おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/01/08(金)
9424 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:08:13 ID:NdsPrx0k0
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――コミュパート

 コミュニケーションを取る相手を選択してください

1.維緒&師匠
×.セイバー

3.アドルフ&ランサー
×.ロナウド
5.巫女&キャスター

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

セイバーも連続でコミュってるので選択不可とします。


【安価 ↓10】
一発勝負!




9434 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:09:15 ID:MTmV3yQs0
1



9440 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:13:35 ID:NdsPrx0k0
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――師匠の家。

 和室。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


            |l______________| |
           ./|:::::: |     /   \       | |:二二二二:|
         .//|:::::: |     |二二二 |         | |:::::::::::|:::::::::::|
        .//. .|:::::: |     |l| 欧 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
      .//   |:::::: |     |l| 州 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
     /|/     |:::::: |     |l| 筆 |l|         | |:::::::::::|:::::::::::|
   //|       |:::::: |     |l| 頭 |l|         | |:::::::ll::|::ll:::::::|
  //. .|       |:::::: |     |二二二 |         | |:::::::::::|:::::::::::|
//   |       |:::::: |     0    0        | |:::::::::::|:::::::::::|
/     |       |:::::: |                   | |:::::::::::|:::::::::::|
       |       |:::::: |____ _ ______ | |:::::::::::|:::::::::::|
       |    艸 ::|::::::/     __)''( _        | |:二二二二:|
       | 0: :::: 艸 ::|/     /_(~~~)_/       :| |  。|。  |
     :0 |::::艸:::: ::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   |   |
       | ::::: ::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   :: 艸 ::|::艸:: /
:::::艸::::  |  /
  :: 艸 :: |/
:艸:::  /
   /
  /


9445 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:15:50 ID:HHFHV7eY0
奥州じゃなくて欧州か

9446 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:16:09 ID:fCH1jdNQ0
ファントムダイッ!!ヌォオオオァアアア!!!

9448 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:17:37 ID:zcUgx7R.0
外来語禁止…。
あれはいいものだ



9449 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:19:49 ID:NdsPrx0k0


       、
    ζ  ,
     _ ノ
    ( (   (. )
   . -‐ ) ‐- .
. ´,.::::;;:... . . _  `.
 i ヾ<:;_   _,.ン |
 l      ̄...:;:彡|
 }  . . ...::::;:;;;;;彡{
 i   . . ...:::;;;;;彡|    ―――コトッ
 }   . .....:::;::;:;;;;彡{
 !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::....
  ト ,  . ..,:;:;:=:彳::::::::::::::::::::
  ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄




                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈   「この度はご心配をおかけしましたお」
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|







               _   ,.、
             ./ ``ニ´'. ヽ
           >/       ハ 、
          ,/.ノ、ゝ、_  _,. '"  `ヽ
          ヤ 、、ゝ、, 、"´  , '"  ,.."
          ゝ ,.ー-´、 「冖,",  ,..i'"`、     「なんの、なんの。
         / 7 二`iノ彡彳,. ','Y,  ヽ     久しぶりにやる夫君の若い所を見られただけでも十分さ。
        /   7 厄7ーrー'" 、 .,' ,!;';  ハ     師匠らしい事をさせて貰ったのも、久しぶりだからね」
        ゝ、,、 | `r' /._、./ー'ミ !,'`;';';'   /ゝ、
      / ハ〈  _,,rくw-‐`'`./i ヽ;'  /    `ハ
     /_/´  ヤ /ハ ヤー‐‐ ' イ  .i;' / ̄```冖ハ
    7´ ``ハ    ゞ、i i ``ゝv'イ';`、,| 7     ;';  ヤ
   7 .:;;';'/ ∨    ,' |`、/;' Y  ';' |. ヘ   i'; '. ハ
   r'ニ、/,'   `ゝ、_ ,' ヽ. ';'  /    ;'|.  〉.  i';'; /  ∨
   | イ ',    ,/.   y' 、  y◎  ;';! /   i';'; i   .!
  .7/     , '/ .,:;'  !、  ヽ |    !./     i';', i   .!
  /      /乍;'   ! ヽ   `|    |     i;';.i  ,',  !
../       '!乍;    !  ヽ  |.@.  ,;!   ,'  i';.i ;' ;';  !
ヽ      ,';';'乍;'.  ∨   ヽ    ,'ハ   ',  .i;i;'; ;';'   !
 ヽ    ;';' '乍;';' . ∨ヽ ヽ ヾ|   ,'; ;'!   ',  ii;';';'; ,  !     ,、

9450 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:20:31 ID:fCH1jdNQ0
式神|ω・)「本当に感謝しております、御老体」

9451 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:22:04 ID:xF.ClabA0
師匠(この前偵察も失敗しちゃったし……)



9452 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:22:49 ID:NdsPrx0k0






           ,.. 、 /  ,.,、; '彡          _,,.. 、 --─ 一一 ' "
        ,.- 、 ,'-、.f ,..、;i'彡彳"` _,,.._-‐=='"三 彡 ニ ミ 派、  i | r
     ,. 、,' :,:、'"`/'"``_ > ┏;= ゙'_",``‐`    ニ. , -、 ミ ミ ミ ㍉ . ノノノ. f
  , -、,: : |i = レ `'~><".  八_ 'iヲノ "~   `= //.ゝ《 二 ニ ┼i彳 彡 ノノ
. /!  i_ .. ,'! _, -‐<';._ !     /  - '     γ" ′ア‐i } 彡 派 ニ 二ノ
. ! ! .:}_ ,. }:,:-':': "  ,'/    /     =-ヽ、 ;: " _"_~冫ニ 彡 Y ミ ミ ニ <⌒
 ! `~ :.`:.:':.: "   , 'i.    /  __ . '" . ミミi‐ 二 三──-- 三 二`_¬ ‐-゙.,_ ` `
...i           ,':!    ーイ ,;、、、;:.`イ ! |              ̄ ¬ ‐`7   「ともあれ、セイバーとの不仲も解消。
 !          ,:!  _,..≧彡ヾイ´    〉. i                  ∧    こうなってくると、問題は――――」
  i` ‐ 、 . : ‐ ' " ~  Ⅴ圭圭圭トr "'     i. i              ゙:;、  ∧
  i  ;:  ゙   |     Ⅴ圭圭圭!    >∧.i  ,.:';';';';';:    、、..,,...,_ :;、.〈
. ! -一 "  ̄ ` 二ーi   Ⅴ圭圭 ー-マ"へ  .i ;':' "        ``;';';';.. "'/






.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \     「ランサー組の方は―――。
     /: : :               \     その、相談の時も多少ぼかしたままにしましたが………」
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|





               _   ,.、
             ./ ``ニ´'. ヽ
           >/       ハ 、
          ,/.ノ、ゝ、_  _,. '"  `ヽ
          ヤ 、、ゝ、, 、"´  , '"  ,.."
          ゝ ,.ー-´、 「冖,",  ,..i'"`、
         / 7 二`iノ彡彳,. ','Y,  ヽ
        /   7 厄7ーrー'" 、 .,' ,!;';  ハ    「安心し給え。君のことだ。
        ゝ、,、 | `r' /._、./ー'ミ !,'`;';';'   /ゝ、   何かしら、言えない事情があるのだろうとは分かる。
      / ハ〈  _,,rくw-‐`'`./i ヽ;'  /    `ハ そこは年の功と、付き合いの長さだね。
     /_/´  ヤ /ハ ヤー‐‐ ' イ  .i;' / ̄```冖ハ
    7´ ``ハ    ゞ、i i ``ゝv'イ';`、,| 7     ;';  ヤ 故に突っ込んだ調査はおこなっていないが――――」
   7 .:;;';'/ ∨    ,' |`、/;' Y  ';' |. ヘ   i'; '. ハ
   r'ニ、/,'   `ゝ、_ ,' ヽ. ';'  /    ;'|.  〉.  i';'; /  ∨
   | イ ',    ,/.   y' 、  y◎  ;';! /   i';'; i   .!
  .7/     , '/ .,:;'  !、  ヽ |    !./     i';', i   .!
  /      /乍;'   ! ヽ   `|    |     i;';.i  ,',  !
../       '!乍;    !  ヽ  |.@.  ,;!   ,'  i';.i ;' ;';  !
ヽ      ,';';'乍;'.  ∨   ヽ    ,'ハ   ',  .i;i;'; ;';'   !

9454 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:26:14 ID:NdsPrx0k0


  ○雇い主の支援
   このキャラクターは『3の倍数』ターンの終了時に、好きな礼装を1つ無償で獲得できる。
   また、シナリオ開始時に複数の礼装を保有している。
   ただし、何らかの理由により後ろ盾が失われた場合、この能力とこれまでに得た礼装は全て失われる。




                ,z、
             _>'"  ` ー ´ ` 、
            z'_-‐'"´´ ``<   Ⅴ
        ,. - '". :. : ̄ ̄: Г: ー-`、:.,_ Ⅴ
      / . :. :,.. :''": ```: ヾゞ丶:;:;:;:,. . :``- 、
     / . :. :. :_,斗.==〒 ̄ ̄><:;:;:;:;:;:;:, . :\
     ゝ . :, '"乍;、、. ヾ派ヾ'"ミヾ、 ミ ミ><:;:;;: . :.ヘ   「―――彼の雇い主は、こういった手段で
     ゙マ_`:-〉ヾ_'’ ` "f、テ ,  ミ ヘ ヾ圭≧:;: ハ   聖杯戦争への介入も行なってきている。
        `"!´fj7  `  ̄ ′ 卜/∨ヘ !幵ノ` 冫   予想以上に手が長い。
         ! `'_  ヽ     ' _又.〉| ソミ彡´'"
         ! ,r,`ハ;、ヾ、ヽ、 " -‐/;イ派ミ ミ、、     余り後ろ盾も無い私には、これ以上はどうにもならんな」
         八>.iv_w_w_沙   !`-'イ派ヾヘ
        >"  | - ‐   _ ,..《圭仆 ハヘヾ一ラ
       f .   |_,,.._-‐ョ'ii"圭圭㌢,',',:,:,   ∨
       |     |ミ、  ̄冖≡或圭,',',',',','  Ⅳ
       .i.    Ⅷ、ヽ  z、  /乍, ',','    i
      _χ_ .   Ⅷ > 、、` /乍' !',',   i_ヽ
   >">" ヽ、.  Ⅷ:::::::::;i|ハ=,'4:::::ヤ    ト 、` 、
_>,">"   ;、 `  ゞヽ:,乍:::::Y:乍ゞ:圭   !|  ヽ ヽ





【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ―――アドルフのスキルが1つ開示されます。
―――――――――――――――――――――――――――――――



               _   ,.、
             ./ ``ニ´'. ヽ
           >/       ハ 、
          ,/.ノ、ゝ、_  _,. '"  `ヽ
          ヤ 、、ゝ、, 、"´  , '"  ,.."
          ゝ ,.ー-´、 「冖,",  ,..i'"`、
         / 7 二`iノ彡彳,. ','Y,  ヽ
        /   7 厄7ーrー'" 、 .,' ,!;';  ハ
        ゝ、,、 | `r' /._、./ー'ミ !,'`;';';'   /ゝ、
      / ハ〈  _,,rくw-‐`'`./i ヽ;'  /    `ハ
     /_/´  ヤ /ハ ヤー‐‐ ' イ  .i;' / ̄```冖ハ   「………しかし、重ね重ねすまないね。
    7´ ``ハ    ゞ、i i ``ゝv'イ';`、,| 7     ;';  ヤ    無理に呼びつけた上に、こんな戦争に巻き込んだ事。
   7 .:;;';'/ ∨    ,' |`、/;' Y  ';' |. ヘ   i'; '. ハ
   r'ニ、/,'   `ゝ、_ ,' ヽ. ';'  /    ;'|.  〉.  i';'; /  ∨    これまでこうやって落ち着いて話す機会も無かったが……。
   | イ ',    ,/.   y' 、  y◎  ;';! /   i';'; i   .!     改めて、謝罪と礼を」
  .7/     , '/ .,:;'  !、  ヽ |    !./     i';', i   .!
  /      /乍;'   ! ヽ   `|    |     i;';.i  ,',  !
../       '!乍;    !  ヽ  |.@.  ,;!   ,'  i';.i ;' ;';  !
ヽ      ,';';'乍;'.  ∨   ヽ    ,'ハ   ',  .i;i;'; ;';'   !
 ヽ    ;';' '乍;';' . ∨ヽ ヽ ヾ|   ,'; ;'!   ',  ii;';';'; ,  !     ,、
   ヽ ,. '"圭;';';'  ∨  ヽ ヽ |  ,'; 乍|   ,'   ||';';'./,  `、    /. i
   ∧圭乍;',';', ソ 、   ヽ.ヾ|.@   乍|  ,'   iv' |i    ,!  ,./ /
 ノ∨. 乍   ;';', 乍ヾヽ   ヾ. i     圭|  ,'   r'`y,. -、 ,! '" _,.ノ
/圭Y     /乍. ヾヽ   i    ,;'圭|  ,',  ゝ`ー 、 - " ,. "
乍'"´.   /圭ノ   ヾ ヽ   i    ,;';' 圭| ,',    `ー_-‐ '"|            _
,.,:;:;';';';';'./圭圭    ヾヾヽ i θ  '. _,.圭| ,'    ヽ  ``タ       ,.> <" .ヘ
:':':':':':./ |圭圭圭、 _ ,.  -─‐| _,.. -壬| |ミハ ,'     `、 、   !     ,.>"       ヘ
  ./  .|圭乍 .i"!_ !圭圭|  "  |圭彳! '"乍i       ヽ. ! ,.>"            ∧
/    乍" .ゝi、    ̄ゝ--- '"   |   乍i        ';y'"               ∧
     ハ ヽ  .i`  ゝ`ヾ..| | ,. -   |  ヽ 乍i       ';|                 ∧
      i: : : ヽ.i    ヾ  .| .|,',',','   |   ヾ乍i       !                  ∧
. .    |: : : : : : ゝ、  ヾ、.| , '  ー,≡ニヽ ヾy ゝ                          ∧
.      i: : : : : : : : ``ー`、.!, '    i  ヾヽ .!  ヽ、              ,. -- ., _
. . .   |: : : : : : : ,: : ', " .i . . . .i   ゞ、;!    ` ><    ,. -‐ '"       ` ー-
      |: : : ,: ': ,: ' : : : : i|      i   、  .!         `><
      |: : : ,,: ': : : : : : : ||     .i   ヾ .!

9456 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:28:53 ID:vWmWv7SU0
後ろ盾……殺れるものなら……!(ギアス発動します)
アドルフの死亡率が下がることは素直に嬉しいのだがなー

9457 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:29:24 ID:xF.ClabA0
だが、味方として考えるならこれ以上なく頼もしい支援だな



9458 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:30:11 ID:NdsPrx0k0


.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    /            ヽ
        l ミ  .∧.  /  `ー- 、        ‘,
         _j_7ヘ   ∧. 冫   、___ ,            }
      _r">’、 ヘ   ∧/     ̄            /_
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7   「なんの。
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'    師匠には恩義もありますし、維緒の事も心配でしたお。
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉     むしろ、呼ばれずに後で事情を知るよりは余程マシですお」
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l






              _ ,,  ,,
          , ;'"彡三 三 ミ ミ`丶
.        ////'"'"/ '"三 ミ ミヽ
.       /'"'"''""     '"'"ミ ミ ミヽ
       /, ', ' ' '  , ,_, ,,_    ミ ミ ミ ヤ
      7 、、   f彡≡¬'"'   `ミ ミ ミ;i   「そう言ってくれると助かるよ。
      ミ≧ヘ  ,'  _ ,,,,,,、    `ミ ミ ミ;i     だが、何かでこちらもお返しをしたいところではあるが………」
      | , -,ミ    '、´_廻,.` 、‐  ミミ へミ|     ,. イ
      {; 、ゞノ  `.ヽ.      ,';' ´/ヽマ= 彡彡",. ノ´
       | '/   、 _       ,' __) )/ミ ミ ≦彡"´
.      | ゝ _,. ‐- ´、`\   ,';' ` ´/ヘ}}マミミ、=-
       、 f 从 、 、 w`w,.ゞ)    '/ミ` ´  ソ Ⅵ ヘヘ
       ヽヤ ```  ̄   .i ` ` ー-``' _    ⅵ .ⅵ
  __     ヘ  ー " ´   i        丶  ソ  ヤ
  Ⅴ `` ー- ‐-i      _ ,,i         `ヽ   ,'
  ヤ      ーヤ :';";';';';';i           7
   ヤ        ヤ  ,''_';';i          7
   ヤ    ∧ー 〈  7i  i       ,,;;;,  ,|
    ヤ   / ヤ i ';7 .i i ,, ,彡'"'"'` ー、"=ゝ
     ∨ ノ   ヽ Ⅳ レ'         ヘ   _へ
   , -‐'/,.>;:"7,;';7f´_,.. |          \ ゝ-` \
  7  "´, ,:'ノ , イ ヤ . .|            `´ ̄ ̄ ヽ
  7   ,', /   |i'`i  ヤ  .|          ,         ヽ
 .i   ,','7  , !ゝ'  i   .|    ,     ,.,'  _ ,.. ,- 、   ヤ
 i   ,';7 ./ ̄``ヽ、i  7    ,',   ,',',.イ      ` 、 .ヤ
. i   ,'/       ヽ '     ;',  . ;.i           ` |
..i  ./           \    ;',   ;.i            |
.i./ ,         : :   ヽ   ';',   ;i          . .|
'" ,','         ' '; ;   `ヽ ;', , '7            |
 ,','   ,. -‐ '" ``ー 、 '; ;    .ヤ ';' i            7|

9459 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:30:48 ID:u81Ar3Kg0
>ただし、何らかの理由により後ろ盾が失われた場合、この能力とこれまでに得た礼装は全て失われる。
だが、アドルフさん健在のまま後ろ盾を消し去る方法がある事が、逆説的に証明された!

