おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/11/10(土)
8129 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 11:56:11 ID:F567kpfT
ちょっと調べてみたことの覚書。
よく見るAランクとかAAランクとかの企業体の、このランクって何なのか。

男爵はぼんやり運用していたし、読者の方々もぼんやり理解の人が多かっただろうが、ざっくり調べてみた。


8130 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:02:34 ID:0oN/cGE4
Aランクでトヨタとかマイクロソフトレベル、
AAでフィクションにでる巨大コングロマリットレベル、
AAAがAAがさらに複数絡まってるレベルの規模で、世界議会の議席を持ってるご存知10大企業って認識なんですが。

8131 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:06:56 ID:kAved++7
AAAは現実に存在しないレベルとして、トヨタはAAランクじゃねえかなとおもた。
日本の中にいると目立たないけど、小国一個ぐらいなら抱えられるだろう経済規模的に。



8132 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:22:19 ID:F567kpfT
▼企業ランクとは?

・すんごい大雑把に、その企業が持つ権限

▼AAA企業

・十大。メガコーポ。企業法廷の判事の選出権あり。
・治外法権あり。また、AランクやAAランク、或いはそれ以下の子会社を多く従えてたりする。
・第六世界ヤベーとこ筆頭。同時にシャドウランにおいては敵であり味方として存在感が強い存在。
・各々特徴はあるが、真っ黒なメガはなく、真っ白なメガもない。プレイヤーがその中のどこと関わるかである。
 まぁ、これはメガに限らず、大企業のどこにも言えることだが。
・なお、5版における様々な変更点の結果、相対的に特殊部隊・精鋭部隊のヤバさが増した。
 (※以前のグラントデータ概説参照)

▼AA企業

・十大に次ぐ立場であり、AAAの切符を狙っている企業群。治外法権ありの多国籍企業。
・企業法廷所属権あり。
・まぁメガには劣るが当然ながら多国籍企業でカネも人員もその他リソースもいっぱいある上に、治外法権まで
 持ってるので舐めちゃいけない。

▼A企業

・治外法権なし。しかしAランク企業でも十分に、複数の国家の法域に跨って活動する多国籍企業である。
・企業法廷所属権あり。
・メガやAAランクには劣るが当然ながら多国籍企業でカネも人員もその他リソースもいっぱいある。
・つーかナイトエラントとかローンスターとか、その辺もA~AAである。この辺の時点で激ヤバ。

▼企業法廷

・企業を国家として、企業法廷は国連。企業法廷の議決権=チューリッヒ軌道銀行の議決権であり、第六世界において
 経済制裁などのメガに対するレベルの制裁手段が取れる数少ない組織。
・ぶっちゃけ国連が無ければ国家間戦争にストップかける存在がないのと同様に、企業法廷が無ければ企業間の紛争に
 ストップかける場所が無いんで出来た。つーかヤバかったんで企業法廷が出来た。
・メガコーポ同士の全面戦争とか、そういうの避けるのに必要な場所、だから、暗闘としてシャドウランナーの果たす
 役目が大きいのが第六世界の現状とも言うが。
・最終的な裁定権を持つ判事の選出権利を持ってるメガコーポはアレだ。常任理事国。
・独自に部隊も持ってる他、マジヤバレベルの案件に対する「メガコーポによる合従軍」的なオメガオーダーなるものの
 発動権も有している。まぁ歴史上、数回しか使われてないらしいけど。

▼備考

・このスレでの運用スタンスになるが、「アレスの昆虫精霊騒動やCFDというサムシングについては取り扱わない」。
・ぶっちゃけ基本ルルブだけでは詳細分からんもんよ!! 解説してくれてるスレとかもあるが、それだけの理解で
 シナリオに絡めて挑む根性もないし、読者全員にそこ見ろという気もない!
・なんで、「アレス………あっ(察し)」など、基本ルルブしか持ってないプレイヤーには分からん類の反応は止めて欲しい。
 ぶっちゃけアレスでも「昆虫精霊とズブズブな部署」もあれば「それに対抗している部署」もあるだろう。
・統一レッテル張りはわるいぶんめい。

8134 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:29:33 ID:HIE70r6x
企業という時点で国であって、ヤバイのは変わりないけど大きさが違う。みたいな感じっぽい

8135 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:33:04 ID:N436ZUnD
>歴史上、数回しか使われてないらしい

覚醒から2075年までの間に数回も使われてるのか……(戦慄)



8136 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:34:29 ID:F567kpfT
参考は主に「第四第六世界資料室」様からと、あとはwikiその他、あっちゃこっちゃ調べて得た情報。
ミスってたら責任は鵜呑みにした私にあるが、とりまGMやる上での理解と、このスレでの裁定と思ってくりゃれ。

あと、備考部分に書いたやつね。
まぁ未訳サプリ持ってたり、それ読み込んでたりするのは良いんだけど、現状シャドウラン5thが出たばかりで、

「4版は流行った段階でサプリ絶版、所持にも理解にも幅がありまくり」

という状態だったのが、全員横並びでリスタート出来るようになったのがスッゲー大きいと思うのですよ。
んだから、まぁ色々調べて訳してデータや情報アレコレ持ってる人が居て、それで色々指摘したい部分があるとかも
分からんではないんだけど、今はこの「基本ルルブが発売され、全員横並びスタート」の状態を尊重しない? って感じ。

ぶっちゃけストリートマジック持ってなくて、ストリートマジック関係のパワー1つで大混乱起こした身としては、
「とりあえず今は基本ルルブに乗ってることを、皆でやってこうぜ!」って感じになる。

8137 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:36:06 ID:F567kpfT
まぁあくまでこのスレでのスタンスなんで、他で昆虫精霊やCFDを取り扱うのを否定するわけではないが。
このスレでなんかやる場合、基本ルルブに明記されてない部分はバサッと切りますって事ね。

追加サプリが出たら都度拡張していく。

8138 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:39:32 ID:F567kpfT
ぶっちゃけアンジェに勢いがつかなくなって、最終章開始を一旦止めた理由の1つでもあるからなぁ<「アレス………あっ(察し)」系のレス

詳細ワカランのにやっていいのか本気で分かんなくなって、色々調べて、それでも分かんなくて以下略。

8139 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:42:24 ID:F567kpfT
とりあえず説明とスタンス、みたいな感じで。
少なくともウチのスレという卓でなんかやる場合には、こういう感じで進めますってことね。

8140 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:44:24 ID:Yfq0BtSy
老師もアレスに関して解説してたし昨日はそれ前提のネタやったしなあw
まあ当事者社員はともかくその家族に関係はたぶん無いよね普通

8141 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:47:56 ID:O/OThzZx
昆虫精霊とアレスの関係については、第四第六世界資料室の昆虫精霊の項目読んでいただけりゃ十分かなあと。
アレスの内部はクソ虫ども絶許派閥と軍事利用しようぜ派閥があり、
研究中に侵食されて少しずつアレス内部にも浸透してんじゃねえの、
という疑惑が常にある、つーのが5th開始時点の状況ぐらいに考えといて頂ければ。



8143 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:49:07 ID:F567kpfT
>>8140
老師がやってたからウチもやるし、ウチでもそのネタOK、とはしない。
向こうのスレでやるのは当然否定しない。スレ・卓ごとのスタンスの差とでも考えてくりゃれ。

私はそもそも新参で、そこまでシャドウラン世界自体への理解が深くないから、基本ルルブだけで一杯一杯だ。

8146 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:52:13 ID:F567kpfT
>>8141
そこが認識の差なんだろうけど………。

「基本ルルブに書いてあることを理解して参加してねー」 ← わかる

「基本ルルブに書いてあることとを理解して、その他ネット上で情報収集して参加してねー。
 基本ルルブに書いてない部分も、しっかり自力で調べて読み込んで調べてねー」 ← えー……。

というのが私の認識。

8148 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:55:24 ID:F567kpfT
企業法廷、企業ランクの部分みたいに、GMやるのに必要だなと思ったら調べるよ?

ただ、未訳サプリ前提の話ばっかされて、「調べろ! 読め! あるぞ!」と言われて、それで興味が引けるか、
逆に興味そのものが落ちるかはホントに人次第よ。

8149 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:55:53 ID:F567kpfT
少なくとも私は、そのへんが怖くて&踏ん切りつかなくなって、アンジェを一旦止めた。

8150 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 12:57:01 ID:6w5qQukq
昆虫精霊やばい! 大変だ! なんとかしなきゃ!
よし、この偉大なホラーさんの力をお借りして昆虫精霊を根絶しよう!

みたいな昆虫精霊脅威論のためなら手段を選ばない的本末転倒なスメルを感じる<シャドウラン設定の啓蒙する人



8151 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 12:57:52 ID:F567kpfT
ほらぁ! 早速わかんない単語出てきたもん!!

8166 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:09:42 ID:F567kpfT
つーわけで。

「そういやルドガーの所属するローンスターって、実際どんくらいの企業なんだ……?」

から始まって色々調べて、ついでにスタンス表明でした。

8167 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:11:59 ID:F567kpfT
んで、ローンスターやAランク企業の権限・規模について、ふんわりした認識だったのが形になってきたんで、
そこ含めて微調整して、シナリオ再開前にルドガーからの情報(※シナリオ竜骨への開幕秘奥義)だけ
先に出していきます。

8171 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:18:01 ID:F567kpfT
アンジェ最終章の需要、私がスレでやるシャドウランの需要、どちらもクッソ自信ねぇんだぞ………!!

8172 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:18:17 ID:F567kpfT
ぶっちゃけハム拾われたので奇跡と思ってるからな私!

8174 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 13:26:08 ID:IQVewLkK
需要ならここにあるぞ!

8175 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 13:27:16 ID:slhXw/HK
ぶっちゃけメガコーポとか言われて説明されても理解はともかくイメージは難しいもんねえ…

8176 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 13:28:57 ID:6w5qQukq
>>8175
とにかくでかい住宅で、もりそばやとんじるが死ぬイメージしか浮かばない字面である



8177 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:31:50 ID:F567kpfT


                            _____   ヾ. 、
                            `>=-、,,..__ `''‐、ヽヽ
                        ___.. -''"´     `''‐- 、ヽ ヽ
                       `>‐ァ       _      ヽ 〉へ
                      _,,,,,/_>-=≦:i:i:i:7,ィ_ _,,,,,> __>ヽヘ.ヽ
                         / /  ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ィ:i:i:/ /! ',ヘ}
                    -=彡イ   ,イ''":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、:i:i:ア,イ/. } }. {
                          /イ:::::::::/:i:i:i:i:i:|:i:≪芯ラ':i:i:i:i:i,イ-ミ、.|. ,' ',
                         ,':::::::::::/:i:i:i:i/|:i:/   /:i:イイ{゙.Y迩ト、>/ . } ',
                    -=彡ァ'7/:i:i:イ/ |:/   /イ´: :,: :∨   ノ' ,イハ.',
                          / ,':/'人/マ |'      : : : '  イァ''"./}.ハ}
                          {/}/!::ゝ_.:    -、‐─ 、  ノ ,.イ /.'
                          {/:::::ハ:     `こ´ /イ'   '
                           ノイ::::イ: : :\       /
                        ___V: : : : ::.:.:.:.> 、_ /
                         ,イニニニニニニニ=- : :.:.:.:.:. /、
              _ ____,ィ.くニニニニニニニニニニニム : : /ニ=-
             /=ヽ      ヽ:::\ニニニニニニニマニム: :ハニニム
                ノ::{ニニニヽ      ',::::::ヽニニニニニ/ニニニム〈 :マニニム
.            /:::::}ニニニニニヽ.     マ:::::::マニニア   `''‐ヘ_, -〈ヽミ=-、_
           /::::::/ニニニニニニヽ     ヽ:::::::::マハ ゝー──く /`ヽ¨大⌒
.          /::::::/ニニニニニニニニニヽ.     寸. `マ',    ,イニヘ.\≠ヽ   `<
            ,'::::::/ニニニニニニニニニニニヽ   {  〈〉 ',_,,.イニニニニニゝzッ  ヽヽ   ハ
         'ーイニニニニニニニニニニニニニヽ _,,{ イァ、> }ニニニニニニニニニニヘ ,ヘ ', ',  }=!
         マニニニニニニニニニニニニニr-ミ.ニニ} .〈 〉 {ニニニニニニニニニニニハ: : : \∨ニム
       _/ニニニニニニニニニニニニニ{   Yニ.}  Ⅴ .{ニニニニニニニニニニニム : : : : :\ニニ}
.        {ニニニニニニニニニニニニニニニニi    }ニ.} .zz }ニニニニニニニニニニニニ'、: : : : : : ヽム、
.         {ニニニニニニニニニニニニニニア.   {ニ} _. }ニニニニニニニニニニニニニ',: : : : : : :寸!
        ムニニニニニニニニニニニニニア: :   人ニゝ|:::::|ノニニニニニニニニニニニニニニ.ヽ : : : : : : ヽ
.       /ニニニニニニニニニニニニニマ: : :.  〈ニニニ,':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : : ',
.   , ─くニニニニニニニニニニニニニニ',: :.   Vニニ':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : ,
  /      ` <ニニニニニニニニニ..: .:.     Vニ/__/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.ム : : : : :!
 ./   _  ─‐‐ 、`ヽニニニニ< マ!: : :.    ヽ::::/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム : : : :}
../.  /       ` <ニニ=‐//.}: : : : :.ヽ  ヽ、ニニニニニニニ>''´  ノニニニニニニニニニニ} : : :}
  /         ー''"´  {/{ |: : :.ー 、 _ ',`寸ニニニア   ./ニニニ>─‐ .、ニニニ} : : :|
. /                     {/,{ }.: : : :.     ヽ、_`''‐/   />‐''"´   , イニニニ.} : : :ト、
: : :.               |/,ムヽ: : :.         ̄ `ヽイ''"      ,.イニニニニニニ} : : }ニム
.: : : :. :.       .: : : :. :. :. :.マ/,ム: :ヽ :ー- 、         ヽー -=ニニニニニニニニニニニ} : : }ニニヘ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.マ/ム.: : \.: : : :.`"''─: :、..._   ',       `"''<ニニニ} : : }ニニニヘ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【シナリオ開始はまだ先だが、答えてみたルドガーまとめ。かくかくしかじかでアミタとセト間で情報共有・説明済み】

▼情報

・依頼主は企業警察のそこそこ偉い人(企業警察に現代警察機構の階級が当てはまるかは不明だが、まぁ警部補くらい)
・自分の功績の為に、なにか大きな仕事をしようとする際にはよくランナーを囮に使う事で、企業警察内でも
 嫌われる人には嫌われている。被害もあんま厭わないし。
・企業警察も色々あって、契約先も様々。ルドガーさん所属はローンスター。今回の依頼主とは別企業。
 相手の企業は定義してない。
・今回の密輸依頼も、証拠品の輸送などと情報を漏らされた上での陽動である可能性が非常に高い。
・最近そこが逮捕した大物となるとヤクザの幹部。来るとしたらそれ系か、そこに雇われたランナーが来る可能性が高い。

▼GM的な感想・備考

・まぁ、日本の東京って世界屈指の治安で国家警察もしっかり仕事してるらしいし、企業警察のお仕事は多分少ない。
・ローンスターにしろ、相手方の企業警察にしろ、契約先の保全をメインとする警備会社っぽくなってるんじゃねぇかなとか
 今、気付いた。気付いたのは今である。
・もしかしたらその警部補(仮)、東京じゃなくもっと活躍の場があるトコ行きたいのかもね!
・別企業、かつ嫌いなやり口の相手ということで、ルドガー秘奥義、知ってること全開示。誰がそこまで答えろと言った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8178 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:33:26 ID:F567kpfT
ザックリこんな感じで。

この情報は、アミタとセトの間では共有済み。
次のシーンは情報収集アレコレから入っていきます。

8179 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:36:09 ID:F567kpfT
アンジェ最終章は、「いけるいける気持ちの問題だってなんでそこで諦めるんだ!」と必死に自分を鼓舞してるのと、
ちょうどそのタイミングで色々あったのと、自信不足と知識不足やら何やらで足が止まってしまった状況。

8180 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 13:51:15 ID:F567kpfT
む、人が居なさそうね。
開始は夜かな。

8194 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:16:52 ID:F567kpfT








                                __ __
                              .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                            ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                            {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                            >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
          ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
         {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
          `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
          、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|


                        「答えてみろルドガー!!」

                        ―――― 配点:全ブッパ








.

