おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/05/25(水)
752 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:31:26 ID:fArEn7zB
よし、ちょっと別の話をしよう!


761 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:35:50 ID:fArEn7zB


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できる夫            【レベル】:20     【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:10      【敏】:10      【魔】:30      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                                  _j|_
                  |             ̄|! ̄       _j|_
  .              __j|__                     ̄|! ̄
        ./_,rヽ,r''" ヽ、.,' . ̄|「 ̄     .-‐==― ‐-、   .        , ,、ノ_/,r| ァ、、__
  .     r‐-、l, ヽ   _, {, l ,i.|!       -'"          `ヽ、..i:゙、'゙ ゙'>‐'゙レイ.__j|__.ス
      |   ゙i {.十     |  ...., '              ヽ..、:〉ァ'   j  ゙Y'. ̄|「 ̄/ノ'"
      l,   、__j!__ 、 ゙'冫 ./                  ヽT7    /_,,,、-'‐ァ |! /,r'
     r'゙'ニト-、゙ . ̄|! ̄ ..,;Yト、: ./                   '.-'、, ..十     | .∠,,,,,_,、ィ
    ト,r゙'" l l`゙= ~,'~r' `` ゞj ! ._゙'.i.   ´ ̄`       ´ ̄`    .i.:::. __j!__ヽ''"     ヾ〈
    l ゙''''‐-,V  l ゙'''ト,-‐‐ Y7,r' i.  ィt〒ォ、    .ィt-ァ.     i.゙ヽ〉 . ̄|! ̄....ノ     ノイア
    ヽ,  ,r‐''‐-、,,,,,j ヽ、,,r''゙.i''{ j .!    ̄       `┴'´     !、-‐-,,r'.,   `゙i   _,/_イ
     i゙''‐-!,     _!  ._ -- ´ ヘ!l       '          i'イ ` ー 、..o  人''''",,二ヽ'
  .  {_ ,、-ヽ、,r‐'._ - ´     / ヘ       `         /イハ    `ー 、    ̄
      i゙  r'/ ,r/       /    トt、  ー─ -     イ/. / ' ハ       \
      | ,、l ,'r、./       /, - 、リ_!_> ---、ニ_   //' ! _  l        ハ
      レ'  llr /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ.'ヽ,
        〈/ {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、    |   l  .',
    _j|_゙i,r.>    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /__j|__ム ..{
     ̄|! ̄ 〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ̄|「 ̄ 〈.~゙'ヽ
       ../ /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'       |!  `、ヽ
      ../   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / 十      |    `\


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:C
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-10%」のペナルティを加える。
 人形術を高いレベルで習得しているが、戦闘に直接絡む魔術は少ないため、このランク。

○人形師:A
 このキャラクターはLv35のステータスを持つ“先行者”を保有し、自由に操れる。
 先行者には戦闘時に35点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:GN先行者            【レベル】:35     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:       【耐】:       【敏】:      【魔】:      【運】:       【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                       ,r‐-- 、
                /       ヽ.
                    ハト.、 ( )  ( )
                 {i:.{i!}   ト   i
                  _iレ   └‐
               \     __/
                rfil㌃i}辷》 ̄} f廴__
           ,ィf茫爿|【 ‘¨''=┐ r:.__゚¨¨ '''}__
          {{ jノ リ)i!: . : . : f廴ハ: .  ̄} }ニ}、             /`ヽ
            `¨℡.  :: . : . ,i}‘.  . : . ::i! リ             /  /
               ℡  【!: .  , i} ‘.   . : : ℡,         /  /
                 ℡.  {! : . ,._:i}: .‘.  . : i】 ‘℡,    。 ”  ̄
                  ℡  {. : ,爿i}芒‘.: ./ .i}  〔i!℃。 ”
              ℡.  : ,li⌒i}f廴‘. . : i}   `¨¨
              〔i!℃  Ⅳi:;j】 i} 【k‘. :
              `¨“ 。从リrz.__i}__{i!川Ⅵ
                    “ 。__ ̄rf‰oo ̄
                   /   \f辷 {州州 )
                 \   丶乂__yリ
                    ,.rf{ \ __ ノzzfト.、
                    ゚゚¨弋__   ノ兀fiニ!ト.、
                  {!ニi}   ¨ヽiニ!ト__
                   {!ニi}       Y´  `ヽ
                 ,{!ニi}、    (从   iリ
                    {i   )     ヽ辷}''’
                 f廴__ iリ      {ニ}
                     //{ニ}          {ニ}
                  , / ,{ニ}       ,. {ニ}
               ////{ニ}        /从廴 ヽ ‐-,
                 // ,.ィ{ニ}ト       { )    }__ ノ
                , -‐iY   }       `¨j r‐ K'’
               ‘ー‐' jf}茫'’        {i   fiト.、
                 {   ¨''ト.、     _う茫廴_ ノ
                 え艾廴__ノ    `¨ ¨¨ ¨´
                  `¨ ¨¨ ¨´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

762 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:35:59 ID:fArEn7zB
こいつらの はなし

765 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:36:23 ID:fArEn7zB
先行者のデータ決まって無かったし、実際どうする?

766 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:36:31 ID:fArEn7zB
そそ<先行者のステ決め

785 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:40:24 ID:fArEn7zB
合計値は110点

このステータスを筋~運までに最大40点で割り振って下さい

【安価 下5~7】
案をどうぞ

790 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:42:14 ID:MuRESmn1
筋30 耐20 敏20 魔10 運30

791 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:42:16 ID:p0JOaPOt
魔 40
運 30
筋 20
耐  0
敏 20

792 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:42:17 ID:JB82XMxK
筋30 耐30 敏30 魔0 運20



818 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:53:45 ID:fArEn7zB
案1.物理バランス型
筋30 耐20 敏20 魔10 運30

構成可能スキル:
▼仕切り直し系
▼GNソード系
▼GNドライブ系
▼自爆


案2.紙飛行機型
筋20 耐00 敏20 魔40 運30

構成可能スキル:
▼股間のGN中華大キャノン
▼GNホルスタービット
▼GNダンボール装甲
▼暴走


案3.物理特化型
筋30 耐30 敏30 魔00 運20
▼GNソード系
▼GNドライブ系
▼自爆
▼暴走

819 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:54:10 ID:fArEn7zB
5分くれてやる

どの地獄が良いか選べ

836 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:57:26 ID:fArEn7zB
スキルはこの中から2~3つほど選ぶ事になる


あくまで選択“可能”だ

839 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 22:57:41 ID:fArEn7zB
【安価 下5~15】
どの地獄が良い?

844 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:07 ID:ELIJg5Th


845 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:07 ID:PMPw+Bim
紙飛行機

846 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:09 ID:+3xboeMn
3

847 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:10 ID:FncOU+Uv
案2.紙飛行機型

848 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:11 ID:xqhX9lhg
色々と悩むが、「私のGN先行者は最強なんだ!!」がしやすいのは3だと思うんだ!

849 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:12 ID:p0JOaPOt
2

850 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:12 ID:dAzIyDNZ


851 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:12 ID:JB82XMxK
3でー

852 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:12 ID:aFo+geYx
物理特化

853 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:15 ID:AV/imnem


854 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 22:58:16 ID:xMNHcM+I



865 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:04:34 ID:fArEn7zB
物理特化ですな。

では―――

868 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:06:41 ID:fArEn7zB
▼GNソード
筋ステ+5 勝率+5% 常時発動


▼GNセブンソード
筋ステ+10 勝率+10% 消費魔力:30


▼GNドライブ
敏ステ+5 勝率+5% 常時発動


▼GNツインドライブ
敏ステ+10 勝率+10% 消費魔力:30


▼TRANSAM
近接ステ3種+10 勝率+10% 消費魔力:60

883 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:13:40 ID:fArEn7zB
▼チャイナボカン
戦闘敗北時自動発動。【敵最大レベル - 自分のレベル + 50%】の確率で敵陣“も”敗北させる。
ただし判定の際に魔力を50点自動で持って行く。幻惑符可能。


▼生命の証とは……なんだ!
何か別のAIと混ざった気がする。戦闘敗北時に自動発動し、戦闘結果を振り直す。
その際、近接ステ3種と魔ステを+10し、単独行動時の勝率を+20%する。この補正は永続するが、戦闘後にどこかへ行ってしまう。
その後、先行者はできる夫の制御を離れる。このスキルを取った場合、できる夫のレベルを+5する。


▼トゥ!ヘァー!モウヤメルンダ!!
何か別のAIと混ざった気がする。戦闘時に30%の確率で発動し、勝手に魔力を2D10*5点消費した挙句に
キラキラバシュウウウンしたり種が割れたり色々と好き勝手な戦闘行動を取る。
戦闘時、ランダムで3種のステータスを+15する。

884 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:14:08 ID:fArEn7zB
あ、鯖は決め直します。

ごめんよ

898 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:15:58 ID:lNRoKUHH
チャイナボカンクッソ強くねこれ

899 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:16:00 ID:T6Uu8782
下2つ違う人じゃねえかwwwwwwwwwww



900 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:16:06 ID:fArEn7zB
なお、組み合わせ次第ではキラキラバシュウウンした挙句に生命の証とはとか言い出して自爆する謎物体になります

905 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:17:23 ID:fArEn7zB
▼GNソード
筋ステ+5 勝率+5% 常時発動


▼GNセブンソード
筋ステ+10 勝率+10% 消費魔力:30


▼GNドライブ
敏ステ+5 勝率+5% 常時発動


▼GNツインドライブ
敏ステ+10 勝率+10% 消費魔力:30


▼TRANSAM
近接ステ3種+10 勝率+10% 消費魔力:60


▼チャイナボカン
戦闘敗北時自動発動。【敵最大レベル - 自分のレベル + 50%】の確率で敵陣“も”敗北させる。
ただし判定の際に魔力を50点自動で持って行く。幻惑符可能。


▼生命の証とは……なんだ!
何か別のAIと混ざった気がする。戦闘敗北時に自動発動し、戦闘結果を振り直す。
その際、近接ステ3種と魔ステを+10し、単独行動時の勝率を+20%する。この補正は永続するが、戦闘後にどこかへ行ってしまう。
その後、先行者はできる夫の制御を離れる。このスキルを取った場合、できる夫のレベルを+5する。


▼トゥ!ヘァー!モウヤメルンダ!!
何か別のAIと混ざった気がする。戦闘時に30%の確率で発動し、勝手に魔力を2D10*5点消費した挙句に
キラキラバシュウウウンしたり種が割れたり色々と好き勝手な戦闘行動を取る。
戦闘時、ランダムで3種のステータスを+15する。





この中から3つ選んで頂きます

919 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:19:54 ID:fArEn7zB
ごめん、チャイナボカンの計算式違うwwww

自分と敵のレベル逆だw

925 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:21:09 ID:6JkbulsD
質問
▼チャイナボカン発動後に先行者は生存?消滅?
生存する場合このスキルは何度も発動します?



927 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:21:43 ID:fArEn7zB
▼GNソード
筋ステ+5 勝率+5% 常時発動


▼GNセブンソード
筋ステ+10 勝率+10% 消費魔力:30


▼GNドライブ
敏ステ+5 勝率+5% 常時発動


▼GNツインドライブ
敏ステ+10 勝率+10% 消費魔力:30


▼TRANSAM
近接ステ3種+10 勝率+10% 消費魔力:60


▼チャイナボカン
戦闘敗北時自動発動。【自分のレベル - 敵最大レベル + 50%】の確率で敵陣“も”敗北させる。
ただし判定の際に魔力を70点自動で持って行く。幻惑符可能。


▼生命の証とは……なんだ!
何か別のAIと混ざった気がする。戦闘敗北時に自動発動し、戦闘結果を振り直す。
その際、近接ステ3種と魔ステを+10し、単独行動時の勝率を+30%する。この補正は永続するが、戦闘後にどこかへ行ってしまう。
その後、先行者はできる夫の制御を離れる。このスキルを取った場合、できる夫のレベルを+10する。


▼トゥ!ヘァー!モウヤメルンダ!!
何か別のAIと混ざった気がする。戦闘時に30%の確率で発動し、勝手に魔力を1D10*10点消費した挙句に
キラキラバシュウウウンしたり種が割れたり色々と好き勝手な戦闘行動を取る。
戦闘時、選択されたステータス全てを+20するが、初手のステ決定がランダムになる。





ちまちま修正
あとややこしくなるので生命の証とトゥヘアーの同時取得は無理としましょう

929 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:22:08 ID:fArEn7zB
>>925
撤退令呪を支払えよ。以上

955 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:28:44 ID:fArEn7zB

【安価 下10】
一 撃 勝 負

965 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:29:06 ID:qhkjggY2
GNソード
チャイナボカン
生命の証とは……なんだ!


997 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:32:19 ID:6JkbulsD
これ初敗北時の結果どうなんの?w
生命の証で一回振りなおして勝つ→そのまま勝利
それでも負ける→チャイナボカン判定
こうか?w



1003 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:33:05 ID:fArEn7zB
>>997
そうなるwwwww

1051 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:41:55 ID:fArEn7zB

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できる夫            【レベル】:20     【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:10      【敏】:10      【魔】:30      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                                  _j|_
                  |             ̄|! ̄       _j|_
  .              __j|__                     ̄|! ̄
        ./_,rヽ,r''" ヽ、.,' . ̄|「 ̄     .-‐==― ‐-、   .        , ,、ノ_/,r| ァ、、__
  .     r‐-、l, ヽ   _, {, l ,i.|!       -'"          `ヽ、..i:゙、'゙ ゙'>‐'゙レイ.__j|__.ス
      |   ゙i {.十     |  ...., '              ヽ..、:〉ァ'   j  ゙Y'. ̄|「 ̄/ノ'"
      l,   、__j!__ 、 ゙'冫 ./                  ヽT7    /_,,,、-'‐ァ |! /,r'
     r'゙'ニト-、゙ . ̄|! ̄ ..,;Yト、: ./                   '.-'、, ..十     | .∠,,,,,_,、ィ
    ト,r゙'" l l`゙= ~,'~r' `` ゞj ! ._゙'.i.   ´ ̄`       ´ ̄`    .i.:::. __j!__ヽ''"     ヾ〈
    l ゙''''‐-,V  l ゙'''ト,-‐‐ Y7,r' i.  ィt〒ォ、    .ィt-ァ.     i.゙ヽ〉 . ̄|! ̄....ノ     ノイア
    ヽ,  ,r‐''‐-、,,,,,j ヽ、,,r''゙.i''{ j .!    ̄       `┴'´     !、-‐-,,r'.,   `゙i   _,/_イ
     i゙''‐-!,     _!  ._ -- ´ ヘ!l       '          i'イ ` ー 、..o  人''''",,二ヽ'
  .  {_ ,、-ヽ、,r‐'._ - ´     / ヘ       `         /イハ    `ー 、    ̄
      i゙  r'/ ,r/       /    トt、  ー─ -     イ/. / ' ハ       \
      | ,、l ,'r、./       /, - 、リ_!_> ---、ニ_   //' ! _  l        ハ
      レ'  llr /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ.'ヽ,
        〈/ {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、    |   l  .',
    _j|_゙i,r.>    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /__j|__ム ..{
     ̄|! ̄ 〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ̄|「 ̄ 〈.~゙'ヽ
       ../ /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'       |!  `、ヽ
      ../   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / 十      |    `\


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:C
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-10%」のペナルティを加える。
 人形術を高いレベルで習得しているが、戦闘に直接絡む魔術は少ないため、このランク。

○人形師:A
 このキャラクターはLv35のステータスを持つ“先行者”を保有し、自由に操れる。
 先行者には戦闘時に35点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:GN先行者            【レベル】:35     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30      【耐】:30      【敏】:30      【魔】:00      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                       ,r‐-- 、
                /       ヽ.
                    ハト.、 ( )  ( )
                 {i:.{i!}   ト   i
                  _iレ   └‐
               \     __/
                rfil㌃i}辷》 ̄} f廴__
           ,ィf茫爿|【 ‘¨''=┐ r:.__゚¨¨ '''}__
          {{ jノ リ)i!: . : . : f廴ハ: .  ̄} }ニ}、             /`ヽ
            `¨℡.  :: . : . ,i}‘.  . : . ::i! リ             /  /
               ℡  【!: .  , i} ‘.   . : : ℡,         /  /
                 ℡.  {! : . ,._:i}: .‘.  . : i】 ‘℡,    。 ”  ̄
                  ℡  {. : ,爿i}芒‘.: ./ .i}  〔i!℃。 ”
              ℡.  : ,li⌒i}f廴‘. . : i}   `¨¨
              〔i!℃  Ⅳi:;j】 i} 【k‘. :
              `¨“ 。从リrz.__i}__{i!川Ⅵ
                    “ 。__ ̄rf‰oo ̄
                   /   \f辷 {州州 )
                 \   丶乂__yリ
                    ,.rf{ \ __ ノzzfト.、
                    ゚゚¨弋__   ノ兀fiニ!ト.、
                  {!ニi}   ¨ヽiニ!ト__
                   {!ニi}       Y´  `ヽ
                 ,{!ニi}、    (从   iリ
                    {i   )     ヽ辷}''’
                 f廴__ iリ      {ニ}
                     //{ニ}          {ニ}
                  , / ,{ニ}       ,. {ニ}
               ////{ニ}        /从廴 ヽ ‐-,
                 // ,.ィ{ニ}ト       { )    }__ ノ
                , -‐iY   }       `¨j r‐ K'’
               ‘ー‐' jf}茫'’        {i   fiト.、
                 {   ¨''ト.、     _う茫廴_ ノ
                 え艾廴__ノ    `¨ ¨¨ ¨´
                  `¨ ¨¨ ¨´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○GNソード:C
 筋ステ+5 勝率+5%。
 チェスボクシングのレギュレーションに従って作成されたGN先行者用のブレード。
 近接戦で使用する他、刃を切り離して射出も可能な便利ウェポン。予備ブレードは内部に幾つか格納してある。

○チャイナボカン
 戦闘敗北時自動発動。【自分のレベル - 敵最大レベル + 50%】の確率で敵陣“も”敗北させる。
 ただし判定の際に魔力を70点自動で持って行く。幻惑符可能。

○生命の証とは……なんだ!
 何か別のAIと混ざった気がする。戦闘敗北時に自動発動し、戦闘結果を振り直す。
 その際、近接ステ3種と魔ステを+10し、単独行動時の勝率を+30%する。この補正は永続するが、
 戦闘後にどこかへ行ってしまう。その場合、魔力は100/100で0以下になった場合機能停止するものとする。
 その後、先行者はできる夫の制御を離れる。このスキルを取った場合、できる夫のレベルを+10する。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1058 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:43:37 ID:4GKtMyyN
もう完全にGN先行者があのせっちゃん内蔵のアレだわwwww



1068 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:45:31 ID:fArEn7zB
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できる夫            【レベル】:30     【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:20      【敏】:10      【魔】:30      【運】:30      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                                  _j|_
                  |             ̄|! ̄       _j|_
  .              __j|__                     ̄|! ̄
        ./_,rヽ,r''" ヽ、.,' . ̄|「 ̄     .-‐==― ‐-、   .        , ,、ノ_/,r| ァ、、__
  .     r‐-、l, ヽ   _, {, l ,i.|!       -'"          `ヽ、..i:゙、'゙ ゙'>‐'゙レイ.__j|__.ス
      |   ゙i {.十     |  ...., '              ヽ..、:〉ァ'   j  ゙Y'. ̄|「 ̄/ノ'"
      l,   、__j!__ 、 ゙'冫 ./                  ヽT7    /_,,,、-'‐ァ |! /,r'
     r'゙'ニト-、゙ . ̄|! ̄ ..,;Yト、: ./                   '.-'、, ..十     | .∠,,,,,_,、ィ
    ト,r゙'" l l`゙= ~,'~r' `` ゞj ! ._゙'.i.   ´ ̄`       ´ ̄`    .i.:::. __j!__ヽ''"     ヾ〈
    l ゙''''‐-,V  l ゙'''ト,-‐‐ Y7,r' i.  ィt〒ォ、    .ィt-ァ.     i.゙ヽ〉 . ̄|! ̄....ノ     ノイア
    ヽ,  ,r‐''‐-、,,,,,j ヽ、,,r''゙.i''{ j .!    ̄       `┴'´     !、-‐-,,r'.,   `゙i   _,/_イ
     i゙''‐-!,     _!  ._ -- ´ ヘ!l       '          i'イ ` ー 、..o  人''''",,二ヽ'
  .  {_ ,、-ヽ、,r‐'._ - ´     / ヘ       `         /イハ    `ー 、    ̄
      i゙  r'/ ,r/       /    トt、  ー─ -     イ/. / ' ハ       \
      | ,、l ,'r、./       /, - 、リ_!_> ---、ニ_   //' ! _  l        ハ
      レ'  llr /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ.'ヽ,
        〈/ {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、    |   l  .',
    _j|_゙i,r.>    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /__j|__ム ..{
     ̄|! ̄ 〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ̄|「 ̄ 〈.~゙'ヽ
       ../ /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'       |!  `、ヽ
      ../   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / 十      |    `\


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:C
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-10%」のペナルティを加える。
 人形術を高いレベルで習得しているが、戦闘に直接絡む魔術は少ないため、このランク。

○人形師:A
 このキャラクターはLv35のステータスを持つ“先行者”を保有し、自由に操れる。
 先行者には戦闘時に35点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1074 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:46:37 ID:fArEn7zB
できる夫の追加スキルを決定します。


1.道具作成

2.陣地作成

3.仕切り直し(レベル+5分が相殺されます)


【安価 下5~7】

1079 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:46:59 ID:qhkjggY2


1080 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:47:00 ID:JB82XMxK


1081 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:47:01 ID:KP7n3SbY
1


1100 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:49:14 ID:7VVoFR7Y
自爆させる気満々じゃねーか!
そりゃ逃げるわwwww

1104 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:50:00 ID:4Pd1Ecgw
なんだろうこの完全嫌がら特化型…w



1123 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:52:08 ID:fArEn7zB
仕切り直しですが

1.C
自陣営のみならば無消費撤退可能

2.D+
令呪損失を-1。また、消費魔力半減。

3.D+
令呪損失を-1。また、チャイナボカンの成功率を+20%。

4.任意


【1D4:4】
なにがでるかなっ☆

1128 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:52:27 ID:fArEn7zB


1.C
自陣営のみならば無消費撤退可能

2.D+
令呪損失を-1。また、消費魔力半減。

3.D+
令呪損失を-1。また、チャイナボカンの成功率を+20%。


【安価 下5~10】
どれがいい?

1134 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:52:39 ID:6JkbulsD
3にしよう(真顔)

1135 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:52:39 ID:qhkjggY2


1136 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:52:40 ID:D1a4dlSd
3

1137 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:52:40 ID:3/YJZ27M
1かな

1138 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:52:40 ID:dK+SF7bd
3


1164 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:54:01 ID:fArEn7zB
フー………

1165 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:54:05 ID:PMPw+Bim
全陣営からこっちくんな不可避

1173 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:54:34 ID:p3C6RbEZ
Q.情報収集でこの陣営を調べたときにまずどんな反応をしますか?

1177 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:55:06 ID:4Pd1Ecgw
>>1173
こっちくんな(真顔)



1182 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:55:30 ID:fArEn7zB


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できる夫            【レベル】:25     【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:20      【敏】:10      【魔】:30      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                                  _j|_
                  |             ̄|! ̄       _j|_
  .              __j|__                     ̄|! ̄
        ./_,rヽ,r''" ヽ、.,' . ̄|「 ̄     .-‐==― ‐-、   .        , ,、ノ_/,r| ァ、、__
  .     r‐-、l, ヽ   _, {, l ,i.|!       -'"          `ヽ、..i:゙、'゙ ゙'>‐'゙レイ.__j|__.ス
      |   ゙i {.十     |  ...., '              ヽ..、:〉ァ'   j  ゙Y'. ̄|「 ̄/ノ'"
      l,   、__j!__ 、 ゙'冫 ./                  ヽT7    /_,,,、-'‐ァ |! /,r'
     r'゙'ニト-、゙ . ̄|! ̄ ..,;Yト、: ./                   '.-'、, ..十     | .∠,,,,,_,、ィ
    ト,r゙'" l l`゙= ~,'~r' `` ゞj ! ._゙'.i.   ´ ̄`       ´ ̄`    .i.:::. __j!__ヽ''"     ヾ〈
    l ゙''''‐-,V  l ゙'''ト,-‐‐ Y7,r' i.  ィt〒ォ、    .ィt-ァ.     i.゙ヽ〉 . ̄|! ̄....ノ     ノイア
    ヽ,  ,r‐''‐-、,,,,,j ヽ、,,r''゙.i''{ j .!    ̄       `┴'´     !、-‐-,,r'.,   `゙i   _,/_イ
     i゙''‐-!,     _!  ._ -- ´ ヘ!l       '          i'イ ` ー 、..o  人''''",,二ヽ'
  .  {_ ,、-ヽ、,r‐'._ - ´     / ヘ       `         /イハ    `ー 、    ̄
      i゙  r'/ ,r/       /    トt、  ー─ -     イ/. / ' ハ       \
      | ,、l ,'r、./       /, - 、リ_!_> ---、ニ_   //' ! _  l        ハ
      レ'  llr /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ.'ヽ,
        〈/ {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、    |   l  .',
    _j|_゙i,r.>    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /__j|__ム ..{
     ̄|! ̄ 〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ̄|「 ̄ 〈.~゙'ヽ
       ../ /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'       |!  `、ヽ
      ../   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / 十      |    `\


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:C
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-10%」のペナルティを加える。
 人形術を高いレベルで習得しているが、戦闘に直接絡む魔術は少ないため、このランク。

○人形師:A
 このキャラクターはLv35のステータスを持つ“先行者”を保有し、自由に操れる。
 先行者には戦闘時に35点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

○仕切り直し:D+
 このキャラクターは戦闘敗北時の撤退における令呪の使用をシナリオ1度だけ-1画する事が可能。
 また、それはそれとして炸薬量を増加させたため、チャイナボカンの成功率が+20%されている。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:GN先行者            【レベル】:35     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30      【耐】:30      【敏】:30      【魔】:00      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                       ,r‐-- 、
                /       ヽ.
                    ハト.、 ( )  ( )
                 {i:.{i!}   ト   i
                  _iレ   └‐
               \     __/
                rfil㌃i}辷》 ̄} f廴__
           ,ィf茫爿|【 ‘¨''=┐ r:.__゚¨¨ '''}__
          {{ jノ リ)i!: . : . : f廴ハ: .  ̄} }ニ}、             /`ヽ
            `¨℡.  :: . : . ,i}‘.  . : . ::i! リ             /  /
               ℡  【!: .  , i} ‘.   . : : ℡,         /  /
                 ℡.  {! : . ,._:i}: .‘.  . : i】 ‘℡,    。 ”  ̄
                  ℡  {. : ,爿i}芒‘.: ./ .i}  〔i!℃。 ”
              ℡.  : ,li⌒i}f廴‘. . : i}   `¨¨
              〔i!℃  Ⅳi:;j】 i} 【k‘. :
              `¨“ 。从リrz.__i}__{i!川Ⅵ
                    “ 。__ ̄rf‰oo ̄
                   /   \f辷 {州州 )
                 \   丶乂__yリ
                    ,.rf{ \ __ ノzzfト.、
                    ゚゚¨弋__   ノ兀fiニ!ト.、
                  {!ニi}   ¨ヽiニ!ト__
                   {!ニi}       Y´  `ヽ
                 ,{!ニi}、    (从   iリ
                    {i   )     ヽ辷}''’
                 f廴__ iリ      {ニ}
                     //{ニ}          {ニ}
                  , / ,{ニ}       ,. {ニ}
               ////{ニ}        /从廴 ヽ ‐-,
                 // ,.ィ{ニ}ト       { )    }__ ノ
                , -‐iY   }       `¨j r‐ K'’
               ‘ー‐' jf}茫'’        {i   fiト.、
                 {   ¨''ト.、     _う茫廴_ ノ
                 え艾廴__ノ    `¨ ¨¨ ¨´
                  `¨ ¨¨ ¨´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○GNソード:C
 筋ステ+5 勝率+5%。
 チェスボクシングのレギュレーションに従って作成されたGN先行者用のブレード。
 近接戦で使用する他、刃を切り離して射出も可能な便利ウェポン。予備ブレードは内部に幾つか格納してある。

○チャイナボカン
 戦闘敗北時自動発動。【自分のレベル - 敵最大レベル + 50%】の確率で敵陣“も”敗北させる。
 ただし判定の際に魔力を70点自動で持って行く。幻惑符可能。

○生命の証とは……なんだ!
 何か別のAIと混ざった気がする。戦闘敗北時に自動発動し、戦闘結果を振り直す。
 その際、近接ステ3種と魔ステを+10し、単独行動時の勝率を+30%する。この補正は永続するが、
 戦闘後にどこかへ行ってしまう。その場合、魔力は100/100で0以下になった場合機能停止するものとする。
 その後、先行者はできる夫の制御を離れる。このスキルを取った場合、できる夫のレベルを+10する。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1185 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:55:46 ID:fArEn7zB
関 わ り た く な い

1186 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:55:56 ID:4GKtMyyN
確信犯だコイツーー!?

