おもしろかった安価スレやあんこスレを中心に、やる夫スレのまとめをしているブログです

2018/11/10(土)
7855 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 21:40:07 ID:b5q+i0dv
んじゃまー、デッカー使うのなんて初めてだし、確実にルールミスは多発するだろうが適宜流したり
直したりしながら行くと思われるショートセッション、はじまりはじまりー


7858 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 21:42:42 ID:b5q+i0dv
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



                                __ __
                              .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                            ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                            {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                            >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
          ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
         {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
          `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
          、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|


                             「渺―――」

                       ―――― 配点:黒歴史





.

7859 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:43:41 ID:/Vu8xLop
なんぞ?w

7860 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:43:59 ID:GcQ/ugrZ
やめてさしあげろ!



7863 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 21:45:15 ID:b5q+i0dv

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 さて、唐突だが。
 大雑把に言って、第六世界は3つの世界に分類される。

 物質界。アストラル。マトリックス。
 現実、魔法、電脳と言い換えても良い。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


      ________________________
      |                                         |\
      | ○○マート         ===========================|  |
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄~..|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|\.
      |  ||       || / / / ||                    ||____|  |
      |  ||l ̄ ̄| ̄ ̄l.||          ||                    ||     |.\|
      |  |||   !|    l.||       [] ||~|~|~~~~|~|~|~~|~|~|~|~|~|. .||     |  |
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |
      |  |||   !|    l.|| / / / ||~|~~|~||~~~|~~|~~|~|~~~|~|. ||     |  |
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |
      |  |||   !|    l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   _|  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.
   |                                             |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____      ________
          //========\
        //======\


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ごく普通のコンビニエンスストア。
 第六世界でもどこにでもある光景だが、これを3つの世界のどの視覚で見るかで、見え方は大分変わるだろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7865 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:47:28 ID:lZzWpBHT
正田卿の黒歴史www

7867 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:48:48 ID:z6vEZU7c
ファミチキください

7869 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:50:22 ID:qG3gWDbi
こいつ直接脳内に……

7870 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:52:18 ID:UX85S7uq
ローソンでファミチキ買ってくる



7874 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 21:55:24 ID:b5q+i0dv

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 魔法的視界―――アストラルでの認識は、物質界とは大分異なる。
 生命体とマナを帯びたものだけが実体となり、魔力を帯びていない物質は実体を持たない影になる。

 また、生命体にしろアストラル界での見え方は物質界とは大きく異なり、オーラと呼ばれる反射像が映っている
感じであるらしい。
 服は物質なので、アストラルを知覚して見れば人類皆ヌーディストビーチ!!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


          i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
          !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
        \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
         >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
       <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\   「ぜんぜん違う! 俺が求めてたのはもっと……!」
         >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ i:::/i::::::::::ll:ハ::::i:::::::::::,::::::::--ゝ
       <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ|/勿|:::::::/勿l::iヽN:::::::::: :,__\
        ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::::::l  ,ィリ==ミ::::::|\i   ̄´
        ∠__::イ:::::/⌒ i:::::{ゝ   ノ彡l::{  i._...   .》∧i―-ー\
          /:::::::{ ( l::::::|=´三彡 ´! リ   `ヾミ彡|i ハ    `ゞ
         ム:::::::::::::ゝ {::::弋  ! !       ! ! イ !::::ムイ-トヾ--ゞア
            ̄//:::::ゝ:::::ト    _____     l::::ト/  ┠┛   ヾ
           lーーー-i::::::lヾ  /ヾ―----ヽ   /ヽ::::!ーー┐  ┏━{
      __ _|三三三ニ i:::{  /r -- 、::::::::: |i /:::::::ヽ三三ニl┯┻┛  }
     /--xヽ キキ\\三三i::!  〉Yニ≡=⌒ヽ jj〃i从ヘノ三三ニl      }
    /k    ヽキキキ\三三三> ¨ゝ二 二イl l:::::{7/;;;;;;;;;;;;/三チ  ┣━ /
   /;;;;乂     ヽキキ;;;;;;/∧:::::ヽ   l   l  l::///;;;;;;;;;;;;/三ヌ┏━┛  ハ
  从;;;;;;;;弋     lキキ/ 三ニ∧::::::::ヽ       //;;;;;;;;;;;/三イ       ヌ;;;}
  Ⅳ;;;;;;;;;;;;;\    }キキ\三三ニ∧\:::ヽヘ ///;;;;;;;;;;;;/三ト  ━┻┨━チ;;;;{
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   l キキキ\三三∧ \ヽ   //;;;;;;;;/三/        メ;;;;;;;ゝ

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ―――というわけでもなく。

 なんかぼやっとしたオーラ体が見えるだけだったとは、覚醒者に強制的にアストラル知覚を与えるドラッグを
リスク覚悟でヌーディストビーチの為に一気したソハヤ丸(仮名)さんは崩れ落ちたと言うが、割とどうでもいい。

 まぁ要は、見え方がなんかねー、違うよー、とだけ覚えていけば人生の大半は生きていける。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7878 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:59:08 ID:DY4JC2PV
おバカやおバカが居るwww

7879 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:00:11 ID:t3QQ1m+y
ソハヤ丸、思い通りになってたところで兄貴や兄貴やハムの全裸を見る羽目になってたかもしれんのだぞ?

7883 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:03:30 ID:M3Re17rn
ハムは全裸でも違和感ないイメージ。なぜだろう



7884 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:04:33 ID:b5q+i0dv

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 とりあえず、アストラル知覚とアストラル投射体やら、見え方云々メタプレーン云々、二元生物云々については一旦置く。
 君が覚醒者でないならば、「アストラル界から物質界に干渉するには、相手もアストラルを知覚できていなければならない」
という点だけは抑えておこう。

 メイジのアストラル投射体から一方的に魔法を食らって、どんな強靭なサムライもお陀仏! とは、ならないのである。
 視界に関しては幾つか手があるが、なんにせよノーリスクとはいかないのだ。世の中そんなに甘くないし、そうであるなら
アストラルを感知出来ない荒事屋は、まるっと廃業を強いられているだろう。

 なお、先のソハヤ丸のように強制アストラル知覚状態になった場合、対抗手段がなければアストラルからボコボコに
される可能性がある。
 何故、それを覚悟でそうなるドラッグを煽ったかは、9ページに渡って説明されるフェムトファイバーと同じくらいに
どうでも良いので割愛する。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

           . _________._________________.___________
 □ | □ | □ | |┌───────┬──────┬───────┬──────‐┐||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |             |            |             |             .|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |______________|_______________|______________|_____________________|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |             |            |             |             .|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |______________|_______________|______________|_____________________|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |             |            |             |             .|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |______________|_______________|______________|__________|..||
__|__|__| |____________________________________________||
           ||                          ∧__∧                    ||
           ||_______________(   )] ..____________||
           ,/ \_____________ /:三三ヽ:::7___________/ \
        /   /i                   .[|三三三|]                    :i\   \
       /  _/: :└─  ────────── └‐|」‐┘ ───────  -─┘:.:\ _. \
     /_. ∧[::::] ′            . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                             丶∧⊿]_\
    //:::(・ [i_)                                                  _(,. ・д):::\\
  /  \と[i_  _,) ∧                                                / :(_  i]つ:::: \\
  __/γ[二二//                                               \|ニ二] ::\ ̄ ̄: \
     \(し└|j‐┘                                               └‐|ヘ,_,) \    \
  二/ ̄    ̄ ̄                                                  ̄ ̄ 丶.:\     \

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 魔法、アストラルは今回のお話に基本関わってこないのでソハヤ丸(仮)ごとポイするとして。

 では、電脳。マトリックスはどうだろう?
 これは覚醒者のように特別な資質がなくても見ることが出来、そして生活にずっと身近な存在だ。

 しかし、マトリックス界がどのように見えるかの説明は少々込み入ってくるので、とりあえずパンチの強い例を出そう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7875 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 21:55:38 ID:YJRaHJs+
涎の人が伝説になったのは、さほど間を置かない後日に全く別の類型誤字をやらかして看破されたせいもあるからなあ……w
まあ、本人辟易してたしやめてさしあげよう。



7885 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:05:03 ID:b5q+i0dv
>>7875
おっと、辟易してたのは知らんかった。気をつけよう。

7886 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:07:31 ID:b5q+i0dv





         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\
     ////////////////////////、ヽ                     /|     / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヾ,' 〈/ 八
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙                / {   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          \〉 \.:l   【マトリックス】
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ                |l ` ̄          .:.:.|.:.:.::|.:.:.、.:.:.:.ト、|´ ̄: ',
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''  【現実】        |`ヽ      l  |.:.:.:.:.:.:.:::⊥-十ー:|:::.:.:| |/.:.:.:.:.: 、
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i                 \_/   _レ十.:.:.|.:.:.:::∧::从::::ハ:::.::|.:.:.:\.:.:.:. ヽ
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ                   / /.:.:.l:.:.:´:|.::::|::::.:.ヽ.:.::| |/ |/ |::;/.:.:.:.: \.:.: \__ノヽ
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l         →   ..l /.:.::::|.:.:.:::|\|\:::::|ヽ|  ,_  7.:.:/.:  .:.:::ヽ.:.:..   .:.:.ノ
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l                   | ∧ .::::ト、::ヽ,   \{  〃 ̄`'/, イ.:.:.:.:.::::::::ノ.:.:.、.:.:.:.:.:./
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、             ヾ \:::∨'ー-ィ=ミ         /.:.:.:.::::::/:.:.:.:.:. ヽ、-ー'
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉              `7::.:.:.、ヽ _ ′ --、  =ニ二;_;イ::::::::::::::::.:.:. \
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /                        l:::||::.:.`弋´  \  |    /    !::::::::::::::::::::::::::.:. ヽ
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l                      ヽハ、:::::::::>、_ `´  /  __ -ヘ::::::::::::::::::::::   }
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l                            フ´.:.:.:.::::::>ー::'」==ニ -─ ´ヽ      ヽノ    ∧
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/                       |ゝ--ー'  _, -──ー'゙         \::::::::::::::::::::: ` 一 ' }
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li                       \_.:,、_:/                     ',::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ノ
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、                          /-ー 、                   ∨ヽ、::::::;;:::::::::::<
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\                    __ /     ヽ_, -ー-、            }    ̄ ヽ::::::::::::〉
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\               l´               ヽ,、__ -ー- 、_ __ィー 、, -ー   \::::/
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、           |  ノ                          ヽ      `ヽ
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \             `て                                    〉



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 割とあり得る(ガチ)。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7894 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:08:40 ID:Vl1l5tPi
アバターだから自由につくれるのよね……w

7900 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:13:48 ID:hIM6fWy4
何だ、ただのVTuberか



7903 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:20:34 ID:b5q+i0dv

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 マトリックスの見方は「AR(拡張現実)」と「VR(仮想現実)」で更に2つに別れ、前者の場合は「AR対応の視覚機器」で
見る事ができる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

      ________________________
      |                                         |\
      | ○○マート         ===========================|  |
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄~..|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|\.
      |  ||       || / / / ||                    ||____|  |
      |  ||l ̄ ̄| ̄ ̄l.||          ||                    ||     |.\|
      |  |||   !|    l.||       [] ||~|~|~~~~|~|~|~~|~|~|~|~|~|. .||     |  |
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |
      |  |||   !|    l.|| / / / ||~|~~|~||~~~|~~|~~|~|~~~|~|. ||     |  |
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |
      |  |||   !|    l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   _|  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.
   |                                             |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____      ________
          //========\
        //======\


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 例えば、先の例で言うと、物質界で見ると何の飾り気も無いコンビニエンスストア。
 これがARを通して見ると、ゴテゴテとした電飾や広告で覆われている可能性もある。

 要は「現実世界に上書き表示されるオブジェクト」があるのが、AR知覚だ。
 単なるオブジェクトと思うなかれ。ARO(拡張現実オブジェクト)は、今や第六世界のあちこちを彩っている。
 標識、広告などの用途だけではなく、VR接続している人のアイコンやら、服に設定できる装飾やら。

 地図上に線を引いて、仲間と共有すれば。仲間のAR上にはそれに従った矢印が出現する、などという情報共有の
仕方も可能になる。
 逆に、機器の設定で見たくないAROを非表示にすることも出来る。
 ARに関しては―――そこまで時代は進んでないが、「ポケモンGOワープ進化」でだいたい通じる辺り、リアル先輩は
実に容赦なく創作を殴ってくる。

