持て余して)いた父は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2371 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:22:07 ID:9Il2cq9s
▼父の反応:【1D10:4】

1~3.娘が欲しければ私を倒してからだ!
4~6.嫌だい嫌だい! リリィはまだパパと一緒に暮らしてくれなきゃ嫌だい!
7~9.リリィの為にここまでやるベティの心意気に感涙し、君になら愛する娘を託せると全面的に味方に。
10.娘が欲しければ私を倒してかグボァーッ!(【1D3:1】 1.母 2.兄 3.姉による突然のアンブッシュ)

2372 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:22:45 ID:43B8SAWy
パパン……

2373 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:24:38 ID:OsRuGK+j
おいパパンw

2374 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:24:54 ID:+3i6VHOU
子離れできてないのぅw



2375 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:25:39 ID:9Il2cq9s

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 「嫌だい嫌だい! リリィはまだパパと一緒に暮らしてくれなきゃ嫌だい!」と、地面を転がりジタバタして抵抗
したらしい。
 那須とベティの冷たい視線を浴びながらもその駄々っ子攻勢は止まず、赤面して何も言えなくなるリリィを
さておいて、リリィ母の命令を受けたメイドがモップで転がすようにして【1D3:2】(1~2.扉 3.窓)から捨てた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

           {  ///////ヽr====ミ__    `ヽ
          /∧ {/////////////////≧ュ。,,,_ ‘,
.        __,.イ//∧', ´   ̄ ̄ ̄` ''</////////≧ュ。,,,__
       {/>''´  乂           ` 、/////////////}
       /                      \'//////////ノ
                             マ'///////、
     ′                           マ//r一'   \
     /       {                    ,//}
.    /           {             {  人  \ Ⅳ'    、
    ′  ./.     八        {、 / {.    \  \'      ヽへ
   i   /{    /| \      {/ヽ  {\    ヽ   ヽ     ‘
   |   ,′   i{ |   \    {  ,,ュ=≠ミ\   ‘,.        i
   |  ;′!  _|_|_ /' \  {r芹´:::i   }} }\    `ヽ i}     |
   |   {  !    |_L=ミ{   \{  マ::tノ::ノ }  \ }  Ⅵ    |    「父上には、娘離れが必要だと思います」
.  八  { 人    |《 マ::::ヽ       辷 ' ;′  ヽ}   ,/   .人
.   \{   \ iト、  辷ソ            /    }   ./}  /
        / ヽ{i ∧           ,./  / i}  ;′ /
          /    个 。.   -    イ/ /}   人  { ,ノ´
       { {  ト、   } ≧ r― 彡ゞ// / / ヽ ヽ{
       レ人 { ヽ / {  `¨¨¨´  ´ } /イ    ‘,
          メ{  }/ ´ ゞ=======彡r‐ミ.
            /  ,/ __//_       乂ノ        i
       / ̄`ヽ',ュ≦=-‐‐-=≧ュ。,,    }  }   , ┴ミ
     r '    /''´    ゞ彳  `ヾ;;.,ヽ   }  i  /   ゞ
    /    /            マ;;.ム   }≧/     \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 せやな。

 貴族、平民問わずその場の全員の一致した意見の元、父を除いてリリィとベティの縁談の話は無事に進み―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2377 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:27:59 ID:9Il2cq9s

