おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2016/02/06(土)
5075 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:02:25 ID:GUtNZlDo0



               -‐_二: ̄: : ̄:¨: :‐- ._
            <: /: : : : : : : : : : : : : : :'": ̄`: .、
            /: :/: : : :_; : : :_;. -======-≦ _ヽ: \
            /: : :/ : : : /: /≦三三三三三三三≧ト、:\
        /: : :/: : : /': : /三三>'7´: /: : : :∧:、``、-=ヽ: :ヽ
        /: : :/ : : /i: : /三イ´: ; /: ; /:i: :!: : !;w、: : : i: :`ヾ: : ヽ
        /: : : : : : /:i : /ア: :i: : :i: !: :i: : |: :!: : i   '; : : i: : :ヽ、: : ヘ
       ,'i: : : : : : / l: : ! i: : :!: : :| l : i: : |:λ: : !   ト、: :|: : : '; i : : ヘ
       i:|: : : : : : !: i: :_| |i: : ト: : |、: : i : |: !',: : :!.  | i: :i!z≠:| i: : :、ハ
        |:|: : : :i: : |: :i: : |`lマー|キ=|ェ、:_i__;ヽ! 、 : !  レ=チ|: :i!: i :!: : :ト: ',
        | i: : : :i: : | : i: :ヽ!_ヾ:{_ヽ{-ヾ\ト、ヾ ヾ、! /‐!'_ノノ,!リ: i: : : :! !:i
      ハ: 、: : :i ;ヘ! : !: : :iヾ ̄`汽泛厂    ` '"汽芹7'i: :ハ: : / i/
         ∨:、: `! ヘ! : i: : ',とつ、_丈少'      、_仗ソっイ /: / ′
         ∨: 、:ヽゝト:、i、: :ヽ ////        ///´!: :!//
        ∨: \ヽ_!: ヾ、:ヽ\            丶    |: :!'
          \:、:、ヽ:!: : :`:ヽ                  !: :!
           \:、:、:i: : : : ヽ         ‐ ヽ     イ : i
              >:、:i: : : : :ヽ     /     /i: : : :',
               〈:、:ヽ!: : : : : :>。.         ヘ: : i: : : ∧
              `ヽ: i: : : !:ヽ:',   > . _/    ヽ:i: : : :∧
             〈: ヾ: : :|: :ヽi      /      ヾi : : : ∧
       , -‐- 、_ /:ノ}: : :i : : |:!_     ト、   /⌒ヾ i:ヽ : 、∧
     /_    ヽ ̄ヾ' : /: /リ  7 7vヾ、ヽ'ヽ、   r': :ノ: : :i: :i
.     /ー- 、  \  ヽ:::ゝ: :、(\.  / /7圭℡ヾ、:::ヽ、ヾ : : ,ィ、ソ
   /     ` 、ヽ、 ヽ::::ヽ: Y\` /;佳llーヾ℡ヽ:::ヽ ゝ(_ 〈
   /        ヽ 、ヾ_ノへヽ ヽ'/圭lll! _ - マ圭ヽ;::\/.  ヘ
   {            \ 、!:!:::::::ヽヽ 《圭佳   _マムマ、::::::\  , ー、
   ヽ           ヽ}:|::::::::::ヽヽ `' illリ''" ̄  マム \::::::ヽ '" i′
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【高尾】

 土地管理者にして見習い魔術師。
 叔父の急死により、急遽家を継いだ人物であり、性質・判断基準などは魔術師というより、
 ほぼ完全に普通の、というより心優しい女子高生。

 聖杯戦争には街の被害を止めるために参加し、アーチャーと共に駆け抜けた。
 結果として首狩り将軍とインキュベーターの打倒には成功したが、自身のサーヴァントの願いを
 叶えられなかったのが心残りだったようで――――

 魔術師の道はほどほどに、どうやらアメリカの歴史を研究する為に大学を目指しているようだ。
 どこの――――というより、誰の歴史を探したいのかは、言うまでもないだろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


5112 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:08:54 ID:GUtNZlDo0


              ,i ,i , ュ  _,
          ヽ;、 ,イイ圭圭圭圭ラ
           ヽ圭圭昨圭昨圭ゞ,、
         ,,ュ圭圭圭zヾ _` ````yゝ
         ''7圭圭乍'x'´ _,_ヽ ,''}
     、,_ ゝ、_ '"!乍ヾ!| ` 〈i・j`  'ij!
      `"・!l圭ll、!||i、'-     ´  冫!
       /',iⅥl'| Ⅵ,イヘ  、...  - /
      '   |!' |'  Ⅴ ';';' ‐-  _, '
        '  ┌_┘- ';',..,,_' ';f´   ,、
          キ. :` ≧ニヾ`ヽ _, イ.ノ
           〉. : . : . : ,. :iュニ  -、イ
           7. :,. :イ´ /┘、_ \
         .7 イ   /. : . : .ヘヘi  ̄
         ,イ   ; ';/. :, -、. : ;. :ヘヘ
        f   ; ';f./. : . ヽ、',. : ヽヘ
         |   , ' /. : . : .;. : ; i ,' , .ヤヤ            _.、ュ
        !  , ' f, : . : . ; . : ; |,',';. : ヤ         ,.>::o::;:},.!
        ヤ , '/: . : . : .;',. : . :|,';' . : .ヽ.     ,>'"o;:゚ <∥
       ,. ≦ '/. : . : . : . ;'; . : .|; '. : . : ヽiュ、-::'"o::;゚ <. . ..∥
     ,.:≦ミ㌣ヽ'. : . : . : . :,';' . : ,| . : . : . : ヘ!ヾi゚ イ     . .∥
    /ミ㌣::::::::/. :,' : . : . : . ;'; . : ;| . : ,. : . : . : フ|l':"o´o_ ̄!コ . ,!!、
  /ミ㌣:::::::::::/. : ,'. : . : , . : ;'; : . ';i. , ;; ,.,' /、!'- '" ̄      {●}
  i三'::::::::::::::::ヤ: ,'. : . : .';',. : ';';. : ';.i,';'イ-==ヘ' 、¬        `´
 i三'::::::::::::::::::ヘ ,'. : . : .,';, . : ' ; . : ;|ン'´::;:ュ´::::`ヘ`i
..i三::::::::::::::::::::,ュ〉 : . : . ,';';. : . : ;. : ;|_::;:/ヾ!:::::::::::ヤ
.i三::::::::,::ュiill圭|!. : . : . :';';. : . :, : . :|l!". : . :,'!:::::::::i:::ヤ
.|三::::乍圭昨"i. : . : . : ';';. : . :| : . ,!. : . : ,';'キ::::::::|::::ヤ
..!彡:::乍'":::::::;i. : . : . : . ;';. : . :|ュイ : . : . ,';/::::::::::|::::ヘ
. ヤ彡::::::::::/ |. : . : . : . ';. : . /f |、. : . : /::|::::::::::|:::::::i
 ヤ彡:::/  |. : . : . : . : . /"; ;.|ヘ : . /::/;:::::::::::|::::::!
  ヘ';/  /!. : . : . : , イ;  ' .;.|::::ヘ/:::::/;:::::::::::|:::::i
  /  /、::ハ  , イ|||_',..、 _、 ,、,.!:::i:::::::::/;::::::::::::|:::::!
/  /、川7::"圭圭圭|ゝ '-'ー'"::::i:::::::::/;:::::::::::::|:::i!
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【兵頭真介】

 魔剣を操る異能者の里の生き残り。
 首狩り将軍に里を壊滅させられた復讐に参戦したが、色々と毒気を抜かれる他の参加者たちや、
 なんだかんだ言いつつ人格者だったライダーとの対話を経て、途中からはやや落ち着いた。

 首狩り将軍の死亡後は全ての黒幕であるインキュベーターとの戦いに身を投じ、
 その過程で自身のサーヴァントであるライダーを失うも、ライダーの宝具とチェイサーの覚醒により生き延び、
 最終決戦では黒のセイバーとの戦いでディルムッドの補佐をした。

 なんだかんだ、復讐に囚われることがなくなれば剣士としては結構な腕利きであり、
 同時に魔剣である荒吹も使いこなせるようになってきたようだ。
 聖杯戦争後は身体の治った妹とともに、ちらほらと逃げ延びていた自分たち以外の里の生き残りを探しているようだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

5115 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:09:38 ID:gRIKQQq60
灼岩は無事に治ったか、よかった

5133 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:13:19 ID:Iv2gd3lY0
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1395227559/187
間に合ったらいいな
いつか二人がこんな風に

5136 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:14:21 ID:gRIKQQq60
>>5133
作成乙
早いな、そしてまた切なくなるな・・・

5141 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:15:42 ID:7MxpC98s0
>>5133
支援乙です、切ないなあ…



5148 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:16:39 ID:GUtNZlDo0


                         , __
                        ,.ィ‐/´´   ´~`ヘ,、
                    、_ノ  ...:.:. :...::::..::.:__::...ヽ
                     }::::::::::;;;--ゝ‐'" ̄__ヽ::.|
                      l:::::r'´  、  /,,__` }: イ
                     ';:::{ , -;;ニ_' , "ゞ‐'´ }i_」
                        ヽ:'、ゞ''"  ,     l'r }
                     r;ヘ    ,. -一   ,_ノ
                     ヽ ヘ  ` '"   ノ、_
                      ゝミ;;、       ///.},
                      {、 i!.l` - '´ ///i{
                        八 i!.} 、    {//.lハ
              __,,  -―― / イ y'′   __// └f`ー―――- 、
             /{    / ̄  〃/、` --´‐7/    ̄ ̄L_    〃ヽ
               { ! _ -'´   〃/ヽ ヽ、__  〃        ヽ.  〃  }
               { レ'      ll/  、  _ -〃     __,,、   `〃  {
            ,イ           ゙{  ヽ    {  、-_二-‐''"       八
              ,イ /   、\      i         l  ~       /   / {rl
          //  l  ト、      l       l     _ -_ ,イ    \ヽ',
         , '´   l  l `i     {        }     _ノ ` ヽ     ヽ.i
         , '     l  入 }    j        /   丶 ノ    八 /   `i
         , '         ィ  } {     /      /     `}   /  ∨      ',
      / -‐ 、     /  / }    ',   __ イ       /  /   <_/__  ',
.      /  , - ニ 、/   /  {    ',、_  _  .j    /  _ - ヽ___ノ` ‐- 、  ',
     〈        >く`ヽ、 ヽ_  l 二、 __/   r'_ -∠_  /  l    \ヽ ヽ ',
     i       /  j   7"`- ヽノ、 , -/   r'´/    /    |         ./
     `丶、_, -―'   /   /   メ、_  {    Yィ    /    L___    __ノ
        /      l   /     {      i   / l   /        | ̄フ´
         ̄`丶、  l  j    }       i,     ',   !__,,,.... , - ゝ'′
              ` r1 /.     l、      ハ    ',  l、     l
             l レ        l i、    ∧l    丶 l ',    /
             ゙ゝ、     l { 丶_ノ l.l     ∨ ',   ./
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【スティング・オークレー】

