おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2019/10/23(水)
8559 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 13:22:01 ID:Dw7rgya2
ちらっと雑談として。

最近、「闘技場形式」としてゴブスレTRPGとかあちこちで見ますが。
先日振ったやらない夫とかも、それで考えていました。

近隣で見るのは女性キャラで挑んで負けたらエロという奴だけど、ここで考えてたのは遣唐使になった元冒険者で、
勝ったら賞金で娼館GOとかそういう感じの。
勝てば成長とエロイベント、負ければ何もなしって感じの奴です。

8560 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 13:24:00 ID:Dw7rgya2
筆が乗らない時の気分転換として1戦完結のショートショートとしてはアリかな?

って感じで考えてました。まる。

8561 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 13:26:06 ID:Dw7rgya2
舞台は邪悪な魔術師さんとか雷の男とかのおる例の闘技場。

そして何故か誤字で唐に旅立っているやらない夫。

8563 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 13:31:26 ID:18YpUXdM
遣唐使ワロタ

女性でエロ有りだとネタ被りですし、例の魔術師さんや雷の男がそういう事をしそうにも思えないので
こっちは男性メインでいいんじゃないでしょうか

8564 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 13:33:03 ID:OcoEZfaj
剣闘士と遣唐使の誤変換はあるあるw

8565 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 13:33:23 ID:lQq13bUh
一瞬、どこか別の国へ使節団として……?って考えてしまったw

8566 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 13:37:58 ID:awX0hNvk
勝って気分良くエロするのもいいと思いますぜー



8568 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 13:46:34 ID:Dw7rgya2
ふむ。ちょっとそっちで小ネタやってみっか

8590 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:19:19 ID:Dw7rgya2
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


8592 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:23:42 ID:Dw7rgya2

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――火吹山の闘技場。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


    1!    |     i
    i|l__il___i!    |     i     |   |      l|
    l|  ___   l|i     |!__il_l!_|i    l|__i!_l|i    l!    !  |
    |l  i|l ̄ ̄l|!  i|!   l|____  i|l   li___  li!   i|l__il_l!
    i|_l|!    i|l  |l     ̄ ̄ ̄ ̄l| l|     ̄ ̄ ̄`i|_li    ー====, /
          /'  /'       /'^7' l|__i!      il^i!            i^l! < /          /
        / /      / /   ̄      /' /         /_/  ―――――――ァ―――
         ̄          ̄             ̄                      /____
              ∧                                        /Ω  |l|_|l
                 Ω∧                                   \\ ,>'゙´ | Ω
              ΩΩ',.__________________  \       ,>'゙´    |             |l|
              ΩΩΩΩ|---|ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ  \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
              ΩΩΩΩ|---|ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ 〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
              ΩΩΩΩ|---|ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
              \ΩΩΩ|---|ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ  ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                \三三|---|三三三三三三三三三三三三三三三三  \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
              \______r‐、--------------------------------ァ⌒ \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
              ΩΩΩΩΩ|ヽ ヽニニニニニニニニニニニニニニニニ7  イΩΩΩΩ  |l| |                    /  /
              ΩΩΩΩΩ||||ト _〉----------------------------/ /.||ΩΩΩΩΩ |l| |                ////
              ΩΩΩΩΩ||||| |,,          ゙   、       | |||||ΩΩΩΩΩ |l|              //
              ΩΩΩΩΩ||||| |                       | |||||ΩΩΩΩΩΩΩΩ
              ΩΩΩΩΩ||||| |                       | |||||ΩΩΩΩΩΩΩΩ
              ΩΩΩΩΩ||||| |     ,    `        ″  | |||||ΩΩΩΩΩΩΩΩ
              ΩΩΩΩΩ||||| |                ,,       | |||||ΩΩΩΩΩΩΩΩ


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 『死』を力の根源とする邪悪な魔術師と噂される者が主催となり、多くの興行を行っているこの闘技場であるが。
 3ヶ月近く前の記念興行以降、徐々にその色合いが変わりつつあった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8595 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:27:54 ID:Dw7rgya2

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 それまでは、大きな見返りの代わりに過激で苛烈な興行による生きるか死ぬかを強く押し出していたが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

                __          _      彡イイイィ/-‐-ミ  \
              //⌒)ノ        ,..''"´  `¨¨¨¨¨ア^´´´彡'⌒三 /⌒}\}
     __                   //        {     彡  三/ /ノV
     ⌒}}                  //       ///'.  __()_彡  彡// ノ
                     //  // ///  {V∨ }∨ノ /(> .,_ノ ノ/
            //   __彡/ /////        \\ハノ// `゙'<>ミミ
             {{          ////    {{         ///// ///^l |
                        _            //////// -‐-ミ  l |
            _           ⌒)ノ       \   {\{{{{{xく     ,、\ノ
          〃⌒ヽ      {{   _ / \    }}       /  ,ゝ--'′∨
              _    \ /\\-ミ, \     /´ ̄``丶///   __
               {{⌒      /    \\/\. |ヽ   / ̄ ̄ ̄``///    ⌒}}
              \     /  //\.   ∨∧| }>` -──-ミ/// \
         /         / {  /////\  |//}/ -──‐-ミ///\  \
.          //         /   {\∨/////}l |/        ///       ,
.         {{        / /二ニ=-‐=ニニニニニニ二二二二///|        |   _
          \      {//                      /// :|   |   |  //⌒
                    ∨                    ///  |   |    | {{
       \     //  {/                      //   :|   l    |   \
         ノ {    {{   \               //    /   l    |
           \   \     \_____           //      ./    l   !
                   }     \二二ニ=‐-=ニ二///'⌒'l⌒} /     l   `、
              /⌒   _  -=ニニニl ///    .///   l / /      l    `.
              _ -ニニニニニニl ///   //    l ⌒}/       l⌒\  |
        _ノ\_)ニニニニニニ二l///  //      l /      l    }  |
        )ニニニニニニニニニニ/// //    ./ハ//⌒)    l   〈   |
      /ニニニニニニニニ二二/// ///    / // {  /      |   { /|
      /ニニニニニニ二二二二// ///   /  / {  { {{⌒}   l   ∨ |
      ニニニニニニニニニ二//////  /   /  \ { }} /   l    { !
      ニ/⌒)ニニニニニ(/// /// /    /  /-| )ノ_   \   l     \ ,
.       /ニニニニ二///  ////     /  /二|ニニ|     } /      }}
      {ニ/^)二///     ///     //  /-二|ニニ|  _ノ {  /〉 ノノ
        ∨///        ///    /ニ/  /ニニ/|ニニ|\ ⌒} / ///
.      ///         ////   /ニニ/  /ニニ/ /ニニ|  } 〈 {__ {{{
      /        //ニ///  /ニニ/  /ニニ/ /ニニ/ /_ ∨⌒\〉  }}
              ///ニニ/// /ニニニ/  /ニニ/ /ニニ/ /二  }   ノ _ノノ
.         ////ニニ////ニニニ/  _ニニ/ /ニニ/ /ニ二      ̄ ̄
      ////ニニニ///ニニ二/  /ニニ/ /ニニ/ /ニニニ  //
      ////ニニニニ///ニニ二/  /ニニ/ /ニ二/ /ニ二二二 {{
.     ///ニニニニ///ニ二/  /ニニ/ /ニ二/ /-ニニニ二

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 様々な理由で流れ着いた剣奴、剣闘士を“育てる”という方向への転換。
 それが必ずしも客離れを招いたかというと、一概にそうではない。

 元より、苛烈ではあったが「処刑」ではなく「剣闘」を軸に据えていたが故に、悪趣味なまでの一方的な殺戮を
見たい層は殆ど客に居なかった。
 そして、一度掴んだ客層を掴む新たなやり方が、意外にもこの魔術師は上手かった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8596 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:31:07 ID:Dw7rgya2

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 「剣闘士を育てる」という方針を徐々に打ち出していき、それで客層を掴むにはどうすればいいか。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