8195 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:17:06 ID:F567kpfT
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 首都東京―――

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__


                                _
                               r―-,´、. . `ヽ.   ,--、
                           ,-ヘ 、_/ヽ、. . . ヽ. ! ノ
   、-< ー- ,、           _ ,_, z云>ヒ ベ_〉 ヽ\\. . ヾi´
    \:.ヽ、//..⌒_ヽ,      /  " ̄ ゚´ ̄__ゝ_ i し__/. . .` _ ヽ 、ゝ.
   ⊂7\: :! ̄iー―\    /  kwsk , /____/. . : : :\`ヽ、´ヽ
 /´ ̄: : , 〉、 \k、. . . . .`ーr´へ 、 __ <´ : : :ヽ 、 . . . . . 、: . : : ヽ: . `´〉   ―――ドルルル.....
 ー/:./  ヽ. .\`ヽ 、:._ノ    , >- ゝninja⊂!ュヽ 、. : ` >, .`ャ__/ノ
  /:./   ,; ―ニニーゝ---`ー/: : : : : : `_: : . . . . . . . > ´- `> ´
ェイ.⌒\´:ヾ:::::::ヲ,へ\` 、  。/: : : : : ,; - ´/. . . . . . . /, 、-ゝ--´- 、.
 \   \ ゞy=`=´、ヘーゝ/: : : : 〆  /. . . . . . ../. ゝ / ヽ: : , __ ヽ,    【※停車】
  /::\   \ィ ヾ:::::::::i |O i´ヽ,: : :ヽ .<. . . . . . . ./==/ ヘ 。 : : 〉ヾ, ::::: ̄ヽ.
 i::::::/i \ .  \〉_i `7n .l .<〈. . . . \ヽ . . . . /==,//::::::〉ヽ , : :l/ ∨ト 、::::::ヽ.
 l::::::|.|.b ̄\ γ ,\ゞ=!_jO|\ 〉. . . . . .`. . . . 〈:::::l l::Y::::::/rム. i 。.l . ヽ.| ゝ:::::::l.
. !:::::ヾAニニ,ゝ- 、 .`\__ ノ. . . . . . . . . . . . ヘ,:_l l::|::::::l 8--! !/ヽ`i .l/ !:::::::i
. ヽ.::::ヽY` ̄||  / `>、/. . .ゥ . . . . . . _ノ\. . .ヘソ、|:::::||"l lメヘcゝ )>..l   l::::::::l
   ヽ.::::` ー┴ ´::::::/   ̄ ̄ ̄ ー---`ニニ._ .ヘ:::ヘ:::::ヾ ゝ!l>´= ´ ベ 、.ノ::::::::!
    ヽ::::::::::::::::::/                 ̄ ̄ ヽ::::::V/丶 ュソ `>::::::::/
      `  ̄ ´                      ヽ::::丶、__カ_ ,ノ::::::::/
                                 丶::::::::::::::::::::::::::ソ
                                   `  ̄ ̄ ̄´

               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_




                   ____
                   '´ ̄ ̄`ヾ
                        }}
          _,,..  -――-      ″
            ̄ ̄ニ=―-:_: : ヽ. 〃-- .
             /: : : : /: : : `: : : : : : : : : : > ¬
            . : : : : : :/: : :/ ̄ ̄ ̄`丶、: : : : :|
          /: : :/: :/: /  __    ヽ、: : :|ヽ
          .′; : : : /イ´ ̄: :/: : : : : :`丶、  i: : | : .
          i: / /: :/: : :i-┼/ !: : : : : :__. /:\|:| : .
          |/|/|: /′: :|/_l/ |: : / : //`メ、. :|..:|: :.i   「―――よしっ!
                |/ {∧:.〃fr心| ./}/x竓ミx、.:V: :|: :i|    セトさん、まずはゆっくり作戦会議をしましょう」
            /: : : :V“ 乂_ン|/     {_rり }}/: : : : :..リ
              /: : : : :/|"''   ,     ゚¨´ '”: : : /}: /
          /: : : : :/八    r  .. _  ''"~/: : :/ノ:/
           /: : : : :/  }へ.  |'´  |   ,./: : :/: ; '    / )
            /: : : : :/ _  ,>、ー―' イ:/: : :/イヽ    / / ./ )
        /: : : : :/    /  _ユ二. -‐'/: : :/_ /┐ / / / /
         |: /: : /  ,  ./ /::::^ヽ  ./: : :/   ヽ. へ 〈 ' /
         |∧: /  { /// 廴::_,,,厶 /: : /    / >、_> /ヽ、  //
      /  }/ >'”  /:::::/   }/: : /    ′ ヽ 〔_ノノ / /
     く \  /   ./::::::::/    / : :/      〉    `¨7´./   /
     /\ ヽ ′  /:::::::::::/ /ニ /: : /,     /   ,.  イ: : 廴∠. -z
     .'   ` i   /::::::::::::::/ 〈〈 ./ィ: / ′    /   /  >-ク: : : : : :_ノ
     i   `Vヘ /:::::::::::::::: /   ヾ、_j/〃         /  / / `ー-- ┘
     |    | ./:::::::::::::::::::::/        |L - ァ′   ∧  //
    |     ||::::::::::::::::: /       |___/    /ー}
    |     ||:::::::::::::/ -= ニ     ヽ| ′   / ∨




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、    「ゆっくり、か。
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧     SINnerらしい悠長極まりない発想だ。
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧     こちらは追われているのだぞ―――………
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i      と、言いたいところだが」
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'

8201 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:21:12 ID:8zIwIV/w
答えてみろ!!→全部答えました
プロットがカミカゼ(戦車)喰らっちゃったかー……



8202 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:26:55 ID:F567kpfT

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――企業警察 ローンスター社東京支部 駐車場

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                              {三三三}
                              |      |
               ______[警]_[察]_[署]_[だ]_|_[よ]_____
           /________________________\
           \┌―――――――――――――――――――― ┐ /
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| TニニニニT    | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|:{工}: :{工}:|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : : : : : :|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| .|: : : : : : : :|.     | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|: : : : : : : :|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : ☆.: : .:|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| {三三三三三}    | ̄| ̄| | ̄| ̄| .|――┐
             ||_|_| |_|_| ||:::∥:::::∥:::||   |_|_| |_|_| .|    |
       ========================||:::∥:::::∥:::||===========================
      ______________||/ ̄ ̄\jj_______________






                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ   「追ってくる相手がヤクザかランナーか、
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、    それともそもそも居ないのかも不明だが。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|   ここで仕掛けて来るやつは本物のバカだな……」
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



                   ____
                   '´ ̄ ̄`ヾ
                        }}
          _,,..  -――-      ″
            ̄ ̄ニ=―-:_: : ヽ. 〃-- .
             /: : : : /: : : `: : : : : : : : : : > ¬
            . : : : : : :/: : :/ ̄ ̄ ̄`丶、: : : : :|
          /: : :/: :/: /  __    ヽ、: : :|ヽ
          .′; : : : /イ´ ̄: :/: : : : : :`丶、  i: : | : .
          i: / /: :/: : :i-┼/ !: : : : : :__. /:\|:| : .
          |/|/|: /′: :|/_l/ |: : / : //`メ、. :|..:|: :.i
                |/ {∧:.〃fr心| ./}/x竓ミx、.:V: :|: :i|
            /: : : :V“ 乂_ン|/     {_rり }}/: : : : :..リ
              /: : : : :/|"''   ,     ゚¨´ '”: : : /}: /
          /: : : : :/八    r  .. _  ''"~/: : :/ノ:/
           /: : : : :/  }へ.  |'´  |   ,./: : :/: ; '    / )
            /: : : : :/ _  ,>、ー―' イ:/: : :/イヽ    / / ./ )
        /: : : : :/    /  _ユ二. -‐'/: : :/_ /┐ / / / /
         |: /: : /  ,  ./ /::::^ヽ  ./: : :/   ヽ. へ 〈 ' /
         |∧: /  { /// 廴::_,,,厶 /: : /    / >、_> /ヽ、  //
      /  }/ >'”  /:::::/   }/: : /    ′ ヽ 〔_ノノ / /
     く \  /   ./::::::::/    / : :/      〉    `¨7´./   /
     /\ ヽ ′  /:::::::::::/ /ニ /: : /,     /   ,.  イ: : 廴∠. -z
     .'   ` i   /::::::::::::::/ 〈〈 ./ィ: / ′    /   /  >-ク: : : : : :_ノ
     i   `Vヘ /:::::::::::::::: /   ヾ、_j/〃         /  / / `ー-- ┘
     |    | ./:::::::::::::::::::::/        |L - ァ′   ∧  //
    |     ||::::::::::::::::: /       |___/    /ー}
    |     ||:::::::::::::/ -= ニ     ヽ| ′   / ∨

▼ちなみにアミテさん、駐車場にバイク停めてますが―――

1~3.怪しまれないガチの用事があるんで、そっちの手続きをしてれば「SIN持ちが正規免許の更新に来ただけ」。
     SIN持ちの優位である。
4~6.エチケット技能での判定で、怪しまれないような振る舞いが必要。
7~9.セトが目立つ。ちょっと厄介な判定を強いられる。
10.答えてみろルドガーッ! 君がくれた大義名分はプライスレス!!

【安価 ↓】
1D10

8203 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:27:43 ID:qJEEyAKk
【1D10:3】



8208 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:36:12 ID:F567kpfT

           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/   「ここにありますのは、国家SINと繋がってる正規の運転免許証です」
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |  ___________________________________. |
  | { 氏名 |アミティア・フローリエン                | 2055年○月×日出生   } |
  | ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
  |  __________________________________.  |
  | |住所|                                                  |  |
  | |――┼―――――――――――――――――――――――――――――――|  |
  | |交付|2074年08月19日                     |                  |  |
  | |――┴――――――――――――――――――┬――|...:/- ´二二二 `ヽヽ:.:..|  |
  | | 2078 .  年 0 8 月 1 8 日 ま で 有 効     | 運 | ,.イ:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `:. <{:....|  |
  | |―――――――――――――――――――――┘    |...//:/:./:./:|:.:/:..:},イ:.}: :|:....|  |
  | |免許の                                 転 |.../:/_/{_/:.:}/:.//__}/}:|:|:....|  |
  | |条件等                                    |. |:.lィrtォ、'/://ィtrォ、:!:.. |  |
  | |                                 免 |...圦 {ヒ刈/イ/ 比刈 i:|:....|  |
  | |番号| 第 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0 0 号            | ム 弋(ソ /  弋(ソ/:|:....|  |
  | |――|                                 許 | 从    '     /:イ|:....|  |
  | lニ・原| UC 00年 00月00日┌‐┬‐┬‐┬‐┬‐┬‐┐   ! :.込、   ‐  '     /|:....|  |
  | |――|                  l 種l━ l━ l━ l━ l━ | 証 | :.:.:.:|:>      イ|_|:....|  |
  | | 他 | UC 00年 00月00日| .├‐┼‐┼‐┼‐┼‐┤   !                   |  |
  | |――|                  l 類l━ l━ l━ l━ l━ l    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
  | |二種| UC 00年 00月00日└‐┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐┘                  |  |
  | ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
. 乂___________________________________ノ




             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「……ああ。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7     この手の免許申請などは、国によって違うが……。
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_   
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、  日本では企業警察でも、手数料が上増しされるが一応可能だったか。
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!  企業警察を通して国に申請するわけなので、かなり手数料を取られるが」
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| ルルブの正式設定じゃないです。っていうか運転免許の更新・申請の仕方なんて
|ルルブに乗ってるわけねぇんでGM裁定です。
―――――――――――――――――――――――――――――――

8209 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:37:28 ID:HIE70r6x
SINで全部済まされちゃうしなあw

8211 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:40:31 ID:7xqOpz+o
正規免許(偽装免許相当品)だな



8213 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:42:13 ID:F567kpfT
>>8211
いや、正規SINとそれに紐づけされた正規免許はアイテム欄には表示されないけど、
特徴でSIN持ちのキャラはデフォで入手できる。

たしか。

8212 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:41:18 ID:F567kpfT


                      ___
          , -ー‐- 、   , ..<: : : : : : : : : : >.、
        ,イ    ,.. -ーヽイ: : : : : : : : : : : , イ  ̄ヽ: :\
        /  , .:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ
      /   ,.' : : : : /  ̄:`: : : : : : , -――- _ヘ : : : :∧: : :∨
          /: :/ : : /: : : : : :,  '"  _____ ∨ : : : ',: : : ∨   「これを、こうやって―――そォい!!」
       /: :/: : : :i: : : : /"  , <:: : : : :!: !、: 、:>',: : : : :',: : : :.
      ,': :/: : /: :!: : : /, イ: /: :ハ: :i: : :i !:i !: :!、: ',:', : : : : ',: : :..'
       !: /: : :i: : :!: : : !: :!: :ハ: :i   !:.!: : i i:! !: ハ: i!:.',: : : : :iヽ: : !
       !/ !: : :!: : i!: : : :!: !: :! ',:.!‐. i: i : / / ,ィ示斥ヽ、: : : :i! ',:,′
      i!. !: : :!: : i:',: : : !:.!: :!,.ィ=、!/!:/ /  iっ:::レ:! アi: : : : !. /,′
        ', : i!: : i: ',: : :i、:!〃 !::刈 /'     弋z汐 .i: !: : : :i!イ/
        ',: i.',: :i'、:',: : :ヾ,ヾ、弋武'   ,      /イ: : : :i!./ : : >、
         ヾ',.',: i ',:i! : : : ', `           / !: : : :!: : : : : : :i
          ヾ.ヽ', i: : : : :!、    r====    /i: : : :ハ: : : : : :/、___
            ヽ i: : : : :!:.ヽ、.  ∨__ノ _イ / : : /:7ヽ、, イ::::::::::::::::::::`ー―-<
                 !: : : : : : ! ≧   _ i i´::::/: : : /:::i!/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',ヽ
               ,': : : : : >'>イi!     ',',:::,': : : ,'::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',::',
             /: : :,イイ":::::::::::rー、,イ. ̄ ',',i : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! !::',
               / : : ∧'、:::::::::::::::::!  i!   i i: : /!::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::,ィニニニニヽ::!
            /: : : : ,ハヽ::::::::::::,イ / ̄ヽ .//!: /:i:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::://. . , -ー‐< .ヽ







