おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/03/05(土)
9706 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:09:02 ID:p/03FBw2

                   推奨BGM:ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=tsGsCdJ4oPo


















      ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                         ―――かくて、この聖杯戦争は終りを迎える。
                         この戦争に関わった各々のその後は―――。

      ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲






















.


9715 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:15:50 ID:p/03FBw2


                                    __
                            . -‐==ニ⌒\ミヽ ゚̄¨¨ヽ
                              /-‐==ミ  ⌒ヽ }| } i  ,}_
                             // ̄ `ヽ { \ }ノ レ ノ-‐=ミ\
                          〃  =ミ{  {{, \/ ̄ ̄  ̄ ー=ミ
                         ____ノ ,〃} 八 乂_//⌒ヽ }⌒\ \ \}、
                       ⌒\__,ノ }ノ/⌒>一 -―-=ミ}ノ{ミ、 ヽ. \ }}
                           厂 /⌒´:.        /八 }〉  }}ー=ミ}
                         ー=彡イ}、  ..::::......  /   {{_\\_乂 ミソ
                              }\{::/ヽ:::..../   乂__ ..`ニ=ミ∨
                               「{{`fッミ} ,_...:厶斗匕  {彡/⌒i }ノ
                          八}`¨ニノ ⌒K¨亙>  `´ノ⌒} |´
                             /::...   ゙^    .:/ _}:;ノ ノ
                              ', 〈、_,        /  (__,彡′
                                  __      /   /{//
                                 i ‐-`丶    / レヘ
                               }        / // ノ{
                                 \__ ..   < ///: :〉
                            厂\ __///   /⌒\__
                              . -‐/}/⌒⌒ヽニニ. /   ,//⌒ー-->‐-
                           / /〈_/::::::::::::ノ }ニ/    /    ,/     .
                     / /   >ー=彡八/  ___,/  .....::/     ____゚,
                    く /   /::::/'ニ  /   \  .::::/     /
                   _/ {   / }}:::/^) ,//     / ...:::/   /       i
                    /}   /  /:=彡::/__/ /     / .::: /          |
                    / /   / /::::::::::::/     /     /  /    /       |
                 /  {/   / //::::::::/     /     /   ′. . :/           |
               {  /   /,/ }}:::::::/    /       /  .:{ . : : ′         |
            /⌒ {___/==彡:/  ノ /     /..:...   }. : /         |
            >...:::::::::::::::::::::::::/  / /. : : : : : /  ⌒ヽ  {:.../ /}  /  . . . ._丿
           ≪    }}:::::::::::::::://ー彡 ,/ . : : :  /    ::..\_}{..:/ ノ / . . : : : / /
      <:::::::::::::::::==彡::::::::::/:::/     / : : :  /      {\//,ノ(_ノ {/⌒ヽ/:/
   /::::::::::::}}:::::::::::::::::::::::::::://::::/   /     /       厂ミ//´    /    /:/
  /:::::ゞ==彡::::::::::::《_》:/ ,/《_/   ,/   /: .    . . :/  {/    /     /
≪⌒》.::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::/  /   /::} : : : . . : : : /. : : /   _,/      {/

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【吉良吉影】

 紛うことなき一般人。聖杯戦争に巻き込まれ、偶発的にキャスターを引き当てた。
 英霊同士の戦いに介入できるような腕っ節も異能も無いが、敏腕ビジネスマンとしての頭脳の冴えと交渉能力で
要所要所で良い働きをした上で、終盤までキャスターと共に生存していた。
 なにげに八神はやてを気にかけており、中盤以降は彼女の生存を優先していた。正しく“大人”な男。

 その生き様は武力は伴わずとも他の参加者からの評価が高く、なんだかんだ残った聖杯の半分を使用し、
流石に一生の無病息災こそ無理なものの、息子の健康を聖杯に願った。
 戦争後は元の生活に戻り、家庭を愛するビジネスマンとしてバリバリ働いている模様。
 尚、神祇省という金払いの良いお役所からの家具の受注が時々仕事として舞い込んでいるようで、
業務成績は更に良好になったようだが―――目立つのが嫌いな彼としては、少しばかり困っているようである。

 尚、聖杯戦争の結果としてついでに大金を手に入れたが、それは全額息子の為に預金したようだ。
 その大金の出処は―――。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9719 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:17:56 ID:HAqA9Adq
聖杯売り払った?

9721 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:19:54 ID:UTUwmxY5
吉良さんはガチで一般人なのに、要所要所で本当にいい仕事をしたわ



9724 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:20:37 ID:p/03FBw2


             /        ー――――――一 、ヘ
             i     <                 >ゝ、
             |  /                    | |巴ハ
             | /         _ ===== _ ! |巴ハ
            f       _=::::::::::::::::、::::::::::::::/V/V::::::::::>弋、
            |    _=::::::::::::::/_ノ::::/|::l::::::::::ヘV/V::|::::::::::::::::::::ヽ
            | _=::::::::ノ:::::::ハ::::/|::::///二/|::/::::::::/V寸!::::l::::::::ハ寸:ヘ
         ,ーイ::::::::::::::/ニV:::::::V Vシ芸ヽ' ノ/:::::::::レ'=〈レ'::::::::/::::|  ヽ
        ー<::::::::::::::::::i /- V::::八ヽ 豺シ ノム:://f豺リ/,':::::::j::::/|
           \:::::::::::::| (  V::::|弋 ー― """  , ゝ=イ /::::::/::::j |
           `ヽ>::::::::::\ヽ_)Vヘ          ゞ  /::イ/|::/
             `ヽ:::::::::::\__、ヾ           ´""|/ レ'
              ーフ::::::::{               .ノ
               从レ7`  ゝ、    -- =  /
               rテ//乂    > 、     /
              /: ソ/////> ___>-<
           x イ: : : :∧/////////////T/リ、
     _  x≦ : : : :|: : : : : ∧////////////Uハ: : \
   /三三三><: : !: : : : : : ∧//////////Y//∧: : : \> 、
 /三三三三三三>|: : : : : : : ∧/////////ゝ//.∧: : : : :\: : >彡\

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【天野雪輝】

 救いを願う贖罪者。聖杯戦争参加者随一の情報能力を持ち、盤面を把握した上での適切な動きで、
“救い”の邪魔となる陣営を的確に削って回っていた影の功労者。
 当初はセイバーと契約していたが、彼女の願いを叶えた後はアーチャーとの再契約を結び、
最終局面まで残っていた。
 最終決戦後も聖杯探索などでチマチマ仕事をしていた模様。

 聖杯には願いを持たず、“救い”が見られたことに安堵して去っていった。
 ―――ガトーの賞金だけ、こっそりゲットして。

 ちなみにその賞金は完全な巻き込まれだった吉良への迷惑料がてらと二割程度が譲渡されており、
残りは雪輝の今後の活動資金に充てられるようだ。
 色々と転んでもただでは起きない曲者なのは、救いを求める今となっても変わらないようである。

 聖杯戦争後もその生き様は変わらず、“救い”を探して世界を放浪しているようだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9725 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:21:35 ID:RVVGPMeo
ちゃっかりユッキーww



9734 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:26:29 ID:p/03FBw2


    ,..::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` - 、
  , ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,
. ,":::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;;ヽ::::::`,ヘ。
":::::::::::|:::l::|;、:::::\:::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::|:::ヽ:::::ヘ `゙¨‐-
:::::::::::l::|::|l,';;;ヾ::::::::\::::::゙、ヾヘ:ヾ::::ヽ:::::|:::::ヽ::::゙,
:::::::|::|::l:::|;;;;;;;;;`-__::::::\:::|;;;;ヾ;;;;;;;ヾ::ヽ:|::::::::ヽ:::゙,
::::::l;|:|::|゙-,l;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:ヾ゙ノ:::::::::::::::::l
::::::l;l:|:::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::l::::::l
::::::|;l|:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   l;;;;;     l::::::::::::::::::l|:::::
::::::|;;l::::::|   ;;;;;;;;;   |;;;  .___  .l::::::::::::::::ノ|::::
ヽ:::|::::::::::l u   _,,,.... -_‐゙´、 ..ヘ l;;;;;;;;;;;/ l/
  ヾ::::::::::::、  ./. ,.-;;;;´;;;;;;;;;;`, .゙, |;;;;;;;/:::
   ` 、::::`、 | l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;し"l,.-"/::::,.゙l
    ヾ:::ト-  ゙,-´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /l::|l::| `
     |::::| ヽ、 ゙,;;;;;;..- ' .´...../`-/, l| .リ
     l|゙,:l  `, >イ .l;;ヽ イ´ //;;;ヽ \
      .ヾ /   l;;;;;;;;ヽ__,..| l-==l   ヽ
       /    ゙,ニ三三三ニl;;| ,.....__\___            ________
,.-ーベ゙゙゙゙- 、 __  .ヽヾニ三三ニ|;;゙´;;;;;    、`゙゙゙゙゙゙゙゙゙ヽ、-==゙゙´:::::::::::::`゙ヘ
:::::::::::::::`、::::::::::::`ヽ`゙゙゙゙  ;;ヾニ三ニl_       ゙,::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::゙,::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::`,::::::::::::::::::ヽ    ;;;;ヾ´ ̄ ` 、     ゙,::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::゙,:::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::゙,::::::::::::::::::::丶   ;;;lニ三三ニヽ   .  ゙,:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::゙,::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::゙,::::::::::::::::::::::ヽ   ;;゙,ニ三三ニヽ     ゙,::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::゙,:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::゙,::::::::::::::::::::::::ヽ   ;;;゙,ニ三三ニヽ    ゙,:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::゙,::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::゙,:::::::::::::::::::::::::::ヽ  ;;゙,ニ三三三ニヽ    ゙,::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::l::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ;;;゙,ニ三三三ニヽ    ゙,:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::l::::::::::::::::::::::

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ナイアルラトホテップ】

 優秀な魔術師にして、聖杯戦争を起こした黒幕。
 あが最速での脱落をカマしたり、こっそりアベンジャーから聖杯への供給が行われるように暗躍していた
フェイスレスに実質的な黒幕の位置を取られたりと、散々だった人物。
 戦後は全財産と研究資料を差し出し、どうにか命だけは拾うことに成功したようだ。

 尚、命を拾って神祇省で働かさせられるようになった結果、配置は神祇省首領の秘書官である。
 人間賛歌を謳いながら無茶ぶりをかます上司の命令で、秘書官という役柄を超えて様々な無茶にチャレンジ
させられる彼の明日はどっちだ。
 頑張れナイア。負けるなナイア。とりあえず明日からは狩摩と組んで出張だ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9735 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:26:35 ID:cYslvm/y
ナイアチャレンジ!

響チャレンジみたいな・・・ほら・・・

9738 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:27:04 ID:BuY4J/No
摩ですらなくその上って一番やばいwww

9743 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:28:08 ID:p9sYTcmP
ああ、ナイアさん、聖杯戦争を主催出来るほどの優れた魔術研究者だったのに

9747 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:29:44 ID:v2coUqla
聖杯どうでしょう
狩摩「おいパイ食わねぇか」

9748 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:29:55 ID:WOVo/B+d
>>9743
>優れた魔術編厩舎
アマッカス「ならばこの程度の試練!乗り越えて見せろぉぉぉ!!」 



9750 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:33:35 ID:p/03FBw2



                  ....:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...
                /.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...ヽ
                  /.:.:_.:斗- ヽ\.:.―v.:......ハ
               'i.:.:.:.:|:/ _  \ rf㍉i.:.:.:i.:..
              /..|.:.:.:.代㌣;;;; ,;;; ̄`;;|.:.:.:|.:.ヽ
              /.:.:1.:.:.:|''''''  ___,'''''''从.:.j.:.:.:.:\
.              / ....:|.:..从  ` 一 ´  /.{.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           r仁.:.:./.:..八.:.:个      个'.:..:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=---
.     ___ r'.:.:.:.彡イ.:.:.:.:.:.:〉.:.| ≧=-=≦{|/.:.:/.:.:.:.:.:.:\.:.:.:「 ̄ ̄ ̄`ヽ
  〈/ ̄ ̄ ̄   /.:.:|.:.:.:.:.:.:入.:〉ノ器器器八.:./.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:≧=-- ミ_
   \      /.:.:./.:.:.:.:.:/_∧器器器器}}/.:.:|\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.ト、 7.:.:〉
     ヽ   /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/ \.:八器器器ア\.:.|  \.:.:.:.:.:i.:.:{ト.| X.:/
    r==≧ /.:.:./}.:.:.:.:./  r= \ ㍉器㌢ / ヽ  ハ.:.:.:.i.:.|l }レ'./\   ―――ツヤァ
    {{    {.:/ /.:.:.:./  {⌒> > Υ <    i     .:.:.:i.:.|/:.:./  /.:〉
.    》   /.:{ /}.:.:.:/   レ'   O |   ヽ  |   八.:.レ./{.{ く.:く
    {  /}.:.」'  /.:.::/   ji     人       1     〉./  辷ーミx:\
     _{.:く厂  /.:/{::...... jii ...............::::|:::...................|....::::::::/⌒ヽ辷く ̄`7:〉 〉
.     《⌒7  /'  八:::::::.川 ::i:::::i::::O::|::::::::::/::::::::リ::::/:::/   /  〉〉 // /
.      /   ヽ く/} ̄ ̄八:::::乂:::::::|:::::::/:::::::::::厂 ̄ {  /  // 〈/ /
         /    ト---==ミト---=====----く ---=| /   {/
                  j  :::::/  ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄「ヽ   {
             ′ ::::′     }     }  ::. i
             ′ :::/      |       ∧:: i
            ′  .:′.     ○ |       /.∧:: i
            ′  /         |       /.∧: i
           ′ ./        |       /.∧ {

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【麦野沈利】

 魔術協会が誇れない執行者。
 戦闘能力はかなり高いのだが、基本的に戦闘して飯食って寝るという思考ルーチンなため、
執行者としては問題がある気がしないでもないがシャケ弁与えとけば無害なのでそこそこの規模の
戦場に便利に投入されてターミネーターやって帰ってシャケ弁食べている。

 此度の聖杯戦争にもマスターとして参戦し、協会が賞金をかけた賞金首であるガトーの首を狙っていたが、
取り逃がした上に他の魔術師にトドメを持って行かれたため任務失敗―――
 かとおもいきや、教会の監督役の悪事の証拠をどっさり持たされて帰ってきたため、協会側は教会への
交渉材料が手に入ったんで棚ぼたラッキーで大喜びであった。

 聖杯戦争でも特に気にせず目についた敵を殴って帰ってシャケ弁食って寝て起きて敵を殴りに行くという
素敵ルーチンで最後まで残っていた。
 ちなみにあのまま最終勝者を決めようとしていた場合、7~8割で彼女の優勝であった辺りが恐ろしい。
 戦後は先述の通りフェイスレス関連の資料を持ち帰った後、ちょっと休暇を貰ってバカンスに行ったりと、
いい感じに人生楽しんでいるようであった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9751 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:34:52 ID:neHLZisH
ツヤァ…してやがるwwwww
全部レス関係はこっちの材料かwwww

9753 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:35:07 ID:F5KbqJn+
>魔術協会が誇れない執行者。
そんな秘密にしておきたかった兵器みたいなwwwwwww


9779 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:47:00 ID:p/03FBw2

                            - =ニニニ =-
                         >'">'"::::::::::::::::::::::::ヽニニ=-
                        /ニ/:::::::::>'7777////ノニニニニ> 、
                           /ニ/:::::::::////>--‐匕ニニニニニニニヽ
                      //::::::::://///ニニニ>--. ‐‐‐‐.ミ ニニム
                    /::::::::://///ニニ>.7´ : :, : : : : : : : : ヽニニl
                   /::::::::://///ニ>.7- /_: /:/ : :/: : : :リ: : : :マニ爪
          >=ニ二ニイ::::::::://///ニ/l :/  レ'{ 7: : :′: : /: : : : : :Y
            Y::::::::::::::::::::::::::::::::::://///ニニ/: : l 灯テト、 {八: :{: : 、/: : : : : l: :l
         l::::::::::::::::::::::::::::::,:ィ////ニニニ/: : : l {込rツ   ヽ:l: イ}ヽ:リ : : }: :l
         l::::::::::::::::斗七/////ニニニ〈_ : : : 圦 ,,,    rf心 /: :/:/: :/l.:リ
         ト 777/////>'"入ニニニ,ニニ=- : } : Y    , 込ツ/: :/: :}:./ }′
           >- <  //::〉ニ/ニニニニ=-: :}     ,,, ムイ: : :}:′
                     //:::::/ニニマニニニニニニ} `  , ィf|{: : : : : : }
              //::::::::/ニニニマニニニニニムT爪´ヽ八ト、: : : :リ
.                {/::::::::::ィ{ニニニニマニニニニニニムl}ー匕 〈=====〉
              ∧:::::::/ノ.{ニニニニマニニニニニニム , --、 V: : ∧
               ∧//ニ{ニニニニニマニニニニニニ',ニニム. V: : ∧
                `7ニニニ{ニニニニニマニニニニニニニ`トミ二ム. V: : ∧
               /ニニニマニニニニニニマニニニニニニマ、ニ} {: :./}:リ
               r'ニニニニニ}ニニ/ニニニニマニニニニニニニ} }ニl ′l レ'
               /ニニニニ/ニニ/ニニニニニニニマニニニニニ.}_}イ/: : 爪
            /ニニニニ_/ニ/ニニニハニニニマニニニニニr' /: : /
           /ニニニニ/ニニニニニ/ニ}ニニニ个トニニニノ /: : /
         /ニ,斗孑七壬ニニニニニ/ニ/ニニニニニ厂   ムイ
         /ニ/ニニニニニニニニニ/ニニ/ニニニニニニニ/
        /ニ/ニニニニニニニニニニイニニニ/ニニニニニニ/
   . /ニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ〈
    /ニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
   Yニニ/ニニニニニニニニニニニ斗 七 ¨¨¨¨¨`゙<ニニニ〉
    ニ/ニニニニニニニニ>'"´---..‐‐‐‐‐ ァ==== ミニ/
    /ニニニニニ>'"´::::::::::::::::::::::.斗七r'"          ` <
    ニニニニニニニ//:::::::::::::::::::::::::,:イ r'"                }>ミ
    ニニニニ/::::::i::::::::::::::::::::::/_r'´                     }::::}::}: : <
   ニニ/::::::::::::i::::::::::::::::::,ィ j'´                   '::::':::}: : : : : :ト、
   r-ミ: :`ヽ:::::::::',::::::::::::::/_r'___                 /:::/::/: : : : : : : : \
   l: : :}:_:_: 斗‐ー-、,/´: : : : : `ヽ                  /:::/::/: : : : : : : : : : : ヽ
   l: /: : : ̄ `ト-<: : : : : : : : : : : :Y               ///: : : : : : : : : : : : : : :V
   l/: : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : : : :介ー‐‐‐‐-------<斗匕:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ : : : : : ム
   : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: : : :イ

