おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2019/01/01(火)
5866 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 21:00:46 ID:D4gVwDKN

                        __  {7>、  {>.
                        ∨>. `< />.`< >、
                         `< >.`< />.∨∧
                           `<./>.< //>`V∧
             {             `<./>.< />、V∧ ト、
          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧
           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧
           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,
           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}
            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!
             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。
              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧
               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}
                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ
                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ
                 廴_=--}//////////////-=///////,イ
                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!
                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'
                        {///////〈///////////////リ
                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_
                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、
                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ
          ___ __  __    _ `< //__イ__///__ノ/_//////__//_ア¨´  ̄`' .___   ___ _  _
          {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
          `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
          、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|
                 'ー==┌─ T  |二)  (二ヽ.‐┬‐.   |二) . ∧  | / ┌‐ .ト、 | ..
                    | ̄. ⊥ ! \ .、_)  │   ! \ /-ヘ、.|/..  !二 l ヽ! 
                            ` <//////_,ェェァ/イ´
                            ` ー_=ニア¨´
                                ̄~


        「規範とは、心の羅針盤である。出港の時来たれり。其は世界に名乗るもの」

                                 プレイヤーキャラクター
                       ―――― 配点: 主 人 公








5868 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 21:01:58 ID:D4gVwDKN
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
 . ____  .   ____       ____     |
  |i―ii―i|       .|i―ii―i|     |i―ii―i|     |
  ||_||_|| :      ||_||_||     ||_||_||     |
  ||―||―||   .    ||―||―||     ||―||―||     |
  ||_||_||       ,||_||_||     ||_||_||     |
  '―――'       '―――'     '―――'    . |
        :   ,                    :::|
    .                .              |
,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
_____      ____      ____     .:|
        ||  ,     |i―ii―i|     |i―ii―i|     |
        ||.       ||_||_||     ||_||_||     | \
        ||       :||―||―||     ||―||―||     |.  \   :   '
      O ||    '   ||_||_||     ||_||_||     |    \
  ===.   ||     '―――'      '―――'     | ,     \
        ||        ;;                    |        \     . :
____||_________________|       .   \
――――`i   '      .             :             \
 ̄ ̄ ̄ ̄~                                       \
             ,              '         ;            \
                                                   \
__________________________________ノ,
――――――――――――――――――――――――――――――――― '"
         :    '      .             '                :


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そこは、レドモンドに幾らでもある廃ビルの1つだった。

┃ 原子力発電所がメルトダウンを起こし、その被害範囲の中にシアワセ社が新しい原子力発電所を建てて、
┃結構な時間が経過している。

┃       バーレーン
┃ レドモンド荒廃地区からは、その間に『流出』という形で多くの人口を失った。役所的な意味で、だ。

┃                                                       S I N n e r
┃ SINレスを中心に50万とも言われる人口を抱える事になったレドモンドは、代わりに“社会的に存在する人間”は
┃大きく減った。金と社会的な身分のある人間は、概ねレドモンドから出ていったということだ。

┃ 全てではない。が、その際に多くの建物が放棄され、正式な所有登録の無い建物は大きく増えた。

┃ 偽造SINで物件の所有登録をし、セキュリティ・生活ランク的には所謂『下流』ラインを保っている者も居る。

┃ そういった物件の斡旋などを生業としている者も居る。

┃ 住む人がいれば需要も出るというもので、新規に物件を造成する業者も居るくらいだ。免許? さぁ?

┃ だがどのみち、大量に発生した所有者不在の物件全てが埋まるほどの秩序も金も無い状況であり、レドモンドには
┃多くの廃ビルが未だに存在している。

┃ ―――彼らが、より正確に言うならば彼らを率いる“ランナー”が、敵の残党が潜伏しているという情報を得たのも、
┃そんな建物だった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5873 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 21:18:13 ID:D4gVwDKN

                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ        スロット
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「あの売女、舐めた真似しやがって……!」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ウォー
┃ “戦争”などと呼ばれる、いわゆる単純な『ドンパチ』の依頼を受け、そしてフィクサーの提案に乗って裏切りを
┃行ったランナー。
┃                                         スロット
┃ そして、逃げ延びた“敵”残党を追っていった先で、敵を匿っていた売女の仕掛けによって負傷したこのオークは、
┃些かならずプロとしての意識が欠けていたが、それでも確かに“ランナー”ではあった。

┃                                       スロット
┃ 逃げた相手を追うのにデッカーを雇ったのも彼であれば、件の売女の施した仕掛けについて調査する程度の
┃弁えも持ち合わせていた。

┃ オークならではの身体能力任せで、ただただ無策特攻するアマチュアではない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5875 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 21:31:15 ID:D4gVwDKN



                                   _, -‐―-. 、
                                 ,. '´       `  、
                                /     _ィ-=     \
  ヽヽ| ヽヽ| /// /    `ヽ、         ./   _=≡三三=-__     ',  「どうするんですか? 兄貴ィ……」
    VヾLl」」// ////    ヽ       ./     -=´  ,ィ     `ヽ i
   /    ````'''─一レr'    ヽ       i  /    =三彡ノ ___  〉〉 i         ウ ィ ズ
 __/`ヽ j /        ヽ/   |       |  {i    _テ=-{[ {__o_ア‐  |  「相手が魔法使いってんなら、
..|‐‐、ヽ彡jlト、_,. -ニニゝ    〉彡  |     .|   _,∠ o /ノ    ヾ、      r‐、 ちと不味いんじゃ……」
..|..:::::::::ヽフ==== 、、_   ≧彡、_|      .|      ̄  ノ i  i ヽ      !fリ|
..ヽ;;;;;;;;ィハ|.....:::::::::::::::〉 ,二二/ヘ. ||     .r‐!       { n  n )    〃 r-{
 | ̄ /  ヾ;;;;;;;;;;;;;ノ/   ='´ト r' ||    .!fハ       `‐≡三、_    〃 .トハ
 | /     ` ̄´       ,ィ^_j 〃      ヽrヾ、     /二-―-`-'  〃 | ノ
 ', >`            ⌒//        ゞヽヾ、  ヽ-'´_==彡     ハ
  !.〉iー_--、       // | /         \iヽヾ、   ミニニ=‐"     /ノ ト、
 r‐|ヽ`゙''‐ニ^_!     / /  Y            }ミヽ ヾ、          /〃 |ヽト 、
>ヘ ヽ `゙`    , -''´  /  / \        ./ ィ|ミ ヽ、          ,'〃  ト l| ト、
/ヽ  ヽ----一'´    /  / .:  \    .i .{ |ミ  ミヾ、__三三ニ-'´〃  ノ l| |  `ヽ、
  ヽ  ヽ            / ...:: .::  `ヽ、  .-‐! ヽ!ミミ ミヾミ三ニニニ" 彡"  /  |    ` ー-- 、
:ヽ  ヽ  \__      / ..:::::: .::::::  :::: /   |  ヽミ  ヾミミ ̄ ̄      イi   /|          `ヽ、
r'´      ヽヽ---─ァ' ...:::::::::.:::::::: . /     \  |}ミ  ミ三三  〃   {|  / |



                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'        「ハッ! 安心しろよ。俺はプロだぜ?
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_                   チ ャ マ ー
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐    そっちに詳しい“お友達”も居る。
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ  いいか、魔法使いだの覚醒者だのって連中は、
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',  ジェダイでもなけりゃマーリンでもねぇ。
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i  むしろありゃ、特に制限が辛いタイプらしいぜ?」
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll




┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そして、ランナーは既にオルガマリーの家を襲撃し、ある程度の情報を得ていた。

┃ そこで見たこと、起きた現象、残された品。

┃                              .コンタクト
┃ そういう内容を話せば、推察程度は語ってくれる“ツテ”があった。
┃ ビジネスライクな関係故に、金が必要で、しかも注意事項などのサービスまではしてくれなかったが。

┃            アルケミー
┃ それでも、あれは“錬金術”だという事は、ランナーはなんとか把握できていた。
┃ 相手がそう高位の覚醒者ではないだろう、という推測も付いた上でだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5878 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 21:38:30 ID:D4gVwDKN


   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |iーi,| r 、     | |
       | |                       |lニl,| | !l      | |
       | |                       |L.l,| | ;!!.      | |
       | |                       |//,| |-|l.     | |
       | |                       |//,| |i l.!      | |
       | |                       |//,| |.! !!.    | |
       | |                       ||l l|| | !.||.    | |
       | |                       ||l_l|| | l ||.     | |
       | |                       |//,| | | |l.     | |


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 警戒しながらドアを開ける。

┃ 3階建ての雑居ビル。狙いの相手はおそらく、上で縮こまっているのだろうと彼は予想していた。

┃        サイバーアップ                レイザーガイ
┃ 少しばかり身体改造していようが、自分のような“剃刀野郎”とは比べ物にならないと、タカを括っていたと
┃言っても良い。

┃ が、1Fには居ないという予想も、そこにあった“仕掛け”も、自称“剃刀野郎”は外していなかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


| __________   __________  __________
| |「 ̄ ̄ / ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄// ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||   ||// ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||
| ||    //   |||         ||   || ./κ     |||/   /    ||   ||         |||     ./   ||
| || //      |||]   //   ||   ||  |_r<../ |||]  /     .||   ||    //   |||] /// .   ||
| ||_/____.|||_ //__||   ||×__//_|||______..||   ||_ //__|||___//_||
|  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄      ̄
|;          ';、
|;;、  ;、....::::.;;
|;;,#  :::::::::;;  ';、 #    ;;     ;          ;;,;;;.;'
|;:..:.  :.:::::;::     :;  ; ,,.       ;:..:.         ;;;;'..メ        ;;     ;;'';
|;  メ ,;::;;::,'   ;;;;;;.;.;                   ';,          ;;              ,,;;''
┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                             l l  l l                  l l      l  l
                                 l l  l l                 l l       l  l        ―――ゴチャッ
                         _       l l  l l                 l l     l  l
               ',>,       l二≧z,    l l  l l                   l l       l  l
              ',ニニ>,      lニニニl   l l  l l                  l l     l  l
    _        '<ニニニ>,  lニニニlz≦ニl l  l l                   l l     l  l
    `<ニ=- _      ` <ニ',    ̄”¬ニニニl l  l l            __  -┘l__  -┘__l______
      `<ニニニ=‐- _   ` ー      ∨ニニl l  l l  __  -‐    __... -r‐   ̄  ` <二二二二二
           `<ニニニニ>,           ∨ニニ! l_l  ̄   __  , -=ニニ二二| __      ` <二二二
                 ¨  ‐-=ニニ>,        ∨ニ|    -‐     __.ニ=-‐==ニニニニ',        ` <二
                    ¨ ‐`      ー   ̄        ',ニニニニニニニニニニ',               ̄
                l>,                  l ̄   ‐-   ',ニニニニニニニニニニ',
               へ  lニニ>,           l      l    ,ニニニニニニニニニニ',
         /ニニ\ l二ニニ',     r―――┴.へ ‐―┴―――┐ニニニニニニニニ',    __   -‐_
        / ニニニニヽ二ニニ',     |二二二/   \ニニニ二二|ニ=--‐‐   ̄-‐  冖__ ̄  -‐
      ィ /ニニニニニニ/ ` <二',    |二二/  /\ \ニニニ二|           ‘,  ‘,
   /   \ニニニニ/     `<',     |二/  /    \ \ニニニ|.           ‘,  ‘,
  /      \ニニニ/             |/  /      \ \ニ二|          ‘,  ‘,
/         \ニ/       />,/  /         \ \ニ|           /‘,  ‘,  __  -‐
、             \      /ニニ/   \           \ \        /   ‘,    ̄   __   -‐
. \           \    \ニ/  /\  \            \ \   ,- /   /  ¨¨ ̄
   \           \   /  /   \  \              \ \/  /  /- _
.     \            \/  /      \  \              \ \/  /    ¨ ‐-



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――あるわあるわ。

┃ 大量のカードが床に敷き詰められていた。

┃ 自分が食らった、皮膚装甲も装甲加工された衣服も無視して来たダメージを思い出して、オークがヘルメットの下で
┃少しだけ嫌そうな顔をする。

┃ これが全部“アレ”だとしたら厄介だろう。しかし―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5879 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 21:39:41 ID:/MwGcfY5
あー一枚でもそうかも知れないと思わせれば、1手遅らせられるのかこれ

5882 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 21:51:26 ID:uXhL/IMy
別に見捨てていたわけじゃないと思うぞ、たぶん料金分以上に忠告してくれるほどの間柄ではなかっただけで



5884 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 21:52:57 ID:D4gVwDKN

                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'       「―――良いか。錬金術師の作る道具ってのは、
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ        無制限じゃねぇ。こんなに数は用意できねぇ。
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐   こんなもん、目くらましよ。
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ  ましてや、直接触れなきゃ発動もしねぇ。
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ               スクワッター
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::', ホントなら、脅しつけた浮浪者にでも掃除させてから
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::, 悠々行きてぇところだが。
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l         フラッグ
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'  その間に、“旗”の位置を嗅ぎつけてきた
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/   お前らの“元”リーダーに割り込まれちゃ
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/    面倒だからな」
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――錬金術調製物は、長く魔法を留めておく事が出来ない。

┃              .ドレイン
┃ 加えて、作成するのに反動がかかる。

┃ 故に錬金術師が用意する調製物は、数個がせいぜいだと“ツテ”から聞いていた。

┃ であれば、これは“アタリ”という木を森の中に隠す目くらましだ。

┃ 踏まずに行くには面倒な数が撒かれているが―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


////}////////////////'/   |
///.,′//////////////     .
///′ >― ミ///>' ´        ′
//,′´::ァ'¨¨''<::ヽ´         ./
//;/{:::::{/// }::::i      ./',    「踏むんじゃねぇぞ。歩く先にあるカードを、端に避けるんだ。
//i'∧::乂、_ ノ:::人    /.   ',     なんでも良い。“生命体”が触るのが発動キーらしいし、オーラだのなんだの
//|//>{-}}- < ノ\  /          覚醒者ならではの難しい話をされたが―――。
//i'/  } ¨i{  \__ノ .Y      |
//;′ .〉:〈    \ノi!     l     手に持ったもんで触れる分には、発動しねぇんだ。安全に進むぞ」
//{   ii:i:i}     j〉,|      .
//{   li:i:i}     /ノ`′ j  | ', ',    )) ゴリ....ゴリ....
//{   li:i:i}    .//\_ / ,. ' / ′、
//.',   ̄    .//////ヽく  ./ .j ノ \
///',       .:′/////!  `¨-イ ´__ノ ト\
///∧.   /////////|     \_ ノ ノ }\
/////ゝィ///////////|      \ / ノ |::\
//////////////////,'|       \ '_ ノ:::::::::\
//////////////////,'|.           \:::::::::::::::::::\

