おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/12/12(水)
2279 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 21:47:34 ID:UzuY7W2q
壁l・ワ・)のんびりやるべかー



2280 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 21:50:36 ID:UzuY7W2q












        ―――― やる夫は外典と呼ばれているようです














                 _____       --- 、
.                 ´         ⌒  <⌒\
             /                  \ \
              ,     /      \      \⌒
          /  /    / /w{ 、 丶  ',   ',\
         '   '     ' ィ''"゙゙|  i\ -‐ i    i^⌒  ようこそ北方支部へ。
          {   i    i ,斗-- {  ト、 丶\|    }
        r‐‐ト ..,{     Ⅳ {  八 { ィぅ示 }   }      近衛騎士団長様に
        {i:i:i介i:i:i:〉    {/ィチ笊   ヽ ん::{ Ⅵ  ' /
      /i:/ }i:i「八   { {::/(_    vツ }  /}/     若手のホープの方。
      ^「 └^i.Y 丶 乂乂ツ       , ,ノ ィ    ⌒ ー ⌒ヽ
.       |    |.乂_i \{ ' '        ⌒7...|  /        )
.       |    |. . . | 込、   、 _,   ィ.  | (  ~  -- ⌒
.       |    i. . /|  | 介o。 __  < |... | ノノ     わたくし、支部長を任されております
.       |   ,. ../. |  |     {、. . . . r‐┴‐┴‐‐┐
.       i   /. 厶´|  |    ,.  ア ´ 二}_   /     ヴィクトーリア・ダークブジュン
      /| /.. ´  |  |  ̄`  /    ^二}___/
      ' | ,. .{     |  |、__,r‐rァ′    -'‐r┘       と申します。
     /  i/. :.    Ⅵ |厂厂/  、_ ィ´ヽ  ',
.    {  /. . ハ     ',|  { '   /∧  . .',
.    八 , i. /. .∧     i/    /}/V〉. : : :}  }
    '⌒7 |. . /. .∧   /     'i:i:ioi:i:{: : : ,  ,
     { |. . . ./. ∧  '      /i:i:i:i{i:i:i{ : ィ  /
      八 乂. . . /. ∧     イi:i:i:i:i:{i:i:iⅥ | {
       ヽ 丶. . / ∧  / {i:i:i:i:i:ioi:i:i:{ } Ⅵ、
       / \ V. ../^ア } i 乂i:i:i:i:i:i:i:i:〉 '  ',
      '  . . } }//// ,  }  \i:i:i:i/ /  }、 }
.    {  {. . , 「///7 /  ,    ヽ^ / ,ィ ' V
.     八 ノ、/ 人ヽ_/ノ/  /  、__  //_}斗 ┴ ─ ─‐ 、 __
      )⌒\ /「⌒ノィ ' --  ´  ̄                ヽ:   \
         7//〉   }/        , -            .:
         ///i: : : .            //            ,     }
.         '///{: : : : : .     . : :/             .:       ,
.         i///八: : : : : : : : : : : : :'
.         |///  \: : : : : : : : : /              .:       {
.          ⌒^    丶 : : : : : :/                     /
                   ¨¨¨ア              /        v /
                     /              '        ∨ /
                 /                / /          ∨

2281 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 21:52:01 ID:UzuY7W2q
壁l・ワ・)なんか自動変換で変なのでた

正 : ヴィクトーリア・ダールグリュン

2282 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 21:58:01 ID:UzuY7W2q
    //:::/:::::/::,'::,イ::::/   ヽ::::ト;:::::l:::|:::|::::::i::ヽ
.   /:::/::: !:::::::i斗/ |:ナ    十:}-;:::l、:|:::l::::::ト:::::ヽ
  //!::::i::::::::i!.:/  |/     リ ヾ} ',!:::l:::::l:| \:ヽ
  ,ソ' i!::::::ト:::::,イ ,ィ=ミ:     ,x≡=、 |:::::l:::::l:|  `゙゙ヽ
    |::::::l:',:::l ,{ ィアハ`      ィアハ }、|::::l::::::l:|
     i!::::::l::',::! ヽ弋ン      弋ン〃i!::l::::::ト:!
    くi!::::::l:::',} xxxxxx   '  xxxxxx /:::l::::l:|イ   あれ? 
.     i!:::::::゚。::,ヽ               /::::l:::::l:|::|
.    {',:::::::',::ハ       c-.っ     .:::/::::/:|:::|     ESさんはともかく
     |:',:::::::i::::::ヽ..        , イ::::i:::::::::イ',:|
.      ト:',::::::l;.;ヽヽ;.;.>  .  <;.;.;.;./,l:::::::::/!ヾ     ボク、一度でも
.      i!:::,::::::l、;.;.ヽヽ:|..,,_  _,,,..|:\'/;.|:::::::/::|
     i!::::',:::::l::ヽ:::´;:ノ、__`´__,.ィ、:::z=!::::::/=ア      お会いしましたっけ?
.    i!::::::',:::::l, <////////> ´゙ ,'::::::///::|
     i! < ',:::::}《゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´   {:::;///> .
   ,'     l::::|//,l         |::{゙゙゙´   ゚。
   !    l:::,'//| !、      ,-==|:l      i
.   |   ヽl://///ヽヽ   ////リ   ,    L...__
..',二三二}ヽ,リ=====一 ー====、 /: ∥二三=/



              ___          -------
.            / ¨⌒>‐‐
.           /   /                      \
                 /  ,       /          \   ',
            '    /  /    ,ィW7     \     ',      いいえ。ですが――
           /  / /   ' :  /''"゙゙{          \
            /  '   i i  {   {   丶   丶  \  }   : i   ギルドに登録されている方で
.            ィ   :    { {‐┼‐-八   、\ -\─ ヽ}   i |
           i /{  i     { 八 八   丶  i\ \   \  i   } |  B級以上の方は全て記憶しておりますので。
           l' |   |    八ィチ示笊ミ  \{  ィチ笊示ミV   , }
           | 八 {     {  {::://(_,    \ {::://(_, /   /,个:.、 あ、顔写真もファイリングされてますよ? 隠し撮りですけど。
           | /i:i:i)八   八 乂_rツ      乂_rツ /   //i:i{}i:i∧
.            {i:i:i/i个\    \, ,     i     , ,ノ   イ〈i:i:/|Vi:i:i〉
.           ^7i:i:i:i} . ' \从 ⌒             ⌒7/ |:. ^{i:i|i:i∨          い、いつの間に……というか、それって……>
.           〈i:i:i:i/. /  i 圦              ,. i  |::.. L个i:i:〉、
            /⌒ . イ   | . 个: ..    `  ´     .イ. :|  |:::::.... |⌒ . .\
.          ,. . . . / i . ′|  :|: : :i::....        イ: : : :|  {:::/:::..|   . . . .、   何時、隣国の間者が紛れ込むか分かりませんからね。
          . . . . ,  }/ .::|  :|: : :|: :}  >-<: :.{ i: : : :.{  ∨::/::{:.    . . . .
.        /. . . ./   '   .:::|  i|: : :|: :}     . : : :{ l: : : ∧  ∨::ハ:::...    . . .   情報は逐次更新中です♥
       /. . .  ,  /   .::::| /|: : :i:ノ    . : : :八l: : /: ∧  ∨ ∧::::.\   . .}
.    , . .   /,.  …‐ ミ、:}/ |,. ´ \ . : : : : : : : :>、:/: ハ  : :} ∧::::::::.\. . ,
    . . .    ' /       /  八 ー‐- \ __ /-  ¨〕iト} : /‐… ミ::::::::::} /
   /. . .    { '         /  /⌒\      <⌒>     //7 ::/     Ⅵ://
.  {. . .   /      _ ノ  ,厂\//〕iト   ∨   ///イ  V       }/∧
    、. . .   {        {   /    〕iト////>-- </ィi〔 {  {     Ⅵ/. . .、
.    \. . 八      八  {.:{ィi〔ニニニニニ〕iト ___ ィi〔ニニ八 ∧     乂 . . . .\

2283 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:02:04 ID:UzuY7W2q
   //                    //
  //                  //
. //                     //
/                      ∥
                 - .,」{ニ=- …‐-
                  /           \   \
                 /             \   \
                  /           \   ',
             /   /     |                 ',    やっぱり、
.            /          | |                  ',
          ,′ / ;     |Λ⌒ト  |         '    ちょくちょく来ていますか?
.           ;  ィi⌒{     |  V |  |      }   : :\__
         {  八 { { {  ァfチ笊うミ|      }  : :|¨⌒´
         人    笊う圦   | )::/::} 勹     ノ  /   : |
              \ Ⅳ Vリ \ | V'ツ ノ   /  /   \{
               } `ト-  ′  |   /_,..ィ   /  .: :  \
            ノ 八        ⌒|       / : :八ト--- \
            ´⌒ | :..  ^      |    // : //
             |  ::)h、  . . . :<|   ./ :}/ {
             | : : /   / }  |   Λ_: : : : 〉
             | : /-‐…/  人/| ./ ノ⌒\_⌒ヽ
             | /    / /{:::Λ|//      }: : :} __
               /=- _ 辷//::::::::|         /二\:.:}
.             /二二辷 /::::::::::/        /二二=-} }‐ 、
           Vニニ辷' /::::::::::∠ノ  ___/二二二=-{: : : :}
        _ -‐…‐辷' /::::::;:ィ辷   {ー=二V二二二二=ー 〉 : 人
         ´     _辷' 〈::;:ィ辷⌒   \ -=二二二二=-/\: : :}


