おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/05/07(月)
1109 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 22:56:49 ID:JHpA1M6g
▼3行でわかるただいまの状況
・良いよね、恋!
・辞表提出
・三度見


1111 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 22:58:48 ID:JHpA1M6g


                     >-―ー-
               ><             <
               /ア´-―         ⌒\   \
.              /イ´   /        ヘ   \ \∨
           //  / /      /   ∨   \ \
.          { ' ./.  /./     /      .}       \ ∨
.            )!/   /./ /  /       |  }     \ ∨
           / { /  ./ イ_,  / {      |  } .∨.    \\
        人 .!/> ´ィ ´.   /.  {      |  | {. ∨     \\
            />'x< /.     /   {    リ  } }\∨.    ∧\\
          /匕∨ ./.     / /{ /i      /リ , イ ∨  ∧ \\
.         /  .`/ ./..   / / .乂{.|.     / ./xzx}, .}   ∧   \\
        /  // ./.     /7¬<寸.∨  / //チム '∨ i!          ∨}
        {_ノ / ./   /{ ヤ孑芯T‐-t<イ ⌒乂,ソ . /} .リ\    }     V
__><|乂./ ./   /弋| ゝ乂_ソ ./イ{       / .|/   .∨  |     .}
  /_    / ./.   从 i圦          }     / /    ∨ }
//.     / ./   /{ {x><\     __, rァ  イ))===v冖} /
/    // .{   /_.| |  `¨¬‐-ヽ   (、_ノノ/ ノ {   ノ  リ .ハ \
    /x/ ̄{  ./ ̄| |` 、   \≧s。`¨´イ.乂j { 乂 f  / { .}  \
  /-=三三{ /ミx 乂\ \..   ∨} ~亠亠‐< ∨ 八 イ イ /    ∨
. //´    ∨  \\ \∨ヘ  } } ./⌒¨冖 ´ {∨-=≦ _,}|.       }
/ _ __ {      \\ ∨寸¨´ } .{         ノ.∨zz { .|       |
/><_  `><     \\ ∨辷込_―ー-- <x" >-弋\!  __ .|
 ̄´            ><   ∨ ∨丁二二二ニ=辷〃/   / へ,У <   {.ト
         _><⌒¨`>< リー--< ̄¨¨冖´    / / / イ}zx ∨ リ }}
                      \―--<`><.    / ./イム}}   .} y 〃
 -―-<                  ̄\.   `><`v ヘ/´ ̄―∨   {七〃
       ><       __  ァォー弋 乂       弋z)>--―/ }>―-<
           `¨¨¬ 才¨´)テチ´ /⌒\}         ∨\弋匕竺~-<⌒
.             才 }`¨´     〃ヘ   \        ∨/\乂}}∧  { /

▼ベティさん、辞表の意図は

1~3.商会に迷惑をかけない為
4~6.関城を巻き込まない為
7~9.むしろお相手側の事情で早急に動く必要が出てきたため
10.熱烈歓迎

【安価 ↓5】
1D10

1116 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 22:59:16 ID:Su6LGavV
【1D10:8】


1118 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:00:00 ID:5ETjU84n
お相手側に縁談(と言う名の)でも来たか



1122 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:01:16 ID:JHpA1M6g
ああ、これは相手方に縁談でも来たやつや

1124 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:03:42 ID:JHpA1M6g
お相手は、そうね。

                    /⌒
                      { {          ___
                    V-≧=-<⌒>::::::::::::::::|
                   /⌒      `ヽ、:::::::::::::::/
                /             、 ヽ::::::::::{
                 / ' |  ∨ :. :.  \ハ ::::::: |
               '  | ハ   |、 l-- Y | ー }、_ノ
               /イ l| -l从  | ィ≠ミ| ∧ V::::\ \
                 ∧{ィ芹 \| vツ|V  V:::::::::::} . \
               ,   ハゞ' 、    | /  |:::::::::/   }⌒\
               /イ { 込、 ー '   ィ! , イ∧::::/   八
               {八 V } ` r ´,-|| {/イ_ ∨   /  }
                  \V r---'rィ⌒从´  `ヽ  从 /
                   ` 乂,ィ^T「ー'  |\   V {
                  , <_/ ー' {_| \ |     V\
               ィ-r、 /:., --r、ヽ \ ':.
                { {:{ \/   }:}Vム ,:  、   '.
               人、::、 人   // V V   ハ   ,
                }}::} ´ ` {::{  ∧\/  、  ` -  _    _
                ||::|    |::| / / ∨     、      `7\| Y - ⌒つ
                  /||::|    |::|{ { /     >   ___{  / _ ⌒ヽ
               ,  }:」 ∧  L| V\\__/    }::}  | と_ノ「= 〉⌒) }〉
                /  |   / ∧    ∨_/ \____|::|____∧V__し{ノ'
                |  ,: / ∧      ___/:/          /::∨  7:〉
        _____{__/  {l |  ∧     |:| ̄\:、         /::∨  /:∧
       {::{       \{   |l |  ∧       \___\:、      /::∨  /:/  }
       |::|    ,ィ/:∧  , l |、 : ∧      |::|    \:、   /::∨  /'-く⌒7
       |::|   / 〈:〈_> / \  ,\ ----':/ /  ̄> 、/::∨ /   ノ ノ
       ∧:、 /   >  ´      \/  \\/     ̄ < '7ィ<イ ⌒∨⌒{
       / /   /   /       /    \\      //::〈/ 、 >  /⌒ Y
     { /   /    ,:       /     / \\     //:::::::::// 、\> _ノ
      /   /      /      ,     /   \ 、 //=o'=//   \\_〉
     ,   /-、    ,        _{__,.イ      }\ // l:///  /⌒ }__/
     / /    \  /   l⌒<   /⌒>-----、   // // //  /  ノ
    / 人      〈__乂  \ {_____  }/// // //∧/{⌒
        \「 ̄\ \ /  \ /\〉:::::::::::::::::::::::::〈// // //^⌒´
          乂_∧ /\___/':::::,::::::::::::::::::::::::::::: /// // //
                  }'__∧:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::, // // //
                    ,:::::::|:::::::::::::::::::::::: /// // //
                    ,:::::|:::::::::::::::::::::::, // // //
                    ,:::|::::::::::::::::::: /// // //
                     、|:::::::::::::::::::,'// // //
                         }::::::::::::::::::// // //


この人?(セイバーリリィ)

1125 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:04:05 ID:JHpA1M6g
縁談のガチ度

【安価 ↓5】
1D100

1130 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:04:29 ID:LHfRpHlH
【1D100:5】


1136 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:05:10 ID:9gDcpQLW
とりあえずってレベルにすらいかないww

1139 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:05:19 ID:bUAjmylj
ただのポーズじゃないか!wwwwww

1140 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:05:20 ID:E4vvm9sb
噂話が立っただけレベルだわw



1141 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:05:20 ID:JHpA1M6g
これさ

1147 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:06:32 ID:JHpA1M6g
「全然その気がない見合い話を本気にしたアルトリア・リリィとベティ。
 ベティが先走って辞表提出して、最悪の場合は駆け落ちとか考えてる」

という笑えないアンジャッシュぅ!!

1148 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:06:40 ID:XBssicW4
5でめっちゃ焦るベディ?

1151 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:07:06 ID:ewx60Gtm
口実としてこれ幸い感w



1154 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:07:46 ID:JHpA1M6g
い、いや待て。ベティの独走ではない可能性もある。

独走しているのは―――

1~3.ベティ
4~6.セイバーリリィ
7~8.両者
9.セイバーパパン
10.見合い相手

【1D10:6】

1158 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:08:58 ID:xDAxan1z
リリィー!!!

1159 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:09:08 ID:UDk3upuk
この暴走っぷり、実はセイバーリリィの顔したジャンヌなのでは(ぐるぐる)

1160 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:09:54 ID:Q13SO38m
>>1159
セイバーウォーズ見てるとリリィも割と高レベルの善意からくるそそっかしさなんだよなぁ



1162 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:10:16 ID:JHpA1M6g


               _       ____
        /⌒  ,....'---`<⌒\/:::::::::::::::::>、
        ||  , ´ /        <::::::::::___/:::::}
        {{ /  ^'     -、    ヽ::::__,:::::::/
        乂       ⌒\\   ∧::::::::::::::::::::}
          /^           、   \\ ,ハ:::::::::::::::::ノ-、
       / / |  八  { \ l| \ヽ}ヽ\ }::: ̄ ̄::::::::::〉
        | ハ ||  | {\ \ 斗、-|リ   \\::::::::::::::::::/ 、
        | l |l|{--|-|、 从 } ィチ斧ミ    V⌒:::::::::::::::\ \
       \|八イ斧ミ  }/  vzり∨   ∨:/:::::::::::::/「 ⌒\
         | \} vり         } ∨  ∨:::::::::/
         | | ∧   '       ,:| ∧  |\/、  |
         | | : 个   ´`   / j/| 从 j   } ∧  |
         |∧ {   ` r  ´  ̄ }> ´}/ ヽ j/ } /
         |  \}--r‐ ´}  / ,ノ /        '. /イ
             ,:' l / /| ´ ̄ /        V
          _{__,.:/イ:::::|  /   :.     __'.__
         「/   ,..:|/j_/    〉、  /        ̄}
        /^⌒ヽ、/,イ二二ミ、  ::..:'  \/         /_
          {「::「ヽ∨/ /::/  \\ 八  /  , ------r‐介::ヽ
        八::| } | { {:::{     >く 、  ∨ /     〈_/:∧ー'
        ∧ー 乂j>:::|___,.イ /∧∧ ∧{         〈:/ 、ー\
        | V     }::}     // ∧l ∨ V          \ ヽ
        |  }    |:::|    〈 〈 /l∨  ∨           |  |
        \ |     |:::|    | |{ ヽ    ∨            / /
         /__}     }:::l     |/ ̄ ノ、   ∨      __,〉_{_
        〈_| |    |_」          \   \   l / 人__〉
          l| |∧       |\      /\   ` -く  /    '.
          l' ∧        |  \__/   ヽ     ∨'.      '.
          } V ∧       L___|         \      ,


