おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/02/22(月)
9927 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 14:31:17.98 ID:4COr3r6n
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――さて。

 かくしてこの聖杯戦争には、その規模にしては意外なまでに早い幕が下りた。

 そしてその後の、この聖杯戦争に関わった者達は―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


9928 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:32:01.27 ID:zMgnrt8N
意外なまでに早い(4日)

9929 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:32:08.69 ID:AJ5/aSUI
蓋を開ければいつものジェットコースターでしたね…。
…いつものですらないか。



9931 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 14:32:30.48 ID:4COr3r6n


                ィ __  -‐¬ _ -‐ 7´ }
             -‐=彡 ´   -‐     ノ    /  从
          ト / ´    ´       ¨¨¨ ー┐   ハ
        } { /   /        _    ノ     }
         /  /  /   -‐  ¨¨ ̄       `Y´}  ム
       { 、 {  ィ-‐ ´ ̄´ーく            /  厂
        \}^"       〃 ト            / /
          リ        {i   {         勹/
           〈  {__, -く⌒    乂    __       /
            i} 辷rtッー、      〉 / |     /7
            リ   \        V /_ .|    ' /
          /            /{ / `V   ノ
           〈__、_,           /  /i   〈
         〈  `¨¨ヾ    r<> ´ } `} }、ノ`ヽ__
          `辷__ ^^^`   / xく  ムイ: : : : }  ヽ
           }ー- 、 __ ., ´ xく  ., ´: : _厂    }
            〈       / ., ´: : : : r┘     八
            }       //.: : : :. :.厂           }≧x
              从从斗く {: : : : : : r┘          {ニニ\
         厂 ∧_: :/: :.ー┐ 厂              ノニニニ≧= 、
          厂      / { / ̄ r┘         ァ^⌒ ´ニ≫ ´ニニニム
       ∧     〈 : : ∨: :厂      ァ^⌒ニニニ/ニニニニニニニ
        /ニ乂    ∧/: :r┘   ァ^⌒ニニニニニ/ニニニニニニニニ}
.      /ニニニ:乂  / /: :厂  ., ´ニニニニニニ/ニニニニニニニニニ.}
      ′ニニニニ:乂 /: :/ xくニニニニニニ{ニ〃ニニニニニニニニニ /
     {ニ/ニ /′:/: : {xくニニニニニニニ マ {ニニニニニニニニニ /
     {,/ニ/ /: : :′ /ニニ\ニニ/>ニニニニⅥニニニニニニニニニ.′
     ″/ニ/: : : : :./ニニニ\/ニニニニニi|ニニニニニニニニ/
    {{ /ニ ′ :′ ′ニニニニヽ ニニニニニ|ニニニニニニニニ}
    /|/ニニ{: : :.{: : {ニニニニニニニ丶ニニニニ|ニニニニニニニニ}
   ,/=|ニニ:{: : :.{: : {ニニニニニニニ \ニニニ|ニニニニニニニニ}
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【フリット・アスノ】

 魔術師絶対殺すマン。時計塔に属する魔術使いでありながらも、魔術師を強く憎悪する危険人物。
 無辜の民に被害を及ぼす魔術師を殺すためならば手段を問わない彼が殲滅目標としたのは、聖杯戦争を
主催した少佐であった―――が。
 聖杯戦争2日目にして、少佐相手の不利な戦闘に壇狩摩からの助力を受けたと思ったら、その日のうちに
最後の大隊と手を組んで殴りかかってきた狩摩の手によって脱落させられる。

 “神霊もどき”と称されるほど格の高いセイバーを召喚し、穏便なセイバーと過激なフリットによる、
互いに善性ながらもデコボコで、しかし互いの言に一定の理を見出だせる良コンビだったのだが―――。
 ごくごく序盤に脱落させられたせいで、その相性の良さが発揮されたのは狩摩相手のパンチングラリーくらい
であった。

 その後は街に残り聖杯戦争の行方を注視していたのだが、アレース登場に伴い見るに見かねて正体を隠して
残っていた参加者に助力する。
 アレース打倒後、場を取りまとめて今後の聖杯戦争の方針を定めようとするが、まさかのそこで戦争終了で、
『あれ? これ話を纏める必要無いんじゃね?』と気づき、謎の仮面ウリエルとして去っていった。
 戦後は時計塔に戻り、一線を越えて無辜の民に被害を与えるような魔術師を物凄い勢いで殲滅する魔術師
絶対殺すマンとしての平常運行に戻るが―――その過程でキリスト教由来の聖遺物を手に入れた際には、
好んで聖地エルサレムに提供するようになったようだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9934 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:34:01.22 ID:zMgnrt8N
>狩摩相手のパンチングラリー
ラリーが正史にww

9939 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:34:34.74 ID:AJ5/aSUI
ウリエルさんとのパンチングラリーはクロノスの奇跡を見た。
丸く、はなってないんだろうなぁジジットさんw

9943 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:37:06.12 ID:tWxkfh3S
ずいぶんと前置きの長い魔術師殺すマンに変化したw



9944 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 14:37:07.22 ID:4COr3r6n

      ,、  / i   _   _ <  /  _
       / У _⊥´     /   / <
     く _=- ´      ̄ `>  _/    ∠
    /          \    \  /
   イ   i   Ⅳ     ヽ     ヽ
  / /   i    | ∨  Ⅳ  ∨     ヾ'´
 / ./   .i  i  } _V  l.i V Ⅳ V l     \
/ /     i ∠! /  `i ├‐Vト-}} l       ヽ
l  {    i /  v    i /  _!__ i  l      }
l/l   /リ u     v /! ,ヽ lll |  |     |
  i   {  ニニ     弋’ノ  .i  l イ   iゝ
  V  ∧ll´{ ・.}      彡lll i   /iイヽ } /
  V  l/ハ 弋彡       u  i イ  v ノV /
   ヽ l/ハ u  ,         レ   , ._ノi'_
    `      `         u /   \
        ヽ u マ   ̄ヽ     //
            ヽ- ― '   ///
           >     <///   u
               ̄l   ヽ′
             / |   ! \
           /   |    ヽ       /
           i   / \   \__   '
           i  ヽ   \   丶 `
           i   \   \   \__ノ
           i     \   \  \: : : :
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【瀬田 渚】

 被害者。そして最後の最後の大隊。
 初日に同盟者から殴られた後に落ち武者狩りに遭い、やたら強い闇医者の元に放り込まれ、
地道な下働きで治療費を返済したのは、放り込まれてから6日後。
 そろそろ聖杯戦争も中盤戦に突入しているに違いないと慌てて少佐への合流を図ったところ、
中盤どころか既に参加者の殆どが街を出て帰った後だった。

 その後はとぼとぼと闇医者の元に戻って下働きを再開。
 刃物の扱いに才能があったようで、『お前はいい執刀医になれる』と闇医者から褒められているが、
本人としては複雑な模様である。
 今後のことは暫く働いてお金を貯めてから考えるようだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9947 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:38:04.56 ID:zMgnrt8N
6日もかかってたらねえw

9950 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:38:40.11 ID:3tNDRz5p
暗殺トークンさんリストラされてた

9953 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:39:44.62 ID:l3k1k3kS
そのままお医者さんになりなよw
殺し屋とか戦争屋になるよりもずっといい

9957 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:41:18.14 ID:hUzcEnGH
数ヵ月後、そこには元気にナギり回る剛の拳よりストロングな柔の拳を会得した渚君の姿が!

9958 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:43:16.40 ID:3VJ1+QnI
ま、まあ幸せなんじゃね? なんかいい方向転がりそうだし(震え声)



9959 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 14:51:56.68 ID:4COr3r6n

              /     j j       `丶、\ `丶、  \ \
                //   / { {      l      \ヽ  ̄\ノ  ヽ ヽ
            //    //  l l    /}  \    \  ̄`ヽ }  } ハ
         / /     //  / l l   ∧   ヽ    ヽ    ∨ノ   }
        /  /      //  /  l l  /  ゙、           Y   ハ  ノj
          /          /  ∥  !l /   ゙、        l   / i<ノ
         /     /  /  / l   ∨    _゙、-―      i     }  \
        /    /  ! ∥  / l  / ∧x'''" ̄ ヽ       }゙、 ノj \ ヽ
       j    l   j / ll,,,,__  l  / /  \  __\ l     } jい ノj   ヽ `、
        j l l   j  ィl"「 { / ̄  l / /    /,xzzz≦xヽ !  / ハ-、  ハ ヽ  、
        l l {  l   ! l l/ -‐- {     〃,,{ヒ迄;ノ〃 }  /l/`<__/_\ Y  }
        !l !ト、 l  /! l _,x炙笏ヽ             j/l  `マー'''i"ハ  } /
      l l ヘ  l { トシ( `''"   j              ノ l l  j } ∨ jノ } jノ /
       / ヽ ∧{      {{                l l // j ノ j j 〈(
     -‐ ''" }ト {い、                {   j j / ノ   ノノ
            ノj ゝ ハ             ノ   乂ー-┤ l  ノ   /
            〈 { l l人  )〉   ` ー ''"     ヽー---‐l j彡"
            ヽ  l ト__/ノ} __           フFーl j
           \l l-__ノ'゙ ̄_ ヽ      イ  l  l !
              l 「┌<__/`ヽ、\ \ イ    {  ! i
                 l l ヽ ヽ -―‐┴  、        ト、l j
              l l/ ヽ/ _  -‐  i     / j/-、
              /!l  / /'"      i     / ∥ } \
          //  ll / / ァ‐ッ~'"   i    /  /   !  \
        /  /   l|j  //  _   i  /  /  j      \
      /   /     }_l / / ̄l     i /      ;       `ト,,,__
    /    /      j/ / l  {       !       /         j   ̄`ヽ、
           '      └イ   ト、      i    //        !
         j       l      l \゙、     }    / /        '
         l        l、     l  } \  l  / /         /
         l         !∨    Уl       l /  /         /
         l      l ∨   / l     l/  /       /
         l      l   V /  l       l  /       /
         l      l   ∨   l        l /        /
          l      l   /   /l         ト、       /
         l      l  /    / l       l  \    /
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【薙切えりな】

 少佐が聖杯戦争を行った土地の土地管理者。
 料理により根源を目指す一族の麒麟児にして残念なポンコツ。
 天才的な料理技術と恵まれた魔力を持つ、紛れも無い一種の天才だが、何故か残念ポンコツ娘という評価が
拭い切れず、周囲からの評価は『ああ、うん………まあ』などと言葉を濁される感じのものであった。
 その上やたらプライドが高く、物凄い勢いでボッチ。責任感は強いし、決して悪人ではないのだが。
 
 聖杯戦争では剣闘王コモンドゥス帝を召喚し、万全の補給体制で臨もうとして初日に砲撃で陣地を消し飛ばされた。
 その後も基本的には補給を重視した戦略を取っていたら、同盟したアーチャー組と行き違いから決裂。
 完全に場の展開に取り残されたまま、せっせと礼装を作っていた。
 最後の盤面からガチの戦争再開になっていた場合、彼女とバーサーカーだけで他の陣営全てを順に潰せた可能性が
皆無でない辺りが恐ろしい。
 とはいえ当人は、キャスターが持つレシピの情報に強い興味をもったため、戦争はそこで終結と相成ったわけだが。

 終戦後は相変わらず料理の探求に戻ったようだが、半年くらいは助手として受肉したキャスターを雇っていた模様。
 試食と称してガツガツ飯を食いまくるキャスターには辟易していたようでもあり、しかし歯に衣着せずに言い合える間柄に
なったようでもあり、レシピ再現の為の雇用期間が終わった後も友人付き合いを続けたようだ。
 同じく友人となった台場カノンも含め、しばしばえりなが作る料理を肴に女子会を開いてたりと、そこそこ以上に充実した結果を
残せたといえるだろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9961 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 14:52:56.49 ID:4COr3r6n
ちょっと修正ー



              /     j j       `丶、\ `丶、  \ \
                //   / { {      l      \ヽ  ̄\ノ  ヽ ヽ
            //    //  l l    /}  \    \  ̄`ヽ }  } ハ
         / /     //  / l l   ∧   ヽ    ヽ    ∨ノ   }
        /  /      //  /  l l  /  ゙、           Y   ハ  ノj
          /          /  ∥  !l /   ゙、        l   / i<ノ
         /     /  /  / l   ∨    _゙、-―      i     }  \
        /    /  ! ∥  / l  / ∧x'''" ̄ ヽ       }゙、 ノj \ ヽ
       j    l   j / ll,,,,__  l  / /  \  __\ l     } jい ノj   ヽ `、
        j l l   j  ィl"「 { / ̄  l / /    /,xzzz≦xヽ !  / ハ-、  ハ ヽ  、
        l l {  l   ! l l/ -‐- {     〃,,{ヒ迄;ノ〃 }  /l/`<__/_\ Y  }
        !l !ト、 l  /! l _,x炙笏ヽ             j/l  `マー'''i"ハ  } /
      l l ヘ  l { トシ( `''"   j              ノ l l  j } ∨ jノ } jノ /
       / ヽ ∧{      {{                l l // j ノ j j 〈(
     -‐ ''" }ト {い、                {   j j / ノ   ノノ
            ノj ゝ ハ             ノ   乂ー-┤ l  ノ   /
            〈 { l l人  )〉   ` ー ''"     ヽー---‐l j彡"
            ヽ  l ト__/ノ} __           フFーl j
           \l l-__ノ'゙ ̄_ ヽ      イ  l  l !
              l 「┌<__/`ヽ、\ \ イ    {  ! i
                 l l ヽ ヽ -―‐┴  、        ト、l j
              l l/ ヽ/ _  -‐  i     / j/-、
              /!l  / /'"      i     / ∥ } \
          //  ll / / ァ‐ッ~'"   i    /  /   !  \
        /  /   l|j  //  _   i  /  /  j      \
      /   /     }_l / / ̄l     i /      ;       `ト,,,__
    /    /      j/ / l  {       !       /         j   ̄`ヽ、
           '      └イ   ト、      i    //        !
         j       l      l \゙、     }    / /        '
         l        l、     l  } \  l  / /         /
         l         !∨    Уl       l /  /         /
         l      l ∨   / l     l/  /       /
         l      l   V /  l       l  /       /
         l      l   ∨   l        l /        /
          l      l   /   /l         ト、       /
         l      l  /    / l       l  \    /
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【薙切えりな】

 少佐が聖杯戦争を行った土地の土地管理者。
 料理により根源を目指す一族の麒麟児にして残念なポンコツ。
 天才的な料理技術と恵まれた魔力を持つ、紛れも無い一種の天才だが、何故か残念ポンコツ娘という評価が
拭い切れず、周囲からの評価は『ああ、うん………まあ』などと言葉を濁される感じのものであった。
 その上やたらプライドが高く、物凄い勢いでボッチ。責任感は強いし、決して悪人ではないのだが。
 
 聖杯戦争では剣闘王コモンドゥス帝を召喚し、万全の補給体制で臨もうとして初日に砲撃で陣地を消し飛ばされた。
 その後も基本的には補給を重視した戦略を取っていたら、同盟したアーチャー組と行き違いから決裂。
 完全に場の展開に取り残されたまま、せっせと礼装を作っていた。
 その礼装と全て残された令呪、そしてコモンドゥス帝=バーサーカーの能力を合わせると、最後の盤面からガチの
戦争再開になっていた場合、彼女とバーサーカーだけで他の陣営全てを順に潰せた可能性が皆無でない辺りが恐ろしい。
 とはいえ当人は、キャスターが持つレシピの情報に強い興味をもったため、戦争はそこで終結と相成ったわけだが。

 終戦後は相変わらず料理の探求に戻ったようだが、半年くらいは助手として受肉したキャスターを雇っていた模様。
 試食と称してガツガツ飯を食いまくるキャスターには辟易していたようでもあり、しかし歯に衣着せずに言い合える間柄に
なったようでもあり、レシピ再現の為の雇用期間が終わった後も友人付き合いを続けたようだ。
 同じく友人となった台場カノンも含め、しばしばえりなが作る料理を肴に女子会を開いてたりと、そこそこ以上に充実した結果を
残せたといえるだろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9962 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:53:05.78 ID:tWxkfh3S
友達が増えたよ! やったねえりなちゃん!

9963 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:53:08.02 ID:YsE9bHul
ドヤァ・・・

9964 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:53:11.50 ID:wfgZBrtA
ボッチではなくなったが、新たなる残念の系譜がココに!

9968 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:54:15.41 ID:bRlk6yrr
相変わらずこころキャスターが良い空気吸ってるなあw



9973 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 14:55:05.21 ID:4COr3r6n
コンモドゥスだった。失敬。

9980 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 14:59:25.05 ID:MZuLP/Z4
コンモドゥスでコモンなら、レアやスーパーレアの性能は一体……w

9981 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:00:22.07 ID:zMgnrt8N
>>9980
スーパーレア=ヘラクレスでw

9982 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:00:27.63 ID:aBIaClI3
>>9980
ウルレアで本物のヘラクレスあたりじゃね?

9983 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:02:22.04 ID:hUzcEnGH
>>9980
 ロ ー マ 無 双

9985 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:04:13.06 ID:w72cabzQ
>>9980
インド

9987 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:08:03.79 ID:ETbIMvYk
そう言えばローマの英雄ってあんまり知らないなぁ。
せいぜい、一部皇帝の名前がアンチクロスに使われてるってくらい。調べてみようか……。

9989 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:09:01.96 ID:wfgZBrtA
ローマ皇帝って上も凄まじいけど下もとんでもないんだよね…


9990 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:09:23.27 ID:4COr3r6n

      マx _ゝ: : : : : : : : : : : ::ノ: : : : :/,, -‐
   __マヽミ: : : : 彡:::::へ:::::ヘ: : : : : : : : : ::/
   \: : : : : : : :彡:::/://::::/\/: : : : : : /__
     ゝ: : : : : : ://: : : /\::\: : : : : : : : :\
     ム: : : : :ノ: : : : :彡三ミミz: : : : : : : : : : :X二=-
   _,,.-_:::=ニ::;;:: : :/: : : /,: : l: :;: ::ヽ: : : : : :::::::::-二ミz__
    ̄__z=彡: : : : : : :/:/l: : ::ll:::l: :;l::ヽ: :丶: :::::::::::::\
      /:ソ: : : :::/y/ }: : ::k::j:::::lヘ:::ヽ::丶:::::::::ヘ ̄
    ///:::/:::::/_メ__ l:::::::}.l::l ヽl ∨::::ヽ:丶:::::ム
   // / //込`-ソリヽ::l リ`==彳ll::::::ヘ;l::マ
     /ソ/j::::ヘ` ̄   ヽ    /l: : : :lヘ
        }:::;;:`ヽ   ::l     ' ll: : :lヽ
        l::::;;:ヘ    `   __  /l:::l:::lゝ _
        i:::::;:l;;ヽ ` - - =ニ《ミ-x_l__:l:::l-x彡ミミ-- ____
       /;;!:::::l:l;;;; \  -  / l` x__X-l彡┗━┓  \
       l\l: : :リ;;;;;;  > /;;;l l;;;;l:::::`《ミzze__  ┻━━\
     /l  l::::::lヽ;ヘ      / l /\:ll  /``ミミzz┳━╋━\
 _,,. -‐''三\ l:::::l:::ヽ;;ヽヘ   /  /;;;;/::::ゝ {三三┗ミミ《``'<┻━イ__
 キキキキ三三 ヘノ:::::ヽ;;ヽヽ    /;;;;;/::::::::∨三三彡  ``>::::`<._/;;;;;;;;; ,X   __
 キキキキ三三ニ> }::::::::ヽ;;ヽ  l /;;;;;;/::::::::::::l l三三lミ━┻┓ >''::::::::::../  ヽ-,,/ {
 キキキキ三三ニl l::::::::::::::ゝ;;ゝ /;;;;;/::::::::::::::/ l三ニl彡  ┏━ ∨` < ヘ  ∨__{  F=--x_
  キキキキ三三l l\::::::::::\;;/;;;;;;;/:::::::::::::::/ /三l   ┏╋┻ __l__Y\ `”¨`l  ∨ zzl`ゝzx_`}
  キキキキ三ニl l:::::\::::::::::\/::::::::::::::::/ /三l  ┳┛    l    ̄ 、  `  ∨:::::,z__`_/
  ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;-------=========勿ニニニl┳┛     └`--イ _ ヽ     ` ̄ヽ
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ \ /::::::::::::::::/ l \      ┳━┓ | ___  ヽ      ∥
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/三l ヘ:::::::::/:::::::::::::::::/  ll  {┻━┳┫     / \_ヘ         ll
 ;;;;;;;;;;;;;/l三三ヽ ヘ/::::::::::::::::::::l  l/l  l    ┻ ━┛/;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ         l
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ライダー(滝川一益)】

 退くもタッキー、進むもタッキー。
 戦国乱世に名高い織田信長が四天王の一翼にして、その中で多分一番知名度が低い男。
 まぁその辺りの事情は気にしてはいたようだが、此度の聖杯戦争には受肉して第二の人生を楽しむ目的で
参加した、前向きな傾奇者である。

 聖杯戦争では霊格としては下位であるものの、立ち回りの上手さと器用さから、そこそこの戦果を上げながら
終盤まで戦力を温存。
 アレース撃破後の均衡状態から、話し合いで解決する流れの一助となった。
 基本的には参戦した戦いで目立った活躍はしてないものの、常にいい働きはしているという―――これただの
生前じゃね?

