おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/12/10(月)
5752 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:05:31 ID:Xga3KqT9
さて、ではコミュやってきまーす。


5753 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:05:49 ID:Xga3KqT9

【安価 下2 3】
1D100 ディナー主導力

5755 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:06:32 ID:ILkefc98
【1D100:24】

5756 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:06:33 ID:2Don++Qr
【1D100:79】



5759 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:08:37 ID:Xga3KqT9
あ、順番出してなかった。

24と79ですが―――

【1D2:2】 1.24がライダー 2.24がセイバー

5760 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:09:28 ID:hqlFiVdf
ライダーの天然たらしっぷりの始まりかな?

5765 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:13:33 ID:u/1/lIS+
精一杯おめかししていったディナーでリードされるセイバー。よいぞよいぞ~
まあ、お相手は泡となって消えるんだけどね…



5766 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:15:52 ID:Xga3KqT9
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――琴里に紹介された店は、確かに小洒落たディナー向きの洋食店だった。
 聖杯戦争の最中に、他のサーヴァントと連れ立ってディナー。不思議な状況ではあるが、貴方はこれもこれで
ありかと思い直す。

 現状で他の聖杯戦争は妖怪礼装おいてけと怨嗟の叫びを吼えるロミオなので、この状況に危険はない。
 まぁ、前者は貴方は知らないことなのだが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

\       (((二二/⌒ヽ二二)))      //.:/             _ -ニ¨>'´   ,、 '`  _、丶´
\:\      /^Y |    |   /^Y    //.:/           _ -ニ¨>''´  ,、 '`_,,  '´
.:.:.\:\    /  V⊂ニ⊃V /  V  //.:/          _ -ニ¨>''´  ,、< ̄ ̄|
\.:.:.\:\  ⊂ニ⊃ ⊂ニ⊃ ⊂ニ⊃//.:/        _ -ニ¨>''´   ,、 '`     匚|
  \.:.:.\:\    八  八 八   ./__/      _ -ニ¨>''´___,、 '`        |
──\.:.::\:\-(__V__V_)-/::| |  |───r=ニ¨:>''´.  ´                |    __   -
 ̄ ̄ ̄\_\| ̄八 八 八 ̄|/:| |  | ̄ ̄ ̄|>''´ _-「       _________┌‐  ¨¨      __
          (_V_V_)  ̄~| |  |       ̄ ̄ :|     :|   |¨¨¨¨¨¨¨¨¨|   ___, ┬=  丁:::::
__________________,| |  |_________|     :|   .:|| Y´ ̄ ̄`Y:|::|゙ ̄|::_||_:::|:|___
「「「「「「「「「「「|::|「「「:|:|「「「「「「「「「「「| |  |「「「「「|:|「「「「「「「|     :| | ̄ | ||:::l ̄ ̄| ̄|::|丁^`| ̄::|| ̄:::|:| ̄:::
」」」」」」」」」」」|::|」」」:|:|」」」」」」」」」」」| |  |」」」」」|:|」」」」」」」| | ̄| | |   | ||:::| ̄| |_|::|::|::::/|:://||::://|:|:::::::::
「「「「「「「「「「「|::|「「「:|:|「「「「「「「「「「「| |  |「「「「「|:|「「「「「「「| |  | | |   | ||:::|  | |_|::|::| ゙̄|~¨^||'''冖|:|==
」」」」」」」」」」」|::|」」」:|:|」」」」」」」」」」」| |  |」」」」」|:|」」」」」」」|  ̄¨ | |__| ||:::|_|:  ||::|____|::::__||::: :: |:|:::::::::
「「「「「「「「「「「|::|「「「:|:|「「「「「「「「「「「| |  |「「「「「|:|「「「「「「「|…─-|-----i|:::|二二二.|::|::| ゙̄|~¨^||'''冖|:|==
」」」」」」」」」」」|::|」」」:|:|」」」」」」」」」」」| |  |」」」」」|:|」」」」」」」|: : : : : r───┴- ⊥ _|::|└-⊥_||_:::|:|::::::
「「「「:|| ̄|「「「|::|「「「:| ̄ |「「「「「「「「「| |  |「「「「「|:|「「「「「「「|: : :__| ̄: : ¬=‐ ..__   ̄  ─-=ニ__ ̄ ¨¨
| ̄:|::|| ⊂二二二⊃|__|」」」」」」」」」| |  |」」」:|\|」」」」」」」|: : {ニ⊃ {ニニ⊃_.:.:. ̄.:¬=‐ ..,__     ̄”~"''
|  :|,,||二二つ|| |二| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| |  | ̄ |  | ̄ ̄ └ _|`丁|: |`丁´|ニニ⊃.:.┌─┐.:.:.: ̄ ¬=-  _
||'¨||¨¨¨¨ ||||_,|| || |l|  _|____|_|_|   |  |    . . :.:|: ::|::|-|: ::|:: :|`丁´| .:.:.|二二二): : :___.:.:.:.:.:
||`'||''|l`'マ||√ ̄^'|l|/         ̄\===|\|     . . . .└: :|::¨|:::_|: ::|:: :| .:.:.|:| ̄|| ̄|| : :| _」___
||. :||..||  |:|| . . . : :.|\______,| ̄ ̄ ̄|゙\|         . . └: |: ::|::¨|::-|_.:..:|:|: : ||: : || : :|(____)
. : : :.:||  |:|___ ||\||____\| |: : |      | ̄||           . . : |: ::|:: :|.:.:¨|:|-:_||: : || : :|:| ̄|:| ̄|:|
. . : :.:||\|:|二二仁¨¨|T|| ̄ ̄「|:寸__,|      |: : ||: . .             . : :|:: :|.:.:. |:|: : ||:- ||_: :|:|: : |:|: : |:|
  . :||\|:|___\|:l:||: : : :.:|:|\\|___|==||: : : . .        . . . . : : : : :.::└: :.:||: : ||: ¨|:|-:_|:|: : |:|
   ||  |:|¨¨¨¨¨¨||¨|:|: : : : : :|:|\\|二二二|: : : : .           . . . . : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|: : |:|-:_|:|
   ||==|:|======||. |:|: : : : : :|:|: : \|___|: . .              . . . . . : : : : : : : : .:.:.:.:.|:|: : |:|: :.:┘
   ||  |:|========|:|: : : : : :|:|\: : |¨¨¨¨|¨||                       . . . . : : : : : : : : |」.:.:.:



                            乂::::::ノ\:::::::::::::::\
                       __           \::::/:::::: }
                   ,.。s≦//////≧s。.,           ∨::/:::::}
.      jI斗─━━─< /////////////////≧s。.,     ∨ :::::}
    ////////////////〕iト/////////////////∧      }::::::::}
   ///////////////////////〕iト/////////////∧ /}  }::::::::}
.  //////////////////////////////〕iト//////|\/ / /:::::::/
  {/////////////// 斗───</////////〕iトノ   。 く/::::::::/
  ∨'/////////////  ! !  :|     `''<////////〕iト\ノ:::::::: /
   \///////////! : | |   !  ,,      ``~、、/////〕iト:::/
....   〕ト.///////|   ! ! _、+'”     ``~、、|   `ヽ、//////〕iト
       〕ト.///| 斗匕  | \  \  \ :l`ヽ、  j{//////////
              〕ト|   !:∧从!   \_\_\  〉  j{//////////
              |   |i≠=ミ   u 斗≠ミ\〉   j{//////////
              |   |l`└‐┘    └‐┘っ:   八 ̄ ̄ ̄ ̄
          ___|  从 //////////,j{   /___   「そ、それでは―――」
          \ ∨ / 公     r  ┐   /∥ 〈   ./
            /:∧ ∨ :∧ 个s。 ゝ- '  イ /' :/ii} /∨ /
         /:}{:::∧ ∨ :∧  \.≧ ≦./ /  /iiノ`'く:::::∨
           〈:: }{:::::}{〉、\:∧   ⌒Y⌒ / :/入    \:}
           ∨'〉:::}{::::≧=\〉 __{ニ}_//| /::::::\    \ /
.           ∨:::::'〉::::::::}{::::|/i:/凵\i\ |,'::∥:::::/\   ∨ /
.             \:::'〉::::: }{::::|>'i:i:i:i:}{i:i:i:i< |:::∥::::/::::::::>、  ∨ /
.              ∨≧=≦:|\i/\/\〉|::∥:::/::::/ ∧   '/
                ∨::::::::::∧:::}{____}{:/≧=≦/    }   }
             ∧::::::::::::∧}{ ───}/:::::::::::::∧    /  /
              /::∧::::::::::::∧.≧==≦/:::::::::::::/::∧  /' /


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 店員に案内された席に、落ち着かなげにスカートをグイグイやりながらセイバーが腰掛けようとする。
 後ろから見ると逆に裾が徐々に上がり、ニーハイに包まれた膝裏が見える。その上の絶対領域も僅かに。

 ナイスマスターと、貴方は心の中で琴里に親指を立てたが、そんな事は顔に出さない。出すと格好悪いからだ。
 ともあれ、自前で腰掛けようとしたセイバーを手で制し、そっと椅子を引いて着席を促す。
 今回は貴方がエスコート役なので当然だ。この時代の礼服であるスーツは着慣れていないが、立ち振舞いは
堂に入っていた。格好つけのためだけにこの手の動作は散々練習したものだ。男同士で。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5770 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:17:29 ID:u/1/lIS+
こいつ徹底して格好つけるために行動するのぶれねえな…w

5771 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:18:10 ID:hqlFiVdf
しかも利用する機会が来るという強運



5777 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:25:37 ID:Xga3KqT9


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 借りてきた猫のように大人しいセイバーが顔を赤くしながら着席する。
 それを待ってから貴方も着席し、メニューを開く。何か食べられないものはあるかと確認を取り、問題がないと
判断した上で、フランス系のコース料理を2人分注文。

 食前酒の産地や銘柄について聞くと、セイバーはあっぷあっぷしながら、それでも誇らしげにフランスの話を
してくれた。
 そうしているうちに料理が到着。
 作法は国によって多少違うので、フランス風と貴方の作法では少しズレがあるかもしれないが見逃して欲しいと
貴方は頭を下げた。予防線だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                   _    --─…………─--   __/:::::::::::::::::::::::::``丶     /
            _ -‐_,.二¨ -‐…  ""~~ ̄ ̄~~""   ー-=ニ.._``~、、::::::::::::::::/_\_/
      -─--'"´,,  ´                          ``~、``~、、/ ̄   ̄ ̄
.  / / ̄ ̄ `Y´             __,,...   ----   _     ``丶、ヽ、
  / /: : : : : :::::::/      _,.  --─-<二二- . : . : . : . .: :.:.:.:.:.:.:.:⌒>。,_     `ヽ、ヽ、
  | |: : : : : : :::::/     /_.:.:.:.:'"~ ̄\二- : : . :/ ̄: : : ::;:;:;:;:; : : : :ノ: : :.`丶、      \\
 / / \:::::::::: '′/⌒ヽノ-__: : `ヽ: : : .:.:.:.:.:)-─ ''"(:;: . . . .:.:.:.:.:ノ: : :'"´ ̄.:.:;:;;:;;;::: \      \\
. | :|  /⌒'´ ̄``v'´: : :-二-_: ::ゝ::::_ノ(: : :丿: :>-─=ニ⌒: : : : : : :ノ: : :.:.:.:.:ノ: : ヽ'´ ̄ \'∧ ∨
. | :|  {    ,  . : 八: : ; :; 二二- . . : .:.:___)く::Y´  . : : ::;:;;::.:.: : : :  _ -<_:_:_:_:ノ, . . : : :ノ/∧ ∨
. | :|   \ . . : : :.{;:;:\__: :-二二─ ‐ : : .:.:::犲-_  . : :/´: : .:.:/ ̄. : : :.:.:.:.:.:.:ノ二ハ. : :,.--:、 :} }
  ', /  >''⌒\:;:;;ノ`'く三二-- ‐ : : : . . .:.:ヒ二‐__/  . : : :/. . :ノ´. : : _--二二ン:}/    ∨〈
. \\{'"´   . : : ::〉::{: : : :`¨¨¨丁二ニ=- __ノ-二三二-__: : ::ノ´: : .:.:.:.:::::_-二二彡'゙:/   ;' . : /\\
  /\\ . . : : :r-ヘi:i:;、. ‐ニ: : ::::{.:.:.:. {:!: : }i「 ̄´"''" 7冖¬介─--ッ‐=ニ⌒;:;:;: : : :ノ{ . . : : : :_,/:::::::| :|
  /::::::::\`ヽ、_ノ   V、\Ξ;:;::::::}.:.:.:.从 :刈 : : -: : .:/: : : .:.:i:i:;:;:: : .:{: :,;:;i:i:i:;:;:: : : : / `¨¨¨¨¨´/___/ /
  |:::::::::く 丶、`ヽ、___ノ \辷i:i:;:;:j,,;;;i:i:i:i:ノ州i.:::::ニ::/: : :.:.::i:i:jレ-‐……-ミi:i:;:;:;:;:;/ ̄\ ./ ̄____/
  |`ヽ、::::\  `丶、``~、、 ``'ー-ッ'´ ̄ ̄⌒ヽ:ニ;:;:;::::::::;:;i:i:抓       \-‐''ー- _、‐''゛xf〔ニ>''" /
  丶、:丶、::`丶、  ``~、、``~=ニ..__ `   ノL」_:_:_:_:_:_i:i」込、  ゚ . . : :_ノノ=- _`-二三ニ7´   //
\  /)>,、`丶、:::`¨¨¨¨´::::::≧=-  __``'' ‐-------------‐‐ '' " ´--=≦三三三ニン   //
\// . :`ヽ、:::``'ー-‐''"´_ --=ニ二三三三二ニ=‐───=ニ二三三三三三三ニニ- ¨. . .//
/xく\ . . . : :.``'ー--=ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二=‐¨ : : . .//



二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\    };';';';';';';'
二二二二二二二二二二_」L∟ニニ∟L」_二二二二二\   };';';';';';';'
二二二二二二二二>''". . . . . ./. . . . . . .`''<二二二二\ノ;';';';';';';';
二二二二二二二/.. ../. . . . . . . . .. .. ..|. . . . . .\二二ニニ\;';';';';';';
ニニニニニニ=-. .. .. ../. . . . . . . . . .. .. ..|. . . . . . . .\二二二ニ\_/
\二二二二ア. . . . ./. . . |. . . . . . . . . . |. . . . . .l . . . . -=ニニニ二\
  \二二ニ/. . . . '. .!.... ....|. . . . . . ..|. .. .|...|. . . ..|. . . . . .∨-ニニニ二
    \ニニ√. . . . . .|. . . ..|. . . . . . ..|. . /. .|∨. ..|. . . .. .. ..∨-ニニ二二
      \√. .. .. .. ..|∨..-|‐. . . . . ..|. /^!‐|-l. . .|. . . |. . |. .}-ニニ二二
      j{. ./... ... ..|"∨..|..(\. . . .|/ .|./ !.. ..|. . . |. . |. .}-ニニ二二
      j{V. /. . . .|㌻だ示㍉\...l  灯示う㍉... ...|. . |...'-=ニニ二二
      j{ ∨. . . . |ヽ乂Jノ     `   弋Jソ ″. . .|. . |.'-=ニ二二二
      j{  〉. .八',    /// j ////   |ノ. . |. . |二二二二二
      乂/.∧. . ∧       `        /|. . ./\.\二二=- ¨
.        /. /.〉.. ..∧     r  ┐   /./ . /. . { `¨⌒
        /イ(. . .∧. . 个          个. . /. . . {   「……構わないよ。
.        ノ. .>'"∧....|> ぅs。     イ /. . / ニ=-乂_   今、この時はただ楽しもう」
     // ̄ ̄>',. .\ \  う爪  ./!. . .|  ``ヽ、` 、
    /^ア  <__|. ∨  \   /  |.. ...|', ̄ ̄ ̄    、
.      /|  \   /.|. . }⌒\_}¨{_//. . / ゚。   、ヽ`   |
     /. |   \/__|. . }/  [_r┐┌ュ_]'. . ./\ ゚。 /       |
.    /. . |      `、  |. ./   {i:i:i! Li:i:}. ..∧,   ̄/       .|
   /. . . |     ∧.ノ./   / ̄し' ノ^}_.∧_〉  ./       |、
.  /. . . ./    -=彡” ̄[/ /´  /  } }     /        /:|. \
 /. . . ./       八::::::ハ        '〉  /        _-/ . . . `
.:'.. .. ../       ,イ ∧::::::::} ̄ ̄\    /  /        _-={ . . . . .
.. .. ../     /:/ /.∧::::ノ     \∠__/       _-=-{ . . . . .
... ../    /::::/   /⌒ア     /_彡' __     _-=─ \ . . .
. ./    /:::::::/  /  ({     / ̄ ̄ //::::::::::\  _─    \..

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 幸いにしてそこを突かれる事は無さそうで、なんだかんだ貴方は安心した。
 ほぼ同時代の英霊であるが、おフランスは文化の最先端で、東の方はどっちかというと田舎だった。
 少なくとも貴方の領地は田舎だった。そう考えるとメッチャ都会派ご令嬢とのディナーである。なんだこの御褒美は。
 なにか罠があるのではないかと貴方は警戒した。アーチャーからの無意味なロミオ的奇襲とか。

 幸いにしてその手のイベントはなく。
 この時代の豊かな食事に舌鼓を打ちながらの話題は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

1~3.ヨーロッパ史
4~6.聖杯戦争の話
7~9.聖杯戦争“後”の話
10.琴里プロデューサー、女性関係の話題を振れと事前に提案済み

【安価 下5】
1D10

5782 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:26:39 ID:p1JPwtsL
【1D10:6】



5788 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:30:08 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――話題は、やはり聖杯戦争だ。
 同盟関係とは言え、そもそもサーヴァントが2騎、仲良くディナーしている現状がおかしいのだ。

 色気の無い話であるが、色気のある話や気の利いた話が貴方のレパートリーに無いだけとも言う。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


            /二二二二二二二二ニ/ヽ /⌒丶二二ニニ=-"
         /二二二二二ニニニニ/  ノ^\__ 〉二ニ=-"
          {二二二二二二二二二|/Y 人__\二ニ=-"
         〉ニニニニニニニニニ/ l/二二ニニ=-.". \
.        〈二二二二二二二>''~  /二二ニ=-. .、. . . . ∧
        j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   _、rf〔二二ニ=- . . . . ∨../. .∧
      /人______、rf〔二二二ニ=-. ..、. . . . . .∨../. .∧
   _、rf〔二二二二二二二二ニニニ=-. . . . . . .\. . . . .∨../. .∧
_、rf〔二二二二二二二二二ニニ=-. ._,,.. -‐─. . . ..'/. . . ..∨../. .∧
二二二二二ニニニニニニニ=-. .、'" . . . (\. . . >. ..'/. . . ..∨../. .∧
二二二二二ニニニニニ=-、. . .. ..`、\jI斗fセ力卞. . . . '/. . . . ∨ . . . .}
二二二二ニニニニ=-、ヽ`..\.. .. .. .`、 ⌒∨j) } ノ ∨. . ..'/. . .. ..|. . . . ..}
二二ニニニニ=-. . . .゛jI斗些ミ ̄ ̄`⌒   ` ´   '/.. ...|{. . . . .|. . . .. .'
二二ニ=-   ゚。. .. ..ヽ 乂ら) /////// .!... ...|{ . . . . . . . . .'
 ̄           \.(. . ::. // 、             | . . 从. . . . . . . ./
            ⌒}.. ..∧           ノ     ,.:'|. . . |乂. . . . . ./
            ノ人. 分 、    ̄      /  ... ../  〉─<__
            /´   ゚。. . . 〕iト.     /|\ |. .// ゚̄。_/ ̄`ヽ、
                \...( \( らTさ}\|  Ⅵ./′ /. . . }    \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 セイバーは―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

▼セイバーの反応

1~3.安心
4~6.心配
7~9.真面目
10.熱烈歓迎

【安価 下3】
1D10

5791 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:30:35 ID:GcGlNXyS
【1D10:6】


5793 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:31:48 ID:/HQcLF99
んもう、またセイバーはカワイイムーブをする



5794 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:40:04 ID:Xga3KqT9


_. -=: : ̄: : : =-. . _                     __
: : : : : : : : : : : : : : : :ニ- _            _ -=二 }.\. . . .ニ=- _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   __     /. . /.... ...}.}. . .\. .∨../. \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/ニ∨   ,:'. ./. ..{. . .. ..}.}. . . . .\.∨../.. ..`
: : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : /二ニ-∨ ,'. . .{. . ..'/. . .//....\. . . . .∨.. . . .∧
: : : _ -=二  ̄     `~、、/二二ニ-∨. . ..{. . . .'/..// . . . . \. .. ..}. . . . .} /,
_-                  〈二二二ニニ',. . . . . . ∨´...\___,.. ..\. }. . . . .}. ..}
                   \二二ニニ',._|._,ノ.. ..\.^´..\. . . . .\. . . ..}. ..}   「―――残る最大の障害はランサー。
                    \ニニニ|. ..|._._.\. . . jI斗些ミー┬:.\....}.|..:     私は一度撤退可能。
.         _ -二二}二ニ=- __∧二ニ-|. 汽些ヽ\(   いソ  //. . . . . |..{     向こうはマスター無しだが霊地の要に
      /ニニニニ}ニニニニ| |〉二ニ|. :. Vソ          /イ. . . .. ../.人     陣取っており、時間経過での劣化は
      ,二二二-/二二二ニ| |∧ニ-|. ハ   丶        j{. . . . ./ . . . \_   中々望めない。
     j{二二二-厶/ (_/}ニニ| |ニ}ニ|〉. :.           /. . . ..,ふ. . . .く¨⌒
.     j{二ニニニ人 ヽ ∠_ニ’./二}ニ|∧込   ′`    ィ. . . /. . .',>-ミ.\   そうなってくると、数の利を活かして
     二二二/二〉 ゚ ┌'´_/ /ニ>< .}. .个     、ヽ`/. ..∠ __.. ../(__ノ¨⌒   波状攻撃か一斉攻撃で押しつぶす。
.     乂r‐ミ_/}ニニ∨乂(二/ 厶+”_ \ \. . .|_ /う爪/ /. . /⌒ニ/⌒Y´<      これが正道になるんだろうが―――」
  __乂\0く二ニニニ/ ∧‐- 、 ヽ  ‘,. .|⌒Y } / /. . /   \_∧. . . .ニ-. _
. /二二二ニ∧__〉ニニ-/ /二〕h、     .}./{ /ノノ_/. . /      V〉. . . . . . . . .- _
. √二二二二∧二ニ/ /二二ニ-∧   ./{_/o/___⌒7...../   \    W^=- _. . . . . . . -_
..,二二二二ニニ} ̄__,/ニニニニ/ 人¨¨´  ’ /⌒)ノ .:. ./       \  ’    -_ . . . . . . :.
.j{二二二二二ニ}二二ニニニニニ/    \   ∨   .//           \ }_     -_. . . .. .. :.
. ,二二二二ニ/二二二ニニニ/  /i:i:i:l/,   ∨    }〉  \     ⌒Y      -_. . . . ..}
 ',ニニニニ/二二二二ニニ/ ./i:/i:i:i:i|ハ.   ∨   .!∧    \     }``~、、   :. ... ...}
  ∨二ニニ/二ニニニニ/  /i:i:i/i:i:/i:i|/,   ∨  /:::∧     \    }     ``~}... .../
.   ∨二二二ニニニニ/  .人i:人i:/⌒{   ,   .} ∨:::::::::::\         ∧      /....../``~、、
   \ニ二二二>''"::/  / / ̄ ̄/   ∧  / .}〉::::::::::::::::\       ∧、    /. . ./
      ̄ ̄\::::::::::::/  /  {__∧     /,  ノ /:::∨::::::::::/^^\       ∧\  /... ../
           \::::/  /::} 〈o__o_〉   ∧ノ /::::::::}::::::: /    \     ∧ `/. . . ’
.             乂 /}::::} /  / 人   _/:::::::::::}::::::/       .\     '/. ./``~、、