1200 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:57:00 ID:c9B3xhSf
チャイナボカンは撤退用煙幕として積んだんだな
ちょっと炸薬量が多くて敵を粉砕出来るだけで

1210 :梱包済みのやる夫:2015/10/10(土) 23:58:23 ID:lNRoKUHH
男爵さーん
>魔力は100/100で0以下になった場合機能停止するものとする。
1戦(35)・トランザム(60)・チャイナボカン(70)
これ1回戦ったら溶けません?



1223 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/10(土) 23:59:49 ID:fArEn7zB
>>1210
?? TRANSAM積んでないぜよこいつ

1226 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:00:21 ID:YVRYZb4C
うむ、なんかね

データ班の要望で決め直しになったんだが、今、最悪の事態が発生している

1229 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:00:35 ID:YVRYZb4C
データ班 酔ってる……

1246 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:01:25 ID:YVRYZb4C
さて、では。

酔っ払ったデータ班と相談しつつ決める今日の地獄を決定しよう

1265 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:02:49 ID:YVRYZb4C

1.セイバー
 つよい。ねんぴわるい。ばか。

2.ランサー
 よわい。にげる。ばか。

3.あーちゃー
 とりっきー。はんぱ。ばか。

4.きゃすたー
 ばか。ばか。ばか。

1272 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:03:24 ID:EMuUuq4U
馬鹿だーーーーーー!!  何だ、縁召喚か(超納得)



1275 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:03:33 ID:YVRYZb4C

【安価 下5~10】
どの地獄だ!

1282 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:03:41 ID:hxyo+slS
4

1283 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:03:44 ID:3eAtFVkz
4だな(バカ感

1284 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:03:45 ID:vS0xuJEo


1285 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:03:45 ID:i7auBTBW



1345 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:08:28 ID:YVRYZb4C
活躍出来ない、か。

そうかもしれないな

1367 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:10:38 ID:YVRYZb4C
ではAAを決めようか


1.男性

2.女性


どっちの地獄が良い?

1369 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:10:48 ID:YVRYZb4C

【安価 下5~7】

1374 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:10:54 ID:JdclQfcX
1

1375 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:10:55 ID:5sinLeIA
男性

1376 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:10:55 ID:i7auBTBW

ばかやるなら男同士で



1392 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:11:19 ID:YVRYZb4C
うん、これは活躍できんわ

1393 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:11:28 ID:YVRYZb4C



              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.
                ノ]}           |   .:
               /.::i」   、         j\_ : .
           _  -‐ {::::::::{、   、     / {ヽ::ヾヽ、
         _/    |::::::::| \   、   {  ハ::.:.:.. `丶、
    _  -‐ ´        |::::::::|  `ヽ、__     /  ',:.:.:.. i   ``丶、
  /            |::::::::|      `ヽ.  {_    ',:.:.:. i      ヽ、
 /                 |::::::::|       l |  ||!   }:.:.:.::!        \
./      \       |::::::::|       l |  |{    l::.:.:::l            ヽ
          ヽ      |::::::::|     /,ア ̄ ̄`ヽ l:.:::::::l       i   `、
           \   |::::::::|   //  />≦二;;}:::::::l        |    `、


AA彼だしな!!

1395 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:11:40 ID:jODWdRDf
これはwww

1401 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:11:58 ID:cm7M8kZB
マダオwwwwww

1402 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:11:59 ID:gFzgadPI
女性だったら誰だろwwww

1424 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:12:55 ID:y34kxrSk
成る程。(謎の納得)



1425 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:13:13 ID:YVRYZb4C
女性なら宇治の橋姫

男性なら三善清行

1438 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:14:14 ID:fA4pCi0e
よかった馬鹿に巻き込まれるパルパルはいなかったんだ

1439 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:14:31 ID:EuhcJ+tu
パルヴィーも見てみたかったw
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org554443.jpg



1441 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:14:58 ID:YVRYZb4C
>>1439
ホントになんだよwwwwwwww

1481 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:25:13 ID:YVRYZb4C
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:できる夫            【レベル】:25     【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:20      【敏】:10      【魔】:30      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                                  _j|_
                  |             ̄|! ̄       _j|_
  .              __j|__                     ̄|! ̄
        ./_,rヽ,r''" ヽ、.,' . ̄|「 ̄     .-‐==― ‐-、   .        , ,、ノ_/,r| ァ、、__
  .     r‐-、l, ヽ   _, {, l ,i.|!       -'"          `ヽ、..i:゙、'゙ ゙'>‐'゙レイ.__j|__.ス
      |   ゙i {.十     |  ...., '              ヽ..、:〉ァ'   j  ゙Y'. ̄|「 ̄/ノ'"
      l,   、__j!__ 、 ゙'冫 ./                  ヽT7    /_,,,、-'‐ァ |! /,r'
     r'゙'ニト-、゙ . ̄|! ̄ ..,;Yト、: ./                   '.-'、, ..十     | .∠,,,,,_,、ィ
    ト,r゙'" l l`゙= ~,'~r' `` ゞj ! ._゙'.i.   ´ ̄`       ´ ̄`    .i.:::. __j!__ヽ''"     ヾ〈
    l ゙''''‐-,V  l ゙'''ト,-‐‐ Y7,r' i.  ィt〒ォ、    .ィt-ァ.     i.゙ヽ〉 . ̄|! ̄....ノ     ノイア
    ヽ,  ,r‐''‐-、,,,,,j ヽ、,,r''゙.i''{ j .!    ̄       `┴'´     !、-‐-,,r'.,   `゙i   _,/_イ
     i゙''‐-!,     _!  ._ -- ´ ヘ!l       '          i'イ ` ー 、..o  人''''",,二ヽ'
  .  {_ ,、-ヽ、,r‐'._ - ´     / ヘ       `         /イハ    `ー 、    ̄
      i゙  r'/ ,r/       /    トt、  ー─ -     イ/. / ' ハ       \
      | ,、l ,'r、./       /, - 、リ_!_> ---、ニ_   //' ! _  l        ハ
      レ'  llr /    、    /      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、!        ハ.'ヽ,
        〈/ {    l  < \      亡r-- 、_   ー′        >、    |   l  .',
    _j|_゙i,r.>    /  \ \       , -、_`ヽ、        / /__j|__ム ..{
     ̄|! ̄ 〉  /     ヽ Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/ /    ̄|「 ̄ 〈.~゙'ヽ
       ../ /          ヽ ヽ    ト- ´`ト _ >  ,'      ,' ,'       |!  `、ヽ
      ../   /          y´    ヘ  |:::::::::| /       / 十      |    `\


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:C
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-10%」のペナルティを加える。
 人形術を高いレベルで習得しているが、戦闘に直接絡む魔術は少ないため、このランク。

○人形師:A
 このキャラクターはLv35のステータスを持つ“先行者”を保有し、自由に操れる。
 先行者には戦闘時に35点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

○仕切り直し:D+
 このキャラクターは戦闘敗北時の撤退における令呪の使用をシナリオ1度だけ-1画する事が可能。
 また、それはそれとして炸薬量を増加させたため、チャイナボカンの成功率が+20%されている。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:GN先行者            【レベル】:35     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30      【耐】:30      【敏】:30      【魔】:00      【運】:20      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                       ,r‐-- 、
                /       ヽ.
                    ハト.、 ( )  ( )
                 {i:.{i!}   ト   i
                  _iレ   └‐
               \     __/
                rfil㌃i}辷》 ̄} f廴__
           ,ィf茫爿|【 ‘¨''=┐ r:.__゚¨¨ '''}__
          {{ jノ リ)i!: . : . : f廴ハ: .  ̄} }ニ}、             /`ヽ
            `¨℡.  :: . : . ,i}‘.  . : . ::i! リ             /  /
               ℡  【!: .  , i} ‘.   . : : ℡,         /  /
                 ℡.  {! : . ,._:i}: .‘.  . : i】 ‘℡,    。 ”  ̄
                  ℡  {. : ,爿i}芒‘.: ./ .i}  〔i!℃。 ”
              ℡.  : ,li⌒i}f廴‘. . : i}   `¨¨
              〔i!℃  Ⅳi:;j】 i} 【k‘. :
              `¨“ 。从リrz.__i}__{i!川Ⅵ
                    “ 。__ ̄rf‰oo ̄
                   /   \f辷 {州州 )
                 \   丶乂__yリ
                    ,.rf{ \ __ ノzzfト.、
                    ゚゚¨弋__   ノ兀fiニ!ト.、
                  {!ニi}   ¨ヽiニ!ト__
                   {!ニi}       Y´  `ヽ
                 ,{!ニi}、    (从   iリ
                    {i   )     ヽ辷}''’
                 f廴__ iリ      {ニ}
                     //{ニ}          {ニ}
                  , / ,{ニ}       ,. {ニ}
               ////{ニ}        /从廴 ヽ ‐-,
                 // ,.ィ{ニ}ト       { )    }__ ノ
                , -‐iY   }       `¨j r‐ K'’
               ‘ー‐' jf}茫'’        {i   fiト.、
                 {   ¨''ト.、     _う茫廴_ ノ
                 え艾廴__ノ    `¨ ¨¨ ¨´
                  `¨ ¨¨ ¨´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○GNソード:C
 筋ステ+5 勝率+5%。
 チェスボクシングのレギュレーションに従って作成されたGN先行者用のブレード。
 近接戦で使用する他、刃を切り離して射出も可能な便利ウェポン。予備ブレードは内部に幾つか格納してある。

○チャイナボカン
 戦闘敗北時自動発動。【自分のレベル - 敵最大レベル + 50%】の確率で敵陣“も”敗北させる。
 ただし判定の際に魔力を70点自動で持って行く。幻惑符可能。

○生命の証とは……なんだ!
 何か別のAIと混ざった気がする。戦闘敗北時に自動発動し、戦闘結果を振り直す。
 その際、近接ステ3種と魔ステを+10し、単独行動時の勝率を+30%する。この補正は永続するが、
 戦闘後にどこかへ行ってしまう。その場合、魔力は100/100で0以下になった場合機能停止するものとする。
 その後、先行者はできる夫の制御を離れる。このスキルを取った場合、できる夫のレベルを+10する。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:キャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:三善清行            【レベル】:35      【アライメント】:秩序/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:20      【敏】:10      【魔】:40      【運】:40       【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆  【貯蔵魔力】160/160  【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.
                ノ]}           |   .:
               /.::i」   、         j\_ : .
           _  -‐ {::::::::{、   、     / {ヽ::ヾヽ、
         _/    |::::::::| \   、   {  ハ::.:.:.. `丶、
    _  -‐ ´        |::::::::|  `ヽ、__     /  ',:.:.:.. i   ``丶、
  /            |::::::::|      `ヽ.  {_    ',:.:.:. i      ヽ、
 /                 |::::::::|       l |  ||!   }:.:.:.::!        \
./      \       |::::::::|       l |  |{    l::.:.:::l            ヽ
          ヽ      |::::::::|     /,ア ̄ ̄`ヽ l:.:::::::l       i   `、
           \   |::::::::|   //  />≦二;;}:::::::l        |    `、
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:C
 戦闘時、【魔】ステータスが選択された場合、敵陣営の勝率を-10%。
 このキャラクターは陰陽術を中心として魔術に長けている。
 ただしその能力は術師というより学者・官僚としてのものであり、戦闘能力は高いとはいえない。

○道具作成:C
 このキャラクターはターン頭に1つ好きな礼装を入手する。
 作成能力、あるいは優秀な官僚としての調達能力。

○自己保存:C+
 このキャラクターは自身がメインで参戦していない戦闘に限り、シナリオ1度だけ令呪を消費せずに撤退できる。
 その際、自陣営の魔力消費を半減(10単位で切り捨て)する事が可能。
 戦闘者でないが故に、自己保存能力に長けている。

○紀伝道:A
 このキャラクターは歴史や経済の学問に優れているが、聖杯戦争で役に立つことは少なめ。
 エリートではあるが左遷されたりもしたキャスター。学者としては一流である。
 他のサーヴァントとの遭遇時に30%確率で真名を看破する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

○意見封事十二箇条
 ランク:C 種別:対人宝具 消費魔力:30
 経世家としてのキャスターが上奏した経済回復策。その内容は荘園や豪族による土地の私有化を押し留め
 中央の財源を回復する為、戸籍調査の徹底と口分田の再分配を主張したものであった。
 この宝具を使用した際、キャスターの現在いる場所の所有権がキャスターに移り変わり、陣地や霊地などの補正を
 奪い取る事が可能。
 また、その際に陣地が場に無ければ、魔力回復量+20/ターン終了時回復+10の陣地“口分田”とする。
 戦闘用の宝具ではないが、ハマれば強力。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1485 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:25:32 ID:YVRYZb4C
うわぁ………なんだこの性質悪い陣営

1486 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:25:46 ID:i7auBTBW
これはひどい
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406192365/1324

1494 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:26:52 ID:996mEOdn
関わりたくない度合いが加速したw

1497 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:27:23 ID:O5Oa4mL4
強くはない、別に強くはない、が
絶対相手したくねえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



1498 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:27:49 ID:YVRYZb4C
やたら多い撤退回数

自走式地雷(火薬マシマシ)

最終勝利がどうでもいいメンバー






酷すぎだろwwwwww

1505 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:28:27 ID:YVRYZb4C
仕切り直しD+と自己保存C+と令呪3画により、最大3回まで逃げられます

なんだこいつら

1511 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:29:00 ID:0X7mTS14
「私は人形を自爆暴走させて戦局ひっくり返すマンです」
「この戦争には人形のテストをするために来ました」
「そして私のキャスターは生存能力と真名看破に長けておりあなたの陣地をパクリます」
「戦ってください」



1517 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:29:25 ID:YVRYZb4C
>.1511
変な笑いが出たわwwwwwww

1527 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:30:00 ID:YVRYZb4C
つ、強くはない。強くはないよ!!wwwww

1532 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:30:40 ID:YVRYZb4C
よし、このタチ悪すぎる陣営のライバルを決めよう

1542 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:31:22 ID:YVRYZb4C


1.かりおっさん

2.雅様



どっちも地獄だ!

1548 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:31:47 ID:YVRYZb4C

1.かりおっさん

2.雅様


【安価 下5~】
先取5票

1553 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:31:54 ID:huLOaUYB


1554 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:31:55 ID:jODWdRDf
1

1555 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:31:55 ID:bXMSLSP9


1556 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:31:55 ID:K1l+lhS5
1

1557 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:31:55 ID:D3KF1Omh
1



1572 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:32:11 ID:YVRYZb4C
おっさん強すぎだろwwwwww

1574 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:32:25 ID:7qKy9IkJ
1.1回負けたらやり直しな!そのあと人形どっかいっちゃうしまあ許せ
2.2回負けたら自爆するぜ!(火力マシマシ)
3.あ、人形どっかいった場合も自爆するけどまあ許せ
3.それはそれとして真名と霊地よこせ。あ、負けたらまた逃げるがまあ許せ

ひどい(確信)

1593 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:34:00 ID:0pcpeQWH
カリおっさんか
男爵さんってグラブルやってたっけ?

1601 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:35:37 ID:gFzgadPI
できる夫のライバル…
多分真っ当な人形遣いか、同類か…

1603 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:36:06 ID:MdkzGlsk
カリおっさんが4コマの状態になってしまうwww



1604 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:36:22 ID:YVRYZb4C
そうだ、かりおっさんについて決めよう

彼女の所属だ

1611 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:37:27 ID:YVRYZb4C
1.時計塔
2.アトラス院
3.彷徨海
4.中東圏
5.大陸系
6.日本原産護国組織系
7.零細魔術師系


【安価 ↓5】
1D7

1616 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:37:39 ID:1EjQJ1eQ
【1D7:2】



1629 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:37:49 ID:YVRYZb4C
アトラスぅ!!

1631 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:38:03 ID:i7auBTBW
アトラス院にも馬鹿がいたんだなぁ…w

1637 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:38:14 ID:U7e9oYZq
ア ト ラ ス の 問 題 児 爆 誕



1647 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:38:50 ID:YVRYZb4C
ああ、うん、これ

N1の友人だわ

1648 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:38:50 ID:/LhMjwHm
男爵領中聖杯ではいいトコなしのアトラス院w でいいんだっけ?



1651 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:39:05 ID:YVRYZb4C
>>1648
N1「せやな」

1664 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:40:54 ID:YVRYZb4C


. _            マム                     /::::::::::/     /::/
.マム           マム                /',        /::::::::::/     /::/
γ,ム>、         マム                ,'.|.∨    /::/,'/- --- 、 ./::/
::,イマムヽ::ヽ           マム     __.{ヽ --.{..|ノ‐=≦、´:/. /       〕iト.
:{_.マム_マ∧_        .マム  >'"  ! }>'"´`ヽ    `{_.ノ、 ./        〕iト.
:ヘ‐‐.マム-}::::}ー'        マム≦      》 ´//     ヽ `ヽ .∨:/          ヘ /
ヽヽ  マム!::/          {        /  .′      ト、  ', .∨::/            ∨ /
 ゙''≪二__ノ、.            |      ′ { {      | ∨ .∨.∨           ∨ /
    ゝ:\::}          |      i i  ! ∨  _从ノ  } / ∨ ヽ              ∨
     ヽム.            |      | ヽ 从ゝ>'"  ,ィfテ廴  .i|  〕iト.
       }:::∨.          |      |  `.} ィチミ    ゝ:ソ !  .ヽ、__    〕iト.
      マ´∨.          |      |   i 〈.vツ       ,-≦ヽ´ニヽ     ヽ
.       マ::∨        ′     / /  .ヘ.      - ‐,  〈 〈ヽ  マニ=}      )   「そうだ、可愛さで世界を救おう(提案)」
    _ - 、 .マ∧        i     /,イ   i ゝ.   ゝ‐´ /.ヽ} .〕、/ニ=‐∨    ハ
   γ::::::::::::ヽマ∧.       !.  / /   ,イ  ≧=‐‐ ´>'"/ / ヽニ=‐}    ./  ヽ
    {:::γ´`ヽムマ∧     .|::,イ ./.{   {  /---マ_}/-_-_{  .{-_-}ニ=‐!、  ./    }
    ',::::{   マムマ∧    |:{  {  ゙''≪ .ヽ{ヽ-_-_ {(ノ }-_-_-マ .ヽ-.!ニ=‐∨ヽ {    /
    マ:ヽ   .}:::} マ∧     |::``~  ) ``~}-_-_,イ__ノ/`ー--`ヽ ) |>=-∨-}.',   .{
    \::``~:ノ .マ∧__ --/、 >=--イ-_-_ゝ≦ //.|..マ>、_-_-_-/.!    .}-_', ヽ _ゝ/
      ヽ≧ イ\ マs≦ヽ`ヽ∨-_-_->=-- 、-_ // |ニ.マ-_-_-_/ヽ .',    |',-.∨
      〈::::::::::::::::/´ /__ ',ノ }ニ\/‐=ニ=‐}.\i:|  !ニ=‐≧s。{:::::::\ヽ  ハ_\ __/
      `ヽ:::::::/,{ { 〈.{ ) / _,イニ.(‐=ニニ=‐,イ.:.:.:.:\ .!ニニ=‐./:::::::::::r≦       ∨\
     _ -=マ、::(.'イヽノ::::{'≦`ヽ≦`ヽ--=≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ニニ=‐}   .!       ∨ \
    /---、=_=ヽゝ==------廴/}  ヽ',.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽニ=‐ヽ ..|        ',
   /=_=_=_=_ヽ=_.∨  { ̄/ヽ=_=廴/-_}.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ..\ニ{ ...|         ',
.  ′=_=_=_=_∨}=} >'"´/  〉ニニニ=‐/,イ.:.:.マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴', ∨ヽ          ',
.  {=_=_=_=_=_=.}/=i≦ヽニ.廴/ニニ=‐,イ.:.:,'.:.:.:.:マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ニ{ |-_-`|            ',
.  |=_=_=_=_=_//=/=_廴乂ニニ==‐>'"、::::,'::::::::::::マ::::::::::::::::/`ヽ {-_-_ !             ',
.  マ≧s。=_=//=/ニニニニ=‐>'"、ニ=‐.∨::::::::::::/ヤゝ==イニ=‐ゝ..``~|             ',
.  マ=_=_ヽ//=_{ニ=‐>'"}  }/ .\ニ=‐}ゝ==イニヤ‐=ニニ=‐ノ廴`ヽヽ
  Y≧s。 //=_=! /     廴ノ廴 /ニ=/}‐=ニ=‐ ノ``~‐=≦   } } .!
.  !=≧s.{ {=_=/   --'、/ニニニ=‐ハゝ=-=≦  ヤ      厂/ !
   ゝ、__ノ >'" {   }  //`ヽニ=‐,イ::::::ヽ    >'"≧s。__, :′ゝ=/|
.         /   廴' {-_/ニ/_: : : : :≧=≦廴__/廴ィ  廴/廴{. !       / }
.          /  _/ニ.ゝ´ニ,イ                       |       / |
        /  /-_{ }≧、ニ/                       /}       /.  |
.       /   廴/{-_ //                            / .!    /   |
      /   ,'‐=ニ.ゝイ./                       / .|    /.   ',
       /   {‐=ニニ=‐{  |                        /  マ  /.     }
.     / _/‐=ニニ=‐i  i                        /    マ /      i
    >'"‐=ニ\ニニ=‐'  .!                    /     マ     /
    《ニ\‐=ニニ=‐/  .|                    /       マ   /
    ゙''≪__ ノ≧'-----/   ────────── '        マ /
          `´

1665 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:41:08 ID:i7auBTBW
お前は何を言ってるんだ

1675 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:41:45 ID:IWYY8W5+
エロスで世界が救えるんだから
可愛さでも世界が救えて当然だな



1687 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:43:22 ID:YVRYZb4C
さて、上海人形についてだが

1693 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:43:59 ID:YVRYZb4C
1.可愛さ最優先

2.ビーム脳

3.近接武装型

4.集団戦型

5.可愛いビーム型


どれがいい?

1716 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:45:03 ID:YVRYZb4C

【安価 下5~15】
どれだァ!!

1722 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:11 ID:lIkNtnuY


1723 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:11 ID:vS0xuJEo
5

1724 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:11 ID:jODWdRDf
1

1725 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:11 ID:T1PSDCnm
5

1726 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:12 ID:i7auBTBW


1727 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:13 ID:PEb2C0gP


1729 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:16 ID:MdkzGlsk
5!

1730 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:17 ID:gFzgadPI
2

1731 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:45:17 ID:Mxr2qTRh



1746 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:45:53 ID:YVRYZb4C
よし、究極のバカが出来たぞ

1759 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:47:24 ID:D3KF1Omh
まあ、原作でも美しさで根源行こうとしてる時計塔のロードいるしなw

1760 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:47:24 ID:fA4pCi0e
可愛いビーム…ポエム…魔法少女…

1771 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:52:22 ID:pUtFwt9W
>>1760
やっぱり小聖杯じゃないかw



1772 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:52:35 ID:YVRYZb4C


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:カリオストロ           【レベル】:25     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:10      【敏】:20      【魔】:35      【運】:15      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
. _            マム                     /::::::::::/     /::/
.マム           マム                /',        /::::::::::/     /::/
γ,ム>、         マム                ,'.|.∨    /::/,'/- --- 、 ./::/
::,イマムヽ::ヽ           マム     __.{ヽ --.{..|ノ‐=≦、´:/. /       〕iト.
:{_.マム_マ∧_        .マム  >'"  ! }>'"´`ヽ    `{_.ノ、 ./        〕iト.
:ヘ‐‐.マム-}::::}ー'        マム≦      》 ´//     ヽ `ヽ .∨:/          ヘ /
ヽヽ  マム!::/          {        /  .′      ト、  ', .∨::/            ∨ /
 ゙''≪二__ノ、.            |      ′ { {      | ∨ .∨.∨           ∨ /
    ゝ:\::}          |      i i  ! ∨  _从ノ  } / ∨ ヽ              ∨
     ヽム.            |      | ヽ 从ゝ>'"  ,ィfテ廴  .i|  〕iト.
       }:::∨.          |      |  `.} ィチミ    ゝ:ソ !  .ヽ、__    〕iト.
      マ´∨.          |      |   i 〈.vツ       ,-≦ヽ´ニヽ     ヽ
.       マ::∨        ′     / /  .ヘ.      - ‐,  〈 〈ヽ  マニ=}      )
    _ - 、 .マ∧        i     /,イ   i ゝ.   ゝ‐´ /.ヽ} .〕、/ニ=‐∨    ハ
   γ::::::::::::ヽマ∧.       !.  / /   ,イ  ≧=‐‐ ´>'"/ / ヽニ=‐}    ./  ヽ
    {:::γ´`ヽムマ∧     .|::,イ ./.{   {  /---マ_}/-_-_{  .{-_-}ニ=‐!、  ./    }
    ',::::{   マムマ∧    |:{  {  ゙''≪ .ヽ{ヽ-_-_ {(ノ }-_-_-マ .ヽ-.!ニ=‐∨ヽ {    /
    マ:ヽ   .}:::} マ∧     |::``~  ) ``~}-_-_,イ__ノ/`ー--`ヽ ) |>=-∨-}.',   .{
    \::``~:ノ .マ∧__ --/、 >=--イ-_-_ゝ≦ //.|..マ>、_-_-_-/.!    .}-_', ヽ _ゝ/
      ヽ≧ イ\ マs≦ヽ`ヽ∨-_-_->=-- 、-_ // |ニ.マ-_-_-_/ヽ .',    |',-.∨
      〈::::::::::::::::/´ /__ ',ノ }ニ\/‐=ニ=‐}.\i:|  !ニ=‐≧s。{:::::::\ヽ  ハ_\ __/
      `ヽ:::::::/,{ { 〈.{ ) / _,イニ.(‐=ニニ=‐,イ.:.:.:.:\ .!ニニ=‐./:::::::::::r≦       ∨\
     _ -=マ、::(.'イヽノ::::{'≦`ヽ≦`ヽ--=≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ニニ=‐}   .!       ∨ \
    /---、=_=ヽゝ==------廴/}  ヽ',.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽニ=‐ヽ ..|        ',
   /=_=_=_=_ヽ=_.∨  { ̄/ヽ=_=廴/-_}.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ..\ニ{ ...|         ',
.  ′=_=_=_=_∨}=} >'"´/  〉ニニニ=‐/,イ.:.:.マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴', ∨ヽ          ',
.  {=_=_=_=_=_=.}/=i≦ヽニ.廴/ニニ=‐,イ.:.:,'.:.:.:.:マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ニ{ |-_-`|            ',
.  |=_=_=_=_=_//=/=_廴乂ニニ==‐>'"、::::,'::::::::::::マ::::::::::::::::/`ヽ {-_-_ !             ',
.  マ≧s。=_=//=/ニニニニ=‐>'"、ニ=‐.∨::::::::::::/ヤゝ==イニ=‐ゝ..``~|             ',
.  マ=_=_ヽ//=_{ニ=‐>'"}  }/ .\ニ=‐}ゝ==イニヤ‐=ニニ=‐ノ廴`ヽヽ
  Y≧s。 //=_=! /     廴ノ廴 /ニ=/}‐=ニ=‐ ノ``~‐=≦   } } .!
.  !=≧s.{ {=_=/   --'、/ニニニ=‐ハゝ=-=≦  ヤ      厂/ !
   ゝ、__ノ >'" {   }  //`ヽニ=‐,イ::::::ヽ    >'"≧s。__, :′ゝ=/|
.         /   廴' {-_/ニ/_: : : : :≧=≦廴__/廴ィ  廴/廴{. !       / }
.          /  _/ニ.ゝ´ニ,イ                       |       / |
        /  /-_{ }≧、ニ/                       /}       /.  |
.       /   廴/{-_ //                            / .!    /   |
      /   ,'‐=ニ.ゝイ./                       / .|    /.   ',
       /   {‐=ニニ=‐{  |                        /  マ  /.     }
.     / _/‐=ニニ=‐i  i                        /    マ /      i
    >'"‐=ニ\ニニ=‐'  .!                    /     マ     /
    《ニ\‐=ニニ=‐/  .|                    /       マ   /
    ゙''≪__ ノ≧'-----/   ────────── '        マ /
          `´

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:B
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-15%」のペナルティを加える。
 人形術もそうだが錬金術を高いレベルで修めており、魔術師としてはできる夫より高位。

○人形師:A
 このキャラクターはLv30のステータスを持つ“上海人形”を保有し、自由に操れる。
 先行者には戦闘時に30点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