・見合いが来た。
・これはアカン奴や。恋人が居るけど身分違い過ぎて言えん……。
・恋人に対して―――

1~3.泣きながら別れ話を申し出た
4~6.一緒に逃げようと誘った
7~9.何が何でも父上に談判しようと告げた
10.父上をぼてくりこかして認めさせようと告げた

【安価 ↓5】
1D10

1167 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:10:40 ID:M2GGdEsa
【1D10:7】


1175 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:11:59 ID:DzFiCkqY
これはアルトリア魂籠ってる

1176 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:12:20 ID:E4vvm9sb
これベティさん普段から振り回されてるのでは?w



1178 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:12:41 ID:JHpA1M6g


                  ____
       r------ 、 , --/:::::::::::::::::\
        |/:::::::::::_\/:::::::::::::::::::::::::: |
        {{::>        ̄ ̄`ヽ、::::::::::|
       ,\      -   、    \:::::}\
      /                 ∨、 '.
     '   ,    |      \   \   }:::\_|
    / , /   , | l  | |  |  、  l|  ハ::::\:\
     ' / |  | | { l  | |--|-∨\ l| 、/} ⌒{ー`
   / | l| _|_|_ 从  V ,ィ≠ミV l |}ノ 八 从
   /イ l{ 八 {-\| \|   vr リ }   | '    } \  「私はこの齢まで、領民の血税で育てられました。
    | 八 |\ィ斧ミ    `¨ /イ  |/ ,  / |
    |/ \  {、 vツ         | l | /  / | /     であれば、無責任な駆け落ちは有り得ない。
        | l |ム   '   ,   ,从 V イ _/'       ですが、貴方への愛を捨てる気も毛頭ありません。
        | l | 个  `    イ-|   |-r ´  `ヽ
        l 从 リ / ` 7 「 / 从 / /     '.     何が何でも父上に談判し、認めさせます!!」
       /イ/'    { / イ_Y{_ V /
     /      |'_{:::::::::介、::::::::}/  l :       |
             ,:´/ ̄/:|∧:| ー,   '.l
              { / /:イ ,-|」-∨、 :::.'.     l
           /≦、 .://|::|`ヽ\ } '.
          //:/`ヽ∨ /  {::{    、V  ,
           { {::{   }__{  |::|    ∧ 、       |
            人}::}  ,.: ::.   、::.   / ∧ VI     |
           、::、       }::}  | | ー,:|
              }}:}   :::...    |::|  | | イ     |
              }|:|       |::|  | | { l
            V〉      |:」  } } | |     |
             、          \__∧ |     |
              }  ∧             \
             _|  |l∧         |\> _|_
            /ノ // ∧     |\  /\|_   >  __
      _   -<|///   ∧__/\|\|      \        ̄ ̄


▼ベティの相手の考え

▼ベティ、それに同意して、商会に問題を波及させないように離職届を提出した模様。

▼なおタイミング。

1180 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:13:04 ID:JHpA1M6g
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1181 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:14:46 ID:V7swmz3v
あ、そうか、ベディといつもより余計に若い我が王の組み合わせか

1182 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:14:48 ID:St8hDJGC
父上と乳上を混ぜると危険!

1183 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:14:58 ID:tHmQLCi6
上乳上か下乳上か それが問題なのだわ

1184 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:15:50 ID:HsgWbDVJ
>>1183
まさかの餡子喰う卿の可能性

1185 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:16:26 ID:UDk3upuk
>>1183
乳のない父上かもしれないだろ!



1186 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:16:36 ID:JHpA1M6g

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――マハトマ島

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲
                   /ヽ
               ,//   `ー-、
            __r‐/ /  !  .ヽ \
          __/   i ." i  !.、  ゙lゝ .l=ー..,i-、   √/冖l_/⌒/'ー、   _
  /∨ \/ `'-、 !.!  .|、│ ゙'‐ `  .ヽ !  ゙ン'⌒゛ /   `  ./  ..l゙''"゛ \,..ー、         メ\
./ ./  .i  \  ゙ニ=- ゙xX彡爻爻爻ミミ¬--爻炎ミ--xX爻ーui_爻X-.._ ,-゙ヽ、_`';;、___/ |.、 \________
/,/ / .l : -;;'"彡爻爻ミ璽目旧[]璽旧「幵幵冊龠彡爻爻ミXxレ! rv-'/ .,! .<゙ヽ_,゙ヽ_ `゙゙'ー龠爻ミXニ:::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.::::
.┴-←''二=-‐、,,. ⌒`ー、璽幵「璽冊[]目高龠璽幵xx__xX爻ミミil!爻l/./ .ll,  .l  .`''-ミr ゙̄TTi冖 ̄  :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::
 ≠ニ'"゛/ | \.`゙''ー---..__xX「高[]龠爻ミミ''‐爻.-=―--二=ィ⊇_____爻爻炎二==-,,..ニi !.......:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
.彡爻ミ/   !  `';;v-八´  `'-、爻iii,i...、二=爻(= ‐ 二 ≡= 三 =ニ ),龠龠爻ミミtr'"... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:......
 璽 ̄´彡爻炎ミー'l―xX彡爻爻爻ミミヽ二_ `゙゙'|‐===广==  .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.
.傘ミr─-'" ̄´.! ゙''ーt- _x彡爻龠爻ミミ___ヽi,,ヽ   ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... .... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....  ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::...
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.::.....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       ::::::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....  ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..::... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::                         :::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::


▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――港

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


____
  ""''''''─-<
         \──->-─---、___________
           .ヘ  /       ヘ /   \
   r─--、    '!_,!    r─┐ l,:,!  r‐┐ .'!
   L..........j      |::|   └= ┘ l||  二、 . |─────┐:............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::
              |::|   _,,,...-┐ . ||  | :||,.-┘      /rレ:::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.
   _,,,...--‐‐r   .|::|   |  | l||  .||,..-‐''"     .   / ,.>:::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::
   | fl |ヾ、 ||    |::|   | ,」.-‐''"            / f:+".....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::
   | |:|:|=《. ||    |::|_,,..-‐''"               ./ v'... :::..:...........      ,-‐-、  ..:::::.:.::.::.:
   | |」:|__リ..|| _,,..-‐''"                   ,/__r*... ... :::..:.............:::::.:.::.::|:::::::r'.::::::: ... :::..:....
   | _,j.-‐''"                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,,..-‐''"                          ___________________
                              /l_,、..、*r、.~`-、    ,.。 、v ._ rv _fー~
                             / v~ `^... ... :::..:......⌒~'~... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::
                            ,/r'^:::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..::



          /          /⌒\   \
         /             / ̄ ̄  \ ヽ
      /             /         ヽ  、
                        l |      l
      {             l  }  l  l |  |  l
      }             l  l  /}   /l  j | }
      λ{            l ノ-―l-//| l/l__ハ j
      /  ト{ /        l ̄―-`^" └/ メ/ ノ
          ` { ト{ l l   lx芹芍<    y示 イ |
      {       ト{ {   | `'''゙    `''゙/   ハ    【那須さんの胃へのダメージ】【1D100:74】
     乂{   }     l    }       〉 /    }
        \ {  l l } }  /   、...... / / /jノ
         ⌒~ト {丿ノ/::.._    ̄ / /}/ノ
           ノ  ^''"   从Tーく{从/
         r〈⌒~  _  {__
        r气 \      ハ ∨ト、
        /: : : \:\ _/Ol } い
      /: : : /: : :\:\ ー∨ Vl                                _
.      /: : : / : : : : : ヽ :ヽ\ {  V                        -‐  ̄ /
     /: : : /: : : : : : : : ヘ :ヘ  0  ∨                     /      /
     / : : / : : : : : : : : : : Yい `、  V                     /      /
   , : : : /: : : : : : : : : : : : :}: :l  ヽ  ヽ                       /      /
    j:/⌒\ : : : : : : : : : : : : }   0   Y                  /      /
   }: : : : : : :ヽ: : : : : : : : :/o/::...........:}  }               /      /
   l l : : : : : : : : : : : /: : /: /:::::::::::::::;:::::::/                / 辞表  /
   l l: : : : : : : :l: : : /: : /: /:::::::::::::::/:::::/ |                   /      /
   l| : : : : : : l : /: : /: /|::::::::::::::::0:::::{ l              /      ん
   l l: : : : : : : : }/: : /o/ |    }  } l          -―/       〈 イ
   l: : : : : : : : :/: : /: /   l     j  } l          /   ̄  ー-、 ζイ
   !: : : : : : /:f : :/: / \ |   { 0 { |_  斗ァ-く         ーノ / ̄
   !: : : : /: :j :/: /     ̄ヽ   }  }斗 ''"/  /         ―ァ┘/
  ノ: : :/ : : :/ l:oj  -――弋斗''"    /  /  _  __ -┘ /
  {: /: : : : / : j: :l   /⌒/         {   {'" ̄/  ̄/      /

1187 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:16:55 ID:JHpA1M6g
耐久力:【1D50:11】+50

1188 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:17:05 ID:UDk3upuk
むっちゃ胃に来とる

1194 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:17:31 ID:WxyklVj9
ナスがしなびた!