 自称最強の魔術師。実際はどこにでも居る二流魔術師。
 大言壮語により逆に周囲からは見下されていた――――筈が。

 永きに渡り生き続けていた魔術師インキュベーターが裏で操っていた聖杯戦争に参加し、
 しかも最後までサーヴァントとともに生き抜いた上にインキュベーターの戦略に致命的な亀裂を与えたという
 活躍が知れ渡り、しかもサーヴァントが危険な殺人鬼だったのに見事に使いこなしたという点まで含め、
 周囲から色々と一目置かれるようになる。

 ちなみに各種魔術組織などは首狩り将軍の裏にいるインキュベーターに気付けていなかったため、
 彼のようなどこにでも居る魔術師がそのような戦果を上げたことに大きな驚きを受けることとなった。

 ―――魔術師としての己に一目置かせるという目的は達成したものの。
 なんだかんだ奔放に生きる彼は、数年後には遂に魔術師をスピンナウトして爽やかな笑顔でパイロットに転職。
 年下の同僚に対しては、意外と良い兄貴分であるようである――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

5151 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:17:30 ID:DyHON1Kg0
お前魔術師やめたのかよ!

5152 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:17:38 ID:Cr2SRp5g0
魔術師やめてパイロットになったwwwwwwww

5153 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:17:38 ID:MLBoNQNA0
オクレ兄さん目的達成! そしてスピンナウトw

5154 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:17:45 ID:xId/6abc0
オクレ兄さん相変わらず我が道を行くw

5170 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:18:53 ID:gqhvh10.0
パルクル道には踏み込まなんだかw

5193 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:21:05 ID:7MxpC98s0
オクレ兄さんまじオクレ兄さん
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1395227559/188

5195 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:22:51 ID:wt/glSN.0
色々教えてくれてありがとう!頑張って完走する!

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4948604.jpg
お前こそヒロインナンバーワンだ…

5199 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:23:21 ID:9VyOdJpU0
>>5193
文句なしの最強だな!!

5200 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:23:23 ID:A2MrvT2o0
>>5195
これはヒロイン(確信)

5205 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:23:41 ID:ttPHDd9o0
>>5195
天性の捕食者……!



5209 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:24:11 ID:GUtNZlDo0


            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,. '::::::::::::::::::::へ、:::::::::,. へ::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::/:::::::::::ヽ/:::::::::i:::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::i:::::::::::rッ、〃!::::::|:::::::::::::::::::::::::.
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    |:::::::!::::::::::::::::::::::::::.
        |:::::::::::::::::::::!::|::::::::::|   |::::/:::!::i::::::::::::::::::::::
        |:::::::::::::,.ィ升┼ミ、::!    !:/ィ升十┼、::::::::::::
       V::::::::::::::レィf芹ミ、!   j/,.ィf芹ミx!:::::::::::::,.'           _,. -=≦
       V:::::::::::::ト{ 代リ}  ヽ    代りj介::::::::::/_   _  _,. -=≦       -=≦
       〉::::::::::∧=           =/::::::::::∧_}}≠{二}}、r==、    _ -=≦__《_〃
      /::ハ::::::::::ヽ      }     /::::::::::/:::∧ _,. > ̄>≠-=≦_}=ゝ≠´
--、  /::::::::::::∧:::::::「ヽ    ヾ      /:::/::::/:::::::::∧_,.  -=≦  _    ̄
-=≦::::::::::::::::::::::∧:::∧    `TTT´  jイ::::/::::::::::::::::::\_/ ̄/ 人
 丶 ヽ ̄ ―---ヽ::∧ヽ   ゝく   ,. /::/、__:::::::::::__> / /  > 、
ヽ__〉  〉- 、   -=\:|  >、〈 _,〈^ヽイ!/    // ̄ / / /-<_,. -ヽ
_ \{ -=≦   ,.へ!r斗  ∧ '. V∧,へ -┴< /_/ ̄     ゝ―〈
二r=、,.=、_ _/   V∧   '.  '. V    \/  ヽ          { \ ヽ
 ̄´  ><_}}=〈      V∧  ∧ ,〉 ヽ ,. ィi ∧_ ̄\__      ゝ、 \j
-=≦_____/:.:.:∧      V∧/-、〉=ニ三∧ V :∧ \_}:.:.:.\    {  \ノ
:.:.:/ __,. イ:.:.:.:.:.∧      V´レ'´三三三∧ V:.:.:\  ヽ:.:.:.:.:.\   ゝ、 ヽ
:.:.{ /  /}:.:.:.:.:.:.:∧      V三三三三三∧ \:.:.{ \  }:.:.:.:.:.:.:.:\ { \ }
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【宍戸梅軒】

 黒のアーチャー。宍戸梅軒という役柄を与えられた無名の武芸者だった女性。
 元々は別の聖杯戦争に参加して、そして黒のキャスターの宝具で使役されていた――――のだが。
 インキュベーターの言動にイラッときた宗次郎に、ノリで受肉させられた。
 実はこの聖杯戦争に関わった全てのサーヴァントのうち、唯一の受肉者。

 聖杯戦争後は受肉した英霊という立場を隠して旅をし、ジョースター家の門を叩く。
 「あいつの関係者か………あんたも災難だな」などと言いながらも、承太郎や勢十郎によって身分や国籍を用意され、
 ジョースター家にてボディーガードなどの仕事をして食べているようだ。
 女性のボディーガードで腕利きという点で、重宝されているようである。

 いずれは金を貯めて武芸を教える道場を開きたいと考えている彼女は、
 偶然得たこの第二の人生をかなり楽しんでいるようであった――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

5217 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:25:09 ID:gRIKQQq60
電磁郎の扱いが例の一族並になってんぞwwwww

5218 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:25:30 ID:SpjyNBwc0
ジョースターさん家も毎回お疲れ様です!ww

5231 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:27:12 ID:sYxAM2Yw0
ちょくちょく聖杯戦争に参加してはジョースター家に押し付けてるんだろうなあ……w



5232 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:27:30 ID:GUtNZlDo0
敵ではあったし不倶戴天ではあったと同時に、
電磁郎って最初のやらない夫ん時の聖杯でも
「切るからね? 切るからね? 万全の状態で止めに来てね?(チラッ)」
とかやってるだけで一般人は実は一人も斬ってなかったりするんで、多分承太郎もそこまで嫌ってはいなさそうという。


むしろ黒幕を殲滅してただけともいう。

5233 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:27:46 ID:wt/glSN.0
宍戸さんこの後大丈夫かと思ったら人生楽しめてるようでなにより

5234 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:28:01 ID:A2MrvT2o0
さすが黒幕絶対殺すマンw

5239 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:28:32 ID:j8L7yy6o0
この評価、次に参戦したらアサシン(マスター絶対殺すマン)不可避なんじゃなかろうかw



5240 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:28:36 ID:GUtNZlDo0
>>5133
仕事はえええええ!
こんな光景がまたどこかであれば――――


>>5195
なんで貴方はヒロインをしているのん、おぜうさま。
私はそれが先ずわからん。
ヒロインらしい素敵な絵でござる。ありがとう!

5247 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:28:54 ID:2lNo2sqI0
さすが黒幕絶対殺すマンwww

5248 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:28:59 ID:U9r4yjHo0
結局斬ったの英霊とアトラス勢含む参加者だけだしねw



5255 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:29:30 ID:GUtNZlDo0
宗次郎はなぜか毎度毎度黒幕を殲滅することに定評があります(真顔)

5258 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:29:44 ID:cCMOSUW60
しかし聖杯戦争スレは数多いが
 ノリで受肉さ せ ら れ た のは初じゃなかろうかw



5267 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:31:03 ID:GUtNZlDo0
さて。
あとは生き残ってるのはハムとねらう緒かな?

ちょっと頭が回らなくなってきたが、駆け抜けよう

5299 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:37:52 ID:GUtNZlDo0


              _......
             .z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
       / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
.       /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
        ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、
       |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト
.       i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i | ´ ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |
     i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,__.ノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|
     i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从
     i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{
.      八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从
          \ .:{\  ´        .イ  .   -- ミ
          \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
             |/  ソ /              .::::: :::.. \
.               !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                   レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 │|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                 | {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ねらう緒】

 揺るぎなき例の一族。聖杯戦争に参加して縁召喚でガチャ引いて終わったら帰るつもりでいたが、
 召喚した者としての責任として、一応サーヴァントの願いを叶えるべく努力する為に聖杯戦争に本格参戦したという、
 本末転倒というか何がしたいのか知らない人が聞いたら意味不明なムーブをしていた。

 しかしその実態は、聖杯戦争中に自身の元サーヴァントと遭遇して密かに連携を取ったり、
 インキュベーターの切り札である黒のセイバーの天敵であるランサーを令呪3画合わせた超全力状態で
 動かせる余力を盤面の最終局面まで温存しておくなどの、完全な野生の黒幕。

 挙句、インキュベーターが自身の求道を邪魔する存在だと判定した瞬間から、
 野生の黒幕・兼・黒幕絶対殺すマンというインキュベーターからすれば悪夢としか思えない生物となり、
 物凄い勢いでインキュベーターを抹殺した後、聖杯のガワを売り払って生き残った参加者に分配した。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

5303 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:38:51 ID:tKbc32qw0
例の一族w

5304 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:38:52 ID:UqIUVNq.0
いくらだったんだろうw
しかも分配したのかw太っ腹www

5306 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:39:15 ID:gRIKQQq60
主人公とは思えない文であるww

5312 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:39:29 ID:MLBoNQNA0
野生の黒幕wwwww
聖杯売り飛ばした金をちゃんと分配してるのが基本的善性のこいつらしいw