9460 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:31:17 ID:agycIIR20
なにこれすごい
しかし、アドルフさんは戦闘において間違いなく一流の魔術師
そんな彼の家を建て直せる(目のある)魔術師の家ねえ

・・・八枚舌じゃねえよな?これアポクリファに繋がりうる世界線だし



9461 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:33:33 ID:NdsPrx0k0


 _ ,,...,, _
ミ ミ ミ ミ ミl:l:i: 、
ミ ヾ、、ミ ミ ミ ミミヽ、
ミヾ`` `ヾヾヾ`ヾヾ、ミ 、
ヾ          ヾ、ヽ
       ー-一    `ヾ   「どうだねやる夫くん。
{{r|r彡/彡彡   /rz,,,z,ヤ    この家、貰ってみないかい? 維緒付きで」
`"   `ヾ   , ≦'"'彡'_}
.._,,_-_‐_ 、   ' ,.., _  .i
ヾ"心`,.`     r,〒ヾ_.i         , - 、
   ̄,. ' '"  ヤミ''.´ i     , -、 (,
         ヤ   |     f    ̄   _
  /  _ ,. 、 _ i 、   }     `      ',
  ,/, ' , , `''"`ヽ,_ 7 .f ``、,-  、 ` ー ´
 / v 'w w_' " `-`‐`.:.'‐-ゝ ..,,__  ヤ
 " ' -‐¬i.:.:.:.:ヤ.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:i.:.:.:.:iリ|/. ヘ
      ヤ、:,'iiヾ、:イヾ、:イヤイリ/;`  ヽ
丶 、 _   .ヘ圭圭圭圭圭圭乍- '   ソ
ミ 乍圭圭圭≧圭圭圭圭乍´_i_,. イ ,'
ミ   `乍圭乍  ⅷ圭圭ⅷ´_ ̄_i_,. イ
ミ     ``ヾ'ヽ、   ヽ 'ー- ..,, i ,,.., 乍
ミ      .!:.:.:.:`:.、 `ーi-' - - 乍圭








\   \   /                   ヽ.    /  /
  \   \ /                       ヽ    /  /
\  \   /\                        i        /
  \     ,'               -ー'^~     ゙^'ー-   |     /
      i                 ./i⌒li        ,イ^lij  |        ̄ ̄ ̄
―――  |               ,' .l .l i     ,' l li  i      _____   「ハイ!?」
__    |            .::! ! l l     l ! l.l:.  !
三      |           ill|! `¨ .!       l ` l.|ii l       ――――
      |             lili:i   /     l  l:lili l
三.     |                ゝ '      、_.ノ '  \         \ ̄
       !               (____入___)   `Y     \  \
──     \             /         ヽ三三{    /       \\  \
         \          /             i三ミ{ ,.ィ´        \\







             _ ,,  ,,
         , ;'"彡三 三 ミ ミ`丶
.       ////'"'"/ '"三 ミ ミヽ
.      /'"'"''""     '"'"ミ ミ ミヽ
      /, ', ' ' '  , ,_, ,,_    ミ ミ ミ ヤ
     7 、、   f彡≡¬'"'   `ミ ミ ミ;i
     ミ≧ヘ  ,'  _ ,,,,,,、    `ミ ミ ミ;i
     | , -,ミ    '、´_廻,.` 、‐  ミミ へミ|     ,. イ
     {; 、ゞノ  `.ヽ.      ,';' ´/ヽマ= 彡彡",. ノ´
      | '/   、 _       ,' __) )/ミ ミ ≦彡"´   「ああ、こちらのほうが正確かな。
.     | ゝ _,. ‐- ´、`\   ,';' ` ´/ヘ}}マミミ、=-     維緒を貰ってみないかね? オマケで家もつけよう。
      、 f 从 、 、 w`w,.ゞ)    '/ミ` ´  ソ Ⅵ ヘヘ      物件という意味ではなく、正しくうちの研究成果含む全てだね」
      ヽヤ ```  ̄   .i ` ` ー-``' _    ⅵ .ⅵ
 __     ヘ  ー " ´   i        丶  ソ  ヤ
Ⅴ `` ー- ‐-i      _ ,,i         `ヽ   ,'
 ヤ      ーヤ :';";';';';';i           7
  ヤ        ヤ  ,''_';';i          7
  ヤ    ∧ー 〈  7i  i       ,,;;;,  ,|
   ヤ   / ヤ i ';7 .i i ,, ,彡'"'"'` ー、"=ゝ
    ∨ ノ   ヽ Ⅳ レ'         ヘ   _へ
  , -‐'/,.>;:"7,;';7f´_,.. |          \ ゝ-` \
 7  "´, ,:'ノ , イ ヤ . .|            `´ ̄ ̄ ヽ
_7   ,', /   |i'`i  ヤ  .|          ,         ヽ
.i   ,','7  , !ゝ'  i   .|    ,     ,.,'  _ ,.. ,- 、   ヤ

9463 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:34:12 ID:NdsPrx0k0
>>9460
違いますねー。
お金だけはあるけど魔術師としての実力が低い家が、
金銭で買収したもんだと考えてください。

9465 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:34:30 ID:hA5/b1UE0
嫁がもらえるよ!やったねやる夫!

9466 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:34:36 ID:fCH1jdNQ0
式神|ω・)「おい!外堀埋められてるぞ主!!」



9467 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:34:54 ID:NdsPrx0k0


                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ    
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ


【安価 ↓10~12】
どう答えますか?

9477 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:37:23 ID:BzsfsQMA0
いえ、そっちらは実力で口説かせていただきます
へたれてるとは思いますがいますこしの時間と機会を!

9478 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:37:35 ID:u81Ar3Kg0
確かに胸の大きい娘は好きですがね
維緒の意見は無視ですか? あの娘にも好みがあるでしょう

9479 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:37:43 ID:FQ6GWX2w0
師匠が本気なら腹を括りますお

・・・それで、なぜこのタイミングでその話を?



9488 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:40:38 ID:fCH1jdNQ0
やる夫はこんらんしている!!

9490 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:41:58 ID:bIEfolY20
>>9488
 まさしくそんな感じだな。さながら俺達のごとくw

9491 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:42:43 ID:BzsfsQMA0
せいだいに混乱させたかもしれない、やる夫すまんおっぱい

9492 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:43:19 ID:xF.ClabA0
でもいきなりこれが来たら混乱することを考えれば、自然な反応のような気もするw



9493 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:43:49 ID:NdsPrx0k0


                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \     「確かに胸の大きい子は好きですお。
           /    __ノ  '⌒  ヽ      けど、あの子にも好みがあるはずですお?
            |    ( ● )  (● ) .|       あの子の意見を無視するのはいただけませんお」
       /,〉/.|      (__人__)  |\
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |





                ,z、
             _>'"  ` ー ´ ` 、
            z'_-‐'"´´ ``<   Ⅴ
        ,. - '". :. : ̄ ̄: Г: ー-`、:.,_ Ⅴ
      / . :. :,.. :''": ```: ヾゞ丶:;:;:;:,. . :``- 、
     / . :. :. :_,斗.==〒 ̄ ̄><:;:;:;:;:;:;:, . :\
     ゝ . :, '"乍;、、. ヾ派ヾ'"ミヾ、 ミ ミ><:;:;;: . :.ヘ
     ゙マ_`:-〉ヾ_'’ ` "f、テ ,  ミ ヘ ヾ圭≧:;: ハ   「魔術師らしからぬ意見だね。
        `"!´fj7  `  ̄ ′ 卜/∨ヘ !幵ノ` 冫    だからこそ、君にならと思ったのはあるが。
         ! `'_  ヽ     ' _又.〉| ソミ彡´'"
         ! ,r,`ハ;、ヾ、ヽ、 " -‐/;イ派ミ ミ、、
         八>.iv_w_w_沙   !`-'イ派ヾヘ        まぁ、無視するつもりはないさ。
        >"  | - ‐   _ ,..《圭仆 ハヘヾ一ラ       そうだね、本気で維緒を口説いてみないか、とでも
       f .   |_,,.._-‐ョ'ii"圭圭㌢,',',:,:,   ∨         言い換えよう」
       |     |ミ、  ̄冖≡或圭,',',',',','  Ⅳ
       .i.    Ⅷ、ヽ  z、  /乍, ',','    i
      _χ_ .   Ⅷ > 、、` /乍' !',',   i_ヽ
   >">" ヽ、.  Ⅷ:::::::::;i|ハ=,'4:::::ヤ    ト 、` 、
_>,">"   ;、 `  ゞヽ:,乍:::::Y:乍ゞ:圭   !|  ヽ ヽ






                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|.      =-=   =--'' ',    「うわぁ、本気みたいですおね。
.          ',      U     ヽ   l     つーか実力で口説くとか、それはそれでハードルが斜め上に………。
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<      へ、へたれてるとは思いますが、その場合は今少し時間を。
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ     あと、機会を………待つのか? セッティングに協力してもらうべきかお!?」
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|                                   「落ち着け!」>師匠
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |

9494 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:45:10 ID:u81Ar3Kg0
エロネタ好きな出来る男の癖に、すぐヘタレる
だが、それがいい!

9495 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:46:52 ID:fCH1jdNQ0
式神|ω・)「セクハラは照れ隠しっぽい面もあるからなぁ……」



9496 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:47:14 ID:NdsPrx0k0


         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.    「………まー、やる夫の実家の筋とか、今の立場とか。
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.    師匠や維緒の立場を考えるに、無い話ではないと薄っすら自覚はしてましたお。
  { ∪ "'               、、 }     ………あんま考えないようにしてたけど。
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////      というか、何故今この話を?」
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´






             _ ,,  ,,
         , ;'"彡三 三 ミ ミ`丶
.       ////'"'"/ '"三 ミ ミヽ
.      /'"'"''""     '"'"ミ ミ ミヽ
      /, ', ' ' '  , ,_, ,,_    ミ ミ ミ ヤ
     7 、、   f彡≡¬'"'   `ミ ミ ミ;i
     ミ≧ヘ  ,'  _ ,,,,,,、    `ミ ミ ミ;i
     | , -,ミ    '、´_廻,.` 、‐  ミミ へミ|     ,. イ
     {; 、ゞノ  `.ヽ.      ,';' ´/ヽマ= 彡彡",. ノ´
      | '/   、 _       ,' __) )/ミ ミ ≦彡"´   「何があるかわからない。
.     | ゝ _,. ‐- ´、`\   ,';' ` ´/ヘ}}マミミ、=-      世の中、そういうもんだと実感したからかね。
      、 f 从 、 、 w`w,.ゞ)    '/ミ` ´  ソ Ⅵ ヘヘ
      ヽヤ ```  ̄   .i ` ` ー-``' _    ⅵ .ⅵ      やる夫君が来るのがあと数分遅ければ、
 __     ヘ  ー " ´   i        丶  ソ  ヤ       冗談抜きに私も維緒も死んでいた可能性が高い。
Ⅴ `` ー- ‐-i      _ ,,i         `ヽ   ,'         そう思うと、どうしてもね。
 ヤ      ーヤ :';";';';';';i           7
  ヤ        ヤ  ,''_';';i          7              “覚悟”が出来ていなかったと言われれば、
  ヤ    ∧ー 〈  7i  i       ,,;;;,  ,|               それまでだが」
   ヤ   / ヤ i ';7 .i i ,, ,彡'"'"'` ー、"=ゝ
    ∨ ノ   ヽ Ⅳ レ'         ヘ   _へ
  , -‐'/,.>;:"7,;';7f´_,.. |          \ ゝ-` \
 7  "´, ,:'ノ , イ ヤ . .|            `´ ̄ ̄ ヽ
_7   ,', /   |i'`i  ヤ  .|          ,         ヽ
.i   ,','7  , !ゝ'  i   .|    ,     ,.,'  _ ,.. ,- 、   ヤ

9497 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:47:32 ID:BzsfsQMA0
セッッティング→婚活戦争



9498 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:49:01 ID:NdsPrx0k0



 _ ,,...,, _
圭圭圭圭ミlllii: 、
圭ヾ、、圭圭圭圭ミヽ
ミヾ`` `ヾヾヾ`ヾヾ、圭、
ヾ          ヾ、ヽ    「すぐに、とは言わん。ゆっくりでもいい。
             `ヾ     だが、維緒の事はどうか考えておいてみてくれ。
{{r|r彡/彡彡   /rz,,,z,ヤ     ………それが、私の願いだよ」
`"   `ヾ   , ≦'"'彡'_}
.._,,_-_‐_ 、   ' ,.., _  .i
ヾ"心`,.`     r,〒ヾ .i         , - 、
. i' ̄,. '    ヤミ''.´ .i     , -、 (,
         ヤ    |    f    ̄   _
. |     , 、 _ i     }    `      ',
.u ,,,、,, ,  `''"`、、,_  7 .f ``、,-  、 ` ー ´
 /彡''"""_,.  -`‐`.:.'‐-ゝ ..,,__  ヤ
 " -‐¬i.:.:.:.:ヤ.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:i.:.:.:.:iリ|/. ヘ
      ヤ、:,'iiヾ、:イヾ、:イヤイリ/;`  ヽ
丶 、 _   .ヘ圭圭圭圭圭圭乍- '   ソ
ミ 乍圭圭圭≧圭圭圭圭乍´_i_,. イ ,'
ミ   `乍圭乍  ⅷ圭圭ⅷ´_ ̄_i_,. イ
ミ     ``ヾ'ヽ、   ヽ 'ー- ..,, i ,,.., 乍
ミ      .!:.:.:.:`:.、 `ーi-' - - 乍圭






                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !   「………分かりました。
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /     考えて、遠からず結論は出しますお」
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7

9499 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:49:04 ID:19E4BF/o0
なんか死亡フラグたってないか?

9500 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:49:44 ID:fCH1jdNQ0
式神|ω・)「あの娘の幸せな姿を見るまでは元気で居てくださいよ、御老体」

9501 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:50:16 ID:rX10Z15.0
俺、この聖杯戦争で生き残ったらイおっぱいにプロポーズするんだ…!

9502 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:50:39 ID:u81Ar3Kg0
>>9499
Q.誰に?
A.やる夫と師匠といおっぱい



9503 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:51:42 ID:NdsPrx0k0
























      ────────────────────────────────────
     _____________________________________
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                       ||
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ||
                        |   ||
                        |   ||
           、、         |   ||
        ┼┐─          |   ||
               ̄| 、、       |   ||
                  ┘    |   ||
                    /  |   ||
                  /    |   ||
                      /|   ||
                        |   ||
                      /|   ||
                    //|   ||
                ////|   ||
      _________|   ||
                   r──-、
                   {二二  |
                    {二二  |
                     匸二..__ノ
                       ||ノ
                       ||





             ____
          . . : : : : : : : : : : : : .
        /: : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      / : : : : /: : : : : : /: :i : : : : : i : : :∧
     / : : : : /: : : : : : /: :/li : : : :.:.i: : |i: : :.
      .′. : : / : : : : : :|:/ 八; : ::.:/i: : リ : : !
     .′: : :/i : : : : : : : i/ ̄  ヽ: /`}: /: :/: |
     i: : : : {「| : : : : : : : トミ    ′j厶イ: : |   「おじいちゃーん。私のPSP知らない?」
     ’: : : :い : : : : : : : り_ '     fり /} i: : リ
     八: : : :.i: : : : : : : /'''      {  ''',小: /
       ヽ:.:.:.i: : : : : : /       '   /: : /
        \八: : : :./      ,、  /: /|i
          `¬ヽ:/  `   .__ /: :/ _リ
    r―‐ __r{三≧,,、   ├‐ 一'
    ,′     \三三三ヲ_}ミi__  -- 、
   .           \三彡'从}ハ!__
    {            `ー、イ  ィ介ト、`ヽ  ∧
    |            \/ { \≧ォ'__/-、\
    |         ∨      ` <>‐ 、   \\
    ’,       「 〉//       \ \\\ \
    ’        }_/// /         \ \\} /ハ
     ,        ∨/   /         \__}     }
      .      〈   / /               i  ∧
       '.      }_彡'                 i  / ∧
       }      {      --   __    __   厂 / .
       {\      }  -‐―――        /     ,
        〉、     |                /      /
       }      |              /      /
       |      ’,          /      /







             【師匠&やる夫】人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人
             )                                              (
             )       うわおわあばらぱぁぁぁああああああああッ!!!?      ..(
             )                                              (
             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y.Y

9504 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:52:36 ID:19E4BF/o0
>>9502
大変だ!もっとフラグ立てておらないと!

9505 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:52:41 ID:H5qt7LKo0
これはもしかして、ドアの向こうで聞いてたかもな。

9506 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:53:14 ID:fCH1jdNQ0
式神|ω・)「うろたえるんじゃあない!!式神はうろたえない!!」

9507 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:53:35 ID:IvtUknZ60
ウワラバァァァァァァ

9508 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:53:31 ID:VTirt0L60
扉越しにきてて意識しちゃったとか、そんな俺得展開ありませんか!?

9509 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:54:04 ID:FQ6GWX2w0
落ち着いていおっぱいを測定するんだ!

9510 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:54:04 ID:.wp4o3CE0
>>9499
良し、フラグ建設ごっこ開催しよう(提案)

9511 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:54:07 ID:u81Ar3Kg0
>けど、あの子にも好みがあるはずですお?
誘導する気はないんだけど
これに師匠から「維緒はやる夫を好いてる」発言がないと、なかなかやる夫からは踏み込めないよなぁ…
とも考えちゃう草食系

9512 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:54:26 ID:agycIIR20
>>9463
亀ですがありがとうございます

しかし研究成果までくれんのか
・・・やる夫を「後継者」としてみてるんだなあと思ったらふぉぉ!?

9513 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:55:09 ID:xF.ClabA0
ぴ、PSPなら谷間に挟まってるでしょ!



9514 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:55:13 ID:NdsPrx0k0



                                     .   ´  ̄ ` :.. .
                                       /        .. :::::::\
                                     . '           .:::: ::::ヽ
                                  /  /      i .::ト、! .:i リ :::ハ
                                 .   .'     N ..:::!´\.:ル .::イ ::ハ
                                  l .::i   .::l ..:l:|\j   `,ィ.rヘ :::: ハ
                                  |:! ..:!  .:::| .::l:|テk`   以 i :: l ハ
                               从.:::l  .:::| .::l:|烈′   "" .リ::::lル'
                                  人 :ヽ . :! .::リ  u   '  /:: 从
                                   ヽ ::ヽ .::::::/    < フ /://     「………なに、その反応?」
                                      \ )ル' >  . __ . イル'
                                     /´ 〈///\    /  Y
                                      / l!´∨.///\ 〈ハ  {
                                  /  |  ∨//// Nル'  ノ
                               /  .人  ∨.///リ只  {
                                 /      ̄ )⌒ 7Ⅹハ\ヽ
                   /「 ̄j ̄ >x  .ノ!       /   /Ⅴ|/|\} }
                   /´ ̄`\/  ̄ `ー' /       人___/Ⅴ人j\∨
                 / _   /      /  ヽ        〈Ⅴ    ∧ 〉
                     j´   ̄/       /    l    l      /|
                   ノ __ _ i{       /    l|    |   __. イ  l|
                i´  _ |     /       |    レ'´ ! ノ  |
                レ'´   从               l|    |`ヽ |    l|
                 Y´    人            ノ!     |  } ト --. 'ノ ̄フ __
                  }  / /> . _ __ x<   |    |_ノ .从 ̄    __ メ







    ∨      ∧、
   /`ー- 、 .,__,.. -‐ '∨
.-‐ "、ー- .,___  _,.. -,.'" ` ー- 、 .,_
、_   ``ヽ   "   '´   _,.. -‐ "
ゝミ`lミTァァョ ,._,,. ,;;-、‐ヨ"´             /ヘ
> fミ. u "ぅ`, ` "、'.♀` ,f,iTー、           /.:: 7 /
ニf冖i ヽ  ̄"ι u  ̄u.'i:,!i  7  .        7 .: 7 /.:    「いや、なんでもないぞ維緒!
! | .:: H ̄iノ, , ヽy'、沙 //|i  7--- 、       7 .: i. 7.: .:     それよりお前のピコピコだったか?
:!.| .: |.| .: |"7 ̄  ̄ユ.イ乍i   7,-‐'",`ヽ,-‐¬、_,.7.: .: u'.: .: .      それならえーと、この辺に………」
.:|:三:||.:: i或_ー--ケ."イハi  7. /   ̄ -‐ '" /.: .: .: .: .: .:
u.: .: u..: |;:;:>i弐'"/:;:;:,:;i. 7/ ,.;:; f..ー--..=,/.: .: 、ー--.: .:                        「ピコピコて」>やる夫
.: .: .: .: 八///".〉、;:;:/;:〉、 `  ,:;:;' `ー--=、.: ヽ .: .ヾ:;:'.: .:
ー- .: .: .: .:ゝ".: /乍!,:';:/. ∧  ,:;:;'    ノ;:/,\.: .: .: .: .: .: .
.: .: ./ .: .: ,.<;:;:;'";:;:;/、  / .;:'  //:;:;イ/ハ/`ー- ‐-、.,,_
.: / .: .: .: 丿/;:;:;:;:;:;:;:/圭i /" ';' / /:;:∧〈:;/  八ゝ.: .: .:

9515 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:55:29 ID:8X7mVEbUO
青春っつーかなんつーか……壁もってこーい

9516 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:55:41 ID:9bB49J4A0
ピコピコてww

9517 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:55:51 ID:.wp4o3CE0
おじいちゃん…

9518 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:56:07 ID:HrwPlCSI0
ピコピコorファミコン

9519 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:56:18 ID:fCH1jdNQ0
式神|ω・)「御老体ェ……」

9520 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:56:21 ID:H5qt7LKo0
>>9511
好みもだけど、兄妹の意識の壁もあるよな。
得てして実は意識してるのはやる夫だけで、維緒の方は端っから見ていたのは兄としてじゃないとかあるが。

9521 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:57:25 ID:jv3D.Q260
強烈な時臣臭がするんですがねwww

9522 :名無しのやる夫だお:2013/06/12(水) 23:58:10 ID:FQ6GWX2w0
師匠がフォトカノやってたら笑うw



9523 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/12(水) 23:59:33 ID:NdsPrx0k0


                . : : :¨ ̄ ̄ ¨ : : 、
.             / : : : : : : : : : : : : : ヽ
              ′.: : :′ : i: : :!:.:} ト: .:}
             i: : /.: :i:. :. :{: : :ト厶j:」ノ|
             { :/{: : l: :. :.||:.:.:.|x┬ { :|   「ん、ありがとう。
             V:.:l : :l:.:. :.:||:.:.:.|ゝリ 、:|     セイバーさんが伊達で修行を積んで挑んできたから、
.           八 !:.:.:l:.:. :.:||:.:.:.|   /|      毛利で現実を見せてあげたら落ち込んで“の”の字書き始めちゃって……。
              ゝ:_;l_:_;_八: .:|  ´/:人
                 [=‐- _ `7 ̄}/
              /=‐-  __]ェ、        どうにも、連続惨殺事件で学校が休みだと、
.              /: -: :\≪⌒[ ]^>      時間を持て余しちゃうね。聖杯戦争も、今日は動きがなさげだし」
               {: : : : :` : ヽ`¨ヽ\: .、
               }: : : : : : ヽ: :  ̄ } 〉ヽ`:.
.             |ニ=‐-: : :l::}:. : : :У: : :}: :l
           | : : : : : : l/.: : : :. :. : : : : j
            |: : : : :. : ;∠: : : : : : :ノ ノ
             | : : : : : :' : : : : ‐=≦r"
              j: : : : : :′l: : : : : : : :|,
            ハ: : : :/.: .:l : : : : : : : l ,
             /: : : : :/〉: : :>=-:. :. :. .:l/,
.           /: : : : ://: :[二二二]: :. :|:/,
         /.: : : : //: : : : : : : : : : : : :| :/,
         / : : : : '/.: : : : : : : : : : : : : :!: :/,
.        / O: : : /=-  ______|: : :/,
        { O: : : / /             | : :/}
        /=┬ 7 /   /    l     | : : :|
.     _rッ'/ / / /   /          l二「
    〈ニニ / / //  /     l    ' | i|
.    └=‐´ / //   ′    l   ′ Ll |
.        〈 //          l   /   トン′
        ` =‐- ′_     l   ′  「








            -‐― -  _
          /: : : : : :′ : : : ヽ
         ′: :/.: :.:.:{: : /!: .:j: ::.
          /: :/ /.: : :/人/、} :∧: :}    「ここ数日、連日ニュースでやってるよ。
.        / :/ :/ : : //佗ハ レ' ー}/ト、    さながらアメリカで起きた“リジー・ボーデン事件”を思い出すような
.      ノ/: : : : : ://     fか{: :| )     残虐な犯行だって。
.       }∧/.:/:イ、   _ ′/.:/}
.        ′ `ー/rト \   `..イ:/丿
       /⌒ヽ \ `>`爪}/ ′      特集も何度も組まれてたから、その事件とリジー・ボーデンって人にも
      i : : : : : ‘: <⌒仁l^>          大分詳しくなっちゃった」
       |: : : : : : :}: : `7 癶\
        |: : : : : : :|: : 〈 /: : :`ヽ`: : 、
.      |: : : : : : :|:. :.:У: : : : : :}〉 : :.    /`ヽ
.       |: : : : : : :|: : : : : : : : : : j: : : :}   /丶/
     |: : : : : 〈:.: :. : : : : : : :/:. :.:ノ   /  /
      | : : : : ‐-ゝ: : : _: : : ´{0: r", -=ニヽ,_/
.      : : : : : : : : : : : : : :  ̄/=/   二 }ニ〉
        ゝ: : : : : : : : : : : : : :/ {_ _ rッノ匕}
           ̄ ‐-r : :_o o /ー′|人_>┘
           /: : : : : ̄: :{: : : :{_r ¨´
             /: : : : : : : : :.{ : : : {

9524 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:00:45 ID:vrcUIP8I0
式神|ω・) 「イオさん実はしっかり聞いてるだろ……」

9525 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:01:04 ID:TKz5Ct960
母親を殺した娘だっけか?(逆かも)

9526 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:01:09 ID:1DX54SpM0
なんで戦国農民をつかってしまうのか・・・

あとオクラは自重しようよw

9527 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:01:15 ID:mZO999BQ0
鬼かwセイバーさんあはれ

9528 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:01:37 ID:SdTebtp.0
リジー・ボーデン、Wikipedia先生によると民間伝承にもなってるそうだからバサカ確定か?

9529 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:02:07 ID:RWSa.wo60
ジャギトキより詰んでるんだっけ?

9530 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:02:20 ID:FSTXUKuI0
英霊リジーボーテンか・・・

9531 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:02:27 ID:JQjAquQI0
このイオは間違いなくゲーセンでジャギ様で遊んでる種籾にレイかユダかトキで蹂躙しにかかるタイプ

9532 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:02:32 ID:jbla32uM0
セイバーさんが修羅の道を歩んでいた件



9533 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:02:34 ID:nsVflS5w0



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--    u }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j   「うわぁ、魂喰いした組も何考えてんだお。
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |    そんなに話題になったら神秘の隠匿とか――――」
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |






                   _
           、,.yv/'二三三三¨ミ≧z、
          ./ゞ_,.'_'"¬≦´ 、、,  `ミ ミヽ
     ,., -- 一'   /'θ,.` ,,""ヽ  ヾ、 `ミ ミ ミ ヘ
  ヤ"     ヾ ニ´三"  `ヽ    `  ミ ミ ⅵ ヘ
   ヘ  ュ、 .._  '.、             ヾ ミ ⅵ i
.,,  ,-`、,    `` ヾ、      ,:';';';';':,.  `ヾ ミ ⅵ i
" ョi||lliil|||ゞ_ヾ,,,w ミミ     ,:';';';';';';';';';、. i|ヾ ⅶ i i i}
,,)liiil|!!'""´ ̄""ヾー 、     ,:';';';';';';';';' ,.,ゞ,'ヾ-,.┐i.i.iリ
"'ⅷ'ソ:;:;:;:::          '  ' '  '"/'f,"i'´__,.|.i.i.iリ     「…………ッ!?
  7           ':;,   U     ',, 」 ヽ .!.i:i:リ       いや、これは、まさか…………ッ!!」
  7                     、"_,:,ー'ィ'i:i:i:リ
 7、、、、ヾヽ、            イ`ミー、'´Ⅵ:i:i:リ'
 \\\\\\ヽ 、.  f´ ̄ ̄ ̄ `` ''ヘヾⅦiii;';彡
   .\   ` ヾヾ\\`|  | ̄`` '' ー- 、 `ヾ彡'ミミ
    .\、 、、 、   `ヾ、! .|        `` 、 ヾ、`
       ヽ ```    ,.,.! .|           ` 、
       ヤ     ,';';'!  }
      _,. ;ヘ    ,';';';ヤ .|
,.,, イ////乂_,.,.;.;';' ' . ヤ |
////////////ヾ;';';'  ,.;ヤ.i
//////////////|'.'   ,';'7 .|   ,.,.,
//////////////| ,.- ‐7 , ,.;';';''     ':;:,.,.,
///////////////   i .7,.;';''  ,.,.; '     '':';';';.,
ヾ///////,、-‐ ヘ´\ f 7;''  ,.;';':'       ' ':';';.,

9535 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:03:13 ID:aZ6AoSQw0
知名度補正を後から上げるということか?

9536 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:03:14 ID:wQeaCwD.0
リジー・ボーデン……
たしか真犯人が不明なまま集結した殺人事件だったか

9537 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:03:29 ID:SdTebtp.0
噂の強化で鯖強化?

9538 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:04:14 ID:TKz5Ct960
>>9537
自力で知名度補正を上昇させる離れ技!?

9539 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:04:32 ID:JQjAquQI0
魂喰いによる魔力補充だけじゃなく、宝具や本人の性能が上がる?

9540 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:04:40 ID:SYOyM9gk0
概念系って言っていたけど真犯人不明の殺人鬼とかかな?



9541 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:05:57 ID:nsVflS5w0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・





                \
        /       \
.     /        \
          /       \
          /         \
.       /       /       \
    /. //    /  /      .冫
. /.        /  //     ./
          /. 、∠ /.   /
       //_<、 /   イ
     /イ ゝン ヽ/.  /ノ
   /       `^´/. /|
 /;l!        .//  i
  `iii、.     /    !
. >|ili|   l!        !
    > |il!         │
 <     >  ┌ 、  .l    「―――どういう、ことだ?
    <     >   ゛      痕跡を見るに、ここしばらくの連続惨殺事件は【魂喰いではない】。
       <     >       ただただ残虐に、殺しただけだ。
          <     >
             <     >  だが、人間のものとは思えない力。
                <      どう考えても、聖杯戦争と関係の無い輩の仕業には思えん。
                 /       いったい何の意図で――――」
                /
               /
            /
             /






    ハ ,r` >-、 _, ィ、___ _`二´_, ィ 、 ノーくこ}
    ヽV_ゝ「ヽ r<_    /    ハ _ゝ, r<
      / ~,ヘ」/ }___ f――z___j ̄L.」  ヽ
     ,  /   / /   /,イ.レイ 〃/|l _А| 川  }
    ノ  /  ノ〃  /   フ7ナトノ /// jイ_ム,ル' ,リ ハl  「―――ねぇ、マスター。
   /   /./ {{  〃  //ナフメ 〃 /,仏ィヤ ハ /    私は魔術とかは門外漢なんだけど。
 /   /,´  ,バヾハ{ ,仆ヤモテ7ヾ    上ソ ,ハ,ノル
く    , 八 { ( ノ リノⅥトゝ   ̄    {   イ ヽ{ く
 \  ハ{  ヾシ′{/  ツハ   _____ ノル ) ハ     この聖杯戦争、私達サーヴァントの強さの基準は3つよね?」
   ヽ{ ヽ l{  〃  {{ _,.斗 ´     .|  ̄ 7 <_
    |ト- -ゞルi八,.ゝ<          |      /  >、
      {  ル'′\              |     ./     / \
       `y′     \.           |    /   /     ヽ
       /       \       |   ./  /         ∧
    r<_> 、         \       |  / /            ハ
    `y〈_fヽ,>.__      \    .|            ,   ´
    /    `ー√ヽ>       _, - う      > ´

9542 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:07:18 ID:Quw7hntk0
いきなり言われても、リジー・ボーデンなんて、誰それレベルだもんな。

9543 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:07:49 ID:FV4lIvtQ0
リジー・ボーデン、マザーグースにもなってたな…

9544 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:07:52 ID:SuU6JeL.0
知名度補正を後付けで上げる・・・?



9545 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:08:40 ID:nsVflS5w0


                         __ / /
                  .   ´:::ヌ´    /` 、
                 /:::::::::::::/ /⌒ヽ 〈:::::::::\
                〈 ::::::::::_/ 〈 (__メ  〉::::::::::::\     「1つ、生前の能力。実態。
              r‐‐ァ>'´ :::::::::> :.___(::::::::::::::::::::ヽ     1つ、神秘の深さ。つまり、経過した年月。
               〈::::::::レへ. ::::::く :::::::::::::f⌒)::>:〒:::::::::: .     1つ、――――」
              \/   /´ ̄!\::__メ (::__::__メ>.__:ノ
                 |l !  { rト从:.  リ≧≠ 、  Ⅴ::::::ハ
              ノ从  ト 以!从ル ィテ〒く.   ∨⌒ー -‐ ´ ̄ `ヽ
                { 人 乂_ .    i以リ  ヾ  \       /⌒
              r人 \ \ ‐ 、   . ィ升 ヘ    \ _r--‐‐'
                 /:::::::}ト.  ヽ.j\ _  ≦{入ノル'  ルハ⌒
               /:::::::::::::レ1「!   }   {./ [l 「::}イ:ヽ
                i:::::::::::::::}ヌ!「!.   从   /  [! {::::::::::::::\   , 、
                |::::::::::::: }ヌ!「!   人 /   「l {::::::::::x< ̄「/ /⌒i
           〈::::::::::::::::}ヌ!「!  /〉 Ⅹ==k[人:::/  r─ }'  /  ハ
           く⌒Y⌒「7 メ く::::::〉〃.li Ⅵ_メ :Ⅴリ\  ̄ iし 〈__メ / 〉
          く \ !  i/ / /:::::::〉{{__|ト、i{:::::::::V   ヌく´\⌒\ Ⅵ
           \_}__.⊥.__/ ::::::::::::}〉 ̄  Ⅴ:::::::::〉ー/ \ \\ノi   !             /:´::`ヽ、
            /l⌒「⌒「 \.::::::::メ    .メ.:::::: イ\_{  /⌒ヌ::::_/  |             /::::::::::::::::::::\
             / jレ1 __ j.  \:メ ___メ__ :::」j\::人 .{::::/:://    !、       / ::::::::::::::::::::::::::::::\
.          〈レ「::::::::::::::::Yメ}ノ 三三彡/:://∧\\::\ij:/ /   从\ _ __ , < ::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           Ⅵ::::::::::::::::::::::::∨三三ソ/:://// \::\\:Ⅳ ト. __ /| ! \\ ::_::::::::::::::::`ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |:::::::::::::::::::::::::::∨ / /::////:::: :::::\::\:|{  !    .从  \\ ::::::::::::::::::::::ヽ .::::::::::::::::::::::::::::
              /|::::::::::::::::::::::::::::::∨ ./!://// .::::::::::::::::\:从 人    人    \\ ::::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::
           /:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::∨ {//// .:::::::::::::::::::::.:ヽ人 \    \   \\ ::::::::::::: | ::::::::::::::::::::::::::::
             /:::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨!/ /!.::::::::::::::::\:\:::\\ \ _____.\    \\ :::::: リ ::::::::::::::::::::::::::::
         . ':::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V!./::i!:::::::::::ヽ.::::::\:\:::\\ __ __ __  \   ヽ \:/::::ノN :::::::::::::::::::
       /:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵイ升「三∧:::: ::::\ \::\ >-- -- ⌒ \   ):/ /  .! ::::::::::::::::::
       /\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅷ!「_メ__メ 〉イヌ:::::\:\:::\::::::::::::::::::>=≠ )/ \:::{   リ ::::::::::::::::::::
.      〈   \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}\⌒ }ヌメイ斗く :::::::)ノ:\:::\ :::::〈/:/ _メ、_  Ⅵ //´ ̄ヌ.:::::
      \   \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ.\ レ<ヌ : :: :\:::::::::::::::X>::\:メ メ´ :: ::::: :::>::レ' / _/.::::::::::
.      /\   \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::\  \ノY) .::::\.:::/〉/⌒j_メ´ :::::::::/´ / 「\ .::::::::::::::::::::/


9546 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:08:44 ID:xRPqYWBY0
つまり、模倣犯を装った自演?

9547 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:09:12 ID:FV4lIvtQ0
>>9542
マザーグース(童謡)のSATUMBATSUとした歌詞で一部で有名w

9548 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:09:23 ID:5liFtFVA0
日本でリジー・ボーデン事件なんてすぐ出るわけないし。
こりゃ報道動かせる政界とかの大物関わってくる可能性もあるか?

9549 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:09:43 ID:/Gh5IQdQ0
知名度補正か

9550 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:09:51 ID:FV4lIvtQ0
バサカ、ハンプティ・ダンプティも歌ってたし

9551 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:10:16 ID:k.OicKnk0
『リジー・ボーデン事件』をまた起こして認知度上げてると…

9552 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:10:31 ID:aZ6AoSQw0
ギルガメッシュはギルガメッシュナイトのおかげで知名度高いからな



9553 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:10:42 ID:nsVflS5w0



                  ー―== ニ  ヽ
                     ` ー-ミ_ ゝ
                     ,  -‐…‐-=ニ   \
                 /: : : : : : : : : : : : : `ヽ  \
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : :‘, |! \             ! ヽ
                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i i! ‘/,〉           :   :.
  _             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' V//-i        i   i ´!
     `ヽ        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   / : :7          >   ノ
              〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>< : :_/        {  /i 〉
          \    \: : : : : : : : : : : : : : : : __; : :イ: : : :,ィi´i:i}          ´
            ` ー-/i辷=- r‐‐-: :イ⌒7´ {: : :.厶イ /ノ: ノリ
      `ー-‐<   /    ̄⌒ー- i辷ニフT「代り 乂 〉イ           「―――サーヴァントに対する認識。
            /              / 八i:}     _,.!             名の知られ方。信仰。即ち―――知名度。
                       / ,イi ノ     ´,/_      , ヽ、__    特に、戦争の舞台となる知での知られ方、
   ゞ、       ‐-         / (. /iイ  7 ー=行三三ニ==/,-、_}i 「i   知られ具合は、そのサーヴァントの性能に
     ゙ ー -         > -=彡イ   )イ;乂`ヽ/__    ̄ ̄二ニて_` ¬,八_り、  大きく関わってくる」
.   _ 。. :+*:゚⌒ー-=≦   ァ 彡ノ, /  /   /几:(乃、     `ヽ、
       _辷⌒ ー-=イ / / (      _/几⌒: : : ヽi         7   ,′
.      ノて/      {(        / /几⌒: : : : : : : :マ辷- ミ  /    /
    、-=(                /几⌒: : : : : : : : : : : :}`ヽ : : \   /
  ゙㍉               /   辷て :{: : : : : : : : : : : : : : : :.i.: : : :‘,./
  ゚:。、                  /": :从 : : : : : : : : : : : : : : : }i: : : : !/、
  . ::.: .               /     ,( (: : : : :∧.: : : : : : : : : : : : ィi7ノ: : : :.| i
   . : `*,             辷⌒ 人: : : :.:(\ : : : : : : : :/ イ  `ヽ/  〉
    . :. :ゞ。      / 辷=-て⌒: : : :\ : : 辷_ー-「辷 / ノ {i   Y /
      . .: ゚ :+: …ニて⌒ー ′: : : : : :.≧=-- >-‐=彡イ  |   _ノハ
         .: . : _: :_: : : : : : : : : : : : : : 寸ニ //  ,  ,'   :!/´: : : : 〉‐:- ..
        。*'゚´     ` マニ=-----<_/ニ/=/  /  i     :7 : : : :∧:、::::::::::::::...
    . : ゚           `ヽ: : : : : : : : : : : : :  ̄辷__{-- ‐=彡: : : :/: ‘,::ヽ:::::::::::::::::`ヽ
  , :"_                 丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : >‐-: :.:-: ; ': :_: :}:::::‘,:::::::::::::::::::.
 ゚゙。: : `ヽ                丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ´ `!::::::::::i::::::::::::::::::::::.
   _〕    ゙:* 。、_ ,.              ) _: : : : : : : : : : : : : : : : :/     .:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::i
  ゞ、       ` :、        ''"´、: : : : : : : : : : : : : : : : /      /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::}

9554 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:11:19 ID:X563Utms0
知名度補正で底上げとか考えもしなかったわw

9555 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:11:30 ID:vrcUIP8I0
式神|ω・) 「タタリの手法!?」

9556 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:12:01 ID:Quw7hntk0
>“リジー・ボーデン事件”を思い出すような
これって、誰かのリークが入ってる?
犯人が見付かっていない以上、死体や犯行状況しか繋ぐものはないわけで、
斧で殺されたなら、日本だったらジェイソンとかもっとそれっぽいものが連想されるような気がする。
ジェイソンはチェーンソーかもしれんが、俺の発想の限界だ。

9557 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:13:07 ID:FSTXUKuI0
>>9556 暗示魔術の連打で行けるかもしれん。多分コネだろうけど

9558 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:13:13 ID:nGPLw6ug0
またアトラス関連とかか!?



