おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2019/03/17(日)
9088 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 10:36:31 ID:43NjwrO7
11時位からスタート→午後に少し離席→戻ってきたら再スタート→メシ風呂→再スタート

という感じでオナシャス


9101 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:02:10 ID:43NjwrO7
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――聖杯戦争5日目 キャスターの陣地近く

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ     ろ::::  :::::::        WwwW'":::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
iiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y   ろ ≦::: :::iiiiwwiiiiiiiw;;;;;;:::::::......  ゝiiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z   ゝ::::::::`Ww、iiii\`WiiiiiWWW;;;;;;;::::き:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ミ:;;;;: iiWwiiiiiiWwili: lノノリリリiiiiiWk'^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww   w`'^`-|i: :iiレ' .|i: l川|wW-'^"`  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW  WW  .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|    |:|   .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|
  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`^`''`'|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`
  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^        |i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^
  |川 :i|  |川 ''"'''''           !|i: :ii|  |i: l川|`~^~^ !|川 :i|  |川 ''"'''''
  |川 :i| `~~~^.           .  wi゙|i: :ii|  |i: l川| |レ ' .  |川 :i| `~~~^.
  |川 :i|ww  ll        ._    .    `~~~^ !i: l川| .||   |川 :i|ww ll        ._
WWWiii||wW ヽ!l/                  |i: ll川|ii||/WWWiii|W ヽ!l/
         |レ'      wiiWWWiii||wW       |レ'      wiiWWWiii||wW
  wwwiiiiw  .||
                          ,,,,,,,
  ,,,...                Wiii||wW             """,,,,,
   wWll||Www
|Www



              、_,,、,,_
               ,ィ>‐ァ-《ミ
             シトヾ .|! 勿ミ
      /}     ヒ!彡.i! 弋iノ  「一の矢で終わった」
     / .ノ      人'一:ィ´
    {  f  __,.ィ込〒〒ゝ、
     .|  ! f' ,ィ―――┘|└――ニ=、
    .|  ! /三三!三三  |  .三三}三∨
      } .レ三ニ人|、   .|    /三ニ∨
    リ三三シ  ∨  ̄ |   ¨7 \三:\
    {三ニン'    ∨  ..|   i    \三\
    .ゞ=''       ∨三 |  三{    /三ニン
             i}      ∨_,.>┐イ
            /    _,.> ''¨   /
            ,'           /
             '         ,.ィ
            ,      rー≦  |
            .,     /|    |
             ,    / i     |
          ,    /  ',    |
             ,   /    ,   |
          ,   /       ,   |
           ノ   /       .}   }
          /   ,'      {    i
       /   .,'         !    i
       ,'    /       .∧   i
       ,'   ./        ∧   .!
      ,'   /           ∧  .!
       '   /            ∧ .!
     '  /             } .!
    /  f'              |  ∨
   .く__」                  L__〉
   /三}                  {三ニ、
 /三r'´                   ` <ニ\
 ー‐'´                   `.ー一



                   -‐==‐-
                    (       )ノ
                    \
                     ''"゚~ ̄ ̄~゚"''
              ´ /         \  `ヽ、
           /   /            _`、
                 /       |    〃⌒ヾ   「あれぇ私達の作戦! 次の突撃の配分!」
.           /      |        |   〃 ヽ  }} ,
          /      /|        |   乂_乂_タ ,
             斗-‐      …─- |_  ¨´ | ′
.    \     |  |   ,  ̄ 八      / ̄\-|      |  ',
    <     .|  |  / >ミ      >-ミ / /     |   ′
.    厶     |  |   Y   Y ̄ ̄ Y    YⅥ   |  八   ,
         八 |   乂_ノ    乂_ノ/   /}/     ′
        /ヽ{\八::::    ,     :::/  //沙/ \   ,
          /   |  `ト-   r===v   ⌒アイ /¨´/  ヽ ヽ ′
.        /  人    >、   L::::::: 」 rz彡}  /            ',
.      { /   /\ (   〕ト  __  、<{ }/   |   |   |  }
.      ∨   /     /  _/}__/| \|   |   |   |  ノ
         {   _   -─‐‐/i:i:i:i:/|i:i:i:i:i:i:|  `、_ |  ,   |/
.       八/      //:i:i:/ニ|i:i:i:i:i:i:|    ∨h、  /  ノ
.      _\_  /ノ´L// 八i:i:i:i:/|    Ⅴニニ_  /
    /  _‐二}/_ノ く_/\_> \/=|     'ニ/_ /`ヽ、
    {  _‐ _ ‐辷ノ / /   / ri{リ=|   _」ニニ‐   ',
.     八//‐=辷}    /   / ┌{リニニ|厂 ̄i/ニニニニ‐     }
  /⌒〈/‐=ニ辷┐  ′   {┌{リ二ニ‐|ニ|ニ/ニニニニニニ   /
. /    ノ{‐=ニニ辷┐ {  ┌{リ二二ニニ‐|ニ∨/ニニニニニニ_/
/  / 込‐=ニニ辷┐ {┌{リ二二二二=‐|ニ|/ニニニニ二二‐_ \
{  厂二 个‐=二>---<ニニ二二二=‐イニ|‐ニニニ/ニニニ‐}   ',
ヽ /‐二 //‐}ニ|ニニ|ニ二|ニ≧=---=≦‐ |二|ニニニ/ニニニニニ{   }
/二二// /ニ|ニニ|ニ二|ニニニ|ニニニlニニ‐|二|ニニ/ニニニニニ人  ノ
ニニ二// /ニ」|ニニ|ニ二|ニニニ|ニニニlニニ‐|二|ニニニニニニニ/ニ\⌒\




                                       , イ
                _  ____ >'  ̄ ̄ ̄ヽ- 、_ ,.. ィ  リ
             ィーュ、> '  ´    /⌒ー_、' ̄ ̄ `iー'´   /
         _/::::::{/        ̄ ヽノ´   i!     ,}_..>‐ '   ,
         r'::::ヽ,イ ./  , -‐ <    \   i|   /ヽ     _/l
         l:::::::/ /        、 丶    丶  レ≦z‐―vー‐<   /
         {::::/ /     、   ヽ   ヽ     〈   ヽ   }    }/
       У ,!      ト.  !\   マ    V  i}  ,j   _.乂
       ′Y !      |マ ト、 |\ V     V /,斗ャヤi{
          l l! { /{    | }.斗チ斥 ァ、V    v'_{_  i!  ト
       | |l Y |    { ,イγ ヽ ソ   V     il / | i!ム       ヽ   「……あの性能で聖杯に執着が強かったら。
       | ト.l i| ム /{   、._乂゜彡    V    ゙,〈  i|  i| _乂__ ノ}    7割ライダーが勝っていたんじゃないか、
       | |iム Y ム:! { iト乂 ´    U !  i!  V  i!    ∧__..>'      この聖杯戦争」
       | :从ハ '  l{ lト、{ `\       从 ! l 乂 i|     .∧
       l/ l人l ` ! ゝ、`   _ - 、   /i| .八 ト--`、       \
       .ノ ノ_ )ヽ      \ v⌒^」   〈|lリ /  )'.。s≦⌒ヽ- 、   丶
        ._/ マヾ Y     l}__  ̄  .イ _ノ'ノ´/´  _    ∨     ` <
        rv}ヽ  \:l|      ノ、 ヽ‐くr'´,斗'´   ノ´   `    ∨        <
        | lj    「\   /く::}\i} /.V     /        _  ∨      \    <
        |.八   }  ー┬―ソ (_ん'_.∠ .イ     .イ´    ヽ ∨       \    <
        l  i}イ  .′   /    ノ ー≦´    /           Y ∨           、     丶
      ,   .! _        メ{j'/、        ..イ             li }   、
      }v   / / .≧s。...__ /  .)、 ー≦  У /           |i .ハ  ∧         丶     ∨
      l′  iレ       ん、/_,>――.イ /、             l/ l   ∧           、    ∨
      }    }′    ./  イ/  //   ./、Y{ \            从 !     |、         :
    ′  /      !/ i}  r'.ノ   '- 、 i|    、        /( .八   | ∨
   /          /  ハ .ノ/ _..ノ{   {    ヽ       / l   ヽ   | }        ト   l
  .イ            '   j .〉┴<.   Yヽ i|      丶    ,イ  乂    | l          i| ヽ
  ′    ,.ィ      .′  レ        .|  ヽ、      ,ー '八    \   ! !              }/
 l!  ,ィ  r' 〈   .ト ノ   ′        ゝ _」、    λ        {⌒ヽ           ′ ノ
 l! j { / /   ,.} ヽ ∨ {           ∧_  Y   / ′   .、   \   ′       /
  、| Y{  { / i!   V _ 乂           .人 リ\         ∧  \-ヽ .//l     /
  ∧ ム Y 乂___{   |(__≧s。.、___r―く { >-{ ヽ  丶.   ム  .∧/ ノ'   |
  { } .ム ゝ、      ヽ_>   ヽ    \  ≧s。.. l  iト   ヽ.  ム   ム     l   /
  乂\ 乂 `        廴_     ー-ュ_       l / ヽ  |\  l\ l     /
   ー=≦.._          ! `  _r'¨¨¨´ ̄       ∨   |\{  丶{  ヽ!   /    ′
       {`¨`-、 __ ノ   ( / ̄`                  |  ヽ、  `      /  /
        ≧-ー-、_.>―)                乂             / /
         )_人_ ノ、 }ー}              >           /´
            \  }/::∨           >
             \_∨___ ..>

9107 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:05:15 ID:43NjwrO7


                             )\   /(__
                       ミー   ヽ /  ,-‐ァ\__,ィ
                   ミx,、 r}\\ )\__/( / /ニニ|
                    `'寸ニニト、ハ       _|/ニニ7
                  戈ニニr=ミ|   \ミ /( ,}ァ''(ニニニア  「……どうだろうな。ライダーの強さの何割かは、
                   戈ニ>、 \ \ ヽ }  /  `アニ<_    消滅前提故の捨て身の強さだ。
                  / \___ー-  }  }/ .//   Zニ≦    燃費や継戦を考えないが故に、魔力を全て
                  フ ー=彡>''"^^^`'^´`'´ ̄`\ ア 「     戦闘に注ぎ込めたからでもある」
               ____  ア イ /           ,ィ ∨ヽ人___/(
              ____> \_'´l  } |___)ミx、      ,ィニL |{ {     `⌒ヽ
            (⌒ヽ     ,ノ f | |`''≪ニミx、  ィチニア´ |{ Y\ __厂  <
          _____ /   / , アV∧ 弋迴ヽ    ∠迴ア / V_____ \   }⌒
         /´   __ /  / イニ}'∧     ,        / / ,\≦     \____/⌒ヽ
           {/⌒ヽ   /____ }ア}/ |-_     、{ ,      _-|  {ハ(  /⌒ヽ  \   /⌒V
       ト、___ノ/´>''" ,ィニアニ|, |ニ\ ー _ 一 /ニ/\| { 从 `` } \    {__,ィ
.        \__   /    {/{/{ニニ{  マニニ\__/ニニ/   )从ハ/__ \___     ノ
        /  __/    /    Vト(  }\ニニ }_/⌒\ニニ∠二二`'<ニヽ )人___(       /
    __   V´ ,    //ニアニニ二ミh、ニに=-/ xへ___r‐=     \   `寸ム  ヽ \   }:::::::
    : : \   {  / /ニニ/ニニアニニ\ニニ(__/ニ /  _   |   ヽ   }ニ}   }    ./::::::::
    : : : : :\___l , ' /ニニ|ニニアニニ=---\ニ|ニf´ ̄{ ./  }  |l  |_/|   }ニ}   }______/⌒):::
    : : : : : : : : :|. . . |ニニニ|ニニニア´, -‐‐'´ ̄`¨¨⌒'┴ '、`¨¨|  |l  |____j :/こ/!   }\: : : : :/::::::
      : : : : : : : /. . . .|ニニニ|ニニニl /                |ニニ|  |l  |____,.ィ(ニニ}   } . .\: : :⌒}::
      : : : : : : /: : : : :|ニニニ|ニニニl l \   ',   ',   |  |\ニ`ー'_`ー'ニニニニニ}. . . .}: : : : \: ノ::
     : : : : : : : : : :/マ二二二ニニ} ヽ__ ヽ  ヽ   ',  |  |    ̄)ニニニニニニ} : : : }l: : : : : : :`ー
    : : : : : : : :./   ヽニニニニニミh、___\__)  ',  |  |`寸ニ´`ー-==ニニこ/}: : : : : : : : : : : : : :
    : : : : : :/:|      \ニニニニニニニア二|_ヽ__j  |  |ニ个s。.ニニニニニ/  .}: : : : : : :ト: : : : : :
    : : : /: : :.|        ヽニニニニ≫''"こニ|______}___}-┘ニニニニニニ/     ヽ: : :}: : }:::}: : : : :
    : : : : : :|: /        }`ニニニ´ニニ二ニ|________|ニニニニニニニニ/      }: :/: :/:::::}: : : : :




            {\/    \ ̄ ̄\ . \   ∨////  -‐… '' ¨L_
         __{  `¨¨¨¨¨゛   \   、   、\   .∨  / ___   /
         \     >''"~~~~゚"''<_\__\l   } }  /  _ ∠   く   「そして奴が本気で聖杯を狙っていたならば、
     _ ‐ニ:.:.:.:.:〉 >' ゛  _ 二二>''~{:i:i:i:i:i}~\/,ノ∠ -‐   フ     \   俺とも、そして杏寿郎とも敵対していた。
  _ ..‐ニ.:.:.:.:.:.:.:.:./      _ ‐ニ~':    {:i:i:i:i:i}   二フ /¨\<_ -‐…‐-  }_
..‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<_ 、 -‐=ニア\   } [   {:i:i:i:i:i}  「r‐ '゛ .ィi:i\ ニ=- ‐=二/  俺達が共に腰を振るならば、幾ら奴でも
.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ ‐ニニニ‐ / /\:i:i:\乂ヽ  :i:i:i:i:i:  ,ノノ /:i:/ ̄^>、\     く    そう簡単には勝てんし、勝たせんよ」
\.:.:.:.:.:〈‐ニニ二7/ //:i:\\:i:i∧ : }   :i:i:i:i: (イ /:i:、'゙ .ィ:i:i:ニ‐_ \ \ \
  .>‐ァ¨ ̄ .:.:. < / i\\i`、 Vi:∧^二ヽ:i:i:i: /´ニ,':i:/ /:i:i/ .ィ:i: 、 \ 「二`
/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉 ,/{ ̄~`'<`、‐=彡'^ヾ }:i:i:{ /, ‐ニミ=-i/‐ァ:i:/}‐<\  \:.:.::.:‐.._
  ,/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ イ⌒',\ ̄`'<}_}:i:i:}ヽ  }:i:i:{  ィ:i:i{ {:i:i:L-七(_ ∧ V、\「⌒.:.:.:.:.:.:.:...
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| {⌒', ⌒「^'r‐ぇ、`ヾ..: }:i:i:{   ,レ',´-‐='T'^「⌒∧ } . }/\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、V/^ ‐┴-乂ξ冫)L }:i:i:{  /_, 乂参ノニ┴ /,// /.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `、⌒/i/ /i:/^7i:/⌒` :i:i:i:i ^⌒V', V∧ ViV⌒ /.:.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \,〈 /i:/ ,/i:/    ノi:i八   V', V∧ ∨ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Υ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧//i/   "~ ̄~"     V'、\∨T{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : /v∧゛i/\    ^ __ ^   /\ /}:i:} {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:. |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ,′Vi∧__j } ¨‐=_    _=‐¨ ‐、_ イ/:i:i: {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `、.:.:.:.:.: |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :' ノノ∨∧゙く    `¨¨¨¨゛    / /:i:i/  ゚。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,: ‐_.:.: /!
, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,'\  V:i:\ 丶        _ ‐//i:i/   .ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /   V//
‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'   \/:i\:i:i〕iトニ-,,_ ,‐ニ_、‐ニ:i:>∧ _ィ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     }/
 \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{   /:i:>、i/\^<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>''゛ V-ニ¨:i:i∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      }




                                     ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
    /∧ _,.彡';';';';';';/            \::::::::::::::::: :                                    : : .
 、__/ノ,∧ ̄ア';';才゙~___   \         ノ::::::__::::::.: :          (クソがよ……!)            : : .
    ̄/ ,∧孑'~ _,,ニ===..,,_ ヽ,\      _{_二三__.: :                                    : : .
    // ー=≪´ { f'゙oヽ }`ミ         ´'"zf=宀`¨¨.: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :
ー=ニ∠ イj .∧ ~''x乂 ー'_ノ,,..ム         ´\:::::::::::::::::::::::::::::} /  .|  } r-ノ /\
       j/ /や     ̄                  }::::::::::::::::::::f^Y/ /  V´_/ ./
    / /| i やーへ       j         {::f⌒i:::::::::::|  ̄]′i ト、 \ /\
     ̄ \| i,/や:::::::::}        ′        |:::|  |:::::::::::.   /   |  /\   \
        V / や::f~      \  '^       j::::| j::r-、::::i / i   L/`、  \
        /イ「,∧:::`^ヘ                人;;j |::|  }:::i / / |   | ∧ ゙、  ヽ
         jリ i ∧:::::::::,,  t、,,_    __,,,...:::’::、  ):::V:::::::/イ  |  トV,∧   \
          /人| } '寸[   f゙:::::::::::__:::::::::::::::r、;;;ノ  弋乂:::/ |   、;;|/ .∧   i\
       <_ノ|/| i \   `;;;{    `;::::_:::::{       /  /;;V\};;;V::::::::∧|   |
      / ノ /;;;V;|\|\   ;;j    |;;{ }::::;    ,。 '’  /;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;V:::::::::jハ  |\
       ̄]  ̄ |;;;;;;;;;;;;;/| i `h、     し j;;;;;{_, く     j人;;;;;;;;;;;;;;|\V:::::::::∧ |:::::

9110 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:07:35 ID:Ie366h4M
腰を振るさえなければ良い事言ってるのにw

9114 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:10:05 ID:ujCLLJLK
割と中聖杯のマスターとしては最高に近いと思うんだが見た目と感性が残念すぎる。



9115 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:10:16 ID:43NjwrO7


         /ニニニニ=-  _ ニニニニニニニニ=‐
        (ニニニニニニニニニ=─ _ ニニニニニニニニ=‐
         \ニニニニニニニニニニ=─ _ ニニニニニニニニ=‐
         rくニ=‐‐  ‐‐=ニニニニ``~、ニニニニニニニ∧
         /             ‐=ニ``~、、ニニニ∧
           /             l      ‐=ニニニニニニノ
       / /   _〕      i|  l |        \(¨¨´
        / /    } |     j|  | |_   .i|     i|  人_
       :     } |     j|  | |(_  .i|   从( l⌒
     ′     .}人     i|-‐…‐-ミ i|   / . : :|
      l  |   } ⌒   从 _..,,,,.. _ 从  /   . : |   「なんにせよ、これで残ったのは―――。
      |  人  /, ィぇ\ (ィ  V__)ソ´/ . :    . : |    バーサーカー、ランサー、アサシン。
      |  ⌒ヽ  ハvリ \  `""´ ):ノ/     . : :|
      人(    \ :.  ,       u  /     /. : :|     実質的にほぼ聖杯の使い道は談合を終えていて、
      丶     人            /     / : : |      残るはクラウ・ソラスの所有権を決めるエキシビジョンですか」
            '/ ニ- _ `   ィ( ---ミ./. : : : :|
               }ニニニ}     ハ  /⌒\i/. : : : : :.
               }\     l 「¨¨ 7  /7___  从
               }\\} .:| |ニ=‐ //{ニニハ   : .、
               }  \} .:| |ニ=‐i:i/  ‐=ニ|     \
               }    } //ニ=‐      ‐=ニ|      \
               }   /___/¨¨¨\\ /ニニニ|    :.、   \
               } //⌒ヽi:i:i{  \i/ニニニ‐|       \   \
           /}i:i/〈i:i:i:{{0/i:i{:    ‐=ニニニ|       \   \
             / 从 / ⌒ヾ/i:i:i{   ‐=ニニニ八           \   \
          / /  /i:i:i:i:i:/i:i:i:i:{   {ニニニニニ=‐             \   \



    i| /         :i:i:i:i:i:i:i:i:i:.          ―      :i:i:i:i:i :i:
    i|/:i:i:i:i:i:i:i:i:...  ___  :i:i:i:i:i:i:i:.            ̄ 、   :i:i:i:i: :i:i
    i|:i:i:i:i:i:i:i:i_,、-:i'":i::..⌒ヽミx :i:i:i:i:i:i:i:.           \  :i:i:i:i:i :iィ
7  / i|   '":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. ∨ニ- _:i:i:i:i:i:i.            \:i:i:i:i:i/7 _,
' ∧ |       :i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. 丶ニニ=- _:i:i.         /    ./:i:i:i:彳 ̄/
 :|:i:i∨:i:i:i:i::::...       :i:i:i:i:i:i:i::.  -ニニニ=-  _     /    ./ :i:i:i:i/ /
 :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::..     :i:i:i:i:i:.   ` -=ニニニニ=‐┤  _/ :i:i:i: イ-|
: /     :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..     :i:i:i:i:.  _ -- :i:  ̄  ̄ ̄´_ =三 :i:i:i:i参リ  「そうだな。
〈           :i:i:i:i:i:i:.    _,.。 *''" ___\ ヾ    ̄¨  :i:i:i:i|__/‐z   無惨様としても、そこの小娘としても、
〈            :i_,.。 *''" _,.。 *''上  l{__/\\___      :i:i:i::. ̄ ̄    研究材料、或いは協会への貸し―――。
/         -ィ彡r―<_人  弦 /丶--- >―┘       :i:i:i:i\:i:i
〈         ' ⌒ \/⌒ _/>r‐r <丶 >:i:i:            :i:i:i:i\    使い道までは知らんが、無意味な品ではない」
/             〉-<∨{ ∧┘≦  :i:i:i:i:                 \
             _7___ _ _/:i:i    :i:i:i:i:               /
             ⌒:i:i:i:i: ̄ .i:i:i:i:    :i:i:i:i:              /l
               .i:i:i:i:  .i:i:i:i:i:   :i:i:i:i:i            /  /  '
              .i:i:i:i:i  .i:i:i:i:i:i   :i:i:i:i:i
\          ..:i:i:i:i:i  .i:i:i:i:i:i    i:i:i:i:i:i                /∥
             ..:i:i:i:i:i  ..:i:i:i:i:i:    .:i:i:i:i:i:         ___./ ∥
  /\     .:i:i:i:i:i:i  ..:i:i:i:i:i:i    .:i:i:i:i:i:i:        /_/レ'  ∥
 ̄   丶 ...:i:i:i:i:i:i  .:i:i:i:i:i:i:    ..:i:i:i:i:i:i:i        ./ー┴ '"    ∥