            (^\
.              \ \
.               \ \
                   \ \                   /{_
                    \ \            ___   ({  \{L_
                    \ \        _⌒{__} _\  〉  ̄⌒\
                     \ \        )  /⌒ \___        \ ___
                      \ \     '   \ _ ノ /i{     } \   ノ
                       \ \__ /  /⌒V   7  ハ   , ⌒ ̄< __
                          {  ⌒    \__ノ{   < { {tッ ヽ /} /_}___/⌒
                        \ 、/   ⌒ヽ \__ ノ 込、{_ }// ´   \ーク
                             / / 、 L___ _)    { {/⌒ヽこ' /   _ -  ̄ ̄ ̄{
                         /   \ ⌒\  ノしi{し〔⌒7 ,' r   _  -―――=ミ、
                        {V /\   \_/^{イ {  ⌒〉〉⌒ノ_ -‐ 〉〉〉 ⌒ ̄ \ /{
                     r ^ (     、/⌒   7_ ア\,/<  \   \、\ ←=圧=ミ⌒〉
                      「__ ソ {\___)    /⌒>===大==<⌒ 、  _}}__j   i{_( )}∨
                        __ {    fく⌒アィ_う^  く   〉 <⌒_ノ⌒ 7^\、 7「 ア
                        \    厂 (_  イ⌒)ア  }  く⌒〉     /     、 V ___
                         \   ,   L{_  イ)cク {{  く⌒〉℃\  ∧  /⌒ヽく⌒ ̄}_
   {⌒\___       {\__ ノ /⌒\ノ⌒ 7 cク }} く⌒℃\   v  ,f====ノ   \/^7/{
    、        \ _ /        /      {\ ,  Ⅵ ノ  /7⌒\  v    V⌒ ̄≧s。  _/  /
    \                   {\ _{__〉 V    Ⅵ   //O /  v    /⌒ ̄ ̄ ̄⌒  /
        、                    \/⌒ ̄〉 /    OⅥ/,'O  ' 〃     〈__  ィ⌒≧s。  /
     _ )                   /⌒  ⌒7\  l{/  /   i{、          V ⌒\\{
      {⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        {_/ /  \7_(( ≧==≦))⌒ ̄7 \          \/⌒ソハ/⌒ヽ
     、                         /{___{\ /ノ  \_ /ハ   {   \        V    /     /
        \_     _            / C   V   / /     \ ',     、       V_ /     _{___
\ ____ >  ⌒ ̄            /  C   ,'    {  {        ⌒',       \     ⌒\  /  /


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――推しの剣闘士への投げ銭制度の導入とメンバーシップの解禁が始まった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8601 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:38:02 ID:Dw7rgya2


                            _
                           /、\
                         r':::/iV{
                     _ノ:::{i:i:i:i:}l
                   ,. ィ:ヾ`、≧i:イ::ヽ,_  「闘技への賭けなどとは別に、自分が推す剣闘士への資金援助という形で
                      { :::{ :.V:\::ー彡:ィヽ  銭を投げ込む物好きは居る。
                    V ::V/::}i:::ノォ=彳{:: }
                    }:: ::. :{:〃 }::/::/ .:i   5割はその剣闘士の装備や水薬などの消耗品に充てられる他、
                    ノ::  i ::{/ .:ノ" .: .::/   5割は闘技場運営の資金になる。
                  ; .: i:i: i.:"/ .:: i:{
                   { :: .:i:i :{::/ .:" /.i:i{    メンバーシップではその剣闘士の試合で良い席を取れる権利を―――ッ!!」
                 ノ/ .:i:i: ::v / / .:i:i:',
                  _ ,.ィ/ .:i:i:i  :::}" " .: i:i:i:i
        ,r=、_,. __,ノ .:: ´ .:i:i:i:i .:::::} / .: i:i:i:',
        , -'^i:i:i:.,_  ...::"  .:i:i:i:  .::::::ノ :′ .:  i:i:i:i:i.
     /_i:i:i=ミ、i:i:i:i:>,. __ .:i:i:i  .:::/ "  .: " i:i:i:i:i}
     ´       `⌒^Vi:i:i:i:i:ii:i_ヽ::::/  /  i  i:i:i:i{
                 /⌒´ ̄ }ii{lィ.:  .:   .:  i:i:i:i:
            /.:  / .::}ii{::/   .::   .:i  i:i:i:i:i
             ,.::: /.: /.:}ii{"  .:::   .::l  i:i:i:i:{
            /.:::' .:  ' .:}ii{   .:::   .:::::}  i:i:i:i:i
          ' .:i:/ .: / .: ' }ii{  .:::  .::::::;  i:i:i:i:i{
         /..:i:i:/ .: //  }ii{  .::::  .:::::::,   ;i:i:i:i:i}



                -===  ミ
             /     、    \
              /  ′    \    \
             / /  {      i \    ヽ
         /  ′ ∧     |   \   ',
           // /  /  ',     |、   '.
           〈 i  , _ _ \    ! \     ! }
         Ⅵ 癶._Qィ  \ K_Q,\  , i /
           f´| / `  "' /!  \、   Ⅵ |Y   「で、名が売れた剣闘士はここを出た後の就職先なんかでも
            乂!| }    {i:i!   \   !|! iノ     お声がかかるかもですからね。
.            ||圦从___ヽェ_'____从!ハ |
         ┌=|! ̄「 ̄ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Ⅵ=┐   『育てる』『応援する』という方向で入れ込んでくれる客層を
          Ⅴ   i _!__      ー==彡Ⅴ    取り込みにかかる、と」
            Ⅵ≧=一 ⌒ ̄ ̄      Ⅳ
.     r‐  ‐ミ  Ⅶ }   |  ー=ニ=一     i{
.     |  ||  | ‐ミ \!   !              八
  r    ||  | |  ト、  ーz=ニ二             \
zz=i ||_|| _| |  | ≧=‐-  z  --‐=≦  /   \
  |__||  ||  | |  |=-   ー‐==ニニ二    //
  | ⅱ__ⅱ Li  |        ‐=ニ二二 彡'
  |        }  / )        ̄ ̄
 Ⅵ     __  |/ヽ/
 Ⅶ´ ̄ ̄У´ / /       -==ニ二ニ=‐-



                      _
                         /   \
                     / /\  \
                       { {//∧  |
                          ∨/∧  |ヽ
                    _.. -‐(\V// / /`ヽ,_
                /⌒\\\ }/// /⌒\  「こういったものは初動でどれだけ客を掴むかだからな。
                  /⌒\   \`^^´ /     ゙,   最初に一定数掴んでいれば盛り上がり、集団心理もあって
                  {    \   `¨¨¨´  '"~ ̄\}   加速するが。
              ∧      \     /        l
              \\    |`¨¨¨´{  /    l    ―――そういった意味では、これまでの経営も無駄では
              │\ \  |   八/       l     なかったという事か。
                    |      \|  /  }      l
                    | __    }/  /-─-   l     初動で結構な客が新たなシステムに興味本位で手を出した。
                  / / ̄`ヽ/   _/        \l      後はハマる者はハマっていくし、そうでなければ手を引くだろう。
              {/ /ア⌒\/  ̄ ̄``ヽ、  }
              |: / / _____厶-‐-ミ,  \\ノ       掴んだ客層を手放さないように、暫くはバランス感覚が
              |/ / //        \   ∨        かなり必要な運営を強いられるが―――」
                  / / /.::::{/⌒\     `   |
               ∨  |:::/⌒ヽ/:`,     |  |
                 /|  |/,   │:::::::| :   |/|
                / │ //     |:::::::::| l   |  |
               /  |  `| || | | |:::::::::| |    |  |i
              /   | l  | || |//.::::::: | |    |  i|i
.          /    |l   ゝ'iゝ'゙| ::::::::::::| |    |   i|i
.         /      l    :|_」\ ::::: | l        i|i
.        /      l/⌒}   | |/ }::::::| l     \ i|i


←これくらいやらねば 【1D100:89】 超たのしい→

8606 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:41:56 ID:Dw7rgya2


 ∨/∧                        -- .
.  ∨/∧                     / __ \ミ,
   ∨/∧                 .′//\ \\  「―――率直に。
.    ∨/∧                  {  ////\   `、
     ∨/∧                { {'/////,} } }  これまで八つ当たり同然にやっていた時期よりも、
.      ∨/∧                      ∨//// / /   今のほうが楽しいな。
       ∨/∧                  ∧  }//  / |   “育てる”というのはここまで楽しいものなのか……。
.        ∨/( ̄ ``丶、        { \/ _,,.. -‐┴‐-ミ 参ったな。贖罪になるのかこれは?」
         ∨/^ニ=-‐…\        /).、丶``    ___\
.          〉'´  _____    \     { /      _,,..  -‐……‐-ミメ、
         /  / 、丶`   く\  /    、丶``    /       \\
.         ゝ-'゙〉'`   、ヽ     }}}< ̄``丶、    /  '"~ ̄ ̄`丶、}
           /  ,∠__   く//   `丶、  \ //          |ノ
.          ゝ-へ,__   /      \  \<⌒\.,_       |
               ∨/∧ ̄/``ヽ、       `    \ \ \``ヽ、   ゙
             ∨/∧/    |\     |      \ \  \∧
                 ∨/∧    |::::..\     |           \  `、\