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ランサー(梅の丸殿)】

 中堅どころだが器用なサーヴァント。
 旦那からパチってきた日本号を手に、自分の死後に後妻を迎えた旦那をぶん殴る為に参戦した、
実はヤンデレの傾向が見え隠れする少女。いや、浮気したら薙刀で斬りかかる時点で今更だが。

 割としたたかな英霊であり、マスターの暴走時に地味に軌道修正して突撃先を考えていたり、
交渉の努力を見せて失敗したんで仕方ないから殴るなどのストッパー………いや、撤回しよう。
完全な加速用ブースターとしてシャケ弁駆動型ターミネーターの行動を補佐していた。

 結果として悪性の陣営ばかりを殴って5戦5勝。最後はキャスターを殴り倒して脱落させ、まだまだ余裕で
殴り合える状態で最終決戦を乗り切った辺りで談合発生となり、最終勝者になりそこねた女。
 むぎのんの時にも言った通り、あそこから戦争が続いていれば彼女は7~8割勝てていた。なんだこいつら。

 ちなみに終戦後の聖杯への願いは過去へ戻って宿六殴りたいというものだったのだが、各人の知恵と技能と
手札を集めた結果、なんか宿六召喚の方が現実的路線だったのでその方向にスイッチ。
 出てきた宿六を殴ろうとする―――が、まさかのノロケラッシュにノロケ返しで対抗する流れに。
 召喚自体には聖杯の魔力が必要がなかったレベルの縁を持っていた辺り、魂レベルでおしどり夫婦だったようだ。

 戦後は旦那ともども受肉し、聖杯を売り払って金に替えた上で、諸国漫遊の旅に出ている模様。
 時々巨乳に目が行く旦那をシバきながらも、ラブラブっぷりを発揮して現世を満喫しているようである。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9781 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:48:14 ID:neHLZisH
幸せになれよ、お梅さん!
あ、宿六は適当にシバかれてて。

9792 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 16:50:13 ID:jBZHDJ08
さりげなく聖杯売ってるw



9810 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 16:59:00 ID:p/03FBw2



                       `ヽ、
                  ,  '"´ ̄ ̄`ヽ \ ト、
                  / /  二  ミ}  ヽ| ヽ!
          `===ァ'´  / // 三二ソ   /  /\!
            /  , イ / / / /∟.r‐'′ ,イ   ヽ
          // // / / /| ///   ∠-rイ j川  ヽヽ
         ///  // | l| | | |ハ{    ∠jリ|/|川   ハ|
          |/// //  lト⊥|-{{ヽ !     ノ⊥L リ //川 !
         ! || |  | ||´ ,ィテヾ       ´ト-ヘ」/ ///|| || |
            l! |  |  Vハト-ソ        ̄彡/ /刈 || !
           ヽ| \ヽ ヽ '"    〈      〃// レ7//
               ト、「ト    _.. --┐     // |/ /
               | リ ∧    ヽ   /    //  j| |
               |/ // ヽ、__`ニ---nnイ/ /リ |
               / / / ̄         n| | |_h ///7┐
            ///         | | | | | |/// /|     ―――ツヤァ
         ,  '´ _ イ |      `==彡| | | | | | // /ヽ
        / ,ィ7/ ,.--┴‐t ̄ ̄ニ/ 「| | | | | V/ /─ヘ.
      ////////     ヽ  /   }j     | |∧    `、
  ィ⌒  〃 /// ///|         |     〈     | |  |    l.
  {{     |l レ/ ,' |      | |      |      j |ヽヽ|    |
  \ ____,ィ|ハ|/ ハ      | |}      ノ    / / ヽ ヽ   l
     // |{彳=イ ! / ̄ ̄`|j    /厂〉   |  |  || | ̄`l
   / / /∧レ ///〈      l     」 } (  / 」 }\|| |   l
  /  |/// / // /ハ       l   /| {/ \ハ ト个、/   ト
 ,'   | /  / /  |  ハ       !  / / |     ) })ヽl ヽヽ    |
 |   | ||  | | | | / ハ      ∨   |  ノ V/  j  ||   |
 |   | ||  l |ヽ| |/ / ハ   \ /  / /  /  ∨  ノ \  |
    V」 | | }| ノ  / ヽ   //  / ̄   (   /  /   ヾ |
    / | j | リ  /  ハ  / / 〈  ⌒ ̄ /   〉  `ー‐、  〉
 __/  //  レ' /  / ∧ / /   `ー、   \ (     /   |
  , -  ´ ̄, - '   / /  〉  レ'    \   |  )  く    |
 //  /     /  /  / \   }    ヽ  ヽ \   ヽ   /
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ラクス・クライン】

 神祇省所属の西洋魔術師。どうやら神祇省、使える人材ならば西洋からも人材を拾ってくるようだ。
 高い魔力を持つ人形術師であるも戦闘は本業ではなく、交渉と補助を主体に立ち回っていた。

 聖杯戦争序盤は吉良吉影と八神はやてという巻き込まれ一般人2名の事で胃を存分に痛め、
中盤ははやての抱える闇と自分のサーヴァントの歪みに胃薬を飲みつつ、それらの問題が
片付いた後の終盤で炸裂してあちこちをpgrして回った。

 他人を煽ることが趣味でありながらも善性という面倒な少女であるも、今次の聖杯戦争は
善人として、そして護国の徒としての筋を通し、任務を全うした上で、趣味であるpgrを満喫して
非常に満足して帰って行くこととなった。

 聖杯への願いは無かったものの、顔無しの悪事の情報と証拠を集めるだけ集め、
コピーを麦野沈利にあげた上で自分はそれを持ち帰って教会相手の交渉でpgrしているようだ。
 序盤から中盤は護国ムーブに余年がなかったが、やはり他人をpgrする時こそ至福とか考えている
ラクス・クラインさんの明日はどっちだ。
 まぁ、なんだかんだ楽しそうではあるのはどっちだろうと変わりはないのだが。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9813 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:00:14 ID:neHLZisH
ツヤァ…枠二号wwwwww
なおどっちにも彼氏はいない

9814 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:00:24 ID:pr52HeT8
ラクス様は後半から生き生きし始めたからなww
具体的にはキレたあたりwww

9824 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:04:15 ID:N9M/cUTl
協会「NDKwwwNDKwww」
神祇省「pgrwww」
教会「悔しいビクンビクン」



9825 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:04:38 ID:p/03FBw2

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――某国 某所

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



          / ̄        ; \{\、i/i/   '   i/i/i /   ,′   |───‐'’
         〃           /   |i 人    t===ァ   /   /     ノ|
         |        /′   八 介 。._  ̄  ィ/  /   /'人
          乂___/´/     , -== /\}¨´//   /―< /
                 /  / / r───∧∧ /   /     `,
        _____ /  /     {: : : : : : {: :}: :/  /: :}     ′
     . "´ __ /  /     {   }: : : : : : 介: :/  /: :/ /      !
   /  . "´   /   /     / イ{: : : //= | /   ': :/ i       |   「―――ねぇ、お梅さんとその宿六から、
  / /    /  /       / .' レイ: :,'三 |;′  i: : |  !     ,    また手紙が届いてるわよ。
/ /     // 〃    /  (  {   l_:_j三ニ|   |_:_」 .;      ′   あの二人も筆まめねぇ。今度は―――へぇ、
 /       /,   ′ /| ′   V }   {_j三三i|    |   /        ノ    スペインだって!」
     〃 / ′//  ,' !  i:  {三}  {_j三三从   、 /    __/
.     /   / :  /' /  | | i|     i }  {_j三三i_} \  、{三三三}
   /   / l    ,′ | | i|    |/  {_j三三i_}   \、、  /
.  /  / !  ! !  人! 八   ノ  {_j三三i_}     {  ∧
     {  |  | !   八   Y´   {_j三三i_}        } / 
  |   {  八  从| _   \ 人  {_j三三i_}         {: ,′   \
  |  {   _V_/_,, ,>'"´   \{_j三三i_}        )    、\____
.  \ { /_/:, '"´          込三三込      _ イ′    、 ー― ´
     >7/:::::/              ̄―==¨ ̄  ハミ  \  \
  =二|_/:::::/                             ハ::V\    \





          ヽy::::::::ハ  、    {;イ ゝ::l:从
            }::{::::ム  _, -_ュ  /l:::::人
            ゞ乂::::>、     ,.イ l:::::}ヾ   __
               ソ __\_ イ__|ゞソ:::::::::::::::::::::::::::::::.....     「なぜ一々奴らの近況を俺に報告するのだ。
                ハ }  ∧   ト 、  ̄ ヾ:::::::::::::::::ヽ    貴様が読んだらさっさと捨てておけ」
           __  -=/ ヽ l__/  ヽ  /  i --  _}_ヽ::::::::ハゝ、
             / l  イ//ム/ \/   l       >、:::l
       /    /  l  {///   / \-- ヘ     /  l:::ノ
       i     {    l ,ィ-=/  /     〉     /
           l   l ////  /    /      /    l
      l  l    i   l////}/    /
      l  }    l   {///    /       l
      l {    ヘ  V/    /         l     l
       } l     ヽ/   /                l
        l     /  /
      / il     l /              l      l
      / i     l ^               l      l
     l  l     i ○               l      l





              八:.:.:\i              _ノ:.イ : : / : : 人-=ニニニニ/
           {:/:. :.「:八     (:ヽ    ⌒7ノ:. : /:. :. :. :. `、 ----=彡
           /:. :. :|:. :. \    ,┐      イ /:. :./:. :. :.`、:. :. `、
             /:. :. :./:. :./ : :   / }    イ:. |/:. :./:. |:. :. :. \:. : `、
         , :. :. : ,:. :. :/:. . :. : / ノ_  ---'/:. :./――=ミ:. :. \: : \    「あーあー、そんなだからあんたは。
           /:. :.:/ : : /:. :. :.:./ i { ヘ     /:. :. ,    _ Y:./: :ヽ:. :. :.、    私はちゃんと保管しておくわよ、もう。
        , :. :./:. :. : /:. _/// ̄__\___/:. :/|:i  /     ∨:. :. :. :. :. :. .    
      /:. :./:. :. :./ ̄>イノ _/{_:i:i/ ),: : /  |        i:. :. :. :. :. :. :. `、   ―――それでさ」
.    /:.:.//:. :. :./ /:i:i:i:i:i{  ― 、 \ /: : /   :|        人:. :. :. :. :. :. :. :.`、
    /:. : /:. /i:. :. :/ 人:i:i:i:i:i/  ____)'/:. :. ,:.|             \:. :. :. :. :. :. :. : .
.   /:. : /:. /:人:. :.|∨  |:i:i:i:i|   ヽ   , :. :. i: |              \:. :. :.|:. :. :. :.i
  /:. :. :i: /   \{  _|/:∧   '   i:. :. :.|: |    ``丶、      ヽ:. :|:. :. :. :.|
 , :. :. :/     >:i:i:i=--:圦   } 人{:. :.j从          \     ノ:.:.|:. :. :. :.|
./:. :. 八   / ̄\:i:i:i:i/:i:/   八:i:i:i|\{ _ -=,>----<_\   /:. :.:|:. :. :. :.|
:. :. :/  i\ /---- i ヽへ/    /⌒乂乂 __ノ---(⌒Y⌒)---- li/:. :. : : |:. :. :. :.|

9833 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:08:02 ID:p/03FBw2



                                       .: ::
                    ∧   __             .: ::     γ⌒ヽ
                   ト-‐-、〈:;:x≦圭圭圭ミz、  ,,...-‐ァ     :: ::     〃⌒゙ヽ
               マ:;:;:;:;:;V圭圭圭圭γ⌒ィ''⌒゙ヽ≠‐-...、  ::: :: :.    ,'゙`ハ  .}
                   \;:;:;:珪圭圭圭ミ{  {    }:;:;:;:;:;:;:;:>::: : ::.   ,'ミ,' }! ノ
             r====圭圭圭圭圭ミゝ、_ゝ ____ノ、___彡'"  ::.  ::.  ,'ミ,' ノ/
             ゞ圭㌢´:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`'''==ミ心、     ::: .:::  ,'ミ,' /{
          ゞ、  _.../::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ハ㌢     ::: .::: ,'ミ,'  {{`ゞ、
               ̄ 7:::::::i!:::::::::::::::::::::::::l::::\:::::::::::キ:::::::キ      ::: .:: ,'ミ,'  ゞ、
              i!::::::::i::l:::::::::λ::::::::::ト、/ヾミト、}::::}::::キ    .:':. ::: ,'ミ,'
              {::::{::::l:キ:::-‐l-\::::::l ,ィ孑孖}:::::::j!:::::}:i    : : :: ,'ミ,'
                  ヤλ::マ゙、:::ミ斥ト、`トl  .込タj!::::::i::i!::i!::!   :: ::.:::;'ミ;'
               マ::ゞ::゙トゞム`=' 、    /:::::::i::i!::j!:∧   :: :: ::`:7   「―――次のターゲット。
               ∧::::}`:::::}:|::ト..__ ー '' //:::::::ト;{::j!;;ノ),   : ::..::::;'     お目当ての死徒が居るのはこの辺りよね。
                 /:::::}}:j!j!::::j }::}`ヾ气 ''´ 〃{::::::l 弋ゞ=イ:゙、  :: .;':::;'
              /〈(_ノ'::/j::::リ !::}  }  `v{弋{:::::l___マ:::::\:::. ;':::;'      ロシアかぁ。生前は当然来たことなかったから、
            /::::::::::::〈 j!::/ ノリ ゙;{  .ノ{;;:ゞ'"´-、ヾ、l.} \::::::\:::;'       終わったら観光していい?」
           /::::::::/::::::::::/込イ/  ゞ<;;;;;;/ x-‐へ>、>ト! /:゙;:::::::::\
         /:::::::::〃:::::::/`ミ=イ    ヽマ 〃/   ノヽヾ::::λ::::::::::::\
        /:::::::::::::イ:::::::::〈     ,...=‐-}/ .`{ j!./ /./:;:;:;:;ヘ}、:::ゞ、:::::::::::::::\
        〃:::::::::/ /:::::::::::j!゙ト-、 f88=ア  / .l_} },メノ-‐-、:;:;ヘヽ:::ヾ、:::::::::::::::::\
        /::::::::::;イ /::f ̄ `i!::ト、{:::f゙`=〈 /  / /;:`/j__..__}  `ヾ{_::::::ヾ、:::::::::::::::::::\
      /:::::::,イ .〃::::l   {::l 弋ト=-∧   ∧/:;:;/  ゞ{ .廴f'~マノ、`>:::::゙;、:::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::/ //::::::::〉=ミl::{   ` ノ マ___〆}:;:;/    〉    弋._/^ヽ:::::バヽ、::::::::::::::::ヽ
     j!::::://:::::j!::::::::::ヽ  ゞ、  /      { .l;〃⌒トf´  ,..-‐┐┴l、r<):::::::i::\\:::::::::::::ハ
     {::::j!":::::::::i!::::::::::::::{   //~)、)γ)/;l/:;`Tニ〕 .ゝ<ィ┐f⌒}~`! キノ゙ヽ::l\:\ ヽ:::::::::::i
     l::::!://:::::::l::::/::::::::弋∠7 ノ。__ 。ワ l/|:;:;:;:}ゞー''ヽ く o不O { l  ,ィi }:ト、 `、:::\ヽ:::::::l
  /:::::マ{::/:::::::::l:::l::::::::// /`く ( ゙ 〉ノ.i! |:;:;:;ノ =、<_  ヤoハO l l 〈  ゙くリ::::゙ヽマ:::::ハ}:::::::}
 /:::/::::ドj!::::::::λ{r=/:;:;: ̄l ̄ ̄!ミ=/ヾj!// く ゞ=く  マoメ O ! lノ\  }、_:::::}}:::}::::}::::::j!
.{::〈(:::::::::{;;;;r~/ ̄r''´;:;:;:;:;:;|__!/ /:;:;:;〈~ー'´   .ハ  マolX}O{ l:;:\}/`ー-〉=<:ノ::ソ:::::/
 ゞ::ゞ::r┴f`´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ/;:;:;:;:;:;:;:ゞlZ__j⌒) .ト}  {_ヤ }X{ ゙,ヤ;:;:;:;`:ー┘`゙く~>_/
  >=r{  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;x-≠ ζ~マ__ノ⌒ー`''〈 r、}:}O=O } };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)ニニ〈
 〈({(.辷ミ、弋;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/∠~`<.._      ヽ{r,〈 j!={l  lλ;:;:;:;:;:;:;-~<  j}ノ
  `ミ≧<´r<\;:;:;:;:;:;:;ィ=ミ=ィ'⌒ヽ }     ̄         }弋(ノニ弋 .j! ハ <⌒)〉 ヽ〈~マ_ノ
      ゙~ ゞ=f⌒Z_ヽj  マ  〈⌒レ、               / _〃≡=ミヽ、 }~  `ー-‐'"
              ̄   `ー‐´   `:::...、__    __ /戈、===彡イ Y|
                            ̄ ̄  /         }!
                                {          ノ}
                                l`''ー---‐''"´/
                                 `ー-- -‐'"




