おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2017/03/23(木)
9713 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 18:48:50 ID:7G8+TR5e
まぁ、なんにせよ

エンディング入っていこうかー

9725 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 18:54:44 ID:7G8+TR5e
▼奥様推し
スピカ(アサシン)、リザ

▼旦那推し
最愛ちゃん

▼後輩推し
苦労詐欺


9726 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 18:55:08 ID:ZilPhr0C
旦那さんぇ…

9727 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 18:55:11 ID:0QFfolx8
見事にデータ班夫妻に突き刺さったのか…

9731 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 18:56:25 ID:xXiRV70l
よかったデータ班の推しキャラの中にヒロインムーブできた娘がちゃんといたよ(なお

9732 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 18:56:44 ID:Q5P6utHW
さすが後輩さんの読みはすごいなw



9733 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 18:56:55 ID:7G8+TR5e

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――さて。

 かくして今回の聖杯戦争は終わりを迎えた。

 それに関わった彼らのその後は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9734 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 18:57:06 ID:MuLbsui+
日高と普通のおっさんは誰が推してたんだ…(真顔)

9735 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 18:59:39 ID:Q5P6utHW
>>9734
日高は先輩の旦那さんが、廃村さんちの戦争の恐怖を再びってことで推薦したとか言ってたと思う

9736 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:00:19 ID:nOnbrHSZ
>>9734
日高は廃村さん



9737 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 19:05:42 ID:7G8+TR5e

          ____jL:.:.:.:.:.:.:.:.:.-‐ァ '"-―‐-   __      ≧:.:.:.:.:.:.:.:.::
               ̄ 「:.:.:.:.:.7:.:.:./             ‐-   `丶:.:.:.:.:.:|
              ノ:.:.:.:.:/:.:.:厶=‐:.:.:.:.:.:.フノ    、     ヽ  `、:.:.:.: |
            (:.:.:.:.イイ:√__  ̄ ̄       \:.:.....,,     ミ:.:.:.:.:|
           ノ/アフi|:r‐‐‐==ミ  、}    /  丶:.:.:\   ミ:.:.:.:.:|
.            /}-く/ i|:{       ヽ }__  ,, --    ``\  }:.:.:.:.:;
           /〈/ハ  |:{-‐===ミ   } r‐=ミ// ̄”¨¨ -=ミ    }:.:.:.:,′
.          { /  }  \      _j   {_{  -=ミ、    ヽΥ:.:.:.〈
.          {    \      〔/    |,]     ヽ -‐ } }:.:.:.:./
           ゙ 、 〈     ‐---‐.       〔         {/⌒Y^
             . }i 丶      〈 _      ‐-  _    ,ノ∠ .
                 ーi    /    ` ‐--ヘ      ̄  i⌒ /
.                :.   { ー-  _        、  / / /
              |.   {      ‐-  ニ=-‐ } / /_,,  '゙
              |  、            /   //「
.               /|   〉.             /   イ//{
.              /{=.|   ∧          ,.  ゙  |//」、
             〈    ≧=- >  _____,,   __,,   '⌒^ }
          / \    V/ニア¨¨¨¨マニVニア    /ハ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【フェリペ・セグンド】

 職場の屋上の施錠をしに行ったらランサーに見つかり、その手に掛かりかかったところでセイバーを召喚した一般人。
 Fate/Stay Nightで言う士郎枠であるが、士郎のような特殊な異能や体質、経歴は持っていなかった。

 しかし自身や家族の住む街を守るため、ボケかけている老人セイバーの相棒として聖杯戦争に突入するも、聖騎士である
セイバーが魔女であるキャスターを発見し暴走。
 令呪2画を喪った後、セイバーの納得のため、今度はキャスターを守ってライダーと戦闘。その戦闘でセイバーは消滅し、
実質的に聖杯戦争から脱落する事となってしまった。

 セイバーに振り回された感のある彼ではあるが、セイバーも彼を気にはかけており、残るマスターやサーヴァントらに
彼についてよくよく頼んでいたため、令呪によるアサシンの回復と引き換えという形で家族ともども街から逃がされる。
 その後は彼の居ない間に聖杯戦争が終結し、彼の記憶は残存マスターらの提案によって操作され、『聖杯戦争に参加した』
という事実自体が無かったこととされた。

 ―――しかし、彼の手に残った『亡父に大恩のある富豪』から貰った5,000万円の小切手は、『ただのオッサン』が
なけなしの勇気を絞り出して、聖杯戦争というものに立ち向かった報酬として残ることと相成った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9752 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 19:22:46 ID:7G8+TR5e


    ,,,、--─、..、  _      ,l:: ::|r-、、 :::::: : :::::::::::::::::::::::: : :: _,-、 }::::::|_ /// : : ::::
ヽ-''-''´       ̄ /    / |:: |/  \..、_ :::::: ::::::::::::::::__//`l| 〉::| l | ll./ : : :::::::
. 〉ナヽ   己己   そ__    | :::|:::||::::  :::\::\ :::::::: :r''::::∠__ | |::|/|| | :: : :::::::::
.| /,-|、   ン」ン」   /-,   |(|〉::トヽイ__l__/::::::|: ::::::::/::/,-┴┬、_ |イ || | | : : ::::::::::
|  `´    ├‐    〉ヽ:ヽ |:)ヽ`y| く__`┴´フ:::.,,、::::,,、,l::´ヽニ二ノ::: |//|  | : : ::::::::
| | , ヽ   lニコ   |  \ヾl:L, \Y::::: :  ̄´::::/  |::|  ヾ:::::::::::::  /´/:::| ハ: : : : ::::
| `    /ヽヽヽ  〈  _): : :::ヽ>: ): :    ヽ |::|  /   r-、/::|::::::::ヽ/: :|: : : : ::
| ┃    | 十   /  `─、: : :: :(: : ト: :     〉_/ )_./    |: : : : :|:::::::/: : |: : : : :::
.〉 ・    レ(ノヽ  ヽ_   フ: : :(::::::::|: :     \Y:::/     |: : : ヽ: : |: : :シ: : : : :::
. フ         ,,/ ,,r--、フ::: :ヽ:〈:-| :::      ̄    ,,  〉: : : |: :|: : : :/: : : : :::
/ ,--、 ,、 _,,,--、| /: : :l: : : /: : : :|:::: ::;|、   ゙==、,===´,  ): : /:V: : : : :|: : : :::ノ
 ̄   ヽ`´ __/(:::::/:::::/:: : : :/ ::|:ト|::|ヘ   ヽ‐┬─‐''´  /: : : : : ヽ: : :ノ : : :(_ノ
      r''フ: : : /: : : :/:: :::/ヽ: : :|ミ ミ:::::::| \   ::::::::    /: : : :,, : : :)´ : : |: : : :
     |: : ヽ: :r| : : _ノ: : : ) :::::::::> テ::::::::::| ::\  :::::::::::: /: : : : :l ::::/:: j ::::〉,: ::::::
/ ,,/ /: : :7: :( l: : ::|:: レ´ ::::::(::( ヽ::::::::::ヘ :::::::\__/:::( : : ::::Y´ : : : : :::: : 〉: : ::
| (| (: : : : /: : 〉 : : :|: :/:  : : : :): :/ ̄:::::::::::ヘ  ::::::::::::::/ )::|: ::::: :/ :: :::: : :::: :/ : : :
   /::::::::トY : :)-::::::::| : : : :/: : /|:::::ミ::::::::::::::|    :::: /: :/ : :::| ヽ:: :/ : : : ::::::::::: : :

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【ラバー・ソウル】

 魔術師―――というより、魔術使いにして荒事屋。
 魔術を用いた殺人代行などを行っていたが、欲の出し過ぎで協会から睨まれて懸賞金をかけられ、ほうほうの体で
逃げ切りを狙って聖杯戦争に飛び込んだ。

 自身と感性の近い悪性の魔女を呼び出そうと思って出てきたのが、ド善人のキャスターだった辺り不幸な人。
 しかし、そのキャスターの善性こそがセイバーやアーチャーがキャスターのために動いた理由になったので、
世の中何が幸いするか分からない。

 戦後は新たな身分と顔を手に入れ、聖杯で魔術的な追跡も振り切る事に成功。
 裏仕事で貯めた財産と、家伝の魔術刻印すら組み込んだ魔術礼装『イエロー・テンパランス』をリザに売った金で、
悠々自適に暮らしているらしい。
 
 先祖が憤死しそうな所業だが、『自分』と『今』が何より大事な小悪党として、彼は彼なりに身の程を弁えた生活を
送っているようである。
 色々と懲りたため、元手がある内に小さな店か農場でも持とうかと思案中。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9758 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:25:12 ID:VWDpV82k
おめでとう兄さん二号!適当に幸せにな!