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――対策を知っていれば、注意し、避けて進む事は不可能ではない。

┃ ギャング・チームのリーダーよりも自称“剃刀野郎”を支持し、彼がチームの主導権を握るだろうと擦り寄った
┃3人のギャングが、手にした棍棒で掃き掃除でもするようにして、階段へのルートを確保し始める。

┃ 階段にも、そして2Fにも撒かれているカードには嫌になったが、慣れてしまえば流れ作業だ。

┃ ところで―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5890 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 22:06:08 ID:D4gVwDKN


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――世の中、慣れほど怖いものはない。

┃ “罠は地面に撒かれたカード”。

┃ そう思い込んでしまえば、注意も視線も下に向かう。

┃ そして、自分が得た情報で、相手に対して有利に物事を進めている。
┃ そう思っている最中は、物事に対して疑問を持ちにくい。

┃ 人は、見たいものを見る生き物だ。とはいえ―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



////}////////////////'/   |
///.,′//////////////     .
///′ >― ミ///>' ´        ′
//,′´::ァ'¨¨''<::ヽ´         ./
//;/{:::::{/// }::::i      ./',
//i'∧::乂、_ ノ:::人    /.   ',
//|//>{-}}- < ノ\  /
//i'/  } ¨i{  \__ノ .Y      |   )) ゴリ...ゴリ....
//;′ .〉:〈    \ノi!     l
//{   ii:i:i}     j〉,|      .
//{   li:i:i}     /ノ`′ j  | ', ',
//{   li:i:i}    .//\_ / ,. ' / ′、
//.',   ̄    .//////ヽく  ./ .j ノ \
///',       .:′/////!  `¨-イ ´__ノ ト\
///∧.   /////////|     \_ ノ ノ }\
/////ゝィ///////////|      \ / ノ |::\
//////////////////,'|       \ '_ ノ:::::::::\
//////////////////,'|.           \:::::::::::::::::::\




___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|   「……間抜けな絵面ね。
               込     '      u    r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ                  サーチ
                |/ | \               |// /  | | \|く    っていうか、マトリックス知覚くらいしなさいよ。
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \      バグ・スキャナー
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒ あと、電波信号探知機とか……」
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃          サブボーカル
┃ コムリンクの“ささやき会話”を使って、3Fで状況を見ているオルガマリーは、なんとも不満な様子である。

┃ 神経質で臆病な彼女からすれば、彼らの進撃はとてつもなく無防備な蛮勇に見えるのだろう。

┃ なにせ彼らは、相手が篭もっている拠点で掃き掃除をしながら進んでいるのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5897 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 22:20:19 ID:D4gVwDKN


.  _______________
 |    ┌────────┐    |
 |  ┌┘                └┐  |
 |┌┘                    └┐|
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 ||                  ||
 || >―――――――――< ||
 || |                   |||
 |└┐>――――――――<┌┘|
 |  └――────────┘  │
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 掃き掃除されたカードの中には、確かに2つほど“アタリ”が混ざっていた。

┃                                   センセイ
┃ 罠があると思わせるだけで、判断力の何割かは奪える。師匠の教えだ。

┃ 事実、一度踏んで痛い目を見た敵ランナーは、床に撒かれたカードに混ざった“地雷”を警戒している。

┃ ―――それだけしか警戒していない。

┃ 天井に貼り付けているセンサー・タグに付けられた小型カメラの映像を、リアルタイムで見られているなど、
┃考えてもいないのかもしれない。

┃      アストラル                      マトリックス
┃ 相手が“魔法的”な手法を使ってきたからと言って、“電脳的”な手法を警戒しなくて良いというわけではないのだが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



▼※センサー・タグ
                            チャマー
 RFIDタグの一種。RFIDタグについては、まぁお友達には説明不要かもしれないが、念の為。
 顕微鏡サイズから値札サイズまでの超小型電子機器であり、最もメジャーな通常のタグは、商品販売の登録票として
使われているのが馴染み深いだろう。第六世界においては、“普通に”買い物をする分にはどんな品にも付いてくる。

 ごく限られた能力しか持たない機器だが、タグを辿られて居場所を探られる事もあるので、タグ・イレーサーと
呼ばれる『保護されていない電子機器を焼き切る電磁波発生装置』は、ランナー含め裏稼業のお友達。

 センサー・タグはお高いRFIDタグだが、その分だけ高性能で、内部に1種類のセンサーを組み込める。
 通常は回収してデータを読み取る必要があるが、オンラインで接続していれば、リアルタイムで状況を見ることも可能。
 オルガマリーがやっているのはこれ。

5899 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 22:23:27 ID:lZQWG64h
相手が勝ち誇った時そいつはすでに敗北している

5900 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 22:27:16 ID:B1xqac17
勝てると思ってる奴は好きだらけってやつだなぁ

5901 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 22:29:21 ID:IeN6Sjha
>>5900
戦うのが好きなんじゃねぇ、勝つのが好きなんだよ?(違



5903 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 22:32:40 ID:D4gVwDKN


   :.:. .;    :|     ___      ___
:.: :      :..:メ::|#   :||_||_||      ||_||_||             :..:メ::
           ::|    ||_||_||      ||_||_||      :.:..:;;
    /|      :|      ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄\_/
: . /  |      :|   ::メ             :.:..::#:|       :..;..     :.;...
/    |#:.:.... :|                    ∧
|    |      :|      ::.:#:..        :.:..::;
|    |:....   :|                            ;.;K;.::
|    |  #:.:.....:|;:,.
|==l  .|      :|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,_____z______/ ̄ゝ_____
|    |   /
|    | .メ/
|__.,:;|/
|   /
|  /
|/



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ さて、ネタバラシをしよう。
┃                                                           チャマー
┃ ここの建物を用意してくれたのも、オルガマリーが使っているタグを用意してくれたのも、貴方の“お友達”だ。
┃                                    コンタクト
┃ ホームグラウンドの利、或いは貴方のリーダーが残した“関係性”という遺産。その力だろう。

┃                          レイザーボーイ
┃ 自分が上手いことやっていると思っている“剃刀小僧”に対して、“お友達”の“お友達”から情報を流して貰えば、
┃自分から網に飛び込んで来て、掃き掃除を開始する馬鹿の出来上がりだ。

┃ 流石に貴方のギャングと友好関係にあった“お友達”から直通のタレコミだと不審に感じられる可能性があったが、
┃コネをたどれば中立の立場の相手くらい簡単に見つかる。

┃ 後は交渉。相手はただ、『貴方とオルガマリーが隠れている』という事実を伝えるだけ。嘘でもなんでもない。
┃ その交渉を纏めてくれたMr.クレッドスティックさんは、実に有能なネゴシエーターだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5910 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 22:43:18 ID:D4gVwDKN
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そこから先は、貴方とオルガマリーで大急ぎの大改装。

┃ 加工前のカードを撒いたり、相手に利用されそうな物品を片付けたり、オルガマリーを肩車して天井に
┃タグを取り付けたり。

┃ ―――柔らかかった。そのような感想を抱いてしまったのは、青少年として無理なからぬ所だ。
┃ 肩車した際の首元の感触を思い出しそうになって、貴方は小さく咳払い。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|    「……どうしたの?」
               込     '          r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  サブボーカル
┃ “ひそひそ声”での言葉に、なんでもないと答える。

┃ 奥まった、片付いた―――というか片付けた―――部屋。

┃ そこが貴方とオルガマリーの現在地であり、持ち込んで床に固定した鉄板の裏で、身を寄せ合うようにしているのが
┃現状だ。

┃ 変に意識すると、下で掃き掃除をしている清掃業者達を笑えなくなる。
┃ 戦闘を前に、気もそぞろになるようでは、センセイにブチ殺されても文句は言えないだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ヾニニニニニニニニニニニニニニニゝ
  ||                         |
  ||                         |
  ||                         |
  ||                         |
  ||.. i    . i    . i    .   i ...|
  ||.. |     . |     . |  .  . |  .|
  ||.. |     . |     . |  .  . |  .|
  ||.. |_i ,   ... |_i ,.   .. |_i ,  .. |_i ,.|
  |||  | |  |  | |  |  | |   |   |..||
  |||  | |  |  | |  |  | |   |   |..||
  |||  |_|  |  |_|  |  |_|   |   |..||
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
从人| |||,,'''||「||「|!,,'''||「||「|!,,'''||「||「|!,,'''||「||「|! ヘ_从



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ よく片付いた部屋でよかった。

┃ 入り口くらいしか相手が取れる遮蔽は無いし、片付けに時間が不要だったため、貴方は鉄板の固定という作業が
┃出来た。
┃                 センセイ
┃ DIYのような作業だったが、師匠曰く『軍事と建設は切っても切り離せない関係』らしい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5912 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 22:45:15 ID:D4gVwDKN
と、メタ視点で解説していきますが。昨日振ったダイスの結果ですね。

1.待ち伏せに向いている。待ち伏せ判定可能。(通常の不意打ち判定より有利。P192あたり)
2.用意できた遮蔽が頑丈。なに? 60度傾けるから装甲厚2倍だって? それはなしで。
  (障壁ルールはP197にあるが、貫通射撃などの危険度が減る)
3.入口が狭い。敵が一度に入ってこれる数が制限されるし、遮蔽を取りながら行動などがし辛い。
4.元々スッキリとした建物だった。敵が取れる遮蔽がドアくらいだ。
8.仕掛け罠と錬金術調製物のダブルパンチだ!!

貴方がコンタクトやら、センセイから教わった戦術やら、色々込みで作った“有利な状況”である。

5917 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:02:26 ID:D4gVwDKN
▼もう少し詳細

 よりシャドウランのルールに則った言い方をするならば、コンタクトを使った『友人への手助け』。

 コンタクトの使い方については、ぐだ子絡みで少し話をしたが。
 機材の借用というのも、『手助け値表(P395)』に含まれている。

 センサータグ&内蔵カメラ。本来であれば、買い物のルールに従って処理すると、入手単位時間とかあって結構かかる。
 また、この建物を貸してもらうのも同様。

 演出的にはこんな感じだが、ルール的にはコンタクトの手助けである。

 具体的に遮蔽物の除去や陣張りの方法については、“貴方”の戦術技能の範疇になるだろう。大魔界日本風。

5919 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 23:07:44 ID:b6A528ez
大魔界日本風ってなんだw

5920 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 23:10:12 ID:bDv1Bj+D
そら薩摩とか新撰組とか鎌倉とか……思い当たるの多くない?



5922 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:20:17 ID:D4gVwDKN


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ さて、貴方は思考する。

┃                            ウォッチャー
┃ 最悪の場合、向こうがアストラル対策として“使い魔”くらいはコンタクトに頼んで派遣して貰う可能性も考えていた。

┃                          アストラル
┃ 錬金物調製物というのは、魔法の品だ。“魔法的”視野で見ればすぐ分かるらしい。

┃ そういう意味では、調製物を使った仕掛け罠は、ウォッチャーを派遣可能な覚醒者とのコンタクトが有り、
┃ウォッチャーから得た情報を通信で受け取る。そういう対応をされるだけで、手筋が限定される危険があった。

┃ アストラルが視えるというのは、それだけで強みだ。

┃ 原質の収集やロッジの作成も覚醒者ならではの小遣い稼ぎだが、ウォッチャーの作成が可能な覚醒者ならば、
┃知り合いの行動にウォッチャーを同行させるだけでも十分にビジネスとしての需要があるだろう。

┃ ウォッチャーの霊紋から霊的な逆探知などを食らうリスクもあるが、単に同行させて観測役をさせるだけならば、
┃召喚者はカウチポテトで待っていれば良い。
┃ 原質の収集やロッジの作成に比べれば幾分か行うハードルは高いが、低いリスクで需要の高いビジネスだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 ____________________
               /         AMD  Athlon 4             /|
              /     _  _  _  _  _     _     / /
            /     //////////   //    / /l|
          /       ̄   ̄   ̄   ̄   ̄   ._ ̄   / /l|
         /    _     / ̄ ̄ ̄./;;;;    //    / /l|
       /    //   / AMD /;;;;.    _ ̄   / /l|
      /       ̄   ∠___/;;;;    //    / /l|
    /      _ ._  _  _  _.      ̄   / /l|
   /      //////////        / /l|
 /  □     ̄   ̄   ̄   ̄   ̄        / /l|
 |\__________________/ /i|
 \|__________________|/l|
  ∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ しかし、相手がそうする金を惜しんだか、そもそもそこまでのツテが無いのか。

┃ 全くの無為無策ではないが、『接触型錬金調製物』について調べて、それに対する対応に躍起になっている
┃彼らは、言っては悪いが隙だらけだ。

┃ 2Fの階段に差し掛かろうという彼らは、天井に仕掛けてある小さなタグの存在に気付かない。

┃ ―――こちらは、“電脳的”警戒をしていればすぐに分かるのだが。

┃ それこそ、オルガマリーが言ったバグ・スキャナーでも使えばすぐである。あれはワイアレス通信をしている
┃機器を探す為の道具で、タグ・イレーサーと並んですぐに買えと、貴方は師匠にどやされたものだ。

┃ 魔法・電脳、どちらに対しても“技能”が無くとも“知識”があれば、相応の対策は可能である。
┃ ―――無い、或いは半端だと、下の清掃業者のようになる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5924 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:27:29 ID:D4gVwDKN


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 察知される事を想定していた第二案、必要なし。第一案のままで行くと、貴方はオルガマリーに告げた。

