おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/05/15(日)
7100 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 22:50:52 ID:JvnIZYeH



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

―――魂喰いが発生します。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


7108 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 22:52:02 ID:JvnIZYeH
発覚判定成功率

弓:70%
暗:70%
騎:50%

【安価 ↓3~】
1D100

7112 :梱包済みのやる夫:2015/06/30(火) 22:52:28 ID:4f6bnz66
【1D100:18】

7113 :梱包済みのやる夫:2015/06/30(火) 22:52:33 ID:Hl+b/YH4
【1D100:39】

7114 :梱包済みのやる夫:2015/06/30(火) 22:52:34 ID:5qGPQDQE
【1D100:73】



7118 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 22:52:57 ID:JvnIZYeH
弓、暗が成功

自動的に情報共有という扱いになりますね。
さて―――

7134 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:02:43 ID:JvnIZYeH
まぁ解説も交えていこうか

ちょい待ってね

7148 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:12:28 ID:JvnIZYeH

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――前提条件として。

 ランサーはセイバー陣営の詳細な情報を事前に掴んでいた。
 そのため、セイバーの移動があった場合にはその行き先が分かる程度には、アンテナを張っていた。

 そしてその結果―――反応が消えた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                    , - ‐ = ‐ - 、
                 , <: : : : : : : : : : : : :> 、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             i: :i: : : : : : :/: : :.;イ : : : : λ : : : : : : : |
             |: :| :/: :i: ;イ : : / .l: : : : / \: : | : : : |
             |: :| :l: : | メ|;_/   .l : : ;イ._ , ヘ.| : : : |
             |: :ゝl: : |/ |/==、 ム/,====、_| : : : |
             | i: : ∨、     ,.ィ'^}¨.{     } | : : : |
             | l: : ∧ ` ̄./, .! | ./ ) ̄ ̄´/! : : : !   「……」
             | |: :|: ∧.  i  i .j .!/ / .)  /: | : : : |
             | |: :| : : r 、 ! .|/ ./ / ./  ./: : ! : : : !
             | |: :|: : ∧ | / ./ / ./ , イ: : : | : : : |
             | |: :|: : |.∧ !   ,'   |.--イ!: : : ! : : : !
              j:.|: :|: : |:|.∧       .|三ミ|: : : | : : : |
              / :|: :|: : |:|圭}        .i圭圭ゝ、 | : : : |
         ,-t t ―‐‐‐|: :|: : |´∨|      |圭圭E/`! : : : !
   ,<ヽ ̄ >、\  |: :|: : |  〉|        .|圭圭/. | : : : |> 、_
  ./圭>、\   \ヽ、.!: :!: : !   .!      l圭.∨   ! : i : !     /7> 、_
  i圭圭圭\\   \ !: :!从!  .リ       ./圭./.  .|: :.从!   .//   // ̄`i‐t
 .〈.圭圭圭圭\\   .リル、\ ./       /圭./    .リル      //   //  ./ /!
  {圭圭圭圭圭\\     \.У       ,イ圭./            //   //  ./ ∧|
  |圭圭圭圭圭E∧ ヽ、   /      /ニニヘヽ        //   //  ./ /圭!
  `i 圭圭圭圭圭∧ ヽヽ.∨      /三三三ヘヽ        //   //  ./ /圭E}
  厶-‐――- 、 圭∧ 〃       /      ヘヽ.     //   //  ./ /圭圭|
 | ___    \圭EУ        /       .◎ヘヽ.  .//   //  ./ /圭圭E!
  Υ     ̄> 、 \ /         /             ヘヽ //   //  ./ /圭圭圭|


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 前後の動きまで含め、ある程度の盤面の予想を立てた結果、ランサーは一つの結論に行き着いた。

 『このままだと順当に詰む』、と。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

7151 :梱包済みのやる夫:2015/06/30(火) 23:12:59 ID:gx0eKB2W
その認識は、ただしい



7162 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:19:21 ID:JvnIZYeH



              _ -‐====‐-
              , <: : : : : : : : : : : : : > 、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.>、
         /: : : : : : : : :i: : : : 、: : : : : : : : : : : \
       /: : : : :./: : : :.;イ\: : :.ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ
      ./: : : : :./ : : :.:/.ノ._\: :∧ : : : : : : : : : : : ∧
     /; :/: : :/ : : :.:/ァ´-‐ャrz\ハ: : : : : : : : : : : : :∧
      | | |: : /.|: : / ´   .l    ヽ|: : : : : : :.:i: : : : : :∧
     { | {: :|ムl/|    乂     |: : : : : : :.:|: : : : : : :∧   「となれば、あとは順当ではない手しかないわけで。
     ゝV :/´.).¨乂> '      .|: : i: : : : :.|: : : : : : : :∧    ……ああ、なんでしょうね、これ。
      ` / /   , 、        |: : | : : : : l: : : : |: : : : ∧
     , イ ./、 ./ ノ         |: : | : : : : l: : : : |: : : : : ∧   相変わらずなんというか、盤面に恵まれないですけど」
     | | .ト、/ / )-、       |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : ∧
      .ノ | .レ ./ / ̄       |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : : ∧
    ./     ´ /          |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : : : ∧
   /        .∧         |: : | : : : : |: :i: : |: : : : : : : : : ∧
   |        /| :ゝ - ┐   .__|: : | : : : : |: :|: : |: : : : : : : : : : ∧
   |      ./ .!: : : :.:l⊥r ´ -.-‐十: :! : : : : !: :!: : !r 、 : : : : : : : : ∧
   |       ./ .l: : : : :| { {圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |  >ー――――‐
   l      ,イ  .l: : : : :|| l圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |    〃 〃 /
   |       |   l: : : : :|| l圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |  〃 〃 /







                       , ---  、
                      , <: : : : : : : : : : :> 、
                       /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : \
                     /: : : :/; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : ://: : : :/: : : : : : : : :/ : ;イ : ; : : ヘ
                  i: : : : i/!:/: :/: : ;./ /: : /:/,( \._,:⊥
                  |: : : : ! |':.:./: : :./ ///´ /: \ \ \ \    「“こうでなくては”という気もしてきますからね。
                  |: : : : : {: /: :/{/二≠==、. /;.イ(. \ \ \ \    我ながら、ああ、度し難い」
                  |: : |: : :∨ヽ f^{ 、._、  }.ノ_r='-ヽ. \. ゝ   ` 、
                  |: : |: : : : : : :| ゝ 二_ ノ'⌒ { ゙≠ /l\.     ∧
                  |: : |: : : : : : :|        、 ̄7 :|  `Y      ∧
                  |: : | i: :|: : : :|          '  ./: : !   |      .∧
                  リ : ! !: :!: : : :!   r―‐‐ァ /l : : |   ∨      ∧
                   /: : :| |: :|: : : :|\.   ̄ ´ /: : l : : |    ヽ     ∧
               /: : : :| |: :|: : : :|ゝ.>、 __/: : : : l : : |     ゝ.      |
                  厶 <´! !: :!: : : :!ミミ≧t.Y彳!、 : :.l : : l       Υ    |
          , -<  ̄     | |: :|: : : :|圭圭ミ|.|.|ミト、 ̄ | |: :ト、     }     |
    -‐=くヽ \ヽ.     | |: :|: : : :|圭圭ミ|.|.|圭∧ .| |: :| ヽ、__. /      .|
   /\ヽ  \ヽ \ヽ、    .レ|: :|: : : :|圭圭ミ|.|.|圭圭l | |: :| // } }/       |



○三輔陥飢餓
 ランク:D 種別:対人宝具 消費魔力:20
 ランサーが専横時に兵を放って城邑を略奪させたため、城邑の民が飢餓に陥り互いに喰らい合うとまで
言われるようになった逸話から来る、“略奪用”の宝具。
 このキャラクターは行動ターン時にこの宝具を使用することで、“マスターに気取られず”単独で魂喰いを
行うことが出来る。
 ただし他の組に発見される確率に変化は無いため、最悪の場合は単独で複数の組を相手取ることになる
危険な宝具。




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――故に。

 ここでランサーは奇策に出た。マスターを放置し、単独での魂喰い。
 それも“発見されることを狙って”だ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

7182 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:24:16 ID:JvnIZYeH



               i!: : : : : : : : :i!  ヽ Vill    ::::..ヽ/////////////////////\
                  i!: : :`┌┐: i!   .}  V!       ::::..∨/////////////////////
               i! : : : ||:i!    ./  |il        ::::.∨///////////////////
.               i!┌―┘└―――┐ |ill       ::..∨///////////-―  ´
               i!:└―┐┌――┐| |ill         :..∨/////////
            i!.: : : : :||   /,||   _  -―   ̄∨///////\
               i!.: : : : :.|| / || }'´            ∨/////: :\ヽ_
           /:_: : : : /└┘⌒\└┘ /.             ∨///!: : : ̄\ : ヽ
          厂: : : : :ト ミ|      ̄ ̄ [] []┌┐        V// ト、: : : : : :>fハ
         ノ: : : : : : :||: : ∨           ┌┘|         }///  }: : :/=/ /
     ,r=-. _>、: : : : : ||: : : ∨.          ̄ ̄        ,//  ゙テ´三/}`
    斥三三三三.\__:||__/                   /   /三三〃
     `<三三三三三三}                         {三三/
        `¨¨´ ゝく二フ′                            `¨¨´



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 あの気質を見る限り、ライダーのマスターをはじめとした残りの陣営は纏まって止めに来る可能性が高い。
 となれば―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




=‐-:、,.┬┴┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|      [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
|    \. ┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|       ヽ.┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|
|二二二二|┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|
|____|┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|       _____
| ̄ ̄ ̄ ̄|┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|      |≡≡ii≡≡|
|□二二二|┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|      |≡≡ii≡≡|
|____|┴┬┴┬ [二二二二二二] ┴┬┴┬┤/|      |≡≡ii≡≡|
| ̄ ̄ ̄ ̄|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤/|      |≡≡ii≡≡|
|二二二二|l | ̄|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬.┏┓       |≡≡ii≡≡|
|____|l |  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ [二二二]   [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
≡≡≡≡≡|  |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴ | | | | | |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三三|  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ | | | | | |
二二二二二|_|┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴ | | | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                    , - ‐ = ‐ - 、
                 , <: : : : : : : : : : : : :> 、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             i: :i: : : : : : :/: : :.;イ : : : : λ : : : : : : : |
             |: :| :/: :i: ;イ : : / .l: : : : / \: : | : : : |
             |: :| :l: : | メ|;_/   .l : : ;イ._ , ヘ.| : : : |
             |: :ゝl: : |/ |/==、 ム/,====、_| : : : |   (―――マスター。
             | i: : ∨、     ,.ィ'^}¨.{     } | : : : |    こちらランサーです。
             | l: : ∧ ` ̄./, .! | ./ ) ̄ ̄´/! : : : !
             | |: :|: ∧.  i  i .j .!/ / .)  /: | : : : |    ああ、流石に宝具の効果は抜けていないでしょうから報告まで。
             | |: :| : : r 、 ! .|/ ./ / ./  ./: : ! : : : !     現在、宝具を使用しての魂喰いに出ております)
             | |: :|: : ∧ | / ./ / ./ , イ: : : | : : : |
             | |: :|: : |.∧ !   ,'   |.--イ!: : : ! : : : !
              j:.|: :|: : |:|.∧       .|三ミ|: : : | : : : |
              / :|: :|: : |:|圭}        .i圭圭ゝ、 | : : : |
         ,-t t ―‐‐‐|: :|: : |´∨|      |圭圭E/`! : : : !
   ,<ヽ ̄ >、\  |: :|: : |  〉|        .|圭圭/. | : : : |> 、_
  ./圭>、\   \ヽ、.!: :!: : !   .!      l圭.∨   ! : i : !     /7> 、_
  i圭圭圭\\   \ !: :!从!  .リ       ./圭./.  .|: :.从!   .//   // ̄`i‐t
 .〈.圭圭圭圭\\   .リル、\ ./       /圭./    .リル      //   //  ./ /!
  {圭圭圭圭圭\\     \.У       ,イ圭./            //   //  ./ ∧|
  |圭圭圭圭圭E∧ ヽ、   /      /ニニヘヽ        //   //  ./ /圭!
  `i 圭圭圭圭圭∧ ヽヽ.∨      /三三三ヘヽ        //   //  ./ /圭E}
  厶-‐――- 、 圭∧ 〃       /      ヘヽ.     //   //  ./ /圭圭|
 | ___    \圭EУ        /       .◎ヘヽ.  .//   //  ./ /圭圭E!
  Υ     ̄> 、 \ /         /             ヘヽ //   //  ./ /圭圭圭|





――――――――――――――――――――――――z_________________________





       \//////\l/l,イ: : l/: _: ノ: : -= 、-l: \l/////////l |
        \//////: : : :/: ::Y: : : : : : : : : : ミ: : : l////------- ┐
    ┌┐-===\//\ /: : : : l: : : : : : : -=ミ: : : :\: :< //////// l
    ├ l//////: : :/: : : : : : :|: : : : :\: : : :\: : : :\: \////// /
     i V///: : : : /: : : : : : : :/ヘ: : :、: : :\: : : :\: : : V: : \/// /
      Y V/イ: : :/: :/: : /: :l:/   ',; ; \: : : :ト,: : : : ヽ: : l\\:Y/: ゝ=-'
      \\l: : :/l::/l: : :l: :,イ     V::, \: } \: ヽ: :}:il: : :\ヘl: : : : : _ノ
       /:ヽl: :ハl:/: l: : l ヘl  \  ヽ}  斗匕 \: : l:l: : : : :: ヽ: :T
    -=彡イ: :/: : :l: : :l: : ハ ,ィ==- 、    ィf云气 /: : : l--.、-  ヘ: l
       /: :ィ: : : l //: :/::ム 弋沙     弋ソ /:i: : : l\: :ゝ, _
       l: l l: : ::l ,: : :/:/∧     '     /: ::l: : : l
       ヽl l: ::/ /: : / l: : : ゝ   - -.ュ u /: : : l: : ::l
          l:/  ,: : .' l: /V: >   _  イ:ト: : : : ハ: : :l   「なぁ……っ!?
            l: : :l     l:/r===== T┐ \{⌒ l: ::l    あ、あなた何を考えて……!!」
            l: : l  ,ィヘ--- ┘ニニ○| |ニL     l: :l
            l: ::l / l lニニニニニニニニ { {ニニニニ=- 、l::l
            l: :l i  l lニニニニニニニ○} }ニニニニ// l/
            ヽ:{l   i lニニニ=-----┘|--==// /l
         /ニニニ/l   /_ ---==ニニニ| |-- _ |   l-====ミ
        /ニニ, -iニl l.  lニニニニニニニ=○l l.ニニニil   /lニニニニム
        /ニ/   l={ l  lニニニニニニニニニ=i l ニニニl  //ニニニニニi
       /ニ/ //l Vムヽ /iニニニニニニ =○//ニニニニi //l r 、\ニニ\
      /ニ/ /ニニi iニ > イ|ニニニニニニニニニl lニニニ/r-イニ| lニヘ  \ニニ Y 、

7202 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:32:06 ID:JvnIZYeH



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ランサーは決して弱くはない。が、英霊3騎相手に勝ち目があるとも思えない。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




                       , ---  、
                      , <: : : : : : : : : : :> 、
                       /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : \
                     /: : : :/; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : ://: : : :/: : : : : : : : :/ : ;イ : ; : : ヘ
                  i: : : : i/!:/: :/: : ;./ /: : /:/,( \._,:⊥
                  |: : : : ! |':.:./: : :./ ///´ /: \ \ \ \    (無論、自分の勝ち筋ですよ。
                  |: : : : : {: /: :/{/二≠==、. /;.イ(. \ \ \ \    ―――さぁ、ほら見つかった)
                  |: : |: : :∨ヽ f^{ 、._、  }.ノ_r='-ヽ. \. ゝ   ` 、
                  |: : |: : : : : : :| ゝ 二_ ノ'⌒ { ゙≠ /l\.     ∧
                  |: : |: : : : : : :|        、 ̄7 :|  `Y      ∧   「や、どうもどうも」
                  |: : | i: :|: : : :|          '  ./: : !   |      .∧
                  リ : ! !: :!: : : :!   r―‐‐ァ /l : : |   ∨      ∧
                   /: : :| |: :|: : : :|\.   ̄ ´ /: : l : : |    ヽ     ∧
               /: : : :| |: :|: : : :|ゝ.>、 __/: : : : l : : |     ゝ.      |
                  厶 <´! !: :!: : : :!ミミ≧t.Y彳!、 : :.l : : l       Υ    |
          , -<  ̄     | |: :|: : : :|圭圭ミ|.|.|ミト、 ̄ | |: :ト、     }     |
    -‐=くヽ \ヽ.     | |: :|: : : :|圭圭ミ|.|.|圭∧ .| |: :| ヽ、__. /      .|
   /\ヽ  \ヽ \ヽ、    .レ|: :|: : : :|圭圭ミ|.|.|圭圭l | |: :| // } }/       |





  ヽ
   /\              _ 三二ニ=≦-=≡ニ二三.' i {
.  /  .\≧7777777777三 ̄>-气t ァ チヾ  ≧ニ=/, | |   i
 /   /⌒ .\///////⌒ヾ:::,´ ⌒≧==彡    ≧彡イr } i i , {
./  /   i.  \////  : : :`            彡 りソ ' ,: | | リ
  ./   , 人 //〃  .: : : :              r' .ノ イi | i/
  /   / `Y////  : : : : :             r=彡/{ .!{ ! {
 ,{:   /   /.///   ` : : .           .ん=彡ハり从(     ―――ザッ....
./ー-:. '   / ∨}、  _                     ∨ ヽ
 ー /::..  /  ハ=彡ベハハミx、   _     イ     ./  /    「やれやれ。随分な連戦になってしまうな……。
   , .   / _  .∨拆`≠ミz-`ヾァァ '゙  /       /   .{_     私ももう若くはないのだがね。
.  / .  /´    ) . ∨`ー -  ̄      /: : : .. .  > ゙     }ハ
 く::.. /   /.   i            .イ: : : : . > ´       /      ……ところで、君のマスターはどちらに?」
`ー―― ミ /     ゝ       .≪::::::::.> ´           .イ
       リ       >-=<.:::.::> ´           ,
´ ̄ ̄`ヽ/        } {:::::_> ´             /






                    , - ‐ = ‐ - 、
                 , <: : : : : : : : : : : : :> 、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             i: :i: : : : : : :/: : :.;イ : : : : λ : : : : : : : |
             |: :| :/: :i: ;イ : : / .l: : : : / \: : | : : : |
             |: :| :l: : | メ|;_/   .l : : ;イ._ , ヘ.| : : : |
             |: :ゝl: : |/ |/==、 ム/,====、_| : : : |
             | i: : ∨、     ,.ィ'^}¨.{     } | : : : |
             | l: : ∧ ` ̄./, .! | ./ ) ̄ ̄´/! : : : !   「―――ご想像にお任せしますよ」
             | |: :|: ∧.  i  i .j .!/ / .)  /: | : : : |    
             | |: :| : : r 、 ! .|/ ./ / ./  ./: : ! : : : !
             | |: :|: : ∧ | / ./ / ./ , イ: : : | : : : |
             | |: :|: : |.∧ !   ,'   |.--イ!: : : ! : : : !
              j:.|: :|: : |:|.∧       .|三ミ|: : : | : : : |
              / :|: :|: : |:|圭}        .i圭圭ゝ、 | : : : |
         ,-t t ―‐‐‐|: :|: : |´∨|      |圭圭E/`! : : : !
   ,<ヽ ̄ >、\  |: :|: : |  〉|        .|圭圭/. | : : : |> 、_
  ./圭>、\   \ヽ、.!: :!: : !   .!      l圭.∨   ! : i : !     /7> 、_
  i圭圭圭\\   \ !: :!从!  .リ       ./圭./.  .|: :.从!   .//   // ̄`i‐t
 .〈.圭圭圭圭\\   .リル、\ ./       /圭./    .リル      //   //  ./ /!
  {圭圭圭圭圭\\     \.У       ,イ圭./            //   //  ./ ∧|
  |圭圭圭圭圭E∧ ヽ、   /      /ニニヘヽ        //   //  ./ /圭!
  `i 圭圭圭圭圭∧ ヽヽ.∨      /三三三ヘヽ        //   //  ./ /圭E}
  厶-‐――- 、 圭∧ 〃       /      ヘヽ.     //   //  ./ /圭圭|
 | ___    \圭EУ        /       .◎ヘヽ.  .//   //  ./ /圭圭E!
  Υ     ̄> 、 \ /         /             ヘヽ //   //  ./ /圭圭圭|


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――しかし、ライダー、アーチャー、アサシン。いずれも後が無い消耗度合いだ。

 であればまず、“後”を意識させることで、相手にこの場で全力を出し切らせないこと。
 その為には、ペストは邪魔だ。どこか見えない場所に置くことで、相手に警戒を抱かせる浮き駒になって
貰わねばならない。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

7219 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:37:19 ID:JvnIZYeH

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 これが他のマスターならば、マスターだけで囲んで殴るという選択肢もある。

