おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/09/30(金)
3526 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:11:14.62 ID:DLQ1UG1o







                     _  ヽ、、、ヽ、 | 、 ,
                 、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
                 、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                 ‐=ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく.=!
              -.、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从.レ
              ≦洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代
                刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{.
                イ洲r=i{|        _ 冫    }.
                    }从{ V|i 、_       ′   .'
                    从 {_ し`     .ィこ>   ,'l
                  ゙.}ト、_         `二   /.'′
                       从汽     ,ィi斥仆v .′
                       ...洲 ` ー‐- {i」从」シ{./_
                 /=/=! 、        _  /゙.ニ≧ 、
                   /ニ/=={! \          .,' ',ニニ` 、
              _,, .‐≦/ニ7ニニ',、 ` 、     /   l゙,ニニニニ\-、、.,,___
      _,,. -‐≦ニニニ/二ニニニl゙、   ` 、 : /ヘ   ! ゙.=ニニニニ\ニニニ゙、
.   /¨´ニニニニニニ/二ニニニニド、   /:、_∨イ:ム | |':、ニニニ>''´ニニ=lニ'、
   仁ニマニニニニニ7ニニニニニニl、 ゙、   ト、:/{:}、:.< '、l !=:゙、ニ/´ニ、ニニニ=} |ニ、
  仁ニニマニニニ}ニニ ̄ ̄`ヾ、ニニ,ニ|i\\,{ /':{⌒:ヾ`ヾ lニ',:',./=ニニヾ、ニ=l=lニ=ヽ
  ,仁ニニマニニニ!ニニニニニニ>'ニ=l:!ニ\ /':.:.|  }、:.:.:.:.\=',::マ`>、ニ゙、ニニ{=},ニニヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


          正直、まんま打ち切りエンドっぽくなったのでもっと賛否両論があると思いましたが
          思いの外、受け入れられているようでよかったです。
          ……因みに、のエンドは巻き云々は関係なく、黒幕の情報が全く開示されてないと
          長期プロットでもありえたエンドです。ゲームで言うノーマルエンドですね。


          一通り質問などを見させてもらいました。
          返しやすい順に返答を書いたのですが、質問返しを書いてたのが七時です。
          全部書き溜めが終わったのはたった今です。質問多いですね。うん。

          ともあれ遅くなりましたが質問返しをさせて貰います。



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3527 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:11:34.92 ID:DLQ1UG1o






                  , -ァ
                ,. '"/                  \人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人/
              /: : ,'                      ≫                                    ≪
                '、: : : '、                    ≪   ダイス、知能、情報収集云々は関係ないです!   ≫
              `ゝ_;.≧/"''ー--◎‐-◎、        .≫                                    ≪
             ,. ''": : : /: : : : : : i      i、   ..../Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.\
              /: : : : : : /: : : : : : : 弋二二ソ: :ヽ
          , ': :/: : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : :i : :ヘ
.          /: : /: : : :iュ.;_人: :、: : : : :i.,: -'': : i: :| : : :|
       ,.,__,': : ,': : : : :i|、_,,`''ゝ:,㌧;_;弋.;ヽ: : : :|i |: : ,..!-彡`"‐,
     /i r i: : |: :i: : : :,ィ匕心   ,ィ刃ュヘ: : ノソ: : ゝ-ヒ⊆ノ _,}- ,,
      /i,|.レr"ソ、|,>,|、: /弋;;彡'   弋彡' |ィ'-‐'''‐-'ァ"ミ''^‐-,ム`ュヽ
    `"~‐Y/ / /: :,' w   .,___,.、w   !====;i   `' - .,_ `"、 |
.       / ./ /: : : '、    i-‐  ‐-|   |====;|   、    `>"
       | i /: : : :/` .,_ '、    ノ,. イ"ァ:':""'i,フ ,...>ー弋"
       L_|イ: : : : /ー- ...,j ̄77'''ア㌧ノ /i| : :_;ィつイ: : /⌒):`、
        レ'|: : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\|,へi,|・∧・/,j ゝィ_";,;,;>" ,.ノ- 、:ヽ
         ゝ、;|:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'"i '7:::|V ヘ_,,.|:.:.:.:.:.:` ''"ヽ; : : ): :',
          |  ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {:::{    j `'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ: :/:| : :i
          `、/ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ri" }:::}    ‐"'>ュ.:.:‐=彡'フ: :ノソ :|
             V ヽ:.:.r;:;"ヾ;;シ巛    _,. '"ノ''i二"'':;7: ;イ-i リ
               ,ィァ、;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ二ニ"-‐'";:;:;j;:;:;:;:;:;//:;/ {
             とγ ㍉、:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i ア
             'ャ,i   r'弌、:;:;:;:;:;:;/ア"'テ 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| }
              |  ,i''"´弋ュニア''"|  `iャ`、:;_;:;:;:;:;:;:;:;_,,.ュシ
               |""i          |  | `ゞ-I、_;;: ュエメ
                | /           |"'"|    `"´
                し'           |  |
                         し'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3488 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:03:45.13 ID:nCfxtx2Q
・プロット変更の理由は?

3490 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:05:42.07 ID:ONcR84Fc
完結乙です
質問なんですけどここまでの巻き展開になった原因は何なんですか?

3505 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 12:21:47.47 ID:Om1zsKbB
乙ー!
・巻に入った理由ってもしかして情報収集が皆無で第三者だったことが原因?


            理由は2つほどあります。
            1つは早苗の異常なヘイト、もう一つはリアル事情です。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3528 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:12:22.91 ID:DLQ1UG1o





            /\        /     /   /l  ハ  i、         l
          /   `ー―''''''"7 /   ,ィォ==ュ、 /:::::l l ゙、  i ヽ        l
   ヾー――'"          ∥'  ../ 〃   ゙ヾ:::::::ヽ|:::ヽ l:::::ャ______     i
    ゙i               ∥ /iシ 《     》:::::::::::::::::::ヾ:::〃゙゙゙゙゙゙゙ヾ、   l
    i          .進   ...∥" //  ヾェェェ彡::::::::::::::::::::::::::《      》  i
    li  .....出   ....行   ....|| //    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ     ∥  ノ /
     |  ....し     の     || / l       /゙ミ≡=-、___:::::::::゙==彡i  /
     |  ..た     .為  .......||  l       /""  ̄`'''ヽ-.|       レ'゙
     |  ..ら      に    ll  l      /         ヾ:|        i
     |  ..出   ....出     ||  l      /            |        l
     |  ..し     し    .||  ゙i.     /          |        i
     |  ..た     .た     ||  iヽ  /          |        f、
      |.   で     .い     ||  ハ::ヽ/              |        i、::::---
     |  ..荒   ....け    ||  l ヾ:::゙ヽ、_           |         l `ヾ==
      |i   れ    ど      .||ヽ .l ヾ::::::::\ ゙ー- __    |        l
     ∥  て              || ヾ  ヾ:::::::::バー 、  ̄ー┘      l
    ∥   し           ll     ┃ ヾゞ ヾ:::::::`ー-r--------イ゙
    ∥   ま              ゙i  ━╋━┓   `'-/" / i  ヽ_,-i ゙'i:::ヽ、_______
     ∥  ..う            ゙i    ┃  ┃    r/ ./ lO/fヽ、シ`ー::::::::::::::
     ∥  ..!            ゙i   ┃  ┃  f"|::゙ヽ/  ゙"/:::l::::li/ _____,---‐‐
    /                  ゙i          l ヾ、_/   l::::l::;;;""____,----‐‐
   L、                 \  ┃┃┃ 」   l    l:::::l:(イ''"i     i __
     \       , ェイ"" ̄ ̄ ̄ ̄     ┛|   l    l:::::l:::::i i, ---‐‐"
       \    /                  /    i    l::::l:::::>"_,,,---‐‐"7
        \  /                 /     i    l::::l::::゙、___o)~~  /
          ゙"                /      l    l:::::i::::::i ゙ ゙\  l
                          f       / ゙i   ゙i:::::i::::::゙l   `ー゙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


          1つ目の早苗のヘイト、これが巻き展開にせざるを得なかった最大の理由です。
          >>1も早苗のヘイトがここまで来るとは思ってなかったのです。
          実は通常プロットでは、彼女は常に物語の渦中にいます。彼女がいると話の方向性が出来るので。
          >>1も普通に彼女を起用して、話を進展させるつもりでしたが問題はヘイトです。

          正直、彼女が出るだけでスレが荒れます。登場と同時に早苗への罵倒です。
          なんとか修正したくても、正直彼女のヘイトは修正しきれません。
          と言うのも一度嫌いになったキャラを、いい奴ムーブなど対策をすると更に荒れるからです。
          『>>1が無理やり早苗の見せ場を作ってる!』『早苗出しゃばりすぎ。』『キャラ変わった?』
          ……等のレスが出てくるのが目に見えています。結果更に荒れるでしょう。

          悪い奴がいい奴になるより、読者が嫌いになった奴をいい奴にするのは相当難しいのです。
          皆さんも身近にいる嫌いな人が急にいい人などになったら思うところはあるでしょう、それと同じです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3529 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:13:05.69 ID:DLQ1UG1o







::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::: : : : _,,,.. -─- 、.,_
::::::::::::::::::::::::::: :,. '"´         ` 、
::::::::::::::::::: : :/   ,. -       r'oヽ_  ヽ
:::::::::::::::: : :/   /          `ヽ o )  ',.
:::::::::::::: : :,  ./  ,|   ,         Y´ヽ i
:::::::::::: : :/   |  /|.  /|  ハ   ,|  | |   i
::::::::::: :: |   ,ハ /:::! /::|  /::|  /::!  / .!   !
::::: : : :.八  // )::::レ'::::::|/:::::|/::::!/  |   |
:::: : : :  ∨/ //):::::::::,:::::::::::::::::::::| ̄`ヽ.|   |
: : : :   __! '´ /    ___  ι/  ̄ `Y  八
      /::::|   .!>.、 `  ノ  ,イ ̄ `Y、_   \
    .|:::::;!  ,イ' ̄||>ー‐rァ/| ̄`ヽ)  /ヽ、 ヽ.
     ,|::::::ト-く|::|.  | ヽ、__/  ,|   /|. /::/、ハ  ノ
   / |::::::|   !::|  .!・ /:::;ハ ・/ | ./ ハ.'::/ ヽべ
  /  '、::::'、 |:::|  レ'|::::::| ∨ (。。//::/、/::::/\
. /     \::ヽ::::|.   /::ア"    レイ/::/ /::::/    '、
..|/       \__:|  |:/         !::/| |:::/ _    \
..|         /|  |:|        八/ レ',. -─ `ヽ   ハ
/|       / .ト  ,|:ト     _,. イ / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


         そして、>>1は彼女の行動で何とかして貰おうと思いました。
         『よし、率先して行動に出て貰って役に立って貰うか。』的な感じで、
         まあ早苗自身のスキルは優秀です。前に立って物語の進行役をして貰いました。
         彼女が彼女なりに働いてくれれば、まあ読者さんたちも分かってくれるだろうと。

         しかし、思惑は外れました。
         『ダイス振れ。不公平だ。』『別にシカトでよくね?』、『ゲンソウ王の思惑通りに動きたくない。』
         ……等、>>1の予想をはるかに超えて、彼女のヘイトが溜っていたそうです。
         もう彼女が発言するだけで、とりあえず反対する空気がスレ内で生まれてしまいました。
         そう、どんなに有効な手でも作戦でもです。とりあえず早苗のいう事は聞きたくないって感じです。

         こうなってしまっては、彼女はもう『出て来て喋るだけで、皆から疎まウーマン』です。
         出てくるだけで荒れてしまうキャラ、もうまともに起用など出来ません。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3531 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:13:41.53 ID:DLQ1UG1o






        .「L.、00    __n_        「L.、00    __n_
       //二     7,仁l己    .//二     7,仁l己   に二二l
      .└─┘    〈ハ⊆广   .└─┘    〈ハ⊆广


                                             , ―--------―-、
                              /二二二二二二二`ヽ三二三二三二7 }
            >::´/___              { {{{ 三二 || 二三二 .{{ { 三二三二三./ //
          /:::::::´:::::::::::_∠                 `(二三二{{三二三二{{、二二二二二彡//
.      /:::::::::::::::::::::::::::::´\               j{jj             j{jj.二ニ==‐‐f¨''冂 '
    .../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    /⌒7                 | |      :| :| | |
   .∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧    t-r'                     | |      :| :| | |
   ..≦-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     、ヽ                     | |      :| :| | |
    .\:::::\:::::::\;;;;;_ヽゝテ´ ̄    .} }                | |      :| :| | |
.     ..lヽ::ゝ≧!ー{ ≦-'}:|ノノi        .//       _         _|_L  ‐=ニ二| :| | |
      .Y::}.フ´j `ヾ ̄ !゙゙゙;|、.'´ ̄`ヽ彡..二二二二∠ -‐=`‐=ニ二 ̄        _\Ll |
      .j-、:! ,、  ,、 }_ソ ./        \     l二ニ=-           -―-<__} |
.        ゝ´ ̄ ̄// X⊃.二二二二二二二二二二二二二二二>''<二ニ=-、ヽ   | |
.            | ̄ ̄   〃 }}       ノ    { |_          ///\\  //Vハ__ノノ
.            |            ,.. 1       { { {^ァ ァ=r:、__   ///二ニ\∨/ .}} }`´
.            ` 7 7t‐t―‐‐''' "´/ ハ `ーr:.:.、 { {∧/  | | \}.「{ { {二ニニ(_(⌒)ニ}} }
              / / \\     / / `ーヘ : } .、\\  | | ,:'./ { { {   `/ ハハ  ,', ,
           _r‐〈_/    Y:^i r‐'^:ァ        ´  ≧=- `二彡'’ V.∧  / / V∨,'/
          ゙ー―'     Vノ `ー''                      \、ヽ、/   .y∨
                                          ≧- `二.彡'’

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


         そしてこのヘイトヤバイなと思い、即興故の判断で急遽彼女は退場して貰いました。
         (クラウスさんが回収しに来たけど、実はあれ無理矢理突入させました。自然を装ってです。)
         (安価で退場云々あったけど、あの空気で退場以外にないと思います。そういう風にしましたし。)

         んでプロットを変更しようにも、通常予定していた彼女の代役はいません。
         プロットが崩壊したなら如何にかなりますが、物語のパーツがないのです。
         ……と、なると彼女を無理矢理起用するしかないのですが、起用すると荒れます。
         それも一度や二度じゃない、何度も出て何度も荒れます。恐らく雪だるま式で。

         ……と、なったら彼女が出てくるのを最小限にするプロットに変更です。
         結果巻きプロットとなりました。まあこれが要因その一です。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3532 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:14:27.55 ID:cza84Mf1
主人公以外が状況を動かすと嫌う人が多いんだね…

3534 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:15:17.81 ID:jkMuz9Bg
早苗好きだったんだけどな
なんか異様にヘイトが高い人いたよね

3538 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:16:14.28 ID:HXnnMM6k
トップス並みに理不尽だったら許せた



3540 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:18:50.11 ID:DLQ1UG1o







                        、..‐……‐ x
                         ///////////\
                      ///////////////ミ
                         7//////////////≧
                    x< ,レ//∨∨ヾ/∧ハ//ミ >x
                    x<´:.:.:.:.:iイ// __   __ ∨∧:.:.:.:.`>x
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|il{l Y__rェァ} {rェァ__ ,l^!il|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |l∧.|:::::::::::i⌒i::::::::::|'lイlili!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:|lili| キヽ ̄l  .: ̄ 〃 !lili|:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:∧
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.: |lili| ゝ , ;r三ュ ; ,.ィ' |lili|:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
            /:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:|:.:.: |lili|   \,,;;;;,,/   !lili|:.:.:.l:.:.: /:.:.:.:.:.:.:∧
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. Ⅵ:.:.: !lili!   、`芥´     |lili|:.:.:.l:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
            .:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ン:.:.:.:|lilハ   ミ |:::| .彡   |lili|:.:.:.∨:.:./゙.:.:.:.:.:.:∧
          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨{:.:.:.:.: 〉ilil}    xfニハ、   |ilil|:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.Ⅵ:.:.:.:/lililリ─<_ 0 _>ュ、jlilil!:.:.:./ ̄ ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:.i
          |:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄` ー =/ ⊂ニ'_  `ニ⊃ ヾ二y'        \:.:.:.:.|
          |:.:ノ____        :: ⊂ニニ  `ニニ⊃ ::       .ィ::\:.|
             `ー‐一''"´ ー─…へ  ニニ" f三三‐ ノ_... …<:____シ
                          ̄ ̄´ ̄` ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


           もう一つはリアル事情です。仕事が単純に忙しいです。
           んで帰ってきたらクタクタで、脳の回転は遅めになってます。

           ついでに言うと、毎日毎回投下前にモンスターエナジー飲むのが日課になってました。
           多い時には3本ですね。今も横にモンスターがいるし。
           ともあれ、こんな感じの理由ですね。まあリアル事情はおまけ程度ですが。

           巻きプロットの理由は以上です、次スレから質問返し本格的にします。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3543 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:19:38.79 ID:DLQ1UG1o