┃ 策は複数。一つに絞っておくと、視野が狭まるし、何より予想外が来た時の対応ができない。

┃ しかし、第一・第二・第三という優先順位は明確に。これが曖昧だと、いざという時にどれを使うか悩む。

┃ “仕掛け”はタイミングが命だ。事前に付けておいた優先順位は、悩む間隙を削ぎ落とす。

┃ その思考の速度差が生死を分けることもある。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、   )) ―――コクリ
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄        u   _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ オルガマリーは頷き1つ。

┃ バグ・スキャナーとコムリンクを併用して、執拗にマトリックスを警戒していた彼女だが、電脳的な偵察も
┃ない様子だ。

┃ 油断しきった清掃業者の様子からも分かる。彼らはこちらを舐め切っている。

┃ 逃げて、隠れて、身を竦めていると思っている。故にああまで、彼らは慎重だと思っている無警戒で昇ってくる。

┃ ―――であれば結構。噛み殺してやる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5927 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:34:35 ID:D4gVwDKN


:::::::i:: :: :: :.|     |      \  \ .:.:.:..::.:.:.::::::|::: :.    !: : : : : :|           |  ∨    | :: :: :: :: :: ::/
:::::::|:: :: :: ::i    | ‐―‐‐ ‐‐ \_    .: .: .::: .: ::|::: :: :.   | : : : : : |  ―‐ ‐―   l        | :: :: :: :: /
:::::::|:: :: :: : :     |  ―‐‐‐‐ ‐‐ フ  : .:ヽ.:..: ::.:::}::: :: :.   |: : : : : | ―‐‐ ‐‐‐ |     i   |:: :: :: /
ヽ:::|:: ::::::: 」     |  ____ _ _ _ \.::: :::: :::.::::::.|::::::::.: .: .::i: : : : : | __ __ __,  |    | . : |:: :: r'
 }〈:: :: :: {    _〉            ヽ:: :: :: :: :: |::::::: :. :. :.|: : : : : :|           |     { . : {: ::.〈   ―――カツ、カツ.....
/::::::\:: :: :.i   _ノ   _____ __   ):: :: >:: ::|::::::::::::::::::{: : : : : { _  ___ 丶_: :.」_ノ :: :: \
:::::::::: / :  ̄´: \           〈__ ::}:: :: |ヽ::::::::::::::.ヽ: : : :/.:〉          /: : ̄´ \:: :: :: ::〉
 ̄ /: : : : : :.\             / r`ー':: \ヽ:::::::::::{ rー   :/      .::::::::/: : : : : : \ ̄
  {: : : : : : : :〉        /.: .: .: .: .:. ::::::::::}ーrヘ__|__.ィ―「     .:.::::::::::::〈: : : : : : : :}
   ー-=ニニ=‐´_____ _ _ {ヽ_.: .: .:__.: /::rニ=㏄弋)=ニ){ ―‐‐‐‐‐‐ ‐ .:.::::ー-=ニニ=‐’ ‐―‐‐ ‐
                     .:.::::`ー-=ニニ=レ:::.:.: /rヘm、ト、\\
                    .:.:::::::::::::::::::/::::::: (_ソ^ミ爻シ^スrヘ) ヽ
                 .:.:::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::.:.::.:.:.::.:. : : : : :/}
            .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L::::ヽ:::.:._:.:.___ _ノ |
                  .:.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ=ニニ二__二ニ=一′


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 連中が3Fに到達。足音が貴方の耳にも聞こえてきた。
┃                                                           オプション
┃ サイバーイアへの置換は行っていないが、貴方が付けているヘッドホンは音源探知と聴覚強化の改 造が
┃施されている。

┃ 足音を隠すどころか、棍棒でガリガリ床を引っ掻いて、カードを避けながら歩いている連中の居場所など、
┃簡単に推測可能だ。

┃ ―――まさかコムリンクでも使って、録音した音で“騙し”でもしてないだろうな?

┃ ここまで綺麗に嵌まっていると、逆に警戒心が湧いてくる。

┃ しかし幸い、そういった事はなく―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5931 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:47:15 ID:D4gVwDKN


     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                   _, -‐―-. 、
                                 ,. '´       `  、
                                /     _ィ-=     \
  ヽヽ| ヽヽ| /// /    `ヽ、         ./   _=≡三三=-__     ',
    VヾLl」」// ////    ヽ       ./     -=´  ,ィ     `ヽ i
   /    ````'''─一レr'    ヽ       i  /    =三彡ノ ___  〉〉 i   「この向こうッスかね?」
 __/`ヽ j /        ヽ/   |       |  {i    _テ=-{[ {__o_ア‐  |
..|‐‐、ヽ彡jlト、_,. -ニニゝ    〉彡  |     .|   _,∠ o /ノ    ヾ、      r‐、
..|..:::::::::ヽフ==== 、、_   ≧彡、_|      .|      ̄  ノ i  i ヽ      !fリ|
..ヽ;;;;;;;;ィハ|.....:::::::::::::::〉 ,二二/ヘ. ||     .r‐!       { n  n )    〃 r-{
 | ̄ /  ヾ;;;;;;;;;;;;;ノ/   ='´ト r' ||    .!fハ       `‐≡三、_    〃 .トハ
 | /     ` ̄´       ,ィ^_j 〃      ヽrヾ、     /二-―-`-'  〃 | ノ
 ', >`            ⌒//        ゞヽヾ、  ヽ-'´_==彡     ハ
  !.〉iー_--、       // | /         \iヽヾ、   ミニニ=‐"     /ノ ト、
 r‐|ヽ`゙''‐ニ^_!     / /  Y            }ミヽ ヾ、          /〃 |ヽト 、
>ヘ ヽ `゙`    , -''´  /  / \        ./ ィ|ミ ヽ、          ,'〃  ト l| ト、
/ヽ  ヽ----一'´    /  / .:  \    .i .{ |ミ  ミヾ、__三三ニ-'´〃  ノ l| |  `ヽ、
  ヽ  ヽ            / ...:: .::  `ヽ、  .-‐! ヽ!ミミ ミヾミ三ニニニ" 彡"  /  |    ` ー-- 、
:ヽ  ヽ  \__      / ..:::::: .::::::  :::: /   |  ヽミ  ヾミミ ̄ ̄      イi   /|          `ヽ、
r'´      ヽヽ---─ァ' ...:::::::::.:::::::: . /     \  |}ミ  ミ三三  〃   {|  / |




                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「だろうな。ご丁寧に、ドアノブにカードが巻かれてやがる。
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ     他の部屋は空き部屋だったし、熱源の影もここが濃い」
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ドアの前。―――とはいえ、流石にドア前に棒立ちして、ドア越しに射撃をすれば当たりそうな位置取りではないが。

┃ 閉じたドアを挟むような位置取りでの、流石に僅かに声を潜めた会話。

┃ 全くの素人ではない。が、玄人とはとてもではないが言えない立ち振る舞いだ。

┃                   サーモグラフィー
┃ 『熱源』という事は、敵の目は熱映像視野が入ったサイバーアイ。確かに、歩く熱源体である人間が行動すれば、
┃その行動痕跡が『熱』としてそこに残る。

┃ 体の一部が触れた壁やドア、その他物体は、痕跡を数分間残すし、空気中にも痕跡は残る。
┃ そうした熱源の走査は、単純に戦闘時の視界補助に使うより、有機的で有効な使い方だ。

┃ ―――こちらに聞こえるように話していなければ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5928 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:35:07 ID:D4gVwDKN
うーむ。割とWOTでの心得が戦術描写に応用できて乾いた笑いが出る。

5929 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/21(金) 23:37:17 ID:9nxNS7ql
インプットは何処でどうアウトプットできるか分からないものであるな・・・w



5932 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:48:45 ID:D4gVwDKN
>>5929
割と「戦闘状態で咄嗟に取る行動の優先順位を決めておく」っていうの有効なのよ。
咄嗟の判断が強いられる状況で、こちらが取れる択が複数ある場合、どう動くか。

事前に決めておけば、判断速度に明確に差が出る。

5937 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/21(金) 23:58:47 ID:D4gVwDKN

                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ                      スクィッシー
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'       「―――なぁ、おい! 軟弱野郎!!
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_               スロット
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐   一緒にいる売女との最後のお別れは済んだかよ!?
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ             ピクシー
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',  なぁに、御上品なエルフについては心配すんな。
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,  殺しはしねぇよ。なんせ、俺ら全員のモノを咥えこんで
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i  貰うからな!!」
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll



――――――――――――――――――――――――z_________________________


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ    「………っ!!」
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄         u _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -、     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ドア越しにかけられた卑語だらけの怒鳴り声に、オルガマリーはビクリと身を竦ませる。

┃ 荒事に巻き込まれた経験が皆無というわけではないようで、護身用のライトピストルを握る動作は堂に入っていたが。

┃ それでもやはり、オルガマリーはどこか臆病な性質の持ち主のようだ。
┃ 偏執的なまでの用心深さは、そこから来るもの。ヒステリックな言動も、その裏返しなのだろう。

┃ ―――貴方は完全に、話を聞き流していた。

┃ そもそも、ここまで来て怒鳴って、『今から入ります』と挨拶して何がしたいのか。
┃ 余程に自分の優位を疑っていないようだが、さて。“アレ”を食らってもその余裕が続くかどうか。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5940 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:06:19 ID:OZ4Y8by5



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 返事はしない。ただ待つ。

┃ 焦りはしない。呆れはするが。

┃ ―――そうしていると、先に焦れたのは向こうのようで。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'      「ビビって声も出ねぇってかァ!?
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_                                    スクィッシー
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐  OK、OK。仲間見捨てて一人だけ逃げ延びてる軟弱野郎。
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ 
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ       チャマー
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::', 向こうでお友達が、恨めしそうに待ってるぜ!!」
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll





                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 向こうから見ると、怪しげなカードが巻きつけるように固定されたドアノブ。

┃ 調製物“かもしれない”それに触れる危険を冒さず、予想通りに短絡的に、ドアノブが銃撃で吹き飛ばされた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5941 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 00:06:30 ID:252FNqev
"I hope you're ready, "Hero"!?「覚悟は良いか、ヒーロー!?」"

"WhEn yOU aRe.「そっちが良ければな」"



5943 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:14:56 ID:OZ4Y8by5



     /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||           |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| |: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /         /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||    .|  ||  .|   |: .: .: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /        = ̄     .|_|| 三 二 ニ ―: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                       _ l   || ̄|| .: .: .:
 /: .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                       |_||   / // .: .: .
_/: .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                        l  / // .: .: .
/ : .: .: . : .: .:,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                       __/ //.: .: .: .: .
: .: .: .: . : .: //_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                         |___// .: .: .: .: .
: .: .: .: . : .://: : : :  ノ/ /ー/ヽ                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: . : // : : : : : :  / /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: .: ,'/ : : : : : : : ./ /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: . : .:l | : : ―二: : ./ /                         |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .{ l: : : : : : : {  {                            |   |: .: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .| |: : : : : : : |  |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . :..| |: 三 三 二 ニ ― |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: . : . :| |: : : : : : : |  |                             |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: .: .| |: : : : : : : :|  |                         |   |: .: .: .: .: .:


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ショットガンのスラッグ弾は、大口径拳銃以上の衝撃力を発揮する。吹き飛ぶように開くドア。

┃                                トロッグ
┃ ドア越しに、ヘルメットを被った“ランナー崩れ”のオークの姿が見えた。

┃ 勝ちを確信したような、その後にある“御褒美”でも想像しているような、弛んだ笑顔だ。

┃ ―――さて。では、その顔を歪める種明かしと実演の時間だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


|  |   .|   |│     l      :!  ヽ     l              /       ......||  |   .||
|  |   .|   |│     ..l     │  ヽ    .l             /          ||  |   .||
|  |   .|   |│         l     .|    .ヽ    l            /           .||  |   .||
|  |   .|   |│       l.   │    ヽ   !           /           ||  |   .||
|  |   .|   |│        ヽ   /     .ヽ  |           /          ....||  |   .||
|  |   .|   |│           ヽ │         l │       ./      . -┼‐  ....||  |   .||
|  |   .|   |│         ヽ ,!       ..ll゙       . !       -┼   ..||  |   .||
|  |   .|   |│          ゙|、        |.l       i′          l     ||  |   .||
|  |   .|   |│             ! ヽ       ! l      /              ||  |   .||
|  |   .|   |│          !  .ヽ     !  l     !           i l   .||  |   .||
|  |   .|   |│          /   ヽ    l   !    .!            i |  ....||  |   .||
|  |   .|   |│          |     ヽ  !    .!    .!             !    ||  |   .||
|  |   .|   |│            !      .ヽ !     l   .l             ...||  |   .||
|  |   .|   |│         !       l│    l   ,!          -┼    ||  |   .||
|  |   .|   |│            l       ! ヽ    !   .|        -┼‐    .||  |   .||
|  |   .|   |│         |       /  .ヽ    !  │           l    .||  |   .||
|  |   .|   |│           |       !    .ヽ   .!   .!             ||  |   .||
|  |   .|   |│           !      l     .ヽ  .|   .l            i i   .||  |   .||
|  |   .|   |│        l      !       ヽ .!   .l         ! ! .....||  |   .||
|  |   .|   |│        !      l           ヽ│   |          ! .....||  |   .||
|  |   .|   |│           |     !           l.!   .l            ||  |   .||
|  |   .|   |│          !     !          ヽ     l                ||  |   .||
|  |   .|   |│       :!    │             !.l    l     -┼   ......||  |   .||
|  |   .|   |│          !    /           | l   .l     -┼‐     ||  |   .||
|  |   .|   |│          l    l           │ l   l     l    ....||  |   .||
|  |   .|   |│          |    /            :!  l,   .l       i i .....||  |   .||
|  |   .|   |│        |   .l            l   l   .l,      i |  ||  |   .||
|  |   .|   |│       │   !            ,!   . l   l         |  ||  |   .||
|  |   .|   |│           |  │               l゙    .l   l       ....||  |   .||


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 貴方の側から見ると、ドアノブにはワイヤが結び付けられていた。

┃ 結び付けられたドアノブが吹き飛び、支えを失ってワイアの先にあったものが落ちてくる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5954 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:27:35 ID:OZ4Y8by5