            /:\
          /  :  \
        /    :    \
       /     | ̄ ̄ ̄/
     /       |     ./
    /        |   /
    \        |   /
     \       |   /    ―――ベキッ
       \     |  /
         \   | /
          \  | /
            \|/





     /´ ̄ ̄ ̄ _`ヽ、:.:.――--:..._
   /,...:二 ̄_ヽ ':.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.、\
    ///:.:.:.:.:/- ´二二二 `ヽヽ:.:.ヽ:ヽ
      /:/:.:.:.:./,.イ:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `:. <{:.:.:.|:.:.::.
.     /:/:.:/:./:.//:/:./:./:|:.:/:..:},イ:.}: :|:.:.:.|:.:.:.:.
    {イ:.:/:./:.//:/_/{_/:.:}/:.//__}/}:|:|:.:.:.|:.:.:.:|
    |{|:.:{:.:|:.:{:.|:.lィrtォ、'/://ィtrォ、:!:.:.:.!:.:.:.:}
    { {:.:|:.:!:.:|:.圦 {ヒ刈/イ/ 比刈 i:|:.:.:.ト、:./   「手違いで免許が破損したので、申請に来ました。
     マ{,:.{:.:.{:.ム 弋(ソ /  弋(ソ/:|:.:.:.| }/     いやぁ、ここの駐車場に居ても全くおかしくないですね!!」
      ヽ从:.|:.从    '     /:イ|:.:.:.|イ
           l|:.:.込、   ‐  '     /|:.:.:.|:.〉
.           |:.:.:.:.:|:>      イ|_|:.:.:.|:{
         {:.:.:〈 ::::::::::「_¨_´___「:::|:.:.:.|∧
         _乂:.:.ヽ:::/ ||    ||:/:.:.:/{:.:}  _
      /::::::::}:.:.:.}::{  (__)  /:/:.:.,イ::::`¨¨´::::`ヽ
     ,.:':::::::,.イ/:.:./::/ [ニ] /: :!:.:.:!\_/_:::::::::::::::::::ヽ
.    /:::::::/::/:./イ   /  {|: : ::|:.:.:|: :/::::::\::::::::::::::::::.
    {::::::::l/:.イ/::: ー/-イ: ||:_:{:.:.:∨{:::::::::::::ヽ::::::::::::::::.
    |::::::/:./:.:.{ : /:::::::/:::::: }: :||::::::::ヽ:.:.}::|::::::::::::::::}::::::::::::::::}




                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   「……借刀殺人か。中々、したたかな奴だ。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     国家SIN持ちが破損した正規免許を更新しに来た。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|     怪しまれる理由も無ければ、もし追手が襲ってきたとしても
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ      ローンスターを敵に回し、警備が敵を相手取る。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi      俺達は何もする必要はない、と」
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

8214 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:45:29 ID:cuxBNmQ4
PCたちの機転が効いてていい感じだ

8216 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:47:23 ID:00bpd/UQ
依頼主もこんな事するとは思わないよな
こういう機転が利くのはかっこ良くて良いよね



8217 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:47:53 ID:F567kpfT


             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「むしろ、俺も下手な真似はできんな。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7      ここは虚ろからは遠すぎる。
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、  疑われて偽造SINなり偽造免許なりを検められると流石に不味い。
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!  ……安全地帯には来たが、ここからどうするつもりだ?」
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!



           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,   「まず情報ですよね。追手があるとして、どういう相手か。
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/    私達は何をすべきで、何をどうすれば勝利か。
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/     相手の情報の調査と最終目標の共有を済ませましょう。
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__  あと免許再発行」
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }



             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ    「……再発行までは仮免許だったか。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7      仮免ランナー……なんという、浮ついた表現だ。聞くに耐えん」
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!



                    ..  --― -- ..
                 ,.ィ:.´:/:.´:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、
               /:.:.:.:./:.:.:.:.:/ ̄ `゙'' <:.:.:.:.ー-- ..,,
              /:.:.:.:.:..:/:.:.:.:.:/_ ..--...、   \:.:.:.:.:.r-- :.ヽ
              ,:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:./:.:.∠:.:./:.:`''<. ヽ:.:.:.:.\
                  i:.:.:.:.:.:./:.:.:.:..://:j:.:.メ、:./:.:.;:.\!:.:.:.:\\
             {:.:.:, -,:.:.:..:.:./ィf芋ミ、 /:.:.:../:./:.:.:|:.:.:.',:.:',.:.:',
              ',:.{ ,:.:.:.:..:, 《 泛沁 /:.:/:/_/-、:.:!:.:.:.:.}:.:i.ヽ!
              マ、,:.:.:.:.:./  .込ソ/イ j./んミ、:.:/.:!:.:.:.|:.:.|   「偽造の方の運転免許証もSINもありますので、
             _マ!:.:.:.:.:.{           { ヒソ リイ:.:ハ:.:.ハ:.:,    ランはそっちでやりますけどね。
            ,.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:!    , -- .、   /:.:..:/ }/ .j/
             __{:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:|ヽ  {   V  ,:.:|/  /       正規免許の持ち出しは、今だけ今だけ。
             (.:.:.:.__ ノ_ ',:.:.:.:.:.:,  \ 、.__ノ  .ィ:.:.:!        -, では、手続き行ってきます」
           {:/⌒ヽ \:.:.:.:.:.', / .≧= ≦{:.:.:.:.:|       ./ ′
          .′   ',  、:.:.:.:.:,.ハー  `ヽ |:.:.:.:.:|        i .!
          {        \:.:.:\リ     \:.:.:.:.、      | |
             ',         \:.:.:\  ー-..,,.マ:.:.:.\ r 、 .,  、
           ,      i  _.ノ:.:、:.:.:.ヽ 、    `ヽ:.:.\ }.ノ , }
                 !/:.:.:/^マ:.:.:.:.:.ノ  ヽ.    ',、:.:.:ヽ / , 、
           }     {:.:../ ノ へ_´        i .ヽ:.:.:.', /  }
           /      ∨ ´ ニ´..ヘ    i   .ハ }:.:.:.:.}、__ァ ,
           ヽ      ',     {/   ′  / ./:.:.:../   /
            ',\.      ',     .!       .i /:.:.:.:./== 彡
            ',     ノ {     .ノ        {{:.:.:.:.{     {

8218 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:49:29 ID:CNOOEYOn
ただし、正規SINってことはデータ紐付けしっかりしてるんで、
「警察署の目の前でついさっき壊した?はあ、運がいいのか悪いのかわからんお人ですね」
って対応はされることは頭に入れておこうな!
今回は大丈夫だけどw

8219 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 15:55:11 ID:rTFGG3J4
目の前に来てから割ったのも演出上の都合だしその辺はふわっと問題ないべw



8222 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:58:57 ID:F567kpfT
>>8218
ああ、それは私の理解不足だwww
まぁ、アミタさんにはその辺呆れられるくらいは許容してもらおう(雑)

8221 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 15:58:07 ID:F567kpfT


                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧    ―――テクテク.....
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´




             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   (……情報収集。しかし、非合法手段をローンスターの駐車場で使い、
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7     目を付けられるなどまっぴら御免被る。
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_    最悪、連れ扱いで来ている俺がなにかすれば、正規のSINを場に出して
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、   安全を買った彼奴にも累が及ぶ。
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ    となれば合法的手段で、【アタック】や【スリーズ】は使えんか。
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|    ……虚ろの夜とは思えんな。度し難い)
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

 【アタック】【スリーズ】ともに、分類は異なるが違法なマトリックス動作。つまりハッキングの一種。
 これらに分類する動作を使用した瞬間からGOD、demiGODに目を付けられ、「監視指数」という逆カラータイマーが
セットされる。

 逆に言えば、そういった動作を使用しなければGODやdemiGODに目を付けられることはない。
 主に「データ処理」に分類される動作(データ検索、ファイル編集、メッセージ送信などなど)をしている分には、
清く正しいマトリックス動作なので、GODやdemiGODの注意を引かないのである。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8223 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:01:32 ID:jAP6FKAI
機転の利くドジっ子?

8224 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:03:54 ID:UEgs2dYh
「お、お尻のポッケに入れたまま運転してたらちょうどここの前で体重かかってペキッと!」



8226 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:05:37 ID:F567kpfT
>>8224
草生えるわwwww

8225 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:05:13 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、  (―――さて。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!    するべきは敵の調査。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ     ……些か手間が要るな。不在の証明は難しい。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi     悪魔のリドル、か―――)
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

▼凄いぶっちゃけて、幾つかパターンが想定されておりますが、敵のデッカーの腕前と用心深さでかなり
  状況が変わります。そこら辺、ダイスで決めて、果たしてセト(廉価版デッカー)が裏をかけるかなど。
  ―――聞こうぜ! ダイスに!!

8228 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:08:15 ID:F567kpfT
用心深さ―――は、技能じゃなくてキャラクターの思考の領分だな。
あ、幾つかぶっちゃけます。

8229 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:08:31 ID:/t90AciS
けど尻にスマホ入れて画面爆砕とかあるからな…w

8230 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:16:58 ID:2gvK52zj
「なんで警察署の駐車場で免許壊したんですか?」
「ト イ レ 貸 し て」
で完璧だな!



8231 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:17:26 ID:F567kpfT
▼相手のデッカー

 メタに明言しますが、PC2名の視点では分かりませんが居ます。
 データ的にはサンプルのデッカーを元に調整した感じです。
 他の追手は分かりません。がんばれセト(廉価版)。

▼追手

 ぶっちゃけ居ます。戦闘員・電脳要員含めたメンバーです。
 彼らから電脳的・物理的追跡を受けながら、配達(陽動)をこなすショートセッションだった筈です。
 が、方向性が変わってきたのでそこらへんはファジーに調整していきます。

▼デッカーの思考、相手のスタンス

 振ろうぜ! ダイスを!!

8232 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:18:58 ID:F567kpfT
▼まず、デッカーさんの立場

【1D2:2】 1.雇われ(ランナー) 2.ヤクザの人員

1の方はフラット。2の方はやや積極的・能動的に動きがち。

8233 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:20:22 ID:F567kpfT
捕縛されたヤクザの幹部の証拠物件を奪い返すべく動いてるヤクザかー……w

▼能動性(高いほど行動がハイリスク・ハイリターン。低いとローリスク・ローリターン。後はセトとのダイス勝負)

【安価 ↓3】
1D70+30

8236 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:21:44 ID:j0E2Aisg
【1D70:35】



8238 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:23:11 ID:F567kpfT
そこそこ、か。

冷静さを失ってるわけじゃないけど、アニキ(仮)なり叔父貴(仮)なりの身柄を取り戻すために、結構強気に
打って出ている―――と。

8239 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:24:56 ID:F567kpfT
相手の積極性:65

これくらいならやりそうなマトリックス動作に幾つか心当たりがありーの。

8240 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:29:38 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

▼セトの判断

1~3.適切な対応を取れる
4~6.あまり適切ではない
7~9.ダイス数成功数次第では適切になる
10.熱烈歓迎

【安価 ↓3】
1D10 ぶっちゃけ「じゃんけん」に近いので、相手の出す手に対してセトの取る行動がどう意味を成すか

8243 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:30:18 ID:2lJufsj3
【1D10:8】
うーんこわい



8244 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:30:23 ID:F567kpfT
これGM任意で決めちゃうと、NPCもPCも一人で動かしてる都合上、「TUEEEE!!」も出来ちゃうからな!!

8247 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:32:10 ID:00bpd/UQ
ダイスかどうなるのか楽しみだ
そして女神がチラ見してるんですけどwww



8248 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:44:15 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ   (―――アストラル、は、依頼人に責任を取って貰うか。
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、    俺より、事情に詳しく正規SIN持ちで使い捨てられにくい
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     アミティアから交渉させたほうが良いが―――。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ     マトリックスは俺の庭。面影糸を巣と張る、蜘蛛の領域。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi      もし、監視があるならば―――)
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

▼行動:マトリックス知覚を行う(コンピュータ技能+直観力)

【10D6:45(4+5+6+5+4+5+6+4+1+5)】

▼相手の隠密力(論理力+機器の【スリーズ】)

【10D6:34(4+1+6+2+6+2+4+1+2+6)】

8249 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:44:33 ID:F567kpfT
圧 倒

8250 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:46:32 ID:F567kpfT
[データ処理]が上限(リミット)なんで、セトの成功数は5。
相手の成功数は3。

―――「メチャクソ面倒な場所に居られるけど放置もできないんで隠れて監視」していた相手デッカーのアイコンを発見します。
あ、待って。相手ホットシムだからダイスに+2個されるわ。

【2D6:10(4+6)】

8251 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:46:39 ID:F567kpfT
うん、でも見つかったわ。

8252 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:47:32 ID:Lq+ZTJ12
相手も派手に腐ったわけじゃないんだがセトが本気すぎるwww

8253 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 16:47:56 ID:2gvK52zj
相手も悪くない出目なのに握り潰しおった



8254 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:50:10 ID:F567kpfT


  -=- .,_
  ~'' ‐ニ三二ニ=‐  .,_
         ̄~ '' =三≧=-  .,_
            -‐¬冖冖¬ミ三==- .,_
      _,,..-‐======---==‐- ミ~''ー==ミ=- ,_
    `ヾ二二二二二二二二二二二二二≧ミ,=ニ二_ニ≧- .,
      \ニニr'''"´ ̄ /=/:: ̄.~. ''. .‐=二_ニニニ≧ミ, ~~'' ‐-ミ丶
        ⅥΛ    {Ⅳ:: : . . . . . . . . . . . ~. ' <ニニ≧ミ,   \、    ―――キュイイイ......ン
        ∨Λ    {ニ! : : . . . . . . . . . . iI!. . . . . ~'<ニニ\   ヽ::.
.          ∨Λ   Ⅶ:: :... . . . . . . . . . |I|. . . . . . . . .~'.<二\   ゛:.
         ヽΛ   V';: :. . . . . . . . . . .|I|. . . . . . . . . . . . :}7\ヽ   :.    【コンタクトレンズに仕込まれた
          \、   V';: . . . . . . . . . . lI!. . . . . . . . . . . ./,′ ヽ:.   .     ARリンク使用中】
                ゛    \、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . //     ゛,   .
              丶    \ 、 . . . . . . . . . . . . . . . . .イア   ′  ,    .
               丶    ` ミ :.., .... . . . . . . . .. //         ′   :.
                     \     `` ミ=zzzz=彡 "     ′
                 ` ミ::.,        ̄       ,/
                       ` ミ==zz---zzz==≠´
                          ` ー==-‐'"´





             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   (―――嫌になるな。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7     流石に安物が過ぎる。サイバーデッキはアタックやスリーズが可能な
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_    現行唯一の機器だが―――。
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!   データ処理とファイアーウォールだけを考えていれば、
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!    少し高めのコムリンクを通して処理したほうが安定だ。
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|    だが、これには利点もある)
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!