 で、想像しやすい「現実世界の上書き」であるARはさておいて。
 VR―――ヴァーチャル・リアリティにダイブし、そうした場合に世界がどう見えるか。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\
     ////////////////////////、ヽ                     /|     / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヾ,' 〈/ 八
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙                / {   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          \〉 \.:l   【マトリックス】
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ                |l ` ̄          .:.:.|.:.:.::|.:.:.、.:.:.:.ト、|´ ̄: ',
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''  【現実】        |`ヽ      l  |.:.:.:.:.:.:.:::⊥-十ー:|:::.:.:| |/.:.:.:.:.: 、
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i                 \_/   _レ十.:.:.|.:.:.:::∧::从::::ハ:::.::|.:.:.:\.:.:.:. ヽ
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ                   / /.:.:.l:.:.:´:|.::::|::::.:.ヽ.:.::| |/ |/ |::;/.:.:.:.: \.:.: \__ノヽ
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l         →   ..l /.:.::::|.:.:.:::|\|\:::::|ヽ|  ,_  7.:.:/.:  .:.:::ヽ.:.:..   .:.:.ノ
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l                   | ∧ .::::ト、::ヽ,   \{  〃 ̄`'/, イ.:.:.:.:.::::::::ノ.:.:.、.:.:.:.:.:./
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、             ヾ \:::∨'ー-ィ=ミ         /.:.:.:.::::::/:.:.:.:.:. ヽ、-ー'
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉              `7::.:.:.、ヽ _ ′ --、  =ニ二;_;イ::::::::::::::::.:.:. \
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /                        l:::||::.:.`弋´  \  |    /    !::::::::::::::::::::::::::.:. ヽ
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l                      ヽハ、:::::::::>、_ `´  /  __ -ヘ::::::::::::::::::::::   }
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l                            フ´.:.:.:.::::::>ー::'」==ニ -─ ´ヽ      ヽノ    ∧
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/                       |ゝ--ー'  _, -──ー'゙         \::::::::::::::::::::: ` 一 ' }
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li                       \_.:,、_:/                     ',::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ノ
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、                          /-ー 、                   ∨ヽ、::::::;;:::::::::::<
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\                    __ /     ヽ_, -ー-、            }    ̄ ヽ::::::::::::〉
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\               l´               ヽ,、__ -ー- 、_ __ィー 、, -ー   \::::/
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、           |  ノ                          ヽ      `ヽ
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \             `て                                    〉



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 割とあり得る(再掲)。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7917 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:30:49 ID:b5q+i0dv
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 先の例もあるあるな理由として、マトリックス世界上の存在はほぼ全てアイコンで表示されるからである。
 個人のアイコンは「ペルソナアイコン」。マトリックス接続している機器も全てアイコンで表示される。

 ちなみにある程度のサイズや外見の制限はあり、直感的にペルソナアイコンと分からないものをペルソナアイコンとして
使うことは出来ない。ルールの記述を借りるならば、「小さな砂埃」などを自身のペルソナとする事は出来ないということだ。
 もう少し専門的な人間になってくると、マトリックス空間上でそもそも他人にアイコンを知覚されないようにするなど、
様々な要素が絡んでくるのだが―――まぁ、基本的にはそういうものだ。
 なお、前述の程度の外見変更はよくあるレベルらしい。ネカマ、ネナベ、未だ不滅也。

 ちなみにペルソナアイコンは、基本的にはコムリンクやサイバーデッキなど、その人物がマトリックスにアクセスするのに
使っている機器を軸としており、デッカーにそのペルソナが攻撃された場合は、その機器とそれを通して接続者に
ダメージが行くのだが、なんかもう全て書きだすといつまで経っても終わらんのでルルブ買ってネ。

 ともあれ、VRの世界では全てがアイコンで表記される。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\
     ////////////////////////、ヽ                     /|     / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヾ,' 〈/ 八
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙                / {   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          \〉 \.:l   【マトリックス】
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ                |l ` ̄          .:.:.|.:.:.::|.:.:.、.:.:.:.ト、|´ ̄: ',
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''  【現実】        |`ヽ      l  |.:.:.:.:.:.:.:::⊥-十ー:|:::.:.:| |/.:.:.:.:.: 、
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i                 \_/   _レ十.:.:.|.:.:.:::∧::从::::ハ:::.::|.:.:.:\.:.:.:. ヽ
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ                   / /.:.:.l:.:.:´:|.::::|::::.:.ヽ.:.::| |/ |/ |::;/.:.:.:.: \.:.: \__ノヽ
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l         →   ..l /.:.::::|.:.:.:::|\|\:::::|ヽ|  ,_  7.:.:/.:  .:.:::ヽ.:.:..   .:.:.ノ
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l                   | ∧ .::::ト、::ヽ,   \{  〃 ̄`'/, イ.:.:.:.:.::::::::ノ.:.:.、.:.:.:.:.:./
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、             ヾ \:::∨'ー-ィ=ミ         /.:.:.:.::::::/:.:.:.:.:. ヽ、-ー'
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉              `7::.:.:.、ヽ _ ′ --、  =ニ二;_;イ::::::::::::::::.:.:. \
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /                        l:::||::.:.`弋´  \  |    /    !::::::::::::::::::::::::::.:. ヽ
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l                      ヽハ、:::::::::>、_ `´  /  __ -ヘ::::::::::::::::::::::   }
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l                            フ´.:.:.:.::::::>ー::'」==ニ -─ ´ヽ      ヽノ    ∧
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/                       |ゝ--ー'  _, -──ー'゙         \::::::::::::::::::::: ` 一 ' }
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li                       \_.:,、_:/                     ',::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ノ
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、                          /-ー 、                   ∨ヽ、::::::;;:::::::::::<
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\                    __ /     ヽ_, -ー-、            }    ̄ ヽ::::::::::::〉
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\               l´               ヽ,、__ -ー- 、_ __ィー 、, -ー   \::::/
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、           |  ノ                          ヽ      `ヽ
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \             `て                                    〉



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 割とあり得る(三度目)。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7924 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:40:38 ID:Y83qX8Ql
その逆というロマンだってあるかもしれないでしょ!



7925 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:40:52 ID:b5q+i0dv


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 では、個人や機器の見え方はアイコンとして。
 世界はどう見えるのか。まさかアイコン以外なにもない真っ黒い宇宙というわけではない。

 いわば「回線」であり「地区」である【グリッド】と、その中に存在する無数の「ホームページ」であり「チャット部屋」、
或いは「集会場」やその他あらゆる「舞台」である【ホスト】が存在する。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                                     _______
                      _,,,.. -ー¬'''"゙゙´ ̄ ̄     ̄ ̄`゙゙""''''¬ー- ..,,,,_
                 _,, ー'''"                                 `^'~ ..,,
                ,.. ‐''´                                           `'''- 、、 ← 【グリッド】
             ,,/″                                                  `ヽ、
        _/゛                                                    `ヽ、
      /                                                             ヽ
     ./                                                               ` 、
    ./                                                                ヽ
   .i′                                                                 l
   l                                                                    |
   |                                                                     l
   .l                                                                    /
    .゙、                                                                  /
     .ヽ                                                               /
      \                                                             /
        `'-、                                                         /
          ゙''-、,                                                  _..-'"
                `'''-..,,,                                       _,.. -'"゛
                    `゙''ー ..,,_                                _,,,.. -‐''"
                       `゙^''''―-- ........____    ___.......... -一''''''"´
                                   ̄ ̄ ̄


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 地区・回線として【グリッド】があって。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



                                     _______
                      _,,,.. -ー¬'''"゙゙´ ̄ ̄     ̄ ̄`゙゙""''''¬ー- ..,,,,_
                 _,, ー'''"                                 `^'~ ..,,
                ,.. ‐''´         ._、-- .,_                     _、-- .,_          `'''- 、、 ← 【グリッド】
             ,,/″._、-- .,_     .,' 【ホスト】 ,      .._、-- .,_     ,' 【ホスト】 ,             `ヽ、
        _/゛   .,' 【ホスト】 ,   ....',      ,'       .,' 【ホスト】 ,    .',      ,'                  `ヽ、
      /       ',      ,'    ...゙' --- '゛        ',      ,'     ゙' --- '゛                  ヽ
     ./         ゙' --- '゛                     ゙' --- '゛                  _、-- .,_        .` 、
    ./                                        _、-- .,_          .,' 【ホスト】 ,          .ヽ
   .i′                       _、-- .,_              .,' 【ホスト】 ,         ',      ,'            l
   l                      ,' 【ホスト】 ,             ',      ,'          .゙' --- '゛              |
   |          _、-- .,_       ',      ,'              .゙' --- '゛                           l
   .l          .,' 【ホスト】 ,      .゙' --- '゛     _、-- .,_                                   /
    .゙、          .',      ,'              ,' 【ホスト】 ,                                   /
     .ヽ       ゙' --- '゛                  ',      ,'                 _、-- .,_             /
      \                           ゙' --- '゛   ..._、-- .,_      .,' 【ホスト】 ,          ./
        `'-、                               ,' 【ホスト】 ,     ',      ,'        ./
          ゙''-、,                               ',      ,'      .゙' --- '゛  ......_..-'"
                `'''-..,,,                         ゙' --- '゛            _,.. -'"゛
                    `゙''ー ..,,_                                _,,,.. -‐''"
                       `゙^''''―-- ........____    ___.......... -一''''''"´
                                   ̄ ̄ ̄


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 その中に大小様々なホストが存在している入れ子構造。

 大雑把な理解だが、マトリックスはこのような構造で成り立っている。
 更にグリッドが幾つもあり、VRでのマトリックス空間は物理的な広さに囚われない為、世界は無限大だ。

 ―――まぁ、メタリンクで宇宙規模のホストを作ろうとすれば処理限界で落ちるだろうから、無限大は言いすぎか。
 グリッドの通信速度と機器の処理速度の許す限りで、無限大だ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7926 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:42:53 ID:VKLgN+hc
つまり無限で有限なのか

7927 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:43:33 ID:t3QQ1m+y
使命を果たすんだ!

7928 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 22:44:04 ID:/Vu8xLop
私と君は覚醒しなければならない!



7930 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 22:57:10 ID:b5q+i0dv

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 マトリックスは宇宙。グリッドは銀河。ホストは惑星。

 多少語弊があるが、VRへの理解はこの認識でそう間違っていない。
 宇宙警察よろしくグリッド監視局(GOD)という組織が有り、グリッド単位でdemiGODというその下部組織がある。
 宇宙に例えたのでそのまま行くと、ウルトラマンだ。ただしマトリックス犯罪者絶対殺すウルトラマンだが。

 しかも行動時間制限があるのは、ウルトラマンではなく追われる側。
 マトリックス的に「犯罪」に分類される行動を取った瞬間から、ハッカーの情報はGODに収集され始め、それが
一定を超えると開幕スペシウム光線みたいな殺意でウルトラマンが飛んでくる。
 情報が収集され切る前にトンズラが、第六世界のハッカーの定石だ。

 どんなに腕利きのハッカーでも、大本であるグリッドの管理側であるGODに対抗は難しい。っていうか無理。
 せいぜい、痕跡を丁寧に消して、綺麗に仕事をして、見つからないよう/追われないようにするだけだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


           . _________._________________.___________
 □ | □ | □ | |┌───────┬──────┬───────┬──────‐┐||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |             |            |             |             .|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |______________|_______________|______________|_____________________|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |             |            |             |             .|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |______________|_______________|______________|_____________________|..||
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |             |            |             |             .|..||   【GODの皆様仕事中】
__|__|__| | |             |            |             |             .|..||
 □ | □ | □ | | |______________|_______________|______________|__________|..||
__|__|__| |____________________________________________||
           ||                          ∧__∧                    ||
           ||_______________(   )] ..____________||
           ,/ \_____________ /:三三ヽ:::7___________/ \
        /   /i                   .[|三三三|]                    :i\   \
       /  _/: :└─  ────────── └‐|」‐┘ ───────  -─┘:.:\ _. \
     /_. ∧[::::] ′            . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                             丶∧⊿]_\
    //:::(・ [i_)                                                  _(,. ・д):::\\
  /  \と[i_  _,) ∧                                                / :(_  i]つ:::: \\
  __/γ[二二//                                               \|ニ二] ::\ ̄ ̄: \
     \(し└|j‐┘                                               └‐|ヘ,_,) \    \
  二/ ̄    ̄ ̄                                                  ̄ ̄ 丶.:\     \




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 では、ハッカーが無力かというと、そんな事は全く無く。
 未だにマトリックス世界は熾烈な戦場であり、企業も国家も腕利きのハッカー―――つまりはデッカーや
テクノマンサーを警戒し、或いは重用している。

 グリッドという単位が出来て、監視局という存在が出来て、行動に多少の制限がかかる。
 だったらそれで、その枠組みの中で企業も監視局も出し抜いて、情報やら何やらぶっこ抜く。
 それがハッカーという生物の生態だ。

 その辺りは、マトリックス通信網の形が多少変わっても、2072年から2075年になっても変わらない。
 あいつら基本的に危険スレスレの悪戯心で生きている気がするのは、筆者だけではないだろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

7937 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:10:12 ID:b5q+i0dv

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 総論。
 ―――2075年段階のマトリックス通信網という宇宙は、2072年頃に比べて大きく整備された。

 【グリッド】という管理者が権限を持つ銀河があり、【ホスト】という惑星においてはまた個別の管理者がおり。
 法整備と電脳機器の進化により、コムリンクでのハッキングはすっかり廃れ、サイバーデッキと呼ばれる
『超すごいコムリンク』とでも言うべき、ハッキングに特化/先鋭化した装備を使うのが主流となった。