9759 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:25:24 ID:LBQ5noXQ
魔術師なんて普通の人間的幸せとは無縁な生き方だからな。これはこれで一つの結末

9768 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:29:13 ID:i7pD9wJC
KAITOさんほど降り切れてなかったイメージ

9772 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:30:17 ID:iP/WaMOh
兄さんはクレバーかつ卑劣だったから…

9775 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:30:57 ID:iP/WaMOh
あ、間違えた卑怯だw

9776 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:31:46 ID:4CBoO6+i
ラバーソウルはものすごくカイト兄さんとダブる役柄だったんだけど、どういう意図で出したのか気になるな。
カイト兄さんで心残りな事があったんだろか?

9778 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:32:04 ID:mAmlwfFg
>>9772
KAITO兄さんには卑の意志があった…



9783 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 19:34:46 ID:7G8+TR5e
>>9776
ダブらせるつもりは無かった。
悪性マスターとして躊躇なく殴れる敵枠だったよこの人。

対応力やキャスターへの配慮でいい感じの出目出したのと、キャスターが善性だったというだけで。

9779 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 19:33:33 ID:7G8+TR5e


                                   __ _    ∧     }ニヽ
                                  〈 〈ニ\ /ニ〉   ノ__ノノヽ
                                V/`''<()/-=ニニニヽ≧=彡
                                   乂 >''"   ∨: : : ∧
                                 /        \: : :.∧
                                  |i   八    `¨¨¨`
                               /  .|i  /  ∨/      |
                               //{  八 斗 =ミヽ  }   |
                                //八 {ニ∨{ vソ }  |   |
                                   {/ ハ八 , \   .リ 八  .|
                                  /   }h、丶 ィ( /__  .|
                                   /八  \ r==// /ニニ乂_
                              〈(  }  /=/ / /ニ´¨¨`Yニ」
                                __   八/=/乂 /{/{‐ニニニ{ニ「 \
                         (⌒´⌒ `¨¨¨ヽニ{ // 八‐=ニ 八/    \
                        (ノ⌒乂__彡    )ニニ./‐ニ ≧= 彡/ 八   \
                        // )::::::/^八 /   _ヽ /‐=ニ /ニ/´ヽ   }    \
                      /::ゝ':::::: ( ノ::::〈(  〈:::::「‐=ニニ../ニ/     |
                      乂:::::::::::::::::::::::::::/  `.八‐=ニニ/ニ/   /   |      ゙、
                       ≧=‐  ‐=≦   /‐=ニニ./ニ/   /   八      ',
 x≦≧、            ___γ´           /‐=ニニ「 ⌒\   /  /  )      )
/=_={{=_ {            乂ニノ          /‐=ニニニ/.: .: .: .∧/  ((  /     /
{=_=_{{=_八         /]ニ=/           「乂‐=ニニ/⌒.: .: .: .: V    /     /
|=_=_.》=_=_\=- __ノ{^⌒ /          ノ/ \‐=ニノ__.: .: .: .: .: .: .::.=---- 、   /
乂/∧=_=_ ∧ニニニニニニ{__              〈j{   ノ¨´\⌒“''*、.: .: .: }⌒“''*、::::\
   /\=_=_ 》ニニニ 「 ̄ ̄ }      __  /^^^    ヽ Yi:i:Y.: .: 八    \::::)
   \=_))__/=------乂 >''"     〔ニ} /=_=_\      Y.}i:i:i:》 /
    `¨    / ⌒ ヽ   `¨´乂(( /  ̄=_=_=_=_=_Y    ノ ノ>''"
            「=_=_∨∧       /⌒ヽ=_=_=_=_=_}}  、丶`  ̄
            {=_=_=.∨∧    /=_=_=_=_=_=》=_〉⌒
            乂__》=_ \、丶`=_=_=_=_=_=_/ /
           __}_ }=_=_=_=_=_=_=___ノ /
           {=_=_=}}=_=_/=_〉=_/
          八-_-_ 》 /__ノ⌒
            `¨¨´
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【リザ・エステレラ】

 協会や教会などから、『自らの組織が抱える特記戦力を向かわせる程でもない案件』を請け負うことが多い
フリーランスの傭兵。
 魔術回路も一応備えてはおり、些少ながら魔術も使えるが、魔術師・魔術使いを名乗れる程ではない。

 聖杯戦争においては、黒幕の抹殺を目的として参戦。
 しかし、黒幕であった黒ウサギ自身は死徒になった事に彼女自身の責任が無いこと、彼女が死徒にしては珍しい程に
無駄な殺しを厭う性格であったこと、しかし傍迷惑なゲーム志向の持ち主だった事などを勘案し、最終的には『嫌がらせ』
『アーチャーの願いを汲む(キャスターに聖杯を使わせる)』『空気を読む』などの複合的な判断から、聖杯で黒ウサギを
人間に戻した。

 戦争そのものにおいては、黒幕である黒ウサギ陣営の早期発見、並びに最後の対ビースト戦以外に戦果はなく、
主に隠密行動と情報収集に徹していた―――が。
 戦後処理を一手に引き受け、悪性のマスターらが今後表社会へ被害を出さないようにする為の布石を幾つか打ちつつ、
出来るだけ全員が満足できるような処置を施していくなど、有能で怜悧な判断力は主に戦争終了後に発揮された。

 男子生徒と元“箱庭の貴族”の身柄を引き受け、聖杯を教会へ届け、協会へはラバー・ソウル討伐の証拠を届け―――
 傭兵であり仕事人であり、同時に意外と倫理観の強い彼女は、裏社会で強かに生きていくようである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9781 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:34:09 ID:rZmuDScq
最後でめちゃくちゃ仕事した人

9782 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:34:28 ID:Wh4gYksq
結果として仕事人だったわこの人は

9784 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:34:47 ID:0cBfV8xh
最後にやたらと輝いたお方

9791 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:37:38 ID:rprmQicu
ランサーと意気投合したりキャスターに振り回されたり忙しい御仁であった



9794 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 19:42:13 ID:7G8+TR5e


          _..ノ:イ:::::::/::::::::::::::::.::.:::i    `ミ::::::::::::::::::::::.:}|
.          /::::::/ ::::::::/:|:::::::l:::|     ミ:::::::::::::::::__人_
.       _人_  /::::::/:::::|:::/ーヤ|:::l:::! ー─‐‐ .ミ:::::::::::::::: `Y´
.      ^Y^ ./:::/!::!:::|:/ _|∧八|   ___  `Y:::::::::/  |
         //  |:从:{' '⌒ヾ      ´ ̄`ヾ  j:.〃⌒;
        ′   iハハ       ,         !/ r' ノ
            i  ! i               _, /     \/
                '.   ,____      ,r‐<.       /\
                       V ̄ 丿   /
                   ヽ、 -   . イ.|
     _人_         __,介 ... <___j____      ◇
    ^Y^         }`¬ノハ    /       {
     ___      入  V//}    ′       ノ
    /!     ̄ ̄ ̄   〉 マ¨7  /    __,厶==  ¨¨  ̄  ≧、
   r‐f l             ‘.   /   ̄_/          /⌒ \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【ロック】