1200 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:19:19 ID:G6YgoitX
なんやこの関係者全員誰も得しない見合い……w

1202 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:19:25 ID:d4fGYRKm
なっすんはなぜこうも不憫なキャラが似合うのか

1204 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:21:47 ID:msuL61gX
>>1202
病弱属性だから、かな?

1205 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:23:05 ID:ewx60Gtm
那須さんの飲む茄子カレーは、痛い(胃に)



1206 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:23:24 ID:JHpA1M6g

           , . . . . .,
          / .!. . . ./\       ___
          '.|. . .|. . ./. . /.ヽ ___ /´ . . ` 、__
.        /. .|. . .|. . {. . / イ. . . . . . \. . . . . . \\
       {. . ヘ. . ', ./´/. . . . . . . . .ノヽ. . . . . . \\
       ヘ . . ゝ/ヽ./. . . . . . . . ./   \ . . . . . .ヽ \
       ゝ/. . . . | . . . /. . ./      \. . . . . . . . .\
.      /´/. .\ . . | . . / . . ' ``  、,     \ . . . . . . . . ヽ
.     /ニニ∧. . . \ |. . .|. . /       `     ∨ . . . . . |ヽ.}
    〈ニニ=/|. .\ . . .│ . |. /___         -‐‐. . . . . .!  }
.    \,/=|ヽ. ._\ . |. . .|/  fうミ x、       V . . . . | │
.     /=/|. ./ r、`ヽ|. . .|   乂ソ  ヽ         V. . . . | │
.      {ニ{│.{ {  〉! .|. . .|            ィfう¨¨} . . . | │  「姉さん、ベティヴィエール、久しぶりで―――
.     ゞ,〉ヘ ゝ ´ │ . | U          ,   ゞソ   |. . .│ |
          \.`ト..,_|. . .|                    |\.│ |    ………姉さん、どうしたのかしら?
           \. . .ヘ . !                     | . ヘ.!      こんな埠頭でしゃがみ込んで。
         , イ\. lヘ.|、         __        /. . .!リ
       //  / | | \        ¨¨      /|. . . |       色々話したい事もあるのに」
.       /. '    / | |   `  ,        /  .|. . . |
      {/    {  j      `  ,   ,  ´    .|. . . |
        >─‐< ̄`~、       / ヽ¨         |. . . |
     /        \    \   .{   ',       .|. . . |
.    /  ./´  ̄ ̄ \   ` =┤r、 }       .|. . . |
   /  /        ∧ 、    .| {. \         | . . j
    | /             ∧ \   .! ヽ  \-、     |. . .j
    |./             .∧   \│ レ'\ \\, │ ./
    |'             ∧   {`〔二〕__ \ノ }、 !. {
    |               ∧   |  |. .\.\   \ゞ{





                     /           \  \
                / /         _ト ⌒ \
                   /           '" ̄   `ヽ、 ヽ
                /  /       /          \  、
              ∥       /  /  / /  /  } l  ヽ  Y
                  { / /  /  /   / /  / / /  }  l   }
           _ ノ/ /       //ー-く/ / /} ∥  } ハ
          / /   /      ∥__,,_,,ノ /  / / /} //  /}}
         / /  //       Y'fj妁'''く`"゙  / /⌒メ// / lj
         {( /     /    /  ∥ `''"       ィ笏Yイ   / jj
         { /   /   /  //          { ゙''゙ / /  ∥
           人{ / / //  // ι        ノ   /''~ {   /
          八// イ{ /  //. \   ‐= __.    /| } /
             {     / .//   \       /    /
                  /イ从/         __ ィ''"/   / /   「うん………ごめんね。
           --rャ-‐气'" u     / /{/ /__/ノ/     今、問題の整理で頭が一杯なの。
        /\      lー-い_       {⌒从({(
           /        | |   ̄ヽ   \             胃もかしら。胃薬ない? 強烈なやつ……」
     /    {      }L | |      ⌒  \__
   /       、     /{ {:::| |              ||\
   /      /   / 人ヘ |:::::......          ||  \
        /  /     `<::::::::::::::ヽ   _,,,,,ィ廴 .} }
      '" ̄}/ __      ̄''冖ミ}__/;;;;;;;斗宀{/ ;
  /    ノ/イl ̄ \  ̄ミx,,  ( )  ∥::\:::/:::{ /
      /.∧  l    ̄ ̄ ̄\    {{|::BORDER∨
    / /  i  l         }i  人\::::::|:::::/ノl
   /  /   l  l           }}     \ミニ彡'⌒}
  ./  /    l  l       /     /     ノ
 /  /     l  l      ∥      /
   /       l  }        ||()     j{    /
  __     } j       j|    ()}     /
    /⌒:::::::....... j      ∥      jj    j
   ∥::::::::::::::::::::::::::::::.......   ∥()     ∥_  |
   {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-‐''" ̄:::::::::::::::`ー--、    <キリキリキリキリ
   乂;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::\:::\:::`マヽ::::、
    / / ̄ ̄ ̄ ̄个ー----<ヽ::}ヽ:::ヾ}::::} 〉:::〉



                    ><   ̄ ̄`    x―<
              ><-‐-              \. ∨
             /        \           /\ト
           /            \二ニ=-‐     ∧. ∨
          /  ./               \.        /  ∨\
.         /  ./     ∨        ∨     〃  ∧  }
        /  ./   {.     ∨        ∨   /    /∨
        {   |   |      ∨        ∨イ        }イ}
        |   |   {     }          i 、   /    | リ
        |   {.   }从 _,j斗匕l.        }ヘ∨/     レ   「………申し訳ありません、玲お嬢様」
        |   ∨.   |\'/´   }.        |  ∨.      / )   
        {.     斗匕\ ` 寸.         | / /     /_,ノ ∨
        ∨ .\.  {   _, ,ノ) l       | イ     /`寸  ∨
.         ∨  \. 乂 ´ォチ"  |       | レ/  / /  ∧   ∨
          ∨\{\{     |       |  `¬∨.    ∧   ∨
             |` /`       |       |     .{.     ∧   ∨
             |   \      ,|. ハ       }   _ 乂_    ∧   乂,_
             |     >  ' ´.|/ i.     リ。s≦-二¬ ∨    乂_ノ\
             {      |  \ !  |    /><        ∨    弋.   \
             寸.   {    \才   /    _,  -=≦ ̄ ̄ ̄¨¬‐<\    \
              {    !     }  /  /               } ヽ
              {.    l     >/  /_/                    |  \
              ∨  {   / ./ .//  /    _,  -―  ¬¬¬‐-{、   ヽ
            ∨\! // // / ./                  \
                \/ /(  //                          ∨
             イ } /∧. ∨´                         ∨
             リ ∨}/  ∨/―  _   ――――------.         ∨
            /   ∨ ィ__ {       ̄¬‐-_               }
           {>へ´/, イ ∧   \_        ̄¬_           |
         /く x<⌒У`ノ/\     \_        ¬_.         |

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 さて、港にてベティヴィエールと関城の姉―――結婚して苗字が変わり、今は那須と名乗っている那須玲という
女性を船から迎え。
 目にしたのは、なんかただならぬ空気であった。

 関城はその空気に困惑しており、貴方は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


1.恋、応援しますの応援旗を手にクラッカーを鳴らす。
2.手早く胃薬の用意を関城に頼み、商会への移動を提案。
3.自己紹介しながら、島の銘菓を渡す。
4.関城に自分が立ち会っていい問題かどうか確認。商会内の事柄の場合、不味い場合がある。

【安価 ↓10~12】

1216 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:24:24 ID:AEgJBerS
3

1217 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:24:24 ID:BUpEO36V


1218 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:24:34 ID:Ubw5+kY4



1224 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:25:00 ID:JHpA1M6g
2.手早く胃薬の用意を関城に頼み、商会への移動を提案。
3.自己紹介しながら、島の銘菓を渡す。
4.関城に自分が立ち会っていい問題かどうか確認。商会内の事柄の場合、不味い場合がある。

バラけたぁ!