○道具作成:D
 このキャラクターは偶数ターンの頭に1つ好きな礼装を入手する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:上海人形            【レベル】:30     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20      【耐】:20      【敏】:30      【魔】:30      【運】:00      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【貯蔵女子力】:00/50
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                           ¬
                     /    |
                     /    |
       r──────v─〈      ⌒丶
       |         ⌒ ̄ >┴──‐-=ミ_〉
          \  /     /  ⌒ ̄ ̄ 冫⌒丶
            ∨  /.:/  /   /    /     \
            i / .: /     /         〉
            |/ .: .: .    i       /   ∧    | i
          `ー─i  i |  i i| / i |  /`  |i  | |
              |  l |  | γ示レレ x示i|  |
              |i   |  |   Vツ   vツレ  ∧j
                 从   |  |  \  、 ,′人 /i
                i`\从∧    マo。 <  i \i|
                |  ∧、<\  ゚。乂⌒> |  `ー=ミ
                |// γ⌒丶j\  マ>く⌒j   \ 〉
                |/  i     \ハ  iヘーヘーヘ   \
              / / 小      | i|ヽ   ゚。 ゚。    \
                /    |      | リ \ __j_j  |i、  〉
            /    ノ|  \   ル   廴 _j_〕 ル\
              /   / |  ヽ\      /. .   〉. .i─────=ミ
          / /   /|     >─. ./. .    i. .、|         //
           , /  //j    /゙. . . ./. .   ∧.´.\    /ー〈
         /       ___ ノ∧γ{. .   ∧. . . . .}   / ⌒V丶                  ¬
         く⌒ ̄ > ⌒  / . . ∧ . . . .   /. . \._./、_ノ    /` i               / ─/
         {`ー< ___ -く . . . . ./\_彡". . . i. . \   >=ィ i i |       _   -─i   /
          i   i、   r‐`ー<._._._._._._._._._._._._j._._._._.〉j´ ノ 从リ リ_   -─<       丿ー/
          |i  | \ ∧__|`ー┬────‐く⌒>─┬‐γ⌒マ´. .          〈  〈
             从Nル'  / 〈  `|  ∧           \゙─┴ <  /} . . .            i >-〉
                   i . . `ー|    \         \   \ ⌒> . . . .         |    ̄]
               /| . .i.〔_∧   、  \               Υ⌒> . . . .         |⌒ー〈
                 / .| . .| . .i \       \          }   ├<⌒ヽ . . . .         |    i
             / . .| . .| . .|  / \  `ー─>──=彡'    |  \ 」 . . . . .       |─<|
               / . . .| . .l. .人_{ /ー\                  ∧γ⌒`ー‐ . . .    ∧  、〉
           / . . . .|. . .、. . . . . ⌒\ー>───────‐く  〉. . . . . . . . . . .    /  \__|
               . . . . ∧ . . \. . . . . . く   /  /  /  /   Уー─. . . . . . . . .  /ー─<丿
           i . . . .{ . \. . . . . . . . . . ` く__ 厶 (⌒ーく(⌒~" . . . . . . . . . . . . . . ./丶  /
           | 、. . . .\. . \. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .>ー─────── /  W
           | . \ . . 、\. . `ー────────< . . . . . . . . . . . . . . . . . / \/ 〉
           人. . . . . . .丶`ー────. . . . . . . . . . . . .\. . . . . . . . . . . . . /   、/ /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○女子力:EX
 このキャラクターはカリオストロが情報ターンや行動ターンを放棄してドレスアップすることで、前者ならば1D10+2点、
 後者ならば2D10+5点の『女子力』を得る。
 初期女子力は3D10で決定すること。上限は50点である。

○L・O・V・E! ラブラブ☆こーせん
 溜まった女子力をエネルギーにして発射する、ハート型のピンク色光線。
 戦闘時、溜まった女子力全てを開放する事により、+【女子力】%の勝率補正を得る。
 また、その際に【魔】ステータスを+【女子力/2】する。

○上海ランサー
 敏ステ+5 勝率+5%。
 チェスボクシングのレギュレーションに従って作成された上海人形用のランス。
 伸縮が可能であり、機動戦に優れる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1773 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:53:05 ID:AoamwL8w
女子力www

1778 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:53:19 ID:9+hZHToB
貯蔵女子力www

1795 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:54:28 ID:ljHZEebU
このバカ2陣営に横殴りされる黒幕に同情したくなってきたw

1800 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:55:01 ID:uZoCVolC
きわものの様に見えてくそ強いww



1801 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:55:04 ID:YVRYZb4C



┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:カリオストロ           【レベル】:25     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:10      【敏】:20      【魔】:35      【運】:15      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
. _            マム                     /::::::::::/     /::/
.マム           マム                /',        /::::::::::/     /::/
γ,ム>、         マム                ,'.|.∨    /::/,'/- --- 、 ./::/
::,イマムヽ::ヽ           マム     __.{ヽ --.{..|ノ‐=≦、´:/. /       〕iト.
:{_.マム_マ∧_        .マム  >'"  ! }>'"´`ヽ    `{_.ノ、 ./        〕iト.
:ヘ‐‐.マム-}::::}ー'        マム≦      》 ´//     ヽ `ヽ .∨:/          ヘ /
ヽヽ  マム!::/          {        /  .′      ト、  ', .∨::/            ∨ /
 ゙''≪二__ノ、.            |      ′ { {      | ∨ .∨.∨           ∨ /
    ゝ:\::}          |      i i  ! ∨  _从ノ  } / ∨ ヽ              ∨
     ヽム.            |      | ヽ 从ゝ>'"  ,ィfテ廴  .i|  〕iト.
       }:::∨.          |      |  `.} ィチミ    ゝ:ソ !  .ヽ、__    〕iト.
      マ´∨.          |      |   i 〈.vツ       ,-≦ヽ´ニヽ     ヽ
.       マ::∨        ′     / /  .ヘ.      - ‐,  〈 〈ヽ  マニ=}      )
    _ - 、 .マ∧        i     /,イ   i ゝ.   ゝ‐´ /.ヽ} .〕、/ニ=‐∨    ハ
   γ::::::::::::ヽマ∧.       !.  / /   ,イ  ≧=‐‐ ´>'"/ / ヽニ=‐}    ./  ヽ
    {:::γ´`ヽムマ∧     .|::,イ ./.{   {  /---マ_}/-_-_{  .{-_-}ニ=‐!、  ./    }
    ',::::{   マムマ∧    |:{  {  ゙''≪ .ヽ{ヽ-_-_ {(ノ }-_-_-マ .ヽ-.!ニ=‐∨ヽ {    /
    マ:ヽ   .}:::} マ∧     |::``~  ) ``~}-_-_,イ__ノ/`ー--`ヽ ) |>=-∨-}.',   .{
    \::``~:ノ .マ∧__ --/、 >=--イ-_-_ゝ≦ //.|..マ>、_-_-_-/.!    .}-_', ヽ _ゝ/
      ヽ≧ イ\ マs≦ヽ`ヽ∨-_-_->=-- 、-_ // |ニ.マ-_-_-_/ヽ .',    |',-.∨
      〈::::::::::::::::/´ /__ ',ノ }ニ\/‐=ニ=‐}.\i:|  !ニ=‐≧s。{:::::::\ヽ  ハ_\ __/
      `ヽ:::::::/,{ { 〈.{ ) / _,イニ.(‐=ニニ=‐,イ.:.:.:.:\ .!ニニ=‐./:::::::::::r≦       ∨\
     _ -=マ、::(.'イヽノ::::{'≦`ヽ≦`ヽ--=≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ニニ=‐}   .!       ∨ \
    /---、=_=ヽゝ==------廴/}  ヽ',.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽニ=‐ヽ ..|        ',
   /=_=_=_=_ヽ=_.∨  { ̄/ヽ=_=廴/-_}.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ..\ニ{ ...|         ',
.  ′=_=_=_=_∨}=} >'"´/  〉ニニニ=‐/,イ.:.:.マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴', ∨ヽ          ',
.  {=_=_=_=_=_=.}/=i≦ヽニ.廴/ニニ=‐,イ.:.:,'.:.:.:.:マ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ニ{ |-_-`|            ',
.  |=_=_=_=_=_//=/=_廴乂ニニ==‐>'"、::::,'::::::::::::マ::::::::::::::::/`ヽ {-_-_ !             ',
.  マ≧s。=_=//=/ニニニニ=‐>'"、ニ=‐.∨::::::::::::/ヤゝ==イニ=‐ゝ..``~|             ',
.  マ=_=_ヽ//=_{ニ=‐>'"}  }/ .\ニ=‐}ゝ==イニヤ‐=ニニ=‐ノ廴`ヽヽ
  Y≧s。 //=_=! /     廴ノ廴 /ニ=/}‐=ニ=‐ ノ``~‐=≦   } } .!
.  !=≧s.{ {=_=/   --'、/ニニニ=‐ハゝ=-=≦  ヤ      厂/ !
   ゝ、__ノ >'" {   }  //`ヽニ=‐,イ::::::ヽ    >'"≧s。__, :′ゝ=/|
.         /   廴' {-_/ニ/_: : : : :≧=≦廴__/廴ィ  廴/廴{. !       / }
.          /  _/ニ.ゝ´ニ,イ                       |       / |
        /  /-_{ }≧、ニ/                       /}       /.  |
.       /   廴/{-_ //                            / .!    /   |
      /   ,'‐=ニ.ゝイ./                       / .|    /.   ',
       /   {‐=ニニ=‐{  |                        /  マ  /.     }
.     / _/‐=ニニ=‐i  i                        /    マ /      i
    >'"‐=ニ\ニニ=‐'  .!                    /     マ     /
    《ニ\‐=ニニ=‐/  .|                    /       マ   /
    ゙''≪__ ノ≧'-----/   ────────── '        マ /
          `´

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○魔術:B
 比較で【魔】が選択された際、相手勝率に「-15%」のペナルティを加える。
 人形術もそうだが錬金術を高いレベルで修めており、魔術師としてはできる夫より高位。

○人形師:A
 このキャラクターはLv30のステータスを持つ“上海人形”を保有し、自由に操れる。
 上海人形には戦闘時に30点の維持魔力がかかるが、維持に魔力は消費しない。

○チェスボクサー:A
 このキャラクターは自身の人形を参戦させての戦闘の場合、人形の任意のステータス1つを+10し、
 勝率に+10%の補正を与える事が可能である。
 要は人形遣いとしての高い技巧を意味するのだが、当人はチェスボクサーを自称して憚らない。

○道具作成:D
 このキャラクターは偶数ターンの頭に1つ好きな礼装を入手する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:上海人形            【レベル】:30     【アライメント】:混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20      【耐】:20      【敏】:30      【魔】:30      【運】:00      【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【貯蔵女子力】:00/50
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                           ¬
                     /    |
                     /    |
       r──────v─〈      ⌒丶
       |         ⌒ ̄ >┴──‐-=ミ_〉
          \  /     /  ⌒ ̄ ̄ 冫⌒丶
            ∨  /.:/  /   /    /     \
            i / .: /     /         〉
            |/ .: .: .    i       /   ∧    | i
          `ー─i  i |  i i| / i |  /`  |i  | |
              |  l |  | γ示レレ x示i|  |
              |i   |  |   Vツ   vツレ  ∧j
                 从   |  |  \  、 ,′人 /i
                i`\从∧    マo。 <  i \i|
                |  ∧、<\  ゚。乂⌒> |  `ー=ミ
                |// γ⌒丶j\  マ>く⌒j   \ 〉
                |/  i     \ハ  iヘーヘーヘ   \
              / / 小      | i|ヽ   ゚。 ゚。    \
                /    |      | リ \ __j_j  |i、  〉
            /    ノ|  \   ル   廴 _j_〕 ル\
              /   / |  ヽ\      /. .   〉. .i─────=ミ
          / /   /|     >─. ./. .    i. .、|         //
           , /  //j    /゙. . . ./. .   ∧.´.\    /ー〈
         /       ___ ノ∧γ{. .   ∧. . . . .}   / ⌒V丶                  ¬
         く⌒ ̄ > ⌒  / . . ∧ . . . .   /. . \._./、_ノ    /` i               / ─/
         {`ー< ___ -く . . . . ./\_彡". . . i. . \   >=ィ i i |       _   -─i   /
          i   i、   r‐`ー<._._._._._._._._._._._._j._._._._.〉j´ ノ 从リ リ_   -─<       丿ー/
          |i  | \ ∧__|`ー┬────‐く⌒>─┬‐γ⌒マ´. .          〈  〈
             从Nル'  / 〈  `|  ∧           \゙─┴ <  /} . . .            i >-〉
                   i . . `ー|    \         \   \ ⌒> . . . .         |    ̄]
               /| . .i.〔_∧   、  \               Υ⌒> . . . .         |⌒ー〈
                 / .| . .| . .i \       \          }   ├<⌒ヽ . . . .         |    i
             / . .| . .| . .|  / \  `ー─>──=彡'    |  \ 」 . . . . .       |─<|
               / . . .| . .l. .人_{ /ー\                  ∧γ⌒`ー‐ . . .    ∧  、〉
           / . . . .|. . .、. . . . . ⌒\ー>───────‐く  〉. . . . . . . . . . .    /  \__|
               . . . . ∧ . . \. . . . . . く   /  /  /  /   Уー─. . . . . . . . .  /ー─<丿
           i . . . .{ . \. . . . . . . . . . ` く__ 厶 (⌒ーく(⌒~" . . . . . . . . . . . . . . ./丶  /
           | 、. . . .\. . \. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .>ー─────── /  W
           | . \ . . 、\. . `ー────────< . . . . . . . . . . . . . . . . . / \/ 〉
           人. . . . . . .丶`ー────. . . . . . . . . . . . .\. . . . . . . . . . . . . /   、/ /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○女子力:EX
 このキャラクターはカリオストロが情報ターンや行動ターンを放棄してドレスアップすることで、前者ならば1D10+2点、
 後者ならば2D10+5点の『女子力』を得る。
 初期女子力は3D10で決定すること。上限は50点である。

○L・O・V・E! ラブラブ☆こーせん
 溜まった女子力をエネルギーにして発射する、ハート型のピンク色光線。
 戦闘時、溜まった女子力全てを開放する事により、+【女子力】%の勝率補正を得る。
 また、その際に【魔】ステータス合計値を+【女子力/2】する。

○上海ランサー
 敏ステ+5 勝率+5%。
 チェスボクシングのレギュレーションに従って作成された上海人形用のランス。
 伸縮が可能であり、機動戦に優れる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1805 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:55:48 ID:YVRYZb4C
Q.つまり?

A.情報収集とターン行動を捨てて女子力を磨いて、その女子力で闘う。

1808 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:56:16 ID:pUtFwt9W
ビューティータァイム

1812 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:56:31 ID:PnzOZskZ
女子力ビームってどういうことだよwwwwwwwwww
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/1108
あ、今回のパッケージお届けに来ましたー!!

1816 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:56:59 ID:9+hZHToB
女子力充填100% 発射!



1818 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:57:07 ID:YVRYZb4C
                                                  _,,,、-ー'''7 ̄ \   ....|
.   _.. -''″     .__..__,、           -=ニ゙゙ニ--- -......,,,,,_、     .'`-┷lli..,, ,_ /  ......../     .__j|__
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_    ..../ ____,   ! ((_))    ̄|「 ̄
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´                       ̄''''―.! !三!:i   ! と´r、((_))..|!  人
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__      .,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,.i !三!:!   !   | ヽ`。! |   `Y´
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙  ̄ |!        i| :     ´`゙'''― ,,,._  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´         |!       i| i         〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !
  _..-'"゛ _..-                   |!         ∨|          〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
'"  .,..ッr'"                  |!            i!        .テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
.., ''ソ゛                     i  |!           i|           ヽ_.ノノ    / /´¨γゝへi i|>r、示> 、
゛ l゙                  i! |!         i|           .7´`''-、__ノノ....:::::{(0)ンi i|に)//| |>≧ァ
. !                      |∨             i!           /   /´|ヾ三≡=ゝソ〃;i i|ソ//;;| |))7 /
  ヽ                  i|!            i|        /    :/  | |ヘ|i1!| ∨i!| ̄;i i|]/∧;;| |´/ /
.   `'-、、,.               |!              i|          /    :/   .| |:::|i1!| ∨i| ;;i iレ∧;;;;| |:/ ∧
      `''ー  ,,_          |!              i|.         _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー . ,_    |!            i|.  __ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、              |!                i|.          '''''''''''''''''''''''''''
.  `゙''''~ .`''ー .. ,,,,____ .__     |!              i|.... 三゙゙..........---;;;;='   ._,,
'''ー ...,,,_          ̄ ̄..  |!             i|     -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′.          i! |!                i|.       _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_     `゙`-`-. |i |!              i| i.¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,..
'―-- 、..,,,,_、 . ̄''-.. ,,_、... i|∨             ∨|...ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ '''''゙゙. |l                  l|
                  |l                l|  !
                  |l                     l| i!
.           、          |l                ∨|       ._,、ゞ`~ ̄^´゙´'´ヘ
         \         |l           :            l|       .ゞ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.`;、,
                     |l..-――- 、  .i           l|     ..,';:;:;:;:;:;:トハトvヘ:;:;:;:;:;:;:;:(
              \   , '         、 |!         l|     /..ノ;ハ!`^゙ ______ヾ:;:ゞ、:;{
....   く>         ヾ./           、.!|   _  |]    (\-、    `j ,ィ,ゝ彡ノ ̄`ミ} 6}:;′
                  │ ⌒    ⌒ .│.:  〈/    __..\\\   ゙く刈`¨¨    | rく::{
        \、    /.| ,ィ=ミ、   ,ィ=ミ、 │.: .     _ノ::::\...__\\\  八ヽ'_,..-‐'  _」 ハ!
.            \ー '..│ 亠亠   亠亠 |.:.v!: .    \:::::/.r\ヽr-―ヽ  ヽ ー1.,. / //  \
.             ) )   i     !.      i.         Y'∩Y.._)人ーr  }   `““く  /,゙__,   ゙ 、
   \ 、    // l7 ヘ ┌=ニニ=┐.  /.           |│| |ヽ   ヽ. j     /⌒ ̄         \
..    \ー '    i! ∧イ!\`ー― ‐' /           |│|│| ..ゝr‐、 \  /         i ヽ ヽ
.        \\._ xz≦ニ/ニ|ニ∧`ー--‐'小、_         /).! !亅l..ノ.∧ ヽ  ヽ|         l  ゙、 '.
.       xz≦ニニニ二/二l|ニニ\_/ニ/二ヽ≧zx     i ,イニ=-  }.: ノ∧     |         l   i  i'.
  ̄ ̄  /fムニニニ二./ニニ.!ニニ/\=/ニニニl!ニニニ`ヽ  {  ヽ   }  ̄∧    !        j |    }  リ
    ../ニニムニニニ./ニニニlニ/ 〉‐〈 /二二/ニニ二∧ 人_  イ_   ∧   ト、      ノ! ノ   {  |    (`┐
   .../ニニニ.ム二二\ニニニ∨. /   /ニニニ./ニニニ二//ハ _|三三三|_   ∧ 、 j´゛゛ー,  ゛ {"     ;  !   _二、   ,¬、  ,、
  ..../ニニニ二l|ニニニ二.\t二∨  ./ニニニ./ニニニ二/ニ二 |ニ二二二|     .ヽヾ{       ハ     !. |  \_,,「ノ>  (rク ノ   | >,=つ _  _  _
   /ニニ二二|ニニニ二二\二\/ニニ/ニニニ/ニニ二.|ニ二二二|    ....` 1   j   {  \  j  |  (二>| Kー-z /人\_,∪ =ニ) ヽ)ヽ)ヽ)
.  /ニニニニニニ|ニニニニニニニニ`マ/ニ/ニニ二二7ニニニ二|ニ二二二|        .Y  丿    }     ! | /-=、! `¨¨´´   ̄
 /ニニ二二二|ニニニニニ二二二/_/ニニニニニ二7ニニニニニ|ニ二二二|        |  "   |    ! |
./ニニニニニニ二|ニニニニニニニニニニニニニニ二二二7ニニニニニニ|ニ二二二|
                               ________. \  \::\           _、,_ _
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...\  \::\        /   ゛''-、,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   \  \::\     .,.イi  ((_))  `ヽ
    で き る 夫 は 聖 杯 戦 争 で                           \  \::\   〔!i´|      ((_))i ドヤァ…
                                                    \  \::\ [!i |     i、   |
                        ┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐                 \  \::\ヘヽ  ゝ __`__,  i
                        │や││ら.││か││し.│ に 来 た よ う で す.\  \::\ \ `''ー‐´  i
                        └─┘└─┘└─┘└─┘                    \  \::\`>-、,_/____
                               _________________.\  \::\ー-┬───┐|
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. \  \::\,r-tr-r-r-r__|: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               \  \::\.|l!i||「i|(( |: |





なんだこれwwwwwひでぇwwwwwwwwwwww

1835 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 00:58:19 ID:PEb2C0gP
なにこのパッケージwww



1837 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 00:58:41 ID:YVRYZb4C
なお、基本的にこいつら2陣営以外は何かしら重さや厄ネタ、悪役などの要素を背負っていますが、
それはそれとしてこつら2陣営に横から全力で殴りかかられた黒幕の顔が楽しみです

1852 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:00:19 ID:YVRYZb4C
ここにアリサと響を放り込む案もあった

1858 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:00:42 ID:fA4pCi0e
えっピロシキ?



1861 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:00:53 ID:YVRYZb4C


       (⌒    __,  ―――‐ 、
        \  /  \、      \
         `ー‐‐‐‐., \〕ト _    Y
         .′ /  /  / _=ニ=--./
         | /  / T.  T l l¨ _¨¨\
       {l⌒l}{l⌒l} | /乂_ノ }ノT T¨ _ Ⅴ
       ゞ=くゞ=く从\      乂ノ  Ⅴ、〉    「ツリズン! ツリズン!」
       」|__|__|__|ム八 \ △  ′ 八
       ト、   | |‐‐‐≧-`¨¨≦|/ |. ′{     (туризм:観光)
         ≧| |.〔_〕|   へイ⌒\、  |
           | |.〔_〕|〔__ ' |ニト、ハ}| 八
           | |.〔_〕|   /ニ7}/. }/
           | |.〔_〕|‐‐ニニニ_八
           | |‐‐┘ニニ_/
           | l ⌒\..\
          八从.   \_l





                           ___/_/_ /
                     ,.x≦三三三三三≫ 、
                     ,.≪ニ三三三三三三三三\
                   , ニ≫≦::::::::>x三三三三三三ヽ
                //::::::::>――≪三≧x。三三三ニi.Y
                    i/:::::::/   ―‐-` ー-ミニ≫x三ニl┴―――――‐ 、
                    l::::/__ 彡イ示ミ ;  /,/`ト.、ヾニノ             i
                  ヾ  ,/ ィ 《 ヒ炒 // / ⌒ !\     /      /
                   / //i !i   /´ / ィ示刈 i ≧ ―y
               ///j∧!          , 炒/' ! !i   /      /    「旧型は旧型なりの仕事をするでピロシキ!
            ,> ´>― ミ ,从八    __      ノ / /         /
            /   ,/       \__\__ ´  ’ /j /!j//        ,       そこの同志響の言う通りでウォッカ!!」
            /   / /          Y、ノ∧ _ ィ  /イ≫’         /
        ,   / /          ;ニ≫ニヽ |三|≫ ´         /
.        /  / /  ,           ノニニニニニ≫xヽ、  ,.:     /
        /  /i ,  i jz==ミ。、 ,/ /ニニニニニニニニニヽ\_!::     /
.     ,  从. {  ∨/////∧/∨'ニニニニニニニニニニニ)ニニ≧<
.          \ヽ , //////∨ :!ニニ三三三三三/ .`ヾニニニ≫ 、
           ,z==ミ///////  /ニ三三三三三/   ;.  ∨三三ハ
            i三三ニ\/// ヽイニニニ三三三三/   人   ∨三ニニ!
            |三三三ニヾ    }ニニニニ≫=ニニ´  ´       i三三三!
            |三三三三ハ  ,ハニ≫´             ヽ└―ァミ |
         」三三三ニニ/  i イ´               ≧=≪//}
.          j三三三ニ/   `ハ                     i三> ´
          ハ三三三リ                          !
         i!三三三Y       :                .
          i三三三ニ!       i                 :    '.
          l三三三ニ!         ,               ;     '.
          l三三三ニ!       ,/              i    '.
          l三三三ニ!      /       ___     {
         !三三三│     」z=≦三三三三三三三ニ=‐- __!
         i三三三│    ハ三三三三三三三三三三三三三≧





               ____
            ,.ィ‐====‐- 、ニニミ、
           /二二二二二\ニニヽ_
           Vニ>"´ ̄ ̄``ヾヽ、Ⅷ}ニム
          (__/ / ハ  |\ ', `<ニソ
         ー=イ|i{/TT',  |TTヽ}   `「    「トゥニェーツ! トゥニェーツ!」
                |从.   \|   / /)  /
                j八   「ヽ   / /   l{     ( тунец:マグロ)
            ーイ  }rくニrくj-く{ { |l 八_)ヽ
            (_/   j「l∵l |乂`Y \ノV)ー=彡
          `ー=彡| r┐ |ハ_「{ヽ___/{
                 | 乂 |Y:';:ヘー=彡'
                 |_「|「l_!:|:::';:〉
                   jj |:「¨|:「
                 |:| |:|


もうどうしようもない

1867 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:01:12 ID:8kkiErks
それやったら黒幕と主催者の胃が死にませんか?www

1874 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:02:03 ID:lIkNtnuY
黒幕のこのバカ二人に対する最適解→対消滅を狙うしかねえ!

1882 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:03:03 ID:Qyl/w0zp
中聖杯を小聖杯並のノリでぶっこんできたってどうしろってんだよ!!!!

1889 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:04:03 ID:ljHZEebU
>>1874
できる夫負ける→先行者パージ→ランダム襲撃で黒☆幕☆突☆撃
ここまで想像余裕でした



1892 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:04:36 ID:YVRYZb4C
>>1879
うん。

1900 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:05:40 ID:MdkzGlsk
雅様が鯖かwwwwそしてロシア組も混ざるとは今回は世界中から参加者があつまってるんだなwww

1905 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:06:31 ID:Qyl/w0zp
おっさん「輝け私の女子力」
雅様「なんだこの肌は!?滑るぞ!」

こうですか


1907 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:06:43 ID:YVRYZb4C
>>1900
混ざらねぇよ!!wwwwww

案として出てたってだけだ!!wwwww

1925 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:10:56 ID:YVRYZb4C
あかん

1926 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:11:14 ID:YVRYZb4C
雅様のデータが多角的にあかん

1930 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:11:23 ID:YVRYZb4C
こいつ命令聞かねぇ………!!