 裏社会のフィクサー。
 マフィアなどの裏社会と魔術師などの『もっと裏の社会』を、神秘を漏洩させずに上手く繋ぐような仕事を行っていた。
 聖杯戦争については黒ウサギのゲーム志向に、『面白そうだから』で賛同し、序盤の囮・兼・1戦限りの協調者なり、
代わりにこの霊基だとかなり上限に近い英霊であるライダーの触媒を受け取って参戦した。

 しかしそのライダーは死兵として全力を叩き込んできたセイバーに負け、相討ちに近い形で敗退するも、『こんな楽しい
催し物、途中で降りるなんて冗談じゃない』とばかりに、しれっとアサシン陣営にその後の協力を提案。
 なんだかんだと、その調整能力や強運が最終局面まで際立って役立ち続けた人物である。

 また、ラバー・ソウルと黒ウサギという、生き残った中で『悪性』と言えるマスターが各々の形でリザから今後の活動への
掣肘を受ける中で、一切そういう事を受けずに戦争を終わった人物。
 特に得た利益も無いが、利益を得るためではなく楽しむために参加したため、楽しむだけ楽しみきった彼はだいたい勝ち組。
 戦後も変わること無く、中南米辺りでフィクサー稼業を楽しんでいるようである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9798 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:43:29 ID:NAkuUG1N
今回のロックは「面白そうだから」「たのしい」の2つで説明できる

9799 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:44:02 ID:ZMaxtfgo
完全勝利したロックUC状態

9806 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:47:20 ID:rZmuDScq
こいつの引き運マジヤバいw
ライダー戦で「まだだ」合戦になったのロックのせいだしw



9807 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 19:50:57 ID:7G8+TR5e



                /              /⌒\
             ′           /:::::::::::::::::\
                           /:::::::::::::::::::::::::\    _|_、、_   ,ゝ‐ __‐-、
                |          /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l | l |_|  /  ,二  乂
                |            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}          }  ‘⌒))  }
         ┼`` |        /::::::::: イ::∧:::::::::::::::::::::::、         (  _jレ>__  {
          l | l   |          /:::::::/ ::::|  ':::::::::::::::、::::\         ) 71,勹〕 ノ
           口   |i       /:>x   ::::    ;:::::::::::::\::::::\      {    =ll=,,(
                |    /::::::/  \:::|    丶::::::::::::::\:: 、\      廴 ≪lレ)) Υ
        ___    リ   ..:::::::|.  ,ィzf≡=,|::|     \\¬:‐!-∟\    }=||=,__  ノ
      ./_jL__\. .′, 〈::::::::::|. とつ////}:::!///////`¬ニ≡=r‐= 、.,::::..   {_《}レ勹〕〈
      | `7f⌒))乂. /|::| ' :::::::| o///////V////////////// ゝ。-'...}ト、::::::..└-、__ノ
      l  `^ `  |′:ノ∧::::人o                        o. }:::::::::::::::::\
          =ll=,, /   .ヘ:::::::::\       ,               。 /jノ:::::::::::/ ヽ//
  / ⌒.,_「!__《}レ)){_.    ∧:::::Y´)      rァ‐ 、_ノ⌒ー-、     γヽ/::::::::/   / 〃
.,/   /.,][,、_    \   .∧::.`^:.      |′       }     し′::::/     / }
      《」「メ))       }.   Ⅴ,:ト,:::\   )          }   /::::/     / ,′
       =||=,,     /.|i\   ` \:::::. 、..し~、 _,、_r…′. イ::: /     イ}
.      ≪}レ'))   ( |        \:::. 丶       <  {/ ´
         /7_    〕.       \ \}   ー       イ
        {_ハ_し> /             ヽ|         / /
       `ー-、__,ノ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【絹旗最愛】

 時計塔所属の魔術師。自身の栄達を目的として聖杯戦争に参加したが、忠臣蔵ガチャで見事に失敗。
 最初から最後までランサーに振り回されるわ、情報収集や礼装作成は失敗を続けるわ、状況には流され続けるわ。
 ランサーには逃げられ、ワンチャンス用に残していた令呪を最後の最後でアサシンとの再契約に利用され、
そもそもランサーが一般人を2名も聖杯戦争に巻き込んでおり―――。

 最終的には涅槃の精神で『生きて帰れればいいです』という思考で、聖杯の分与や戦後処理の間、居辛そうに立っていた。
 なお、彼女と日高に殺された魔術師を哀れに思ったリザが口裏合わせを提案し、『セイバーを召喚したのは日高に殺された
魔術師であり、絹旗最愛は尋常たる勝負をしただけで神秘の漏洩などはしていない』という感じで纏められた。
 黒ウサギと並び、戦後にリザに頭が上がらなくなった人物。

 聖杯戦争に参加し、敗退はするも令呪を持ち帰った事から彼女の評価は戦前よりも上がりはしたが―――
 もう二度と聖杯戦争になど参加するものかと、暫くは家に引き篭もって研究の日々を送ったらしい。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9808 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:51:53 ID:ZbqvfXv/
是非もないね >しばらく引きこもった

9814 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:52:17 ID:Wh4gYksq
令呪持ち帰ったのだけが唯一の救いかw

9815 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:52:22 ID:Q5P6utHW
そこにモアイ先輩すげーと誤解した後輩が武勇伝を取材に来てですねw

9823 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:53:20 ID:Ed5swgda
ラバーソウル・黒ウサギ・ロック・最愛
今回は悪性のマスター結構生き残ったなあww

9834 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 19:59:52 ID:FAWV3qf9
なんかリザさん最小の労力で最大の戦果をもってった感すげぇw