                  ,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
                   ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
                          ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
                   .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
                  .''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
                  -'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                                         .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                 ∩                                      .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
               /∪\                                (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
              //|:::l\\                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
         //  .|:::l  \\                                     ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
          .//    .|:::l   \\                                   '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''
      //____|:::l___\\___________________
    ..//―.┌―┨:三::┠―┐‐.\\ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\
   //    .|:|  ┃:三::┃  |:|   \\ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\
. .// ∨   .|:|  ┃:三::┃  |:| .//  .\\ェェェェェ[三三三三]ェェェェェェェェェェェ[三三三三]ェ:\
..</|:|   .∨  .|:|  ┃:三::┃  |:|//   .|:l \>ェェェェ::| r――ォ |:ェェェェェェェェェェェェ| r――ォ |ェェェ::\
. .\|:|   .∨ l:|  ┗:┯::┛  |:|/    |:lェェェェェェェェ:| |     | |:ェェェェェェェェェェェェ| |     | |ェェェェェェ\
   |:|ョョョョョョョョ|:lョョョョョョl:|ュョョョョョョ|:|ョョョョョョ!|:lェェェェェェェェ:| |___| |ェェェェェェェェェェェェ:| |___| |ェェェェェェェェ\
   |:|∨   ._|:l______|:|__________|:|_ .//|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄了
   |:| .∨ 〈三三三三三三三三三三〉./...|:|\|:|__|:|/  Ⅵ:|  |:|/ Ⅵ:|   |:|/ Ⅵ  |:|/    |::|
   |:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨEヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|::|
   |:|   ∨ |::::|| ̄ ̄||| ̄ ̄||:::|  //   .|:| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王l.  |::|
   |:|   ∨ |::::||    |||    ||:::| .//    |:| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王l.  |::|
   |:|    ∨|::::||    |||    ||:::|//     .|:| |王|   |王|__|王|_ ..|王| |王|   |王| |王|   |王l_.|::|_
   |:|      |::::||__|||__||:::|/      |:|    ̄ ̄γ::::::::::::.. 、 ̄     ̄ ̄      . ̄ ̄     |::|
   |:|王王王|::::|回 回:|:回 回|:::|王王王ヨ|:|圭圭圭圭〈:::::::::::::::::::〉圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l::|
   |:|土土土|::::|     :|:     |:::|土土土ヨ|:|圭圭圭圭 .T  ̄ T ...圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|::|
.. .<三二ニニ==-----------=ニ>  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3467 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:44:25.51 ID:Wtk+Yos8
・そもそもこのスレって何を目標にしてたん?どういう展開にしたかったの?
(他、>>3470さんと>>3504さん、>>3511さん。)


           特定の目標はありません。考えていたのは話の流れです。
           事件が起こる→解決→次の事件 と、言う少年漫画によくある流れです。
           常に要所要所の目標が出てくる感じですね。ゲンソウ亭出現とか、暴食出現とか。

           展開としては、宿を守るために戦う風なのを想定してました。あくまでもスレ立て前ではありますが。
           七つの大罪に襲撃されたり、ライバル店が現れたり、盗賊が現れたりです。

           最終的な流れとしたらセイバーが宿に襲撃してきて、
           『今度は俺の城を守らせて貰うだろ!』的な事をない夫が言う想定でした。
           まあ、投下の途中でこのプロットはボツになりましたがね。
           なにぶん即興で書いているので、こういう細かいプロット変更は多々あります。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3544 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:20:16.99 ID:DLQ1UG1o






                  ,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
                   ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
                          ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
                   .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
                  .''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
                  -'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                                         .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                 ∩                                      .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
               /∪\                                (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
              //|:::l\\                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
         //  .|:::l  \\                                     ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
          .//    .|:::l   \\                                   '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''
      //____|:::l___\\___________________
    ..//―.┌―┨:三::┠―┐‐.\\ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\
   //    .|:|  ┃:三::┃  |:|   \\ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\
. .// ∨   .|:|  ┃:三::┃  |:| .//  .\\ェェェェェ[三三三三]ェェェェェェェェェェェ[三三三.――   、
..</|:|   .∨  .|:|  ┃:三::┃  |:|//   .|:l \>ェェェェ::| r――ォ |:ェェェェェェェェェェェェ|/          \
. .\|:|   .∨ l:|  ┗:┯::┛  |:|/    |:lェェェェェェェェ:| |     | |:ェェェェェェェェェェ./           `
   |:|ョョョョョョョョ|:lョョョョョョl:|ュョョョョョョ|:|ョョョョョョ!|:lェェェェェェェェ:| |___| |ェェェェェェェェ..,          、   |.
   |:|∨   ._|:l______|:|__________|:|_ .//|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. | __ノ          \   |
   |:| .∨ 〈三三三三三三三三三三〉./...|:|\|:|__|:|/  Ⅵ:|  |:|/ Ⅵ:|. |                   |
   |:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨEヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|  (● )    (● )   |
   |:|   ∨ |::::|| ̄ ̄||| ̄ ̄||:::|  //   .|:| |王|   |王| |王|   |王| |王| |                   |
   |:|   ∨ |::::||    |||    ||:::| .//    |:| |王|   |王| |王|   |王| |王| |                   |
   |:|    ∨|::::||    |||    ||:::|//     .|:| |王|   |王|__|王|_ ..|王| |王| |     (__人__)      |
   |:|      |::::||__|||__||:::|/      |:|    ̄ ̄γ::::::::::::.. 、 ̄   ....|                   |
   |:|王王王|::::|回 回:|:回 回|:::|王王王ヨ|:|圭圭圭圭〈:::::::::::::::::::〉圭圭圭  |                   |
   |:|土土土|::::|     :|:     |:::|土土土ヨ|:|圭圭圭圭 .T  ̄ T ...圭圭圭圭|                   |
.. .<三二ニニ==-----------=ニ>  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄.|                   |
                                                 ,              ,
                                                 ,                /
                                                  、          ,
                                                   、        ,
                                                   /   ̄ ̄ ̄ ̄  、
                                               /
                                                  ’            ’
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3521 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 21:18:19.19 ID:SQ1OjhLq
魔王と勇者のメインストーリーに宿屋経営を生活基盤にしただけと思ってたんだが、
全く逆で宿屋経営がメインに魔王と勇者のおまけをつけただけって見てた人もいるんだな。

質問 作者的にはどっちだったん?


             どちらかと言うと前者ですね。ただし魔王と勇者に限らない感じです。
             魔王が中心になって話が流れていく感じです。

             だから今回もセイバーと言うラスボスを倒したので終わりです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3545 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:20:35.64 ID:DLQ1UG1o








                   //                 \  \  l|
               //         〃          ヽヽ   ∨\
                  //   〃 〃  〃 ||   |l      ∥∥   |  ||
              //   〃 l |l  |l /∧ ∥ |l  ll  |l ∥   ト、∧
                | |l  |l |l ||  || ∥ |l |ハl  |l  |l ∥   | |〃
                | ||   |l |l ||  || ∥ |l |l |l   |l  || ∥   | |《
                | ||   |l 廾=|-」、|∧||  ヾ、|! |l_」斗 'i|´||  l| | 》
              Vハ  |l || z=≠≧、:::::::::::ヽ/,z≦示z、||  l| |《
               |ヾl|ト|| 《 |l{ .0}l``::::::::::::´´::|{0.}l|〃|  l| |/
               |l lトハ  ヾ三‐':::::::.{{::::::::::::ヾ三‐'  ||   l| |
               |l  |lハ       _____       l||   l|/
               |l  |lトハ     |ニ. 二、,二.ヽ|     /z||   l|
               |l  |||‐人    V: : : : :ン    /'´ ||   l|
               |l  |||  __\   \――/  /ー、,||   l|
               |l  |||//7/iヽ、 ` ̄ .,. イ|ト、`\||   l|
               |l  |||////_」==>=≦zr‐zl|_ ヘ  ||   l|
                    |l   |||////ム____|__|__|| }_ト||   |l〉
     _____   |l  川 ̄ ̄ ̄ __    ,、- 、 ̄\| 〃
   /」==== =z\ |l 〃/|       \ハヽ  {{       | /ー 、
  //           ヾ>イ|//ム<三三≧z、\ハ  ヾ=ヘ   ィレ   |ー──‐--、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


3463 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:41:06.48 ID:cza84Mf1

・セイバーの目的
・黒幕の目的
・魔王の目的
・ゲンソウ王の目的
・ヒルマの目的
・なんで魔王は七つの大罪の味方しようとしなかったのか
(他、>>3469さんと>>3470さん)


              セイバーの目的は作中の通りです。
              黒幕が騙していたとか、そういうのはないです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3546 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:21:03.77 ID:DLQ1UG1o








                                   ,.r=≦k‐- 、
                              _/⌒ *ミi:i〉  \
                           ⌒ア__/ 7ァ、 〉   ;
                             / __ノ伝ト、/    ,′  ,
                                / .i「     '’     /   ′
                            /  リ'` /   //イ    {
                              /   ≧=ァ'′ /イ{//|  /,  }
                       / ̄:|7 ,/l/ / /, jI斗┐'|/\_彡
                          //  /i|{/^ _,/ //    |{i:i:i:i:i:i:i:i:i:{-‐ァ
                 (\  └‐‐〈彡ヘ /⌒ア/イ_jI斗''"] 〉i:i:i:i:i:/i/
            _]ニ=-‐  ヽ___    〈彡'’ イ_/⌒     .|〈:i:i:i:i:i:{¨¨´
              └====‐- ./ア⌒\//} /   /         |i \i:i:i:{:\
                      /i:{.    \//  _/_/       八  \]  \
                _]ニ=-‐ァ:i{        `TT爪「     //        \
             '"     j{i:i{           |「|/    /// ∧        \
          /       .j{i:i{         l   ,/_|//,  /∧           \
       '′        .{{:i:{         | /i:i:i/ .|//     /,     \    \_
       /          Ⅵi,     \    {i:i:i:{  |/                \     ` _
.     ,′       _ -=ニ[i:Ⅵi,      \   {ー┐:,|              \   ` _
     ′    /i:i:i:i:i:i:i:i:ア,Ⅵi,       \. V/i:i:〉                    `
      |    /i:i:i:i:i:i:i:≫'’ /i:iⅥi,         \/i:i:i:{ |           \             ,
      |   /i:i:≫''"´   / {:i:i:i:Ⅵi,           \i:i圦          \           ′
      |.   {/      /  .{:i:i:i:i:Ⅵi,           ``丶             \        |
      |         ./   {:i:i:i:i/i:〈{i,              \             ヽ         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

・黒幕の目的
(>>3473さんの”魔王が何で復活したか”)


              まず黒幕の正体、安心院さんです。
              作中名前だけは出ています。あった事はないですが。

              そして安心院さんはやらない夫を復活させた張本人です。
              けど復活させた理由は『魔王本人が生きる事を望んだから。』だけです。
              彼女自身は彼を利用するつもりなどなく、在り来たりな言葉で言うなら、ただの善意です。



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3548 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:23:07.88 ID:zO1sc7nt
純粋に善意ってマジかよw



3549 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:23:27.95 ID:DLQ1UG1o






              |  l│└ ┐
           .┌‐┘ ノ./ー─┘
           .└―〃/ | ̄ ̄|.  ̄ ̄   .、
           / ̄ ̄|│ 「 ̄.,......--......ミ.  \
           .ヽ/ ̄| │.ヽ_>./.::::_::::::_:::::.∨ .ハ
               └┘.. .:/> ――..<∨  ',
                  ,′ .l| i|._   __.|L、Ⅵ   ::
               ./  .|{l||_l|_lミ_|l_|l|_|l_l|l|  ::;
             /i | l i}l≫示ミ   ィ示ミzl! . | ∧
              /.:| | | 从`ゞ┘ i  ゞ‐’ 从 | ∧
               l | | | l ∧   _'__   ./;’.i.| /
              ∨Ⅵ| | l ::;>、 ‘ ' .ィミ/! .; l /
               乂}:|| | |:/〈} :><:/|〉/.:;’./ /
               ノヽ〉_:〉〉 . \   /..i /._/イ_\
               く/.Ⅳ\〉 .   \/  //.イ7:|〈ハ〉
                //;′〉、\ ._/ ,.イ /i/ '; ヽ.∨
            l  / / .}}.li、∨   ./ rfi乂{、.....\〉}
       _    .¨¨TT´\.リノ├i /{ ¨¨ /  ̄¨7´
        |ハ>‐fトfヘfハ.\ . \/ 乂∧_,イ/./ .rfrfrfrr=―z┐
        |/.i   |j_}_|jノ、  ¨i /   \〉≠  ./}-{!{!.{!リ  ハi./
         乂|_/_..イl:ハ .:/|′| l     .∧  ∧.| :} }ト、 .l {/
       _>'´   .∨} ./.;′ |        i|./ | :| ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

・黒幕の目的


          しかし復活した魔王。自宅警備をするちゃらんぽらんでした。
          これでは安心院さん、流石に思うところはあります。
          そして、安心院さんは魔王を試します。

          『自身の偽物が現れ、それもそれが勇者の子孫で、世界の敵になったらどうするか?』
          ……的な感じで。あくまで自分は傍観人、介入は極力しない感じで。
          そしてセイバーに入れ知恵をして七つの大罪と接触。後はどうなるか……と、言う感じです。
          あくまでも安心院さんは魔王を試したい。それだけが目的です。


          結果、あぁなりました。黒幕としての目的は果たしています。……多分。
          (決戦時、七つの大罪を避けたのは流石に大罪におんぶにだっこはどうかと思ったからです。)
          (なお、まあ宿の仲間程度ならいいかなぁ?と言う曖昧な判断らしいですよ。)


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3550 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:24:10.72 ID:DLQ1UG1o






  _   \   ト、
  \::::`ヽ、ヽ\ |::∨
――ミミ:::::::::::ヽ:::ヽi:::::i
ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::r-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ ̄
ミ{Ρi、:::::,、_、:::::::::、::::ヽ`フ
i,' ヽ.jミ\ゝ-'\::トヒナiヽ|
  ノゝ‐ャ  ̄ ヽ ー'i、
.\`ヽ./ ,ヘ__クj'::ヽ\
  .ヽ::::::ゝ`´  チ  ̄  \
ヽ   >=`ー‐' i      ii
/;ii  ∧::ノi ////i     /
//ii/ ノ:i ./////i    _/ノ   ィ,===========ヽ
;/∧ i::::!/;////i   / .(-、  //                 ./
;//;∧r'´ i、///;i  / ィ.‐v'´`//                 ./
r'´r'ヽ .ヽ i-、//\ ノi  i //         _r,       /
.r'´.、.ヽ ゝ_) ノ///'´i i ヽソ//        (__.j'      /
.-、ヽヽ .i~.( ir'´ i ヽヽー'//                 /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

・ゲンソウ王の目的


          作中でクラウスさんが言ったことが全てです。
          それ以上理由を付け加えようとも、極論アレが全てなので省きます。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3552 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:24:30.83 ID:DLQ1UG1o


                   ,.:      ..ィ     、  ') ,:';;;;(  ):::;;;;;,ノ  '‐、;:'      '"´   (,..
             /,′ / i|    / /    . :.` '',.::、ヽ(.:::''  ;:'  );' ', _______ /  ;'
.             /  | ,(/  l,ィ / ,/ ,.,、/| ,.:'  (.: ,'  ~ ⌒;::::'' ,'ヽ '''/ ', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\、 ''´
              '  i| /   ' レ   /イ/ リ i!_   :::;,_    .:. ノ;;::'",..)/´                \、./
.       |,   |   レ   ..::/ ノ } ィィ/ / / . ´ ヽー . ' ,...,.:' ,.\                  ./
.       |∧ N  、  , /  _ ´  /.ィ' /.ィ   .. _ノ ハ:' ノ ,.;  ;゙:||                ||
         ', `| i { V 〃/ ,.::´   /, | レ ´ /  ノ    _) ),:' ‐ノ; ||                ||
         ',    '{    / /‐=<_ノ,ハ!| /ィ/ ,.: (    ヽ',.::::; '''",.:||                ||
.       ト トミ   '{!  r≦⌒ ̄、又 7 i|,;' /_´   ヽ    ノ ''''''  、.||                ||
        \` ミ_ヾ三二ニニ` ミヾ{ イj |  ≦   _ ノ ,.: ´ ,.. ..:::;..,..: (||                ||
         \    ト、 \ ̄j/! ヾ{`'  j <`:, ´( )      '';;:'''',,,.:;||                ||
         ≧ミ∧ \{` ,'’ノ     メj ト`::ノ ,'⌒   ,..:;;; ,. :; ',::;'''||                ||
           ̄'一≧、::、 ¨   . イ  i `,ノ,' .`ヽ'_) ,.;'  ,' ;:'       || /                   ||
          (  , -、ノ `|_, /vメ /,ィ::/ ,.:'   ' ..:'         /、、                \
           ヽ   ( 、.   ` 、` ´ /:::::ノ ,.:''';;' i ; __           \、            /´ `
         /_', (     ,.ノ  \_/:::/ ',;:'' ;' ィj,'ニニニニ≧、  ...、:::;;,,,:'' \/______、/´
       /::(  .: _)  .:';_  ,:::::::::::::/ ,:',  ; /ニj;>'’ ̄‘'<ニ≦ニニ>。,   ./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
.      /:::::ノ /::′r;:'_::::; .':::::::::: / ,:'   jニ{:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::ヾニ≧s。, ::::;;'  :'  ,:'
.     ./::Y  '::::i '::::ニ= _.;:ノヾ::::,′''  ,. </::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー<ニ-Yヾ,.:';__
      |::::;:i:i,':::::::,;':::::::ニニ 〕  У ;'<ニニ <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐'::::::::::::::::>。,
      |::::''::::::::::::::::::::::ニ ´  fニニ}   `'<ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.、
       乂;;;;;:::::::::::::::::::::{ :.  ,リ ̄ }i}  〃  ヾ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       `'<::::::::::::::::::',  {i{   ゙i} ;'  . '  \\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
.           `'Y::::::::::: ', ゞニi!  i}   '" .ノ'" Yム::::::::::::::::::::::::::,'ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,..'ヽ
             人::::::::::::ハ:,   }!  ゙;, '  ,:'     |ニ|::::::::::::::::::::::::j   `'<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ア(_
            ,:´::::`ー一:',  ゙{,   ゙;.,     .::;゙lニi|:::::::::::::::::::: /      ',:::::::::::::::::::::ァ''¨T´、 ,,.::).
.           /::::::::::::::::::::::∧  ゙;,  {i{     .::'  lニi|:::::::::::::::::::/   .: ⌒ ´) ',:::::::::>'’   ,  ,,..、⌒
.         .::l|:::::::::::::::::/.:´:.,  ゙;, ヾ;   ,;:'   l-i|:::::::::::::::: '    l    `''  ̄\    :,  ', .;  (
.         lノj乂_ ィ/ /::::::::ム  ',  ‘,  ;"   |-i|::::::::::::: {     、...:‐ ⌒,          ヽ   `
.          j_乂ニニ-/_〈::::::::::::::l  |!  i} ,:'    |-i|:::::::::::::::}        ;     _l        |
         {fj}  ̄r ミリノ::::::::, _ノ   |!   }     i}-i|:::::::::::::/  ,. '( ..;  ..:: '   ,.:'´:|        |
        ``ミx、.|fj}::'___//j {トミ:!   }!     }-i|:::::::::::,′´    `,..::., ,..: 、ノ   |        |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