                             \: : : : : : :`、
                           ‘, : : : : : |
               _ -=二ニ=- _     ', : : : : |
            _ -二二二二ニニニ=- _  }: : : : : ノ_」L∟L」_
            , ’ニニ二二二二二二二二jI斗fセだ二二二二二`、
__       , ’二二二二二二jI斗fセだニニニニニニニニニニ∧
二二二ニ=-  _/二二_jI斗fセだ二二二二二二二二二二二二ニニ∧
ニ二二二二二二 ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ}
二二二二二二二ニニ=-. ..''"~/. ./ {. . . /.`''<二二二二ニニニニニ/
ニニニニニニニ二ア. ./. .. .. ../|. /....{. . /. /. . . .\二二二二二二二/
ニニ二二二二二,: . . . . . . . /-|/{. . {. //. . . . . . .`、二二二二二ニ/
"-=二二二二ア../. . ../|./-=ミ \{. . . . .\. . . .'/..}二二二ニ=-"
   " -=ニ<. ./..../. . .|{ 乂ソ`` \(\(...\ . .Ⅵ二ニ=-"
       ⌒ア./. .. .. ..|乂      ん ノ\..\. \    「―――私を残すため、捨て駒になってランサーを
       /イ . ∧. . . .|⌒       , `´ /../... ..K⌒     消耗させようなど。
       ⌒ .: . /. ∧. . .|         ∠イ. ./. .|. \     よもや考えていないよね?」
        / . . . /. ∧. 込   ´ `   .イ.../../....八\..\
       ,. . . . . . . / }..}}. \   _、. '”....l./..∧. 、. . \`¨⌒
      ,.: ./⌒}...∧ }八}\ 爪 |... ...{../. /. ..∨\......\
     /. /   /../ `、.     `、/ ∧. . {──=ミ∨ \......\_
   /. . /   /../    `、   r'^'┐ ‘. ..\__ノ. \__ \. . . . . ̄. . . .───. . . . . . .──. . . . __
 /. /..’_彡./     `'<〇r⌒))乂 . . ._._彡'⌒ ∠_ミ、 ̄   ────────    . . . . . . . . . 二- ._
. . ./. . ’.. .. . ./|\       `'<′   |\___/二/::::\x──────ミ_ト、___      ̄二=- _. . . . : .
./. . . .j{⌒/../ ,|......ニ=──ァ─=ニニ\   |  ∨二ニ/:::::::::::::::\_,,.. -‐....''.∧__} \/|::}           \. . . : .
.. .. ../j{_,彡'   |.................../二二ニニニ>ミ」  ∨ニj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/  __  |::}-=ミ              '/. . . : .  /
. ./ /{    ∧................|二〈\二ニ/::::::::::ニ- _ ∨ノ__,,.、丶´⌒ヽl\ハ:\ /   \|/   \           '/. . . .∨ /
.:′ ./ .{    /..⌒ニ=-..._|二∧...\/_::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::__」   \/ /     ',__   \         '/. . . .∨
  ,  /    ∧...................\ニニ\..............ニ=-.._::::::::::::::::::::::::::::_ -=ニ\  /⌒7 {      , ~"'' ─=  __フ     :. . . . .}
.  { /      .∧..................../\ニ{::\........................... ̄ ̄ ̄............... /  {    { .{  |  | ||      `''<           :. . . . 八
. / /      ./ ∧............/{......{⌒\::\.................................... _ -=:::::⌒ヽ 乂,.、∧ } .|} | |ノ -ミ \ \、、\       /.. ../
../ /     //. . .∧..../i:i:i:乂__}/⌒^`'<:::ニ=-───=ニ_::::::::::__ノl/ ̄ ̄└'’, |} //、   \ \ \\_>    /. /
'      / ′..〈i:i:i:/i:i:∨⌒i乂__i:ノ     `¨¨¨¨▽¨¨¨´ ‘,   /      \  八_}/   \  >┼ ┘,    //
     / }{. . . ∧i:{i:_/(_i:i:iノ           ∨〉、  ', /         \  ∨     `、ー‐┘   ',
.    / : . . . .{(i:i:/i:乂i(_⌒          ',   ‘<`¨⌒, ′         人   ∨     〉 \    ',
    /  }{ . . . {∧⌒'∧::::::::≧s。            、  } }:\/         / /∧  }\__/     \   ',
  /    :. . . ../, '/......∧:::::::::::::::⌒≧s。     `  } }::, ′       /  /-=∧/\          \  ',
/    八.. .. ../, '/......∧::::::::::::::::::::::::::: ⌒≧s。.,,  _}ア           /  ./  -=`¨¨)\            `、 ‘,
       '/. . . /, ',../ニ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/'            /     -=ニ/⌒\           `、 ',
.         '/. . . . /|ニニ=- _::::::::::::::::::::::::::::::::/:/             ,      -=′   \        `、,

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 セイバーは、貴方の考えを見事に読み切っていた。

 しかし実際、回復の目がないランサーを消耗させるのに波状攻撃は有効だ。
 アーチャーを仮に計算に入れないとしても、貴方が1回、セイバーが1回撤退可能。最後の1回が本命として。
 都合、3戦。霊地の要を抑えていても、ランサーは徐々に損耗していくだろう。

 ―――この時点で、貴方達はランサーが沙耶から魔宝石をかっぱいでいる事を知らない。
 魔宝石も含めると、ランサーがフルスペックで戦闘できる回数は、おおよそ3回。この計算は成り立たなくなるのだが、
貴方達がそれに気付いて頭を悩ませるのは、翌朝以降だ。

 ともあれ現状、ランサー相手に誰が、どう潰れ役をやるか。
 ここからの勝ち筋の話はそこに収束する。そして貴方はその途中で消えたく、セイバーは聖杯の容量に“万が一”を
期待している為、ランサーを落とすまで貴方に落ちてほしくない。

 ここで沙耶の予想通り不和が発生するが、沙耶が狙っていた不和とはなんか違った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5795 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:41:23 ID:GIMtlp4I
最後の一文で笑うわw

5800 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:43:30 ID:WrxXFsR4
想定された不和:聖杯の使用権を巡っての不和
現実の不和:ふわふわ



5801 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:48:54 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――どう回答したものか。

 貴方は頭を悩ませるが、その前にセイバーが口を開いた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                  -‐━‐-
                . . ´.. ..ξ. . . . . . . . `. .
.              /. . . . . . . . . . . . . .\. . . \
            .:´. . .‘. . . . . . . . . . .\. .∨. .. ..`、
         /. . . .‘. . . . ..゚。. . . . . . . .\∨. . . ..゚。
          √.... ...|.. .. .. .. ..\... .. . . . . ..`∨.. . ../,
        √. . . ..|.\. . . . .. ..\. . . .|! .| . ∨.. .../,
       !|. |. . .|l .l \. . \. . .\. jI斗-...∨.. . .}
       !|. |. ._」L∟L\.....\ィi〔._._. !. . . .∨ ∥
       !∨......jI斗些ミ⌒¨´ ィ笊引㍉\(. \{
          ∨.!\..ヽ乂jノ^    └‐’ }_. . . .. ..{    「私は―――」
        ノ. |.. ..\:.    〈l        √ . /.. ..乂_,
     ‐=彡 ..人. . ..込            /. . ./. ..|`¨¨¨´
       `¨ /゚。... ...个. . _^___. .イ.. .../. . /
.      ‐=≪_ ゚̄。. .. .!'"二ニニニ=/. /< ̄ ̄``~、、
.       /. / ⌒/\. ゚。二二二二//二二\  r<(⌒丶
    /../」L∠」_ニニ\〉ニニニニ/´二二ニニΑ  \∨ /
   /../く ‐- _``}二二二二ニニニニニニニr┴‐㍉ ∨ /
 /..//. . } ─‐ 仁ニニ〕iト二二二二ニニニニ>─‐-∨'∨ /
: ../ /. . ∧_,、r┐ノニニニニニ\二ニニニニく∠二  {  ∨ /
'"  /.. ..//二二二二二二二二∨ニニニニニ\_Y  }  ∨ /
.  /. . /二二二二二二二ニニニ∨ニ二二二二二]__ノ\  ∨ /
  /. . /ニニニニニニニ二二(くニニ∨ニニニニニニ}   _>  V
 ,. .. .仁ニニニニニニニニ≫ o`ーァ}ニニニニニニ}∧_∧ 〉   、
. ,. .. .j{ニニニニニニニニニ⌒レ √=}ニニニニニニ}   ∨〉   \
.j{. ./∧ニニニニニニニニニ二(くニ/二ニニニニニ∥    ∨〉     \
j{../ 乂i\二二ニニニニニニニニ/二ニニニニニ∧〉     〈      \


1~3.最低だ。
4~6.非礼を承知で、アーチャーに働きかけたい。
7~9.まず令呪がある私が偵察役を兼ねて仕掛けるべき。
10.熱烈歓迎

【安価 下3】
1D10

5804 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 15:49:30 ID:rSDvW+k9
【1D10:1】



5807 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 15:55:49 ID:Xga3KqT9


                             \: : : : : : :`、
                           ‘, : : : : : |
               _ -=二ニ=- _     ', : : : : |
            _ -二二二二ニニニ=- _  }: : : : : ノ_」L∟L」_
            , ’ニニ二二二二二二二二jI斗fセだ二二二二二`、
__       , ’二二二二二二jI斗fセだニニニニニニニニニニ∧
二二二ニ=-  _/二二_jI斗fセだ二二二二二二二二二二二二ニニ∧
ニ二二二二二二 ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ}
二二二二二二二ニニ=-. ..''"~/. ./ {. . . /.`''<二二二二ニニニニニ/
ニニニニニニニ二ア. ./. .. .. ../|. /....{. . /. /. . . .\二二二二二二二/
ニニ二二二二二,: . . . . . . . /-|/{. . {. //. . . . . . .`、二二二二二ニ/
"-=二二二二ア../. . ../|./-=ミ \{. . . . .\. . . .'/..}二二二ニ=-"
   " -=ニ<. ./..../. . .|{ 乂ソ`` \(\(...\ . .Ⅵ二ニ=-"
       ⌒ア./. .. .. ..|乂      ん ノ\..\. \
       /イ . ∧. . . .|⌒       , `´ /../... ..K⌒    「私は―――最低だ。
       ⌒ .: . /. ∧. . .|         ∠イ. ./. .|. \     君が半ば、私に勝ちを譲ろうとすらしているのは察している。
        / . . . /. ∧. 込   ´ `   .イ.../../....八\..\    それでも、万一君と私が両方残れたら、という希望を捨てきれず、
       ,. . . . . . . / }..}}. \   _、. '”....l./..∧. 、. . \`¨⌒    こうして君を束縛しようとしている。その上で―――」
      ,.: ./⌒}...∧ }八}\ 爪 |... ...{../. /. ..∨\......\    
     /. /   /../ `、.     `、/ ∧. . {──=ミ∨ \......\_
   /. . /   /../    `、   r'^'┐ ‘. ..\__ノ. \__ \. . . . . ̄. . . .───. . . . . . .──. . . . __
 /. /..’_彡./     `'<〇r⌒))乂 . . ._._彡'⌒ ∠_ミ、 ̄   ────────    . . . . . . . . . 二- ._
. . ./. . ’.. .. . ./|\       `'<′   |\___/二/::::\x──────ミ_ト、___      ̄二=- _. . . . : .
./. . . .j{⌒/../ ,|......ニ=──ァ─=ニニ\   |  ∨二ニ/:::::::::::::::\_,,.. -‐....''.∧__} \/|::}           \. . . : .
.. .. ../j{_,彡'   |.................../二二ニニニ>ミ」  ∨ニj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/  __  |::}-=ミ              '/. . . : .  /
. ./ /{    ∧................|二〈\二ニ/::::::::::ニ- _ ∨ノ__,,.、丶´⌒ヽl\ハ:\ /   \|/   \           '/. . . .∨ /
.:′ ./ .{    /..⌒ニ=-..._|二∧...\/_::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::__」   \/ /     ',__   \         '/. . . .∨
  ,  /    ∧...................\ニニ\..............ニ=-.._::::::::::::::::::::::::::::_ -=ニ\  /⌒7 {      , ~"'' ─=  __フ     :. . . . .}
.  { /      .∧..................../\ニ{::\........................... ̄ ̄ ̄............... /  {    { .{  |  | ||      `''<           :. . . . 八
. / /      ./ ∧............/{......{⌒\::\.................................... _ -=:::::⌒ヽ 乂,.、∧ } .|} | |ノ -ミ \ \、、\       /.. ../
../ /     //. . .∧..../i:i:i:乂__}/⌒^`'<:::ニ=-───=ニ_::::::::::__ノl/ ̄ ̄└'’, |} //、   \ \ \\_>    /. /
'      / ′..〈i:i:i:/i:i:∨⌒i乂__i:ノ     `¨¨¨¨▽¨¨¨´ ‘,   /      \  八_}/   \  >┼ ┘,    //
     / }{. . . ∧i:{i:_/(_i:i:iノ           ∨〉、  ', /         \  ∨     `、ー‐┘   ',
.    / : . . . .{(i:i:/i:乂i(_⌒          ',   ‘<`¨⌒, ′         人   ∨     〉 \    ',
    /  }{ . . . {∧⌒'∧::::::::≧s。            、  } }:\/         / /∧  }\__/     \   ',
  /    :. . . ../, '/......∧:::::::::::::::⌒≧s。     `  } }::, ′       /  /-=∧/\          \  ',
/    八.. .. ../, '/......∧::::::::::::::::::::::::::: ⌒≧s。.,,  _}ア           /  ./  -=`¨¨)\            `、 ‘,
       '/. . . /, ',../ニ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/'            /     -=ニ/⌒\           `、 ',
.         '/. . . . /|ニニ=- _::::::::::::::::::::::::::::::::/:/             ,      -=′   \        `、,



_. -=: : ̄: : : =-. . _                     __
: : : : : : : : : : : : : : : :ニ- _            _ -=二 }.\. . . .ニ=- _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   __     /. . /.... ...}.}. . .\. .∨../. \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/ニ∨   ,:'. ./. ..{. . .. ..}.}. . . . .\.∨../.. ..`
: : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : /二ニ-∨ ,'. . .{. . ..'/. . .//....\. . . . .∨.. . . .∧
: : : _ -=二  ̄     `~、、/二二ニ-∨. . ..{. . . .'/..// . . . . \. .. ..}. . . . .} /,
_-                  〈二二二ニニ',. . . . . . ∨´...\___,.. ..\. }. . . . .}. ..}
                   \二二ニニ',._|._,ノ.. ..\.^´..\. . . . .\. . . ..}. ..}
                    \ニニニ|. ..|._._.\. . . jI斗些ミー┬:.\....}.|..:   「その上で、その願いが叶わなかったら。
.         _ -二二}二ニ=- __∧二ニ-|. 汽些ヽ\(   いソ  //. . . . . |..{    今度は自分の為に、君を切り捨てるだろう。
      /ニニニニ}ニニニニ| |〉二ニ|. :. Vソ          /イ. . . .. ../.人
      ,二二二-/二二二ニ| |∧ニ-|. ハ   丶        j{. . . . ./ . . . \_  ……最低だ……!
     j{二二二-厶/ (_/}ニニ| |ニ}ニ|〉. :.           /. . . ..,ふ. . . .く¨⌒  自分の都合で残れと言って、自分の都合で
.     j{二ニニニ人 ヽ ∠_ニ’./二}ニ|∧込   ′`    ィ. . . /. . .',>-ミ.\   殺そうとして。私は最低の身勝手女だ……!」
     二二二/二〉 ゚ ┌'´_/ /ニ>< .}. .个     、ヽ`/. ..∠ __.. ../(__ノ¨⌒
.     乂r‐ミ_/}ニニ∨乂(二/ 厶+”_ \ \. . .|_ /う爪/ /. . /⌒ニ/⌒Y´<
  __乂\0く二ニニニ/ ∧‐- 、 ヽ  ‘,. .|⌒Y } / /. . /   \_∧. . . .ニ-. _
. /二二二ニ∧__〉ニニ-/ /二〕h、     .}./{ /ノノ_/. . /      V〉. . . . . . . . .- _
. √二二二二∧二ニ/ /二二ニ-∧   ./{_/o/___⌒7...../   \    W^=- _. . . . . . . -_
..,二二二二ニニ} ̄__,/ニニニニ/ 人¨¨´  ’ /⌒)ノ .:. ./       \  ’    -_ . . . . . . :.
.j{二二二二二ニ}二二ニニニニニ/    \   ∨   .//           \ }_     -_. . . .. .. :.
. ,二二二二ニ/二二二ニニニ/  /i:i:i:l/,   ∨    }〉  \     ⌒Y      -_. . . . ..}
 ',ニニニニ/二二二二ニニ/ ./i:/i:i:i:i|ハ.   ∨   .!∧    \     }``~、、   :. ... ...}
  ∨二ニニ/二ニニニニ/  /i:i:i/i:i:/i:i|/,   ∨  /:::∧     \    }     ``~}... .../
.   ∨二二二ニニニニ/  .人i:人i:/⌒{   ,   .} ∨:::::::::::\         ∧      /....../``~、、
   \ニ二二二>''"::/  / / ̄ ̄/   ∧  / .}〉::::::::::::::::\       ∧、    /. . ./
      ̄ ̄\::::::::::::/  /  {__∧     /,  ノ /:::∨::::::::::/^^\       ∧\  /... ../
           \::::/  /::} 〈o__o_〉   ∧ノ /::::::::}::::::: /    \     ∧ `/. . . ’
.             乂 /}::::} /  / 人   _/:::::::::::}::::::/       .\     '/. ./``~、、

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 身勝手度においては今次サーヴァントほぼ最下位なのは、セイバーも、貴方ですらも知らない事実であった。

 とりあえず多分No.1に輝いている奴は、『繋がってしまった……』して沙耶の逃げ道を塞いでいた。
 本人真っ先に落ちたのに。なんだあいつ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5815 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:02:38 ID:Xga3KqT9
セイバー:聖杯入手を優先しているがこういう思考
ランサー:状況に振り回されてはいるが、沙耶でボーナスゲーム開始する程度には自由
アーチャー:梁山泊ロミオ
ライダー:フワリア
アサシン:(キャスターの宝具効果とはいえ)マスターブッコロして勝鬨を上げて消えていった。本質も悪女
キャスター:私は悪くないと言いつつ、悪意で混乱の渦を巻き起こし、自分も巻き込まれてメイルシュトロムしてた。
バーサーカー:待て、結論を急ぐな。


―――これが今次正規7騎の有様である。

5816 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:03:36 ID:Xga3KqT9
多分一番身勝手度が低いのはビヤーキーだが、次点でセイバーだと思われる。
ランサーが身勝手度下位打線になる辺りに何かこう形容詞がたい感情を感じる。

5817 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:03:55 ID:ILkefc98
セイバーがまじめに聖杯戦争してて浮いてる感

5821 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:04:54 ID:BlAecCsl
普通の聖杯戦争ならランサーとか「良い空気吸いやがって」勢の筈なんだが……だがバネ足がここにいた!

5823 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:05:26 ID:Db1swK6n
やはり聖杯に群がるやつらはろくでもないな!(Fakeの無銘ちゃん並の感想)

5824 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:07:14 ID:t0H/ON8i
>>5823
三名ほど聖杯投げ捨てて独自路線でパルクールしてるんですけど…



5825 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:10:59 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――ともあれ。

 セイバーは貴方にも残って欲しいと強く願っているようだが―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

▼ライダーさんの反応

1~3.マスターになんか頼まれた?
4~6.(あれ、なんかここまで脈ある反応される由来あったか……!?)
7~9.そう思ってくれるだけで十分。自分を卑下するな。
10.熱烈歓迎

【安価 下5】
1D10

5830 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:11:24 ID:yYBp2XNn
【1D10:5】

5835 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:12:12 ID:nhEHDDPJ
ビヤーキー本当にいい奴だったからな・・。

5836 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:12:28 ID:6fq18pmO
今日は女神割とおとなしい?(フラグ)



5838 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:14:07 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――貴方は困惑した。

 前後の流れ。この会話。ロイヤルストレートフラッシュの如く何かが揃って、脈がある反応をされている。
 そこまでは分かった。だが―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                    ___
              . :''"~. . . . . .ヾ. .~"''
               . :´. . . . . . . . . . . . . . . . ..`:.
             /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .゚。
          /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .. ../,
          √. . . . ./. . . . . . . . . .. .. ..|. . . . . ./,
.          j{. . . . . .|. ..|.. ..|.. .. .. ..|. . . j . . . . }. ..}
.           /.|. . . . . .|. ..|.. ..|.. .. .. ..|.. ../. . . . . }. ..}
          / | . . |......|.‐-\._. . . . .|.../__. . }. ..
       ! j. . ..|.. .. ._」L」_\.\人:._」L」_. . . ../
       ! √. . |. . .乂 ̄``     んノ 〃. . /   「……ライダー?」
.         '。√. ..∧. . .⌒xx     xxx / . . ∧
        /. . ../..∧. . ゚,      ′  イ. . . . . ゚。
       .: 斗─-ミ∧. ..゚)h、 ´ ` .. :´. |.| . . |\..\
       //      ⌒∧. .゚。\ぅ=〔.. .. .. ..|.| . . |  ``\
     /: /      / ∧. .゚。(^Θヽ`''<..!.!.. ...|
_,,.、丶´:/'         ∠ ∧. .゚。/] \   ` !. . ..゚。
 ̄ ̄  √         / ∧....} }\}\   !. . . ..゚。
     √         / }. .} }-l-_l-∨ |. .∧....゚。
.   ,:'√ /|            .}../ √-l_-l_-Ⅵ./' ∧. .゚。
   /..√/:::|      /}  /' /-_-|-{ V-!', ∨〉. ..゚。
 /...√'::::/       /_,'   . /-_-/-/  ∨∧ ∨)h、.\
'’ . . / /ヽ|    ./≪/   /⌒''<-_}   V'∧ ∨〉:}\.\
. // / /!    /:::::)》|   /     Ⅵ   ∨,∧ .}彡:〉 \.\
'' / /_ノ|   /:::::::)》|   |^\    } γ"~   } .} }:::〉  \.\
. / /::::::::::::|   {:::::/^|  /_-弋,ノ┴'" / ,l l、、 rj{/ ノ:/|    `、. .
/ /`''<:::::|   厶イ(_-_| ./_/     ./ /.| | `¨´∨ ̄ |      '/. .
./      | ./i    | /:::∧.       ¨´ァ|/    ∨  .|゚,      '/. .
       | /...|    /(:::::::::∧       ′     ∧  |. ゚,       '/.:
       |'. . .|   ./-=\_::::∧            /::::゚。 .|. . ,      : . '
     /.. .. ..|    )、-=ニニ=-゚.rr─‐ミ_,,.、丶´:: :::: ゚。|. . .゚,     .'. ./
.    /. .. .. ..|>''~::::::`''<-==-{{-=-/二ニ=- _::::::::::::::゚。 . . ゚,  /./
    /. .>''~:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ~\-=ニ二二二二ニ=-_゚。. . .} /′
.   /'~:;;:: -‐ ''"´⌒⌒)ノ{⌒Y⌒Y\ :::::::::::: ̄::¨:::::-=ニ゚。. .}
、丶´ ̄           ⌒Y⌒ ⌒ ア¨¨¨¨\::::::::::::::::::::::::::} . }
                  {   /       \::::::::::::::::::/\}
                 ヽ/            )\:::::::::/-_(-\___
                 /          (-_-):/-_ノ-_-_)ノ\\__
                 /               )_-_-_/-_-_-{-_-_-_/〉ノ
            _ -=/              )/)人-_{\-.{-_-_-_}´
         -=二  ./                 /⌒)-_\-_-_-_-_-〉
 _   -=ニ¨       /               /_-_\\-_-\-_-{⌒
                {               /⌒ヽ-_-{/}-_-_/ ̄
             ゚。             /   ⌒)-_{  }-_-_\

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 待て、結論を急ぐな。ここまで脈のある反応をされる所以はどこかにあったか―――ッ!?