 ―――が、サーヴァントに比べて抵抗力に劣るマスターで病魔使いのペストの相手というのは、
戦闘の勝敗とは別のリスクが残る。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                         ,.‐,=-_,,..
                     __,.-.、/' '"´"´`"‐-、_
                  , '"´            ヽ、
                 ノ                ゝ、
                ノ"                   `"=',-
                ,/                      ぐ
              ノ'"       くヽ,.- !            !
               ,i!      /   l       i、    ノソ
                ヽl! /  ‐7ヾ;;,、_   ゝ-、, l丶,i!_-'i, ,/"'!ー'   「うっげ、メンドくせぇ……。
                 { i i!   ! ー-=ヾ、 ' 、=!ノ' f,'ー=、'ヽ,.リ´
                ゝ i!'v、. !      i∧.ソ  r`ヽ、 ヽ ヽ,       この後、更にもう1戦すんのかよ。
                  ゝ,‐i、iヽ       ! '^ '! r'ヽ, .ヾ.   ヽ       しかもあの病気バラマキ娘か……」
                  ‐7 .ヽ,  _,,.__'_,.,  '! Y 、 '    ;:.ハ
                  /,、 _,, !'、 `''==''` ,∧ `´!,     ;:,ハ
                  'i!r{´((i!_ ヽ.,,__,./ .i、! li '!    _,.-ヽ-,
                     ,! ゝ.,ヽrニ;;;_‐_,,..ニ.´-}   丶, ,. '"    !
                  _,!    !.l     ,.. ,'´''^-r‐''!´.       '、_
           _,,.. --┬'''"´ 'ヽ,   !l    r='´'´   l  '!    , :-=''"i,.`ヽ.、
        ,r''"´      '!     ヽ,ノ‐=- ,! l      ヽ、 'i   , ;'"'"   '!    >、
        ∧        ,i    >"ヽ   i ,!         ヽ,ヽ_,i'´     'i,、// !
       ,!ヽ,'i,     ,. :'´  ,., '"´    ,/ /         /ヽ、'i.      ヽ / ,. !
      l .'i '!  _,r'´ ,. ,.'´'´      ,ノ ノ    ,. '"`" ‐,ノ   'i       ∨'´ !
      ,l  ヽ`´ _,.,;.'´'´      ,_ヽく    ,. '´         ,/!        ヽ. .i
     ,i'   ∨"´i,!  ,..__- ‐ ;:=‐"´ ゝ'、, .:'"      _ ,,, ... ,,,, ,/ 'i,        'l, !
     !    i,  ヾ、 'i, ` ´         _,..- ''"´      `" 'ヽ 、,      'i!
     ,l     l,   ヾ、 'i        ,. :'"´                 ヽ、    l|




        , 、       . . . -―-. .
.       !  \ , . :´: : : : : : : : : : : :`: ..jヽ
      ヽ///\: : :/ : !: : : : : : : : : : ヾ、
       /:ヘ////,y': : : j: : : : : : : : : : : : : ヽ
      /: : : :.V///: : : /!: :l : : : : : : : : j!: : : 'ヽ
     /: : l: : : :V/: : :./''i: : i: :! : : : : : ∥:.!: : :',:ヽ     「……どうすんのよ?
      ∥: : l: : : : i' : : :.! ‐ト:、i :l',: : : : :/j.:.;l : : : ',: '.,     全力出したら私らサーヴァントは全員殆ど何も残らないわよ?」
      ; i: : : !: : : :l.: : :'rミxi、ヽN ',: : : //:/_l : : l: i: : ',
.    l:j!: ',:.:',: : :.l : : : kシノ`ヽ  }:/x=≠+: : :!: i: : :.',,
      i:! ':,:',: :',: : l : : : i       '´ r::/ ,//l: :/:,:.i: : : :i:',
.      i! ヘ:',、:.',: :!: : : :',      l `'   /:i.:/:/: lヽ: : :l: ',
      l  ヘ:.ヽ.',:.i:.',: : :'.,       u /!:i/:./:!:.!:l.l:ト : i: :i
          ヽ、',:.',ヘ: : :.\ ´   イ i: :,/: :l!:l:.! l:l ヾ!: :i!
           i: :i:.lヽ: :ヽ≧..´._   .j://:./l/j:! l:!  l: :.!!
          _.. !: :.! ¨ヽ: :ト\:::::0ヽ/'./// /' l!  .!: :!:!       > _フ
.           /   .i: :i    '; :i::::\:l:/ /´ /    /   !: i',:!      .x ´r<、、
          /   /:/ 、   !: :!:-ニ:j:!`ヽ           !:/ !    / (/ヽ.).}!
       /   / '  ',  !: :!>。.レ\!'.,       /'  .!    /    /t7/'
      /  /    j  l: i l!   ` :`.<.,_    /   !  , イ   .イ'´
.       /        ィ   ':/ /、       ' :.  '.,     / ./ ヘ /ヘ
.     /       /、  /'/ \     ::.  ',    /';:,   \::ヘ
       ',    /  \/"    _,ヽ=-ァ_,,..=..,= .i   /  '';:,,    \ヘ
  /   \ ',  /    ヽ  γ::::::::;;;;/::::::::::::::\:Y        '':;..,   /
. /      \、/      ヘ/:::::::/::``::=-.::_;;;ノ::;        `,>"
 ∧       \      !::::::;:イ::::::::o::::::::::::〃::`o',      ,/
  ヘ        \     !`'::::ll:::::::::::::::::::::::::::;::::::::!    /
   ヘ        \    ';::::::::ll:::::::::::::::::::::::::;:::::::::! ./
.     ヽ        \   } :::::::ll:::::::::::::::::::::::':::::::::! '
       ヽ       ,.:;''\ j::::::::::ll:::::::::::::::::::::;':::::::::l
       ヽ       ,:;''´  ヾ::::::::::ll:::::::::::::::::::;'::::::::::l
        ヽ   ,:;'   γ `ヽ::::::ll:::::::::::::::::;':::::::::::i
         ヽ  ;:;'    /    ヽ:ll::::o::::::::{':::::::o::i
.           ヽ.l:!   !、    V:::::::::::::::l:::::::::::::l

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ここでサーヴァントの参戦を躊躇わせる事ができれば。

 蜘蛛の糸程度に細い道ながら、勝機が辛うじて見えてくる。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

7222 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:37:55 ID:JvnIZYeH
んー、さて。

7228 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:39:01 ID:JvnIZYeH
ルール的にはここで槍を倒したらペストが逃げてしまう計算になるのですが(参戦していないから追撃も不可能)

7233 :梱包済みのやる夫:2015/06/30(火) 23:40:11 ID:gx0eKB2W
ん、でもペストの病気って戦闘後罹患だからステータス減るの戦闘後だし
さらに1発で即死する病弱マスターって居ないよね・・・・?



7235 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:40:39 ID:JvnIZYeH
>>7233
んー、説明が上手くなかったかな?

7236 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:40:53 ID:JvnIZYeH
どうするかね

7255 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:44:10 ID:JvnIZYeH
んでまぁ

7259 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:44:56 ID:JvnIZYeH
今回は互いの同意があればというパターンなので【次以降に根拠にされては困るけど】、
ランサー側から一つ提案があります。

互いに同意があればこそ成立するお話ですが。

7273 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:46:51 ID:JvnIZYeH


                   __
                 <: : : : : : : :.>、
                /: : : : : : : : : : : : : :.\
             /: : : : : : : : γ: : :./ : : : :ヽ
              /: : : : : : !: : : !: / / /: ;イ: :∧
               / : :/: :γ;|: : : |/:ノメ//: イ: :|   「―――不安でしょう? 不気味でしょう?
             ./ : :/ : : { Ψ: : :| {叉ヽメノノリノ
           / : :/: : : ∧_!: : : ! `ー `(a(゙\     ……であれば、一つ取引といきませんか?」
            / : :/: : : :/:/ |: : : | 、   ゝ rヽ ヽ_
          ./ : :/: : : ://ヽ.|: : : |  丶 イ .|_」ノ ヽ
        / : :/: : : :/∧ミ.|: : : |ゝ _ / !⊂_, - '  ̄ヘ
         / : :/: : : :// 圭ヨ|: : : |′|: : :|   `厂 ̄\!
       ./ : :/; <ミ、> 、E|: : : |へ|: : :|   し'    ヽ
        ./: :/圭\ヽ ヽ ヽ |: : : |Ⅱ|: : :|    ヽ    i
      / :/圭圭圭ヘ.ヽ ヽ |: : :リヽ |: : :ト.    |    .|
    _ノ :/圭圭圭圭ム ヽヽ リ: : |三 リ: :.| .ヽ、  |   .|
   ̄  //`ヽ、圭圭》λ|| ||从レ厂 .レリ || ||ヽ.|    |
     |'  ,、  ヽ.圭 / | || || .//O  リ| || || |||     .|
    ./|/ \  \/ | || |レ /     ∨ || |     |
   ノイ|     \ /   ! !! レ/.|O   O∨|| |     |
       }     У  .| ||// ゞ ___. ∨ |     /
     /|     A   | /    ̄ ̄ ̄ヾ、∨     /
    .//}      {.∧  レ   ○   O))O代_乂
   //ヨ     厶 〉          // }
    | |ヨ|    ´  \|============f´⌒≫ョ
    | |圭!       .|============乂ゝ≫ヨ
    | |圭> 、    了         ∧∨ 入
    | |圭圭ミ>、_/   .∧      ∧∨  ヽ|
    | |圭圭圭 .///   / /     ∧∨   .|
    | |圭圭圭///   / /       し´     .|
    | |圭圭 .///   / /         ||    |
    | |圭圭// i    / /          .|ト、   .|
    | |圭 .// .!   .〈 /            ||∧.  .|
    | |圭//   |   `             ||圭|.   |
    | |E//.  .|              ||圭|.   |
    | |//     |              ||圭|.   |





              / /              ____               =‐-    /
.           / /  /          __,.ィZフ/////}:::::}≧x             /   /______
        / /    ,'         ,ィ7i}フ/メ、/// /::::/ }  \           ,'   /   ____   |
.     / /      l      //,ィ/ ̄/ ̄`K   /::::/  __}ヽ         i   i  ̄ ̄    |  l|
.     / /       │     ////::::::::::::::::::::::::|ノヽ/::/しjィfぅx、 !ljハ      |   |         !   l|
  / /        i     ////│::::::::::::::::::::::/ /'⌒i   代fツ } }l/|ハ       .  ∧     │  l|
  |   |             //ハl{ ,人__>‘´    j  、 ` `¨ '^ソ |l小、     V  ∧     l  l|   「……取引?」
  |   |           ,ィ彡/,ィN〃            〈`Τ }  、_,//  /川l∧    V  ∧     ′/
  |   |     、__,x彡///ヽ.|/ヾ. U            ー '   /  / |リ川{∧     V   ヽ.  //
.   V ハ  ー=ニ三彡////{__ /   \         _         __/  }川ハVハ    \____≧イ
   V ハ      ,ィf////∧_|l          /___ ̄`ヽ      //j小j}Vハ  >‘´
   V__ハ   // |li{ li{ |li/八!                   ̄   、_///jリ }l! Vl}‘´
  / ̄ ̄`ヽ// |lil/|l{i/|{l jl ト             ── --     ̄}/{flV lリ }リ
. / / ̄\  lif\|l/ .|{/ |l 川| \                   ー=彳!{ljリ /  /   , -‐ァニニヽ
. !l |     V l! ハl\_!__|l }川    ヽ                 ィ小li{--─   ̄/  ∧   ',
. |l |     V  ハ    lj川 l!    i 、           ,ィij川ハ「{li!      /  /  ',   ,
  !l !    ∨  ∧    /ノ}lリ|      l  .          /^リハjリ 八{       /  /    i    |
  |l l       V   ハ     / |     :.  \_      ノ / /´    \    /  /   │   |

7281 :梱包済みのやる夫:2015/06/30(火) 23:50:23 ID:C5X4knmG
プレイヤー視点とランサー視点で思いっきり齟齬が発生してるんだよなw
こっちとしてはここで戦えばほぼ聖杯ゲットしてエンディングがやや後味悪くなるだけという



7283 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:50:43 ID:JvnIZYeH



                    , - ‐ = ‐ - 、
                 , <: : : : : : : : : : : : :> 、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             i: :i: : : : : : :/: : :.;イ : : : : λ : : : : : : : |
             |: :| :/: :i: ;イ : : / .l: : : : / \: : | : : : |
             |: :| :l: : | メ|;_/   .l : : ;イ._ , ヘ.| : : : |   「私はマスターに、3騎で襲いかかられていると嘘を吐く。
             |: :ゝl: : |/ |/==、 ム/,====、_| : : : |     で、貴方達にマスターの居場所を売る。
             | i: : ∨、     ,.ィ'^}¨.{     } | : : : |
             | l: : ∧ ` ̄./, .! | ./ ) ̄ ̄´/! : : : !     足止めが成立していると思っている隙に、
             | |: :|: ∧.  i  i .j .!/ / .)  /: | : : : |      サーヴァントを含めた戦力で全力で追えば、
             | |: :| : : r 、 ! .|/ ./ / ./  ./: : ! : : : !       マスターの捕殺は可能でしょう」
             | |: :|: : ∧ | / ./ / ./ , イ: : : | : : : |
             | |: :|: : |.∧ !   ,'   |.--イ!: : : ! : : : !
              j:.|: :|: : |:|.∧       .|三ミ|: : : | : : : |
              / :|: :|: : |:|圭}        .i圭圭ゝ、 | : : : |
         ,-t t ―‐‐‐|: :|: : |´∨|      |圭圭E/`! : : : !
   ,<ヽ ̄ >、\  |: :|: : |  〉|        .|圭圭/. | : : : |> 、_
  ./圭>、\   \ヽ、.!: :!: : !   .!      l圭.∨   ! : i : !     /7> 、_
  i圭圭圭\\   \ !: :!从!  .リ       ./圭./.  .|: :.从!   .//   // ̄`i‐t
 .〈.圭圭圭圭\\   .リル、\ ./       /圭./    .リル      //   //  ./ /!
  {圭圭圭圭圭\\     \.У       ,イ圭./            //   //  ./ ∧|
  |圭圭圭圭圭E∧ ヽ、   /      /ニニヘヽ        //   //  ./ /圭!
  `i 圭圭圭圭圭∧ ヽヽ.∨      /三三三ヘヽ        //   //  ./ /圭E}
  厶-‐――- 、 圭∧ 〃       /      ヘヽ.     //   //  ./ /圭圭|
 | ___    \圭EУ        /       .◎ヘヽ.  .//   //  ./ /圭圭E!
  Υ     ̄> 、 \ /         /             ヘヽ //   //  ./ /圭圭圭|




              _ -‐====‐-
              , <: : : : : : : : : : : : : > 、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.>、
         /: : : : : : : : :i: : : : 、: : : : : : : : : : : \
       /: : : : :./: : : :.;イ\: : :.ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ
      ./: : : : :./ : : :.:/.ノ._\: :∧ : : : : : : : : : : : ∧  「―――で、私はマスターを追うのに回った以外の戦力相手に
     /; :/: : :/ : : :.:/ァ´-‐ャrz\ハ: : : : : : : : : : : : :∧   ワンチャンスを狙っての戦闘を仕掛けます。
      | | |: : /.|: : / ´   .l    ヽ|: : : : : : :.:i: : : : : :∧
     { | {: :|ムl/|    乂     |: : : : : : :.:|: : : : : : :∧   私は辛うじてチャンスが残るかもしれない。
     ゝV :/´.).¨乂> '      .|: : i: : : : :.|: : : : : : : :∧   貴方達はマスターという危険因子を捕殺できる。
      ` / /   , 、        |: : | : : : : l: : : : |: : : : ∧
     , イ ./、 ./ ノ         |: : | : : : : l: : : : |: : : : : ∧   互いに利益のある話だと思いますが?」
     | | .ト、/ / )-、       |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : ∧
      .ノ | .レ ./ / ̄       |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : : ∧
    ./     ´ /          |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : : : ∧
   /        .∧         |: : | : : : : |: :i: : |: : : : : : : : : ∧
   |        /| :ゝ - ┐   .__|: : | : : : : |: :|: : |: : : : : : : : : : ∧
   |      ./ .!: : : :.:l⊥r ´ -.-‐十: :! : : : : !: :!: : !r 、 : : : : : : : : ∧
   |       ./ .l: : : : :| { {圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |  >ー――――‐
   l      ,イ  .l: : : : :|| l圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |    〃 〃 /
   |       |   l: : : : :|| l圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |  〃 〃 /

7285 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:51:19 ID:JvnIZYeH
>>7281
うん、そっちでいいならそれでもいいよ
あくまで選択肢の提示だから

7292 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:52:57 ID:JvnIZYeH
Q.つまり?


A.ランサーの提案を受ける場合、ペストを追う戦力とランサーと戦う戦力にメンバーを分けてください。
  この場合、ペストの捕殺が可能となります。


  提案を受けない場合、ペストの捕殺は不可能となりますが、普通に全戦力でランサーを殴り倒せます。

7311 : ◆o2mcPg4qxU :2015/06/30(火) 23:55:08 ID:JvnIZYeH
ランサーは宝具を使えばマスターの意向を無視して、かつマスターの目の届かない場所で活動できるから、
最後にワンチャンスに賭けるとしたらこれしかないという結論に至ったのである。主に私が昨日の昼頃に
盤面見ながら飯食ってる時に

7338 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:01:02 ID:l1LXCWb8
まぁ判断は任せます。
ペストの捕殺に関しては、いっそアジバ様に任せるのも手。

トマトもいるし、5割くらいで成功してくれます。

7342 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:01:21 ID:l1LXCWb8
なお、幻惑符なしの一発勝負となります<パパン捕殺判定

7350 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:02:49 ID:vWZVj77i
あ、男爵さん、サブ参加時のステータスの小数点以下は切り捨てですか、切り上げですか!(計算中



7357 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:03:23 ID:l1LXCWb8
>>7350
切り上げです。あと前からちらほら出てますが、勝率補正は半減しません

7391 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:09:50 ID:l1LXCWb8
んー、キャプテンが決めるながれならダイスで決めます

7409 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:12:27 ID:5F3s6mOd
先に計算した人居たみたいだけど
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406192365/1041

ライダー(宝具使用)メイン・アーチャー&伊達男サブで
令呪2画強化のランサー確殺可能っぽいです

7423 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:14:33 ID:vWZVj77i
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406192365/1042
こっちも一応張っておく!



7428 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:15:31 ID:l1LXCWb8
で、あ、そうか。どう足掻いても確殺じゃねぇかこれ!(ちゃぶ台返し)

7469 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:21:18 ID:l1LXCWb8
な、なんとか盛り上がりをと思ったのだが、どうしようもなく確殺……!
うん、無理だコレ(計算してみた)

7540 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:33:59 ID:l1LXCWb8



                                                _..∠、ヽ
                                          .ィ::;;;;;;;;;;;}!'`ヽ      .ィ
                                         /:'.:;;;/、:;;ト、 ,ム._ __/.′
                                       ー彡'.:'.:/zz、}:;LI__ーrァ=-‐ '゜
                                         ラ:::i:;弋'r゙=`ハィォy}Y!
                                       7;:::!:::「 l  ./ }'ラ;伍   「―――面白い。
                                          厶ム!:ト!、_-=ュ /イ;ト;「`   ここは俺に任せるがいい。
                                   ___    |:′  /、_ イソ¬;;乂_
         _ _       ____   ___r-くヽ´ ヽ  ̄` ̄`ヽ.〈.、〃|iiii〃゙=-、`  アサシン、貴様はウチのマスターを連れて
  ,.、_,、,、_   /,iil;、`¨¨¨¨¨¨´       `¨´―     ̄  ``         トγYム∧_      ペストの捕殺に。そちらのマスターの分の
=≧ミ、 ̄`ー'――`ー、、                      i       |!弋リ ト, > .    借りもあるだろう」
`ヽ≧:)ヽ≧=ァ_ノ―――‐ヾ.:、 /  /     ∠. __ --、._        |!   ,}il〉    ハ
 ̄ヾ≦´≧ヾ((____     \≧./ ̄ ̄ ̄ ´      ` <、        \、! }/   ,' ,|
    ̄ ¨¨¨ =-‐(ソ圦                     ヽ、        \ ,j′  ,' /〉
                                   \ヽ._        ヽ Y{     ! |
                                     V `ヽ       }{   ,!....|
                                     V         }!    !, |
                                      V            }}.  ∨ _'、
                                      }     _____}}_ ∨、ヽ)
                                      ,′   /' ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ. ト.1 ‘,
                                        /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ |=|
                                     /     /ニ三三三三ニ=‐zz、__ ‘,
                                   /      /三三三三三三三三三!\ヽ
                                 /     /三三三三三三三三三ニ〉Yii>}
               ..=≦ ̄ ̄ ̄ ̄ >ー-、__ ∠.....ノ   / /  ,′ i   .   i ̄`Y ,!/
           ..<                       / /   ′ | i .:::.  | ヽ ヽ|´
         /   ..-‐-  =― -- . _ _    _ .イ   /   ,′  | ! ,::::::i、 l  ヽ `!