                  '"~~~~~"'
              /  ---ミ     \
            /    /   ヽ
                ′    /,     /,   「……その。
           ′    :l      j| /,     /,   ランサー、アカザさん、ライダーはアーチャーやキャスターを倒し、
           l   l  |      j| ハ }   /,   結果的にこの盤面に大きく寄与してくれました。
           |   |  人     从-‐‐‐   l 乂_
           |   | _ -‐\ ./ ィ乂ツ 从.:| ⌒¨´ 聖杯の権利はアサシンや私が貰う以上、クラウ・ソラスだけなら
    ___       .|   人从ィぅソV   """)/   |  ∧  無条件で譲渡しても―――」
   /ニニ\\  人(_  \ ""       ノ′ .| / ∧
   /ニニニニハ∧⌒¨¨ア 八  - _   r  /}   |___./ ∧
   {ニニニニ ∨∧  / /==={ _〈ニ=‐  ´_ノ}== |ニニニ=- _
   {ニニニニニ.∨∧/ /⌒¨アニ/i:i\/ _〕   //′{i:i:i:i:i:i/∧
    ‐=ニニニニ}ニ}  ′ X{ニ/i:i:i:/人∥  ./X .:i:∧i:i:i:i:i:i:i:∧
    \ /〉ニ.|ニ|  l/ / /i:i:i:/ニニニニニ/   l∨∧i:i:i:i:i:i:r∧
      .//〉ニ.|ニ|  |  ニ/i:i:i:/ ̄ ̄ ̄./  .:|=∨∧i:i:i:i:⌒∧\
     ///〉ニ.|ニ| /i|  {/i:i:i:/{: : :∥: : ′  |ニ ∨∧i:i:i:i:i:i:i人 \
      {  /〉ニ|ニ//i:i|  |i:i:i:/〔ニ=-   _{.:::l   |ニ=.∨∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
    /|  〈____ノ.〈i:i:i|  |i:i:/ニ ‐=ニニニ{.:::|  ‐=ニ ∨∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉 `、
  . : :八 ノ\_.r\|  |i/ニニ}: : :.:}|: : :乂|   ‐=/ニ ∨∧ニニ=‐    : .
/  :/  ヽ }〕  Y⌒|  |ニニ=‐: : : }|: : : : i|   ‐={ニニ=∨⌒¨´ l    .:}
  :/    Vノ   .:::: |  |ニニ=/: : : }|: : : : i|   ‐={ニニ‐/      .|    .:}
  /    乂___ノ____从 ‐=ニ/: : : : }|: : : : i| 人ニ{ニニ/     八    .:
 .:  /    {     /‐=ニニ/: : : :.:∥: : : :从  \ニ/     /   . :/
  /{      ハ   ‐=ニニ/: : : : :.∥: : : :.:|ニ-_   \      /    . :/
  /人     {八 ノ‐=ニニ/: : : : : ∥:.:.:: : :.|ニニ.\   \  ./}   )/
 .′⌒ヽ  ⌒/ニニニニ/: : : : : : : : : : : : :.|ニニニニ\   `、 ノ  /′
 {     /‐=ニニニ /: : : : :.::/\: : : : :|ニニニニニ=-_  `、 ./
 {    /⌒¨¨¨¨¨¨゛\: : /   V: : : |ニニニニニニ=‐



                                 ___
                                〈( ̄ ̄\
                         ''"゚~ ̄ ̄ ̄~゚"''    r㍉
                      ´            r‐㍉ニ\
                   、‐/                八八 \ニヽ
                  /        |          |    \≧ )ニノ
                / /       /|          |     | `¨¨´`、\__
               /  /       .-─         ─-   |     ',   ̄
.             /  /    | /  / |         | \   \    ′
           /  /   ./   / 八        |  \ | \  | ',
.              ,   |   :|  x斗===ミ、    |/斗===ミx      :|   「ショージキ、それで済むならそうしたいんですけどねぇ」
          {     |   :|ィ㌻ {ノ :::: }^\  :|  {ノ :::: } ㍉   :|  ,
.            ゝ ./   :|   :込   乂;;;ソ  ,\」  乂;;;ソ  ノ   :|  ′
.            /    |   ∨{ ´ ̄             ̄`  }         ′
.         /    | 八   〈{                   八  / |    `、
      _/  /   |   |\  八             U / |  / |   `、
.      ⌒   /   :|   |  \ 込      r ,      .イ/ |  /  |
.        /   :| |   |    \:个          イ l  |/   :|  |     `、
       /    | |   |     |  |_/〕ト  __  <{\|/ | |    |  |    |  ,
.       ′   | |   |     |  |  }       [  \| |    |  |    |
       {      | |   |     |  |  八       」    ヽ|    /         }
.      八    | |_人   :|  |  /\    /     |    /_/   /  /
.             / |‐ {_\   |     \_/        .;   /_}‐| \ /  /
.         \/   [ニ}⌒l\  |    /∨\     / /⌒}ニ  \/
       / /     ‐ニ{⌒V \|   /  |:: |/ \    // /⌒〉ニ    } \
      /   {  \   ‐ニ{⌒{  \/|   /|:: |/   \/   {⌒}ニ/ / {  ヽ
.     {   ∧   \  }/⌒〉 |    |  /|:: |   | / | {⌒[/ /   {   }
.      八  / ∧     /⌒/  |   ヽl    |:: |     /   | {⌒∨/   {   /
      \   }   /⌒ノ  |     \  |:: |   /     |  V }i\   { /
.     /  }   }  /(⌒ノ    |    .|   ∨    |   |   {'⌒ヽ‐,   {   \
.   /    ∨ /  / {⌒ )   .|    .|    ヽ/     |   |  V⌒ }∧  ∨
.    {    /  {  ‐ノ⌒ノ    |    .|           |   |   V⌒} ∧  }    }
   八     八 ‐={ ⌒ヽ    |    .l     i    .|   |   .:}⌒)ニ‐}/   /
    \   /  i{‐ニ{ ⌒ソ: :  |    .|     |      |   |  : :ノ⌒}ニニ} \  /
   /   /\ 八‐=V⌒ヽ: : : |:    |    |     |   | : :{⌒ {ニ‐ /   / ヽ
.  /   /   }  ‐_八⌒ ハ: : :|: :: : : :.|.: : : :. :.|.: : : :. :.|: : : :|: : ノ⌒ソ ‐/ {   {   }
  {         /   ‐ニ\⌒\: :.: : :. :.|: : : : : :|.: : : : : :.|: : :.: :|: :{⌒ソニ/ 八     /
.  \    /    \‐=\⌒\: : : :.|: : : : :人: : : : : :|.: : : :.|/^ソ‐/   \   /

9118 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:13:10 ID:43NjwrO7



\ニニニニニニヘミY /7ミ//〃ヲ...Fニ
‐ニニニニ,彳フ.7  !.il  "   lil..i
≧ーヾオニフ7/.1  l..il      !l..i
≧フ/-/=/1:,'| \ l..il    ノ !l/
ノ/彡-/// ,i:L,,,_ i.i ヽ  シ ノ,iレ=   「断る」
フ/彡イ// 〃l_....二゙ヽ,,,ミ1j レ〃仁二
//////从ィ  k _ルj ` ~ハ ) x,,,,,´ ルン
ベ777ソ⌒レ  ゙`  ̄ /  1    ̄
 /厂 Y行 v         |_
    ヽ ぇ v       _,:.:.:.、
     \ミ v       ` ´
     τバ、     ィzー― -_、
     //7ハハ     ヒミ∠∠∠》j
   _///从バゝ    ̄,,,,,,,,, , ̄
 ー=≠´ 〃 ハハl\          ィ
     // i从ハヾi\      /lil
     ,'  ヾ 1リ 、ililliー――ィlilililili
        r ┴ ̄  ̄ ""|´⌒ ̄ ̄
  /`ヽ    lz=ニニニ  / rz====
ニ1   ニ_  ヒニニニニ  i  1ニニニ
ニ,   ニニニ/フ二ニニ  !  l=ニニニ
ニ!   ニニ‐‐ニニニニl  !  |――‐
ニ   ニzzzz二二二l  i  ニニニ二
フ    シニニニニニニ二_ |  iニニニニ
    ∠ニニニニニニニ」ニニニニニ
v.. ∠ニ=――――――-z____
〈ニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\........................!........... ̄
 <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.......  l.リ.....:.:.:.:.:.
  丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v   川.:.:.:.:.:.:.:.




    i| /         :i:i:i:i:i:i:i:i:i:.          ―      :i:i:i:i:i :i:
    i|/:i:i:i:i:i:i:i:i:...  ___  :i:i:i:i:i:i:i:.            ̄ 、   :i:i:i:i: :i:i
    i|:i:i:i:i:i:i:i:i_,、-:i'":i::..⌒ヽミx :i:i:i:i:i:i:i:.           \  :i:i:i:i:i :iィ
7  / i|   '":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. ∨ニ- _:i:i:i:i:i:i.            \:i:i:i:i:i/7 _,
' ∧ |       :i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. 丶ニニ=- _:i:i.         /    ./:i:i:i:彳 ̄/
 :|:i:i∨:i:i:i:i::::...       :i:i:i:i:i:i:i::.  -ニニニ=-  _     /    ./ :i:i:i:i/ /
 :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::..     :i:i:i:i:i:.   ` -=ニニニニ=‐┤  _/ :i:i:i: イ-|
: /     :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..     :i:i:i:i:.  _ -- :i:  ̄  ̄ ̄´_ =三 :i:i:i:i参リ   「……だ、そうだ。
〈           :i:i:i:i:i:i:.    _,.。 *''" ___\ ヾ    ̄¨  :i:i:i:i|__/‐z    俺も杏寿郎との―――此度は命を賭けない約定だが、
〈            :i_,.。 *''" _,.。 *''上  l{__/\\___      :i:i:i::. ̄ ̄     試合という形で勝負をしたい。
/         -ィ彡r―<_人  弦 /丶--- >―┘       :i:i:i:i\:i:i
〈         ' ⌒ \/⌒ _/>r‐r <丶 >:i:i:            :i:i:i:i\     ならば命の代わりに賭けるものが欲しい。
/             〉-<∨{ ∧┘≦  :i:i:i:i:                 \    ランサーの願いに便乗する形だが―――
             _7___ _ _/:i:i    :i:i:i:i:               /     無惨様に利益を持ち帰りたいのと同時に、
             ⌒:i:i:i:i: ̄ .i:i:i:i:    :i:i:i:i:              /l      俺も杏寿郎との戦いに執着している」
               .i:i:i:i:  .i:i:i:i:i:   :i:i:i:i:i            /  /  '
              .i:i:i:i:i  .i:i:i:i:i:i   :i:i:i:i:i
\          ..:i:i:i:i:i  .i:i:i:i:i:i    i:i:i:i:i:i                /∥
             ..:i:i:i:i:i  ..:i:i:i:i:i:    .:i:i:i:i:i:         ___./ ∥
  /\     .:i:i:i:i:i:i  ..:i:i:i:i:i:i    .:i:i:i:i:i:i:        /_/レ'  ∥
 ̄   丶 ...:i:i:i:i:i:i  .:i:i:i:i:i:i:    ..:i:i:i:i:i:i:i        ./ー┴ '"    ∥




                           _ --ミ
                       ''"゚~ ̄~゚"''  ヽ
                     /               `\
                   /            \Y⌒ヽ=‐'
                 / /              Y⌒Yノ   「これですよ! もー戦闘民族!」
                  / /     |     |    乂_ノ ,
                   /         |     |       ′
                 /     |  /|     |  |   |  ,
            _彡   |   | / |     | 、 |   |  ′
                ' |   |   |/ \八     //\|   |   `_
              /  |   |  ィi灯うミ、   ィう灯ミメ   |   \
.             人  | .八  八 乂ン \ /乂ン ノ  /  |    )
            _jI斗ゥ七|\ | ""     ′   ""   /|≧s。.,_/
          /ニニニニ/|  込、    --、  u ムイ |\ニニニ\
.           _‐ニニニニニ  |   |:〕ト ( :::::: )  イ: :l   |  ∨ニニニ_
         _ ‐ニニニニニ/ 人   |: : :.\`¨´ /: : : :|   /   Vニニニニ _
.       _ ‐ニニニニニニ/    )>。,乂 _∧__/\__ムイ    ∨ニニニニ\
.     /ニニニニニニニ/__  |   } V ', /i:/  {   |      ∨ニニニニニ\
    /ニニ二二二二>''~ : /\」   \ V:∨ /_- |   |/⌒≧s。_」ニニニニニニニ\
    ‐=ニニニニニ/ / : : /.二/ ‐-i   〉i:i:〈 / |  / 二|: :∧\ニニニニニニニニニ_
.   {ニニ二二二{// : : /ニ/   ,  /i:i∧:',  ,  寸ニ|: :o ト └┐ニニニニニニニ}
.   {ニニ二二二}  |:O: :| ハ       〈i:i/O V:〉   ;   \\_」| \ノニニニニニニニ'
    \二二/ \ L_/(辷〉    i    \         ┌ \ニ|/: :\ニニニ>'´
     `¨ く : : : : : i{ |i:i:(辷{┐   |     ハ     |  ┌{リi:i:i:寸: : : : : :><
       /  \ : : 八{:i:i:i:(辷乂┐|    {|}   |┌‐リi:i:i:i:i:i:i}: : : :/  )
     八  / \ : 込、i:i:i:i:(辷乂  \ヽノ /  ┌{リi:i:i:i:i:i:i:i:iノ: :/ { /
       \    /{ : :_}≧=‐---‐=ニ¨⌒~~~~⌒¨ニ=‐--‐=≦i{:_:_} \ / \
      / ヽ イ __}// √i:i:i|\i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i/:i:i:i:i:{ニ{ 〈_   ヽ  }
.     /  /  乂_ノニ√i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i{ニ___)     ノ
     {   '     }/ニ√i:i:i:i|i:i:i:i:\|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i|i:i:i:i∨ニ_ \  く
      \     //ニニ√i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:∨ニ} / /  \

9119 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:15:41 ID:43NjwrO7


             ヽ、          ''"゚~ ̄~゚"'' r‐‐ミ
               \ ─-/ /   |   γ⌒ヽ
                 ̄/  /      |    乂__ノ__ノ
                /        |  |/   |   |  ',
                    \|    | /\|  |   |
                  /イ   ィzzx  ィ灯うミk /   | |  i  「……ま、確かに何もなしで試合したら。
                    ' |  弋」\_| 弋'ノ ノ /   | |  |   煉獄さん、どうします?」
              {  |   } 、       } /|    | | 八
                  人   {       }/ |    /
                     /\人  {    ) uノイ  / /  | \
                 / |   \__ , 、< | }/}/ /  |
                 /⌒ |   | |_ハ /|  /⌒(⌒)ノ__   }
                      |   //(_/\∧_」  /  /  )」 ⌒\ノ
                      | // (__/⌒〉// 」/  /  ノ」 /  |、
                     ∨/(__/  ///  \_/{  }ニ|/    | \
                   _、  ``ヽ //   -─‐ノ  {ニ|    ∧  }
               rく _ノ  /// |/   /  {  ]ニ|    ∧ノ
               /{  )   〈/ }/ /    _ノ ノム!       \
             _‐ニ{  }┐ /  ,/   /  厂⌒ ノニニム      }\
            /ニニ乂  }┐  ∥     _ノ  _ノニ|ニニ‐_>─<_ノ  }
              {‐=ニ二{  }┐ {   _ノ⌒ _ノニニ|ニニニ}/⌒\} __ノ
            ‐=ニニ乂  }  { ┌'⌒ _ノニニニニ|ニニ‐ |     |  \
               \ニニニ乂 \_ノ   __ノニニニニニニ|ニニ/ |     |    )
              / ‐=ニニ乂>‐‐<ニニニニニニ二/ニ// |     |   <
                /    // ∨ニニ二≧s。ニニニ=‐イニニ|ニ|     ∨⌒ \
            /    / (   Vニニニニニニニニニニ二二二|ニ|     |   / ノ
              /    / /\  \ニニニニニニニニ二二二二∧     |  /\
          /    /  {  ∨  ∨ニニニニニ二二二二二∧    |∨    )
            /    /   \ イ  ノ∨ニニニニニニニニニニニニニニ|    |‐_  /
    ___ へへ__/     /   / ヽ  ハ ∨ニニニニニニニニ二二二|    |ニ\ \
  / / / / /  ̄  /    {      }  }\ニニニニニ二二/ニニ|    |ニニニ\ )
 ̄└L〈_〈>'~   /_   \ ノ / /ニニ\ニニニニ‐/ニニニニ|__   |ニニニニ_
      └─<⌒        ̄⌒¨¨冖¬-=ニニニヽニニニ/ニニニニ二| ├┐|ニニニニニ‐_
                                 ̄⌒¨¨冖¬| | | T ┐ニニニ‐_
                                        と二L人人人_ノ   ̄⌒¨¨冖



    /∧ _,.彡';';';';';';/            \::::::::::::::::::{  ]::::::::::}、  \  _   \
 、__/ノ,∧ ̄ア';';才゙~___   \         ノ::::::__::::::::::廴,フ:::::/_]   _`く   \\
    ̄/ ,∧孑'~ _,,ニ===..,,_ ヽ,\      _{_二三_____:::::::::[  } i  {~フへ   Y
    // ー=≪´ { f'゙oヽ }`ミ         ´'"zf=宀`¨¨¨¨~`::::::{  ]/  「`{ 、__ノ}  |\
ー=ニ∠ イj .∧ ~''x乂 ー'_ノ,,..ム         ´\:::::::::::::::::::::::::::::} /  .|  } r-ノ /\
       j/ /や     ̄                  }::::::::::::::::::::f^Y/ /  V´_/ ./
    / /| i やーへ       j         {::f⌒i:::::::::::|  ̄]′i ト、 \ /\    【1D10:7】
     ̄ \| i,/や:::::::::}        ′        |:::|  |:::::::::::.   /   |  /\   \
        V / や::f~      \  '^       j::::| j::r-、::::i / i   L/`、  \
        /イ「,∧:::`^ヘ                人;;j |::|  }:::i / / |   | ∧ ゙、  ヽ
         jリ i ∧:::::::::,,  t、,,_    __,,,...:::’::、  ):::V:::::::/イ  |  トV,∧   \
          /人| } '寸[   f゙:::::::::::__:::::::::::::::r、;;;ノ  弋乂:::/ |   、;;|/ .∧   i\
       <_ノ|/| i \   `;;;{    `;::::_:::::{       /  /;;V\};;;V::::::::∧|   |
      / ノ /;;;V;|\|\   ;;j    |;;{ }::::;    ,。 '’  /;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;V:::::::::jハ  |\
       ̄]  ̄ |;;;;;;;;;;;;;/| i `h、     し j;;;;;{_, く     j人;;;;;;;;;;;;;;|\V:::::::::∧ |:::::


1~3.武人として手は抜かぬ
4~6.開始即白旗、この間0.2秒
7~9.つまりボコっていいチャンス
10.殺さぬ範囲で前しっぽに執拗に殴打

9121 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:17:05 ID:VVfqerr1
全部選択肢「殺す」じゃねーかwwww

9126 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:18:33 ID:mcPhfIvM
>>9121
4~6は違うぞww

9122 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:17:10 ID:Ie366h4M
とうとう煉獄さんがストレスに耐えかねたぞ!!