9857 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 20:13:51 ID:7G8+TR5e

                   <_    〔\      /_/=./   ヘ                / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
 _,.。r‐. ‐-. . 。.,_          <_○  \≧=-=≦  」≡/ \  _)                  / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /
_, * ‐ ‐-  。.,_. . ‘. . .,         // 〇 /ミ三三三彡      <                   / /l/l/|/l / /
          ‘  ,. .‘. . ,   / 7_,、//      l ヽ       >              / !j . . . . . . j/ /
              ‘ ,. ‘. , \    ∥      l       /       _, 。-‐. . . ゚ ´/. . . . . . . . . . /
       , ' ´. . .  ̄. . . ゙ '. . . , \  /       l     / l__,. 。 * ¨´. . . . . . . . . . . . . . . . . . . /` 、
     , '. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \/        l--‐‐-〃  l . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ
   ,. ゚. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\        !       l. . . . . . ./. . . . /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ハ
  ,. . . . . . . _, 。-‐  - * 、. . . . . . . . . . .\___/        l. . . . ,/ . . 、 / . . . . . . . . . . . /. . . . . . . . .ハ_________ 、
  {. . _,. 。 ´    ヽ       丶、. . . . . . . . . . . . . . . ヽ       l. . ,' / . . /\,. . . . . . . . . ./ . . . . . . . . . . . ─────────丶\
  。. ' ,      ,'           、. . . . __. .,-tノン-'´i       l,'. ./ . /,  '\. , - ´/. . . . . . . /. ,. . . . . . . . . . Z.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\
    ,. . ・ 、 ___ ノ            _r‐tノ,ゝ'':¨´zンヽl      ,'. . . l. / ミ、    `   /. . . . . . . /. . . /. . . . . . . . . _>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    ' ,_. . . _ ィ′         __く>:::\::::::::( / i′∨    ,'. . . /l/x  `ミ、     /. . . . . . . /. . . /. . . . . __>___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        ̄            _く/::::::::::::::::::::::「/ニ',>::∧    ‘. . /     x  `    ノ. . .,_,.。. . ゚. . . /. . . . . . . } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                   ,! -‐. -ニ::::::::::厂/ニニニム    , . . {            ̄  ノ. . 、 . /. . . . . . . . . .!          \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 ,'. . . . . _. .`.、//ニニニム   ニ_/ ,. /,  , -‐ .、 ,       ̄ × . . . . . . . . . . ,'            \.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 {. <⌒/ r-‐-_` 、. .',ニニム_=ニ( /,'. . ,'ニ', /   `}    ミ、   /. . .\. . . . . . . ,'
                 ', . ∨r‐'´ ̄ニニニ'. .,У′ニニニ「/ ‘ . 'ニニ', 丶 -‐ ′   x  `ミ、∠_. .. . . . . . . . ,'
                 ',"<}t!ヽニニニニ/' ,ニニニニ厂/,'. . . ‘ニ,/r'ゝ. _       x-=彡. . . . . . . . . ,'
              /⌒i  ・、'r}_ ノ,ゝ、 'ニニニニ` //_-i=‘. . . ,‘/‐'<ムニニ"K' - . ' ´. . . . . . . . . . ,'
                / ニニ!  ',_ _ィi‐y{ニニニニニr‐、' .,,'. . . ., |≡ (_iニニニ/_) ,'. . . . . , <__. . . . ,
            /ニi ニ//   〈\ 人ニニニニ,'-</¨ヽ、  /    lマ.ニ/(,. . ,  '       `  ゙ >へヘ/⌒丶ミ _,
            し/ニ/___〃¨´ゝ::::'ニ,ニニニ',:::::::`<ニ/     (__',,. ,<            /     \     \
             /ニ/ニニニニニo|  `く\::::'ニ,ニλ:::::::::/ヾ‐ァ-、   ∨‘. ,    "''  _       <_         \    ヘ
            /ニニニニニニニニニ| /  ⌒{丶,ハ`:┐::イ:::::::::::ヽ-tン  ノi( ' ,    ',. . . ."'' _   _)         ヘ    ∧
               iニニニニニニニニニ/  /  (`/,-‐' 'ニ,::::::::::::::::::ヾ.ゝイ  /i  ,',  ', . . . . . . "''/   \       ハ    ∧
              lニニニニニニニ/  /___〃i'\::::::'ニ,` ¨ニ´ニニニニ/_)   ,' , '. . . . . . . /      \    / 三三三}
             \ニニニニ/  /ニニニニニニニo| `に入、__,'ニ,ニニニニニ八    ', '  ,. . . . <         \ ./三/     \
                  ` ¨ ´    /ニニニニニニニニニl / t_ιゝ'≧=-=≦      ,  ,. . . . . . .\           /三/        "''' o 。 .__
                    i ニニニニニニニニニ/      ',          '. . . . '. .. . . . . , '\   ___/三/                二二)
                        \ニニニニニニ/         ,,        ,. . . ,. . . . .,'    7 ̄   / ヽ/              <
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【黒ウサギ】

 聖杯戦争の主催者にして、“箱庭の貴族”を名乗る死徒。
 ゲームマスター感覚で聖杯戦争を主催し、ビーストを召喚するも、犠牲を厭う彼女の精神性と最大限の犠牲を望む
ビーストとの認識の差異を突かれ、アーチャー陣営との交渉戦で亀裂を刻まれた。

 その後、ビーストの願いは自分と相反すると認めながらも、ゲームマスターとして自身の殺害すら含む願いだろうと
否定はしないというスタンスから、令呪で補佐をした上で制御を放棄。
 自身は聖杯戦争中に出会った、自分と『近しい』精神性を持ち得ると直感した男子生徒に協力し、ランサーの迎撃へ
向かう事となった。

 考えてみれば残った参加者から殺されていてもおかしくはない所業をしているのだが、無辜の犠牲が無かったこと、
彼女自身の死徒としての格が低かったこと含め、様々な要因が重なり合い、リザの手による聖杯の使用で人間へと
強制的に戻された事を以て罰とされた。
 戦後は生きるアテも無くなり、リザに請う形で男子生徒の補佐という形で『荒事担当異能者見習い』のような形で
男子生徒について回ることになったようである。

 ゲーム志向は抜けてはいないが、死徒化が解けた事によって無駄に死を振り撒く必要性が無くなった事自体へは
感謝はしているようである。それはそれとして、これまで使えた力が使えなくなったことへの困惑も大きいようであるが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9858 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:15:29 ID:t/9PjMM3
男子生徒にちょこちょこ付いてくる黒生徒か

9864 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:17:16 ID:ZMaxtfgo
女子死徒から女子生徒にクラスチャンジ!

9869 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:18:33 ID:fzo3Owyc
黒ウサギルートTrueENDクリアした感

9874 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:19:11 ID:rZmuDScq
男子に足りない経験を補ってくれるから、実際いい女房役でもある

9886 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:33:51 ID:OO2AEM/x
レベル5くらい下がってそう(小並感



9889 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 20:38:22 ID:7G8+TR5e
>>9886
10~15は落ちたかなwww

9888 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 20:38:05 ID:7G8+TR5e


                     ,'  ///   /, ''
                    , ' // ''   /,, '''
                   ,,._ャ────:..、 ''
                        <::::::::::::::::::::::::::::::\              ヘヘ、
              /   ,,' /::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::゚,        ____,...{ヘヽ)).l
             /   ,',',' .フ:::::/::/レ゙´ `寸マム::',zzzzzzzzzz77,| l -< rー´
          /  /   ,',','/ . ̄l:::V \  / .∨::::l///////////|.ヽ、ノ
         /  /   ,.',','   /i::l.代ナ  弋オl::ヤ///// - -ー'´
         / /l  ,,' /   /,',' (ゝ   __`__    <.),´ ̄
        ./ /,', ,,''    /,',',',xへゝ、 }_-v ) _,イ/{
       / //,' ,,'    , '/,'////≧.>---<.,ィ|/}
      ./ //,' ,''    /,','/////////≧x_,. '´ 「}}
      / //,'',,'     ,/,''/////////////L_   } |j
     ,,/,,,/ /      '/,/////,,, ''////////|   ///                          /
    //,,/ /      /,'///,, '''i/////////∧ ///                         / /
    //,,/ '       /,'',,,'''''  ∨/////////∨//              i        / ///
   /          //''     |/////////////|             | ,  ,'  , ' / /,,'''  /
   /          /''  ,    |/////////////ヽ             l| ; ,'  ,' / /,'', ' ,,, '' /
 ` 、          / ,,,/    ///////////////,ヽ - .....,,,,,__      .il| ;': ,' ,' / /,,'',,'',,''  /,''''
           //'      ////////////\/////}///// ̄` - 、.,_i!l|l;;,,; ,.'; //,,'''/' ,,/''
           ./      ///////////////>zzイ////////////ヽ;/,'//,'','//  /   /
       ,,''/''        /////__//////////////////////////ヽ,'/,'' ,/  /   ,,/'' ''
                     ¨7777///////_,.. - 、..//////////////////'' ' / /''  ,,,, ,'''' '
                  ////////////     ̄ ̄..:::::::::::::::::::::::''::::' ´    /','' ,, ,'' ''     /,
                  /'//////////i        :::::::::::::::::::''''' /   ,,/'' ' , ,'' '     ,,,'''/'
                 /'////////// |          ''''''''''/ ''   ,,''/,, ''      ,, '',, '' ''
                 l/////////./ .|          ,,/    /,,''''        ,, ''
                 .l/////////l   |      / ,/'     /''        /
                  ヽ///////ノ  /     //'     /        /
                   ` `   ´ヽ_/    / /              /''

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【男子生徒】

 幽雫宗冬やグラハム・スペクターに近い、『異常に戦闘に特化した才能を持って生まれてしまった一般人』。
 自身の適性や才能に気付かず、またその気質との付き合い方が分からずに悶々とした人生を送っていたところ、
ランサーと遭遇。英霊と誤認され、攻撃された。
 死にかけたところでアサシンを召喚。聖杯戦争へと参加することとなってゆく。