                _,,.. -‐=ミ
                /l .:| :.| ::.|: |:丶
             /:. :.| .:| :.| ::.|: |::. ‘:、
              〈 :. : | .:| /丶|ハ、 :/`ヽ
            l :. _| .:| rぅミ\{ァ,:.{___
            |ハ {∨{     }〉 Ⅳア   「贖罪を楽しんではならない理由にはならないでしょう。
            くハ丶V{_,,.. -‐=≦ィ{     ―――とはいえ諸々、ここだから出来るやり口も含まれてますが」
            ‘:,¨¨¨¨¨{¨¨¨{¨´ ′
                _}    }   }  {三三≧x
             <ニ\  {   {        {
       x<ニ 斗-‐<  }   }        {
      /`¨¨¨´        {   { {        |{
       |    \ \ \  }   } }     |{
       |       |  |  {: {   {{      :| {
      ,′           / 7/ 7  } }        ! {
.     /       厂) / // /7 { {        | {
    /    _ / {// / /7 } }{O     | {_
  / >‐ /:.:.:/     / //  { {_,,. -‐=≦「 ̄|
. / / > ||==},′〈{      /   }    |ニニ{   |
  V厂   |厂 \/{ノ} 。o≦  {  {     |ニニ{   |
.  |     マ、    ア´{ニ }  }  }   {ニニ{  /
.  |       ≧=‐==≦ニ }  {   {    {ニ={/
.  |       。o≦ }ニニ }  }  {    {ニ=}
   ≧=‐=≦     〉ニニ }  }   {   {ニ{
           仁二二}  }  {   {ニ{
            仁ニニニ}  }  {   {ニ{
          }x≦三三三三三三三三≧x{
          /    〕iト!  l 「 ̄ ̄ ̄ \{
          ,′          | |      {´
        ,.′  \     | |       {


                      _,,...
                  _ -ニ/            _.. '"~ ̄´',
                  /二二 ̄¨二二ア       /  _/{ !
.              /ニニ二二二二ア^       /  /'///∧ ’
              \二ニ\_,,. .,,_           |   |/////∧
                 ̄ \ 二二二)        |   |'/,x┐//} }
                      ̄ ̄\ニ\    {⌒V|   ∨ ノ/// /
                          \ニ\_. -∨∧\ / /// ∧  「“界渡り”の遺産での怪物の供給。
                           ゙-// ̄∨∧_/ 人二二) }\  元々の興行で掴んでいた客、貯めた財貨。
                          //  / ∨  _,,.:.,,`'‐-<_,ハ  そういったものがあるからこそ、ではあるな。
     -=ニ二二二\        /( ̄ ̄ ̄ ̄ ..xi爪(込(_ニ(  \ }
                ̄) ̄ ̄ ̄ ̄/  / ̄ ̄/ {{{戈>'^ハ`¨¨´^〈ヽ, だがそれ故に、このやり方は私にしか出来ぬ事だ。
.          __) ̄       /  /   / /-‐=ニ/  } }   | }  ……存分にやらせて貰うとしよう」
.         ⌒⌒>''^¨~ ̄ ̄ _..   '´  /( /ニニニ_/   / /   | /
         /      ,.'^`     ∠二ニ=-‐   ̄    / /   ∧}
.        ⌒⌒⌒)/ ,,.. -‐   ^¨~ ̄         / /   / ´,
           _.. /,.''´      ,,.. -‐……ァ冖^^¨¨´ /     /   /
.        / //      ,.''´ /     /     /    /  /|
        )//      /  /  _,,. ''´     /    /    //|
.       ///^⌒\厶ニ=-‐=ニ¨ ̄       /    /   / / \
     ////‐=ニ二~ ̄               ´    /   /  /l\ニ\
    // // }          _,,.               /   /   //l  \ニ\
    {   {{ (/       ,. '^`             //   /    ///l    \ニ\
       /     //           ////   /     ////l      \ニ\

8608 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:46:19 ID:Dw7rgya2


.              _,ノ  ̄ ̄ ̄\_
         _彡 ̄ ̄`\     \\
          /^丶、             }}}`、
         \、`¨¨¨¨\      /  \
        \ 'ニ=- .._ \    /    ,ハ二ニ=‐-
          { 'ニニニニ=-   │/  / }‐-=ニ二ニ\   「とはいえ、闘技は本気でやる以上は死人とは無縁では
          \ \二二二{  // /  /      }ニ二\   いられない。
           ヽ、 ̄ ‐ニニ{///  /   /    /ニニニ二   恨まれ、恐れられ、いずれ私は地獄へ落ちる。
                  ̄\\}/__/  //    /ニニニニ二
                     ア゛ _.. -‐=ニ/    /ニニニニニ二  ―――だがそれは今ではない。
                 / ∠二二ニニ    /ニニニニニニ二   ひとまず、この形式で興行を軌道に乗せつつ、
                   /∠二二二ニ=-‐=ニ二二二ニニニニニニ\ バランスを取る所からだな」
                  /          \ニニニニニニニニ二二二二{
              // ̄ ̄\      \ニニニニニニニ_二(⌒
                //        }        'ニニニ二二二二 }ニニ
            l |        /     |   |二二ニニニニニ}}ニ(⌒
            l |     /       /  |.ニニ二/ニニ二{{二⊂
               l l    /    /   / 二//ニ二二二}\二
              /l  l    /    /    _ニ/ /二二二二{  \
.             |   l  /   /     //  /-/ニニニニ\


                            '"^\
                        /  _  `、
                     /  ///\ }
                       /  //////∧ハ  「さて、今日の興行は―――」
                       _}| |'///////} }
.               /:/.://.:|:. | /////// /ヽ
               / .:/ .::/ :/ .::::l|:::.∨//// /  |\_
.              |:::::|::::::{::::{ :::::: lヽ::.∨/ // /  } }\
.              |:::::|::::::::::::::::::::: l::::: / /: /.: /:  / // ∧
            ;::::|:::::::::::::::::::::::::/..:::::: /:/.: / // / `,
           ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::: // /   /
.            /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // /   /l
.            / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // /   /:/l
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / /   /:/ l
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   /:/  l
          / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / /   /:/  ∧
.     /`¨´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   /:/  /.:/}
   >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /:/  /..: / {
  //⌒)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒¨´:/........:::::::::::::::::::`¨¨ア
  {{   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (_
    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(二
   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒⌒}::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ'⌒L二

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 これはそうして、いずれ多くの勇士を輩出する事になる闘技場での話。

 その闘技場に―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



▼やらない夫の来歴

1~4.剣奴として
5~7.志願して
8~9.紹介されて
10.遣唐使になるために

【安価 ↓2】
1D10

8609 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:46:35 ID:2zrjOWur
【1D10:10】

8611 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:47:11 ID:zP9qYtJu
【1D10:5】



8610 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:46:53 ID:Dw7rgya2
直下ァ!!

8615 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:47:29 ID:Dw7rgya2
あぶねぇな。危うく剣闘士と遣唐使勘違いして外交官になるために闘技場に飛び込んでくる極上の馬鹿の出来上がりだったぞ

8617 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:48:41 ID:Dw7rgya2


     |                 ゙
     i!、                  i
      |! \    i!           |
     ! 、_ヽ  人、__,x≦_        |
     ,:  ̄ミヘ !,彳¨弋_ソ )        |
     |     i  `¨ ゛ '';:.:': .        !
    ハ (   !     、  : :;     ,
    r‐ ヘ ー ゝ ___.ノ, ゛ 7   リ !
    人  ` 、- 、`    i!  l   .イ/
    ハ    ` -.、   |   } / /  {    _
     l          ̄    |´ /  ≠´  ̄~ |
    }            i! ムイ      /
.    {              j ´        /
     )              /      _ -―-` 7
    ヽ_             /     〃      {
       `ヽ          /     ´         \
      ,、  `l _ -- _ i!   /               `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!