1934 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:11:53 ID:7qKy9IkJ
ま た 暴 走 か

1946 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:13:05 ID:5sinLeIA
予想:先行者とメカミヤビ様がラスボス

1955 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:14:40 ID:vS0xuJEo
そのうち自爆するでしょうってひでぇなぁw



1956 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:14:46 ID:YVRYZb4C



          _,.. -≠ ̄`ー'^`ヽ、        | ̄|  | ̄| ̄|
            ,. '"       ヾ、    | ̄ ̄    ̄ ̄| ̄
           /            、    ̄ ̄|  | ̄|  |    | ̄| ̄| />
         /::::/ ./   /       、       |_|  |_|      ̄ ̄//
        , ':,:/:i' ,i / ./l ./ ∧ :, .i  i   ヘ、               </
          /ィ::/:r! ル'l/l'::l/:l/:::::Vヘlヘ,i|: : :.i⌒`       ',   ;
          ,jイ::{ iN  [:::::。、:::::::::,...。:ァリ,ハ: l|          ',  ,j
     ‘, `ヽ.._j:::ヽl ! : : : ̄:. ::l :  ̄. // リN   _   \ ', j i , /
     ‘, . . . N::::::::., : : : : :...::l : : : /イィ:厶-‐  /    、\ ',j l // /  /
        ‘,. . . . ,:::::;ヘ、: : 、,.........._,  .:'::::/. . .          _,.._  ' //
_____,..ム. . .rヘ:j . \: :`¨¨¨´, イ:::::/. . . . , '      「 ̄// ̄lト、  '    「名誉と貴婦人の為に! 後は知らない!」
二二二二ニ∧ {/L__ヽ..__. イ. .l:::/. . .   '       r'-く、{ r' _,  V }!
二二二二二r┘∨レヘ/∨L.ィ::::::::::::::/.. .. .イ、         ‘, - ._)L_」└ァ
二二二二二\ Vヘ /レヘ,ハ/へ.::::::/... .. く二>、       ヽ : : : : 丁  !
二二二二二二>、∨::V ハ∧/.::::::. .  /二二心、     `ト、_,.、    i|.!
二二二二二二斗ヘ、::∧lVヘ::::...ト.... /二二二ニニヘ、     | lィ{: : : : ̄ .l |l!
二二二二二|二二ニi'、 ,ハ/...::::::Vイ二二二二二二ニ>    /∧\     | !
二ニニニニニ|二二ニ! `'く::ハハ....:::::::l二ニ/二二二二ニL、 / /二ニ>、\_ ∧
二二ニニニニニ|ニニニ!   `< \/Vニニ7二二二二二ニニ/、/二二二≧x、_ ̄!
二二二ニニニ|二二7   l Vへ/lニニ7二二二二二二/7二二二二二二二〉 /
二二二二ニニ|二ニ7   .l i ヾ/ .l二7二二二二二二ニ/二二二二二ニニ/ /
二二二二ニニ|二ニl    l l   l二7二二二二二二二二二二二ニニニア /
二二二ニニ|二リ   l l    lニ{二二二二二二二二二二/二二ニア ./ /
二二二二ニニ|二/    l l    ∨.l二ニ7マニニニ/二二二ニ/二二ア   /
二二二ニニニ|ニ/    l l    ∨!二ニ{  マニニ/ニ/ニニニ/二ニニ/   /
二ニニニニニ|./     .l l       V ニニ∧ ‘'< ニ/ニ/二//ニニ/
二二二二二/>x、_ l l  __ムニニニ∧.  /`/二/二//ニニ/
二二二ニニ/∧ V V丁厂V:::/ヘ、VV.ニニ∧   / `/ニ/二>'”
二二二二/∧∧/ヽ/ヘ/ヘ/Vヘ::/V.'へ、二∧   // /¨¨´
二ニニニニ/V L/ヽ/\j、/\/ V:::〃二心二∧   /
二二二/ へ/:::ヽ/\/:::\/\∧/{二二ハ二ハ
ニニニニ/:::::::∧::::/\/\/へ:/\!∧二7  V二}
二二7::::::::/\V\/\/\{/へ/V V7   ∨/

1957 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:14:47 ID:PnzOZskZ
【悲報】選ばれしバカ、二陣営爆誕【朗報?】

1961 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:15:35 ID:lIkNtnuY
あ、自走式バカですわ(確信)

1964 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:15:42 ID:/LhMjwHm
ジョアシャン・ミュラ?w



1976 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:19:53 ID:YVRYZb4C
では他の組の調整を酔っ払いが行っておりますので少々お待ち下さい

1983 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:21:21 ID:YVRYZb4C
これだけでバレるとか真名解読班はなんなんだよwwww

1993 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:24:21 ID:YVRYZb4C
ジョアシャン・ミュラ。ナポレオン配下にして義弟。

極めて優秀な騎兵指揮官であり、個人の武勇にも極めて優れ、勇猛果敢、
勇気胆力全く欠ける所が無く、どんな乱戦にも真っ先に飛び込み平然と生還する勇者でもあった。
人気者で伊達男。先の「貴婦人と名誉のために」は彼の座右の銘であり、サーベルに彫り込まれている。

その一方で馬から降りれば平時は見事な無能であり、会議の席にでも置こうものなら判断力も決断力もない腑抜けに成り下がってしまうと
評価された。

大軍の指揮能力も無く、戦闘レベル、あるいはごく狭域の戦術レベルにおいての有能さであったと思われる。
あとナポレオンのいうことを聞かず勝手に戦って負けたりしている。

1996 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:25:27 ID:YVRYZb4C
Q.つまり?

A.強い。ただし言うことを聞かない。味方が多いと弱化する。

2009 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 01:28:39 ID:O5Oa4mL4
こっち:戦闘力はそこまで高くないものの三回復活できる+一回負けるとなんかFOE発生し、自爆も発生
あっち:女子力ビームがフルチャージだと頭おかしい+鯖がおそらく戦闘力は非常に強い+でもいうこと効かない

どうすんだこいつら



2012 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:29:56 ID:YVRYZb4C
>>2009
おい………なんだこれ………

2064 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 01:57:20 ID:YVRYZb4C
あ、今日はあと酔っ払い共と調整するだけになるかと思います

なんか上手くやれなくて申し訳ない
そしてなんだこいつら

2074 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 02:04:24 ID:EuhcJ+tu
かわいいは正義
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org554601.jpg

2102 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 03:09:01 ID:EMuUuq4U
>>2074
かわいいは正義!
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1412438008/92

2129 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 08:35:36 ID:5sinLeIA
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/1112-1114
意外と違和感なくて困った

2162 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 10:51:33 ID:99iHrNx7
ミュラは自分の生死がかかった最後の決戦でよりによって勝ちを確信して風呂試合やらかして
自分が帰宅した間に逆転されて大敗して捕縛されて処刑されたっていうすっごい逸話がある。

有能だけどマジでアホやで……



2164 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:09:10 ID:YVRYZb4C
>>2162
雅様っぽいだろう!?

2166 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 11:11:08 ID:x+ojVR9E
>>2164
原作雅様なにものなんですか
あ、おはよーございまーす



2172 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:13:05 ID:YVRYZb4C
>>2166
・逃げる主人公を追って足場の悪い屋根の上を疾走
・血だまりで滑って落下
・「があああああああああああ! がああああああああああああああ!!」

2176 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 11:17:08 ID:w2PRba0o
>>2172
これは本来は足場の悪い屋根に誘き出した主人公が評価されるべきなんだろうけど、
「すべるぞ!」→「があああああああああああ! がああああああああああああああ!!」
でもうだめ



2177 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:17:09 ID:YVRYZb4C
高みの見物を決め込む雅様

ttp://i0.wp.com/kaola.jp/wp-content/uploads/2015/06/2aecc54ae24fca8e0bc3053c9109b07d.jpg

2179 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:17:56 ID:YVRYZb4C
>>2176
うん、明さんの作戦勝ちなんだけど、雅様のリアクション芸が面白すぎて駄目だった

2182 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:21:00 ID:YVRYZb4C
ヒロインを自らの手で殺すという悲劇性もあるしな

2187 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 11:24:26 ID:kSTmzSGd
西山の

あれなら明でも死んだよな

(今までを思い返す)

やっぱり死体を確認しよう

の流れで爆笑した



2189 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:25:13 ID:YVRYZb4C
ヒロインは小柄だけど手先が器用で……。
敵でありながらも献身的に何度も明さんを助けて……。
明さんも満更では無かったくせに……。
敵同士である事には抗えず……!!

2192 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 11:25:49 ID:YVRYZb4C
>>2187
ギャグ漫画でもありそうな流れだwwwwwww

2223 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:08:02 ID:YVRYZb4C

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


























                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |    聖杯、戦争。     
                        乂__________.ノ
                        























.

2228 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:12:43 ID:YVRYZb4C



                     へへ / /-:::::::‐:::::‐::::::-:::::::::::::::::::::`ヽ::::::::!
                   /ヽ: ヽ: ヽっ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::\::ト、
                     |: :Y:ト、人ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヽ:i
                     |: :/ //::::::::::::::/!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::フ
.                    / /:.:/:::::::::::::;.ヽ|i:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f′
                 / /:.:.:.:.′:::::::::/:. :.|l:::::::::::/__:∨::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::i   「聖杯自体には興味は無いな。
                  /_/:. :. :. _i::::::::::::/: : :.八:::::: ′: : ∨:::::::::::::::::::::/::::::::::::′
             彡": : : : : :′!::::i::::::i弋i㍉: ヽノj: : : :._ Ⅵ:::/i:::::::::/::::::::::::7    ああ―――君もか、アサシン。それは都合が良い。
               / : : :. : : :/  ヽ::ト、::j:. :. ̄: : : : : :.弋i ㍉!/:.:|:::::::Y^Y::::::人    オレはただ、望む絵画を描きたいだけだ」
.              /: : : : : : :/       八:. :. :/:. : :. : : : :. ̄:イ: : |:::∧!:) !::::/  )
             /: : : : : : :/       / .人:. :.ヽ: : : : : : : : : : : : :Ⅳ:.:.j:.ノ::/
          ∧ ,: : : : : : :./       j / 从:.:.r‐ 、: : : : : : : : : :.r―´l:::::::!j
          / ∧:. :. :. :. :.:/         j   ヽ: ̄`ヽ: : : : : : /:. :. :.ⅳ从
        /.  ∧:. :. :. :./                ゚: : : : : : : :.<: :./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7
.     /    ∧: : : /,                  ー=7:¨: : : :./         〈
   /       ∧: //i_       __ .-‐==/:.:. :.:./             ヽ_
  /          V//|   ̄ ̄ ̄      /: : :./                 \
. /              マ./!               /:. : :/                       \





::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:._: |::::::/i:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::/:/: : : :|:::/:.:|::::::::::::::ハ::i
::/⌒\i:::::::::::::::::::/i::/r――ァ|/:.:.:.|:::;:::::::/ })
,:/⌒: : |::::::::::::::::/: レ:.:廴ヽ_八:.: :.:.Ⅳ::::八    「人、英霊、あるいはそれ以外も。
{: (:. :. :|:::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : :.i:乂
ヘヽ: : : |:::∧:::i: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ       皆纏めて殺しあう、平等平和な地獄絵図。
::::\:.:.:.∨: :Ⅵ: : : : : : : : : : : : : : : : : :\      そういうのがオレの好みでね。女の子が題材だと、なお“そそる”。
::::::::i.\_:. :. :. |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
:::人!:. : : : : : :j: :. : : : : : :. : : :. : : : : ┌'       ……へぇ、いよいよ趣味が合いそうだな、アサシン。
/: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: ァ        獲物が被った時の決め方には苦労しそうだけど」
:. :.:.j: : : : : :.、: : : : : : : : : : : :-‐´: : ′
: : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : :./
: :. : : :. :. : ; :-―‐>。: : : : : : : :/  _
、: : : ィ1 ̄ \     `ヽ:_:_:(匸゚: : `ヽ
 :. : :l;;|      ヽ.     rミ    ̄ヽ:.:.:.i
 l: : :l;;|      i     |: ヽ  ___i: : |
 |:.:.:.|;;!       |      |: : :Y´: : : :`ヽ!

2232 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:15:38 ID:YVRYZb4C



                         _
                            /::i::::ト、
                        ...-‐:┼┼::ー.、
                          ,.′:::;:::::ー:::::::::、::\
                     ,:::::/::::::::::::::::::::::::\::ヽ
                        /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:i
                    i::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:|   「んじゃ、始めようか。
                    |:::::::::::::::;:::/!::::/i::::::i!:::::::::!    この世の惨禍を全部まとめて描き切る。
                    |i:::::::::::/:.イ_|:/:.:.ヽノ_ヽ::::ト、   ―――それが今から、楽しみで仕方がないのさ」
                    |li:::::::::i弋i__㍉:.乂i__ノ:i::::|ヽj
                       从!:::::::!: : : : : :i: : : : :∧:リ_
                    人:::小: : : :.__:.::.:/i;i人 入
                     / /  !;!:\:  ̄~: イ: |;|  ヽ ゙ ‐- .
                     /   i  |;l:. :. :.:.ー:.゚: : :.|;|    \    ゙ ‐- .
                  .  '     l  l;l:. : :. : :. :. :. :|;|      i        `ヽ
             /         l  l;l: :. : :. :. :. : :.|; 匚!   l         /\
              ヽ          l  l;l: : : : : : : : : :l;l.| |   l        .′ 入
.           /__\       l  l;l: : : : : : : : : l;l.| |   l      /_//  ヽ
.         /\  / \      l   ヽ、: : : : : : : :.l;l.| |   l       .′ヽ    .
          i   \  ̄/ \      .   ヽヽ:. :.:. :.___| |   l     /\_/      .
         .     \  ̄/ i        \\/:.ー‐、`ゝ   !       \/        i
       i        \ ̄/!     ヽ     /‐:.:.⌒ヽ)|   l      i /       .
                    ヽ/.|       \  /:.-‐:. ̄ヽ)|   l      | ′        ヽ
.        i            ヽ!             i:.' ̄ ̄ ̄T|   l      |i              .
.        l             人            |:. :. :. : : :; |   l      |l             .
.        |               ヽ.       /: : : : : /l__|   l      |'               ハ
.        |              Y⌒ヽ._ . . :.゚: : : : : .; '  爻   .′    |
                  i;i: : : : : : : : :. : :./Y       /       !                ヽ
..      i               |;|: : : : : : : .;  ´ /       /      ト、                 i
..      l               |;|: : : : : :/    .′     ,           \              7



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 “狂画師”鏡斎

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

2241 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:22:09 ID:YVRYZb4C
















                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |     ―――うふふ。      
                    乂____________. ノ












.


                          _。r≦≧s。、
                       _。r≦三三三三≧s。、
                       ¨'''''-=气ニニ孑ー''''"¨
                 ____/`ヽz{ニミ彡=ム、    「聖杯戦争。願望機。
            _,,,,,,。r≦ニニニニ='-''" /=ニニニニ㌣⌒ヾ、     良いね、どちらも興味をそそるよ」
             ̄ ̄     ,,,。r≦/ /∧ ',;;;;/ ,'  / ゙ヽ
                _。r≦=>''/  ソ ,' ', ',;' ,' !| /   \
                z≦ニニ,イ  /  /  ,'  ', マ } . { ,'    ',
.               /ニニニ/  ,ィ'  /.   }  ',  ,' ',   〃  ヽ
                イ''´.       /  / i   } ノ{. / /ノ {  } i{    ヽ
                   /  /   l ノ /ゞヽ、__ム ' | {   ',  ',
                    ,イ   /   ノ〈z〈___/_ヾノ」ム      ',  ヽ
                   />x___/ ,'/ ノ{ゞ----`「」イ! ',    /゙', /
                /;;/ ,, -{   ノ゙{ヽ.   //ソヾ, ',.  /゙  }イ
              ,-く;;;Y''" <|   /. |ヘ  /=/,,イ/ハ', ', ',
            _イィ__ノ」''".   {_/  { /ニ/   / } ',',、  /
        -==‐"                 iィニニ/       } ',',ゝノ
    -==-"                /ニニ,イ,     /  ',',
=-"                    /ニニ/ ',、.     ,'   ',',
                         {ニニレ' ',  ',',.    }.    ',',
                     }ニ=,'.  }' / ,',   ソ!.    ',',
                     |ニ/  〈../. ,ヽ  'ノ.}    ',',
                     ,'_/   |   ', ヽ,  ' }...   ',',
                     {イ    }   ヽ ヽ /.    '‐
                             ',    ヽ  ヽ





                 ____
         / ̄`ヽヾ `   `ヽ_
      ,--<    ヽ  ', i ~"  ミ \
     ヽ  ̄"''‐、    ヽ ム''"‐''" ̄`ヽ } \
.      /´  `> 、 ヾY''⌒ヾ、--、 i|| ,' } ノ
.       /    x≪ニミ、/彡ミ} トミ、i |. l|┴'"〈
     /    /ニニニニニニ}ノニ从,,リ.ニニニ|
.    〈    {ニニニニニニニニハニレ-.、ニニ}   「―――例えば、そうだね。
.      `ヽ..ハ',≪№i,,,≦;;;;;;O㌢¨}ニ}/ヾ ゙,ニ}
       ',}.ll〉{ ;;;;;/¨`;;;;;;;;.   /ニ=}ィ , /ニリ     倫理や法律に縛られた連中に追われること無く、
      ノ,/ ゙,. /     ,,,,/ニニ}こイニ {      もっと人を斬り殺せるようになりたいとか。
.      ///  ‘、く_zx.   ヾ|ニニニニニム      そういう願いも可能なんだろう? ねぇ、願望機さん」
     ({{. {   ‘,-==─‐`.|ニニニニニニム___
       ゞ、ヽ   ‘,`¨" ,,  |ニ_ 。r≦/_ 。r≦/////}
       ノ,イ   ‘、´_゙。r≦///_ 。r≦//////////{
            //////_。r≦//////////////∧_
.          ////////////////_ 。r≦/////////
.          ∨///イ======≫'≦///////////////
        /7//////_ 。r≦////////////////////
      ////_ 。r≦////´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ//////
       {///////ノ////           :::::......`ヽ///
     Y//////////リ...:::::〃イ"    "''‐-:::;;. ::::........\

2252 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:26:22 ID:YVRYZb4C


┏',      `ヾニニニニニム____/\:i:iニニニニニニニニニニニニム
  ',       |ニニニニニニヽニニヾニニニニニニニニニニニニム
   }.       |ニニニニニニニヽニニニニニニニニニニニニニニ ム
   }.       |ニニニニニニニニ',ニニニニ/ァ‐、〉ニァ-<ニニニニ.ム
  ノ         |ニニニニニニニニ }ニニニニ{ マ_/ニニ{//>''ニニニニニム    「ま、そんなわけだから―――。
 ,イ        |ニニニニニニニニニニニニニ',__゙/ニニニ{从`ハ;;;;;Y、ニニニ ム
イ===--''    |ニニニニニニニニニニニニニニニニニiハ;;癶」;;;;;} !ヾニニニム    俺の願いは俺の願い、そっちの願いはそっちの願いで。
''"         マニニニニニニニニニニニニニニニ/,、 ''''"{ハ;;;} ! ',゙ヾニニム    お互い微力を尽くそうじゃないか、アーチャー。
  ‐== ::::::::::::  マニニニニニニニニニニニニニ=/,.イ ヘ  _マハ} } /:i:iヾニニム
=-:::::::::::::::     マニニニニニニ{マニニニニニニ/./;i;i;i>、ァ┘从}/:i:i:i:i:i:i:i:iヾニ.ム   駄目だったら―――なぁに、ただ死ぬだけさ」
:::::::::::           ハニニニニニニ', マニニニニニニ{ 〈-;/   ノイ,'リノ>:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヾニム
::::            / マニ{ {ニニニ=', マニニニニニト、ゝ_>   乂{/   >:i:i:i:i:i:i:i:iヾ.厶
         /   マ.{ {ニニニニ マニニニニニ',v‐┘   {|       >:i:i:i:i:i:ヾム
        /    iニ{ {ニニニニム マニニニニニム      \        >:i:i:i:i:ヾ、


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 “凶刃”鵜堂刃衛

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

2256 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:32:49 ID:YVRYZb4C


























                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ
                    |     ジークハイル・ヴィクトーリア    .... 
                    |    我らが名誉は忠誠なり     
                    乂______________.ノ
























.



                       _
                       ´     ` , 、
                   / / ,    / : . ヽ
               /  /  /   /   、ヘ
                 /  '   /   / /   } ハ
              ′   /   / /   小 }
              .    /   / _/{ |! //! ,
                '    /   /弋ッミVli /__//
               ′  /l   ′    レ ゞ'イ       . ア ー ネ ン エ ル ベ
              .    //l   |     、/l |      「独逸秘跡管理局の末裔として、今こそ聖杯を奪取し、
             ,   {/`l   |    . _ ,イ: l |       正しくアーリア人による管理された世界を取り戻す。
               /    //圦  > . / !: | |
           /  ′//三> ─ く:「: : | l: 从       この聖杯一つでは足りんだろうが、これはその偉大なる一歩だ」
             /  ′/7'´       ':、 : | |: :ト \
         /    //           ;: .ヾ ノ: :|  }:ヘ
           /    //{  :ヽ      V、. \j / ,ハ
.          /    /イヽ/7、´┴-  . _Vハ   ∨ /  }
         /    //!|  \/ヽ=三三三三`lヘ.  ∨ ノ
.        /    //{ !|    ̄ ヽ三三三=Ⅵ'∧  Vミ:_.、
       /   /イr坏ー- .__   ∨三三三ハ/∧ ∨二ヽ
.      /   /. :| 圦{ }二三三ニ=∨三三三|三∧ ∨ニ,′
     /   /. :/| | ∧´ ` ¬‐-=∨三三ニ!三 ∧ }=/
.    /   /. :/ i| |三,ヘ       ∧三三ニ}辷=_ハ才__
   /   /. :/ : i| |三ニ,ヘ.     /=ハ三三=^>xγ´二}\
.  / ,:  /. :/l : : | |三三=ハ   /三、ニ{三三三三三>x/ ヽ\
 / /: /. :/ :l : : | |三三'j ∧ヽ仁三,∨`_<三三三三 /r jン 、 ハ
./ /: /. :/  l : : | |三三ハ ∧三三三}三ニ=`_<_三/ 匕 之 Y、





                    _  __
                 > ´   ′    ` <
                  /  > ~i´ ̄ ` <    ヽ
                /  /           `     V
                 ,  /    i           ,
             i  ′   ,  !   j! ト. ! |    i
             |  .|  ./i  |   / j/ ヽハ|    |   「理解できん? ―――だろうな、他人種の理解を得ようとは思わん。
             | i ! N jハハ._ハ! ィ泛ナ !     |    だが、これが全人類にとって最も幸いたる道なのだ。
                  jハ { | く乏メ          |     ,    無論、お前にとってもだ。
                ./ ヾト.{ハ   〈       /|    ',
               /   ∧    _ __  / ! |   ',    ……死人には関係ない?
                 /   /  > .    .イ__,ィ!. |        ……困ったな。そう言われると、確かにそうだ」
             /   /   __,.≧= イ::::::::::::{ ,     ',
               /  , ´  ̄ {{::::::::::://:::::::::::::::::乂_     i
           /  /____   .ノ{::::::/ {::::::::::::::::::::/ ` < |
            >.:::´:::::::::::::`ヾ:::ヾ//0::ハ:::::::::_彡      ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::_彡O:::/::::::i¨::´',            、
       ,.:::::'::::::::::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::!::::::::::、        ∨
     /:::;::::::::::::::::::::::::::://::::::,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::. .、      ∨
     .{::::i:::::::::::::::::::::::::://〇//::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::∨_ヽ      ∨
      !::::|::::::::::::::::::::::::{ {::::://::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::}::::::::≧=-- ___',_
       ';:::,::::::::::::::::::::::::! !::::{ {:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::,|`メ、:::::::::::::::::::::::::::::{
      ヾ、:::::::::::::::::::::| |::::| !:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::/:i/  \:::::::::::::::::::::::::、
        >.::::::::::::::::彡=、{:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::イ::/     \:::::::::::::::::::::∨
          .i!::` ̄ ̄{ Y´ \::::::::::/::::::::::::x彡' ,  i   i  ヽ::::::::::::::::::::∨
        i!::::::::!:::::::\{  ノ`二二二´.二イ/  .i!   .|   /.:´:::::::::::::/
       r'i!::::::::|:::::::::||:::`||::::::::::::::::::::::::::::::::/   |    /´ ̄ ̄ ー-'-ォ
       .ハi::::::::::|:::::::::||〇||::::::::::::::::::::::::::::::ハ     ,  /|/         /
      | ヽ:::::::j!:::::::::||:::::||:::::::::::::::::::::::::::/ }  //  / {        /
       .!   /{:::::::::::!|:::::!|::::::::::::::::::::::, '   '/ / ./ .ノ.、       /
        ハ   } ヽ::::::::!|:::::||::::::::::::::::/  / ヽ.'/__/  ヽ.   /
         iヽ/::ヽ  \:}}〇}}::::::::::/  /::.、  _〃 {     /¨´
        .i ,:::::::::\  \:::||::::/  /:::::::::::r'':::{{  ヽ __/
       i! ハ::::::::::::::\  ` <  /::::::::::::::::!::::::::`ヾ _/
        _j_.iニ}:::::、:::::::::::> 、 `~\:::::::::::::::::{::::::::::::::::/ァ
     ノ i!ニ!:::::::ヽ::::::::ゝ--'`ヽ__ノ::::::::::::::::::>=-- イV
     ゝ-|、ニ{:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ∨
     〈::::|ニ、|::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    i
       ヾ!ニ、';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
       |ニニ、ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}__ノ',
          !ニニヽニ≧=--、― --t-r-- ァ===≦彡 ニ/ ニ',
        i!ニ、ニ\ニニ\ニ\  j! ', /ニニ/ニニ/ニニ/ニニ∧
        .i!ニヽニニ\ニニ\ニヾ |  ヾニニ/ニニ/ニニ/ニニ/ニ ',
        i!ニニ\ニニ\ニニ\ニ|   ヽ/ニニ/ニニ/ニニ/ニニ∧
          i!ヽニニ\ニニ\ニニヽ!    \ニ'ニニ/ニニ/ニニ/ニ.',

2274 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:40:32 ID:zmEnNDst
べっさん!べっさんじゃないか!
今回厄落ち枠だな、うん

2277 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:41:15 ID:9Zd4eU6B
この感じ…
ボー・ブランシェ!?

2279 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:41:43 ID:clPWoGcq
>>2277
それは言わないであげてw



2281 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:42:05 ID:YVRYZb4C



                           . -‐…‐- .
                       /        ` 、
                  /
                      /   、   \
                  ,    |\.   }.  |〉、    }
                    {  i;  |/≫弐   |  \  ;            「―――なるほど、だから願いを叶えさせろ、か。
                   , :|八 | ^ゝ'" ∨ 〔  } \ {             分かった、分かったよセイバー。
                      ' 圦ソ^      ;i |,_/   \             どうせ大した容量が必要な願いでもないんだ。
                       ∧、   __    | |:.    \}ヽ             優秀なアーリア人たる私は、その程度の度量は備えている。
                       ∨ :. ′  /| |ニ:、    /⌒\
                       |  |\_/  八〔__}}\_/  ∠二二二二{       故に、ここは一つ共闘と行こうじゃないか。
                       |  |   } }}/  { ̄ ̄ {  /{__彡__}    ___  ―――我らが名誉は忠誠なり。
                      _|  |ヘ/ ̄}   ,===冖L....{{=―<二二{__〕三三   君も恐らく、その人種だろう?」
                /{_{|  |,/__,ノ{  ;/三三三三三ニ-   __〕三三三三三
               ∠-‐…  -二‐二;  /ニ-ニ三三三三三三三三三三三三三
             -二二//二二二7 /二二-ニ三三三三三三三三三三三三
          -二二二二{ {ニニニニ7 /ニニニニ}二二二ニ=-二三三三三三三三
          {二二二二二、ニニニニ7 ,-ニニニニ‐ ‐ニニニニニ{ Vニ=-ニ二三三
            ‐二二二二二、ニニニ7 ,ニニニニニ‐   V二二二二- {_     ̄¬
              ‐ニニニ//   '‐ニ7/ニニニニ‐   彡ヘ二二二二\_\
           __/\二〔{ { ̄〔_{{_,{' ‐二‐===     /   ∨ニニニニニニ}
.       _/ニニ{\≧;|ヘ {    /二二二二\   /     ∨ニニニニニ{_
     -二‐ ´  ∧ 〉, |ニ}}\/;}}ニニニニニニ-  '     ∨二二二二二\
 __{_/       〉ニ-、{{二二{{{ニニニニニニニ〉       {ニニニニニニニ}
 \          /  、二、 -二ニ=<ニニニニニ7        /ニニニニニニ:/ /
.   `¬==;‐-  _{   、二、二=ミ\\、_ニニニ{_    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/__,/
        \二二-‐‐iニ-、二、二二>、)‐く_}ニ‐  \ :/             /
      _/  /   ,|ニ{{ニ、二、ニく二‐          ∨           <
        `¬=彡  / |ニ{{ニニ、二、、_)            }>==ミ    /}    >
.               / ,{ニ}}ニニ、二、-二\     /     \∠ニ7    ´
              /  ∧:{{ニ‐二二二二‐r―‐-- く     ∠二}  -‐
               { i/ ∧/\二‐ 、/ _}}__\   , '′
              }  ./ / \       > 二二二二} \/二\


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 “第三帝国の落とし子” セルベリア・ブレス

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

2287 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:45:48 ID:0X7mTS14
(この人もアナル弱そう)



2302 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:49:36 ID:YVRYZb4C




























                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                 |     ――――――――――――      
                 乂__________________.ノ






















.