           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト   「勝手に一人でうろついていろ。
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、    それと、終わった後の事を今から考えていると
         // l:::::::::::::K.‐tッ< i   {:i ィ'_莎フ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-    死亡フラグが立つらしいぞ。
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {ハ >::l::::::::ト、         ―――短い付き合いだったな、貴様の事は2年程度忘れん」
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、
             // V\    ___     /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ
             / / /ハ\´    ` / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l




                      -――――--     _
                _ -=ニニニニニニニニニニ=-</ ̄ ̄ ̄\
                  _ -=ニ/   |-=ニニニニニニ=-----\__ /
             ̄ \/    /_  -=ニニニニニニニニニニニ=- _             ̄ \_
        --/      Y _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-         /      \ ヽ
       /  '     _ -=ニニニニニ=-.: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. -==ニニニニ|       人  (    \|
          人  (/-=ニニニ=- :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :. :. :. \-=ニニ/       '///,'\⌒)⌒   \
     __|    /-=ニニニ/:. :. :.:.|:. :. :| : : |:. :. :. :. :. :.|:. : : : : : :|:. :. -=ニ/      /////// \ :. ヽ    |
   / 人  7-=ニニニ/:. :. :. :. : |:. :. :.\:.{:. :. :.|:. :. /:. :. :.|:. :. :|:. :. :.|_/      ////////// ヽ:.:.|    |
  /_ /   7-=ニニ /:. :. :. :. : i: `ト------:. :. :. ー/―:. /:. :. /:. :. :/    ____/////////// : : |   /
     |   '-=ニニ ':. : | : : :{:. :. |:.斗==ミ\:. :. /:.斗=ミ:. イ:. : ,:. :. :. /    \_   \////、: : : :.:|   |
     |  , -=ニニ/:. :. :|:. :. :.\:.{   o   ⌒  o ̄ ノ:./:. :. /     ( ̄ ̄    \'   〉: : :.:|   |
     |  /-=ニニ,:. :. :. :|:. :. :. :. :\´¨¨¨¨¨    , ¨¨¨´ イ:.  ̄:. :|      ( ̄ ̄       ',   i: : : : 、   |
     |/|-==ニニi:. :. :. :|:. ――:. :.ノ            |i: :. :. :. =ミ  /  ̄        i  \: : : \ |
.       ―― :. :. :. :.|:. :. :. :./ :{   | ゝ   __     八:. :.|:. :.):. :.))(_ イ/\      |        ̄ )'
           i:. :. :.:人:. :. :.(:. (:.ノ  \/ ∨ ∨ノ   ,:. :. :. : |<_彡'  ///////\      |        /
           |:. :. :. :. :. 、:. :. :.¨个       ̄   /:. :. :. :. |:. :. :.\ / ̄ \///|:.ヽ   
           |:. :. :\:. :. \:. :. :. :.、 >     イ:. :. :. :. :. : |―\ :. / ̄\ ∨-:. : |    ',  \    「やけにリアルな年数設定やめろや」
  ―――、    |:. :. :. :. 〉――、:. :. :. \\ `¨「―=ミ、:. . :. : : \   /  / ∨':. :. :. |        }ヽ
/:. :./ ̄ヽ:     |:. :. :. :/     \:. :. :. \  ̄\ |\\:. :. :. :. :. :. /  /  / ̄ ̄ 、       i  /: i
:. :. i     V     ':. :. :./         \:. :. :. \_/斗=≠<:i\:. :. :. /  /  /'     |     |__彡: /
:. :. |        / :. :. /        |  〉:. :. :. :.\人:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:=:. :/  /  /:.\ _ |     |―=<
:. :. :. :―――=彡:. :. :. {/     \ 〉〈:i:i:|:. :. :. :. :\|O/|\:i:i:i:i:i/  /  /:. :. :.i//= |     |:. :. :. .:\
、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /        V  \|:. :. :. :. :. : |'//|:i:i:i\ /  /  /:. :. : 人/=, ∧     |:. :. :. :. :. :
   __/:. :. : /          |   |:. :. :. :. :. : |O/|:i:i:i:i:i/  /  / : : /( /=7         |i:. :. :. :. :. i
      /:. :. :. :/               |   /:. :. :. : : : /|'//|:i:i:i /  /  /:. /|==| |=人        从:. :. :. :. /

9838 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:09:44 ID:BuY4J/No
なんだかんだて現世満喫してんなw



9852 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:13:33 ID:p/03FBw2


         ` -=ニニニニニ=- _-=ニニ=|    ヽ Ⅵ㌍ミ|
              /`:. .-=ニニニニニニ=- 八    o ノ  } ヽ
          i:. :. :. : :\:.:-=ニニニニニニ≧=--<  o 厂 >
          |:. :. :. :.i\:\:. :. `   -=ニニニニニ ≧r=彡<二 )
           、:.\:. V ィf不:. :. :. :. :. :. |:. :.|:. :. -=ニニ\   \ Y
           \:.:\:代 Vi. :. :. :. :. : :|:. :.|:. :. :.:.\:. :.\:.⌒ヽ /
                ̄ )  ノ:. :./:. :. :. :.|:. :.|:. :. :. : : :\:. :.\:. :.':. \
               〈  /:. イ:. :. :. : : |:. /:. :. :. :. :. :. :.\:. :.\:. :. :. :. =―――
                     '⌒7:. :. :. :. :./:./_:. :. :. :. :. :. :. :. :\:. :.\:. :. :. :. :.  ̄ ̄
                  ヽ/:. :. :. :. : ': /⌒ヽ:. :. :. :. :.\:. : : \:. :.\:. :. :. :. :. :. :.   「ま、とりあえずその死徒は無差別に人を
                   /:. :. :. :./彡'  _\:. :. :. :. :.\:. : : \:. :.\:. :. .: :. :. :.    襲ってるみたいだし、あんたの食事兼ねて
             ___ /:. :. :. :./⌒7  / /(>  _ : : \:. : : \:. :. :. :. :. :. :.     さっさと殲滅。
\.:⌒:.⌒ヽ   '⌒ー=彡:. :. :. イ {  /  / / / > '"⌒ヽ:. :. :i:. :. :. :\:. :. :. :. :. :.
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\   /:. '' ̄ ̄ノ:人  i / / / /      ):. :.|:. :. :. :. :. Y  ̄ ̄ ̄
\:i:i(⌒ヽ:i:i:i:i:i\__ V⌒==―‐/〉 \  ' ,' / /      /:. :. 人:. :. :. :. : |        終わったらレストランとか巡るんだから、
:i:i:i\≧=-\:i:i:i:i:i>:i:\:i:</〉     Y  i   i/     /:. :. /} ):. :. :. :.:.|\ ̄ ̄     ほらぼさっとしない! 駆け足!」
-=彡:i:i:i:i / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i〉     人  Ⅵ /    /_彡' / /:. :. :. :. :/   ヽ ̄
:i:i:i:i:i:i:i:彡'            ,    {  > _/     ( ̄   ,  /:. :. :. :./   /
 ̄ ̄       _/⌒ ヽ ',    /   |/              /:. :. :./―‐=彡
         / /     \ ―     ,         イ   (:. :. :( へ
    __ / /     /こ /   }_ /         /   / ヽ/.........\
    {    '―┐ / ヽ/    人_―      /⌒ヽ__/__/...../.........|
.    \__/  ̄ /⌒ y、     /  /  ̄^   /.......... __|....|... /............./
       `¨¨´   /   ̄/ ― i   ∧  /.........................}....{../..../....〈





           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、
         // l:::::::::::::K.‐tッ<    {:i ィ'_莎フ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-   「無駄口を叩いていたのは貴様だろうに。
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/          ………まったく」
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {ハ >::l::::::::ト、
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、
             // V\    ___   u /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ
             / / /ハ\´    ` / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l






▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼
                               .}'゙ー冫 :.ヾ=   ミ ィ !イ         ヽ:.                ヽ
                               〈  (_,,..ノ ,,..z=、 ミ、/: l、        _ ‘,.       ヽ: . .  ‘,
                                   λ´、二. _ノ`` ミ : ' !ヽ、   _,,...,/ /`ヾ、: .      ヽ: . : . . ',
                            , </メ ー 、...,  ノ ,.メ` ./ .l! .:` ´. :./   ,′   、、: . : . . . . . : . =: ._ :.ノ
                          , <  . :/ 淡ぇ 爻 _,淡メ ,: /  !i .: . : .:/   .!    ヽ:`.ー: ._; .-: . : . /
                     ,.  --<     . :/!: . ! Y "淡ヾ` ./ '/   i ! /: . :./    !      . : . /' : . : ./
                   /       :、. : ./ !. ‘,ヽ   ./ /   ,! i: . : ノ      !   . . : . :  . :/
                    /:         . : . / ∧.  ヽ ヽ ./ /   _ノ.! .!: .' .     ヽ. : . : . :/:  :/
               ,. '". :         . : . f 〈、`ー‐ヽ、/´ー  才 _,! イ. :    :  、: . ヽ:/   /
                /   . :           /ニニ=> `_ !0. . :_,. -<三_.!    .:    ` ー> '"
              /          _,,.. :   /ニニニ三ニニニニニニニ/ニニ!   .、: .`:ー.‐:‐."/
          ,-'. :         ̄  : . :   !ニニニニヾニニニニニニ´ニニニ.!   /  : . : . : . /
         / `:ヽ、          : .ハ  iニニニニニニニニニニニニニニ!  ,イ  : . : . :./
        /:〃. :i.  \  i ,     . / :、、 !ニニニニニニニニニニニニニニ!/ノ   :. : ./
    > ´   : .\. 、 . : ヽ: .!| . . . : . :/   、 !ニニニニニニニニニニニニニニ! ./  . : '  /
  /         ヾ、: . : .‘,i: . : . /!:、   !ニニニニニニニニニニニニニニ=! ; // . /
 {;'; .           ヽ: . 、:_」_L イ  ‘,ヽ  iニニ=ニニニニニニニニニニニニ=', . : ./  :!
. ∧. : .          : : . :.i        ', ` /ニニ=ニニニニニニニニニニニニ=', . : . : ′
 .∧. : . : . . .     :、. : !        |ヽ./=ニニ=ニニニニニニニニニニニニニ=,: . : . /
   .\:、 : . :、. :.    、: |         ! /三ニニ=ニニニニニニニニニニヽニニ=!: . ;ィ
    .\:、  ヽ:.     ヽ!         .レニ三ニニ三ニニ=ニニニニニニニニヽニニ!: . ,!
      \:、 ヽ:.     ヾ       ./=ニ三ニニ三ニニ=ニニニニニニニニニヽニ.', :i
        .ヽ: 、 ヽ.     ヽ       ./=ニニヾニニニ三ニ=ニニニニニニニニニヾニ',:!
         \: . ヽ 、   \  __/三ニニニニニニ三、三ニニニニニニ=ニニニニヾ=!
           \: . : . ー:-/,´:ィ─--ミ=ニニヽニニニ三三ニニニニニ=ニニニニニ三|
            ヽ: . : ./ , 冫_ヘ_:_i__リ三、ニヾ=、ニニ三三ニニニニ/ニニニ>-=ニ才
             ヽ : ; ,」、 ; .: ̄`TYヽニ\≧-==ヽニ三i三ニニ/ニ> ´-=ニニ三|
              ヾ; 、 : , ー-==<三=ヾニ>ヾ== ̄= ̄= ̄=´ ̄=´ニニニニ三三!
               Y: \__;_ノ三ヾー=ニニニ >ー─k_ ィ≦三ニニニニニ-=三!ll!
                 L_. : __)/三三ヽ三三f=-/ニiニニ/ニ\ニニ-= 三/三/ニ三!ll!
                  ̄/ ./三三ニ三三ヾKニ=ニ〉--、ニニ/三ニ三/=/ニ三ニ.!.!i
▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲






          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、    「―――飽きん話だ。
         // l:::::::::::::l、   li    {:i _   ,ィ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-    なぁ、剛蔵よ………」
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {:ハ >:::l::::::::ト、
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、
             // V\   、_ __,  /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ
             / / /ハ\       / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9854 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:14:22 ID:jBZHDJ08
このツンデレであるw

9855 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:14:28 ID:neHLZisH
本当にここのセージはハゲエル大好きだなwwwww

9867 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:23:09 ID:kY/LYJ4H
ダークヒーローの周囲をチョロチョロする美少女… 大好物です!

9868 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:23:23 ID:neHLZisH
セージがまさかここまでヒーローになるとはな…
原作での「ベクトルが違えば間違いなくヒーロー」ってのを思い出したwwww



9869 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:24:09 ID:p/03FBw2



          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、
         // l:::::::::::::K.‐tッ< i   {:i ィ'_莎フ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {:ハ >:::l::::::::ト、
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、
             // V\   、_ __,  /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ
             / / /ハ\       / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【柊聖十郎】

 研究者気質の死徒。死徒化する前は複数の死病に蝕まれていた身だったが、死徒化と気合で
病魔を克服した超アグレッシブ気質の持ち主。
 死病のため死と隣合わせだった経験から、生への執着が人一倍強く、それゆえに聖杯への更なる長寿を
望もうとして聖杯戦争に参戦。
 自身の能力とライダーの戦闘能力を活かし、令呪6画を持った監督役を追い詰め討ち果たした。

 鬼畜外道の気がある男だが、生前の親友の影響と、生前ほど切羽詰まっていない現状から、
自分の邪魔にならない限りは多少は控える程度の分別はついた模様。
 ただし俺様気質なのは全く変わっていないようだ。

 聖杯戦争においてはフェイスレスを“喰った”事でかなりの生命力の補給に成功。
 また、最後の最後に余った聖杯を吉良と折半し、その分でも長寿を願ったため、不老長寿とは
至らないまでも一定の目的は達せたようである。

 そしてそれ以上に、ミーディアムというクラスで喚ばれた無銘の神官。
 死を尊しとする少女の価値観に真っ向から反逆し、少女自身が目を背けていた渇望に火を付け、
結果として彼女にとって追いつきたい存在として最終決戦で相対することとなった。

 結果は彼の敗北で終わるが、さて。
 自分と対等と認めた少女の存在は、或いは孤高の天才にとってどのような価値を持つのか。
 それは今は亡き彼の友と、そして受肉して彼の横をちょこまかと歩いている少女だけが知っているのだろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9870 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:24:50 ID:p/03FBw2
>>9868
ああ………このセージはベクトルを間違ってしまったんやなwwwww

9872 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:26:19 ID:pr52HeT8
ほんと専科百般の活躍っぷりと言ったらww

9887 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:34:26 ID:o1G/X8vF
はやてが最後か
別の聖杯戦争に参加してアーチャー召喚してたいりしてな



9889 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:35:10 ID:p/03FBw2



                   /(  __
               {\ j`l"}// ___
              \弋lシx≦乏圭圭圭圭≧x、/ト、 //
          ,xz≦至至至圭圭圭圭圭圭圭圭ミi i }//ノ
          {圭圭圭㌢::::/::::/:: ̄"''ミ圭圭Y/⌒Y ⌒)ヽ
            寸圭ア::::/:::/:::/::::::::::::::::::::::::`~"ゝ __ノ    ノこ>
               `ミ/::::/::/:/:::/:::l::::::ヽ::i:::::::::::ヽ:::::::::::ヾミーく
            /:::::'::::{::i:::/l:{::{::::::::::l:ト:::::\::::\::::::::::i圭心、
            {::l:::{::::i::::/⌒ト::::::::‐十\::::ヽ::i ̄:::::::i圭l圭)
            i {::::い:::Y'芍ミ\  斗ッ=ミ::::ト::}:::}::::::::i圭シ
                乂::::::::::i弋;ソ  )ノ 弋;ソj:)ノ::::::ノ:::::::::i
                 \l:λ   '    ノ:::::::/::::::i:::::ヘ                 __
                    l:::::::>、 ` - '  /:::/⌒ヽ:::i::::::::ヘ            x< ̄:::::::::::::::::ヽ
                ノ:l:::::::l::/ `ー- '"/:::::/    V::::::::::::\       ,.x<:::::::::::::::::__:::::::::::
               // l:::::::l//\ヽ/i/::/     ヽ:::\:::::::::`ー--‐彡::::::::::::>''" ̄     ̄ヽ
              /::::::i i:::::::! {   [j -!:::; //    ハ::::::`ー-:::;;;;;;:::::::-=二.......__     ノ
             /::/:::::l i::l:::{ } '" 人 {::::{ /   ∨  i:::ミ;;;;;_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_二='"::::
        /:::/:::/::j い:::! У ll 弋::`<    ヽ  l:::::::::::::::: ̄_::::::::ー---:::::::~‐-、_;;;;;;;:
       / /::/::::/::::::{  \::i 〈r‐、ノ{r〈 `ー-、::ヽ   )  i:::::::::>'"   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::
         {{/::/://:::::::::\_)ノ_{  oヘ廴∠ )ノ~r"   l::/      i::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ、::::ヽ::
        ll::/::/ ;::::::::::::::l:::::::l∞=\ ヾヽL∞====!    }\       }::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\::::
       l/::/  j:::::::::::::::i:::::└-r――\ヾl ̄ ̄ 「   ノ   〉       ノ::::::::::::\::::::::::::::::::::::::\ヽ
        //{  {::::::::::::::::!:::::::::::::i    l (_}:l    i""     ノ   _彡):::::::::::::::::\`ヽ、::::::::::}::::ヽ
       //::i   ::::::::::::::λ::::::::::::}    V(lj    {     イ }\ ̄   ヽ:::::::::::::::::::::ヽ  \:::ノ:::::::
       j:ハ:::゙、  ゙、::::::::::::::::、::::::::::i    Vl   |二  ノ /   \    V:::::::::::::ヽ::::゙  ハ::::::::::::
       {{ ゙、::\ \:::::::::::::\:::::::い   ii   |-‐彡// __   ヽ___}、::::::::::::::}:::::}   }::}::/
         i  \:::\ \::::::::::::\:::∨    !    i_ / ^Y ・ )___ ハ:::::ノ}:::::::::::ノ}::ノ  ー=彡:::::
       ゙、   \:::`'''ー->‐<ミ ∨  i    i  / ̄ >< ̄ ̄\∨ ノ::::::::::/ノ:/ 、__ノ j:::::ノ
        \   `''ー/\__\:;:V  i   _i/-~'":;:;:;:;:;:;:\__ヽ/::::::/ /   /ノ/
        __ / ̄`ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:l ̄∨ }  /_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト-<   _∠-<⌒メ
    >'":;:;r-―"⌒>、;:;:;:;:;:;:;\;:;:;:;:;:;l  rニ二_ / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノi-‐->'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
   /;:;:;:;:;:;:;:( /ヽ r‐、 \;:;:;:;:;:;:\:;:;r‐‐〈   { /) /  ヽ;:;:;:;:;:;:;ー---‐;:;:l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{  廴i/⌒)/-、;;:;:;:;:;:;:;{l /r/ヽ/ 〈_j7⌒>、};:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_L:;:;:;-――-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
-‐";:;:;:;:;:;:;:;:r‐‐∨     \  };:;:;:;:;:;:lj/ j }-/     // ノヘ;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{ _\        \ト-、:;:;:;`{⌒V      j { / Y;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>⌒ ̄
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\fメ、ヽ\        ヽ >r‐`ー/       ハ`^ヽ ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/  ̄/)_ノ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;) j  \      ∨^廴/(/       / ヽ__)/ V;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/\ /   ヽ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;(`''"j‐-、__\      ∨__/     /    {   ∨;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ _ ̄ス ヽ/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`t‐ }  \ヾ\    ∨、/       /―~┴⌒ヽ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  /`┘ \ノ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:/ )フ_ヾ \ヾ\    ∨     イ ゞ ゞ \ /j/ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ \(_\ γ⌒
\;:;:;:;:;:;/;:;:;:/'" |  V  ̄/lー-\   \   /-トミ_>-‐{ /-、 ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ  >、ノ 弋 ̄7<
  >-~/ `ー、j  V/ /     ヽ    \/   l \    lノ  l ) {`ー<⌒く `(      \{_ノ
) 〈‐-、/⌒メ、_ノ   /  /     Y     ヽ l   l     j  廴 } ( K `ヽノ_ノ
\_У ヽ__/      / /      ノ       ノ  \ l     /   └┘ \ト
           /l  \ _/     -ァ'"j     \ト _ /    /      l \
              /  j   <__ -‐^_// /       \  ̄ヽ /        \ ヽ
          |  /   └‐Lrノ┘ /  /、__  ノ  \  \         \{
          l /  /_ノ      /  ̄ ヽ    /  >'" ̄ ̄ヽ
          l∧   └Lt__~" `<  ゙、 / >'"       lヽ
          { \           `<__>'"         l }
           i   ヽ                         l !
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ミーディアム(無銘)】