5324 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:40:28 ID:WK4ntl..0
求道を邪魔するなら殺すと宣言してから一ターン後に殲滅しに来たからな
そらQB阿鼻叫喚よ

5326 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:40:34 ID:yM7TlyFAO
ところで腹パン姉もある意味野生の黒幕だよね(遅効制腹パン差死、0勝1敗優勝)
やはり例の一族……

5333 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:41:19 ID:bunNzgK60
>>5324
志村…1ターン後ですらないんや…襲撃イベント終わった後の残った自分の行動で即刻殴り殺したんや

5335 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:41:31 ID:MLBoNQNA0
>>5324
一ターン後ではない、同一ターンだ……



5344 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:42:59 ID:GUtNZlDo0


     /.:::::::::::::::::::::::::::::、.::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.<_
    ,.::::::::、.::::::::::::::::::::.\―- 、::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄≧
    .′::::::.ヽ.:::::::::::::::::::、::\  \__\::ヽ::::::::::`ヽ:::.\_
   |::.:::::::::::::::.、:::::::::::::::!\ヽ:孑=-ァ、::::i- 、:::::::ト、::‘,  ̄`
   |.:::::、:::::::::..\::::::::::|  \ ゝ’''イ:∧r ト,゙:::::{ヾ! ̄`
   {::::::::.ヽ:::::::::::::|\::::ト、   ヽ  Ⅴイ{,'人:_;::ヘ、
    i( ヽ、\::::::::{  リ ヽ         .i∧! トヾ、
     \}.::::::\//、  ,. -‐= 、   /:.::Ⅵ:.\
       リヾ{/ /;::.ヽ ヾ__ ノ  ,':.:.:.:.:リ  ̄`
       /  〈ミー-        ,イ:.:.:.:/^\_
      く      \≧ー_   / |:./レ`ー-、
   __ゝ‐-    ∨//////   |″ ヽ   \_
-‐<     ヽ 丶 ト、/////    Ⅴ__|     \  ̄`ヽ
          \  .ト-、 ̄/_    ヽ   |  / ̄`ヽ
  、    丶   ヽ ̄ 丶  \      //

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 終わってみれば手に入れたのは適当な額の金銭だけで、物凄まじく的確な動きで黒幕殺害に邁進した彼に、
 魔術師業界は『また例の一族か』『今代はなかなかアグレッシブな』『邪魔しなければ無害なのに』と、
 わざわざ虎の尾………いや、パルの緒を踏んだインキュベーターを憐れむやら嘲るやら。

 当のねらう緒は特にそういった評判を気にせず、日々パルクール神拳の鍛錬をしたり、
 パルクールの大会に出たり、味噌汁の味に一喜一憂したりといつもどおりの生活を送っている――――
 と、思いきや。

 実はあの聖杯戦争の直後に、別の聖杯戦争に間接的に関わったようで――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

5347 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:43:20 ID:yxL0S5Nw0
今度は何やらかしたぁぁぁぁぁ!?

5350 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:43:23 ID:A2MrvT2o0
パルの緒www

5362 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:44:01 ID:UEIhzJwk0
え、まさかパラレルじゃないよな?



5364 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:44:07 ID:GUtNZlDo0
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

5399 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:47:11 ID:6ioF/q7Y0
パルの緒wwwww
そうか、ねらう緒とパルクールの邂逅はこの世に生を受ける前からの決定事項だったんやな(錯乱)

5402 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:47:57 ID:Iv2gd3lY0
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1395227559/190
うれし涙はセーフ



5415 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:50:08 ID:GUtNZlDo0

BGM:ガンズ・アンド・ローゼス
    ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=Sf2eZGfwBGE




   {::::::::.ヽ:::::::::::::|\::::ト、   ヽ  ?イ{,'人:_;::ヘ、
    i( ヽ、\::::::::{  リ ヽ         .i∧! トヾ、     「――――待たせたな。
     \}.::::::\//、  ,. -‐= 、   /:.::?:.\        これがお望みの品だ」
       リヾ{/ /;::.ヽ ヾ__ ノ  ,':.:.:.:.:リ  ̄`
       /  〈ミー-        ,イ:.:.:.:/^\_
      く      \≧ー_   / |:./レ`ー-、
   __ゝ‐-    ∨//////   |″ ヽ   \_
-‐<     ヽ 丶 ト、/////    ?__|     \  ̄`ヽ
          \  .ト-、 ̄/_    ヽ   |  / ̄`ヽ
  、    丶   ヽ ̄ 丶  \      //





     /.:::::::::::::::::::::::::::::、.::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.<_
    ,.::::::::、.::::::::::::::::::::.\―- 、::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄≧
    .′::::::.ヽ.:::::::::::::::::::、::\  \__\::ヽ::::::::::`ヽ:::.\_
   |::.:::::::::::::::.、:::::::::::::::!\ヽ:孑=-ァ、::::i- 、:::::::ト、::‘,  ̄`
   |.:::::、:::::::::..\::::::::::|  \ ゝ’''イ:∧r ト,゙:::::{ヾ! ̄`
   {::::::::.ヽ:::::::::::::|\::::ト、   ヽ  ?イ{,'人:_;::ヘ、
    i( ヽ、\::::::::{  リ ヽ         .i∧! トヾ、   「――――触媒の入手。
     \}.::::::\//、  ,. -‐= 、   /:.::?:.\     また随分の手間の要ることを頼んでくれたものだ。
       リヾ{/ /;::.ヽ ヾ__ ノ  ,':.:.:.:.:リ  ̄`
       /  〈ミー-        ,イ:.:.:.:/^\_      高く付くぞ。――――お前の勝利以外の対価で満足すると思うなよ」
      く      \≧ー_   / |:./レ`ー-、
   __ゝ‐-    ∨//////   |″ ヽ   \_
-‐<     ヽ 丶 ト、/////    ?__|     \  ̄`ヽ
          \  .ト-、 ̄/_    ヽ   |  / ̄`ヽ
  、    丶   ヽ ̄ 丶  \      //

5416 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:50:50 ID:rwZ63Q5I0
お、これは・・・デジャブが

5426 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:51:21 ID:xId/6abc0
あぁ、間接的にって、運び屋したのか…って、あいつに!?

5435 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:53:06 ID:DaxjWgTM0
うむ、グラハムよ勝ちに行くぞ!(でも多分主人公は違うw)



5436 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:53:19 ID:GUtNZlDo0



              ∧:.:.:.:.:.:.:.:>V:.:.:.:i ィ  i..|Vi.V /..|  イi./ `   / / ./>.、
           .∧:.:.//}:i:イ  V:.:.:|i.|,ィ|イi..| ` .V/ . |/:i |'   ,ィ.イ | /:.:.:.:.:.:.:`:.ー--ァ
           .∧:.:.:.Vi}:V    .V:.:.:.:.:.:iハ ヽ.  、 _ ゙    '´ ,イ .| .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           .∧:.:.///:V_ ...-‐:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|\ ` .二二_ア´.イ . /| i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          .∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.: . |/i  ` .、    . <|/ .//:.:レ:.:.:.:.:.:.:.: /   「――――ああ、感謝している。
      ,.ィ: ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:{  i   `ー ´    |/ |/:.:.:.:.:.:.: : /:.>、    悲しい――――悲しい話だった」
     /:.:.: ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.|  :i          /:.:.:.:.:.:.:ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、
   ,.:':.:.:.:.:. ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:|  ヽ          ./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 /.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾ|ヽ、        ,イ.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ





                      /  /  ´         / / . | .ハ
           , .7: ̄|       /                  /    i  ハ
         _/:./:.:.: . |.  _   ′                /   i  '  小
          <:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.|  |:.:.|ヽ  i i/      / .   /     / ./  / i
           Y彡i|:.:.:.:.>、.|:.:.|:ハ./       ., '   /     ./ ./   .|: i   「俺はアサシンが聖杯を使おうとした時、
           .V:.:.:i:.:.:.へ:.:.:>i:.:イ                   //       .i     男の戦いを穢そうとしたものと勘違してしまった。
             V:.:i:.:.i:.///>:.:.:.:./              /     /,イ i     .リ
            V:.:.:.{///:i:{>/  ,     :i    /     /<´,イ /    ,’     ――――悲しい!
              i: i:.:.:.:.:ヽ/:.V,ィ'i/    | i|   ,イ  ./ /弋ァァ |/ .//|      あいつを信じていなかった俺のことが、
              ∧:.:.:.:.:.:.:.:>V:.:.:.:i ィ  i..|Vi.V /..|  イi./ `   / / ./>.、      絶望的なまでに悲しい!
           .∧:.:.//}:i:イ  V:.:.:|i.|,ィ|イi..| ` .V/ . |/:i |'   ,ィ.イ | /:.:.:.:.:.:.:`:.ー--ァ
           .∧:.:.:.Vi}:V    .V:.:.:.:.:.:iハ ヽ.  、 _ ゙    '´ ,イ .| .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           .∧:.:.///:V_ ...-‐:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|\ ` .二二_ア´.イ . /| i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    であれば、この悲しみを埋めるにはどうすればいい!?」
          .∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.: . |/i  ` .、    . <|/ .//:.:レ:.:.:.:.:.:.:.: /
      ,.ィ: ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:{  i   `ー ´    |/ |/:.:.:.:.:.:.: : /:.>、
     /:.:.: ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.|  :i          /:.:.:.:.:.:.:ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、
   ,.:':.:.:.:.:. ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:|  ヽ          ./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 /.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾ|ヽ、        ,イ.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ

5438 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:53:40 ID:gRIKQQq60
・・・まさかおぜうミラを触媒で呼ぶ気か!

5444 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:54:04 ID:rwZ63Q5I0
さあて新たなBACCANOの始まりです!!

5449 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:54:26 ID:23KGRAQ60
タイトルは

Fate/Parallel Lines Baccano!