              _、_ _,. ‐'"'ー---、ヽ.、,
            _/   ̄  `"' ‐    `ヾ`i,
        _,、 /`‐.、_           ' -‐,.=‐
       /_ノ                   `ヽ
     ,ノ"           、ヽ、          '!
 、-‐'"         丶、   ヾ、`'‐-_,.-      `‐ _
  `"',!´          ヾ;、    ヽ,ゝ-、       '!"´
   ,∧ //  !         .丶、  ヾヽ         'i
  / ,;'  ;'、.ヽ .    ヾ,、.,,,__,、  '.,   '! '        {
  / /!  .ヽ, '7‐=-.、'、' ,ニ;=‐'_ヽ '!ヽ. '        ,!
  '! .! !    ヽ!_、.  ,r}i'"/"´ゼシ'i!;' ̄ヽ,il  i'r-、    '!    「……やれるのか?」
.  ヽ'!`'‐-.、 i´ヽ`'!i'"'!'  `'"´  ,l!" '  '! i、 ! ,〉i !'i    '、
   `  ,ノ,. 'i,  ',/  'ゝ、,.___,./.     ヾ .!' ,ノ !    ヽ
     '"´ i.iゝ';ノ                `'´.ノ    ,i'"`
       ' <..,__              r- '´    ;i
           '、`"  __,,...._       /.      '!
           '.、´二,...        /!       !、
            'i.           _,.i.‐べ.     '!,
.             'i,     .,/.r‐:'"´     ヽ、    '!
              ゝ_:=:.‐.´/.A 'i,        `': 、 'i,
           /f´i '!   '!"´  'ヽヽ、        _.> 、
          i'"´  'i !   !    `ヽヽ, ,,.. - _;."´ - 'ヾ´
         ,ハ   . '! .!  l     _,.`ヽ、 ‐'"´      ヽ
        / /'l    '! レ'.j _,.-‐''"´
      ,/-‐-'l   -‐',f''´





                         ト.
               /\ :、,、_      ト. :.     ′
         .. ‐: : ¨:`ヾミx. ',  ` 、  .ハ 丶   ′     ]
       /: : : : : : : : : : : : ハ: ',     \/ /  /  ′     ]
      /: : : : : : : : : : : : : : : ヘ. ',     レ"  /.   ′       ]
      .′: : : : : : : : : : :./ : : : :} } 7  /,.ィ≦    ′       ]  .
     .: : : : /: : : : : : : :ハ: : : :.j://  "´     ',   ′       ]
.    i: : : :,′: : : : : :./  ',: : : イ〈 ィ:x.    、  : .′        ]
.    |: : : i: : : : : : :./   ',: : 辷{ 爪ミヽ.  Y  i. ′         ]    「やれるとも。主にライダーが」
.    |: : : |: : : : :i: /____  }:::i:ト-トハ小:ヾヽ 〉   ′        }
    八.:.:.|: : : : :|;〒==ミ-|::从ーt土rヘ:ノ〃  ′        ;
    'イ.:.:.:.|: : : : :リ ト、:::::} `jハ:ハイ::Т/辷イィ. ′         ′__
.    人: ハ:. :.:.:.N く::::::ノ    ヾ r::ノ〃小   ′         / /::::
    厶ィ:ト: :.ヾ: : | ⊂⊃´       ⊂⊃ト:.{   ′         / /:::::::
      ヾ: :\{:\ト≧廴_   -   ノ.イノ /.   ′        / /::::::::/
      \{ ヾハ\{> ヘ 了マチ/}イ / .   ′      /_/::::::::/
          jヘ/`  〉  |  ヾ=彡..    ′        /::::::::::::/
           /   /   |   ハ      ′      /〕i::::::::::{







               ,.イ    ___ __
              / ´  ̄: : : : : : : : : : `丶、
             /: : : -=: : : : : : : : : : : : : : 丶、
.            /://: : : : : : : : : : : : : : : :!lliiiiiiiiillj. ̄/
          / .: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : :lllllllllllll/_.../
          / /: : :′ ィ: : : : : ,: : : : : : : ィ: :jlllr : :´: :i
          i/i: : /: : i\ /{: : : : : :': }/ヽ}:: : : : } : : |
          |i:./: : : :V/\i: : : :/ /}ハV.}: : : :}: : :,'   「おっす、わたしライダー。いっちょ蜂の巣にしてやんよ」
          |/ : : :.i.¨T::::T i : / ´T::::T¨¨ } : : .i: : ,
.             ,': : : ;l :|弋:ノ .i /  .弋::ノ  /: : :/ : '
           i: :/ ! |    '         /: :.:./ :/
          l /  {: !             /: :/- '
          レ゙   レ  `≧=‐r一  ./:/ ∨
                    |   |/    V
           ,γ⌒)ノ|.     | し'   し     }
          (⌒    `ヽ   |           }
          ゝ       ,ノ
.            ゛ー‐'`ー'"

7561 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:36:13 ID:ziAvIIbz
ゆるふわコンビが面白いwwww



7563 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:36:42 ID:l1LXCWb8



              _ -‐====‐-
              , <: : : : : : : : : : : : : > 、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.>、
         /: : : : : : : : :i: : : : 、: : : : : : : : : : : \
       /: : : : :./: : : :.;イ\: : :.ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ
      ./: : : : :./ : : :.:/.ノ._\: :∧ : : : : : : : : : : : ∧
     /; :/: : :/ : : :.:/ァ´-‐ャrz\ハ: : : : : : : : : : : : :∧    (―――ま、どうせ勝ってもパスを切られたら
      | | |: : /.|: : / ´   .l    ヽ|: : : : : : :.:i: : : : : :∧    消滅するしかない身ではあるんですがね。
     { | {: :|ムl/|    乂     |: : : : : : :.:|: : : : : : :∧
     ゝV :/´.).¨乂> '      .|: : i: : : : :.|: : : : : : : :∧
      ` / /   , 、        |: : | : : : : l: : : : |: : : : ∧   ああ、でも―――)
     , イ ./、 ./ ノ         |: : | : : : : l: : : : |: : : : : ∧
     | | .ト、/ / )-、       |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : ∧
      .ノ | .レ ./ / ̄       |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : : ∧
    ./     ´ /          |: : | : : : : l: : : : |: : : : : : : : ∧
   /        .∧         |: : | : : : : |: :i: : |: : : : : : : : : ∧
   |        /| :ゝ - ┐   .__|: : | : : : : |: :|: : |: : : : : : : : : : ∧
   |      ./ .!: : : :.:l⊥r ´ -.-‐十: :! : : : : !: :!: : !r 、 : : : : : : : : ∧
   |       ./ .l: : : : :| { {圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |  >ー――――‐
   l      ,イ  .l: : : : :|| l圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |    〃 〃 /
   |       |   l: : : : :|| l圭圭圭|: : | : : : : |: :|: : |  〃 〃 /







                    , - ‐ = ‐ - 、
                 , <: : : : : : : : : : : : :> 、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             i: :i: : : : : : :/: : :.;イ : : : : λ : : : : : : : |
             |: :| :/: :i: ;イ : : / .l: : : : / \: : | : : : |   (―――こういう無駄な足掻きを楽しいと感じる辺り、
             |: :| :l: : | メ|;_/   .l : : ;イ._ , ヘ.| : : : |    やはり私はどうしようもない類の人間なんでしょうねぇ……)
             |: :ゝl: : |/ |/==、 ム/,====、_| : : : |
             | i: : ∨、     ,.ィ'^}¨.{     } | : : : |
             | l: : ∧ ` ̄./, .! | ./ ) ̄ ̄´/! : : : !
             | |: :|: ∧.  i  i .j .!/ / .)  /: | : : : |
             | |: :| : : r 、 ! .|/ ./ / ./  ./: : ! : : : !
             | |: :|: : ∧ | / ./ / ./ , イ: : : | : : : |
             | |: :|: : |.∧ !   ,'   |.--イ!: : : ! : : : !
              j:.|: :|: : |:|.∧       .|三ミ|: : : | : : : |
              / :|: :|: : |:|圭}        .i圭圭ゝ、 | : : : |
         ,-t t ―‐‐‐|: :|: : |´∨|      |圭圭E/`! : : : !
   ,<ヽ ̄ >、\  |: :|: : |  〉|        .|圭圭/. | : : : |> 、_
  ./圭>、\   \ヽ、.!: :!: : !   .!      l圭.∨   ! : i : !     /7> 、_
  i圭圭圭\\   \ !: :!从!  .リ       ./圭./.  .|: :.从!   .//   // ̄`i‐t
 .〈.圭圭圭圭\\   .リル、\ ./       /圭./    .リル      //   //  ./ /!
  {圭圭圭圭圭\\     \.У       ,イ圭./            //   //  ./ ∧|
  |圭圭圭圭圭E∧ ヽ、   /      /ニニヘヽ        //   //  ./ /圭!
  `i 圭圭圭圭圭∧ ヽヽ.∨      /三三三ヘヽ        //   //  ./ /圭E}
  厶-‐――- 、 圭∧ 〃       /      ヘヽ.     //   //  ./ /圭圭|
 | ___    \圭EУ        /       .◎ヘヽ.  .//   //  ./ /圭圭E!
  Υ     ̄> 、 \ /         /             ヘヽ //   //  ./ /圭圭圭|

7567 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:37:45 ID:l1LXCWb8


            l'、.l   .l.''ニ'"              _,.. ー   ─==..,,_        !..l
   .,/     .l ゙'!   ..l         ,.. -;;V!!'"    _,,,.. -ー''′   ̄ ̄`゙''ー / . l    |       .,i7
 /  .,./  ._..;;> l     l,      .,.;;シ'"゛ ._,, ー''''"゛                      l,   ||      ,l゛!
/ .,,-/,, <‐´  . l     . l   ,..!─=二ア"    ._,, ‐= ̄ ̄ ヽ             ヽ  i゙.!     ,/ .
. ,/ . /    'i、  l     . l. -'゛ ._.. ;;/   ,..-'"゛         l.         .ヽ ! .|  ., .ll' .l゙
" ,/゛     ゙ト,  l     ...l,ー''゙“ /   .,/´             l               : ! .l|  ,! i′
/        ゙/!、 l     ヽ/  . /                    l            l l.!  l l
             ヽヽ.ヽ     .ヽ /                  l            | .!l  iリ
               ヽヽ,.l     ヽ                    l             l.l.l  「
            ,,〃 .ヽ ゙Λ     ヽ                  ,!              !   .i'
          ,-/゙   . l. ..゙!y     ヽ                 l                 !  ., i′   ._..-'"
      ./ノ゙    / /ヽ `      ヽ                   !                 ! .iリl゙ ._.. ‐'"  ./
    , '".ii|   ./.l│ .ヽ           ヽ                   !              | ./iリ‐'    /,/
   / ...//   .,/./ .゙く'' 、 ヽ           ヽ.               /               l./ .ll゙    /.l/ l
   .l  ./   ././    ヽ ゙'-,ヽ        ヽ              /               リ l    /  /
  ././  ././      ヽ `\         \            /                 l   ./   !
  〃゛  ,//        \              \       ./                 /   /   l
..,i″  ,i./           ヽ               \ .,,.. -'''",/                 / i ,/   .,!
    〃               \               \   /                 /.i′|.   ,/
 ,,,_. /゛              ___\                \/                      !〃 .l!  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´   .,  ヽ               \                   i'/l゙  ! /    ,,, -''
                   `'ミヽ..,ヽ               \                 l//  ,! /.'L..-'"
                     \ ゙''ゝ                \            i}"/'"゛ l /     _/゙´
                        _,,,..\                \           ゛ .l゙  .|/   .,..‐,゙ /
___,,.....-- i_、     ._,,.. -''''"゛ _..=ン\                   \          !  .i|′ 彡´
 .´     ─==‐''"´  . _   .'~´   ''ミ\                `'-、         !   i゙
──=二三三   _,, -'''ジ'´      ._y/._,..\                     \,     il
        ,..-'',゙.. -'''"          '"゛.″   /\                   \   .l
     ∠ソ‐'"                  /   `-、                  `'-、l





    ,/       ...、   \          !./    ./ ./   /  /    /     ._ / ゙,..-'"        l
  /           {, \,   .\        //   ./ ノ゛  /  ./    /   .,/,゙/               l
.∠,_          `'-,.l    \      l !   .,i^/   ./  ./       / /
_,__゙゙''''ー-..,,_      \      \     !/  ./ /   /   /     / /
    ´`"'ー ,,,゙''-、、         ヽ   // ././   /   ./  _/´./.゛ '.''.¬- ..,,_    ._,, ー''"゛._.. -''″
        .、  `''ーミー..、       ヽ  !.l゙ ./ /   ./   ./ ,/゛ ./            _,ニ=ニ,,_ ._..-'"゛
          /      .`'- \ ,,      l .| !,iゞ ,i′ ./   .メ'" .,..-''゙       ._.. -''″   .,..-'"゙''ー ,,,
       l     _   `'-、 ゙゙'゙‐''-  ll゙l/ ./  ,i′   .,/゛     ._..-‐″     ., /        `'''ー ..
       /     .\/      \   .\'"   ! /    /     ._..-'"゛         ,/゛           ____,
      /            、    `'、      ゾ   /      .'"         _,,,,,xニ-―¬''''''"゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
____l_______l____/          .i______________________
     │           !
''''¬―ー'ト--.---------_,l__                             ー--........,,,,_、
     !          │  ̄ ゙゙̄,゙./                ______            ̄''''― ..,,_.
     .!    _、         !    / ´                \       ゙̄”`-二"''''''''''¬――---__二
     ! .,..-'´        !   ./イ         r─つ    \.     `''-、   `'''ー..,,,
    ._|‐"              l   /      . 、  |  .″.l   i 、.\       . \      `'''-..,、
  _/│       .,、     .,/,i'     /  l   .\.  .l .,iヘレヽ ヽ, `'-     . \       `''-、、
-"  .!      : ‐゛    . / ゙./     /   ヽ .,―‐=、 .゙ ″   .゙へ,゛、       \   .`'-、   `''-..、
    l             /  /     ./     .l. l     `'-  、    ` \         \   `'-、
   .l      _. . /   ./     ./      .l│       ..l.     ヽヽ         \    . \
   l  ,,  / /   ./      ./ .ヽ     ! !        ..l     ヽヽ             \     \
   ,.!‐゛   ` ./    /      /   .ヽ    .}.!       .、  .l.     ヽ.l,      、、   .\
  '´.|    /     ./      ./ ,、.,  ヽ   ,!.|   ヽ   / '‐ l      ヽ.l   .\   `'-、  \
  │  /     ./      / / ./   .ヽ  .!.l    ヽ  ..l   l      l..l.   .ヽ,    \   .\
   | /      /      / : ゙        ヽ .!}     、  l   .l     、 ...l,ヽ          `' _,, ノぐ
  .レ"   .,.  ./       /              ヽ:!|      `'-、、   .l   .l .ヽ l, l      ._.. -''″ \. `
../.|    ./   /       ./ 、    \.      l(,      、  `'‐、, │   l.    l l.  ...-'"       .\.
"  |      /       ./   ヽ    `'-     \     `'-、  `' !、   ゝ   .l l






ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛
 ,    !}  ,i";;;;l゙ ,iリ ,/;;_ン-/    |;l    l´;;;.l               l;ヽ 〟l;;;;;;.l   .`┤ .゙┘


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

7593 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:42:04 ID:shk7pV1F
キャプテンのスキルも謎のままだな・・・・w



7596 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:42:53 ID:l1LXCWb8
うむ、なんか集中もきれておる

今日はここまででー
なんかペストの部分もさっくり終わってしまうので、
あとはもうエンディングくらいかっておい短いな今回

7598 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:43:15 ID:l1LXCWb8
>>7593
戦闘続行と悪運

7601 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:43:38 ID:vWZVj77i
お疲れ様でしたー!
今回の聖杯戦争リアル時間で一週間弱で決着だっけ…wwwwww


7634 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:48:39 ID:l1LXCWb8
なんかあっさり終わる感じになってしまったなぁ

7640 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:49:34 ID:l1LXCWb8
あ、ちなみに言い訳するけど令呪使用に関して前のめり系AIが多いのも、
選ばれし馬鹿が居ない影響です

盤面を回す要素が少ない分だけ、少ない機会で吐いてもらわないといつまでたっても終わらないとか考えてました

7653 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:51:34 ID:l1LXCWb8
実験作としてはまぁ無事終わったが、やっぱりこういうスタイルは若干合わないなぁという結論に至ったかもしれない

7660 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 00:53:01 ID:EUUwJarD
ダイスと馬鹿に振り回されて
プロット粉みじんにされつつ再構築しつつまた破壊されるロデオがしたいんですね



7666 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 00:54:05 ID:l1LXCWb8
>>7660
実際そうなった話のほうが完成度高いからね!

4,8,9,11とかが物語としては個人的に好き

7720 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 01:14:54 ID:K+TsQTEc
尾翼が根本から折れ
油圧をほぼロストし
エンジン半分吹っ飛んで
そこから台風に突っ込んで
それでも軟着陸させられる男爵パイロットにしてみれば
今回は平常運転も良いところだったのではと思ふ

7725 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 01:17:55 ID:tm3xgc9s
まあ当面は聖杯戦争はいいかな…w
ちょっと食傷気味



7735 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 01:23:32 ID:l1LXCWb8
>>7725
そう言われると次も聖杯戦争をしたくなるな……

7737 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 01:24:20 ID:l1LXCWb8
>>7720
あれ、ちょっと待って。皆の中で私どういう扱いなの?

7742 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 01:25:16 ID:9jAQy2Qd
「あれやってほしい」「やってほしくない」と言われると、それにマッコイから挑みたくなるスタイルというやつだなw



7753 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 01:26:37 ID:l1LXCWb8
>>7742
マッコイじいさん主役の聖杯戦争か……!!

7763 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 01:30:01 ID:l1LXCWb8
データ班もシェルターでスレ持ってるけど、
どうやら事故に対するリカバリ能力というか、アドリブ能力というか、
咄嗟のノウジルスキー閣下召喚能力ならデータ班に勝てる幻想を抱いても良さそう

7764 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 01:30:17 ID:l1LXCWb8
なお後輩

7781 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 01:35:31 ID:zTihJTaY
えーと今回の鯖の戦績は・・・
剣:二勝一敗
弓:二勝二敗
槍:一勝二敗
騎:四勝一敗
暗:二勝一敗
魔:0勝二敗
狂:一勝一敗

かな?間違いがあったら訂正どうぞ  ライダー大活躍だったなぁほんとwww

7793 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 01:41:36 ID:9oE+0R5M
>>7781 ライダー5勝1敗じゃあない?
第1戦VS弓○(剣組と一緒に) 第2戦VS魔○ 第3戦VS槍●(キャプテンオンリー) 
第4戦VS狂○(ライダーオンリー) 第5戦VS魔○ 第6戦VS槍○(アーチャーと一緒に)
3日間の成績としては破格のレベルかと

7802 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 01:44:32 ID:zTihJTaY
>>7793
なんか忘れてたと思ったらそれだ!良く見たらキャスター2回ともライダーに負けてそれで落ちたのかいwwww



7803 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 01:44:42 ID:l1LXCWb8
であ ねる


あ、今次3日終結なのか……明智の天下か







7850 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 05:56:46 ID:ymGhD0FW
唐突に思いついた伊達男コラージュを支援
あくまでネタです
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org394316.jpg.html

8064 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 22:12:57 ID:l2XGxQl3
そう言えば腹パァンは女子力いくつだっけ?
こんなん作ったが

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1412438008/81

8151 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 23:19:38 ID:JRJG/INe
根源にたどり着く方法があるのではなくて、根源にたどり着く奴がいるだけというオチか

8171 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 23:29:17 ID:j+KUDoMe
原作のアラヤ曰くどんな英知や理論作ろうと、生まれた後の後天性の後付けだから根源には至れない
>>8151の通り根源に行けるかどうかは、方法じゃなくてその人が生まれたときから決まってる才能・・・らしい

その辺、原作空の境界で触れられてるからオススメ、式かわいいし(ダイマ)
あと当時の設定が今の菌糸類の中で生きていたらの話だが(ぼそっ)

8176 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 23:44:55 ID:b9UEf3F0
ヘーイ、ヨッシー♪



8178 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 23:51:46 ID:l1LXCWb8
>>8171
一瞬、アラヤによる狩摩の評価のことかと思った。こんばんは

8185 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/01(水) 23:54:33 ID:l1LXCWb8
後天的云々の部分が、「あいつはああいう奴だ。理由はそこで完結している」と言われた狩摩を思い出させたのであるな

8186 :梱包済みのやる夫:2015/07/01(水) 23:57:51 ID:JRJG/INe
天衣無縫というかそういう言葉さえ何か違うと思わせてしまう
ただ狩摩であるというだけで充分なのかも



8187 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 00:01:05 ID:fEop9MI7
天衣無縫っていうか、なんかこう
ただ単に狩摩である

8204 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 00:16:04 ID:phrk/q6T
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/608
構図は完成していたがキャッチフレーズで時間を食うという謎。
中聖杯に歴史あり。



8207 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 00:22:08 ID:fEop9MI7
>>8204
長く続いてるなぁ、中聖杯も……

8211 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 00:24:02 ID:fEop9MI7
 んで実際、次どうしよか

8234 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 00:40:54 ID:phrk/q6T
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/609
調子に乗ってもう一つ。
ご覧ください、これが胃痛に悩まされる前の最高に輝いていた白饅頭です。



8239 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 00:45:48 ID:fEop9MI7
ああ、うん
フォーマットの取りまとめってのもありだなぁ……

8248 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:02:59 ID:fEop9MI7
>>8234
ほんと懐かしいわ……ありがとうございます

8249 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:03:06 ID:fEop9MI7



▼基礎ルール
◎1ターンの進行概略

   1.ランダムイベント……ランダムイベント表2種類を処理します。
       ↓
   2.諜報ターン……各陣営、基本1度の情報収集判定を行います。
       ↓
   3.行動ターン……任意の行動(準備や襲撃)を行い結果を処理します。
               また、当然ながら主人公以外の組も何かしらの行動を取ります。
       ↓
   4.コミュターン……他マスターや自陣営と情報交換や交渉を行います。
       ↓
   5.消費魔力の確認……自陣営の魔力消費を確認し、次ターンへ移行します。



○ランダムイベント

   下記の「PC用」と「NPC用」のランダムイベントを1回づつ振り、状況を処理します。
   場合によっては戦闘が発生する可能性も存在します。


<ランダムイベント表(PC用)>

   0.主人公に幸運が訪れた!
   1.他の参加者1名とランダムに遭遇(友好的)
   2.他の参加者1名とランダムに遭遇(非友好)
   3.他の参加者1名とランダムに遭遇(中立(キャラ同士の相性次第))
   4.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者および感情はランダム)
   5.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者はランダム、感情はGM任意)
   6.何も無し
   7.何も無し
   8.何も無し
   9.主人公が不運に見舞われた!


<ランダムイベント表(NPC用)>

   0.遠くで主人公にとって幸運な何かが!
   1.他の参加者同士が遭遇(友好)
   2.他の参加者同士が遭遇(非友好)
   3.他の参加者同士が遭遇(中立)
   4.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   5.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   6.何も無し
   7.何も無し
   8.何も無し
   9.遠くで主人公にとって不運な何かが!


