おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/12/08(土)
2404 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 18:45:13 ID:MAtoE1G1
ま、とりあえずもうちょいで出かけてきます。
戻ってきたらバカVSフォーリナー戦から


2372 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 17:09:22 ID:n73EKwYj
そーいやイアンの持ってたARMSってどうなったんだろ
破壊は出来ないだろうし死体にそのまま放置?

2373 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 17:21:24 ID:QxLx2hK4
基本的にルールとして装備には触れないからな。遺品として回収しててもフレーバーだし、
特別な理由がない限り一々描写しないだろうし気にしなくていいのでは?

2374 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 17:23:41 ID:n73EKwYj
いや、聖杯戦争の有利不利とか使えるか使えないかじゃなく、アレ放置して下手な人間に渡ったら危険じゃねえのかなーと



2380 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 17:50:00 ID:MAtoE1G1
>>2374
そういう疑問を提示されるならよく読まれよ。リオンが回収したとエンディングで明記されてる。

2407 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 18:50:16 ID:MAtoE1G1
まぁとりあえず、イアンのARMについては定義しません、ということで。
幸運や熱烈歓迎でも出てこないとします。

2430 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 20:45:32 ID:MAtoE1G1
うっし、まぁカミカゼorボンズ入手で開始でよかろ。

2431 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 20:45:51 ID:MAtoE1G1
というのを書き込んだつもりで書き込んでなかった。



    f´「 v'了              _
   | .rヘ_|     __ ,.匚 >    //  ,rーvア
    j   `ヽ }] }] / /..匚 >   /_r t_乙_ノ}/ ____ ______                  z 、
   | .|`ヽ/   .//       //丁卩/  }〉 廴 _ _______  Qa。           >'’  i!
   |_ ノ     /'’     .匸己匕  }.亅′ .ノ             __ >  .゚>        r'´  .>'’}_j
                                jI と'’   ___.ル ’        厶孑'’ f´`ヽ
                              <’  ゚ー―――――――――――s    `ヽ _〉
                               `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
                \\\               | |         //         //
                \\\       __,. -─- 、           //       //
             人    .\\.   ,. :"´::::::`::::::::::::::ヽ       /           /
                Y..      r‐'‐:::::::::::::::/:::、:::::::::::::',     /        /
                   i ,,. -=- .、..|:/:::|:/|::/::/^^^l:::}::::::::::} ナガイ……
                 i.,,γ レ .. ',.|/l/|/'|:/  \l/:::::::::::l   r - 、
                 '',ゝ.ヘ  ,'._ l: :| ─    ̄ ⌒):::゙_  { .◎ }
                    ` |ヴ.| '゛./\{   △ '''_/:::゙i  =--ゝt-t´__
                    |.ァ.| ...  `TTこ:::フ \: i    r-| 人-、 ーz_
      _ _         |ス.|. \__  ヽl::::∧ ,_./     ゝニノノ    i           _ _
      _ _ _ _ _ _ _..|ラ.|   / ̄=-z__/  ー=z__        i     ─ ─ ─ ─ ─
      ─ ─ ─ ─.     |イ.|゙/    /ーz_         ̄=-z____i             ̄  ̄  ̄
                   |ホ|. :::::::::::::::/:::::::::-====-----z_         7
                   |勲|._:::::::::::::i::::::::::::::::::::::--==z__  ---=z__     i___
                   |章|.三ニーt---z____::::::::::::::::::::::::::ーz__     i  ー--z_
                      ∨ 三三i::::∧:::::::::: ̄=z___::::::::::::::::::::::............/     i
                  │三三三i::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄=z::::::::::::::::::/      i
                  V三三三V::::∧:::::::::ニニニ----z__    ̄ ̄=z/__     / \
                    /   ∨三三∨:::V:::三三三三三三ニニニ-   /三三ニニー/.....\
              /..    V三三V::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/三三三三/..  \
              /...... \   V三三V i---ニニ---z__::::::::::::::::::::::::::::/三三三三/
              //      \てそ三三Vi ----ニニニニニー:::::::::::::::/三三三三/
                   そ\i   ゝ      -===z__三三:::/三三三三/  /    /
                 __て―ゝ   \     \    -ニニi三三三三//V/  / i
                   ̄ ̄ ̄\w    \WWWW       ーー/   W/



はい、では始めましょうか

2432 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 20:45:57 ID:R5rYIrGj
あと15分くらいかな



2433 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 20:46:14 ID:MAtoE1G1
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2434 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 20:47:16 ID:86lXO+tc
くっそwwwww

2435 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 20:48:00 ID:1vgi8FFc
>>2430-2432の流れが素晴らしすぎるwww

2438 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 20:53:52 ID:lxUt5yqC
こんなひどい35分前に実行したよは初めて見たw



2439 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 20:56:45 ID:MAtoE1G1

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――聖杯戦争 4日目 五河家前

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

                       /\
                     //\\
                   .///.\\\
                  .///:|| || ||\\\
                .// .|_||_||_||_||_.||  \\
               .//    ̄ ̄ ̄ ̄´   .\\
_____________________________//:: : :: : : : ....         .\\____________________________________________
ソソソソソソソソソソソソソソ.//:::::: :::: ::: ::: :::: ::::: ::: ::: : . .. . . .  \\ソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ
=============y//_______________________________________________\\y========================
⌒/癶)))))))))))l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」((((((((((癶⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒
⌒/⌒ヾソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ_/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
    |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
    |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
__ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
| || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
|_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|.............................................艸艸
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
\_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
|""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
|=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
|((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
| |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
| |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
| |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
| |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
| |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
| |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
| |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
 ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                ⌒`´ ,.r''" ""






┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:フォーリナー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ミ=ゴ              【レベル】:30+10   【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20+10  【耐】:20+10   【敏】:20+5    【魔】:20+5     【運】:0       【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆(共用) 【魔力量】130/180 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  r`=-、 .
  i:{////`ヽ、
  人//////ヽ
    `}/////∧
    ,入//////\
      \///////~""'''‐- ...,,_  , -‐==‐- 、
        `゙゙''ー-、////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\    ___
            `ニ=‐-=ニニニ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  く_ _   \       ___
              /ヘ ヽ.   V .::.:.:: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ,x≦:::::::::`>x-=≦  /∴∵¨ヾミ
           ,l ト、', , -‐==‐- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|(_ ノ:::::::::::::::::::::: ヽ  /∴∵∴∵ ヘ
        ..__  ゝ、  /.:.{ ___ }.:.:\,二、 :.:.:.:.:.:., -- 、:::::::::::::::::::::::.∨∴∵∴∵∴. |!   「&)’#……!」
   /⌒></////ノヽ イ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽノノ:.:.:.:. Y . :.: ::.}- 、::::::::::::::::::::}∴∵∴∵∴ |!
  _ノ//////////////   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y'"´ ̄`ヽ、:_ノ: : : :\ _:::::::'''"´∴∵∴∵∴ |!
  V乂///////////i      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|0   .:: :: :} : : : : :, ´ ......::::ヽ∴∵∴∵∴: .|!
  ゝへ}人_>r=ァr≠乂      :. : : : :.:.:.:.:.:.:.;' ゚  .: : : : : |: : : : :{  .::::::::::::::::|-、∴∵∴∵ |!
           _,/ヽ..   __   : . : .:.:.:.:./ゝ .:: : :: : ::;/ヽ _乂.:::::::::::::::ノ>‐∴∵∴∵ |!
        ⌒ヽ工_/ヽ, ´    ̄ヽ : .:/: : ::>‐--‐く : . :.. :) ――¨¨.ハイ:∴∵∴∵ |!
                 {  .: :: :: :::|´: : : :      .::}  ー一' .:: .::/  .: .:.::)∴∵∴∵∴ |!
            \_\ 乂.:: :::::::ノ : : : : : :    .:: :'ヽ . : .: .:/、. :: : ::./∴∵∴∵∴: |!
            `'ー-<二_,==ヾ, : : : : : : : :   .: :: :/  >-‐<y'"´ ̄`ヽ、∵∴∵∴∵|!
               ////.} \: : : : : : : : : :://\ヽ. /0  .:: :: :}∴∵∴∵∴ |!
           __,//////リ  `¨ ―-''―¨´ \ヽ ` ̄{ ゚  .::::::::::ハ.∴∵∴∵ ,|l
  >‐-、__ _,./////>-<              \__ゝ .: .: :::::::/∴`∵∴ ∵ /
 イ ///;//////////////                     >‐--‐く∴∵∴∵: /
 ヽニ=彡,ィ'´⌒`<ニ-=≦                              \∴∵∴ /
                                            `=≡=´

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○狂化:C-
 正確には狂化というより、どれだけ“異界の存在”であるかというフォーリナーの純度。
 実際のところ異界の法則性に従って行動・思考するため、狂化とさほど違いはない。
 【レベル】【筋】【体】を+10。【敏】【魔】を+5。
 ただし、このキャラクターは怪物としての属性を持つ事になる。

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 ―――???

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





               i!: : : : : : : : :i!  ヽ Vill    ::::..ヽ/////////////////////\
                  i!: : :`┌┐: i!   .}  V!       ::::..∨/////////////////////
               i! : : : ||:i!    ./  |il        ::::.∨///////////////////
.               i!┌―┘└―――┐ |ill       ::..∨///////////-―  ´
               i!:└―┐┌――┐| |ill         :..∨/////////
            i!.: : : : :||   /,||   _  -―   ̄∨///////\
               i!.: : : : :.|| / || }'´            ∨/////: :\ヽ_
           /:_: : : : /└┘⌒\└┘ /.             ∨///!: : : ̄\ : ヽ
          厂: : : : :ト ミ|      ̄ ̄ [] []┌┐        V// ト、: : : : : :>fハ
         ノ: : : : : : :||: : ∨           ┌┘|         }///  }: : :/=/ /
     ,r=-. _>、: : : : : ||: : : ∨.          ̄ ̄        ,//  ゙テ´三/}`
    斥三三三三.\__:||__/                   /   /三三〃
     `<三三三三三三}                         {三三/
        `¨¨´ ゝく二フ′                            `¨¨´



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/    「―――………」
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 さて、聖杯戦争4日目にして。

 フォーリナー陣営との明確な敵対。しかし一度は言葉を交わして別れたフォーリナー陣営を、この段階で
アーチャーが積極的に狙った理由は一つである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2442 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 20:59:02 ID:MAtoE1G1


                      |二\         _ -━――    _   /二二二 /
                      |二二\      <: : : : : : : : : : : : : : \i|二二二,
                      |二二二-   ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i|二二, --、
                      |二二二二}/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i二/―━―― _
                          \二二二」: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \二二二二二二 >   「……」
                          ≧ニ-/: : : : : : : : : : : : : : :ト、: /: : : : : : : : :≧=二二二> ´      
                     _ <二二 /: : : : : : : : : : : : : : : :!,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
                   _ < 二二二,: : : : : : : :―: :-ト、: :.: !  \: : : : : : : : : : \: : : : : : :∧____
                 _ < 二二二二, : : : : : : : :ト; : : ∧∨:.:.| ,/,ィf ≠チミx、:|⌒}: }、: : : : : .∧   i!   >。
                  ̄ ̄ ̄/: : : : :.|: : : : : : : : | 斧芋ミ、\「  ,佗しハ!: : :.:ト ,: : i-\.:.:.:. : : ∧ ,|     |
                        /: : : : ::.!|: : i: : : : : :.!j 佗しハ       `゙ ~´j: : :.:.|ノ : N   \: : : : ∧ i!     !
                    /: : : : .:.:.:.|:イ|: : : : : !ト、夊_ソ  `      / : : : : : : /       ∨:.: : ∧i!    i!
                      /: : : : : : /  j: :ト、: : | :\     ,. --、 ,'イ ノ: : :/         ∨:.: : ∧    i!
                       /: : : : : ,    i|: |∧: :.|: : :.:\ u  ‘ _ ,ノ  , イイ∠.,           ∨:.: : ∧    i!
                   /: : : : : /     N  ヽ:i、 \ :≧、     / 「イ  ∧         ∨:.: : ∧.   i!
                     /: : : : : /          Y´  `Y  ̄ ̄i ̄  /    ,∧≧イ`ヽ,   ∨:.: : ∧  i!
                 /: : :イ: :/       _ _{ ヽ__,`ヽ, ノー-| ̄ ̄|i' ∨,    /∧::::::::::::\,  ∨:.: : ∧ !
                   /: : /j{: /      /`ヽ\ヽ, i }ー ':::::::::/   |i| /∧\ /,イ  ∨:::::::::::::\ }: : : :.∧i!
               /: : /j{: /      j `ヽ}`"´, '::::::::::: ∠ __|,///}\,/ |   ∨::::::::::::::::\; : : : : :i||
                  /: : / |:{      ,イ   「'  /::::::::::::/イ    /////_,,__      ∨:::::::::::::::::::}: : : : :i||
              /: : /  i}:{     /!   ' _ノ:>' ̄'´,/    ,/////{・・ }、  \  ∨:::::::::::::::::|i: : : : :i||
            ,   ̄ ≧、 }:{    /{_人 ̄  /イ  /  /    ///// 〃  `ヽ   \ ∨ :::::::::::::|i: : : : :i||
          / 二二二 ∧{:∧// 人   ー ,/   {  {   ////// /   `ヽ'    ,::::\、:::::::::::: |i: : : : :i||
            /二二二二二∧ Y  /    ー―"    |  |  //////  :|:         /:::::::::::\、::::: |i: : : : :i||
        /二二二二二二.},       __,ノ'" ̄ !|  ,//////              ,::::::::::::::::::: \ : |i: : : : :i||
          j{二二二二二二 ji        イ:::::::::::::::::} ////>'´       |   _   ‐-、 -- 、::::::::::::::〈 ,: : :ト、:.∨
          j {二二二二二二.j{\  _  ‐  i!::::::::::::::::i| ,/>''´      _  ‐  ̄ ̄∨ ヘ  ’< ̄ ̄,: : : :|ム: :.∨
          { .{二二二二二二 j{        j{:::::::::::: : i|/        Y          ∨∧      /: : : :.| ム: :∨



                                            \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          ____                                ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      -=二二二二二二ニ=-=ニ二二二ニ=- _              };;;;;;;;;;;;;;;;;;/
.   -=ニニニニ二二二二二二二)h、ミh、二ニニニニ=- _          /;;;;;;;;;;;;;;;;/
  -=ニニニニニニニニ二二二二二)h、二二二二< ̄ \  /{   /;;;;;;;;;;;;;;/
. -=二二二二二二二二二二二二二二二)h、二二二/\〉 \|  { /;;;;;;;;;;;/
-=二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニ〈/⌒}___爻、⌒\;;;_、+'”}ヽ
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニニ/_,,.、\ \\〉二ニ/ニ|
ニニ二二二二二二二二二=-.''"゚~~~~~゚"''.-=ニ _二二二≧=‐ _;;;} /二二/ニ/
-=ニニニニ二二二二二/. . . . . . . . . . . . . . . . . . .゚"''-=ニ _二二二二二二二/
  -=ニ二二二二二二√. . .|\. . . .、__.\._._. \. . .\. . ..\ニニニ二二/
   -=ニニニニニ二√. . ..|-‐\. . .\ イ 丁}㍉ !. . . . \. . .|ニ=‐--‐=ニ
       -=ニニニニ|. . . . jI斗=ミ ̄ ̄  Vjソ ′|. . ̄ ̄!〉 . |
         -=ニ人. . . .ヽ Vj)          |.. .. .. ...|. . ..|   「……」
                 Y. .乂_  、      し ノ. . . . . .|. . . \
              |.. .. .:.          ⌒ ィ. . . . |ヽ__. \
                  ノイ. .公  乂   )    ,.:´ |. . .. ..|/|\_ノ_⌒
                |. . . . 个      イ   |. . . ..八{」   =- _
                |. ./ . ..|  ><⌒ヽ   .| . . /. . ./   _、+'” -
                ∨../....|_、+''"   \ `、_ | . /. . ./   ⌒、      `、
                   ∨.. ..|  ⌒>    く;〈| /. . ./_    ∨ /
               _     〉. . |.   /   γ⌒} |' . . /_ノ     ∨ /     /,
         _r‐く  |/〉 ./' Ⅵ.  /   イ乂爻^{. . .'爻.|‐- _   V      /,
       _/ ヽ 乂」 / r┘   ヽ 厶ィi〔  |  / {. . {   |      ‐-'      /,
      /`、`、 } } { 人           .| ./'\{. . {   |
        {   \〉} }ノミh、   _、rf〔〉     | / √i:{. . {〉 .!                  ∨ /
       _{_  |/≧´ノ⌒。 ゚。ニニニ/|     .|' √i:∧. ゚。〉 |      /\         ∨ /
     / {⌒ |'//|〉_、rf〔゚。 ゚。ニ/ !       √i:i:i:∧人V       ニニ\        ∨ /
   人 ∧  .|'//|∧ニニ|  |'"   |     √i:i:i:i:i:i:i:∧      ,ニニニニ\     ∨ /
  く__ノ   ゚。 |'//|)〈ニニ=l  ,     .|    √i:i:i>‐<∧    √二二ニ|\    ∨
 |\|\\ } .!'//!( ∨ニ/ /    |    /^寸〉  ___〉   √二二ニニ|ニ∧〕iト
__]  \ \Ⅵ |'//|(__{/ /     .|   ./   ∨〉 ゚。   '゚。   √二ニニニ|ニ=∧   `
.     ≪ ̄己_己_/       |  /    ∨〉 ゚。   '゚。 {二二二二〈二ニ=∧
 ̄/   イ⌒Y |'//|ニ7_        /| ./      }ニ{   ̄ ̄〉 {二二ニニニ〉ニニ=|
. |/|/ |/|ノ.|'//| √     /  | /      /ニニ}\__∧{二二二二/二二二|
.          |'//| .√   ./    |'_     〈ニニ∧ l     {二二二二∨二ニニ|
.          |'//| √  /    √     //\ニノ l     {二ニニニニ∨ニニニ|


              ,.....::::::::: ̄ ̄:::::::::......、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::,::://///////////ヽ、:,::::::::.
            /:::::::/-'´::::::::l::::::::::::::::::::::::::`ヽl:::::::::::.
            ,::::::::/:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::.
         l:::::::,:::::::,:::::::::::::!::::::::::::|::::::l::::::::::::::l::::::::::::,
         |::::::|::::::/:::::::,:::ハ::::::::::::!::::::!::::::::::::::l::::::::::::l
         |::::::|:::::,:::::::イ:/ l:::::::::ハ::::∧::::::::::::l::::::::::::!
         |::::::|::::|__/__!'  l::::::リ l::/ l:l_,.、::::|:::::::::::|   「……」
         |::::::|::::|:/    ̄ !:::/ l/` ̄!  ヽ|::::::|::::!
         |::::::|::::|ィtオテ,ォ- l,/    -tオテオリ:::::|::::|
         |::::::|::::| 弋z(ソ |}..===.{{ 弋z(ソ ,|::::::,:::.∨
         j::::::|::::|======┘ , └=====彳|::::,:::{ ::',
          /.::::::|::::|:. u           ハ,::::,':::l...::::',
        i:::::l::::|::::|ハ、     , ‐ -   ,.イ .i:::,'::! :::::::::;
         |:::::l::::|::::|ソ. >,、      ィ. ´  /::イ:::::::::::::/
..       ゞ::l::::|::::|)   r- 、`_ー_´-‐ォ  /::;ハ:::::::/
        (::::::|::::|::::|    |    Y    ! /:::/ 〈:::::.ヽ
        )::::|::::|::::|ヽ,.- '    |     ./:::/  /::::::::.)
       ヘ:::,.ヘ.|::::|´, -――‐- v -―/:イ _ `ヽ、_:::ノ
.      ,r '´.   ,::::! 、///////∧////////>/   ̄`ヽ
.      /      ,::l ∨////// l/////// l      ',
..    /       、!  \////ハ//////  ,'       l

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――観客の存在である。

 しかも綺麗どころ揃いだ。やったぜ。命を賭けるのにそれ以上の理由はない。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2443 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:00:05 ID:8OwgvouF
お前それでいいのかアーチャーww

2445 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:00:41 ID:sM2TDt8d
>>2443
ただの平常運転だから仕方ないんだよ



2449 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:05:06 ID:MAtoE1G1


                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム   「―――ふっ………。
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|       泡沫の生を終える死に場所には、丁度いい」
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'



▼反応者

1~3.琴里
4~6.ほむ
7~9.セイバー
10.完全スルー

【安価 下3】
1D10

2452 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:05:52 ID:1Mo6Zq3I
【1D10:4】


2458 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:07:45 ID:los4txB6
ほむほむ優しいなw

2459 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:08:59 ID:8OwgvouF
待て、ナチュラルに心をへし折りに来るかも知れん



