おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/12/31(月)
2819 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 09:30:43 ID:Rfjsk+5u
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・






                                __ __
                              .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                            ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                            {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                            >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
          ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
         {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
          `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
          、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|


        「背中に気をつけろ。ためらわず撃て。弾を切らすな。ドラゴンには絶対、関わるな」

                       ―――― ストリートの警句










2828 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 09:44:14 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――さて、現状を整理しよう。整理と理解は大切だ。

┃ 疎かにしていると、最悪の所で表層化する。鉄火場の土壇場で狙い澄まして顕になる。

┃ そして、取り返しのつかない事になるのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   .:.:.:.:.    |.:./  |ノ|.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   |   |
_ :; :...... _|/   | |.:.:.:.:.:.: ____:;:; |   |   |
 :.:\、/゛⌒.. |:.`   |ノ|.:.: .:イ   イ 〕 |   |   |                        x────────
......./^\____| ,   | |イ   イ _   |..:;|   |   |                          // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ;:;:;...... ::. :. |    :.:|ノ| ̄ ̄| Y´}!ヽ |..:;|   |   |                            / ^────────
.:.:.:.:.:.:.  __   |:.:.:..... | |    |〕|ヽiレ'} |..:;|   |   |                            ̄| ┌──────‐
;;; ' 、 -';;/ : |.;.;...... |ノ|    |〕|ィiト、| |..:;|   |   |                        /| r、 │ |
__/ヽ;;;;;;L.:   |  :.:, . | |    |从 |i^リ |..:;|   |   |                  /  |┤ \| |───────
7、ィ;;;;;/-i|..:.:.:|    ;|ノ{    |    ̄/ |   |   |              r──‐ァ.i  、イ 丶   | |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|
─‐イ /lil|.:.:.:.|: .: .:. 乂二)  |   // |   |   |               乂__.:.:/::::レ≪ ̄ ̄\ | |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|
 ̄]lll|/  lil| , . |: .: .: ..:...」___L// / |   |   |       /ハ、   y^.:..く.......|        〈二二二二二二二二二
_〕ll| _/ii|.:;;;''|.:.: : :..:イニニニニニニ」 /-_-|   |   |         〈.:.:.:.:ヽ_ /^ヘ=-{::::::|         | |───────
i!ii!i|ll|i!i!i!i| | : : | .: /:_:〕 ニニニニニ イ _-_-_|,,__|   |_____,」‐‐「^7.:.:.:/ .:.: \|         | |
i!i!ii|ll| 、ィ7i|__|/_:_:_ ヘ三三二/ _‐_-_-|_:_:_:.}   }_:_:_:_:__,/^^^}! /.:./:/.: .:.:.: |         | |───────
 ̄ 「|イN|i!|_:_:_|_:_:_:_/  ̄ ̄ ̄ _-_-_-_- |:_:_:V  ∧:_:_:/.:.:.:./:.:.:l:.:.:.:.`ヽ:.:.:/.:.:..:.:.: :|         | |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|
ニ〕ll|.   |ll|_:_:_|_:_/:_-_-_-_-_-_-_-_-_-_''|:_:∨ ∧_:_:ノ:.:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.∨.:/: :.:.:.|         | |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|
_〕ll|、/.ll|─┘'-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-|_ 7⌒〕_:_:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.ヽ::.:∨.:.\:.:.|        〈二二二二二二二二二
i!ii!i|ll|i!i!i!|l!|_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ̄ゝイ  ̄{.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:. :.:.:.ヽ:.}:.:.:. :..ヽ|         | |───────
i!ii!i|ll|i!i!i!ア-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-八.:. :.:.:.,/:.:.:.:.:.:./: :.:.:.:. /^ ̄ ̄ |,_____,| |
i!ii!i|ll、ィl「-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_\.:.:.:.:.:.:.:.:/:. 〉.:./_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-| |───────
¨ ̄-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_->ー───'^_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_| |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ | |i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_‐〈二二二二二二二二二
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 状況としては、覚醒前のジャパニメーションで言うところの『ポケットの中の戦争』という奴だ。

┃           バ ー レ ー ン
┃ ここはシアトル、“荒廃地区”。大規模犯罪組織同士の抗争の下請けというか代理戦争をしていたギャングがあり、
┃その片方が“嵌められて”壊滅した。

┃ その流れで上は上同士でドンパチやるようだし、上の方では上の方でカタを落とし前を付けてくれそうだが、
┃問題のメインストリームが上に行ってしまったため、犯罪組織からすれば“一山幾ら”に等しいギャングの貴方には、
┃上からの援護は期待できそうにない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2829 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 09:45:16 ID:GPxe1PN+
懐かしいな、バーニィが主人公のだったっけか。

2831 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 09:48:00 ID:FJvWQGXB
主人公は一応アルの方だった気がする、バーニィとクリスが主要人物だったのは確かだけど
そして「ミンチよりひでぇや……」からバーニィが救われた小説版



2834 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:08:35 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ギャング同士の規模は10名程度ずつ。“貴方”の側はほぼ全滅。恐らく満足に動けるのは“貴方”だけ。

┃ 相手の生存人数は不明。ただ、裏切ったランナーが一人、向こうに付いた。

┃         サイバーアップ
┃ ある程度の身体改造をされた相手で、改造の程度としては貴方とそう変わらないだろう。
┃            ト ロ ッ グ
┃ だが生憎、相手は穴居人だ。素の身体性能では相手が勝る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                            x ´ ̄ ` 、                                           : : .
. : :                           , '        \                                           : : .
. : :                             / {(  , ´       ',                                       : : .
. : :                              lヽ   / __ノ    l                                      : : .
. : :                            エ≧r ( ヤェア   ⌒}                                          : : .
. : :                            {′/ ム   /   ┘|     __                                    : : .
. : :                             '、 テ'ニ__  l    ._ノ`ー‐フ′>ー--――, -── -- 、                    : : .
. : :                          } {エエヨ) !  ,::     / /ニ___/          丶 __               .: : .
. : :                          | `Y ´ ´  ノ:::  _/ xイ/ く   /  |\ ∨ ,/|  ヾ  _>              .: : .
. : :                           />-‐‐‐‐<:::::::::: {_>'´: . : . : . `ゝ/    ̄|i   i| ̄   iィ´                  : : .
. : :                      rニ7 . :/ i `ヽ  У   〉: . : . : . : . : . : .i    {_O_人_O_}     .!                   : : .
. : :                         /  / . :/   i y /彡 ,イ: . : . : . : . : . : . : \  ∧___∧   ノ                  : : .
. : :                    /   ,/ . :/   ̄>   ___{: . : . ,、: . : . : x-、. : .,ゝ  ̄ __ _ ̄ ,.ィ `ー ‐- 、            .: : .
. : :                   r=ム=/: /   ミ/ヤ´ ̄   '〉: .rf { : . /  ,.ィ´  `:、    /        ヾ           .: : .
. : :                     Y:/ /. / 三三ミ/ ニニ二二 | V  ` '´ /           ´          ',          : : .
. : :                  |:{: : j :/ , -‐=/'´         |V      /                   、   '.           .: : .
. : :                   |. ト:| |j''´    _/ -―=ニ三三|j' __   .' ,.                     i!     '.          .: : .
. : :                   | . : |.|'  rァ‐  ij         _У    ! i!        . : : : . .   . .    |!     '.         .: : .
. : :                  /': . :|.|/    |、         ,〃      / |. :... : :; '     ' : : ヽ、. : : : .  ヘ     '.        .: : .
. : :                 ノ: . : .|.!      /!> 、    /      /   '.   /             `丶 ; : : : . ':、    '.      .: : .
. : :                rf>: . :}j:.     / +― >、 Y       .イ   ヾ/ .             >、. : .λ      '.      : : .
. : :                 /: . : . : .|ハ   イ   Y       ,'      , '     i : :                   `Y  V  .:'´  ,   .....: : .
. : :               f-‐-: . : . ,リ;;;ヽ '     ├==   ,'   / /       ,イ : :               _ ノ   ','    '.   .....: : .
. : :             /_: . : . : .{{;;;;;;;;|  , ´ |:.        /       / i! :          _ ,.z≦三〇}!     V     '.    : : .
. : :               レ―、 ̄ ̄\}};;;;;;;}xく   」r'   /    '       ,:' iト、 ___ _ ,.z≦三〇三三三!|      v     ', .  : : .
. : :            Y   }\   .}};;;;;;;{ レイ´ ! 厶イ    /     /   |!〇三三三〇三三三三三三三|      V    i!   : : .
. : :           / l   ノ__  . .: :::;;;;;;;}  ム-='´ x   ,:′   /    i!三三三三三三三三三三三〇j!       V    ト、 ...: : .
. : :         /  `ーノ′ ). . : ::::;;;;;;;;;;{>´   ´   yj!   v′    ヾニ〇三三三〇三三〇ニ≧¨´ヾ      i! 、   '. : : .
. : :         {       / }. . : :::;;;;;;;;/  イ   ィ   /   〈         /¨ヾi!//////////////       '.     V リ    ! .: : .
. : :           /   ―-‐‐'  ノ. .: ::;;;;;;;;;/     /,    ! ゝリノ i      /   V////////////         '.      ` ー‐ '’ : : .
. : :        ト ____/ }. .:::;;;;;;;;/    i     へ`ー ‐ '’     ,:'     V//////////           ',             : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ト ロ ッ グ
┃ 穴居人という呼び方は、まぁ所謂罵り言葉に分類されるスラングだ。
┃ トログロダイトという言葉が語源だが、こっちはなんと爬虫人類だったとか。いつの時代の話なのだろう。

┃ ともあれ、トロッグという言葉は“御上品”ではない言い方で、オークとトロールの両方を指す。
┃ 両方共にタフだが、標準的なヒューマンより頭が良くないという偏見に晒されている種族だ。

┃ 別段そういうこともなく、“切れる”トロールも居れば、“魅力的な”オークも居る。
┃ トロールは若干動作が鈍くなりがちだが、これはもう身体の大きさや生来の皮膚装甲から来るものだ。

┃ 大薙刀が小太刀より取り回しが良いわけがない。そういうレベルの話で、どちらが優れているという話ではない。
┃ 状況と個人差次第。そこら辺、具体的な特性や性能を“流されて”見てしまうと、勘違いに飲まれたまま死ぬ。

┃ “あいつは頭の鈍いトロッグだから簡単に騙せる”。
┃ そう思いながらバーでオークやトロールに近付いて、賭けで身ぐるみ剥がされた阿呆を見たことがある。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▼備考
 ドワーフとトロールは全力疾走で増える距離が、他の種族の1/2。
 通常の移動力は「【敏捷力】*2/『敏捷力】*4」。左が歩行。右が走行。全力疾走はランニング技能。
 トロールは敏捷力の最大値が5(他は6。エルフは7)なので確かに鈍くなりがちだが、キッチリ振った上で強化していれば
人間やエルフの無改造上限より素早いトロールも存在する。

 トロールはそれ以外にも、【論理力】【直観力】【魅力】の上限値はヒューマンより低い。
 ―――が、それはそれとして【強靭力】と【筋力】の上限値は倍近いし、デカい分だけリーチはあるし、生来の装甲もある。
 挙げ句、熱映像視野までデフォで持っている人間兵器であるし、直観力・論理力もカバーできないわけではない。
 魅力は流石に、少し厳しいが。

2838 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:18:34 ID:Rfjsk+5u
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃               ト ロ ッ グ
┃ そして今回の相手は、“穴居人”の小さい方。だからといって楽ではない。

┃ トロールを戦車とすれば、オークは装甲車だ。筋力、タフネスはヒューマンやエルフより余程上だし、ドワーフのように
┃小柄すぎて足が遅いわけでもなければ、トロールのように大き過ぎて鈍くなりがちなわけでもない。

┃ 純粋にヒューマンより遥かにタフで馬力があって、しかも小回りも劣らない。市街戦ではトロールより厄介という
┃見方もあるだろう。

┃ 弱点は―――敢えて言うならメタヒューマンの中で最も寿命が短いので、時間切れ逃げ切りで大局的に勝つ?
┃ いやいや、無い無い。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                            x ´ ̄ ` 、                                           : : .
. : :                           , '        \                                           : : .
. : :                             / {(  , ´       ',                                       : : .
. : :                              lヽ   / __ノ    l            【こっち】                     : : .
. : :                            エ≧r ( ヤェア   ⌒}             ↓                           : : .
. : :                            {′/ ム   /   ┘|     __                                    : : .
. : :                             '、 テ'ニ__  l    ._ノ`ー‐フ′>ー--――, -── -- 、                    : : .
. : :                          } {エエヨ) !  ,::     / /ニ___/          丶 __               .: : .
. : :                          | `Y ´ ´  ノ:::  _/ xイ/ く   /  |\ ∨ ,/|  ヾ  _>              .: : .
. : :                           />-‐‐‐‐<:::::::::: {_>'´: . : . : . `ゝ/    ̄|i   i| ̄   iィ´                  : : .
. : :                      rニ7 . :/ i `ヽ  У   〉: . : . : . : . : . : .i    {_O_人_O_}     .!                   : : .
. : :                         /  / . :/   i y /彡 ,イ: . : . : . : . : . : . : \  ∧___∧   ノ                  : : .
. : :                    /   ,/ . :/   ̄>   ___{: . : . ,、: . : . : x-、. : .,ゝ  ̄ __ _ ̄ ,.ィ `ー ‐- 、            .: : .
. : :                   r=ム=/: /   ミ/ヤ´ ̄   '〉: .rf { : . /  ,.ィ´  `:、    /        ヾ           .: : .
. : :                     Y:/ /. / 三三ミ/ ニニ二二 | V  ` '´ /           ´          ',          : : .
. : :                  |:{: : j :/ , -‐=/'´         |V      /                   、   '.           .: : .
. : :                   |. ト:| |j''´    _/ -―=ニ三三|j' __   .' ,.                     i!     '.          .: : .
. : :                   | . : |.|'  rァ‐  ij         _У    ! i!        . : : : . .   . .    |!     '.         .: : .
. : :                  /': . :|.|/    |、         ,〃      / |. :... : :; '     ' : : ヽ、. : : : .  ヘ     '.        .: : .
. : :                 ノ: . : .|.!      /!> 、    /      /   '.   /             `丶 ; : : : . ':、    '.      .: : .
. : :                rf>: . :}j:.     / +― >、 Y       .イ   ヾ/ .             >、. : .λ      '.      : : .
. : :                 /: . : . : .|ハ   イ   Y       ,'      , '     i : :                   `Y  V  .:'´  ,   .....: : .
. : :               f-‐-: . : . ,リ;;;ヽ '     ├==   ,'   / /       ,イ : :               _ ノ   ','    '.   .....: : .
. : :             /_: . : . : .{{;;;;;;;;|  , ´ |:.        /       / i! :          _ ,.z≦三〇}!     V     '.    : : .
. : :               レ―、 ̄ ̄\}};;;;;;;}xく   」r'   /    '       ,:' iト、 ___ _ ,.z≦三〇三三三!|      v     ', .  : : .
. : :            Y   }\   .}};;;;;;;{ レイ´ ! 厶イ    /     /   |!〇三三三〇三三三三三三三|      V    i!   : : .
. : :           / l   ノ__  . .: :::;;;;;;;}  ム-='´ x   ,:′   /    i!三三三三三三三三三三三〇j!       V    ト、 ...: : .
. : :         /  `ーノ′ ). . : ::::;;;;;;;;;;{>´   ´   yj!   v′    ヾニ〇三三三〇三三〇ニ≧¨´ヾ      i! 、   '. : : .
. : :         {       / }. . : :::;;;;;;;;/  イ   ィ   /   〈         /¨ヾi!//////////////       '.     V リ    ! .: : .
. : :           /   ―-‐‐'  ノ. .: ::;;;;;;;;;/     /,    ! ゝリノ i      /   V////////////         '.      ` ー‐ '’ : : .
. : :        ト ____/ }. .:::;;;;;;;;/    i     へ`ー ‐ '’     ,:'     V//////////           ',             : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                               タフネス
┃ とはいえ、貴方は身体強化の関係で並のオークよりはタフなくらいだが、同じ強化をオークがした場合、根性骨では
┃流石にオークが勝るだろう。

┃ あとのギャングは、まぁ武装したギャングだ。……他に特に特徴はない。
┃ なんと言えば良いのやら。説明に窮する。

┃ しかし、こちらにサムライなりアデプトなりのスーパーマンが居ない以上、数は力だ。軽視は出来ない。
┃ 武装して、かつ暴力の行使に躊躇がない相手。それが一定数居るだけで十分な脅威だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2841 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:28:07 ID:Rfjsk+5u

 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                        __  {7>、  {>.                                  : : .
. : :                        ∨>. `< />.`< >、                              : : .
. : :                         `< />.`< >.∨∧                             : : .
. : :                           `<./>.< //>`V∧                            : : .
. : :             {             `<./>.< />、V∧ ト、                       : : .
. : :          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧                          : : .
. : :           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧                          : : .
. : :           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,                      : : .
. : :           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}                     : : .
. : :            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!                         : : .
. : :             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。                       : : .
. : :              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧                    : : .
. : :               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}                    : : .
. : :                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ                        : : .
. : :                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ                    : : .
. : :                 廴_=--}//////////////-=///////,イ                      : : .
. : :                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!                        : : .
. : :                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'                      : : .
. : :                        {///////〈///////////////リ                    : : .
. : :                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_                    : : .
. : :                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、              : : .
. : :                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ             : : .
. : :                          `< /////イ/////ノ//////////ア¨´  ̄`'             : : .
. : :                            廴圦廴≧=-イ///////////                   : : .
. : :                               ⌒/////////////,,'                        : : .
. : :              _.≦///≧===―------―=≠//////////////                    : : .
. : :             'ー==ニ三/////////////////圦,,ゞ//////////                       : : .
. : :                   ̄ ̄ ̄ ̄⌒<//////////////////イ                         : : .
. : :                            ` <//////_,ェェァ/イ´                        : : .
. : :                            ` ー_=ニア¨´                           : : .
. : :                                ̄~                                : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 敵戦力の分析はこんなもので。では次は、味方戦力の分析だ。

┃ “貴方”―――は、まぁ貴方自身が一番良く分かっている。

┃ ヒューマンのスプロール・ギャング。ストリート生まれ、ストリート育ちのSINレス。
┃ SINレスから生まれたSINレスという2世世代で、両親はもはや不明。ちょっと同年代より体格に恵まれていたので
┃ブイブイ言わせていた所、流れてきた日本人のサムライに喧嘩を売るという自殺行為をして、結果として戦闘技術を
┃叩き込まれた。代わりに授業料とか言われて毎月の月謝を巻き上げられ続けたが。

┃      センセイ
┃ ともあれ師匠がマフィアの用心棒になるまでは、そうやって明確な師匠に―――向こうは向こうの意図や思惑が
┃あっただろうが―――師事できて、武器の扱い、戦術、心得などを仕込まれた。

┃                                    サイバーアップ
┃ ギャングの戦闘員としてはかなり上等だろうし、ちょっとした身体改造もしているが、サムライには程遠い。
┃ 総じてその程度に収まる人材だ。

┃ そして、まぁ―――所属していたギャング・チームは全滅。最後の“ワタリガラス”であろう。
┃ これはもう、感傷でしか無いが。

┃ あと、センセイに奢ってもらったソバとかいう日本の食べ物にアレルギーがあった。ソバマシンガンとか食らったら死ぬ。
┃ 日本人こわい。日系人こわい。食べ物すらこわい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2843 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 10:30:19 ID:DZnUjEnu
喰らえトラップ:そばがら枕!

2844 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 10:30:29 ID:eLwi/30D
蕎麦の実撃ち込まれて死ぬギャングは新規路線ですね???(ちがうそうじゃない)

2845 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 10:32:20 ID:xJh/6gtM
ソバマシンガンとか特殊武器にも程があるw



2846 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:33:44 ID:Rfjsk+5u


                    /厂 ̄ヽ
                    ' /      -─‐-、  _    /厂ヽ
                   乂ゝ   /           `ヽ  //⌒ヽ)
                    `ー/   /        ∨ /⌒ヽ
                     /     /|      }‐-、⌒ し-、 ̄ヽ)
                   _/,     / .|  }   /   ミ 弋_ノ
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈   =3
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~、、 イ
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___ -‐'´
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃          スロット・ピクシー
┃ そして―――“クソエルフ女”こと、オルガマリー・アニムスフィア。

┃ こちらは貴方からは良く分からない。相当に御上品な生まれという事は、振る舞いや言語から想像できる。

┃ ヒステリックだったり口が悪かったりするのは、個人の性格だろうが。性根や倫理観は、ストリートには似つかわしく
┃ないくらいに善性だ。

┃ その一方で、非常事態に咄嗟に対応できる能力もあることから、完全にストリート慣れしていないわけでもない。
┃ むしろ襲撃を受けた際の対応速度と頭の切れは、『素地は十分』と見做すことも出来るレベルだろう。

┃ 加えて恐らく―――いや、間違いなく覚醒者。
┃ だが、貴方に分かることはこの程度だ。逆にオルガマリーからしても、貴方の特性など分からないだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2848 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:41:06 ID:Rfjsk+5u


     〃          \    : : : : : : /、
      }i             \   : : : : : /: : >
     }i               \  : : :/:/
    }i                 \/{/
   }i              /    ',
   }i              V /    、
  }i               V       i{
  }i          \    } ,{    i{
  }i         丶 丶   / / {      ',
  }i   ',          \  ' / {
  }i    V⌒V       \{/  {      }
 《     V {  __       }  {      {   ▼『ホームグラウンド/ストリートの政治』持ち。
_ ,. >、 ,.  斗 { ´   >o。 L_ {         {     ギャングやそのシノギ、縄張り、水面下での関係などに非常に詳しい。
{¨  ̄´   } { 丶        }          {
{       } {   \       }          {
{      ,.}__{ __         }
‘,__ 斗< ⌒´   7≧=-- ´
  V            / ¨´: :           i
  ,           . : : : :
 .:           /: : : : :
 ,        ′: : : : :            {
          ,   : : : :            {
.′       { /   : : :            ',
{        ∨    : :           ∧
ト、           ', ′         /    / ∧
} ∧           V         '    ' / ∧
}′∧        ', /     /   /  / ∧
i ′∧           V      /      / / /  〉

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 故に貴方は、まずは情報交換と移動を提案する。

┃ 幸いにして、ストリートのギャングや犯罪組織の力関係や縄張りといった地政学には詳しい方だ。

┃.           センセイ
┃ それだけならば、師匠よりも遥かに。

┃ 連中も所詮はただのギャング・チーム+1。こちら同様、上からの支援は無いと見て良い。
┃ 下部組織、しかも末端の10人程度のギャングなど、犯罪組織からすれば使い捨ての駒のようなもの。

┃ 上同士でドンパチが始まりそうな最中に、こっちに支援を送る余裕はないだろう。
┃ そこはセンセイも言っていた通り。貴方の読みとも合致する。

┃ その辺りもまた、ストリートの地政学の領分だ。決め付けは怖いが、可能性の高い“読み”は武器になる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2851 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:47:57 ID:Rfjsk+5u



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 相手は逃げ延びた“貴方”と、それを匿っていたオルガマリーを探し、追って、殺す構えだ。
┃ むしろオルガマリーに関しては、殺される前に相当に悲惨な目に合わされる可能性が高い。

┃ なんの縁も無いのに命を助けられた身として、この巻き込みでそのような目に合わせては、ハラキリすら生ぬるい。

┃ 彼女は無事に帰すべきで、その為にも彼女に目をつけた敵どもは鏖殺すべき。仲間の仇討ちでもある。

┃ ―――その為にも、まずは情報共有が必要だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|
               込     '       u   r‐ '  / | .N \! :}  「―――安全な場所に、アテが?」
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ おっかなびっくりという様子のオルガマリーの言葉に、貴方は頷く。

┃ ストリートの政治に疎いオルガマリーからすれば、連中の手がどこまで届くか分からないのだろう。

┃ しかし生憎、こういった事は貴方の得意分野だ。1年間、グロウ・シティで連中から逃げ延び続けろと言われれば
┃眉を顰めるが―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2853 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 10:58:29 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――襲撃前に、相手のチームについての下調べは終わっている。

┃ 規模、シノギ、縄張り、提携関係、敵対関係。

┃ そういうのが分かっていれば、手の届く範囲、届かない範囲を推測するのは簡単だ。
┃  ローク
┃ “過剰”な真似をする必要はない。オルガマリーはストリートでは目立つが、それを差し引いても―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|    ―――Pi
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ホ イ 、 チ ャ マ ー
┃ “やあ、お友達!”
┃                コ ン タ ク ト
┃ 貴方は努めて陽気に、“知り合い”に連絡を取った。

┃ ―――オルガマリーが目立つことを差し引いても。相手の手の届かない場所に拠点のある相手に、
┃ちょっとしたコネクションがあれば短期間の安全は確保できる。

┃                             ジツダン
┃ タダとは言えないのが辛い所であるが、まぁ、“現金”は事前報酬で貰ったクレッドと、事後に師匠が約束して
┃くれた分がある。

┃ 金で買える安全は迷わず買え。
┃ 流石にレート次第ではあるが、余程凄まじいレートを提示されない限り、基本中の基本だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2854 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:01:03 ID:yh0HvXBN
実際金で済むならそれに越したことはない

2856 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:06:06 ID:eLwi/30D
なるほどそれでやりすぎじゃないか心配してたのか



2857 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:07:10 ID:Rfjsk+5u


〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                                 _
                            、丶"~ ̄: : : : 〕I=ー
                       /: : ;、丶"~`'ミx、      }ヽ
            _,.。s≦二ニニ=-‐-γヽ/>''~: : : : : : : : : : :~"''~彡:}
  斗f‐ァ    .: : : : : : : : : : : : : : : :/ー/: : : : : : : : : : ̄ ̄ ~"''~、、ノ
/: : /  /: : : : : : : ⌒>、: : : : :〉-{: :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :.\    ―――Pi
: : : /  /: : : : : : \: : : : : : :\: 〈イ Υ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
: : :{ /: : : : : : : : : : :\: : : : : : :\ヽ彡廴、丶"~ ̄⌒``ヽ、 : ヽ: : : :.‘,
廴:_:./: : : : : : : : :\: : : : :\: : : : : :.:\:.ー-7i: : : : : : : : : : ', 丶: : ト、: : : :‘,
  /: : : : : : : :{\/`'ミx、: :∨: : : : : : }`ヾ、j.: : : : : : : : : : :ゝ、ハ:/  \: : :', }ヽ   ホ イ 、 チ ャ マ ー
  .: : : : : : : : : 彳 _,xf汽 `ヽ}: : :.l: : : :}i: : : :}h、: : : : : : : : : : : :〕I=ー‐=`、厶イ.:ノ  「やあ、お友達!
 .: : : : :l、: : : : : V笊忙 》   ∨: |: : : :Y⌒ヽ ̄'、: : : : : : : : : `ー=ミ、: : : : : : ,イ
 {: : : :.√ヽ: : : : \Vソ,ノ   |:./}: : : : l乍 }: :.∧: : : ``~、、: : : : :.`"''~´乂_    なんかドンパチがあったって聞いたけど。
 : : : : :{ 孚ミh。,: : :.}h、    jノ l: : : : 从 ,': : : ∧: : : : : : : :``~ー=彡: : : : : :⌒> 無事で何より。ツテが減ると困るもんね」
 乂: : :ヽ Vソ 7⌒¨”~       |: : : :レ゙ー/: : : : :∧: : : : : : : : : : : :うトー‐-=斗匕
 }ノ\: :小、ヽ           |: : : ノイ V: : : : : j{: : : : : : \: : : : : :‘,
 ′  ヽj{                  |: : :/   }: : : :.γト、: : : : : : : \: : : : ‘,       レンタコップ  フジマルリツカ
      圦   r‐ 、         |: :/  /i|: : : :,ハ::| `丶、: : : : ``~、、廴_,、イ   【民間警察/藤丸立香】
     V::.、  ゝー           }/ /  |: : : ,゙ }i    ``~、、: : : : : : 彡′
      V: :.\        _,.。s / /    : : :/           ~"''~、、
       V:.∧ `ヽ、_,、<}: : : i}>「、     }/         、丶"~ ̄ `丶、 ',
        ‘,∧      |: : :从 }彡、  /        /`ヽ、 ヽ      ',
         ヽ:∧       l: ::/∨ゝ }} ヽ/\     /    \       ',
          `''~   ノイl ∨  {{    \     '             ',
                   ‘, ∨ }}       \ , |          \
                  ‘, 〉´ミx、_       /`、l               \
                     У\二二≧x,_j{_  lヽ            丶
                  /   `'ミx、二二二} :|

▼備考:『ホームグラウンド/ツテがある』持ち。顔が広く、多くの住人と友好的。
     その関係で、今回は耳聡く噂程度は聞いていたようだ。


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――ただし。

┃ 金で済めば御の字な相手も居る。今回はそのパターンだ。

┃  ニ ッ プ  レンタコップ
┃ 日系人の民間警察の声を聞きながら、コムリンクを握る貴方の手に汗がにじむ。

┃ 日本人や日系人との交渉は、ハラキリやら手柄首やらが相場に混ざる謎のブラックマンデーだ。

┃ ストリートの事情に明るい貴方ですら、想像を遥かに超える時がある。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2860 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:09:43 ID:Rfjsk+5u


           /{
           {: \
          \:. \    _.... -‐……‐- ...._
            `'  ,>'"´:/.:.:.:...\ .:.:.:.:.:.:.:.: ´'/>'⌒\
               / .:.:.:.:. ´.:.:.:.:| :.:.:.: \ :. \.:. l二|:.:.:.:.:.:.:`,
.            /..:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.`,:.:.:.:`, l二|.:.:.:.:.:.:.:.:|
         / .:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:|-‐…‐-.:| .:.:.: |:l二|.:.:.:.:.:.:.:.:|
.         / .:.:.:.:.:.: |_.⊥._ .:.:.:.:.: |\\ .:.: | .:.:.: |:.\|.:.:.:.:.:.:.:.:|
        | :/.:.:|:.:.: | :八.:.:.:.:.:.:.:.:|_.二二._/.:.:.:.:.:| :.:八 .:.:.:.:.:.: ',
        |/| :/|:.:.: |/_\\ .: |'"~~~"7.: / // .: `、.:.:.:.:.:. '、
        |/八 :. |x==ミ \\|    // .: /´/ .:.:.: `、:.:.\:.`、
.  ⊂     // :/\|l  ヽ       // .:. /∠=┐ .:.:.:.:.`、 .:.:\:\
.       // :/.:.:.:.:!       ┐U/ .:. / /⌒} | .:.:.:.:.:.:.: ', :.:.: }⌒
        / :/.:.:.:.:.:. ‘、   <___ノ / .:/ -‐'''"ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}.:.: /
         :∧ : \.:.:.: \      .///l¨¨¨´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ/
. ⊂      |/  \ (\\:..^ト...__,,..     l:/..:.:.:.:.:.:.:.://.:./
.         / ̄ ̄l ̄\\|──ァ   ∠//:// /.:./
              l   \|   ./∧/|``'< //  //
.       /        l    \/〈∧〉|__|
      //      l  /   ∨l  \ \__
.     /          l/ ̄ ̄ ̄ ̄´"''~ .._  `ヽ、
.   /           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l´"''~ `ヽ、 `,


▼勝手に振って良いのか。だが振る。ぐだ子からの“貴方”への心象。コネの忠実度2の範囲で、だが。

←苦手/ドン引き 【1D100:99】 面白いやつ/使えるコネ→

2862 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:09:53 ID:Rfjsk+5u
草ァ!!