○諜報ターン

 各陣営、他陣営の情報や拠点などについて、基本値50%で情報収集を行えます。
 アサシンは特にこの判定に有利です。
(+20%のクラス補正をスキル以外で持っています。また、自陣営に対する情報収集にも同様のペナを与えます)

 基本的には、

・全陣営の居場所のみを把握(ステータスは不明)
・3陣営の浅い情報を調査(ステータス、レベル、居場所を把握)
・1陣営の深い情報を調査(上記に加え、ある程度のスキル(GM任意)を把握。また、移動が発生してもスキル等で妨害
されない限りその居場所を継続して把握可能)

 の、3種類の情報収集があります。
 ただし、これはそれ以外の特別処理を制限するものではありません。

 また、情報収集を放棄する代わりに10点の魔力を回復する休憩が可能です。

○行動ターン

  準備ターンは以下の5行動(+α)のうちから、1つを選んで行うことができます。

  1.使い捨て礼装の作成
  2.サーヴァントへの魔力供給(休息)
  3.サーヴァントへの魔力供給(魂喰い)
  4.拠点移動
  5.他陣営への接触(含・襲撃)
  6.その他


<1.使い捨て礼装の作成>

  使い捨ての礼装を作成することができます。
  判定の基本成功率は「マスターかサーヴァントの【魔】×2%」です。
  礼装は複数を同時に消費する事で、効果を累積させる事もできます。

  『使い捨て礼装一覧』
    魔宝石  ……消費することでサーヴァントの魔力を20点回復する。
    使い魔  ……「情報収集」の成功率を「+20%」する。後出し可能。
    強化符  ……消費することで戦闘時、最終勝率に+5%できる。
    幻惑符  ……消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。

<2&3.サーヴァントへの魔力供給>

  1:休息
   霊地での休息を選択する事で、サーヴァントの魔力を回復することができます。
   その霊地の格に応じて「回復量:10~回復量:40」の回復量を得ます。
   この補正は更に「工房」などの効果で上昇します。
   また、大霊地以上の霊地は、ターン終了時に自動回復がついて来ます。

  2:魂喰い
   一般人から魔力を奪うことで、一律「200点」の魔力を回復できます。
   ただし魂食いを行う場合、「50%」の確率で他の参加者に現在地を察知されることになります。
   他参加者は、魂食いを行った組へ「敵対的介入」を行うかどうか選択することが可能です。
   「敵対的介入」が選択された場合、その相手との戦闘が発生します。
   この戦闘に敗北した場合は魂喰いは失敗となり、勝利した場合は成功となります。

<4.陣地の移動>
 他の陣地への移動が可能です。結果として他陣営との接触が発生する場合もあります。
 NPCの場合はどの陣地へ移動するかが選択可能でありますが、プレイヤーキャラクターの場合は“空いている陣地から
ランダム”という取り扱いになります。
 これはプレイヤーはメタ視点を利用する事で、この行動をNPCへの非常に便利な接触として扱うことが出来るためです。
 純粋にゲーム的なバランス調整ですので、注意してください。

<5.他陣営への接触>

  読んで字のごとく。
  対象を選定した上で、接触します。
  場合によっては戦闘になる可能性もあるでしょう。

  また、“相手を選択せずにランダムに接触”を行うことも可能ですが、どうなっても知りません。

○コミュターン

   自陣営や他陣営のうち面識がある、あるいは拠点の位置を知っている相手と交流をはかれます。
   ただし必ずしも友好的な接触になるとは限りません。また、自陣営単独での接触となります。
   ことに他マスターとの接触の場合、その場で攻撃を仕掛けられる可能性も十分に考慮すべきでしょう。


○消費魔力の確認

   各英霊は強力な力を有する代償として、活動に要する消費魔力が存在します。
   ターン終了時および戦闘終了時に消費魔力を確認し、供給不足があればキャラクターシートに記載します。
   魔力に関してのルールは以下の記述を参照してください。


<貯蔵魔力>
   サーヴァントにはそれぞれ「貯蔵魔力」が設定されています。
   「貯蔵魔力」は「100+マスターの【魔】×2」点を上限として、最大まで保有した状態で召喚されます。
   サーヴァントは戦闘や宝具の使用、あるいは現界を維持するだけでこの「貯蔵魔力」を
   消費していきます。消費魔力の計算、及び供給不足によるペナルティに関しては以下を参照。


<消費魔力の計算方法>

   ターン終了時に「マスターの【魔】×2-英霊のレベル」の計算を行い、
   これがプラスであれば「貯蔵魔力」にその分だけ加算され、マイナスであればその分だけ減算されます。
   この時、「聖杯からのバックアップ」として「マスターの【魔】」とは別に「+20点」分の補正が入ります。

   英霊がターン中に戦闘を行った場合、戦闘終了時に「英霊のレベル」だけ「貯蔵魔力」から消費されます。
   特殊なスキル、或いは宝具を使用した場合は、さらに宝具/スキルごとに設定されただけの魔力の消費が発生します。
   戦闘時以外に使用できる宝具/スキルの場合、使用時に即座に魔力を消費します。



<「魔力供給不足」によるペナルティ>

   「魔力供給不足」による-値が「-20」蓄積するとごとに、英霊のレベル以外の各パラメーターは「-10」されます。
   このペナルティは累積します。(ただしパラメーターは0以下にはならない)
   この「魔力供給不足」によるマイナス値が「-100」を超えた場合、英霊は現界維持が不可能となり、
   「そのターンの終了時」(戦闘終了時ではない)に完全に霧散し消滅します。(相打ち覚悟での宝具の全力開帳は可)


【令呪ルール】

 サーヴァントに対する絶対命令権。3画まで存在。
 以下の使用法が存在します。

1.サーヴァントがメインで参戦している場合、勝率に+30%。
  サブ参戦している場合は+20%。

2.戦闘におけるランダム選択ステータスの振り直し。

3.戦闘終了時まで、サーヴァントのステータス全てに「+10」。戦闘開始前のみに、各陣営同時タイミングで宣言可能。

4.任意のタイミングで使用し、英霊に即座に「+120」の魔力を供給。

5.戦闘に敗北時、令呪2画を消費することで、聖杯戦争から脱落せずに戦闘から離脱可能。
  複数陣営での参戦の場合、「両者が完全に協力する意志があれば」、陣営で合計して2画の消費で撤退できます。
  ただし撤退時に、どちらかの陣営がもし相手側を見捨てるつもりがあり、そう宣言した場合、
  双方の陣営が2画を消費して撤退せねばなりません。
  この状況でもし2画を消費できず、代替の撤退手段も無い場合は敗退します。


令呪使いきり後の現界ルール
1.マスター側から供給を切らない限り、マスターからの魔力供給は続く。
2.ただし、その供給量は-10されるものとする。
3.聖杯からの供給は打ち切られる。
4.マスターはサーヴァントに対する命令権を失う。
5.マスターからの供給が打ち切られた場合、単独行動スキルを持っていないサーヴァントはそのターンの終わりに
  通常の消費に加えて更に50点の魔力消耗が発生する。


 なお、令呪は合計3画。
 令呪をすべて失ってもサーヴァントは消失しませんが、マスターはサーヴァントに対する抑止力を失います。
 また、複数のサーヴァントと契約した場合、令呪は共用、魔力供給量はサーヴァントの数で頭割りとなります。



ターン中の行動順は、


1.回復や準備行動
2.それが終わったら戦闘行動
3.最後に魂食い

という順番とします。プレイヤー陣営含め。
基本的に戦闘以外の行動→戦闘行動→魂食いで処理します。

8251 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:03:13 ID:fEop9MI7
ちまちま追記修正

8255 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 01:06:06 ID:93zR+mVS
>○諜報ターン

> 各陣営、他陣営の情報や拠点などについて、基本値50%で情報収集を行えます。
> アサシンは特にこの判定に有利です。
>(+20%のクラス補正をスキル以外で持っています。また、自陣営に対する情報収集にも同様のペナを与えます)
アーチャーも補正無かったっけ?



8260 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:11:07 ID:fEop9MI7
>>8255
うん、待って?
そうじゃないのよ、意図は

8268 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:17:01 ID:fEop9MI7


▼霊地について

霊地の要: 休息時魔力回復量40点 ターン終了時魔力回復量+20点
大霊地  : 休息時魔力回復量30点 ターン終了時魔力回復量+10点
中霊地  : 休息時魔力回復量20点
小霊地  : 休息時魔力回復量10点


▼キャラクターのレベルとステータス

 基本的にキャラクターのステータス合計値はレベルに応じて決定されます。
 具体的には、以下のとおりです。
 ステータスとレベルは基本5点刻みで考えております。

○サーヴァント
 ~50Lv:Lv*2 + 60点
 55Lv~:(Lv-50)*3 + 160点

(例:40Lvサーヴァントのステータス合計は40*2+60 = 140点
   55Lvサーヴァントは(55-50)*3+160 = 175点)


○それ以外
 ~50Lv:Lv*2 + 40点
 45Lv~:(Lv-40)*3 + 120点

 基本的にこの基本ステータスの差は“宝具分”としてイメージしています。
 宝具が無ければ、同レベルのサーヴァントとマスターの総合性能はほぼ互角といったイメージです。
 ただしサーヴァントの場合、ここに後述のクラス補正が加わります。


▼サーヴァントのクラス補正

 セイバー:【筋】【耐】【敏】+10 また、高レベルの対魔力保有。
 ランサー:【敏】+20 また、中程度のレベルの対魔力保有。
 アーチャー:【筋】【耐】【敏】のうち1つを+15。また、単独行動と低レベルの対魔力保有。
         情報収集に+20%の補正を得る。
 ライダー:【宝】+20 また、騎乗と低レベルの対魔力保有。
 アサシン:【敏】+10 また、情報収集の成功率に+20%し、被情報収集時の敵成功率に-20%のペナルティ。
       詳細情報を得ている相手に能動襲撃した場合、勝率補正+20%。気配遮断スキルを保有。
 キャスター:【魔】+20 また、陣地作成か道具作成スキルを保有。キャラクターによっては両方を保有。
 バーサーカー:狂化スキルを保有。その際、スキルによるステータス強化が1ランク高いものとして取り扱う。
          基本的にマスターの指示に異議を唱えない。
 エクストラ:エクストラクラスのクラス補正は個別に決定する。

8270 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:17:18 ID:fEop9MI7
>>8255
一番有利なのはアサシンって言いたかっただけなの

8271 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:18:18 ID:fEop9MI7
ちまちまと修正が加わってるので注意

8273 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:18:51 ID:fEop9MI7
あと決定すべきことはなんだ?
スキルのフォーマット?

8277 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 01:22:09 ID:93zR+mVS
>>8270
わざわざ補足ありがとうございます

バーサーカーの二行目に草ww ワニのときにこのルールだったらw



8282 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:24:01 ID:fEop9MI7
>>8277
ワニは宝具で特記されている例外パターンですな。
あれ宝具効果で使い切ったらマスター食うって書かれてるし。

8287 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 01:27:40 ID:/3V1GAq4
魔術スキルはクラススキルじゃないのか



8289 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:28:28 ID:fEop9MI7
>>8287
ちょっと待って、どういうこと?

8290 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:28:37 ID:fEop9MI7


▼対魔力

○対魔力:A
 「種別:魔術」のスキルによる敵陣の勝率補正を、1つのスキルにつき最大20%まで軽減する。

○対魔力:B
 「種別:魔術」のスキルによる敵陣の勝率補正を、1つのスキルにつき最大15%まで軽減する。

○対魔力:C
 「種別:魔術」のスキルによる敵陣の勝率補正を、1つのスキルにつき最大10%まで軽減する。

○対魔力:D
 「種別:魔術」のスキルによる敵陣の勝率補正を、1つのスキルにつき最大5%まで軽減する。

○対魔力:E
 「種別:魔術」のスキルによる敵陣の勝率補正を、1つのスキルにつき最大2%まで軽減する。


コメント:
 騎士クラスおそろいの対魔力。魔術スキルによるペナルティを軽減する。
 例外的に複数のスキルに対して、特記されていなくても並列的にペナルティを軽減可能。

 例えば魔術Bのキャラクターが敵に3人居て、合計で45点のペナルティをかけてくる場合、
 心眼(偽)Cならば10点だけペナルティを軽減して35点のペナルティを受ける。
 が、対魔力Cならば3つの魔術を10点ずつ軽減して、15点のペナルティで済む。


▼心眼(真)

○心眼(真):A
 このキャラクターは常に+20%の勝率補正を有し、最終勝率が-150%より大きいならば、
 最終勝率を5%にまで引き戻す。

○心眼(真):B
 このキャラクターは常に+15%の勝率補正を有し、最終勝率が-100%より大きいならば、
 最終勝率を5%にまで引き戻す。

○心眼(真):C
 このキャラクターは常に+10%の勝率補正を有し、最終勝率が-80%より大きいならば、
 最終勝率を5%にまで引き戻す。

○心眼(真):D
 このキャラクターは常に+5%の勝率補正を有し、最終勝率が-50%より大きいならば、
 最終勝率を5%にまで引き戻す。

○心眼(真):E
 このキャラクターは常に+2%の勝率補正を有し、最終勝率が-20%より大きいならば、
 最終勝率を5%にまで引き戻す。


コメント:
 勝率補正シリーズの一角、最低勝率保証の心眼(真)。
 圧倒されすぎていなければ、1さやかの勝率を保証してくれる。
 潰しの効く心眼(偽)、一部のスキルに対するメタとなる直感に対して、効果を発揮する程度の低い事に定評がある。
 最低保証系は盤面に1~2人程度いると場に緊張感が与えられ、時々ユカイな盤面返しが発生するが、
 与えすぎるとグチャグチャになりすぎるので注意。

8293 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 01:29:38 ID:tMf3vlD1
情報収集放棄での魔力回復10点回復、これは霊地も陣地も乗らない、でOKですかね?

・情報収集放棄 → 10固定 (霊地× 陣地×)
・行動パートで休息 → 霊地依存 (霊地○ 陣地○)
・ターン最後の魔力計算 → 【魔】×2-鯖Lv (霊地○ 陣地?)

ですっけ・・・?



8298 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:30:25 ID:fEop9MI7
>>8293
です

8307 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:35:53 ID:fEop9MI7
ちなみにこのスキルレベルもあくまで【中聖杯での】スキルレベルなので、
大聖杯に持って行ったら当然弱化します

その辺り、比較してどうこうとか言い出さないようにお願いします

8308 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:36:22 ID:fEop9MI7
▼キャラクターのレベルとステータス

 基本的にキャラクターのステータス合計値はレベルに応じて決定されます。
 具体的には、以下のとおりです。
 ステータスとレベルは基本5点刻みで考えております。

○サーヴァント
 ~50Lv:Lv*2 + 60点
 55Lv~:(Lv-50)*3 + 160点

(例:40Lvサーヴァントのステータス合計は40*2+60 = 140点
   55Lvサーヴァントは(55-50)*3+160 = 175点)


○それ以外
 ~40Lv:Lv*2 + 40点
 45Lv~:(Lv-40)*3 + 120点

 基本的にこの基本ステータスの差は“宝具分”としてイメージしています。
 宝具が無ければ、同レベルのサーヴァントとマスターの総合性能はほぼ互角といったイメージです。
 ただしサーヴァントの場合、ここに後述のクラス補正が加わります。



修正しました

8310 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:39:54 ID:fEop9MI7
▼心眼(偽)

○心眼(偽):A
 このキャラクターは常に+20%の勝率補正を持つ。また、自陣への勝率/ステータスペナルティを20点まで軽減。

○心眼(偽):B
 このキャラクターは常に+15%の勝率補正を持つ。また、自陣への勝率/ステータスペナルティを15点まで軽減。

○心眼(偽):C
 このキャラクターは常に+10%の勝率補正を持つ。また、自陣への勝率/ステータスペナルティを10点まで軽減。

○心眼(偽):D
 このキャラクターは常に+5%の勝率補正を持つ。また、自陣への勝率/ステータスペナルティを5点まで軽減。

○心眼(偽):E
 このキャラクターは常に+2%の勝率補正を持つ。また、自陣への勝率/ステータスペナルティを2点まで軽減。

コメント:
 勝率補正シリーズの一角、ペナルティ軽減の心眼(偽)。
 魔術スキル含め多くのデバフ系スキルに対して有効なため、心眼(真)より便利だともっぱらの評判。
 ちなみにステに10点、勝率に10点のペナルティを受けた場合、どちらかだけしか軽減できないので注意。
 どちらを軽減するかは心眼持ちが好きに選べる。


▼直感

○直感:A
 このキャラクターは常に+20%の勝率補正を持つ。
 また、初見相手のみに効果を発揮するスキルは、このスキルのランク以下の場合無効化される。

○直感:B
 このキャラクターは常に+15%の勝率補正を持つ。
 また、初見相手のみに効果を発揮するスキルは、このスキルのランク以下の場合無効化される。

○直感:C
 このキャラクターは常に+10%の勝率補正を持つ。
 また、初見相手のみに効果を発揮するスキルは、このスキルのランク以下の場合無効化される。

○直感:D
 このキャラクターは常に+5%の勝率補正を持つ。
 また、初見相手のみに効果を発揮するスキルは、このスキルのランク以下の場合無効化される。

○直感:E
 このキャラクターは常に+2%の勝率補正を持つ。
 また、初見相手のみに効果を発揮するスキルは、このスキルのランク以下の場合無効化される。

コメント:
 勝率補正シリーズの一角、初見殺し回避の直感。主に気配遮断キラー。
 上手く作用する事は少ないが、初見殺し系スキルは強力なことが多いため、保険としては有用。
 心眼(真)、心眼(偽)、直感は身内では近接系勝率補正スキル三巨頭とか呼ばれている。

8316 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 01:54:27 ID:fEop9MI7
▼魔術

○魔術:A
 戦闘時、【魔】ステータスが選択された場合、敵陣営の勝率を-20%。

○魔術:B
 戦闘時、【魔】ステータスが選択された場合、敵陣営の勝率を-15%。

○魔術:C
 戦闘時、【魔】ステータスが選択された場合、敵陣営の勝率を-10%。

○魔術:D
 戦闘時、【魔】ステータスが選択された場合、敵陣営の勝率を-5%。

○魔術:E
 戦闘時、【魔】ステータスが選択された場合、敵陣営の勝率を-2%。

コメント:
 キャスターが高レベルで持っている事が多いほか、魔術師系マスターが持っていることが多い魔術スキル。
 ただし単なる魔術スキルでは使い勝手が正直今ひとつなので、+での追加効果なり、何かしらのシナジーなりが
欲しいところではある。
 無効化されやすいのも悲しいところ。まぁ三騎士が対魔力ありという設定なので仕方ないのだが。


▼単独行動

○単独行動:A
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+120」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-30」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+30%。

○単独行動:B
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+100」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-20」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+20%。

○単独行動:C
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+50」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-20」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+15%。

○単独行動:D
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+50」する。
 単独戦闘時、勝率に+10%。

○単独行動:E
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+20」する。
 単独戦闘時、勝率に+5%。

コメント:
 大幅な仕様変更がかかった単独行動スキル。
 複数の効果を発揮する便利スキルであるが、これを持っている鯖の離反率は高い。
 貯蔵魔力の増加、ペナルティ軽減と相まって、このスキルを持つサーヴァントは連戦に非常に強くなる。

8319 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 02:00:24 ID:fEop9MI7
今ちまちま調整しながら列挙してるけどスキルは数が多いなー

8327 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 02:03:36 ID:fEop9MI7
ちなみによく言われてることとして、ステ補正が多い=主力向きで、勝率補正が多い=サポート向き

理由としてはステはサブだと半減するけど、勝率はサブでも半減しないから

8346 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 02:13:15 ID:fEop9MI7
▼気配遮断

○気配遮断:A
 戦闘時、相手が初見のキャラクターのみの場合、勝率に+40%の補正を得る。

○気配遮断:B
 戦闘時、相手が初見のキャラクターのみの場合、勝率に+30%の補正を得る。

○気配遮断:C
 戦闘時、相手が初見のキャラクターのみの場合、勝率に+20%の補正を得る。

○気配遮断:D
 戦闘時、相手が初見のキャラクターのみの場合、勝率に+10%の補正を得る。

○気配遮断:E
 戦闘時、相手が初見のキャラクターのみの場合、勝率に+5%の補正を得る。

コメント:
 相手がこのスキルを知らないという条件でのみ発動する初見殺しスキル。
 条件付きの発動なだけあり、発動した場合の勝率補正は同ランクの他のスキルの倍程度。
 詳細情報の入手等でスキルを抜かれている場合にも効果を発揮しないことに注意。
 天敵は直感。


▼騎乗

○騎乗:A
 戦闘時、初手で選択したステータスを+20。

○騎乗:B
 戦闘時、初手で選択したステータスを+15。

○騎乗:C
 戦闘時、初手で選択したステータスを+10。

○騎乗:D
 戦闘時、初手で選択したステータスを+5。

○騎乗:E
 戦闘時、初手で選択したステータスを+2。

コメント:
 どうあっても腐らない、地味な強スキル。発動対象が初手ステなので戦術が問われる。
 得意ステに乗せて勝率補正を稼ぐか、互角近いステータスをひっくり返して、ランダムでの優位を増やすか……。
 巷に蔓延するライダー最強説の理由の一端は恐らくこれのせい。
 あまりに便利なので上昇ステが合計値ではなく自分のステに変更された。

8383 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 02:28:59 ID:fEop9MI7
まぁこの辺にしとこう
全部やってくと日が昇る

8398 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 02:36:54 ID:5JQV1R7v
男爵聖杯でデータマンチするなら
まず騎乗をB取って心眼偽か直感をお好みで取って陣地作成か単独行動を余ったコストで取って運に5振るんだな

8401 :梱包済みのやる夫:2015/07/02(木) 02:37:29 ID:aZqgXaVi
>>8398
そして1さやかちゃんに叫喚する



8405 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/02(木) 02:38:24 ID:fEop9MI7
>>8401
1さやか=5%は定着したな……

電磁郎とかも5%は超えてるのにwwww

9914 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/03(金) 21:08:29 ID:yql4ScVu
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1435925286/

たてましたも

9922 :梱包済みのやる夫:2015/07/03(金) 21:10:28 ID:Iyo8gxYy
立て乙&いってらっしゃーい
エリナ~
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1435769169/132



9930 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/03(金) 21:16:56 ID:yql4ScVu
>>9922
うわぁこれ今考えてた展開に超絶使いドコロがありまくりですも

10000 :梱包済みのやる夫:2015/07/03(金) 21:50:41 ID:tUvHXlOR
>>10000なら女神様お昼寝タイム


18 :梱包済みのやる夫:2015/07/03(金) 21:55:40 ID:QygDvTZp
前スレ>>10000
変わりに夜暴れるんですね、わかりますん










262 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 19:04:25 ID:MS7BiSeG
伊達男の話をえらい半端なところで切ってしまっているので、悩んでいる男爵です

342 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 20:06:33 ID:CL+sJSdP
本当に、ハサン・ザ・アッサシンが志した「ハサン」ってなんだったんだろうな。

タイガーコロシアムの『ジャスティスハサン』とかそこら辺だろうか。

346 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 20:11:52 ID:Gdk7RcRQ
>>342
正義の味方より正義の味方している暗殺者とはこりゃ如何に

347 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 20:14:22 ID:Ui6LPl0Q
>>342
「信仰の戦士」じゃね。
ハサンというより、”山の翁に作られたアサシン”な印象が強いんだよなハサン・ザ・アサシン

348 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 20:14:22 ID:RLso3i1A
>342
必殺仕事人めいたなんか…かなあ?w

349 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 20:14:34 ID:iQjg7JWn
暗殺者より暗殺者してる正義の味方の爺さんのことかー!