                     _____       __
                  ´            ` /⌒\
              /       /       ⌒<⌒\
              '           '     /  . : .    \
                /          /     / i : .ハW      ',
           人 __      ′   '  {: :/''゙゙{              どうも我が国が気になるのは
            {/i:{i:i}ヘ __ /i     {  {:/  {      } }
          rくi:i:i:/^Vi:\-=|     i 八-‐'' {    ' /}/        相変わらずなようでして。
             Vi:i:/  Vi:i:i〉Y| i   Ⅳ笊ぅ 八 /}/
            〈i:i:/   Li/ {:| {   {   ヒリ  Ⅵ/            手を変え品を変え、やってきてますね。
             {V    「  .八 、  八.:.:.    〉        ノ⌒
             {     } . : : i\ \(⌒      /       ⌒)     一番多いのは商人を偽装して
             |      | :/ . : |  圦⌒   `  '        ´
             |     i/ . : 八  {: :>、    /     (⌒        こちらの都市に侵入しようとする方ですが――
             |     / . : '  } | / {: .i ̄       )
             |/   / . :/  } |'   {: .|        __  ___
           / . :._ -=ニ⌒\ 八 {`ー{: .|        _{:.:.:.:.:.:.:.}ァy
.           / . :{     \ \_ハV 八:.{\    / {.:.:.:.:.:.:.:}{/
.         /  . : |      \ \}}/⌒\ }   '  ∠ニ=-y{ }
            . /|        }`-=}}---=ニ>、   {:/   ¨¨´-イ
.       ,    . :/: {       }_/ 人-=八ニニニ=-\/   _,. /
      /  . : /. :人 __ //⌒、-=ニ}ニニ=-/   /「
    __   . : /. :/. :∧ニ<⌒     \ニ}ニニ=-,     / }            _ -=ニニニ
  r<i:  . : :/. :/. ./. ハニニ>、     \=- /    ' : i            _ -=ニニニニニニ
  |i:i:i:|{ . : :/. :/. : . /. ハニニ\        、'     / . :|      _ -=ニニニニニニニニ
  |i:i:i人 . : ' . : . .  . :/.∧-=ニニ>、      :.   ,   . :i    _ -=ニニニニニニニニニニ
  |i:i:{: . ∨ . 人 . .  . /. :ハ-=ニニニ\       イ  . . :八 _ -=ニニニニニニニニニニニ
  |i:八: . { /i:i:i:\. . { /. :〉-=ニニニニ>、   / 、 _/-=ニニニニニニニニニニニニニ
  |i:i:i:i\∨:i:i:i:i:i:i:i\八. /-=\ニニニニニ><{  -=ニニニニニニニニニニニニニニニ

2284 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:07:38 ID:UzuY7W2q


               __    __
            _ヽ:::::`´:::::::::::::`ヽ、
           ,>:::::`:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ァ::::::;ィ::i::::ハ:::i:::;ィ:::、::::::::::l
              イ:::ノlハノjノニ}ハ{ l;ハ:::::::::::|
           lイニ'_‐-i ┌_''ニ"-ヘ:::::::::|   あっしは商人でさぁ
               F:f==。iー:f::=。=テ:元「ヽ:|
             ト::`ニ/ ̄ヾ::ニ´:ノ :||^リ:ト、  西の方から来まして……へへへ
                l. r‐|  _┐ー- 、 :lレ':::| \
               /l l r`──‐┐ | ∧:::::|   ヾ''‐- 、._ あ、こちらがサンプルの――
       _,, -‐''7 l., , ̄二¨ ̄, , /  ヽハ    |‐- 、.._ ``'''‐ 、.._
.  , -‐''"´_,, -‐''7.  `ァr───‐'´  ./|:|.    |    ``'''‐ 、.._ ,>、
.  /l ‐''"´    /    |::|.\:::::::::::  /  |::|     |        /  ヽ
  i |.       /     |:::|   \ /   |:::|   │        l    l
. |  l      二ニ=-|::::|    /ヘ    |::::|-=ニ二_        |     〉
 ハ  |      ヽ.   |:::::|   ∧::∧    |:::::|     /        |   /.〉


    ―――― 門番の方に捕まって、即時お帰り願ってますね。

           丁寧に記憶を消去するのがめ、いえ大変だと仰ってました ――――



                     , -―- 、           .__
                    _/<`ヽ  \_      //  \
                    /i、__ノ ,ィ⌒.i!ヽ_」    / / /i   \  (そんな低品質の商品持ち込みとかふつー無いから)  
                    Y_、__fユ,.ィi! :::\__/  ./ / .l!
                   〈.カ¨ヾx メ几! :::::/.  /  ./_/⌒i!      駄目です。
                    ヽ心.ii 木又!/_x</.//:.:.:.:.:.:」___
                     _ヽ_ニx</  ,ィ /_,/_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  l ̄  /  / _/_/ ̄/ ̄\____
                  |_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ: : :
              _,..x<,x< (二二) (二ニ二)/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: :
          /l  ̄ ,.x< ̄ _.._: . .        ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';
         ./ .! 、/  === ー-一: : : r--ャ   i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
         /  |_/―――=二二ニミ: : : : ̄: . .._|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.'
        ./  /,ィ-ャ  r--ャ: : :\: : : : : : : : : : { ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ,ィ!
       /  /_,/´: : : : ̄: : : : : : \__: : : : ヽヾx:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ,.イ /
      ./ ./|、-ィ⌒ー : : : : ___/  ̄ ー 、\\:.:.:.:< ,.イ_,/
      //  i! ∨: : : : : : : : : : :__//: : : : / ,ィ ー亠-.二:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     ´゙   |  ∨: : : : : : : : : : :/: :./: : :./ /:.:.      :.:.:.:.:.:.:.:/
         /   \: : : : : : : :/: /: :/ /:.        :.:.:.:.:./
          〈  _  > ェ-ァ ' / / /     、    :.:.:./
             ̄   ̄  /   ./  ./ /       \  :./
               /   ヽ  ヾ   ..:.:.:.:.:.:.:.:..  \,/
                 /     \:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... .|

2285 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:16:21 ID:UzuY7W2q
              ___          -------
.            / ¨⌒>‐‐
.           /   /                      \
                 /  ,       /          \   ',
            '    /  /    ,ィW7     \     ',
           /  / /   ' :  /''"゙゙{          \
            /  '   i i  {   {   丶   丶  \  }   : i
.            ィ   :    { { -匕 八   、\ `ー\‐- ヽ}   i |     まぁ、このぐらいでしたら問題は無いのですが
           i /{  i     { 八 八   丶  i\ \   \  i   } |
           l' |   |    八ィチ示笊ミ  \{  ィチ笊示ミV   , }     一部の過激な方は近隣の山村を荒らして得た
           | 八 {     {  {::://(_,    \ {::://(_, /   /,个:.、
           | /i:i:i)八   八 乂_rツ      乂_rツ /   //i:i{}i:i∧   物資を元に来ようとして――その村に返り討ちに会い、
.            {i:i:i/i个\    \, ,     i     , ,ノ   イ〈i:i:/|Vi:i:i〉
.           ^7i:i:i:i} . ' \从 ⌒             ⌒7/ |:. ^{i:i|i:i∨   ほうほうの体で逃げ出して、山賊に襲われた~
.           〈i:i:i:i/. /  i 圦              ,. i  |::.. L个i:i:〉、
            /⌒ . イ   | . 个: ...     r__,     イ. :|  |:::::.... |⌒ . .\ 匿ってくれ~と人情に訴えようとするんですよね。
.          ,. . . . / i . ′|  :|: : :i::....        イ: : : :|  {:::/:::..|   . . . .、
          . . . . ,  }/ .::|  :|: : :|: :}  >-<: :.{ i: : : :.{  ∨::/::{:.    . . . .  だいたい嘘吐いているかどうかは目を見れば
.        /. . . ./   '   .:::|  i|: : :|: :}     . : : :{ l: : : ∧  ∨::ハ:::...    . . .
       /. . .  ,  /   .::::| /|: : :i:ノ    . : : :八l: : /: ∧  ∨ ∧::::.\   . .} 解っちゃいますから、これもお引取り願ってますけど。
.    , . .   /,.  …‐ ミ、:}/ |,. ´ \ . : : : : : : : :>、:/: ハ  : :} ∧::::::::.\. . ,
    . . .    ' /       /  八 ー‐- \ __ /-  ¨〕iト} : /‐… ミ::::::::::} /
   /. . .    { '         /  /⌒\      <⌒>     //7 ::/     Ⅵ://
.  {. . .   /      _ ノ  ,厂\//〕iト   ∨   ///イ  V       }/∧
    、. . .   {        {   /    〕iト////>-- </ィi〔 {  {     Ⅵ/. . .、
.    \. . 八      八  {.:{ィi〔ニニニニニ〕iト ___ ィi〔ニニ八 ∧     乂 . . . .\