9559 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:13:54 ID:nsVflS5w0




                   ―――
              <             ` 、
             <                     ',
       /               \  \   \   ',
       {           Ⅳ ` 、 \  \  ヽ  ',
        i     \     ゙V     .\    \  |  ',
         !.  /  \.    V   / .\       |    ',
       !  /    / \.  V /___\    ゝ,   .',    「――――ッ、まさか!!」
         !     /.   \. V 廴ノ ,'  .∨  {` 、   〉
       i.!   /-― ,.   \ ミ==≦     ∨   i - ! ./
.       i !  /ー=彡ヽ.  .\       .∨  ! /丿 /
         ! .! .|           \.   し  ∨ |./ /
.       ! i |l      :.             Ⅵ . _..  ̄ ̄`ヽ
.         ヘ .i |      .ヽ../.     _爻 -リ        _|
        ヘ| liヽ           -┐           _   -‐.   |
            !l弋 >从 -‐ . 「.    |_  -‐           /
.        ッ― i|  ̄      |    |        .   ,,..-‐  |
      i    .|.      _  |    |           -‐''"      !
.        ヽ_   -‐      |    |                i
         i           |    |                  !
.         ! ^''''''''''''''''''     .|    |            ,,-‐'´  ゝ、
          i              |    |         ....‐"       / `ー








                /       /  ヾ==ミ、_ |  \       ワ タ シ タ チ
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ     「近代英霊は、神秘が浅い代わりに、
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|      真名がそのまま弱点に繋がる逸話と結びついている
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_      可能性が低い。
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉       故に、真名を知られるリスクは本来の聖杯戦争より
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、       低いけど――――。
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}  それにしたって、定石の裏をかかれたわね。
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}  この黒幕――――」
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_

9560 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:15:07 ID:FSTXUKuI0
そんなに強くない、って言うのは明確な弱点な気はするわ…。あ、アサシン先生は座ってて

9561 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:15:38 ID:5liFtFVA0
後追い強化とかきついねえ。
ハンプティダンプティの歌うたってんのはなんだ。
同じく童謡からか?

9562 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:16:57 ID:MzJaj1Xc0
知名度補正の底上げだと!?

9563 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:17:03 ID:0wxg26Kw0
この人くらい近すぎると、
「家族を人質に取られる」ってリスクが発生しそうだから、
それはそれで真名知られるとマズそう。
孫ならまだ生きてる訳だし。

9564 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:17:50 ID:uZp8ZIbY0
あーそういうことかー・・・

つーわけで支援

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1366112556/3078.3079

師匠って存在自体が死亡フラグだから・・・;;

9565 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:18:28 ID:FV4lIvtQ0
>>9561
リジー・ボーデンじゃなくて概念:怖い童謡なのかも?
ナーサリークライム(子守歌)が公式キャスター化してるくらいだしw

9566 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:18:50 ID:JQjAquQI0
定石の裏をかくというか
あまりにも人間としても、魔術師としてすら道に外れすぎてる手段だな
聖杯さえ手に入れば本当に何しても構わないって姿勢だ



9567 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:22:11 ID:nsVflS5w0






             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ
             |     自分の英霊について流すことで、知名度の強化を図っている。     
             乂_______________________________.ノ






▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:バーサーカー(本体)
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:リジー・ボーデン        【レベル】:40→50+15   【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━┻━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:??      【耐】:??     【敏】:??     【魔】:??     【運】:??      【宝】:??
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆ 【魔力供給の不足】:なし(確保霊地による回復量:40)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



                           /´ ̄ ̄¨`ー-- 、
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、
                         ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                         {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ,.. - 、
                      ___/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ::::::::::::::',
                     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                       .`ク::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::/
                      ー彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::::::::::_|
      ,へ                |ル:::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::( .|::::::::::::|       ,,.>'´`\
    >'":::_::::`ヽ、              レヘi;:i:::::`::..ミ=-::::::::::::::::::Vー` i::::::::::::::',    ,x:'´::::::>'"`ヽ::``ヽ、
,>''"::::::::f´ .``>:::r、`ヽ、             .レルタi::::::::::::rzァハ:i人f´  .|:::::::::::::ノ___,,ィ'":>ク::::`ヽ  .}::::::::::::::`ヽ
:::,.ィ:::::::::::|  ./::::::::'; ``ヾ::`ー――---へ    _,,. ノ:::::::::::::ヽ、__リ   ,厂:::::::::::::::::::::::,::::<´ .|:::::::::::::|  |:::::::::::|`ヽ
ノ .|::::::::::/  .|:::::::::::〉  /:::弋ー―ァ::::へ:::`v:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、ノ:::;ク:::::::::/ ̄ア:::::::ヽ、ヽ,:::::::::|  \::::::::',
  .|:::::::/  ..|::::::::/  f´:::::::::〉  /:::::::`、`>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< .}::::::::::::〉 〈::::::::::::::;'  ',:::::::|    \::::';
  .|::::/    |:::::/   i:::::::::/   |:::::::::::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::!  `、::::::::i   ヽ:::|     \i
  ,|:/    .|::/   .|::::::/    i:::::::::;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;、::::::::;'   .`、::::i    ヽ|
        !'    .|:::/     i:::::::タ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`┘:::;!     ';::::i
             |/      i::::;ク:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヘ:::;!      V
                   .V/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,.V
                    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                    .i:::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::',
                   _ノ:::::::::::/ .}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ';:::::::::::ヽ、
   ,ィ    とー、       ,.ィ´::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| '、:::::::::::::`ヽ、      f⌒つ    ト、
  .ノ:::{_ __ア:::`ヽ、 ,.ィ:":::::::::::::::::::_/ ..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ゞ、::::::::::::::::::`ヽ、  / (____ノ::::t
  ヾ、::`´:::::::::::::::::::::::`'´::::::::::::::::::::;>'´   .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈   `ヽ、::::::::::::::::::`ー':::::::::::::::::::::::::::::::::/
   .ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;>'"     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、    `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 アメリカ近大犯罪史上において、巨大な影響と謎を残した“リジー・ボーデン事件”。
 既にそれを題材とした音楽、映画、逸話などにより原型を留めておらず、かつ元の事件も真相不明。
 リジー・ボーデン本人ではなく、アメリカにおける大衆のイメージから生まれた“リジー・ボーデン”という概念である。

 シュレディンガーの猫よろしく、実態の定まらない存在であるが故に、
 自身の宝具を媒介として、“こうではないかと推測される、リジー・ボーデン事件の真相”という形で自身の劣化分身を
 生み出すことが出来る。

  【スキル】

 ――――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 ――――???


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9571 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:23:22 ID:8f894RXc0
レベル10も上げてきやがったw

9572 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:23:29 ID:5liFtFVA0
>>9565
ちょっとイヤーな予感が。
「マザー・グース」(ガチョウ婆さん)がいやしないか・・・。
真キャスターみたいな位置取りで。
っとさすがにそれはなかったか。

9573 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:23:42 ID:5n5y7UAg0
知名度補正を具体的な強化につなげようという試みは今まで見たことねえなww

9574 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:23:52 ID:NQWexWXo0
すげぇ、逆転の発想だな

9575 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:24:46 ID:wQeaCwD.0
なるほどな
迷宮入りで終わったというのを利用して
【不特定多数が想像したさまざまなリジー・ボーデン像】をサーヴァントにしたわけか

9576 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:26:46 ID:qmPWvjAo0
対抗神話で弱体化させられねーかなあ
いっそ仮面ライダーめいた物でも良いから、リジー・ボーデンっぽさを掻き消す様な噂話で相殺するとか

9577 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:26:51 ID:vd4/UFm60
よし、大河ドラマで正雪主役の番組作ろう

9578 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:26:52 ID:nGPLw6ug0
不特定多数の中には弱点や性質反転したやつも混じっているはず…そこら辺を引っ張り出せりゃ
弱体化できるかな?

9579 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:27:10 ID:SdTebtp.0
完全に裏を掻かれたな……仮バサカのレベルが25+15だったから5割増し以上かよ

9580 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:28:11 ID:FV4lIvtQ0
そして、メタ視点だけでも4体のリジー・ボーデンが健在か
これ、魂喰い兼ねた知名度補整の強化続けられるとどう考えても手が足りなくなるぞ…

9581 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:28:38 ID:5liFtFVA0
これ後になればなるほどレベル上がるのか?
魔力供給どうしてんだこれ?
聖杯の力ここに吸われてる?

9582 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:29:27 ID:JQjAquQI0
そんな強化の方法アリかよwww

9583 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:29:40 ID:2V0orgDk0
実はディ○ニーのヘラクレスって映画はアインツベルンが知名度補正アップのために
圧力かけて作らせたって説を思い出したw

9584 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:30:01 ID:nGPLw6ug0
日本人は飽きやすい…連続殺人事件止めれば強化は打ち止め出来るはず

9585 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:30:35 ID:X4OQBN0c0
>>9581
霊地回復で40あるから、戦闘させなければ回復連打でいけそう?

9586 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:32:04 ID:ob.Dfth60
マザーグースのサーバントとかタチ悪いぞw

9587 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:32:13 ID:AnC5/rxo0
やったら真名バレは確実だけどそれっぽい鯖は既に倒させてるし
自分の居場所とかは完全に隠蔽させてるからバレても気付いた時には強化が終わってるのか・・・

9588 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:32:14 ID:L6VS22as0
>>9583
アルトリアは騎士ガンダムで知名度稼いだんだな



9589 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:32:23 ID:nsVflS5w0



.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:, : '"'""__,..""..,_.:.:_.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:'",. イ" ̄ , z,z ,イ, ミ ミ ミ
.:.:.:.:, "/,. '" yy彡≡¬''" ヾ ミ
.:.:.:.:.r' '" 、ミⅳ",r , 、-‐ ,..   ヾ ミ
.:.:.:.:八、、  `  'ゞイ・' ,'"   '"/    「Lizzy Borden took an axe
、.:__ミ,-}   ヽ、      , ; ;        And gave her mother forty whacks
    ヘソ   、  ` .   ,',','"'"         When she saw what she had done
    /    ``ヽ、_    ,'' U           She gave her father forty-one.....
   .〈_  _,.¬ <ヾヾ\  __
    `!"; , ヾ 、wヾ_`'" ̄         リジー・ボーデンはアメリカでは非常に名高い人物だ。
      yw=`〒  ̄`ヤ             いや、人物というより……既に寓話だな。
      ヘ  -一  ∨
ヤⅷー- -‐ ヤ      Y           あの“マザー・グース”の一節といえば、その知名度も分かるだろう。
.キ圭圭圭圭     _,,i            米国において、“リジー・ボーデン”という存在は、
.7圭圭圭圭;-‐━;ヾ;:;:;:;:ヤ             ある種の確固たる神秘の領域だ」






              _ ,,  ,,
          , ;'"彡三 三 ミ ミ`丶
.        ////'"'"/ '"三 ミ ミヽ
.       /'"'"''""     '"'"ミ ミ ミヽ
       /, ', ' ' '  , ,_, ,,_    ミ ミ ミ ヤ
      7 、、   f彡≡¬'"'   `ミ ミ ミ;i
      ミ≧ヘ  ,'  _ ,,,,,,、    `ミ ミ ミ;i
      | , -,ミ    '、´_廻,.` 、‐  ミミ へミ|     ,. イ
      {; 、ゞノ  `.ヽ.      ,';' ´/ヽマ= 彡彡",. ノ´   「その信仰を、連続殺人に対する報道という形で、
       | '/   、 _    u  ,' __) )/ミ ミ ≦彡"´     一時的にこの地に輸入する。
.      | ゝ _,. ‐- ´、`\   ,';' ` ´/ヘ}}マミミ、=-
       、 f 从 、 、 w`w,.ゞ)    '/ミ` ´  ソ Ⅵ ヘヘ       ―――ああ、そうだ。 
       ヽヤ ```  ̄   .i ` ` ー-``' _    ⅵ .ⅵ       こんな事を出来る、そしてやりそうな奴がひとり居たよ。
  __     ヘ  ー " ´   i        丶  ソ  ヤ       てっきり、ロナウド君の組織が壊滅したと聞き、
  Ⅴ `` ー- ‐-i      _ ,,i         `ヽ   ,'        一緒に死んだとばかり思っていたが――――」
  ヤ      ーヤ :';";';';';';i           7
   ヤ        ヤ  ,''_';';i          7
   ヤ    ∧ー 〈  7i  i       ,,;;;,  ,|
    ヤ   / ヤ i ';7 .i i ,, ,彡'"'"'` ー、"=ゝ
     ∨ ノ   ヽ Ⅳ レ'         ヘ   _へ
   , -‐'/,.>;:"7,;';7f´_,.. |          \ ゝ-` \
  7  "´, ,:'ノ , イ ヤ . .|            `´ ̄ ̄ ヽ
  7   ,', /   |i'`i  ヤ  .|          ,         ヽ

9592 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:32:51 ID:FtRuSsWY0
これってまったく別の名前で警察やマスコミに
「私が犯人である by○○○」
とか手紙を送れば知名度補正を阻害できるんじゃない?

9594 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:33:41 ID:OImOv8nQ0
>>マザー・グース
黒アリス「よんだ?」

9595 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:33:51 ID:xmZll6x60
知名度補正というかご当地補正を輸入してる感じか

9596 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:33:59 ID:9Kepz9uc0
ロナウドの組織にダブルクロスがいたのか?

9597 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:34:06 ID:G/7C0/NA0
式神|ω・)「知っているのか、雷電!!」



9598 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:34:12 ID:nsVflS5w0
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9599 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:34:23 ID:ob.Dfth60
Lizzie Borden took an axe(リジー・ボーデンは斧を取り)
And gave her mother forty whacks.(母さんを40回打った)
And when she saw what she had done (自分がした結果に気づき)
She gave her father forty-one.(今度は父さんを41回打った)

多段攻撃系スキルがありそうだなぁ

9603 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:38:28 ID:yETKoyYw0
そういや第五次でウィキペディアンが同じような強化をされてたな……w



9604 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:38:43 ID:nsVflS5w0


圭Ⅳi三>ュ\:::::::i|:;-、/ /:::::::::::::::::::::::::/
圭!/三/i三ハヽ:::::l|  /:: `r、::::::::::::::/    「―――このバーサーカーは極めて燃費の悪い英霊だ。
圭三ニ|/三三ハ:::::!i ノ::i{  Y-'`ヽノ      特に宝具を有効に活用しようと思ったならば、幾ら魔力があっても
圭王三三Ⅳ|ハ !::::`':::::/`ー'           足りやしない」
圭≧=、三=|/ハ}`ヽ:_/                      r-―::::-ー::ヽ
王王王≧三三ゝ-、                       ゝァ―ー、::::::\_
圭/王王王≧=三三ヽ                    r-(´ ̄:::`ヽ:j:ヽ::::::::ヽ
王王王王王王王≧、三≧、                 `ー> 、:::::::`ー、:::::\ヽ
王王王王王王王,ィ≦王≧三ニ=、                ,イ:::;::::::::::::::::::::__:::\
王王王王王王,イ王王王王王三三ヽ              /::::/7::ヽ-:::;ィ> <ヽ、
王王王王王Ⅳ王王王王王王王三ニヽ                i::::ノ `-ヽ/イ-,   ト王≧ュ
王王王王|Ⅳ王王王王王王王王三三ハ            `´  ,イ王王ノ   `ー、王!
王王王王王王王王王王王王王王三三i              ,イ王!/        ` !
王王|i王王王王王王王王王王王王三三l             \/    _       l
王王i|!王i|王王王王王王王王王王三三l|l`ヽ            ヘ   ,イl|l_   L≧ュ|
王王=|! イ王王王王王王王王王王三三三ト  \           ∨/王ニ\  イ三!
王ヽ王|!l王王王王王王王王王王三三三|lハ王≧< ̄>=-≦ ̄ ヽ  ∨王王王lY´王ニl
三ヽヾl||!王王王王王三三三三三三三ノ王ハ,王王Y    ヽ   \ |三王王王王王il|
三三王ヾ!王王王王王三王王王王王王王王ヘ\王ハ    _ゝ    Y三王王Ⅳ/王三!
三三王王l|!王王王王三王王王王王王王 王ハ三\王王王ヽ ヽ   j三三王//王王三l
王三三ヾl|l|ハ王王王王三王王王王王王三王王i三三ヽ王王lハ \ノ三三王//王王王|li
王王三三ヾュヾ,、王王王 l|l王王王王王王三王王、三三三ヽ王l|l〉´王三三Ⅳ/王王王王|
王王王王三≧、l|lヽ,王王l|li王王王王王王三三王ヽ三三三ヘ|Ⅳ王王三三//王王王王ニl
王王王王王王王≧`ミ=ュ、!|l王王王王王王三三王王h三三ハ'王王三三//王王王王ニlj
王王王王王王王王王王≧=li王王王王王王三三三王ハ三三ハ王王三Ⅳ/王王王王ニ/
王王王王王王王王王王王王≧=ュ王王王王王三三三三三三l王王三/王王王王三/







                       ∨\: : : :l: : : : : : /: : : : :__f_:ノ :/__/
                       〈: : : : :. :.{: : : : : { | : : : : 人_;/}_____
                     //ト==‐‐ ノ: : : :./│: : : /: : : / ////////\‐x    「そして同時に、本人の戦闘力も
                     ////,}ー'三ヽ: : : :./  \:ノ:.: : :/ //{//////// ヽ∧    さほど高いものではなかった。
                。o≦ //////ト----': : : /   イ : : /////|/////////∧/゚。   それを補うための霊地の強化。
            ///////////,人___;。o≦ ̄____l__//∧//ハ///////// ∧∧   そしてこの報道。
            ////////////////|/ハ// ̄ ̄ ̄ ̄} 「∧ } {////////////////│
            //////////////////,|(__)|        | |(__)(_///////////////// !
.         /////////////////////\/\____///////////////////////,|
      / ̄ ̄ ̄\//////////////// \/\ ̄ ̄///////{l__   ////////l/   ―――ありがとう、同士雪輝。
.      ///////////,\/////////////__ ̄ ̄ ̄{ ̄ヽ \//'⌒ヽ ノ'⌒ヽ ////    心から礼を言わせてくれ。
     ////////////// ヽ///////// // ̄ ̄\///∧  {   }/__,ノ    / ///     おかげで準備は整った」
.    ////////////////,∧////////{ {  {( ̄//////〉     ̄     /////
    {//////////////////}////////\  \__/   l   _   〈 /// ̄
   ∨//////////////// |//////⌒ー     ̄   _   l  l「 ̄ )  }}//
.     ∨////////////////|/////`ヽ     r≦ ̄ ̄/} |  l|// /__///

9606 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:39:19 ID:2pnk9k5Q0
うわあ…プッチか

9607 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:39:22 ID:SOF3CJQ20
ゲェーッ!?お前は!