 貴方は内心で戦慄した。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5839 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:14:19 ID:+sRX+WMQ
そういうとこだぞ

5840 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:15:12 ID:Zq7GFyLT
これ生前全く自覚なしでやってたなオメー



5845 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:21:04 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 辛うじてこの反応を見て、男女間の脈の有無を取り違える程にポンコツではなかったが。
 カッコつけが目的でモテる目的はあまり無かった貴方は困惑する。

 しかも相手が他のサーヴァントである。何が起きた。それが貴方の素直な感想だった。

 故にここで貴方は、状況を把握する為に発言をする。せざるを得ない。
 それが最悪、自分で掘った墓穴の底に自分で設置し、ついでにマスターが善意で炸薬量を増加させた爆弾の
スイッチを押す可能性すら知らぬまま―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


_. -=: : ̄: : : =-. . _                     __
: : : : : : : : : : : : : : : :ニ- _            _ -=二 }.\. . . .ニ=- _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   __     /. . /.... ...}.}. . .\. .∨../. \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/ニ∨   ,:'. ./. ..{. . .. ..}.}. . . . .\.∨../.. ..`
: : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : /二ニ-∨ ,'. . .{. . ..'/. . .//....\. . . . .∨.. . . .∧
: : : _ -=二  ̄     `~、、/二二ニ-∨. . ..{. . . .'/..// . . . . \. .. ..}. . . . .} /,
_-                  〈二二二ニニ',. . . . . . ∨´...\___,.. ..\. }. . . . .}. ..}
                   \二二ニニ',._|._,ノ.. ..\.^´..\. . . . .\. . . ..}. ..}
                    \ニニニ|. ..|._._.\. . . jI斗些ミー┬:.\....}.|..:
.         _ -二二}二ニ=- __∧二ニ-|. 汽些ヽ\(   いソ  //. . . . . |..{   「……何か、言ってくれ。
      /ニニニニ}ニニニニ| |〉二ニ|. :. Vソ          /イ. . . .. ../.人    でないと私は―――」
      ,二二二-/二二二ニ| |∧ニ-|. ハ   丶        j{. . . . ./ . . . \_
     j{二二二-厶/ (_/}ニニ| |ニ}ニ|〉. :.           /. . . ..,ふ. . . .く¨⌒
.     j{二ニニニ人 ヽ ∠_ニ’./二}ニ|∧込   ′`    ィ. . . /. . .',>-ミ.\
     二二二/二〉 ゚ ┌'´_/ /ニ>< .}. .个     、ヽ`/. ..∠ __.. ../(__ノ¨⌒
.     乂r‐ミ_/}ニニ∨乂(二/ 厶+”_ \ \. . .|_ /う爪/ /. . /⌒ニ/⌒Y´<
  __乂\0く二ニニニ/ ∧‐- 、 ヽ  ‘,. .|⌒Y } / /. . /   \_∧. . . .ニ-. _
. /二二二ニ∧__〉ニニ-/ /二〕h、     .}./{ /ノノ_/. . /      V〉. . . . . . . . .- _
. √二二二二∧二ニ/ /二二ニ-∧   ./{_/o/___⌒7...../   \    W^=- _. . . . . . . -_
..,二二二二ニニ} ̄__,/ニニニニ/ 人¨¨´  ’ /⌒)ノ .:. ./       \  ’    -_ . . . . . . :.
.j{二二二二二ニ}二二ニニニニニ/    \   ∨   .//           \ }_     -_. . . .. .. :.
. ,二二二二ニ/二二二ニニニ/  /i:i:i:l/,   ∨    }〉  \     ⌒Y      -_. . . . ..}
 ',ニニニニ/二二二二ニニ/ ./i:/i:i:i:i|ハ.   ∨   .!∧    \     }``~、、   :. ... ...}
  ∨二ニニ/二ニニニニ/  /i:i:i/i:i:/i:i|/,   ∨  /:::∧     \    }     ``~}... .../
.   ∨二二二ニニニニ/  .人i:人i:/⌒{   ,   .} ∨:::::::::::\         ∧      /....../``~、、
   \ニ二二二>''"::/  / / ̄ ̄/   ∧  / .}〉::::::::::::::::\       ∧、    /. . ./
      ̄ ̄\::::::::::::/  /  {__∧     /,  ノ /:::∨::::::::::/^^\       ∧\  /... ../
           \::::/  /::} 〈o__o_〉   ∧ノ /::::::::}::::::: /    \     ∧ `/. . . ’
.             乂 /}::::} /  / 人   _/:::::::::::}::::::/       .\     '/. ./``~、、


1~4.かわす
5~7.先送り
8~9.着火する
10.自分で更に炸薬量を増加させ爆発させる

【安価 下5】
1D10 (ある意味)危機回避ダイス

5850 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:21:32 ID:ospBNMPN
【1D10:4】 お前は鈍感だって信じてる



5853 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:21:40 ID:Xga3KqT9
まぁ生前の死因が痴情のもつれかどうかは定義しません

5858 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:22:58 ID:Zq7GFyLT
そもそも死因が多すぎて特定できなさそうですし…w

5859 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:23:07 ID:t0H/ON8i
おまえなー!そういうとこがなー!

5860 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:23:14 ID:9kn27QXp
先送りw



5862 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:24:56 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――そう思ってくれるだけで十分だと、貴方は言った。
 そういう相手と、こうして食事に来れただけで、座の仲間に自慢できるとも。

 意訳すると『食事で終わらせて座に戻らせて下さい』である。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


_. -=: : ̄: : : =-. . _                     __
: : : : : : : : : : : : : : : :ニ- _            _ -=二 }.\. . . .ニ=- _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   __     /. . /.... ...}.}. . .\. .∨../. \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/ニ∨   ,:'. ./. ..{. . .. ..}.}. . . . .\.∨../.. ..`
: : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : /二ニ-∨ ,'. . .{. . ..'/. . .//....\. . . . .∨.. . . .∧
: : : _ -=二  ̄     `~、、/二二ニ-∨. . ..{. . . .'/..// . . . . \. .. ..}. . . . .} /,
_-                  〈二二二ニニ',. . . . . . ∨´...\___,.. ..\. }. . . . .}. ..}
                   \二二ニニ',._|._,ノ.. ..\.^´..\. . . . .\. . . ..}. ..}
                    \ニニニ|. ..|._._.\. . . jI斗些ミー┬:.\....}.|..:
.         _ -二二}二ニ=- __∧二ニ-|. 汽些ヽ\(   いソ  //. . . . . |..{   「……」
      /ニニニニ}ニニニニ| |〉二ニ|. :. Vソ          /イ. . . .. ../.人
      ,二二二-/二二二ニ| |∧ニ-|. ハ   丶        j{. . . . ./ . . . \_
     j{二二二-厶/ (_/}ニニ| |ニ}ニ|〉. :.           /. . . ..,ふ. . . .く¨⌒
.     j{二ニニニ人 ヽ ∠_ニ’./二}ニ|∧込   ′`    ィ. . . /. . .',>-ミ.\
     二二二/二〉 ゚ ┌'´_/ /ニ>< .}. .个     、ヽ`/. ..∠ __.. ../(__ノ¨⌒
.     乂r‐ミ_/}ニニ∨乂(二/ 厶+”_ \ \. . .|_ /う爪/ /. . /⌒ニ/⌒Y´<
  __乂\0く二ニニニ/ ∧‐- 、 ヽ  ‘,. .|⌒Y } / /. . /   \_∧. . . .ニ-. _
. /二二二ニ∧__〉ニニ-/ /二〕h、     .}./{ /ノノ_/. . /      V〉. . . . . . . . .- _
. √二二二二∧二ニ/ /二二ニ-∧   ./{_/o/___⌒7...../   \    W^=- _. . . . . . . -_
..,二二二二ニニ} ̄__,/ニニニニ/ 人¨¨´  ’ /⌒)ノ .:. ./       \  ’    -_ . . . . . . :.
.j{二二二二二ニ}二二ニニニニニ/    \   ∨   .//           \ }_     -_. . . .. .. :.
. ,二二二二ニ/二二二ニニニ/  /i:i:i:l/,   ∨    }〉  \     ⌒Y      -_. . . . ..}
 ',ニニニニ/二二二二ニニ/ ./i:/i:i:i:i|ハ.   ∨   .!∧    \     }``~、、   :. ... ...}
  ∨二ニニ/二ニニニニ/  /i:i:i/i:i:/i:i|/,   ∨  /:::∧     \    }     ``~}... .../
.   ∨二二二ニニニニ/  .人i:人i:/⌒{   ,   .} ∨:::::::::::\         ∧      /....../``~、、
   \ニ二二二>''"::/  / / ̄ ̄/   ∧  / .}〉::::::::::::::::\       ∧、    /. . ./
      ̄ ̄\::::::::::::/  /  {__∧     /,  ノ /:::∨::::::::::/^^\       ∧\  /... ../
           \::::/  /::} 〈o__o_〉   ∧ノ /::::::::}::::::: /    \     ∧ `/. . . ’
.             乂 /}::::} /  / 人   _/:::::::::::}::::::/       .\     '/. ./``~、、




                         。。c ∽ c。。
                      。o.´ . . . . . . . . . . `.o。
                     ,. :´!. . . . . . . . . . . . . . . . ..
                   /. . . !. . . . . !. .∨ /. . . . . ゚。
                   .: . ../....゚。. . . . . ..゚。. . ∨ /. . . . ./,
                    |.. ...ト、 . .゚。. . . . . . \. ∨. . . . . . .:
_   jI斗-─-ミ     Ⅳ斗ミ\. \. ._._. . . ..>..\. . . . .:   「…………酷い奴だな。君は。
:. :.\////////ハ    .|.ヽV) ``~て~㍉.....|\. ..\. . .{    懺悔すらさせてくれないのか?」
: : : 人/////////ハ   /!. }  ,     └゚‐”|. . |. . \(. .≧=‐-
: : : : : \////////∧ /^...:.         |. . |.゚。. . .\. . .\
 ̄ ``~、、////////,   .|. 分 ` -    ,∧. .∨\. . . . .(⌒丶
      )h、\////|   .!. . /: \_,,.、丶´/| ∧. .∨/\. . . .\                  /.
.     )\/{ノ」ノ\//|  /. ./^\(\:}\/ !' .∧. .∨/. .\. . . .\             ,,.。*'". . .
.  γ从__ ∨〉|i:i|/〉/| /. , ′  ``/jI斗─━ ∧. .〉, . . . .\. . . .\___,.. -‐ '' "´. . _二ニ
  {//ノ乂) ≫|i:i|/∧!//      /      / }./  \.∟L」_. . . . . . . . . . _二ニ=─
  ∧/{/⌒ヽ('/,|i:i|'/,∧\    ,/ /        }'    〕iト。_二ニ=- . . .``~、、______
  {/∨///////|i:i|///|-=)>'ア ./               `、‐-   〕iト。   ``~、、. .``~、、_,,.. -‐
  ∨/〉////// |i:i!///|-=_//| | 、              `、‐-    〕iト。___\. . . . . .\
   )\//////ムii|'///!∠イi:/| ∧ \   ``~、、     `、─‐-     〕iト。   \. .\ . \
.  ////〕iト。//ii:i////√^7i/-|/ \  \       ``~、、  `、━─‐-       〕iト). . /\. .\
 /////////\/////  〈i/-=|    ̄ニ=─           `、━━─‐-     ./../ 〕iト). . .:
. |//////////j{////   圦-=|   \       ̄二ニ==─   `、━━──‐-/../   /. ./
. ∨////////,j{//A    ./゚。∧   |\    \          ̄二ニ==─/-<  ./-<━‐
  ∨'////////// \  くi:i:i\〉   |、 \    ∨              \      ̄二ニ==─
   \///////   `、_)i:i:i:i:∧  .|〉\     ∨〕iト             \
       ̄ ̄)≧s。,__/-=ニ〉<'-∧ |-=ニ\    ∨ /  〕iト               \
       ∥  \/〕iトミ/ :::::::``∧ |-=ニ彡\     ∨ /    〕iト           \
       j{{    \/\〕iトミ:::::::∧!:::::::::::::::イ\   ∨ /         〕iト          \
.       人\    \/\/≧=‐-‐=≦/ヽ!:::::::\  ∨ /       ∧‐- 〕iト .     \
         \\___)/ /\///,/::⌒ヽ::::::::::\ ∨       / ∧‐-   〕iト    \
          >─‐┬‐<\\\/::::::::::::::ハ:::::::::::::\〉\      / ∧━‐-  ∨ 〕iト  \
                  /   \\\\:::::::::::/::::::}\:::::::::::\人       / ∧━─-  ∨   〕iト
              /__/⌒ \\\\::::::::::::::}}^ \:::::::::::\_>      / ∧━━─-∨
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 懺悔されるようなことは、セイバーも貴方自身もしていないと。

 とりあえず勘違いを正すように念押しして言った貴方の言葉が、意図通りに通じたか否か。
 それはセイバーの内心の話になるので知る由もないが―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5863 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:26:22 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 こうして貴方とセイバーのディナーは、(アーチャーの怨嗟の叫びを除いて)穏便に終わった。
 そして聖杯戦争5日目の夜が終わり―――6日目の朝が来る。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

5865 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:28:52 ID:3AGkIp4g
絶対に意訳通じてないよな

5869 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:29:47 ID:6fq18pmO
ふわリアが死んで泣いた女の数多いんじゃね?とも思ったり



5870 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:30:32 ID:Xga3KqT9
▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 各陣営状況管理 6日目

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼セイバー陣営
魔力:130/130 令呪:2画 礼装:
▼アーチャー裸単騎
魔力:10/200 令呪:0画 礼装:宙ぶらりんのディナーの約束 怨嗟の叫び
▼ランサー裸単騎(魔宝石全使用)
魔力:130/150 令呪:0画 礼装:聖杯 強化符×1 銭ゲージ×6
▼ライダー陣営
魔力:-40/150 令呪:0画 礼装:使い魔×1
▼沙耶
令呪:0画 礼装:

5871 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:30:49 ID:Xga3KqT9
▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――6ターン目 ランダムイベント

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



<ランダムイベント表(PC用)>

   0.主人公に幸運が訪れた!
   1.他の参加者1名とランダムに遭遇(友好的)
   2.他の参加者1名とランダムに遭遇(非友好)
   3.他の参加者1名とランダムに遭遇(中立(キャラ同士の相性次第))
   4.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者および感情はランダム)
   5.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者はランダム、感情はGM任意)
   6.何も無し
   7.何も無し
   8.何も無し
   9.主人公が不運に見舞われた!


<ランダムイベント表(NPC用)>

   0.遠くで主人公にとって幸運な何かが!
   1.他の参加者同士が遭遇(友好)
   2.他の参加者同士が遭遇(非友好)
   3.他の参加者同士が遭遇(中立)
   4.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   5.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   6.何も無し
   7.何も無し
   8.何も無し
   9.遠くで主人公にとって不運な何かが!


【安価 ↓5 7】
1D10

5876 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:31:38 ID:pMKbGfTd
【1D10:4】

5878 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:31:45 ID:hqlFiVdf
【1D10:5】



5885 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:33:20 ID:Xga3KqT9
   4.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者および感情はランダム)
   5.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)

一気に動くやつだなコレ

5886 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:33:59 ID:Xga3KqT9
他の参加者同士:【1D4:4】 【1D3:1】
他の参加者同士:【1D4:1】 【1D3:3】

1.剣 2.槍 3.弓 4.沙

5890 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:34:35 ID:6fq18pmO
槍置いてけぼり

5891 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:34:42 ID:GcGlNXyS
またランサー殿が置いてけぼりを喰らっておるぞー!



5894 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:35:04 ID:Xga3KqT9
沙耶とセイバー陣営の接触に遭遇
セイバー陣営と沙耶が接触

おい、同じことしか言ってねぇぞこのイベント表

5898 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:36:06 ID:Xga3KqT9
最初の1D4が表そのままで、次の1D3が先に当たったのを抜いて残りで1D3なので―――

両方共、セイバー陣営と沙耶の接触としか言ってないのである。

5903 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:36:51 ID:Xga3KqT9
コレ沙耶が死ぬやつ。そしてライダーもチャンスを失うやつ。
だって沙耶単独で他の介入無しで遭遇できた場合、セイバーが単独で出ればほぼ負けないもん。

5905 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:37:30 ID:Xga3KqT9
大丈夫かライダー! 消える筋が段々狭まってきたぞライダー!

5906 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:37:57 ID:GcGlNXyS
おのれアーチャー、これがお前の策略か……!(ピタゴラ装置並)

5912 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:38:33 ID:/HQcLF99
女神様はよっぽど沙耶ちゃんがお気に召さないご様子



5913 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:39:47 ID:Xga3KqT9
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ダグラス・マッケンジー     【レベル】:40       【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:45       【耐】:30      【敏】:45      【魔】:20      【運】:10      【宝】:20
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆  【貯蔵魔力】130/130  【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                         。。c ∽ c。。
                      。o.´ . . . . . . . . . . `.o。
                     ,. :´!. . . . . . . . . . . . . . . . ..
                   /. . . !. . . . . !. .∨ /. . . . . ゚。
                   .: . ../....゚。. . . . . ..゚。. . ∨ /. . . . ./,
                    |.. ...ト、 . .゚。. . . . . . \. ∨. . . . . . .:
_   jI斗-─-ミ     Ⅳ斗ミ\. \. ._._. . . ..>..\. . . . .:
:. :.\////////ハ    .|.ヽV) ``~て~㍉.....|\. ..\. . .{
: : : 人/////////ハ   /!. }  ,     └゚‐”|. . |. . \(. .≧=‐-
: : : : : \////////∧ /^...:.         |. . |.゚。. . .\. . .\
 ̄ ``~、、////////,   .|. 分 ` -    ,∧. .∨\. . . . .(⌒丶
      )h、\////|   .!. . /: \_,,.、丶´/| ∧. .∨/\. . . .\                  /.
.     )\/{ノ」ノ\//|  /. ./^\(\:}\/ !' .∧. .∨/. .\. . . .\             ,,.。*'". . .
.  γ从__ ∨〉|i:i|/〉/| /. , ′  ``/jI斗─━ ∧. .〉, . . . .\. . . .\___,.. -‐ '' "´. . _二ニ
  {//ノ乂) ≫|i:i|/∧!//      /      / }./  \.∟L」_. . . . . . . . . . _二ニ=─
  ∧/{/⌒ヽ('/,|i:i|'/,∧\    ,/ /        }'    〕iト。_二ニ=- . . .``~、、______
  {/∨///////|i:i|///|-=)>'ア ./               `、‐-   〕iト。   ``~、、. .``~、、_,,.. -‐
  ∨/〉////// |i:i!///|-=_//| | 、              `、‐-    〕iト。___\. . . . . .\
   )\//////ムii|'///!∠イi:/| ∧ \   ``~、、     `、─‐-     〕iト。   \. .\ . \
.  ////〕iト。//ii:i////√^7i/-|/ \  \       ``~、、  `、━─‐-       〕iト). . /\. .\
 /////////\/////  〈i/-=|    ̄ニ=─           `、━━─‐-     ./../ 〕iト). . .:
. |//////////j{////   圦-=|   \       ̄二ニ==─   `、━━──‐-/../   /. ./
. ∨////////,j{//A    ./゚。∧   |\    \          ̄二ニ==─/-<  ./-<━‐
  ∨'////////// \  くi:i:i\〉   |、 \    ∨              \      ̄二ニ==─
   \///////   `、_)i:i:i:i:∧  .|〉\     ∨〕iト             \
       ̄ ̄)≧s。,__/-=ニ〉<'-∧ |-=ニ\    ∨ /  〕iト               \
       ∥  \/〕iトミ/ :::::::``∧ |-=ニ彡\     ∨ /    〕iト           \
       j{{    \/\〕iトミ:::::::∧!:::::::::::::::イ\   ∨ /         〕iト          \
.       人\    \/\/≧=‐-‐=≦/ヽ!:::::::\  ∨ /       ∧‐- 〕iト .     \
         \\___)/ /\///,/::⌒ヽ::::::::::\ ∨       / ∧‐-   〕iト    \
          >─‐┬‐<\\\/::::::::::::::ハ:::::::::::::\〉\      / ∧━‐-  ∨ 〕iト  \
                  /   \\\\:::::::::::/::::::}\:::::::::::\人       / ∧━─-  ∨   〕iト
              /__/⌒ \\\\::::::::::::::}}^ \:::::::::::\_>      / ∧━━─-∨
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○対魔力:B
 魔術系のスキルによるペナルティ効果を、1つにつき15%軽減する。
 セイバークラスによる高い対魔力。

○諜報:B
 このキャラクターは情報収集時の判定に+20%の補正を得る。また、自身に対する情報収集判定に-20%の
補正を付けることが可能。
 また、シナリオ1度まで情報収集判定を振り直せる。
 フランスの諜報機関に所属していたセイバーの特技。戦闘よりも立ち回りが得意なタイプのサーヴァントである。

○心眼(真):C+
 このキャラクターは常に+10%の勝率補正を有し、最終勝率が-80%より大きいならば、
最終勝率を5%にまで引き戻す。
 また、Cランク以下の初見殺し系スキルを無効化する。

○戦闘続行:D-
 このキャラクターはシナリオ1度まで、ランダムステータスを振り直せる。
 ただし、振り直し後の自陣合計ステータスは-5される。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 ―――???