ですね、分かります

5458 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:55:35 ID:UqxLEYN60
信じてなかったのかよ、と思ってたがこうつなげるかwwww



5462 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 02:56:17 ID:GUtNZlDo0



                . --──- .                /:.:.//////////////
          , ィ ´         `  .、            /.:.://////////////
          /   -‐  ̄ ̄      > ヽ          |.:.:.i/////////////
      ./ ´ /   /  _ , -‐'' ´     ハ      i.:.:.i////////////|
     ーア/ /.  ,ィ ,-二/|../      {ハ      i.:.:.i///i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     ./    { ./,'ィイ´(;)゙>/ /      / |i     i.:.:.:i/:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
    /,イ   iV |    ´/,ァ      / ./:. .|.i     i.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
      |/ .ハ'´`     ´./     / //   |.|     .i.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
      /,ィ .{ ヾ      ./ ,     /ィ´  / |    i.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
      ´ /,ハ  ェ- ュ_  ´/ >' ´ア/ >''´   ゝ   i|.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
         .ハ       '´   r ./_   /  ヾ'    ii.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       ,ィ .i             |:.:.:.:.:.:≧:.:.‐--、   i|.:.:.:.:.:.:.i77777777777777
         ̄` 、       ィ i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. _i|.:.:.:.:.:.://////////////i
          / ,≧.、      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:.´:.:.:.:.i|.:.:.:.:.:///////////////i
             ´ レハ      i:.:.:.:.:.:.>:.´:.:.:/:.:.:.:.i|.:.:.:.:////////////////
            _.....ハ   ./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.////////////////   「――――聖杯だ。
        _...::<.:.:.:.:.:..ハ   /:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/i|.:.:.////////////////     あいつとディルムッドの縁を、
      ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}_ /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:|_:////////////////       聖杯に願ってこそこの悲しみは癒やされる!
       \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r:ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.i三三三三三三三>'
        \.:.:.:.:.:.:.:.{,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:/.:.:.:.i:.:.:.i///////////「
          ヽ.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:i/.:.:.:.:.:.:}i:.:.////////////            愛は大事だ。ラブアンドピースだ!
            .>.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i/.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:./////////             だからなんか頑張って聖杯を手に入れよう!
          /:.:V/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.///////               そんな感じで!」
        /:.:.:.:.:}.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://///




     /.:::::::::::::::::::::::::::::、.::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.<_
    ,.::::::::、.::::::::::::::::::::.\―- 、::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄≧
    .′::::::.ヽ.:::::::::::::::::::、::\  \__\::ヽ::::::::::`ヽ:::.\_
   |::.:::::::::::::::.、:::::::::::::::!\ヽ:孑=-ァ、::::i- 、:::::::ト、::‘,  ̄`
   |.:::::、:::::::::..\::::::::::|  \ ゝ’''イ:∧r ト,゙:::::{ヾ! ̄`
   {::::::::.ヽ:::::::::::::|\::::ト、   ヽ  Ⅴイ{,'人:_;::ヘ、   「――――それにしては難易度の高い聖杯を選んだものだ。
    i( ヽ、\::::::::{  リ ヽ     ,  .i∧! トヾ、     今回の主催者は相当な難物だぞ?」
     \}.::::::\//、  ,. -‐=ィ   /.:.::Ⅵ:.\
       リヾ{/ /;::.ヽ` = -‐´   ,':.:.:.:.:リ  ̄`
       /  〈ミー-        ,イ:.:.:.:/^\_
      く      \≧ー_   / |:./レ`ー-、
   __ゝ‐-    ∨//////   |″ ヽ   \_
-‐<     ヽ 丶 ト、/////    Ⅴ__|     \  ̄`ヽ
          \  .ト-、 ̄/_    ヽ   |  / ̄`ヽ
  、    丶   ヽ ̄ 丶  \      //

5463 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:56:21 ID:DaxjWgTM0
おお、今度こそ信じてやらないとな!!

5467 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:57:12 ID:1OWu5zb.0
……あれ?
まさかのグラハム主人公?

5468 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 02:57:14 ID:DyHON1Kg0
この二人初対面の時は全然会話が噛み合ってなかったのにw

5491 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:00:11 ID:tKbc32qw0
実利的にも幸せにすれば帰って来るから
情けは人の為ならず、さね



5492 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:00:19 ID:GUtNZlDo0

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


                        ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
                      r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
                    ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
                     /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
                     } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
                      { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
                    { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
                      八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
./.:i:i:i:i:i:       ∨:i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}':i:i:i:i:i:iレ'”



▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           |     ――――ナチスの亡霊。最後の大隊の“少佐”      
           乂_________________________...ノ



.

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                 { /  ::{  {  { { /  / /     -=ニ     ノ     }
               ∨   ::\ 、 、 、ムイ イ -‐ ¨¨Z≦、  ー==彡   /}
               {    ::/                ::\        / /
                、 /             _    ::ヽ  ー=彡   }
                 〈 \{         ,ィ=≠ ¨¨¨`    ::」      /
                ∨ ヽ ≠==ミ   /  r_巧≧      \ `ー===彡ヘ
                   〉、 } ィ_巧≧x}  .:             }     厂
                  \ノ     ノ /  : {            / /   ノ
                     〈      /  :  ヽ        . :}  }⌒ヽく
                    ∧     { ,  r 、 }::.      . : :}  }て } )、
                   ∧   /` ー ー<:::: .    . : : : }  } }' {  〉
                        ∧  ′ / i i   `ヽ:: .  : : : }  }_ノ ノ /
                    ハ { { /从从从从 } } }::: }   : :/ 八彡く
                     } }    こ二二ヽ    /   :ノ     ゝ〔
                     ム人___ ィ   `ーーー 、 xく 、  /   ヽ
                        イ / / / {i } 、ヽ \ \ ヽ \\」  彡
                  r \ { / { { ハ }  }  }i  } }   / Υ
               _厂   ヽ{   } i{′/  /  リ / リイ    }
                 r┘      )人} 八 { /   //. :´     /\
             -=ニ {            \/ x≦- 、     /  :/〉、
      -=ニ      {                 }/     \    .′ :// /`ー- 、
   ´              ゝ、                ∨ , ==ミ\  {  // ≧=ミ   \
/                (              ∨ , ==ミ `ヽ {_:// /   -‐ヽ   ニ=-
              /              { { r‐.、 } }≧==={ / f⌒})      ニ=-

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
                |    魔術師殺し、フリット・アスノ     
                乂________________.ノ



.

5512 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:03:00 ID:NXE37Nt60
あ、その人はあかん・・・

5515 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:03:46 ID:NXE37Nt60
殲滅だー!ほんとにやばいから困る・・・

5521 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:04:13 ID:SpjyNBwc0
まぁ、グラハムなら無害か…

5522 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:04:25 ID:gqhvh10.0
ジジットさんはなぜかバッカーノに巻き込まれやすい印象があるから困るw



5523 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:04:46 ID:GUtNZlDo0

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

          〈\  ィ7 /〉
         ∨∨〃/二>ァ
       〈\ | | ∨ ///
     〈\\ | |/,二フィニZ
     く\\ハ ノ/ ∠ニフ⌒
      ⌒ヽ\/^{ ∠フ∠二 _
    r==ミ\|/⌒Y〃/ ̄
    ,ニニミヽ\⌒V厶-¬
     ̄ミX V/⌒V∠二フ
     ⌒YVく\∧∠⌒
   r‐<フ大ー`ーく厂\
  ,厶イT_x__{_>-く_八 x\
  〈 x /厶r-< ×_ノ \_><ハ
  }ーく x } × 〉< × }>-r〈
  〈 x }__>-く × >-<_ト{_
  V_/^V × )-く  x / x|{
   }{ x |>─< × }>¬_人}
   V} ハ x  }-─く x /⌒}{
   }∨く/⌒\ x 厶-〈_x_ノ/
   {∧x \x-┴、{ ×ノ×/
    \ー-{ × }/⌒)/
     ` <二二> ´

※写真の入手が間に合わなかったので、イメージ画像でお送りします。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|   パイナッポゥ!    
乂_________...ノ


                                                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                       |   パイナッポゥ!    
                                                       ヽ_________. 乂_

5527 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:05:03 ID:7MxpC98s0
!!!???

5529 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:05:07 ID:SpjyNBwc0
パイナッポゥ!

5530 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:05:11 ID:xId/6abc0
パイナッポ―――ゥ!!

5555 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:06:21 ID:3OeqMsOY0
骸さんの扱いひどすぎるwwww

5572 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:07:43 ID:xfz0iE.kO
パイナップルヘアーの事骸って呼ぶなよ!



5579 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:09:07 ID:GUtNZlDo0

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

             \                                 /
            \                 _            /
                 \.         /二二二: : \        /
          素.      |.        /xx爻爻爻爻x: : \      /
          敵       |      /: : : : : : : : : : : : :乂〉: : ヘ    /    断      あ
   だ            /.      |: : /: : : : : : : : : : : :乂〉: : ヘ    │     末      な
    っ         /...      |: l: : : : : : l: : : : : : : 乂〉: : : |   │    魔      た
.    た.        ./..       .|: |: : : :/ |/ヘ: : |: : : : Y: : : :|    |               の
    よ         /.        .|: :|: /    .\|: : : : : : : : :|   |
    !         /         |:l: | ○   ○  |: : /: : : /: : |..   \
             /.          |/|:|   _   |: /: : /|/|/      \
.            /             \|\ __´ _T |/ |/             \
         /       ,イvヘ     ,ー‐ゝー´ヽ__             \______
____ /          r ,‐>/ー、 /i;/ /「」ili/ /ililiililヘ
                 レニニ)―〈//:/`ー‐ー//ilil、ilil/ヘ
                 ー―´、_ノ|: :|:|: /: |: : : : ̄/ く  ヘ
                       〉:.|:l: |: :|: : : : :/  \ ヘ
                      //:/: /: :|: : : : |  /  ン
                     .//:/: /: : |: : : : |/  /
                    /: |: :|: :l: : /: : :(二)_ ´
                  /: : : 〉: : : : :|: : : : 〈/ヘ
                /: : : : // : :/: |: : : : : : : : ヘ
               /: : : : :/:/: : :/: : |: : : : : : : : : ヘ

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     |    “暁の誤射姫” “サーチ せずに デストロイ” “固定砲台様”――――        
     |    数多のアダ名を持つ、敵味方無差別型全方位砲撃少女(23歳)、台場カノン     
     乂____________________________________. ノ

5584 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:09:36 ID:yPJUZbQ20
(23歳)www

5585 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:09:38 ID:NXE37Nt60
ぎゃー誤射姫ー!