9608 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:39:53 ID:SdTebtp.0
テメェ神父ゥ!
そりゃロナウドを執拗に狙うわけだ

9611 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:40:16 ID:Qy6pLSbg0
素数を数えてやがれ!

9612 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:40:39 ID:JQjAquQI0
式神|ω・)「こいつはクセェー!!ゲロ以上に吐き気を催す臭いがプンプンするぜッ!!」

9613 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:40:57 ID:sEOu7B.Y0
やはりちっぽけなガキに負けるのか!?



9614 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:41:35 ID:nsVflS5w0


   x====x
 <:::::::::::::::::::::::::::::::>、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::>
::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ∨!::::::::::::::::|
::::::::::::::i::::::::::/リ',::::|::::::|::::::::::::::::|
::::::::::::::V:::::/-/ムソ::::::::Ν:::::::::::!
Ν:::::::VヽΝ/= レ::::::::/ヽ|:::::::Ν    「使えない猪だと思ってたアサシンが、
|-V::::〈 / 忙リ'"//'忙,'::::::::| `     思いの外に使える相手でしたからね。
|く \:.ヘ ` ¨¨   ゝ ノ::::/N        そこは僕だけの功績じゃありませんが」
>、_,` `        チレ'
:::::気 ’、        X
彡!'  、> 、  '"'/
///ゝム_   >=く>、___
///////T////////////////\
///////ロ/////////////////ハ
///////〉//////////////////ハ
//////ハ////////////////// ハ
/////// |///////////////////ハ
/////// |////////////////////リ





                       ___
                     , <       ≫x
                /    /\     / \
                   ,' /^ハ ̄      ̄/ '⌒} ∧
                   {__/∧   ,A.  《    |  |
              i  ,ノ __//》/⌒ト、__\__ ,|  |
              l 〈_//、__\ 〈_/ 厶ィ7Z´ Y |
                  | /^}rt::ぅx__ソ  ,ィf:::ぅく_ ノ│   「だとしても、だ。
                 V{_ '^Y^/ ̄ /⌒ ⌒'^´/∧j     ああ、アサシン。君にも感謝を。
             r┴ト、 〈_/   ,   i }.   // /┴、    君の意には沿わないかもしれないが、礼を言わせてくれ。
             l`ヽ l} /    ヽ-'    { i  ( j│
             { (く__|!{   ー-= -==-  | l! |_ノノ }
                \_| ヽ   >ー‐‐< ,ノ ヽ|__/    おかげで準備は整った」
              __l{\_|  {     i {__/j|
              /__|ト、 \__ --- 、_/ / |
          __//  ///\  `¨i¨¨¨¨´ j///|\
   ー=ニ二.____//ー―///∧/\  |   ////∧!//\
        // --/{// {__)∧/ ̄ ̄////∧{__}|////\
.        // / ̄///\/// {__}┌──┐ {__}/////////≧x
       / //////////\//// |    |///////////////
.       / //////////////`ト、_|____,!/イ}/////////////
   _///_////////////∧ {    }   } |//////77 ̄//
  ̄//ヽ/////// ̄ ̄7777\∧ ヽ  〈   ノノ77 ̄/////////
 /////i//////////_////// ̄} |   |  | l//////__////
 //∧/|///////// ̄ ̄\/////| |   |   | |/// ̄ ̄ ̄\//
 ///∧j////////   /⌒/////| l   |   | |//'⌒ヽ    }|//





〈 _   /:/:::::::::::::::::::::/ /:::/ l:::l::::::::::::l__ll、:::::::::::::∧:ム    「………どーも」
∧l .///::::::::::::::::::://≠::/ ̄l:l`l:::::::::l,.klト、::::::::::::::::l::::l
/_{_.ィ/7:::::::::::::::::〃/ `//≧_,l:l l::::::/ィ=llァl〉:::::::::::::l、::l>,、
,(__,'{ {/:::::::::::::://',,.≠''r_¨ノll'、`l::::/ .lノリ.∧:::::::::::::l,'l:l////>,、
/∧∨:::::::::イ:l! / ヽ.  ヽゞ_ノ  l::∧、ゞ', l:::::l::::::::/,'ノ,'///////7-、
<//:::::/ ヾ:l    `ー‐ ´_ --l'´ ∨--l:::::l::::::/ll//≧.、/_///∧--、
///:/:l::lヽt=、      ̄´    __ _\ノ::/'l//ll《 (___)////////∧/./
//'//|::l::l:::::l l丶 u    ____, ´ /:://////ll:}}//////,ィ≠∨/,'}/
////,'l::l::l::::l l.  \   / /‐―‐´ 〃:::///////}};ゞ==ィ.、´ ヾ/,/ヽ
/////l!l:::l:::l     ヽ/ /     /::://////// l}//////77ミ ニニV   .
//////lヾl::l      ./ /> . __ノ/://///////∨///////////∨  〉  ,
ヾ.、///,l ヾ、 l   #'   ノ:::/l/=≠、///,∨///////////∨  /   l
;;;;;ヾ、//l    .l    /ノ/ .《;;;;;;;;;;;;;;;l//∨///////////∨      }

9615 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:42:06 ID:IYtlDzXM0
手段を間違えてる上に人に独善を押し付けるプッチ兄貴オッスオッス!

9618 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:43:56 ID:9Kepz9uc0
吐き気を催す邪悪が相手か

9619 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:44:09 ID:nGPLw6ug0
黒幕さんの後ろ盾に死徒が見えるわww



9620 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:44:13 ID:nsVflS5w0



                         ; ハ ∨       〉ト、 ヽ
                     | レ' 〈 ∨      /r' ヽ |
                     | l!  〕∨    //  / .|    「聖杯の力を以て!
                          │\ 〈: : \_/: :〉  / .|     私は、我々は!
                     __ | /l: \: : : : : : : // ̄} /__     ―――全ての人が“覚悟”を出来る、
                    |ヽ\{: KV/ : : : l : : 〉Уフレ':/}:|     真に幸福な天国に赴くのだ!!
                    人 : ( : : rf込、ノ:_:i^レィ歩ァ: ;ノ:j人      さぁ――――」
                     /// \_:ト、`冖^:ノ: : ´:`冖'/!///\
                     /////////|: :}l : : : :/:`Y:ヽ: |{: :|////// ≧=-x_
            _,x≦/////|\.//八: :|| : : 〈 : ;ノ: : : |l ://////////////// ̄ ̄\
         / ̄/////\//∧  \//\!: :、⌒ー⌒;: :lレ/////////////////// ∧
.        /\/////////ll∧. ‘,\//\: ` ̄:´://///////////////////// |
.          /////,.ィ´)_ ̄lllllllll∧  , \/ |iー一'i|////_//_/_///// ̄ヽ///////
        /// /: :/ /}lllllllllllll∧  ,   \|_:_:_:__l| ̄//////く{ ̄\//////|/// ̄}
.       〈.//〈: :/ :`: /_lllllllllllllll∧  ,    \   l|/////__}}  リ_////|/////∧
        _}////: : : :/_/}lllllllllllllll∧  ,     \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   '⌒ヽ_// |/////∧
.       | ̄//\/: ヽ /llllllllllllllllll∧  ,    (__厂 j: ̄j \   、_,ノ///j///////∧
        //////〈: : : ;∠ニ、llllllllllllllll∧  ,  (___厂: 厂:`ヽ : \__ )厂/////{////////∧
     ////////`フ: :〈__/lllllllllllllllllll∧  ,  (__厂:j ̄ i\:\: : ∨//////,l//////////\
.     ///////// 人:_:_/ ∨lllllllllllllllll∧  ,  (__厂 :j\ : ヽr'⌒ :∨///// |////////////\
    //////// /  |ヽ-< ∨lllllllllllllllll∧  ,    ̄\: '^ヽ:__ : : : : V⌒ヽ/ |////_厶-─< /∧
.   ///_//=≦/    |//// \Vlllllllllllllllll∧  ,      \: : : ヽ: : : : ∨/ ∧l__//////////\∧
  //////// |l   ∨///// ∨lllllllllllllllll∧  ,      ∨ : : : : : : : l///∧ \///////////\
. //////////∧    \////_∧llllllllllllllllll∧  ,      ∨ : : : : : : :|/// ∧  V/////////// ヽ
. //////////// \    `7 ̄//∧llllllllllllllllll∧  ,      ∨: : : : : : :V////}  l|///////////// }
│//////////////≧=-ァ'//////∧llllllllllllllllll∧_,_    ヽ--─一/////   リ/////////////

9621 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:45:23 ID:G/7C0/NA0
善意の押し売りが一番良くないんだぜェ~~~!!

9624 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:46:26 ID:J3bs0Aww0
腹パンがカギか・・・

9625 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:47:18 ID:8f894RXc0
腹パン→素数の流れは何ターン後だろうか



9626 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:47:21 ID:nsVflS5w0


――――――――――――――――――――z___________________


                 l    l   !     ',
              {     l   !      、
               !     !   ',    ヽ
                  |     i   丶     丶
                l    i    ヽ '    ヽ
                   i     l      ヽ       .
                    i    |.      丶     ',
                ,.l     トヽ      、     ',
              /ー‐''´ヽノ:::}       ',.   i、、
              {.!::::::::f´ 1:::j      /ハ.    lヽヽ
               いァ、ト l::;ィ      {:{::ヘ__,ノハ}::}
               /イX.ヾイ/:;{      ヽV`ー‐':::ノ '|    「――――う ふ ふ」
              /,彳X.ヾ.}j/;リ      ヽ> 、:::::{ , j
               7:/=/ハ.Y´          ヽ._ ナハヾー-、
             i:::ヽ-:':::::::l:!`          いイlゞ7\ヽj
             {ヽ::__;;/:/          〃j/l ゞハ ,ヽヾ.、
               ヽ三.彡'           ヾイ |ヽ ゞィ. }:ヽ`
                               l.ハ:::ヽ-‐':::::ハ
                               l{ ヽヽ::___;ノ:リ
                                     `ー ニ '








                〈 ::::::::::_/ 〈 (__メ  〉::::::::::::\
              r‐‐ァ>'´ :::::::::> :.___(::::::::::::::::::::ヽ
               〈::::::::レへ. ::::::く :::::::::::::f⌒)::>:〒:::::::::: .   「――――マスター」
              \/   /´ ̄!\::__メ (::__::__メ>.__:ノ
                 |l !  { rト从:.  リ≧≠ 、  Ⅴ::::::ハ
              ノ从  ト 以!从ル ィテ〒く.   ∨⌒ー -‐ ´ ̄ `ヽ
                { 人 乂_ .    i以リ  ヾ  \       /⌒
              r人 \ \ ‐ 、   . ィ升 ヘ    \ _r--‐‐'
                 /:::::::}ト.  ヽ.j\ _  ≦{入ノル'  ルハ⌒
               /:::::::::::::レ1「!   }   {./ [l 「::}イ:ヽ
                i:::::::::::::::}ヌ!「!.   从   /  [! {::::::::::::::\   , 、
                |::::::::::::: }ヌ!「!   人 /   「l {::::::::::x< ̄「/ /⌒i
           〈::::::::::::::::}ヌ!「!  /〉 Ⅹ==k[人:::/  r─ }'  /  ハ
           く⌒Y⌒「7 メ く::::::〉〃.li Ⅵ_メ :Ⅴリ\  ̄ iし 〈__メ / 〉
          く \ !  i/ / /:::::::〉{{__|ト、i{:::::::::V   ヌく´\⌒\ Ⅵ
           \_}__.⊥.__/ ::::::::::::}〉 ̄  Ⅴ:::::::::〉ー/ \ \\ノi   ! 






           , <     ∧      \
       /         ∧        \
      /  {   \       .∧       ‘
      ./{ ', ',、 ',\     .∧        ',
     {| ∧ ',\   \    .∧  :i     :}
       | i \ \ ィ厂刃ス     |/^∨ /  「………分かってる。後手に回ったか」
       | 代仞\ \  ̄  \   :|  i }./
       | {  /   \ \       ', | _.。 厶_
      l i, 〈      \ \_.。 ≦ ',j      {
        Ⅵ:,≧-=≦  \ ',    ';j     :{
     r≦〔 r "¨       \,    i|     {
      ∧ ∧∨                  {
    ./ .∧ ∧∨                :{
     / .∧ ∧∨                :{
      ./ .∧ ∧∨                 入

9627 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:47:41 ID:G/7C0/NA0
イカァアアアアアアアアン!!!

9628 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:47:44 ID:5liFtFVA0
うわあ

9629 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:47:51 ID:JQjAquQI0
コイツには10ページくらいに渡って顔パンしても許される(断言)

9630 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:48:04 ID:c/Un4IQ60
え、襲撃までオート進行?

9631 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:48:22 ID:aZ6AoSQw0
オラオララッシュ(腹パン)

9632 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:48:54 ID:aeOIxUJY0
あ、これもしかして残ってる所全部にバサカ行ったか

9633 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:49:07 ID:IYtlDzXM0
一般人(笑)に拳でど頭カチ割られても文句のない神父の屑だから心おきなくブッ潰せるよね

9634 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:49:55 ID:/5p2NKbQ0
5部ボスに腹パンしたんだから6部ボスにも腹パンしないと釣合いが取れないよね

9635 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:50:48 ID:wC15YlFU0
腹パン? 違うな

   腹  パ  イ  ル  だ



9636 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:50:58 ID:nsVflS5w0


――――――――――――――――――――z___________________




        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::;!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /:::::::::;'::::::::::;':::::::/ !::::::;ハ::::ト.、::::::::::';:::::::i
      !::::::::::!:::i::、/|:::::;' |:::::;' |:::|::ハ::::::::::::!:::::::l
      |:::|:::::|::::|「`iヽ、! .!_/  ,!_」/-!:::::::::ノ::::::::i
      ヽj\|:::ハ.、弋り    ァ‐r‐ァt、|:::!::/:::::::::::l
         `i:::|:|"   ,     弋__ノハ::」/)::,'::::::ハ    「はい、らっしゃーせー。
         |:::|人          ゙̄/:::::ハ::/::::::::::';      素敵なお賽銭箱は………って雰囲気でもないか」
         |:::|::::::\   、     ,:':::::/:::|':::::::::::::::|
        ./|:::|:::::::::::::ヽ.,__,. イ|:::::;'::::::|::::::::::::i:::|
       /:::!:::|ァ'r:7´ ̄ i    `|::::|ーr-'、_:::::/!:::!
      ./:::::|:::| l::|   `.   ' ̄|::::|/::::/  `ヽ:::|
   く\r'´`く|:::|/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;y;;;;;;;;;;;;|::::|::::/     ∨
     ア、   |/7」;;;;;;;;_、/__;;;|:::,':::/ y    |  /|
   /   ヽ  イ  ̄__厂 ._゛_|/  ̄`V-─'''"´|//
  /   、    | ̄´  ./ /´    `ヽ 7    ̄ !く



  _        __|:',  `ーr、'; ヾ 、
 /: : : : `ヽ、   /: : : : : :``ーヽ\  !
 }ー-、: : : : :`Y: : : : : : : : : : : : : :',   |
 {: : : : :`ー-/: : : : : : : :|: : : : : :|: :ゝ─┴─‐、
 ≧==-、_/: : : : : : : : ハ:: : : : ::|: : |:: :: :: :: :: ::|
 {: : : : : : :;': : : : : : :`ヽ、 '; : : : ハ : |────!
 `ー='": :|: : : : イ|r=示ミ ヽ: :/'"|: |: : : : : : : : |   「ふふふ、当方に迎撃の用意アリ、だよ?
  ヽz='":|: : : |::::|弋;;ソ`  `',-_,{o_:_: : : : :o}     来る? 来ちゃう?」
   (: z_"ヘ: :├|!⊂⊃     ̄イ:|o: : : : : : :o}
     (::-く\:'; \_ 、_` ,. く/:|`ー: : : : :r'
      ̄ノ   |: : :`-'` '<_,.-'"ヽ: : : : : :/
          /-、,.- イ´/: : : : : : : : : :,.く
         { ´    |:::|: : : : : : : : :_r': : \
         ヽ   _>'" ̄ ̄ ̄|j}: : : : : :|
          \ '  |: : : : : : : :|::O!: : : : : o}










    ノ ノ,ヘ丶、::、  /{/::/ }. `'::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::.......     ....丶.:.:.:.:___{
   ノノ V ,ヘ.ヽ::`ー-':::::/ ,-=  :::::::::::::::コ        ┌.、::  , 、 /、.:.:.:.:/
 ='´く   /!i!iヘ ー-=:::::l }      ,, 〈  { ニニニ┌ 、ニ!、丶コ{ l-'.:.:.:.:.:ヽ.:'丶   「――――――」
  ヾ.、.  |!i!i/  ><(0,::::| ー,-/   /. ヽ 〈   ) 丶、丶、ヽ ヽ'  ヽ.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   ヾ.、  l/  /:;:;:;ヽ¨ :::l   丶ヘ___ノ`ー'   ̄ ー-―゙ー- 、¨‐ 、ヽヘ.:.:|.:.:.:.:.:,-‐
    ヾ    ヘ.:;:;/. (,、:ヘ   / ,、::::{  {::::z=ミ、( ̄¨¨゚ー‐-’     ヽL.:-‐'     
     |:}     Ⅴ  ,ヘ ゙、ヽ、{ { l:::::从 |::{ (0)>:::: ̄¨¨¨ ―,      ヽ  ノ./   ./:
    .l:|       /l|l|ヽ ヽ、丶ゞ > :::::..゙==-:::::: ( ニニ二__        ヽシ /   /::::/
    l:|       ヘl|l|l/  ()  /,   =-   ヽ、t=== ヲ/  `ヽ      ヘ/¨ ノ:,ヘイ
    !i         V   ,ヘ ///.  :::::{ ハ  }ー‐-―//l   )ー,__   ヘ-'. /!i!i!ヽ、
    ゙            /iiiii〉l| {  :::::::ハ } .|、    " ,.|  /ろ  ヽ   ヽ、|!i!i!/
                  |iiii/   ゝ、 ,-―ヽ  |  ̄ , - 、¨ l / フ   ヘ    ヽ|!/
                l/     /  } | /. /. : . : ヽ |" コ       !     ヽ
                    /    ヽ,、  ) : . : . : (ョ「,= 丶      |     ヘ

9637 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:51:24 ID:MzJaj1Xc0
同時襲撃だと…

9638 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:51:44 ID:5liFtFVA0
>>9632
正解です(白目)



9639 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:51:58 ID:nsVflS5w0


――――――――――――――――――――z___________________



//////∧//////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////∧'//////////////////////////////////////////////////////////////,... -‐
////////∧///////////////////////////////'///////////////////////,..-‐'"
___/////\////////////////////////////////////////////////,..'"
     ̄`` 、/////////////////////////////////////////////,. '" !
        |`丶、'////////////////////////////////////,.'"     l
        |   丶、/////////////////////////////,..'" |      l
        |       !`ー-、////////////////////,.. '"    l         !
         |       !    ` ー- ..__'//_,..-‐''"        l        .l
          |       !            ̄              l        l     ―――ザッ
          !      .l                             l       l
.         l       l                          l       l
        l      l                               l       l    「やぁれやれ」
.        ,      .|                             l       ゙.
.         }       .|                           l        ヽ
       { `ー-_  }                               l  --‐'",. 〈
.      ,' `ー ..__  {                           | ー-‐='"   >、_
        /二ニー---┘                            〉ー――‐'ニニー_ヽ
.      ,'ニ二二ニニ}                            {二ニニニニニニニ゙i
゙ ――‐└――――┘ ―――――――――――――――― └―――――――┘―――‐

9643 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:53:50 ID:FV4lIvtQ0
キャスター組は宝具使えるから逃げられる
ランサー組は地力があるから五分かな?令呪逃走も可能
我らがセイバー組はさらに地力高いから、五分以上で勝ち目ある

やっちゃえ、由井正雪!!