 とにかく戦闘・闘争に対して前向きで、それ自体を楽しむ事をした感性の持ち主。
 戦闘をストレスとするのではなく、闘争なくして人生無しとする生粋の戦闘屋。
 ただし、セイバーとの対話により、それの向け先や方向性については、社会との折り合いのついた方向へと向ける努力を
しているようである。

 聖杯戦争においてはとかくランサーと縁があり、何度も戦っては2勝1敗で、最終的に黒ウサギとの共闘でランサーの
暗躍に終止符を打った。
 その後は裏切ったアサシンと互いに納得済みでの死闘を超え、殺し合った同志でハイタッチと感謝を交わし合いながら、
サーヴァントとの別れを終えた。

 戦後はリザの紹介で、フリーランスの荒事屋を斡旋する傭兵企業―――表向きは警備会社であるそれへと、黒ウサギ
共々に推薦される。
 適度な争いと日々の糧。それらを得た彼は、社会との折り合いを付けながら、闘争の中で生きていく道を選んだようである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9892 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:39:40 ID:rZmuDScq
黒ウサギは死徒の強さはなくしたが経験という武器は残ってるからねw

9897 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:41:17 ID:E1mSFmwZ
くらなくん、グラハム、男子生徒三人で協力したら普通に鯖鱒に勝てそうなあたり怖いわw

9899 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:41:29 ID:K2yEVfYK
最後まで本名不詳であったが、まあこれはこれでw

9903 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:42:27 ID:qQ+LRvJ7
>>9897
くらなくんのスキルに巻き込まれるから脳筋二人つけてもなあ・・・

9904 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:42:34 ID:r+edPlxB
>>9897
くらなくん単騎で割りと勝率あるとか言ってはいけない

9905 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:42:56 ID:i7pD9wJC
くらなくんはラケルてんてーを付けた方がいいからな

9913 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:45:39 ID:BIIfjUKh
しかし「最終戦で自分のマスターと戦うサーヴァント」って普通はヘイトぶっちぎるよねー

9914 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 20:46:37 ID:rZmuDScq
なお、最後はハイタッチで別れた模様



9925 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 20:58:41 ID:7G8+TR5e



              ...:-:‐:.:.‐-...    ,,ィニニ==‐-_
          ..:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧-=ニ≦三三>¨
          /:_:.:.≦:.:.:⌒:.:.:.:.<二イ三三≧ゝ              ̄‐-<二二ニニ==―___
         ,.:.:_:y'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:、爪:.:.:.\                   \二二二二二二二二
        ,:':.:.,:"{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.トミ: : \:,イヽ:.:\                        ヽ二二二二<三三
     /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ:;>:}-‐ ヽ:.:.:.`λ }:.:.:.:.\                      〉二ニ>≦三三三
  _,,,イ:.:.:.:.:.:.:.:\:>、:./:.ヽ:リィうメミ:.:.:.ヾソ:.:.:.:.:.:.:.:.:..._                /二/三三三三三
≦三彡{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ:.:.:}f代z::ツ ヽ:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>....._           /二/三三三三三三
 Y三三:.:.:.:、:.:.:.ヽミ::.:.`、 j:从  `¨ ,,,,,):.:.:.:.:.、ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.二ニ=‐-   /二/三三≦ニ= ̄
}  vニ从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:X^≧ミ:z       ノイミ:.:.:.:.V ̄ゝ_:.:.:>ニ=‐-:.:.:.:.:.:.:.:.ミ>二/三≦ニ= ̄
{{  V/ハ:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.ゝf丈ぅ" 、    ,  ハ、:.:.:.:.:、  辷7   \:.:.:.:.:.>二ニ/>¨
∧ ヾ  、:.:.:.:、:.:.:.ニ=:ゝ",,,    ‐ ' .:  〉 、:.:.:.:.   i/{     ¨¨<二二//:.:.:.:\
 ∧ _   ゝ=-ヾ:.:.:.:.二ニ=‐ィ -‐ へ、ィr-、}:.:.:.:}   i/!          Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
∧_  >ー 、_>:.:ニ=≧:.:.:V   j! fylilililj:.:.:.,'  j//!            }:.:.:.:.:.:八:.:.:.:.:.:ヽ
三三三>ー- _二二二}:.:.ト:.:.:.!  ノji j ゝ=イ:.:.:へ _///ヘ     //  ノ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.}
三三三三三三三三三j:.:.:ヘ.:.:} //i 从lililil:.:.ム///////Y   /≦三ニゝ:.:.:/:.:.:/ }:.:.:_へ__
三ミ> ̄ ヾ三三≦彡ィ.:/ }:リ ///レ//ヘilil:.:i/////////l  //      }:.:/.:.:.: __/ .! } 〉
三/     v三>¨ ..:.:.{  .:,'./////////ム{:.{/////////ゝ_Y      j:.:.:.:.:/;;;;f ヽ トλλーっ
Ⅳ      V/  ,.:':.:. /.:/ .{/////////∧:V///////////j       :.:.:.:.ノ ト、;人 从//ミ ̄
           ー=ニ:.:.彡イ\ V//////////ゝ:.マ////////从     /:.:/ \ \ //j/从
        /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:≧_ヾ/////////厶:.ミ≧ニ=-イ//\  ,/ '     ///ji/∧
       /:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:,'/ へ `Y≧=‐////へ:.:.ミ:.:ニ=‐,///\       /////八/∧
     /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./    / j}//////////|////////////〉    ///////////∧
     .:.:.∧:.:.:.:.::,'.:.:.:.:.:,《 彡 /  〈//////////∧////////_//>_ //////////////∧
    /:.:./  ;:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:|{i辷i彳     \///////∧/>ー―</////</////////∧//////ヘ
    /:.:/   j:.:.  }:.:.:.:.:|l|  |l|       }/>ー-=<////////////<////////////乂////////\
   ,':.:/   :.:.:| .川:.:.:|l|  |l|      ハ//////////////////////////////厂ヽ//////////\
   {:.:{    ノ:.:.:ト.:.:.:.:.:ノ|l|  |l|    ////////\/////////////////>ミ Y ヽ 八///////////〉
   乂:.ミ/:.:.:.ハ:.:.:イ.r|l|  |l|    /////////////、////////////>⌒厂ヽレ⌒Y ∨/////////
     /:.:.:.:.:/  }:.:小^|l|  |l|   ,'//////////////Y//,///>< ヽ ントー∧人ノヽノ∨///////
   /:.:.:.:.:.:./  ,'.:.:..:}〈 Y,  |l|   ∧///////////////////厂 人ノ⌒ii .......................( ミ∨/////
  (:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:./ 〈 Y」l|/∧/////////////////Vヽノ⌒     ii |.....................ノ⌒ノ////
  八:.:.:.:彡 八.:.:/   ヾ _ノ////////////////////∧,ノrェtェrェrェrfjェI..............ノ ( ////
   )::ノ   :/       /////////////>///////∧ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j...........< Y////
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【キャスター(ペトロニーラ・ディ・ミーズ)】

 “最初の魔女の最後の弟子”。キャスターのサーヴァントとして現界した、此度の聖杯戦争の最後のサーヴァント。
 しかし、“魔女”という言葉から連想されるような性格とは程遠く、強く善性に傾いた性質の持ち主。
 なお、自分の性格については悪辣な魔女を自称している。

 セイバーとは魔女と聖騎士という立場から互いに殺意全開で激突するが、その後にセイバーが彼女の本質を見抜き、
彼女を守るためにライダーと相討ちになった事や、彼女が勝利を捨てて街への被害をもたらしかねないビーストを優先して
倒そうとした事がアーチャーが捨て身になるきっかけとなった事まで考えると、男の運命を狂わす悪女としての素養は
あるのかもしれないが……。