▼志願理由の重さ:【1D100:28】

8618 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:50:01 ID:Dw7rgya2


   , '         \               /
  ./           ヽ           /
  '   母   た     .          {    す
  i    乳   だ    |          〉   ま
  |    が   ち      .|           {    な
  |.   ほ   ょ     |                 い
  |    し   っ    |           ヽ
  |    く   と      .i|.  /´ ̄ ̄ ̄\   >
  |.   て         リ/           \ ⌒¨¨¨´
  :.    :        //     u       |
   、  :         //    ≧=-'  、_   |
   \           '/     〈 ◎`  , ,ニーj
     \       //    u !「   {、◎j/
      `¨¨ヽ{ ̄ /    U  !l (__人 l「 ′
          _rイ^    .    l /⌒ーi .!l/
       r-く:::::::\    丶、  ̄二 .イ
 _,. -‐ ⌒ヽ:::::ヽ::::::::ヽ    `` ._..ィ’
´        :,:::::::::::::::::廴_   ∧:`TL、
          :,:::::::::::::::::,  `  r‐1:::::::::廴_
          }::::::::::::::::廴_    _j:::::::::::|  `ヽ


▼小ネタ闘技場短編の主人公、やらない夫くんのパーソナリティー部分に関わります。
  彼が闘技場に来た理由を決定して下さい。

1.カネ目当てで剣闘士契約
2.モテ目当てで剣闘士契約
3.名声目当てで剣闘士契約

【安価 ↓~】
先取3票

8620 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:50:44 ID:18YpUXdM
おっと

2.モテ目当て

8621 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:51:02 ID:l2X0S9Au
3

8622 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:51:06 ID:zMa2h4mm
1

8623 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:51:13 ID:LugPvaXc
334

8625 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:51:57 ID:LugPvaXc
3が何故か334になってる……

8624 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:51:24 ID:bg+cnM+Z
2

8626 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 14:52:12 ID:BYHlr2Mk



8627 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:52:37 ID:Dw7rgya2
【種族】 只人
【性別】 男性

【第一能力値】
・体力点 【1D3:2】 (種族補正 只:+1 鉱:+2 森:-1 蜥:+2 圃:-1)
・魂魄点 【1D3:2】 (種族補正 只:±0 鉱:±0 森:+1 蜥:+1 圃:+2)
・技量点 【1D3:2】 (種族補正 只:±0 鉱:+2 森:+1 蜥:±0 圃:+1)
・知力点 【1D3:3】 (種族補正 只:+1 鉱:-1 森:+1 蜥:±0 圃:±0)
【第二能力値】
・集中度 【1D3:3】 (種族補正 只:±0 鉱:+1 森:±0 蜥:+1 圃:-1)
・持久度 【1D3:2】 (種族補正 只:+2 鉱:+1 森:-1 蜥:±0 圃:±0)
・反射度 【1D3:3】 (種族補正 只:±0 鉱:-1 森:+1 蜥:±0 圃:+2)
※選択ルールとして、種族補正適用後の能力値7つの合計が15以下の場合、好きな出目1つを3に置き換えられます
※処理順は、【ダイス→種族補正値の適用(→合計15以下の場合、置き換え処理)→第一能力値1つに+1補正の適用】となります

【経歴】
・出自 【2D6:8(5+3)】
・来歴 【2D6:3(2+1)】
・邂逅 【2D6:5(3+2)】

【状態(=生命力、移動力、呪文使用回数)】
【2D6:7(1+6)】 【2D6:8(6+2)】 【2D6:4(3+1)】
※出目を好きな項目に1つずつ振り分けます
※GMが認めるなら、振った後で出目を全て破棄して「5」「7」「9」に入れ替える事もできます

8628 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:52:49 ID:Dw7rgya2
バランス良いなお前!?

8631 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:53:46 ID:Dw7rgya2
出自:商人

追加資金:【2D6:9(4+5)】*10枚

8633 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:54:12 ID:Dw7rgya2
>>8623
ああ、これネタかと思ったら3だったのか……w

どーすっかなー

8634 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:54:56 ID:Dw7rgya2
商人/牢獄/取引相手

8638 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:56:25 ID:Dw7rgya2
名声とモテの両方で良いかコレ

8639 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:56:52 ID:Dw7rgya2
あ、2が3票で確定ですな。モテ希望

8641 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 14:58:05 ID:Dw7rgya2


           .:::::::::::::::|
  "ー--、    ,.--‐':::::::::::|   ,.-────-
  ( ○ ) :( ○ ):::::::::::|  / そ そ お
         ::  .::::::::::::::,!. /  う  う. 前
  (     j::.   ):::::::::|./    な 思 が
   `,ー-‐'´`ー-、' ::::::::/.|    ん う
、    ̄二二 ̄::::::::::/ |    だ ん
:ヽ    ..:::::::::::::::::::/   |    ろ な
::::丶    :::::::::::::/\ .ヽ   う  ら
.|::::::\____/|::::::::\ ,ゝ
::| ::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::/  で お・
:::!  :::::::::::::::::::/:::|::::::/:/   は 前・
:::丶  .::::::::::::/::://.::::::|   な. ん・
::::::::ヽ:::::::::::://.::::::::::::::|      中・

▼やらない夫さんの設定

・モテたくて剣闘士に
・商人出身だが牢獄に繋がれた経験があって、でも取引相手との取引は続いている
・能力そのものは全体に優秀

8643 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 15:00:09 ID:q3plpkkX
遣唐使とはモテる職業、古事記にもそう書いてある

8646 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 15:02:18 ID:BYHlr2Mk
国費留学が許された一流のエリートだもん、そらモテる>遣唐使



8647 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:03:50 ID:Dw7rgya2


           , ―― 、
          /     ヽ
         .| ノ     ,
         .| ┬┬ .┬┬|
         .|  ̄  . ̄.|
          、 (_人_) ,
           、     ノ
            7  「
           .,   |
           ,   .|
          ,    .|
           /     |
         '     .|
        /     .|
        ,      .|

▼捕まったって―――:【1D10:4】

1~3.冤罪
4~6.なんかやりました
7~9.元々ここの取引相手で
10.厄 介 な フ ァ ン

8649 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:05:56 ID:Dw7rgya2
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



              /
            /
           /
          ,′
.          i
.          i !      __/  ヽ、____,_∠
           V .::´::::::::::::`:く⌒Y´::::::::::::::::::`:.くハ
             {i:::: : :.  .:.::::::}  !:::::::: : : : : .:.::::::ヽ
            V: : :::.: : :.:::ノi  \::: : : :.:.:. :.:.::::::i
        x‐r‐‐ヘゝ:::::: .. イ ,′  ヽ:.:.:.::::::.:.::::..イ
          /  i :   )ハ.二. _/  人   )ー‐=彡
.        /   i: : ー=彡ヘ. ``ー´  `ー '      /
       /   i,ニ≠-=ミ.._ヽ  ー=、=‐       イ
     ノ!  /     {__ノ、\.  ー)    . : : : :.`ー
.     i i/   ,,.-‐ー一'  `Tヽ´/    ..イ : : : /
.     / 〈_,.. -‐''"´  ̄`ヽ /´ ̄V/ ̄___: : :r一'"
    / (           ノヽ : //..イ   `ーミ
.   /   } ー ''"´ ̄`ヽゝ.イ /:.:/   !      `>、
  /   〈          ノ`ヽ/:.:/   :!    /  ヽ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――この若者はやらない夫という。

 裕福な商人の子であり、そのままであれば何不自由ない人生を送る筈だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8651 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:10:54 ID:Dw7rgya2