2863 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:09:56 ID:FspphvG/
www

2864 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:10:17 ID:ytSywXCE
クリティカルじゃないだけ有情(

2867 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:10:36 ID:eLwi/30D
偏見でおもちゃにされてませんかあなたwww



2868 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:11:58 ID:Rfjsk+5u
まぁ、流石に忠実度のルールが有る以上はそこから逸脱はせんけどね。
ただ、忠実度が同じでも関係性には色々あるだろうから、どんな関係かなーと思ったら。

これ超面白がられてるやつじゃね? 日本人から見る勘違い外国人シリーズな感じで。

2870 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:12:06 ID:Rfjsk+5u
>>2867
これだわwwww

2876 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:19:21 ID:Rfjsk+5u
                                 _
                            、丶"~ ̄: : : : 〕I=ー
                       /: : ;、丶"~`'ミx、      }ヽ
            _,.。s≦二ニニ=-‐-γヽ/>''~: : : : : : : : : : :~"''~彡:}
  斗f‐ァ    .: : : : : : : : : : : : : : : :/ー/: : : : : : : : : : ̄ ̄ ~"''~、、ノ
/: : /  /: : : : : : : ⌒>、: : : : :〉-{: :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :.\    「やられたって噂もあったし、心配してたよ。
: : : /  /: : : : : : \: : : : : : :\: 〈イ Υ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
: : :{ /: : : : : : : : : : :\: : : : : : :\ヽ彡廴、丶"~ ̄⌒``ヽ、 : ヽ: : : :.‘,    コネクション
廴:_:./: : : : : : : : :\: : : : :\: : : : : :.:\:.ー-7i: : : : : : : : : : ', 丶: : ト、: : : :‘,  歩くネタ袋だもんね、君」
  /: : : : : : : :{\/`'ミx、: :∨: : : : : : }`ヾ、j.: : : : : : : : : : :ゝ、ハ:/  \: : :', }ヽ
  .: : : : : : : : : 彳 _,xf汽 `ヽ}: : :.l: : : :}i: : : :}h、: : : : : : : : : : : :〕I=ー‐=`、厶イ.:ノ
 .: : : : :l、: : : : : V笊忙 》   ∨: |: : : :Y⌒ヽ ̄'、: : : : : : : : : `ー=ミ、: : : : : : ,イ
 {: : : :.√ヽ: : : : \Vソ,ノ   |:./}: : : : l乍 }: :.∧: : : ``~、、: : : : :.`"''~´乂_
 : : : : :{ 孚ミh。,: : :.}h、    jノ l: : : : 从 ,': : : ∧: : : : : : : :``~ー=彡: : : : : :⌒>
 乂: : :ヽ Vソ 7⌒¨”~       |: : : :レ゙ー/: : : : :∧: : : : : : : : : : : :うトー‐-=斗匕
 }ノ\: :小、ヽ           |: : : ノイ V: : : : : j{: : : : : : \: : : : : :‘,
 ′  ヽj{                  |: : :/   }: : : :.γト、: : : : : : : \: : : : ‘,
      圦   r‐ 、         |: :/  /i|: : : :,ハ::| `丶、: : : : ``~、、廴_,、イ
     V::.、  ゝー           }/ /  |: : : ,゙ }i    ``~、、: : : : : : 彡′
      V: :.\        _,.。s / /    : : :/           ~"''~、、
       V:.∧ `ヽ、_,、<}: : : i}>「、     }/         、丶"~ ̄ `丶、 ',
        ‘,∧      |: : :从 }彡、  /        /`ヽ、 ヽ      ',
         ヽ:∧       l: ::/∨ゝ }} ヽ/\     /    \       ',
          `''~   ノイl ∨  {{    \     '             ',
                   ‘, ∨ }}       \ , |          \
                  ‘, 〉´ミx、_       /`、l               \
                     У\二二≧x,_j{_  lヽ            丶
                  /   `'ミx、二二二} :|


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ここから貴方は大魔界日本の元住人に、交渉を強いられる。レートは金か、首か、腹か。
┃ ごくりと、緊張から意図せず喉が鳴った。

┃ ―――なお。                                     ディスアドバンテージ
┃ 当然ながらこの手の偏見、先入観は、相手と何かしらの交渉をする際の、“ ひ ど い 不 利 ”となる。

┃ 完全に面白がられて遊ばれていると、知らぬは貴方ばかりなり、だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▼備考:『偏見』の不利な特徴。
     これはロールプレイの指針になるだけではなく、社交テストにおいて自分には不利、相手には有利なDP補正が入る。
     ランクごとに±2DP。つまり、交渉する場合貴方のDPには-2、ぐだ子のDPには+2が入る。

     さぁ、地獄の交渉のお時間だ。不利な特徴でカルマ貰ってる以上、是非もないね!

2879 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:20:43 ID:Rfjsk+5u
さてさって。

練習兼ねるっちゃ変ですが、ここでコンタクト・ルールの使用をしていきます。
ルールブックで言うP393あたり。

2881 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:22:11 ID:BawIAy7Z
「日本人は最後の最後、どうしようもない時に使うための、
腹をえぐってその中に埋める虎の子の財産があって、その名の通り臍刳(ヘソクリ)と言うの」
「呑みの席で上司を殴るときにはラベルを上にして殴るって企業マナーは嘘よ。本当は背後から隙を見て一撃で仕留めるのが礼儀よ。
マツノ=ローカでそれを失敗した時の逸話が、かの有名なチューシングラね」

みたいな感じでからかわれる……?



2883 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:23:59 ID:Rfjsk+5u
▼ちな、正確にコンタクトのルールを運用する場合、まず接触できるかどうかの判定が入ります。

▼2D6を振ってコネ値(≒影響力)以下かどうかを判定。巡回警官はだいたい2くらいのコネ値が相場でしょうが、
 ホームグラウンド持ちでレドモンド街区に限っては顔の広いぐだ子は、そのコネとしての利便性を鑑みて3にしています。

▼今回、そこをすっ飛ばしたのは、許可取りに行って出した&偏見の不利な特徴の説明と実演をしたかったのに、
  ピンゾロで出てこないというギャグを避けるため。まぁ許せ。

2885 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:24:22 ID:Rfjsk+5u
>>2881
くっそワロスwwwww

2886 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:25:47 ID:AjEo7TLV
>>2881
後者が中途半端にあってるのがなんともいえねぇwww

2891 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:29:31 ID:BawIAy7Z
こういう発想を出させてくれるこのスレの雰囲気はやっぱり大好きだって再確認したw



2892 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:32:54 ID:Rfjsk+5u
さてさて。

まぁ詳細見たければルルブ買ってねということで細部まで明記はしませんが、コンタクト周りのルールには

『手助け値表』

というものがあります。
要はコレ、『そのキャラクターが頼む手助けが、どれだけ大変/リスクのある行為か』です。
今回は『手助け』をお願いする形で、その表を使用します。まぁぶっちゃけ頼む内容は決まっているので、1か2。たぶん2。



コンタクトの運用については

『情報収集』
『人脈(の紹介)』
『裏取引(≒売買代行のお願い)』
『手助け』

などが想定され、書かれています。
今回は分類としては『手助け』になり、コンタクトに対して業務を依頼する事になります。

これは借りになるか、適切な価格を支払って仕事として頼むことになるでしょう。今回は後者。
なお、

〈交渉〉+【魅力】[社交](交渉技能+魅力ステがDPで、社交リミット)

で判定し、勝った側が純ヒット数*10%だけ、自分の望む方に価格を動かせます。

2896 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:38:54 ID:Rfjsk+5u


 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                        __  {7>、  {>.                                  : : .
. : :                        ∨>. `< />.`< >、                              : : .
. : :                         `< >.`< />.∨∧                             : : .
. : :                           `<./>.< //>`V∧                            : : .
. : :             {             `<./>.< />、V∧ ト、                       : : .
. : :          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧                          : : .
. : :           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧                          : : .
. : :           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,                      : : .
. : :           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}                     : : .
. : :            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!                         : : .
. : :             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。                       : : .
. : :              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧                    : : .
. : :               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}                    : : .
. : :                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ                        : : .
. : :                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ                    : : .  ←交渉技能なし 魅力2
. : :                 廴_=--}//////////////-=///////,イ                      : : .    偏見によるマイナス補正
. : :                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!                        : : .
. : :                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'                      : : .
. : :                        {///////〈///////////////リ                    : : .
. : :                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_                    : : .  【烏というよりカモ】
. : :                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、              : : .
. : :                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ             : : .
. : :                          `< /////イ/////ノ//////////ア¨´  ̄`'             : : .
. : :                            廴圦廴≧=-イ///////////                   : : .
. : :                               ⌒/////////////,,'                        : : .
. : :              _.≦///≧===―------―=≠//////////////                    : : .
. : :             'ー==ニ三/////////////////圦,,ゞ//////////                       : : .
. : :                   ̄ ̄ ̄ ̄⌒<//////////////////イ                         : : .
. : :                            ` <//////_,ェェァ/イ´                        : : .
. : :                            ` ー_=ニア¨´                           : : .
. : :                                ̄~                                : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :





                                ■───────■
―――――――――――――――――― │   V  S   .│..――――――――――――――――――――――
                                ■───────■




                      _    _
                     ___ /: : : : : ::/__r┘
                 /: : _:_:_:_:_:_:_:_: {__}: : : :\
              ー-/   ̄/oOo\_}: \_}l: : : : : :.
              ∥[iIiIi] r‐‐‐‐‐ 、/  ∧\ヽ: : : : :.
             ||__/7ィ: :|⌒\_}> '"⌒\〉丶: : : :
             |\_/: ::|: :|: : : :∨--: ヽ ∨: :\ ヽ: : :
             {: : ::|: 斗-\: : : }:_:_:_:__}: |:、: :::リ\: : : }
             ト : ::|: :示ミh, : : : :ィ也ミ:}: | l} : :| : : \ '
             { \{ 、从匁ヽ⌒Vヒソ ノ|:/ィ : : |: : : :}/\
                  i }リ:ゝ '     ,イ从: : 八: : : ヽ  \
                   ノ:从〕h、 `  /__|{:__∨从:\::: :|    )
                   〈/r‐‐= 、爪/ ̄/ニ/ ̄丶  丶|   (
                     //ニニ/⌒> -- 'ニl  / 丶     )
                ∥::::{(_)/ -- '---- |(_)|: / _ --┤    /   ←交渉2 魅力3 相手の偏見によるDPボーナス
              ∥>  ̄/ ̄[police]|ニ|/  |[iIiIIIi]___ '
                 /--/‐---    ∧ニ} i |」]」]」]
                 ′  ̄i| ̄ ̄ ‐- /  }ニ 、 \r=┫
              '.、__  i| ---_ -'"    /\ニ}i  {_L
                ヽ___}_i|___{___ノ_ / 八  __ト
               /{ニ=-r-――=ニニニ} /::::_〉 {__} 〉
               }:::〉 〉 |-―  }━ ━{  >〈_r―‐┴{
              /:::Υ |:|__   |  ̄ ̄l / --- 、  .∥
                   ヽ::::〉_| |--  :|  _ -'" ̄ ̄ヽ \_∥
               /:::|` ー――_ - '"        ∨/
                 /:::: | >、__r <   _   --<
           _ へ ___/_/ \_〉-=ニニニニ「」ニ、 \
         /\//// r'"\/ニニニニニ/ニトニニ   ヽ
        '/  ̄}/\ ////∧.ノ┐ ̄}‐┓/=ニ| ∨ム    ',
       //  ///〈/〈〈〈_ノ⌒┘/ ニ\=ニ| ∨ム   )
      .///_//// } ̄   l|ニ\ニ=--=ニ/二ヽ=|   }ニ」   /
   /////////_/    l|ニニ=丶ニニニ/ニニニ\   l /
  ////////:/        ├r-=ニニニニニニr=┘ 丶 __:| '
  ∨/////〉        .' ∥    ::::::::: ',      l
   ` ー┴ '        .' ∥      ::::  ',       i
                    l ∥       ::   ',
                l{         |   ',      |
                | ∧      i|   ∧    」
                 |/  '.     ∥   / \__./:i:
                 |i:i...__ '.   __∥V /__/:i:i:i:i:
                 |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥ V:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                 |::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥  .V:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i


▼これが不利な特徴を得てロールプレイして適用するということです。

▼なお、貴方の方は判定にコンタクトの忠実度(=仲の良さ)を加えられますが、良好なビジネス関係に相当する「2」なので、
  2(忠実度)+1(デフォルディング)-2(偏見ペナルティ)で振れるダイスは1。

▼1D6で判定し、1/6でクリティカルグリッチという、もはや振らぬほうがマシな絶妙のライン。これが不利な特徴パワーだ……ッ!

2897 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:41:09 ID:tFpbqbvq
鴨www

2898 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:41:28 ID:JwjqhIzr
後一個減ったら振れなかったのにw



2908 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 11:50:04 ID:Rfjsk+5u

〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ




┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――さて、電話越しに簡単に事情を説明する。
┃ ドンパチの顛末で、今、貴方は連れと一緒に逃亡中。そんな程度だ。

┃                            ニップ                      エ チ ケ ッ ト
┃ 深すぎる部分までは説明しない。ここら辺は日系人がどうこうというより、ストリートの“常識・礼儀”だ。
┃ 交渉の際に相手が聞いてきたならば、答える必要がある場合もある。そういうものは状況次第。

┃                                    コンタクト
┃ なんでもかんでも正直に話すだけが礼儀・誠意ではない。知り合いだからと機密情報まで話す奴は阿呆だし、
┃聞けば巻き込まれる類の話もストリートには幾らでもある。

┃ ビジネスライクな関係の相手であれば、適切に弱みは伏せる必要などもあるだろう。
┃ あくまでビジネス。利益が無くなれば終わる関係である以上、不誠実な騙しや詐欺にまではならない程度に、
┃ある程度伏せるのも定石である。

┃                レンタ・コップ
┃ そして今回頼む内容は、民間警察としての巡回業務だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2909 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:50:15 ID:eLwi/30D
大丈夫だ6分の1引かなきゃ勝ちよ

2910 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 11:55:30 ID:kd/BBbRk
>>2909
勝ち(搾り取られないとは言っていない)



2914 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:02:08 ID:Rfjsk+5u

            :| |::::::::::::::::|  ::|:|:::::::::::::| |ノ::::::::: |:|    |:|::::::::::::::::| |:::::::: :: |:|  |::|_|   |   |      /
 ̄``ヽ、      :| |::::::::::::::::|  .:|:|:::::::ノ::j/::::_、-‐ ト|    | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|| |::|_|_  |   |     /::::::::::::
  x=ミ \    :| |::::::::::::::::|  |¨|:| ̄::::∨::「:::::ノ::::| |    |  |: : |: : |: : |: : |  || |::|   |  |   |   _\xへ:::::
 んi:i:i:i} `.    | |::k::::::::: |  |‐|:|~|ノ⌒ナ ̄| ̄|_|    | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|| |::|   |  |   |   |┌-ミ丶. \
 {i:i:i:i:i:i}   :.    | |::| ト:::::: |   ̄ ̄^” ̄ ̄ ̄ ̄     ^^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ノ-|   |  |   |___|_」-─}ー}''"~
-乂i:i:i:ソ  }   | |::| | |::::: |;:;:: : : : : :            : : : : : :          」;:;:;:;|   | ̄~ |   |   |:::L/:::/
i:i:}  ̄/  ′ .:.::| |]]]h, ___|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_______:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_{_:_:_:.|   |  |   |   |___/_
¨´ ,: : :.:ノ  ∧ィ| |::::::::::|: : : : : : : : : : _;:_:_: : : : : : : : : : :  : :     : : : ::::::::::::||__|  |   |  /  __>─
_;_;_/゙|ニニ㌻”//.:| |::::::::::|; : : : : :( `v:'´<> { __)'´ ̄) : : : : : : :      ;';';': : ::::;:;:::||_|   |   |/  / __/\ _
T'7 /|=ァ'’ /〈 ..:| |::::::::::|: : : : √ ノノ ノ、_人__)、 ,)¨′: : : : : :   :  vivi: : : :::::::::| ̄ ̄ ̄...|   | /  //\ /
_/_/⊥'-ー〈∧\.| |:::::::::  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄⌒ヽ ノ |   |ノ  / ,/``ジ三
L -‐  ̄  . . \| |::::::::::::::::|   |¨¨¨¨ 丁¨[¨¨¨二 ┐¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨~|   |⌒'~<_,,,|   |_ノ __/~"/三三
:::::..    /〉 /〉 | |:::::::匚]:|   |: : : : : :| └''_¨- ”      . . : : : : : : : : : : |   |: : : :    |   |___ノ´/ ̄/三三
    _,_/::::/_/::/: .| |:::::::|:|::|::|   |  _ -'  √     〈〈〉〉     / > . : :|   |: : :,,─、 |   |   / ̄/三三三
/ ̄ /::::::;_:::::/: :.:| |:::::::|:|::|::|   |√_ - ゙| { {  ∩ ∩<ヽ/>ヘ く_ノ 〈/_,,>:|   | : < i__) ) |   | ̄ √_/三三三三
::::: : __|:::::∥::/: : : | |: :| ̄|:|::|)  | ̄: : : :| |', 乂_∪ ∪ </ / ̄>< // /:.::.|   | : } γ⌒ |   |ー √_ん三三三三
 ̄|:::| |:::::j|::::|>: : :;| |: :|_|:|::|   |: : : : :.// 乂 7  _「<//ヽ\'´ /  ̄,,|   | : } i{ 弋ク|   |‐√_,た三三三三
  |:::|/::::/|::::|. . : :i| |::::| |:|::|::|  _|: : : : //   ̄   二] </<>>',‘,// ̄n|   |::: ノ_圦_,'|   |~{ ̄:{三三三三三
\|:::::::::/└┘. . : | |::::| |:|::|;;|   |/ ̄_ ̄ ̄>ヘ..  ̄} }\>'  |  〉<( ̄ ̄ ̄ ̄)>       |   |..{ ̄:{三三三三三
``丶 ̄  / ̄ ̄/ ̄~/|   |\:\ ̄:::::<:\\ /__/   ∧  ̄  |`¨¨¨¨¨¨¨¨´|ーー─‐|   |_{ ̄:{三三三三三
`ヽ:::`,  | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|  |__|/:::/:::::/__>:::>:\ . . ./ ∧イ  |  i i i i i i i i |  -=二|   |j{ ̄:|三三三三三
  }::::::}.:/|___|__|/¨゙/|:::::/:::::/:::::::::/‐'⌒^'┘. . / /.:/ :|   |  i i i i i i i i |      |   |:{ ̄:|三三三三三
-'’::::/:::| ̄ ̄ ̄ ̄|:| ̄ ̄ ̄|   |二二二二二[]. . . . . . ../ / /  | . . |  i i i i i i i i |爻    |   |:{ ̄:|ニ- -
-=≦三|        |:|      |__-二二二二口 ̄ ̄ ̄ ̄〈_/_/_/ ̄ ゝ i i i i i i i ノ^^^ ̄ ̄ゝ ノ ̄ ̄
三三三三三三㌻ ̄ ̄ ̄_二────_ _ _ _ _ _ _ _             ̄
三三三三三二二二三三三二二二二- ̄       ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ 二二二三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三㌻_ _ _ ___‐三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 連中とは別のギャングの縄張りで、貴方がちょっとしたコネのある相手。

┃ そこで廃ビルの一室でも借りて、作戦会議だ。休息、情報交換、反撃準備、その為の。

┃ ただし、連中が探しに来るのを撹乱・妨害するのに、藤丸立香の存在と立場が役に立つ。

┃  レンタコップ
┃ 民間警察がこれ見よがしに巡回している最中に、揉め事やドンパチを拡大したい奴は居ないだろう。
┃ 他のギャングの縄張りというだけなら連中がゴリ押しで探しに来る可能性があるが、合わせ技で数時間は稼げる。

┃          レイザーガイ  スロットした
┃ 立香が最近、剃刀野郎を咥え込んだという噂も聞いている。
┃                                                               レイザーガイ
┃ そちらをアテにしては、貴方の恩讐の流儀に反するが。万一、連中が頭の可哀想な暴走をしようにも、剃刀野郎も
┃居るならば、立香の方は安全だろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



▼備考:貴方はストリート・ギャングのコネクションを2/3で持っています。
     ギャング同士の横の繋がりの相手。知人レベルなので、頼めば縄張りの中の廃ビルに勝手に入るくらいは
    見逃した上で、知らん顔してくれると思われるので、こっちは判定不要。

2917 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:08:34 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――問題は。

┃ この交渉、金で済むか。或いは首とか腹とかそのような、『トランプでダウトやったら突然出てくる蝉丸』のような
┃謎レートが混入するかどうか。

┃ ―――貴方は祈るように交渉を開始する。
┃ 巡回業務依頼、数時間。これが果たして、金か、腹か、首か―――ッ!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                        __  {7>、  {>.                                  : : .
. : :                        ∨>. `< />.`< >、                              : : .
. : :                         `< >.`< />.∨∧                             : : .
. : :                           `<./>.< //>`V∧                            : : .
. : :             {             `<./>.< />、V∧ ト、                       : : .
. : :          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧                          : : .
. : :           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧                          : : .
. : :           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,                      : : .
. : :           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}                     : : .
. : :            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!                         : : .
. : :             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。                       : : .
. : :              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧                    : : .
. : :               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}                    : : .
. : :                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ                        : : .
. : :                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ                    : : .
. : :                 廴_=--}//////////////-=///////,イ                      : : .
. : :                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!                        : : .
. : :                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'                      : : .
. : :                        {///////〈///////////////リ                    : : .
. : :                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_                    : : .
. : :                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、              : : .
. : :                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ             : : .
. : :                          `< /////イ/////ノ//////////ア¨´  ̄`'             : : .
. : :                            廴圦廴≧=-イ///////////                   : : .
. : :                               ⌒/////////////,,'                        : : .
. : :              _.≦///≧===―------―=≠//////////////                    : : .
. : :             'ー==ニ三/////////////////圦,,ゞ//////////                       : : .
. : :                   ̄ ̄ ̄ ̄⌒<//////////////////イ                         : : .
. : :                            ` <//////_,ェェァ/イ´                        : : .
. : :                            ` ー_=ニア¨´                           : : .
. : :                                ̄~                                : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



            __          ─    ,ィッ,,,,,,
          /'´     >         .ノヽi   '<≧s。
         i i     /        ≧s。,,|イミi ヽ,   }i、 `ヾii。
         { }i,   /       .s。     .ヾ__}i .'.,    }i,  .マi
         乂 `''‐彡´       ヾi。     ゝミi, ',    }i,  }}
            ̄ .i´  i .i    }i ヽ ヾ。   , .ヾ{ ヽi     .}i, //
            ノ   i .i    .}i.、 ヽ ヾ。  }i、 乂 ヽ    マiイ
            .i{i   .{i ',.     }i,.\ .\、}i__ i  iゝ-`'     .iマi
   , 、  ,.、    .|i{i,  .{i .乂   .}i, イ.んミア .i  i .)  .∨ {i、  .Ⅵ
   | .|  .} i     .乂}i,  }i,ヽi、__、  乂  ゝ‐' .|ノ', iイ   .∨ ヽゝ ヾ、
   | .| /./  ,ィ'i   | .}i,  .}i,、マ戈iノ''─`    /i .i:::i    ゝ。 \_
   | .|././ .//   イ} i\i、ヽ ". 、.   ,   /:::i i::::i     .}i,""´
  vヾ ´ イ /     |.| i::::::ii::::≧s。, ー   /::::::iノi:::i  .∧  ヽ,_
  マ     ,。二ソ   i.i .∨::i.,:::::::::/i:::::≧sイ >''´:.:.∨  /:::::{"'''''''''´
   |     i       ヾi。ヽi.}:::::/ .i:::彡,ィヾ,:.:.:.:.:.:.>ノ /  ─<
   |    ,         ヾ ̄ ̄イ ̄ノ.ヾ,イi>''´          ∨
   |    ,'         ∥    / ヾシ´   ヽ, i ノ      .∨
   i    マ}i,       .∥ ,。iィ三三三三三三三}コ         ∨
 ./i    .Ⅵ      ∥/./   /'´      ヾ}i         ∨
,イ'´::∧_,,。イ/i、     ..i,イ /   .//      _,。 i ∨         ∨
∨""´_,,。vイiシ:.∨   .i{´ .{i     {i.i      /  i}  }i、.          ∨
. ∨二ニ-‐''´  .∨  丿  Ⅷ    i.i      /  ./    .}i、        .∨
  ∨        ヽ,イ   .マ  _.i.i___./_ ノ    i} }i、       .∨
  .∨        }i     ヽ彡.[[_]]三三三三Ξ]〉   ∥  .\       ∨
   ∨       i     .ノ''´ ̄ i.i ̄ ̄ ̄ i ̄'''´'<  /    .\
    .\      .i    ,イ.i    i.i     .i     ヽイ.        \
       \       / .i    i.i     i      /           .\
        \    /   .〉、__  i.i    .i     /             \
         \_/    .// .|i二ニア──i".i}─'''"i|               \
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――完全に遊ばれてカモられている事に、貴方だけが気づいていない。

┃ まぁ、ある意味面白がられて気に入られているとも言えるので、嫌われているよりマシなのだろうが。

┃ トンチキ日本理解で話す貴方からの依頼は、相場超えを吹っ掛けても相手が何故か『セーフ!』と安堵する
┃立香からすればボーナスゲームである。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



▼交渉対決

あなた:【1D6:5】 リミット:届くわけねぇだろ

立花:【7D6:21(3+2+3+6+1+2+4)】 リミット:5

2918 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:08:56 ID:BawIAy7Z
互角w

2923 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:11:04 ID:x/kebCLb
大丈夫?哀れすぎてなんか罪悪感与えてない?www



2924 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:11:15 ID:Rfjsk+5u
ま さ か の 互 角

これは―――


▼定価請負の理由

1~3.“貴方”を助けたオルガマリーに、先日“君”を助けた自分を重ねて。
4~6.“貴方”のチームがほぼ壊滅ということを察し、思わず値引き気味(当社比)で。
7~9.オルガマリーが横から口出しした。
10.欲しいキャラがガチャで一発で出たので………。

【安価 ↓5】
1D10

2929 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:12:20 ID:z7RXHNMs
【1D10:10】

2930 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:12:45 ID:JwjqhIzr
これリヨぐだだwwwwwwww

2931 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:12:51 ID:uyFiuFP0
ガチャアアアアア! いっぱい回すのねん

2937 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:14:10 ID:JwjqhIzr
そういえば依存症:ガチャかw



2938 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:14:36 ID:Rfjsk+5u
他人様のキャラをお借りした結果がいきなりコレだよホラぁ!!wwww

2946 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:17:23 ID:Rfjsk+5u


                           __
            _   ――   _    _  ',: :ヽ
           > ''´: : : : : : : : : : : : `~''<- 、: :V : : }
        / : : : : : : : : : : : : : : ヘ : : : : \∨: : :人
          /: : : : : : : : : : : : :ハ,,: : : : ',:、 : : l: :ヽ-≦!
.       ,': :/:./: : : ∧:`''―''^ ',:.',: : :l乂_ノ: : :∨: :}
.       |:./: :{ : : /z竓ム:ィミx ',:.',: : |ィzzzx}: :}:∨:乂__
      <:__,ヘ: :/γ ⌒ ヽヾ  ',:.}: :.}.― 、㍉八: : 7:ノ
       |: :/ |: :V {  ,  }.   }:}: / ,  }イ: : }イ乂
        |: { |: |: | 乂   ノ   }/、   ノ.Ⅶ: :}_:_ノ
.      |: :ヘ.|: |: |   `¨´     ’ `¨´  マ: :}
        ,' : : : ヘ : :',       ┌─┐     }: :,′
      _./ : : : ハ: :ヽ:ヽ、、.     乂_.ノ    イ:.イ
     >―=彳ゝ:_ヽ\ /≧=―――=≦: :/イ乂
.           { | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
             ',|    わたしは.     |
           ',|    欲望に負けて.  |
           |    課金しました。   |
           |__________|
          /ニニニニxく::::::::',::::::::マニヘ
            `~''ー=≧x,,_:::::::人::::::ノ''⌒
                 `¨´ `¨´

▼今更ながら、ぐだ子さんKUMOさんとこのキャラで、向こうは向こうでスタンドアロンの話だと明言されているので
  別に絡んだり投げ合ったりとかは無いのですが。

▼それはそれとして、『だから』と安心して振ったダイスが跳ね過ぎじゃない君?

