おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2017/01/04(水)
9694 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:05:00 ID:wtACDmVM
さて

9695 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:05:10 ID:wtACDmVM
マキナさんの募集はまだ間に合うかな………!!?


9703 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:15:18 ID:wtACDmVM
僕、映画に憧れてシャドウランナーになった若者とかいう、バリバリのニュービーっぽいマトモな物体を
投げ込むんだ………!!

9711 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:22:49 ID:4mhuZf30
まと…も…??(今までの熱烈歓迎を思い出しつつ



9712 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:24:43 ID:wtACDmVM


                  _ -─--- 、
              , <       > 、
            /              ..::`ヽ
               /           <:::::::::ヘ   「銃を、だ。縦に構えて撃つのではなく、
           /          ....:::::::::ヽ:::::::ヘ    映画のように水平に構えて撃つ。
           |           ..:::|`ヽ、:::::::::::::V:::::ヘ
           |::....    ....::;イ:::::| / `ヽ::::::::}:::::::::l   これが、見た目以上に大変でな。
            |:::::::::::::::::::-/、|::::;イxr‐zv, }ヽノ:::::::::l    手首は反動で折れそうになるわ命中精度はクソのように落ちるわ
            |/{:::::::::::::::/:z |:::ljノ 父:j  }::トi}::::::::/     ジャム率も上がるわ、なんとかモノにするまで凄い鍛錬を積んだわけだ。
               {:::::::::::::父j レ゙      |::|リ从人
             {∧::::::|   _      レ゙==ミ     で―――僕がこれだけ頑張ったのに」
                  ヽ、|.>-. _`_ イ>´| ___\
                  / |∧/} //ヽ|  __ `\
                   レ>´/ヽ.,ィ/ヽ /{ /_ -─‐ <
                    /.|  ∧__,ィ/   > У´  _γ⌒ヽ_\
               / | ./   / ./  .{_/_〈   {  `ー-- 、
                 l  .|/   // ._,/.:⌒ヽ三';.   ';.   ',  .l |
              l  {   {   ./三〉、_}三f_  ,.ム   .〉 | |三}
                .|  |    |    |三三三\三\_三) ./  .j .!三}
              |   .| l|│.|    |/ ̄ ̄`ー==_`ヽ /  / ,/‐ <
               |  .| l|│.|    { γ⌒ヽ   r ¬ `} >'''゙"´
               |  .|~~|    { λ__ノ    ̄_.ノ
              |   .| !  |    乂__ .. <
              |   .|工工|       {
              |   .|││|         ` 、
                  |  |││|         ヽ
                  |  |V| .レ|           \








     /.:::::::::::::::::::::::::::::、.::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.<_
    ,.::::::::、.::::::::::::::::::::.\―- 、::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄≧
    .′::::::.ヽ.:::::::::::::::::::、::\  \__\::ヽ::::::::::`ヽ:::.\_
   |::.:::::::::::::::.、:::::::::::::::!\ヽ:孑=-ァ、::::i- 、:::::::ト、::‘,  ̄`
   |.:::::、:::::::::..\::::::::::|  \ ゝ’''イ:∧r ト,゙:::::{ヾ! ̄`
   {::::::::.ヽ:::::::::::::|\::::ト、   ヽ  Ⅴイ{,'人:_;::ヘ、                  ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・
    i( ヽ、\::::::::{  リ ヽ         .i∧! トヾ、   「―――どうしてお前ら、映画みたいに吹っ飛ばないんだ。
     \}.::::::\//、  ,. -‐= 、   /:.::Ⅵ:.\    普通に倒れるなよ、興が削げるだろ。
       リヾ{/ /;::.ヽ ヾ__ ノ  ,':.:.:.:.:リ  ̄`
       /  〈ミー-        ,イ:.:.:.:/^\_     ワイルドキャットの銃撃戦は見たか?
      く      \≧ー_   / |:./レ`ー-、     シャドウランナーズは? ああいう感じで派手に吹っ飛んでくれよ。
   __ゝ‐-    ∨//////   |″ ヽ   \_   それとも―――お前らもしかして、今時テレビも映画も見ない仙人か?」
-‐<     ヽ 丶 ト、/////    Ⅴ__|     \  ̄`ヽ
          \  .ト-、 ̄/_    ヽ   |  / ̄`ヽ
  、    丶   ヽ ̄ 丶  \      //

9713 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:25:16 ID:jiFLD/Ix
バウワウを思い出すな・・・w

9714 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:25:22 ID:yJo467Mz
ラノベかなんかで見たような・・・?



9715 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:25:23 ID:wtACDmVM
お前ら、ねらう緒のガワはマトモだろうがよ!!!wwwww

パらない緒だよ!!wwww

9719 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:26:10 ID:wtACDmVM
ぶっちゃけ言動はバウワウOPの戌井である。

9720 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:26:17 ID:jbPhsyM6
ここでパルらないねらう緒って初じゃねw

9724 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:28:36 ID:6h4eLfuy
え?でも映画にあこがれて銃を横に構えて撃てるようになってるなら当然パるシーンも再現できるよう特訓つんでるんじゃない?
アクション映画だともはや必須だと思うんだよ。



9743 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:37:10 ID:wtACDmVM
しかし、帰る途中に考えてたこのパらない緒

9745 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:37:47 ID:wtACDmVM
実は「フェロ畜とかぶる」という最大の問題に今気づいた為、AA捜索中

9746 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:38:23 ID:r1k/HH8m
うわぁ…それは…

9751 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:41:04 ID:XYuiEcsU
ぱっと見のキャラとしてはフェロ畜はリアルをフィクションっぽく演出する客観性があるけどパらない緒は同じ物と捉えてる感

9752 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:43:08 ID:r1k/HH8m
どっちにしろ基本スタンスは「好きにしろよ、好きにするから」なのは変わらないと思うw



9753 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:44:17 ID:wtACDmVM
話題が混ざって「あんな言動するキャラ横山漫画にいたか……?」と一瞬悩んだ冬の夜

9754 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 18:46:26 ID:r1k/HH8m
もしいたら横山御大先取り過ぎだわwwwww



9756 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:47:06 ID:wtACDmVM
まぁとりあえず新年初戦車ー

9757 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 18:49:32 ID:wtACDmVM
あっさり敗北

9791 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 19:31:20 ID:wtACDmVM
敵トップTier車両が、味方ボトム1両しか居ないラインを押し込んで自走に王手かけようとしたLeoくん!

残念だったね! クルセイダー相手にダメージ交換を嫌がるから横から私が美味しく君をいただいたよ!!

9792 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:32:15 ID:VwuU/ZAK
この泥棒神風!(



9797 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 19:43:52 ID:wtACDmVM
さて、真面目にキャラを作ろう

9806 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:51:12 ID:LiMSu5ES
>>9792
神風怪盗かな?

9807 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:52:00 ID:4Rp5kBW/
>>9806
FGOの新コスかな?

9808 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:53:01 ID:dHBdkgX6
神風怪盗とはッ!
戦車で体当りして相手が止まった隙に獲物を奪って逃走する、スマートな怪盗であるッ!

9809 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:53:26 ID:VwuU/ZAK
スマート ……スマート?

9810 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:54:17 ID:PsnXQ7zz
神風怪盗……乗員のAAを千早から邪ンヌに変えなきゃ(使命感)

9811 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:58:06 ID:7UKDO1Mi
>>9807
男爵の最終再臨が神風AAとして、んじゃ第一~第三再臨までの衣装はどうなるんだろうか?
取り合えず第二再臨辺りで軍服になるんだろうが

9812 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 19:59:10 ID:ehJbxqNC
え、最終再臨で女神に纏わり付かれるんじゃないのか?

9813 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:00:21 ID:l7EiVem4
>>9812
ケリィみたいな最終絵か。ということは第三スキルは女神の寵愛だな

9818 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:05:50 ID:2YEk9sp6
女神の寵愛EX:あらゆるステータスがランダムでつく(1ターン)

攻撃力アップ!スター集中アップ!クリティカル威力アップ!
バスターバフ!宝具威力アップ!無敵!
即死!

9823 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:10:28 ID:SU1n4hWf
>>9818
これって多分全力でサポートしてやり過ぎたから即死かネタ的に全力で面白くしたのか‥‥

9824 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:17:30 ID:VwuU/ZAK
>>9818
やけど! 呪い! 魅了! 混乱! 宝具封印! スタン! セイバー忍法デスガッツ!

9825 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:19:13 ID:sliTZ0RT
>>9818
これが摩だったら、
強化、定価含めてどれか一つってのもありそうだなあwww



9839 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 20:42:34 ID:wtACDmVM
【4D6:16(4+6+2+4)】

9843 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:43:10 ID:/LKRNghG
何のダイスじゃろ

9844 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:43:51 ID:mhOzDfhU
シャドウランPCの初期資金?



9852 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 20:55:22 ID:wtACDmVM
よいしょっと



      (   /-=ニニニニニニニニニ八   /       \\
    ----――――……………‐-  ,,_ ニ\  {          Yハ
≦ニ=- -======ァ''" ̄ ̄ ̄ ¨¨¨  -=ニニニニニ=- 、         i-=ミ/)
/ニニニニニ/:./:. :. /:. :. :.:|:. : : \:. :. :. :. :.  -=ニニニ=- _         ∨(_
ニニニニニ ':. :./:. :. /:. :. :. :.|:. :. :. :. \:. :. :. ヽ:. :. :. :. -=ニニニ=-<     i <
ニニニニニ/:. :.:':. :. :., i:.:.i:. :.:|:. :. :. :.:.―\―‐=ミ: : : : |:. :. :. :.:-=ニニ=- _ ノ   )
ニニニニ,/:. :. :i:. :. :.i |:.:.|:. :.:|:. :. :. : : i    :. :. :. :.i\:.:| : |:. :. |:. :. :. i ニニ=- -=彡
ニニニニ/:. :. :. |:. :. :.| |:.:.| :. j|:. :. :. : : |   }:. :. :. :.|:. :. :| : |:. :. |:. :. :. |:iニ=-=ニ=-
. \ニ=/:. :. :. : |:. :. :ィ⌒ |:.:.八:. :. :. :.:.|,ィf斧㌍ミk |:. :. :| : |:. :. |:. :. :. |:|ニニニ=-=ニ\
.  \ ':. /:. :. :.|:. :. :.l Ⅵ从  、:. :. :. |  rヘ j刈 》 : : : | : |:. :. |:. :. :. |:|ニニニニニニニ_
    |:/ |:. :. :.|:. :. :. vx≠ミ  \:. :.|  乂 zソ  |:. :. | : |:. :. |:. :. :. | :. ニニニニニニニi
    |  |:. :. :.|:.\:. :.《  ):ハ   \|   _  ,ノ |:. :. | : |:. :. |:. :. :. |:. :. ニニニニニ=-
      j|:. :. :.|:. :. : 圦 乂:リ        //// |:./:. :. :|:. :. |:. :. :. |:.:. :.---- ‐  '' "
.       八:. :. :. :. :. :. :. 、  ノ   ,:            j/ , : : :|:. :. |:. :. :. |:. :. :.
          、:. :. |、:. :. : :V//              /:. :. :|:. :. |:. :. :. | :. :. :.
        \ | |:. |:.八    ~  ~    / :. :. :.|_:. :.|:. :. :. |:. :. :. :.
             ヽ |:. |:. :个          /   : : : | i:. :|:. :. :. | :. :. :. :.
              |:. |:. :.:|:. |:. ≧   ,, __  イ    |:. :. :.|__\_,,  ―― 、:. :.
              |:. |:. :.:|:. |/≧=- 「  i,/| ハ _ |:. :. :.|          :. :.
              |:. |:. :.:|:. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉--/:i:i:i:i:i:i|:. :. :.l/        i.:. :.
              |:. |:. :.:| /:i:i:i:i:i\/:i:i:i|:/:i:i:i:i:i:i|:. /             |:. :. :.
           斗‐|:. :.:|':i:i:i:i:i:i斗:i:i:i)ヽ:(:i:i:i:i:i:i:i:i/  /          |:.:. :. :.
     _,,        |:. |:. :.:|>:'":i:i:i:i:i:i/:| ∧ゝ:i:i:i/  /          |\:. :.:\
  r'"       , |:. |,,<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:∧  '  /     ――――  |:.:/\:. :. :.
  |        /  乂:i:i:i:i:i:i:i:/:/:i:i:i:i:i:i:i:iV  __/    ___ ∨:. :.:.ヽ:.:. :.
   〉      /  '⌒ヽ >:i:i/:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i |     _ -=ニ        |:. :.:|:. |:.:. :.i
  /:. :. 、    '     )  7 ~=≦⌒>_:人    __            |:. :.:|:. |:.:. :.|
. /:. :. :.√ ミ 、 |     (_ /ニニニ/_(    Y≦ニニニニ≧ _     ,ノ:. :. |:. |:.:. :.|
/:. /=OO=ミ/    ノ⌒7ニニニ/ ̄Ω   / r≦ ̄○=○==ミ 「 ̄:「 |:. :. :. |:. |:.:. :.|

== 情報 ==
ストリート・ネーム: 比那名居天子
名前: 比那名居地子
移動: 10/25, 水泳: 6
カルマ: 0
ストリートの評判: 0
悪名: 0
公共認知度: 0
種族:エルフ 性別:女 年齢:17
身長 156cm 体重 50kg
冷静: 8
意図をはかる: 7
持ち上げ/運搬: 8 (30 kg/20 kg)
記憶: 7
新円: 8000

== 能力値 ==
強靭力: 6
敏捷力: 4
反応力: 4 (7)
筋 力: 2
魅 力: 4
直観力: 3
論理力: 3
意志力: 4
エッジ: 3
魔 力: 6

== 特殊能力値 ==
エッセンス: 6
イニシアティブ: 7 (10)
イニシアティブ・パス: 1 (4)
アストラル・イニシアティブ: 6
アストラル・イニシアティブ・パス: 3
マトリックス・イニシアティブ: 6
マトリックス・イニシアティブ・パス: 2
身体ダメージトラック: 11
精神ダメージトラック: 10

== アデプトパワー ==
アストラル知覚
反射強化 3
魔力装甲 レーティング: 6

== コンタクト ==
タリスモンガー (2, 3)
噂好きの友人 (1, 1)
父親(企業重役) (4, 1)