 ハッカーが主に「デッカー」と呼ばれる理由である。デッキを使うから、デッカーだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                                                    /
                                                  /
                                                 /    ./
.                                                |::    /レ'レ
                               .,斗ぅrx                 |:: ./レ'レ'レ'レ'
.                         r.r=≦     l| |ヽ                   |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
          。o≦「「「l\        | |      :l| | ̄\     _,,.. -┐     .|レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
   rzzzzzx ..f「:|ll|コ| | |l‐- ヽ   ..f´Τ|      :l| |]]]|  ト、..斗rぅうさ ̄|   . |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
===ア〇〇〇) |コ:|ll|コ| | |l‐-  \  .|]]]| |     _」l |]]]|  | \-_-_-_-_-_:l   .|レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
    ̄ ̄ ̄ ..|コ:|ll|コ| | |l‐-   ..,,,_\|]]]| |il|]]]]]]]]]]]]ll |]]]|  |‐- \_,.斗rぅう ̄| |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
          |::::|ll|:::| | |l‐-   ,,_ 。s个]]l |]]]]]]]]]]]]]]ll |]]]|  |‐- ,,_|   田  | |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
二|         .|::::|ll|:::| | |l‐- 。s≦//|]]]| |]]]]]]]]]]]]]]ll |]]]|  |‐- ,,_|   田  | |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
二| ((;;;)ー((;;)) .|::::|ll|:::| | jレ≦/彡イ/l]]]l |]]]]]]]]]]]]]]ll |]]]|  |‐- ,,_|   田  | |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
二| `7¨¨{`Y |::::|ll|:::レ≦//>イ//,|]]]l |]]]]]]]]]]]]]]ll |]]]|  |‐- ,,_|   田  | |レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'
_|__∠二jI斗rrrrzz彡イイ´////,|]]]| |]]]]]]]]]]]]]]ll |]]]|  |‐- ,,_|   田  | |レ'レ'レ'レ'レ'レ'.「l
工工工工工エェェー=ニ二丁丁丁丁丁.|]]]| |─‐┬r-‐‐.l |]]]|  |‐- ,,_|   田  | |レ'レ'レ'レ'.「l :|:|
-=ニ仁仁仁仁仁仁仁三二ニ=-───‐┴=ニ二LL ̄__|__|]]]|_|‐- ,,_|   田  | |レ'レ'.「  |:| :|:|
 `ヾYY^YY´ ̄ ̄`ヾYCCCY´`Yr┬┬┬r──rrzzzzzs。二 ー-<ト、|rrrrrr「」  :| レ'´l| |___」:|___l:|
   |:l::| |::|     .|:| ̄|l ̄l{   |:l .|..││|   | | | | l二|l二ヽ≧=--|二二二:. .:| l/|| |. ̄!:| ̄||
.__」」」...LL.  -─┴‐.┴‐┴‐.┴.┴┴┴─ .⊥l.」」__l_|_∩∩}{二)ニニlつ  |  トー-- ∟⊥..._」|
                                    ̄ ̄          `ー- -- ....,,,_



               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__


                                _
                               r―-,´、. . `ヽ.   ,--、
                           ,-ヘ 、_/ヽ、. . . ヽ. ! ノ
   、-< ー- ,、           _ ,_, z云>ヒ ベ_〉 ヽ\\. . ヾi´
    \:.ヽ、//..⌒_ヽ,      /  " ̄ ゚´ ̄__ゝ_ i し__/. . .` _ ヽ 、ゝ.
   ⊂7\: :! ̄iー―\    /  kwsk , /____/. . : : :\`ヽ、´ヽ
 /´ ̄: : , 〉、 \k、. . . . .`ーr´へ 、 __ <´ : : :ヽ 、 . . . . . 、: . : : ヽ: . `´〉   ―――ドルルル.....
 ー/:./  ヽ. .\`ヽ 、:._ノ    , >- ゝninja⊂!ュヽ 、. : ` >, .`ャ__/ノ
  /:./   ,; ―ニニーゝ---`ー/: : : : : : `_: : . . . . . . . > ´- `> ´
ェイ.⌒\´:ヾ:::::::ヲ,へ\` 、  。/: : : : : ,; - ´/. . . . . . . /, 、-ゝ--´- 、.
 \   \ ゞy=`=´、ヘーゝ/: : : : 〆  /. . . . . . ../. ゝ / ヽ: : , __ ヽ,
  /::\   \ィ ヾ:::::::::i |O i´ヽ,: : :ヽ .<. . . . . . . ./==/ ヘ 。 : : 〉ヾ, ::::: ̄ヽ.
 i::::::/i \ .  \〉_i `7n .l .<〈. . . . \ヽ . . . . /==,//::::::〉ヽ , : :l/ ∨ト 、::::::ヽ.
 l::::::|.|.b ̄\ γ ,\ゞ=!_jO|\ 〉. . . . . .`. . . . 〈:::::l l::Y::::::/rム. i 。.l . ヽ.| ゝ:::::::l.
. !:::::ヾAニニ,ゝ- 、 .`\__ ノ. . . . . . . . . . . . ヘ,:_l l::|::::::l 8--! !/ヽ`i .l/ !:::::::i
. ヽ.::::ヽY` ̄||  / `>、/. . .ゥ . . . . . . _ノ\. . .ヘソ、|:::::||"l lメヘcゝ )>..l   l::::::::l
   ヽ.::::` ー┴ ´::::::/   ̄ ̄ ̄ ー---`ニニ._ .ヘ:::ヘ:::::ヾ ゝ!l>´= ´ ベ 、.ノ::::::::!
    ヽ::::::::::::::::::/                 ̄ ̄ ヽ::::::V/丶 ュソ `>::::::::/
      `  ̄ ´                      ヽ::::丶、__カ_ ,ノ::::::::/
                                 丶::::::::::::::::::::::::::ソ
                                   `  ̄ ̄ ̄´

               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__



                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧   「―――そして。
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧    デッカーは今やハッカーの代名詞であるが、
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i    その中にも様々な分類がある。
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|    現場に出向いて“仕事”をする者、
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |     或いは拠点からグリッドを通してのアクセスで仲間を
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|      支援する者―――」
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      | 
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'

7938 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:10:56 ID:/Vu8xLop
お前は梁山泊!!

7939 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:12:23 ID:no+yZ1lj
このバイクカワサキじゃね…?

7940 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:13:48 ID:UTgtonOp
カワサキか……



7943 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:17:44 ID:b5q+i0dv


                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム   「だが、どちらにも共通して言える事がある。
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、      俺達は鮫だ。マトリックスという宇宙を海とし、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧      泳ぎ続け、牙を研ぎ、そして必要な時に狩りをする。
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i      ―――しかし、この禍々しい宇宙に課せられた呪い。
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |      監視局―――GODの鎖は、影の時間が来る度に
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|      この身を束縛(しば)る。そして重ねた罪と共に、
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |       その鎖は重さを増しているようだ―――」
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /  【シャドウランナー/デッカー/セト】
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'



           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/   「うーん、専門じゃないからマトリックスに関する講義でもと
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/     移動中に聞いてたけど、なんか余計に分かんなくなりました(小並感)」
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|   【SIN持ちランナー/ガンスリンガーアデプト/アミティエ・フローリアン】
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| だいたいさっきまでの説明内容を、『独特のスタイル(中二病)』フィルタを
|通して講義されていたとお思いください。
―――――――――――――――――――――――――――――――

7944 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:18:42 ID:/Vu8xLop
意味ねーーー!?w

7945 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:19:14 ID:S6nX48gi
お前にかかればわかるものも分からなくなるよw



7947 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:21:53 ID:b5q+i0dv

▼―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 首都東京 幹線道路

▲―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__


                                _
                               r―-,´、. . `ヽ.   ,--、
                           ,-ヘ 、_/ヽ、. . . ヽ. ! ノ
   、-< ー- ,、           _ ,_, z云>ヒ ベ_〉 ヽ\\. . ヾi´
    \:.ヽ、//..⌒_ヽ,      /  " ̄ ゚´ ̄__ゝ_ i し__/. . .` _ ヽ 、ゝ.
   ⊂7\: :! ̄iー―\    /  kwsk , /____/. . : : :\`ヽ、´ヽ
 /´ ̄: : , 〉、 \k、. . . . .`ーr´へ 、 __ <´ : : :ヽ 、 . . . . . 、: . : : ヽ: . `´〉   ―――ドルルル.....
 ー/:./  ヽ. .\`ヽ 、:._ノ    , >- ゝninja⊂!ュヽ 、. : ` >, .`ャ__/ノ
  /:./   ,; ―ニニーゝ---`ー/: : : : : : `_: : . . . . . . . > ´- `> ´
ェイ.⌒\´:ヾ:::::::ヲ,へ\` 、  。/: : : : : ,; - ´/. . . . . . . /, 、-ゝ--´- 、.
 \   \ ゞy=`=´、ヘーゝ/: : : : 〆  /. . . . . . ../. ゝ / ヽ: : , __ ヽ,    【※アミタ運転中】
  /::\   \ィ ヾ:::::::::i |O i´ヽ,: : :ヽ .<. . . . . . . ./==/ ヘ 。 : : 〉ヾ, ::::: ̄ヽ.
 i::::::/i \ .  \〉_i `7n .l .<〈. . . . \ヽ . . . . /==,//::::::〉ヽ , : :l/ ∨ト 、::::::ヽ.
 l::::::|.|.b ̄\ γ ,\ゞ=!_jO|\ 〉. . . . . .`. . . . 〈:::::l l::Y::::::/rム. i 。.l . ヽ.| ゝ:::::::l.
. !:::::ヾAニニ,ゝ- 、 .`\__ ノ. . . . . . . . . . . . ヘ,:_l l::|::::::l 8--! !/ヽ`i .l/ !:::::::i
. ヽ.::::ヽY` ̄||  / `>、/. . .ゥ . . . . . . _ノ\. . .ヘソ、|:::::||"l lメヘcゝ )>..l   l::::::::l
   ヽ.::::` ー┴ ´::::::/   ̄ ̄ ̄ ー---`ニニ._ .ヘ:::ヘ:::::ヾ ゝ!l>´= ´ ベ 、.ノ::::::::!
    ヽ::::::::::::::::::/                 ̄ ̄ ヽ::::::V/丶 ュソ `>::::::::/
      `  ̄ ´                      ヽ::::丶、__カ_ ,ノ::::::::/
                                 丶::::::::::::::::::::::::::ソ
                                   `  ̄ ̄ ̄´

               ̄ ̄   ―              ̄    _                   ̄
    ――         ̄ ̄       ―                   _―― ̄__
 ___         __   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――           ― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―              ==━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_




               __
            /      ヽ  >..-- ― -- 、
              /   >---...、/:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:.:--.、:.:.、
           /  /:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.> --― 、:.:.:.:.:',:.:.\
          ,  ∠ --=ァ:.:.:./.:レ ´  __  --=ヘ:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
            |    /:.:.:.:.:!:.:.i,,..ィi:.:.:.:.:.:.:.、___!:.:.}:.:.:.}:.:.:.:.:.:.',
            |   /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:./{';.:ト.:.:.:ハ:.:.:.:N |:.:.:.|、:.:.:.:.:.}
             {    |:.:.:.:.,ィ:.:.:|:.:.|X:.:! ヽ ヽ{ 三三.!:.:.:.! }:.:.:.:..!
             |:.:.:/ /{:.:.|:.:.|三三      ,,, |.:.:.:| ':.:.:.:.;
             j:./   !:.i!:.:!             |:.:.:.|:.:.:.:.:,   「とりあえず途中で出てきた『虚ろの夜』って何かの
             /    ヾ|:.:| ''   , --,  ,:.:.:.! 〉:.:/     専門用語ですか?」
                     |込      ゝ- i  /:.:./ィ:.:.:.:ー、
                        ',.:.::.≧==--  ij /:.:.:/ 〈:.:.:.:.:.:.:.}
                       ',:.:.:.!_ _ノ----{:.:.:.{-―-..、:.:.:ノ__
                  /∨}:.:.:};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レi:.:.!;;;;;;;;;;;;;;;',:.:.:.:.:.}
                  ヽ ヽ:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:.:.|;;;;;;;/⌒}:.:.:/
                  i;;ヽ!:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:.:.!/  /i:.:.:.:.`ヽ
                  |;;;;;;ヽト!\;;;;;;;;i;;;;;;;;;;|:.:.|  ヾ;;;;;;;|⌒{:.:.:.:}
                  |;;;;/ /   \;;|;;;;/|:.:.|   ',;;;;;;! 乂:.:.:、
                  |;;i′{     只  レレ i  };;;;;i   }:.:.:.:.}
                  |;;;,  !   ---|--    }  ハ;;;;|  〈:.:.:./___
                  |;;;;', ',     !     , /;;;;;;;;{  /}⌒ヽ /




                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ    「決まっているだろう。シャドウランニングの時を指す」
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

7948 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:23:22 ID:b5q+i0dv




               __
            /      ヽ  >..-- ― -- 、
              /   >---...、/:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:.:--.、:.:.、
           /  /:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.> --― 、:.:.:.:.:',:.:.\
          ,  ∠ --=ァ:.:.:./.:レ ´  __  --=ヘ:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
            |    /:.:.:.:.:!:.:.i,,..ィi:.:.:.:.:.:.:.、___!:.:.}:.:.:.}:.:.:.:.:.:.',
            |   /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:./{';.:ト.:.:.:ハ:.:.:.:N |:.:.:.|、:.:.:.:.:.}
             {    |:.:.:.:.,ィ:.:.:|:.:.|X:.:! ヽ ヽ{ 三三.!:.:.:.! }:.:.:.:..!    エ リ ミ ネ ー タ ー
             |:.:.:/ /{:.:.|:.:.|三三      ,,, |.:.:.:| ':.:.:.:.;   「断裂の免罪符」
             j:./   !:.i!:.:!             |:.:.:.|:.:.:.:.:,
             /    ヾ|:.:| ''   , --,  ,:.:.:.! 〉:.:/
                     |込      ゝ- i  /:.:./ィ:.:.:.:ー、
                        ',.:.::.≧==--  ij /:.:.:/ 〈:.:.:.:.:.:.:.}
                       ',:.:.:.!_ _ノ----{:.:.:.{-―-..、:.:.:ノ__
                  /∨}:.:.:};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レi:.:.!;;;;;;;;;;;;;;;',:.:.:.:.:.}
                  ヽ ヽ:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:.:.|;;;;;;;/⌒}:.:.:/
                  i;;ヽ!:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:.:.!/  /i:.:.:.:.`ヽ
                  |;;;;;;ヽト!\;;;;;;;;i;;;;;;;;;;|:.:.|  ヾ;;;;;;;|⌒{:.:.:.:}
                  |;;;;/ /   \;;|;;;;/|:.:.|   ',;;;;;;! 乂:.:.:、
                  |;;i′{     只  レレ i  };;;;;i   }:.:.:.:.}
                  |;;;,  !   ---|--    }  ハ;;;;|  〈:.:.:./___
                  |;;;;', ',     !     , /;;;;;;;;{  /}⌒ヽ /