 ともあれ聖杯戦争後は受肉という願いが叶えられ、これで可愛い姉ちゃん達とイチャコラ出来るということで
気ままな旅ぐらしに出ることとなる。
 戦後、世界のあちらこちらで美女を見つけては助け、美少女を見つけては助け、基本善性なのでストライク
ゾーン外の相手でも一応助け、男でも嫌々助け―――。
 なんだかんだ、人の助けになるような生き方をしているようである。時々意図せず間男になって痛い目を見て
いるようではあるが。

 また、その過程で神祇省や骸と遭遇するときもしばしばあったようで―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

10000 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:11:36.40 ID:yswwHzcl
10000なら謎の六軍将軍が
えりな様に揚げ大根を差し入れに来る



17 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:13:07.45 ID:4COr3r6n


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――某国某所

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                                                // |ト、iノ(/    | i  |===
                                           \ \i}\ //__.|i  (/   | i  |===
             __                          \ノ\ノ\ノ\/__/} /'      | i  |===
              }=ト、                      ___)\ _    \//       i| i  |===
iト、        __彡}=} |                 ,'     ―=(      ,' ,ri―         ゜| i  |===
 {i  i_   _  |   i}=} |                イi     ―‐=イ     千王三¨       。゜/i| i  |===
_ i__ ノ¨}_/ ト、 i|  _,ィ=/  |           ‘,  ゚'*。      __)r==ァ ノ⌒/     。゜///i| i  |===
  _}{-イ   i| l__|/イ゙′ i|      。゜__   __ ‘,   __二二 ̄ ̄   ___ア   //////| i  |===  ―――ドガラグワゴシャァ!
     _厂 ̄⌒¨       |      ,r≦三≧=ァ__   _ニニ― ̄ r‐i     i、⌒¨込、//////  i| i  |===
iト.   ¨ _       i¨| ,r‐‐  {三ニ少'-ュ===ア ‐==_     } { /     トi   /乂f、_/     i| i  |===
  〕iト._/ー=、 _   ri|ュ、i} |/    }≧==‐--  -=≡三  i}    } {   /  __.ィ /⌒/i|     i| i  |===
    ⌒厂¨¨i ̄ _|/|  |:i|_   /   ‘, i} ̄ ̄-‐ニ ̄ `  ,  ̄   ‘,}    ‐千王/i|     i| i  |===
xv、 /¨¨`ヽノト.  ゚ *。|:i|  |\/|¨ート         ̄ ̄)         ∴:.   ,.=ミ|ii/i|     i| i ,.  ̄
‘_‘}/ i   i}   〕iト. ゚'*。..|_ `|i  i| |―‐、         ̄) ̄ ̄    ‘, -=≡ ゞミ'ツ、/i|     i| iイ}
-‐ア' i|   i} |≧=  〕iト.} ||} |}:|i  i| |   | 、   ':、   _)}    r‐、   ヾ//{'′   }¨      /  レi |i
 イ___ i|   i} |//| |   ||¨ i|_  i|i  i| |   | i|   ‘,    ̄ ̄}  /|ュノ‐、   \/     }  _ - {    V从
/⌒ヽrイ´ ̄ト、 i|//| |   || r‐i゚*。|i  i| |   |rュ|  ':、     -=て /ノ.:.:.ト=f r'ソ /   __  }  }  /}_____{///
}   /`ヽ:.:.:.:.:..} i|//| |   |||i¨∨八i}i  i| | /ノ斧=‐    ‘,  /彡 |:.:.:.|__}/儿ノ{    /:.:.} }  } i}=、 i  i///
\/   /Vレトノi i|//| | r‐‐‐/__{_ノ//}i  i| |   |ヽ`ー 、     /)/ヽノ=={ r‐‐' /⌒ヽii.:./ト'  } i} 八  \/
 i}_  {__.:.:{  }i|//| | }==={/∧i//ii}i  i| |   | {イ¨}_ノr‐‐‐i      { |i/__ノ_厂乂}   |ii.:.{    } i}   i \ `
/¨⌒ヽ/ \___}‐ 、| | }==={_ノ少'´ ̄¨¨¨´ ̄ rュ   }==={_  ^゙~  { |i          {i.:.:.}  _ } _}少'´ ̄¨¨¨
\ュ__/{__/~ノ /¨´丁¨¨¨´   r‐ュ      __宀≠¬       `''          }:.:._} ,彳 ̄}}
`‐‐‐イ⌒‐=''´ ̄                                       ̄ ̄`=冖宀冖≠う‐‐≠





          i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
          !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
        \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
         >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
       <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\
         >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ i:::/i::::::::::ll:ハ::::i:::::::::::,::::::::--ゝ    「ぎゃああああああなんじゃこりゃああああああ!!」
       <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ|/勿|:::::::/勿l::iヽN:::::::::: :,__\
        ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::::::l  ,ィリ==ミ::::::|\i   ̄´
        ∠__::イ:::::/⌒ i:::::{ゝ   ノ彡l::{  i._...   .》∧i―-ー\
          /:::::::{ ( l::::::|=´三彡 ´! リ   `ヾミ彡|i ハ    `ゞ
         ム:::::::::::::ゝ {::::弋  ! !       ! ! イ !::::ムイ-トヾ--ゞア
            ̄//:::::ゝ:::::ト    _____     l::::ト/  ┠┛   ヾ
           lーーー-i::::::lヾ  /ヾ―----ヽ   /ヽ::::!ーー┐  ┏━{
      __ _|三三三ニ i:::{  /r -- 、::::::::: |i /:::::::ヽ三三ニl┯┻┛  }
     /--xヽ キキ\\三三i::!  〉Yニ≡=⌒ヽ jj〃i从ヘノ三三ニl      }
    /k    ヽキキキ\三三三> ¨ゝ二 二イl l:::::{7/;;;;;;;;;;;;/三チ  ┣━ /
   /;;;;乂     ヽキキ;;;;;;/∧:::::ヽ   l   l  l::///;;;;;;;;;;;;/三ヌ┏━┛  ハ
  从;;;;;;;;弋     lキキ/ 三ニ∧::::::::ヽ       //;;;;;;;;;;;/三イ       ヌ;;;}
  Ⅳ;;;;;;;;;;;;;\    }キキ\三三ニ∧\:::ヽヘ ///;;;;;;;;;;;;/三ト  ━┻┨━チ;;;;{
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   l キキキ\三三∧ \ヽ   //;;;;;;;;/三/        メ;;;;;;;ゝ

23 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:14:51.62 ID:wfgZBrtA
これも摩が悪い(暴言

27 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:15:25.97 ID:zMgnrt8N
>>23
なんでや! 摩が悪いに決まってるだろ(断言)

28 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:15:26.77 ID:SxjAJwFM
状況は全く判らんが摩のせい(確信)



30 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:15:49.45 ID:4COr3r6n


                                  .ィ    ,
                         、   i、 //, -‐'´{
                          ヽーi V '´   _厶-‐.=‐
                      . -‐  二二 -‐      ´ ̄ ̄ ツ
                      ,  ´     、ニ=‐            /
                     /        __>          ̄ 二ニ=-
                    /       く             \三=‐
                , ゙i        '⌒              jミ:、
                 / レ!       |              iv' バ`
             ∧ , レ'iノi   ンi丶 i i 、     ∧/W^ !ハ '
             // Ⅵ  ィ v// l |、| | l\/\∧/   ∧トl  ト!
              //  l/// ,〃   '、'. ! ! !へl\   lWV| |     l
             , ;     vⅣl{     ヽ'、 ! l 、 |iへトトl   l¦ |||
               i i   l  ¦ /!!     i゙ヽ!!ヽ ヽl| !,     i厶 ||i
               | l   l  lⅩ」!     ! /!!  \lト|| !  |¦{、 }||/
              !j| |  ji l l'个j{ミx、  rj/‐!!二二|ト|| !  |!ハ/ !/
               iハ! 八l _j_弋゙i斗'>xv_/r'ナ弋辺jヒ!! !  i 乂 / /′   「くっ……この国に巣食うマフィアが魔術的な怪しい儀式に
               i /iゝ'´ノノ ̄/ノノ /`ゝ―――/ク / // ツi /       手を出したとは知っていましたが……。
               i/ 、ィf / /}         /'//, //´ ,| ,′
            r'  ,バ !レ'  , ´ 〈{        U ノィ/i/!ハ  ハ!        よもや、聖杯戦争とは!
            i  { jン   〈 __ ` ´        ノ' ノ i小 {          っていうか貴方、どうして居るんですかライダー!?」
                i  >´  ,〆´  iャz――:ェ=‐' /   { ハ{\
              i f   ´  ,. ⌒i‐- ̄   イ    小l `  \
             { !    ‐'´  ,r'介ー  ´      / l、\      、
          __厶       r'^´ {        /  \_i     ヽ
    ,  --‐     ハ      '!  ‘.        ′   !      、
.   /            / ;      i   '、\     /, -――‐」        、
   ′ ⌒ヽ    /   !       i⌒  ヽ、_______/¦       \
  ¦         /___j        !  、  丶          |             ヽ、___
  |        、    |      ム    、 ',ー   ----‐一'!      ̄ ̄`  、〉   ',
  ¦        V^\ノ       / `、  \_i           l   /            i
  |        .′  \    /    ヽ    |         l  /          !  !
  |          '     ヽ、  !     \  !、        l /           l   l
  ¦       ,'          ` く       ヽi \     ,.l /           l     l
  |        /             \      ¦   \  / i/  r=====   !    |
  i        /^\          〉     |     〔 ̄〕  !  []          l    ト、
  ¦       〉、  \           /       {     ̄  |             !    | }






        \: : : : : : : : :─: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :マ: :
      _ : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :
     \  ──: : : : : :/: :/: : l: : : : : :l: : : : : : : : : : : : :/: : : :
    __\: : :──::/l: : :/: : :: l: : : : : 人:::l\: : : : : : : (⌒⌒):
    \ : : : : : : : : :ヘ ヽ / x-xl: : : :/  _X_ \l: :/: :: \/ : ::ノ
      \: : : : : : / /ミミzz_( ____) 《  l___ノ _Xl: : : : : : : : ::<
       /: : :/: : l l   l 1l`ヽ  ∨   __,彡彡  l/l: : : :l: : : :/
       \/: : :  \   `-'      彡彳      l: : : :l: ::<
       /: : : :l: : :  ゝ- '   n  n     _人_  l: : : :l: : ::>   「生贄にされかけてた可愛い女の子を
     ーー l: :l: : : :/      /   \   `Y´  l: : : ∧l/     助けだしてあわよくばウフーンでアハーンな」
         lll l  l     /_  ____,,.-\メ ノ /ノ: ::ノ ⌒ゝ
         ll l___l ゝ  //\ ーー十ヘ_,ヽ\/ : : :/     )
       . ‐''"´   )/ /ー -- ̄ ̄ ̄ //ヽ丶(         )
      /          ; ;\\   Tヽ//:: : :l           )
      (         ); ; ; ; \\ l  l __ゝ          ヽ
      (        /⌒ヽ; ; ; ; \ヘl     _l ミ          ヽ
       ゝ           ; ; ; ;; /      _l (          )
         ヽ      ノ ノ; ; ; ;/       _l   ゝ  ノ人 ミ彡
           ミ  彡 ー ; ; ; ;/     ___l; ; ; ; ; ; ; ; ;l
                        /






                 } ヽi ∨   レ Z_ ィ
              ー、‐-ミ、 `  _    、厶_
              _〉、      、ニ=‐     、≦
                  >‐         ≫‐    \
                 ,.ヘノi/レ'i√Z__/^ヽ      丶
             /           /     } ivヘ、i 、l、ム
              /^i/V'v√レi/       ' ハ 、 、 , ',
.            /        ´       / / ∨ヽヘ,、iヽハ
            ′       /___      ' /   ',       '.
             |   |  ¦厶三z-`ヽ  //-―‐┤!  !   :
             ||r!¦ |八ヒz忘_`   〃 斥えテ| i ¦   ! i
             ¦| l ! | l         ノ{  ̄ ¬ i  ′/¦|   「よし黙れ」
           i { l ! ! !     /   ,    ノィ , /, /i/
              ぃヽ! 、 i        、 /     ゙ / ///丿
            ヽ 、!小l              /ィ /,'i/
              ヽ! 〉、  t__   _,  ノ, ' // ′
              ゙ヽ  >、   ー‐-   イク_ン
           ┌──‐〉 l 丶、    . ィ {「 ̄ ̄`!                     , - 、
               l r―‐从l !    ー ´ { トl|     |            ,. -、      { i  '、
            l l     リ         ト!¦    |               {(  丶、   ∧  `、
              l l  f<  `、     └z」     L__           `ヽ、   ` く  :、   ヽ
          _  ム '.  !_ ` ー-------‐'r┘__,,.r   └-   __       `ヽ   `v^〉   }
      _,,     ´   {  〉¦   ‐-    ___ _」               たュ_     , ^'.   V    ,
    ´         、〈 l        -=≦一|             弋   `丶、/  ',   '.  /
   i  i        ヽヽl         _二|              ( `丶、、   \ , ヘ   '  ;
   |  |           ⅳ      、-‐~''   !              ヽ、 ヾ 、  \'^   ',丿
   | ¦         l|       ̄二フ  {                   \  \、   `  ,ノ
   '   ! |         リ       ` ¬  }                  /  /丶  `゙     /
    〉 ! |        | ̄  Z_      ̄|   tェ‐ェ‐ェェvユ   l  / V       ,r'´!
   ;    |r──┐   |      ̄ニ=‐   !   _    ─┐ ¦ ,  八       / ! |
   l   、l 、__| O |z-----~'     |   |_     ―┘ i /   ハ  -‐´ /  !
   i    ソ         |^\__     、ー-l              ∨   { ゙,    /  /|

34 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:16:34.03 ID:hUzcEnGH
考えてみるとこの世界、「いい感じに戦争終わらせたあと世直し(or人助け)の旅に出る・仕事に就くマスターとかサーヴァント」って結構居るよなw
ユッキーとか俺達のアドルフとか


魔法少女とか

35 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:16:42.56 ID:NMDxtWeT
これは滝川の頭が悪い。でも骸さんがいるから多分摩も悪い

38 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:17:07.98 ID:zMgnrt8N
>>34
魔法少女とは別時空だから……(震え声)

45 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:18:54.70 ID:vaL9Af9v
骸さんもなんだかんだで悪いことしなかったし、ただの悪いマフィアを人知れず潰す正義のヒーローだよなw

46 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:19:08.40 ID:SxjAJwFM
???「あの聖杯戦争の後……無事に摩の手から逃げ切ったと思っていたんです……
      ですがまさかこんな所で再会して……この僕がお堅い組織人になるなんて、ね……」



55 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:23:48.23 ID:4COr3r6n



     , '´ _> ´  _>'´   }             ヽ 丶、
   / ,.  ´     ´     ノ              ,   \
  /  ′   /     ,、 <           '、     '、   \
 ′ /   /    /∧  、\    - 、       ヽ   `、   \
_j   i   f     y'´  i ',_  >`´   }   、   \   ヽ    丶   「―――ともあれ、ライダー。
┴rx_j__ l    f  , ' ´        ,. <    \   \  丶     ゙,    受肉したことで宝具などが使えなくなったとはいえ、
 )Y⌒) Vi   小 ,′   _、 、<  \    \  、 \   、   i     戦力として使える貴方が居るのは心強い。
こンlvx」 ニl   !{ y′   v^、ヽ ぃヽ _ -ヽ、   丶   、丶、 \
ー个~‐v'    j/    /  丶`、 vヘ´、__ \   丶  丶、 、丶ヽ-―-‐-  どうにかしてこの聖杯戦争を鎮圧します。
  ,'   /   /     / \r=ヘ弐 vt戊 ̄冫 iヽ     、  \\ヘiー―--   マフィア撲滅も貴方の女漁りも、
  !   ' /       ∧    ´ーヘ i==ヘ彡′ i ハ     丶  \`   、 ___    この状況をどうにかするという軸線で
     i ′      ィi ヘ     ̄ `、   `、  ハ 小 、   、   、  丶  `  ー     目的は一致するでしょう」
 ,   j i , |     l /,! `、     ヽ    , ノ / }ハ 、\ 、\ヽi 、  ー=ニ
 l   ! ' l |      l !/!  ヽ           ,  ,〈    ! ぃ ヽ i 、丶i、  ‐-
.l¦     l     ¦ V|            /Tヘ 、iヘ トl-i--ヘi- ` \ ‐- 、
_! l     l     | -ヽ -         / '、 '、ヾ ヽ! i‐-  _i     丶、__
¦l     l       |              ,   ハ  ヽ \i      ¬   〉、
.!l     !     ト- ー‐==ニう  ,   / {   \ ヽ    /   ,〈  \
 ’,           l ‐-----‐   /   ,  ¦        /   /  >‐
. ∧           ノ        /   /   !        /   /` <





      ノ:::/::::::::::::::;;;;;;:::::::::=z__:::::::::::::::::::::::_,,. -‐''"´:::::::::::::::::::
 __,,. ‐''":/::::/::::x::::::::::::::::、:::ヘ::::::::::ニニ=-::::::::::::::::::::_,,. -‐''"´::::
 -- イイ::::::::i:::::::ト、:::::__:::::ミミ:::::::::::ヘ::::::::/-v::≦:::::::::::::x::::///;
    /::::::::::ス:::::::::::::lzュ ヘx:::=- -::::ヘ::::ミz_l::::::=-:::::/l:/ l/;;;
   /::::::::::/::::l::::k::::::iゞ' _,xィヘ::k::::l::::::::ヘ::ハ ,l::k/:::/::::l/  ;;;;;;
  ノ/::::://:::l::::::ヽ::::ヘメソノ   リ:::::l::::::::::キ::ヽノ::::/:::::::j l  ; ;;;;
  /:::///:::::::ス::::::ヘ::::\   ll:::::l:::::::::::ヘ:::ヘ リk::::::l ll
  // /j:::::::/ハ::::::::/  `メヽ  ll::lk:::::::l::::l::::ヘ j \l l ;;;; ;;;
     j::::::/リ ヘ:::::'_        ,l:lヘ:::::l::l:::lヘ:::ヽ /;;ト  ;;;;;;;;;; ;;   「……ま、しゃーねーか。
     /::::// ソ l:j:::::`i __,xzァイ ll ヽ:ll::::::i ヘ::y;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;    見た感じ、俺が出てきた時ほどの格の聖杯じゃねぇ。
    ///   //l:::::::` - /./      ィ:k::::::i  /\;;;ヘ  ;;;;;;;;;;     宝具抜きとはいえ、俺とお前が組めばまぁ、
         / l:::::/::::/ ./    イ / ヽ:ヘ ヽ ;;;;;ヽ   ;;;;;;      結構通じるだろうよ」
           .l:::/ l/ ∧ . イ / ソy__ __\ .l lk;;;ヾ   ;;
           .l:/ ヘ/::::::'l   /;;;;;;;;;;;;;;ヘヘヽ. l l: :ヽ;;ヽ;;;;
           li./;;;;/::::l::::l   k;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lヘヘ. l l: : :ヽ  ;;;;;;;
           /;;;;/ヽ::::l::l   /ヾ\;;;;;;;;;;;;l:ヘ xl l: : :ヽヽ ;;;;
          /;;;;;/  i:l il  /;;;;ヾヘヘ` x;;;l: : :ヽll: : : ヽ
         /;;;;;;/    il l  <;;;;;;;;;;ヘヘヘ;;;;;;;;i: : : :y: : ヽヽ;;;;
        ./;;;;;;/        l\;;;;;;;;ヘヘヘ;;;;;ハ: : : ll: : : ゝ ;;;
       ./;;;;;;;/         l  ヽ;;;;;;ヘヘ;;;;;ヘ: :l: : : : ヾ
       /==x/         >ミミzzx ヘ;;;;ヘヘ;;;;ム:l: : : =--彡
      /   /         l三三三三三三三三三三三三





                              、         、
                          j、}\ 、_   jヽ  ,
                       {、 、  { ぃ、` ミ:、\! W{
                      '. \)ーゝ `\  `ヽ リ  ソム--…:=‐
                       、丶、    _   _'´ -=二__
                         、__>ー ,  ´  _>     丶、-‐ ´
                        ̄三、/    \_        \
                         /      _/        ヽ
                          ,   /     >‐           `,
                      /  ´       ̄           ,
                     , ゙ '        /,i       、  i i
                   / ' / /      / イ l! {      ヽ l l
                  /.ィ / /      / / ! il 、 、   、 l | l
                 /  / /  '     / / ! jl \\   '  ! ! !
                       ' /! ;     / /  i ハ  \ 、 | | | l    「その通りです。
        、                l/ i j    ' ィ 厶_ ! ! ゙.    ≫、l | { l     では、まずは―――」
      i\             ! | /!   | kl |六rミl l  ヤニ茫テい l、 V
      ∨ヘ             ! l/ || j 「l | ̄  ぃ  ヽ  ̄ ̄| | !ヽ ',
         寸 へ            ! || { { l !     `;、  \  | | l ∧{
        寸 \          |¦ l | `{   / ! \    | | //  \
            寸 ヘ         い ji |、     ヽ{ ,       !'i//\
  、        >、/\        ,べ、 lヘ{へ  、_____,,. , イ// \ \____
  \     _r≪>ヘ. 厶    _/ /ヘ{ ` i\  ‐--‐  / v゙/    \   丿}
. \  \ _rf≫´  _>、 守三≫ ´   `   i  ヽ   /  /ィ     _> ´ {
.  \/ マア    \ く>‐\         /!   `-´   ハ   /    {
   厶 />、      丶 二. 、       / _j         / ぃ   乂     ム
  イ>へ<  \          \\      /{丿{      /  ハ   > 、 {三≧x._
       \   \          ム厶   /l {   、     /  /  '!    ハ人三三三三三
        \  守三三三三≧Vヘ {∧l  ! __\   , -‐/  /|   //      ̄≧三
         厶.  寸三≦  ̄ ̄ 〉 〉{  |  |ー- 、     /  /‐l //
         /「 \  \___≫=彡く ! { {ー-    ̄ ̄ ̄/  /  ! \\
        ,  !   \/>、三三    i  {  {       /  /  l   `  二 、ヽ
          '   l    <//寸  __  j  ヽ  、       /  /   j /      //
        ;   ! ¦ 寸  > ´  `ー-、  \ \   /  /   j/    //        /
        j   i  l   (゙Y´ _,/  _   '、  ヽ ヽ /  /     ′  //         /
         {    l |  ハ{ /  ノ    丶  ヽ V  /     /  //    {     /
         ¦   j !  ; ヽ'、 /  /  `、  r'⌒゙く    ,' //     |       /
       ノ      、!  }   `i {  ,/  _   マ {   l   , / ´,        l   / /
.        ′    | {    `^'、 {  ,r'⌒'、   \〉__」 // /         | //
      ¦  /   { j      i `ーくi 、  寸  }、 |八  / /     !    !/´
        ′ /     } {      j l  ト、\  \ ノ ヽ|  Ⅵ /      {    ノ       /
      /  /    ハj      l !、 l  >、\  \ l  !`く_         !   '´     /
       }        {       l|∨ ヽ 丶ヘ  寸    ト、     |  {    /
     { /         !       l¦∧  }  {\\  \    ! \    |   }   /
      ノ          l         | |/ l  {  {   >ヘ  \ [   \  | 丿/
     」        j       | |  、 入 ´ ̄    \   寸     \ レ/




               _ -=ニニ=\//l    V ヽ        l V                   r -- ┐
            _ -=ニニニニ=-= ̄ヾム   ヽ_, -.、` -_ ァr'T:/                    ゝ __ノ
         _ =ニニ=--::: ̄l   /::::::::::::>  _ 〉  ヽ / l:/   r 、       _ ___ -   ̄ _ ノ
       _=ニ= ´_  l:::::::::k   l::::::::::/   ヽ::.-..、-=┘      / ノ- , -===ニニニ=-=- ──  ̄
     _ -ニ=´::. ::::ヘ   ̄   ̄ ` -=-  __   ゝ::/:\ムヽr_ ',ニニノ / . -ヽ ̄
   _-= '    :.   ヽ l ヾ l   ///////ヽ  {::::::::ヽilヽ  /`¨フ_,ノ r-イ、      ―――ザッ
  /イ      :.    \    ///////ム//ハ  (:::::::r 'V l /  l  ゝイ_,r-ノ
   /       :.     \ ////////// l///\ ゝ:ノ   Yl.{  ノ_ノ   _ノ
  ,    l         //////////// r- 、// ,   { /      /
  }            /// ィ///////////\_  // lヘ .v
  /     ゙ \  ヽ\/////l///////////////, - ' ノl| .l l   /    「お? おうおうおう、見知った顔が雁首揃えおってからに。
 l            //////i//////////////(_ ィ///l l l  _,/      そんなに俺が恋しいんじゃったら、神祇省に就職すりゃ
 三=========== ///////lil///////////////l////lゝlゝ-::::::l }       良かろうにのォ。カハハハハハハ!!」

56 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:24:10.20 ID:zMgnrt8N
出たよw

57 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:24:26.48 ID:vjosa1Mr
嫌ああああああ出てくんなぁあああああ

64 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:25:01.70 ID:AJ5/aSUI
ウリエルさーーーーん! ウリエルさーーーーーーん!!