== 資質 ==

▼有利
低光量視野(※メタタイプにより取得)
ミスティック・アデプト
信託基金(上流)
力ある家名

▼不利
SIN持ち (通常) (御令嬢)
記録ファイルあり (シアワセ)
自制心不足(自慢屋)
誓約 (友人を見捨てない)
昼の仕事(10時間/週)


== 能動技能 ==
アストラル戦闘:3[収束具の種類]    .Pool:7(9)
エチケット:2                  Pool:6
コンピュータ:0               Pool:2
サイバー戦闘:0              Pool:2
サバイバル:0                 Pool:3
データ検索:2[情報源の種類]      Pool:5(7)
トラッキング:0                   Pool:2
パーミング:0                 Pool:3
ハッキング:0                  Pool:2
パラシュート:0               Pool:5
ピストル:5[セミオート]             .Pool:9(11)
ランニング:2                 Pool:4
応急処置:1                      Pool:4
回避:5[射撃戦闘]                Pool:12(14)
偽造:0                    Pool:3
弓術:0                    Pool:3
虚言:0                    Pool:3
脅迫:0                    Pool:3
交渉:3[取引]                    Pool:7(9)
工芸:0                    Pool:2
航法:0                    Pool:2
指導:0                    Pool:3
自動火器:0                      Pool:3
呪文対抗:4[呪文の種類]          Pool:4(6)
重火器:0                  Pool:3
錠前:0                    Pool:3
水泳:2                    Pool:4
潜水:0                    Pool:5
潜入:0                    Pool:3
船舶操縦:0                      Pool:6
素手戦闘:0                      Pool:3
体術:2                    Pool:6
脱出:0                    Pool:3
知覚:4[聴覚]                    Pool:7(9)
地上機操縦:0                    Pool:6
長銃:0                    Pool:3
登攀:2                    Pool:4
刀剣:2[カタナ]                Pool:6(8)
投擲武器:1                      Pool:5
統率:0                    Pool:3
爆破:0                    Pool:2
飛行:2                    Pool:4
尾行:0                    Pool:2
武器整備:1                      Pool:4
変装:0                    Pool:2
砲術:0                    Pool:3
霊視:1[霊紋]                    Pool:4(6)
棍棒:0                    Pool:3

==知識技能==
3DTV:1                      Pool:4
メガコーポ:2[シアワセ]            Pool:5(7)
日本語:N                    Pool:0
美術:2                    Pool:5
文学:2                    Pool:5
歴史学:2                  Pool:5





== ライフスタイル ==
上流  1 ヶ月

== 防具 ==(装甲値18/18)
バイク・レーシング・アーマー            4/7
   +化学防護 6
   +耐火 6
   +内蔵空気タンク
フォームフィッティング・フルボディ・スーツ     7/3
   +ゲルパック
   +絶縁 6
ヘルメット                     1/2

== 武器 ==
カタナ レーティング 2
   +武器収束具
   プール: 8 (10)   ダメージ値: 4P   装甲貫通修正: -1   反動補正: 0


フィチェッティ・セキュリティ600
   +アームスライド
   +ストック
   +消音器
   +内蔵スマートガン・システム
   +ガスベント 3
   +レーザーサイト
   +射撃モード追加, 大規模改造 (BF)
   プール: 12   ダメージ値: 4P   装甲貫通修正: -   反動補正: 4


手榴弾: エスプリ「プチ・ブリューム」
   プール: 5   ダメージ値: 5m 半径   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: ガス弾
   プール: 5   ダメージ値: 化学物質 (10m 半径)   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: 焼夷手榴弾
   プール: 5   ダメージ値: 特殊   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: 熱煙幕弾
   プール: 5   ダメージ値: (10m 半径)   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: 炸裂手榴弾
   プール: 5   ダメージ値: 10P (-2/m)   装甲貫通修正: -2   反動補正: 0
素手
   プール: 3   ダメージ値: 1S   装甲貫通修正: -   反動補正: 0

== コムリンク ==
エリカ・エリート (3, 4, 3, 4)
   +ノヴァテック・ナヴィ [プログラム・スイート: プロユーザー]
   +AR グローブ
   +標準シム・モジュール
   +偽造 SIN (シャドウラン用) レーティング 3

== 装備 ==
イヤホン レーティング 2
   +聴力強化 レーティング 3
   +音声選別フィルター レーティング 3
コンタクトレンズ レーティング 1
   +スマートリンク
ドクワゴン契約: ベーシック
バイオモニター
医療キット レーティング 6
覚醒パッチ レーティング 6 x5
偽造免許 (各種) レーティング 4 x15
手榴弾: エスプリ「プチ・ブリューム」
手榴弾: ガス弾 x5
   +催吐ガス
手榴弾: 焼夷手榴弾 x5
手榴弾: 熱煙幕弾 x5
手榴弾: 炸裂手榴弾 x5
呪文対抗収束具 (幻影) (結合済みの収束具) レーティング 3
呪文対抗収束具 (戦闘) (結合済みの収束具) レーティング 3
呪文対抗収束具 (操作) (結合済みの収束具) レーティング 3
呪文対抗収束具 (探知) (結合済みの収束具) レーティング 3
蘇生パッチ x2
武器収束具 (結合済みの収束具) (カタナ) レーティング 2
予備クリップ (フィチェッティ・セキュリティ600) x5
   +ゲル弾 (ライトピストル)
予備クリップ (フィチェッティ・セキュリティ600) x5
   +通常弾 (ライトピストル)
予備クリップ (フィチェッティ・セキュリティ600) x4
   +強化炸裂弾 (ライトピストル)

== カルマ消費 ==

== 新円消費 ==
2017/01/03 20:42:44       8000         Starting Nuyen

9853 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 20:55:39 ID:wtACDmVM
マキナさんとこに投げ込むキャラである

9857 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 20:57:11 ID:wtACDmVM



      (   /-=ニニニニニニニニニ八   /       \\
    ----――――……………‐-  ,,_ ニ\  {          Yハ
≦ニ=- -======ァ''" ̄ ̄ ̄ ¨¨¨  -=ニニニニニ=- 、         i-=ミ/)
/ニニニニニ/:./:. :. /:. :. :.:|:. : : \:. :. :. :. :.  -=ニニニ=- _         ∨(_
ニニニニニ ':. :./:. :. /:. :. :. :.|:. :. :. :. \:. :. :. ヽ:. :. :. :. -=ニニニ=-<     i <
ニニニニニ/:. :.:':. :. :., i:.:.i:. :.:|:. :. :. :.:.―\―‐=ミ: : : : |:. :. :. :.:-=ニニ=- _ ノ   )
ニニニニ,/:. :. :i:. :. :.i |:.:.|:. :.:|:. :. :. : : i    :. :. :. :.i\:.:| : |:. :. |:. :. :. i ニニ=- -=彡
ニニニニ/:. :. :. |:. :. :.| |:.:.| :. j|:. :. :. : : |   }:. :. :. :.|:. :. :| : |:. :. |:. :. :. |:iニ=-=ニ=-
. \ニ=/:. :. :. : |:. :. :ィ⌒ |:.:.八:. :. :. :.:.|,ィf斧㌍ミk |:. :. :| : |:. :. |:. :. :. |:|ニニニ=-=ニ\
.  \ ':. /:. :. :.|:. :. :.l Ⅵ从  、:. :. :. |  rヘ j刈 》 : : : | : |:. :. |:. :. :. |:|ニニニニニニニ_
    |:/ |:. :. :.|:. :. :. vx≠ミ  \:. :.|  乂 zソ  |:. :. | : |:. :. |:. :. :. | :. ニニニニニニニi
    |  |:. :. :.|:.\:. :.《  ):ハ   \|   _  ,ノ |:. :. | : |:. :. |:. :. :. |:. :. ニニニニニ=-
      j|:. :. :.|:. :. : 圦 乂:リ        //// |:./:. :. :|:. :. |:. :. :. |:.:. :.---- ‐  '' "
.       八:. :. :. :. :. :. :. 、  ノ   ,:            j/ , : : :|:. :. |:. :. :. |:. :. :.
          、:. :. |、:. :. : :V//              /:. :. :|:. :. |:. :. :. | :. :. :.
        \ | |:. |:.八    ~  ~    / :. :. :.|_:. :.|:. :. :. |:. :. :. :.
             ヽ |:. |:. :个          /   : : : | i:. :|:. :. :. | :. :. :. :.
              |:. |:. :.:|:. |:. ≧   ,, __  イ    |:. :. :.|__\_,,  ―― 、:. :.
              |:. |:. :.:|:. |/≧=- 「  i,/| ハ _ |:. :. :.|          :. :.
              |:. |:. :.:|:. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉--/:i:i:i:i:i:i|:. :. :.l/        i.:. :.
              |:. |:. :.:| /:i:i:i:i:i\/:i:i:i|:/:i:i:i:i:i:i|:. /             |:. :. :.
           斗‐|:. :.:|':i:i:i:i:i:i斗:i:i:i)ヽ:(:i:i:i:i:i:i:i:i/  /          |:.:. :. :.
     _,,        |:. |:. :.:|>:'":i:i:i:i:i:i/:| ∧ゝ:i:i:i/  /          |\:. :.:\
  r'"       , |:. |,,<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:∧  '  /     ――――  |:.:/\:. :. :.
  |        /  乂:i:i:i:i:i:i:i:/:/:i:i:i:i:i:i:i:iV  __/    ___ ∨:. :.:.ヽ:.:. :.
   〉      /  '⌒ヽ >:i:i/:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i |     _ -=ニ        |:. :.:|:. |:.:. :.i
  /:. :. 、    '     )  7 ~=≦⌒>_:人    __            |:. :.:|:. |:.:. :.|
. /:. :. :.√ ミ 、 |     (_ /ニニニ/_(    Y≦ニニニニ≧ _     ,ノ:. :. |:. |:.:. :.|
/:. /=OO=ミ/    ノ⌒7ニニニ/ ̄Ω   / r≦ ̄○=○==ミ 「 ̄:「 |:. :. :. |:. |:.:. :.|

== 情報 ==
ストリート・ネーム: 比那名居天子
名前: 比那名居地子
移動: 10/25, 水泳: 6
カルマ: 0
ストリートの評判: 0
悪名: 0
公共認知度: 0
種族:エルフ 性別:女 年齢:17
身長 156cm 体重 50kg
冷静: 8
意図をはかる: 7
持ち上げ/運搬: 8 (30 kg/20 kg)
記憶: 7
新円: 8000

== 能力値 ==
強靭力: 6
敏捷力: 4
反応力: 4 (7)
筋 力: 2
魅 力: 4
直観力: 3
論理力: 3
意志力: 4
エッジ: 3
魔 力: 6

== 特殊能力値 ==
エッセンス: 6
イニシアティブ: 7 (10)
イニシアティブ・パス: 1 (4)
アストラル・イニシアティブ: 6
アストラル・イニシアティブ・パス: 3
マトリックス・イニシアティブ: 6
マトリックス・イニシアティブ・パス: 2
身体ダメージトラック: 11
精神ダメージトラック: 10

== アデプトパワー ==
アストラル知覚
反射強化 3
魔力装甲 レーティング: 6

== コンタクト ==
タリスモンガー (2, 3)
噂好きの友人 (1, 1)
父親(企業重役) (4, 1)

== 資質 ==

▼有利
低光量視野(※メタタイプにより取得)
ミスティック・アデプト
信託基金(上流)
力ある家名

▼不利
SIN持ち (通常) (御令嬢)
記録ファイルあり (シアワセ)
自制心不足(自慢屋)
誓約 (友人を見捨てない)
昼の仕事(10時間/週)


== 能動技能 ==
アストラル戦闘:3[武器収束具]     .Pool:7(9)
エチケット:2                  Pool:6
コンピュータ:0               Pool:2
サイバー戦闘:0              Pool:2
サバイバル:0                 Pool:3
データ検索:2[ネットニュース]      Pool:5(7)
トラッキング:0                   Pool:2
パーミング:0                 Pool:3
ハッキング:0                  Pool:2
パラシュート:0               Pool:5
ピストル:5[セミオート]             .Pool:9(11)
ランニング:2                 Pool:4
応急処置:1                      Pool:4
回避:5[射撃戦闘]                Pool:12(14)
偽造:0                    Pool:3
弓術:0                    Pool:3
虚言:0                    Pool:3
脅迫:0                    Pool:3
交渉:3[取引]                    Pool:7(9)
工芸:0                    Pool:2
航法:0                    Pool:2
指導:0                    Pool:3
自動火器:0                      Pool:3
呪文対抗:4[幻影呪文]          .Pool:4(6)
重火器:0                  Pool:3
錠前:0                    Pool:3
水泳:2                    Pool:4
潜水:0                    Pool:5
潜入:0                    Pool:3
船舶操縦:0                      Pool:6
素手戦闘:0                      Pool:3
体術:2                    Pool:6
脱出:0                    Pool:3
知覚:4[聴覚]                    Pool:7(9)
地上機操縦:0                    Pool:6
長銃:0                    Pool:3
登攀:2                    Pool:4
刀剣:2[カタナ]                Pool:6(8)
投擲武器:1                      Pool:5
統率:0                    Pool:3
爆破:0                    Pool:2
飛行:2                    Pool:4
尾行:0                    Pool:2
武器整備:1                      Pool:4
変装:0                    Pool:2
砲術:0                    Pool:3
霊視:1[霊紋]                    Pool:4(6)
棍棒:0                    Pool:3

==知識技能==
3DTV:1                      Pool:4
メガコーポ:2[シアワセ]            Pool:5(7)
日本語:N                    Pool:0
美術:2                    Pool:5
文学:2                    Pool:5
歴史学:2                  Pool:5





== ライフスタイル ==
上流  1 ヶ月

== 防具 ==(装甲値18/18)
バイク・レーシング・アーマー            4/7
   +化学防護 6
   +耐火 6
   +内蔵空気タンク
フォームフィッティング・フルボディ・スーツ     7/3
   +ゲルパック
   +絶縁 6
ヘルメット                     1/2

== 武器 ==
カタナ レーティング 2
   +武器収束具
   プール: 8 (10)   ダメージ値: 4P   装甲貫通修正: -1   反動補正: 0