▼なお、この方『依存症:ソーシャルゲーム課金』持ちです。家賃までなら……ッ!!

2948 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:18:51 ID:Rfjsk+5u
―――まぁ、出荷元にガチャ運を奉納したと超前向きに考えよう!!(思考放棄)

2950 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:19:48 ID:JwjqhIzr
何度見てもこの依存症笑うわw

2957 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:29:34 ID:0lagjoKB
面子的に実質FGOだからな…。



2958 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:29:36 ID:Rfjsk+5u




                         __  _,xァ
                       __/_,.-‐`:___: : :``ヽ、
                        ;′:´: _jノノ―--. . ヽ=- ._\
                    {V:/: : : :; : : : : : _: : :`ヽニニニ= __
                    ゝ=-‐: : /: : : : : : : \: : : \ニニニニ= __
                    ,//: : :/: : j: : : : : :l: : : : ',: : : :ヽ.、ニニニニニ>.、
                 , -=;'/: : :/: ; : { : : : : : !: : :i: :i!:,: : :.:',、\ニニ_ -==ニハ
               , -=ニニj;: : :.;′ハ : !:. : : : :.|; -‐-ji: i: : : :',:\Y=ニニニニニ/
            , =ニニニニニ|l: : :': 斗i‐-': : : : : ト、.:.|:ハ:|: : : i:, ‐/ニニニニニ′
               {ニ==- ,_ニ||: : i:. .:.j从/` 、: : :.', ,.斗ャ=ォ: : : |:'、'ニニニニニ;′
              'ニニニニニj|: : |:. :.rャ=ミ \: :.'、ji炒ノ}.: : .:i:| \_ニニニニ/
                'ニニニニニ|: : |: : 乂ji炒   ,`¨`   ,ハ: : :ハ!ニニニニニ'′
               寸ニニニニi: :人: : ',、         /ニ|: /ニニニニニア
                  寸ニニニ乂!ニ\| ヽ   /~'; / }ハj/ニニニニア
              寸ニニニニ/:jニ///! i`¨{! i}´ i  ニ,ニニニニ/   「巡回? うん、それなら良いよ。
                   -=ニニニ|ニ! j///| }  `~´ ,′;ニニ}!、ニニニ′    リスクも高くなさそうだし、ドンパチしてまで
                 ヽニニ/ ̄:/|///|. 乂‐- '/ _.ハニ}iニ、ニニ′     そこ死守しろって依頼じゃないでしょ?
                 寸/ニニ/:i.|///|__.ヽ  i/~`乂/>、ニY′
                    /ニニ/i :|:l///l_: :、\!./ :   ,`''</> 、_
                    ,iニニ/ ハ l ;///| ` :\``,:. : :.ハニニi`''<////   連中が巡回無視してそっち行きそうになったら、
                   ノ:|ニ/ { i | ! ,///,  : :| |: : / .:',二ニ|ニニ`¨¨   アラート出すから上手くやってね」
              __, =ニニi/三{:.!:.. ∨/∧_. : :|. :|.::'′  .'、ニ ニニニニ=_
            __ =ニニニ/ 三 ,: : : ,: ∨/∧ ̄, j!_ . : : : /ハニ!ニニニニニ=_
         _ =ニニニニニ7三三:',:..: :、: :∨/∧:.{ {: : : . //:∧ !ニニニニニニ=_
       __=ニニニニニニ;: 三三:ハ:: : :\:∨/∧! !.:::/:_::/ ∧!ニニニニニニ=_
      /二二二二二二ニj!三三三 〉: : , `:∨/∧ :}=-- . -‐:/三,ニニニニニニニ=_
       {ニニニニニニニ∥ 三三 :/!: : :`、: 、:∨/∧!=-  : : / 三 寸ニニニニニニ=,
      寸ニニニニニニ:∥ 三三 /: i:. : : : `ヽ \/ \ー=- { 三三 寸ニニニニニニ;
       'ニニニニニニi;三>'', イ: . :|: : : : : : : : :.j `'<>、: {三三三 寸ニニニニニ;′
       丶ニニニニニ{/ ,:':  `、. :l:. : : : : \ | |: : : `''<>、 三三:寸ニニニニ;′
         `、ニニニニ,/: \   \:  : : : : : :/ /=-: . : : } `'、\`ヽ、}ニニニニ/
             `、ニニニ|: : .  \  ヽ: 、. : : : |:.:i: :./: : /`、  ̄    }ニニニ/
           `ヽ、ニ|: : : 、.   :.,   ',.: : :¦:|:'′ / ,: : : ',       }ニニ:/
              i:¨´    \  :':,   ';. : : } :} .: / /   : ',      jニ,.:'´
              ,'′     \ ::':、 :}: : } :}: /,.:′::  . : ::}     j/
              ト ,_       \: `、  -=': :|.:': : : :/   /}
                  ,ニニ= __     : :\`、 : };:イ: : ::/ _ -ニニ
                ,ニニニニ=- ,,__\: :.`、/ /: : :´_ -=ニニニ'
               ',ニニニニニニニニ=ミー,=ニニニニニニ;′
                'ニニニニニニニニニYニニニニニニ:/
                  寸ニニニニニニニニj!ニニニニニニ/

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                              レンタ・コップ
┃ いつになく気安く、そしてお安く引き受けてくれた巡回警官。

┃ 数時間の巡回業務、1000新円。加えて何かあれば危険手当という事で、簡単に話が終わった。

┃ ―――何か良いことでもあったのかと、思わず貴方は問いかけた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                ., -‐====‐- 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : >、
            /: : : : : : : : /: : : : : : : :.、ヽ`:\
         /: : : : : : : : : /: : : : :/: /: : : : : : :\,_
         .: : : : : : : : : :/: : : : ://: : : : : : : : : :ハ:ヽ
        .: : : :/ : : : : /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ハ:.}   ヾY
         .:: : : /: : :γヾ: : : : /: : : : :_,、:,:イ: :/: : : : :从   }}
      .:: : : :.゙: : :./ /: : : :厶fセ气ミ∠ィ フ: : : : : /:トミー=彡′
       .:: : : : :l: : 圦 /: : : : :{ 癶´ ハ /: : : : :/: j|
     /: : : : : :l: : : :斗: : : : :l    `~´/: : : : /: : :/:|
   /: : : : : : :l: : : : :|: : : :Ν    ⌒¨´Y仞: : : :./:.:|
_,.x彡: : : : : : : :.j{: : : :.:|: : : :| ゝ         、/: : : : : トミ、   ―――ニィッ
 ~''<7: : : : : :.从: : : :l: : : :|     廴   ノj: : : : : :{
  /: : : : : : :.ハ:.ト、: :i{: : :.:|         ` .: : i|: : : :ハ:゙ヽ_                             UR
, イ: : : : : ;、イj/ ヘ| }: :ハ: : :.|  r 、   /}: : リ: : :/ `ー=ミ、   「聞きたい? 私も語りたかったんだ。星5、10連2枚抜き―――」
`¨^^^¨´ ノ ゝ  ヽ|:/ V:.:|\{: :.`''<  :|:l: A: :/
    /  ,゙ \ j/  V'{  √卞}=ー' 从j V{
   /   /    ~\      |ニニl |⌒Yj/   ヾ
  /    /      \   |ニニL|  l
 √⌒冖           ゝ、」 ̄圦\, |
 |         `ヽ、_/ _,.。s≦⌒>x、
 l    /      `、 《} ⌒>-=ニ⌒ヾ´`丶、
 l   /         `、 7⌒´         )h、  ` 、
 l  /          Y             )h、   ` 、
 l イ          }i                 )h、   ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ べつにいいです。

┃ 貴方は努めて心を殺した声で返した。『ふわぁ~』とか口から出そうだった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2960 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:30:30 ID:AjEo7TLV
心を無にして受け流す所存

2961 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:31:58 ID:ytSywXCE
やっぱ日系人こえーわ(なお意味合い)



2966 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:32:57 ID:Rfjsk+5u


〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|   ―――Pi
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 金で済む依頼で、貸し借りなし。
┃ 加えて立香は、腕が立つとか強いとかではなく、“気が利く”。こういった警戒を頼むには向いた相手だ。

┃ しかし、貴方の心に残る釈然としない感じは何なのだろう。
┃ ともあれ、何かを彼女が語り出す前に通話を切る。

┃ しかし―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2967 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:33:39 ID:Evh+1M6v
未来のソシャゲは星がいくつまであるか怖いぜ…w

2970 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:34:44 ID:QzMW8vNq
あの子ソシャゲの話になると早口になって怖いよな…

2972 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 12:35:53 ID:eyNCYUv8
>>2970
ここの住民にブーメランだからヤメテw



2974 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:41:02 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                    トロッグ
┃ 気持ち良いが釈然としない快諾前に、遭遇する可能性のある相手について聞かれ、穴居人の名を出したところ―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .
. : :                                       f´ ̄ ̄ ト ロ ッ グ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ.   : : .
. : :           ::::/.: .:/.: .: .: .: .: .: .: .:./.:.:/=l.: .: .: .: .: .: .: .: ヽ.: .: |.: .: .:/|    穴居人? 大きい方?   . |   : : .
. : :           ::/.: .:/.: .: .: .: .: .: .: .:/.:.:./ニ|.: .: .: .: .: .: .: .: .:∨.: |.: .:/ 乂______________ノ    : : .
. : :           :′.:/.: .: .: .: .: .: .: :/.: .:/ニニト、.: .: .: .: .: .: .: .:∨.:|.:/ゝ、_,}.:/  ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .:j{.: .: .: .: .: ∧      : : .
. : :          ,゙.: .:/.: .: .: .: .: .: .: /-|.:/ニニニ}人.: .: .: .: .: .: .: .:∨jIf七Iて{/ニニV:、.: .: .: .: .: .: .: .:i|.: .: .: .: .: .: .    ....: : .
. : :        ./.: .: .: .: .: .: .: .: .: /二|/ニニニニ∨.: .: .: .: .: .: .:乂≪  弋_ ゚ ノVト、.: .: .: .: .: .: .:|.: .: .: .: .: .: .:    ...: : .
. : :       /.: .:i.: .: .: .: .:/.:..:Уニニ7ニニニニニ/:\.: .: .: .: .: .:i{ニ=‐`'ミx、__,,.、イV{:\.: .: .: .: .: :}.: .: .: .: .: .: .:     .: : .
. : :      , ’.: .:.|.: .: .: .: /.: /゙Yニニニニニニ厶イ \.: .: .: .: :∨´ ̄   ~”¨´   ゞ⌒ヽ.: .: .: .: {`、.: .: .: .: .: :     .: : .
. : :     /.:,.: .: .:|.: .: .: :/.: ∧叭ニニニニニニニ>''~ `ー=ミ斗ゝ             /ヽ.: .: .: 丶`、.: .: .: .:.:    ...: : .
. : :    /.:/ }/.: .:|.: .: .:/.: /.: :\マ⌒” ー=ニニr '´                       /,ノ:‘,.: .:..ハ ヽ.: .: .:.:      : : .
. : :   ,':/  /.: .: .:l.: .: /:l:/.: .: .: :从                                  /:i .: .: .:゚。.: .:.}  ∨.: .:      : : .
. : :    レ゙ /.: /.:.:人.: j.: |.:/.: .: .:ハ:込、              、,                  .:i:i:i .: .: .: :゚。.: ト、  ∨.:.     : : .
. : :      イ'´//:/ヽ.:寸.:.Y.: .: .:/.: i:i:i∧                           /i:i:i:i .: .: .: .:‘,从   ∨:     : : .
. : :   /´ / {.:{ i}.: .: .: {.: .: :/.: .:i:i:i:i:i:\                       /:i:i:i:i:i .: .: .: .: :}/.: :ヽ  ∨     .: : .
. : :  /     { }.:} /.: .: .: .:}.: .:j{.: .: i:i:i:i:i:i:i:i:\                      / {i:i:i:i:i:i .: .: .: .: :{.: .: .: :\      ..: : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: :




┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                    レンタコップ   トロッグ
┃ 時々感じるが、藤丸立香という民間警察は、穴居人の大きい方―――つまりはトロールに対して、何やら
┃思うところがあるようである。小さい方だと答えたら、一瞬流れた剣呑な空気は無事流れたが。

┃ 果たして相手にトロールが居たら、こうも簡単に受けてくれたかどうか。

┃           .P T S D
┃ 彼女のそれが、心的外傷から来る恐怖心であるとは、流石に貴方くらいの付き合いでは知らぬ話で。
┃ そして、深く関わる話でも、そうなるべき話でもないだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2981 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 12:57:59 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                            .レンタ・コップ
┃ 何にせよ、貴方から分かるのは、謎の概念で機嫌が良かった馴染みの民間警察が、思っていたより安く依頼を
┃受けてくれたこと。

┃ 巡回を頼んだ指定先のギャングには、貴方から説明し、ついでに廃ビルの一室にでも潜り込むのを見逃して
┃くれるように頼むだけ。
┃                コネクション
┃ その辺りは、普段からの積み上げが物を言う。

┃ 言っては何だが、貴方とチームは割合と“行儀の良い”ギャングだった。敵は少なく、中立や味方の方が多い。

┃ ―――無駄に敵を作らないのが、鉄則だ。
┃ それを言い、実行していたリーダーは既に居ないが。彼の残した“関係性”が武器として残っている。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|   ―――Pi
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ






                    /厂 ̄ヽ
                    ' /      -─‐-、  _    /厂ヽ
                   乂ゝ   /           `ヽ  //⌒ヽ)
                    `ー/   /        ∨ /⌒ヽ
                     /     /|      }‐-、⌒ し-、 ̄ヽ)
                   _/,     / .|  }   /   ミ 弋_ノ      .コップ        チャマー
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕    「警察とギャングがお友達なんて。
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ     ……世も末ね」
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY   =3
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~、、 イ
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___ -‐'´
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 溜息を吐きながらも、オルガマリーはそれ以上は言ってこない。

┃                                   レンタ・コップ
┃ だが恐らく、民間企業が委託で警察業務を執行する『雇われ警察』という概念に困惑する所はあるのだろう。

┃ 世界が覚醒し、第六世界と呼ばれる現状になってから、『警察』という概念は公共事業から、自治体によって
┃業務委託された警備会社が警察業務を行う時代だ。
┃ そして彼らは営利団体であり、経費のかかる「防犯」「調査」より、現場急行からの「阻止」を重視する。

┃ .メガコーポ  アーコロジー
┃ 大企業の複合社屋の中で同様の業務を担っている警備部などの方が、彼女からすると『警察』のイメージに
┃近いのかもしれない。

┃ が、ストリートでの警察とギャングの関係はこのようなもの。
┃ 彼らの領分や勤務範囲で悪さをせず、適度に彼らを利するようにすれば、情報源かつ都合のいい相手として
┃取引が成立する事もままあるのである。

┃ ―――こうして困惑している辺り、オルガマリーの生まれ育ちが、やはり透けて見えるのだが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2983 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:02:13 ID:HX2VPNNN
リーダーにしんみりする

2986 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:07:04 ID:0nguT0W3
ギャングというとアレだけど自警団と協力していると考えれば……



2987 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:08:14 ID:Rfjsk+5u


                 /     //                `丶、
                 '    /                   }_
                 ‐=ニ __ /      /    /       '-─ヽ
               /        /        /     /        /__
                     ,ィ      / _、‐''^丶|   ノ   /- 、ヽ
             /ノ        { {      /イァ恣ミ、 }ゝ /   .イ  ヾ}
‐-..,, _        _ -‐'           乂{     ,  ヾソ ヾ}/ /~ノ
     ̄ ̄ ̄                {    .′   ¨  /  斗マ'ヽ
 丶、  _,.。 *''"               、    |     ̄/-‐' 〉 ,′ }
  _、‐''゛                     {\  |        / .イ、|ノ
/                 l    |  \|    -  _  / { l }  「―――で。
                   |    |\  丶           乂_ノ
                   |    |ニ=ヽ '´ \_/    {  }    何やら取引していたようだけど、結果は出たんでしょうね?」
                   {    |、ニニ、  {       乂lノ
                        ',    ', 丶=} {        / \
                  丶    ',    ',   丶{      ノイ 、 \
                        ',    ', , -‐=ニ=-     \{` ̄
  /              ',    \   〈ニニニニニ=-
/                 ',     ', >...、\ニニニニニニ\
                     }    | /ニニニニ/ニニニニニ}


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                スロット・ピクシー
┃ 急かすように言ってくる“クソエルフ女”。
┃                             バーレーン
┃ 彼女が何をどうしてストリートに―――それも“荒廃地区”なんぞに居るのか。
┃ その辺り、気にならないと言えば嘘になるが、聞くのもストリートの鉄則として躊躇われた。

┃ 誰しも脛に傷はある。詮索しないのがエチケットだ。

┃ ともあれ―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               i!: : : : : : : : :i!  ヽ Vill    ::::..ヽ/////////////////////\
                  i!: : :`┌┐: i!   .}  V!       ::::..∨/////////////////////
               i! : : : ||:i!    ./  |il        ::::.∨///////////////////
.               i!┌―┘└―――┐ |ill       ::..∨///////////-―  ´
               i!:└―┐┌――┐| |ill         :..∨/////////
            i!.: : : : :||   /,||   _  -―   ̄∨///////\
               i!.: : : : :.|| / || }'´            ∨/////: :\ヽ_
           /:_: : : : /└┘⌒\└┘ /.             ∨///!: : : ̄\ : ヽ
          厂: : : : :ト ミ|      ̄ ̄ [] []┌┐        V// ト、: : : : : :>fハ
         ノ: : : : : : :||: : ∨           ┌┘|         }///  }: : :/=/ /
     ,r=-. _>、: : : : : ||: : : ∨.          ̄ ̄        ,//  ゙テ´三/}`
    斥三三三三.\__:||__/                   /   /三三〃
     `<三三三三三三}                         {三三/
        `¨¨´ ゝく二フ′                            `¨¨´

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ついてくるように指示を出し、足早に路地裏を歩き始める。相手は馬鹿とも間抜けとも限らない。

┃ “気が利く”とか“切れる”とかの領域に無いのは確かだが、安全な場所を確保したものの、そこに行く前に
┃路地裏で長話をして発見されるなど、笑い話にもなりはしないだろう。

┃           レ ド モ ン ド
┃ 目的地は同じ“グロウ・シティ”の、別のギャングの縄張りへ。
┃                     ニップ
┃ 行き先のギャングとの交渉は、日系人相手よりはあらゆる意味で気が楽だ。歩きながら手早く通話を開始する。
┃ ギャング同士、横の繋がりや友情という物がある相手。ビジネスだけの関係でもないし、頼む内容も軽い程度。

┃ ―――とはいえ。
┃ チームが無くなった今、貴方が今後も“ギャング”を続けるには、差し障りがあるのも事実で。
┃ “横の繋がり”などと言えるのは、今が最後なのだが。

┃ 貴方は努めて、その部分は考えないようにした。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2988 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:10:13 ID:Rfjsk+5u
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――数十分後。
┃                                     .  レンタ・コップ
┃ 貴方達は、レドモンドにある一つの廃ビルの中に居た。今頃は民間警察が適当な理由を付けて近くを巡回し、
┃目標が接近を躊躇うようにしてくれているだろう。

┃                          アラート
┃ 何かあればドンパチまでは報酬外だが、警告を寄越してくれる約束だ。

┃ その辺り、藤丸立香は優秀だ。気が利くとも言う。ただドンパチが上手などよりも、稀有な要素である。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


ノl!\:::::>.、                       ィ全ェ全ェz.、 `ヽ
下`ゞ!三!三\                      !////r==xト!ト!トi!                     j|
.リ  ∨!三!三ゞ!ヾ               ̄∨/弍_ノト!ト/                         j|
 ̄! `戈n!三 シ  ` : .            /` ̄ ̄ ̄                         j|
―――ノく ――――――――――――――――――――――――――――――――― .l| ――――――
     ゞイ    ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;' ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;'               _l|_ ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.r=ァ ニニニニニニニニニニニニニニニニ ∨ ニニニニニニ
 r  、       ` : .、    /l!>、 l ニニiニニニニ∨j!≡≡!ニ/ニ/            r_,.ィ|ト、,,,, ;!
 |   l lr= - 、  l!――――‐.i木i ―――――――. 木 ―――――――――――― l! _  .ノl ! |   |!
 i  i |!三三i l l! r=r= - 、!ヾ__________l::!__________,,  _´_j!  l |__.! |   li
 i  ; |!    i | ! .! :| i≧! :! |  |       |: : : : : : : : : : : :|― :|r==i  r==i |_   l ::l!  |r=====!:!   !
 i  l |!    | ! .j! |..:| i   | j .:|  l三三l  |: : : : : : : : : : : :|   :|l三:l  |_:!..:|::!  |  j  .||---r=:|:|   l!
 | ||=l!==l!======l!=l!=   ! l ::l  l三三l  |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|   :|l三:|   |  :!..:|::!  | .:l  :||=u=| =|:|   l!
 | || :l!  li  .| ! .j! |..:| .|   .!=:l==|==l ̄ ̄l  | ―――――.:| ―:|l三:|― |―:!.::|::!:―:| 、::!  jj==j :|:|_ _j! __
 | || :l!/l! ̄:!;| ̄! ̄!_!,,=―――――――――――――――――――――― - 、 ::!  ||: : : |: ::|:|
 | ||/l!  l! ..ノ大,,≦     ____                               ≧: .、: :.::|: ::|:|
 | ||ノ;[;, ,≦.       ,,≦: : :.::.,,<||    l´`l                  ______.  ≧弍__!;!
 |, ,≦           || ̄ ̄ ̄||   ||  r=r==!               r=x... ̄ ̄||: : : : : : :|.      ≧: .、
´                 ||      ||.     l! l! l j  : : : : : .   . :     ヾ::::!     ||: : : : : : :|          ≧: .、
                  ll.               , ,;';'`:,゙;:,      7:`ヽ,゙_||:_:_:_:_:_:_:|            ll ≧:
                   |   |!  /  , ,;';'`:,゙;:,;'`:, ,;',゙;:,,゙;:,, ,;';'`:..     l: :\/                 |   |!  /
                   ト=.イく_/       ;'`:,゙;:,, ,;'               `/\       マ  .マ       ト=.イく_/
                  ヒニ!/.    ,゙;:,, ,;';'`:                       マ  l!  マ.    ヒニ!/
                                                    マ ノ===:ヾ
                                                    ∨: : ::/__\
                                                     ̄ \: : : :ヽ
                                                         `ー=イ
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ギャングとの話は簡単についた。
┃                                               . ホ イ 、 チ ャ マ ー
┃ 廃ビルの一室に潜り込むのを見逃して、知らん顔をして貰うだけなのだから、“やあ、お友達”からの2つ返事だ。

┃ ―――とはいえ、リーダーについては惜しまれた。

┃ 貴方達が持っていた縄張りをどうするか。マフィアとの協定もあったので、貴方の一存でとはいかないが。
┃ 縄張りを巡って争いなどが起きても嫌なので、全部終わって貴方が生きていたら、そこらの後片付けもあるだろう。

┃ 現状で、取らぬ狸の皮算用にしかならない話だが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /               丶   / /
             \__ア                  /.//⌒丶
                '            、  /   V/ /⌒丶、)
                        /       Y__/⌒  }l K
             / /        ,|i       } ^≦  ノ乂ヽ}
            _/  /        /|      .'   ミ‐'   }〈  〉
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )   「じゃ、話せる状態にするわね」
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ
             ,′ V   〈     /ィ/^ゝ{     / ./   /⌒丶
             /   ∨   、      l|       /¨    |{ { ヽ\      ィ
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,
     |ニニ=',ニニ    ∥ 入  /          |  {        |  ニニ=/ニニ ‘,
    /|ニニニ',ニニ    〈 入 Y__         | ハ     | l  ニニ/ニニ ‘,
   ,.   |ニニニ',ニニ    \ヽヽ辷辷辷辷辷辷辷{ |从    |\', }ニ=/ニニニ
      |ニニ/ニニ|/     \`寸辷辷辷辷辷辷乂レ' 丶.   |  Vニニ/ニニニニ   ‘,
  ′ rく/ニニニ/         \    {  }      /  \ |   ∨ニ{ニニニニ\  |
 {    Yニニニニ{         \    ∨    /       `   V=|ニニニニ  \}



            r'´     \
           /        `i.   |
  .        /    y   ,!  ヽ、 __
          ,! 〈 ./  ,r'⌒ヽ、__,.-'
  .       / i | ,'  ,イ}_
       /  ,! _y  / ̄ /
      _,. ' ,r' ̄/ ,/   /    ―――ピッ
     (_,ィ.  r' , '  /
      /    `¨   ,/
    /        ,/
  /       _/
/ __ -―  ̄




┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ むしろ、オルガマリーの方が現実と直近の未来を見て行動を開始していた。

┃ 手早く謎の文字が書かれたカードやら、怪しい粉末やらを撒き、部屋の中をちょこまかと動き始める。

┃ 何をしているのかと貴方が聞くと、「はぁ!?」とキレ気味の返しが来た。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2995 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:35:26 ID:Rfjsk+5u


              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /               丶   / /
             \__ア                  /.//⌒丶
                '            、  /   V/ /⌒丶、)
                        /       Y__/⌒  }l K
             / /        ,|i       } ^≦  ノ乂ヽ}
            _/  /        /|      .'   ミ‐'   }〈  〉    「こんな廃ビル、防諜もなにも無いでしょ!?
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、     まぁ、マトリックスでの干渉は、監視カメラも
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )     何も持ち去られているから、警戒しやすいけど。
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ    あの“覗き魔”が本当に手を引いたとして、
             ,′ V   〈     /ィ/^ゝ{     / ./   /⌒丶    次に警戒するのはアストラルでしょうが!」
             /   ∨   、      l|       /¨    |{ { ヽ\      ィ
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,
     |ニニ=',ニニ    ∥ 入  /          |  {        |  ニニ=/ニニ ‘,
    /|ニニニ',ニニ    〈 入 Y__         | ハ     | l  ニニ/ニニ ‘,
   ,.   |ニニニ',ニニ    \ヽヽ辷辷辷辷辷辷辷{ |从    |\', }ニ=/ニニニ
      |ニニ/ニニ|/     \`寸辷辷辷辷辷辷乂レ' 丶.   |  Vニニ/ニニニニ   ‘,
  ′ rく/ニニニ/         \    {  }      /  \ |   ∨ニ{ニニニニ\  |
 {    Yニニニニ{         \    ∨    /       `   V=|ニニニニ  \}



      ,/ |      -─          ‐-        __
      {   {    /    /    ヽ        `丶   /   -<\
      丶  ー/     /      |-、_           ヽ/  /    \ヽ
         ̄             |   ̄ミ    \ { /  ─‐ 、  ヽ}
        /         |      |     ミ __ヽ∨レ' -─-、 ヽ
           /      {      '      ミ  ─‐人く     ヽ}
        / /     |   /',     / _ -─‐ ミ =彡{    ヽ    l}
       / |    | ー─匕 / / /r‐ィf示=‐ァ ミ   乂    }
          |    | ,ィ斧冬ァ /  '´乂ソ_ ^  `´⌒、  ノ\ノ 、
          |    | /゙弋ソ /          〈ヽ } {  、  }    「ウォッチャー、アストラル投射、どっちも見ることは
          {  小   / Λ          レ  ノ   \ } 人     出来るけど、対処法は無いの。
         \\ 八  'ヘ |          _/}   (  V ヽ\
            八      _   、    /         \  ノ     ロッジ作ってんのよ。バカにしてるの!?
             /    \         / |i   /    /  Y ヽ   \ 悪かったわね半端で!!」
                 >    _   ´   |i      人   ノ    \
           /   /      }¨¨¨        |i_/        Y¨Y \    \
      、丶`   /     __|___,,.. -‐ '' /          /⌒丶、___
   、丶`   、丶`      / γ⌒ヽ                  {     、_/ー---
    ̄ ̄ ̄    /     _  / f( ) }\               {     \ \
           /  _ /  ィi〔 乂  ノ   \/           |>乂   乂ー   \
       _ /  ´/ ィi〔        ̄|i   /         |   ` -  _     \
   ,..-=ニ/    ィi〔    /   /   |i l /        |   |    /ニニニニ=‐-
  /={ニニ  ィi〔            |  /  /       |i,  |   /ニニニニニ/ニヽ
  ニ{ニニ 入               ′ /      |Λ| /ニニニニニ/ニニニ
  ニ{ニニ 入 {              | /|  |     |'  、|/ニニニニ/ニニlニニニ
 |ニニニ/  7 乂              | l |  |     |   \ニニ/ニニニ|ニニニ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 魔法使いの覚醒者―――ウィズ・ギャングと呼ばれる存在も、数は当然少ないが存在する。
┃ 相手にそれらは居ないが、ウォッチャーくらいなら小銭での依頼で飛ばしてくる繋がりがある可能性は、
┃貴方の知る限りひどく低いが、ゼロではない。

┃ この場合、知識は豊富で、高慢なようで小心者なオルガマリーが警戒していたのは、物理妨害ではどうしようも
┃ない、“電脳”と“魔法”の領分だ。

┃ 前者は、場所が荒廃地区の廃ビルというのが幸いした。
┃ 監視カメラも何もかも、金目の物は綺麗サッパリ持ち去られている。

┃                              バグ・スキャナー
┃ オルガマリーに尻を叩かれるようにして渡された電波探知機で、生き残ったマトリックス機器がないかと部屋の中を
┃検めさせられるが、反応なし。
┃ マトリックスは、それこそオフラインにするなり何なりしておけば、見られる心配は無いだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2991 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:16:19 ID:NiscoquL
チーム壊滅じゃ先行きも何もあったもんじゃないよなぁ…