350 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 20:16:19 ID:7+n633SC
やらない夫爺さんは歴代でも一番アサシンらしいアサシンなのに
正道属性なのが面白い



351 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 20:16:22 ID:MS7BiSeG
ハサンさんはなんていうか、その

やりきったよね

388 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 20:36:12 ID:MS7BiSeG
割とクロウさんとアーチャーの他に類を見なさがやばい

459 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 21:19:20 ID:mimKc0wU
でもさやかちゃん闘走中ほど頭おかしいことしてないしなぁ

493 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 21:47:26 ID:MS7BiSeG
>>459
そうねぇ。
せいぜいイマガワイレブン相手に絶望的な状況から勝利したり、
5%の壁を超えてアサシンの遺産を横領してたくらいか

541 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 22:25:34 ID:MS7BiSeG
よし、いつまでもgdgdしててもしゃーない!

これを最後の一戦とします
ペストの末路は、なんていうか、どうしよう

578 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 22:42:42 ID:MS7BiSeG
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そして、その聖杯戦争は僅か3日目にしてその結末を迎えた。

 その戦いに関わった彼らのその後は―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

601 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 22:51:15 ID:MS7BiSeG


                      , -一ー-  、
                  , <´          > 、
     ,>-=二三二==- 、/                 ヽ
   ∠  ,=- ' ´   `ー=/    -=ニニニニニ=- 、       ヽ
    //       ,-=ニ{  , >' ´  ̄ ̄ ̄`゚。 <//ヽ     ヽ
           ,/=- '´ ヽ/       / l  i l    <ヽ    }
       > ./´    // /   :i! , ,ィ /  l }    ヽヽヽi  ノ
   ヽ、ー  /     // / { / /ノ// / ,∠リ'ヽ l  ', ', ヽ! /
    ∠彡'´   `-=彡/ / i! i!_:/≧/ }// ,ィf示ヽ!  } l i ‘,
              ,' /; i::{ f {r'心     '乂zツ l /' } i! l
              { l.l ノ::ヽ`¨"´  ,      l // ノ i!  l
                  ', {! /  {',             .リ:ノ / ノ:l  l
                 〉'  / ヘ     - 、     ,イ/  / :{  !
            , イ, 彡'´ 〃:::::...       ィ::/ /l  ',  ',
          /,彡'  / / /::::::i:::.......::'  l/ /l {',  ',  ',  ,
          /'´ / /l l   //:::::,:=| l、ー=,/ ∧ ⊥ L',_ ヽミ=-'
            i!  { { //  〃:;/ヽ-┤,ヽ○! l//::/ /    ヽl }
           'ミン ヾヽ」⊥-<´||´¨ 〉y'´  〉 {l/::,',' ,'      ',ノ
          ヽ _/ :  /// .!!y´/./  / /:!::::l l,'      l
           ヽ,/  :: />'´,- ',´ / / /::::::::::::l l,'ヽヽ    i!
               /  ∧:: 〉/:/ /  /:::::::::::::::::::i l   l l       ',
              ノ  //y':::::::::ゝi/ヽ':::::::::::{><}::::I!  l l     __',
           /  // ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::I!  _.l l. _  {○,
        /  // {:::::::::::_,,;;;;;..;;;;;;;;;;;;!,、:::::::::::::::::i!' ´ _.l l.....___ ̄l.  ',
        /{__ >//  :l:::::::::l;;;;;{ニ{{;;;;;゚;;;;;;;゚!::::::::::::::::i!' ´    /::>::、.」
      〈//>ー- .._::}:::::::::l;;;;;';' .;';;;;';;;'=l;;;',;;;::::-=L........,,_   /::; > '´
       ヽ/_,`'==-- ,ヽ::_;:::!;;;;l;l l;;;;l;;;l     ⌒ 、-一ーニヽ
.       / `一 ¨ ̄ ̄   .l;;;;;l;l l;;;;l;;;l       、ニ、ヽ、 .7´
.       ,'              .';;;;;l;', .',;;;',;;;',ノ,-,-、_ ヽ-、 ヽ ヽ
      {         _>..';;;;;l;', .',;;;',;;;;;;;;ノ  ヽ`i ヽ-/`
       >ー--- ' フ:::´::::::::::::`::..;;>ー-ヽ-....._ ヽ}  /
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::7´
           ,!:::,-==ニニ=ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ】

 聖杯戦争病欠者。

 ……もう少しまじめに解説すると、魔術協会からの依頼を受けて参戦しようとしてDRに殺害された兄の
仇を討つために参戦した見習い魔術師の少女。
 しかし初戦でペストの撒いた病にかかり、拠点での闘病生活で聖杯戦争を終えた。

 自己目的最優先で動くセイバーからは使えないマスター扱いされ、実質良いように騙されて、令呪を使い
切らされたという悲惨さなのだが―――
 その悲惨さに気づくことなく、エリナ視点ではセイバーは最後まで彼女の願いの為に戦い抜いた忠臣であった。

 聖杯戦争後は実家に戻り、兄の後を継いだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

606 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 22:53:02 ID:7+n633SC
この何とも説明しようが無い感w

636 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:03:22 ID:gpOEIl8J
騙されて都合よく利用されたあげくに殺害されたという訳でないだけ、大分マシだと思う。
知らなくて良い真実はあると思う。


639 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:04:30 ID:MS7BiSeG


        ,   l       lト、_ヽ l
       l{   {! _, -ー'⌒, -_、jハゝ    _
      |トー-ヽ ′ _, -' _厶_  ヾミ   / 二ヽ
      T       /r, -ァ ¨てゞ'´    )   |/ヽ l|
      ム-、__{   ヾィ ' ̄´   /  〃l ヽiフ l リ
      `乏Iフヘ   `  ー- '′ /  トミyY´ /
      } ー' l|             {  |  ヽトr'
      _j   ;|    ヽ        ヽ  |  ` |ハ
   / ヽ  } , ¬┘` ー- 、   、 lミー 、l,ハ
       ヽ  Y     _, -‐'  }   l / ヽ | ハ
          l { ー- ¨       ,. く`ヽ、 ∨ / ',
         ヽ、   ,ニ=、    /  ヽ //  ヽ
           }ヘ、/,',ハ }ハー-イ     / /       \

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ドバ・アジバ】

 元はそこそこの家柄であったが、今は零細となっている土地管理者の家の家長。
 魔術師としての家の存続の為に聖杯戦争を起こすが、志半ばで実質的な脱落状態に追い込まれた。

 結果、父として娘に累が及ぶのを防ぐため、並びに神秘の秘匿の為、DRとペストを止めることを目的に
アサシンをトバルカインに預け、自身は協会等を相手にして覚悟を決めた交渉に向かう―――のだが。
 ライダー陣営が特攻めいた突撃を仕掛け、DRを撃破したために監督不行き届きの責任は回避され、
聖杯戦争を起こしたことに対する責任のみを取る形と相成った。

 戦争後は責任として、刻印を含めた魔術師としての全研究、並びに長年管理した土地を畳み、
実質的に魔術師としての家を畳まざるを得ない状況に追い込まれる。
 しかし自身の命は助かった上で、娘の生活には一切影響がでないように交渉を纏めた辺り、
なんとか最低限のラインは守りっきったと言えるだろう。

 研究は続け、何かしら先人からのものをどこかに残したいとは考えているようだが……家を畳んだ時の
その表情は、どこか解放されたように晴れやかだった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

647 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:07:10 ID:OFCrjKTO
ある意味これで良かったのかもしれない

659 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:10:53 ID:SwP7XqTs
良い味してたよ貴方も ほんとお疲れ様です



662 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:12:52 ID:MS7BiSeG
やべぇ

665 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:13:19 ID:MS7BiSeG
ペストちゃんの末期をどこで語ればいいか分からん

674 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:17:09 ID:MS7BiSeG

               l/////
               ノ//O/l: : l-- 、
        __, ィ///>: : :-':/: : : : : : : . 、
     -=ニミ        ヽ V/ /: : イ: ::/: :/l: l: : : : : : : :< ///> ´
          \\イ/: : l:/l/\l ',: :l: : : : :li;\/
          ノ,:>. 〉': :l: ::l込ミk l Vli:l: l: :/ハ: l-- 、
           l: //l: :l 弋ソ  _,厶Vl/: : :lV/Oハ
 \         ⌒l:/ l: l     ,  Vソ/l: :l: : :VO//ノ      _  -====ニ
)  ゝ、          l: l ゝ、'-'   ,.イ: l: :l: :iヽ}//     /-=== 7  ̄ ̄
O  oL      /  ヽ l: l-- ≧ニ Vヽ: :l: :l:ノ       /     /  ( /
    /ゝ-=、/    Vl: lニニニ{ {- 、  .l: l        /     /
O o /l O //l |  _,  /,ハ:lニ -ゝヽ;〈 ヽl: l     //      /  ノ\}\
  ///////> l/  l //ニハiニニニ=┐r}  l: l < //// /      \
////Ll///k    Yニニムニニニニl l=ト 、l::l////// /\       V
)////Ll/ ///     iニニニニニ= ] lニi   l:l\/// //// \      V
/> '\ ノ       lニニニニニニニil lニl  //  \l l////// \      V \
             lニニニニ = ]i lニl  i/    \////////\     ;
             lニニニニニニニi lニl            \//∧    }
             人ニニニニニ= ]i }ム              \/∧ /
        r-=ニニニニ >ニニニニ ノノニ\                  \
      /\ニニニニニニニニニニ/<ニニニニニ=- _
     /    Vニニニニニニニ/   ` -=ニニニニニニ=-- _
     /     Vニニニニ=/ o  \     `  -=ニニ=-  \
   /    / Vニニ,/ O  \  /\_Y -- ' ゝ、     ノ
l V      /  ヽ/     丿⌒     l      ゝ --= イ
}  \  /   /  l /ニ=- イ l      l         r -'
 \  Y \  /   l /    l ,  ___  l       ノ
   ヽ    ` ^ ̄ ̄ l       Y//////Y    / ̄
     ̄ ゝ、  , 、 i,      l_ l//////l_ ィ ̄
         ̄  ゝ-i      l ,l//////l、\
               ', __  -=l .l///// l/}  )
               V /////l .l///// l/i {
               V/////i l/////レ'  l
                 V////l ゝ /イ===┐
                 V////i   lニニニソ
                 V///ハ   `¨¨´
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ペスト】

 根源を目指す魔術師。
 魂食いの要領で多くの人死を起こし、その魂を追加燃料としての根源到達を狙っていた。

 中盤までは非常に上手く聖杯戦争を進めていたが、ライダーの特攻で状況が激変。
 実質的に裏切る必要の無い同盟者であったバーサーカー陣営が崩壊し、最期はランサーが単独で打って出た結果、
囮とされてアサシンに討ち取られた。

 アジバとエリナ、2名の参加者を実質脱落に追い込んだという意味では殊勲賞ではあるが、その末期はひっそりと
したものとなってしまった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

691 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:25:21 ID:MS7BiSeG
あとはー

弓、騎、暗、キャプテン、ダンディか

694 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:26:56 ID:MS7BiSeG
聖杯の容量決定ー


0.誰か1人の受肉が精一杯
1~3.1人の受肉+ダンディかキャプテンの願いの片方
4~6.1人の受肉+ダンディとキャプテンの願い
7~8.2人の受肉
9.ぜんぶ

【安価 ↓5】
1D10

695 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:27:04 ID:MS7BiSeG
トマト忘れてたわ

699 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:27:16 ID:CL+sJSdP
【1D10:7】ほい



719 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:34:03 ID:MS7BiSeG


                 >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
              ./〉´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
             ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  .,イ
             ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i,,イ ./
             i:.:.:.:.:.:,ィ:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:i:.:.:.:.:.:.:マニi/
            ./,:.:.:i:.:/.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/|:.:.:.i:.:.:.:.},イ
           /:.:.|:人iッ。_i∨:.:.|:i:./:/ .|:.:.トi:.:.从:.i
 、、,,_       /:.:.:.:|i、ヾi、匁ソヽヾi/匁戈:./:.:./:i':.:.i
  ヾ、ミ''<__ ∥:.:.:.:.:.:.〕乂       ノイ:.:./:.:.i:.:/
   ,ゝ'__i}    i/:.:/i/i/_〕i。,,_ 、_-イ_)./:.:.:.:.:/:./i/
   `  ∨___人.{ i      }≧ニニ./:.:.:.:.:/}/
           ヾ、 ̄"''=イ >ニゞ .i:.:.:.:./ ´
                /|/ /   〉,/i{
                } >´  / 、_〉〉
               >'´   /ニニミ|
        / \__ }i_    ./ニニニ二|
      /   ゝ彡、 .∨ ./ニニニ二二}、
     /     ゝ,ィ、_,戈;;;;;;≧s。ゞ';;;;;;;;;≧、
    \攻     //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ }ニニ<
      \    / .└i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/'‐<ニニニニ\
       \./    ゝー-〈`''ー彡'    /ニニニゞ
                  マニニニム  /ニニニ/
                  .ヾニニニ〉三\ニ/
                    .ヾニノニニゞ'´
                     .}{ニニニニ≧、
                    .ムi≧sミニニノ
                    .ムニニ/  ` ´
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ライダー】

 DRの企みを打ち砕きテロを阻止した立役者にして、良い空気吸ってる系ソ連パイロット。
 聖杯戦争においては終始いい空気を吸いながら暴れ回り、最後まで最も余力を残しきった。

 聖杯戦争後は魔術協会相手にアジバを通して協力を打診。
 “受肉英霊の知識の限りを伝えるので、受肉後の生活について保証して欲しい”。
 その書面に歓喜した魔術協会は彼女の言を受け入れ、1940年頃のソ連兵の知識を伝えられて
『違う、こうじゃない』と肩を落とした。

 結果としてソ連空軍のあれこれを存分に協会で語った後、『もう良いです』と放り出された彼女は
取引で分捕った身分や資産を手にして、世界のあちこちでうろちょろと楽しんでいるようだ。
 最近のお気に入りはハワイやグアムらしい。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

721 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:34:42 ID:Uq4sxjtU
うまいことやったなぁw

728 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:35:24 ID:AASXlbvR
そりゃ知ってる奴も多いだろうしなwwww>1940年頃のソ連

737 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:35:50 ID:c4nrTTu5
受肉したら宝具もないから、一般人と変わらんよなぁw



749 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:37:26 ID:MS7BiSeG
受肉後のライダーさんの総スペックは、実はLv20マスター相当です(合計ステ80)

750 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:37:32 ID:J8hiBu7U
いらねえwwww
ちょっと探せば残ってるレベルだよwww

751 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:37:54 ID:8Fc7VVtJ
普通に訓練された軍人レベルだwww

763 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:38:42 ID:QSC3+Kz/
下手したら自分の同期とか、同期の子供あたりと出会っちゃいそうな年代だなー

767 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:39:36 ID:+e28AFb7
>>763
戦後70年だもんな。
下手したらまだぴんぴん生きてる>同期



768 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:39:38 ID:MS7BiSeG


        _         ―     <     _
      /∧   >: : : : : : : : : : : :、: : : : \   / }
       ∨∧/:,: : : :,: : : : : : : : : : :ヽ: : : ヽ:>/〉、i
       ∨∧:/: : : ハ: ,:, : : : : : :、: :, :`; : : : ∨/リ
        〉: :,';': : :ムl: l: : : : : : : :l : l:マム: : : : ∨,
..      /: : ,':}: : :ム:l:,イ:i: : : : : : !斗‐弋i : : : : ',: ,
.       ,':/ : ; イ: : :iニマ,';:!マ: : : : リ.,ムz斗:'; : : ; : ,: ;
     ,':/: : :i;':l: :l: l ム、マ,∨: :/ィ炒ハノl :i: : : ; : i; i
     ,'/,: : :i:'! '; :!伐'芯ヽ` ヽ´  `´ .i:イ : : i : :i i  「えー、まずはあの時代の航空機であるYak-1の整備上の問題についてと、
    ,' ,': : : ! !: :';ト;':,`¨´   、    /;' ! : : l : :i i   各オプションを装着したマイナーチェンジ型の使用感についてお伝えしましょう。
    i. i: : : ; :'; :i';:ト、丶      ,  ´ /i :リ: l: :,' l
     i. i: : : ' : i: i '、 ヽ.,    ` ___/ i:イ: : !: i .!   あ、それとも対ドイツ空軍における基本戦術ドクトリンについてがいいですか?」
    !. !: : ; : リ、i  ヽ >, <γ'∨::::::::/:;': : :,!:/
    l i : i: ;'  !  ,x<::::::::::::ゝ.ノ: : : : /: : : / > ― 、
    l マ: i/ __'、   マ : :xv::::::::::::::::::::>i: : :/´  __   ハ
    '、 マ: i´、  ̄ ̄ゝ//ニ二二 ´ <i : /  /ヾ、二二二二二/
      /`;  ヽ    .// `>―‐<. i :/x. ////  H、   /
      l  '、 i    o         !´  .////  ><lヽ /
      i  、八 1_/_1             ////        ./
       '   ヽ.} /            ////       /
      i      i./            ////    /二二/


     【受肉英霊による現代魔術師への知識授与の図】

777 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:41:15 ID:+e28AFb7
>>768
ハーイ!質問でーす!
―――ルーデルさんって実在したんですか?空想上の生き物じゃないんですか?(真剣な眼差し)

779 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:41:29 ID:SwP7XqTs
調べたけどこの人の同期って99歳になるぞ?言うほど多いか?生きてても不思議ではないぐらいではあるけどww



780 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:41:39 ID:MS7BiSeG
Q.神秘については?



                  ,. ': : : : : : : : : : : : : :\: :`: .、
             _ ,.': : : /: : : : : : :!: : : : !: : : ヽ: : :/ ヽ    _..._
                l V: /: : !: !: : : : l: :l: : : : ll: : : : :',:/ヘ ./    レ  `  、
         _ _ _    V: :l: : ;l: :!: : : : :!: :! : : : l !: : : : :!//,V:,    レ     ` 、
.      γ'く ! ', ヽ   i:!: :! : l_l: l: : : : :l: l:l: !:l: :レl: l: : : :l///.:.i   Y 、      ┴、
      / <_ノノー'く  l:l : lヽl-l: !: : : : l!:.!l: !匕! ll: l: : : :l//: : l    `¨`¨¨ヽ/   ∨   「では1930年頃に町娘の間で流行っていた
    {   ´ `/   l:l: : l: :l `ト:', : : /l/ l:ム斗ミl: l: : : :!': : , :l       /     _..V    おまじないをですね」
.   γ!   ̄i´、     vi : iVγf云、;/ ′´ Vrllソl: l: : : /: :/; :!         {   /´  V
    i\_ 斗┤    l:'.; i: l  Vリ ,     `¨ !:.!: : :/: //:.′       ヽ /     V
    !     i     l: :N: l',             i/: : /: //V             ',        V
.   i     i      i: :i: :.!:ト、   、 ノ   /': :/:./v _       _ ⊥_        '.
.   !`''ー=- ''!      i: i!: :i: :.i!>。. _  <r''/:.:/:/ `¨ /   ̄ ¨ ´ ̄     ヾー     i
.   !     l       ';.!i: :i ¨''ー∠:::>.:'':´{./:./:/   /                    ノ
   l     ノ =-‐ ''/ 'i ',:.i   .p:::::::::::://:/:.;   {            _..  -―  <
   !     ,./    /    ! ';.!   ,ハ:::::/ /'.{: i、  キ     _.  <
.  i  //             'l ,/  `¨.:   ´ i::i ヽ  V_,, <
   \  /  _ =-‐一 =ーl、/    :.:      V / \  !
     `´ ̄ ̄            ′   .:      /  `ー/
                  !   _ _i...._,...... __ /   ∥
                   V:´:/_::_:;;:斗、:::::>...,,,,....{
                   }:ノ:::::ハ::::::::::≧=-.、::::::j
                    i::::゚::::::i:::::::::::゚:::::::i:::::`ー':!
                        i:::::::::::l:::::::::::::::::::!:::::::::::::!
                     !::::::::::i::::::::::::::::::i::::::::::::::i
                    }::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ
                    l :::::::::!::::::::::::::::l:::::::::::::::::::ノヽ
                   _,.ト.、::::::!::::::::::::::::レ>::::::>:´'.,: :.ヽ
                   ,>,.´': ヽヾ.、:l::::::>''"::>,:" : : : : i: : : :i
              >'/: : : : :/`:.>o<-‐.<: : : :', : : : : : l: : : :i
             /:/: : : : : :./: :: : !: : : : :.', : : : : :l: : : :!',
            ,/: : : : : : /: : : : j: : : : : : l: : : : : :i: : : : : l: : :.l: ',
             \: : : : :/: : : : : : j: : : : : : :i: : : : : :i: : : : : l: : :l: : ',
            /::\:/: : : : : : : :/ : : : : : : j : : : : : !: : : : :.l: : l: : :.',
             / \:::`<: : : : : : /: : : : : : : j: : : : : : i: : : : : l: : l : : :_',
              /   ` <:::≧<:/ : : : : : : : j: : : : : : i: :_:ニ:.='┬' ̄
.          r/      ` <:::≧:ァ-= ニ:_j: : : : :>'::´:::::::::::;:.!
            ,::::ヽ         /    l_::¨::´::::::::::::> ''" .!
            /:::::::::\       /     l   ̄ ´       l
           /:::::::::::::::::::::≧=:-/       l            l

785 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:42:15 ID:3MFwY0J9
この人が世界大戦有名人のアンサイクロペディア見たらどんな反応するんだろうかw



790 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:42:33 ID:MS7BiSeG
>>785
大爆笑