・ヒルマの目的


          彼の目的は時折時折色々と変わります。常に1つの目的には固執してません。
          強いていうなら、『自分の邪魔になる要因の排除』くらいですね。

          暴食も邪魔でしたし、セイバーも邪魔です。
          作中では働き者と絶賛されてましたが、一番自分本位に動いていたのは彼です。



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3553 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:25:48.15 ID:DLQ1UG1o






                            __,  < ̄ ̄`゚   、
                              / _ニニミ`ヽ       丶
                              / / ̄`ヽ    \\  \  \
                           / / /  、 '⌒ヽ   \\  ヽ   ヽ
                       /    |  |{ハ  l l{     ヽ   ゚。   ゚。
                        ,゜ /  │ }リ { l| l|      ゚。   。  ∧
                          /  /   │ / ∨l| 八      ∨   ∧  ∧
                      /  /   / | /   ∨   \     ∨   ∧  ∧
                     ,゜ /  /  | /    \______\    V    ゚。  ゜
.                    ゚  ,゜  /   j/         ̄`’< ‘。   。  i
                     i  l|  i|   厶'⌒゙ー==ミ、  {    __≧=ミ   i  l|
                      |  l| | l|  / ,ィft__テ ァ うノ   ,ィt__テ刃 }l  |   l|
                       |  l| l リ /   ´ ̄ ̄ . .: : ::   {    ̄` V  l|   l|
                        |  l| l / /:::        : : ::   |       ∨  |   l|
                    /|  l| / /: : :.          : ;ハ   }     }!   l   l|
                       //l  リ'′/ヽ: : :.        /_人__,ノ〉     ∧     l|
              rァ=ミ、  //ノ}l /  /乂}::: : :.           `Y/    / ノ} |   l|
.              {(______}// リ′ イ} | |:::: : : :.        ,、___,.、  U /「 l|│   l|
.        ,z-==、/f r‐ミ、\__,/ /} lリ l人:::::::: : :.    '⌒ ー一 ⌒ / l| l l| |   l|
        / r==ミ { { l{:::::::) ノ__ ∠、ノ //l||: : :>:。:: :: : :   ≧=----く /l l| l| l  l  l|
.       {l__。o≦乂__ ̄_/    `V/ jリ : : : : : >: : : : : :      ′/}リ リ/  '  リ
.     。o≦      ̄/ { {/⌒ヽ l} / ̄\: : : : : : :≧o。::.__,ィ ∧ノ /  ,′ /
. 。o≦       / ̄ {! 乂{::::::::ソ ノ / __ \_:_:_: : : : : : :.     __l:::入_/   /  /
        //    、乂_  ̄___/lレ'ニニミ \__\_:_:_:_:_,ィ彡⌒ヽ_ /   /  /
.         / ./      /   }厂ハ「{  l{ r==ミ  }!  /|      { /ニニヽ }!/ //  /
        {     {l f⌒ソ / 人!  乂:::::;ノ ノ  {│     人{:::::::::}/ /, /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

・なんで魔王は七つの大罪の味方しようとしなかったのか


          魔王自体は七つの大罪は碌でもない集団だと思ってたからです。
          魔族だからって手放しに信用はしません。
          寧ろ警戒の対象です。全面的に協力していた形になっていたヒル魔でもです。
          (なお、七実とエレンは信用していたらしい。)


          なお、ヴァレンタインとの会話したらイベントが発生しました。
          魔王が七つの大罪側につく、唯一のイベントです。まあ、結果はアレですけどね。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3554 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:26:09.96 ID:DLQ1UG1o



  :!
  ;
  ]レ\      , ィ-‐--、
  レヘ 丶    /     \
  レ、  ∧   /  チ    |
  ;! ∨/ ’. |.  ラ     i
  |  ∨  ', 、.  リ     |
  | ,ィァ∨  ', 、       /
  |ノrッァ ∨  ',/-、___/
  | `¨  ∨|: ',
  |     ∧| |
  | _   / |リ |
  |´,  , /::7 lヽ、
  |  ,イ/ヘ/  !、 }
  |イ、__  /  ん Yj
  |Y´__`ヽ /::::)) }
  | (:::::) ノ /三彡'
  |、__彡'ー‐'  \
  |: : : : ヘノ       \
  |_____ } 》、     ☆|
  ||   \! ’.     |     へ
  ||     、  }    _j::  /   \
  :    ノj: :ノ、   /// ☆____/ヘ
  ||  __//、  〉  ヽ--≠二 ̄ ̄ ̄
  {|: : : /   l  !  | | /f ̄U   ノ
  ||:/   ,ィ个テ   ノ/ / |  ,ィ===
  ||     /: | |  ノ / j /笊¨ }!
  ||   //|__j   / ノ /{ ゝ・ノ/ノ
  ||___彡'/  |レ  ゝ__彡 { Y´¨
  ||: : /   / }      ``    o
  ||     / /    (ヽ     (`!、j
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3445 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:37:59.39 ID:LayFiOWi [14/16]
終わったwwwwwwwwwww
完結乙ー!!!
あ、でも出来ればキャラ紹介とか裏話お願いします
(他、>>3469さん)


          キャラ紹介は重要そうな人物のみにピックアップします。
          だって、地味に多すぎますしね。

          まず、即死したヴァレンタイン。魔族の中で信念をもって行動しています。
          彼の目的は『虐げられた亜人、魔族の救済』。世界征服はその足掛かりです。
          因みに彼自身は至極全うな人物であり、何も事を成さない魔王の方が悪と思えるほどです。
          彼と対峙する『VS傲慢編』では、彼の仲間になるか彼と敵対するかのルートが決めれました。

          即死したのでカットしました。プロットのブン投げは基本です。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3556 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:26:41.35 ID:DLQ1UG1o





                       _______
                  .:::::::}ニニニニ{:::::::::::.
                  --‐=ニニニニニニニ=‐--
                  仁ニニニニニ∞ニニニニニ圦
                 .::::::::::/::/∧::::|ヽ :::::::::i::::::::::.
             i::::::::/::/ __,ヽト、_\ : |:::::::::::.
             |:::::/イ   {P)P)    |::::::::l::i
             |:::::::|   '''  〉 ''   |::::::::l::|
                  ::::::::|     `=´     |::::::::l::|
               :::::::|          |::::::::l::|
                  ::::::ト        . : |:::::::刈 ‐-
              -‐∧::|: . . ≧‐ ‐≦. . . :|::::/.:/    `ヽ
          /   《 .:、{: : : : : :∧∧-‐≦::/.:/           .
         /    ヽ: : : : : : / : : : : : : : : .:/
       /: .      \ : : / : : : : : : : : .:/           }}
         {{: : : .         \{{.: : : : : . :}}:イ            八
        : : : .        : : : : : :/             / . :`:
          Ⅸ: .          : : : :/           /     .
           丶.        -‐=‐-天 -‐=‐- .    /      .:
       :    ト    《三三三艾艾三三三》 . .へ      . : :
       i     |: :       /x个x \         ヽ       . :
       |     |: : .     / /  |  .: l        }     . :i
       |     |: .     {_i{  |   } 」         |     . :|
       |     |:            |             イ     .: :|
       |     |:            |             |     : :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             次にほむら、彼女は地味にチートだったけど活躍せず終わりました。
             因みにスキルは以下の通りです。


    ○時間操作 … ほむらが魔族として持っている特異。
    時を止める事が出来る。ただし止められる時間は限られており、連続使用不可能である。
    戦闘中に使用した場合、相手に”時止め”が効いてる場合のみ、相手全員は2ターンに一度しか動けなくなる。
    そしてこの”時止め”は相手のレベルがほむら以上の場合、もしくは時止め系のスキルやアイテムを
    持ってる場合は相手は対応できる。


             ほむらの戦法は固定ダメージで殴るって感じです。
             なおおバ化も持っており、動かそうと思えばダージリンみたいな運用も可能です。
             何故しなかったかと言うと、逆にチート過ぎて使いづらかったです。
             彼女の運用は場を茶化す飲みに運用するのが一番バランスがいいです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3557 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:27:47.17 ID:eOlX0TZL
真の魔王ならばむしろ七つの大罪の方から自然に集まる、つまり何もおかしくないのだ

3558 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:28:00.85 ID:Q9lANxyz
Lv差で対応できたのか

3559 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:28:19.62 ID:DfY7NTTt
ヒル魔はあの性格でも目的が一致してればむしろ頼りになる仲間ってのは原作と一緒だな


3560 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:28:26.73 ID:DLQ1UG1o






                              ___
                         . : : : : : : : : : : : : : : : . .
                           /: : : : : : : : : : : : : \: : : : :\
                      /: : : : : : : : : : : ヽ: \: : \: : : : :ヽ
                     ': : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :\: : : : : .
                     /: : : : :|: i: : : : : : : : : : :i: : i : : /: :ヽ.: : : : .
                     : : : : : :|: |: : : : : : : : : : :|: : | V.: : : : : : : : :.
                   i: : : : : :|: |: : : : : : : : : : :| ̄| ̄`、: : : : : : : : :
                   |: : : : : :|:_|_: : : : : : : : ハ:/ ___ : : : : :i: : : : i
                   |: : : :./:.:| \: : : : : : :/xイf示ハ: : : :.|: : : : |
                   |: : : : : :|: |,x≠ミ: : : :/   r'  リ : : : |⌒: : |
                       j|: : : : : :l 〃  r ハー'       ー |: : : :| ノ: : |
                      八: : : : : |人 乂 り   ,        |: : : 从: : :||
                    / ⌒>: : : :|: :∧      r 、    イ: : /: : : :/||
                    / ' /: : :、 : |: : : ゝ   __ ,, r≦ : i: :/: : : :/' ||
              / : //: : : : : :\: : : へ: : :.xヘ ノ== 、: : :.:.|:/: : : :/ ノ'
              i: : i: : :/: : : : : :.\ハ  〉-r '' >、  __)、/: : :.//
              |: : |: /: : : : : : :/(___ イ人 / /≦ニニ}__彡'
                \|/: : : : : /ニ レ \_{二二"''<> '" 二〕
         __ / ̄ \__ ∠ _彡'ニニ,ノ /  / /--r≦ニ= \__
      /:/ ̄V_  /| ̄\  \__〕_/ ̄/ ̄i  ̄ |ニニニ==\ニニ\
     /: :/ /: :{i    \|    \  ヽ   ヽ  /  ,    Vニニニニニ≧=-- \
     i: :{/: : : : \ / __/!     ヽ     >― 人  | iニニニニニニニニ /
     |:/: : : : : : : : /   人       i  人 /   /  \ |八く-- i____ 彡'
     /: : : : : : : : /     \    |    ̄ ̄ ̄   \ |  i `¨´
      i: : : : : : : :./          \    ――r-==-   _  / \
      人: : : : : : :,            __人:. :.i:. :. :. :.y   \
       \: : : : i                 ̄i 、:. :. :. :./__ 彡'
        \: : : >               | \:. :. {
          ̄                      |人ハ:. :.|
                            Ⅵ___7´
                            込∨

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             次は七実、順序列的には4番目くらいの予定がどうしてこうなった。
             キャラ的に一番ブレたのは彼女です。どうしてこうなった。

             因みに彼女、当初は宿に泊まらせる予定はなく普通に敵の予定でした。
             まあ流れでこうなりましたね。流れです

             彼女が一番スレ内で急成長を遂げたイメージです。レベル云々ではない成長で。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3561 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:29:18.14 ID:zO1sc7nt
傲慢さん割と善玉だったのね、なお従ってた他の大罪



3562 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:29:19.67 ID:DLQ1UG1o




                                         -‐-
                                     _ イ-=ニニヽ
                                       _/-=ニ:}-=ニニニハ
                                      //-=ニ/-=ニニニ|/ヽ
                                    {/-=ニ/-=ニニニ:|'//
                                _/-―――=ミ-=ニ V {
                             ,. .: '"―/: : :._ ̄ ̄\:\-==i }ミ:、
                             /:/_-_-/___/〕〉: . : : : \:\z| 〕 〉〕
                  _       /:/--_-/ -=7:/ノミ_-_\: : : _: \/〉{/{
                /-==-\  /:|_-―:/-/ ヽ{/8― \-_-X_-_\::\_,ノ
                __/-=ニニ\``~/: : /-=..:::/ 〕ノ-―ミ ∨: : \_-_\: : :>― ミ
          /-=二/-=/⌒ヽ-∨ /: : : / へ::::/ -―-ミ   |=|: : : : : ヽ ―/-=ニ=- \
         /-=ニ / //  ̄V-=∨: : : :{  ノ:/vへ    ` ヽ  ハ人_____/=/-=ニニニ==-\―――=ミ
          /-=ニニ // 〉⌒〈/-=ニ|: :.:/:7:::::{ 乂ソ___'   V::::|ニi-=ニ/-=ニニニニニニニ\__-_-_-_-\
       /-=二 / _/)_人 \__}/:::::/:::::::::/::::::::::::::::V芯 }/::,_/- /-‐…‐--=ニニニニニニ=-\_-_-_-_\
      /-=- -‐━━ 人{ {ヽハ_):/:::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::トミ_/:::/_/-i{// /   >-=ニニニニ=-\_-_-_-_)
     /- /イ_-_-_-_-_-_- \ーイ/:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::`ト ':::::/ノ >'" フY----=≦/       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /-_-//_人_-_-_-_-_-_-/__∨:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::イ  r'_ノ_一_ /―――彡
   、_-_-_-_-_-_-_-_-/ ̄.:::{ ̄/::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧:.、 (/ノノノ    ,,_,,_,,
    `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´   、:::\{::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \:::..... ̄  /`〈   〉__
                 `¨ 7:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::(\ __)::::::::> 〕   ァ=ミ  〈-―…‐=ミ
                     {:::{::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::: \:::::::::::::::::::〕 ̄ 乂__ノ _{-=ニ二ミ:\
                    人::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人  /    >::\:::::::::::::::::\
                    ≧=‐- _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ/___彡' \::::\ :::::::::::::::)
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ):::::::)::::::::::/
                                                _   /::/:::::::/
                                                (、⌒_彡/:::::::/
                                                ` ―――― 彡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3477 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:48:44.20 ID:HXnnMM6k [8/8]
ナナミン何に嫉妬しとるん?

3474 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:46:30.71 ID:kdRRRvzf [5/5]
完結乙

・ななみんの後日談がしりたい

3473 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:46:13.26 ID:Bruuy8jW
ななみんが嫉妬な理由
ほむらの能力



              ついでに丁度いいのでこの質問の返答を挟みます。
              彼女は他人の努力に嫉妬してました。
              彼女の”見稽古”、何の努力もせず相手の努力を得られる特異です。
              努力を知らない彼女は、自身の知らないそれをやっている他人に嫉妬していたのです。


              ……え?後日談?慎ましくパート暮らしです。最近臨時社員になりました。
              コツコツとお金をやりくりしながら生活していますよ。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3563 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:29:54.82 ID:DLQ1UG1o



                    , ニニ三三三三三三三三三三三三爪 ゙l三三三三三三三三三三廴
                     , ニ三三三三三三三三三三三三三三廴 ゙三三三三三三三三三三ニ廴
               , ニ三三三三三ニ!゙三三三三三三三三三込 ゙、三三レ' ィ三三三三三三三廴_
                    l|三三三三三乃'´  ゙ 、三三三三三三三三込. ゙小" ィ三三三三三三三三三三b_
               |三三三三三广     ゙  三三三三三三三.う   彳三三三三三三三三三三三三辷__
               |三三三三ニ,'            ゙  三三三三广 ,a心 ゙l三三三三三三三三ニ| ̄ ̄ ̄ ̄
               |三三三三マ                 ̄/|宀廴,ィ三三b. ゙、三三三三三三三三|
               l三三三三|!             ,.イニム  ゙゙̄宀辷ニ} |三三三三三三三ニ.|
               l三三三三l              ヤ三ニム≦ヲ   ゙゙弋/三三三三三三三三|
                  l三三三ニ.l             マ三三ム_      ゙゙、三三三三三三三/
               l三三三ニl                 ,.ィ三三ニ= ´       ゙、三三ニ.彡=弋/
                |三三三.キ           」三= ヾキ__         ゙、.三// ,ィェ 、 ヽ
                l三三三ム            マニム ィz= ̄ ̄           ヾ/ /     }
                 ヾ三三ニム       r=ニニ三ムマllム ヾニ=-‐ _.         {   ノ  ノ
                     ヾ三三.ム    イ三三三ニム マ.ム  マム..マム |ニ/     lヽ ヽ  /三tz 、
                        ゙ゞ´ `ム   マ三三三ニム マ.ム≧、マ  マ |/'     /三ェ、 /三三三ニ≧
                    | , ー-∧   マ三(●)ニム マム. ム三三三三ヲ   /三三三三三三彡"}ヽ
                         マ  〈  ㌔   マ.三三三ニ〉.}タ            /三三三三厂/: : : : /  \
                    弋_  ヽ  ㌔_  マニ="~ /           ,.イ .|宀 三三廴/.:: : : :/
                     ヾミtzェェェイニュ                   ,ィ广 l: : : : :`=宀": : :./
                     ィニ三三三三三ニョ __              ,ィ广   l: : : : : :/ /: : : : /
                      ,ィニニ三三三三三三三广癶z.、_       ,ィl广    .l: : : : ;/ /: : : /
                        , ィ  ヽ、: :,厓ニ广 、: : : : :マ三≧=‐         ./: : //.: :/|
                        /    _,ィニ广´ヽ、 ヽ: : : : : ヽ  `ヽ      /: //: .:/  |
                 /       ゙~~´ヽ: : : : :ヽ \: : : : : \       // . : : /   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             次に可符香、彼女はこのスレの狂人枠の予定でした。
             彼女のスキルは↓の通りです。