フィチェッティ・セキュリティ600
   +アームスライド
   +ストック
   +消音器
   +内蔵スマートガン・システム
   +ガスベント 3
   +レーザーサイト
   +射撃モード追加, 大規模改造 (BF)
   プール: 12   ダメージ値: 4P   装甲貫通修正: -   反動補正: 4


手榴弾: エスプリ「プチ・ブリューム」
   プール: 5   ダメージ値: 5m 半径   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: ガス弾
   プール: 5   ダメージ値: 化学物質 (10m 半径)   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: 焼夷手榴弾
   プール: 5   ダメージ値: 特殊   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: 熱煙幕弾
   プール: 5   ダメージ値: (10m 半径)   装甲貫通修正: -   反動補正: 0
手榴弾: 炸裂手榴弾
   プール: 5   ダメージ値: 10P (-2/m)   装甲貫通修正: -2   反動補正: 0
素手
   プール: 3   ダメージ値: 1S   装甲貫通修正: -   反動補正: 0

== コムリンク ==
エリカ・エリート (3, 4, 3, 4)
   +ノヴァテック・ナヴィ [プログラム・スイート: プロユーザー]
   +AR グローブ
   +標準シム・モジュール
   +偽造 SIN (シャドウラン用) レーティング 3

== 装備 ==
イヤホン レーティング 2
   +聴力強化 レーティング 3
   +音声選別フィルター レーティング 3
コンタクトレンズ レーティング 1
   +スマートリンク
ドクワゴン契約: ベーシック
バイオモニター
医療キット レーティング 6
覚醒パッチ レーティング 6 x5
偽造免許 (各種) レーティング 4 x15
手榴弾: エスプリ「プチ・ブリューム」
手榴弾: ガス弾 x5
   +催吐ガス
手榴弾: 焼夷手榴弾 x5
手榴弾: 熱煙幕弾 x5
手榴弾: 炸裂手榴弾 x5
呪文対抗収束具 (幻影) (結合済みの収束具) レーティング 3
呪文対抗収束具 (戦闘) (結合済みの収束具) レーティング 3
呪文対抗収束具 (操作) (結合済みの収束具) レーティング 3
呪文対抗収束具 (探知) (結合済みの収束具) レーティング 3
蘇生パッチ x2
武器収束具 (結合済みの収束具) (カタナ) レーティング 2
予備クリップ (フィチェッティ・セキュリティ600) x5
   +ゲル弾 (ライトピストル)
予備クリップ (フィチェッティ・セキュリティ600) x5
   +通常弾 (ライトピストル)
予備クリップ (フィチェッティ・セキュリティ600) x4
   +強化炸裂弾 (ライトピストル)

== カルマ消費 ==

== 新円消費 ==
2017/01/03 20:42:44       8000         Starting Nuyen



指定し忘れてた種別を指定、っと

9858 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 20:58:29 ID:wtACDmVM


      ____\(__ノニニニニニニニニニニニニニニニニニ=ヽ  /     7
 r‐-=ニニニニニニニニニニニニニニニ=-=_ニニニニニニニニニニムイ      ./
 マニニニニニニニ=‐-ニニニニニニニニニニニニ=-=_ニニニ=γ⌒Y⌒Y   /
.. `マニニニニニニニニア⌒  -=ニニニニニニニニニ=-=弋___人,_,ノ_/ ̄ ̄ ̄\
.    `マニニニニニア         -=ニニニニニニニニニ=- _           /
.       `マニニ7     |     斗― -=ニニニニニニニニニニ=- ____/
.          ̄/    | ̄ l   |      -=ニニニニニニニニニニニニ=- _
         / /l  代  八 Ν 斗苧ミ    -=ニニニニニニニニニニニ=-
.       乂_ノ| l  |斗苧ミ\、   _):::ハ    |::     「 ̄ ̄
.           | l  小 _)::ハ       Vシ    |:::.    |
.           |Λ 从  Vツ ,   ハ ヽ/    Λ:::.   |
              V ハ / ハ    _, 厶イ   ′:::::   |、
                |  人    ` ´   /  Λ:::::::::.  八〉
                |  l:: >   _  </  Λ:::::::::::::::.  \
                |  |::l:::::::l:::: ┌ 斗   /,ハ:::::::::::::::.   \
                |  |::l:::::::l:::::::礼  |  // 人::::::::::::::.    \
.             人  |::l:::::::lァ 7礼  | ′   \::::::::::.    :. \  、
                ヾ乂::::ノ‐く示::. |/ ./       ::::::::    ト、  \ \
                / く  /:l〉{⌒ヾ  |       V:::::.   | ヽ ヾ
            /  / \(::::/{::}   ゚!  |l      ,ハ::::::    |  | }  .゚
              /  /   /:/:Λ}______}  |l       |::::::.   |   ハ/  /
          /  /    И::′  l}   .八      |\  ハ|  /⌒V
.           ′ \__/ l|     }  〈  丶____ノ ノ / l/:::::::: /|
                /  | ,八厂 ̄[_   \/ニニニニニニ|   /:::::::::::::/ l|
.          |   /   l|   ::∨Λ__]____ , Λニニニ=-―┘V::::::::::::: /  |
.          |  ′ .八   .:::∨/ヘ__[__ _ _,Λア´     \_彡'  Λ
          、      \  ::`∨Λ__]__    〉,     V⌒Y⌒シ   }
.            ┌く ̄}_厂V⌒厂] ∨Λ__[__   込       マ丿___彡く
            厂\ > `     ̄ ̄ VΛ___]___,ノ Λ       ⌒ヾ    \  .
.         _厂`> ´            __〉/〉__[________Λ         V:.\
―――--└<        ≦     〈/Λ___]:.   込、        V : \
          ≧ <           .::::\/     :「\       V /\
                    ≧      ..:::::::l}       /  \       V:. /
                       ≧  .::::::八      /     l\       V:. /
                   、_ ____/  \   ′     ノ  \    V


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――比那名居地子は、シアワセ社のさる重役の御令嬢である。

 ただし妾腹であり、エルフというメタとして生まれた、だが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9859 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 20:59:20 ID:/LKRNghG
むねなゐてんしちゃん!

9860 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:00:50 ID:r1k/HH8m
見るかぎりウラヌスに近い地位?

9862 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:01:31 ID:EijWnQo/
あぁ~膝枕されて遮るもののない視線で真っ直ぐご尊顔を見上げて太腿スリスリしたい

9863 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:03:30 ID:dmzVqeNf
絶壁の要塞てんこちゃん、ここに降臨



9864 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:04:15 ID:wtACDmVM


                人 /l        -―- 、
             /  ∨ ,,xニニニニニ/      Y
            _{  ,x仁ニニニニニ{        }    ___
            \>ニニニニニニニニニ乂   ノ  ノ⌒ヽ/    /⌒
       ,,x≪ニニ>~ミニニニニニニニニミ==<    } _ /_
       `ミニ/ /   / \  \ ⌒~ミニニニニ=-ノ ̄   ̄/
           / / /   /  ヽ  ヽ \   ̄~`ミニニ=- _/
        / / / / { { {  l       、 \  `寸ニ\
       // / { '"⌒ l  l  ト  人   ヽ いニニニ)
     /{ ; /{ (  { },,x云ァ } } ト    \     l Y ̄
     /  l { /{人\l 'j゙ {ジ }ノ ノ  \\ ヽ    人
    {{  }人{人 フ     /j/{ {    \ヽ Y     \
       ノ r--っ \       い    ヽ} }       \
         / /ニつ └t;;>       Y      ノ ノ     \ \ \
      / / / -‐っ::::ヽ__,,,x<   l l  //l \    \   \
       {  l/ / ̄::::::ノ    ノヽノ} l  {{  }    _    \  `ヽ、
       j   };;;;;;;::イ  }  } ハ ; }   乂_ノ ̄  \         \
       l   / /  ノ  ノ /「:::/ ; /  /    \   \_ \     \
        j   ノ   / //:::::::L/ / /   ;     ヽ    ヽ ヽ \     ヽ
      {   {  /  /:::::::::::::::; / {    {           } }  \     \
      V   l /  /\:::::::::::::::{/{  、   l             j    \    `ヽ、
         l   |{/ {  入::::::::::l{::::、 ヽ ハ      l ヽ   ∧      \     `ヽ、
       l   l/   Llく::::`ー:::l-┬\     }    い  j / / /  \   \      \
          l   l     l >(;;;;;;;;;}0:l;;;;;;l Y //乂  \__/--―f"     \    ヽ       ヽ
      /l   ∨  く:l { 〈 l::::::::} 〔 j /l //`ーr'"::::::::::::::::::/\                 \   Y
      //l    ∨ / }ノ\ { {::::::{-J ノ  }ノ   ヽ::::::::::::::::::::> ヽ            ヽ\  }
     {(  l    ∨  ノ/ 弋ヘ0:ヘ >、 ノ   /  └---‐''"∨               l ) /
           !    }     / ヽV::ヘ/Y-‐   / / ∧    ∨  }         i     }/
          l         /{   く\::ヽ }-‐''"  /   ∧     ∨ /          l   j
            l      / 八     ヽ∧0V┐  /    ヘ      V            }  jノ
         弋  / )/  \ }  }Y}::::} 〕 /      ∧    V    }    }   ;  }
           ̄ /  (__ ノ ノ }{;;ノ_フ          〈∧     V    !    /  / jノ
__               \___/rく ⌒  ,,彡    / Y∧    ∨  ;   /  / l /
    \ー---~へ       ー=彡_ノ    _      /     ! ∧    V /    / j/
_____\::::::::\((_`ー---‐へ/    ̄ ̄     ヽ      l、∧    V/ {  /、__ノl
:: ::l:: :: :: ::l ̄\:::::::\ ((⌒Y__) \        ((_ノ)_ (_}::、 ∧     V } /    ノ
ヽ::jノ :: :: :l   \:::::::\)) ノ ̄   \     つ  ̄//⌒)  ノ::/ ∧     V {
⌒へ:: / !      \:::::::\ {(⌒Y(_)_  {(_  乂 ○ /::::/{   ∧     V\
:: :l:: :}ー、 !        \:::::::\} ○ '"⌒))  /(_))  )/:::/ 八   ∧   ∨::ヽ
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 妾として囲っていた美しいエルフ。それとの間に生まれた少女に対し、父は信託基金を与えた。
 他には何も与えなかった。顔を合わせることもなかった。

 初めての顔合わせは、彼女が15歳になった頃。魔力に覚醒した直後の彼女に対し、父が急に会いに来た時のことだ。

「すまない、これまでは忙しくて会いに来る時間が取れなかった」

 という父に対して、

「私の腹違いの弟妹は、5人は確認されています。女を抱く時間はあったのですね」

 と、天使のような笑顔で告げ―――周囲のボディーガードの前でこのような事を言われて、リトマス試験紙のように
顔を赤くしたり青くしたりして、結局「また来るよ」とだけ言い捨てて父が帰ったのが、最初で最後の交渉だった。

「私を気にせず、弟妹の増産にでも励んでくださいまし」

 と背中に投げかけた言葉が効いたのかどうなのか。父が直接に会いに来ることは二度となかった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9865 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:05:42 ID:r1k/HH8m
セメント過ぎるw

9868 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:10:51 ID:yV0OFHLl
天使のような天子の……ふふ

9871 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:12:10 ID:r1k/HH8m
>>9868様…



9873 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:13:38 ID:wtACDmVM


                       _  --  _        _
                    -=ニニニニニニ=- _   / (
                   /ニニニニニニニニ /   ヽ  _ノ__
                /_  -======- ,,___{      }/ _ /
               -=/ ̄ ̄ 7 :. :. -=ニニニ乂 へ イ    ノ\
            /ニ,/:. :/:. : / |:. :\:. :. :. :. ..-=ニニニ≧≦ニ=--
            /ニニ,/:. :. :. :. :. :. j|:. :. :. 斗―‐:.:.|:. :.|:. :. :.| :.
          乂ニニ/:. :. :|: : 十‐八:. :. : : |\:. :.:.|:. :.|:. :. :.|:. :.
             ̄': j|:. :.{:. :. |∨   、:. : ,ィf㌍ミ|:. :. :. : : |:. :.i
              i:八:. :.\:.| ,ィf示  \| v ソ :. /:. :. :.:|:. :.|
              |:. :.ヽ:. :. :\  vリ    〃ノ:./:. :. /:.:|:. :.:
              人:. {ヽ):.\八〃 `    ⌒7:. :. /:. :.|:. /
                  ヽ'⌒7:.:.:/ ):、 _  ^     イ:. :. /:. :. :∨
                  /: : / /:./ ノ  _  イ: / /:. :. :. :. \_
                    /: : / し' イ___:. } 彡':. :/'" ̄ ̄ ̄):. :. :. :. ,, _
                  / :. /   ' ,, ― '/ /:. :/     __人:. :. \:. :. :. :. \
         ――‐.: :. :. :/     二つ:. :. :. :∠    (    i:. :. :.\:. :. :. :. \
     /:. :. :. :. :. :. /:. :. /     /:./:. :. :. :./:i:i:)  r ノ     |:. :. :. :. \:. :. :. :. \
     ':. :. :.//:. :. :.:i:. :.:/     イ'":. :. :. :.:/:i:i:i:/ ノ^´     人 : : : |:. :. :. :. :. :. : : \
    /:. :./ .':. :. :. :.|:. :.'   //:. :. :. /:. 人:i:i:i:i{/         i:. :. :.|:. :. :. :. :. |:. :. :. :.i
    i:. :. :. ∨:. :. :. :. |:. :|   i /:. :. :. :'/:. :.ハ:i:i:i:i:i「          |:. :. :.|:. :. :. :. :.:,:. :. :. : ,
    |:. :.|:. /:. :. :. :. :. : : |   | :. :. :. :|:i|:. :.i:i:i:i_:人  /  /ノ  /: : : /:. :. :. :. :/ヽ:. :. :/
    人:. |V:. :. :. :. :. :. .Ⅵ   !!:. :. :. :|:i|:. :.|:i:i:i:i:i〈  }\__   イ:. //:. :. :. :. :/ /:. :./
     \i:. :. :. :. : : : : : |   | \:.:.)|人:. :Ⅵ:i:i:i:i〉〈≧=-=≦/:. :.:/_彡:. :. :. :. //:.:./
       |:. :. :. :. :. :. :. :.:\__,|_,彡/ ̄ ̄ ̄ '' <人―ァ=イ:. :. /:. :. :. :. : : /:. :./
       人:. :.\:. :. :. :. :. :. :. :. :. : /> ,,          /:. :. :. /:. :. :. :. : : / ̄
        ̄ ̄\:. :. :. :. :. :. :.<:. :/       _ ,ノ{:. :. : (:. :. {:. :. :. :. (ノ
             ――――‐=彡          \:. :. :> ――=彡