              /            /
                i' .,..._        ./
         `丶、 .∨   `丶 、  ./                       ,,__,,..‐ '" ̄>             //
           ゙l.  `' - ..、    \/                 |゙、ヽ    \  .゙、/            / /
           !     .',                         i `、ヽ     `i  `、            _..-'"゛  /
           ` 、    、                   `ヾ l l     /    ゝ、       /  .、  {
 __            ヽ    ゝ                          ノ }     〈     イ       /     ',__  )
.´ i′           \,   ヽ         _..-ーァ        `ヽ´     }   __!      /      ',  ̄
 l                `''' ´     / \ `ヽ  ヽ                ,' _,-'"       /      ',
. l、_,,-、                   く_   ',   }   ',                 '"        {      /´
.:    l                      `ヽノ  l ._,. 〉                      }     /   ―――バサッ....!!
.!     ',            _.,--イ            レ´             __..、               |  /
i     .、              /  /                   _,,...ノ ノ                |./
、     ヽ            / ./           __        {  _,'"               ´
.\.    .ヽ        /,,,/            l_ /         ゝ´
  `丶、,,_ .\                                         _
       ̄ ̄     .!ゝ、             i'-.._                 _/″,-ー-`
                 ゙、 ~ヽ          `ー- 、.           , "´ー-、 /         /!
                 ヽ .イ、                       / __/  `         / .!
                 .ヽ |                _            '´              /  '、
              ノi      ` ゙、        / ̄  _>                      /    〉
      _     ,′',              '".-、 ./                     /      ',
   _/   ゝ ./   !                 `‐゙_.. -ー-.- 、             '、      i'
  ./     ヽ.{   !                    /       .`'ー.、_           ヽ   ,、__ .,゙__,,,,,,
/        ヽ  !、                 /            _,, -'           ノ   /      `i
..\           ヽ  ゝ、                   |       ,..-'''"´         , "    /         }
  ヽ           ,ゝ   .l             ノ       ./            /   _,,,ソ       /
   ヽ    ._、‐'゙、    l       .`ー--─´    ./             ,_" -'" /       /
    ゙、,..-'"   .`丶、.  !        `ヽ         f  ゛             ″     `丶、     /
               `            ` 、   ノ                       `丶、/
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 視界を覆う紙吹雪。ドア前の空間を覆うように落ちてくる。

┃ そこらの卑猥なチラシから、余ったカードから、何から何まで。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「―――ッ、手前……ッ!!」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll




.     / /   ./  ./ /   ./   ./
.   /./   ./  ./ /   ./   ./              /´ ,." , '/       . "      /
  ,/./   ./  ././  ./   ./                  /彡'´ _ノ/      /     /
/ /   ./  ./ /   ./   /          ィ, __∠=彡==┐/      / /   /
/   /  ././  ./   /.           γ'″~ ̄`゛゛゛` ̄`ヽ  ノ }       '/ . /
.   /  ././  ./   ./             /_  ミ ヽ       ∨ /     /"//
 ,/  / /  /   ./             /.: :. . `:,ハ   ,      У*、.   /  '/
'"  / /  ./   /.              r㌢゙`ヽ`У   /    ,:/'″′` 、/ ,/
 /./  ./   ./             ,イ゙ ミ 、 `寸 ノイ    .:/′     ヽ/
"./  ./   ./                 ,イ圦゙、 ーヾソ  `く' .: . :,:〃      _' }                     /
'"  ./   /                 /_,二汽、ィヾ  ヘ Y=≠イ:'/.      Ξj                    / /
  ,/   /               〃 ;ゞイ'x,"ー\、く  ノ=ミ、 V/'/,:     ミ{                  / /
/   /                    У-=f´゙、″ 、, >=彡  》x:, ∨/:,    ,:_ゝ              / ,/
   /                     /′イ{、ヽ-゙ y/ _,.x 、゛/´ ̄ヾ!:'/;   /ノ.             /./   /
. /                      {圭圭圦廴../"´、^,.、゛/ ー ゙/⌒Y匕 /              / /    ./
‐゛                        ゙寺圭圭斗1{、) y゙_,: 〃` ( ゙/ メ、Ⅵイ.            / ,/   /
                      `…ヘ圭圭、ヽ._/r'゙ )ーc゛ノ:,Ξ  }「             / /   /    /
                               ゙寺圭圭f圭{ ^´ ゝ/´.゛ `、{         / ,/   /    ././
                           `¨¨~`寺≧zゞ='ミ、^ー ,ゞ.        ,/./   ./    ././
                                 ̄   `¨¨¨゛.       / /    ./    ././
                                             ,/./   ./    ././   ./
                                           / /    ./    ././   ./
                                            / ,/   /    ././   ./  /
                                           / /    ./    ././   ./  /
                                      / ,/   /    ././   ./  /
                                       / ./   /    /./   /  ,/   .//
                                      / ,/   /    ././   ./  /    //
                                 / ./   /    /./   /  ,/   .// ./
                                / ,/   /    ././   ./  /    // ./
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 邪魔臭そうに、苛立ったように腕を振るう。

┃ 視界を遮るトラップだとは理解したのだろう。

┃    トリッド
┃ よく3DTVで見るような手榴弾を使用するトラップなどは使わなかった。
┃ あれは地味に扱いが難しいし、最大脅威のオークに対する有効性は、手持ちの品では若干低い。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


▼手榴弾

 ワイヤーと手榴弾で初歩的なブービートラップを作るには、「爆破」技能での判定が必要。
 素人が適当にやると、変なことになる可能性もあるって事だね! 跳ね返って転がってきて「おかえり」とか!(プロ意識マイナス並感)

5960 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:32:30 ID:OZ4Y8by5



                 /
               i   ./
               |  .,/     '‘
               |  //, /
               | .// ./
               |//// ;..
           、_,ノ   て     ―――バチィッ!!
           ノ      ゝ、_
            /ヽ /^\ヾ⌒ `
             /  |i|   `\
         ,   |i|     丶
             |!       .\
             |!        、
             |


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ その手がどうやら、『アタリ』に触れる。

┃  エッジ
┃ “不運”なことだと貴方は内心で嗤った。まぁ、触れなかった触れなかったで、その『アタリ』は狭い入り口の前に
┃アトランダムに落ちるだけ。

┃ 狭い入り口。4人という人数の利を活かすために突撃してくるなら、高確率で誰かが踏み、炸裂していただろう。

┃ ―――案の定。“魔法の罠”だ。それも、以前にそいつが掛かったのと同じ系統の。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5963 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:39:08 ID:OZ4Y8by5
▼▼▼再掲&意図説明▼▼▼


▼“貴方”
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:6/7 イニシア基本値:9+1D6

▼オルガマリー
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:3/4 イニシア基本値:10+1D6

▼錬金物調製物

『影』 命令起動 フォース4 効力3(オルガマリー所有)
『騒霊』 命令起動 フォース4 効力1(オルガマリー所有)
『死神の手』 接触起動 フォース4 効力2(今、オークが触れた。本命)
『死神の手』 接触起動 フォース2 効力2(階下に撒いていた。見せ札)
『死神の手』 接触起動 フォース2 効力2(階下に撒いていた。見せ札)

▼戦場有利

1.待ち伏せに向いている。待ち伏せ判定可能。(通常の不意打ち判定より有利。P192あたり)
 →視界を奪う&錬金術調製物トラップで混乱させ、戦闘ターン突入前に不意打ち判定

2.用意できた遮蔽が頑丈。なに? 60度傾けるから装甲厚2倍だって? それはなしで。
 →味方が用意している遮蔽は遮蔽物の頑丈さの中で、「強化素材」に類する。遮蔽を貫通させるのは難しい。

3.入口が狭い。敵が一度に入ってこれる数が制限されるし、遮蔽を取りながら行動などがし辛い。
 →主に敵の戦闘時のAIに作用。一度に遮蔽を取りながら行動できるのは2名まで。つまり入り口の左右。
   また、そこが両方埋まっていると、他の奴が射界が取れない。ほら入ってきなさい。

4.元々スッキリとした建物だった。敵が取れる遮蔽がドアくらいだ。
 →入ってきても隠れる場所無いけどな! ハハハ!

8.仕掛け罠と錬金術調製物のダブルパンチだ!!
 →今現在演出中のそれ。視界に不利な修正を与える紙吹雪と、それに紛れさせた調製物地雷。
   紙吹雪は視界修正を1段階悪化させる視界修正として扱い、1戦闘ターン掛けて床に落ちる。
   調製物地雷を食らった影響は、1番の待ち伏せ効果に対する演出でもある。まぁ、混乱するよね。

5965 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:41:41 ID:OZ4Y8by5
と、いうわけで。

オークに地雷効果の先行ダメージ&待ち伏せ判定から、戦闘スタートとなります。
……ダイスで説得力持たせれば、結構ハメ手っていうか、こういう描写もやれなくもないな。

っていうか、ダイスで有利取りすぎたんで戦場が酷いことにィ!!

5967 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:42:47 ID:OZ4Y8by5
▼まず、『死神の手』のダメージ。

『死神の手』 接触起動 フォース4 効力2 【6D6:24(2+4+5+4+4+5)】

オークの抵抗:【3D6:6(3+1+2)】

純ヒット分だけ、抵抗不可のダメージ

5968 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:43:20 ID:OZ4Y8by5
2点。負傷ペナルティがかかるわけじゃないが……。

5972 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:44:35 ID:OZ4Y8by5
さて、では。

ルールブック192,『不意打ちテスト』から状況を処理していきます。

5973 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:45:35 ID:OZ4Y8by5
演出、処理その他、遅くて申し訳ない。不慣れゆえ見逃してくだされ。

5976 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:47:27 ID:OZ4Y8by5


                                   _, -‐―-. 、
                                 ,. '´       `  、
                                /     _ィ-=     \
  ヽヽ| ヽヽ| /// /    `ヽ、         ./   _=≡三三=-__     ',
    VヾLl」」// ////    ヽ       ./     -=´  ,ィ     `ヽ i
   /    ````'''─一レr'    ヽ       i  /    =三彡ノ ___  〉〉 i
 __/`ヽ j /        ヽ/   |       |  {i    _テ=-{[ {__o_ア‐  |
..|‐‐、ヽ彡jlト、_,. -ニニゝ    〉彡  |     .|   _,∠ o /ノ    ヾ、      r‐、
..|..:::::::::ヽフ==== 、、_   ≧彡、_|      .|      ̄  ノ i  i ヽ      !fリ|
..ヽ;;;;;;;;ィハ|.....:::::::::::::::〉 ,二二/ヘ. ||     .r‐!       { n  n )    〃 r-{
 | ̄ /  ヾ;;;;;;;;;;;;;ノ/   ='´ト r' ||    .!fハ       `‐≡三、_    〃 .トハ
 | /     ` ̄´       ,ィ^_j 〃      ヽrヾ、     /二-―-`-'  〃 | ノ
 ', >`            ⌒//        ゞヽヾ、  ヽ-'´_==彡     ハ
  !.〉iー_--、       // | /         \iヽヾ、   ミニニ=‐"     /ノ ト、
 r‐|ヽ`゙''‐ニ^_!     / /  Y            }ミヽ ヾ、          /〃 |ヽト 、
>ヘ ヽ `゙`    , -''´  /  / \        ./ ィ|ミ ヽ、          ,'〃  ト l| ト、
/ヽ  ヽ----一'´    /  / .:  \    .i .{ |ミ  ミヾ、__三三ニ-'´〃  ノ l| |  `ヽ、
  ヽ  ヽ            / ...:: .::  `ヽ、  .-‐! ヽ!ミミ ミヾミ三ニニニ" 彡"  /  |    ` ー-- 、
:ヽ  ヽ  \__      / ..:::::: .::::::  :::: /   |  ヽミ  ヾミミ ̄ ̄      イi   /|          `ヽ、
r'´      ヽヽ---─ァ' ...:::::::::.:::::::: . /     \  |}ミ  ミ三三  〃   {|  / |




▼ギャングやゴロツキなど(プロ意識:1)

「ギャングやゴロツキなど」

== 能力値 ==
強靭力:4
敏捷力:4
反応力:3
筋 力:4
魅 力:3
直観力:3
論理力:2
意志力:3

== 特殊能力値 ==
エッセンス:6.0
イニシアティブ:6+1D6
回避:6(9) ()内は全力防御時
リミット:身体5 精神4 社交5
コンディション・モニター:10

== 判定用データ類 ==
装甲値:9
ダメージ軽減プール:4
主な攻撃手段:アレス・ライトファイア70(DP:7 DV:6P AP:0 RC:3 精度:7 装弾数:16)
         クラブ(DP:7 DV:7P AP:- RC:3 リーチ:1 精度:4)
         素手(DP:7 DV:4S AP:- RC:3 リーチ:0 精度:5)

== 主な能動技能 ==
ピストル3 棍棒3 素手戦闘3 知覚2、脅迫3、エチケット(ストリート)2
必要ならば設定に沿う能動技能2×2

== 主な知識技能 ==
必要ならば設定に沿う知識技能2×2

== 主な装備 ==
アーマーベスト、アレス・ライトファイア70、クラブ、メタリンク(コムリンク:機器レート1)
その他状況や設定に合わせて適宜

== サイバー/バイオウェア ==
なし

== 備考 ==
 プロ意識1のグラント。つまり、ストリートのゴロツキに毛が生えた程度の方々。
 でも、サンプルの「ストリートのクズ」の方々、エチケットを3+専門化で持っててとてもえらいと思いました(小並感)。
 他、言うべきことは特になし。サンプルのプロ意識1が若干強く感じたので、1~4までを階段状に強化していく関係上、
能力的にはサンプルのプロ意識1に比べて劣化している。

5977 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 00:47:33 ID:OZ4Y8by5
こちら雑魚キャラの皆さん。