67 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:25:46.43 ID:SxjAJwFM
     Fate
その日、摩に出会う──



79 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:27:33.78 ID:4COr3r6n


          i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
          !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
        \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
         >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
       <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\
         >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ i:::/i::::::::::ll:ハ::::i:::::::::::,::::::::--ゝ    「う わ あ」
       <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ|/勿|:::::::/勿l::iヽN:::::::::: :,__\
        ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::::::l  ,ィリ==ミ::::::|\i   ̄´
        ∠__::イ:::::/⌒ i:::::{ゝ   ノ彡l::{  i._...   .》∧i―-ー\
          /:::::::{ ( l::::::|=´三彡 ´! リ   `ヾミ彡|i ハ    `ゞ
         ム:::::::::::::ゝ {::::弋  ! !       ! ! イ !::::ムイ-トヾ--ゞア
            ̄//:::::ゝ:::::ト    _____     l::::ト/  ┠┛   ヾ
           lーーー-i::::::lヾ  /ヾ―----ヽ   /ヽ::::!ーー┐  ┏━{
      __ _|三三三ニ i:::{  /r -- 、::::::::: |i /:::::::ヽ三三ニl┯┻┛  }
     /--xヽ キキ\\三三i::!  〉Yニ≡=⌒ヽ jj〃i从ヘノ三三ニl      }
    /k    ヽキキキ\三三三> ¨ゝ二 二イl l:::::{7/;;;;;;;;;;;;/三チ  ┣━ /
   /;;;;乂     ヽキキ;;;;;;/∧:::::ヽ   l   l  l::///;;;;;;;;;;;;/三ヌ┏━┛  ハ
  从;;;;;;;;弋     lキキ/ 三ニ∧::::::::ヽ       //;;;;;;;;;;;/三イ       ヌ;;;}
  Ⅳ;;;;;;;;;;;;;\    }キキ\三三ニ∧\:::ヽヘ ///;;;;;;;;;;;;/三ト  ━┻┨━チ;;;;{
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   l キキキ\三三∧ \ヽ   //;;;;;;;;/三/        メ;;;;;;;ゝ





   /   ――-   ヽ`ヽ
  /      ゙̄フ       ヽ
. //       ̄,`ヽ `ヽ ヽ  .ヘ
// / /    /  ', ヽヽヾ}  .ヘ
/ / /    /    ', ヽヽ    . ヘ
__         ./     .ヽ       |
/      /       ヽ       .',
       | /    'ー‐ヽ     ト',
. /     |'゙      - , ‐|     .|     「あの。おい。
/| /|   ./!― ミ ,  /  |    .,'       なんで貴方がここに居るんですかバカ」
. | | !ヽ  !     `     .|   /
. |/ ド|/| | U        |/| ,/', .
.ヘ ヘ .| .\  ,___,  ' フ , '!,/.! |
 ̄ヽ ヘ |', //!ヽ `ヽ , ‐〈/ .!ヽトゞ,
-'`ヾ', ヽ∨/:|  ゝ'゙ _,, }   | ./∧ `'
::::::::::',ヽ,_`ヾ/  / 二二二} _,|/`ヾ}:::::
:::::::::::::::::::::::ヾニニ!  ____!゙:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::{フ./   x,__ /::::::::::::::::::::::::





            \                ,  ---─  、
              \          _, ィ彡:::ィ:::::::::::::::::::::\
      (つ -ゝ ゝ    \         /::::::/  //::::/  ヾヽ
     (_ ノ _⊃-'      \      /:::::/ ィ7 /::://   /ハヽ
               --==ミヽ-===彡イ::::::::::// / :/  / /   ,
           \        V//l   l::::::::::::/ ィ:l   .::/{ /    ;
            \      ヽV/l   i::::ィ::イ  /l l:::::/ l / //イ li
               =- _   V/l   V l:/~:l l l l l:::ハ、_l::/ // ハi
                   \ l lVil   v l ノ l li l    l:lii//// ゞ、
               _ -=ニニ=\//l    V ヽ        l V
            _ -=ニニニニ=-= ̄ヾム   ヽ_, -.、` -_ ァr'T:/
         _ =ニニ=--::: ̄l   /::::::::::::>  _ 〉  ヽ /  l/
       _=ニ= ´_  l:::::::::k   l::::::::::/   ヽ::.-..、-=┘      「おォ?
     _ -ニ=´::. ::::ヘ   ̄   ̄ ` -=-  __   ゝ::/:\ムヽ       おう、そりゃ護国のためよ。
   _-= '    :.   ヽ l ヾ l   ///////ヽ  {::::::::ヽilヽ
  /イ      :.    \    ///////ム//ハ  (:::::::r 'V l      この聖杯戦争をやらかしちょる奴ばらん中には、
   /       :.     \ ////////// l///\ ゝ:ノ   Yl      うちの国で保管されちょった遺物をちょろまかして
  ,    l         //////////// r- 、// ,   {        触媒に使っちょる奴がおるけぇの。
  }            /// ィ///////////\_  // lヘ .v
  /     ゙ \  ヽ\/////l///////////////, - ' ノl| .l l        その触媒の回収が俺の目的よ。
 l            //////i//////////////(_ ィ///l l l         ま、前回で言うあの乳のデカい嬢ちゃんと
 三=========== ///////lil///////////////l////lゝlゝノ         同じ目的じゃの」

86 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:30:57.28 ID:4COr3r6n



                   //::::/           ヽ 、
                  /  //   ,ィ ヽ < wk    \
                  / /::/   /l ヽ  :.ヽ^~li ヽ::l  '
                 /イ/::::l / l/_ l_ V::. :: i_, l:i  ヽl :l ,
                / l/::/:l/:l i < rッ_ヽl:lヘ:::l __l:_  l::, l:N
                  l/:/ Vl::N     ヽl:::,匁イ'l  ト.::::l l
                  Vゝ  ヾl      ヾハ   l/、 lヘ::l
                  l V:-ヘ l     ´ `  ノ/ V l il
                _, ィ lハ::l ヽ  ´ゝ ̄_-フ /::::/ ハl
                l  ol l:ハl_\     ,ィ::/:/ r 、
                l   l /: : : : :l   _ / //乂リo  〉   「そんなわけじゃけぇ、聖杯戦争に殴りこみをかけるっちゅうんなら、
                ヽ  il: : : : o:l  /   /:\//l  /      俺の目的とも合致しよるわ。
             __,ィ//\ l: : ::--〈    /{ O: :Y l   l
         -= ´ 7////l   ヽk: : : : :ヽ  / l- _: :l l lミミ      はン、ええで、ええでよ。
      ´     /////    i: : \: :/、 i ;: : : ::l   Y/\_ _    よいよ俺好みの展開になってきよったわ!
  _/       .///// l    l: : : : Y    /: : : : l   l.//∧ \   行くでお前ら! チーム神祇省、聖杯戦争に殴り込みよ!」
  / l        ////// i    ヽ: : : : .、  l: :/: :/    l.///∧   ヽ
 , l     /  //////  lヘ    l: : : : l  /: : : /     V.///ム     \
 l l   /  //////    ,    l: : : :l  /: :/     / V////l       \
   i  /   //////    l   /  ̄ フ/: ノ, ‐' ヽ  /  l////∧
/  }     //////l     l  /_ ノ-'- ´.   /_ /   l.////∧
  /    ///////l      ノ    - ´     ̄  )    l/////∧
       l///////l     /        /   /__    l /////∧





          i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
          !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
        \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
         >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
       <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\
         >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ i:::/i::::::::::ll:ハ::::i:::::::::::,::::::::--ゝ
       <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ|/勿|:::::::/勿l::iヽN:::::::::: :,__\   「お前が仕切るのかよ!!」
        ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::::::l  ,ィリ==ミ::::::|\i   ̄´
        ∠__::イ:::::/⌒ i:::::{ゝ   ノ彡l::{  i._...   .》∧i―-ー\
          /:::::::{ ( l::::::|=´三彡 ´! リ   `ヾミ彡|i ハ    `ゞ
         ム:::::::::::::ゝ {::::弋  ! !       ! ! イ !::::ムイ-トヾ--ゞア
            ̄//:::::ゝ:::::ト    _____     l::::ト/  ┠┛   ヾ
           lーーー-i::::::lヾ  /ヾ―----ヽ   /ヽ::::!ーー┐  ┏━{
      __ _|三三三ニ i:::{  /r -- 、::::::::: |i /:::::::ヽ三三ニl┯┻┛  }
     /--xヽ キキ\\三三i::!  〉Yニ≡=⌒ヽ jj〃i从ヘノ三三ニl      }
    /k    ヽキキキ\三三三> ¨ゝ二 二イl l:::::{7/;;;;;;;;;;;;/三チ  ┣━ /
   /;;;;乂     ヽキキ;;;;;;/∧:::::ヽ   l   l  l::///;;;;;;;;;;;;/三ヌ┏━┛  ハ
  从;;;;;;;;弋     lキキ/ 三ニ∧::::::::ヽ       //;;;;;;;;;;;/三イ       ヌ;;;}
  Ⅳ;;;;;;;;;;;;;\    }キキ\三三ニ∧\:::ヽヘ ///;;;;;;;;;;;;/三ト  ━┻┨━チ;;;;{
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   l キキキ\三三∧ \ヽ   //;;;;;;;;/三/        メ;;;;;;;ゝ




                                  .ィ    ,
                         、   i、 //, -‐'´{
                          ヽーi V '´   _厶-‐.=‐
                      . -‐  二二 -‐      ´ ̄ ̄ ツ
                      ,  ´     、ニ=‐            /
                     /        __>          ̄ 二ニ=-
                    /       く             \三=‐
                , ゙i        '⌒              jミ:、
                 / レ!       |              iv' バ`
             ∧ , レ'iノi   ンi丶 i i 、     ∧/W^ !ハ '
             // Ⅵ  ィ v// l |、| | l\/\∧/   ∧トl  ト!
              //  l/// ,〃   '、'. ! ! !へl\   lWV| |     l
             , ;     vⅣl{     ヽ'、 ! l 、 |iへトトl   l¦ |||   「ああああもう、
               i i   l  ¦ /!!     i゙ヽ!!ヽ ヽl| !,     i厶 ||i    こっちのマフィア撲滅計画がグッチャグチャだぁあああ!?」
               | l   l  lⅩ」!     ! /!!  \lト|| !  |¦{、 }||/
              !j| |  ji l l'个j{ミx、  rj/‐!!二二|ト|| !  |!ハ/ !/
               iハ! 八l _j_弋゙i斗'>xv_/r'ナ弋辺jヒ!! !  i 乂 / /′
               i /iゝ'´ノノ ̄/ノノ /`ゝ―――/ク / // ツi /
               i/ 、ィf / /}         /'//, //´ ,| ,′
            r'  ,バ !レ'  , ´ 〈{        U ノィ/i/!ハ  ハ!
            i  { jン   〈 __ ` ´        ノ' ノ i小 {
                i  >´  ,〆´  iャz――:ェ=‐' /   { ハ{\
              i f   ´  ,. ⌒i‐- ̄   イ    小l `  \
             { !    ‐'´  ,r'介ー  ´      / l、\      、
          __厶       r'^´ {        /  \_i     ヽ
    ,  --‐     ハ      '!  ‘.        ′   !      、
.   /            / ;      i   '、\     /, -――‐」        、
   ′ ⌒ヽ    /   !       i⌒  ヽ、_______/¦       \
  ¦         /___j        !  、  丶          |             ヽ、___
  |        、    |      ム    、 ',ー   ----‐一'!      ̄ ̄`  、〉   ',
  ¦        V^\ノ       / `、  \_i           l   /            i
  |        .′  \    /    ヽ    |         l  /          !  !
  |          '     ヽ、  !     \  !、        l /           l   l
  ¦       ,'          ` く       ヽi \     ,.l /           l     l
  |        /             \      ¦   \  / i/  r=====   !    |
  i        /^\          〉     |     〔 ̄〕  !  []          l    ト、
  ¦       〉、  \           /       {     ̄  |             !    | }

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

89 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:31:33.81 ID:AJ5/aSUI
頑張れwwwwwww
たぶん勝手にマフィアもぐっちゃぐちゃになってるからwwwwww

94 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:32:21.90 ID:3G8AH/wf
日本から盗まれた遺物って……
現存してない三種の神器のどれかとか行方が知れない十種神宝のどれかだったらやばい(汗



101 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:32:59.76 ID:4COr3r6n
>>94
そこまでのもんじゃないよ!w
多分歴史資料になる刀とかそういうのじゃね?

103 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:33:11.74 ID:4COr3r6n


                        ,  ´    ___  ¦
                     ,        /┌┬┐ ∨ !
                         /       /イ.├┼┤ |  |
                    ´       _」乂 └┼┘ |  i
                     _x≦三三」乂 二工二乂 斗┐
                    _、x≦三三三三三乂 // ハ彡'≦三|
               x≦三三三三三三三三三≫= ´ _て_)≪_
                 厶三三三三三三三≧=  ̄ _、 -‐ ´     ≫x.._
             <☆>┬¬ T て_)__、-‐ ¨´             ≫x..__
             .三lムl‐┴¬≦三                       丿
          三≧チチ // //__」_j> _                   _>'' ´
          、/ /r彡 // //  ノノ‐- `_ ‐- 、____ 、-‐ '' ¨´
         ⌒/rf彡i l i/ // ー爻三ュ___ >‐//   /__∧ |
       i f‐〒ラ ,j l i //   乂_」六ィ⌒ミ  //  f幼゙ア ' |
       rう乂l l /,| | iⅣ /「 ̄ ̄ ̄`゙   ノ/   {`¨゙{ ¦ !
     、弋T 7l l //j¦!!レ'/ !      / /    ,  !  i i
      ヽ ^´コ l,'//| | ||l〈   i       /イ/     Vハ ji !
      〈_\ V/i,'∧l¦!!i , i    /  〃  'ニ ニ‐'7  'ji !
     r'三≫川i {、 | | lハ i !ー‐ ´   /'       /' / !!{{
     /》チ¨ノレiハ! `、| l  、!¦                 / ! / j川
.    ////^フ/  { i ヽ!、 ! |    t..___,. -一ァ=' 小l¦ /丿
   /// r‐┴- _  !、|>}い       `  ¨´   //l八{
  ノ// _ム     ` i、ヽ   iハ{> .    ̄ ̄  ,'/   ゙、
./ // /   ` ‐ 、_   `丶、_ `   > _    i′    `
    /       `ヽ、    `ヽ、  厶    ‐‐ ′
                 丶      ヽ∧ !
                 `    / 〉!
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【六道骸】

 護国の大義を胸に秘め、聖杯戦争に参戦して少佐と最後の大隊の残した戦神を打ち砕く事に
大きく貢献した護国の勇者。
 ……ごめん嘘。

 幼い頃にマフィアのせいで全てを喪った過去を持つ、影のある青年。
 怜悧な頭脳と確かな実力を手に、マフィア撲滅の為の手札を求めて聖杯戦争に参加した。
 博打を打っているようだが、順手のみではマフィア撲滅などと言っても出来る範囲が小さすぎると
判断した上でのことであり、正しくリスク・リターンを計算できる頭脳派。
 ………だった筈が。
 ある意味では少佐陣営を超える壇狩摩最大の被害者であり、なまじ頭が良い分振り回されるだけ
振り回された挙句に何故か護国のヒーロームーブをする羽目になって激流に身を任せどうかした人。

 いきなり最後の大隊に追い回されて狩摩にぶつけられ(何故か狩摩はノータイムで大隊と手を組んだ)、
狩摩と同盟を結んだ結果えりな様の逆鱗に触れ全力で殴られ(ほぼアンジャッシュ式の誤解の模様)、
狩摩の陣地に引き寄せられたアレース相手に大立ち回りをして、そのまま護国ムーブ突入する羽目になった。
 霧の結界によるアレース隠蔽、最終決戦での分断、アーチャーによる凶将集団の一掃など、実は
アレース戦に限ってみれば相当働いている。というか働かされている。

 アーチャーとの相性は良くもなく悪くもなく、正しく互いにビジネスパートナーとして扱っていた。
 結果として大した不和もなく最後まで乗り切り、聖杯で2人とも願いを叶えれた辺り、これもまた聖杯戦争の
主従のあり方としてはアリなのか。

 聖杯戦争後は手にした資金を元にコネを広げ、その実力と頭脳によってマフィア撲滅に邁進しているようだが……。
 何故か神祇省の作戦行動に付き合わされて(主に狩摩に)絶叫させられているパートタイム護国の勇者の姿が、
聖杯戦争後よく見られるようになったとか。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

108 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:34:25.39 ID:zMgnrt8N
パートタイム護国の勇者www

110 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:34:35.26 ID:KzfF/MNN
護国の勇者ってパートタイムでできるのかw

114 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:35:23.08 ID:CvliAUkN
おう、正社員になれよ。各種保険完備だよ(棒読み

115 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:35:37.15 ID:lKoKmIhJ
派遣勇者ムック

124 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:37:03.86 ID:MZuLP/Z4
派遣勇者……
つまりブラック勇者ってことか!

なお、状態異常などの代わりに摩が付きます



125 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:37:10.56 ID:4COr3r6n



            \                ,  ---─  、
              \          _, ィ彡:::ィ:::::::::::::::::::::\
      (つ -ゝ ゝ    \         /::::::/  //::::/  ヾヽ
     (_ ノ _⊃-'      \      /:::::/ ィ7 /::://   /ハヽ
               --==ミヽ-===彡イ::::::::::// / :/  / /   ,
           \        V//l   l::::::::::::/ ィ:l   .::/{ /    ;
            \      ヽV/l   i::::ィ::イ  /l l:::::/ l / //イ li
               =- _   V/l   V l:/~:l l l l l:::ハ、_l::/ // ハi
                   \ l lVil   v l ノ l li l    l:lii//// ゞ、
               _ -=ニニ=\//l    V ヽ        l V                   r -- ┐
            _ -=ニニニニ=-= ̄ヾム   ヽ_, -.、` -_ ァr'T:/                    ゝ __ノ
         _ =ニニ=--::: ̄l   /::::::::::::>  _ 〉  ヽ / l:/   r 、       _ ___ -   ̄ _ ノ
       _=ニ= ´_  l:::::::::k   l::::::::::/   ヽ::.-..、-=┘      / ノ- , -===ニニニ=-=- ──  ̄
     _ -ニ=´::. ::::ヘ   ̄   ̄ ` -=-  __   ゝ::/:\ムヽr_ ',ニニノ / . -ヽ ̄
   _-= '    :.   ヽ l ヾ l   ///////ヽ  {::::::::ヽilヽ  /`¨フ_,ノ r-イ、
  /イ      :.    \    ///////ム//ハ  (:::::::r 'V l /  l  ゝイ_,r-ノ
   /       :.     \ ////////// l///\ ゝ:ノ   Yl.{  ノ_ノ   _ノ
  ,    l         //////////// r- 、// ,   { /      /
  }            /// ィ///////////\_  // lヘ .v
  /     ゙ \  ヽ\/////l///////////////, - ' ノl| .l l   /
 l            //////i//////////////(_ ィ///l l l  _,/
 三=========== ///////lil///////////////l////lゝlゝ-::::::l }

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【壇狩摩】

 バカ。






















 えー、存在についての説明が一言で終了したので、以後は彼の聖杯戦争後について語る。
 神祇省からやってきて盤面をグッチャグッチャにした挙句ハッピーエンドにダンクをかましたバカは、
特に変わった様子もなくフツーに神祇省に帰っていった。
 戦争の続きを希望していたアレースさんも、まさかアレでマジで戦争が終わってしまうとは思っても
いなかったであろう。

 彼が聖杯戦争中にやった(やらかした)事は枚挙に暇がなく、

・初手入玉同盟からの盤面ぶちまけヤクザキック戦略
・何故か敵のはずの大隊と共闘
・セイバーと協力して大隊と少佐を追い込む
・何故か敵のはずの大隊と共闘してセイバーを落とす
・適当に陣地作ってたらごっつい敵が来たが、何故か準備ができていたのでとりあえず殴る

 など、デタラメに動いているようにしか見えないパーツが組み合わさった結果、何故か彼にとって都合の良い
結果が引き寄せられるという、何かが顕現していたとしか思えない結果となっている。

 彼個人としては特に聖杯戦争前後で変わった様子もなく、その場その場の気分とノリで行動し、
天運と悪運の赴くままに動いているようである―――が。
 彼の周囲には変化があり、護国の勇士こと六道骸をしばしば半ば拉致するように神祇省の仕事に
付き合わせるようになった事と、時々ふらりと能楽師の少女が遊びに来るようになった事がその変化に挙げられる。

 今日も狩摩の周りでは前者の絶叫と、後者の無表情な悪口雑言が飛び回る………。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

127 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:38:25.41 ID:MZuLP/Z4
実はこれやる夫が書いてたりしないよな?ww

134 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:39:47.94 ID:KzfF/MNN
摩「さあ、行くそ!出撃だ!」
骸「ヤメロー!ヤメロー!」



145 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:45:21.48 ID:4COr3r6n
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

148 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 15:49:33.09 ID:4COr3r6n
さーて、ハムのエンディングはどうするかな

149 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:49:58.38 ID:CM46NoHt
俺の能楽は天を飛び越えるパルクールだ!?

150 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 15:51:15.14 ID:0daUPaxl
僕のパルクールに捧ぐなんかだ!