                  イ
               __  {::{  _
          ....…:/.::::::\::ゞ::/::.\
         ´.:::::/.:::/-‐===‐-、:::::.\
        /.::::::/:::::::/イ:―ム-=ニニ ヽ::::',:.\
         .'::::::::':::::{::::|:::::|:::/ヽヘ\:',::::',::',::::::',
        {::::::::!:::::::|::/|',{:::{     }::ト::::|!:::ハ:::::}   北方領土の村にカチコミ?
         :::::::{::::: :|/ ‐ 一    ‐ 一 }:::||: ::j
       ヽ::::t i : :i            レ'.: :.!   近隣の山村って、火竜に襲われても
        、::`リ: : ∧   ・      ・   ト : :!
.          〉:::: :(__;)           从 : .!、   近接武器だけで撃退するような
         i:::::i:: : :i、             ノ!: : : i::
        !::::i!: : :i!::> . _ _ _ _ _ .::´::i: : :N:   戦闘部族ばっかですよね?
          j:::::ト: : :|:::::::::_l≧x ≦ニl:::::::::::i!:.jリ::!
        /:::::::::\! ⌒j.:.:.:.<ニニニ<.ヽ::::レ':::::|      えぇ、そういう氏族を選んで配置してますし >   
         /:::::::!:::::::.′ i|..:.::.:>ニニム L:::::::::::|          
      /:::::::,':::::::::i一tz{:/ニニニニニハ.zz|:::::::::|    自殺志願者かな?


..

2286 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:25:39 ID:UzuY7W2q






               ____
             /      \      という訳で
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   正規の手続きを踏んで
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   都市に入ろうとするとなると、
          /     ー‐    \
                          冒険者ギルドしか窓口無いんだよね。



                '   ,       ,ィW              \
              /  /  /    /''"゙{       \      \
            /   '  /    i /   {        ',      \
          '             { i     {   丶   、      ',⌒\
                 i       {┼‐ --{  、  \  \}
          ,{   {   :   i八{   八  i\  \  }     }
            /.i   {   i   {    ┃  \ {  \‐-\}     }
        ィ介:、 -=八  {   {    ┃     \ ┃  Ⅵ
       rくi:i:ハi:i:i\⌒Yヽト、   {    ┃        ┃   /
      \/i个Vi:i:i:} ..{{  | \ 乂         ┃  /   '  /   と言っても、ウチの国は
       }:i:i|. .}i:「 . .乂_|   i ¨⌒        ,  _ノ  ィ /}/
        Li:」/Li」 . . }. .|   |              ⌒7//}/i:i>    戸籍謄本どころか、国民ナンバー発行してますし
       /. ./. } }  . . '. . |   |:.                 '  /i:i/
.      ,. . ///  . ./ . . |   | }丶        ゚    イ  /i:i{      それ以外の存在が紛れ込んできたら
.       /. ./. イ  . ./. . ./|   |ノ  : :::...     ィ.. .i  '}i:i:{
      //././  . /. . ./...{   {       >r<}. i. . | { ⌒      真っ先に目を付けられちゃいますから。
    /. . .{. . {  . .{. . /. .八 ∧       /. . ., . }. . } {
   ,{  . .八. .>--r=r‐´⌒V ∧      {. /. ./. .  八       よっぽど手の込んだ手段で何年も掛けて
.  /∧ . . ´     V∧    v  ∧     \. /. . /   . .\
  // . } . /        V∧   }    }        y. . /    . . .\    村に潜入してそこからーとなると、
,ノ. . . /. .,          V∧   }   .  ー-   /. . .{     . . . 丶
                                       相当苦労するんじゃないかなって。

                                       まぁ、純血の人族じゃ果たせませんよ。

                                        
...

2287 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:31:51 ID:UzuY7W2q
                    __
                   /::/⌒
                /:::::/
             ,...-..、ヽ:::{___,..-...、
           ..:/´二二二二 ` 、:ヽ
          /::://::::::::ィハ::::::::::::.:\゚。:::\
        /::::::/::_/_:l:__/  }:::l_:_:!:_:_:_:ヽ:::::::ヽ
       /イ::::::i::::/l/ }:/   ヽl ヾト:.\:::.}::::::.ト\
      '´  |:::::.:{/ =====     ===== ヽ!::::::|l `
       _|:::::.:!⊂⊃           ⊂⊃::::::.|l_   どうしてですか?
        ヽ |::::::::|      Λ        |:::::: | /
.        `|:::i::::|                |:::::i::!|´
         |:::i!:.込、           ノ:::::|::!l
          i!ハ:',::|:|:〕iト  _   __ イ. ,'|:::リ/::i
        l::i::::ヽl:::ト、/:::::_}=={-;:::::l::ト:::':::!/:::l::::l
        ,'::イ:::::::l:::l::,イ: :|<´ ̄´〕>-;:::::|:::: i!:::l
        ,':,' |::::::::l:::i‐‐,__{_ヽ  -==゚。,‐‐}::::|::::::l ',:',
         {,' {::::::::l:┣: :ト{_  ____/: :┫::|:::::::! ',:',
        i!  |:::::::l:::ヽ. ノ:.、: | |::ll--、/: :〉::|:::::::} ヾ:、




               ―――― 、
                /          \
          /  __    ___ \       お隣の国は純血主義、人族主義だからね。
         /                 \
        /     ( ● )    ( ● )     丶    そういう流れに染まってたら、行動に出なくても
      /
        {           (  人  )         l    周りを見る目が違うんだお。
         、          ̄   ̄         ′
         \                  /      「あ、コイツヤな感じがするなー」って思われたら
        /`                 ´\
       /                     \     そこでスパイ活動終了です。

                                    徹底的にマークされて、大抵国外追放コース。

..

2288 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:39:40 ID:UzuY7W2q
                       __
                        /:/⌒
                      /:::/
                  ___|::/_
            ....:::::: -‐::\::::|:{:::::::::...、
            /::/:::::/-====- 、::\\
           /:::::/::::::::/二二二二二二∨::\\
        /:::::/::::::::/ニ=-‐..:::: ̄:::...‐=ニ∨:::::∨::.
         ,.:::::/::::::::/:::::/::::::::::/^^V:::::::::`∨:::::∨::.
       ,:::::イ:::::::::{::/:::::|:::/    ∨::::::::::∨:::::∨::.
.        j{:/::|::::::::::|:::/}/}/‐-     ∨{:::::|::∨:::::∨::.      んー。
.      j{/イ|::::::::::|/x===ミ、    ´「_Ⅵ|::::∨:::::∨::.
      j〈 ̄ }::::::::::}《 斤z「`    ィ芹Tヽ∨:∨::|::「\     国交無い上に、商取引もしない。
      j{::::\_}::::::::::. 乂ツ      乂ツ ″iⅣ:::::|::|   \
     j{:::::::j{:: }::::::::::}、              /ノ|:|::::|::|       表裏関係なしに入り込もうとしてもガードがキツイ。
    j{:::::::j{┌‘.::::::‘、\     ′   .:「:::::|:|::::|::|
    j{:::::::j{::::| ‘.::::::‘.丶     _ _    /:::|::::::|:|∨::|       ……最期の手段は、アレですか。
   j{::::::/::: └::´‘.::::::‘. >  __ ....:::::|:::::::|:::::: 从::::|
    |::::/::::::::::::::/∧:::::‘.=ュ /__:::::::::::::{:::::::{:::::イ  |:::|        ボクみたいな別の種族の血を引いてる人を使って~的な。
    |:/::: -‐く////∧:::::∨={///ヽ ‐- 、://{   ::::|
    |/     ∨‐-/∧:::::∨\//∧   .:::::::::|  :::|
.   ′     ∨////ハ:::::∨////∧  i::::::::|  .::/
  /           }/////∧:::::∨////.}   | ::::::| .:/