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――何はともあれ、彼らは幸せに暮らしているらしい。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                   /ヽ
               ,//   `ー-、
            __r‐/ /  !  .ヽ \
          __/   i ." i  !.、  ゙lゝ .l=ー..,i-、   √/冖l_/⌒/'ー、   _
  /∨ \/ `'-、 !.!  .|、│ ゙'‐ `  .ヽ !  ゙ン'⌒゛ /   `  ./  ..l゙''"゛ \,..ー、         メ\
./ ./  .i  \  ゙ニ=- ゙xX彡爻爻爻ミミ¬--爻炎ミ--xX爻ーui_爻X-.._ ,-゙ヽ、_`';;、___/ |.、 \________
/,/ / .l : -;;'"彡爻爻ミ璽目旧[]璽旧「幵幵冊龠彡爻爻ミXxレ! rv-'/ .,! .<゙ヽ_,゙ヽ_ `゙゙'ー龠爻ミXニ:::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.::::
.┴-←''二=-‐、,,. ⌒`ー、璽幵「璽冊[]目高龠璽幵xx__xX爻ミミil!爻l/./ .ll,  .l  .`''-ミr ゙̄TTi冖 ̄  :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::
 ≠ニ'"゛/ | \.`゙''ー---..__xX「高[]龠爻ミミ''‐爻.-=―--二=ィ⊇_____爻爻炎二==-,,..ニi !.......:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
.彡爻ミ/   !  `';;v-八´  `'-、爻iii,i...、二=爻(= ‐ 二 ≡= 三 =ニ ),龠龠爻ミミtr'"... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:......
 璽 ̄´彡爻炎ミー'l―xX彡爻爻爻ミミヽ二_ `゙゙'|‐===广==  .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.
.傘ミr─-'" ̄´.! ゙''ーt- _x彡爻龠爻ミミ___ヽi,,ヽ   ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... .... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....  ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::...
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.::.....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       ::::::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....  ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..::... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::                         :::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::





  |i:i:i| ∨//////////,',|::|//////////∨∧/////////////////,.ィタ'゚    |i:i:|
  |i:i:i| ∨//////////,|::|/////////∨∧////////////////,.ィタ'゚      |i:i:|       。o≦
\|i:i:i|:  ∨/////////,|::|////////∨∧///////////////,ィタ'゚        :|i:i:|    ,.。o≦><
\:i:i:i|   |マニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニイ        |i:i:| ,。s≦><-_-_
:: |i:i:i|\ l:|∨/////// |:|//////,'V ∧////,ア,.イ/////,.ィシ'゚:|i:|       ,.。s≦><-_-_-_-_-_
:: |i:i:i|\`'l:|: マ///////,|:|//////V ∧////ア,イ/////ィタ'   :|i:|    ,。o≦>ィ¨ |-_-_-_--=≦>
s。.|i:i:il.  `l:|  マニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ :|'"    .|i:| 。o≦>''´_-_|i:|i:i:|。o≦> '' ´
弌ミs。| .::::|:ト、 |寸/////||/////7,:|:|         |    斗≦>'´-_-_-_-,,|i:|i:i:| '´
...`|i:弌ミs。.|:| \ | ̄ ̄ |:| ̄ ̄~ | |:|         |,.。s≦>''´ .|i:| ̄ ̄ ̄ ゙̄|i:|i:i:|
:゙ニ|i:i:|lゞ弌ト、  ||:Yニニニ|:|ニニニニi| |:|三三三三三三:|>''´    |i:|       :|i:|i:i:|__,,..  -=ニ二
:. |i:i:|| :゙|゙弌s。|| |     |:|    | |:|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|i:|ZZZZZZZZZZZZZZZ|i:|i:i:|-..┬  ¨丁 ̄
|iニ|i:i:||ニ:|i:i|:|`弌≧zzzzzzzzzzzz | |:| | | | | | || | | | | |i:|┼┼||┼|::| |┼┼l┼┼|i:|i:i:|  ||   ||
|:ニ|i:i:||::::::|i:i|:| | | ||:|ニ|ニ|ニ||ニ|ニ|ニ|:| |:|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|i:|┼┼||┼|::| |┼┼l┼┼|i:|i:i:|_||______,||_
|:ニ|i:i:||::::::|i:i|:| | | ||:|ニ|ニ|ニ||ニ|ニ|ニ|:| |:| | | | | | || | | | | |i:|┼┼||┼|::| |┼┼l┼┼|i:|i:i:|  ||  O||O
|:ニ|i:i:||::::::|i:i|:| | | ||:|ニ|ニ|ニ||ニ|ニ|ニ|:| |:|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|i:| ̄ ̄|| ̄~:| | ̄ ̄l ̄ ̄|i:|i:i:|─|lー─‐||─
::||:|i:i:||二ニ|:|_|_|_||:|:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:l,ハ、|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|i:|=Y=Y=_|_|_| ̄~| ̄ ||i:|i:i:|_||   ||
::||:|i:i:||i:x<ニ>x=ヘ:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|/ / }:{≧=-=≦|Y`¨¨´Ys。゙'' ー- L」二二l ̄``|i:|i:i:|   ̄ ̄ ̄”“
::||:|i:i:||i/≧==≦∨ハ ̄ ̄ ̄ ̄ .{ノィi「i:i|\¨¨¨´ ゝ _ノ ̄ ̄ ̄  =- .,_゙'' ー⊥」__|─────
:,~゙|i:i:|/:;:;厂∨^ソ}:::/        . : \|i:|i:|\____≧s。_____二ニ=- ., "''' ー- ..,,_
:, |i:i:|{:;:;,    /‐′       . : : \|i:|i|TTTTTTTTTTTTTTTT|i:|i:|≧s。., ̄ ̄  ニ=-  _  `
:, |i:i:|≧=--=≦:, :, :: :, :, :. :. : : : \|二二二二二二二二二|トミi:|i:|i:|i:|i:i|≧s。.,_ ̄ ̄ ̄``
:, :, :, :, :, :, :, :, :, : : : : : : : : .  ̄. ̄. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 弌><二>s。|i:|i:i:|i:i|i:i:≧s。., ̄
:, :, :, :, :, :, :, :, : : : : : : : . . . . .              `'<>s。ー'´`` <|i:i:|i:i:|i:i:|≧
:, :, :, :, :, : : : : : : . . . .                      ``'<|二二二|≧s。|i:i:|i:i:|