155 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:00:29.63 ID:1rt3CxzA
闇のわくわくさん、とうとう仕事しなかったなw

156 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:01:38.67 ID:22zV9Nfq
闇のわくわくさん最初は仕事してたやろ。



158 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 16:02:30.17 ID:4COr3r6n
闇のわくわくさんのお仕事:魔宝石1個

169 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 16:10:29.71 ID:4COr3r6n
どれ、では4日目に送られてきた礼装の成否だけ見てみよう

【1D100:2】

170 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 16:10:52.41 ID:4COr3r6n
………。
なんで終わってから本気出してんのお前

171 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:10:55.06 ID:1rt3CxzA
wwwwwwwwww

172 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:11:03.31 ID:SxjAJwFM
クリティカル寸前w

177 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:11:22.80 ID:gUrd1w/+
帳尻wwwwwww

178 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:11:47.51 ID:AJ5/aSUI
クリティカル寸前である、バカなのかアイツ。そうだアイツバカ寄りのナマモノだ。



194 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 16:18:18.76 ID:4COr3r6n
ともあれぽんとEDの構想が出てくるわけでもなし。
ちょっとまだ疲れtれるし、少し横になってきますー

195 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:18:31.85 ID:tWxkfh3S
おつです

196 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:18:36.87 ID:G6GX2WoI
乙ー

197 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:18:43.94 ID:gQvKSDXo
乙です

198 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:18:55.56 ID:zMgnrt8N
乙でしたー

199 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:19:16.83 ID:AJ5/aSUI
乙でしたー

200 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 16:19:42.47 ID:gxUGiyWe
乙でしたー



245 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 21:12:48.93 ID:4COr3r6n
おかしい。キャスター組はどうしてこうなったw

246 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 21:13:25.22 ID:+Dv9sNKV
摩が悪い



262 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 21:59:05.46 ID:4COr3r6n


                    _ -7
                  ,xく' ノ
                 ,x;㌻  └‐- ,  __,,.. -‐ ┐
                '゛        '-=i㌢^ /.,
             /             }/ /   `ヽ、
            /  _,二,_' ー‐-‐       ,x'゛        \_______f┬┬┬┐__
   __     _,.ノ _,ノi|iY⌒Y}likx、,_____,xgf'゛      f┬┬┼┴i┴┘ └┴┴┴┴┬┐
  f゛_,,_ ^¨~´   '⌒^^^'ーく}|i|i|i]リ㌻フ´/└┴┴┴┘     ',          └┴┬┐
    `┛: : : .      ⌒ヽ   `¨““”´ ,:'      {i   {i,     〉                  └i┐
     \: : : :         \       /  :,      {i :,   }i,     ′                └! ┐
      `_`¨¨¨¨¨¨¨`∵:.     ,ィi|:  :i{ '、    {ヽ!i:,  }i   |i    ,                └┼i
        `_. :         ¨    ィi゛/i|i:. : {: `、   {__j」L... }i:.  |i   |i                └|┐
       `_: .          ィ'゙.:j|j/ ||i:, : {i:, `、 「 {|!\:}i:::. ik、 |i                ├|
         `_: : . .   ,x '゛ i|::_j」I -|‐|i: ;{i:, `、j} -‐ }_,__)}i::::. i| \^\                  ┌┼|
           `ぅー;iヅ/|:::   i|::l丨 _j」L{|i:.; {i:, `j}x㎜i扞竹}i:::; i|  「\(\           _├┼
           j}゙ /ノ|i::.   i|:| 「  _,___)}i : : 入_弌゙t、└_''′j}/ i|  [   \ `        ┌┼┘
          ノ'ノ'゙}! :|i:  拌㎜i扞竹 |/i/ ,ノ「\) `^^^´ ノi  | 「            ┌┼|
           //´  !!: : |i:. 弌jt└_''′」/′     \     'リ¦| 「           ┌┼┘
           丿  」i: : : :i}i;、(`^^^´ /′ {        ,/ ⅵi|           ┌┘
             ` i: : : : : ^ヽ\_  /            ,イ}:   Ⅵ′          「|
            ` i: : : :,  )k'⌒     '_ぅ   x'゚ノ{::.   { ,        |[
           `.; i: : : ::, ¦}i〕ト: .,_        /,ノ}:j{ :::. : i〉 ,       └i
          __、`r′,: : : :;{: .¦}j}州j州「ニ=‐- '゚,ノ゛ i}i{ ::: .; ;∧,′       └┐
      r┬┴┘,  .′. : ::j{ ; ノノ州jI斗宀…iト、 j{ _,ノ八 ::.:′:::} |i ,          └卍┬┐
    r┬┘ `   ,′,: .: : .:j{ '//州扮x,,__,_,__,jL,_Y「  /〈Xヽ;:: : ::}  |i ′          └┴┬┐
┌┬┘  、`  / ,:: .: .: :;ノ //州};㌢X〉∧ 'y'⌒ひー{〈X〈X ):. .:{  |i   ′                  └卍┐
┘    、   ,  ′.: .:;ノ ,{j{似イ{ X〉X〉 У_,..ノ||\ 「 ̄ \{i;:. :},  }|i:,  ′                    └‐┐
    、`  ノ′/. : ; ;/゙   i{i゙   八 X〉X)'/゛ /)||(X〕ーi ┬┘|i;::.',ノ^弌,  ′                  └┐
    、  /,ノ ,' ; :j」ノ′  i| |i__j」L⊥=…弌 /,」北L,_,」L⊥=-‐}:::. 〈   ` ,_ ′                      |┐
  、 ` / / ,ノ.:ノ'´ ¦   i| |i     _-_-_-∨i[ || ]i_-_-_-_  j}:::: \     ` 、 ,                    └|_
、` /   / /.: ;' / ノ|i,  j{  |i  -Ξ-Ξ-Ξ{[ || ]}Ξ-Ξ- j}:::;.   ',   /   ,                     「_},
 /    ,′ノ.: ;:{{/ . : |i, j「  j}i   / ̄ ̄㌃ T||T^弌⌒¨¨ ノ.::/::   :}-:-:′   |!   ,                  } ハ
'     //.:/.:}′j{: : : :|i;/ .:;ノ]L∠二二ノ゙{_____}||{_____}`ーくノ⌒}::::. ':,人i[-i___jレj|  ′                   } ; }
    ,ノ゛.: :' : .; :{:/_|{:,ノ: :У ;/__|______|:-:‐:‐:-_j」ニ+' う__{-:-i-:-:- {:::: :. ∨'i[-:-:-:-:i|   ,      く\_r‐- -‐} / ′
  / . ;:'  .:ノ.:/)⌒7: ;ノ′ /-:-:-:-:-:‐:‐:‐j「 _,xfT「 丿}-:-i-:-:-人::: ::. 〈 i[-:-:-:-:i!    ′        \`ー辷ーッ'゙/ノ
,.ノ . : ノ . :;' .:/ :},.ノイ{/{  :{:-:-:-:-:-:‐:‐:‐:j| j{j㌢^'く:-{-:-i-:-:/.:/゙|i: :::. } i[ ̄ 厂{     ,        `こニ㌃^´
  .; :´ . : :/ .:' .:∧! 〈人 :{-‐ i  ̄ i ‐:-:j| ,ノ゙ ノ'_x,\:-:i-:-j{:::{  |i . : / [--{-‐i}     ′       ⌒¨´
 . ;′. : : ノ .:: : ' :{__{___j___) :}____L.  -|:-:-: { -‐'^^   `i」:-i-:-「∨_,ノ゙ ;.ィ゙‐-,[____}__ j}    '
. :/ . ::/ .: : ;' : : :}:-i-:-⌒>:}__ |_ __ _l-:-:‐:}  -‐…冖;ノ}:-i-:-:-:-/ /丨_i[-:-i-:-}    ′
: ' .: .:' . :; .::i| : : :{:-:i-:-:]i^り:‐:-l-:-:-|-:-:‐{   _,. -tノ:[:-:i-:-:-: { '-:-:「-:-j[-:-:i-:-}     '
ノ.: : / . : .:{ :::i| : : jハ:-i-:- ]i:‐:‐:-:l-:-:-!-:-:‐]  '゛ |   ;[:-:i-:-:-: |「-:-i-:-:j「 ̄ { ̄i}    ′
.: : / : : :{ ::j| : : i :| ] ̄ ]i‐‐‐-|---i:-:-:-:]i   /   ;[:-:i-:-:-「 ̄ ]:-:-j「----} ,_i}   ,
: :/  :: : :{ ::i| : :i :| ] ‐ -]i   |  |-:-:-:-]i     /[ :-i-:-:-{   ]-:-:j「    / j}   ′

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【キャスター(秦河勝)】

 自称、ネ申の域に至る能楽師。
 狩摩が濃すぎたせいで印象が薄れがちだが、好き勝手度合いでは決して劣っていなかった古代の文化人。
 能楽師としての技量と面を駆使し、相手を“演じる”事でその能力を真似ることが可能な能力の持ち主であったが、
宝具やスキルは真似できずデッドコピーにしかならないため、実は相当なハズレサーヴァント―――だった筈が。
 最終結果として残ったのは、令呪を魔力供給に使い切って最多戦最多勝を挙げた“最弱”の姿だった。

 VSアサシン組
 VSアーチャー組
 VS最後の大隊3のうち部隊
 VSセイバー組
 VSアレース1戦目
 VSアレース2戦目

 これら全てに勝利した挙句、最終的にえりなを妥協させて戦争終結の決め手を作ったのが彼女の知識だったことを
考えると、やらかし具合では実は狩摩に勝るとも劣らない。
 徹頭徹尾無軌道、かつ好き勝手に聖杯戦争を戦い抜き、そのまま受肉までかっさらっていった人生の勝者。

 戦後は受肉した後、えりなの屋敷で助手を務めて金を貯めながら現代知識を集め、その契約満了後にえりなとカノンの
コネで入手した戸籍を用いて、現代での能楽復興に努めることとなる。
 その過程で起きたトラブルは枚挙に暇がないが、少なくとも本人は実に楽しんでいるようで、無表情でガッツポーズを
決めている姿がしばしば目撃されているようだ。
 また、神祇省にもふらふら出入りしており、トラブルを起こしたり巻き込まれたり煽ったりして、約数名の胃を無駄に
痛めつけたり、えりなの作った食事を差し入れたりしている。

 ちなみに―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

263 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:00:16.87 ID:zMgnrt8N
やる夫の胃が死んだ!

264 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:00:34.34 ID:yzNIse3I
無表情ガッツポーズは変わらんのなw

265 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:01:46.35 ID:bRlk6yrr
良い空気吸い過ぎっていうか、やっぱこいつ狩摩と同レベルで大概な奴だわwww

268 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:03:23.15 ID:aFQJ7Mou
神祇省では狩摩もどきが増えたようなものなのだろうか



269 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:03:34.09 ID:4COr3r6n





      マx _ゝ: : : : : : : : : : : ::ノ: : : : :/,, -‐
   __マヽミ: : : : 彡:::::へ:::::ヘ: : : : : : : : : ::/
   \: : : : : : : :彡:::/://::::/\/: : : : : : /__
     ゝ: : : : : : ://: : : /\::\: : : : : : : : :\
     ム: : : : :ノ: : : : :彡三ミミz: : : : : : : : : : :X二=-
   _,,.-_:::=ニ::;;:: : :/: : : /,: : l: :;: ::ヽ: : : : : :::::::::-二ミz__
    ̄__z=彡: : : : : : :/:/l: : ::ll:::l: :;l::ヽ: :丶: :::::::::::::\
      /:ソ: : : :::/y/ }: : ::k::j:::::lヘ:::ヽ::丶:::::::::ヘ ̄   「よし、黒幕はブチのめして攫われていた被害者たちも助けだした」
    ///:::/:::::/_メ__ l:::::::}.l::l ヽl ∨::::ヽ:丶:::::ム
   // / //込`-ソリヽ::l リ`==彳ll::::::ヘ;l::マ
     /ソ/j::::ヘ` ̄   ヽ    /l: : : :lヘ
        }:::;;:`ヽ   ::l     ' ll: : :lヽ
        l::::;;:ヘ    `   __  /l:::l:::lゝ _
        i:::::;:l;;ヽ ` - - =ニ《ミ-x_l__:l:::l-x彡ミミ-- ____
       /;;!:::::l:l;;;; \  -  / l` x__X-l彡┗━┓  \
       l\l: : :リ;;;;;;  > /;;;l l;;;;l:::::`《ミzze__  ┻━━\
     /l  l::::::lヽ;ヘ      / l /\:ll  /``ミミzz┳━╋━\
 _,,. -‐''三\ l:::::l:::ヽ;;ヽヘ   /  /;;;;/::::ゝ {三三┗ミミ《``'<┻━イ__
 キキキキ三三 ヘノ:::::ヽ;;ヽヽ    /;;;;;/::::::::∨三三彡  ``>::::`<._/;;;;;;;;; ,X   __
 キキキキ三三ニ> }::::::::ヽ;;ヽ  l /;;;;;;/::::::::::::l l三三lミ━┻┓ >''::::::::::../  ヽ-,,/ {
 キキキキ三三ニl l::::::::::::::ゝ;;ゝ /;;;;;/::::::::::::::/ l三ニl彡  ┏━ ∨` < ヘ  ∨__{  F=--x_
  キキキキ三三l l\::::::::::\;;/;;;;;;;/:::::::::::::::/ /三l   ┏╋┻ __l__Y\ `”¨`l  ∨ zzl`ゝzx_`}
  キキキキ三ニl l:::::\::::::::::\/::::::::::::::::/ /三l  ┳┛    l    ̄ 、  `  ∨:::::,z__`_/
  ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;-------=========勿ニニニl┳┛     └`--イ _ ヽ     ` ̄ヽ
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ \ /::::::::::::::::/ l \      ┳━┓ | ___  ヽ      ∥
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/三l ヘ:::::::::/:::::::::::::::::/  ll  {┻━┳┫     / \_ヘ         ll
 ;;;;;;;;;;;;;/l三三ヽ ヘ/::::::::::::::::::::l  l/l  l    ┻ ━┛/;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ         l





                                  .ィ    ,
                         、   i、 //, -‐'´{
                          ヽーi V '´   _厶-‐.=‐
                      . -‐  二二 -‐      ´ ̄ ̄ ツ
                      ,  ´     、ニ=‐            /
                     /        __>          ̄ 二ニ=-
                    /       く             \三=‐
                , ゙i        '⌒              jミ:、
                 / レ!       |              iv' バ`
             ∧ , レ'iノi   ンi丶 i i 、     ∧/W^ !ハ '
             // Ⅵ  ィ v// l |、| | l\/\∧/   ∧トl  ト!
              //  l/// ,〃   '、'. ! ! !へl\   lWV| |     l
             , ;     vⅣl{     ヽ'、 ! l 、 |iへトトl   l¦ |||
               i i   l  ¦ /!!     i゙ヽ!!ヽ ヽl| !,     i厶 ||i
               | l   l  lⅩ」!     ! /!!  \lト|| !  |¦{、 }||/
              !j| |  ji l l'个j{ミx、  rj/‐!!二二|ト|| !  |!ハ/ !/   「狩摩、貴方の目的であった触媒も取り戻しました。
               iハ! 八l _j_弋゙i斗'>xv_/r'ナ弋辺jヒ!! !  i 乂 / /′    だから―――その」
               i /iゝ'´ノノ ̄/ノノ /`ゝ―――/ク / // ツi /
               i/ 、ィf / /}         /'//, //´ ,| ,′
            r'  ,バ !レ'  , ´ 〈{          ノィ/i/!ハ  ハ!
            i  { jン   〈 __ ` ´        ノ' ノ i小 {
                i  >´  ,〆´  iャz――:ェ=‐' /   { ハ{\
              i f   ´  ,. ⌒i‐- ̄   イ    小l `  \
             { !    ‐'´  ,r'介ー  ´      / l、\      、
          __厶       r'^´ {        /  \_i     ヽ
    ,  --‐     ハ      '!  ‘.        ′   !      、
.   /            / ;      i   '、\     /, -――‐」        、
   ′ ⌒ヽ    /   !       i⌒  ヽ、_______/¦       \
  ¦         /___j        !  、  丶          |             ヽ、___
  |        、    |      ム    、 ',ー   ----‐一'!      ̄ ̄`  、〉   ',
  ¦        V^\ノ       / `、  \_i           l   /            i
  |        .′  \    /    ヽ    |         l  /          !  !
  |          '     ヽ、  !     \  !、        l /           l   l
  ¦       ,'          ` く       ヽi \     ,.l /           l     l
  |        /             \      ¦   \  / i/  r=====   !    |
  i        /^\          〉     |     〔 ̄〕  !  []          l    ト、
  ¦       〉、  \           /       {     ̄  |             !    | }

















      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
      |     ふふふ………あはははは………はーっはっはっはっはっは(棒読み)      
      乂___________________________________.ノ











.

279 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:08:18.48 ID:4COr3r6n



                              、,,
                              / \        ,,、
                                 / / \ \     / l
        {`~-- 、             __ -―j { -‐`  ̄"''</ } }
        }:::::::::::::::::\        x '"     ∥           `ヽj j
        {:::::::::::::::::::::::>┐   / / // /    }      j  ノ
z======ノ::::::::::::::斗‐{ l二フ/ / /   _,,x()j八 い      ノ  }   「よく来たわね、護国の勇士よ。
 -~'''ニ二 ̄{::::::::/ /l l }:::}=======''"" ∥{{ ∧ ヽヽ    ノ /} j     私こそがキャスターのマスター、秦河勝あらため
       ヽ乂::::} /l {::l }V:/ V  /j   / j j 乂(^\ }     /V ハ     新たな戸籍では秦こころ。
        \ヽ{ノ:::},ノ:弋j:::::} /  / l ∥ /{ {   \ノハ    /)/ /八
         廴`ミ::::::::::::::::ノ 八  /^l l_,x云弐:.、   \}  ノ;/  / ト \     よく黒幕を倒したと褒めてあげるけど、
           `⌒气彡イ  \{ } ''《{  }゙ヾ、         / 人 `''ー-一   まだ聖杯戦争は終わっていないわよ」
          x- ニニニ~く\     У jい ゞ-'゙ \\ ヽ ァ //}}  {              ト、
      //  _ノ     \   _ノ ノ} }     \`''''~"/ ∥ 人                l ヽ
     / / _∠-―--、__  ヽ/ /ノ }\ ‐-   フ''" { 〃 乂  `~―- 、        l  }
   _/ {/ / x-‐-ミ_  ̄ ̄__γ⌒>ノ /}_>--‐1" _r~く    `''ー- __   `ヽ     } } /
'" ̄  /  /{{      ̄// /Y//-、__rく     ̄/  /:::::ヽ>''"フ    `ヽ   \_ノ}ノ/
  -‐ノ  / ヾ、 {    〈( _/ 〈(弋r'"  ̄〉   /  /-/  /         `ミ__ //
/ /   ∥ l  ) い   / j     乂__/  l /  /  j  ヽ{    \_   `丶、_ /
  ∥ 人{l l    ヾ_ノ   { ☆       ヾ {  {   { /  \       ̄ `丶、\ }
  {{{ {   い   /     / ○          _\i  弋-‐j  `ト _>         \ヽ
  j ⌒  ヾ、   /      { ▽  _,,。*''゚~ ̄ ̄ヽ ヽ   ヽ::{  { }    \         )}ヽ     ⌒ヽ
、/ ノ      --‐{      乂 ,,。*'''゚       } ノ Y  }:ノ /弋{   \     ̄ ̄`ヽ、    \    ノ}
/  {  >'"   ノ     ,,。*彳        -‐''" ハ i // / /:j     `''ー- _     \   トミ`''ー彡ノ
{   /      {  ,,。*''゚  /      // ̄)ノ } ∨ {/{/::/  \       \ ̄`ヽ、 \メ \`ー''"
 / /   / ,。*゚"     ノ      { /     j  {:::::::::::::ノ    `''ー- __   ヽ \ Y \ ヽ\ヽ
/  /   /  ,*゚   /  /        )〉     /  乂;;;;/`~、_      `ヽ  }} )ノ   ハ }  ヽY
  /  /  ,,*゚   /  /              /            ̄`ヽ、    _ノ  /ヽ jノ j   }}
 / /  ,*    /   j  _          /  _             `ヽ、ー--‐ヽ}  ノ ノ  ∥
  /  辷)   /     {/  `ヽ    / ̄へ     ̄`丶            \   ノ /'"   ∥
  j  /:::人  /           `''ー-┘    ヽ                    \  (   _/
 {  {::{::::::::\     /                \              \    ヽ   / ̄
    乂:::::ミ''⌒    /          {{       \               \   、  (
   / );;;}     ∥       l   {         \               \  i
   /    j  /              l              \              ヽ }
   {     {  {               l                \             }





        x<::/:::::::::::::ヽ::::::\::::::::::::::::ヽ::∧
     ,ィ:´::::::::/::::{::::::::::}::::::l|:::|::::::}!:::::::::::::::::l!:::::}ハ
.    /::{:::::::::::|::::::l!:::::::::|::::::リ:::|::::::リ::::}!:::::::::/::::/::リ
   /:::::ヽ::::::::{::::::::\::::}:::::/::/\/:::;ィ:::::/::::::::::/
   :::、:::::::\:/\:::::::::/\__/  ∨{〈\∧::::∠ノ
   :::::\::::::/   \/        };ハl    V´Τ゙ヽ
    ____/                | l!    ‘。 }!  )
    |                / |   l{ レく___
    _|               /\  ∧/Vハ / }
       l|         /\/   \/   ∨{ { |     「やり直しィ!
      l|    /\/      }l=-‐_斗ャ  ヾ}l |      その棒読み癖はどうにかならいのかねぇ、君!
.        \∧|__  ({   jリr f忖,ノ   jリ !'⌒
.   ∨  /、_,ァ ニ==ミミン二彳 ゞ'^     |  |       それでもこのエドガー・ライス・バローズの物語の
.   ⌒V\{`  く f忙j_,ノ/    ヽ ̄     |、/        主演なのか!?」
    ^∨ヲ   ^' ̄ 一{  }lト、 ノ   U    |人
   ヽ  \         \{_j        | 〈丙、
.    \  。           , ―一'⌒ヽ    l  \ \
       \‘。       /¨¨¨¨ ̄__∧    |\  ⌒
.         ノ「 ゚。     │ /⌒ヽ'´  l_ |    |  }
      { |          「`V       { _|    │
      |l !   ‘,      \   │ |   ′
.        |l l   \     \  ー一' ノ j /
.       |  \    \      ー‐一 ノ ′
        \   \     、  ー―=='  /   l |
..     _ \  \__ヽ \      / }   l |
     /二 ≧、\  ー  ̄{「 ` ̄ ̄ /,ィ´   l |
.    /     ∨ \ 、_ リ ({_)  //    /
    { i  r―=ミ ゚,  \___{{ー_____/ /   /

280 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:08:42.61 ID:xGI1i57E
本家が来やがったwww

281 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:09:11.51 ID:zMgnrt8N
もしかして超勇者ですかーwww

295 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:12:11.82 ID:gQvKSDXo
まさかの参加者だったwww



296 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:12:50.31 ID:4COr3r6n


                <  ̄ > 、
            /,. -       , ―― 、
           ー=≦/,.: ,     /     ヽ
           / / / _|  ! ∧ l  ヽ   / l
           ,' /イ| /-‐l、{ }/|  ●  ●|
            | 从_{ T¨T   l  (_人_) l   「ええい、古い小説を触媒になんとなく召喚したら
            | / } └┘   ヽ      /     出てきたくせに生意気なサーヴァントね。
            |,  人""  __ ` ― ‐ ' l
            / /   .> .._.. < | |   |     まぁいいわ。これも能楽のネタ探しにはなるでしょう。
            イ / ,---∧  ∧'ー:. ∨ l      受肉後にネタ探し旅行してたら聖杯戦争に巻き込まれるなんて、
             /{ {/    { /介 、/ 八 } 、 :.      ふっ、これもネ申と呼ばれた私の能楽がなせる技………」
         / ,| |     / {☆l ヽ  l l \ヽ
            /从{   イ  > イ  ヽ ノ  | /  ヽ',
         /   _`,イ.! {  /○ ヽ } }`/、    ヽ
         ,' '.    } / j  ー'    '   |  }    ノ',
       {  }    Y  {    △    ∧/   /  :.
       |  {   ノ、  |        | {    /   |
       |   ヽ'´/二ァ、   ×   ィr∧\___} / ,イ
        乂  `{ / 、ノ、   ̄不 ̄  (/ }/ } { /リ
         マ{ /乂-'  \/  | \/ ゝ_〈 /イ ∨
         }'  /   /    |  {    \  /'