         ○共有人格者 … 可符香の魔族としての特異な能力。
         自身の体の一部などを渡す発動。相手がそれを持っている間はその相手の人格を乗っ取れる。
         ”共有人格者”をされた相手は可符香と同じ姿をし、それ自体に全くの違和感を感じない。

             相手に自身の目や臓器を渡して乗っ取れます。
             お店で売っていた魔族の雫、実はエラッタされており正式名称は『魔族の臓器』です。
             その他アイテムの中にも罠を仕込ませる予定でした。

             即死したのでやめました。まあ最初に出てきてやられ役になったし致し方ありません。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3564 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:30:03.87 ID:HXnnMM6k
お金を稼ぐ努力を見つけたんやなって…

3568 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:31:19.80 ID:DfY7NTTt
たしかに嫉妬の理由が最早ギャグでしかないwwwwww



3569 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:31:21.85 ID:DLQ1UG1o


                    ,,' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
                  ,,'´    ______       `ヽ、
                      / ―=='´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、     `ヽ、
                  /―==ニ二三三圭圭圭≧ァx、    ヽ、      ::\
                  弋: : : . : . : . : . .       `ヾヽ、   ヾ;、    ::::::.ヘ
                  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、    ヾヽ、   ':、    ',::::ヘ
                           \ `ヽ     ヘ   .ヘ    ';::::ヘ
                               \ \     ',    .',   .i::::::ヘ
                                マ  ',     .ii    i   i::::::::.ヘ
                               マ .!    i!     !   /::::::::圭
                                    ):.:.i  _ .ノ     /   /:::::::::::圭
                               ,,'´ ̄ ,ィ´       ./   /:::::::::::::圭
                            ,,'´ ,,-≦´       ノ  ,少:::::::::::::圭
              ,ィ= 、_             / ,.ィ´  .,:'      .,ィ´/  マ::::::::::::::圭
          込弋圦 `ヽ,        /  /    /     /: :./   .マ:.:.:.:.:.:圭
             夾 `.刃込  .ヘ      / ,.:'´     ∧    /: : : /     |:.:.:.:.:.圭
          .ム込  弋込  ヘ    / ´     / |!  ./: : : :/!    _ マ:.:.:圭
           弋込  ム少  `ー=く __       ,' /: : :/ i!   ./   \圭
           ム込   弋刃  !ィ-、   `>'´  ,.' /: : :.:./  .!  /     ヘ
    ,、,癶,癶弌癶癶辷≧__返》 i弋:ノ、,rイ  ,.:' .   /: : /   i! ,.'  ,.:'´     \      はぐれ野良暴食
   !弋  |夾心弋´ ̄ ̄   .:∧ '..、 `ー=-イ     /  ./     i!  /       ヘ            |
   弋_:∨弐r.r、 _ .\_r.、.::::::/. \        ,.ムイ  ,.'´    `',.'          i        \|/
   弋癶\!∨ .∨|`ヽ, !::::\∧,r―≧、_, ――'´      i      i! `ゝ、     .::!
    .∨ `ヽ.|`ヽ|`ヽ、.| `ヽノ      ,.::'          i  .',  .:::ヽ   `ヽ、  :|        ./ ノ Y ヽ
   <二廴廴乂辷ノ.弋ノ.:::..       ...         |  / _ノ´ ̄`丶、    ..::/    .(ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
         `´`  ̄ ´ `ー―'´ ̄二>― 、_____/ ./´       ヽ......::/    (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
                       `不::::::::: /        > -<           〈  /      /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
                         ム-、:: : /      //´ヽノ       ,r-r'  ヽ,__  . ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
                        ̄       `         /_|__ i^iーヽノ       .\   |r┬-|  /´
                                             ∨             |  | |  |  |
                                                            |  | |  |  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────── `ー'´ ──────


             イビルジョー、彼はタイマンでは誰にも負けません。
             そういう武器にしてあります。例えセイバーでも運ゲーになりますね。

             因みに彼は『VS暴食編』で協力者になる可能性が有ると言いましたが、
             実はトップスからはぐれた野良暴食がいました。そいつが協力者になります。
             ただし、かなり弱体化された状態です。正直強くはなかったですね。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3570 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:31:59.20 ID:DLQ1UG1o







                             _
                          _.,.ィ´―-.,.,.,._                       /!  / l /!   ,ィ
                       ―ァ´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ、                     / i // i/ //!,//
                         /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\               ,イ / i/i/i    〃 /,/ ,ィ
                     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ                i |/ /  '   / //  ゙///
                    イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ、        .l,   | '  ,  /  /i  /  , / /,,
                       |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:if´: `i:i:i: イ/V/'|:i:iハ           |ヽi゙、i| | / i / // / l:/ イ /!// '゙/_,,
                        i!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l:r`:|ハ/:  ト }! |:i:i:i|          、 '、 k i !||' |//i/ /! /:/ |/ i/'/ '/_
                   ___}i:i:i:i:i:i:i:i:iリ、: : :/.:   bヽ/:i:i:ハ|        _,ヾヾ, N | |!i i::// /:// / / /:/ 〃 ゙~/-─- 、
                  /: : : :  ̄:`:く'´: /u: :      {彡' '    _/;.ヾ',、ヽ ,L.{ ! ||:i r、_,.-‐、〃// //∠>'7;|;.;.;.;.;.;.;.ヽ
                   _ . -:`´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ}_.ハ : :  r、  _,l     ..//;.;.;.;.;`、;\ l'゙  ` ''"/l`、ヽ丶 \/:.:.:.,/,ィ/;.;|;.;.;.;.;.;.;.;.;.
           ,. . :_______: : : : : : ̄ >. ._ヾr '      /;.;/r┐_r''i、l `!,へ   ||l !`、l、 ;.x'i'.ゝ_,/// /;.|;.|;r‐-- ::;;_
             /: :/|      /  /: : : : : :./: :r===、ヽ       ./;.;.i;.|     'i゙、'ハ  \ l'|| i l Xl、ト,_i `: r' ) /;.|;|;.|;l
         /: :/ |    /   / : .:: : : :/: : :|\l/ |: |       !;.;.;|;.|_.r──┘;ヽ,i,ヽ`'r、、 | '',.ィ''_,Vリ },.‐'゙/;.;.!!;.|;.;\__i''‐-
           /: :/  |  /    /: : ::::: / : : : | ,/|ヽ|: |       i.;.;.;|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.|.;;;;;;.i  ̄ .}    ̄   /nノU|;.;.;.;|;.;.|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
          ./: :/   |/     /: : : :::::i : : : \\|/: |       ヽ;.;.i;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|;;;;;;.;l,ヽ、 /_   _,.:/ /''liノ i;.;.;.;l;.;.|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
         /: :/  / l       ./: : : : :::::ヘ : : : : : `: . _: /         .\';.;.;.;.;.;.;.;.;.|;..;;;;; !ヽ`'rvvvvV/ / ./ ./;.i;.;.l;.;.|;.;.;.;.;/;.;.;.;.;.;.;.
       ′/ /   |     /: : : : : :::::::::ヽ: : : : : : : : `:、          .`ヽ、;.;.;.;.;.ヽ.;;;;;.;!;.;\'ー-‐''/ / ./;.;.;.ヽヾ;l;,//;.;.;.;_,.
        .,| 〈 rk   t=ァ 斗 ´: : : : : : : :::::::∧ : : : : : : : : {            .\=ェzェ'ヘ;.;.;.;.;.ヽ.../、_//;.;.;.;.;.;.;.;``'';r=='l
      /::: : メ   斗L}´: : : : : : : : : : : : : :/: :':, : :::.. . : : : |              .ヽ  ,/',`'-、;_.;.;`'''┴'".;.;.;.;.;.;.;__;. ‐''"ト--‐''|
     ./: : : : : : `´: : : : : : : : : : : : : : : : : :./...:::ハ: : :::::.... : :|                  \'"   !, |lil l``''─r-─''''" ヽl|, |lili`''''''"|
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ....:::::: :/  '; : : : : :::. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             エレンとヒル魔、実は語る事が多くない2人です。
             エレンはそのまま義理堅い熱血野郎ですし、ヒル魔はそのまま頭いい奴です。

             作中の描写で完結している2人ですね。
             なお2人とも弱いようで強いけど、やっぱり弱いがコンセプトの2人です。
             武器が強いんですよ。武器が。因みに今作では武器の安価が蔑ろになってましたが、
             地味にレベル上げるより、武器を製作した方が効率よかったりします。

             各々の情報を探り、メタ武器を作る。今作ではこれが必勝法になります。
             安心院さんに関したら『スキルが無効化する武器』を依頼すれば完封も有り得ます。
             話は脱線しましたが、武器が強い2人でした。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3572 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:32:45.72 ID:DLQ1UG1o





                       ___>―― ◎ー-ro,
                   ,         /::::::::::::::::::::ヽ
                            ゝ- ⌒ 、:::::ノ\
                    /    /   /   ゝ  _,,ノ   \
                /    ,    ,        i|  `、   \
                              |    i|   `、  { `、
                       |     !    |    i|ヽ  .|,,ィzx {
               |      |   / /|   |  /_| - {=-==》、
               |      | . / / .|   /  / り  ',.|´ `` \
               /       .| / /´ 从 /! /   __ i|   {   ヽ
                 //     /{/   _ }///  ''´ ̄``ii ____.∨  .|}
          ``ー '  |     |.{ ,,ィ>'⌒ ´       从ニニ=入 ∥
                |{     .{ ~´      、     〈γ⌒ヾ=}.∥
                 j|∨}/|   {`ヽ     ,,....:::フ  / `   .iリ/
               //   乂 \介s。    ̄   ィ/       /‐ 、
                   /       \__>   ニ=―‐  /    /
               /         >-ァ'\ノ     ./ ニ==- ''´     V
                 /       / /フ、\\   .//   /       .|
             /      >/ /γ7ヽ} `、`、{/  -=ニニニ=-  /
\            ./     γ /  ' { ∧ .',  `、 iト、 マニニニニニニ=-
  `、__,, ~''´7      .__/__./    {/,∧ !    i|ニY 〉=-¬冖¬-=ニニ\
         /    /ニニ=∧   ノ//ハ     i|ニ=|\        `ヽ/
              〉''´ /ニi .//// 入   /ニ=|  ヽzzzzzx、    \
      ,       /ニ/ |ニ=|./| ,//,'    |ヽ/ニニ/   '    \、   /
.               //,'  iニ=.i | {/ {     i /ニニ/    |     \、./
     /        ./' /  .|ニニ|.|マ∧     |'ニニ/       |      ゞツ
.    /        ./ ./   |ニニ| ls。\\  |ニニ/     |     / ||ヾ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             早苗、このスレで一番の被害者です。
             ごめんね、早々退場させて。あの状況ではあぁするのが最善だったんだよ。

             まあ彼女は普通に協力者枠だったけど、ああなって少し残念です。
             なおやらない夫覚醒イベントは彼女がキーになる予定でした。

             1スレ目>>555に書いてあるゲンソウ国の説明で『独自の技術や魔術等』
             と言ってましたが、それを覚醒に絡ませる予定だったのです。裏話ですね。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3574 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:33:07.08 ID:DLQ1UG1o




...........  .:                              ,r'/     ,r'ッ ...::
     .:                            ,r',r'     ,r'ッ  ::::
............... '                       .:.:.:.:.:.:.:..,r',r'     ,r'ッ  .:: ::.
         |.:.:∨.:.:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<   .:: ...... ,r',r':.      ッ   ::  .::
       }ヽ|.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   `ア.:: .:   !~,r' :.:     :::..::. .:::
       |.:.:∨.:.:.:.:|i.:.:.:.:.:.:.:., .:.      \_ .:  / i :. :.  .:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.           .,r'
       |.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:           /.:  | i¨^ .: :. .: .................  :.      、 ,r' ´
      Ⅵ.:.:.:.:∨.:.:.{l.:.:.:.:./........:.:/⌒  く   ' ............ ' .::  :  ,,  ュ,   _、 ,r' ´  _,, - .
       ∨.:ヽ_\.:\ /.:.:.:.:/_:::.    ヽ :.       .:   :   ||_ヘ ` ''' ´  _、 - ''´
.         ∨.:}.:.:.:.:.:.: ̄`" ̄ ̄.:| 〈≦-‐ / ' ............. '   :   i '-r  、,r'''´:.
.           刈.:.:\___.:.:.:.:.:.:.:.:.:._l_/ {ニ=- >       :.   :   !、 7 /:  .::
          {.:.:!.:ゞ丕 `.:.:.:.:.:イ丕ア  Y〕 }′       :.   :.   | |゙i!  :   .: 
.          丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.|  /_ノ          :.   :.  -ッ .:   .:
.          八.:.:.:.:.:.:〈.:.:.:.:.:.:.:.:/   '´            :.   ' ........ '  .:
   ̄: . 、       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  イ_       .  ̄ ̄ ̄`ヽ
   : : : :\    ,r≦\.:`こ`.:// |::≧    /: : : : .:
    : :: :: :\_/ l、:::| ヽ_.:.:イ   /: : ∧ /: : : : .:
      : : : : ∧ : : l V:::::__....:::/: : : , ≦〉 : : : : : .:
      : : : : ∧: : i: :Y´<::>`Y: : : /: : :/: : : : : .:
      : :: : : :}: : i: ::|: : ll: ::/: :/: : : :/: : : : .:
      : :: : : :|: : i: : l: : ll: /: ; : : : : : :{: : : .:
      : :: :: :/: : :; : :! : l!: : : : : : : : : :|: : .:
        : : : :/`\: i: :|: ::l!′: : :_:_:-=ニV: : : : : : : : :
       : :/_:_: : ヽⅥⅣ-=ニ二: : : : : : V: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      : /: : : :ニ=-}米{:_._._._._._:_:_:_:_:_:_:∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        : : : : : /: i: ハ: . . . : . : : : : : : :∨: : : ∠二二二二二二二
        : : : : /: : , : ハ: : . : . : : : : : : : : ` ̄: /{:|: (:::>: :\: : : : : /
          : : : : /: : : : : ::ハ: . . : . : : : : : : : : : : :/ '|: : : : : : : : :`ー一
        : : :ノ: : : ∧: : :ハ : : : : . . : : : : : : : /   V:::ー=≦: : : : : : :{
          ∨: : : : :, :∧: : : ヽ: : : : : : : : : : : /     V::::::::::::::::::ー=≦!
        }:_:_:_:∧: : :\_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:イ , r┐  V::::::::::::::::::::::::::
      { ヽ|: : : /::∧: : : : : : : : : : : : : : : :{/: : /    }:ヽ:::::::::::::::{{ )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             ギルガメッシュ、このスレで二番目の被害者です。
             彼が動き回る章もありましたが、全カットです。見せ場0です。

             協力者になり、強い所を見せると思ったら待機のみです。
             ……うん、こいつ挑発しかされてないよね。空気な上に……。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3576 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:33:33.93 ID:DLQ1UG1o







                      __ _/|ヽ
                 _,-z< 丶 Ⅵ  \
―――――z 、  .__ ノノメバミヾ ヽi!l|    >、
       //  ̄(___)彡彡'  ヾ!ト刈|j       ハ
.      //   (__)Z/_ヽ     '|     / ハ
     //  ヽ      ____)\、  |  |  / / ,
___',人_  }    くヲ{  /`ヾノル/ル1ル |l / /
      >} 厂 >、 \、/ /ノ≧ャ≠サメノイ / ノ
        し'/   {ヽ、)  ̄  /f ん(i) 〉 》j//
.        /    八  ト、_ゝ__,乂 三彡/ん)
      /   // ∧  辷ー‐- _, ァ' /<
<   /   / //  ヽ    ̄  ̄  /   ヽーぇ 、
_>    ./   /  /   > 、__, 介 、    ∨  }l
     〃    /  /  /ミッ≠ ヽ  Ⅵ 、ハ     l   ノ
    , イ     /  ムィ'{≦γ`巡ハ  }!  ∨'    , 〈
  / ノ     /  /|'  Ⅸ代_ 从Ⅶ∨;|  ヽ乂   ヽ 、
   /    / フ'   l   ∨7ムVル/ ,' !     ヽ   \
 /      /'´    、  |l{   lリ  /  |    \ \   ヽ
<       人       ヽ  }l{  l{ /\ !      \ ハ    '
 \_ , イ   \       \ル!  ,ル′  \       >|
「 ̄   !     ゝ      X>′     X  ∠二二、,ヘ    ヽ
     |       >' ´       / ハ/     | }    |
 ,.    | 二=―        -=二    V     ,
 ヽ   「      _ -―=       0  }    / /      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             シャドール王、このスレで三番目の被害者です。
             見せ場0、お前なんだったの枠です。