2993 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:25:44 ID:xL74am97
>>2991
あまり敵を作らないように行儀よくしてたみたいだから、そうでない連中よりはとれる動きの幅広いだろうけどね。
敵を作りまくってると血界戦線で片足を地面から離せない状態になったザップのようなことになる。



2996 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:35:52 ID:Rfjsk+5u
>>2993
レオ曰く、『見たことがない種類の地獄』である。

2997 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:40:58 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そして、貴方の知識量ではそこまでは知らない話ではあるが。

┃ 覚醒者は『マジカル・ロッジ』と呼ばれる、アストラル上の障壁(マナ障壁という)に囲まれた『自分の部屋』を
┃大抵は持っている。

┃ これはおよそ1部屋分の大きさの、漫画的な言い方をするならば『結界』で『陣地』だ。
┃ アストラル的な脅威から身を護る結界であり、アストラル的な行動をする上での有利な陣地。
┃ それがマジカル・ロッジと呼ばれるものである。

┃ 恐る恐る、『目立たないのか』と貴方は聞くが―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                    /厂 ̄ヽ
                    ' /      -─‐-、  _    /厂ヽ
                   乂ゝ   /           `ヽ  //⌒ヽ)
                    `ー/   /        ∨ /⌒ヽ
                     /     /|      }‐-、⌒ し-、 ̄ヽ)
                   _/,     / .|  }   /   ミ 弋_ノ
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ   ←ヒステリック 【1D100:3】 悪くない着眼点→
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~、、 イ
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___ -‐'´
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '

2998 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:41:06 ID:Rfjsk+5u
草生えるでち

3003 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:42:31 ID:eyNCYUv8
ダイス目ホント極端だなw

3004 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:42:48 ID:yh0HvXBN
テンションの落差が激しい所長w



3009 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 13:55:31 ID:Rfjsk+5u


              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /                ┏┓┏┓ /
             \__ア            ┏┛┃┃┗┓ ⌒丶
                '            、. ┗━┛┗━┛.⌒丶、)
                        /         .┏━┓┏━┓     「そりゃ目立つわよ! ここに覚醒者が居ますってね!
             / /        ,|i          ┗┓┃┃┏┛      でもね、貴方馬鹿でしょ!?
            _/  /        /|      .'. .┗┛┗┛.  〉
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、      私がやってるのは、家建てて鍵かけてるようなもの!
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )      そりゃ、ええ! 覚醒者の家ですもの!
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ     軒数も少ないし、アストラルからは目立つわ!
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ
             ,′ V   〈     /ィ/^ゝ{     / ./   /⌒丶    でも、このグロウ・シティだけでも何件のロッジが
             /   ∨   、      l|       /¨    |{ { ヽ\   あると思ってるの!?」
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,
     |ニニ=',ニニ    ∥ 入  /          |  {        |  ニニ=/ニニ ‘,
    /|ニニニ',ニニ    〈 入 Y__         | ハ     | l  ニニ/ニニ ‘,
   ,.   |ニニニ',ニニ    \ヽヽ辷辷辷辷辷辷辷{ |从    |\', }ニ=/ニニニ
      |ニニ/ニニ|/     \`寸辷辷辷辷辷辷乂レ' 丶.   |  Vニニ/ニニニニ   ‘,
  ′ rく/ニニニ/         \    {  }      /  \ |   ∨ニ{ニニニニ\  |
 {    Yニニニニ{         \    ∨    /       `   V=|ニニニニ  \}




                    /厂 ̄ヽ              ┏┓┏┓
                    ' /      -─‐-、  _..┏┛┃┃┗┓
                   乂ゝ   /            ┗━┛┗━┛
                    `ー/   /       ┏━┓┏━┓
                     /     /|      }‐-┗┓┃┃┏┛
                   _/,     / .|  }   /   ミ.┗┛┗┛
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕    「貴方くらいの! あ・な・た・く・ら・い・の!
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈     知識の無い馬鹿じゃない限り、中にどこの誰が
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY     居るかも分からないロッジの総当たり調査はしない!
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂     無駄に敵を増やすからね!」
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___  鍵を破られるにしろ、覗かれるにしろ、
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____    家にそれをやられて気分いいヤツは居ないわよ!」
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                   クイーンズイングリッシュ
┃ キンキン響く、ヒステリックな“ 綺 麗 な 英 語 ”。
┃ 罵倒のレパートリーは出るわ出るわ。

┃  スロット・ピクシー
┃ “クソエルフ女”と、貴方は内心で毒づくだけに留めておいた。言ったら10倍で返ってきそうだからだ。

┃ 実際、オルガマリーの言っている事は概ね正しい。

┃ 相手にアストラルを偵察できる能力者が居た場合、パターンは2つ。
┃ “霊紋”と呼ばれる、覚醒者固有の魔力の指紋のようなものを辿って追ってくるか、或いはオルガマリーが
┃言った通り、アストラルを通しての総当たり調査だ。

┃ 前者であれば、障壁の中に居る存在への追跡は難易度が上がる為、ここでロッジを建てる事は無駄にならない。
┃ まして、見つかっても中での密談を盗み聞きしたり邪魔したりは、ロッジの有無で難易度が変わる。

┃ 後者であり霊紋を追跡されていないのであれば―――
┃ 金での偵察依頼で出したウォッチャーや投射で、『誰かわからない覚醒者』のロッジにちょっかいをかけたい相手は、
┃まぁ長生きはしないだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3010 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 13:59:02 ID:u4c4XLSh
まあ、頭が回るやつなら急に生えたロッジがあったならそこを狙って探すだろうけど
そんなのチェックしてるわけないだろうし
そもそもそっち方面の知識は大体レイブンとドッコイダーな感じだろうしなw

3011 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 14:03:12 ID:eLwi/30D
そもそも怪しいロッジを発見するだけでも安値で雇った相手の仕事としては十分だしね、問題は雇い主の優秀さ次第か



3016 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:11:00 ID:Rfjsk+5u
>>3010
それこそ『ホームグラウンド』が要るレベルかな? どこに何軒家があって、あの家こないだまで無かったぞ、とか。
そういう話ができるって事だから。

>>3011
フハハ、覚醒者の数だけロッジがあると言ったな。あれは嘘だ。
今所長がやってるようにロッジは『簡易的に作る』事も出来るので、密談したい人がアストラル的な警戒でロッジの作成を
覚醒者に依頼する事もあるだろうし、そりゃもう生えたり消えたり日常茶飯事っすよ。

私の感覚というか判断だけど、霊紋の把握なしにロッジの特定・追跡はスゲー難しいと思う。

3013 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:07:43 ID:Rfjsk+5u


                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|   (ああ、もう! 私がもっとちゃんとした覚醒者なら―――)
               込     '       u  r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ オルガマリーも必死なのだ。なにせ彼女は、偏位魔法使いと呼ばれる、特定の方向性にしか魔力を使えない
┃タイプの魔法使い。
┃ 特に“呪付”という方向性の彼女は、覚醒者でありながらも、アストラルに対して取れる対策が皆無に等しい。
┃ 護衛に精霊を呼ぶことも出来ず、呪文を行使する事も出来なければ、全身にマナを巡らせて呪文に抵抗する
┃“抵抗力”ですら、非覚醒者と変わらない。

┃ アストラルは見えるが、アストラルからの脅威に対抗する手段が無い。
┃ なまじ、見てしまうだけ危険という可能性もあるので、特に警戒の必要がなければ、彼女は普段はアストラルを
┃視ていない。

┃ アストラル体は、アストラルを知覚可能な相手にのみ干渉できる。
┃ 魔法使いの投射体が、熟練のサムライをアストラルから魔法で叩きのめすなどが出来ない理由だ。

┃ 魔法使いが物質界に干渉するには、“相手がアストラルを視ていない限り”は物質界に出てきて呪文を行使する
┃必要がある。魔法使いのみならず、精霊も、その他のアストラル的な生物もそうだ。
┃ 魔法や呪文は、そこまで万能無限な品ではない。

┃ その中でも彼女は、特に不自由なタイプの覚醒者だ。
┃ 過剰な高慢さ、裏返しのヒステリックさ、隠れた小心さも、自身のその微妙極まりない『覚醒』から来る、妬みめいた
┃精神的な動きがあるのだが―――さておき。

┃ 不自由さと小心さ、そして不自由だからこそアストラルに対して理解を深めようとした知識量。
┃ それらが合わさった結果が、このオルガマリー・アニムスフィアだ。

┃ 実際の所、覚醒者としての“才能”は低いが、偏執的に臆病な彼女を出し抜くのは生半ではない。
┃ 彼女の方は、それに気付いているのかいないのか。マトリックスまで対策を練るから、神経質さは本物だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3022 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:18:32 ID:Rfjsk+5u
▼ちなみに

・マジカル・ロッジ(本式)
 時間を掛けて作成し、その場に定着させる『家』。作るのにも定着させるのにも時間が掛かるし、材料のお金も高いが、
基本的に壊されない限り永続化する。

・マジカル・ロッジ(簡易)
 今、所長が作っているもの。原質と呼ばれる、FGOでいうQPのような『総合的な魔法素材』を元にして、日の出か日の入り
までの、ごく短時間だけ維持されるロッジを作る。

・偏位(呪付)
 いやマジでアストラルに対する対抗手段で一番つらいタイプの偏位覚醒者。
 「呪文」「召喚」「呪付」と3タイプの偏位があるんだけど、呪文使いは「呪文行使」と「呪文対抗」が取れるんでバチバチ
撃ち合い可能だし、「召喚」の場合は精霊呼んで護衛させたり戦闘させたりできる。
 「呪付」の場合、まぁアストラル見て自分で作った錬金術調製物で攻撃はできても、「呪文対抗」取れないんで、アストラル
視てアストラル体の相手とドンパチするのはかなり無謀。作ってみて分かった。つらい。

3023 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:19:58 ID:Rfjsk+5u
これが高魔力ならばなにがしかの手段があるのかもしれないけど、所長の魔力でアストラル対策しろって言われたら、
必死になってロッジ作るくらいしかないというね!

3018 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 14:11:50 ID:uyFiuFP0
IRCで鍵付きの部屋が増えた減ったくらいの増減感



3025 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:22:00 ID:Rfjsk+5u
>>3018
あー、感覚としては多分近い。

少なくとも、私はそんな感覚。違ったら? ごめんて。

3024 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 14:19:59 ID:AjEo7TLV
偏位ならではの利点とかあるのかな?それとも制限かかる分安いとかなのかな



3027 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:22:50 ID:Rfjsk+5u
>>3024
優先度ルールで、割り振る優先度が低くても魔力が高い。
出来ることは純粋にメイジ>偏位なんだけど、同じ優先度割り振ったら偏位の方が高魔力。

3030 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:32:28 ID:Rfjsk+5u
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



  .l.    ..l      !     !   .|   .l   │  |   .!    l   .l   !     !      ./    ./
   l    l      !     .l   !   l   │  |   |    l   .|   .l     !      ./    /
   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
   ..l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l   l   l゙    /     /    /    ,>
. ゙l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!   .l   |     !     ./    /    ,/
  ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l   l   l   !    .!     ./   ./    /
  .ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !   .|   !  l    /     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │  .l  /    !     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |   .|  ,!    .l゙    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l   .|   .!  !    /    /   ./    /   /    ―――ヴン....!
  ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l  │  ,!  .l゙    l゙    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !  .l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
   .ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゙  .|.-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
    .ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゙゙゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
   .Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
   .! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
   l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
        .`''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
            `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´
                    ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛




      ,/ |      -─          ‐-        __
      {   {    /    /    ヽ        `丶   /   -<\
      丶  ー/     /      |-、_           ヽ/  /    \ヽ
         ̄             |   ̄ミ    \ { /  ─‐ 、  ヽ}
        /         |      |     ミ __ヽ∨レ' -─-、 ヽ
           /      {      '      ミ  ─‐人く     ヽ}
        / /     |   /',     / _ -─‐ ミ =彡{    ヽ    l}
       / |    | ー─匕 / / /r‐ィf示=‐ァ ミ   乂    }
          |    | ,ィ斧冬ァ /  '´乂ソ_ ^  `´⌒、  ノ\ノ 、    (これで少しは安全……かしら?)
          |    | /゙弋ソ /          〈ヽ } {  、  }
          {  小   / Λ          レ  ノ   \ } 人
         \\ 八  'ヘ |       u   _/}   (  V ヽ\
            八      _   、    /         \  ノ
             /    \         / |i   /    /  Y ヽ   \
                 >    _   ´   |i      人   ノ    \
           /   /      }¨¨¨        |i_/        Y¨Y \    \
      、丶`   /     __|___,,.. -‐ '' /          /⌒丶、___
   、丶`   、丶`      / γ⌒ヽ                  {     、_/ー---
    ̄ ̄ ̄    /     _  / f( ) }\               {     \ \
           /  _ /  ィi〔 乂  ノ   \/           |>乂   乂ー   \
       _ /  ´/ ィi〔        ̄|i   /         |   ` -  _     \
   ,..-=ニ/    ィi〔    /   /   |i l /        |   |    /ニニニニ=‐-
  /={ニニ  ィi〔            |  /  /       |i,  |   /ニニニニニ/ニヽ
  ニ{ニニ 入               ′ /      |Λ| /ニニニニニ/ニニニ
  ニ{ニニ 入 {              | /|  |     |'  、|/ニニニニ/ニニlニニニ
 |ニニニ/  7 乂              | l |  |     |   \ニニ/ニニニ|ニニニ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ともあれ、時間にして1時間。

┃ オルガマリーは簡易的なロッジを作りながらも、貴方に対してああだこうだと指示を出し。

┃ 貴方は、辟易しながらも瓦礫や廃材を動かして窓を塞ぐなどの力仕事を行い。

┃ 密談・作戦会議に対して適切(オルガマリー基準)な部屋が完成した。

┃ ロッジに覆われ、マトリックス機器は部屋に無いのを確認した上で、窓は物理的に塞いで、扉には有線でセンサーを
┃付ける始末である。
┃                              スクリーマー
┃ 動体センサーはビル内への侵入者が出れば、“警叫機”と連動して貴方達へとその存在を知らせるだろう。
┃          .レンタ・コップ
┃ 更には外には民間警察が巡回中。
┃ この防諜で駄目なレベルの相手なら、もう最初から駄目だなコレと、貴方は疲労混じりに溜息を吐きながら思った。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3033 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:38:02 ID:Rfjsk+5u
                    /厂 ̄ヽ
                    ' /      -─‐-、  _    /厂ヽ
                   乂ゝ   /           `ヽ  //⌒ヽ)
                    `ー/   /        ∨ /⌒ヽ
                     /     /|      }‐-、⌒ し-、 ̄ヽ)
                   _/,     / .|  }   /   ミ 弋_ノ
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕   「―――さて。
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ    名前は名乗ったけど、具体的な部分は全然ね。
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY    オルガマリー・アニムスフィア。
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂   ……偏位魔法使い」
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~、、 イ
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___ -‐'´
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 流石に、貴方も偏位の存在は知っている。

┃ 偏位魔法使いと呼ばれる連中は、言ってしまえば魔法使いの“なりそこない”だ。

┃ 魔法使いならば使えるマナの使い方の内、特定の方向にしかマナを使えない。
┃ また、アストラル投射と呼ばれる、幽体離脱めいた能力も使えない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      ,/ |      -─          ‐-        __
      {   {    /    /    ヽ        `丶   /   -<\
      丶  ー/     /      |-、_           ヽ/  /    \ヽ
         ̄             |   ̄ミ    \ { /  ─‐ 、  ヽ}
        /         |      |     ミ __ヽ∨レ' -─-、 ヽ
           /      {      '      ミ  ─‐人く     ヽ}
        / /     |   /',     / _ -─‐ ミ =彡{    ヽ    l}
       / |    | ー─匕 / / /r‐ィf示=‐ァ ミ   乂    }
          |    | ,ィ斧冬ァ /  '´乂ソ_ ^  `´⌒、  ノ\ノ 、   「専門は、錬金術。
          |    | /゙弋ソ /          〈ヽ } {  、  }     魔力も…………低いわ。文句ある!?」
          {  小   / Λ          レ  ノ   \ } 人
         \\ 八  'ヘ |        U _/}   (  V ヽ\
            八      _   、    /         \  ノ
             /    \         / |i   /    /  Y ヽ   \
                 >    _   ´   |i      人   ノ    \
           /   /      }¨¨¨        |i_/        Y¨Y \    \
      、丶`   /     __|___,,.. -‐ '' /          /⌒丶、___
   、丶`   、丶`      / γ⌒ヽ                  {     、_/ー---
    ̄ ̄ ̄    /     _  / f( ) }\               {     \ \
           /  _ /  ィi〔 乂  ノ   \/           |>乂   乂ー   \
       _ /  ´/ ィi〔        ̄|i   /         |   ` -  _     \
   ,..-=ニ/    ィi〔    /   /   |i l /        |   |    /ニニニニ=‐-
  /={ニニ  ィi〔            |  /  /       |i,  |   /ニニニニニ/ニヽ
  ニ{ニニ 入               ′ /      |Λ| /ニニニニニ/ニニニ
  ニ{ニニ 入 {              | /|  |     |'  、|/ニニニニ/ニニlニニニ
 |ニニニ/  7 乂              | l |  |     |   \ニニ/ニニニ|ニニニ

3034 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:40:18 ID:Rfjsk+5u
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 幸いにして、オルガマリーの出し方が露骨だったため、今回は貴方も彼女が“偏位”という覚醒の仕方と、
┃今口に出した“低魔力”という条件に対して、コンプレックスめいたものを持っているのは察する事が出来た。

┃ 努めて刺激しないように、『なるほど』と静かに頷く。

┃ 対するオルガマリーは―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                    /厂 ̄ヽ
                    ' /      -─‐-、  _    /厂ヽ
                   乂ゝ   /           `ヽ  //⌒ヽ)
                    `ー/   /        ∨ /⌒ヽ
                     /     /|      }‐-、⌒ し-、 ̄ヽ)
                   _/,     / .|  }   /   ミ 弋_ノ    「まぁ―――不勉強みたいだし。
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕    私の苦労も分からないでしょうね」
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈   =3
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~、、 イ
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___ -‐'´
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ス ロ ッ ト
┃ “クソアマ”。

┃ 貴方は真顔を崩さなかった自分を称賛したかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3036 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:44:38 ID:Rfjsk+5u

                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉           レイブン
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|   「とりあえず、“烏”さん?
               込     '          r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ    偏位というのは弱味でもあるから、あの場では
                |/ | \               |// /  | | \|く     口に出さなかったけど。
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \  具体的にここからどうするのか、詰めましょう。
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \  生き残って、迷惑料をキッチリ貰うわ」
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒


▼所長の対応:【1D10:4】

1~3.自分の行動への責任は持つ(責任感は強いが潰れそうになってヒステリー起こす系)
4~6.貴方の仲間の話、ここに来るまでに会ったギャングとかともしてたけど。
     ―――いい人たちだったんでしょう? このまま終われないわよね。

7~9.逃げられないなら、泥すすってでも生き延びてやるわこんちくしょう
10.熱烈歓迎

3037 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 14:44:42 ID:GPxe1PN+

知ってる素振り見せたら怒るだろーがこのアマwww

3042 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 14:48:54 ID:eLwi/30D
ほんとギリッギリなんでこんなとこいるかわかんないメンタルしてるなぁw



3043 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:49:35 ID:Rfjsk+5u


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、     「それに、貴方の仲間。リーダーさんとか。
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ     その話、ここに通してくれたギャングとかとも
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ     してたけど。
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、  ……いい人達だったんでしょ?
                   /   丶          .:/     人  ノ    `  そりゃ、ギャングはギャングかもだけど。
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く        私達を追ってる連中みたいのとは、
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─  違ったのよね?」
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ




              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /               丶   / /
             \__ア                  /.//⌒丶
                '            、  /   V/ /⌒丶、)
                        /       Y__/⌒  }l K
             / /        ,|i       } ^≦  ノ乂ヽ}
            _/  /        /|      .'   ミ‐'   }〈  〉
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、  「生き残るだけじゃなくて―――
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )   このままじゃ、悔しくって終われないわよね。
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ   分かるわ。そこだけは、ね」
             ,′ V   〈     /ィ/^ゝ{     / ./   /⌒丶
             /   ∨   、      l|       /¨    |{ { ヽ\      ィ
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,
     |ニニ=',ニニ    ∥ 入  /          |  {        |  ニニ=/ニニ ‘,
    /|ニニニ',ニニ    〈 入 Y__         | ハ     | l  ニニ/ニニ ‘,
   ,.   |ニニニ',ニニ    \ヽヽ辷辷辷辷辷辷辷{ |从    |\', }ニ=/ニニニ
      |ニニ/ニニ|/     \`寸辷辷辷辷辷辷乂レ' 丶.   |  Vニニ/ニニニニ   ‘,
  ′ rく/ニニニ/         \    {  }      /  \ |   ∨ニ{ニニニニ\  |
 {    Yニニニニ{         \    ∨    /       `   V=|ニニニニ  \}


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃       ス ロ ッ ト
┃ ―――“クソアマ”かと思えば、この言葉。

┃ 偏執的な臆病者で、ヒステリックな高慢ちきかと思えば、戦う意思も持っている。
┃                                                              ピ ク シ ー
┃ どうにもこうにも、歪な相手であろう。同時に、会って短い時間ながらも、貴方がこの性格と口の悪い“エルフ女”を、
┃助けられたという点を除いても嫌いになれない要素でもあるのだが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3045 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 14:54:22 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 何故肩入れしてくれるのかと、貴方は聞いた。

┃ 何やら彼女の言葉は、深い実感が篭もった物のようにも思えたからだ。

┃ 問われた言葉に―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ    「…………」
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ





                     ´    `     `丶    -─、
             ,ィ     /                  V / ̄ \
             / {    '     /        _  {/=-─-、
            乂 ─/       ′     |^ー-z_   ノ\
               ̄,      |l      |    彡乂 }
                      | ./ ',   |   | _ -‐ 彡 /^ヽ
               /|  |   |/__'、 |   ''´ _  ,ィ V⌒\ ,}
                 |   |   -ヽ l}   '  ィ≠癶 r } (  )
             /イ{ |   |,ィ=≠ミY  人      ' ノ |^ヽ      - 7
               }     |     /l ,イi{       |‐'   |ヽ ノ     / /   「現状、一蓮托生だから。
                 ', ',. |、  //         '     | ノ¨r 、  / /     ―――内緒よ?」
               ,′ ', l\|ー 、   、  ノ   /   =彡  } } / /
                /     \    > _    /|         ノ ' r'‐つ_    
                         ,人 ≧=‐'---/      /  {// r‐、 }‐っ
             ノ  ./       _ィ  .ィ⌒ヽ  /      //  しし_r‐ノ (ノ─ァ
         _、‐''゛ /rニニニア  ̄/// {l()l}\/      /从  ノ__  r~ィ/_/
      --'──//ニ{ニニ/ .// /^ゝ-'' V     厶  V⌒ソ_ノ /
           / /ニ|ニニ{// /        '       r_  r~'´|  /=i|
            }ニニ',ニ=/ 入         { i{   У_r‐'  l }/ {{ i|ヽ
        / r─'ニニニ',=〈 入 ゝ _      V {   |く  ヽ _ノ/‐、{{ l|
        / _}___=/  Y辷辷辷辷辷辷辷辷辷   |  Y=イ=/   }}ヾノ| ‘,
          レニニニニ=/   \辷辷辷辷辷辷辷辷 \ | -‐V    、__ノ/ニ|
      /ニニニニニ={       \  マ~,~~~~'     ∨ _ノ -ニニニ  ‘,
     /ニニニニニニ{       \ Y_ - ¨        _ノ,ニニニニニニ
   /ニニニニニニニ从        {{o           /ニ=',ニニニニニニ{ヽ  |
  /ニニニニニニニニニト、       {{         /ニニ=∧ニニニニニニ ' |
/ニニニニニニニニ>''~ V\      o{{          /ニニニ/ Vニニニニニニ  V
ニニニー───-<    Vニ\     .{{        /ニニニニ/  Vニニニニニニ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――彼女は、少し迷うような素振りを見せてから、頭を振って笑顔を作った。

┃ 貴方も、彼女も気付いていなかったのだが。

┃ 彼女も、どこかで誰かに聞いてほしかったのだろう。
┃ それがこの状況で、どこか“重なる”部分のあった“貴方”相手に表出したと、結局この場では双方気づかぬまま。

┃ 訥々と、彼女の事情が紡がれ始める。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3047 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:06:32 ID:Rfjsk+5u
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 欧州系の、いいトコの出。その予想は、貴方もしていたが。
┃ その予想に違わず、アニムスフィア家というのは大企業の社員だった。

┃      ウェッジスレイブ
┃ それも、俸 給 奴 隷などと揶揄される下級社員ではない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.     ___________l´ ̄ ̄ ̄|\                                        /|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ___|.             l、 |                                        l  | _l
   | _l.             |.:.:.|                                /| ̄ ̄ ̄ ̄|.:.:.| _l _l
   | _l _l            |.:.:.|                                   /.:.|        |.:.:.| _l _l _l
   | _l _l _l        |.:.:.|                               |.:.:.|+      |.:.:.| _l _l _l _l
   |_| _l _l _l.       |.:.:.|                               |.:.:.|++    |.:.:.|_| _l _l _l _l
   |_|_| _l _l _l.   |:::::|                               |.:.:.|+++  |.:.:.|_|_| _l _l _l_
   |_|_|_| _l _l _l  |:::::|                               |.:.:.|++++|.:.:.|_|_|_| _l _l_
   |_|_|_|_| _l _l _|:::::|                               |.:.:.|┼+┼+|.:.:.|_|_|_|_| _l_
   |_|_|_|_|_| _l _|:::::|__                           |:::::|+┼+┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_| _|:::::|    |\                             |:::::|┼+┼+|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|    l、 |                          |:::::|+┼+┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|+  |.:.:.|                        /|:::::|┼+┼+|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|┼+|.:.:.|                       ┌─|:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|+┼|:::::|                       /| ̄ ̄|:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|┼+|:::::|                   |::|+  |:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|+┼|:::::| n                  r―|::|┼+|:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|王王王王王王王王王王王王王王王王王王王王王王┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|┼┼|:::::| |l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::: |::|┼+|:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|_|_|_|_|_|_|:::::|┼┼|:::::| ||                 |:::: |::|┼┼|:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|_|_|_|_|_
   |_|―|―|―|―|―|_|:::::| ̄ ̄|:::::| ||__ _ _ _   _ _ _ __|:::: |::| ̄ ̄|:::::|:::::|┼┼┼┼|:::::|_|―|―|―|―|_


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――企業法廷ランキング、序列1位。ゼーダークルップ重工。

┃            ビッグテン
┃ つまりは、現状で十大企業の序列1位と見做されている会社の、正社員だ。

┃ エグゼク
┃ “重役”とまでは言い難かったらしいが、イングランドにある、系列AA企業の下級役員。

┃ それですら、ストリートから見ると、『なんか上過ぎて良く分からん』という領域に突入する。

┃              アーコロジー
┃ なにせ家族ぐるみで複合社屋に住んでいたという時点で、遠く外から見ると何が入っているのか分からん巨大な
┃アーコロジー―――多くの人口や生産施設・商業施設などを内蔵する複合多層建造物―――の実情からして
┃想像がつかない貴方からすれば、想像のつかない領域の話題だ。

┃ 「なんかすごい上流」程度の理解に終わる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3049 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:12:11 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ オルガマリーも、十分な教育を受け、いずれは系列企業に就職する筈だったという。

┃ 高慢かつヒステリックなオルガマリーの言動・性格で企業づとめをしている構図をイメージした。
┃                .レンタ・コップ
┃ 今、近所を巡回している民間警察が教えてくれた、「オツボネサマ」という日系概念が頭に浮かんだ。

┃ 違和感はなかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ   「―――そうやって、レールに乗って
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ    いい人生送れたら良かったんでしょうけど。
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人    お父様は、嵌められた。
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、  ……私は、そう信じてるわ」
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ オツボネサマ云々の概念を頭から叩き出し、改めて彼女の言葉に耳を傾ける。

┃ ―――ここからが本筋だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3052 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:30:19 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 真っ白なメガコーポもなければ、真っ黒なメガコーポも無い。

┃ このご時世、大企業はどこも黒い部分と真っ当な部分を抱え、その両輪で回っている。

┃ どちらが無くても立ち行かない。真っ白すぎるとただただ企業間闘争の食い物にされるし、黒すぎるともはや
┃企業ではなくただの犯罪組織だ。
┃ 業務によって利益を出すのではなく、犯罪によって利益を出すようになれば、もはやそれは企業ではあるまい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            ____                                            |
         |        |                                           |
         |        |              _______        ______   |
         |     o |                 |\______\  _ _l\____\ .|
         |        |                 |  |      |       |  |\ \__| == ==| |
         |        |                 |  |[]    |     []|  l  | ̄| ̄.|□_     ≡|_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|___l____|. ̄\l_|.\|______|. \
                                        l\ ̄\__                \
                                       |.\l三三l|\\
                _/ ̄ ̄ ̄/__ __/ ̄ ̄ ̄/         |   \  |  \-、
           l\ ̄\/___/\l\ ̄\.'___/        |:.   \ \  l\ ̄\  ̄\
         \:\______\l三三l___\       \    \ ヽl\l三三l三三l
             |\l\            \           \       \    \\l三三l三三l
           \l.  \:\______\______\.         \   .:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           \.  |\l__ (二二)__l___(二二)__l         \   ||          |
                \|      __|_|__ \|      _|_|_|               \.||_____|
                \     ̄|| ̄.  \    ̄|| ̄ \
                   ゚ ̄ ゚̄       ゚ ̄ ゚̄

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そしてオルガマリーの父は―――あまり、“白い”とはいえない部署に所属していたらしい。

┃ 企業間闘争の結果暴かれた、倫理的に問題のある研究を行っていた部署だとかで。
┃ 施設がシャドウランナーの襲撃に遭い、研究資料を強奪された際に死亡したオルガマリーの父は、その
┃研究・実験の責任を負わされたのだ、と。

┃ 母は故人で、他に身寄りの無かったオルガマリーは、『放逐』、或いは『放流』という形に相成った。
┃ 実は企業SINこそ無くなったものの、彼女の国家SINは生きているという。

┃ 普段は偽造SINを使っているそうではあるのだが。その辺りは、ストリートで生きる上で当然だろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3055 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:37:39 ID:Rfjsk+5u


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ     「―――お父様が。
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ      自ら進んで、そんな研究をするわけない。
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人      だから、きっと誰かに責任を負わされた
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、   だけだって。だから、私は―――ッ!!」
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――どうなのだろう。
┃ 貴方の内心は、判断に迷っていた。

┃ オルガマリーの視点から語られた“事実”は、父が合法性の低い研究に携わっており、死後にその責任を
┃負わされる形で、オルガマリーも放逐・放流に近い形でゼーダークルップという大樹の傘から放り出された。
┃ そういう内容だ。

┃ だが、貴方はオルガマリーの父親を知らないし、どうやらオルガマリーも研究の詳細は知らないらしい。
┃ ―――知っていたならば、恐らく彼女は今、ここで生きていないだろう。

┃ 序列1位、グレート・ドラゴンが仕切る最強ワンマン企業は、部外秘となる情報を持った人間を放流・放置するほど
┃間抜けではあるまい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3056 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:38:53 ID:cxCmFzDp
どっちにしろ知らない方が幸せか

3057 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:40:06 ID:NiscoquL
せめて思い出は綺麗なままで…(目を伏せる



3059 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:46:29 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ では、企業SINを停止しながらも、国家SINを手配しての放流。

┃ ―――これはもう、担当者の胸先三寸としか言いようがない。
┃ 父の所業から、直接の関係がない娘が放り出されるのを哀れに思った担当者が手配した。
┃ 有り得る話だ。

┃ 父に汚名を着せた人物が、後ろめたさから温情措置を取った可能性すらある。
┃ あまりに可能性幅が広すぎる。

┃               ドラゴニックな
┃ ゼーダークルップは“容赦のない”企業として裏社会では通っているが、務めている人間は十人十色だろう。
┃ オルガマリーの父が死んだという一件の企業内での事後処理の担当者がどういう人物だったかは、分からない。

┃ なまじ企業の力が強すぎて、国家SINの1つくらいならば些事で通るだろう故に、余計に経緯と真実の予想がつかない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ


▼なお所長

←無実を心底信じてる 【1D120:102】-20 マシュに殺される!!→

50くらいで半信半疑。真実を知りたい。

3062 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:47:55 ID:2isrHr2z
所長wwwwwww

3063 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:48:36 ID:ORTIX9vs
マシュいねぇだろ多分www



3064 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:49:31 ID:Rfjsk+5u
マシュっぽい生物はアレキサンドライト大陸で3年ほど前から目撃証言がある模様

3065 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:50:04 ID:0nguT0W3
第六世界的にコンバートすると人工覚醒者とかになるのかな?