                  ,'    ,イ |_∠..--、,rァ─ _..-──-.._ ヽ
                  | :,'  ,イ}レ''''''   ≦ヽ (,,,;;;;r─==≧、ヽ__ノ)
                  ヽ|_У_ュ ,..--  `''ミ! 二二 >''"´ ̄≧<
                      / / ,'"_  "'ヽ : : :/ へ.     ー───≧=─...、
                / γ r≧_,  . . . .: : ;イ:、\ \:\   ────-..._ \
     __,.........._ γ─┴─‐{r'  ̄′: : : : :/-i!、): :゙. }:Y:.`ー─≦ ̄ ̄ヽ ヽ ヽ ヽ
  r─’__  ≧-..、ヽ\─ュニ、ーヘ: : : : : : _,.-≦   i! ヽノ:Уノ}: ̄≧-、: : \  ヽ  ヽ|.|    「さぁさ、やりましょう勇士達。
┌┘--- ニニニニ-.....У7;;;;;;へ/无≧彡 _/,   i!  ゙. : :):)、ヽ: : : : . .   ゙.  ゙.  ヽ|      私の暗黒能楽を見せてあげるわ」
└─────┬──/;;;/iiiii/ヽ≧∨ヾ{'l/>< /   ヾ、 ハ: :  ::. \: : .    ヽ_ \  ゙.
         ‘ー─,'iiii,';;ヽiiiii/;;;iii〈 '  伐Y:. .:/   〉、|    :::ヽ:::\ ` 、、   \\ !
           /|;;;;;|iiii|;;ヽKii;; ∧ヽ  乂リ:../ .: :イ:::::l\  :::::. \:::\ \ \   \| |
              |! |─レ┴─r'⌒ヾ>-....>'. ://l:.:ヽ::.ヽ \:::::::.  \: :ヽ \. \   /
           i! ヽ<   <___Уヽ::iiiiii;;彡iii|´ ::|::!: : ゙.::::.  `ー-..._ ≧-、  ゙. ヽ {
            i!  `ー=ァiiイ'⌒|lー‐ァ';;;;;;;ヽ :\: : l\::::..    ≧=-、_ヽ}   \ヽ
            ヾ:、    ,'/N{   ノハ/i;;;;;;l、::::ト、   \ ヽ \:::.   ヽ___  ≧=-、  \ミ=‐'
              ヾ><|;ヽ!;;`≦У───ヽ|;;;;\  ` 、 ヽ、   ゙.ノ \ ソ  \  `ー─'
             /─ァiiii;;;iiii>‐====/ii;ヽミヽ   \  \  |     \ヽ.   \
          , < イ,ィ;;;;iii≧イiiiiiiL≧=─‐ァ"`ヽ;;iiiiヽ:ヽ    、.. \ ヽ.     \`ー‐ 、 \
         / ノノ/'´;;;|iiiiir≦フ´iiiii|;;/iiiii彡":::/|iiヽiiii|: |:ヽ    ::...丶 丶 \    \  )__ ヽ. )
         ,'/|_/'ィ' ̄! ̄|/;;;;;}/iiiiiiiii彡'iiii><:/;;;;;|iiリ:、|: : };、.  |::. ヽ l::::.. ゙.    `ー──<
       r≦;;;!iiii|;;;;|iiiiiii!/!ii;;;/─┬''";;;;/ii/ー‐";;;ハ、:/!;;!  | :::.  ゙.:::: ノ、    _,
       |;;;;;|iiiil|;;;;;;|iiィ´;;;;;;>{;;;;|iiiiiiii!;;;;/ii/|;;;;: : : : : : : У,';;;! ,イ  ::.  |`ー─ミ二二≦
       |iiiii|;;;;;;l/ヽiii>;/: : V::ヽ;;;;;ヽ::/iiii/ヽ : : : : : :,rァ’  |,.イ:|   ,'\\
       |;;;;;|i/ヽiiiiУ:|iii!: : :.ハ;;;;;|iiiiiiii|;;;;;/: : :∨: _>‐' ,  /::リ:.ヽ /  ゙.゙.
         ハ/;;;;;;;ii>/ハ:/;,': : :/: :V !;;;;;;;;レ′: : : : :レ"_.,;;;;/  /ー’_ Y   ||
      r┴ヽ;;ヽiiiiX::、:/;/: : /: r、‘ー''": : : : : ;.イ ',r;;;;;/   / ' ,>-’|リ   |/
      〕不7>':、:フノ: : ,': : :ヽ:ーr──r''"ノ ';;;/  彡イ /: : : :ノハ   /
      (,イ//| !:ヽ::゙.: : : :.:|: : : : :` ┴─‐‐''":.| |;/  イ: : //: : : : : :/:|
      Y/、.|ノ: : ヽ|: : : : :.|: : :,:-─-、: : : : ,.--、!  /: :!: : |': : : : :/: ノ
        ヽ:\: :リ : : : : |: :‘' ̄ ̄`ヽ  /'"⌒|、 ,': : :|: : : : : :/:/´
         ヽ:.:\: : : : : .: : : (` :、___:_.:-' 人|: : : !: : : /: :./
           \ノ`ー.、:ヽ: : : :`ー┴‐┴‐''": : : : : :/_;.イ:>‐'
             \:ノ⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : /≧=ァ’
               ヽ、: _)'`ーr、___:.-≦: : : :/
                   ⌒ヽL: : : : :|: :>" ̄ ̄
                      |>o<T´
                      |/ヽソ:::.
                     /⌒y'::
                    ヽ==-'





              ィ , /, ィ
          ,  ///〃 厶____
           /Ⅳ  ´,  <   _,     ,くZ丶、_
        \v′   ´¬/レW´厶v、/レ^v^ヽ ミ==-‐-
        _》  / /// イ /ヘ√j/  , ヘw^\
     ー=三_,   '^i/i/ ´  ´  ,  /. ィ{   ', , ヽ
         / / /     /        /_ ,彡く l{   Vヽiハ
       ノィ '   __'     / 厶爻以ミヽト!、   ぃ い、
         / /  ,´r ! l     ,  {   `ヾツ`!l   , -、li l iヽ\
.       / /   i ー|¦|  , ト'、      i '、 {圷、i| l | `、丶
       ' ,    v l/! |   | ト \     ! ヽ V^ハi {     \
        i /! ! ,   、ノ_j ハ } |         - / '  い.      「すいません僕ら的にもう用件終わったんでコレ帰っていいですか。
        i,' j¦l   V i,′ 、{ヽi   、__     ハ、 !ぃ'、       聖杯であわよくば願いとかもうどうでもいいんで。いやマジで」
        { | |¦  、{ 八   i 丶    _ `  、, ,'! ! ハi| \\
         ノ''! | i   ト、     _        `丶 / i | |、i|  ヽ
        ¦|八 l ト、`ー    > .      ∧ lハ!バ
          ル'  }从{ `        ` ;  __/ `i  !
       _____ノ_j \      ___j___
      丿 _     l !         | 、     {
   /   `、  , l l       | \    ‘、
  /      ', j 丿 !       丿   ,l      ヽ
ン´, -―――‐} 〃   ,   / ̄   / !      厶__
/    _,「 ̄  /-―-、 } /, -  / /゙、   ∧  ` ‐  _
   _,r  ¦   /!      /     ´   \ / 丶       `丶
 ´      、 、 {       .′  /        `′            ヽ
       ヽ \l     . ,   ` ー-----‐          /    l
         ,  l   .:::ノ      _              /       !
        !  i   ::::|     _,r ´                /      |
         ゝ '、 .::::::| - '´                   /       {
         ヽ ヽ:::::::j                i   /        `,
          iヽi:::::/          、     ¦  ′         !
          | |::/            \    | /     ⌒ヽ  ¦
            ン        __     \   iV        \ {
            〃^ヽ             ―- \ い          ヽヽ
           {乂ソ               ̄`ーヘ ̄ ‐- 、       }

299 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:13:05.19 ID:VeYTHSGX
黒幕倒した後ってことは時間経過してるよね…w

305 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:15:03.33 ID:hUzcEnGH
タッキーもう逃げてるんじゃね?www



306 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:15:04.00 ID:4COr3r6n


                    ,..::::::::::= -=::::::::::`:..、
                  /::/   /  ヽ:::::::::::::..、
                 /::/ / /     ヾl\:::::ヽ    「ふはっ! 何を萎える事ォ言っとるんなら、六道小僧!
                 /::/  / /        l ヽ::::::ト 、   おうおうキャスター、相変わらずの澄まし顔じゃのぉ!
                 ,イ: / /   / Al  l l l  i::::::      もうちょい色気のあるツラぁ出来んのかい!」
 -- ─  __       / l:/ /::/  / / / l l: il l  l:::::l:.、
         \   /  /:/://l  /l /l l   i /:;/l l  l:::ヘl i
           \ /  {〈::::::l//l l,イ_ l:i  //:/^ l: / l::l ヾ                         _  _
 \          /  l:lハ:::::lゝl i ヽ赱l / /ィッフ / /:::l--- 、                  _ -‐   __ _ ̄ ヽ _
            / O  l: N:::l l .l l      l  /イ /リハl    \_,  -- 、    _, ---..7フ.....l   l´   [_ノノ  \ l
            \   l: : l:l  lト、 、__   ' /イ// / l     \ _ -==--- ィ7..../ l.....l l........l  _ゝ、  ̄  \  ヽ)
 \  l  /       >、 l: : :l:\ l \ヾ- - ´イ / l  Ol    ////   ノ {.....l  l......., ヽ...../   `¨´` - イヽ   l
   \k /       ///\l: ゝ: : :`: -- ゝ -イ: /    /     /.//   --=  i......、 ヽ........フ      r- 、_ /イ l  l
    丶      ////  ヘ: : : : --=--: : ≦/   イ       ////        ヽ........> ´        \ /  l l __ l
_ -ニニニム:,     l.// l  l: : : : : ::/: : : : : / /ミ 、      ////         _  ≦         r-‐ '  /  lゝ_ i
ニニ=- ⌒ V    l//l .l  l: : : : : :l: : : : : /イ \ミ       ////ーー  - =≦             └─ ´    l.  l
//......._ -\   ノ//  l   l: : : : : l: : : : /  l    lヾミ    ////                              ゝ _}
<......./   _\///  l  li: : : : : l: : : : l  l   ,   ヾミ  ////
: : \  /.............\   l  l: : : : ol: : : : l   l  /     \///
: : : : : :` 、-- 、  \  l  l: : : : : l: : : :,  l  /
: : : :l: : : : :\..........ヽ  ヽl  l: : : : ::l: : : :l  l /
: : : :l: : : : :l: : ヽ....ヽ...l  l  l: : : : /: : : ::l  //
: : :/: : : : :l: : :/........l.....}  l  i: : : ::l: : : : :l //ヽ
: :/: : : : ::/: : lヽ.....l....._,.Y ト、 ヽ: : :l: : : : l  / ハ





          ./  /        /    / .|                 ハ    |、   .| ヽ
          ./  /       |    /--.|  .!          /--、   ! ゙、   |  !
          |   |       |   /---ヽ .ハ        .!  |'--ヘ    | ヽ  |  .|
          |   |       |   |    、 ハ        |  |   .ヽ   |  ∨   .|
          |   |       |   .|    ヽ .ヽ      .!  |    ヽ  l      |
          .|  .|       ヽ  !     ヽ ヘ      |  |     \ 〈.、  l  .|
          .ヘ  !、       r、 |_____、 ヘ     |l .|.____ヘヽヘ |   |
           ヘ  lヘ  ハ     、ヽ |-┬---、‐´ヘ、ヘ    ヘ |`-.┬―‐-,‐\| 〉   | /
            \.ヽヽ  ハ   .ヘ ` |:::::::::::|     \   ヘ   .|:::::::::::l   /    レ      「セクハラ」
             \、ヽ  ヘ   .ヘ  |:::::::::ノ       ̄ ̄   .|::::::::/  .//     /
               ` ヽ- \   \  ̄                ̄   ´/     /
                 |/ |`‐\ー‐‐       /             /___/
                  . !   |                          ./
                   .|   !                         /
                   |   ヽ                       イ      ./
                   |    \       - ----         /./      /
                   |      ヽ、                ..-' |  |      /
                   |        | 7‐ ..         ,..‐´   | .|      ./
                   |         レ    l ー-  -‐ ´        | .|      /

312 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:18:41.85 ID:4COr3r6n


                          ,rァ‐r‐、
                            //.:::::.l :::.ヽ
                        //.:::::::: l ::::::.ヽ
                        ||У´、 ̄`>、l
                _..-─-..,r'⌒Y〃ヽミニミ 、 ヽ
               / -─ /-<⌒i|〃\ー-、ヽヽ |>、
               /  イ    ヽ. !!〃、 \::cヾ\ イl
        __..ィ==≠======={{ ( \_ `ー‐ゝ、〈、
      ,ィチ"    /   '  /     ヽヾ、ヽミー三ミ、  ヽハ
     /'´     / ,  /  ハ  |   ハ_\ `ニ⌒ヽ   / |
   ィチ´      / /  |-‐ホ|ハ ハ   |ィ|ハ从ヽ ‘ ̄≧=ノ__..イ
  〃       ハ|   ヽV之弌 \ノ斥示X、ハ      ノ=*、
  〃        |ハ.| |   Y 廴ソ`` ′ 廴ソ ∧ \__彡"    ヾゝ    「久しぶりに会った第一声がそれとか
  !{        //ハ\lヽ|:ハ      '     /彳 | ト、| |       ヾゝ    心底変わってないわね馬鹿、そして馬鹿。
  l:|       /   /||Yヽ   ‐   .イ|  リ从∧ ヽ        ヾゝ   もう少し何か無いのかしらね全く。
  .il!       / /  ,イ .! 从_} ≧=-<!_| ヽ ヽ \ \:、         ヾゝ
  *    __/./   / |  !ZZZコニニrァ'ニVL_゙、 \ \ \          ヾ:、  ……あ、少し腹が立ってきたわ。
__ヽ-‐彡      ' l! ハ   -=ク、__ノ‐、 ヾh、.    \ >─-、      }i   みてみて、これが怒りの表情」
__彡'     /   /.|  l |Zハ    /r‐'、}ゝ、  ハ\    ヽ    \     li!
       /   / /|、 ヽ|ZZ|`=彡zハ 7ヽト、/ZZl. \    \  \\    li!
__彡'/   / / .∧ヽ |. リ__|三| `⌒`ニ|ヽ三!   \ ヽ  \  \l   li!
  /   / /   ∧Zz} V/ZZZ!三|Z(⌒)zニ!z!_|\ー-..,_ハ   ヽ  |  ,*
./   /-彡    ∧|/| l V7  |ZZ! },、| 三「.|ZZ|  \    >、   ゙.、! 〃
  /   / //|/ZZ| |  V=/三{.7  !三r、!ニl |   \    \ l  \
../    / ./  //三イハヽ  }´三三Z`ー┼┼/\!ハ.     \    \   ヽ
'   /'  /  //三三7.、\Lニ三| 〈ヽレヽミ{ニニ\!     ヽ     ヽ  ハ
,  //   / /-=彡≦7三|\ヽヽ三ヲ 〈ニ{ミ|三ニニ\     *\    l、 ! ト、
./´/  У≦─r≦7Z/三ハ ヽ} Y__ヽイソニ}7ハニ|ニl\!ヽ    ゙. *.  | | V /   *、
_....-─≦<:彡X //Z/-/7-ハ  l }7/三|三|三}\ニ!ZZヽ >、  l  !l  !イ |'     *、
三=≦X三≧</ XX/Z//zzZZ、 /7/─‐!zz|‐zzV:>、!  ∧  \| |ハ  リ  |       *.
X__XX/\/.///´:!/ /ニニ/|从7Z7∧|三!==Z!Vzz>-<V.   V | ' ヽリ       ‘、
ニ\\\/ヽ:ニZz/::::::|Z7ニニ/ニニ/z/::::ヽzzヽzzトVZZ≫' ィ≦>zL__|/  ||         *
ニニ\ >'\/Zz/:::  V三/7ニ/7   ::::\Zzハ \><≫<\\::>、>、/'             ‘,
\ニニニ、 /ZZz/    VZZzzZ/      ::\z、|   \\≫<\\:::::>‐ヽ           *
/へニニXZZZ/     /\Z/         ::ヽリ    \\≫<ヽ ヾ、             i}
/、  >ニニX.7   /   `             \     ヽ ヽ≫<ヽニ>              *
>./ニニ>' 7  /                    ゙、     V ヽ≫</            〃
>、><>'  ィ                       ゙.    }ZZフ´              *
:://///  ,.'   r、                    *   /|\ト、             〃
':////  /    V>、                   l  /_.-:ァ、ヽ ‘*、         彡'
':///  /     ヽ::::|l>、         _...-:ク     | |:::/  Vハ、. *       〃
: //  /       \l||||||>zzzrzzzァ≦::::/      ! `    |\Vト-'     r彡"
:.//   /          ヽll|||||||||||.'||||||':::::::/       |     |ヽ_ト、
:'/  ,'            `ー─'─‐'‐''"´         | |≧-r<  ヽ. \






                   //::::/           ヽ 、
                  /  //   ,ィ ヽ < wk    \
                  / /::/   /l ヽ  :.ヽ^~li ヽ::l  '
                 /イ/::::l / l/_ l_ V::. :: i_, l:i  ヽl :l ,
                / l/::/:l/:l i < rッ_ヽl:lヘ:::l __l:_  l::, l:N
                  l/:/ Vl::N     ヽl:::,匁イ'l  ト.::::l l
                  Vゝ  ヾl      ヾハ   l/、 lヘ::l   「お? やる気になっちょるなぁ、おい! 
                  l V:-ヘ l     ´ `  ノ/ V l il    ええでよ、こっちゃ護国の大義も果たし終わったからのォ!
                _, ィ lハ::l ヽ  ´ゝ ̄_-フ /::::/ ハl
                l  ol l:ハl_\     ,ィ::/:/ r 、      後は女に付き合っちゃるのも、男の甲斐性じゃけぇ!
                l   l /: : : : :l   _ / //乂リo  〉     一局打ってやろうかいのォ。先手はそんなに譲っちゃるわ!」
                ヽ  il: : : : o:l  /   /:\//l  /
             __,ィ//\ l: : ::--〈    /{ O: :Y l   l
         -= ´ 7////l   ヽk: : : : :ヽ  / l- _: :l l lミミ
      ´     /////    i: : \: :/、 i ;: : : ::l   Y/\_ _
  _/       .///// l    l: : : : Y    /: : : : l   l.//∧ \
  / l        ////// i    ヽ: : : : .、  l: :/: :/    l.///∧   ヽ
 , l     /  //////  lヘ    l: : : : l  /: : : /     V.///ム     \
 l l   /  //////    ,    l: : : :l  /: :/     / V////l       \
   i  /   //////    l   /  ̄ フ/: ノ, ‐' ヽ  /  l////∧
/  }     //////l     l  /_ ノ-'- ´.   /_ /   l.////∧
  /    ///////l      ノ    - ´     ̄  )    l/////∧
       l///////l     /        /   /__    l /////∧


          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
          |      太秦は 神とも神と 聞こえくる 常世の神を 打ち懲ますも        
          乂________________________________ ノ


                      / / ,'"_  "'ヽ : : :/ へ.     ー───≧=─...、
                / γ r≧_,  . . . .: : ;イ:、\ \:\   ────-..._ \
     __,.........._ γ─┴─‐{r'  ̄′: : : : :/-i!、): :゙. }:Y:.`ー─≦ ̄ ̄ヽ ヽ ヽ ヽ
  r─’__  ≧-..、ヽ\─ュニ、ーヘ: : : : : : _,.-≦   i! ヽノ:Уノ}: ̄≧-、: : \  ヽ  ヽ|.|
┌┘--- ニニニニ-.....У7;;;;;;へ/无≧彡 _/,   i!  ゙. : :):)、ヽ: : : : . .   ゙.  ゙.  ヽ|
└─────┬──/;;;/iiiii/ヽ≧∨ヾ{'l/>< /   ヾ、 ハ: :  ::. \: : .    ヽ_ \  ゙.
         ‘ー─,'iiii,';;ヽiiiii/;;;iii〈 '  伐Y:. .:/   〉、|    :::ヽ:::\ ` 、、   \\ !
           /|;;;;;|iiii|;;ヽKii;; ∧ヽ  乂リ:../ .: :イ:::::l\  :::::. \:::\ \ \   \| |
              |! |─レ┴─r'⌒ヾ>-....>'. ://l:.:ヽ::.ヽ \:::::::.  \: :ヽ \. \   /
           i! ヽ<   <___Уヽ::iiiiii;;彡iii|´ ::|::!: : ゙.::::.  `ー-..._ ≧-、  ゙. ヽ {
            i!  `ー=ァiiイ'⌒|lー‐ァ';;;;;;;ヽ :\: : l\::::..    ≧=-、_ヽ}   \ヽ
            ヾ:、    ,'/N{   ノハ/i;;;;;;l、::::ト、   \ ヽ \:::.   ヽ___  ≧=-、  \ミ=‐'


                    ,..::::::::::= -=::::::::::`:..、
                  /::/   /  ヽ:::::::::::::..、
                 /::/ / /     ヾl\:::::ヽ
                 /::/  / /        l ヽ::::::ト 、
                 ,イ: / /   / Al  l l l  i::::::
 -- ─  __       / l:/ /::/  / / / l l: il l  l:::::l:.、
         \   /  /:/://l  /l /l l   i /:;/l l  l:::ヘl i
           \ /  {〈::::::l//l l,イ_ l:i  //:/^ l: / l::l ヾ                         _  _
 \          /  l:lハ:::::lゝl i ヽ赱l / /ィッフ / /:::l--- 、                  _ -‐   __ _ ̄ ヽ _
            / O  l: N:::l l .l l      l  /イ /リハl    \_,  -- 、    _, ---..7フ.....l   l´   [_ノノ  \ l
            \   l: : l:l  lト、 、__   ' /イ// / l     \ _ -==--- ィ7..../ l.....l l........l  _ゝ、  ̄  \  ヽ)
 \  l  /       >、 l: : :l:\ l \ヾ- - ´イ / l  Ol    ////   ノ {.....l  l......., ヽ...../   `¨´` - イヽ   l
   \k /       ///\l: ゝ: : :`: -- ゝ -イ: /    /     /.//   --=  i......、 ヽ........フ      r- 、_ /イ l  l
    丶      ////  ヘ: : : : --=--: : ≦/   イ       ////        ヽ........> ´        \ /  l l __ l
_ -ニニニム:,     l.// l  l: : : : : ::/: : : : : / /ミ 、      ////         _  ≦         r-‐ '  /  lゝ_ i
ニニ=- ⌒ V    l//l .l  l: : : : : :l: : : : : /イ \ミ       ////ーー  - =≦             └─ ´    l.  l
//......._ -\   ノ//  l   l: : : : : l: : : : /  l    lヾミ    ////                              ゝ _}
<......./   _\///  l  li: : : : : l: : : : l  l   ,   ヾミ  ////



                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...`ヽ
                 |   三国相伝陰陽輨轄簠簋内伝    
                 乂_______________..ノ



z======ノ::::::::::::::斗‐{ l二フ/ / /   _,,x()j八 い      ノ  }
 -~'''ニ二 ̄{::::::::/ /l l }:::}=======''"" ∥{{ ∧ ヽヽ    ノ /} j
       ヽ乂::::} /l {::l }V:/ V  /j   / j j 乂(^\ }     /V ハ    「―――暗黒能楽・仮面喪心舞」
        \ヽ{ノ:::},ノ:弋j:::::} /  / l ∥ /{ {   \ノハ    /)/ /八
         廴`ミ::::::::::::::::ノ 八  /^l l_,x云弐:.、   \}  ノ;/  / ト \
           `⌒气彡イ  \{ } ''《{  }゙ヾ、         / 人 `''ー-一
          x- ニニニ~く\     У jい ゞ-'゙ \\ ヽ ァ //}}  {              ト、
      //  _ノ     \   _ノ ノ} }     \`''''~"/ ∥ 人                l ヽ
     / / _∠-―--、__  ヽ/ /ノ }\ ‐-   フ''" { 〃 乂  `~―- 、        l  }
   _/ {/ / x-‐-ミ_  ̄ ̄__γ⌒>ノ /}_>--‐1" _r~く    `''ー- __   `ヽ     } } /
'" ̄  /  /{{      ̄// /Y//-、__rく     ̄/  /:::::ヽ>''"フ    `ヽ   \_ノ}ノ/
  -‐ノ  / ヾ、 {    〈( _/ 〈(弋r'"  ̄〉   /  /-/  /         `ミ__ //
/ /   ∥ l  ) い   / j     乂__/  l /  /  j  ヽ{    \_   `丶、_ /
  ∥ 人{l l    ヾ_ノ   { ☆       ヾ {  {   { /  \       ̄ `丶、\ }
  {{{ {   い   /     / ○          _\i  弋-‐j  `ト _>         \ヽ
  j ⌒  ヾ、   /      { ▽  _,,。*''゚~ ̄ ̄ヽ ヽ   ヽ::{  { }    \         )}ヽ     ⌒ヽ
、/ ノ      --‐{      乂 ,,。*'''゚       } ノ Y  }:ノ /弋{   \     ̄ ̄`ヽ、    \    ノ}






