おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/05/07(土)
9234 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:03:28 ID:Hjiu+2Qu

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――彼岸島 某所

 くらなくんと明とセイバーが「エンジンだ!」「凄ェ!」とかやってるのと同時刻

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

              _
            / ニニ\
        _ r    ーーニニー―
 ―――‐  ニーニニ     ーーーニニニニニ\
       ニニ ーーニニ    ーーーーニニニニニ\ ______
  ーニニ ニニニ  ニーーニニ               ーーーニニニニニニ\_
   ーニニニニ    ーーーーニニニニ                 ーーーニニニニニニ\__
  ーニニニ       ーーニニニニーーーーニニ        ーーニニニ    ーーーーニニニニニー\__
 ーニニニ     ーーーーニニニニーーーニニニニニニニニ        ーーーーニニニ      ーーニニニニニニニニニ\_
 ニニ             ーーーーーニニニニニ从        从   ーーーニニ           ーーーーニニニニニニ\_____
  从      r zzzzzzzzzz┐      从ミ     从 从从  从  从      ーーーニニーニニニ       ーーーーニニニニニニ
 彡ミミ   /\\\\\\\ 爻乂 爻彡ミ 从 彡ミ 从 从 从ミ 从 从 从ミミ  从爻ミ   从   从  从 从  从
 爻乂ミ ∠ r‐┐;\\\\\\\r zzzz┐从 爻ミ 爻 彡ミ 彡ミ 爻ミ 从ミ 从爻ミ 从ミ彡ミ  彡ミ r zzzzzzzzzzzzzzz┐ 从
 爻,彳爻 | ̄ ̄ ̄「「「「「「「「「「「「「 \\\\ミ 爻ミ 爻乂ミ 爻ミr zz┐ 彡ミ 彡ミミ 彡爻 ミ 爻//////////\
 爻 爻爻乂 田] ll l l l l l l l l l l l |  ̄「「「「「「从 从ミ 从爻从ミ\\\ 爻ミ 爻乂ミ 爻爻乂ミ∠∠∠∠∠∠∠∠∠/十十_\
 爻 乂乂乂爻   ll l l l l l l l l l l l |三]l l l l l彡爻爻乂 乂ミ爻爻爻 彡爻爻乂ミ 爻乂ミ 爻爻 乂ミ r zzzzzzzzzzzzzzzz┐+干+「
 爻爻乂乂爻爻 爻乂辷二 ≦三三三三三三三二二ニニニニ======―― /;;;, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三三≧==――  ̄ ̄                        ,,,,,,,, 彡/    ,;;       ,;,;   ,;;
                                 ,,,,, _ r''''''''' rrr  o / ,;;,;;     ,;;,;; ,;;    ,;;    ,;;
                         ,,,,,,,,,,,  彡''               辷    ,;;            ,;;
                 ,,,,_ 彡'''''''    ニ      ゚ o             ̄ ̄ 二ニ=――――
          ,,, rv┐  ゚              ゚ o       ゚ O                          ̄ 二ニ=―
     ,,,o,, 彡 O   o            r、     o   rv┐ 8
  '''''   rv┐           ゚ 。      oo 8    r┐  o O    o





             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
             |    ―――……村……?     
             乂_____________ ノ




.


9244 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:06:54 ID:Hjiu+2Qu


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ヤン・シャオロン        【レベル】:25     【アライメント】:混沌/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:35      【耐】:15      【敏】:25       【魔】:20      【運】:5        【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                    斗- 、
                   { r --ミ:.、
                   八 { __ j'
                 > ≦ `'´ < メ、
              / /´     、 ヽ`メ.、
               /' ノ     j   Y `   ヽ
            ,.:'  /    ,' /!   V`ー--ァハ
              f  (  / 斗-ミ{  } / V! ̄ ,.ム
              }  ノ  .{ 7/_/`, j/  ム{、 j }
         乂__ノ-=≦' ! .{ iア笊ヾ、〉/ r ',≦、V}/ 、 、_,
          ` ァ  { .| v! vrタ ノヘ{ frハ j,イj ) ヽ _   「……やっと、人の居そうな場所に出られたわ。
       乂ー 彡,/  jゝヽr‐ ~´    ヽ ー' _ハ'彡人ー '´    なんとかして食料を手に入れられれば良いけど……」
         `ーイ,  :!: : ノハ   r ― 、  八ヽ  ヽヽ
        ,. :´/j,  V:/ 人   ゝ:::::ノ  ノ: ゝ、 ヽ }ヽ\
        , 〃   ヽ、 {   V>:.、 _ イノ: : :) } j ノ ! )ハ
    !、  ノ/  ノ ': : r≦ヽ j}: : : : : :{r斗七 Y' イ/: : V_ノ    j
    乂ー'   ノ  {: : :.):::::::::ノ':.ヽ、:_:_:_Vイ:〃ハ  (__: 、 ` ー ' ノ
      `~´斗.ミ,__ヾ_,r`ー:::::::::::::::::'":::::::斗:ゝ|:::V´. . .`メ、メ ' ´
       ,.:'. . . . . ヾ:v: }}ヽミ::::::::::`:::::'^~´:::::::斗/´. . . . . . . ヽ< _
       /. . . . . . . . .j. .}ハ V::::`::ー==一:'"::::::ノ、、. .!. . . . . . . ヽ. . `.Y
     ,.'. . . . . . . . .ノ|. .',ハ ヽ、::ー::::::___::::/ヾv.ヽメ、. . . . . . . . . . i
     /. . . . . . . . .イ,'ハ. r!!ハ   ` ー - 一'    V. . `、V,、. . . .|!. . . '
   /. . . . . . . . .,ハ//ハ!j !. .':、  . . . : : , '"   .}. . . .ノハ/,ヽ. .jr--{:、
  .人斗七=-ミ. .V///!j |. . . .、__`ヽ: :/   ,斗 7. . ..//////,7'//アく!
    {/////////ヾ!///!{、<. . ヽ `^''Vr≦, rくフ. .,ィ,イ/∨//,'/ア   \


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                      i il  :ト,丶 _' Vi  /i ト、
                      i ハ  li 〕 =≦ヽ /::i { ヽ     「………あら」
                      i l-iハ l/////7//  i ヽ \
                     i レ  l l---= .} / } ゝ `、i}
                     i/   i i   //  l   i ヽllィ==ミ、
                     ,人....::::l/.........i i   ノ   i  \l   ヾ
                    /  }///;////},,  ::/    i   ト、
                    /  il//////   }     i   l \
                   /   ii/////   /     l   l
                  /    /i///    人  _   l   }
                  /   /- イ     / /ム/三=ミ<从/
        ィ三ニニ= _   /_ V -、 ヽ__ //// {三三}ヘニヘ、
        {三三}-ミKニ { rr_ ソ// /_ l////////// > -イ  ヘV /
         / /   > イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ニニニi    r -- 、
        / ./ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l====.iニニニi   {;;;;;;;/ム
       / / { /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    lニニニl ゞ  |;;;;;;;{ {ヽヽ       ―――キィ....
     /;;{ { l^Y⌒Yマ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    .iニニニi \ l;;;;;;;i i i 、
    /;;;;/ /::::::::::::::::::::::::^Y⌒Yマ:::::::::::::::::::::::::l三三三三三三= ム;;;;;;i Vlム ' ,
   /;;;;//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^Y⌒Yマー l─────── i;;;;;;;;i ( ) iハ
  /;;;;;/\ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::i── ┤  |------i;;;;;;;;i V l ム
  ,;;;;;;/ /辷彡'⌒)_::ノ....7=-,:::::::::::::::::::::::::::::::::l    l  i  < >i i ム;;;;;;;;V l l ii
  i;;;;i{三{  r --- /......./ /.....乂:::::::::::::::::::::::::::l    l  i  l  l ム;;;;;;;;;Vヘヘ i ll
  i;;;ll   }  / / /....../ /......../ ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)    l  .i  l l i l  V;;;;;;;V   i.i
 .i;;;ii  / //l /....../  /......./             i  i   /レi l   V;;;;;;;V  i.i
 l;;;;l / / ==彡/....../. /....../               l  l /  7 l.l   V;;;;;;;;V  i i
[  ̄ / {    .ノ....../ _ /.......i               i  iY   { ii    V;;;;;;;;v  i i
l-イ/  ゝ-//ム_ノイ/ム _ノl              / .i l    {/     v;;;;;;;;V i i
l--ニニニニ{/// (////////ノ              /  l ト   人      V;;;;;;;;;v .l
lニニニニニニニニニニニニニニニニ=====-  ____r=ニニ/  V ̄ rム      ヽ;;;;;;;;;;;;j
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ -=====ニニニニニニニ=≦   ト,,,,,,i l}        \;;;;;/
                                  V;;;;ゝj

9249 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:08:12 ID:vSNx+aQM
明さんより筋あるぞ

9250 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:08:44 ID:/wpbgSPi
>>9249
本当だ!凄ェ!


9258 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:10:39 ID:Hjiu+2Qu


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ラケル・クラウディウス    【レベル】:10     【アライメント】:秩序/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:0       【耐】:0       【敏】:0       【魔】:40      【運】:20       【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                           , --- 、
                         丿≧zzz 彡l
                       / \ニニニニ彡
                       i /  /_i  l i  ヽ
                       /  i ィッィ l/-}   i )
                      /  i/  ' 仞/  i 〈      「―――あなたは。
                      i il  :ト,丶 _' Vi  /i ト、     この島の住人ではありませんね?
                      i ハ  li 〕 =≦ヽ /::i { ヽ
                      i l-iハ l/////7//  i ヽ \    ……ああ、聖杯戦争のマスターね。
                     i レ  l l---= .} / } ゝ `、i}     これはこれは、はじめまして。可愛らしいマスターさん」
                     i/   i i   //  l   i ヽllィ==ミ、
                     ,人....::::l/.........i i   ノ   i  \l   ヾ
                    /  }///;////},,  ::/    i   ト、
                    /  il//////   }     i   l \
                   /   ii/////   /     l   l
                  /    /i///    人  _   l   }
                  /   /- イ     / /ム/三=ミ<从/
        ィ三ニニ= _   /_ V -、 ヽ__ //// {三三}ヘニヘ、
        {三三}-ミKニ { rr_ ソ// /_ l////////// > -イ  ヘV /
         / /   > イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ニニニi    r -- 、
        / ./ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l====.iニニニi   {;;;;;;;/ム
       / / { /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    lニニニl ゞ  |;;;;;;;{ {ヽヽ
     /;;{ { l^Y⌒Yマ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    .iニニニi \ l;;;;;;;i i i 、
    /;;;;/ /::::::::::::::::::::::::^Y⌒Yマ:::::::::::::::::::::::::l三三三三三三= ム;;;;;;i Vlム ' ,
   /;;;;//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^Y⌒Yマー l─────── i;;;;;;;;i ( ) iハ
  /;;;;;/\ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::i── ┤  |------i;;;;;;;;i V l ム
  ,;;;;;;/ /辷彡'⌒)_::ノ....7=-,:::::::::::::::::::::::::::::::::l    l  i  < >i i ム;;;;;;;;V l l ii
  i;;;;i{三{  r --- /......./ /.....乂:::::::::::::::::::::::::::l    l  i  l  l ム;;;;;;;;;Vヘヘ i ll
  i;;;ll   }  / / /....../ /......../ ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)    l  .i  l l i l  V;;;;;;;V   i.i
 .i;;;ii  / //l /....../  /......./             i  i   /レi l   V;;;;;;;V  i.i
 l;;;;l / / ==彡/....../. /....../               l  l /  7 l.l   V;;;;;;;;V  i i
[  ̄ / {    .ノ....../ _ /.......i               i  iY   { ii    V;;;;;;;;v  i i
l-イ/  ゝ-//ム_ノイ/ム _ノl              / .i l    {/     v;;;;;;;;V i i
l--ニニニニ{/// (////////ノ              /  l ト   人      V;;;;;;;;;v .l
lニニニニニニニニニニニニニニニニ=====-  ____r=ニニ/  V ̄ rム      ヽ;;;;;;;;;;;;j
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ -=====ニニニニニニニ=≦   ト,,,,,,i l}        \;;;;;/
                                  V;;;;ゝj

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






                           >≦       ,≧x、
                          , ´      ノ´ ̄´⌒`> .、
                        ,.:'      , '"         ,ム
                         ,'     /        )   ヽ,ハ
                      /   , ' ,'      〃ー'     v }
                   ∧ /   / ,.イ     / ,:'  /!      } ',
                   {  ` ー‐彡' ハ! ! {、 ./ _,' メ | /  ,.ィハ,ノ!
                   人、     ,j .!ム VN/rj|,ノミ ∨',,≦ノイ |,'   ―――ザッ
                  / ____>イ ヽハ `,、〈 ゙ー'    `、!' ハ( jハ!
               >:≦´:::::::::::::::::::ヽrく' Nヽj ヽー-   ヽ  八_j ヽj 
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V!`!  !:ヽ u  r 、__,´ 人  `(, f'    「……っ!?
             斗'--ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:ハ:ゝ ヽ: :`:.、 ` ―’イ j   ヽ、
           /=ミ///ム:::::::::::::::::::::::::::::j::::j、: `:V: :V≧:≦!  ハ          ……念話で叫ばなくても聞こえてるわよ、アーチャー。
      斗― <、   ∨//,ハ::::::::::::::::r--::/::/ハ、: : ヽ:、ー/: :ノ  j           こいつ、他のサーヴァントのマスターでしょ!?」
     /  `ヽ   `メ、 :}///,リ、___,ノ////:::〃! V:.、: : : ̄:_ィ   ,ハ _____
     '      \ミx、!_ノ//ィ/////斗-〈:::::::Vj ヽ: :ヽ: : : ノ::!   { 〃ァ'´ー-->x、
   ,         \_〉`¨´ ! ̄ ̄ ´////ハ::::::}}|  `メ___,ノ、:i   V-ア fニニニニ≧x、
   ,           ヽ、 ハ//////////j:::〃:,   ',   v|    Vj i Vー::-r'Y:::::!
  ,     ____  ,斗ミ、, ヽ///////f'///,j:〃':::::,       }:i    ∨-≧z、:::〉_,>!
.  , >'  ̄⌒´ ̄ ,==ミ`メ {///////{/,ア´〈〈:::::::ム 、__j___ 斗j  j   }     ゝノ- '
  jア   斗七≧ー≦  ,=、ヽ Y/////,'人f'::::::::ヽヽ::::::}  _,ィ::ノ  ハ  ハ

9271 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:12:06 ID:IywQUBZC
レベル10族だとぉ!?ww

9276 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:12:36 ID:BoJIH2iH
ちつじょ・ぜんのかよわいじょせいはほごしないといけないねー(棒)

9278 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:13:08 ID:vqQxl9Nf
秩序/善ってこええ



9279 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:13:14 ID:Hjiu+2Qu



                  ´ニニニニ才^'、________
              /ニニ,.。s≦ニ{器}ニニア゚
             _j≧=≦ニニニニニニア゚\ __
           /{薔}ニ{薔}ニ{薔}ニニ=‐ ''. . . . . .ヽ \_
             ア゚^ア'' ‐=ニニ=- '' ~. . . . `、. . . . . .}i : :¨\__
          /. . ./ . . . . '. . . . . . . . . .゚,. . . `,. . i⌒∨: : : : ¨i}___
            〈 . . .゚. ,゙ . . i{ . . . . . . {l___. .゚,. . . .゚, .jl   ∨ : : : : ⌒^\
          ヽ. i .i{. . __l{__. . . . .´{l \. .゚,.r'⌒´    ' : : : : : : : : : i}___
             人{ .l{. . .{.l{ '.、. . . .斗筏弐」{l   ,    i___: : : : : : : :´⌒\
             i{`l{、_._lrf愆ア 、. .{~^^´_ノ}         l'//\__.: : : : : : : : :   「……あら。
.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :    あなたのサーヴァントはアーチャーなのですね。
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :     お話ができて羨ましいわ。
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :      私のサーヴァントは、バーサーカーなのでお喋りが出来ないの」
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :



                ,.斗 ≦ メ
               (´   ` リ
               ` 斗 ‐‐jノ‐‐ ミ
              ,ィ ´    :  ヽ `メ、
             〃   /    ハ'   V  Vメ、
              ,:' /   /   / /    }  ∨ ヽ
           / ノ ,.:'  / , イ  /  } j:   vヾ \
           ,' 乂__彡 '〃メ i  '   /ノV   } > メ__,ノ   「……そいつはご愁傷様。
      乂 - 彡   ,'   !ム_≧ ! ,' ,斗 七_V_ '  ;}--<     で、何か用? あたしはそっちの村に用があるの。
        `¨フ  _:{ `Y:fr::メヽjハ ! ィr:、マ:,ノ   ノ!`¨´
         /  Y ,ハ {ム乂rリ  ヽ! vrタ_人 _,.ィ {` <      やり合うってんなら容赦はしないけど、
     乂 - 彡/ .! ゝヽ乂_\     ,  /ィ´/ ∨ ゝ  `メ     そうじゃないなら見逃してあげてもいいわ」
       `フ´  ゝ...、_:{、 ̄rv_--- ,   八'   ,   Y  ハ
        ( { ノ       \ ` ー一' u .ィ ,:'    '    }   リ
      /´ 〃`ー,  ノ } }'>x、 _ イ  __ ノ     人 ノ´
    /  /´ /  } ( ノ ノハ}: : :` 斗:≦  > ≦ >'" 〃   |
    {{  〃 ,' ,  丿_,,斗 七ニ':≦     ,.:' >≦    {、___ノj
    `ー{  ' :{  ( { ` ̄´      ア f( 〃 ,' イ⌒ヽ≧ <
      乂_{,斗七ミxゝ、______,,,..斗<´:{ /彡'! { / /: : : : V   ヽ
 (     ア: : : : : : : :` Y `ーr―‐彡'乂!   ノ:, ': : : : : : }、  ノ
  乂___彡,': : : : : : :': : :j ,人、  ``   ,.彡' イ: : 乂{: : : : : : V、(
      {: : : : : : : :|:.ノイ:.、ゝ ー 一 '"   /': : : : : : : : : : : : : Vヽ、
      j: : : : : : : :|イ: : :/ \` ー  >' ,': : : : : : : : : : : : : : : }  ヽ

9291 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:17:52 ID:Hjiu+2Qu



                      _--――- _
                       jニニニニニニニ>、
                    <ニニニニニニニニニヽ
                     /': :.`<ニニニニニニニニ{
                     /:/: :': : : ': :`:,<二二二二>'"、
                 ヽ/: /: : :/: : ,イ:l: : : ̄i、 ̄:!: : : :.': ヽ
                  〉:.': : :.': : /_:l: : : : l: V: :i : : : : ': :{
                ,'l: :!: : :.!: :/‐-、: !: : : :l: :.V: l: : : : : ; :.\
                     /ヽ:l: : :.l: ;代ツ`: !: : : l:_; :V:.!: : : : : ; : .ノ   「―――まぁ。
               / .! l\: l: l: : : : : : :l: : :.!、ツl: l: : : :.l: :/     あなたは優しいのですね。
                   , l .l .!.  Tー、: : : : : :,:l: : l: : : l: !: : : / '
                  , .l | l  .|ト .\ヽ: : _: !: :!: :イ: :l :/ i !  ,     見ての通り、私は荒事は苦手ですから。
               , ,  .! !,   l! \ヽ: :_:ヽ:.! :.!: イ ,! !,        見逃していただけるなら、ええ、そうして頂けたら嬉しいです。
                 '/. l !.l l   l .l     ´;  '.,l j  / ハ.l ,   ,
              ' .l  l ',ハ  l.ノ,へ__j⌒ー`ィヽ! , /  'l ,
                 ; _ ...-,:ィハ .!::::::::::::::::l:::::///:;  /:::ヽ ! ,   '     ただ、この先の村に……?
              ,./:::::::///::::, !:::::::::::::::::::///:/ .,:':::::::::l  l, ,    ,     あそこは魔女が作り上げた怪物が住む村。あなたのような可愛い
             ,::::::::///__l .!___///{/ ./:::::::::::::!  l',    ,ー、   女の子が踏み込むには刺激が強いわ。ナイトさんは居るようだけど」
               ::::::::j/、乂 .! !{ }./ /ノ//./ /:::::::::::::::l   } ! ,    マヽ  ,.‐- ._
             ,:::::::////\ } l ,. イ///// /:::::::::::::::::;  , j   ,    マヘl  ._//\
            ,::::::::!//////,'/////////, ./:::::::::::::::::/  /.ノ   ,   マ ヽ/! \//}
                ,:::::::::l//////イ////////,{ /::::::::::/::::/ ノイ     ,     ヽ. },l   Vノ
.              ;::::::::::l/////'//////////:::::::::/:::::/    l     l.     V l
           /:::::::::::!//////////////!:::::/:::::::::;'     l     l      V!
              ノ::::::::::::::!'/////////////::イ::::::::::::::;:      l!  l  ! i   '
.            j:::::ヽ:::::::::;l'////////////:::::::::::::::::::::/.l       l!   !  ! !   l
          /:::::::::::::::::/.}//////////::::::::::::::ヽ:::::} l     .|!  .!.! l !',   :
        /::::::::::::::::::::;、.l'//////,/:::::::::::::::/:::::::::/  .!     .!| .l .i. ! l ,   .i
       ,.::::::::::::::::::::::::; j'/////:::::::::::::::::::;:::::::::;イ、  .!     !! リ ト、l ハ .l、 .|
      ,.:::::::::::::::::::::::::;イ .l'///::::::::::::::::::::::::;::::::;:'//∧ ,.-/ ̄⌒` 、.! !' ',l ヽ .l
.      /:::::::::::::::::::::::;:' ,ィ//::::::::::::::::::::::::::::::!::;イ'////ハ/ /  .i   fr .\人 ノ .}.ノ
    ,..:::::::::::::::::::_f⌒ヽー--、:::::::::::::::::::::::::::::::;:イ//////!__{.__l__.ノノ\  \ ,ノ〃
   r‐、_jヽ`ヽ:/.ヽ'"´( r‐、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::'-=ー-//,ゝー---―イ!.ト. ヽ.  \'





               _
                ,))
            >ー七 ""≧ー-.、
         / 、ノ     ヽ、  ヽ
        ,.:'/,.:'7`      }',   \
        イ/  / .ハ  /  / .ハ', , V ,
       ' { .! /斗--、/__,ノ ノ-ミ、}  ,ヽ:.、    「……怪物の村って。
      八 ', ! {ノ芹ミヽ { ̄ ,斗ミ!,メ} } V,      に、人間用の食料は無いの!?」
       ヽヽハヾ v;タ ``  'l}r,:リj/ハノ ノ_i  、
      , ∨ \ハ:、~´  、   `~^ _ム,' 人ーヽ,ノ
     乂{  ノム!`   , -- .、 u  ハrイ 八 ',二,
       ∨! ノム  iア⌒ }   人,' V  --く
       ヽ {  ,ィ>...`二´. <x≦! 〈    ミ`ヽ
        ハレ / (: ム _,>.:´: : : :>:Vくヽ    `メノ
        ノ〃!斗≦: : : : : :>:´: :.>七メ、    ハ
      >‐‐ァ{: : : : : : : :>:.´: : :,ィ〔: :>≦:ー<、 ',
     /:::/イ::ハー-斗'": : : :>'"}:j:j: /: : : : : : : : :ム '   、
    ,:/::::>' ゝ、:ー: 彡 '´   j:{:{: |: : : : : : : : : : : } !  ヽヽ
   /:::/´    、 フ´     ,イ:::j }:_: : : : : : : : : : : :{ ,   } ハ
  〃:::::f:.、       / _ ___,.イ::::::::j j::ム: : : : : : : : : : : v \ ,ィ'  }
  !V::::::i、 `>-<ノ!/,ア´:::::>≦イ:::::|: : : : : : : : : : : :i、  \ ノ , イ
   V:、::::ヽ  -= = ):ア::::,:ィ>'" }}:::::八: : : : : : : : : : : :.! ヽ  ヽく/
   ヾミx、:::\   ,/:,ィ>': : : : :jj:::人:{: : : : : : : : : : : : } iヽハ,   ヽ
     'ハ>-≧=芥=<、   __ノィ::::::::{: : : : : : : : : : :,/ .| ヾ!   |
     ハ///!: : : :',:}: : : : :. ̄: :.}}::::::::::::人____,,斗:七7'}   、 〈 、  ! ノ
     }ー-= !: : : : }:}: : : : : : : : }}::::::::::::::,' V///////!  ハ V、ー彡'





                   ___
               ィ////////////> 、
              ソr_>)r~ヘ////////////r()クフ
            
            /../`</ゝ-<廴メr_ァ=┐廴)){{辷))
          //. ./. . . . /`<ゞー((辷ソ/ゞ彡ゝ~/>
        /. /. . /. . . ./. . . ./l. `<///////≫ ' ヘ. .'.,
        \/. . /. . . ./. . . ./. l . . . . . . .l. . . .l. . . . . .i. .ヽ
         ハ. ./. . . .,. . . ../. . .l. . . . . . .lV. . . l. . . . .ハ. . )
         /ノ./. . . ./. . . /ー- l. . . . . . l. .V. . .l. . . . . . .,. .\
        , {. .,. . . .l . ._,ィ==ミミl. . . . . .l - l、. .l. . . . . .l. .i. . . .Y
        ,'人.i. . . . l. . .弋:.゚_ノノ. .V. . .l. l zzkl. . l. . . . . .;. . ,. . ./
       /  l\. . l. ./. . . . . . . ..V. . ;..イ:.。.:}l. ..l. . . . . .l. . .,/   「私も外からの異邦人ですので、怪物の生態を完全に把握している
       /   l   \./. . . . . . . . . .V. . .l^ - .l. .l. . . . . .l. / l    わけではありませんが―――。
       /   l   l l\. . . . . . . .' .V. ..l. .゙゙´.,}. l. . . . . イ    l
      /    l   l lヘ. \ `:. . . __. V. .l. . ./.l. l. . //,     l    望みは薄いかもしれませんね」
     ./     l i   l .|ヽ ヽ 、. . . . . V l.イ. . l l/ / /     l
    /     l l   l-:l ::...、` _--イ----<  ./ /       l
    / / l   l  l    l::l       l r_ニヘ V   / /
   l' / l   l  l   l:ノ_ノ^ヽ _|フヽ-:::-イヘ V / /        l
   l /  l   _ィ/ハ   l::::::::::::::::::::l:::::::::///ハ V ./:::ヽ
   li γ::::::::::///:::ヘ   l::::::::::::::::::::{::::::///:::/ ∧〈:::::::::l        l
   l /:::::::::::///::::::::::}  l:::::::::::::::::::::: ///::::/  ∧ ;::::::::l        l