【再安価 ↓5】
どれ!?

1229 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:25:21 ID:AEgJBerS
3


1239 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:26:15 ID:ST/KZs4K
マイペースいったか

1240 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:26:16 ID:3I5lfzOi
銘菓あるのか

1241 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:26:29 ID:msuL61gX
銘菓:食えない魚形最中



1243 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:26:47 ID:JHpA1M6g

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 そっと関城の横から進み出て、島の銘菓を差し出した。

 銘菓は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

味:【1D100:75】

胃に良さ:【1D100:69】

独自性:【1D100:46】

1244 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:27:15 ID:Ubw5+kY4
割と良い感じだ!

1245 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:27:25 ID:tgqWztAW
定番のやつですね

1254 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:29:12 ID:xDAxan1z
普通に無難な胃にいいものw



1262 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:33:14 ID:JHpA1M6g

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 島で作った小麦による生地を使い、中に餡の入った饅頭だ。

 考案・発案者は島の農業振興を進めている最中の代官、キンケドゥ。
 彼の性格上、真面目さと堅実さが裏目に出て本当にただの饅頭にしかならなかったので、デザインや名前などは
貴方や野分、その他有志によって決められた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

         _,,..,,,,___.._,,..,,,,___.._..,,..,,,,_..________
        //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ / |____,/ |
        /_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_/,,..,,,,_ ___,/ |
       //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ / /
       /_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/ /
      //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ / /
      /_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ / / |
     /_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/ / |
    //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ / /  |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/_l,,..,,,,_ ___,l/ /  |     |   銘 菓
   //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ //,・ω・,ヽ / /   |     |
   / l     ,l/ l     ,l/ l     ,l/ l     ,l/ /    |     |    /
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|. / .    |     |  /   >、
   |_______________________|,/ .     |     | ( ___ ><´ ○
        _,,..,,,,_                           |     |  (_ノヽ
       ./,・ω・,ヽ                         |     |    _,,..,,,,_
       l      l                        |     |   ./,・ω・,ヽ
        `'ー---‐´                       |     |   l      l
  r────,                              |     |   `'ー---‐´
  | ようじ /二二)                       |     |______
   ̄ ̄ ̄ ̄                           |
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 柔らかく、小分けで、食べやすい。そして貴方が野分に依頼されて作った焼印で、顔文字をプリンティング。
 味も含めて中々の物だと、貴方と野分は満足している。

 こちら、心ばかりの物ですがと言いながら、2人に各々袋に入れた銘菓を差し出す貴方。
 困惑する2人に袋を押し付け、島の新しい銘菓ですと宣伝するのを忘れない。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

1263 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:33:38 ID:d4fGYRKm
独自性が高かったら「舶来オーク饅頭」とかあったのかな

1272 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:35:24 ID:2Amc6+4g
>>1263
「なかった事で」で処理した案件を土産物のネタにすんなw

1267 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:34:36 ID:Gsq4puNq
キンケドゥ真面目すぎない?大丈夫?

1274 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:36:11 ID:WxyklVj9
銘菓黄金色のお菓子(小麦色)



1275 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:37:06 ID:JHpA1M6g


                              _,  ァ    ¬¬¬‐-<
                                 / 才´.   /          `
                             ァ ´ノ      /         _    \
                         { //   ./        /´      \ ヽ
                             /} /    /.       /    /       \
                         / ./´       /      /    /./.     }     ∨
                           ∧/               /    / /      |  |  .∨
                         /}.       i       /   ./ /       リ  }
                       { {.     >.|       ナ.  / / / / .l     /   !   }i
                          ∧    / ゝ.l.     {、/`\/ /  |.    /  リ.     }
                          {    {  {       |寸込x{\{  |   /   ./   / |
                          辷 ./∧ {!.     | 弋匕癶. !ゞ l.      / /   { }   「………ありがとうございます。
                            /ゞ .{  T!.      {   `´  .乂 .| /x/| ./  i .| }    こちらの島の奉公人の方ですか?」
                        /.  ∨ ./ {      / |           /ァx,_\}/   .} .| リ
                          /   /∨  .|    {  .|        (_,癶//   | .リ
                      / }⌒><  l    |  .|        / ./ ./.    }/
                        / /.        {    |  .}   ‐ 、   ノ /  /     /
               _  ___,ァ¬‐-<       | {    .}  .l}      イ  |/   {/
            _,才―-><`><\.  \.    乂    } \リ   <,_     |     {
        ><          \>x><  .\     }ハ リx  {´   .> ) .   |     |
      /                \∨>x`< \       !{/ T|ア   〃 .{    |人   }
      |              ∧∨ ∧x ` <辷z   乂j.|リ\ .∥ .|    リ }!
      }                  ∧  〇.l }>x` < }zx { `¬  ∨{  .{   ._.} .   /
   / }                ∧ \_} }  〇>x \ 寸` ̄¨¨¬∨ .∧/  / ∨/
  }                   \_,∧\_〃 }x,_ \        ∨  >ァ/ / .}\
  / ゝ  ----------   ≧=-    _/  ≧=/ /<竺z \      〉/ /イ    ∨
/                              / /   `<\  x<三〃 才     ∨、
                  ―_,ォx  ,_       / /\       ` > `マ            } }
                 才´ } }∧\. \_ / / \><    `´.\}>―------</ |
               才´   //  .廴 `__ /   ><`   、   \             /

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ベティヴィエールが貴方に対して、ようやく得心した様子で言葉を返す。

 貴方はそれに対して名を名乗り―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                    , . .-. ミ
                  , -ゝ、、_. . ヽ
              ,. - ァ.{. . . . . \ヽノ
              / /. , ヘ. . .ヽ. . .ヽ \ニニヽ
           / /. . ./   ', {、、. . . .', . ',.、 ヽ}
            /i. . /`ヽ、 ゞ ー\. . ,. . .}、ヽ
             { |. |.f¨tッ   ィfッフ. .|, .ノ', ヽ〉
                | .ト|     '   │. !_〕}_}
                ゝ{ ',   i  ̄ヽ | . | |     「商会の人間じゃないのよ。
                 丶  ゝ - ' イ. .| |
                   7 ー,- ' {r| . | |       彼は―――」
                   _ 'ノ7   / 7!. .j j―、、
            /  /__ { //´! .l/´ ¨'
               /  /´/ |`/ /__ノノ'    j
           fニ、ヽ ヽ,/|/Xヽ/- 、、 {     /
            /'ー -‐ '' ¨ ´       } }'   .!
           /´         ,. - ''  ̄ `ヽ .|
.          {      ,.ィ ´__          |
.          ゝ -- ''7¨ /: : Y: : :¨|.T -= ..,_ノ
            / /: : : :| : : :│|  /、
              / /: : : : :| : : : ゝ    l
           ' /: : : : : :|: : : : : :\  \
           /  ,: : : : : : ∧ : : : : : : \  \       __
         /  /: : : : : :/  ',: : : : : : : : \  `  ̄ ̄
       /  /\: : : : :/!   \: :/´ ̄ `~、、
     /  //   ` ー‐' |  |        |    \ `~、、
   /  / ./     /   .!   |  .|    .|      \    \
 /  /  /     /    /   j   |     ',       丶   \
/  /   /     /    /   /   ',    \      \
  /    ./     /    /   /  __\    \/´ ̄ ̄
. /    ./     /    〈― 〈_/   ',  `ー――'
/    `~、 /__ ノ      |   ヘ        ',
             l         |     ヘ         ,
.            l       |      ヘ        ,

1~3.同志!
4~6.個人的な友人
7~9.島の内部の事について色々手がけており、代官からの信任も篤い人物。
     ベティの件の相談に乗ってもらう為に呼んだ。
10.(同志的な意味で)私の大切な人!