5590 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:09:58 ID:23KGRAQ60
GE2準拠の年齢になってるw

5594 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:10:15 ID:6i7Nz39c0
23で少女とか無理あr(以下血

5606 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:11:24 ID:71x9zACc0
35歳で魔法少女な男性もおるんやで問題ないやろ!w

5612 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:12:37 ID:yM7TlyFAO
マスクドオウガと復帰後隊長もおつけしよう(誤射仲間



5613 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:12:53 ID:GUtNZlDo0



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

            \                ,  ---─  、
              \          _, ィ彡:::ィ:::::::::::::::::::::\
      (つ -ゝ ゝ    \         /::::::/  //::::/  ヾヽ
     (_ ノ _⊃-'      \      /:::::/ ィ7 /::://   /ハヽ
               --==ミヽ-===彡イ::::::::::// / :/  / /   ,
           \        V//l   l::::::::::::/ ィ:l   .::/{ /    ;
            \      ヽV/l   i::::ィ::イ  /l l:::::/ l / //イ li
               =- _   V/l   V l:/~:l l l l l:::ハ筵l::/ // ハi
                   \ l lVil   v l ノ l li l    l:lii//// ゞ、
               _ -=ニニ=\//l    V ヽ        l V                   r -- ┐
            _ -=ニニニニ=-= ̄ヾム   ヽ_, -.、` -_ ァr'T:/                    ゝ __ノ
         _ =ニニ=--::: ̄l   /::::::::::::>  _ 〉  ヽ / l:/   r 、       _ ___ -   ̄ _ ノ
       _=ニ= ´_  l:::::::::k   l::::::::::/   ヽ::.-..、-=┘      / ノ- , -===ニニニ=-=- ──  ̄
     _ -ニ=´::. ::::ヘ   ̄   ̄ ` -=-  __   ゝ::/:\ムヽr_ ',ニニノ / . -ヽ ̄
   _-= '    :.   ヽ l ヾ l   ///////ヽ  {::::::::ヽilヽ  /`¨フ_,ノ r-イ、
  /イ      :.    \    ///////ム//ハ  (:::::::r 'V l /  l  ゝイ_,r-ノ
   /       :.     \ ////////// l///\ ゝ:ノ   Yl.{  ノ_ノ   _ノ
  ,    l         //////////// r- 、// ,   { /      /
  }            /// ィ///////////\_  // lヘ .v
  /     ゙ \  ヽ\/////l///////////////, - ' ノl| .l l   /
 l            //////i//////////////(_ ィ///l l l  _,/
 三=========== ///////lil///////////////l////lゝlゝ-::::::l }

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |    バカ     
                            乂______...ノ

5619 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:13:35 ID:SpjyNBwc0
やべえ、バカ来たww

5622 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:13:37 ID:Q8Nuv7Sc0
2文字www

5623 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:13:40 ID:P7K4.VSE0
お前らが言うな!!

5627 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:13:46 ID:yM7TlyFAO
お前が言うなと言いたいがパル緒は頭いいんだよなぁ



5647 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:16:06 ID:GUtNZlDo0
>>5627
この人すげぇ地頭いいで! 使わないだけで!

5661 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:18:30 ID:X.6UmhjM0
>>5647
頭良くても使わなければ意味ないやんwww



5662 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:18:41 ID:GUtNZlDo0


              _......
             .z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
       / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
.       /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
        ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.   「と、まぁこんな感じの面々にあとお前、
       i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、   そして土地管理者というメンバーのようだ。
       |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト
.       i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i | ´ ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |   聖杯の格も相応以上に高い。
     i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,__.ノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|    ――――やれるのか?」
     i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从
     i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{
.      八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从
          \ .:{\  ´        .イ  .   -- ミ
          \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
             |/  ソ /              .::::: :::.. \
.               !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                   レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 │|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                 | {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \





                      /  /  ´         / / . | .ハ
           , .7: ̄|       /                  /    i  ハ
         _/:./:.:.: . |.  _   ′                /   i  '  小
          <:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.|  |:.:.|ヽ  i i/      / .   /     / ./  / i
           Y彡i|:.:.:.:.>、.|:.:.|:ハ./       ., '   /     ./ ./   .|: i   「やるぜぇ………俺はやるぜぇ!」
           .V:.:.:i:.:.:.へ:.:.:>i:.:イ                   //       .i
             V:.:i:.:.i:.///>:.:.:.:./              /     /,イ i     .リ
            V:.:.:.{///:i:{>/  ,     :i    /     /<´,イ /    ,’
              i: i:.:.:.:.:ヽ/:.V,ィ'i/    | i|   ,イ  ./ /弋ァァ |/ .//|
              ∧:.:.:.:.:.:.:.:>V:.:.:.:i ィ  i..|Vi.V /..|  イi./ `   / / ./>.、
           .∧:.:.//}:i:イ  V:.:.:|i.|,ィ|イi..| ` .V/ . |/:i |'   ,ィ.イ | /:.:.:.:.:.:.:`:.ー--ァ
           .∧:.:.:.Vi}:V    .V:.:.:.:.:.:iハ ヽ.  、 _ ゙    '´ ,イ .| .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           .∧:.:.///:V_ ...-‐:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|\ ` .二二_ア´.イ . /| i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          .∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.: . |/i  ` .、    . <|/ .//:.:レ:.:.:.:.:.:.:.: /
      ,.ィ: ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:{  i   `ー ´    |/ |/:.:.:.:.:.:.: : /:.>、
     /:.:.: ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.|  :i          /:.:.:.:.:.:.:ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、
   ,.:':.:.:.:.:. ∧:.:.///:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:|  ヽ          ./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

5664 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:19:27 ID:jkI6GCTk0
えりなさん流されたw

5665 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:19:29 ID:Q8Nuv7Sc0
えりな様だけ紹介ハブられたw

5683 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:22:21 ID:bunNzgK60
8人目は某白黒魔法使いらしい事を上の方で言ってたべ



5684 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:22:42 ID:GUtNZlDo0


         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::/  l::ル'   .l「Y:::::::j   「そうか。
      l:::::::::::::::::/==' レ' `=='゙.|}.ノ:::::/     ――――ならば好きにしろ。多少のバックアップ程度ならばしてやろう」
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、  ⊂⊃ ., '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
    (⌒'彡' ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
   (⌒  `) ./:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
   `ー~゙ ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}




                         ,. -‐====. ..
                      ,.<: : : : : : : : : : : : : >、
                     /: : : : : : : : :/: : : : : : : : ヽ
                   ,イ: : : : : : : : : : :,:,:イ-‐': : : : : : ∧
                   /: : : : : :ー='''´: : : : : : : : : : : : : ハ
                    ,': : : : : : /:イ: : : : : : : : : :/: : :,/: :ハ
                 ,イ : : : :/: ;イ: : : :,: : : : : / : :∠'i:/ : : 〉
                /: : ://:,イ ,': ://: >'イ-‐<}`レ:,: : /:}   「お前意外と付き合い良いのな」
                 ̄i: :イ/、ヽ{.,/ ン   /   イ: : : :,イ
                 }イ: :ハ_  `'     _    /: _,ィ´: i
                ノ; : : : ーi      '  `ヽ ' ´ //: : :/
                ´ レ'i: : : : i、           /: : /
            ,......<´::∧: : {: :i \        , イ‐': : {
           <::::::::::::::::::::∧: : iヽ{  `    _... <. /: : :ハ:i_
     /´∧    _V::::::::::::::::::::∧、{          ,'、:イ    ̄`>._
     ,':::/:.:∧.   ∧:`>、:::::::::::::::ヽ          ,'´`::::::::::::::::::::::::::::::::>
    .i:::i:.:.:.:.:∧  〈_:∧:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::ヽ       /ヽ:::::::::::::::::::::::::::/´
    .i:::i:.:.:.:.:.:.∧フ´`}∧:_:.:.:.:.:ヽ::::::::::::ヽ        ヽ::::::::::::::::/
  ,、./:::::::`V∧:.:.i   /‐ /  /:.:. ̄`''''''‐‐:i:::::::::::ヽ`二ニ二/:::::/::::::::::>、
'::::::::::::::ヾ::ヽi   i:.:./  .,イ:.:.:,イ`i:.ヽ:.:.:.:.:i:::::::::::::::ヽ: : : : :}:::イ::::::::::::::::::::::`>.、
::::::::::::::::::ヾ::i   i:./  ,イ:.:.:.:.}  .}-‐:.:.:.:.:'、:::::::::::::::::::>、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ

5700 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:24:58 ID:GUtNZlDo0


         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::ナミ.l::ル.イ¨Tアl「Y:::::::j
      l:::::::::::::::::/ュソ .レ' ク,ソノ |}.ノ:::::/   「まさか。
   fヘ  l::ハ:,ィァ:::|    ,    ,!|':::::/     ――――僕はただ、責任を果たしているだけにすぎない。
  .イ ) ,彡 /)ノノ::|、   ,、  , '::::::/      生き物を拾ったら最後まで、だ」
シ | } ヽ、 /^) l/ ,、l .`r 、_ , イ/从/
  ヘ ヽ、/ ′}/ /. ̄l     | ̄7ヘ
   ∨,/ ヽ   /:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
    { {   } / ゙̄オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
    ノ    /  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}





     /.:::::::::::::::::::::::::::::、.::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.<_
    ,.::::::::、.::::::::::::::::::::.\―- 、::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄≧
    .′::::::.ヽ.:::::::::::::::::::、::\  \__\::ヽ::::::::::`ヽ:::.\_
   |::.:::::::::::::::.、:::::::::::::::!\ヽ:孑=-ァ、::::i- 、:::::::ト、::‘,  ̄`
   |.:::::、:::::::::..\::::::::::|  \ ゝ’''イ:∧r ト,゙:::::{ヾ! ̄`
   {::::::::.ヽ:::::::::::::|\::::ト、   ヽ  Ⅴイ{,'人:_;::ヘ、   「――――名前も知らぬまま、さっさと座に戻ったあの阿呆も、
    i( ヽ、\::::::::{  リ ヽ         .i∧! トヾ、     大概悔いがあるだろうからな。
     \}.::::::\//、  ,. -‐= 、   /:.::Ⅵ:.\
       リヾ{/ /;::.ヽ ヾ__ ノ  ,':.:.:.:.:リ  ̄`      そこんとこ、この程度の手間で良いならばかけてやるのが義務だろうさ。
       /  〈ミー-        ,イ:.:.:.:/^\_       なに、どの道我がパルクールは天地と一つ。修行の場所はどこでも良い」
      く      \≧ー_   / |:./レ`ー-、
   __ゝ‐-    ∨//////   |″ ヽ   \_
-‐<     ヽ 丶 ト、/////    Ⅴ__|     \  ̄`ヽ
          \  .ト-、 ̄/_    ヽ   |  / ̄`ヽ
  、    丶   ヽ ̄ 丶  \      //

5701 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:25:08 ID:j8L7yy6o0
ああ、そうか
これはアレだ。狙う緒がNPCに戻る話なんだw

5702 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:25:40 ID:SpjyNBwc0
ああ、ディルの方の責任か

5706 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:25:59 ID:29BBK04o0
>>5701
NPC(野生の黒幕)

5714 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:26:49 ID:rwZ63Q5I0
>>5701
やだ・・・またカメラ独占しちゃう・・・



5718 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:27:57 ID:GUtNZlDo0































          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ
          |                                   バッカーノ       . 
          |     ――――さぁ、始めようではないか。とびっきりの馬鹿騒ぎを、な! 
          |                                                   
          乂______________________________.ノ





































.