             まあ、うん。多く語る事が出来ませんね。戦争好きです。一応厄介でしたよ。彼。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3578 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:34:10.92 ID:DLQ1UG1o




                  r 二ニニ==-     __
                 _  -=ニ|///////////////// ニニ==-   __
      r― -=ニ        i|////////////┌────┐////// ニ=-
      |//|            il|////////////│     、、 │//////////|
      |//|            il|////////////│ ノ二l    |.//////////:|
      |//|        ilili |////////////│   _ノ   │//////////|
      |//|        ilili |////////////│        │//////////|
      |//|     ilililil  |////////////│   |   │//////////|
      |//|     ilililil  |////////////│        │//////////|
      |//|     lil    |////////////│  千立  │//////////|
      |//|     lil    |////////////│  口十  │//////////|
      |//|     lil    |////////////│        │//////////|
      |//|    ilili     |////////////│  木木  │//////////|
      |//|    ilili     |////////////│. / | ' | 丶 .!////////// |
      |//|  :lili       |////////////└――─―┘//////////|
      |//|  :lili       |///////////////第二版/////////////|
      |//| lilil        |//////////////////////////////////|
      |//| lilil        |//////////////////////////////////|
      |//|:il         |/////////////////戦///////////////|
      |//|:il         |/////////////////車///////////////|
      |//|l         |/////////////////堂///////////////|
      |//|l        ___」//////////////////////////////////!
        ー===ニ二二二二二/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l二二二二二ニニ==――
     ー 彡/ {     ヽ..:∧ ̄ `"*。        |   }
.         { `  ̄ ゝ..::::::::::∧      `"*。_  l\ノ_
           ..:::::::::::::::::::::::∧     /\ ⌒ ´li|l:::::\
.         /:::::::::::::::::::::::::::::∧   /ニニニニ/二ヽ{ マ:::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧/:\ ` ̄ \ニニ| ∨:::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>―‐ <⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ }
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    、 `}          ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


             ダージリン、このスレで一番いい空気吸ってた人です。
             未だに私は彼女の事がよく分かりません。なんか勝手に動いてます。

             勝手に動いてギャグやってくれるのでとても助かりました。
             書いてて思いましたけど、なんかおかしな事言ってるような気がします。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3579 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:34:39.02 ID:DLQ1UG1o





   r=zx、    _,イ≧x、                                   /
    `t三≧、 └=、三И.  丶                        /    /         /
     |三三仆-、 }三=ノ.\  丶            .i   |       ./    /           /
     |三三ハ三ヽ`¨´.    \  丶           .i   |       /    /         /       /
     ,ノ三 / {三ニ}   \   \  丶    .     i.   |      ./    /        /       /
    ,ノ=三|  `¨¨″    \   \  O O O   O O O   O O O      /     /
   /ニ三 |    ..ヽ      \   \  ヽ       .i  |     /   /     ◎      /
   /三三ノ       .ヽ     \
 /三三/                \
 三三∠                                               ---‐‐‐
 ‐=三三≧x     ..‐‐‐‐---                      ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .
   `ヽ三三≧x、               / ̄ ̄\        : :   / ̄ ̄\   : : ..   -----‐‐‐‐‐
      \三三三≧、 ――    / _ノ  ヽ、_ \       : :  / _ノ  ヽ、_ \ : : .
_______. \三三三 ヽ         .| ( ●)( ●) |     : :. | (● )(● ) |..: : .    -----------
         \三三 {二二     |  (__人__)  │     : :. |  (__人__)  │: : . === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. \三,ノ         .|   `⌒ ´   |     .: :  |   `⌒ ´   |...: : .      ̄ ̄.く≧、   ̄
        -------.¨¨..‐‐‐‐‐‐   ...|           |     ..: :.  |           | : : .. ‐‐‐‐‐.r=、_」三レヽ
                        ヽ       /      .: :.  ヽ       /. : : .    ....┐三三三ノ,.≦三ミ、
             ---‐‐‐‐‐    .ヽ      /      ..: :   ヽ      /  : : ..‐‐‐---  ̄ノ三三彡¬ミ、ヾ`┐
                            >     <         : :   >     <    : : .     ../ニ三厂    V三|
               /  /    .|      |         .: :   |      |.   : : .    /ニ/}三{      /三 ノ
              /  /      .|      |        .: :    |      |   .: : ..\   `¨¨´,ノ三「   /三ノ
            /  /  /                   : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: :  \    .{三「 z≦三=''´
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \.  `¨′  ̄r、_
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \       .ヾ三三≧、
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \         .〕三}
             /       /     /        |     i,        丶     \   \  .....≦三r''´
           /         /     /        |     i,         丶     \           ̄´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3473 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:46:13.26 ID:Bruuy8jW
魔王が何で復活したか
何で魔王の人格新しくできたのか

3469 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:45:25.00 ID:LayFiOWi [16/16]
・やらない夫と魔王の関係性、またはどうしてこうなったのかの理由



              何故魔王の人格が新しくなったのか。また何故こうなったか。
              理由は作中で出ています。テコ入れです。それ以上でもそれ以下でもありません。


              なお、彼らの関係性は馬鹿と高知能。
              筋肉と脳みそです。お互い兄弟みたいな感じの関係です。
              そしてお互い兄弟みたいに接してますね。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3580 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:34:42.31 ID:Q9lANxyz
追い挑発がバシバシ決まって面白かったw

3581 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:35:04.23 ID:DJlWmo1g
魔王に覚醒って言っても前の魔王の時点でも割とポンコツだったような気もする。
ああ、頭がよくなっただけで根元は田中なんだなってw



3582 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:35:04.80 ID:DLQ1UG1o









                                                          -‐=====‐-
                                                         ∠二二二二二二\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                       _∠二二二二二二二二\
            /::::::::::::::::: :::::: ::::::::::: :::::::::::::::::::::ヽ            -=====-- __  / ` -=ニ二二二二二二二∧ _
         /::::::::::::::::::: ::::: :::::: :::: : ::::: ::::::: :: :::',              -=ニ二二ニ=-- __      -=ニ二二ニ/   〉
         |:::::l:::::::|:: : :/:: /::/: :: :: ./::ハ:. :::::: :: :::ヽ                      `7マニニニニニ=-  ___    /    (
         }:|:::l :::::|::: ::/::::/::/イ : :::/::/ ∨: ::: ::::::トヽ ___              〃:::::/::/:/|::::::`マ二二二二ニ==-- __}--- .
      /|   |:|:::| :::::l: ::/ ::/::/|::|: :::/∠..--ヽ.::::::|< ̄ __`_ヽ.            |l:::::::l:|::|/、 |l:::::::::{\:::::::\二二二二二二二二>、
     / /  |:l:::l: ::::|::/7:/7/十| ::/ 7 ,ィ≦ミ、V:::|::::|\ \::::::\\           .八::::从斥ミ八::::::::\_\:::: |:::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / /|│   |:|:::ト.::::レ斤弌fz、リ|::/ /〃トzチタ }:: ,: ::l  ヽ 丶::::::::\\           .\::| _Vツ  \:::::、\刈::|:::::::::::::::::|
   </:::| |   リ}/|::r、ヽ弋ユメ┘ レ {    ̄ /:./::|::|   | |:::::::::::::::\\           |:| ,,,     \l\:Ⅵ::!:::::::::::::::::!
   |::::::::l l      j/{ ヽ:ヽ.      ',    /::.ハ :|::|__.」 |::::::::::::::::::::ヽ/          圦   ′    |  ):ノ从 : :::::::::::|
   |::::::::| |\_____|`‐ヽ\    _'__ ∠::イ::∧ト:{   | l:::::::::::::::::::::/          |:|::\ r ¬ ,ノ  /:::::::::::::::::::::|
    ',::::::l l        |/l:|、::トヽ  ¨ ニニ ´ イ::::|:/ リ `  │ l::::::::::::::: ::/            .|:|:::::::l\   . . ::{\::::::::::::::::::: |
    V:::| |      ' リ jノ::/:}>、   /,┴┤     / /:::::::::::::: :/       ___  |:|:::::::|:::::: ̄}: : /  ∧::::\: : ::|
     V::{ l         V}:'::`ー:≧'-:´:::::::::|      / /::::::::::: ::::/     ./___}  |:l/【 ̄//{-‐  /:: l\::::\::|
      ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/      _/ ‐┐lノ //:: ::.|:://襾,  /:: :: ::|:: ::\::::\
       、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/      // ァ`リ┤ //: ┌┘/// }/::_::_:::_::」:: :: :: \:::::\
       r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__    ..//  r‐彡1 {/:: ::/ /// ∨:: :\:: :: :: :: :: :: :: ::∨:::∧
       | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、_. {::`ー:: :: ::.:| {:: :: :{::{///|//|:: :: :: :}:: :: :: :: :: :: :: ::.|:::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3489 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:05:10.70 ID:XojBsRGt [5/5]
・田中と親分(一応夫婦?)がお互いどう想ってるか
(他、>>3515さん…田中と親分の結婚生活について)


 【田中】

      ……あ、夫婦だったっけ?

 【豊音】

      正直、忘れてた。
      ま、とりあえず式あげようかー。


                         ▼こんな感じです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3583 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:35:46.56 ID:DLQ1UG1o



                  ,,...,,__,o_
           _ _,,.. ‐ '''"´ ̄ヽ-(ー、 `o、 :.
        ,. '"´ `ヽ.         ' 、`ー_ン                            >‐‐‐‐zz , ,__
     :.  ノ     ノ          ',´ ヽ. :.                      /  { 〔\i i/} ̄/ 〔
       ;'    !    !    .! ',   ';.  !    ',                          /   〔| 〔 i i i i i〕∨ /}__
    :.  !     ';   ,!.   ;' 、_!__ /!  ! ';. i :.                    ノ〕    ハ! 〔 i i i i i }: ∨ { 〔
       !  ヽ..!_,,.ィ./ !  /!__/!_/`_! /  !  !                         } 〕   ,io! 〔i=i=io{o! 〔: ! 〔
    :. 人  !V ,ィjモト \  イjミトレ'__,,..イ,' :                        |:〕   i:i:i:| 〔i:i:i:i:i:i:|i:〕: Ⅵ 〔
      .;'`ゝ、!ヘ', `ozZ}      izN。iニi ! 〈.                      |〕   〔o〕 〔i:i:i:i:o}o}  v..〔
     : .!    .ゝ "゙゙    '  `゙ ノノ´!、,! ', :   _ ― ´  ̄ ̄   <    .|l   :〔i:i{{ 〔i:i:i:i:i:i:}i:i〕  : :〔|
      ';    ハヽ.   (二フ , ( '  !ノハノ. .,.ィ               `ヽ |l   :〔o{o:i:i:i:i:i:o}o〕  : :〔!
     : .ノ ) ( ,. -ァ'->r/`<.,i'´ヽ、_)、ノ./     ;              ヽ.l | :| 〔i:{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}i: 〕 | |: :〔
     ,.' ;' ) / !:.:i'´!. !。 {二 ̄ .}.'、  / ,:'       ;           ヽ    ヽ :| 〔i:{` ̄ ̄ ̄}i:リ :! !: :〔
  :. i   '、 /  |:.:| ;' レ (^`  |ゝ、ヽ、/./       .l   l          ヽ    .':. Ⅳ! r‐‐ 、 :}iメ 〕 ! !: :〔
     ',  rソ ,.-'ァ-、  /:{   ∧ ヽ、./       ハ   l ヽ  ヽ ':    ':,    ':.. ̄\ `⌒>゛ ノ,〕 ! !: :〔
     )/.//:./ 、 ヽ.':∧   ハヾ/.;    :   ./ l :.  lヽ 丶 丶 ;    ':    .;.≧i  ≧゛  '〕⌒}} |Ⅳ
      ;.' ./ ;':./   ,ンノY::|   |::|.  ; ;   ;   /  ': { .{ 、\ ヽ ヽ':    ':    ;  :〉  / /  〉〉∥∥
     /  '   |:.|ー-‐'i:.|:.:.:{::|   |::|. ; j :  .!  /   ノ': :、 ':`ト、ヽ ヽ ':l     l   .l...〈  / / /// メ
   .;'      |:.|::::::::::|:.!:.:.ヘ:|  ノ;ノ ;ハ l、 ! ,'―'" _ ヘ l':、 :,  `¨ ヽ‐l  ;   ;   ;... 7 、   :/     \
                      l ':ハ  :l ; 斧=㍉     茫ォ気ヽ`! ;   :l  ノ.〕 \ミ≧ζ  〇     〕iト‐‐:r
                       ': ト l { ⊂丈或c     c逹?触つ l ;  .; ハ ノ.._  Ⅴ_ノ 〕       /   〔
                         ':`トV';  ////     ///// ノイ /レ' }ヽヽ `
                          l  l      '       イノ イ ノ ノ ': !
                          `ヽ':             '  ,、_人.. lノ、
                           (:. ヽ ,.: ⌒ヽ --  -v 、  ノ、、:' 彡ノ_.,}
                        ,ィ:::`:::::フ'/.    ヽ‐---‐- ィイ .ヽ} `:::::`´::::::::::`ヽ
                          /::::::::::/,:  ; .   ヽ_.. ィ    ノ l:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      /::::::::/,:   ;  : :   ヽ     ./  .l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /:::::::::/    '  :. ::.   ヽ   ノ   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3489 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:05:10.70 ID:XojBsRGt [5/5]
・読者のリアクション、安価、予想等で予想外だったことベスト3くらい



           一位 … 読者さん達の早苗の評価。
           二位 … 読者さん達のダージリンの評価
           三位 … なぜか読者さん達が地雷に突っ込まない、安全策を取っている。


           番外 … 依頼イベントで高確率で出る予定だったフェムト君が出なかった。
                 (前作と同一人物である。)


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3585 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:36:12.48 ID:DLQ1UG1o

                                      ´ -  >-  _
                             ~. ./      /         丶
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                 , '  /      |           ヽ      ..___00  ___00  ___00  ___00  ___00
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                    ′ /      /l     丶            | ∟  | ∟  | ∟  | ∟  | ∟  O O O
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|             ~     .l         / ',  ',  ヽ    ヽ}      .|_厂  |_厂  |_厂  |_厂  |_厂
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                 |  {       l  ',l  ヾ、 ィ⌒l } l|
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                 {  {      { l ̄ ̄`乂ヘ,ィ拆V l}り
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                  入',   {,ィf俐}`   `¨ヒリ ノノ
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                ~   .マ  {\ Y Vり    丶  lリ                    八
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|                  )ヽ ゝーヾゝ        ′            .ノ^代_ノ^\
:::::::::::|::|:|:|:|:|:|:::::|       。  .rzュ    ....八 ノヽ ̄`i 、     `´/              ーっーr‐r‐‐{ー
、:::::: :|::|:|:|:|:|:|:::::|.       |ハハ |{_j       ゝ乂_ソア、__ ≧f7´                ^Y'灯凵^灯
::\:: |::|:|:|:|:!:: :: |   | r┴|| | }7| |                                    . Y |  "
|:::: ヽ|::|:|:|:/: :: ::| r─┴'´ ̄二二二二二ニ=-
|:|:i::: :\|/:::::::::: | ^'´^〉二i{ ̄ ̄}─┘__ノ二二                              ´            `丶、
|:|:|::|::::::::\:::::::: |    ̄ ̄i{二ニ} :i/‐‐{/-   ,                ・       /               \.  ~
|:|:l~| ̄|:::::::\::::|         \i{                                ,          \          .__
|:|:l~| ̄| ̄|:::::::: |             ’       ,  ・     '        '. /       /               |   ^'
|:|:l~| ̄| ̄|:::::::: |      ’   '          .                    .    ./ /|     |│    _,人_  |   ~.
|:|:|::|: : | : :冂: :::|    ・        '                           | |    ,' |     |八 /   `Y|   |
|:|:|::|: : | : :|:::| :: |      +         ゚      ・   ‘              八|   │| 八  │イ\    j  |_
|:|:|::|: : | : :|:::| :: |      ,        ,ィ       ト、                      |   Τ|¬ト\   斗テ允ァ| ∧`Yい..
|:|:|::|: : | : :|:::| :: | ト、     .!ヽ ,.    ,.ィ {::ハ   ___   .|::::ヽ  _ ハ   xヘ   ,;; 八.|   |ャテ允 \∨ Vツ │ _丿人ノ.\
|:|:|::|: : | : :|:::|: : |┼|‐r爪‐|:::|八‐‐r瓜斗ノ:::::| ̄|:::::|^ヽ,|::::::|⌒'く「二}{ィ=|:|_|_fxt^ヽ{{、二ト、. | 小. Vツ ,     '''  |厶イ_ノ_).:_
|:|:|::|: : | : :|:::|: : | ̄|丁丁ニニ「」 ̄:|‐:rイFニニニニア´ ̄冂二|_l |_从__ノ:| | }::|{__ノ|YYYf {\|\}人'''   、 ノ   /し人_丿.
|:|:|::|: : | : :|:::|: : | : :l ̄ l ̄~| ̄:::::::| |:::| ̄~:|~|::| ̄| ̄;;;/ ̄/ | |:::トミs。∠ニ冂__|_|:|:|,.込 ̄|_|..`て> _    イ. ~| ̄¨| ̄:|ー=
|:|:|::|: : |_凵::::/:::: |:: :|::: : | ̄ | ̄|::‐┼r‐┴‐r‐:::|;; ;;; l ̄l冂;;;;;| |:::|::::∠二| ̄|〈 ̄ ̄¨|:::`弌|≧=-.。.,||_  l ̄:|二二l_|:: : |ー=
|:|:l~| ̄|_凵: i{─┴‐┴rー|__|_|____| |二二||;;;;;;|_;_;;;;|^^||:::| ̄ ̄|∠二ア´|/__ノ____,|_,,|ll|二二二||_ ̄丁“゙| |≠=-+:|。..,,|ー=
|:|:l~| ̄|_凵:::リ二,ィ‐r'´:|::│-_-_|_口::| || ̄ |∠>'' |^^||:::|∠二二ィ´ |/ ̄,i| ̄|:::| |  | |¨゙冂__|| |二」_|_|::::/\ ̄~~|ー=
|:|:l~| ̄|: : |:::|::|__ |:::| :|: : |::│-_-_l\_l>.||   |   |∠二∠二.イ~:|  |/ ̄/:::|  |,.ィ7 ̄77」_,,凵__||/__\___∨  / ̄~ |ー=
|:|:|::|: : |: : |:::|::|s。 ̄アー┴┴‐‐,.イi:i:i:i:i:|::::::|| ̄ | ̄ |┼|‐|┼|‐|::::レ|/ ̄/::|:: ,ィ㌻,ィ㌻ ̄77|───‐||:|:|:|:|:|:jI..。。+-'=ニ二「|\
|:|:|::|: : |: : |:::|::| /^`''+s。 /:::::|i:i:i:i:i:|::::::||   |   |┼|‐|┼|‐レ'´ || ̄ ||:::::::|ィ㌻,ィ㌻ ̄ 77:::|       :||-=≦斗ャヤ「:|\ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3489 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:05:10.70 ID:XojBsRGt [5/5]
・書き足りない、もっと使いたいキャラ
(他、>>3499さんの今作やってて一番好きだったキャラは誰? )