9299 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:20:27 ID:Hjiu+2Qu



               "´    _,  "´    ヾ_
              "    彡ゞ´    r=ヾ ※  ソ
           ,、|` ー "´    γゞ弋少  彡゙``ヽ
          @ゞζ心 ζ少 弋乂  彡": : : : : : :)
         くゝヾ ゞン  ゝ杉゚ _ 彡 " : : : : : : : : : {ヽ
        / 〃`≧ー-. .-‐ : : :´ : : : : : : : : : : : : : : :_}
      /: : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : (  ハ
      (   ’ : : : : : : : : : : : : : :r、 : : : : : : : : : : : : :ハ  ハ
      \ i.: : : : : : : : : : : : : : :|-―= : : : : : : : : : :i´.    '
         )|: : : : : : : : :__: : : : : :.i : : :ヽ : : : : : : : : ノ      ,
        八l: : : : : : "´| ∨:::::::::::::'; z==〒": : : :i´
         ゝ、_: : : : : :!z==::::::::::ム.弋_ソ ヽ:_/      |    !   「それにしても、聖杯戦争に参加してから食料の心配なんて。
        |  .入: : : :| ゞ,ノ \::::::ム.   彡"l      .|    !
         八   ヽ: ̄`ハ. ー , -―::ヤ"´  ノ|     ∥   |    ふふっ……ああ、ごめんなさい。
         \::ミ   ; . ゝ.   _ ,\:ヘ ./ |     ∥   |     あなた、結構あわてんぼうさんですね」
           ヽ!   ,   .≧o。 _ ..\ r-|    ∥    |
            }:   ',    _くゝ_r-ι-ゝ!    ∥¨¨〃‐,|
            |:   }_,, .-‐.〃:\〈::::ヽ:::::|     |{{:::::∥:::::::ヽ
             ,リ    }::::::::: ∥ゝ:::::::彡::::::,    ; |{{ ∥::::::::::::i
.             /    |:::::::::∥::::::::::::::::::::::,   ,' |ゞ=ソ::::::::::::::λ
         /    i.  !:::::_/ |^ー-‐-‐^ー,,   'ニ!:::::::::::::::::::::::| ∨
        / /     },i !:::リニ八:::::::゚:::::::::::/   ,' ニ|:::::::::::::::::::::::| ∨
        / 〃    ./::l ! /ニニ\::゚:::::彩'   , ニリ:::::::::::::::::::::::{.  ∨
.     /  , ,    ':::::! :|'ニニニニ`´ニニ|   'ニニi′::::::::::::::::::::リ   ∨
   // 〃 {    ,:::::::! .!ニニニニニニニ:|  .'ニニ:|::::::::::::::::::::::::::l|   ∨
  〃"  〃  .{    l:::::::| .|ニニニニニニニ !  lニニ|:::::::::::::::::::::::::l|.   ∨
      /  八   l:::::::ゝ!ニニニニニニニヘ  lニニl:::::::::::::::::::::::::l|
 {{    ,         ,:::::::::|ニニニニニニニ二ゝニニ;リ :::::::::::::::::::: l|     :}
 ゝ,__,ノ       〃::::::::|ニニニニニニニニニニニl :::::::::::::::::::::::l|      !
    ∥.      /::::::::::::|ニニニニニニニニニニY:::::::::::::::::::::::::l|      |
.     ′       ,’::::::::::::::lニニニニニニニニニニ|::::::::::::::::::::::::::l|     |



                  /:'        `:メ、
                ,:'/            ∨
              /    r、      ヽ:、  ヽ
             /{ ,:'  7´ ./      },V    Y
             !/ /   /  /|        jV j ', j
           /  .{ ! ,:' / アメ /  ノ ≦z}: /j } V
          ( ヽ_ノ、! !|/ノz芹ミ/ r--彡',斗ミ,/jリ / ノ ノ   「……参加しようと思って来たわけじゃないわ。
           `ー/ ヽ!くハ人Vrタヽ!    'l}r,リ )j!/ ,イ- '    船ごと流れ着いただけの、巻き込まれよ。
           ノ,'  ハ ヽ \ `~´     `~^´ハ' ,.イ, V〉
         ,.:' ノ   )' ,ハく     '     ハ ハ j f'      アーチャーを喚んだのも、怪物に襲われてる時にとっさの話」
         ,'/    〈  , ム、  r:::::v   イ V ヽ く、      
        ,'     /ヽ ∧ ゝ \     ..イ: :}:.、!ノ   ヽ
        ,j...斗--斗-〈 j': : ヽ: ,.斗≧ニ´: : : : ノ! j/ミ _ ____〉
      ,.: :´::::::::::::::::::::::::ハ、: : : : : : : : : : : : : :ノア ハ:::::::`⌒~^゙メ、
     〃:::::::::::::::::::::::/ィ:::Vミ≧zz、: : : :斗彡': : 人ヽメ、::::::::::::::::::.、
     j:::::::::::::::::::::::/,.イ:::::/ ` <: : : ー==ニ>' ヽ::::ヽヽ::::::::::::::::ハ
    ,:'::::::::::::::::::::,ア:::::::::,'      ` ー-一'´     V:::::ヽヽ::::::::::::ム
    ,'::::::::::::::::::::,ア:::::::::::::\-- ミ   :..∨.:    __ ,.斗〉::::::::ヽ 、::::::::::ハ
   〈:::::::::::::::::::::ヾ\::::::::::::::'.、   `> j_.。<´)f/ ア::::::::::::/ノ::::::::::::::!
  /!::::::::::::::::::::::::::\\::::::::::::.、  -== =- j:(f jア::::::::::://:::::::::::::::::!
 〃  V:::::::::::::::::::::{:::::!ヽ:\::::::::\  ー--= .〉ア::::::::>',,イV::::::::::::::::::,'

9315 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:24:52 ID:Hjiu+2Qu



           /炙廴廴 )廴込尖イ八ノ、__ノ廴___ヲ廴  )人ヘ
          /廴_ノゝ-='    ̄ ̄ ̄    ̄  ─-= _、乂ノハ
         /     _ -─  ̄ ̄  ̄ ̄   T ─- _  -( ム
         /_ -‐ T                l      ヽ T
        '  / |           l       l       ハ >,
       ,'  ,   l{           l       l       ヽ ',
       '   l  l八           l      l         l ',
     ,'    l  l  V\         l      il          l  ,
     '    l   l   r-\ i            il        _ _ ,
    ,'     li i l}   ィ示ヽl            il _/ ̄ ̄ ̄ ̄ l
   ,.'     lい l   弋ツノ l     ./    >⌒ヽ       /
  ,'       人 .{    / l    / ,  '´ l     }      /
  ,'       、 ヽ\     l__ /-'´   l    /      l   「……船ごと?
 ,'        l _,,从''"´ ̄ ̄l   /     l   /     l  l
,    __, -‐''"´__       l  ./      l-イ       l  .l    ああ、なるほど。得心が行きました。
 ̄ ̄       l        l /      l  l       il   l    あなたは優しい子ですね。他の人の食料探しですか」
          i     _  l/ {      l  V  /   i l  .l
           ┬  - 、    l      l  /__l / l   i l   l
           /  /_,ム    l     .l  l: : N l   i l   l
          l   マニニ}__ l     l__ノ: :/   l   i l   l
          l  l  {イ: : : : : : : l     l: : ::/   l   l  l   l
        //  l イ: : : : : : : : : :l     l: : : :> _l   l  l   l
      /l//l  l: : : :ゝ ---=== l     l: : : : : : : : : >- _   l
    /l/l/l//l  l: : : : : : : : : : : : :l     l: : : : : : : : //////> 、





                  ´ニニニニ才^'、________
              /ニニ,.。s≦ニ{器}ニニア゚
             _j≧=≦ニニニニニニア゚\ __
           /{薔}ニ{薔}ニ{薔}ニニ=‐ ''. . . . . .ヽ \_
             ア゚^ア'' ‐=ニニ=- '' ~. . . . `、. . . . . .}i : :¨\__
          /. . ./ . . . . '. . . . . . . . . .゚,. . . `,. . i⌒∨: : : : ¨i}___
            〈 . . .゚. ,゙ . . i{ . . . . . . {l___. .゚,. . . .゚, .jl   ∨ : : : : ⌒^\
          ヽ. i .i{. . __l{__. . . . .´{l \. .゚,.r'⌒´    ' : : : : : : : : : i}___
             人{ .l{. . .{.l{ '.、. . . .斗筏弐」{l   ,    i___: : : : : : : :´⌒\
             i{`l{、_._lrf愆ア 、. .{~^^´_ノ}         l'//\__.: : : : : : : : :
.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :   「―――わかりました。
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :     深くは詮索いたしません。
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :     私の手持ちをわけてあげましょう。
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :     あまり沢山食べる方じゃないから、持ち込みも多くないけど」
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :





                    斗- 、
                   { r --ミ:.、
                   八 { __ j'
                 > ≦ `'´ < メ、
              / /´     、 ヽ`メ.、
               /' ノ     j   Y `   ヽ
            ,.:'  /    ,' /!   V`ー--ァハ
              f  (  / 斗-ミ{  } / V! ̄ ,.ム
              }  ノ  .{ 7/_/`, j/  ム{、 j }
         乂__ノ-=≦' ! .{ iア笊ヾ、〉/ r ',≦、V}/ 、 、_,   「いいの!?
          ` ァ  { .| v! vrタ ノヘ{ frハ j,イj ) ヽ _    あなた、聖杯戦争に勝つために来たんじゃ――――――」
       乂ー 彡,/  jゝヽr‐ ~´    ヽ ー' _ハ'彡人ー '´
         `ーイ,  :!: : ノハ   r ― 、  八ヽ  ヽヽ
        ,. :´/j,  V:/ 人   ゝ:::::ノ  ノ: ゝ、 ヽ }ヽ\
        , 〃   ヽ、 {   V>:.、 _ イノ: : :) } j ノ ! )ハ
    !、  ノ/  ノ ': : r≦ヽ j}: : : : : :{r斗七 Y' イ/: : V_ノ    j
    乂ー'   ノ  {: : :.):::::::::ノ':.ヽ、:_:_:_Vイ:〃ハ  (__: 、 ` ー ' ノ
      `~´斗.ミ,__ヾ_,r`ー:::::::::::::::::'":::::::斗:ゝ|:::V´. . .`メ、メ ' ´
       ,.:'. . . . . ヾ:v: }}ヽミ::::::::::`:::::'^~´:::::::斗/´. . . . . . . ヽ< _
       /. . . . . . . . .j. .}ハ V::::`::ー==一:'"::::::ノ、、. .!. . . . . . . ヽ. . `.Y
     ,.'. . . . . . . . .ノ|. .',ハ ヽ、::ー::::::___::::/ヾv.ヽメ、. . . . . . . . . . i
     /. . . . . . . . .イ,'ハ. r!!ハ   ` ー - 一'    V. . `、V,、. . . .|!. . . '
   /. . . . . . . . .,ハ//ハ!j !. .':、  . . . : : , '"   .}. . . .ノハ/,ヽ. .jr--{:、
  .人斗七=-ミ. .V///!j |. . . .、__`ヽ: :/   ,斗 7. . ..//////,7'//アく!
    {/////////ヾ!///!{、<. . ヽ `^''Vr≦, rくフ. .,ィ,イ/∨//,'/ア   \





                      _--――- _
                       jニニニニニニニ>、
                    <ニニニニニニニニニヽ
                     /': :.`<ニニニニニニニニ{
                     /:/: :': : : ': :`:,<二二二二>'"、
                 ヽ/: /: : :/: : ,イ:l: : : ̄i、 ̄:!: : : :.': ヽ
                  〉:.': : :.': : /_:l: : : : l: V: :i : : : : ': :{
                ,'l: :!: : :.!: :/‐-、: !: : : :l: :.V: l: : : : : ; :.\
                     /ヽ:l: : :.l: ;代ツ`: !: : : l:_; :V:.!: : : : : ; : .ノ
               / .! l\: l: l: : : : : : :l: : :.!、ツl: l: : : :.l: :/
                   , l .l .!.  Tー、: : : : : :,:l: : l: : : l: !: : : / '   「目の前で困っている人が居るんですもの。
                  , .l | l  .|ト .\ヽ: : _: !: :!: :イ: :l :/ i !  ,    多少は譲る程度の良識は持ち合わせているつもりです。
               , ,  .! !,   l! \ヽ: :_:ヽ:.! :.!: イ ,! !,
                 '/. l !.l l   l .l     ´;  '.,l j  / ハ.l ,   ,   聖杯戦争は、まぁまた別の話としてですが」
              ' .l  l ',ハ  l.ノ,へ__j⌒ー`ィヽ! , /  'l ,
                 ; _ ...-,:ィハ .!::::::::::::::::l:::::///:;  /:::ヽ ! ,   '
              ,./:::::::///::::, !:::::::::::::::::::///:/ .,:':::::::::l  l, ,    ,
             ,::::::::///__l .!___///{/ ./:::::::::::::!  l',    ,ー、
               ::::::::j/、乂 .! !{ }./ /ノ//./ /:::::::::::::::l   } ! ,    マヽ  ,.‐- ._
             ,:::::::////\ } l ,. イ///// /:::::::::::::::::;  , j   ,    マヘl  ._//\
            ,::::::::!//////,'/////////, ./:::::::::::::::::/  /.ノ   ,   マ ヽ/! \//}
                ,:::::::::l//////イ////////,{ /::::::::::/::::/ ノイ     ,     ヽ. },l   Vノ
.              ;::::::::::l/////'//////////:::::::::/:::::/    l     l.     V l
           /:::::::::::!//////////////!:::::/:::::::::;'     l     l      V!
              ノ::::::::::::::!'/////////////::イ::::::::::::::;:      l!  l  ! i   '
.            j:::::ヽ:::::::::;l'////////////:::::::::::::::::::::/.l       l!   !  ! !   l
          /:::::::::::::::::/.}//////////::::::::::::::ヽ:::::} l     .|!  .!.! l !',   :
        /::::::::::::::::::::;、.l'//////,/:::::::::::::::/:::::::::/  .!     .!| .l .i. ! l ,   .i
       ,.::::::::::::::::::::::::; j'/////:::::::::::::::::::;:::::::::;イ、  .!     !! リ ト、l ハ .l、 .|
      ,.:::::::::::::::::::::::::;イ .l'///::::::::::::::::::::::::;::::::;:'//∧ ,.-/ ̄⌒` 、.! !' ',l ヽ .l
.      /:::::::::::::::::::::::;:' ,ィ//::::::::::::::::::::::::::::::!::;イ'////ハ/ /  .i   fr .\人 ノ .}.ノ
    ,..:::::::::::::::::::_f⌒ヽー--、:::::::::::::::::::::::::::::::;:イ//////!__{.__l__.ノノ\  \ ,ノ〃
   r‐、_jヽ`ヽ:/.ヽ'"´( r‐、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::'-=ー-//,ゝー---―イ!.ト. ヽ.  \'

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――物腰穏やかに。親切に。

 優しく染み入る水のように、ゆっくりと。

 ラケル・クラウディウスの言葉はヤン・シャオロンという少女に浸透していく。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9331 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:28:13 ID:Hjiu+2Qu

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――他者の信用を得る。

 魔術以上に、ことこの能力にかけて、ラケル・クラウディウスは傑物だ。

 儚げでどこか魔性を含む雰囲気もあり、自然と他人を惹きつける。
 そして或いは、そのまま毒を含む花のように―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                  ´ニニニニ才^'、________
              /ニニ,.。s≦ニ{器}ニニア゚
             _j≧=≦ニニニニニニア゚\ __
           /{薔}ニ{薔}ニ{薔}ニニ=‐ ''. . . . . .ヽ \_
             ア゚^ア'' ‐=ニニ=- '' ~. . . . `、. . . . . .}i : :¨\__
          /. . ./ . . . . '. . . . . . . . . .゚,. . . `,. . i⌒∨: : : : ¨i}___
            〈 . . .゚. ,゙ . . i{ . . . . . . {l___. .゚,. . . .゚, .jl   ∨ : : : : ⌒^\
          ヽ. i .i{. . __l{__. . . . .´{l \. .゚,.r'⌒´    ' : : : : : : : : : i}___
             人{ .l{. . .{.l{ '.、. . . .斗筏弐」{l   ,    i___: : : : : : : :´⌒\
             i{`l{、_._lrf愆ア 、. .{~^^´_ノ}         l'//\__.: : : : : : : : :   「ああ、そうだ。
.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :    引き換えにとは申しませんが、
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :    少しだけ心に留めておいて頂きたい話がありまして―――」
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :


さて、ではラケルてんてーのスキルを判定します☆
特別に1回分の増で

あ、1~100の数字ねー

9333 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:28:25 ID:Hjiu+2Qu


◆/LlKDdMfB711

【安価 ↓3~5】
1~100

9336 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:28:38 ID:5bedge7r
【1D100:43】

9337 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:28:40 ID:IZHt9DZ8
【1D100:41】

9338 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:28:40 ID:SrUYHP7i
3



9354 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:29:16 ID:Hjiu+2Qu
( ゚д゚)

9369 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:29:53 ID:IZHt9DZ8
てんてー、何かやりやがったww



9370 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:30:02 ID:Hjiu+2Qu


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 そして彼女はそのままに致命的な一言を――――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :    「あなた――――――」
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :

9381 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:32:28 ID:Hjiu+2Qu




              BGM:ttp://listenonrepeat.com/watch/?v=e1l59fXt8fQ






























































                  ´ニニニニ才^'、________
              /ニニ,.。s≦ニ{器}ニニア゚
             _j≧=≦ニニニニニニア゚\ __
           /{薔}ニ{薔}ニ{薔}ニニ=‐ ''. . . . . .ヽ \_
             ア゚^ア'' ‐=ニニ=- '' ~. . . . `、. . . . . .}i : :¨\__
          /. . ./ . . . . '. . . . . . . . . .゚,. . . `,. . i⌒∨: : : : ¨i}___
            〈 . . .゚. ,゙ . . i{ . . . . . . {l___. .゚,. . . .゚, .jl   ∨ : : : : ⌒^\
          ヽ. i .i{. . __l{__. . . . .´{l \. .゚,.r'⌒´    ' : : : : : : : : : i}___
             人{ .l{. . .{.l{ '.、. . . .斗筏弐」{l   ,    i___: : : : : : : :´⌒\
             i{`l{、_._lrf愆ア 、. .{~^^´_ノ}         l'//\__.: : : : : : : : :   「―――アナルが弱そうな顔をしていますね」
.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 放ち、おいカメラ止めろ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9382 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:32:39 ID:vqQxl9Nf
おいwwwwwwwwwwwwwwwwww

9394 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:33:05 ID:vjYnrlhW
wwwwwwwwwww
ファンブルしたかwwwwwwwwwwww

9400 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:33:19 ID:IZHt9DZ8
【速報】てんてー、ぽんこつ化【BB枠】



9403 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:33:26 ID:Hjiu+2Qu




                    斗- 、
                   { r --ミ:.、
                   八 { __ j'
                 > ≦ `'´ < メ、
              / /´     、 ヽ`メ.、
               /' ノ     j   Y `   ヽ
            ,.:'  /    ,' /!   V`ー--ァハ
              f  (  / 斗-ミ{  } / V! ̄ ,.ム
              }  ノ  .{ 7/_/`, j/  ム{、 j }
         乂__ノ-=≦' ! .{ iア笊ヾ、〉/ r ',≦、V}/ 、 、_,
          ` ァ  { .| v! vrタ ノヘ{ frハ j,イj ) ヽ _
       乂ー 彡,/  jゝヽr‐ ~´    ヽ ー' _ハ'彡人ー '´
         `ーイ,  :!: : ノハ   r ― 、  八ヽ  ヽヽ
        ,. :´/j,  V:/ 人   ゝ:::::ノ  ノ: ゝ、 ヽ }ヽ\
        , 〃   ヽ、 {   V>:.、 _ イノ: : :) } j ノ ! )ハ
    !、  ノ/  ノ ': : r≦ヽ j}: : : : : :{r斗七 Y' イ/: : V_ノ    j
    乂ー'   ノ  {: : :.):::::::::ノ':.ヽ、:_:_:_Vイ:〃ハ  (__: 、 ` ー ' ノ
      `~´斗.ミ,__ヾ_,r`ー:::::::::::::::::'":::::::斗:ゝ|:::V´. . .`メ、メ ' ´
       ,.:'. . . . . ヾ:v: }}ヽミ::::::::::`:::::'^~´:::::::斗/´. . . . . . . ヽ< _
       /. . . . . . . . .j. .}ハ V::::`::ー==一:'"::::::ノ、、. .!. . . . . . . ヽ. . `.Y
     ,.'. . . . . . . . .ノ|. .',ハ ヽ、::ー::::::___::::/ヾv.ヽメ、. . . . . . . . . . i
     /. . . . . . . . .イ,'ハ. r!!ハ   ` ー - 一'    V. . `、V,、. . . .|!. . . '
   /. . . . . . . . .,ハ//ハ!j !. .':、  . . . : : , '"   .}. . . .ノハ/,ヽ. .jr--{:、
  .人斗七=-ミ. .V///!j |. . . .、__`ヽ: :/   ,斗 7. . ..//////,7'//アく!
    {/////////ヾ!///!{、<. . ヽ `^''Vr≦, rくフ. .,ィ,イ/∨//,'/ア   \











                    斗- 、
                   { r --ミ:.、
                   八 { __ j'
                 > ≦ `'´ < メ、
              / /´     、 ヽ`メ.、
               /' ノ     j   Y `   ヽ
            ,.:'  /    ,' /!   V`ー--ァハ
              f  (  / 斗-ミ{  } / V! ̄ ,.ム
              }  ノ  .{ 7/_/`, j/  ム{、 j }
         乂__ノ-=≦' ! .{ iア笊ヾ、〉/ r ',≦、V}/ 、 、_,
          ` ァ  { .| v! vrタ ノヘ{ frハ j,イj ) ヽ _    「は?」
       乂ー 彡,/  jゝヽr‐ ~´    ヽ ー' _ハ'彡人ー '´
         `ーイ,  :!: : ノハ   r ― 、  八ヽ  ヽヽ
        ,. :´/j,  V:/ 人   ゝ:::::ノ  ノ: ゝ、 ヽ }ヽ\
        , 〃   ヽ、 {   V>:.、 _ イノ: : :) } j ノ ! )ハ
    !、  ノ/  ノ ': : r≦ヽ j}: : : : : :{r斗七 Y' イ/: : V_ノ    j
    乂ー'   ノ  {: : :.):::::::::ノ':.ヽ、:_:_:_Vイ:〃ハ  (__: 、 ` ー ' ノ
      `~´斗.ミ,__ヾ_,r`ー:::::::::::::::::'":::::::斗:ゝ|:::V´. . .`メ、メ ' ´
       ,.:'. . . . . ヾ:v: }}ヽミ::::::::::`:::::'^~´:::::::斗/´. . . . . . . ヽ< _
       /. . . . . . . . .j. .}ハ V::::`::ー==一:'"::::::ノ、、. .!. . . . . . . ヽ. . `.Y
     ,.'. . . . . . . . .ノ|. .',ハ ヽ、::ー::::::___::::/ヾv.ヽメ、. . . . . . . . . . i
     /. . . . . . . . .イ,'ハ. r!!ハ   ` ー - 一'    V. . `、V,、. . . .|!. . . '
   /. . . . . . . . .,ハ//ハ!j !. .':、  . . . : : , '"   .}. . . .ノハ/,ヽ. .jr--{:、
  .人斗七=-ミ. .V///!j |. . . .、__`ヽ: :/   ,斗 7. . ..//////,7'//アく!
    {/////////ヾ!///!{、<. . ヽ `^''Vr≦, rくフ. .,ィ,イ/∨//,'/ア   \





                  ´ニニニニ才^'、________
              /ニニ,.。s≦ニ{器}ニニア゚
             _j≧=≦ニニニニニニア゚\ __
           /{薔}ニ{薔}ニ{薔}ニニ=‐ ''. . . . . .ヽ \_
             ア゚^ア'' ‐=ニニ=- '' ~. . . . `、. . . . . .}i : :¨\__
          /. . ./ . . . . '. . . . . . . . . .゚,. . . `,. . i⌒∨: : : : ¨i}___
            〈 . . .゚. ,゙ . . i{ . . . . . . {l___. .゚,. . . .゚, .jl   ∨ : : : : ⌒^\
          ヽ. i .i{. . __l{__. . . . .´{l \. .゚,.r'⌒´    ' : : : : : : : : : i}___    「あなた、アナルが弱そうな顔をしていますね」
             人{ .l{. . .{.l{ '.、. . . .斗筏弐」{l   ,    i___: : : : : : : :´⌒\
             i{`l{、_._lrf愆ア 、. .{~^^´_ノ}         l'//\__.: : : : : : : : :
.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :

9415 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:33:57 ID:G8sQ5OFM
何故二回言うwwww

9420 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:34:07 ID:ZIS/pJel
真面目だったのにアレ枠
きょうぞうちゃん
くらなくん
らけるてんてー←New!