 天地の神を信ずるエジプトの神官。大きな才能を秘めながらも若くして亡くなった無銘の少女。
 聖杯戦争にはラクス・クラインのサーヴァントとして参戦し、当初はマスターの目的を達した後で
天を見上げて大地で死ぬ為に動いていた。

 しかしそれは内に秘めた“生きたい”という渇望を押し殺してのものであり、はやてとの交流で顕在化した
その歪みを聖十郎とラクスに指摘され、自身の真の願いを自覚することとなった。
 特にその時、“大人の背中”を見せた聖十郎を追いつきたい目標として聖杯戦争に再度向かい合う事となる。

 最終局面においては戦力を温存し過ぎたが故に、ライダーらの3騎同盟と単騎で相まみえる事となる。
 ―――が、ランサーの横殴りと、それ以上に生への渇望と、聖十郎へ追いつきたいという願いから実力を
超えた奮戦を見せ、ライダーとアーチャーを撃破。
 聖杯を使用し、受肉に至った。

 受肉後は聖十郎について回り、フェイスレスですっかり味を占めた彼の食事の為も兼ねて、
人に仇なす死徒を狩ったりしつつ世界を巡っているようだ。
 微妙に外道味抜けきっていない聖十郎の舵を善性側に切ってくれる存在として、なんだかんだ周囲から
ありがたがられているようである。

 その後はセージに付き合って長生きすべきか、生きるだけ生きたら満足して死ぬべきか、
悩みながらも諸国をめぐり、自分の目で世界を見てみたいと思っているようである。

 尚―――。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9891 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:36:19 ID:neHLZisH
ああ、全部レス食って「こっちの方が効率いいじゃん」ってなったのかwwwwww

9896 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:39:12 ID:pr52HeT8
まさしく第六次の主人公だったわww



9902 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:45:59 ID:p/03FBw2


                  BGM:ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=wM4laths4-Y


















f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|    ―――そういえば、貴様の名だが     
乂__________________. ノ


                                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                  |    ……名前? 私の?     
                                                  ヽ_____________ 乂_
                                                 

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|    ああ。いつまでも無銘など面倒臭くて敵わん。     
乂_______________________...ノ





                                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
                                              |    まぁ、それはそうかもだけど。     
                                              ヽ_________________.乂_





f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
|    だから………比那名居天子、というのはどうだ?     
|    天空の娘。故に天子。貴様らしい名前だろう。        
乂_________________________.ノ




                                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                  |    比那名居ってのは?     
                                                  ヽ_____________ 乂_





f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
|    比那は地を鎮める要石を祀る名。     
|    名居も大地を表す古語だ。            
乂__________________  ノ





                                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ
                                       |    ……へぇ。ね、そこまで詳しいって事はさ。     
                                       |    これアンタが考えてくれたの? セージ。    .... 
                                       ヽ______________________..乂_





f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|    ―――。                             
|    余計なことを言うな。嫌なら他の名にするが。     
乂_______________________..ノ





                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                   |    わぁ、やだやだ!                                      
                   |    ………大地を祀る、天空の娘。                                   
                   |    へへ、アンタって私のこと、そういう子だと思ってくれてたんだ。うん……。     
                   ヽ___________________________________乂_















.

9910 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:49:17 ID:p/03FBw2





      ____\(__ノニニニニニニニニニニニニニニニニニ=ヽ  /     7
 r‐-=ニニニニニニニニニニニニニニニ=-=_ニニニニニニニニニニムイ      ./
 マニニニニニニニ=‐-ニニニニニニニニニニニニ=-=_ニニニ=γ⌒Y⌒Y   /
.. `マニニニニニニニニア⌒  -=ニニニニニニニニニ=-=弋___人,_,ノ_/ ̄ ̄ ̄\
.    `マニニニニニア         -=ニニニニニニニニニ=- _           /
.       `マニニ7     |     斗― -=ニニニニニニニニニニ=- ____/
.          ̄/    | ̄ l   |      -=ニニニニニニニニニニニニ=- _
         / /l  代  八 Ν 斗苧ミ    -=ニニニニニニニニニニニ=-
.       乂_ノ| l  |斗苧ミ\、   _):::ハ    |::     「 ̄ ̄
.           | l  小 _)::ハ       Vシ    |:::.    |
.           |Λ 从  Vツ ,   ハ ヽ/    Λ:::.   |
              V ハ / ハ    _, 厶イ   ′:::::   |、
                |  人    ` ´   /  Λ:::::::::.  八〉     「―――私は、比那名居天子としてここに生きるから。
                |  l:: >   _  </  Λ:::::::::::::::.  \      これから改めて宜しくね、セージ!」
                |  |::l:::::::l:::: ┌ 斗   /,ハ:::::::::::::::.   \
                |  |::l:::::::l:::::::礼  |  // 人::::::::::::::.    \
.             人  |::l:::::::lァ 7礼  | ′   \::::::::::.    :. \  、
                ヾ乂::::ノ‐く示::. |/ ./       ::::::::    ト、  \ \
                / く  /:l〉{⌒ヾ  |       V:::::.   | ヽ ヾ
            /  / \(::::/{::}   ゚!  |l      ,ハ::::::    |  | }  .゚
              /  /   /:/:Λ}______}  |l       |::::::.   |   ハ/  /
          /  /    И::′  l}   .八      |\  ハ|  /⌒V
.           ′ \__/ l|     }  〈  丶____ノ ノ / l/:::::::: /|
                /  | ,八厂 ̄[_   \/ニニニニニニ|   /:::::::::::::/ l|
.          |   /   l|   ::∨Λ__]____ , Λニニニ=-―┘V::::::::::::: /  |
.          |  ′ .八   .:::∨/ヘ__[__ _ _,Λア´     \_彡'  Λ
          、      \  ::`∨Λ__]__    〉,     V⌒Y⌒シ   }
.            ┌く ̄}_厂V⌒厂] ∨Λ__[__   込       マ丿___彡く
            厂\ > `     ̄ ̄ VΛ___]___,ノ Λ       ⌒ヾ    \  .
.         _厂`> ´            __〉/〉__[________Λ         V:.\
―――--└<        ≦     〈/Λ___]:.   込、        V : \
          ≧ <           .::::\/     :「\       V /\
                    ≧      ..:::::::l}       /  \       V:. /
                       ≧  .::::::八      /     l\       V:. /
                   、_ ____/  \   ′     ノ  \    V





          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、
         // l:::::::::::::l、   li    {:i _   ,ィ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{      「ふん………ああ、そうだな」
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {:ハ >:::l::::::::ト、
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、
             // V\   、_ __,  /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ
             / / /ハ\       / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l

9911 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:49:28 ID:N9M/cUTl
なんだこの甘ったるい空気は!!おれはせっかくだからこの暴君ハバネロを選ぶぜ!!

9913 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:50:18 ID:neHLZisH
これには天国の大聖母エリコと大天使ハゲエルもニッコリ。



9918 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:51:33 ID:p/03FBw2



























f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ
|    ―――貴様は、俺が対等と認めた女だ。      . 
|    せいぜい、宜しくされてやろうではないか。     
乂______________________.ノ








                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
                                        |    ………ちぇー。もう少し優しい言葉とかさぁ。     
                                        |    ま、これがセージなんだろうけど。            . 
                                        ヽ_______________________.乂_






















▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――新しい生を生きる上での彼女の名は。
 意外にも、聖十郎から言い出して名づけたものだったらしい。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9923 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:52:49 ID:p/03FBw2





                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・





▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 そして、この聖杯戦争の齎した最後の結末が出るのは。

 比那名居天子がその名を名乗るようになってから、およそ10年後―――。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

























                     BGM継続:   世界は恋に落ちている


































.
9932 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:54:37 ID:p/03FBw2

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

---

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9933 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:54:38 ID:1kgmHwd3
ラクス様(32)

9934 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:54:44 ID:8Sr4uALf
ラクス様は結婚できていますか(震え声)

9942 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:55:40 ID:7S8Z+eTs
あとむぎのんも……



9948 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:58:15 ID:p/03FBw2



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――某国某所

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲










                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   |  閉じよ。閉じよ。閉じよ。閉じよ。閉じよ。  
                   |  繰り返すつどに五度。               
                   |  ただ、満たされる刻を破却する        
                   乂_________________. ノ





                     ,ィニニニニニ二三三三二ニニニ\     ; |! x仁ミ∠ヘ. ヽ__〉  `゙ 儿ノ リ _,ムイ}/    //
                    `¨ ー=ニニニ二三三三二二ニニ\      f〈匸兀' /`t--‐‐¬イ 」7xセ/二二_三三三三三三三
                     ∧         -=ニ三三三二二ニニ\     [L卞ア/::〃/f冖7匕ル'/ x仁ニニニニム三三三三三ニ
               / ∧        ,ィ升三三三二二ニニニニ\   圦イ ,什j:::||/  //__ イ .x仁ニニニニニニム‐-=ニニニニ
              __  -‐ 】 | 【‐- ..    ≦三二ニ======7二二__,へヽ_儿//::::::::r㍉z壬F´    ,仁ニニニニニニニニニヽ
         > ´ニ斗-‐7†ヘ‐- .. ` <           _r‐f ̄/  ̄/ マ 「:::::::;《::::::く|ニ|    ,仁ニニニニニニ=‐    ̄\
   _____ Y Y´ __   _》I《_ ___ > ヽ_r=x________,ィ「   イ   ∧ マ l|::::::;《::::::::: |ニ|_____ ,仁ニニニ=‐      -=≦〉_____
≪三‐‐‐―r>==←╋>ニ》呈《ニ╋三ニ【zz≦ ̄二二ニ}/〉】    |  ∧ マ l|::::;《k::::><|ニ|  厶斗-<´ .. -‐≦     /厂厂
    ̄¨¨´ ゝ. ゝ<    《†》  ̄ヽ>   ,イz彡-‐―‐<ヽ__ノ __乂ム=マr―|:::ヘ》/  ><  √___  -‐ ´        / ̄ ̄ ̄
          >‐- 二ニ〕|〔ニ二 -‐<        ____ _ ̄____xzzzzfT[::::/   />< \i                 /
                   ̄】|【 ̄    __  -‐ニニ≪__..__..__〔__..__...__〔_.....。._〉/   / fヘ./\ \___ __ _   -‐≦{{
                   《 | 》  -‐≦ニニニニニニニニ `≪__。]==-‐壬::::::::_<  /_ソ〉\_  _儿r \兀∧≧=-   -‐ノ二ニ=‐--
                 -‐ 〈↓〉二三三三ニニニニニニニニ>II爪___,ィ「ヽ/::::/X´ 》<  _」乢zx rヘ「丶\::::ヽ        V三三三ニ
         x≦二ニニ=V三三三三ニニニニニ> "´  |TT|¨¨¨¨:::::::::::::<ニ>::\\_ 〔( 《,ィ--‐―‐‐‐-xヽ:::)_ノ⌒   V三三三ニ
       x≦二ニ三三三三三三三ニニニニ> ´     |TT|:::::::::::::::::::::///:::::::::::\rァ‐-fヘ       ::.\   ̄`ヽ  ∨三三ニ
     x壬二二三三三三三三三二二二ニア          |TT|:::::::::::::::::::<ニ>:::::::::::::《Y"    〉  .. . .: .:. .:.:.::.〉         V三三ニ
  ∠二二ニ三三三三三三三二二二ニア         |TT|::::::::::::::::///::::::::::::::::::》しr、  /. .. .: .:. .:.:.:.: ::.::./     ノ  ∧三三ニ

9949 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:58:19 ID:W2M0canQ
こ、この世界線にも准将は居るだろうし…
多分、変な被り物してるだろうけど(震え声)

9950 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 17:58:35 ID:p/03FBw2
次スレー

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1407060533/

9951 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 17:58:47 ID:neHLZisH
やはり、こうなったか…!

10年越しの初恋成就っすか?ヒャッハー!!

9955 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:00:32 ID:7S8Z+eTs
すんごい礼装を携えているように見えるんだがwww



9957 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:00:56 ID:p/03FBw2





                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       | ―――――Anfang!  
                       乂_________. ノ






./  ー=ミ圭圭ミ/  ! i        .! i\     __'    /;//:':::/;;|  .,'圭圭圭≦zィァ'´
'       `ゞ圭/    ! i       i 〉``   /ーi   ´/:::/':::/|;;;;|  /圭圭圭㌢'"
     -=雫{    : :      ' ∧ ̄ ̄l〈___.ノ  ,.ィ´l :::::::/ .|;;;;| ./圭圭≦,;ァ''´
        |    :. :       |::|;ト、 ̄l、 __ イ;:ヘヘi :::::/\i;ヘ!, -―‐‐-''´ .          _____
        ゙,     ヽ       |::|;;〉i  |ー'゙'―ヘ-`!l:::;イ `''"´ 三三三三三 ``丶v''"´  三三三三``丶、
.           '    `        ヽ|/、 `ー゙iー:l ヽ゚i. /:',イ|! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!`ー´|! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ,ゝ.              ゙l'  l'  .!'/i、 | ト-:、ヽ|! ,:===<(    )>===:、 |!   .|!              |
        ,:牛;\          l|ー‐ト、 |゙/ト、ヾイ、::ヾ、|! 《.    ,∧     》 .|!   .|!              |
      ,.ィ升抖竓ミ\          ,l   `:|゙/ト、>:;ヾヽ:::::|! .||    , 〈.+.〉 、   || |!   .|!              |
:、 ー=竓ケ圭圭圭㌢''´ \      /'     ∧/v′ri'`コ::::|!ヾト:、 〃 . ∨ ヾ、 ノ〈 |i . ・ |!              |
戔竓圭圭圭ミ㌢'´   ,′、   .::'      ∧/ :::::::::: ヾヽ: |!. ||'<+>(○)<+>|| |!・╋・|!              |
圭圭圭圭㌢'ヘ!     ./'.:::: ` ,、       ∧/:::::::::::::::::::| ||::|! .||  ゝ.、,∧ゞ'ノ   || ll`:r、. |!              |
圭圭圭㌢'ヘ、    /:::::::   / 〉     ∧/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ||;;|!. ||    `〈.+.〉´    !!i`i i i |!              |
圭圭㌢'      ./      ./ /     ∧/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! !! |!. ||.    ∨    i´!_.!__i__i |!              |
抒'"´       〈 ヽ      〈 /     ∧/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`>' .|! `=============|-!::i::::i::::|.|!              |
''´           \\    V    ∧/:::::::::::::::::::::::::::<゙ /iー――――――‐‐!::::::::::::::::レ┬―――――― '
               \\      ∧/:::::::::::::::::::::::::::::: `::| ||::|   |/| |  〈 {   ;{::::::::::::::::}_/
                \\    .∧/ 〉::::::::::::::::::::::::::::::::: | ||::|   |/|〈   ヽ  ヾ::::::::::::/!
                \\/./¨\:::::::::::::::::::::::::::::::::| ||::|. /V |     ,ゝ   ̄ ̄ ノ
                    /\/:.:.:.:.:.:.:.\ー――‐‐:__|_||::|_/V , ト、       `ー - ‐ '
                /\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:o:.:/ ̄ ゙̄} {____V\_ゝ、ー--―― "





             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
             |  ――――告げる。                                 
             |  汝の身は我が下に、我が命運は汝の剣に。            
             |  聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ!   
             乂__________________________.ノ

9958 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:01:21 ID:9J4QKN2I
巻き込まれ一般人が今ではこんな立派に!

9966 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:03:03 ID:v2coUqla
そういえばはやての魔力の秘密は何だったんだろう
単純に才能?