                       ----
         __   __ ,.  ´           \
       /⌒> ⌒             、      ',
       /  /    '  ト、__  丶  \ ',  ',  }
         ′       i/W{ 、  \-‐\Ⅵ  :. _∧
         :   i  i  {  { i\´ {\  }   }/i:i:i:i:\    そういう方も居ましたね。
        i : {  {  {  八 {  ィチ示笊}  〈i:_i:介:.i:ハ
        { i {  {  乂   \  Vrツ }  '^}i:i:|:|i:i}ヽ}    ただまぁ、特別感があるのか優越思想をお持ちですね。
        八 {八 八 Ⅵ、_,.     .:.:. ノ ィ_ノ:Li」L_{
          ヽ⌒\ ヽ从.:.:. ,       ⌒i | : : |. . . ∧      「自分はお前たちとは違うんだ」~的な感情をポロっと出してお縄になっちゃってます。
               i\{. 圦        '| | : : {. . ./ . ',
              }. .i. . . }iト   ゚    イ: :} }: : :八. . . . .}
             , . .ハ. . .}. . .i.>r<: : : '. }、ノ¨¨¨ ヽ ∧      我が国は良くも悪くも、平等ですから。
              /. / }. . |. . .|. . .}: : : : / ./ {      V∧
           /. /  , . . i. ._」/{ //. / /        V∧      貴族どころか、王族とて例外はありません。
          , . ./  /. ./⌒{  (^)  '. ./ ′        }. . ',
           {. . {  {. ./  八     {. .{ {      __ノ. . . . .      そう――――
           八. .i  i./   \\ __  |. .| L __ /⌒{ . . . . . . .
            '⌒)ハ  ,    /≧=--- |. .i ¨ 「       i . . . . 、 . .
             ⌒} {_   '-=ィ介:.、ニ八.Vニハ     : . . . . .\}
            /}  「/-=/i:i/}i:ト、}ニニ}'ニ=-',    : . . . . . . .\
           /. .}  '-=ニ〈_/ニ}i:}-=ニニニ=-:.     :. . . . \. . . ',
             /. . .i {-=ニ=- '-=ニニニニニ=-, i      }. . . . . .\. .}
         . . . . .l 圦-=ニニ{-=ニニニニ=-イ{ |       i . . . . . . . V

2289 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:43:31 ID:UzuY7W2q








        ―――― 悪いことをすれば “ 外典 ” に斬られる。


                      それに相対したなら、如何なる力も意味を成さない ――――




            ____  -‐   ¨¨¨¨¨   .,
.          /⌒> ´              ` .
        /  ´   /           、      \
      //    '            \     、 ',
       '     /    ,ィW      丶  Ⅵ    Ⅵ
       /  /  /   i /''゙゙゙{  \  、-─\ Ⅵ   }
        '  /   ′ 斗 {-  {  、 \ \   ヽi   i_}     困ったなら偉い人に相談する。
      i , i  :   八{   八  i\{ィチ示ミ、 }   }i:\
      | / |  i   { ィチ笊ミ \{   {:://(_, Ⅵ   ,:iトi:i\    どうにもならなかったら陛下が応対する。
      l' 八  {  : Ⅳ {::/(_,      乂_rツ /   /i:{⌒Vi:i〉
.         /\И i { 乂ツ        , ,_ノ   イi:i:|  }∧     それでも駄目なら “ 外典 ” が全てを斬り捨てる。 
       〈i:{ 〈i:{八{ 乂, ,    i      ⌒7/i^「^「   {i:i:i〉
.        }「 }i|. . i 込、             /i  |. |i:i}   ∨
        〈i:| {i:}. . |  i: :::..    ゚    .:' :|  |. ⌒',  ∨/
.         ^} V. . .{  l : i: : 〕iト  _  ィ {: : |  }. . . . .、   ∨/      これが基本方針ですからね。
.          , /. . . {  ∨|: : : :}       {_: :|  /. 、 . . . \   V/
         / /. . . .∧  Vi: :_:ノ、     八}、| '. . . .\. . . .丶   、
.        / / . . ._/__∨∧´   \     / }/`ーr‐r‐‐ ミ、. . \ \
     , . . . ./     ∨∧、  ‐-\   /-/{    ' }     \. . \ \
      /. . . ,       V ハ \     \/  ' {  //        V. . }\ \
    , . . . .{      i:. }  }\ 丶 __(⌒)/ |//  ',     }. . ,  }   }
     {. . . .八       }:. }  i __〕iト  ----{  |≦=--- V/    八 / ,  /

2290 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 22:52:27 ID:UzuY7W2q
            ___       -----
          / ⌒> ´            \
           ' /ア        ⌒\   丶   .
.         // /  /            \   \  ',
        /'  '    ' /   / /      \    ',. ハヘ
            /   / /   //W      \ ',  V/∧〉
        /   ' /   /''゙゙"{    丶    \i   : :/介ヘ
          /ィ   i  '   {   {   、  i\丶  }   i/i:i| ⌒',    だから所定の手続きをすっ飛ばして
.         |   { i   八⌒八   i\{⌒\\}   }:i:i:|
.         |八 { {    i  TT \ {   TT   V   /:i:i:i:|   }    あれこれしてくれって言ってくる人は
          )八 、  i {  ∪   丶   ∪   /   イ〈i:i:i:i{
.            〈i:\{\{乂.:.:.   ,     .:.:.:.ノ /: i: {¨⌒   ,     そもそもこの国の事をよく知りません。
            Vi:i:{: :i: :{⌒           ⌒7} . : }:∧     {
               }⌒i: :|:.込、         イ } . :/:/∧       「偉い人は偉そうにしてるだけで何もしない」
               }  |: :|: : :个: .  ^     イ__j/: :/: : :/∧
               }  |: :|: : /:i : 「≧=- -=ニニ7 : ハ: : : :/∧      という固定概念から抜け出せてないので
               }  |: :|: / ,:__人ニ=-⌒ -=ニ}. : ,ニ>、: :./∧  '/,
             ,   }: :i/ /-=ニニ\-=ニニニj: ./ニニニ=- _:.、   /,      すぐバレちゃうんですよね。
              /   ,:r< /-=ニニ{ニ=-/ -=/:/ニニニニニ=-_\  /,
           /   / {/://-=ニ{-=/ニニニ{ {ニニニニニニ=-}: : :.  /,  理解したらしたで、そうじゃないお国との
          '  /. :.i /-=ニニ{/-=ニニ∧V-\{-=ニニニ} :/∧ /,
        /  /. :./-=ニニ< ///>ニニニニ∧V=-∨-=ニニi : :/ハ   }  対比で悩むっていう二段構えです。
        '   , . :, -=ニニニ=- V -=ニニニニニ} }ニ=-V-=ニニ: . / }/ ,
        {    . . : {-=ニニニニ=-{-=ニニニニニ} }ニ=-v-=ニニi . : :./ /
        八   {. : : -=ニニニニ=- -=ニニニニ//ニ=- }-=ニニ| . :/  '
        ⌒\ V:/: :、-=ニニニニ=- 、-=ニニニニ{ {ニニ=-, -=ニニ: . ,  /
           ) V:/ :}≧=-   イ⌒≧=-  八 V=-イハ-=ニニi /  '
         /  V/ |ニ{ -=ニニニニニニニ=- ) 〉-/: :} /-=ニV ∧
       /     }: :ハニハ-=ニニニニニニニ=-/イニ, : : {'-=ニニ} {: . 、
.      {     , : 'ニニニ}-=ニニニニニニニニ=-∧: : L/-=ニハ八: : .\
       、   /:./-=ニニハ-=ニニニニニニニニ=-/ニハ: :「-=ニニニv: :\: : :\




               ____
             /      \      ズ ル
           / ─    ─ \    スパイしようとかしないで
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  ちゃんとNAISEI励んでれば良いのにね。
          \     `⌒´    ,/   ウ チ
          /     ー‐    \  魔王領覗いたって絶望しかないんだから(比喩表現)


...

2291 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:04:37 ID:UzuY7W2q
              __
              / ⌒\         -‐──-
           ' /  ⌒\ __  ´              、
          //     ⌒¨               丶  \
            /    /   / /   /: .        \  \   、
              '  '  /    /: ./: : . .       丶   ', ハ
.             ' /  /  /    { ::.ハVハ/   、     ',  ∨: }ヘ
          / /   '   ′   { i/''"゙゙'{     \      :    }ヘrヘ}ヘ
.          ' イ  /i     i   { {    {  \   丶   }    }/i:i:人i:i:\
            i / |   ' i|   i  { -‐八{一'^ { \ \ `ー\‐-}    }i:i:/⌒\:i:i〉
           |′|  i/i:|   |  {  笊示㍉八  {ヽィぅ示笊Ⅵ   ,:i:i/{   V
           |  |  |:i:i|   |  {  Ⅳ ,_)/:}   \{ ,_)//::} Ⅵ   /⌒i:|    }     とは言うものの、
          八 |i:i:|   | 八  { 乂ツ     ヽ乂rツ /   /、:i:i:」     }
             ヽL八  八  i\乂, ,    ,      , ,_ノ   イ: . ⌒  .:   i     私もこの人が “ 外典 ” を継いだとは     
              i \{: :\{  : .⌒         ⌒7/ : }: : .   .::  |
              |   . . : |  込、    、      イ: :  /: .   . .:        思ってもみませんでしたけど。
              |   . . : |    个: .      . .イ{_i: . ./: . .   . . .    i
              |   . . :八    V「ニ>< _人ニ{: ./: : . .  . . .'   }     というか一言も漏らしてくれませんでしたよね?(ぷちおこ
              |   . : : :∧     V\-=ニニニニ/{V_ : : . . . . ./  . . :
              |   . . :/:_∧   vニニ=--=ニニニハ Vニ=- _ '  . : : ,
             八  . ./-=ニ 、   ∨ニニニニニ=-∧ 、-=ニヽ : / . :/
              /  . . .'-=ニニニニ\  Vニ=- ___ /ニニ>、\-=ニ∨:/. '
                /  . . . {-=ニニニニハ  vニニ\__/-=ニニニ\\ニV: /
            /  . . . : : -=ニニニニ{ニハ  Vニニ〈\-=ニニ=-∧ vニV
           ,   . . . :∧-=ニニニ∧ニ}  }ニ<////>-=ニニ∧ Ⅵハ
.            /    . . . /: ハ -=ニニニニハ }  }-=ニニ\〉、-=ニニニハ V∧
           /   . . . /. /:∧-=ニニニニⅥ   i-=ニニニ=- -=ニニニ} }ニ',
        /   . . . /. /./: ∧-=ニニニニv  :-=ニニニニ=-', -=ニ/ 'ニニ}
          /     . . ./. . ./. ./:∧-=ニニ/¨>、 八-=ニニニニ=-}-=ニ ⌒¨Yニニ}
        '    . . /. . /. ./. /.∧-=ニ/// Vヘ-=ニニ=-/-=ニニニ}⌒ヽ
      /    . . ./. . /. . . ./. /. ハ-= {/ / rヘ  }  ̄-=/-=ニニニニ/ ,、 〉