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 代わりに、「シアワセ社の人間」が彼女に会いに来る回数が増えた。
 以前は重役の妾腹の娘への―――監視も兼ねた―――様子見。
 成長の方向性と次第によっては、それなりに“使える”人間を取り込むための見合いの弾になる程度の政治的価値は
見出されていたのだろう。

 今はそこから、『高い魔力を持つアデプト』に対する対応へと交渉が切り替わっていた。
 地子の持つ魔力は非常に高く、ここから更に『階梯を登る』事ができれば、さて、どれほど社にとって有用な存在に
なり得るか。

 商品としての用途が変わったなと、自分に対する対応を地子は値踏みしていた。
 美術品から実用品へ。アデプトとして発現した魔力はとかく”強固・頑強”な方向性での発現だ。

 しかし、折角発現したこの魔力を父のために使うのは業腹だった地子は、シアワセ社側と交渉して幾つかの条件を
結んだ。地子にとっては幸運にも、その父にとっては不運にも、地子は口と頭の回る子だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9874 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:15:15 ID:r1k/HH8m
あ、名前今気付いたけど"地子"なのか

9876 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:18:47 ID:PsnXQ7zz
原作の天子の天人になる前の名前だっけ? >地子



9879 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:23:11 ID:wtACDmVM


                           __    _ノ
                 /⌒\/__  ̄ ̄  /
            __(,,,x<ニニニニニニニニ>x/         _ノ!
        r==ニニニニニニニニニニニニニニニニニァ'"  ̄\  / ̄   }
        寸ニニ>冖=ニニニニニニニニニニ7        Y  /  ノ
         ヾ/       ̄''''<ニニニニλ      }__   /
          /    /         `''<ニニト __ノ_/  Y'" ̄ ̄`''~、
             /  /     l     `''<ニニ乂_ ノ        ヽ
       / /    ⌒ト     十‐ 、    \`''<ニニニヘー----''"⌒ヽ}
        /  {   l / { {    八 { \    ヽ  `寸ニヘ
        { /l    Y=ミ、 l  } ゞx,,_ ト、      乂   ヾニヘ
       八 い   ヽ{{ {,)jlヽl\j/ "斧ミx\  ヽ _> |Yニ}        __
        \乂  ゝ弋リ      {r。し)::)Y\} } ノ  ノハ} } ̄           ⌒\  \
      ___>{ `"       `=''゙ { `'''ー--''" ̄ ̄ ̄⌒\           )   ヽ
    /     /}\   ァ―‐ 、    ノ\_____ ヽ_ ヽ}⌒\    /  ノ }
   /     /__ノ ノ`ト 乂_ 丿 ,,。ィ( ( い `ー-‐'" /Y )ノ } \} ー--‐彡 _   /
   { /   /   / /   /  ̄ yヽ/ ⌒\__/  ノヽ  ノ  ノ  __ ー---‐  ̄`丶、
  /ト(   {_ノ  //  -――//~-- 、        j::ノノー----‐'"/ --――-      ヽ
 {   >ー-‐イ  / 〈: : : : : :└J: : : : : : \ 乂  _ノ-く――――┘  ヽ ー--ミ    ヽ}
  、   ∨    人 { r-\: : : : / }:〉: : : : : : :ノ   ̄)ヘ::::::\   }  }ヽ}  }、い l ヽ   }
  \  {    f^ヽ_ ⌒V: : : :人j:{: : : : x<  _/ 八l ̄l:::::\_ノ__ノ ノ  ノ }   ト }  }  /
    ー乂  r^ _こ> └-イ /: }:_/: : :r'゙ ̄    o Y十┐:::\::::::::\⌒Y   ノ ノ  ノ/
  (ー彡   〈 (::::::::::::::::::乂ノ / {: : : 乙 ̄     >=く!}L_.j::::::::::::::::::::::::ヽ ヘ┐ /
   \__/ (⌒ /::::::::::::::::〈/::/(__  ̄ ̄         ))} /ヽ:::::::::::::::::::::::::}  ) 乂
     { { 弋 乂:::::::::::::::/\{⌒ _  __   r=ミ、    ノl /::::::::::::::::::::::::ノ つ  ̄\
     \(`つ  (::::::::::::::\人__ノ o )) __)   O}}(__ノ/ へ:::::::::::::;;;;ノ ̄  ろヽ    ヽ
        廴_L 弋:::::::::::::::xへミx,,,_((__ノ__/_,,∠K /::::::::厂  丶_) ̄   }     }
           弋__ヘ::::::::::::::::\>く \ ̄/\[__l:::、;;;;ノ ̄ヽ__r~       ノ /\ ノ
              └、>---‐(;;;;;r-\Χ  /--~'"⌒、__r-‐''゙            ̄
                 /`ーL,,/  x__ノ_ `"r  l_)、__)'"
            /:::X:::/`冖"   └‐''"⌒Y::X:::::::/
             \;;;;/                ノ::X:::::/
                           〈:::::::::::/
                            ̄ ̄
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 追い落とすことは出来ないだろう。敵を増やしすぎるし、シアワセ社内部での内紛を煽る事になる。
 シアワセ社を好いてはいないが、潰れてしまえなどとは思っていない。むしろ『便利』という意味では好意的ですらある。
 寄らば大樹の陰と言うが、少女はシアワセという大樹が自分にとって丁度いい傘になると知っていた。
 目障りだと感じることもあるが、ノコギリを持って切り倒そうなどと考えれば、どう考えても自分が圧死する。

 故に出した交渉はこう。

「中国の故事にもあるように、私の功罪の一切の影響を父に与えないように出来ませんか?
 生まれてこの方、1度しか会ったことがないものですから。私のせいでご迷惑などかけるわけにはいきません」

 営業スマイルで言い切った地子の言葉に、シアワセの交渉役はこう言った。

「それでもご家族です。お父上も、貴方に迷惑をかけられる事など気にしないでしょう」
「では何かあれば名前を出させて頂くことにしますが、やはり基本は先のように………」

 頑として譲らない地子に、結局は交渉役は頷いた。
 基本は功罪は父にかからないが、困ったら名前は出される。父君、踏んだり蹴ったりだが自業自得である。
 ちなみに地子は何かあれば遠慮なく面倒事だけは投げ込む気ぃ満々であったが、美味い部分を分ける気は
毛頭なかった。
 15年の軋轢は深い。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9881 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:24:18 ID:wtACDmVM
地子は天子が天人になる前の名前ですなー<原作

今回で行くと本名が「地子」。ランナーネームが「天子」。
本人は基本的に「天子」の方がお気に入り。

9882 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:24:26 ID:r1k/HH8m
チコタン?(トラウマ曲感)



9883 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:25:00 ID:wtACDmVM
私も「チコ」読みしてた

9889 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:27:32 ID:dHBdkgX6
>>9884
比那名居天子で「ひななゐてんし」だから、地子で「ちし」かw

9890 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:28:53 ID:pNquFdtr
マキナさんとこって女の子でもよかったんだっけ?

9892 :マキナ ◆h0JFPjznkA :2017/01/03(火) 21:30:14 ID:Z8keEpza
>>9890
直々に(裏で)女性でもいいですかと相談されたので

「よかですぜ(意訳)」とお答えしました☆



9900 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:34:53 ID:wtACDmVM


                   /(  __
               {\ j`l"}// ___
              \弋lシx≦乏圭圭圭圭≧x、/ト、 //
          ,xz≦至至至圭圭圭圭圭圭圭圭ミi i }//ノ
          {圭圭圭㌢::::/::::/:: ̄"''ミ圭圭Y/⌒Y ⌒)ヽ
            寸圭ア::::/:::/:::/::::::::::::::::::::::::`~"ゝ __ノ    ノこ>
               `ミ/::::/::/:/:::/:::l::::::ヽ::i:::::::::::ヽ:::::::::::ヾミーく
            /:::::'::::{::i:::/l:{::{::::::::::l:ト:::::\::::\::::::::::i圭心、
            {::l:::{::::i::::/⌒ト::::::::‐十\::::ヽ::i ̄:::::::i圭l圭)
            i {::::い:::Y'芍ミ\  斗ッ=ミ::::ト::}:::}::::::::i圭シ
                乂::::::::::i弋;ソ  )ノ 弋;ソj:)ノ::::::ノ:::::::::i
                 \l:λ   '    ノ:::::::/::::::i:::::ヘ                 __
                    l:::::::>、 ` - '  /:::/⌒ヽ:::i::::::::ヘ            x< ̄:::::::::::::::::ヽ
                ノ:l:::::::l::/ `ー- '"/:::::/    V::::::::::::\       ,.x<:::::::::::::::::__:::::::::::
               // l:::::::l//\ヽ/i/::/     ヽ:::\:::::::::`ー--‐彡::::::::::::>''" ̄     ̄ヽ
              /::::::i i:::::::! {   [j -!:::; //    ハ::::::`ー-:::;;;;;;:::::::-=二.......__     ノ
             /::/:::::l i::l:::{ } '" 人 {::::{ /   ∨  i:::ミ;;;;;_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_二='"::::
        /:::/:::/::j い:::! У ll 弋::`<    ヽ  l:::::::::::::::: ̄_::::::::ー---:::::::~‐-、_;;;;;;;:
       / /::/::::/::::::{  \::i 〈r‐、ノ{r〈 `ー-、::ヽ   )  i:::::::::>'"   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::
         {{/::/://:::::::::\_)ノ_{ < oヘ廴∠ )ノ~r"   l::/      i::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ、::::ヽ::
        ll::/::/ ;::::::::::::::l:::::::l∞=\ ヾヽL∞====!    }\       }::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\::::
       l/::/  j:::::::::::::::i:::::└-r――\ヾl ̄ ̄ 「   ノ   〉       ノ::::::::::::\::::::::::::::::::::::::\ヽ
        //{  {::::::::::::::::!:::::::::::::i    l (_}:l    i""     ノ   _彡):::::::::::::::::\`ヽ、::::::::::}::::ヽ
       //::i   ::::::::::::::λ::::::::::::}    V(lj    {     イ }\ ̄   ヽ:::::::::::::::::::::ヽ  \:::ノ:::::::
       j:ハ:::゙、  ゙、::::::::::::::::、::::::::::i    Vl   |二  ノ /   \    V:::::::::::::ヽ::::゙  ハ::::::::::::
       {{ ゙、::\ \:::::::::::::\:::::::い   ii   |-‐彡// __   ヽ___}、::::::::::::::}:::::}   }::}::/
         i  \:::\ \::::::::::::\:::∨    !    i_ / ^Y ・ )___ ハ:::::ノ}:::::::::::ノ}::ノ  ー=彡:::::
       ゙、   \:::`'''ー->‐<ミ ∨  i    i  / ̄ >< ̄ ̄\∨ ノ::::::::::/ノ:/ 、__ノ j:::::ノ
        \   `''ー/\__\:;:V  i   _i/-~'":;:;:;:;:;:;:\__ヽ/::::::/ /   /ノ/
        __ / ̄`ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:l ̄∨ }  /_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト-<   _∠-<⌒メ
    >'":;:;r-―"⌒>、;:;:;:;:;:;:;\;:;:;:;:;:;l  rニ二_ / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノi-‐->'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
   /;:;:;:;:;:;:;:( /ヽ r‐、 \;:;:;:;:;:;:\:;:;r‐‐〈   { /) /  ヽ;:;:;:;:;:;:;ー---‐;:;:l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{  廴i/⌒)/-、;;:;:;:;:;:;:;{l /r/ヽ/ 〈_j7⌒>、};:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_L:;:;:;-――-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
-‐";:;:;:;:;:;:;:;:r‐‐∨     \  };:;:;:;:;:;:lj/ j }-/     // ノヘ;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{ _\        \ト-、:;:;:;`{⌒V      j { / Y;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>⌒ ̄
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\fメ、ヽ\        ヽ >r‐`ー/       ハ`^ヽ ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/  ̄/)_ノ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;) j  \      ∨^廴/(/       / ヽ__)/ V;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/\ /   ヽ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;(`''"j‐-、__\      ∨__/     /    {   ∨;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ _ ̄ス ヽ/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`t‐ }  \ヾ\    ∨、/       /―~┴⌒ヽ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  /`┘ \ノ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:/ )フ_ヾ \ヾ\    ∨     イ ゞ ゞ \ /j/ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ \(_\ γ⌒
\;:;:;:;:;:;/;:;:;:/'" |  V  ̄/lー-\   \   /-トミ_>-‐{ /-、 ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ  >、ノ 弋 ̄7<
  >-~/ `ー、j  V/ /     ヽ    \/   l \    lノ  l ) {`ー<⌒く `(      \{_ノ
) 〈‐-、/⌒メ、_ノ   /  /     Y     ヽ l   l     j  廴 } ( K `ヽノ_ノ
\_У ヽ__/      / /      ノ       ノ  \ l     /   └┘ \ト
           /l  \ _/     -ァ'"j     \ト _ /    /      l \
              /  j   <__ -‐^_// /       \  ̄ヽ /        \ ヽ
          |  /   └‐Lrノ┘ /  /、__  ノ  \  \         \{
          l /  /_ノ      /  ̄ ヽ    /  >'" ̄ ̄ヽ
          l∧   └Lt__~" `<  ゙、 / >'"       lヽ
          { \           `<__>'"         l }
           i   ヽ                         l !