               ト、
               ヽヽ、   _,...:::::::::::::::..、
       _, ...-:::-====  ゝ  `イ:::::::::::::::::::::::::::ヽ`- 、
       ̄  ̄ ̄ > -==-:::/  /   /::::::::::::::::V::::ヘ`ヽ
 `  、-  -─≦===-  /_, -=イ / / ' 7V::::l::::::::::::::.、 \
     `  ─ -= ≦:/_ -≦_ ィ ,/   / V:li:::k::::::::::::.、 \
     , ,.ィ;:::::::::::::::::/  /::/ / ./ __  /   V/::::l V:::::::::i lヘ .\
    - ==─  ̄/ /::::レ' // /´ r:., フ   :/::::::l V::::::::i l:::. l:,ヽ
          / /:::::::/_ /イ  〃==-彳 /  /:::::::::i li V::::::l l::::l l:, '、    「――急段・顕象――
        //::::::::::::〉- '  {     / ./  ://:::/ヽ:i i:, V::::l l:::::ii:::l ヘ      軍法持用・金烏玉兎釈迦ノ掌ァ!!」
       / ,イ::::::::::::::/ { ヽ      //  :/ /Y   〉:::::, V:l l::::::::::l \ イ
    _ イ/il:::/i::::::::/  , -──  <,,ィ :/ / /  /::::::::::,   /:::::::_ <
      //:::::://:::::::::i  ,ィ _イ⌒^ ^ゝ_ /l :/ // r:イ───- 、/
     /::///::::::::::::l  lゝノヽ:::::::::::::::/ l:://  /::::l     /
     // //::/イ::::l   l:::ゝ'_ -_=-´ l:/   / :::::l
    l/  // ' /::/.l ノ└ '  ̄    l/   //::l //
       l / /:/ .}  ⌒         / :::/r//
          l/  /     -‐   _  彡イ  {//      /
            `  -- -、      l :/   l/      /
             /:::///ヽ      l/   //l    /    /
            /:: / /   l _, .イ: -= / l ∧   / --=
           ____,,. -‐''"l  / / / l/八
           | l   Y     |/ / /  l///> 、

320 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:21:27.04 ID:4COr3r6n



                                  .ィ    ,
                         、   i、 //, -‐'´{
                          ヽーi V '´   _厶-‐.=‐
                      . -‐  二二 -‐      ´ ̄ ̄ ツ
                      ,  ´     、ニ=‐            /
                     /        __>          ̄ 二ニ=-
                    /       く             \三=‐
                , ゙i        '⌒              jミ:、
                 / レ!       |              iv' バ`
             ∧ , レ'iノi   ンi丶 i i 、     ∧/W^ !ハ '
             // Ⅵ  ィ v// l |、| | l\/\∧/   ∧トl  ト!
              //  l/// ,〃   '、'. ! ! !へl\   lWV| |     l
             , ;     vⅣl{     ヽ'、 ! l 、 |iへトトl   l¦ |||
               i i   l  ¦ /!!     i゙ヽ!!ヽ ヽl| !,     i厶 ||i
               | l   l  lⅩ」!     ! /!!  \lト|| !  |¦{、 }||/
              !j| |  ji l l'个j{ミx、  rj/‐!!二二|ト|| !  |!ハ/ !/   「ああもう本当に無茶苦茶だぁああああああ!!」
               iハ! 八l _j_弋゙i斗'>xv_/r'ナ弋辺jヒ!! !  i 乂 / /′
               i /iゝ'´ノノ ̄/ノノ /`ゝ―――/ク / // ツi /
               i/ 、ィf / /}         /'//, //´ ,| ,′
            r'  ,バ !レ'  , ´ 〈{        U ノィ/i/!ハ  ハ!
            i  { jン   〈 __ ` ´        ノ' ノ i小 {
                i  >´  ,〆´  iャz――:ェ=‐' /   { ハ{\
              i f   ´  ,. ⌒i‐- ̄   イ    小l `  \
             { !    ‐'´  ,r'介ー  ´      / l、\      、
          __厶       r'^´ {        /  \_i     ヽ
    ,  --‐     ハ      '!  ‘.        ′   !      、
.   /            / ;      i   '、\     /, -――‐」        、
   ′ ⌒ヽ    /   !       i⌒  ヽ、_______/¦       \
  ¦         /___j        !  、  丶          |             ヽ、___
  |        、    |      ム    、 ',ー   ----‐一'!      ̄ ̄`  、〉   ',
  ¦        V^\ノ       / `、  \_i           l   /            i
  |        .′  \    /    ヽ    |         l  /          !  !
  |          '     ヽ、  !     \  !、        l /           l   l
  ¦       ,'          ` く       ヽi \     ,.l /           l     l
  |        /             \      ¦   \  / i/  r=====   !    |
  i        /^\          〉     |     〔 ̄〕  !  []          l    ト、
  ¦       〉、  \           /       {     ̄  |             !    | }






          i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
          !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
        \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
         >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
       <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\
         >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ i:::/i::::::::::ll:ハ::::i:::::::::::,::::::::--ゝ
       <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ|/勿|:::::::/勿l::iヽN:::::::::: :,__\   「グワアアアアアア! 小駒グワアアアア!!」
        ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::::::l  ,ィリ==ミ::::::|\i   ̄´
        ∠__::イ:::::/⌒ i:::::{ゝ   ノ彡l::{  i._...   .》∧i―-ー\
          /:::::::{ ( l::::::|=´三彡 ´! リ   `ヾミ彡|i ハ    `ゞ
         ム:::::::::::::ゝ {::::弋  ! !       ! ! イ !::::ムイ-トヾ--ゞア
            ̄//:::::ゝ:::::ト    _____     l::::ト/  ┠┛   ヾ
           lーーー-i::::::lヾ  /ヾ―----ヽ   /ヽ::::!ーー┐  ┏━{
      __ _|三三三ニ i:::{  /r -- 、::::::::: |i /:::::::ヽ三三ニl┯┻┛  }
     /--xヽ キキ\\三三i::!  〉Yニ≡=⌒ヽ jj〃i从ヘノ三三ニl      }
    /k    ヽキキキ\三三三> ¨ゝ二 二イl l:::::{7/;;;;;;;;;;;;/三チ  ┣━ /
   /;;;;乂     ヽキキ;;;;;;/∧:::::ヽ   l   l  l::///;;;;;;;;;;;;/三ヌ┏━┛  ハ
  从;;;;;;;;弋     lキキ/ 三ニ∧::::::::ヽ       //;;;;;;;;;;;/三イ       ヌ;;;}
  Ⅳ;;;;;;;;;;;;;\    }キキ\三三ニ∧\:::ヽヘ ///;;;;;;;;;;;;/三ト  ━┻┨━チ;;;;{
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   l キキキ\三三∧ \ヽ   //;;;;;;;;/三/        メ;;;;;;;ゝ

321 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:21:30.73 ID:OEPxu37g
常識人枠の骸さん、止めて差し上げて…(震え声

323 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:21:51.33 ID:/BF7/22E
わーだいけっせんだー(棒)



325 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:22:03.27 ID:4COr3r6n

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| こいつらはだいたいこんな感じ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

329 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:22:52.61 ID:c2AJP6RG
タッキー頑張れー。
タッキー【1D100:99】
むっくー【1D100:67】
こころ【1D100:3】
バカ野郎【1D100:53】



331 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:23:27.67 ID:4COr3r6n
>>329
タッキーファンブル直前wwwwそしてこころクリティカル直前wwwwww

334 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:23:57.92 ID:SxjAJwFM
【吉報】神祇省破れる!【狩摩殴ろう】



335 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:24:30.29 ID:4COr3r6n
というか聖杯戦争やったら狩摩、タッキー、骸に横殴りされて、
元キャスターがイロモノキャスター喚んで参戦していた辺り、
黒幕陣営の胃はもうお察しであるね。

338 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:25:13.18 ID:Ucn+bdsC
QBよりはマシ(断言)

339 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:25:14.58 ID:SxjAJwFM
今度の黒幕は何ターン保ったのかな……(遠い目)



350 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:29:51.91 ID:4COr3r6n
参考までに>>329を17進数に置き換えますと。


タッキー:17(歩兵)
ムック:11(銅将)
こころ:1(奔王)
キャスター:9(金将)

となります。

353 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:30:26.42 ID:3VJ1+QnI
敵に奔王与えんなよwwww
そしてタッキーww

355 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:30:40.88 ID:c2AJP6RG
>>343
むっくー【1D100:8】
バカ野郎【1D100:85】
たっきー【1D100:34】
こころ【1D100:22】
バローズ【1D100:45】
巫女【1D100:10】
パル緒【1D100:31】
電次郎【1D100:39】



364 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:32:07.02 ID:4COr3r6n
なんで釈迦ノ掌さんはこころちゃんにはデレまくりなんだよ!!(バンッ)

365 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:32:57.21 ID:4COr3r6n
つーかこれ、バローズさんの宝具で強化されたこころちゃんに奔王乗って、超勇者こころちゃんマジ爆誕じゃね?wwww

373 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:34:12.15 ID:4COr3r6n
最後までイミフなダイス運だったなこいつら………w
さて、次はハムとカノンか。

376 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:34:49.72 ID:4COr3r6n
いや、こころちゃんは肉弾ステが軒並み5なので、強化されまくってもそこまでは強くないのかw

380 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:37:15.71 ID:WRtjICDv
でもタッキーって宝具は使えないけどステは元鯖に相応しいよね?
コピられたらやばい(確信)



382 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:38:11.06 ID:4COr3r6n
たぶん、巻き込まれ枠の少年とか少女が決死の覚悟で街や大切な人を守るために聖杯戦争に臨んだら、
横から突っ込んできた神祇省とこころバローズが好き勝手暴れまわったせいで盤面がグッチャグチャで、
気付いたら悪玉が全滅したところで何故か神祇省とこころバローズがクロスカウンターをカマしてるみたいな
そんな聖杯戦争だったんだろうなぁ(成田感)

386 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:39:10.53 ID:4COr3r6n
>>380
キャスター、ステコピーは流石に宝具だったから封じられてるんじゃないかなぁwwww
神性も受肉したら弱体化してるだろうし、ふつーの女の子レベルよ、受肉後のこの子の戦闘能力。

393 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:41:09.94 ID:bRlk6yrr
>>382
巻き込まれ枠「あんな奴らが僕たちの街を…怖い、怖いけど立ちむかわ」
狩摩「釈迦マンダラァ!」
こころ「私の能楽を食らえェ!」
黒幕「アバー!?」
巻き込まれ枠「え?え?何この人たち!?で、でもこれで僕たちの町は」
狩摩・こころ「ヒャッハ―!特に理由は無いけど殴り合いだあ!」
巻き込まれ枠「」

こうか

403 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:48:41.06 ID:Ucn+bdsC
ぶっちゃけた話摩が勝つ場合が思い浮かばないんですよ

こころちゃんのあたまおかしい運命力と摩の最低敗北保証のせいで



404 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:49:22.12 ID:4COr3r6n
>>403
こころちゃんの運命力はホントなんなんだろうねマジで

405 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:50:03.02 ID:zMgnrt8N
確かに1%は負けるもんな

421 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:57:06.11 ID:fHiPwjBy
聖杯戦争終了
タッキー「願い? 可愛いお姉さんとの縁」
狩摩「どうでもええわ」
骸「マフィア撲滅活動資金」
こころ「能楽復興活動資金」
巻き込まれ枠「アンタら……」



423 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 22:57:12.48 ID:4COr3r6n
さて、ハムカノンだけど、こいつらは纏めていいかな

428 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:57:57.81 ID:qABXQNt9
良いぞー良いぞー(ハムカノン……王様ゲーム……うっ、頭がっ……)

435 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 22:59:25.73 ID:zMgnrt8N
ディルおぜうの絡みはあるのかなあ



438 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:00:24.98 ID:4COr3r6n
>>435
それは今回描写すべきものではないと考えてますねー
ご想像にお任せします、と

456 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:16:00.13 ID:4COr3r6n

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――ステイツ某所

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



              | |        |       q+p
              | | ―――‐, ――‐, ,===//====,‐,―――――
              | |-` ´ - /    .//   ´   //
              | |_´__`___/________/__ー_-_-_-_--'/_________________
              | |   .o|o   .||   o|o   |
              | |    |    ||   . |    .|
              | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |/二二二二二二二二二二二二二二/l
      __                                l |
     ./   /'l _________________l/
   //   //|| __
   | | ̄ ̄|| .|| /. |
   ヽ,|__|レ/ / /l|          | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
   /.     ./ / :l|       /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|
   | ̄ ̄ ̄ ̄|/::|。||      ./                         // l|
   |        ||:。|:: |     /                         // . l|
   |        |l :://    /  甘                      //  l|
   |        |l://    |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
   |____|l/     |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
                     ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||



            _、-、-‐'''''i''''~~^ー''ー'''''''ー--、,,,,,,,,
         _、-'''''"。゛o°。o。○°゛o°o°。。o``'''ー-、,
       _、‐"´°o°∽°。:。o:::°。o。Oo;;;;::::::::;;;`ミo゛:°ヽ、
     /o °::::。/'''°;;;;;:::。:::::::゛。o::::::o。○°:::::::::::::;;;o;;o:ヽ:::ヽ、
    /O::::::O°::i|;;;;;::::::::::::::"::::::。::::o::::::::::::。:。::::○:::::::::::::::::::::o°。\
.   /:::::'::::::::::::::::::::○:::::::○o::::::::::::::○:::::::::::o:::::::。o:::o:::::o::::::::::::::::::::::::;;;i.
   i::::::::::/::、::i::、::ヽ:、:::::::::-、::::::::::::::::(::::::::i:::、:::::>:i::::;;:::/:::/::::::::::::::°:::::::::;;|
   ヽ__、=---、----'''''ー--、=--=--===-----=-------、=、ー-、,,,,___ .ノ
. //"/。;;:::::°::::::;;;;;;;;;o::::::;;;;;;::;;::::::::::°:;;;;:::;;;;;:::::::::ヾ;;;;;::::::ー、`''''''''''''''"}
    {。;;:::::°::::::;;;;;;;;;o::::::;;;;;;::;;;;::::::::::°:;;;;:::;;;;;:::::::::ヾ;;;;;::::::ー、`''''''''''''''"}
   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   └‐───────────────────────┘    ―――ドンッ
   {。;;:::::°::::::;;;;;;;;;o::::::;;;;;;::;;;;::::::::::°:;;;;:::;;;;;:::::::::ヾ;;;;;::::::ー、`''''''''''''''"}
    {。;;:::::°::::::;;;;;;;;;o::::::;;;;;;::;;;;::::::::::°:;;;;:::;;;;;:::::::::ヾ;;;;;::::::ー、`''''''''''''''"}
 ~ _、-'ー-----=、====、,,,,,、--========'''ー-='ー====ー------、;;;;、-"--、.
  |ー'"~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`''''ー---..、       /-‐'''''''''''''""'iヽ )
  | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::.:::::.:.:.:.:::`''ヽ、   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : | ´
  ヽ、,,,,,,___:.:.:.:.;;.;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;;.;;.;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:.:._,,,,ノ





         i ̄ ̄ ̄i
         辷 ― 」
         厂   ̄{
         .′............:
        ./::::::::::::::::::::.
      . '::::::::::::::::::::::::::、
     . '::::::::::::::::::::::::::::::::::、
      ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    .廴::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘.
    |㌃二ニ=―-    -|
    |㌶: : : : : :-=≦-、r-、|
    |: : : : : : :>‐ミ| D)」^: |
    |_:_: : : : //「レ,ノ-=「,〕:|
    | | : : : {': :l .厄 r'L「刈
    | |: : : : : : L」: L!: : : : !
    l: ̄::::‐-=ニ二二ニ=- .'     ―――ドンッ
     .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::′
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
    リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   ‘.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
    L、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
     ヽ::::::::::, '^ヽ::::::::f
      ー '   - '

482 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:29:32.14 ID:4COr3r6n


        / /  イ     /    i|ヽ
       / / /    / /     i} ヘ
        ,   ./   .// ././     〃  ヘ
.      / //  /  /=/ ,イ./     /    i|ヘ      _ ニ,
      , /'   ./  /仍圷./     ./     i| }      //:./*:”
     {/  / /| /` ̄ /   ./,イ      ./ .|    Y:U/:.:.:.:.:
     ./ ./ / !|./   / _ イ // /   ./ ./{    .ノ:.:/:.:.:.:/ニ
    /イ | ./ ´ ´   ´ ̄  ./// /  /  イハ   ./:. /:.:.: /ニニ
.   / | .イ/ハ      ._ - ’ / イ /イ/ / ハ ./:.:./:.:.:.:/\ニ
     |/i| ∧  _ - ´     /' /ミ//   ,ー`>''´:.:.:.:.:.\ニ
      ./i!!|/ .ヘ '       ./ ./i|:::::::::i|’>。.ト ヘ>:.:’ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      /イ i ヘ.        .//  i|:::::::::i|:::::::::::::::= - _:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.    「やはりこれだな!」
          |  /ヽ     ./' _  -.i|:::::::::i|::::::::::::::::::::::::,'> ’ ̄ ̄ ̄ ̄
          | ./ |/ヘ __  ‐   //|:::::::::i|:::::::::::::::::::::::j
          |/ .':::::::::/ ̄| ‘ /イ{::::::::::|:::::::::::::::::::::::j
     ,<:’:::::::::::::: / ./|     |::::: : |:::::::::::::::::::::::|_
  ,< ::::::::::::::::::::::::::イイ:::::i|     |::::: : |:::::::::::::::::::イ::≠ミ、__
/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/.     .i::::::::::|:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::
..¨ ’<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /  |:::::::::j::::::/:::::::::::*'”::::::::::::::::::::
      .‘<:::::::::::::::::::::::/    /ノ:::::::/::/:::::>:’::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::`ヽ::::::::::::/ ̄ヾ, '  ,イ:::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





   {/      /ヽ           ',         '  } '. ) ヽ
/   .'      /___ヽ 、      }       V' .}'ヽ
  /    /     \丶    !.|ヽ  、    ' l{ ノ   、
  ,      /, ィ巧气、、   ヽ\  N ̄ヽ  ,  .l  V' }、
  {   ' / {. {入.ソ; }ヽ     \!-,ー-、ヽ l   l   〈 ノ     '
  ,   ソ   ー--'          'ん. 心ヽ !  .!  ' V  ',    ,
  l   {   , , , , ,          乂ー.ソ ノ.l  ,  l .i
  !.  .ハ                   ̄  .' ノj   ! l     ト   i   「これですね!」
    lヽ            '     ' ' ' ' ' / /!   , l .!   ' '. l
. !   l ハ.    r―    、         ,' イ l   ,l .l   / i.ハノ
、 ト   {  ,ヘ    ヽ     >      イ-イ  ./ ' ! / ,' j' ,ノ
.ヽ! ',  l  ノ 、      ー        / ,: /  ,: ハl  ノ /
.   l .l、 ノ.l. \             ィ / ,'  ,  / j'/  '
   、 .{ .{.i >- ._ 、   _ . < -‐i`!/ノ  イ -‐ '"
    ヽ、 l l l l l .l lТT .i Т.! .} l .l }
.       l.l l .! ! l ! l | .l l .l l. ' l.{
      ノl l .! ! | l l ! l ! , !. {. l l ' >ー- ._
_,.r-―‐/,{ ,.l ! l l .{ { l .} .! .! l. l_ -‐l'"l !.V////>-、_
/////// ヽ ! !.l ! .l } ! l .l_ l‐l´l. !. l l ! l////////!        ヽ
//////././ >-.l ! ,‐j'", ! .l. ', .! l .l l ! .!///////,}           、

494 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:31:34.18 ID:4COr3r6n


             /           /                  iハ
                        /   /           i   |i |i/ハ
               i             /  /        /   /  / /  .}
              |                                 |
             /           /         /   /   / /   |
               / /            /         /   /   / イ     i|
             / /        /  /i             /   厶 .少   /=- _
          ‘< ’    /  ./   | i       /  / 才勿〃 /  〃:::::::::::::\
            .′    /  ./ニ `  -=ヽ    ./ ./ /ゞ-' ノ ./  //:::::::::::::::::::::ヘ   「アメリカに戻ったら、
             // / / ,.=|ニ} !|ニ/   ./ ./ /ハ ̄  / .//\::::::::::::::j{:::::|    これを食わないと始まらない!
           ' ハ/  ./ニ !ニ| .!|ニ{_     イ /        /イ /:::: : \::::::::j::::: |
          />| レ |ニニ!|ニi! /ニ/ハ  //:!| イ/    ヽ ' /イ:::::::::::::::: >。.i::::: |    うむ、大味だ。だがこれがいい!」
          /: : | | !|ニニニ | ,ニ iニi   |'   '     -=′′:::::::::::::::::::::::::::::::::>!|
         ./::::::::: | ..ム .|ニニニニニニ ハ : |  _      _, ./::::::::::::::::::::::::::::: : イ:::: |
        /::::::::: : |/::ム|i\ニニニニニ .ハ`'   ` ‐=ニ  ''´ /:::::::::::::::::::::::::: /: : |::::: ト
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ニニニニニニ -_     ̄  イ::::::::::::::::::::::::イ:::::::: : |:::::::!:ハ
       ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ニニニニニニニ-_  =- _ ′::::::::::::::::/::::;::::::::::::/:::::: |::/
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’<ニニニニニニ-_   i::::::::::::::::::/:::::::.′::::::イ::::::::::ヤ
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’<ニニニニ}!   .|::::::::::::/::::::::::/:::::/::::::::::::::::|
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x。.ニ|  .|::::::/:::::::::::: /::/::::::::::::::::: : |
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>。_.ム:':::::::::::::: : /,:::::::::::::::::::::::::::::ハ






         .....--――--...._
       .-´: .__:.._____:___: : : : `: ‐ 、
     / ,--.´___-_-_..广ヽ_.: : :.\
    ./: / ,-'´: : : : : : l: : : ̄へ___\: : .`、
   ./: //: : : ,: : : : : : :|: : : : :ヽ: : \ .l_: : ゚。
  / ://: : : : :l: : : : : : : :|: : : : : :.゚。: : :l |: : :゚。
  .ハ | .〉: : : : : |: : : : : : : : |: : : : : : :|: : : : 〉 、: :ハ
  |: / |: : : : : : |: : : : : : : : ∧----: |: : : :ゝ〈: : : |
 .|: 〉|: : : : : : ∧: : : : : : : :| \\: |: : : : :|..ノ: : :|
 |.: V: : : : : :_/-、:∧: : : :.| Y芋ハヘ |: : : : : |.〕: : |
 |: : |: : : : : : |  V \: : | 弋::::ソ .|: : : : : :リ: : :.|
 |: : : : : : : ハ|, Y芋ハ \|..    ..|: : : : : :|: : : :|   「日本のは美味しくてヘルシーですけど、
 .|: : : : : : :|、 弋::::ソ        |: : : : : :|: : : :|     やっぱりこっちのが合いますねー。
  .l:|: : : : : |:ヽ      、      |: : : : : :|: : |:.ハ
  ||: : : :l: :|: ∧     __  ノ  .|: : : : : ハ: :|/      あ、グラハムさん、ポテト取ってください。
   |: : : .|、:|: : : \         |: : : : :ハ/        野菜もちゃんと採らないといけませんよね!」
   .|: : : | V: :|: :l | ヽ     / |: /l/|/
   ll 、:| ヘ:| `゙`    ゝ==-----´ヽ
    ゙ `ー- `    _/!i!i!i!ilil『』i!i!i!!ilil\
      ___-- ´i!i!i!ii!i!i!ili[]i!i!li!i!ii!i!i!i\__
    ./´   |i!i!ii!i!i!ii!i!li!i!ii!i!i||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!| ̄` 、
    l    .|i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!.||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!|   .ヽ
    .|    .|i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i.||i!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii.|    |
    .|    .|i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!|    |
    ハ   /i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!!||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!ヽ   ハ
    .ハ  .|i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i!.||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i!i|   ハ
    ハ  |i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i!.||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i!i|  .ハ
    .ハ  ヘi!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i!||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!i!i|  ハ
     ハ  ヘi!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i!i!/  ハ
      ト---ヘi!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii!i/  .ハ
     .∧///∧i!i!ii!i!i!ii!i!i!i!ii||!i!i!i!ii!i!i!ii!i!i!i/  ./