5726 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:29:06 ID:SpjyNBwc0
少佐
ジジット
パイナッポゥ!
(23歳)
バカ
不憫
バッカーノ
8人目

なんだ、このメンツは…



5729 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:29:33 ID:GUtNZlDo0
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・




――――第四次中聖杯戦争 完

                そして――――Fate/Parallel Lines 近日開幕!!

5730 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:29:56 ID:MTnwM5Ps0
うぉぉぉぉぉ!!乙ゥゥゥ!!
そしてパラレルラインだ!

5731 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:29:59 ID:Z4Q5n04I0
乙です。

5732 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:30:09 ID:GXe/8w5.0
完結乙です 企画も楽しみ



5733 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:30:17 ID:GUtNZlDo0
で、実際どーすんべ。
ノリでこのエンディングにしたけど、グラハム操作なの? 8人目は?

5773 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:32:34 ID:MTnwM5Ps0
グラハム操作しつつ 8人目でもなんでもでパルクル緒がふわっと介入して
こういい感じにしてしまえばいいと思うんだ。(なお、最終的に黒幕絶対殺すマンに



5774 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:32:37 ID:GUtNZlDo0
おk

ハム操作で良いな。
でもハムデータ的に魔力くっそ低いから、超勇者するしかねーぞwww

5782 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:33:07 ID:GUtNZlDo0
あぁ、そうか。
ハムの鯖操作という手もあったか!

5799 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:34:31 ID:GUtNZlDo0
あ、ねらう緒8人目は考えてません。
陣営として弱いハム陣営のサポート役としてアイテムとか情報とかを持ってきてくれるNPCだよ!

5815 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:37:08 ID:GUtNZlDo0
よっしゃ、ハムの鯖でいこう!


1.ハムの鯖を創る(オリジナル。いつぞのやらない夫形式)
オリジナルな理由:お前ハムの魔力で動かせる史実体系や神話体系の鯖探すのどんだけ大変だと


2.8番目の参加者の設定
NPCとして出てくるけど、折角だからハシャいで作ろうぜ。
いや、別に狩摩がここ枠でもいいけど

3.8番目のサーヴァント設定
なんかいい感じに。




明日はこうだな!

5841 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:40:44 ID:6ioF/q7Y0
>>5815
やらない夫の時みたいに、「史実として/集団として語られてるが具体的な名前はない」とかなら
出典が史実系とか神話系でも大丈夫でしょうか
例として、アルゴ号の一員とか、古代ペルシャの不死隊とか

5849 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:42:00 ID:xfz0iE.kO
八番目は過去聖杯戦争で出てきた奴でもおk?



5861 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:45:13 ID:GUtNZlDo0
>>5849
なしで。

5863 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:45:39 ID:GUtNZlDo0
>>5841
アリでー

5866 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:46:20 ID:GUtNZlDo0
あと、各々の鯖やデータについてはちまちま調整する見込みです。
なによりまずグラハムが周囲のパラレルラインとデータ違うし。
設定もちょい違うし。

5882 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:50:49 ID:GUtNZlDo0
というわけで今日はここまでー。
寝るます。おやすみなさい!

5898 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:53:24 ID:GUtNZlDo0
おっと、総評か。

総評というか難易度周りの軽い解説だけやっちゃおうか。
やるっていう話はしてたし。

5907 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 03:56:44 ID:GUtNZlDo0
さて。
実はお岩様の雑談所でちらっとネタバレ
(ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1392651723/2816)
していたのですが――――

















































実は企画当初は黒の陣営はほぼ存在しませんでした。


                       ____
               ,,,, -‐''''          `ヽ、
                /   u               ヽ
                /     ,、
                  /ハヽ      ,,, -, ァ         !
          /      ! ! 〉 `ー -'´ / l         l
            /    u    〉´'   u   ヽ ン' ┬- '     i
                    / ,' ●   ● ! i! ∨     /    「うおおおおおおおおおおおおおおおおおい!?」
          i       / ,イ´|` 、 ー'-' u ' l!  \    {_   ,
.        !    /`ヽ、!..・ ・ ト - ,uイ  ヽ __ 丶 _ 二ン
          l   _>ヘ  ! ';, ●ノ   `゚, ';,, u ヾ.ァ
       ,,,..!<三q ∧.∨,`丐´     l‘,ヽ  //ミ=‐'_,
.       <三三三ミ、 ハノ b7        ! ';, ヾニシ三三三'-ァ
.       /三ァ三ミ/ ∨ li!'  u  x iヽ、\.ヾ三三三シ
      ` ̄/三/\  .Y"     ヽ.  ';,, \ 丶_`  ̄ ´
         '´    \      `ヽ  `ヽ ` ‐ '
               `>- ‐   ノ__ノ
                  (, ,_   -‐ ´

5913 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:58:03 ID:SGshgxkM0
のっけから酷いww

5919 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 03:59:14 ID:2lNo2sqI0
あー、黒セイバーと黒キャスターくらいで7騎もいなかった感じ?

5921 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:00:10 ID:X.6UmhjM0
え?いなかったのあの連中



5923 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:01:38 ID:GUtNZlDo0
「やめろよハシビロさん。マジ今ひどいことになって、予想外の方向へ向かっての下準備する羽目になってんだからぁ!!www」

という発言がちょうどそれ周り。
実は最初はQB&ヴァルプルギスの夜(今とはだいぶ設定違う。黒セイバーに近い)が居て、
赤セイバー撃破後に出てきたQB&ヴァルプルギスがラスボス――――の、



                        . . - ‐…‐ - . .
                      /.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:` 、
                      /.:.:.// .:/.:.:vヘ:.: ∧.:.:.:.:. 、
                   /:.:/.:/:/ .:.:, /.:/´ `V:.:∧:.:.:.:.:.\
                   .:.:〃.:.:/ .:.://Ⅳ    ∨:.∧:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  ;.:.:i.:.i:|:.| :.:// j/       ∨:.∧:\:.:.トヾ
                  |ハ{.:.i:|.:{.:// ̄`   ´ ̄`\j八ハ:.|
                  | Ⅳ:Ⅳイ丐冬     イ丐冬、!:.:.:.:И
                    |:トN 戈zソ    戈zソ リ`Y:.|   「――――ですが。
                     乂、ヘ     j      /h /:.:|     赤セイバー陣営が何も出来ずにほぼ脱落したあの状況で
                  ;.:.:.∧ヘ           u /:ー个:.:|      『黒幕でござい』と一騎と一匹で出て行ったところで、
                    /.:.://:::个:..  ´ - `  /:|l.:.:.:|i:.:.|      結果はほぼ即死が確定しておりました。
                /.:.://:::::::::::/ > _ <ト:.:.:|l.:.:.:|i:.:ハ
                  / /`ー―=彡´ ̄/Qヘ   ∨l.:.:.:|i:.:.∧    なのであまり趣味ではありませんが、
            / : : {.     ノ   / i: ∧   \:.:.|i.:.:.:.∧     後付の設定改変で――――」
            { : : : 八    \_/::\/:::\_/ `¨¨¨`ヾヽ
               j : : : : ∧ ,/       Y⌒Y           /: ∧
           / : : : : : : j/        |:::::/     r‐=彡: : : :.∧
             〈 : : : : : : : ′      }::::{      Y: : : : : : : :/
            ∧_:_:_:_:_:_:,i          l:::::  「 ̄ ̄::| ; : : : : : /〉
             /:/: : : : : : : {       l:::::i  |    :::| i_:_:_:_:_:_:彡ヘ
         / .:〉: : : : : :.:八       |:::::|  \..:::/ } : : : : : : : /∧
           / .:/: : : : : : : : : i         |:::::|  ___丿.: : : : : : :.|/ ∧
.          / ,:/: : : : : : : : >L..-┬┬…7´ ̄ : : : \\`ヽ: : : : : :| /: ∧

5925 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:02:11 ID:A2MrvT2o0
この発言はなんだったの!?
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1393130438/1766
>ちげーよ生やしたわけじゃねぇよ!w
>伏線とか予告編見てみろよ!w

5930 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:03:15 ID:SmI2FNS20
ああ、QB自体は出てくる予定だったのねw

5931 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:03:50 ID:t3i5BH8c0
あ、ああ。流石にQBと黒キャスターは最初から居たのね……

5934 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:04:20 ID:tKbc32qw0
ああ、つまり同じなんだ