9129 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:22:14 ID:43NjwrO7


|                                     )\/⌒マ⌒⌒~\
|_________________________/二lし(  〉    〉 |__________
|r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉| ̄|二) ) 〉      | ]|  ]|  ]|  ]|  ]|  ]| }     /
|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. |_|ニ{ //   / ̄ ̄\_]|_]|_]|_]|_]|_]|_/   /(
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニニ | |  /  /‐=ニニ\                   |二\
|                                     \_ノ\/  /‐=ニニ二二\                  |ニニニ)
|                                        /  /‐=ニニニ二二二\            |二/
|                    |\__/|/|                \/‐=ニニニニニ二二\            /ニ|
|                   /  )   /:.:.:.|                \‐=ニニニニニニニニ\     __/二/
|                    /| /    く:.:.:.:.:.:\               \‐=ニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/⌒\ニニ/
|       ]\/|  /[/[/ ∨      \ :.:.:.:.:.\              ∨‐/        _/      )ニ|
|.      |\]::::::::|/      〈        〈:.:.:.:.:.:.:.:.:|                ∨ / ̄ ̄ ̄        /ニニ\
|     И ::::::::::| / ̄ ̄ ̄ \     ⌒て⌒\|   ___          〈/           |\__/ニニニニ\
|       |\/|:::|     /     |\[ ̄\[ ̄\__//⌒\       /             \二二ニニニニニニニ\
|     _|  /|:::|   /       |\    \  \ /⌒\        /              ̄ ̄)ニニニニニニニ=‐
|.      \   ∨            |  \    \   ̄ ̄ ̄ ̄\       /              _/ニニニニニニニニ=‐
|       |    |/|__       人   \        ┌―く⌒\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \ニニニニニニ/ ̄ ̄ ̄\
|   __人     | 〔_/⌒\ イ   \   \     \_|:.:.:.:.:.:)__/                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           |
|  ⌒7   | ̄ ̄|  \  } |  |     |          \:.:.:/
|   ⌒7  | |v{ |ノ\ \/\j__/    |   \/⌒ ̄ ̄         「―――純粋な試合なら是非もない。
|    ⌒| 八|:::|   /||  \    |   |  |/||:.:.|               命も掛からぬ、物も掛からぬ、純粋に個人の
|      人(  ∨ 《以 |  :.:.:.:.\    |/)人_/:.:. |人:.:.|                感情のみで為される相対。
|         |\   jノ\:.:.:.:.:.\  |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./  )ノ
|         |:.:.:}__    | :.:.:.:〈⌒ 人:.:.|/]/                     俺がそれを拒む理由も、何かが掛からぬからと
|.         /:.:.:.|  └く(__\(\\|二)ノ                         手を抜く理由もない。むしろ―――」
|       (:.:.:.:.:.人      \_/) \/                  r㍉
|       )ヘ:.:(  )        (  | ̄          / ̄ ̄ ̄} { ̄ ̄ ̄ ̄\
|           | \        /\|        /      /  |         \
|__       |ノ⌒)    /          r㍉      / ∧ |         \
|二二\             /             /|  |     / /  |               \   ____
|ニ/ ̄\     __/           / /  ノ    // ノ人       \\  |/ ̄\㏍\
|ニ(___  \__/              ( ̄ ̄   |  ( (   (   \        \\     \㏍\
|ニ/⌒   /     /           / ̄ ̄)  |   )   \\  )          \     \㏍\
|ニ(     /     /         r㍉__/  / /        ) )              |      \㏍\
|ニ)  /     /       /) )     /   (
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






________________________________________
|     )        |                                 /           |
|\_/        |                      __)\__/{/|   \ 全  俺    \
|    全.  こ    |             __)\}\__/      /ニ三Lノ〉  | う   は     /
|    て  れ    |            Ζ三三三)\∧     /(三三三Ζ  | す  俺     |
|    ぶ  ま   |              Ζ三‐く \  ∨ / /  ̄ ̄Ζ ̄\| る  の    |
|    つ  で    \           ̄ ̄〉 \ \ V  /      Ζ \/ //   責   |
|    け   の     \            /⌒ / ̄ ̄ ̄ ̄|i:i:i:|\  ̄\ \゚ ゚   務   |
|    る  恨      /             ⌒7  /         /i:i:i:i|_)、   \|     を    \
|    //  み     /                /   |\ノ\    {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|\  ⌒|         /
|   ゚ ゚         \   ___)\_〕   |\  |    〕i:i:i:l⌒li| l⌒Y_/         /
|__          /⌒\ ⌒7     ⌒7  |{⌒\_〉 ( /⌒|i:|_|i|∧ |\   _____/
|  \      /  __/⌒~⌒\/(   /⌒八 廻_〉   ‐=彡i:i:i:i:|  V|  |/\_
|.   |/ ̄\/  /⌒゙   \  | :.:.:\___/ |i:i:i:i:|  }      |i:i:i:i:i|\ \_\ 〈⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| __/⌒\        /      } /:.:.:.:.:.:.:) ⌒) 人i:i:i:|  `      |⌒}/|  )  /⌒)  \淡炎炎炎炎
|⌒゙    |‐=¬冖T爪     /( ̄\:.:.:.:(  ( (  \| 、__ア{ /ニ\(  \   \( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| }  } |        \__/⌒゙   ノ:.:.:.:.:)―)/)ノ⌒\  ー   // ̄ ̄)人ノ\)  )\__/ ̄ ̄\
|     \_」L⊥└{     __/:.:.:.:/   (三(     [≧==≦[ ̄   /    /\__/
|        ノ   /|    }}  /|\_ノ    )人)   /ニニニ/                 \
| / ̄ ̄ ̄\_|\|___/ |/     / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           \
|/二ニニニニニニ\ニニニニニ|_____/              \             |
|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\                          |
|二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\                        \
|二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|\                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|......\                  /
| ̄\二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\.......\           /
|   \二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニ\         ー=彡
|   / ̄ ̄ ̄\二二ニニニニニニニニニニニニニニ\
|   (⌒\.................\ニニニニニニニニニニニニニニニニ|
|       )................./ ̄ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ|
|  ___/..................(__/  /..........(         __  |二ニ\
|/........................................./  /.................\__/(⌒  |ニニニ\
|............................................(__/......................................... \/|ニニニニニ\
|.../ ̄ ̄ ̄\........................../ ̄ ̄ ̄ ̄\................〈ニニ\二ニニニニ\_________/
|/        )...................../           ).............../\ニニニニニニニニニニニニニニニニ/\__
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


              BGM:



                      _  -‐…‐ }\ _
                   <_ -‐-<  }/ ∠
                 /   -‐ ‐-、\}/ 二>
                 ア¨/  -‐ >¬<< _\
                 {/'/ /-< }:i:{ . /:i:>、\ ̄\
                 { / /V:Vi∧}:i:{ /:i/:i:∧  { ̄   「ふっ……これは俺の目が節穴だったか。
                / /V:V:Vi:i}}:i:{{:i/:i:/:i:∧ .{      そうだな、何も賭けなくても俺とお前は好敵手。
                 ∧ \:}:i:i}}:i:{{:{i:i:{/ ∧ノ       互いに相対したならば、全力での勝負あるのみか。
                  V∧`'<_>、}}:i:{{, <_>'゛ / /
                 \':i/i:i/ }iii{ VViV/        杏寿郎、謝罪しよう。俺は貴様を、まだ低く見積もっていた。
                      /‘/ :、 `´ , \‘\___       故に再度言おう」
                 __/   V\ `¨゛ /{∧ : :\   "''<
          /     {: : : : : : }匁≧≦彡'^,: : : : :V /   \
            /       {: : : : : /:i/二}:i:{二V∧: : : : : :V__   `、
               /{: : : : /:i:i{  }:i:{  }:i∧ : : : : : V:i:∧  /i7''+、
         {   /:i:i:」: : :./三I{  }:i:{  }I三\ : : : : :VV∧ /i/ /i/\
.          /{    }:i:i:{  ' : /ΞΞ   }:i:{   ΞΞΞ:、: : : :} VVi/ /i/   \
       /: :∧_  }:i:i:{  _VΞΞΞ .}:i:{. ΞΞΞΞL: : :}/i/ ..i:i<   ', 丶
      / : : : : :{三ニ‐‐‐ニ三∨¨¨¨゛  .}:i:{.  `¨¨¨¨゛ /V: }i/ ..i/\\  ',  \
    /.: .: : .: .: .:{   ̄¨¨ ̄  }≧===≦i:i:{ ≧===≦ / ,V}\/   \\      ヽ
    ¨ ̄ ̄ ̄\{三ニ‐‐‐ニ三 }\/`"''' }:i:{ ''"´ , ///∧ : : "'::o。,,,__ Vi〉‐''゛   /
          {   ̄}:i:{ ̄  l\ヘ   }:i:{   ∧ / ,/⌒^\_/  7/i/¨゛     ,
                }:i:{   :℡l  `¨¨ }:i:{ ¨¨゛ } //        //i/     _
            ,   }:i:{   _匁三三, }:i:{ ,三三彡イ{        :/i/      `
             ‘.  }:i:{   :℡_     }iii{    _ .ィ∧       .i:/     _
          ∧. }:i:{   匁三三 ‐≡‐ 三三彡'^∧       :/     `
/ ̄ ̄ ̄``'< { ‘, }:i:{   ℡_ `¨¨¨''''''¨¨¨´  _,,..ィi:i:i}  __,′   _
           {   }:i:{   匁三三      三三彡‐<=ミ  ¨‐- /
             ,  }:i:{   } ̄¬ニ___ニ¬ ̄/i/:i:/i>‐、`¨゛ .:i/___
              , }:i:{  八‐- _     _ -/i/:i:/:i:/i/`¨¨¨¨゛⌒  \_
     :l|||l:      ‘  }:i:{  ,\ \   ̄¨¨¨¨ ̄/ `(:i:/:i:/i/   /       \ \





 --  >-
  //   :i:i:i:i:i.
/7 :i:i:i:.    :i:i:i:i:       、 :i:i:i:
: 〈   :i:i:i:i. __:i:i:i:i:.      _\:i:i:i:    丶  \
. /::.. __ -=ニ≠≠ニ=-- __/   〉:i:i \   .i:i:i:丶  >
/ ‐":i:.  :i:i:i:.  :i:i:i: ̄ ̄     /:i:i:丶  `ー=、_ 〈          \      /
'"  :i:i:i:i.  :i:i:i:  :i:i:i:i:     彡 .i:i:i: 〉 .:i:i:i  ̄:i:i 、乂         /∧  ー―‐           {
 ̄乍=≠宀宀ー :i:i:i       :i:i:i/ :i:i:i  .:i:i  ⌒        /∧                \___
  ∨\_人 ir ┴ ミ=-        :i:i:i: 〃:i:i_ -≠宀ニ          ./∧        お           /
   .∨ ̄ 〉从上弦)-くヽ     :i:i:i:  / >--〈__/i| :}             j     杏   前  や      /
   」i ̄/--イー≦ト-- 》     :i:i:i. / 》人参 ノr‐i|从           <     寿   は  は        {
  彡彳r ':i:i:i: ̄:i:i:i:  ̄  ̄     ⌒ヽ≧r幵幵┘_|lL          __ )     郎   ペ  り       丶
    .:i:i:i .i:i:i:  .i:i:i:           r '  :i:i:. :i:. ̄:i:i:    _____/      !!!    ン
  ..:i:i:i  .:i:i:i: .:i:i:i:       /   |/   :i:i:. :i:i:. :}     丶              コ
..:i:i:i:   .:i:i:i:i  i:i:i:i               :i:i:i.  :i:i:|       \            マ
i::i   ..:i:i:i:i:  .:i:i:i:   _   -――――-  _   :i:i:.   |            ヽ          に
  .:i:i:i:i:i  :i:i:i:_,  '"                 〉 :i:i:i:. l          /         .な
..:i:i:i:i:i:i  :i:i:i: \ ┌―――――――‐┐/   :i:i:i          /          .れ
:i:i:i:i:  .:i:i:i:i  丶\|::::::::   ̄ ̄ 丶:::::::::|/     /        ⌒7
:i:i  ..:i:i:i:i      :::::/         :::: /               7
  ..:i:i:i:i         ‐、_∧      .∧:/    '           ⌒ヽ
..:i:i:i:i:i:          \  丶__/ /     /              |
                   \     /    /

9130 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:23:04 ID:mcPhfIvM
これまでの恨みwwwwww

9131 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 11:23:50 ID:Ie366h4M
全力で火に油を注いでいくスタイルwww



9134 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:25:06 ID:43NjwrO7


            {\/    \ ̄ ̄\ . \   ∨////  -‐… '' ¨L_
         __{  `¨¨¨¨¨゛   \   、   、\   .∨  / ___   /
         \     >''"~~~~゚"''<_\__\l   } }  /  _ ∠   く   「永劫無限、無惨様の横に仕え!
     _ ‐ニ:.:.:.:.:〉 >' ゛  _ 二二>''~{:i:i:i:i:i}~\/,ノ∠ -‐   フ     \   俺と共に腰を振り続けよう!!」
  _ ..‐ニ.:.:.:.:.:.:.:.:./      _ ‐ニ~':    {:i:i:i:i:i}   二フ /¨\<_ -‐…‐-  }_
..‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<_ 、 -‐=ニア\   } [   {:i:i:i:i:i}  「r‐ '゛ .ィi:i\ ニ=- ‐=二/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ ‐ニニニ‐ / /\:i:i:\乂ヽ  :i:i:i:i:i:  ,ノノ /:i:/ ̄^>、\     く
\.:.:.:.:.:〈‐ニニ二7/ //:i:\\:i:i∧ : }   :i:i:i:i: (イ /:i:、'゙ .ィ:i:i:ニ‐_ \ \ \
  .>‐ァ¨ ̄ .:.:. < / i\\i`、 Vi:∧^二ヽ:i:i:i: /´ニ,':i:/ /:i:i/ .ィ:i: 、 \ 「二`
/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉 ,/{ ̄~`'<`、‐=彡'^ヾ }:i:i:{ /, ‐ニミ=-i/‐ァ:i:/}‐<\  \:.:.::.:‐.._
  ,/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ イ⌒',\ ̄`'<}_}:i:i:}ヽ  }:i:i:{  ィ:i:i{ {:i:i:L-七(_ ∧ V、\「⌒.:.:.:.:.:.:.:...
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| {⌒', ⌒「^'r‐ぇ、`ヾ..: }:i:i:{   ,レ',´-‐='T'^「⌒∧ } . }/\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、V/^ ‐┴-乂ξ冫)L }:i:i:{  /_, 乂参ノニ┴ /,// /.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `、⌒/i/ /i:/^7i:/⌒` :i:i:i:i ^⌒V', V∧ ViV⌒ /.:.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \,〈 /i:/ ,/i:/    ノi:i八   V', V∧ ∨ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Υ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧//i/   "~ ̄~"     V'、\∨T{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : /v∧゛i/\    ^ __ ^   /\ /}:i:} {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:. |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ,′Vi∧__j } ¨‐=_    _=‐¨ ‐、_ イ/:i:i: {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `、.:.:.:.:.: |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :' ノノ∨∧゙く    `¨¨¨¨゛    / /:i:i/  ゚。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,: ‐_.:.: /!
, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,'\  V:i:\ 丶        _ ‐//i:i/   .ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /   V//
‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'   \/:i\:i:i〕iトニ-,,_ ,‐ニ_、‐ニ:i:>∧ _ィ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     }/
 \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{   /:i:>、i/\^<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>''゛ V-ニ¨:i:i∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      }




|                                     )\/⌒マ⌒⌒~\
|_________________________/二lし(  〉    〉 |__________
|r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉| ̄|二) ) 〉      | ]|  ]|  ]|  ]|  ]|  ]| }     /
|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. |_|ニ{ //   / ̄ ̄\_]|_]|_]|_]|_]|_]|_/   /(
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニニ | |  /  /‐=ニニ\                   |二\
|                                     \_ノ\/  /‐=ニニ二二\                  |ニニニ)
|                                        /  /‐=ニニニ二二二\            |二/
|                    |\__/|/|                \/‐=ニニニニニ二二\            /ニ|
|                   /  )   /:.:.:.|                \‐=ニニニニニニニニ\     __/二/
|                    /| /    く:.:.:.:.:.:\               \‐=ニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/⌒\ニニ/
|       ]\/|  /[/[/ ∨      \ :.:.:.:.:.\              ∨‐/        _/      )ニ|
|.      |\]::::::::|/      〈        〈:.:.:.:.:.:.:.:.:|                ∨ / ̄ ̄ ̄        /ニニ\
|     И ::::::::::| / ̄ ̄ ̄ \     ⌒て⌒\|   ___          〈/           |\__/ニニニニ\
|       |\/|:::|     /     |\[ ̄\[ ̄\__//⌒\       /             \二二ニニニニニニニ\
|     _|  /|:::|   /       |\    \  \ /⌒\        /              ̄ ̄)ニニニニニニニ=‐
|.      \   ∨            |  \    \   ̄ ̄ ̄ ̄\       /              _/ニニニニニニニニ=‐
|       |    |/|__       人   \        ┌―く⌒\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \ニニニニニニ/ ̄ ̄ ̄\
|   __人     | 〔_/⌒\ イ   \   \     \_|:.:.:.:.:.:)__/                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           |
|  ⌒7   | ̄ ̄|  \  } |  |     |          \:.:.:/
|   ⌒7  | |v{ |ノ\ \/\j__/    |   \/⌒ ̄ ̄
|    ⌒| 八|:::|   /||  \    |   |  |/||:.:.|          「保ってくれ、俺の心。そう願う必要ももはやない。
|      人(  ∨ 《以 |  :.:.:.:.\    |/)人_/:.:. |人:.:.|            命は取らんが―――そろそろ本気で怒っていいよな!?」
|         |\   jノ\:.:.:.:.:.\  |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./  )ノ
|         |:.:.:}__    | :.:.:.:〈⌒ 人:.:.|/]/
|.         /:.:.:.|  └く(__\(\\|二)ノ
|       (:.:.:.:.:.人      \_/) \/                  r㍉
|       )ヘ:.:(  )        (  | ̄          / ̄ ̄ ̄} { ̄ ̄ ̄ ̄\
|           | \        /\|        /      /  |         \
|__       |ノ⌒)    /          r㍉      / ∧ |         \
|二二\             /             /|  |     / /  |               \   ____
|ニ/ ̄\     __/           / /  ノ    // ノ人       \\  |/ ̄\㏍\
|ニ(___  \__/              ( ̄ ̄   |  ( (   (   \        \\     \㏍\
|ニ/⌒   /     /           / ̄ ̄)  |   )   \\  )          \     \㏍\
|ニ(     /     /         r㍉__/  / /        ) )              |      \㏍\
|ニ)  /     /       /) )     /   (
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

9141 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:29:00 ID:43NjwrO7



|                                     )\/⌒マ⌒⌒~\
|_________________________/二lし(  〉    〉 |__________
|r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉| ̄|二) ) 〉      | ]|  ]|  ]|  ]|  ]|  ]| }     /
|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. |_|ニ{ //   / ̄ ̄\_]|_]|_]|_]|_]|_]|_/   /(
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニニ | |  /  /‐=ニニ\                   |二\
|                                     \_ノ\/  /‐=ニニ二二\                  |ニニニ)
|                                        /  /‐=ニニニ二二二\            |二/
|                    |\__/|/|                \/‐=ニニニニニ二二\            /ニ|
|                   /  )   /:.:.:.|                \‐=ニニニニニニニニ\     __/二/
|                    /| /    く:.:.:.:.:.:\               \‐=ニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/⌒\ニニ/
|       ]\/|  /[/[/ ∨      \ :.:.:.:.:.\              ∨‐/        _/      )ニ|
|.      |\]::::::::|/      〈        〈:.:.:.:.:.:.:.:.:|                ∨ / ̄ ̄ ̄        /ニニ\
|     И ::::::::::| / ̄ ̄ ̄ \     ⌒て⌒\|   ___          〈/           |\__/ニニニニ\
|       |\/|:::|     /     |\[ ̄\[ ̄\__//⌒\       /             \二二ニニニニニニニ\
|     _|  /|:::|   /       |\    \  \ /⌒\        /              ̄ ̄)ニニニニニニニ=‐
|.      \   ∨            |  \    \   ̄ ̄ ̄ ̄\       /              _/ニニニニニニニニ=‐
|       |    |/|__       人   \        ┌―く⌒\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \ニニニニニニ/ ̄ ̄ ̄\
|   __人     | 〔_/⌒\ イ   \   \     \_|:.:.:.:.:.:)__/                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           |
|  ⌒7   | ̄ ̄|  \  } |  |     |          \:.:.:/
|   ⌒7  | |v{ |ノ\ \/\j__/    |   \/⌒ ̄ ̄              「壱の型、不知火!!」
|    ⌒| 八|:::|   /||  \    |   |  |/||:.:.|
|      人(  ∨ 《以 |  :.:.:.:.\    |/)人_/:.:. |人:.:.|
|         |\   jノ\:.:.:.:.:.\  |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./  )ノ
|         |:.:.:}__    | :.:.:.:〈⌒ 人:.:.|/]/
|.         /:.:.:.|  └く(__\(\\|二)ノ
|       (:.:.:.:.:.人      \_/) \/                  r㍉
|       )ヘ:.:(  )        (  | ̄          / ̄ ̄ ̄} { ̄ ̄ ̄ ̄\
|           | \        /\|        /      /  |         \
|__       |ノ⌒)    /          r㍉      / ∧ |         \
|二二\             /             /|  |     / /  |               \   ____
|ニ/ ̄\     __/           / /  ノ    // ノ人       \\  |/ ̄\㏍\
|ニ(___  \__/              ( ̄ ̄   |  ( (   (   \        \\     \㏍\
|ニ/⌒   /     /           / ̄ ̄)  |   )   \\  )          \     \㏍\
|ニ(     /     /         r㍉__/  / /        ) )              |      \㏍\
|ニ)  /     /       /) )     /   (
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                   }   ィ/}__
              / }/  /  └─‐ァ _
              //    / /   /}   ̄ /
          _/  { ,/ /  ,/ ,/  }/}  \   「血鬼術・破壊殺!!」
           >   { / /   /      -‐  ̄ >
          __,/ { {  { / / >--< __  _ >
         \ , < ̄\{>:「:i:i|  /:i/ /i:>、   `>
         / /  ,ィ(_  V∧  {:i:{ {:i:{ }>、 /⌒ヽ
         { ,イ { {<:i:i:\ V∧ .{:i:{ {:i:レ' ,ィ V(⌒i }
          7  { {:i:i:\:i:i:i:. V∧{:i:{ レ'/^|l  〉,/./
             ⌒八 V\:i:V∧ `、∧:i:V¨゛  八__{ /      _  -‐……‐-  _
           ^八_,V<=‐…-ミ V', 〈_ -彡'\>'¨   _      \:i:i\:i:i:\
                (へV\___,,.〉 V〉⌒\:i:\:} 〉‐‐<          \:i:i\:i:i:\
                \ `、}:i:}:i:}:i:}  、    `¨¨八.:.:.:.:.:.:.:. 〕iト        \:i:i\/∧
                   _二∨i/i:ノ   `      /∧\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\___V/∧/∧
            _/.:.:.:.:.`‐-‐"~~"'::、  / V∧ \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \ ///////} //}
          / \  ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }イ ̄\'/∧/i\_.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  ̄}'//} //}
         /   _ -=ニニニ=-\.:.:/ ̄\:i:i:i:i:i:i:\ ̄\:i:i:i:i:i:\.:.:.:.:.:.:.:.:.`¨¨¨¨¨¨¨゛
           /‐/ ̄  \ ‐▽ / ̄/⌒マ ̄ ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄ ̄ /\_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  _‐¨        ▽: : : : :{   _}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i)     /.:.:.:.:.\.: ̄ ̄ ̄.:
        { {‐{       / : : : : : :>< \ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   {.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:.:
        { {‐{         / : : : : : /     , }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ   } \.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:
           {‐{      : : : : : : : : : : : : ‐' イ ̄ ̄ ̄ ̄「__}__\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           N'∧     : : : : : : : : : : : : /}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ` ‐-ニ:_\
             V∧      : : : : : : : : :、   ノ_ :i:i:i: イ:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         ̄\
           V∧      \ : : : : : `¨フ^}:i:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
               \',       \__ '  ノ:i:i:>''゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ }
                  ` =‐--‐=ニ.:.:.:.:.:.:. `¨¨¨゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  :}
              ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ,′






  !l    li                     \     \
 !i|    |i                       \   _\ フ    彡´
 i|    |i                         ゞ ,´ ヽ(く   二 ≡-
.i|    |i,, ,,                      〃ニ(\ ノ ヾ ‐ = ≡ニ      ―――ドガァッ!!
i|    ////                      ∥ i ヾ v´ ( 、  ` ヾ 、、
li    il////                       〃! /ヾ、ヽ \、ヾ\、 、、
il   i| ///                         v  ヾ\   \ ゙
i   i|! //                            ゞ\    ヾ、
l  |i  /                                  ゙\   ヾ、     , /
  |i                                   `ゝ   \    ///
  |i                                       ヽヽ  ゙ヾ  / //
 |i                                      ヾヾ、   \/ /
li|i                                    丶、!ヾ、   ./ /
|!                                      ヾ. ヾ、 // /
                                         、. ゞV  /
                                       、  巛// ////
                                        i iii〃、  //
                                     ヽゞ、_ , ,ゞ  //   /
                                     く    ´´    /
                                    ,, 〃   `゙i !   ,, ゙ヾ、、
                               ,,_ - ‐   !!〃       i^!  ヾ
                            ,, 〃´´    ゞ  て 〃 ゞ ゞ゙ そ´
                      ,,..´`彡´´ ´  ,, - ‐ ‐ ゞ〃ゝr`〃 / て,, <フ
                ,, ,, - ‐ ´´   ,, - ‐ ´ ヾ     /´´i !!>  /  /ヾ  \
           ., ,, - ‐ ´´   ,, ,, - ‐‐            /  /  ヽ   i // ヾ  / 丶
   ..,, - ‐ ´´     .,, ,, - ´               \i  |l ヽ ヾ li //  ヽ/
   ´     , ,, - ' '                     \ !| ヾ  ヾ  ヾ   !