2460 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:09:33 ID:MAtoE1G1


                                  _
                                    /:://:::}ニヽ__
                                 {:://:::ノニニニ7
                                 ー― ''゛ / /
                                     //
                       ....:::::::: ̄ ̄ ̄::::::::.....      //
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    \\
                  //: /--――――---\::::::\   \\
                /::::::/::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::|:::::::::::.    \\
                 /:::::::: /::::::/Λ::::::::::::/Λ::::::::::::|:::::::::::::.     \\
           / /:::::::::::ー--‐ ∨:::::/ ー----‐:|::::::: |::::     //
           /  /::::::::::/::斗==≪ ∨/ ≫== ミk:::::::::|::::|   //
              .:::::::::::Λ{ んノハ     んノハ }:::::::::|::::|  / /
             |:::::::::l:| につ汐 ノ¨¨圦乂ヒこつ :::::::::::::|  / /   「―――っ、死ぬ気ですか!?
             |::::::: 圦 | `¨¨¨¨´  '  `¨¨¨¨´:::::::::/::::: / /     なんで!? 貴方だって聖杯に願いがあって
            /:|:::::::::|:::八 "'"'  r  っ "'"' ノ:::::::/::::::ノへ       出てきたサーヴァントですよね!?
            _/:: |:::::::::|::::::个::....        イ:::::::Λ:/「   ∨
        /:::::::::::::::|:::::::::|::::::ノ⌒\Τニ= ≦ニ}:::/:::::::/::::乂)「 ̄ }      なんで―――っ!!」
      /::::::::::/::::: 八::::: | /ニニニ>―只ー‐ /::::/L__:::::〈 ̄  }:::\
       {::::::::::{:::::::: /^\| {ニニニニ{ _,ノ八., //ニニニノ /\ ノ{::::::::}
      :::::::::::::::::::::/     {  ⌒\/ /_彡ニニニ/  /    | {::::::ノ
    /:::::::--‐ ''゛     ∨   :/ /ニニ:|  |ニ/ r Y   >┘ }:::::::::\
   /::::::::::::::::|          ∨   {  {:/Λ|  lイ|/ | |  /_ノ∨:::::::::::\
  {::::::::Υ:::::::|         ∨  }__Λ _Lノ」 |   | |-く/     |::::::/:::::::::}
   \:::::::::::::ノ      {⌒\ ∨    .ノ⌒   | |  ム」  {     |::::/:::::::::/
    /::::::::\        }    }Λ        | |/  \ 丶   ノ::::::::::::::/
  /::::::::/:::::::::}       {__彡ク Λ          | レノ    \ \彡く:::::::::::く
  {:::::::::{::::::::::l       /    \_彡< ̄⌒ \     ⌒ \::::/::::::}
   >ー:::::::::::ノ)     .∨                    \_       /:::::::::::::::ノ
  └(こに)こ)   /::::: ∨          /\\.      ||「\  /::::::::::::/
   /::::::::::::::::  /:::::::::::::: ∨      ./:::::::::\\   ||::::::::\(⌒Y⌒)⌒)
.  /::::::::::::::::r‐く\:::::::::::::/:::::∨      /::::::::|::::::::\\   ||::::::::::::\:^::::^::Λ
  ::::::::::::::::::::{   \\::::/ ::::::: ∨    /:::::::::::|:::::::::::::\\ ||:::__ノ⌒ _}:::::::::::Λ
  {::::::::::\:::廴_ /\::::::::::::::∨  /::::::::::::::|::::::::::::::::::\  |  /⌒ノ::::::::::::::}:Λ
  乂::::::::::::\⌒ア    \::::::::: ∨/:::::::::::::::::|::::::::::::::::ノノ\トく  厂:::::::::::::::::ノハ}
   ⌒ー--  廴_/   `''<: ∨:----‐   ̄ ̄   ノ  L ノ:::::::::::::::::/  ノ
          ⌒廴_/\ / {_    」L r―く _厂  {::::::::>''´
           /ニ/ΤL__{_  ⌒「 ̄ {_/⌒ :::/   乂:::(
            .ニニ′∨::::::::::^冖^く⌒ 厂::::::::::::::::::::/
          {ニニ{  ∨::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::/




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム   「そうだな。願いはあった。だが、その願いは諦めよう。
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|       
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、       何故、と聞かれても。
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧      元より俺は、こういう生き方しか出来ん無頼漢だ。
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧      お前が気に病むことはない」
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'



                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ   「が、そうだな。
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、    そちらに気に病ませたまま、というのも風が悪い。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|    ―――ふん。ここは鄭天寿にでも習うとするか」
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 意訳:モテるやつを真似ます。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2462 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:11:20 ID:MAtoE1G1


                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、   「この戦いが終わって、俺が生きていたなら。
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧    夕食でも付き合ってくれれば構わんよ」
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――ランチはただの食事だが。
 ディナーは、案にデートである。

 鄭天寿と燕青という梁山泊二大色男の行動を観察しながら、梁山泊ロミオ会で出した結論であった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2464 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:12:13 ID:MAtoE1G1


                                            \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          ____                                ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      -=二二二二二二ニ=-=ニ二二二ニ=- _              };;;;;;;;;;;;;;;;;;/
.   -=ニニニニ二二二二二二二)h、ミh、二ニニニニ=- _          /;;;;;;;;;;;;;;;;/
  -=ニニニニニニニニ二二二二二)h、二二二二< ̄ \  /{   /;;;;;;;;;;;;;;/
. -=二二二二二二二二二二二二二二二)h、二二二/\〉 \|  { /;;;;;;;;;;;/
-=二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニ〈/⌒}___爻、⌒\;;;_、+'”}ヽ
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニニ/_,,.、\ \\〉二ニ/ニ|
ニニ二二二二二二二二二=-.''"゚~~~~~゚"''.-=ニ _二二二≧=‐ _;;;} /二二/ニ/  【なお保護者】
-=ニニニニ二二二二二/. . . . . . . . . . . . . . . . . . .゚"''-=ニ _二二二二二二二/
  -=ニ二二二二二二√. . .|\. . . .、__.\._._. \. . .\. . ..\ニニニ二二/
   -=ニニニニニ二√. . ..|-‐\. . .\ イ 丁}㍉ !. . . . \. . .|ニ=‐--‐=ニ
       -=ニニニニ|. . . . jI斗=ミ ̄ ̄  Vjソ ′|. . ̄ ̄!〉 . |
         -=ニ人. . . .ヽ Vj)          |.. .. .. ...|. . ..|   ←止める 【1D100:89】 薦める(それで諦めてくれるなら安い)→
                 Y. .乂_  、      し ノ. . . . . .|. . . \
              |.. .. .:.          ⌒ ィ. . . . |ヽ__. \  「………う、うーん………」
                  ノイ. .公  乂   )    ,.:´ |. . .. ..|/|\_ノ_⌒
                |. . . . 个      イ   |. . . ..八{」   =- _
                |. ./ . ..|  ><⌒ヽ   .| . . /. . ./   _、+'” -
                ∨../....|_、+''"   \ `、_ | . /. . ./   ⌒、      `、
                   ∨.. ..|  ⌒>    く;〈| /. . ./_    ∨ /
               _     〉. . |.   /   γ⌒} |' . . /_ノ     ∨ /     /,
         _r‐く  |/〉 ./' Ⅵ.  /   イ乂爻^{. . .'爻.|‐- _   V      /,
       _/ ヽ 乂」 / r┘   ヽ 厶ィi〔  |  / {. . {   |      ‐-'      /,
      /`、`、 } } { 人           .| ./'\{. . {   |
        {   \〉} }ノミh、   _、rf〔〉     | / √i:{. . {〉 .!                  ∨ /
       _{_  |/≧´ノ⌒。 ゚。ニニニ/|     .|' √i:∧. ゚。〉 |      /\         ∨ /
     / {⌒ |'//|〉_、rf〔゚。 ゚。ニ/ !       √i:i:i:∧人V       ニニ\        ∨ /
   人 ∧  .|'//|∧ニニ|  |'"   |     √i:i:i:i:i:i:i:∧      ,ニニニニ\     ∨ /
  く__ノ   ゚。 |'//|)〈ニニ=l  ,     .|    √i:i:i>‐<∧    √二二ニ|\    ∨
 |\|\\ } .!'//!( ∨ニ/ /    |    /^寸〉  ___〉   √二二ニニ|ニ∧〕iト
__]  \ \Ⅵ |'//|(__{/ /     .|   ./   ∨〉 ゚。   '゚。   √二ニニニ|ニ=∧   `
.     ≪ ̄己_己_/       |  /    ∨〉 ゚。   '゚。 {二二二二〈二ニ=∧
 ̄/   イ⌒Y |'//|ニ7_        /| ./      }ニ{   ̄ ̄〉 {二二ニニニ〉ニニ=|
. |/|/ |/|ノ.|'//| √     /  | /      /ニニ}\__∧{二二二二/二二二|
.          |'//| .√   ./    |'_     〈ニニ∧ l     {二二二二∨二ニニ|
.          |'//| √  /    √     //\ニノ l     {二ニニニニ∨ニニニ|

2465 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:12:27 ID:86lXO+tc
梁山泊ロミオ会wwww

2466 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:12:32 ID:x++WxF6R
梁山泊ロミオ会というパワーワードwww

2470 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:13:46 ID:gueDwKNJ
マスター売りやがったwww
まぁ、そうだよね、安いよねw

2471 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:13:47 ID:uQV6omdM
梁山泊ロミオ会ww



2472 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:15:57 ID:MAtoE1G1


_. -=: : ̄: : : =-. . _                     __
: : : : : : : : : : : : : : : :ニ- _            _ -=二 }.\. . . .ニ=- _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   __     /. . /.... ...}.}. . .\. .∨../. \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/ニ∨   ,:'. ./. ..{. . .. ..}.}. . . . .\.∨../.. ..`
: : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : /二ニ-∨ ,'. . .{. . ..'/. . .//....\. . . . .∨.. . . .∧
: : : _ -=二  ̄     `~、、/二二ニ-∨. . ..{. . . .'/..// . . . . \. .. ..}. . . . .} /,
_-                  〈二二二ニニ',. . . . . . ∨´...\___,.. ..\. }. . . . .}. ..}
                   \二二ニニ',._|._,ノ.. ..\.^´..\. . . . .\. . . ..}. ..}  「アーチャーがこの場を引き受けてくれて。
                    \ニニニ|. ..|._._.\. . . jI斗些ミー┬:.\....}.|..:   生き残っていても今後聖杯を狙わない。
.         _ -二二}二ニ=- __∧二ニ-|. 汽些ヽ\(   いソ  //. . . . . |..{
      /ニニニニ}ニニニニ| |〉二ニ|. :. Vソ          /イ. . . .. ../.人   その確約なら正直破格なんてもんじゃないけど」
      ,二二二-/二二二ニ| |∧ニ-|. ハ   丶        j{. . . . ./ . . . \_
     j{二二二-厶/ (_/}ニニ| |ニ}ニ|〉. :.         u /. . . ..,ふ. . . .く¨⌒
.     j{二ニニニ人 ヽ ∠_ニ’./二}ニ|∧込   ′`    ィ. . . /. . .',>-ミ.\
     二二二/二〉 ゚ ┌'´_/ /ニ>< .}. .个     、ヽ`/. ..∠ __.. ../(__ノ¨⌒
.     乂r‐ミ_/}ニニ∨乂(二/ 厶+”_ \ \. . .|_ /う爪/ /. . /⌒ニ/⌒Y´<
  __乂\0く二ニニニ/ ∧‐- 、 ヽ  ‘,. .|⌒Y } / /. . /   \_∧. . . .ニ-. _
. /二二二ニ∧__〉ニニ-/ /二〕h、     .}./{ /ノノ_/. . /      V〉. . . . . . . . .- _
. √二二二二∧二ニ/ /二二ニ-∧   ./{_/o/___⌒7...../   \    W^=- _. . . . . . . -_
..,二二二二ニニ} ̄__,/ニニニニ/ 人¨¨´  ’ /⌒)ノ .:. ./       \  ’    -_ . . . . . . :.
.j{二二二二二ニ}二二ニニニニニ/    \   ∨   .//           \ }_     -_. . . .. .. :.
. ,二二二二ニ/二二二ニニニ/  /i:i:i:l/,   ∨    }〉  \     ⌒Y      -_. . . . ..}
 ',ニニニニ/二二二二ニニ/ ./i:/i:i:i:i|ハ.   ∨   .!∧    \     }``~、、   :. ... ...}
  ∨二ニニ/二ニニニニ/  /i:i:i/i:i:/i:i|/,   ∨  /:::∧     \    }     ``~}... .../
.   ∨二二二ニニニニ/  .人i:人i:/⌒{   ,   .} ∨:::::::::::\         ∧      /....../``~、、
   \ニ二二二>''"::/  / / ̄ ̄/   ∧  / .}〉::::::::::::::::\       ∧、    /. . ./
      ̄ ̄\::::::::::::/  /  {__∧     /,  ノ /:::∨::::::::::/^^\       ∧\  /... ../
           \::::/  /::} 〈o__o_〉   ∧ノ /::::::::}::::::: /    \     ∧ `/. . . ’
.             乂 /}::::} /  / 人   _/:::::::::::}::::::/       .\     '/. ./``~、、



                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|    「加えて、そのお人好しな一般人が気に病まなくなるならば。
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、     そちらにとっても、悪い話ではないだろう」
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'




                      /}二二二二二二二二二二二二二二二二\
                  /=}二二二二二二二二二二二二二二二ニニ|
                r‐/ニ/二二二二二二二二二二二二二二二二二|
                  _f^{ {/二二二二=‐─. . .‐-<二二二二二ニニニ-|
            〈 }   {ニニニ>'"... ... ..ノ. . . .. .. ..\二二二ニニニニ=-|
            く〈',  /\ニ/. . . . . ./. \. . . . . . . .\二二ニニニ=-
             \  {   ∨. . . /. /./ . . . }. . .}. . ._. ..}. \二二ニニ/
               √`.」   ∨. /.. ..-‐|''". . /../"~.. ../}. . ..∨二二-/
    _        /二-_\/⌒⌒V/ノ.__. /. . ..斗‐=/./. . . . ∨二-
   {二ニニ=- . _/ニ_/⌒ >─‐下弋ツ//)ノ └ツ./_\ . . . ',/
    \二二二/_f⌒ /__/:::::::::::::::::: }',    ,  ⌒|二二\. . \   (それに乗じてマスターを害するメリット。
     \_/二ノ //::::::::::::::::::::::::::八.',      イ.V=- ~ \. . :.    ―――無い。
       ⌒\く ( 人::::::::::::::::::::::::::::::::::|. ',└ ′/(⌒ヽ_   \. :.
            ̄`´⌒''<:::::::}::::::::::::::::::| . ',‐-< . . \/i:i:iノ     :. :.   話術でマスターを籠絡して僕を切り捨て
               /⌒Y::::::::::::::::::::|. . .∨/⌒>〈i/´...``~、、 } . :   再契約の可能性―――極めて低い。
.                 /    l::::::::::::::::::::::|. ..∧o<{ くi:i/. . . . く\.. ../. . }
                /     八::::::::::::::::::::|./ ∨   ̄ ̄', . . . . \/.. ..∧   アーチャーがキャスターよろしく精神系の
               /   /:::::::≧=‐─,../ /i:i:\  く ‘, . . . /. . ./. .|   宝具でも持っていれば別だけど。
          /  '  /\::::\::::}//.//i/i:i:i:i:i:|i\__〉 ',. ⌒¨. . l ∨..|   彼はこの聖杯戦争で1,2を争うくらい
_______,/  / /   ∧::::::::/  l..{/i:i:|i:i:i:i:i:i:|i:i:i:}   : . .. .. .. ..| }. .|    戦闘を重ねたサーヴァントだ。
        /  、丶`    / ∧:::/  ∧{i:i:i:i:Vi∧i/i:i:i:i}   }.. .. .. .. .,  }. .|
.     /、丶`           ∨  \{\i:i:i/i/i:i:i:i:i}   }. . . . ../  ,: . |    真名も割れているし、これ以上の隠し玉は、
.    /              /    /::::::::V:i:i:i:i:i\i:/  √. . . /  /. . .|     おそらく―――無い)
.   /                  /    /:::::::::::{i:i:i:i:/|    ∧/. . . . .{ / . . /
⌒7                 /   ./∨:::::::::::::\/^l   /::/. . . . ../V. . ../

2476 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:18:50 ID:MAtoE1G1


                                            \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          ____                                ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      -=二二二二二二ニ=-=ニ二二二ニ=- _              };;;;;;;;;;;;;;;;;;/
.   -=ニニニニ二二二二二二二)h、ミh、二ニニニニ=- _          /;;;;;;;;;;;;;;;;/
  -=ニニニニニニニニ二二二二二)h、二二二二< ̄ \  /{   /;;;;;;;;;;;;;;/
. -=二二二二二二二二二二二二二二二)h、二二二/\〉 \|  { /;;;;;;;;;;;/
-=二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニ〈/⌒}___爻、⌒\;;;_、+'”}ヽ
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニニ/_,,.、\ \\〉二ニ/ニ|
ニニ二二二二二二二二二=-.''"゚~~~~~゚"''.-=ニ _二二二≧=‐ _;;;} /二二/ニ/
-=ニニニニ二二二二二/. . . . . . . . . . . . . . . . . . .゚"''-=ニ _二二二二二二二/
  -=ニ二二二二二二√. . .|\. . . .、__.\._._. \. . .\. . ..\ニニニ二二/  「一応、ある程度約定は詰めさせて貰った上での
   -=ニニニニニ二√. . ..|-‐\. . .\ イ 丁}㍉ !. . . . \. . .|ニ=‐--‐=ニ     履行なら賛成するけど……」
       -=ニニニニ|. . . . jI斗=ミ ̄ ̄  Vjソ ′|. . ̄ ̄!〉 . |
         -=ニ人. . . .ヽ Vj)          |.. .. .. ...|. . ..|    (そうなってくると、彼の利益が一番謎だ。
                 Y. .乂_  、      し ノ. . . . . .|. . . \    まさかマスターを納得させる為の方便で―――
              |.. .. .:.          ⌒ ィ. . . . |ヽ__. \
                  ノイ. .公  乂   )    ,.:´ |. . .. ..|/|\_ノ_⌒  本当に、死ぬ気か?)
                |. . . . 个      イ   |. . . ..八{」   =- _
                |. ./ . ..|  ><⌒ヽ   .| . . /. . ./   _、+'” -
                ∨../....|_、+''"   \ `、_ | . /. . ./   ⌒、      `、
                   ∨.. ..|  ⌒>    く;〈| /. . ./_    ∨ /
               _     〉. . |.   /   γ⌒} |' . . /_ノ     ∨ /     /,
         _r‐く  |/〉 ./' Ⅵ.  /   イ乂爻^{. . .'爻.|‐- _   V      /,
       _/ ヽ 乂」 / r┘   ヽ 厶ィi〔  |  / {. . {   |      ‐-'      /,
      /`、`、 } } { 人           .| ./'\{. . {   |
        {   \〉} }ノミh、   _、rf〔〉     | / √i:{. . {〉 .!                  ∨ /
       _{_  |/≧´ノ⌒。 ゚。ニニニ/|     .|' √i:∧. ゚。〉 |      /\         ∨ /
     / {⌒ |'//|〉_、rf〔゚。 ゚。ニ/ !       √i:i:i:∧人V       ニニ\        ∨ /
   人 ∧  .|'//|∧ニニ|  |'"   |     √i:i:i:i:i:i:i:∧      ,ニニニニ\     ∨ /
  く__ノ   ゚。 |'//|)〈ニニ=l  ,     .|    √i:i:i>‐<∧    √二二ニ|\    ∨
 |\|\\ } .!'//!( ∨ニ/ /    |    /^寸〉  ___〉   √二二ニニ|ニ∧〕iト
__]  \ \Ⅵ |'//|(__{/ /     .|   ./   ∨〉 ゚。   '゚。   √二ニニニ|ニ=∧   `
.     ≪ ̄己_己_/       |  /    ∨〉 ゚。   '゚。 {二二二二〈二ニ=∧
 ̄/   イ⌒Y |'//|ニ7_        /| ./      }ニ{   ̄ ̄〉 {二二ニニニ〉ニニ=|
. |/|/ |/|ノ.|'//| √     /  | /      /ニニ}\__∧{二二二二/二二二|
.          |'//| .√   ./    |'_     〈ニニ∧ l     {二二二二∨二ニニ|
.          |'//| √  /    √     //\ニノ l     {二ニニニニ∨ニニニ|




                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/   ロイヤルストレートフラッシュ
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/    (状況が揃った………ッ!!)
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 生きる気ィ満々であった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2478 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:20:02 ID:sgk4mpfu
死に花咲かせるまでは生き足掻くのが梁山泊百八星だからね、まあそうなるな

2479 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:22:11 ID:sXb7ucW9
いい空気を吸う気がないセイバーのせいで二人にパワーが集まっている



2481 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:24:13 ID:MAtoE1G1



                BGM:


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:“操刀鬼”曹正         【レベル】:50      【アライメント】:混沌/悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30       【耐】:30      【敏】:60      【魔】:15      【運】:30      【宝】:10
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:  【貯蔵魔力】100/260  【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/   「―――来い。貴様にかける時間はない」
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○対魔力:D
 魔術系のスキルによるペナルティ効果を、1つにつき5%軽減する。
 クラス補正による対魔力だが、アーチャーの対魔力のランクは高いものではない。

○単独行動:B
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+100」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-20」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+20%。

  ソウコウ
○双鈎のヴェンジェンス:C
 このキャラクターは戦闘時、劣位1つごとに+5%。また、敵陣人数が自分より多い場合、+5%。
 また、自陣営が自分1人の場合、更に+5%の勝率補正を得る。
 孤独な暗殺者、アサシンとしての適性も高いアーチャーは、単独での高速戦闘において、不利な戦いを覆す事を
得意としている。
 なお、スキル名は自己申告であり、本来は無頼漢である。

○消失のコンフュージョン:C-(使用済)
 このキャラクターはシナリオ1度まで、自身のみならば戦闘に敗北しても無消費で撤退可能。
 その際、自身を倒した陣営の詳細情報を入手する事が可能である。
 なお、スキル名は自己申告であり、本来は仕切り直しである。

 イ グ ジ ス
○中国武術:B+
 歴史を持つ中二の武芸、その中で磨かれた武術の技巧。間違った。中華。
 戦闘時、【筋】【敏】【魔】のうち1つのステータスを+10。【敏】の場合補正は+20。
 更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。この手のスキルは習得難度が高く、Bではその麓に至った程度で
あるが、それでもこの格の聖杯戦争においては大きな力となる事は間違いない。
 本人はこの技術をEXS、特に穿鎖のEXSと呼称している。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