9448 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:35:34 ID:Hjiu+2Qu



                      _--――- _
                       jニニニニニニニ>、
                    <ニニニニニニニニニヽ
                     /': :.`<ニニニニニニニニ{
                     /:/: :': : : ': :`:,<二二二二>'"、
                 ヽ/: /: : :/: : ,イ:l: : : ̄i、 ̄:!: : : :.': ヽ
                  〉:.': : :.': : /_:l: : : : l: V: :i : : : : ': :{
                ,'l: :!: : :.!: :/‐-、: !: : : :l: :.V: l: : : : : ; :.\
                     /ヽ:l: : :.l: ;代ツ`: !: : : l:_; :V:.!: : : : : ; : .ノ
               / .! l\: l: l: : : : : : :l: : :.!、ツl: l: : : :.l: :/   「気の強い女性はアナルが弱い。
                   , l .l .!.  Tー、: : : : : :,:l: : l: : : l: !: : : / '     特にあなたのようなSTR極振りの女騎士型の人は
                  , .l | l  .|ト .\ヽ: : _: !: :!: :イ: :l :/ i !  ,     このような島に居てはすぐさま勃起した全裸のゴブリンの群れに
               , ,  .! !,   l! \ヽ: :_:ヽ:.! :.!: イ ,! !,        襲われて『くっ……殺せ!』という姫騎士状態になってしまうでしょう。
                 '/. l !.l l   l .l     ´;  '.,l j  / ハ.l ,   ,
              ' .l  l ',ハ  l.ノ,へ__j⌒ー`ィヽ! , /  'l ,
                 ; _ ...-,:ィハ .!::::::::::::::::l:::::///:;  /:::ヽ ! ,   '   重要なのは、状態異常耐性とアナル耐性です」
              ,./:::::::///::::, !:::::::::::::::::::///:/ .,:':::::::::l  l, ,    ,
             ,::::::::///__l .!___///{/ ./:::::::::::::!  l',    ,ー、
               ::::::::j/、乂 .! !{ }./ /ノ//./ /:::::::::::::::l   } ! ,    マヽ  ,.‐- ._
             ,:::::::////\ } l ,. イ///// /:::::::::::::::::;  , j   ,    マヘl  ._//\
            ,::::::::!//////,'/////////, ./:::::::::::::::::/  /.ノ   ,   マ ヽ/! \//}
                ,:::::::::l//////イ////////,{ /::::::::::/::::/ ノイ     ,     ヽ. },l   Vノ
.              ;::::::::::l/////'//////////:::::::::/:::::/    l     l.     V l
           /:::::::::::!//////////////!:::::/:::::::::;'     l     l      V!
              ノ::::::::::::::!'/////////////::イ::::::::::::::;:      l!  l  ! i   '
.            j:::::ヽ:::::::::;l'////////////:::::::::::::::::::::/.l       l!   !  ! !   l
          /:::::::::::::::::/.}//////////::::::::::::::ヽ:::::} l     .|!  .!.! l !',   :
        /::::::::::::::::::::;、.l'//////,/:::::::::::::::/:::::::::/  .!     .!| .l .i. ! l ,   .i
       ,.::::::::::::::::::::::::; j'/////:::::::::::::::::::;:::::::::;イ、  .!     !! リ ト、l ハ .l、 .|
      ,.:::::::::::::::::::::::::;イ .l'///::::::::::::::::::::::::;::::::;:'//∧ ,.-/ ̄⌒` 、.! !' ',l ヽ .l
.      /:::::::::::::::::::::::;:' ,ィ//::::::::::::::::::::::::::::::!::;イ'////ハ/ /  .i   fr .\人 ノ .}.ノ
    ,..:::::::::::::::::::_f⌒ヽー--、:::::::::::::::::::::::::::::::;:イ//////!__{.__l__.ノノ\  \ ,ノ〃
   r‐、_jヽ`ヽ:/.ヽ'"´( r‐、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::'-=ー-//,ゝー---―イ!.ト. ヽ.  \'





                    斗- 、
                   { r --ミ:.、
                   八 { __ j'
                 > ≦ `'´ < メ、
              / /´     、 ヽ`メ.、
               /' ノ     j   Y `   ヽ
            ,.:'  /    ,' /!   V`ー--ァハ
              f  (  / 斗-ミ{  } / V! ̄ ,.ム
              }  ノ  .{ 7/_/`, j/  ム{、 j }
         乂__ノ-=≦' ! .{ iア笊ヾ、〉/ r ',≦、V}/ 、 、_,
          ` ァ  { .| v! vrタ ノヘ{ frハ j,イj ) ヽ _
       乂ー 彡,/  jゝヽr‐ ~´    ヽ ー' _ハ'彡人ー '´
         `ーイ,  :!: : ノハ   r ― 、  八ヽ  ヽヽ
        ,. :´/j,  V:/ 人   ゝ:::::ノ  ノ: ゝ、 ヽ }ヽ\
        , 〃   ヽ、 {   V>:.、 _ イノ: : :) } j ノ ! )ハ
    !、  ノ/  ノ ': : r≦ヽ j}: : : : : :{r斗七 Y' イ/: : V_ノ    j
    乂ー'   ノ  {: : :.):::::::::ノ':.ヽ、:_:_:_Vイ:〃ハ  (__: 、 ` ー ' ノ
      `~´斗.ミ,__ヾ_,r`ー:::::::::::::::::'":::::::斗:ゝ|:::V´. . .`メ、メ ' ´
       ,.:'. . . . . ヾ:v: }}ヽミ::::::::::`:::::'^~´:::::::斗/´. . . . . . . ヽ< _
       /. . . . . . . . .j. .}ハ V::::`::ー==一:'"::::::ノ、、. .!. . . . . . . ヽ. . `.Y
     ,.'. . . . . . . . .ノ|. .',ハ ヽ、::ー::::::___::::/ヾv.ヽメ、. . . . . . . . . . i
     /. . . . . . . . .イ,'ハ. r!!ハ   ` ー - 一'    V. . `、V,、. . . .|!. . . '
   /. . . . . . . . .,ハ//ハ!j !. .':、  . . . : : , '"   .}. . . .ノハ/,ヽ. .jr--{:、
  .人斗七=-ミ. .V///!j |. . . .、__`ヽ: :/   ,斗 7. . ..//////,7'//アく!
    {/////////ヾ!///!{、<. . ヽ `^''Vr≦, rくフ. .,ィ,イ/∨//,'/ア   \











                    斗- 、
                   { r --ミ:.、
                   八 { __ j'
                 > ≦ `'´ < メ、
              / /´     、 ヽ`メ.、
               /' ノ     j   Y `   ヽ
            ,.:'  /    ,' /!   V`ー--ァハ
              f  (  / 斗-ミ{  } / V! ̄ ,.ム
              }  ノ  .{ 7/_/`, j/  ム{、 j }
         乂__ノ-=≦' ! .{ iア笊ヾ、〉/ r ',≦、V}/ 、 、_,
          ` ァ  { .| v! vrタ ノヘ{ frハ j,イj ) ヽ _    「は?」
       乂ー 彡,/  jゝヽr‐ ~´    ヽ ー' _ハ'彡人ー '´
         `ーイ,  :!: : ノハ   r ― 、  八ヽ  ヽヽ
        ,. :´/j,  V:/ 人   ゝ:::::ノ  ノ: ゝ、 ヽ }ヽ\
        , 〃   ヽ、 {   V>:.、 _ イノ: : :) } j ノ ! )ハ
    !、  ノ/  ノ ': : r≦ヽ j}: : : : : :{r斗七 Y' イ/: : V_ノ    j
    乂ー'   ノ  {: : :.):::::::::ノ':.ヽ、:_:_:_Vイ:〃ハ  (__: 、 ` ー ' ノ
      `~´斗.ミ,__ヾ_,r`ー:::::::::::::::::'":::::::斗:ゝ|:::V´. . .`メ、メ ' ´
       ,.:'. . . . . ヾ:v: }}ヽミ::::::::::`:::::'^~´:::::::斗/´. . . . . . . ヽ< _
       /. . . . . . . . .j. .}ハ V::::`::ー==一:'"::::::ノ、、. .!. . . . . . . ヽ. . `.Y
     ,.'. . . . . . . . .ノ|. .',ハ ヽ、::ー::::::___::::/ヾv.ヽメ、. . . . . . . . . . i
     /. . . . . . . . .イ,'ハ. r!!ハ   ` ー - 一'    V. . `、V,、. . . .|!. . . '
   /. . . . . . . . .,ハ//ハ!j !. .':、  . . . : : , '"   .}. . . .ノハ/,ヽ. .jr--{:、
  .人斗七=-ミ. .V///!j |. . . .、__`ヽ: :/   ,斗 7. . ..//////,7'//アく!
    {/////////ヾ!///!{、<. . ヽ `^''Vr≦, rくフ. .,ィ,イ/∨//,'/ア   \

9521 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:41:00 ID:Hjiu+2Qu


                ,.斗 ≦ メ
               (´   ` リ
               ` 斗 ‐‐jノ‐‐ ミ
              ,ィ ´    :  ヽ `メ、
             〃   /    ハ'   V  Vメ、
              ,:' /   /   / /    }  ∨ ヽ
           / ノ ,.:'  / , イ  /  } j:   vヾ \
           ,' 乂__彡 '〃メ i  '   /ノV   } > メ__,ノ
      乂 - 彡   ,'   !ム_≧ ! ,' ,斗 七_V_ '  ;}--<
        `¨フ  _:{ `Y:fr::メヽjハ ! ィr:、マ:,ノ   ノ!`¨´
         /  Y ,ハ {ム乂rリ  ヽ! vrタ_人 _,.ィ {` <     「ぇ、ぁ、えと……。
     乂 - 彡/ .! ゝヽ乂_\     ,  /ィ´/ ∨ ゝ  `メ
       `フ´  ゝ...、_:{、 ̄rv_--- , u 八'   ,   Y  ハ   勃起した全裸のゴブリン!? え、なに!?
        ( { ノ       \ ` ー一'   .ィ ,:'    '    }   リ   この島、そんなのが居るの!? なんでそんなダークファンタジーなの!?」
      /´ 〃`ー,  ノ } }'>x、 _ イ  __ ノ     人 ノ´
    /  /´ /  } ( ノ ノハ}: : :` 斗:≦  > ≦ >'" 〃   |
    {{  〃 ,' ,  丿_,,斗 七ニ':≦     ,.:' >≦    {、___ノj
    `ー{  ' :{  ( { ` ̄´      ア f( 〃 ,' イ⌒ヽ≧ <
      乂_{,斗七ミxゝ、______,,,..斗<´:{ /彡'! { / /: : : : V   ヽ
 (     ア: : : : : : : :` Y `ーr―‐彡'乂!   ノ:, ': : : : : : }、  ノ
  乂___彡,': : : : : : :': : :j ,人、  ``   ,.彡' イ: : 乂{: : : : : : V、(
      {: : : : : : : :|:.ノイ:.、ゝ ー 一 '"   /': : : : : : : : : : : : : Vヽ、
      j: : : : : : : :|イ: : :/ \` ー  >' ,': : : : : : : : : : : : : : : }  ヽ




                  ´ニニニニ才^'、________
              /ニニ,.。s≦ニ{器}ニニア゚
             _j≧=≦ニニニニニニア゚\ __
           /{薔}ニ{薔}ニ{薔}ニニ=‐ ''. . . . . .ヽ \_
             ア゚^ア'' ‐=ニニ=- '' ~. . . . `、. . . . . .}i : :¨\__
          /. . ./ . . . . '. . . . . . . . . .゚,. . . `,. . i⌒∨: : : : ¨i}___
            〈 . . .゚. ,゙ . . i{ . . . . . . {l___. .゚,. . . .゚, .jl   ∨ : : : : ⌒^\
          ヽ. i .i{. . __l{__. . . . .´{l \. .゚,.r'⌒´    ' : : : : : : : : : i}___
             人{ .l{. . .{.l{ '.、. . . .斗筏弐」{l   ,    i___: : : : : : : :´⌒\
             i{`l{、_._lrf愆ア 、. .{~^^´_ノ}         l'//\__.: : : : : : : : :  「私ならば島一つ支配できたら間違いなくそういうのを作るからです。
.             八il{   込ー---\{'゙´  从,   }     l//////\: : : : : : :   それを作っていないならば、ああ、この島の魔女は無能ですね」
              从  V公。,  - '  ィ^'l}   }     l////////}__.: : : : :
               ゚, 、  V/从≧= 升_ ノi}   }__   l//////////}.: .: : :
                }小, ∨-‐r{⌒i^{⌒_j}   }  ~¨寸'////////}.: .: : :
                } ハ ∨ j{l{⌒^゙^´ ,   ,     ∨'///////\: : :
              , /  ,} i} j{l{    _/  /      }V ////////{ : :
                //  /i} l}j{l{⌒i^i⌒7   /〕      } ∨///////,} : :
            //  / il} l}ニ\i__i/゙   ゙ニ{    ,   ,  V///////\
.            //  ,j{ il} l}ニニニニ{  ニ〈^'ー '゙   〉  ∨////////
            //  /j{ 从 {二二二ニ{   二}        {i   V ///////
         //  / j{  {=ヾニニニニ人 {二}        {l    ∨//////
.         //  / j{   ,ニニニニ二二ヾ二{       {l    ∨/////
         //  /  j{   =ニニニ二二二二ノ      八    W////
.         //  /  j{    }ニニニニニ二二{       ′ `,     /////,
.      //  /   j{゙    }ニニニニニ二二{            ゚   i/////
.       /  /   j{    jニニニニニ二二ji__     {    ,   |l //ア゚
       /   r'゙⌒ヽ  ノニニニニニニニr'゙⌒ヾ     {    }i  |l才゚.: :
.       ′   l、  ィ^〈ニニニニニニ=人   }    ,    ,、丶` : : : : ,
       {    「     ,}ニニニ二二/   `   '   /,、丶`: : : : : ,、丶` :
      人    }     _=ニニニ二/        _、+''~: : : : : : ,、丶|i//}: : :
          ヽ/}     /ニニニ=/     _、+''~ : : : : : _、+''~ li  从,7.: : :
          /=ニ}   /ニニニ/     xく: : : : : :_、+''~   ,ノ / //: : : :

9530 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:41:38 ID:I7eS5Z5a
やばい、この人の脳の中身アラガミじゃなくてエロゲ脳だ

9537 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:41:53 ID:5bedge7r
メアリ様に謂れのない無能疑惑が襲う!!wwwwww



9558 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:43:00 ID:Hjiu+2Qu



                   ___
               ィ////////////> 、
              ソr_>)r~ヘ////////////r()クフ
            
            /../`</ゝ-<廴メr_ァ=┐廴)){{辷))
          //. ./. . . . /`<ゞー((辷ソ/ゞ彡ゝ~/>
        /. /. . /. . . ./. . . ./l. `<///////≫ ' ヘ. .'.,
        \/. . /. . . ./. . . ./. l . . . . . . .l. . . .l. . . . . .i. .ヽ
         ハ. ./. . . .,. . . ../. . .l. . . . . . .lV. . . l. . . . .ハ. . )
         /ノ./. . . ./. . . /ー- l. . . . . . l. .V. . .l. . . . . . .,. .\
        , {. .,. . . .l . ._,ィ==ミミl. . . . . .l - l、. .l. . . . . .l. .i. . . .Y
        ,'人.i. . . . l. . .弋:.゚_ノノ. .V. . .l. l zzkl. . l. . . . . .;. . ,. . ./   「さて、ええ、それで何の話でしたか。
       /  l\. . l. ./. . . . . . . ..V. . ;..イ:.。.:}l. ..l. . . . . .l. . .,/     食料の話でしたね。
       /   l   \./. . . . . . . . . .V. . .l^ - .l. .l. . . . . .l. / l
       /   l   l l\. . . . . . . .' .V. ..l. .゙゙´.,}. l. . . . . イ    l     そうだわ。良ければあなたにピッタリのジョークグッズが―――」
      /    l   l lヘ. \ `:. . . __. V. .l. . ./.l. l. . //,     l
     ./     l i   l .|ヽ ヽ 、. . . . . V l.イ. . l l/ / /     l
    /     l l   l-:l ::...、` _--イ----<  ./ /       l
    / / l   l  l    l::l       l r_ニヘ V   / /
   l' / l   l  l   l:ノ_ノ^ヽ _|フヽ-:::-イヘ V / /        l
   l /  l   _ィ/ハ   l::::::::::::::::::::l:::::::::///ハ V ./:::ヽ
   li γ::::::::::///:::ヘ   l::::::::::::::::::::{::::::///:::/ ∧〈:::::::::l        l
   l /:::::::::::///::::::::::}  l:::::::::::::::::::::: ///::::/  ∧ ;::::::::l        l





                ,.斗 ≦ メ
               (´   ` リ
               ` 斗 ‐‐jノ‐‐ ミ
              ,ィ ´    :  ヽ `メ、
             〃   /    ハ'   V  Vメ、
              ,:' /   /   / /    }  ∨ ヽ
           / ノ ,.:'  / , イ  /  } j:   vヾ \
           ,' 乂__彡 '〃メ i  '   /ノV   } > メ__,ノ
      乂 - 彡   ,'   !ム_≧ ! ,' ,斗 七_V_ '  ;}--<
        `¨フ  _:{ `Y:fr::メヽjハ ! ィr:、マ:,ノ   ノ!`¨´     「………す」
         /  Y ,ハ {ム乂rリ  ヽ! vrタ_人 _,.ィ {` <
     乂 - 彡/ .! ゝヽ乂_\     ,  /ィ´/ ∨ ゝ  `メ
       `フ´  ゝ...、_:{、 ̄rv_--- ,   八'   ,   Y  ハ
        ( { ノ       \ ` ー一'  u.ィ ,:'    '    }   リ
      /´ 〃`ー,  ノ } }'>x、 _ イ  __ ノ     人 ノ´
    /  /´ /  } ( ノ ノハ}: : :` 斗:≦  > ≦ >'" 〃   |
    {{  〃 ,' ,  丿_,,斗 七ニ':≦     ,.:' >≦    {、___ノj
    `ー{  ' :{  ( { ` ̄´      ア f( 〃 ,' イ⌒ヽ≧ <
      乂_{,斗七ミxゝ、______,,,..斗<´:{ /彡'! { / /: : : : V   ヽ
 (     ア: : : : : : : :` Y `ーr―‐彡'乂!   ノ:, ': : : : : : }、  ノ
  乂___彡,': : : : : : :': : :j ,人、  ``   ,.彡' イ: : 乂{: : : : : : V、(
      {: : : : : : : :|:.ノイ:.、ゝ ー 一 '"   /': : : : : : : : : : : : : Vヽ、
      j: : : : : : : :|イ: : :/ \` ー  >' ,': : : : : : : : : : : : : : : }  ヽ

9592 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:45:27 ID:Hjiu+2Qu







         、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人.人
         )                                              (
         )     すいませんでしたあああああああああああああ!!!     ..(
         )                                              (
         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y.Y





           r‐!       /     l:/   `ヾ==、ー-- 、
          / ̄|     ヽ./     〃  /人   `ト、::::\
          ', /     ,!\   |l       \ /  \:〈
           | ′   / |   `  |:!       /    `
           L.__   /  !    !:ヽ     /
             ` iー---一'Tー-∨- ‐''|´
                /     iく ゙i;:lll!::::|||!
                  i     ィi|liリ  l::ii|:i:lil!     ――――ダッ!!
                  ゙- --イilliil/   |||:||:|:l
                 ゙ー!´    ll:::i||:|!
                           |:|::l:!|
                          |:||!!:
                           l iil! ヽ、,ノし/
                          ||i! /''⌒)
                             |l


【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ヤン は にげだした!
―――――――――――――――――――――――――――――――


9619 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:46:45 ID:Hjiu+2Qu


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. `ヽ
          |    ―――ふふ、なるほどね。強い心を持っている子だわ。     
          乂___________________________ ノ



.

9640 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:47:57 ID:6qGuxi0q
心が弱いとあの会話でも洗脳されるのか・・・・・・



9678 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:53:53 ID:Hjiu+2Qu

                      _--――- _
                       jニニニニニニニ>、
                    <ニニニニニニニニニヽ
                     /': :.`<ニニニニニニニニ{
                     /:/: :': : : ': :`:,<二二二二>'"、
                 ヽ/: /: : :/: : ,イ:l: : : ̄i、 ̄:!: : : :.': ヽ    「出来ればこちらの願いの一助になるように
                  〉:.': : :.': : /_:l: : : : l: V: :i : : : : ': :{     動いて欲しかったのだけど。
                ,'l: :!: : :.!: :/‐-、: !: : : :l: :.V: l: : : : : ; :.\
                     /ヽ:l: : :.l: ;代ツ`: !: : : l:_; :V:.!: : : : : ; : .ノ   ……うーん、おかしいわね。
               / .! l\: l: l: : : : : : :l: : :.!、ツl: l: : : :.l: :/     何がいけなかったのかしら」
                   , l .l .!.  Tー、: : : : : :,:l: : l: : : l: !: : : / '
                  , .l | l  .|ト .\ヽ: : _: !: :!: :イ: :l :/ i !  ,
               , ,  .! !,   l! \ヽ: :_:ヽ:.! :.!: イ ,! !,
                 '/. l !.l l   l .l     ´;  '.,l j  / ハ.l ,   ,
              ' .l  l ',ハ  l.ノ,へ__j⌒ー`ィヽ! , /  'l ,
                 ; _ ...-,:ィハ .!::::::::::::::::l:::::///:;  /:::ヽ ! ,   '
              ,./:::::::///::::, !:::::::::::::::::::///:/ .,:':::::::::l  l, ,    ,
             ,::::::::///__l .!___///{/ ./:::::::::::::!  l',    ,ー、
               ::::::::j/、乂 .! !{ }./ /ノ//./ /:::::::::::::::l   } ! ,    マヽ  ,.‐- ._
             ,:::::::////\ } l ,. イ///// /:::::::::::::::::;  , j   ,    マヘl  ._//\
            ,::::::::!//////,'/////////, ./:::::::::::::::::/  /.ノ   ,   マ ヽ/! \//}
                ,:::::::::l//////イ////////,{ /::::::::::/::::/ ノイ     ,     ヽ. },l   Vノ
.              ;::::::::::l/////'//////////:::::::::/:::::/    l     l.     V l
           /:::::::::::!//////////////!:::::/:::::::::;'     l     l      V!
              ノ::::::::::::::!'/////////////::イ::::::::::::::;:      l!  l  ! i   '
.            j:::::ヽ:::::::::;l'////////////:::::::::::::::::::::/.l       l!   !  ! !   l
          /:::::::::::::::::/.}//////////::::::::::::::ヽ:::::} l     .|!  .!.! l !',   :
        /::::::::::::::::::::;、.l'//////,/:::::::::::::::/:::::::::/  .!     .!| .l .i. ! l ,   .i
       ,.::::::::::::::::::::::::; j'/////:::::::::::::::::::;:::::::::;イ、  .!     !! リ ト、l ハ .l、 .|
      ,.:::::::::::::::::::::::::;イ .l'///::::::::::::::::::::::::;::::::;:'//∧ ,.-/ ̄⌒` 、.! !' ',l ヽ .l
.      /:::::::::::::::::::::::;:' ,ィ//::::::::::::::::::::::::::::::!::;イ'////ハ/ /  .i   fr .\人 ノ .}.ノ
    ,..:::::::::::::::::::_f⌒ヽー--、:::::::::::::::::::::::::::::::;:イ//////!__{.__l__.ノノ\  \ ,ノ〃
   r‐、_jヽ`ヽ:/.ヽ'"´( r‐、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::'-=ー-//,ゝー---―イ!.ト. ヽ.  \'



○精神掌握:A
 このキャラクターは相手の信用を得ることと、相手を意図せず意のままに操ることに長けている。
 このキャラクターと中立接触したキャラクターは1回、友好接触したキャラクターは2回の50%判定を行い、
 失敗数だけ掌握カウンタが付与される。
 掌握カウンタを2つ消費することで、ラケルは“自害”等の非現実的な願い以外の要求を相手に1つ通すことが出来る。
 戦闘能力には劣るが、魔術的と言えるほどの話術と、その儚くも魔性を含んだ雰囲気により、盤面を自己の思うままに
 動かすことに長けている。
 ただし、精神汚染者や極まった精神性を持つキャラクターにはこのスキルは効果を発揮しない。

◆/LlKDdMfB711 = #60spG濯蛯k滉氤g
60+43 = 03 抵抗成功
60+41 = 01 クリティカル
60+03 = 63 失敗だがそういう問題ではない

9686 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:54:43 ID:/TtBlRyn
ああ、ヤンの方がクリってこういう結果にwwwwwwwww

9693 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:55:14 ID:Z+OW3yba
クリティカルってコワイ



9709 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:56:22 ID:Hjiu+2Qu


                           , --- 、
                         丿≧zzz 彡l
                       / \ニニニニ彡
                       i /  /_i  l i  ヽ
                       /  i ィッィ l/-}   i )
                      /  i/  ' 仞/  i 〈     「あの子と同じ船で流れ着いた方々、無事だといいけれど。
                      i il  :ト,丶 _' Vi  /i ト、    ……そうね、バーサーカー。
                      i ハ  li 〕 =≦ヽ /::i { ヽ     出来れば程度の話だけど、気にかけておいてあげましょう。
                      i l-iハ l/////7//  i ヽ \
                     i レ  l l---= .} / } ゝ `、i}     さ、それじゃそろそろ、移動しましょうか」
                     i/   i i   //  l   i ヽllィ==ミ、
                     ,人....::::l/.........i i   ノ   i  \l   ヾ
                    /  }///;////},,  ::/    i   ト、
                    /  il//////   }     i   l \
                   /   ii/////   /     l   l
                  /    /i///    人  _   l   }
                  /   /- イ     / /ム/三=ミ<从/
        ィ三ニニ= _   /_ V -、 ヽ__ //// {三三}ヘニヘ、
        {三三}-ミKニ { rr_ ソ// /_ l////////// > -イ  ヘV /
         / /   > イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ニニニi    r -- 、
        / ./ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l====.iニニニi   {;;;;;;;/ム
       / / { /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    lニニニl ゞ  |;;;;;;;{ {ヽヽ
     /;;{ { l^Y⌒Yマ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    .iニニニi \ l;;;;;;;i i i 、
    /;;;;/ /::::::::::::::::::::::::^Y⌒Yマ:::::::::::::::::::::::::l三三三三三三= ム;;;;;;i Vlム ' ,
   /;;;;//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^Y⌒Yマー l─────── i;;;;;;;;i ( ) iハ
  /;;;;;/\ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::i── ┤  |------i;;;;;;;;i V l ム
  ,;;;;;;/ /辷彡'⌒)_::ノ....7=-,:::::::::::::::::::::::::::::::::l    l  i  < >i i ム;;;;;;;;V l l ii    ―――キィ....
  i;;;;i{三{  r --- /......./ /.....乂:::::::::::::::::::::::::::l    l  i  l  l ム;;;;;;;;;Vヘヘ i ll
  i;;;ll   }  / / /....../ /......../ ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)    l  .i  l l i l  V;;;;;;;V   i.i
 .i;;;ii  / //l /....../  /......./             i  i   /レi l   V;;;;;;;V  i.i
 l;;;;l / / ==彡/....../. /....../               l  l /  7 l.l   V;;;;;;;;V  i i
[  ̄ / {    .ノ....../ _ /.......i               i  iY   { ii    V;;;;;;;;v  i i
l-イ/  ゝ-//ム_ノイ/ム _ノl              / .i l    {/     v;;;;;;;;V i i
l--ニニニニ{/// (////////ノ              /  l ト   人      V;;;;;;;;;v .l
lニニニニニニニニニニニニニニニニ=====-  ____r=ニニ/  V ̄ rム      ヽ;;;;;;;;;;;;j
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ -=====ニニニニニニニ=≦   ト,,,,,,i l}        \;;;;;/
                                  V;;;;ゝj


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9715 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:56:51 ID:DU41FHLN
ん、てことはアナルうんぬんは素なのか


9718 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:57:12 ID:Hjiu+2Qu
あ、そうかwwww
ヤン側の精神性の強化とかいう手もあったのかwwww

交渉完全決裂だから、こういう流れが浮かんだんで思わずやってしまったwwwww

9744 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 22:58:41 ID:Hjiu+2Qu
>>9715
素というか、あそこからの抵抗クリティカル(てんてー視点ファンブル)で
とっさに出てきた流れがこれだった

9745 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:58:48 ID:SrUYHP7i
>>9718
でかした!