797 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:43:57 ID:MS7BiSeG


               _ . . . -. ‐-. . . _       ∥
            , . : ´: : : : : : : : : : `ヽ:`: .、/ヽ  ∥
             //: : : :/: : : : : :ト: : : : :.ヽ:/.、 !  ∥
        〈∨: : : : : : :∥: : : : : :.!:マ : : : :.〈llllliハ  ∥
        〉:./ : : : !: : l: : : : : l : :llllマ : : : : :!lll: :',. ∥
        /:/.: : :l: :l: : :l: : : : : l: : l:!`マ :i: : : :Y: : i ∥
       /:.i: : : :l: :l: :l: !: : l:: ∥: 斗‐i=:i: : : : !: : i/          /
       /: :i: : l :l: :l!:_l!_l: : l: /!´;l l!__ i: l: : : :.! : /       /   「二十歳前くらいまでは航空機の工場で働いてたりもしたので、
.        /: : l: : l :l:´!ⅥⅦ: :lV l.;γT:心Y: : : :.l:./       /     整備についても教えられますよ!」
.      / : : l: : l :iγT心マ.:l /′弋:リリ: : : : l/         /
     /: /: : i:i: :VⅦ弋リ  `        i: : : : :i        /
.    /.:.イ: : : l:!:Ⅶマ',`     `. 、   /: : : :./         /
    /:, ' i: : : : l!/l.:ヽ`',    〈   ! /: : : : /l!      ./
  /"  i: : : : :/ .i:i `个s。..  _ー__./: : : : / !      ./
./´    .!: : : :/  ll   ,. =o三三ニ:/: : :; :/  i       /
      l: : :/   ll   ヾ三マ三三 ': : :/!/        /
.       ! : '    i!  _ヽニマ三ニ.i: :./l l:!       i
.      i: :i    `/´ ,/マ:i三ヲi:./ マ!l!       l
      i: i    ∥ ,〃 ヽ!_/'!;  マ! .,,     /
        ` ー   i 〃    // l!  ll、lll j!    '
    γヽ      Vレ '   〃   `   ゞキヾ.、  ,'
    r{ i  ト、    「    ′       / ヾ、 .j
.  Y i i ', /´,i    l!      !      //    ヾi
.  ム ヽヽノニ/.i   .!i   _  _l__  r‐-....' /_    /
.  ! `¨> ´ ハ  / r::´::i':´:::::::`::}::::::::::::::::ト、  /

800 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:44:39 ID:MS7BiSeG
ちなみにこの方、享年27歳。
生きていたら99歳だが、今の時代だと戦争なければ普通にワンチャン生きてたかもしれない時代のヒトデある

801 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:44:40 ID:pn0RH/8X
とことん魔術関係ねえ!
魔術師の中にいるかもしれないミリオタは爆釣りだろうがwwww



814 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:46:26 ID:MS7BiSeG



        , 、       . . . -―-. .
.       !  \ , . :´: : : : : : : : : : : :`: ..jヽ
      ヽ///\: : :/ : !: : : : : : : : : : ヾ、
       /:ヘ////,y': : : j: : : : : : : : : : : : : ヽ
      /: : : :.V///: : : /!: :l : : : : : : : : j!: : : 'ヽ
     /: : l: : : :V/: : :./''i: : i: :! : : : : : ∥:.!: : :',:ヽ    「……まーぶっちゃけ、物珍しい程度ではあるでしょうけど、
      ∥: : l: : : : i' : : :.! ‐ト:、i :l',: : : : :/j.:.;l : : : ',: '.,    探せば普通に残ってるレベルの情報しか無いですね。
      ; i: : : !: : : :l.: : :'rミxi、ヽN ',: : : //:/_l : : l: i: : ',
.    l:j!: ',:.:',: : :.l : : : kシノ`ヽ  }:/x=≠+: : :!: i: : :.',,    この講義に多額のお金を払ってくれる協会さんマジリスペクトです」
      i:! ':,:',: :',: : l : : : i       '´ r::/ ,//l: :/:,:.i: : : :i:',
.      i! ヘ:',、:.',: :!: : : :',      l `'   /:i.:/:/: lヽ: : :l: ',
      l  ヘ:.ヽ.',:.i:.',: : :'.,         /!:i/:./:!:.!:l.l:ト : i: :i
          ヽ、',:.',ヘ: : :.\ ´   イ i: :,/: :l!:l:.! l:l ヾ!: :i!
           i: :i:.lヽ: :ヽ≧..´._   .j://:./l/j:! l:!  l: :.!!
          _.. !: :.! ¨ヽ: :ト\:::::0ヽ/'./// /' l!  .!: :!:!       > _フ
.           /   .i: :i    '; :i::::\:l:/ /´ /    /   !: i',:!      .x ´r<、、
          /   /:/ 、   !: :!:-ニ:j:!`ヽ           !:/ !    / (/ヽ.).}!
       /   / '  ',  !: :!>。.レ\!'.,       /'  .!    /    /t7/'
      /  /    j  l: i l!   ` :`.<.,_    /   !  , イ   .イ'´
.       /        ィ   ':/ /、       ' :.  '.,     / ./ ヘ /ヘ
.     /       /、  /'/ \     ::.  ',    /';:,   \::ヘ
       ',    /  \/"    _,ヽ=-ァ_,,..=..,= .i   /  '';:,,    \ヘ
  /   \ ',  /    ヽ  γ::::::::;;;;/::::::::::::::\:Y        '':;..,   /
. /      \、/      ヘ/:::::::/::``::=-.::_;;;ノ::;        `,>"
 ∧       \      !::::::;:イ::::::::o::::::::::::〃::`o',      ,/
  ヘ        \     !`'::::ll:::::::::::::::::::::::::::;::::::::!    /
   ヘ        \    ';::::::::ll:::::::::::::::::::::::::;:::::::::! ./
.     ヽ        \   } :::::::ll:::::::::::::::::::::::':::::::::! '
       ヽ       ,.:;''\ j::::::::::ll:::::::::::::::::::::;':::::::::l
       ヽ       ,:;''´  ヾ::::::::::ll:::::::::::::::::::;'::::::::::l
        ヽ   ,:;'   γ `ヽ::::::ll:::::::::::::::::;':::::::::::i
         ヽ  ;:;'    /    ヽ:ll::::o::::::::{':::::::o::i
.           ヽ.l:!   !、    V:::::::::::::::l:::::::::::::l

817 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:46:59 ID:yguI2H/H
協会「解せぬ」

832 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:49:27 ID:+e28AFb7
男爵さん、この子動かすの楽しいんだろうなあ。
今回、あまり張っちゃけた動きをさせられるキャラがいなかったし

835 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:50:00 ID:VJoNn1xB
むしろ戦ったモンゴリアンデスワームについて詳しく話聞いたほうが良さそうなレベルw



844 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:52:23 ID:MS7BiSeG
>>832
動かしやすさという意味では癒やし
今もこの子すごい喋らせやすい

846 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/04(土) 23:53:00 ID:MS7BiSeG
                     . .- :=: : : :¨: : : : . .
                  ,. ': : : : : : : : : : : : : :\: :`: .、
             _ ,.': : : /: : : : : : :!: : : : !: : : ヽ: : :/ ヽ    _..._
                l V: /: : !: !: : : : l: :l: : : : ll: : : : :',:/ヘ ./    レ  `  、
         _ _ _    V: :l: : ;l: :!: : : : :!: :! : : : l !: : : : :!//,V:,    レ     ` 、
.      γ'く ! ', ヽ   i:!: :! : l_l: l: : : : :l: l:l: !:l: :レl: l: : : :l///.:.i   Y 、      ┴、
      / <_ノノー'く  l:l : lヽl-l: !: : : : l!:.!l: !匕! ll: l: : : :l//: : l    `¨`¨¨ヽ/   ∨
    {   ´ `/   l:l: : l: :l `ト:', : : /l/ l:ム斗ミl: l: : : :!': : , :l       /     _..V
.   γ!   ̄i´、     vi : iVγf云、;/ ′´ Vrllソl: l: : : /: :/; :!         {   /´  V   「>>835
    i\_ 斗┤    l:'.; i: l  Vリ ,     `¨ !:.!: : :/: //:.′       ヽ /     V    キモかったです」
    !     i     l: :N: l',             i/: : /: //V             ',        V
.   i     i      i: :i: :.!:ト、   、 ノ   /': :/:./v _       _ ⊥_        '.
.   !`''ー=- ''!      i: i!: :i: :.i!>。. _  <r''/:.:/:/ `¨ /   ̄ ¨ ´ ̄     ヾー     i
.   !     l       ';.!i: :i ¨''ー∠:::>.:'':´{./:./:/   /                    ノ
   l     ノ =-‐ ''/ 'i ',:.i   .p:::::::::::://:/:.;   {            _..  -―  <
   !     ,./    /    ! ';.!   ,ハ:::::/ /'.{: i、  キ     _.  <
.  i  //             'l ,/  `¨.:   ´ i::i ヽ  V_,, <
   \  /  _ =-‐一 =ーl、/    :.:      V / \  !
     `´ ̄ ̄            ′   .:      /  `ー/
                  !   _ _i...._,...... __ /   ∥
                   V:´:/_::_:;;:斗、:::::>...,,,,....{
                   }:ノ:::::ハ::::::::::≧=-.、::::::j
                    i::::゚::::::i:::::::::::゚:::::::i:::::`ー':!
                        i:::::::::::l:::::::::::::::::::!:::::::::::::!
                     !::::::::::i::::::::::::::::::i::::::::::::::i
                    }::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ
                    l :::::::::!::::::::::::::::l:::::::::::::::::::ノヽ
                   _,.ト.、::::::!::::::::::::::::レ>::::::>:´'.,: :.ヽ
                   ,>,.´': ヽヾ.、:l::::::>''"::>,:" : : : : i: : : :i
              >'/: : : : :/`:.>o<-‐.<: : : :', : : : : : l: : : :i
             /:/: : : : : :./: :: : !: : : : :.', : : : : :l: : : :!',
            ,/: : : : : : /: : : : j: : : : : : l: : : : : :i: : : : : l: : :.l: ',
             \: : : : :/: : : : : : j: : : : : : :i: : : : : :i: : : : : l: : :l: : ',
            /::\:/: : : : : : : :/ : : : : : : j : : : : : !: : : : :.l: : l: : :.',
             / \:::`<: : : : : : /: : : : : : : j: : : : : : i: : : : : l: : l : : :_',
              /   ` <:::≧<:/ : : : : : : : j: : : : : : i: :_:ニ:.='┬' ̄
.          r/      ` <:::≧:ァ-= ニ:_j: : : : :>'::´:::::::::::;:.!
            ,::::ヽ         /    l_::¨::´::::::::::::> ''" .!
            /:::::::::\       /     l   ̄ ´       l
           /:::::::::::::::::::::≧=:-/       l            l


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

856 :梱包済みのやる夫:2015/07/04(土) 23:54:40 ID:+e28AFb7
そうか、キモかったか。


俺としてはむしろ同行したキャプテンに戦いの様子を聞きたいな。
粘液を吐きかけられ触手チックなものに巻き付かれたライダーの奮闘を詳しく!
―――イヤダナーガクジツモクテキデスヨ?



878 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 00:03:46 ID:1SOIhi5p
ふむ。

トマトの行き先を決めるか。

879 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 00:04:10 ID:1SOIhi5p

1.アサシン
2.キャプテン
3.ダンディ

【安価 ↓5】
1D3

884 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:04:24 ID:wVCZ4fwu
【1D3:3】


893 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:05:00 ID:JMF9u4JA
ダンディ&トマトwwwww

912 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:08:41 ID:sXPBR/7c
ダンディが後継人兼教育してダンディなトマトにするのかwww

913 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:09:21 ID:6O5eY2ak
カード魔術がなんかちょっと面白そうだったのか?w



914 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 00:12:51 ID:1SOIhi5p


                     ┌──-、
                 |≧x.     / ̄l | ̄\ \
            ___|  __ ≧x/ / / /     \ \
.           /   |  |  \ ̄ ,ノ      ∨∧
         / / ̄|  |     ̄          V.∧
    __ノ⌒⌒⌒ヽ / /      ______  V.∧
   /__ `ヽ 〉 〉 ) /     ///∧レ' =-‐ト、 ヽ∧
.  / ー'^、_/_/_/__/-‐<    //j,ィfK ∧ f茫ラVl\ ヾ\
.        }'⌒  }_,ィ‐一く ,///|l::|l:/ノ \  ̄ !l川jN \ ̄\
  、__ -ァー一'´   ー=彡杉j}:jレ'| 辷'      |l川トミミヽ   ̄| |
.      /          _厶ィ7li川l{    r__‐、_,  ハ}ノ}川ト「\.  | |
    /       , ---- 、/从lハ.  `二゚´ ー=彡イ川{ j}   | |
    ,′      .{ (⌒ヽ \リ l小        / |川N\   //___
    ,         ヽ ヽ.  \ ヽリハ    _/   /|川ヾ_____/// ̄\
   .′        __.\ \ ‘,/  }厂i   l  / ハ ̄ ̄ ̄ ̄| l{⌒ヽ. ∧
.  i  ___/ ̄/  ヽ. \  ̄」 |  .| |  ;  /   ∨      | l|    V∧
.   l ̄\ \  \_____\  ̄/ ./  ノ  . / /_.  -‐\    | l|___V∧
  ‘,  ∨∧ / ____ ̄ ̄ / ∠   ー'   ,.   ´ ̄ ヽ  | l|_____‘,
.   ‘,  ∨ ∨ /    ̄/ / ⌒ ー' / ̄           \ | l|      _
.   /i   ‘, / /     / /                \`|  ̄ ̄ ̄__
  //    / /     / /                   '. 〈 ̄ ̄
  /    / /     / /        |               j', ∧
      / /     / /            、            / ∨∧
 ー一'^/ /     / /             ヽ               ノ∨∧
    / /     / ∧         _  _             ∧ ∧
.   / /     / / 人     / ̄ /    `ヽ ..,         //∧ ∧
.  ./ /     / /////ヽ. - '    {          `¨¨¨´  7///,∧ ∧
.   ./     / ////////}         ヽ        /´   //////∧ ∧
    /     / ////////,∧ ヽ     j      ,ノ     /////// ∧ ∧
.   /     / ///////////   レ‐┬───=≦、___/////////∧ ∧
  ,      / /////////_,厶ィ´    |             }/////////∧
       / /////////{         |               j////////// ∧
.      / ////////// |.__l l_n‐┴──n.___l l__/////////////∧
     / ///////////「  l l  |「 ̄c゚o ̄l |   l l    }'/////////////∧
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【キャプテングラフ】

 男気あふれる海の男。DRのテロを止めた立役者であり、ある意味で今次MVPだった男。
 しかし聖杯自体の仕様権はライダーとアサシンに譲り、自身は再び私掠船の船長に戻った模様。
 ある意味において、快男児らしい在り方を果たしたとも言える。

 祖先であるクロウバードの財宝については今後も探し続けていくつもりのようであり、聖杯戦争で得たコネにも
継続して情報提供を求めていくようだ。
 その結果として彼がぶつかる物語については―――
 さて、いずれまた機会があればとさせていただこう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

924 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:15:16 ID:xjlvpDTF
ありがとうキャプテン。本当にありがとう…。

934 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:17:42 ID:cgHIAiP8
前回の明といい今回のキャプテンといい、やはり相性が重要だな



935 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 00:18:10 ID:1SOIhi5p


                             ヽ;ー´\
                        .|ヽ 、,' - 、.|\  \ハ,
                        | ,,,. ヾ  |;;;;;.う    .ヽ.、、
                     _,,,,..| .{;;;;;;ヽヽ|;;.. -(,      `' 、
                    \、    {;;;/   ,,,.;;-≦ゝ、,,_     `ゝ
                      〉、 ,,;;戈≠、__τラ五ゞ ト、ヽ     ./
                    ≠'´ .丿χζiラ 、ゞー--- ´ ドゝ、  /
                  -'"´//;;;;{ }_./ヽ        Kラ' .` ヾ{'"´
                     \ ヾ;;;;ソ,   .τニ 、_     レ'´    、ヽ,
                     丿  ヽ',  ´,;;;;;;、     ト´    , '、 `'
                 _,ーニ≧≦'´}ヾ',   ヾ´    /.!   _,,...ゞヾ、
               / ̄      ` ゞ,,,ゞ、∠⌒"'ヽ'"´/,'i   |          _,,.. ,
             /     _,,,.-ー-,,..,,,ニ}.Lヽヾ'-、,,,. -'"/  !   .{'l.     ,.: ' ´ ,,;;::,,  `'':,
            /   ∠> _,,.. -≧∠-ー '''ヾ、_   ,'  ,,.l∧ .(´.',  ,.: '´, '"  ,,.;:'' , ,;:::''
           /    .// /  /´   ,     ヽ  i ./!  ̄ヾΛ,,,;;'::'"   ,,; ." ..,;:' '"
           .|   // /   ./    V   ___  i.   / i.  . ̄λヽ    ,.;;''" ,,; ''"
           {   // /   ./    ヽK、 "´  `ヽ、!`' '"'、 ; ,. '/`ヽ、,;:''" , ;: ''"
           ヽ  《 ./   √ー--::ヽ、 ゞ,   ヾ;;/    ゝ´ >''" ,,;:<、
            ヾ/ヾ{  /       }  }    .!"、  ζ ,,;:'''",,;;::''<    `''ヽ、
             >''"´'''ー、,,.     /_,} ,..:-:.,, .i  \;;:'''",,;: ''"´   |      `、
          ,,. ''"       `,;;   ./ ;;;;i {   }. l.   !,,;:'''"    ノ"´       ト,
      ,.. - '"-::、        ,;; ,/    "ゞ,,⌒_,,ノ   ,;''ζ,,,.. ::-ー-- ..,,,      丿|
    ./      .\     ,,;/      i   ̄ ト- .、 ,;;''"| , レー-:、,_   `' ヽ. / 彡
  /          〉;;; >.'/    .ヽ   ,,!   .}    ;;,;'"´|     `ラ` 'ー-'´/  ,. ; ';
 /          /"´ .ヾ |     ,,..>'ヾ、、  {    ;,,;;'´\    ノ     },,  /;;;;;;;;;
. {          ノ´    ヽ;ヽ┐ー''"    ,>"´   ,.」'" /    `"' ,   ヾヽノ;;;;;;;;;;;;
 ヽ      ,,. '"      /;;;;;;;∧     /    ,,,,/.  /       i  ,,.. '};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  `ゝ.ー '"´        /;;;;;;;;;;;;;; ̄`ー-く    .i"´    ヽ       !´;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>.、`ー '"´       ,〉      >;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`>ラ   ,,,,..:  .ヽ      ヽ、;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄!;;;;::''"´    {       };;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;,.''"  `,
                 `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.{       .',      };;;;;;;;;;;ゝ'".ゞ,   ,,. : '
                    ー--、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_,,,,,,     ._,,,_ ,,,._ ゝ;;;;;;;{´ ,,. !>' ,"
                      ノ `,,... =ー,'"´  .i  `''''''''''''´  ヽ ̄} }`"'  `""´`' 、'
                      \/ /  {  __{  ,-ー--、 !  .! i>'、´     }
                      .{ ̄,,.. 入,..ゞ´;;;;;} .` ̄  ̄ ̄/ ̄  ̄"'、_,,, ヽ」   ,. : '"`'、
                    .,- ''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/"       ヽ     {_ ゝ-:::, '":、    }
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【アサシン】

 今次において受肉した2人の英霊のうちのもう片方。
 聖杯の容量は小さかったが、それ以上に受肉を望んだ英霊が、ライダーとアサシンという双方ともに
この聖杯戦争でも宝具を除けば最下位ランクの戦力の2名だったことが、2名同時受肉が成立した所以だろう。

 ちなみになかなか抜け目なく、ライダーが積極的に協会への協力を打診していくのを尻目に、
自身の受肉を協会に対して隠匿し、いつの間にか姿を眩ませていた模様。

 その後は時々グラフの船に乗り込んだり、アドバに元に土産を持ってふらりと訪れたり、トバルカイン相手に
酒の相手を求めてきたりと、彼が望んだ通りの自由な風来坊生活を送っているようである。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

940 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:19:27 ID:JMF9u4JA
こいつもこいつで自由だなwww



964 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 00:34:21 ID:1SOIhi5p



.      /  /   }/          ‘,
      |  ,                ‘ ,__
      } : _   __   r、    ___/}
.     /ハ ||「::::::::::::::::::ヽ  }:::i   /: : : : : ::人
\   ..|:::::}` | ト、',\≠ィⅥ  }:}::|  /: :r ー‐ ´  \_,、
  \ ....}:::::::\_j.zチ圦リ ノ ノ 〃ノ  ハ l , ─- __/: }
   \./|}:::::::}\\` ̄{  ヽ'  V ̄::::::} ,' .: : :__: :>'´ー─y
     \.ハ:、:::マト≧=-       V:::::iり_ .......、i         /
      \. :::::}         }:::i:| リ_,. . =V} , < ̄ ̄ヽ`ー---y
        \.....\ ,. ク      /Ⅵj/   /       ‘ ,-:./
          |:\. : \     ,:':::::,リ     / |   ,:       ‘:,
         }'.....\.....:\  , '7/   , '    |   !        ‘ ,_
            \..  ̄ {:ム    /  .  . .!  .!        '.\
              \   \\ /      |  |           }  !
               \    ):ノ'        |  l           , |
                 \ }/        i,  i        ,:'  :|',
                   \      ' , ‘, .i        '   |:‘,
;ヘ                // .\       .ヽ ', i:{       /   | ‘,
;;;;;ヘ                  //    \      . トニ_=:i    ′  |   ,
∨;;;ヘ.               //      . \       `::.             .‘,
..∨;;;;;ヘ             //         \       ::∨   i    ,   ,
  ∨;;;;;ヘ.           //          \..    .::::::ヽ  .:|  ,::::,    ‘,
   ∨;;;;;ヘ        //                \..... ..::::::::::::::y :::| /:::/.    ‘,
.....  ∨;;;;;;;ヘ      //.              \ . :::: . ::::/ Ⅵ '::::j    _
    ヾ;;;;;;;;;;ヘ   //                \  . :/   Yi::ノ ,. -=ニ
      ヾ;;;;;;;;;;;ヘ //                 ::::::::: \    ノ'´ ´
        \;;;;;;;;;;;;ヘ                 :::::::::::::::: \ ...j/
        \;;;;;;;;;\\                ::::::::::::::/!......\
       ヾ ̄`''ー''、;;\`\__           :::::::::::,'::::i  ./ \
        ∨::::::::::::::::`ヘ;;;;;;;;;;;; ̄`ヽ、,,.     :::::::::::i:::::', ./    .\       ,
            ∨:::::::::::::::::::::::ヽヘ二> ′.    ::::::::::,'::::::::/       \   /