○双剣・エリミネーター
 ランク:E 種別:対人宝具 消費魔力:20
 戦闘時、【敏】のステータスを+15。
 アーチャーが生前から愛用していた鋭い一対の短剣。殺害した相手のソウルを吸い取り、内部に蓄えて己が力とする
特性がある。また、独自の自我を持っているような様子があり、時々アーチャーはエリミネーターと会話らしきものを
成立させている。
 ただし、凶暴で獰猛なその性質は時には使用者を乗っ取ろうとする事もあり、歴代でも使用者は4人しか確認されて
おらず、その全てが暴走によって死亡している。アーチャーは5人目にして、“操刀者”―――エリミネーター、或いは
ソードダンサーと畏怖を込めて呼ばれている。
 内部に貯めた魂を駆動力として動き、最大駆動時には禍々しい一本の大剣と形を変えることも可能。
 なお、2行目以降は全て、脳内設定なので読み飛ばしてもらってかまわない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:フォーリナー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ミ=ゴ              【レベル】:30+10   【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20+10  【耐】:20+10   【敏】:20+5    【魔】:20+5     【運】:0       【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆(共用) 【魔力量】130/180 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  r`=-、 .
  i:{////`ヽ、
  人//////ヽ
    `}/////∧
    ,入//////\
      \///////~""'''‐- ...,,_  , -‐==‐- 、
        `゙゙''ー-、////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\    ___
            `ニ=‐-=ニニニ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  く_ _   \       ___
              /ヘ ヽ.   V .::.:.:: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ,x≦:::::::::`>x-=≦  /∴∵¨ヾミ
           ,l ト、', , -‐==‐- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|(_ ノ:::::::::::::::::::::: ヽ  /∴∵∴∵ ヘ
        ..__  ゝ、  /.:.{ ___ }.:.:\,二、 :.:.:.:.:.:., -- 、:::::::::::::::::::::::.∨∴∵∴∵∴. |!   「&)’#……!」
   /⌒></////ノヽ イ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽノノ:.:.:.:. Y . :.: ::.}- 、::::::::::::::::::::}∴∵∴∵∴ |!
  _ノ//////////////   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y'"´ ̄`ヽ、:_ノ: : : :\ _:::::::'''"´∴∵∴∵∴ |!
  V乂///////////i      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|0   .:: :: :} : : : : :, ´ ......::::ヽ∴∵∴∵∴: .|!
  ゝへ}人_>r=ァr≠乂      :. : : : :.:.:.:.:.:.:.;' ゚  .: : : : : |: : : : :{  .::::::::::::::::|-、∴∵∴∵ |!
           _,/ヽ..   __   : . : .:.:.:.:./ゝ .:: : :: : ::;/ヽ _乂.:::::::::::::::ノ>‐∴∵∴∵ |!
        ⌒ヽ工_/ヽ, ´    ̄ヽ : .:/: : ::>‐--‐く : . :.. :) ――¨¨.ハイ:∴∵∴∵ |!
                 {  .: :: :: :::|´: : : :      .::}  ー一' .:: .::/  .: .:.::)∴∵∴∵∴ |!
            \_\ 乂.:: :::::::ノ : : : : : :    .:: :'ヽ . : .: .:/、. :: : ::./∴∵∴∵∴: |!
            `'ー-<二_,==ヾ, : : : : : : : :   .: :: :/  >-‐<y'"´ ̄`ヽ、∵∴∵∴∵|!
               ////.} \: : : : : : : : : :://\ヽ. /0  .:: :: :}∴∵∴∵∴ |!
           __,//////リ  `¨ ―-''―¨´ \ヽ ` ̄{ ゚  .::::::::::ハ.∴∵∴∵ ,|l
  >‐-、__ _,./////>-<              \__ゝ .: .: :::::::/∴`∵∴ ∵ /
 イ ///;//////////////                     >‐--‐く∴∵∴∵: /
 ヽニ=彡,ィ'´⌒`<ニ-=≦                              \∴∵∴ /
                                            `=≡=´

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○狂化:C-
 正確には狂化というより、どれだけ“異界の存在”であるかというフォーリナーの純度。
 実際のところ異界の法則性に従って行動・思考するため、狂化とさほど違いはない。
 【レベル】【筋】【体】を+10。【敏】【魔】を+5。
 ただし、このキャラクターは怪物としての属性を持つ事になる。

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 ―――???

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2482 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:24:58 ID:MAtoE1G1
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| 戦闘を開始します。ほむほむの戦闘不参加による応援効果は―――【1D3:3】 1.乗らない 2.ライダーへ 3.アーチャーへ
―――――――――――――――――――――――――――――――

2484 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:26:00 ID:MAtoE1G1


                      ______
                , r ' ´:::::::::::::::::``:::ヽ 、
             , r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::斗----- 、::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::и' ´ ,. r‐‐‐‐‐‐‐、ヽヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::/ и' ´:::::::::: ヽ   ........``‐-  ___
        .|:::::::::::::::::::::::::::::::::i::::|:/ /::::: i、...........、:::::::ヽ:::::::::、::::::\ ̄´´
        |::::::::::::::::::::::|:::::::::::|::::|/::::::::::::::::|\::::、:::ヾ:::::::l\、::::ヾ::::、:`、
       .|::::::::::::::::::::::|::::::::::::|::::::::::::::::||:::::::|.| ヽ\ヾ、ヾ、:::l_ 斗ヾ::ヾ::iヾヽ
       |::::::::::::::::::::::||::::::::::::|::::::::|:|:::|:|:::::;:|.|  .l ヽ ヾ、:::l ヾ::::::::ヾ:| ヽ
       |:::::::::::::::::|::::||:::::::::::::|:::::|::|:_|:::|:/|Τ ̄Τ |   斗匕〟|:l:::::|:| .`
       |:::::::::::::::::|::::|:|:::::::::::::|:::| |:| |:::/ | .|____ .!  !  iiO/ハ |:::|:::ヽ|
       〉:::::::::::::::::|:::|:|:::::::::::::|:|ヽリ |:/,,,彡r弋ヽ      弋-<} .|:::|:::::::|
       /:::::::::::::::::::|::::|:|::::::iヾ::!:!::ヽ〃O//)ハ    Y ⌒`ヽ`'´ ノ|::::|::::::|
      ./:/|:::::::::::::::::|:::::トゞ::::ヾヾ::::::ヽ. l/`´シ  ノ    、.  ̄  .l::::::|::::|
     ./::/::|:::::::::::::::::::|::::|.(ヾ::::ヾ::ヾ::::::ヾ ──            /|:::::::|:::|
   //:::/:i:::::::::::::::::::|:::|、ヽ、:\ヾ:::\:::ヽ ヽヽヽ        ./ .|::::::::::|:|
  //::::::/:::|::::::::::::::::::::|:::|::::ヽゝ::\:、::::::\:\    -‐ ´  ./  |:::::::::::リ
  /::::::::/::::::|:::::::::::::::::::::|;:::|:::::/`\:::\::::::::::\:ヽ、     /   |:::::::::::|
  ::::::::/::::::::|::::::::::::::::::::::|:l::::|:::|::::::::\:\\::::::::::`ヾヽ-- '´/    |:i::::::::|
  ::::/:::::::::/|:::::::::::::::::::::::|::l::::|:l`ヽ、,,ゝ、\`ヽ、::::::::::::`ヽ/     リ.|::::::|
  /:::::::::::/:|::::l:::::::::::::::::::|::::l::::ト、 ,. イ´  \`<´,>‐-辷::\__   .| |:::::|
  :::::::::::/::|::::|::::::::::::::l:::::|:::::::l:::|      / ,`>ヽ‐' ´´ ` ヽ∧  .| .|::::l
  ::::::::/::::|:::/:::::::::::::||:::::|:::::::::l:::|     /./´  `ヽ、    .∧  .|::l
  ::::/:::::::|::/::::::::::::::l:|:::::|::::::::::::l:::|    l l       `    ,ヽ l/
  :/::::::::!:/::::::::::::::/:|:::::|::::::::::::::|:l:::|   .| |      ,  r ' ,´ zj./
  ::::::::l::/:::::::::::::::/::|:::::|:::::::::::::::|:|::l::|  .| |   , r ' ´ , r ' l,´ィ ' ´


▼悲報(?):ほむぅ、意外と乗り気か?

2485 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:27:00 ID:baUM7y4F
まあ顔悪くないしな…
あとほむほむ地味に中二の素質あったよね

2486 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:27:04 ID:los4txB6
イグジスとエリミネーターで敏95とかヤバいw

2487 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:27:14 ID:wtlt0+YA
             アアイウノヲカッコイイトオモッテル
まさかのほむほむ。  中二病が治ってない  説



2490 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:28:55 ID:MAtoE1G1

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【敏】【宝】【】

優位ステータス:【運】
互角ステータス:
劣位ステータス:【宝】

1手目 【運】:30 VS  0 
2手目 【宝】:10 VS 40 
3手目 【】: VS 

アーチャー陣営戦力値合計:40

フォーリナー陣営戦力値合計:40

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

【安価 下3】
1D4 1.筋 2.耐 3.敏 4.魔

運命のランステ―――

2496 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:29:37 ID:MAtoE1G1
あ、そか。エリミネーター忘れてた。
差し戻します。敏捷だわ初手。

2499 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:30:59 ID:MAtoE1G1

○双剣・エリミネーター
 ランク:E 種別:対人宝具 消費魔力:20
 戦闘時、【敏】のステータスを+15。
 アーチャーが生前から愛用していた鋭い一対の短剣。殺害した相手のソウルを吸い取り、内部に蓄えて己が力とする
特性がある。また、独自の自我を持っているような様子があり、時々アーチャーはエリミネーターと会話らしきものを
成立させている。
 ただし、凶暴で獰猛なその性質は時には使用者を乗っ取ろうとする事もあり、歴代でも使用者は4人しか確認されて
おらず、その全てが暴走によって死亡している。アーチャーは5人目にして、“操刀者”―――エリミネーター、或いは
ソードダンサーと畏怖を込めて呼ばれている。
 内部に貯めた魂を駆動力として動き、最大駆動時には禍々しい一本の大剣と形を変えることも可能。
 なお、2行目以降は全て、脳内設定なので読み飛ばしてもらってかまわない。

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【敏】【宝】【】

優位ステータス:【敏】
互角ステータス:
劣位ステータス:【宝】

1手目 【運】:75 VS 25
2手目 【宝】:10 VS 40 
3手目 【】: VS 

アーチャー陣営戦力値合計:85

フォーリナー陣営戦力値合計:65

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


【安価 下3】
1D4 1.筋 2.耐 3.魔 4.運(最善)

2502 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:31:21 ID:baUM7y4F
【1D4:1】



2506 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:32:37 ID:MAtoE1G1
(顔を覆う)


2509 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:37:31 ID:MAtoE1G1
  アンノウンオーパーツ
○不明なる武装群
 ランク:B 種別:対人宝具 消費魔力:40×n
 電気銃、冷凍ガス、バイオアーマーなどの各種の“彼ら”の文化独特の装備を持っている。
 戦闘時、電気銃なら【魔】、冷凍ガスなら【宝】、バイオアーマーなら【耐】のステータスを+15。重複使用可能。
 ただし、ミ=ゴそのものの戦闘力が低い為、サブ配置になりがちなのが最大の問題。
 ちなみにミ=ゴは人間のような感情は殆ど無いが、人間の感情や思考能力を分析し、理解し、自分たちの進化発展に
役立てようとしているらしく、ハスターの眷属ではなく別のクトゥルー系の属種である。
 沙耶に従っている理由は、人間のサンプルが欲しいからのようだ。


は ず れ た

2510 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:38:00 ID:MAtoE1G1
○外科手術:C+ 消費:30
 このキャラクターは戦闘時、自陣へのデバフ効果を10点までプラス効果へ変換する。
 異界の技術を使い、与えられた不利な条件に逆に対応する能力。

い み な い

2511 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:38:14 ID:MAtoE1G1
○暗器術:C
 このキャラクターは外見からは想像できないほど高度な文明を持ち、宝具含め様々な道具を自在に使用する。
 電気、ガス、毒、鎧、その他諸々の科学技術は地球人類の物とはまるで違うが、それだけに対応は難しい。
 戦闘時、敵陣営の勝率に参戦数*10%のペナルティ。また、暗器・毒などの属性も含むため、ライダーにとっては
非常に厄介な相手にあたる。

た ん ど く

2512 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:38:18 ID:SalQP4Xk
運以外での最善引いたのかw

2518 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:39:45 ID:WzgekTbY
すごい勢いで所持スキルが腐ってるw



2519 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:39:55 ID:MAtoE1G1

 イ グ ジ ス
○中国武術:B+
 歴史を持つ中二の武芸、その中で磨かれた武術の技巧。間違った。中華。
 戦闘時、【筋】【敏】【魔】のうち1つのステータスを+10。【敏】の場合補正は+20。
 更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。この手のスキルは習得難度が高く、Bではその麓に至った程度で
あるが、それでもこの格の聖杯戦争においては大きな力となる事は間違いない。
 本人はこの技術をEXS、特に穿鎖のEXSと呼称している。

  アンノウンオーパーツ
○不明なる武装群
 ランク:B 種別:対人宝具 消費魔力:40×n
 電気銃、冷凍ガス、バイオアーマーなどの各種の“彼ら”の文化独特の装備を持っている。
 戦闘時、電気銃なら【魔】、冷凍ガスなら【宝】、バイオアーマーなら【耐】のステータスを+15。重複使用可能。
 ただし、ミ=ゴそのものの戦闘力が低い為、サブ配置になりがちなのが最大の問題。
 ちなみにミ=ゴは人間のような感情は殆ど無いが、人間の感情や思考能力を分析し、理解し、自分たちの進化発展に
役立てようとしているらしく、ハスターの眷属ではなく別のクトゥルー系の属種である。
 沙耶に従っている理由は、人間のサンプルが欲しいからのようだ。


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【敏】【宝】【筋】

優位ステータス:【敏】【筋】
互角ステータス:
劣位ステータス:【宝】

1手目 【運】:75 VS 25
2手目 【宝】:10 VS 40→55
3手目 【筋】:30→40 VS 30 

アーチャー陣営戦力値合計:125

フォーリナー陣営戦力値合計:110

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


お前ホント生きる気ィ満々なのどうにかしろやァ!!

2521 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:41:19 ID:MAtoE1G1
ラス1はまだバラさない。
とりあえず、うん、どうすっかな。負けても沙耶の方の戦場終わってから令呪の使い方決めていい?

こっちで撤退して沙耶の方負けて沙耶の方撤退令呪足りなくてギャーはギャグすぎる。
同時進行ということでオナシャス(土下座)

2522 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:41:23 ID:7FjSTZ7y
BAKAに死ぬ気なんて殊勝な考えあるわけないだろ!
しかも梁山泊だぞ!あのミサイルの同類だぞ!www

2527 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:42:49 ID:8OwgvouF
毒は知ってるはずがないから仕方ないにしても
なぜその(暗器術)スキル持ちを単独の相手に差し向けた沙耶w



2529 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:45:21 ID:MAtoE1G1
>>2527
ぶっちゃけどっちも単独だよ、ライダーもアーチャーもこの戦闘は!!www

2528 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:44:51 ID:MAtoE1G1
▼勝率計算(考えてみれば勝率出てから宝具宣言してよかったんで、エリミネーターは一旦差し戻し)

基礎勝率:70%

戦力値差:0%

最大レベル差:10%


▼アーチャー勝率補正:+40%

○単独行動:B
 このキャラクターの貯蔵魔力限界を「+100」する。
 また「魔力の供給不足」によるペナルティを不足分「-20」ごとに「-5」に変更する。
 単独戦闘時、勝率に+20%。

  ソウコウ
○双鈎のヴェンジェンス:C
 このキャラクターは戦闘時、劣位1つごとに+5%。また、敵陣人数が自分より多い場合、+5%。
 また、自陣営が自分1人の場合、更に+5%の勝率補正を得る。
 孤独な暗殺者、アサシンとしての適性も高いアーチャーは、単独での高速戦闘において、不利な戦いを覆す事を
得意としている。
 なお、スキル名は自己申告であり、本来は無頼漢である。

 イ グ ジ ス
○中国武術:B+
 歴史を持つ中二の武芸、その中で磨かれた武術の技巧。間違った。中華。
 戦闘時、【筋】【敏】【魔】のうち1つのステータスを+10。【敏】の場合補正は+20。
 更にそのステータスで勝利した場合勝率+10%。この手のスキルは習得難度が高く、Bではその麓に至った程度で
あるが、それでもこの格の聖杯戦争においては大きな力となる事は間違いない。
 本人はこの技術をEXS、特に穿鎖のEXSと呼称している。


▼ミ=ゴ陣営勝率補正:0/-10%

○暗器術:C
 このキャラクターは外見からは想像できないほど高度な文明を持ち、宝具含め様々な道具を自在に使用する。
 電気、ガス、毒、鎧、その他諸々の科学技術は地球人類の物とはまるで違うが、それだけに対応は難しい。
 戦闘時、敵陣営の勝率に参戦数*10%のペナルティ。また、暗器・毒などの属性も含むため、ライダーにとっては
非常に厄介な相手にあたる。

▼合計勝率:【110%】

2538 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:52:45 ID:MAtoE1G1


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――戦闘は、ほとんど一瞬だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


  r`=-、 .
  i:{////`ヽ、
  人//////ヽ
    `}/////∧
    ,入//////\
      \///////~""'''‐- ...,,_  , -‐==‐- 、
        `゙゙''ー-、////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\    ___
            `ニ=‐-=ニニニ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  く_ _   \       ___
              /ヘ ヽ.   V .::.:.:: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ,x≦:::::::::`>x-=≦  /∴∵¨ヾミ
           ,l ト、', , -‐==‐- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|(_ ノ:::::::::::::::::::::: ヽ  /∴∵∴∵ ヘ
        ..__  ゝ、  /.:.{ ___ }.:.:\,二、 :.:.:.:.:.:., -- 、:::::::::::::::::::::::.∨∴∵∴∵∴. |!   「&)’#……!」
   /⌒></////ノヽ イ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽノノ:.:.:.:. Y . :.: ::.}- 、::::::::::::::::::::}∴∵∴∵∴ |!
  _ノ//////////////   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y'"´ ̄`ヽ、:_ノ: : : :\ _:::::::'''"´∴∵∴∵∴ |!
  V乂///////////i      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|0   .:: :: :} : : : : :, ´ ......::::ヽ∴∵∴∵∴: .|!
  ゝへ}人_>r=ァr≠乂      :. : : : :.:.:.:.:.:.:.;' ゚  .: : : : : |: : : : :{  .::::::::::::::::|-、∴∵∴∵ |!
           _,/ヽ..   __   : . : .:.:.:.:./ゝ .:: : :: : ::;/ヽ _乂.:::::::::::::::ノ>‐∴∵∴∵ |!
        ⌒ヽ工_/ヽ, ´    ̄ヽ : .:/: : ::>‐--‐く : . :.. :) ――¨¨.ハイ:∴∵∴∵ |!
                 {  .: :: :: :::|´: : : :      .::}  ー一' .:: .::/  .: .:.::)∴∵∴∵∴ |!
            \_\ 乂.:: :::::::ノ : : : : : :    .:: :'ヽ . : .: .:/、. :: : ::./∴∵∴∵∴: |!
            `'ー-<二_,==ヾ, : : : : : : : :   .: :: :/  >-‐<y'"´ ̄`ヽ、∵∴∵∴∵|!
               ////.} \: : : : : : : : : :://\ヽ. /0  .:: :: :}∴∵∴∵∴ |!
           __,//////リ  `¨ ―-''―¨´ \ヽ ` ̄{ ゚  .::::::::::ハ.∴∵∴∵ ,|l
  >‐-、__ _,./////>-<              \__ゝ .: .: :::::::/∴`∵∴ ∵ /
 イ ///;//////////////                     >‐--‐く∴∵∴∵: /
 ヽニ=彡,ィ'´⌒`<ニ-=≦                              \∴∵∴ /
                                            `=≡=´



     /   /          /        . /      /         ./      / ./     /
    /   ./             /        /     /        /        |  .|   /
    /   ./          /        ./     . /        ,/            ヽ .! /     ―――バヂッ.....!!
   /   /            /        /     /        /               _ .l.l
   /   /         /       . /     /        /               /  ,! l
  /  ./            /       /     ./       ./              /゛   .`
  /  ./           /       ./    ./         /           /
 /  ./         /       /     /       ./              /                      /
../  /           /    __/__ ------- ..,,_.'゛   .,,、      /      .__ノ゙―――-- ..、_ r'"
/  /          /     \              `゙──″ \ /           \  ./゙'-、__,,,,_   `゛`゙゙''
  /       ,/     ./ .`゙''-、./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐ミ-、               ..l ./   .-'´   ̄ ̄ ゙゙̄"'
  /       ./      ./    ,、/./    ./         /  \.゙''-.           ア ., /           _..-''
 l゛      /      /   .,r゙/ /    ,./         .,/     .`'            , /        ._..-'"
./         /     . /   ./ ./ │  ,./         /                 _..-'´       _..-'"
′     ./     /   / ./  l /       . /                 _/´         ,..-'"       ._..-
      /     ./   /   /  !.゛       ,/             ,..-'´      ._..-'"         _..-'"゛
     /     ./   ,./   /   !      ./            , /      _..-'"      ,.. ‐'"
    ,i′   ./  ./   ..r'"゙゙'ハ、   ./゛           _..‐'´     ._..-'"      _..-''"
   ./    /  ./   ./   .! ゙l /           ,..-'´     ,..-'"     _,, ‐'"
  ./    /  /   /     .| /             ,..-'´    _..-'"     .,..-'"゛
 / .__ヾ . /    ./     .,ir"./     、   _/´    _..-'"    ._..-'"゛               _,,..-‐'"゛
// ., .\,"   /     .. |″.'゛     .ヽ /    _..-'"    ._..-'"゛              _,, ‐''゙´
゛  ./ ...- \. '"    . /           _/´.ヽ, _..-'"   ._..-'"゛               _,, ー''"
  / ./  /.\.  ,/       . ,..-'´  ._... ゙|i、  ,.. ‐'″              _,, ‐''"゛           _,,.. -‐''"゛
  /   ,/   ,/       _/´  ._..-'"   lヽ'"゛             _,.. -'''"゛          _,,, ー'''"゛
.ヽ.  ,/   ./゛     .,, ‐"  _..-'"  _.. ‐'″ .!.!       ._,, ‐''"       . _,,.. -''''"´             _,,,
゙ .`|   .,/    `─==ニニニて'" ._..-'"゛     .!|  ._,, ‐''"      . _,,.. -‐''"゛        _,,,.. -‐'''"´
/ .l .../     .,/´ _..-'' ..l .゙t;;____,,,,,,,,,,,......iii./ .l "゛     ._,, -''''"゛       ._,,,.. -‐'''"´
  .,レ"    .,..-'´_..-'". _,, ‐'" ゙ー――ー;;ッr‐''"゛  `゛ _,,, ー'''"゛      _,,,.. -ー''''"´