3066 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:50:13 ID:Rfjsk+5u
これマリスビリーさんやらかしてた奴じゃね?www

3068 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:50:28 ID:cxCmFzDp
止めて差し上げてwww>マシュっぽい生物

3069 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:50:35 ID:Ou5Ag6cg
マシュっぽいだけでマシュじゃないでしょその子ぉ!w

3071 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:50:40 ID:1b7M7WZ9
あんなのただの耕平だからwwwwwwwwww



3074 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:51:00 ID:Rfjsk+5u
>>3065
それこそ、覚醒者はどこの企業だろうと、ドラゴンですら人工的に作れない「資源」だからね。

可否はともかく、作ろうとする研究はどこの企業もやってそう。
それで行くか。

3075 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:51:40 ID:Rfjsk+5u
むしろ中の人と耕平を1:2の割合で足して4で割ったような………<アレキサンドライトマシュ

3080 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 15:55:32 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 頷くでもなく、迷った反応を見せた貴方。

┃ それに気付いて、すわオルガマリーのヒステリックな叫びが来るかと思ったが―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /               丶   / /
             \__ア                  /.//⌒丶
                '            、  /   V/ /⌒丶、)
                        /       Y__/⌒  }l K
             / /        ,|i       } ^≦  ノ乂ヽ}
            _/  /        /|      .'   ミ‐'   }〈  〉
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、   「…………貴方“も”信じられない?」
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ
             ,′ V   〈     /ィ/^ゝ{     / ./   /⌒丶
             /   ∨   、      l|     u /¨    |{ { ヽ\      ィ
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,
     |ニニ=',ニニ    ∥ 入  /          |  {        |  ニニ=/ニニ ‘,
    /|ニニニ',ニニ    〈 入 Y__         | ハ     | l  ニニ/ニニ ‘,
   ,.   |ニニニ',ニニ    \ヽヽ辷辷辷辷辷辷辷{ |从    |\', }ニ=/ニニニ
      |ニニ/ニニ|/     \`寸辷辷辷辷辷辷乂レ' 丶.   |  Vニニ/ニニニニ   ‘,
  ′ rく/ニニニ/         \    {  }      /  \ |   ∨ニ{ニニニニ\  |
 {    Yニニニニ{         \    ∨    /       `   V=|ニニニニ  \}

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 返ってきた言葉は、怒りと安堵と不安と―――様々な感情を煮詰めて、押し留めたような声音。

┃ ヒステリックに叫ぶのではない。むしろ逆。

┃ こわごわと確認するような声音だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3081 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:56:06 ID:cIGdUpJ0
罪悪感からマシュにトイレで殺されるんだわと喚いて拒食症になるくせに排除はしない所長マジ所長

3082 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:56:38 ID:Ou5Ag6cg
ああ~、押しつぶされそうな不安を抱えて、周囲をヒステリックに拒絶してしまう所長可愛いんじゃあ~

3084 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:58:36 ID:cIGdUpJ0
>>3082
レフ「集団の中でヒステリー故に孤立するオルガを見るのが通なのだ!!!」

3085 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 15:59:11 ID:0nguT0W3
>>3084
レフは悪い文明、破壊する

3087 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:00:20 ID:UNfeddRX
根本的に小心者の善人なんだよね
ただ状況から善意を表す事が許されず、悪人として振る舞わざるを得ないからスゲエストレスフルになってる



3088 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:01:31 ID:Rfjsk+5u
                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、   「……真実はもう分からない。
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ   けど、おかしいのよ。
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ   誰かがお父様を蹴り落としたとして―――
                  .}i ||  ̄         u _'ノノ   ヽ  人  その娘を、SINを持たせて放流する?」
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ



                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|   「遺産を手に企業の傘から出て―――
               込     '       u   r‐ '  / | .N \! :}
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ    その時は、お父様がそんな事をする筈無いって
                |/ | \               |// /  | | \|く     思ってたけど。
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \  段々、段々思い始めたの。
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒  遺産とSINを残して、嵌めた相手の娘を放流。
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`  温情過ぎて有り得なくないか、って。
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \   でも、それを認めたら―――」
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃『父が非合法な研究に身を染めており、その責任者だった』

┃ その事実を認めることになる。

┃ オルガマリーが言えなかった言葉を、貴方が引き継ぐようにして呟いた。

┃ 彼女の反応は―――小さく首肯。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3095 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:09:12 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 『父を嵌めた悪いやつ』が居ると、企業の傘から追い出されたばかりの少女は信じていた。

┃ しかし、外の世界を知れば知るほどに思う。それにしては、論理的に辻褄が合わないのだ、と。

┃ 『悪いやつ』が居るならば、彼女の財産も権利も、命すら奪いに来ていただろう。

┃ 生かしておくことは、相手が『悪いやつ』ならば禍根でしか無いからだ。

┃ それが無く、むしろ温情と呼べる措置を受けているという事は―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、   「―――確認は取ってない。
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ   取れる立場じゃなかったし、怖かったし。
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ   もし、お父様の娘ですなんて名乗り出たら。
                  .}i ||  ̄         u _'ノノ   ヽ  人    お父様の実験が本当に非合法だったら―――
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、 被験者や被害者に、殺されるのよ!
                   /   丶          .:/     人  ノ    ` トイレとかで、残酷に!!」
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ




   /    /            ,{             |    ミ     }    ヽ }
  /    _ィ′   |       / |  ノ      丶   }       ゙,    '^ー-,-、Vヽ
/ _ -─} |         /_ ィ'          `ー- 、    ゙,    ′ /    }
 ̄    |        | _、‐'゛   ',    }        /   丶   }   /  乂    ノ
      | |     |   / -=辷^    /       / --- 、   ゙, /      \ 人   「耐えられなくなって、怖くなって。
     ,′     | ,ィ''  rn  ヽ /     / rn   ヽ__,  } -、  |  {    }
     ,′| |     | 从   ヒリ  ∨    ,イ   ヒリ   ノ'^  //i}   |  入  /    拒食症になって、引き篭もって。
          ,   | |   ー‐ ー/     /. ',   ー‐  ´  ./ヽ l|  |   {  V }
    /   | |li,   | |        //  ,ィ  \',        ./) ノ ノ  |  {  ノ\    気付いたら、“覚醒”していたの。
       ', |  ,   |      '´/ / i|          /   /     /ー=ヘ      偏位の呪付で、低魔力なんていう
  /       ',!  ‘,   l      //             u /_/´     /           ミソッカスな覚醒だけど」
/           _‘, 从                       /        /   l
         r=ニニ‘, ', 、     -─-─-        /        //|
        ノニニニ  \ ', l\             /         /   、
     _、-ニニニ=|   \',  >         <\|     /       \
  _、‐ニニニニニ|        l  / {> _ <}ニニニ/  /  /        }\
/ニニニニニニニ|      ', /  乂     ノニニニ/  /  /           ノ  `ー

3098 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:13:07 ID:Rfjsk+5u


                     ..........   _
                   ,.: ´           ` :.、
               /⌒  /      \    \
              /    /      |     \    \
   {          ィ                !      \    :,
.   ` -= _ ̄,                              :,  , ―_─_-
         /      /         ~ ‐t===    \ ../ /__
.        /     /         /   T_      Y イ─ 、. `~、
                / |       / /     彡      7、 Y    `~、 \
.        |   |   ‐-+     / /---‐‐‐   彡    ./ \/`:,     \ :,
.       / .|  |   .| | |    ./|/       .彡    〉- 、` .∧.       `|
      //|  |  ィ灯笊ミ ../  ィ灯笊弃ミ  彡t   \  Y .}
     /´ ..ト. :、 ..| 込リ\/     込.リ  // .}    〈 - 、イ 〉
           \ト、 :,                } イ    {  :}/|  「覚醒したら、報復されないとか。
               込     '       u  r‐ '  / | .N \! :}   ゼーダーに戻れるんじゃないかとか。
                | .込     、         / Y ./ ./ .「 7-、 イ
                |/ | \               |// /  | | \|く    色々考えて舞い上がって、それでも調べたら
              /  .|   うs。  -=≦   .../ / /   .! ! /  \   自分の能力はミソッカスで―――」
            /   |  | ノ⌒L.._ -‐´/ /     /| | /    __ \
            /    / // イ   } / /  / ./ // l ト、  \⌒
.        //  ,.r  ̄´/ ト、___ノ、 |//  / /_/- 、.ト、| \  \
       ⌒/  ._/ j  ./√√√√| Y.| . /|//  , -\    `T⌒`
.       _/   _7 }/ / / ./ ./ ./! .|,/   .|/  /     \   \
.        _7   ._7/ ./ / ./ ./ ./ .!     /  /       :,     \
.       _7    .7_/)/ / / ./ ./ .!    _|  ./          :,      \
.       7    ./) Y〉ヽ./  ./ ./ ./ ./  ./              :, \.   \
.      |  //弌〉、 ⌒´L)辷Y、/__/      .| \          :,  .| ̄ ̄⌒



          ,ィ
         / .{
           { .i   ,. =-―   ‐-= ,_
         '、_ 、 '´    、  _    ` 、
         ノ       ⌒/   `   _ 、 ヽ
        / / /        !_ _ ,   _ `ヽ  ',
.       / / /      |   `' 、`ヽ  ,γ´ `ヽ
.       ,'  {  {   j |    l       'ゝ  ゝ/_'⌒ヾ、}   「頭が限界超えてパニック起こして。
         ! ー-= 、__,l_l    l、_  _ _  ゝ_-(い `ヽ
.       i  ', .i.  !_ハ  /! !   ̄     〉 (Y) .}`ヾ}     気がついたら、ゼーダークルップの影響の薄い
.       i.  .ー===zz / .!.j ー====x 〉、.(Y) |        シアトルに向けた飛行機に乗っていたわ……」
         V :iハ'  {   }ノ  ,ノ   {   } .::) i (Y) '、
.      ノ ィ、j.ハ  、_ ノ      '、 __ノ /_ノ r=:{  ` ー- 'ノ
   、ー ´  ,ィ' 八                 /  (,、 ハ`、‐-‐ ´
    `  ̄ ,/,  { >。,    r 、   ,   ´  ,// ``' }
.       //!   l ゝ,j__.` rー, o‐ 7´マニ{/  ,// i   j
      //| |_/ ´} 、:>'´ ! ヾ:::::ムニ{  ,.イ/  1   ノ
        i ' .!  ,/ヾ、ノヽ)ー、〈_,ツ::::::}ニ | ム乂  1 /
       、! .ハ .ム,,,;:::}マ;:::::::::::;{:::::::::::ムニ:!/マ `ヽ ´`' ,,__  ィ
      _ノ ィ {ニΞγム:::::::::/ ';:::::::ムアニマム  ,  、‐- ‐  ´
     ̄  ´ {/`ー "ニマ::::::/   ;:::::{三三ニム/    ヽ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――なんというアグレッシブな逃避行動だろう。

┃ 貴方はコメントに困った。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3104 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:19:46 ID:Rfjsk+5u


              ,.
              /!
           / .! , r ― ‐., 、
           >、 {′     ,.'   ` 、
         ,イ  `   ,            ヽ
        /  / /  .,'   ト 、.        ヽ  _ _
          / ./   ,'    !    }  ヽ、    、 }´_ \
.       ,' ./ ヽ、!   /|    リ    ヽ    ,r=≧ 、``ヽ
.       ,'  i  イ` ゝス,.!   ス.___',__   ハ ハヽ、.\
.        l  ilイ゙t=/≧ス l   ./il  _  ',  ノ {`ー'}ハ ハ }
     /.{ 从 /` 仍心 l ./丿イ,乞、゙`ハil ′{、_ ,.} !. ヾ}
    / ノ! 从 /l  込少 !ノ   込刈}  il´ヽ {  }!
   `ー  i!!人{ {! :::::::::::::      :::::::::::  イr ! } l{`゙´} !  「……幸い、覚醒者ってだけで糊口の凌ぎ先はあったし。
      /  ミ `i    ,     ::::::::: ,r '!′ !>=从    あまりSINに頼って見つかりたくないから、こうやって
、_  ィ ´  ,   ヽ、  l  `ヽ u   イ    ル` ゙ !ハ   ストリートに混ざって暮らしてるの。
 `ー一 ' ´/-‐-= r  > `   , イ/     / ハ  } ヽ
.     /:.:.:.:.:.:.:// イ` ー ´, ィ//    ,r ‐. .、ヽ、\ \  それが、今の私の事情。そして、貴方に手を貸す理由は―――」
__., r ´:.:.:.:.:.; / /  ハ._ ,r ' ´ /:,'    /:.:.:.:.:.:.ハ`ー ゝ、 \.,
ヽ/:.:.:.:.:. ;r ',.イ  //{´,.r‐-、  .,':.:{  ,ィ´.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、   ヽ ̄
 |:.:.:.:.:,.':.:,イ  .,r ' 〃 {ス二丶\_{  / il {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}从  \
 |:.:.:.:,':.:,'   .} 〃 ト- ,r彡彡彡ハ/ .ハ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ハ\  ハ
 |:.:.:.{:.:.i   从/_ {ゝ´彡彡"   ハ /:.:.:.`ゝ==r:/  ハ  ',  }




                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ   「―――悔しくって終われなかった。
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ    けど、調べれば調べるほど、考えれば考えるほど、
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人    悔しさの向ける先が居ないんじゃないかってなった
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、  私みたいな話じゃなくて」
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く       
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ




                     ´    `     `丶    -─、
             ,ィ     /                  V / ̄ \
             / {    '     /        _  {/=-─-、
            乂 ─/       ′     |^ー-z_   ノ\
               ̄,      |l      |    彡乂 }
                      | ./ ',   |   | _ -‐ 彡 /^ヽ
               /|  |   |/__'、 |   ''´ _  ,ィ V⌒\ ,}
                 |   |   -ヽ l}   '  ィ≠癶 r } (  )
             /イ{ |   |,ィ=≠ミY  人      ' ノ |^ヽ      - 7
               }     |     /l ,イi{       |‐'   |ヽ ノ     / /
                 ', ',. |、  //       u '     | ノ¨r 、  / /   「貴方のような立場の人で、そういう話なら。
               ,′ ', l\|ー 、   、  ノ   /   =彡  } } / /
                /     \    > _    /|         ノ ' r'‐つ_     正しく勧善懲悪で、終わって欲しいのよ。
                         ,人 ≧=‐'---/      /  {// r‐、 }‐っ   私みたいにゴッチャゴチャしたのは、
             ノ  ./       _ィ  .ィ⌒ヽ  /      //  しし_r‐ノ (ノ─ァ  見たくないの。
         _、‐''゛ /rニニニア  ̄/// {l()l}\/      /从  ノ__  r~ィ/_/
      --'──//ニ{ニニ/ .// /^ゝ-'' V     厶  V⌒ソ_ノ /     スカッと分かりやすい解決を見て―――」
           / /ニ|ニニ{// /        '       r_  r~'´|  /=i|
            }ニニ',ニ=/ 入         { i{   У_r‐'  l }/ {{ i|ヽ
        / r─'ニニニ',=〈 入 ゝ _      V {   |く  ヽ _ノ/‐、{{ l|
        / _}___=/  Y辷辷辷辷辷辷辷辷辷   |  Y=イ=/   }}ヾノ| ‘,
          レニニニニ=/   \辷辷辷辷辷辷辷辷 \ | -‐V    、__ノ/ニ|
      /ニニニニニ={       \  マ~,~~~~'     ∨ _ノ -ニニニ  ‘,
     /ニニニニニニ{       \ Y_ - ¨        _ノ,ニニニニニニ
   /ニニニニニニニ从        {{o           /ニ=',ニニニニニニ{ヽ  |
  /ニニニニニニニニニト、       {{         /ニニ=∧ニニニニニニ ' |
/ニニニニニニニニ>''~ V\      o{{          /ニニニ/ Vニニニニニニ  V

3107 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:22:16 ID:Rfjsk+5u


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、   「―――ちょっと救われた気持ちになりたいの。
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ   代替行為というか、立場を置き換えた感情移入。
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ   逃避行動かもね。まぁ、もうこの時点で凄い
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人   勢いで逃げてきてる身だけど」
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ どこか、懺悔が終わったかのような、観念したような晴れやかなような表情で。

┃ オルガマリーは、小さく呟いて独白を終えた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3108 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:23:10 ID:Rfjsk+5u






┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そして、話を聞き終えた貴方は―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3109 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:23:27 ID:Rfjsk+5u
と、いうところで小休止ー。

ついでに、所長周りの設定纏めー

3110 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:23:29 ID:0c2sfwAq
心が肥満症になってそうな感じ、まさに型月魔術師だな

3114 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:25:21 ID:FYvqW16C
>>3110
本来の型月魔術師ってケイネス先生くらいがスタンダードのはずなんだけど
スポットライト当たるのは大体心の贅肉タプタプなんだよね

3117 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:26:31 ID:Lu8cRGYE
>>3114
ケイネス先生もソラウへの恋心とか普通の魔術師とは言いづらいんだよなあ

3121 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:28:35 ID:FYvqW16C
>>3117
あーうーん
どっちかといえば切継の親父あたり?
虫爺はちょっと特殊事例すぎてあれだけど



3122 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:28:40 ID:Rfjsk+5u


                     ´    `     `丶    -─、
             ,ィ     /                  V / ̄ \
             / {    '     /        _  {/=-─-、
            乂 ─/       ′     |^ー-z_   ノ\
               ̄,      |l      |    彡乂 }
                      | ./ ',   |   | _ -‐ 彡 /^ヽ
               /|  |   |/__'、 |   ''´ _  ,ィ V⌒\ ,}
                 |   |   -ヽ l}   '  ィ≠癶 r } (  )
             /イ{ |   |,ィ=≠ミY  人      ' ノ |^ヽ      - 7
               }     |     /l ,イi{       |‐'   |ヽ ノ     / /
                 ', ',. |、  //         '     | ノ¨r 、  / /
               ,′ ', l\|ー 、   、  ノ   /   =彡  } } / /
                /     \    > _    /|         ノ ' r'‐つ_
                         ,人 ≧=‐'---/      /  {// r‐、 }‐っ
             ノ  ./       _ィ  .ィ⌒ヽ  /      //  しし_r‐ノ (ノ─ァ
         _、‐''゛ /rニニニア  ̄/// {l()l}\/      /从  ノ__  r~ィ/_/
      --'──//ニ{ニニ/ .// /^ゝ-'' V     厶  V⌒ソ_ノ /
           / /ニ|ニニ{// /        '       r_  r~'´|  /=i|
            }ニニ',ニ=/ 入         { i{   У_r‐'  l }/ {{ i|ヽ
        / r─'ニニニ',=〈 入 ゝ _      V {   |く  ヽ _ノ/‐、{{ l|
        / _}___=/  Y辷辷辷辷辷辷辷辷辷   |  Y=イ=/   }}ヾノ| ‘,
          レニニニニ=/   \辷辷辷辷辷辷辷辷 \ | -‐V    、__ノ/ニ|
      /ニニニニニ={       \  マ~,~~~~'     ∨ _ノ -ニニニ  ‘,
     /ニニニニニニ{       \ Y_ - ¨        _ノ,ニニニニニニ
   /ニニニニニニニ从        {{o           /ニ=',ニニニニニニ{ヽ  |
  /ニニニニニニニニニト、       {{         /ニニ=∧ニニニニニニ ' |
/ニニニニニニニニ>''~ V\      o{{          /ニニニ/ Vニニニニニニ  V
ニニニー───-<    Vニ\     .{{        /ニニニニ/  Vニニニニニニ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ オルガマリー・アニムスフィア。エルフ。19歳。
┃ ゼーダー系列のAAランク企業の下級役員の娘。超エグゼクティブとまでは言い難いが、生活ランク『上流』で
┃生まれ育った御令嬢。

┃ 恐らくエルフだったのは企業時代から。比較的メタ差別の少ないエルフだった事もあり、そちらで大きな問題に
┃直面したことはない様子。多少はなんかあるかもだけどね。

┃ 明確に定義はしないが、恐らく1~2年以内の割と直近と呼べる時期に、父所属の研究所が企業間闘争の関係で
┃ランナーの襲撃に遭い、その際に研究の非合法性を指摘され、襲撃で故人となった父に責任が行き、オルガマリーにも
┃波及してくる。

┃ 身寄りが父以外になかったオルガマリーは、企業SINを没収され、国家SINを支給され、遺産を手に放り出された。
┃ 当初は父が嵌められ、責任を被せられたと思っていたが―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3124 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:29:16 ID:UNfeddRX
たんおつですー

>>3114
ケイネスセンセも本来の型月魔術師としちゃ人間味ありすぎるくらいよ
ノブレス・オブリージュを真面目に守ってたり、ソラウへの恋心が甘酸っぱかったり、贅肉たっぷり

3134 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:36:11 ID:FYvqW16C
まあ、魔法使いで時計塔トップな魔導大元帥からして人間味は割とたっぷりだからなぁ
そうでもないとカレイドステッキとか作らない



3135 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:36:34 ID:Rfjsk+5u


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 企業の傘から出ると、もともと聡明だったオルガマリーに矛盾が見えてきた。

┃ 『あれ、これ温情過ぎない?』『あれ、これ本当に悪いやつ居るの?』。

┃ 基本ネガティブで小心者だが聡明というオルガマリー、疑心暗鬼に突入。
┃ 父が非合法な研究をしていた場合、被害者や被験者が居るのではないかという想像と良心の呵責、そして
┃『そうだった場合、私は報復で残酷に殺される』という恐怖心から、1ヶ月くらい拒食症気味になり引き篭もる。

┃ そうこうしているうちに、引き篭もって拒食症になっていたら魔力に覚醒している事実に気付く。

┃『これで報復も怖くない!』
┃『ゼーダークルップに戻れるかも(≒企業が守ってくれるかも)』

┃ と、ぬか喜びの野に旅立った後、自分の覚醒が『金銀銅と来て13位の砂メダル』くらいの微妙さと気付き、
┃ぬか喜びの野に旅立ったテンアゲと結果判明のテンサゲの差で思考がフリーズ。

┃ 気がつけば財産を手に、ゼーダークルップが進出を何故か拒んでいる(社長に聞くしか無いネ)シアトル行きの
┃飛行機に乗り、ヨーロッパを飛び出していた。
┃ 復讐されたりとかしない、誰も自分を知らない場所へ。

┃ 小心者なのかアグレッシブな肝の太さなのか。絶妙な境界線上である。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


3137 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:38:17 ID:uyFiuFP0
乱高下が激しいw

3142 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:39:24 ID:FYvqW16C
オリンピック13位って冷静に考えればかなりすごいよね

3144 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 16:40:33 ID:nn4z3baF
偏位魔法使いがどれくらいカースト低いかっていうと
「クラス全員異世界転移して能力もらったら一人だけカス能力だった」くらいカースト低いレベル
なので魔法使いグループにも入れてもらえない可能性大という辛さ
そして別にそういうお話みたく実はチートだった的な事もありえない現実の辛さ



3155 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:56:57 ID:Rfjsk+5u
>>3144
しかも魔力2という現実。覚醒者はSIN登録を義務付けられている世界情勢で、登録いらねっすと言われるレベル。

3151 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 16:53:08 ID:Rfjsk+5u


   \: : : : : :\
     ヽ: : : : : :丶           ,       _...≠― 、
      ヽ: : : : : :\         / {    , ィ´ ,: 、    ` く
       ヽ: : : : : : :\       { l   /  ,:   ヽ  `   ヽ イ⌒_..ゝ
        ヽ: : : : : : : ヽ      、弋_/  '      :¬ <ミ 、 Y/ィ ― 、
         ヽ: : : : : : : ヽ    ヘ ー- ノ ' .: ,{ :    .i   ヾニ イ⌒ヽ⌒ヽ v
          : : : : : : : : 、    ~ i   : ハ i   . : ,ィ  {ヲハ、 .}   ';}
          ヘ: : : : : : : :.,     .:   ._ { _   -,: '斧x-} ノ} {ヾハ
           丶: : : : : : : 、    ,: i  l }斧x:  .' .弋丈' i´ :} ドく:
            \: : : : : : :.、  ノ ハ  ヽ弋リ:、,:、  /// r ノ }へハ     , ィ
              ゝ、: : : : : :ヽ' イ 人、 {ヘ // `     ノ´   :`=ぐ、   / /
            /: : ヽ: : : : : :.,   ' : \iへ  = つ /.:   .:_.ハ  ヽニフ /
           / : : : V 、 : : : : 、 ノ..ー..、ノ  7 、_イ/   イ {:トヽ _..>
          :´: : : : : ヘ: : : : : : `ぐニニ> ー< Y:(_):Y :、  ハニニニヽ、
       /: : : : : : : :.}: : : : : : ヽ~{ ⌒ フヽ辷ノへヽ:..  ヽニニニ、 `_ フ
     /: : : : : : : :/: :|: : : : : : : ヽハハヘ´ く⌒ 、{-、〉ヽ 、   ヽニニニ:ヽ、
   ./: : : : : : : : /: : i: : : : : : : :.V⌒ー~ごゞ ,-、~-ハヽ  ハ:ニニ 丶
  ./: : : : : : : : :./ : : l: : : : : : :、: 、ご< ィ⌒/、/ご)⌒ニ) ノニニニ):、  :、
./: : : : : : : : : ノ: : : : l: : : : : : :_: 、ハ  >< / }i /ニニニ'イニニニニ{ :.ヽ :
: : : : : : : : : /: : : : : l: : : : : : : :`,:フ:''フ 、 } i :、iニニニニiニニニニ〉: : ,:
: : : : : : : :ィ: : : : : : : l: : : : : : :/://トヽ`~} ヽ}ニニニニニニイニニニニ/ :. レ
: : : : : :.イ ,: : : : : : : :!: : : : : :': :/:/ ヘ 二´  Vヽニニニイ (ニニニニヽ :
: : : :.イ   ,: : : : : : : : .i: : : : ': :/: /  r┴'‐ニ   v⌒)≧==く二`ヽニニ{ :.
: :./     .; : : : : : : : :、: : : : /: :/   `¨ i´ lヘ  r-イ} }   ハニニヽニi .:
/ r 、     l: : : : : : : : :、: : :/: :./      .iY.ノ へ{_ ノ }   ,}ニニニニ .:
 _ ≧_、` ‐ゥ:'i: : : : : : : : :ハ: /.:/:./       v  ハ フノ    /ニニニイ ,:
 ヽ- ゥ- /: ハ: : : : : : : : /ソ:ィ: :/        i )ヽノ(_/_ ≦´   :.  ,:.:
 = - フィト: : :ヽ: : :_:_ :彡 ィ: 彡 ´         ノ く} `ー'  ヽニヽ ト  ヽ ,: '
   'ー´  _{/へ: :≧: ー :彡: : イ"i:i:i'          イ フ 〉i_i―    iニ} : ` 、ヽ.、_
      ヽ ゝ /ハ: ¨´      ノi:i'         イ(    / }_!     ハニV     ー'
       \ _> _  ∠i:i:i:iv        .ヽヽ  / j_! ―    .ハニv
         ヽ ゝーく ノ_. - ‐``:、       くノハ / i_}       ヘニi
         /ニニヽ> Y⌒、  / >  _ <ノ )_ノ ノi_i_     /イ
              ` ー\ヽ<⌒、  ( へ  (^¨´  ノ.}_i    /
                   ーへ ヽ ヽ フヽ  > 、 / 'ニ  /
                      ` ー`'  `――'  }ニイ´