5979 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:03:47 ID:OZ4Y8by5
                     ,. -‐- 、
                     /∥  ∥ \
                /  "  "    ノ!
                ト ____/ |、
              , - 、 ___Y(トイ)  (トイ) 〉イイ__, - 、
         。 ゚」二7〉ー‐:lヾ彡' ヽ≡彡} |ノ!-─〈/二ヽ゚ 。
       。 ゚ィチ{_  \ rrh__y'⌒ヽ__rrn'ヽヽ ̄/ _}ユュ゚ 。
        。゚∧少シ┬|__,/{:|:|:{八Υ ノハ{:|:|:}ノ } {_.ノ7 /`寸ム゚。
      。゚∧V/ ヽ}  | ', `T´ヽ.二 ..ノ`¨´ / ,' |  |/ 〃゙寸ム゚。
     。∧V/\ ノ  .!  ', }、 ` ̄ ̄´   _/ ,'  .!   !   ハV∧。
     。∧V/\ ヽ|ー┼─-'  Τ ̄ ̄Τ´└─‐┼‐┤ /  | V∧
    。∧V-、,, ` ハ  l       |     .|       !   |   /ヽiV/!
    。iV/!: : : :.''-、,,ヽ ヽ 三三 |三三三|:三三三/  | -‐'   .}lV/!
    。{二}: : : : : : : :`'‐、」__/¨''=三三三!三三三|ー‐ ハ   / {lV/!
    。(@^7>ー-,、: : : : : : : : <ヽ、 `''=三!三三ニ/   l hヽ__.,.'´l((@)
    ゞ>Oヽ⊥」_ ̄¨''‐-、, : :.`ヽ`ヽ、`''=三三/ー‐ 〈 レ─\  }〉〉.〉
       |ヾ(_     ̄¨>=、」ヽ : : :..:`ヽ`> 〉   ヽ / //`ヽ ヽ/( ( ノ
      !二! ̄フ__ー-ゝ-' .! 、_`¨´''‐、: : < ____〉/  // ) )
         ̄ ̄    ̄¨''‐┴、__,-‐'_.: : :`''-、./`ヽ// /ー '
               / 7ーァ-ァ‐'´/''7‐-,__`'-、,く く_/ 。 。゚
               / /  / ノ  /{ l{  { }¨}''‐、>' |゚ ゚
               / :i   ! l  / ハ ! .| l !/ | |
             __7_:!、_/__// / / ̄¨¬'' ´   |__.!__
             | :| /{    `Y__{ ̄`i─‐「 ̄`ヽ}「.|三!
             | :| ハ_ゝ、   ,,.ノノ|__」─‐|___|.| |三|
             {_:|:|  7  ̄l  |  | └─‐┘ `i「| !_ノ

「オークのランナー崩れ」

== 能力値 ==
強靭力:6
敏捷力:5
反応力:5(6)
筋 力:5
魅 力:2
直観力:4
論理力:2
意志力:3
エッジ:2

== 特殊能力値 ==
エッセンス:2.20
イニシアティブ:10+2D6
回避:10(13) ()内は全力防御時
リミット:身体8 精神4 社交4
肉体コンディション・モニター:11
精神コンディション・モニター:10

== 判定用データ類 ==
装甲値:17
ダメージ軽減プール:7
主な攻撃手段:ディファイアンス T-250(DP:12(14) DV:10P AP:-1 RC:3 精度:4(6) 装弾数:5)
         アレス・プレデターV(DP:11(13) DV:8P AP:-1 RC:3 精度:5(7) 装弾数:15)
         素手(骨格補綴)(DP:7 DV:6P AP:0 RC:3 リーチ:0 精度:8)
知覚(視覚):DP8 熱映像視野・大光量対応・映像拡大・スマートリンク
備考:銃器の()内の数値はスマートガンのワイアレス・リンク時。

== 主な能動技能 ==
長銃(ショットガン)5  ピストル(セミオート)4 知覚(視覚)2 近接戦闘グループ2 運動技能グループ2 脅迫2

== 主な装備 ==
アーマージャケット、ヘルメット、ディファイアンスT-250
その他適当

== サイバー/バイオウェア ==
強化反射神経R1、骨格補綴(プラスティック)、皮膚装甲R2
サイバーアイR2(映像リンク、スマートリンク、映像拡大、熱映像視野、大光量補正)

== 備考 ==
 身体能力は高いオークのサムライ“もどき”。だいたいストリート・レベルでサムライ作ったらこうなるって感じのキャラ。
 実際、恵まれた身体能力があるんで直接戦闘能力は高い。
 が、プロ意識や技能の幅、コンタクトの幅などは狭く、『プロのランナーで剃刀野郎』を気取っているが、なにかと
アマチュア感が透けて見える。

5978 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 00:47:37 ID:kh+OelL7
敵ランナー、所長の部屋で食らったダメージはもう回復してるのかな?



5980 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:04:22 ID:OZ4Y8by5
失敬。

>>5978
回復している扱いです。まぁ2点なら治療すれば割と治るしね。
自爆からドクワゴンしなくても良いんや!!

5984 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:13:10 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 1イニシアチブパス目 行動順:(イニシアチブ:)

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 状況

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ターン

1戦闘ターン目

▼明度
明るい

▼発光体
なし

▼風力
無風

▼視界
「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)

▼距離
味方 ←【20m】→ 敵集団

▼環境対応
レイブン:熱映像視野使用
オルガマリー:熱映像視野使用
ランナー崩れ:熱映像視野使用
グラント達:とくになし(ペナルティ軽減なし)

▼行動順(1イニシアチブパス目)

▼備考

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 味方

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼レイブン(貴方)
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:6/7 イニシア基本値:9+1D6
イニシア:
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼オルガマリー
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:3/4 イニシア基本値:10+1D6
イニシア:
遮蔽:十分な遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 敵

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ランナー崩れ
身体:9/11 精神:10/10 エッジ:2/2 イニシア基本値:10+2D6
イニシア:0
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントA
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:0
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントB
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:0
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントC
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:0
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼▼▼機器状況▼▼▼

デッカー不在の為、詳細設定せず。まぁ全員、使える装備はスレーブ化してオンライン。

5985 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:16:25 ID:OZ4Y8by5
で、ここから不意打ち判定です。

これはその場にいる全員が「反応力+直観力」で目標成功数3のテストを行うものです。
待ち伏せ側は+6のDP補正が入ります。

味方側はトラップによる心理的な隙含め、有利な状況を取っているので待ち伏せ修正が入りますが、
逆に味方側が判定に失敗した場合はそのキャラは立ち竦んでしまいます。

まぁ、この辺のルールはルールブックP192に詳細あり。
4版ほど劇的ではありませんが、やはり待ち伏せ・不意打ちの強いゲームです。

5986 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:17:22 ID:OZ4Y8by5
貴方:【15D6:41(5+2+4+2+1+4+2+1+4+4+2+1+3+1+5)】

オルガマリー:【16D6:51(3+3+1+3+1+3+6+2+4+2+3+4+4+3+3+6)】

ランナー崩れ:【10D6:40(5+3+6+4+1+6+1+5+4+5)】

グラントABC:【6D6:21(5+6+4+1+4+1)】 【6D6:28(4+2+6+4+6+6)】 【6D6:24(6+5+1+3+3+6)】

計算してて思ったけどグラントくん達大丈夫? 動ける?

5987 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:17:35 ID:OZ4Y8by5
草枯れた。

5990 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:18:32 ID:OZ4Y8by5
貴方:逆に不意を打たれる
オルガマリー:逆に不意を打たれる

ランナー崩れ:問題なし
グラントA:不意を打たれる
グラントB:問題なし
グラントC:問題なし

5993 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:19:31 ID:OZ4Y8by5
マー普通に考えて、貴方と所長は失敗分振り直しとして。

貴方:2+【13D6:59(6+6+6+6+6+4+3+6+5+2+1+4+4)】

オルガマリー:2+【14D6:48(2+2+4+5+6+4+2+4+2+2+6+2+3+4)】

5994 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 01:19:38 ID:a269+ki+
やべえ事故った

5996 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 01:20:05 ID:TEFHdz5L
貴方はその目を最初に出せとw



5997 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:20:12 ID:OZ4Y8by5
その出目さっき出せや感溢れる結果ですが。

貴重なエッジが……!!

6002 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:22:46 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 1イニシアチブパス目 行動順:(イニシアチブ:)

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 状況

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ターン

1戦闘ターン目

▼明度
明るい

▼発光体
なし

▼風力
無風

▼視界
「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)

▼距離
味方 ←【20m】→ 敵集団

▼環境対応
レイブン:熱映像視野使用
オルガマリー:熱映像視野使用
ランナー崩れ:熱映像視野使用
グラント達:とくになし(ペナルティ軽減なし)

▼行動順(1イニシアチブパス目)

▼備考

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 味方

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼レイブン(貴方)(エッジにより速攻)
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:4/7 イニシア基本値:9+1D6
イニシア:9+【5D6:21(6+3+6+3+3)】
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:速攻

▼オルガマリー(エッジによりイニシアチブ掌握)
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:1/4 イニシア基本値:10+1D6
イニシア:10+【1D6:5】
遮蔽:十分な遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:イニシアチブ掌握

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 敵

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ランナー崩れ
身体:9/11 精神:10/10 エッジ:2/2 イニシア基本値:10+2D6
イニシア:10+【2D6:7(1+6)】
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントA
ダメージトラック:10/10 共有エッジ:1/1 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:-4+【1D6:6】
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:不意打ち状態(イニシア-10 不意を打たれていないキャラの行動に反応できない)

▼グラントB
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:6+【1D6:4】
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントC
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:6+【1D6:1】
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼▼▼機器状況▼▼▼

デッカー不在の為、詳細設定せず。まぁ全員、使える装備はスレーブ化してオンライン。

6003 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:24:46 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 1イニシアチブパス目 行動順:オルガマリー(イニシアチブ:15(掌握))

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 状況

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ターン

1戦闘ターン目

▼明度
明るい

▼発光体
なし

▼風力
無風

▼視界
「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)

▼距離
味方 ←【20m】→ 敵集団

▼環境対応
レイブン:熱映像視野使用
オルガマリー:熱映像視野使用
ランナー崩れ:熱映像視野使用
グラント達:とくになし(ペナルティ軽減なし)

▼行動順(1イニシアチブパス目)
オルガマリー(掌握)→レイブン→ランナー崩れ→グラントB→グラントC→グラントA

▼備考

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 味方

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼レイブン(貴方)(エッジにより速攻)
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:4/7 イニシア基本値:9+1D6
イニシア:30
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:速攻

▼オルガマリー(エッジによりイニシアチブ掌握)
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:1/4 イニシア基本値:10+1D6
イニシア:15
遮蔽:十分な遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:イニシアチブ掌握

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 敵

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ランナー崩れ
身体:9/11 精神:10/10 エッジ:2/2 イニシア基本値:10+2D6
イニシア:17
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントA
ダメージトラック:10/10 共有エッジ:1/1 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:2
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:不意打ち状態(イニシア-10 不意を打たれていないキャラの行動に反応できない)

▼グラントB
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:10
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントC
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:7
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼▼▼機器状況▼▼▼

デッカー不在の為、詳細設定せず。まぁ全員、使える装備はスレーブ化してオンライン。

6006 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:33:30 ID:OZ4Y8by5



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 気分は既にフラッグレース。

┃ しかも、プロ“気取り”で十分な対策を取っていたつもりだった。

┃ こうして待ち伏せられて反撃を受けることなど、頭に無かったのだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'    「―――手前ェェらァァァァァ!!」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 故に、“ランナー崩れ”は激昂した。

┃ 激昂したが故に躊躇わない。不意を打たれたことに対する動揺を、激昂が塗り潰している。

┃ そして―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                   _, -‐―-. 、
                                 ,. '´       `  、
                                /     _ィ-=     \
  ヽヽ| ヽヽ| /// /    `ヽ、         ./   _=≡三三=-__     ',   「!? 兄貴、どうしたんスか!?」
    VヾLl」」// ////    ヽ       ./     -=´  ,ィ     `ヽ i
   /    ````'''─一レr'    ヽ       i  /    =三彡ノ ___  〉〉 i    「紙吹雪だよ! 邪魔クセェ!
 __/`ヽ j /        ヽ/   |       |  {i    _テ=-{[ {__o_ア‐  |             ギーク  ギーク
..|‐‐、ヽ彡jlト、_,. -ニニゝ    〉彡  |     .|   _,∠ o /ノ    ヾ、      r‐、   構わねぇ! 殺せ! 殺せ!」
..|..:::::::::ヽフ==== 、、_   ≧彡、_|      .|      ̄  ノ i  i ヽ      !fリ|
..ヽ;;;;;;;;ィハ|.....:::::::::::::::〉 ,二二/ヘ. ||     .r‐!       { n  n )    〃 r-{
 | ̄ /  ヾ;;;;;;;;;;;;;ノ/   ='´ト r' ||    .!fハ       `‐≡三、_    〃 .トハ
 | /     ` ̄´       ,ィ^_j 〃      ヽrヾ、     /二-―-`-'  〃 | ノ
 ', >`            ⌒//        ゞヽヾ、  ヽ-'´_==彡     ハ
  !.〉iー_--、       // | /         \iヽヾ、   ミニニ=‐"     /ノ ト、
 r‐|ヽ`゙''‐ニ^_!     / /  Y            }ミヽ ヾ、          /〃 |ヽト 、
>ヘ ヽ `゙`    , -''´  /  / \        ./ ィ|ミ ヽ、          ,'〃  ト l| ト、
/ヽ  ヽ----一'´    /  / .:  \    .i .{ |ミ  ミヾ、__三三ニ-'´〃  ノ l| |  `ヽ、
  ヽ  ヽ            / ...:: .::  `ヽ、  .-‐! ヽ!ミミ ミヾミ三ニニニ" 彡"  /  |    ` ー-- 、
:ヽ  ヽ  \__      / ..:::::: .::::::  :::: /   |  ヽミ  ヾミミ ̄ ̄      イi   /|          `ヽ、
r'´      ヽヽ---─ァ' ...:::::::::.:::::::: . /     \  |}ミ  ミ三三  〃   {|  / |

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃          チャマー
┃ ―――彼の“お友達”は、待ち伏せされてるだの罠だの、そういう可能性に怯んでいない。

┃ と、言うより戦術や魔法への理解が薄すぎて、『理解できていない』から怯まない。

┃ 魔法の罠=カードとでも認識してしまったのか。紙吹雪の中に仕込まれている可能性には思い至ってないらしい。

┃ 視認性の低いタイプの呪文だったのが災いした。

┃ 1名ばかり混乱しているようだが、大した戦術的有利にはならないだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6009 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:40:12 ID:OZ4Y8by5