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 フォーリナーがその姿からは想像できないような、明らかに高度、かつ地球上の科学とは別の文明で作られた
武装を、体中に纏うように顕現させた、一斉掃射。

 外見から身体能力任せのバケモノという想像をしていた者らは、まずこれで意表を突かれる。
 電撃、毒、冷凍ガス、炎、或いはよくわからない弾丸のようなものまで。

 “怪物”ではなく“兵隊”のような戦い方での斉射から、着弾―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                     -、
                   -、 `、l
           〈`'-ーー-'^ヽ `、l
            ヽ-''´~ソ /
               ,/ く
             _,.r' .,へ `ヽ
           =ニ-ー'´  `;、ノ


              \    |l|\    |l|w/\    |l|w\    |l|\    |l| \    |l|w/L ,r_/
  _________\\{w└ \\{w└ ¨ ´\\{w└ ¨\\{w└ ¨\\{w└ ¨\\{w└ ¨ ´ /________
  ___________                                            _______
                /´ヾ,  r、/´ヾ,  r、r/´ヾ,  r、r /´ヾ,  r、/´ヾ,  r、/´ヾ,  r、r‐|^`
                  //  }´  //  }´   //  }´   //  }´   //  }´  //  }´


                                                       ,ー-、
                                                       `l、_l    ,,-ァ
                                                           ,,.-''/
                                                      r、__,,.-''゙,,.-'´
                                                      ヽ_,rー'゙´




       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/    ―――ドバッ.....!!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ   「欠伸が出るな」
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'


▼最終勝率100%超過

 ―――判定不要、勝利!!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――した時には。

 アーチャーの姿は既に元いた位置からかき消え、フォーリナーの背後へ移動し、その首を飛ばした後だったのだが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2541 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:54:52 ID:MAtoE1G1
ぶっちゃけアーチャーがここで完全に味方寄りに動いた代償と思われよ。<琴里不参戦
ある程度意地の張り合いが成立しなければ、アーチャーはここまで完全に味方目で動いてディナーに誘ったりしてこない。

2544 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 21:57:19 ID:MAtoE1G1
いろいろ計算したんですが、さっき沙耶の方終わってから決めさせてと言ったけど、沙耶はもうこれミ=ゴは捨てます。
最強形態が使えない上にタネがバレたなら、ミ=ゴの価値は半減以下だ。

それより令呪使って、向こう側でライダーだけでも削らないとこれ以降がただただジリ貧になる。

2546 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:59:05 ID:WzgekTbY
ゴ=ミさんになっちゃったかー

2547 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 21:59:28 ID:86lXO+tc
アーチャー「よし。デート確定!」



2550 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:03:03 ID:MAtoE1G1
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:フォーリナー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ミ=ゴ              【レベル】:30+10   【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20+10  【耐】:20+10   【敏】:20+5    【魔】:20+5     【運】:0       【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆(共用) 【魔力量】130/180 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  r`=-、 .
  i:{////`ヽ、
  人//////ヽ
    `}/////∧
    ,入//////\
      \///////~""'''‐- ...,,_  , -‐==‐- 、
        `゙゙''ー-、////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\    ___
            `ニ=‐-=ニニニ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  く_ _   \       ___
              /ヘ ヽ.   V .::.:.:: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ,x≦:::::::::`>x-=≦  /∴∵¨ヾミ
           ,l ト、', , -‐==‐- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|(_ ノ:::::::::::::::::::::: ヽ  /∴∵∴∵ ヘ
        ..__  ゝ、  /.:.{ ___ }.:.:\,二、 :.:.:.:.:.:., -- 、:::::::::::::::::::::::.∨∴∵∴∵∴. |!
   /⌒></////ノヽ イ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽノノ:.:.:.:. Y . :.: ::.}- 、::::::::::::::::::::}∴∵∴∵∴ |!
  _ノ//////////////   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y'"´ ̄`ヽ、:_ノ: : : :\ _:::::::'''"´∴∵∴∵∴ |!
  V乂///////////i      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|0   .:: :: :} : : : : :, ´ ......::::ヽ∴∵∴∵∴: .|!
  ゝへ}人_>r=ァr≠乂      :. : : : :.:.:.:.:.:.:.;' ゚  .: : : : : |: : : : :{  .::::::::::::::::|-、∴∵∴∵ |!
           _,/ヽ..   __   : . : .:.:.:.:./ゝ .:: : :: : ::;/ヽ _乂.:::::::::::::::ノ>‐∴∵∴∵ |!
        ⌒ヽ工_/ヽ, ´    ̄ヽ : .:/: : ::>‐--‐く : . :.. :) ――¨¨.ハイ:∴∵∴∵ |!
                 {  .: :: :: :::|´: : : :      .::}  ー一' .:: .::/  .: .:.::)∴∵∴∵∴ |!
            \_\ 乂.:: :::::::ノ : : : : : :    .:: :'ヽ . : .: .:/、. :: : ::./∴∵∴∵∴: |!
            `'ー-<二_,==ヾ, : : : : : : : :   .: :: :/  >-‐<y'"´ ̄`ヽ、∵∴∵∴∵|!
               ////.} \: : : : : : : : : :://\ヽ. /0  .:: :: :}∴∵∴∵∴ |!
           __,//////リ  `¨ ―-''―¨´ \ヽ ` ̄{ ゚  .::::::::::ハ.∴∵∴∵ ,|l
  >‐-、__ _,./////>-<              \__ゝ .: .: :::::::/∴`∵∴ ∵ /
 イ ///;//////////////                     >‐--‐く∴∵∴∵: /
 ヽニ=彡,ィ'´⌒`<ニ-=≦                              \∴∵∴ /
                                            `=≡=´

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○狂化:C-
 正確には狂化というより、どれだけ“異界の存在”であるかというフォーリナーの純度。
 実際のところ異界の法則性に従って行動・思考するため、狂化とさほど違いはない。
 【レベル】【筋】【体】を+10。【敏】【魔】を+5。
 ただし、このキャラクターは怪物としての属性を持つ事になる。

○外科手術:C+ 消費:30
 このキャラクターは戦闘時、自陣へのデバフ効果を10点までプラス効果へ変換する。
 異界の技術を使い、与えられた不利な条件に逆に対応する能力。

○暗器術:C
 このキャラクターは外見からは想像できないほど高度な文明を持ち、宝具含め様々な道具を自在に使用する。
 電気、ガス、毒、鎧、その他諸々の科学技術は地球人類の物とはまるで違うが、それだけに対応は難しい。
 戦闘時、敵陣営の勝率に参戦数*10%のペナルティ。また、暗器・毒などの属性も含むため、ライダーにとっては
非常に厄介な相手にあたる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】
  アンノウンオーパーツ
○不明なる武装群
 ランク:B 種別:対人宝具 消費魔力:40×n
 電気銃、冷凍ガス、バイオアーマーなどの各種の“彼ら”の文化独特の装備を持っている。
 戦闘時、電気銃なら【魔】、冷凍ガスなら【宝】、バイオアーマーなら【耐】のステータスを+15。重複使用可能。
 ただし、ミ=ゴそのものの戦闘力が低い為、サブ配置になりがちなのが最大の問題。
 ちなみにミ=ゴは人間のような感情は殆ど無いが、人間の感情や思考能力を分析し、理解し、自分たちの進化発展に
役立てようとしているらしく、ハスターの眷属ではなく別のクトゥルー系の属種である。
 沙耶に従っている理由は、人間のサンプルが欲しいからのようだ。

○脳缶
 ランク:B 種別:対人宝具 消費魔力:60
 ミ=ゴはしばしば人間から脳を摘出し、それを“生かしたまま”持ち運べる缶詰にして持ち歩いている。
 このキャラクターは戦闘開始時、その戦闘に参戦している“人間”に対して(40-相手Lv)%で暗殺を仕掛けることが可能。
 成功後に令呪や撤退スキルで阻止された場合でも、そのキャラクターは自分が“どういう”状態にされそうになったかを
アイデアロールで察することによって、冒涜的な存在に対する恐怖などで錯乱・狂気に陥る可能性がある。
 そのキャラクターの正気度・精神力をこれまでの行動や言動から、30~70程度の範囲で決定しSANチェックせよ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2552 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:03:30 ID:MAtoE1G1
実はマスター特効とかビヤーキーとのシナジーとかでヤバかった勢。
過去形。

2553 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:03:30 ID:d9My6cpe
ミ=ゴってTRPGだと空手キックで倒せるレベルではあるんだっけ?
そう考えると英霊の相手はキツいわな、装備が上手く使えない状況もあったんだろうけど

2555 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:04:48 ID:lxUt5yqC
>>2553
あれは特化した奴ならイケるってだけであって、普通のPCじゃサックリ死ぬぞ



2557 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:05:40 ID:MAtoE1G1
武道キック4D6ダメージでゴ=ミにされている事が多いが、しっかり装備整えたミ=ゴは戦闘特化PCでも辛いのじゃ

2563 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:07:51 ID:KGguoAsW
光線銃で一撃KOされることもしばしば
そしてビヤーキーェ・・・

2564 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:08:33 ID:bYqmY5y1
こんなんだから名前ひっくり返して呼ばれるんだぞミ=ゴさん!

2565 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:08:54 ID:qB64ZSU7
SANチェックせよというふわっとした処理w



2567 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:09:52 ID:MAtoE1G1



                囗 ロ   。
                 ロ []      ロ      。
                   ロ ロ   ロ           ロ
                   囗ロ []  []        ロ
                   [] ロ    囗    []        ロ
                    □ □ []   ロ
                    囗 []   ロ    []
                      [] ロ  []   。            。
                     囗 ┌┐[]   ロ    ロ
                      囗└┘  []   ロ
                       囗 ロ    ロ
                      □ []   ロ     。   ―――シュウウ.....
                       囗ロ  。
                        ロ ロ
                        ┌┐  。
                        └┘ロ
                        囗ロ





                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ   「―――武装は想定外、加えてまるで違う体系から、
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム    行動予測は困難だったが。
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、      装備が良いだけで、動きも行動も新兵程度だ。
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧      認識、洞察、予測、対処、反応、行動―――
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧      それら全てが、杜撰に過ぎる。
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |     さて―――」
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'




                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   「―――待たせたな。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     ディナーの約定でも詰めるとするか」
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――生きる気ィ満々であった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2571 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:11:08 ID:MAtoE1G1
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| 実は一番ヤバいのが対ほむほむに刺さった時なので、ある意味では確かに恩人になったことに草。
―――――――――――――――――――――――――――――――

2574 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:12:00 ID:MAtoE1G1
あ、そういえばほむほむの応援効果忘れてた。
勝率120%だったか。お前ホント死ぬ気ねぇな。

2575 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:12:04 ID:sgk4mpfu
低レベルマスターに暗殺は攻めの定石
サンキューロミオ

2579 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:13:19 ID:gGr5FotN
ああ、確かにほむほむはほぼ一般人だから暗殺がメッチャ刺さるわ
だがもうその可能性は無くなったw

2580 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:13:45 ID:2Cqsc65c
女の子とのディナーを前にした男は無敵と化すのだ!



2581 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:15:53 ID:MAtoE1G1
鄭天寿さんは以前このスレで、聖杯ストレイドッグスの時に出てきた「宝具:モテる」の人。
なお本人はそんな事より武術磨きたい勢だった様子、

2586 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:20:10 ID:gGr5FotN
重力を操る強敵を前にしてテンション上げ過ぎて令呪3画強化で突っ込んでたな……w

2588 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:21:39 ID:YacmyMKn
>>2586
アレなんで勝てたんですかねホント

2590 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:25:18 ID:86lXO+tc
中也の意味不明な勝負強さは本当名誉ベイ中尉と呼ぶしかねえ



2591 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:29:12 ID:MAtoE1G1
諸説あるが、明確に「色男」と描写されてんのって、梁山泊の中でも特に燕青と鄭天寿だったりする。
特に後者はそういう触れ込みで出てきた後、他の下位打線同様に出番らしい出番があんま無くなるのでその印象が強い。

2592 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:30:17 ID:MAtoE1G1
身内茶では、イケメンや首切り役人は梁山泊の中では比較的常識よりだった説が出てきている。

2593 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:30:59 ID:1Mo6Zq3I
じゃあ今までので一番非常識な梁山泊は……まあ、ミサイルか



2595 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:32:23 ID:MAtoE1G1
ミサイルは本当にミサイルだったからな………。

2598 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:33:25 ID:MAtoE1G1
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:沙耶               【レベル】:30    【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:25      【耐】:25      【敏】:10      【魔】:40      【運】:00       【宝】:-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                                                 //
                        _                      / ./
                    ., ィ7////ミiミミ、                 /  /        , イ
                  .,.イ:lミミ//////ミム'//ハ、              /   ./     _,  '´ /
                 //l!/トミム'/////ミミi'///lヽ、           ./   /   ,  ´    /
                .,'/i/|il,| ヾムヾヾミミムlハ//|/∧         〃    / ,  ´     /
                i'/l!/|l.|l ,ノ ヾミ、`ミ≧ミi'//|//∧、      /    /イ       /
                |/lハ/l|l.i! _   .'ゞ‐' 'V//|州ミミム、    .:′  /       /
                |/|'ハ'ム'ィゞ‐'  、      |//||lミlヾミミム、  /   / /     /
                |/|/lハ'ム     __    .ル/,!lil|、  ``  ,'  / / _, - ‐'
                |///>l/∧    `´  ,イリ!/||l|i|i     /    / <――――--  _
                |/'´.|ilヘ'/ > 、 _/l州|'/!|l|l|li   /  二 _            __二ニ=-
                l  |ilili〉'/,l州l    l州|/|l州l|li / ニミ 、二二二ニ=---===‐ ' ´
                  |州li〉'/lィーヽ / ̄,ルl‐-,、イミミミ 、ヽ、`ヽ、       ` ‐ 、__
                  , イl |//|_, -―‐,仁ニ ヾl〈. `V  ト、 ` 、_______二ニ=‐
                 .l  |  ̄V/! 仁二‐っ  .lil. ヽ、Vヽ、| ヽ、    ヽ、 ̄ ̄
                 .| ヽ!  .Ⅶ //.l |./.ィ> .|i!  ', V  `ヽ、ヽ、    ヽ、
                 .l l.|::トー Ⅶ、 l:|├' /,イ| ̄T   ',V    ` 、` ー――  _____
                  l '.|: ;.  lil . l:|..|:| ´ lil  |   ヽ       `ー――     /
                 .ハ l!: ヽ、 `` |:|..|:|   li!  lli、  ',l             ̄ ̄ ̄=ニ二二二
                 ,リ', l::. ヽ  l:| .|:|   i!  州i   ',                .....::::::::::
                 ,l州i |::     '┘.リ    l! l州ll、    V
                ,il州!l ,'.::       .:.::    リl洲iム.   V                      ー
                .i州州'i::::      .:.  .:  Vil洲|ム、  |、.:ト、                    /
                州州リ:::::      ..::::::    ハ州州lili.ヽイlヽ|. ヽ、  ト、   、  ト、_  ./
               ,州州i!:::ヘ、   :::::::       |リ州州il   i!    ヽ、 | \  ヽ、. \`./
               州州リ.::      .......::::::     Ⅶ州州  i!      ヽ |  `ヽ、!`ー/
               州州l!:::: ::.   ..::::l;::  ::::    ヾ州州  i!            /
              州州リ::::: _      i  /     , ‐ハ州!  i!            /
             .,i州州i!トー、_       ..::  / __ヾi!  /          /
             ,i州州リ'.| ,ィー 、  _, イ    / ̄___ -‐ミ
            ,i州州リ' ル'  _, -‐`ヽ、     ,....::'´   `ヽ、`
              ,ィf‐/l:l::/   , -―=、-‐/´.::        `i、
            イニ |: .l:|`|'.:::/ /      ヽ,l:.:.:.:         lハ
            |}三_ヽ| l/l::,'.:/.:.        ':,          l

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

 魔宝石×3

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:フォーリナー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ディープワン          【レベル】:35+5   【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:40+5   【耐】:40+5    【敏】:20      【魔】:20      【運】:0       【宝】:20
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆(共用) 【魔力量】120/180 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

   .,<ノ                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  .,r/"                 O .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  !'" _____,,,,....;;iir=='"´      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
`´゙___.... -‐'"               l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ̄゛                  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ./ !             O  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
r/                  ,,/";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/              _,,.. -'''゙´;;;;;;;;;;;;;_;..-'''''ー、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ___,,.. -ー'''゙´;;;;;;;;;;;;;_;,,..―''"゛      │;;;;;;;;;;;;;;;;;
.'''''''''''゙゙゙´;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐‐'',゙,゙...... --ー'''ニ~     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;_;,,....--―'''^゙´./...-彡ー'''ー-、;;./ ゛      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /,./ /゛     ゙l|、       ,!;;;;;;;;;;;;;;;;/
  !     ,/../ ;;;;;!   o   l;}    /    /;;;;;;;;;;;;;;;/
 ..l,   ./ ,ノ゙;..--、.l      .//  ./    /;;;;;;;;;;;;./
 .ヽヽ./   ''"    ゙' |;; ..,,,,.. ;;/'" .../      ,!;;;;;;;;;;,i―
  .゙'-.l           ̄゛  ,../"  /   /;;;;;;;./
  ._,,       .''''=====`-'"  ./   ./;;;;;;/
                     __/ .../ /;;;;;/゙
              `゙''''''!'''''''゙ ̄  _〃  .,!;;;;/゛
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.iilゞ゛   l;.;./
                      /  /´
                     /   ,
                    /     l       _..-''"
                /    ,iリ    _..-''´;;;;;;;;;;;;
   .,..-'"          /    / l゙_,,.. -''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 ―――???