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 『お父様の行為が事実だった場合、私はトイレとかで残酷に殺される!』というビビリっぷりを発揮し、あまり
┃SINに頼らずに、覚醒者としての技能を活かしてストリートの片隅で生活開始。

┃ 基本的に聡明、かつ良くも悪くも臆病であり、ストリートで生きる為の知識をしっかり蓄えてはいる様子。
┃ やたら硬いセキュリティやら、電脳・魔法両面に対する防備の強さからも、そこは伺える。
┃ また、咄嗟の判断力や対応力は優秀。その辺りの片鱗は、被襲撃時に見せている。

┃ 基本的には鉄火場に関わらず、ロッジの作成による防諜の手伝いや、タリスモンガーと伝手を結んでの
┃魔法道具の売買などで収入を得ていたようだが、鉄火場に関わった回数も0ではない様子。
┃ まぁ、そうじゃなきゃあの対応は出てこないよね。とはいえストリートでは日が浅く、やや悪目立ちする傾向あり。

┃ SINに頼らずストリートで生きる危険性と、報復でトイレとかで残酷に殺される可能性を天秤にかけ、どっちも
┃やべぇとビビる日々。
┃ 基本的には良家の御令嬢としての倫理観や良識、常識が有り、それを捨てきれていない辺りが、面倒事の
┃可能性をわかった上で“貴方”を見捨てられなかった事などに見受けられる。

┃ 高慢でヒステリックで小心者で善良で神経質でなどなど、さまざまな要素が集まった属性過多女。
┃ 余裕の無さとストレスから、ヒステリックに振る舞ってしまう事が多い様子である。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3161 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 17:07:43 ID:Rfjsk+5u

              .,ィ       _.._
              { ヽ   , : ´_   ` ヽ、 イ=、ヽ、
              弋 `-ィ ,:  ヽ"  -  ! {、, ‐ゝ!、
                7  {    ド 、´  Vィ≠、⌒
                ,:   :.    .!  ヾ   Yヽ  :,
                l  :. ハ  ; }/_,ィ ヾ,:ィ´`}トヽ:':、
          _         ト._! ,:'.代.リ   {ヽ) v、 } ハ
    _ ≠  ̄|lll|     ': ヽ .似lノ       r イ ヾ ; .!
   ..|      |lll|      } ヽ トゝ ' .._    ノj..ノノ  ;  jヽ、  ,ィ
   ..|      |lll|   _.. ィ ノj ` 、`-'  //    }。}、  ̄ ノ
   ..|   ,ィ,. |lll|   ` ̄´ ノ  ; ` ‐'ィ,:' -≠ ¨ ノ ハヽ=ニ'
   ..|  rイ/./ _|lll|      /  _... ィ(゙ノV   /,:´¨} ; }  ヽ     ,..
   └、{ヘj .{__l_} ヽ \¬" ノニニ/トィ彡!  / /_{ 人{ {、 ヽ`¬-' "ノ
     `¨ト、_ ヽ ヘ   `¨7ニ/イィハ从!{  ハ'三_': {三ニヽ{ニ!ト...__ イ
          v∞∞、  / /〈〈ィ/ハ从ハヽ {三ニl三三三三ニl\
         ,.8     ヘ / V({({ハイ/  j`三ニ}三三三三ニl  ` 、
         {8      }ヘ  \V/    ,:三三j三三三三_/、    ` ̄フ
         ヽ    >-l ハ  ノl:.    .{三ニニ{三三三三/ ヽ ―― ´
          \イ三ニノニト' / ` ... /三三ニl三三三ニj    :,
            '三ニ/三j  ,!    ./三三三l三三三ニl     :,
            !ニ/ニニノ  ハ    〈三三三,:三三三三}\    :,
            ':三ニ/ _ / l    v三ニニ{三三三ニニ!  : ヽ.  :
             ヽ'   / }!     v三ニl三三三ニニl  :,  :, .}
             /    ./ ,!     v三_!三三三三l   :,  ': !
            /    ノ  ,!      }三ニ!三三三ニ    ヽ .,ノ
           /   /  ,!       ヽ三'ト、三ニニl     ヽ
          ./  ./   .\        \=!、  `ヾ:!ハ ト、   \
         /  / _、ヽ  \. \       ィ、ヽ   .}. }ノ  `ト ...__>
         / //フ ヽ¨ヽ≧くヘ\    /,≠ヽヽ   !\.._
        /'} /// ノフ-‐": : : : : ` <、 /./: : : : : : \__ .{-‐ '
       ./ ノ/ トY´: : : : : : : : : : : : : : :`:<: : : : : : : : :ヽr,、}
      ,: /  j ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : : : : : : : : :';⌒、
      {///{ }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : j: : : : : : : : : :.!  ヽ
      {.イノ//ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,'l: : : : : : : : : :}ヽ 、 、 ≧x、
―――――{ノソ'―――――‐フ: : : : : : : : : /.l: : : : : : : : : :l―――`―``――――
                 /: : : : : : : : : / .l: : : : : : : : : :l

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 先述の通り、ストリートでの生活は短め。
┃ 身を護る手段に対しては貪欲、かつストレスの現界を越えて偶にヒステリーを起こす以外はエチケット・交渉等の
┃対人技能も優秀であるため、致命的な問題は起こしていない。

┃ とはいえ、このまま長くストリートに居たら、どこかで悲惨な事になってそうな絵面しか浮かばない人。
┃ カルデアス生身突入という、キンケドゥ連れてきてビームシールドでどうにか……という案件より、もっと卑近で
┃生々しいやつ。
┃ そうなる前に“貴方”と会えたのは、恐らく互いにとっての幸運。

┃ しかし、地味に護身用のピストルがやたらDPが高い。才能Dで良い偏位魔力2ならではの、優先度の割り振り先の
┃ダダ余りからくる、変な身体能力値の高さから来るものではあるが。
┃ 武装の差を抜けば、DPは“貴方”と同じ。鉄火場でも別に足手まといではない。脆いが。

┃ 使える錬金術調製物は3種。
┃ 罠としての使用と状況有利を取ることに特化しており、一撃で戦局を変える『魔法使い』としての活躍は望めない。

┃ なお、父の実験とその後彼女に施された温情対応の真偽は未定。
┃ 人工的に覚醒者を作れないかという研究であったようだが、彼女はそれを知らない。知っていたなら生きていない。

┃ なんにせよ、今はシアトルのストリートの片隅で、『トイレで残酷に報復されて殺されたくない! でもストリートの
┃染みにもなりたくない!』と、必死こいて生きているのが彼女である。
┃ お金が欲しいのもそのため。生きていくのに、お金は大事。その辺り、非常に現実的で冷静。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3166 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 17:15:16 ID:Rfjsk+5u


        ,1
     ,-、r_'_h        ヾ 、
   fユテゞエヽ!          l !
   i止、,入Jリ      ,-‐‐ー!ノ
   l:;:;:;:;:;:;:;:/ 从ー、/  ヾv `ヽ
   、:;:;:;:;:;:/ ーヽ,/イ  ̄ ! ゛   v
    j:ー;ヾ:ー..、イシ! Y   |    l !
    l;;;ヾ:;:、:;:;:;:;:;:;7/ !   ,l    ヾ、`ヽ_ノ
    `ヾ;:;:;:;\:;:;::/,レ |  ! i l 、 、ヽヽ ̄
       ̄` !Y´リノノ  i;.' l i  !ヾ、.\
       、...l jン./::、 !:: i:. i  ;:、:..、ヾ;!
        `ーイ........、 l::. :::.::、 :....;....lノ
         /..../........j..、:..!...... ;.........l、
        /,'....ノ!...............\:、...::......../;:;、
         l..:/;:7.......l......./................!/;:;:;:;:、
         レ1;/.........|......li.......l、.......リ;:;l;:;:;:;:
         j/..../......!......|;:、...i;:ヽ....\li;:;:;:;、
      、.....:.:.:ィ;:;l....../;、....!;:;ヽ.ヽ;:;:┌‐ニニ∧
        ̄ ,;:;:;l.../;:;:;:;、.ヽ;:;:;ヽj;:;:;「7/^´ )(!
          ゞ;:j,':;:;:;:;:;:;:\ゝ;:;:;:;:-k) こニニ!
         /イ T T ̄TT ̄ ̄i´ヽゞー1ー^i
         ヽ/ 」 ⊥  ! v ⊥ 」ー.1´ !i !ij
           ̄ ̄´i. ̄::丁 ̄ヾ........|   ` ゛
             i..l.......l    、..... .!
             ヽ!......l    !.......i
             ノ..ソ....!   jl.:ヾ..!
             /.........ノ    ,..........l

▼だいたいこんな子。ダイス振って実際に動かして設定面がようやくほぼ固まった感じ。

▼ちょっとデータはそれに合わせて微調整するかもしれない。

▼こうやってダイスで設定決めていくから問題なのではないかと思わなくもない。

3189 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:24:53 ID:Rfjsk+5u
   \: : : : : :\
     ヽ: : : : : :丶           ,       _...≠― 、
      ヽ: : : : : :\         / {    , ィ´ ,: 、    ` く
       ヽ: : : : : : :\       { l   /  ,:   ヽ  `   ヽ イ⌒_..ゝ
        ヽ: : : : : : : ヽ      、弋_/  '      :¬ <ミ 、 Y/ィ ― 、
         ヽ: : : : : : : ヽ    ヘ ー- ノ ' .: ,{ :    .i   ヾニ イ⌒ヽ⌒ヽ v
          : : : : : : : : 、    ~ i   : ハ i   . : ,ィ  {ヲハ、 .}   ';}
          ヘ: : : : : : : :.,     .:   ._ { _   -,: '斧x-} ノ} {ヾハ
           丶: : : : : : : 、    ,: i  l }斧x:  .' .弋丈' i´ :} ドく:
            \: : : : : : :.、  ノ ハ  ヽ弋リ:、,:、  /// r ノ }へハ     , ィ
              ゝ、: : : : : :ヽ' イ 人、 {ヘ // `     ノ´   :`=ぐ、   / /
            /: : ヽ: : : : : :.,   ' : \iへ  = つ /.:   .:_.ハ  ヽニフ /
           / : : : V 、 : : : : 、 ノ..ー..、ノ  7 、_イ/   イ {:トヽ _..>
          :´: : : : : ヘ: : : : : : `ぐニニ> ー< Y:(_):Y :、  ハニニニヽ、
       /: : : : : : : :.}: : : : : : ヽ~{ ⌒ フヽ辷ノへヽ:..  ヽニニニ、 `_ フ
     /: : : : : : : :/: :|: : : : : : : ヽハハヘ´ く⌒ 、{-、〉ヽ 、   ヽニニニ:ヽ、
   ./: : : : : : : : /: : i: : : : : : : :.V⌒ー~ごゞ ,-、~-ハヽ  ハ:ニニ 丶
  ./: : : : : : : : :./ : : l: : : : : : :、: 、ご< ィ⌒/、/ご)⌒ニ) ノニニニ):、  :、
./: : : : : : : : : ノ: : : : l: : : : : : :_: 、ハ  >< / }i /ニニニ'イニニニニ{ :.ヽ :
: : : : : : : : : /: : : : : l: : : : : : : :`,:フ:''フ 、 } i :、iニニニニiニニニニ〉: : ,:
: : : : : : : :ィ: : : : : : : l: : : : : : :/://トヽ`~} ヽ}ニニニニニニイニニニニ/ :. レ
: : : : : :.イ ,: : : : : : : :!: : : : : :': :/:/ ヘ 二´  Vヽニニニイ (ニニニニヽ :
: : : :.イ   ,: : : : : : : : .i: : : : ': :/: /  r┴'‐ニ   v⌒)≧==く二`ヽニニ{ :.
: :./     .; : : : : : : : :、: : : : /: :/   `¨ i´ lヘ  r-イ} }   ハニニヽニi .:
/ r 、     l: : : : : : : : :、: : :/: :./      .iY.ノ へ{_ ノ }   ,}ニニニニ .:
 _ ≧_、` ‐ゥ:'i: : : : : : : : :ハ: /.:/:./       v  ハ フノ    /ニニニイ ,:
 ヽ- ゥ- /: ハ: : : : : : : : /ソ:ィ: :/        i )ヽノ(_/_ ≦´   :.  ,:.:
 = - フィト: : :ヽ: : :_:_ :彡 ィ: 彡 ´         ノ く} `ー'  ヽニヽ ト  ヽ ,: '
   'ー´  _{/へ: :≧: ー :彡: : イ"i:i:i'          イ フ 〉i_i―    iニ} : ` 、ヽ.、_
      ヽ ゝ /ハ: ¨´      ノi:i'         イ(    / }_!     ハニV     ー'
       \ _> _  ∠i:i:i:iv        .ヽヽ  / j_! ―    .ハニv
         ヽ ゝーく ノ_. - ‐``:、       くノハ / i_}       ヘニi
         /ニニヽ> Y⌒、  / >  _ <ノ )_ノ ノi_i_     /イ
              ` ー\ヽ<⌒、  ( へ  (^¨´  ノ.}_i    /
                   ーへ ヽ ヽ フヽ  > 、 / 'ニ  /
                      ` ー`'  `――'  }ニイ´
== パーソナル・データ ==
ストリート・ネーム:オルガマリー・アニムスフィア
名前:オルガマリー・アニムスフィア
移動速度: 12/24 (2m/ヒット)
水泳: 4 (1m/ヒット)
カルマ:0
ストリートの評判:0
悪名:1
公的認知度:0
エルフ 女 年齢 19歳
身長(cm) 162cm 体重(kg) 53kg
冷静テスト:10
意図を測る:10
持ち上げ/運搬:4 (30 kg/20 kg)
記憶テスト:11
新円:1,059新円

== 優先度 ==
メタタイプ:C,2
能力値:A,4
魔力/共振力:D,1
技能:B,3
資産:E,0

== 能力値 ==
強靭:2
敏捷:6
反応:5
筋力:2
魅力:5
直観:5
論理:6
意志:5
エッジ:4
魔力:2

== 特殊能力値 ==
エッセンス:              6.00
イニシアティブ:            10 +1d6
リギング・イニシアティブ:       10 +1d6
アストラル・イニシアティブ:      10 +3d6
マトリックス・イニシアティブ(AR): 10 +1d6
マトリックス・イニシアティブ(コールド):11 +3d6
マトリックス・イニシアティブ(ホット):11 +4d6
身体ダメージトラック:         9
精神ダメージトラック:         11

== リミット ==
身体:                 4
精神:                 8
   医療キット [+6] (Only for First Aid and Medicine)
社交:                 7
アストラル:              8

== 能動技能 ==(対人技能グループ5 運動技能グループ1)
アルカナ                技能値: 6          DP:12
エチケット               技能値: 5          DP:10
コンピュータ (Matrix Search) 技能値: 4          DP:10(12)
パーミング               技能値: 1          DP:7
ピストル (セミオート)        技能値: 4          DP:10(12)
ランニング               技能値: 1          DP:3
応急処置                技能値: 4          DP:10
解呪                  技能値: 2          DP:4
交渉                  技能値: 5          DP:10
水泳                  技能値: 1          DP:3
体術                  技能値: 1          DP:7
知覚 (視覚)             技能値: 3          DP:8(10)
統率                  技能値: 5          DP:10
忍び歩き                技能値: 1          DP:7
霊視 (霊紋)             技能値: 2          DP:7(9)
錬金術 (命令)            技能値: 6          DP:8(10)

== 知識技能 ==
City Speak          技能値: 1          DP:6
英語                  母国語
Alchemy             技能値: 4          DP:10
企業(ゼーダークルップ)   技能値: 4          DP:10
ニュース                技能値: 1          DP:6
経済                  技能値: 2          DP:8
政治学                 技能値: 2          DP:8
魔法様式 (メイジ)          技能値: 2          DP:8(10)
魔法理論 (呪付)           技能値: 4          DP:10(12)

== コンタクト ==
ストリートドク;(2, 2)
タリスモンガー;(3, 3)
フィクサー;(4, 2)

== 有利な資質 ==
低光量視野
分析的頭脳
偏位魔法使い(呪付)

== 不利な資質 ==
SIN持ち (国家SIN) (オルガマリー・アニムスフィア)
精霊との反発性 (人の精霊)
対人ストレス (ヒステリック/高圧的)
独特のスタイル

== 様式 ==
ヘルメス魔術様式, ドレイン抵抗: 11

== 呪文 ==
影/シャドウ (錬金術)        DV:フォース-3
死神の手/デス・タッチ (錬金術)   DV:フォース-6
騒霊/ポルターガイスト (錬金術)   DV:フォース-2

== ライフスタイル ==
アパートメント (下流) 1  月
   + セキュリティ強化
   + グリッド契約 (Public Grid) [+50新円]

== 防具 ==
装甲合計:12 ダメージ抵抗:2
アーマー・ジャケット12
   + 化学防護 6
アクショニア・ビジネス・クロース 8
   + Holster

== 武器 ==
コルト・アメリカL36
   + アームスライド
   + レーザーサイト
   DP:10 (12)   精度:7 (8)   DV:7P   AP:-   反動修正:2
素手
   DP:5   精度:4   DV:2S   AP:-   反動修正:2

== コムリンク ==
トランシス・アヴァロン (アタック:0, スリーズ:0, データ処理:6, ファイアウォール:6)
   + コムリンクの基本機能 [RFIDタグスキャナ, イヤホン, クレッドスティック・リーダー, タッチスクリーン, チップ・プレーヤー
     音楽プレイヤー, 耐衝撃防水ケース, 超小型カメラ, 超小型トリッド・プロジェクター, 内蔵GPS誘導システム]
   + 電子ペーパー
   + バイオモニター


== ストリート・ギア:装備 ==
カードリーダー
タグ・イレーサー
トロード
バグ・スキャナー レーティング 6
マイクロ・トランシーバー
マグロック レーティング 6
医療キット レーティング 6
   + 医療キット補充用品 ×2
   + バイオモニター
眼鏡 レーティング 4
   + 映像リンク
   + 大光量補正
   + 熱映像視野
   + 映像拡大
偽造 SIN (オルガマリー) レーティング 2
   + 偽造免許 (銃器免許その他) レーティング 2 ×4
原質1ドラム (ヘルメス魔術様式) ×48
拘束具(金属製)
全方位ジャマー レーティング 4
予備クリップ (コルト・アメリカL36) ×2
   + スティックン・ショック (ライトピストル) ×11

3190 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:27:17 ID:Rfjsk+5u
微妙に技能と装備を調整した所長。
主な調整は、「あ、これスマートリンク殆ど劣化レーザーサイトだわ」という部分。
眼鏡にスマートリンク付けてるより、映像拡大でも付けてた方が役に立ちそうなので修正。

その修正で浮いた資金を、臆病で神経質レベルの用心深さに合わせてこまごまとした装備へと割り振った。
マグロックのように「演出で家についてたけど、そういや持ってねぇや」という物から、ジャマーのような
彼女ならまず持ってそうなものまで。

3191 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:30:08 ID:Rfjsk+5u


           , イ
          ' j      _   -―-  .,
          {  {   , '´       :::::::::`::...、
          、. ゝ '´  /       _ =ー 、_ `'、
           > '`   こ{ --       〉 ァ´;;;;心 ヽ
            ,r'r'ヽ::::           {/;;;;;;;;;;;;;;;;心 x‐-
         { 〈 ノ     、     ̄`〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ V´ _ `
           jヽ'´         ゚、,、,、,、,、,、_´\;;;;;;;;;;/:i:i:i:i:゚,´ _ ` 、
.        {::! 1          ゚,     "_、 >,/:i:i:i:i:i:i:i:i:';:::! ` '
            '{ ::'.     , l .:. :::' `'´ ̄⌒  '、ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::::,
         ! :::' >:´: ::!:::::j',}    __   '; ':;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:: ;、
           | ;::::', i;:::::::::|_'_/      x==、  ー!i:i:i:i:i:i:i:i:il、:.  、
         ノノv:::;'、jV、x'==、     ((  cぅ =j:i:i:i:i:i:i:i:i:i! .Y  、
        ´ ノ∨::|ハ((  ))    :::::: ̄  ィ''':li:i:i:i:i:i:i:i:i!ノリ 、  `'ー- '
        / '"ヾ!:iλ :::::           ,イ :::::}i:i:i:i:i:i:i:i:}::::::  、‐-  ´
        ´      マ:i`  ―   - ‐  ´./  :::::'i:i:i:i:i:i:i:i:il::::::.   ,
               }:::`マ:i`マ´ノ:'´ο`ヽ, .::  ::::,:iマi:i:i:i:i:i:i:!`ヽ、   ',
              ノ:::::, '=マ(_< _ ´j i ;:{イ:: :://:i:i:マ:i:i:i:i:i〈:::::::::ヽ.  1
            ', .:´:::::::::::〉::::::::::`'::.、ー' l:::/.´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:::::::: '、';  !
      {、     , ' /::::::::::::::::,':::::::::::::::::::、::ヽ1,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア:iム:::::::::. .} '
      、 ー-‐ ´.../:::::::::::::::;;;;!::::::::::::::::::::::':,::::ヽ マ:i:i:i:iノア:i:i:ム:::、:::::. 1/` ー  :/
      ` 、  ;: /:::::::::::::::;;;/;゚;::::::::::::::::::::;;;;';::::::ヽマ:i:i:i:`i:i:i:i:i:ム::::::、 .,_  _,. '´
       γ´:::' :::::::::::::;;;;/;;;;;';:::::::::::::::::::;;;;;l::::::((::マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!::::ハ   ̄
         /  :::';;::::::::::::;;;/;;;;;;;;;',:::::::::::::::::;;;;;;!;:::::((:::::マ:iヾ:i:i:i:i:i:}::: i
        , ⌒'込、::::;;;;/;;;;;;;;;;;;; ;::::::::::::::::;;;;;!;;;;;;;((::::::マ:i:i:i:i:i:i:ij::::: '
            {マニー=7;;マ;;;;;;;;;;; ,::::::::::::_;:ノ|;;;;;;;((::::::::{:i:i:i:i:i:i:j::::::.  '、   _,
            {;;:::`Tマ;;;;;;;マ;;;;;;;;;;;ニ二二彡!;;;;;;;((  :::マ:i:i:i:i:/:::::::::..   ̄ノ
          込彡il!マ;;;´`;;ー 'lll、:::::;;;ノーYr':::. ::, マ:i:i/ ` ー  ´
          マ}hjl!  `´^ー-'jll、ムム/=ー'-ー  ´  マ'
           `"´       ゞ、Ilア"

▼ちなみに、スマートリンクが劣化レーザーサイトになるという点は、流石に装備による。

▼スマートリンクの方が軽減してくれる視界等の影響は大きい。また、スマートリンクは精度が2上がるが、レーザーサイトは1。

▼所長の場合、元々のライトピストルの精度が高く、DPは高いとは言え精度から溢れる程ではないので…・…。

▼資産Eでカルマ10を投入し、合計26,000新円という厳しい初期資産スタートの所長が、2,000新円を投入するほどの
 メリットはないなと気付いた、という方が正しい。

▼あとは設定に合わせて技能を微調整。とは言えさほど変わっていないが。

3195 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:37:06 ID:Rfjsk+5u


 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                        __  {7>、  {>.                                  : : .
. : :                        ∨>. `< />.`< >、                              : : .
. : :                         `< >.`< />.∨∧                             : : .
. : :                           `<./>.< //>`V∧                            : : .
. : :             {             `<./>.< />、V∧ ト、                       : : .
. : :          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧                          : : .
. : :           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧                          : : .
. : :           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,                      : : .
. : :           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}                     : : .
. : :            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!                         : : .
. : :             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。                       : : .
. : :              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧                    : : .
. : :               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}                    : : .
. : :                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ                        : : .
. : :                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ                    : : .
. : :                 廴_=--}//////////////-=///////,イ                      : : .
. : :                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!                        : : .
. : :                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'                      : : .
. : :                        {///////〈///////////////リ                    : : .
. : :                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_                    : : .
. : :                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、              : : .
. : :                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ             : : .
. : :                          `< /////イ/////ノ//////////ア¨´  ̄`'             : : .
. : :                            廴圦廴≧=-イ///////////                   : : .
. : :                               ⌒/////////////,,'                        : : .
. : :              _.≦///≧===―------―=≠//////////////                    : : .
. : :             'ー==ニ三/////////////////圦,,ゞ//////////                       : : .
. : :                   ̄ ̄ ̄ ̄⌒<//////////////////イ                         : : .
. : :                            ` <//////_,ェェァ/イ´                        : : .
. : :                            ` ー_=ニア¨´                           : : .
. : :                                ̄~                                : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :

== パーソナル・データ ==
ストリート・ネーム:レイヴン
名前:不詳
移動速度: 10/20 (2m/ヒット)
水泳: 4.5 (1m/ヒット)
カルマ:0
ストリートの評判:0
悪名:0
公的認知度:0
ヒューマン 男 年齢 17
身長(cm) 182cm 体重(kg) 102kg
冷静テスト:7
意図を測る:7
持ち上げ/運搬:9 (60 kg/40 kg)
記憶テスト:8
新円:364.33新円

== 優先度 ==
メタタイプ:C,2
能力値:A,4
魔力/共振力:E,0
技能:B,3
資産:D,1

== 能力値 ==
強靭:5
敏捷:5
反応:4
筋力:4
魅力:2
直観:5
論理:3
意志:5
エッジ:7

== 特殊能力値 ==
エッセンス:              4.25
イニシアティブ:            9 +1d6
リギング・イニシアティブ:       9 +1d6
アストラル・イニシアティブ:
マトリックス・イニシアティブ(AR): 9 +1d6
マトリックス・イニシアティブ(コールド):11 +3d6
マトリックス・イニシアティブ(ホット):11 +4d6
身体ダメージトラック:         11
精神ダメージトラック:         11


== リミット ==
身体:                 6
精神:                 6
   音源探知 [+2] (Only for Perception to find the source of a sound)
   聴力強化 [+3] (Only for Perception (Hearing))
社交:                 5
アストラル:              6

== 能動技能 ==(運動技能グループ5)
エチケット (Street)      技能値: 3          DP:5(7)
サバイバル (都市)          技能値: 1          DP:6(8)
パーミング (隠蔽)          技能値: 3          DP:8(10)
ランニング               技能値: 5          DP:9
自動火器 (サブマシンガン)      技能値: 5          DP:10(12)
水泳                  技能値: 5          DP:9
素手戦闘 (Unarmed Attack) 技能値: 3          DP:8(10)
体術                  技能値: 5          DP:10
知覚 (視覚)             技能値: 4          DP:9(11)
刀剣 (カタナ)            技能値: 5          DP:10(12)
投擲武器 (手榴弾)          技能値: 1          DP:6(8)
忍び歩き (Urban)        技能値: 1          DP:6(8)
武器整備                技能値: 1          DP:4

== 知識技能 ==
City Speak          母国語
英語                  技能値: 1          DP:6
ギャング (シアトル)         技能値: 3          DP:8(10)
マフィア (政治)           技能値: 3          DP:8(10)
酒場とクラブ              技能値: 1          DP:6
戦術 (都市)             技能値: 1          DP:4(6)
地域知識: シアトル (レドモンド)  技能値: 3          DP:8(10)
犯罪社会                技能値: 1          DP:6
犯罪組織                技能値: 1          DP:6

== コンタクト ==
スプロール・ギャンガー;(2, 3)
元企業サムライ(マフィア所属);(4, 3)
巡回警官(日系);(3, 2)

== 有利な資質 ==
ホームグラウンド (グロウ・シティ/ストリートの政治)
高速回復
両手利き

== 不利な資質 ==
アレルギー (珍しい, 軽度) (ソバ)
行動規範 (ギャングの流儀)
偏見 (一般的, 先入観) (日系人/日本人)

== ライフスタイル ==
不法居住のボロ屋 (不法居住) 1  月
   + DocWagon Contract, Basic [+416.67円]
   + セキュリティ強化
   + わかりにくい/捜しにくい場所にある [+10%]
   + グリッド契約 (Public Grid) [+50円]


== サイバーウェア/バイオウェア ==
オルソスキン レーティング 3
骨格補綴 (アルミニウム)

== 防具 ==
装甲合計:19
アーマー・ジャケット12
   + 化学防護 6
   + 絶縁 6
ヘルメット     +2
   + 全方位ジャマーレーティング 4
   + 大光量補正
   + 低光量補正

== 武器 ==
アレス・クルセイダーII
   + ガスベント2・システム
   + 内蔵スマートガン・システム
   DP:10   精度:5 (7)   DV:7P   AP:-   反動修正:5
イングラム・スマートガンX
   + ガスベント2・システム
   + 内蔵スマートガン・システム
   + 抑音機
   DP:10 (12)   精度:4 (6)   DV:8P   AP:-   反動修正:5
カタナ
   DP:10 (12)   精度:7   DV:7P   AP:-3   反動修正:3
グラップル・ガン
   DP:0   精度:3   DV:7S   AP:-2   反動修正:3
ソード ("ワキザシ・ソード")
   DP:10 (12)   精度:6   DV:7P   AP:-2   反動修正:3
ナイフ (サバイバル・キット)
   DP:10   精度:5   DV:5P   AP:-1   反動修正:3
手榴弾: ガス弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV:化学物質 (10m 半径)   AP:-   反動修正:3
手榴弾: 煙幕弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV: (10m 半径)   AP:-   反動修正:3
手榴弾: 熱煙幕弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV: (10m 半径)   AP:-   反動修正:3
手榴弾: 炸裂手榴弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV:16P (-2/m)   AP:-2   反動修正:3
素手
   DP:8 (10)   精度:6   DV:6P   AP:-   反動修正:3