/' |             /  V  / /      \/_         }//
  |         _ -──'''"  /        /    ̄ ̄`ヽ   }/         |
  | |           / _,ィzz≦ ̄/       / ̄_,ィzzzミ、_    }         |
  | |          ' ィア´  rn 寸         / ィ7 rn   寸、  '⌒ヽ      |  「ちょっとぉ!?」
  | |         丶{l′   ヒリ /       /     ヒリ   }r‐¨ '/ヽ',    |
  | |、      | / ヾ  __ /      /  ',    、_ _ ^ソ  ,⌒i  |    |
  | |‘,      |,'       //  / \  ',           ) ノ
  从 |  ,     |      // /   | ``~            厶'  ノ     |
. / | |  ,    ',      //     i|          u  /   /      |
/  ||   ,   ',                          /、_ィ        |
    |      ,                __           /              |
        -─丶  ',丶         /      ヽ          '               |
     ノニニニ \ ', \     {v ⌒^⌒ v}      /      |       |
  _ -=ニニニニ   \l  丶       ー─‐'      /     /|           |
=ニニニニニニニ   \    >            イニ\    / |         |
ニニニニニニニニ       /ニニ>     <ニニニヽ    / |        |

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   ロ ー ク な
┃ “手の込んだ”物は、理解するにもアタマが必要らしい。

┃ オルガマリーは悲鳴をあげている。数の有利は、相変わらず向こうにあるからだ。

┃ これで怯ませ、機先を制すという目論見は挫かれた。

┃ だが、相手を怯ませるだけが、戦術での優位の取り方ではない。

┃ 一番の最悪は、この状況から仕切り直され、ギャング・リーダーと和解して7~8人で再度攻めてくること。

┃ それに比べれば、最悪とは言い難い。なにせ向こうの大将の頭からは撤退という判断が消えたようであるし―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                     .,────、
                                ┌---´       ヽ__Π_
                                ./---┐        ◎   |
                               /\__/   ---       |    ―――チャッ
                .____________./   /   .────┐---.|
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |┌────────-|  ├──────┐|    |
. |        。      ┃ヾ   ------------┼--┤     [][] .|_|----|__
. |                「└---´         `---'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄     |∴∵|
. |_____________________|。──────────'| ̄ ̄
 |                            , -一i::::;;`-- /ヽ--、 ・  __   |
 |                  _ュ-ォ‐ァ ア一'´     ̄ ̄ ̄ ̄) /     / |   .|
 |              __,. -―  ´ / / /        く ̄i ̄`ヽ/     /  丶-、|
.. | ___,. -― ´ ̄            |  |  | i       ヽノ |       /      `'
 ̄                    |  |  |  iー--、  ヽノ  .|     /
                      '、 '、 '  '、_j--`ヽノ   `ー‐一'´
                      _'、 ┴ ¨ ´
           _,. -―   ̄
         ` ¨´

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――貴方の方も。

┃ 逃がすつもりなど、毛頭ないのだから。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6010 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:41:27 ID:OZ4Y8by5
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ―――戦闘を開始します。
―――――――――――――――――――――――――――――――

6011 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:41:49 ID:OZ4Y8by5
うおお、思ったより描写と準備に時間掛かったぁ! 申し訳ない!

6013 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:43:35 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 1イニシアチブパス目 行動順:オルガマリー(イニシアチブ:15(掌握))

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



  { ゝ-=彡  '      ,        "''<     V〉/ / __
.   `¨¨¨^ア /        〃      }ト-=ニ.._゙'+、   V〉' '^~___`ヽ
      { ./      //       }    ⌒''ミ  X⌒´   `ヽ}
      { '      / ′      /         ア//   ヽ
.      : {    ,゙  / {       ./`~"''~、、  イ {    :.
        }.|    {ji斗匕!   .}  ./         .| /ヽ   .:
        }.|    { ,゚   { __ ./   /   _,二、.,_  リ  }`ト、 {  ,   冷静テスト(演出・描写決定用):【10D6:32(1+2+4+6+1+3+6+1+4+4)】
      .: ゚,    :.r-===ミ  ./ {   "⌒^てつ//⌒!八 `⌒′
      j  :、   ゝ'   y゙ィ / 丶         ./::://:.:.:}i:.   :.
     ノイ^゙ヽ.  ゚,  / { /   i        / '.イ:.:.:.:{ \..  :
       /ヽ....\ ゚,     レ           ゚ /イ:.:.V/:.:乂  .: :
      ,:.:.:./:.:.>ヘ⌒     r--.........‐ァ    イ:.: .:.  V/:.:.:fヽ.,_ .: :.
    /:.:.イ}:.:.:.:.:.:.心、o    /~i    ./:.:   :.  V/:.:{     :.、
ー=彡イ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>s、+'^ ィ }   ィ({:.{:.        v/:.ヽ   :{:.:\    ノ}    ,ノ}
      ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/、+'^~ ̄`i≦:.:.:.:}V/,        :.:.:.:.:.辷彡^''ー'^~´ ,ノ=--=彡:./
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/   ^~ ̄ ̄}:.:.、ヽ`...V:}      }:.:.:.:/ {   \,.ィi{:.:.:.:.:ノ}:.:.:.: /
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:{     ~ ̄ ̄}"........  y′    / .':.:.:.j{ {      ̄ ̄  /:.:./
,..:.":.,z=====r'"´!     V }.......  /     / ':.:.:/∧ ',       イ:./
.:.:.:.//////////j   :|!        V/.. _x彡イ).ィi{⌒.: /≧s。:.:.ヽ〉)h、   <彡イ
.:.,イ/////////メ、_,ノ}      ./{:::\     |:.:.:.:.:.:.:///////≧zzzzzzx:..ミ=-
://///////// .:.:.:.:.:.:}     ///,::{⌒≧s。」乂:.:.:////////////////∧:.:.:.:.:.ヽ
//////////j{  :.:./´\へ  ./⌒^ヽ{:::::::::::::::::ヽ///////////////////,∧:.:.:.:.:.:.:.:、

6017 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 01:55:41 ID:OZ4Y8by5

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ どの道、ここからは作戦通りに動くしか無い。

┃ 遮蔽の影で、貴方はオルガマリーの肩を叩く。

┃ 最悪は、遮蔽の横を狙って手榴弾でも転がされること。

┃ 幸い、それくらいの知恵はありそうなランナー崩れの武器は両手持ちのショットガンで、他のギャングに至っては
┃そんな気の利いたものは無いだろう。
┃ 彼らにとってドンパチとは、バキュンバキュンでしかない。

┃ ―――が、やられる可能性はゼロではない以上、状況有利は積んでおく。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /               丶   / /
             \__ア                  /.//⌒丶
                '            、  /   V/ /⌒丶、)
                        /       Y__/⌒  }l K
             / /        ,|i       } ^≦  ノ乂ヽ}
            _/  /        /|      .'   ミ‐'   }〈  〉   「―――期待するからね!? ホントに!
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、   
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )                        ホ ー ス
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ   これだから脳筋は嫌なのよ! “台無し”にされた!」
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ
             ,′ V   〈     /ィ/^ゝ{     / ./   /⌒丶
             /   ∨   、      l|     u /¨    |{ { ヽ\      ィ
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,
     |ニニ=',ニニ    ∥ 入  /          |  {        |  ニニ=/ニニ ‘,
    /|ニニニ',ニニ    〈 入 Y__         | ハ     | l  ニニ/ニニ ‘,
   ,.   |ニニニ',ニニ    \ヽヽ辷辷辷辷辷辷辷{ |从    |\', }ニ=/ニニニ
      |ニニ/ニニ|/     \`寸辷辷辷辷辷辷乂レ' 丶.   |  Vニニ/ニニニニ   ‘,
  ′ rく/ニニニ/         \    {  }      /  \ |   ∨ニ{ニニニニ\  |
 {    Yニニニニ{         \    ∨    /       `   V=|ニニニニ  \}





                   /`ヽ、
                   /    `ヽ、
                   /           `ヽ、
                  /              /
            /             /
             ./.       , -、_   /
            `ヽ、_, -‐ ' ", -'´,.' /    ―――ピッ
          _∠ -‐ '"´_, -' /
            /   _,.-ァ< ./
           / ^ <./ / `
.         /  ^` - 、`丶、
        /  、 - 、 丶、 /
     ,.r‐/   ノ  _,ゝ / ノ
     ハ 〈   ノ 乙__ノ /
    ./  ヽヽ、__,イ ' , `
   /    ` ー―ァ´
.  /        /
  ./        /
 /        /


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ オルガマリーが、ハッとしたように頷いた。

┃ 貴方よりも深く遮蔽に身を隠したまま、調製物を立て続けに2つ使う。

┃ ―――本来ならば、どちらも『維持』が必要な呪文らしい。
┃ 呪文使いであれば『維持』に集中が割かれるものが、それが無くても一定時間維持される。

┃ それが呪文には無い強みだと、オルガマリーは言っていた。

┃ つまり、状況有利を作りながらも、術者も自由に動ける。そういうことで―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


単純動作:『影』の調製物使用 【7D6:26(4+6+1+1+4+5+5)】
単純動作:『騒霊』の調製物使用 ヒット購入。1ヒット。自動成功。

6021 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:00:56 ID:OZ4Y8by5



. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .
. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .
. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .
. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .
. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .
. : . : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. : .. .. : .. : .. : .. : .. : .. : ..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.     ―――ヴン.....!!
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \    ―――バラバラバラッ.....!!
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ
           //  ./      /    . /   : ,/"      ゛/ ./ l .i . l    |    l .l         !
        /  ,/         /     ./   : /           " / / .! l    ,!    | .|        /


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 貴方達の周囲を薄暗がりが覆い、遮蔽のすぐ前を呪文抵抗力が低い木片や土埃が舞い始める。

┃ 事前に撒いておいたものだが、舞い上がって飛び回ってくると、視界が塞がれ厄介だ。

┃ そしてこの手の『視界を塞ぐ』仕掛けは、熱映像視野ならばある程度軽減できる。暗さも同様だ。

┃ 貴方、オルガマリー、ついでにランナー崩れにはさしたる痛痒にならないだろう。

┃ ―――問題は、残りのギャング。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6022 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:08:45 ID:OZ4Y8by5


                                   _, -‐―-. 、
                                 ,. '´       `  、
                                /     _ィ-=     \
  ヽヽ| ヽヽ| /// /    `ヽ、         ./   _=≡三三=-__     ',
    VヾLl」」// ////    ヽ       ./     -=´  ,ィ     `ヽ i
   /    ````'''─一レr'    ヽ       i  /    =三彡ノ ___  〉〉 i   「ンだ!? コラァ!!」
 __/`ヽ j /        ヽ/   |       |  {i    _テ=-{[ {__o_ア‐  |
..|‐‐、ヽ彡jlト、_,. -ニニゝ    〉彡  |     .|   _,∠ o /ノ    ヾ、      r‐、
..|..:::::::::ヽフ==== 、、_   ≧彡、_|      .|      ̄  ノ i  i ヽ   U  !fリ|   「ナメたマネェしやがって……!!」
..ヽ;;;;;;;;ィハ|.....:::::::::::::::〉 ,二二/ヘ. ||     .r‐!       { n  n )    〃 r-{
 | ̄ /  ヾ;;;;;;;;;;;;;ノ/   ='´ト r' ||    .!fハ       `‐≡三、_    〃 .トハ
 | /     ` ̄´       ,ィ^_j 〃      ヽrヾ、     /二-―-`-'  〃 | ノ
 ', >`        U   ⌒//        ゞヽヾ、  ヽ-'´_==彡     ハ
  !.〉iー_--、       // | /         \iヽヾ、   ミニニ=‐"     /ノ ト、
 r‐|ヽ`゙''‐ニ^_!     / /  Y            }ミヽ ヾ、          /〃 |ヽト 、
>ヘ ヽ `゙`    , -''´  /  / \        ./ ィ|ミ ヽ、          ,'〃  ト l| ト、
/ヽ  ヽ----一'´    /  / .:  \    .i .{ |ミ  ミヾ、__三三ニ-'´〃  ノ l| |  `ヽ、
  ヽ  ヽ            / ...:: .::  `ヽ、  .-‐! ヽ!ミミ ミヾミ三ニニニ" 彡"  /  |    ` ー-- 、
:ヽ  ヽ  \__      / ..:::::: .::::::  :::: /   |  ヽミ  ヾミミ ̄ ̄      イi   /|          `ヽ、
r'´      ヽヽ---─ァ' ...:::::::::.:::::::: . /     \  |}ミ  ミ三三  〃   {|  / |



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 何の視界対策も取っていない素人に毛が生えた程度の連中には、これで十二分な嫌がらせになる。

┃ 自分たちにはほぼ無害だが、相手には覿面に利く“有利な状況”だ。

┃ オルガマリーのそれは、熱映像視野や超音波センサーなどの“程度の高い”装備の相手には効果が薄い反面、
┃自分たちがそれを装備した上で、装備していない連中を相手取るには覿面に効果を発揮する。

┃ ギャング連中は一旦無視していいだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


▼明度(-1)
明るい

ただし、“貴方”たちの周辺だけ薄暗がり。

▼視界(-3。2つ合わせて『霧』相当扱い)
両者の間に「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)
両者の間に「薄い霧」相当の『騒霊』


Q.つまり?