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▼さて、小休止後はこっちであるが。

▼単純パワー型のディープワンでどこまでやれるかが勝負である。

2600 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:34:47 ID:MAtoE1G1
首切り役人とプロシュートの兄貴という、最初の遭遇から一貫して、かつ小まめに出てきては主人公陣営の味方だった陣営よ……。

2601 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:36:54 ID:2l+uzEn0
動いてもらう報酬:でっぱい美少女のコスプレ画像
だったのは流石に草だがな!w<首切り

2602 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:39:31 ID:lxUt5yqC
>>2601
※鯖にただの拳銃は効かないので弾は大切にしましょう

2606 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:42:29 ID:2l+uzEn0
>>2602
途中から弾丸強化して鯖にも通用するようにしてなかったっけ?w



2607 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:47:14 ID:MAtoE1G1

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:無銘               【レベル】:50      【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30      【耐】:30      【敏】:40      【魔】:20      【運】:20      【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆  【貯蔵魔力】-10/150  【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 17世紀頃のポーランドで活動していた有翼衝撃重騎兵―――フサリアの小隊長。
 当時ポーランドはヨーロッパ屈指の大国の座から滑り落ちつつある最中であり、故ステファン・バートリが故国である
トランシルヴァニアから持ち込んだ騎兵スタイルであるフサリアはヨーロッパ最強格の騎兵隊としての名を好きにして
いたものの、政治的には下級貴族(シュラフタ)、上級貴族(マグナート)、選挙王の3身分の間で絶え間ない権力闘争が
続く一方、市民権の価値は低下し、政府は運営能力と権威を徐々に失っていった時期である。
 彼はよく戦いよく指揮をする善き指揮官であったが、戦場ではなく実家の権力闘争に巻き込まれた末に毒殺され、
現代に名は伝わっていない。

  【スキル】

○対魔力:D
 魔術系のスキルによるペナルティ効果を、1つにつき5%軽減する。
 ライダークラスの対魔力はそこまで高いものではない。

○騎乗:B-
 このキャラクターは戦闘時、最初に選択したステータスを+15する。
 ただし、このスキルは宝具を解放しなければ使用できない。

○軍略:D
 このキャラクターは対軍以上の宝具が使用された場合、並びにトループが参戦している場合、
 勝率に+10%の補正を得る。この補正は累積する。

○カリスマ:D
 指揮官・指導者として稀有なスキル。他者を惹き付ける能力。
 戦闘時、自分以外の味方参戦キャラクター数×10%の勝率補正を得る。

○死因:毒殺:C
 このキャラクターは毒に類する敵スキルの成功率/勝率補正などに+20%/10%の追加補正を与える。
 死因が毒殺であったが故に、概念的に毒が弱点となっている。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

○軍馬一体・蹂躙するは我にあり
 ランク:D 種別:対軍宝具 消費魔力:60
 戦闘開始時に使用を宣言する事で、自身の任意のステータスを+10し、敵陣の人数×10%の勝率補正を得る。
 自身の愛馬を召喚し、それに騎乗した上での機動戦術。また、かつて驃騎兵(フサリア)として使用していた、敵槍兵の
パイクよりも長大な長槍「コピア」、敵の鎧を突き刺す超長剣「コンツェシュ」、突き刺す他に叩き斬る用途にも使用される
長剣「パラシュ」、敵兵をなで斬りにする大型サーベル「シャブラ」、接近戦で使われる戦斧「ナディヤック」、ピストル、
攻撃用メイス「ブズディガン」を全て同時に自分の周囲に展開する。
 ランクは低いが、単騎にして小隊クラスの殲滅力を発揮するフサリア騎兵、その全兵装を同時展開するもの。
 また、戦術家であるライダーにとっては指揮可能な駒の増加はそれだけで戦術の幅の大きな増大に繋がる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2608 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:48:34 ID:MAtoE1G1
メイン:ライダー
【最大レベル】:50
【基礎ステータス】  /【筋】:30 【耐】:30 【敏】:40 【魔】:20 【運】:20 【宝】:40

メイン:ディープワン サブ:沙耶
【最大レベル】:40
【基礎ステータス】  /【筋】:58 【耐】:58 【敏】:25 【魔】:40 【運】:0 【宝】:20

2609 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:48:43 ID:MAtoE1G1
割といい勝負ではある。

2610 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:50:17 ID:2U45dmD6
仰々しく登場して後はろくに出番の無い百八星や悪役は、他の講談からの輸入だと
思っておけばいいそうだ。
「当時は誰でも知っているレベルの講談で主役張ってるから、水滸伝では細かい描写は
しないよ」ということらしい。
まあその「当時では誰でも知っているレベルの講談」の大半は現存してないわけだが



2612 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:53:21 ID:MAtoE1G1
>>2610
にゃるほどなー。そこまでは知らんかった

2613 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 22:54:10 ID:MAtoE1G1
さて、とりあえず。

○軍馬一体・蹂躙するは我にあり
 ランク:D 種別:対軍宝具 消費魔力:60
 戦闘開始時に使用を宣言する事で、自身の任意のステータスを+10し、敵陣の人数×10%の勝率補正を得る。
 自身の愛馬を召喚し、それに騎乗した上での機動戦術。また、かつて驃騎兵(フサリア)として使用していた、敵槍兵の
パイクよりも長大な長槍「コピア」、敵の鎧を突き刺す超長剣「コンツェシュ」、突き刺す他に叩き斬る用途にも使用される
長剣「パラシュ」、敵兵をなで斬りにする大型サーベル「シャブラ」、接近戦で使われる戦斧「ナディヤック」、ピストル、
攻撃用メイス「ブズディガン」を全て同時に自分の周囲に展開する。
 ランクは低いが、単騎にして小隊クラスの殲滅力を発揮するフサリア騎兵、その全兵装を同時展開するもの。
 また、戦術家であるライダーにとっては指揮可能な駒の増加はそれだけで戦術の幅の大きな増大に繋がる。


【安価 下5~7】
使うかどうか。その場合、どのステに使うかも。

2618 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:57:09 ID:utywsCuV
使う・宝+10

2619 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:57:46 ID:uLRSiVND
使う・宝+10

2620 :梱包済みのやる夫:2018/11/26(月) 22:59:17 ID:zlTPl7Zu
使う・宝+10



2622 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 23:06:30 ID:MAtoE1G1
おけー。
で、申し訳ないが風邪気味で頭痛いんで、投下はここまでにしとこう。
明日、もしくは体調戻って無ければ明々後日あたりが投下見込み。

明後日はチョイ厳しいとおぼえおかれよ。

2633 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/26(月) 23:16:22 ID:MAtoE1G1
筆の勢いは落ちてないというか、アーチャーとかすげぇ活き活き動いてるんだが、体調ばかりは如何ともって感じでござる。
申し訳なし

2663 :計算機 ◆DJLgSd.eO2vY :2018/11/27(火) 18:01:37 ID:ce2ml35F
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1538580404/3615-3616

進捗報告。
これから毎日バッカーノしようぜ!



2680 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 20:22:43 ID:J6btBPiR
>>2663
バッカーノ対応とか想定外ですわぁ……!
乙です! 助かります!











2681 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 20:24:39 ID:J6btBPiR
そして今日は風邪気味延長中なので、あってもライダーVSフォーリナー&沙耶戦のみで。
ダメだったらすまんす。

2693 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 21:41:06 ID:J6btBPiR
うし、戦闘だけやってしまおう

2694 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 21:41:11 ID:J6btBPiR
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 アーチャーの方が、ほぼ一瞬で決着した。
 それについて焦っていたのは、沙耶―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                            _,,.. -─===‐- .、
                      ,..::'::.:.::.::.::.:`ヽ、::.::.::.:::ヽ
                      /::.;'::::ハ:';:.::.::.::.::.:ヽ::.::.::.::.:::',
                    /::.::.::i:,イ マ::ヘ::.:::.::.::.:`:、::.::.::.::.、
                     ,'::.::.::.:l/.il  ∨:ハ::.:`::、::.:::;::.::、::.::..
                 ,;:::i::.::.::li‐l:|‐- ヾ:、\''iヾ´::i::.::.i::.::.::.、   「足止めすら―――ッ……!!」
                     i::.:li::.i::.:l!',!i==、  ヽ .,x==xl::.:::l::.::.::.ヘ
                    il::..li::.l::.:!《 i::::ハヽ   .'. |::::::i 》 .::il、::.::.::∧
                 li::.:i!l:::!:::;ヾ ゞ-'  、   ゞ‐' .l::;::.:ll,i:;'::.::.:∧
                    i!::.:l!:l::!.::|:l     、ー-、     l::i::.:|:/::.::.::.::∧
                l!イ:::!l:!.::l∧.      i  u ∧! :.|'ヽノ`゙゙ヾミ、
                     ! .|:::::.l! :i:.i:::ヽ、 ヽ /  .,.イ::.::l::. l::/
                    ,:!::.::.|::.i:.i::::::::::へ、__,x< V :::::l::.::l'
                   ,'::.::.::.|::.i:.i:::::::::::::::::∧    ∨:,l::.:::!
               /.::.::.::.:|::.i:.l::::::::::::::::/i、     .l::.::;'`x、_
                /.::.::.: :: |::.i.l::,x-‐'"´ ,  _., -‐ l::.:;' .// `ヽ、  ,.ィ''i,r'"',
              ,イ::.::.::.:..:: |::.l.! i"i´  ̄ ´     |::.;.‐'/.     \,イ .i/´,:イ,.、
            /.::.::.::.::.::.::.:|::.|!ヽi,r'‐――;-‐ー''"´.|::: i′ ゞ`ヽ ノ ./ 〃/
           /.::.::.::.::.i'::.::.::.::l:.:lゝ、l   ヾ仆ゝ     |:;' l -‐.、 ヽ、'´    ,i´〉
          /.::.::.::.::.:::./::.::.::.::.:!::l::::il  ,ィ"i`ヽ、   l:i r'ヽ、 ヽ ゝ      _7
         /.::.::.::.::.:::./.::.::.::.::.::.!::l::::ハ  ii .l  ヘ   ';!,'  \_i'ヽ `ヽ  _/
        /.::.::.::.;::ィ'"´ .::.::.::.::.::.:∧:l!::::::i il  `i   ヾ   ';     i l  \ i  ヽ
.    /.::.:;::ィ'´::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.,'.∧l!:::: l il  〈    l|        l |    ヽl    `、
_,..-‐:´,::イ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/::..:::ヾ::::l /  /    ll.       l |    ヾ.   i

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――よりも、むしろ貴方だった。
 見せ場のハードルを上げやがってという意味で。

 向こうが圧勝した以上、こちらはそれと最低でも同等程度の働きをしなければ、カッコよさで差を付けられる。
 2対1と1対1の差はあるが、やはり相手方に切り札を出させたりしなければポイント低いか。
 故に貴方は、言葉少なに沙耶に告げた。

 ―――これで、そちらは進退窮まった。残る勝ち筋は、分かるな?

 適度にハードルを上げてくれないと困るからの発言だった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2697 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 21:47:35 ID:J6btBPiR


              /.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
                /.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
.               /.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
              /.: ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
              /.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ `.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   「―――……ここで。
              /.: ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   `、.:.:.:.:.:. ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧   せめても、貴方を落とすか削る。
.            ,′.,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.     `、.:.:.:.: ' .ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
          ,′.: ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ー=/===ミ `、.:.:.:.゙'. ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧  ええ、ええ。理解しているわ。
           ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /        `、.:.:.゙'  .,r‐.'' ‐- .,__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧  でもそれを貴方から提案してくる理由は、
         /....i!.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/             `、.:.:'   .ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧  なんなのよ……!!」
        /....../i!.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.rz≦示示=x     `、. '   ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.    /.:././.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,..匁.弋 乂 癶      .`、}.,ィf芹耶=x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.   /.:./.: /.:.:゙i!.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:. {    .`¨´          弌 刈沙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
. /, -'" ー==彡'リハi!.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:i                    `¨´  iヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             ′. i.:.:.:.:.:.:.:.:i                        ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴__. =彡'⌒
               i.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.          ’           i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;
           i.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i                U  !i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              i.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:ト         `。ー - . ´      ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
           ;.::.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.: i:::::.、                 イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
            i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.i:::::::ト..、            。.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i
.            i.:.:.:.:.:.:.:..;:.:.:.:.:.:.:.i:::::::!:::::ト.。          イ.:.:.:.:. i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
          i.:.:.:.:.:.:.:.;i.:.:.:.:.:.:. i::::: !: : |.     ー .<  . |.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:i:: : !: : |          |.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
            .;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.::i::::::!: : |          |.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 カッコつけ合戦のポイント集めとは言えなかった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2698 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 21:47:55 ID:lU0cSMVs
迷惑な理由だwww

2704 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 21:51:30 ID:S6zRp45u
馬鹿ばっかりだよwwww



2705 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 21:53:39 ID:J6btBPiR

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 答えに窮した貴方は、とりあえず意味深に笑う。
 それをどう解釈したのか、沙耶の表情に緊張が走る。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

.       /: : : : |: : : :|: : ::|:i{: : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : | : : : |/: ∧
      /: : : : : |: : : :|: : ::|八: ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ : : : :| : : : |: :/ ∧
.    /: : : : : :i{: : : :|: : ::|ーヽ: :\ : : : 丶 : : : : : : : ' : : | : : : |:/ :/:∧
   /: : : : : : 八: : ::|: : ::|::::::::::\: \ : : : \:.: : : : : :i: : | : : : |: : : / ∧
.  /: : : : : /: : ヽ: :! : : |::::::::::::::::\{ \: : : :\ : : : :|: : | : : 八: : : :/ ∧
 ー'=≦彡'   |: : :i : ,: : ::|≧=-≦`:::\:::>{i/ (\: :.:|: : | : : : | \: : / :∧
        }/: :}: : ; : ::|乂辷ヲ:::::::::::;/:::::八__ー<\|: : l : : : |   `ミ≧=-‐'
        /: : /: : ‘,i|⌒ ̄´:::::::::::::!::::(:::::::⌒ヽ\\! : : :i|
         /: : /: 〉: : :Ⅵ u          `ヽ:::::::i::}|i|: :}: : : 八    「―――乗せられるのは業腹だけど。
.        /: : //∧: : :Vx  \_____i}:::::}:::|リ: ; : : /: : ヽ    どのみち、選択肢はないか。
.      , : : :/: : /: ∧: : :V\  `<    >八ノ:ノ: :/: : /: : : : : ,
.    /: ://: : /: /: ∧: : :V: }>      /イ:::|: : :/: : /:i::ヽ : : : \  ……やりなさい、ディープワン!!」
  /: :/ /: : /: /: /: ∧: : V:|::}  `  ̄ ´i:::|::::|: :/: : /: :{: : :\ : : : \



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:フォーリナー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:ディープワン          【レベル】:35+5   【アライメント】:混沌/狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:40+5   【耐】:40+5    【敏】:20      【魔】:20      【運】:0       【宝】:20
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:☆☆☆(共用) 【魔力量】120/180 【魔力供給の不足】:なし
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

   .,<ノ                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  .,r/"                 O .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  !'" _____,,,,....;;iir=='"´      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
`´゙___.... -‐'"               l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ̄゛                  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ./ !             O  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
r/                  ,,/";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/              _,,.. -'''゙´;;;;;;;;;;;;;_;..-'''''ー、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ___,,.. -ー'''゙´;;;;;;;;;;;;;_;,,..―''"゛      │;;;;;;;;;;;;;;;;;
.'''''''''''゙゙゙´;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐‐'',゙,゙...... --ー'''ニ~     .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;_;,,....--―'''^゙´./...-彡ー'''ー-、;;./ ゛      !;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /,./ /゛     ゙l|、       ,!;;;;;;;;;;;;;;;;/
  !     ,/../ ;;;;;!   o   l;}    /    /;;;;;;;;;;;;;;;/
 ..l,   ./ ,ノ゙;..--、.l      .//  ./    /;;;;;;;;;;;;./   「%&#”………!!」
 .ヽヽ./   ''"    ゙' |;; ..,,,,.. ;;/'" .../      ,!;;;;;;;;;;,i―
  .゙'-.l           ̄゛  ,../"  /   /;;;;;;;./
  ._,,       .''''=====`-'"  ./   ./;;;;;;/
                     __/ .../ /;;;;;/゙
              `゙''''''!'''''''゙ ̄  _〃  .,!;;;;/゛
             ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.iilゞ゛   l;.;./
                      /  /´
                     /   ,
                    /     l       _..-''"
                /    ,iリ    _..-''´;;;;;;;;;;;;
   .,..-'"          /    / l゙_,,.. -''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

○狂化:D-
 正確には狂化というより、どれだけ“異界の存在”であるかというフォーリナーの純度。
 実際のところ異界の法則性に従って行動・思考するため、狂化とさほど違いはない。
 【レベル】【筋】【体】を+5。ただし、このキャラクターは怪物としての属性を持つ事になる。
 ちなみに正確にはディープワンはクトゥルフに奉仕することを宗教上の理想・目的としており、ハスターとは敵対的な
派閥にあたる。この場合、行動理念が一致したのは「異界」を作るという点であり、そこに呼びたい存在はディープワンと
沙耶で異なっている。

 ―――???

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

 ―――???

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ……さて。
 実際のところ、相性はどんなもんだろう。

 貴方は内心で首を傾げた。ハードルを上げてみたは良いが、飛び越えられるかはこれからのチャレンジに掛かっていた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2706 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 21:53:51 ID:J6btBPiR
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

2707 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 21:54:42 ID:J6btBPiR
メイン:ライダー(宝具発動済)
【最大レベル】:50
【基礎ステータス】  /【筋】:30 【耐】:30 【敏】:40 【魔】:20 【運】:20 【宝】:50

メイン:ディープワン サブ:沙耶
【最大レベル】:40
【基礎ステータス】  /【筋】:58 【耐】:58 【敏】:25 【魔】:40 【運】:0 【宝】:20

【安価 下5~7】
最初の選択ステをどうぞ

2712 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 21:56:51 ID:EmCt3PJy
【宝】ー

2713 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 21:57:39 ID:84rjei+H
【宝】

2714 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 21:57:43 ID:m1rNtaze



2716 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:02:44 ID:J6btBPiR

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【宝】【筋】【】

優位ステータス:【宝】
互角ステータス:
劣位ステータス:【筋】

1手目 【宝】:65 VS 20 
2手目 【筋】:30 VS 73
3手目 【】: VS 

自陣営戦力値合計:95

敵陣営戦力値合計:93

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 このキャラクターは既に性質が人類のそれではないため、この能力を行使できる。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

【安価 下5】
1D4 1.耐 2.敏 3.魔 4.運

2721 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:03:31 ID:dvtqUriE
【1D4:1】



2727 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:05:36 ID:J6btBPiR
○魚鱗:C
 耐久力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【耐】ステータスに+10。更に【耐】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【宝】【筋】【耐】

優位ステータス:【宝】
互角ステータス:
劣位ステータス:【筋】

1手目 【宝】:65 VS 20 
2手目 【筋】:30 VS 73
3手目 【耐】:30 VS 68 

自陣営戦力値合計:125

敵陣営戦力値合計:161

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


おぉっとォ………!

2728 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:06:13 ID:FV3h5E4f
ぴーんち

2733 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:07:51 ID:ZMGF6Z2u
勝てれば格好いいな!(錯乱)

2735 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:08:40 ID:jaaH2zj1
どんだけ勝率のこるかな?



2736 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:08:49 ID:J6btBPiR
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【宝】【筋】【耐】

優位ステータス:【宝】
互角ステータス:
劣位ステータス:【筋】

1手目 【宝】:65 VS 20 
2手目 【筋】:30 VS 73
3手目 【耐】:30 VS 68 

自陣営戦力値合計:125

敵陣営戦力値合計:161

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼勝率計算

基礎勝率:30%

戦力値差:-26%(どこかに宝具に依るボーナスを入れればこうなる)

最大レベル差:10%


▼ライダー勝率補正:+30%

○軍略:D
 このキャラクターは対軍以上の宝具が使用された場合、並びにトループが参戦している場合、
 勝率に+10%の補正を得る。この補正は累積する。

○軍馬一体・蹂躙するは我にあり
 ランク:D 種別:対軍宝具 消費魔力:60
 戦闘開始時に使用を宣言する事で、自身の任意のステータスを+10し、敵陣の人数×10%の勝率補正を得る。
 自身の愛馬を召喚し、それに騎乗した上での機動戦術。また、かつて驃騎兵(フサリア)として使用していた、敵槍兵の
パイクよりも長大な長槍「コピア」、敵の鎧を突き刺す超長剣「コンツェシュ」、突き刺す他に叩き斬る用途にも使用される
長剣「パラシュ」、敵兵をなで斬りにする大型サーベル「シャブラ」、接近戦で使われる戦斧「ナディヤック」、ピストル、
攻撃用メイス「ブズディガン」を全て同時に自分の周囲に展開する。
 ランクは低いが、単騎にして小隊クラスの殲滅力を発揮するフサリア騎兵、その全兵装を同時展開するもの。
 また、戦術家であるライダーにとっては指揮可能な駒の増加はそれだけで戦術の幅の大きな増大に繋がる。


▼フォーリナー陣営勝率補正:+30

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 このキャラクターは既に性質が人類のそれではないため、この能力を行使できる。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

○魚鱗:C
 耐久力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【耐】ステータスに+10。更に【耐】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

▼合計勝率:【14%】

2741 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:10:27 ID:J6btBPiR
▼このままだと大きく劣勢です。琴里の強化符を当て込んでも19%。

▼振り直しに令呪を使いますか? また、最後の勝率補正に使うかどうかは、沙耶の判断をトリップに隠した上で
  再度安価します。

【安価 下5~7】

2746 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:13:40 ID:jaaH2zj1
使う

2747 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:14:45 ID:Isz+mD8J
使う

2748 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:15:04 ID:yNDvcSwi
使う
魔力消耗も激しいし回復に令呪使うから攻めるしかないかな



2751 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:21:22 ID:J6btBPiR


    ,/       ...、   \          !./    ./ ./   /  /    /     ._ / ゙,..-'"        l
  /           {, \,   .\        //   ./ ノ゛  /  ./    /   .,/,゙/               l
.∠,_          `'-,.l    \      l !   .,i^/   ./  ./       / /
_,__゙゙''''ー-..,,_      \      \     !/  ./ /   /   /     / /
    ´`"'ー ,,,゙''-、、         ヽ   // ././   /   ./  _/´./.゛ '.''.¬- ..,,_    ._,, ー''"゛._.. -''″
        .、  `''ーミー..、       ヽ  !.l゙ ./ /   ./   ./ ,/゛ ./            _,ニ=ニ,,_ ._..-'"゛
          /      .`'- \ ,,      l .| !,iゞ ,i′ ./   .メ'" .,..-''゙       ._.. -''″   .,..-'"゙''ー ,,,
       l     _   `'-、 ゙゙'゙‐''-  ll゙l/ ./  ,i′   .,/゛     ._..-‐″     ., /        `'''ー ..
       /     .\/      \   .\'"   ! /    /     ._..-'"゛         ,/゛           ____,
      /            、    `'、      ゾ   /      .'"         _,,,,,xニ-―¬''''''"゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
____l_______l____/          .i______________________
     │           !
''''¬―ー'ト--.---------_,l__                             ー--........,,,,_、
     !          │  ̄ ゙゙̄,゙./                ______            ̄''''― ..,,_.
     .!    _、         !    / ´                \       ゙̄”`-二"''''''''''¬――---__二
     ! .,..-'´        !   ./イ         r─つ    \.     `''-、   `'''ー..,,,
    ._|‐"              l   /      . 、  |  .″.l   i 、.\       . \      `'''-..,、     ―――ガギィ....!!
  _/│       .,、     .,/,i'     /  l   .\.  .l .,iヘレヽ ヽ, `'-     . \       `''-、、
-"  .!      : ‐゛    . / ゙./     /   ヽ .,―‐=、 .゙ ″   .゙へ,゛、       \   .`'-、   `''-..、
    l             /  /     ./     .l. l     `'-  、    ` \         \   `'-、
   .l      _. . /   ./     ./      .l│       ..l.     ヽヽ         \    . \
   l  ,,  / /   ./      ./ .ヽ     ! !        ..l     ヽヽ             \     \
   ,.!‐゛   ` ./    /      /   .ヽ    .}.!       .、  .l.     ヽ.l,      、、   .\
  '´.|    /     ./      ./ ,、.,  ヽ   ,!.|   ヽ   / '‐ l      ヽ.l   .\   `'-、  \
  │  /     ./      / / ./   .ヽ  .!.l    ヽ  ..l   l      l..l.   .ヽ,    \   .\
   | /      /      / : ゙        ヽ .!}     、  l   .l     、 ...l,ヽ          `' _,, ノぐ
  .レ"   .,.  ./       /              ヽ:!|      `'-、、   .l   .l .ヽ l, l      ._.. -''″ \. `
../.|    ./   /       ./ 、    \.      l(,      、  `'‐、, │   l.    l l.  ...-'"       .\.
"  |      /       ./   ヽ    `'-     \     `'-、  `' !、   ゝ   .l l