512 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:36:02.08 ID:4COr3r6n


                      _ __
                  r,-、r,'、r,-、r,-、`> 、
             ,, -"`,r'´r'´r'´r'´r'r'ゝ,ヽ)、  \
             ゝ  ,ゝ'´ ̄ ̄ ̄  ̄``ヽソヾ  ヽ
              }`゙^./  /´      ヽ `ヾソ   .
               ',,__/  / ,   , .     ',.  ',ソ.  ',
              / ,./.-/-、.,/ ト、   .i  |iソ.  |
                 { ,'/,'ノ__/// ´., ̄`}  |iソ.  |  「でも、すいませんグラハムさん。
                  ; ; 《.i::ヾ '´ ,,二ニミ ,'  |;,ソ  i |    聖櫃の輸送でローマまで付き合ってもらったおかげで、
             /   i ゙心’    i:::::》 i   |  ',  : ',     ステイツに戻るのが遅くなっちゃって」
             /| .: }´)       ` .′′ .}  ,ト lヽ}
               .' ', ト、i .{   `      '/,' , /l ,/ .}/ `
              ヽ{. ',. `ヽ ` ´, ィ’/  /::::';/__ '
              Y´、.ゝ  》 ̄                  // ヽ . /、:::::::i i '´'::::::/, ./      ヽ
             /(   ` ´ `>::::i }:::::::::/,' /,       ∨
           .>// \    /:::://:::::::::l i l {  i      ',
          /::/   .,ー '´ `テ、.;;;;;,:ィ'{ 。 ノ \ ` 、     ヽ、
          /::::',     ///  /  /   ` ´   `ー-\    ヽ`ミミ、、__
          {:::::::ヽ__,//´  _,./。 /、_  ヽ         ヽ    `ヾヽ ヽ  `ヽ
             ',::::::::/  {.  __r'  / ´     ',   、      `、    ,} ,} }`ー、 ̄`ヽ.
          ` ´   人 `{ 。 {        }    ノ,'、      >.ノソ ノ  ノノ:::::::::}
                 `ー` -'、     丿 .,/  `ヾ、      ̄ ̄`ー― 、_::::‘y",
                      ゙>ー-, イ,' `ヾ    `゙`ー -、            ̄ |
                         / /  ゙、ミミミ、    < ̄ ヽ、         ',
                         ,《´     `゙ミ/三/ミ,,  `ー .ィ゙           i
                            ∧       /  /彡"    ノ         ',
                            /::::\     /,  /       `i            ,}
                            /:::::::::::ヽ.   /,' ./           |       .__ ノ
                           ,'::::::::::::::::::',. /_ _/         ,'   ._ ,ィ ´
                      /::::::::::::::::::::::∨, ̄/   _, ニ -ー< "´:::::::,'
                         人::::::::::::::::::::::/i  ./_ , イ´.|::::::::::::::::::::::::::::::,/
                         ヾ、;;;;;;;;,,-ー'―- 一 ´ |:::::::::::::::::::::::::::,/
                           ̄          }::::::::::::::::::::::::,/
                                    ノ::::::::::::::::::,/
                                   i::::::::::::::::::::,'
                                   !::::::::::::::::::,
                                  / ` ー. '´/
                                 r'/      .'
                                 ヾー、 ,-ーy)






                         ,. -‐====. ..
                      ,.<: : : : : : : : : : : : : >、
                     /: : : : : : : : :/: : : : : : : : ヽ
                   ,イ: : : : : : : : : : :,:,:イ-‐': : : : : : ∧
                   /: : : : : :ー='''´: : : : : : : : : : : : : ハ
                    ,': : : : : : /:イ: : : : : : : : : :/: : :,/: :ハ
                 ,イ : : : :/: ;イ: : : :,: : : : : / : :∠'i:/ : : 〉
                /: : ://:,イ ,': ://: >'イ-‐<}`レ:,: : /:}   「まぁ、アレは一人に任せるには怖い品みたいだからな。
                 ̄i: :イ/、ヽ{.,/ ン   /   イ: : : :,イ     幸いねらう緒のおかげで安全なルートを使えたから、
                 }イ: :ハ_  `'     _    /: _,ィ´: i      手間ってほどのものでもない。
                ノ; : : : ーi      '  `ヽ ' ´ //: : :/
                ´ レ'i: : : : i、           /: : /       イタリア料理は美味かったし、
            ,......<´::∧: : {: :i \        , イ‐': : {          善意の現地協力者ってことで謝礼金も出たしな!」
           <::::::::::::::::::::∧: : iヽ{  `    _... <. /: : :ハ:i_
     /´∧    _V::::::::::::::::::::∧、{          ,'、:イ    ̄`>._
     ,':::/:.:∧.   ∧:`>、:::::::::::::::ヽ          ,'´`::::::::::::::::::::::::::::::::>
    .i:::i:.:.:.:.:∧  〈_:∧:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::ヽ       /ヽ:::::::::::::::::::::::::::/´
    .i:::i:.:.:.:.:.:.∧フ´`}∧:_:.:.:.:.:ヽ::::::::::::ヽ        ヽ::::::::::::::::/
  ,、./:::::::`V∧:.:.i   /‐ /  /:.:. ̄`''''''‐‐:i:::::::::::ヽ`二ニ二/:::::/::::::::::>、
'::::::::::::::ヾ::ヽi   i:.:./  .,イ:.:.:,イ`i:.ヽ:.:.:.:.:i:::::::::::::::ヽ: : : : :}:::イ::::::::::::::::::::::`>.、
::::::::::::::::::ヾ::i   i:./  ,イ:.:.:.:.}  .}-‐:.:.:.:.:'、:::::::::::::::::::>、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ

513 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:36:55.31 ID:bRlk6yrr
パル緒結構人脈あるなw

515 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:37:12.72 ID:zMgnrt8N
ねらう緒考案のルート……屋根伝いだな(確信)

524 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:40:58.90 ID:g+elZGwy
(変な奴だけどまぁ結果的に世話になったしな……)みたいなのが案外各地にいるのかも知れん

526 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:42:00.09 ID:HHqL4nhD
>>524
なんか、すげえ納得したw



534 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:44:03.51 ID:4COr3r6n


       /: :./ : :.ハ: : : :ヽ: : :\ \: : : : : : :\
      /: : /: : : : ハ.: : : :ハ: : : :ヘ: :|: : : : : : : : ヽ
     /: : : : |: : : : : : |: : : : ハ: : : : ヘ:\: : : : : : : :
    ./: : : : :..|: : : : : : |: : : : : |: : : : :ヘ: :|: : : : : : : :
    |: : : : : :---: : : :|:|----: |: : : : : :| ヘ: : : : : : : :
    |: : : : :: |ヘ|\: : |/|W、l/ .|: : : : : :|:/: : : : : : : :
    レヘ: : |、|   .\|     |: : : : : :リ: : : : : : : :
     .\| || ∩    ∩  |: : : : : :|: : : : : : : : :   「謝礼金が出たってことは、今日のご飯はグラハムさんの奢りですね!
        ||. ∪     ∪ .|:.|: : : : .|: : : /: : /:     でも―――」
       /|xxx     xxx |/|: : : : .|: : /: : /: :l
       /八   _,     |: : : : :l: :/: :/|/|/
       ´ |: :` 、   _ - ´.|: : //|/レ|/
.        |: /||  二ゝ||i:i:i:i:i:i|: :/|/、
.        |/. リ_-/ /:i:||i:i:i::i:i:|/ /  \
          / / /:i:i:i||:i::i:i:/ /    ヽ
          |´_/i:i://:i:i:i/  /      |
        / ̄┬─┬─ヽ--ヽl     /






                   .:          `
             / x≦ニ二三二≧x 。  \
            /  (ン           弋)   、
              /  (ン     /         弋)   .
.               (ソ / /   i:|    Ⅵ 弋)   :
            ′(ソ  .′/    :从 〃 / |   Y) :!
            ' (ソ   ' / ' _彡′}/ }/ :| !  Y):!:!
        │i│   レ 芹ハ   ノ /  | !   i| :|:|
        │i│  |  辷ソ      斧ハ !:│  i| :トゝ   「―――本当に良かったんですか?
        │i│   :          辷ソ !:│  i| :|      ファーマーさんもバーサーカーも、戦いに満足して消えた。
           从小   '.       ,      小 !   i| :|       そこであの聖杯戦争は終わりました。
              | !  圦          ′ リ  从{
           从 │ 丶   -    .仆 / / '         けど―――貴方が得たのは、僅かな謝礼金のみ。
            \{\!__>-   。イ | / / /          願いは結局、かつてのサーヴァントの為に全部使った。
                   }i!i!i!i!「!i!i!i!i!{ヽハ/Ⅵ/          あなた自身が得たものはごく僅かです。
.       .。xxxxzzzz≦i!i!i!i!i||i!i!i!i!i!≧zx。___          それで本当に良かったんですか?」
      . ´ ∨//∧!i!i!i!i!i!i!i!i!!||i!i!i!i!i!i!i!i!i!/////7ミ
      '     ∨//∧!i!i!i!i!i!i!i!!||i!i!i!i!i!i!i!ii//////   ヽ
.    {    ∨//∧─ r‐──t─‐‐//////    i
            ∨o//〉 :│: ◯ : !: : : //o///
          戈彡': : :│: : : : :.! : : ヾ彡Y´      j
.       ',      {//{.: : : :i: : : : : :| : : : :}//}
          {//{ : : : | : :◯: :| : : : :}//}      ′
.      i    {//{ : : : |: : : : : :| : : : :}//}     /
      ',     ∨/{: : : :|: : : : : j : : : ///    ′
       、   ∨{: : : :{: : ○:/.: : :///    /





                  /                           ヽ
                /        ,   ´         i     ハ
                  /      ..ィ ´      /     ./      ',
               ′  -‐ 7´ ハi   /         ./         .i
                   i /   ./∠` / . /            /          i
              i /   .,イ {>′/          ./   /       |
               |ハ i  i { '´./,イ  /      イ     /      |
               .ヽゝ{`  ´./ .イ     / -.|    /     .i i
                  /     .|/ /     / r--.'|  ./       i i
               `ヽ        ./  ./  | / ' /       .i {
                 ト _ 、  .′./    /.,イ           i ',
                  ヽ.    |./    イ ''´ |/         {ヽ }
                   |        /    |/  /  i    ト. }
                   |       ィ      | /   .|   .| ヾ
    __ ., --<:. ̄ヽ      `─── 、    「 ̄:¨:.≧─--<_  ハ
,.:‐‐<:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.}________|    |: : : : : i: : : : : : : : : ≧: :‐-- 、____
:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:.|:.:.:/三三三三三>:.´: : ヘ   |: : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : : 7三三三三
-、:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:./:./三三三三>´: : : : : : :∧   .|: : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : :/三三三三
三}:.:.:.:./:.:.:.::/:./:./三三三>:´: : : : : : : : : : : {   |: : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : {三三三三



【安価 ↓10~12】
どう答えますか?

539 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:45:44.27 ID:6LRZLKjt
祭りに参加できた
これ以上は必要ないだろう

544 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:45:57.00 ID:6LRZLKjt
>>539


545 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:45:57.25 ID:HHqL4nhD
俺のサーヴァントへのけじめのために参加したからな
金がもらえただけで十分すぎるよ

546 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/24(土) 23:45:57.90 ID:mA1kG6RF
なにか問題があるのか?



562 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:52:58.84 ID:4COr3r6n



        / /  イ     /    i|ヽ
       / / /    / /     i} ヘ
        ,   ./   .// ././     〃  ヘ
.      / //  /  /=/ ,イ./     /    i|ヘ      _ ニ,
      , /'   ./  /仍圷./     ./     i| }      //:./*:”
     {/  / /| /` ̄ /   ./,イ      ./ .|    Y:U/:.:.:.:.:
     ./ ./ / !|./   / _ イ // /   ./ ./{    .ノ:.:/:.:.:.:/ニ
    /イ | ./ ´ ´   ´ ̄  ./// /  /  イハ   ./:. /:.:.: /ニニ   「楽しい―――楽しい話をしよう。
.   / | .イ/ハ      ._ - ’ / イ /イ/ / ハ ./:.:./:.:.:.:/\ニ    俺は俺のサーヴァントへのケジメの為に参加したんだ。
     |/i| ∧  _ - ´     /' /ミ//   ,ー`>''´:.:.:.:.:.\ニ     それがあんな盛大な祭りで、しかも金まで貰えた!
      ./i!!|/ .ヘ '       ./ ./i|:::::::::i|’>。.ト ヘ>:.:’ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      /イ i ヘ.        .//  i|:::::::::i|:::::::::::::::= - _:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.      十分すぎるどころか、楽しすぎてテンションが大気圏を
          |  /ヽ     ./' _  -.i|:::::::::i|::::::::::::::::::::::::,'> ’ ̄ ̄ ̄ ̄      突き抜けるくらいの話だ!
          | ./ |/ヘ __  ‐   //|:::::::::i|:::::::::::::::::::::::j                これで何か問題があるのか!?」
          |/ .':::::::::/ ̄| ‘ /イ{::::::::::|:::::::::::::::::::::::j
     ,<:’:::::::::::::: / ./|     |::::: : |:::::::::::::::::::::::|_
  ,< ::::::::::::::::::::::::::イイ:::::i|     |::::: : |:::::::::::::::::::イ::≠ミ、__
/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/.     .i::::::::::|:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::
..¨ ’<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /  |:::::::::j::::::/:::::::::::*'”::::::::::::::::::::
      .‘<:::::::::::::::::::::::/    /ノ:::::::/::/:::::>:’::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::`ヽ::::::::::::/ ̄ヾ, '  ,イ:::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






              '" ´    `  、
             / ,. -― ⌒Y⌒ヽ、
          , ' /"ノー 'ー'" ` ー (、丶   ヽ
         .r "ノ           ヽ }ヽ  ,
        '   //             ヽ 乂)、 ,
.         /    〃         }        `.j
.      / ,     '   ,  ;! ' \     , ',  ! .!
     / イ   .|   /  / ! ' '"__\  l .!  ! !     「無欲ですねぇ。
      ,' / '  ,   !  / l/ ;/  ,イ:万〉ヽ .l   | .l      ―――ふふ、ですが神は清貧を尊びます。
.    l/ l ,.!   ! .l,ィ‐、     ヽ-'  ' }   ,       貴方のそれは、きっと報われることでしょう。エイメン」
     !  l !.l  ハ .l{ヽツ        l    / -┬ -
       ' !' ./ .ハ{ヽ     ,       .l   , ////,l    ヽ
       V / ,:::::::::: \   _ ノ    ! ,.イ;;;V//,l      、
       /ハ :::;:::::::/,ィ > .   /ノl /;;;;;;;;;∨//!
      ノ'   、 /!:::;:'./ .l'/∧;;;;; ̄;;;;;;;;;ノイ;;;;;;;;;;;;;V/,∧ ヽ   、
.           ` ;/  ,  V/∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V//∧:::'.、
                    V/∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ィV///:::::::::::.、
              ヽ. V/∧;;;;;;;;;;;;;;;;;>''"    '::::::::::::::::::::::ヽ ',
                   ヽ'/∧ー''",     '    '::::::::::::::::::::::::\
                  、、//:.         、    ヽ::::ノ:::::::::::::::::::::ー-
                   ':::::::::.  ヽ    、   _ イ'::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ヽ:::::::...  ヽ -‐  ̄、   \::::::::::::::::::::::::
                         ` ー '"、.  、    ',     {\::::::::::::::::

569 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/24(土) 23:59:46.06 ID:4COr3r6n


                      _ __
                  r,-、r,'、r,-、r,-、`> 、
             ,, -"`,r'´r'´r'´r'´r'r'ゝ,ヽ)、  \
             ゝ  ,ゝ'´ ̄ ̄ ̄  ̄``ヽソヾ  ヽ
              }`゙^./  /´      ヽ `ヾソ   .
               ',,__/  / ,   , .     ',.  ',ソ.  ',
              / ,./.-/-、.,/ ト、   .i  |iソ.  |   「まぁ、満足してくれているようでよかったです。
                 { ,'/,'ノ__/// ´., ̄`}  |iソ.  |    そこは私も同様で、みんなが各々願いを叶えて
                  ; ; 《.i::ヾ '´ ,,二ニミ ,'  |;,ソ  i |     ハッピーエンドな結果には大満足です。
             /   i ゙心’    i:::::》 i   |  ',  : ',
             /| .: }´)       ` .′′ .}  ,ト lヽ}    武器の強化は教会に依頼しておいたので、
               .' ', ト、i .{   `      '/,' , /l ,/ .}/ `    そこはそれでOKとしまして。
              ヽ{. ',. `ヽ ` ´, ィ’/  /::::';/__ '        とりあえずメンテもありますし、暫くはお休みかなぁ」
              Y´、.ゝ  》 ̄                  // ヽ . /、:::::::i i '´'::::::/, ./      ヽ
             /(   ` ´ `>::::i }:::::::::/,' /,       ∨
           .>// \    /:::://:::::::::l i l {  i      ',
          /::/   .,ー '´ `テ、.;;;;;,:ィ'{ 。 ノ \ ` 、     ヽ、
          /::::',     ///  /  /   ` ´   `ー-\    ヽ`ミミ、、__
          {:::::::ヽ__,//´  _,./。 /、_  ヽ         ヽ    `ヾヽ ヽ  `ヽ
             ',::::::::/  {.  __r'  / ´     ',   、      `、    ,} ,} }`ー、 ̄`ヽ.
          ` ´   人 `{ 。 {        }    ノ,'、      >.ノソ ノ  ノノ:::::::::}
                 `ー` -'、     丿 .,/  `ヾ、      ̄ ̄`ー― 、_::::‘y",
                      ゙>ー-, イ,' `ヾ    `゙`ー -、            ̄ |
                         / /  ゙、ミミミ、    < ̄ ヽ、         ',
                         ,《´     `゙ミ/三/ミ,,  `ー .ィ゙           i
                            ∧       /  /彡"    ノ         ',
                            /::::\     /,  /       `i            ,}
                            /:::::::::::ヽ.   /,' ./           |       .__ ノ
                           ,'::::::::::::::::::',. /_ _/         ,'   ._ ,ィ ´
                      /::::::::::::::::::::::∨, ̄/   _, ニ -ー< "´:::::::,'
                         人::::::::::::::::::::::/i  ./_ , イ´.|::::::::::::::::::::::::::::::,/
                         ヾ、;;;;;;;;,,-ー'―- 一 ´ |:::::::::::::::::::::::::::,/
                           ̄          }::::::::::::::::::::::::,/
                                    ノ::::::::::::::::::,/
                                   i::::::::::::::::::::,'
                                   !::::::::::::::::::,
                                  / ` ー. '´/
                                 r'/      .'
                                 ヾー、 ,-ーy)





       ./   /      /
.     /   /      /             ヘ
.    /   /      /
.  /   /      /                  |
  ./   /     /
 /'   ./    /  ./                      i|
  .|  /   イ    /|                       /
.   /> ’    /.!|     ./
. /イ./.    .|  ./  |    /            /
/       | /イ |    ./              ./     「そっちも満足しているなら何よりだ。
  .|i|       .| ト  .|   /|               /       満足は大事だ。納得は大事だ。
  ..ハ j{    .| j{ *'”  / !|           /         大事な、大事な話だ。
.     ト   .j i .'  | ./ . !|          ./
.   ヘ| ヘ  iハ   .!|/        _   ./__       俺達はこの結果に満足している。
       .冫.,/       /┏:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄      だから俺達の物語はこれで終わりでいい。
.       /イ/        .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       敢えて物語が続くとすれば―――」
     ../        |i 冫::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.        --=ァ   _  ‐/' ‘,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /::::)_ヽ  .´   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,<:::::::::::::::::) Ԭ    |i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::ー、     |i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
. <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   ..|i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   `ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::j_ イ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      `ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.         `ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::































                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...`ヽ
                 |    それはあいつだけ、だろうからな       
                 乂_________________..ノ



































.

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

574 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:01:27.35 ID:AbRBIADz
揚げ大根さん?

576 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:02:21.23 ID:nzQ+0LJC
パルクール「そうだ…まだ僕の求道は終わっていない…!」

577 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:02:49.61 ID:16sCYErA
やめろぉ!>武器の強化

582 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:06:48.45 ID:+hVtmQ9J
武器の強化の結果
誤射の確立が2倍になった代わりになんと威力が1.5倍に…!