                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ    「GODだ」
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔

7950 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:24:29 ID:VZHdAJln
標準語が使えるなら使って説明しろや(おこ)

7951 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:25:07 ID:CoCpDUX+
エミーちゃん説明分かんなくて寝惚けてない?wwなんか涎っぽいのが見えるぞww



7953 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:26:10 ID:b5q+i0dv



               __
            /      ヽ  >..-- ― -- 、
              /   >---...、/:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:.:--.、:.:.、
           /  /:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.> --― 、:.:.:.:.:',:.:.\
          ,  ∠ --=ァ:.:.:./.:レ ´  __  --=ヘ:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
            |    /:.:.:.:.:!:.:.i,,..ィi:.:.:.:.:.:.:.、___!:.:.}:.:.:.}:.:.:.:.:.:.',
            |   /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:./{';.:ト.:.:.:ハ:.:.:.:N |:.:.:.|、:.:.:.:.:.}        イグジス
             {    |:.:.:.:.,ィ:.:.:|:.:.|X:.:! ヽ ヽ{ 三三.!:.:.:.! }:.:.:.:..!   「穿鎖のE X S」
             |:.:.:/ /{:.:.|:.:.|三三      ,,, |.:.:.:| ':.:.:.:.;
             j:./   !:.i!:.:!             |:.:.:.|:.:.:.:.:,
             /    ヾ|:.:| ''   , --,  ,:.:.:.! 〉:.:/
                     |込      ゝ- i  /:.:./ィ:.:.:.:ー、
                        ',.:.::.≧==--  ij /:.:.:/ 〈:.:.:.:.:.:.:.}
                       ',:.:.:.!_ _ノ----{:.:.:.{-―-..、:.:.:ノ__
                  /∨}:.:.:};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レi:.:.!;;;;;;;;;;;;;;;',:.:.:.:.:.}
                  ヽ ヽ:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:.:.|;;;;;;;/⌒}:.:.:/
                  i;;ヽ!:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:.:.!/  /i:.:.:.:.`ヽ
                  |;;;;;;ヽト!\;;;;;;;;i;;;;;;;;;;|:.:.|  ヾ;;;;;;;|⌒{:.:.:.:}
                  |;;;;/ /   \;;|;;;;/|:.:.|   ',;;;;;;! 乂:.:.:、
                  |;;i′{     只  レレ i  };;;;;i   }:.:.:.:.}
                  |;;;,  !   ---|--    }  ハ;;;;|  〈:.:.:./___
                  |;;;;', ',     !     , /;;;;;;;;{  /}⌒ヽ /



                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ    「デッキを用いたハッキング技能全般をそう呼んでいる」
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔





       /: : : : : : : : : : : : : :!: : : :i/: /: : : : : ヽ: ヽ、
       ,′: : : : : : : : : : : : :i: : : : !: /: : レ!: :!: 、',:.',`
       .' : : : : : : : : : : : : : : !: : :i: i: ハ,,へ.!: /: :i:.i: :!
       ': : : : : : : : : : : : : : :i!: : : ',:.!i〃.,イ !/:!:./リ∨
       !: : : : : : : : : : : :,: /i: : : : :i,:',.  i!i ',イ/  i!
       ',: : : : : : : : : : :/:/ i: : : : : !ヾ、 ゞ 乂
       ',: : : : : : : : : / ', i: : : : : !   _  i
       ヽ、ヽ: : : : /: : :ヽ!: : : : : ', ij. ,' マ ,′   「―――今来てすぐ来て通訳用言語ソフトォォォォ!!!」
      /: : :ヾ、, イ: : / ', : : : : : ',  ,′ i/
       /: : : : : : : :ノ イ   ヽ : : : : ',、ム.ノ
      〈: : : : : : / /-ー――ヽ、: : :ヽ、
     ,.イ、: :, イ  i´     __`ヾ、!
    i: : : : : : : ', /`  ̄ ̄ ̄      ヽ、

7954 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:27:05 ID:U22ti9Ee
厨二翻訳機能

第六世界ならありそう

7955 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:27:40 ID:/Vu8xLop
考えるな、感じろ、できるかは知らん



7958 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:30:06 ID:b5q+i0dv


                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//   「―――囀るな。
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/     無駄に注目を集める行動を取ってどうする。
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'       現在の『虚ろの夜』の目的を忘れたか。
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/         SINnerというのも、気楽なものだ」
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥




                      ___
          , -ー‐- 、   , ..<: : : : : : : : : : >.、
        ,イ    ,.. -ーヽイ: : : : : : : : : : : , イ  ̄ヽ: :\
        /  , .:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ
      /   ,.' : : : : /  ̄:`: : : : : : , -――- _ヘ : : : :∧: : :∨
          /: :/ : : /: : : : : :,  '"  _____ ∨ : : : ',: : : ∨
       /: :/: : : :i: : : : /"  , <:: : : : :!: !、: 、:>',: : : : :',: : : :.
      ,': :/: : /: :!: : : /, イ: /: :ハ: :i: : :i !:i !: :!、: ',:', : : : : ',: : :..'
       !: /: : :i: : :!: : : !: :!: :ハ: :i   !:.!: : i i:! !: ハ: i!:.',: : : : :iヽ: : !
       !/ !: : :!: : i!: : : :!: !: :! ',:.!‐. i: i : / / ,ィ示斥ヽ、: : : :i! ',:,′  「むしろそっちが覚えてるか聞きたいくらい
      i!. !: : :!: : i:',: : : !:.!: :!,.ィ=、!/!:/ /  iっ:::レ:! アi: : : : !. /,′    なんですけどねぇ!?」
        ', : i!: : i: ',: : :i、:!〃 !::刈 /'     弋z汐 .i: !: : : :i!イ/
        ',: i.',: :i'、:',: : :ヾ,ヾ、弋武'   ,      /イ: : : :i!./ : : >、
         ヾ',.',: i ',:i! : : : ', `           / !: : : :!: : : : : : :i
          ヾ.ヽ', i: : : : :!、    r====  u /i: : : :ハ: : : : : :/、___
            ヽ i: : : : :!:.ヽ、.  ∨__ノ _イ / : : /:7ヽ、, イ::::::::::::::::::::`ー―-<
                 !: : : : : : ! ≧   _ i i´::::/: : : /:::i!/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',ヽ
               ,': : : : : >'>イi!     ',',:::,': : : ,'::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',::',
             /: : :,イイ":::::::::::rー、,イ. ̄ ',',i : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! !::',
               / : : ∧'、:::::::::::::::::!  i!   i i: : /!::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::,ィニニニニヽ::!
            /: : : : ,ハヽ::::::::::::,イ / ̄ヽ .//!: /:i:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::://. . , -ー‐< .ヽ



                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、    「忘れるわけがなかろう。
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、    この身に課せられた運命(サダメ)をな―――」
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'

7960 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:34:10 ID:b5q+i0dv


           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/     「………このラン、どう思います?」
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }



                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   「―――………」
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔


▼仕事内容:配達。

▼依頼主は今決める。ダイスでな!

▼事情その他はある程度決まっているが、曖昧な部分は今決めよう。

【安価 下5】
2D6 ルールブック付属ランダム・ラン作成表で決定します。事故ってシナリオの骨格がなんかひしゃげたら? 知らん。

7965 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:35:06 ID:U22ti9Ee
【2D6:11(5+6)】



7969 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:36:30 ID:b5q+i0dv
11:個人

ハイ、1個下ほどではないが結構極端な出目が出ました。

7971 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:37:05 ID:S6nX48gi
12だったらなんなんだw

7973 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:38:45 ID:t3QQ1m+y
>>7971
自由精霊、ドラゴン、AIなど
つまり厄ネタ



7974 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:39:31 ID:b5q+i0dv
軽くAA募集―――

【安価 下~ トイレ行ってその他用事足して戻ってくるまで】
フィクサー、依頼主個人などに使えそうなAA
この際、妖怪AAかぶりはある程度気にしない。板の他のスレ全てを追いきれてはおらぬゆえにな……!!

作品名 キャラ名必須 説明有無自由

7975 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:40:29 ID:Y83qX8Ql
プレシア・テスタロッサ(リリカルなのは)





7998 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:46:08 ID:I+C6o0hg
ふなっしー(船橋市非公認キャラ)

7999 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:46:13 ID:YZGWMfSv
秋雲(艦隊これくしょん)



8000 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:46:26 ID:b5q+i0dv
>>7988
こいつにフィクサーやられたらランナー側がすげぇ大変そう(小並感)

ただいま、ここまでー

8006 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:48:17 ID:b5q+i0dv
とりあえず2人ともフィクサーにコネあるんで、そこ通しての依頼なのは確定として。

依頼主個人の公的立場は―――

【安価 下5】
1D100 高いほど高い立場、低いほど低い立場。50くらいで、巡回警官のリーダー思いついてる。

8011 :梱包済みのやる夫:2018/10/28(日) 23:48:50 ID:vXu1myt1
【1D100:60】



8021 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:52:29 ID:b5q+i0dv
よしよし、想定の範囲内。

これならアミタのコネクションも活かせる。

8023 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/28(日) 23:54:07 ID:b5q+i0dv
レナードのおっちゃんが巡回警官やってるのはどっかで見たんで、別の都市に同じ顔で同じ職業で居ると
流石に混乱しそうだし、っと。

さーて、楽しくなってきた。

8032 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:12:16 ID:F567kpfT
さて、っと。巡回警官、依頼人、フィクサーで誰出すかなーと思ってたんだけどさ。


                            _____   ヾ. 、
                            `>=-、,,..__ `''‐、ヽヽ
                        ___.. -''"´     `''‐- 、ヽ ヽ
                       `>‐ァ       _      ヽ 〉へ
                      _,,,,,/_>-=≦:i:i:i:7,ィ_ _,,,,,> __>ヽヘ.ヽ
                         / /  ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ィ:i:i:/ /! ',ヘ}
                    -=彡イ   ,イ''":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、:i:i:ア,イ/. } }. {
                          /イ:::::::::/:i:i:i:i:i:|:i:≪芯ラ':i:i:i:i:i,イ-ミ、.|. ,' ',
                         ,':::::::::::/:i:i:i:i/|:i:/   /:i:イイ{゙.Y迩ト、>/ . } ',
                    -=彡ァ'7/:i:i:イ/ |:/   /イ´: :,: :∨   ノ' ,イハ.',
                          / ,':/'人/マ |'      : : : '  イァ''"./}.ハ}
                          {/}/!::ゝ_.:    -、‐─ 、  ノ ,.イ /.'
                          {/:::::ハ:     `こ´ /イ'   '
                           ノイ::::イ: : :\       /
                        ___V: : : : ::.:.:.:.> 、_ /
                         ,イニニニニニニニ=- : :.:.:.:.:. /、
              _ ____,ィ.くニニニニニニニニニニニム : : /ニ=-
             /=ヽ      ヽ:::\ニニニニニニニマニム: :ハニニム
                ノ::{ニニニヽ      ',::::::ヽニニニニニ/ニニニム〈 :マニニム
.            /:::::}ニニニニニヽ.     マ:::::::マニニア   `''‐ヘ_, -〈ヽミ=-、_
           /::::::/ニニニニニニヽ     ヽ:::::::::マハ ゝー──く /`ヽ¨大⌒
.          /::::::/ニニニニニニニニニヽ.     寸. `マ',    ,イニヘ.\≠ヽ   `<
            ,'::::::/ニニニニニニニニニニニヽ   {  〈〉 ',_,,.イニニニニニゝzッ  ヽヽ   ハ
         'ーイニニニニニニニニニニニニニヽ _,,{ イァ、> }ニニニニニニニニニニヘ ,ヘ ', ',  }=!
         マニニニニニニニニニニニニニr-ミ.ニニ} .〈 〉 {ニニニニニニニニニニニハ: : : \∨ニム
       _/ニニニニニニニニニニニニニ{   Yニ.}  Ⅴ .{ニニニニニニニニニニニム : : : : :\ニニ}
.        {ニニニニニニニニニニニニニニニニi    }ニ.} .zz }ニニニニニニニニニニニニ'、: : : : : : ヽム、
.         {ニニニニニニニニニニニニニニア.   {ニ} _. }ニニニニニニニニニニニニニ',: : : : : : :寸!
        ムニニニニニニニニニニニニニア: :   人ニゝ|:::::|ノニニニニニニニニニニニニニニ.ヽ : : : : : : ヽ
.       /ニニニニニニニニニニニニニマ: : :.  〈ニニニ,':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : : ',
.   , ─くニニニニニニニニニニニニニニ',: :.   Vニニ':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : ,
  /      ` <ニニニニニニニニニ..: .:.     Vニ/__/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.ム : : : : :!
 ./   _  ─‐‐ 、`ヽニニニニ< マ!: : :.    ヽ::::/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム : : : :}
../.  /       ` <ニニ=‐//.}: : : : :.ヽ  ヽ、ニニニニニニニ>''´  ノニニニニニニニニニニ} : : :}
  /         ー''"´  {/{ |: : :.ー 、 _ ',`寸ニニニア   ./ニニニ>─‐ .、ニニニ} : : :|
. /                     {/,{ }.: : : :.     ヽ、_`''‐/   />‐''"´   , イニニニ.} : : :ト、
: : :.               |/,ムヽ: : :.         ̄ `ヽイ''"      ,.イニニニニニニ} : : }ニム
.: : : :. :.       .: : : :. :. :. :.マ/,ム: :ヽ :ー- 、         ヽー -=ニニニニニニニニニニニ} : : }ニニヘ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.マ/ム.: : \.: : : :.`"''─: :、..._   ',       `"''<ニニニ} : : }ニニニヘ


この人、そういえば4版で巡回警官として作ってたんで、その役で続投してもらおう。

8034 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:13:01 ID:RgC38oSR
答えない方のルドガー!