8255 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 16:53:11 ID:F567kpfT
あ、立て続けにごめん。

「サイレント状態(要は隠れて、相手から見えなくするのに処理能力割いてる状態)だと、
 そっちに処理容量割かれるんで全判定-2」

というのを見落としてた。だからさっき降り足した分をやっぱやめで、5成功 VS 3成功で純ヒット2だわ。

8256 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 17:02:56 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、     (知覚をARで、コムリンクをペルソナ・アイコンとして行っている。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!       デッキは未起動。向こうには、俺がデッカーだということは
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|       早々分からんだろうし、まさかデッカーでもない相手に
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ        見つかるとも思うまい。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -  ―――まして)
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔






___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                囗 ロ   。
                 ロ []      ロ      。
                   ロ ロ   ロ           ロ
                   囗ロ []  []        ロ
                   [] ロ    囗    []        ロ
                    □ □ []   ロ
                    囗 []   ロ    []
                      [] ロ  []   。            。
                     囗 ┌┐[]   ロ    ロ
                      囗└┘  []   ロ
                       囗 ロ    ロ       ―――ザザ、ザ.....
                      □ []   ロ     。
                       囗ロ  。
                        ロ ロ
                        ┌┐  。
                        └┘ロ
                        囗ロ





___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   (こんなセキュリティーの高い場所でのサイレントアイコン。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     ―――間抜けが。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|     
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ      腕と機器は良いのだろうが、無駄が多くて話にならん。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi       あれでは、こちらが探る気になれば容易にアタリが付く。
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , - さて―――)
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

 マトリックス知覚での純ヒット1つごとに、GMに1つの質問が可能になります(P237参照)。
 質問内容は同ページに一覧ありますが、セトの質問権は2つ。

 GMの勘違い分含めて、セトはざっくり2つの要素を獲得します。

「サイレントアイコンの有無の確認」 ← サイレントしてる相手を探すのにまず1ヒット必要
「そのアイコンが最後に実行したマトリックス動作とその時刻」

 です。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8257 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 17:06:45 ID:F567kpfT


             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   (形跡は―――【アタック】は迅速だが目立つ。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7      【スリーズ】で干渉されたな。これは―――)
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!

▼相手デッカーさんが取った行動:【1D10:6】

1~3.アミタのバイクにマークを付ける
4~6.アミタのコムリンクにマークを付ける
7~9.セトのコムリンクにマークを付ける(地雷)
10.熱烈歓迎

8259 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 17:12:54 ID:YJsXVhk6
アミタさんアデプトだから致命的ではないけどスマートリンクが使えないのは辛いなぁと。

8260 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 17:15:22 ID:Lq+ZTJ12
「幸いここは警察だ。置き忘れろ」と頭によぎってしまったww



8273 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 17:38:32 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   (盗聴用か、状況監視用か。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     アミティアのコムリンクに干渉したか。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ      だが、ログの時間を見るに、俺とアミティアの有線通信後。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi       むしろ、有線通信後に行動パターンを変えた俺達を警戒し、
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , - 多少の危険を冒しても干渉しようとしてきたか。
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /   ―――が、甘い)
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

 マーク。認証識別キーのことで、要はアクセス権限。
 ハッカーは機器に不正にアクセスする際に、「マークを付けて、そのマーク数(権限度合い)に応じた干渉をする」か、
「バレるのお構い無しで強行突破する」の二択がある。

 電源落としたりクラッシュさせたりするのにはマークが多く必要だが、通信傍受程度なら(マークを付けた上で、
更に判定が必要だが)1つでもマークを付けていれば可能。
 相手の通信担当のコムリンクなりなんなりにマークを付けて傍受するのは、電脳戦の基本中の基本っぽい
気がしないでもない(デッカー初運用中GM並感)

 とはいえ―――

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8274 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 17:54:37 ID:F567kpfT


                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧    ―――カツッ
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´



                _/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:\
          >.:´:/:./:.:,.:-―:.:.:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:ヽ
          /:.:.:.:.:.:|:.:|/:.:.:.:.,:.:.:.:.> '' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `゙ <:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:',:.:.:..::.',
       /.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:|:.:.:.:.:./, ''´               ` <::.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.
       :.:.:.:.:..:.:/:.ト:.:ヽ:.:./       _____        |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i
       :.:.:.:./:.:.:.:.|:.:.\ ー- zz:.、"´:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i`゛''<    .!:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:
      :.:./:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.//:.:..:.:.:.):.):.:i:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:..:.`゛< .|:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.!
      :/:.:.:.:.:.:.:/:|:.:./:.:..:/:.:.//:.:.|.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:..:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`i:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|
      :.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i!:/:.:.:./:.:.:.乂==、:.|.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.r、:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|
      :.:.:.:.:.:/:.:.:..:.j/:.:.:./:.:.:i:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:|:.:./ヽ V:.:.:.:.:!:.:.,:.:.:.;   「迂闊………ッ!
       //:.:.:./:.|:.riト、:.:.:.|:.:.:.:.:.:,:.:.:i.:.:.:.:.:;:.:.:.:..:.:..:./ }:.:.:.}:.:.i:.:.{  ヽ∨:.:.|:./.:.:.:,    紐付けがしっかりしてるから、
        ./:.:.:./::.:.|:} } }:.:.:.|:.:.:.:./|:.:.:|:.:.,:./:.:.:.:乂_/_ |:.:/:.:iヽ:.:',  ', ∨|-、:.:./    どこで破損したか程度くらいバレますよね。
       /:.:.:./:.:.:.:j' .′, j`ヽー'-!-斗:.:/!:.:.:.:.:.:.:.,'  丁; !-:. \、   ',. i|  ∨
          /i:.:.:.:./ / 〃 ム:/ j:.:./ j/ |:.:.:.:,:.:./  .j/ i:.:.:ハ  ヽ  .i || } }    『はぁ、警察署の前で壊したんですか。
         |:.:.:/ / ./  ィf弍芋沁ミ、 |:.:.:/:/  ィf芋竺弐ミ}   i   | || //     奇特な方ですな』とか言われて……!
         {:.:.{ {  {  〈 っ泛zzツ  .j/j/   込 zz ツ′ {  ! {|.イ、
          ',:.:.、 ',. ',  マ ///////////./      /|:.:.:.:Y    『まぁ、ついでに再発行手続き出来るんで
          ',.:.i:, .', ',  ヽ///// j! //// ./       /:.:!:.:.:.:.}     運が良いと言えば良いですが、何か
            .>|:.',  }   \//////////     ./:.:.:.|:.:.:..ハ      ご用事がありましたか?』と聞かれて、
          / |:.:.:、      \u         ,  /     /|:.:.:.:.:! ̄` <    『トイレ貸してください』としか咄嗟には……」
             |:.:.:.:.ヽ       ', ` ー -―- ^′ ィ{     ./{:.!:.:.:.:.|      \
           ,:.:.:.:.:.:.:.\       }>       < .ハ    /  ヽ.:.:.:.:,  .. --‐ マ
            /:.:.:.:.:.:.:./ ',    /   .≧==≦     }  /   {:.:.:.:.:, ´    }
          ./:.:.:.:..:.:.:/ _j_   i           /}/    ハ:.:.:..:',     ′
         ,:.:.:.:.:.:.:.:/ }    ≧ 、 ー- 、     _ {=彡    /  ヽ:.:.:.:,    /
          :.:.:.:.:.:.:./ /       \   ',   /´  .ヽ         {:.:.:.:',   ./___
         :.:.:.:.:.:/ }  i       /          /}     /.    ',:.:.:.:.:.、 /:.:.:.:.:ヽ
         :.:..:.:/ /  j      / \ __ 彡  、  /       ',:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.}
         :.:.:./  {        /           \        ヽ:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ー..、



                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、  「戻ったか。まぁ、(どうでも)良いのではないか?
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!    それより、1時間程度この辺りに滞在するぞ。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|     昼食でも済ませてしまおう」
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



                    ..  --― -- ..
                 ,.ィ:.´:/:.´:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、
               /:.:.:.:./:.:.:.:.:/ ̄ `゙'' <:.:.:.:.ー-- ..,,
              /:.:.:.:.:..:/:.:.:.:.:/_ ..--...、   \:.:.:.:.:.r-- :.ヽ
              ,:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:./:.:.∠:.:./:.:`''<. ヽ:.:.:.:.\
                  i:.:.:.:.:.:./:.:.:.:..://:j:.:.メ、:./:.:.;:.\!:.:.:.:\\
             {:.:.:, -,:.:.:..:.:./ィf芋ミ、 /:.:.:../:./:.:.:|:.:.:.',:.:',.:.:',
              ',:.{ ,:.:.:.:..:, 《 泛沁 /:.:/:/_/-、:.:!:.:.:.:.}:.:i.ヽ!  「何かあったんですか?」
              マ、,:.:.:.:.:./  .込ソ/イ j./んミ、:.:/.:!:.:.:.|:.:.|
             _マ!:.:.:.:.:.{           { ヒソ リイ:.:ハ:.:.ハ:.:,
            ,.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:!    , -- .、   /:.:..:/ }/ .j/
             __{:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:|ヽ  {   V  ,:.:|/  /
             (.:.:.:.__ ノ_ ',:.:.:.:.:.:,  \ 、.__ノ  .ィ:.:.:!        -,
           {:/⌒ヽ \:.:.:.:.:.', / .≧= ≦{:.:.:.:.:|       ./ ′
          .′   ',  、:.:.:.:.:,.ハー  `ヽ |:.:.:.:.:|        i .!
          {        \:.:.:\リ     \:.:.:.:.、      | |
             ',         \:.:.:\  ー-..,,.マ:.:.:.\ r 、 .,  、
           ,      i  _.ノ:.:、:.:.:.ヽ 、    `ヽ:.:.\ }.ノ , }
                 !/:.:.:/^マ:.:.:.:.:.ノ  ヽ.    ',、:.:.:ヽ / , 、
           }     {:.:../ ノ へ_´        i .ヽ:.:.:.', /  }
           /      ∨ ´ ニ´..ヘ    i   .ハ }:.:.:.:.}、__ァ ,
           ヽ      ',     {/   ′  / ./:.:.:../   /
            ',\.      ',     .!       .i /:.:.:.:./== 彡
            ',     ノ {     .ノ        {{:.:.:.:.{     {



             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「何も起こさないようにするためだ」
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

 ―――ハッカーが違法に付けたマークは、そのハッカーが機器を再起動すると消去される。
 また、違法にマークを付けるという動作を行ったため、敵デッカーは(厳密にはダイスを振って決めるべきだが)
逆カラータイマーとでも言うべき「監視指数」が蓄積を開始している。
 そして監視指数をリセットするには、一旦機器を再起動してマトリックスから出るしか無い。

 一度【アタック】や【スリーズ】に分類される行動をすれば、時間経過で監視指数が上がっていくため、待っていれば
敵ハッカーの付けたマークは消える。
 まぁ、マーク1つでも色々やれるが、現状で有効な手段はあまり無いだろう。(ただ自分の存在がバレやすくなる
だけな気がする)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8278 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:04:25 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ   「お前のコムリンク―――トランシス・アヴァロンだな。
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、    最高峰の処理能力とファイアウォールを持っているが、
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     所詮はコムリンク。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ     本業のデッカーに干渉されては、多少の防壁にはなれど、
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi      完全にその侵食を止めるのは不可能だろう。
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,   許可が得られれば後で精査させて貰うが、その身には既に刻印が
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /  刻まれている可能性が高い」
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



          -=、ー 、      -―-
            \: : ', , . : ´: : : : : : : : : : > 、
             , -ヽ:i!: :,  ´  ̄ ̄ ̄ `', : ヽ:ヽ
              /: :ィ: イ  ィ: : :, ̄ ̄ ̄: `|: : : !: :∨
          /: : /: !:/. ´: /:i: :,′: : /:/イ: :|: : : |: : :∨
          / : /: :.|/: : : λi: :|: : : :/イ示ミヽ: :..|: : : |
         ,: :.イ: : :.|:i: : : ィ示ヽ: : /i/ ら刈.|:i! : | : : i
            ,:./ i: : :i:|:i!: :〃ら.刈: / / 弋汐|: : : |ヽ:,′
            レ .| : ハ|∧: |. 弋汐     ' ' ' |: : : | /′
            |: i ',:i: ヾi ' ' '  ′    u |: : : |:/   「あー……いわゆるマーク付けられた、と。
               Y  ヾ!: 八     ,、   |: : : |'      ぞっとしませんね。消せないんですか?」
            |    ', : : >    _  イ i!:.: : |
                  ,: : : :ヽ  i: : |    i! : : i!)
                ',: : : : ヽー ' --- 、 |: : : |、 _
               /.ヽ: : : : |      ||: : : |. . . . .ヽ
                i . . ヽ /ヽ     }ヾヽイ . . . . . i
               |. . . .////!      |  Y. . . . . . ,′
               |. . . .i   |     |  | . . . . . ,′



                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/   「可能だが、向こうに手の内を見せてやる道理もない。
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/     せいぜい、断裂の免罪符に怯え、自ら刻印を消して
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'       身を隠すまで、待たせてもらおう」
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【解説】

 マークを消す動作は【アタック】。消す動作をした瞬間にセトがGODからの監視指数を与えられ、逆カラータイマー開始。
 それは別にマークだけ消してすぐログアウト再起動すれば良いのだが、【アタック】に分類される動作が可能という時点で、
デッカーかテクノマンサーであると証言するようなものである。

 現状、セトがデッカーであると判断できる要素がないため、情報を渡さない事を優先。
 時間経過で敵がタイムリミット近付いて勝手に消えるのを待つことに。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8279 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:11:27 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   「一応、精査は可能だが。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     何にしても、刻印が消えた後にすべきこと………。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ     情報は晒さず、そして一方的に収集をするべきだ。
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi     今は巧緻の時間としよう」
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