== コムリンク ==
トランシス・アヴァロン (アタック:0, スリーズ:0, データ処理:6, ファイアウォール:6)
   + コムリンクの基本機能 [RFIDタグスキャナ, イヤホン, クレッドスティック・リーダー, タッチスクリーン,
    チップ・プレーヤー, 音楽プレイヤー, 耐衝撃防水ケース, 超小型カメラ, 超小型トリッド・プロジェクター, 内蔵GPS誘導システム]

== ストリート・ギア:装備 ==
カミカゼ
グラップル・ガン
   + 標準のロープ (100m)
ゲッコー・テープ・グローブ
サバイバル・キット
   + ライター
   + コンパス
   + マッチ
   + 軽量断熱シート
   + 数日分の携行食料バー
   + 浄水器
タグ・イレーサー
トロード
ヘッドホン レーティング 6
   + 音源探知
   + 聴力強化 レーティング 3
   + 単一センサー レーティング 2[ガイガー・カウンター 2]
マイクロ・トランシーバー
ラペリング・グローブ
眼鏡 レーティング 4
   + スマートリンク
   + 映像拡大
   + 映像リンク
   + 熱映像視野
偽造 SIN (レイヴン) レーティング 2
   + 偽造免許 (各種) レーティング 3 ×6
手榴弾: ガス弾(空力型) ×2
   + CS/催涙ガス
手榴弾: 煙幕弾(空力型) ×2
手榴弾: 熱煙幕弾(空力型) ×2
手榴弾: 炸裂手榴弾(空力型) ×2
登攀具
予備クリップ (アレス・クルセイダーII) ×2
   + 通常弾 (マシンピストル) ×40
予備クリップ (イングラム・スマートガンX) ×2
   + APDS 弾 (サブマシンガン) ×32
予備クリップ (イングラム・スマートガンX) ×2
   + 曳光弾 (サブマシンガン) ×32
予備クリップ (イングラム・スマートガンX) ×2
   + スティックン・ショック (サブマシンガン) ×32

3197 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:48:01 ID:Rfjsk+5u
▼こちらはデータ変更無いので再掲になるが。

▼烏くんも烏くんで、微妙に問題を抱えている。

▼何が問題かって、サブマシンガン。


                                     .,────、
                                ┌---´       ヽ__Π_
                                ./---┐        ◎   |
                               /\__/   ---       |
                .____________./   /   .────┐---.|
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |┌────────-|  ├──────┐|    |
. |        。      ┃ヾ   ------------┼--┤     [][] .|_|----|__
. |                「└---´         `---'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄     |∴∵|
. |_____________________|。──────────'| ̄ ̄
 |                            , -一i::::;;`-- /ヽ--、 ・  __   |
 |                  _ュ-ォ‐ァ ア一'´     ̄ ̄ ̄ ̄) /     / |   .|
 |              __,. -―  ´ / / /        く ̄i ̄`ヽ/     /  丶-、|
.. | ___,. -― ´ ̄            |  |  | i       ヽノ |       /      `'
 ̄                    |  |  |  iー--、  ヽノ  .|     /
                      '、 '、 '  '、_j--`ヽノ   `ー‐一'´
                      _'、 ┴ ¨ ´
           _,. -―   ̄
         ` ¨´



▼めんどくさくない範囲で、大雑把にサブマシンガンの特徴を羅列するが―――


・プリーター
 全ての能力値でサブマシ分類の中で最強と言っていいが、入手値Fの違法物品。

・HK-227
 精度が高く、セミオートからフルオートまでのモードを撃ち分け可能だが、基礎火力が低い。
 っていうか5版になって「狭バースト」のルールが無くなった為、サブマシは当てやすいが単発火力はヘビーピストルに劣る。
 サブマシの基本ダメージは7~8だが、この子低い方。

・SCK
 だいたいプリーターに匹敵するバランスの良さだが、フルオート射撃が出来ない。
 他に欠点らしい欠点は無いが、日本製なんで鳥くん怖くて選ばなかった。絶対自爆装置とか付いてる。(鳥くん談)

・イングラム
 烏くんの主武装がこれ。『最高級のバキュンバキュン』という最高に頭の悪い紹介文章がルルブに付いている。
 精度は低めだが威力は高い方。フルオート可能。ただし、最初から組み込んであるガスベント・システムが微妙に邪魔。
 お高くていいから2じゃなくて自前で3を入れさせてくれ。

・ウージー
 安くて弱い。いやホント、バランス良く弱い。とはいえ安さと、レーザーサイトならではの有利はあるんだけどねネ。

・コルト
 威力・精度は低めだが、最初から色々付いてるし便利。セミオートからフルオートまで打ち分け可能なので、
割と店売りまんまで無改造で戦場持ってくのには屈指に向いた銃かもしれない。

3201 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:51:56 ID:Rfjsk+5u
違法物品だが強いという系統は、アサルトなら神器アレス・アルファ様がそれにあたる。
スナイパーライフルとかは、合法品と違法品で性能とお値段の差が激しい激しい。
ショットガンだとエンフィールドという銃が「違法だが強い」にあたる。

アサルトだと更に上に、KUMOさんがR&R用セッションでぶん回したとかいう「ヤマハ・ライデン」なるものがある。
単純にアレス・アルファの上位互換というわけではないが、装弾数と精度がヤバい。

3202 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:55:49 ID:Rfjsk+5u


      _                                             ┌ 、
      /―┘ニニニニニニニニ丶ニニニユニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
.    /ニニニニzzzzzzzzzzzzz|__________| ̄ ̄ ̄ ̄/ニニニニニニニニニニニニニニニニ|
.     |ニ///////////ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
.     |============┬===================={
    /⌒ヽ‐ニニニニニニニニニニ‐|ニニニニニニニ ̄\\ニニニニニニニニニニニニΛ
.  / ノ   `ー―‐-=======‐-=====、 ̄ ̄ }=ア ̄ ̄\\\__________________________________Λ
/ ´                 ̄ ̄ l  !  !|   /=/      \ニニニニニニニニニニニニニ=/
          ___ ,,   ______ ,, -┴ 、 ノ=/        ー――――――――――‐′
     ‐   ¨¨¨  ´   ヘ´-‐ =ミ―――――‐′
                     ! }
          __ ,,  ,, -┬ ′
 -‐      ̄-  ´  ′´  !
                     ,,<
  ―  ―  =ミー ´ / , 〉
              ′/
 ̄ニ=-     ___/


マシンピストルには違法物品はなく、ライトピストル・ヘビーピストルの違法物品は、単純に他の品の上位互換という
感じではない。

特徴付けとしては面白そうではある。違法ライトピストルは「特殊任務用に専用の消音器が付いたピストル」。
どうやって手に入れたのか想像が捗るが、6Pダメージのそれをメインアームにするのは激しく辛いと思われる。

3203 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 18:59:35 ID:Rfjsk+5u


 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                        __  {7>、  {>.                                  : : .
. : :                        ∨>. `< />.`< >、                              : : .
. : :                         `< >.`< />.∨∧                             : : .
. : :                           `<./>.< //>`V∧                            : : .
. : :             {             `<./>.< />、V∧ ト、                       : : .
. : :          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧                          : : .
. : :           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧                          : : .
. : :           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,                      : : .
. : :           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}                     : : .
. : :            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!                         : : .
. : :             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。                       : : .
. : :              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧                    : : .
. : :               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}                    : : .
. : :                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ                        : : .
. : :                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ                    : : .
. : :                 廴_=--}//////////////-=///////,イ                      : : .
. : :                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!                        : : .
. : :                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'                      : : .
. : :                        {///////〈///////////////リ                    : : .
. : :                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_                    : : .
. : :                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、              : : .
. : :                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ             : : .
. : :                          `< /////イ/////ノ//////////ア¨´  ̄`'             : : .
. : :                            廴圦廴≧=-イ///////////                   : : .
. : :                               ⌒/////////////,,'                        : : .
. : :              _.≦///≧===―------―=≠//////////////                    : : .
. : :             'ー==ニ三/////////////////圦,,ゞ//////////                       : : .
. : :                   ̄ ̄ ̄ ̄⌒<//////////////////イ                         : : .
. : :                            ` <//////_,ェェァ/イ´                        : : .
. : :                            ` ー_=ニア¨´                           : : .
. : :                                ̄~                                : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :


▼で、烏くん。

▼『最高級のバキュンバキュン』という脳の回線を1ニューロンも使ってない説明文がルールブックに乗っており、
 それに惹かれてイングラム・スマートガンXを持たせてみたのだが。

▼反動抑制のガスベント・システムの「2」が最初から組み込まれており、外して「3」に取り替えられないのが最高に邪魔。

▼何が邪魔って、単純動作でFA射撃したら反動抑制が1点足りなくて、DP減っちゃう。

3204 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:04:08 ID:Rfjsk+5u


                                          .,────、
                                     ┌---´       ヽ__Π_
                                     ./---┐        ◎   |
                                    /\__/   ---       |
                     .____________./   /   .────┐---.
     . | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |┌────────-|  ├──────┐|    |
     . |        。      ┃ヾ   ------------┼--┤     [][] .|_|----|__
     . |                「└---´         `---'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄     |∴∵|
     . |_____________________|。──────────'| ̄ ̄
     :ヽ                            , -一i::::;;`-- /ヽ--、 ・  __   .|
     :::::\                 _ュ-ォ‐ァ ア一'´     ̄ ̄ ̄ ̄)(⌒( ̄ ̄ヽ|   |
        \          __,. -―  ´ / / /        く ̄i ̄`ヽ/ ̄( ̄ ̄ヽ` -、|
          丶. -― ´ ̄           |  |  | i       ヽノ |     ( ̄ ̄ヽ  / `'
                           |  |  |  iー--、  ヽノ  .|    ( ̄ ̄ヽ /
                           '、 '、 '  '、_j--`ヽノ   `ー‐一'´ ̄`ー--'
                           _'、 ┴ ¨ ´
                _,. -―   ̄
              ` ¨´


▼とはいえ、バーストファイアより当たりそうなんで多分そっちを使う烏くん。

▼片手にポン刀、片手にサブマシが戦闘時の正装になるんで、ストック付きのサブマシは使いにくいし。

▼あと、プリーター、HK、SCKは割と特殊部隊やら警備隊やらの装備らしいので。

▼ちょっとデータと雰囲気の間のバランスで遊んでる男爵でした。

3206 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:06:07 ID:Rfjsk+5u

          __
       ./`>夊__!_j____
      / ァ‐-、 `r―-r》》》、___               __
       / i f⌒i !  i   i_i i_jii  i`¨¨`¬‐ュ-、____r'⌒fー'´ 》
     ./  弋__久.  i        i      L;;::..__》!「`゙ー--《
    /          _j____     i                  _ノム
     >k、.    / fソ` ̄`ーfソnnnm.r--、  , , ,,,,,,,,f_rkノ
      `>≧-、,イ______////////____ _  ///,',',双7
    _,fFv仗_    i三三化イ‐ニ¬・…'7, / ̄7r' ̄7/ ̄/ /__
  ., '´   `ヽ. \  j三三!L「´ f^!__  ヽ/ r-'《`ー'// ,斗く.....:.:.\
 / ,r'⌒ヽ. マ  .i} i`ヽr--'ハ `ヽ.ノ  /´ `ヽ、  /ヘ、 ハ....:.:.:∧
 | .i|    !  i   i} i__/ _,,,,... . . . ....}/.._八   .f^ヽYr‐-、 ヽ i....:.:.:.:∧
 l  弋_ノ  ,'  y'=-―・…‥'''''フ",r'⌒`ー-下、人`ヽ_j_,ノ....:.:.:.:.:.:.〉、
 ヽ.、 _ _/ /_____,斗'   { ヽ、_     `T¨´............:.:.:.:/.:.:.\
   `¨¨¨¨¨ ̄ ´            〈ゝ、   `ー-、____ノ....:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:\


          スマートガン
▼真面目な話、“賢い銃”はハックされて“間抜け”にされた時の反動が怖いので。

▼サブアームとして、伝統的なレーザーサイト型の自動火器を一本持ってても良いかもね。

▼―――今度な!

3207 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 19:07:22 ID:s39xyIVP
(男爵さん。ルルブ見るにカタナは両手持ちっす……根拠はカタナの説明文……)
(外出中なのでページ数までは思い出せませんが、直球で書いてあるはず……)



3208 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:09:11 ID:Rfjsk+5u
4版だとフルオートやバースト射撃を集中すれば、ヘビーピストルを遥かに置き去りにした火力を出せたサブマシさん。

5版では同等か、貫通力の差で基本ダメージはやや劣るくらいである。

まぁ、フルオートやバーストは避けにくいので、差分稼ぎやすいという意味では実戦値としてはヘビーピストル以上だろうし、
射程というピストルでは決して勝てない要素もあるんだけどね。

3209 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:10:05 ID:Rfjsk+5u
>>3207
マジや(真顔)

ちょっとデータ調整させてくださーい。戦闘前に気付いてよかった。

3210 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:10:27 ID:Rfjsk+5u
ソードは片手用なんで………。

おいおいワキザシ・ソード大活躍やぞこれ。

3215 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:12:22 ID:Rfjsk+5u
割と烏くん、『両手利き』の特徴持ってて、遠近両対応がコンセプトなんで、コンセプト崩壊レベルのミスだったわコレ!
あっはっはー!

3217 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 19:13:12 ID:ReBIq2jG
(相手を強制的に)介錯致す!

3219 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 19:14:58 ID:zaL73mxh
ワキザシを腰だめに構えて、「叔父貴の仇ィィィ!!」の運動ー。

3220 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 19:15:40 ID:uyFiuFP0
>>3219
「1、2、この、泥棒猫ー!」



3221 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:16:19 ID:Rfjsk+5u
カタナ売っぱらって浮いたお金で、それこそレーザーサイト型の装備持ってみるかな。
或いはスラム生まれスラム育ちでピストル技能0ってのもアレなんで、自動火器メインとしてサブアームとして
そっち齧ってみるのも手か。

3223 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:18:12 ID:Rfjsk+5u
とはいえ、そんな削るところも無いから、技能1+専門化くらいがせいぜいだけどな!<ピストル

3224 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:24:49 ID:Rfjsk+5u

 . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
. : :                        __  {7>、  {>.                                  : : .
. : :                        ∨>. `< />.`< >、                              : : .
. : :                         `< .`< />.∨∧                             : : .
. : :                           `<./>.< //>`V∧                            : : .
. : :             {             `<./>. />、V∧ ト、                       : : .
. : :          {  |               _ `<./>.//>V∧{∧                          : : .
. : :           ',  }!              .}≧。∨/∧//>.//V∧                          : : .
. : :           }! , }!          _,,,,..  }////ゞ//∧/∧//V∧,,                      : : .
. : :           `\}!.        ∨//>}!/////ゝ//∧/∧////}                     : : .
. : :            ゛\}!.       _,,≧///ゞ//////ゝ/∧/∧///i!                         : : .
. : :             `≧}!、      }//ゞ/////ゞ、////ゞ/∧/∧//}。                       : : .
. : :              `≧}!.   .,ゝ////ゞ、////ゝ///ゝ∧/∧/∧                    : : .
. : :               ゝ≧}!.  {///ゞ/////≧=-,////////////}                    : : .
. : :                \≧=\ゝ/////≧=-//≧=-,,/{///////リ                        : : .
. : :                  }圦_≧{//`≧=====---―=≦ゝ/////イ                    : : .
. : :                 廴_=--}//////////////-=///////,イ                      : : .
. : :                  `ー{ {`≧=====--―=≦////イ////}!                        : : .
. : :                      ゛圦/////=---=≦//////圦//>i'                      : : .
. : :                        {///////〈///////////////リ                    : : .
. : :                         〈ー==^///>.//////////////{,, ==- ,_                    : : .
. : :                          廴=-イ///>////////////ヾ/////q、              : : .
. : :                          }≧=-イ/////////////////ヾ///'',,ヾヽ             : : .
. : :                          `< /////イ/////ノ//////////ア¨´  ̄`'             : : .
. : :                            廴圦廴≧=-イ///////////                   : : .
. : :                               ⌒/////////////,,'                        : : .
. : :              _.≦///≧===―------―=≠//////////////                    : : .
. : :             'ー==ニ三/////////////////圦,,ゞ//////////                       : : .
. : :                   ̄ ̄ ̄ ̄⌒<//////////////////イ                         : : .
. : :                            ` <//////_,ェェァ/イ´                        : : .
. : :                            ` ー_=ニア¨´                           : : .
. : :                                ̄~                                : : .
 : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :

== パーソナル・データ ==
ストリート・ネーム:レイヴン
名前:不詳
移動速度: 10/20 (2m/ヒット)
水泳: 4.5 (1m/ヒット)
カルマ:0
ストリートの評判:0
悪名:0
公的認知度:0
ヒューマン 男 年齢 17
身長(cm) 182cm 体重(kg) 102kg
冷静テスト:7
意図を測る:7
持ち上げ/運搬:9 (60 kg/40 kg)
記憶テスト:8
新円:274.33新円

== 優先度 ==
メタタイプ:C,2
能力値:A,4
魔力/共振力:E,0
技能:B,3
資産:D,1

== 能力値 ==
強靭:5
敏捷:5
反応:4
筋力:4
魅力:2
直観:5
論理:3
意志:5
エッジ:7

== 特殊能力値 ==
エッセンス:              4.25
イニシアティブ:            9 +1d6
リギング・イニシアティブ:       9 +1d6
アストラル・イニシアティブ:
マトリックス・イニシアティブ(AR): 9 +1d6
マトリックス・イニシアティブ(コールド):11 +3d6
マトリックス・イニシアティブ(ホット):11 +4d6
身体ダメージトラック:         11
精神ダメージトラック:         11


== リミット ==
身体:                 6
精神:                 6
   音源探知 [+2] (Only for Perception to find the source of a sound)
   聴力強化 [+3] (Only for Perception (Hearing))
社交:                 5
アストラル:              6

== 能動技能 ==(運動技能グループ:Lv5)
エチケット (Street)      技能値: 3          DP:5(7)
サバイバル (都市)          技能値: 1          DP:6(8)
パーミング (隠蔽)          技能値: 3          DP:8(10)
ピストル (セミオート)        技能値: 1          DP:6(8)
ランニング               技能値: 5          DP:9
自動火器 (サブマシンガン)      技能値: 5          DP:10(12)
水泳                  技能値: 5          DP:9
素手戦闘 (組手甲冑術)        技能値: 2          DP:7(9)
体術                  技能値: 5          DP:10
知覚 (聴覚)             技能値: 3          DP:8(10)
刀剣 (カタナ)            技能値: 5          DP:10(12)
投擲武器 (手榴弾)          技能値: 1          DP:6(8)
忍び歩き (Urban)        技能値: 1          DP:6(8)
武器整備                技能値: 1          DP:4

== 知識技能 ==
City Speak          母国語
英語                  技能値: 1          DP:6
ギャング (シアトル)         技能値: 3          DP:8(10)
マフィア (政治)           技能値: 3          DP:8(10)
酒場とクラブ              技能値: 1          DP:6
戦術 (都市)             技能値: 1          DP:4(6)
地域知識: シアトル (レドモンド)  技能値: 3          DP:8(10)
犯罪社会                技能値: 1          DP:6
犯罪組織                技能値: 1          DP:6

== コンタクト ==
スプロール・ギャンガー;(2, 3)
元企業サムライ(マフィア所属);(4, 3)
巡回警官(日系);(3, 2)

== 有利な資質 ==
ホームグラウンド (グロウ・シティ/ストリートの政治)
高速回復
両手利き

== 不利な資質 ==
アレルギー (珍しい, 軽度) (ソバ)
行動規範 (ギャングの流儀)
偏見 (一般的, 先入観) (日系人/日本人)

== ライフスタイル ==
不法居住のボロ屋 (不法居住) 1  月
   + DocWagon Contract, Basic [+416.67円]
   + セキュリティ強化
   + わかりにくい/捜しにくい場所にある [+10%]
   + グリッド契約 (Public Grid) [+50円]


== サイバーウェア/バイオウェア ==
オルソスキン レーティング 3
骨格補綴 (アルミニウム)

== 防具 ==
装甲合計:19 ダメージ抵抗:7
アーマー・ジャケット12
   + 化学防護 6
   + 絶縁 6
ヘルメット     +2
   + 全方位ジャマーレーティング 4
   + 大光量補正
   + 低光量補正

== 武器 ==
アレス・クルセイダーII
   + ガスベント2・システム
   + 内蔵スマートガン・システム
   DP:10   精度:5 (7)   DV:7P   AP:-   反動修正:5
イングラム・スマートガンX
   + ガスベント2・システム
   + 内蔵スマートガン・システム
   + 抑音機
   DP:10 (12)   精度:4 (6)   DV:8P   AP:-   反動修正:5
グラップル・ガン
   DP:0   精度:3   DV:7S   AP:-2   反動修正:3
ソード ("ワキザシ・ソード")
   DP:10 (12)   精度:6   DV:7P   AP:-2   反動修正:3
ナイフ (サバイバル・キット)
   DP:10   精度:5   DV:5P   AP:-1   反動修正:3
ブローニング・ウルトラパワー
   + レーザーサイト
   + 隠蔽ホルスター
   DP:6 (8)   精度:5 (6)   DV:8P   AP:-1   反動修正:3
手榴弾: ガス弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV:化学物質 (10m 半径)   AP:-   反動修正:3
手榴弾: 煙幕弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV: (10m 半径)   AP:-   反動修正:3
手榴弾: 熱煙幕弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV: (10m 半径)   AP:-   反動修正:3
手榴弾: 炸裂手榴弾(空力型)
   DP:6   精度:6   DV:16P (-2/m)   AP:-2   反動修正:3
素手
   DP:7   精度:6   DV:6P   AP:-   反動修正:3

== コムリンク ==
トランシス・アヴァロン (アタック:0, スリーズ:0, データ処理:6, ファイアウォール:6)
   + コムリンクの基本機能 [RFIDタグスキャナ, イヤホン, クレッドスティック・リーダー, タッチスクリーン, チップ・プレーヤー,
     音楽プレイヤー, 耐衝撃防水ケース, 超小型カメラ, 超小型トリッド・プロジェクター, 内蔵GPS誘導システム]

== ストリート・ギア:装備 ==
カミカゼ
グラップル・ガン
   + 標準のロープ (100m)
ゲッコー・テープ・グローブ
サバイバル・キット
   + ライター
   + コンパス
   + マッチ
   + 軽量断熱シート
   + 数日分の携行食料バー
   + 浄水器
タグ・イレーサー
トロード
ヘッドホン レーティング 6
   + 音源探知
   + 聴力強化 レーティング 3
   + 単一センサー レーティング 2[ガイガー・カウンター 2]
マイクロ・トランシーバー
ラペリング・グローブ
眼鏡 レーティング 4
   + スマートリンク
   + 映像拡大
   + 映像リンク
   + 熱映像視野
偽造 SIN (レイヴン) レーティング 2
   + 偽造免許 (各種) レーティング 3 ×6
手榴弾: ガス弾(空力型) ×2
   + CS/催涙ガス
手榴弾: 煙幕弾(空力型) ×2
手榴弾: 熱煙幕弾(空力型) ×2
手榴弾: 炸裂手榴弾(空力型) ×2
登攀具
予備クリップ (アレス・クルセイダーII) ×2
   + 通常弾 (マシンピストル) ×40
予備クリップ (イングラム・スマートガンX) ×2
   + APDS 弾 (サブマシンガン) ×32
予備クリップ (イングラム・スマートガンX) ×2
   + 曳光弾 (サブマシンガン) ×32
予備クリップ (イングラム・スマートガンX) ×2
   + スティックン・ショック (サブマシンガン) ×32
予備クリップ (ブローニング・ウルトラパワー) ×2
   + APDS 弾 (ヘビーピストル) ×10
予備クリップ (ブローニング・ウルトラパワー) ×2
   + 通常弾 (ヘビーピストル) ×10

3225 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 19:35:41 ID:Rfjsk+5u
まーこんなもんか。続きはいつくらいからやるかな。

3237 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 20:02:30 ID:wqIKaUUq
あ、レイヴン君いつの間にか年齢下がってる?



3238 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:05:42 ID:Rfjsk+5u
>>3237
最初18歳の予定だったけど、年上ヒロイン感出すために2歳差にした。
結構前から

3239 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:06:24 ID:Rfjsk+5u
しかし現状、こんな感じで良いのかどうか。

おっかなびっくり感は拭えんなぁ。

3246 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:14:49 ID:Rfjsk+5u
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


ノl!\:::::>.、                       ィ全ェ全ェz.、 `ヽ
下`ゞ!三!三\                      !////r==xト!ト!トi!                     j|
.リ  ∨!三!三ゞ!ヾ               ̄∨/弍_ノト!ト/                         j|
 ̄! `戈n!三 シ  ` : .            /` ̄ ̄ ̄                         j|
―――ノく ――――――――――――――――――――――――――――――――― .l| ――――――
     ゞイ    ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;' ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;'               _l|_ ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.r=ァ ニニニニニニニニニニニニニニニニ ∨ ニニニニニニ
 r  、       ` : .、    /l!>、 l ニニiニニニニ∨j!≡≡!ニ/ニ/            r_,.ィ|ト、,,,, ;!
 |   l lr= - 、  l!――――‐.i木i ―――――――. 木 ―――――――――――― l! _  .ノl ! |   |!
 i  i |!三三i l l! r=r= - 、!ヾ__________l::!__________,,  _´_j!  l |__.! |   li
 i  ; |!    i | ! .! :| i≧! :! |  |       |: : : : : : : : : : : :|― :|r==i  r==i |_   l ::l!  |r=====!:!   !
 i  l |!    | ! .j! |..:| i   | j .:|  l三三l  |: : : : : : : : : : : :|   :|l三:l  |_:!..:|::!  |  j  .||---r=:|:|   l!
 | ||=l!==l!======l!=l!=   ! l ::l  l三三l  |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|   :|l三:|   |  :!..:|::!  | .:l  :||=u=| =|:|   l!
 | || :l!  li  .| ! .j! |..:| .|   .!=:l==|==l ̄ ̄l  | ―――――.:| ―:|l三:|― |―:!.::|::!:―:| 、::!  jj==j :|:|_ _j! __
 | || :l!/l! ̄:!;| ̄! ̄!_!,,=―――――――――――――――――――――― - 、 ::!  ||: : : |: ::|:|
 | ||/l!  l! ..ノ大,,≦     ____                               ≧: .、: :.::|: ::|:|
 | ||ノ;[;, ,≦.       ,,≦: : :.::.,,<||    l´`l                  ______.  ≧弍__!;!
 |, ,≦           || ̄ ̄ ̄||   ||  r=r==!               r=x... ̄ ̄||: : : : : : :|.      ≧: .、
´                 ||      ||.     l! l! l j  : : : : : .   . :     ヾ::::!     ||: : : : : : :|          ≧: .、
                  ll.               , ,;';'`:,゙;:,      7:`ヽ,゙_||:_:_:_:_:_:_:|            ll ≧:
                   |   |!  /  , ,;';'`:,゙;:,;'`:, ,;',゙;:,,゙;:,, ,;';'`:..     l: :\/                 |   |!  /
                   ト=.イく_/       ;'`:,゙;:,, ,;'               `/\       マ  .マ       ト=.イく_/
                  ヒニ!/.    ,゙;:,, ,;';'`:                       マ  l!  マ.    ヒニ!/
                                                    マ ノ===:ヾ
                                                    ∨: : ::/__\
                                                     ̄ \: : : :ヽ
                                                         `ー=イ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ さて、オルガマリーが氏素性を語ってみせた以上、次は自分も語る版だろう。

┃ 幸いにして、先程に比べれば余裕もある。路上の立ち話で、いつ見つかるか分からない状態ではない。

┃           スロット アンド ラン
┃ ―――ここで“良いから早くしろ”などと話を切り上げられたら、流石に貴方もキレない自信は無かったが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ   「―――そうね。
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人   貴方はいったい、どんな人?
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、 極悪人じゃないのは分かったけどね」
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 幸いにして、オルガマリーは罵るどころか、穏やかな表情で続きを促してきた。
┃                                              ヒノモトサブライ
┃ ―――とはいえ、貴方の人生、特筆すべき事はだいたい大魔界日本産の“日本武士”に絡むのだが。
┃     センセイ
┃ むしろ師匠に出会っていなければ、一山幾らのスプロールギャンガーのまま、この歳まで生きてすらいなかった
┃可能性が高い。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3260 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:31:12 ID:Rfjsk+5u
┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ SINレスのストリートの住人としては、特筆すべき話はあまり無い。シアトルの割と治安の良くない方で生まれた、
┃SINレスとSINレスの間に生まれた子だった“らしい”としか分からない。

┃  バ ー レ ー ン
┃ “荒廃地区”もグロウ・シティだけではない。今のホームはここなのだが。

┃ ただ、生まれも育ちもあまり“御上品”とはいえない流れ方をしたのは間違いないだろう。

┃ ス ト リ ー ト ・ キ ッ ズ
┃ “スラムの子供”として、ギャングの使い走りをしていた記憶はある。子供の頃から、殴り殴られ刺して刺され、
┃弱肉強食に近い世界で生きてきた。