8035 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:14:05 ID:dXSCJH1i
答えろルドガー!



8038 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:16:29 ID:F567kpfT
んで、コネクション・ルールの確認中。
ふふふ、見るが良いこの処理の遅さを!

8041 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:20:01 ID:2lJufsj3
過去に出てたなーって思いながら突っ込んだが大丈夫かよかった

8042 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:20:29 ID:qOCBdhvF
やたらとトラブルに巻き込まれるルドガー君か



8043 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:20:51 ID:F567kpfT
ふむふむ。

情報収集にコンタクトを使う場合、「知識技能+関連能力値」でコンタクトが知っているかどうか。
次いで、「必要であれば魅力+交渉+忠実値」で、コンタクトが教えてくれるかどうか。

この辺りも実際調べてぶん回してみなけりゃ分からんので、アミタさん、私の練習台となれ……ッ!
TRPG知識の発展に犠牲はつきものデース!!

8044 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:21:22 ID:pY2uVBpk
その台詞アカンやつやw

8045 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:22:06 ID:EBOUHRhQ
ダイジョブ博士は成功することもあるだろ!なお

8047 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:22:56 ID:WP+pSBCX
あとそもそも2d6で相手が連絡に出てくれるかもあるっぽいどすえ!

さすがにそこまでやってらんないんだろうけど!ww



8049 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:25:49 ID:F567kpfT
>>8047
あー、コネ値高い(=社会的地位が高くて忙しい)相手ほど連絡とりにくいやつね。
まぁ巡回警官ルドガーさんのコネ値は2なので、これ以上を2D6で出せない可能性は何か神業めいた不幸が必要なので飛ばします。

8051 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:29:06 ID:F567kpfT
ルドガーさんの知識技能は―――

なんとなく勘で数値を決めます。
これでもし今後ルドガーを作成する機会があって数値違っても今すぐ許せよ。
何かこうタイムパラドックスだ

8053 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:31:35 ID:F567kpfT
調べながらで進行遅い&雑な裁定でスマンな!
だが実セッション割とこんなもんっていうか卓によってはこれより雑なんで許せ!

8054 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:35:00 ID:F567kpfT
直感4くらい+知識技能3くらい+専門化されてたら良いなぁで合計DP9。
巡回警察内でのお話なのでまぁこんなもんだろう、って感じ。

目標成功数:【1D3:1】+1

がんばれルドガー:【9D6:42(5+2+6+5+5+6+5+5+3)】

8056 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:35:21 ID:F567kpfT
( ゚д゚)

(゚д゚) 誰がここまで頑張れって言った………。

8057 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:35:37 ID:hl3hGrv2
有能オブ有能

8060 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:36:42 ID:idf0NnOm
このルドガーさん答えちゃったぞw



8061 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:36:48 ID:F567kpfT
え、チョット待って? なんかシナリオの竜骨に秘奥義ぶち込むみたいな真似してきたんだけどこいつ。
PCならクリティカルサクセスじゃねぇか!!

8062 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:37:19 ID:F567kpfT
答えてみろルドガー!!



純ヒット5のクリティカルサクセスで問われれば答えるルドガー……ッ!!

8063 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:37:31 ID:HQxoHz7Z
これは骸殻秘奥義ですわ…

8069 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:42:46 ID:FLJHwGpA
なぜこうも詳しく知っているんだルドガーwww



8070 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:43:22 ID:F567kpfT


              /    //  /,   ,ヽ  、    ヾヽ
             / ./ / i .∥  ∥ヘ///∧ ヘ 、    ヽ
.            / ./ /  i! .iム .∥`    ∧. ', ヽ ヽ、 ヽ
           ∧マ / ,' ∧ { マ ∥     _ .ヘ ト ヘ  ヽ ヽ
           ムマム/ ,' イ .ヽ} .マ}'    _-_ -ュマ,ヘ .ハ   ト、}
           ヒマヒニレレニ}‐‐i‐.ヘ!   ' "弋}  ノィ } イ⌒,. } `
           {マ ヒニニ ィ ´弋} ̄ヽ.ヘ     ̄  .} }/}〉 ∥N
           レ ヒニニニヨヽ‐‐   ヽ          '_ノ}、}
             マニニ.N u      _ -‐_‐_、  ν .i. ,' `
             マ.ヘ;'ヽ     r , - .ニニ三ム   .∥,
               } ヾ:ヽ    トュ-ヒ- ̄⌒マ}. ,.イ マ
             _   トム、  マ/      './' .{
         , - ´   ヽ、  〉> `     / /  }ヽ
       r....-....._      l: :∨:::ム.ヽ >  ≦ /  .}:::::ヽ              │
      /:::::::::::::::::::ヽ     ! :∥:::::ヽ ',      /  ./::::::::::ム、 ___ ____ │
     /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ  i :∥::::::::::ヽ     ./  .ノ:::::::::::::::::ヽ: : : : ',   /:::::l::ヽ
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ,': :{::::::::/`ヾ\    /ィ‐ュ::::_:::::::::::ヽ: : : :', /:::::::::::l::::∧
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉{∧!:::/ `ヽ、 > ⌒<´  _ ィ`` ‐ :_::マ: : :}'::::::::::::::::::l:::::::∧
  ∥::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::} Hi∨`  ‐-ュ{_,ェュ__}ィ_____ _ _ }: ;/.│二:::::‐-l::::_::::∧.i
.  ∥::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!r' i‐,}::::::::::::::::::_}_/∧{_:::::::::::::::::::::::::::::::::::}∥::イ  .`ヽ::i::i:::`::>.i
  {::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::} ヘ マ!:::::::::::::{<_ -{ ‐>}::::::::::::::::::::::::::::::}ム:/.l.  _ -‐'‐H ‐-、:::│〉
  }::::::::::::::::::ィチ::::::::::::::::::::::::::}, ハ v:::::::::::::::`:} } } {´∨::::::::::::::::::::::::::::! ムトlr ´       } │ヽ        /
 ノヽ:::::ィチ:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧__ _ }::::::::::::::::::}.i ! !  ∨:::::::::::::::::::::_:_レ´ {  _ -H _  .〈 l i ヽ     //
.〈ゝ‐チ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧∧  {:::::::::::::::::::',\/  .∨::::::::r:::´::::/   Y´         i! i   〉 μ/ ./
 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::∧⌒{:::::::::::::::::::',      ∨::::::{:::::::::{   .}!  _  -‐H‐ 〈{ i .∥    /


▼忠実度は2。1~3くらいまでは仕事上の関係って感じで、2は「馴染み」といったところ。

▼完全なビジネスライクという程ではなく、互いの間にはちょっとした敬意が存在する。

▼そんなわけでそこまで肩入れするポジションではないくせに裏事情全てを把握したシナリオ上のクソの山のように
  めんどうくせぇ存在と一瞬で昇華されたルドガーさん。この内容は―――

1~3.教えるのは渋る。交渉が必要。(目標値:【1D3:3】)
4~6.あんま重要じゃないが、給料日まで生き残りたい。
7~9.あまり好きな手法ではない。積極的に情報提供してくれる。(NPCの主義によるもの)
10.熱烈歓迎

【安価 ↓5】
1D10

8075 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:44:27 ID:FLJHwGpA
【1D10:8】


8077 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:44:58 ID:kFfLtHDQ
権力ってやつか!

8080 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 00:46:56 ID:W8yQyPIw
これはフル外殻ルドガー



8081 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:47:38 ID:F567kpfT
ある意味で、

「コネクションを活用し、情報を集め、ランの表も裏も知った上で適切な準備を整える」

が可能となった。
凄くプロフェッショナルっぽいムーブ。

8083 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:48:21 ID:F567kpfT
とまれ、当人らの会話は>>7960の続きから。

8084 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 00:58:11 ID:F567kpfT


                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/    フ ィ ク サ ー
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/    「“紡ぎ手”の話では輸送依頼だったな。
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'      まぁ……ランナーに金を払って運ぶものだ。
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/        密輸の系統だろうとのアタリは付けているが」
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥




           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/     「まぁ、知って逆に命を狙われるもの運んでますとか、
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ     そういう事もありますからね。
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.   ただ―――あ、コムリンクか何かで有線出来ます?
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、  盗聴とか不安ですし」
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|     「………あまり好まんが。
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、      まぁ、良いだろう」
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'


【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
| データジャックのサイバーウェア持ち同士だと互いをケーブルで繋ぐことで、NTばりに
|盗聴の心配の無いパーフェクトコミュニケーションが可能(ルルブ参照)。

| 流石にサイバーウェア同士に比べると秘匿度合いは落ちるだろうが、機器同士の
|有線接続でそれっぽい事できそうなんで。
| なにせ知覚手段はレーザーマイクや指向性マイクやら充実してるし、ノイズ奏でて
|会話を聞き取りにくくするホワイトノイズ・ジェネレーターは、うるさくて目立ちそう。
―――――――――――――――――――――――――――――――

8087 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:02:34 ID:F567kpfT


 ̄ ==- _
.        ̄ ==- _          ―――シュルル....
               ̄ ==- _
                         ̄ ==- _       【機器接続用ケーブル】
                             ̄ ==- _
                                       ̄ ==- _
                                           ̄ ==- _
                                                     ̄ ==- _
                                                         ̄ ==- _
                                                                   ̄ ==- _




                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、   『話せる距離で糸電話、か。童の遊戯のようだ。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!     それで何か、余程聞かれたくない情報か?』
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



                   ____
                   '´ ̄ ̄`ヾ
                        }}
          _,,..  -――-      ″
            ̄ ̄ニ=―-:_: : ヽ. 〃-- .
             /: : : : /: : : `: : : : : : : : : : > ¬
            . : : : : : :/: : :/ ̄ ̄ ̄`丶、: : : : :|
          /: : :/: :/: /  __    ヽ、: : :|ヽ
          .′; : : : /イ´ ̄: :/: : : : : :`丶、  i: : | : .
          i: / /: :/: : :i-┼/ !: : : : : :__. /:\|:| : .
          |/|/|: /′: :|/_l/ |: : / : //`メ、. :|..:|: :.i    『コレ、配達で、陽動です』
                |/ {∧:.〃fr心| ./}/x竓ミx、.:V: :|: :i|
            /: : : :V“ 乂_ン|/     {_rり }}/: : : : :..リ
              /: : : : :/|"''   ,     ゚¨´ '”: : : /}: /
          /: : : : :/八    r  .. _  ''"~/: : :/ノ:/
           /: : : : :/  }へ.  |'´  |   ,./: : :/: ; '    / )
            /: : : : :/ _  ,>、ー―' イ:/: : :/イヽ    / / ./ )
        /: : : : :/    /  _ユ二. -‐'/: : :/_ /┐ / / / /
         |: /: : /  ,  ./ /::::^ヽ  ./: : :/   ヽ. へ 〈 ' /
         |∧: /  { /// 廴::_,,,厶 /: : /    / >、_> /ヽ、  //
      /  }/ >'”  /:::::/   }/: : /    ′ ヽ 〔_ノノ / /
     く \  /   ./::::::::/    / : :/      〉    `¨7´./   /
     /\ ヽ ′  /:::::::::::/ /ニ /: : /,     /   ,.  イ: : 廴∠. -z
     .'   ` i   /::::::::::::::/ 〈〈 ./ィ: / ′    /   /  >-ク: : : : : :_ノ
     i   `Vヘ /:::::::::::::::: /   ヾ、_j/〃         /  / / `ー-- ┘
     |    | ./:::::::::::::::::::::/        |L - ァ′   ∧  //
    |     ||::::::::::::::::: /       |___/    /ー}
    |     ||:::::::::::::/ -= ニ     ヽ| ′   / ∨




                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/    『―――ほう』
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

8088 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:04:27 ID:y9HO9zaT
本命の荷物が届くまで目立って引きつけろってことかw

8089 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:05:10 ID:kFfLtHDQ
まあ現金輸送とかにも使われる奴よね