          -=、ー 、      -―-
            \: : ', , . : ´: : : : : : : : : : > 、
             , -ヽ:i!: :,  ´  ̄ ̄ ̄ `', : ヽ:ヽ
              /: :ィ: イ  ィ: : :, ̄ ̄ ̄: `|: : : !: :∨
          /: : /: !:/. ´: /:i: :,′: : /:/イ: :|: : : |: : :∨
          / : /: :.|/: : : λi: :|: : : :/イ示ミヽ: :..|: : : |
         ,: :.イ: : :.|:i: : : ィ示ヽ: : /i/ ら刈.|:i! : | : : i
            ,:./ i: : :i:|:i!: :〃ら.刈: / / 弋汐|: : : |ヽ:,′
            レ .| : ハ|∧: |. 弋汐     ' ' ' |: : : | /′
            |: i ',:i: ヾi ' ' '  ′      |: : : |:/   「……うーん、マーク付けられてる状況って
               Y  ヾ!: 八     ,、   |: : : |'     気分の良いものではないんですけど。
            |    ', : : >    _  イ i!:.: : |
                  ,: : : :ヽ  i: : |    i! : : i!)     じゃあ、とりあえず、どうします? 何か食べるにしても
                ',: : : : ヽー ' --- 、 |: : : |、 _    あまりここから離れると、せっかくの安全地帯の意味が
               /.ヽ: : : : |      ||: : : |. . . . .ヽ   薄れますよ」
                i . . ヽ /ヽ     }ヾヽイ . . . . . i
               |. . . .////!      |  Y. . . . . . ,′
               |. . . .i   |     |  | . . . . . ,′


▼すごくどうでもいいダイス

アミタの食の好み

←薄味 【1D100:63】 濃味→
←甘党 【1D100:93】 辛党→

セトの食の好み

←薄味 【1D100:87】 濃味→
←甘党 【1D100:51】 辛党→

8281 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:14:35 ID:F567kpfT


               __
            /      ヽ  >..-- ― -- 、
              /   >---...、/:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:.:--.、:.:.、
           /  /:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.> --― 、:.:.:.:.:',:.:.\
          ,  ∠ --=ァ:.:.:./.:レ ´  __  --=ヘ:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
            |    /:.:.:.:.:!:.:.i,,..ィi:.:.:.:.:.:.:.、___!:.:.}:.:.:.}:.:.:.:.:.:.',
            |   /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:./{';.:ト.:.:.:ハ:.:.:.:N |:.:.:.|、:.:.:.:.:.}
             {    |:.:.:.:.,ィ:.:.:|:.:.|X:.:! ヽ ヽ{ 三三.!:.:.:.! }:.:.:.:..!
             |:.:.:/ /{:.:.|:.:.|三三      ,,, |.:.:.:| ':.:.:.:.;
             j:./   !:.i!:.:!             |:.:.:.|:.:.:.:.:,   「近くに激辛専門店とかありませんかねー」
             /    ヾ|:.:| ''   , --,  ,:.:.:.! 〉:.:/
                     |込      ゝ- i  /:.:./ィ:.:.:.:ー、
                        ',.:.::.≧==--  ij /:.:.:/ 〈:.:.:.:.:.:.:.}
                       ',:.:.:.!_ _ノ----{:.:.:.{-―-..、:.:.:ノ__
                  /∨}:.:.:};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レi:.:.!;;;;;;;;;;;;;;;',:.:.:.:.:.}
                  ヽ ヽ:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:.:.|;;;;;;;/⌒}:.:.:/
                  i;;ヽ!:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:.:.!/  /i:.:.:.:.`ヽ
                  |;;;;;;ヽト!\;;;;;;;;i;;;;;;;;;;|:.:.|  ヾ;;;;;;;|⌒{:.:.:.:}
                  |;;;;/ /   \;;|;;;;/|:.:.|   ',;;;;;;! 乂:.:.:、
                  |;;i′{     只  レレ i  };;;;;i   }:.:.:.:.}
                  |;;;,  !   ---|--    }  ハ;;;;|  〈:.:.:./___
                  |;;;;', ',     !     , /;;;;;;;;{  /}⌒ヽ /


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   「別に、辛いも甘いも好みはないが。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     やはり味の濃い物が食べたいものだな」
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――十数分後。

 執拗に周辺の飯屋の情報検索を続けるアミタのデータ通信を傍受して(ついでに傍受で無駄に監視指数上げて)いた
敵デッカー、呪いの言葉を吐きながら撤退。

 予定より早くマークが消える。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

8283 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:15:06 ID:EiopPwpV
ちょっと我慢して普通の店にいけばどっちも問題なさそう

8284 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:19:06 ID:0oN/cGE4
93の辛党なら七味系の調味用持ち歩いてそうw



8285 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:22:04 ID:F567kpfT

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――マーク消滅確認後。

 (敵からの電脳空間での干渉を警戒しながら)レストラン

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.      |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  Ⅹ t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ Ⅹ   .Ⅶ  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <
.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` .<
                      || |イ         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` <
                     ムソi> .         , イ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                    //ノ`<i i i ≧==≦ i iソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                   `≦    ヾミー=二二=彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>        ` <





           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/    「―――と言う感じで陽動に使われたっぽいんですけど。
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ    ダージリンさん、どこまで知ってました?」
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                   ´            `丶、
                  /               \
                            \
             /       /               |
                      / /|     |│    _,人_  |
               | |    ,' |     |八 /   `Y|   |   「―――それで、お食事中に連絡ですの?
                八|   │| 八  │イ\    j  |_    ああ、紅茶はお持ちかしら?
        |二| ll   |   Τ|¬ト\   斗テ允ァ| ∧`Yい
            |    |   |ャテ允 \∨ Vツ │ _丿人ノ   やはりランチタイムにも紅茶は欠かせな―――」
          ─  ll     | 小. Vツ ,     '''  |厶イ_ノ_)
          ̄/    \|\}人'''   、 ノ   /し人_丿
          |│      `て> _    イ\_
              丿ツ     {{::⌒し/`ア__/  / ̄ ̄ ̄}}
                  ∨ ::::〈_xく.     /:::::/::::::::::::|
        (⌒(\____     冫::::/〉∠\_/ ::::Υ:::::::::::::::::|
        oと_ニ二二つ)  /.:::::〈//:: ¬ :::::::| :::::::::::::::::|
        。 (\______/ /::::::::::::::::::::::::::(_/:::::::::l::::::::::::::::::ノ   【フィクサー ダージリン】
         `ア二二∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::/〉
            〈\:::::::::人::::::::::ニ二:{::二::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/
          \::::::::::::::丶::_::::::人:::::::::::::::::::/|/:::::::::::/
                \:::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::: ̄::/::::::::::::/
                 \__/::::::丶:::::::::::::::::::::イ:: /:::::::::/
              /::::::::::::\\ :::::::::::::: |∨ ::::: /


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.  /:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:\
/⌒/:.:.:./:.:.:./:.::::.:.:.:._-‐…===…‐- _:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:..
.   /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:/'' _ -‐…==…‐- _  -=i:.:.:.:.:.:i:.:.
  /:.:.:/:.:.:./:.;:.:.::.:.iイ:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/:./≧ : |:.:.:.:.:.:|:.:i
 ,.:.:.:/:.:.:./:.:.i:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/:./:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:.:.八|
 ,.:./:.:.:.:.' :.:.:|i.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/:./ :.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:,:.:.,    「―――騙す気でしたか?」
 i/ i :.:.:i:.:.:.|i:./:.―――=ミ :/i:.:.:.:.:.:,i:./斗匕从:|:.:.:.:/:.:/
 l:  :.:.:/|:.:.:.|:,:.:.:. x竓芋示ミ , :::://x竓芋示x:.:.:.:/∨
   l:.: |:.:.:.|:i::.:.:.. 伐rイ:爪j // / irイ:爪j リ:.:.:., }
   |/ |:.:.:.|:l:.:.:.:.i 乂辷:ソ/     乂辷ソ /:.:.:.::| /      /
   { 八:.: |:i:.:.:从  `¨¨¨´       `¨¨¨¨イ:.:.:.: |     /}
      \从:.i:.:.:.、              l:.:.:.:.::|     //
         ヽ:.:.:.:\   `   '    / :.:.:.:.::|  ,//v ´
           |:.:.:.:个        イ-- |:.:.:.:.:.:.// /
           |:.:.:.:.:|...l ≧=-=≦ ノ===i|/彡'/ /  /‐┐
≧s。,_  ―   、 |:.:.:.:.:|=┐  |--|   |..../  /7  /  /
≧s 。_  ≧s_ ....... |:.:.:.:.:|...||i____| -i|i______|イ  / <   イ  ///
    r--=ミ i≧,,|:.:.:.:.:|,,,||  (◎)  人 /~ ̄ ヽ,/ /////
     iY_______Y==|:.:.:.:人..\ 、______r≦⌒〔| =====i i /\/////
=≧s。 乂 ̄ ̄人,ノ:.:./............../ --- ゝ_____人 --彡' > ⌒)//
r―――====彡i:.:.:.:.{.............//[______] ∨:.:.:.:ヽ√ /   r≦////
\―― 、 ノ  \:.:.:.:.、..... /∧_____∧V:.:.:.:.__/    ̄ヽ∧ ∨
//|....r  ´      \:.:.:、.// /::::|:::::ヽ i i..../      _ ノ: :∧ ∨
//|....r―          \ノ --く::::i|::::::::i i i:::        ノ_∧ ∨
//|....rー        /'    \:::::::_| |___i           ) r´
ゝ''∨乂r--、     /     { ̄    ∧       イ⌒V
  |∨  |:.|:.|≧=-- く    __/ |:|     ヾ     / i| }/
  ゝ< ゝ __i -    ̄  |:|       _r  ̄ゝイ<.../
      ̄ ',  ̄ '        、:、      ハ   /---
       ',               \:、    /     /
  _    ∧         个 _  ̄       /
 /:.:.:.:.:.\/:.:.:.:.、____  <.......... |..........>      /
,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂:.:.::.人     i...........|.............|    ¨´{



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                      -==-
                  。s≦         ≧s。
                 ィi〔                  〕h、
            //                      \
           /-‐  ̄   ─ 、       \         ヽ
         イ               \       \  ヽ:.:.:.,  ヽ
          ./ !      {、        ∨     \   \、   ヽ
        / {      .v\          ∨       ∨ 、 .∨  }
               ∨:.\    __∨    ∧ ∨ \∨  !
       ' i   i      ∨: : ~'<  、___∨       ! !    ∨ i!__
       i |   ' \    ∨  i/ ``~、、~',       |从!〕iト、_ { .\
       i |    ':.、 )h、  、   ィ尓示ミY i i    リ __ ',:.:.:}/ ̄\  ,'
       i |,   ',:.\ヽ  、 \ i/ 寸し:} } !∨ /}'´  }、/    Y/
       i | 、   ∨:.:.ヽ)h、 〕iト   乂ヽツ i/ ∨'  )ノ ,イ:.:.\    リ}   「―――………」
       i | ∧{ヽ ',:.:.:∧弋h            }ノ  _〃从Υ~ヽ ,イ_i!
      ∧ , ∧, )h、、:.:∧ 刈             /:.:   '乂__ノ~~´
         ∧,  ヽ  ヾヽ∧  ヽ           /:.:.:   ,
         .∧         、      ノ      , ':.:.:.!    }
                     )h、 `        /:.:.:.: }_、+''"~ ̄}
                     ≧s。    /!:.:.:. ィ(     /!
                      ___〕≦/イ     __'__}
                   /-=ニニニ/)∥   ィi〔ニニニ=-∨
                      /-=ニニニニ/´∥  /.ニニニニニ=-∨/
                     ,-=ニニニ,イ::/7._/ニニニニニニニ=-}


←ごめんて 【1D80:15】+20 フォロー・信頼有り→

8288 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:24:16 ID:F567kpfT

              _ニ=- … ‐=ニ _
           >''´-   ―ミ   `''<
         ァ'′         `'<   ヽ
      //            \.   ∨
.     ,'    ,'        \        ', V
     /      i!     ',    ヽ    ', ',}  l
.     ∥.  | |. ハ . l.   ハ 、    Y  ', . VV. |
.    | |   | | |__| ハ   l―ヽヽ、 .|   |  | |. ハ
     ', l  从ハ 从_ヘ { ,zzzzzzァ|   ハ / ,'.从
.    ゝ'、  マ竿ミ  ゝ   う uリ∥./イ 八//,ィ-、
      ゝ乂 ゝぅソ     ¨¨〃イ _..イァ'ヽ Y⌒
          ハ`   、   ""  ,ィ!ニ八 ノ ノ
              、   _  ,   . イ:::|-(_ ノ¨´  「騙す、という事はとてもとても。
             / ̄Yヽ _ ,ィ:::::  l__`´      ただ、陽動でしたか。そうと知らずに依頼を仲介したのは、
           ァ'´ ̄」_」./,ィ┴‐''^´ _〉       お詫びさせていただきます」
           {. ヽ _) //,ィ:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i',
         }  ノ. ,イ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:il
          /廴ノl.,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i}
          /:i:>''´>:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:il
       {アゝ=彳:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:l
.       ,イ:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:l
      {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:iV
.       ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i:iヘ
        ,ゝ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
.      |:i:i:≧=-:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:ii:i:i:i:i:ハ
.       マ:i:i:i:マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                      ___
          , -ー‐- 、   , ..<: : : : : : : : : : >.、
        ,イ    ,.. -ーヽイ: : : : : : : : : : : , イ  ̄ヽ: :\
        /  , .:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ
      /   ,.' : : : : /  ̄:`: : : : : : , -――- _ヘ : : : :∧: : :∨
          /: :/ : : /: : : : : :,  '"  _____ ∨ : : : ',: : : ∨
       /: :/: : : :i: : : : /"  , <:: : : : :!: !、: 、:>',: : : : :',: : : :.
      ,': :/: : /: :!: : : /, イ: /: :ハ: :i: : :i !:i !: :!、: ',:', : : : : ',: : :..'
       !: /: : :i: : :!: : : !: :!: :ハ: :i   !:.!: : i i:! !: ハ: i!:.',: : : : :iヽ: : !
       !/ !: : :!: : i!: : : :!: !: :! ',:.!‐. i: i : / / ,ィ示斥ヽ、: : : :i! ',:,′   (お腹の底がなー。見えないのがなー……)
      i!. !: : :!: : i:',: : : !:.!: :!,.ィ=、!/!:/ /  iっ:::レ:! アi: : : : !. /,′
        ', : i!: : i: ',: : :i、:!〃 !::刈 /'     弋z汐 .i: !: : : :i!イ/
        ',: i.',: :i'、:',: : :ヾ,ヾ、弋武'   ,      /イ: : : :i!./ : : >、
         ヾ',.',: i ',:i! : : : ', `           / !: : : :!: : : : : : :i
          ヾ.ヽ', i: : : : :!、    r====  u /i: : : :ハ: : : : : :/、___
            ヽ i: : : : :!:.ヽ、.  ∨__ノ _イ / : : /:7ヽ、, イ::::::::::::::::::::`ー―-<
                 !: : : : : : ! ≧   _ i i´::::/: : : /:::i!/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',ヽ
               ,': : : : : >'>イi!     ',',:::,': : : ,'::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',::',
             /: : :,イイ":::::::::::rー、,イ. ̄ ',',i : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! !::',
               / : : ∧'、:::::::::::::::::!  i!   i i: : /!::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::,ィニニニニヽ::!
            /: : : : ,ハヽ::::::::::::,イ / ̄ヽ .//!: /:i:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::://. . , -ー‐< .ヽ