                 ダージリンです。後半ギャグは自重気味だったので。
                 本来ならトップス編並みにギャグにエンジンをかけたかったです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3587 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:36:44.56 ID:DLQ1UG1o




 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: . 
. : :              _ ― _           : : .
. : :             /二二二ヽ        : : .
. : :             {二二二二}        : : .
. : :              /| |ニ○ニ○ニ!          .: : .
. : :          { i| |ニ(__人__) !  _      .: : .
. : :          { i| ∨ニニニ/./二二ニ―..: : .
. : :           \ヘノニニニ∨二二/    : : .
. : :           ノ二二二二二二/     : : .
. : :        {二二二二二二二二二ニ=-   : : .
. : :         ∨二二二二二二二二二二}  : : .
. : :            ∨二二二二二二二二二{.   : : .
. : :            |二二二二二二二二二 ∧  : : .
. : :          \二二二二二二二二二∧. : : .
. : :            ∨ニニニニニニニニニ∧..: : .
. : :.             ∨ 二二二二二二二二 .}: : .
. : :             ∨.ニニニニニニニニニ/..: : .
. : :                  }ニニニニニニニニ/. : : .
. : :             {二二二二二二二二,  : : .
. : :             }ニニニニニニニニニニニ |  : : .
. : :              /二二二二二二二二|  : : .
. : :                /ニニニニニニニニニi!   : : .
. : :             /二二二二二二二二二|  . : : .
. : :          /ニニニニニニニニニニ.|  . : : .
. : :         /二二二二二二二二二二i!  : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3489 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:05:10.70 ID:XojBsRGt [5/5]
・魔王ない夫の宿屋組&大罪&王族への人物評


          宿屋(七実、エレン含む)組は全面的に信頼してました。
          しかし得体の知れない七つの大罪は要注意してて、
          王族は別に何も思ってなかったです。
          魔王目線では自分を殺した勇者の子孫ですが、別に何とも思ってなかったですね。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3588 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:36:55.06 ID:zO1sc7nt
だって安全策取らないとスレが進まないじゃないっすか~!

3589 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:37:08.15 ID:tHVC0S8w
ギャグが控えめ……?



3590 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:37:10.02 ID:DLQ1UG1o








       /:::/:::;イ:/:/::::::::::::::::;ィ::::::/:::::::::::::::::::::/:/::::::::::}i::::::::::',
     //イ::::;’}:j/:::::::::::::/,::;ィ::/::::::::::::::::::/;ィ:::::::::::::}i:::::::::::::',
    // ,:::::;’:i::}i::::::::::/,::/::〃:::::::::::::/:::/ !:::::::::::::}i::::::::::::::::〉
    /  ,:i{:::i::::i::}i::::;∠,::∠_,://:::::::::::/,::/ {::|::::::::::}i::::::::::::::;′
   ′  ,::i!:::|::::|:::レ'_,::∠__ ,://::::::::/7:/}二‐}:ト、:::::;’:::::;:::::::;′
       i:i|:::ハ:::|:::{ {{ 勹i:i:ト、.}:::::/ ,:/ xz=≠=ミゝ/::::::/:::::::{
        i:{ i:{. }:::}::、:、_込:V癶}::/ / /込r≦i:i}〃'::::::/}::;}::i!;
        i:{ i:{ Ⅵ:::}ヾ:.    {/ }      ̄¨”/:::://::; }:从
      i{. i{  Ⅶ::}:. ヾ、     ,:         /.::://:〃 i:|
      ` ゞ  }从:::、 `   } .       /イ:/-'’:::;イ{. ゞ
          ;/ }:ハ::.、  ーz 、 __    ,.イ,::::::::〃;’リ
         〃  }; }:::::i、  `ー¨¨ ̄´ . <,:::::::::/}/
          ′  リ .从r! \    . <i:′{:::::ハ{. i!
             / i:;ト、.`ー\,。≦i:i:'__,ノ}::::{ リ
             /' |ニ三ミf´rzzzzzzzュ 从:{
              j{ニ/ }ニ{ i{二ニニニ{ { `
            ,.。≦/r、} /ヘi{ {二ニニニi{ {≧ュ。、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3473 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:46:13.26 ID:Bruuy8jW
田中ルルが怪我した理由


 【田中】

       膝に矢を受けてしまってな……。


                   ▼作中に言った通りです、別段深い理由や設定は練ってないです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3591 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:37:30.11 ID:DLQ1UG1o







                                                      ― 、  -
                                                    ´            `
                                              、  _/     .´         、  \
                                              ヽ   / ,  {    -  `  、 \.  ヽ
                                                   /    !/  乂 (   、     \   ゙
                                              ' , / / ,  ' ヽ    \   ヽ  ヽ  .!
                                               l : { .{ ハ {  l `i、',  ` `ー-ヽ.!  !
       /:::/:::;イ:/:/::::::::::::::::;ィ::::::/:::::::::::::::::::::/:/::::::::::}i::::::::::',             .ヽ. 乂 ヽl__,,,,_ヽ!\{ ヽ!\ '\ ヽ l ソ
     //イ::::;’}:j/:::::::::::::/,::;ィ::/::::::::::::::::::/;ィ:::::::::::::}i:::::::::::::',            { :, ` '" ̄``}    '""ヾ、ヽ 、 !、.'
    // ,:::::;’:i::}i::::::::::/,::/::〃:::::::::::::/:::/ !:::::::::::::}i::::::::::::::::〉               l j      ノ       `  l ノ .} ………。
    /  ,:i{:::i::::i::}i::::;∠,::∠_,://:::::::::::/,::/ {::|::::::::::}i::::::::::::::;′              ノ l    ヽ        /ソ /.{
   ′  ,::i!:::|::::|:::レ'_,::∠__ ,://::::::::/7:/}二‐}:ト、:::::;’:::::;:::::::;′              ー'ハ            ' イ lヽゝ
       i:i|:::ハ:::|:::{ {{ 勹i:i:ト、.}:::::/ ,:/ xz=≠=ミゝ/::::::/:::::::{                  ノ イ\ `マ   ア´   イ 、 {ヽ、
        i:{ i:{. }:::}::、:、_込:V癶}::/ / /込r≦i:i}〃'::::::/}::;}::i!;                 / / \   ̄   '  , ヽ `
        i:{ i:{ Ⅵ:::}ヾ:.    {/ }      ̄¨”/:::://::; }:从             _ -ニ!ニニ、   ー  ´,. '" .∧
      i{. i{  Ⅶ::}:. ヾ、     ,:         /.::://:〃 i:|      .__ ‐二二二!ニニヽ     `.ハ   ./ニl>、
      ` ゞ  }从:::、 `   } .       /イ:/-'’:::;イ{. ゞ   ..../ニニ二二二二l二二ム   //,∧   /ニlニニ>、
          ;/ }:ハ::.、  ーz 、 __    ,.イ,::::::::〃;’リ      /ニニニヽニニニニ!ニニニム  /V//∧ ./ニニlニニニ>、
         〃  }; }:::::i、  `ー¨¨ ̄´ . <,:::::::::/}/
          ′  リ .从r! \    . <i:′{:::::ハ{. i!
             / i:;ト、.`ー\,。≦i:i:'__,ノ}::::{ リ
             /' |ニ三ミf´rzzzzzzzュ 从:{
              j{ニ/ }ニ{ i{二ニニニ{ { `
            ,.。≦/r、} /ヘi{ {二ニニニi{ {≧ュ。、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3480 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:51:16.83 ID:5tBekoBx [4/4]
・田中、というかルルがまともなままならどうなってたのか


 【田中】

       空気になってたと思う。


                   ▼真面目になり、個性が無くなる事になるのは確かです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3592 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:37:51.04 ID:DLQ1UG1o









.             / /    .: .::::/  .::/.:://::/  {::.:|:.   .::::::::::::::::::ヽ
            / /  /  .: .:::/  .:/.::/ ,.:゙::/==ヘ::ト、. /.::::::::::::::::::::::::::.
         / / .:/  .: .:::/ .:.イ.::/ /:,∠===zミ、∨.::  .::::::::::::::::::::::.
        , , ゙ .::/  .:::!.::/ .:/ /://7.:/, , =ァ、   }///.   .:::/.::::::::::::::::
       / イ .::/  .:::::|/l.::/`X/iレ'/〃_辷zり__, //.:  .::::/.:::::::::::::::::::!
            | :イ  .::/.::{,ィ7弌メ、/´ ` ̄ ̄ ̄ ̄´7/.:  .::::/.:::::/.:/.::::::::}
            |./ il .:/ .::::ト、」f斗'′            //.:  .::::::/.:::::/.:/.::::::::/
            |:! ¦:i:{ ::i::|    ヽ   ____,`ヽ, /イ.:::: .:::/.:::, くY:::::::::::,゙
            |{  | :リ ::{::|    、ニ, -‐─‐‐ァ′ /.::::://.::/〉 l::::::::::::{
           | !  :!ハ    V       /   /.::///  _ノ.::::::::i::|
           l 小 :! .:ヽ、   }    .ノ  ///'" ノ`7.:::::::::::i::::|::!
              _ノ | ト. !.::::/ \ └-‐ ´     ´      /.:::::::::::::|:::{リ
              リ} {:::/  }:ト、 ` ̄      .  ´  /.:/::::::::!:::ト、|     ___
                ノ.: メ、 /.::i::.ヽ  _  -‐ ´     /:,イ:::|:::::ト、|≧-‐ ´
             '⌒´  ノ イ::/ 二二二`仁二二二/二|:::ハ> ´      /
                   |ハ {    } |  _〈 〉- 、 -'‐ ´       /
  , -‐-   .              } |     | | {r┐!.」⌒          /
 /       `ヽ、__, _     」 {    } |  └、{.__,ィ         , ´
. {             > 丁7´` く    ノノ  /ー' r‐'        /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3491 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:21:14.81 ID:IHRzE40t
乙ー
・田中って?


 【田中】

       ああ!


                   ▼田中は田中だよ。名前以外に意味は持ちません。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3593 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:38:26.42 ID:DLQ1UG1o





                          ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                       `''|/ノ.., ' ヽ
                   .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                            |. ,.    ヾ
                  .''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                       _   |. '
                  -'' ' '   ー'' ー  ''' ''                        \`ヽ、|
                ┌──────────────────────────..\, V. ┐ `  : .: ..,,;.,
                 ∩.│    【あんこ・安価】元魔王は冒険者の酒場を設立するようです. .`L,,_          .'.':. .,.; ,..
               /∪.└────────────────────────────.|ヽ、)  ,、 ..:.: .: ... .  .:.:.
              //|:::l\\                              (., .: ... : .  .:  /    ヽYノ . .: ... .. .
         //  .|:::l  \\                                     ` . :. .;;,./    r''ヽ、.|..:    . ..::
          .//    .|:::l   \\                                     |     `ー-ヽ|ヮ.''' '' ‐-''
      //____|:::l___\\___________________      .|       `|
    ..//―.┌―┨:三::┠―┐‐.\\ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\   ....|.        |
   //    .|:|  ┃:三::┃  |:|   \\ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\  ..ヽ、      |
. .// ∨   .|:|  ┃:三::┃  |:| .//  .\\ェェェェェ[三三三三]ェェェェェェェェェェェ[三三三三]ェ:\.   ヽ____ノ..、
..</|:|   .∨  .|:|  ┃:三::┃  |:|//   .|:l \>ェェェェ::| r――ォ |:ェェェェェェェェェェェェ| r――ォ |ェェェ::./          \
. .\|:|   .∨ l:|  ┗:┯::┛  |:|/    |:lェェェェェェェェ:| |     | |:ェェェェェェェェェェェェ| |     | |ェェ./           `
   |:|ョョョョョョョョ|:lョョョョョョl:|ュョョョョョョ|:|ョョョョョョ!|:lェェェェェェェェ:| |___| |ェェェェェェェェェェェェ:| |___| |.,          、   |
   |:|∨   ._|:l______|:|__________|:|_ .//|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..| __ノ          \   |
   |:| .∨ 〈三三三三三三三三三三〉./...|:|\|:|__|:|/  Ⅵ:|  |:|/ Ⅵ:|   |:|/ Ⅵ  |:|                   |
   |:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨEヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ..|  (● )    (● )   |
   |:|   ∨ |::::|| ̄ ̄||| ̄ ̄||:::|  //   .|:| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王| |王|.  |                   |
   |:|   ∨ |::::||    |||    ||:::| .//    |:| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王| |王|.  |                   |
   |:|    ∨|::::||    |||    ||:::|//     .|:| |王|   |王|__|王|_ ..|王| |王|   |王| |王|.  |     (__人__)      |
   |:|      |::::||__|||__||:::|/      |:|    ̄ ̄γ::::::::::::.. 、 ̄     ̄ ̄      . ̄.|                   |
   |:|王王王|::::|回 回:|:回 回|:::|王王王ヨ|:|圭圭圭圭〈:::::::::::::::::::〉圭圭圭圭圭圭圭圭圭. |                   |
   |:|土土土|::::|     :|:     |:::|土土土ヨ|:|圭圭圭圭 .T  ̄ T ...圭圭圭圭圭圭圭圭圭. |                   |
.. .<三二ニニ==-----------=ニ>  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                   |
                                                         ,              ,
                                                         ,                /
                                                          、          ,
     ..┼ヽ  -|r‐、. レ |                                           、        ,
     ..d⌒) ./| _ノ  __ノ                                           /   ̄ ̄ ̄ ̄  、
                                                       /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3491 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 01:21:14.81 ID:IHRzE40t
乙ー
・結局その後何がどうなったの?
(他、>>3469さんのこの後の勇者の処遇、または七つの大罪及び黒幕等)
(>>3495さんのあの後、魔王とやらない夫はどうなりました?
(>>3514さんの早苗とエレンは人質に取られてたらしいけど、その後は解放されたのか?)


         確かに疑問に思う人も多いでしょう。最終回のブン投げには理由があります。
         理由はその後を書いても『ふーん……』的な感想しか出ないからです。
         黒幕は何処かへ消えますし、勇者は流石に死亡しました。
         やらない夫達は普通に宿屋を経営してますし、勿論早苗とエレンも解放されました。

         この後のエピローグを書こうにも、全くいつも通りの日常に戻るだけです。
         感動的に見繕う事も出来ますが、逆にブン投げENDの方がインパクトあります。
         逆に爽快感があると私は思います。なのであえて描写しませんでした。
         話はそれましたが、各々が予想できるような今後を過ごしているとだけ言っておきます。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3595 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:39:08.44 ID:DLQ1UG1o








                . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . 
               . : :                        ∧        : : .
               . : :                       ,′∨       .: : .
               . : :                  /      .,′. ∨      : : .
               . : :          ,)   /       {    !..       : : .
               . : :         {:   ′u    ij.. .人___ ノ.  ,/  /. : : .
               . : :           :}   !    !|!   ゛   し :| (  {  ..: : .
               . : :       ヽ     〈 __」}{≦ニニル     |   }   ) :}.: : .
               . : :         {:  (   {`フ´   ゙゙ヾ."  u  ト   (  {.: : .
               . : :          )  }  ‘{       } / :{ ヾ≧; , _  . : : .
               . : :        (  し  >-r个ーr┐' {:  }  ∨///>.: : .
               . : :         -==<∧}T_T_T_j!   / ト , `゛f'´.  : : .
               . : :     / 〃    〃/,| =-   //   |/∧   ...: : .
               . : :    ,/  /  ジ  ∨/,{      イ /   |///〉  ....: : .
               . : :    {    /   人ミヾ≧=≦Ⅵ __    ′J   : : .
               . : :    {   ij  /   ー=≧ミ彡"     _,.ムミ、   : : .
               . : :.    〉    /  し   `ヽ/ - ―…  ̄゛ マミ≧、 : : .
               . : :    /     :{        {!     ij      マ≦=-: : .
               . : :                                  : : .
                : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : 




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3469 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:45:25.00 ID:LayFiOWi [16/16]
おお、本当に終わりかwww
改めて完結乙ー!
お疲れ様でした!!!