┃ 残飯の奪い合いで人が死ぬ。それが当然の世界だった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



■──────────────────────────────────────────■
│ ロロロロロロロ |::..        ____i_             ____i_                |::.            │
│ ロロロロロロロ |:::::..       /;;;;/iヽ           ...::/;;;;/iヽ             |::. l'l⌒i         │
│ ロロロロロロロ |:::::::::.....    |F_F|=|..      .....::::::::::|F_F|=|..            |::. |:|ェェ|         .│
│ ロロロロロロロ |:::::::::::::.::::........ :|F_F|=|:::::...........:::::::::::::::::::|F_F|=|::::....            |::. |:|ェェ|         .│
│二─────── ______.::::::::::..................:::::::::::::: |F_F|=|::::::::::..................      |::.  ̄ ̄          .│
│   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ─────‐二二二二───----___________              │
│.T.┬─‐┬───┬............................____ ̄ ̄ ̄:::::::::::───────‐___ ̄ ̄────     │
│││:::::::...|      | ::::::::::::: :|  | ::::::::::::: |  |::: ̄ ̄ ̄!.  ┌───┐         i ̄ ̄──┬─    .│
│││:::::::...|      | ::::::::::... .|  | ::::::::::... |  |:::::::::::.. .. |   |:::::::::::::::.....|         |:::::::::::::::::::....|      .│
│││:::::::...|      | ::::::::..... .|  | ::::::::..... |  |::::::::::.. ... |   |::::::::::::........|         |:::::::::::::::::......|      .│
│    ̄ ̄ .       └──‐┘ !_:::...... |  |::::::::... .... |   |::::::::::..........|         |:::::::::::::::........|      .│
│:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |      .│
│_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄      │
│: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  ...│
│:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :. │
│::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::... .│
│::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::...  │
│: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .  │
│    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::...  │
│    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::...  │
│    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::.... .│
│   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...  ...│
│                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..   .│
│                                      (___/  (___/:::.....                │
■──────────────────────────────────────────■




┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 貴方は幾分か体格に恵まれていた。幾分か俊敏だった。幾分かタフだった。
┃ そうして似たような路地裏の少年達が集まった中で、少しか用心棒めいた立場をするようになった。

┃ ギャングより更に程度の低い、ストリート・キッズの集団だ。
┃ 用心棒“めいた”と言っても、整備もマトモじゃない拳銃と、拾ったブカブカのアーマーベストを着た、失笑モノの
┃有様だが。
┃ それでも、目に見えた“武力”が有ると無いでは大分違った。

┃ ギャングの更に下働きやら、残飯の奪い合いやら、浮浪者相手の追い剥ぎやら。
┃ そういう荒れに荒れた生活の末に、出会ったのが―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3261 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:35:48 ID:Rfjsk+5u

■───────────────────────────────■
│               ∠二二二二二ヽ                       │
│              才ニニニニニニニニニニニ\                      │
│            //ニニニニニニニニニニニニニ乂__ノ                   │
│            イニニニニニニニニニニニニニニ圦¨¨㍉                 │
│            / 乂ニニニニニニニニニニニニニニミ=ー-                │
│           .| 〈从ニ〈o寸ニニィo アニニニニニ圦ヽミ                │
│             小 寸ニニニニニニニハ )ニニニ艾才ヽ                │
│             ノ.乂∧ニニニニニニハ{ニニニニ才⌒                │
│               .ノ/∧ tェェェxニニ八/   >                     │
│              /. ∧ニニニニ//  /ニニニニ><            │
│           .彡/  人 ー‐匕才 .ニニ7ニ7    / ̄ヽ             │
│          /  \ (: : V∧Y7/ /ニニ7ニニ   /   .∧          .│
│       / ̄ -=ニニニニY: : :Vノイ  /.ニニ7ニニニニニ./     ∧           .│
│     イ( ニニニニニニニ/: : : :o: : :|  | .ニニ|ニニニニニ/ニ     .∧        │
│    人  \ニニニニ  ム: : : :o: : :.|  | .ニニ|ニニニニ./ニニ     ∧        │
│    \\ ニニニニ7  ム: : : :o: : : |  |   l|ニニニニニニニ      ∧       │
│     (圦 ニニニニ7  ム: : : :.o: : : :|     .l|ニニニニ|ニニニ      .∧       │
│    ハ .ニニニニ7  .ム: : : : o: : :.:.|    .l|ニニニニ{二ニニ      .∧       │
│   .〈.八 .ニニニ7  ム: : : : o: : : : |    .l|二ニニ∧二二      ∧     .│
│   八  ニニニ7  ム: : : : :o: : : : :|寸ヽ.  l|二ニ7  Vニニニ      ∧     .│
│   (  \ ニニ7  ム: : : : :.o: : : : :.| \≧=j二ニ|   Vニニニ       ∧   ....│
│  .ハニニニニ7 /!: : : : : :.o: : : : : |   \二二..|   Vニニニニ     ∧   ..│
│  { ニニニニ才./ |: : : : : :.o: : : : : |    \ニニ.|    Vニニニニニ    .ム   .│
│  | ニニニニニ/  .|: : : : : :.o: : : : : |      〉二|    Vニニニニニ     ム  ..│
│  l .ニニニニ/   |二ニ才:o: : : : : |      ムニニ|     V二二二二二二 ム   │
│  | .ニニニ/   八 : : :.:.o: : : : : :|     ムニニ |     V二二二二二二 ム  │
│  | ニニニ/   /: : : : : : o: : : : : :.!     ムニニニ|      V二二二二二二. }. │
│  | ニニ/    ./: : : : : : :.o: : : : : : !    ニニニニ|      }二二二二二二 .|. │
│  |..ニ7    ム: : : : : :.:.:o: : : : : :.:|    二ニニニ|      |二二二二二二 .|  │
│  |..ニ|    {: : : : : 三匚丁三: : :|    二二ニニ|      |二二二二二二 .|  │
│  |..ニ|   人: : : : : : : : : : : : : : :|    {ニニニニニ!       |二二二二二二 .|  │
■───────────────────────────────■

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ヒノモトサブライ
┃ “日本武士”とかいう渡海してきたプレデターだった。

┃ よくアレに喧嘩売ったなオイと、貴方は語りながらも過去の自分の向こう見ずさに冷や汗をかいた。

┃ あの有様では、恐らくあそこで師匠に出会わなければ長生きしていなかっただろう。
┃ 喧嘩を売ってはいけない相手を判断できていなかった証左である。

┃ 生半可に、少しか運動神経や体格に恵まれていたからと、調子に乗っていたストリート・キッズだ。
┃ サムライやアデプトどころか、キッチリ武装したギャングを相手にしただけでヤバかったろうに。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3262 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:46:07 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――そこから貴方の人生は、大魔界日本に大分侵食を受ける。

┃ 実際、体格なり運動神経なり、多少は師匠の目から見ても『見所』があったのだろう。

┃ 無手で簡単に制圧された貴方に対し、師匠は『鍛えてやろう』などと言い出した。

┃ 実際の所、土方歳三なる人物は氏素性を詳しくは語らない。語ろうとせず、詮索させもしない。
┃ 聞いた話だと、『土方歳三』なる名前も、日本の有名な武士の名前だそうで。恐らくそれすら、偽名に過ぎない。

┃ ただ、貴方から言えるのは一つ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


■────────────────────────────────────■
│                     _  __                           │
│                    /:i:i:i:i:iY:i:i:i:ヽ                          │
│                  /:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:iム                          │
│          ⌒寸辷=ー:i:乂:i:i:i:i:i{ ̄`´¨7:i:iハ                             │
│          才≧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:人  /才:i:i:i乂                        │
│             才:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i卞t弍 /佗テi:i:i:ハ〉 )                        │
│          (乂寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:八  / /从:i:i:i|/                       │
│             从小:i:i:i:i:i:i:小  ー  ハ:i:八                         │
│               ー匕ィニ圦∧´ ̄`./ /ニニ寸_                        │
│           r≦二二ムニニム艾寸7777ハ二ニV二ニ=ー                       │
│          /二二二二ムニニムミ寸l l lノニニ.VニニV二二ニ',                 │
│         ./二二二二二ムニニムニニニ〈oニニニVニニ寸二二ム                   │
│         /二二二二二二ムニニムニニニ',oニニニ.V二ニ\二ニ}                    │
│        ./二二二二二二二ムニニムニニニ',oニニニVニニニニ寸7                 │
│       /二二二二二二二二ハニニムニニニ',oニニニVニニニニニヽ                │
│      ./二二二二二/ニニニニニ }ニニニムニニニ,oニニニVニニニニニニ\              │
│       ./二二二二二7二二ニニニ|二ニニムニニニ',oニニニVニニニニニニニ\               │
│     /二二二二二7  寸ニニニ|二ニニニムニニニ',oニニニ寸ニニ≦二¨´               .│
│    ./二二二二二7     .寸ニム====ミニ}ニニニ.',oニニニニ寸ニニニニニニ              │
│    /二二二二二7      寸ニニニニニヽjニニニ§',oニニニニ寸ニニニニニ     /〉     │
│   ./二二二二二く         辷ニ才ニニニ|∞∞二loニニニニニ.寸ニニニニ∨  ./〉く    ....│
│  〈二二二二二二ニ-      {ニ|二二ニニ|ニ才ニニ{oニニニニニニニ寸ニニ ∧/〉く/     .│
│    寸二二二二二二ニ=ー   ム圦二二ニ.ム≠ニ二|o二二ニニニニニ寸ニ/〉く/       │
│     寸二二二二二二二二>く.ニVニニニ7三三ニ7o二二二二二爻/〉く/           .│
│       寸二二二二二二/ァ=ミ二Vニニ7三才 {l___7}__||_ 寸 〈::::(〉く/ニV         │
│        寸二二二二 /:./   \.Vニ7才才{E___}|_}}  寸寸マ7匕:)ニニ|          .│
│         寸二oニニ/:./   /´ ̄ `ヽー- 、ニニニ三`寸  寸ヽ辷匕77叮叮叮       │
│            寸ニo.7:./   /       \ハ二二二二寸  寸乂小ハ亠亠亠      .│
│              寸ム/ .ィ  ハ         ヽミ二二二二寸 \ 辷彡ム         │
│              / U  |八       寸㍉ V二二二二寸 `¨¨´|:i:i:i|         .│
│               |   イ才ニニV   rx  V圦 }二二二二二≧=ー彡:i:i:i|         .│
│               |//ニニニニ.|  |  V.ム  V二二二二二二二二寸:i:i:i:i:|        .│
│                 /ニニニニニ 人.八  V:.ム  V二二二二二二二二 寸:i:i.!         .│
│                ./ニニニニ /ニニ\)\)ニ圦_ノニニ圦二二二二二二二V:i:i         │
│               /ニニニニ/二二二二二二二二/:i:i:∧二二二二二二二V|          │
│            /ニニニニ7二二二二二二二二/:i:i:i:i:i:∧二二二二二二二V         │
■────────────────────────────────────■


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――加減しろや。

┃ それに尽きる。

┃ 授業料とか言って数少ない新円は巻き上げられるわ、ボッコボコにされたと思ったら次は座学とか言って
┃戦術の話をしだすわ。

┃ 今だから分かる。師匠は本気で、貴方を鍛えようとしていてくれた。理由は分からない。
┃ 気まぐれかもしれなければ、何か意図があったのかもしれない。
┃ それこそ―――師匠が語らない過去に関係しているのかもしれない。

┃ なんにせよ、本気で貴方を鍛え上げてくれた。故に貴方は、ギャングにすらなれないスラムの小僧のまま
┃死なずに済んでいるし、ギャングとしてみればかなり高い戦闘技術や知識量を備えている。

┃ そして、これも今だから分かる。
┃ あの人、教え方クッソ下手だ。(※指導スキル:0)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3263 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 20:46:16 ID:zDbw83ST
サムライ(比喩でない)だからなぁ

3267 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 20:48:25 ID:3l5J+W2I
>指導スキル:0
(アチャー



3274 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:52:00 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ともあれ、ストリートでの

┃『逃げ出す機会を伺っているが、達成できない弟子』
┃『教え方が下手なので、とりあえず身体に叩き込む師匠』

┃ という珍妙不可思議かつ血と汗と涙に彩られた師弟関係は、2,3年で終わりを告げる。
┃ 腕利きのストリート・サムライである師匠に目をつけたマフィアが、師匠に声をかけに来たからだ。

┃ どうやらその時には、丁度貴方はそれなりに“モノ”になっていたらしく―――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     〃ニニヽ
                    i:.<>.:i
                    |:.<>.:!
                    |:.<>.:!
                    |:.<>.:!
                    |:.<>.:!
                    |:.<>.:!
                    |:.<>.:!
                    |:.<>.:!
                    i:.<>.:i
                    i:.<>.:i
                    i:.<>.:i
                    !:.<>.:i
                    !:.<>.:|
                    !:.<>.:|
                   ___,!ニニニニ゙!__
               r=、ーァ=‐=======‐‐‐'
                 マ}/{〃 i!:. :==.゚:;::|
                {マ}}/=、iト‐‐‐‐‐-!_
               _、ァ'彳ヾ=-‐─--{
               {ニ彡へi!‐ミ,,_____/
               `}____ゝ:.:\':i:i:i:i:|
                j_,,../7 、__.>‐、:j
                /ニニy.:.:ノ≧=--}
                 /7:i:ト、彡'____.}
                  {:!!:.{{、 !:.゚:._:._:,:.i
                !iヽ='' !::._:;:゙::゚_:.:i
               ij   i:.::_,_'_。:!
                  i:゚:.:r;:゙:: .::.i
                   i:_:/ii{:_,:.i
                    i:_:゙='':._:_:.!
                     !:. :.゚.::..゙::::!
                  i:.:‐==‐:.::i
                    i.::_:_,:::.::.i
                 i:. :.:゚;;:.:.:,!



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――卒業祝いと言われて渡されたのはセップク用のワキザシ・ソードで。

┃ ついでに、生まれて初めて『天然物の食事だ』と連れて行かれた先のソバ屋で、貴方はソバ・アレルギーが判明し
┃死ぬかと思った。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3276 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 20:53:27 ID:AjEo7TLV
卒業祝いの食事で死にかけるとかシャレにならんなwww

3280 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 20:55:21 ID:z7RXHNMs
まぁ第六世界、天然もののアレルギーとかそうそう発覚しないだろうからなぁ……w



3282 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 20:58:16 ID:Rfjsk+5u

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そしてそこから、貴方は師匠について行くのではなく、スプロール・ギャンガーとして生きる道を選んだ。

┃ 死ぬか別れるか、ともあれ大分数は減っていたが。

┃ ストリート・キッズだった頃につるんでいた少年らが、まだストリートに居たというのが大きい。

┃ 頭数が揃えば、小さなギャング・チームの発足で。後ろ盾というわけではないが、師匠が雇われたマフィアから
┃小遣い稼ぎの依頼を受けることもあった。

┃ ―――幾らかマシな生き方ができるようになった。少しか“行儀の良い”ギャングになれた。

┃ ―――クリスマスにはチキンバーレルの上でアサルトライフルが回転するようになった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               / {     /                    \  //
              .'  ゝ-─‐ア       /          ヽ   _  ヽ//-──- 、
              {    /        l           |ィ、、__    {‐< ̄ ̄`丶 ヽ
               ̄ ̄ / /    /   ,|           |  ^Z_ /乂   ヽ     \}
                  /     /   /´|    }     |    } // マヽ }
               / /       /  |   '      |    Y//   {  ヽ
              /-‐'7      | ~'─‐''¨¨ /   `ー~─-  Y'     ト、  }   「なにそれこわい」
                 i|       | /  _‐-、 /      /-‐__     }′   ', {\|ヽ
                 i|  |    | ,ィア~rミヽ/    /'^ rミ `ヽr_ }      ',{   }
                /|  |    |人  ヒソ /   / {l   ヒソ  人 /7    | 乂_ノ
                 /   |i   |     ̄/  /{\ ', ` ̄    /く}    |  {  )、          _ - ノ
                 ', j{   {    /ノ/  |   ̄       厶 ノ   |__ ゝ‐' _>──'''´  /
             /   ∨ ',  {、    ̄          u //     |/   r‐ヘ       /
            /    __/ 丶 |::.         _ _      /   /    /|   {ニニト、 - ´
             ´     /     |ヽ', \    ´─‐`     ィ   /     { iト、  \=_} \
_     _ -‐ ´     _/       {{ ヾ V>        < ,'         | i|ニ\ー─ノ
\  ̄ ̄      _、rf〔ニ{         {{    ∨   > _ < 、 /  /        V|ニニ/ニニ}    ヽ
  ` ー--   _/{ニニニ       {{      〉' / 乂ハ_ハ乂 \ ,ィ         Vニ/ニニ/      }
         {ニニ',ニニニ       {{     ./ '    ̄  -=彡'く7            Vニニニ}l    }
       /{ニニ',ニニニ      {{  /     |   |    Y l        |\\ニニ=/{_
       rニニニ',ニニニ      {{ /      |   |     .'        |  | ̄ニ/ニニl   /
     / }ニニニニ',ニニニ     {/   /             | l         |  |ニ/ニニ|  /
       ,'ニニニニ=',ニニニ   〈   /                | 八       '   }ニニニニニv'
   /  /ニニニニニ',ニニニ     \/              | | ハ  |  /   ノニニニニニ\

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 貴方もこわい。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3286 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:04:28 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――だいたい、語れる話としてはその程度。
┃ SINレスに生まれてSINレスのまま育ったギャングの、ちょっと途中で大魔界日本に侵食された一生だ。

┃ 貴方というギャングとしては相当に“使う”存在と、幼い頃から人に指示を出したり話を付けたりといった事に
┃素養があったリーダーと。

┃ それらの両輪で、10人規模だが規律は良く、それなりに“やる”チームになった。
┃ なっていたのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   、 \ _  ´       `丶、
                   `ー'´        |     \     -─‐- 、
                   /             '___ -     ヽ //─-、ヽ)
                  ′   |       '  "゙゙ミ-    )く  ̄ ̄`ヽ
                 '     /{  | _,、 /     三   /  }
               _/./   / /ノ', }   7_⌒¨`   〉'´ ノゝ_ノ、
                ̄| |   | /,ィzミV   / ィf泛^ーァ  ミr、' ノ {  ヽ
                 | |   |,ィく弋ゾ  /、  ¨¨ ''^   ,ィ Y  乂 ノ   「………」
                 l人. ||   /,ィ'⌒ー         r〈 }  /⌒ヽ
                  .}i ||  ̄           _'ノノ   ヽ  人
                  ハ|人    _   -‐     __/     /Vヽ  丶、
                   /   丶          .:/     人  ノ    `ー
                /  /    、       ..:  |        ノ‐く
              _     /       \_    ´   |     /   、>  \─
           -=ニ __ -‐'7       ⊥  ___|     |/{   ',     \
                  .′     / /⌒i           |\  \
                  /    _、丶`从 しノ \         }、  ̄ ̄
              _ -─ァ¬ ¨//  ノ|     〉        从`フ¬==- 、
             r''|ニニ'   </rヘ、 r、    /        '  /ニニニ/ニ丶
             |=|ニニ=| /  〈こ<ヽ- `丶 |  /        / / /ニニ/ニニニ}
             |=|ニニ/  ∥‐r‐'    ヽ~ | |/   ./li / /ニニ/ニニニニ,'
            、丶`{ニ=/    {{ __)_       マー|/i|,′  / / /ニニ/ニニニニ=/
  \ __、丶`    〉ニ'     { `ヽ        マちi|    / /  lニ/ニニニニニ|
   \         }={       \  ',       ,  V  /    |_/ニニニニニニ{
      、      ニ{       \入      |   V/    _/ニニ/ニニニニニV
          ー─{ニ人      , ─‐-、ヽ    |      ,ィi{ニ|ニ=/ニニニニニニ
             |ニニ\    '  ‐-寸 ', _、‐''゛〉、   ,ィi{ニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニヽ,/     ̄) 〈-‐ rヘノ\/ニニニニ|ニ'ニニニニニニニ
             |ニニニニ/     ̄)  | />' r⌒∨ニニニVニニニニニニニニ
             |ニニr、/     /´¨  rく /  {{  ∨ニニニ{ニニニニニニニニ
             |ニ,ィi{ ,'     /   /⌒/====ヾ   Vニニニ|ニニニニニニニニ



┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 述懐を終えて目を伏せ、肩を竦める。

┃ ―――全部飲み込めたわけではない。今だって、悪い夢であればと思っている。

┃ しかしどうしようもなく、現実だ。ここからどうするかを考えねばならない。
┃ 貴方の言葉に、オルガマリーも頷いた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3289 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:08:18 ID:Rfjsk+5u



                    /厂 ̄ヽ
                    ' /      -─‐-、  _    /厂ヽ
                   乂ゝ   /           `ヽ  //⌒ヽ)
                    `ー/   /        ∨ /⌒ヽ
                     /     /|      }‐-、⌒ し-、 ̄ヽ)
                   _/,     / .|  }   /   ミ 弋_ノ
                    ̄ / |  .廴 | ,/  / _ノ ミ‐/弋_〕
                     ,′ |  厶示ミァ`  /斗糸ァ } /  ( lヽ    「―――お互い、何が出来るかすり合わせましょ。
                     /  |  |` Vリノ  ,イ ´ Vリノ^Y^i .ト-〈
                    '    ト、 |   }/l{      / ノ  |YY     死にたくないし、放ってもおけない。
                         }人    _ _    /¨}   lノ 乂    情報共有、作戦会議。その為のここで、その為の今。
                     /  ,}        ゝ  ´   `   イ /  (   } ``~ 違う?」
              / //       ノl> ___ <ト、 ′   |^iノ、 ___
             ー '' ´ /   _ ィ7´{  ` ,天 ´  }./     |____
               /ニニニl   ∥ {  /∩ヽ、 |′    | }ニニ}ニ、
               'ニニニ|   ∥ / 人∪人 Y       | }ニ/ニニ\
               {ニニニニ|  ∥/ /   |   ,'      } Vニ/ニニL丶
            ノ〕h、ニニニ=}   《く /     |   | |    /}\∨ニニニニLヽ
            -=ニニニ}h、ニ7   く\        | |   'ノ   }ニニニニニニ=-
    \ー-_-=ニニニニニニ=/    \\辷辷辷辷辷人 |   Vニニニニニニニ=-
      アニニニニニニニニ/{       \ `~~~´/ \|    }ニニニニニニニニ=-
    ‐=ニニニニニニニ=- ^{l{        \   l//        /|`~、、ニニニニニニニ=-
 rニニニニニニニ=‐ /    V        \(/         /7    |``~、、ニニニニニ=-
  、ニニニニ──く  /     ∨_、         {{o          イ_7     {  |}ヽニニ>''~ニニニ〉
   ニニニニニニ  /      Vニ\  _ .. ´ {{  ` .._   /ニ7      ',  |/ jlニニニニニ=/  、
r    ニニニニニニ         /∨ニ\      -     {ニニ/       ',   ノニニニニニ/  .|l',
{     ニニニニニニ\   /   Vニニ       {{        {二〈   {     \/ニニニニニ/   lノ|
乂、    ニニニニ/(r─) /    /ニニ     o{{ __     {ニニ  ',    /ミヽニニニニニ/    //
  \ ̄ ̄ヽニ/r⌒   \    /ニニ        }}      {ニニr┐ \_/   }ノ‐-ヽニニ/-─'  /
   `  _V {{     __ )ト、,-/ニニニ        }}       Vニ/ r ゝr=乂_ァ    } } lニ/      '
        ⌒ヽ   }}ア_ r‐'_i }ニニ  ./|  o ∥ -  ∧ ∨し' , ゝ-\(l   _ノイ }/    /
           、 ))ー‐/ /´ 、 Jニニ  /, |   ∥{{   ,' ト丶 V´/,ぅ ∨ ヽ─//__  ´
          \_/ヽノ/ _ ヽ Jニニ'  //| |  ∥ {{ __ { { 〉〉し_ノ ノrく入く人ヽ(/
            |Τ」ノ入_入_し'ニ=/ 〈 Vノ o∥ _{{   ヽV/ ∨ニ¨ニ  `ーくノ
            |   / /ニニニニ//)ノ厶   ∥  {{   _ } {〈ヽ∨ニニニ    \        ィ
            |   ,'  ニニニニ/// r { } } o∥  {{ - // Λハ}Vニニニ     ー-  -‐ /
          、   l/ニニニニ/ ' { し'// ∥   {{   { { ∨ // ∨ニニニ             '
              \/ニニニニ/ { {  ノ/  '     {{  \\_//  Vニニニ       /
            /ニニニニ/  〉 / o ∥    {{ -   ヽ ヽ   ∨ニニニ    -‐ '

┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ―――その通り。

┃ 身の上話を出来る程度には時間はあるが、それでも時間は有限だ。

┃ 追手を逆にやり込めて、明日の朝日を拝むためにも。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3291 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:13:53 ID:Rfjsk+5u


┏━━━━━━━━━━┓
┃  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 貴方達は、互いに自分の手札を明かし始めた。
┃ ストリートでは、自分の手札を軽々に明かすのは宜しくない。情報を知られることは、対策を取られること。

┃ 彼女も貴方も、それはよく分かっている。
┃ 出会ったばかりの相手に、自分の手札を包み隠さず明かすのは間抜けの所業だ。

┃ だがこの場合、貴方にも彼女にも選択権は無い。
┃ 生き延びるためにも互いの力が必要だし、貴方と彼女と、互いに理由は違うが相手への恩義や感情移入がある。

┃ 故に相談はつつがなく進行し―――情報交換を終えて、作戦会議が始まった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3292 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:15:04 ID:Rfjsk+5u
さってさて。

ここから具体的な“仕掛け”の話になりますな。

あと、情報収集判定とかそういうやつ。

3293 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:16:11 ID:Rfjsk+5u
しょーじき私はシャドウランに関しては新参、かつ知識面でボロボロなんで、アラがあるのはお許し下さい。

3298 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:20:20 ID:Rfjsk+5u
割とブンドド志向というか、洋ゲーではなく和ゲーに慣れてるからか、感覚の差が苦しい。

上手い“嵌め手”とかそういうのが出てこない人です。

基本最後はダイス振っての戦闘になるタイプ。

3300 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 21:25:12 ID:nn4z3baF
>>3298
別にそれ自体は問題ないんですよ。

ただ「遮蔽を取る」とか「煙幕を入れる」とか、そういうのの影響が大きいのと、
グラントやルテナントのAIはプロ意識で決まるので、プロ意識低い奴らはホントに雑魚めいた行動しかしないし、
プロ意識低いチンピラにも関わらずGMが戦略的な行動をさせちゃうと、それだけでPCが苦戦してしまうっていう二つ。

逆に言えばPC側がその二つをきちんと考えて行動すれば、じゅうぶん逆転の目はあるのです。



3303 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:27:47 ID:Rfjsk+5u
>>3300
遮蔽とか視界とか距離とかの重要性はガチの初心者の頃に比べて段々分かってきたんですが、
スマートな手筋というか、そういうのが全然出てこないんですよね。

周辺のシャドウラン見てると、完全に自分のが浮いてる感じで。
その辺りの是正の意味でも、練習したいんですが難しいなーって。

自分の脳回路の閉塞っぷりを感じながら、色々考えているなう。

3304 :年末スレ掃除を行います。詳しくは管理スレへ:2018/12/16(日) 21:28:07 ID:Ou5Ag6cg
雑魚が撃った弾が当たるとPCだろうと痛い
何度も撃たせるとダイス大明神の機嫌によっては普通に当たる

なので、数に勝る雑魚が頭いいムーブするとふつーにPCを追い込んでしまうシャドウランあるある



3305 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:29:05 ID:Rfjsk+5u
>>3304
123賽でゴロツキに負けるサムライ……うっ、頭が……

3307 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/16(日) 21:30:08 ID:Rfjsk+5u
身内セッションで、

「命中0ヒット」 VS 「回避0ヒット」

という、固定目標に対して華麗に一発も当てないフルオート威嚇射撃をしたサムライには、申し訳ないが流石に噴いた。

3621 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/17(月) 00:24:52 ID:OZMFEPLR
なんとかこう。

シャドウランっぽさに慣らしていかねばと思うんだが、脳がそっち方面に働かないので。

諦めて、まず、寝る!!
関連記事
| 影走中シリーズ【シャドウラン】 | コメント:5 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
鉄量と手数と命中速度 < ダイス運

多分これが現実
2019/03/05(火) 18:04 | URL | #-[ 編集]
つか、ロールとかそういう以前にサムライが射撃して0成功だろ?
ロールがどうした戦術がどうしたっていうか、ただただ運じゃね?
2019/03/05(火) 02:47 | URL | #-[ 編集]
相手が対応困難な攻撃を選択はしてるんだ、あの人。WOTでも
ただ、対応不可能な領域まで練り上げた体当たりってだけで
2019/03/05(火) 01:13 | URL | #-[ 編集]
味方が攻撃受けたくなくて進軍手間取ってたら弾受けになりに行くとかやってるみたいだからなぁ
そして鉄量の差からくる圧殺の計算を体当たりで狂わせる謎スキル持ち
加えて敵に上手い人いて負けたらフレンドリーに称賛しにいって、仲良くなってフレンド登録

1回の配信中にコレ全部やってる辺り、なんか一般とズレてる天然感はある<wot
2019/03/04(月) 08:02 | URL | #-[ 編集]
WoTやってるなら軍隊戦術のセオリーはある程度体得してる筈なんで
同じ事をロールすればサマになると思うんですがねえ
シャドウランは基本的に市街戦なんでそれの教本を読むとか
ブーメランの時みたいな戦術の面白さをロールしたいけど
上手く行ってないとかだったらやるゲームを間違ってるとしか言えません
銃撃戦が主体のゲームは鉄量と手数と命中速度が絶対です
その中で戦術の幅と相手が対応困難な攻撃を選択するセンスが物を言う訳で

男爵さんは善人過ぎるんじゃないかな?
2019/03/04(月) 03:09 | URL | #fCzx63J6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する