...,,,,,.. - '´ ,...                  ノ
、,,__,.. - '´   , '´ , '      、 ヽ、 ,.. ‐´
-‐'''"  _,.ノ/ / / ,'  .;'  ::;' :: ヽ  :ヽ `` ヽ
`'''ツ''''", ' .::{ ,' .,'  i  ::i  :i  :i  ヽ :::',ヽ ヽ
/ _.ノ  ,ゝi i  l  ::',  ', ::!  :', :::::! ::', ヽ
_,.ノ ,   ,.',イ:', :l .:l', .::l',  '、:',   :',:::::l ::::',
,.../ // Y ', :', ::l '、 .:l ',  :::ト、'、  ::',:::l :::::'    
ノ ./ {('´`! .::'、 '、l‐-'、:i、,'、 :::l', `ヽ  }:',ノ ::::::i
,. '',' ,ハ 、」 :::l゙ヾ、ニ=;='ミ、'、:::l ', :::::/l:/', :::,'     ……悪かったな。
 ,' ,' ',ヽ ', ::::l   ヽ、ゞ、_,へヽ! ', :::/ノ',,,.l :/
'''i  ! ::':、_,,'、:l    ヽ==r '''''ヽ」::/r'''ティ ./|::::/    継承するにしても死ぬかもしれねぇから
. | /| .:,i i  lヽ!. U     {:::::::::ノフ'゙'i´`}、l/ l:/
. l/ |::;'',:l ::',        `''''´   {;;ノ'゙   ノ'      そんなヤツの記憶なんて残らねぇ方が良いだろ? って
`ヽ、 l::', '、 ::::'、          __,,.V
;;;;;;;;;\'、   ::::ヽ    -――- /            思って地味~にしてたんだよ。
;;;;;;;;;;;;;;;\   :::::\    ''''´/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 :::::::::>、   , ';;;ヽ,,.....、            決して蔑ろにしてた訳じゃねぇ。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::::/  ` -、' \;;;;;l;;;;;;;;;ヽ-‐;;;;;;,、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(;;);;;\ ヽ::::::::(;;(;;);;ヽ;;l;;;ヽ;;;;;\;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::/ /:::::::::/;;;;;/;;;;;l;;;;;;ヽ;;;;;ヽ;;;;;;;;


2293 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:06:31 ID:UzuY7W2q
    /                    / /
  /                      /
 ∥                    //
  {                    //
                ___// __
.              -‐… ′ー-`丶
          / /        \ \
            /  ′        ゙,  ゛,
.        ,:'      /         ゙,   ゛,
       /     /            ゛,
.       ′                      ゙,
      ;゜                     ゙,
      {                        } }       ちょっとその辺りのことをkwks
.       ',      {                ′;
.     八     :.               j/ /
     __彡、 \ ゙,   |        ノ人_,′
.     ⌒ミ: : :\: \゙;   |    /    /   彡⌒
        `¨゚ア 、 ゙;  i   ノ  ∠....彡'゚⌒
         ⌒レ\ ': ノ /_, '´ /
           / У/'^゚「 ̄`i
              {  /   ,ムー<^L_
         ノ小,   _,.:: ''「 ̄ ̄ \`i__
        / {  }r''´  ノ      \`i_
       /  人   _,、-i        \`i_
.       /{   {  )r '´  ノ         /  ∨〉
.     ′   、ノ  ィ(        :′  } 〉



                /⌒ヽ
            /::/
           _ {:::l __  _
            /::`/::::ヽ::::::::::::::::::::`:..、
         //‐-、i:::::::::::\:::::::::::::::::::::\
        ,イ/::::/ヽ!::::::::ヽ::::゚。:::::::::::::::::::::::ヽ
        i:/::::ム斗:|::::::::::|::ヽ::゚。::::::::::::::::::::::::゚,
        |::!:/、Ⅵ:|::::::::: |:::::::`:.、::::::::::::::::::::::: i
        レl  ∩ |::::::::: |::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::|    kwsk
          ∪ |::::::::: |:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::: |
          ノ  "" |::i:::::: | ̄ ̄/:::::i::::::l:::::::::::: |
         { ┌┐  !::l::::::,' ,-:イ:::',::::l::::::l::::::::::: |
         、ー   |::l:::::从´ ̄¨}:',:::l::::::l::::::::::: |
           ̄ |/:::厶--ヘ l::::',:l::::::l::::::::::: |
             /イ__フ ' ¨ヽl::::',l:::::::l::::::::::::|
            , ' ii /、 __!:l::::'!:::::::l :::::::: |
          /  ヽ<ニニ╋ニl::',:::l:::::::l:::::::::::|
          {     ヽ}: : : : :l::::',::l:::::::l::::::::::|
             ',      l: :ノ: /l::::::',:l:::::::l:::::::::|
             ',       l: : : /: l:::::::::|:::::::l::::::: |

2294 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:13:24 ID:UzuY7W2q
           ____            -‐──‐-
         /   ⌒\ __  ´
      ' /⌒> ´⌒                   \
     // /      '             \  \   ',
.    /   '  /   ,  /   /    . :.   \  丶   ',  : _
    /  /  /   / /   ' : : . . : :/      丶  ',  ⌒「i:トヘ
      /  '   /  ′  i  : :ハWV    \  \i   i/i:i:i:ハ:i:i:\
.     ′ /   /      {  i/''゙"゙'{ 、 丶   \   }    }:i:i:i:i}⌒\i:}
     i イ   '   i     {  {    {  \  \   \}    }:i:i:V   . .}/
     | /|   : i   {  i  {‐‐l一'' { 丶 \ー\‐-/     ⌒|   . . |
     i' |   : {   {  {  { 八  八  i\{\  Ⅵ     ':i:i:i:|   . . |
       八  i {   { 八  Ⅳ三三   \{三三三 /    /^ ⌒  . : |     えぇえぇ、お話致しますとも。
         \{八  八  i\ 乂          _ノ   ィ. . .  i   . : |
            个\{ \{ : . ⌒    '     u ⌒7/: :} . . . }   . : |     というか聞いて下さい。
            |   \. /{  込、            イ : : :, . . .    . : |
            |     /: i     个: .  r__、   イ__j  i: /. . . /    . : |     そして怒ってあげてください
            |   /. : 八   Vニニ≧r <ニニ{  {/: . .  '   . . :.|
            |  ' . : : : ∧   Vニ=-⌒-=ニニ∧ V=- _/  : ' / : |      この人の為に。
            | /. : : _ -=ニ',  ∨ニニニ=-⌒-=\ \ニ=-、/: / : . |
            | ' . : :/-=ニニ=-   V\-=ニニ=-/ニ丶 \ニニV: /: : }
.         /. : : : {-=ニニニニ\ Vニ=-< ⌒ /-=ニニ>、 丶ニV. : : '
         ' . : ' : : -=ニニニニ{ニハ∨ニ=-\/-=ニニニニ\ Vハ: : ,
         . . :/ : : ハ-=ニニニ∧ニニ} vニ=-〈\-=ニニニ=-ハ V}: /
         {. /: : :/:∧-=ニニニハニj  V=-<//> -=ニニ=- i∨
.          V: : :/:/: ∧-=ニニニニ∨   }ニニ=-\〉 -=ニニニニ} }ニ',
         ,. : :/ : . /: : -=ニニニニ/   /ニニニニ=- ',-=ニニ, 'ニ',
          {. : ' : : : . . .∧-=ニニ/⌒∨-=ニニニニ=- }-=ニニ/∠ニニ',
          ∨. : : : : . /. ∧-=ニ/ /⌒Yニニニニ=- /⌒-=ニ「⌒ヽ}
.        /. . : : : . . . ./. ∧-={/ /r人-=ニ=- /-=ニニニニ} ,、 〉
______________________________________________


    あの頃の光景を、ヴィクターは今でもすぐに思い返せる。

    最下級のギルド印章を引っさげて、受付見習いの自分に話しかけてきた時のことを。

    今とは全然違う、人懐っこい――けれど、どこか演技めいた笑顔を振りまく少年の事を。

..