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 しかし、この男。

 いかんせんモテず、そして女運が悪かった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                           ___
                       ‐l´.v.`l‐
                        ‐|.. Y.. |‐
                      ‐!、.Y..,!‐
                         |卅|
                        -‐ ‐ _ _
                      /    ´、ヽヽヘヘ
                       |        ∧   |ヘ==ヽ
                     ヽ      ∧   | /  >丶
                   r´ ヽ__ ==   ┐ ヽ´ ∠  (
                 人ミ..  |(人__) ノ======彡    〉
                 /ゝ ヘ . ,|卅|.  ̄| | |  ,へレ   (
                   / ミ   (:|卅| : :/  | |/ヾvヘヘ  レ
            /´ ̄《 ミ、υ_-‐|卅|、/  ノ|ヘ    ド y´
            // / ヘ    ヽ..|卅| し -‐7 ヘ    / `ヽ
             / . ∧ く    |. |卅|┐  /∧.ヘ_.ノ   ヘ
           |  /.  .ヘ >.´ヘ.|卅|┘. /=ノ´ ::/ |    ヘ
            |  |ヽ...:::.::::V´_/ヘ||||||   ( :::::::::::::/    |  │
              |  |  \:::::::::入.  ヘ||||┐ ヽ:::::::::|r    |  /
          μ |   ミγ   ヽ ヘ.|┘  ヽ :: |  |    y´
          ヽ== ..__{    |  ヽ    o }/ |    |
           ヽ-ヘ  ヘ    |   〉 o.o |∠⊥__」
                  ∨ ∧、   ヽwノ. o .ノ `/  /_/
                  _,`====゙>  ______  ィ  /  /
                /__/‐--┤             /  /
          f⌒ヽヽヽヾ ~~|            ┌┐/
        ヾ============ゝ           cχっヽ
                             | |χ| ||
                               | |χ| ||
                            | |χ| ||
                             |r ‐ -、||
                            `===´´


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 金目当てで近寄ってきた女に熱を上げ、店の金に手を出してしまったのである。

 商会を傾かせる程の額ではなかったが、実家から彼への信用は暴落。
 頭を冷やさせる意味と相手の女に見せつける意味でも暫し投獄され、出てきた時には相手の女は雲隠れしていた。

 ―――ここでやらない夫、一つ悟る。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


                   / ̄ ̄\
                 / _ノ  ⌒ \
                 | ( ●) (●) |  「実家の金じゃなく―――俺の魅力でモテてぇ……!!」
                . |   (__人__)  |
                  |   ` ⌒´  |
               _入 |        }人
             , イ  / ヽ       }  l\
           /    |  |ヽ     ノ!  |  ヽ.
           | ヽ、  |  .V::::` ー ':::::.;.  |  ∧
―――――――「´  `i. /__,厂V::::::::::::::::.:/ィヘ」  /  ー―――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /     | ´     ヘ、::::::::::/.    ,' ,ィニ`ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         / ____   |        \_/    r/   ∧
.        〈ィ´  `ヽ」j       「        {以イ´ ̄`ヽ、
        r'       `¨¬-、_   |   r‐‐-ィチ´       〉
        `ゝュ,,__        `¨亠'"´ ̄ ̄ヘ   __,ィ=≦ヽ
       f´ i . . .:`寸=ー----ュ、,___ ,、 , , 〉ャ'´/.: : : i  ',
――――‐┤ :i . . .: : :} \   /    ,斗ク,々y′ ,.′ : : : :i::. ∧ー―――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  :i . .: : : ::V ソゝヘ/   T′`^__ソ.: : :/  .: : : :i::. : : :, ̄ ̄ ̄ ̄
        〈.: i.: :i . : : : : :} '.:: : /    ト、,f壬イ.: : :,ハ  .: : : ::i:. : ::/
        .V .:: i . : : : ::iy.: : :ハヽ __ィニ′.,'.: : : : : : j .: : : : i:. : :{
         ’.:.::i  . : : : l.: : : : :`^´.: : : :,イ/.: : : : : : :l .:,'.: : :i:. : :|
         |.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : : :.,'/. : : : : : : :i /.: : : i:. : ;'
          .i.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : .::′. : : : : : : : :l /.: : : : i:. :;'
______|.:.:.i  . : : ::!ゝ __________/l/.: : : : ::i.::,′_____
―――――一|.:.:.j  . :ヽ├―――――――――┤.: : : : : !〈ー―――――‐
         ./.:.,'__, . :ュ_.∧             ,ノ.: : :,: :ュ_:∧
        {.:.:,≧--‐‐'ニ 〉            .〈.: : ;イ-‐‐.: :.;}
         \r‐-' `ヽ,'             .}.: : :≧、.:イ
        , イ-‐マ、__,ハ              〈.斗ァ´ ̄`L
       仁二ニニヽヾY′             {__yイ,仁二ニム
―――――ゝ====ー┴―――――――――┘--≦二二ニー――――


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 魂の言葉であった。なお、実家からは廃嫡された。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8653 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:13:42 ID:Dw7rgya2

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 そして、持ち出した金も持ち逃げされる前に実家に回収された事もあり。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


                   「l゙TTTl
                  l   /
                      `l ,X゙了
                        l´::::::::|
               __     | :::::::::|
             /    \   | :::::::::|
.            |      |  .| :::::::::|
.            |      |   〉 :::::::|
.            |   _,..-┴、 |:::::::::::|
             X´:::::::::::::::::∧/ ::::::::/
             」__,..-‐'´ ̄ ̄´`ヽ、::|
        r‐'´:::::::::::::::::∨::::::::::::::::::/
          |\ ::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::|
          |::::゙\:::::::::::::::::::| ::::::::::::::|
.        /::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::/
.         | :::::::/} :::::::::::::::/ ::::::::::::|
..      / :::::/ 〉:::::::::::::::| ::::::::::::::|
        |::::::::|  |:::::::::::::::゙|::::::::::::::∧
.      |::::::::| / :::::::::::::::|゙:::::::::::::::::|
.       / :::::::| / :::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
     |::::::::::|「:::::::::::::::::::゙|:::::::::::::::::∧
     |二.X/ ::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::∧
.      {,l,l,l,l ,ゝ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::∧
     ` ̄´l__, -―┴―-- 、__:∧
          /::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::`了
.         /::::::::::::::::::::::/ .∨ :::::::::::::::∧
       /::::::::::::::::::::::/   ∨:::::::::::::::::∧
        /::::::::::::::::::::::/    .∨:::::::::::::::::∧
.      /::::::::::::::::::::::/     ∨:::::::::::::::::∧

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 自らを磨くために一旗あげようとしたところで―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

               /   l    l     ヘ   \
              /  / l    l      ヘ   \_ _
             /  /  l    l.      ヘ   ヽ    ̄  ̄  ̄ \
            /   /  l     i      ヘ    ハ
            l   /   l    ヘ      ヘ   /   _ z =ニ三ヘ
          / l  /    ハ    l i  \.   ヘ  ryミ三三三三三ニ
        /   ハ /   /:::::マ   l i\∧\.  ヘ l j ∨三三三ニ=- ┘  「馬鹿な事を……!
      ./     / {rl   /:::::::::∨  l i:::: \'_, \. ヘノ   ∨ニ=-      l    聞いたぞ。カネ目当ての女に騙されたって。
    /      // ゝl  :/::_:_ ,::ヽ  lヘ 〃ゞイヘ≦ト ヘ   ',        l     お前、お前……!!」
          //   l  :/l::ゝ-っ=7ヘ l i ミz ̄}|\l /\ヘ  ∨
    ll      //   l ::ムl:::::::l i  .:::i\     il  l l l  \  ∨
   l .ll三三三 //    l  l::, l、:::l l        ィj /l l |    ヽ ∨       /
   l l>.   l l    :l l:::li:::\j| r- ヘ _./_-´'/ イ::l l l            /
   l ∨    l l    ::l ;lヽリ::::::::ヽ ゞ--_--≦イ/ ll /      l l     /
   ハ ∨   .l l     :l l \::::::::::::\   /:/y l /       l l  /
  / ゝ ∨   l l        \::::::::::::::  ̄:::::  ゞ'   /       l l /    l
     \  l l          \  r --- 、   /        l l      |
   \  \ l l     / \   \|    \ / /  \   l l      l


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 商会の取引相手だった闘技場の外回り役が声を掛けてきた。(邂逅:取引相手)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8659 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:18:39 ID:Dw7rgya2

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 そして、『まぁ呑もうぜ』と連れて行かれた先で。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