8091 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:16:42 ID:F567kpfT

   ___
          , -ー‐- 、   , ..<: : : : : : : : : : >.、
        ,イ    ,.. -ーヽイ: : : : : : : : : : : , イ  ̄ヽ: :\
        /  , .:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ
      /   ,.' : : : : /  ̄:`: : : : : : , -――- _ヘ : : : :∧: : :∨
          /: :/ : : /: : : : : :,  '"  _____ ∨ : : : ',: : : ∨
       /: :/: : : :i: : : : /"  , <:: : : : :!: !、: 、:>',: : : : :',: : : :.
      ,': :/: : /: :!: : : /, イ: /: :ハ: :i: : :i !:i !: :!、: ',:', : : : : ',: : :..'      『依頼人が個人。内容は輸送。
       !: /: : :i: : :!: : : !: :!: :ハ: :i   !:.!: : i i:! !: ハ: i!:.',: : : : :iヽ: : !      目的地はAランクの企業警察。
       !/ !: : :!: : i!: : : :!: !: :! ',:.!‐. i: i : / / ,ィ示斥ヽ、: : : :i! ',:,′
      i!. !: : :!: : i:',: : : !:.!: :!,.ィ=、!/!:/ /  iっ:::レ:! アi: : : : !. /,′      なーにか嫌な感じがしましたが、
        ', : i!: : i: ',: : :i、:!〃 !::刈 /'     弋z汐 .i: !: : : :i!イ/        嵌められる程の覚えもなかったので、
        ',: i.',: :i'、:',: : :ヾ,ヾ、弋武'   ,      /イ: : : :i!./ : : >、      何か裏がありそうだなと。
         ヾ',.',: i ',:i! : : : ', `           / !: : : :!: : : : : : :i       それで、知り合いの巡回警官さんに、
          ヾ.ヽ', i: : : : :!、    r====    /i: : : :ハ: : : : : :/、___   何か知らないか聞いた所―――』
            ヽ i: : : : :!:.ヽ、.  ∨__ノ _イ / : : /:7ヽ、, イ::::::::::::::::::::`ー―-<
                 !: : : : : : ! ≧   _ i i´::::/: : : /:::i!/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',ヽ
               ,': : : : : >'>イi!     ',',:::,': : : ,'::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',',::',
             /: : :,イイ":::::::::::rー、,イ. ̄ ',',i : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! !::',
               / : : ∧'、:::::::::::::::::!  i!   i i: : /!::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::,ィニニニニヽ::!
            /: : : : ,ハヽ::::::::::::,イ / ̄ヽ .//!: /:i:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::://. . , -ー‐< .ヽ




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

              -―……ミ \--=ニ.,_
.              ⌒>`` ̄ ̄ \ V   ``ヽ、
            、丶`  、丶``   ∨<,_     \
         /  /(/    /    |   ⌒ヽ   `、
.         /::/:::::::://    /      |      `、   `、
        /::/:::::/::://  /:|      厂    `、   `、
.       .::::/::/::::::/:::/ //::|        `、   `、  丶
       .::::/::/:::::/::/ . / |::::| /{, /    `、   `、  |
        /:::::/:::::/::/::::/-ミ|::::|,/:::: /      `、      |   「げぇっ、それ常套手段だ!
     :::::::::::::::::::::::::::: /   |::::::::::::/`゚¨¨¨¨¨ヽ        |
 .   / /:::::/::::::::::::::斗―ミ |:::::::::::|  /x―-ミ、     \     あーちょっと待って。最近の何か大きな逮捕とか
      /:::::/::::::::::::::/  fう 「::: 八|    fう  ヾ    `、 \    そういう話―――あー、なるほど!」
.     /:::/::|::::::::::/ ヽ‐   |: /      ー-   ′|     |\⌒
    // |八::::::/      |/               | |  八|
         ∨::/            j           | ト /
        ∨ Λ                U Λ| Λ/
              }Λ       z―-        Λ |/ /
.             |::\   └―-  ーヽ   イ:八|
             从 |\          / /
             \|         _、く. |_/
            /」      --      |二_
              /二ノ、              |二-_
          /二二-_         _ 二二-_
      _  ―/二二二--_      _ -二二二-_--=ミ
.   /i i i i i i/二二二二--_     _-二二二二二_i i i i i\.,_
_、‐' /i i i i i/二二- ̄ 、  ̄--_  _-/: : : : \二二-_i i i i i i\``
.  /i i i i/二- ̄    \: :/: ⌒: : ヾ: : /  \二二-_i i i i i i\




ニニニニニニニ/ニニ/__   ニ/`ニニニ} /ニオ:ニ/   } ∥ } }
:ニニニニニニ/ニ/⊃卞}`ヽレヽニニニ:レニ/,'ニ/. _ } ∥  i i!
ニ ニニニ//ニ.' 弋_"ノ   ` ニニニニ, ' /, '/.  `!∥ , !ヽ}
: ニニニ//''   ` ‐--   ,ニニニ, ' /.'/乍ニヽ、..i∥ .∥  }
ニニニ/ '          ,ニニ='  .' {チr'.ノ ノ/∥ .∥'  i!
:ニニ/             /=‐'       {` ‐  /∥ .∥,   '
ニ='  U        /'               ∥,' /}'∥
ニ;'                        ,〉  ∥,' / }/   「輸送依頼だよね? で、君らに依頼したのは個人。
:/ム                `  ィチ  ./'' ,〃  '      あー相変わらず趣味悪いなぁ………。
'  ,                   レ´  /' .'    ,
.  --_           -=ニ=‐ュ.               とりあえず、君らに依頼した依頼主は、その企業警察に
   --- _         __ ̄                  所属する、まぁ警部補とかそういうポジションの人ね。
  .  ----- _          "   /
   .  ------ ._        ,                変装してたんだろうし身分も偽ってたんだろうけど、
__ .  .   -------- _     ,                  依頼内容ワンパだからなァ………」
:ニ>__ .   ------./  ̄
ニニニニ>__    ---ノ
. ニニニニニニ>__  ./
:ニニニニニニニニニ><

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8095 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:26:11 ID:F567kpfT

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                       ___
                    -―-.. ⌒``~、 、
                 ''"´       -―->、\ヽ
            /   _,.  ''"  _ , 、 ''⌒  _ )ノ_
           /  _、‐''゛  ,、 ''"  _、''゛    / ⌒ヽ
         /  /  、丶`    /   //'   j
      、_彡イ/  /';:::::/::、;':::/    //:::/   ,′
       / /  /:::/::::/::::::/:/  /'::::::::::/    ′   ゙,
.       ///  /::::::/::::/:::/:::::/ /::/::::::::::,′/  /l    ゙,
.       /  /:::::::::/:::://::::::::://;;;;_/;イ:::::::j /::| /"'| /    !
    /, イ/:::::/V':::::/:::::::::::/:::::/:/`メ::::::::l,/:::::/   |/   j! |  「そいつの所属がちょっと前に、まぁデカい捕物してね。
       /::::/l /::/::::::ィ :::::::::::「/:;符`|:::::::::/:::::/    l'   jト |   で、そういう時にそいつがしょっちゅう使う手なんだけど、
      /7'" { /fvl:::::::::://:::::://'''`   |::::::/:::/__"⌒`|   ,' ハ    陽動のランナーを雇って、証拠品なりなんなりの
       从/} 乂l:::::::://::/ /'     |:::// f 付`ヾ     ,′    輸送を任せているように見せかける、と。
.          八!   l::::://          |/'    `¨ / /  /|/
             }!   l::/l            、  〉 // /  /      多分中身は、カラか偽物。依頼主はランナーを
          }   l/ :!      ヽ、、         // //, ′       信用してないから、本物が持たされてるのはありえない」
.            } l/ : .`         ``  、_   ,// //
          从}    \       :::..    /|/ /
         rィ ノ
.           ノ///丶、     うo。 __,./
        ////////\        ハ、
      ィ`~、///////'\        {//Λ
    .、+'”    \///////,'\      l//,'Λ`~、、
_、+'”ニニニニニ=   ∨////////\   j/////\ニ、`` ー-
..     ¨ -ニニニニ= l///////¨ヘ\ //⌒ヘ//,\=、
       ¨ -ニニニ}///// \ ,,ィ⌒~、  `~、\




              -―……ミ \--=ニ.,_
.              ⌒>`` ̄ ̄ \ V   ``ヽ、
            、丶`  、丶``   ∨<,_     \
         /  /(/    /    |   ⌒ヽ   `、
.         /::/:::::::://    /      |      `、   `、
        /::/:::::/::://  /:|      厂    `、   `、
.       .::::/::/::::::/:::/ //::|        `、   `、  丶
       .::::/::/:::::/::/ . / |::::| /{, /    `、   `、  |
        /:::::/:::::/::/::::/-ミ|::::|,/:::: /      `、      |
     :::::::::::::::::::::::::::: /   |::::::::::::/`゚¨¨¨¨¨ヽ        |
 .   / /:::::/::::::::::::::斗―ミ |:::::::::::|  /x―-ミ、     \
      /:::::/::::::::::::::/  fう 「::: 八|    fう  ヾ    `、 \
.     /:::/::|::::::::::/ ヽ‐   |: /      ー-   ′|     |\⌒
    // |八::::::/      |/               | |  八|
         ∨::/            j           | ト /   「で、問題は。
        ∨ Λ                U Λ| Λ/      陽動として、輸送の情報が漏らされてるから、
              }Λ       z―-        Λ |/ /      君らが狙われる可能性も低くない。
.             |::\   └―-  ーヽ   イ:八|
             从 |\          / /          使い古された手なんだけどね。
             \|         _、く. |_/           実際はこの裏で、そいつのチームが本命を輸送してる、と」
            /」      --      |二_
              /二ノ、              |二-_
          /二二-_         _ 二二-_
      _  ―/二二二--_      _ -二二二-_--=ミ
.   /i i i i i i/二二二二--_     _-二二二二二_i i i i i\.,_
_、‐' /i i i i i/二二- ̄ 、  ̄--_  _-/: : : : \二二-_i i i i i i\``
.  /i i i i/二- ̄    \: :/: ⌒: : ヾ: : /  \二二-_i i i i i i\



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          -=、ー 、      -―-
            \: : ', , . : ´: : : : : : : : : : > 、
             , -ヽ:i!: :,  ´  ̄ ̄ ̄ `', : ヽ:ヽ
              /: :ィ: イ  ィ: : :, ̄ ̄ ̄: `|: : : !: :∨
          /: : /: !:/. ´: /:i: :,′: : /:/イ: :|: : : |: : :∨
          / : /: :.|/: : : λi: :|: : : :/イ示ミヽ: :..|: : : |
         ,: :.イ: : :.|:i: : : ィ示ヽ: : /i/ ら刈.|:i! : | : : i
            ,:./ i: : :i:|:i!: :〃ら.刈: / / 弋汐|: : : |ヽ:,′
            レ .| : ハ|∧: |. 弋汐     ' ' ' |: : : | /′
            |: i ',:i: ヾi ' ' '  ′      |: : : |:/   「……随分と裏側まで知っておられて、話してくれますけど。
               Y  ヾ!: 八     ,、   |: : : |'     良いんですか?」
            |    ', : : >    _  イ i!:.: : |
                  ,: : : :ヽ  i: : |    i! : : i!)
                ',: : : : ヽー ' --- 、 |: : : |、 _
               /.ヽ: : : : |      ||: : : |. . . . .ヽ
                i . . ヽ /ヽ     }ヾヽイ . . . . . i
               |. . . .////!      |  Y. . . . . . ,′
               |. . . .i   |     |  | . . . . . ,′



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                       ___
                    -―-.. ⌒``~、 、
                 ''"´       -―->、\ヽ
            /   _,.  ''"  _ , 、 ''⌒  _ )ノ_
           /  _、‐''゛  ,、 ''"  _、''゛    / ⌒ヽ
         /  /  、丶`    /   //'   j
      、_彡イ/  /';:::::/::、;':::/    //:::/   ,′
       / /  /:::/::::/::::::/:/  /'::::::::::/    ′   ゙,
.       ///  /::::::/::::/:::/:::::/ /::/::::::::::,′/  /l    ゙,
.       /  /:::::::::/:::://::::::::://;;;;_/;イ:::::::j /::| /"'| /    !
    /, イ/:::::/V':::::/:::::::::::/:::::/:/`メ::::::::l,/:::::/   |/   j! |  「競合他社だし―――を理由と言うには弱いかな。
       /::::/l /::/::::::ィ :::::::::::「/:;符`|:::::::::/:::::/    l'   jト |   競合他社でも、法を守る警察同士、一定の敬意は
      /7'" { /fvl:::::::::://:::::://'''`   |::::::/:::/__"⌒`|   ,' ハ   あるさ。他の相手ならね。
       从/} 乂l:::::::://::/ /'     |:::// f 付`ヾ     ,′
.          八!   l::::://          |/'    `¨ / /  /|/    ただ―――」
             }!   l::/l            、  〉 // /  /
          }   l/ :!      ヽ、、         // //, ′
.            } l/ : .`         ``  、_   ,// //
          从}    \       :::..    /|/ /
         rィ ノ
.           ノ///丶、     うo。 __,./
        ////////\        ハ、
      ィ`~、///////'\        {//Λ
    .、+'”    \///////,'\      l//,'Λ`~、、
_、+'”ニニニニニ=   ∨////////\   j/////\ニ、`` ー-
..     ¨ -ニニニニ= l///////¨ヘ\ //⌒ヘ//,\=、
       ¨ -ニニニ}///// \ ,,ィ⌒~、  `~、\