2295 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:21:10 ID:UzuY7W2q





         ―――― 歳は、自分よりも一歳下。


                なのに、自分よりも遥かに多い引き出しを持った子 ――――



                               ___
                       ¨¨  ̄ ¨¨ < ⌒\
                   /             ⌒\
                  _< /          \ \\
                 f ⌒}/          丶「⌒Y⌒
                | /i:i〉            V∧:ハ
                |〈i:/                Vi:} i
                | }」:                 L」 |
                |  i              i: . |
                |  :        :i      |: . |
                |/ , :        . ::       |: . |
                    / /. :        . ::       |: . |
                  ' /. :         . :i     /,: .八
               / .:イ. :     . :  . :|     /ニ>、 \
            ,  .:/ }. :     . :i  . :i     . :Vハ\ ',
             . :/ / . :     . :}  . :}      . :V}  ',. :
           {  . :' '  . :    . : '  . :,       . :/,  } . :}
           : . . .{ {   .:',  . :/  . :./: .      . : }  . :/
           、: 八 ', . :}  . : ,  . : ′   {   . :: : , / '
                \: :ヽ :. . :/ . : /  . :{: . .   :.   . :i : { {: {
                 ): : } }. :'  . : ' :.  . :八: : .  ', . :}:.八八乂
              _/: : /: {  . : :{ :i\  . :、: .  } : . 八. :\¨⌒
           ⌒¨¨^「⌒乂 . : 八{ニニ>、 : }\.. :ハ /ニ}^¨⌒
                   |ニニ「\{ニニニニ)/ニニ}/ニ}:/ニ|
                   |ニニ「i:i:i:i:≧=--------=≦i:iハニ|
                   |ニニ/i:i:i:/i:i:i:i:i:i:「:i:i:i:i「:i:i:i:i:iVi:i:i:iⅥ
                   |ニ/i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:iVi:i:i:i:',
                   |/i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:iVi:i:i:i:/,
                 /i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:iVi:i:i:i:/,
__________________________________________


     話しかけられる度に別の話題が飛び出してきた。

     応対する度に自分の知らない単語が湧き出てきた。

     てんやわんやするばかりで、右往左往する自分の事を

     まるで年上のように振る舞って、落ち着くように促してきた。

..

2296 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:25:29 ID:UzuY7W2q



                ,.    ¨¨¨¨     .,    __
              /     /       ` <     \
                     '      /,,_      ⌒\^\
                    i   '    /ミWハ       ', \
             '  __      {  i    {U   }   }    }
            _/__ノ{i:\   八 |    { 、  {   ,
          < i:i:i:i:i:介i:i:i\ Y⌒{   { \ 八  /    '
          /⌒/i:i:'|i:\:i:i:> { 八   { 「::::::\∨  '  イ/
          '   〈i:i/ |i:i:i{⌒  V . . ,\ { 乂__ノ { // ノ'
        ノ   ' ^ Li:/    '. . ./ ⌒//     Ⅵ
     r‐‐彡'    /        ∠ __/{      /^ヘ   }
     { ,   _  '      ,ィ ´    ヽ     {   /イ
     V  /⌒       //      }〕iト _ 乂/
    /  '. . /   . ィ.:/ ,        イハ : : {. {
   ,  / . ./    ,. .{ V {__  -==ァ__} }: i:.{.∧
  // . . . .'   /. . }. }ニ「    'ニ/∠ _{八. . 、
/. . . . . ./    /. . . ,. jニ.:    {ニ/ニニニ',\. \
. . . . . . .'    /. . . /./ニニ{     Vニニニニ}  \. \

__________________________________________

     知らないということを恥ずかしいと思う前に、

     申し訳なさを感じるよりも先に、

     ヴィクターは悔しさと、焦りを額に滲ませていた。

     今を思えば、何故ああまでもと自分でも首を傾げるほど、心を揺さぶられたのだ。

..

2297 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:36:21 ID:UzuY7W2q














                         モ ノ
     ――― 自分がそうなりたかった理想を先に掴んでいる。

          本当だったら、自分がそう振る舞いたかったのに、と ――――



















        /   /     /        ',  ヽ         \           /
         }  ′     /     ,'      l    ,  、       、   \-=≦
         }  ′    ′   /       |、    ',  \     \   ',
         } {      ′   /      |  、   ,     、      \  }
         }      {    ′   -―  厂 \  ',    \       、
         /  ',    { __ /       / 斗==ミx、 ',     }\     \
       ′ /',  「⌒7     / 〃 )f心  \l      }   T⌒ ̄、 ̄
       厶イ   ',  l /斗=ミー        乂_ソノ  |     /)⌒)/、   \
            l   v( f(心        ¨¨   l      {_ /、  ___、
            |   ハヽ vりl                l      {_ノ}  \  }
            l /} ',   〈              \   { l/   ハ/
                v   }  ',                     \  { l   /}
                 } 八         ノ        / \〉l /リ
                 }  / \    ̄   _  -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}
                 }/    、  _ ‐                 ⌒` 、 }
                       /     /             \
                      \     /         ______ }
                       \∠ -―-=二  ̄_____\ ` 、__
                    _ -=ニニニニニニ=- _            \   \ニ\
                    / ̄ ̄⌒\ニニニニニニニ\            ',   \ニ\
__________________________________________

          優秀だと言われていた自分を、歯牙にも掛けない男の子

          なのに、ヴィクターと相交える時は

          傷付かないよう、幾重にも視えないベールが掛けられている。

          そんな彼が現れてから一月、とある容疑が少年に掛けられた。

....

2298 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:40:39 ID:UzuY7W2q
.       /::::::/::::::::::::::::::W三//<:i:::::::ト-'マ::::i<=マ:::マ:::ム::ム
.        .::::::::/::::::::::::::::::W=/:i:::::::;ィ:::W   マ:::i!::::ヾW::l::::::!::::ム
      {::::::,':::::::::::::::::::W/:::::::/::::/ |::::li    マ:l_::::::::W::i:::::lヽ:::ム
      |:::/::::::|::::::::::::::Wi::::::/斗{ ¨マ::{    '::} ヽ:ト::W:|::::|  へヽ
      |/::::::;r|::::::::::::i::::l:!::/  _i|--、マ      ィ二l| ::l::::!::::    `\
.       /:::/::W::::::::::ム::i{マ! ,ィ不ミ、 `    んハ ヽ!:::l::::'
.     / イ:::|:::::W::::::::::ム:i! 〈 {ん;:::} `     .W::;} ' ::|:!:::'
    ´   l::::r<W:::::::::::ム:.  乂.ソ        'ー'   :::li::::'    容疑、ですか?
         i::::丶 W::::::::::::iマ.            '   xx :::!|:::'
        l!::l,_-`_W:::::::::::i! ヽ xxx             ハ::i:::'
      W::∧ニl l W::::::::::i!.        ..     ィ:::::::W
.       W::;'::∧=マ.マ :::::::::i!...>      ` ´  、 ´ !::::::W
.      W::;':::::::斗<マ::::::::::i!..............≧..。 _ イ ∨.|::::::W
     ,。≦     ヽ マ ::::::::i!=--x=//∧  //!=!:::::W
.    /          ‘,マ:::::::::i!--'//////', / / rニ!::::W
   W            ',マ::::::::i!/////////  |/=/!:::W
  W               i.}:::::::::i!////////   /,イ |::W


                       ----
         __   __ ,.  ´           \
       /⌒> ⌒             、      ',
       /  /    '  ト、__  丶  \ ',  ',  }
         ′       i/W{ 、  \-‐\Ⅵ  :. _∧
         :   i  i  {  { i\´ {\  }   }/i:i:i:i:\    えぇ。
        i : {  {  {  八 {  ィチ示笊}  〈i:_i:介:.i:ハ
        { i {  {  乂   \  Vrツ }  '^}i:i:|:|i:i}ヽ}    彼は通常よりも遥かに
        八 {八 八 Ⅵ、_,.     .:.:. ノ ィ_ノ:Li」L_{
          ヽ⌒\ ヽ从.:.:. ,       ⌒i | : : |. . . ∧      早いペースで依頼を達成していました。
               i\{. 圦        '| | : : {. . ./ . ',
              }. .i. . . }iト   ゚    イ: :} }: : :八. . . . .}      
             , . .ハ. . .}. . .i.>r<: : : '. }、ノ¨¨¨ ヽ ∧      そこで不正を疑われたんです。
              /. / }. . |. . .|. . .}: : : : / ./ {      V∧
           /. /  , . . i. ._」/{ //. / /        V∧      
          , . ./  /. ./⌒{  (^)  '. ./ ′        }. . ',
           {. . {  {. ./  八     {. .{ {      __ノ. . . . .
           八. .i  i./   \\ __  |. .| L __ /⌒{ . . . . . . .
            '⌒)ハ  ,    /≧=--- |. .i ¨ 「       i . . . . 、 . .
             ⌒} {_   '-=ィ介:.、ニ八.Vニハ     : . . . . .\}
            /}  「/-=/i:i/}i:ト、}ニニ}'ニ=-',    : . . . . . . .\
           /. .}  '-=ニ〈_/ニ}i:}-=ニニニ=-:.     :. . . . \. . . ',
             /. . .i {-=ニ=- '-=ニニニニニ=-, i      }. . . . . .\. .}
         . . . . .l 圦-=ニニ{-=ニニニニ=-イ{ |       i . . . . . . . V