【安価 ↓5】
1D10

1280 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:37:35 ID:AEgJBerS
【1D10:5】


1286 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:39:28 ID:5ETjU84n
ユウジョウ!した仲ですもんね(

1287 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:40:09 ID:vWg6QzFh
10だったらアンジャッシュ発生するとこだったかw



1289 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:41:45 ID:JHpA1M6g


               >┬‐t:、
              /;;|:::::|::::: |::∨
             叭;人::::::>‐≠'' ' ー=、__
           ,ャェx.>;;;≧゙:::::::::::::::::::::::::::::::::¨''=-、
            ̄¨,炒゙ l:::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::\\
            ,炸/ヨ::l:::::::::::::/::::::://,r"∨:::::::ハ ∨
            妣/;ヨ :l::γ''Y:/::::/:/. ヘ, .∨:::::::::} ∨
            〃|三l:l:::( ./////  \.l_ ∨ :::::l  ノ
             ハ三l:l:::::ヽ !.//f  .\タ  _l::::::::l
             .゙寺三奓 l::/ .| u `'`'  、ァ!:::::l
            ,ィ㌻"`Y゙:::::从 '       〉l ::::,'
           ィチ".  ,ィ1r、::::::::、    ‐-、 ,イ:l::::/  「私の個人的な友人で、今回ちょっと相談に乗ってもらうというか、
        ,、-‐ 、   ,I./ ∧::::::::,、.    イ /::/    同席して貰う為に呼んだの。
       /    寸' "   ∧/ >eィ´  /::/
      ,イ      ⅵ、    .f、       /:/      ……っていうか、ベティヴィエール? どうしたの。
.     ,イ           ⅵ `-、  Ⅵ‐-=、  /:/       随分思い詰めた様子だし、姉さんは胃を抑えて蹲ってるし」
   ,イ.      ,ィ  ⅵ    '´Ⅵ   l ノ (゙
  /      ,.ィ'    ⅵ.      Ⅵ ,  !
/     ,ィ;|:::::',.    _ⅵ.,__、_,Ⅵ  l
     / ハ:::::::',ィ´¨::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ
- 、  ,イ.  仏ハィ彡 ャ'.ニヽ,::::[>ロ<]:::::::Ⅴ
  ×   ∧::::::/ -<_ .`┘: (_∧_)::::::::::::Y
    `-、  | ::/  ー `'' ‐ 、::::::ノ::::::::::::::::/
,_     `' ヶ"    ̄  三う':::´::::::::::::::::/
. `' -e,_     . ,イ  ̄::::::::::::::::::::::::::::::イ
     フ=‐ ~ '"::::::::::::::,r ':::::::::::::::::/!
_,、>='":::::::::::::::::, -':::::,r" ::::::::::::::::/  \
::::::::::::::::::::::::::::- ':::::::,r":::::::::::::::::/\   \



                    ><   ̄ ̄`    x―<
              ><-‐-              \. ∨
             /        \           /\ト
           /            \二ニ=-‐     ∧. ∨
          /  ./               \.        /  ∨\
.         /  ./     ∨        ∨     〃  ∧  }
        /  ./   {.     ∨        ∨   /    /∨
        {   |   |      ∨        ∨イ        }イ}
        |   |   {     }          i 、   /    | リ
        |   {.   }从 _,j斗匕l.        }ヘ∨/     レ
        |   ∨.   |\'/´   }.        |  ∨.      / )   「沙和子お嬢様。
        {.     斗匕\ ` 寸.         | / /     /_,ノ ∨   お手紙でお話していた件ですが、
        ∨ .\.  {   _, ,ノ) l       | イ     /`寸  ∨   それに一刻の猶予も無くなりました」
.         ∨  \. 乂 ´ォチ"  |       | レ/  / /  ∧   ∨
          ∨\{\{     |       |  `¬∨.    ∧   ∨
             |` /`       |       |     .{.     ∧   ∨
             |   \      ,|. ハ       }   _ 乂_    ∧   乂,_
             |     >  ' ´.|/ i.     リ。s≦-二¬ ∨    乂_ノ\
             {      |  \ !  |    /><        ∨    弋.   \
             寸.   {    \才   /    _,  -=≦ ̄ ̄ ̄¨¬‐<\    \
              {    !     }  /  /               } ヽ
              {.    l     >/  /_/                    |  \
              ∨  {   / ./ .//  /    _,  -―  ¬¬¬‐-{、   ヽ
            ∨\! // // / ./                  \
                \/ /(  //                          ∨
             イ } /∧. ∨´                         ∨
             リ ∨}/  ∨/―  _   ――――------.         ∨
            /   ∨ ィ__ {       ̄¬‐-_               }
           {>へ´/, イ ∧   \_        ̄¬_           |
         /く x<⌒У`ノ/\     \_        ¬_.         |


【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| あります。
―――――――――――――――――――――――――――――――

1290 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:42:12 ID:xDAxan1z
ありますwww

1297 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:43:43 ID:2Amc6+4g
まぁリリィ側の本気度5だったし…w

1301 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:45:51 ID:Gsq4puNq
高まる緊張感!(気のせい)迫る刻限!(決まって無い)



1304 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:50:00 ID:JHpA1M6g


                 γ≠-            ⌒\   \
                 / /    /           \..  \
                ∨     /                   ∧
              //     /    /.     ⌒.          圦
                 ', ,'     / ./  /.         ‘          \
              ∨    //   /.        i i} ‘         \    「長年お世話になった商会に
                 ∧    //   / /..     i i}.. ',        _ .\    迷惑をかけるわけにはいきません。
             《 {  //    / /.        i |... |i .',  ‘     ミヽ、\
              \',//     / /  i     i.|.... i}} .ト   ‘     ∨\\   私は辞表を提出し、一個人として
             γ ' .イ     / / イ  |i    ∥.... i} | i}ヽ  ‘      ∨ \\  彼女との婚約を認めて貰うため、
             // /     / / /{  ハ.. {   /   ,' i}.... 斗  ‘      ∨  \\ 彼女の父上に談判に向かう
           // 〉     / /Ⅳ { i .', {i  '   / リェ≦7Ⅳ  i}     ∨   ) ) つもりです!
           ( (//      {i / ̄`≧ェ{从. {i‘ / /..'斗rfテアハ从 i}     i}   .//
           入∨/      イ {. ィ示ミ≧圷、‘/ /.イ 乂夊ソ x' } ∧     ! /´  玲お嬢様にはそのための辞表を
.....  _、+''"~ ̄ ̄《.  ヽ      ∧| l.八 乂夊ソヽ〉./    ..¨¨´ .∥ |/ .ヘ    i|      先程お渡ししました!」
  /..    /   //∥\ / / | l .     ¨¨´ / '    i      八 /  . ∧   i|
../     /.   // /   / |  ',l. ',.             i}    ム____∧ } ,
     /....   // /   ∧ .{. oi}。  ヽ        __, .../ ))‐=ニニ)  i}ソ ,
   /,,イ   // .{i   / { j....  ミh。.,_≧。   (   ∨.///ニニ≫   }/ ‘ヘ
  ///  /. |/゙''{i  ./ 个o ヽ      \ミh。.,...丶= ' イ i} | |  {≫'フ   / イ}  ヘ
..// /.. +''"~ .i!  {i  /   {i.\‘ヽ     `、 ≧sー=彳s≦⌒ヽ ノ) |   /.イ /      ヽ
/.   _、+''"~  ̄ ', ∥个o。   \ \      Vγs.。   。s≦ V/ .| _,。=イ /      i}
   /        ヽ{....  .分、   ‘ ‘    |} {   `¨´    〉V{ ∧ /        .|i
   /                \  ‘ ‘   〕八        ィi〔 >へ (          |i
/../ _、+''"~ ̄ ̄ ̄ 个o。      ‘   ‘  ≧......`フ7=ー -=≦>''゛    \\  .  __. .|i
 /             分、    ',  ',  } ̄ ̄  `'</ .       }ii\\ //⌒ヽ|
《              _、+''"~ ̄ ̄个o。 ‘......____           /i㌢ //≧    八
..)                        \...ニニニニ≧ 、       ィi㌢// |ニニ /  }
《                         心_      丶≧s。   __ィi㌢"~ ̄\..|ニニ{0 /
.\   ミh。.,_                     \        丶≧( )_、+''"~ ̄ )|ニニ ̄i}
 /       ミh。.,_      _,L斗z≦≧ ̄个o。 \        个o。 `"""´}!,.ィ升 ̄ >
./            .个ー=彳ヒ  厂     ,.ィ升\i}.        {i  \≧zrf_。s≦ミi}....  /)
                //  ̄      /、    \.       \  .ヽ.) }i.∧ニニi},.。*'.∥
                    / /\       {i \     ヽ       丶≠彳 }!.}ニゞ,.。*'.  ∥
   i             /  /  \  γ⌒\  \ミh。.,_∨.            〃 }ニ/)....  ィ升≧s。
   |.         /   /    \ {   ヽ  ヽ     分、  __. ,. 〃 "..゙∥......ィ升 .{i
   |.        /.             \ヽ _ ’  .’      \i}  i}     ∥ 升≧s。{i_
   {      /                 ヽ   .\i   ..i}       .i} _i}`フ7=ー=彳  /     /
   {i                      ∧    \ i}       ( ○ ) ,≧s。 _/_≧s。/
   {i                       ∧\    ≧s。,,_,,.。s≦〃  V        〈
.   {i                           ∧ 个o。      /./ ⌒ \\ ,≧s_ /
..   {i            ゞ            .\   .个o。  / ./     .ヽ V  /
    {i             ≧s。        \     .\.{i {       } i} /