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――やっべ。

 貴方のこの状況での感想はそれに尽きる。
 単純物理パワー型の怪物であるディープワンの力押しに、上手く絡め取られた形だ。

 ハードルを上げるどころか、まだ相手は宝具も令呪も使っていない。このまま押し切られるのはカッコ悪すぎる。
 故に貴方はマスターに念話で令呪の使用を頼んだ。これもこれで格好悪いが、負けるよりマシである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                           \//////\|///∨////\        ___,
                     >=───≦ ̄ ̄ ̄二≧-|////// \    _ィチ////
                       /,r─ァ'  ̄ ̄ >─<:::::::ヽ  ヽ//\////}_//////
                 / '  /::::ィ  ..イ    ヽ::::::|.....゙.、\//ヽ/Уイ/////、
                    //  /::/// /:/: :|   ゙.::!.......:....V::`ーr<ZZ彡ィ´ ∧
                //  / //:;イ :/: :∧:.|  .:::|:::|:......:......|..〃/:ハ::::.    :.   |
                |'  '/ イ /:!.::./:::V─!‐|-、 :::::!:,'.:.....::......|....;イ/:ハ::::.   :.   !
                |  '/  |:l |! |::::|::::/,─ヽ:!:::::\l/.:.....::.......レ':,::' / .::゙:、::.   :.  ゙.
                 |!  |ハ:|l|::|::::!l::|_ア示≧、::::;へ....::........'/::,:' .:::::::l:::::.     |   (ライダー、アンタ……。
                 ヽ  /从ハ:::| |! " {crうヾ>::......::......./:::/....:::::::::,'::゙.:.     ∧    あまりつぎ込みすぎると“保たない”わよ!?)
                  У:::::::::::r‐\  _乂ソ彳::':....::......./<::....::::::::::/::::∧:.:.   :.  l
                 /:::::::::::::::::}     ""//:::..::...../) ) }:::::::::::/ :::/ ∨、:.  :.::ハ
              ──‐彡//:::::::/ハ   u  /' |:::......./ー' _∠::::::/::::::, '    V:\:.....:.∧
               /:|,'|::/   X`    ,' /::.../レ'7彡::::::::::::::::::/     V::ト\:::::::゙.
               /::/| |ハ   /-ハ___|ィ:::/!:/  イ_≧=-''"        V:| \ヽ、::::.
            , ':::/ |!  _..ィチiiii|:|iiiiii//:イ  |'   | )}iiiヽ          V:!  \:\:、
             /:::/.    |ハ/ィ≦フ亠''"´ /イ!|   ,ィ≦ ̄ ,|iiiiiハ             V:!   \ `≧=-...
              /:::/   _ノチ‐''"´     /' ,У、_/_.|i |  ,.イiiiiiiii|           V:!    \::::::::::::::>、
          /:::/    {/  !  / /   .イ:::::::У ̄|iL/ {liiiiiiiii|ヽ.          Vハ     \:::::::::::::::::\
           /:::/__/    |/ /  /::::::`/   .レ'   トヽ/iiiiii\           |:::ハ       \:::::::::::::::::\
  _.-─…:: ̄ ̄{::::{::_/  /  /  /  /::::::::/.     /   ゙.ii\iiiiiiヾ\         |::|::ハ        \:::::::::::::::::\
イ...........  .....::>V::!/   /_/_rzz--<:::::::::/   ,、,、/     ∨iiiiii\iiiiヽ.ゝ        |::|::::ハ        ヽ::::::::::::::::::ヽ
::::::::::......:>''"  _{:::|   / .ィ::::::: ゞふ :::::://≧-( ゚-゚)    /  ゙.iiiiiiii|iiiiii/i|.        |::|:::::::゙.        ゙.::::::::::::::::゙.
:::::::>'´  _..-≦ ヾ!.  //::::::::::::::::::://' /    `||\  |: /:   / Viiiiiii!iii/i/       |::|:::::::::::.        V::::::::::::::::,′
_,r'─ァ‐≦      ヽ/ '────"/./ {     ‘’/ ヽ!   /  ゙.ii|ii|iiiiiヽ        !::!::::::::::::l        |::::::::::::::/
           _ア¨| ̄ ̄' ̄ ̄ / ./  ゙.   /    |  /     ∨!ii゙.iiiト、     ,':/|::::::::::::|          |::::::::::; '
      _>''"´ / \/     /o/   / ̄ ̄    /! /    /〉|iiiii゙.iiiii\.   // ,':::::::::::,'        /::::::/


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 承知の上でやっていると、貴方は答えた。

 逡巡、数秒。『ええい!』と何かを振り切るように叫んでから、琴里が令呪を使用する。そして―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


【再安価 下3】
1D4 1.耐 2.敏 3.魔 4.運

2754 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:22:06 ID:GdvYnrPe
【1D4:1】



2758 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:23:01 ID:J6btBPiR
うわお。

2759 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:23:20 ID:J6btBPiR
どうする?

【安価 下5~7】
更に振り直しますか?

2764 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:27:54 ID:7Yg30v87
振りなおします

2765 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:28:59 ID:7vtx6nYW
ノー

2766 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:29:48 ID:bVKcRDlu
振りなおす
これで負けたら令呪0で魔力-120だし(魔法石1個あるから消滅は回避できるが)1画切った時点で勝ちに行くしかない



2767 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:30:40 ID:J6btBPiR
オーケー。

では、運命を託されよ

【安価 下3】
1D4

2770 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:30:55 ID:uk4rSCT8
【1D4:2】



2777 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:33:07 ID:J6btBPiR

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――令呪、2画。
 それで強化され、単純な力による蹂躙を避けた貴方に対し―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

.       /: : : : |: : : :|: : ::|:i{: : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : | : : : |/: ∧
      /: : : : : |: : : :|: : ::|八: ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ : : : :| : : : |: :/ ∧
.    /: : : : : :i{: : : :|: : ::|ーヽ: :\ : : : 丶 : : : : : : : ' : : | : : : |:/ :/:∧
   /: : : : : : 八: : ::|: : ::|::::::::::\: \ : : : \:.: : : : : :i: : | : : : |: : : / ∧
.  /: : : : : /: : ヽ: :! : : |::::::::::::::::\{ \: : : :\ : : : :|: : | : : 八: : : :/ ∧
 ー'=≦彡'   |: : :i : ,: : ::|≧=-≦`:::\:::>{i/ (\: :.:|: : | : : : | \: : / :∧
        }/: :}: : ; : ::|乂辷ヲ:::::::::::;/:::::八__ー<\|: : l : : : |   `ミ≧=-‐'
        /: : /: : ‘,i|⌒ ̄´:::::::::::::!::::(:::::::⌒ヽ\\! : : :i|
         /: : /: 〉: : :Ⅵ           `ヽ:::::::i::}|i|: :}: : : 八   「―――言ったでしょ?
.        /: : //∧: : :Vx  \_____i}:::::}:::|リ: ; : : /: : ヽ   ここで貴方を削るのが、こちらの勝ち筋なのよ……ッ!!」
.      , : : :/: : /: ∧: : :V\  `<    >八ノ:ノ: :/: : /: : : : : ,
.    /: ://: : /: /: ∧: : :V: }>      /イ:::|: : :/: : /:i::ヽ : : : \
  /: :/ /: : /: /: /: ∧: : V:|::}  `  ̄ ´i:::|::::|: :/: : /: :{: : :\ : : : \


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 しかし沙耶も、令呪を使用しての強化・切り返しを選択。

 結果―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【再安価 下5】
1D4 沙耶、令呪で振り直します

2782 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:33:48 ID:nHE9j5ui
【1D4:3】



2785 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:35:59 ID:J6btBPiR

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

選択ステータス:【宝】【筋】【魔】

優位ステータス:【宝】
互角ステータス:
劣位ステータス:【筋】【魔】

1手目 【宝】:65 VS 20 
2手目 【筋】:30 VS 73
3手目 【耐】:20 VS 40 

自陣営戦力値合計:115

敵陣営戦力値合計:133

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

▼勝率計算

基礎勝率:30%

戦力値差:-8%(どこかに宝具に依るボーナスを入れればこうなる)

最大レベル差:10%


▼ライダー勝率補正:+30%

○軍略:D
 このキャラクターは対軍以上の宝具が使用された場合、並びにトループが参戦している場合、
 勝率に+10%の補正を得る。この補正は累積する。

○軍馬一体・蹂躙するは我にあり
 ランク:D 種別:対軍宝具 消費魔力:60
 戦闘開始時に使用を宣言する事で、自身の任意のステータスを+10し、敵陣の人数×10%の勝率補正を得る。
 自身の愛馬を召喚し、それに騎乗した上での機動戦術。また、かつて驃騎兵(フサリア)として使用していた、敵槍兵の
パイクよりも長大な長槍「コピア」、敵の鎧を突き刺す超長剣「コンツェシュ」、突き刺す他に叩き斬る用途にも使用される
長剣「パラシュ」、敵兵をなで斬りにする大型サーベル「シャブラ」、接近戦で使われる戦斧「ナディヤック」、ピストル、
攻撃用メイス「ブズディガン」を全て同時に自分の周囲に展開する。
 ランクは低いが、単騎にして小隊クラスの殲滅力を発揮するフサリア騎兵、その全兵装を同時展開するもの。
 また、戦術家であるライダーにとっては指揮可能な駒の増加はそれだけで戦術の幅の大きな増大に繋がる。


▼フォーリナー陣営勝率補正:+20%

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 このキャラクターは既に性質が人類のそれではないため、この能力を行使できる。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

○怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 ただしその分だけ怪物としての属性を帯びており、それらに対して特効を発揮する効果を受ける。
 戦闘時、【筋】ステータスに+10。更に【筋】ステータスで比較が発生し勝利した場合、勝率に+10%。

▼合計勝率:【42%】

2786 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:36:37 ID:J6btBPiR
さて、ここから幾つか選択肢を提示します。
あ、沙耶の令呪使用数だけ先にふろう。

2787 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:37:05 ID:J6btBPiR
◆3+qFRlBawvoD

【安価 下5】
1D8

2792 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:37:31 ID:b5Coj2L6
【1D8:5】



2796 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:39:13 ID:J6btBPiR
今、貴方の前には白紙の選択肢がある。
どのように格好をつけるかだ。

2798 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:42:52 ID:J6btBPiR
1.令呪でさらなる強化を依頼。マスターには悪いが、勝率補正で沙耶陣営を押しつぶしにかかってから、
  「答えは得た」顔でライダーの受肉を希望していたマスターに一言詫びて、後はこれを貸しにセイバーに丸投げ。

2.令呪は温存し、自分が負けた場合も使わないように依頼。
  どうせ1画では逃げられないし、勝ちの目もある。あとはアーチャー、セイバー、どうにかしろ。
  あと古泉くんなんかゴメンネ。

3.負けたらなにか条件付きで、セイバーに撤退補助を依頼。
  かっこ悪くてもなぁ! 生きることが格好いいんだよ!!

2800 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:43:38 ID:7Yg30v87
んー…カッコつけ的には1か2?

2801 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:43:47 ID:e3xOusnJ
負けた時は意味深に「う゛ん゛こ゛さ゛せ゛ろ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛!」って言ったらバネ足と合わせて曲解してくれるかな

2802 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:44:03 ID:0u7MQroD
1だな!



2804 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:44:29 ID:J6btBPiR
割とランステ運が悪かったことも有り、追い込まれています。
とはいえアーチャーの乱入がなければビヤーキーが敵側に来て最終戦争発生してたんで、一概にこの
セイバーとビヤーキーとマスターらの不参戦を生んだアーチャーの横槍が悪いとも言えないのが難しい所。

―――まぁ、実はね。

2814 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:47:16 ID:J6btBPiR
○翼持つ貴婦人
 ランク:C 種別:対人宝具 消費魔力:80
 このキャラクターは自身の【レベル】【敏】【宝】を他のキャラクター1名に代入し、代わりに戦場から排除される。
 その際、このキャラクターの持つ飛行と仕切り直しは代入されたキャラクターが自分の物のように使用できる。
 要は他者を自身に騎乗させ、その相手の能力を活かす人馬一体。ビヤーキーはクトゥルー系の生物の中では特に
人懐っこく、信用関係を築いた人間を背に乗せた逸話もある。


これがビヤーキーさんの宝具ですねん。
共闘仕様で、「沙耶、ディープワン、ミ=ゴ」が前線で、ディープワンかミ=ゴを騎乗させるのがフォーリナー陣営最終形態。

2815 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:49:11 ID:ZZQcxYlq
だが翼持つ貴婦人は古泉を跨らせている浮気物だった!



2816 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:49:19 ID:J6btBPiR
んでは、最悪主人公途中敗退で意味深なこと言って消えて後は託すという新しすぎるビーンボールになる可能性も
かなりある状況ですが、実はこの時点で沙耶陣営めっちゃキツいんだよなぁ………。

ま、なんにせよやっていきましょう。

2817 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:49:31 ID:J6btBPiR
1.令呪でさらなる強化を依頼。マスターには悪いが、勝率補正で沙耶陣営を押しつぶしにかかってから、
  「答えは得た」顔でライダーの受肉を希望していたマスターに一言詫びて、後はこれを貸しにセイバーに丸投げ。

2.令呪は温存し、自分が負けた場合も使わないように依頼。
  どうせ1画では逃げられないし、勝ちの目もある。あとはアーチャー、セイバー、どうにかしろ。
  あと古泉くんなんかゴメンネ。

3.負けたらなにか条件付きで、セイバーに撤退補助を依頼。
  かっこ悪くてもなぁ! 生きることが格好いいんだよ!!

【安価 下10~15】
どれ!?

2827 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:50:09 ID:ZZQcxYlq


2828 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:50:11 ID:m1rNtaze
1

2829 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:50:13 ID:Isz+mD8J


2830 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:50:16 ID:yNDvcSwi
2だな

2831 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:50:20 ID:bxAiXuvv
1

2832 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:50:27 ID:S6zRp45u



2836 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:51:28 ID:J6btBPiR
で、同点か。
んでは決戦安価―――っ!

2837 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 22:51:41 ID:J6btBPiR

【安価 下10】
1か2、どっち!?

2847 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:52:16 ID:m1rNtaze
1


2857 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:58:08 ID:9zCKdAti
既に(エロ本の消滅という)勝利条件満たしてるから安心できるなw

2859 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 22:58:30 ID:7Yg30v87
割と貴重な性質だよなこいつw>死んでもなんか思ったよりダメージねえ

2864 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:02:15 ID:yNDvcSwi
カッコつけるのに言葉はいらん、背中で語れ



2865 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:02:22 ID:J6btBPiR
おけーおけー。
勝率は「42%+5%(強化符)+30%(令呪)+10%(エミヤルートおまけのほむほむ応援補正)」

で、87%から沙耶の令呪使用数*30%を引いた数字です。
どうせ消えるんだから全力で格好つけて消えようルート。

或いは―――


1~3.甘いわアーチャー! 守って戦って最高潮の格好良さでここで消える!
     以後の株は下がらないどころか、美化されて上がるって寸法よォ!
4~6.マスターの願いを逆に叱咤し、セイバーや古泉、場合によってはアーチャーと協力するよう進言。
7~9.古泉少年にちょっとしたワンチャン残す事で先人の背中を見せるルートォ!!
10.全部


【安価 下5】
1D10

2870 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:02:58 ID:yNDvcSwi
【1D10:3】


2873 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:03:20 ID:ZTxtCd4Q
美化w

2879 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:05:07 ID:RIJ5T10R
やっぱ暗殺されるの残当だったんじゃねこいつw

2881 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:05:45 ID:S9J3wrlc
こいつ毒殺されたときもカッコいいかどうかだけ気にしながら死んだんじゃないだろうなw



2882 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:06:02 ID:J6btBPiR
◆HrlGpf24bHAi

【安価 下5】
1~100 87%だが、安心は出来んぞ。これで負けたら最高にカッコ悪いぞ………!?

2887 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:06:26 ID:yNDvcSwi
64



2890 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:06:49 ID:J6btBPiR
64ですなー?

2894 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:14:16 ID:J6btBPiR


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――死人に口なし。

 この国の諺だが、その通りだと貴方は思った。死人は、或いは消えたサーヴァントはそこでお終い。
 故に―――死者への印象値は、その後に余計な何かが起きない限り、その時点で固定される。

 最後の令呪を頼む言葉に、嘘偽りはない。貴方が琴里に問われて告げた願いも嘘偽りはない。
 毒殺という末路に未練が有り、戦場で戦って死にたかった。それは紛れも無く、貴方が聖杯戦争に掛ける真実だ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                      |二\         _ -━――    _   /二二二 /   「最後の、令呪!?
                      |二二\      <: : : : : : : : : : : : : : \i|二二二,      ライダー、アンタ……!
                      |二二二-   ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i|二二, --、     片道切符よ!?
                      |二二二二}/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i二/―━――
                          \二二二」: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \二二二二二  アタシが言った、アンタに
                          ≧ニ-/: : : : : : : : : : : : : : :ト、: /: : : : : : : : :≧=二二二>  戦後も残って欲しいって話!
                     _ <二二 /: : : : : : : : : : : : : : : :!,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧   忘れたんじゃないでしょうね!?」
                   _ < 二二二,: : : : : : : :―: :-ト、: :.: !  \: : : : : : : : : : \: : : : : : :∧____
                 _ < 二二二二, : : : : : : : :ト; : : ∧∨:.:.| ,/,ィf ≠チミx、:|⌒}: }、: : : : : .∧   i!   >。
                  ̄ ̄ ̄/: : : : :.|: : : : : : : : | 斧芋ミ、\「  ,佗しハ!: : :.:ト ,: : i-\.:.:.:. : : ∧ ,|     |
                        /: : : : ::.!|: : i: : : : : :.!j 佗しハ       `゙ ~´j: : :.:.|ノ : N   \: : : : ∧ i!     !
                    /: : : : .:.:.:.|:イ|: : : : : !ト、夊_ソ  `      / : : : : : : /       ∨:.: : ∧i!    i!
                      /: : : : : : /  j: :ト、: : | :\     ,. --、 ,'イ ノ: : :/         ∨:.: : ∧    i!
                       /: : : : : ,    i|: |∧: :.|: : :.:\ u  ‘ _ ,ノ  , イイ∠.,           ∨:.: : ∧    i!
                   /: : : : : /     N  ヽ:i、 \ :≧、     / 「イ  ∧         ∨:.: : ∧.   i!
                     /: : : : : /          Y´  `Y  ̄ ̄i ̄  /    ,∧≧イ`ヽ,   ∨:.: : ∧  i!
                 /: : :イ: :/       _ _{ ヽ__,`ヽ, ノー-| ̄ ̄|i' ∨,    /∧::::::::::::\,  ∨:.: : ∧ !
                   /: : /j{: /      /`ヽ\ヽ, i }ー ':::::::::/   |i| /∧\ /,イ  ∨:::::::::::::\ }: : : :.∧i!
               /: : /j{: /      j `ヽ}`"´, '::::::::::: ∠ __|,///}\,/ |   ∨::::::::::::::::\; : : : : :i||
                  /: : / |:{      ,イ   「'  /::::::::::::/イ    /////_,,__      ∨:::::::::::::::::::}: : : : :i||
              /: : /  i}:{     /!   ' _ノ:>' ̄'´,/    ,/////{・・ }、  \  ∨:::::::::::::::::|i: : : : :i||
            ,   ̄ ≧、 }:{    /{_人 ̄  /イ  /  /    ///// 〃  `ヽ   \ ∨ :::::::::::::|i: : : : :i||
          / 二二二 ∧{:∧// 人   ー ,/   {  {   ////// /   `ヽ'    ,::::\、:::::::::::: |i: : : : :i||
            /二二二二二∧ Y  /    ー―"    |  |  //////  :|:         /:::::::::::\、::::: |i: : : : :i||
        /二二二二二二.},       __,ノ'" ̄ !|  ,//////              ,::::::::::::::::::: \ : |i: : : : :i||
          j{二二二二二二 ji        イ:::::::::::::::::} ////>'´       |   _   ‐-、 -- 、::::::::::::::〈 ,: : :ト、:.∨
          j {二二二二二二.j{\  _  ‐  i!::::::::::::::::i| ,/>''´      _  ‐  ̄ ̄∨ ヘ  ’< ̄ ̄,: : : :|ム: :.∨
          { .{二二二二二二 j{        j{:::::::::::: : i|/        Y          ∨∧      /: : : :.| ム: :∨

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 忘れたわけではなく、琴里の善意をありがたく思ったのも事実だ。
 貴方の生前の末路を悲しみ、受肉という形で別の生き方をさせたいと琴里は言っていた。

 しかし、思ったよりもフォーリナー陣営が手強かった。これは残せば、貴方のマスターである琴里やその親友である
ほむら、そしてそのサーヴァントであるセイバーらの障害になる。
 故に削る。可能な限り。命はこの場で使い捨ての燃料で構わない。そうしなければ致命的な亀裂は沙耶の戦略には
刻めない。その献身にも嘘はない。

 願うは、一つ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2898 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:19:21 ID:J6btBPiR

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――毒殺ではない。
 最高潮にカッコいい、戦っているタイミングで終わりたいのだ。

 そこで終われば印象地はそこで固定。否、美化されて更に上がることすらある。
 それが出来なかったのが、生前の悔いであり―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