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5914 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:40:28 ID:Xga3KqT9
あ、だめだコレ。

5916 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:40:59 ID:Xga3KqT9
メイン:セイバー
【最大レベル】:40
【基礎ステータス】  /【筋】:45 【耐】:30 【敏】:45 【魔】:20 【運】:10 【宝】:20
【バフ・デバフ適用後】/【筋】:45 【耐】:30 【敏】:45 【魔】:20 【運】:10 【宝】:20
【勝率補正】:10% 
【勝率デバフ(魔術系)】:0% 【勝率デバフ(その他)】:0%
【被勝率デバフ軽減(対魔力)】:15% 【被勝率デバフ軽減(その他)】:0%


メイン:沙耶
【最大レベル】:30
【基礎ステータス】  /【筋】:25 【耐】:25 【敏】:10 【魔】:40 【運】:0 【宝】:0
【バフ・デバフ適用後】/【筋】:35 【耐】:25 【敏】:10 【魔】:40 【運】:0 【宝】:0
【勝率補正】:0%
【勝率デバフ(魔術系)】:0% 【勝率デバフ(その他)】:0%
【被勝率デバフ軽減(対魔力)】:0% 【被勝率デバフ軽減(その他)】:0%

選択ステータス 【敏】:45 vs 10
選択ステータス 【魔】:20 vs 40

ランダムステータス 【筋】:45 vs 35
勝率補正変動:1P / 0% 2P / 0%
基礎勝率:70% 最大レベル差:10 スキル差:10% 戦力差25
最終勝率:115%

ランダムステータス 【耐】:30 vs 25
勝率補正変動:1P / 0% 2P / 0%
基礎勝率:70% 最大レベル差:10 スキル差:10% 戦力差20
最終勝率:110%

ランダムステータス 【運】:10 vs 0
勝率補正変動:1P / 0% 2P / 0%
基礎勝率:70% 最大レベル差:10 スキル差:10% 戦力差25
最終勝率:115%

ランダムステータス 【宝】:20 vs 0
勝率補正変動:1P / 0% 2P / 0%
基礎勝率:70% 最大レベル差:10 スキル差:10% 戦力差35
最終勝率:125%

5917 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:41:15 ID:Xga3KqT9
セイバー単騎で、ランステにかかわらず確定で仕留められる。

5918 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:41:27 ID:2Don++Qr
全部キレイに確殺

5923 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:44:31 ID:Zq7GFyLT
なんで君残ったの…?(無慈悲な疑問)

5924 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:44:33 ID:KC1fl3Av
ランサーにともだちぃ料を巻き上げられてなかったら…w



5925 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:45:07 ID:Xga3KqT9


llllll lllllll  ll:::::::::.   ::::i:::::::::::::::i:::::ヽ::::::::::::::::..      l        l    `ヽ、
llllll llllllll  lll::::::::::.   ::: :l:::::::::::::::i:::::::::\ :::::::::::     l        l      \
lllll ,llllllll  llll::::::::::.  :::::::l::::::::::::::iヽ::::::::::.\:::::::::.      l       l          \
llllllllllllllll  lllll :::::::::.  ::::::::l、::::::::::i  `,,.. -=-\. ::      l        .i     、   \
lllllllllllllllll lllllll :::: ::::. ::::::::l 丶:::::lr',~- ''''二._ -ヽ、::::...  l         l      ::`::- 、 ヽ、
llllllllllllllllll .lllllllll:::,:. :::. :::::::::l   ヽr' ,.-'~    `ヽヽ丶:.  l        .l     : :::::: :::: - 、. 、
llllllllllllllllllll lllllllllllヽ:::::. :::::::l  '7´ i   ,,;;;;;,,  `l i ヾ .|         .l    :::: :::::::::::、::::::   ` 、
llllllllllllllllllllllllllllllll ;. \:::::::l  .i  l   '';;;;;;''   i l  〉 .|    ::::   l    :l:::::::::::::::丶::::::   \
lllllllllllllllllllllllllllllllヽ,ヾ.、\::!.  ヽ, ヽ,     ,y' ,i _,/ノ .|  .:::::::::   r'`ヽ.   lrヽ::::::::: ヽ:::::::.    \
lllllllllllllllllllllllllllll       ヽ、  丶., ` -=- ''"_.r'-'  / 7.:|::::::::::::::::  |ヾlノ::: ::: .l::::::ヾミ::::ヾ::::::::ヽミ---\
llllllllllllllllllllllllllllll:::.       ::::::::::::::::....` ー= rr‐'i   ノ /.:: |  :::::::::   レ/::::::: ::: l:::::::::::::ゞミ≧xソ"´
llllllllllllllllllllllllllllll:::.        ::::::           r'.::: i l ::::::::    レ':::: :::: :: lr´`゙ー-ヾミツ
llllllllllllllllllllllllllllll.:::                      r'".::: i"l :::::::::: .:   .l:: ::::: ::::: ::::. l     ヾ
llllllllllllllllllllllllllllllll:::.                   ::イ l .l :::::::::: .:::  l::: ::::: ::::::: :::: l
llllllllllllllllllllll,.;.._lll::::::.                  / i.i l ::::::::: .::::  l::: ::::: ::: ::: ::::: l
llllllllllllll_,rニ-..,,,__,,..,_     ;;,_               イi l ::::::::: ::::::  l:: .::::: :: :::: :::::: l
lllllllllllll、-ー─ ─一-  ̄,7ニ-'´           /  l ::::::::...:::::  l ::: ::: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllll`- ._  _,,r-'"´                     .l :::::::: .:::::  i::::: :: :: .::::: :::::: l
llllllllllllllllllllll,,,   ̄ ,...:::..             ,.'     l ::::::: .::::::  l:::::: :: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllllllllllllllllllllllll ,.':::::::...          /     .l ::::::: :::::::   i::::: :: :: :: ::::: :::::::::l


▼沙耶さんなんで見つかってしもたん?

1~3.無名祭祀書の残骸でもあれば、それを取り込む事で強化を―――
4~6.古泉に報復しようとしたが、古泉関連の情報はセイバーが偽の現在地とか撒いて防諜してたんで逆に引っかかって
7~9.ランサーを上手く引き寄せてぶつけられないかやろうとしたらセイバーの察知範囲が思いの外広くて
10.散歩してたライダーと超偶然会ったらセイバー激おこで乱入

【安価 下6】
1D10

5931 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:45:30 ID:9kn27QXp
【1D10:6】



5937 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:46:35 ID:Xga3KqT9
……沙耶には悪いが、長々やるシーンではないなこれ

5938 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:46:48 ID:KC1fl3Av
まあ沙耶視点じゃ復讐したくなるよね

5944 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:48:56 ID:6fq18pmO
沙耶が引っかかるのはしゃーない、なんせ諜報戦のプロだからなぁ

しかし沙耶は不憫だなぁ、生き残って願いかなえてもらったら非常に困るんで落ちるのは良いんだが



5947 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:52:16 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――聖杯戦争6日目。

 この時点で、ワンチャンスに賭けて残った沙耶の思考は、そこから大分撤退に傾いていた。
 隠密性という優位がランサーに知られたことで奪われ、礼装も根こそぎ奪われ。

 これ以上残って成果を掠め取る、という事も難しくなってきた故である。熱くなった頭でも分かるほどに、だ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /     /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |          |   /;;;;;;::::::::::::: ::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: :::: :: |          |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;::::::::::::: :::::: :: |          |/;;;;;;::::::::::::::::::::::::: :: :::: ::::::;;;;;;;;;;;;
;;;:::::::::::::::::::  :::: |            |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::  :::::::::: |            |    ::: :::::::::::::::::::::::::: ::::::::::;;;;;;;
::::::::::::   ::: ::: : |            |     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;
:::::::::::: ::::::: :::: :|            |    ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::
::::::::::::   ::: ::: : |         ___|     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::  ::   |_i    _|::::|     ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::   ::: ::: : |;: :;|-i    |::::|:;::|     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::  :::::::::: | ::::|-l    |::::|::;:|     :::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::  :::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ::::: ::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::: :::::::::::::::  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: :::::::::::::  |            |  :::: :::::::::__:: : :::::::::::::::::::;;;;
;;;:;;:::::::::: :::: ::: /:::::::::         \:::::::::::::/\:::::::\:::::::::::::::::;;;;;;
;;;;;:;;;;:::::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::.      \::::::|\ ::::\:::::::\::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::      \|::::::\ ::::\:::::::\;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::  |::::::::::::\/: ̄ ̄|;;;;;;;;;;
;;;:::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;::::::::::: ::: | ::::::::::::;;;| .; ;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;



llllll lllllll  ll:::::::::.   ::::i:::::::::::::::i:::::ヽ::::::::::::::::..      l        l    `ヽ、    (だが、無名祭祀書を焼き払い、
llllll llllllll  lll::::::::::.   ::: :l:::::::::::::::i:::::::::\ :::::::::::     l        l      \    御方の意志を取り違えて私を侮蔑した
lllll ,llllllll  llll::::::::::.  :::::::l::::::::::::::iヽ::::::::::.\:::::::::.      l       l          \   あの小僧だけは―――)
llllllllllllllll  lllll :::::::::.  ::::::::l、::::::::::i  `,,.. -=-\. ::      l        .i     、   \
lllllllllllllllll lllllll :::: ::::. ::::::::l 丶:::::lr',~- ''''二._ -ヽ、::::...  l         l      ::`::- 、 ヽ、
llllllllllllllllll .lllllllll:::,:. :::. :::::::::l   ヽr' ,.-'~    `ヽヽ丶:.  l        .l     : :::::: :::: - 、. 、
llllllllllllllllllll lllllllllllヽ:::::. :::::::l  '7´ i   ,,;;;;;,,  `l i ヾ .|         .l    :::: :::::::::::、::::::   ` 、
llllllllllllllllllllllllllllllll ;. \:::::::l  .i  l   '';;;;;;''   i l  〉 .|    ::::   l    :l:::::::::::::::丶::::::   \
lllllllllllllllllllllllllllllllヽ,ヾ.、\::!.  ヽ, ヽ,     ,y' ,i _,/ノ .|  .:::::::::   r'`ヽ.   lrヽ::::::::: ヽ:::::::.    \
lllllllllllllllllllllllllllll       ヽ、  丶., ` -=- ''"_.r'-'  / 7.:|::::::::::::::::  |ヾlノ::: ::: .l::::::ヾミ::::ヾ::::::::ヽミ---\
llllllllllllllllllllllllllllll:::.       ::::::::::::::::....` ー= rr‐'i   ノ /.:: |  :::::::::   レ/::::::: ::: l:::::::::::::ゞミ≧xソ"´
llllllllllllllllllllllllllllll:::.        ::::::           r'.::: i l ::::::::    レ':::: :::: :: lr´`゙ー-ヾミツ
llllllllllllllllllllllllllllll.:::                      r'".::: i"l :::::::::: .:   .l:: ::::: ::::: ::::. l     ヾ
llllllllllllllllllllllllllllllll:::.                   ::イ l .l :::::::::: .:::  l::: ::::: ::::::: :::: l
llllllllllllllllllllll,.;.._lll::::::.                  / i.i l ::::::::: .::::  l::: ::::: ::: ::: ::::: l
llllllllllllll_,rニ-..,,,__,,..,_     ;;,_               イi l ::::::::: ::::::  l:: .::::: :: :::: :::::: l
lllllllllllll、-ー─ ─一-  ̄,7ニ-'´           /  l ::::::::...:::::  l ::: ::: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllll`- ._  _,,r-'"´                     .l :::::::: .:::::  i::::: :: :: .::::: :::::: l
llllllllllllllllllllll,,,   ̄ ,...:::..             ,.'     l ::::::: .::::::  l:::::: :: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllllllllllllllllllllllll ,.':::::::...          /     .l ::::::: :::::::   i::::: :: :: :: ::::: :::::::::l

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――しかし、熱くなった頭は、それでも最後の爪痕をと望んでしまった。

 古泉一樹。彼女からすれば怨敵となった相手の暗殺。
 それを狙い、情報を手繰り―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



  {.-=ニ/-=≦-=彡' /ゝ     ′从 i| ヘ',                    | |
  ゝ=彡-=>''´イ ハ {\}h  ` ,イ/ 八 . }}                  | |
   `¨¨¨´  // ヘ V¨¨''ミ=彳ハ { {  ノ}                   | |
``~、、,,_,,、<    /ヽヽ  `ヽ<从.乂イ人                  | |
``ー=ニ_,,、、、-=彡/   ゞ=-  }ヽ.\ヾ `ヽ                    | |  「―――あれ。これは甘かったな。
     // /  / |          | |>`''<.ハ                    | |   サーヴァントが消えたから、君も死んだとばかり
 _ .イ/    / /|         /. 八  -=ヽヽ_              | |    思っていた」
 ̄ ,ィ   / / /. |/        /\  ――>二=-、、,,     (乂V_| |
 イ   / >'´  ,′        /、:.:.:.:` 、イ___≧x:.ヽ ,、< ̄≧===<⌒Y
-=彡 イ>'´   /        /ノノ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ヽ__ア'⌒''<ヘ=ヘ
.  >''´    /           /_ノ-'~ヽノ |` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<  / { 、` 、_) V.ヘ
‐'´     /    /:}.    /_ノ_)...ノ´  | ヽ `<.:.:.:.:.:.:.:.:/  〈   > 、ヽ)_〉.} }
     ∠____/: : :l   /⌒.:)h、    l  ヽ  `'<__/zzァ_.>…≧x__>' / ./
 >''"´ ̄   /: : :/  /.:.:.:.:.:.:.:.):h、 lj l.    ',               |/|_//
'´       /: : : :/ / /ニニ≧x.:.:.:.:.:㍉ハ   ト、',            く二>''´
      / : ,ィ: : :{/>/.:.:.:.:.`''<ニヘ.:.:.:.マ}.  ',               | . 〉
     /:, イ }>'´.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:. `寸ヘ.〔叨}-、 ',                | /
   /  >'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`¨¨¨¨¨´:.〉ゝノ\ ∨               l/
  / ‐''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.斗‐x.:.:.:.:.:.)ヽ-彳乂V、 .斗'
/―/.:.:.:.:._,,. -‐ ''"´/  V.:.:.:.:.:7/´厂) マ 「  乂_
  />''"´     /   /: ㍉:.://: 厂 ): :マゝ、ヽ\`ヽ
/''´  )⌒''~^ヽ      /: : : 寸/: / ¨´|: : :マ、 `^'‐'¨¨´
  , イ ヽ: : : : : : : ≧=-、 _/: : :./   | : : : : 〉
  { > ''"´ ̄/⌒ヽ: : : :) : ≧=-/   |: : :イ ヽ


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 手繰った情報が、待ち受ける蜘蛛の巣の糸だとは気付かぬままに、相手の防諜ラインに引っかかった。
 古泉は安全な場所に逃がされて、その情報についてはセイバーが防諜を担っていた。

 故に古泉を狙おうとした沙耶は、本来かからなくても良かったセイバーの防諜網に絡め取られ―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5953 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:56:07 ID:Xga3KqT9


                                                     r──=ミ
                                                   ノ;;;;;;;;;;;;\\
                                                       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;}
                                      _ -‐- _        (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;}
                                     _、<二二二二=- _       ⌒ヽ;;;;;;;;/;;;;;/
                         _  -‐=‐-  __/_〈Θ〉-ミ二二二ニニ=┐     /:;;;;;;;;;;;;/
                         -=ニ二二二二二二二二二〕iト-)}ニニニニニニ|ノ(_   /;;;;;;;;;;/
                    -=ニニ二二二二二二二二二二二〕iト-=ニニ/  〈/;;;;;;;;;;/
                       --=ニ二二二二二二二二二二二二〕iト--‐=´;;;、丶`   _ -=- _
                            --=ニ二二ア. .Τ. i . . .~"''<二二二ニ=───=ニニニニニ=-
                                  -=八.. ..L_..\斗=ミ^} . . . }'┬ミ二二二二二ニ=-
                                 |. . V! ⌒ V゚ノ'/. . . / /. .乂_ニニ=-- ¨
                                 |.. ..<     /. . . /'´. . . . . .>
                                 人. . .`、 -   /. . /ハ_./ ̄    「―――まぁ、いい。君も残すわけには
                             ____∧. .个s。イ../'V  /        いかない手合だ。
         __/)         _,,.. -‐=二   ⌒ヽ`、 ∨..!`/..//   乂___
     _、+''"~ア><\_,,... .-‐. .''::"´::::::::::::::::::::\     /   Ⅵ'∠Θ廴      、<⌒ヽ /  どういう結果として生きているかは
    // x=ミ.∠=-f¨}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /       ○ )][( ○    く     ∨ /  知らないが―――」
.    {i乂/  / _,. ┤ノ::::::::::::::::::::::::::::__ -=ニ⌒//  ̄ ̄'/   /∨      ゚。     ∨ /
.    乂⌒㍉_}ノ{  乂\::_ -=ニ⌒      //      /  ./i:i:i:iⅣ    |、   ゚。     ∨ /
.     //)   √    ⌒            //     /_/i:i:i:i:i:i:i| ∨  | \  |     ∨
.   // ⌒⌒                   //       /i:i:/:i:i:i:i:i:|  '/  |   \|     |〉 \    ―――ザッ
. //                   / ./      _、<i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:|  \/           |∧  \
. /                    /  /   _、<⌒^Li:/i:i:i:i:i:i:i/i|       }',      |:::∧ \\
    .                  /   ./ _、<⌒    |::| |ニ=-⌒|      √',      !:::::∧   \\
                  /    //    /    |::| r─┐ /|      .√ /,      |:::::: ∧    \``~、、
                 /          /      .|::| └─' /:::l      √  /,    .|::::::::::∧     \   ``~、、




二二二二二二二二二二二二ニ=- _-=二二二二二ニ-\       };';';';';';';';';'}
二二二二二二二二二二二二二二ニ=- _-=二二二二二}!\   ';';';';';';';';';/
二二二二二二二二二二二二二二二二ニ- _-=ニニトミニ八二〉 /;';';';';';';';'∧
二二二二二二二二二二二ニ=----=ニ二二=- _-ニ{  V  /⌒>’;';';';';';'/ニ',
二二二二二二二二>''". . . .\. . . . . . . . .`''<ニ-_>'^爻⌒ア;';';';';';/二ニ/
二二二二二ニ=- "...|.. ./,. . . . . \___ . \. .  ̄. .ニ=-_∠;';';';';∠二 _彡'′  「―――私も、ただ成果を譲られるだけの
ニニ二二二二ア. .. ..|. . ..|..|.. .. ..|...l. ..__/、 . . . \. . . .乂_二二ニニニニ/     悪女になるつもりは無いんだ。
二二二二二-∧ . . . |. . ..|..|¨⌒jI斗=ミ__. ..\. . . . .\..<⌒⌒二二二ニ-/
二二二二二.'八.\....|. . /. | / い;);ノ「. . |.八ミ、.. .. .. \. .`''<二ニニ-, ’       すまないが、その首は貰っておく」
二二二二二|.. ..}\.V. ./. . 乂_`¨´ :. ../\..\}.`''<. . \.. .._._.>ニ/    )!
二二二二二|.. ..}....)/..厶,. __彡'⌒ /. /  \. \. .∧`¨⌒. \ニ/   . :'.:
-=二二二二|. ./. . . /^vツ      //   √(\. ∨∧. . }.. ,.ィi:i〔   . :'. .ノ. -─-. ミ
 " -=二二|./. . . /ハ ヽ    _ .ィ       , /⌒〉. .V }人}/i:i:i:i:i〔''"~. . . . . . . . . . . . . ..`. .、
.     "-=/イ. . /=-込   ゝ '"     //  /∧. }-ミ人i:i:i:iノL _.  ̄. . ̄ ̄ . .- 、. . . . : .  /
.          : ../二ニ-个.._      / )厶イ/  )/  \\:i:i:i:i:iハ``~、、. . . . . `、\. . . ..∨ /
        |. :.  ̄ ¨ -=今s。,   / /´  /        \⌒^⌒      . . . .. .. ..V ',.. . .'/
        |. .乂          ¨´/ /    {              `、        ` . . . . . ∨',. ..′
         乂. . ..二=─      //{     \            `、        `、. . . .}/ . .′
                       <7  {\    \          `、、       __:. .. ./.. ./
                        /{   {  ``~、、 \       \ `、`''<    ⌒:. . . . ./
                     ,.、イ ∧  ∨      ̄ ̄           \    `''< ノ. . . , ′
               ィi:i/i:i|  \ ∨     \          ニ- _    `''<
             ,.ィi〔i:i:i:/i:i:i|     ̄       ニ=-  _       _ 二ニ=───`'──
             /i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i|          \          =─=
.         /i:i:i:i/i:i/i:i:i:i:i|         \




llllll lllllll  ll:::::::::.   ::::i:::::::::::::::i:::::ヽ::::::::::::::::..      l        l    `ヽ、
llllll llllllll  lll::::::::::.   ::: :l:::::::::::::::i:::::::::\ :::::::::::     l        l      \
lllll ,llllllll  llll::::::::::.  :::::::l::::::::::::::iヽ::::::::::.\:::::::::.      l       l          \   「………ッ!!」
llllllllllllllll  lllll :::::::::.  ::::::::l、::::::::::i  `,,.. -=-\. ::      l        .i     、   \
lllllllllllllllll lllllll :::: ::::. ::::::::l 丶:::::lr',~- ''''二._ -ヽ、::::...  l         l      ::`::- 、 ヽ、
llllllllllllllllll .lllllllll:::,:. :::. :::::::::l   ヽr' ,.-'~    `ヽヽ丶:.  l        .l     : :::::: :::: - 、. 、
llllllllllllllllllll lllllllllllヽ:::::. :::::::l  '7´ i   ,,;;;;;,,  `l i ヾ .|         .l    :::: :::::::::::、::::::   ` 、
llllllllllllllllllllllllllllllll ;. \:::::::l  .i  l   '';;;;;;''   i l  〉 .|    ::::   l    :l:::::::::::::::丶::::::   \
lllllllllllllllllllllllllllllllヽ,ヾ.、\::!.  ヽ, ヽ,     ,y' ,i _,/ノ .|  .:::::::::   r'`ヽ.   lrヽ::::::::: ヽ:::::::.    \
lllllllllllllllllllllllllllll       ヽ、  丶., ` -=- ''"_.r'-'  / 7.:|::::::::::::::::  |ヾlノ::: ::: .l::::::ヾミ::::ヾ::::::::ヽミ---\
llllllllllllllllllllllllllllll:::.       ::::::::::::::::....` ー= rr‐'i   ノ /.:: |  :::::::::   レ/::::::: ::: l:::::::::::::ゞミ≧xソ"´
llllllllllllllllllllllllllllll:::.        ::::::           r'.::: i l ::::::::    レ':::: :::: :: lr´`゙ー-ヾミツ
llllllllllllllllllllllllllllll.:::                      r'".::: i"l :::::::::: .:   .l:: ::::: ::::: ::::. l     ヾ
llllllllllllllllllllllllllllllll:::.                   ::イ l .l :::::::::: .:::  l::: ::::: ::::::: :::: l
llllllllllllllllllllll,.;.._lll::::::.             U    / i.i l ::::::::: .::::  l::: ::::: ::: ::: ::::: l
llllllllllllll_,rニ-..,,,__,,..,_     ;;,_               イi l ::::::::: ::::::  l:: .::::: :: :::: :::::: l
lllllllllllll、-ー─ ─一-  ̄,7ニ-'´           /  l ::::::::...:::::  l ::: ::: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllll`- ._  _,,r-'"´                     .l :::::::: .:::::  i::::: :: :: .::::: :::::: l
llllllllllllllllllllll,,,   ̄ ,...:::..             ,.'     l ::::::: .::::::  l:::::: :: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllllllllllllllllllllllll ,.':::::::...          /     .l ::::::: :::::::   i::::: :: :: :: ::::: :::::::::l


▼沙耶さん、最後は―――:【1D10:2】

1~3.古泉に恨み言
4~6.無名祭祀書に関する繰り言
7~9.御方への詫び
10.自らの命と無名祭祀書の残骸を媒介に大召喚! これが私の最後の策だァァァァァ!!