・魔王の設定について、または結婚した相手とか


               魔王の設定になるか分かりませんが、実は魔王、嫌々魔王をしてました。
               ……と、言うのも魔王の時代の魔族は馬鹿ばかりで仕方なくやってた感じです。

               プロローグ通り、魔王は戦争中に魔王になりましたが
               完全に状況に追われてって感じです。魔族劣勢でしたし。

               ぶっちゃけ魔王自体は『あれ?別に魔族は降伏したら争う必要なくね?』
               とまで思ってた位です。まあ周りは許してはくれませんでしたが。
               魔王は進んで人を殺そうとせず、和解する方が賢い選択じゃないかと思ってましたね。

               なお結婚した相手は名前もない魔族です。キャラクターの設定はしてません。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3596 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:39:36.26 ID:DLQ1UG1o








                .  ´ ̄ ̄ ̄ ̄`    ._
          /                  \\
          .                   ヽ \
        /                 (⌒)_(⌒)
          {   / {   /_   }._   }  /´__r┐__ヽ
        V爪/| 人 ´/、    ハノ`ヽ/  {´      ノ
           |  l/   V┃\ ノ ┃}ノ} ィ i>…- rく
           |  |    ┃     ┃   } |     | i
           l 人               ノ ノ ;   リ l
   _      ,ハ人从.    r    ┐<`7厶ノ’/  :
. (  \  f⌒ヽ     |`  _ゝ_ ノ__/  <_ イ    i
  \ く\ノ  _}   |  _ _ノゝ_ノ  {.   /)_j.    |
    _.>>X ´       | /((__ノ}i{、___人//./)    !
  (   _ノ \    ./⌒ヽ`¨´ }i{`¨´  )〈//⌒)
    ̄     \xく.    r 〉   }i{   ( (∠厂 ̄`ヽ. i
         (__人__/i/______}i{______ノ} } \    /^)l
                (_,ノ⌒^ ̄ ` ̄´ ∨  \_,/ー'/
            /               V}ノ} / }/
           く\              ノ 〉 l/
            >、 …ー‐‐‐‐‐… /
           (____ノ ̄ ̄ ̄ ̄[_____)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3479 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:49:37.13 ID:tHVC0S8w [5/5]
・やらない夫の魔族としての固有能力


              早苗、もしくはゲンソウ国のイベントで習得可能でした。
              その際には自由記入安価で決定でしたね。自由度高めです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3599 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:40:01.89 ID:DLQ1UG1o





                                   ____
                                      /  ____  ``丶、
                        -―――-ミ/ イ: : : : : : : : :.:/_-_- _ \
                        /::::::::::::::::::::::::::::::: \-|: : : : : : : :/_-_-_-_-_-\\
              -――― ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/ ̄_/-=ニ_-_-_-_-_-,\\
          /'"-―‐―‐:::/:::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_-/: : : : : : : : :>< : : : : \\
          / '  /:::::::::::::::':::::: /::::::::::::::::::::::: : : :::::: }:::::::::::∨-‐…‐-< ̄ ̄ ̄``~、 } }
        〃   /::::::::::::::::::: |:::::::'::::::::::::::::{:::::::: : : : : : |::::::::::::::._-_-_-}: : : :}``~、、/-_-_―=ミ
        {   ':::::::::::::::::::::::::::|::::::{:::::ヽ::::::人:::::::::::::::::_,.|_ヽ:::::::::i ∨: :/ヽ―‐=ミ_-_/``~、、_} }
           /::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::: ∨ -\:::::::::: 斗ァ|::::::: ,  }<_-_-_/: : : : Y : : : : : : ト _/
         ,.::::::::::::::::::::::::::::: |::::: ∧::::::::: 斗イ \::::/vソ |::::::/|  ': : ><: : : :/_\: : : : /: :{
          i:::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::{_、:/乂ソ   `,    |:::/ 人/<_-_-_-)/_-_-_-\/: : :|\
        /  ̄ \:::::::::::::::::|::::::/ ̄ \::::::.   、  _ /|:,' ―― __)_-/: :\_-_-_/: : : /-_-
          / \=ミ/ヽ:::::::::/::|::::,     ヽ个__ .,,__/  /_-_-_-_-/_〈 : : : : : ヽ/: : : /_-_-_ /
 _____{― 辷ソ ―}:::::::/:':ノ::∧     { V   《⌒=/_/ 7=-_}___彡' : : : /_-_-_-/
/ ̄ ̄ ̄ ̄ \/  ヽ/::-/: /:::/::∧   V≧=-  `¨〃〉、  ∧_彡――――――‐r‐=≦
        /:: ̄| \:::::/: /::::::::::{≧、__、/// >ー /__:\___彡 >--=ニ\      }\
        /:::::: /| |___7: /:::::::::::::、ニニ=-------=彡'-=ニニニ∨-=ニニ |``~ ―<_ ノ
.     /:::::::::::/人:::::::::: / ̄ ̄ ̄ \ニニニニ=-  _{-=ニニニニi-=ニニニ,
   , .::::::::::::::: /   `¨¨´           ヽニニニニニ=- -=ニニニ:,-=ニニ /
.  /::/{::::::::::::/                 ニニニニニ=--=ニニニ/-=ニニ / _
  、:∨:::::::::::{                  -=ニニニ=|-=ニニ=/-=ニ /-=ニ=-  _
.   \:::::::::: |                 }ニニニ=-:|-=ニニ〈:-=z/-=ニニニニニ=- __
      \:::: |                 |ニニニ=-:|-=ニニ=- /-=ニニニニニニニ=- /
       i::::|                 |ニニニニ }-=ニニニ} -=ニニニニニニニ=-/
      、:::::、                     |ニニニニ=- ---=彡-=ニニニニニニ=-‐
.        \::\                   |ニニニ=-/_〈_/-=ニニニニニニ=-‐
.        \::\ _              、ニニニ'イ∧ヽヽ
           ―――=ミ          \_彡'´ \ソ
                   )::)          L |!
               乂_彡'         / ̄|
                          r '"乂/,
                         ///(/
                         `¨´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3500 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 05:53:54.07 ID:3XLR38K/
・七つの大罪の仲間にする条件
全員集めるとなにかあったの?


              巻きプロットでは全員仲間になる事は不可能でした。エレンと七実のみです。
              通常プロットでは違いましたが、蛇足になるので省きます。

              まあ、エンディング程度は変わったと思います。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3600 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:40:53.97 ID:DLQ1UG1o







                      __
              _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
            ,.:.´: : : : : : : :ヾ:.:/: :`: :.、   )
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /: : : : : : . . . . . . . . . . . . . .: : :.:.:'.,
       /:.:./: : : /: : :/:.i: : : : : : ヘ: :ヘ: : :. ',
       i/: : : : :/: : /: :.|: : ∧; : : ヾ: :|: : : }
      {:.:./////ー':|: /ー'|: : :|ヽ、|:.:.,:.:i
       ∨ /| '´ -  |/  - |/ヘ|/ |:.:.:|:./
       !/i:.:.:l  ̄ ̄` ′ ´ ̄ ̄  |:.:.:| }
      . 〈 .|:.:.:!             |:.:.:.!イ __ , -―- 、
        `|:.:.:|  ∪          |:.:.:l.l/.:.!     __,r‐、
         !:.:.|    r――┐   ,. !:.:.:!{.:.:.!     /.:ノ.:.:〈
          |:.:.:| \   ` ̄ ̄´ ,.イ |:.:.:||:.:.:.\  ,.-ノ:/.:.:.:/
   __ __  ヘ;:.:!>{::`:ーr:┬:r‐:´::::}<!:.:/ >、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/
/´:::::::::::::∧`\ヾ!:::/´ ̄>C< ̄`∨::|/ !{__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./
:::::::::::::::://::::∨♀´ ̄  ̄`Y´ ̄  ̄`♀∨ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、
:::::::::://::::::::::::|       人       |  ヽ:_:ヽ.:.:/丿i
:::://::::::::::::::::::!    /´  `\    !     ̄ ̄   |
 ∨::::::::::::::::::::::ノ  /´       `\   ヽ        ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3514 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 20:17:39.10 ID:A4aZX/SP [1/2]
質問

2今のセイバーは勇者の子孫なんですよね?
昔の勇者セイバーの子供は殺されたらしいですけど、勇者の血統はどうやって今まで存続したんですか?


              勇者の子供は殺されてません。王族が殺したと思っただけです。
              まあやり様はいくらでもあります。偽の子供を使うなり、崖に落としたなど偽るなり。

              その後、普通に血統を継続させてました。
              因みに血統はセイバーのみです。それ以外には存在しません。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3602 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:41:27.54 ID:DLQ1UG1o





: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./::::::                ヽ,::.. ヽ',: !: !//
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/::::::::::::::...     .............       ヽ:::   ',!: :ヾ'、    ,
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....        '、: : : `ー‐ソ
: : : : : : : : : : : : : : : : ,/:::::::::::::::::`::ー―‐,::イ:: ̄ ̄ ̄`:::::::、::::::..   / ,  ヽ: : ヽ ̄
: : : : : : : : : : : : : : : : :/:::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::/  ̄ ̄ ̄`ヽ、、',:`ー::イ/ i'    \: :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : :/,:::::::::::::::::::::::::::::ー'::::/ ̄',   ん  i! `.'!:::::i!:::i!::::〈:::::::......  ',: i:ヽ
: : : : :,イ二ヽ、: : : : /':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,、 ヽ.  ゞ'  .i!:::::::::::::'  / ,::::、::::::::.....ノ: !ヾ',
: : //, - ヽ::ヽ: : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..! i:::ヽ ヽ..   ,-、!:::, :::    !"イ::ヽ::/: ,: !
: / ./ /  ソ ヽ::i: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::  i i ::::::::....`ーく イイ/    ! ',::,イ`ヽi: : :/
:.! ,' / ヽi./ /!:::i!:::::::::::::::::::::::::::::::   ! /   ::::   /  /    i  ',!  i! i:./
:.', /ヾ、  !ヽ.! i:::/::::::::::::::::::::::::::::    ,','    ...::/   !.     !.  ',   !'
: :∨ ゝ、  f i!:::::::::::::::::::::::::::::::    ,' i   ..::/.     '      !  ヽ.ノ!
: : :ヽ_ `ー--、::::::::::::、:::::::::::::::::    ! !  /        ,    __ヾ, !
: : : : : : : `ヽ、::::::!:::::::::::、ヽ:::::::::::::   i i           .!-‐ '''":::::::::::::::`ソ!
ヽ、: : : : : : : : `--!::::::::::::ヾ;;!::::::::::::  i .!           ヽ::::::::'"フ:::::::::::/ ,
:.:.:.:.ヽ、: !: /i: : ハ: !:::::::::::::::::ヽ::::::::::  ! ,′            ヽ:::::::::::::/ ,′
:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、: :/ ヾ!:::::::::::::::::::::::::::::  i .!               `ヽイ   .,′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、::::i!::::::::::::::::::::::::::::   i !     _______    .,′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、::::::::::::::::::::::   i i      ̄`>、―――-、、ヽ.  /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::::  i !          `ヽ::::::::ヽ /  /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::.  ! .!            `ー―'   /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::... ! .!                 /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.、::::', ',                 ,′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ;;;;;;;ヽヽ、', ヽ::..                !;;ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヽ、ヽ::::....            !;;;;;;ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3515 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 20:24:26.73 ID:A4aZX/SP [2/2]
3ジル・ドレイさんの過去について詳しく
魔王とか呼ばれてたらしいけど、魔族の血は引いてないんですか?


             魔族の血は引いてません。悪逆非道の行為をして魔王と恐れられてただけです。
             仮にも奴隷商人です。それくらいの黒い過去はあります。
             まあ、奴隷に非人道的な事をしたくらいと言っておきます。
             そこを詳しくじっくりと書くと、R18Gに触れます。流石にね。
             なお、ざっくり説明するとジャンヌと言う女性が現れ彼の歪んだ心を救いました。
             その後彼はクリーンな奴隷商会を築いた訳です。まあ、裏話です。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3603 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:41:56.34 ID:DLQ1UG1o



                     .   ´  ̄  ̄| ̄ | ̄ ̄  ̄ `   .
                  .  ´ j  j > -- ──── <      `  .
                    /  , ィレ'. 王王王王王王王王 ` <ト     \
               / \//ニ王王王王> ´:: :: :: :: :: ::` マ「 `  、   \
.               . '  //.ニ王王王王/::∠二二二 `ヽ :: :`マ ./\. / \
             . ' \. '. ' 王王王王王ヲ' :::/::i:l:::: ト、ヽ::\:::::\: :::\`ヽ ∨  / ヽ
              . ' \ .//王王王王王 マ.::/:::{ :从:::」L.. ム斗へメ. :: ::: \::\∨  / .
.            /   //..王王王王王.' ::::!::::::Y≧≠    ィ弁K i:ト、:\:\::\/  .∧
            / \. //.ニ王王王王王l.:::::l::::::: {以斗  :!  ´ ⌒ ` |:!::\:::\:\::\ / ∧
.           /   ∨/ 王王王王王王|::::::l:: :::人    '_ ___   从:: ::: \:::\:ヽ「\ / ∧
.          /   ∨/ニ王王王王王王|:: ::l::: :: ::::\  ┴‐‐'´  人ハ:: :: :::.ヽ.:::ヽi }∨./  .
.       /   ∨/.王王王王王王王|::::::l:: :::\::::::\      /.:: :}:ハ :: :: ::.Ⅵ:::|王 }H    !
          //ニ王王王王王王王|::::::l:::::\::\::::::\ -< {´ ̄ ̄ヌ :: :: :}:l:从ニ}H   l
       i    . il王王王王王王王王リ.:: l:: :: :::\:::ヽ:::::::ヽ   }  /.:: }::::::人! :ハ j}H   |
.      i    ! l|王王王王王王王王 Ⅵj::ルノム:\:::∨´  .リ / ´ ̄ ハ斗くル' /.H   |
.        l   l l|王王王王王王王王王 厂 ̄  \ \}  /X     /  i:: :::::\/jH   |
      l   l l|王王王王王王王王王/  ノ   /` Y^ー<._    レ'   !: :: :: ::::ヽjl   |
      |   | ||王王王王王王王王.マ  /     /. :::∧: :: :: ::: ::Y j{.    ! :: ::ヽ: :: :Ⅵ   |
      |   | ||王王王王王王王王ム斗レ'  〈 : :::j ∧\:: ::.::メ、 i!   八: :: :::i: :: ::l:|  |
      |   | ||王王王王王王王厂 __. i{    ⌒Y:: ::\.\:: :::\   '  ヽ :::l:: ::: l:|  |
      |   | ||王王王王王王ヲ   ´  八      ん~ へ \/⌒i     ヽj:: :::: リ  |
      〔二二.| |レ< 王王王_ム  / / .ハ  .  {     / /.::::: |   -─ ^ー < 二二〕
      | _ _.ィ<.__    ̄ ̄ ⌒ヽX. /.::/:::ハ  }  j>─-く :{:: ::::∧     r<二\. |
  x升厂 ̄`ヽ \           }.: /::/::::::}  レ'´. : : : : : :.Ⅵ::/::::::\     lレ'´  i i Tく
/ j i/ /´ / }  ノ         . イ斗 <. ::.::ノ /. : : : : : : : : : :∨:::/:::/\  〈 `Y .l l iしヘ
しイル' イ r-<<⌒ ー-- ─ <.::: ::: :::,斗:< jレ': : : : : : : : :: : : : : :V.::::/.:::::/: ̄7ヌ:八 ノノイ   }
.{     }王王彡ヘ    .  ´. :: :: :: :: :: :://!: : : : : : :」: : : : : : : : :V:: :: :/:: :: ::/::/ | 入 ___ノ
入 ___ ノ.王王彡 ヘ  / . :: :: :: /.::::://  {: : : / ´: :!: : : : : : :: : :iト、: :: :: ::./.:/ j ミ ノ  乂
 ノ  乂_ノ 斗<瓦レ'´. :: :/:: :, ':: :: 厂レ'   从: :./: : : : !: : : : : : : : :.|:∧: :: /: : / /|二`Y^ー==〒
‘r===〒 彡「 ヌ. :: : /: :: :/ :: :::〈: : }     ∨: : : : 从: : : : : : : : :|k:八 ': : :/ //|   |「 ̄  ̄ }|
 |{    }| 斗</ :: :::/ :: : :::/: :: : ::/}: :j     /: : : : :': :∧: : : : : : :: |ハ: :\{  ///j \j.| ___ .」j_
 片≠=千三彡{ :: : /:: :: :::/: :: :: :/ ノ: :{    ./: : : : : : : : ∧: : : : : : :|: :.}: : : :∨./ ./| \ 「「 ̄ ̄ T
  ||    || 三彡ヘ: :::i: ::レ'⌒Ⅴ⌒ヾ: :.八   /: : : : :: : : : ': ∧: : : : : :.!: :从: : : }'王王 !  Ⅵ    ||
  ||    || 三彡'ヘ〉:リ/: :: :: ハ: :: : :\ \./: : : : : : : : : : / .ヘ: : : : : :!/: /: : メ 王王 i\  l|    ||
  ||    || 三ソ/.::/ :: :: :: :/:::ハ : ::: :: ::ヽ .': : : :: : : : : : :/  ヘ: : : : :.l:メ斗く王王王/ \\|    ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3516 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 20:34:50.58 ID:fq2d4DJT
質問
イッチが一番出したかったけど出せなかった情報は?