                      !L
                      l l
                 、    l ..l
                  リ、   l  l  |.l
                  }ヽ. i、.!  . l ! l
                   ! ヽ.|゙i}  .l│ !
                   |  .゙'! ″  ...ll .l _
                   !       ″ .l ,!|
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_      l            l,! .l
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,│        ″ .!
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :、      !           l ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~゙lヽ,  、  .!              !  .!l   ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,.l,.\ 'ト、 .l              l l .l            _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,_l. ..ヽ l'、 .l              l ! !..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...         l、   l.  ヽ l.ヽ|           ネ .!./|        ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. .゙ぐ、,  .ヽ  .゙'レ'l|                |" l
/ / '::... `:.\、    ヽ \ ヽ  ゛               l .、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´ヽ \ ヽ                / /lゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------ヽ  \'、    .. /⌒i           |./ l  ,iリ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、wヽ,  .\、_,,..、 .|  / ,..-、     ″ ! ,i'゙/ フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W\  .゙ l   l | /´ l,、_ノ ,        l゙./ ./ヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛\ヽ,  |  i' '´_,,、           ド  !ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj\' !、 .|  し''´ 」           !  ,, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 Wヾ'!l|  ,,.-''´  .         l .,/ !ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'、,,,_ `'、| .|      ,、 r‐'l .r、、'"  ^フヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjw`'-,`"".l、_ノ     i ゙l.| ゙l / l゙    ,i′ハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj`'-、      │ ゙l | |/ l゙    /l;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj__ミッ      ゙l,,ノ '"│ /    ,,,,,ニ=-ハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:`'''ー┐ .___´  .l゙ l゙__z-⊥';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: \,l゙ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ




                                       , イ
                _  ____ >'  ̄ ̄ ̄ヽ- 、_ ,.. ィ  リ
             ィーュ、> '  ´    /⌒ー_、' ̄ ̄ `iー'´   /
         _/::::::{/        ̄ ヽノ´   i!     ,}_..>‐ '   ,
         r'::::ヽ,イ ./  , -‐ <    \   i|   /ヽ     _/l
         l:::::::/ /        、 丶    丶  レ≦z‐―vー‐<   /
         {::::/ /     、   ヽ   ヽ     〈   ヽ   }    }/
       У ,!      ト.  !\   マ    V  i}  ,j   _.乂
       ′Y !      |マ ト、 |\ V     V /,斗ャヤi{
          l l! { /{    | }.斗チ斥 ァ、V    v'_{_  i!  ト
       | |l Y |    { ,イγ ヽ ソ   V     il / | i!ム       ヽ
       | ト.l i| ム /{   、._乂゜彡    V    ゙,〈  i|  i| _乂__ ノ}
       | |iム Y ム:! { iト乂 ´    U !  i!  V  i!    ∧__..>'   「おい、なんか始まったぞコレ!
       | :从ハ '  l{ lト、{ `\       从 ! l 乂 i|     .∧        聖杯戦争と関連付けて考えていいのか
       l/ l人l ` ! ゝ、`   _ - 、   /i| .八 ト--`、       \       微妙に悩むレベルの私闘始まった!!」
       .ノ ノ_ )ヽ      \ v⌒^」   〈|lリ /  )'.。s≦⌒ヽ- 、   丶
        ._/ マヾ Y     l}__  ̄  .イ _ノ'ノ´/´  _    ∨     ` <
        rv}ヽ  \:l|      ノ、 ヽ‐くr'´,斗'´   ノ´   `    ∨        <
        | lj    「\   /く::}\i} /.V     /        _  ∨      \    <
        |.八   }  ー┬―ソ (_ん'_.∠ .イ     .イ´    ヽ ∨       \    <
        l  i}イ  .′   /    ノ ー≦´    /           Y ∨           、     丶
      ,   .! _        メ{j'/、        ..イ             li }   、
      }v   / / .≧s。...__ /  .)、 ー≦  У /           |i .ハ  ∧         丶     ∨
      l′  iレ       ん、/_,>――.イ /、             l/ l   ∧           、    ∨
      }    }′    ./  イ/  //   ./、Y{ \            从 !     |、         :
    ′  /      !/ i}  r'.ノ   '- 、 i|    、        /( .八   | ∨
   /          /  ハ .ノ/ _..ノ{   {    ヽ       / l   ヽ   | }        ト   l
  .イ            '   j .〉┴<.   Yヽ i|      丶    ,イ  乂    | l          i| ヽ
  ′    ,.ィ      .′  レ        .|  ヽ、      ,ー '八    \   ! !              }/
 l!  ,ィ  r' 〈   .ト ノ   ′        ゝ _」、    λ        {⌒ヽ           ′ ノ
 l! j { / /   ,.} ヽ ∨ {           ∧_  Y   / ′   .、   \   ′       /
  、| Y{  { / i!   V _ 乂           .人 リ\         ∧  \-ヽ .//l     /
  ∧ ム Y 乂___{   |(__≧s。.、___r―く { >-{ ヽ  丶.   ム  .∧/ ノ'   |
  { } .ム ゝ、      ヽ_>   ヽ    \  ≧s。.. l  iト   ヽ.  ム   ム     l   /
  乂\ 乂 `        廴_     ー-ュ_       l / ヽ  |\  l\ l     /
   ー=≦.._          ! `  _r'¨¨¨´ ̄       ∨   |\{  丶{  ヽ!   /    ′
       {`¨`-、 __ ノ   ( / ̄`                  |  ヽ、  `      /  /
        ≧-ー-、_.>―)                乂             / /
         )_人_ ノ、 }ー}              >           /´
            \  }/::∨           >
             \_∨___ ..>

9143 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:32:12 ID:43NjwrO7


                ,ィ´  ̄ `ヽ
                 {/ f´⌒`ヽ}
                 ∨∧   ノ'
               _,.斗ャヽ=-ー― -
            ,.ィ≦>              `ヽ、
          ,ィ'´_ア゛        、 \     ,ィfニ=ミx
            /' ア゙ /  /      }!  ヽ  ,z=v{    }!
         i{ /  / ,/  !       i{    V{  マ≧z彡':,   「ちょっとォ! 私達の方はどうすればいいんですかコレェ!?」
          V  :/ i  i{      }i、   V≧彡`¨¨´i :.,
            ,′ i  :!\/{  {  :! }! \ /     }  !  ヽ
        / i  !  | /\___ {  i .}__,ィヽ、 }   }   |   } ',
         /'´i  :!  i,.ィ==ミ、 {  | } ,ィ==ミ、 :!  }   !  { }!
       /   }!   :., .! ん心ーヽ__!__} ん沁  } /  ./ /.ノ‘,  }ノ
           ∧   ヽ i 乂_ソ //// 乂_ソ }/}  /}/´  ', !
           / ∧!ヽ{ `ヽー-/,ィi}////ー-r 、}/、 }!、 . ‘, }:.、
        { / /   {/ }u.//////////ヽ ヽ 〉}  }! \ ',
     ,.:'´ ̄}!_,/  i {、_ヽ、  rー   ̄ } Uノ / //   i!___}!
    ,/   /__:{   i .{ ヽ:.:.:`ヽ、ー―― ',.ィ´:.:.ーァ゛  /   ー:,
 ー ''゙/ ,/_ _ {   {V≦}:.:.:.:.:}ノ ``fi千{ {:.:.:.:.:.:./   /=-_、ー―
,/  /ィ____   ヽ、 .{=ニ/:.:.:.:./ /{ノ  _ノ}:.:.:.:.:.:{。 /≦ニ=} ヽ、_
i!  /'´    ̄}` ー `ヽ{_/:.:.:.:./、/,.へ'' ゛  ,}:.:.:.:.:.:}ニ゚;。ニニニ=!
i{ ,/     __ノ   r≦=/:.:.:.:./=}/*x*'\/゚*:.。_:.{,。*ニニニニi





          j: :丶: /: 、: : : : : : :/: : !: : : : : : : : : /: : : !: : : : 丶. _. . -    }    i!
           /: : : : /: : :∨: : : :/: : : :!: : / : : : /: : : : : i: : : : : : : _:>"    '    '
.       ∧ /: : : : /: : : : : 丶: /: : : : |: :/:i: :/: : : : : : : ': : : : : :_: : :≧-/  ,'    '
      ': :∨ : : : /: : : : : : : : v: : : : : j: : :/: : : : : : : : :': : : :斗:/: : : : :/   ,     /
     }:': : : :丶: :/: : : : : : : : : : : : : : /: : : /: : : : : : : /七: : : /: : : : :/   /    '
  \ /i: : : : : : \: : : : : : : : i: : : : :_:: : : :ィ: : : : : : /: : : : : : / : : : : :f  i _/    /
  ',: \i: : : : : : : : 丶: : : : : : | : :: : ヽ: :/ j 斗: :ィ: : : : : : :/, ⌒丶: : {- ル    /   「ンなもん決まってんだろー。
   ∨: :',: : : : : : : : : ∨: : : : : : : : :/ヘ:':、  "  }: : _: <: : :' '   ∨: : /    /      こっちもこっちで始めようや。
  / ∨: : : : : : : : : : : }: : : : : :/ '   マ:!    ´ ノィ : : : i !   } ! : /    /
. / /::丶: \: : : : : : : : \:`:<      ':i     _  ' ⌒丶乂 ノ ,' /   ,         ルールは、さてどうするかね。
 ' ':::/::丶: : : |: : : :_:ノ7'丶: :ヽ     i!  /´        Y / /   イ          令呪は―――残してやったほうが、
/ '::7::::::::: >: /!: ::/.,     丶: ,     }ィ:/  _        / ,イ   ` -= _        マスターどもの今後にとって役立つか」
 ,:::7:::::::::: ̄:::|:マ:,:::/、      ∨,  /: :/_斗:7         :}ゝ         ̄    -== _
 {:::i::::::::::::::::::::i! マ:,:::∧     廴ヽ/: ,ィ  そソ         〈ー ≧=-  _             `丶
 |:::|:::::::::::::::::::丶::マ,:::::: ̄丶,,_   }                .::::::::::,'    ニニニニ≧=- ,,__       Y
 、::|:::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::∧ ヽ                      j::::::::,    /ニニニニニニニニ',  マ ̄i!    !
 丶:、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∧::i                  /:::::::/   ,ニニニニニニニニニ∧  マ :!    |
   ゝ ,,___::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶                /::::::::/   /ニニニニニニニニニ/ ∧  マi    |
丶      \::::::::::::::::::::::::::::::::|   _ -     _      /::::::::イ    ィニニニニニニニニニ/   ∧  i!     !
   7ー― 、  \::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄丶 ー、_''"_フ     /- " _斗 ニニニニニニニニニニ/   _ >-!     |
   i     \  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|> _       /ヽ      `寸ニニニニニニニ,  γ    i    |

9147 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:38:38 ID:43NjwrO7


\ニニニニニニヘミY /7ミ//〃ヲ...Fニ
‐ニニニニ,彳フ.7  !.il  "   lil..i
≧ーヾオニフ7/.1  l..il      !l..i
≧フ/-/=/1:,'| \ l..il    ノ !l/
ノ/彡-/// ,i:L,,,_ i.i ヽ  シ ノ,iレ=   「令呪なし。マスターなし。バーサーカーとアサシン、纏めてこいよ。
フ/彡イ// 〃l_....二゙ヽ,,,ミ1j レ〃仁二    俺が勝てばクラウ・ソラスとやらの権利は貰うし、負けりゃお前らの総取り。
//////从ィ  k _ルj ` ~ハ ) x,,,,,´ ルン
ベ777ソ⌒レ  ゙`  ̄ /  1    ̄      俺やアカザ……殿の行動に配慮する意志があるなら、手ぇ抜くんじゃねぇぞ。
 /厂 Y行 v         |_          アサシンは霊核まではやらねぇが、まぁバーサーカー相手ならいいだろ。
    ヽ ぇ v       _,:.:.:.、
     \ミ v       ` ´          どうせお前、残る気無ぇんだろ?」
     τバ、     ィzー― -_、
     //7ハハ     ヒミ∠∠∠》j
   _///从バゝ    ̄,,,,,,,,, , ̄
 ー=≠´ 〃 ハハl\          ィ
     // i从ハヾi\      /lil
     ,'  ヾ 1リ 、ililliー――ィlilililili
        r ┴ ̄  ̄ ""|´⌒ ̄ ̄
  /`ヽ    lz=ニニニ  / rz====
ニ1   ニ_  ヒニニニニ  i  1ニニニ
ニ,   ニニニ/フ二ニニ  !  l=ニニニ
ニ!   ニニ‐‐ニニニニl  !  |――‐
ニ   ニzzzz二二二l  i  ニニニ二
フ    シニニニニニニ二_ |  iニニニニ
    ∠ニニニニニニニ」ニニニニニ
v.. ∠ニ=――――――-z____
〈ニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\........................!........... ̄
 <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.......  l.リ.....:.:.:.:.:.
  丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v   川.:.:.:.:.:.:.:.




                                    }ヽ
                           -‐…‐-  ノノ
                                  `ヽ、
                     / /     /
                      /       /     |   `、
                   / /    / ___|      |
                    / /   / / |    __|_
                     / /イ  ァ斧气 |   / /|   |
                      /    |  《 弋ソ  L_ァ斧ミ   / |
                 /     |/ | 、、     , 弋ソ 7 / 八|
                 / /    | | 込         、、//j/
              { |     | 八  | >、  `´  イ  /\   「ですね。マ、私が保護者みたいな形で残っちゃうと、
              八 |   _-=}⌒\|\__`¨/´.ムイ /  }    かえってマスターに悪影響でしょうし。
                 _\/二∧   ∨ /'^{∧ \|/ニヽノ
               /   /ニニニニハ   V\V/ \ /\ニ, \    そこら辺は煉獄さんやメメントさんや、あとは受肉するなら
.              {   /ニニニニニニ}     ∨〈/\> \  \}  }    アサシンに頼もうかなと」
.              人/〕iト.,,ニニニニ/   _〉  `、 `、 \_〉 人
             //ニoニ/ 〉二二{  / 二|i┐ ゙, rりi:i:V=_  ノ
              { /二〕i/ /ニニ二{/‐ニニニ|辷〉 } rりi:i:i:ヤ=_ \
.           八 〕iト.,/_/ニニニニニ/| |i二二| 辷〉/rりi:i:i:i:i:ヤ=_ ノ
         / /ニニニニニニ二二/=∟|i二二|i:辷/rりi:i:/i:iノヤニ_ \
        〈_/ニニニニ二二二/ニニニ二二二|ニニニニニニニ}: :.ヤニ_  }
     _/ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヤ: :.ヤニ_ ノ
    /  |ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニ二二|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヤ: :.ヤニ_⌒\
   _{   |ニニニニ二二二二|ニニニニニニニ二二|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヤ: :.ヤニ_  ノ
. /    ノニニニニ二二二二/ニニニニ二二二二|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヤ: :.ヤニ_\ \
/  /∨ニニ二二二二二〉ニニニ二二二二∥i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヤ: :.ヤニ_    )
    /  ∨ニニニニニニニ__/ニニニニニ二二二∥i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヤ: :.やニ_   /\
  // ̄i|ニニニニニニ厂ニニニニ二二二二二∥i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヤ : :やニ_\  )
.   /  __,人二二二/ニニニニニニ二二二二∥i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iや : やニ_  /
_/ 〈: : : : :〕h。.__/ニニニニニニニニ二二二∥i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:や : やニ_   )
 //\___}ニニニニニニニニニニニニ二∥ |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、i:i:i:i:i:i:i:iや : やニ /
(////ニ/ /〕h。 ニニニニニニニ二二二/i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、i:i:i:i:i:i:i `、 : ヤニ  \
(/// `〈_/:./.:..:./〕h。 ニニニニニニニ/i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`、i:i:i:i:i:i:i `、 ヤニ  ノ
└(/    ``<::/: : : :./〕h。 __/i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`、i:i:i:i:i:i:i:i‘,|ニ /
            /i:i:i〕h。:./: : : : : : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘,i:i:i:i:i:i:i:i:ヤ=}  冫
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|〕h。..,,_/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘,i:i:i:i:i:i:i:i:∨ /
          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘,i:i:i:i:i:i:i:i:‘,  )
      〈 ̄ ̄只 ̄ ̄〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘,i:i:i:i:i:i:i:i:i〉/
.      / ヽ/ |\_/i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:」 -‐ T ∧ 〉
        ト/ /乂 | | \_______⊥ -┬  T- Τ    }乂__ノ-- 〉ノ
.      / /〕iト | | __ノ--- 乂__ノ-- 乂__ノ--乂__ノ-- 乂_ノ___/
        〈_/   | | ̄ ‐-∟L_______  --‐ T ¨ ≪ニニニ≫
             L」     ヤ:||::::||:::||:|     ヤ:|| : ||::::||:|  /    |
                     ヤ||::::||:::||:|       ヤ||::::||::::||:| 冫   ノ



                                       , イ
                _  ____ >'  ̄ ̄ ̄ヽ- 、_ ,.. ィ  リ
             ィーュ、> '  ´    /⌒ー_、' ̄ ̄ `iー'´   /
         _/::::::{/        ̄ ヽノ´   i!     ,}_..>‐ '   ,
         r'::::ヽ,イ ./  , -‐ <    \   i|   /ヽ     _/l
         l:::::::/ /        、 丶    丶  レ≦z‐―vー‐<   /
         {::::/ /     、   ヽ   ヽ     〈   ヽ   }    }/
       У ,!      ト.  !\   マ    V  i}  ,j   _.乂   「そこは頼まれてやるが……。
       ′Y !      |マ ト、 |\ V     V /,斗ャヤi{       汝ら、向こうは良いのか?」
          l l! { /{    | }.斗チ斥 ァ、V    v'_{_  i!  ト
       | |l Y |    { ,イγ ヽ ソ   V     il / | i!ム       ヽ
       | ト.l i| ム /{   、._乂゜彡    V    ゙,〈  i|  i| _乂__ ノ}
       | |iム Y ム:! { iト乂 ´    U !  i!  V  i!    ∧__..>'
       | :从ハ '  l{ lト、{ `\       从 ! l 乂 i|     .∧
       l/ l人l ` ! ゝ、`   _ - 、   /i| .八 ト--`、       \
       .ノ ノ_ )ヽ      \ v⌒^」   〈|lリ /  )'.。s≦⌒ヽ- 、   丶
        ._/ マヾ Y     l}__  ̄  .イ _ノ'ノ´/´  _    ∨     ` <
        rv}ヽ  \:l|      ノ、 ヽ‐くr'´,斗'´   ノ´   `    ∨        <
        | lj    「\   /く::}\i} /.V     /        _  ∨      \    <
        |.八   }  ー┬―ソ (_ん'_.∠ .イ     .イ´    ヽ ∨       \    <
        l  i}イ  .′   /    ノ ー≦´    /           Y ∨           、     丶
      ,   .! _        メ{j'/、        ..イ             li }   、
      }v   / / .≧s。...__ /  .)、 ー≦  У /           |i .ハ  ∧         丶     ∨
      l′  iレ       ん、/_,>――.イ /、             l/ l   ∧           、    ∨
      }    }′    ./  イ/  //   ./、Y{ \            从 !     |、         :
    ′  /      !/ i}  r'.ノ   '- 、 i|    、        /( .八   | ∨
   /          /  ハ .ノ/ _..ノ{   {    ヽ       / l   ヽ   | }        ト   l
  .イ            '   j .〉┴<.   Yヽ i|      丶    ,イ  乂    | l          i| ヽ
  ′    ,.ィ      .′  レ        .|  ヽ、      ,ー '八    \   ! !              }/
 l!  ,ィ  r' 〈   .ト ノ   ′        ゝ _」、    λ        {⌒ヽ           ′ ノ
 l! j { / /   ,.} ヽ ∨ {           ∧_  Y   / ′   .、   \   ′       /
  、| Y{  { / i!   V _ 乂           .人 リ\         ∧  \-ヽ .//l     /
  ∧ ム Y 乂___{   |(__≧s。.、___r―く { >-{ ヽ  丶.   ム  .∧/ ノ'   |
  { } .ム ゝ、      ヽ_>   ヽ    \  ≧s。.. l  iト   ヽ.  ム   ム     l   /
  乂\ 乂 `        廴_     ー-ュ_       l / ヽ  |\  l\ l     /
   ー=≦.._          ! `  _r'¨¨¨´ ̄       ∨   |\{  丶{  ヽ!   /    ′
       {`¨`-、 __ ノ   ( / ̄`                  |  ヽ、  `      /  /
        ≧-ー-、_.>―)                乂             / /
         )_人_ ノ、 }ー}              >           /´
            \  }/::∨           >
             \_∨___ ..>




          | | |:|/   /          \     ∨  ,ィ=ミ、ヽ
        ノ ̄'   /           \  ヽ  |  {///ハ ,
        ,イ} /   ' |    \\    ヽ |  | ,、 乂'/ツ }
       ハシ /     ! | |       ヽ / ̄`| |  | |ー、___ノ
        | |    || |        | |   | |  | |  |`ttttz}
        乂_|    l_jI斗        .| |ヽ,ィ≦ミ|  , . !   |  ̄|
        | |    |ハ |\    || ,イんoハ l}. / .!  |   |    「……………気になるなら行ってきてもいいよ?」
        | |    /| _ィf示ミ    N  乂zソノ'/| | |   |
        | ヽ     ,イシん'o ハ\ /       / ,| | |   |
        |  \  ∧弋辷ン //        /.| | |   |
        |ヽ   \ ∧    ´      -v   /i.i| | |   |
        | ハ     ヽハ       乂⌒ソ   イ.i.i.i| | |   ,
        |   |    | |\           / ノ.i.i.i| | |    、
        |   |    | |.i.i.i≧===‐r<  _イハ.i.i| | |    \
        |   |    | |.i.i -――マ三三彡'' ヽ| | |------_.\
        |   |    | |/      / ハ     | | |-----_ヽ 丶
         /  /|    | |\.      〈 ̄/`〉    .| | |---/---|  \
 .       /  /-|/l   | |.  \   、∨/   /| | |-/-----|\   丶
       /  /|---l   | | //| ヽ____,/、| | |/-------|  ヽ   \