                       /////////     ' |/! l//////,\
                        //////////i.、   '‐' !リ イl////////,\
                      //////////,l__丶 _ ,l/!'/,l//////////\
                  ///////////,/   7、ハ.j///,l////////////ヽ
                   ///////////>"ニ、 /,;;;;;;ノト< !'/////////////ヘ
                    /'//////,r=ニニニニl.ニニ、. `:;;;;; '二//-<///////////ヘ     「語るべきことはない。
               /'////////,lニ,ニニニニヽニ,. ;;;;;;, '/イ、二二V///////////ヽ
.            /'//////////,lニニ,ニニニ/ニニ,. ;;;;;;;,/'ニニi二二V/////i.∨////ヽ    世界など、我らが祖の計算により滅びは確定している。
           ,イ/////////////!ニニ,ニニニ,ニ二,. ;;;;;;;; 'ニl二i二V///,∧ Vlヾ///ヘ,    それは誰にも覆せない」
.           ///////////////,{ヽ.ニニiニニニニ,ニ二, ;;;;;;;;;, 'ニl二lニニ∨//,∧. ',.i ヾ//,ヘ,
           ////////////////ノニヽニ!ニニニ二,ニニ,:;;;;;;;;;;, '_!ニlニニヽ//∧ l,i.  ヾ//ヘ
.       ///////////////,/ニニニ!ニ二二二,ニニ,';;;;;;;;;;;, 'ニニ,ニニニヽ/∧. }'l.   V/,}
       //// //////////////ニニニ/lニニニニ二,ニ! ';;;;;;;;;;;;, '.ニニ、ニニニV∧l/l    }//!
     ,イ//l//.//////////////=ニニ///!ニニニニ二,=!. ;;;;;;;;;;;'  'ニニ',\二ニ\',/!  ノ/,ソ
.     //// l'///////////////=ニニ////lニニニニニl.  ';;;;;;;'   ヾ二,//ヽニニヽ' /,/
    //,'/  l//////////////=ニ二/////,!ニニニニニ!.  ';;;'      ト、V//ヘニニニ\
.   // /   V////////////=ニニ////// lニニニニ二l   '゙     ':::ヾV///,\ニニニ\
  ////   ////////.l'///=ニニ////////ニニニニニ!      '     ':::::::ヽ////,\ニニニヘ、
. i///    i/////// .l/,イ=ニニ////////ニニニニニl      '    ':::::::::::ヽ'////,\二二ニへ、
. !//!     .l'////// !イニ二二////////ニニニニ二l            '::::::::::::::ヽ/////,\二二ニニ\
. l//!     .l///////二二二////// /ニニニ二二二l       /     ':::::::::::::::::ヽ'/////,ヽ二ニニ/>
  V,'{     !'/////=ニニニ二//////,/ニニニ二二二l,....    __     ヽ:::::::::::::::::ヽ'////∧ヽ=// ̄ ヽ
  ヾ、   .////ィニ=-=ニニ///////ニニ二二二二l-―――--∟二iニ‐ ._ .ノ::::::::::::::::::ヽ////ハ  ヽ'、 ` ー 、`_ フ
   丶 ///< -―- 、iV//////二二ニニニニ二!ニニニニニlニ!ニニ=-i:::::::::::::::::::::::::∨///}    、 ヽ. - '、
.    ///>/ ,.   ノ/ .!/////-''":::::::::::::::!ニニニニ二二二二lニ!二二二':::::::::::::::::::::::::::V//リ    ヽ  、  、
  ー-‐''" ノ ,. ' i  /  /////> ;::::::::::::::::iニニニニニ二二二,二'二二二ニ'::::::::::::::::::;::イ l///        ヽ.、ヽ ヽ
      (.. イ ー  /   .//////////> ;::::lニニニニニニニ二二二二二二l:::::::;::<//,l !//            、ヽ'
         l ,'/,. '/   ///////////////lニニニニニニ二rー、二二二ニニ!'///////,! .l'/
.        l/.' /    ////////////////!ニニニニニニi'///,!二二ニニニl//////// /
.         l'//      ///,/i///lV///////,lニニニニニニ!////!二ニニニニl/////// /
.         l./    .//,/ l///!.V///////lニニニニニ二l'////,!二ニニニ=|//////
         '    .,イ'/    !//,{ V//////,lニニニニニニ!'////,!二二ニニニ|/////
          _ -‐'"     V/,l  ヽ//!///,!ニ二二二二l//,lV/,!二ニニニニl////
                      ヾハ    ヾl///,lニニ二二二l//,l V/!ニニニニニl///





                             ,.ィ  ̄`" ヽ
                             ///////////\
                             ///////////////ヘ
                         ////////_l////////ヘ
                       ,イ////r//ィ::::-、!.l/,|_V////ヘ
                          //////,i//    !.V,lー∨////ヘ
                       /////////     ' |/! l//////,\
                        //////////i.、   '‐' !リ イl////////,\    「―――滅べよ、世界。
                      //////////,l__丶 _ ,l/!'/,l//////////\    長く苦しむことはない。行こう、バーサーカー」
                  ///////////,/   7、ハ.j///,l////////////ヽ
                   ///////////>"ニ、 /,;;;;;;ノト< !'/////////////ヘ
                    /'//////,r=ニニニニl.ニニ、. `:;;;;; '二//-<///////////ヘ
               /'////////,lニ,ニニニニヽニ,. ;;;;;;, '/イ、二二V///////////ヽ
.            /'//////////,lニニ,ニニニ/ニニ,. ;;;;;;;,/'ニニi二二V/////i.∨////ヽ
           ,イ/////////////!ニニ,ニニニ,ニ二,. ;;;;;;;; 'ニl二i二V///,∧ Vlヾ///ヘ,
.           ///////////////,{ヽ.ニニiニニニニ,ニ二, ;;;;;;;;;, 'ニl二lニニ∨//,∧. ',.i ヾ//,ヘ,
           ////////////////ノニヽニ!ニニニ二,ニニ,:;;;;;;;;;;, '_!ニlニニヽ//∧ l,i.  ヾ//ヘ
.       ///////////////,/ニニニ!ニ二二二,ニニ,';;;;;;;;;;;, 'ニニ,ニニニヽ/∧. }'l.   V/,}
       //// //////////////ニニニ/lニニニニ二,ニ! ';;;;;;;;;;;;, '.ニニ、ニニニV∧l/l    }//!
     ,イ//l//.//////////////=ニニ///!ニニニニ二,=!. ;;;;;;;;;;;'  'ニニ',\二ニ\',/!  ノ/,ソ
.     //// l'///////////////=ニニ////lニニニニニl.  ';;;;;;;'   ヾ二,//ヽニニヽ' /,/
    //,'/  l//////////////=ニ二/////,!ニニニニニ!.  ';;;'      ト、V//ヘニニニ\
.   // /   V////////////=ニニ////// lニニニニ二l   '゙     ':::ヾV///,\ニニニ\
  ////   ////////.l'///=ニニ////////ニニニニニ!      '     ':::::::ヽ////,\ニニニヘ、
. i///    i/////// .l/,イ=ニニ////////ニニニニニl      '    ':::::::::::ヽ'////,\二二ニへ、
. !//!     .l'////// !イニ二二////////ニニニニ二l            '::::::::::::::ヽ/////,\二二ニニ\
. l//!     .l///////二二二////// /ニニニ二二二l       /     ':::::::::::::::::ヽ'/////,ヽ二ニニ/>
  V,'{     !'/////=ニニニ二//////,/ニニニ二二二l,....    __     ヽ:::::::::::::::::ヽ'////∧ヽ=// ̄ ヽ
  ヾ、   .////ィニ=-=ニニ///////ニニ二二二二l-―――--∟二iニ‐ ._ .ノ::::::::::::::::::ヽ////ハ  ヽ'、 ` ー 、`_ フ
   丶 ///< ,.-―- 、iV//////二二ニニニニ二!ニニニニニlニ!ニニ=-i:::::::::::::::::::::::::∨///}    、 ヽ. - '、
.    ///>/ ,.   ノ/ .!/////-''":::::::::::::::!ニニニニ二二二二lニ!二二二':::::::::::::::::::::::::::V//リ    ヽ  、  、
  ー-‐''" ノ ,. ' i  /  /////> ;::::::::::::::::iニニニニニ二二二,二'二二二ニ'::::::::::::::::::;::イ l///        ヽ.、ヽ ヽ
      (.. イ ー  /   .//////////> ;::::lニニニニニニニ二二二二二二l:::::::;::<//,l !//            、ヽ'
         l ,'/,. '/   ///////////////lニニニニニニ二rー、二二二ニニ!'///////,! .l'/
.        l/.' /    ////////////////!ニニニニニニi'///,!二二ニニニl//////// /
.         l'//      ///,/i///lV///////,lニニニニニニ!////!二ニニニニl/////// /
.         l./    .//,/ l///!.V///////lニニニニニ二l'////,!二ニニニ=|//////
         '    .,イ'/    !//,{ V//////,lニニニニニニ!'////,!二二ニニニ|/////
          _ -‐'"     V/,l  ヽ//!///,!ニ二二二二l//,lV/,!二ニニニニl////
                      ヾハ    ヾl///,lニニ二二二l//,l V/!ニニニニニl///

2310 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:51:44 ID:PnzOZskZ
(あかん)

2312 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:51:53 ID:Mxr2qTRh
なるほどお前か

2313 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:52:00 ID:fA4pCi0e
ツマラナイ…



2314 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:52:04 ID:YVRYZb4C



                         _ -――‐- _
                     ,.<////////////>、
                 ,ィ///////////////////ヽ
               ///////////////////////\
                ////////,/\///!/////////////\
             /////////!,' />、!////,i'//////////\
             ,イ//////// l'l. /´ゞソ l////,l'////////////\
          // ///////,.ィ.l!      l/!///l\'////∧//////\
            // .//////,'ハく ヽ     .l l.V/,'l {/ヽ'///,∧///////\
.          // . ////////∧    _   l.l !//l V/,ヽ'///∧////////\
        // /,/ l/////!'//\´    l.!.' !//| V//∨//∧///////// \
        // ./, ' l///,l/,l/////,丶 _, イl.!.///,l.  `</V//∧///////////\
          '/ //   ////l',/!/////////.l !////!   ,lニニV//ハ二ニ= 、///////\
         '.i.//  ///,l/l.ヽ{///////lヽ, V////  ./lニニニV//}ニ/ニニヾ/////// \
.        ,i,l/  ////,l/l//ヽ///////l.////,∧ / '二二ニ!//lニ'ニニ'二= 、///////\
.       ,ィ,!.!   ////,∧l'////>'"ニ二//////' '  '二ニニニ}//lニニ'ニニニヽ/////// \
.     ,イ//l.{   //////∧'>"ニニニニ//////    'ニニニニ!//lニニ/二二二ニ-、//////\
.   //,/ .!l  ,イ////////ヽニニニ二//////    .'ニニニニノ//lニ!ニ/ニニニニニニヽ///////\
  //,/  li/////////,i二二二,,;;;;/////    '二二ニニ///,'lニヾ二二二二二二ニニ‐ 、'/////ヽ
. ///,' ////////////,lニニ,,;;;;;;;/// //     .'ニニニニ////l.ニニi>‐ニニニニニニ二二ー-///ハ
. ///,iイ//////////////!,,,;;;;;;;;;:/!// .l/!    '二二ニ////,lニニ!////>ニ二二二二二二二ニニニ‐-=‐- __
.////{////////////,,;;;;;;;;;::イ,/ .l/   l/! _ '二二ニ/イ///lニニl/////l//>-二二二二二二二二二二二二二二ニヽ
,l////V/////////,,;;;;;;/lニ二/  l{    ヾ、   'ニニニ/'ニ///,lニニ!/////,l/////>-二二二二二二二二二二ニニニ/   `
.∨/l//////,,;;;;;;;///,.!ニニ/    ゙、   `   l二ニノ二////!二ニ{//////l/////////>-=ニニ二二二二二二二lヽ       ` 、
/∨,∨///,,;;;;;;;//////ニニ/     .l       lニニニニ'///,lニニl//////l/////////////////////ハ"''―-=ニ二l:::::>、  、 ー . ` 、
//∨∧ l/,;;;;;;;;:'///////ニニ/!     !        lニニニl/,l//!ニニニ!/////,!//////////////////////∧      ̄ー'   ー ._ヽ ´,.、 、 _ )
///ヽ'/,,;;;;;;;;:イ///////'二/:::l ヽ   l       / !ニニニl'/l'/,!二二//////////////////////////////,ヘ           、', 、、 、\
//  ,,;;;;;;;;;//////////=/:::::::{、  \ j         !ニニニ!{_!/{ニニ////////////////////////////////,ヽ、         ヽ_ ヽ_、  ー'
/ .,;;;;;;;;;;;//////////_/:::::::::::! ヽ.  {       ー   lニニニl!_l/,!ニニ////////////////l//////////////////\
  ,;;;;;;;;;:イ/////////_/::::::!:::::i'     ',      -  lニニニ!ニV!ニ////=!////////////,l'//////////////∧'///\
. ;;;;;////////////::l:::::l:::::::l__,..,. --―┬‐ =='ニニニニヾ_//,/ニ=!//,!'/////,!///l///////////////∧` </,\
 "////////////l/:::::l::::l::::::l l///l_    |//////l.'二二ニニニ'//二ニニV/l//////,!///!/////////////// ∧   `"‐ ヽ、
 /////////////::::::::::!:::::::::l!.l///∟,.. ..-┴―――.'二二二ニi//二ニニニV!//////l///l'////////////////,∧    `" - ,.__
.///////,/ !'///::::::::::::l:::::::/二二二|ニニ.|ニニニニニ'二ニニニl'/二二二二∨/////!///l//////////////////∧
////////  .!'//:::::::::::::::';:::/ニニニニlニニ.l二二二ニニニヽ=ニニl.i二二二二二∨///,l///,l////////////////////ヽ
//////!'{   !'/::::::::::::::::::::/ニニニニlニニ.l二二二二二二二二l.!T"´ ̄`"‐ニニ∨//,!///,l'/////////////////////,\
////!/!ヾ、  '/:::::::::::::::::::::'ニニニニニlニニ.l二二二二ニニニニニl{_!::::::::::::::::::::::`ヾV/,l////!////////////////////////\


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 “アトラスの人造聖者” カムクライズル

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

2323 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:52:54 ID:usmKHUVP
お、アトラス? カリおっさんのご同輩・・・?

2326 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:53:13 ID:yJudZVjt
カムおっさん…?


2337 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:55:13 ID:YVRYZb4C
そういえばアトラスってことはさ

2342 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:55:40 ID:YVRYZb4C
アトラスから「可愛さで世界を救う」とか言ってるアホも同時参戦してるわけで
何やってんだアトラス

2349 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:56:11 ID:yJudZVjt
むしろこいつはかっこよさで世界を救うと考えてる可能性

2350 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:56:19 ID:zzbMnqM7
独自ルートで入ったからかもだし(震え声)

2356 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 12:56:41 ID:+w+dGFPr
ワザと対比にしたんじゃないんですか!?wwwww



2363 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 12:57:48 ID:YVRYZb4C
>>2356
カリおっさんの出身振る前に決まってたキャラだよ!!w

2538 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:09:47 ID:YVRYZb4C




























                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. `ヽ
                    |     ―――そもそもが。      
                    乂______________ ノ




























                                , 、
                           f' | \_
                             ,..:':::::i´::: ̄::::::ヽ
                     ー彳:::::::::l ::::::::::::::::::l、
                       、_イ::::::::::::i .::::::::::::::::::::|
                      /!::::::::::::', ::::::::::::::::::::}、
                      /ノ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::l \    「鎮守府というのがどういう組織かご存じですか?
                      / ノ::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ ヽ
                   / ー フ:::::::::::人::::::::::::::::::::::ヽ::\ ',   エルフェルトさん、シトナイさん」
                     |   |:::::/:::/ ::ヽ::::::::::ハ::::::}:::ヾ  i
                    .;"゙',  ヾ´_,ソ┬ ハ::::::/┬v、:|   .;"゙'、
                 ゙' "  /   | ||   }/ || |  ̄ ‐-、'"
                  r-‐ '    ',└―――┘|       |
                  |       i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i.      |
                      ',         l _     、/      ノ、
               {( i(    >、   _>= /     |ニヽ__,>’ \
   \______ト、 ヾ、∠>-‐=ニニニ/      !ニニ\   \ ,  ' 、
   ミニニニニニニニニ二二ニニニニニニニニニ/       '二ニニ\  /    ノ
    ミ二ニニニニニニニニニニニニニ/     l    ',二ニニニ\   /
    ミ二ニニニニニニニニニニニ/'       |  r‐ \二ニニ>ュ _
     `ミ二ニニニニニニニニ//ニニ/ /コ iニコ  iコ 1::::::ヽ \ニニニニニニニ>ュ _
        `ー=ニニニニニ/ ノニ/ ./        |   ヽ::_}/ ヽニニニニニニニニニニ>ュ __
                 /  //  /、         |      ゙,   \ニニニニニニニニニニニニニ二_
             /  /     /! \        |     /',      \ニにニニニニニニニニ二三彡
  ̄  ' ,.      /  /    ∧\   、_  ∧__ ' /ヽ      ` \\ニニニー── ′
\    \    /  /    //////>‐- ///\////∧          `
 ̄       ,\_,;ヘ _{   /////////////////////////i\
      <二}:::::::::::::ノ二)'///////////////, ― 、//////////\
          /ヽ:;::;::/   iヽ//(`ヽ///f'´二`ゞ. ⌒ ー'´二二`ー ォ
       /       L  ̄\ \/|    i  |      |_/
      /         `ヽ_|   `'    ├ ┤      |
フ   /                  i!       l   '.      i
 ̄ ̄                 |       j   i       |
                     |-‐ ― ‐- '    l///////|
                     |////////i!   ',///////!
                    |////////|    i///////!
                    |////////|    |///////!





             //             > 、
            / く _______             \
.            /__   =… ´      /   l     ヽ
              ´      l      ∧   l  \
                  /   |   /   1   l     ヽ
                  /    l ヽ/_ /| {   l |∧     ∧   「金曜日の夕飯にカレーが出てくる組織!!」
           |         l亥∠≧‐- |    j  '. }  l   ∧
           l  , -l    〃/ん ̄ヽ{ |   V __,.斗  !   l
           l  l { l    {{ {::し-} __\!   =ミ ソ  j   ハ l                          「超・0点」>あやや
           l   ヽ|    |乂__ノ   〉   r /う 》l ∧ ′ij
           l   |     |Xx=- __/―- | し′ >/ レ′
           |   l     l        ` ーxxイ},′ |
.       r‐ 、 j∧  l   ∧!  (`  ァ      八  l
       ∧  \ \N  /i⌒ >-、 ̄    _ イ    ハ}
      ,′        Ⅳ { ´ _ 二ヽ≦爪 〃∧ ∨
      ,:,′          |:}__厶     r_ )_劜zくノ  〉′
    //           |:|:::::::::::\    ヽ  ∧
  //          \:|:|:::::::::::≧〉    } / }
. /::〈              \:::::::/∨    /   \
/::/ \             >/  \  /ヽ\    \
::::′  \\ _____  イ /     ` ーァ 〉ヽ-__ノ
::::::\    `<     ア{ |:| 人     O/ / ーく

2545 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:14:48 ID:3eAtFVkz
サヤカちゃんww

2546 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:15:29 ID:PEb2C0gP
あややとさやナイじゃないか!

2553 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:17:40 ID:cJ2aoT8z
日本的対クトゥルフ系海魔討伐組織?

2554 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:18:33 ID:Ki1yWyk1
秋刀魚漁獲組織?>鎮守府



2555 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:19:24 ID:YVRYZb4C


     .マ    _      \                            /             '
       マ _  .!   Y     \、                      /
      /  ヽ{    /         ヾ゜ 、                   /           '
     .{     ∠ = 、      \ヽ                  メ
       ¨フ      i!        \>。             >/              ′
       乂   :|ト、_ノ__         \ ≧s。. / ∨   > ゜/
            ー┘ー―┘          ≧― У  ∨≦゜ > ゜               /
              \        ト  > _,,,z=-<    >   >。
            丶.       |   Y       `≧≠'´ >。  ヽ             /
                  ヽ    /|__ 彡'_,,zz=≠≠― -=z,,,  `r‐―┐.         /
                   }   ノ  /> ゜     .'  :!    ゜<人   ! 丶      /
                    `¨>   ´  /  ' .:/  !  :i!  !   ヽ,=-r'   ヽ   r'
                    /  /   '    / :i!  :i!   !  i! 乂 .∧ |  丶  \/¨
                 ,ィ'  '  / '   !  :!  i   :!   .∨  ヽ ヽ{ ヽ、   ∧
             / :i/ :/ ' '   ∧ i!  i!   !   \  ゜.。ハ ハ! .ヽ  ∧ . イ
              '1 i!  i! :! :!  リ′ ' !   ,  从    >,   ゜< !  i! >'゜/
.              { ! :i  i| :i :i i! i!--―メ.   ヽ   ヽ  \ ≧z。_   ̄   メ     「護国組織……ですよね?
                N  |  i| :| i! |λ    ゝ、 i!ト、 乂   ゜<⌒ヽ}¨i!≠- イ  Y    日本という国に対する攻撃を、
                i! :!  :! :! i  !xz=≠ミ、人ト从 ヽミs。 <  -≠―_ ノ:i! !   ト、   霊的な側面から打ち払うという……」
             リiト i!  i! i :!  i{      `  ヽヾ, 芹示㍉s。≦ニ=イ  i! }   リ⌒ヽ
              乂从 、|、人{ヽ {`          ) 乂り゜ノ’∧ /./ i! i  リ ii! :! /
              /    ヽヽ ト、\ゞ、      ,           / i!/ノ ノ メ _/! ' }イ/
  ト        /         乂≧zx乂ヽ                 / ノソ彡≦ ィノ イ ノ ′
 ..∨>。  /        ( r'⌒Yリ' ゝ     <   ァ       イr'⌒Y  リ-≠ ゜  ゜
  .∨  >。            込ィノ'   个:.   `¨´    ィ人込_ィノ         ゜、   ,.ィ
    ∨     > ,   > - 、 ヽハ.   マ >ノYi、 。s≦ /    ゝ/´             。s≦ /
  /∨     ノ { /    ヽ } i}    人 ./ ! ト、   .イ   / λ ,ィ  ̄ <  r≦      /
_/.  ∨  /  イ         / / ̄ ̄ヽУ/λヾヽ ノ个 --i! {        人.     /`ヽ
       '<  彡'´        / .,'    ./ /./ ヽ \\    ! 八        .八 \   /    \
        )           / ./    , ' ノ / __ ヽ. ヽ.ヽ   !   ヽ       ヽ.  > '
      .r /ヽ     /  ′  イ   //人\ ヽ  (丶.ハ   '        ニゝ,
    ./ ヽr'  }    / /'  /  メノ  /´/  ヽ`ヽ  寸,从    '        {   ヽ_/ヽ
    {  fi!   〈    /〃  /  ノ    / /     ∧ X   ヽ}ハ   ',      〉   i!}  Y
    .マ_.トト,__乂 _ i! {{  {/ Y、__ノノ-      ゝ , ゝ   ≧ィ   }     人   λ _ノ
     リハハ  ∨∧ ` /`ー<ゝ ´   `ー ´    ヽ≧て /人  i!       ' =ィイ{{¨
    .ノ/ //>≠-ゝ、.レ ’     7         v         Y  ̄   \{   _   /i!ハY
   // //イ |__=|/         i        i        !      \イ―┐ヽノ !', ゝー 、




            __
              /___\
            /{:>≠┴-- 、
         {_/::/>‐'´::::::`::⌒ヽ-、
       //:::://:::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::..
       ..:::〈三》:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::://7::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ:::::::ヽ
.     /:{::::/ /::::/:::/::::::::::::::::/:::::::::!::::::::}::::::::::ハ   「―――その通り。
    /::人::}=〈::::::{::::|:|::/::/:::/::/:::::::|::::::イ:::::::::} ハ
    リ:::::;;ゝ≠=ミ 、:!:|:i::/::/j//::::/::}::/jハ:::::::イ ::|   そしてその成立は、存外に浅い。
    ∧:::://⌒ヽヽ |::|从ィ笊卞/i:/j/芹ミ!::/::} |:|   神祇省という独自権限を持った組織ではなく、
    /::::ヽ{リ   } } |::| 《 弋ソ ノ  ヒソイj:::/ jノ    国の下命を受けて忠実に動く組織をという理念で、
   ,:::::{::::从   // ハ:ゝ        厶:イ       戦後に立ち上げられたものです」
   {:::::|:::::iVゝ=彡/ ソ::!    、  ,   人::::!
   |:::::i:::::|::\{!_ノ::ヾハ> .     イ:::/::::i
    ‘:八::::!::从ハ::/´〈jノ    ≧=':::::jノ}::::,'          ______
   ノ  ヽソ  /{  \_   {ヽ>‐、 jノ        //:::::/::::/
       /⌒ヽ      ̄\ \ `ヽ          //:::::/::::/
        /    \      厶=く.{  } ハ       //r‐'´二ヽ
      /─-      \  /<:::::::::}  レ  ,     //:::ゝー、 ` 〉
.     /     \}   ヽ'  /:::丁::ヽ 'ヽ ',    /-─、ーァ、ヽノ
     {        ヽ〉      /::::::::}ヽ:::::ヽ \!  //´二ア∧ ソ
      ‘,      `ヽ    〈____jハ.,__,〉 ヽ/ ´/ -ヘ/ /
       ',       ハ:.. ......:::::::/::..}...::::::::::. /     /´`/
      ヽ       ヽ::::::::::::::/:::::::|:::::::::/ \  /  ∧
          \ }     }ヽ::::::/:::::::::,'r'´〈     ヽく \/__》
           ヽ!      ヽ:::::::::://  ハ     }::ヽ  /
          }         }⌒`フ   }    |  У
          ゝ      /  /   ハ o_ノー'´
           ヽ      { /    /イ二フ
           〈 \        イ |
      /´ ̄¨¨''>  \     / { ノ〉
.     /    / ヽ    ̄¨¨´   o}/ ハ





                ___
            : ´: : : : : : : : : : : `ヽ
            / : ┌: : : : : : : : : : : : : : :\
        , ' : : : : |: : : : : : : : : :ヽ : : : : : : ヽ
          /: : : : : /| : : : :‘,: : : : :‘, : ‘, : : ハ
         ' : : |: l: /|: : : : :‘, : : : : |: : : :|≫: ‘,
       |: : : |: l厶-', : :| : :ト厶-ト : : |: : : :|≫ : ‘    「神祇省ってそんなに言うこと聞かんの?」
       |: : : :V x==ミヽ|\{,x==ミ \|: : : :|: : : : |
       |: :|: -〃んハ    んハヽ-|: : : : :ト: : : :|                  「当代は群を抜いてアレですけど、
.       ヽ|: : | 乂ツ     乂ツ' | : : : |ノ.: : :|                    やっぱり長く独自の進化を遂げた組織ですから」>あやや
          | : リ             | : : : /: : : :ノ                  
          |: : ヽ     r‐┐r 、__ト,| : : /:/|八{
         V\:.ハ>  _ ̄r \\ヽ Yイノ
           ヽ∧/r= }_ヽ l | ||┐
         _「 ̄\厂||厂 }    / 〉ト _ へ
          /  l     \l|L_/    / 从マ    ∧
.      /    ヽ  ┌┤ ムヽ   Уマツ     }
.      /       「 └个イ   > ´  〉、     \
.      ∨     └ イ |;| \\__/仄        〉
       ∨   /    / |;|   「 Χ 厂  \     /
        〉  /   〈_ノ ヽ_ 〉   \     \ く

2562 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:21:22 ID:H7gWvn3U
なんでや!良心回路自体は存在してるやろ!!