9757 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:59:22 ID:L48RxDcq
っていうか、今後一切このスキルが通じるとは思えんぞ
あの空気ではむしろ一般人より一蹴回っちゃってる電波やくらなくんのほうが
まだこのスキル通じる気がするんだが?

9762 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:59:51 ID:JPPqFG5C
ラケルてんてー「あなた、アナルが弱そうな顔をしていますね」
メアリ「―――――へぇ?」

こわい(確信

9763 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 22:59:56 ID:4pe4O2Eg
くらなくんパワーアップアイテム投下。

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/448



9768 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:00:27 ID:Hjiu+2Qu
>>9757
対象となるのはステイル、ヤン、明、サスケェやね
他のメンバーには通じません

9774 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:00:44 ID:Hjiu+2Qu
>>9763
でかした!!

9797 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:02:27 ID:Hjiu+2Qu
大丈夫だよ、相手が抵抗失敗すればラケルてんてーがちゃんとした話術を見せるから!!


見せるから!!!(必死)

9801 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:03:01 ID:LOFbeFjM
抵抗成功する度にエロゲで培った話術見せるのかよwww



9809 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:04:01 ID:Hjiu+2Qu
>>9801
エロゲで培ったわけじゃねぇよ!!wwww

9818 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:04:50 ID:v+L4HzI6
抵抗成功ってのは、ラケルてんてーが読みきれなかったって事なのかw



9832 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:06:05 ID:Hjiu+2Qu
>>9818
そうだね。多分今回はこれでいけると思ったんじゃね?

9837 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:06:35 ID:Hjiu+2Qu
とりあえず落ち着こう!
裏設定をこんなところで変な方向に固められても困るから!w

9848 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:07:22 ID:Hjiu+2Qu
とりあえずどうすんだこれ

9854 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:07:41 ID:Hjiu+2Qu
OPで厄ネタの一角が半分くらい選ばれてしまった馬鹿枠になりかけてんぞ

9870 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:09:09 ID:Hjiu+2Qu
厄ネタ3人 魔術師1人 巻き込まれ1人 選ばれし馬鹿1人 選ばれてしまった馬鹿1人 くらなくん1人


現在、こういうバランス化

9895 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:11:15 ID:Hjiu+2Qu
とりあえず次スレー


ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1432822248/

9900 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:12:08 ID:Hjiu+2Qu
魔性菩薩亜種みたいな、人を破滅に導くタイプの魔術師になると思ってたら、
なんか別方向にアカン事になりかけてきてるぞ

9925 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:16:43 ID:Hjiu+2Qu
どうすんだこれ。

シリアスやろうとしている厄ネタや魔術師や巻き込まれに、
彼岸島時空ととくにないです時空が突っ込んでくカオスだぞ

9972 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:25:14 ID:qinC0Pej
彼岸島にはポンコツ化の呪いでもあるのかw

9973 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:26:09 ID:ZrOfIcMO
こうか…!

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406192365/877

10000 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:34:23 ID:R0RyeKga
>>10000なら厄ネタ全滅



1 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:10:48 ID:Hjiu+2Qu

|-| ・▽・|-|
ヽ|□ □|ノ ガシャーン      「あなた、アナルが弱そうな顔をしていますね」
 | __|    ガシャーン     
  | |               

2 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:11:49 ID:/TtBlRyn
立て乙3ゲットジョーまで汚染されたかwwwwww



39 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:35:03 ID:Hjiu+2Qu
とっさにあんなことを言わせたのがあかんかったんや!

誰や、あんなこと言わせたやつ!

60 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:37:08 ID:Hjiu+2Qu
彼岸島+とくにないですってこれ

なんかもう なに?

88 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:45:39 ID:Hjiu+2Qu
ちょっと開始前に調整させてください(震え声)

109 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:49:10 ID:vqQxl9Nf
最近スレの終わり際に紳士淑女が湧くね
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org339424.jpg



114 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:50:31 ID:Hjiu+2Qu
>>109
でかした!!

あら、このラケルてんてーかわいい(持ってるものから目をそらしつつ)

116 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:50:53 ID:Hjiu+2Qu
………おかしいな?

120 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:51:24 ID:Hjiu+2Qu
ラケルてんてー、メアリとたっちゃんに次ぐ厄ネタ3位だったハズがなんかもう
よく分からん生物になってきてるぞ

144 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/28(木) 23:58:11 ID:Hjiu+2Qu
とりあえず、厄い雰囲気が消し飛んだなてんてーは

145 :梱包済みのやる夫:2015/05/28(木) 23:58:15 ID:FF+FU8AN
※これはジョークグッズ(飴)です。いいね?
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/449



163 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:01:56 ID:B+YnL+qp
>>145
凄ェあかん!!

172 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:06:24 ID:B+YnL+qp
Q.一番ひどい聖杯戦争は?

A.次の聖杯戦争

174 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:06:38 ID:B+YnL+qp
この法則、未だ健在か……!?

183 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 00:09:06 ID:Hy78vL6r
できたよ! 博士!
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1412438008/64



205 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:11:19 ID:B+YnL+qp
>>183
でかした!!

206 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 00:11:44 ID:IRtzs2FQ
ほいっとな

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/450



217 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:13:03 ID:B+YnL+qp
>>206
しでかした!!

232 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 00:16:56 ID:+yfKLn72
やっつけ
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/451

239 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 00:18:50 ID:l9OJYAko
>>232
凄ェ!くらなくんを一目で分析している…!



241 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:19:00 ID:B+YnL+qp
ド正論すぎるwwww

244 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:20:12 ID:B+YnL+qp
実際のところ邯鄲法ってマジで「バカの方が強い」という法則でもあんのかっつー感じだからな!

246 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 00:20:43 ID:Hy78vL6r
頭が空っぽの方が邯鄲だって詰め込めるんですよ!

262 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 00:25:36 ID:IRtzs2FQ
ここのくらなくんこんな感じでも違和感ないから困る。

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/452



275 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:27:49 ID:B+YnL+qp
>>262
やらかした!!

283 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:29:29 ID:B+YnL+qp
くらなくんは敵対確定のポジションだから許される戦闘力を持ったまま、
何故かMPKしてふわっと生存した謎物体だからな……

301 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:41:15 ID:B+YnL+qp
実際、黄の軍勢のトループを5グループくらい討ち取ってるから、
こいつめっちゃ仕事はしてるのよね

312 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:44:39 ID:B+YnL+qp




┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:幽雫宗冬            【レベル】:45     【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:35      【耐】:30      【敏】:40      【魔】:25      【運】:0        【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【魔力量】150/150 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



: : : : :\  .ヽ,ヽ,\
`''<,: : :`ヽ `ヽ''ー、ヽ,
    `''<:ヽ     .∨、                        ,、ッェェェ、,
      マ .ヽ,     .∨ッv、                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__
''ー=、,    .マ ヽ,     .ヽ, ヾ、__               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、;;;;;;ゝ、
  _,,,∨''ー=ゞ  }iッi__,ィ'´  ヽ,:::::::::::::|ヾッ、            |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヾヾヾ/ィiヾ.ヽ,
../  ∨  ∧ノ,,、ッ''"´ ̄   ヾ,}i,:::i{ |三|li、,           |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,ーニ .ッ= .',.i  }  ___
乂、。。,,∨  ∧         、i.}./ ム三三ミッ、        マ;;;;;;;;;,=、;;;;ゞ、_ノ  .i _,,,、ッ''"__""ヽ,
      ∨  ∧        ノノイ ム三三三三ミッ、      マ;;;;;;;;ゝ、iヽ{};;≧'´,.i__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ッ、_,ィ
       ∨  ∧ェッ=、   ィ彡´  .ム三三三三三三三ミッ、   `'''''ー.i{,,,,シ二ミ<二≦´__    `ヾi,
        ヾ´   /__,,ゞ<   ,イ三三三三三三三三三三三二三三三≧、,,ィッ;;;;;;;;ミッ、ヾ;;;;;|      `
         `""´.`'iェv、、,,,,__,,ィi三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ==-。;;;;;;ヾ};;;|
             ゞミ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|シヽ
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''ゞ==ミ三三三三三三三三三三三三三三三三三マ三i,
                              ̄ ̄''<三三>─<三三三三三三三三三マ三i,
                                         `"ヾ三三三三三三三|iマ三|i,
                                            ヾ三三三三三三ニiマ三|i
                                              ヾ三三三三三三マ三i
                                               .`ヾ三三三三三i}}三
                                                 |'''''""二二''ー-ニム
                                                 |ニニ二二""'''=ii-ッ}}ム   ,ィッ、
                                                 i三三三三≧ッ、,`"'ヾ、 ./..マシ
                                                .i三三三三三三i|≧ッ、}}、__./
                                               /三三三三三三i|三三三三三≧ッ、
                                              /三三三三三三三i|三三三三三三三≧i、

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○邯鄲法:B 消費魔力:30
 ある種空想具現化に近い、“夢”を具現化する一種の魔術。かなりの適性が必要な特殊な法である。
 幽雫宗冬はその法の中でも特に、身体能力の強化に掛かる戟法の剛と迅、物質の形成に掛かる創法の形の適性が高い。
 戦闘時、優位のステータス1つにつき勝率を+10%。また、【筋】、【敏】、【宝】のステータスを常時+10。

○破段・顕象 消費魔力:60
 邯鄲法を一定以上修めた者だけが使える固有の“ユメ”。
 必ずしも自己の望んだ通りの結果が付いてくるとは限らず、極めてリスキーなのが邯鄲法の破段以上の能力であるが、
 宗冬の場合は“自己以外の質量の低減”という極めて強力な効果を発揮する。
 発動条件は自己との相対距離が近づく事。つまり、宗冬に接近した物体は総て“物理的な破壊力を大きく減衰される”。
 戦闘開始前にのみ発動可能。
 戦闘に参加する自分以外の全てのキャラクターの【筋】【耐】【敏】を半減する。
 ただし、この減衰は1つのステータスにつき1キャラクター最大25までである。
 また、宝具による上昇効果は殺せない。

○心眼(真):C
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
 逆転の可能性が数%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。
 このキャラクターは常に+10%の勝率補正を有し、最終勝率が-80%より大きいならば、
 最終勝率を5%にまで引き戻す

○仕切り直し:D+
 このキャラクターは自身単独の場合、シナリオ1度まで令呪を必要とせず撤退できる。
 総じて高いレベルで調和のとれた戦闘能力を持ち、生き延びる術にも長けている。
 この男を正面決戦で打倒するのはかなりの困難である。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


実際、悪夢の葉に強い

323 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 00:56:53 ID:B+YnL+qp
とりあえずアマッカス、摩、くらなくんの三巨頭が割とどうしようもないぞそれwwwww

336 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:09:02 ID:B+YnL+qp
とりあえず



沁,         ∨/                   -===-       /       / {
 沁,          .∨/``              -=ニニニニニニ=-  ./    /
  沁,           ∨/   ``        ./-=ニニニニニニニニ=-\   /     ヽ     /___ ``<
   沁,        \      ``     ∥-=ニニニニニニニニニ=-ム'         }  Y  ´         ̄ ̄
    沁,.           \        `` 圦ニニニニニニニニニニニ=-/        ./       -==__  ̄ ̄ ̄
`ヽ   沁,            \          }-=ニニニγ⌒ヽニニ==-{           ./    /γ´ ̄     ``ヽ
  \   沁, ヽ         .\        》、=-x -==---=- x-=/、        /    / '        \   \
ヽ      .i}  \        \       }:::::\ニニ====ニ=-/::::::}ヽ        /    / /            \
       .∥..  .\        \      /;::::::::::::寸ニ三三ニン、:::::::::} リ     ./       / /              .\
 ∧     ∥     .\        \>x/./:::::::::::/ゞ/:::::::/ `´'ハ:::::::::',-‐7ヽ_       / /.∥Y       ..\  .\
 { ヽ   ∥       .\  γ  ̄ ̄.!  .ヾ/:::::::::::/ /::::/::.    ∧::::::.',ノ  \``   ../ / ∥ ノ    ./ )   ``
ヾ      {i _,=、>,へ  _/     {   ./::::::::/圦'{::/__ _, ./ }ヽ::::.',   /   .ヽ/ /  { {   ./ ./
圦.    .{i´ / γ / γfヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/:::::/\:}ゝ\`^― ´イン}/\';::.',,,,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,{,,,,_∧rヾ__/  /_=- 、 ̄ ̄ ̄
。s≦ニニム ,  i  i__/ { {i-=ニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニニ=- i}-t  .i Y-====} }、 ヽ__
ニニニニニム}、 .|  { `ヾ、{iニニ======---     ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨  ---=======ニニニニ∥ リ  | .}<><><{ ∥`ー'∧``
ニニニニ=--- }_iヽ_}`ヽ .}´      /::/   _   \-==i}o=/     .}::i/    /イ   ``ー‐.| ヽ--  .ゝ'ヽ'∨∨
´> -‐‐ノ、    __ -'゙\  ``  /::/      `` ...\=i./      /:/    /'       .圦   }`ヽ   i_ ̄``
. }``>s。__.。s</-、\   .\  /::/ヽ`` _``ー― <´_   -‐ /:/  ../          个s.ノ  Y  ∧-=`ヽ
./\ \   -‐ x./ニニ=--.、  .\,::::f   \   ̄ ̄ ̄ .ヽ o    /::::/  ./  ____    .マ》 ー  ' 彡 ノ  W
{\  ー―   x./ニニ=///ヽ  .i:::::i    _ ̄ ̄  /.\   ./:::::::/   ≠/  __      /《‐-=z_,ィ ´//.∨/
≧s。ー‐..。s≦/ニニ=/ヾ/}=-ム |::::ハ          /   /ヽ,::::/:::/、ー―  / /__`ヽ_ //ムー―― ≠ /.》
ニニニニニ=-./ニニ=/Y/》ニニム.i::::::::} __ > ´≦./ /} /::/、/:/  \   ../   ``<ニニニニムー――_。sイム
ニニニニ=-./ニニ=/ヽ/}ニ> ´ . |:: /リ__>´///=- ´ . /.i}.{::/ニ.i::{\     ././       ``<ニニニムニニニニニニ
ニニニ=-/ニニニニ∧/Y ´    /:イ./ / //ノ=/// { {。s≦〃ハ:{=-.ゞ\ ー./ニ/          ``<ニニ\ニニニニニ
ニニニニ> ´ ̄./Y´/      ./'/》'__//}=//´。≦ニニ.{iニニニニニー≦ニ./                ``<=\ニニニニ
ヾー―. ´     《`}ノ      {/__}.ノ//={//ニニニニ=-{iニoニニニニニ=-./                  `` <ニニニ
          {ヽ/}    γ´/} ノ´ {/{ /{/{ニニニニニニ{iニニニニニニニ=-.{                      ``ー‐
          {ヽ/}、_jI才{ γ`}  ノ//={Yニニニニニ=-.{iニニニニニニニニ.{
          ヽ{ / /{. ゝ´{/   O./ ヽOニニニニニ=-{iニニニニニニ=-.{i
           ` ̄ ̄   圦 /\_{ {  }=ヽニニニニ=-{iニニニニニニ=-.{i
                  >ー入 ゝ-i}ニニニニニ=-{iニoニニニニニ=-ム


こいつを聖杯戦争の世界線で出すなら、絶対に大聖杯格やな

347 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 01:11:51 ID:aVhjjnHt
マスターだけで開催地が消し飛びます。本当にありがとうございました



348 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:12:01 ID:B+YnL+qp
だってこいつ、確実に英霊と肩並べて戦う系マスターやで?

356 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:14:05 ID:B+YnL+qp
神祇省の聖杯戦争対応パターン


▼正着手でどうにかなりそう
 やる夫、ラクス、正雪などを適宜投入

▼博打が必要
 狩摩を投入。時々ノリでこころがついて行く。

▼最終手段
 甘粕を投入。狩摩をサポートに入れると混沌に深みが出ます。

359 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:15:18 ID:B+YnL+qp
そういえば甘粕って多分能力資質的には得意分野が創法の形と、恐らく次が咒法の射で、
実は遠距離攻撃タイプなのよね

372 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:18:22 ID:B+YnL+qp
ゲート・オブ・バビロン相手に近代兵器の釣瓶撃ちで拮抗しそうだからなこいつ

373 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:19:11 ID:B+YnL+qp
摩はあれ企画(準大聖杯規模)だったから、中聖杯規模に直したらLv40~50くらいある気もする

375 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:19:24 ID:B+YnL+qp
なお、ステは相変わらずの運特化な模様

376 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 01:19:45 ID:5BHukRq+
盧生は四四八がバランス型で、アマッカスが遠距離ブッパ
クリームちゃんが脳★筋だからな



378 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:20:17 ID:B+YnL+qp
つか基本的に、能力資質を考えるとギルに近いよね

遠距離攻撃の釣瓶撃ち型

381 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:21:06 ID:B+YnL+qp
>>376
甘粕はもうなんていうか甘粕過ぎて適正とか関係ないから……(震え声)

389 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:23:54 ID:B+YnL+qp


                     >──‐<
                    /三三三三三>.、
                    〈,ィ//○///`ヾニニヽ
                 __,,-┴:::::::=-zzミヽ三ニニヽ
                ,_,,.。s≦::>≠:::イ"イ‐゚イ:::∧Vニニ,イ
           /:::>''".   /::;.イ ァ‐-、_,ィ::::/}リニイ
          ,イ:::/_,ィ‐─--ミ__',  ̄´イ:::/‐':::,イ     「この国でこの規模の聖杯戦争を起こすというお前の勇気。
、   `‐-ァ''"./::/__/   〃 / r⌒=フ::::,イヾ⌒ヽ、      ああ、感じ入ったよ敬意を表す!
 > 、__,イ.  /:::/-ミ  ヽ┌──''"___// o >^"` \
ミ>、ニト、ヽ_.,':::イ _ニ=-} 0´ ̄>':::;イ  }/.       ヽ   故にこそ――――――」
ト、 ──ヽ、_.{:ハ___ , _,,,,,|/ ,.イ:::>"
、_,‐爻>─‐リ≠>"_,, イ,!-':::/.       /
ゞ><>zミ∠//,イ´,ィ':::>''"{       /
`ー‐‐´゙ ̄7/oニニニ{/´ニニ|  ∨.      {
三三ニ>''/ニニ三三三三}  ∨.     ',
三ニ/,イニ三三三三三三}.   ∨    ',
‐", イ三三三三三三三三!     ∨     ‘,
三三三三三三三三三三,'.    ∨    ‘,
⌒ヾ¨`-=三三三三三三{..     ∨    ',
___ノ /ニ/. `寸三三三三ム       ∨ \
 ̄ヽイニ/.    ヾ=三三三ム.       ∨.  \
   ヽミト、     ヾ三三三ム     ∨   \
____/ / ヽ三≫、  /ニV三ニ/: : ヽ.     ∨
ー‐'" /} ヽ三ミト、/ニ/ Vニ{: : : : : \
\..∠/./}ヽ三',ニ./ /ニニ.}: : : : : : :\       \
三\ ∠/,イ}ヽ=イヾ/ニニニ}: : : : : : : /\         ヽ
三三\ ∠/ィ!',ニ', ',三三}: : : : : : ∧三ヽ.         ',
三三三ヽ ∠/..'、=', ヽ三,': : : : : /三三ニ',ヽ
三三三ニヽ ∠/ ヘ=ト、}=,': : : : /=ニ三三三} ‘,
三三三ニニヘ ∠/ ヘ} {/ : : ,イzzx__ ̄¨ヾ=}. ',
三三三三三ヘ ∠/ヘ  ', /二二二¨==ニト、. }
三三三三三ニヘ ∠/ヘ / ̄ ̄ ̄¨''=ニミ、`ヾ}
三三三三三ニニヘ ∠_/ニニニニニミト=、 `ヾニヽ!
三三三三三三ニ{ミ>",,--ァ-、    `ヾ=ヽ `ヾ!
三三三三三三ニイィ:::::_/¨  ̄ ̄> 、   ゙ヾミ、 !
三三三三三ニ=‐''"      ',.: : : :.>、  ヾ:}
三三三三三/   ,--イ/     〉.: : : : : :.\   }
三三三三ニ/   イ.:..:.イ     }: : : : : : : :,'ニ'、 }
三三三三イ    }:/    ハ ノ: : : : : : :./ニニヘ }






沁,         ∨/                   -===-       /       / {
 沁,          .∨/``              -=ニニニニニニ=-  ./    /
  沁,           ∨/   ``        ./-=ニニニニニニニニ=-\   /     ヽ     /___ ``<
   沁,        \      ``     ∥-=ニニニニニニニニニ=-ム'         }  Y  ´         ̄ ̄
    沁,.           \        `` 圦ニニニニニニニニニニニ=-/        ./       -==__  ̄ ̄ ̄
`ヽ   沁,            \          }-=ニニニγ⌒ヽニニ==-{           ./    /γ´ ̄     ``ヽ
  \   沁, ヽ         .\        》、=-x -==---=- x-=/、        /    / '        \   \
ヽ      .i}  \        \       }:::::\ニニ====ニ=-/::::::}ヽ        /    / /            \
       .∥..  .\        \      /;::::::::::::寸ニ三三ニン、:::::::::} リ     ./       / /              .\
 ∧     ∥     .\        \>x/./:::::::::::/ゞ/:::::::/ `´'ハ:::::::::',-‐7ヽ_       / /.∥Y       ..\  .\   「―――俺と戦う勇気。
 { ヽ   ∥       .\  γ  ̄ ̄.!  .ヾ/:::::::::::/ /::::/::.    ∧::::::.',ノ  \``   ../ / ∥ ノ    ./ )   ``       持ち合わせているのだろう?
ヾ      {i _,=、>,へ  _/     {   ./::::::::/圦'{::/__ _, ./ }ヽ::::.',   /   .ヽ/ /  { {   ./ ./
圦.    .{i´ / γ / γfヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/:::::/\:}ゝ\`^― ´イン}/\';::.',,,,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,{,,,,_∧rヾ__/  /_=- 、 ̄ ̄ ̄      ああ、胸が踊るよ待ち遠しいぞ!」
。s≦ニニム ,  i  i__/ { {i-=ニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニニ=- i}-t  .i Y-====} }、 ヽ__
ニニニニニム}、 .|  { `ヾ、{iニニ======---     ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨  ---=======ニニニニ∥ リ  | .}<><><{ ∥`ー'∧``
ニニニニ=--- }_iヽ_}`ヽ .}´      /::/   _   \-==i}o=/     .}::i/    /イ   ``ー‐.| ヽ--  .ゝ'ヽ'∨∨
´> -‐‐ノ、    __ -'゙\  ``  /::/      `` ...\=i./      /:/    /'       .圦   }`ヽ   i_ ̄``
. }``>s。__.。s</-、\   .\  /::/ヽ`` _``ー― <´_   -‐ /:/  ../          个s.ノ  Y  ∧-=`ヽ
./\ \   -‐ x./ニニ=--.、  .\,::::f   \   ̄ ̄ ̄ .ヽ o    /::::/  ./  ____    .マ》 ー  ' 彡 ノ  W
{\  ー―   x./ニニ=///ヽ  .i:::::i    _ ̄ ̄  /.\   ./:::::::/   ≠/  __      /《‐-=z_,ィ ´//.∨/
≧s。ー‐..。s≦/ニニ=/ヾ/}=-ム |::::ハ          /   /ヽ,::::/:::/、ー―  / /__`ヽ_ //ムー―― ≠ /.》
ニニニニニ=-./ニニ=/Y/》ニニム.i::::::::} __ > ´≦./ /} /::/、/:/  \   ../   ``<ニニニニムー――_。sイム
ニニニニ=-./ニニ=/ヽ/}ニ> ´ . |:: /リ__>´///=- ´ . /.i}.{::/ニ.i::{\     ././       ``<ニニニムニニニニニニ
ニニニ=-/ニニニニ∧/Y ´    /:イ./ / //ノ=/// { {。s≦〃ハ:{=-.ゞ\ ー./ニ/          ``<ニニ\ニニニニニ
ニニニニ> ´ ̄./Y´/      ./'/》'__//}=//´。≦ニニ.{iニニニニニー≦ニ./                ``<=\ニニニニ
ヾー―. ´     《`}ノ      {/__}.ノ//={//ニニニニ=-{iニoニニニニニ=-./                  `` <ニニニ
          {ヽ/}    γ´/} ノ´ {/{ /{/{ニニニニニニ{iニニニニニニニ=-.{                      ``ー‐
          {ヽ/}、_jI才{ γ`}  ノ//={Yニニニニニ=-.{iニニニニニニニニ.{
          ヽ{ / /{. ゝ´{/   O./ ヽOニニニニニ=-{iニニニニニニ=-.{i
           ` ̄ ̄   圦 /\_{ {  }=ヽニニニニ=-{iニニニニニニ=-.{i
                  >ー入 ゝ-i}ニニニニニ=-{iニoニニニニニ=-ム






                       /三三三三三三三三三≧s。          /.       {
                   ,ィ'三三三三三三三三三三三三≧.        /       ∨
                     ,イ三三三三三◎三三三三三三三三!      /         ∨
                   ,イ三三三三三≫",,zzzzzzzzzz三三三,'.     ,'      /.    ∨
                /ニ三三三三//三三三三ノヽ::::::ゝ三}.      ,'.      /      ヾ
               {三三三三//三三三三>'",, -‐|:::::ト:::::::二ニ=-. ,'     /       {
                   マ三三三アヲ三三‐7::::::: / イ (i)イ}::::,':::::>、,----'  ________}   「お前の勇気を!
                 寸ニニ|:::::::|´ >ミ}:::: /  '¨´  ,':;イヽ:::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       信念をォ! 魂をォ!!!
                  寸ニ!::::::|,く__(i),'::::/       ,'イ  リ ツノ ̄ ̄¨¨''''''''''ー─────''" ̄}
⌒ヽ                 ヾ:::::ヘ   ,'::,イ  l `  _,,.イ{ /´     | /   }         }     その輝きを、俺に魅せてくれ!!」
、  ヽー────ミ        /:::::::::ヘ  {イ  ,, -‐''"-‐マ  { ヽ     |'    /         ム
州ハ   ヽ   ァ‐、  ヽ    /::::::::ハ:::::ヘ  寸-‐''":::::::::::::}  |   \ 0 |.    ,'           ム
州州',  ヽ   ゝ `ヘ ヽ ,.イ::::>テへ::::::トノ¨ヽ\::::rニニ‐''‘ /!    \   /.           ム
州州ム   ヽ   ',   ,..イ:>'" {    ヾ{  }ヘ>..、¨´ =彳/ リ      }ノ /           {
州州州       ,..イ:::::/   `ヽ'、.      } ゞ、≫==≪=/  / ̄          /    {
州州州}     /:::::::/         \  O . |  ゞ `ヾマ'' _,...イ             /       ',
州州州i}.   ,イ:::::::/ト、         ヾ`ヽ i! > 彡/ ○ィ ミ、           _ イ       }
州/=/==ヽ ,イ:::::/   ', ヽ      ___ノ    ,' ゝz、     > -======-彡.         ,イ
{=ァ==ノ州イ::::/    ',                      ム} |≧zz、___                  /:i:i:i:
==|=イ州/::::,イ      ヽ              / }. ムi:} ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ           /:i:i:i:i:i:i:
ニYニ州i:::,イ州',       \            /.  } ム:i:iハ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、.       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

394 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:24:52 ID:B+YnL+qp
だいたい出てくるとこんなノリで嬉々としながら突っ込んできます

運次第では後ろのほうで盲撃ちと能楽師がなんやかんやしてます

405 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 01:26:24 ID:wVVXQsZD
だが正田卿によると、邯鄲なしだと最強はくらなくんなのだ、あの人も大概人を辞めてる強さだからw



410 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:29:02 ID:B+YnL+qp
>>405
マジか。邯鄲なしだと爺様が最強かと思ってた

416 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 01:31:42 ID:pO26qOvq
やっぱり甘粕は1度データを見てみたいなw
いや、無いからこそ便利役として使えるのはわかるが



417 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:32:04 ID:B+YnL+qp
ちなみにくらなくんの適性は幅広く、戟法の剛と迅、創法の形、解法の透となっております。
ただ、特化はしておらず本人曰くバランス型の模様で、四四八ほどじゃないにしろ得意苦手の幅が小さいらしいけど。

実際、作中でも防御系の資質である循法の適性が高そうな場面(空亡相手に即死寸前から緊急蘇生繰り返し)もあったし

420 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:32:36 ID:B+YnL+qp
>>416
創ってないよ!