589 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 00:12:27.31 ID:S2FtHbLd



                                   -‐…・・・‐- .
                                     /_爻辷辷辷ミ:.、\
                               /{/. . . . . . . .``Vヘ . .
                                __彡. . . . . ./. . . . . . . .、. .〈ヘ . .
                                 / / . . . //. ./. . . /.| . . . V .|
                           -=彡./ . . . //. 7i/|. /|八|i . . {. . |
                           . ´. ./ . . . /爪Jハ |/,圦ツ. . . {_) .
                              /. . ./. . . ./{∧'''   }   '''/. . . . . /
                          /.  /./. . / / ∧     /イ/. .
                            {/  {/{. ./{/{. .{ 介 、`  ´__彡./
                            ∨ -‐ァ‐-冖} 〕¨´__}/
                           _ -ァ'´   /  /ニニ{二二二>‐'ア⌒ヽ
         _             -二二{    /  /ニニ7二二/ /    }
           {∧__           ∠二二== ¬ァ 八__{>‐‐ァ―‐ /_/,
          /.........}         /⌒V 7     / /   /  /     //     /
         `ト<...{   =ミ/   _}/     { {  {  {    /
           〈〈∨{( O) > /{         、  V__),        //
     -二L.    〈∧  `¬{ \   、       \}  V   /   / /
   _/          V 〉'⌒ヽ \ \____         }V⌒} }/  /   7
   { ∧〔_______    〉   {、___}_,ノ______           {/    / {   {
   { ∧〔________   V   __ }   〔________    //⌒ヽ       V ∧
   {   〔________   ∨{ V    {    |    〈 {__{   V/  _}   〉
   {   ∧    マニ{ニ>'´ ̄`ヽ  {___j}   /´ニニ-   }     マ´/∧
   {   ∧  ̄ ̄}   V´三三∧ \__\/二二二 イ       }
   {ニ    }  ̄ ̄`L   V三 `Vヘ   〔_____/ニニニ‐  {__,   〈 ̄\  丶
   ∨二/ /ヘ 〔_________   }三:._ 爪   〔,/ニニ‐  |  /´    〉   \  丶
     V二/_/∧〔__________V三三三三- /⌒ヽ/∧ }   {     {     }   ヽ
     〈⌒'  ∧〔__________三/ { \/ニV    } 〕(__)[       `¬---ヘ    ヽ
       V/   ∧   ̄ ̄V  /\_ く二/  ̄ ̄ / |   |              ',     、
       ‐二 } }   ――//   { {/{ ̄{__/   |   |              '.    、
          ‐ニ7 / /二{     /          |   |                     、
        ∨/ / ∠二二\  /             |   !                 、
            〈_/__,{二二二  V        }_}       !                 }¬'
            {二二二  V∧     /二二ニ‐\  !              /
                {二二二    /∧   / /{ ̄{,__\          __/
              {二二二     / / /          _      -二ニ
.               {二二二/ ̄ ̄V /     }_}___  `¬ニ二二二二-
              \/\\/   ∨      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   \二二二二
                   {    } }__{   /              \  ‐ニニニニ-
               Vニニ7冖冖冖 {\/     -二二二二-      ‐二二二ニ_
                Vニ7      ∨ヘ   /二二二二二二二-   ‐二二二ニ_
                    V_____V∧/ニニニニニニニニニニ-    ‐二二二ニ,
                        !\ニニ- {ニニニニニニニニニニニ-   ‐二二二∧
                      !  `冖¬‐ニニニニニニニニニニニ-   ‐二二‐
                         !      ∧‐二二二二二二二二二二-   、     !
                    !      /  \二二二二二二二二二二-  、     !
                    __!     /    ‐二二二二二二二二二二-  、    !___
                  { `'く二>'´}      { ̄‐ニニニニニニニニニ-(∧/⌒>‐=7
                     人  }{  {         ‐二二二二二二二二-\\{   {
                      \}}二二二       ∨  ‐二二ニ‐   ̄ ̄   \二二二{{__}
                      __}   }{  {        ∨  ‐ニ:/              V}{   }__
                  {__}}二二二         V  ∨        ̄ ̄ ̄ ̄マニニ{{__}
                        {  }{  〉           ∨   /           '}{_  }
                        |  }{ {          \{ /       二二二 :.、}
                        |、/\_〉、           V{     //二二二‐  {___{
                        |       }               \   / /二二二‐   } }  〉
                       {ヘ.__,ノ}               \{ {‐‐      / ./_/}
                    \____/                  \\     //二/
                                            `二二´    ̄
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【台場カノン】

 固定砲台様。またの名を教会の誤射姫。
 火力に定評がある執行者であり、基本的にのほほんとした性格とは裏腹なトリガーハッピー。
 その火力とライダーの小回りを活かした戦略を軸に聖杯戦争に挑み、初手で土地管理者の家にうっかり
砲撃を打ち込んだ。

 その後は比較的ノリの近いファーマー組と同盟して聖杯戦争の勝ち抜きを目指し、土地管理者である
薙切えりなとも、ランサー陣営への攻撃という手打ちを経て和解。
 終盤まで盤面全てを把握しないまま(まぁ、盤面把握していた者など居ないのだが)、アレースの出現により
なし崩しに他の陣営と共闘しての討伐に赴く事になる。
 一応首謀者であるランサー陣営の撃破に一役買っていた他、凶将の群れを薙ぎ払うなど、教会からの
執行者という肩書に見合うだけの活躍はしっかりとやっていた。

 聖杯戦争後は聖櫃をローマに届けた後、武器のメンテと強化を頼んでの長期休暇を満喫。
 また、薙切えりなとは良い友人関係となったようで、彼女の元に出向いて一緒に料理を作る姿が良く
目撃されている。
 えりなの助手として一時期働くことになったキャスターとも、基本的に良い空気を吸ってる者同士相性は
悪くなかったようで、こちらも友人としての付き合いを続けることとなったようだ。

 ちなみに長期休暇については最初は満喫していたものの、後半になるにつれてトリガーハッピーとしての
禁断症状が出始め、武器のメンテ終了後は奪いとるようにして武器を担いで任務に出向いてヒャッハーする、
いつものちゃん様が見られたそうな………。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

590 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:13:50.83 ID:lQnuKr7t
アカン

591 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:14:09.21 ID:Lqwjq8C7
ヒャッハー! あれ?今日の討伐対象ってなんでしたっけ?

592 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:14:17.37 ID:f+En1O6u
火力…火力…みたいなうわ言を言っていたのだろうか…

598 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:15:44.33 ID:048bUdqL
ワーカーホリックからトリガーハッピー。そして最後はトリガージャンキーか……

603 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:29:04.03 ID:2Zq8FGgG
ちゃん様「ち、違う。これはただの威嚇射撃じゃ……」
えりな「カノン、うそをつけっ!」



608 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 00:39:31.58 ID:S2FtHbLd

                ` ーァ-- -, /´           /             > ´  /      i i |
                  //  イ           /           >イ       /       ハ_.|
                  .′ ./          /     ,    >-.、´  /    / /    /  i  ヽ、
                 /  / ,イ      ィ    >''´イ ,_≦   ヽ /   ./ . /   . /    i  i .ハ
                   /  /.イ  i     ,イ 7i   / / .イ¨,ケ≧ト 、.  / ..../ ./ .../     ,' . i .ハ
               /  /   .i   ./´ '´.i / /イ  弋_.ヲ   \  ./ | ./ /      .′ i   ハ
                 /    | /ー ''´  |/   '´      ` ー-‐ イ ./   |/./       /   i  .ハ
               i /.{    / |/ |     |'           /イ´     /´    /     /   ′   i
               |/  i   // |'  :i  , 、             /´        /    ./   ./         .i
                 |  ./ ′   }                           /      / / ./ イ ./     ′
                 | イ| i  _                      /      /./  /イ  /     ,'
                 |/....| i  V{  ̄`  .、                   /     ./  ./   ./     /
ヽ、                  レ  }///≧=::.. ` ‐- .      、    ´ ̄ ̄ ̄ア    ,イ   ./     /
: : : \  __             ./i  ゝ`ー- .._   ` ー- ` ー-.:ァ}        /ヽ   イ    /     /
:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:ヽ              / .i    `  ー───── ''¨´        ./:.:.:.:.:ハ /    /      ′
_:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.ハ         ,イイ:'                     ィ≦¨:.、{:.:.:.:.:.:.:.:.:V    .ィ´     i
:.:`:.<:.:.:.}:.:.:.ハ       /イ ,’                   __./:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.::.:.:.:V-‐'´/     |   .i
:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:./      '´ /  .i                  ,イ:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.V_/     |   .i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.'         /   |                     /:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:V      /` 、ハ
:.:.:.:_:.:_:./:.:.:|        7  .>.              ,ィ=、:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.V     .{   `ヾ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:/        _../.:-.:≦:.:>、           /:/:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V i   ハ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:};’     ,..ィ≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>...      {:.:{:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} . i   ハ
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【グラハム・スペクター】

 聖杯戦争に参加した一般人。尚、参加は2回目な模様。
 前回の聖杯戦争で残った心残りを拭い去る為に参戦し、明智光秀を狙って召喚しようとして農民を引き当てる。
 継戦能力の厳しいタッグ、そして不要物を送り付けてくる協力者という状況から、マトモに見ればかなり厳しい組
だった筈が―――。
 結果を見ればキャスター組に次ぐ最多戦最多勝と、戦神アレースに対する対抗存在として、聖杯戦争の終結に
非常に大きな働きを残す結果となった。
 
 また、グラハム当人も躁鬱の激しい性格であるものの本質は切れ者であり、終盤に向けてライダーの戦力を
温存することで均衡状態からの話し合いに持ち込んだという意味では、いい働きをしている。
 実際本質的には骸も認めていたレベルで切れ者なのだが、当人の躁鬱の激しすぎる性格からそれが表に出ることは
実に少ないのが玉に瑕である。

 聖杯戦争終幕でバーサーカーとファーマーの戦いを見届けた後、聖杯にカーミラとディルムッドの縁を願い、
当人は特に何も願わずに、カノンの聖櫃輸送に協力。
 教会から謝礼金を得て、ヒュンダイ車を買って分解した。

 破壊を愛する破綻者という点では少佐やアレースに親しい要素もある彼だが、『直せる破壊』のみを認める彼は
その部分で決定的に少佐やアレースとは相容れず、それであるが故に社会の中においても破綻せず、聖杯戦争後も
元通りの解体工としての生活に戻ったようである。

 ともあれ、時々レンチ片手にカノンやねらう緒の手伝いに出向くこともあるようで、彼のバカ騒ぎ(Baccano)は
まだまだ終わらないようである。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

610 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:40:25.71 ID:AbRBIADz
結局分解したんかいwwwwwwwww

611 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:40:29.41 ID:IRJUSqIo
結局ヒュンダイ車は解体されたのだったw

617 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:41:15.20 ID:t13anMvO
聖杯戦争に二回も参加する一般人・・・w

623 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:42:02.04 ID:YukXju7a
カノンとねらう緒の手伝いに行くって……お前積極的に魔術に絡んで暴れてんのなwwwww



626 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 00:44:44.46 ID:S2FtHbLd
>>623
神代英霊と殴り合える一般人だよ!
あと、心眼(偽)によりちゃん様の誤射を一定程度無効化出来ます。
教会も喉から手が出るわ!

628 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 00:45:19.88 ID:S2FtHbLd


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

629 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:46:03.18 ID:IZEJpTNp
一般人とは一体…ウゴゴ

630 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:46:25.48 ID:lQnuKr7t
誤射無効はSUGEEEEEEEEEEEEEE!
そりゃ謝礼出してでも同行させたくなるわ

637 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:49:35.23 ID:lZIcvTBA
クロさん「その調子でこっちも変わってくれないか」

638 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:51:15.65 ID:3dqNM8Tm
>>637
勇者と無二の親友、絶対にきれない絆の力凄いですね(ニッコリ



639 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 00:53:11.45 ID:S2FtHbLd

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――いつかのどこか

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



   ヾゝゞ δγ,,/ヾゝゞ    ` μ          `           `    τ
    ゞηヾヾゝゞ                 ψ                       `
ヾゝゞ:::: ゞ,il,ヾゝゞ, -ーヾゝゞ    `                  χ      τ
   ヾ〃ゞ/ヾゝゞ'~ヾゝゞ        ν
 ゞヾ〃ゞ- '、~                         `           `
    _,ノノ_ヾゞ, - 、ヾゝゞ        `              υ           υ
丿 ,.'_-ーヾゝゞヾゝゞ、_υ  ,'
 iiii/   νゞυ  ` -ヾゝゞ:::ゞ       ι                  `
 ./            'νヾゞ巛::   `           ψ
 i|          ψ      ζヾ           `                 υ
 i|  `                ヾゞヾ
ii i|        `
0)|     `
 i|
ii i|
 ii|.                    `
 ;ii|.        `
iii0)|                ψ                        υ
 iiii|     `                        υ     `           `
 ,,_,ヽ,     ,,_,,   ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,  ,,_,,   ,,_,,  ,,_,,  ,,_,, ,,_,,  ,,_,,
"i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”
 '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;  '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;
'゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;  '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;  '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;



  V//////////////////圭圭/圭圭/圭圭圭圭圭圭圭圭///////////////////////|
  V//////////////// `ヽ;/ `ヽ/圭圭圭圭圭圭圭圭////////////////////////|
   V//////////////       圭圭圭圭圭圭圭圭圭//////////////// `ー一´
    V////////////        /圭圭圭圭圭 |圭圭////////////////;;|
     V//////////         ゙圭圭圭/     `ー////////////圭l/圭l
      V///////,         l圭圭/       l///////゙  l圭圭圭圭l
       V/////      、ー圭圭圭圭ゝ      /////  `ヽヾ圭圭圭圭;ヽ    ―――ザッ
        V//,         }圭圭圭圭圭`ヽ     l///    }圭圭圭圭圭圭ヽ
         V         >圭圭圭-v/      //       }圭圭圭圭圭圭圭、    「………ここは」
                    V;;圭圭圭;>             l圭圭l`ヽ圭圭圭圭ヽ
                   r,,圭圭圭<                    ヽ圭圭圭圭ヽ
                  i;圭圭圭圭;|                     > 、圭圭圭,
                      {;;圭圭圭圭;|
                  ヾ圭圭圭/
                   ヾ;;;_.ィ´






       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::___;x-‐==、;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.     l:::::::::::/ / ,..-‐'´::::::::::::!;、:::::::::;ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::',
    |::::/l   /  /::::;. ‐--、:::::::|;;;ヾ:::/;;;;';::::::::::::::::::::::::::::::::':,
     |::::| i  /  /:::/ ,. ‐:'´!::::::|-‐''二二':,::::::::::::::::::::::::::::::::':,
     |::::|./  ′./:::/ /::::::::::l!::::::| ̄==〃 ':,:::::::::::::::::::::::::::::::::':,   「忘れもしない。
     |::::|     /::::/  l::::::::::ハ:::::l/_fニ_ミ, -‐':,::::::::::::::::::::::::::::::::::':,   北魏……それも俺の居た時代の、か。
     |::::|   l:::::::!  l::::::/-‐ !::::l、_ニ_,ノ´  ':,:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i
     |::::',   ',:::::',  l:ノ   l:::::!` ̄´_. -‐∧:::::::::::::::::\::::::::::!   記憶が正しければ、俺が仕官する前後といったところか?
   _|::::::',   ':,::::', ├-----|::::l一' ´‐'´丐沙∧::ト、::::::::::::',ヽ;::::i    なるほどな、聖杯よ。やり直すならばここから、という事か」
 /: : |::::::::':.,   \':、|丐沙ニ|:::l  l 、  ` ̄   !::!_,\:::::::l  ',:::i
/: : : : :|::::::::::::ヽ,     `''| ` ̄´ l::l   | \     ハ:!: : : ',::::ト--',::!____
!\: : : |:::::ト、::::::::ニ=-  /     /!l         i;!: i!: : : : i:::|: : : :',! : : : : : : :\
!ニニ`三三| \:::\  /,,__  リ  、 ,     /;i: :′: : : l::|: : : : :l: : : : : : : : :_;)
ニニ二二l    `''ー- |ニニ| |   __     イ;/ : : : : : : l:l : : : : : : : : : : : : //
Vニニニニl       |ニニ| |   ´ ー `   イ;;;/ : : : : : : : リ: : : : : : : : : : : :.//
.∨ニニニ!       |ニニ| |       / .|/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ://
 ∨ニニ/.       |ニニ| |` ー--  '´  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.//
  >ニ/          |ニ二| |         l\: : : l: : : : : : : : : : : : : : : ://
∠ニ=/           |二二| |、           l  }`'.、|: : : : : : : : : : : : : :/
、: : : /          |二二| |. ヽ          {0}  l: : : : : : : : : : : :/
=\_l,______|:_\=| ト 、_      _/¨   !: : : : : : : : : ィi|、
ニニニニニニニニニニニ\|  `'ー-{0}‐''´     / : : : : : : ,ィ升三\

644 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:56:04.96 ID:CLwmGqsk
珍しく願いが叶ったな大根

653 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 00:58:09.68 ID:+hVtmQ9J
大根が揚がる前にやり直せということか…

657 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:00:38.50 ID:xx/eihJa
珍しく犠牲の犠牲じゃない大根さん



658 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 01:01:19.16 ID:S2FtHbLd



                    ______
               __,.. -::'´:::::::::::::::`丶
               /::::::::::/ヽ:/ヽ:::::::::::::ヽ
                /::::::::::/ ̄二 ̄V:::::::::::::::',
                 /::::::::::/ ̄廴) ̄ .V::/::::::::::}
             /::::::::|:ム二二二二V:::::::::::: |
               /::::::::::|K_尨`  〈´_尨|::::::::::|::|
           /イ:::::::ハ  /   ヽ  |::::::::ハ::!
               |::::::ヘ_!   ' '    /:::::/ノ::}____
           { ̄ ̄.|:::::::::∧  - _‐- /:::}二二二二二}     「あぁ、良いさ。良いだろう。
         {   |::::::/  \    /ィ:::}二二二二ニ/       最後に誰も彼もが不幸となった俺の前世とは違うところを見せてやる。
         ‘,   レ′   >- <}:/}二ニニニニ/        なに、ハッピーエンドは一度見せてもらった。
          ‘,          }    ′}二二二ニ/         ならば、もう一度やれない道理はあるまいよ。
           ‘,     /-'/´       }二二ニニ/ニ=- __      
            ‘,   ./  .|ニニニニニニニ}ニニニニ/二二二ニヽ
           ∧   {   |XXXXXXx}二二二二二二二二}     今度こそ、幸せな未来を家族と共に掴んでやるさ。
             //∧  :{   |XXXXX/}二ニニニニニ7二二}     この―――」
           ∠二/∧ {   |XXX/  .}二二二ニニニ7二ニニ}
         ∠ニ}二二∧ {   |X/    }二二二ニニニ{二二ニ}
       ∠ニニ}ニニニ∧{   ^′     /二二二二ニニ{二二ニ}
     ∠二二/二二ニニ}       /二二二二二二{ニニニ}
   ∠二ニニ/二ニγ⌒: }        ハ二二二二二二{二二二}、
 ∠二二二/二二ニ{{: : : : }       / :}}二二二二二ニ{二二二}∧
/二二二ニ/二/⌒ 廴_ノ .}      /: : :`ヽ二二二二ニ{二二二lニ∧
二二二二{二`ヽ: : : : : : : : ト ..,,_ /: : : : : : }}二二二二{二二二l二∧
二二二ニ{二ニニ}: : : : : : : : }   `゙''' ‐-、: :/二二二ニニ{二二二lニニ∧
二ニニニニ}ニニ廴__:ノ: : : : :}_____,    ∨二ニニニニ{二二二i二二∧
ニニニニニ}ニニニニ乂____}/: : : {    マ二二二二{二二二二ニニ∧
二二ニニニ}二二二二二二{ 廴:_:_{     }二二二二}二二二二二ニニ∧
二二二二ニ}二ニニニニニ| |二ニ∧    j!二二二二}二二二二ニニニ∧
二二二二ニ}二二二二二ニ| |二二J_/_/_/」二二二二}二二ニニニニニニ∧
二二ニニニ/}二二二二二ニ| |二二二ニニニニニニニ}二二二二二二二ニ∧
二二二ニ/ }二二二ニニニ| |二二二二二二二二二ニ}二二二二二二二ニ∧
二二二/  }二二二ニニニ| |二二二二二二二二二ニ}ニ二二二ニニニニニ∧






/: : ‐--:、::::::/;;;;;;;;l: : : l”‘,: : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : ',
l: : ::::::::::::\yw'`´|: : :.l  ‘,: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :',
|: : :::::::::厂      |: : l   _',: : : : : : : : : : : : : :.:|: __: : : : : : !
|: : :::::::::!      |: ::l _/ ‘,: : : :|: : : : : : : : : : :!´ _∨: : : : :!
|: : ::::::::::l       |: :l´ _,.. -‐l: : : |: : : : : : : : : : :|/ヽ, ∨: : : :i
|: : :::::::::::l       ! :l   / {::::|: : .:ト: : : : : : : : : : :! 、  }: : :..∧            ParallelLine
.|: : :::::::::::l ̄`ヽ   |::l    ‐`¨!: :.:|‘,: : : : : : : : : :|): / /: : : /:∧      「―――新たな地平線でな!」
..|: ::l:::::/∧¨孑ミ, レ ‐- ,_  l: :.:| ',: : : : : : : : : !:_/ / : : : : /:∧
 !: |l::::://∧_ゞ斗       `''|: ::!  l: : : : : : :l: :.l  /: : : : : : :./:∧
 l: l∨::::::/∧ /|       !: :|  l: : : : : : |i:.j¨l´ : : : : : : : :./ ∧
 Ⅴ ∨/:::/∧/ |       |:/    !: : : : : |レ′y;: : : : : : : : : / ノ
    ∨/://∧ ゝ- `      ,   |: : : : / __>=三三三三三l
    ∨/:://∧   __,.. -‐一'´   .|: : : //ニニニ二三三三三三|
     ∨////| \     ̄ ´      |::/=ニニ二二二三三三三三|
     ∨/ハ:::|  \         /ニニニニ二二三三三三三三|
        Ⅵ! V    \    /ニニ二二二二二三三三三三三二ニ=-
       V     / `'ー‐/ニニ二二二二二三三三三三三二ニ=-
             /   /ニニニ二二二二二三三三三二二二ニ=-
            /  ,ィ升二二二二二二二二三三三二二二ニ=-
         /,ィ升二二二二二二二二二三三三二二二二ニ=-
         ヾニ二二二二二二二二二三三二二二二二ニ=-

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・





▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                    ―――かくて。物語は続いていく―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

669 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 01:03:32.49 ID:S2FtHbLd
パラレルライン、完ッ!!

皆様お疲れ様でしたァ!!

670 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:03:32.95 ID:xx/eihJa
これは大根ではなく六軍将軍やな(テノヒラクルー

671 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:03:43.22 ID:lQnuKr7t
この世界線でこそ幸せになれよ!

672 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:03:51.54 ID:vpDj7TjF
綺麗に持って行ったな!
完結乙です!

673 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:04:07.75 ID:V3E7xfya
お疲れ様でした!

674 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:04:46.01 ID:f+En1O6u
おっつかれさまでしたー!!
いやあ、振り回されたりご破算にされたりもうなんか色々とあったけどまとまってよかった!!
最後にもう一度言っておく! 狩摩の馬鹿野郎! 最後になるといいなこの言葉!

681 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 01:05:11.62 ID:bxyB7bzX
小ネタでいいのでディルとおぜぅの話をお願いします
……おぜぅ、ディルの宝具扱いだったりして………



720 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 01:13:06.42 ID:S2FtHbLd
>>681
少し前にも言ったけど、敢えて語らない方がいい部分もあると思うのです

731 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 01:20:34.11 ID:S2FtHbLd
いやー途中で長期停止したけど付き合ってくれてありがとうございました。
徹底的に摩がやらかしていたように見えて、他も結構大概だったなこの戦争………w



800 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 11:37:19.29 ID:S2FtHbLd
さて、どうしよっかにゃー

808 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 12:14:15.00 ID:S2FtHbLd
電磁郎とパル緒は中聖杯シリーズの顔役になったなぁw

810 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 12:16:06.15 ID:S2FtHbLd
っと、さて。

ttp://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1398566860/7870

から始まった体験版の続きをちょこちょこやるのも手ではあるね。
不定期連載で、気が向いた時だけみたいな感じで。

814 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 12:18:35.93 ID:L3p8N4BI
まあ、騎士団試験は次クライマックスだから気力が充実してる時にやるのが良い、ちゅーのはあるね。
ホラーゲーの方はお試しみたいなもんだから気軽に続けられる。多分。

817 :名無しのやる夫だお@シェルター:2014/05/25(日) 12:22:29.33 ID:kwD0Zs4Z
電磁郎って、ボス→自機→中ボス兼味方ポジっていう東方っぽい立ち位置の動きをしてる気がする



818 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 12:23:07.26 ID:S2FtHbLd
>>817
ああ、確かに………w

819 : ◆o2mcPg4qxU :2014/05/25(日) 12:23:52.36 ID:S2FtHbLd
>>814
そんな感じなのよね。
色々出さなきゃいけない情報がごっそりあるから、中途半端な気力でやりたくない。
けど、何もしないのも勿体無い、位の感じ
関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する