             黒幕ですね。最終回前に思い切って出しましたが急展開と思った人も多いはず。
             これ、一話から伏線張ってたんですよね。

             『”安心院なじみ”の蘇生術?んじゃ安心院さん本人も復活してる可能性あるな。』
             ……と、誰か一人でも予想している人がいる事を祈っています。



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3604 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:42:29.42 ID:DLQ1UG1o




              ,ィ⌒>、
             ,イ   ハ、ヽ、
            //  ,.イ ヘ  ヘ
           /. ,' ,:'´ ,:   ヽ  ',   ,.....、
            ,' :     ,'     :ヽ .}/:;' 、 `'' 、
           ,゙  :            トノ ;.'__ j リ, ; }
            l  ,: l        ;'/;'i"゙㍉゚彡=y、j
.          | ./.: '、      ,:'.},':::辷彡、_,;_ ゙゚ソ       rrx===‐ .
           {レ  ; '、    .,:'  }::::::y;《xニ、ミz’         ,'.i ! |   ` `''x
.          ,!:     、  ,:"  リ::::::{" 、゙"''‐’}        .ヽL!、ヽ "I    ヘ..、
         ,' l      ゙:/  /ノ::::::ゝ,,_`j''゙ l::ヘ        ゝ-'>‐、..ヽ--'‐''_ノ';.
.          {  l    '、 I  ; ,'" ヽ::::::::::::`‐'::/.ヽ、        {.`ー-=‐'''゙゙´  ';
        l   ! :    ゙、ノ::'     ヽ::::::::::::::ノ ,ハ ヘ`:、‐x       {       _」
          {  l::!    }::'       ';:::::/-''"‐= ゙:、}:、 ゙ヽ._,,,, _ ゙'┬==--‐''" ';
         { : {:::i     ,';::   c  ` `::f _‐      ゙;:>: 、,〉,  `'' 、::'; }    ';
        ',.i }:ヘ、  {' ゙:     `‐ 、::{_,,.::      :}   ヾ、    .゙::.l.,'    ',
        'l ,! }::゙j ; ! 、゙       ::{     c  イ   ,.: .ヽ    :::l      .;
           ゙; !; ;'::{ ; i :ヽ      .:::l       .ノ;'  . :'   ゝ   ::;     .}
.          ヘl ハ ヽj::..';. :::ヽ、_   _..:::::゙ゝ,,__,,, ,,,,イ::::   ,.:' ,,イ´ `''、 ノ人    ./}
.            } ゙i l゙ ''::::::::i´''::' ::::::::::::::''::''::::::::::::::,.::::::::'ケ"~''7" ̄`¨⌒゙>'"  ゙':;  ' /
.           { |  .':;::',  .レ     l:   ヾ//",./  〃     /,,,_,,ィ、__,,./
.           '; ;  ヽ ::':、 {     {:   ,: ,/´,ィ _,イ;:、_,,,...- ''' ̄
.            ';:'、 ゙ヽ!:::::> ゙'i: `¬:::;ゝ‐ .i'::::::;'ィノ゙,/
              {:゙、    i゙;:、 ゙!   ゙!:   リ ゙;:/:x"
            l:、! ':、゙i,'ヽ、` : . . ヘ:  }: l.:::|
.             ';'、`;  `!:';  ゙ 、  `''';: '"゙ヘ ゙';::!
              ':ヽ ゙i  ヽ:、 .ヽ    l   .'; .';:ヽ、
             ;{::_j,,..-―- .}_   、';_, `~:、,.イ_ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3517 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 20:54:46.37 ID:tNXewaoW
乙です
まさかこんなに早く片付くとは思わなかった
好きなキャラはヒル魔でした。楽しいスレをありがとうございました!

ない夫だけがレベルアップしまくりだったけど、他キャラも満遍なく強くしていたら、話の展開が変わっていたりしたのかな?


        展開自体は大きくは変わりません。しかし要所要所の小話は変わっていたでしょう。
        ベルカの方が育ったら、ベルカはない夫を鼻で笑う程度のイベントは起きてましたし
        パリストンがレベル上がってたら、空気にはならなかったでしょう。

        まあ今の展開は上がりすぎたことにより、話の展開は大きく変わった事はないのでご安心を。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3605 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:42:47.83 ID:DLQ1UG1o






                > : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ     __
             -=彡/ : : : : : -= ニ __: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :二ニ斗 ´
               /: : : : : : : : : : : : : : : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                / : : /: : : : : : : : : : : /!: : : : : : : : : : /!: : : : : : ヽ: : : : : : : : : ',
                : : /: : : : : : : : :!: : /  : : : : : : : : : ' ! : : : : : : : ',: : : : : : ',: : ,
              ' : : , : : : : : : : : l: : ム-', : : : : : : : : | __!: : : : : : : : :,: : : : : : ,: : l
                { : : l : : : : : : : : !: :/  ̄ ',: : : : : : : : !´--,: :!: : : : : :l: : : : : : :}: : !
              ' : : !: :l : : : : : : |     、 : : : : : : |   ', |ヽ: : : : | : : : : : ,': : ,
              ∧ : |!: :,: : : : : : :!/ ___   \\   !   ヽ \ : : : : : : : ': : :
                : : : :丶 : : ヽl,, ===、、    \!  x -- 、  y: : : : : :/ ' ' ヽ
                 X:,丶: \: : : .,            " ̄ ̄ ヾ/: : : : : :/:./:./: : : ∨
               ./: :ヽ \ヽ\: :\               /: : : : : :': :/〃: : : : :∨
               ': : : : : : ',: :ヾ∧  ̄       l      ムイ: : /: : 〃: : : : : : : :∨
               ./: : /: : : : :,: : : :∧              /イ: : : : ,' : : : : : ',: : : : ∨
              /: : / : : : : ∧: : : : ト     `  --       イ : : : : ,: : : : : : : :' : : : : ,
             ./  イ: : : : : : : :! : : : |: :>             イ: :,: : : : /: : : : : : : : ', : : : : ,
            //: : : : : : : : : :!: : : :l: : : : >      </: : : ./: : : :,': : : : : : : : : : ,ヽ : : .',
          /: : : :/: : : : : : : !: : : :! : : : : : |    -     !: : : :|: : : :,': : : : : : : : : : : l  , : : '
         /: : : :/: : : : : : : : : ': : : :' : :/ ̄}        |--、 |: : : l: : : : : : : : : : : : !  ',: : :!
       /: : : :イ _=、 ――‐/ : : / ̄    /        丶!  ! : : |――――‐ー|  : : !
      /: : ´/: :/´   \  / : : /     |/          |   ,: : :!       /-、!  |: : |
    //   /: :/     / / : : /     !           /.   !: : |     <    ヽ  |: : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3518 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 20:55:57.54 ID:9jg2nNPP
質問
今回はダイスでやらない夫のエンディング後をやらなかったのは何故かしら
まあヒロイン安価をやってもナナミン以外は母親だったり弟子だったり空気だったけど



          今回の物語は、その展開に沿ってなかったとだけ。これは前作は前作でお願いします。
          いつもいつも同じにはしません。神竜石もそう言うダイスは振ってなかったはずです。
          話によって、エンディングの有りようは変わります。

          今回は話が分からずブン投げENDの方が面白いと判断したためそうしました。
          逆に疾走感があると思います。……多分。



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3606 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:43:08.20 ID:DLQ1UG1o







              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶.
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3519 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 21:05:24.47 ID:oe5MRGh/
質問
正直やらない夫への経験値一極集中って予想してた?



          スレ立て前は想定してなかっとだけ。
          今回この経験値振り分けシステムを採用した理由は『レベル差をなくす為』です。

          前作で『戦闘キャラばかりレベル上がる!不自由だ!』と言われ、
          んじゃ拠点で自由に振り分けられるようにしようと思った限りです。
          だから別に細かい設定をせずともキャラ毎に振り分けてくれるだろうと思ってました。
          逆に細かい設定を付けると、取っつきにくいですし>>1の管理も難しくなります。

          ……まあ、長々と言いましたが想定外だったとだけ。振り分けてくれるとばかり思ってました。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3607 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:43:33.97 ID:DLQ1UG1o









                                             i
                                             li
                                             |l
                                rf三≧x,_     川
                              f三三≧{/  `ヽ   川
                              └三シ'"´       ヽ,川
                                ノ   __      Ⅵ|
                             「`¨¨´ヽ\      川
                             |  、   \\     川
                             |  ヽ    ヾミミx、__,川
                             └┬ f      ヽ` ミミ川
                               } ト、      ',  川
                             / ノ ヽ     j   川
                ‐=≡ニ二三三三三三三三三三三三≧=彡′


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────
3520 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 21:14:46.73 ID:LSKUS+mz
質問
ぶっちゃけ今回のお話飽きた?
あるいは手詰まりになって風呂敷畳んだ?


          飽きたら告知せず失踪してるとだけ。そう思われてたのか……。
          飽きてはいません。それとこの手の質問、他所では言わない事を強くお勧めします。
          ……と、言うのも作者さん。結構繊細な方が多いです。少しの言葉がナイフとなります。


          手詰まりになって風呂しく畳んだ感は否定できません。
          早苗が生きていればこんな事には……。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3608 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:43:53.97 ID:DLQ1UG1o






                     __ _
              _ / ̄ ̄/ / \
          _/_ /` .ヘ   //\.  ヽ
           /  ./  ./ .〃\,' ト、 ヽ   、
           /    /   ! ,ヘヽj/ハ  ',
            '    '     ! !/,ヽl//ハ    ト',
.           l    l    ! !ー '"´ V、   l ,
          l i   l      :!     ',.lV   ! :
.         l ,!  :l l   ! l.       :! lV :. ! l
.          !/ :! i :l |  :l :l     :l lハ :!,l :!
        |! :l.l.l l l   l !     /.!ハ l L、
        l   l! l :l l   l', l--‐ '" -, ハl.l ! ',
        |   l l, !.V、 l |.V<ー   //lV,l.l、  :l
.          ',  j l/l、 V! :l ト.V.` ー ´/、{.∨  : !
.             /.リ l '!.ヽ|ニヾニ="lニ,- _ l. !
             / l   l   ヽ二ー-ニニjニニ,   l. l.{
           ,   l   .l    l∨二二二ニニ,  :! :Vヽ
          ,       :l__ / Vニニニニニ,  :! :!'/
       /        ./   Vニニニニハ  l :!{
      / _       ヽ.   V二二ニ/,=! l :lハ
      /  ̄    ヽ.       、   V-==イイニ! :l :|/l
    ∧           ,   l   ヽ   V二二二l :| :l/ハ
    ∧          ,  l    ヽ  Vニニニ!:! :|/ハ
.      ∧           ,       、 .Vニニニll l//ハ
        ',         .! /         \.Vニニニl! !'///l
.     ノl        /          'lニニニ| l///∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3522 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 21:25:42.83 ID:2ExRI8fU
質問
・国限定や来客系…そして黒幕以外のキャラで最後まで登場する事が出来なかったのは居たのかな?


      少し一杯いすぎるので全部紹介するのは省きます。
      と、いうのも泣く泣く省いたプロット内には色んな章やイベントがあります。
      『シャドール王主催、闘技大会編』、『ホワイツ騎士団編』、『空飛ぶ宿屋改造編』などなど……。


      そこにいる要所要所の人達は全員出れなかった感じです。まあ結構省いたよとだけ。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3609 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:44:17.80 ID:DLQ1UG1o









三三三三三三三三三/ニニ{           \  ヾV//ル'
三三三三三三三三/ニニニ込ー======‐-- 、  \  ∨ん'⌒
三三三三三三三/ニニニ≧三二ニ=-─=ニ三込    ). V≦⌒
三三三三三三三`Zニニニニ=====イ  ̄ ¨ヾ ミ辷イ 〈  寸㍉
三三三三三三三アニニニニニ====∩    0     (  \  )\
三三三三三三ニ.イニニニニニ====ノ人ヽ    从   Y/ハヾイ从
三三三三三三三{ニニニニ====={ {弋三≧=彡/   ', V⌒Y从
三三三三三三ニミ|ニニニニ===. | l    ̄/ {    ', ', 0 l
圭寸三三三三三込ニニニ==   |.l   /       ', ',..ノ
圭圭ヽ三三三三三込ニニ==.  |.l /     r  -==-く|
圭圭圭\三三三三ニニニ==  ||         辷ニニニニ/l
圭圭圭圭\三三三ニニニ==  ||           >==イ  l|
圭圭圭圭圭\三三ニニニ==  ||      __     从
圭圭圭圭圭圭\三ニニニ==  ||    'ー=ニ辷===ミY
圭圭圭圭圭圭圭\ニニ===.   ||          ` ̄ ´ / |
圭圭圭圭圭圭圭圭\====.  ||      ニ三三≧ '  |j
圭圭圭圭圭圭圭圭圭\=\ ||           |\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭>==.ト'、              |彡\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3523 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 21:32:33.49 ID:6tkYxN4d
質問
正直宿屋要素死んでませんでした?


                  巻きプロットに入り、宿屋にスポット当てる暇なかったです。
                  自然に七つの大罪にスポット当てないと思い仲間も空気化。
                  結構反省点の多い今作となりましたね。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3610 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:44:39.13 ID:DLQ1UG1o





                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────

3481 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/09/29(木) 00:51:50.15 ID:DrDFwAr+ [2/2]
・エピローグはありますか?
流石にこのまま終わりはちょっとあっけなさ過ぎてさびしい



               予定はしておりません。>>1の雑談板で小ネタやるかもって程度です。
               と、言うのもこのEND、別に巻きだからこうなった訳じゃなく、
               情報収集とダイスが悪かったのです。何も知らないで事件解決END。
               ……と、なるとこのENDが一番しっくりするENDなのです。
               あっけないどころか、主人公たちは何も深く理解せずこうなりました。
               ここで感動や壮大、はたまたほっこりエピローグは流石に違います。

               まあ書こうと思っても消化ストーリーにかならないので予定はないです。


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3611 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:45:01.16 ID:jkMuz9Bg
多めに振ってあったやらない夫が普通に負けたから極振りしなきゃ(使命感)ってなったわw

3612 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:46:03.90 ID:oe5MRGh/
もうちょいパリストンととか振りたかったけど、スレの流れ的に無理くさかったんだよな

3613 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:46:26.20 ID:2gESlNgw
馬車の中に居ても勝手にレベル上がる方式じゃないと極振りになっちゃうね



3614 : ◆u5JNPaH7zJXF :2016/09/29(木) 23:46:48.24 ID:DLQ1UG1o




                                    .,
                            >\lヽ|ゝノ/ノ_,、_
                          ミ壬災从卅乍毛川夂
                         マ卅从ミ从毛仆卅从ソ彡
                         少W从ダ彡卅儿乂从卞ミ
                         オ从W卅卞从毛叭災少大
                        从毛;/lノヘl/ヘll/W\lW从ミ七
                         rミミ|ヘl     /    ノ .l/彡ヘ
                          ,ヘ|ーt- =,,,_  ,,,,_,  ノノミヽ
                        , =.ハl .マ;示ダ、_tオHfチl/
                    _7...lハ ` ̄´  `ー‐' /
                       ,ィ7/ ヽ   ヽ_ ,r    /
                   /ニΛ \ ヽ -==、  ,.'
                   _∠ニニニΛ   ...ヘ.,illlli, . /.,.
           _,, -=≦/ニニニニΛ、   .'''''''...' / \ニヽ、
        _,, -=≦ニニニニ``=<ニニニ',.\   /、∨,イ´ |ニニ\
      /'仁マニニニニニニニニ`ヾ、ニニ!\\/≠‐ヾ、{ヽjニニニヽ、
      /ニニニマニニニニニ,:'ニ>'"ニニニ!ニ\   !;.:.iY、:.`ヽ、-=ニ≦ _
     /ニニニニマニニニニハ´ニニニニニl,ニニ\j.:.:.:|:.!ヾヾ、:\ニニニヽ
.   /ニニニニニマニニニ/ニ=マ=ニニニニl!ニニニ!:.:.:|:.:} ゙:ヾ、:.:\≠、ニ!',
   jニニニニニニマニニ/=,=ニニマニニニ二l!ニニニ|:.:.:.l:.:.l Λ.:.:.:.:.:.:ヽニ=!i{=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────────────────


           ……投下するだけならこんなにもあっさりと。
           まさかの30分弱で質問返しが終わるとは……全部返したよね?

           ともあれ、スレ終了です。皆さまお疲れ様でした。
           因みこのスレは三日~七日を目途に過去スレッド化申請してきます。

           色々と拙い進行になりましたが、今後反省したいと思います。
           皆さん、1ヵ月半とと短い間ではありましたがお付き合いありがとうございました!
           お疲れ様でした、おやすみなさいませ!


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3615 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:47:03.47 ID:RJBQcLzW
中途半端に強いだけだとボスに連続瞬殺されて終わるなと思ってやらない夫に集中しちゃったなー

3618 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:47:31.18 ID:gy4K/nPV
イベントが休みもなく続くから、それに打ち勝てるように集中した。
乗り越えたら、他も鍛えるつもりだったが
次の敵が現れるのでそれもできなくなった

3626 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:49:10.14 ID:RJBQcLzW
お疲れ様でしたー
やらない夫の挑発とナナミンの可愛さと面白さがすごい好きでした

3627 :隔壁内の名無しさん:2016/09/29(木) 23:49:14.95 ID:Q9lANxyz
俺はこの作品好きだったよ、ENDも含めてね!
乙でした

関連記事
| 元魔王は冒険者の宿屋を設立するようです | コメント:2 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
やっぱり旅しなかったのが根本的な原因に思える
宿屋周辺の人間関係で完結しちゃっててダイスで当てないとストーリーに関するイベント発生させられないんだ
旅だったらパーティメンバー以外の人間関係リセットできたし国ごとに目標が用意できた
それを解決するための進行役早苗だったんだろうけど…
あとダイス表が過去作より二倍クリティカルorファンブルしやすくてプロット崩壊しやすかった
2019/07/14(日) 01:34 | URL | #-[ 編集]
攻撃力=防御力な戦闘システムだと広く浅く育てるよりは一人強いキャラ育ててすべての攻撃無効化練ったほうが強いからなぁ 実際作中でも相手にダメージ当てる手段がなくて詰んでる例がある
しかもやらない夫は腕力・魔力・技巧すべての成長率が高いからカッチカチになれるし

最終目的の提示がないなと思ったが最初から設定されてなかったのか…
宿メインだと思ってたら勇者と魔王という認識の食い違いや過去作は旅だったけど今作は拠点があるので人数が増える一方で個人個人が印象に残りにくいという欠点ができてしまった感 ナナミン以外は印象薄い
抽出されたコメントだけでも早苗はかなり嫌がられていたようだが、確かに言いくるめや挑発という会話スキルがあるのにスキルで自動成功されたら反感買うのは仕方ないか
2019/05/08(水) 21:23 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する