                       >- ― -
                                丶
                 /                `ヽ`ヽ
                  ,                       `、j
               /                 ヽ    .Vヽ
               ,...//                   ',     V}
                /         i        |`、.  i      v
               /,,イ/    ../ i.      | ...|.. }  |i.    i! }
              //  /    ./  .|i.     j..... j..  } 八.    |/
              /.   /    ../ / .八.    }/ ... j  }′ ,   レ . \   「長年お世話になった商会に、
.             {  ../  イ /zr示雫ミ、    ,ィi雫示z、li:/  ’    i    その御恩を仇で返すような真似をしてしまう
                 / //. ノi l込斗! \ i/ ....l込斗」/   l.    }    結果になること、誠に申し訳ありません。
.           、_/..... /{|.......|              /    i!    /
           . / /  {|.......|                ,    i!          ですが―――………ッ!」
            i| i    v  ト        .}}    イ}    /ト、
             八│.  ,......|.人         / ∥   ’  リ
                i」     , '  丶   `   ´   //   ’
    _,.。 *---=ミ:       , V |.个o。    。s个/ /⌒ヽ>-ー=ニ=-
ー=沁、ニニ=-ニニ\ヽ/ \.\{ ヽ/ ̄ ̄ ≧≦ ̄i|/i|  i レ'         ゚ニ=-
    分、ニニ= ヽニニニ\丶   |i |     { }    八│                ゚ニ=-
     | lニニニ|| iニニヽ>。. ゚. 。 |     .| |      丶              ヽ    ゚ニ=-
。    | lニニ○ i|| iニニニi|  !  >。...゚ 。sセ升| i |ミh。.l,.|rー===ー<,       .)       丶.
 >。  ゞニニニノ トニニニi|.. }    . 。 ゚  。   _ > へrー=======ミ '__.     /          .)
   >。 .... ̄  .| iニ○i|  }   ∥   >。 ゚..〈 ,' ゚ヽ  ヘ__i|__i|_)___..../         ∨
  /   ミ   . .ヾニニノ ,'≧=-          イ    ゚ヽ  ヘ  i|  i|__ ).          ∨
/       >。    . 〃≧= ニ=-‐   / ゚丶   ゚ヽ   i}/ ここ             ∨
...   > ゚ _ 丶 _彡.   ≧=  ニ= /_    ゚丶  〉 jl ̄i_i|こつ           ∨
> ゚   . ̄ ̄ ̄|...... Vi:L.    ≧=  /    ゚ヽ     〉。< ゚ ̄ ̄ ̄  丶        ∨
 |i          |.   Vi:L     丶 /        ゚ヽ /.  ‘, \       ゚丶       丶
    丶。s个   .|..    Vi:L   ./          〉≦..   ‘,. \        ゚ヽ      ソ )
....ヽ   ⌒゚ ⌒|.     Vi:L....《         。≦.     Vi.‘, ...\           ゚ .` "´...../
.. 〈    ゚    |.       Vi/ .         /.        Vi/.. , . . \              ./
... |   人    |                    / !i\      Vi/.   ‘,   \            .ソ)
... |。 ゚  ∧   |.    /.          / ハ从ニ\    .Vi/     ,   ....\        ./  ̄ ヽ
.... ∨   ∧  ,'.  /           /Λ   ハ:ニニ>  .Vi/           \    /      )
....| ∨    ∨../.           /Λ.  / j|ニレイ   .ニVi:L     ‘      个ー=彳      ∨
.. ! ∨....   ,'           /Λ.  /ニニ.|ニ|    .ニ......Vi:L   i}....\ .       \      ∨
.. ∧  /⌒r            /. ‐vニニニ/.ニ|     ニ     .Vi:L i}///.\      个ー=-彳
    /⌒,r           / /. ニニニ/  |ニ|     ニ     Vi:|/////..\             へ。
.  / |i ..|i          / /        ー-    .ニ      i|///////. \       >  .へ。
.../  |i ..|i          / Λ             ニ   。> i|.////////.}. \     .>     へ。
.(  /..|i ..|i         / Λ              。> ゚     ヽ///////}‘, ≧zrf´         へ。
. /   |i ..|i        (/ i |               | i        |///////, ‘, '             へ。
. ヽ   ゞ . ゞ      。 * .   i |               | i         |///////   ,                へ。



             __       >''''<
         _、=ニ ──-二≧、.ィ"´::::::::::::ハ
         f    ,>"´:::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::バ'- 、
          ,ィ"´::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::"<
         /::::::::::::::::::::::::::::,ィ:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::\
       /:::/:::::::::::::,ィ"´:::::::::l∧::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::ハ _,竓-ォ‐- 、
   .    /:::/::::/:::::::/:::::::::::::::::::l!::∨::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ/::::/:::::::::::::`‐ 、_
      /// :::/::::入:::::::::::、_,..斗''"∨:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::ハ:/:::::::::::::::::::::::ハ
      / ./:::::/::∠,_::ヽ::::::::::::::::::::_zニ込_:::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::∧
        / :::/:/  ゑ、::::::::::::::::,ィ" ,ィ=x ゙'=、:::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::/::/:::l!
      ./ :::/::人 (::l::リ;;;;;:::::::/  φ::l::::l,.l::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::l ::::::::::/:::::/:::;;,'
  .    ,'::::/ll:l../ ヌ参シ      .-`ニ豸"!:::::::::::::::/__:::::::::::::::::::::::::::Lムイ::::::/::;;;∧
     l:川 l//       ////.∧:::::::::γ,-、Y:::::::::::::::::;;;;;l!;;::::>";;;;;;;/
     l! |.| .i u.    ,、 --‐‐、_ .//u /:::::::::::::,K゙  l l::::::::::::::/Ⅳ鉄磁::>"
     .! l .l    f ぃ─‐一 ',  u  ./:::::::::::::/   ノ/ :::::::/;;;Ⅳ電燐銅、    「―――ッ………!」
       ∧   ,':::::"- ' " ̄ l   /:::::::::::::/  ,、-"::::::/;;;酒∧水酸化Na,
        ∧   l::/     l  ./::::::::::/'"´:::::::::::/炭酸Ⅳ .Ⅷ,Ⅶ硫塩酸,
        ∧  .入_     ,イ ./::::::::::/;;;;;;;;;;;;;酢酸重曹/Ⅳ  Ⅷi Ⅶクロロ尿、
         ∧   ”¨ '''' ¨”  ./::::::::/"了;;;;;;;;;;石炭兄 燐'   石i, サルファ剤、
          .∧    _,. 、 ォ":::::/_、ニニ台''"㍉"´  ,唆"   世i  `ー‐─一'
           `ー ' " ',:::/::::::,参"‐-、   >、 `㍉、 ゙"    .界l
               ,イ:::::::/    ∧   ∧  .㍉,     Go!
             , イ":::::::/       ∧   .∧   ㍉    `"
          ,> "::::::::::::::/         .∧   .∧   "


1~3.一刻の猶予も無いって、どういうこと!?
4~6.早計よ。まずは落ち着いて。後ろ盾も無しに何をする気なの?
7~9.良いわ構わないわ良いわよね、恋……ッ!
10.熱烈歓迎



            >  ´ ̄`‐-、
           /       ヽ  ヽ
         /       /  .ヽ
        /   /   , /    ヽ  ∨
        //i  i  / /i  i  i、 i   .i
     //  / .i ./ /-i ./i .i メ .i    i
     ∥  /  i / / _二/ W/≦Li_    i    「…………?」
     !'  /  i   i´マ:::!   '´マ:::!`   i
       /ィ  |  .| `´.  ,  .`7   i.  ∨
     /´| 从i  iヽ       /ィ ,/ .∧∨
       ヾヽ! i、i、i ヽ   ‐  ///W  ヽ!
          \ヾヾヽ∧` ´ i ´     '
               .i   i_,、-‐-、
           ,-‐ァア¨゚゙'  ,  // i´ .ヽ
          ./ //ヽ  /´._/./  )  ヽ
         / //  !   / /   i   ヽ
         i //   __/へヽ. ヽ. ヽ   ヽ
        /oヾ;Y  /><  `ヾ .i\ヽ   ヽ
       i   ヾイ´ |::::::::::|   ヾi/∨`ヽ ヽ
       i:.      .><  /i .i ヘ  ヽ ゝ
          i:::::..........................::::/ /i .i  ヘ  .ヾ ヽ
         .i`-、:::::::::::::::::/二。s≦ i .i   ヘ   ヽ ヽ
         i .i    .//     i .i    ヘ   ヽ ヽ
            i  i   .i´      i i     .ヘ  `i ヽ
         i i 0  0 \    i.i      ヘ  /  ヽ
         .i .i     .ii    ヽ_     ヘ \, ‐-ヽ
          i  i 0  0 .ii     ヽ ∧    ヘ// ̄ヽ
         _i  .i     ii     ノ::::ヽ     ヘ    ヽ
        ∧i   i 0   0 ii   /:::::::::ヽ     ヘ    ヽ
          /:::::\/      ヾ./::::::::::::::::/ヽ     ヘ  ,.-‐ヽ
        ./::::::::::::::ヽ     .i´::::::::::::::::::::/ ヽ       メ   ヽ
      〈:::::::::①::::i     !::::::①:::::::/  ヽ       ヘ   ヽ
       iヽ:::::::::::ノ      ヽ、:::::::/    .ヽ       へ   ヽ
         i   ̄i            ̄i      ヽ           ヘ  _iヽ、。s≦ヽ
       ./i     |             |      i         |/ _‐-─へ_二ゝ
       ./ i   ノ,rェェェェェェェェェェェェ木     ..|          ! .i.、:::::::::::::::ェェ 、::::ヽ
     /∧i_。s≦三三三三三三三三ヽ    .!           ! .i `≧s、:::iヽ::`ヽ ̄´
     .i/ ヽi三三三三≧s。イ三三三三ヽ、 /            〈ノ    .∧::ヘ `‐-'
      ..i ., .ヽi三三三三三三i三≡==≡三ソ                   \ヘ
     //i.|゙i.iヽ三三三≡=オ:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::/                      `
    // |.| i.|  ヽ:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    ´  ´ .´  ヽ:.:.:.: .:.:.:.:.:.i:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


1~3.誰か、私に、説明をください
4~6.余計ややこしくなってきた香りがする(胃へのダメージ増加)
7~9.沙和子が事情知ってるならなんとかなりそう!(胃へのダメージ減少)
10.胃への熱烈歓迎

【安価 ↓5 7】
1D10

1308 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:50:41 ID:YtzZboaS
【1D10:10】

1309 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:50:45 ID:QDFvsZOA
【1D10:1】

1311 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:50:50 ID:OYxCMQdp
【1D10:4】



1314 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:51:35 ID:JHpA1M6g
チュインッ¥

1316 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:51:48 ID:jAh97VUW
那須さんの胃がまたダメージを受けておられるぞ!