9644 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:53:58 ID:nsVflS5w0



                 /  /        ヽ '_..ノ   ヽ.
               /  / ,、       _        ハ.
                 /|イ|j /ム    ,イ圭ミョ、,ィテ圭t.  ムヘ
               ./: : : |!/リリム    /`~''ヽ`ヽ''"フーヘ. ムlリ|
               ル'| : |'リリリリム  /             |.ルリリ!
              ルリィ‐、iリリリリリリヽi_   、      |'リリハ!
            ハリ{  |リ∧iリリリリ|   ̄¬゛  /_   |!リj: :|
            ハリリヽ 、|/: : マリリリ弋メヘ.    ノ´   ̄ |リi : :|
          /リリリリリヽl: : : : :マリ |ー-‐''   ! ''ー=='.レ': : :|   「よう、娘っ子。また会ったな。
         ,イリリリリリリリ !: : : : : マ |  '"´  | ゛   ,/|: : : :|     悪いが御主君は今取り込み中だし、
        ,イリリリリリリリリリ|: : : : : :ヽ|       '   /リ|: : : :|      おれは伊達スペシャルを超える真・伊達スペシャルの
        ,イリリリ//リリリリハ : : : : : : |           /リリi: : : :|      開発に余念が無い。
      / |リ/ /リリリ_ノ !: : : : : : ト、 、-‐¬ ,/ iリリリi: : : :|
     / : : レ'  ./z<´: |  |i : : : : : | ` 、 ̄ イ、..,,_|リリリ!: : :j|     悪いけど帰っちゃくれないかい?」
  ,/: : :/ _,, <!: : : : : :|  |ヘ : : : : |    , ´ ヘ: : : :| リリ| : /i!
, イ : :/,, < リリリヘ : : : : : !  !ム: : : : |   ,'    i: : : !lリリ| /リi`''‐-、
リ_j//´リリリリリリリリヘ: : : : : :i  iリム: : : |  i     i : : |リリj/リリ!リリリリリヽ.
/ ノリリリリリリリリリリリヘ: : : : : i  !リム: : :|  '    i : : |リリリリリ! リリリリリリハ





            /{ニ=‐-x   ヽ        _,,..  ''"´ /∧,x≦三二,/////}
         , r<"´` ̄((ヾ. `ヾミ,vヘ=ニニニニ= ミ 、,xく=‐-ヾx///////////
          ∨/,>ミヾ,ゝ,{\  {i    /,/  /´ ̄` :. ,r-=斗'\//////,
         ,x≦ヘ/// .: .:{ :|: ゞt=-く⌒´ヾ=‐ ヾ=‐-彡'ヾ:  ヾ}ヾ:_\/,彡'
.        ∨///, ',  /  .|! :!: ,ハハ{:.`   ,:ハ:.  :i}:    .:}il:. ,リ}//////
          ヾ//, / /:   ハ:|/__弋∧:. :. :/,r∨:ハ/  .:. | :}ili:.. :i} ///,イ   「――――くすくす。
.         { 弋:{ | :{:.  :{: ハ{ん.i:ハ ヾ:.}'彳i:.∨ソ.:  :| | :}ili:. i}=彡'      うふふ、あははははは………!!」
       ヾ=彡'ハ: li{:.  ヾ ゝV。:ソ   ,ソ ヾ_ノ::ハ.:  l :| | :}lil:. i}
-=≠ 、      '´メ从リゝ  .:}:.ヾ ""´     `¨´{/:. .l :| | ハlil  i}      ,x≦三≡≡
  /ヾ\   、_,},彡' /`>ヾ: ゝ   `    ´ ,イハ:. /:/ ハ,/\:. ハ.   __/,zイ:.\
/::::::::i|ヾ\ ヾ=ハ /ハ:.   .:}!ハ}≧ = rtァ ≦{ jハ: ,.'././ ∧ ,イ :} ∧彡'"´  { : : : : \
::::::::::::::i|  `ミ≧x、)〕iト斗从リ'"´ {:.'      ,:/レ' ノイ`ト/  ,x≦vヘ'´   ,{ : : : : : : \
::::::::::::::i|   /∧>= ∧{ \ヾ   V :.    ,.r'/ 乂  :}:.  :.∨彡'i∧ \  弋 ‐-==-‐:/
:::::::::::::/   /   }  ,{ ヾミ= {::..  ∨    /     ∧:.  }  l  ∧、ヾ\  \ : : : :/
::::::::/   {  /  /i!  {  i{!:.    ∨:三./     ∧:./  }  {   }ハ   ヾ:   \:_/
: /     {. /  /    ∨ili{:.    /  ̄:\    ∧.:/.   {:. ∨  ! :} \:.ヾ
.        {../       ヾソヾ /:.:.》==《:.:.\/:.: /}   , ヾ\∨/ソ   ヾ}
         ´    ゝ==二}: : :´ : : / /  ∨: : : : : : :/  ./ /  \  i}   ,)
                !、__乂 : : : / /    ∨ : : : : :{`='       \


                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                       |   時計は過去しか刻まない    
                       乂_____________. ノ


  \  __
   _\((_`_
    l⌒Y`¨¨¨¨ \
      |l \ O l|
      |l O\_.ノ
     \___ノヾ〕、
          〝i,                    __r、_r━ー 、
             l}               ー==\j_∨)、ヽ  \
            ,/′             ー=ニ二三/ /_入_ノ\ ‘,
          ((                   / //!/ ノ彧ィ /ヽ ', j
          ))                    /从 :l ト、 ノ 厶ノ7〕V ̄ ̄ ̄/
           r⊂ニヽ     _ _ト、_,、,、,、,、ノ∧ ゞ ー=戓彡\j、ニ三三{
           `ヾと:::. `¨¨¨´    '......)ーz―zーァ厶三三二ニ=彡') ヽニ三/
            `¨ヾ⌒  '''' ¨¨´ ̄)/し(⌒ヽ|し'::/ , ⌒ーくー=彡ハ∨|
            }}           ;ニ=--:._   :::::{ {     j ==彡' //
               〝i,          /  ..,   `-...::::::>ヾ冖=(_{ ̄ `¨¨´
              〝i,       く .:::::/ _,ゝ ヾ/Vハ〔_厂`Y\_,  __
.               〝。      (>辷彡' {::::_ \ Vハ__:.  ,____)/\
              ㌧、   )⌒X⌒X⌒ーァ_(  ー=∧ ∨――― ⌒ヾ\
           rーx、 ⌒≠o{__人二二辷彡' \___,、/_∧ ‘, ∧   .∧ \\
            )こコ ー<二ノ    /:      \::::::::>'⌒} ./ ∧ / ∧  \\
               )こコ::..           /: : . ._     `¨´   V込∨:/ ∨:/ ∧ \\
           )こコ:::::::::::::::/     /: : : : : : ー  _    ∨ハ.V   V ./ ∧   { {
           )てハ::::::/仄込、   ./:: : : : : :   ィ㌢㍉.、  /こ{        ∨:/   ヾー 、
           `ヽ人z从_:_: `う::/::: : : : : :  ィ´///_に)   /こ/、__      V  ∧ `¨ヽ\
               /∧   )ハ に、: : : : :_:ィ升'゚∨_に厂  人〔ノ ┘¨¨ヽ、_     ./ ∧    .\\
.             // ∧   )込z入/>‐'_j个´  仄(__ ___,/ヽノl」    ⌒!}    ∨:/ ∧   \\
              ' ∨/   ⌒⌒⌒ i     '   ヾ人人ノ  /      厂八     V .〈 〉 ∧ )ノ
            ∧.V         :,    |   .:/    ⌒´         | { ( ー‐     ∨ / ∧
            / ∧         :::,  :{、 .::::'                 | l\\        ∨:/
            ∨:/             ::;  ; :::/::|              レ′ `¨¨        V
           V            :;、 ;   ;
                       ::. ;   :!
                        : :.|   '
                           _|   ∧
                        込__,jミ{
                       くノ人_|:::::〉、
                         }⌒厂ヾ )ヽ
                        /__j  i¨´ }
                          |厂`:|    ー'
                           /`¨¨´}
                      {辷::彡'
                         `¨¨´

9649 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:55:50 ID:G/7C0/NA0
(この膝は舐めたい)

9650 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:56:12 ID:9Kepz9uc0
なんだそのマッハスペシャルみたいなネーミングw

9651 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:56:35 ID:Qy6pLSbg0
たしかご近所でも全陣営同時襲撃した人居ったよな?
なおその人は対城サンドイッチにされた模様

9652 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:56:44 ID:vrcUIP8I0
式神|ω・) 「セイバーの練習に付き合ったけど結構筋いいかもw」

9656 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 00:57:50 ID:w3yVhpig0
>>9651
ちなみにその人の鯖もバーサーカーでした



9657 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 00:58:09 ID:nsVflS5w0


――――――――――――――――――――z___________________








        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        | 壊れた時計。ハンプティ・ダンプティ! 
        乂_______________. ノ



                 ´            `>イ::::::::::::::::::::}
             ‐=              /:::::::::::::::::::::::::::::/
         -=                  /::::::::::::::::::::::::::::::: /
.     γ´                __    Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  ...-‐z ____
     ′      __   -‐ 、  ハ⌒ヽ\ {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ムイ:::::::::´::::::::::::::/ ̄
     {      ァzz。     `/ マ,  \{:::::::::::::>:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
. γ´  \   -‐{   ` 、   /  マ,   ヽ:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 乂    -‐← ァ‐-ミ/´⌒ヽ{ イ⌒マ,   マヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ<     }),
  ア´    } /  〃 /     :}  八:、    マ 〕ト。::::::::::←←‐"´ /   __ー彡′
   ー≠=ケ ′   {! イ     :}  }、 ー-  _、   >。:ヽノ  ./    (⌒}ヽ
.    / xィ' /    {!/: !    ..:} リ }iヽ  |  { Z__x<   ヾ}ー‐"      } }
   / / ,: /    〃: :.|     リ. :′!: :} 从  | /    ヽ      \ __ノ ヌ
.  {.イ / .{     竓斥ミ、  /: : : : : : リ: :ヾ !./       \      \_ノ′
.  { i!   {    f{' f⌒マ!、  {: : : : :zェェェミ、}〃       \      \
   { |  {    マ .| {i}c!: :ー-. : : :ア⌒ヾマハ′     |      ム:、       \ 
   { !  从    |! ㍍彡: : : : : : : :i {i} cッレ''   !   从      } ー── 、  !
   |リ 〃 ヽ  八`ー─ ⌒  、: :㍍彡/    ノ   / ヽ     .}   ヽ  乂__リ
.   ′ }!   人   \  ャー-   ッ ー─イ  /  ∧  ム   :}` 、  }   
     }! 〃  ヽ.   〕ト。 `¨¨´  イ  { /   ノ }  / }   :}  i! ,リ  
      {! ./{  Y' i 〕ト、i! j`ア=≦:::  /{,イ γ´f  { .X   }  .ノー‐≠
     {!/八  ! 从リ´ |!{ .!  {   / i! | /   } ´ ノ′ _メイ´
     {!   ヽ| γ   i!(´.{   ゚。 ./  .乂{_  r У  / ⌒ー─<`ーr‐、 _   __
     {!       {     Y´ i    ∨__     r' イ 〃      ゚。   ヽ{_}_Y>‐‐、^ヽ.x,
          〈    }ーイ__xイ  リ ` 、r‐┴リi! {!       ゚。    i:::::::::::::::::::::::::::/^/./Y
            X   ー彡;::::{{z、 ノ__j::乂^´:::i  i!       }    ト、:::_::::::::::γ7 / / /
        r'フ´:::::ー‐::::::::xイ   j::::::::::::::::::::::::::乂 i!        }!   j! \}、:_rー、 ' 〃
       }⌒!:::::::::::::::::::::/    f':::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ー-、--─ ´   ノ′  {^}::::ヒ^}   /
      f_.i::::::::::::::::/      ,イ:::‐-=zz、::::::::::::::::::::::::::ハ__ x彳─-  ヨ ):::リノ  ー 、
        { ´ !::::::::::/    イ´:::i::::::::::::::::::::‐-=z:::::::::::f:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::`:::⌒^ー──'
      r'‐  !::::/ -= ´ :{:::::::乂::::::::::::::::::/`ヽ ::::::レ':::::::::/:::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     八   ノ:::{ ´      ヽ:::::::::`ー- /^ー‐→、:::::::::::::;イ:::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     r フ´:::::::{          マ=‐-::::_:::::::`ー─‐→、:::::ノ::|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    r ´7:::::::::::::::{  rv⌒}_}^Vハ ー‐z:::::::`ヽ:::::::::::::::::::`::::::::|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――z___________________




         _
        /  `Y    ,=ミ                          ___
      _  |:,   i   .:   }                 _  -  ̄     ̄ ‐ _
      / ヽ|::!   .|   ./'   '                 -=ニ    __  ⌒ヽ  \_____
.     /   :, }::l    |  /::'   ,             /     _ r匕ア''二二、 ,ノ__.   \≫―‐z‐㍉、  ノ\
    {     ;::::::,  |ノ::; _                  / / ,-=て´   //::::{  )  `ヾ.   ‘, /_}> '"´// (_/⌒ヽ
    ‘,   ‘,::. __ !:::::::{ | }/            {_(_//:::(__/|i:::::::::ヽ(____,\.  ∨ /     ヽ\ 、__ /
.    ∧   ';::::.{ }j:::::::ヽ∨:\.            /__(/::::::::::: / ̄/`|ト、 :::::{:::::::::::::::\ 入,、 〉'     _`二r‐ ´
   /  :, __ }::: ∨: : : : :     ー 、       /´ /:::://::::/l i /  ||    l ヾ:::::::::::::\ \)ニ三 ̄,_ __└ 、\
.   {  {::.{ ∨    . : : :       {   `¨ヽァ   ー'/::::/ / _ 斗 '⌒ヽ|{、 \|ヽ__!__ \::::::::ー:、゚。⌒ ー=ニ三三厂 ̄ヾ \
    |  ';:::ヽ j   . : : : : . . . :, -丶 _, ノ.     ノ / /  从 {Θ} ∨\ ( l !  、 \:::::::::|ヾr≫ /: : : : : : 〉  _∨∧
.   ',  ';::::::::: : : : :_:_:_:_:_ノ.           / /|: / i   i|! `'ー‐=    iヾ\斗‐ 、\  ー―ァ' V: : : : : //////∧V:∧
    ‘, ゚。::::::::: : /   /            / /{ | { |   l|!       ノ  、{Θ}  } |{` ー‐' :\‘, : / .////´ :!.∨∧
.     ‘, ゚。_:_;/    ,        .__   /  / /| 乂ヾ|li l|! 、 _        ー=' 八: :|l |   ヽ/  ///    | ∨∧
       V`Y       .:ヽ     rヘ_,/  `ヽ __{、i | | !l|`ヾl、八、|ーV冖ト、、     /)iリ  |i |   八   //'     斗┐}//|
        ヽ.j        ヽ ´ ̄ ̄)\_/   \)にヌ} il|ヾ   \八,、   ヽ〉ゝ    / /// ./ /:  \ \'/ ,-=ニ / :| }//|
       |             }    ⌒)__}⌒   )にヌヽ. \ /\  `、ー‐ '´   ∠ィ '/ ./ /|  \   ー―  、/    | }//|
                  ′    )__}`ヽ   )にヌ {レ'` 〈   \   _,    升i  .厶イ /从     ー 、    \   :| }//|
        ヽ           _ ノ斗⌒ヽ   )にヌ {   ‘,    `¨´/ /| / |{     レ'   \          ヾ / ///
        `  _,.   ´   `¨´≪     (にヌハ   ‘,     ./ /, |(  八 :i   :{      ̄⌒ヽ、     }./ }//
                            `iト、 ヾ /└冖ー....、 ‘,   :〈入{/,:| { {、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_..人
                        } ヽ /:::::::::::::::::::::::::\゚。  /. ∨:! | )                               (
                             {、_/::::::::::::::::::::::::::::::::::V‐v'_   iト、八j)      どうやったって戻せない!!     ..(
                             川:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、_〔:::\ Vト、 )                               (
                             }:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j \\:::ヽ}《. } ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.Y

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


     _  _  /::/:::j::::::::| 、  /::/::j ハ  j
´ ̄`ー'  `´   /::::i::ノ:::::::::l !::`ー':::ハ∨j:::} /
          _,,j::::j´::::::::::::j |::::/::::イ:j r':::/´
   __,、_r--ー''::::ト-'::::::::::://::/::::::l|://::/
` <::::::::::::::::::::::://:::::::::::/ /:::::::ヘ:::::::::!' j::/          セ イ セ ン
圭≧=、ヽ::::::::::::/{::::::::::::/ /:::::::::::::::`ー<ノ     「―――聖杯戦争を、始めようか」
圭Ⅳi三>ュ\:::::::i|:;-、/ /:::::::::::::::::::::::::/
圭!/三/i三ハヽ:::::l|  /:: `r、::::::::::::::/
圭三ニ|/三三ハ:::::!i ノ::i{  Y-'`ヽノ
圭王三三Ⅳ|ハ !::::`':::::/`ー'
圭≧=、三=|/ハ}`ヽ:_/                      r-―::::-ー::ヽ
王王王≧三三ゝ-、                       ゝァ―ー、::::::\_
圭/王王王≧=三三ヽ                    r-(´ ̄:::`ヽ:j:ヽ::::::::ヽ
王王王王王王王≧、三≧、                 `ー> 、:::::::`ー、:::::\ヽ
王王王王王王王,ィ≦王≧三ニ=、                ,イ:::;::::::::::::::::::::__:::\
王王王王王王,イ王王王王王三三ヽ              /::::/7::ヽ-:::;ィ> <ヽ、
王王王王王Ⅳ王王王王王王王三ニヽ                i::::ノ `-ヽ/イ-,   ト王≧ュ
王王王王|Ⅳ王王王王王王王王三三ハ            `´  ,イ王王ノ   `ー、王!
王王王王王王王王王王王王王王三三i              ,イ王!/        ` !
王王|i王王王王王王王王王王王王三三l             \/    _       l
王王i|!王i|王王王王王王王王王王三三l|l`ヽ            ヘ   ,イl|l_   L≧ュ|
王王=|! イ王王王王王王王王王王三三三ト  \           ∨/王ニ\  イ三!
王ヽ王|!l王王王王王王王王王王三三三|lハ王≧< ̄>=-≦ ̄ ヽ  ∨王王王lY´王ニl
三ヽヾl||!王王王王王三三三三三三三ノ王ハ,王王Y    ヽ   \ |三王王王王王il|
三三王ヾ!王王王王王三王王王王王王王王ヘ\王ハ    _ゝ    Y三王王Ⅳ/王三!
三三王王l|!王王王王三王王王王王王王 王ハ三\王王王ヽ ヽ   j三三王//王王三l
王三三ヾl|l|ハ王王王王三王王王王王王三王王i三三ヽ王王lハ \ノ三三王//王王王|li
王王三三ヾュヾ,、王王王 l|l王王王王王王三王王、三三三ヽ王l|l〉´王三三Ⅳ/王王王王|
王王王王三≧、l|lヽ,王王l|li王王王王王王三三王ヽ三三三ヘ|Ⅳ王王三三//王王王王ニl
王王王王王王王≧`ミ=ュ、!|l王王王王王王三三王王h三三ハ'王王三三//王王王王ニlj
王王王王王王王王王王≧=li王王王王王王三三三王ハ三三ハ王王三Ⅳ/王王王王ニ/
王王王王王王王王王王王王≧=ュ王王王王王三三三三三三l王王三/王王王王三/
.   八 {:::::::::::::::::乂_f::::::::::::::::::::::::ー-、  }:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9666 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:01:07 ID:JQjAquQI0
巫女さんの目的は「キャスターの願いを(出来るだけ長く)叶える」だから、
勝ち目の無い勝負はすまい



9668 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:01:27 ID:nsVflS5w0



【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| バーサーカー(分身)による、全陣営への同時攻撃が発生します!
―――――――――――――――――――――――――――――――

9672 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:10:14 ID:nsVflS5w0
と、いうわけで今日はここまで!
お疲れ様でしたー。

9675 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:11:10 ID:G/7C0/NA0
おつっしたー
中盤の山場って感じだな……皆で生き残りたいが

9677 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:11:15 ID:sEOu7B.Y0
乙です。一難去ってまた一難…!