9149 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:42:11 ID:43NjwrO7




、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人
)                                    (
)   漆ノ型 盛炎のうねり! 伍ノ型 炎虎 !   ..(
)                                    (
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y Y


                                                   、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人.人
                                                   )                           (
                                                   )   破壊殺・空式! 更に乱式!   ..(
                                                   )                           (
                                                   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.Y




                      !L
                      l l
                 、    l ..l
                  リ、   l  l  |.l
                  }ヽ. i、.!  . l ! l
                   ! ヽ.|゙i}  .l│ !
                   |  .゙'! ″  ...ll .l _
                   !       ″ .l ,!|
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_      l            l,! .l
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,│        ″ .!
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :、      !           l ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~゙lヽ,  、  .!              !  .!l   ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,.l,.\ 'ト、 .l              l l .l            _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,_l. ..ヽ l'、 .l              l ! !..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...         l、   l.  ヽ l.ヽ|           ネ .!./|        ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. .゙ぐ、,  .ヽ  .゙'レ'l|                |" l
/ / '::... `:.\、    ヽ \ ヽ  ゛               l .、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´ヽ \ ヽ                / /lゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------ヽ  \'、    .. /⌒i           |./ l  ,iリ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、wヽ,  .\、_,,..、 .|  / ,..-、     ″ ! ,i'゙/ フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W\  .゙ l   l | /´ l,、_ノ ,        l゙./ ./ヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛\ヽ,  |  i' '´_,,、           ド  !ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj\' !、 .|  し''´ 」           !  ,, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 Wヾ'!l|  ,,.-''´  .         l .,/ !ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'、,,,_ `'、| .|      ,、 r‐'l .r、、'"  ^フヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjw`'-,`"".l、_ノ     i ゙l.| ゙l / l゙    ,i′ハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj`'-、      │ ゙l | |/ l゙    /l;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj__ミッ      ゙l,,ノ '"│ /    ,,,,,ニ=-ハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:`'''ー┐ .___´  .l゙ l゙__z-⊥';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: \,l゙ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ




          | | |:|/   /          \     ∨  ,ィ=ミ、ヽ
        ノ ̄'   /           \  ヽ  |  {///ハ ,
        ,イ} /   ' |    \\    ヽ |  | ,、 乂'/ツ }
       ハシ /     ! | |       ヽ / ̄`| |  | |ー、___ノ
        | |    || |        | |   | |  | |  |`ttttz}
        乂_|    l_jI斗        .| |ヽ,ィ≦ミ|  , . !   |  ̄|
        | |    |ハ |\    || ,イんoハ l}. / .!  |   |
        | |    /| _ィf示ミ    N  乂zソノ'/| | |   |   「………どうぞ」
        | ヽ     ,イシん'o ハ\ /       / ,| | |   |
        |  \  ∧弋辷ン //      u /.| | |   |
        |ヽ   \ ∧    ´      -v   /i.i| | |   |
        | ハ     ヽハ       乂⌒ソ   イ.i.i.i| | |   ,
        |   |    | |\           / ノ.i.i.i| | |    、
        |   |    | |.i.i.i≧===‐r<  _イハ.i.i| | |    \
        |   |    | |.i.i -――マ三三彡'' ヽ| | |------_.\
        |   |    | |/      / ハ     | | |-----_ヽ 丶
         /  /|    | |\.      〈 ̄/`〉    .| | |---/---|  \
 .       /  /-|/l   | |.  \   、∨/   /| | |-/-----|\   丶
       /  /|---l   | | //| ヽ____,/、| | |/-------|  ヽ   \




                           __
                      >  ´      `ー ―<
                 /              ヽ    ` <
                 /      . ィ    l       Y       丶
                  '     /           il         \
               ′  、/     /  '   l   l|             、
             / .  / ヽ、 ./}   ′   l   lL.. ____ _   〈     「…………………」
            ' /  .' ィト.`メ、 l! /   i!  !   i|__ヽ__\≧s、l
               l /! ./ 斗≧ミ、 メイ   |  |   .′ >'゜   `ブー、_≧s、
             ノ'八 ,′/ .バ 》´/     .'    i' /´   /´    _...ゝ、ム
          ! ̄ ̄ ) 、l_ノrっノ.ノ /   .′     ド、   /   /´  ___∧
           |          ̄  ⌒ 7 /  ./  ./、_ `下―― <´ ̄ ̄___ .∧
           〈、          ノイ  /   /  `ヽ} ヽ     ̄l`ヽ.._  ∧
             ハ〉             / /     /、__ >'゜ \_ト、       マ ̄ ¨乂       _.ィ
         /          _..イ_,.ィ´  /  . ′.`'<__..ノヽ}ヽ.   ′  乂―― '>-≠>′
           〈          ̄  /  ./  /     `ー、¨´\ト、/__       `'<.. __  <_
            > ... __         /   .'  / i!        ゝニ´=,〒⌒            ̄ ̄
                    `7ヽ   .′    .イ  |          / |
                  / ハ  l     / |   i|               |
              /  __.」-y   { ん~!   、 |          l|
                /イ 「_r-''/ 人 ハ{l 八    \l            |
               ノ'/ {{ .ノ´  ..ヽ. ┴-- 、   l     l    |
            /  }〕 . イ´     _   、  丶   八   |
            /   _l/   >-'´    ̄`  ー 、  \   丶    、
            /  ,..ィ´   /              \  ヽ   \  :.
        Y    |  __/                丶、  、  丶 |
          ! ./ _У´                     ム  丶   \
          ! /  {              ___       λ ヽ         、
         メ、 λ         .>' ゜        `     ハ ∧
            )'_{∧      .>'゜             ヽ〈: : !  ∧       ∨
           ´.ノy、 !ヽ>' ゜                   !: :i!   l!          V
        r〈/ } i| ト、                     从 |   l!        v
         / ト、  ト マ ` -                 /: : /    !
         .'  l| ヽ|マ \  ` - 、              {: : :′   |          |
         l   ト、  | ∨ 丶     >-= ::::...... __ 八: :l    リ          |
         |   l ヽ 、. ヽ、 `ー 、_              }:/    /




                                       /{ノ「
                                          f''  {
                         __            {,.ィ'Z≧、
                       >   ゜         ` <    ,.. イ _.ノリ
                    イ    /   - ― <      .> ゜ ̄ ̄  ,.イ´/
     ノー-、_     /               ` 、  ./`ー――,イ i}./
   .イー―_zr〈      '        ′           、  ゜く _,,..ィ'´ ,il  7
  〈 `r≦´   ..>、_/       ,        ヽ   マ.   ヽ、7'!  .リ V
  丶i{ `ーiト、´  .'   ./  /         、   マ    〈 リ  /v'   ,.イ
    \  i!ヽ-z-.′      .'  i|         l   !  、   ',  ノ′ _/ l}
     \{  \il   ′    i|         ト. i! ハ   .   V_,。s≦二ノ/
        `'<  l   i|   i|   !       - ‐十! オナ'ト、 l!   〈>―≠'./   「さぁ、聖杯戦争と関係ない飲み屋の乱闘めいた
         ` ┤  il    ト. 斗-        |_}'.ノ′}/トハ    .Ⅵ ./ /     喧嘩が起こってるがあれはなんだろうな。
      ト-z-―|   '.  ,イヽ { ヽ _      ´リ二≧=ミ、!    リ ,.イ
     ヽ {>、/i|    'v' i|  ,`ィニ\ 、 ,イ/ ,彳::::::ハ 》     iレ′l        まぁ私達は聖杯戦争をしようじゃないか!!」
       `'<.,仆   ∧  ',.ィ:::::ハ )'\{ ′  ,ゝ-- く l     i|   |
          `ス    ∧ィ{ 乂::::メ            } /  i|   l
             ハ    ∧` ~´               ノィ     !   !
             い    、乂         ′        λl     i!  .
              i ハ   丶_`>      r    フ   .〈∨     ′  :.
              |  v     }i:.、     `      ィiiiiii/    .′   ∨
              |   ヽ      マ≧s.。. _  .. イ liiiii.′   l       V
              l    }ト      Viト、}   ̄ _ .」!iil   .   !      v
           ,     ハ     ili|  ≧srr'´   l!ii| .′   !       丶
             /  ,イ ̄`.}      iレ、    i|    .人i{ λ ...斗 ――-、   :.
          / /           }、ヽ.  i|  ./  .〉、{ .、  :.     il   :.
          ./ .r'      |      リ \   i|_./ .イ  ヽ. \ .乂__) _.人  i|
         ,  マ≦二..._ ,      '..  丶 i| /´     _...>― ´    丶 !
         /       /   .′\   ヽi}r'_  > ' ゜ ̄         ヾ、 V
       l '       ′'  .' /     ー 、__,.ィ´                   l
         〈      _./イ  //ー、               斗 ― -    \′
        ∨  .イ     |   '/   ヽ、           _...ィ´        ` 、 /
          V´      l|  l     } ≧s。.. _ >' _ l               V
            |       八  i!    .ノ^V′      ∨ .V!             |
           !         \{    /⌒/          v'^ム             il



         /ニニニニ=-  _ ニニニニニニニニ=‐
        (ニニニニニニニニニ=─ _ ニニニニニニニニ=‐
         \ニニニニニニニニニニ=─ _ ニニニニニニニニ=‐
         rくニ=‐‐  ‐‐=ニニニニ``~、ニニニニニニニ∧
         /             ‐=ニ``~、、ニニニ∧
           /             l      ‐=ニニニニニニノ
       / /   _〕      i|  l |        \(¨¨´
        / /    } |     j|  | |_   .i|     i|  人_
       :     } |     j|  | |(_  .i|   从( l⌒
     ′     .}人     i|-‐…‐-ミ i|   / . : :|
      l  |   } ⌒   从 _..,,,,.. _ 从  /   . : |
      |  人  /, ィぇ\ (ィ  V__)ソ´/ . :    . : |   「諦めましたね……」
      |  ⌒ヽ  ハvリ \  `""´ ):ノ/     . : :|
      人(    \ :.  ,       u  /     /. : :|
      丶     人            /     / : : |
            '/ ニ- _ `   ィ( ---ミ./. : : : :|
               }ニニニ}     ハ  /⌒\i/. : : : : :.
               }\     l 「¨¨ 7  /7___  从
               }\\} .:| |ニ=‐ //{ニニハ   : .、
               }  \} .:| |ニ=‐i:i/  ‐=ニ|     \
               }    } //ニ=‐      ‐=ニ|      \
               }   /___/¨¨¨\\ /ニニニ|    :.、   \
               } //⌒ヽi:i:i{  \i/ニニニ‐|       \   \
           /}i:i/〈i:i:i:{{0/i:i{:    ‐=ニニニ|       \   \
             / 从 / ⌒ヾ/i:i:i{   ‐=ニニニ八           \   \
          / /  /i:i:i:i:i:/i:i:i:i:{   {ニニニニニ=‐             \   \

9154 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:44:31 ID:43NjwrO7


          j: :丶: /: 、: : : : : : :/: : !: : : : : : : : : /: : : !: : : : 丶. _. . -    }    i!
           /: : : : /: : :∨: : : :/: : : :!: : / : : : /: : : : : i: : : : : : : _:>"    '    '
.       ∧ /: : : : /: : : : : 丶: /: : : : |: :/:i: :/: : : : : : : ': : : : : :_: : :≧-/  ,'    '
      ': :∨ : : : /: : : : : : : : v: : : : : j: : :/: : : : : : : : :': : : :斗:/: : : : :/   ,     /
     }:': : : :丶: :/: : : : : : : : : : : : : : /: : : /: : : : : : : /七: : : /: : : : :/   /    '
  \ /i: : : : : : \: : : : : : : : i: : : : :_:: : : :ィ: : : : : : /: : : : : : / : : : : :f  i _/    /   「おう、そうだ。諦めろ。
  ',: \i: : : : : : : : 丶: : : : : : | : :: : ヽ: :/ j 斗: :ィ: : : : : : :/, ⌒丶: : {- ル    /     どうにも俺も不完全燃焼だからな。
   ∨: :',: : : : : : : : : ∨: : : : : : : : :/ヘ:':、  "  }: : _: <: : :' '   ∨: : /    /       聖杯もなんも捨てる代わりに、
  / ∨: : : : : : : : : : : }: : : : : :/ '   マ:!    ´ ノィ : : : i !   } ! : /    /        ストレス解消に付き合っていけ」
. / /::丶: \: : : : : : : : \:`:<      ':i     _  ' ⌒丶乂 ノ ,' /   ,
 ' ':::/::丶: : : |: : : :_:ノ7'丶: :ヽ     i!  /´        Y / /   イ
/ '::7::::::::: >: /!: ::/.,     丶: ,     }ィ:/  _        / ,イ   ` -= _
 ,:::7:::::::::: ̄:::|:マ:,:::/、      ∨,  /: :/_斗:7         :}ゝ         ̄    -== _
 {:::i::::::::::::::::::::i! マ:,:::∧     廴ヽ/: ,ィ  そソ         〈ー ≧=-  _             `丶
 |:::|:::::::::::::::::::丶::マ,:::::: ̄丶,,_   }                .::::::::::,'    ニニニニ≧=- ,,__       Y
 、::|:::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::∧ ヽ                      j::::::::,    /ニニニニニニニニ',  マ ̄i!    !
 丶:、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∧::i                  /:::::::/   ,ニニニニニニニニニ∧  マ :!    |
   ゝ ,,___::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶                /::::::::/   /ニニニニニニニニニ/ ∧  マi    |
丶      \::::::::::::::::::::::::::::::::|   _ -     _      /::::::::イ    ィニニニニニニニニニ/   ∧  i!     !
   7ー― 、  \::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄丶 ー、_''"_フ     /- " _斗 ニニニニニニニニニニ/   _ >-!     |
   i     \  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|> _       /ヽ      `寸ニニニニニニニ,  γ    i    |




.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、..:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:................―
.............................................................................zー≠‐ヤ.................._.......―   ̄
.........................................................................."1..;::;:;:;:;.ィ´  ̄
.................................................................._ ‐ ´オzニニソ ∠  ̄\       「―――来い」
....................................................._ ‐  _ノメメヒzz//ニニニヾ
......................................_  =     /7//ヘ≠=/ く=-_ 丁 ̄ ミヽ  ノ
z _..........._......=       ∠ / /( ≦‐‐`ヽ=ュ _ ‐=┬ ーシ/
 ̄ - =_.............< ー _   /ニ( ミ≧zzzz》==≠=! ̄ ~
      ̄  ̄ ` = ‐ 二 _テニ-丁ミミミミ/ ーニニ77
              ィ ヒ....>‐=z ̄ニ/ rーマZzV
             lニニY    <ニ≦ ノ 厂 ム `≠=-ュ― 、
            ,ノニニ/     Yニニ≠マ_ムノニニニ= ュ/ f<ニ = -  _
           ムヘミ=ヌ    /レ‐==ケ‐====フユヾ<ニー´  -= _,,  ≠:..........._    ―――ブォンッ.....!!
                    /へ刀ニY∠>===ニ=-^1           ≠ _.......メ≠..
                 _rニニン」=ニ))ニニニーニl〈        _........z≠...............
                 Fニkニニコ レニニニ≧ンニゝ_..........≠.......................................
......................____................./-=∠ニニニニニフニニ≦――=z\........:;:;:;:;:........:;:;:;:;:....:;:;:;...........
...:;:;:;:;....:;:;:;.......:;:;:;:.........:;:;:;......../∠ニニニニ∠ニニニニニzzzzzl iニ‐_....;:;:.......:;:;:;..........................
:;:;:;:.......:;:.......:;:;:;:;:.................r/‐――ニ=‐ ̄.................. ̄=ニニニ!1ニニ\......;;...;;..;;..........._ z ≠




                           _ --ミ
                       ''"゚~ ̄~゚"''  ヽ
                     /               `\
                   /            \Y⌒ヽ=‐'
                 / /              Y⌒Yノ
                  / /     |     |    乂_ノ ,
                   /         |     |       ′   「はいはい。
                 /     |  /|     |  |   |  ,     ―――負けてストレス更に溜め込んでも自己責任ですからね!!」
            _彡   |   | / |     | 、 |   |  ′
                ' |   |   |/ \八     //\|   |   `_
              /  |   |  ィi灯うミ、   ィう灯ミメ   |   \
.             人  | .八  八 乂ン \ /乂ン ノ  /  |    )
            _jI斗ゥ七|\ | ""     ′   ""   /|≧s。.,_/
          /ニニニニ/|  込、    --、   ムイ |\ニニニ\
.           _‐ニニニニニ  |   |:〕ト ( :::::: )  イ: :l   |  ∨ニニニ_
         _ ‐ニニニニニ/ 人   |: : :.\`¨´ /: : : :|   /   Vニニニニ _
.       _ ‐ニニニニニニ/    )>。,乂 _∧__/\__ムイ    ∨ニニニニ\
.     /ニニニニニニニ/__  |   } V ', /i:/  {   |      ∨ニニニニニ\
    /ニニ二二二二>''~ : /\」   \ V:∨ /_- |   |/⌒≧s。_」ニニニニニニニ\
    ‐=ニニニニニ/ / : : /.二/ ‐-i   〉i:i:〈 / |  / 二|: :∧\ニニニニニニニニニ_
.   {ニニ二二二{// : : /ニ/   ,  /i:i∧:',  ,  寸ニ|: :o ト └┐ニニニニニニニ}
.   {ニニ二二二}  |:O: :| ハ       〈i:i/O V:〉   ;   \\_」| \ノニニニニニニニ'
    \二二/ \ L_/(辷〉    i    \         ┌ \ニ|/: :\ニニニ>'´
     `¨ く : : : : : i{ |i:i:(辷{┐   |     ハ     |  ┌{リi:i:i:寸: : : : : :><
       /  \ : : 八{:i:i:i:(辷乂┐|    {|}   |┌‐リi:i:i:i:i:i:i}: : : :/  )
     八  / \ : 込、i:i:i:i:(辷乂  \ヽノ /  ┌{リi:i:i:i:i:i:i:i:iノ: :/ { /
       \    /{ : :_}≧=‐---‐=ニ¨⌒~~~~⌒¨ニ=‐--‐=≦i{:_:_} \ / \
      / ヽ イ __}// √i:i:i|\i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i/:i:i:i:i:{ニ{ 〈_   ヽ  }
.     /  /  乂_ノニ√i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i{ニ___)     ノ
     {   '     }/ニ√i:i:i:i|i:i:i:i:\|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i|i:i:i:i∨ニ_ \  く
      \     //ニニ√i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:∨ニ} / /  \

9157 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:44:49 ID:43NjwrO7
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9159 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:54:10 ID:43NjwrO7
で、最終戦闘ですが。
ある程度演出でやっていってもいいかなぁ感があったのだが、少し計算中。

9162 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 11:59:23 ID:43NjwrO7
バーサーカーメイン、アサシンサブ、ただし「防衛戦」とは定義されない為に宝具は使えず。
ランサーメイン。単独だが戦力は十全に使える。

各々の格はほぼ同格のサーヴァントなので流石に前者大幅有利だが、ランサーもワンチャンス残せる、と。

9164 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:00:57 ID:43NjwrO7

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アサシン
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ローゼン            【レベル】:45      【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20      【耐】:25      【敏】:40      【魔】:40       【運】:10      【宝】:30
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆ 【魔力量】50/150 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                                                       /〉
                                                  ト、/.../
                             >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                         rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                         {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
                       Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
                       ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                        \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                           :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                         \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                          \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~
                           `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                                | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{
                               ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                             :,   \\     ′      /イ    .:  ,
                            .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                          .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                               .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                         .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                              ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                             ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                         .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                         .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                        /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                          / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
                      /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                          '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                            /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
                     /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/           ___
      /⌒\          /    / 、丶`    ノ ハ/  Y   V {/⌒V/   〕iト   V/     V/        >'^~/ \
.     /‐ 、  〕iト        ,     { /    __  /--/    }    } 廴__}i‐㍉,.、  \  }i    /, :.        /  /    )h、
      √  \    V/     ,     rく    __//:ァ'⌒7       }  _ノV/ V/}//,へ、rヘ._\}i     /, :.     .√  j{   〃  ∨/
    √ヽ  /,  jiV/  ..:      /V777/////// / /    ∠_    ト、___V}ト//寸/{/,寸\ト.,     /,  :、  √{  j{   j{   〃V/
    /   V/ }   }. :. /     ./〃/〃/// ./" .: /    /   ',  .| |   v} l\}\〉マ〉`'≪>=-   /,   、 j{ ', :.rくニ=-へ/   V/
.   /^ヽ/-_-_ヽ .j v"        /イ//イ//      ./  /    /    }   .| |  レ       }  {/,         /,  \j{  {  {//-_-_-/,./⌒V/
  /  У-_-_-_rく..ノ .}v/       /j,/ {' ./   .:     ,.:  /  .} ∠^-=   }    //   V/,    :,   /,  .j{    }i-_-_-_-_/,   /V/
. / `}/=-_-_-_,j{ {', V/} V/    / /  .{ {    ̄        /   }   } {  .j    /    .} /,  :.  ′    .j{ ', { j{-_-_-_-_-_/,j{.  v/
../ヽ./-_-_-_-}-_-j/, } .j: V    / /   {                     _く__ノ  ', V        } /,  :.   ,   √ ヽ  j{-_-_-_-_-_-/, / V/
  ,/-_-_-_-/-_{-_-i} 〈  }V/ ./ /    ゝ--r------r-‐‐t‐‐=ニ⌒   、丶`    }           ∨./,  '/,   ′ .√ / √{-_-_-_-\-_/,ヘ ∧

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【クラス補正】

 【敏】+15。情報収集・被情報収集に各々+20%の有利な補正。
 また、詳細情報を得た組に能動襲撃時、勝率+20%。

【スキル】

○気配遮断:C
 アサシンとしてのクラススキル。
 このスキルの存在を知らない相手との戦闘時、勝率に+20%。

○巫術:C- 消費魔力:40
 神や精霊などへの祈願という原始宗教系の魔術体系。
 祈祷者の願いに霊的存在が答えることで、様々な奇跡を行使する。
 その特性上として対魔力の影響を極めて受けにくく、アサシンは予知や自己強化が得意。
 ただし、このアサシンが扱うものは「呪い(まじない)」としての側面が強く、【退魔】属性持ちの相手には使用できない。
 戦闘時、自身の勝率に+10%。また、【宝】以外のステータスのうち1つを+10。

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。
 ただし、このキャラクターは【怪物】としての属性を持ち、【退魔】属性持ちの相手にはこのスキルは使用できず、
逆に勝率が-10%される。
 アサシンは本来は純粋な人間であったが、アメリカ先住民系の呪術・巫術の過剰使用の結果、ある種の“呪い”
めいた状態にあり、怪物としての特性や外見特徴を持っている。

○魔術:C
 戦闘時、【魔】選択時に敵陣営に-10%の勝率ペナルティを与える。
 アサシンは術士としての適性も高く、魔術スキルを相応に扱える。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【宝具】

○危地は之也。祖霊よ、道を教え給え。
 ランク:C 種別:対人宝具 消費魔力:50
 このキャラクターは能動的な接触を受ける際、事前にそれを察知可能。宝具使用時、能動襲撃を受ける前に
『ターン行動を放棄して、移動する』事でシナリオ2回まで戦闘そのものを回避可能。
 また、宝具を使用した上で迎撃する場合、能動襲撃ボーナスが受動戦闘でも発生。
 気配遮断が相手に知られていた場合でも、再使用可能となる。
 アサシンはアパッチ族の優秀な祈祷師であり、呪術によって白人の襲撃を先読みし、何度も部族を救ったとされる。
 なお、ランダムイベントやランダム接触などの『偶発的遭遇』は防げない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



あ、こちらがアサシンさんの全てです。

9165 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:01:18 ID:43NjwrO7
特に隠す意図もなく。
純粋に出し忘れてた。

9167 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:03:12 ID:x1M9Qx34
そういや開始前の鯖候補のランサー(女)ってアサシンだったんです?昨日まとめで読み返してて概要が似てるなぁって思ったんですが…



9168 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:03:13 ID:43NjwrO7
あ、いや。ランサー超キツい。
アサシン、退魔持ちが相手に居なければかなり戦闘優秀だコレ。

巫術で耐逆転されて、最善で7%しか残らん。
しかもバーサーカーが戦闘続行あるんで、最善を2回取らないとアカン。

9169 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:03:29 ID:43NjwrO7
>>9167
別の人ぞー

9172 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:04:59 ID:43NjwrO7
アカザ殿VS煉獄さん?