5954 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:56:34 ID:2Don++Qr
10だったら何が出てきたのかちょっと気になる…www

5955 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:57:19 ID:pMKbGfTd
うーんこの小物

5956 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:57:29 ID:vLTyDFTf
10めっちゃ気になるwww

5963 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 16:59:09 ID:oz9F8rK3
結局のところ彼女も被害者だったのだ、真実バーサーカーことバネ足ジャックのな…



5964 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 16:59:11 ID:Xga3KqT9


llllll lllllll  ll:::::::::.   ::::i:::::::::::::::i:::::ヽ::::::::::::::::..      l        l    `ヽ、
llllll llllllll  lll::::::::::.   ::: :l:::::::::::::::i:::::::::\ :::::::::::     l        l      \
lllll ,llllllll  llll::::::::::.  :::::::l::::::::::::::iヽ::::::::::.\:::::::::.      l       l          \   「………古泉ッ………!
llllllllllllllll  lllll :::::::::.  ::::::::l、::::::::::i  `,,.. -=-\. ::      l        .i     、   \  古泉一樹ィィィィィ!!!」
lllllllllllllllll lllllll :::: ::::. ::::::::l 丶:::::lr',~- ''''二._ -ヽ、::::...  l         l      ::`::- 、 ヽ、
llllllllllllllllll .lllllllll:::,:. :::. :::::::::l   ヽr' ,.-'~    `ヽヽ丶:.  l        .l     : :::::: :::: - 、. 、
llllllllllllllllllll lllllllllllヽ:::::. :::::::l  '7´ i   ,,;;;;;,,  `l i ヾ .|         .l    :::: :::::::::::、::::::   ` 、
llllllllllllllllllllllllllllllll ;. \:::::::l  .i  l   '';;;;;;''   i l  〉 .|    ::::   l    :l:::::::::::::::丶::::::   \
lllllllllllllllllllllllllllllllヽ,ヾ.、\::!.  ヽ, ヽ,     ,y' ,i _,/ノ .|  .:::::::::   r'`ヽ.   lrヽ::::::::: ヽ:::::::.    \
lllllllllllllllllllllllllllll       ヽ、  丶., ` -=- ''"_.r'-'  / 7.:|::::::::::::::::  |ヾlノ::: ::: .l::::::ヾミ::::ヾ::::::::ヽミ---\
llllllllllllllllllllllllllllll:::.       ::::::::::::::::....` ー= rr‐'i   ノ /.:: |  :::::::::   レ/::::::: ::: l:::::::::::::ゞミ≧xソ"´
llllllllllllllllllllllllllllll:::.        ::::::           r'.::: i l ::::::::    レ':::: :::: :: lr´`゙ー-ヾミツ
llllllllllllllllllllllllllllll.:::                      r'".::: i"l :::::::::: .:   .l:: ::::: ::::: ::::. l     ヾ
llllllllllllllllllllllllllllllll:::.                   ::イ l .l :::::::::: .:::  l::: ::::: ::::::: :::: l
llllllllllllllllllllll,.;.._lll::::::.             U    / i.i l ::::::::: .::::  l::: ::::: ::: ::: ::::: l
llllllllllllll_,rニ-..,,,__,,..,_     ;;,_               イi l ::::::::: ::::::  l:: .::::: :: :::: :::::: l
lllllllllllll、-ー─ ─一-  ̄,7ニ-'´           /  l ::::::::...:::::  l ::: ::: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllll`- ._  _,,r-'"´                     .l :::::::: .:::::  i::::: :: :: .::::: :::::: l
llllllllllllllllllllll,,,   ̄ ,...:::..             ,.'     l ::::::: .::::::  l:::::: :: :: ::::: ::::::l
lllllllllllllllllllllllllllllllllllll ,.':::::::...          /     .l ::::::: :::::::   i::::: :: :: :: ::::: :::::::::l





      / ,ノ゛ i′    /                             ㍉s             \
     / ./   l      l゙                              ゙く\         .\
    / /゛  │     ,!                            ヽ \          \____,,,,,,,,,
   ././    !     │                             l___,リ、             \
   /./     l      .l゙                     _,,,.... -―'''''"゙´    ヽ,          \_
  .//     .!      .|              _,,,.. -ー''''"゙´ . __,,,.... -―'''''''''゙゙ミ ̄¨|¨ヽ             ヽ、 ̄´
 //     .!      .l         _,,.. -‐''"´_,,,.. -ー'''''"゙´          .i|  l!  ヽ          ヽ,   ―――ヒュンッ....!!
..//      l      !    _,, ー''"゙_,, -‐''"´                    |l   |l   `'、            ヽ
.|/      !      .|.. -'''゙,゙,, ー''"゛                          l,  il   ヽ
ll゙         l      |-'''"゛                               l.  |,    .ヽ
l      . _,!      !                                   l  .l     ヽ
    _..;;/ソ'l゙      |                                   l  .!     ヽ
 ,..ッ广゛  ,!         !                                      l │     .ヽ
'´      .,!         l                                       |. .l         入
       .,!       l                                    l  l     / ヽ
       .,!      │                                       l .l ., /     .マ
       .,!       .}                                    l,..ノ'´       . マ
       .,!       |                                     ,..-'″             マ
       .,!        !                                 _..-'″                l|
       !           !                           ,..-'"゛                  / i|!
       |        l                          _..-'"゛                   ,/   |l
       |         !                    _..-''"                     ,/゛     |l
          !         |,                   _.. -'"゛                     ,/゛        |!
        !         l           _.. -'"゛                      _..‐| |
       │            l       _,..-‐'"                        ,/´  .!.|
        .l             l.  _,, ‐'"                          _/´    .|.!
        !       . _,, -''"´                          _ /        .|.!
        |   ._,, -‐'゙´                         _ /             l.!



ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛
 ,    !}  ,i";;;;l゙ ,iリ ,/;;_ン-/    |;l    l´;;;.l               l;ヽ 〟l;;;;;;.l   .`┤ .゙┘

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――彼女の策。行動。全てを一番狂わせたのは誰だったか。

 “自分にヒントをくれた愚かな相手”としか見ていなかった真実のバーサーカーの告げていた欺瞞に気付かぬまま。
 的外れな相手への恨みを叫びながら―――沙耶、ここで敗退。

 聖杯戦争は、いよいよ終わりへ加速する―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

5966 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 17:00:08 ID:Xga3KqT9
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・
▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 各陣営状況管理 6日目

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼セイバー陣営
魔力:90/130 令呪:2画 礼装:
▼アーチャー裸単騎
魔力:10/200 令呪:0画 礼装:宙ぶらりんのディナーの約束 怨嗟の叫び
▼ランサー裸単騎
魔力:130/150 令呪:0画 礼装:聖杯 強化符×1 銭ゲージ×6
▼ライダー陣営
魔力:-40/150 令呪:0画 礼装:使い魔×1

5968 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 17:01:00 ID:/HQcLF99
アーチャーの礼装www

5969 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 17:01:20 ID:2Don++Qr
うーん…ライダーの魔力が徐々に安全圏に引き戻されつつあるな…
これは華々しく消えることはできるんだろうか…

5970 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 17:01:53 ID:oz9F8rK3
正直、僕らもなんでE.T.やってたか未だにわっかんねーし…

5991 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 18:02:05 ID:PtnyYp9l
結果として、一応本来の黒幕鯖ではあったランサーがラスボスになったかw



6096 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:19:03 ID:Xga3KqT9
さて、情報パートですが
これ確定でおやすみでOK? もうどこも情報どころじゃねぇし

6102 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:21:25 ID:Xga3KqT9

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 各陣営状況管理 6日目 情報パート休息後

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼セイバー陣営
魔力:100/130 令呪:2画 礼装:
▼アーチャー裸単騎
魔力:20/200 令呪:0画 礼装:宙ぶらりんのディナーの約束 怨嗟の叫び
▼ランサー裸単騎
魔力:140/150 令呪:0画 礼装:聖杯 強化符×1 銭ゲージ×6
▼ライダー陣営
魔力:-30/150 令呪:0画 礼装:使い魔×1


こうなってー

6108 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:29:56 ID:Xga3KqT9
まぁぶっちゃけランサーはどこかに行き当たるまで突撃するし、アーチャーは―――どうすっかな。
アーチャーの行動だけが不確定要素なのよね、ここまで来ると。

6110 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:31:31 ID:Xga3KqT9
ぶっちゃけカッコつけて別行動取ってるから、接触するだけで1行動使うという面倒くさい立ち位置。
そしてターン行動・情報ターンと休み続けていればとりあえず現状維持は可能なんで休む筋もあるという。

6112 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:32:30 ID:qxAukt0P
下手するとアーチャー何もせずに盤面終わっちゃうぞw

6117 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:37:52 ID:GLk2Bai2
>>6112
いっそギリギリ容量足りなくて受肉できずガッツポしてるフワリアに
「俺が入れば足しになるだろう」と最期のカッコつけ&逃げ道塞ぎムーブを?

6122 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:39:54 ID:QxWXKrLw
ランサーと組むとかっこつけるのが厳しくなるんで多分やらないとは思う
結局のところアーチャーの「かっこいい」が判断基準なるんだよなぁこの盤面…w



6124 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:48:34 ID:Xga3KqT9
つーか主人公陣営の取れる行動も残り狭いなこれ……w

6127 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:49:44 ID:Xga3KqT9
◆6iWV4zUuF76L 【1D3:3】

アーチャーの行動

6128 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:50:09 ID:Xga3KqT9
その上で自陣営の行動をどうぞ。セイバー陣営は特に何もなければ魔宝石作ります。

【安価 下3~5】

6131 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:51:05 ID:YsuVqkXn
休憩

6132 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:51:09 ID:GcGlNXyS
休息

6133 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:51:15 ID:KmAdiaJN
休息



6137 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:53:10 ID:Xga3KqT9
▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 各陣営状況管理 6日目 行動パート接触処理前

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼セイバー陣営
魔力:100/130 令呪:2画 礼装:魔法石【1D100:52】 40%
▼アーチャー裸単騎
魔力:20/200 令呪:0画 礼装:宙ぶらりんのディナーの約束 怨嗟の叫び
▼ランサー裸単騎
魔力:140/150 令呪:0画 礼装:聖杯 強化符×1 銭ゲージ×6
▼ライダー陣営
魔力:0/150 令呪:0画 礼装:使い魔×1

6138 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:53:35 ID:Xga3KqT9
中々作成成功しないのは仕方ないとして。
これで戦える状態にまで引き戻されてるのに草生える。

6139 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:53:52 ID:Xga3KqT9
ランサーの突撃先

【1D3:2】 1.剣 2.弓 3.騎

6140 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:53:57 ID:Xga3KqT9


6142 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:54:12 ID:lq0EIPJQ
あれ、ライダー陣営って初期の陣地どこだっけ?

6143 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:54:19 ID:oz9F8rK3
ほんとなんでこんな回復してんの???



6144 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:54:43 ID:Xga3KqT9
◆6iWV4zUuF76L = #意趣/ディナー/休息

意趣返しに来るかディナー急かしに来るか、がっつきに行くのがカッコ悪いから休息で現状を維持するか。
3択で接触しない行動を選んだら見事にランサーに突っかけられたアーチャーUC。

6148 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:55:19 ID:JhhJJFUb
ありがとうアーチャー、お前の事はこの戦争中は忘れない!

6149 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:55:29 ID:wboQHdiq
ランサーさんなんでこんな器用にウチへの突撃避けてるの……w



6150 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:55:32 ID:Xga3KqT9
おう、陣地効果忘れてた。

だから正確には、アーチャーの休息分も含めて―――



▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 各陣営状況管理 6日目 行動パート接触処理前

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼セイバー陣営
魔力:100/130 令呪:2画 礼装:
▼アーチャー裸単騎
魔力:50/200 令呪:0画 礼装:宙ぶらりんのディナーの約束 怨嗟の叫び
▼ランサー裸単騎
魔力:140/150 令呪:0画 礼装:聖杯 強化符×1 銭ゲージ×6
▼ライダー陣営
魔力:10/150 令呪:0画 礼装:使い魔×1

6152 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:55:57 ID:Xga3KqT9
こうである。ランサーお前のせいでどんどんライダーの逃げ道無くなってるんですが

6153 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:56:02 ID:axx9xXJV
女神が墓穴の底でライダーの足首掴んで「逃がさん、お前だけは……!」してる

6154 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:56:18 ID:zHtrPSSH
これは…
間違いなく怨嗟の叫びと共にふわふわのカッコつけポイントを断っていく策!w
なんと卑劣なwww



6155 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:56:55 ID:Xga3KqT9
▼なお、ランサーに突っかけられたアーチャーの思考

1~3.チャンス!!
4~6.嘘やん
7~9.売られた喧嘩は、特にカッコつけとか関係なしに買う
10.熱烈歓迎

【安価 下5】
1D10

6160 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:57:13 ID:S/LroVCk
【1D10:9】


6167 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 20:57:40 ID:QxWXKrLw
やっぱ梁山泊だこいつw



6173 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 20:58:56 ID:Xga3KqT9
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・
         ,/i//i/               //i,| ,_  ,_  :,_ ;,_  ,_  ,_
TTTTTTTTTTi,/{TTTTTTTTTTTTTTTTTi''i/ | ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-、  ,-,、.| |;,_  ,_  ,_  ,_  ,_ |,/| ,_  ;_  :,_ ;,_  '_  ;_
十| |十! |十!..| |:||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄  . ̄ .: ̄::;'| |'. ̄::::;: ̄ ,;' ̄  , ̄  : ̄ | | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-,、::.,,-,、| |.,_  ,_  ,_  ,_  _, |,/| ,_  ,___________
十| |十! |十|.;| |;||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||\
 ̄  . ̄  . ̄.;゙| |', ̄  ; ̄  ' ̄  , ̄  ' ̄ | | ' ̄ .;'|  .\
. ,、────────────────────'}|    \: . .
/  ,__________:_:_::_::_________,|:      \::: : . .
  /|:::::::::::::::::::::::::: : :. .      :::::::::             |        \::::: : : . .
. /. |:::::::::::::::::::::::::::: : :. .       :::::            |:          \___
/ . :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : . .                     |           | : . .
. .::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |\        .|:: : . .
.::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : . .                 |  |  .\      |:::: : . .
/:::::::::::::::::::::::::::::: : . .                       |  |   |     :|:::::: : . .
:::::::::::::::::::::::::::: : . .                           |  |o  :|     :|:::::::: : . .
:::::::::::::::::::: : . .                           |  |   |     :|:::::::::: : ..
::::::::::: : . .                             :\|   |     :|::::::::::: : .
:: : . .                                .::\,  |     :|:::::::::::: : .



               i!: : : : : : : : :i!  ヽ Vill    ::::..ヽ/////////////////////\
                  i!: : :`┌┐: i!   .}  V!       ::::..∨/////////////////////
               i! : : : ||:i!    ./  |il        ::::.∨///////////////////
.               i!┌―┘└―――┐ |ill       ::..∨///////////-―  ´
               i!:└―┐┌――┐| |ill         :..∨/////////
            i!.: : : : :||   /,||   _  -―   ̄∨///////\
               i!.: : : : :.|| / || }'´            ∨/////: :\ヽ_
           /:_: : : : /└┘⌒\└┘ /.             ∨///!: : : ̄\ : ヽ
          厂: : : : :ト ミ|      ̄ ̄ [] []┌┐        V// ト、: : : : : :>fハ
         ノ: : : : : : :||: : ∨           ┌┘|         }///  }: : :/=/ /
     ,r=-. _>、: : : : : ||: : : ∨.          ̄ ̄        ,//  ゙テ´三/}`
    斥三三三三.\__:||__/                   /   /三三〃
     `<三三三三三三}                         {三三/
        `¨¨´ ゝく二フ′                            `¨¨´


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――接触は偶然だった。

 ついでに言えば、アーチャーとしては不本意な接触だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

6175 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:02:08 ID:vLTyDFTf
しかしこんな墓穴に放り込みたいって理由で受肉させたい自鯖は初めてだ

6178 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:06:52 ID:KmAdiaJN
>>6175
いいから墓穴入るんだよ!って感じは確かに初めてだ



6179 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:06:57 ID:Xga3KqT9
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ぶっちゃけ自分から行くとカッコ悪いという理由でここまでほむらから誘いが来るのを待っていたが。
 怨嗟の叫びが天を衝き、ついには『モテムーブで自分から誘いに行く方法』に頭を悩ませていた所で、ランサーの
接触である。

 適当に敵を探して、この6日目に至って敵の居場所を全く把握していなかったランサーの錯乱したルンバのような
規則性の無い動きに、ライダーらより先にアーチャーがぶつかった。
 言ってしまえば運。それ以上でもそれ以下でもない。

 そして呪いの叫びが轟く程にカッコつけとモテに命を賭けているアーチャーにとって、観客不在のこの場での戦闘は
全くの無意味である。
 無意味であるし、不本意であるのだが―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                         / / __/{  i{「\   \{___
                         / ///]ー-{  i{ -‐弌,__\Fニ
                          { / { i/| {刄莅\:{ ィ莅牙}「}}\
                         { _乂人 \    \   厶イ
                          \_}{_∧(   、i:     /´「\   「―――見つけたぞ、アーチャー。
  _二ニ二..,,_                二ア /ヘ,  - -  イハ ‘:、 \   貴様、よほど拙者が恐ろしかったと見える。
  _>-‐━‐- __  ̄  ‐-=ニ__     _ア  / ノ)}\_,/ {くム、 \ \  あのような手すら使うとはな……ッ!!」
 (´          ̄二ニ=- _   `' ‐=ニ二ア  / _j´]    / {、 マ\ \ ヽ
‐- .,_     ___ニ ̄    ⌒> .,__>` _ -=>‐7 {    ′ }  Vーヽ  \}__
‐- .,_ `` ‐=ニ二__     ___二>`  _ - ´     厶、 V\ {,/ j  ∨,ハ   寸ヽ
  ⌒> .,_    二ニ=‐ ``   _ -7 \       } `、    // ̄`   ',   ‘,i
  _二二ニ=‐ ``_,,..   _ -=ニ二]    `、      \_}  厶{       :}  i  } |
 __>`` ,. -=>``   ∠二ニ=-‐弌    〉     。/  /         ,′ l  }{
__ア /∠ア´ / / ̄     ,厶-=ミ  /i     { /ヽ/   __/  .ノ ノ ハ
__{,/∠=ア  / ∠ ̄        〈, -‐-、 \|       ∨ / _______ア  / /  }
气 {ニニ{ 〃 ,:仁        {, -‐-、  ヽ 、    _」∠二二>`   /     {
二>‐--Ⅵ{  {{___        ]ニ=-、    V\  _( _}_」>` __,,.. イ  /   ‘,
   冖冖弌:、乂_____         {r‐- .,    _>≪ ̄ } ]「 ̄     / /     }
        `>--ぅ)       __}    ><´   ``'' ‐=ニ二__    {/ ̄``ヽ、 {
             /      ア    {  /ぅx,          ̄¨“冖二__    \}
                  {,. -―- 、\,{_  `iト ..,,_             `ヽ、 ',
                    /´     \√⌒  :|  ̄}iうぅト .,,_           } ノ
                  {        }    _ -‐/「     ⌒ニ=- ..,,__,,.. イ/
                __〕 イ´ ̄`ヽ、 { -‐    。 ,| : ‐- __   フ{⌒¨¨´
              __>'" ∨」     }>′     /{ 、i  ‐- __‐-  \
                \  ー--ヨ     {     /   ‘、`、       ̄    `` ー- ..__
             ⌒>--、」     [     /}二ニ}iニ\ \      ー---     /
                ⌒二コ     i「\/}Tナ¬=i{=¬ナ\                /



                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム   「……やれやれ。
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、      恐れる? 俺が貴様を? 寝言は寝てから言うと良い。
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧      貴様が俺を過剰に恐れ、虚像に怯えているだけだ。
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i      俺は貴様に対して何か働きかけた記憶はない」
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/   「そして出会って喧嘩を売られた以上。
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/     ―――退くという選択肢は梁山泊には無い。
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/       3割増しで買い取るのが流儀だ」
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――明確に喧嘩を売ってきたわけではなかったから戦闘を回避できた沙耶の時とは違う。

 一度敵対した相手が、もう一度喧嘩を売ってきた。
 ならば買う。それ以外の選択肢は、存在しない。故にこの場で、セイバーやライダーに知られる事なく。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

6184 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:13:30 ID:Xga3KqT9









 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 |                                                 オ マ エ                |
 |    悪いがまだ、やるべき事があるのでな。その準備運動ついでに―――“目障りなもの”を排除しよう。     |
 |                                                                         |
 乂______________________________________________ノ










━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 誰にも知られず。意外にも、ただただ売られた喧嘩を買うというシンプルで―――どこかアーチャー自身も
清々しさを感じる理由で。

 Under Night Inverse
  “真夜中の逆襲劇” が始まった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

6185 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:13:55 ID:Xga3KqT9
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

6186 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:14:47 ID:Xga3KqT9
ま、原作はUnder Night In-Birthなので言葉遊びなのだが。
インヴァース=Inverseだと逆転・反転などの意味合いがあるのだ。

6188 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:16:05 ID:Xga3KqT9
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:“操刀鬼”曹正         【レベル】:50      【アライメント】:混沌/悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30       【耐】:30      【敏】:60      【魔】:15      【運】:30      【宝】:10
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:  【貯蔵魔力】50/200  【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○対魔力:D
 魔術系のスキルによるペナルティ効果を、1つにつき5%軽減する。
 クラス補正による対魔力だが、アーチャーの対魔力のランクは高いものではない。

○単独行動:B
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+100」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-20」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+20%。

  ソウコウ
○双鈎のヴェンジェンス:C
 このキャラクターは戦闘時、劣位1つごとに+5%。また、敵陣人数が自分より多い場合、+5%。
 また、自陣営が自分1人の場合、更に+5%の勝率補正を得る。
 孤独な暗殺者、アサシンとしての適性も高いアーチャーは、単独での高速戦闘において、不利な戦いを覆す事を
得意としている。
 なお、スキル名は自己申告であり、本来は無頼漢である。

○消失のコンフュージョン:C-(使用済)
 このキャラクターはシナリオ1度まで、自身のみならば戦闘に敗北しても無消費で撤退可能。
 その際、自身を倒した陣営の詳細情報を入手する事が可能である。
 なお、スキル名は自己申告であり、本来は仕切り直しである。

 イ グ ジ ス
○中国武術:B+
 歴史を持つ中二の武芸、その中で磨かれた武術の技巧。間違った。中華。
 戦闘時、【筋】【敏】【魔】のうち1つのステータスを+10。【敏】の場合補正は+20。
 更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。この手のスキルは習得難度が高く、Bではその麓に至った程度で
あるが、それでもこの格の聖杯戦争においては大きな力となる事は間違いない。
 本人はこの技術をEXS、特に穿鎖のEXSと呼称している。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

○双剣・エリミネーター
 ランク:E 種別:対人宝具 消費魔力:20
 戦闘時、【敏】のステータスを+15。
 アーチャーが生前から愛用していた鋭い一対の短剣。殺害した相手のソウルを吸い取り、内部に蓄えて己が力とする
特性がある。また、独自の自我を持っているような様子があり、時々アーチャーはエリミネーターと会話らしきものを
成立させている。
 ただし、凶暴で獰猛なその性質は時には使用者を乗っ取ろうとする事もあり、歴代でも使用者は4人しか確認されて
おらず、その全てが暴走によって死亡している。アーチャーは5人目にして、“操刀者”―――エリミネーター、或いは
ソードダンサーと畏怖を込めて呼ばれている。
 内部に貯めた魂を駆動力として動き、最大駆動時には禍々しい一本の大剣と形を変えることも可能。
 なお、2行目以降は全て、脳内設定なので読み飛ばしてもらってかまわない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6189 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:16:16 ID:I0runVWh
現先でのインヴァースは「偽誕者」とかそう言われてましたな(Birth=誕生)