                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   「なんにせよ、追手の存在と干渉は確認した。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     デッカーがアミティエのアイコンへ刻印を刻んできたからな。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|     俺達の情報が件のヤクザに流されているのは確かだろう。
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ        フィクサー
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi     で、紡ぎ手。不始末をどうにかして貰おうか?」
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      //       /           ヽ\
     '/          l   l          ヽ',
    〃         /   li             ヾ、
    ' /       / |  |',   l    ',     l}
    ' /         '    |  | ',   ',     ',       }
   ′  |   _/ ---ミ _  ', 丶--ゝ、 _  l     }
   l / /   l ‐l´/    Vli   ',  \ ゝ\``ヽ    }
   |.|l |  {  l/,ィ笊符斥V\、丶 ,ィ笊符、ヽl     l
   |.|l |  {  ハlf rィし l}    `ーゝrィし l )〉ア  /  /
   |八|', { 、 ヽ ヾ ∨zり        ∨zソ ' /  イ//   「―――あら。
      l ゝY \ゝ       ,       ノイ /  ヽ    まぁ確かに……依頼した内容と異なる状況ではありますが」
    ( i \ゝ ト-              /  ィ   ノ
    人ゝ  ーヘ      ー  ‐     /ィ´⌒ vく
     ゝ ヾ     >           < ゝ  _ノ
      ⌒ゝ __ノ 〕  _   〔寸   __ノ
             / |     | ヽ  ̄
           _/  Y     У 丶、
         ィi〔l|  ∧    /   lニ〕iト
      ィi〔ニニ    ∧  /     lニニニ〕iト
   .γ´ニニニニ    ,ャ_∨_人    .lニニニニニ\
   /ニニlニニニニl  / Y////Y \   lニニニニニニヽ



               -──-=ニ _
            <        >    > 、
                  /        `ヽ
       /        /            \
      /                   /
       /         /         . イ      ム
      ./        /   /         / |         ム
           /  .イ       ー/--ミ        }
     {   {      {从.      | /  八\    .小|
    .八   '.  │    >={    .| 7    V   / } ./ .j
       V  ',  |   / ヘV   小{ 、 __  V / .ム'   「あなた方への依頼は、あくまで『配達』。
      V\ ', ハ  ( ( Y \{  |   ヾミ  ( V./      それがフェイクの陽動だろうと、そうでなかろうと、
       V 彡ヘ  \ー   \{       Y         頼まれた荷物を目的地まで届けるのがプロフェッショナルでは?」
       (    人    ー           /
      イ  Y )⌒\   j       (_ア
      弋  イ⌒Y  ハ /        /               __
        V_匕人/ \    /⌒)¨´                / /
           /ニ|   \  { 寸                 / /
          /ニ二|     >)__ \__              / ∧寸Yヽ
         /ニ二二|  イ、 `Y:i:i:i:iYVニニニ            / .ムイノノヽ)
      イニニニニニ二|/ニニニ\寸:iリ Vニニニ.           /   イ寸}
       |ニニニニニニニニニニニニ二\V:iム |ニ{ニニ         ∧   | 丿
       |ニニニニニニニニニニニニ二二\寸|ニマニニ      r匕ニニ=ー-r
       |ニニニニニニ|ニニニニニニニニニ二\|二\ニ      /ニニニニニニ<
       |ニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニV    /ニニニニニニニノ





___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`   「その為に打てる手を打つのもプロフェッショナルだ。
           }"ム-------Ⅶーァ      追手の存在が確実。電脳支援あり。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_     では、次の問題は魔法支援だ」
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!

8306 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:49:32 ID:F567kpfT


                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/   「ウォッチャーならば手早いし、リスクも低いだろう。
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/     召喚、使役によって、こちらの追手に魔法使いや精霊が
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'       混ざっていないかの確認がしたい。
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,        そちらのコネクションで、そういった事が出来る輩を
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ  手配して欲しい」
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ´            `丶、
                  /               \
                            \
             /       /               |
                      / /|     |│    _,人_  |
               | |    ,' |     |八 /   `Y|   |
                八|   │| 八  │イ\    j  |_   「そういうことでしたら―――」
        |二| ll   |   Τ|¬ト\   斗テ允ァ| ∧`Yい
            |    |   |ャテ允 \∨ Vツ │ _丿人ノ
          ─  ll     | 小. Vツ ,     '''  |厶イ_ノ_)
          ̄/    \|\}人'''   、 ノ   /し人_丿
          |│      `て> _    イ\_
              丿ツ     {{::⌒し/`ア__/  / ̄ ̄ ̄}}
                  ∨ ::::〈_xく.     /:::::/::::::::::::|
        (⌒(\____     冫::::/〉∠\_/ ::::Υ:::::::::::::::::|
        oと_ニ二二つ)  /.:::::〈//:: ¬ :::::::| :::::::::::::::::|
        。 (\______/ /::::::::::::::::::::::::::(_/:::::::::l::::::::::::::::::ノ
         `ア二二∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::/〉
            〈\:::::::::人::::::::::ニ二:{::二::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/
          \::::::::::::::丶::_::::::人:::::::::::::::::::/|/:::::::::::/
                \:::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::: ̄::/::::::::::::/
                 \__/::::::丶:::::::::::::::::::::イ:: /:::::::::/
              /::::::::::::\\ :::::::::::::: |∨ ::::: /



▼セト&アミタの要求

・追手の詳細分からんから、せめてこのメンツで対応できないアストラル関係から来るかどうかだけ、どうにか調べろや。
・コネクションを通して、第三者に「簡単な働き」を依頼して、無いものを補う戦法。
・後は予算とのせめぎあい―――ッ!!

▼ざっくり処理説明

・セト、アミタの各々の(エチケットor交渉)+フィクサーの忠実度でダイス判定。合算します。
・目標値【1D5:2】+2。足りない場合、足りない分*500新円を要求されます。仲介料と、使役者への依頼料。

▼実際の判定

アミタ:【8D6:27(5+1+6+1+2+1+6+5)】

セト:【6D6:25(5+6+4+3+2+5)】

8308 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:50:20 ID:F567kpfT
合計7成功。オーバーキルである。

8310 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:55:45 ID:F567kpfT


                     _ =―‐=ミ
                 /        ヽ
              ,イ   ,|   、.       ヽ
            /   / ',  ',ヽァ― 、   ∨   「―――確かに。
            ,    ム- ヘ  ゝ、>__ l  |     ウォッチャーに依る偵察程度であれば、お金で了承してくれる
              l   ハ__、ゞ~^イうハ》 }、.八    コネクションはありますわ。
              | |!   《んソ  、  ´ ノ.イ八
            V ゝゝ_乂  , ‐┐  |イ 〉     であればここでそちらへの依頼料と仲介料―――」
             (__\_'、   ゝ-'  ィノイ) _,、
                 ,イ^ゝ乂ノ≧- <.{-く ///` 、
             ( _,,,、、、/ ゝ,ィ=====ミ|_ヘ〈_ァ  ヽ、、
              ,ィ:i:i:i:i:i:/ イ {       }ノ^''-、_ノh、
               /:i:i:/:i:i:i:i:i:ih、 乂  :薔: ノ:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:ハ
.             /:i:i/'´:i:i:i:i:i:i:i:i:i\xゝ==イ:i===:i∨:|:i:i:i:i:i:i:i:i:!
              ,:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   |:i:i}:i:V:i:i:i:i:i:i:ハ
          |:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ァ===ミ:i:i:ゝイ:i:iリ:i:i:∨i:i:i:i:i:i:|
          |:i:i乂:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:::::::::::::::::ヽ:i:i:i:i:i:ソ \:iハ:i:i:i:i:i/
            /:i:i:i/`''''''´/:::::i::::::::::::::::::::V:i:i:i:イ   \:i:i:i:/
          {:i:i:/:i:i:i:i:i:/:::::::::::|::::::::::::::::::::::∨:i:i:}     ̄
         〈:i:i:i:i:i:i:iア::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::∨i:{
.          ゝ=彳':::::::::::::_::: |:::::::::::::::::::::::::::',:i:i∨
          /:i/::::::::/::::::::::`l::::::::::::::::::::::::::: ',:i:i:h、
           /l/:::::::::,':::::::::::::::::::', :::::::::::::::::::::::::: ',:、ヽi〉
         / |:::::::::::{:::::::::::::::::::: ',:::::::::::::::::::::::::::::l::::V ヽ
.        ノ._|:::::::: ,' ::::::::::::::::::: ',::::::::::::::::::::::::::::l:::::} ノ
.         ハ /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::'ヘ:::::::::::::::::::::::: l::::乂 ∨
       { . Y::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::l:ヘ:::::::::::::::::::::::',:::::ハ ∨
       /  ハ::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::ヘ::::::::::::::::::: ∨ 廴_〉
     __/__イ_>、::::l::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ヘ::::::::::::::::::ヘ_/_    ,.-=ミ
  /ニニニニニニニl::::::::::::::::::::::::::::::::lニニニヘ:::::::::::::::::ヘニニニニァ'⌒:::ノ::::}
  |ニニニニニニニニ|::::::::::::::::::::::::::::::lニニニ.ハ:::::::::::::::::ヘニア^:::フ:::ノ:イ::::,ィ
  |ニニニニニニニニ.|::::::::::::::::::::::::::::lニニニニ.ハ:::::::>''´::::::::`¨:::::(:::::::::ノ
  |ニニニニニニニニ|::::::::::::::::::::::::::ムニニニニ.}:::::::::::::::::::::::::::,,ノ::_,,,イ


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       /: : : : : : : : : : : : : :!: : : :i/: /: : : : : ヽ: ヽ、
       ,′: : : : : : : : : : : : :i: : : : !: /: : レ!: :!: 、',:.',`
       .' : : : : : : : : : : : : : : !: : :i: i: ハ,,へ.!: /: :i:.i: :!
       ': : : : : : : : : : : : : : :i!: : : ',:.!i〃.,イ !/:!:./リ∨
       !: : : : : : : : : : : :,: /i: : : : :i,:',.  i!i ',イ/  i!
       ',: : : : : : : : : : :/:/ i: : : : : !ヾ、 ゞ 乂
       ',: : : : : : : : : / ', i: : : : : !   _  i   (ほーらー来ーたー!
       ヽ、ヽ: : : : /: : :ヽ!: : : : : ', ij. ,' マ ,′   やだもー!!)
      /: : :ヾ、, イ: : / ', : : : : : ',  ,′ i/
       /: : : : : : : :ノ イ   ヽ : : : : ',、ム.ノ
      〈: : : : : : / /-ー――ヽ、: : :ヽ、
     ,.イ、: :, イ  i´     __`ヾ、!
    i: : : : : : : ', /`  ̄ ̄ ̄      ヽ、


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       >  ミ  ̄⌒    ¬  ミ
                        '"゙゛             ` く
                 /   /                       \
                 /   /    '   ,ィ                ヽ
                       ,'  / l             ヽ     丶、
             /   /     ,  /        {         マ
               /   /     '  7  ’       lv         マ    ∨
              ;{   ム        7    ’        マ 〈      ’
                ム     .-i-ァ ‐ - ミ._     ', マ V       }l      ヤ
            /{  ム{     j{ ;′    V从 {   ム ,. - マ =ミ }l    } l
          ' l   | l{     {/,,ィ'ア气ミ、 マ〉マ   ム  ヾ\    }l l{  j} l
         ;  |   |ハ{      ‐{′んfj:ハ ヽ   \ヾ ,ィセ笊ミメ< '  j}   ' ,
           {  lム j {    l | ゛ ヤ⌒゙リ      ` んfj:::〕 jト /j 7} 7 '
           V { ヤ マ   l{  `ー ''         v:冖ソ " / 〉 / ; ,/′   「―――と、言いたい所でしたが、
               マ ヤ ∨ マ  l{             丶   ` ´  / / / //      こちらの不備もありましたからね。
                _ゝ   V ヾ  ム                   lリ/イ^ヽ
              γ´   `ヽく \ ム      , --  、     从'  / Y       手配と依頼分はこちらで持ちます。
             {   ∥   ヾ ミ、込 `    丶   ノ       '  /  ノ        加えて、最初の依頼説明の段階で
           辷     ,ノ  ,ミミ丶、              イ /  /          確実に存在する危険を説明しなかった。
             /   「 ̄ リ ノ }  | >       _   < '_ / ‐ -"-―――‐ ァ
              弋   ヤ  ノ ハ⌒ヽ /_      ̄   ムア⌒  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'   この過失分の慰謝料という形で、
            ⌒ ーV   ノ  Vニニ三≧=-   /     ノー――――‐ '      追加で1500新円の報酬。
         __    ゝノ>'⌒{.ニニニニニニ/    ノ 「                これで最後まで遂行して頂けますか?」
        ,ィ⌒   、           ヤ二二ニニ/       / イ=-  _
.       /  -=ミ  `  、      マ:ニニニ/      / ヤ    ⌒ニ=-冖v
       {        ミト \        ヾ_ア´       ,ノ   ト、           '/
       |l        `` ヽ     ,,/-‐==ト,、       `ー 、    }l   '/
       |l      _  - 〃  丶  ∠ニニニニニヽ-- < ̄.` 、 Y  、 |!   '/
      |l  >     /     }イニニニニニニニム マ〉      ー '   ヽj}   '/
      ノ' ´       /     イニニニニニニニニニハ マ〉            ゛   '/
     (       /      イ三二二ニニニニニニ}l  マ〉            ヽ   '/
        ヽ   /      /_ ⌒ 冖¬ミニニニ二j}  マ〉           、 '/


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                             ィ
                           //
                    __   ./: :/
                , . : " : : : : : : . .、i: :/
              /: :/: : : , : -―――‐、: : :\
             .:′: / : : : | ______ヽ:`i: :ヽ
             ′: : :|: : : : :|´/: :/: :!: : :i:.i: : ヽ: : : :',
            ′: : : |: : : : :|:ハ: ハ /|: : /:ハ_: : :',: : ',ヾ、
              |: : : :i: |: : : : :|,イ示ヽ|:/ i:イ:!i`:ハ:i: : :|  \
            ,: : : :| ,i!. : : :ヾ! | 刈 レ リ|ri リ: !:!ハ: i
             , : : | ! | : : : |. 辷リ   ゞ' |: :!:i レ
              、:.| ヽ!: : : :| ""     "ハ:|/ |
              ヽ: : |: : : :|      イ: : : |    「……あれ」
              く.: : :.|: : : :',  7  ̄   .|: : : :!、
               >イヽ: : : :ヽ、`ー __.!: : : : :)
               /   > ヽ : : !  /: : ヽ : /
             i     i  i: : :/´ ̄ ̄`ヽ:ヽノ
                 |.     |  `i/ ! -、    |ヽ|
               ',    |  /   |    | .i
                 ∧     | ./i   /_  |、 .|
             ヽ:.', , ー.ヘ ヽ /く _ イく ノi