うん、相性が「いざ尋常に勝負あり」レベルなんだ。
だからって「ランサー、アカザ」VS「バーサーカー、アサシン、煉獄」にしちゃうと本当に一縷の勝機も無くなるんで。

申し訳ないがアカザ殿と煉獄さんはホント演出って感じでボコって終わり。
主人公が戦闘にあんま関われなかったことは反省点だネ! 次頑張るよ!

9177 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:08:16 ID:VVfqerr1
煉獄さん仕切り直しや自己保存が無いからどうしても慎重に動かないとダメだったしね
それでも『要所で居なきゃダメな要』として、戦闘に参加してた印象は強かった

むしろ交渉のダメさと新単位のレートになっちゃったのがさw

9188 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:20:17 ID:eUa+aV0r
煉獄さんがいなかったらどれほど盤面が変わったのか想像がつかないレベル
少なくともバーサーカーの望みをかなえるにはペンコマになるしかないレベルではないだろうか

9191 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:22:19 ID:NmJMYtjM
>>9188
いやその可能性すら皆無だと思うぞw
アカザ殿から姿を見せた瞬間に開幕宝具&クラウ=ソラスの可能性すら否定できんw

9189 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:21:19 ID:ghvhx7Yd
ほぼ戦わずに令呪増やして嫁ゲットして帰ったやつもいるしへ

ーきへーき
討つべきを討ち救うべきを救い無事帰るとか最高やね

9192 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:50:03 ID:43NjwrO7
割と最初はランサー陣営と組んでいく予定だったんで、ランサーやや爆発力不足な調整だったのが響いてきてる感

9193 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 12:50:50 ID:43NjwrO7
しかし、呉鎮艦娘に出されている「頭男爵」という評価は一体……………

9194 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:50:59 ID:7ZM7IeXx
やはり煉獄さんはペンコマになるべき男…!

9195 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 12:52:05 ID:mcPhfIvM
カミカゼじみた安心感があった >呉鎮

9198 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:01:09 ID:OqT8ZUO4
スルト「まさか破門を告げることになるとは」



9199 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:01:10 ID:43NjwrO7
やってみたら出来たんや……!!

9204 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:19:22 ID:43NjwrO7
やれたんや………!!

9206 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:21:25 ID:BH4KYW5X
鬼滅の刃とペンコマを紐付けしちゃう思考回路じゃないかしらん<頭男爵

9209 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:24:28 ID:zrVoV9JQ
確かにペンコマ見て上弦の鬼かな?とはコメントしたが拾ったのは男爵さんだから俺は悪くねえ…!

9213 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:33:52 ID:E6Mg0jJD
拾われた中でのレジェンドはやっぱり直江状と「待てぇい」だと思う

9214 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:38:26 ID:F5Y/mIhz
のちのちの影響力を考えるとパルクールも



9215 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:38:43 ID:43NjwrO7
「おのれ、どこへいく」

9216 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:39:35 ID:43NjwrO7
さて、ランサーの勝率自体は最善を2回出して7%なんだよな……。

9219 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:41:24 ID:43NjwrO7
【安価 下2 3】
1D4 2回2を出せば7%勝負

9221 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:41:51 ID:9myFlmKv
【1D4:1】

9222 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 13:42:01 ID:nH7ri7zt
【1D4:2】



9227 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:48:19 ID:43NjwrO7
無念である。では―――1戦したら本格的にエンディング入っていこうか。

9231 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 13:55:25 ID:43NjwrO7
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



                      !L
                      l l
                 、    l ..l
                  リ、   l  l  |.l
                  }ヽ. i、.!  . l ! l
                   ! ヽ.|゙i}  .l│ !
                   |  .゙'! ″  ...ll .l _
                   !       ″ .l ,!|
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_      l            l,! .l
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,│        ″ .!
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :、      !           l ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~゙lヽ,  、  .!              !  .!l   ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,.l,.\ 'ト、 .l              l l .l            _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,_l. ..ヽ l'、 .l              l ! !..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...         l、   l.  ヽ l.ヽ|           ネ .!./|        ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. .゙ぐ、,  .ヽ  .゙'レ'l|                |" l
/ / '::... `:.\、    ヽ \ ヽ  ゛               l .、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´ヽ \ ヽ                / /lゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------ヽ  \'、    .. /⌒i           |./ l  ,iリ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、wヽ,  .\、_,,..、 .|  / ,..-、     ″ ! ,i'゙/ フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W\  .゙ l   l | /´ l,、_ノ ,        l゙./ ./ヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛\ヽ,  |  i' '´_,,、           ド  !ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj\' !、 .|  し''´ 」           !  ,, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 Wヾ'!l|  ,,.-''´  .         l .,/ !ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'、,,,_ `'、| .|      ,、 r‐'l .r、、'"  ^フヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjw`'-,`"".l、_ノ     i ゙l.| ゙l / l゙    ,i′ハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj`'-、      │ ゙l | |/ l゙    /l;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj__ミッ      ゙l,,ノ '"│ /    ,,,,,ニ=-ハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:`'''ー┐ .___´  .l゙ l゙__z-⊥';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: \,l゙ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――かくして。

 河原の殴り合いめいた聖杯戦争最後の一戦と、もっと河原の殴り合いめいた聖杯戦争と関係あるような無いような
微妙なラインの積年の恨みをぶつける戦いが終わり。

 短いようで長いような、5日間の聖杯戦争は終わりを告げる。
 それに関わった彼らのその後は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9236 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 14:02:34 ID:43NjwrO7


          j: :丶: /: 、: : : : : : :/: : !: : : : : : : : : /: : : !: : : : 丶. _. . -    }    i!
           /: : : : /: : :∨: : : :/: : : :!: : / : : : /: : : : : i: : : : : : : _:>"    '    '
.       ∧ /: : : : /: : : : : 丶: /: : : : |: :/:i: :/: : : : : : : ': : : : : :_: : :≧-/  ,'    '
      ': :∨ : : : /: : : : : : : : v: : : : : j: : :/: : : : : : : : :': : : :斗:/: : : : :/   ,     /
     }:': : : :丶: :/: : : : : : : : : : : : : : /: : : /: : : : : : : /七: : : /: : : : :/   /    '
  \ /i: : : : : : \: : : : : : : : i: : : : :_:: : : :ィ: : : : : : /: : : : : : / : : : : :f  i _/    /
  ',: \i: : : : : : : : 丶: : : : : : | : :: : ヽ: :/ j 斗: :ィ: : : : : : :/, ⌒丶: : {- ル    /
   ∨: :',: : : : : : : : : ∨: : : : : : : : :/ヘ:':、  "  }: : _: <: : :' '   ∨: : /    /
  / ∨: : : : : : : : : : : }: : : : : :/ '   マ:!    ´ ノィ : : : i !   } ! : /    /
. / /::丶: \: : : : : : : : \:`:<      ':i     _  ' ⌒丶乂 ノ ,' /   ,
 ' ':::/::丶: : : |: : : :_:ノ7'丶: :ヽ     i!  /´        Y / /   イ
/ '::7::::::::: >: /!: ::/.,     丶: ,     }ィ:/  _        / ,イ   ` -= _
 ,:::7:::::::::: ̄:::|:マ:,:::/、      ∨,  /: :/_斗:7         :}ゝ         ̄    -== _
 {:::i::::::::::::::::::::i! マ:,:::∧     廴ヽ/: ,ィ  そソ         〈ー ≧=-  _             `丶
 |:::|:::::::::::::::::::丶::マ,:::::: ̄丶,,_   }                .::::::::::,'    ニニニニ≧=- ,,__       Y
 、::|:::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::∧ ヽ                      j::::::::,    /ニニニニニニニニ',  マ ̄i!    !
 丶:、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∧::i                  /:::::::/   ,ニニニニニニニニニ∧  マ :!    |
   ゝ ,,___::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶                /::::::::/   /ニニニニニニニニニ/ ∧  マi    |
丶      \::::::::::::::::::::::::::::::::|   _ -     _      /::::::::イ    ィニニニニニニニニニ/   ∧  i!     !
   7ー― 、  \::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄丶 ー、_''"_フ     /- " _斗 ニニニニニニニニニニ/   _ >-!     |
   i     \  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|> _       /ヽ      `寸ニニニニニニニ,  γ    i    |

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【ランサー(無名のランツクネヒト)】

 アカザに召喚された、ドイツ人傭兵師団―――ランツクネヒトの無名の精兵。
 本来であれば聖杯にかける願いはなく、聖杯戦争の中でランツクネヒトの力と自分の武勇を証明したい―――
というか戦いたいタイプのサーヴァントだったのだが。
 アカザとの縁召喚を否定したく、途中結構聖杯に執着を見せていた。

 しかし、その後のライダー加入、アサシン陣営やバーサーカー陣営との対話、アカザへの理解と共に前しっぽ以外は
自分と似た人種である事を把握してしまった事など含め、最終的には聖杯よりもドンパチを選んだ。
 とはいえ、アーチャーとの盛大な決戦以外は大して出番がなく、最後にバーサーカーとアサシンというあまりそそらない
相手に、不利を承知で2対1を提案。

 戦いの中で消滅という最後を選んだが、ワンチャン首に届きそうだったので惜しかったと消え際に述懐し、バーサーカーと
アサシンの心胆を寒からしめた。
 チーム無惨様との交流が嫌でも一番長くなるポジションに居たため、ゲンナリしながらも嫌ってまではいないが、
絶対にマスターとは呼びたくないという絶妙な関係を築き上げ、自分の触媒をメメントか煉獄に売れとアカザに
言い残すが―――

 そういや縁だったと思い出して愕然としながら座に戻る事になったのは、果たして良かったのか悪かったのか。
 なんにせよ、大満足とは行かないまでもそれなりに目的を達成できたサーヴァントだとは言えるだろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9237 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:05:11 ID:mcPhfIvM
良縁奇縁、人生様々な縁により世界は回っておりますが、前尻尾縁というのはなかなか(風評被害

9239 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:06:41 ID:mcPhfIvM
待てよ、アカザ殿自身が縁なのだから前尻尾が触媒になるのでは?(ぐるぐる)

9240 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:07:53 ID:G9O2GgVI
つまり、アカザ……殿の身売り!?



9241 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 14:09:46 ID:43NjwrO7

                    -- 、 ,ィ -- 、
                  ,.-‐ '´ r-ミヽ / へ,.-、\
               / _/ ̄ .r-、ヽ/___   \.\
                 / .// ..:..:..:ム___.∨:___ヽ.   ヽ ',
            <...:.l..l l..:.:ハ..ト、       }..:..:..:..:.l ヽ
            ≦..:..:..vl:l >l-トl、 l  ,  レ }/l.:./: く
             ろ_..:.l..:| ¨_二ヽニァ}.l l ___ノ,ニ>イ..:..:ミ
          ,. -く. /.}__:l  ! {_:j ' >  Z''r‐-、 }..:__.「
          l   / Y.:.:.}-<´       |       l/r V
          r┴‐く ̄.|`'7  }      |       .ムy /
          /¨'‐ 、. \\|  {      ' ^      .ム ノ
          |ヽ   `く ). ` l  r――――‐ァ  /¨
         l  `¨' ‐ク   |  `ー……―'  ./
        ',        /\    ̄ ̄   ./l
         ヽ        ,.イ_ . \     /  |>、
      ___/ `ー   /|  `  、_ ̄ ̄_,. -‐'  .| \-- .._
__.   -‐ ' , -/ \     / .|   | ̄`'┴┴  ̄|  .|   ヽ     ̄¨ ー―‐┐
 \  / \   ` 、. / .|\   フ¨'T T T弋 / |   ヽ             ヽ
  .\/    \     7 .ト、 \/ l  l | |  ' l .|    ',        l   ヽ
   /        ` 、___/  | ',    |  | | |  / |     '        ,    l
 ̄¨/           /  | ヽ  .|  | | | /  |       l      :l  ′   ├┐
 ./               /  .l   \ |  | | |/    l     |       :l: /   :/  人
_/             /   ト、  .\  | レ'   ,.l     ,      |/  / /   \
'           /    | >--┴┴く   //     ./ ̄ ̄ ̄ .l /          \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【ラッド・ルッソ】

 殺人鬼にしてライダーのマスター。独特の死生観を持った人物。
 聖杯戦争への参加は半ば偶発であり、多少の魔術回路があったためサーヴァントへの供給サブタンク的な
装置に出来ないかと画策した魔術師をぶっ殺した結果が、ライダー連れての参戦である。
 ライダーが終盤まで各陣営にとって「ババ抜きのババ」であった事や、最序盤で主催者であるセイバー陣営に
絡み続けて脱落させた事まで含めて、ライダー陣営はある意味ではこの聖杯戦争の中心軸であったと言えるだろう。

 ―――ただし本人は頭ハッピーセットなジャンヌちゃんや、腰を振って生きるアカザ殿、そしてチーム無惨様との
遭遇により、「ムカつくとかそれ以前に関わりたくない人種」が割と世界の裏側にピンで、或いは群れをなして生息して
いることを知ってしまい、若干毒気を抜かれた様子で無惨による陣営買収案に乗って聖杯戦争から離脱した。

 ライダーの契約をアカザに譲った後はペンギンコマンドの手引きで大金と共に南米に渡ったようだが。
 『自分は死なないと思っているヌルい奴』を殺したいという殺人鬼としての本質は変わらないまま、世には関わり合いに
なりたくないものが居るという理解から、若干トゲと毒気は薄まったようである。

 南米にて腕っぷしと資金を元にマフィアを始めるが、魔術社会に関わることはついぞ避け続けたようだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9249 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 14:17:28 ID:43NjwrO7


                              ... --- ..._
                           __/ : : : : : : : :`ヽ-. ..、
                         /.-.{/´ : ; :-―- 、: : 丶: :\
                        / /: : -V,:: : : : : : : : :\ : : : : : ヽ
                           / : : :/ : : ヽr:: :、: : : : : : : : : : ヽ:.. :i
                      ,′: :/: : : ::从/|ハヽ:. : : \: ヽ: :ヽ: l
                         / : /:/: : : ::/⌒´l: : |:. : : : : : :ヽ: ヽ: i|
                     i: .::l :i : : : ::l    |:|: lヽ:. : 、:ヽ: : V :i :|:|
                      |l: ::|| : :..::|__ |:|::.| \__\::.. :ヽ| :l:|     __
                      |!: :/ ! : : :.:lz==.ミ{ハ::{ ´z≧..、::::....:\{    ⌒jヽ
                     r=z ∨: :| : : : :| ヒz:リ`ヽヾ. ′ヒz:リ` ト:::._:`:ー―‐彡′
                     {(__ノ:.:,ハ : : ::|` ̄   | \  ̄ ´ ∧:. : :{:ヽ ̄ ̄
                   ` ー ´} :∧: :::l       ! .       /:. ヽ:. :ト、\ __)i
                   /´  /::/:ハ ::|ヽ.    ー__-   イ::::. : :ヽ:ヽ. ` ̄´
             _    ト-- :'.:ノ:/: ::l ::|:/::>.       .イ::::ヽ:::..:. 、:\\  }、    ヽ、
            ,ィ´/⌒   トミ、 ̄.::::/:/.:::|:::|::/:, ┤` ー ´ ト::} ::}ヽ:.:.. ヽ: 丶二ノ     }} __
          /{ : {      ` ー‐ァ' / .:::::l:::l:::/ ,/}      {、_レ.:ノ.:::}ト、:::. ヽ、: 、:` ー―‐:´ノ⌒j:}
           {N: :ヽ.. __ ..z‐彡 ': ..::::::::|::| { i ノ       `下}: .::ハ::\::...\: \:__:::.-<.__.ノノ
          ヽミz.__`:ー: : : . : : : :,イ-‐ァ.¨j: |:廴l_,     ヽー'.:/ト、:ヽ::::\:.. \: \::::..}ヽ‐ ´
          _...>::---‐: 彡:'.::/{:ヽ. |/j:リ` T_´  }     ̄}  ヽ. |` ‐- ミ: ‐`==='-く
      _..z‐.彡: : : : : : : ̄: : .::::/  ヽ:..` ̄ノ   |  `ヽ_ /-‐ 7   Ⅵ       ヽ: :丶 : : :`:ー-..、
    .イ´. ..__ : : : : : : : :.:::::::-::::::′   丁.\   !  `      }    〉!      ト::.. : \.. : : : : :\
  /: : ..::::::::::::::::::_::-z.´.::::: :..:::|    /. . . ..ヽ.|       /  /. .|     |:ヽ:.. : :ヽ::.. : :\ ヽ.
 /: ..::::彡‐   ̄  /.::: : :....::::::::!   }/ . . . . ./ l        /  く. . . . .l  l   |:.. ヽ:... : :iヽ:.. : : ヽ:i
./ :::/      /.:: : : :.::::::::::::|   /. . . . . .〈  |        /  / . . . . .∨´   |:::::.. i:::. : :| ヽ : : :}:|
i ::/      / .:: : : : ...::::/:::::i   / . . . . . . . ヽ |  }′ / / . . . . . . . . V     |:::::::.. :l:::: : |  Ⅵ: リ
|/l      / .::/: : : : ::::::/.:::::::::l  / . . . . . . . . . . ヽト. _|__/´ . . . . . . . . . . . .i     !:{:::::::. :l::: : !   }l /
|::{       / : / : : : :.::::::/l :::::::::! .′. . . . . . . . . . . .ヽ-=7′. . . . . . . . . . . . .|   |::ヽ::::::. V:/ {、_ノノ
廴ーノ   i : ;′: : :.::::::/ l :::::::/  ! . . . . . . . . . . . . . . |二/. . . . . . . . . . . . . . . .|   |::::-ミ:、::...ヽ  ̄ z=、、
      |:l : : : :.:::::/ | :::::/  ハ:... . . . . . . . . . . . ....∨... . . . . . . . . . . . . . . /   |::::.: :ヽ:、::...\ __ ノノ
      | :| : : : ::::::{ |:::/    ヽ........... . . . ............./................ . . . . . . . . ..../     !::::::: : :l:::\:::.... ../
        Ⅵ : : : :::::l |:/       /` ┬---‐....´..-{..ニ....`..........__..... イ       |::::::: : :}\:.ヽ.二ノ)
       ヽ : : : :::::ヽ |:/       /   }........................}.O........................../  |     |::::::: :/  `  ̄ ´
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【スメラギ・李・ノエリガ】

 アーチャーを召喚した、魔術協会から派遣された魔術師。
 自らの読みを戦術予報と呼称する通り、戦術眼に優れた実戦型。魔術師としての力量はそこそこ程度だが、
聖杯戦争という「戦争」においては下手な一流より優れているという自負と協会側の見込みがあったのだが―――

 協会の魔術師が別の聖杯戦争に派遣して逃げられたホムンクルスであるアルティナの確保に拘った結果、
アルティナとバーサーカーだけならばまだしも、ライダーとランサーとアカザと煉獄というメンツまで相手取る
羽目になったのが運の尽き。

 戦略や戦術を度外視する連中に散々にかき回され、最後はアーチャーを殿に置いてほうほうの体で逃げ出す事に。

 ―――が。
 戦後、一時期同盟を組んでいたメメントからの連絡が入り、クラウ・ソラスの取引を提案され、辛うじて面目を保つ事に
成功する。メメントに対して資金や礼装など多くの対価での即金払いを強いられたようであるので、総じて『大損したが
生き延びた』という評価に収まるだろう。

 ……頑張れ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9255 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:21:26 ID:NmJMYtjM
途中までは手堅く進めていたんだがなー……w

9256 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:24:32 ID:G9O2GgVI
まあ、参加して生き延びただけでも大金星なんだよなぁ…w