429 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:35:55 ID:B+YnL+qp


: : : : :\  .ヽ,ヽ,\
`''<,: : :`ヽ `ヽ''ー、ヽ,
    `''<:ヽ     .∨、                        ,、ッェェェ、,
      マ .ヽ,     .∨ッv、                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__
''ー=、,    .マ ヽ,     .ヽ, ヾ、__               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、;;;;;;ゝ、
  _,,,∨''ー=ゞ  }iッi__,ィ'´  ヽ,:::::::::::::|ヾッ、            |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヾヾヾ/ィiヾ.ヽ,
../  ∨  ∧ノ,,、ッ''"´ ̄   ヾ,}i,:::i{ |三|li、,           |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,ーニ .ッ= .',.i  }  ___
乂、。。,,∨  ∧         、i.}./ ム三三ミッ、        マ;;;;;;;;;,=、;;;;ゞ、_ノ  .i _,,,、ッ''"__""ヽ,
      ∨  ∧        ノノイ ム三三三三ミッ、      マ;;;;;;;;ゝ、iヽ{};;≧'´,.i__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ッ、_,ィ
       ∨  ∧ェッ=、   ィ彡´  .ム三三三三三三三ミッ、   `'''''ー.i{,,,,シ二ミ<二≦´__    `ヾi,
        ヾ´   /__,,ゞ<   ,イ三三三三三三三三三三三二三三三≧、,,ィッ;;;;;;;;ミッ、ヾ;;;;;|      `
         `""´.`'iェv、、,,,,__,,ィi三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ==-。;;;;;;ヾ};;;|
             ゞミ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|シヽ
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''ゞ==ミ三三三三三三三三三三三三三三三三三マ三i,
                              ̄ ̄''<三三>─<三三三三三三三三三マ三i,
                                         `"ヾ三三三三三三三|iマ三|i,
                                            ヾ三三三三三三ニiマ三|i
                                              ヾ三三三三三三マ三i
                                               .`ヾ三三三三三i}}三
                                                 |'''''""二二''ー-ニム
                                                 |ニニ二二""'''=ii-ッ}}ム   ,ィッ、
                                                 i三三三三≧ッ、,`"'ヾ、 ./..マシ
                                                .i三三三三三三i|≧ッ、}}、__./
                                               /三三三三三三i|三三三三三≧ッ、
                                              /三三三三三三三i|三三三三三三三≧i、


戟法の剛:パワーが上がります
戟法の迅:スピードが上がります
創法の形:強く精度の高い武器を創れます
解法の透:敵の攻撃・防御・知覚等に対する無効化性能の高さです

技量:単純な技量では作中屈指です

431 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 01:36:46 ID:5BHukRq+
邯鄲法って、戟法の剛が筋、迅が敏、楯法が耐で、呪法が魔、創法が宝っぽいけど
栄光とかでたら解法はどんな効果になるんだろうか?



432 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:36:53 ID:B+YnL+qp
実際、前衛としての完成度は異常域である
FEで言うと全盛期のソードマスターみたいな性能しとるわ

434 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:37:22 ID:B+YnL+qp
>>431
作中の喩えを借りるなら、解法はバフデバフやね

449 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:45:57 ID:B+YnL+qp


            \                ,  ---─  、
              \          _, ィ彡:::ィ:::::::::::::::::::::\
      (つ -ゝ ゝ    \         /::::::/  //::::/  ヾヽ
     (_ ノ _⊃-'      \      /:::::/ ィ7 /::://   /ハヽ
               --==ミヽ-===彡イ::::::::::// / :/  / /   ,
           \        V//l   l::::::::::::/ ィ:l   .::/{ /    ;
            \      ヽV/l   i::::ィ::イ  /l l:::::/ l / //イ li
               =- _   V/l   V l:/~:l l l l l:::ハ、_l::/ // ハi
                   \ l lVil   v l ノ l li l    l:lii//// ゞ、
               _ -=ニニ=\//l    V ヽ        l V                   r -- ┐
            _ -=ニニニニ=-= ̄ヾム   ヽ_, -.、` -_ ァr'T:/                    ゝ __ノ
         _ =ニニ=--::: ̄l   /::::::::::::>  _ 〉  ヽ / l:/   r 、       _ ___ -   ̄ _ ノ
       _=ニ= ´_  l:::::::::k   l::::::::::/   ヽ::.-..、-=┘      / ノ- , -===ニニニ=-=- ──  ̄
     _ -ニ=´::. ::::ヘ   ̄   ̄ ` -=-  __   ゝ::/:\ムヽr_ ',ニニノ / . -ヽ ̄
   _-= '    :.   ヽ l ヾ l   ///////ヽ  {::::::::ヽilヽ  /`¨フ_,ノ r-イ、
  /イ      :.    \    ///////ム//ハ  (:::::::r 'V l /  l  ゝイ_,r-ノ
   /       :.     \ ////////// l///\ ゝ:ノ   Yl.{  ノ_ノ   _ノ
  ,    l         //////////// r- 、// ,   { /      /
  }            /// ィ///////////\_  // lヘ .v
  /     ゙ \  ヽ\/////l///////////////, - ' ノl| .l l   /
 l            //////i//////////////(_ ィ///l l l  _,/
 三=========== ///////lil///////////////l////lゝlゝ-::::::l }

参考までにこいつは咒法の射・散、そして創法の界

なんか高等技術に分類されるもんばっか取ってるが、要は砲台とでも言うべき鉄板魔術師構成。

なお、実質は砲台どころかやりたい放題である

450 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:47:26 ID:B+YnL+qp
んで、ちょいちょい重要な話をしとこう

468 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:49:50 ID:B+YnL+qp
くらなくんですが。

介入能力を上げるために、介入スキルを持たせようと思っています

483 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:52:14 ID:B+YnL+qp
んで悩んでるのが、戦闘前介入か戦闘後介入か

491 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 01:54:19 ID:9/UK11Gu
戦闘後介入って例えば何が出来るんだ
撤退補助?



506 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:57:37 ID:B+YnL+qp
>>491
そういう感じやね

508 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 01:59:17 ID:B+YnL+qp
・戦闘前介入
 戦闘に介入できる

・戦闘後介入
 敗北側のサーヴァントが消滅した場合も、マスターを連れて無消費で撤退・もしくは再戦できる。

515 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 02:01:13 ID:B+YnL+qp
画にすると


戦闘前介入

                        , -yー 、           ////
                  ハハノハxィハ           ////
                      从{ト,ljr_7}}}       ////
                  乂ハ r┐从ト- 、   // n/     持  み
                   r<  レ}ー }ド’ 〃ヽ// r「l !
               ′ l    ト-イ  {{/  //`¨′     っ  ん
              /    !   j  l   /  //
    行          /   /  /   |/  //               た  な
            /   /  /   ////
.     く         〈     {  / //  /!                   な  丸
             .    \///// │
    ぞ           〉 , -‐ | ///|   }l             !! 太
             く ∨ r-L_ / 人  ハ
    ォ         >ー-{  r’7ーく  \/\               は
           //   >┘/   \      \
.    !!     // //  /       \     \



..、ッェェ、──<                            >イ二ニ=、,,
 `ゝ,,ィゝ-、`ヽ\                          / '´ ,ィ___ヾ≧
    ̄ \ェ,ィ'''''∨                      _/".マニィ'´
        ∨//ム                     ////≧
        〈////ム         _         .///////
         マ////ム     .,ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      .///////
         マ////ム    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,     ///////
          マ////ム   /;;;;;;;i{;;;;;;i;;;;;;;;i;;;;;;|   .///////
           .マ////ム .i;;;;;;;;;イi;;;;;i.i;;;;;;;}イ;;;|  ノ//////
            .マ////ムi;;;;;;;/i Y、イ |/|/ },、} ././/////
             マ////.|;;;;;/i{、,,,ィ´´   .丿././/////
              マ//.ノ;;;;;|{}i  .,.‐.、 //イ.//////  「おぉおおおお!」
              .マ/イ|;;;;|/ム、,ゝ イノヾ////////
               ヾ/∧;;;|//゚、ム ,イ{ }マ///////
                }//ヾ、i:i:|''‐i=={ |i:i:iマ/////
               ,イ;;///ム:i:i:i}, }、ィ´/i:i:シ////{
              ,イ;;ノ|/////ソヽ,::::/i:i:\/////
             .イ;;;/ |////'<i:i:i:ソi:i:i:i://///
              |;;|.....|//////..`イi:i://////{
              ヾ ..|///////i:i////////i|
                ノ/////.イイ./////////.|
               .ム///// } ///////////|
                マ,,、、ッ=イ二二二二二ニ}
                .}ィッ壬///////////////i
               .ノ=========ッ、 ̄"''''ー-=/,
               {//////////////≧ッv、 .}





戦闘後介入

                                      l
                                     l  .|二|┼┐
                                        l  |―l.ノ 」
                                  \   l   ̄ ̄
                                    、\ l   i  十
                                       、 \l   .L ノ
                     __               、
                  ィ≦;::::ミx、               、   -‐''ア
                    r'v'rゥj'≧N_            _、    (_
               _,r'⌒V r-'、 ,/イ: :`ー-、        \
           _, -‐'´: : : : : >≧チ;/: : :;; : : \          >    /
          /: : : : : : :_:/: :/;;;;;;|: : ;;;;/^\ : : \       ∠,    ヽ、
      r、.「TY^! : : : / ̄ : : /;;;;;;;;;∨;;;;;廴  \___/\     /
      ヾl .l l レ7/: :_; :-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ: :;;;;, ̄\. U^Ll」    /    _,レ‐┐
        廴_ _,.イ: : イ / ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\_;;; : : : ヽ      ./イ    4  L
          |/ ⌒ス ;;;;;;;; ,,;;;;;/リ   \: : : i        |
              〈;;;;;,;;;;;;;___;;;;;;/イ     \ |         |       工
              };;;;;;;.:.:.:.:.:;;;:.:./       `       |
              |:.:.:/:.:.:.:.:;;:.:/                   |     | |
              !:/:.:.:.:.:.:.:./                |.     ! !
                 V:.:.:.:.:.:.:./                 |  /|  、
               ,}:.:.:.:.:.:.:/                   |  / .|/ \
               j:.:.:.:.:.:./                    | ./       \
                 j:.:.:.:.:.:/                      j/          \
              j:.:.:.:.: /
                 j:.:.:.:.:./
              j:.:.:.:.:./
                j:.:.:.:.:/
              j:.:.:.:./
             ,L..ィ
              {;;;;;;;|
             └ー'



: : : : :\  .ヽ,ヽ,\
`''<,: : :`ヽ `ヽ''ー、ヽ,
    `''<:ヽ     .∨、                        ,、ッェェェ、,
      マ .ヽ,     .∨ッv、                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\__   「任せろ! ここは退くぞ!」
''ー=、,    .マ ヽ,     .ヽ, ヾ、__               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、;;;;;;ゝ、
  _,,,∨''ー=ゞ  }iッi__,ィ'´  ヽ,:::::::::::::|ヾッ、            |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヾヾヾ/ィiヾ.ヽ,
../  ∨  ∧ノ,,、ッ''"´ ̄   ヾ,}i,:::i{ |三|li、,           |;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,ーニ .ッ= .',.i  }  ___
乂、。。,,∨  ∧         、i.}./ ム三三ミッ、        マ;;;;;;;;;,=、;;;;ゞ、_ノ  .i _,,,、ッ''"__""ヽ,
      ∨  ∧        ノノイ ム三三三三ミッ、      マ;;;;;;;;ゝ、iヽ{};;≧'´,.i__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ッ、_,ィ
       ∨  ∧ェッ=、   ィ彡´  .ム三三三三三三三ミッ、   `'''''ー.i{,,,,シ二ミ<二≦´__    `ヾi,
        ヾ´   /__,,ゞ<   ,イ三三三三三三三三三三三二三三三≧、,,ィッ;;;;;;;;ミッ、ヾ;;;;;|      `
         `""´.`'iェv、、,,,,__,,ィi三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ==-。;;;;;;ヾ};;;|
             ゞミ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|シヽ
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''ゞ==ミ三三三三三三三三三三三三三三三三三マ三i,
                              ̄ ̄''<三三>─<三三三三三三三三三マ三i,
                                         `"ヾ三三三三三三三|iマ三|i,
                                            ヾ三三三三三三ニiマ三|i
                                              ヾ三三三三三三マ三i
                                               .`ヾ三三三三三i}}三
                                                 |'''''""二二''ー-ニム
                                                 |ニニ二二""'''=ii-ッ}}ム   ,ィッ、
                                                 i三三三三≧ッ、,`"'ヾ、 ./..マシ
                                                .i三三三三三三i|≧ッ、}}、__./
                                               /三三三三三三i|三三三三三≧ッ、
                                              /三三三三三三三i|三三三三三三三≧i、

525 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 02:03:15 ID:71t79F0u
凄ェ!分かりやすい!

526 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 02:03:36 ID:RJce/RoC
くらなくん凄ェ!



527 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 02:03:39 ID:B+YnL+qp
しかしなんだ

今次は、その


濃いな

548 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 02:09:25 ID:aVhjjnHt
ラケルてんてー回収して同行する事になったら精神掌握の判定どうなるんだこれw



554 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 02:12:04 ID:B+YnL+qp
>>548
てんてーはもう全体的にスキル調整し直そうかと考えてるレベル
精神掌握はアナルで終わったし、もうまともに機能する気がしないw

569 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 02:16:44 ID:IoQtqYze
「アナルで終わった」という控え目に言っても何言ってるのか分からん言霊よwwww



573 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 02:20:08 ID:B+YnL+qp
>>569
でも事実だろwwwww

574 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 02:20:35 ID:Kblbe3n5
事実過ぎてもうだめだwwwwww

658 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:20:23 ID:mQ1DN0F3
これバランスおかしいだろ!って言う人時々いるけど男爵さんも考えるしデータ班の人と協力してるからちゃんと考えられてるだろうしね。

まあ、だいたい女神様がぶち壊すんだがwww



659 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:21:39 ID:B+YnL+qp
>>658
明らかに「あ、これ強すぎた」ってのはヴィテゲさんかな……。

662 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:23:27 ID:B+YnL+qp
だいたい調整の努力はしてるつもりだけど、明らかにミスったのは、うん
やっぱヴィテゲさんだな

663 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:24:02 ID:Kblbe3n5
だがヴィデケさんは…!ヴェテゲさんは…!

664 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:24:12 ID:CrX8xxOy
ヴィテゲさんは他のキャラほぼ全員に優位だし壊れっぷりがよく分かる

なお



665 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:24:23 ID:B+YnL+qp
なんでや! 強いやろ!

677 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:29:06 ID:B+YnL+qp
ラケルてんてーはどうしてああなった

680 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:29:31 ID:QyHHWZYT
あんたのせいやろ!


676 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:28:59 ID:EUVy02ol
「5%に賭ける!」「5%引きました!」
この流れはずるい

692 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:31:48 ID:Hy78vL6r
>>676
10%や、10%

700 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:34:55 ID:utZpFxpE
>>692
2さやかちゃんか……



704 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:37:11 ID:B+YnL+qp
5%=さやかちゃんという酷い単位よ……(震え声)

717 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 12:42:01 ID:VAQDpLUf
1%勝利したの、ミディ子くらいしか覚えてない



722 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:44:40 ID:B+YnL+qp
>>717
ミディ子はあれ勝率は3割くらいはあったで

724 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:48:04 ID:B+YnL+qp
兄様は盤面をメッチャクチャにした挙句良い空気吸ってパチ屋に花の慶次回しに行ったよ……

731 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/29(金) 12:51:50 ID:B+YnL+qp
1割をガンガン引いていく一部の連中の異常さよ

826 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 19:18:09 ID:/V/Lu7Oj
ttp://upup.bz/j/my21994QJlYtykg2ml191i2.jpg

これはラケル博士もいけると思いますわ(確信

827 :梱包済みのやる夫:2015/05/29(金) 19:19:07 ID:bprcJY7L
>>826
ひでぇw








1662 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:19:54 ID:oWR8EfG2
さて。

では、初期礼装数を決定するよ―――

1666 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:21:06 ID:oWR8EfG2
剣:【1D3:3】-2
槍:【1D3:3】+1
弓:【1D3:3】-1
騎:【1D3:1】
暗:【1D3:2】
狂:【1D3:2】+3
魔:【1D3:1】+4

1668 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:21:21 ID:oWR8EfG2
おぉ、三騎士がすげぇ頑張ってる

1675 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:22:17 ID:oWR8EfG2


: : : : : : : : : : : : : : : : :\   ┃ ┃
: : : : : : : : : : : : : : : : : <  ┃ ┃
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. >
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :./  ● ●
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄7
:::.:::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/ /}/\
:::::l'、:::::::、::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::`
:::::l ‘、‘::ヽ;::斗、:::::::::::::/'::::::::::::::::::::::::::::
:::::l : ‘、:/\::',\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
V::l: :/\.  \ `'<::::::::::::::::::::::::::::::::::
: V!   ィ≫''" ̄ ̄ミx、x、:::::::::::::::|'⌒
: ‘.!  // ,ィ  x   ,i `''<_::ト、
  l!  ”  ヾ   リ  ィf'    |::::::::l }
  |    -‐===彡     }:::::::l / ,.
:   : : . . . .      U  リ:::ハ|/./   「あったよ! 礼装が!!」
:       : : : . .     /:::/イ /::
.:.           U  /イ/_/:::::
: :     u        / ./i|::::::::::::::::
  __           i      リ::::::::::::::::
          |    ./!::::::::::::: /
, ; , ' ; ; : ; .,   U    ./ |:::::::::::::/
  --―-、 ' ; :,      ./ |::::::::: /、
  ~ ーヘ  ; : ,      .|:::::: /: : `
  ,..   --┘  ; :,  /    |:::::/ : : : :
 ___,     ; : ,/    .|:::/ : : : : :
         , ;/      .|:/ : : : : : :
; i ; ,     /        ./ : : : : : : :
; ;' ;,  , i,,'"         / : : : : : : : :
 ; , ;_. イ          ./ : : : : : : : : :




                ∧             ∥ヽ
            /∧ヽ        ∥∧ヽ
           / / ヽヽ         / / ヽヽ
          ∥/   .ヽヽ     / /   ヽヽ
          ∥/    .ヽヽ     / /     ヽヽ
         ∥,'     _,,ヽヽ-―-'-、、、,,_   ヽヽ
         {∥  ,,、≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ≧:、ヽム
           |∥ /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:.\ム
           { {/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::.ヾ! ,、
       iヽ マ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::ム/!/,,.イ〉
       {ヽ、マ∥:;'::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::}\::::::::.ヽ::::::::::::ヽ:::ム/,イ/
      ヽ ヽ=!::j::::::::::::::::::,、、|:::::::::::::::::|  \::::::.ヽ::::::::::::';::::Уイ
       \`|:/.::::::::::::/.:::::{`::::::::::::::|   ,,.、==ム:::::::::::|::/∧
         У:〈::::::::::'::::::::::/!::::::::::i:::::!`´ ,,,、、、寸!::::::::://∧ヽ     「でかした!!」
        /.:/ |::::::::/.::;、ム、!:::::::::}:∥ /γ⌒ヽヾ!:::::::iイ ∧、ヽ、
         /.:/!  |::::://ィ⌒ヽヽ::;'∨   乂`' 丿∧::::::|:}  ∧ `丶
      //.|  !::::!:{::∧.`゙ ノ:::::/∧    __,.  ';:::::|:j   /    ム
     /   {、 マ::|:∥ 、...イ::// i       し }:::jリ   /    }ミム
    .∧   .∨ 、ヤi∥     }'/  ヽ           }::iリ ,イ     ∥ニム
   /ニヽ、   .\`マi{      }'   _,,、-=ッ、     j::/ ,イ;:{     /{ニニム
   /ニニニヽ     }ヽ从      √´   ) 〉    //ノ{:{ '{ _,,イ  |ニニニ〉
  /ニニニニヽ、  }:::::i{:ム    ヾミ_,,,、ィ´   イ:::::/_マイ´      |ニニ∨
  /ニニニニニム ∥/マ::ヽ、       ー    /{:::i::/  ヾ      }二∨
. /ニニニニニニニムイ''`゙´マ:::::≧丶、     /  !::;i/        /ニ/
〈ニニニニニニニニム、   .マ::i、:::}  `ヽー ´   i:/'        /ニ/
 \ニニニニニニニニム、 ∨_}:j   _,,,、、、、、、 {(二二ニ≧ ./ニ/,ィヽ、
   \ニニニニニニニニ\ィ` 、ィ≦ニニニニニ} !ニニニ//,,、イニニニム
    `ヾ、ニニニニニニニミヽ、ニニニニニニメイニニニ∠≦ニニニニニニム
       `丶ミニニニニニニミヽ、ニニニニニニニニニニニニニニニニミム
       _,,,、、、,,,,,`>ミニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
    r≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
   ./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi、

1677 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:22:45 ID:qm3AEQki
ノリいいなネコミミw

1690 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:24:50 ID:4St1oEtj
厄い魔と騎が礼装少ないのは助かるな

1698 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:27:20 ID:7Ejz0GMq
彼岸島だし礼装ぐらい自生してんじゃないのwww



1699 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:27:41 ID:oWR8EfG2
生えてたんじゃね? 丸太や日本刀みたいな感じで(適当)

1702 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:28:09 ID:oWR8EfG2
google先生で見つけた、Elder辺りでありそうな光景

ttps://pbs.twimg.com/media/BdJOaiKCAAEWRlV.jpg

1704 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:28:35 ID:GGFlLjmg
彼岸島によく生えているもの
・丸太
・日本刀
・豚肉(豚汁専用)



1720 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:33:35 ID:oWR8EfG2
んで彼岸島の地名だけど

これもう原作から引っ張ってきていいよね(適当)

1736 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:36:01 ID:qaHZFjPV
原作情報を元に有志が描いた彼岸島マップである(再掲)
ttp://i.imgur.com/ES7i0Ep.jpg

1737 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:36:20 ID:mf2vV1Sb
正直な話、ここでぱっと出したネタで彼岸島原作を超えられる気がっ!



1739 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:37:02 ID:oWR8EfG2

・五重塔(死の要塞寺)
・砂丘
・樹海
・温泉
・鍾乳洞
・洞穴
・教会
・廃村
・廃校
・忍者の里
・旧中国軍の研究施設


こんなもんか

1741 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:37:19 ID:oWR8EfG2
>.1737
いや、あの空気感は無理wwww

1749 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:41:06 ID:oWR8EfG2
んで、メアリ様の本拠地である五重塔は自動的に要とします

1766 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:45:07 ID:oWR8EfG2
明+くらなくんが今いる場所は忍者の里

・砂丘
・樹海
・温泉
・鍾乳洞
・洞穴
・教会
・廃村
・廃校
・忍者の里
・旧中国軍の研究施設


出た順に大霊地が2箇所 中霊地が2箇所 小霊地が3箇所です
各キャラは各々の拠点に陣取っています

【10D10:55(2+8+7+2+9+1+10+7+3+6)】

1767 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:45:28 ID:oWR8EfG2
あったよ! 中霊地があった!!