               /   l    l     ヘ   \
              /  / l    l      ヘ   \_ _
             /  /  l    l.      ヘ   ヽ    ̄  ̄  ̄ \
            /   /  l     i      ヘ    ハ
            l   /   l    ヘ      ヘ   /   _ z =ニ三ヘ  
          / l  /    ハ    l i  \.   ヘ  ryミ三三三三三ニ
        /   ハ /   /:::::マ   l i\∧\.  ヘ l j ∨三三三ニ=- ┘
      ./     / {rl   /:::::::::∨  l i:::: \'_, \. ヘノ   ∨ニ=-      l
    /      // ゝl  :/::_:_ ,::ヽ  lヘ 〃ゞイヘ≦ト ヘ   ',        l
          //   l  :/l::ゝ-っ=7ヘ l i ミz ̄}|\l /\ヘ  ∨
    ll      //   l ::ムl:::::::l i  .:::i\     il  l l l  \  ∨
   l .ll三三三 //    l  l::, l、:::l l        ィj /l l |    ヽ ∨       /
   l l>.   l l    :l l:::li:::\j| r- ヘ _./_-´'/ イ::l l l            /
   l ∨    l l    ::l ;lヽリ::::::::ヽ ゞ--_--≦イ/ ll /      l l     /
   ハ ∨   .l l     :l l \::::::::::::\   /:/y l /       l l  /
  / ゝ ∨   l l        \::::::::::::::  ̄:::::  ゞ'   /       l l /    l
     \  l l          \  r --- 、   /        l l      |
   \  \ l l     / \   \|    \ / /  \   l l      l



           ,ヘ
           /  ー、
          ノ    ヽ
         |       \
         |   ・    |                 ―――――
         |   ・    |         /           \
   /ヽ.     |   ・    |           /                  ヽ
  /   \   |    ・    /         ,'
 /     |  |   何   |          |                     |
/      ヽ .|    ・   .|          |      /__,      |
|        |_ |    ・    |'         | \   _,/ / ,- 、\    |
|   ・    | |   ・   |            | '~iヽ     _ `’' _,.-'     |
|   ・    | |   ・    |           |_ じ|   二_  ̄ ̄      |
|   ・    | |   ・   /          |  ̄                  |
|   ・    ! |       |             !u ,   ,,    丶       u |
|   だ    ヽ|      /          '., l   ''     )       ′
|   と       |\  /             ヽゝ _ヽ_―_´    u  / l/
|   ・      .|  \/              ヽ ヽニ-_‐.. -`    / ./
|   ・      |、                  ヽ  ̄     ///
|   ・      |                         ヽ       /  /
|   ・      _|                         ー‐ ´\/
\  ・     |                         _ -― ´
  \      |___,                   - ´
   \__l ̄ ̄´                      /


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 雷の男から自分の数倍強烈な過去の女性関係の話を聞いたりしつつ。

 冒険者として一旗あげたいという話をしたところ―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


                -===  ミ
             /     、    \
              /  ′    \    \
             / /  {      i \    ヽ
         /  ′ ∧     |   \   ',
           // /  /  ',     |、   '.
           〈 i  , _ _ \    ! \     ! }
         Ⅵ 癶._Qィ  \ K_Q,\  , i /
           f´| / `  "' /!  \、   Ⅵ |Y
            乂!| }    {i:i!   \   !|! iノ  「―――……冒険や冒険者への憧れや、そうならなきゃいけない
.            ||圦从___ヽェ_'____从!ハ |    理由がないなら止めておいたほうが良い。
         ┌=|! ̄「 ̄ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Ⅵ=┐
          Ⅴ   i _!__      ー==彡Ⅴ  冒険者というのは人々の憧れで花形だが、それだけに厳しい。
            Ⅵ≧=一 ⌒ ̄ ̄      Ⅳ    『モテたい』だけで走り続けるのは辛いぞ。
.     r‐  ‐ミ  Ⅶ }   |  ー=ニ=一     i{
.     |  ||  | ‐ミ \!   !              八    それなら、ふむ。いっそ―――」
  r    ||  | |  ト、  ーz=ニ二             \
zz=i ||_|| _| |  | ≧=‐-  z  --‐=≦  /   \
  |__||  ||  | |  |=-   ー‐==ニニ二    //
  | ⅱ__ⅱ Li  |        ‐=ニ二二 彡'
  |        }  / )        ̄ ̄
 Ⅵ     __  |/ヽ/
 Ⅶ´ ̄ ̄У´ / /       -==ニ二ニ=‐-

8666 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:25:39 ID:Dw7rgya2



           //\   ` 、
          /i / / ヘ  \  \
         / i/ /  ヘ  ヽ  ヽ
         /  i l/ /// ハ  ヽ  ム
         マ   // :/  \ ト l/   「こちらも楽な話ではないが。
         ヽ f .y / ャッy j >:ヘヽl
         {ムヽ/i l|    ゙´  i ヘ/ヾ    ―――剣闘士契約、という道もあるぞ。
         l  ヾ==--  _ _ ==|ヽ、    丁度試したい事があったんだ」
         {          l l ロl/r _
        _,, -'"´ ̄ \    lf =- '  -`
      //        ヽ  l `y  _  \
    / / /  ノ        \  ゝ - _   l ミヽ =-- _
   / // l   l   l       \└i    - /  ilム7      ̄
  三l/ /  l   l   l-=ソ /¨=- i   ヽ ゝ=- _ ノ  / /ム
  ニlヽ ヽ  ヽ  l   i  //    ゝ、_ j l  | l\ _ノ  ///ヽ
  三ム\ \ j、_l _ilイノ       l ヘ  ヽ    ヾ イ ∨
  ニ三ヽ  ` =-- l _il          l  l  ヽ       ∨
    ==≧   八 _ ノ          l  li   ヽ        ∨
         /ハ             l  ヘ           ∨
      :::/:::::::::∨            ヘ ヘ   ヽ
    -== --、   ` -= z     _  o ノ  \   \
     ̄    ∨       ` == ´    ̄ ヘ ヘ  ̄ ̄ \
         ∨  _ ,,. -==-ニ、      ヘ ヘ  il     --= '
          ∨ \三三三三\      ヘ ヘ l
             ̄ ヾ三三三三ニl     i   l il
               {三三三三三l     i  i li
               {三三三三三l    ;  ; l
               }三三三三三l    l  l  l
               lニ三三三三ニi    } }  il
              /三三三三三i    l l  l 7
             /三三三三三/     l l  lム



            ___
.         /     \
        |_ノ ヽ、_   |
        |●) (●)  |
        |(__人__)   |
       _| `⌒´   |、- 、__
.     r..´:ヽ      /:|:::::::/ヽ
.      | ::::::::|\  ./:::::/:::::/ ::::::|   「試したいこと……?」
.     !、 :::::l/|二|ヽ、/:::::/::::::::::|
       |::∨ ::::|  ∨::::::::/ :::::::::/
       ∨∨゙::|   .∨:::::|::::::::::/
.         | ::∨:|    | :::::|::::::::::|
.        |:::::l ::|  /| :::::|::::::::::|
.         | ::::|:::|    | :::::|::::::::::|
       | ::::| ::|  / .| ::: |::::::::::|
      /::::/::::|/  | :::::|::::::::::|、
      〈 ::/ :::/   〈 :::: |::::::::::|/
      |/::/ヽ、__| :::: |::::::::::|〉
      /:::::|\_____| ::::::|::::::::::|ゝ
.     `ゝ/ :::::::l |::::`!/~\/:l
      |::::::::::::::リ:::::::::::::::::: `::|
.        |:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::|
.        |::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|
.        |::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|
.        |::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|



                             -‐   ̄  ‐-
                      /               \
                         /        !  ヽ     、
                      /           !   ヽ    ',
                    ,i    \     | ` 、       ',
                      /.i   / .\.   .|_二ニ‐-、    | ',
                   / !  / ー  \  k ッーァ |\   ! ',
                        ', !.  i. --‐'"  l\ i ヾ ̄    !  i. ソ
                        ', i  |      /|  \      i. ! /   「コスト削減の試みだ。
                         ',! .!     ! !. _ `      /! .|/      お前、読み書きと計算は出来たな。
                       i |  , ‐=≦ ̄     ̄≧=- !l !
                          ! |‐´  !                 !l! ` 、   であれば、剣闘士の宿舎内での雑用を
                 ッ‐=≦ リ i    !            !.     \   剣闘士に頼むことは出来ないかとな。
                ',       i     !                   /
                    ',      i     !                 /   代読、要望聴取、その他諸々。
                   ',     i     !               /     まぁ、度を過ぎて頼めば腐敗の温床に
                  ',    i     !                  /      なるんだが、ごく軽い要件の為に人員を
                      ',   i     !                /       配置し続けるコストがな……」
                     ',.   i     !               /
                    ゝ_  i     !            /
                    -‐ニ=‐-  __!.         __ ,-=ニ‐-
                     -‐ニ=-      ヽ  ヽ  ̄ ̄           -=ニ‐-
              -‐ニ=-       -‐   ヽ                 -=ニ‐-
             -‐ニ=- ._   -‐         -‐''
.     _ -‐ニ=-‐―         ._    -‐
.   斥ゝ       _  -‐
   |  'V     ∧
   !.   V     ∧
    |.   V     ∧
    !.    V     ∧
.   |.    V     ∧
.   |.     V     ∧
.   !.     V     ∧
   |      V     ∧
   !       V     ∧
.  |.         V     ∧
.  !.          V     ∧