馬鹿三人がクエスト三つこなしちゃった時とww



5938 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:04:52 ID:GUtNZlDo0


                    _   ____
                  . : : : `´ : : : : :`: . .
              / : : : : : : : : : : : : : 、:\
              . : : : : : : : : : : : : : : : : : \ \
            /: ,: : : : : : : }:V:{ : |: : \\⌒ : \   ,、,、
.           /: /: : : : /}: /  ∨|`ー、:\ヽ: : : 「} ./// , 、   「――――スレ主の皆様の協力を得て、
           : :/{: i : / }/   _ 斗 ´ | \}ヽ} : / !/////     黒の陣営7騎を揃え、盤面を再整理。
            {/ {: { /ー‐   ィヒアノ .|/´〉: : : /    /
        , -‐-=. ._{/_f ヒソ =-――.´ ̄´/´7‐´ ノ  ∠ _       赤セイバーとの戦いで死ぬ予定だった赤ライダーは 
.       / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . { {___ ,.-‐ 一′       まぁ黒アサシンぶつけて早めに退場してもらおう!
      / . . . . . . . . . . . . . . . .__ . . . . . ゝ、/ : : : : : : : : :\       あとはセイバーとキャスターを温存しつつ、
.     {. . . . . ._ . . . -- . . |\ー/ 〉` ̄´二二ヽ: : : : : : : \      他で消耗戦をして調整要素を幾つか用意して、
     ヽ. . . . . . . . . . ./. ./ | ./=∨ /  /. . . . .`\:.: : : : : : : :\     よし盤面出来た! 再始動!」
        `ー、´. . . / . . /. |/  ∨ ./. . . . . . . . . .}: : : : : : : : : :.\
          ̄{´ . . . /   {{ ∥  〈, -―m、. . . /\: : : : : : : : : : :\
.      ,.r、   ` ̄} /    .〉フ.r―/´ ̄`\\/. . . \ : : : : : : : : : : \
.       |.| |.i   ./..i.    //| !  }. . . . . . . . 〉´∧ . . . \: : : : : : : : : : :.\
     ,、 |.| |.| /. . . |   ///| _l/. . . . . . . . .{ . . ∧. . . . . \: : 、: : : : : : : : \
    ヽヽ|   {/. . _, -‐-. ._-‐. .´. . . . . . . . . . ./. . . . ∧. . . . /、: : \ ̄   ‐- : \
       ヽ.   V´/. . . . . . `. . . . . . . . . . . .., /|. . . . . .∧ /: : : :\: : \    ヽ: }
        〉、__/ {. . . . . . . . . . . . . . . . . . ./´. ゝ. . . . . . \ : : : : : : \: : \     ソ
.       / . . . >'∨. . . . . _ . . = - ― ´. . . . . ` 、. . . . . \: : : : : : :\: : \
      . . . . . . . . ./` ー ´ |//∧     {. . . . . . . . . .\. . . . . \:\ : : : :\: : : :‐-. _
     / . . . . . . . /     }∨//∧    { . . . . . . . . . . . \. . . . . \:\ : : : :\ ̄ ̄ `
.     {. . . . . . . ./{      / \ //     \. . . . . . . . . . . . . . . . . . . \:ヽ: : : : :ヽ
.     {. . . . . . ./ {_\_{ _ === _ _/. . . . . . . . . . . . . . \. . . . . .\}\ : : :}








           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::,:::::,:::::::::::::::::.
         /::::::::::::::::::::::::/::::jハ/{:::::::::::::::::::.
          /::::::::::::::::/:::::/:::::/  !:::;::::::::::::::::.
       イ::/:::::::::::/:::::イ:::::/   ',::{::::::::::::}::l
        !:イ:::::::::::/7::/`!::/  ´ ̄ ヾ!、:::l::::|::|   「電磁郎のクリティカルにより、再始動後1手目から予定崩壊」
        !{|!:::::l::/,イチ㍉l/   ,ィチ圷、Ⅵ::;:::|
        !∧:::;/ 弋(ソ     弋(ソ  /l/::::|
          ト::,ハ        '      /) }:::: !
        ,:::::ゝハ.        ,     八´l:::::|
         /:::::::;:::込、     ̄    /::::::::|:::::;
      /::::::::/:::::::/ >     イ、:::::::::: !::::::.
       /::::::::/:::::::/ { |  ` ´  | }i::::::: |:::::::.
      ,:::::::::/::_/ /∨     ∨l:::::::: !::::::::.
      /:/ヽ  \/ i.__     _「\>、:::::::::.
    ,イ::{   ',    ∨  `   '´  |  `  `ヽ::.
    {:::::|   、_   ト、      ,イ     /  ヽ

5942 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:05:37 ID:2lNo2sqI0
一日で崩壊www

5943 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:05:44 ID:tKbc32qw0
プロットの寿命短すぎいいいwwww



5945 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:05:56 ID:GUtNZlDo0
>>5925
QBとヴァルプルギスの夜はほんと最初から考えてました。
ご近所さんも証言してくれるんじゃないかな。

ただ、聖杯大戦モードになったのは後付。

5959 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:09:41 ID:SpjyNBwc0
チェイサーが明らかに黒陣営に無意味だったのも生えたせいかw



5961 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:09:43 ID:GUtNZlDo0

                        r''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\
                           /:::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::ト、::::::::::\::\:::::::`ヽ
                       /イ::::::::::::{\:::::::::::ト、:::ハ.\:::::::`ヽ:::::::::::::::::::.......      _,ノ
                      {:::::::i:::::トミ\:::::i _>ヤ, \::::::i:::::::::ミ=-:::::::::::>-‐:::::´::::イ
                           人:::::ヽ:i汽抃,`ヽ イ斧冫 Yi\i:::::::::::::ミ=-::::::::::::::::::ミ ==-‐ ノ
                    /::::i:>::ミト、    、    _,ノ\::::::::::::::::::`::<三ニ=-:::::::::::::::<
                      (:::::::::i{:::::::::∧    _ _   ハ;;;;;;;;\:::\:::::::::::::::`::<三ニ=-‐:::::::\
                         \::八:::::::{ 个 、       .イi:i:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ア=-:::::::\
                         _ > ,>:::\i:i:i:|> く i|_i:i:i:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:≧=‐-::::::::::::::::::::彡⌒ヾ   `ヽ
                   _  "´,x≦ _> ''"´l     `!:.`.トミ_=-‐-:::::::::::≧=‐-‐ ''"´)          \
             _,n _x'´x≦ >'  ''‘´    `ヽ    '"´l : : !: : : : ヽ ⌒ (
           _,ィ / .! iハ>''"´   /                ,: :: :,!: : : : : :i    `ヽ
         r | Uし' |,ノ      /              ,': : : ; : : : : :.:.|
.       ...<しし'γ´ /       /    i _  ___ /: :: :;' :/:: : : : :}  「あ、しかも電磁郎生き延びた!?
    ...<Z>'´`i. (   /     ./     /i´-‐ ー-  _/: :: :/ 〈/:. : : : :i   い、いや。
 <Z>"´   ハ.   {     /     / .lニ 二ニニニ/: :: :/: : :}::: : : : ∧   もともと設定的にも武蔵絡みの因縁があり、
            ‘,    .   /     /  i<ニ二  _/: : ::/: : :.:i: : : : /:::::〉   電磁郎相手に有効な宝具を持つ黒アーチャーで
                   V ./    /r‐ミト >-‐ 、./ : : / : : : :i: : : :/:::::::!    電磁郎を足止め!
                 マ    / ,i >.:´: : : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ i\::: : : : :|
             ‘.,      r<彡イ: : : : : :./           .i::::::::. : : : i     その間に他の奴らで、まずは主人公以外の
                   i::::::::_:::::イ: : : :/ニニニニlニ!ニニ!: ::::::::: :`ヽ      ライダー、アーチャー、バーサーカーを削って
                   \   ノ''"´:::::::ノ: : :,:'           |: : :::::::: : :.}       状況を整理して、」






        ,.-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::}
      ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::/::::/::l:::l
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/l::::/l::,イリ   「などと考えた矢先のランダムで電磁郎まさかの聖杯強奪」
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ (l:/ ´ {_
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ}'     }
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l    ;
      |:::::::::::::::::::::::::::::l:::/::::人.   /
      |:::::::::::::::::::::::::::::|::':::::::::}rー'
      |::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::l::::! ̄ヽ
      |:::::::::l::::::::::::::::/:::::::::{::::::._ /
      |::::::::::l:::::::::::::,:::::::::::::|:::::::} >--、

5962 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:10:25 ID:Q8Nuv7Sc0
電磁郎がプロット破壊過ぎるwww

5963 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:10:26 ID:A2MrvT2o0
電磁郎が常に一歩先を行ってるww

5976 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:11:56 ID:SGshgxkM0
あー、あれ?
てことは将軍の殺されても90%で黒陣営に帰還も後付け?
それともフルボッコ回避用の初期設定?



5978 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:13:01 ID:GUtNZlDo0



:::::::::::::::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::::/l:::::::::::j!  マ::::::|:::::::::::::::::::.
::::::::::::::::: /:::::::::::::イ:::::::::::::::/ !::::::::/    ,:::::|:::::::::::::::i::::}
::::::::::::::::/:::::::::::://::::::::::::::/  |:::::::;     }::: !:::::::::::::::|::::|
:::::::::::: /::::::::::,:' /::::::::::::, '  j!:::::/ 、___,.. |:: |,::::::::::::: !:: |
:::::::::::/::::::::/ /:::::::::/,ィ/ j!:::/       |:::ハ::::::::::::/|::リ
::::::::イ:::::/ __/:::::/イ    /::イ      j:/ハ:::::::/ j:/
:::://::イ ̄ ,:::/      /     ___,..ィ// /l::::/ /
:///    /´ ―--_,       ` ー ´/ ハ' ,j::/    「この時点で、『聖杯大戦前は望みがあったけど、
:{   `ー 二二二ィ             ,′ /イ      大戦状態になった時点でまず無いな』と思っていた、
:|                           {          電磁郎ラスボス化フラグが急激に立ち。
                       、      ;
\                     /           あとはもう腹をくくって一気でしたね。
  \                     イ            >>5959 ええ、そのとおりです」
    、         /⌒V  /、::!
     >         ̄ ´  /////`ヽ、
        >       ///////}///Y
\        / |//// ̄///////// ///|
//\      /  {//////\///////////

5983 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:16:55 ID:GUtNZlDo0


             _,......::―:::...、
           ,..:´::::::::::::::::::::::::`´`ヽ、
           ,.:´::::::::::::::::::::::::,、:::,、::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::/::::ハ}/:{::::::::::::::::::.
         /::::::::::::::/::::::/l:::/    ::::;:::::::::,:::.   「>>5976
         /:,:::::::::: イ::::,:'_/:/  、_',:::l::::::::{:::!    あぁ、それは元々です。
       {イ:|::::;:::::,'/イ /イ       Ⅵ、:::::}::l    赤セイバー陣営を打倒したところであのスキルが発動して、
       {::l::::l:::/,ィチ㍉     ィ斥圷, }Ⅳ::!    ホムンクルスとして従う将軍とヴァルプルギスの夜を左右に控えさせた
       |リハ:Ⅳ 弋zリ     弋zリ ハ/:: !     QBがラスボスとして降臨――――の予定でした。
        |::ヽ,ム      ,      {-'::::::!
       ,::::::::::∧           u  /::::::::::|     黒の陣営という要素が生えてからもその部分は変えず、
        /::::::::/:::::\   r っ   /:::::::::::::{      QBと合流した後はライダーとかランサー辺りのマスターに
        ,:::::::::/::::::::::r >    イ:::::::::::::::::: |       なってもらおうかと考えた結果――――」
       ,::::::::/:::::::::::/\ |  `´  |/ヽ::::::::::::: !
      ,:::::,. - T  ̄!   >  / / ∧_::::::::::i
     ,::::/   |  \_/__   _{  ` } >、::.
     /::/   {    /  `  ´ \_/   / `ヽ
    ,:::::l    l    {ヽ     /}    {   }