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【アーチャー】

 今次聖杯戦争において最高の霊格を以って顕現した令呪スポンジ。
 敵陣からの令呪を合同参戦含め12個も受け切った鋼鉄の壁。

 聖杯戦争へは腕試し気分でやって来て、天然さを発揮しながら良い空気を吸って戦い、
戦果としては勝ったり負けたりだったものの個人的には満足した模様。機会があればまた来たいとのこと。
 ランサー戦後に魔力切れもあり、座へと戻っていくこととなったが―――

 その際の最後の言葉は『そういえば昨日食ったあの料理美味かったけど、あれなんて名前?』だった。
 ライダーの『カレーライス』という言葉を受けて帰っていった彼が、実はハヤシライスだったその夕飯の情報を
座にまで持ち帰れたかどうかは定かではない……。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

966 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:35:13 ID:doQx5GsH
凄くどうでもいいwwww>ハヤシライス

そして戦慄する令呪12画の文字

969 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:35:20 ID:Fh/IGjNu
多角的にひどいwwwwwww

999 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:42:39 ID:xjlvpDTF
アーチャー「さあこい!俺は令呪を12画まで受けても平気だぞぉおおおお!!」
敵サーヴァント「なにそれこわい」


1024 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 00:55:07 ID:1SOIhi5p


                                               _   , 、
                                            _, イ  ヽ, / ヘ
                                              ̄`ヽ, V  ' 〉
                                              ,.ィ:.ヘ、',_ ',. /_
                                           ,,..ィ.:.:.:.:.:.:.::γ.ヘ ¬ ヽ
                                         ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::! i ト 、.i
                                     ,,.ィ":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::;;/Y  ,'  ヘ}
  ィ=ュ、                               ,..- .ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, '"   ,!_,/   '′
.    )iハ                          /|,ィ:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.    マハ                        _/イ:.:,r‐ニア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     }二                   ,>:.':'.;,:.:.:.:./ ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.    , }ニzi                   _,. イ:,:,:.:':.:.:.:/.:.<:.:.:.:.:.:.:.;>ァ'′
   /|,ノニニ}        __,,,...-‐:.';".;.;.;';'.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./、 , ′
  ムニニニク,        ./i;.;.;.;.;.;.';';';';';':':':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:,:,:':.:.:.:/>'"
 ムニニニニ!.       i:::l;';';':':':':':'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:,:;';';':':.:./´
 `}ニニニ/          !:::',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.;.';';';';.':.:.:/
 V二二ニ{   _     ,'::::::ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:;':;';';';';':':.:.:/
 !ニニ二二 /| `' :<_ !::::::::::ヘ_z--=ニニニ7.:.:.:.:/
._ 寸ニ;,';:=/,  |    `'_<ニ二テ二二-W.:.:.:.:.;'       ,  __ __,z=z,,,_
;.゙:,゙;.'.;゙::':.゙, ':.゙:/`゙.';.<_.二_ニ=-| |i |i>,ニiW.:.:.:.:.;'    ,ィニチニニ=≠ー==zx、
;';;゙゙,;゙;;';:゙;.'.;゙:..゙.:, , ':゙.:'..:゙:,.ニ∨: :イ.ー)ヘ==r'x:::>.  _,ィニニニ=≠`        `ヽ
;;゙,;゙;';゙;.:':゙.;'.゙:.;゙:.':゙::.゙.'.,.゙:'゙二-{.t、0 . リ└fア_  V_,ィ二ニニア´  ,      .
;;゙;,゙;';;゙:,';゙;.:':,゙:;゙..':.゙,゙i゙ !二二弋マL_. . .oノ;.. `>!ニニニニア    ;,゙,;、 ,  .;゙;.
゙;;';゙;,';゙;.゙,:゙;.;':'.:'.゙,:゙ マ、Vニニ-8::.、¨7ィ.:.゙:゙:.゙:,./;ニ;゙=;二}_,:゙,;. ,'.;.゙;;,゙;';,';.;',_ :,゙:.;'.
;;゙;;゙;:';:゙;.゙:'.゙_'゙.゙:゙ム  >ゞ<=:8ニ=8ニム:゙:.':.゙.:';.゙;:'.;゙;.,';゙.;:゙.;゙:,';;',;゙;;゙;;゙;;';゙;;゙:.':゙.;':.゙.、.  .  .
;゙;;゙;:゙;;';.゙:.'; Vニラi=ヽ、 ー `:8ニニ8=二ム゙';.゙.:':,゙;.':,゙;.':.゙,;':;';;゙;;';;゙;;゙;;゙;;゙;;'.゙:.';.':゙:,:':.゙:,'.,:.,.、 .  .
゙;;゙;;';:゙;:':,゙;゙,. ジ. lニ二二ニニl8ー=8=ミニニ_゙' ゙'':゙' '゙゙ ':゙':゙.゙;:゙:゙、゙;;゙;;';;゙;':,゙.;゙;,':,゙.;゙:,゙;.':.゙.;':゙.:':. :.゙:',
;;゙;;゙;;':;゙;.゙:.':.゙;.  |二ニニ-_-ニニ8z、8   ヾ==‐'"        ゙;゙;;゙;;゙;:゙;.゙:.゙:';.;.';.゙,:゙.;゙;.゙.:':.゙.:':.':゙:゙,
゙;;゙;;゙;:';,゙:,゙;゙.;゙.  |ニ_ニニ_-_ニ}.8ニ8ニtzx、            ;゙;;゙;;';゙;:゙:,゙;:':.゙;.゙:,';.゙:゙;.゙:.'.:゙:.'.:゙.:゙:.',
;;゙:;゙;゙.;゙,:゙:.'.:゙.  !ニニ-_ニ-ニ| 8 8ニニニtx           ゙;';;゙;;';:゙;;.゙:,';.゙.:゙:.'.:':.゙:.゙:.'.:゙;.゙:.゙:.'.゙;
;゙:;゙:;゙:,';.゙;.゙,:'.  |ニニニ-_ニニム 88 V二二ニム          ゙:';;゙;;゙;;';.゙;.゙:,';.゙;.'.:゙;.゙.:'.:゙:,゙.;゙.:':.゙.;゙

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ハロウィン】

 零細魔術師の家に突然変異的に生まれた麒麟児。
 一流魔術師として必要十分な魔力量を持ちながらも、その能力すべてを自分の為だけに使うと決めている、
ある意味において割り切った現実主義者。
 そして同時に、その場のノリに全てを賭けれる刹那主義者。

 聖杯戦争においてはキャスターと組むも、その陰湿な性格に内心では辟易していたようで、セイバーからの
契約打診を機に切り捨てを図ったと思ったら、今度はセイバーのノリが気に入らなかったので全令呪でヒャッハーを
開始した挙句負けたりした奴。

 結果としてトバルカインに拿捕され、聖杯戦争の後始末に暫くアジバの元で下働きを強いられる―――が。
 アジバから『こいつ腹立つから要らない』と突っ返される。
 結果としてトバルカインの魔術の布教に協力するという方向で落ち着いたようであり、彼が選んだ行動は―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1025 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:55:26 ID:PH0G1T7k
1次:腹パンがひどい(褒め言葉)
2次:キシドーがひどい(褒め言葉)
3次:なんかふわっとひどい(褒め言葉)
4次:バーサーカーが最強でひどい(褒め言葉)
5次:摩
6次:セージもダークヒーローでひどいがキャスターもひどい
7次:主人公組のラックがひどい
8次:くらなくんがMPKでひどい
9次:アサシンもひどいがキーライダーの殺意がひどい
10次:BBちゃんのメンタルがひどい
11次:幽雫筆頭にさすキャスなどなんかみんな色々覚醒しまくってひどい
12次:トマトがひどい

だいたいこんな感じだな!

1027 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:56:02 ID:q2aGvqtb
トマトに、花が、咲いている・・・!?

1044 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 00:57:37 ID:bbja7NLz
意外と鯖の好みうるさいぞコイツw



1047 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:01:09 ID:1SOIhi5p


     \ マiii| \        ./i                                               /  / / ∨       _
      \ >イ    ┌i ./ /                                              ./  / ∨/,ィ 、     `'<>
≧s。     //      | .| ./                                        _,,         ̄    / /.//      `'
. /     //  ∧    | .|´                                      _/:.:.〉==<           ̄///_
´  / \ .|/  / ./ / ̄ ̄/                                      .《三三三}i:.:.:.ノ      / ̄/_/ /___/
 ./  /    .ヽ'   ̄ ̄                                     /ヽ,:.:.:.:.:.`"''ゞミ{、       /_/─'./ .∧  ∨
イ  ./   __    `'<>。,ィ┐                              .}iii、:.\:.i:.:.:.:.:.:.:',:.:.≧s。    ∨ ∨i__{ ∧ ̄∨   _,,,
..ヽイ     `'<.\ >イ    | . |./ ̄/                          .}iiiii:.:.:.:.ヾ、:.:ノ}:.:.',:.:.:.:.:.i}.}'<   .∨イ     ∧  ∨i'´  |
           .// |     ./  /                            }iiiiv:.:.:.ノiiiiiゞ':.:.:.:i:.:.:.iYノ}。,,_:.'<、、===--ー< .ノ{  .|>''´
           |  | / |/|  ──'´ ∨                           }i´:.:.:.イiiiiゞ:.:.:.:.:.:.i:.:.:.i:i}ゞミiiiiiiiii≧s。:.:.:.:.:.:.:.:.ノイ
    i 、.       |/´..i/ ..|   |/ /∧/ <                         .}i:.:.:.:.ノiii{':.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i}   `''<iiiiゞ''"´ ̄、   ,、/ ̄ /ヾ
    |  ≧s。     .|  /   .| /|   / /                         .ム、:.:/ii彡:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i''"´| //  | ∨  、 ̄/ ∨/_
    ゝー< | ,ィ 、   |/    |//  / /                         .ムイi{//ii,:.:.:.:.ゝ。i_,,:.:∥/`'<´    /ヾ ̄ ̄/┤,_ノ .| |
         /  /。,       .//   >'       .i 、                  ムiiiiiii/iiiiソ:.:.:.:.:.:.:]i{:.:.∥ ≧s。イ┐   ─ー≧s。ソ、, 、 ヾi
        |  / \\  |≧s。              | \               ノiiiiiii/i{ミi、:.:.:.:.ヾミi、:.:./  | | |  |         ヾ  〉
        /  /.\\.\ \.               |   |              .,イ}iiiiiii{´ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:.:|__ヾヽ≧s。i}イ.=┐        ヽイ
       \ /   | ̄|  `'<i            |   |     | ≧s。     //iiiiiiii/ミi、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マi,_ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}       /`'7
        /\..   ..|_| 、        ∧.      、ー|   |     |    |   ./iiヾiiiii/ii:.:.:.:.}ゝ。,,_:.:.:.:.:.:.:.:ヾ,:.:.:.:.:.:.:.:.┌i}       / ./ 、==、
      / __ \   \  \二二、 / ∨    Ⅵ   |∨ .. ..|    |   ゝ''ー--┤i:.:.:.:.i}:.:.:.:.i:.: ̄"}≧s。、:.:.:.:.:.:.:.| .|>┐    `"   \\/
      \ \\ \   \_\ __/   ∨    ∨'<i ∨   `''< |       |iii:.:.:.:.i.ヾ≧s。:.:.>イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノイ_>´          ヾ〉
        .\ \\  |\      \   ∨  .i< ∨>''´〉s。,,_            マi:.:.:.:.:i:.:{ヾiiiiii:.:∨ ∧:.:.:.:.:./| |//             .\
         .\ \ヽ .|  \──< /ヽ<   |  `'< / /   /         、─<:.:.:ゝニニニ≧:.∨ ∧// i丿'
           \  ̄|  /.\  / / /   /  `'< / /   /   __      、==.、─>ー<./ii:.:.:.:´i{
             `'<  |\  \  | /\/\   / / / /   /   \\     \ \:.\  ∨\\:.:.:i{               ___
                \|  \ /、  |i  .|、  .\/ /   ≧s。      ´´       .}ii|\ ゝ\, .Ⅷi,:.:.:.:i{             /  /
                \|\| |  |  \ | `'< /__/   \\\              }ii\\{   .Ⅷi,:.:.:.i{      / \ |≧s。  / \二\
                  | | |\|     ,、         \\\            /__/:.i{   }iiii/ ./{    ヾ   / |   |イ。,,_  /_
                  ∨.`'<i`'<  /  〉       >'´\´∨   /| ≧s。 }i∨}iiii,:__i{__  /`''<{  _  //  |   | .|   | /
                   \/ `´  /  /       ∧>''´ ∨∨  ヽ/イ≧s。∧ ヽiii,     }/.i   |{/ /// / ̄/≧s。| |   | |


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【トバルカイン】

 アジバとは似て非なる、零細魔術師の末裔。
 祖先から受け継いだこの魔術を自分の代で潰えさせるのを惜しく思い、その技術だけでも誰かに
伝承させたいと思い、聖杯戦争に参戦した。

 しかし結局、聖杯はライダーとアサシンの受肉で容量は残らず、さてどうしたものか―――と、思っていたところで。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1054 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:03:57 ID:1SOIhi5p


; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;゙:.゙; ゙;,',:゙;.゙;'; ;,゙:゙,;':゙;:゙;.',:゙.;゙;;':゙,':゙;
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/: : ゙:,゙;:゙.゙:;':゙; ;゙; ;' ;゙;.゙;゙;,';゙.;゙;';゙;.';;゙__
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;! : : /; ;゙.; ;゙'; :. ; ;゙; ;゙;゙;.゙;:゙;';゙;/´.-、 \
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;_;_:.:..:_'; : :/; ; ;゙;,;゙'; : ;゙;.;゙.;゙:.;゙;';.゙;.゙/: : . 、ヾ  }
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/´    .'; :.| 、; ; ;゙; ;' ; ;゙;.゙;:゙;:゙__=::-:.、: : : : . . . ム - 、
; ; ;.; ; ; ; ; ; ; ;/       '; :| '; ; ; ; ; ;゙'';゙;゙/o`¨ー= = - -::_:._..' °o!
; ; ;'; ; ; ; ; ; ;,′   ,,,、  V  | ; ; ; ; ; ; ; {0・ ,.、  ー=::::_::_z-/.<::;>ノ
; ; ;'; ; ; ; ; ; i       ゙'゙     .,'; ; ; ; ; ; ; ;ム く-ゝ z_.. =- '' '' ‐゙ -<、
;';';';';';';';';';';';{           /';'; ; ; ; ; ; ; ; l\ー : /´             ',
;';';';';';';';';';';';';ヽ、       , イ';'; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/.`¨´  . . : : _: _: : ノ
;';';';';';';';';';';';';';';';'>,-,-,.<;';';';';.; ; ; ; ; ; ; ; ,:'    . _: -: ニ_:ニ ┐;/
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'; ; ; ; ; ; ; ,;、∥  . ィ:= ‐ ̄    ム、   「聖杯戦争で累計12画もの強化をされた敵と戦い続け、
';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'; ; ; ; ; ; ; ;ムV{ : . イ ァ"      . _: ハ    生き延びた魔術師の“技術”!
;';';';';';';';';';';';';';';';';';'.;'.;'.;'.;' ; ; ; ;、; ; ;/lⅣ;弋 : { /.   ,..- ¨ ̄  }
;';';';';';';';';';';';';';';'; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,イit、,イ|Ⅳ; ; ; ; .ー;- ァ, "    __,. _, イ    オッサンの魔術は戦闘向けにカスタマイズされてるからなァ!
;';';';';';';';';';';';';' ; ; ;zx; ; ; ; ; /圭|圭Ⅳ; ; ; ; . . . ム  . . . ._: : : ,'     護身術兼ねてこういう名目で巡業して布教しようぜぇ!!
;';';';';'ィヘ';';';'.; ; ;イ圭|itx; ;/圭7;寸}7; ; ; : . /ニ{ : : ; ´ /、: :./,
zイ|圭|A; ; ;,イ圭抄l圭|圭Ⅳ; ; ; ; ; ; ; ;/ニニ弋 : :{./ ,. '  }_:/-_    零細魔術師の家なら飛びつくところもあるだろうがよ!!」
抄守|圭|ixイ圭Ⅳ; ;.マ圭|/.; ; ; ; ; ; ;/ニニニニ-`¨¨く,:'. . .ノニニ-_
|7 ; ;寸l圭l圭Ⅳ; ; ; ;.ヾシ.; ; ; ; ; ;/二ニニ_-_-_-_-二`¨¨´ニニ_-_-_
'; ; ; ; ; 寸圭Ⅳ.; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/二ニニ_-_-_-_=ニニニニニ_-_-_二-_







                                               __
                                              >''" ,:i:i:i:i}
                                              〈:iヽ:i:i:i:i/:i:i:i:i∨ァ‐'''''"ヽ   「……君は、なんというか。
                                            __ハ:i:iゞ='':i:i:i:i/ ∨:i:i:i:ii:i/    凄い発想をするね」
                                       Y´i:i:i:i:i:i:}、:i:i:i:i:i:,.ィ  /:i:i:i:/
                       __               ヽ:i:i:i:i:i:i、  ̄  ,.イ:i:i:i/
                 _  -‐ ''"     ヽ              > 、__≧ニ≦,,,,,ィ .}リ、ヽ、
          _...  -‐''"            ヽ                    _>ハ ,,,} '>,,,,,, / }i:i:i',ヽヽ<
、    _.. -‐''"   ,,....-''"             ヽ.           >''":i:i:i:i:/:i:iヾー‐'゙.イ /}:i:i:i',:i:i:i:i:i:i:i`"''<
ニヽ''"     ,,...-''"               /   ヽ       /!:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:/,ハ__,イ、 ,' ,':i:i:i:i',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
ニム:i:i:i:i:i:i:i:i:''"                :i:i:i:{     ヽ     { {.:i:i:i:i:i:/:i:i:i:// 〈ニアィ'V ,':i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
/iニム:i:i:''"                .i:i:i:i:i:i:i:{        ヽ     |ハ:i:i:,ィ:i:i:i:i:i:i:i/ / ,'   /:i:i:i:i:i:i:i',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{
//lニム        .....::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.         ヽ    } ', \  :i:i:i:/ /  {/ ,イ':ヽ:i:i:≠:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
//}}ニ,ム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:         ', 〈/ :}  ヽ/:i:i:/   },イ:i:i} :i:ヽ´:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i}
// }}ニニム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:          ', /.  { /_/≧=、.イ:i:i:i:i/ :i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i{
// }}}ニニ}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i''"    "'':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:         ヘ ヽ:i:i:i: {フ'"ヽく、_〉:i:i:i:i/  :i:i:i:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
///}}}ニニ}      \       .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム:i:i:i:i:i:i:i:i:      ヘ :i:i:i:i} /ニゝ┘ マ:i:i/  :i:i:i:/:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
///}}}ニニ',三≧、    ヽ     .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:ム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.      ヘ:i:i,ィリ〈ノ }ヘ    マ____:i:i/:i:i:i:i:i:i:i':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
///}}}}ニニ.ム=-''"::ヽ   ヽ  ...:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:iヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:      ヽ〈{   .jム ',   }ヽヽ "''‐==''":i:i:i:i:i:i:ヾ:i:i:i:|
////ム',ニニニヽ::::::::::::ヽ:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.      ヘイ≠ニ≧、_ノ//} }       ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i}
//////ムニニニニヽ:::::::::::ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア`ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:        マニニニニニ≧ニl}_}:i:i:i:i:i:.....    ヽ:i:i:i:i:i:}
///////ムニニニニニヽ::::::::ヽ:i:i:i:i:i:i:i:iア    ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘヘヘ:i:i:i:i:i:i:i:      マニニニニニニニニ>、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}

1055 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:04:42 ID:k0lZVOhq
トマトは広報担当www

1058 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:04:49 ID:OB1iQrgZ
このバカ発想は天才的だな……!wwwwww

1082 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:08:54 ID:NTuDxCcr
実際トランプ大活躍やったよなぁ



1083 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:09:17 ID:1SOIhi5p





  , -|    | /ニニニニニ_-_-ニニニニニニ; 'ニニヘ、r┬.{ ヽ───
γ', ',<, 、   !/ニニニヘヽ、-ニラマ二二r===ニ; ' ,ラニニ_-,_ヘ V二ヘ
.Υ〉, ヘ\  !ニ、二二ヘ 、ヽ; ; ;-; ;.マ二| ; ;ィ;_ヽ, '.,';ニ//_ー'ゝ-:ヘ ∨___
  ヽヾf´:、〉_|ニヘ <=λ\ ̄; ; ヘマL'; ;'; ;, ' ,'`丶./ニ-_', .| r,' | |
   ヘ, >、ヾ, |ニ_二:!; .;.;.; 'ヘ  \:,' ; ; ;i ; };.; '  ,'; i_ 'vニニ-ヘ | |ニ‐i !
 ̄ ̄ ̄く ヽ/_-二リ; /; ;rヘ  ,'; ; ; ;!¬. ',  ,A__ヘ.ヽ-二-ヘ}ー| 「´
.        /=_二=:ア . };. ;>. ー.'、 ; ; ;V. . . `¨´ . . . . V マ二ニニヘj .h   「カハハハッ!
       /二_-ニ7. . //. . . . . . 'ヘ; ;ヘ. . . . . . . . . . . . . .W二二-V     一子相伝? 先祖代々? 湿気ってるぜ馬鹿馬鹿しい!!
.     ,'ニニ_二W; . . ' . . . . . . . . . ,'; /. . . . . . , -、. . . . .i二ニニ_,'
     i_ニニ-二{;. . . . .γ´ `ヽ . ヽ〈 . . . . . ,'    /. . . . !二ニニ_/     別によぉ、弟子が一人じゃなきゃダメって話は無ぇだろ。
.      V_ニ二二;. , . . .ヘ、  ,i . . .リ. . . . . .ー- イ. . . / ;ニニ-/、      オッサンの代で終わるくらいなら、大々的に広めてやろうぜ!
     ヽ,二二二; ; , . . . `¨´. . . . . . . . . . . . . . . . .,イ';.;二_-_/ニ_!       中には俺みてぇな天才が居て、そいつが更に技術を昇華させて、
       /_ヽ_ニニム; ; ;ィix. . ,、. . . . . . . .,、. . ィx.,イi7゙;./ニ_-_/ニ_!><_    もしかしたら大復権みたいな事になるかもしれねぇだろ?」
      ',_二ヽ_ニ二\;ヾ'"<圭x,ィ圭txt圭tx少ア゙;.;/_-_ニ7ニニ_iニニ-_-ヘ_
    /_',_ニニヽ-_-ニ>_:,_゙'";ヾ'"`ヾ'゙; ;`'"_; ;ィi゙○_-ニ7ニニ_i二ニニ_-_',
   /_=ニヘ_ニ-_ニへー_-○二=──‐=ニニ-ニ○ニニニニ-iニニニニ-!
.─/_-ニニニヽ_V_、ニ二二○ニニニニニニ_-_=ニニ○二二二ニニニ_二ニニ_|
  i-_-ニニニニヽニヘ-=ニニ○ニニ二_-_-_-_-ニニ○二二二ニニ-二ニニ-|
  |-ニニニニ二二二二ヘ-_ニ○ニニニ-ニ-_-_ニニ○ニニニニニ-ニニニ-|