               /                   . :¬
         「: : : .、   7 i                /. : : /
         l : : : : \ { |               /. : : : :/
         ∨: : : : :∧乂ゝ _  ___     /. : : : :/
.          ∨: : : : :∧ ア´       ` 、| : : : ン_
         \ : : : : У        i     ∨/ : : . `> _
        _ . : ⌒>ー/       . i . . | . . i  乂 : : : : : : : : : . >
    < . : : : : : : :/    i . . | . . | . . |. . . .    ー─‐<
        ー─=イ/   i . | . /| . . | V∧.i. . . . i   `
          /   . . |i  . .「Vー- | ./ |斗__´|. . . . |. .   i
.         /   . . /|l i| . .K示ぇル レ'ィ示у./. .iリ. .   |
        /   . . / 从 l| . .ト `¨´     〈 . . /i|. . .   |i   「~~~~…………。
.       /   . . /   Ν . .込、   r ,   什ィ  |. . .   ||
      /   . . /     \、〉 ≧o。 イ ノノ| |. . .   ||     戦力が欲しいなら、受肉志望のセイバーなり他なりで、
.     /   . . /     ____ /〈  >‐<  〉\__j. . .  ||     戦後も居てくれそうなのは居るって?
    /   . . /     ∧─<   ∨ 〉〈 ∨   >ー─`. .、八
.   /   . . /         \/∨::::∨\/     i . .       違う、そうじゃない。アタシはアンタに報われて欲しいと―――ッ!!」
  /   . . /     i|     <   ::::::'    > `i/   | . .  i
. /   . . /      《    i   \  ∨   /   l   /| . .  |
/   . . /.i        |   |    \ ∨ /ニニニ,   i| . .  |
  /. . . . |        |   |   i    \〈   φ/  l| . .  |
  . .i. . .|        |   |   |      i \ ル   l| . .  |
 /./i|. . .|        |、  久     ○|  i {   {. . . i|
././ |. . .|       〆 /  `ー───┼─┐   イ. . .  |
. .  |. . .|       《               |:|   | iーマ . . . i|
. i   |. . .|      \     /     |:|   | |   〉 . . |
. |   |. . .|       `ー─<_____|:|__l‐<ン . . .   |
. |   |. . .|i       /二二      ○|   ニニVli. . . .  |
. |   |. . .|l         /          |      〉|. . . .  |


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 それを、よりにもよってこんなお人好しのマスターの為に出来ることが貴方が今ここで命を掛け捨てる理由であり―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2906 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:24:35 ID:J6btBPiR


:::{::::::!:::::::{:::::/{::::::::/       ∨::::::|_,   |::!  ____  ∨::|:::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::
:::{::::::|:::::::{::/ {:::::/     \ -‐弋:::::| ア ,.斗匕////し、`ヽ ヾ!:::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::
:::{:::::::!::::::{::{_{_:_{__, /    ー  \| /  {:::://///|::::}   |::::::!::::::::::::::::::::::::!_::::::::::::::
:::|:::::::l::::::Ⅳ  ∨{        ./        {:::i////J:::ノ .===|::::::|::::::::::::::::::::::::| \:::::::
:::|::::::::';::::|  _,.斗圷=、、:    |l       _l斗-‐…¬    |::::::|::::::::::::::::::::::::|⌒ Ⅵ::
::::!::::: ∧:l / {:://し.. ',レ====ヾ>              ノ   |::::::|::::::::::::::::::::::::|  } }:::::
:::::';:::::l     {::i//J:} f!´     ヽ == ===       |::::::|::::::::::::::::::::::::|_,ノ./:::::::   「ら、ライダーさん!?」
:::::::\l    弋,.>'′ノ              /////.  l::::::|::::::::::::::::::::::::|  /::::::::::
:::::::::::::}ヽ .___..  ’                      l::::::!::::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::
:::::::::::::}////                        U   |:::::|::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::
:::::::::::::|               ,--――一 ヽ            l:::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
! ::::::::八          匕|        }               l:::::!:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::
|:::::::::::::::\            ヽ-----―‐             / |::::|:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::




                                            \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          ____                                ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      -=二二二二二二ニ=-=ニ二二二ニ=- _              };;;;;;;;;;;;;;;;;;/
.   -=ニニニニ二二二二二二二)h、ミh、二ニニニニ=- _          /;;;;;;;;;;;;;;;;/
  -=ニニニニニニニニ二二二二二)h、二二二二< ̄ \  /{   /;;;;;;;;;;;;;;/
. -=二二二二二二二二二二二二二二二)h、二二二/\〉 \|  { /;;;;;;;;;;;/
-=二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニ〈/⌒}___爻、⌒\;;;_、+'”}ヽ
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二)h、ニニ/_,,.、\ \\〉二ニ/ニ|
ニニ二二二二二二二二二=-.''"゚~~~~~゚"''.-=ニ _二二二≧=‐ _;;;} /二二/ニ/
-=ニニニニ二二二二二/. . . . . . . . . . . . . . . . . . .゚"''-=ニ _二二二二二二二/
  -=ニ二二二二二二√. . .|\. . . .、__.\._._. \. . .\. . ..\ニニニ二二/
   -=ニニニニニ二√. . ..|-‐\. . .\ イ 丁}㍉ !. . . . \. . .|ニ=‐--‐=ニ
       -=ニニニニ|. . . . jI斗=ミ ̄ ̄  Vjソ ′|. . ̄ ̄!〉 . |
         -=ニ人. . . .ヽ Vj)          |.. .. .. ...|. . ..|
                 Y. .乂_  、      し ノ. . . . . .|. . . \   「ライダー!? すまない、アーチャー!
              |.. .. .:.          ⌒ ィ. . . . |ヽ__. \   ディナーどころではない状況になりそうだ……!!」
                  ノイ. .公  乂   )    ,.:´ |. . .. ..|/|\_ノ_⌒
                |. . . . 个      イ   |. . . ..八{」   =- _
                |. ./ . ..|  ><⌒ヽ   .| . . /. . ./   _、+'” -
                ∨../....|_、+''"   \ `、_ | . /. . ./   ⌒、      `、
                   ∨.. ..|  ⌒>    く;〈| /. . ./_    ∨ /
               _     〉. . |.   /   γ⌒} |' . . /_ノ     ∨ /     /,
         _r‐く  |/〉 ./' Ⅵ.  /   イ乂爻^{. . .'爻.|‐- _   V      /,
       _/ ヽ 乂」 / r┘   ヽ 厶ィi〔  |  / {. . {   |      ‐-'      /,
      /`、`、 } } { 人           .| ./'\{. . {   |
        {   \〉} }ノミh、   _、rf〔〉     | / √i:{. . {〉 .!                  ∨ /
       _{_  |/≧´ノ⌒。 ゚。ニニニ/|     .|' √i:∧. ゚。〉 |      /\         ∨ /
     / {⌒ |'//|〉_、rf〔゚。 ゚。ニ/ !       √i:i:i:∧人V       ニニ\        ∨ /
   人 ∧  .|'//|∧ニニ|  |'"   |     √i:i:i:i:i:i:i:∧      ,ニニニニ\     ∨ /
  く__ノ   ゚。 |'//|)〈ニニ=l  ,     .|    √i:i:i>‐<∧    √二二ニ|\    ∨
 |\|\\ } .!'//!( ∨ニ/ /    |    /^寸〉  ___〉   √二二ニニ|ニ∧〕iト
__]  \ \Ⅵ |'//|(__{/ /     .|   ./   ∨〉 ゚。   '゚。   √二ニニニ|ニ=∧   `
.     ≪ ̄己_己_/       |  /    ∨〉 ゚。   '゚。 {二二二二〈二ニ=∧
 ̄/   イ⌒Y |'//|ニ7_        /| ./      }ニ{   ̄ ̄〉 {二二ニニニ〉ニニ=|
. |/|/ |/|ノ.|'//| √     /  | /      /ニニ}\__∧{二二二二/二二二|
.          |'//| .√   ./    |'_     〈ニニ∧ l     {二二二二∨二ニニ|
.          |'//| √  /    √     //\ニノ l     {二ニニニニ∨ニニニ|



             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「………ッ!!?」
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_  ←【興味なさげに『相手を納得させるための方便』のような言い方をしていたんで
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、   食い下がって戻ってこさせるムーブが出来ないやつ】
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 アーチャー相手に貴方のカッコつけ度が勝つ理由であり―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2909 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:25:23 ID:0u7MQroD
フハハ!止められないだろう…!このムーヴを…!

2915 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:26:46 ID:7Yg30v87
格好いいムーブの結果気持ちよくなる勝負はこれこっちの勝ちだなww

2918 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:28:23 ID:GwL2Y/Cz
自分の納得できる戦場で死にたいが本来の願いだからな。
こんなお人よしのマスター守って死ねるならそりゃためらう理由とかねぇわな。



2919 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:29:34 ID:J6btBPiR


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 貴方が(割と自分の勝ち残りはどうでも良いので)マスターに重ねて令呪での特攻を頼む理由であり―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

               /                   . :¬
         「: : : .、   7 i                /. : : /
         l : : : : \ { |               /. : : : :/
         ∨: : : : :∧乂ゝ _  ___     /. : : : :/
.          ∨: : : : :∧ ア´       ` 、| : : : ン_
         \ : : : : У        i     ∨/ : : . `> _
        _ . : ⌒>ー/       . i . . | . . i  乂 : : : : : : : : : . >
    < . : : : : : : :/    i . . | . . | . . |. . . .    ー─‐<
        ー─=イ/   i . | . /| . . | V∧.i. . . . i   `
          /   . . |i  . .「Vー- | ./ |斗__´|. . . . |. .   i
.         /   . . /|l i| . .K示ぇル レ'ィ示у./. .iリ. .   |
        /   . . / 从 l| . .ト `¨´     〈 . . /i|. . .   |i
.       /   . . /   Ν . .込、   r ,   什ィ  |. . .   ||  「………馬鹿。
      /   . . /     \、〉 ≧o。 イ ノノ| |. . .   ||   アンタは―――ロクでなしの大馬鹿だッ!!」
.     /   . . /     ____ /〈  >‐<  〉\__j. . .  ||
    /   . . /     ∧─<   ∨ 〉〈 ∨   >ー─`. .、八
.   /   . . /         \/∨::::∨\/     i . .
  /   . . /     i|     <   ::::::'    > `i/   | . .  i
. /   . . /      《    i   \  ∨   /   l   /| . .  |
/   . . /.i        |   |    \ ∨ /ニニニ,   i| . .  |
  /. . . . |        |   |   i    \〈   φ/  l| . .  |
  . .i. . .|        |   |   |      i \ ル   l| . .  |
 /./i|. . .|        |、  久     ○|  i {   {. . . i|
././ |. . .|       〆 /  `ー───┼─┐   イ. . .  |
. .  |. . .|       《               |:|   | iーマ . . . i|
. i   |. . .|      \     /     |:|   | |   〉 . . |
. |   |. . .|       `ー─<_____|:|__l‐<ン . . .   |
. |   |. . .|i       /二二      ○|   ニニVli. . . .  |
. |   |. . .|l         /          |      〉|. . . .  |



  \ ヽ  l f     |!    ∩   { {   /  /
〉    ー'  マ    ll   l l    |{  / ノ
∨(\       マ    l:l   U   〃   ̄
. ∨\) _  \  {} l      ノ /)    /
\\__/⌒ヾ   >  l l |  ゚ / {{ (/   // ̄ ̄
  ー ´    ミx、 \ l !||  〃 /    / / ノ⌒ヽ
     (⌒ヽ   ヾ 、 l l!|イ// /()//  }/
 ‐-  __  ̄    \> ゛   /イ/∠  -‐/_   -‐
(>    ¨ ‐=- ニ       ニ -‐=-‐r――--
___r―=====二.          〔   =  ゝ----⊂   ―――ゴォッ!
 ̄  __  -=‐ ニ ̄7 ,     ミ ‐=- _
-‐      _ ィ彡/〃| n fヾヽ (\
⌒ヽノ ―フ///    !:| l ヽ) ヘ  \)    /\
      /r ´ /    i! || 0 }l=ニ‐-  __/_
.   / リ /   γ、  l|  l / 〉    ̄ ¬´  `ヽ
/) 〈   {  r,   /  l   l|  l l      _
/  }   }    l   /  l|  ヽ ヽ    ゝ` γ ‐-
  ノ   〉    l_ノ     |   〈 〈   。    \
 /   〈            |     \\         \






   `\,,       \     \     \   ヽ、.      ヽ     l.    l    |.     |    i
     `\,,        \      \.    \   ヽ、      ヽ   ヽ    !.    !.   |     l
        `\,,      `\     \     \.  ヽ、      ヽ   ゙i,   ゙i    |.    !.    !    ./ /
          `\,,      \    \     \.  ヽ、      ヽ   ヽ.   !.   |...  |   i. ../ / ./
゙ ‐-,,_          \,,     .\    \   . \  ヽ、      _,,.. -─===‐- .、  .l   , ./ / ./
    ゙''‐-,,_        `\,,     \    \   .\  ヽ、. ,..::'::.:.::.::.::.:`ヽ、::.::.::.:::ヽ
゛‐ 、,,     ゙ ‐-,,_       `\,,     \   \    \  /::.;'::::ハ:';:.::.::.::.::.:ヽ::.::.::.::.:::',
   .゛''.‐.、,,   ..゙ ‐ .       \,,    \   \      ./::.::.::i:,イ マ::ヘ::.:::.::.::.:`:、::.::.::.::.、
       ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_       \,,.   \        .,'::.::.::.:l/.il  ∨:ハ::.:`::、::.:::;::.::、::.::..
           ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_      \,,         .,;:::i::.::.::li‐l:|‐- ヾ:、\''iヾ´::i::.::.i::.::.::.、   ―――ゴォッ
              ゛''‐、,,     ゙ ‐-,,_.   \     ..i::.:li::.i::.:l!',!i==、  ヽ .,x==xl::.:::l::.::.::.ヘ
"'' ‐- ,,.._              ゛''‐、,,    ゙ ‐-,,_       .il::..li::.l::.:!《 i::::ハヽ   .'. |::::::i 》 .::il、::.::.::∧   「をあああああああ!!?」
      "'' ‐- ,.           ゛''‐、,,         li::.:i!l:::!:::;ヾ ゞ-'  、   ゞ‐' .l::;::.:ll,i:;'::.::.:∧
           "'' ‐- ,.         ゛''‐、,,      .i!::.:l!:l::!.::|:l     、ー-、     l::i::.:|:/::.::.::.::∧
`゛¨ '' ‐- ...,, _        "'' ‐- ,.              l!イ:::!l:!.::l∧.      i  u ∧! :.|'ヽノ`゙゙ヾミ、
         .`゛¨ '' ‐- ...,, _    "'' ‐- ,.           ! .|:::::.l! :i:.i:::ヽ、 ヽ /  .,.イ::.::l::. l::/
                  .`゛¨ '' ‐- ...,         .,:!::.::.|::.i:.i::::::::::へ、__,x< V :::::l::.::l'
                                     ,'::.::.::.|::.i:.i:::::::::::::::::∧    ∨:,l::.:::!
                                 /.::.::.::.:|::.i:.l::::::::::::::::/i、     .l::.::;'`x、_
──────────────────       ./.::.::.: :: |::.i.l::,x-‐'"´ ,  _., -‐ l::.:;' .// `ヽ、  ,.ィ''i,r'"',
                                ,イ::.::.::.:..:: |::.l.! i"i´  ̄ ´     |::.;.‐'/.     \,イ .i/´,:イ,.、
                 ____,,,,,.....  ---─  '''/.::.::.::.::.::.::.:|::.|!ヽi,r'‐――;-‐ー''"´.|::: i′ ゞ`ヽ ノ ./ 〃/
____,,,,,..... ---一'''''' ""~~ ̄           ,../.::.::.::.::.i'::.::.::.::l:.:lゝ、l   ヾ仆ゝ     |:;' l -‐.、 ヽ、'´    ,i´〉
                  _ ,,... -‐ '' "´./.::.::.::.::.:::./::.::.::.::.:!::l::::il  ,ィ"i`ヽ、   l:i r'ヽ、 ヽ ゝ      _7
                           /.::.::.::.::.:::./.::.::.::.::.::.!::l::::ハ  ii .l  ヘ   ';!,'  \_i'ヽ `ヽ  _/
                          /.::.::.::.;::ィ'"´ .::.::.::.::.::.:∧:l!::::::i il  `i   ヾ   ';     i l  \ i  ヽ
                         /.::.:;::ィ'´::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.,'.∧l!:::: l il  〈    l|        l |    ヽl    `、
                  _,..-‐:´,::イ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/::..:::ヾ::::l /  /    ll.       l |    ヾ.   i


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 さっき、弁解に困っていた貴方に適切な援護射撃入れてくれたけど、やっぱ敵なんで『おっ、これ完全燃焼に
丁度いい具合の燃料やんけ!』と、都合令呪3画をブチ込んだ事実上の特攻兵器となった貴方に、沙耶が全力で
吹っ飛ばされる理由である。

 ゴメンて。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2924 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:31:29 ID:QGXXeCnE
沙耶ァ!お前は俺の新しい光だあ!(スポットライト的な意味で)

2929 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:34:36 ID:AiOUVVjO
……沙耶ちゃん、割とガチな厄ネタ陣営の筈だったのに……

2930 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:35:08 ID:eycs+7eA
喧嘩は喧嘩だ、俺が売った、俺が買った、だからテメエをボコる! 徹底的にだ!!
程度のよくある話w



2931 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:35:10 ID:J6btBPiR


            l'、.l   .l.''ニ'"              _,.. ー   ─==..,,_        !..l
   .,/     .l ゙'!   ..l         ,.. -;;V!!'"    _,,,.. -ー''′   ̄ ̄`゙''ー / . l    |       .,i7
 /  .,./  ._..;;> l     l,      .,.;;シ'"゛ ._,, ー''''"゛                      l,   ||      ,l゛!
/ .,,-/,, <‐´  . l     . l   ,..!─=二ア"    ._,, ‐= ̄ ̄ ヽ             ヽ  i゙.!     ,/ .
. ,/ . /    'i、  l     . l. -'゛ ._.. ;;/   ,..-'"゛         l.         .ヽ ! .|  ., .ll' .l゙
" ,/゛     ゙ト,  l     ...l,ー''゙“ /   .,/´             l               : ! .l|  ,! i′
/        ゙/!、 l     ヽ/  . /                    l            l l.!  l l
             ヽヽ.ヽ     .ヽ /                  l            | .!l  iリ
               ヽヽ,.l     ヽ                    l             l.l.l  「   ―――ゴォッ....!!
            ,,〃 .ヽ ゙Λ     ヽ                  ,!              !   .i'
          ,-/゙   . l. ..゙!y     ヽ                 l                 !  ., i′   ._..-'"
      ./ノ゙    / /ヽ `      ヽ                   !                 ! .iリl゙ ._.. ‐'"  ./
    , '".ii|   ./.l│ .ヽ           ヽ                   !              | ./iリ‐'    /,/
   / ...//   .,/./ .゙く'' 、 ヽ           ヽ.               /               l./ .ll゙    /.l/ l
   .l  ./   ././    ヽ ゙'-,ヽ        ヽ              /               リ l    /  /
  ././  ././      ヽ `\         \            /                 l   ./   !
  〃゛  ,//        \              \       ./                 /   /   l
..,i″  ,i./           ヽ               \ .,,.. -'''",/                 / i ,/   .,!
    〃               \               \   /                 /.i′|.   ,/
 ,,,_. /゛              ___\                \/                      !〃 .l!  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´   .,  ヽ               \                   i'/l゙  ! /    ,,, -''
                   `'ミヽ..,ヽ               \                 l//  ,! /.'L..-'"
                     \ ゙''ゝ                \            i}"/'"゛ l /     _/゙´
                        _,,,..\                \           ゛ .l゙  .|/   .,..‐,゙ /
___,,.....-- i_、     ._,,.. -''''"゛ _..=ン\                   \          !  .i|′ 彡´
 .´     ─==‐''"´  . _   .'~´   ''ミ\                `'-、         !   i゙
──=二三三   _,, -'''ジ'´      ._y/._,..\                     \,     il
        ,..-'',゙.. -'''"          '"゛.″   /\                   \   .l
     ∠ソ‐'"                  /   `-、                  `'-、l

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――都合、3画。もはや暴風と化した有翼騎兵。
 流石に沙耶という今次最強と言って良いマスターと、令呪での支援を受けたディープワンは抗戦するが。

 それすら、暴風の前では長く続かず―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

.       /: : : : |: : : :|: : ::|:i{: : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : | : : : |/: ∧
      /: : : : : |: : : :|: : ::|八: ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ : : : :| : : : |: :/ ∧
.    /: : : : : :i{: : : :|: : ::|ーヽ: :\ : : : 丶 : : : : : : : ' : : | : : : |:/ :/:∧
   /: : : : : : 八: : ::|: : ::|::::::::::\: \ : : : \:.: : : : : :i: : | : : : |: : : / ∧
.  /: : : : : /: : ヽ: :! : : |::::::::::::::::\{ \: : : :\ : : : :|: : | : : 八: : : :/ ∧
 ー'=≦彡'   |: : :i : ,: : ::|≧=-≦`:::\:::>{i/ (\: :.:|: : | : : : | \: : / :∧
        }/: :}: : ; : ::|乂辷ヲ:::::::::::;/:::::八__ー<\|: : l : : : |   `ミ≧=-‐'
        /: : /: : ‘,i|⌒ ̄´:::::::::::::!::::(:::::::⌒ヽ\\! : : :i|
         /: : /: 〉: : :Ⅵ U         `ヽ:::::::i::}|i|: :}: : : 八    「―――ッ、令呪2画を以て命じるわ!
.        /: : //∧: : :Vx  \_____i}:::::}:::|リ: ; : : /: : ヽ    逃げるわよ………ッ!!」
.      , : : :/: : /: ∧: : :V\  `<    >八ノ:ノ: :/: : /: : : : : ,
.    /: ://: : /: /: ∧: : :V: }>      /イ:::|: : :/: : /:i::ヽ : : : \
  /: :/ /: : /: /: /: ∧: : V:|::}  `  ̄ ´i:::|::::|: :/: : /: :{: : :\ : : : \




                             |.l
                               l .|           /
                  \            ! }        //
                   \\        .,, / │   .,i / /
                     \ \    i、 巛  !  , '/./  /
                      \ `.-、 l`、|   !/ 〃 ,/
                        \ `'-.ゝ         ./ //
                     ッ \             / /
                   ____Z                 ̄'''―--z__
         ──==二二二__         、.      r────────
                      _.;;彡-ッ     '、.ヽ,   .,,,,、 \
                  '"´  / ,.. /    ヽ .ヽ.  ..\¨''ーニ;;、、
                      ,.;;ン‐″./   .,    l  .゙!l>、.  \   ´    ―――ゴォッ.....!!
                    ,..广   ./.,v /!  .i'i.|.l   ヽ`'-、. `'-,
                 "     .,i./ |./ ,!  l゙ リ !    ヽ.  `'-、\
                        〃  i}′|  l   .l    .ヽ   `'''ゝ
                     ,i″     !  ,!   .l     .ヽ
                    l′    │ /    l      ヽ
                             | /     .}      .ヽ
                             |/      l       l,
                             |′     !          l,
                                 ,!           l
                                    !           l
                                    !            l
                                    !            !
                                    !          |
                                 l             !
                                 !           !
                                    l           !