9678 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:11:27 ID:c/Un4IQ60
キャスター組は陣地襲撃で補正入るし、分身に同伴者がいるかどうかにもよるからなー
魔力消費考えると戦闘前撤退が一番確実な手だけど

9681 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:12:17 ID:c/Un4IQ60
あ、乙でした
これであっちの愉悦に集中できる…w



9683 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:13:13 ID:nsVflS5w0
>>9675
いやー、割と短編ムードかもしんないw
落ち着いて考えてみたら、3スレはいかんなこれ。2スレで終わるわw

9686 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:13:49 ID:iIMZI/tY0
おつしたー、1陣営だけ2体きたなんて事にはならなさそうかw

9687 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:13:54 ID:FV4lIvtQ0
神父をメタ視点で見ると、キャスター襲わずランサーかセイバーに波状攻撃掛けるのが正解だと思うんだがw
キャスター放置してると女神様効果で自陣ボロボロになりそうでもあるから怖いw



9689 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:14:05 ID:nsVflS5w0
あと誤解があるようですが。
キャスターの宝具による、陣地破棄による魔力消費低減は、【戦闘敗北後の逃亡でも使えます】。
ので、キャスター組もまぁとりあえず巫女突っ込ませて殴ってみてから考えます。

9691 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:15:05 ID:jbla32uM0
>>9683
明らかにキャスター組が聖杯戦争を加速させてましたからw



9692 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:15:29 ID:nsVflS5w0
>>9686
そういうことを考えるのは次回以降からですね。
今回は全陣営に1体ずつバーサーカーをぶつけて、実質的な威力偵察です。



―――何故なら。
黒幕陣営は妨害と隠蔽と下準備ばかりで、他の組の情報なんざまるでねぇからだ!!

9693 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:15:43 ID:eX2C3rNE0
開始前に2組が脱落と言う異例の事態ですしねw

9694 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:16:04 ID:G/7C0/NA0
>>9683
おもにライダーハードですねww

可哀想なんでゲーム出たら使おうかなぁ……サンドバッグ候補でも有るんですけどね!!

9695 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:16:59 ID:aeOIxUJY0
お、おう、情報収集役をどうにかできなかったのだろうか……

9696 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:17:49 ID:5liFtFVA0
そういや開幕前やった・・・。

9697 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:18:23 ID:G/7C0/NA0
そういや魔力供給支援が始まったのか

9698 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:19:31 ID:umBeyIvo0
>>9689
巫女の恐ろしいところはバーサーカー相手に殴り勝つかもしれないという恐怖であるw

9699 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:19:43 ID:FV4lIvtQ0
>>9695
聖杯戦争に2組で挑んで、自陣が戦力増強、配下が情報流出の防止で1組べったり監視
神父がやってるこの辺がギリギリだと思う
これ以上だと、トッキーみたいに監督役取り込むまでしないと手が足りない

9700 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:20:25 ID:YvCNY5To0
ま、まさか『だが腹パン。』の恐怖再びの可能性が・・・?

9701 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:20:41 ID:SdTebtp.0
そういえば赤ずきんは速攻逃げてたから雇い主への報告すらやらなかったのか

9702 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:20:45 ID:FV4lIvtQ0
>>9689
なにがオカシイって、「とりあえず巫女突っ込ませて殴ってみて」
この文言に違和感ないのがオカシイ



9703 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:20:50 ID:nsVflS5w0
ところで。
分身バサカ、戦力的には最初に出てきたバレッタ使役版の再利用なのですが。
(※バレッタは偽とはいえ令呪使って使役してたんで、知名度補正向上後の偽物と同データの奴を使役できてた)


■バーサーカー(分身)■
【筋】:40
【耐】:30
【敏】:30
【魔】:10
【運】:10
【宝】:20


■巫女■
【筋】:40
【耐】:20
【敏】:20
【魔】:10
【運】:30
【宝】:―


どう見ても同じタイプのスタンドです、本当にありがとうございました。

9704 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:21:12 ID:SYOyM9gk0
フランに腹パン入れるのは絵面がすごいことになるね

9705 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:21:29 ID:eX2C3rNE0
ワロタwww



9706 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:21:42 ID:nsVflS5w0
>>9704
やべぇ。考えてもみなかったけど、犯罪臭がひでぇ。

9707 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:22:10 ID:5liFtFVA0
スタンド(本人)
巫女パネエ

9708 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:22:12 ID:G/7C0/NA0
そんな酷い……いやでも……ふむ……

9709 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:22:23 ID:vrcUIP8I0
>>9704
……腹パン神社(ボソ)

9710 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:22:32 ID:nuvmLWyo0
巫女とはいったい うごごご



9711 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:22:54 ID:nsVflS5w0
あと、誰がどんな意図で作ったのかはわからないけど。




                /                     ヽ
             i                       `、                      _,.. --、______,.. '´
             l                         l                       {;';';';';' _____○__,.. '´
             |    -‐    ̄ ̄ ̄ ̄   二ニ__- 、  |                           ',';';'圦
             j ‐               「/7三|   、i                       ',;'ゞ弋、
             {             ______ └-=ニ」    \                         l;';'|  ゞ,
             |    -‐.... ̄::::/!:::::::: :::::::::::l:: ̄........‐-.、    !                          |;';'|..   \
             | /::::::::::::::::::::::/│:::::::::::::::::::|\:::::::::::〉::::::\ l                         ,';';';'l.       ◯―― 、
            〉´:::::::::::::::: ;:: ::::F=l:::::::、:::::::ハ:k=ヽ:::::/::::::::::::::`.'-z_                    ,';';';' |.      |.   /∧
              l :::::::ヽ::::∧:ハ!、:|_-ゝ::::::ヽ:::| l:! _‐」_/|/!::::::ハ::::::::::::.>                ,';';';'. '、      レ/.  ∧
            ノ::ハ::::::::.、!<7::i:ハヽ l::!、:::::\レ゙7::i:ハ`ゝ}::::ハ:`l:::::::/                    /;';';'\イ.    \.     ∧
             /'´ ∧:::::::::ヽ  ̄´′ リ ヽゝ_>` ̄´ /:/}/./::::∠_                 /;';'/ . ヾト..     \
             レ、:::fヽ、::\_     :ノ          /イ_/::::/´                  ,,.. '';';'/     ヽ、..     \
.ゝ,イ            ヽゝヘ`-‐´             ´/:::::::<_             ト〆 ̄;';';';';'/         ○ - .. _ _   \
./-◯-弋             \       __       /:::::<´            , -○-\   \イ        ハ     /|
; ; /   \ト、.       _     ,イ:ヽ、  ´ -:- `   イ、ニ‐-'´.           // \ ヽ,. '   ト,       ヽ      / |
\|     ,ィ;';'ィ     ノ }   / ハ:::!、丶、    / ,!::l ヽ              ヽ;'ヽ   | /      |i        `ヽ _/ |
. 圦   -';';';';,'    /`7 !_ /  !'::::::::`,.-.` ニ´-、 /::::i  \ _           ',;';';',  /{´      弋          ヾ..   |
/'    V';';'.. ,ィ´... ...i | 7   l:::::::::/./ ̄. ̄\ヽ:::::::!    \` ‐- 、.   ,イ;';';';',- \ゝ.     ○` '''''/l     ヽ..  l
     ノ  ̄ | !. .. . ..ヽ !′   |::::::://: : : : : : : : .ヽヽ:::l     \==‐`ニ_‐- 、. /           /   / . l.     ヽ.  ',
  ,ィ T´ ., ==| |. . . . . .ヽヽ    !:::::l/: : : : : : : : : : : l !:::|        ヽ     ̄ =|`丶、        V_/  |      ヽ . ',
  | l レ'´   ! l.. . . . . . .\ヽ  |:::::|!: : : : : : : : : : : :.i|::::!        ヽ      l   |             V¬.  |.          ヾ、


フラン羽根のユッキーのAAが4つ+表情差分あるんだ………。

9713 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:22:58 ID:iIMZI/tY0
「最初に落ちたのは大霊地をおさえた死徒と、対軍宝具を持つライダーです」
「ほう」
「ライダーが腹パンで内臓破壊されたのが原因のようです」
「……どんな宝具だ?」
「いえ、キャスターのマスターがただ殴っただけで破壊されたと」
「なるほど、対魔関連か」
「いえ、ただの力技のようです」
「」

9714 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:23:19 ID:umBeyIvo0
バレッタのアレって偽令呪を術式として構築してたってこと?
てっきり令呪一画使って偽臣の書作ってたんだろうと思ってたんだけど

9716 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:24:23 ID:5liFtFVA0
>>9711
それ某大御所のところです。MMの。
それ使ってる当たりのユッキーちょうかっこいいです。

9717 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:24:48 ID:ebqJ2Dx.0
1期MMか



9718 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:24:51 ID:nsVflS5w0
>>9714
だいたい偽臣の書みたいなもん。
ルール上は撤退にしか使えない令呪です。

細かい設定に突っ込まれても困りますが、

『契約と撤退のみにしか使えない偽の令呪』

と考えてください。

9721 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:25:25 ID:nsVflS5w0
>>9716
あそこか!
くそう、全然そこまでも追いついてねぇよ………

9725 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:26:03 ID:nsVflS5w0
>>9713
どういうことなの…………。

9727 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:27:07 ID:umBeyIvo0
>>9718
いや、一画つかっての偽臣の書だったら黒幕の令呪残り二画なのかなって考えてたんですよ。それなら黒幕の元にたどり着いての初戦がそのままクライマックスになるじゃないですか



9729 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:28:07 ID:nsVflS5w0
ステ差は1勝3敗2分け。
だけど巫女側は心眼(偽)や内臓破壊があるから、ある程度張り合えて。

まぁ勝率、3割程度か?

9732 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:28:46 ID:nsVflS5w0
>>9727
残り2画です。
バーサーカー本体のステータス表示を御覧ください。

9739 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:31:49 ID:5liFtFVA0
しかしどっかのスレで腹パンって見ると
幸子でなくここが一番に思いつくってのは
色々手遅れなんすかねぇ。



9742 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:33:26 ID:nsVflS5w0
>>9739
幸子は腹パンするもんじゃなくて愛でるものなんや!

9748 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:38:35 ID:67u9Mt2o0
それMMスレ一期のプリズムだな、あそこの魔王血統(もとい豆腐血統)は

レミリア様から始まって
フランちゃん>エヴァンジェリン>恋するドラゴン>ユッキー>ハオと言うどうしてこうなったというアレですからな。

特にユッキーは歴代キャラの人気投票で一位でしたっけ?
まぁすげぇかっこよかったもんなぁ



9750 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:39:44 ID:nsVflS5w0
>>9748
うわあああくそう気になるwwww

9757 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:44:35 ID:nsVflS5w0
尚、ここまでの戦果。

セイバー:3戦3勝
ランサー:2戦2勝
アーチャー:2戦0勝
ライダー:3戦1勝
アサシン:2戦2勝
キャスター:2戦0勝
偽バーサーカー:2戦0勝

大暴れしてるように見えるキャスター組、実は全敗。そして実質2戦のみの参戦(2度目のVSライダーは観戦のみ)。
そして単騎で2勝してるアサシンの輝きぶりよ。

9759 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:45:44 ID:2V0orgDk0
セイバーの最優っぷり

9760 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:45:48 ID:eX2C3rNE0
セイバー組の戦績が正に最優w



9765 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:47:34 ID:nsVflS5w0
間違った。こうだ。


セイバー:3戦3勝
ランサー:2戦2勝
アーチャー:3戦1勝
ライダー:3戦1勝
アサシン:2戦2勝
キャスター:2戦0勝
偽バーサーカー:2戦0勝


アーチャー、ライダー相手に勝ってた。
ので、あれだけ大暴れしてるように見えたキャスター、実質的に戦績最下位です。

9771 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:49:49 ID:nsVflS5w0
斜向かいでも腹パン決まってますね。

9785 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:55:26 ID:nsVflS5w0
だが、斜向かいの空気は絶対に真似できない領域に至っておるな……。
良くも、悪くも。

両方参加してる人だと、割とこっちとの落差に時々テンションが混乱する人も居るのではなかろうか。

9794 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 01:59:05 ID:G/7C0/NA0
すぐに染まれるカメレオンタイプじゃないと厳しいかもねぇ
俺は今キカイダーというか超竜神というかって感じになってるが



9796 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 01:59:33 ID:nsVflS5w0
>>9794
あしゅら男爵でござるな。

9800 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:00:20 ID:SdTebtp.0
斜向かいさんは見るだけだが珍しいルートだから楽しんでいるなー
……こちらは癒しです、どうかこのままコメディ要素を最後までお願いします(土下座)



9801 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:00:25 ID:nsVflS5w0
指チュパはマジすごかった。
あそこまでの清々しい変態を描ききれるとは。

あのおかげで変な案が出てたのは内緒。

9804 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:01:17 ID:1q5z81eI0
>>9800
信じられるか、男爵さんはこれでもガチシリアスな予定だったんだぜ、今作は



9817 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:03:45 ID:nsVflS5w0
>>9804
違うんや、アクション・コメディの予定だったんや………。
ジャッキーチェン主演のアクション映画くらいを目指す予定だったんや………。

今やアクション・コメディじゃなくて腹パン・コメディだけど。
そ、それに黒幕も出てきたから! はい、ここからシリアス! ここからシリアス!!

9828 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:06:03 ID:nsVflS5w0

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1370960968/2132

これは、つまり。

9833 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:07:49 ID:LXT7Dy4.0
一夫多妻虚勢けーん

9834 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:07:51 ID:G/7C0/NA0
>>9811
初代
ttp://www.youtube.com/watch?v=UuRNmoF0Fs0

末裔
ttp://www.youtube.com/watch?v=Nb-Xjl3HknA
ttp://www.youtube.com/watch?v=GXqjaRQKMSc
ttp://www.youtube.com/watch?v=w9WHTflLv4s

※下は部屋を明るくして画面から離れてみて下さい



9835 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:07:55 ID:nsVflS5w0
刃牙ばりの金的解説をすれということか。


仮に当たり判定が自機の周囲を回っていたら………戦闘時、どれほどの弱みになることか。


みたいな。

9843 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:14:13 ID:nsVflS5w0

―――とある魔術師の一族が居た。

その一族は次第に先細り、血は薄れ、消滅の危機に立たされていた。

だがそこに、一人才能のある子が生まれた。

一族はその子に期待をかけ、育った子供は一族の期待を背に受けて、聖杯戦争を目指した。



なんかこんな話も、今回始める前は考えてたんです。
尚、発想の元は指チュパでした。

9846 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:17:55 ID:8P0rw0VA0
>>9843
どういう化学変化が…



9847 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:18:22 ID:nsVflS5w0
ええ、つまりどういうことかというと。


1.一族の期待を背負った男が聖杯戦争参加
2.能力はあるが人格に少々問題があるタイプの人間
3.触媒を入手するお金もコネもないので縁召喚
4.非常に近く、しかし相反する属性を持つサーヴァントとの、
   最後の決別を互いに約束し、隙あらば切り捨てるつもりでの聖杯戦争。














            ↓ つまり? ↓












.      / /     /         ,;                \
      ' /  i   ′        ji                   ,
.     | {  │   !         j:!     i       }   ヘ. '.
.     | v! |   |  {    ,  i   i:!     !  │    |    } |
.     | / } |  __  | { { │ i \、  !  │    l    } |
     丿》 {/ |  {j V」,_从∧ | i {   `ト j |  ,ハ  } ′}   リ l    「ロリビッチ萌えとロリ処女厨という、
   / ル !}│ │ | ii _」j_「{ ト 、ハ   ハ厶リ-‐jナ从,'' /|   ,ハノ     非常に近くしかし相反する属性をもつ2人の、
. /    {{ )'│ │ | iトf''マえラぅヽ}八 リ/ 'ィう7外;>/ / | /  )      バディもの聖杯戦争…………!!」
ん'´/  〃 刈,   ! |、 ヽ 込::::ノ   jノ   込::ノ / ノ   |/  (_
l  イ  《  イ ノ\ l | \             ノ'′ /j}  )' 》 `ヽ
ヽ(  厶rゥヘ》  i └ '"\        '      (   {ノ 《_j__〃 ハ }
 丿ハ{::::::介::::}-─′ ¨ '' ‐ヘ.   ` ー'    . 个:.   `ヽ:::::::〉 jノノ
  ( ノ〉::/ |:::::| ∨    ー-、}≧:..、   ,...:::7   |  `ーァ }::У ((´
  ハ∨ソ|:::::ト、/       ィ } `ヽ:::`¨::::::ノ   丿   _/ ,ハ::」∧ )
 /} }   Vリ /      j-┘ー‐ 、`Y´ r‐…'′   (  イ    ,ハ
./:::} } 「` ー-/      厶 -─‐--ミ.j! 彡 --── ) リ¬ ´ ィ }',   ←外部アドバイザー
′:} } | 「 / ̄ `丶.   / ───‐- 》《----──‐……¬ '" ! ! '.
:::丿丿 | レ′     `く       〃 ヾ            /     i i }





※ 当然全力で却下しました。

9849 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:19:15 ID:G/7C0/NA0
俺は前者を支持するぞぉお!!