 なお、セイバーとアーチャーの消滅については彼女自身が最も重く捉えており、なんらかの形で彼らへの願いへ配慮した
聖杯の使われ方をするまで、自分が聖杯を使おうとはついぞしなかった。
 その為、残った聖杯では座に居る師匠に会うという願いは叶わず、彼女は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9926 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:00:09 ID:eLJU4c9s
DCS販売行脚を開始……してほしくないなぁ(

9928 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:01:39 ID:rZmuDScq
これは悪(い魔)女ですわ



9931 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:03:12 ID:7G8+TR5e

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



ニニニニニニニニニニニニニニニ=‐ . : : : : : : : : :.マ. : : ≧s。
ニニニニニニニニニニニニニ=‐ . : : : : : : : : : : : : : .マ. : : : : -‐‐ァ
ニニニニニニニニニニニ=‐ . : : : : : : : : : : -‐‐─ァI斗‐.i:i:i:i:i:i/
ニニニニニニニニニ=‐ . : : : : :jI斗‐.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
ニニニニニニニニ=‐ : : : ,、丶`Vニニi!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
: : : : : : : : : : : : : : : ィi〔:i:i:マ_A Vニ=i!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,、丶`
: : : : : : : : : : : : :/.i:i:i:i:i:i:i:iV_A Vニ!:i:i:i:i:i:i:i:i:,、丶`       ―――ザッ
``~、、: : : : /_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.V'A Vニi!:i,、丶`
     ー‐'    `ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i.VA 'ニ',        ゙'
             ゙ー──jニ! ∨=、
                    {ニi! !ニ}!
ニ=‐                  }ニ}| i、ニ{、
ニニニニ=‐             !/ \ヽ!
ニニニニニニニニ=‐     i!! i   i!=!
ニニニニニニニニニニニニ=‐}i! i   }_i        、,
ニニニニニニニニニニニニニij  i__   }_!
ニニニニニニニニニニニニニノム=ニニ==、}ムニ=‐              ヽ〉
ニニニニニニニニニニニニ/ニニニ==ニニニムニニニニ=‐
ニニニニニニニニニニニ乂ィ ´     `ヽ〉ニニニニニニニ=‐
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ





    ,.ィ
 ,.ィニニ,: : : /: :i: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : :ヽ: : : : : .
,.イ三三: : :/: :.;': : ハ: : i: : : i:ヾ: : :\: : : : : i: : :',: : : : : :ヽ ...,_
  /: /: : :!: : !i: :;'八: :!i: : : ヾ::\: : :ヽ: : : :l: : : !: : :i: : :.:', ヾニ=..、
./: /..;': :i:.:.|: : i !::{__: :!l: : : ト:ハ: : ヽ: : :ヽ: :.l: : :.|: : :|: : : ::ノ三三k:.、
:.:./.:.;': : !: :iz斗''´! 八`ヽ: : l:{ ヽ--:-ミ: ヽ:l: : :|: : :|: : :,.イ三三三三k、
:/: :.;': : :|/: : | ヾ_ムハ ヽ: ::l \ \: :\:`ヽ!: : !: :.:∨三三三三三三k、
: : :イ: : :从::ヽ十==T::::ァ、 ヽ::l  ヽ__ヾ: :: 刈: ::リ: :.::∨ニ三三三三三ニ.k.
: ::;'j: : 八: : :ヽi 人:::'ーノ  ヽ:! ーテ示ミヾ、 i!:./: :i: |: : : : ヾ三‐'' ¨ ¨ ヾli.
: :八: :{: i:ヽ: : }\   ̄ノ   \ ゝ:::::フ`ヾ メ/: リ: |: : : :  ∨       `
: !  ヽ:!: : ∧リ  ヽ      ,, ,, ,, , ̄ー'' 爪::/}:.:.|: : :i: :
ヽ 〃:\/:::八            " " "/: /:/.ノ:.:.|: : :|: :
  /: :/:.イ: : ハ::ヽ    _      し /: : /{/イ: : i:|: : :|: :
. /: :/: :/:i: :{ i: : .ヽ     `ヽ   / /: :/ー{: : :.:.ノ:|: : :|:/
.;': :/!::/: :|: :| ヽ:ト::ハ        //::/: :/: イ: : :/ 八 : :リ   「結局、アサシンの願いを掠め取った形になってしまいましたね……。
: :/ j/ハ |: :|  ヾハ: }ト、__ ,, ,イ___/: :/__{:/!/::/i: ::i: :{    まさか私が受肉なんて……」
:/. !  .八: |   ヽ: |   ̄.ノY´ rt{イ:/┐ rt!-レ'ヽ:::ハ:!
i ,,_.<{ ̄::ト=== /  / i  | !/.....| |i:{  .ヽ リ  ヽ
く      //  〃 .  ノ ____ニ!ニ  .>zz/ /   }
 `ヽ    } )  / {,, ヘ   ̄/!   `ヽ、  \
   \  .}./   ./ .{   \__z-=====-z >、






                        _.-'''  ― .._ 
                         ,-'´ /~~ /  ヽ  `'-、
                     / /  / l   ヽ `ヽ   ヽ
                        /  /   //'' i   ヽ.      ヽ
                   /  /   //  l    ヽ  ヽ.  ';
                     / |  /   //   i   ,.  ヽ  ヽ  ';
.              ,.:'.,' .l   i!  i  ∧  i l   |、  ヽ  ヽ  ';
             /::i' .r':|  |.  | ./-ヽ  | i  |ヽ   l l  /  l
           /:::,...:=シ 、ー、.|. i | /__ ヽ i  .,、.|ー、. i i / /  .| |ヽ   (ですが、これがあの聖杯の残量で出来た
           ,.':::::::/   | ヽ ヽ|ヽ r'7下'ヽ'、  .| i.i,...ヽi / /   |ヽ|:::ヽ    今後に繋がり、かつ他を巻き込まない唯一の道。
         /::::,:ッ/    .| | .ヽl l、.l弋三シ`ヽ |イ|ひシ/|/ .//// i |ヽ::::::ヽ
         //)/      | | | .|,.ヽヾ、 ̄   ヽl ヽジ/ //`/>リ `.i:r、:ヽ   ……アサシン、謝罪はいずれ。
        /        | .|i | .|>、ヽ        -‐ッ/ッ-'´/  /   l ';::ヽ   私は私の目的のために、この生を使います)
       /         | | | | | |ヽl >、  _ _   ,ノ/ l.|/ ./  ノ     ヽ:';
       /         |:ト、|| ヽ、_ノ iく <` ー-=il´>// | ||ノ ./       ''';;.
             _,... ノ ヽl | |コ|. | ヽヽ| トーシ' ソ ∧ノ';. l             ':.
              /,r'´ ,-'´~|~ヽミシ∧ /<|.|∧ ノ'-''´|ヽ'-'; l、  ヾ;、      ';
           ,r' ::/i  /    ヽ: :ヽ ∨、/~i!コ∨   / ∧ ヽ` 、 ヾ:ヽ
          ;.' :: ,r'´  |      ヽ: :ヽ   ヽ_ソ    /:: /   ` ヽ ヾ::::ヽ
         /::::::::/   ./:l     ノ :::: ヽ_/ ili ヽ._,..-'´: :<      ';. ヾ::::::ヽ
       /::::::::::l   /::::::|   / ::::::::::::: / ili ヽ、:::::::::::::::::ヽ   ,、  .l |:::::::::ヽ
.       /:::::::::::::|  .|:::;'´|  ,r'::::::::::::::::::|  ili   ヽ、:::::::::::::ヽ   |:ヽ_ | リ:::::::::::ヽ
.       /:::::::::::::::ヽー´:r' |  l::::::::::::::::/   ,....、  r'::::::::::::::::::l  .|::::::ヽノ:::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::,-{ ,-´ヽ. |::::::::::::::;'.'~ヽ'`ー':::::::::ー':::::::::::::::::::::|  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ    ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ー  ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.-'´    /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー,  >  `┐::::::::::::::::::::::::::::::::i'´ "'- 、 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉ー く    ヽ::::::::::::::::::::::::::::r'     〉 .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::       i:::::::::::::::::::::::::ソ      / |:::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ::| ヽ:::      l::::::::::::::::::::::/       /. )::::::/ .|::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l::|  ヽ::      |:::::::::::::::::::/     /  ノ/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ー'   ヽ     |:::::::::::::::::/      /  /    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