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 そしてもう1つ。シアワセ社の目的は、アデプトである自分の確保―――言ってしまえば就職だ。
 それに対しては文句はない。文句があるような考え方に至ったら、その時に行動を起こせば良い。
 一先ず生きていくには金かコネは必要なわけだし、地子はこの話に頷くことにした。

 ただし、そこで素直に頷くほどに彼女は素直な人間ではないし、シアワセに対する忠誠心や愛着もない。
 故に彼女が出した条件は、モラトリアム期間だ。

 現在通っている学校、或いは条件次第では大学を卒業するまで。
 その後にシアワセに勤務する事は吝かではないが、と勿体ぶって、なんとかこの条件を引き出した。

「お父上も早く貴方と一緒に働きたいと言っておられました」

 というのが交渉役最大のミスである。衝動的にシアワセ就職を蹴る事すら真剣に検討を開始しだした彼女の様子から、
交渉役は父親は彼女からすれば完全に敵扱いなのを把握した。
 むしろ把握して軌道修正して、今後の対応まで考えられた分だけ、その交渉役は優秀だったといえる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9911 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:41:27 ID:wtACDmVM


                      -――――--     _
                _ -=ニニニニニニニニニニ=-</ ̄ ̄ ̄\
                  _ -=ニ/   |-=ニニニニニニ=-----\__ /
             ̄ \/    /_  -=ニニニニニニニニニニニ=- _             ̄ \_
        --/      Y _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-         /      \ ヽ
       /  '     _ -=ニニニニニ=-.: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. -==ニニニニ|       人  (    \|
          人  (/-=ニニニ=- :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :. :. :. \-=ニニ/       '///,'\⌒)⌒   \
     __|    /-=ニニニ/:. :. :.:.|:. :. :| : : |:. :. :. :. :. :.|:. : : : : : :|:. :. -=ニ/      /////// \ :. ヽ    |
   / 人  7-=ニニニ/:. :. :. :. : |:. :. :.\:.{:. :. :.|:. :. /:. :. :.|:. :. :|:. :. :.|_/      ////////// ヽ:.:.|    |
  /_ /   7-=ニニ /:. :. :. :. : i: `ト------:. :. :. ー/―:. /:. :. /:. :. :/    ____/////////// : : |   /
     |   '-=ニニ ':. : | : : :{:. :. |:.斗==ミ\:. :. /:.斗=ミ:. イ:. : ,:. :. :. /    \_   \////、: : : :.:|   |
     |  , -=ニニ/:. :. :|:. :. :.\:.{   o   ⌒  o ̄ ノ:./:. :. /     ( ̄ ̄    \'   〉: : :.:|   |
     |  /-=ニニ,:. :. :. :|:. :. :. :. :\´¨¨¨¨¨    , ¨¨¨´ イ:.  ̄:. :|      ( ̄ ̄       ',   i: : : : 、   |
     |/|-==ニニi:. :. :. :|:. ――:. :.ノ            |i: :. :. :. =ミ  /  ̄        i  \: : : \ |
.       ―― :. :. :. :.|:. :. :. :./ :{   | ゝ   __     八:. :.|:. :.):. :.))(_ イ/\      |        ̄ )'
           i:. :. :.:人:. :. :.(:. (:.ノ  \/ ∨ ∨ノ   ,:. :. :. : |<_彡'  ///////\      |        /
           |:. :. :. :. :. 、:. :. :.¨个       ̄   /:. :. :. :. |:. :. :.\ / ̄ \///|:.ヽ   
           |:. :. :\:. :. \:. :. :. :.、 >     イ:. :. :. :. :. : |―\ :. / ̄\ ∨-:. : |    ',  \
  ―――、    |:. :. :. :. 〉――、:. :. :. \\ `¨「―=ミ、:. . :. : : \   /  / ∨':. :. :. |        }ヽ
/:. :./ ̄ヽ:     |:. :. :. :/     \:. :. :. \  ̄\ |\\:. :. :. :. :. :. /  /  / ̄ ̄ 、       i  /: i
:. :. i     V     ':. :. :./         \:. :. :. \_/斗=≠<:i\:. :. :. /  /  /'     |     |__彡: /
:. :. |        / :. :. /        |  〉:. :. :. :.\人:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:=:. :/  /  /:.\ _ |     |―=<
:. :. :. :―――=彡:. :. :. {/     \ 〉〈:i:i:|:. :. :. :. :\|O/|\:i:i:i:i:i/  /  /:. :. :.i//= |     |:. :. :. .:\
、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /        V  \|:. :. :. :. :. : |'//|:i:i:i\ /  /  /:. :. : 人/=, ∧     |:. :. :. :. :. :
   __/:. :. : /          |   |:. :. :. :. :. : |O/|:i:i:i:i:i/  /  / : : /( /=7         |i:. :. :. :. :. i
      /:. :. :. :/               |   /:. :. :. : : : /|'//|:i:i:i /  /  /:. /|==| |=人        从:. :. :. :. /

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ともあれ、そんなわけで。

 ―――今の彼女は人生のモラトリアム期間を楽しむ学生だ。
 その後の人生についてはシアワセへの就職というレールが―――それも、「美味しい」レールがあるといえる
状況である。この状況を作るために硬軟織り交ぜ、彼女は色々頑張った。

 ともあれ人生で最も自由な期間と、これだけは貰っておくと言わんばかりに地子がガッチリ権利を握っている
父親が当時は手切れ金のつもりで渡したのであろう信託基金によって、金には困らず。
 しかし就職ルートも決まっているため、学業にもやや不真面目で。

 スリルと―――後は就職後に必要になるだろう実戦経験と、自分独自のコネクションというものの構築の為に、
神田で学生ランナーとして活動―――或いは本当の”シャドウラン”に足を踏み入れることもある。
 そんな強かな少女が比那名居地子―――いや。

 ランナーネーム、”比那名居天子”なのである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9913 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:44:09 ID:wtACDmVM


                             __   ___ { Y }__
                ー--―――‐-   γ    `Yニニニニニニニニ=- _  二ニ=-
                      \ー------->{  /     }ニニ>''" ̄`寸ニニニニ=- ̄
                   `< // /  乂{   ノ/       `寸ニニニニ=-、
                           >―弋入__ノニ>'"  /  l   l  Y`寸ニニニニフ
                    /_/ /,,xニ>'"      /  / }   l } l i  \ニニシ
                      /_/,,xニニニ/ ///    -―-/!  __j  l  l ̄
                    / /xニニニニニ;     /  // / / l  /jノ}ヽ} }  }
                   ∠ ~〈ニニニニニ{/   {  __,xf示气 j//,,xミxjノ /ノ
                         `ミニニ/     r弋人弋;)リ /  {)jリ》- /八
                        /     / 乂\ `~~"   、 `''''//\l \
                        /   / / r~、__)ヽ   -‐  ノ ⌒ヽ〕 Y  \
                      彡    /  / └~、Y-┘、 _,,x< 〔~ミ__/、\ `~
             _  -‐''"    彡"   // ̄  〈( /::::::::\/  ハ ⌒>〉 人  \    `''~
              ̄        ''"/  / /     \く:::::::::::::::::i7 /\}〈(⌒   \  `~     `丶、
       /       -‐'''"  /  /   l       V:::::::::::::l{//:::::::::::::〉      \    `~ミ
      /    /   /   /  /    /{        V::::::::::/`y::::::::::::::/{  八    \     `<  \
     /    /   /   /  /      {| /     \;;;;/、ノ::::::::::::癶 V    \   、        \  ヽ
         /   //  /  /       j   {  __ /::::::|::\;;;ソ::/  \     `<__Y          Y   、
   / /   /    // /  /        L__  / __l {\;l0:l\:/ }    ヽ       ̄`~x      }   l
  ,゙ /    /     { {/  /     / l ̄ ̄ ̄Yr(彡宀冖  〕 l:::::::l | /_  /_     \    `ヽ、 j     }
  ,     /    /     _彡/    !     {i ,,ィ" ̄ }ソ 〔 l:::0::lニ} /==ミY     ̄l ̄冖ト\    `;   ノ
  l    ;    /   /'" ̄   /     | /  __癶l   、 rJ {:::::::l } lr冖ミ、ソ  丿  l  } }   \    /  /
  ! l   {         /     /      { /  人   !    Vう У0::/^Y {}  {" /    ;  , j    、/ /   \
  !    l / /  /      /   ト    V   _ト、l     ∨∨:::::/ミ丿 {    }       / / ,   -=彡イ       い
  l {   V     /     //l  l 、 /   /__/  、    V ̄⌒'''~‐l    '      / / /       }         ハ }
   l\   、{  ;      , ' l  l \;  / l  ノ ∧    、       l   j\   / //     /        / }}
  ゝl l\  \  {      l ! l  l _ {/{ /  ((⌒∧   |\     l   l  V<_/        /      /  ノ
      {    __\l      { { >''"    ∨_o))  ∧   l       l   !  ̄ヘ \\       /    /
     l      ̄l ̄    /::::::::::::::::::::::::::::::\_ ̄\ ヘ  l        l   l  (__ヘ__/l:::::\  /    彡
     、 ゙、   人     .:::::::::::::::::::::::::::::::r~-y'" ̄\\ ̄\、     l   { (( ̄У|::::::ー----‐'''"
      \ l\   ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::(___/     \\  l\      j   、 o l |:::::::::::::::;;;;;;;二ニ=-、_
        \ \  \:::::::::::::::::::::::::/ ̄  ノ        ヽ::\|  \  ノ    ∨  | |:::::::::::::fr―t-‐ ⌒`<L_
             /`ミ_>::::::::::::::/~-‐イ            l:::::::l ヽヽ Y r/ /l 「ヽ>  j /:::::::/⌒_つ      \⌒ヽ
   r―-=冖冖\:::::::::::::::::::::::::::::::{     }           }:::::::l\}、トjレ l_ノoし  / ̄/:::::::::::/  / __ノ ノ     }~へ
   弋   Y    >-―--√⌒  ̄ ̄⌒ソ\l         l:::::::l  ヽ    ((⌒ /_/:::::::::::/_ {>''"          />┐ ノ
    /\_{ (  ̄ ̄ ̄ ヽ ( ̄ フ⌒}__/   ヽ ヽ     l::::::\  |・  ‐―‐/::::::::::::::/ ̄ /-斗――- 、    /く_し
   {⌒"  >ミつ __x~、}  ̄)(_  〈r~、_ l         l \::::\l∠__/:::::::::/ ̄/^) {/       ヽ  /     ̄\
    \___j/ニニニニニニ乂/    ̄     /ハ       l /^ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::{  {ヽ(/       // └ァニY_  ノ
     ∨ニニニニニニニニニニニニ/...._        ;ニ{ \      j }⌒ヽ::::::::::::::::::::::r~<  }、/      (__/~-<ニニニ}   ̄
     ∨ニニニニニニニニニニニ{⌒`"""'''''''''''''''lニニ  `~、 ノ|ヽ ノ~へ--‐/_/⌒)丿/     ┼/l ̄ヽニニニニニ/
       }乂ニニニニニニニニニニニl           lニニV    } {  l弋_r-rっ_辷}ニニニニ/     +/  }ト、_ノニニニニ/
      l   ̄ ̄\ニニニニニニl        lニニV   lーl  lニニニニニニニニニニニニニ/   ┼/ {{__ノ  /ニニニ/
     ;       \ニニニニニl         lニニニV  乂_ノ !ニニニニニニニニニニニニ/   l +/      /ニニニ}
     {   \    \ニニニl         lニニニV / }{ \lニニニニニニニニニニ/   -‐l/        /ニニニ/
     八    \    `く⌒ l          l'"   ∨\/ \ノlニニニニ=-―--/  ー--/_     /ニニ/
      \ \  \ \  、 l   へ    l ―--∨ \/ .l \(      /       {ニニニ\  /ニニニ}
        \     ミ /\l  !  /   \  l      ∨  /\. !  `ミ _ /_     ヘニニニニ∨ニニニ;
              ̄ ̄ /   \l/\\   \l `~x,,_∨  >く !  \   /_  \    ヘニニニニトミニノ
              /      \   `~x__   ┬---V. \/ l \   {   \l\    \ニニl   \
              \      ヽ_      _ l     V  /\l     >._ム   ̄`~、 \|   \
               \       〉ニニニニニニニニl    V  ><ハ_,,x<ニニニニニニ、     \ Y\    ヽ
                    \   / \ニニニニニニl___{  \/ }ニニニニニニニニニ/ \       ソ  \  }
                   /\ /   \ニニニニニニニニニニ∨ /\ 、ー‐┐ニニニ/     ̄ ̄ ̄       lヽ/⌒\
                /    \    `ー<ニニニニニニニ∨ ⌒ \  lニニ/                 l     \
                \     、      `~<ニニニニl  ⌒  ヘ l                  └--  _ }
                    \   }          `~<l   }  `~Yl__                    } ̄\
                         \ /               乂/      }     ̄l                  j   \
                   / ∨l                     _/ l_     |                    \     〉
                  〈     l                           ̄ ̄                    \ /

▼どんな子?