A.グラントの皆さんの射撃には、距離修正や反動以外に-4のペナルティがかかります。
  これが環境修正だ………。

6024 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:10:28 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 状況

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ターン

1戦闘ターン目

▼明度(-1)
明るい

ただし、“貴方”たちの周辺だけ薄暗がり。

▼発光体
なし

▼風力
無風

▼視界(-3。2つ合わせて『霧』相当扱い)
両者の間に「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)
両者の間に「薄い霧」相当の『騒霊』

▼距離
味方 ←【20m】→ 敵集団

▼環境対応
レイブン:熱映像視野使用
オルガマリー:熱映像視野使用
ランナー崩れ:熱映像視野使用
グラント達:とくになし(ペナルティ軽減なし)

▼行動順(1イニシアチブパス目)
オルガマリー(掌握)→レイブン→ランナー崩れ→グラントB→グラントC→グラントA

▼備考

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 味方

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼レイブン(貴方)(エッジにより速攻)
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:4/7 イニシア基本値:9+1D6
イニシア:30
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:速攻

▼オルガマリー(エッジによりイニシアチブ掌握)
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:1/4 イニシア基本値:10+1D6
イニシア:5(行動済)
遮蔽:十分な遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:イニシアチブ掌握

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 敵

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ランナー崩れ
身体:9/11 精神:10/10 エッジ:2/2 イニシア基本値:10+2D6
イニシア:17
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントA
ダメージトラック:10/10 共有エッジ:1/1 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:2
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:不意打ち状態(イニシア-10 不意を打たれていないキャラの行動に反応できない)

▼グラントB
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:10
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントC
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:7
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼▼▼機器状況▼▼▼

デッカー不在の為、詳細設定せず。まぁ全員、使える装備はスレーブ化してオンライン。

6029 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:20:43 ID:OZ4Y8by5


▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 1イニシアチブパス目 行動順:レイブン(イニシアチブ:30)

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「馬鹿が! こんなもん、サムライの俺になぁ……!!」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                .レイブン
┃ ―――さて、ここからは“貴方”の仕事。

┃            レイザーボーイ
┃ 装備だけは良い“自称サムライ”は、貴方達同様にこの程度の視界不良は問題にしないだろう。

┃ ここだけは、貴方が相手取る必要がある。そして、オルガマリーが最も心配していた部分だ。

┃                                 ワイアード
┃ 装備面でも、『サムライ』などとはとても言えないが。神経鋼化までしたオークに、果たして勝てるのか。

┃ 貴方は―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


▼レイブン(貴方)の行動

単純動作:狙いをつける(DP+1 精度+1)
単純動作:フルオート射撃(エッジ使用)

【16D6:44(5+5+1+2+1+3+3+3+3+2+1+1+1+6+5+2)】 (基本(12)+スマートリンク(1)+反動(-1)+環境修正(-1)+距離(-1)+エッジ(7))

6030 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:21:10 ID:OZ4Y8by5
基本、出目があんまり良くない気がするレイブン。

4+【1D6:5】 成功

6031 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:21:45 ID:OZ4Y8by5
5成功、単純動作フルオート射撃なので相手の回避に-5

……まぁコレ、十分に辛いんだけどね! 棒立ちスタートだと!

6033 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:24:00 ID:OZ4Y8by5


                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐  ←回避のダイス10。マイナスされて5。
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ   全力防御? するかなぁ、この慢心で……。
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll

▼敵回避

【5D6:17(6+1+1+3+6)】 (基本(10)+単純動作FA射撃(-5))

6034 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:26:21 ID:OZ4Y8by5
▼ダメージ計算

8P+3(差分) = 11P

AP:-4(APDS弾)

装甲:17-4 = 13 > 11P ―――非貫通!

▼ダメージ軽減

【18D6:58(4+3+2+3+5+3+5+5+4+4+2+3+1+4+1+1+6+2)】

6035 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 02:27:04 ID:lopBEeiQ
4点の精神ダメージかな



6036 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:27:26 ID:OZ4Y8by5
おい大丈夫か自称サムライ。

生肉に毛が生えたギャングの攻撃、このまま食らうと7点の精神ダメージで一気に負傷ペナ2食らうぞ。

6037 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:28:29 ID:OZ4Y8by5
>>6035

11-4(軽減成功分) = 7点ダメージなのだ。

流石にこれ素通しで食らうと洒落にならんので、ダメージ抵抗の失敗分をって、あ。
ダメージ抵抗に振れるダイスあと2個あった。

【2D6:6(2+4)】

6038 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:28:38 ID:OZ4Y8by5
あった(効果があるとは言っていない)

6040 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:29:56 ID:OZ4Y8by5
20D6振ってダメージ軽減4成功である。

シャドウランって基本、軽めの武器による攻撃ですら致死性高いゲームなのよね。

サブマシンガンっていう決して高火力ではない武器でも、『オークの』『骨格補綴と皮膚装甲入れたやつが』食らって、
出目次第で簡単にかなり抜ける。

6041 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:30:28 ID:OZ4Y8by5
▼オークさんダメージ抵抗の失敗分をエッジで振り直し

【16D6:58(5+6+2+2+6+1+4+2+6+6+2+4+3+2+5+2)】+4点軽減

6042 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 02:30:33 ID:RmgDdI0E
無防備に銃撃喰らうとこうなるとな

6046 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/22(土) 02:35:09 ID:3uPKxpnE
なお不意打ち食らうと回避できずにダメージ抵抗だけで何とかする羽目になるw
怖いね不意打ち



6047 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:41:03 ID:OZ4Y8by5
                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   ...i
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ   ..|
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_  ..’ |li
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /.\、 ,il |し
                 _'----/ミミミ`ー--彡 ‘ ` ''"   ヾ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,.‐―=ニ._____/:ヽ    ―――ドガッ!
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x   。. :      メ
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ. ./" +‐ '   \
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ |  、::i       スクィッシー
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄“.  |. .,':::::l   「……軟弱野郎が! コソコソ隠れながらじゃねぇと、
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'    撃ち合いも出来ねぇのかァ!?」
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 僅かによろめくランナー崩れ。

┃ サブマシンガン
┃ 軽機関銃は、拳銃弾を連射する機構を持つ火器だ。逆に言えば、弾丸の口径や火力は拳銃同様。

┃ 制圧力と射程、当て易さなどを加味しなければ、単純な単発火力はヘビーピストルとライトピストルの中間と
┃いうところだろう。
┃                           サイバーアップ
┃ 弾薬は“良い”のを使っているが、それでも身体改造されたオーク相手に致命打を出すにはやや不足。

┃ これが本当に“サムライ”であれば、身体能力と火力の差で順当に圧殺されるだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  〃⌒`  、   ))
   \    \     , ┐
      丶.    丶.   /   ',    ―――クイ、クイ
        \    \ {   ヽ
        ヽ  /⌒\、    丶
          V    \     \
             {/⌒\   \    丶
          /    丶    ヽー--  \
       /⌒`丶、    \ 、 \    ヽ
       i     丶、   丶、__,ノ     ',
       | \     \   \       ',
        ‘, _,> .  、 `ヽ\ ノ         !
          ヽ  /  ` ー-'^¨¨´ \      |
          \                l
              丶、                 {-‐-、
             `  、              ): ノ: :ヽ


簡易動作:一声かける


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ しかしなんとも、動きはお粗末。思考は完全に、サイバーアップによる身体強化の全能感に酔っている。

┃ もしかして、と思い、貴方は声をかけてみた。

┃ 『流石サムライ様は、隠れなくても無敵かよ』、と。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ   冷静テスト:【5D6:25(6+5+4+4+6)】 2以上で『遮蔽を取る』概念を思い出す。
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll

6051 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:45:09 ID:OZ4Y8by5


                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「―――……チッ!!」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll



                          |:::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::::::::::i
                           |:::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::::::::::::::l
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::|        ‐-=ニヽ
                      |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉           ._,,..-'
                      |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'   ..___,,..-‐''"_,,..-‐''
                      |::::::::::::::::::::::::: ―――――‐===ニ-―‐ ‐''"´
                      |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/    ―――ザッ
                      |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      〈::::::〈二二二\:::::/〈
                      /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉
                        〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
                      `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
                      .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′
                   ...:;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
               ...:;:;:;.:.;:.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
            ...:;:.;:.;:;..:.;:;.:.;::.;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:


▼ランナー崩れの動作

簡易動作:ちょっと移動
単純動作:部分遮蔽
単純動作:射撃(“貴方”狙い)

【12D6:49(6+6+4+3+5+1+4+5+3+4+5+3)】 (基本(12)+スマートガン(2)+射程(-1)+視界(-1))

6052 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:45:38 ID:OZ4Y8by5
なにかと出目が良いランナー崩れである。

6055 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:48:22 ID:OZ4Y8by5


                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                         レイザーボーイ
┃ 慌てて、思い出したように遮蔽を取る“ランナー崩れ”。

┃                       サイバーサイコ
┃ 強化による全能感に依存している“強化依存症”ではないらしい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



▼“貴方”回避

【11D6:44(3+6+4+6+3+2+1+6+6+1+6)】(基本(9)+遮蔽(2))

6059 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:56:27 ID:OZ4Y8by5
同値。受動有利―――なんだけど。

この辺正確にやると、『遮蔽を取っている敵を攻撃し、同値の場合は遮蔽物に命中。遮蔽物を貫通した場合、敵にダメージ』
となるらしい(P190)。

▼障壁貫通ルール

・武器のダメージ値が(装甲修正込みで)障壁の『装甲値』を越えないならば貫通しない。

・貫通する場合、まず障壁が持っている『構造値』と『装甲値』によるダメージ抵抗を行う。

・抵抗しきれなかった分のダメージのうち、1点を障壁が受け、残りは障壁の後ろにいる相手に行く。


という奴ですが。
これ、事前準備で頑丈な板持ち込んだのがめっちゃ効いてるわ。

6061 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 02:57:22 ID:OZ4Y8by5
▼強化素材相当の遮蔽

装甲値:12

敵のショットガン(スラッグ):ダメージ10P AP-1


……貫通できないでやんの。

6064 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:09:50 ID:OZ4Y8by5



  ヾニニニニニニニニニニニニ.从   ,.ゝ
  ||                     ‐- 、  "
  ||                ‘   Y__
  ||                    、 .,_ ノ'´.
  ||                   /^Y ´\、.   ―――ドガッ....!!
  ||.. i    . i    . i..'  .   i ...|
  ||.. |     . |     . |  .  . |  .|
  ||.. |     . |     . |  .  . |  .|
  ||.. |_i ,   ... |_i ,.   .. |_i ,  .. |_i ,.|
  |||  | |  |  | |  |  | |   |   |..||
  |||  | |  |  | |  |  | |   |   |..||
  |||  |_|  |  |_|  |  |_|   |   |..||
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
从人| |||,,'''||「||「|!,,'''||「||「|!,,'''||「||「|!,,'''||「||「|! ヘ_从


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 慌てたように隠れながら放たれた射撃。しかし、厚い高密度プラスチックの複合合板は、中々頑強だ。

┃ 抜きたければ貫通力に優れた特殊弾か、そもそも威力の違う武装が必要となる。

┃ アサルトライフルでも、軍用のアレス・アルファ。ヤマハ・ライデン。他では厳しい。

┃ 元々が貫通力と単発威力の高い狙撃銃ならば抜けるだろうが、嵩張る上に扱いが繊細だ。
┃ ギャングや、或いは目の前のサムライ気取り程度のランクで、それを主兵装に据える者は少ない。

┃ まして、貫通しても障壁を抜くのに運動エネルギーを削がれた弾頭は、その威力を大幅に減らしている。
┃ 障壁を貫通し、対象のアーマーを貫通し、ダメージ。障壁がそれなり以上に頑丈であれば、軍用装備と
┃特殊弾頭の併用が必要になってくるだろう。

┃ 障壁の強度というものは、思った以上に馬鹿にならない。案外と軽視しがちな者は多いのだが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「ンな………っ!?」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――それこそ、『板切れを貫通して、軟弱野郎を血の海に沈めてやる』などと考えていそうだった、
┃自称サムライのように。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6065 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:17:43 ID:OZ4Y8by5


                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|   「や……やれてるの?」
               込     '       u   r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 小声で聞いてくるオルガマリーに、貴方は頷く。

┃ 元より“完全にカタに嵌めて、抵抗も許さず圧殺”が可能な手札も無い以上、出来るだけ有利を取った上で、
┃最終的には力と力の勝負になる。

┃ スマートとは言い難い泥臭いやり方だが、状況としてはそれしか無かった。

┃ そして、種族差と改造差を埋めるための手札は可能な限り揃えた。それは、確実に効いている。

┃ 圧倒的な地力の差があれば、多少の工夫も戦術も意味を為さない。前進するだけで圧倒され、壊滅する。
┃ 貴方はスプロール・ギャンガーとしては“使う”方だが、サムライやアデプトのような“超人”ではない。
┃ そういった相手には、逆立ちしても敵わない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6067 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:25:43 ID:OZ4Y8by5



                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ    グリッチド
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'   「畜生が! 小細工ばっかしやがって……!!」
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ しかし、改造度合い・精神性・技巧。あらゆる意味で、向こうはその領域に達していない。

┃ それでも、1つの工夫や有利では届かない。

┃ ―――2つ、3つと重ねても届かないほどではない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                     .,────、
                                ┌---´       ヽ__Π_
                                ./---┐        ◎   |
                               /\__/   ---       |   ―――チャッ
                .____________./   /   .────┐---.|
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |┌────────-|  ├──────┐|    |
. |        。      ┃ヾ   ------------┼--┤     [][] .|_|----|__
. |                「└---´         `---'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄     |∴∵|
. |_____________________|。──────────'| ̄ ̄
 |                            , -一i::::;;`-- /ヽ--、 ・  __   |
 |                  _ュ-ォ‐ァ ア一'´     ̄ ̄ ̄ ̄) /     / |   .|
 |              __,. -―  ´ / / /        く ̄i ̄`ヽ/     /  丶-、|
.. | ___,. -― ´ ̄            |  |  | i       ヽノ |       /      `'
 ̄                    |  |  |  iー--、  ヽノ  .|     /
                      '、 '、 '  '、_j--`ヽノ   `ー‐一'´
                      _'、 ┴ ¨ ´
           _,. -―   ̄
         ` ¨´

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      レイザーボーイ
┃ 攻めあぐねているという様子の“自称サムライ”を観察する。

┃ 顔は迂闊に出さない。スマートガンのガンカメラが、こういう時は役に立つ。

┃ フラッグレースの旗に抵抗されて、苛立ちと困惑が強いようだ。激昂しながらも、行動には半端なプロ意識も
┃垣間見える。

┃ ―――いっそ突っ込んでこられたほうが厄介だった。
┃ だからこそ、『隠れないのか』などと煽ったのだが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6069 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:34:04 ID:OZ4Y8by5


  ___________________
. | ___________________ |
. | |                              /| |
. | |                         /  l| |
. | |                        /   l| |
. | |                    /       l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |/|     l| |
. | |                        |  |     l| |
. | |                        |  |     l| |
. | |                        |/       l| |
. | |                        |         l| |
. | |                        |         l| |