8315 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:59:18 ID:F567kpfT


        -=‐  ̄ ``丶
      /'´         ≧x*''"´: : : :~"':.、、
       /     _  /: : : : : : : : : : : : : : `:、:ヽ
     ′   /: : : :/: : : > '  ̄ ̄ ̄ ヽ: : : :ヽ:':,
         /: /: :/: :>'  _ ィ ̄ i ̄ i、`ヽ∨: :.∧: ',
.       /' /: /:/: / 。s≦: |: : |: : |∨、:∨: : :|: :.',
        /: /: :|:./'´/: : |: : /!: : :||:.|:_斗匕Ⅵ: : : :!: : i
         |: :|: : |/: : |: :/:|: ノ |:!: /|ル'__  _ ⅵ: : : |ヽ:|
         |:./!: :.|: :‐:|‐'‐ヒ: / .|:|/  ィ芹 丐 ' |: : :.|ヽY
         |/ |: : |: : :ハ://|示、ル′   v _ソ !: : :.! '/
         |  !: :.!: : | 《 v  リ       `¨   |: : :.|/
         ∨:|从ハ ` ゝ‐′     :/:/:/:.|: : :.!   「……てっきりここで、仲介料とその魔法使いさんへの
.          Ⅵ |: :∧:/:/:/:    ′    し.|: : :|\   依頼料の話になると思っていたんですけど」
            ヾ !: : :|丶      r‐ 、   /|: : :!: : ヽ
             |: : :|  >。。 _ ゝ ' /|:.:.|: : :|: : :,′
             |: : :|      /}  ̄´ .八:!: : :|: :/
              l: : :l    _ / 丶 __/   }: : :.!:ゝ、
              |: :.;'< ̄    ∨  /- \ 八: : |` ̄ >、
             /: :ハ      ∨´{:.:.:.:.:} `  '; : !    / l
           /: :./ ∨       ゙}― {    ヽ:.\ /  |
            l: :./   ∨      ヽ |:.:.:.:.|/    丶:.Y  |
            |: : ! _/          l:.:.:.:.:|      ヽ:',  |、
.           /|: : |´ /          l:.:.:.:.:.|       |!: :,/ |
         / .|: : |  ′          |:.:.:.:.:.|       }|: :.!′|
.        /  ∨:丶 ∨: : : : : : : ::. . |:.:.:.:.:.:.|.:: : : : : : : /|:.:/  .|
        \\ ` =-.∨: : : : : : ::::::.!:.:.:.:.:.:.:!::: : : : : //-' /|
          /丶二二 -}\: : : : : :::/|:.:.:.:.:.:.:.|::: : : イ二二二 <´
         ,′   / / : : : : : : :/.:|:.:.:.:.:.:.:.:|、: : : :/    ハ: :.Y
        _/     / /      / |:.:.:.:.:.:.:.:.|  : :!     ,': : :/
       , '     ./ /           !:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉   ハ: /、
      ,:'     / /   \      \:.:.:./  -=!   ∨: : :ヽ
     ,:′     ,:' 〈      =-   | `´-=  : : :|、   |: : : : :|


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



              _ニ=- … ‐=ニ _
           >''´-   ―ミ   `''<
         ァ'′         `'<   ヽ
      //            \.   ∨
.     ,'    ,'        \        ', V
     /      i!     ',    ヽ    ', ',}  l
.     ∥.  | |. ハ . l.   ハ 、    Y  ', . VV. |
.    | |   | | |__| ハ   l―ヽヽ、 .|   |  | |. ハ
     ', l  从ハ 从_ヘ { ,zzzzzzァ|   ハ / ,'.从
.    ゝ'、  マ竿ミ  ゝ   う uリ∥./イ 八//,ィ-、
      ゝ乂 ゝぅソ     ¨¨〃イ _..イァ'ヽ Y⌒
          ハ`   、   ""  ,ィ!ニ八 ノ ノ
              、   _  ,   . イ:::|-(_ ノ¨´   「あらあら、私も呵責はありますのよ?
             / ̄Yヽ _ ,ィ:::::  l__`´       故にここは、このお詫びで手打ちとして頂けるとありがたいのですが」
           ァ'´ ̄」_」./,ィ┴‐''^´ _〉
           {. ヽ _) //,ィ:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i',
         }  ノ. ,イ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:il
          /廴ノl.,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i}
          /:i:>''´>:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:il
       {アゝ=彳:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:l
.       ,イ:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:l
      {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:iV
.       ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i:iヘ
        ,ゝ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
.      |:i:i:≧=-:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:ii:i:i:i:i:ハ
.       マ:i:i:i:マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉




___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          -=、ー 、      -―-
            \: : ', , . : ´: : : : : : : : : : > 、
             , -ヽ:i!: :,  ´  ̄ ̄ ̄ `', : ヽ:ヽ
              /: :ィ: イ  ィ: : :, ̄ ̄ ̄: `|: : : !: :∨
          /: : /: !:/. ´: /:i: :,′: : /:/イ: :|: : : |: : :∨
          / : /: :.|/: : : λi: :|: : : :/イ示ミヽ: :..|: : : |
         ,: :.イ: : :.|:i: : : ィ示ヽ: : /i/ ら刈.|:i! : | : : i
            ,:./ i: : :i:|:i!: :〃ら.刈: / / 弋汐|: : : |ヽ:,′
            レ .| : ハ|∧: |. 弋汐     ' ' ' |: : : | /′
            |: i ',:i: ヾi ' ' '  ′      |: : : |:/
               Y  ヾ!: 八     ,、   |: : : |'   「…………」
            |    ', : : >    _  イ i!:.: : |
                  ,: : : :ヽ  i: : |    i! : : i!)
                ',: : : : ヽー ' --- 、 |: : : |、 _
               /.ヽ: : : : |      ||: : : |. . . . .ヽ
                i . . ヽ /ヽ     }ヾヽイ . . . . . i
               |. . . .////!      |  Y. . . . . . ,′
               |. . . .i   |     |  | . . . . . ,′


▼ダージリンの真意を

1~3.理解した
4~6.わからんかった
7~9.引っかかりは感じた
10.ああ、勿論私もネギ塩派。だが、何故今、そんな話を?

【安価 ↓3アミタ ↓5セト】
1D10

8316 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:59:36 ID:xFNOcB9G
【1D10:10】

8317 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:59:39 ID:+AU1QPQN
【1D10:8】

8318 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:59:42 ID:2gXJJrSz
【1D10:6】

8320 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:59:54 ID:2lJufsj3
【1D10:7】
10なんだよwww



8322 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 18:59:55 ID:F567kpfT
直下に10が出て、何故か安心した(小並感)

8327 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:01:46 ID:F567kpfT


                             ィ
                           //
                    __   ./: :/
                , . : " : : : : : : . .、i: :/
              /: :/: : : , : -―――‐、: : :\
             .:′: / : : : | ______ヽ:`i: :ヽ
             ′: : :|: : : : :|´/: :/: :!: : :i:.i: : ヽ: : : :',
            ′: : : |: : : : :|:ハ: ハ /|: : /:ハ_: : :',: : ',ヾ、
              |: : : :i: |: : : : :|,イ示ヽ|:/ i:イ:!i`:ハ:i: : :|  \
            ,: : : :| ,i!. : : :ヾ! | 刈 レ リ|ri リ: !:!ハ: i
             , : : | ! | : : : |. 辷リ   ゞ' |: :!:i レ
              、:.| ヽ!: : : :| ""     "ハ:|/ |
              ヽ: : |: : : :|      イ: : : |    「それならそれで……助かりますけど」
              く.: : :.|: : : :',  7  ̄   .|: : : :!、
               >イヽ: : : :ヽ、`ー __.!: : : : :)
               /   > ヽ : : !  /: : ヽ : /
             i     i  i: : :/´ ̄ ̄`ヽ:ヽノ
                 |.     |  `i/ ! -、    |ヽ|
               ',    |  /   |    | .i
                 ∧     | ./i   /_  |、 .|
             ヽ:.', , ー.ヘ ヽ /く _ イく ノi




             _, -===- _` ヽ
           ,,≦r--<__i:i:≧イ >
          ィi:i:i:i:i!    `丶≦t、
         Ⅶ:i:i:i:i、 '、   、 ヽi:i、丶
          Ⅶi:i:i:i:i、 '斗- ト丶i:iム
          Ⅶi:{ tァ丶!ゞ'7 レi:<`
           }"ム-------Ⅶーァ   「……食えん輩だ。
           ヘ{ニニニニニ〕>!ニ7     そうでなくては、虚ろの時を渡る狩人への紡ぎ手など出来んのだろうが。
          斗!ニニニニニ〕>!ニニト ,,_    何か考えはあるのだろうが―――」
           fニ7ニニニニ<(7ニニニニニニ、
            iニ,'ニニニニニニ_,,i!ニニニ/ニニ}!
           |ニ!''ニニニニニゞ:i!ニニ7ニニニ!
           |ニ}ニニニニニニニi!ニニ/!ニニニ
           !:/イニニニニ<(7ニニ' }ニニ|
           リ-、ニニニニニニ!ニ/  iニニニ
        /7ニニニニニ<(7ニ〈  iニニニ
       /:{ >ニニニニニニ斗!ニム.  }ニニi
        〈ニニ>_, ̄r,<ト.i{ニニム .}ニニニ
       〕ニ}_/ア人< {ニニニi!ニ7  |ニニニ!
      /ニ!>ニニ ̄ ̄ニニニ(ニニト, iニニニ!

【1D3:1】
1.自負 2.アミタへの心配 3.穿け中二病スタイル

8329 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:05:37 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ   「あまり都合よく使われてやる気はない。
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!    貴様の都合に従い、殺め、求め、戒め続け―――
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|     そうして来たが、俺の牙が次に貴様を向かん保証は無い。
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ      そこは覚えておいて貰おうか」
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      //       /           ヽ\
     '/          l   l          ヽ',
    〃         /   li             ヾ、
    ' /       / |  |',   l    ',     l}
    ' /         '    |  | ',   ',     ',       }
   ′  |   _/ ---ミ _  ', 丶--ゝ、 _  l     }
   l / /   l ‐l´/    Vli   ',  \ ゝ\``ヽ    }
   |.|l |  {  l/,ィ笊符斥V\、丶 ,ィ笊符、ヽl     l
   |.|l |  {  ハlf rィし l}    `ーゝrィし l )〉ア  /  /
   |八|', { 、 ヽ ヾ ∨zり        ∨zソ ' /  イ//   「すいませんが、言語ソフトか通訳を」
      l ゝY \ゝ       ,       ノイ /  ヽ
    ( i \ゝ ト-              /  ィ   ノ
    人ゝ  ーヘ      ー  ‐     /ィ´⌒ vく
     ゝ ヾ     >           < ゝ  _ノ
      ⌒ゝ __ノ 〕  _   〔寸   __ノ
             / |     | ヽ  ̄
           _/  Y     У 丶、
         ィi〔l|  ∧    /   lニ〕iト
      ィi〔ニニ    ∧  /     lニニニ〕iト
   .γ´ニニニニ    ,ャ_∨_人    .lニニニニニ\
   /ニニlニニニニl  / Y////Y \   lニニニニニニヽ


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                             ィ
                           //
                    __   ./: :/
                , . : " : : : : : : . .、i: :/
              /: :/: : : , : -―――‐、: : :\
             .:′: / : : : | ______ヽ:`i: :ヽ
             ′: : :|: : : : :|´/: :/: :!: : :i:.i: : ヽ: : : :',
            ′: : : |: : : : :|:ハ: ハ /|: : /:ハ_: : :',: : ',ヾ、
              |: : : :i: |: : : : :|,イ示ヽ|:/ i:イ:!i`:ハ:i: : :|  \
            ,: : : :| ,i!. : : :ヾ! | 刈 レ リ|ri リ: !:!ハ: i
             , : : | ! | : : : |. 辷リ   ゞ' |: :!:i レ  「良いように使われる気はないから次は気をつけろ程度の
              、:.| ヽ!: : : :| ""     "ハ:|/ |    ふわっとした理解でいいですよ。
              ヽ: : |: : : :|      イ: : : |
              く.: : :.|: : : :',  7  ̄   .|: : : :!、     私はもうそのくらいのラインで諦めてます」
               >イヽ: : : :ヽ、`ー __.!: : : : :)
               /   > ヽ : : !  /: : ヽ : /
             i     i  i: : :/´ ̄ ̄`ヽ:ヽノ
                 |.     |  `i/ ! -、    |ヽ|
               ',    |  /   |    | .i
                 ∧     | ./i   /_  |、 .|
             ヽ:.', , ー.ヘ ヽ /く _ イく ノi

8330 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:05:56 ID:F567kpfT
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・






: \    :   :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :\    :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :  : : :\zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzゑzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz<¨ヽ .}7z/zz
: : :   : : |                     }i{               \V/イ ,ィ
: : : .┌ミ、 |                 rらo               ヾ <彡
: : : :| i |                 〈ヒ火}        _        V==
: : : : ら”:|                8io品{         ̄ミ=「ト~、 .}}===
: : : : : : : |                ゚piBら           ヾく/> {{∠z
: : : : : : : |                o゚i火{            {三〈三z}}≦ァ
: : : : : : : |                 ゚               マキ=={{≠イ
: : : : : : : |              ┌‐┐                  辷笠}{≦三
: : : : : : : |             } {                  ムー--}}==--
: : : : : : : |            ¨T¨                  三zzz{{三ニ
 : : : :__i三三}________rト-┐                    }}{
    K__ヽ三'zzzzzzzzzzzzzzz益z,/|                         |:T:!
    || }  } }         |¨¨ニ¨¨゚| |                      __| | |
    || |二] |-‐ ¬ ミ、  |¨¨ニ¨¨゚| |                  ム=LLら -
    || |[ニ| |    _. ィー‐ |¨¨ニ¨¨゚| |────────────、  | :
  /|| | |ー:| |=:::T「っ|:|:::::::: |¨¨ニ¨¨゚| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚。.| レ-―
//|| | |:::::| |::::::|」  |」   └──‐ |/                    ¨|{
/::::::::::|'::::: |/                                       |_ \
                                           〈\ \




                 _
                /\c\
                /   \ \
                  /\     \ \
              /   \     \ \
               /      \     \ \
                 /          \   // /
             /          \// /
              /             // /
            /             // /
             /             // /    ―――ピッ
          /\            // /
        /   \         //.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        \     \      // |     結構、結構。独自に気付いて、独自に対応し。       .
          \ ◎  \  // /.|     足りない要素は求め、そして遂行意志はある。
           \.   \// ./ ヽ_________________________乂_
             \   .// /
              \// /
                  ̄