2568 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:25:29 ID:plCrnVSo
バカ

ゲームキチ
煽り屋
くうでたあ

確かに酷い



2569 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:25:31 ID:YVRYZb4C



                          ,ィァ≧zx、_
                      _l´ 十 三Vア≦、
                   rtア::::ー┴'::::l::ヽ::、:::::ヽ.
                    ∨:::::::/:::::::::::j::::::ヽ:ヽ::::ハ、
                   ,イ7:::::::/::::::::::::/:::::::::}:::::::::::ハt    「―――ですが。
                 ,/_」:::::::;'::::::::::::/::::::;::::j.l:::;:::::::::i|ヽ
               _(/-(.ノ:::::j :::::::: /:::/.レ リ:/l:::::::/l     神秘の強さというものは、存在した年月に比例する。
               r´ ¨.Vイ:<7::::::x笠ァ:   沙/:::::::{ '     例外はあるにしろ、これは一つの普遍的法則です。
           _r''¨:ムマ____ノi/:;:::::::l::::::::l     i  .l::::,:::)
        /  i   ノ   :V l:::i:: :::::: ヽ、   ,.,  ,.ィ:(;:リ       サーヴァントにしろ死徒にしろ魔術師にしろ、経過年月と強さは
           ヽ- ' ̄       :Vヾマ::i::::;」`≧z:rイzノz''ヘ       統計上はほぼ比例関係にある」
                          V¨´ `ヽ、_ヽ_`ーz:i   ヽ         、 
                    / --≧、   ノート三vハ  .ハ       \rzz、
                     i     `¨ヽ. Lト ーレ/、 / ヾ      / =l j、
                    l        」 Vt」.l:::::::::::./     / /_ヨレヾi
                      lヾi   ¨:ア::::〉、 .|¨¨ |'   _,..-''´ ノ¨´  ノ
 ̄ ―-- _  r、         、_  :マl L  i/:::::/   ヽl.  ノ ''´   _,イ   ,, ´
_三三   :|  マ`ー- _   i l.iヘ_ マ、  ̄ ヽ::<、          /   rーオ
_二   |    マ     ̄ ti マtマt :Li_     /j.ヽ、    ,.イ  _ィ才´
_      |>  ヽ : : : : : . . l_.」ヾ ヽ、マz、.,__ _,.-''´  `ヽァ''  _,. イ"              ___
::::::::::::::::::::::::::ー――ー======'=、_L__`T´__.._,..-'''´=::'''"´.................―:::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






                 //__\ 、
                j匕 ___j.斗く⌒ヽ
                   /.:: :: 厂.:: :: i:: :\.::::\
         〃⌒ ヾ .' . :: : ::リ:::::! ::: l:::i :: :ヽ: :ハ
         {.:::.   } !. ::: /. :: ノ. :: :: :!. :: :::Ⅵ::ハ
         乂:.__ メ !::/〃⌒ヾ :.: :::ノリ从:人!.:::i    「歴史が“浅い”鎮守府が、“深い”神祇省に対抗し、
        /     ノ从.:::{i.::.  }!:.:イ jヒリイ ノ:ル'      国内の護国組織として一定の力を得る。
     〃⌒ヾ   ´   人.:::人. __ソ.:: ::i\く {く
     {i.::.  }.   /  /:i ::: l: :: : :: l⌒\`ヌ       その為に立ち上げられた計画が、船魂計画―――“艦娘”です」
     乂.::_ソ  . '  . '. ::.::l:l:.人:.:::l::.从  )′
     /     /  / .:: !:: 从::. :〃⌒ヾ /^ー -- 、
   〃⌒ヾ   {  イ  斗く  `Y.::.   }!       \
   {i.::.  }!    {r!  ∧   乂. __ メ.      ´ ̄/ヽ
   乂._ .ソ  /人  ' ヘ        \    _ __ ./ /  .
           〈   〈\ ' ヘ       〃⌒ヾ   { __j
         \  \>─へ       {i.::.  }!' ̄    `  .    、
              \   \.  \     乂: __メ                 、
             \   \  }≧ --≠ 1{
                   \  >,}>r ュ一≦へ ̄`  .               \ \
                r<.::_ :彡只ヘ      \. ::j `  、          ヽ  \
            .   ´ ̄ ̄  /j i ∧     ∨. :: :: ::\          }   ヽ    .ィ升ヌ´ ̄/
             /       / .ノ |'.:::.i      } .、<  ̄           从 しJ ハ、  /  / /
           ∠   .. 斗 <  /.: ::人:::ノ     从:\: `Y           人ノ し!:\化K ≦´  ̄  ̄ `> 、
          ,ィ「. :: :: :: :: :}/. :::/.:::::{       人.::\:\j             / リ从__ト、\   ̄ ` 、
          匕}. ::: :: ::.::/.::::/. ::.:: 从     /. :: \::\:\           イ / // i  い.  \.     \
            Ⅵ: :: ::.:/.::.:/. :: :: :: ::.:人 /. :: :: :: :.::\.:\ 〉             j/ // i!  !∧.   \    ヾ
           ゞ.:/.::. /. :: :: :: ::.:/: ::/: :: :: :: : :: : :: ::.ヽjイ             レ'/ 人 i! ∧   ! ヽ  ⌒
               ` <入 . ::: :: : , '. ::.:::/. :: :: :: :: :: ::.::./j.メ              iレ'  Ⅵ ' .ハ  i! ⌒ \
               /X\. :::/. ::.:::::∧. ::_:: _:: :: ::/jメ´                  从 ' !  リ
                 /  ` ァム ._j匕!.∧j  j _斗<                      ヾ jル'
                  /   /     |  ` 7´
              /    /        |   /






          ./;;;;/イ:.:.:.:./|:.:.:.:.:./:.:./:.:.\
         ./:.:.;;;;/,ィi:.:.,イ |:.:.:.:/ |/  ;;;:.:.:.ヽ,
        /:.:;;;;;;イ _,i/=、, .マ/ ,,、、、, i;;:.:.:.:.i
       /i:.:.:.:i::::: .i{  .,}i  i  i{   }i i;;;;;:.:.:.i、,   「えぇと、それは夕立ちゃんとか他の子達みたいな、
       /:.:i、:.:.i:::::: `""´    `''''''´ i;;;/:.:.:.|:.:i,    鎮守府の戦闘要員さん達ですよね?」
      .|:.:.:.iヽ:.:i::::            i/:.:.:.:./:.:.:|
      .|:.:.:.;;;ィ\iヽ    ∠ヽ,   /,ィ':./,ィ':.:i
       i;;;;;;;;;ゝェ≦i、         .ノ,__イノ,,,,,,,,:.i
      ,、、ッー;;;;;i:.:.:ノ;;;≧ッ======、<乂:./   >、
   ,、<     i:./;;;;,ィ',ィ'"ゝー、:.:.,ィ、,,ー-、、i      ∨
  ∨       .i:.i ;i.{ イ /   ∧   ヽ i ヽ  /   .∨
 ∨      丶,i:.i };;;;;;;;    .{:.}      イ/     ∨
..∨   '' 、,   .i:.i |;;;;;;;    .{}     ィヽ{       ∨
∨      '' 、, .i:.i |;;;;;;     .||     i:.:.:|        ∨

2574 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:27:46 ID:MdkzGlsk
足りない歴史的なものを戦艦のパワーと逸話から持ってくるってことか

2578 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:29:32 ID:9Dr3wbO2
>>2574
軍艦はほぼ例外なく神棚(=神殿)を持っていたから微弱な神霊補正持ちやしな。



2579 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:29:43 ID:YVRYZb4C



              . <::::::::::::::::::ト、    /ヽ..、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\/   j:::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:::::::::::ヽ
.         /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::::::';
        .:::::::::::/::::::::::/:::::/;:::::/::/::::/::::::|::::::::::::::|
.       /:::::::://:::::::::::/:// /:://::::/ !:::: |::::::::::::::|   「―――ええ。
      /:::::/:::/ :::!:::::::{/ ⌒  / /:::/ 、!:|::::!::::::::::::::|
.     /::/イ:::/:::::::|::::::::| f仡㍉   // //.::/::::::::::: ;ハ    ですが彼女たち、おかしいと思いませんか?
    /;::'  ム:::::::::::|::::::::| 辷タ  /   // 7:::::::::/:::i     なんであんな年若い少女達ばかりが戦闘要員なのか。
.   /  / ヽヾx───‐ 、     ==ミx ,/:::::/::::/!     艤装という武装はなんなのか。
.   /  イ 〉〃//// frx::|   '     /::/:::::::/:::}
   /   ノ` ´| ////// `¨ |   _ _    /イノ:::::::: /:::/     ―――彼女たちは、なんなのか」
      ⌒ ̄ ̄_`ヽ──┘     ィf´::/:::::::::: /:::/
     __ ハ ̄ :i::|_/\ `ー ´ ヘル'7:::::::::/:::/
     />- }::::::ノ/ /   \ /    \::::::/レ'
.    /    /::::/ /      }!\     | ̄ ` <
.    ;′  ./:/   \     /{⌒\   !     ` <
   /     /        \  /. |::::::::::::\ {
.         /       `  /:::::::|!:::::::ヾ´
       /         /::::::::::|:lヽ:::::::\   {
       ;'   /     L::::::::: |::| \:::::::\   、
                   ̄|:::::!   \:::::::ヽ  \
      ィ´             /::::ノ     ̄





                  ___
             . : : : : : : : : : : : : `  ‐-
           イ: : : : ‐===ミ彡´ ̄ ̄: : : : : : \
         /: : : : : : : : : : -‐ : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : :/: : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : ‘,
      /: : : :/: :: : : :′: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : ハ
     /: : :/ : : : : : : | : : : : : : : : : : : ∧ : : : : : ∧ : : : : : :,
    /: : : :/: : : : : : : :: :| : : : : : : : l: : : : : ‘,: : : : : ‘,: : : : ハ
  / /:: :/: : : : : : : : :: :| : : : : : : : |: : : : : :ハ: : : : : :ハ: : : : : }    「調べた?」
/ イ : : 〃 : : : : : / : : : | : : : : : : : |: : | : : : : }: : : : : : :}: : : : :}
  /: : : {: : : : : : :/ : : : : |: :: : : : :: :从: ! : : : : }: : : : : : :}: : : : :}
  ; : : :: :{: : : : : :\ : : : /|: : : : : : ∧: : |: : : :, :} : : : : : ├=ァ: ::}
  |: : : : :{: : : : :/_ヽ :/ 从: : : :、/ ',: 八:/: :}: : : : : : :}/: : : }
 ノ : : : 八: :: :八 ∨`ヽ   ヽ: : 从  ヽ/、 : : }: : : : : : :}_ : : リ
 !: : : : : : :\ !/ 弋匕    \ ニ二_ \ }: : : : : :〃/: : ;
 |: : : :: :/: : : `}    ̄       ∨弋ル`ヽ; : : : : : /z : : : /
 | : : : /: :: :/: :               `‐-う〆从: : : : /- }: : ;′
 | //|/: :/ヽl人     '             /: : : : : / 丿:/メ
 |′  {: /  从l \  ‐ 、          /: : : : : /_//
     V  jハハZ\           /: : : : : /: :/
        /´ ̄ヽ  〕ア爪    ,rf千/ : : /ィ⌒ヽ   _
         〈    ヘ \乂xく} ̄   /: :/   ̄ ̄孑    \
          入 \__>≧{}≦ゞ/:/      /   ‐===ミ、






                  / ヽ \          ,;゙"´"´"´":,
                   /-‐=ニ二 ̄ヽ________   ';       //
               |____|_i‐- 、      ';     `  ;'      /
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':..,.   {\,    ,;′  ./|/
  ,.            ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':.,   \\゙`゙"´     |
   ';_____,..:'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {>-=ニ\ Y7⌒>‐ 、|
   ;'      ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::ト、::::::::∨///////! |/ ,.ィ_!_    「ええ。
        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/'|::::::::::::::/ }::::::::::::::::', ̄ ̄´LT<//////)
.     //:/::/:::::::/:::::::::::::::::// |:::::::::::/   リ:::::::::::::::l  (__    ̄ | ̄     中からの調査は危険かと思い、外から」
       /!/::/:::::::/:::::::::::::::::/‐-   }/:::::厶イ/!:::::::::::::::::! 、       ̄¨` ∨
.       / /::/:::::::イ::::::::::::::::/芝歹 /::/芝歹/::::::::::::::::ノニ}          | ∨
..     //,:::::::::|::::::::::::::/          ,   /:::::::::::::/=-ノ/⌒/⌒>┤ ∨
.         /::::::::::!:::::::::::::ト、       _   /::::::::::/=-/     |  {    、 \
.      /:::::::/}::::|::::::/:::ヾ 、_,. -‐ニ二/:::::::/=-/      |  |     `  ノ\
      /::::/ /:::人::(⌒>-=ニニニニニ/:::/=-/          \ \ ,. -=<
.       /   //   \}-=二二二二 l::/=-/            \ `ー/
         _ -=二二ニ}‐=二二二ニニ=-/                T´
     _ -=二二二ニ/ ヽ‐=二二ニ=-/__                _ ノ
 _ -=二ニニニニ/ /:i:i:i:>──<:i:i:i:i:i〉     , -‐    ̄
 ̄ ̄       f´  〈i:i:i:i:i:{  !  /i:i:i:i:/    //
          |    \i:i:i|   \ }:i:i:/       |
          ∧      ̄  /ヽ ̄ `        {´
           {  \____人    ヽ          |
       /\__/ ∧    ヽ       \
      /     /       '!     \●〈 ̄ ̄〉 〈\
     /     /        |    /〉  ヽ   ̄    ̄\
.  /     /        }  〈/    \

2585 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:32:11 ID:YVRYZb4C



  r‐v'`ヽ      \\   │         |
  {  '  ノ         \\  |       |
  ゝッ  `.i       \\ |          !
    ゝ__)ー'ミ==i        \ /ヽ、_ __,.   !       /}
          \   __ /´{、__ノ_{  ノ  |\  .//              ,r 、
           `ヽ ヽ__ノ /: : : :\:`ー--=== : /:/             /  /`  、
             `/ /´: :i: : {: : : :\ー--- :´-‐'´          / _/   /` 、
             /: :{: : : {: : ゝ: : : : :__‐-. .,: :ヽ}\        / /´ニ≧x,/  /―― 、
               {: : {: : :ゝ\:ト:\:rtx‐` ̄、: : }.  \  __/ニニニニニニニヽ  /        \
               {: : {: :\f乃`¨  ゞ 'ヽ: :i: ヽ: }\  ///=(O)/≧x=/ /          \
               lゝ:{ : ト、:ヽ   ,     /}: }:ノ ´\\フ―''' フニ//`ヽ}ニ≧'' ────────
               |_:‐'ゝ{う\ ー ‐ ' イノイ      /ゝ_ノ´/ {ミ\==彡
            / ___,ノノ\ヽ≧ ≦ ̄}: :{,. -‐- ,/    { └‐‐ミヾ}
           /、 / `ヽ ` -〈ニニ〉-‐= ´マム   __{  ノ´ ∨´ ̄`ヽ}   /
        _,/ノ-‐ッ、ゝソ´`ヽヽ‐、,__', マム,r‐{ ゞミ、    >―‐ 'ヽ ./    「外って言いますと………」
    __  /´ ´´ミ‐‐‐ッ‐‐‐'´く、ゝ_人_ノ', マ´/    ` ミ〈`ヽ、   ヽ } /
   {ノ、く   , -= ニニナ /    ト    /-/        ヽ‐‐'     ☆
   /\ノノ、‐‐'´‐‐i   ,' r 、   ! ヽ   ノ {__    }     /
.  /   ` ̄ヽ {  ト、  i ,.{   ̄  ノ', !  /    \  / ̄ ̄ ̄
  {       ',', ゝ、\_/}    /  } i /   ./}} }`´
  { /ヽ、 }\}”'' 。,_\ /    /  /x!'´    /} }} }
  ´    ヽ/  ∨  (´`Y´`)´ニニ´__ /    ./// } }
      ∧    ヽ  (  , 、 )‐-----‐ }     / `  ´





               /i^>-、__
             ,∠/__i_j,>イ|
             !::::i::::::|:::::::|:::::i:::|`::v,-―- 、
          ,r ァヤ:::i::::::l:::::::l:::::レ': : : ヽ、  `ヽx--、
         / / :' : `ー----''"´ : : : :'; : ハ,   { ` }
        r{-y': ; : :i : :i :`、: : : :; : : : : : ::'; : ハ   ゝ--r'
       {  /:/: |: |: :/i: : :\: : '; : : : :f^i: '; `:ミ、    .〉
       ゝv:/;ィ: i: i :|__i:_i: : :ト、_z==-:| i : ; :ト:!`   /
         |!:;' :i :i:レイ^弋i: : | ´ ,>=、:i {:V: :|リ ,r-'<、   「クズとバカとその嫁とゼニゲバと、
         リ : ::'; :トYf。示ト、ノ. ペzソノ〉i `、::_,| .{   .}     なんか歴史に関わる匂いを嗅ぎつけてきたバカその2辺りに
         乂: : :Yハゞ--'  ,、  `"´ .八//t.>-イ      頼みました」
          .V:/:`vム.    _   ∠,`Y / /, ヽ,
          ∧: :'; : ,>ヘ、ゝ'  ,ィ´:`ゝ{_ イ__イ  i
           __,>イ;;rz==㍉ー '´ .レ`''"´ `'ゝ、  |
       .r 二ア<=-;;;;;;{{  。,}}ハ /  i iノ   .}   i
       .| K;_;_;';;;;;;;;;;;;ゞ=="//r-、 l .リ   i.  ハ
       .レ'二--、}、;;;;;;;;;;>'´`、i/:/ ヽ l |   /.|   .ヘ
       { ---、.};;;><___t V:/ __リ ';  / {    .',
       ,.ヘ t-_ノィ'"/ : : : : Y⌒i : : : :`ヽ', ト、ヽ   ./
      .〈  Y  /i  t: : : >_二.<: : : : /ニヽ、_≧、__ノ
       ヽ.j  .j |   ア: /  /i: : :トr-"  Y |
        /  i i  i: : ::| .〈::i : : :';|     ハ/
       ./   .|`リ、 V`V  `ー'V \_ノ /
      .,'    | .∧  ;': :.. ::.. "    ..::イ
       i    i / i  ..::  ..::::...    ..::: :/
      .ハ   ノ/  } ..::::... ::::: :: ..  ..:::::  {
       .`ー'´   | ::::   ::::  ..::::::   ヽ





            /:::: : : : : : /`ー;:-''": : : : : : : : `゙'': ミ/::::::/ { { /  ,,./
           /:::::: : : : : : :.l /' j: : : : : : : : : : : :ヽ: \\'´   ヽー 彡'"
          ,:':::::::: : : : : : : : |/ /: : ::|::. : i!: : : l : : :l : :゙; : : ヽ:ヽh、
         /:::;:::::: : : : : : : :::/ /: : : :jl::::. ::l!: : : l: : : :l: : l::.: : :゙:, : ゙:,:、
        /:::::; ::: : : : : : : :.::/: : : : l :j l:::::. :!∨: :l: : : :l : :ト::. : : ゙;::. :゙;ヽ
.        /::::::;':::: : : : : : : :::/: : : : :.l: :! ∧:::.l. ∨: :!: : : l :ハ::. : : ゙;::. :l::. マ
.      /::::::::; :: : : : : : : :.::;': : ; : :l: |::l _,. -‐'"゙:,: :l: : ::l;ヘ.,,l::: : : ::l::. |::::. マ
     ∥:::::::j::: : : : : : : ::∥: :j: : : l l { xzf''-ミト、 \   仏{h}:: : : :jl:: ト;::::: ∨    「うわぁ手段選んでない!!」
     l:::::::::: |: : ; : : : : :.∥: : l : : : l l{/     l゙ u  ゙ヾ”   }!:: : :/j:/|::, : :: }
      l:::::::::::;|: ::l: : : : : ::jl: : : :!: : : :ヾヽ..,,__ j     L..,,,.jィ:: ;:イ/': :|::}: : :l
      j:::::::::/l: : l: : : :: :.∧: : ::{、: : : :ミ\        〉    }/::::::: : :N l::: ;'
.     ∧:::::{ ; : l: : : :l :{:∧: : :|}、: : :∧`゙ U   ,.. /     }::j:::. : :j.  |::;'
       \{ .゙; :.:;: : ::lヾ、:》、:|} \: : :.ヽ           j::j::: : /  }/
           ∧: ::.、::! /:::::|ヾ:ヽ \: :.゙:、  ,ィ''"ヽ    /::/: :,.'
   ___     \∧| j:::: :|`':::、\ `゙''=/ }iiiiiii!   ,イ/{/
'"´. ト、 ∧\       j: : ::|   \:::hx、  マ jiii∥ ,.:':::{
`ヽ、ハ: `': : ヽ. ヽ    ,j: : : ト 、  ∧:::::::}ihx. `¨゚ ./∨::∨        _,....‐''' >
  ハ \: : : : \ヽ― '´/.:.:.:/\\   {: :/イ  `゚''''´  ∨ ∨     ,,..:'":::;: ''"
     }  \: : : :`'::..,,,ノ:;;:/   `':.,, Y-v- < ̄ ̄`>.......ミ-==-=::;;;;:::: - '"
.    j   ` ー--- ´` <    {ヽr ___ >- ''"   /::::ヽ― ''i
    j         }     `''< /    \    /:::::::::::: }  /

2592 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:33:51 ID:EMuUuq4U
CPKとくらなくんとてんてーと鷲巣とN1?

2609 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 16:35:17 ID:CCAsrlgW
しかしさらっと嫁認定されてるてんてーに草不可避



2612 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:35:32 ID:YVRYZb4C



                 (
                     \_  ____ __  _,.r‐-  ,_
                  _,. -‐:::::::::::::::::::`::..   \ \
                    ー≠ニ.:::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ/|                  ,、
                 / /:::::::::/:::/::::::::/::::::::::::::::::::\/}|                 /∧
                ′/.::::::/(斗ー{:::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::. Q                 [{ /__j]
               { /.::::::::{ ーfトミ}:::::::::{:::::::::::::::;::::::::::::::レ[|                  ∨/
                l:!:::厂   j以'}:::{::::::}ヽ::::{\)::::::::::::{ ヽ__            '^⌒ヽ_厂}'
                   八j} __     人;j::::::{,ノ\):::::::::::::::::::{ 〔,_Q)      /   rッ//
                イ:/:ハ 、_ >//::八::::::\::::::::::::::\:::::{  ヽ'⌒ヽ    {   └'^^!   「結果、分かったのは船魂計画の効率性と、
                l:{/:/Λ ⌒V{::{:::]::\::::(::::::::::::\⌒ヽ\ {  Q====彡     ノ     その―――非人道性」
             从:::/ /厂「ヽ{:::ヽ:::::::{\): \::::::::\    `ー '     `ー一
                   )⌒ヾメ}〕-‐\:::\{ ̄`┐:{\(⌒ヾ
                    ___{\   \:::\厂\)___
                      {厂}T⌒¨¨¨ヾ⌒ヾ └┐|__           ┌-、    ;⌒!   _
                     ,{ {_j     /       └‐┘~¨¨フー--   __|  :   / / / ノ
      _______          〈[_,ノ。[\___,/  `  .,_       / /    /  |  :rf〔 // /
     /     \       /  。[÷×{       ,′\   { ヽ  /   ノ _,厶ゝく´_,. ´-‐ つ
     \{ ̄ ̄)ノ      ′ 。 [ ※ /{       ′     ̄\__}__{ / ___//ー… '
      O_x         !  。 [∴{...{                _У  /-‐'゙
        く/_{>、      . 。 [∵{....{    {           ( _____,ノ
        `ー ⇒ 、       , 。]§} ..{     {、
          `ー ⇒ 、   ‘, 。]♭....{    ’\
             `ー ⇒く/〉 ; 。]........{    ‘, ヽ
              ノー'ノ\ {   。].....∧     〉 ‘,
               ヽ,/\_rf{\___]__{__j__/ ̄]    ヽ
               ____人rf{人__   ____/[_/}{\______}
              r┘: : : :/\_]l[_____/∨「   \_人
             <: : : :_/  丿  /  / `¨¨]l\   ヽノ
          ┌厂 / /   /  /     ]i:....:\__ ゚。.,
           [_{/ /     ,ノ'   ⌒    ノ⌒>:...:/   ゚。≫ .,
            [_[\/     /           } `⌒´     ゚。==≫ .,
           /└[_{\__〈 ̄厂\      } 〇 ◎     ゚。ー===≫ .,





          ∨         .../     i: : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:
         ./:.ヽ        ./i      }/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\:.:.:.:.:.:.
         .|:.:.| ∨、      /.ゝ,,   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.
         .|:.:.|∨:.:.ヽ     /:.:.:.|  ̄./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.|∨:.:.:.:.:.:.∨:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\
         .|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.∨  ./.:.:.:.:|  .i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.| .∨:.:.:.:.:.:.∨:.:.:∨、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         .|:./:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.:.|  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:|  ∨:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:ヽ`<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
         .|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:ノ   ∨:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.`'<`'<:.:.:.:.:.:.:.:.
        ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:./   ,,ィヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,ッ、:.:.:.:.:`'<`"''ー--
        ./:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:/__,,ィ'´  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽッ}`<__≧ッ、,_
       /:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{:.:.:/".,,ィェiiッシ、  `<:.:.:.:.:.:\ノ,,ノゞヾミ≡=ー    「非人道性、って……」
      ./:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|}:.:/ ッシ,、、`ヾミ    `'<_:.ゝ、.マ.ヽ .マヽ
      |:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ノ ム'.i::ッ:i  }      .ヽ,  . ̄ |`´ ノ
    .>''|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.|  ヾ{ ゝイ ノ        ヽ,   .|
  /   |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:|  .,ィ' ̄)"´         ノ   |:.:.:.:.ヽ
 .{:.:.:.:.\ |:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.i:.:.:.:.:.ii、:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.ヽ,   ̄           / .} ./,:.:.:.:.:.:.ヽ
  .}:.:.:.:.:.:.ヽゞ,:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.},:.:.:.:.i:.}i:.:.:.:.:.:.:.:.|_.ヽ,         _,,、、、ィ'´ _ノ / ヽ:.:.:.:.:.
  ゞi─//i.、:.:.:.:.| \:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ,∨:.:.iヾ、:.:.:.:.:.:.:.|  `ヽ、       {_,ィ=''''"´ /   ヽ:.:.:
   }i /_// /ゝ`<}i、 >------ヽ,:.:.∨.\:.:.:.:.:.|ニ)  .}ーッェ、,_          /    ノ丶
    ヽ,__ノッ}    \___,,/  ヽ:.∨::::\:.:.:|  /ゝ   ゞ''''ー────‐イゝー‐   |
     :.:./      マ:.:.:.:.:.:.:.:.i    ヾ、:::::::::\i≦ .ゝェイゝイ \             /

2628 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:41:34 ID:YVRYZb4C


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


        __                                __
        \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
          \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
             //////////////////////////////////////////∧
           /////////////////////////////////////////////\
         /////////////////////////////////////////////////\
       /////////////////////////////////////////////////////\
      ` ̄||ロ=ロ=ロ= ロ= ロ= ロ = ロ= ロ= ロ= ロ= ロ= ロ|| ̄´
                       | |二二二二二二二二二| |
                       | ||ll:::::::::::/ /:::::::::::/ ヽ::::ll|| |
                       | ||ll::::::::/ /:::::::::::/  /::::ll|| |        
                       | ||ll:::::/ ∧:::::::::/ ./\:ll|| |         艦内に設置された神社。
                       | ||ll:::::::/ /::::::::;/  /::ll|| |
                       | ||ll::::∧/:::::::::::\/\::ll|| |
                       | ||ニニ∨ヘニニニ/\/ニ.l| |          これが奉るのは船霊と呼び、そしてそれらは全て”女性”である。
                   __| ||/::::::∨∧::::::\/\::',|| |__       艦船に関する表記を女性系と評すように、そして日本では特にそれが
               |ニニ| |二二二二二/  /二| |ニニ|       巫女だという風に伝えられている。
                ___Lニニ| |三/____.\/ '∨/| |ニニ」___
           /ニニニニニ三ニニニニニニニニニニ三ニニニニニヘ
            |三三三三/  /三三三三三三三三ヘ  ヘ三三三三|
            Lニニニニ| ̄ |ニ/==============|ニ|  ̄|ニニニニ」
                    └─┘              └─┘




       __rく/         __ヘ::::::::::::ヘ  ̄ll  l_l イ
        /:::::「    _....:::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::ヘ_ll//=气
      j::::::::}  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::\ ̄:::::::::::x‐く⌒ヽ
      {::::::::l /:::l:::l::::::::::::::l:::l:::::::l:::_:::\:::::::::::::\::}:::(;;;;;;::::::Y::::ト、
  ┌┬‐l:::::::::::::::::::l:::l::::::::::::::l:::l Y::「::l:::}\:::\:::::::::::::\(::::::::ヾソ:ノ:::}
  ̄| ̄ ̄l:::::::l:::::::l:::l:::l::::::::::::::l::j l::j ノl/   \l::\:::::::::::::\::⌒Y~::::}
     ̄ ̄}::::::j:::::::l::/⌒:::::::::j:ノ l/      l:::::::\::::::::::::::`<:::)::::Y
      ,:::::::八::::l:::l トl ヽ::/           !::::::::::个<::::::::::::::::::`'''ー-   _
     /::::∧::::::::ト|              イ::::::::::l  /::`~ミ;;;::::::::::::::::::::::::}     それらが祀られていた艦の残骸、あるいは再現した部品。
      /:::::/::::::::::人                  l:::::::::::lイl:::::::::::::l::::l ̄`~ミ:::::::{      そこから作り上げられたのが艤装と呼ばれる武装の正体。
    /:::::/乂:::::::rく\                 l:::::::::::l::l::::::::::::::::l::::ト __)\:、
    /::::::/  弋f{\\Y         /     l:::::::::::l::l::l::::::::::::::l::::ト::::::::::::::::::::)}     後は交霊術の技術を混ぜ合わせ、“艦娘”と呼ばれる適合者に
  /::::::::;     } lヽ \乂    `"       l:::::::::::l::::::l::::::::::::::l::::: \::::::::::/      接続した艤装を媒介として行う神降ろし。
  /:::::::::j     l l::::、     __         / l:::::::::::l::::::l::::::::::::::::::::l    ̄
  {::::::::::{    { }:::::i     「T::::.....__/   l:::::::::::ト::::::l::::::::::::::::::::l
 人:::::::::、____八   l      l::l:::l::::::::ヽ   j:::::::::::l  ̄/  ̄ ̄`ヽ、
   \:::::\::::::::ノ、   l      l::l::j::::::/}   :::::::l:::::l /          Y
       ̄ ̄ ̄ ∧ 人      l~/ l:::{/:::j:::::::l:::::l/            }
            ∧   ヽ    V   l:::/ j.:::l:::l:::::! .:::}        j
                }   ヘ    ∨ / /l::::l::::l::::{ |:/          ハ\
              __/   ∧    V<__//{::::l::::l::::l / .__    ∧:::::::\
         r‐fレ     / ∧     l:::l ∨   !:::l::::l::::l/ ̄    \ /:::::\:::::::ヽ
        ┌j jl     / / ∧    }:::} V   l:::l:::::::/= ==   ヽ::::\:::::::::::
       /l/| l:|   /l/ /:∧  j::::!  ト(*)l:::l::r/        \ /:::::::l:::\:::::
     / ノ!::| l::l.  /:::l  ::: ∧ ;::::j  l::l\l:::::{         / /:::::::::::l:::::::\
      / / :::| |::l /::::::l j::l l:::∨:::/  l::l ⌒V      / /l::::::::::::::::::::::l:::
   / /   |::| |:::l/:::::::::}^'l::{'^l:::/::::/   l::l   \      / }:::::::::::::}:::}:::}::


▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

2642 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:46:51 ID:YVRYZb4C




                  / ヽ \          ,;゙"´"´"´":,
                   /-‐=ニ二 ̄ヽ________   ';       //
               |____|_i‐- 、      ';     `  ;'      /
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':..,.   {\,    ,;′  ./|/
  ,.            ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':.,   \\゙`゙"´     |
   ';_____,..:'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {>-=ニ\ Y7⌒>‐ 、|
   ;'      ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::ト、::::::::∨///////! |/ ,.ィ_!_
        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/'|::::::::::::::/ }::::::::::::::::', ̄ ̄´LT<//////)    「足りない“年月”を質量で補う理論ですね。
.     //:/::/:::::::/:::::::::::::::::// |:::::::::::/   リ:::::::::::::::l  (__    ̄ | ̄     人の身に擬似的に“艦”を宿す。
       /!/::/:::::::/:::::::::::::::::/‐-   }/:::::厶イ/!:::::::::::::::::! 、       ̄¨` ∨
.       / /::/:::::::イ::::::::::::::::/芝歹 /::/芝歹/::::::::::::::::ノニ}          | ∨     ―――結果として、元の少女の人格がどうなるかは、     
..     //,:::::::::|::::::::::::::/          ,   /:::::::::::::/=-ノ/⌒/⌒>┤ ∨     推して知るべしというところですか。
.         /::::::::::!:::::::::::::ト、       _   /::::::::::/=-/     |  {    、 \
.      /:::::::/}::::|::::::/:::ヾ 、_,. -‐ニ二/:::::::/=-/      |  |     `  ノ\  艦―――正確にはその乗組員らが持っていた戦闘経験や
      /::::/ /:::人::(⌒>-=ニニニニニ/:::/=-/          \ \ ,. -=<     技術も習得できるという意味で、お手軽な存在ではありますが」
.       /   //   \}-=二二二二 l::/=-/            \ `ー/
         _ -=二二ニ}‐=二二二ニニ=-/                T´
     _ -=二二二ニ/ ヽ‐=二二ニ=-/__                _ ノ
 _ -=二ニニニニ/ /:i:i:i:>──<:i:i:i:i:i〉     , -‐    ̄
 ̄ ̄       f´  〈i:i:i:i:i:{  !  /i:i:i:i:/    //
          |    \i:i:i|   \ }:i:i:/       |
          ∧      ̄  /ヽ ̄ `        {´
           {  \____人    ヽ          |
       /\__/ ∧    ヽ       \
      /     /       '!     \●〈 ̄ ̄〉 〈\
     /     /        |    /〉  ヽ   ̄    ̄\
.  /     /        }  〈/    \




: : : : : : : \: : ヘ  \: : :ヘ   \: :|: |: : : : : |: : : : :|彡/ ,ヘヽ: : : : : : :|
\: : : : : ', \: ヘ  /、: 丶 _≧|: |: : : : : |: : : : :|У,ヘ  | |: : : : : : |
: : `ト、: : : ヘ  \`X ,ェ彡气夾下|: |: : : : : |: : : : :| {  i | |: : : : : : |
: : : | \: : :、 -≠弋〃 ∨卜]ハ|: |: : : : : |: : : : :|  〕 )/ |: : : : : : :|   「―――それって、もう人っていうより……」
: : : |__. \:.ヽ      _,ゝ一¬'|: |: : : : : |: : : : :| ( ν /|: : : : : : :|
\: |  `゛ \、         / |: |: : : : : |: : : : :| イ ,ィ': :| : : : : : :|
: : `〈「万弐  `     , / / |  |: |: : : : : |: : : :.:| r‐‐´:| : | : : : : : : :|
‐-._\弋少     / ′    |: |: : : : : |: : : : | ハ: : :| : |: : : : : : 八
: |: : : ヽ` ハ            |:.l| : : : : |: : : :.| / |: : : :| : | : :,イ : /
: |: : : :∧   ′          |:l !: : : : |: : : :.|  |: : /|:./|: / | :/
: |: : : :| ∧     ,.‐-.     l:l |: : : : |: : ハ:|   |: /.〃 !/ .!,′
: |: : : :|: :∧             ソ/ : : : :|: / リ/ ̄ ̄ ̄|,'  ′




               /i^>-、__
             ,∠/__i_j,>イ|
             !::::i::::::|:::::::|:::::i:::|`::v,-―- 、
          ,r ァヤ:::i::::::l:::::::l:::::レ': : : ヽ、  `ヽx--、
         / / :' : `ー----''"´ : : : :'; : ハ,   { ` }
        r{-y': ; : :i : :i :`、: : : :; : : : : : ::'; : ハ   ゝ--r'
       {  /:/: |: |: :/i: : :\: : '; : : : :f^i: '; `:ミ、    .〉
       ゝv:/;ィ: i: i :|__i:_i: : :ト、_z==-:| i : ; :ト:!`   /
         |!:;' :i :i:レイ^弋i: : | ´ ,>=、:i {:V: :|リ ,r-'<、
         リ : ::'; :トYf。示ト、ノ. ペzソノ〉i `、::_,| .{   .}
         乂: : :Yハゞ--'  ,、  `"´ .八//t.>-イ    「英霊“もどき”。―――デミ・サーヴァント。
          .V:/:`vム.    _   ∠,`Y / /, ヽ,
          ∧: :'; : ,>ヘ、ゝ'  ,ィ´:`ゝ{_ イ__イ  i       そう言い切ってしまって良いでしょう」
           __,>イ;;rz==㍉ー '´ .レ`''"´ `'ゝ、  |
       .r 二ア<=-;;;;;;{{  。,}}ハ /  i iノ   .}   i
       .| K;_;_;';;;;;;;;;;;;ゞ=="//r-、 l .リ   i.  ハ
       .レ'二--、}、;;;;;;;;;;>'´`、i/:/ ヽ l |   /.|   .ヘ
       { ---、.};;;><___t V:/ __リ ';  / {    .',
       ,.ヘ t-_ノィ'"/ : : : : Y⌒i : : : :`ヽ', ト、ヽ   ./
      .〈  Y  /i  t: : : >_二.<: : : : /ニヽ、_≧、__ノ
       ヽ.j  .j |   ア: /  /i: : :トr-"  Y |
        /  i i  i: : ::| .〈::i : : :';|     ハ/
       ./   .|`リ、 V`V  `ー'V \_ノ /
      .,'    | .∧  ;': :.. ::.. "    ..::イ
       i    i / i  ..::  ..::::...    ..::: :/
      .ハ   ノ/  } ..::::... ::::: :: ..  ..:::::  {
       .`ー'´   | ::::   ::::  ..::::::   ヽ

2651 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:50:18 ID:YVRYZb4C



            /:::: : : : : : /`ー;:-''": : : : : : : : `゙'': ミ/::::::/ { { /  ,,./
           /:::::: : : : : : :.l /' j: : : : : : : : : : : :ヽ: \\'´   ヽー 彡'"
          ,:':::::::: : : : : : : : |/ /: : ::|::. : i!: : : l : : :l : :゙; : : ヽ:ヽh、
         /:::;:::::: : : : : : : :::/ /: : : :jl::::. ::l!: : : l: : : :l: : l::.: : :゙:, : ゙:,:、
        /:::::; ::: : : : : : : :.::/: : : : l :j l:::::. :!∨: :l: : : :l : :ト::. : : ゙;::. :゙;ヽ
.        /::::::;':::: : : : : : : :::/: : : : :.l: :! ∧:::.l. ∨: :!: : : l :ハ::. : : ゙;::. :l::. マ   「ちょ、ちょちょちょ……っ!
.      /::::::::; :: : : : : : : :.::;': : ; : :l: |::l _,. -‐'"゙:,: :l: : ::l;ヘ.,,l::: : : ::l::. |::::. マ
     ∥:::::::j::: : : : : : : ::∥: :j: : : l l { xzf''-ミト、 \   仏{h}:: : : :jl:: ト;::::: ∨  おかしいですよね!? 
     l:::::::::: |: : ; : : : : :.∥: : l : : : l l{/     l゙ u  ゙ヾ”   }!:: : :/j:/|::, : :: }   デミ・サーヴァントとは言いますけど、
      l:::::::::::;|: ::l: : : : : ::jl: : : :!: : : :ヾヽ..,,__ j     L..,,,.jィ:: ;:イ/': :|::}: : :l     夕立さんとか戦闘能力で見ると―――」
      j:::::::::/l: : l: : : :: :.∧: : ::{、: : : :ミ\        〉    }/::::::: : :N l::: ;'
.     ∧:::::{ ; : l: : : :l :{:∧: : :|}、: : :∧`゙ U   ,.. /     }::j:::. : :j.  |::;'
       \{ .゙; :.:;: : ::lヾ、:》、:|} \: : :.ヽ           j::j::: : /  }/
           ∧: ::.、::! /:::::|ヾ:ヽ \: :.゙:、  ,ィ''"ヽ    /::/: :,.'
   ___     \∧| j:::: :|`':::、\ `゙''=/ }iiiiiii!   ,イ/{/
'"´. ト、 ∧\       j: : ::|   \:::hx、  マ jiii∥ ,.:':::{
`ヽ、ハ: `': : ヽ. ヽ    ,j: : : ト 、  ∧:::::::}ihx. `¨゚ ./∨::∨        _,....‐''' >
  ハ \: : : : \ヽ― '´/.:.:.:/\\   {: :/イ  `゚''''´  ∨ ∨     ,,..:'":::;: ''"
     }  \: : : :`'::..,,,ノ:;;:/   `':.,, Y-v- < ̄ ̄`>.......ミ-==-=::;;;;:::: - '"
.    j   ` ー--- ´` <    {ヽr ___ >- ''"   /::::ヽ― ''i
    j         }     `''< /    \    /:::::::::::: }  /




.   /: : : : i: : : : : : :|  |i  _|_L__L  |: : : /  |:∠斗:'::/    |:i: : : : : : :|: : : : |
  /: : :i: : :l: : : : : : |   i   {  ヽ: !   i: : /   /   i::/____  i:l: : : : : : :|: : : : |
  /:i: : :l: : :l: : : : : : !   ____ ヾ   !::/      ,Kィ示三=-y: : : : : : :l、: : : |
  |:l: : : !: : :|: : : : : :l  xX示ニュ、    l/        r孑リ小 |: : : : : : :トヽ: i:|   「格上に食らいつく能力を抜かせば、そうねー。
. l:|: : : l: : :ヾ: : : : :| /  r孑l小                 ト、_リィ} !: : : : : : リ i: |:|    当時の参戦メンバーで言えば、幽雫よりハザマよりエルより弱い。
 l:l: : : :l: : : ::ヽ: : : l    ト、_ケ}                 弋___メ l: : : : : :.;k ,': l:|    
. i:|: : : :i: : : : : :ヽ: :i    弋_メ                    !: : : : : :,レ': :K:|     でもさ、十分じゃない?
/:ハ: : : :l: : : : : : :X::!             丶       / / / Y: : : : : /: : : |ヾ!     夕立、十分に一流の魔術師と互角かそれ以上に強いよ」
:/ |: : : : !: : : : : :| ニゝ / / / 丶                   /: : : : :/: : : :/ ヽ
'  !: : : : !: : : : : ト三|l            _ __         l: : : : :/|: : : /
.  l: : : : |: : : : : |: : :入_                        メ: : : : 仆!: :/
  l: : : :ハ: : : : :ト: : : : : : l>-. . __           __. .<: :/: : :// N: /
   !: : :| ヽ: : : :!|: : : : : : :!: : : : : ;三二=- -   '"  |: :i: :/: : /:/ /:/
   l: : :l 丶: : |ヾ: : : :ハ:卜: : : : | ̄ ̄ ̄ `iYテ二=┼孑': /:/ /
   ヽ: :i ,- 卞:!__ヌ;_;i__!:|_从/}        |//       二/ |/
    メ厂   メ|三三三三三二ニ=、   /i}      /
  /      l三三三三三三二ニ=三二i_ ≠=―仆、__
. /        |三三三三三圭圭圭/二二/三三三三三二ニ―- 、
../        l三三三三王圭圭圭|二二/圭圭圭圭圭王三三三ニi

2671 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:55:09 ID:YVRYZb4C



                  ___
             . : : : : : : : : : : : : `  ‐-
           イ: : : : ‐===ミ彡´ ̄ ̄: : : : : : \
         /: : : : : : : : : : -‐ : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : :/: : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : ‘,
      /: : : :/: :: : : :′: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : ハ
     /: : :/ : : : : : : | : : : : : : : : : : : ∧ : : : : : ∧ : : : : : :,
    /: : : :/: : : : : : : :: :| : : : : : : : l: : : : : ‘,: : : : : ‘,: : : : ハ
  / /:: :/: : : : : : : : :: :| : : : : : : : |: : : : : :ハ: : : : : :ハ: : : : : }
/ イ : : 〃 : : : : : / : : : | : : : : : : : |: : | : : : : }: : : : : : :}: : : : :}   「要はこうでしょ。
  /: : : {: : : : : : :/ : : : : |: :: : : : :: :从: ! : : : : }: : : : : : :}: : : : :}
  ; : : :: :{: : : : : :\ : : : /|: : : : : : ∧: : |: : : :, :} : : : : : ├=ァ: ::}    促成栽培で数を揃える事が可能なデミ・サーヴァントで
  |: : : : :{: : : : :/_ヽ :/ 从: : : :、/ ',: 八:/: :}: : : : : : :}/: : : }     神祇省を圧倒しよう。
 ノ : : : 八: :: :八 ∨`ヽ   ヽ: : 从  ヽ/、 : : }: : : : : : :}_ : : リ
 !: : : : : : :\ !/ 弋匕    \ ニ二_ \ }: : : : : :〃/: : ;
 |: : : :: :/: : : `}    ̄       ∨弋ル`ヽ; : : : : : /z : : : /      ―――反吐が出るけど、効率的だと思うよ」
 | : : : /: :: :/: :               `‐-う〆从: : : : /- }: : ;′      
 | //|/: :/ヽl人     '             /: : : : : / 丿:/メ
 |′  {: /  从l \  ‐ 、          /: : : : : /_//
     V  jハハZ\           /: : : : : /: :/
        /´ ̄ヽ  〕ア爪    ,rf千/ : : /ィ⌒ヽ   _
         〈    ヘ \乂xく} ̄   /: :/   ̄ ̄孑    \
          入 \__>≧{}≦ゞ/:/      /   ‐===ミ、





               /i^>-、__
             ,∠/__i_j,>イ|
             !::::i::::::|:::::::|:::::i:::|`::v,-―- 、
          ,r ァヤ:::i::::::l:::::::l:::::レ': : : ヽ、  `ヽx--、
         / / :' : `ー----''"´ : : : :'; : ハ,   { ` }
        r{-y': ; : :i : :i :`、: : : :; : : : : : ::'; : ハ   ゝ--r'
       {  /:/: |: |: :/i: : :\: : '; : : : :f^i: '; `:ミ、    .〉
       ゝv:/;ィ: i: i :|__i:_i: : :ト、_z==-:| i : ; :ト:!`   /    「でしょうね。
         |!:;' :i :i:レイ^弋i: : | ´ ,>=、:i {:V: :|リ ,r-'<、
         リ : ::'; :トYf。示ト、ノ. ペzソノ〉i `、::_,| .{   .}
         乂: : :Yハゞ--'  ,、  `"´ .八//t.>-イ      ―――ただ、お偉方にも予想できなかった点があった。
          .V:/:`vム.    _   ∠,`Y / /, ヽ,         艦娘達は兵器ですが、年頃の娘でもあった。
          ∧: :'; : ,>ヘ、ゝ'  ,ィ´:`ゝ{_ イ__イ  i         それが、それだけが、お偉方の計算を狂わせた」
           __,>イ;;rz==㍉ー '´ .レ`''"´ `'ゝ、  |
       .r 二ア<=-;;;;;;{{  。,}}ハ /  i iノ   .}   i
       .| K;_;_;';;;;;;;;;;;;ゞ=="//r-、 l .リ   i.  ハ
       .レ'二--、}、;;;;;;;;;;>'´`、i/:/ ヽ l |   /.|   .ヘ
       { ---、.};;;><___t V:/ __リ ';  / {    .',
       ,.ヘ t-_ノィ'"/ : : : : Y⌒i : : : :`ヽ', ト、ヽ   ./
      .〈  Y  /i  t: : : >_二.<: : : : /ニヽ、_≧、__ノ
       ヽ.j  .j |   ア: /  /i: : :トr-"  Y |
        /  i i  i: : ::| .〈::i : : :';|     ハ/
       ./   .|`リ、 V`V  `ー'V \_ノ /
      .,'    | .∧  ;': :.. ::.. "    ..::イ
       i    i / i  ..::  ..::::...    ..::: :/
      .ハ   ノ/  } ..::::... ::::: :: ..  ..:::::  {
       .`ー'´   | ::::   ::::  ..::::::   ヽ

2677 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 16:58:04 ID:YVRYZb4C



                               _,.へ
                             // !ヽ\
                        _,.- '"´1ヽ!‐-- -‐ l__
                       /:::::::::::::::`ー'.,__l__,. -´:::`ヽ、
             _z'"'`"ヽ、_z==/,.r7:::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           ソ: : ..   _,.ノソ兮゙_,ィf,ニィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lz、
       _ __z- 、 _=、:: :. : .フ´ー'´-,. -‐っl:i:: :::::::,.: :: :::j!: :l、::i::::::::::::::::::::l ヽ、  r-─-z    「船魂計画で作られた少女たちは、
      彡   ::ヾ, `ーzノ  _,. -'"´l l::l::: :::::ハ: ::/_,.l:j十l::. ::::::::::::::l  ゞzj . . :.ヾ     兵器であると同時にあまりにも少女だった。
     ノ:: . .  .: .:::l  /   γ´ l::!:: :::l::::i ヽ\:j }::/_,. l_ l::!::. :: ::::::::::l  {;. :. :  .: :j
     て、_:. ::. .: .:,ヘ/  ./  ヽl\:.:ヽlィ=z、 'i ノf´ト升yリ::: .:: :: .::::::l   ヾ: .: : .::. ト     高い感受性。優しい心根。
   _ ィ/ 广´"/   /     ヽ/::`'::l  ` .   弋Zシ,/ ::::: :: ::: .::::::l    `7/ヘヾ、_,.-z_   数十人から数百人の乗組員が思い描く
  ノ`  `ー、   /   /       {:::,、:::::!ヽ、 r‐- ,   /: ::::::::: :::ノ::::!::l        ,z'"  :.ヽ   “船の魂”として、須く非常に少女的だった」
 ,'.   . :: .Z/:: : .  /‐-- .,_  _,. 、_l::l-V、l、::::`‐、ー'_,.ィ´l: ,1::..:: 彳:::/!::j       1:.   .: .,゙
/_: .:. .:: . .:::j ヽ-,._      `7 .l : :.ヾ、  ー-/{_,. -‐zヘ.,__l:.:/ノ'" .j/        l: .: .:: . ,N
彡-z__,ソ_ノ     `゙''─- ..,__l .:::/: :  ..,_!  ヽヒ7ヽ、l゚ノ,./ '´ ヽ            リヘ,.イ´
                  ヽ/: : . : /  r'〆1:lヾヘ`z'/     `ー ,          z-j!l__,
                   ヽ__,/    7/::l::l〉シZイ::l .:.       :j         /.   .≪
                          l : ::.: . 〈/ .i,jr7_ ヽ!,.l :: ::. . .: ,/.人        Ξ: ..   . : :j
                         l : . . :::{o.:::/7ホ`::/ !: :: :._,.ノ : ノ、        ノ: ..: .: .: : 7`
                         /   .ノ  l / ,rヘ/   ̄`ヽ-r'::´: ヽ      7z_,.ノレり
                    /=z /o.  l ! 7λ        \:.  ヽ、
                     /   .::l. .. z=l l  ,/ヽ、         \: .  ヽ
                  /    /o  .l !  `'ヽ、ヽ、         \: . ヽ、            /!
                _,l   /`ヽ  ヾ,_   7木Vヽ、       ヽ、  ヽ            /.:::::7 _ ,.-─z _
                  _,/:::l  /l:::O::::ヽ  ヽ7  lへノ'::::::::ヽ..,__       ヽ、 ヽ、         /:::::::::::"´:::::: : : :/
          _,.-‐'´:: .:::::::l/ ./!:::::::::::::::ヽ、 ヾ_,. ‐'´:.::::::::::::::::::::`゙‐- .,_   r‐ヽ  ヽ"´'ヽ、__z、::‐- 、::::::: : : :て_
       ,.-‐'´:::::::: .::::::::/< /#l!:o:::::::::::::、:`¨¨´::::::ヽ:::::::.:...::..:::::::::::::::::::::::`゙-、`¨¨ヽ、_z、 `ゞ三三三〉:::::: 》::::::::: : : : : : ̄`'- .,_
    _,∠::ィ=z,::::rz.,_::: /': : /lヾzj:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::...:..::::::::::::::::::::::::::::::_,ゝ、    ̄ ̄   `<:-'´::::::::: : : : : : : _,.-‐' ̄
   / -r"⌒',"^>‐-V-'z: : j ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ::.::::::::.::::.:ヽ::::::::::::.:::::::::::::z==_,. -、‐-、        ヽ:::::::::::: : : : : : :そ`
 rイ. .{ノ7__{/'ー'"ヒ/ヘ_ヽ: :{ ,ハーl::O:::::===_,==!::::.:::::::.:___ヽ::::::::::::.z=:,-<フヘノて〆         ヽ、::: : : 、: : _: : ヽ、
 `ーzソ:::. .. :::: . :::/!^,: : :_7: | 7!:z=,フヽ"r-冫z}弋==z,二-ヘ::::::z:::イー-'::.": !: .ヒ⌒            `' - 、ヘ `゙  ̄ `
    ヽ、z、/::. :.::ヽ`-z_ : : :z-|-^j=,_(!:l`ー': :.ヽ: Y(/7_,-u^ヘ-r }´,-':./、: : ::/_,.z'´                  `
      〉勹ノ:/:.::て___`l‐- .,_ノ-!:: :: ::l : . : : ヽ{了:: :: :: :: .: l::T-' !}::: . :ヽrt´
     z-‐r=': !:. ::. , :`ー'夂,-、__} :: :: : l . ::::. ::ヽ       :: l::⌒".:::., . :匕}
        冫-z !::.ヽ. ::. ハ.::       ::l . : ::::. :::ヽ        :l:: ./ l:: _个







        . : . : . : . : :l⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
    /   .    . : . : . : |: : : :丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |ヽ: :‘,
      . : : : : : . . . : : : :j|: : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : :|: : : :
     . : . : : : : : :|: : : :./ |: : : : : : : : : : : : : : : : : 丶 : : : : : |: : : : :i
    : :|. : : : : : :| : : /  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : |: :,、: : !   「あー、偶像的な意味もあったろうしね。
 '   : | : : : : : :ハ: /   |: : : |: : : : : : : : : : : : :.:|: : : }: : : : |//: : :|
    : :|: . : : : : | } |    |: : : |: : : : : : :.:|: : : : : :|: : : |: : : : |/,、: : :{    少女らしさが全面に出てる子が多いわけだ」
 {  . : : |. : : : : : | | |   |: : : ヽ: : : : : : ト: : : : : |: : : |: : : : |//: : : 、
 |  . : : | : : : : : :| l!l\   |: : : : |\: : : : | \_ : :j: : : |: : : : |/ : : : ト、、
 ; . : . : \: : : : :! !  `ー圦: : ! \: : ヒ´ \ハ: : |: : : : ト、: : : :| \
   . : : : : : \ : :{_二二_ ヘ: :‘   \|二___}: :|: : : : ト }: :l: |
 ハ : : : : : : : |\「 rヘz。ノ}  丶゛、    rヘz。ノ }ノ∨: : : : | /: :ハ |
/ ヘ : : : : .: .:.:|  丶 ̄ ̄°    \   ゜ ̄ ̄`~  |: : : : |': :/ !|
    : : : : : :| | ヽ l ヽ l ヽ     ,   ヽ l ヽ l ヽ  |: : : : |: /  リ
     : : : : |八                       |: : : : |/
    ゙、 : : !: :ゝ、                     イ : : :/′
     \: : ∨|: : :/    と二二ニヽ    イ/| :!: : /
    /  ̄ \: マ_∠__「ミx>   _  <彡彳Y }:}: :/ ̄ ヽ
   /     \ヘ ∥  ``――┬―¬'′ / ∥ノイ/      \
 /         \||          |       || /′
'"           〈 ̄ ̄ ̄ ̄\  |  / ̄ ̄ ̄〉
             丶          {⌒}      /            ヽ

2695 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:03:42 ID:YVRYZb4C



                    .:/__y ー -      _
                  /.:;′____/        、: . .  、
            /. :::;′_________/      /\‐- 、. \
            / . : : ;′_____________/    /  }:`: .\: : : .
           { . .: : : ;′_________________/  /   ; : : `. \: : : .、
          |\: :::;′____________________,.   / _: : : :`i_>┐ー‐、
          .:| :.`y----‐‐‐…宀冖 ‘〟  .:': : . `ヽ: :yペLノ.   ゝ、
          人 ::{              〝y'゙: : : : : .   ノ; ,: :. :丶   `、
           ;′,心.{__ ___,   . . -‐:': ~ : : .   : : . {;{:. : .  丶 ;’
           .゙ ,;゚/W゙~: ::: :.: : : :. . : :       : .   、:. ’)、: .:、: ; }ノ
         , ,;゚//W : !::i::.: : : :. ::.   :   、   、 : /,、>:.   :.`ヾ)vyノ. ,
       _y゙ ,;゚//}y'{_; i, i.; : :;. i_,__r‐ -=彡, ヘ)'彡. :. :.   :,   {i:{: .         「教育し、押し込め、少女らしさを奪えば―――。
    、__{弌ノ}i///,r‐-{;:i:|、_;_/{_/|r‐ヘ,〉      i : : |;ィ :. :.  : :. {i:{: .  :,        あるいは兵器としての運用も可能でしょう。
  , '´  ,`ー‐'゚`く;i/. : : ::::j|ー┘ ‐┤.   |i   :} | /| |:.i:、;:! . : :. {!: !.: : : .
  ;′, :y゙.; ::. :. ゙':.ヾ: : : ::::i「. :   |li:|. : .   |i.  } イi|: :l人|_j犲r. :ⅰ {!: !. . : .       しかし、それをやっては船魂としての純度が落ちる。
 ノ, ;; ゙: :;: ::!: : . {ノ: : :.: ∥  : . ||i:|、 !.   ||i:.  }i :|:i|: :|;ィi㌻T|{: . ⅰ {!: !、、\:、.、      歪めてしまっては、船員達の祈りを受けた船魂としての
  }jノ;i : :i : i : : ;ハ: .::: : i{. : :   | !j;斗:.  | |: : : l: i:jレヘ{從ヅ;|!  ! {|: | \、、;ヾ)}入_    力を発揮できなくなってしまいますからね」
  'ヘ}; : :: : }ノ:,;丿. ::: :: ::i|: : . ;:ィ´| | |: . | |: : i | :')/  ¨´ ,,, |!  亅f{凵};ノ刈lレ'´  __)==ミ
    `'y‐ッ'ン'゙ . : : : : : i|:  '゙ | i | |_|;.,:{_| :丿|/       .|!: . ;'゙└‐┘.  ゙(   ∠==ミ、_\、
     | :i| |:! : : : : ::i : i|:. . . .抖yf疔從ソ^| !         :|!: :; .′:  :. 、)y〈\    \\)i
     | :i| |:! : : : : ::|: : |;: : : :灯⌒'ー‐ '  |ノ   、      :|!: ;} :  :.   j}レ┴┴‥、  |_/¦
     | :i| |:! : : : : :i|: : :{、.: :"l|i: . ゙゙゙゙    _,. ., _   ノ  .,:{|ノ人;:、:.、ヽy'゛   ー- 、}/ /i:
     | :i| |: : : : :i|i: : :ヘ、 '!!il|li: .,、 ´      ~¨ ' ゚ ‐-   .`^')ン゙       ー- 、},/. :i: : :.
     | :i| ¦: : : : : |!. : : : `: . Viレ'´                    ~゙  ー   、、   i′. :i: :i: : .
     | :i|、 冫、: : : 'ヘ、: : : ;ゝ ゛      __                       ``メ、:i: :i: :i: . . 、
    _j{し'゚}/_  \ : : : : ;> ´  _,..  -‐¬: : ` : .                      ` 、i: :i: :i: : :\
  y'⌒>‐'゙.: .`ヽ,_」Iニ=-‐           .  . . : : :` : .                     \i: :i: : :i: :}