9971 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:04:35 ID:p/03FBw2





        、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_. 人
        )                                                    (
        )   誓いを此処に。我は常世総ての善と成る者、我は常世総ての悪を敷く者。  .....(
        )   汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!  ..(
        )                                                    (
        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y Y









  .l.    ..l      !     !   .|   .l   │  |   .!    l   .l   !     !      ./    ./
   l    l      !     .l   !   l   │  |   |    l   .|   .l     !      ./    /
   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
   ..l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l   l   l゙    /     /    /    ,>
. ゙l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!   .l   |     !     ./    /    ,/    ―――ゴォッ....!
  ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l   l   l   !    .!     ./   ./    /
  .ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !   .|   !  l    /     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │  .l  /    !     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |   .|  ,!    .l゙    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l   .|   .!  !    /    /   ./    /   /
  ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l  │  ,!  .l゙    l゙    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !  .l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
   .ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゙  .|.-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
    .ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゙゙゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
   .Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
   .! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
   l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
        .`''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
            `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´
                    ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛

9992 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:10:49 ID:p/03FBw2




        '-|ノ ,    `,ィ- 、´////`,ヾ 、
          メ ` 'ノ  //////\////////ヽ
        ゞ  ` ' ゙、'//////,\//、//,//!ヽ
         `ヾxィ>‐-゙}//////、/ヘ///,|//|/∧
               }//////,ヽ/}///////ノ,}
                    ヽ 、/////ヾ!///'//,//∧              ・ ・ ・ ・ ・ ・
                   ゙. `!/////ヽ//,///'/∧    「―――っと。はじめまして、マスター。
                  } !//////ヽ'///////∧     アーチャーのサーヴァント、名を―――」
                 ヽ ゝ//////,}//'///'//,|
                      ゙//ヽ////リノ///,'///,|、
                     、//ヾヽ/,{'///,'////,|,ヘ     ―――ザッ....
                     rヘ/////ノ///'/////|/∧
                       ///!///ノ´//,'//////|//i,ヽ
                  ////ヾ、'-‐< '///////|//,i//ヽ
                     !///////`y"////////!///!//,ヘ
                 j゙ 、/////,ノ/////////,////!///∧
                 ノ//`'//////////////,'////,|////∧r‐ッ,
             、-'ヾ' '、/////////////////'///////////ノ-' ミ
             メ    ゙' ヾ_ノ、//////////'//rャ,//fゞィノ    _,メ
               ゞ,_,..-,__  , ._ `ー'`ー'ゞィ` '´          ,r゙
                  !'`:´: :`ゞ,            ,  _ ,ヾ、゙
                 , : : :i : : : : :`i-‐'-ヽ_ィ-‐y'´ゞ'" ゙´` `
                   {: : : :゙! : : : : j: : : : : : : :/
                  |: : : : :ヽ: : /: : : : i : : :,
                 !: : :_: : :゙、/|: : : : : i : : !
                ノ/: : \ ヘ!: : : : : :i: :ノ
                    '、: : : : : : :`j:゙!: : : : : i:/
                     ゙. : : : : : : :/!: : : : : i
                   ゙. : : : : :/: i : : : : : i
                   ゙. : : : :{: : i : : : : : }
                   !_/ィ:}: : :i : : : : :}
                   `/ : }: : : i: : : : :}
                    '、 : }: : : :i: : : :ノ
                     ゙,:}: : : : i : /|ヽ.__
                     {/: : : : : :/: |{ { }
                    ノ: : : : : : : : :|{ { }
                        { : : : : : : : : ノト-}-'
                      ノ、: :ヽ : : : : { ! '、
                 /   、: : : : :, :} .} !
                /       \_:_:{` / .ノ
              r‐‐ "   ,ィ,-‐‐‐--,! / '
            ゙ ー―一'´ ゝ---‐‐'ゝ´- ´







                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    |    ―――数正。石川、数正。     
                    乂_______________. ノ






         _,/ ヾ'_ノ-"´/ '! 、'          |!')゙/:/|!
       ,x" .i   _' _. ノ  ヘ         /`゙;:::::{. __
       メ  !/`¨ i!/ ゙t    ヽ` ==ー   ノ /'.ト`______`ヾ、.
      ノ  ゙!   .{  }  ,.j"´,ヽ   _ <   .{  !ニニニニ \ ヽ、
        i、  `ー'"  j゙ /  ,メ ニ`¨`!       !ニニニニニニヽ  ゙!.
        !ニ`ゝ.____,、x"´,i"  ,/ニニ_/'ノ、       ヽニニニニ!ニ 'i  ヾ
      i'"ニニニニニ /, ィj   jニニノ /./    ./     ノ _ -‐‐ニ,_!゙   ゙!
.      jニニニニニニ/'ニニ{   ,! ニ/:/、.!     ./   _ .-ニニニ,-‐-"´   ノ、
.     iニ/ニニニニ !゙!ニ /i ヘ ニ/: ! ゙!  ./_/´ニ ,==、x'"     _,ィ"ニ!
.     }/ニニニニニ.{ |ニ.|/ヘ ゙! } : |    ´ /,-‐"´        ,_ ィ"^ニニ/   「……? 俺の名前を最初から知っている。
      f゙ ニニニニニニ'ニニ,|!ニニt 'i: : :| _ . . ,イ     ,__,ィ_"____ノ     となると狙っての触媒召喚か?
     !ニニニニニニニ=‐ '¨!ニニ_ゞ: : ゙´: ; ィ_, --‐"`_´-一=ニニニニニニニニニ\
      !ニニニニニニニ=-"´!=!´./: : :___/"__ ィ´ニニニニニニニニニニニニニニニニ\   俺、別に意図的に狙って喚ばれるほど
     ヽニニニ=‐'"´   |=|ニ!: : : |ニニ!ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニヽ   良い英霊だとは思えないんだけど―――」
                   〉ノ | : : : !ニ |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニ!
                i | !: : : : 〉=!ニニニニニニニニニ iニニニニニニニニ/ニニニニニニニ!
                  ,!.! .i: : : : !ニ !ニニニニニニニニニニ゙、ニニニニニニ/ニニニ_ -‐ニニ!
.                i.! .i: : : : :|ニ |ニニニニニニニニニニニゝニニニニニ'ニニ/ニニニニ |
              |' .| : ; : : |ニ |ニニニニニニニニニニニニ \ニニニニ〃ニニニニニ .}
               jニ|: : i : : !ニ !ニニニニニニニニニニニニニ ./ヽi'ニ/ニニニニニニ /
                !=.!i: : !: : |ニ !ニニニニニニニニニニニニニ/ニ メ_ '-‐ニ´ニニニ./
                 /=|!.|: : !: : !ニ.!ニニニニニニニニニニニニ/ニ / /‐ ´ ̄`ニニ /
              iニiリ!:!: : :!: iニ |ニニニニニニニニニニニニニニ, ィ゙--ニニニニニ/
               /ニi゙ |:|: : : : !ニ.iニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニ/
           / ニ.|: ! !: : : :|ニ.jニニニニニニニニニニ,-‐"¨=‐-、ニニニニニ/
          ,ィ!ニニji; : :!: : :/ニ,!ニニニニニニニニニj゙´ , 、.   ヾニニ/
         ノ /ニ/|:i: : i: :,!ニ.|ニニニニニニニニニ ,!- ´  ヾ   ヘニ,!
        メ ,!ニ/ニニ|、ゝ_: :|ニ/ニニニニニニニニ-'"       〉   ,!"ヘ
        ,゙ i=/=/.|ヘ }`'メ /ニニニニ ,--一'-‐!   ノ  ./リ  jニニ i
          j  'i./  | `ソ:/ニニニニニ.}ー―一.| j | !./¨´ _.ノニニニ!
       ミ  f     | /:/ニニニニニニ!ニニニニニ! .!| ! .!.! ̄´ニニニニ .!
        `´¨     |./:/ニニニニニニ |ニニニニニ' ,! ! .!.ノ,!ニニニニニニニ,!
               /:/ニニニニニニニヽニニニニ'_' f゙,彳´ニニニニニニ ノ



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――はじめましてと、貴方は言った。

 そうだろうなと私は思う。そうだ、そういうものだというのは知っていた。

 嗚呼、故に―――こうも思う。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9998 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:12:29 ID:HAqA9Adq
電磁朗は気合で思い出した
がんばれアーチャー

10000 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:13:04 ID:7S8Z+eTs
10000なら次回作のプロットは中破で済む



47 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:15:51 ID:p/03FBw2









▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼
       ・ .・ ・ ・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・
 ―――そんなもんで止めれるか。

 恋する乙女は強いんだと、彼女も教えてくれただろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
               |    ううん、縁やで。あの時も―――そして今も。     
               乂_______________________.ノ


                   ( \                                 /   / /  }   ( ̄`ヽ
                      \ \         -―――--              /      /  /   `ヽ i
.         /)             \ `゙ ー‐‐ 、 ´                   、          |       /        V
      //              \   ̄ ノ          __     \        |      /}        !
.   //                 ̄ ̄       __/∠二`  ____ノ)__,     l     / /         ____
.  ,ィ(/                    /  \   -‐=ニ二  ̄ ̄ ̄ ̄\____‘, ̄    |     /        ∠ __,ノ
. /                    ′    }レく   ___「∟‐=ミ、 \_,ノ__     |   /)/)    l(__
                       i   // }\___フl_厂`\ \____,ノ       |     //)       ヽ_)、
                          厶イ { 人 \/=‐一\___ \    く_ _   |   / /)           \
                       \/ | l|  \´ト,ィf恣ォ  ) ̄{\ \/ ̄ ̄/ / ̄\/  /
                       ,ノl  l| l|\  \l{ 弋;ツ    V ハ /    / /     |    ̄)    __     _
                          ̄|  l| lレ'´  ̄ ̄        厂「l|    j___」     |  ┌─── | }   / ) / )
                     ∧ l|  \ rfぅx        匚 ̄ |  /  /   '´ ̄ ̄\\       l 「\/ / / /
                        {{ \ト、\八弋リ、  / )  /ヽ   \/  /          ヽ}     l | /_/ノ/ /
                        ||   | \\\__   ー'  / /\___{_ /     {       |     lーし'´ / / フ
                        |ト、  \ \「 〕ト- --┬'ー{  / / / ∧\___,ノ―┬   、    /│ / /} ̄
     ⊂ニニ*=-‐          厂     \ \  j人{/  ̄ \|    l┘     ___|   \|  // j/ /_,ノ   '⌒ト、
                              ̄ ̄    |\ /人    | \     ̄ ̄ ̄ ̄\\ l{ l/ /  ノ        \\
                                     |__//   \_,ノ   \   /Τ¨¨  ̄`゚ヽ/ /│‐f            \\
                                  / ′/)   \     \i{   「\   / / ̄ ノ ノ            \)
                                 /\/  (/     }       ,\__」ノ人/ /   ー‐
                        ,ィ⌒          \ │       /     //   ,x弌_フ   \ー―――一'´ ̄ ̄ ̄
                  / ノ               Y |        /    //   ,x弌_フ  / ̄ ̄\
                  / /              }/|       /  //   ,x弌_フ| /         \
                / /                __/八__/\_//   ,x弌_フ  ̄\          / \
                  し'                 「     ノー‐/..   ,x弌_フ ̄ ̄\/ ̄\|\「 ̄/   \ \ \ \
                                │    /  「冂}___ ,x弌_フ____ |__\_/       \ \ \
                            ____\__/__|_凵_,x弌_フ  ̄ ̄ ̄ ̄\    \            ̄ \
                        -―  ¨  ̄               \ ,x弌_フ_o_|___     |     ‘, \
                      /                   ,x弌_フ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|     '。 \
                          __                 ,x弌_フ∨/| o |        |       ∨  \
                       i     \            ,x弌_ブ  ∨|          │       ∨   \
    _____         /゜,       \― -   __ ,x弌_フ     } \ |          /         ',    \
 ̄ ̄       \    / ̄`i   ′       ヽ     ,x弌_フ`   .. _ |   |        / \         ∨      \
/ ̄ ̄ ̄\  \_/   │    ,        ゚  ̄x弌_フ=-  ____/  │         |   「\____ ∨ |    \
         \  \____ |                ,x弌_フ \   /   |   |         |  |        ∨ }  |     \
.           |\               。     /  /    \/     |   |___   │ │         ∨|  |
.           |  ヽ--―  l      ∧  /`ヽ/ l          ̄ ̄ ̄|  \      ̄ ̄   \           l  ト、
            \               // ̄ ヽ/                 ∨   \.          /⌒         \| \
            \______l    /    /     l\          ∨     \   、_   ト iノ} /          \ │
   / )           l   /    /',    │ ヽ        ∧     \     ̄ト iノ}               \|
   │{                 /    /    ,     l   \       / ∨ \   \    ト iノ}
   │|         _/ / ̄ヽ           l      ̄ ̄ ̄    〉   \   丶    ∨ 人
.    V         /__,ノ __(_   /       ゜  / ̄l              /       ヽ    \  \__≧=-一         __
   !  __ /⌒廴/_,ノ_/_      ∨ / ̄ ̄}        /                \            / ̄ ̄
     /  / (_/___       /      /   /\         /                ` ー―― /  ,x '" ̄ ゙̄ヽ
.      ̄/ / / / 人___/         /    /  /  ̄\    {        \             /  /
...    /__/ / / /     |        \      /    / ',  \           ̄ ___     / / , '゙´ ̄
...   /  / / /ー=====‐f´         }   /    / │    `             /____________`ヽ " / /
.   /  / ̄ ̄__//〉      l          廴/     l  |       \      \___  `ヽ \ /
. /   / ̄ ̄  //      │          ∨〉      l__凵            \____/  i`ヽ   \
.  /        /       _,ノ}              〈      h       _              }  \ \ \
_/        ∧〉   ,ィ___,ノ               \     l |     ー*(__`ヽ             乂__,ノ \ \ \
         ′     /                 ∨   ,ノ }           )_ノ                  \ \ \
       /  /ヽ/                   } 厂} /                                  \_ヽ _)
      { ̄ ̄  /                    │/  /                                     ⌒ヽ
        ー一                        乂__/                                        \



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 全部終わってから、これが恋だって初めて気付いた。
 遅かったけど、貴方のことが好きだから。

 あの日から―――世界は恋に落ちている。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

55 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:17:23 ID:tMhjdp1s
二度も縁召喚したなら
もう離れられないなw

62 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:18:14 ID:neHLZisH
>>55
電磁郎「ええ、まったく」
パル緒「二回も同じ聖杯戦争に出てしまったら縁ができてしまうのはしょうがないよな」

72 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:19:27 ID:ANK4V1Wb
>>62
あなたたちは最初っから縁召還だったでしょ!



79 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:22:12 ID:p/03FBw2


                ._  、.
        ー‐-=ニ::::::´::::::::::::`:`-`:.、 i!
           ,.::≦´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ|
.     _ -´ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       //::::::::::::::/'',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      //::/:/::;ィ/,  ',!、:|::::::::::::::::;'::::::::::::::::ハ
.      /,ィ:://ィ',-‐iォ ',!|i:::::::::::/::::::::::::::::::::|
      ' /,.ィァ    '´   '|:;::::::/'゙!:::::::::::::::::j;!
       ',ィ'´         |!::::/!/.|:::::::::::::::;:|    「あの、時……?
.        |       u '|::/ノ,イ:::::::::;ィ:/;:|     君はいったい………」
         , -‐──    .'/‐´!:::::::::::;':|,' '!   
         ,        ノ   |!:::::::i/
.         |  _   ‐= ´   _ -|!--‐-- _
         ` ‐-、,ィ、_,ィヽ´           `!
         r'`"゛'     `"゛` ´^!,    ト-‐‐-、
        >゙_,、             `ゞ、_ ,ィ、,xィ'、_,ィ!
.      l´   ``、´ '、rヽ          "      `"‐"ヾ
.      |     .\ \`"`ィヽ                 ゛'kx,
.      |         \ \  ゛ メ、, ; 、  ,               ミ
        |  i'      `  ヽ       `" `トッ、x、ィ、,       ,_ x"
       〉、リ         i|!  '             ゛メ"`'〉' `
        ,  ,'         i|!   '               /
      | 〈           l    '               /
        ヘ           i     、            /
     '    ,         !    ヽ             /
.      '      ,       ',     ゝ         /
.     ,'       |       ',      \__/






                    __
                >.:´ : : : : : : :` <
              /: : : : : : : : : : : : : : : :\_
            ,.r'': :i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           /: : : : |: : : : 、: : : : : :', : : : :ヽ : : i: :',
           /: : :.:rャ!: : : : : ヽ:_:_:_: :i: : ',: : :', V ',: :、
            ,: :.i: : :!  '; : : : : :´',ヾト、ト:;ハ: : ',〉 〈!: : ',
             !: :.|: : | -‐.';: ヽ: : : :Vf=ミ、. |/|/ヽ{: : :',
          |: : |: : :! ,r= ミ \: : !.ん心 》|/!: : :.|: : :.i
          |: : |: : :! 《 .ィ心  `¨ ゞ..ソ  !/| : : !: : :.|
          |: : :',: : ',.  ゞソ 、    , , ,  ,: : :! : : |: : :.!
          |: : : ヾト- , , ,.          /: : /|: : :.!: : ;   「―――すー………はー………
             '; {: : :| ハ    , - .、   /: : /: i : : |: :/    すー………よし!!」
          .ヾ:i:.:| |:.ヽ        /イ>== ミ:、/
           |:.ハ.:! |: : :>.      /      V
           |' ヾ!. '; : i : :|:.>=≦三{{         ,
                   ヾ ヽ: !: : :_:_}::}}::::}}         ',
                .rー77/ !>.:''::::::::', .、      !
                   ハ::ノ::::/::::::::::::::::::::::',. ',     ∨
             ,.>.:´::::〃:::::::::::::::::::::::::::::',ミ',       ∨ミ、
              ,.ィ::::::::::::::::::{{::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::',   _ / _ \
          i:::::::::::::::::::::r≠:::::::::::::::::::::::::::r-ー- ''´ .> ´: : : :∨
          |:::::::::::::::::::::ヘハ:::::::::::::::::::::::::::| |   /: : : : : : : : i
              ';:::::::::::::::::;:::::|| >:::::;;;;;;;;;:::イ! .|  |/: : : : : : : : : : :!
              ゝ--:::イ::::::≧イ!::::::::::/\! .!  i!: : :i!: : : : : : : :.',
            i::::::::::::::::::::i | |::::::::::\\| |  .',: : ヾ: : : : : : : : ヽ
            /∧:::::::::::::::| | |:::::::::::::::\! !  r'ヽ: : : : : : : : : : : :}
              ∨/::::::::::::::::! | !:::::::::::::::::::{ _{ __}ヽ.. ー- _ : : :ノ!
             i:::::::::::::rへ//::::::二ニ=::/  ゙ ヾ ` ー- _  /
               /}::::::::::::> ミ::::::::::::> ´   \      /⌒
           }ハ::::::::::::| | |:::::> ´        `フ  ./
          //  ';:::::::::::!> ´           / /