             ___
.        >''^´  `´ `''<
       ァ'           ヽ
.       /                 ∨
.      l  l /    ,, -    、   }
.       | | | {   /    }   ヽ从
      从_ゝ /     /   ソ-、   「合格点を差し上げます。いえ、満点かしら。
.      ∨ ::  ) ̄ ̄,, ≠ミ ―アヽノノ
       ゝ Y )‐v‐く 八 Y⌒  人    危険を察知して、必要ならば撤退できる判断力も必要。
       ( ゝァ (__ノ彡::イ::__::彡ノノ      その上で、撤退に舵を切る前に障害が対処可能か検討する能力も必要。
         '^⌒`,|>ゞ-、           自身の強い点、弱い点を理解した上で、必要ならば手を借りる事も必要。
             / ―――’、
        ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ      SINnerのアデプトと、安いデッキしか持っていない前線型のデッカー。
.        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ      しかし、両者ともに『シャドウランナー』として一端以上の判断力と
.       ,ハ:i:i:i:V:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:|_      対応力は備えていますわね」
.     /:|:i:i:i:i:i:|:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i':i:i:i:i:i7
     八:|:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/、:i:i:i:i:i:i∨ /
        ,':i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:マ  寸:i:i:i:i:i∨ /
       ,':i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:マ    寸:i:i:i:i:∨
.     |:i:i:i:i:i:|:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   ,イ:i:i:i:i:i:i:/
.     ,':i:i:i:i:i:|:i:i:i:i: ̄:i:i:i:_〉 /:i:i:i:i:i:i:/
.     ,':i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i/
.     /:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨ミx:i:i:i/
   /:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘミア´
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:|ニニニニニニニニニニニヘ Y
   }:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  /   |    ヽ  ヽjヘ
.  マ:i:i:i:i:i:i:i/ /      |      ヘ_〉

8333 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:16:56 ID:F567kpfT


            ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ’        ,イ:::::::: /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::ヘ::::::::::::::: ヽ
        ,ィ::::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヘ:::::::: ヘ.  ∨
        ,イ:::::::::::::/:::::::::::::::::,イi{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ',   ',
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::,ィi州i{:::::i!:::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::     ',   ',
      /::/::::::::::::::::::::::::::,i州州i{::::::i!::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::       l.   i!
      ,':/ l::::::::::::::::l:::::::,州州州ヘ:::ム::::::::::::::::::::::ム::::::.',    ',    |.   i!
.    l′l::::,::::::::::::l::::,州州州ヘ::卞:::::::::::::::l',::lh::{_  ',.   V   |   i!   「まぁ―――仲介料と追加報酬は、
        |::/::::::::::::l:::::≫==芋芋ヘ|圦:::::::::::{ V V ̄_゙、 ',   V      i!    敢えてあの依頼を通して、試した詫びとして。
    .   |ハ::::::::::::l::::从 ({li{迴}l}}) ヾ州i>、 ',{,,__\_',   V.     i!
   '    ァ:ヘ:::::::::::',::マミ==≦三ミ、、_ノ.   ヽ',Y´¨辷芯=ァ_  V    i!    申し訳ありませんが、こちらも大きな仕事に
      {:;;;;;;;ヘ:ヽ::::从i州州州州iア       `'''―ゞ゙''__つ,,,≧ } /   |!     紹介できる、能力・判断・信用のいずれをも
   ‘  八;;;;;;;;;;;\ヘマ州州彡'"              ̄ ハ  /   /. |      備えたプロフェッショナルの厳選には
      .  /;;;;;;;;Y;;;;;;;Y州彡'"´      i!          イ/ /  / |,′     苦慮しているものでして」
  ,    从;;;;;;;;;;;;;;;;;;{彡'’   、             彡_..イ /ィヽノ
         {;;;;;;{;;;;;;;;};;;h,    丶         _     /))ヾ   }!
  ´      ゞ;;;;;;;;;;;;ツ;;;;;h、      `  ―  ´     .イ   )彡 人
          从;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;h、          ,。<八 ノノ  }´  、
           `¨从;;;;;;;;;;;;| }h、   _  <__ イ   ヽ_   ノ    }!
   ,           `^/|   `''"´   l廴_ =彡  八`´      メ
                  / /i|.         ,' |\           '‘
              /   l7        / V ヽ
            ,x≦/   |          /  i!
       ,,。≦xxxx/   |         /.   i!、     ,  '’
.    ,,。≦xxxxxxx/     ',       /  /.    i!,\
  ,ィxxxxxxxxxxxx/     ',      /  /.     i!xx\




                       >  ミ  ̄⌒    ¬  ミ
                        '"゙゛             ` く
                 /   /                       \
                 /   /    '   ,ィ                ヽ
                       ,'  / l             ヽ     丶、
             /   /     ,  /        {         マ
               /   /     '  7  ’       lv         マ    ∨
              ;{   ム        7    ’        マ 〈      ’
                ム     .-i-ァ ‐ - ミ._     ', マ V       }l      ヤ
            /{  ム{     j{ ;′    V从 {   ム ,. - マ =ミ }l    } l
          ' l   | l{     {/,,ィ'ア气ミ、 マ〉マ   ム  ヾ\    }l l{  j} l
         ;  |   |ハ{      ‐{′んfj:ハ ヽ   \ヾ ,ィセ笊ミメ< '  j}   ' ,
           {  lム j {    l | ゛ ヤ⌒゙リ      ` んfj:::〕 jト /j 7} 7 '
           V { ヤ マ   l{  `ー ''         v:冖ソ " / 〉 / ; ,/′
               マ ヤ ∨ マ  l{             丶   ` ´  / / / //
                _ゝ   V ヾ  ム                   lリ/イ^ヽ   「あとは実際に、このランをやり遂げてくれれば。
              γ´   `ヽく \ ム      , --  、     从'  / Y   こちらも安心して紹介できる人員として
             {   ∥   ヾ ミ、込 `    丶   ノ       '  /  ノ    リストに載せられる、というものですね―――」
           辷     ,ノ  ,ミミ丶、              イ /  /
             /   「 ̄ リ ノ }  | >       _   < '_ / ‐ -"-―――‐ ァ
              弋   ヤ  ノ ハ⌒ヽ /_      ̄   ムア⌒  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'
            ⌒ ーV   ノ  Vニニ三≧=-   /     ノー――――‐ '
         __    ゝノ>'⌒{.ニニニニニニ/    ノ 「
        ,ィ⌒   、           ヤ二二ニニ/       / イ=-  _
.       /  -=ミ  `  、      マ:ニニニ/      / ヤ    ⌒ニ=-冖v
       {        ミト \        ヾ_ア´       ,ノ   ト、           '/
       |l        `` ヽ     ,,/-‐==ト,、       `ー 、    }l   '/
       |l      _  - 〃  丶  ∠ニニニニニヽ-- < ̄.` 、 Y  、 |!   '/
      |l  >     /     }イニニニニニニニム マ〉      ー '   ヽj}   '/
      ノ' ´       /     イニニニニニニニニニハ マ〉            ゛   '/
     (       /      イ三二二ニニニニニニ}l  マ〉            ヽ   '/
        ヽ   /      /_ ⌒ 冖¬ミニニニ二j}  マ〉           、 '/

8334 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:18:49 ID:F567kpfT
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

Q.フィクサーさんの意図って?

A.要は依頼を通して、アミタとセトを測ってた。
  どれくらい信用して良くて、どれくらいの判断力があって、どれくらいの仕事を回せるか。

8335 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:19:03 ID:6i2Vgu8X
福本モブみたいなやらかす奴は切り捨て承知かあ、まあ仲介業は信用第一だしね

8338 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:20:20 ID:EBOUHRhQ
「意思の疎通が困難」で減点しなくて大丈夫?w

8339 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:21:24 ID:Lq+ZTJ12
>>8338
隣に通訳いるからw

8340 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:21:40 ID:6i2Vgu8X
>>8338
ほ、翻訳すれば筋通った事は言ってるから…



8311 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:57:09 ID:iCk4OYsk
急にどうした?間違って緑茶キメてしまったのか?

8312 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 18:58:05 ID:cNc3keNE
コーヒーをキメてしまったのかも知れない

8326 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:00:44 ID:nppTfu/y
>>8311-8312
お前らw
実際問題、セトにマトリクスで言いふらされて信頼失う危険性考えたら
幾らかの金で済むなら払うのよね、としか



8341 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:22:06 ID:F567kpfT
>>8326
うーん、流石に野良デッカーが何か讒言したくらいで簡単にコネクションが無くなるほど「フィクサー」ってのは軽くないと思うw
要はあっちこっちにコネクションを持っててそれらを仲介する結合点なわけだし。

ダジリさんのスタイルは賛否両論だろうけど、ランナーってホントにピンからキリまでいるから、
厳選は重要だと思うのよね。フィクサーとかジョンソンにとって。

8343 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:25:22 ID:F567kpfT
例えば、

「ガッチガチのサムライで、アサルトライフルのDP20です!」

とかでも、信用出来ない相手だったり、判断力に欠けて自らの長所をゴミ箱にダンクするような行動をしたりする相手は、
「信頼できるプロフェッショナル」として大口の仲介は出来ないし、大口の仕事は任せられない。

信用、判断力、プロ意識、実際の能力。
それらを兼ね備えた相手のなんと貴重なことよ―――って感じじゃねーかなー。

8344 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:25:40 ID:4b5Bq690
ランナーガチャ?



8345 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:27:01 ID:F567kpfT
さって小休止ー。

おい、コネクション共。濃いぞ。

8346 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:27:17 ID:F567kpfT
結構な確率で福本モブが混ざる<ランナーガチャ

8350 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:28:58 ID:o3SC1E1P
極端な例だといくら強くても、ランスみたいな奴に令嬢の護衛とか任せられないし人柄の見極めはジッサイ大事

8351 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:29:40 ID:lwetev57
紹介したランナーが会合場所のレストランに着の身着のままチーム全員で飯タカリに来ましたじゃ自分の評判がえらい事になるもんなあ



8357 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:35:51 ID:F567kpfT
割と色々調べたり読み込んだりと並行で一杯一杯だが。
ちょっとランナーとシャドウランっぽい雰囲気は出せてたら良いなぁと思いながら、
思い出す身内の酸鼻の極み。

8361 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:47:06 ID:F567kpfT
これから覚えていく為に、今色々実際に動かしながら試してる感じー。
デッカーのルール把握、マトリックス関係の把握も今回の目的。

4版では結局大体ふわっと処理でやってたからな!

8355 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:30:37 ID:sCNjgEwA
なんというかゴブスレの等級みたいな感じかね
強くても信頼できなきゃ雇えない



8362 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:50:21 ID:F567kpfT
>>8355
んだね、強いだけじゃダメな辺りはどこの世界もそうだけど、その例えは近い

8360 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:43:23 ID:Lq+ZTJ12
仲間のしかけた爆弾を全力解除するはめになり、やってきたdemiGODの人達に何故か気に入られるという謎の事態w



8363 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:52:09 ID:F567kpfT
>>8360
なにせ仲間が、「10分」と「10時間」を間違えて、「夜、人の居ない商業施設を爆破して陽動」の予定が、
「昼、10分後に商業施設爆破というクッソ酷いテロ」になりかけたから………。

8364 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:52:38 ID:cNc3keNE
穏やかな死…

8365 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 19:53:11 ID:VaoPI+It
間違えの幅がダイナミック過ぎるwwww



8368 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 19:55:49 ID:F567kpfT
だってクリティカルグリッチをエッジで軽減しようとしたら、「不運」効果で「クリティカルグリッチを更に1段階悪化!?」
というルールにも無い感じの事態になったんで、卓ルールでふわっと地獄にダンクしたら……ッ!!

8370 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:01:06 ID:F567kpfT
こういう雑なプレイを「シャドウランです」と言い張る、ベテラン激怒の所業である

8371 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 20:02:11 ID:8zIwIV/w
でもこういうシャドウランも良いんじゃないかな…!!(ルルブ持ってるだけでセッションやったことない人並感)

8372 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 20:02:50 ID:pDcj0/mR
シャドウランとは世界観守れば自由ではないのか!?



8373 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:03:14 ID:F567kpfT
そして休憩がてらぐるっと近所回ってたら、アリスのライバルがカッスになってて草

8374 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 20:04:40 ID:t9OGb3xd
やっるの好敵手がゆうかりんになったしねw

8376 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 20:07:55 ID:prtApYMW
シャドウラン(アクション映画)
シャドウラン(B級アクション映画ギャグマシマシ)

これは無罪

8378 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 20:09:01 ID:sKTHG0t/
>>8376
一理ある



8382 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:19:35 ID:F567kpfT
果たしてこのように、練習と実践を兼ねたブンドドがどれほど需要があるかは極めて難しい所だし、
適度なところでアンジェの方に戻ろうかとも考えてるんだが、あっちもあっちで踏ん切りが中々難しいという

8384 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:21:35 ID:F567kpfT
5版シャドウランの初GM。
私の前に現れたのは、サモハン・キンポポでした―――

8385 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:23:51 ID:F567kpfT
とかく、未訳サプリ情報が入り乱れてるのが難しくてなぁ………。

8387 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:24:35 ID:F567kpfT
どれがそうで、どれが単なる私の読み込み不足で、とか色々考えて足が止まる。止まった。

8389 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 20:26:12 ID:F567kpfT
まぁ、小休止のつもりだったが思いの外、ルール把握とルール作成とアレコレ並行してやってたんで
頭疲れてるやつだコレ。

少し仮眠取ります。

8429 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 23:03:13 ID:YJsXVhk6
ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1525863841/8241-8281

後編終わったので奉納します、完全ギャグ要因でごめんよぉ…その代わりでは無いのですが……

ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1525863841/8311

昨日言ったようにグラハム少しがっつりお借りします、ダイスかなりがつがつ振りそうなですがお許しお……。



8430 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 23:19:34 ID:F567kpfT
ありがとうございます、助かりました。

8431 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 23:20:29 ID:F567kpfT
>>8429
いえいえ、まさか他の方に拾って頂けるとは思ってな―――かなり大きな企画になってるううう!?
ありがとうございます!

8432 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 23:21:00 ID:F567kpfT
あ、>>8430は協働のをスレに投げてくれた人へです

8433 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 23:21:32 ID:F567kpfT
うーむ、正直諦めてただけに。びっくり
関連記事
| 影走中シリーズ【シャドウラン】 | コメント:4 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
オリジナル企業作るとそれはそれでメンドクサイ読者湧くからなぁ…
2018/11/11(日) 11:22 | URL | #qbIq4rIg[ 編集]
その辺慎重になって話作るのは良い所だと思うけど自信不足と重なって完結前に筆止まる率高くなってるのは残念だと思う部分もあるなーって
本人がその部分気にしてるしそれでも話は好きだから待ち続けるし気分がノッてない時はどことなくキレが無い感あるから無理くり続けるよりは絶対に良いんですけどね
2018/11/11(日) 10:17 | URL | #HuJ7OprI[ 編集]
アレスなどAAAはシャドウラン世界観の根幹部分だから5thサプリ抜きでもこれまで(初版から4版まで)の積み重ねもあって
全員が5th基本ルールブックで横並びスタートってのも難しいものがある…
その辺が面倒なら(公式で代替わりもあるAAAじゃなく)オリジナルのAAを持ち出すのが無難だし楽しいと思うよ
2018/11/11(日) 09:37 | URL | #klcj.0UQ[ 編集]
原作設定関係は扱いが難しいよねぇ。
特に、ごちゃごちゃした設定が複数の資料に分散して載ってるようなやつだと、
読者側の知識さが激しくなって、詳しい人は語りたがるし、詳しくない人はそれで腰が引けるし。

その点、「規模が小さいから原作設定の根幹部分に関わらない」という中聖杯・小聖杯は素晴らしいアイデアだと思う。
2018/11/10(土) 21:08 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する