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ メタ的には他のキャラと絡みやすくするための物でもあります。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

8669 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:29:06 ID:Dw7rgya2


                _,,.. -‐=ミ
                /l .:| :.| ::.|: |:丶
             /:. :.| .:| :.| ::.|: |::. ‘:、
              〈 :. : | .:| /丶|ハ、 :/`ヽ
            l :. _| .:| rぅミ\{ァ,:.{___
            |ハ {∨{     }〉 Ⅳア    「無論、剣闘士である以上、命の保証は無い。
            くハ丶V{_,,.. -‐=≦ィ{      無いが、それは冒険者も同じ。
            ‘:,¨¨¨¨¨{¨¨¨{¨´ ′
                _}    }   }  {三三≧x  どちらを選ぶかは任せよう」
             <ニ\  {   {        {
       x<ニ 斗-‐<  }   }        {
      /`¨¨¨´        {   { {        |{
       |    \ \ \  }   } }     |{
       |       |  |  {: {   {{      :| {
      ,′           / 7/ 7  } }        ! {
.     /       厂) / // /7 { {        | {
    /    _ / {// / /7 } }{O     | {_
  / >‐ /:.:.:/     / //  { {_,,. -‐=≦「 ̄|
. / / > ||==},′〈{      /   }    |ニニ{   |
  V厂   |厂 \/{ノ} 。o≦  {  {     |ニニ{   |
.  |     マ、    ア´{ニ }  }  }   {ニニ{  /
.  |       ≧=‐==≦ニ }  {   {    {ニ={/
.  |       。o≦ }ニニ }  }  {    {ニ=}
   ≧=‐=≦     〉ニニ }  }   {   {ニ{
           仁二二}  }  {   {ニ{
            仁ニニニ}  }  {   {ニ{



.            ___
         /     \
.         |   _/   .|
.        |)  (●)   |   「…………」
          (_人__)  u |
        l`⌒´    .|  __
.         ヽ   , -‐┴´/:∧
.         _「:|_| :::::::::::/:::::::::::|
.          /:::/!::::::::::::::::/::::::::::::::|
.        /:::/ ∨::::::::::::|:::::::::::::::::|
      ∨:/ : |::::::::::::::∨:::::::::::::|
.         Ⅳ l |::::::::::::::::∨:::::::::::|
       |:| .l .∨::::::::::::::∨:::::::::|
        |:| .|  ∨:::::::::::::l〉 :::::::|
.      |:|  |   ∨::::::::::/:::::::::::|
.        |/./   /∨:::::/:::::::::::/
.       / 〉/  ─∨/:::::::::::/
.     ,/ /  ̄      〉:::::::::::/、
     |二工二工二テ/__ ::::::/::::ゝ
     i:::::::::::::ll::::::::::::::\ \/ ::/
      |/ :::::::::ll::::::::::::::::::::\l/
      |::::::::::::::リ::::::::::::::::::::::::|
      |: :::::::::::∨ ::::::::::::::::::::|
      |::::::::::::::::∨ ::::::::::::::::::|
..     |:::::::::::::::::|∨:::::::::::::::::|
..    |:::::::::::::::::| .∨::::::::::::::|



=== ミ
     \
      \
       i! \
.  /  /  八
i ′ /  /  丶 !  「勝って賞金を手に出来れば、併設された娼館などでも遊べるぞ」
i |/ イ  /_ヽ Ⅵ
i Ⅳ ! 气_{「 〈iリ
i |′| /  '´   .
i |  |{        >
i |  ||  (、  ≦___
 ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_/
 ̄ ̄ ̄ ̄`ー≦三%
≧=‐-     //
        / /
≧=-‐一   〈
    二ニ=一 {、
         人≫x
        /   ''≪≫x
、    /         ''≪≫x



                             ___
                       /     \
                  _       /       ヽ
         ヽニ二/´};;;;;_>.、    | \   /   |
           /〈 〈/ /::ヽ::::::>..、 | (●) (ー)  |
          ./_/ヘ_lヽゝー::ヽ:::::::::ノ7、/ト、.._)   |  「今すぐお願いしやす!!」
.             ⊂ -'‐-、::` ̄`¨/:/ /:::::ヽ、    !
.                ̄ ̄´`7ヽヽ、::::::/::`>.v'、
                       ,ゝ V, ':::::::::::::―'`ヽ、
.                     /ト、..<:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  //    ≧_、::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /i        //'>、::ー:::::::::::::::::::::i
                 / ゝ      l i:::::::::::::>、:::::::::::::_ノ
                    >、/     | |::::::::::::::::::::::,::-' ̄
                       />l__ /   i i::::::::::::::::,/
        ____>--――</ l  /    >、::ー::::::ヽ、__
   _>―'":; -――――ォ<   ,' / /  ヘV:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
  ∠_::::::::::/    > '"´   l  / /      ヘV:::::::: ̄ ̄:::::::::::>===<
  V `ヽ/  >'"   |    V,i´           ヾ、::::::::;><´ ___   _
  ヽ、  〉'"     l    /         _  l/ ̄         `>、 ー
    ̄`´ ̄`>、_ ヘ  / ー   -―    \ ` /                / ヽ
        _∠:::::l  /    ̄     `ヽ、\- /           /  /
     r‐<ヽ::::::::::;>===r―┬==<  \ ヘ 〉 ,  /    ///
    ノ`ヽ::::::〉<>.==┴‐ ┴-< 二`>、  !二二二二二彡_>'
  >'"    }:////::::::::ヽ/:::ー:::::::::::::::::`>..、_ノ!/_____>'"

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 ―――斯様な経緯を経て。

 冒険者から剣闘士へ志望を即時変更し。
 一人の男が、火吹山の闘技場にて剣闘士契約を結ぶ事と相成ったのだった―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

8671 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:31:36 ID:Dw7rgya2
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


▼つまり?

・宿舎内での代読、代筆その他の用務を引き受ける立場
・その他は普通に剣闘士だが、用務分だけ些少ながらボーナスあり
・火吹山の闘技場で名を挙げ、目指せモテモテ(死語)

8674 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:34:00 ID:Dw7rgya2


                            __   r─ 、_ _
 ̄\                       ´       ̄ ヽ:::::::::::::}/`ヽ              > .
二二}二二二二二二二二二二二二二 /            }:::::::::/  ( 二二二二二二二二二二}    >
¨¨¨´                    / ̄ ̄ ̄ \  /─  ´∠>"´ ー‐ '               > ´
                    |           Ⅳ
                      /! !   \  / |
              _____/::::| |  (● ) (● )
            /::::::l l__|::::∧   (_人_)∧
       r‐イ:::::::::::::}‐=ニ:∨::∧\ `⌒´ /:::∧
    r─<:::::::\::::::::::|:::::::::::::::::\/、   ー<::::::::::∧
    \__>、:::\ :::|::::::::::::::::::::::::| |ー─イ/ \ :::::∧
   /  ─ \\::: ヽ!::::::::::::::::::::::,.ィ二二⊃ ̄ \::::::|
  /          ̄/>──イ//  二 ヽ      \|
  乂         / :::::::::::::::::::::!   ⌒ヽヽノ
      ー──‐.|:::::::::::::::::__|./⌒ヽ丿
              ̄l ̄ `゙<:::::|   /ヽ   . ───── 、
           /       ̄  /乂ノイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         /三三三三ニ=<>"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.        /三三三三三>"´/:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::,イ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::|
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::>"´/:::::::::::::::::::::::::::|
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::>"´     |:::::::::::::::::::::::::::::!