              _,. -‐ " ̄}\
             -「ト_____i|_ム
           ´:: ::{{______}j_ト
          / :: :: :/:: :: :: :: :: :: :: :: 、:: ::` 、      「結果として“兵器”としての運用ではなく、
        :: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :}:: :: :ヽ:: :: ::\      あくまで“兵士”、“人員”としての運用をせざるを得なくなった。
      / :: :: :〃:: ::/:: / :: :: :: :/:: :: :: ‘,:: :: :: ::ヽ
       / :: :: :∥:: ::/:: / :: :: :: :/:: :: :: :: ::}:: ::|:: :: :.     これが船魂計画の顛末であり、責任者の死亡からこれ以上の船魂計画の
     ':: :: :: ::j!:: ::/:: /:: :/:: ::イ:: :: :: :: ::/} :: :!:: :: ハ     研究進化は止まった状態にあります。
.      ,!:: :: :: ::!:: :: !斗-‐j‐-/ } :: :: :/:/!::| :: :}:: :: !::!
    /|:: :: :: ::|:: :: |,ィ孑芹ミ  |:: :: /斗|-}、:: i:: :: }::|     神祇省の代替わりもあり、状況が変わったのもありますからね」
.   / :|:: :: :: ::|:: :: 《 r'::::ノ}   j:/j/  j/| ::/:: ::/:|
  ,ノ'´ |:: i:: :: :|:: :: :| 戈:ツ        _ /:イ:: ::/::/::
     八:|:: :: :!:: :: |         ,  "⌒厶::! :/::/}:|
.    / :: :|:: :: :|:: :: |、   、        人:: j/:: ハ,:::ノ
    {ハ:: ト:: :人:: ::| >    ´  イ:: ::}:: :: /}::}"
     ヽj八{从ヽ::「\ ≧r <::} :: !:: ::i:: ::/ ,'/
      ,.-‐ " ̄ "ヽ!  \_,」ハ<j/j;/j/ノ'
.     /  \    \  厶ト、〉 ` ‐-、
    {    \    V::::::}:}:::\   }\
    |     ヽ   /:::::::介、:::::〉 ヽ,!  \
.   _」_____r 、 〈::::::/:::| \>   \   ヽ
.   | 〃⌒ヽ Eヨ \\V/::::/   \   ` 、 〉
.   | 弋_ノNitori }、 V⌒      ヽ     ヽ
.   └┬───r'´/  ‘、           ’,     }
.     |       V /   ヽ          }   人
      `ー‐-、/ V_rァ  ‘,         ,’  イ__ヽ
         \/⌒ヽ   ``  ‐-  /'"  ̄    ヽ、
          \   > ,. -‐ '"´      , -‐、 ',
              }\         , . : <      }
.             /   \     ,. <}> ,..        ノ
           `T::::::::::>-<三三三三≧=-‐ "
              /´ ̄ ̄ ̄ ̄´   {    \





   i:.:.:.:.:./         マ_.>ィ//:.:.:.:.:i{:.:.:.:.:.i:.:.:ヾ、==イ
   |:.:.:.:./          ./:.//:.:.:.:.:.:./{:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.}i、 .i:.ヽ
   .|:.:.:.|         ./:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:/ .i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.i:.マ.}:.:
   ',:.:.|       .//:.:.:./:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.i   ',:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:マ:.
    ',:.:|      //i:.:.:./||:.:.:i:.:.:.:.:.:.:i  ̄ ̄ .,:.:.:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:.:マ
    ヾi、    イ:/:.:.:.i:.:イ..ゞ,:.:.:i:.:.:.:.:.:i     ',:.:.:.:i:.:.:.:.i:.:.:.:.:   「全力で関わりたくなくなったんですね、わかります」
      ヽ,   |イ:.:.:.:.:i:.:.i} .i{i}、:',、:.:.:.:i  ,ィマゞ  ,:.:.i:.:.:./:.:.:.:.:
          i:.:.:.:./i:.:.:.i .iiシ .\ヽ:.:iゝ.|;;;;`}   .i:.i:.:./i:.:.:.:.:.:.
          i:.:.:/:.i:.:.:.i   /   ヽ .`"´    イ:/:.i:.:.:.:.:.:.:
          i:./i:.:i:.:.:.|   {.、          イ i:.:.:.:.:.:/
          ヾ 从ィー|               /:.:.:.:.:/:.:
             .{,ゞム  .─-.、       ,、ッ/:.:.:.:./i:.:.:
  ッ、,,          }i≦i、           { /:.:.//イ
  .|  `''<   >=ーシ:.:.:.:./、      __,,,、≦i、イ__ノ ノ:.:./
  |  >'´二/  ./:.:.:.:./ \ー─''''"´::::::::::::|シ/:.:.:.|´ゞイ
  マ// ./  ./:.:.:.:.:/   }i}:::::::::::::::::>''´ /.|:.:.:.|

2700 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:05:14 ID:Ki1yWyk1
このスレで深海棲艦と言えばレ級だが、ハッチは関わり無いだろうしなー

2704 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:05:22 ID:CCAsrlgW
あー甘粕が飛んでくる事案だな 確かに

2706 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:05:54 ID:SuL1tc7K
責任者の死ってアマッカスがハイテンションで殴り込んだ結果じゃねえだろうなwwww


2707 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:06:02 ID:YVRYZb4C
>>2700
せやね。明言しとくけど無関係。全く別の技術体系で作られた人造生物ですな、彼女は

2715 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:07:22 ID:9Dr3wbO2
……あれ、もしかして提督が死亡した今、鎮守府ってお通夜ムード?

2718 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:08:30 ID:AA4VM9MQ
>>2715
「新しい提督が鎮守府に着任しました!」



2732 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:12:26 ID:YVRYZb4C


            __
              /___\
            /{:>≠┴-- 、
         {_/::/>‐'´::::::`::⌒ヽ-、
       //:::://:::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::..
       ..:::〈三》:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::://7::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ:::::::ヽ   「で、それもあって現在の船魂計画については、
.     /:{::::/ /::::/:::/::::::::::::::::/:::::::::!::::::::}::::::::::ハ    元となった少女の人格への影響を及ぼさずに力だけ借りられないか等の、
    /::人::}=〈::::::{::::|:|::/::/:::/::/:::::::|::::::イ:::::::::} ハ    幾分ならずマイルド化した方向になっています。
    リ:::::;;ゝ≠=ミ 、:!:|:i::/::/j//::::/::}::/jハ:::::::イ ::|    
    ∧:::://⌒ヽヽ |::|从ィ笊卞/i:/j/芹ミ!::/::} |:|   直接的に上司として付けられる人材―――“提督”は、それらの裏事情についても
    /::::ヽ{リ   } } |::| 《 弋ソ ノ  ヒソイj:::/ jノ    知らない、あるいは歪められて伝えられている場合がほとんどのようですね」
   ,:::::{::::从   // ハ:ゝ        厶:イ
   {:::::|:::::iVゝ=彡/ ソ::!    、  ,   人::::!
   |:::::i:::::|::\{!_ノ::ヾハ> .     イ:::/::::i
    ‘:八::::!::从ハ::/´〈jノ    ≧=':::::jノ}::::,'          ______
   ノ  ヽソ  /{  \_   {ヽ>‐、 jノ        //:::::/::::/
       /⌒ヽ      ̄\ \ `ヽ          //:::::/::::/
        /    \      厶=く.{  } ハ       //r‐'´二ヽ
      /─-      \  /<:::::::::}  レ  ,     //:::ゝー、 ` 〉
.     /     \}   ヽ'  /:::丁::ヽ 'ヽ ',    /-─、ーァ、ヽノ
     {        ヽ〉      /::::::::}ヽ:::::ヽ \!  //´二ア∧ ソ
      ‘,      `ヽ    〈____jハ.,__,〉 ヽ/ ´/ -ヘ/ /
       ',       ハ:.. ......:::::::/::..}...::::::::::. /     /´`/
      ヽ       ヽ::::::::::::::/:::::::|:::::::::/ \  /  ∧
          \ }     }ヽ::::::/:::::::::,'r'´〈     ヽく \/__》
           ヽ!      ヽ:::::::::://  ハ     }::ヽ  /
          }         }⌒`フ   }    |  У
          ゝ      /  /   ハ o_ノー'´
           ヽ      { /    /イ二フ
           〈 \        イ |
      /´ ̄¨¨''>  \     / { ノ〉
.     /    / ヽ    ̄¨¨´   o}/ ハ





            「\    {  l                  _ --  _
         ‘,  \   ', __l           ,. --z=ニニ    \  > .
            乂_  \ l   ,           / /   /     ∨    ヽ
             \ _ヽjーヘ、/⌒>  /  /    /  /          ∧
      _,....... --- フ r≦ム {  /  / / /    /   /:!            ∧
      ゝ _,. └ミ 八γ´,.-廴ィリ  /.イ /|/ {   /|  / |   |           ∧    「例の聖杯戦争後、後任で来たウチのトップは?」
            γ、 へ / '   '^> ⌒Y { i   ∨ /_,l ./__ !  リ           ヘ
            , ' ノ  /___    rヘ} V{,. <}∨r‐|/   | /          、 Vム
            ゝ '’  ,f=冖 寸i,   /::::;: <> fト,   rfチ沁=テ/             ∨|  ',
           / ,. z仝xlハ,. </ (@)ハ.| ゙v    V:ツ//            ',|:ト、 ',
.            / > ´::x≦ > ´ー ミ{/ ̄ iト´.,    ー  /  /          } \
          {イ__ |< fz≦::∧  マ:::::{ ハ  \ \     /  /ハ       ,.イ  , /
            ` <l::::::::::::::::_∧_マ:::::::::\  \ \ /  /=/   ,ィ / / /}/    ―――パシッ
                 l:::::::::::::´::::::::::::: ̄::::弌=\  \ \イ_,.. 厶 <⌒ }≦
                マ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} マ\  \ \      ` < ゙̄,
              マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  }:::', \  \ \ー─-     \:\
                 ー  ̄ =-   _/ /:::: i   \  \ \         =、 \
                            ̄_>-l     \  \ \         \  ̄ ̄¨ =
                        ,。s≦‘,  |      \  \ \       ` <
                         /::::::::∧ ',  :!       \  \ \         ` <
                     Y:::::::::::::::: ∧ト、|           \  \ \
                         {::::::::::::::::::::::::≧s!     、\   \  \ \
                       l::::::::::::::::::::::::::::::::',     \\    \  \ \
                        〕ニ二二二ニ` <,       \\    \  \ \
                      /        ` く',         \    \  \ \
                        /           `マ                 \  \ \
                    /                 \              \  \ \
                      /__,.  -──-  、     }斗 、                 \  \
                  Y´      \=-- _ ヽ ,.´     \                 \
                /            \   /         \                 \






               /i^>-、__
             ,∠/__i_j,>イ|
             !::::i::::::|:::::::|:::::i:::|`::v,-―- 、
          ,r ァヤ:::i::::::l:::::::l:::::レ': : : ヽ、  `ヽx--、
         / / :' : `ー----''"´ : : : :'; : ハ,   { ` }
        r{-y': ; : :i : :i :`、: : : :; : : : : : ::'; : ハ   ゝ--r'
       {  /:/: |: |: :/i: : :\: : '; : : : :f^i: '; `:ミ、    .〉
       ゝv:/;ィ: i: i :|__i:_i: : :ト、_z==-:| i : ; :ト:!`   /
         |!:;' :i :i:レイ^弋i: : | ´ ,>=、:i {:V: :|リ ,r-'<、  「ただの海軍士官ですね。
         リ : ::'; :トYf。示ト、ノ. ペzソノ〉i `、::_,| .{   .}
         乂: : :Yハゞ--'  ,、  `"´ .八//t.>-イ     まぁ、知った上で彼女らを欺いてるようならば
          .V:/:`vム.    _   ∠,`Y / /, ヽ,        それなりの対処をとるつもりでしたがセーフで。
          ∧: :'; : ,>ヘ、ゝ'  ,ィ´:`ゝ{_ イ__イ  i
           __,>イ;;rz==㍉ー '´ .レ`''"´ `'ゝ、  |       最近は蒼龍さんに似合う服を真剣に探してたりしてましたし、
       .r 二ア<=-;;;;;;{{  。,}}ハ /  i iノ   .}   i       可愛いもんですよ」
       .| K;_;_;';;;;;;;;;;;;ゞ=="//r-、 l .リ   i.  ハ
       .レ'二--、}、;;;;;;;;;;>'´`、i/:/ ヽ l |   /.|   .ヘ
       { ---、.};;;><___t V:/ __リ ';  / {    .',
       ,.ヘ t-_ノィ'"/ : : : : Y⌒i : : : :`ヽ', ト、ヽ   ./
      .〈  Y  /i  t: : : >_二.<: : : : /ニヽ、_≧、__ノ
       ヽ.j  .j |   ア: /  /i: : :トr-"  Y |
        /  i i  i: : ::| .〈::i : : :';|     ハ/
       ./   .|`リ、 V`V  `ー'V \_ノ /
      .,'    | .∧  ;': :.. ::.. "    ..::イ
       i    i / i  ..::  ..::::...    ..::: :/
      .ハ   ノ/  } ..::::... ::::: :: ..  ..:::::  {
       .`ー'´   | ::::   ::::  ..::::::   ヽ

2794 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:25:28 ID:YVRYZb4C




                  / ヽ \          ,;゙"´"´"´":,
                   /-‐=ニ二 ̄ヽ________   ';       //
               |____|_i‐- 、      ';     `  ;'      /
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':..,.   {\,    ,;′  ./|/
  ,.            ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':.,   \\゙`゙"´     |
   ';_____,..:'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {>-=ニ\ Y7⌒>‐ 、|
   ;'      ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::ト、::::::::∨///////! |/ ,.ィ_!_
        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/'|::::::::::::::/ }::::::::::::::::', ̄ ̄´LT<//////)   「艦娘に関してはそれくらいで……。
.     //:/::/:::::::/:::::::::::::::::// |:::::::::::/   リ:::::::::::::::l  (__    ̄ | ̄     今はスカウトや施術・運用についてもかなり人道化、
       /!/::/:::::::/:::::::::::::::::/‐-   }/:::::厶イ/!:::::::::::::::::! 、       ̄¨` ∨      マイルド化が進んでいますからね。
.       / /::/:::::::イ::::::::::::::::/芝歹 /::/芝歹/::::::::::::::::ノニ}          | ∨
..     //,:::::::::|::::::::::::::/          ,   /:::::::::::::/=-ノ/⌒/⌒>┤ ∨    今のこの鎮守府の子たちや―――大姐については、
.         /::::::::::!:::::::::::::ト、       _   /::::::::::/=-/     |  {    、 \    今が幸せそうなのでわざわざ何かする気は無いです。
.      /:::::::/}::::|::::::/:::ヾ 、_,. -‐ニ二/:::::::/=-/      |  |     `  ノ\
      /::::/ /:::人::(⌒>-=ニニニニニ/:::/=-/          \ \ ,. -=<     ただ―――」
.       /   //   \}-=二二二二 l::/=-/            \ `ー/
         _ -=二二ニ}‐=二二二ニニ=-/                T´
     _ -=二二二ニ/ ヽ‐=二二ニ=-/__                _ ノ
 _ -=二ニニニニ/ /:i:i:i:>──<:i:i:i:i:i〉     , -‐    ̄
 ̄ ̄       f´  〈i:i:i:i:i:{  !  /i:i:i:i:/    //
          |    \i:i:i|   \ }:i:i:/       |
          ∧      ̄  /ヽ ̄ `        {´
           {  \____人    ヽ          |
       /\__/ ∧    ヽ       \
      /     /       '!     \●〈 ̄ ̄〉 〈\
     /     /        |    /〉  ヽ   ̄    ̄\
.  /     /        }  〈/    \





               _ ____  _
               ⌒フ       /⌒   \
                 / / / /   ト ヽ  \
                 ⌒///  /  /' }ハ l!     ',
             / //  // / / xヘ l} |  |  |   「そうじゃないところもある、と。
              ⌒/l/ Xl/く  //了心イ  |  |
             // l /ハ)心      Vツ,   ハ |     ……別の鎮守府?」
                /   八{lト Vツ       // /ヽソl |
                  l  l    r 、 ∠ //_ノ八{
                    И 公      ̄   ////  ̄ \
                | / />   _イ ノ 「         \_
          _,r― ┐  l( ムイハ r∩ /}У /      ///>┐
        r┴‐┐―/ 〉_ へ_┌ トL|rく //   /:. /////  /〉―― --- ― ---- …… ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄  \
        r┴ - ┘/ /{⌒ヽ\_/\_/ :l::/:::::\:{ ///   彡三┐              _____     \
     ノ ー‐┘::  //  /  / rz_rz_rz_z ::|:::::::::|/  `'ーく /// 三三ミx,,_        <二 ___
     ト \:::/:::: /\rzく    /r「⌒ ̄ ̄`ヽXrz_:/_ \    L// ニニニ ニ三ミ'x,_             \     \
   /| ::ー':/ーイ/// ⌒ ̄ ヽ〃ニ=    =ニ/二ヽУ  \   ∨/ ニニニニニ 三三\    _          \    \
    { :::ヽ-/::::::八//{ニ   ニ八ニニ     ニ/=ニニ/     \  ∨/ ニニニ= /  ̄ ̄ ̄ ̄\ \        \
    / ー―‐ イ  }/人ニ   /  `     ⌒  =ニ/       \ \// \/  |  ̄| ̄|/  ̄ ̄ ̄ ̄ \       \
    {///////,}‐┘ ⌒ 〉   イ\ ___ へニ}             \ ⌒  ̄{   |   |  |             \      \
    ⌒ ̄ ̄´      /__/ ||   ̄ ̄ ̄    )ノ                    |   |   |  |    |   |   |  }_____
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |    }   }   }  |/////////
 ________________________________l | ̄|ニニニニニニニニニニニニニニ
             _|/ /  || /  / //∧             \        |   |  |   /  /  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           「У/   /八     /   //∧\   \          \      |   |  ト -ーr‐ ー- ー ´
         _「У/    /「Lz\     \/∧/\┐_  \        \    | _|_| ー― '
        ) {  \  /「   て \       \∧//\人  \         \
       (  ー┬イ У巨}ニ て_r \      ̄ ̄ )ト〈     \       \
          /⌒ ⌒  ̄|  ̄ ̄ ̄| ̄ Lr  ー ===='’ヽ(     \       \

2797 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:26:36 ID:kK6GO3Jc
ブラック鎮守府か

2799 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:27:23 ID:fA4pCi0e
もうオリョクルは嫌でち

2808 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:31:49 ID:K1l+lhS5
バイト艦、オリョクル、捨て艦、撃沈資源回収…



2812 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:33:45 ID:YVRYZb4C


                          ,ィァ≧zx、_
                      _l´ 十 三Vア≦、
                   rtア::::ー┴'::::l::ヽ::、:::::ヽ.
                    ∨:::::::/:::::::::::j::::::ヽ:ヽ::::ハ、
                   ,イ7:::::::/::::::::::::/:::::::::}:::::::::::ハt    「ええ。
                 ,/_」:::::::;'::::::::::::/::::::;::::j.l:::;:::::::::i|ヽ
               _(/-(.ノ:::::j :::::::: /:::/.レ リ:/l:::::::/l    ―――前々から動きはマークしていたのですがね。
               r´ ¨.Vイ:<7::::::x笠ァ:   沙/:::::::{ '     この度、国内で動きがありまして。
           _r''¨:ムマ____ノi/:;:::::::l::::::::l     i  .l::::,:::)
        /  i   ノ   :V l:::i:: :::::: ヽ、   ,.,  ,.ィ:(;:リ      とある聖杯戦争に―――」
           ヽ- ' ̄       :Vヾマ::i::::;」`≧z:rイzノz''ヘ
                          V¨´ `ヽ、_ヽ_`ーz:i   ヽ         、 
                    / --≧、   ノート三vハ  .ハ       \rzz、
                     i     `¨ヽ. Lト ーレ/、 / ヾ      / =l j、
                    l        」 Vt」.l:::::::::::./     / /_ヨレヾi
                      lヾi   ¨:ア::::〉、 .|¨¨ |'   _,..-''´ ノ¨´  ノ
 ̄ ―-- _  r、         、_  :マl L  i/:::::/   ヽl.  ノ ''´   _,イ   ,, ´
_三三   :|  マ`ー- _   i l.iヘ_ マ、  ̄ ヽ::<、          /   rーオ
_二   |    マ     ̄ ti マtマt :Li_     /j.ヽ、    ,.イ  _ィ才´
_      |>  ヽ : : : : : . . l_.」ヾ ヽ、マz、.,__ _,.-''´  `ヽァ''  _,. イ"              ___
::::::::::::::::::::::::::ー――ー======'=、_L__`T´__.._,..-'''´=::'''"´.................―:::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2820 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:36:14 ID:YVRYZb4C



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


       __rく/         __ヘ::::::::::::ヘ  ̄ll  l_l イ
        /:::::「    _....:::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::ヘ_ll//=气
      j::::::::}  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::\ ̄:::::::::::x‐く⌒ヽ
      {::::::::l /:::l:::l::::::::::::::l:::l:::::::l:::_:::\:::::::::::::\::}:::(;;;;;;::::::Y::::ト、
  ┌┬‐l:::::::::::::::::::l:::l::::::::::::::l:::l Y::「::l:::}\:::\:::::::::::::\(::::::::ヾソ:ノ:::}
  ̄| ̄ ̄l:::::::l:::::::l:::l:::l::::::::::::::l::j l::j ノl/   \l::\:::::::::::::\::⌒Y~::::}
     ̄ ̄}::::::j:::::::l::/⌒:::::::::j:ノ l/      l:::::::\::::::::::::::`<:::)::::Y
      ,:::::::八::::l:::l トl ヽ::/           !::::::::::个<::::::::::::::::::`'''ー-   _
     /::::∧::::::::ト|              イ::::::::::l  /::`~ミ;;;::::::::::::::::::::::::}     
      /:::::/::::::::::人                  l:::::::::::lイl:::::::::::::l::::l ̄`~ミ:::::::{  
    /:::::/乂:::::::rく\                 l:::::::::::l::l::::::::::::::::l::::ト __)\:、
    /::::::/  弋f{\\Y         /     l:::::::::::l::l::l::::::::::::::l::::ト::::::::::::::::::::)}   
  /::::::::;     } lヽ \乂    `"       l:::::::::::l::::::l::::::::::::::l::::: \::::::::::/  
  /:::::::::j     l l::::、     __         / l:::::::::::l::::::l::::::::::::::::::::l    ̄
  {::::::::::{    { }:::::i     「T::::.....__/   l:::::::::::ト::::::l::::::::::::::::::::l
 人:::::::::、____八   l      l::l:::l::::::::ヽ   j:::::::::::l  ̄/  ̄ ̄`ヽ、
   \:::::\::::::::ノ、   l      l::l::j::::::/}   :::::::l:::::l /          Y
       ̄ ̄ ̄ ∧ 人      l~/ l:::{/:::j:::::::l:::::l/            }
            ∧   ヽ    V   l:::/ j.:::l:::l:::::! .:::}        j
                }   ヘ    ∨ / /l::::l::::l::::{ |:/          ハ\
              __/   ∧    V<__//{::::l::::l::::l / .__    ∧:::::::\
         r‐fレ     / ∧     l:::l ∨   !:::l::::l::::l/ ̄    \ /:::::\:::::::ヽ
        ┌j jl     / / ∧    }:::} V   l:::l:::::::/= ==   ヽ::::\:::::::::::
       /l/| l:|   /l/ /:∧  j::::!  ト(*)l:::l::r/        \ /:::::::l:::\:::::
     / ノ!::| l::l.  /:::l  ::: ∧ ;::::j  l::l\l:::::{         / /:::::::::::l:::::::\
      / / :::| |::l /::::::l j::l l:::∨:::/  l::l ⌒V      / /l::::::::::::::::::::::l:::
   / /   |::| |:::l/:::::::::}^'l::{'^l:::/::::/   l::l   \      / }:::::::::::::}:::}:::}::


▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲







         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         |     ―――“捨て艦”と称して、無謀な戦力投入を行うようです。      
         乂______________________________...ノ







.

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2824 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:36:57 ID:hxyo+slS
捨て艦はギルティ

2825 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:37:09 ID:CCAsrlgW
そういや 中聖杯には金剛未出だったな

2828 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:37:31 ID:+w+dGFPr
捨て艦は提督がやっちゃあかんな作戦筆頭じゃないですかヤダー



2829 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:37:43 ID:YVRYZb4C

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| 調整要素1:状況次第であやややシトナイちゃん、並びにそのコネによる間接援護が1度だけ発生し得ます。
| 調整要素2:聖杯大戦にはせず、最初から伏せている黒幕はいませんが、追加召喚の可能性は残しておきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――

2835 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:38:32 ID:yR5naNVl
聖杯戦争で捨て艦…本人が敗退してもなんらかの成果を回収する手立てがあるってことかな

2841 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:39:23 ID:njhGGop8
こう調整要素が明記されるのも雰囲気あって好きだな

2862 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:44:40 ID:i7auBTBW
というか、これって少女を材料に造られて自由意志も矯正されて兵器にされてる艦娘のところに、
暴走した自爆装置付きのロボットが「命の証とは・・・なんだ!」しにいくなんかもう色々いたたまれない展開の可能性もあるのか



2863 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:44:59 ID:YVRYZb4C
でぇじょーぶだ! いざとなったら「貴方の命は貴方の物だ」と言いながらGN先行者を放流すればいい!

なお、周囲は大迷惑な模様

2864 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:45:34 ID:8C+2vzz4
ひっでえwwwwww

2868 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:46:02 ID:CCAsrlgW
ただ単にど畜生やwwwwwwwwwwww



2873 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:46:27 ID:YVRYZb4C
そういえばGN先行者の動力とCPUがどれだけ精密か、あるいはどれだけ雑(不条理)か


【安価 下5 下7】
2D100で極端な方の出目を採用

2878 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:46:54 ID:+w+dGFPr
【2D100:96(43+53)】

2880 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:47:03 ID:h5PdhaPg
【2D100:130(75+55)】



2894 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:48:06 ID:YVRYZb4C
おお、意外と普通の魔力炉と高度なCPUで動いてるぞこいつ!

2896 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:48:44 ID:YVRYZb4C
上海は?

【安価 下5 下7】
2D100

2901 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:48:57 ID:EWVNllJe
【2D100:74(50+24)】

2903 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:48:59 ID:gmWh5NS8
【2D100:61(26+35)】



2917 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:49:41 ID:YVRYZb4C
おい、こっちはなんか動力もCPUも雑いぞ!!wwww

2928 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:50:14 ID:CCAsrlgW
なんかこう機能美対造形美って感じの出目な

2936 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:50:38 ID:+LXTN3xT
きっと、外装に予算掛け過ぎたんだな……w



2937 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:50:53 ID:YVRYZb4C
機能重視の先行者と、可愛さ全振りの上海だな、これはw

2947 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:51:57 ID:9Zd4eU6B
見た目と設定が絶妙に咬み合ってんなーwww

2953 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 17:53:44 ID:zmEnNDst
人形の自立性(暴走)を重んじるでっきーと可愛さ(女子力)で全てを解決しようとするおっさん



2954 : ◆o2mcPg4qxU :2015/10/11(日) 17:53:51 ID:YVRYZb4C
ではバカAとバカBのOPとか云々ですが、
まぁ天候不順により飲み会自体は中止になり申したが、
おさけが ひびきはじめた

3252 :梱包済みのやる夫:2015/10/11(日) 21:53:11 ID:KqX4IjcK
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1412438008/93
可愛いとはなんだ






関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する