2299 :名無しさん@狐板:2018/12/11(火) 23:41:37 ID:irTh+QNd
そう、年齢詐称ぎわ(ry

にしてもほんとに若いAAがベル君なの違和感しかねぇな・・・w 髪の色とか色々と共通点あるのに・・・w

2300 :名無しさん@狐板:2018/12/11(火) 23:43:29 ID:Xmv5W5WE
自分の物差しでしか計れない弊害か



2301 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:46:26 ID:UzuY7W2q
             ____
           / . ´⌒>-  ¨  ̄ ̄ ¨  .,
           / / /            、  \
          /  ' /  /  ,ィW        Ⅵ   ',
            ' / /   '   /''゙"{     \ Ⅵ
.          i /i ′  __/_   { 、 \ ___\}               やってくれるね?>
.          |' |_i   i /  `八 {\´{\ 、}   } }_
            /i八  { ィ示笊ミ \ ィチ示ミ }   , /i:i\   お任せ下さい
          i:i:i/i:} \Ⅳ乂rツ    乂rツメ  イ /i:i:i」i:i:>
          }i:/i:/i. . . :从 ' '    ,    ' 'ノ/i}/}i:i:i「 「i:i}  必ずや真相を明らかにしてみせます!
           ^「^. .|. . . i 込、   _ _    イ:.i |. .Li:/{.:{⌒
             }. . .}. . . | i: :i: .     ィ:..|: | |. ....{ |.:}
.             ,. . ., . . . } |: :l: :}:>-<:{ : : |: {∧ . | ∨
           / . /. . . .,  j : r:ノ  : : : ..八:_j_ V∧八   、
.          / . /. . . ./ /r‐^\__   __/ }  Vハ. . .\ \
        , . . /./ ̄{ ∧ ',  \__/   /   } } ̄ ヽ\
.         . . . '. {   V { \\ ____ /    } }   }. .} }
        {. . {. .j    ノ. .} ___>----< ____/ /     }. . . ,
.        V. .V{__ /. . /ニニニ/介\ニニニ' { ___ ィ^. . /
         '}. . }./. .ィ-=ニニ<__ イニV __>ニニ{ 八´⌒´{. . . {
       /. . .ノ{/. /{-=ニニニニ<_}oニV_>ニニニ〕iト\  i. 、 . \
       '. /⌒. .八..{ 人-=ニニニ=-⌒-=ニニニ=-イ⌒)} : . .\. ..\
     {. {. ./ /. . i \  i≧=-- <{ニ{> --=≦7i /  i . . . .\. ..ヽ
___________________________________________


     そこで監視と監査を兼ねた人員を決めようとした時、

     比較的彼と近い距離に居て、疑われにくい私がその担当に選ばれました。

     私も最初はトコトン追求して不正を暴いてやろうと息巻いていたのですが――――


..

2302 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/11(火) 23:59:31 ID:UzuY7W2q




             昼夜問わず追いかけて……


             ……その、三徹した辺りで倒れまして……


             気がついたら彼に膝枕されてました。







     /   /      /    /        /       ',   ',
  _/    '         /      /        /        ',   ',
 \____/               /        /         i{    l
       ′     /      /          /       l   i{    l
      /       /      /     -―-           ノ_ 八  } ′
     ′/ l    /   / /       /      / /  /    }/
   /   {  |   ' /  /   _∠__   < _   ィ__}    /{   ← 暗黒剣の修行 : 餓鬼の行中
 ∠  _/{  |  // {  厶 イ  ⌒芹芋厂       竿芹^}  '  、
       人 ノ /    ',    | 八 vrツ        vり 〈/{\  \
        <     / ,    |    ¨¨       、 ¨¨  ' l {   ̄ ̄
        }  ̄l八 (∧    |             )    | N
        }/l   \___',  |                  l{     ……何やってんの。
        / ̄ ̄ ̄ ⌒ ', ノ   し            ハ
          {           }/⌒ ‐ _   /⌒ ̄ /  /   ',   ぶっ倒れたら元も子もないだろ。
          {/⌒\        }ニ=‐ '  _ /  ィ \__、
     / ̄⌒\   \        /ニニニニニ7   /
    /{__     、     、     {ニニニニニ/==≦
  /  /⌒ ̄   ―  ̄ ̄ ̄⌒ -=ニニニ,′
  ,  /                   ̄⌒` 、
 ,' /                 _  -   ̄⌒` 、
________________________________________


    三日三晩監視してたんですが――彼、ずっと働いたり調べ物したりしてたんですよね。

    ほとんど休み無く動き続けてケロっとしてるのを見て、ホントに同じ人間なのかなって思いましたよ。

    後々話聞いてみたら、修行の一環でそうしてるって……さわりしか教えて貰えませんでしたけど。


    ……えぇ。

    第一声がコレで、恥ずかしくて死にそうでした。

...

2303 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/12(水) 00:17:58 ID:0IuPDKS5
         \/               \      \
           /   /            __    \
        /    /      / ̄ ̄           \ \
       /        /         |      \__>
      /   /      /           |          |
     / l  /              /     /    \   |
     ̄⌒|   |    / /      /     ∧         |
        || |     |/   ̄`   //   ´/ ̄{       |  \
        |│ |    /       / v    /    {    | | l⌒    知っていたのかって?
        |│ /   厶竓芋竿 /   /‐=芋竿芍   | | |
       八∨   ノ从 )f沁   ̄ ̄     )f沁 }i \ |∧ ゙,     そりゃあれだけ目線感じればね。
          厶イ´  | ヽ Vソ         Vソ ノ |  \l/ヽ  |
        |  |   |         l          |    | /\|     
        | ∧  l| ″       ′      ″  |!   ∧/ 
         // ゙ 八                  ハ / \
         /Ⅵ \      (⌒ヽ      /∨∨    }        
         //   |/ |\   ` ̄´    /\ニハ    |
       /ニ/_   \|\ 丶       / | l ヽニ|   |
      /ニニ/ニニ\___ノ二\  ≧=≦/ )| /   }ニ!  /|
   /ニニ/\二二\ニニニ\___   //´}   }ニl_/ |
  -=二/   \二二\二二二二|/ / /   /\  |
 /ニニ/       \二二\ニニ< ̄ ̄ | /   \ |
____________________________________________


     で、彼は自分が何かしら疑われる存在になりつつあるのは理解していたし、

     むしろそういう異質なモノだと周知させるためにあえて放置してたと

     そう言い切られた時は思考が完全に止まりました。


     まして――そのような存在が現れた時にどう動くべきかを教えてくれたり、

     現行の連絡網の確認、不正や怠慢に染まる職員が居た場合の処置法まで。

     そうです……冒険者ギルド内部の監査を彼は依頼されていたんです。

...

2304 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/12(水) 00:29:15 ID:0IuPDKS5












   ―――― 四代目 “ 外典 ” の知己である王都のギルド長の伝で。

           
          それとは別に、普通の依頼も限界ギリギリまで請けてて…… ――――






                      {\_
                   _  ⌒    ̄ ̄ \__ ノ)
                〈 ̄            ⌒`     L
                  V    /  /    /⌒  }  ',
                  /     /  /      ′   /  }
                ∠     /   '     /        /ヽ
                   /   /    {     /   / /   ノ
                   __/   /    ′{   {  / / _/
                     ̄ { '   /   ',  l/T⌒ ̄ '
                 {/  ∠ イ i{(',    | === l
                厶イ  } ハ个=∨   ,      〉     一番の収穫は、
                  | ̄ ̄ ̄⌒` 、}  /    /
                「⌒\       ` 、 マ_フ '       真面目に仕事してくれる      
            _ -  ̄ ̄⌒ ‐ __  /ニニ/≧=彳
        __ // / /   / ̄ ̄ ̄>v'_           ヴィクターが居てくれたってことかな
       /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄⌒` く  / ̄  /⌒\
        /          /⌒ヽ   /      ',
        ,             /⌒L 」  /       l       あ、もう報告書書いて送っちゃったから
     /           /  /⌒7 ,        L
    /〈O           /  /   / /       ̄⌒}      訂正効かないんでよろしく☆
  ,   /⌒ ‐ _ O  /  /   / ヽ{     、     }
/   /    /  ⌒ - /  /   /≧= \      \   〉




