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8096 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:26:40 ID:VAbXm3Ve
依頼内容ワンパターンなら、ランナーの中でも知ってる人は居そうだね

8097 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:28:56 ID:4tpU1kGK
>>8096
逆にその事を知らないギャングだのなんだのが反応してくれる可能性がある
つまりやり得な訳だ。



8098 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:32:11 ID:F567kpfT

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                            _____   ヾ. 、
                            `>=-、,,..__ `''‐、ヽヽ
                        ___.. -''"´     `''‐- 、ヽ ヽ
                       `>‐ァ       _      ヽ 〉へ
                      _,,,,,/_>-=≦:i:i:i:7,ィ_ _,,,,,> __>ヽヘ.ヽ
                         / /  ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ィ:i:i:/ /! ',ヘ}
                    -=彡イ   ,イ''":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、:i:i:ア,イ/. } }. {  「自分の成果と功績最優先で、
                          /イ:::::::::/:i:i:i:i:i:|:i:≪芯ラ':i:i:i:i:i,イ-ミ、.|. ,' ',   陽動のランナーを目立つとこ走らせて、
                         ,':::::::::::/:i:i:i:i/|:i:/   /:i:イイ{゙.Y迩ト、>/ . } ',   結果人口の多い場所でドンパチさせて
                    -=彡ァ'7/:i:i:イ/ |:/   /イ´: :,: :∨   ノ' ,イハ.',   エラいことになった事あるんだよ、そいつ。
                          / ,':/'人/マ |'      : : : '  イァ''"./}.ハ}
                          {/}/!::ゝ_.:    -、‐─ 、  ノ ,.イ /.'
                          {/:::::ハ:     `こ´ /イ'   '       法と人命より功績優先して、ランナーも
                           ノイ::::イ: : :\       /           使い捨てのコマ程度にしか考えてないから、
                        ___V: : : : ::.:.:.:.> 、_ /              ぶっちゃけ大嫌いです(おこ)」
                         ,イニニニニニニニ=- : :.:.:.:.:. /、
              _ ____,ィ.くニニニニニニニニニニニム : : /ニ=-
             /=ヽ      ヽ:::\ニニニニニニニマニム: :ハニニム
                ノ::{ニニニヽ      ',::::::ヽニニニニニ/ニニニム〈 :マニニム
.            /:::::}ニニニニニヽ.     マ:::::::マニニア   `''‐ヘ_, -〈ヽミ=-、_
           /::::::/ニニニニニニヽ     ヽ:::::::::マハ ゝー──く /`ヽ¨大⌒
.          /::::::/ニニニニニニニニニヽ.     寸. `マ',    ,イニヘ.\≠ヽ   `<
            ,'::::::/ニニニニニニニニニニニヽ   {  〈〉 ',_,,.イニニニニニゝzッ  ヽヽ   ハ
         'ーイニニニニニニニニニニニニニヽ _,,{ イァ、> }ニニニニニニニニニニヘ ,ヘ ', ',  }=!
         マニニニニニニニニニニニニニr-ミ.ニニ} .〈 〉 {ニニニニニニニニニニニハ: : : \∨ニム
       _/ニニニニニニニニニニニニニ{   Yニ.}  Ⅴ .{ニニニニニニニニニニニム : : : : :\ニニ}
.        {ニニニニニニニニニニニニニニニニi    }ニ.} .zz }ニニニニニニニニニニニニ'、: : : : : : ヽム、
.         {ニニニニニニニニニニニニニニア.   {ニ} _. }ニニニニニニニニニニニニニ',: : : : : : :寸!
        ムニニニニニニニニニニニニニア: :   人ニゝ|:::::|ノニニニニニニニニニニニニニニ.ヽ : : : : : : ヽ
.       /ニニニニニニニニニニニニニマ: : :.  〈ニニニ,':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : : ',
.   , ─くニニニニニニニニニニニニニニ',: :.   Vニニ':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : ,
  /      ` <ニニニニニニニニニ..: .:.     Vニ/__/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.ム : : : : :!
 ./   _  ─‐‐ 、`ヽニニニニ< マ!: : :.    ヽ::::/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム : : : :}
../.  /       ` <ニニ=‐//.}: : : : :.ヽ  ヽ、ニニニニニニニ>''´  ノニニニニニニニニニニ} : : :}
  /         ー''"´  {/{ |: : :.ー 、 _ ',`寸ニニニア   ./ニニニ>─‐ .、ニニニ} : : :|
. /                     {/,{ }.: : : :.     ヽ、_`''‐/   />‐''"´   , イニニニ.} : : :ト、
: : :.               |/,ムヽ: : :.         ̄ `ヽイ''"      ,.イニニニニニニ} : : }ニム
.: : : :. :.       .: : : :. :. :. :.マ/,ム: :ヽ :ー- 、         ヽー -=ニニニニニニニニニニニ} : : }ニニヘ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.マ/ム.: : \.: : : :.`"''─: :、..._   ',       `"''<ニニニ} : : }ニニニヘ


___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        -=‐  ̄ ``丶
      /'´         ≧x*''"´: : : :~"':.、、
       /     _  /: : : : : : : : : : : : : : `:、:ヽ
     ′   /: : : :/: : : > '  ̄ ̄ ̄ ヽ: : : :ヽ:':,
         /: /: :/: :>'  _ ィ ̄ i ̄ i、`ヽ∨: :.∧: ',
.       /' /: /:/: / 。s≦: |: : |: : |∨、:∨: : :|: :.',
        /: /: :|:./'´/: : |: : /!: : :||:.|:_斗匕Ⅵ: : : :!: : i
         |: :|: : |/: : |: :/:|: ノ |:!: /|ル'__  _ ⅵ: : : |ヽ:|
         |:./!: :.|: :‐:|‐'‐ヒ: / .|:|/  ィ芹 丐 ' |: : :.|ヽY
         |/ |: : |: : :ハ://|示、ル′   v _ソ !: : :.! '/
         |  !: :.!: : | 《 v  リ       `¨   |: : :.|/
         ∨:|从ハ ` ゝ‐′     :/:/:/:.|: : :.!   「あー、陽動が陽動として機能しすぎて……」
.          Ⅵ |: :∧:/:/:/:    ′    し.|: : :|\
            ヾ !: : :|丶      r‐ 、   /|: : :!: : ヽ
             |: : :|  >。。 _ ゝ ' /|:.:.|: : :|: : :,′
             |: : :|      /}  ̄´ .八:!: : :|: :/
              l: : :l    _ / 丶 __/   }: : :.!:ゝ、
              |: :.;'< ̄    ∨  /- \ 八: : |` ̄ >、
             /: :ハ      ∨´{:.:.:.:.:} `  '; : !    / l
           /: :./ ∨       ゙}― {    ヽ:.\ /  |
            l: :./   ∨      ヽ |:.:.:.:.|/    丶:.Y  |
            |: : ! _/          l:.:.:.:.:|      ヽ:',  |、
.           /|: : |´ /          l:.:.:.:.:.|       |!: :,/ |
         / .|: : |  ′          |:.:.:.:.:.|       }|: :.!′|
.        /  ∨:丶 ∨: : : : : : : ::. . |:.:.:.:.:.:.|.:: : : : : : : /|:.:/  .|
        \\ ` =-.∨: : : : : : ::::::.!:.:.:.:.:.:.:!::: : : : : //-' /|
          /丶二二 -}\: : : : : :::/|:.:.:.:.:.:.:.|::: : : イ二二二 <´
         ,′   / / : : : : : : :/.:|:.:.:.:.:.:.:.:|、: : : :/    ハ: :.Y
        _/     / /      / |:.:.:.:.:.:.:.:.|  : :!     ,': : :/
       , '     ./ /           !:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉   ハ: /、



___∧,、._______∧,、._______.┏━┫
 ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃□┃
                                 ┃88┃___∧,、._______∧,、.______
                                 ┗━┛ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        /:::/:::::i/::::::::::/::::;'.,','   . ,.';' ,:':/i:::i ,'i    ,:'::::i
          /::/.i::::/::::::::::/;::::::i,':,'  .,'.,:'::;' ,'./ i::::i,'::i    ./:::::::i ,
         ,':/ .i::/:::::::::,:'::;'::::;':i::;'   ,',:'::::;',':/ .i::::i::::i   ,:'::::::/i/'
       ,','  i/::::::/:::;'::::;':::::i  ,:'::::::::,''/  .i:::;'::::i  ,:'::::::::;'::':i/
        i'  /:::/::::::::;':::::i::::::i ,'::::::;::::/ュ〟__i:::i:::::i ./:::::::::/:::::::/
         .//::::::!::::::i:::::;'::::::i .;:::::;_'::;'_,.、`ニ::i::::::i/:::::::::/;::::::/´   「否認可能な人材。シャドウランナー。
        /' !::::::;i::;::::i:::::i::::::::i,'::::/}:/=勹少冖;i::::::::::::::::/,':::;.'      その存在意義や生き方を否定はしないけど、
       '  i::::/.i:;i:::;':::;'{::::::::'::::/ i'      ii:::::::::::::/ ,'; '        否認可能だからって警察側が依頼した内容が、
         .':/ i' i::i:::;'::i:::::::::::;'        i::::::::::/ /         SINレスもSINnerも巻き込んだ惨事に発展したのは、
       . ;/   .i:'i:;':::::i:::::::::;         i:::::::/    .        流石にね………」
        '    .i i;';::::::';::::::;         i:::;.'    i:::,
              ' ',::::;'';::∧         .!'     {;/
                  ',;イ,'イ ',、
                ! iイi,.i:\       ..-ー・ ¨ ̄ `
                  i' ii:; 、:`:.、        -=ニ=
                 /´;;i  ` 、::`:..、           /
                  /::::::;i  .  ` 、::::`:..、       ,.:';'
                    /::::::::::i,  ':,   ` 、:::::`ゝ- -‐:´ ' .
                /::::::::::::::',  ';:、     ` 、:::::::::;' /

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

8099 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:33:13 ID:HQxoHz7Z
ある程度馴染みがあるとはいえぶっちゃけすぎであるw

8100 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:33:16 ID:gZLOxm3Y
やりすぎたのだ!

8102 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:35:19 ID:/4nTRRaw
あぁ、このご時世とは言えカタギ巻き込んだらそりゃ悪印象持たれますわな……。



8103 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:35:48 ID:F567kpfT


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

                            _____   ヾ. 、
                            `>=-、,,..__ `''‐、ヽヽ
                        ___.. -''"´     `''‐- 、ヽ ヽ
                       `>‐ァ       _      ヽ 〉へ
                      _,,,,,/_>-=≦:i:i:i:7,ィ_ _,,,,,> __>ヽヘ.ヽ
                         / /  ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ィ:i:i:/ /! ',ヘ}
                    -=彡イ   ,イ''":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、:i:i:ア,イ/. } }. {
                          /イ:::::::::/:i:i:i:i:i:|:i:≪芯ラ':i:i:i:i:i,イ-ミ、.|. ,' ',
                         ,':::::::::::/:i:i:i:i/|:i:/   /:i:イイ{゙.Y迩ト、>/ . } ',
                    -=彡ァ'7/:i:i:イ/ |:/   /イ´: :,: :∨   ノ' ,イハ.',
                          / ,':/'人/マ |'      : : : '  イァ''"./}.ハ}
                          {/}/!::ゝ_.:    -、‐─ 、  ノ ,.イ /.'
                          {/:::::ハ:     `こ´ /イ'   '
                           ノイ::::イ: : :\       /
                        ___V: : : : ::.:.:.:.> 、_ /   「そんなわけで―――
                         ,イニニニニニニニ=- : :.:.:.:.:. /、      その事件にも色々関わった個人的恨みも込めて、
              _ ____,ィ.くニニニニニニニニニニニム : : /ニ=-     伝えられる情報は全部伝えるよ。
             /=ヽ      ヽ:::\ニニニニニニニマニム: :ハニニム
                ノ::{ニニニヽ      ',::::::ヽニニニニニ/ニニニム〈 :マニニム    まずは―――」
.            /:::::}ニニニニニヽ.     マ:::::::マニニア   `''‐ヘ_, -〈ヽミ=-、_ 
           /::::::/ニニニニニニヽ     ヽ:::::::::マハ ゝー──く /`ヽ¨大⌒
.          /::::::/ニニニニニニニニニヽ.     寸. `マ',    ,イニヘ.\≠ヽ   `<
            ,'::::::/ニニニニニニニニニニニヽ   {  〈〉 ',_,,.イニニニニニゝzッ  ヽヽ   ハ
         'ーイニニニニニニニニニニニニニヽ _,,{ イァ、> }ニニニニニニニニニニヘ ,ヘ ', ',  }=!
         マニニニニニニニニニニニニニr-ミ.ニニ} .〈 〉 {ニニニニニニニニニニニハ: : : \∨ニム
       _/ニニニニニニニニニニニニニ{   Yニ.}  Ⅴ .{ニニニニニニニニニニニム : : : : :\ニニ}
.        {ニニニニニニニニニニニニニニニニi    }ニ.} .zz }ニニニニニニニニニニニニ'、: : : : : : ヽム、
.         {ニニニニニニニニニニニニニニア.   {ニ} _. }ニニニニニニニニニニニニニ',: : : : : : :寸!
        ムニニニニニニニニニニニニニア: :   人ニゝ|:::::|ノニニニニニニニニニニニニニニ.ヽ : : : : : : ヽ
.       /ニニニニニニニニニニニニニマ: : :.  〈ニニニ,':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : : ',
.   , ─くニニニニニニニニニニニニニニ',: :.   Vニニ':::::,'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ : : : : : ,
  /      ` <ニニニニニニニニニ..: .:.     Vニ/__/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.ム : : : : :!
 ./   _  ─‐‐ 、`ヽニニニニ< マ!: : :.    ヽ::::/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム : : : :}
../.  /       ` <ニニ=‐//.}: : : : :.ヽ  ヽ、ニニニニニニニ>''´  ノニニニニニニニニニニ} : : :}
  /         ー''"´  {/{ |: : :.ー 、 _ ',`寸ニニニア   ./ニニニ>─‐ .、ニニニ} : : :|
. /                     {/,{ }.: : : :.     ヽ、_`''‐/   />‐''"´   , イニニニ.} : : :ト、
: : :.               |/,ムヽ: : :.         ̄ `ヽイ''"      ,.イニニニニニニ} : : }ニム
.: : : :. :.       .: : : :. :. :. :.マ/,ム: :ヽ :ー- 、         ヽー -=ニニニニニニニニニニニ} : : }ニニヘ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.マ/ム.: : \.: : : :.`"''─: :、..._   ',       `"''<ニニニ} : : }ニニニヘ