1787 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:46:55 ID:oWR8EfG2
雅様の振る舞いは雅っていうか雑っていうか

雑様って感じがしないでもない

1792 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:47:47 ID:qaHZFjPV
雅様vsハクオロさんの鉄扇対決って見たことないなと何故か思い至った

1793 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 14:47:47 ID:LeNSvWU6
まあ雑なのは世界かn…げふんげふん



1804 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 14:53:38 ID:oWR8EfG2
要:五重塔(死の要塞寺)

大霊地:樹海、廃校

中霊地:廃村、忍者の里

小霊地:砂丘 温泉 研究施設

霊地なし:洞穴 鍾乳洞 教会

1812 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:04:14 ID:oWR8EfG2


基礎ルール
◎1ターンの進行概略


   1.ランダムイベント……ランダムイベント表2種類を処理します。
       ↓
   2.諜報ターン……各陣営、基本1度の情報収集判定を行いますが、くらなくんは行いません。
       ↓
   3.行動ターン……くらなくんの自由行動を行い結果を処理します。
               また、当然ながらくらなくん以外の組も何かしらの行動を取ります。
       ↓
   4.コミュターン……くらなくんと他マスターや忍者との情報交換や交渉を行えたらいいですね。
                ハザマはこのタイミングでくらなくんと通信を行い指示を出しますが、従ってくれるといいですね。
       ↓
   5.消費魔力の確認……各陣営の魔力消費を確認し、次ターンへ移行します。



○ランダムイベント

   下記の「くらなくん用」と「NPC用」のランダムイベントを1回づつ振り、状況を処理します。
   場合によっては戦闘が発生する可能性も存在します。

<ランダムイベント表(くらなくん用)>

   0.くらなくんに幸運が訪れた!
   1.他の参加者1名とランダムに遭遇(友好的)
   2.他の参加者1名とランダムに遭遇(非友好)
   3.他の参加者1名とランダムに遭遇(中立(キャラ同士の相性次第))
   4.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者および感情はランダム)
   5.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者はランダム、感情はGM任意)
   6.エネミーと戦闘中の他参加者に遭遇 エネミーは2度振る
   7.礼装を入手
   8.情報を入手
   9.くらなくんが不運に見舞われた!


<ランダムイベント表(NPC用)>

   0.遠くでくらなくんにとって幸運な何かが!
   1.他の参加者同士が遭遇(友好)
   2.他の参加者同士が遭遇(非友好)
   3.他の参加者同士が遭遇(中立)
   4.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   5.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   6.他の参加者1組がエネミーと遭遇
   7.他の参加者同士がエネミーと三つ巴で邂逅
   8.何も無し
   9.遠くでくらなくんにとって不運な何かが!

ターンの流れ
○諜報ターン

 各陣営、他陣営の情報や拠点などについて、基本値50%で情報収集を行えます。
 アサシンは特にこの判定に有利です。
(+20%のクラス補正をスキル以外で持っています。また、自陣営に対する情報収集にも同様のペナを与えます)

○行動ターン

  準備ターンは以下の5行動(+α)のうちから、1つを選んでを行うことができます。

  1.使い捨て礼装の作成
  2.サーヴァントへの魔力供給(休息)
  3.サーヴァントへの魔力供給(魂喰い)
  4.拠点移動
  5.他陣営への接触(含・襲撃)
  6.その他


<1.使い捨て礼装の作成>

  使い捨ての礼装を作成することができます。
  判定の基本成功率は「マスターかサーヴァントの【魔】×2%」です。
  礼装は複数を同時に消費する事で、効果を累積させる事もできます。

  『使い捨て礼装一覧』
    魔宝石  ……消費することでサーヴァントの魔力を20点回復する。
    使い魔  ……「情報収集」の成功率を「+20%」する。後出し可能。
    強化符  ……消費することで戦闘時、最終勝率に+5%できる。
    幻惑符  ……消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。

<2&3.サーヴァントへの魔力供給>

  1:休息
   霊地での休息を選択する事で、サーヴァントの魔力を回復することができます。
   その霊地の格に応じて「回復量:10~回復量:40」の回復量を得ます。
   この補正は更に「工房」などの効果で上昇します。
   また、今作から大霊地以上の霊地は、ターン終了時に自動回復がついて来ます。

  2:魂喰い
   一般人から魔力を奪うことで、一律「200点」の魔力を回復できます。
   ただし魂食いを行う場合、「50%」の確率で他の参加者に現在地を察知されることになります。
   他参加者は、魂食いを行った組へ「敵対的介入」を行うかどうか選択することが可能です。
   「敵対的介入」が選択された場合、その相手との戦闘が発生します。
   この戦闘に敗北した場合は魂喰いは失敗となり、勝利した場合は成功となります。

<4.他陣営への接触>

  読んで字のごとく。
  対象を選定した上で、接触します。
  場合によっては戦闘になる可能性もあるでしょう。

  また、“相手を選択せずにランダムに接触”を行うことも可能ですが、どうなっても知りません。

○コミュターン

   自陣営や他陣営のうち面識がある、あるいは拠点の位置を知っている相手と交流をはかれます。
   ただし必ずしも友好的な接触になるとは限りません。
   ことに他マスターとの接触の場合、その場で攻撃を仕掛けられる可能性も十分に考慮すべきでしょう。


○消費魔力の確認

   各英霊は強力な力を有する代償として、活動に要する消費魔力が存在します。
   ターン終了時および戦闘終了時に消費魔力を確認し、供給不足があればキャラクターシートに記載します。
   魔力に関してのルールは以下の記述を参照。


<貯蔵魔力>
   サーヴァントにはそれぞれ「貯蔵魔力」が設定されています。
   「貯蔵魔力」は「100+マスターの【魔】×2」点を上限として、最大まで保有した状態で召喚されます。
   サーヴァントは戦闘や宝具の使用、あるいは現界を維持するだけでこの「貯蔵魔力」を
   消費していきます。消費魔力の計算、及び供給不足によるペナルティに関しては以下を参照。


<消費魔力の計算方法>

   ターン終了時に「マスターの【魔】×2-英霊のレベル」の計算を行い、
   これがプラスであれば「貯蔵魔力」にその分だけ加算され、マイナスであればその分だけ減算されます。
   この時、「聖杯からのバックアップ」として「マスターの【魔】」とは別に「+20点」分の補正が入ります。

   英霊がターン中に戦闘を行った場合、戦闘終了時に「英霊のレベル」だけ「貯蔵魔力」から消費されます。
   特殊なスキル、或いは宝具を使用した場合は、さらに宝具/スキルごとに設定されただけの魔力の消費が発生します。
   戦闘時以外に使用できる宝具/スキルの場合、使用時に即座に魔力を消費します。



<「魔力供給不足」によるペナルティ>

   「魔力供給不足」による-値が「-20」蓄積するとごとに、英霊のレベル以外の各パラメーターは「-10」されます。
   このペナルティは累積します。(ただしパラメーターは0以下にはならない)
   この「魔力供給不足」によるマイナス値が「-100」を超えた場合、英霊は現界維持が不可能となり、
  「そのターンの終了時」(戦闘終了時ではない)に完全に霧散し消滅します。(相打ち覚悟での宝具の全力開帳は可)

【令呪ルール】

 サーヴァントに対する絶対命令権。3画まで存在。
 以下の使用法が存在します。

1.サーヴァントがメインで参戦している場合、勝率に+30%。
  サブ参戦している場合は+20%。

2.戦闘におけるランダム選択ステータスの振り直し。

3.戦闘終了時まで、サーヴァントのステータス全てに「+10」。

4.任意のタイミングで使用し、英霊に即座に「+120」の魔力を供給。

5.戦闘に敗北時、令呪2画を消費することで、聖杯戦争から脱落せずに戦闘から離脱可能。
  複数陣営での参戦の場合、「両者が完全に協力する意志があれば」、陣営で合計して2画の消費で撤退できます。
  ただし撤退時に、どちらかの陣営がもし相手側を見捨てるつもりがあり、そう宣言した場合、
  双方の陣営が2画を消費して撤退せねばなりません。
  この状況でもし2画を消費できず、代替の撤退手段も無い場合は敗退します。


令呪使いきり後の現界ルール
1.マスター側から供給を切らない限り、マスターからの魔力供給は続く。
2.ただし、その供給量は-10されるものとする。
3.聖杯からの供給は打ち切られる。
4.マスターはサーヴァントに対する命令権を失う。


 なお、令呪は合計3画。
 令呪をすべて失ってもサーヴァントは消失しませんが、マスターはサーヴァントに対する抑止力を失います。
 また、複数のサーヴァントと契約した場合、令呪は共用となります。



ターン中の行動順は、


1.回復や準備行動
2.それが終わったら戦闘行動
3.最後に魂食い

という順番とします。プレイヤー陣営含め。
基本的に戦闘以外の行動→戦闘行動→魂食いで処理します。

礼装
  『使い捨て礼装一覧』
    魔宝石  ……消費することでサーヴァンの魔力を20点回復する。
    使い魔  ……使用した情報収集判定に成功するまで、「情報収集」の成功率を「+15%」する。
             判定に成功した場合は消費される。
    強化符  ……消費することで戦闘時、最終勝率に+5%できる。
    幻惑符  ……消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。

1821 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:06:49 ID:oWR8EfG2
あと、くらなくんの魔力消耗ルール


・くらなくんは毎ターン、【魔】分の魔力を回復します。

・くらなくんは通常戦闘では魔力を消費しませんが、邯鄲法や破段を使うと魔力を消費します。
 魔力が足りないとスキルが使えません。

・一応覚醒要素はありますが何も期待しないでください。

1870 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:29:52 ID:bvnWY2yi
完全に彼岸島wwwwwwwww

1877 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:30:36 ID:6ThC0XbA
彼岸島だから参加者以外の何かアレがおるんやな…



1879 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:30:50 ID:oWR8EfG2
え?

そりゃグールとか邪鬼とか

1891 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:33:05 ID:oWR8EfG2


基礎ルール
◎1ターンの進行概略

   0.対話パート……ハザマさんが安全な日本で他の人と話したり話さなかったりします
       ↓
   1.ランダムイベント……ランダムイベント表2種類を処理します。
       ↓
   2.諜報ターン……各陣営、基本1度の情報収集判定を行いますが、くらなくんは行いません。
       ↓
   3.行動ターン……くらなくんの自由行動を行い結果を処理します。
               また、当然ながらくらなくん以外の組も何かしらの行動を取ります。
       ↓
   4.コミュターン……くらなくんと他マスターや忍者との情報交換や交渉を行えたらいいですね。
                ハザマはこのタイミングでくらなくんと通信を行い指示を出しますが、従ってくれるといいですね。
       ↓
   5.消費魔力の確認……各陣営の魔力消費を確認し、次ターンへ移行します。

1893 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:33:40 ID:0nQAbmu+
ちょっと待ってメアリ様もエネミーと戦うの?w



1894 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:33:54 ID:oWR8EfG2
……いや。

対話部分はこれ、適宜盛り込んでいくほうがいいな

甘粕や狩摩と話させてみたかったが、途中で適当にやろう

1896 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:34:10 ID:oWR8EfG2
>>1893
ああ、メアリ様は除外よ

1914 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:40:49 ID:5qOOepy4
キャスターが召喚スキル持ちで、
ターン経過すると五重塔にチワワ様みたいなのが増えるんだろ? 俺は詳しいんだ



1915 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:41:04 ID:oWR8EfG2



 l l l |  二ニ=-=ニ二    ニ=-   . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  . l . .  . . |: :|         \ .: .:|::.
 l l l | | l l l l l l l || 二ニ=-=ニ   ニ=- .  . . . . . . . . . . . . . . . .  . .l . .  . . |: :|ニニニニニニニニニ .\ |::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l 二ニ=-=ニ二_ .  . . . . . . . . . . . . . . l . .  . . |: :|             i| |::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . . . . . . . . l .   /.|: :|=============┘!::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . r=.., . . . . . l  /   |: :|           i| l l |::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  i 「 T . .  /i|    |: :|===========┘l l !::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | | | .  . /'  ||    |: :|       i| l l l l l l |::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | | | . /'||   ||    |: :|=======┘l l l l l l !::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | | | イ! .||   ||    |: :|    .i| l l l l l l l l l |::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | l .八||  ||   ||    |: :|====┘!l l l l l l l l l|::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . 囘网 . . .  |  | | | \ ||   ||    |: :| . . . . | l l l l l l l l l|::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . ℡凹 . . .  |  | | |. i|:|..\  .r====|: :| . . . . | l l l l l l l l l|::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | | |. l|:| |L\ =====|: :| . . . . | l l l l l l l l l|::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | | |. l|:|__||`___|: :| . . . . | l l l l l l l l l|::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l l l l l l l | . . . . . . . |  | | |. l|:|二二|| 二二´|: :| . . . . | l l l l l l l l l|::.
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l r=============┐ . . . |  l -===========r===========rr==========
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l   乂//////////(刈. . . . .-=≦三l三三三三三|三三三三三三{三三三三三
 l l l | | l l l l l l l || |l l l l l l  ////////////∥ . . r=.、三三三三l三三三三三|三三三三三三{三三三三三
 l l l | | l l l l l l l || _____ ////////////.∥. . . .|i||三ニ=-=ニ三三ニ=-=≦三三三三ニ=-=ニ三三三三
 l l l | | l l l l l l ∠//////////≦ミ= 、/////// ,゚ . .  . .|i||三三三三三三{≧=- 三三三三三≦三三三三三三
 l l l | | l l l l l ∠//////////ア三三\=、/////. .  ニ=-|i||三三三三三三{三三三三三三三{三三三三三三三
 l l l | | l l l  ∠//////////アヾミ  ̄ ̄ \彡' -=ニ             ̄  ニ= -=ニ二三三三{三三三三三三三
 l l l | | l l   〈///////////二二 >二 -=ニ                                   ニ=- 三三三
 l l l | | l l l  ヽ======= '   /||.    |:|     ニ= -=ニ                         < >i | 三三三
三二ニ=-=ニ二三 ̄     .r─────┘|.    |:|        @ソ    ニ= -=ニ           -< >    | |-=ニ三三
 ̄              冂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]ミ|γ^ヽ|:|        `´              ニ=-  -=ニ| |       | |
                       ^´ 乂_.ノ´                            | |   γ⌒ヽ| |






                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. `ヽ
                   |     ―――そもそもの疑問として。      
                   乂__________________ ノ




.

1917 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:43:46 ID:oWR8EfG2



                 (
                     \_  ____ __  _,.r‐-  ,_
                  _,. -‐:::::::::::::::::::`::..   \ \
                    ー≠ニ.:::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ/|                  ,、
                 / /:::::::::/:::/::::::::/::::::::::::::::::::\/}|                 /∧
                ′/.::::::/(斗ー{:::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::. Q                 [{ /__j]
               { /.::::::::{ ーfトミ}:::::::::{:::::::::::::::;::::::::::::::レ[|                  ∨/
                l:!:::厂   j以'}:::{::::::}ヽ::::{\)::::::::::::{ ヽ__            '^⌒ヽ_厂}'
                   八j} __     人;j::::::{,ノ\):::::::::::::::::::{ 〔,_Q)      /   rッ//   「何故、我々は幽雫さんに
                イ:/:ハ 、_ >//::八::::::\::::::::::::::\:::::{  ヽ'⌒ヽ    {   └'^^!     ついていかないのですか?
                l:{/:/Λ ⌒V{::{:::]::\::::(::::::::::::\⌒ヽ\ {  Q====彡     ノ
             从:::/ /厂「ヽ{:::ヽ:::::::{\): \::::::::\    `ー '     `ー一
                   )⌒ヾメ}〕-‐\:::\{ ̄`┐:{\(⌒ヾ                    幽雫さん程ではないにしろ、
                    ___{\   \:::\厂\)___                       受肉し宝具を失ったとはいえ
                      {厂}T⌒¨¨¨ヾ⌒ヾ └┐|__           ┌-、    ;⌒!   _  私は相応程度に手練のつもりです。
                     ,{ {_j     /       └‐┘~¨¨フー--   __|  :   / / / ノ
      _______          〈[_,ノ。[\___,/  `  .,_       / /    /  |  :rf〔 // /   無論、あなたも」
     /     \       /  。[÷×{       ,′\   { ヽ  /   ノ _,厶ゝく´_,. ´-‐ つ
     \{ ̄ ̄)ノ      ′ 。 [ ※ /{       ′     ̄\__}__{ / ___//ー… '
      O_x         !  。 [∴{...{                _У  /-‐'゙
        く/_{>、      . 。 [∵{....{    {           ( _____,ノ
        `ー ⇒ 、       , 。]§} ..{     {、
          `ー ⇒ 、   ‘, 。]♭....{    ’\
             `ー ⇒く/〉 ; 。]........{    ‘, ヽ
              ノー'ノ\ {   。].....∧     〉 ‘,
               ヽ,/\_rf{\___]__{__j__/ ̄]    ヽ
               ____人rf{人__   ____/[_/}{\______}
              r┘: : : :/\_]l[_____/∨「   \_人
             <: : : :_/  丿  /  / `¨¨]l\   ヽノ
          ┌厂 / /   /  /     ]i:....:\__ ゚。.,
           [_{/ /     ,ノ'   ⌒    ノ⌒>:...:/   ゚。≫ .,
            [_[\/     /           } `⌒´     ゚。==≫ .,
           /└[_{\__〈 ̄厂\      } 〇 ◎     ゚。ー===≫ .,
        , ゛    └[(辷う⌒トミ]\_   {     r―f T^´  `ー===≫ .,





                              /\,
                             /   \` 、
                               ├―――┼ ´|____
                      _  -=≠=└―――┴ ´.:.:.:.、 ̄ `  、
                      ´  ./.:../.:.:/.:.:.:.:l.:',.:.:',.:,.ヽ.:.:.:.:ヽ     \
                 /    /.:.:.:./.:.:.:./.:.:.::.:.:!.:.!.:.:.!.:',.:.':,.:.:.:.:.:.,       ヽ
                 /      /.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:. ′}.:. l.:.:l.:.: ',.:.:.:.:.′       .
                 .      /.:.:.:./i.:.:.:/!.:.:.:.:.:/.:_/」.:.L.」.:.:.:l.:.:.:.:.:l.       ',
                /      .〃}.:.:.′´丁ヽ : /l´/ ! / }/!.:.:.:!.:.:.:.:.l       .
              ′      .′l..:.:l.:.:|yr=ミ.:/ リll,斗=ミ、}.:.:.:l.:.l.:.: ト       ′
                       l| .:′.:!.小 しリ    Pッ'リ/.:.:.:.l.:.l.: ∧',       /
            /        {/.:.:.:.:ハハ. ゞ゙′,:   ´¨¨`′/.:′|/  }    /
           ノ        ./.:.:.:./.:.ノ.人    _     〃.:/.:/.:.:/ .乂  ./   「幽雫さん一人だけを送り込んで野放しにするより、
          /゚{         ./.:.:/.:´.:./.:.:/≧: 、    <{.:./.:/.:.:/    /      私とあなたが同行した方が、戦力的に見ても
        }从乂       /.:.://.:.:.:/.:.ノ.:i:.:./⌒}コr::´.:!∧.{.:.:.{   /゚{       依頼の達成率は高かったはずです。
       ゝミ´     〃´ /.:./, -―/ノ _./´/::i:::::{′}∧.:}- 、. }从乂
                 ,{:/i:iV   ´⌒}`ニ´三}:::::::/′}/  ヽゝミ´      重ねて問います。何故、彼だけを?」
               , :<il′i/    __ノニニ/::::::::::::/  ′    Vi:i:i丶
            , :<:i:i:iヾ 、__」 x≦ニニニニ/―‐-::/_ i /  ⌒ヽ}i:i:i:i:i:i:\
         , :<i:i:i:i:i:i:i:i:i:/\ニニニ> ´/::::::::::::::::′V/ -   _\i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧: _
         /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ /′ヽニ/ /o /::::::::::::::::::i   }         ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧: _
    , :<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト {   `゛  .{  { ::::::::::::::::: l   !   _.∠._  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧: _
  _ .:彡从彡-彡ji:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iく ゝ       }  、:::::::::::::::::{__人r ´_____ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iミミミ〃´
          `ヾ从彡彡′`T ‐ ¨⌒丁⌒ ー-‐ ´   ∧∧     {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ヾミ´
                /   l    |  l:::::::::::::::::::/   /彡ミ∧   ',´¨¨¨´ ̄ ̄ ヾ゛
              /   /}     |o .l::::::::::::::::::′ ./.     ',    ‘,
                 /     / .l     l _{:::::::::::::::::i/ ,〈       i     ',
             /    ノ ./{ _  .{ 丁:::::::::/l / {     l     i
               /    / /    ̄ T¨T::::::::::::::::l.   \.    ‘,     !

1929 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:47:36 ID:oWR8EfG2



                         r=ニニニニ=-、
                        /ニ≧=--=≦ニム
                    ,.ィニニニニニニニ∧- 、
                      ,ィニ{、ニニニニニニニハニ\
                     マニ \::::::::::::::::::::::::::::,..ィニニ }
                   \ニニ≧=====≦ニニニ/        「巻き込まれたくなーい
                        |:` <ニニニニニ>イハ          面倒くさーい
                        }イ: :{_|∧: :| =ミ/ イ/ ̄}
                      _}:从:叭 \     __〉:.:/^ ーr/\      ……はい、そういう答えで満足してくれる顔では
                   /ニ〈∧ {  、 ` ー=/:.:.:/ :、_//ニニ>、_   なさそうですね」
                 イ|ニニ} \  `≧='、:.:.{_,..、//ニニニニ`\>、
                /ニニ|ニニ|   \ /  マニ\ニ{_{ニニニニニニニ`ニ≧=-、
                /ニニ l|ニニ 、   /¨´\ }ニニ、ニニ>、ニニニニニニニニ∧
            ,イニニニニ{ニニニ、 / }:::::::」 `マニニ\ニニニ> 、ニニニニニム
              /ニニニニニ|ニニニ}'  |::::i:::|   マニニ \ー==ニニ`ニニニニニニ}
           {-=ミ、ニニニl|ニニニ|   }:::::: !  }:マニニニ∧   `¨ 、ニニニ/ ´
              |ニニ\ニニi|ニ=ミニ |   |:::::: |  |:::}ニニ{(_)ニ}      `¨¨¨´
             _lニニニニ、ニL|(_)|lニム  |:::::: |  /::::|ニニマニム
             {イニニニニⅥr|ニ|、ニl  !:::::: ! /:::::::{ニニ∧ニ}\、
             |ニニニニニ| ||ニニ}|ムニ|:.、|::::::::}':::::::::::|ニ,イ  \'  }}
             |ニニニニニ|ニ{ニニ|!ニム}::::|::::::::|::::::::::::Ⅳニ!    ー'
             |ニニニニニ|ニー=''ニⅣ:::|:::::::」::::::::::::|ニニ{
             |ニニニニニ}ニニニニ|:::::::::T::::::::::::::::}、ニム
             |ニニニニ /ニニニニ{:::::::():}:::::::::::::::|ニ、ニ}
             |ニニニニi{ニニニニ |::::::::o:|::::::::::::::::}ニⅥ
             |ニニニニl|ニニニニ/::::::::::/⌒\:::::::マニム
             /ニニニニ |ニニニニ,':::::::/イ ̄マム:\\ニ 、
          {ニ/ニニニ !ニニニ/::: イ:マム, ===マム:_:\〉ニム
             Ⅵニニニニl!ニニ /-'  ̄: : マム,.---}-'-- ¨´-ニ}
            }ニニニニ|ニニ /: : :マム,.--- ´ニニ|ニニニニ\
            |ニニニニ|ニニイニニ{==ノニニ|ニニ|ニニニニニヽ





                    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
               /⌒ ー---イアニニニニニニ/ニニニニニニニニニ!
              '   l_,.---<_,..  -― アニニニニニニニニニニ |____
             /   ,. ´         _,.ィニニニニニニニニニニニ/{ニニニ>--- 、__
          _,.'- ´   _,..イニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/:::∨ニニニニニニニニ`ヽ
       /⌒: .、 ` ¨¨¨¨¨¨¨ ⌒<ニニニニニニニニニニニニ/:::::::::::::、ニニニニニニニニニ}
  _,.. -: : ´: : : : : : :_\  、__,....._   ` <_ニニニニニニニニ,..::':::::::::::::::::::::〉ニニニニニニニニ '
: ´: : : : : : : : : : : : :´ : : :ヽ  `ヽ、_ニニ> 、___アニニニニニ>´::::::::::::::::::::::::/ニニニニニニニ/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}     `ヽニニニニニニニ>:::´::::::::::::::::::::::_,...ィニニニニニニニニ/
`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : _,.ィァ---:..、  \、__>::::´::::::::::::::::::::::::::,..ィニニニニニニニニニ /   「―――それでは、基礎から話しましょうか。
  \: : : : : : : : : :,.. <  /ニ\::::::::\  \_:::::::::::::::::::::::::::::::,..ィニニニニニニニニニニ /      張任さん……ああいえ、今は射命丸さんという
> 、 \: : : :_,.. ´、ニニニニニ>、:::::::\___ァ:::::::::::::::, ィニニニニニニニニニニニ/\      名前を名乗ってるんでしたか。
ニニニ=-<_    <ニニニニニニニ≧====≦ニニニニニニニニニニ___,.イ: : : : : : .、
ニニニニニニ >、   ` <二ニニニニニニニニニニニ__,..r: 、  l ̄〉: : : :、: : : : : : :{ `\
ニニニニニニニニ|       |: `: <ニニニニニイ、: : : : |   \:∨-': : : /⌒\ : : : : |      命を射る。鳳雛を射落としたあなたらしい。
ニニニニニニニ ,       |: : :、: : \ニニイ    }:/ : /       〉}: :|: : : {    \: : : .      ―――で、ああ、そうそう。基礎の話ですが」
ニニニニニニニ/          \: :\: :{  ̄      /}/       ,: |从{\: :!       \: :〉
ニニニニニニ /            \: :\:、  、_  '   ,    .イ: :!    `\       \
ニニニニニニ,'             >--≧=- 、_ ̄ ´   / |⌒、
ニニニニニニ{           /ニ{   |   、       イ    |  } 、
ニニニニニニ|          /二ニ|  \  ` ー   ´ /   /  /ニ\






               ,...----------、
             ,- , -―/ ̄ ̄ `ヽ、ニ、
           {/ // / ̄ ̄>-'ニニ
             /  / /,>  ̄ `ヽ、ニニ',
           /`ヽ、  _/ ,.イ ̄ `ー 'ニニ∧-- 、
        _,/:.:.:.:.:.:.\  /, -―‐ 、ニ=:´:::::::::}ニニヽ
     ,ィニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ ,. -― 、_ア:::::::::::::/ニニ'
   ,、_\ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} /::::::::::::::::::::::::::,..ィニニニ/
 ,-、ニ、\ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:..:/-----=ニニニニニ/
/ニヽニ', ',  ヽ:.:.:.:_,.イニニニニニニニニニィ´{    「―――邯鄲法、五条楽。
{、ニ∧ニニ∧ ,. -` T: {:{`Tーr:‐r:ィtォ7/: }: :|/ } : ;、    これについて、あなたはどの程度の知識がありますか?」
ニ}ニニ}ニニ} }   从:人 |/} \:}:.|   {イj:从イ: /
ニ|__()ノニニ|_/     }∧  、  `リ     ,  }:/{
ニニニニニ}         l:、 、__,..ノ  /  /|、`
ニニニニニ|       }/\ ` ̄ ´ / ,'   |ニ\
ニニニ/´              ` ___/   /   / }ニニ}\
ニニ /     _,.. - =ニニニ//}   / / /ニニ|ニニ
ニニイ   ,ィ´ニニニニニ /ニ/ |   /   /ニニ/ニニニニ 、
ニニ{ /ニ}ニニニニニ/ニ /イ} ,..-<   /ニ /ニニニニニ\
ニニ|´ニニ|ニニニニ/ニ/{/::::::}イ}   /ニニ/ニニニニニニニ 、
ニニ|ニ>=-----='-、ニイ_,ノ:`::イ j!_/ニニ/ニニニニニニニ /\
ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/   /ニニニ'ニニニニニニニ/ニニニ 、
ニ/::::::::::::::::::::::::::::,. -r  ´ /   /ニニニ/ニニニニニニニ/ニニニニ∧
ニ\:::::::::::::::::/ニ /   /   /ニニニ イニニニニニニニ,'ニニニニニ }
ニ/ニ\::::::::/ニニ/{  /  /::{ニニニニl|ニニニニニニ /ニニニニニニ|
/ニニニ\:{ニニ/:::|  / /::::::::|ニニニニ/ニニニニニニ/ニニニニニニ !