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 どうせこの手の男なんて鈍感なんだから。

 前回は言えなかったことを、今言おう。

 そしてそこから始めるのだ。失った記憶も貴方の願いも、何もかも叶えて持って帰ってやる。

 ―――恋する乙女は無敵だから。声を大にして、決意を高らかに叫ぶのだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

91 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:24:22 ID:p/03FBw2



































                   、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
                   )                                 (
                   )     ―――貴方が、好きです!!     ..(
                   )                                 (
                   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

































▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――世界は、恋に満ちている。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

94 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:25:17 ID:BuY4J/No
はやて「生まれる前から愛していましたあぁぁぁ!!」



98 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:25:48 ID:p/03FBw2





                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

108 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:27:03 ID:YJsXpfhq
乙女心に翻弄される石川数正聖杯戦争、始まります

109 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:27:24 ID:/OKCQ1Vk
アーチャー「え?なに?前に召還された俺一体何やらかしたの?」

111 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:27:56 ID:LqN8R1Cj
ん、でも記憶はなくても記録はあるんなら……心がついてくるかは別として、事態の把握はできるんじゃ

120 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:29:50 ID:c7EozdBZ
>>111
大きくなったはやてに気付いていない可能性

128 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:31:36 ID:Td5Fyxn9
>>120
ああ、大きくなったからな(身体の一部を見つつ)



141 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:36:34 ID:p/03FBw2


     /:/ /       ∨∧                 M._._. . . .>。_ /./ / ./    __ :-===ミ     \ -∨. . .∧ ./.l. !. . / /. . . .
.    /´              ∨∧                   ≧_._._._._._._. . . /   _x≦>: : : : : : : : : : :≧ュ。._  ∨ ∨. . .∧/. .! l. .〈ノ. . . . .
.                   ∨∧                     , -====≦. . / ,x≦/: : : : : : : : : : : : : : : : :>: .、.   ∨. . .∧. .!_|. . . . . . . .
.                  ∨∧                  /. . . .. . . . .. . { }才: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ ∧ }. . . . . . . . . . . . . . . .
                   ∨∧                 /. . . .. . . . . . . . ∨ : : : /: : : : : {: ; -―: : : : : : : : : : : ∨ .}、. . . . . . . . . . . . . . . .
.                    ∨∧                }. . . ._._._. . . . . . ,イ: : : : ハ: : : : : ト:_:_≧:_:_: \: : :ノ ! : : ∨トヘ. . . . . . . . . . . . . . . . .
                     ∨∧.       _      |. ./´   ̄ .-=彡: : : : :| 二_: : : :ゝイ´ん:r}〉: : X: : l!: : : : }.マヘ. . . . . r――====ミ
                    ∨∧      |. . .\    |./      Ⅳ : : : : : : K´んハ:_:_:_:_:>ゞ_ソl:/ : Ⅵ{ : : : リ. マヘ. .r―≧
.                      ∨∧       l . . . . \   {       }.,:: : : : : : : ト. 弋ソ ,        !: : : : : ::|: : :从. . マヘ. >
.                     ∨-― ===., ⌒丶 . . . \_       ,イ}: : : : : : :圦            ノ: : : : : : !: : ::乂. . .マヘ       /
.                        ′    /     \. . . . .}     ,1l:l/乂: : : : : : :ゝ   、 ノr--/: : : : : /:_/}ノ. . . . . マヘ_,-- /
                     /               、.〈     /l:l:/ } . ∨: : : : : : :: ..     | |/: : : :{=彡/7ヽ. . . . . . .マヘ   >--= /
      ト。           -==       .′            丶ヘ   /l:l:/ /. . . !∨:: : :>-=ミ:>. ィ|/: : /}し//////}. . . ./ .マヘ / . . .//. .
      ゞ. .>       ,イ . . /     ,              ヾ.、 ,イl:l/ /. . . . | N.\{\   `¨´.l/|_:イ//////////{ 、 〈   マヘ. . . . . . . . . .
       ` <. . . . . .-=彡. . .,                   ∨ {l:l:l{ /. . . . . ! !. . ._ 。r}>-=ミイ/////////////:!. l/. .\/.}:l:l|. . . . . . . . .
           ` ヾ. . . . . . . ./    /             , ´    Ⅵl:l/!. . . .. . . }  /////     7/二二二 `ヽ///l !. . . . . ./l:l:l!. . . . . . . . . .
           ノ . . . . . . /               /      ∨. . . . .. . . .リ .//// {  γ⌒ ̄      `ヽ ∨/j l. . . <l:l:l:lリ. . . . . . . . . .
          イ . . . . . . . ,     /                    ∨. . . . ._.>イ-=ミ从  /           ∨.∨ ゝ. . ./才´ . . . . . . . . . . ..
ト. _____ .j . . . . . . ..               /          ∨.㌻    .rィ///У{      --= ニ.  ∨ 〉  }=ミ. . . . . . . . . . . . . .
ヾ . . . . . . . .. . . .. . .. . . . . ./   /           /           ∨     {///{.//リ.              Y   ゝ `ヽ._._._._. . . . . . . .
  \. . . . . .. . . . . . . . . . ./   /                       l!     |///{{/                ノ        \. \. . . . . .
   }. . . . . . . . . . . . . . .                            |!      |////             <          \. }| . . . .
===彡. . . . . .. . . . . . イ ′  /                            !!      __ノ         -==彡              ∨.! . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . .,___ /_            /            __}-====ニニニ        ///|          _。r≦三三ニ∨. . . .
. . . . . . . . . . . . ./} . .}//////77777=- 。    /       _ -=ニ二               /////:!       _。≦ソ´ ̄    >′. . .
. . . . . . . . . . /  .| . .l///////////////>_,イ , --===ニ二                      イ////// |_ -===ニ彡'´ ̄     >゚∨. . . ./
. . . . . . . ../     |. /}//:///////////////l:l,イ                        ////////// !三三-=≦リ___ .>゚    ∨ . /
. . . . . . . ..>    !/ .l/:///////////////l:l/                      _ 。r≦/////////////////// / |   }. .|.       ∨/
. . . . . . Y. . `ヽ    {777777=- 。//////{l:l{                 __ .。r≦襾///////////////////////  .l   |. ..!       | |
. . . . . . .|. . . ∠  イ//////////7ヾ:///l:l:l:l:l≧ュ。._           イ  |//////襾//////////,イ∨///////   |   .マヘ.      { }
. . . . . . ._._._._._._.,イ///////////////∨l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:≧ュ。._ . 二ニ=-    j  .j///////襾////////∧  ∨/////    .{     `ヾ:.、    乂
. . . . ./   ,ィ//////////////////l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:lト       ,   ,////////襾「 ̄}//// ∧  ∨///     ゝ、   ‘:.,
. . . .<   ,ィ//,イ///////////////{ト。l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:彡′     /  //////////襾  .∨//// }   }///         ヽ   j:}
. . . . .\///:イ////////////////リ  `¨7¨¨¨¨¨¨¨¨´        /  ///////////{    ∨////!   !//         \
. . . ..イ//イ//////////////////:八   {                  /  ////////////]/\ ∨///]. 才.∧          __>_
`イ///ィ7////////////////////l:l:|ゝ. :.                /  /////////////    \.∨///. . . .∧.    }. \ ̄]. .イ.]
{////7/////////////////////l:l:l:l:l:l:t. 、           イ  イ//////////〈 \     \/. .`ヾ 、 ∧    [. . . .\|. . . |
{//,イ////////////////////:/l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:>、         / //////////////\. \.    ∨. . ∧ ∨ . \   .l . . . ._._!. . . !
[//////////////////>= イ:l:l:l:l:l:l:l:/. . .ヽ        / ///////////////∧ }  }      }∧ . .∨. . . . ..\/. . . .\ \ . ]
|/////////////> ゚´l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:lリ=彡 . . . . ゝ     / //////////////////∧ l  |      | .∧. . . . . . . . . . . . . . . 八  ∨
∨///////> ゚´l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:/. . . . . . . . . .リ >.イ .イ////////////////////∧l  |      ∨ ∨. . . . . . . . . . . . . . . \/
. ∨//> ゚´l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l/. . . . . . . . . . ..//  /////////////////////////:」 .|      }  .∨. . . . . . . . . . . . . . . . }
  `¨´ 厂 : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . ._..人   //////////////////////////// /      〉   ∨. . . . . . . . . . . . . . . |
     {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /‘'…'´ `¨¨`ヽ/////////////////////////// /      /    ∨. . . . . . . . . . . . . . |
     ゝ: : : : : : : : : :イ`¨¨¨¨¨¨¨´          `¨¨¨ 7//////////////////// /      〈      ∨. . . . . . . . . . . . . |     ,イ}
      `¨¨¨¨¨¨´                     ///////////////////// /       /       }. . . . . . . . . . . . . .ゝ--==彡/
                                /////////////////////  {      イ       ∨. . . . . . . . . . . . . .. . . . . . {
                            ト、_.ノ////////////////////        {          .∨. . . . . . ../}. . . . . . . . . . ハ
                           「////////////////////////         ]          ∨. . . . . / .!. . . . . . . . . . . }
                            7/////////////////////:/          {           } . . . . /  !. . .. . . . . . . . ..!
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【八神はやて】

 死病に侵された少女。
 聖杯戦争に偶発参加した時点で人生終了秒読みであったが、アーチャーの応急処置によって辛うじて生存。
 令呪を食いつぶしながら生きる反死人のような有り様で、当人も生きることを諦めていた―――が。
 ラクスや聖十郎の言葉を受け、生きることに対して前向きに考えるようになる。

 その後、彼女の為に奔走していたアーチャーをはじめとした多くの陣営の協力を得て、延命に成功。
 更に聖杯を以って残った病魔をも祓う事に成功し、健康な身体になるが―――。
 意識を取り戻して聖杯戦争の顛末を聞いた彼女はアーチャーの消滅を聞き、まだ自覚すらしていなかった
恋心を胸に泣き崩れた。

 その後10年、神祇省に頼み込んで魔術師となった少女は、研鑽を積み、聖杯戦争に参加する。
 アーチャーに記憶を取り戻させ、彼の願いも叶えた上で、彼自身もゲットして持ち帰る。
 滅茶苦茶な総取りだが、それがどうしたと少女は吼える。

 何故なら、彼女は知っている。
 恋する乙女は強いのだと、あの聖杯戦争で教えてくれた人が2人も居るから。
 そう―――世界は、恋に満ちている。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

143 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:37:55 ID:jBZHDJ08
はやてつええw

144 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:38:01 ID:kY/LYJ4H
年貢の納め時だな、アーチャー!

145 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:38:17 ID:FhmTSJ1j
ヴァージニアとほぼ同じルートたどったw



146 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:38:22 ID:p/03FBw2



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                          生死に始まり


                      大人が子供に背を見せて


                      そして世界は恋に落ちた




                   これは、そんな聖杯戦争――――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



.

148 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:38:26 ID:j3ch0bsj
今回の聖杯戦争は「死生観」と「恋する乙女は強い」がテーマだったな……

149 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:38:30 ID:pr52HeT8
10年後に神祇省に石川数正まで加入wwwww



153 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:38:58 ID:p/03FBw2






▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――第六次中聖杯戦争 完


 そして―――少女の恋は続いていく。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲





.

156 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:39:17 ID:urNBfaSe
アマッカス大歓喜だなw

157 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:39:20 ID:gJMTmKg7
総取り狙いか、欲張りな……すいませんできそうですね恋する乙女なら



158 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:39:27 ID:p/03FBw2
というわけでー!
はい、お疲れ様でしたあぁぁああああああああ!!

159 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:39:42 ID:HAqA9Adq
乙でした!!

160 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:39:45 ID:Z8XQEQyU
乙っしたー!

161 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:39:46 ID:pr52HeT8
ほんま、この3つやねww
「生と死」「大人」「恋する乙女は無敵」ww

お疲れでしたー!!



210 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:42:20 ID:p/03FBw2
さて、では軽くネタばらしなど。
散々言われているアーチャーの願いですね。

これは出すタイミングが掴めなかった。

215 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:43:12 ID:LrDzZ4qQ
アーチャー独自に勝利狙ってたしなぁw


239 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:48:02 ID:p/03FBw2



          .......................
       ....<.............................>....
     /.....................................、........\
    /..............................................ヽ..............、
    ,..............................\................................ハ
.    ........................ハ..........\..............〈,ハ} X<
   |..............|..... | ∨.......................|.〈/}/\|
   |......... |..|..... |.  ∨........ー\┼-...........|
   ............|..N..-|‐{.´ \\...xテ云ミ il.........|
   {..................xテ云ミ  \ {r'__} 刈.........
     .............〈{ {r'__}      ^"~  }........|
     ';...........∧ ^"          ,........
.     ∨........い、     '     /.........′   「そういえば結局アーチャーの願いってなんだったん?」
     Ⅵ!....∧ゝ    -  ` . :...../../.}
      ⅵ.........',....}>    イ......./}./}/
      } \......|「冖------{/}./ ./
      ィニ二_\{.  `¨冖--{ \
    ,仁二二ニム_ハ /\.  〉_Kム、
    二二二二二マム\ / ,/::: Lマニ>.、
    {二二二二ニニマム. ` 〈\::::::\ニニ]
    {二二二二二ニ}_ム.  \_Y:::::ハニ_}
    {二二二二二ニ}ニム    }:::::::::}∠_
    ∨`寸二二ニニ]〈^¨\   \ ̄ ̄}ト、
    }   `寸二二}___/^}. \   \ ] ハ
            ̄ ̄ ̄ | |    ̄ ̄  \
.     ∨        ∧/`Y           }
      ∨      /  ,:く        /
.       ∨     ゝ-<厂\      /





                                 、.
                              _ ,,,...ヾ:..、
                      r _‐ィ::::::::::::::::::::::::≧:....,,
                      / 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄
                   ∧,ィ7/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
             _,,...、‐'   ノ/ィ::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::iヽ   「あぁ、アレな。
.       ,...-―一..:≦:::::::::::::ノ_     /' i:::::::::::::j!::/!:ハ:|;::::::::::::::::|     俺の歴史的過程も関わってんだが……。
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,    ,、|:::::::::::/|/ |'   ' ゙::|;::: _::リ      ま、殿への謝罪なんだわな」
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノィヘ∧トノ}:i:::::::i __  、 -‐´ ! |`; } イ_
.    \::::::::::::::::::::::::::::_:::::>=ー―― :|ヽ|:,ー ' }  ̄´ u  i   ≦ィ
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'| \  、    ,.:_'   _ヽ::ー―‐.,、
       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/7   、ー一/ /   ト、:::::::::::::::::{::::\
.          \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::}ィ,   _`:. ィ  /ィ   |`:::::::::::::::::i::::::::::\
            ̄ ̄ ̄ `<:::::::::::::::::::::::::::∨! \   ノ  { '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
                   `<::::::::::::::::::::::}ィ、 ヾ\/ |ィi.ハ::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::∨
                      ` <:::::::::::::ヾ{`\/ノ:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::∨
                        ゙:::::::::::::::::〉  /::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::\
                              ゙::::::::::::/   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::∨
                            }::::::::/     |:::::::::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::∨
                           ,:::::::::|     |:::::::::::::::::::::::::::::::/.    \:::::::::::::::::::ヽ
                            /:::::::/       |::::::::::::::::::::::::::::::j       ヽ:::::::::::::::::::∨
                        /:::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::::/       /、::::::::::::::::::::;
                         ,:::::i:::::::|       |:::::::::::::::::::::::::::'     /::::::::::::::::::::::::::/
                           /::::::i:::::::|._    ,ノ::::::/:::::::::::ノ:::(.     /::::::::::::::::::::::::::/
                      _i´:ヽ::::i:::::::| ̄  ノ }:::::/::::::::/:::::::}  /::::::::::::::::::::::::::/
                    <´ ゙:{:::::::';:i::::::ノ_ /   /:::/::::::/::::::::::::ヽ.:'::::::::::::::::::::::::::::/
                      /ィ ゙::::::::、|::::{  ‐- 、':/:::/:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::/
                     ノ ,、 \:::::::/__  }`::ー::-====::::::::::::!:::::::::::::::::::/
                    _}、ィ、 `‐{ ̄ 7 7ノ イ ィi/i::;i::::::::::::::::::::{:::::::::> ´
                      〈  ` !' `'  / ./`/_,,.、 '"|/|:ハハ∧!_ ´
                    |      { {     ∨ 、    ,、ノ´ヽ

240 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:48:49 ID:urNBfaSe
ああ、なるほど

241 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:48:50 ID:Rr+cbj3v
お梅さんと同じやりなおし希望組?