9257 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 14:28:43 ID:43NjwrO7


                                           \         __
.       ( \                                     ``‐--‐ァ''"~ /  ~^' 、、
.       \ ー--  _                                   //   /         \
        >       ``丶、                           /      /          |  `_
.      /              ``~、、                        /              /  |    ,
.      / /                    ``~、               / /    ̄⌒ト     /      ′
   / / / /       _          `ヽ、           /ィ /      / |    /⌒|\ /     |
   ( / / / /´ ̄ ̄     `ヽ、                     ⌒¨ ノイ | ィ芋劣ミ|  / / | /   / |
    ( / / /             `ヽ、           `丶、   /⌒ ̄ノ 人圦 乂;ノ | / 气劣ミメ     /
.    (/ (/                           `丶冖冖ミ |    {: :    ,    乂;;ノ少   / |
                               `丶、        } }   ヽ|  .込          : : /       |
                                丶     //    |   |_\ ` -   _./     / /  |
                                \ ___//     八  |/ ]」`ー‐=ニ /イ   ./ /  八
             /⌒\ /⌒\          _/ └┬<     //‐\|: : :.]    /_/ ./ /  /|\   _ ニ=‐ ⌒``~、、  _
.         _/   /     \_/⌒\_/     八      /ニ/__] __/: : / /-‐…‐-ミ   _ ニ=‐            ̄  ノ
   / ̄ ̄ /  ───          /   ̄ ̄  /\__/ニ/ ̄ | |  \.: : : :. :./ニ/   //=‐    ヽ          r─‐'^~
.   {     / }__     \  \__/  ___/   _ ‐= /    | |二二\__/ニ/    / /           |         {
  八   /  }   \__/  ̄\     /         _ ‐ニ/   [二二| | /    〈‐ニ|   | |        |             ',
 / \    ノ             \__/       /‐ニ/     \ | |     〈ニニ|   | | _    _|             ',
./      厂                        /‐=ニニ〉     \/ L.」 ─‐   /二/|     \\/⌒冖⌒ ∧   r  r  ',\ \
    / /                        {‐ニ二{        / /_    /ニニ_ \___/  ]__   ∧ ||  | ', ', \ \
.  /  /                              ‐ニニ二\      /       ヽニ‐   乂___      」    | ||  | ', ',  \ \
  __/                              込‐=ニニニ}   / /     ┌─┘ニ‐        {      ノ_  | ||  |  ', ;    \ノ
                                  / )>。,‐ニ乂_ / /    _ノニニニニニ‐        乂__,    \し''| /  亅 |
                             /ニニニニニ〕iト‐=} / __厂ニニニニニニニニ‐          {     }  し    L_.ノ
                              _ -=ニニニニ/二二二二〕トニニニニニニニニニニニニ‐           乂_  乂
          ┌-「ニ=-  _______   -‐=ニ⌒ニニ二/ニニニニニニ二二二〕トニニニニニニ‐>'               /     \
         /  ∨ニニニニニニニニニニニニ二二二/ニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=‐=≦                 乂__    }
.        〈   〉ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二/二二/                         {    人
        〉  /ニニニニニニニ_ニニ-‐=ニ¨⌒ニニニニニニニニニニニニニニニニニ,ニニニ/                        乂_   )
          ∨ \二__ -=ニ⌒ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニ|                       (     ノ
         /   〈ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二/ニニ二.|                       \  /
        \  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二/ニニニニニ.|                    /   \
          〈  \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二/ニニニ二二|                     (      )
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【バーサーカー(ジャンヌ・アシェット)】

 自身の住んでいた街が戦争で包囲され、あわや陥落という所で城壁に登ってきた敵兵士を叩き落とし、そのまま
周囲を鼓舞して援軍到着まで持ちこたえたというフランスの女傑。
 やらかした事が無茶苦茶なのでバーサーカーのクラス適性で来てしまったと本人は嘆いており、どうにも思考力が
落ちて感情的に動きがちになっていると述懐していたが、その状態ですら今次屈指の頭脳派だった人物。
 町娘とは。バーサーカーとは。

 アルティナ―――というより、アルティナが亡くした姉であるミリアムとの縁で喚ばれたサーヴァント。
 ゆるい受肉願望はあったが、アルティナへの庇護欲を優先させ、自らの受肉は考えないコースに序盤から入っていた。

 その頭脳の冴えはアサシン陣営やラッドなどの『まだ常識的な』相手には覿面に刺さり、序盤の遭遇を掌握していたが。
 ライダーやアーチャーなどの相手とは噛み合いが悪く、そちらには終始ペースを握られっ放しだった。
 また、戦闘面でも突出した能力や戦果があるとは言い難く、過去の中聖杯で言うならば『ヴォーの人狼』などが近い
タイプだったと言えるだろう。

 ランサーとの決戦後、アサシンの受肉とアルティナの延命を叶えるため、供給を断ってもらい聖杯の中へ。
 その際には煉獄、メメントにアルティナの事をよく頼み―――ついでにメメントに、アサシンの花嫁修業の必要性を
強く説いて、アサシンを戦慄させていた。

 前述の通り突出した戦果はないが。
 よく動き、よく考え、最終的にはマスターの延命を成立させた善きサーヴァントだったと言えるだろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9258 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:30:34 ID:mcPhfIvM
※こいつバーサーカーでした

9261 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:31:24 ID:G9O2GgVI
会話可能なバーサーカーはやっぱ凄いな

9263 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:33:26 ID:MzAjhG/a
>>9261
百計のクロ「せやろか」

9264 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:34:44 ID:NmJMYtjM
>>9263
お前の鯖はランサーだったろうがw続編ではブレイバーになったけどw



9267 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 14:42:43 ID:43NjwrO7


      / ___      \      <                    |
     / <   ̄    \ \ \     \                      |      何 ハ
   __ノ    ー―‐z_{ :i:"""":i:"'丶 二「⌒                    |      言 ハ
   7   ./   _ノ:i :i: :i:    :i: :i: :i:、 〈        ノ                |       っ ッ
  〈ィ /   /(_:i: :i:i :i:    :i: :i: :i: l∧〉   _メ                 |        て
   |/   _ / :i ー --   :i:i-:i:一.|      _}__               |        る
   |   / / 〉  _:i:__:i:__:i:i   :i:i_:i:_:i:_|       |                  |        か
   |/  ∨ 廴  __{弦}_    i:i:_{参}_|       ┼‐              |        わ
    {八 \⌒ヽ :i: :i: i:i     丶:i. :i|       /                |        か
     |   ト'  .:i:i :i:i :i:      〉:i:i|                     |        ら
     |∧ {   .:i:i :i:i .i:i:      '  |                     |        ん
       |/v\:i: .:i: i:i:i v---ァ ./                         |        ぞ
         } 丶:i .:i:i   ` ー-'  /                                杏
         |    〕iト                                           寿
       __ /       〕iト  _/                                郎
     /: : : : .        | _
   _/: : : : : : : : .   :i:   :i.ヽ: : \_                            、         /
- '"- }: : : : : : : : : . _ :i:   :i:i.  : : : : .ー 、                        \      /
     : : : : : : : : : :..  :i:   :i:.  : : : : :  ∨/                         ̄ ̄
    __: : : : : : : : : : :  i:i:.   :i:i  : : : : :.  ∨/          ____ _____
    :i:i : : : : : : : : : : ::i:i:i:i:i   :i:i  : : : : :   ∨/       / 、}:i:i:iヽ  ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕
     :i: : : : : : : : : : ::.__    :i:i : : : : ::i:i         /    ヽ:i:i:i:\_{二 ̄ ̄ ̄ ̄
     :i:i  : : : : : : : : : :..:i:i:i:i}   :i:i : : : : : :i:___      '     \___/:i:i:i/
____:i:i__ : : : : : : : : ::.__   :i:i : : : : :|:i:i:i:i:i:     /      /ー-イ
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:: : : : : : : : : : :i:i:i:i:}   :i:i: : : : :.| ̄  ̄ ヽ   |        {:i:i:i:i:i:/|
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【アカザ】

 鬼舞辻無惨が聖杯戦争用・戦闘用に特化調整を施したホムンクルス。
 他のペンギンコマンドとは一線を画する戦闘能力を持つ代わりに、他のペンギンコマンドが持つ共有記憶に
アクセスできないという制限がある。

 無惨様製ホムンクルスは総じて製造にかかる費用・労力が高い代わりに、限定的ながら『記憶の引き継ぎ』が
可能であり、アカザが死んでも次のアカザにその記憶は部分的に引き継がれる。
 完全な記憶の継承はできないようであるが、それはもう封印指定の領域なので仕方がない。
 ある意味、ペンコマ達は封印指定レベルであるが。外見が。

 以前に無惨から受けた任務で遭遇し交戦した煉獄に強く執着しており、実際に可能なのかどうかは無惨様に聞いて
いないので分からないが、『お前もペンギンコマンドになれ!』と熱い勧誘を続けている。
 他のペンギンコマンドに比べて求道者・武芸者としての気質・個性が強く、卓越した武人である煉獄を非常に高く
評価している―――のだが、煉獄からの対応は塩い。

 ランサーを召喚し、煉獄を通して最序盤からバーサーカー陣営と間接的な協力関係が出来た事、ライダー陣営の
陣営ごとの買収に成功したことまで含め、外部から指示出しをしていた鬼舞辻無惨の読みや判断の良さ含めて、
聖杯戦争を非常に有利に進めていた―――のだが。
 煉獄の精神性から、キャスター陣営と交戦して両陣営大きな被害を受ける。後は全陣営を食えるという読みは、
メメントの蝙蝠ムーブで外され。更にはメメントの父が無惨に対して貸しといえる要素を残していた事が決め手となり、
聖杯戦争での勝利を諦めての『損切り&過去の契約の満了精算』へと陣営ごと舵を切る事に。

 最終的には自らの命と令呪一画を持ち帰り、想定外の要素で勝ち確定寸前まで詰めた聖杯戦争を捨てざるを
得なかったことに文句たらたらな無惨様によって、次の任地となる聖杯戦争が決まるまでの待機を命じられた模様。

 ―――自らの存在を誇り、腰を振って生きる。
 その生き様は、煉獄に命は取らないが必要以上にボコボコにされた後も一切変わらず。
 無惨によって派遣されるだろう次の聖杯戦争でも、腰を振った生きざまを見せ、そしてどこかで命を散らせ、そしてまた
次のアカザとして一部の記憶を引き継いで生まれてくるのだろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9277 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 14:55:09 ID:43NjwrO7

                                                       /〉
                                                  ト、/.../
                             >--ミ        .. -‐‐‐‐‐‐- .      }//..寸L__
                         rく^\.\冫     '^~         :.~^'    ゝ.,/_,ノ   `Y
                         {:V⌒ニ=-{   ./ /   .:    ヽ     \.\   ノ___......ノ.ノ
                       Vヘニ=---〕iト〈./    /       ',    寸L____../.../
                       ∨\ ---=ニ.:' /   /         ',      ∨.......ィi{「......イ
                        \...〕iト.,.....' .'    .:           }    V,ハi「......./イ
                           :、 \V/....′  i  {         }   i   :  Wィi「.__ノ}
                         \ニ-\_j{ { | :|_|.」L{  :    」_リ',  }i  .}  W=-冖7...ノ
                          \{\j{ : 斗f^{,八{ヘ  :   // }`メ}  .}  .}...../>''~
                           `トj{ .{ { {,ィzzzx. ',  /..ィzzzx、}  :  j..イ´
                                | j{  :. :《 r':::::ノ  \_(  r':::::ノ 》     }^{
                               ! :{   {八.  ̄          ̄  / /   j !
                             :,   \\     ′      /イ    .:  ,
                            .:   ′  `⌒    _..._     .イ     ,:   ′
                          .:    ,   ',  〕ト.    ̄    イ./    ,′   :.
                               .:    ′} }   } rく{}>‐<__j>Y'     .{     ,
                         .:   >''^} .N  } .}......``Y"´.......j{  / }i {'⌒\ ′
                              ′ /  j ノ.:  .}く\...... |i.............{ { / }.八{    ヽ:.
                             ′ j/  /' .′ .} \.......|i......../{ {' ノ'     、 } ,
                         .: ./    .′  j    \.|i../  ヽ   _,,...,,_  \ ′
                         .: /   ィi〔 ′  .:    ー'^      、丶`     `ヽ }i :.
                        /八  /  . ′  /iト.,     .r㍉_ィi「 ',      }i .}i :,
                          / ./∧ {   .: {   ,' }'^'}≧=--j{ .} } Y   \       } /  ′
                      /    }j   .{ {   ′.}ヘ}///f^`    |Y    丶     l[    :.
                          '    j{./ .{ {  .{  j ..}寸/|      }      \.  l[     ,
                            /  .八{\.{ノ/ヘj  V|     ,癶ト、       .l[      ′
                     /    〃/  .、丶` ヽ'   i} ィ⌒>-、.ィ({ /, 〕iト .,     l[     V/           ___
      /⌒\          /    / 、丶`    ノ ハ/  Y   V {/⌒V/   〕iト   V/     V/        >'^~/ \
.     /‐ 、  〕iト        ,     { /    __  /--/    }    } 廴__}i‐㍉,.、  \  }i    /, :.        /  /    )h、
      √  \    V/     ,     rく    __//:ァ'⌒7       }  _ノV/ V/}//,へ、rヘ._\}i     /, :.     .√  j{   〃  ∨/
    √ヽ  /,  jiV/  ..:      /V777/////// / /    ∠_    ト、___V}ト//寸/{/,寸\ト.,     /,  :、  √{  j{   j{   〃V/
    /   V/ }   }. :. /     ./〃/〃/// ./" .: /    /   ',  .| |   v} l\}\〉マ〉`'≪>=-   /,   、 j{ ', :.rくニ=-へ/   V/
.   /^ヽ/-_-_ヽ .j v"        /イ//イ//      ./  /    /    }   .| |  レ       }  {/,         /,  \j{  {  {//-_-_-/,./⌒V/
  /  У-_-_-_rく..ノ .}v/       /j,/ {' ./   .:     ,.:  /  .} ∠^-=   }    //   V/,    :,   /,  .j{    }i-_-_-_-_/,   /V/
. / `}/=-_-_-_,j{ {', V/} V/    / /  .{ {    ̄        /   }   } {  .j    /    .} /,  :.  ′    .j{ ', { j{-_-_-_-_-_/,j{.  v/
../ヽ./-_-_-_-}-_-j/, } .j: V    / /   {                     _く__ノ  ', V        } /,  :.   ,   √ ヽ  j{-_-_-_-_-_-/, / V/
  ,/-_-_-_-/-_{-_-i} 〈  }V/ ./ /    ゝ--r------r-‐‐t‐‐=ニ⌒   、丶`    }           ∨./,  '/,   ′ .√ / √{-_-_-_-\-_/,ヘ ∧

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【アサシン(ローゼン)】

 アメリカ先住民族の呪術師にして女戦士。生前は白人に対して戦い続け、未婚のままその生命を散らせた。
 そのため、人並みの幸せというものに憧れており、受肉を希望してサーヴァントとして出てきた人物。

 呪術・巫術を敵意と殺意を以て振るっていた生前と、“巫”として祖霊や動物の霊を行使していた影響から、
怪物としての属性も混ざっておりバーサーカーやアヴェンジャーとしての適性も高いが。今回は穏当な、
人間としての側面が強く出た形での現界となった。

 その性格は非常に穏健で善性であり、アルティナの扱いについてアーチャー陣営の方針と対立。
 一度バーサーカー陣営と交戦した後で、結んだばかりのアーチャー・アサシン同盟が即座に解散する要因となり、
ある意味ではそこで別れたことがメメントとスメラギの運命の決定的な差となったと言える。

 メメントの蝙蝠ムーブと、聖杯戦争の盤外から飛び出してきた過去の未決案件の結果として、最終勝利者となり
受肉に成功した人物。ただし、先にアルティナの延命を聖杯で叶えるように希望した辺り、根の人柄が透けて見える。
 結果的にその余剰分では少し足りなかったのか、はたまた魂に深く食い込んでいたのか、受肉しながらも『怪物』という
属性は残ったようだが。本人は、これも生前の結果として受け入れている模様。

 それよりも受け入れがたいのは、バーサーカーに鬼嫁の勢いで指導され、引き継いだメメントも地味にしっかりしている
家事修行。生前は戦士・呪術師という生き方をしていたアサシンにとっては中々の難事が多いようであり、メメントの元で
助手のようなことをしながら、ルンバという先輩に師事する日々を送っているようである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9278 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 14:57:51 ID:G9O2GgVI
ルンバ先輩www

9280 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:00:27 ID:eUa+aV0r
ルンバ先輩・・・! すさまじいパワーを感じるwww



9281 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:01:58 ID:43NjwrO7
アルティナは―――

【1D2:1】 1.メメント 2.煉獄

9279 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:00:12 ID:NmJMYtjM
受肉で怪物属性が残るとは何気に珍しいな……
他の魔術師が黙ってない気もするが、立ち回りに優れるメメントちゃんと一緒なら大丈夫かな
最悪、無惨様に助けを乞う手も一応あるしw



9284 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:02:37 ID:43NjwrO7
>>9279
ぶっちゃけよう。

もし今後出す時、怪物属性の漂白に成功していたらこのAA使えないからだ!!!!!

9289 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:05:36 ID:VVfqerr1
ルンバ先輩1号「チガウ、ヒカゲンヲオボエロ。ベーコンヲヤクトキハヨワビカラ。アブラハヒカズ、ベーコンジシンノアブラデヤキ、コガサヌヨウニダ」
ルンバ先輩2号「コーヒーカスハ、ソノママステルナ。カワカセバ、レイゾウコノダッシュウニツカエルゾ」

アサシン(喋るんだ…あの骨…)

9291 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:06:28 ID:BH4KYW5X
>>9284
別にファッションでこの格好しててもよいのでは?(他の人間共見ながら)
アカザ……殿が生きていける世界だもの

9292 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:07:20 ID:4gJT/TwP
>>9291
いかに生きていけるとはいえ、コンビニに入ると即通報ってのはどうかと思うw



9295 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:09:28 ID:43NjwrO7


         /ニニニニ=-  _ ニニニニニニニニ=‐
        (ニニニニニニニニニ=─ _ ニニニニニニニニ=‐
         \ニニニニニニニニニニ=─ _ ニニニニニニニニ=‐
         rくニ=‐‐  ‐‐=ニニニニ``~、ニニニニニニニ∧
         /             ‐=ニ``~、、ニニニ∧
           /             l      ‐=ニニニニニニノ
       / /   _〕      i|  l |        \(¨¨´
        / /    } |     j|  | |_   .i|     i|  人_
       :     } |     j|  | |(_  .i|   从( l⌒
     ′     .}人     i|-‐…‐-ミ i|   / . : :|
      l  |   } ⌒   从 _..,,,,.. _ 从  /   . : |
      |  人  /, ィぇ\ (ィ  V__)ソ´/ . :    . : |
      |  ⌒ヽ  ハvリ \  `""´ ):ノ/     . : :|
      人(    \ :.  ,          /     /. : :|
      丶     人            /     / : : |
            '/ ニ- _ `   ィ( ---ミ./. : : : :|
               }ニニニ}     ハ  /⌒\i/. : : : : :.
               }\     l 「¨¨ 7  /7___  从
               }\\} .:| |ニ=‐ //{ニニハ   : .、
               }  \} .:| |ニ=‐i:i/  ‐=ニ|     \
               }    } //ニ=‐      ‐=ニ|      \
               }   /___/¨¨¨\\ /ニニニ|    :.、   \
               } //⌒ヽi:i:i{  \i/ニニニ‐|       \   \
           /}i:i/〈i:i:i:{{0/i:i{:    ‐=ニニニ|       \   \
             / 从 / ⌒ヾ/i:i:i{   ‐=ニニニ八           \   \
          / /  /i:i:i:i:i:/i:i:i:i:{   {ニニニニニ=‐             \   \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【アルティナ・オライオン】

 協会所属のとある魔術師が、礼装『クラウ・ソラス』の運用の為の生体ユニットに近い扱いで製造したホムンクルス。
 “姉”といえる存在であったミリアムと共に、その魔術師自身のリスクを少なくして可能ならば聖杯を入手するという
目的で別の聖杯戦争に送り込まれるが、ミリアムの死と彼女と契約していたサーヴァントの消滅を経て、ミリアムの
最期の願いである『生きて』という言葉に従って脱走。

 此度の聖杯戦争の地に逃げ込み、バーサーカーを召喚し、聖杯での延命という細すぎる道に賭け。
 そして恐らく、追手の存在や協会からの手配含めて潜在的な敵が多かったため、散る可能性が非常に高かった―――
筈なのだが。煉獄杏寿郎と早期に遭遇し、煉獄が彼女の延命を助けるための同行を決めたため、か細い生存への道が
大きく広がり、クラウ・ソラスを使うこともなく延命に成功する事と相成った。

 その過程には、ランサー陣営の事情、ライダー自身の行動規範、煉獄の生き様、無惨様の未決案件、バーサーカーの
母性、アサシンの慈悲、メメントの俗物っぷりなど様々な要素が絡んでくるが。
 なんにせよ、鬼舞辻無惨の言葉を借りるならば。彼女は『創造主(おや)』の思惑を越えたと言えるだろう。

 最終的に、資金面で怪しい煉獄の負担になることを厭って、アサシン共々メメントの世話になることに。
 意外と面倒見の良いメメントから、ホムンクルスとしては必要ないからと与えられていなかった様々な知識を学び、
いずれどうして行くかを決める段階であるようだ。

 将来的には、やはり自分を助けてくれた煉獄に何かを返したいようだが。
 どのような形になっていくかは、もはや短命という制約もなく、自身の可能性を追求していく彼女次第だろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9300 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:13:56 ID:AeiuSg2S
煉獄さんが血を吐いた!
謝れ!煉獄さんに謝れ!!