9850 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:19:36 ID:nuvmLWyo0
おいwwww

9851 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:01 ID:EwFf5/skO
流石は後輩さんや…

9852 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:07 ID:c/Un4IQ60
後輩さんお久しぶりっすww

9853 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:13 ID:JQjAquQI0
安定の後輩である

どういうことなの・・・?いやほんとどういう発想なの・・・?www

9854 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:23 ID:snRnUUwg0
それって小聖杯のノリですよねw

9855 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:30 ID:mZO999BQ0
もう無限処女再生の合法ロリでも聖杯に願えよw

9856 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:35 ID:QbeDWnVM0
あ○ざわさんか、あ○ざわさんの出番やな

9857 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:44 ID:TKz5Ct960
後輩さんwwwwww

9858 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:49 ID:5liFtFVA0
どうしてコナタ

9859 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:20:59 ID:8P0rw0VA0
うわぁwww



9860 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:21:06 ID:nsVflS5w0

マスター「根源なんかに興味はない! 俺には、もっと大事な行くべき場所があるんだ。
       ――――そう、二次元という!!」

どう考えても小聖杯戦争以下の何かにしかならないので(震え声)

9864 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:22:25 ID:iIMZI/tY0
「ちょっと触媒買いにとらのあな行ってくる」

9868 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:23:41 ID:EwFf5/skO
魔術師「それでも根源なら…根源なら二次元も内包してくれる…!」



9869 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:24:15 ID:nsVflS5w0
最終決戦は無駄にBGMエミヤを流しながら、ロリビッチ萌えと処女厨による性癖を叫び合いながらのガチバトル。
そこまでゲラゲラ笑いながら話した所で正気に戻った我ら。



             ,.ッ―v―ッ===tz_ ―- ..
         ,.</: :/: : /: : : : : :\`'<
        /: :/: : :./: : : : {ン: : : : ト、 \: :\
      /: : ,イ: : ,¬j/―匕 {l: : : :.:fト、 \ ヽ: :\
      ムイ.从 ノ .≠===八: : : :リ__`ー.)) )人 ),
      {X |人 {          \ ノ`气ミ(ノ乂: :) ハ
     ( j八: :ヽ廴⊂⊃          ⊂⊃ |/'  「………これまでの小聖杯戦争でも、
     )X: :\: : :.\            r┘    これほどまでにどっちが勝ってもどうでもいいと思える
    Y⌒ : :ノ : : :ノ      ×    从      ラストバトルはありませんでしたね」
    乂 : :(: : : :.(_            ,イヽハ
    ,イ≧≦>、 : :) _         , イ乂 :ノリ
 _/: :/: :ハ: :ヽ メノ>、 " r-‐<ノハノ ≧≦
  ̄`=ミz__rヘ_ノ\ \_」_) Yツ⌒フ/ ハヽ:\
    ≦厂 ̄气≧.  \__X,人、 厶 / rヘ: :ヽ〉
    {{ {    } }}       ≫≪ {{ハ、 `=='⌒^´
   ゞゞ _ ノ ノ       ≫≪ゞ=ヘ、
    ≫==≪  _,二ニ=彡ヘ、 _\
       彡グ ̄    ノ   \   ̄ ̄ ̄ ¨ ¬ …

9870 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:25:40 ID:iIMZI/tY0
大概、なんだかんだで「勝たなきゃ」とか「勝たせちゃいけない」は発生してたもんね……w

9871 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:25:49 ID:8P0rw0VA0
どうでもいいというかどちらも負けてしまえwww

9872 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:26:30 ID:FFGTvako0
ロリ処女ビッチはダメですか

9873 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:27:27 ID:QbeDWnVM0
聖杯(コン○ーム)

9874 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:27:40 ID:TKz5Ct960
(聖杯の力でロリババアを実在させることが出来るなら修羅にだって・・・)

9875 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:28:00 ID:9Kepz9uc0
DKOで勝者無しで良いんじゃねw

9876 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:28:05 ID:8f894RXc0
この際性癖ごとにクラス分けされた鯖達で聖杯戦争を…

9877 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:28:12 ID:4jcAvmv.0
何故人は争うのか

もう少し相互理解と寛容の精神を持ちましょう
そしてロリコンは病気です

9878 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:30:19 ID:8P0rw0VA0
望みなら勝たせたいと思えるものが多いけど
こいつ等のはむしろ欲望な気がする
違いが微妙かも知れんが

9879 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:31:38 ID:FV4lIvtQ0
この聖杯戦争なら、霊格ガン無視でゼウスが鯖召喚されてそうだw

9880 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:31:59 ID:FFGTvako0
足りないものが望みで足すものが欲望?

9881 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:32:28 ID:EwFf5/skO
ツンデレ、素直クール、ボーイッシュ、ドジっ娘、セクシー、ヤンデレ、男の娘…七つの属性に別れたヒロイン達による聖杯戦争…



9882 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:33:18 ID:nsVflS5w0
望み:2次元(ロリビッチもの)
望み:2次元(ロリ純愛もの)

こうか。
最悪だな改めて文章化すると!!

9883 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:33:58 ID:tP56WCrw0
間を取ってロリビッチ風言動する処女じゃダメなん?

9884 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:34:05 ID:TKz5Ct960
むしろ下がってるなwwww(次元が)

9885 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:34:51 ID:QbeDWnVM0
二次元ロリビッチハーレムの主人公になれる
そう考えると聖杯欲しくなる。勝手にハーレムとか足したけど

9886 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:35:24 ID:tP56WCrw0
>>9881
男の娘でヤマトタケル、ヤンデレでブリュンヒルド等
無駄に大英霊が召喚されてくるとか

9887 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:37:11 ID:umBeyIvo0
サーヴァント真名:豊臣秀次
聖杯にかける願い:駒姫と結婚して[ピー]したかった

9888 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:38:18 ID:5liFtFVA0
あかん縁召喚がカオスになる。

9889 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:38:28 ID:sEOu7B.Y0
全ての美女を孕ませるために現れるゼウス。対するは、ヤンデレ妹ヘラ!

9890 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:38:41 ID:iIMZI/tY0
イレギュラーサーヴァント
望み:一次元純愛

9891 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:40:09 ID:4jcAvmv.0
せめて神になってハーレム作りますぐらいだったらいいのに
なぜ小さく纏まってしまうのか

夢はでっかく女性もでっかく



9892 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:41:30 ID:nsVflS5w0
んで。


次スレ:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1371058854/


たてておこう。

9893 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:42:14 ID:8P0rw0VA0
うんまぁ、あれだあんまり酷いと
流石に勝たせる気無くなりそうだよね
だから没なんだろうし



9894 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 02:42:28 ID:nsVflS5w0
ではおやすみなさいませー

9898 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 02:43:01 ID:snRnUUwg0
だいたいわかった。
ロリババアビッチ腹黒純情な某男爵夫人なら問題ない(適当)

9903 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 03:17:13 ID:Zo5Haq7M0
>>9893
魔法少女現象?

9904 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 03:42:11 ID:8P0rw0VA0
>>9903
個人的に魔法少女は笑えなくすら成っちまった…
もう嫌悪感しか沸かないよ…

9905 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 03:58:24 ID:kG7eE6gQ0
魔法少女という単語でやる夫が思い浮かぶようになったことに対する謝罪と賠償を……

9906 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 05:01:53 ID:AnOMmq0A0
く、くやしい。魔法少女の力が使えれば、こんな奴らに負けないのに……!



9911 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 12:30:10 ID:nsVflS5w0
ちょっと不具合発見したんで、バサカ分身まわりの扱いを調整なう。
もしかしたら戦闘データも変化あるかも。

9912 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 12:30:25 ID:nsVflS5w0
だが昼休みは短い。

9923 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:18:43 ID:QbeDWnVM0
全員が知名度補正を求めて自鯖の売名を行う聖杯戦争……戦争っていうか選挙になるな

9924 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:19:47 ID:8LKmWr7U0
なにそれシュール

でも超見たいという気持ちがががが

9925 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:20:09 ID:X4OQBN0c0
聖杯戦争準備期間が売名オンリーで実力行使なしの戦争かw

9926 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:20:58 ID:/5p2NKbQ0
真っ当な英霊なら、その生涯を元ネタにした史実ものやる夫スレを立てれば、手っ取り早く知名度稼げそうな気がするw

9927 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:22:05 ID:fhz8vY.s0
お互いに自分の来歴をアピールしまくるのかww

9928 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:22:59 ID:X4OQBN0c0
資金があるところなら映画化やアニメ化をw

9929 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:23:16 ID:Wf/2vrbY0
>>9923
SVT48とか浮かんでしまったぞどうすればいい

9930 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:23:57 ID:/9rLtKA.0
大河ドラマを使うんだ!
数年前から小説とか漫画描いてドラマ化して自鯖の知名度を上げるマスターか……
それで興味抱いた別のマスターに召喚されたら大笑いだなw

9931 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:25:57 ID:8LKmWr7U0
もう面倒だ、呼んだ鯖全員をアイドルグループとして売り出そうぜ!

9932 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:27:07 ID:1q5z81eI0
聖杯選挙wwww

9933 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:27:16 ID:QBkuOGm20
SVT48か…

9934 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:28:27 ID:X4OQBN0c0
聖杯選挙、それは神代、古代の英雄(アイドル)達を呼び出し信仰(視聴率)を手に入れ
聖杯(優勝カップ)を手に入れる物語

9935 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:30:35 ID:QBkuOGm20
問おう、あんたが私のプロデューサー? は近所でやってたな

9936 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:36:03 ID:8LKmWr7U0
SVT49にして、7人1組×7組のアイドルユニットとしよう(提案)

7人はそれぞれセイバー・アーチャー・ランサー・ライダー・キャスター・アサシン・バーサーカーと呼ばれ、特殊能力を振るいながらアイドルの頂点を目指す!
終盤戦になったころ謎のグループが突如参戦、その正体は……前回の聖杯選挙で優勝した、伝説のアイドルユニット「Zero」だった!
果たしてSVT49は、伝説のアイドルを越え、聖杯(優勝カップ)を手にすることはできるのか!
それは……マスター(プロデューサー)である、君達にかかっている!

9937 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:37:39 ID:AnC5/rxo0
ステータス作成と管理が大変そうだなw

9938 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:39:37 ID:7uoe/EqkO
何かサーヴァントなのにP名乗る金ピカがいるんですけどどうすればいいのでしょう?

9939 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 13:53:11 ID:QBkuOGm20
セルフプロデュースってやつですねわかります

9940 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 14:14:14 ID:FSTXUKuI0
奴はあらゆる属性の原典を有しているんだッ…

9941 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 14:17:32 ID:QBkuOGm20
「行くぞAUO投票券の貯蔵は十分か?」
いかん、ただの偽造多重投票だこれ

9942 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 14:26:06 ID:8LKmWr7U0
聖杯……サーヴァントたちが憧れ手にすることを夢見るトップアイドルの証
      信じられぬほどの魔力(プレッシャー)を放ち、これを手に出来るのは激戦を戦い抜きトップとなったユニットとそのマスター達のみである

サーヴァント……現世でアイドルとなることを目的として召喚された過去の英雄たち
           マスターによるスケジュール管理(魔力供給)と、ファンからの応援(知名度補正)によって現世に受肉しているので、どちらも多くなるほど本来の実力を発揮できるようになる

マスター……サーヴァントに対して必ず1人がつき、レッスン・スケジュール管理・仕事の獲得などを担当する
         令呪と呼ばれるサーヴァントに対する絶対命令権を有し、これを以てサーヴァントを支援する
         自身のサーヴァントをトップアイドルにしたマスターは「優勝者」と呼ばれ、サーヴァントと共に時計塔(アイドル業界総本山)に燦然と名を残すことになる……

この申し訳程度の魔術要素

9943 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 14:30:10 ID:NaVIdYAQ0
>>9938
黄金Pはアイドルとしてはカリスマもちだわ
P としては黄金律による資金が唸るわで強キャラやで

慢心スキルで格下相手に本気出せないペナルティあるけどな。

9944 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 14:35:30 ID:FSTXUKuI0
よくよく考えたら四月馬鹿企画じゃねこれ

9945 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 14:41:17 ID:8LKmWr7U0
でも、考えるの楽しいでしょう?

9946 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 15:02:06 ID:IyZ8zBGg0
賜杯戦争 RIKISHIたちが賜杯という名の聖杯をめぐり争う争い
マスターは過去の力士をRIKISHIとして召喚し、RIKISHIの付き人となって賜杯戦争に挑む
戦いは土俵という結界の中、一対一で 行司(監督役)立ち会いの元で行われる

という謎の電波が…

9947 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 15:02:41 ID:8LKmWr7U0
――空中戦である

9948 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 15:16:05 ID:5a7q7Rcg0
――決まり手は、ローザミスティカもろ出しである

9949 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 15:57:04 ID:2hSHIhd60
なんか、7体の鯖とイレギュラー1体で数がピッタリなんだが……w

9950 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:13:03 ID:7uoe/EqkO
RIKISHIってプロトのサーヴァントみたいに位階ありきなんだろうな、横綱は一位か呼べない神霊かどっちだろう

9951 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:15:12 ID:FV4lIvtQ0
>由井正雪知名度&好感度上昇作戦
敬人尊野蛮!!
今こそ、蛮勇引力を大増刷再販すべし!!
ついでにアニメ化&フィギュア化でウハウハじゃ!

9952 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:19:12 ID:8LKmWr7U0
もう「FカップJK維緒ちゃんが解説する由井正雪!」っていうDVDでも出す?w

9953 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:19:25 ID:Q1Z.JlxA0
つーか、あれや

この手法、ウィキペディアンがやったやり口や

9954 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:23:47 ID:L6VS22as0
大河ドラマ化でもすれば知名度も好感度も上がりそうw

9955 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:24:40 ID:FSTXUKuI0
安直に萌TSキャラで売り出せば勝てる!   上手くいったら無辜の怪物でゆがめられるんだと思うわ…

9956 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 16:25:59 ID:8LKmWr7U0
でも実際、大河ドラマ向きだと思うよw

9957 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 17:00:20 ID:2hSHIhd60
しかし「女正雪」

9958 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 17:35:47 ID:AnC5/rxo0
メディアとかで騒がれてる事は知ってても歴史上の人物とか知らんって人は割りと居るし
元の格は兎も角知名度補正は後出しの方が強力かもしれん
・・・ウィキペディアンはあの世界での受験生に無駄な衝撃を与えたお陰で勝率10%確保してるしな



9959 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 17:53:04 ID:nsVflS5w0
とはいえ、私の裁定だと普通に知名度をあげようとする程度だと、補正を得るのは厳しいでしょうねー。

リジー・ボーデンという、マザーグースの一節になるほどアメリカに浸透した存在だからこその裏ワザで。
知名度を上げたというより、他国の信仰を一時輸入したようなものと解釈してください。
つまり、【セイバーなどを同じような手段で強化することは不可能とします】

9960 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 17:55:46 ID:TpR7VQF20
セイバーさんにゃ聞けば誰しもパッと来るような話もないしねぇ

9961 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 17:55:54 ID:FV4lIvtQ0
>【セイバーなどを同じような手段で強化することは不可能とします】
了解です

まあこっちも「蛮勇引力」とか既存の作品をネタにしてただけではありますしw

9962 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 17:55:57 ID:xmZll6x60
知名度補正というより御当地補正(例:イングランドでアルトリア、アイルランドでクーフーリン)を外に持ってきた感じですかな?


9963 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 18:00:25 ID:nsVflS5w0
>>9962
ああ、それ分かりやすい。
そんな感じですね。

9966 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 18:13:51 ID:tP56WCrw0
そもそも由井正雪を日本でなら十分な補正は既に付いてるだろうという気がしないでもない

9967 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 18:14:28 ID:TpR7VQF20
(言えない……誰?だったなんて言えない……)

9968 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 18:17:17 ID:FV4lIvtQ0
>>9967
由井正雪について知りたければ、山田風太郎の「魔界転生」と「くのいち忍法帖」を読め!!

9969 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 18:20:41 ID:E68V7o220
山田風太郎はこう、手足もげたのに速さが変わらなかったできない夫
みたいなキャラが居るくらいしか

9970 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 18:23:17 ID:QbeDWnVM0
スッ(半熟忍法帳を取り出しながら)

9971 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 18:59:42 ID:dSBRKnHQ0
魔界の正雪はいつの間にか消えてたのがな。
正雪の直接の武勇関連の話だと、寛永御前試合か何かで柳生宗冬と試合して
引き分けたとかそのくらいか。

9972 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:08:57 ID:9ttKsRpE0
由比正雪の乱は日本史で太字で出てくる
あれ、中学では出ないっけ?

9973 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:12:29 ID:WTqwkuWU0
高校では出てきたなあ

…つまり日本史を必修にすれば知名度補正40%アップか!(詭弁

9974 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:14:16 ID:JqD5Mpaw0
たしか中学で詳しくはないけどやった記憶があるな

地域によるんじゃないかね

9975 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:16:15 ID:5liFtFVA0
さて全国模試はいつかな?
配点をバカ高くするんだ。

9976 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:21:32 ID:TpR7VQF20
私の歴史の成績は2です……

9977 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:23:22 ID:2hSHIhd60
ウィキペディアンの名前は覚えておいたほうがいいぞ!

9978 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 19:36:35 ID:wOAxCOg.0
そういやウィキペディアンの項目からいつの間にかそのうち消えるかも的な但し書きが消えてたなw



9986 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 21:33:18 ID:nsVflS5w0
【今日の妄言】

             ,.ッ―v―ッ===tz_ ―- ..
         ,.</: :/: : /: : : : : :\`'<
        /: :/: : :./: : : : {ン: : : : ト、 \: :\
      /: : ,イ: : ,¬j/―匕 {l: : : :.:fト、 \ ヽ: :\
      ムイ.从 ノ .≠===八: : : :リ__`ー.)) )人 ),
      {X |人 {          \ ノ`气ミ(ノ乂: :) ハ
     ( j八: :ヽ廴⊂⊃          ⊂⊃ |/'
     )X: :\: : :.\            r┘
    Y⌒ : :ノ : : :ノ      ×    从     「機動戦士Zザク!」
    乂 : :(: : : :.(_            ,イヽハ
    ,イ≧≦>、 : :) _         , イ乂 :ノリ
 _/: :/: :ハ: :ヽ メノ>、 " r-‐<ノハノ ≧≦
  ̄`=ミz__rヘ_ノ\ \_」_) Yツ⌒フ/ ハヽ:\
    ≦厂 ̄气≧.  \__X,人、 厶 / rヘ: :ヽ〉
    {{ {    } }}       ≫≪ {{ハ、 `=='⌒^´
   ゞゞ _ ノ ノ       ≫≪ゞ=ヘ、
    ≫==≪  _,二ニ=彡ヘ、 _\
       彡グ ̄    ノ   \   ̄ ̄ ̄ ¨ ¬ …


頭、直してやれよ………。

9987 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:34:00 ID:5n5y7UAg0
右斜め45度で引っ叩け

9988 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:34:01 ID:Quw7hntk0
あったなぁ……。

9989 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:34:13 ID:ZUgEjTxA0
zzゼータガンダムの最初でしたっけ

9990 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:34:19 ID:EATausek0
・・・なんていうか、ゴメンナサイ(ゲストのZより自軍のZザクメインに戦わせてたGジェネZステージ。



9991 : ◆XID5vW8JuY:2013/06/13(木) 21:34:20 ID:nsVflS5w0
では続きは次スレでやりましょうかー。
リジー・ボーデン・バーサーカー・オブ・フォーオブアカインドの能力の調整も終わったし。
相変わらずワンチャンある巫女に笑うしかないが。

9992 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:34:49 ID:djy.snqI0
「ザクの顔のゼータが出た。人相で敵だと思うな」


9994 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:35:05 ID:eEWrhZ920
ttp://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/e7/toyorini/folder/725630/img_725630_25676157_16?1358121979

10000 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:37:14 ID:aZpOsrjY0
>>10000ならキャスター組ハッスル


13 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:38:35 ID:2hSHIhd60
前>>10000の祝福を受けて頑張れキャスター組

14 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:39:38 ID:5liFtFVA0
>>10000は腹ぱあん祭りとして考えてよろしいですか?

15 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:40:11 ID:8LKmWr7U0
これ以上なにをハッスルするというのか

16 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:40:44 ID:dWonx58o0
勝負はハッスル、無性にハッスル!



17 : ◆o2mcPg4qxU:2013/06/13(木) 21:40:44 ID:nsVflS5w0
ちなみに実質、セイバー組は消化試合。
ランサー組はバサカがワンチャン。
キャスター組は巫女にワンチャン。

では、キャスター組から始めましょうか。

18 :名無しのやる夫だお:2013/06/13(木) 21:41:03 ID:9ttKsRpE0
巫女「いつから私達が既にハッスルしていると錯覚していた?」

関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する