 家庭環境の問題から、ひねくれた性格と強かさを身に着けたミスティックアデプトの少女。
 ミスティックとは名ばかりで、実質はほぼアデプトである。

9917 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:46:57 ID:wtACDmVM


       ヽ:、      ヾ、     ,r :,      ':,    ':,     ':         ;           ,.,    ,.:'´   ,.:'
      、.._  ヾ:、     、.._   :.,`´  _ ,.. :.:-r -‐'‐ ─ ト ─:r  ..,_  _r 、             ,.:'    ,.:'
    `:.  ヾ、  ヽ:.     ヾ:., _,.>:.:"´:.: : : : : :i: : :   :.   :;   :; ;    |::::! }__ー  .._     ,. '    ,.:、
     ``::ヾ.、`:、  ゙':.  _,. -‐ :┘:.:.:.:.: : : : : :   ;      Y       ;       l::::|ゞイ     `` ヽ ,:.  ,.、_ ,. -'"
 ...._.,      ヽ:>.:'"´:.:.:.:.:、: : : ':,        ;     :;      :      |_:」           :``fr.::/_ .: .:     __.:
‐‐ヾ:.,_:.、._   ,.:':.: : ':、: : : : : ':, :  ':.   .     ;  :   :   :   ,..,     | |       ,.:'    ;:::' ,.:'.ヽ、_    .;_.;_
     ̄ `:>'´:.:.: : : `:、:.: ,.  :,      :,. ,.   :;, "     :   .:Y    | |     ,.  ,:'    ,:'  ,.:'    .:>.、:     _ ,.
  ‐-;.、ヾ:':.:.: : : :、:    ':,r、 ':,_ ヽ :.  .: .:/i  ;    :    ,..     :  | |    ; Y::    '"   "   ゙   .:ヾ:_,.. '" ,.
    . '´:.: : :   ``:、  ;.、Y ``:.  '.  /∨ j   _ _   ,.ヾ:'´         | |    `.:´  .:      . '        :.、'"´  ,:
   .:':.:.:.: : : : : .,    ヾ::>、 ヾ:.. : ..:>:'´:: ̄::`Y´::K__ ` <::.       .    .:_| |:.      ,.,::    ,. :'         .:::':、  ,:
‐-.:':.:.:.:.:.:.: : : : :``: :r :、.   ー:.:-   .:/:::::::::::::::::,::'::::/:、 >-、 `ヽ::._,.r:  . .::にトrf:Y ,.r'" .:   :r'"   ′.:          ,.:>、;、_:
 ,':.:.:.:...: : : : .     ``ヾ、:..  ` 、::>‐|:::::::::::::/:::/: : :` ー=ニヽ∠_::.   .:_:: ,.:'´ ``r:.   ., ̄ "  ,.:         _,..    '´ ,:'
:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:..: : : : .. 、..__    ‐- .:八_.ハ::::_/:::/: : : : : : : : : : : : : : :` <::::::::\────-.、 .:'"   '"       ; ,:'     .:>-:'
.'ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:..: : : : . .``   ̄  __.. .:人:::::::::/: : : : : : :\: : : : : : : : : :\:::::_,:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r' >、:.: _,.       '"´    ,:':7:'"
}:.:.:.:.:.:.:.::.:.: : : : : : . .    '" :、 _    ̄.:>、>‐、\: : : : : : : : : : : :r‐-<::__/:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ノ:::::::`::< __.:     :.:.:..   '"    ,.
>:.、:.:.:.:.:.:.: : : : : :: __.. .   __ .x〈_  `ヽ__  .::人  \: 、: : : : : \‐- ∨`::<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /\:::::::::::,:'::::::::/}::_,.  __..  -‐ '"´    .  '´
!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: : : : .     ⌒::`ヽ、    ̄`ヾ ヽ__ノ`ヾー ┬ r`:::::∧:::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ノ./::. >┐::::::::/.:  ̄  ::.:      ´
ト-、::::.:.:.:.:.: : : : :i: . .  _,.  '"´  .::j≧=‐--<:´::  :::、,.: 、::ハ:.{:::::::::::::Ⅳ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:' (_r':.:.  ; >-'`:.、`:t ..__   -‐    _,. '"´
   、:.:.: : : : :_._ '"´      '´     ,:' ;      .:'.::::'" .:∧:. ̄ ̄:.:._:.:.:.:.:.:.:./ Y::.:. : :       `::..      ::.:       _. ,:′
   ゙' 、:.:.: : : : : .   _,,             ,:'   ,:   ′  _,..::r∧:.:.:.:.:.:.:ー':.:.:./ r:‐<::. ..__  .:ヾ'   : : :      : :         ̄_.,:'
      ':,:.:.: : : . .   ,.´    /       ,.        '" .::∧:.:.:.:.:.:.:.:.:/γ´::::::::::::``:─.、  < !:..       ,. r:.`:ー      ..: .,
      Y:.:.: : : : .      ,. :'         ,.:'       .'    ,.:'':i>、:.:.:.:.:{Y> .,::::::::::::::::::f::::}::. `゙ ;'."゙  ‐-  ヾ:' ` ..   ..r:r':..
   _,..- '"´`,.:´:.: : .          ,:'"           ,./ .:'     ̄   .:::::>-、::::::i::::ト:、  ′_  ``       __ .:,:'"` 、.._
 '"´    ,. r'´.:-=、:.: : .     ,.    '      ,:     ´       _,.._     ;'".:人::::しノ:``::ー  `  .        ,.:'´::.,、
   _,. 'i"´ ;  ,:'"` ,:.: :_: ,.       イ,:' .:  ,:′   ,:       `     .;    .: ̄::, .,       丶、:.ー ,. _,. '´     :..、
_,.::'"    `ヾ:. '       ゙ ー:.<:.: :      .:",:   ,:′   ;  ,r:. ,.  ;    r:.  `          .:>.;"´.
 ´      .;__,.          "`- Y,..;_     ,:'  ,:       ヾ:     :    :.、  :.  r r:.,_ ,.  '"´    `:丶.、
      __,.:〈_ .:Y         ,. ,.:'`  ``f'"X,:' ,._ :,  ,: : : : : ;     i    _,.ヽ ` '"´   :,       :.   ヾ:...
  :,. ,.:'     ´`ヽ:、   .:   ,:' ,:'′     ,:'   ;'``ミニ=-- - ::r  -‐ .:7  ̄   '"      ゙:.、      `    `
 ,..;:'          `、   _,.: ´,.:'        ;′  rト:. '´,.:  :    .:Y:    _,..j.     _   ,.,    ':.,       .....
´             ヽ ,.:-' ,.:        ,:   ,:'` ,:       :i "´    ':     ``:`   :,    `:,

▼何が出来るの? ①

 カタい。尋常じゃなくカタい。
 装甲は18/18。耐火・耐化学・絶縁防御の防具装備で、4種の対抗拘束具とミスティックアデプトならではの
魔術対抗スキルから、魔法への抵抗力もメイジクラス。

 言ってしまえば、「アストラルが見える/サムライ級の防御力/メイジ級の魔法対抗力」が彼女の武器である。

9918 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:47:29 ID:r1k/HH8m
かなり絶壁だよこれ!!

9924 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:52:13 ID:jiFLD/Ix
・・・ああ、ブロン子さん?(違

9925 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:52:31 ID:r1k/HH8m
ビターン!!と叩きつけられたようにしか見えない



9926 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:53:10 ID:wtACDmVM


                                       .: ::
                    ∧   __             .: ::     γ⌒ヽ
                   ト-‐-、〈:;:x≦圭圭圭ミz、  ,,...-‐ァ     :: ::     〃⌒゙ヽ
               マ:;:;:;:;:;V圭圭圭圭γ⌒ィ''⌒゙ヽ≠‐-...、  ::: :: :.    ,'゙`ハ  .}
                   \;:;:;:珪圭圭圭ミ{  {    }:;:;:;:;:;:;:;:>::: : ::.   ,'ミ,' }! ノ
             r====圭圭圭圭圭ミゝ、_ゝ ____ノ、___彡'"  ::.  ::.  ,'ミ,' ノ/
             ゞ圭㌢´:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`'''==ミ心、     ::: .:::  ,'ミ,' /{
          ゞ、  _.../::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ハ㌢     ::: .::: ,'ミ,'  {{`ゞ、
               ̄ 7:::::::i!:::::::::::::::::::::::::l::::\:::::::::::キ:::::::キ      ::: .:: ,'ミ,'  ゞ、
              i!::::::::i::l:::::::::λ::::::::::ト、/ヾミト、}::::}::::キ    .:':. ::: ,'ミ,'
              {::::{::::l:キ:::-‐l-\::::::l ,ィ孑孖}:::::::j!:::::}:i    : : :: ,'ミ,'
                  ヤλ::マ゙、:::ミ斥ト、`トl  .込タj!::::::i::i!::i!::!   :: ::.:::;'ミ;'
               マ::ゞ::゙トゞム`=' 、    /:::::::i::i!::j!:∧   :: :: ::`:7
               ∧::::}`:::::}:|::ト..__ ー '' //:::::::ト;{::j!;;ノ),   : ::..::::;'
                 /:::::}}:j!j!::::j }::}`ヾ气 ''´ 〃{::::::l 弋ゞ=イ:゙、  :: .;':::;'
              /〈(_ノ'::/j::::リ !::}  }  `v{弋{:::::l___マ:::::\:::. ;':::;'
            /::::::::::::〈 j!::/ ノリ ゙;{  .ノ{;;:ゞ'"´-、ヾ、l.} \::::::\:::;'
           /::::::::/::::::::::/込イ/  ゞ<;;;;;;/ x-‐へ>、>ト! /:゙;:::::::::\
         /:::::::::〃:::::::/`ミ=イ    ヽマ 〃/   ノヽヾ::::λ::::::::::::\
        /:::::::::::::イ:::::::::〈     ,...=‐-}/ .`{ j!./ /./:;:;:;:;ヘ}、:::ゞ、:::::::::::::::\
        〃:::::::::/ /:::::::::::j!゙ト-、 f88=ア  / .l_} },メノ-‐-、:;:;ヘヽ:::ヾ、:::::::::::::::::\
        /::::::::::;イ /::f ̄ `i!::ト、{:::f゙`=〈 /  / /;:`/j__..__}  `ヾ{_::::::ヾ、:::::::::::::::::::\
      /:::::::,イ .〃::::l   {::l 弋ト=-∧   ∧/:;:;/  ゞ{ .廴f'~マノ、`>:::::゙;、:::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::/ //::::::::〉=ミl::{   ` ノ マ___〆}:;:;/    〉    弋._/^ヽ:::::バヽ、::::::::::::::::ヽ
     j!::::://:::::j!::::::::::ヽ  ゞ、  /      { .l;〃⌒トf´  ,..-‐┐┴l、r<):::::::i::\\:::::::::::::ハ
     {::::j!":::::::::i!::::::::::::::{   //~)、)γ)/;l/:;`Tニ〕 .ゝ<ィ┐f⌒}~`! キノ゙ヽ::l\:\ ヽ:::::::::::i
     l::::!://:::::::l::::/::::::::弋∠7 ノ。__ 。ワ l/|:;:;:;:}ゞー''ヽ く o不O { l  ,ィi }:ト、 `、:::\ヽ:::::::l
  /:::::マ{::/:::::::::l:::l::::::::// /`く ( ゙ 〉ノ.i! |:;:;:;ノ =、<_  ヤoハO l l 〈  ゙くリ::::゙ヽマ:::::ハ}:::::::}
 /:::/::::ドj!::::::::λ{r=/:;:;: ̄l ̄ ̄!ミ=/ヾj!// く ゞ=く  マoメ O ! lノ\  }、_:::::}}:::}::::}::::::j!
.{::〈(:::::::::{;;;;r~/ ̄r''´;:;:;:;:;:;|__!/ /:;:;:;〈~ー'´   .ハ  マolX}O{ l:;:\}/`ー-〉=<:ノ::ソ:::::/
 ゞ::ゞ::r┴f`´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ/;:;:;:;:;:;:;:ゞlZ__j⌒) .ト}  {_ヤ }X{ ゙,ヤ;:;:;:;`:ー┘`゙く~>_/
  >=r{  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;x-≠ ζ~マ__ノ⌒ー`''〈 r、}:}O=O } };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)ニニ〈
 〈({(.辷ミ、弋;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/∠~`<.._      ヽ{r,〈 j!={l  lλ;:;:;:;:;:;:;-~<  j}ノ
  `ミ≧<´r<\;:;:;:;:;:;:;ィ=ミ=ィ'⌒ヽ }     ̄         }弋(ノニ弋 .j! ハ <⌒)〉 ヽ〈~マ_ノ
      ゙~ ゞ=f⌒Z_ヽj  マ  〈⌒レ、               / _〃≡=ミヽ、 }~  `ー-‐'"
              ̄   `ー‐´   `:::...、__    __ /戈、===彡イ Y|
                            ̄ ̄  /         }!
                                {          ノ}
                                l`''ー---‐''"´/
                                 `ー-- -‐'"

▼何が出来るの? ②

 武器はバースト射撃可能に改造したライトピストルがメイン。サブでカタナ。
 ただし筋力が低いため、火力が欲しければ炸裂弾入れた反動修正の高いピストルで狭バーストを撃ちまくれば良い。
 カタナは、どちらかというと対アストラル用だ。

 ただし攻撃性能は高いとは言い難く、主力武器のピストルでもダイスは12~13個。
 基本、防御キャラと考えればいい。

 ちなみに、反射増強R3によってイニシアティブ・パスは高く、高いパスを活かして行動の手番を回避に回し、
回避盾となる事も可能。
 また、自分が絶縁・耐火・化学防護・内蔵空気タンクによる防護を固めているため、ヘッタクソな投擲技能による
近接手榴弾自爆ボンバーもそれなりに有効。というか一番火力が高いのがこれ。

9927 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:53:48 ID:lRXJRbb5
非想天から落ちたように見えるわw

9932 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 21:55:36 ID:r1k/HH8m
最終手段「さよなら…天子さん!」



9933 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 21:55:53 ID:wtACDmVM
ああ、でもダイス考えれば銃のほうが強いのかな?w
状況によるか。とりあえず、ガチガチに改造した防具もあるため、火や電気、化学物質への対抗力も高めです。

9937 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:04:04 ID:wtACDmVM


                      -――――--     _
                _ -=ニニニニニニニニニニ=-</ ̄ ̄ ̄\
                  _ -=ニ/   |-=ニニニニニニ=-----\__ /
             ̄ \/    /_  -=ニニニニニニニニニニニ=- _             ̄ \_
        --/      Y _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-         /      \ ヽ
       /  '     _ -=ニニニニニ=-.: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. -==ニニニニ|       人  (    \|
          人  (/-=ニニニ=- :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :. :. :. \-=ニニ/       '///,'\⌒)⌒   \
     __|    /-=ニニニ/:. :. :.:.|:. :. :| : : |:. :. :. :. :. :.|:. : : : : : :|:. :. -=ニ/      /////// \ :. ヽ    |
   / 人  7-=ニニニ/:. :. :. :. : |:. :. :.\:.{:. :. :.|:. :. /:. :. :.|:. :. :|:. :. :.|_/      ////////// ヽ:.:.|    |
  /_ /   7-=ニニ /:. :. :. :. : i: `ト------:. :. :. ー/―:. /:. :. /:. :. :/    ____/////////// : : |   /
     |   '-=ニニ ':. : | : : :{:. :. |:.斗==ミ\:. :. /:.斗=ミ:. イ:. : ,:. :. :. /    \_   \////、: : : :.:|   |
     |  , -=ニニ/:. :. :|:. :. :.\:.{   o   ⌒  o ̄ ノ:./:. :. /     ( ̄ ̄    \'   〉: : :.:|   |
     |  /-=ニニ,:. :. :. :|:. :. :. :. :\´¨¨¨¨¨    , ¨¨¨´ イ:.  ̄:. :|      ( ̄ ̄       ',   i: : : : 、   |
     |/|-==ニニi:. :. :. :|:. ――:. :.ノ            |i: :. :. :. =ミ  /  ̄        i  \: : : \ |
.       ―― :. :. :. :.|:. :. :. :./ :{   | ゝ   __     八:. :.|:. :.):. :.))(_ イ/\      |        ̄ )'
           i:. :. :.:人:. :. :.(:. (:.ノ  \/ ∨ ∨ノ   ,:. :. :. : |<_彡'  ///////\      |        /
           |:. :. :. :. :. 、:. :. :.¨个       ̄   /:. :. :. :. |:. :. :.\ / ̄ \///|:.ヽ   
           |:. :. :\:. :. \:. :. :. :.、 >     イ:. :. :. :. :. : |―\ :. / ̄\ ∨-:. : |    ',  \
  ―――、    |:. :. :. :. 〉――、:. :. :. \\ `¨「―=ミ、:. . :. : : \   /  / ∨':. :. :. |        }ヽ
/:. :./ ̄ヽ:     |:. :. :. :/     \:. :. :. \  ̄\ |\\:. :. :. :. :. :. /  /  / ̄ ̄ 、       i  /: i
:. :. i     V     ':. :. :./         \:. :. :. \_/斗=≠<:i\:. :. :. /  /  /'     |     |__彡: /
:. :. |        / :. :. /        |  〉:. :. :. :.\人:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:=:. :/  /  /:.\ _ |     |―=<
:. :. :. :―――=彡:. :. :. {/     \ 〉〈:i:i:|:. :. :. :. :\|O/|\:i:i:i:i:i/  /  /:. :. :.i//= |     |:. :. :. .:\
、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /        V  \|:. :. :. :. :. : |'//|:i:i:i\ /  /  /:. :. : 人/=, ∧     |:. :. :. :. :. :
   __/:. :. : /          |   |:. :. :. :. :. : |O/|:i:i:i:i:i/  /  / : : /( /=7         |i:. :. :. :. :. i
      /:. :. :. :/               |   /:. :. :. : : : /|'//|:i:i:i /  /  /:. /|==| |=人        从:. :. :. :. /