9304 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:17:39 ID:wSGSQL66
ま、まあ煉獄さん留守にすることも多いだろうからね……?w



9305 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:22:32 ID:43NjwrO7

                                |_|_|_|__     | | ||
                         _,  ´           ` | | ||
                             ´ /       ` 、     | |ヽ ||
                     /  /     \    \    | '´ ̄ `ヽ
                        /             ヽ      ヽ. V  _  ,ィハ
                    |l        |    |       | .| 〃ハ  vソ}
                    |l   !| |    |       |八 ゞツ   从
                    |l   jIノ  ハ'⌒   |   |  |  \___,/ |
                      1、   !  / 二N_   |   |  |-、   ゙YIIIIノ |´ ̄`ヽ
                    l \,l /〃 斧ネヽ|   |  |、 ∨  ! ̄   |      ',
                    |  ノ レ'   乂V   |   |  |,ノ 八 |    |⌒'Y ̄}
                    | 八        |   |  |/ ハ|    | _| ツノ
                      И ヽ        |   |  /l  / ,ヘ|    |/´マム {
                         \ 、 マ⌒フ    |   | , N/ /-_|    |イ マム
                       |  \     _. |   | |  { イ/|    |...} l}ニム
                       |   |  ̄ ̄`ヽ|   | | ィァニ「 |    |、」  }=ミ_|
.     _                    |   |__-_ァ'゛|   | /彡イニ乂_|__| }  |\ }
    ( \                  |_---/フヽ |    N イニニア ------_V }  |\ }
.    \ \                /----/ ̄ /|`|   |/ニニヤ----------',| | ノ
.     \ \              ハ --/\ レ'’ |  /_ニニヤ----__-==='∧ jl ノ
 ____\ \           /--l}-/       | /,イニニヤ_-=≦--------- '/リ/
八____(ニム 丶         |-- l}/ 、     '/イニニア----------------|‐′
        /ヽ三ア  \         /-- λ  './   //ニニヤ---ヽ------------|
      {匕__,    \     /---/ 廴_/__,rァニニニヤ ----ノ------------ |
      └、 \)ム、____}     '---/:|  /:/\'ニニヤ-----{--------------|
       `ー'ーマ三三ハ    |--/:: | /:::::(_,_ヘ, \/-----/--------------_}
            V´ ̄ ̄V /  |- |::::::| ,.:::::/_(三ミ,、 }-----|-------------- /
              ∧     V  |- |:::::{><}::j__ }ニ| |-----|-------------ヤ
              /.iハ    ハ  ム-|::::::::::〈´__,  |-ム|----/-------------/
            /.i.i.i∧   ∧} . {--|\:::::,イニニ.}  |ニニl}--V-------------ノ
          /.i.i.i.i.i.i.∧  ハ__| '--.|::::::Уニヤ_\ |ニニハ_|-------------|
        /.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.∧ ハ __|/---l::::イニニヤ|---_ヾニノ V.i.i≧s。_--------|
        V.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i./---|----lイニニヤ |-----l´   ∨.i.i.i.i.i.≧s。_----|
        `マ.i.i.i.i.i.i.i.i.i./----|---イニニアヽ/|-----|     V.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.ノ≧、ソ
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【メメント】

 此度の聖杯戦争の地の土地管理者でもある死霊術師。
 『自分の縁だと何出てくるか分からん』と触媒召喚でアサシンを引き当て、途中まではアルティナの身柄を狙う
動きも見せていたが、アサシンとの方針の差を考えて翻してアーチャー陣営との関係を切り、その後には煉獄を
介してバーサーカー陣営としれっと協調するなど、中々の蝙蝠っぷりを見せていた人物。
 実はキャスターにすり寄る動きも見せていたが、情報不足からキャスター陣営の居場所を発見できず、それが
成立することは無かった。

 遠坂時臣氏曰く、『本気で根源を目指しているような魔術師は少数』などという嘆きがあったが。
 彼女などはまさに典型的な、現代社会にある程度適応し、ある意味では堕落した魔術師だと言えるだろう。
 そして同時に、俗な感性だからこそ取れる手筋の広さが、最終的な勝利を彼女の元へ運んだとも言える。
 鬼舞辻無惨と父の間にあった未決案件などは完全な運であり、相当なラッキーガールでもあった。

 戦争開始時は自分のナワバリで聖杯戦争などを始められたことに対する憤りから、セイバー陣営を狙っていたが。
 終わってみればまさにウハウハ。クラウ・ソラスをスメラギに足元を見ながら売りつけて、聖杯のガワと余剰の令呪は
アルティナの分と一緒にジプスに売りつけて、ついでにジプスとの繋ぎを作って。
 父の代で西洋での権力闘争に敗れて流れてきた彼女の家は、今や空前のバブルを迎えたと言って良いだろう。

 とはいえ、アサシンが一般人から不信に見られないようにする為の偽装用の礼装の調達や、身体を横向きにしないと
ドア枠に角が引っ掛かって逆上がりみたいになるアサシンの為のリフォームや、聖杯戦争のために地脈から多くの
魔力が吸い上げられた事から予想される霊障の増加への対応やら。
 色々とやるべき事、考えることは多いようであり、アルティナへの世話焼きやアサシンの家事修行含めて、多忙な
日々を送っているようだ。

 ―――なお、聖杯戦争後に彼女がまっさきにやった事は。
 聖杯をジプスに売る際に出た利益の折半を断った煉獄に対して、『高楊枝じゃ腹は膨れないんだよ!』と怒鳴り散らす
ことだったという。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9306 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:24:12 ID:hum1cLHg
アサシンwww

9311 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:26:12 ID:darBTdK0
煉獄さんいい加減に学ぼうww

9313 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:26:58 ID:Sm6wryrM
ちゃんと受け取るもの受け取って食うもの食わないと良いペンコマになれないぞ!

9318 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:31:10 ID:AeiuSg2S
>>9313
むしろそこはペンコマになっちまうぞ!の方が効くのではないか。ボブしみ



9319 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:32:23 ID:43NjwrO7


|                                     )\/⌒マ⌒⌒~\
|_________________________/二lし(  〉    〉 |__________
|r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉r㍉| ̄|二) ) 〉      | ]|  ]|  ]|  ]|  ]|  ]| }     /
|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. |_|ニ{ //   / ̄ ̄\_]|_]|_]|_]|_]|_]|_/   /(
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニニ | |  /  /‐=ニニ\                   |二\
|                                     \_ノ\/  /‐=ニニ二二\                  |ニニニ)
|                                        /  /‐=ニニニ二二二\            |二/
|                    |\__/|/|                \/‐=ニニニニニ二二\            /ニ|
|                   /  )   /:.:.:.|                \‐=ニニニニニニニニ\     __/二/
|                    /| /    く:.:.:.:.:.:\               \‐=ニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/⌒\ニニ/
|       ]\/|  /[/[/ ∨      \ :.:.:.:.:.\              ∨‐/        _/      )ニ|
|.      |\]::::::::|/      〈        〈:.:.:.:.:.:.:.:.:|                ∨ / ̄ ̄ ̄        /ニニ\
|     И ::::::::::| / ̄ ̄ ̄ \     ⌒て⌒\|   ___          〈/           |\__/ニニニニ\
|       |\/|:::|     /     |\[ ̄\[ ̄\__//⌒\       /             \二二ニニニニニニニ\
|     _|  /|:::|   /       |\    \  \ /⌒\        /              ̄ ̄)ニニニニニニニ=‐
|.      \   ∨            |  \    \   ̄ ̄ ̄ ̄\       /              _/ニニニニニニニニ=‐
|       |    |/|__       人   \        ┌―く⌒\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \ニニニニニニ/ ̄ ̄ ̄\
|   __人     | 〔_/⌒\ イ   \   \     \_|:.:.:.:.:.:)__/                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           |
|  ⌒7   | ̄ ̄|  \  } |  |     |          \:.:.:/
|   ⌒7  | |v{ |ノ\ \/\j__/    |   \/⌒ ̄ ̄
|    ⌒| 八|:::|   /||  \    |   |  |/||:.:.|
|      人(  ∨ 《以 |  :.:.:.:.\    |/)人_/:.:. |人:.:.|
|         |\   jノ\:.:.:.:.:.\  |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./  )ノ
|         |:.:.:}__    | :.:.:.:〈⌒ 人:.:.|/]/
|.         /:.:.:.|  └く(__\(\\|二)ノ
|       (:.:.:.:.:.人      \_/) \/                  r㍉
|       )ヘ:.:(  )        (  | ̄          / ̄ ̄ ̄} { ̄ ̄ ̄ ̄\
|           | \        /\|        /      /  |         \
|__       |ノ⌒)    /          r㍉      / ∧ |         \
|二二\             /             /|  |     / /  |               \   ____
|ニ/ ̄\     __/           / /  ノ    // ノ人       \\  |/ ̄\㏍\
|ニ(___  \__/              ( ̄ ̄   |  ( (   (   \        \\     \㏍\
|ニ/⌒   /     /           / ̄ ̄)  |   )   \\  )          \     \㏍\
|ニ(     /     /         r㍉__/  / /        ) )              |      \㏍\
|ニ)  /     /       /) )     /   (
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【煉獄杏寿郎】

 特殊な呼吸法と剣技を受け継ぐ、土着の退魔師の青年。
 誇り高く善性の性格をしているが、融通が利かず、中々退魔師だけで食っていくには苦労しているようである。

 聖杯戦争を察知して乗り込んだものの、サーヴァントとマスターは全て埋まっており。
 それでも無辜の犠牲を少しでも減らそうと聖杯戦争に介入しようとしていたところで、アカザとランサーと遭遇。
 彼らと行動を共にしているうちに、バーサーカー陣営と接触し、最終的にはバーサーカー陣営の協力者という
スタンスで聖杯戦争を戦い抜くことになった。

 非常に誇り高い人物であり、自らの才も力も守るためのものであり、私欲や私服の為に使うことは罷り成らぬという
スタンスを取っているのだが。
 彼の考えの原風景となった母も、『生活費は私服を肥やすことではない』と顔を覆うだろう資産状況であり、
友人から金を借りて聖杯戦争に参加した有様は誇り高いのかダメなのか非常に危うい境界線上であった。

 聖杯戦争中に出会ったメメントの考え方、行動、そして無関係(強調)であるはずの鬼舞辻無惨から受けた言葉により、
『助ける』『守る』だけではなく『助け合う』事を意識し始める。
 とはいえ、三つ子の魂百までもというが、染み付いた考え方を変えるのは中々難しいようであり。
 使い終わった聖杯を、国内での聖杯戦争を抑止したいジプスに売りつけようとしたメメントから提案された利益折半を
断って、滅茶苦茶怒られたりなどした様子である。

 戦後はメメントの提案で霊障の対応役として雇われながら、アルティナの様子をよく気にかけているようだ。
 ……アルティナからも『この人は心配』と気に掛けられている事は、煉獄だけが知らない事実であった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

9326 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:37:39 ID:43NjwrO7
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



                     l``゙゙"""´      |
                    l      _____,,,,,,,,,,,,,,,,|
       {    !        ,l _,,,,=ニニニニ三三三|
ィ彡三ミヽ  `ヽ           l三三三三三三三三ニ|  「ああ、全く。度し難い。
彡'⌒ヾミヽ   `ー        j三三二二ニニ二二三|   私が得るはずだった聖杯も取り逃し、研究資材も手に入らず。
     ヾ、          _,.-‐"_,,,..-=ョョョョョョョョァ-ュュュ|    令呪は大きいが、投資した礼装を考えると割に合わん!
  _    `ー―'    /_,-‐",illl!"  `゙゙゙"""´: : :llllll|    消耗したアカザの再調整にかかる素材、資金……ええい、
彡三ミミヽ          l/::::::::,ill!'    . : : : : : : : : :!lllll|     腹立たしい!」
彡'   ヾ、    _,ノ `‐::;_::::lll!    . : : : : : : :,,,-‐'゙!lll|
      `ー '         ``ll   、 〈 ‐=ュ=‐"    ゙ll|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ      jli、___,,, 〉ゝ-    _,,,.........|
彡'      ` ̄         (《li`''"´     ,'" (::l::),-|
      _  __ ノ     ゙)》li、 _,,.,__    '"""´´ |
   ,ィ彡'   ̄         (《lli'´(::l::)       /(|
ミ三彡'        /⌒    ゙》).l'"´ノ           (|
       ィニニ=- '         (《、l  `ヽ "         |
     ,ィ彡'                 》 '、   ____,,,,,__    |
   //        /         (  \   ̄       .|
 彡'       __,ノ                \       |
        /.                       ヽ、___,,..-''"|
            ノ                `i、  .|
      ィニ=-- '"                 ,ィ| `,ィill|
    /     /              ,ィill〃llllllllll|
   ノ     _/                ,illl∥llllllllllllll|



                     ___,.:‐-.、__
                   /:::::::::::::::::::\:`ヽ
                  /:::___:::`Y:::::___::::\:::\    「とはいえ、過去の懸念が一つ片付いたのは僥倖か。
               r''":/::::_:::\:/:::入::\:::ヽ::::}     ……致し方ない。この物語はこれで終わりだ。
               {/::::/::::\:::::/::::::}:::::::\}::::\__    私はこれからも、前を向き―――」
               {/:::/::/⌒  ̄ ⌒ {::::::::::::::}:::::rへヽ,_
                 /:{::::{/          }:::l{:::}:::ト、::ヽ  `⌒
.                〈:::{:::〈_____         {::八::::::{:::VL
                \::::}   ``    ''"V ̄ヽ::∨ヽ:}
                   {f 〉}弋f;li`ト   ィ;il;)ア ./:::,′ リ
                 Y::::}       /|     (:fア
                  ヽ:::.=ミ、 〈 :| ,    /八
                 /ニ)込   ー =一  イニ\)
              /ニニニ} \  ^  / }ニニ∧_
             //二二ニ}\ .>--< ./}ニニ∧\___
        ____/ニ/ニニニニ}  `ヽ、__,.. イ  jニニニ∧ニニヽ__
      /ニニニニ/ニニニニ{   /:::::::ヽ   }ニニニ∧ニニ\ニ=- _
.      /ニニ/ニニニ/ニニア⌒ヽ}  ∧:::::::::::}  //⌒`'<ニ〉ニニニニニ=-
     {二/ニニニ/>''"´ニ◯ニ}〉 / }--:::〈 /ニニニ\ニニニニニニニニ} _-=ニ二二ニニ=- _
     {=/ニニニニ/ニ二二ニ/∨ r':::::::::::::}〈ニニニニニ\ニニニニニニ/ニニニニニニニニ
     {二二ニニニ/ニニニニ/x}   }:::::::::::::{ }ヽニニニニニニ=一''"´ ̄ニニニニニニニニニ
     {ニニニニニニニ/ }xixi\ .}:::::::::::/ /i} \ニニニニニ>''"´ ̄ ̄} ̄ ̄`'<ニニニニ
     /ニニニニニニ/}   Vxixix\::::::/イx/    /     /  /    }ニニニニニ ̄\ニニ
.    /ニニニニニニ/こ/   ∨xixixix>'ixixix{    /   ;  / /     .}二二二二二二`'ー



           /::::::::::/::::::::::{::\:::::::::::}/:::::`:::ヽ
           /イ::::::/{/:::::/>─- ::;;_::::-‐:::::::L_rへ
        /:/ /:::::/:/:::::/))       \::}::::::::r-ヘ:}
         {::{ {:::://:::::/ ((   ::..    ((r':::::}:::L
        >::::::::::{::::/ /´⌒ヾミ、、      {::::「 :::::: }
       /::/}:::::::{::::{  ,z=≠ミx`` } /z=一ヽ:::\:l}:|   「腰を振って生きるのみ!
           ノ::::__}\ヽ   ( |!)`     ,z==ミ、|\:::}/
         /::::/rヘ` }::} `¨¨¨¨´  |li,  (|!) |:::::リ     ―――貴様ら、まぁよくやったと労ってやろう!
.         /:/{ 乂 /イ((       、 r `¨¨´:::〈:::(     どうだ、嬉しいか? フフ―――フハハハハハ!!」
            /\__  ,リ   r-   ..,,_     ∧::{ ⌒
          (⌒`}::∧    V ─-v'〉  /イ⌒
      /ニ二/ /イ        ヽニ二 /
  -‐=ニ二ニこ/ニニ{   \    こ  /ヽ,
  ニニニニニ{二二∧))   _____─ァ /r〈{ニ-_
  ニニ二ヽ二jニニニニヽ 厂 `フ´   /圦 ヽニ-_
  \ニニニ\}ニニニニ〈  {   /ニニ{  }ニ{ ,ハ___
  =ニ\ニニ=/ニニニニニ}   \_/二ニ= '´  ノ_/´レ}ニニ=-,_
  ニニニニニ〈ニニニニニ/  { し      ,、<_/   /ニニニニ
  二ニニ∧こ=ヽニニニ「{  / r‐' ,、__, / ̄ ̄ __/}ニニニニ}
  ニニニニ}ニニニ\ニ/=} /./ ,/ ,、_r-= ニ/ ./ニニニニハ
  ニニニニ}l二}lニニ∨こ{ ( (   ''"   __   ___/}ニニニニ/ニ}
  ニニニニ}lニ}lニニへノ ノ厂 // rヘ,__, `'く,/ /ニニニニ/ニニ}
  ニニニニ}lこ}lニ/_{ノ _//  .{ { ., -=ニヽ、____/ニニニニ/ニニ}
  \二二}l_///ニニ∨´, イ'(( r<ニニニニニニニニ/二二/
  ニ=ヽニj__/{二ニニY  ,リ/ニニ{ニニニニニニニ/二二ニ/
  ニニ厂ニニ{ニニニ\__,/二二}ニニニニ>''" ̄ ̄``ヽ_}
  ¨¨ア=ニニ八ニニニニニ\_/ニニニニ/ニニニニニニ\
  /ニニニニニヽニニニニ/´ニニニニニ/ニニニニニニニニ}
  ニニニニニニニ\ニ「ニニニニニニ/ニ彡ニニニニニ二ニ}
  ニニニニニニニ/`'くニ-‐==''"ニ{ニニ{ニニニニニニニニ}
  ニニニニニニ/こニニ〉ニニニニ「.{ニ二\ニニニニrへニ/

9327 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:38:04 ID:43NjwrO7
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


―――完!

お疲れ様でしたァァァァァ!!

9328 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:38:30 ID:v6SrFmhR
お疲れ様でしたー

9329 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:38:45 ID:6uo5I+28
乙!
無惨様www

9330 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:38:57 ID:NmJMYtjM
御疲れ様でしたー

そして締めはやっぱり無惨様だったかw

9331 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:38:59 ID:4gJT/TwP
お疲れ様でしたー!

9332 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:39:05 ID:kYJFYNls
第三十二次中聖杯終了お疲れ様でしたー!

9333 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:39:08 ID:Sm6wryrM
お疲れさまでした!うーんこのカリスマともかりちゅまとも違うエンガチョめいた何か

9334 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:39:27 ID:pT+so5+E
お疲れ様でした

9335 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:39:30 ID:ra85gou9
乙でしたー!



9336 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:39:31 ID:43NjwrO7
なんだかんだ回せて、なんだかんだ終わった。
久々に開始した聖杯戦争だったんで反省点も色々あったが、それなりに上手く終わったとも思う。

皆様ありがとうございました!

9343 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:42:54 ID:43NjwrO7
無惨様はなーw

単なるパワハラ上司になる可能性もあったのに、「無惨様が見てる」のコーナーでずっと高い目しか出さないから、
どんどん有能化が進んでいったwww

9347 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:44:36 ID:BH4KYW5X
まあ怒るのは期待の裏返しとも言えるから、ホムンクルスにとっちゃ得がたい主なのは違いないw

9350 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:45:19 ID:9VRhPgQ+
結局本当にパワハラって、時差で怒ることぐらいだったからなw



9353 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:47:51 ID:43NjwrO7
>>9350
あとラーメンとビール

9355 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 15:48:42 ID:43NjwrO7
序盤にはバーサーカーが、中盤には無惨様が、後半にはメメントが盤面掌握していた感。
久々で私もデータ班も色々鈍ってたねーという話もあるんで、そのうちまたリベンジしたいネ!

9356 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:48:48 ID:BH4KYW5X
しかしあんな時差の狂いまくった生活してたらラーメンとビールどころではないだろうにw
こだわるところそこかよっていうwww

9357 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:49:36 ID:v6SrFmhR
衛星か何かに乗って暮らしてるのかってレベルで移動しまくってたよな

9365 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:54:54 ID:Sm6wryrM
言祝ごうではないかのカリスマ感は凄かった
ゴーイングマイウェイな奴らからの称賛って不思議と心に響くのよね

9366 :梱包済みのやる夫:2019/03/16(土) 15:56:52 ID:BH4KYW5X
他人の作であってもホムンクルスを卑下しないってのは器のデカさを感じたよなあ



9367 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 16:05:45 ID:43NjwrO7
割と人気の無惨様。

9368 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 16:09:09 ID:43NjwrO7
とりあえず大休憩後ですが。

さやかによる呉鎮案内から、次の取っ掛かりを探そうと思います。
鎮守府短編か聖杯戦争かは未定だけど、今の気分は多分そっち。

9372 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 16:27:15 ID:43NjwrO7
メシ風呂の後、呉鎮守府案内を再開していきます。

あれは適当な所でいつでも切り上げられるのが楽。

9376 : ◆o2mcPg4qxU :2019/03/16(土) 17:39:03 ID:43NjwrO7
今回は割と再登場できそうなキャラ多かった感じ。

あ、現在風呂待ちです。
関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:7 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
前しっぽと首ア〇ル…
どっちがマシかなぁ…
2019/04/19(金) 08:43 | URL | #-[ 編集]
アカザ殿が原作で前しっぽより酷い事になってて草www
2019/04/09(火) 22:58 | URL | #-[ 編集]
確か回転椅子に乗って羅生門唱えた人が敵ボスの気を引きつつ敵を認識しないクリティカルなセリフ 羅生門最初の会話に入り (待てぇい)
2019/03/18(月) 22:23 | URL | #-[ 編集]
読み返してみると【無惨様が見てる】で常に遅いの出目だったんだよな
まあ逃走方向(方角)が概ね一定ならそうなるのも分かるっちゃわかるが
2019/03/18(月) 10:49 | URL | #-[ 編集]
あとパルクールラインの【英霊なら古代レシピわかるのでは〜こころちゃん醍醐クリティカル〜戦争陣営以外全員幸せ(パイナポゥは頑張れ)】とか
【お梅さん宿六召喚〜縁や触媒が…あ、イケるわこれ】とかも雑談クリティカルから更にダイスクリティカル出した良い例
2019/03/18(月) 08:19 | URL | #-[ 編集]
カゲロウデイズ~ 15
2019/03/18(月) 02:20 | URL | #-[ 編集]
今次もまた愉快な面子が所狭しと大暴れした回であったのうw
個人的には無惨様とメメントさん、ジャンヌちゃんがお気にだったかな

そういやド忘れしたのだが>>9213の言う「待てぇい」って何だったっけ
直江状の雑談クリティカルはよく覚えてるんだが……
2019/03/18(月) 01:57 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する