1930 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:48:30 ID:qWs/qwcr
馬鹿しか使えない技

1931 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:48:43 ID:/pue8qlC
物凄いバカが物凄いバカな事をするんだよね確か

1941 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:51:20 ID:v9gu21ND
トラウマ持ちや狂気的な信条、夢を力に変える術法



1943 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:51:48 ID:oWR8EfG2



                        , / 丶
                       //    \
.                      / ./_ = ニ .二\
                     //: : : : : : : : : : : : : :: .
                     , : : : : : : : ト: : : : : ヽ: : : :\
         .           /: : ト : : : :斗 <: : : :.}: : : :ヽ: .<⌒>ー-<      「人の普遍無意識に働きかけ、
                   /: : : レヘ: : : | ィえ≧:.|: : : : :l: : : ヽ { _,r´ ̄ ヽ     力を引き出す―――。
                 _, イ: :一:1 - ヽ: :.! 圦:ぅ刈: : : : :|: : : : :. ゝ」     {_
               _,zー-、 {: : : :Nィf示 ヽ!    ノ: : : : : : : : : :\´ 、r'⌒ v´    “空想具現化”に近いたぐいの
               ,}   ハⅥ:ヽ:.杙ゞ ' 、     イ: : : : ; : : : : : :ト;} {   ハ      魔術形態だと伺っていますが」
.          _,>ー-㍉、,_ ,,ノ 〉: ト:ゝ       ァ {: : : :/: : : : : ハ!  乂  _ノ
            ,}    {_,    /: : :.∧   '-     }: : /: : : : : / > ⌒ √
.         >‐<_ ,ノ´   /: : : :: :: ゝ、      ルイ: : 从;ノ彡   ,ノ         _ _  ―ァ
        7   , ┴- 、    {ハ: : : : : : : : : >=ァ彡    〉ー―ャ 7ム イ          /  -一<_ , ャz
        乂_Y      ≧、   ヽト;ハ:.;>く , 小   /  /   ̄`ヽ        /    ` ー  彡 ´
. ノメ}         ミ  __彡⌒ヽ   , イ  _ノ:::ハ::\/   /        \     '   , -一   ̄
 V ノ⊂  ⌒ヽ    ー一'´     ノ /  く::::; イ:::}::::〉    ,          ハ  /   /
. 〈____     \      ,r‐一' /   〈::7 〈:::ハ;/               }/
        ̄`    \     {    /     o/          ヽ      r‐ /     /
         、   \  !_  l                  λ    〃/       /
               く \ |   oi!              ,'/∧__/ /       ∧
           ヽ    \ '}                 ///////,ヽ、     ///\
.                 Уr″ o,'             /////∧////> __ //////\
                 \ _/ /                トvハ∧{ V/////ハ/////////,≧
.                 /   o/               |     ∨∨\{ V∨}ハメ√
         r――‐-   、_/   ノ、           \____  _
        ヽ          /   \                  >



                    ___
                   /ニニニ≧=-、
                   /___r--ァ_/ニニヽ
                    {ニニ /--rニ二ヽ、ニ}=- 、   「ええ、その通り。
               /'ニニ /:.:.:.l:.:.:.:/ヽ二、ヽニニヽ   そしてその習熟度合いは、理論上は五つの段階に分かれています。
                  /ニ|{ニニ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.--、ヽ}ニニ }
              /ニニ{::\|_:.:.:.:.:.:.:/_/:::}ノニニニ'    序、詠、破、急、そして終。
             _{ニ>-=ニ\ \:.:/::::::/ニニ /     序から始まり、破を経て終に至る。
      _,.. -=ニニニニニニニニ{oミ__ノニニニ>イ´       終段の齎す現象は、その始祖いわく“座”からの直接召喚。
     /ニニニニニニニニニニ }ニ」ニ>:r:´\}:从        英霊の座、すなわち根源への直接アクセスが、
     ,'ニニニニニニニニニ>{´: {\l\j从 , ,:'}'≧=、____ この魔術の最終目的となっているわけですね」
.    /ニニニニニニニ> ´ニニ\:}\ 、__ノ/∧\、ニニニニニニヽ、
    {二ニニニニニ/ニニニニ/ニ}| ヽ`二イ/ } |:::\ニ、ニニニニニ>-、
    、ニニニニニ´ニニニニ/ニ/ }  /{:::::}!  | |::::::::ヽニ、ニニニニニニ>- 、__
     `¨ ─ <ニニニニ/ニ/ |  / 乂ノ\ | {::::::::::::マニ\ニニニニニニニニ> 、
           `ヽ、ニ/ニ/::::| |/ /:::{  ` マ:::::::::|マニニ\ニニニニニニニニニ\
             }/ニ/}::::::::|    {::::::|     }::::::::| マニニニ、ニニニニニニニニニ ',
              /ニイ /:::::::::::..    |::::::|     /::::::: | }、ニニニ\¨¨¨¨¨¨ヽ、ニニニニム
          /ニ/ニj! /:::::::::::::::::..  |::::::{   /::::::::::/ |ニマニニニ∧       マニニニニム
          /ニニ/ニl /:::::::::::::::::::::::. /:::::::\ /:::::::::::} /|ニ}ニニニ'\\     マニニニニム
        /⌒ヽニ,'ニlⅣ::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::∨:::::::::::::|/ニ|ニ|ニニ/\_/ /      マニニニニム
        ー-'ニニ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/{ニニ、ニニ/   \__/      マニニニニム
         /ニニニ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::/ニ|ニニニニ\           \ニニニ ム
          /ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::o::::::::::::::::::,ニニ}ニニニニニ\           } ニニニニ
         ,イニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::{ニニ\ニニニニニニ 、         | ニニニニニ
      //ニニ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::o::::::::::::::::::::::.ニニ \ニニニニニニ.\          | ニニニニrミ、
     /ニ/ニニ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::マニニニ\ニニニニニニ`ヽ、     j__/二二≧、o_}
    ,'ニ ,'ニニニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::o::::::::::::::::::::::::::::マニニニニヽ、ニニニニニニニ、   { {,ィ⌒Y⌒} ̄ヽ、
   ./ニニ/ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::マニニニニニ、ニニニニニニニ>=-{_ノ^ハ |二} } }

1946 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:53:29 ID:iVA8rRC7
ああ、この世界だと阿頼耶識とかもろに根源か
そら終段はそうなるわな、この解釈に合わせると

1949 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 15:55:00 ID:+drm9+Rl
>>1946
戦神館の最終目標もキリスト教圏の神様召喚して日露戦争に勝つことを目的で組まれた術だしね



1951 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 15:57:18 ID:oWR8EfG2



                      /ハ\
                ,.r-/-―-i-ヘ.._、
              ,ム''"' ´´`ー-─-'´`::::`丶
             /::::::::::フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::/::::.:/::::::/::::::::::::::|:::::::::::ヽ: `ニ=ー
         ./:::::::::::〃::::/::::::/::::..::/:::::j:::::::.:i:::::':::::ヽ
         i:::::::::::::ii::::.:i:―/-.::::/::::::;ハ:::|::.:!::::::!:::::i   「―――始祖、ですか。
           ;j::::rf:::::!|:::i:|.::/|.:::/::ヽ:/ i:::|.::j::i:.::|::::i|   邯鄲法という魔術体系を編み出した人物ということですね。
         ノ::://::::::|i::::!斥卞ミ::::// /|⌒/::::::;:::::リ
       /:/´`ヽ:::::|i.::i:代:.cソヾ   ィ尓Y:/::/:::/    その人はその術を極め、根源に至ったのですか?」
       Y:::::::'、.r,_ノ::::::|::::| """    ,ヒ:.ソイ::::://ヽヽ
       i::::/:::::ソf:::::::ハ:::i 、       ""厶イハ  ヽヽ
      V i::::/i::::::::::/::∧i. \   -  ィ::::j::::::::::i   /´`ヽ
       レ  Vゝヾヘf==、`ァ、-< i::::/:::/:::ノ   '、.r,_ノ
             /   /゙ ̄¨ヽ、 レ'Vi/レ'     ノj
            ./   /      ハ
           ,'    ハ      ト、
           ij    i       .| ヽ
           i!    i       j    \
           !   ゝ=====-ハ     }
           |   く       ,イ    リ
           '.,   `ー--  ̄l´   ., '
           V   l      i    Y
            V   |       i     i
             V   l      l     l
             V j     │     |




                __
               /__ ヽ_つ-、
             ,.r´‐-_ミフニニ,.-- 、---―‐-、
           /: : /: /ニ/::::/ニ/ニニニ}
            r '{: : /:,イニ/::,.ィニ /: : : :、\/
        _ィ |ー- '⌒イマ/::/ニ,. ': : : : 、: : \ヽ、
       {ニ{、__,.. - /}::/ニ/ヽ:、: : : : \: : : .
          マニ\__,.イニ}ニ/:.\ }: ヽ、: : ',: ヽ: :|   「まさか。
        マニニニニ/ニ/ィォ'\:}' \: :\:l: : }、:|
         }ニニニ /イ{\}   \  ヽ: :リ: :/ リ     邯鄲法は意味合いとしては根源へたどり着くための分かりやすい
         |ニニニニニ<_ _,ィ  ; :  从': /        道筋を描いた、根源到達という意味では非常に優秀な魔術体系ですが、
         |ニニニニニ } ヽ  //,.-―‐┴、_       その始祖はついぞ詠段すら使えなかったそうですよ。
         ∨ニ,>-― ┴―`¨≦ニニニニニ }
            マニ{ ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニ`ニニ ',      いや、血を吐くような呪詛が手記として残っていますよ。
          Ⅵニニニニ\ニニニニニニ`¨T¨ヽ、      何故、自己の作り上げた術式で、自らが根源へ向かえぬのか、と」
           `{ニニニニニ\ニ}ニニニニニ|ニニ\     
           /マニニニニニニ∨ニニニニニjニニニ ',
           /ニニマニニニニニニ',ニニニニl!ニニニニ}
         /ニニニニマニニニニニニムニニニニ|!ニニニ j!
       //(_)}ニニニマニニニニニニムニニニニ|ニニニニ
       r/'ニニ/'ニニニ∨ニニニニニ ムニニニ;'ニニニ/
    //∨rミ'\ニニニニマニニニニニニ',ニニ/ニニニ/
    l{ { / /  /ニニニニ}ニニニニニニムニ/ニニニ,:'
    乂_,'_/   {ニニニニニ}ニニニニニニニ∨ニニ /
      r― ┘ニニニニ/ニニニニニニニ/ニニ /
      |ニニ(ニニニニ/ニニニニニニニイニニ {
、ニニ>、/ニニニヽニ /ニニニニニニ/ j!ニニ |
 マニニニニニニニニニニ>´ニニニニニニ/ニ/ニニニ{
  }ニニニニニ>´ニニニニニニニ/ニ/ニニニ/
  マニニニr´ニニニニニニニニ/ニ,:'ニニニニ ,
  マ> ´「 |ニニニニニニニ /ニニ/ニニニニ/
 / : :{  Ⅵニ(__)ニニニ,.イニニr、ニニニニ/
/:/: : : :.  \ニニニニ/、ニニ /ノニニニニ{
'/: /: : : :\_ ノ\ニ__/ニニ`丶、ニニニニニニ、
{`/、:/: : : /ニニニニニヽニニニニニ`丶、ニニニ\

1965 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:02:35 ID:kupNKiai
原作の終段だと人類の集合無意識(アラヤ)から力を引き出すで
型月ナイズされてパワーアップしている<邯鄲法



1966 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:03:10 ID:oWR8EfG2



                    ___
                   /ニニニ≧=-、
                   /___r--ァ_/ニニヽ
                    {ニニ /--rニ二ヽ、ニ}=- 、     「しかし、その理由は単純至極。
               /'ニニ /:.:.:.l:.:.:.:/ヽ二、ヽニニヽ
                  /ニ|{ニニ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.--、ヽ}ニニ }      この法は、夢という非現実的なものを現象として引き出すもの。
              /ニニ{::\|_:.:.:.:.:.:.:/_/:::}ノニニニ'       であるに、非現実を受け入れ非常識を是とする、頭のネジを外しやすい
             _{ニ>-=ニ\ \:.:/::::::/ニニ /        バカの方が、その適正が高くなる傾向にある。
      _,.. -=ニニニニニニニニ{oミ__ノニニニ>イ´      
     /ニニニニニニニニニニ }ニ」ニ>:r:´\}:从            現実的に根源に至る手段の道筋などを考えていた人が、
     ,'ニニニニニニニニニ>{´: {\l\j从 , ,:'}'≧=、____     この術に適性が高いわけがない。
.    /ニニニニニニニ> ´ニニ\:}\ 、__ノ/∧\、ニニニニニニヽ、   甘粕殿の言葉ですがね。“方法論など小賢しい”ですよ」
    {二ニニニニニ/ニニニニ/ニ}| ヽ`二イ/ } |:::\ニ、ニニニニニ>-、
    、ニニニニニ´ニニニニ/ニ/ }  /{:::::}!  | |::::::::ヽニ、ニニニニニニ>- 、__
     `¨ ─ <ニニニニ/ニ/ |  / 乂ノ\ | {::::::::::::マニ\ニニニニニニニニ> 、
           `ヽ、ニ/ニ/::::| |/ /:::{  ` マ:::::::::|マニニ\ニニニニニニニニニ\
             }/ニ/}::::::::|    {::::::|     }::::::::| マニニニ、ニニニニニニニニニ ',
              /ニイ /:::::::::::..    |::::::|     /::::::: | }、ニニニ\¨¨¨¨¨¨ヽ、ニニニニム
          /ニ/ニj! /:::::::::::::::::..  |::::::{   /::::::::::/ |ニマニニニ∧       マニニニニム
          /ニニ/ニl /:::::::::::::::::::::::. /:::::::\ /:::::::::::} /|ニ}ニニニ'\\     マニニニニム
        /⌒ヽニ,'ニlⅣ::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::∨:::::::::::::|/ニ|ニ|ニニ/\_/ /      マニニニニム
        ー-'ニニ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/{ニニ、ニニ/   \__/      マニニニニム
         /ニニニ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::/ニ|ニニニニ\           \ニニニ ム
          /ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::o::::::::::::::::::,ニニ}ニニニニニ\           } ニニニニ
         ,イニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::{ニニ\ニニニニニニ 、         | ニニニニニ
      //ニニ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::o::::::::::::::::::::::.ニニ \ニニニニニニ.\          | ニニニニrミ、
     /ニ/ニニ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::マニニニ\ニニニニニニ`ヽ、     j__/二二≧、o_}
    ,'ニ ,'ニニニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::o::::::::::::::::::::::::::::マニニニニヽ、ニニニニニニニ、   { {,ィ⌒Y⌒} ̄ヽ、
   ./ニニ/ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::マニニニニニ、ニニニニニニニ>=-{_ノ^ハ |二} } }





          ___,.ィニミ         「……事実として、歴代最強の邯鄲法使いであり、終段に最も近いと
       r,ィア'ニ::::/_/ニ/           されている甘粕殿を見てご覧なさい。
      /: }ぅニ:::/_/:、: : >  ̄ニニ=- 、      邯鄲法が世に出てから、最も適性の高い人間があれです」
   / _}:/ニ:::/ニ/: : : :∨|ニニニニ= 、ニ≧=- 、_
   } _l_}、ニ:/ニ/ ,.\: : | |ニニニニニ\ニニニニ=、
  rイニニミ\{ニ{:| {I   ヽ} |ニニニニニニムニニニニ\
  |ニニニニ} |ニ从{_` ,.- |ニニニニニニニ}ニニニニニ 、
  マニニニニ乂_/ `¨ヽ、.イニニニニニニ/ニニニニニニ`ヽ、             ______
    マ)ニニニニ} _,.. <ニニニニニニ>´ニニニニニニニニニミ、____,.- ´ 三三三三三三三7
.     マニニニ/ニニニニ二二ニ>´ ̄ ̄_`<_ニニニニニニニニニ/三三三三三三三三三/
     マニニ{二、ニニ/ニ、ニニニニ≧==、::::::::::::>=--、_ニニニ/三三三三三三三三三ニ{
       マニ/⌒ヽ\ /ニニニニニ\_ニニニ≧=-、_====、 < ̄三三三三三三三三三三ニ|
       ∨:.:.:.:}/} |{ニニニニニ ̄ニニ>-、ニニニニニ>、 \}三三三三三三三三三三三三、
        /:.:.:,.イ{∨/_|ニニニニニニニニニニニ 、ニニニニニ Ⅵ三三三三三三三三三三三三 \
      { 、 {-、j `¨ \ニニニニニニニニニニニ\ニニニニニム三三三三三三三三三三三三三 ヽ
     ∧ '.∨,'      ` <ニニニニニニニニニニ \ニニニニl}三三三三三三三三三三三三三三}
     { | ト、ア        ` <ニニニニニニニニニ\ニニニ/三三三三三三三三三三三三三三j
     Ⅵ、 }             >=-、ニニニニニニ/}ニ /三三三三三三三三三三三三三 /
        乂            /ニニニ∨ニニニ_/:.:イ|¨´\三三三三三三三三三三三三 /
                   ,..ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ マ三三三三三三三/
             / ニ|::..                          ∨三三三三三 /
             / ニニl|:::::                               '.`ヽ、三三三/
            { ニニニ |:::::                              \   ̄ `∨
              マニニニ|:::::                              \
                乂ニニ_|:::::::...                                 \
                ̄ |::::::::::::::::.........                              \






     .,.. -''/|\'‐ _
    /く ./  l.  \ .7、
    / /`‐-=i!=-‐' ヾ ヽ
,.,'''":::ヽ/     |    ヽ .ノ゛:;〟
:::::::::::::::,`‐、.,_  |  ,. -‐<:::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::'::..,
/::::::::::::::::::::;′::::/ ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
.::::::::::::::::::::::{:::::::{   ヽ::::ハ:::::::::::_:::::::',:::::::::::':::::::::::\
::::.-―  ¨/\::::ヽ   }/-‐;. ¨´:::::::::::}::::::::::::}::::::::::::::ヽ
::::::::.   {_,, \ヽ  / __ j:.::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::::::::::::::::':   「………あー」
ヽ_:::;:ゝ-ーャ'″  ヾ    |::¨:::::‐-<._|:::::イ:::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::;          l:::::::::::::::::::::::レヘ:::ヽ::::::::::::::::::/、
:::::::::::::::::::::::::}           ';::::::::::::::::::::::} }:::::リ}:::::::::::::/::::ヽ
::::::::::::::::::::::;ノ         ヽ、::::::::::::::ノ /:::::::::',:::::::::/、:::::::}\
---‐  "´                 ¨¨` ヾ{\:::',:::::::{:::\:::ハ
                         ヽ:\_':,::::::ヽ{ーヽ
                          }:::.::ヽ\::::::::::::::\
                               ,::::::.:::::':,::::::::::::::::::::::ヽ.
\           ´ ’           /:::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::':,
`ヾ                        ,.::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ                      /::::::::::::::.::::/:::::::::::::::::::、::::::::::}
、::}                  _ ...::´:::::::::::::::::;:::::.{::::::::::::::::::::::i:::::::::/
>----――< ̄ ̄´`ヾー--<:::::::::::::::::::::::::::/:::::ヾ:::::::::::::::::::/l:::::::/

1970 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:03:50 ID:oWR8EfG2
>>1965
むしろインフレ度合いは正田作品の方が上っぽいから、
パワーアップしたというより聖杯戦争のバランスに合わせて設定をマイナーダウンした感じかも

1980 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:06:14 ID:oWR8EfG2
邯鄲法使いの適性が高い人の特徴

Q.絶対不可能なαという目標を達成するために、あなたはどうしますか?
A.やれる!! いける!!!!


こういう回答を返す系の奴が多い

1985 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:06:58 ID:+OTVq6S/
つまり、前向きなバカじゃないとダメと?

1989 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:07:36 ID:W7xwaDgh
修造に洗脳されれば適正上がる可能性がワンチャン



1999 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:09:03 ID:oWR8EfG2



                             ,.ィ __,
                            /: /イ:/ィ≧
                            /'/: /_ノヽr、_,..       __,   「ちなみに次点と目されているのが盲撃ちです。
                              {:|: :/イ {ノ ,.-}      |::::/     どうですかこのツートップ。
                          ∧: :{: :-ミ  / {        }:/
                          {ニ(_,.ィ--- ' _,.ィ__r--、  /'       これだけ明らかに根源への道筋を描いた
、                            マニ\: r、<  {:::/ー<_/-、_,...ィ _   魔術体系でありながら、魔術師でこの道に
∧                        r≧=--/ニ /^ヽ|、` \-'ニニニニ/ィ }   進む人の少なさが魂で理解出来ますね!」
、 ヽ                         /ニニ\ニニ{/ニ} }、   \_ニニ/{_/
:', \                    _」ニニニYニニ彡ニヽ:\  { ヽ マニニ
 \  }                   「ニニニニ }ニニニニム:::::\ ヽヽ }マニ{
  / |!---、                    /ニニニニニ;ニニニニム:::::::\} }/:::マニ':.
  ,  /\_ノ:.:.、               ,:'ニニニニ> ´ \ニニニニ}::::::::::::/:::::::::\ニ
. / ///∧:.r、:.:`ヽ-、        /ニニニニ/     ヽニニニ!:::::::::::{::o::::::::::}\                          ,イ
_,...イ//////{_|r 、:.:|、ニ\__,.ィニ- 'ニニニニ/        /ニニニj::::::::::::|:::::::::::::::|ニ\、                       //
{ `<-ィァ  | |-、}マニニニニニニニニ/        ,.イニニニ /::::::::::::|::::::::::::::::マニニ\             __,.. - ´/
ヽ、_,.イ  ノ l! } }ニニニニニニニ/       /ニニニニ,'::::::::::::: |:::/^Y 、::::マニニニヽニ≧==-r'⌒}-< ̄ -- ' _,...イ
    ヽ_,.イ _,.ノ /\ニニニニニ>´        /ニニニニニ/:::/ ̄´¨´===、-= マニニニ\ニニ/,ィr、(ヽ_..,-、/´ ̄
     `¨ー- '<////}>  ´ ̄         /ニニニニニニ,',.ィ:.:.:.:.| |:| |{===}| |- 、マニニニニ\{/_,イ¨´ {_/
        \___\//           /ニニニニニニ /:.:.:.:.:.:.:.:{_」 -=====―-{∧ニニニニニ、
               `¨´         ,..イニニニニニニニニ /> ´ニニニニ|ニ|ニニニニ}ニニニニニ\




     .,.. -''/|\'‐ _
    /く ./  l.  \ .7、
    / /`‐-=i!=-‐' ヾ ヽ
,.,'''":::ヽ/     |    ヽ .ノ゛:;〟
:::::::::::::::,`‐、.,_  |  ,. -‐<:::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     「歴代一位がアマッカスで、歴代二位が盲撃ち………。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::'::..,     学びたくない魔術体系としてはかなりハイレベルですね、精神的に」
/::::::::::::::::::::;′::::/ ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
.::::::::::::::::::::::{:::::::{   ヽ::::ハ:::::::::::_:::::::',:::::::::::':::::::::::\
::::.-―  ¨/\::::ヽ   }/-‐;. ¨´:::::::::::}::::::::::::}::::::::::::::ヽ
::::::::.   {_,, \ヽ  / __ j:.::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::::::::::::::::':
ヽ_:::;:ゝ-ーャ'″  ヾ    |::¨:::::‐-<._|:::::イ:::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::;          l:::::::::::::::::::::::レヘ:::ヽ::::::::::::::::::/、
:::::::::::::::::::::::::}           ';::::::::::::::::::::::} }:::::リ}:::::::::::::/::::ヽ
::::::::::::::::::::::;ノ         ヽ、::::::::::::::ノ /:::::::::',:::::::::/、:::::::}\
---‐  "´                 ¨¨` ヾ{\:::',:::::::{:::\:::ハ
                         ヽ:\_':,::::::ヽ{ーヽ
                          }:::.::ヽ\::::::::::::::\
                               ,::::::.:::::':,::::::::::::::::::::::ヽ.
\           ´ ’           /:::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::':,
`ヾ                        ,.::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ                      /::::::::::::::.::::/:::::::::::::::::::、::::::::::}
、::}                  _ ...::´:::::::::::::::::;:::::.{::::::::::::::::::::::i:::::::::/
>----――< ̄ ̄´`ヾー--<:::::::::::::::::::::::::::/:::::ヾ:::::::::::::::::::/l:::::::/


2014 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:11:52 ID:myaWsPqc
(通信SE)
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406260282/453
形とか見ると凄く便利そうだけど厄介な術式なのねー

2016 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:12:33 ID:7Ejz0GMq
>>2014
これはwwwww
でかした!