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 そして貴方の日々も、多少騒がしさを増しながらも、幸せに続いていくのだった―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2378 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:28:26 ID:9Il2cq9s
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2379 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:29:23 ID:9Il2cq9s
うし。

上手く筆が乗らんで、マハトマ編はこんなところで一旦〆で。
島の設定や貴方の性格自体は好きなんで、またやるかもしれないが………。

2380 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:30:28 ID:9Il2cq9s
一部完って事で、短く纏めておこう。

2381 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:30:42 ID:9Il2cq9s
何かこう、ガツンとエンジンかけたい。

2383 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:31:14 ID:85IvutIH
乙ー、短編ならいい感じの読みやすさです

2384 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:31:41 ID:OsRuGK+j
乙でしたー

ガツンとエンジン……

2387 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:33:47 ID:CeFinZV4

なんていうかこう、主人公自身には花も実もない話だったなあw



2388 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:35:41 ID:9Il2cq9s
>>2387
申し訳ないね。上手く筆が乗らなくて。

2389 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:36:26 ID:9Il2cq9s
私かなり調子に作品の出来が左右される傾向があるんで。
そこはなんかもう、ある程度納得してちょとしか言いようがない。

2392 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:38:34 ID:9Il2cq9s
筆の乗りがダメなら、適度なところで纏めて短編ってことで終わっとくのが良いかなぁって。

期待してくれた人には申し訳ない。
でも、関城さんAAがいっぱい増えたんでまたやりたい。

2395 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/10(木) 11:39:57 ID:9Il2cq9s
つーわけで、もう少しなんかエンジンがガツン! とかかりそうなもん考えよう。

2397 :梱包済みのやる夫:2018/05/10(木) 11:40:58 ID:FvL5iLwE
たんおつ
エンジン……ヒュンケル?

関連記事
| センチュリー種子島 外伝 | コメント:3 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
誰も突っ込んでないが ベ『デ』ィヴィエール である。
2018/05/20(日) 20:45 | URL | #-[ 編集]
あらゆることをソツなくこなす上に問題がどれも竜頭蛇尾だったもんなあ
兄袋並の障害が襲ってこないと動くドラマにはならん主人公であった
2018/05/12(土) 12:25 | URL | #-[ 編集]
多分、主人公に実も花もない原因は筆が乗ったかじゃなくて
アナタシステムな上にトラブル内容が他人のアンジャッシュ未遂だったからだと思うのw
2018/05/12(土) 00:08 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する