          ,...:: ̄ ̄:::::-....__,..、
        ,.-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::}
      ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::/::::/::l:::l
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/l::::/l::,イリ    「 だ が 電 磁 郎 」
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ (l:/ ´ {_
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ}'     }
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l    ;
      |:::::::::::::::::::::::::::::l:::/::::人.   /
      |:::::::::::::::::::::::::::::|::':::::::::}rー'
      |::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::l::::! ̄ヽ
      |:::::::::l::::::::::::::::/:::::::::{::::::._ /
      |::::::::::l:::::::::::::,:::::::::::::|:::::::} >--、
      |:::::::::::;:::::::::::,::::::::::::::|:::::::l´     ;
      |::::::::::::,:::::::::,:::::::::::::::|:::::::|    {
      |:::::::::::::,::::::/:::::::::::::::j:::l ,:!    l

5996 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:21:58 ID:GUtNZlDo0




        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
          /:::::::::::::/:::::::::::::::::;:ヘ:::::,:、::::::::::::::::::::::::::::::::i    「というわけで、最初は赤の陣営7体+黒幕&イレギュラー
       i:::::::::::::/:::::::::::::::::::|``'^`ーヽ::::::::::::::::::::::::::::|
        l:::::::::::;':::::::::,イ:::::::j     l::::::::::::::::::::::::::::|     の、合計8騎による聖杯戦争の予定でした。
         l::::::::::l::::::::/ |::::::,′      !|:::::::::::::::::l::::::::|     最初に設定していたスキルや設定を見ると、
      ,:':::::::::::l:::::/   |:::/ __  l:l:::::::::::::::::|::::::::|      黒の陣営を全く想定してなかったものとかがあるのが分かりますね。
      /イ::::|:::::ト:/ 二`|/     _ ̄lハ:::::::::;ィ:/:::::::::|
       ヘハ::::|<´マアi`    ´Ⅵハ`ヽ.l:::::/、l'::::::::::::|     すいません、ここまで大規模な後付調整とかあんまりやったことなくて」
         ヽト、 ゞ'      ゞ'  ´|::/ ) |:::::::::::::|      
          |`ヘ   ,         ノ' _,ノ:|:::::::::::::|
          |::::::.、          / l:::::::!:::::::::::::|
          |:::::::::ヽ  - -      '  |::::::l::::::::::::::|
          |:::::::::::::::`:..、_   <    ヘ::::l::::::::::::::|
          |:::::::::::::::::::::::;ハ    /  ∨::::::::::::::|



                    __
                  . :⌒: : : : : :ー: :、
                /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                /: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : \
               . : : : : : : : : : : : :!: :!: :、: : :ヽ: : : : :.
                /: : : : : : : ! : : : : j~^l: : :, : : : : : : : i
            /: : : :l: : : : j   リ⌒ヾ }: : : : |: : : :!
             /'|: : : :!リ: : /lj  イレ_,,zx!: : : : j: : : :|
            j |!: : : |ハ /jリ ! /ァ て tjj ア^:j: :ハ: : :!
             { |!: : : i|zテぅ jノ   ゞー゚' ノ / / ソ: : :|   「で、黒の陣営を設定して盤面を再整理。
           ヽ川: :、ハ ゞ ' ー      イ彡´ ィ : : : |     さぁスタート、はい電磁郎クリティカルこのやろう。
             ヾ从ヽ       __    /! ! : : : !
              ノ j爪    。 ´_ノ  .ィ: /: :ハ: : : :.     そして聖杯を奪われたあたりで諦めて、激流に身を任せ
              / /: : }> .. _ _ ィ  j: : {: : ハ: : : :l      どうかした――――というのが今回の流れです」
               / / : : j: : : } r{     ノ{!: :|: : : : ヽ: : i
                / / : : /: :__八_ ィ  |: : !: : : _:} ハ
.              / /: :ィ  ̄j  l |,イ_ム    人: : ̄: :ィ⌒ 、ヽ
          イ: :/ / j  |  l  ク⌒ーュ / `7´ /   ヽ \
         / ノ : : / /  !_/ ̄     ニュ/       Y: :ヽ
       / //: : : : j リ  /l「   ァーイ ̄  /   j     ! ト: :\
        / //: : /.ノ i / マヽ. ∧ニl| / /    {      : :Vヾ: :ヽ
.      / /: :/: : {ノ |./  ゝ=≧リニ|./ /     个 ー- イ!: : .  \、
     /: :′; : : : :7   !′     ̄/ニ/ /        ハ    」: : :l_  }:レーァ
     { /: :/: : : :./  7      /!_ノ /      / ム  ´ ̄アr ⌒ー' /
     リ: :/: : : : /  /      イ !  /      /    ヽ   //     ヽ
     |! /: :/: : ′./     / ! V/      /j    |\ {ト、     、\
     | ,: :/!: : j /    ,     V       {    j  |ト=-个ーyフ、\ヽ
       !/ !: :{      /             ハ   /  j: : : :/ j  ⌒ーヾ }

6010 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:25:49 ID:GUtNZlDo0


                         ,rー、,_,.r‐-、
                        ,rー‐'"      `'ー.、
                    r‐'゙ ,..:-‐:'"::´: ̄:`":'‐:.、_  i、
                    },r'´.:::.:::.:::.::::::.:::..::_;;.:::.:::..:.ヽ ヽ
                      ,r'":::.:::..::;r':::.:::.:::.::::.!:;1::、:::.:::.:::.ヽ_.〉 __
                   j:.:::.:::.:::.:/:::.:::.;ィ::.:::;:j´`1::i;:::.:::.:::.:::K'‐、/
                  ;':;':::.:::..::,!::.::.r'.i::.::;ィ:;'  '!:i,1:i:::.:::.:::.lヽヘ、
                   .j:i:!:::.:::.::.j1::.ノ^'!:./j!1 r'"1:i゙l:i、:::.:::..:j! ヽ_ヽ
                 l:i'1::.::.:;:j,.r=tx.j/     ,.r=j、i;1:::.:::.;!l,r-j`ヽ
                 l;j. ';:.:::ji.l.ヽ.i;.:;シ     イ:゚:.ヲ 'l! }:;:、/      「というわけで、最初からこの盤面だったならば
                   1:::j、1  ̄  ,   `"´ i'^i!.ノ:!        GM相手にリアルファイトレベルの詰んだ盤面でしたが。
                    'Y:::i`:、          ./‐'"::.:j
                       /:.::i:::.ヽ、   n   ,.r'::.:i:::.:::..1
                   /::;::.:!::.::.i;::`i‐.、.. .:r:'::i:::.:::.:!:::.:::.:!         実はこれ2ターン目終了段階で
                   /:/!:::j:_;、:ij-rヘ、.__,.r1、!:::.:::.l;::.:::.:i:         大きく設定追加・再整理をかけた結果なのです。
                   _/;Lノ‐'"〈 、/,_     _,>,.`j' ‐:、;_::i:!
                     j'       ヾ.  `  ´ ,..j./    `ヽ
                ∧  1    ミ'"ヽ、_,.r'='、r1   j / .l,        後付でバランス調整するのはあまり好きではないのですが、
               ノ   ` :}    l   >:v<、  .i   レ'^ ,rヘ、 _      今回は四の五のいてられないレベルの事態であり、
                 入  _ュ、j   j、  '‐ハr'゙   ';   i ノ   'y' ヽ-ー、   黒の陣営が登場しないと、話し合いのなぁなぁか、
              ,:':,:;r'^゙"'ヾ!   /' \  i)    i   .}r'.=ェ、/  .(r'^,. ヽ    後味の悪い殺し合いになっていたので――――
             ,:'::j1:)_7'-、._j   {   ヽ j、    }   j'riミュ:'    }'",r-、. '、
              /:::/j':.:j'   {,_  ,ノ:-=:-:ー:-.、..,_ ノ, -〈:'´.,:'     j i r:、  1  今回ばかりはお許し下さい」
           /::.::Lj==L....,__j:...`"...............................`"':ー:r' :'       `"ー' ヽ. j
             ,r:'^,ニ´-‐ ' ー‐-`j:.ヾ.................,..........._;.-:'.....〉          /,r'
         .,r'..,r'"          /:ヽ、...............................;.....r'1        //
        /../´          ./....1....ヽ.、:_............,...-'..../....:':,        /:'´
       i'...j           /.........!............`:"::´............/..........:、   ,.ィ'´
        {....l            /.............i.............................../...............ヽ、/.:ノ

6017 : ◆o2mcPg4qxU:2014/03/23(日) 04:28:03 ID:GUtNZlDo0
というわけで難易度周りのネタばらしでした。
実はこういうふうになっていたのだよ! ごめんね!

6018 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:28:05 ID:Iv2gd3lY0
結果的に面白かったので全てよし!
バッカーノ連発で初期プロット破壊+電磁朗大暴れで後期プロット破壊とかもう恐ろしすぎるなw

6032 :名無しのやる夫だお:2014/03/23(日) 04:31:00 ID:gqhvh10.0
黒槍|ω・)「今明かされる衝撃の真実ゥ!」
黒騎|ω・)「ネタではなく本気で衝撃だった件」
黒牛|ω・)「…………」
黒弓|ω・)「私だけいいとこもらっちゃってごめんね★」
黒暗|ω・)「……焼き肉食おか」
富井|ω・)「せやな」

関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:3 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
↓おぉそうか
ありがとう
2017/03/21(火) 17:56 | URL | #-[ 編集]
↓1
それ言ったのはパル緒じゃなくて蓮だぞ
第2次中聖杯での【嘘予告】こんな“もしも”の聖杯戦争
で読めるぞ
2017/03/14(火) 13:59 | URL | #-[ 編集]
うぉぉぉ読み返したけど
ランサーが「やぁやぁ我こそは」とか名乗ろうとしたところに
パル「そこは悪党に名乗る名などない!だ」と返したところが見つからねぇぇぇぇ
どこだったかなぁ
2017/03/14(火) 11:41 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する