9934 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:04:36 ID:7G8+TR5e


                                      /)
                                      /
                          _ -     //            ̄{
                        _ -       / /            '         _
                      _ -              /      /    {/    ,. ::    `:: ...
                 _ -             ,'     /     / 八  /::          \
              _ -                  /    /      / '  \':::::::::.   ,          \  {\
            _ -            /   /   ′    {  /⌒{/\/⌒V::::. ../          ヽノ ∧
                        /         ′     {,/        /::::::::::::/:::/ /             ' //∧
         _              /         '               /::::::::::::/::./:::__/://.:/ . : /         ′' :}
      _           /      /    ′             /:::::::::::: ':::/::/:/}/「|`iト、.:/ .:   /   i:. :i }   }
     _            /        /    ,′           ,:::::::::::::::/::::レ:::i荐ミ;冬彡' :/ ´:/フ /.: :|:|\ }
    '           /             ′          ノ:::::::::::::/::/: : ::从`ー' `ヾ)_,.厶ャ%ミ.: .:/.:/:/ノ  )/
            /               {           /.::::::::: .:::/::/i:::. :: :{        └' 厶イ//;/∧
            /               {           /..:::::::::/: :::/::/::{:: :. :∧  ト、_ _, '  /.:/.:{レ'  ///,   「別の聖杯戦争に乗り込み―――
  /      /                     {        , :: .: ,: ..:/ ::/:ノ::::{:: :. ! \ `¨~__,. イ::/.:/{   / /,    師匠に会う。今度こそ!!
  .′     /                /      /\    /::  / ..::/. .::/´_彡'{::::::. :|、__/(` 7/ }:::/: ′.::{,   /  /,
       /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   /     / \`<:: :: :/..:::::::/::::/ ̄   {::::::: :| /7 }「`V⌒ヽ{_.: .::{  /  / /,   それが―――それだけが私の願いです!!」
 :     /                }  /        }    ¨¨¨¨¨¨¨}/     ヽ:::::..|ノVノ::ヽ ∨/ ,‘,::::{    / ′
     /              } '          }   i{\  _/         }:::. \__)::/ { `{_ら/:: :: }   /  /,
 |:   '               _}/ / ̄\   /    { / ̄: :/          ';::::.  \{. \_  {:/.::/   ___  /,
 |:  /            / .:::{/ : : : : : : ヽ / / ̄\/: : : :/          }\::..(⌒ヽ_|  |彡'⌒ ア⌒^\ /,
 |: '           /. : : : : ; : : : : : : : : ; : )レ : : : : : : : : : : {    _, -‐┐  /__〉∨{\__\ー―7  ア     \,
 |:/             /: : : : /: : : : : : : /: : /: : : : : : : : : : : : \_/{_{_ /ー v'_____〉、 \\__ヽア  ア  ∧    \
 /             / : : /: : : : : : : /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : :〈__/{/l }    {_________`_=-゚, }ア  ア ┌//∧┐    \
        _/\ /: :/: : : : : : : : / ; : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : ::::// l }    ヽ______________}ア  ア   〈/@/〉      '
⌒Y⌒Y⌒[/ ̄ ̄ ̄/: : : : : : : : : / /: : : /: : : : : : : : i: : : : : : : : ::://i }:}    {____________ア  ア'    └∨∨┘   ./
\___/--------|.: : : : : : : : :/ |: : : :{: : : : : : : : : }: : : : : : .:::://::{ レ      {_________ア  ア          ∨,ノ ) /
---------------- |: : : : : : : ::∧ |: : : :{: : ::. : : : :. : }: : : : : .:::::レ.:::::|       _]、______(〈ーく:(/ ̄} - 、_/ ̄ /,く
---------------- |: : : : : : : /ー} |: : : :{: : : :::. : : :::. }: : : : : : : ::::::::::|      /:}ト-‐‥冖ア   {   }    ̄_ノ
-----------------\: : : : : {--} ヽ: : :{\: : ::: :::.: ::.}: : : : : : : : : : ::}      / /     /      {   }    _/
------------------- ヽ: : : {--}  }: :::}  \: : : : ::.}: : : : : : : : : : : }       /             /_/`ァー- '
--------------------- )ノ人-{  }: :::}   \: : : }: : : : : : : : : : :∧           ___/ヾ_)/ /
---------------------------\_j:: :::}___   ゚, : :{: : : : : : : : .:::/___゚.,___,. -=ニ/____,\_/}     /
----------------------------- レノ-- \   ; : {_:_:_,:. --冖く______________________/____ '     }     /
------------------------------------- ゚,.{/____________________________________/o___/     }   /
--------------------------------------- ⌒ヽ ______________________________/}_____{     /  /
------------------------------------------- \_______________________/-{______}     / /
----------------------------------------------}____________________/--{______}  ./'


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 いずれ始まる、とある“聖杯大戦”。

 そこに関わる物語は、またいずれ―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9935 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:04:48 ID:7G8+TR5e



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9936 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:05:02 ID:7G8+TR5e
―――っはい!

お疲れ様でしたぁぁぁぁぁぁ!!

9937 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:05:03 ID:yK4X9r+B
なん…だと…!

9938 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:05:19 ID:rprmQicu
これ悪い魔女を自称してるのって
生前もお前を守るためなら願いや生など些事だつって命を投げ捨てた連中がいたんじゃなかろうか

9942 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:05:44 ID:uJ19TxTs
こあが召喚したらこあ自身が触媒になって師匠召喚するんだろうなって

9944 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:02 ID:TD789szg
アリス「死んだはずの弟子が私の対戦相手のマスターだなんて?!」
という衝撃の展開に?

9945 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:03 ID:GxDP0CYR
乙でしたぁ!
こあ、聖杯戦争に挑むのか。その先は地獄だぞ?(QA)

9946 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:06 ID:W1lhhqG7
お疲れ様でしたー!
こあアリスがいつか見られるかもしれないのか…!
あの子呼んでもまた根源の為に聖杯目指すんだろうけど

9947 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:11 ID:XV4COGty
お疲れさまでしたー!!

9948 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:24 ID:rZmuDScq
お疲れ様でしたー!
師匠に会えるといいね!

9949 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:24 ID:RfrFWILa
「小」聖杯「中」聖杯聖杯「大」戦か

9950 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:36 ID:q4zXbDHc
お疲れ様でしたー!

9951 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:36 ID:LBQ5noXQ
おつー。スープもつくろう

9952 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:39 ID:qHaxB/F7
乙でしたー

9953 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:42 ID:PJ2wWBPV
乙ですー
小聖杯のナズみたいに受肉鯖マスターか!

9954 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:47 ID:8PsML5il
オツカレサマドスエ!

前回といい、ワイルドアームズのOPみたいにそれぞれの道が1つの聖杯大戦に繋がっていく感…!
いや黒たちは大戦出ないだろうけど

9955 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:54 ID:2c4meUNJ
お疲れ様でしたー!
正負は偏ってたけど全員見せ場あって面白かったw

9956 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:59 ID:XG08ou00
完結乙でしたー、この贅肉タプタプの魔女が大戦で無事でいられるのだろうかw

9957 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:59 ID:Z7KLIxRE
乙でしたー
その後に「完!お疲れでござる!」とかランサーが言うかと思ったがそんなことはなかったぜ!(ぉ

9961 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:07:27 ID:K2yEVfYK
乙した
いい感じに見せ場がみんなあったのは結構貴重ね

9962 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:07:29 ID:EkzMR0wv
乙ー
自分自身を触媒にしたら聖杯の出力足りてれば割とすぐ呼べるんじゃなかろうかw



9963 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:07:31 ID:7G8+TR5e
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1490184360/

皆、この次スレに掴まるんじゃ!!