6190 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:16:31 ID:Xga3KqT9
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ランサー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:渡辺勘兵衛           【レベル】:55       【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:40       【耐】:40      【敏】:55      【魔】:20      【運】:00      【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:  【貯蔵魔力】140/150  【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【銭ゲージ】:6
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                     ______     \\三三三三三\
                         ̄ ̄        ̄\\三三三三\
         ___ ____             \_____  ̄\\三三三〉
          __    ノ⌒'ー―…・・…ー---‐=≦: : :\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/    , / /⌒    rf升: : : : :-―: : : : : : : :\: : :〔三三三三三三三三三三Σ
    //        / |/ : : /: : ::/ : : : : : \: : : ヽ: :':,_: : : : : : :.
  ./ /    /   ノ: :/: : : : / : : : : : : : : :ヽ: : : : : i/7: : : : : :,
/  /   /   /: :/: :/: : : /: : : : : 、: : : : : :':,: : : / /7 : : : : :′
   ./  /   /{: : :/: :/ : : ∧: : : : : : \: : : : : i: : : }ヽ/7: : : : : : :、
  / /   / i |: :i:|i: : :┼‐トハ : : : : |∨斗ャ升:i: : : }(c/: : :i: : : : : \
  /        i | |: :i:|:Vv 代忙ソVヽi: :| ィ忙ソi:|::i: : : }ー{: : : :i: : : : : : : :\
            | | |: :i:|: : : :i:ハ    八: :、    从:il : : }.ノ: : : :|: : : : : : :、: : :\
            | :人:从: |: :i:〈   /|\:ゝ  /: /|: : :|/: : : : ; : : : : : : : :\: : :\
            | : ,ハ : i:|: :|: iゝ   j :  ` .厶イ: !: : :': : : : 人 : : : : : : : : : \: : :\
            | :  /\i|: :|八    ー      ハ |: /: : :/__\ : : : : : : : : : \: : :\
   /        :|      :|: :|∧\  ー 一  /}::|:|: : : :/ヽ /|: :\ : : : : : : : : : \: : :\
 , /        :       :|: :|/∧,/\ ー /:  乂j : : / ///,|\ : \ : : : : : : : : : \: : :\
./ /       :      :|: :|///|   ` 一 . :/ //!: : : |/////∧ \: : : : : : : : : : : : : :\: : :\
  ;          :     :|: :|/| |    : : / // .|: : : j////////⌒ヽ,\: : : : : : : : : : : : : :\: : :
. /:       :       /: : l  | |   . : :    // /: i: : |///////    `'ー-- .,_: : : : : : : : : \:
/ :        :     /: : : | //       | | ./: : i: : :V/////|               ̄`>、: : : : : : :
  :        :     /: : /: :! | |         :| |/: : /i: : : :V////|  i            // \: : : : :
  :      :    /: : /: : :| | | ー、    :-‐j,/: : / :!: : : ::i\.//|  :        //: : : : : :\ : :
  :          /: : / : : : |.| |       /: : /  |: : : : l  |//|  :        \\ : : : : :/>: :
  :          ./: : /: : /: : !||`ヽ  / /: : /  :|: : : : l  |//|              \\:///∧
  :       /: :, :': : / i: :|||     /.: .:/   |: : : : l  |//|                \/∧∨∧
 :       /: ://: ,: :i  |: :|!|     ./: : ::{    ,|: : : : l  |//|               〈///∧∨/
. :     i : : / /: / : |  |: :| |     | : : : |  /,!: : : : :,  V∧<⌒ヽ             ∨//∧∨
:       :|: : :i  |: :i : : |  |: :|/     | : : : |.//‘:,: : : : :\ \/∧.ノ          ∨//∧
      l : : :, |: :i : : | ノ: :; 〃  `ヽ | : : : |/   \: : : : :\ i.//|               ∨//
      /', : : ∨: :i : : i´: : / {{ (⌒) }}| : : : |_________\: : : : :\/|
      ∧: : : \: : : : : :〈  ゝ   ノ ,| : : : |__________ヽ: : : : : :ヽ
        ':, : : : : : : : : : : ヽ、     /,.| : : : |            ':,: : : : : : ,
         \: : i: :i: : : : : :} |__| | | : : : |          :,: : : : : :′
          |: :|: :i: : : : : :} |(C:) | | | : : : |             i: : : : : : i
          |: :|: :i : ; : : /´ .| | \`| : : : |----- - - -  ,:|: : : : : : |、
          |: : V :/: : /、ヽ | |  ./ :| : : : |           / :|: : : : : : |ハ
          |: : : V: : / .// (C:) \:| : : : |---- - - - /  |: : : : : : |/|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○対魔力:C
 魔術系のスキルによるペナルティ効果を、1つにつき10%軽減する。
 クラス補正による対魔力。

○仕切り直し:E-
 このキャラクターは戦闘時、シナリオ7回まで撤退に必要な令呪を常に1画増加する。誤植や誤字ではない。増加する。
 ただし、この効果を使い切らない限り、勝率に常に+20%の補正を持つ。使い切れるものなら使い切ってみろ。
 ランサーは生前に戦で大功をあげたが、その大功は上司の撤退命令を無視して追撃した結果得たものだった。
 それも1度や2度の撤退命令ではない。7度である。
 ランサーの戦い方はオール・オア・ナッシングの非常に前掛かりな戦い方である。

○単独行動:D
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+50」する。
 単独戦闘時、勝率に+10%。

○槍術:B
 戦闘時、【筋】【耐】【敏】のうち1つのステータスを+15。更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。
 通称「槍の勘兵衛」と言われるほどの卓越した槍術。
 この手のスキルは習得難易度が高く、Aですらその道の麓に至った程度。

○集金:C
 正確にはランサーのスキルではなく、ランサーを動かすためにマスターが行う集金活動。
 戦国屈指の銭闘士であるランサーのその全力を発揮するには、金銭が不可欠である。
 行動ターンでスキルを使用することでマネーゲージを1D3点獲得する。また、ランサーは初期にマネーゲージを
1D5点持った状態で登場する。
 現在、マスターが答えを得て帰ってしまったため、このスキルは機能しない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 カンベエ・マネーイズパワーシステム
○銭 闘 士 ・ 勘 兵 衛
 ランク:B 種別:対人宝具 消費魔力:マネーゲージ
 ランサーは戦闘開始前に(泣く泣く)マネーゲージを消費する事で、自身の【筋】【敏】【耐】ステータスのうち1つを
+10することが可能。この効果は1ステータスに3回まで累積可能であり、令呪での強化とも重複する。
 ―――さて、実際の所、“この”ランサーは知行に不満を持っては出奔したり、撤退命令を7回無視して突撃した
困ったちゃんとしての側面が強く出ているが。
 「槍の勘兵衛」こと渡辺勘兵衛は、槍働きのみならず普請奉行としても功を上げ、晩年はどこにも仕えない身で
ありながらも才を惜しんだ細川忠興や徳川義直から捨扶持を貰うほど評価された人物でもあった。
 今回は、出てきた側面が困った部分だったのは、実の所はアルドラとの縁が強い。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6187 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:15:44 ID:PvBM1hcL
原作はハッピーバースデー!新しい君の誕生だよ!
みたいな意味なのね



6191 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:17:00 ID:Xga3KqT9
>>6187
セトは原作で「インヴァース」という単語を喋ったときには、「偽誕者」にインヴァースってルビ振ってた

6193 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:19:17 ID:Xga3KqT9
ぶっちゃけアーチャーからすると幾つかのステータスで上位互換されてて非常にやりにくい相手である一方、
ランサーからしても気を抜けば中国武術でひっくり返してくるわ、劣位が多いほど強くなるわ、スゲー面倒な相手。

6195 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:22:20 ID:Xga3KqT9


          /: : :/: :>={>. :´: : : : :>、
         /: : :/: :/: : :\: : : : ::/: : : i> 、
      / : : : : / : {: : : : :丶::/: : : : : j: : : :\
.      /: /: : :/≧<{: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :\
    /: :/.: ::[三三三>. :´: : : : : : /: : : : : : : : : : ヽ
.  /: : : : : : : [二二二}イ/ : : : : /: :/: ハ: : : : : : : : : ゝ
/ : : / : : : /:[三三三/: : : : : :≧<イヽ} : { : : : : : ::{
: : :/ : /: : :/: /{: :ハ : / : : : : : : :/以シヾ }ハ:{ : : i: : :从
/: : : /: :/: / V ∨ : / : : : :/ `¨     苡V: {: : |
ー=ニ{∠:_:_/〈`\{\}::/: : : :ハ{       ∨: V{::ハ|
≦.,_      ̄\ \}ハ: : ::/ {       _ イ: : { }j
     ̄`> 、   \./{::{: : :{\ >、   -一/}|: : :{ }|   「……セイバーらと組んでいる、と聞いたが。
       /> .,__{: :Vヽ从 /、 \_./ ノ|: : :{ }!    貴様一人なのは策か、それとも仲違いでもしたか?」
.       / く く   `>、: :〈_/、      (  |: : :{ }
      /   \ \ //<: :ヽ:.\    ; |: :/
     ,   / / ./    ` <: \   ,j |:/
      i  く く  ,: 、       ` <_{ {{
      |   \ \{//ヽ \.__     \く:.\
      |   / /{///ハ       ̄`\  ヽ\:.\
    j|: / /  :{////}\    、ー- 、ヽ }  ヽ: :\
    j|: \ \  :{////} } >- 、 `ヽ \}_,}  }: : : : ヽ
    ハ.  \ \{V //} } : : : :{ \  :}  {  }  }i : :: : : :,ー-、
    /∧  / /ハ.\/ ./: : : : :}  ヽノ 人__{し' |: : : : : :′ \



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/   「組む? 笑わせる。
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/     俺はただ、俺の都合で手を貸してやっただけ。
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/       孤狼が羊の群れと慣れ合えるか。
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,        俺と組むならばかつての梁山泊のような―――」
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

6197 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:28:24 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

  【かつての梁山泊】

                           ,...._
                     ,...:;;イ     ` ´ト 、-..,,,_
                  _,,..:,ヘ-'´ ::l      !  ``ヾ、;;ヘ
                 ,/;ノ |: . . :j        !    ! ヾ;ヘ、
               ,.ィ;/,':   l:            l       '.`ヽ`;:..、
              ,.':/´: : .   .,        l      l  '.  ト、;;;;;,,,、
              ,' ;;j: : : : . . . .l        j       l.  '.  ! ' .;;;;ハ
             , ;;;l: : : : . . . :!:    !: .           l   '. .l  ',;;;ハ
                , ,、;;;!: : : : : : : |: . . . .l',: : .  : . . _l_ __ .l  '.  !、;;;;;;, '
            ト';;;/:l: : : : : : :_L.:. : -!-.: : . . :!, l_.!、:.!、: . l. . . '. j. `´
            . ,{;;;/: :!: : : : :´: :lヽ: -‐トl ヽ: : :.l '.!:j,.ニニ、: :l: :.r::t-t.,::-- ...._
           /ヽl: : :!: : : : : : :.! 二ニ..、!. \: !.j!,イt-て.ト: ! __`!,',.:':::,..r=-::;_:.._
            //.:,': : :l: : : : : :l:..l/!て㍉l`   .、!  {辷zノ!.!:j `r'_::.,'<,.:':.,:::.,__::.l、   「皆様、今日の朝食はこの扈三娘が
             // :,': :',:.l: :',l: : : !:小l代z_ノ          j/:l:,': ; :l;;;/:.:,;'.::'"´_:.:.`.i    腕によりをかけて作りました。
         //: :,': : :.'j!、:/!, : :.!:.l.、`        l     ,イ,: :l': ,' ,';!l:.:./:.:,.'::´、-.:.::;
           // : ,': : ,: :l: :{.l.!,'!,:.l,:.l!.ヽ.、      _    /:.,': :.l:.,' ,';;;;ト.'{.:/:.:.::.:.::.:.::,     MとMとM、どれが宜しいですか?」
        ., ' : : :,': : :,: :.l:/; .,';l.ヽ!;ヽ、ヾ:.l::....、  `´ ィ´彡': : :j.,' ,ヽ;;;!' ヽ、:::::::.:.:.:.:l
      , ': : : :/: : :.,': : :!〉 ,';;;!:.l;/:l : \:l::::::_::`:::-.:i´: l: :j/:l: : :,' ,'  l',! ',..-l:::.:.:.:.:.:.:!
      , ': : : :./: : : /: : : ,' ,_、_! !_:_:!_:_:_,ノ゚/-'./:::::l .|: : !: : : !,v' ,.'! .! .l く、´.j:::::.:.:.:.:.:ト、
     ,. . : : :., '. : : /: :,ィ::,' ,':::::.l l:::::::::::::::...:ヽ./::::{}:..、l、:_l:_:_:_l_v'., ,j: l ! lヽ`ーt.、::.:.:.:l ``tー--,、
   ., '  . :/  . :/: :.;::::,' ,':::::::.l !::::::::::::::::..:.:.:.:..:..:...:..:..:.:.:.:.:.:::::::::,' ,':`:! .! .',.`! .l ヽ、!_  }   . ,' \
  ,.     ´   . :/: : ;!::/./::::::::.!.!::::::__ :::.:.:.:.:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, .,.::::::! .!.、 ', ト-'- 、 l `"-,  {   ゝ
/        . :,. ′_,j::/./:::::::::.l !_j´  ト --.} ̄ ``'t_.. -l ̄`:, .,.::::::::! l::::ヽ'j     `` 、 /ヽ 、` /. \
    /  .,ィ、=',;!l/./::::::::::t'´_..ヽ...,,_!_,..!、...._ /   l  , .,.、/ヽl .!-''"_!         L _  `>-= -,7
. : : :, '/ .r-'  .、_,-l/./t`ヽ.r-'、            ``´  ̄  ̄, .,'-'、  l l"´! .l          `  ィ' ´
.: : : :/ ./.ヽ、,"l´ /./  `ト.l:::::::'.               , .,′ .'. /!.l , ' l           /
. : ,: ' .// /r'´ /./   ,.'!:::::::::!                  , .,     '.:l l' , !          ,イ/
/  .// /.:l   /./     ,.':l_::::::::l                 , .,     .}l l  ',.l 、        , '
   // /. :j ././.    ,.',j:!ト、:イl: .     ー―___--- , .,    ,'::! !   '!l ヽ.       /
  .// /.:,/ /./    ,.' j.`l  l!: : : . . .  . . . . . : : : : :, .,    ,:'::::l l   '!,      /
 // /. ;′/./.    ,.' /: :.、__/`` ー- ...___... -‐=: : : :, ., : . .., 'ヽ:ィl l,       ,. '
.// /.: :} ././     ,.' ,′: : :l: :`.: : 、 : : : : : : : : : : : :, ., - 'l,   ,/ ! !;      /
./ /_,../././.      ,.' i: : ,....-!_: :l  ヽ. : : . . . . . : :., .,'   /'ー .'l  l l '.       /
-''"´  /./      ,.' /: :,'::::::.::::.'.j             , .,j.  /: : . ..l  l i: . 、  ,.イ
    /./.      ,.'., ': : :.t_;::::::.:::::'.         , .,lj /-、: . .i  l i: . . `!:.´l: l
.   /./       ,.'/: . . :/: :ヽ::.:::::'.          ; l!l ,'::::::l : . .l  l !: : : . !: :j: .!


                    ヽ,  {∨  /(
             ____∧\:.:∨ /:.:.{ /{
           __\:.:.:.:.:.:.~''<:.:.∨:.:. {:.:.:.(
           ~''<:.: ̄``~、、ヽ}:.:.:./:.:.:.:., /{
            ヽ,_-=ニニ=-:.:.:.:.:.ヽ!:./:.:.:.ノ:}'/
           \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''~ノ:.\:.~~\/
              _)\ ̄ ̄:.:./:.:.∨:.:.ヽ:.:.:.:.∨
            \:.:ヽ:.:.//:.:.:.:.:.∨:.:.:.∨:.:.:}
              ):.:.:∨:.:.!:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.}:.:.: }   「え、じゃあMで……」
              \__ノ__:.:./:.:.}:./:.:./
             /-=ニニニニ=-、/':.:/^´                         「おめでとうございます、水です」>扈三娘
            /-=ニニニニニニ=-``~、、
        _,, 。。ヽニニ=‐  ̄ ̄~''<ニニニ=-/   「他のMはなんなんだよ……!!
      /-=ニニニニニニニ}ニニニ``~、、     っていうか飯じゃねぇ……!!」
        '-=ニヽ,ニニニニニニiニニニニニ/∨
      i{-=ニニ∨ニニニニニiニニニニニ/ニ=-'
      i{-=ニニニ.∨ニニニニニ.!ニニニニ/ニニ=-}
      i{-=ニニニ∨ニニニニ}ニニニニ/..ニニ=-}
      i{-=ニニニニ}.ニニニニニiニニニ∥ニニニ=-,
      i{-=ニニニ∥ニニニニ}ニニニi{ニニニニ=-,
     ノ-=ニニニ/ }ニニニニ.!ニニニi{ニニニニ=-∨


             , 、 /    ヽ へ、  ,、
            /  `´        `¨  ヽ
          > '..  イ          ヽ  ヽ  ヽ、
        イ.       /           ヽ ', ',   ヽ
        '.     /.  |     |  l   } ヽ     } ヽ
.        /      /   |     |ヽ,|-― ナ ‐.i-i   | |ヽ
       /.       ,' ,|_|-|‐    爪{ ヽ ハ |. |    | |//r、
.      /        i  ! ヽ!云、  イ了云斧ヽ !. |    ! }//リヽ
     /.    i   | イ´{/刈 ヽ  ト 辷ゞ 刈/リ. !   ,' ノ// i  「石勇様、扈三娘には一つのポリシーがあります。
.    /     |   | !ヽ!ゞ‐’, ヽ ',  ̄¨¨ ┘/ /  〃//。  }    ―――楽を、したいのです」
   / /    |   | ', `     \!    / イ   ///{、 / /
   ,' イ..   |   !、ハ    ト、      イ /  ////// 。〃
.   ' ./ {     .| ト  ', ヽゝ  └'      /〃   ヽr、///〃
  ,' /  ',    .|、ヽ  ' } \        //,'.   /< /ヽ廴{         __
  { !.   ヽ   ! ヽ〉、 ',リ '/ ヽ、   ´rzz〃  / / ヽ///∧      ///≧z
  ! {    ヽ  ∨ヽ ヽ ヽ_!//!>r ////   / /zzミヽ///.      /////////≧、
  ヽ',     ゝ>  //ヽ////≧7イ/// ,イ  |/////////ム     ,(//´ ̄≧=-//}
   `   イ   イr-‐=≦ア⌒イ^ { /".|从  !//////////ム   イ////////////ム \
  -=≦   , ィ//{   / /    八   |/ム  ヽ//////////ヽ   }ハ/-=≦⌒`///〃-‐`
´   .>-――‐-<ゝ、 { > '" ̄`` ミ「{////ヽ  ヽ//////ヽ( ヽ   {/{///_//////} ヽ ノ
  /             /`´ ___    ヽ////ヽ  ヽ///〉  ヽ ヽ ''´〉≦///`¨///リ  `¨
. /  -=≦777≧=='≦77/////////≧ミ ヽ/≧ミヽ ヾ/  ///ヽ マ//////////i    ィ
,'≦////////////////////////////////ヽ///>ミ  \〃/////\マ- 、ZZ_イ/!― '´
{//////////////////////////////////∧}///_  ヽ    ヽ///////リゝ、三三イ|
!////////////////////////////////////}〃:::::ヽ  i     ヽ///////{///////|
'////////////////////////////////////"::::::::::::}  }      ∨〃///,'///////!
八//////////////////////////////////へ::::::::/       {',∨///,'///////,'
  ヽ//////≧=-==-≦//////////////イ  `‐イ        ゞ '{ヾ圦///////リ\
\ ト 、_」ェ_ イ 天zヽ  `¨ =‐--‐=≦ /    〃            ト///ゞ/////メ  ヽ
//\< //////// ∨//≧=-  _  __r/    イ    /        } | `ヽ/////  ヽ ヽ
////ヽz ///// {  ∨///////////≧三ミ、/ /...  /        '. |    ¨ヽヽ   ヽ ヽ
//////: : : /`  '  ∨///////////////イ.  /   イ       /   |      ヽヽ   ヽ \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//   「…………」
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

6198 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:29:14 ID:Xga3KqT9


                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|    「今少し―――加減をしてくれても良いかもしれんな」
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'




                / ヽ ヽ   /x=‐-x
              ___ ' ヾ´_\ヽ/彡' /:::::::::::::::::::::::::ヽ
           x =::::::::::::ヽ::::/::::l::`::::=x /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::,:::::ヽ::::::::::::\:::,イ::::::::::::::l:::l::x:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       x≦::::::ヾ:::::::ヽ::::::丶::::ヾ::::::::::::::ノ::ノl:l::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /'::::〈:::::::::::ハ::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::ヽ:::´/::::!:l:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¦
.   , ' /:::::::::|!:::::::::| 、::::__ヽ--::ヽ::::::::ヽ:::::::ノ亅x≦l!::::::::::l::::::|::::::::::::::¦
  / ,':::l:::::ハ:::::::::| x≦ヾ::::ヾ、::::::丶:::::::ヾ:; 彡'==l!:::::::::,'::::::|:::::::::::::,.'
    l:::::l:::,' vヘ:::::',, イ(ii::) ハヾ\::::‘,x≦≡=彡´!,ヾ:::::/::::::::|!:::::::::/
    l:::::l::,  |ヾ丶:::', ヾ ゙゙´ ヾ!   /刈/ x≦ヾ圭|:::::/::::::::::|!:::::::/
    ヾ::l:l  /  ヾ',        刈/,' {三{ニ!圭!::/::::::::::,‘::::::,'
    ヾl;l   ヽ `   ヾ    u  弋乂 ヾ=´ /::::/::::::::::,':::::::/   「何を思い出して比較したぁ!?」
       リ  l _ -、\      l::!ニニ彡´::/::::::::::::l!:::::/、
        ヽヾ-‐   ヽ        ,:::l:::l......./, '::::::::::::::::::::::,'::::!
         ヽヽ==イ     x≦}::l:::}./:::::::::::::::::::::::::::::,':::::丶
          |  ̄ ´  , 斗../:::/::,ィ::::::::::::::::::/::::::::::l!::::::::::〉
              ` ̄__ヽ......./::::::/,zイ:::::::::::, イ:::::::,ィ::/!:::::::,'
              〉   ヽ, ':::,:x::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡' ´  ̄ ` 、
            { ,,.. - ''´:/:::::::::::::::::::::::::::::::x≦ ̄´        ヽ
             /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::, イ´/       _.,,z === ≒=‐-、
            /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/../,ィ'     x≦        丶  l
.        /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/....,ィ::/       / , ' ̄        ヽ l!
        /::::::::::::/:::::::::::, イ:::::::::/....../::レ'      丨 ! x≦ ̄    ==‐--;!
.       /::::::::::::/::::::::::/::::::::::::/..........〈:::::',        ,ゝx≦               ',

6200 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:30:05 ID:Xga3KqT9
▼それはともかく。

▼ランサーさん、マネーゲージ残り6。ライダー、セイバー戦を控えて、どれくらい使う?