▼闘技場では―――

・1戦ごとになんかイベントとかコミュとか挟んで、闘技場周りで過ごせ
・1戦ごとの成長は流石にシナリオをクリアするのに比べると小さいが頑張れ
・基本は戦闘→イベントの繰り返し。1回1回で1話完結。気分転換向けのショートショート

8676 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 15:35:18 ID:DzwLgIjS
業務しながら剣闘士やって勝ったらご褒美シーン
これ以上ないほど分かりやすい短編向きか育成タイプ中編向きの設定やなw



8678 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:38:05 ID:Dw7rgya2
>>8676
そそ、こういうの

8679 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:38:30 ID:Dw7rgya2
あまり筆の調子が良くない時に気分転換に出来るもんとしてはそれなりではなかろうか

8681 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:43:42 ID:Dw7rgya2
しかし多分、

「魔術師」
「戦士系技能」

とかでバランスがハイレベルに取れるやつ。
ボーナス点技量に入れて。

8682 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 15:45:16 ID:awX0hNvk
牢人さん並の命中回避と術士ちゃん以上の魔術師適正というソロに相応しいハイスペックさ
ただし状態ダイスは微妙



8683 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:47:10 ID:Dw7rgya2
>>8682
牢人さん、命中回避は極端に高いわけじゃないから……w

8685 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:48:57 ID:Dw7rgya2
魔術師のぶ代戦士辺り?

8686 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:49:28 ID:Dw7rgya2
のぶ代?

8688 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:49:31 ID:Dw7rgya2
野伏!!

8692 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:54:22 ID:Dw7rgya2
まぁ不真面目に考えよう

8693 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:54:45 ID:Dw7rgya2
誰に迷惑かけるわけでもないから適当な構成でも良いといえば良い

8694 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 15:55:01 ID:Dw7rgya2
いや、ある意味事故ってる構成というならメイン一党が相当なんだがな!!!

8702 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 16:09:33 ID:Dw7rgya2
こんだけレポ出しておいて3割ほどが失敗レポである

8704 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 16:10:35 ID:3t2XqpI9
こんだけレポ出してるから失敗も多いとも言える
かもしれない

8707 :梱包済みのやる夫:2019/10/07(月) 16:26:41 ID:8dDSCsMZ
そんだけ失敗しても全滅とか冒険を続けるのが不可能になるような致命的な失敗はなかった事になった1回しかやってないんだよな



8708 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 16:31:24 ID:Dw7rgya2
マ、なんにせよ企画の頭出しって感じで。

今晩何やるかは未定で。でも昨日サボったんで20時~21時位から流動的になんかやる。

8710 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 17:34:05 ID:Dw7rgya2
そういえばー

8711 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 17:36:34 ID:Dw7rgya2
嘘看破系の呪文や魔法がある世界って

「使用者が嘘をついているかどうか」

を判別できる方法が無いと完全な証拠にはなり得ないという話を見て、さっきちょっと話題になったのですが。
私と妹弟子、双方色々と意見を出し合いました。

8712 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 17:39:09 ID:Dw7rgya2

          /       /∥        l  ゙、 \  \   ヽ
         /          / j        l   ヽ  ヽ   ヽ  ゙、
       /    /    j  !          l   \  、    、  ゙、  「………………………これ。
    / /    /  /  l  l       l  l    \\ l    ゙、  ゙、  真占いか偽占いかを判別するプロセスでは」
    / /    /   / /l  l          l  !    \\    ゙;   ゙、
    / /    /   / /| !l         l  jハ l     \\   l   ゙、
  / /j    /   / /  l |l       j  j l ト     ト \ l  \
  / / l   ∥  / -―‐┤L l     / /l斗―l‐l-\    l l  }     \
  j /  l   /l   j /     l l lヽ   / / l/  ト l  ヽ   } l  /   \ \
  l/  l   ! l  ∥ _,,,x云lxl 人   l /  /_,,,xzzxl,,   }Y j |/       Y  \
  {{   人  l l  l\气( {勹j!ミ、\  l/  ノ勹{:::j!::トミシ / }ノ ノイ }       }   ヽ
    / \ l 、  l い ` 乂;;ノ   \|     乂;;;ノ '゙ /  ノ   / /     ノノ     }
  /  {    ト、 l  ∧  `冖"           `冖'゙/   / / /     /    ノ
 /    乂    {    人      .:!       =彡イ  / /l /    /    //
 乂     ̄ \ 乂   \    、         /   / /ヽ {   /   / ̄
    ̄  ー- ミ ヽ ⌒\ ヽ `ト、  マ ̄ ヽ     / {  /{/:::/∧} / { /
           )ノヽ ト、)从 }::::`ト、 /ハ _,,.ィ / l /:::{::://::::∨  乂
            }ノ /::::::)ノr、/ /:::::{ {「 /   八{::::::://::::::::∧
              /:::::::::::弋 \~ l l }ヘ    /:::::::::://::::::::::::::::ヽ
             「::::::::::::〈 l ヽ ヽ l lー---、/:::::::::::://::::::::::::::::::::::\
                ノ::::::::::::::::ノ ∧ Ⅵ l `ヾ;;;;,,,,\::::::://:::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::l__}  V l >┐ /::::::l l:::::::::::::::::::::-――-ヽ
           /::::::::::::::::/ _  \ ヽl/ /   l:::::::::ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          ∧:::::::::::::└イ /  ̄   } l /_ ノニニ-┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          弋 \:::::::::::::::::〈 〕     /  _>::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
          /\ \:::::::::::::}/    / ハ/:::::> >/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /   \ `~∨    / l /:::::://:::l::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
        /     `ー- {     /ヽl/:://::::::::l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j

▼結論

・自分が《看破》使ってる側だとして、第三者に自分が嘘をついていないと、どのように証明するか。
・自分が《看破》された側だとして、第三者に使用者の嘘の有無を、どのように証明するか。
・自分が第三者として、《看破》された側とした側の言い分に食い違いがある場合、どのように判断するか。



・人狼で真と偽を判別するプロセス……ッ!!

8714 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 17:40:50 ID:Dw7rgya2
結局は「説得力」や「信用」が重要になるので、どのようにしてどう稼ぐかという話……!!

8715 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 17:42:35 ID:Dw7rgya2
認識誘導と議論の誘導、並びにペラと適当で構成されてるけど。

バネ足サバイバンとかはモロにこの思考回路だったよね私ら。

8716 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 17:43:57 ID:Dw7rgya2
真偽はともかくとして、周囲に対して説得力と信用を稼いで信用勝ちするやつ

8741 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 19:20:01 ID:Dw7rgya2
やらない夫の方の小ネタは、今晩辺り周辺人物のAA募集する見込みでござる

なお、1枠は技術指導(?)の姉監督用






9141 : ◆o2mcPg4qxU :2019/10/07(月) 23:56:52 ID:Dw7rgya2
【獅子田】 ← 抽出用ワード。【】ごと書いて下さい。

1ID1レスまで。訂正不可。ちゃんと読んで応募して下さい。

男女1名ずつ可。キャラ名・作品名必須。

【安価 24:00から明日の14:00まで】

9147 :梱包済みのやる夫:2019/10/08(火) 00:01:26 ID:c52ezFnV
【獅子田】
ロード・エルメロイ2世(TYPE-MOON作品)
タカオ(蒼き鋼のアルペジオ)






9292 :梱包済みのやる夫:2019/10/08(火) 13:48:30 ID:td9SfLgn
【獅子田】
女性:下弦の肆・零余子(むかご)(鬼滅の刃)

ちくしょう! 帰宅したばかりでAA作るのが間に合わねえ

9304 :梱包済みのやる夫:2019/10/08(火) 14:30:13 ID:td9SfLgn
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1517759385/933
下弦の肆。AA作ったから採用してくれみたいな主張ではないので悪しからず

関連記事
| ゴブリンスレイヤー【TRPG】 | コメント:2 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
心を読む、術者にウソが判る、本当の事しか喋れなくなるはTRPGだと結構別々に用意されてる印象がある
2019/11/09(土) 06:11 | URL | #-[ 編集]
こんなシリーズあったっけと思ったら誤字ネタかいw
2019/10/23(水) 22:58 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する