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 貴方達が陣取った部屋の扉は狭い。

┃ そこに、トロールほどではないが図体の大きいオークが、遮蔽を取ってまごまごしている。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                   _, -‐―-. 、
                                 ,. '´       `  、
                                /     _ィ-=     \
  ヽヽ| ヽヽ| /// /    `ヽ、         ./   _=≡三三=-__     ',
    VヾLl」」// ////    ヽ       ./     -=´  ,ィ     `ヽ i
   /    ````'''─一レr'    ヽ       i  /    =三彡ノ ___  〉〉 i   「兄貴、援護しますぜ!」
 __/`ヽ j /        ヽ/   |       |  {i    _テ=-{[ {__o_ア‐  |
..|‐‐、ヽ彡jlト、_,. -ニニゝ    〉彡  |     .|   _,∠ o /ノ    ヾ、      r‐、
..|..:::::::::ヽフ==== 、、_   ≧彡、_|      .|      ̄  ノ i  i ヽ      !fリ|  「ちょ、お前……糞、狭い!
..ヽ;;;;;;;;ィハ|.....:::::::::::::::〉 ,二二/ヘ. ||     .r‐!       { n  n )    〃 r-{
 | ̄ /  ヾ;;;;;;;;;;;;;ノ/   ='´ト r' ||    .!fハ       `‐≡三、_    〃 .トハ    邪魔なんだよ!!」
 | /     ` ̄´       ,ィ^_j 〃      ヽrヾ、     /二-―-`-'  〃 | ノ
 ', >`            ⌒//        ゞヽヾ、  ヽ-'´_==彡     ハ
  !.〉iー_--、       // | /         \iヽヾ、   ミニニ=‐"     /ノ ト、
 r‐|ヽ`゙''‐ニ^_!     / /  Y            }ミヽ ヾ、          /〃 |ヽト 、
>ヘ ヽ `゙`    , -''´  /  / \        ./ ィ|ミ ヽ、          ,'〃  ト l| ト、
/ヽ  ヽ----一'´    /  / .:  \    .i .{ |ミ  ミヾ、__三三ニ-'´〃  ノ l| |  `ヽ、
  ヽ  ヽ            / ...:: .::  `ヽ、  .-‐! ヽ!ミミ ミヾミ三ニニニ" 彡"  /  |    ` ー-- 、
:ヽ  ヽ  \__      / ..:::::: .::::::  :::: /   |  ヽミ  ヾミミ ̄ ̄      イi   /|          `ヽ、
r'´      ヽヽ---─ァ' ...:::::::::.:::::::: . /     \  |}ミ  ミ三三  〃   {|  / |



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――数の有利は、ほら消えた。

┃ 一斉に突っ込んできて数の有利を活かされた方が、状況としては辛かったのだ。

┃ 一番タフで強いリーダーが突っ込まないものだから、他の連中も突っ込まない。

┃ .プロ意識
┃ “ 程 度 ”の低い連中は、間抜けであると同時に、そこまで勇猛果敢ではない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


▼▼▼再掲▼▼▼

▼戦場有利

3.入口が狭い。敵が一度に入ってこれる数が制限されるし、遮蔽を取りながら行動などがし辛い。
 →主に敵の戦闘時のAIに作用。一度に遮蔽を取りながら行動できるのは2名まで。つまり入り口の左右。
   また、そこが両方埋まっていると、他の奴が射界が取れない。ほら入ってきなさい。

4.元々スッキリとした建物だった。敵が取れる遮蔽がドアくらいだ。
 →入ってきても隠れる場所無いけどな! ハハハ!

6070 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:37:47 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 1イニシアチブパス目 行動順:グラントABC(イニシアチブ:10~2)

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 状況

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ターン

1戦闘ターン目

▼明度(-1)
明るい

ただし、“貴方”たちの周辺だけ薄暗がり。

▼発光体
なし

▼風力
無風

▼視界(-3。2つ合わせて『霧』相当扱い)
両者の間に「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)
両者の間に「薄い霧」相当の『騒霊』

▼距離
味方 ←【20m】→ 敵集団

▼環境対応
レイブン:熱映像視野使用
オルガマリー:熱映像視野使用
ランナー崩れ:熱映像視野使用
グラント達:とくになし(ペナルティ軽減なし)

▼行動順(1イニシアチブパス目)
オルガマリー(掌握)→レイブン→ランナー崩れ→グラントB→グラントC→グラントA

▼備考

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 味方

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼レイブン(貴方)(エッジにより速攻)
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:3/7 イニシア基本値:9+1D6
イニシア:20(行動済)
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:速攻

▼オルガマリー(エッジによりイニシアチブ掌握)
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:1/4 イニシア基本値:10+1D6
イニシア:5(行動済)
遮蔽:十分な遮蔽
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:イニシアチブ掌握

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 敵

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ランナー崩れ
身体:9/11 精神:9/10 エッジ:1/2 イニシア基本値:10+2D6
イニシア:7(行動済)
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:1
負傷修正:0
反動蓄積:1
その他効果:なし

▼グラントA
ダメージトラック:10/10 共有エッジ:1/1 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:2
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:不意打ち状態(イニシア-10 不意を打たれていないキャラの行動に反応できない)

▼グラントB
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:10
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:

▼グラントC
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:7
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:仲間が邪魔で攻撃に参加できない……!

▼▼▼機器状況▼▼▼

デッカー不在の為、詳細設定せず。まぁ全員、使える装備はスレーブ化してオンライン。

6072 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:44:08 ID:OZ4Y8by5


                         \                                      /
      _                \  }\イ_                       ┌ 、        ノ⌒
      /―┘ニニニニニニニニ丶ニニ\} `   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\   冫′
.    /ニニニニzzzzzzzzzzzzz|_____\、\  ´(ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|   〉
.     |ニ///////////ニニニニニニニニ\_、  (ニニニニニニニニニニニニニニニニニ|   ヽ
.     |============┬===⌒================{   ノ    ―――ドンッ!
    /⌒ヽ‐ニニニニニニニニニニ‐|ニニニニニニニ ̄\\ニニニニニニニニニニニニΛ  〉
.  / ノ   `ー―‐-=======‐-=====、 ̄ ̄ }=ア ̄ ̄\\\__________________________________Λ \
/ ´                 ̄ ̄ l  !  !|   /=/      \ニニニニニニニニニニニニニ=/   〉
          ___ ,,   ______ ,, -┴ 、 ノ=/        ー――――――――――‐′ ∠
     ‐   ¨¨¨  ´   ヘ´-‐ =ミ―――――‐′                               `ヽ
                     ! }                                       冫
          __ ,,  ,, -┬ ′                                        ``
 -‐      ̄-  ´  ′´  !
                     ,,<
  ―  ―  =ミー ´ / , 〉
              ′/
 ̄ニ=-     ___/


▼敵ギャングの行動

単純動作:狙いをつける(DP+1)
単純動作:射撃

対象:【1D2:2】 1.あなた 2.オルガマリー

【1D6:5】 (基本(7)+射程(-3)+環境(-4)+狙いをつける(1))

6073 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:45:13 ID:OZ4Y8by5
いちおー、環境補正の嵐とライトピストルには辛い距離を超えて、1成功は出したんで所長に飛んだが。

所長、反応も直感も高いから素早いんだよなぁ………w

6074 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:46:05 ID:OZ4Y8by5


                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|   「撃ってきた……!!」
               込     '       U  r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒


▼所長回避

【14D6:55(5+2+6+6+3+1+4+3+6+5+1+6+4+3)】 (基本(10)+遮蔽(4))

6079 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 03:52:19 ID:OZ4Y8by5

                                      |  / ,
                                 \__ノし// 、   ―――ドッ!
                                    __)/⌒ヽ(_ ',
  ヾニニニニニニニニニニニニニニニゝ          ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
  ||                         |        ./⌒|「⌒\
  ||                         |
  ||                         |
  ||                         |
  ||.. i    . i    . i    .   i ...|
  ||.. |     . |     . |  .  . |  .|
  ||.. |     . |     . |  .  . |  .|
  ||.. |_i ,   ... |_i ,.   .. |_i ,  .. |_i ,.|
  |||  | |  |  | |  |  | |   |   |..||
  |||  | |  |  | |  |  | |   |   |..||
  |||  |_|  |  |_|  |  |_|   |   |..||
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
  |||  |...  |  |...  |  |...   |   |~.|
从人| |||,,'''||「||「|!,,'''||「||「|!,,'''||「||「|!,,'''||「||「|! ヘ_从





              ,.
              /!
           / .! , r ― ‐., 、
           >、 {′     ,.'   ` 、
         ,イ  `   ,            ヽ
        /  / /  .,'   ト 、.        ヽ  _ _
          / ./   ,'    !    }  ヽ、    、 }´_ \
.       ,' ./ ヽ、!   /|    リ    ヽ    ,r=≧ 、``ヽ
.       ,'  i  イ` ゝス,.!   ス.___',__   ハ ハヽ、.\
.        l  ilイ゙t=/≧ス l   ./il  _  ',  ノ {`ー'}ハ ハ }
     /.{ 从 /` 仍心 l ./丿イ,乞、゙`ハil ′{、_ ,.} !. ヾ}
    / ノ! 从 /l  込少 !ノ   込刈}  il´ヽ {  }!
   `ー  i!!人{ {! :::::::::::::      :::::::::::  イr ! } l{`゙´} !   「……そうそう当たらないわね、これ」
      /  ミ `i    ,     ::::::::: ,r '!′ !>=从
、_  ィ ´  ,   ヽ、  l  `ヽ u   イ    ル` ゙ !ハ
 `ー一 ' ´/-‐-= r  > `   , イ/     / ハ  } ヽ
.     /:.:.:.:.:.:.:// イ` ー ´, ィ//    ,r ‐. .、ヽ、\ \
__., r ´:.:.:.:.:.; / /  ハ._ ,r ' ´ /:,'    /:.:.:.:.:.:.ハ`ー ゝ、 \.,
ヽ/:.:.:.:.:. ;r ',.イ  //{´,.r‐-、  .,':.:{  ,ィ´.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、   ヽ ̄
 |:.:.:.:.:,.':.:,イ  .,r ' 〃 {ス二丶\_{  / il {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}从  \
 |:.:.:.:,':.:,'   .} 〃 ト- ,r彡彡彡ハ/ .ハ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ハ\  ハ
 |:.:.:.{:.:.i   从/_ {ゝ´彡彡"   ハ /:.:.:.`ゝ==r:/  ハ  ',  }




┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 油断はするなと、貴方はオルガマリーを戒める。オルガマリーは、素早いが頑丈には見えない。

┃ ライトピストルのラッキーヒットでも、即死はしないだろうが相応の負傷を負う可能性もある。

┃ ―――とはいえ。
┃ 敵のリーダーが日和ったおかげで、向こうは数の優位も活かせなくなった上に、距離を詰めるという手も
┃無くなった。

┃ 下っ端連中に関してはラッキーヒットにだけ警戒していれば良いだろう。
┃ 加えて、恐らくリーダーさえ倒せば逃げ散る程度の意識の低さだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6080 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 04:02:05 ID:OZ4Y8by5


                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_∥:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――つまるところ。
┃                     レイザーボーイ
┃ 心情的にも、物理的にも、あの“自称サムライ”を倒すことが最優先。

┃ 切り札はないでもないが、まだ早い。貴方は状況を見ながら、札の切り時を見計らっていた。
┃                        クルード
┃ ―――そう遠くはない。相手の動きの粗雑さから、そうタイミングを見定めながら。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6082 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 04:03:24 ID:OZ4Y8by5
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| 第一イニシアチブ・パス終了。

| 戦闘を中断し、次回は第二イニシアチブ・パスから再開します。
―――――――――――――――――――――――――――――――

6087 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/22(土) 04:14:48 ID:OZ4Y8by5

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 1戦闘ターン目 2イニシアチブパス目 行動順:(イニシアチブ:)

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 状況

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ターン

1戦闘ターン目 2イニシアチブ・パス目

▼明度(-1)
明るい

ただし、“貴方”たちの周辺だけ薄暗がり。

▼発光体
なし

▼風力
無風

▼視界(-3。2つ合わせて『霧』相当扱い)
両者の間に「薄い霧」相当の紙吹雪(1戦闘ターン持続)
両者の間に「薄い霧」相当の『騒霊』

▼距離
味方 ←【20m】→ 敵集団

▼環境対応
レイブン:熱映像視野使用
オルガマリー:熱映像視野使用
ランナー崩れ:熱映像視野使用
グラント達:とくになし(ペナルティ軽減なし)

▼行動順(2イニシアチブパス目)
オルガマリー(掌握)→レイブン→ランナー崩れ

▼備考

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 味方

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼レイブン(貴方)(エッジにより速攻)
身体:11/11 精神:11/11 エッジ:3/7 イニシア基本値:9+1D6
イニシア:20
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:1
負傷修正:0
反動蓄積:6
その他効果:速攻

▼オルガマリー(エッジによりイニシアチブ掌握)
身体:9/9 精神:11/11 エッジ:1/4 イニシア基本値:10+1D6
イニシア:5
遮蔽:十分な遮蔽
連続回避:1
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:イニシアチブ掌握

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 敵

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼ランナー崩れ
身体:9/11 精神:9/10 エッジ:1/2 イニシア基本値:10+2D6
イニシア:7
遮蔽:部分遮蔽
連続回避:1
負傷修正:0
反動蓄積:1
その他効果:なし

▼グラントA
ダメージトラック:10/10 共有エッジ:1/1 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:-
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:不意打ち状態(イニシア-10 不意を打たれていないキャラの行動に反応できない)

▼グラントB
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:-
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:1
その他効果:

▼グラントC
ダメージトラック:10/10 イニシア基本値:6+1D6
イニシア:-
遮蔽:なし
連続回避:0
負傷修正:0
反動蓄積:0
その他効果:仲間が邪魔で攻撃に参加できない……!

▼▼▼機器状況▼▼▼

デッカー不在の為、詳細設定せず。まぁ全員、使える装備はスレーブ化してオンライン。
関連記事
| 影走中シリーズ【シャドウラン】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する