【安価 下3】
1D8-2

6203 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:30:28 ID:TG6OWBMS
【1D8:4】



6213 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:31:29 ID:Xga3KqT9
2点使用。つまり+20か、+10を2箇所か。
つーて悩ましいんだよなぁ。

1戦してランサー視点でアーチャーの手札はほぼ割れてるが。
敏捷は仮に+20して槍術乗せてもアーチャーが競り勝ってくる敏捷おばけだし。

6214 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:32:08 ID:Xga3KqT9
まぁぶっちゃけフォーリナーに2点、アーチャーに2点、セイバーに2点、ライダーに2点とか考えると
非常にわかりやすい消費量と今後の見込みではあるw ランサー視点だが

6215 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:32:29 ID:5wNihTUu
ご利用は計画的に

6218 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:33:42 ID:G1cCwuUK
読み合いするのは怖いから止めて(白目



6219 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:33:54 ID:Xga3KqT9
方針は―――

【1D3:2】

1.筋耐に+10ずつのバランス配分
2.筋に+20して槍術乗せてそこで大きな優位を確実に取る
3.筋+10してそこを取りつつ、敏+10で相手の手筋を限定する

6223 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:34:46 ID:Xga3KqT9
確実に1優位もぎ取っていくスタイル

6224 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:35:03 ID:3dHChBI4
筋一点突破戦術か

6225 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:37:55 ID:IQLwlKCU
一点投資



6227 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:39:49 ID:Xga3KqT9
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【敏】【筋】【】

優位ステータス:【敏】
互角ステータス:
劣位ステータス:【筋】

1手目 【敏】:75 VS 55 
2手目 【筋】:30 VS 75
3手目 【】: VS 

弓陣営戦力値合計:105

槍陣営戦力値合計:130

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


【安価 下5】
1D4 1.耐 2.魔 3.運 4.宝

6229 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:40:21 ID:Xga3KqT9
計算違いがなければ、アーチャーかなり“残す”んだよな勝率………。

6232 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:40:50 ID:vcxVNi+R
【1D4:2】



6233 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:41:02 ID:Xga3KqT9
うわ、いいとこ取られてる………

6235 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:42:12 ID:Xga3KqT9

 イ グ ジ ス
○中国武術:B+
 歴史を持つ中二の武芸、その中で磨かれた武術の技巧。間違った。中華。
 戦闘時、【筋】【敏】【魔】のうち1つのステータスを+10。【敏】の場合補正は+20。
 更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。この手のスキルは習得難度が高く、Bではその麓に至った程度で
あるが、それでもこの格の聖杯戦争においては大きな力となる事は間違いない。
 本人はこの技術をEXS、特に穿鎖のEXSと呼称している。

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【敏】【筋】【魔】

優位ステータス:【敏】【魔】
互角ステータス:
劣位ステータス:【筋】

1手目 【敏】:75 VS 55 
2手目 【筋】:30 VS 75
3手目 【魔】:25 VS 20 

弓陣営戦力値合計:130

槍陣営戦力値合計:150

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


アーチャー視点で次善。
魔にEXS入れれば逆転するから。

6238 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:44:41 ID:Xga3KqT9
▼勝率計算(アーチャー視点)

基礎勝率:70%

戦力値差:-20%

最大レベル差:-5%


▼アーチャー勝率補正:+40%

○単独行動:B
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+100」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-20」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+20%。

  ソウコウ
○双鈎のヴェンジェンス:C(※単独戦闘&劣位1で10%)
 このキャラクターは戦闘時、劣位1つごとに+5%。また、敵陣人数が自分より多い場合、+5%。
 また、自陣営が自分1人の場合、更に+5%の勝率補正を得る。
 孤独な暗殺者、アサシンとしての適性も高いアーチャーは、単独での高速戦闘において、不利な戦いを覆す事を
得意としている。
 なお、スキル名は自己申告であり、本来は無頼漢である。

 イ グ ジ ス
○中国武術:B+
 歴史を持つ中二の武芸、その中で磨かれた武術の技巧。間違った。中華。
 戦闘時、【筋】【敏】【魔】のうち1つのステータスを+10。【敏】の場合補正は+20。
 更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。この手のスキルは習得難度が高く、Bではその麓に至った程度で
あるが、それでもこの格の聖杯戦争においては大きな力となる事は間違いない。
 本人はこの技術をEXS、特に穿鎖のEXSと呼称している。


▼ランサー勝率補正:+40%+5%(強化符)

○仕切り直し:E-
 このキャラクターは戦闘時、シナリオ7回まで撤退に必要な令呪を常に1画増加する。誤植や誤字ではない。増加する。
 ただし、この効果を使い切らない限り、勝率に常に+20%の補正を持つ。使い切れるものなら使い切ってみろ。
 ランサーは生前に戦で大功をあげたが、その大功は上司の撤退命令を無視して追撃した結果得たものだった。
 それも1度や2度の撤退命令ではない。7度である。
 ランサーの戦い方はオール・オア・ナッシングの非常に前掛かりな戦い方である。

○単独行動:D
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+50」する。
 単独戦闘時、勝率に+10%。

○槍術:B
 戦闘時、【筋】【耐】【敏】のうち1つのステータスを+15。更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。
 通称「槍の勘兵衛」と言われるほどの卓越した槍術。
 この手のスキルは習得難易度が高く、Aですらその道の麓に至った程度。

▼合計勝率:【40%】

6240 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:46:27 ID:Xga3KqT9
◆zDKCC9ST+/qA

【安価 下10】
1~100 さて、では結果を出してから演出に入ろうか。

6250 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:47:03 ID:/3Dg7s62
1



6255 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:47:40 ID:Xga3KqT9
あ、ちょっとまって。裏で指摘受けた。

6256 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:48:18 ID:Xga3KqT9
たしかにランサーのAIだと、ここで強化符確定ブッパもアレだ。
が、どうすっかな。言い出すのが遅くて安価埋まった後になってしまった

6258 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:49:23 ID:Xga3KqT9
こういう時は結果の分からん(私もランダム生成の数値見てない)うちにプレイヤーに選択させる!

1.確定ブッパ
2.強化符を使用するかどうかをダイスで決定

【安価 下5~7】

6263 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:50:08 ID:TZjipGdH
2

6264 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:50:15 ID:gH0smqJs


6265 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:50:16 ID:9kn27QXp
2



6271 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:54:29 ID:Xga3KqT9
うむ、ダイスか。まぁぶっちゃけランサー最大の敵って、固まってるだろうセイバー&ライダーだから、ここで
過剰に手札は吐けんって見方もあるよなぁ。

五分五分近い勝負だが、ここで勝たんと後が続かんが、勝たねばそもそも意味がない。

【1D2:1】

1.1~2で不使用 3で使用
2.半々

6272 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:54:48 ID:Xga3KqT9
1~2.不使用 3.使用

【安価 下3】
1D3 まぁ5%だ。気楽に振ってくれ。

6275 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 21:55:08 ID:3dHChBI4
【1D3:3】



6278 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:55:38 ID:Xga3KqT9
あー、つかごめん。
考えてみれば安価先の数字照合した上で、プレイヤーフレンドリーに決めればよかったか。

07だから、うん。結果変わんねぇわ。

6279 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 21:59:42 ID:Xga3KqT9
  !l    li                     \     \
 !i|    |i                       \   _\ フ    彡´
 i|    |i                         ゞ ,´ ヽ(く   二 ≡-
.i|    |i,, ,,                      〃ニ(\ ノ ヾ ‐ = ≡ニ
i|    ////                      ∥ i ヾ v´ ( 、  ` ヾ 、、
li    il////                       〃! /ヾ、ヽ \、ヾ\、 、、
il   i| ///                         v  ヾ\   \ ゙
i   i|! //                            ゞ\    ヾ、
l  |i  /                                  ゙\   ヾ、     , /
  |i                                   `ゝ   \    ///
  |i                                       ヽヽ  ゙ヾ  / //
 |i                                      ヾヾ、   \/ /
li|i                                    丶、!ヾ、   ./ /
|!                                      ヾ. ヾ、 // /
                                         、. ゞV  /
                                       、  巛// ////
                                        i iii〃、  //
                                     ヽゞ、_ , ,ゞ  //   /
                                     く    ´´    /
                                    ,, 〃   `゙i !   ,, ゙ヾ、、
                               ,,_ - ‐   !!〃       i^!  ヾ
                            ,, 〃´´    ゞ  て 〃 ゞ ゞ゙ そ´
                      ,,..´`彡´´ ´  ,, - ‐ ‐ ゞ〃ゝr`〃 / て,, <フ
                ,, ,, - ‐ ´´   ,, - ‐ ´ ヾ     /´´i !!>  /  /ヾ  \
           ., ,, - ‐ ´´   ,, ,, - ‐‐            /  /  ヽ   i // ヾ  / 丶
   ..,, - ‐ ´´     .,, ,, - ´               \i  |l ヽ ヾ li //  ヽ/
   ´     , ,, - ' '                     \ !| ヾ  ヾ  ヾ   !
      ´´                          \ li ヾ  ヾ   ヾ
                                   \|! /ゞ  ゞ



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――互いに既に戦闘済み。
 手札は把握し、相手の得意/苦手、或いは自分より上回る部分/下回る部分は理解済み。

 そして互いに“戦闘”に身を置く者同士。意外にも勝負の構図は詰将棋に近かった。
 互いにタイプが近いのもあるだろう。速度を中心に、肉弾戦をバランス良く修めた近接型。

 故に互いに手札が割れきっている以上、リソースの削り合いからの“詰め”が主眼となる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

6280 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:00:31 ID:Xga3KqT9
見間違えてた。01か。

6286 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:07:10 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 互いに身を削るような鬩ぎ合い。
 初回の戦闘同様の、高速型サーヴァント同士の超速戦闘。もはや“この”領域での追随は、他のどのサーヴァントでも
不可能だろう。

 そしてビル壁すら足場に超高速の剣戟が噛み合い、互いを滅さんとぶつかり合う。
 ―――売られた喧嘩は買う。この状況で、アーチャーにも『モテたいから云々』などは欠片もなかった。
 敵は全力で倒す。それが梁山泊だ。

 故に―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"




                / ヽ ヽ   /x=‐-x
              ___ ' ヾ´_\ヽ/彡' /:::::::::::::::::::::::::ヽ
           x =::::::::::::ヽ::::/::::l::`::::=x /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::,:::::ヽ::::::::::::\:::,イ::::::::::::::l:::l::x:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       x≦::::::ヾ:::::::ヽ::::::丶::::ヾ::::::::::::::ノ::ノl:l::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /'::::〈:::::::::::ハ::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::ヽ:::´/::::!:l:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¦
.   , ' /:::::::::|!:::::::::| 、::::__ヽ--::ヽ::::::::ヽ:::::::ノ亅x≦l!::::::::::l::::::|::::::::::::::¦
  / ,':::l:::::ハ:::::::::| x≦ヾ::::ヾ、::::::丶:::::::ヾ:; 彡'==l!:::::::::,'::::::|:::::::::::::,.'
    l:::::l:::,' vヘ:::::',, イ(ii::) ハヾ\::::‘,x≦≡=彡´!,ヾ:::::/::::::::|!:::::::::/
    l:::::l::,  |ヾ丶:::', ヾ ゙゙´ ヾ!   /刈/ x≦ヾ圭|:::::/::::::::::|!:::::::/
    ヾ::l:l  /  ヾ',        刈/,' {三{ニ!圭!::/::::::::::,‘::::::,'   「―――ッ……!!」
    ヾl;l   ヽ `   ヾ    u  弋乂 ヾ=´ /::::/::::::::::,':::::::/
       リ  l _ -、\      l::!ニニ彡´::/::::::::::::l!:::::/、
        ヽヾ-‐   ヽ        ,:::l:::l......./, '::::::::::::::::::::::,'::::!
         ヽヽ==イ     x≦}::l:::}./:::::::::::::::::::::::::::::,':::::丶
          |  ̄ ´  , 斗../:::/::,ィ::::::::::::::::::/::::::::::l!::::::::::〉
              ` ̄__ヽ......./::::::/,zイ:::::::::::, イ:::::::,ィ::/!:::::::,'
              〉   ヽ, ':::,:x::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡' ´  ̄ ` 、
            { ,,.. - ''´:/:::::::::::::::::::::::::::::::x≦ ̄´        ヽ
             /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::, イ´/       _.,,z === ≒=‐-、
            /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/../,ィ'     x≦        丶  l
.        /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/....,ィ::/       / , ' ̄        ヽ l!
        /::::::::::::/:::::::::::, イ:::::::::/....../::レ'      丨 ! x≦ ̄    ==‐--;!
.       /::::::::::::/::::::::::/::::::::::::/..........〈:::::',        ,ゝx≦               ',




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、   「吝嗇家が敗因だな。
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧    その宝具で更に強化していられたならば、
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧    俺とて危うかっただろう」
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 この状況はリソースを惜しんだランサーの、順当な負け―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─




                         / / __/{  i{「\   \{___
                         / ///]ー-{  i{ -‐弌,__\Fニ
                          { / { i/| {刄莅\:{ ィ莅牙}「}}\
                         { _乂人 \    \   厶イ
                          \_}{_∧(   、i:     /´「\   「―――いや。これでいい」
  _二ニ二..,,_                二ア /ヘ,  - -  イハ ‘:、 \
  _>-‐━‐- __  ̄  ‐-=ニ__     _ア  / ノ)}\_,/ {くム、 \ \
 (´          ̄二ニ=- _   `' ‐=ニ二ア  / _j´]    / {、 マ\ \ ヽ
‐- .,_     ___ニ ̄    ⌒> .,__>` _ -=>‐7 {    ′ }  Vーヽ  \}__
‐- .,_ `` ‐=ニ二__     ___二>`  _ - ´     厶、 V\ {,/ j  ∨,ハ   寸ヽ
  ⌒> .,_    二ニ=‐ ``   _ -7 \       } `、    // ̄`   ',   ‘,i
  _二二ニ=‐ ``_,,..   _ -=ニ二]    `、      \_}  厶{       :}  i  } |
 __>`` ,. -=>``   ∠二ニ=-‐弌    〉     。/  /         ,′ l  }{
__ア /∠ア´ / / ̄     ,厶-=ミ  /i     { /ヽ/   __/  .ノ ノ ハ
__{,/∠=ア  / ∠ ̄        〈, -‐-、 \|       ∨ / _______ア  / /  }
气 {ニニ{ 〃 ,:仁        {, -‐-、  ヽ 、    _」∠二二>`   /     {
二>‐--Ⅵ{  {{___        ]ニ=-、    V\  _( _}_」>` __,,.. イ  /   ‘,
   冖冖弌:、乂_____         {r‐- .,    _>≪ ̄ } ]「 ̄     / /     }
        `>--ぅ)       __}    ><´   ``'' ‐=ニ二__    {/ ̄``ヽ、 {
             /      ア    {  /ぅx,          ̄¨“冖二__    \}
                  {,. -―- 、\,{_  `iト ..,,_             `ヽ、 ',
                    /´     \√⌒  :|  ̄}iうぅト .,,_           } ノ
                  {        }    _ -‐/「     ⌒ニ=- ..,,__,,.. イ/
                __〕 イ´ ̄`ヽ、 { -‐    。 ,| : ‐- __   フ{⌒¨¨´
              __>'" ∨」     }>′     /{ 、i  ‐- __‐-  \
                \  ー--ヨ     {     /   ‘、`、       ̄    `` ー- ..__
             ⌒>--、」     [     /}二ニ}iニ\ \      ー---     /
                ⌒二コ     i「\/}Tナ¬=i{=¬ナ\                /


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――ではない。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

6289 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:10:56 ID:Xga3KqT9


                      /\
                 /   \
                   /      \
                     /         /
                /       /
                   /       /
                  /       /   ―――ピッ
                〈  _/⌒l  /
            ,//  ∠ノ /
             /      ユ、
           {         }、
               {           /
              ∧        /
            〉     /
              /     /



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//   「―――強化の符!?
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/     貴様―――」
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥




                        /'x,z
                      <゙ ゙゙゙゙゙゙''''≠ー- ..., _
.            、 ___    {/:::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x
              〉二二二ニ=-‐ ! >‐- 、.,_::::::::::::::::::` 丶
.         l   ´ ̄ ̄`゙゙x≦゙゙,`l¨´:::`> 、≧x::::::::::::::::::::`゙'' 、
        乂      /:::::::::/ /x≦彡三ミ∨`' ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ、
\        ヾ` =  __,,,ィ'::::ヾ:/_/'三=,zイ ̄l:::ヾ!   `ヾ::::::::::::::::::::::::::::..   「………巡り合わせよな。
ヽ \      ` >:;:::::::/::::ハ::::jx=x!'::::::::::/::::::l:;!     `\:::::::::::::::\:::::ヽ   ああ、幸運だったよ。先に一度負けていた。
\.ヽ.\_    /'´/:::::::/::ノリ l:{!  ヾx::::::/::::::::/:ヽ      ヽ::::::::::::::::\:::ヽ   故に貴様は、拙者の能力を正確に見切り、
.. \/ ヾ,==, ! ¦:::::,':::,ィ ,´i!〉弋_乂:::,ィ::x==x::::ヽ      ヽ:::::::::::::::::',:::::::..  ギリギリを詰めに来た。こうして―――」
   ゝ _/, =.!  ヾ:::ハ; |リ, '  }::::::::|!''彡 ====x:::`= x、    \::::::::::::l:::::¦
    // \ ,-   ヾ! ノ/   ,'::::::::,'/ /..........  _!:::::::::::::::` ゙''::. 、 ,ゝ:::::::l:::::::l、
   ` =\ _ヾ ヽ       `ヽ/_,,.-‐'''´  ̄        >、:::::::::::::::::::::ヾ}::|:::::l:::::::|:,!
.         イ ! ヽソ ┐   x≦´            l..    x:::::::::::::::::|::|:::::l:::::,';/
       l {  ¦ |x_ / ‐-               l:.      \:::::::::::l::|,:イ:::://x
        i  ヾ ヾ' | !l   ヽ   ヽ         ,  〉..      l x:::/:::::::::/:‘,ヾ
.        ,'   \|´ ̄ ̄`!  ヾ  ヽ       /  |::...       /::::::::::::/:::::::‘,:::::
      ヽ    ,.|, __ i!    ,ハ l      /:...::::|::::.     , イ:::::::::::::::/:::`ト:::::::::::::
         ヾx≦i | | | | | |!   ji ¦  ,..‐ /    ' _,,..-‐''´:::::::::::::::::/\:\::::::::::::
   ,x ‐==ニ ミヽl | | | | | |!    l  /     /   _,, .'':::::::::::::::::::::::::::/zイ',  ヾ::ヽ::::::::
  /:::::, ===‐‐‐ィl | | | | | |! ‘,   /    _,,..-‐''´::::::::::::::::::::::::::::/ ヾ彡' ',  〈:::::\
  :.:.:,' , ==‐-、:::l | | | | | |!   ‘,,/ ..,,..-‐'゙::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::/|   ヾ彡' ',  ` ̄`
   リ ,zイ::::::::::, イ/ノ/ / / ノ _,,...‐''":::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::, イ   |  l ヾ彡' ‘,
    / |::::::,ィ':::::/ヾ=== '.,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/== 、|  l!  ヾ彡'
   / |::/ /:::/     , zイ:::::::::::::::::::::::::::::::::, イ/:::::::::/  ̄ ` x !   !   ´  ヽ
.   |   リ !::::l   x.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::/ -- l_,彡´     !        ヽ
.   |     ヾ! /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::/._ __l   ヽ   , '
.   |      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/      }:::::::l     ヾ/
.   |    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/l      l ヽ     ヽ    l
.   |  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/ ‐┼‐‐--- ¦_ヽ     ‘,   l
.   |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/     !     ヽ:::::::::!    /     l
.  ,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,‘ , ィ::::::::;/     ¦        >'、    /     .l







                                             -=・・・=‐-  .,
                                                    )  〕iト、
                                     ,.、、、、            /       Y
                                  、ヽ `⌒⌒ヽ          ´ア i/⌒⌒}
                                ,、ヽ`ヽ`                 /i/    ノ
                               、丶` 、 `                 /i/
                         、丶`   丶                )/
                      、ヽ`    ヽ`                    _/⌒
                   、ヽ`     、 `                  _
                、ヽ` __/ .    /                  _      _
             、ヽ` ⌒ / / /                   _ア      _
                  / / /                   _ア.. .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 / / /                   _)ア    |    ―――符の一枚で覆るほどの薄氷を。   .
                / /⌒ア                    _)ア   ....ヽ_____________________乂_
               / /   ´                       _)ア        _‐
             / /                           _)ア       _‐
         ⌒゛´´                            _)ア      _‐
        ⌒゛´´                       _)ア       ‐    ―――ヒュガッ....!!
                                       _)ア        _‐
                                 _)ア        _‐                、ヽ`
                                 _)ア        ‐                /(_/
                                 _)ア         _‐                /(/ /
                                  _)ア       _‐             /(/   /
                            _)ア       _‐‐         /      /
                            _)ア       _‐‐        /      /
                            _)ア          _‐‐          /      /
                            _)ア        _‐‐       . /       /
                            _)ア        _‐‐        )/    (
                      __)ア           _‐‐          /      /
                       __)ア          _‐=‐        )/   /
                        __)ア         _‐=‐         /   /
                   __)ア        _‐==‐           )/ /
                    __)ア           _‐==‐        / /
                     __)ア          _‐==‐         )/(
                __)ア         _‐===‐           / /
                __)ア            _‐===‐          )/
               __)ア            _‐===‐ ‐       /
               __)ア            _‐===‐  ‐     、丶`
            _ __)ア           _‐====‐ ‐‐
           _ __)ア          _‐====‐ ‐─
         _ __)ア           _‐====‐ ‐─‐‐
        _ __)ア           _‐====‐ ‐─‐ ‐‐



       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

◆zDKCC9ST+/qA = #42備労vOKE鯑席a

42+01 = 43 > 40%

―――ランサー勝利! 勝因:沙耶からのカツアゲ

6290 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:11:38 ID:9kn27QXp
勝敗わけたw

6291 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:11:42 ID:qxAukt0P
カツアゲの勝利だ!