258 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:51:54 ID:nT4PTUUD
なるほど、たぬき繋がり!w



259 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:52:11 ID:p/03FBw2


      、        、
       `ー  _ __ ..≧ー....._
         ..::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=、‐
      ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   _. '´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::':、::::::::::ヽ
.       /:::::::::::::::::::::;::::::;'i:::::;、::::::::';::::::::::':;::::::::::ヘ
     /::::::::::::::::::::/,'::/' i:::/ ';::i;:::::';::::::::::::::::::::::::ハ
    ./:;:::::::::::::;!:::/ ,'/ ,!:/  .';!';:::;:::::::::::::::::::::::::::ハ
    / ',':::::::::::.;'|:/ィ'/   |'  `‐'! ';:i:::::::::::::;:::::::::::::::;i   「三河の軍制ってさー。
.  / ,::::::::::::; .|'  '   |      '!';i::::::::::i:::::::::::::::|    超古くてさー。武田の先進的な軍制とか知ってもさー。
    i,::::::::i:;          ● .!:::::::::::! ‐、:::::i;;!    頑固者が多すぎて簡単には変えられなくてさー。
.     ,' !::::::::!  ●            |!i:::::;::|   |::;!     でも西で秀吉超頑張ってるから、時間かけてたらヤバくてさー」
    ' '!!!::::!            ,! !::;' ゙| _,':/
     '!゙;::|',        i'"´ヽ   .' |;' .,ィ'¨i:;'
       '!ゝ      ゝ_ノ     ノ:;'/ '
        >__.        _ <! '!'、_、
        ,r゙" ,、`,、ー‐、 ¨´ ,.、ィ´¨"゛´`=‐-、_
        ,x" "¨   ヽ_、_ノ ,、ミ"          ゙ヽ_
        メ,_     ____,ィ`゙               i
.       〈  _゙=-‐‐‐._=‐ニニニニニニニ==‐. _ニ゙‐ 、.   ゙i
       `´-ニニニi'´ニニニニニニニニニニニニニ=: _ニニ゙"'|´`
        ‐ニニニ.!○ニニニニニニニ○ニニニニニニ`ヽ、_..〉
.        -ニニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
        -=}ニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニ,ニニニニ!
         -=|ニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニ|
.         -ニ|===|ニニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ|
.         -ニ|ニ==!ニ○ニニニニニニ○ニニニ=!ニニニニ!
       -ニ|ニ==|ニニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ|





                       ___
                 ー_.::≦:::::::::::::::::::::::≧:..
            _ ,..ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
               /:::::::::::::::::::::::::::::;ィ;::::/|::::::::::::::::::::::::.,    「そこで俺は考えた。
           /;:::::::::::::::::::::;イi::/ ,::/ |:::::::::::::::::::::::|、,     ―――軍制の全てを把握している重鎮な俺が裏切るくらいの事があれば、
         /'i:j::::::::::::/|::/ |' .|'  |ハ::::::::::i:::::::i:i      流石に軍制変えざるを得ないだろうと。
              |'|:::::::::/./ '     -‐   .||::::j〉|、:::ハ!
            ノ リ|:::/‐、ヽ `´ィ弋ァフ | !リ :.j、|      ついでに豊臣内部から、秀吉が死ぬまで徳川と豊臣が決定的に
           _|ハハ  }    ̄ ̄   ノ ノイ|/| _    ぶつかり合わないように調整役をやれば一石二鳥」
        _ ,.>  ヽ∧. 〈         /.从ト!  ´ 'イ ィ
.     , ‐ 、/ニニフ   ヽ'\ __   ,.イ         <
    、  \ニニ/_  ヽ‐|. \`ニ¨´ _ィ   ヽ  _.メ.     \
.      〉.、  ∨-ィ ノ ィ ./¨i  ` <      `∠_,      | ̄
    _|ニ∧  ∨`´ ゝ-' .;            _,イ´    ,、|ヽ
    )  _〉_ `ー一'  ハ、       /    ̄ノ     :|ニニ\
   ヽ  {._   ‐ _  /ーハ `  ヽ _/_  _./    |∨ニニニ.∨
    > ノ ` - _ノ|  ハ ( ヽ_ -‐ ´/ァ     |ニニニニニ}
   イ  >ー  _  ゙!ノ /  _>     .//    'ヽ|ニニニニ /
    'ィ ゝ _    メ /  (´      /ニフ , /| /ニニニニニ /
     ´ トヽ  ̄ ´ //`ヽ      |ニニ'イ/イニニニニニニニ/






                /                  \
              /                      ヽ-、_
                 {       ____           /:::}::',
               ',   .>.:´: : : : : : : : : : :`:.<.  ヾミ、  ,::::::::::::〉
            __ヽ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  Vハ {:::::::::::{
         r≦ニニニ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :∨ Vハ ';:::>-- 、 __
        }>'' ´ ̄/: : : :.i: : : : : : : : : : : : : : 、: : : ヽ: : :.∨ }}}/     ヾ ヽ   「ああ、それで裏切ったと……。
     r'' ´  __  ,: : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :\: : ∨:!!       ∨    つか身体張りすぎやろ、三河武士」
      ,    ̄ ヾ.i: : : : : :ハ: : : : : : : : : :ト.: :{\: :\/ .ム: : ∨ヽ    _  ',
       .',      '|: : : i: :{__ '; : : : : : : : :i .ヘ:! ̄` ヾ∨: : :',: : ∨ \/´  `ヾ!
        .',     ./,: : : |: :',  ヾ!\: : : : :| .ィf芋ニミ、}ハ: : : :',: : ∨  ヽ      \
        .',    〃i: : : :',: :.,  __ ヾト、: :!" iJハ沁 リ ^'; :ト、:ヽ: : ミ、  \,.ィ     \
        ,.     ', : : :ヽ: ',rf芋ミ   `  .込_ソ  _ハ:|: : ヾミ乂   /       ノ
          ',       ヽ: : : :ミゝ    ,        .ハ: : !: : : /_,,. ィ´        /
          ,  //   `i:ー-:',     __  u _/__ ./ ̄/  /          /
            ∨/     !ハ: :{: ヽ    ( _)  i    / ./   /       ,
          ヽ     / ! ヽ!  { >:... __ イ::}   { /  /
             \ /> ´  ノ::::::::}=::ノノノ:く    ヽ!  /     /
           > ´ ,,.. > ´j i{:::::/  /   }::\   \ ,    ./
        > ´ > ´ヽソ::::::::∨:::::>==....<:::::::::\   ヽ-=く
      / > ´   /:::::::::::::::::ヽ;;;;ノノ:::,:ィ:::::::::::::、:ノ.、      \
      //     ,::::::::::::::::::::::::::::ir r'':::::::::::::::::::::::::::ヽ \        \
     ./     _i:::::::::::::::::::::::::::::}} }::::::::::::::::::::::::::::::::::',   ∨        ヽ
     / > ´ ̄   ';::::::::::::::::::::::::〈〈〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!  ∨       ,
    i/          ヽ:::::::::::::::::::::イ手:、::::::::::::::::::::::::;;.イ._  ∨       !
             r'⌒}::.:ー::::´:::///::::く ̄ヽ ̄:::7    `ヽ.!    _ノ
              レ.:´::::::::::::,.ィハソ::::::::::ヽ  ヽ:::/       |  ./
            /:::::::::::::::::| i r'::::::::::::::::::::`:<二}       .|/
            ,:::.:::::::::::::::::| | !::::::::::::::::::::::::::::::;′

262 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:52:59 ID:neHLZisH
うわぁ、凄いこと考えるなぁ…wwwww
流石三河武士wwwww

273 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:55:03 ID:tMhjdp1s
その狙いが完全にハマったんだからさすがだよな



282 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 18:57:17 ID:p/03FBw2



                     __
                - : : ¨ : : : : : : :>. . .
             <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
            イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : 、
.          , ': ::/ : : / : : : : : : : : : : `ヽ: : : : : : 、: : .
         /: : /: : : /{: : : : : : : : 、: : : : : ; : : : : : ; : : .
         .: : :/: : : ;' l: :! : : : : : : : ; : : : : : ; : : : :_| : : .
        .: : /: : : : { .!: | : : : : : : : :ト; : : : : ト、 /, |: : : .
        {/:{: : : : : l. |从: : : : : :ー:H-:{-:-:| :〉.〈: |: : : :
        |: :|: :|: : 斗- イ{ヽ: : : : : : |_ _.|__ヽ|/∧Ⅵ: : : |
          乂{ : !: : : | z=ミ \ト;: : :{ィ芹竿ミ、:: : :l: : : :
         /:\: : : :|〈{芹 :心  \:|弋込丿}〉 : : :!: : : |
.        /イ: : : : 〉ハヾ 込リ            l : : : l: : : :!
        {:{リ: : : ;  ∧.       ,       .l : : : |: :l: :|   「まぁ、それで……。
        ゝ : : : {  {: :ゝ-、  r――‐ァ r‐ .ィ: : /: ::|: :|:/     真意を伝えず裏切ったことを家康さんに謝りたいんやな?」
         乂: |  `´ヽ'´ ̄ ̄`ヽ- ' .|   >r: ::| /
          r===γ          .∨ ノ    /ィ´ ̄`ヽ
         /   ,          ∨   /      .}
        ノ   ,′          ∨          |
      /     人  }       {:   :}         .|
      ∨ r‐ィ7´/、\      _>--- 、_ __     !
      У!_ノ/ .{\\}     ∧r―t  ∨ `ヽ_   `ヽ..|
      ,′ 八. {\_У       {_{ ̄_  |  {_)    {
      〉-- 、 7 ̄         .!// 丿    Y   .丿
.     {     {           `¨} ̄       |  Y´
     〈     ト.            ノ`ヽ____ム {





                ._  、.
        ー‐-=ニ::::::´::::::::::::`:`-`:.、 i!
           ,.::≦´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ|
.     _ -´ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       //::::::::::::::/'',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      //::/:/::;ィ/,  ',!、:|::::::::::::::::;'::::::::::::::::ハ
.      /,ィ:://ィ',-‐iォ ',!|i:::::::::::/::::::::::::::::::::|
      ' /,.ィァ    '´   '|:;::::::/'゙!:::::::::::::::::j;!   「いや、出奔前に殿とは綿密に打ち合わせをしてたよ。
       ',ィ'´         |!::::/!/.|:::::::::::::::;:|     当時の家族の保護とかも秘密裏に色々手を回してくれて、
.        |         '|::/ノ,イ:::::::::;ィ:/;:|      いやぁ有り難い話だった。
         , -‐──    .'/‐´!:::::::::::;':|,' '!
         ,        ノ   |!:::::::i/
.         |  _   ‐= ´   _ -|!--‐-- _     歴史上はウチ潰されたように見えるじゃん?
         ` ‐-、,ィ、_,ィヽ´           `!    実はアレ、家族はしっかり保護されてたんだよな」
         r'`"゛'     `"゛` ´^!,    ト-‐‐-、
        >゙_,、             `ゞ、_ ,ィ、,xィ'、_,ィ!
.      l´   ``、´ '、rヽ          "      `"‐"ヾ
.      |     .\ \`"`ィヽ                 ゛'kx,
.      |         \ \  ゛ メ、, ; 、  ,               ミ
        |  i'      `  ヽ       `" `トッ、x、ィ、,       ,_ x"
       〉、リ         i|!  '             ゛メ"`'〉' `
        ,  ,'         i|!   '               /
      | 〈           l    '               /
        ヘ           i     、            /
     '    ,         !    ヽ             /
.      '      ,       ',     ゝ         /
.     ,'       |       ',      \__/






            /                          ヽ
         /           ‐=ニ二二二ニ=‐             ゚。
         /        :‰>'"´/:        `<:へ         .
        :      // /   {     |      \:\        ゚,
          {      / {  {  / i    |   |  |  | \ \      }
           。    {  :i  i / |   ::|   |  |  |   |\i       :
           .‘,  { :i  :| /7 ̄ ヽ  .::|\丁 ≧ュ、  :!〉/〉     /
            \/:i:| 八/:,ィう斧ミ \ ! ,イfう斧、| / :| ∧}ヘ    /
             .//:|: |:   〈 に刈   ヽl  に刈 〉 /  }/ 〉/}:   /
             ///:| \: ‘, V)ツ       :V)ツ  :} /   }/i:__/
.           ////:   {\ヘ      ,          i /   //:|
.           {/// ゚.:  \{\               八  :/.:}/|    「……あの。
.          ゝイ  ,   人    `   ´  u 人  :/.://:|      そこまで綿密にやったんなら、
                 。      .         .  /  :/ / ゝ′      何を謝るん?」
               r \ ハ〉 :l>     <l: /  :/ /_
                |___\ニ} /777≧≦777/}:/  /____/
       >―<   |      :i//       ∨ :/    }    ___
   ////////7777〉_________|〈         〉7____/‐=≦//////
  //////////////      ヽ\      //i      }//////////

284 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 18:57:48 ID:7S8Z+eTs
結局秀吉より先に死んじゃうんだっけこの人?



292 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:01:09 ID:p/03FBw2



                i'゙!
               ゙. ゙.
                ゙. ゙. .f'I
             ,ィ'`!'. ゙、) ゙!
          i゙{ ヽ. } '´ .|                 , z____
.            ト、ゝ'´   /                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧ 、
             ゙!.   _. /           ,ィ}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ`
.             ! ´ /               /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!\:i:i:i:i:i:i:iト
          ,!   .!_                i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/!| _ ゙!:i:i:i:i:iト{
        ,-_-,!__,-、イ〈            !'i:i:i:i:l:i:il:i'|/ ,|!´ィェァ!j、:!iヾ
.      〈  `   __,-"            !|:!リ:iト!|'゙   ¨´  ゙}!j゙   「いやほら、形式としては裏切ったわけじゃん?
       ゙!ー一'`´ニ'               !'i.!| '   、,    !'     だから死ぬ前にもう一度位は謝罪したいなと……」
.       !ニニニニニ !                   _|!ゞ.  、,-― ァ /
.         !ニニニニニ.!          _,-x、,ィ_‐-メ´ニニ_ト 、 ` - ' ,イ_ニニ= 、
       !ニニニニニ!          I、  `´'-ゞニ ./´ニ_} > - ' {ニ `ヽニヘ_
.      !ニニニニ .|         '_-,-'、  ゙{_// ヘ´.     ` 、ニ }ニニ}ニ゙!-"`ヽ,
.        !ニニニニ,└――――一'`!:i:i!ニニ´j_  {/// ヘ. _    _.//`{ニニ,!ニ ゝ!  ゞ,
       !ニニ/'ニニニニニニニニニニニニ!:iニニニニニヾ、'///,ヘ `  '´////,!ニ !ニニj´  ,-"
.      !ニニニニニニニニニニニニニニニニ゙i:!ニニニニニニヽ////,ヘ   /////ハ ,!ニニ!゙  ,ィ゙
.       └――--===ニニニニニニニニニ゙!ニニニニニニニ!/////,`-"//////ハ!ニ_j' f'゙ ,!
                    ̄ ̄`\ニニニニニニニニ!///////////////,}-",-'´ニ,ゝ
                        ト、ニニニニニニ |///////////////,!゙-"ニニニニ.{
                        !ニニニニニニニ !///////////////,|ニニニニニニ |
                          !ニニニニニニニ !////////////////!ニiニニニニニi
                       |ニニニニニニニ i////////////////,|ニ゙iニニニニニi
                       !ニニニニニニニ.!/////////////////!ニ '!ニニニニ !
                       |ニニニニニニニ!/////////////////,|ニニ!ニニニニ !
                    /.{.ニニニニニニ.!//////////////////!ニニ゙!ニニニニ!
                        /ニ.|ニニニニニニ.{//////////////////,|ニニニ!.ニニニ !
                      /ニニ.!ニニニニニニ !//////////////////,|ニニニ!.ニニニ !、
                   /ニニニ|ニニニニニニニ!//////////////////,!ニニニ!.ニニニ !_ヽ
                /ニニニニ{ニニニニニニニi//////////////////,|ニニニ!.ニニニ |ニ ヘ
                   {ニニニニニニニニニニニニ !//////////////////!ニニニ|ニニニニ!ニニヘ
                    |ニニニニニニニニニニニニ |//////////////////|ニニニ゙!.ニニニ |ニニ ハ
                     |ニニニニニニニニニニニニ .!//////////////////|ニニニ i.ニニニ.|ニニニハ
                |ニニニニニニニニニニニニニ!//////////////////,!ニニニ i.ニニニ.|ニニニ ゙x'゙!__
                 |ニニニニニニニニニニニニニ! 二二二IニニI二二二二 !.ニニニ.i.ニニニ.|ニニニ ,j  〈
                  |ニニニニニニニニニニニニニ!///////////////////!ニニニ .iニニニ |ニニ j゙   ミ







                          ‐─┐
                      ///: |
                    ///: : : |
          ∠三三三三三ミx///: : : : : |
          |┌─┘└─┐「 ̄ ̄l|: : : : : : |
          | || ̄ ̄| ̄ ̄|| ||: : : : ||: : : : : : |
          | || ┌ {} ┐ || ||: : : : ||: : : : : : |      -―‐-
          | [<={0}=>」 ||: : : : ||: : : : : :    ./⌒     ヽ
          | || └ {} ┘ || ||: : : : ||: : : :/   〈_r =≠冖=ミ、  \
          | ||__|__|| ||辷彡||: :/     /:./:/:/:.:.:`ミx       _ ,,,,,,イ
          └───── ┴ ─ ┘     /:.:.:/:./イ/|イ:.:.:イ:.:ハ]ノ  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;/
                    r/ 〉;;;;;;;;;;;;;;\     :.:.イ从 佳テ |/ノイ:メ|  /;;;;;;;;;;;;;;;<
                 〈 〈/) , ┐;;;;\  |:.ハ:.ト__   奈/イ:.|/;;;;;;;;;< ̄⌒
                      Χ∠//┐__r≦⌒ l/厂| ー  イ:.:.:ハノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
                /::\トイ)/厂 \\:::::/  |ト厂`/彡′;;;;;;;;;;\⌒
                {:\廴_ノ::::人、   } l::/  /\|Χトハ;;;;;;< ̄⌒
                     \:::::::::/   Y_〉 У/::::::〈〈::\ハ\⌒
                      \/   〉┘ 7   /:廴:::::::l |:::::::YΧ}
                       \.彡  /_-=〈::::::>‐:ヘ〉:::_八7   「終わったら家康さんの墓に連れてってやるから、
                          \__〉∠⌒::::::l |:::|_〉    それで我慢しときぃ」
                ______  /;;;;;r┴―‐┐〈〈::∧ \
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厂 ̄ ̄ro「l |:〉〉「┐  \
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l/厂 ̄ ̄ro「::::l |串||「ト    \
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/j/  厂 ̄ ̄ro「::::://::l |:||「ト \___ノ\
         /;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/l/     /     /_-_'/:::::l l::||  ト、 {三三ミハ
       /;/;;;;;/;;;;;;;;;;;;/;;/j/     /    r─┘::::::::::::://:::||__ ト \>、 \;;\
     /'´/;;;;;;;;/;;;;;;;;;/;;/     //   /:::::::::::::::::::::::」 |::::::::::| |ハ 「「rXУ;;;;;;;\
      /;;;;;;/;;;;;;///    /;; /_/::::::::::::::::::::::::::::::l |:::::::::::| |'∧ ];; \>、;;;;;;;;ハ
     ./;;;//;;;/ /′   /;;;;;;;;;⌒ |二ニ==…z‐--└ミ:::::| |/∧ )∧;;\>、;;;;;ト _
     // //      /;;;;;;;;;/// |         / ハ   ̄ ̄⌒|_| /∧   \;;\>、「⌒
     /′ /′      /;;;;;;;;;///// |        ////,      | //∧\  \;;\>、           /}
            /;;;;;;;;;/////// |       / ////,       .|///∧ ;;\  \)\ >、   ―  / /
            /;;;;;;;;;;/////////,|     ///////,      |,'///∧ ;;;;;\    \ >∠二/ /
              /;;;;;;;//////////,'/     / //////∧       | /// ∧ ;;;;;;;;\    / ∧ 人ト/l |
          /;;;;/////////////     //////////ハ     |/////∧;;;;;;;;;;;;\  | | 〕辷ノ__ノ ノ