▼何が出来るの? ③

 戦闘キャラがだいたい得意としているような「知覚」に関してはそこそこ。
 技能で7(9)。イヤホンの聴力補正も合わせれば12個振れる。

 また、エチケットはDP6で「出来ないでもない」程度だが、交渉はDP7(9)でフェイスの真似事程度は可能。
 運動系グループを技能レベル2で取っているが、筋力が低いためだいたい気休め。
 そもそもサムライほど基礎的な身体能力が高くない。
 フィジカル・アデプトとしての彼女の才能は、やはり”硬さ”に特化している。

 なお、有利な特徴「力ある家名」による、比那名居家の名前を出しての多少の権力のゴリ押しも可能。
 あんまりやり過ぎると実父が流石にキレかねないので注意が必要だが、キレない程度の面倒事については
喜々として父の名を―――それもさりげなく―――出して、そっと被害をお裾分けするのを忘れない。

9938 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:04:38 ID:wtACDmVM
ああ、あとデータ検索技能もそれなりか。

9940 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:08:55 ID:wtACDmVM

えぇ~?今なんて~?あ、聞こえなかっ./i .たもう一回~また聞こえ
なかった~大きな声で __,,.. -‐-- ..,,∠__/____ 言って~えぇ~?
「かわい|`ヽ、い」~ ,.....´:::::::::::::::;: -‐::´::::::::::::::::::::::::::::::::`......、?誰が~?
_    |   γ´`/::::::::::;: ....::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`....、.誰がそ
!、  ̄`ヽア´ ̄`γ::::::;:...:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l んなに
 ヽ..,,__l   i ,',...::´:::::::::::::::::::::::_;;::::::;;_::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .かわい
いの~. 弋 ノ/:::::::::::::::::::;: -‐ ´      `ー- 、::::::::::::::::::::::::::::::/.?えぇ~
?あ~た./::::::::::::::::::::/             ヽ;:::::::::::::::::::; ' . ~し~?
あたし . /:::::::::::::::::::::/                \:::::;:ノ の 事 だった
んだ~.,'::::::::::::::::::::::l    /    八 ,          i´ .そうなんだ~え
っと、 . ';:::::::::::::::::::/    l   ,/-‐|'  /| ト、     | あたしが何だっ
け~? ヽ、:::::::::::|    |  |   |/  レ'| `ー|   | え、かわいい~
?.よく分か. `ー|    |.  |, =ミ     |/レ'ヽ∧ノ んないから繋げ
て 言って みて . |    |  l///    ≡=、_ r'、  | .~?え~?あた
しが か わ い い|    !  !  r‐- 、'  ///! `i l  | ~?うっそぉ~自
覚ない~そんな |     i  i  丶  ソ   ノ   !  |ことないと思うけど
なぁ~ で も そ /     ヽ |`ヽ、 _,,..  イ  ノ  | れが 客観的事実
なんだ~.仕. /  _,,.. - 、 `'ヽ、\  ,!ー- i'  i '´ `ヽ、 .方ないか~で
も困っちゃう/  r´     |   i  ,{ }、ノ }  ',     `i.な~何も意識
してないの/   |      |   |ア ||  `ー|   ',     i に~立ってる
だけでか/    !、     |   | ,ノハ`ヽ,ノ|    ',   ノ わいいってや



▼苦手分野は?

 戦闘で言えば、「火力不足」「射程不足」。
 カタナも勿論、ライトピストルも短射程武器である。

 また、マトリックス関係はちょっとデータ検索ができる以外はほぼ無力。
 コムリンクだけ妙に良い品なのが怒りを誘う。

 その他総じて、トラッキング、尾行、パーミングなどの捜査に必要な系統のスキルが無い。
 

9941 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:11:03 ID:r1k/HH8m
メイン盾のてんし

9942 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:12:21 ID:AyW3jjW8
このAAなんだよwwwwww

9943 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:13:34 ID:sliTZ0RT
ナイトな天子www



9944 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:14:25 ID:wtACDmVM


                              .イ
                            /::: { _..-≦フ
                  _...-=======-..  {:::::::/::::::::::/
               _.ィ≦三三三三三三>x::/:::/::::/⌒>,
          |ヽ   .ィ三三三三三三三___≧=───≦.._
    ___/::::ヽ∠夫三三三三三三三三三==-<三三三三三ニヽ
    \:::::::::::\/  /  oヽ三三三三三三チ"´::::::::::::::::ミ:、三三三三ニ}
      \:::::⌒{    γ⌒⌒i三三三ヲ"::::::::::::/:::::::::::\ \三三三ヲ
       `ー‐ヽ   ヽ  ノ三三ヲ"::::::::::::;:::/::::::::::::  ヽ ヾ三ニ/
          |≫ー‐≦三三ニチ"::_:--─:/、:!..........|....:::::::、.. V/
          |〃三三三彡"´:/::´:/:::::/|::/|:::::::::⌒>:::::::|::|:. !
           /三三彡"´::|::::::/::::::::レチ示寸、|::::::!:,イx |::::: !::!:::|
          /彡=r‐"::::::::l:::::゙:.:{:::::::∧ 乂ソ ,:::::/|刈》,イ :::|::::::::.
       /"三三|:::::::::::::::゙.:::|ヽ:!:::::|  ゙ー' /:/ 乂|'::| |:::∧::::::ヽ. _.-.、
       (三三三!:::::::::::::::::}::::|:::}:|::: | """ /'´   /!::|/'´  ヽ::::::::/):)
       \:三三|:..::::::::::::ハ::|:ノハ::|         __  八:゙.   `"´ ´
        ` ー7: ::::::::/::::::Y/:::::::゙.:.、       /、:::::::.、
            /: : :::::::/:::::::ィ:{´l::::::::::、:、` r-...._,.ヘ::::::::、:::::::::、
      ___/:::::::::::::,':::/ハ:.、l::::::::::::、:.、|_\\_゙.::::::、::::...::\
  ィ≦二:::: ..::::::/::, -≦⌒ヽ丶ミ=-':::::::..丶.V  丶、::::::::、::. ::::丶_
 /'  /:..:::::::::/:::::/      ヽ ゙.::::::. ::::::..、{,、__|_゙.::|::::::::..::::::::ヽ:::ミ:、
   .イ:...::::::;ィ´::::::::::|       \ ゙.:::::. ::::::∧ヽ;;;;;;;ヽ ::!! :::::::::::::|::.::゙.::. 丶
  /:/::::::// ..:::::::::::!         >!:::::::::. :::: ::ヽ}ヽ;;;;;;|:::||:::::::::::::::|::: |::::::..:::}
  |::|:::::,' ,' .:::::::::::::::| |          ゙::|...... :: ::::::|;;};;;;;;;;|::,':!::::::::::::: !:::从:::::::::,'
  |::|:::::| { :::::::::::,':::::y         _|:|:::::::::. :: ::::|;;l;;;;;;;,'/.|::::::::::/!::/リ| :::::/
  ヾ\:! l ::::::::::l:::::/       ,r=f::,':'!::::::::::./::::ハ;\/;;;>.!:::::::::///l. |:::::{、、
    、_j! |:::::::::::|::::{      ,ィヽ_ニ/‐|:::::::::/|::/:o:::ト、;;;;;ハ|::::::,'.(:(.ィ ヽ:::!_))
    `゙  ゙.:::::::!:::ハ、    <,イ/::::/ヽ::::::{ ヾ=-'::ト}∨  〉、::{  `゙.   `"´
        ヽ::::|、:::ヽ>-._{ {::::,ィ´   ヽ:::! {)!::o::::ト}   |. \:、  .
         ゙.! \::\::::::| `ヽ(_ゝ    \:、})|:::::::::|-)  } 、  )'  l
         }ノ  \::\{    \    )' )゙.:o::゙.ハ. ∧丶    |

▼性格について

・表層
 礼儀作法は出来るが、どうしようもないお転婆娘
 また、皮肉屋でひねくれ者であり、斜に構えた部分がある

・深層
 理知的で打算的。非常に強かなタイプ。
 ただしアデプトとしての誓約が「友達を見捨てない」である事からも、情はむしろ深い少女。
 問題は、彼女にとって「友達」とまで言える相手はかなり少ないことではあるが。

9945 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:15:36 ID:PNZANiCY
タイガーに続いて、メイン盾2人目だねー

9946 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:15:43 ID:+9xyCxQO
「友達は見捨てない」「友達はいなかった」でノーリスクで強化できるのか・・・w

9947 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:15:55 ID:r1k/HH8m
男爵スレの宿命「東方キャラは情が深い」

9949 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:17:36 ID:r1k/HH8m
ツンデレクーデレどっちになるか



9951 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:20:18 ID:wtACDmVM


              /j           _____    /   | _,,.-‐''"   /
          / ハ      ,.r<三三三三>、.! /´/´      /
             l !  >.7ー<三三三三三三三三ヽ./  /   r<
             | γ /    ヽミ三三三三三三三∧〃   /   >
         -┴‐{  i      / ヽ Y三三三三三三三ー<_x<
       / ⌒ヾ人      从.   ノ≧三三三三三三三三三三三>
     // ̄ ̄ >ゝ─‐<三≧">== f"´  ̄ ̄ ̄ `ヽミ厂´
             <三三>──‐<  / / /     l    ヾ、
                / / /   イ / / イ     /      i
             / / /  / !/lX! / l !     /   ,イ    |
     _    / / /   / イてぅ、リ、从   イ|   //     !
    Y _ `ヽ. / / / / /!. V辷リ    )/斗リ人//     ′
    弋ン)⌒>r vムニイ /.! ! ,,,,`¨      ィてぅミ、/ '    / /
      ̄r < l  辷ー<  | l      ,  ヾ ンツ'  / / /
     / 〉 V       }  i人   ヽ  _,    ''''∠_ノソイ /
    ///ヽ       r'  从 l\        イ  |!   イ !イ
. /// /\    /!  | | \ >-‐ T_´ │ ||   |│l
〃 // /   l    │|  | |   〉、    ソ、.  | / !   ヾ、ヽ   
 / /     /!    トi!   ! l 、 |─辷そ_>!、_ |    \\  ヽ、
  /    / l     l |!. / / ∧ !::::::::):::}:::::::::::::::::l l       \\ノ )
/     /   l    | ∨ /  l l |:::/|⌒ト、:::::::::::{∧       \ <
     /   _,.'      l ∨  | /∧::::::|三ト、\::::::ト、 \\       `ー─-  .
     〈  〃'     l!、 〉   リ∧ !:::∧ミ∧ヽ::: ̄ヽY  \\\     \⌒ヽ   `ヽ
      ヽ {l.,'      │∨   /  !|:/ 〈|三ミ〉 ',:::::::::::\  \\\    \__!|`ヽ  丶
   //  {!l      l /   /  //:| 〈 !三ミ!〉 l::::::r┬ '    \\\      ヽ \ ',
   //   ヾ      /"/  /  /イ::::| 〈!三:/〉 |/ l   /  \_\       \ 〉 !
  //    ∧   .〃/  / ノイ!ヽj 〈!三.| 〉    l〉‐<    / \ `ヾ 、     ∨/
  //    /  ー‐'  /  /   ノ'   〈l三:| 〉    |  \_/    \ 〉 ト、    l'
. //    ∧     イ  /        〈 |三ミ|.〉   |     \     Y   !  ヽ  /
/       ! ヽ     ! .∧        )!三ミ!〉   |       /´     /ノイ     )イ


▼制作意図など

 マキナさんとこの企画での、所謂「邪ンヌイベにおけるテケテケ」ポジション。
 別にカサカサ動き回りながらカルマさんに抱きつくわけではない。「一人くらいは同性の友人」という意味である。

 企画のメインキャラであるカルマとは共通項や対比点が多く、

「血は繋がっているが/愛を受けずに育ち/発現した能力によって父から掌を返された」 のが天子
「血は繋がっていないが/愛を受けて育ち/発現した能力によって世界から掌を返された」 のがカルマ

 発現した能力というのが魔力覚醒かSURGE発症かという違いがあるが、共通点や対比点が多い為、天子にとって
カルマは『同族嫌悪と連帯感と優越感と劣等感とが入り交じる』という凄まじく複雑な、しかしとんでもなく気になる
対象になるはずである。