9971 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:08:41 ID:7G8+TR5e
▼今作のまとめ

・槍畜生
・最哀ちゃん
・勝因:善意

9981 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:10:21 ID:l7wYsNrd
旦那さんが吐血といいますが
最哀ちゃんはきっと、今後の聖杯戦争で

「最哀ちゃんよりはまし」

と、不運の物差しに使われるだろうから
皆に覚えてもらえるという意味で、ある意味勝ち組っちゃ勝ち組だと思うw



9987 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:10:54 ID:7G8+TR5e
▼裏話その1

廃村さん(勝手に)リスペクトの日高には蘇生機能を付けるかどうか、データ班と結構協議した。
なお蘇生の理由付けが思い浮かばなかった為、ボツになった模様。

惜しむらくは、前作で邪龍神父がいた直後だったので、粘着型FOEとしては本家ほどの怖さは出せなかった事。

9992 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:12:08 ID:XV4COGty
あいつはガチでヤバかったしねw

10000 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:13:59 ID:AR3U6MDR
>>10000ならモアイとサーカズトダイス勝負













1 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:06:00 ID:7G8+TR5e



|-| ・▽・|-|
ヽ|□ □|ノ ガシャーン      「モアイ」
 | __|    ガシャーン      
  | |             


3 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:08:41 ID:ZbqvfXv/
モアイ乙

4 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:08:48 ID:yK4X9r+B
立て乙、モアイwww

5 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:12:16 ID:qQ+LRvJ7
モアイ経済だって?



10 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:14:31 ID:7G8+TR5e
▼裏話その2

 ランサーは実はかなり味方目に見れる構成の筈だった。
 ラバー・ソウルや日高などの悪性マスターについた場合、もしくはリザや最愛ちゃんがマスターの場合でも、
単騎足止めからの逃走が出来るという利点はきっちり残るため。

 だが、序盤から主人公やセイバー陣営を巻き込んだというのがダイスで決まる。
 更によりにもよってあの場面でモアイちゃんが状況掌握ファンブルした結果、モアイちゃんにとっての最悪ということで
完全自由離脱ムーブを開始した。

25 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:21:02 ID:CPCYxwsQ
もういっそ最哀ちゃんが縁召喚でサーカズトを呼んでしまう方針で

26 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:21:36 ID:W1lhhqG7
モアイ乙
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1194460.jpg
モアイ乙

28 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:22:13 ID:NAkuUG1N
>>26
支援乙wwww

29 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:22:18 ID:xPCm4qVE
>>26
3ゲットジョ……誰だ貴様!



33 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:24:25 ID:7G8+TR5e
▼裏話その3 データ班の反応

・吐血
・喀血
・止血
・八孔噴血

36 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:24:58 ID:7G8+TR5e
>>26
3ゲットジョー!?wwwwww

何やってんだありがとうございますwwwwww

37 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:25:01 ID:xPCm4qVE
データ班へのお礼とは何だったのか

38 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:25:29 ID:XV4COGty
>>37
お礼参りである



39 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:25:40 ID:7G8+TR5e
▼開始前の会話

先輩「お互いヒロイン候補を投げ込んで、誰がヒロインになるか決めようwwww」
旦那「乗ったwwwww」


なお結果

40 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:25:44 ID:i7pD9wJC
データ班と後輩殿の感想が聞きたいw

48 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:27:11 ID:ee6CKU00
そもそもヒロイン云々以前に主人公よりキャスターが主人公っぽくなった結果でしたね。

49 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:27:17 ID:AR3U6MDR
正しい意味の物語のヒロインはこあという説に異論はあるだろうか
というか全体として最も主人公らしいのはこあだった気がするがなw

54 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:27:54 ID:i7pD9wJC
アサシン ラスボス
最愛 最哀
リザ 終盤まで接触無し。最後に色々持っていく

…悲しいなあw



67 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:33:58 ID:7G8+TR5e
▼これについて最大の問題点

・Lv35の一般人という、明らかに世間一般の感性に無いキャラクター
・それをダイスで決めてしまったこと
・挙句の果てに高濱キャラ成分多め



・ご覧の有様

68 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:35:03 ID:ypsh7leh
まあ、どう見てもヒロインとなんやかんやするメンタリティじゃなかったよなw

72 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:36:08 ID:3gSv7st2
「振り直す?」「ふり直そう」 → 御覧の有様だよ!www

76 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:36:55 ID:ee6CKU00
むしろ男子学生のヒロインは(宿敵と書いてともと呼ぶ意味も含めて)ランサーだったように思える。



77 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:37:03 ID:7G8+TR5e
槍畜生はちょっと、その

80 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 21:37:12 ID:7G8+TR5e
オンリーワン過ぎて噴いた

82 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:37:34 ID:xPCm4qVE
槍畜生はダイスがフリーダムすぎたので……w

83 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:38:01 ID:i7pD9wJC
すっかりハズレ鯖の代名詞の一人扱いですからねw

84 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 21:38:20 ID:UoHyZYZj
まさか「自鯖にしたくない鯖ランキング」をこんなに早く更新するとは思わなんだ……

フリーダムっぷりはくっそ笑ったけどもw



163 :梱包済みのやる夫:2017/03/22(水) 22:00:41 ID:yK4X9r+B
AA作った身としてはリザが最後に何か覚醒してとても楽しかったです
最愛ちゃんも不憫可愛い



186 : ◆o2mcPg4qxU :2017/03/22(水) 22:05:30 ID:7G8+TR5e
>>163
あれ、なんか凄いこと言われてる気がする

ありがとうございます、こっちも終盤のリザは凄い活き活き動かせました!
関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:6 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
同じようなムーブって言われてたけど、それほど分が悪くない最終交渉で自鯖切り捨てる選択用意してたカイト兄さんと、割と相性の問題から信頼してなかった善性鯖を最後まで手放さなかったラバーソールとじゃ天と地の差があると思う。
2017/04/30(日) 22:05 | URL | #-[ 編集]
最哀ちゃんはなにに例えればいいのだろう
サッカーボールさんほど救いなくはないけど

ボーリング玉?
2017/03/30(木) 17:56 | URL | #-[ 編集]
自鯖がラスボスになった聖杯戦争というと邪仙緒思い出すなぁ…
あれはヘイトよりも物悲しさのほうが強かった
2017/03/25(土) 04:48 | URL | #qbIq4rIg[ 編集]
小聖杯時代の小悪魔を読み返してきたけど、
まさかあれからこんな風になるとは、当時誰もが予測できなかったろうなあ
2017/03/25(土) 02:36 | URL | #-[ 編集]
小悪魔は(心の)贅肉がメチャクチャ多くて動きが制限されるレベル
その贅肉にほだされてセイバーとアーチャーが自分の願いや信念よりも小悪魔の事を優先した
英霊はデブ専が多いと言う証明にならないだろうか
2017/03/24(金) 15:48 | URL | #-[ 編集]
鯖に呼びたくないランキング、一位ではないけど表彰台には乗りそうだったなぁ、白ランサーw

そういえば魔女師弟、アリスは旧作と同一人物なら魔界生まれ、小悪魔は死徒系存在のスカーレット姉妹と違ってガチ悪魔らしいし恐らく魔界出身…
これで大戦に白蓮さん(魔界に一時封印)来たら東方win版魔界勢が勢揃いすることになるな
2017/03/23(木) 23:42 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する