                                 __
                           ¨  ̄ ̄ ¨   ‐-/⌒\
                /                 <⌒\
                 '         /            \ \
                    {        /         \    ',
               rく\__    __ '       /      ',
               i/i:i只\--==i      '   ハV  }    }
                人i:/ ⌒Vi:\--{    i/ , /'゙゙{
            〈i:i:i/   Vi:i:i〉/{    { /{/⌒ {  ′ / /
              V     }i:i:」 { {イ    Ⅳ 八  { /  イ '
                }      ^八 V八   {   ^㍉ Ⅳ/ }/
                }     ,  . :/{ \ 乂.:.:.   乂 _
                }      . . :, {  i:. ⌒    /.:.:.:'v^}、     絶叫しました
             ,    / . :/  |   込、  ー〈.:.:/:.:.:.:.Vハ
             / . /  / . : :/  |  {:/^ト _ / ∨.:/.:.:.:.:〉人    もう色々綯い交ぜになっちゃって
            '. : .' . / --ミ、_  |  {' __{ {   {:∨/ r‐' }
           // . : '     ⌒\{  {ヘハ ',  V   ¨¨ア     でも酷いんですよ?
          /   . : i       八  {__ 〉 ',}ヘ {    /
         /    . : {        }ハ∧⌒  〉、 }'  イ        泣き喚いても、拳で叩いても
               / . : :{      {ノ }ニ} {ニ=-〈ニV   ハ
       '    / . : : 人__  、::.)//∨ Vニニニ/   ′ ',       嫌な顔一つせず、ゴメンゴメンって。
         '   . : , . :/{ニニ<_/     、Vニ=- ′  ハ
            . : /. :/ ハ-=ニニ\    \ニ/    ニ}   }       そんなことされちゃったら
      i     . . : :/. :/ /:∧-=ニニニ>、    \   :ニ,   ,      
.     /{  : . : : : /. : ' / /: :-=ニニニニニ\         :人  /      _  何時までもみっともない姿晒せないじゃないですか。
    ': :  {. : : :/. . . / /: : .ハ-=ニニニニニ\     '丶 _/      _ -=ニ
.    { 人 八. : ' . . ., /. : /. :. -=ニニニニニニ丶  /      _ -=ニニニニニニニ
   八(i:i:i\ \ . . .{. {. : , . : :〉、-=ニニニニニニニ「    _ -=ニニニニニニニニニ
    |i:\i:i:i\ \. .V. . :{. : /ニ\-=ニニニニニニ人 _ -=ニニニニニニニニニニニ
    |i:i:i:i:i:i:i:i:i:)  )八. :八:人-=ニニニニニ=-/-=ニニニニニニニニニニニニニ

2305 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/12(水) 00:41:52 ID:0IuPDKS5












            涙を拭う頃には、何かが心を覆っていた



                それは熱く、恐れのない震え



                 見えているのは、自分の



             遥か上に、いいや、彼方に居る男の子







            | \i:i〉: :\八⌒     '      ⌒7/ : ./}i:i:⌒〉  }′
            |  /: . . .{  込、              ':i  i  Li:/{   }
              /| ' . /. . |    } : :...  ´ `     イ: :{  {  . :{  i   }
          /: |/. ./. : . |    | i : 个: . _  イ : . i : {  {  . :{  |
            /: ./. ./ . . |    | |: : :}   . . : : :{: : :.| : {  {  . :{  | \{
        /. ., . ./  --八   _j_:.ノ、     . :\: j : {  i __:{ 八 . .\
          / . . . / ′     }  }、            ア{  {   \ ∧  . .\
       , . . . . /        }  } \¨¨`   ''⌒¨ / {  {     V:∧   . : .
        { / . ./       i ,  /   `ニ=-----=ニ´   {  {     V:∧   . .',
       ∨. . .{      }/ /、____       ____八  v/       v:∧   . .:
       , . . 人\ __、__ / ,ニニニニ=- 只 -=ニニニニ∧ V/      } . }    . :
      . .  / . . `「 ⌒ V{  {-=ニ<__/介\__>ニニニ=-', V/_/ _/ノ . : 八   . :}
      {. . /. . /. .{  /ニ{  {-=ニニニ/ニ}-=ニニニニニニハ } ⌒ 「  . : //∧  . 八
       八:/ . ./. : :{   {ニ八 Vニニニニ=- -=ニニニニニニニ} j    i : . ./  /∧ ./


   ―――― この日、生半可な気持ちじゃ到底太刀打ちできない存在を知ってしまった

          ヴィクトーリア・ダールグリュンという優等生だった少女は

         “ 本気 ” の二文字の重さと、遠さを知って、

         それでもなお近づく為に、一歩を踏み出ししたのだ ――――


..

2306 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/12(水) 00:45:19 ID:0IuPDKS5



            自分という存在を、鮮烈に、まるで雷のように焼き付ける為に――――



.         丶  \ .:i\ 八  ¨´                  ⌒¨7: : : .     }   . : : i . .       |
             i \{  :\ \.:.:.:.:.:.   .:               { : .      ,  . . : : | . .       |
             |  \: : \ \.:.:.:.   ′                  |: .     / . : : : . . { . .       |
             |    i: . . . 乂¨⌒             ノ          .:|: .    / : : :.i: . . .:. . .        |
             | ′ |: : : , 込、      ー             . : |    , : : : : |: . . . :、. ..        |、
              i/    |: : / . : .个: ...                . : : :.}     ハ : : : : |: : . . . \. .  . . .  | \
           /    |: /   . :|: : : : :::....           イ: : :__/   /ニ}:..__: :i: : : : . . . .\ . . . . . . .|  \
.            /      }/    . :.| : : i: : : : : ::::.....      イ_ -=ニ7    /{ニУニ>、: : : __   ---  ., . . .    \
          /     /      . :.| : : |: : : : : : : :__≧ ≦ニニニニニ,   . : i/-=ニニ/-=ニニニニニニ=-丶. . .     \
            ,       ′     . :.| : : |: : : : : : : {ニニニニニニニニ{   . : |ニニ=- '-=ニニニニニニニニ=-\. .      、
        /           . :.| : : |: : : : : :rヘ}ニニニニニニ=-/{   : : |ニ=-/-=/ニニニニニニニニ=- 丶. .      \
        ,      {      . : | : : |: : : : ノニ人-=ニニニ=-/-=八  : :八/-=ニ/ニニニニニニニニニニ=-',. .    丶
 


                 ―――― 少しは、見直してくれましたか? と、心の中で呟いて



...

2307 :改造妖精さん ◆iK3XpDSsSM :2018/12/12(水) 00:55:42 ID:0IuPDKS5





                  |i゙、    ト、
                  || ヽ  i! !.`、     ,i
         __     ヽ:、 |.|  \i| ! |i `、 !  / |
         \`'''‐- 、, `、ヽ! !   ヽ.リ|   V!| / i
           \   `ヾ、`i l    ! i   l ノ/ /,イ
           、,\                /''/_,. ‐''/
       _,,.. ─`=ヽr''"´   , i        、ニ  /
       `ヽ、、__  / ,. /   //   ヽ '、  、 `、 ∠,ィ
         ``''z / / /   / /  }  | i、.`:,、ヽ i ‐ニ__
        、-‐''"/ / /  / //ィ /!  ,'l| l il i ヾ,.\ ,./
         `ニ=| :/ i  / / / i / l  /i ハi| | ヾ`''、‐-
          ``|/! /| ///,たレ'ニ|. ///  i|l i、ヾ ゙、_~,>   彼は、知ってか知らずか
            ! | ir:|/_'r:::、'ェヮ‐,;:'/=/'i| /!|/`i `、 !ヽ
             '゙ ンl``、;;;;:}:='''" / il /r' '/i i `,|ヽi
              ヽ,..          ソ、ri'/ .| |/',! '         こう返すのだ
              `;ー--'       /:: |d || |i/ |
               ';``      ./:: @|| /リ
                l    ,. ‐'":::::::   ll/  iフi
                    `ー-‐''7:、::::::/ ::  ,,.. -''"/l
                  ,. :i. ,,i::::::',. -‐',"-‐'"   ソ''''‐;
                  / / {ノ,r'"o i"~    ,. ‐'"   `''‐、















                            誇ってくれ。



      ―――― この国が、北領が平穏を保っていられるのは、お前が居てくれるからだ  と















┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻
                ┏┓      ┃┃                      ┏┓┗┛                    ┃┃
              ┏┛┗┳━┓┃┗━┳━━┓┏━━┳━┳━┳┳┛┗┳┳━┳┳┓┏┳━━┳━┛┃
              ┗┓┏┫┃┃┃ ┃ ┃━━┃┃┏━┫┃┃  ┃┣┓┏┫┃  ┃┃┃┃┃━━┃┃  ┃
                ┃┗┫┃┃┃ ┃ ┃━━┫┃┗━┫┃┃┃  ┃┃┗┫┃┃  ┃┗┛┃━━┫┃  ┃┏┓┏┓┏┓
                ┗━┻━┛┗━━┻━━┛┗━━┻━┻┻━┛┗━┻┻┻━┻━┻┻━━┻━┻┛┗┛┗┛┗┛

壁l・ワ・)睡眠時間がががが ねりゅ!
関連記事
| ◇やる夫は水銀の蛇の弟子になるようです | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する