1319 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:53:12 ID:bLSxOI8u
那須さんの胃を殺すお仕事w



1320 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/06(日) 23:53:56 ID:JHpA1M6g



             __       >''''<
         _、=ニ ──-二≧、.ィ"´::::::::::::ハ
         f    ,>"´:::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::バ'- 、
          ,ィ"´::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::"<
         /::::::::::::::::::::::::::::,ィ:l!:::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::\
       /:::/:::::::::::::,ィ"´:::::::::l∧::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::ハ _,竓-ォ‐- 、
   .    /:::/::::/:::::::/:::::::::::::::::::l!::∨::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ/::::/:::::::::::::`‐ 、_
      /// :::/::::入:::::::::::、_,..斗''"∨:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::ハ:/:::::::::::::::::::::::ハ
      / ./:::::/::∠,_::ヽ::::::::::::::::::::_zニ込_:::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::∧   「ちょ―――待って!
        / :::/:/  ゑ、::::::::::::::::,ィ" ,ィ=x ゙'=、:::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::/::/:::l!
      ./ :::/::人 (::l::リ;;;;;:::::::/  φ::l::::l,.l::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::l ::::::::::/:::::/:::;;,'    それについて姉さんに説明して、
  .    ,'::::/ll:l../ ヌ参シ      .-`ニ豸"!:::::::::::::::/__:::::::::::::::::::::::::::Lムイ::::::/::;;;∧    味方になって貰おうと思ってたのに……!
     l:川 l//       ////.∧:::::::::γ,-、Y:::::::::::::::::;;;;;l!;;::::>";;;;;;;/
     l! |.| .i u.    ,、 --‐‐、_ .//u /:::::::::::::,K゙  l l::::::::::::::/Ⅳ鉄磁::>"      一刻の猶予も無いって、どういうこと!?」
     .! l .l    f ぃ─‐一 ',  u  ./:::::::::::::/   ノ/ :::::::/;;;Ⅳ電燐銅、
       ∧   ,':::::"- ' " ̄ l   /:::::::::::::/  ,、-"::::::/;;;酒∧水酸化Na,
        ∧   l::/     l  ./::::::::::/'"´:::::::::::/炭酸Ⅳ .Ⅷ,Ⅶ硫塩酸,
        ∧  .入_     ,イ ./::::::::::/;;;;;;;;;;;;;酢酸重曹/Ⅳ  Ⅷi Ⅶクロロ尿、
         ∧   ”¨ '''' ¨”  ./::::::::/"了;;;;;;;;;;石炭兄 燐'   石i, サルファ剤、
          .∧    _,. 、 ォ":::::/_、ニニ台''"㍉"´  ,唆"   世i  `ー‐─一'
           `ー ' " ',:::/::::::,参"‐-、   >、 `㍉、 ゙"    .界l
               ,イ:::::::/    ∧   ∧  .㍉,     Go!
             , イ":::::::/       ∧   .∧   ㍉    `"
          ,> "::::::::::::::/         .∧   .∧   "


【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| あります。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                /
               /                  ヽ
              /  /          /  i
              i  /     /       i   i       ヽ
             i  i      i     .i //./i  i  ヽ
              |  |     |     .iノ/i/ヽi  .|i   i   .i
             |  |     |     i _,,, ヽ/ i   i   .i
             i   !       | ii   .i´ アア ' .i  /./i  ∧
                 ∧  ヽ     i .ii    i. `'''   ノw/w' ノw/ '
               /  ヽ ヽ    ヽ ii  .i      (アア   i      胃の耐久:-13
           / /  i  ヽ ヽ i ヽ ii  i     ノ''/   |    追加ダメージ:【1D50:27】
           .i | |   / i  i /i |ヽ ヾ  i  ‐-.、  /    ヽ
           ヾヾヽJ|//i / .//入 ヽヾミ`   ̄ ./|    |ヽ!
             `  '´ .ノ// '´ 二=-ヽ   ./ i |iヽ w、|   「ごめんこっちも一刻の猶予も」
                   /       iw/` ̄ヽ iヾ ゙  ヾ
                /        i     ヾ
              r..ィ.'        iヽ
       二=‐   -|:::|_          ヽ
     /┐   ...||   |:::|  ̄ ヽ   ,.-─==|| ヽ
    /  i       |`i .|:::|             ||   ヽ
   i   ヽ   /|__|三≡=-          _i |    |i
   .i    /  .i//   ‐=≡三ミ    -=≡三i__i、   | |
   i   /   .i/    .(;;)    ̄ ‐=≡=‐:::::::::\ヽ / |
  i  /ヽ  i                |BORDER| ヽ|  |
  .i  /  ヽ  i                  \::::||::::/ ヽ  |




【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ないです。
―――――――――――――――――――――――――――――――

1322 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:54:42 ID:5ETjU84n
Infoてめえwww

1323 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:54:43 ID:DVD5QFPu
そろそろ胃壁二枚目も半分近くに(ないです

1331 :梱包済みのやる夫:2018/05/06(日) 23:56:25 ID:St8hDJGC
(那須さんの胃の耐久力が)ないです。



1338 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:07:35 ID:GLncaMtX
▼なお、見合いの真相:【1D10:2】

1~3.親父同士、愛馬の見合いの話をちらっと耳に挟んだセイバーリリィ、断片的に聞こえた情報から渾身の勘違い。
4~6.練習的な見合いの話を聞いて暴走
7~9.姉の見合い話だったのだが、文書の送達ミス
10.熱烈歓迎

1339 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:07:51 ID:GLncaMtX
こいつぁひでぇや

1344 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:08:42 ID:hKSM3lP5
そら5だわwwwwwww

1355 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:11:22 ID:4zRW730p
ベディはこれが終わったら那須さんに死ぬほど土下座するべきだと思うの

1356 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:11:33 ID:wQ/mKGfO
そうだ、籠城しよう(真顔)

1357 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:11:59 ID:xhz17KUX
なんで一番ひどいとこいくんですか女神様ぁ!?



1359 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:14:56 ID:GLncaMtX


          /          /⌒\   \
         /             / ̄ ̄  \ ヽ
      /             /         ヽ  、
                        l |      l
      {             l  }  l  l |  |  l
      }             l  l  /}   /l  j | }
      λ{            l ノ-―l-//| l/l__ハ j
      /  ト{ /        l ̄―-`^" └/ メ/ ノ
          ` { ト{ l l   lx芹芍<    y示 イ |   「あ、あれ? おかしいわね。
      {       ト{ {   | `'''゙    `''゙/   ハ     私、お見合いの軽い練習の付き添い的な―――
     乂{   }     l    }       〉 /    }     久々に妹に会って、茶飲み話でもしてこいって
        \ {  l l } }  /   、...... / / /jノ     旦那に送り出されて、お土産は何が喜んでくれるかなって……。
         ⌒~ト {丿ノ/::.._    ̄ / /}/ノ
           ノ  ^''"   从Tーく{从/           離島での休暇の筈が、何この流れ?」
         r〈⌒~  _  {__
        r气 \      ハ ∨ト、
        /: : : \:\ _/Ol } い
      /: : : /: : :\:\ ー∨ Vl                                _
.      /: : : / : : : : : ヽ :ヽ\ {  V                        -‐  ̄ /
     /: : : /: : : : : : : : ヘ :ヘ  0  ∨                     /      /
     / : : / : : : : : : : : : : Yい `、  V                     /      /
   , : : : /: : : : : : : : : : : : :}: :l  ヽ  ヽ                       /      /
    j:/⌒\ : : : : : : : : : : : : }   0   Y                  /      /
   }: : : : : : :ヽ: : : : : : : : :/o/::...........:}  }               /      /
   l l : : : : : : : : : : : /: : /: /:::::::::::::::;:::::::/                /      /
   l l: : : : : : : :l: : : /: : /: /:::::::::::::::/:::::/ |                   /      /
   l| : : : : : : l : /: : /: /|::::::::::::::::0:::::{ l              /      ん
   l l: : : : : : : : }/: : /o/ |    }  } l          -―/       〈 イ
   l: : : : : : : : :/: : /: /   l     j  } l          /   ̄  ー-、 ζイ
   !: : : : : : /:f : :/: / \ |   { 0 { |_  斗ァ-く         ーノ / ̄
   !: : : : /: :j :/: /     ̄ヽ   }  }斗 ''"/  /         ―ァ┘/
  ノ: : :/ : : :/ l:oj  -――弋斗''"    /  /  _  __ -┘ /
  {: /: : : : / : j: :l   /⌒/         {   {'" ̄/  ̄/      /