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/    『と言う感じで。連絡ついたの今朝だったんで、
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/      伝えるのが遅くなりましたが』
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }




                      _,,、、      ,_
                _,>ー''" ̄////,>、,    "''、<
               /////////////////ム、   丿 ハ
              //////////   "'-<_///,ム- '" _,,/
             //////////{       ___,、-ヘ'"~
            ///////////,{  ,       \/ム
           ///////////,ハ  .{        ヤ/ム
           /////////////キ  |、       、 '|//|
          /////ハ///////ハ  ||、  _,、-ー  W、|//
          |/" |//ハ/////|、/,,ハ | '、  _,、 イーv,/    『………成程な』
          ,/  ,|///∨ハ弌チrッ、,ハ ,| rt''リア'| ,イ/丿/
            |_,、イ |///、"' ' ヘ\、|.,イ~'.| |'//イ/'
            /' .,|/|//'∧_,、ト_",}"' /  '-ヘ/
         _,、-、,_ ∨∧ ̄ ̄ k.、 ∨イ    "ム,
        /""'-、~"''ト、kア'":::::  'i   __   }"''-、_ _.,、-イ
        |:::::    \  "''トi、ッ::::  .トー'"  ""'//ノ } ハ_ ∧
        '|::::::.    :..'ト-ハ"'∨~ ̄|::::::    ///'〉、_/   、 ∨
         |:::::::..    ::::〉 ハ_ノ>、 |::::::   ,/イ イ"'-"_>、,  ヽ ∨
         ,|:::::::::..    :::|:::::::∥   /::::   イ イ |   >、∨ ,〉,_"<_
         |::::::::::::    |::::∥   :|:::::   ∥/イ-イi_    ム∨   "'-、"'<,_
         .∧::::::::::::;;  .∧::||、_,,、|::::/ ∥ /_,(ム|"''-、_ //|''ー、,_   ""''-",_'ー-、,,,___
          ∧:::::::::::..   ∧| /_|/  。' /   |  ....::/::{    "'-、,,__   "''-__,,、ニ<
          ∧:::::::::\   |"'~.:::/:::    /    |:::/:::::/::: .|         ̄ ̄"""
           'ト、::::::::::::ヘ,_ '|、:::/:::::    /....:::::::::リ:://:::::: |
            |:ヤ::::::::::   〉/::::::    /::::::::::r'7//:::::::::::  |,
            '|:∧::::::::::.. /'::::::::    /::::r''">イ∧::::::::::::   |
            |::::∧::::::::::{:::::::::::    ./:::::::::::::/;イ .'|::::::::::   |
ーーーーーー<    '|:::::::\::::::|::::::::    /::::::::::::::ム::| .|:::::::::    |          ,、' 7
 \::::::::::::::::::::::::\  ||:::::::::::::ト、:::::::  /::::::::,- ,、イ'}::|  |::::::::    |        ./ /'
:::::::...... :::::::::::::::::::::>'´|::::::::::::::::| )>-'":::::::_,、r'"__(__| .|  '|:::::::    .|       ., '  /
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/:::::ノ'"::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ | .|  ,'|::::::::  .: ム     ./ ,∥
..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::(_,、-'":::::::::::::::::::::::::   | '| .∧::::::..::: :: ム    ./  ∥

8106 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:38:59 ID:F567kpfT


                    -== 7
                  ´  /'__
                 > '/   -≧i:iト 、,,_
               r ´         >i:i:i:ア
.               〉, 、 ,_<i::  ! トヽi:i:i:i:丶、 ,
               {:i:i.、  〔ィア!  i少i:i:i:i:i:>"ィ/
                 Ⅶrァ≧ー,,斗ノ'{---_-'< イ
                / ''⌒7< 〉´_, '"´ _,イ
               fニヽ  Ⅶーァ _, 斗≦ゝ-、  『配達、ではなく陽動。しかも裏あり。
               ,ィニ≦ニKニニニ}!ニニニ/ニニ}!    既に目を付けられて狙われている可能性もある。
             _イ<ニニニニ>ニ={ニニニiニニニニ|    そうなってくると、こちらの取るべき動きも大分変わるな』
           , <ニニニニ≧ニニ´ニニニ!ニニニニニニニ
          /ニニニ>"ニ〔>ニニニニ<〕ニニニ!ニニニi
.         〈ニニニ´ニ> "〈ニニニニニニi!ニニニ!ニニニ、    , -
           ー "    /≧ニニニ<〕ニニニリニニニニ   ,  /
                /ニニニニニニ斗!ニニ/ マニニニi{ /  /
               ,/ニニニニニニ"'∥ニイ  'ニニニ∨. /
             ,ィ/ニニニニニニニィ/ニニ!   }ニニニ∨/
.            //ニニ-===-r--({ニニニム  〈ニニニニ}i
             Yニ7! >Y <iニi{ニニニニ了   !ニニニi',
            r<ニニー―"ニ,,∥ニトニニ7  |ニニニニ! >
           ,イニニニニニニニニ`:i{ニニニニ〈.   !ニニニ〔



           __   ,. . : : ̄: : : .、
         /´ ̄ ¨>': : : : _: : : : ヽ:`ヽ、
        〃 ,. :  ̄: : :-――ヽ、: : : }: : : :.
        |  /:,: :,: /´,. -――‐ハ: : l : : : :}
        { .':/: :Ⅳ,: {: |: :l,|': }从∧: :!,-、: :,
        /イ: : : |:{:,.|-{: /|:/,ィ笊_|: :|'Y }:/   『どうします?』
        { {: :|: :{:Ⅵィ斥、}'   Vソ : |イ:/
          Ⅵ{、: 、从 V〉    |:|: | {':⌒ヽ
          ヽ|∨:{: :ム  ' _ ノ|:|: | ∨: : : }__
           ` \〉、: :>   _,.从:.,/\- {: : : ::.
                }: : | _../ {: :/  /´>、_: 〉-、
               _|: :/´ {イlイ--く/i:/ , ⌒ヽ{: : : :
                 / |:/   /X{乂_: :}i:{ /   ∨_: :|
              /_イ/  /X j /Y 从i:|'      } 「:`ヽ
             /{: /:..../XX{..:::ー'/i/i:|:      ∧ 乂: : |
           ,\ {:::::::::{XX |:::::::::/i/|i:i|{    '_〉 〉:く
             /  `人::.....|XX |   /r三`ヽ、_,イ´   ∨ {: : :}
          ,:  、__,/}  |XX∧_イー、   }'-|:ム   ∨ヽ-{_
.          {    {   |  \/::/::::::/:∧  ー-- '⌒  }_ {: : :〉
          :.   |   |   l{:::{::::::::{::::::::::.、__      |:::ヽ: :{
              ,  }  「 __|:::J:--|::::::::::::{/|:::¨::::::ーイ:::::::}、: :〉
              、__}´ニニ|::::{:::::::|::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|ノ: {
           、/ 、 }/ニl | ::::::::: |::::::::::::|/|:::::::::::::::|/|:::::::|、: ノ
             〈  、 }'{ニニ| :::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|/|:::::::|イ=ハ
            ヽ }lJl|ニニ乂__、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : { ヽ
              /'ニ|ニニ|ニニ|ニニ==------r---- ': : ∧ }
                /ニニ{ニニ{ニニ{ニニニマニニニム  /: : ': ノヽ|
           /ニニl|ニニ|ニニ|ニニニ マニニニム ´⌒  ´   }




                   /'/////////////////) ,)>-、,_
                 /////////////////////>'"~
                //////rーー-'~ >,_,、_'"</////ム、
               /////;;/    ーー'"~  "'</////////ム
              //////             \///////-ー"-
              /////:| ハ           \'∨/////ム、
             ∨////{   \      \   .ム"、'"'-<//ム、
              .∨///ハ   "'ト、     .∧   .ム∧   "'-<ム
               ∨///ム 、  .| "< __,, .|、   |/ム、
               ,∨/ム∨´ト  ト-'""'-、,_  ||\〈"ヘ/ハ
                |//:ハ'-ヘ  | ,ー=zz'"|"'-|ノ//>i,_ム
                |∧,|'"i__ノ>'"'i _,,,、イ、-ー'"~ .|   『……状況を精査し、確認する必要がある』
                 ,r-/ ,ム"{_、/~_||:::  _,、-ー-、,_|.、
               _/"_,.、、,_ .'| ソ<ニ(_,,|:::,、'" ̄"'-、  ∧
              __{,、'"   ∧ ,)::::,__,-》::..._,、-   '-、 ∧
            /ヘノ::::..    ∨:::::k-,、-'"      ∧  'i
         rー''"k__,/::::    ::::,イ_,、-'"~          ||  |
         | /'" /::::::   :::::_/'"             ||  ,|
        .ノ/  //":::::..:::::__/    ........:::::::::::::::::::_,、-'"~::://  |          ___
      ,/  ,/":::_,-'" ̄        ...::::::_,、-'" ̄ ̄ ̄/">|        _>'"/
    >'"  _, '|::::::::         ...::::::_,、zi"::::::::::::::      |       / /
  >'"  _、< .|:::::::::..    ....::::::::_,、-'"::::::::;》::::::::        ∧     /  /
'"  _、-'"    ,|:::::::::::::::::::::::::、_、-'" |ッ:::::r-r-||::::        ∧    / / /
_,、-'"      人_,、-ー'''" ̄   _/::::::::::~"∥::::       .∧    / / /
                   /|::::::__.∥:::::       ,イ    ./ / ./
                  ,/::::::|:::::::(,∥::::::       ,/:::|    / / ./
                  〈::::::::::|、:::::∥::::::..      ∧::::|   ./ /  |'

8107 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:44:33 ID:F567kpfT















f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|    『陽動に使われる程度、驚く程の話ではない。虚ろの夜の深淵では、あり得る話だ。   . |
|     その上で、どう動くかが素人と玄人の分かれ目というところか』                     |
乂_______________________________________ノ

                        
                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                         |    『……とりあえず、糸電話状態でもその謎言語治らないんですね』     
                         ヽ________________________________乂_
















.

8108 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:45:54 ID:F567kpfT

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・






                                __ __
                              .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                            ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                            {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                            >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
          ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
         {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
          `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
          、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|


                        「答えてみろルドガー!!」

                       ―――― 配点:誰もそこまで答えろとは言っていない




.

8110 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:47:51 ID:F567kpfT
▼つまり?

・交渉系キャラが居ないので、既に依頼を受けた状態からスタート。
・ただの輸送・密輸だと味気ないんで、ちょっと裏事情にひねり入れて開始。
・答えてみろルドガー → 誰がそこまで答えろと言ったルドガー。 ← 今ここ

8111 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:49:41 ID:F567kpfT
マトリックスそのものの解説に時間取られたんでシナリオ自体はOPの途中って感じですが、今日はここまで。
解説はOPで目一杯やったから、ここからぶん回していければなぁって。

ただ、ぶん回すって言ってもアミタの話であってオメーじゃねぇよルドガー。

8112 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:50:32 ID:a4nKveQT
まぁ、とりあえず。そのダミーと同じものを複数用意するかな私だったら

8113 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:50:41 ID:kFfLtHDQ
フィクサー優秀と見るか身内の恥晒した上で潰そうとする根性評価するべきかw

8116 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:52:09 ID:HQxoHz7Z
おつですー
これにはきっとユリウス兄さん(原作)も誰がそこまで答えろと言うレベル



8117 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:52:32 ID:F567kpfT
色々設定その他ルドガー情報は明日でー。もう良い時間だ

8118 : ◆o2mcPg4qxU :2018/10/29(月) 01:52:47 ID:F567kpfT
おやすみなす

8119 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:53:16 ID:hl3hGrv2
乙でしたー、ルドガー君今日も鉄くず拾ってるんかな

8120 :梱包済みのやる夫:2018/10/29(月) 01:54:39 ID:kFfLtHDQ
おつー、まあ思い付くのは更にダミー増やすか第三勢力にも情報流して混戦させるかかなあ

関連記事
| 影走中シリーズ【シャドウラン】 | コメント:0 | Page Top↑

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
本文:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する