2032 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:15:57 ID:oWR8EfG2
>>2014
でかした!!

2033 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:16:45 ID:oWR8EfG2
っていうか改めて、この設定だと余計酷いな邯鄲法!!

原作でもさすがにバカ専用扱いはされてなかったぞ!!

2037 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:18:34 ID:oWR8EfG2
セージも大概だったしな!

2050 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:22:24 ID:oWR8EfG2

ニニニニニニニニニニニニ'::::::::::}ニニニニニl \  \ ヽ
ニニニニニニニニニニ /::::::::::::/ニニニニニ}≧ 、   \∧
ニニニニニニニニ>:::´:::::::::::::::/ニ(_    __    `ヽ、  Y :.
ニニニニニ>::´::::::::::::::::::::::::::::/ニニニニニ/ \       _}∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニニニ ,:' `ヽ、 r---:.:.:.:.:.:.:.:.:{
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.....<ニニニニニニ/ 、    Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
:::::::::::::::::::::::::::::::::,....<ニニニニニニニ/: |: :\  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、    「さて、では基礎の解説が終わったところで本題です。
:::::::::::::_,.......<ニニニニニニニニニ/: : : |: : : | 、 !:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':,    幽雫を単独で送り込んだのは、鷲巣老よりもっと上の
ニニニニニニニニニニニニニ≧ァヽ : : : !: : : } Ⅵ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    依頼元からの要請という意味合いが強いですね」
ニニニニニニニニニニ>:´:ィi:オ '  : : : : |: |}:/  、:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉、
ニニニニニニニニイ: : /: : : |¨    |: : : ∧:{'    ` ー\:.:.:.:.:.___/ }__  
 ̄ ̄ ̄: : /::::::::::::::::/ : /} : : ∧    从: / リ         乂 ̄__    / }
: : : : : /: /::::::::::::::::/ : //: : :/  ヽ  /: :/              「    l   /  ',
: : : : /: /      / //: :/    / /:イ,'            ∧   :: /    :.
: /: イ: /      /´ /:/    '  /}/              /  }  /     :.
:'}: /j:/       /      ,  / '            /` ̄ ̄´         ∧
/イ /    、     _  -  ´ /__,.-=ニ二二ニ==、 \           /ニ\
   \   `ー       _,.::  /ニニニニニニニニニニニ}ニ、        /ニニニ ム
  l  `  、       ー '  /\ニニニニニニニニニニ マニム    /ニニニニニム
  :.      > ..._    /ニニ\ニニニニニニニニニニマニム__,イニニニニニニニム
、   、      /  }`¨¨´ニニニニ 、ニニニニニニニニニ ∨ニニニニニニニニニ∧
 `ヽ、 \   /   |ニ\ニニニニニ\ニニニニニニニニニ∨ニニニニニニニニニ∧
    ` ̄7^ ∧    l|ニニニ、ニニニニニ\ニニニニニニニニ マニニニニニニニ二二∧
     /、_/:::::、  ∧ニニニ\ニニニニニ ヽニニニニニニニニ∨ニニニニニニ二二二∧
      {、:::::::::::∧ /  マニニニニ\ニニニニニ\ニニニニニニニ∨ニニニニニニニニニム





                 //__\ 、
                j匕 ___j.斗く⌒ヽ
                   /.:: :: 厂.:: :: i:: :\.::::\
         〃⌒ ヾ .' . :: : ::リ:::::! ::: l:::i :: :ヽ: :ハ
         {.:::.   } !. ::: /. :: ノ. :: :: :!. :: :::Ⅵ::ハ   「依頼元――――――と、言いますと」
         乂:.__ メ !::/〃⌒ヾ :.: :::ノリ从:人!.:::i
        /     ノ从.:::{i.::.  }!:.:イ jヒリイ ノ:ル'
     〃⌒ヾ   ´   人.:::人. __ソ.:: ::i\く {く
     {i.::.  }.   /  /:i ::: l: :: : :: l⌒\`ヌ
     乂.::_ソ  . '  . '. ::.::l:l:.人:.:::l::.从  )′
     /     /  / .:: !:: 从::. :〃⌒ヾ /^ー -- 、
   〃⌒ヾ   {  イ  斗く  `Y.::.   }!       \
   {i.::.  }!    {r!  ∧   乂. __ メ.      ´ ̄/ヽ
   乂._ .ソ  /人  ' ヘ        \    _ __ ./ /  .
           〈   〈\ ' ヘ       〃⌒ヾ   { __j
         \  \>─へ       {i.::.  }!' ̄    `  .    、
              \   \.  \     乂: __メ                 、
             \   \  }≧ --≠ 1{
                   \  >,}>r ュ一≦へ ̄`  .               \ \
                r<.::_ :彡只ヘ      \. ::j `  、          ヽ  \
            .   ´ ̄ ̄  /j i ∧     ∨. :: :: ::\          }   ヽ    .ィ升ヌ´ ̄/
             /       / .ノ |'.:::.i      } .、<  ̄           从 しJ ハ、  /  / /
           ∠   .. 斗 <  /.: ::人:::ノ     从:\: `Y           人ノ し!:\化K ≦´  ̄  ̄ `> 、
          ,ィ「. :: :: :: :: :}/. :::/.:::::{       人.::\:\j             / リ从__ト、\   ̄ ` 、
          匕}. ::: :: ::.::/.::::/. ::.:: 从     /. :: \::\:\           イ / // i  い.  \.     \
            Ⅵ: :: ::.:/.::.:/. :: :: :: ::.:人 /. :: :: :: :.::\.:\ 〉             j/ // i!  !∧.   \    ヾ
           ゞ.:/.::. /. :: :: :: ::.:/: ::/: :: :: :: : :: : :: ::.ヽjイ             レ'/ 人 i! ∧   ! ヽ  ⌒
               ` <入 . ::: :: : , '. ::.:::/. :: :: :: :: :: ::.::./j.メ              iレ'  Ⅵ ' .ハ  i! ⌒ \
               /X\. :::/. ::.:::::∧. ::_:: _:: :: ::/jメ´                  从 ' !  リ
                 /  ` ァム ._j匕!.∧j  j _斗<                      ヾ jル'
                  /   /     |  ` 7´
              /    /        |   /

2053 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:25:12 ID:oWR8EfG2







                       BGM:ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm26250208





▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


               ト、
               ヽヽ、   _,...:::::::::::::::..、                ./ニニニニニニニニニニニニニニニニニ==- _ニニニニニニニニ=-、
       _, ...-:::-====  ゝ  `イ:::::::::::::::::::::::::::ヽ`- 、           ./ニニニニニニニニニニニ=Y⌒Y ニニニニニニニニ><ニニニニニニ\
       ̄  ̄ ̄ > -==-:::/  /   /::::::::::::::::V::::ヘ`ヽ       /ニニニニニニニニニニニニニニゝ ィニニニニニニニニニニニニ\ニニニニニ/
 `  、-  -─≦===-  /_, -=イ / / ' 7V::::l::::::::::::::.、 \  ../ニニニニニニニニニニニニニ==-  ̄ ̄ ̄ ̄ -=ニニニニニニ\ニニ/
     `  ─ -= ≦:/_ -≦_ ィ ,/   / V:li:::k::::::::::::.、 \.  \ニニニニニニ=-   _ _  --------=-   -=ニニニヽ/
     , ,.ィ;:::::::::::::::::/  /::/ / ./ __  /   V/::::l V:::::::::i lヘ .\.. .\=/  _ -=ニニニニニニニニニニニニニ////> 、\ /
    - ==─  ̄/ /::::レ' // /´ r:., フ   :/::::::l V::::::::i l:::. l:,ヽ  ..}__, <ニニニニニニニニニニニニニニィ /////////\ /
          / /:::::::/_ /イ  〃==-彳 /  /:::::::::i li __   __ ィ//////≧========≦ ̄///::::///////////l    _______
        //::::::::::::〉- '  {     / ./  ://:::/ヽ:≦////////////>イ////////>' ¨` <////::Y ⌒Y/////////  /     /
       / ,イ::::::::::::::/ { ヽ      //  :/ /Y   ///////_,,. -‐''"´--=////// イ、  (:) ///:::::::::ゝ- イ////////l /     /
    _ イ/il:::/i::::::::/  , -──  <,,ィ :/ / /  /.ニーニ ̄ ̄ ̄ ̄ == l////イii    ̄  //::::i    l//l//////// l     /
      //:::::://:::::::::i  ,ィ _イ⌒^ ^ゝ_ /l :/ // r:イ───- 、/      l// V/il         '   l//l////////ハ    /
     /::///::::::::::::l  lゝノヽ:::::::::::::::/ l:://  /::::l     /        .l/八 V/i       _ ----l// ///////     /
     // //::/イ::::l   l:::ゝ'_ -_=-´ l:/   / :::::l              //  \__ム    、 r , --- l/_///////     /
    l/  // ' /::/.l ノ└ '  ̄    l/   //::l //            .//      人  ヽ`^:::::::::::::::::::::///////     /
       l / /:/ .}  ⌒         / :::/r//           .--= ┐     .........\  \:::::, -- 、//////      /
          l/  /     -‐   _  彡イ  {//        /     l      ................ト 、` --  /////       }
            `  -- -、      l :/   l/      /       l       ..................l> 、  /////       /
             /:::///ヽ      l/   //l   /         l         ...r=ニニニニ≧l////{      /
            /:: / /   l _, .イ: -= / l ∧   / --=    ..\         ..l三三三ミ l//// l    /    /
           ____,,. -‐''"l  / / / l/八                  =- _     .l__ / l//// {   /   /
           | l   Y     |/ / /  l///> 、                    =- _  \三/   l//// l /   /



▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲







                      ,. -――-、
                    /ニ,.ィニニニ\
                 /ニニ/:::::/ニニ|ニヽ
                 |ニニ|::::::|ニrヽ { ヽ r、、
                 {ニニ|::::::|r、ヽ ヽ Y ',}
        _____,.ィ{マニニ、::::{ ヽ}  l } |l!
       /ニニ、ニニニ|ニ| \ニニ、:ゝ '    /}
        {ニニニ}ニニニl|ニ|、  \ニⅥ    .イ/
        |ニニニlニニ /ニ| ヽ介、 ー /   /イ}
       {ニニニ|ニニ/ニニ| {::::| `ニ{    {ニ|
      lニニニj!ニイニニ/ |::::| |ニ!` ー ´}ニl!
      |ニニニj!ニ/ニニ/   |::::| |ニ{ニニニイニ}
      |ニニニ|ニ/ニニイ   {::: | |ニ|ニニニニ}ニ    「こいつら」
      /ニニニ{ /-、ニ |   l:::: | |ニ{ニニニニ|ニ|
     {ニニ/`ー-'-- '- 、 |:::::|/:|ニマニニニ'ニ|
     |ニニ´ニニニニニ /-r--'---r-マニニニニ
     {___ニニニニニ{ l|  |: : : |  ヽニニニ/
       |ニニ\ニニニニ l!  !: : : !   ∨ニイ
       |ニニニ>---<_/---`¨¨ ` ー--‐ '
       |ニニニニ|::::::::::::|========-ニ|
       |ニニニニ|三三 {、_____}--{
       |ニニニニ|三三 |____|_,ト、
       |ニニニニ|ニニニニニ{ニニ}ニヽ }
      ,'ニニニニj!ニニニニニニ、ニ|ニニ} \
       /ニニニニ/ニニニニニニ }/ニニニ、  ヽ
     {ニニニニ{ニニニニニニニ/ニニニニ\ }
     |ニニニニ|ニニニニニニイニニニニニム|




    /: : : : : : : : : : : :| : : : : : :,ヘ  ;メ、: : : : : : : : : : ヽ、: : : : : : : : :`ヽ、
   ./: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : :/ヘ: :/彡i: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : ヽ、
  /: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : V| |  | .|||V: : : : : : : : : : : : `、: : : : : : : : : : : `、
  /: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : :/| |  | .|||ヘ: : : : : : : : : : : : : `、: : : : : : : : : : : ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : ::| : : : / | |  | .|||||ヘ: : : : : : :ト、:、: : : :`、: : : : : : : : : : : :i
 |: : : : : : : : : : : : : : : :_斗--;':┼┼.┼卅、_|__,、: : :||ハ:ヽ: : : :}: : : : : : : : : :、: : }   「う わ あ」
 {: : : : : : : ::| : : : : : : : ::ハ: :/ .| | .| |||||||: :ハ: : ::/| |、ハ____|_,、: : : : : : : }: : |
 |: : : : : : : ::|: : : : : : : : :|ヘ/  _|_z三ミt、||||||:/ | }: ::/ | |リ`T: ::ト、: : : : : : : : : :}: : |
 .} : : : : :,-v|: : : : : : : : :| Y彡イ  /`ヾミ、 ||   |::/ | |  .|: :ハ: : : : : : : : : :ハ: :}
  |: : : :/ _ ,|: : : : : : : : :|  Y   /  て|    レ'  .|∠三ミ、,|: : : : : :|: : : / |:/
  .i : ::/ r" }.| : : : : : : : : |  .!  {    {       / て V /: : :| : ,イ : / .リ
  V: { t (_|: : : : : : : : ::|  ゝ .|    /       {  { //: : : |::/ |: /
   V:ゝ、  |: : : : : : : ト、{  ひー---'     ,  ゝ、_| / {: : : ::レ  |/
   }: : `ー、__|: : : : : : : `、{       /`ー'`ー-、,、  ひ |: : ::/ . /__
   .'; : : : : : :|: : : : : : : : |  _,ィ"7  /       7    .八`ー―て__ 弋`ー、
    }: : : : : : :{ : : : : : : :,>'"  /.  /        .{   ,ム: :T`ー-、  `、 \ \
   / : : : :__: :ヽ、: : :,ィ"  ,,<   {        j  ./: : : : |    ヽ、 `、 >-、ユ_
  ./: : : : :{ ヽ、: y'"  /:{ `>、-'――ァ   ,.ィイ´: : : : |: :ト、    }  <___  `、
__,ノ: : :_,ィ: :|  V"  ∠__,,..―''"´  _,<__,, ィ:´: :}::}: : ,; : :/::∧ ヽ、  /      ゞ  ',
`ー''"´/: : ::|  /         _,,z二"_____Vヘ:∠ィ: :/ |: /: / {  ヽ__{_        .',
  _,,.イ: : : :|        ー-'"   ___,,イ  `V:/ レ'レ'  ゝ、    ヽ、       }
<,斗-"; ; ;{           z二二,―---ァ  / ``ー--、_   .ヽ、          ./

2058 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:25:42 ID:iVA8rRC7
うわあああああああ
馬鹿だあああああwwwwww

2071 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:29:03 ID:0nQAbmu+
極一部しか喜ばない有望株扱いwwwwww

2075 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:30:51 ID:/pue8qlC
この2人と比べたら、即物的な分くらなくんの方がまだ分かり合えるわ



2076 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:32:01 ID:oWR8EfG2




     ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


               ト、
               ヽヽ、   _,...:::::::::::::::..、                ./ニニニニニニニニニニニニニニニニニ==- _ニニニニニニニニ=-、
       _, ...-:::-====  ゝ  `イ:::::::::::::::::::::::::::ヽ`- 、           ./ニニニニニニニニニニニ=Y⌒Y ニニニニニニニニ><ニニニニニニ\
       ̄  ̄ ̄ > -==-:::/  /   /::::::::::::::::V::::ヘ`ヽ       /ニニニニニニニニニニニニニニゝ ィニニニニニニニニニニニニ\ニニニニニ/
 `  、-  -─≦===-  /_, -=イ / / ' 7V::::l::::::::::::::.、 \  ../ニニニニニニニニニニニニニ==-  ̄ ̄ ̄ ̄ -=ニニニニニニ\ニニ/
     `  ─ -= ≦:/_ -≦_ ィ ,/   / V:li:::k::::::::::::.、 \.  \ニニニニニニ=-   _ _  --------=-   -=ニニニヽ/
     , ,.ィ;:::::::::::::::::/  /::/ / ./ __  /   V/::::l V:::::::::i lヘ .\.. .\=/  _ -=ニニニニニニニニニニニニニ////> 、\ /
    - ==─  ̄/ /::::レ' // /´ r:., フ   :/::::::l V::::::::i l:::. l:,ヽ  ..}__, <ニニニニニニニニニニニニニニィ /////////\ /
          / /:::::::/_ /イ  〃==-彳 /  /:::::::::i li __   __ ィ//////≧========≦ ̄///::::///////////l    _______
        //::::::::::::〉- '  {     / ./  ://:::/ヽ:≦////////////>イ////////>' ¨` <////::Y ⌒Y/////////  /     /
       / ,イ::::::::::::::/ { ヽ      //  :/ /Y   ///////_,,. -‐''"´--=////// イ、  (:) ///:::::::::ゝ- イ////////l /     /
    _ イ/il:::/i::::::::/  , -──  <,,ィ :/ / /  /.ニーニ ̄ ̄ ̄ ̄ == l////イii    ̄  //::::i    l//l//////// l     /
      //:::::://:::::::::i  ,ィ _イ⌒^ ^ゝ_ /l :/ // r:イ───- 、/      l// V/il         '   l//l////////ハ    /
     /::///::::::::::::l  lゝノヽ:::::::::::::::/ l:://  /::::l     /        .l/八 V/i       _ ----l// ///////     /
     // //::/イ::::l   l:::ゝ'_ -_=-´ l:/   / :::::l              //  \__ム    、 r , --- l/_///////     /
    l/  // ' /::/.l ノ└ '  ̄    l/   //::l //            .//      人  ヽ`^:::::::::::::::::::::///////     /
       l / /:/ .}  ⌒         / :::/r//           .--= ┐     .........\  \:::::, -- 、//////      /
          l/  /     -‐   _  彡イ  {//        /     l      ................ト 、` --  /////       }
            `  -- -、      l :/   l/      /       l       ..................l> 、  /////       /
             /:::///ヽ      l/   //l   /         l         ...r=ニニニニ≧l////{      /
            /:: / /   l _, .イ: -= / l ∧   / --=    ..\         ..l三三三ミ l//// l    /    /
           ____,,. -‐''"l  / / / l/八                  =- _     .l__ / l//// {   /   /
           | l   Y     |/ / /  l///> 、                    =- _  \三/   l//// l /   /



     ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



     .,.. -''/|\'‐ _
    /く ./  l.  \ .7、
    / /`‐-=i!=-‐' ヾ ヽ
,.,'''":::ヽ/     |    ヽ .ノ゛:;〟
:::::::::::::::,`‐、.,_  |  ,. -‐<:::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::'::..,
/::::::::::::::::::::;′::::/ ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
.::::::::::::::::::::::{:::::::{   ヽ::::ハ:::::::::::_:::::::',:::::::::::':::::::::::\
::::.-―  ¨/\::::ヽ   }/-‐;. ¨´:::::::::::}::::::::::::}::::::::::::::ヽ
::::::::.   {_,, \ヽ  / __ j:.::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::::::::::::::::':    「これ以上なく酷い絵面ですが……。
ヽ_:::;:ゝ-ーャ'″  ヾ    |::¨:::::‐-<._|:::::イ:::::::::::::::::::::::::}     邯鄲法使うの歴代トップ2が、何故このような縛りを?
::::::::::::::::::::::::;          l:::::::::::::::::::::::レヘ:::ヽ::::::::::::::::::/、
:::::::::::::::::::::::::}           ';::::::::::::::::::::::} }:::::リ}:::::::::::::/::::ヽ    日本の比較的近くでアカン聖杯戦争が行われているので
::::::::::::::::::::::;ノ         ヽ、::::::::::::::ノ /:::::::::',:::::::::/、:::::::}\   止めはしたいが自分らが行くと国交上不味いので代理で
---‐  "´                 ¨¨` ヾ{\:::',:::::::{:::\:::ハ    フリーランスを送るというところまでは分かりますが……」
                         ヽ:\_':,::::::ヽ{ーヽ
                          }:::.::ヽ\::::::::::::::\
                               ,::::::.:::::':,::::::::::::::::::::::ヽ.
\           ´ ’           /:::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::':,
`ヾ                        ,.::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ                      /::::::::::::::.::::/:::::::::::::::::::、::::::::::}
、::}                  _ ...::´:::::::::::::::::;:::::.{::::::::::::::::::::::i:::::::::/
>----――< ̄ ̄´`ヾー--<:::::::::::::::::::::::::::/:::::ヾ:::::::::::::::::::/l:::::::/






                      ,. -――-、
                    /ニ,.ィニニニ\
                 /ニニ/:::::/ニニ|ニヽ
                 |ニニ|::::::|ニrヽ { ヽ r、、
                 {ニニ|::::::|r、ヽ ヽ Y ',}
        _____,.ィ{マニニ、::::{ ヽ}  l } |l!
       /ニニ、ニニニ|ニ| \ニニ、:ゝ '    /}
        {ニニニ}ニニニl|ニ|、  \ニⅥ    .イ/   「ひとつは我々は行かないほうが多分良いとか、
        |ニニニlニニ /ニ| ヽ介、 ー /   /イ}     盲撃ちがアホなこと言い出したから。
       {ニニニ|ニニ/ニニ| {::::| `ニ{    {ニ|
      lニニニj!ニイニニ/ |::::| |ニ!` ー ´}ニl!     で、甘粕殿側の意図は―――」
      |ニニニj!ニ/ニニ/   |::::| |ニ{ニニニイニ}
      |ニニニ|ニ/ニニイ   {::: | |ニ|ニニニニ}ニ
      /ニニニ{ /-、ニ |   l:::: | |ニ{ニニニニ|ニ|
     {ニニ/`ー-'-- '- 、 |:::::|/:|ニマニニニ'ニ|
     |ニニ´ニニニニニ /-r--'---r-マニニニニ
     {___ニニニニニ{ l|  |: : : |  ヽニニニ/
       |ニニ\ニニニニ l!  !: : : !   ∨ニイ
       |ニニニ>---<_/---`¨¨ ` ー--‐ '
       |ニニニニ|::::::::::::|========-ニ|
       |ニニニニ|三三 {、_____}--{
       |ニニニニ|三三 |____|_,ト、
       |ニニニニ|ニニニニニ{ニニ}ニヽ }
      ,'ニニニニj!ニニニニニニ、ニ|ニニ} \
       /ニニニニ/ニニニニニニ }/ニニニ、  ヽ
     {ニニニニ{ニニニニニニニ/ニニニニ\ }
     |ニニニニ|ニニニニニニイニニニニニム|


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2085 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:35:50 ID:oWR8EfG2
というわけでー

事前会話はわざとこの辺で切りまして
事前準備といたしましょーかー

2094 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:40:20 ID:oWR8EfG2
事前準備ー

ハザマさんとアヤヤーチャーが一生懸命礼装を作ります
1人3回までチャンスが有るぞ!

2102 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:41:59 ID:oWR8EfG2

【安価 ↓3~8】
1D100 ハザマ80%3回 アヤヤーチャー40%3回

2105 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:42:11 ID:qu4ks2pF
【1D100:62】

2106 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:42:12 ID:I/myedAy
【1D100:79】

2107 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:42:12 ID:4St1oEtj
【1D100:24】

2108 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:42:15 ID:9fPboM39
【1D100:37】

2109 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:42:19 ID:sDc9YlNJ
【1D100:45】

2110 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:42:21 ID:MGRjFY6H
【1D100:9】



2143 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:48:25 ID:oWR8EfG2
よし、何がいいか安価取るよー

【安価 ↓5~9】
礼装書けよー

2148 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:48:50 ID:4St1oEtj
魔宝石

2149 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:48:50 ID:9fPboM39
魔宝石

2150 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:48:54 ID:ILMVRvzl
魔宝石

2151 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:48:55 ID:MGRjFY6H
魔宝石

2152 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 16:48:56 ID:0nQAbmu+
魔宝石



2175 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:56:44 ID:oWR8EfG2
うわぁ、ひどいなこれ

2176 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 16:57:01 ID:oWR8EfG2
くらなくんの最大戦闘1回分の補給が付いたわけだ

2186 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 17:02:11 ID:oWR8EfG2
そういえばデータ班の片割れは例のアナルが弱そうな顔をしていますねのレスを職場で見て我慢できず吹き出したらしい

2193 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 17:03:59 ID:oWR8EfG2
やべぇwwww
今気づいたけど>>826これどういうことだよwwwww

あれ、でも取得はしてあったから昨日のうちに一度見ては居るっぽい。

ともあれでかした! なんだこれwwwwwヤンよ生きろwwww

2205 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 17:09:52 ID:oWR8EfG2
さて、だいぶ頭が鈍ってきたので、ここらで一度風呂入って寝よう
飲み会の疲労がやっぱり残ってるっぽい

OPはもうやってるし、ランダムイベントから開始だ

2233 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 18:07:20 ID:tyK6I9an
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406192365/880
混ぜたかったダケー

2234 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 18:08:17 ID:bvnWY2yi
明さんって吸血鬼に家族を殺された復讐鬼で、死闘の末に本土に逃亡した雅を追跡する際、
吸血鬼でありながら自分を献身的に助けてくれたヒロインを決別のために殺してるんだよな……

2236 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 18:27:47 ID:eW6U7G8g
>>2234
合ってるけどさ、合ってるけどさぁww

2251 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 18:55:48 ID:qaHZFjPV
本土編では、仲良くなったおっちゃんAは川から出てきたワニに食われたりしています
またワニか!
ttp://i.imgur.com/48c1vEW.jpg

2261 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 19:06:07 ID:YWpVS9tr
>>2251
明さん凄ェ!

ttp://blog-imgs-72.fc2.com/2/c/h/2chrising/higanjima_48nichigo44-15051803.jpg

2263 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 19:08:25 ID:sdSescJw
>>2262
え!? 間の数ページ飛ばしてるんじゃないの!?

2264 :梱包済みのやる夫:2015/05/30(土) 19:08:56 ID:qaHZFjPV
マジでこのままなんやでw



2403 : ◆o2mcPg4qxU :2015/05/30(土) 21:06:04 ID:oWR8EfG2
そういえばBBちゃんのあの言動ときゅふふ笑いの元ネタがとある動画の鈴仙だったことに
気付いた人は何人いるのだろうか















R-18















関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する