298 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:02:02 ID:neHLZisH
やっぱり三河武士って超面倒くせえ!wwwww

312 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:03:36 ID:pr52HeT8
今回の鯖、願いがめんどくさい奴だらけだなww



313 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:03:59 ID:p/03FBw2


      、        、
       `ー  _ __ ..≧ー....._
         ..::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=、‐
      ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   _. '´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::':、::::::::::ヽ
.       /:::::::::::::::::::::;::::::;'i:::::;、::::::::';::::::::::':;::::::::::ヘ
     /::::::::::::::::::::/,'::/' i:::/ ';::i;:::::';::::::::::::::::::::::::ハ
    ./:;:::::::::::::;!:::/ ,'/ ,!:/  .';!';:::;:::::::::::::::::::::::::::ハ   「いやいや形式としてもそういうのは重要だというのが
    / ',':::::::::::.;'|:/ィ'/   |'  `‐'! ';:i:::::::::::::;:::::::::::::::;i    三河の武士としてですね」
.  / ,::::::::::::; .|'  '   |      '!';i::::::::::i:::::::::::::::|
    i,::::::::i:;          ● .!:::::::::::! ‐、:::::i;;!
.     ,' !::::::::!  ●            |!i:::::;::|   |::;!
    ' '!!!::::!            ,! !::;' ゙| _,':/
     '!゙;::|',        i'"´ヽ   .' |;' .,ィ'¨i:;'
       '!ゝ      ゝ_ノ     ノ:;'/ '
        >__.        _ <! '!'、_、
        ,r゙" ,、`,、ー‐、 ¨´ ,.、ィ´¨"゛´`=‐-、_
        ,x" "¨   ヽ_、_ノ ,、ミ"          ゙ヽ_
        メ,_     ____,ィ`゙               i
.       〈  _゙=-‐‐‐._=‐ニニニニニニニ==‐. _ニ゙‐ 、.   ゙i
       `´-ニニニi'´ニニニニニニニニニニニニニ=: _ニニ゙"'|´`
        ‐ニニニ.!○ニニニニニニニ○ニニニニニニ`ヽ、_..〉
.        -ニニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
        -=}ニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニ,ニニニニ!
         -=|ニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニ|
.         -ニ|===|ニニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ|
.         -ニ|ニ==!ニ○ニニニニニニ○ニニニ=!ニニニニ!
       -ニ|ニ==|ニニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ|






            / /            ____         ヽ ‘,
        / /         ,x≦三三三三三三≧ュ、      ヘ .
          . /      ,.イ/> ´           ` マへ、    :} i
         { ′    ///   /     :|  ヽ      ヽ,ヘ     i }
        ||     /// / /i     :|ヘ  ヘ ヽ    ヽ、   |:|
        ||    //   :{  i: マ    | :| __ヘ ヘ     l ヘ  }
          {    :{/ | l 才-.マ   .:|´|  | \ :ト、 /}/,}  /
         ∨   l′ | / |  マ   | :| _廴 | :}ゝ 、//! |、/
         ∨ / /  :!/ |ヽ {⌒ マ   !  仍fh心 i |/ ヽ',| |∧
          》,'/〃  l  !   z≠ミ\ :!  弋しシ// / ヘ| | マヘ   「ははは三河武士めんどくせぇ」
       ,.ィ升///  {  ヘ ´     \{    ̄´ //′  }/l :l,'/ヘ
     ,.ィ升/// //{   /ヽ  ヘ      ′\   //}   /i//} |,///\
    《,//// / :i/i  ////\ ヽ    r ―┐   / ∧ //;ll | .|/___/,}
    \_/  / .|,'{ ////,'//\\  ゝ   ′   イ/  //,// /   ¨
          i   |,'| i//{//,>-l> 、        イ//. /////
          |  .:! | |∧/,.<:ト__/| ≧ __ <、:|/ / /\ヽ、
        ‘, { | {/,/   :|   |,x≦:::|::|::|:::::::/ ノ:|   \ゝ
         ヽ :i マ {      :|イ|_> <:! |::!^ //、`|_    :!  __
       ,.ィ==≧ュ、 |: /    >/     T /   },'   =‐ |<//////≧ュ、
      //////////   /::∨  r r.、!   / 《    \,///////////\
     //////////   / _ヲ::__,.ィ´ //_   /:::::::Eヽ     \///////////ヘ、
.  ///////////     /,ィ¨ヽ, ,.ィ/ / /   /:/::::::¨¨ \   \;////////――ゝ
,.ィ升//////////     /::::::::::::::::ヘ   / /┼´::/::::::::::::::::::::::::ヘ   /∨////  ‐== ヽ、
――‐<//////ヽ、__/:::::::::::::::::::::::ヘ  /::::Ⅲ:/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ∨// /         \
――<  ヽ//´77/////≧ュ、::::::::::::::::》/::::::::l≠:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',   }/ ./             /
     ヽ、/,/////////////\::::::::::/::::::::::《7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :i./           /
       //////////////////ヽ::/::::::::-≠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   !            /
.      /////////////////////::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |   |:           /




【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| アーチャーさんの願いはこんな感じ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

314 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:04:02 ID:1q0DkeOA
ライダーは願い何だったんだろう。
あいつヒャッハーしてるイメージしかないやw



324 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:05:46 ID:p/03FBw2


Q.ライダーさんの願いは?



                    <´      ヘ `丶-∧__ \\|  _ \ \   ∧
                 /          \  i! i!  ``` ゞ/  \ } \ | | ヘ
               /         ___≧i! .i!     /     \  .Y } ヘ
             /            `ヽ、  .i!  i!  /        \  'i, ヘ
           /             、_ ,, -= i!   i! /            \ }  ヘ
        ,,, <´              ゝ、    i!    |              ',   ヘ
    _,,, ≦   _,,                ` ヽ _ 〆二ニ=ゝ,              ',   .i!
-‐≦  _,,, -‐ ´/                  //.r "   ゙゙ {‐-= 、           ',   i!
 ̄  ̄     /               _,, - ‐x _  ≦ィX,,    /    `ヽ、            {二≧、  「ヒャッハー」
       /             /¨" ''ー-  .ベ゙¨ ヾ、  二}T'´        刄、     /|    フ
      /          ,r‐+゙゙¨"" /" ̄ "ー≧、}‐'´爿、\          `` ‐ - '´  ノ-‐ '
      /        {  、   / /7    ヘ\ .ハ \ \              /
     ,'            ',  ',  / / /      `¨ \ \  ヽ\              /
     ,′          ヽ `」 i ゝ'          ヘ \ ヘ ベ、        /                   , へ、__
    ,′        ,r ' ¨ ‐孑'¨  !                ヘ\ \ヘ ヘ \      ィイ、                 /   ヘ ¨`z、_
    ,′      ( _ __,,     ヽ      , r '´  ``‐ミ ゝi ',. ヘヘ .`ヽ _,Z仆|| }                /     ヘ  ', '廴
.    i!      ∠ - '´  `> 、  ヽ    /        ', i! i! ヘヘ   ¨ .// ! ∧        ,≠ ¨ ヽ   /   Y   i!  i! ', 圦
   i!           /  _≠`ヽ、 ヽ /          ', ヘヘ ヘ ヘ,    // i! i! ト、     ,孑- 、  \⊥ヽ _ 」、   7  ノ  ', ',
   i!   |゙` 、_   /  /    `゙ ‐H           ヘ ヘ \ ヘヘ  / / i! i! ', \.    '  ̄  \    ̄`` ヘ ∧ /   /   )
    i!  圦    ̄/   /         ', ',              \\ \ヘ `´ / .i! i!  ',   X ¨  ̄ ¨" ‐-≧,        ゞ、 ¨ \イ  ィ
    i!    \  /  /        _i!. ヘ           \\ \ゝ‐' / i!    ',   ヽ           キ       ヽ、   `´ |
    i!     >  /        /   i! ヘ            \\ ゝノ  i!   /l   /_,, - ‐=ー-  ',        ヽ ,     l
   i!     ( _,, '´        X     i!  キ       、     ヘ `ー- '´    / | /´            ヘ         Y    /
.   i!     \        /  `ヽ、  i!  ゙i       ヘ     ヾ ー - - ‐'´  .l  ゙ ヽ、          ゝ       !   /







【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| 5文字か。
―――――――――――――――――――――――――――――――

331 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:06:14 ID:Zdt8vcth
すげぇ、五文字もあるじゃん!と思ってしまったのはおれだけかw

332 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:06:16 ID:neHLZisH
知ってた(真顔



350 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:09:29 ID:p/03FBw2
しかし今作はやたら爽やかに終わったなwwwww

356 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:10:21 ID:p/03FBw2
どうだー楽しかったかーみんなー

357 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:10:36 ID:2szAdpMW
ここはアサシンも過去に戻ってジェヴォーダンの獣に会いたい、とかじゃないかな
自分の手で倒す為に



379 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:11:54 ID:p/03FBw2
>>357
そうねー。「自身の手でジェヴォーダンを討ちたい」が願いでした。
でも精神汚染のせいで、自分でそれを自覚していない状態。
突き詰めれば汚染状態が表に出てくる。

383 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:12:45 ID:p/03FBw2
予想外………誰だろうね。
やっぱセージとランサー?

395 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:14:10 ID:Rr+cbj3v
わんわんおがカウンター含め、今作の役どころ(過去形)の裏話なんかを伺いたいですねー。

396 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:14:39 ID:6iyg1hEA
つうかこれセージダークヒーロー化してなかったらはやて即死してた気がするんだが
本来はどういう流れ想定だったんだろう?長期戦狙いの敵ばっかだし。



405 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:16:37 ID:p/03FBw2
>>395
今作で初めて導入した調整要素として。


・登場タイミングと状況でデータが変わる敵


というのがありまして。
データを3種類ほど用意しておいて、出てくるタイミングでその戦力が変わる予定でした。

後付調整嫌いなんですけど、最初から条件とデータを設定しておけばどうだろうみたいな感じで。
で、それがジェヴォたん。最速パターン≒最強状態で出てきた挙句最大回数殴り倒されましたがね!

415 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:18:19 ID:p/03FBw2
>>396
なぁに、7日目までは生きられる。
その間に善陣営が聖杯取ればなんとかなるだろ!

セージとの交渉はアーチャーが身売りみたいな感じでやればそっちコースもありみたいな感じでしたが、
なんかセージとアーチャーがいい同盟者になっちゃいましたなんだこれ。

416 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:18:24 ID:jBZHDJ08
ちなみにセイバーでジェヴォ倒しても復活防げたんですか?



421 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:19:39 ID:p/03FBw2
>>416
いえーす。

426 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:20:37 ID:pr52HeT8
初日のアサシン戦、マジナイアさんいなかったら、アーチャー詰んでない?www



430 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:21:51 ID:p/03FBw2
>>426
そこはそれ、アサシン側も決戦のつもりはないし魔力消耗したくないから、
獣だけけしかけて様子見する予定でしたね。

ある程度予定調和。

434 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:23:36 ID:p/03FBw2
あとアーチャーは1度敗北したら消滅(はやてに令呪を使わせないための単独行動)なんで、
ほぼ消える前提でした。お前よく最後寸前まで残ったな。

440 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:24:38 ID:pr52HeT8
全部レス戦でユッキー来なかったら終わってたな、アーチャーww



442 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:25:00 ID:p/03FBw2
>>440
そうね。むしろそっちがヤバかった。

465 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:32:05 ID:LrDzZ4qQ
というか出てくる時期によって強さが違うらしいけど今回もしかして想定してた内の最高難易度やってた?



470 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:33:04 ID:p/03FBw2
>>465
そらそうよ。
令呪レスさんだって令呪を幾つか他の参加者に撒いた後で出てくる予定が、
令呪全部持って出てきちゃったし。

488 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:36:39 ID:p/03FBw2
まぁ今回はちょい難易度高くしすぎた感がありましたね。
失敬失敬。



……なんで大団円なの?

509 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:39:59 ID:p/03FBw2
難易度高くても大団円にダンクかまされまくりだからこっちとしても感覚狂うんだよ!!w
GMとしては運を計算に入れるのは下の下なのに……!

519 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:41:07 ID:irJzgf6V
歴代で一番大団円じゃないのがプロット完全崩壊の4次なんだよなぁ

520 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:41:15 ID:v2coUqla
と言うか今回、最善手ですら勝率6割+場合によっては勝率2割切る戦いにぶっこまれたしなぁ 普通に悲恋ENDでもおかしくなかったと思うよ
今だから言うけど、正直メタ視点で同じくらい盤石な槍組が居るのに幸運イベントで一歩進んでたのを二歩戻させるような三騎同盟組まれたのはちょっと文句が出かけた
槍組に接触するってならまだ分かるけども……



521 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:41:43 ID:p/03FBw2
>>519
でもあれ、一番物語としては綺麗だと思ってる。
個人的には一番好き。

529 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:42:57 ID:p/03FBw2
>>520
あの状況での弓と騎の勝ち筋ったらそれくらいですもん。
NPCはPCを勝たせてやるために動いているわけじゃないですし。

531 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:43:17 ID:1q0DkeOA
>>520
いや、あれ多分素直に負けて令呪二つ払って撤退したらあいつら同盟解消してたと思うぜw

532 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:43:35 ID:irJzgf6V
>>520
仮に幸運イベントで追加令呪なくても
アーチャーとセージ組んでたと思うで
令呪3画残した最強クラスの陣営という事実は変わらんし



536 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:44:28 ID:p/03FBw2
>>531
そうなのよね。
天子のセリフで示唆してましたけど、ぶっちゃけある程度まで追い込めたら今度はまた分裂してました。
各々が勝つために動いているから、完全同盟はありえない。

541 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:45:06 ID:LqN8R1Cj
>>531
その場合アーチャーの勝ち筋なくなってたよな……
二発目のH2O爆弾もセージ陣営のモノになるし
アーチャーはマジ詰んでたな……



548 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:46:06 ID:p/03FBw2
>>532
うん、実際その通り。
どっちみちミディ陣営をある程度削らないと、弓も騎も勝ち筋がない以上、
敢えてNPCを馬鹿AIにしないかぎりはああなるんですよねぇ、あの盤面。

弓騎各々単騎でのミディ陣営とお戦闘データを計算してみてたから間違いない。

555 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:47:17 ID:p/03FBw2
>>541
多分その場合は弓は巫陣営に接触してきた気がするなぁ。

564 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:49:34 ID:v2coUqla
>>525~他
そうなんだと思うし、最終的に良い所に収まったから良かったんだけど
「勝ち筋」と言う割には「じゃあ最終的に槍どうするつもりだったの」って回答が一切見えなかったのがね
一片叩いてから再度同盟組むつもりだった?
それなら先にこっちを一回槍組に当たらせるとか……あーでも次セージ行くって宣言しちゃったから……うーん



573 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:51:06 ID:p/03FBw2
まぁ、何度も言ってた通り、NPCはNPCで自分の目的のために動いてますからね。
槍組がメタ視点で万全と言われても、メタ視点で見ても令呪数の差と基礎戦力の差的にミディ陣営との差は歴然ですし。

ウチ基本、NPCはPCの都合より自分の指針優先しますというのは、今後も変わらんと思うよ。

584 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:54:00 ID:p/03FBw2
>>564
その時点で槍組の情報が少なかったし、そもそも槍組の戦力って騎組なら蹂躙出来る程度やで?
弓魔も爆弾使えば十分勝てる。
つまり、脅威度で見ればミディ>槍は揺るがない。

そしてそうである以上、まずは最大の脅威を削るのは普通だと思うんだけど。

609 :梱包済みのやる夫:2014/08/10(日) 19:58:25 ID:lV5UwaFc
てかあのセージの提案ってお前ここで捨て駒なれば霊地かしてやるからもう一発撃てるで?くらいじゃなかったの?
宝具までセージに譲渡するとか言ってた?



619 : ◆o2mcPg4qxU :2014/08/10(日) 19:59:47 ID:p/03FBw2
>>609
そうね。令呪の行き先はキャスター次第。
あれはあくまで『だから捨て駒やれよ。おうはやくしろよ』くらいな感じ。
関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:2 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
魔組は吉良だけならそれでいいんだが、キャスターが自分の宝具の爆発みたくて
自分で遊ぶ用のボール用意してキラキラした目で見てくる尻尾ブンブン犬みたいに戦闘求めちゃったからなぁ…
2017/10/10(火) 18:09 | URL | #-[ 編集]
まあ、勝つ気が有った弓はともかくとして、魔組とは交渉の余地くらい残してくれても良かったとは思う。

そそれほど聖杯優先してない&相応に付き合いがあった組みだし。
2016/10/19(水) 22:07 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する