                        ======≧、            ヽ:::::::::ヽ    「―――或いは、それが私の継いできた物と変わっても?」
               ,ィ'ニニニニッ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{              ヽ::::::::ヽ              __,。,,,_
               {.{ニニニニi{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{               ):::::::::ノ.               i|(_) i| /{    ̄ ̄ ̄i|
               ヽヽニニニi、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィi{:.:.:.:._i{__            ,ィ::::::ゝ´                i|(_).i|/.┤      i|
                ∧マニニニゞ_,,。=‐::::::┐ ̄::::::::{          ,ィ::::::ゝ´                .i|,ソi|.《》  ,ィi、   i|
                 }、iiゞ''´::::::::::::::::::::::::::〉  ヽ==ニニニニニニニニニ=-:::::::i                  .i| .i|   /イム.、  i|
                 ∨::::::::::::__,,,,。=-ー>ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}iゞ                   .i| . i|  .//ム∨ム.、 . i|.}
                .ノ。s≦:.:/{:.:./ニニニニニニニニ,イニニニニニニニニiゞ''´::ノ::::::::、.                   i|..::i|  乂ゞイノゞ彡}.i|'
               /ニニニニニニニ/ニニ≦ゞ戈ニニニ'7}ニニニニニゞ''´  ヽ::::::::::::::::::ヽ             i| ::i|   .]iゞ/__./.i|
           >ニニニニニニニニニ>ニi{ゞ::::::::::::i ̄ ̄ヾ/ .|i彡''´    /:::ヽ`´  ):::::i             i|.::i| >'´イ:::::/、〉i|
      _,,。ッ≦ニニニニニニニニ>ニニニ/:::i|:::i.i:::::::::}    .i}/i|  ./:::::::::::ー-イ::::人:::::::::::::ノ             i|::i|ゞ/::::::_/ .∨i|
     ゞ=========ー''''""""∨ニゞ´::::::i|i::i .、ヽ/  ::::.. }::ノ   ':::::、`''<::::ノ                   ゝ/::::::::/======={
                  ∨i,:::::::::::i|ム≧ィ_,。-=ッヾ }イ    ':::::、                      /イ::::::::/ _,,イ ヽ:::::、ヽ
                   .ヾミ::::,。=ゞ::i。=‐ニゞミ≧s。,,_  ,。イ::::)                    ././:::::}ゞ´ :::/::}   _ゞニイ
                    .\':::ゝ='''''"´::::::/  /`i"''‐≧ッ''"´                    ././::::::::{/  .::/.::{ /::::ノ
                     .ヽゝ:::::::::>'´  /::i ト、                         /./:::::::ノ_,,===--、イ_:::::,イ
                      マii、、:::::,   /ニ::i .ノ丿                       ./ ゞ'''"´  ゞ'´.....ゞ'´:::::::ゞ
                      ノ}:::ヽ、::::,  /ニ/イ´/ノ}i、                     //   .::::::::ノゞ==i====''´
                     _,,i}:::ミs=.〉ッvイ、'´ / .//}i、:ゝ。                  ./   、::}iiゞi彡::::i:::/
                   /ニ//:::::i_''i./::{ ヾii,〈 / //ノi}:.:.、:.≧s。              /   .::::::/::::/:::::::::i}イ
                  /二'/{::::::i_`i|::::i  〉,∨イ:::i´./:::}i:.:.}i、:.:.:.:.:.≧s。          〉'  .:::::::/::::/:::::::::/
                /,ィ/二'.{ニ::::::::、i.|、::i  {:::ヾ{、::::i /::::ノi}:.:}ii}:.:.:.:.:.:.:.:.:.マム`'<    ノヾ。 .:::::::/:::::/:::::::::/
______/:.:.:.≧イ//ニ'/ニニi.:{ニ::::::::::iイ:::}::ヽ|::::ゝ'iヽ,ノ::::/}ii}:.:iiソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マiiゞ''"ゞ≦イ∨i:::ヾ,:::::/::/:::>´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾニニニニニニニニニ二:.{ '::::::/i`''}::::/{´.| .i::::::://:}ii}:.:iイ:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.}i,  }i/:::ヾ:::::::ヾ{:::イ≦
ニニニニ=-:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.マニニニニニニニニニ:.{i .|,:.:.、 i ./ノ::} .∨i /::/i:::/i/:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ム'::::∨:::::∨::::::ヽノ:.:.:.:.≧s。,,_
ミニニニニニニニ≧s。}ii、マニニニニニニニ二,:∨':::::::i/    ∨イi//彡''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./二i,::::∨:::::}ii,:::::::ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヽ,





 |!  /_二ム<ニ> ヘ ̄`¨_!  ∨ニニ7
__|!. /-ニ二ニヘ >' 〉イ ヘ. . .`¬-< V;-、    __
  /-ニニニ_/ r;〈 ' 'r: ´. . . . . . . . ; ;! ' ム < /
. /-ニ二二-,'; ;ヾ}; ;ヽ l. . . .__. . . . . , ;i ' ∧  /ァ
/-ニニニ-,' ; ; ; ; . . ヘl . , ;\`ヽ、. : ;ヽ, ヽ〈 ̄ア
ニ二二-_-,'; ; ; ; . . . . . . . . . .  ̄`, ; ; ; ;.ハ 'ハ' ヘ      「オッサンの技術だって先祖から受け継いだもんベースに、
ニ_-_-_-_-!; ; ;V; . ., . . . . . . . : :ー:‐:‐:>´ィ__,,,', ' '〉      自分流に弄ったもんだろ。
-二二ニ-_'; ; ; マM|lt,.A. . . , . . . . . .人{´.:.ヘ ,j'!/
ニ_ニニニ-_'; ; ; ヾ! 寸|iム. .A . . . , . . . ` . . .´. .ト-¨V      変わらないなんてつまんねぇよ! ダーウィン見習いな!
-二二二ニ-'; ; ; ; ; . ヾ. マiリlム. .,ィム. . . . . . . . .,'_! |z'` <    適者生存。試行錯誤して進化すべし! ああ素晴らしきかな進化論!」
_-_ニニニニ-ヘ; ; ; ; ; , . . .゙'. マlY圭lム. ,,ィァ. . . / !.Ll.`! ○. ` <
=_-_-_ニニ_ニヘ;_; ; ; ; ; ; ; , , .マジ Ⅶ圭',ャァ /i| | |‐| |     ○. ` <
ニニニ=ニニ_ニニニ=_o;_;_; ; ; ; ; ; , .ヾ7ァlァ,_'/ ト!├L          ○
ニニニニニニ-_ニニ○ニニ=-_;_; ; ; ; , .∠<  | .ト| |
二二二二ニニニ-_-○ニニニニ=o<イ_〈  .!_|¨! !
-_-_-ニニニニニニ=○-_-_-_-_-_○ニニ-ヽ .F| F′ヘ
_-ニ二ニニニ_=_-_-○-_-_-_z=ニ○ニニ_-_ト、 L.|| |-',
二二二二ニニニニニ○_-_-=ニ二○二ニニ_|ニ_V |.M=_i

1085 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:10:12 ID:K8cKPoRU
このトマトww 品種改良してやろうかww

1087 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:10:16 ID:xjlvpDTF
武術の流派としての考えだなあ。



1110 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:13:25 ID:1SOIhi5p



                                               __
                                              >''" ,:i:i:i:i}
                                              〈:iヽ:i:i:i:i/:i:i:i:i∨ァ‐'''''"ヽ
                                            __ハ:i:iゞ='':i:i:i:i/ ∨:i:i:i:ii:i/
                                       Y´i:i:i:i:i:i:}、:i:i:i:i:i:,.ィ  /:i:i:i:/   「―――確かにね。
                       __               ヽ:i:i:i:i:i:i、  ̄  ,.イ:i:i:i/      継ぎ守るだけではなく、研磨し鍛える。
                 _  -‐ ''"     ヽ              > 、__≧ニ≦,,,,,ィ .}リ、ヽ、     それが変化を伴うものであろうとも、か」
          _...  -‐''"            ヽ                    _>ハ ,,,} '>,,,,,, / }i:i:i',ヽヽ<
、    _.. -‐''"   ,,....-''"             ヽ.           >''":i:i:i:i:/:i:iヾー‐'゙.イ /}:i:i:i',:i:i:i:i:i:i:i`"''<
ニヽ''"     ,,...-''"               /   ヽ       /!:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:/,ハ__,イ、 ,' ,':i:i:i:i',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
ニム:i:i:i:i:i:i:i:i:''"                :i:i:i:{     ヽ     { {.:i:i:i:i:i:/:i:i:i:// 〈ニアィ'V ,':i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
/iニム:i:i:''"                .i:i:i:i:i:i:i:{        ヽ     |ハ:i:i:,ィ:i:i:i:i:i:i:i/ / ,'   /:i:i:i:i:i:i:i',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{
//lニム        .....::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.         ヽ    } ', \  :i:i:i:/ /  {/ ,イ':ヽ:i:i:≠:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
//}}ニ,ム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:         ', 〈/ :}  ヽ/:i:i:/   },イ:i:i} :i:ヽ´:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i}
// }}ニニム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:          ', /.  { /_/≧=、.イ:i:i:i:i/ :i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i{
// }}}ニニ}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i''"    "'':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:         ヘ ヽ:i:i:i: {フ'"ヽく、_〉:i:i:i:i/  :i:i:i:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
///}}}ニニ}      \       .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム:i:i:i:i:i:i:i:i:      ヘ :i:i:i:i} /ニゝ┘ マ:i:i/  :i:i:i:/:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
///}}}ニニ',三≧、    ヽ     .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:ム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.      ヘ:i:i,ィリ〈ノ }ヘ    マ____:i:i/:i:i:i:i:i:i:i':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
///}}}}ニニ.ム=-''"::ヽ   ヽ  ...:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:iヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:      ヽ〈{   .jム ',   }ヽヽ "''‐==''":i:i:i:i:i:i:ヾ:i:i:i:|
////ム',ニニニヽ::::::::::::ヽ:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.      ヘイ≠ニ≧、_ノ//} }       ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i}
//////ムニニニニヽ:::::::::::ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア`ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:        マニニニニニ≧ニl}_}:i:i:i:i:i:.....    ヽ:i:i:i:i:i:}
///////ムニニニニニヽ::::::::ヽ:i:i:i:i:i:i:i:iア    ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘヘヘ:i:i:i:i:i:i:i:      マニニニニニニニニ>、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}





  ヽ
   /\              _ 三二ニ=≦-=≡ニ二三.' i {
.  /  .\≧7777777777三 ̄>-气t ァ チヾ  ≧ニ=/, | |   i
 /   /⌒ .\///////⌒ヾ:::,´ ⌒≧==彡    ≧彡イr } i i , {
./  /   i.  \////  : : :`            彡 りソ ' ,: | | リ
  ./   , 人 //〃  .: : : :              r' .ノ イi | i/
  /   / `Y////  : : : : :             r=彡/{ .!{ ! {    「―――先達は後進の見本となり。
 ,{:   /   /.///   ` : : .           .ん=彡ハり从(     後進はいずれ、先達を超えるべし。
./ー-:. '   / ∨}、  _                     ∨ ヽ
 ー /::..  /  ハ=彡ベハハミx、   _     イ     ./  /     確かにそれが、あるべき後継の形の一つかもしれないね」
   , .   / _  .∨拆`≠ミz-`ヾァァ '゙  /       /   .{_
.  / .  /´    ) . ∨`ー -  ̄      /: : : .. .  > ゙     }ハ
 く::.. /   /.   i            .イ: : : : . > ´       /
`ー―― ミ /     ゝ       .≪::::::::.> ´           .イ
       リ       >-=<.:::.::> ´           ,
´ ̄ ̄`ヽ/        } {:::::_> ´             /





  , -|    | /ニニニニニ_-_-ニニニニニニ; 'ニニヘ、r┬.{ ヽ───
γ', ',<, 、   !/ニニニヘヽ、-ニラマ二二r===ニ; ' ,ラニニ_-,_ヘ V二ヘ
.Υ〉, ヘ\  !ニ、二二ヘ 、ヽ; ; ;-; ;.マ二| ; ;ィ;_ヽ, '.,';ニ//_ー'ゝ-:ヘ ∨___
  ヽヾf´:、〉_|ニヘ <=λ\ ̄; ; ヘマL'; ;'; ;, ' ,'`丶./ニ-_', .| r,' | |
   ヘ, >、ヾ, |ニ_二:!; .;.;.; 'ヘ  \:,' ; ; ;i ; };.; '  ,'; i_ 'vニニ-ヘ | |ニ‐i !
 ̄ ̄ ̄く ヽ/_-二リ; /; ;rヘ  ,'; ; ; ;!¬. ',  ,A__ヘ.ヽ-二-ヘ}ー| 「´   「だろう? オッサン話せるぅ!
.        /=_二=:ア . };. ;>. ー.'、 ; ; ;V. . . `¨´ . . . . V マ二ニニヘj .h
       /二_-ニ7. . //. . . . . . 'ヘ; ;ヘ. . . . . . . . . . . . . .W二二-V      そんじゃま――――――」
.     ,'ニニ_二W; . . ' . . . . . . . . . ,'; /. . . . . . . ,..、. . . ..i二ニニ_,'
     i_ニニ-二{;. . . . ..>ー <. . .ヽ〈. . . . . . , '  ,ノ. . . . !二ニニ_/
.      V_ニ二二; , . . . ヽ,___,,..X. . .リ. . . . . .゙゙冖'". . . / ;二ニ-/、
     ヽ,二二二; ; , . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,イ';.;二_-_/ニ_!
       /_ヽ_ニニム; ; ;ィix. . ,、. . . . . . . .,、. . ィx.,イi7゙;./ニ_-_/ニ_!><_
      ',_二ヽ_ニ二\;ヾ'"<圭x,ィ圭txt圭tx少ア゙;.;/_-_ニ7ニニ_iニニ-_-ヘ_
    /_',_ニニヽ-_-ニ>_:,_゙'";ヾ'"`ヾ'゙; ;`'"_; ;ィi゙○_-ニ7ニニ_i二ニニ_-_',
   /_=ニヘ_ニ-_ニへー_-○二=──‐=ニニ-ニ○ニニニニ-iニニニニ-!
.─/_-ニニニヽ_V_、ニ二二○ニニニニニニ_-_=ニニ○二二二ニニニ_二ニニ_|
  i-_-ニニニニヽニヘ-=ニニ○ニニ二_-_-_-_-ニニ○二二二ニニ-二ニニ-|
  |-ニニニニ二二二二ヘ-_ニ○ニニニ-ニ-_-_ニニ○ニニニニニ-ニニニ-|

1122 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:14:51 ID:1SOIhi5p















            、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
            )                                    (
            )     ―――やってみようぜ、継承活動!!      ..(
            )                                    (
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y Y
            









.

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1138 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:17:43 ID:1SOIhi5p


                        ======≧、            ヽ:::::::::ヽ  
               ,ィ'ニニニニッ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{              ヽ::::::::ヽ              __,。,,,_
               {.{ニニニニi{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{               ):::::::::ノ.               i|(_) i| /{    ̄ ̄ ̄i|
               ヽヽニニニi、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィi{:.:.:.:._i{__            ,ィ::::::ゝ´                i|(_).i|/.┤      i|
                ∧マニニニゞ_,,。=‐::::::┐ ̄::::::::{          ,ィ::::::ゝ´                .i|,ソi|.《》  ,ィi、   i|
                 }、iiゞ''´::::::::::::::::::::::::::〉  ヽ==ニニニニニニニニニ=-:::::::i                  .i| .i|   /イム.、  i|
                 ∨::::::::::::__,,,,。=-ー>ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}iゞ                   .i| . i|  .//ム∨ム.、 . i|.}
                .ノ。s≦:.:/{:.:./ニニニニニニニニ,イニニニニニニニニiゞ''´::ノ::::::::、.                   i|..::i|  乂ゞイノゞ彡}.i|'
               /ニニニニニニニ/ニニ≦ゞ戈ニニニ'7}ニニニニニゞ''´  ヽ::::::::::::::::::ヽ             i| ::i|   .]iゞ/__./.i|
           >ニニニニニニニニニ>ニi{ゞ::::::::::::i ̄ ̄ヾ/ .|i彡''´    /:::ヽ`´  ):::::i             i|.::i| >'´イ:::::/、〉i|
      _,,。ッ≦ニニニニニニニニ>ニニニ/:::i|:::i.i:::::::::}    .i}/i|  ./:::::::::::ー-イ::::人:::::::::::::ノ             i|::i|ゞ/::::::_/ .∨i|
     ゞ=========ー''''""""∨ニゞ´::::::i|i::i .、ヽ/  ::::.. }::ノ   ':::::、`''<::::ノ                   ゝ/::::::::/======={
                  ∨i,:::::::::::i|ム≧ィ_,。-=ッヾ }イ    ':::::、                      /イ::::::::/ _,,イ ヽ:::::、ヽ
                   .ヾミ::::,。=ゞ::i。=‐ニゞミ≧s。,,_  ,。イ::::)                    ././:::::}ゞ´ :::/::}   _ゞニイ
                    .\':::ゝ='''''"´::::::/  /`i"''‐≧ッ''"´                    ././::::::::{/  .::/.::{ /::::ノ
                     .ヽゝ:::::::::>'´  /::i ト、                         /./:::::::ノ_,,===--、イ_:::::,イ
                      マii、、:::::,   /ニ::i .ノ丿                       ./ ゞ'''"´  ゞ'´.....ゞ'´:::::::ゞ
                      ノ}:::ヽ、::::,  /ニ/イ´/ノ}i、                     //   .::::::::ノゞ==i====''´
                     _,,i}:::ミs=.〉ッvイ、'´ / .//}i、:ゝ。                  ./   、::}iiゞi彡::::i:::/
                   /ニ//:::::i_''i./::{ ヾii,〈 / //ノi}:.:.、:.≧s。              /   .::::::/::::/:::::::::i}イ
                  /二'/{::::::i_`i|::::i  〉,∨イ:::i´./:::}i:.:.}i、:.:.:.:.:.≧s。          〉'  .:::::::/::::/:::::::::/
                /,ィ/二'.{ニ::::::::、i.|、::i  {:::ヾ{、::::i /::::ノi}:.:}ii}:.:.:.:.:.:.:.:.:.マム`'<    ノヾ。 .:::::::/:::::/:::::::::/
______/:.:.:.≧イ//ニ'/ニニi.:{ニ::::::::::iイ:::}::ヽ|::::ゝ'iヽ,ノ::::/}ii}:.:iiソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マiiゞ''"ゞ≦イ∨i:::ヾ,:::::/::/:::>´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾニニニニニニニニニ二:.{ '::::::/i`''}::::/{´.| .i::::::://:}ii}:.:iイ:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.}i,  }i/:::ヾ:::::::ヾ{:::イ≦
ニニニニ=-:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.マニニニニニニニニニ:.{i .|,:.:.、 i ./ノ::} .∨i /::/i:::/i/:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ム'::::∨:::::∨::::::ヽノ:.:.:.:.≧s。,,_
ミニニニニニニニ≧s。}ii、マニニニニニニニ二,:∨':::::::i/    ∨イi//彡''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./二i,::::∨:::::}ii,:::::::ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヽ,



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――ハロウィンの発案で、トバルカイン程度の魔力でも扱える……“魔術師の護身用のサブ技能”としての
売り出しを開始。
 ある程度伝える相手は選んでいたようではあるが、十名を超える若者に、使用目的や練度の差はあれど
自分の技術を伝えていくことに成功する。

 その技術がどうなるか。
 いずれ正しく後継されるか、或いはまた、トバルカインと同じ問題にぶつかるか―――

 それはまた、次代の物語で。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1140 : ◆o2mcPg4qxU :2015/07/05(日) 01:18:10 ID:1SOIhi5p
―――第十二次聖杯戦争 完ッ!!

お疲れ様でした!!

1141 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:27 ID:doQx5GsH
こうして若きに受け継がれていくものがある、か

1142 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:32 ID:WK+BtC1C
お疲れ様でした!

1143 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:32 ID:bbja7NLz
多分なぜかトランプ手裏剣に行き着く奴とか出るわ

1144 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:38 ID:vxlaW5N6
乙っした

1145 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:40 ID:K8cKPoRU
使える使えないは別にして、トランプばらまきながら移動はやってみたい

1146 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:40 ID:7fosJkiX
お疲れさまでした!
いや~今回もひどかったwww

1147 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:47 ID:doQx5GsH
お疲れ様でしたー!

ダンディマジダンディ

1148 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:48 ID:pOvbh3pr
乙でした

1149 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:52 ID:K8cKPoRU
お疲れ様でした!

1150 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:54 ID:OB1iQrgZ
蒔いた種がどう育つかは、また先の話って感じか。
夢があるねェ

1151 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:57 ID:YJoUdY1H
乙ー

1152 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:18:58 ID:rIP2DIrP
お疲れ様でした!!

今後『トランプで戦いそうな顔してるキャラ』が採用されたらこの縁になるかもしれないのかwww
wktkが止まらんね

1153 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:19:01 ID:x6r8M7fI
お疲れ様でした!

1154 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:19:03 ID:Ee+UEOOK
お疲れ様ですぜ!

1155 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:19:04 ID:JMF9u4JA
お疲れ様ー!!

まさか、ダンディの願いを叶える最後の決め手がトマトとはwwww

1156 :梱包済みのやる夫:2015/07/05(日) 01:19:05 ID:bbja7NLz
乙でした





関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する