◆HrlGpf24bHAi = #67jj綜GI禁豸ヂ闡

67+64 = 31 < 87%

―――勝利!!



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 乾坤一擲、ここで勝負に出た沙耶は。
 逆に令呪全てを失っての撤退を余儀なくされたのであった―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2932 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:35:57 ID:b5Coj2L6
あ、勝った

2937 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:36:38 ID:m1rNtaze
これでフレンズ陣営に邪魔は入らないな

2938 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:36:43 ID:85itfJpm
沙耶「ゴメンじゃねーよ(おこ)」

2945 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:38:28 ID:7Yg30v87
割と死ぬ気だったけどこれからどうしよっか…w



2946 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:39:17 ID:J6btBPiR


                囗 ロ   。
                 ロ []      ロ      。
                   ロ ロ   ロ           ロ
                   囗ロ []  []        ロ
                   [] ロ    囗    []        ロ
                    □ □ []   ロ
                    囗 []   ロ    []
                      [] ロ  []   。            。
                     囗 ┌┐[]   ロ    ロ
                      囗└┘  []   ロ      ―――シュウウ.....
                       囗 ロ    ロ
                      □ []   ロ     。
                       囗ロ  。
                        ロ ロ
                        ┌┐  。
                        └┘ロ
                        囗ロ







         ―━ー            -------          /     /
      /         \   .: '':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\| /     /
      \        \ v'':. :. :. :. :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. }xへ-‐:. :.<
       \_____,//:. :. :. :. :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. : : \:. :. Y⌒ くミ:. :. :\
           ̄/:. :.}/:. :. :. /: : : /:. :. :. :. :. :.ヽ:. :. ヽ:. :. :. \: |   \\:. : ヽ    「~~~~~ライダー……ッ!!」
            /> '/:. :. :. :. /: : : /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : : : 八     ) \ :. :.
.           /  /:. :/:.i:. :. . :. :/.: :. :. :.:.:i. :. :. :.|:. :..:.|:. :. :.:i:. :. :. 、        \:.i
        /     ':. :.' :. |:. :.i:. :./ i ノ:. :. :|:. :. :.`ト、_: :|____|:. :. :. i:\       \
       /    /:. /:. :. |:. :.|:.丁 ̄:. :. :. : |:. :. :. ,抖㌍ミ:. :. |:. :. :. |:. :.:\       ヽ
      /      ,:. ,:. i:. :.:|:. :.|:. | x=≠:. :. :.|:. :.:.:/ / '⌒ヽヽ:.|:. :. :. |_:. :.|:. \
       i__ 彡イ:. i:. |:. :.:|:. :.|i:.〃んハ、 :. |、:. /   )j ハ |:.|:. :. :. lヽ:. |:. :. :.\
        /:. :. :. :.ハ:. :|:. |:. :.:|:. :从   )し i \| ∨   Vし;(_ |:.|:. :. :. | Ⅵ:. :. : : i:\____i
.      /:. :. :. :./ Ⅵ:. |:. :.:|:. :| i こつソ       ヽこつ |:.|:. :. :. | ) j|:. :. :. :.|:. :. :. :. |
     /:. :. :. :./   |:.|:. |:. :.:|:. :ト. |        '           ノ:.|:. :. :. | /:|:. :. :. :.|:. :. :. :. |
.    /:. :. :. :./   :从:ハ:. : |i: :l:从        _     '⌒7:. :. :./ |:. :. :. :.|:. :. :. :. |
..   /:. :. :. :./   /:. :. 、:. : 八 |  、    ⌒    )    イ:. : : /   |i:. :. :. :|:. :. :. :. |
    , :. :. : : /   /:. :./ \:i  ヽ  个     -⌒ー     ィ:. :|i: : :/    从 : : : |:. :. :. :. |
.   /:. :. : : /   /:. :./     \      `   _ ,,.     | /从:./       |:. : : |:. :. :. :. |
  /:. :. : : /   /:. :./               }       |':. :. :/      |:. : : |:. :. :. :. |



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――そして当然。

 ただでさえ魔力に乏しい状況で、全ての令呪と宝具を強化に使って超過駆動した貴方の消滅も、目の前だ。
 泣きそうな顔をしながら駆け寄ってくる琴里の姿が見えた。

 泣かせたのは、悪かったと貴方は思う。カッコは付けたいが、相手を泣かせていい理由にはならない。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「ディナー………」
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 遠くで釣った魚に逃げられたアーチャーは割とどうでも良かった。むしろ貴方の勝利の証だった。やったぜ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


2950 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:40:19 ID:AiOUVVjO
          フワフワ
勝っちゃったよ、この有翼騎士w

2951 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:40:23 ID:0u7MQroD
アーチャーwww

2955 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:40:58 ID:JNQrE3X1
アーチャーにNDK?NDK?って言いたくなるw



2956 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:41:02 ID:J6btBPiR
あ、ぶっちゃけますとライダーの魔力は戦闘開始時で-10。戦闘後に-120。
令呪がなくなったんで聖杯からの供給も細くなり、待ってこれ計算すると魔宝石使えば大霊地ボーナスで-100で
ギリギリ残れるわお前どうなってんの

2957 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:41:02 ID:YhWY9r74
この戦い俺の勝ちだ…

聖杯?そっちは別にいいんでw

2962 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:42:18 ID:GwL2Y/Cz
本当にいるだけww
生き残ったのはすげぇけどもう本当に何もできねぇな、これw

2963 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:42:19 ID:OZx/Ag02
いっそ消えた方がマシなのでは?>魔力-100で残存



2964 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:42:19 ID:J6btBPiR
あ、失敬。

◆3+qFRlBawvoD = #10010010罹蔟涌m

5 = 0画使用なので、沙耶はあの沙耶視点ほぼ半々(ライダーが令呪使わなければ)の勝負で勝って、令呪を2画持って
残りの陣営を潰すつもりだったようです。

だったようです。

2965 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:42:28 ID:LIDps74x
-100はぎりセーフであと1でも下回ると消えるんだっけかw

2970 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:42:48 ID:vfu2NoRE
ここで消えるのも美味しいが ・ になってマスコットやるのもまた楽しそうww

2973 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:43:31 ID:M4FzsqH0
よし、まだ勝率発生マシーンとしてカッコつけできるな!



2975 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:43:57 ID:J6btBPiR
ふむ、選んで貰おう。


1.どうせ居ても殆ど何も出来ないし消える。

2.高魔力マスターの琴里と大霊地があれば、実はあと1戦で宝具で勝率補正稼ぐ置物になることは可能。
  魔宝石を使ってもらって(というか、琴里が無理矢理使って)現界続行。


どっちかだ。

2987 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:45:45 ID:J6btBPiR
……むしろこれ、2で琴里の一念に梯子を外されて残ってしまうのもアリだし、1でいい空気を吸いきって消えるのもありだし。
どっちもやれるんで悩ましいのよね。

2993 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:46:22 ID:J6btBPiR

【安価 下10~12】
どーする?

3003 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:46:53 ID:Isz+mD8J


3004 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:46:54 ID:Y4Eloiha


3005 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:46:54 ID:ZTxtCd4Q


3016 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:48:02 ID:xVxP73q6
ここで(無理やり)残らせてやれやれ感だそう

3021 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:49:44 ID:AiOUVVjO
有翼騎士が浮遊騎士に進化した……進化?



3025 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:55:09 ID:J6btBPiR


                囗 ロ   。
                 ロ []      ロ      。
                   ロ ロ   ロ           ロ
                   囗ロ []  []        ロ
                   [] ロ    囗    []        ロ
                    □ □ []   ロ
                    囗 []   ロ    []
                      [] ロ  []   。            。
                     囗 ┌┐[]   ロ    ロ
                      囗└┘  []   ロ      ―――シュウウ.....
                       囗 ロ    ロ
                      □ []   ロ     。
                       囗ロ  。
                        ロ ロ
                        ┌┐  。
                        └┘ロ
                        囗ロ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――さて。
 なんと言って消えようか。出来るだけ印象に残る感じでさぁ!!

 もっと腕にシルバー巻くとかさァ! のイントネーションで、消えかけの身体で貴方が考えていると―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                \\
           丶   \\
            \\  \
             \\           /
               \|   \       | /
               \|\  |丶    |/
                 |\  | li   /|        ―――ドンッ
                 |  \|il li     | l }i  '’
           i| |l | l |il li    il | l }i "
           i| |l | l |il li    il | l }i il--- _____
           i| |l | l |il li    il | l }i il--- ̄ ̄
           i| |l | l |il li    il | l }i
                 |  /|il li     | l }i ゙ ,
                 |/  | li   丶|      ,
               /|/  |/,     |\
               /i '’ //      | \丶
                  //         丶
               /
                    / /
                ′
               /


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 胸元に衝撃。そしてそこから広がる温かい感覚。

 貴方は元々魔術関係のサーヴァントではなかったので、気付くのが一瞬遅れた。
 これは魔力だ。消えようとしている貴方を繋ぎ止める、礼装による魔力供給。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                  /: : : /: : : : : : : : : : : : :、:\: : : 、
            /: : : : : ′ : : | : : : : : : : : : \:\: :\
            . : : : : : : : | : : : : | : : : : : : : : : : : \:\: :ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : :|:| : : : : : : : : : : : : ヽ: ヽ : :.
            /: : : : : : : : : : : : : : :|八: l : : |、.: : : : : : : : : : : : :.  「……女の髪には、魔力が宿る。日本独特の考え方かな?
         ′: : :|: : : :|: : |: : : : /:.| 斗: :┼ 、―-: : : :.i : : i: : :.   アタシの巻いてたリボンには、髪を通じて普段から余剰の
         : : : : :|: : : :|: : || : : ::l| ||\:l:  \ : | : : |、: :|: : : :.   魔力を蓄えてたのよ。どう? ザマァ見なさい」
         i : : : : |: : : :l: 斗:|: : : :.:l| ||  :|x==ミ : | : : l:ト,: :|: : : : :.
         l : : : :! /|\|八: : : :l| リ ,ィ爪しハ |》|: : :' |ハ: |\: : : :、
         |:.:|: : : : 、: : | x===ミ: ::リ   夊__ソ |: |: :/: |ノ: :|: : \: : \    ―――バサッ
         |:.:|: :人: :\《 ∨しハ\|     ::::::::: |/|:/: :/:.|: :|: : : : \: : \
         |:.:|〉: : :\: :\ 夊_ソ          //: :イ : |: :L ---ミ\: : \
         |:.:|∧ : : l `トミ_\:::::::   ’      ∠ イ /__/|: :|   / ヽ:\: : \
         ∧:|: ∧ : l : |、 人      _  ノ    /|/  {ii|: :|         :' \: : \
         / ∧/: ∧ l : | \个 .,_        /      'i|::| /     : ',  \: : \
.        / /: ∧: : | : !: __トミ__≧=-  ,_/      /'|: :′      i: :',   \: : \
       / : : /: : : : | \V__ノ:ノ  |i     ヽ   __,// / / i|       |',: ',    ヽ: : :.',
.      / : : /: : : : : |   /`¨´  八 `ー- 、  /  / / / Ⅵ        |:i: : 、     ', : : ',
     / : : /: : : : : : |: /  、     \      __/ / /   i|        | | : : ヽ    ',: : :',
.    / : : /|: : : : : :.|/         ≧=ー ‐=ア  / /    |         |:.|: : : : :\   : : : ',
   / : : / :|: : : : : :.:У     \ヽ      _/  / /     :|:       |: |: : : : : : :ヽ  | : : |
.  / : : /  | : : : : : /       ヽ}           / /      |:        |:.:l: : : : : : : : ', | : : |





   {ニニニニニニニニニニニニニ
.   ニニニニニニニニニニニ>''"´ : : : : : : : : :- _
   -ニニニニニニ二二/: :/ : : : : : : : : | : : : : :\
   ∨二二二二二二// : / : : : : : : : : : : | : : : : : : : .   「―――アタシの意見無視して、勝手に消えようったって。
.    ∨二二二\二/..:/ : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : .    許さないんだからね………ッ!!」
      ∨ニニニニ `7: /: : ::|: : : : : : :/ | : : : : : : : : : |: : : : .
.       }二二二二/ : : : :| :|: : : : : :/  : : /: : : : : : : : : : : : : .
.    /二二二ニニ/: : :|: :ィ'"´ : : : `` ー-/ : : : : : : / : : : : : : :\
   /二二二ニニ : | : | : :|_,,._ : : : |  |:/ /: :/: : :Λ : :\ : : : : : :
.   /ニニニ/二二|: :| : | : :| ⌒' \:| =≠ミ : /: : :/  「\: :\ : : : : : : :
  二ニニ{二二八:| : | : :|  、      こつ : :/   ノ\ : : : \ : :\´"'' ー- _ --― : : : 二二: :
.  二二二Λ二二 Λ: |: :八   r  ,  //: : :/-=彡: : :.\ : : : \ : :\       ̄ ̄       ̄
  二二二二ニニニ Λ : |ニ\  -     /: :/'ヘ: : :..:\ : : :\ : : : : : : : ´"''~: :-   ___
  |二二二二二ニニニ.\|ニニ> -‐ヘ//  ノ}: : : : :\ : : :\´~"^'' : : :‐- =ニこ.:,,:__ : : : : : : : : :
  |二二二二二二ニニニニニ、 ニ∨::/ ⌒    \: : : :. :.\ : : :\ : : : :\ : : : :\      ̄
  |二二二二二二ニニニニニ、ニ∨    ,    `: : : : : :.:\ : : :\ : : : :\ : : : :\‐-. . . . . .__
  |二二二二二二二ニニニニニ、ニ/   /^,      ゙√\ : :\ : : :\´"''~ - : : : : : : : : : : : : :
 こつ二二二二二二ニニニニニ∨       ',        ∨ `''  :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 こつ二二二二ニニ∨二二二ニ`、        }//    /       `'' ー-  : :_ : : : : : : : : : : : : :
  〈,,フ二二二二二二 ∨ニニニニ`、     ノ/      「V- 、       ´"''  ―――=ニこニ=-
   ∨二二二二二二ニヘ二二二二 `、  /      」ニニL             \\
.   Λァ冖<ニニニニニヘ二二二二 `∠_     -=ニ二二二}                : : : }
  ///   /      /  ヽニニニニニニニニニニニニニニノ                  }: : :
 / 「    {       {  -二二二二二二二二二二=-く                / /
 {  」    \      \  ヽ二二二二二二ニ‐  ̄  「 \              /
  \            _ --ニ\二二ニ‐  ̄            }
.    \  _-ニニニニニニニニニニ「////Λ           ノ
     } ̄ニニニニニニニニニニニ∨////|         __ -ニ-               __
     /ニニニニニニニニニニニニニ]∨///|  __ -==ニニニニニニ- __ -=ニニニ\
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 消えそうだった身体が、辛うじて形を保つ。
 “ギリギリ”だ。あと少しでも魔力が減れば、サーヴァントとしての現界を保てなくなった貴方は聖杯の中へ消えるだろう。

 しかし、そのギリギリまで貴方を引き戻し、貴方の思惑を外したご主君様は―――“してやったり”と“泣き笑い”の
半々のような顔で、貴方の胸に飛び込んできたのだった―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
















































             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「ディナー………」
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 アーチャーの吸ういい空気は残っていなかった。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

3029 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:57:03 ID:6TY5QFjV
勝ったな(確信)

3030 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:57:03 ID:S6zRp45u
悪いな、アーチャーwwww

3034 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:57:43 ID:GdvYnrPe
勝ったなw(アーチャーに)



3035 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:58:14 ID:J6btBPiR
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3038 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/27(火) 23:59:13 ID:J6btBPiR
こうか。聖杯の在り処も明記しておこう。


▼セイバー陣営
魔力:100/130 令呪:2画 礼装:
▼アーチャー裸単騎
魔力:50/260 令呪:0画 礼装:宙ぶらりんのディナーの約束
▼ランサー裸単騎
魔力:105/210 令呪:0画 礼装:聖杯 備考:マネーゲージ8。今ターン終了計算【1D2:2】 1.前 2.後に供給が切れる。
▼ライダー陣営
魔力:-100/150 令呪:0画 礼装:幻惑符×1 使い魔×1
▼フレンズ陣営
・ビヤーキー 令呪:0画 礼装:
魔力:70/180
▼フォーリナー陣営
・ディープワン 令呪:0画 礼装:魔宝石×3
魔力:90/180

3040 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:59:18 ID:X/SoK9WP
そういやこれでフォーリナー令呪0だからフレンズ陣営がガチフレンズ陣営足り得るのか

3042 :梱包済みのやる夫:2018/11/27(火) 23:59:45 ID:RF3Mkhtt
あっ>計算前に供給が切れる



3043 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 00:00:10 ID:DErfMtNG
琴里の丁度いいAAあったんで演出も浮かんだ。
ここからどうなるか? 流れだ。

味方よりの陣営は多いが、全ての願いは叶えられない。
アーチャーのディナーは履行可能かもしれんが。

3044 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 00:01:09 ID:DErfMtNG
>>3040
いや、今日は時間がないんで後日描写するけど、令呪がなくなった沙耶がビヤーキーとのパスを維持する理由が無い。
ので、ほむらが再契約して留めおかない限り、ビヤーキーは消滅確定。

3050 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 00:04:11 ID:DErfMtNG
そこいらへんをほむら、ビヤーキー、古泉、セイバーらがどう判断するかやね。
戦闘で敗北して消えるよりは穏やかな消滅と言えるかも知れないし、存在するだけで沙耶の戦略に一矢報いたが。

まぁ、7騎7人+αである以上、全方位ハッピーとは行かないのが聖杯戦争だが、とりあえず寝る!
明日は忙しい日なので、明後日あたりを目処にお願いします。おやすみなさい!って、やべぇギルド戦1回殴り忘れた!

3051 :梱包済みのやる夫:2018/11/28(水) 00:04:32 ID:rC/E5LiD
乙ー
あっちはただの圧勝のテンプレかっこつけ、こっちは若者に道を譲るという渋い老兵ロール、しかもヒロインに繋ぎ止められる…
ふっ、勝ったな(確信)



3058 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 00:05:40 ID:DErfMtNG
>>3051
完全にこれで草

3069 :梱包済みのやる夫:2018/11/28(水) 00:09:06 ID:XFpzqBjq
乙でした
正直9割方死んだ気になってたのになあ…ww



3074 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 00:13:14 ID:DErfMtNG
正直私もあのランステ2連続最悪で、「あ、死んだかこれ」とか思ってた。
割とネガらず消えていけそうな条件だったが、まさか残るとは計算ツールで計算して初めて気付いたwww

3086 :梱包済みのやる夫:2018/11/28(水) 00:51:15 ID:mdlPdBMv
久しぶりの支援です 最近女神がわりとおとなしいのはこのせいなのかもしれない・・・
最近あまり支援できずに申し訳ない 作品書くのも忙しいもので・・・。
ttps://dotup.org/uploda/dotup.org1702814.jpg ttps://dotup.org/uploda/dotup.org1702942.jpg
org1702814.jpg
org1702942.jpg

3088 :梱包済みのやる夫:2018/11/28(水) 00:52:42 ID:ZUizXuyq
>>3086
支援乙……あっ(二枚目セリフ窓の裏を見て察し)

3089 :梱包済みのやる夫:2018/11/28(水) 00:53:08 ID:XeQE4qcr
>>3086
何だこれwww乙
そして右の絵の左下隅が不穏……!!

3093 :梱包済みのやる夫:2018/11/28(水) 02:56:45 ID:TzCJUI1e
あれ? 魔宝石は20回復するのか。
ターン終了時の魔力計算は令呪なし時はマスターの【魔】*2 - 英霊のレベル - 10 だから-10で、大霊地補正で+10されて差し引き0。
陣地が有効ならさらに+10されて、ライダーの魔力は-90になるはずだけど、そうなってないってことは陣地は破壊されてるのカモ。



3102 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 08:16:58 ID:DErfMtNG
>>3093
今明かされる衝撃の事実。入力ミス。

3104 : ◆o2mcPg4qxU :2018/11/28(水) 08:18:11 ID:DErfMtNG
>>3096
そしてありがとうございます! 女神大丈夫か! でも最近おとなしいのは気の所為だ!
書く側に回ると時間無くなりますよね。分かるわぁ
関連記事
| 中聖杯戦争シリーズ【Fate】 | コメント:1 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
馬鹿二人とその他とでの認識のギャップが酷ぇ・・・w
2018/12/09(日) 09:27 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する