6295 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:12:55 ID:OdB4uAOJ
ライダー「くそっ! (先に消滅を)やられたっ!」

6298 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:15:19 ID:zHtrPSSH
>>6295
フサリア仲間「逆に考えるんだ…これで相手に手札切らせて
         あとをセイバーに託すムーブ独り占めできるうえに
         熱く語り合った強敵(とかいて友と呼ぶ)のかたき討ちムーブも出来る…
         そう考えるんだ!」



6300 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:15:33 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 “この状況で”“マスター不在で”“どこからか入手した強化符”。

 アーチャーの戦力予測に無かったそれが、薄氷を踏むような戦局を一気に傾けた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{    .囗 ロ   。.'"~
            ///////////,{  ,   ロ []      ロ      。
           ///////////,ハ  .{    ..ロ ロ   ロ           ロ
           /////////////キ  |、   ..囗ロ []  []        ロ
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、..[] ロ    囗    []        ロ
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,..□ □ []   ロ
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| 囗 []   ロ    []
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//. [] ロ  []   。            。
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ.囗 ┌┐[]   ロ    ロ
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "...囗└┘  []   ロ
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }.囗 ロ    ロ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'/..□ []   ロ     。    ―――ザァァァ......
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉囗ロ  。...、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-ロ ロ.、,  ヽ ∨   「チィッ……!!」
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |. .┌┐  。..,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_..└┘ロ..∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"囗ロ. //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 敗北。そして消滅。

 避けようのないそれを前にアーチャーが取った行動は―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


1~3.ほむらへの言伝(カッコつけ)
4~6.通信に使っていた使い魔でランサーの宝具情報を伝える。(メタ視点以外で持っていなかったランサー宝具情報が伝わる)
7~9.証拠隠滅(モテグッズ)
10.怨嗟の叫びが天を衝く。俺よりモテるやつ、滅尽滅相死に絶えろ。

【安価 下5】
1D10

6305 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:16:03 ID:hqlFiVdf
【1D10:4】


6306 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:16:04 ID:+ga5TaCy
【1D10:10】



6308 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:16:12 ID:Xga3KqT9
下ァ!!wwww

6316 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:17:03 ID:V04e/40T
使用不使用で結果変わってたかー

6327 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:18:38 ID:axx9xXJV
何だかんだ言っててもやはり最後は剣騎同盟に利益を……
アーチャーのカッコよさが今まさに最高潮を迎えた気がする

6332 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:21:14 ID:Zq7GFyLT
フワリア「アイツ…(野郎勝ち逃げしやがった…!)」



6336 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:23:46 ID:Xga3KqT9


                        /`ヽ、
                      /      ヽ、
                     /         /
                    /        /
                   _,∠- ' "ヲ,.- ァ/
               _∠ -‐ '"´_, -'´/
                  /   _,.-ァ<  /
               / ^ <. /  /`'    ―――ピッ
            /   `丶 、` 丶、
.           /   、 _   丶、 /
        ,.r‐/        _ゝ / ノ
          ハ 〈   ノ 乙_ノ_/
.       /  ヽヽ、__,イ '
       /    ` ー‐ァ´
.       /         /
.    /         /
    /         /





                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{    .囗 ロ   。.'"~
            ///////////,{  ,   ロ []      ロ      。
           ///////////,ハ  .{    ..ロ ロ   ロ           ロ
           /////////////キ  |、   ..囗ロ []  []        ロ
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、..[] ロ    囗    []        ロ
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,..□ □ []   ロ
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| 囗 []   ロ    []
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//. [] ロ  []   。            。
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ.囗 ┌┐[]   ロ    ロ
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "...囗└┘  []   ロ
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }.囗 ロ    ロ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'/..□ []   ロ     。 
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉囗ロ  。...、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-ロ ロ.、,  ヽ ∨   「―――まだだ。ランサー、その片腕程度は
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |. .┌┐  。..,〉,_"<_   貰っていく……ッ!!」
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_..└┘ロ..∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"囗ロ. //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥



                        /'x,z
                      <゙ ゙゙゙゙゙゙''''≠ー- ..., _
.            、 ___    {/:::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x
              〉二二二ニ=-‐ ! >‐- 、.,_::::::::::::::::::` 丶
.         l   ´ ̄ ̄`゙゙x≦゙゙,`l¨´:::`> 、≧x::::::::::::::::::::`゙'' 、
        乂      /:::::::::/ /x≦彡三ミ∨`' ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ、
\        ヾ` =  __,,,ィ'::::ヾ:/_/'三=,zイ ̄l:::ヾ!   `ヾ::::::::::::::::::::::::::::..
ヽ \      ` >:;:::::::/::::ハ::::jx=x!'::::::::::/::::::l:;!     `\:::::::::::::::\:::::ヽ   「―――とっと。
\.ヽ.\_    /'´/:::::::/::ノリ l:{!  ヾx::::::/::::::::/:ヽ      ヽ::::::::::::::::\:::ヽ   二番煎じは通じぬよ。そちらは保って、あと数十秒。
.. \/ ヾ,==, ! ¦:::::,':::,ィ ,´i!〉弋_乂:::,ィ::x==x::::ヽ      ヽ:::::::::::::::::',:::::::..   それまで凌げば、何があろうと拙者の勝ちで
   ゝ _/, =.!  ヾ:::ハ; |リ, '  }::::::::|!''彡 ====x:::`= x、    \::::::::::::l:::::¦   御座ろうさ」
    // \ ,-   ヾ! ノ/   ,'::::::::,'/ /..........  _!:::::::::::::::` ゙''::. 、 ,ゝ:::::::l:::::::l、
   ` =\ _ヾ ヽ       `ヽ/_,,.-‐'''´  ̄        >、:::::::::::::::::::::ヾ}::|:::::l:::::::|:,!
.         イ ! ヽソ ┐   x≦´            l..    x:::::::::::::::::|::|:::::l:::::,';/
       l {  ¦ |x_ / ‐-               l:.      \:::::::::::l::|,:イ:::://x
        i  ヾ ヾ' | !l   ヽ   ヽ         ,  〉..      l x:::/:::::::::/:‘,ヾ
.        ,'   \|´ ̄ ̄`!  ヾ  ヽ       /  |::...       /::::::::::::/:::::::‘,:::::
      ヽ    ,.|, __ i!    ,ハ l      /:...::::|::::.     , イ:::::::::::::::/:::`ト:::::::::::::   ―――ザッ
         ヾx≦i | | | | | |!   ji ¦  ,..‐ /    ' _,,..-‐''´:::::::::::::::::/\:\::::::::::::
   ,x ‐==ニ ミヽl | | | | | |!    l  /     /   _,, .'':::::::::::::::::::::::::::/zイ',  ヾ::ヽ::::::::
  /:::::, ===‐‐‐ィl | | | | | |! ‘,   /    _,,..-‐''´::::::::::::::::::::::::::::/ ヾ彡' ',  〈:::::\
  :.:.:,' , ==‐-、:::l | | | | | |!   ‘,,/ ..,,..-‐'゙::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::/|   ヾ彡' ',  ` ̄`
   リ ,zイ::::::::::, イ/ノ/ / / ノ _,,...‐''":::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::, イ   |  l ヾ彡' ‘,
    / |::::::,ィ':::::/ヾ=== '.,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/== 、|  l!  ヾ彡'
   / |::/ /:::/     , zイ:::::::::::::::::::::::::::::::::, イ/:::::::::/  ̄ ` x !   !   ´  ヽ
.   |   リ !::::l   x.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::/ -- l_,彡´     !        ヽ
.   |     ヾ! /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::/._ __l   ヽ   , '
.   |      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/      }:::::::l     ヾ/
.   |    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/l      l ヽ     ヽ    l
.   |  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/ ‐┼‐‐--- ¦_ヽ     ‘,   l
.   |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::/     !     ヽ:::::::::!    /     l
.  ,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,‘ , ィ::::::::;/     ¦        >'、    /     .l

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 霊核を貫かれ、消滅していくアーチャー。それが取り出した礼装に、思わずランサーが距離を取る。
 直前に礼装を用いての切り返しで勝負を決めた以上、当然だ。既に勝負は決しており、ランサーは数十秒待てばいい。

 故にランサーは退いた。
 ―――退かされた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ.囗 ┌┐[]   ロ    ロ
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "...囗└┘  []   ロ             コ ノ
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }.囗 ロ    ロ     「―――では。“情報”くらいでまけてやろう」
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'/..□ []   ロ     。   
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉囗ロ  。...、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-ロ ロ.、,  ヽ ∨   
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |. .┌┐  。..,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_..└┘ロ..∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"囗ロ. //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

6342 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:26:15 ID:MRVkGA2a
自然体の方がカッコイイとかおまえってやつは…!

6344 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:28:14 ID:SNbqnnVH
聞いた覚えの有るセリフだが思い出せない・・・

6349 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:32:36 ID:fakViRqP
>>6344
多分キングダムの?公将軍が我武さんの腕折った時かな



6348 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:31:26 ID:Xga3KqT9




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、   「―――ライダー!
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、   ランサーの宝具は単純な自己の身体強化だ!
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム   魔力は使わんが、財貨を対価とする!
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ        強化幅は大きいが、それなりには削った!
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'..囗 ロ   。       後は貴様でどうにかしろ!!」
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-. ロ []      ロ      。
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー..ロ ロ   ロ           ロ
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、囗ロ []  []        ロ
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '.[] ロ    囗    []        ロ
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ..□ □ []   ロ
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          囗 []   ロ    []
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||...[] ロ  []   。            。
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~:::/.囗 ┌┐[]   ロ    ロ
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/"...囗└┘  []   ロ."/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |.囗 ロ    ロ. /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::          .□ []   ロ     。
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧.囗ロ  。./ /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧.. .ロ ロ. / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ  ...┌┐  。
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|   .└┘ロ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|  ..囗ロ. |'







                          ).
                      ノ_, イ
                    /::::::::::::し! l)
                   /::::::::::::::::::::( (
                   i::::::::::::::;ヘ、::::ヽ.、
                   ト、::::ト'   `i::レ `ヽ、    ―――ボッ......!!
                  /.  ヽ:;;ヽ   _リ  /
            /     . ̄ ̄.   /
             ./.       , -、_   /
            `ヽ、_, -‐ ' ", -'´,.' /
          _∠ -‐ '"´_, -' /
            /   _,.-ァ< ./
           / ^ <./ / `
.         /  ^` - 、`丶、
        /  、 - 、 丶、 /
     ,.r‐/   ノ  _,ゝ / ノ
     ハ 〈   ノ 乙__ノ /
    ./  ヽヽ、__,イ ' , `
   /    ` ー―ァ´
.  /        /
  ./        /
 /        /
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 口早に、手にした符へ向かって叫びかける。
 言霊を届ける通信用の安い礼装が、一方的に通信を送り、そして使用者の消滅に伴って燃えて消える。

 ―――証拠隠滅。ランサーにはその技量はないが、仮にキャスターであろうとも他の魔術師であろうとも、
まだ通信が繋がっているならばともかく、消滅した礼装からライダー・セイバー陣営の拠点を割り出すには
時間がかかるだろう。

 これで一手。ランサーがセイバー・ライダー同盟の居場所に到達するまでの時間も稼いだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                / ヽ ヽ   /x=‐-x
              ___ ' ヾ´_\ヽ/彡' /:::::::::::::::::::::::::ヽ
           x =::::::::::::ヽ::::/::::l::`::::=x /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::,:::::ヽ::::::::::::\:::,イ::::::::::::::l:::l::x:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       x≦::::::ヾ:::::::ヽ::::::丶::::ヾ::::::::::::::ノ::ノl:l::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /'::::〈:::::::::::ハ::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::ヽ:::´/::::!:l:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¦
.   , ' /:::::::::|!:::::::::| 、::::__ヽ--::ヽ::::::::ヽ:::::::ノ亅x≦l!::::::::::l::::::|::::::::::::::¦
  / ,':::l:::::ハ:::::::::| x≦ヾ::::ヾ、::::::丶:::::::ヾ:; 彡'==l!:::::::::,'::::::|:::::::::::::,.'
    l:::::l:::,' vヘ:::::',, イ(ii::) ハヾ\::::‘,x≦≡=彡´!,ヾ:::::/::::::::|!:::::::::/
    l:::::l::,  |ヾ丶:::', ヾ ゙゙´ ヾ!   /刈/ x≦ヾ圭|:::::/::::::::::|!:::::::/
    ヾ::l:l  /  ヾ',        刈/,' {三{ニ!圭!::/::::::::::,‘::::::,'
    ヾl;l   ヽ `   ヾ    u  弋乂 ヾ=´ /::::/::::::::::,':::::::/   「―――、貴様……ッ!!」
       リ  l _ -、\      l::!ニニ彡´::/::::::::::::l!:::::/、
        ヽヾ-‐   ヽ        ,:::l:::l......./, '::::::::::::::::::::::,'::::!
         ヽヽ==イ     x≦}::l:::}./:::::::::::::::::::::::::::::,':::::丶
          |  ̄ ´  , 斗../:::/::,ィ::::::::::::::::::/::::::::::l!::::::::::〉
              ` ̄__ヽ......./::::::/,zイ:::::::::::, イ:::::::,ィ::/!:::::::,'
              〉   ヽ, ':::,:x::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡' ´  ̄ ` 、
            { ,,.. - ''´:/:::::::::::::::::::::::::::::::x≦ ̄´        ヽ
             /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::, イ´/       _.,,z === ≒=‐-、
            /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/../,ィ'     x≦        丶  l
.        /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/....,ィ::/       / , ' ̄        ヽ l!
        /::::::::::::/:::::::::::, イ:::::::::/....../::レ'      丨 ! x≦ ̄    ==‐--;!
.       /::::::::::::/::::::::::/::::::::::::/..........〈:::::',        ,ゝx≦               ',




                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{    .囗 ロ   。.'"~
            ///////////,{  ,   ロ []      ロ      。
           ///////////,ハ  .{    ..ロ ロ   ロ           ロ
           /////////////キ  |、   ..囗ロ []  []        ロ
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、..[] ロ    囗    []        ロ
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,..□ □ []   ロ
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| 囗 []   ロ    []
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//. [] ロ  []   。            。
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ.囗 ┌┐[]   ロ    ロ
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "...囗└┘  []   ロ
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }.囗 ロ    ロ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'/..□ []   ロ     。 
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉囗ロ  。...、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-ロ ロ.、,  ヽ ∨   「……ふん。最初に会った時にも言っただろう?
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |. .┌┐  。..,〉,_"<_   “武”に関する天与の才なら、貴様が上だが―――」
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_..└┘ロ..∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"囗ロ. //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

6351 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:35:32 ID:Xga3KqT9


                囗 ロ   。
                 ロ []      ロ      。
                   ロ ロ   ロ           ロ
                   囗ロ []  []        ロ
                   [] ロ    囗    []        ロ   ―――シュウウ.....
                    □ □ []   ロ
                    囗 []   ロ    []
                      [] ロ  []   。            。
                     囗 ┌┐[]   ロ    ロ
                      囗└┘  []   ロ
                       囗 ロ    ロ      「修羅場をくぐった経験では、俺が上だ。
                      □ []   ロ     。    ただ敗北など、楊志にも合わす顔がない。
                       囗ロ  。
                        ロ ロ            ―――我が宿星は、地稽星。
                        ┌┐  。          覚えおけ。いや―――」
                        └┘ロ
                        囗ロ













         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         |     どうせ敗れて、聖杯の中で再会する身だ。忘れていいぞ。    .  |
         乂______________________________ノ
         













.

6352 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:36:01 ID:BlAecCsl
余計な事考えてないで素で行動してたらめっちゃカッコいじゃないかお前!

6357 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:37:31 ID:AagbTul4
>>6352
それも梁山泊クオリティよ

6362 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:38:16 ID:axx9xXJV
ラスト一言までパーフェクトだったわ……



6363 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:38:20 ID:Xga3KqT9

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 アーチャー、消滅。
 そして最後に交戦したランサーの宝具の情報は、ライダーに届けられ、セイバーらとも共有された。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                         / / __/{  i{「\   \{___
                         / ///]ー-{  i{ -‐弌,__\Fニ
                          { / { i/| {刄莅\:{ ィ莅牙}「}}\
                         { _乂人 \    \   厶イ
                          \_}{_∧(   、i:   u /´「\   「―――音に聞こえし梁山泊。
  _二ニ二..,,_                二ア /ヘ,  - -  イハ ‘:、 \   ただでは死なんか。ああ、見事で御座る。
  _>-‐━‐- __  ̄  ‐-=ニ__     _ア  / ノ)}\_,/ {くム、 \ \  ……腹立たしいほどにな……!」
 (´          ̄二ニ=- _   `' ‐=ニ二ア  / _j´]    / {、 マ\ \ ヽ
‐- .,_     ___ニ ̄    ⌒> .,__>` _ -=>‐7 {    ′ }  Vーヽ  \}__
‐- .,_ `` ‐=ニ二__     ___二>`  _ - ´     厶、 V\ {,/ j  ∨,ハ   寸ヽ
  ⌒> .,_    二ニ=‐ ``   _ -7 \       } `、    // ̄`   ',   ‘,i
  _二二ニ=‐ ``_,,..   _ -=ニ二]    `、      \_}  厶{       :}  i  } |
 __>`` ,. -=>``   ∠二ニ=-‐弌    〉     。/  /         ,′ l  }{
__ア /∠ア´ / / ̄     ,厶-=ミ  /i     { /ヽ/   __/  .ノ ノ ハ
__{,/∠=ア  / ∠ ̄        〈, -‐-、 \|       ∨ / _______ア  / /  }
气 {ニニ{ 〃 ,:仁        {, -‐-、  ヽ 、    _」∠二二>`   /     {
二>‐--Ⅵ{  {{___        ]ニ=-、    V\  _( _}_」>` __,,.. イ  /   ‘,
   冖冖弌:、乂_____         {r‐- .,    _>≪ ̄ } ]「 ̄     / /     }
        `>--ぅ)       __}    ><´   ``'' ‐=ニ二__    {/ ̄``ヽ、 {
             /      ア    {  /ぅx,          ̄¨“冖二__    \}
                  {,. -―- 、\,{_  `iト ..,,_             `ヽ、 ',
                    /´     \√⌒  :|  ̄}iうぅト .,,_           } ノ
                  {        }    _ -‐/「     ⌒ニ=- ..,,__,,.. イ/
                __〕 イ´ ̄`ヽ、 { -‐    。 ,| : ‐- __   フ{⌒¨¨´
              __>'" ∨」     }>′     /{ 、i  ‐- __‐-  \
                \  ー--ヨ     {     /   ‘、`、       ̄    `` ー- ..__
             ⌒>--、」     [     /}二ニ}iニ\ \      ー---     /
                ⌒二コ     i「\/}Tナ¬=i{=¬ナ\                /

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 そしてランサーは、ライダー・セイバー同盟の居場所を知らず。
 情報共有前の速攻など選べはせず―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


6365 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:39:04 ID:Xga3KqT9
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――聖杯戦争の決着は。
 7日目に持ち越されることと相成ったのだった―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

6369 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:39:34 ID:wboQHdiq
このカッコいい最期を超えるのはハードル高いぞ…!

6370 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:40:35 ID:tsCDQD53
一週間もやってるのか、長いな



6374 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:42:35 ID:Xga3KqT9
さて、ここから最終日。
最終日はほぼ固定で進めて行っていいかな。7日目で決着付きそうだ。

6378 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:43:43 ID:Xga3KqT9
しかし、最初見間違えてたが。
カツアゲで勝敗が分かれたり、ランサーのギリギリでの勝負勘が光ったり、アーチャーがカッコいい消え方完遂していったり。

中々濃い接触だったな………。

6384 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:46:18 ID:QxWXKrLw
首切り役人もそうだったけど、がっついてる系の面子は素になった感じの方がカッコいいだろ梁山泊…w



6387 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:48:53 ID:Xga3KqT9
>>6384
なお、恐らく両者ロミオ会のメンバー。
王英さんは扈三娘に対する防壁なので生贄無罪。

6391 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:51:12 ID:Iu/UFhSs
今までで最長の聖杯戦争って何日だっけ

6394 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 22:52:38 ID:vcxVNi+R
>>6391
10次と13次の7日



6395 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:53:30 ID:Xga3KqT9
ちなみに、どっかで見たという話も出た

「では“これ”くらいにまけてやろう」

という散り際の行動は、さっき誰かが解説してましたが、漫画「キングダム」にてヒョウ公将軍のセリフのパクリスペクト。
キングダムは休職中で趣味にかける金減らしてる今でも単行本を買い続けている数少ない漫画です。

なお大魔王の扱い。

6404 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:57:33 ID:Xga3KqT9
男爵スレ中聖杯時空では良い空気イーターと化して大魔王を名乗った挙げ句に夢陣営の8割粉砕して
11戦10勝1敗優勝して今日も元気に中国の山奥で修行して虎視眈々と甘粕に殴り掛かるチャンスを
狙っていますが。

キングダムでの劇辛将軍は、その。芸術点すごかったです(控えめな表現)

6405 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 22:59:14 ID:Xga3KqT9
ともあれ小休止ー。

6409 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:00:22 ID:Xga3KqT9
ああ、あと強化符周りの処理で少しゴタついたのは申し訳ない。
出るか出ないかで勝敗変わるんだったら、最初に出した勝率のまま。そうじゃないならプレイヤーフレンドリーに処理すべきだった。

まぁ、結果的にそのとおりになったので許されよ。アーチャーも何故か株上げて散ったし。

6412 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:01:56 ID:Xga3KqT9
モテようとしてない方がカッコいいってのは皮肉である………w

6413 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 23:02:31 ID:v9l6gDHJ
アーチャーが株上げたのは俺たちにはともかくライダーにとってフレンドリーじゃないと思うw

6422 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 23:15:38 ID:Cq+3XHN1
劇辛と汗明は芸術的というかなんというか<キングダムの描写



6423 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:17:42 ID:Xga3KqT9
>>6422
汗明さんはめっちゃ強かった筈なんだがなぁ……w

6426 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:22:21 ID:Xga3KqT9
あと、キングダム劇辛さんの悲しいところ。

「相手が悪かった」とか「倒した相手が強かったんで後に株が上がる」

どころか、なんか我武神さんの最近の出番って強敵の夢見て飛び起きたくらいだったような記憶しか無い。

6428 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:25:12 ID:Xga3KqT9
キングダム張唐将軍とか蒙豪将軍は、天才的な名将ではないけど戦場で生き抜いた良将って感じで両方大好きだわ。

6430 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 23:26:52 ID:b6W30yFB
汗明さんキングダムで初めて知ったけど調べたらどっちかというと文官よりの人って知って草生えたわ



6431 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:28:32 ID:Xga3KqT9
人材登用力チートである。特に元野盗さんの方をどうやって従えたのか聞きたいレベル。
あの人なんだかんだで張唐さんに騙されて「蒙豪に呼ばれたと思って酒席に来る」程度には敬意払ってたっぽいし。

6432 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:28:45 ID:Xga3KqT9
>>6430


6441 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:45:59 ID:Xga3KqT9
まぁまったりするのも程々に。ここからの展開ですが。

・コミュ・情報交換(陣営まるごと固定で)
・魔力計算して次のターンへ
・ランイベで変なの振らなかったらそのまま最終決戦。ランイベ次第では休息などで回復するタイミングもあるかもしれない。
 そこが最後のランダムで決まる部分。時間経過は不利なランサーは突撃してくる。

こうじゃな。

6442 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:46:54 ID:Xga3KqT9
今日は後、コミュくらいやれるかなー。どうかなーって感じ。

6444 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:58:25 ID:Xga3KqT9
―――よし。
なんかかなり眠いんで無理しないどこう。

とりあえずゴール地点が完全に見えてきた。

6445 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/02(日) 23:59:02 ID:Xga3KqT9
暇な人はこの後少しダベりにお付き合いください。

6449 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/03(月) 00:00:47 ID:D8/Ny6gH
▼体調戻るまで手ぇつけない要素。ある意味それを楽しみにリハビリしてるとも言える
・トラマキ本編の再開。
・聖杯大戦やりたい。アリス主体。他、参戦キャラは結構埋まってきてる。

▼中断中重要タスク
・アンジェ最終話
・女神転生カゲロウデイズ

こんな感じよね、現在。

6447 :梱包済みのやる夫:2018/12/02(日) 23:59:12 ID:xby3kRR9
もう自動的にランサーに拠点はバレる感じなのかな、
土地の魔術師の家って、ある意味わかりやすいし。



6450 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/03(月) 00:01:17 ID:D8/Ny6gH
>>6447
というより、ランダム接触した際の刺さり先が剣騎しか残ってない

6453 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/03(月) 00:02:51 ID:D8/Ny6gH
終わったら次どこから何しようかなーって感じ。
あと、ビッミョーに西住家の少年の続きを書き始めてたり。まぁこっちはまだ3000字程度だわ、やっぱBD無いから
記憶頼りになるわで上手く進んでないんだが。

6469 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/03(月) 00:21:56 ID:D8/Ny6gH
あとまぁ、ノーパソは持ってくけど明日投下は多分なしとお考えください。
明後日も帰りが夕方以降になる見込みで、検診で疲れて帰ってくるだろうから多分辛いかなーと。
明々後日は頑張りたいけど、今度はフツーに病院ハシゴするんで、と。

3日ほど間ぁ空くかも。

6471 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/03(月) 00:25:59 ID:D8/Ny6gH
とりあえずまず、どれにしろ需要ゼロということはあるまいと自己暗示してる

6479 :梱包済みのやる夫:2018/12/03(月) 00:34:29 ID:mAKxtXv1
セイバーさんの宝具の出番は有るのだろうか……



6482 : ◆o2mcPg4qxU :2018/12/03(月) 00:37:38 ID:D8/Ny6gH
GMが明かすタイミング見失ってるからな………。
戦闘でも無意味なわけじゃないんだが、直接戦闘以外の効果がメイン。そこまで期待はしないように。<セイバー宝具
関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:0 | Page Top↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する