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 話の流れについていけていない様子の那須が、辞表と書かれた紙を手に、胃を抑えてプルプルしている。

 ベティヴィエールは余裕がなく、沙和子はベティヴィエールに事情を問い糾しておりこちらも余裕がない。
 この状況で唯一説明の余裕がある貴方は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

1~3.簡単に事情を説明した
4~6.そっと銘菓をオススメした
7~9.世間話を開始した
10.知る限りの事情と善後策について明らかにした

【安価 ↓5】
1D10

1364 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:15:57 ID:uH5ftKe+
【1D10:1】


1367 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:16:31 ID:7GF6Do04
はっちゃけてる割に大事なとこだと真面目だなあ・・・w

1369 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:17:04 ID:qmULZyya
ミー君渾身の胃にやさしいムーブ



1371 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:20:02 ID:GLncaMtX

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――とりあえず、関城から聞いていた限りの事情を簡単に説明した。
 貴方が呼ばれた理由も、だ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                     /           \  \
                / /         _ト ⌒ \
                   /           '" ̄   `ヽ、 ヽ
                /  /       /          \  、
              ∥       /  /  / /  /  } l  ヽ  Y
                  { / /  /  /   / /  / / /  }  l   }
           _ ノ/ /       //ー-く/ / /} ∥  } ハ
          / /   /      ∥__,,_,,ノ /  / / /} //  /}}
         / /  //       Y'fj妁'''く`"゙  / /⌒メ// / lj
         {( /     /    /  ∥ `''"       ィ笏Yイ   / jj
         { /   /   /  //          { ゙''゙ / /  ∥
           人{ / / //  // ι        ノ   /''~ {   /   「……なるほど、それで……」
          八// イ{ /  //. \   ‐= __.    /| } /
             {     / .//   \       /    /
                  /イ从/         __ ィ''"/   / /
           --rャ-‐气'" u     / /{/ /__/ノ/
        /\      lー-い_       {⌒从({(
           /        | |   ̄ヽ   \
     /    {      }L | |      ⌒  \__
   /       、     /{ {:::| |              ||\
   /      /   / 人ヘ |:::::......          ||  \
        /  /     `<::::::::::::::ヽ   _,,,,,ィ廴 .} }
      '" ̄}/ __      ̄''冖ミ}__/;;;;;;;斗宀{/ ;
  /    ノ/イl ̄ \  ̄ミx,,  ( )  ∥::\:::/:::{ /
      /.∧  l    ̄ ̄ ̄\    {{|::BORDER∨
    / /  i  l         }i  人\::::::|:::::/ノl
   /  /   l  l           }}     \ミニ彡'⌒}
  ./  /    l  l       /     /     ノ
 /  /     l  l      ∥      /
   /       l  }        ||()     j{    /
  __     } j       j|    ()}     /
    /⌒:::::::....... j      ∥      jj    j
   ∥::::::::::::::::::::::::::::::.......   ∥()     ∥_  |
   {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-‐''" ̄:::::::::::::::`ー--、
   乂;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::\:::\:::`マヽ::::、
    / / ̄ ̄ ̄ ̄个ー----<ヽ::}ヽ:::ヾ}::::} 〉:::〉

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 事情を聞いた那須は、しばし思考を切り替えるように、目をきつく閉じる。

 目を開くと、手をパンと打ち合わせ、関城とベティヴィエールが言い合っている方へと向けて、静かに、しかし有無を
言わせぬ圧力を持って声をかけた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


  /                                 ヽ
      /               /               ヽ      、
  {   /           /             l     l      l
    {         /  ∥            }  }  ヽ  l       }
  、   ∥     /            }   j  ハ     }   }  ;
  ∨  j   /    l j  }    ∥  ∥ /  l    ハ    /
    V  {{  /      { {      /;  /} /  .}  }斗― / /   「事情は聞いたわ。
    ト、八 j      l l /   //  / j /   从ノjノ  } / イ(
    }     {       八 l/j-‐/ / ̄/ ノ     /,,,jx=气T   人\  ―――何にせよ、今ここでする話ではないでしょう。
   ノ             l l/j/-‐j_ノ         イ::::}  l       ヽ 沙和子、商会の建物の中、どこか他に聞かれる心配の
  ./             l  ,,xャ芒~~ヽ       `''"  ;     ト Y 少ない場所に案内して。
  /             |∥{;;;;;ノ         {      ハ Y   l l }
 ∥{ {    l    l      l                /   }   } }丿 はぁ、全く―――」
 {{ い   { {     l    l l              /   /   ハ  } //
   、   { い   l    } }          __,,,   / l   / } /
    \ト{、 `、|  l   l ||ト.._     ー-一'" /い  l / ノ/
        人 }\l\ 乂  } ハ}   ::::......_    /从ト{\ト{
             ヽ} ⌒ノ丿        >-< ̄`"" ̄`ヽ、
            ノ             /     \     } ヽ
           /            {       /\    `、 、
           /⌒\               /   ヽ   } }


胃は―――?:+(1D100-50) プラスになれば回復。マイナスになればダメージ

1372 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:20:18 ID:GLncaMtX
おっと。【1D100:92】-50

1373 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:20:32 ID:NNX/xRAF
回復した!!

1378 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:20:58 ID:NSabkYmb
ミーくんマジで優秀すぎる…こりゃ忠臣とか言われちゃうよ!



1381 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:22:01 ID:GLncaMtX
回復した! 胃が回復した! プラスに戻った!
これは―――

1~3.事情さえ分かれば対処可能。沙和子もまだまだ甘い。
4~6.良いわよね、恋―――ッ!!
7~9.想定していた最悪の事態とはまるで違った。
10.(え、商談の時に話題に出たけど、馬の話じゃないの?)

【安価 ↓6】
1D10

1387 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:22:26 ID:xhz17KUX
【1D10:3】

1394 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:23:20 ID:4w4Q+KQA
これは歴戦の年上既婚者ムーブ

1395 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:24:06 ID:qmULZyya
同士は増えなかったか



1396 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:24:53 ID:GLncaMtX


  /                                 ヽ
      /               /               ヽ      、
  {   /           /             l     l      l
    {         /  ∥            }  }  ヽ  l       }
  、   ∥     /            }   j  ハ     }   }  ;
  ∨  j   /    l j  }    ∥  ∥ /  l    ハ    /
    V  {{  /      { {      /;  /} /  .}  }斗― / /   「そういう話なら、事情がわかればこちらとしても
    ト、八 j      l l /   //  / j /   从ノjノ  } / イ(    対応のとりようがあるわ。
    }     {       八 l/j-‐/ / ̄/ ノ     /,,,jx=气T   人\
   ノ             l l/j/-‐j_ノ         イ::::}  l       ヽ  ……全く、目先の事に大慌てで。
  ./             l  ,,xャ芒~~ヽ       `''"  ;     ト Y  沙和子もまだまだ甘いわね。
  /             |∥{;;;;;ノ         {      ハ Y   l l }
 ∥{ {    l    l      l                /   }   } }丿  ……貴方みたいな友人が居て助かるわ」
 {{ い   { {     l    l l              /   /   ハ  } //
   、   { い   l    } }          __,,,   / l   / } /
    \ト{、 `、|  l   l ||ト.._     ー-一'" /い  l / ノ/
        人 }\l\ 乂  } ハ}   ::::......_    /从ト{\ト{
             ヽ} ⌒ノ丿        >-< ̄`"" ̄`ヽ、
            ノ             /     \     } ヽ
           /            {       /\    `、 、
           /⌒\               /   ヽ   } }


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 お褒めに預かり光栄ですが、昔の職場に比べるとてんで楽です。

 冗談めかして言った貴方の言葉に、那須は小さく首を傾げるのだった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1398 : ◆o2mcPg4qxU :2018/05/07(月) 00:25:30 ID:GLncaMtX
っと、申し訳ない。短いですが今日はここまでー。

スレ民小隊で行った戦車が楽しすぎた。戦果出なかったけど!

1399 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:25:33 ID:NNX/xRAF
全裸疾走兄貴に比べれば楽よな…w

1405 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:26:59 ID:NSabkYmb
全裸疾走が本当に強すぎて……ww

1415 :梱包済みのやる夫:2018/05/07(月) 00:34:45 ID:mu26w+0g
おつでしたー
そら全裸疾走貴族嫡男に比べれば大抵のことは…こと…は……
(メガザル的脳筋メソッドとしては完璧な畑を耕す砲撃魔導師やメガザル的変人メソッドとしては完璧なゴボウ玉ラヴァーを思い出しつつ)

関連記事
| センチュリー種子島 外伝 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する