9952 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:22:42 ID:wtACDmVM


                               ト、
                          ___{ \
                    ,.x≦乏圭圭圭ヘ\ ヽ
            __    ィ幺圭圭圭圭圭圭≧zx、}゙ヽへ
           ゝ    `ヽ、/圭圭圭圭≫==≪圭圭会x) ヽ-―--
            >こ_ィ幺ミ圭≫'":::::::::::::::::::::\``''≪圭心ノ -―   >
          <__-‐-7圭ミ㌢::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::ヽ:::::::::寸圭Yー--‐'''"
              ̄7圭㌢::::i::/::::{:::::::::::::i:::::i:::::}::::::}::::::::::::V圭トこ__>
              {圭/::/:::{/::::人::::::::::::i:::::ト:::l;;::イ:::::::i:::::iミシ
              弋/:::::::::::{:::::ト::{\::::::lヽノイlzxハ::::::j:::ハ}"
                {:::{::::l:::::::トl ,>=ミYト{`゙ /r':i::) 》::ノ/::人
                ヽ乂ト::::::-《 r':i::)  ,   `''" ノ:::(:::::::::\
                _/::::::::弋-\`" r== ヽ  {::{:::::ヽ::\::::::\
             / /::/::::::::ハ:::::::)   { '"⌒`}  >~⌒ く:::ヽ:::::::::`ヽ、
           // /:::::/::::::::::i::::{:::::メ、_ 乂_ ノ /     \:::::::::\::::::\
           {:{/:::::::::/::/:{:::::{/乂:(_:::::T::iー ''" //ィ彡ミx、Y ヽ::::::::::\:::::ヽ
           V:/::::::::i:/::人:::∨:::::::::::>ヘ/  /  {/    ヽノ  }:::::::::::::i:\:::}
              {イ:::::::::://::/:::>'" ̄7 /ヘ  { >ニヽ ~{  ノ::::::::::::::}::::::\
              /i:{::::::::::{:{:::{/_ i 「 i/ {  ヽ/V    ヽ  ヽ/::::::ハ:::::::j:::::::::::::\
          /:::i::\::::::::「 ̄  Уi イ_/|_i  ノ /     }--、 }::::::::/ }::::::ノ:::::i::::::::::::ヽ
          {:::::i::::::::`ト:乂  / 「/:::0:::/フ`" /{    ノ   ヽL::ノ j::::/:::::::j::::::::ヽ::::}
         λ::::゙、:::::::〈,ニ、 / (_/::::::::/フ  ノ -ゝ  /!   /  }  j::/:::/:::;:::::::::::ハ:::}
          `:::::::\/  V ( !:::0:::L} /    `Y i   /   ~〉/:::/:::/::::::/ }ノ
           \/   /i 〔i:::::::斗 '"         λ ノ  / / /:::/ノ/   ノ
             /  ⌒`く  ! 斗::/    ノー--弋ー-弌__〈__ノ _ ̄ '"
            \     ヽノ 〈{:::0乂_ /     \_-‐ ''" ̄    ̄ヽ
               \  〈   弋>''" ̄二ニー\__ ノ_         j
               \ ヽ/彡   ̄      /l\_> ー--   /
                //          /  l/   〉\      /
              r-‐>'" /              j\ /;:;:;:;:ヽ     /
             へ/                  o  ノ:;:;:へ;:;:;:;:;:;∨  <
          / /              γ⌒ヽ   //  >;:;:ー┴--ミ}  
        >/人__)         (     ノ /:;\ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄>、
        / /             ⌒) o    /:;/ ヽ:;;:;:;:;:;:;:;:;:;斗-――--ミ\
      >く/ (⌒   }        (__   /:;<  /;:;:;><  ,ィ  r┐ λ `⌒ー、
     { {γ⌒o  ∨    _      /―― />イ{  r^~ヘ  ̄ヽ  ̄  ⌒ー^乂ノ⌒ヽ
     i /弋    /    (( o   >'":;L___l/  ノ~'"    V  \    _ └-L⌒)
    /i ̄`ト、 ((      `ー>"l ̄ ̄l:;:;:;:;:;:/ /ー┘        V `、       ̄ ̄ ( <
   /:;:;:;ヽ  ∨ミ_~ノ  斗ヒ ―┼ ―┘;:;/  _)          ∨ \  \   `ー-Y ζ
  /;:;:;>'" ̄ \   X ̄ ̄ヽL___|;:;:;:;>'"l ) ̄ \            ∨  \    i  (  )
__/イ      イ \/T\ /ー―┬ T ̄ヽノ~'"  l  \          ∨ \     、j ヽ 厂
(_ ノ廴-‐ ''" └~^廴r、_ノ廴_/^廴ノ ̄/  ヽ   l l  \        ∨ \ j_γ r、シ
 (  ヽ   / / l  //|        / ヽ  l  l l ゙、  \         ヽ⌒ ( r~ ̄
   ̄└---L ハ  l /  l        / {   l  l l  \ ヽ       ∨~

▼ちなみにキャラ付け

衣:【2D50:51(48+3)】 食:【2D50:69(35+34)】 住:【2D50:40(11+29)】 酒:【2D50:59(24+35)】 色:【2D50:61(36+25)】

カルマさん、伴侶を探して日本に来てますが天子自身の恋愛への興味:【1D100:93】

9953 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:23:46 ID:MRH2ykPQ
できた女の子だ!

9954 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:23:49 ID:H2PdMuSg
ほぼフラットで恋愛脳・・・

9959 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:24:50 ID:Znxy5v9g
あれだ、恋に恋する少女っぽいw

9961 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:25:08 ID:r1k/HH8m
恋愛に興味あっけど親の反面教師があるから奥手になるパティーン?



9962 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:25:08 ID:wtACDmVM


       |三三三三三三三三三三三;\      ,イ´!
       |三三三三三三三三三三三三ヽ   ,,/ / l
       |玉三三三三三三三三三三三ミヽ / /  /
       |‐-..ミ玉玉三三三三三三三三三ミi!゙  / _,,,⊥ -一7
       |:::::::::::::::::`ヾミ玉三三三三三三三ミ!_, ィ'"   ,  '" /
       |::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ玉三三三゙玉ミl  , ィ ''´   /
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ玉三三ミヽ,_ _,, ィ '´
       |:::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::`ヾミ玉三ミヾ
       |/::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::ヾ込三ミヽ
       |l`ヽ::/::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::;:::::::::::゙!`ヾミ三ヽ
       |i!:::::/!:::::::::::::::::-ー-::/:::::::/:::::::::l:::::::::::::l王王ヾミ゙、
       |ミi::/ ';:::::::::::::::::::::::::;イ:::`メ;::::::::::j::::::::::::ノ王王王ヾ,ヽ
       |ノ`  ヤ:::::___;ノノ:::::ノ:::`:::::::/:::;;;;;∠王王王玉少
       |    ヾノ/7:::え`ヾミ゙/::::::;;/:::(::l!゙  ̄,,ィ ̄ ̄´
       |     /つ::://  〃7"゙';::::::::::::`ー-‐'::/
       |      l八::://  / /::::::::lヽ;::::::::::::::;/
       |     ヽ=~イ ノ /:::::::::::l!:::i`ー:ii'"
       |        ヽヽヽ /:::::::::::::l!::::!::::::i!
       |´`>      ,ノ':::::::::::::::l!:::::';:::::゙i,   ∥ ``
       |>ァ---ッ‐≠彡"/:::::::::::::::l!:::::::';:::::゙i,   《__,ィ ー‐ ・・・
       |:./-‐''´ヽ、   j!:::::::::::::::::l!:::::::::::::::::゙i,   ̄
       |/ヾ:.:.:.:,/、_,  i!:::::::::::::::::l!:::::::::::::::::::ヾ
       |゙、:.:.:.:.;' /   i!::::::::::::::::::k::::::::::::::::::::::ヾ
       |:::lヽ;ノ,'´    i!::::::::::::::::::::k::::::::::::::::::::::::ヾ

▼総論

・料理は『そこそこ上手』。自動調理器を使わない手料理を時々嗜んでいそう。
・片付けは少し苦手だが、悲観するほどではない。平均の範疇。

・問題はこの恋愛への興味である。恋に恋するお年頃か。
・カルマさんの伴侶を探して日本へ云々を聞いたら、鼻息荒く興味津々で食いつきそうだ。

9963 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:26:24 ID:v05paJPw
あらやだ乙女

9964 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:26:24 ID:7zSDuOFJ
親父が金しか出してくれなかったから基本的なことはなんでもできる感

9965 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:26:33 ID:ZsTxJKk7
黄金の鉄の塊でできた恋愛脳か・・・



9966 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:26:53 ID:wtACDmVM


      (   /-=ニニニニニニニニニ八   /       \\
    ----――――……………‐-  ,,_ ニ\  {          Yハ
≦ニ=- -======ァ''" ̄ ̄ ̄ ¨¨¨  -=ニニニニニ=- 、         i-=ミ/)
/ニニニニニ/:./:. :. /:. :. :.:|:. : : \:. :. :. :. :.  -=ニニニ=- _         ∨(_
ニニニニニ ':. :./:. :. /:. :. :. :.|:. :. :. :. \:. :. :. ヽ:. :. :. :. -=ニニニ=-<     i <
ニニニニニ/:. :.:':. :. :., i:.:.i:. :.:|:. :. :. :.:.―\―‐=ミ: : : : |:. :. :. :.:-=ニニ=- _ ノ   )
ニニニニ,/:. :. :i:. :. :.i |:.:.|:. :.:|:. :. :. : : i    :. :. :. :.i\:.:| : |:. :. |:. :. :. i ニニ=- -=彡
ニニニニ/:. :. :. |:. :. :.| |:.:.| :. j|:. :. :. : : |   }:. :. :. :.|:. :. :| : |:. :. |:. :. :. |:iニ=-=ニ=-
. \ニ=/:. :. :. : |:. :. :ィ⌒ |:.:.八:. :. :. :.:.|,ィf斧㌍ミk |:. :. :| : |:. :. |:. :. :. |:|ニニニ=-=ニ\
.  \ ':. /:. :. :.|:. :. :.l Ⅵ从  、:. :. :. |  rヘ j刈 》 : : : | : |:. :. |:. :. :. |:|ニニニニニニニ_
    |:/ |:. :. :.|:. :. :. vx≠ミ  \:. :.|  乂 zソ  |:. :. | : |:. :. |:. :. :. | :. ニニニニニニニi
    |  |:. :. :.|:.\:. :.《  ):ハ   \|   _  ,ノ |:. :. | : |:. :. |:. :. :. |:. :. ニニニニニ=-
      j|:. :. :.|:. :. : 圦 乂:リ        //// |:./:. :. :|:. :. |:. :. :. |:.:. :.---- ‐  '' "
.       八:. :. :. :. :. :. :. 、  ノ   ,:            j/ , : : :|:. :. |:. :. :. |:. :. :.
          、:. :. |、:. :. : :V//              /:. :. :|:. :. |:. :. :. | :. :. :.
        \ | |:. |:.八    ~  ~    / :. :. :.|_:. :.|:. :. :. |:. :. :. :.
             ヽ |:. |:. :个          /   : : : | i:. :|:. :. :. | :. :. :. :.
              |:. |:. :.:|:. |:. ≧   ,, __  イ    |:. :. :.|__\_,,  ―― 、:. :.
              |:. |:. :.:|:. |/≧=- 「  i,/| ハ _ |:. :. :.|          :. :.
              |:. |:. :.:|:. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉--/:i:i:i:i:i:i|:. :. :.l/        i.:. :.
              |:. |:. :.:| /:i:i:i:i:i\/:i:i:i|:/:i:i:i:i:i:i|:. /             |:. :. :.
           斗‐|:. :.:|':i:i:i:i:i:i斗:i:i:i)ヽ:(:i:i:i:i:i:i:i:i/  /          |:.:. :. :.
     _,,        |:. |:. :.:|>:'":i:i:i:i:i:i/:| ∧ゝ:i:i:i/  /          |\:. :.:\
  r'"       , |:. |,,<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:∧  '  /     ――――  |:.:/\:. :. :.
  |        /  乂:i:i:i:i:i:i:i:/:/:i:i:i:i:i:i:i:iV  __/    ___ ∨:. :.:.ヽ:.:. :.
   〉      /  '⌒ヽ >:i:i/:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i |     _ -=ニ        |:. :.:|:. |:.:. :.i
  /:. :. 、    '     )  7 ~=≦⌒>_:人    __            |:. :.:|:. |:.:. :.|
. /:. :. :.√ ミ 、 |     (_ /ニニニ/_(    Y≦ニニニニ≧ _     ,ノ:. :. |:. |:.:. :.|
/:. /=OO=ミ/    ノ⌒7ニニニ/ ̄Ω   / r≦ ̄○=○==ミ 「 ̄:「 |:. :. :. |:. |:.:. :.|

▼だいたいこんなところで

▼企画投入。活かすも殺すも好きにしろォ!!

9970 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/03(火) 22:41:05 ID:wtACDmVM
旦那から言われた

▼男爵の良いところ
・敵と睨み合いしている時に素早く陣地転換して、1方向からではなく2方向から敵を睨めるようにして、格上車両3両を
2両でどうにか押さえ込める状況を作った事

▼男爵の悪いところ
・我々が2両でTopTier3両を抑えている間に大勢が決したら、「ごめん」の一言で俺のKV85見捨てて自走狩りに行った事
 

9972 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:42:16 ID:oQURHBmw
ああ、それ
旦那さんはキレても許されるわ

9978 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:46:54 ID:7a8rxZK4
個人戦主義なのかな?大勢に関わらない戦場にはあまり興味がないとか

9980 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 22:47:14 ID:LJzX3o01
逆に男爵→旦那という風に講評するとどんなんになるか気になるなw

10000 :梱包済みのやる夫:2017/01/03(火) 23:00:03 ID:H3GqP1O/
>>10000なら今年も神風








1 :梱包済みのやる夫:2016/12/28(水) 06:15:37 ID:dAdrE9mA



|-| ・▽・|-|
ヽ|□ □|ノ ガシャーン      「ミストさんは異世界召喚チーレム以下略」
 | __|    ガシャーン     
  | |             

2 :梱包済みのやる夫:2016/12/28(水) 12:45:48 ID:KFAss469
立て乙です。



135 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/04(水) 00:28:22 ID:rjlaalb8
ちなみに今日はダラダラ~っとして、投下は明日からにします

142 : ◆o2mcPg4qxU :2017/01/04(水) 00:40:32 ID:rjlaalb8
うーし 寝る!

おやすみなさい!!
関連記事
| 影走中シリーズ【シャドウラン】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する